KINDAI UNIVERSITY


*A space between the first name and last name, please enter

Kazuki Ueda

Profile

FacultyDepartment of Medicine / Graduate School of Medical Sciences
PositionAssociate Professor
Degree
Commentator Guidehttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1395-ueda-kazuki.html
URL
Mail
Last Updated :2019/04/22

Education and Career

Academic & Professional Experience

  •   2015 04 ,  - 現在, Assistant Professor, Kindai University Faculty of Medicine
  •   2007 04 ,  - 2015 03 , Assistant Professor, Kindai University Faculty of Medicine
  •   2006 06 ,  - 2007 03 , Kindai University Faculty of Medicine
  •   2005 04 ,  - 2006 05 , Kindai University Faculty of Medicine
  •   2004 02 ,  - 2005 03 , Research Fellow, Weill Medical College of Cornell University
  •   2000 04 ,  - 2005 03 , Kindai University Faculty of Medicine
  •   2003 02 ,  - 2004 01 , Research Fellow, Mount Sinai School of Medicine, Minimally Invasive Surgery Center
  •   1996 04 ,  - 2000 03 , Kindai University Postgraduate School of Medicine
  •   1994 05 ,  - 1985 03 , resident, Kidai University Hospital

Research Activities

Research Areas

  • Clinical surgery, Digestive surgery, Colorectal Malignancy

Research Interests

  • multidisciplinary therapy for colorectal cancer, Minimally Invasive Surgery, Laparoscopic Surgery, Colorectal Cancer, Obesity Surgery

Published Papers

  • Prognostic factors for patients with advanced colorectal cancer and symptomatic brain metastases., Tokoro T, Okuno K, Hida JC, Ueda K, Yoshifuji T, Daito K, Sugiura F, Clinical colorectal cancer, 13(4), 226 - 231, Dec. 2014 , Refereed
  • Analysis of the clinical factors associated with anal function after intersphincteric resection for very low rectal cancer., Tokoro T, Okuno K, Hida J, Ueda K, Yoshifuji T, Daito K, Takemoto M, Sugiura F, World journal of surgical oncology, 11, 24, Jan. 2013 , Refereed
  • [Preliminary study of Peptide vaccine with UFT/LV as adjuvant setting for stage III colorectal cancer]., Okuno K, Sugiura F, Hida J, Tokoro T, Ishimaru E, Ueda K, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 38(12), 1906 - 1908, Nov. 2011 , Refereed
  • [Alteration of surgical treatment for colorectal cancer]., Yasutomi M, Hida J, Ueda K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 69 Suppl 3, 24 - 29, Apr. 2011 , Refereed
  • Phase I clinical trial of a novel peptide vaccine in combination with UFT/LV for metastatic colorectal cancer., Okuno K, Sugiura F, Hida JI, Tokoro T, Ishimaru E, Sukegawa Y, Ueda K, Experimental and therapeutic medicine, 2(1), 73 - 79, Jan. 2011 , Refereed
  • [A case of complete response after treatment with UFT and leucovorin for synchronous multiple liver metastases of rectal cancer]., Kitaguchi H, Nakai T, Yoshifuji T, Ueda K, Tokoro T, Hida J, Okuno K, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 37(2), 339 - 342, Feb. 2010 , Refereed
  • Depth of mesorectal invasion has prognostic significance in T3N0 low rectal cancer., Tokoro T, Okuno K, Hida J, Ishimaru E, Ueda K, Yoshifuji T, Hepato-gastroenterology, 56(89), 124 - 127, Jan. 2009 , Refereed
  • Laparoscopic partial gastric transection and devascularization in order to enhance its flow., Cuenca-Abente F, Assalia A, del Genio G, Rogula T, Nocca D, Ueda K, Gagner M, Annals of surgical innovation and research, 2, 3, Jul. 2008 , Refereed
  • Sleeve gastrectomy with wrapping using polytetrafluoroethylene to prevent gastric enlargement in a porcine model., Ueda K, Gagner M, Milone L, Bardaro SJ, Gong K, Surgery for obesity and related diseases : official journal of the American Society for Bariatric Surgery, 4(2), 84 - 90, Mar. 2008 , Refereed
  • The procedure of mesh wrapping the gastric pouch in cadaver study., Gong K, Gagner M, Bardaro S, Ueda K, Surgical endoscopy, 21(12), 2244 - 2247, Dec. 2007 , Refereed
  • Long-term functional changes after low anterior resection for rectal cancer compared between a colonic J-pouch and a straight anastomosis., Hida J, Yoshifuji T, Matsuzaki T, Hattori T, Ueda K, Ishimaru E, Tokoro T, Yasutomi M, Shiozaki H, Okuno K, Hepato-gastroenterology, 54(74), 407 - 413, Mar. 2007 , Refereed
  • Staple-line reinforcement with bovine pericardium in laparoscopic sleeve gastrectomy: experimental comparative study in pigs., Assalia A, Ueda K, Matteotti R, Cuenca-Abente F, Rogula T, Gagner M, Obesity surgery, 17(2), 222 - 228, Feb. 2007 , Refereed
  • Effect of a polyethylene endoluminal duodeno-jejunal tube (EDJT) on weight gain: a feasibility study in a porcine model., Milone L, Gagner M, Ueda K, Bardaro SJ, Ki-Young Y, Obesity surgery, 16(5), 620 - 626, May 2006 , Refereed
  • Topical treatment with oxaliplatin for the prevention of port-site metastases in laparoscopic surgery for colorectal cancer., Tai YS, Abente FC, Assalia A, Ueda K, Gagner M, JSLS : Journal of the Society of Laparoendoscopic Surgeons, 10(2), 160 - 165, Apr. 2006 , Refereed
  • Comparative evaluation of gastrointestinal transit and immune response between laparoscopic and open gastrectomy in a porcine model., Ueda K, Matteotti R, Assalia A, Gagner M, Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract, 10(1), 39 - 45, Jan. 2006 , Refereed
  • Laparoscopic gastric bypass with silicone band in a pig model: prevention of anastomotic dilatation -- feasibility study., Nocca D, Gagner M, Abente FC, Del Genio GM, Ueda K, Assalia A, Rogula T, Bertani D, Obesity surgery, 15(4), 523 - 527, Apr. 2005 , Refereed
  • Stress response to laparoscopic liver resection., Ueda K, Turner P, Gagner M, HPB : the official journal of the International Hepato Pancreato Biliary Association, 6(4), 247 - 252, 2004 , Refereed
  • Dynamic multidetector CT of breast tumors: diagnostic features and comparison with conventional techniques., Inoue M, Sano T, Watai R, Ashikaga R, Ueda K, Watatani M, Nishimura Y, AJR. American journal of roentgenology, 181(3), 679 - 686, Sep. 2003 , Refereed
  • Gene expression analysis in colorectal cancer using practical DNA array filter., Okuno K, Yasutomi M, Nishimura N, Arakawa T, Shiomi M, Hida J, Ueda K, Minami K, Diseases of the colon and rectum, 44(2), 295 - 299, Feb. 2001 , Refereed
  • K-ras point mutation in the nerve plexuses around the superior mesenteric artery in resectable adenocarcinoma of the pancreatic head: distribution pattern and related factors., Ohigashi H, Ishikawa O, Sasaki Y, Yamada T, Furukawa H, Imaoka S, Kasugai T, Ishiguro S, Ueda K, Miyoshi Y, Nakamura Y, Archives of surgery (Chicago, Ill. : 1960), 135(12), 1450 - 1455, Dec. 2000 , Refereed
  • Detection of a rectocele-like prolapse in the colonic J-pouch using pouchography: cause or effect of evacuation difficulties?, Hida J, Yasutomi M, Maruyama T, Yoshifuji T, Tokoro T, Wakano T, Uchida T, Ueda K, Surgery today, 29(12), 1237 - 1242, 1999 , Refereed
  • Induction of apoptosis in T98G glioblastoma cells by transfection of GML, a p53 target gene., Ueda K, Miyoshi Y, Tokino T, Watatani M, Nakamura Y, Oncology research, 11(3), 125 - 132, 1999 , Refereed
  • Isolation and characterization of a novel human lung-specific gene homologous to lysosomal membrane glycoproteins 1 and 2: significantly increased expression in cancers of various tissues., Ozaki K, Nagata M, Suzuki M, Fujiwara T, Ueda K, Miyoshi Y, Takahashi E, Nakamura Y, Cancer research, 58(16), 3499 - 3503, Aug. 1998 , Refereed
  • Infrequent mutations in the PTEN/MMAC1 gene among primary breast cancers., Ueda K, Nishijima M, Inui H, Watatani M, Yayoi E, Okamura J, Yasutomi M, Nakamura Y, Miyoshi Y, Japanese journal of cancer research : Gann, 89(1), 17 - 21, Jan. 1998 , Refereed

Books etc

  • International Principles of Laparoscopic Surgery, Eldo E. Frezza, MD, Michel Gagner, Prof. Michael K.W. Li, Cine-Med, Inc.,   2009 10 12 , 0982451431

Misc

  • 【写真とイラストで必須術式の流れ&看護テクニックがまるわかり!消化器外科 開腹術・内視鏡手術完全マニュアル】 (第5章)結腸・直腸 内視鏡手術 腹腔鏡下回盲部切除術, 上田 和毅, オペナーシング, 2012秋季増刊, 357, 366,   2012 09
  • 切除不能・進行再発大腸癌の治療戦略 切除不能・進行再発大腸癌に対するペプチドワクチン療法, 杉浦 史哲, 奥野 清隆, 井上 啓介, 武本 昌子, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 日本大腸肛門病学会雑誌, 65, 9, 511, 511,   2012 09
  • 腹腔鏡下大腸手術における術後合併症の検討, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 65, 9, 642, 642,   2012 09
  • Invasive micropapillary carcinoma成分を有する大腸癌の臨床病理学的検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 大東 弘治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 日本大腸肛門病学会雑誌, 65, 9, 753, 753,   2012 09
  • 直腸癌術後吻合部再発に対し術前全身化学療法を施行し病理組織学的CRの得られた1例, 上田 和毅, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 所 忠男, 武本 昌子, 石丸 英三郎, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 65, 9, 777, 777,   2012 09
  • Radiation-Induced Rectal Cancer and Sarcoma of the Lower Abdominal Wall : A Case Report, TOKORO Tadao, OKUNO Kiyotaka, HIDA Jin-ichi, ISHIMARU Eizaburo, UEDA Kazuki, YOSHIFUJI Takehito, DAITO Kouji, TAKEMOTO Masako, SUGIURA Fumiaki, YOSHIOKA Yasumasa, 日本外科系連合学会誌, 37, 4, 820, 825,   2012 08 30 , 10.4030/jjcs.37.820, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031033543
    Summary:症例は71歳,女性. 既往歴は51歳時に子宮頸癌(扁平上皮癌)に対する広汎子宮全摘術および術後放射線療法(50Gy)が施行された. 14年後(65歳時)に直腸癌(中分化腺癌)に対し高位前方切除術を施行され,術後5年間無再発であった.今回,子宮頸癌治療後20年目に下腹部正中に皮膚の発赤およびそう痒感が出現した.腹部骨盤CT検査で同部の皮下から腹直筋にかけて7cm大の腫瘤が認められた.生検組織の病理診断は低分化腺癌の疑いであったため,直腸癌の腹壁再発としてmFOLFOX6およびCPT-11による化学療法が施行された.治療効果がPDであったため,生検組織の免疫組織学的検査による再検討を行ったところ,ビメンチンのみ陽性で未分化な肉腫と診断された.その後アドリアマイシンによる化学療法が行われたが,皮膚症状出現後1年4ヵ月後に死亡した.今回,子宮頸癌治療後に放射線誘発と考えられた直腸癌および腹壁肉腫の1例を経験したので文献的考察を加え報告する.(著者抄録)
  • 後腹膜脂肪肉腫の外科的治療成績と再発リスク, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 吉岡 康多, 牛嶋 北斗, 日本外科系連合学会誌, 42, 3, 559, 559,   2017 05
  • COLLISION TUMOR OF MALIGNANT LYMPHOMA AND ADENOCARCINOMA IN THE RECTUM : REPORT OF A CASE, TOKORO Tadao, OKUNO Kiyotaka, HIDA Jin-ichi, ISHIMARU Eizaburo, UEDA Kazuki, YOSHIFUJI Takehito, 日本臨床外科学会雑誌, 71, 5, 1236, 1240,   2010 05 25 , 10.3919/jjsa.71.1236, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026445455
    Summary:症例は70歳代の男性で,体重減少を主訴に近医を受診した.貧血と便潜血反応陽性のため,大腸内視鏡検査が施行された.上部直腸に2型の腫瘍が認められ,生検結果はGroupV,中分化腺癌であった.また腹部エコー検査では左腎腫瘍が認められた.理学的に体表リンパ節は触知せず,腹部〜骨盤CT検査では腫瘍のある左腎と直腸の所属リンパ節が腫大していた.2008年10月,腸閉塞症状を伴う直腸癌の診断で手術と腎生検を施行した.切除標本および病理組織学的所見から直腸腫瘍は悪性リンパ腫と中分化腺癌との衝突腫瘍で,左腎腫瘍は直腸と同様の所見を呈する悪性リンパ腫であった.今回,直腸の悪性リンパ腫と中分化腺癌のまれな衝突腫瘍を経験したので文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)
  • 当院における腹腔鏡下大腸切除術 JCOG0404との比較, 牛嶋 北斗, 上田 和毅, 川村 純一郎, 所 忠男, 大東 弘治, 吉岡 康多, 幕谷 悠介, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, 5, 380, 380,   2017 05
  • 治癒切除不能の遠隔転移を有するStage IV大腸癌の予後因子, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 吉岡 康多, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, 4, 280, 280,   2017 04
  • 当院における下部直腸癌に対する括約筋間直腸切除術(ISR)の適応の変遷と腹腔鏡下ISRの導入, 川村 純一郎, 吉岡 康多, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, 4, 292, 292,   2017 04
  • 男性直腸癌患者における腹腔鏡下手術の短期成績に影響する因子についての検討, 大東 弘治, 上田 和毅, 川村 純一郎, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, 7, OS10, 4,   2016 12
  • 当院における脾曲部授動を要する結腸癌に対する腹腔鏡下手技, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 牛嶋 北斗, 所 忠男, 吉岡 康多, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, 7, OS182, 1,   2016 12
  • 当院における局所進行直腸癌に対する治療戦略と腹腔鏡下手術の可能性, 川村 純一郎, 上田 和毅, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 大東 弘治, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, 7, OS189, 7,   2016 12
  • 内視鏡下手術でのトラブル 次の一手!(結腸・直腸) 腹腔鏡下大腸切除術時のトラブルシューティング, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 所 忠男, 吉岡 康多, 牛嶋 北斗, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 77, 増刊, 368, 368,   2016 10 , 10.3919/jjsa.77.368
  • 下部進行直腸癌に対する腹腔鏡下側方郭清術の定型化の試み, 川村 純一郎, 上田 和毅, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 大東 弘治, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 77, 増刊, 485, 485,   2016 10
  • 術中トラブルに対する小開腹先行の利点, 大東 弘治, 上田 和毅, 川村 純一郎, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 77, 増刊, 622, 622,   2016 10
  • 腹膜前脂肪由来の脂肪肉腫の1例, 吉岡 康多, 所 忠男, 牛嶋 北斗, 大東 弘治, 川村 純一郎, 上田 和毅, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 77, 増刊, 695, 695,   2016 10
  • 直腸癌に対する腹腔鏡下手術の適応拡大の可能性, 川村 純一郎, 上田 和毅, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 大東 弘治, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 69, 抄録号, A69, A69,   2016 10
  • A Case of Peritonitis Caused by Fulminant Pseudomembranous Colitis Requiring Subtotal Colectomy, TOKORO Tadao, OKUNO Kiyotaka, HIDA Jin-ichi, ISHIMARU Eizaburo, UEDA Kazuki, YOSHIFUJI Takehito, HATTORI Takashi, TAKEMOTO Masako, SUGIURA Fumiaki, Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi, 62, 1, 44, 49,   2009 01 01 , 10.3862/jcoloproctology.62.44, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024924912
    Summary:A 69-year-old man was brought to our hospital for treatment of systemic lupus erythematosus and gastrointestinal tract bleeding. He had previously undergone argon plasma coagulation treatment for telangiectasia of the stomach and was receiving intravenous hyperalimentation. After administration of antibiotics and antimycotic agent for catheter fever, diarrhea and abdominal pain developed. Clostridium difficile-associated colitis was identified from fecal examination, so oral vancomycin was immediately administered. After 4 days, he underwent emergency subtotal colectomy due to aggravation of distended abdomen and peritonitis with shock. A surgical specimen showed pseudomembranous colitis (PMC), which had produced a pseudomembrane over the entire colon mucosa. Despite postoperative intensive care, the patient died 27 days later. Autopsy revealed that the cause of death was systemic mucormicosis. Patients with PMC can be cured by conservative therapy in most cases, but delayed diagnosis may necessitate surgical intervention for a severe state. These patients often present with unexplained abdominal illness with marked leukocytosis that rapidly progresses to shock and peritonitis. Mortality from fulminant PMC remains high under the requirement for vasopressors or immunosuppressive condition. Rapid diagnosis and treatment are crucial for positive outcomes, and early surgical intervention should be used in medically unresponsive patients.
  • 下部直腸癌に対する括約筋間直腸切除術(ISR)の治療成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 吉岡 康多, 牛嶋 北斗, 日本大腸肛門病学会雑誌, 69, 抄録号, A81, A81,   2016 10 , 10.3862/jcoloproctology.69.81
  • 左側結腸癌に対する縫合不全予防措置 脾曲部授動について, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 所 忠男, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 幕谷 悠介, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 69, 抄録号, A259, A259,   2016 10
  • 子宮頸癌治療後に発症した放射線誘発多発大腸癌の1例, 吉岡 康多, 川村 純一郎, 肥田 仁一, 牛嶋 北斗, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 69, 抄録号, A281, A281,   2016 10
  • 治癒切除不能進行大腸癌の予後因子に関する検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 吉岡 康多, 日本消化器外科学会総会, 71回, P1, 30,   2016 07
  • 下部直腸癌に対する腹腔鏡下ISRのコツとピットフォール, 川村 純一郎, 上田 和毅, 所 忠男, 吉岡 康多, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 71回, VD7, 5,   2016 07
  • cT4b進行大腸癌に対するneoadjuvant chemotherapyの治療成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 吉岡 康多, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回, PS, 135,   2016 04
  • 【手術助手-求められる役割とテクニック】 腹腔鏡下結腸右半切除術, 川村 純一郎, 上田 和毅, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 吉岡 康多, 所 忠男, 肥田 仁一, 亀井 敬子, 牛嶋 北斗, 今本 治彦, 奥野 清隆, 消化器外科, 39, 2, 181, 188,   2016 02
  • 直腸癌術後吻合部再発に対し術前全身化学療法を施行し病理学的CRにて長期生存が得られた1例, 上田 和毅, 川村 純一郎, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 所 忠男, 吉岡 康多, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 69, 2, 101, 107,   2016 02 , 10.3862/jcoloproctology.69.101
    Summary:症例は66歳女性.直腸S状部(RS)癌に対し腹腔鏡下直腸高位前方切除術(DST再建,R0,根治度A).術後病理診断でpStage IIであった.外来経過観察中血便を認め,直腸診で吻合部に腫瘤を触知,精査にて吻合部再発(tub2),側方リンパ節(LLNs)再発を認めた.局所および全身制御を目的として,術前mFOLFOX6を6コース施行し,内視鏡検査にて腫瘍の著明な縮小を確認,CT・MRI検査でもLLNsの縮小を認めた.初回手術後16ヵ月で直腸低位前方切除術(DST再建),LLNs郭清を施行した.切除標本の病理診断で組織学的効果判定はgrade3であり,LLNsも陰性でpCRであった.術後mFOLFOXを6コース施行し,現在再発巣切除術後3年無再発生存中である.局所制御に化学療法のみでもpCRがえられ,術後吻合部再発に対する治療として有用な選択肢になりうる可能性がある.(著者抄録)
  • 内視鏡外科/ロボット支援手術における安全管理 メディカルスタッフを含む合同シンポジウム チームでおこなう内視鏡外科手術における安全管理, 今本 治彦, 吉村 一宏, 小谷 泰史, 上田 和毅, 川村 純一郎, 安田 篤, 大東 弘治, 中島 陽子, 館田 理恵, 古田 朋之, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, 7, SY29, 7,   2015 12
  • 腹腔鏡下ISRにおける肛門管周囲外科解剖とそれに基づく手術手技, 川村 純一郎, 上田 和毅, 所 忠男, 吉岡 康多, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, 7, OS71, 1,   2015 12
  • 腹腔鏡下大腸手術を行ったstageIV大腸癌症例の検討, 大東 弘治, 上田 和毅, 川村 純一郎, 杉浦 史哲, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 吉岡 康多, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, 7, OS226, 6,   2015 12
  • 横行結腸癌に対する定型化腹腔鏡下手技と治療成績, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 吉岡 康多, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, 7, OS291, 5,   2015 12
  • 大腸疾患に対する内視鏡外科手術手技 右側結腸癌に対する腹腔鏡下結腸右半切除術における超音波凝固切開装置を用いた手術手技, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 吉岡 康多, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 76, 増刊, 387, 387,   2015 10 , 10.3919/jjsa.76.387
  • 内視鏡外科手術の現状と将来(小腸、結腸、直腸) 当院における直腸癌に対する内視鏡外科手術の現状, 川村 純一郎, 上田 和毅, 吉岡 康多, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 76, 増刊, 404, 404,   2015 10
  • 内視鏡外科手技と器具の工夫(小腸、結腸、直腸) 腹腔鏡下結腸癌手術における機能的端々吻合の工夫, 大東 弘治, 上田 和毅, 川村 純一郎, 杉浦 史哲, 吉岡 康多, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 76, 増刊, 479, 479,   2015 10
  • Radiofrequency Ablation Therapy for Multiple Liver Metastases of Rectal Carcinoid : Report of A Case, Tokoro Tadao, Okuno Kiyotaka, Hida Jin-ichi, Ishimaru Eizaburo, Ueda Kazuki, Yoshifuji Takehito, Matsuzaki Tomohiko, Minami Yasunori, Shiozaki Hitoshi, The Japanese journal of gastroenterological surgery, 39, 12, 1816, 1821,   2006 12 01 , 10.5833/jjgs.39.1816, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004863598
    Summary:We report a 53-year-old woman found in October 2001 to have occult blood. A tumor, 2cm in diameter, having a lower border 5cm from the anal verge was palpated in digital examination. Biopsy results indicated a carcinoid tumor. We conducted anterior resection with lateral node dissection and partial hepatectomy of a 5mm metastatic nodule in the S7 segment of the liver observed during surgery. Penetration of the rectal wall by the primary tumor was histopathologically classified as muscularis propria, and metastasis to the perirectal and left lateral lymph nodes was observed. After surgery, she was treated by adjuvant hepatic arterial infusion with 5-fluorouracil and mitomycin-C. Since metastasis to the S2 and S7 hepatic segments was observed 5 months later, the patient underwent percutaneous radiofrequency ablation (RFA). RFA was sequentially conducted on 20 metastatic foci through September 2005. As of 4 years since surgery, liver metastasis control is favorable, and no local recurrence or other distal metastasis has been observed. RFA is believed to be locally effective in multiple liver metastases in bilateral lobes of carcinoid tumors.
  • 後腹膜脂肪肉腫の治療成績と再発リスクの検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 川村 純一郎, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 吉岡 康多, 日本臨床外科学会雑誌, 76, 増刊, 810, 810,   2015 10
  • 腹腔鏡下に摘出した後腹膜異物の1例, 杉浦 史哲, 上田 和毅, 川村 純一郎, 吉岡 康多, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 76, 増刊, 916, 916,   2015 10 , 10.3919/jjsa.76.916
  • 小開腹先行での腹腔鏡下大腸手術の手技と工夫, 大東 弘治, 上田 和毅, 川村 純一郎, 安田 篤, 杉浦 史哲, 吉岡 康多, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 小切開・鏡視外科学会雑誌, 6, 1, 31, 31,   2015 08
  • 右側横行結腸に対する腹腔鏡下結腸右半切除術の手術手技と治療成績 上行結腸癌に対する手技との比較検討, 上田 和毅, 川村 純一郎, 杉浦 史哲, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 吉岡 康多, 東 千尋, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 70回, O, 34,   2015 07
  • 結腸直腸 下部直腸がんに対する括約筋間直腸切除術 標準化した腹腔鏡的アプローチのビデオ講演(Colorectum Intersphincteric resection for low rectal cancer: A video of a standardized laparoscopic approach), 川村 純一郎, 所 忠男, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 70回, ISY, 3,   2015 07
  • 【胃切除後再建術式の工夫とその評価】 こだわりの再建法 噴門側胃切除術後のpseudo-fornixの作成と配置, 今本 治彦, 安田 篤, 岩間 密, 新海 政幸, 白石 治, 田中 裕美子, 曽我部 俊介, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 今野 元博, 安田 卓司, 臨床外科, 70, 6, 702, 706,   2015 06 , 10.11477/mf.1407210777
    Summary:<ポイント>偽穹窿部を作成した食道残胃吻合は,逆流も少なく,手技も簡便であり腹腔鏡下に安全に行える.胃切離の際,なるべく大彎側を長く残し,残胃の偽穹窿部を大きく作る.偽穹窿部を食道背部から縦隔内に確実に挿入するが,腹腔内に脱落しないように横隔膜脚としっかりと縫合する.(著者抄録)
  • 当科における固有筋層を超えるn0結腸癌の予後の検討 規約分類の観点より, 石丸 英三郎, 服部 高史, 松崎 智彦, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 安富 正幸, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本大腸肛門病学会雑誌, 59, 7, 424, 424,   2006 07
  • 高齢者直腸癌に対するJ型結腸嚢再建の長期排便機能, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 松崎 智彦, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会雑誌, 39, 7, 1252, 1252,   2006 07
  • stage II大腸癌における化学療法の有用性と予後について, 上田 和毅, 亀井 敬子, 松崎 智彦, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 石丸 英三郎, 肥田 仁一, 奥崎 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 39, 7, 1260, 1260,   2006 07
  • 乳房再建における三次元レーザー形状計測の有用性, 蔡 顕真, 真鍋 幸嗣, 磯貝 典孝, 上石 弘, 綿谷 正弘, 上田 和毅, 日本外科系連合学会誌, 28, 3, 568, 568,   2003 05
  • 乳癌におけるErythropoietinの発現とその機能に関する研究, 大東 弘治, 安積 達也, 吉田 敏郎, 上田 和毅, 平井 今日子, 綿谷 正弘, 安田 佳子, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 104, 0, 450, 450,   2003 04 30 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110003986823
  • 固有筋層を越えるn0結腸癌の予後の検討, 石丸 英三郎, 服部 高史, 松崎 智彦, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 安富 正幸, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 39, 7, 1268, 1268,   2006 07
  • DNAアレイによるヒト大腸癌の肝転移能の予測, 犬房 春彦, 南 憲司, 足立 俊之, 上田 和毅, 奥野 清隆, 塩崎 均, 安富 正幸, 日本外科学会雑誌, 103, 0, 410, 410,   2002 03 10 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110003950683
  • 大腸癌多発肝転移の治療戦略, 中居 卓也, 川辺 高史, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 39, 7, 1277, 1277,   2006 07
  • 乳癌の発生進展における染色体数的異常の検討, 平井 昭彦, 綿谷 正弘, 上田 和毅, 今西 幸仁, 南 憲司, 大東 弘治, 乾 浩己, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 103, 0, 454, 454,   2002 03 10 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110003950857
  • 転移性肝腫瘍に対する焼灼療法の治療成績 大腸癌肝転移におけるRFA治療の局所制御能, 中居 卓也, 川辺 高史, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 奥野 清隆, 塩崎 均, 大柳 治正, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 日本外科系連合学会誌, 31, 3, 445, 445,   2006 06
  • 腹腔鏡下副腎腫瘍摘出術での到達法の比較, 乾 浩己, 今本 治彦, 綿谷 正弘, 上田 和毅, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 31, 3, 525, 525,   2006 06
  • S状結腸癌術後卵巣転移によりpseudo-Meigs症候群をきたした3例, 亀井 敬子, 上田 和毅, 服部 高史, 松崎 智彦, 吉藤 竹仁, 石丸 英三郎, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 31, 3, 608, 608,   2006 06
  • 正確な結腸癌所属リンパ節転移の分類 転移の広がりと個数の比較, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本外科系連合学会誌, 31, 3, 609, 609,   2006 06
  • 高齢者直腸癌に対するJ型結腸嚢再建の意義 吻合レベルと長期排便機能の関係, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本外科系連合学会誌, 31, 3, 613, 613,   2006 06
  • サイクロスポリンに反応せず大腸全摘した潰瘍性大腸炎患者の致命的カリニ肺炎, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 中居 卓也, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本外科系連合学会誌, 31, 3, 627, 627,   2006 06
  • 直腸癌術後の薬剤性肺炎による急性肺障害に対してシベレスタットナトリウムが功を奏した1症例, 石丸 英三郎, 服部 高史, 松崎 智彦, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 医学と薬学, 55, 6, 943, 945,   2006 06
    Summary:66歳男.直腸癌で経肛門腹式直腸切除術を施行した.術後経過は良好であったが,労作性努力呼吸の症状が出現した.胸部X線所見で両肺野に浸潤陰影を認めた.病態と治療経過から感染性肺炎は否定的であった.術後急性胃潰瘍の治療のためファモチジンの投与を開始した頃から呼吸器症状が出現したことより,ファモチジンによる薬剤性肺炎を強く疑った.全身性炎症反応症候群(SIRS)の診断基準を満たし,胸部X線検査で両肺野の浸潤陰影があり,P/F比が157mmHgであったことから,SIRSに伴う急性肺障害と診断し,シベレスタットナトリウムの持続投与を開始した.投与4日目には酸素投与が不要となり,投与9日目はP/F比が280mmHgへと上昇し,胸部X線所見の浸潤陰影も改善した.シベレスタットナトリウムは,投与9日目で終了した.シベレスタットナトリウム投与中に副作用は認めなかった
  • 下部直腸癌に対する内・外括約筋切除を伴う肛門温存手術, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 松崎 智彦, 塩崎 均, 田中 晃, 船井 貞往, 大塚 浩史, 平井 照彦, 吉田 敏郎, 日本外科学会雑誌, 107, 2, 655, 655,   2006 03 05 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110004712543
  • 左結腸動脈を支配動脈とした結腸進行癌に対する腹腔鏡下結腸切除術の検討, 上田 和毅, 奥野 清隆, 川村 純一郎, 杉浦 史哲, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 日本大腸肛門病学会雑誌, 68, 6, 440, 440,   2015 06
  • 腹腔鏡下大腸手術を施行した高齢者の治療成績についての検討, 大東 弘治, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 68, 5, 371, 371,   2015 05
  • 大腸Invasive micropapillary carcinomaの臨床病理学的検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 川村 純一郎, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 日本外科系連合学会誌, 40, 3, 645, 645,   2015 05
  • 【最新臨床大腸癌学-基礎研究から臨床応用へ-】 大腸癌手術治療の変遷, 肥田 仁一, 上田 和毅, 安富 正幸, 日本臨床, 73, 増刊4 最新臨床大腸癌学, 19, 25,   2015 04
  • 下部消化管 多臓器に遠隔転移を有する治癒切除不能大腸癌の治療成績と予後因子, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 川村 純一郎, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回, OP, 295,   2015 04
  • エネルギーデバイスの選択と使い方、そしてどう教えるか 左側結腸癌に対し超音波凝固切開装置を用いた手術手技の検討, 上田 和毅, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 19, 7, 362, 362,   2014 10
  • 高齢者における腹腔鏡下直腸癌手術の治療成績, 大東 弘治, 上田 和毅, 今本 治彦, 吉岡 康多, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 19, 7, 536, 536,   2014 10
  • 局所進行大腸癌に対するmFOLFOX6によるneoadjuvant chemotherapyの治療成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 日本大腸肛門病学会雑誌, 67, 9, 730, 730,   2014 09
  • 脾彎曲部進行横行結腸癌に対する腹腔鏡下結腸左半切除術の手術手技と治療成績, 上田 和毅, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 井上 啓介, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 67, 9, 747, 747,   2014 09
  • 腹腔鏡下経肛門腹式直腸切除術中に診断した双角子宮の1例, 杉浦 史哲, 上田 和毅, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 67, 9, 776, 776,   2014 09
  • 直腸癌術後21年目に発症した肛門部痛を伴う粘液嚢腫の1例, 大東 弘治, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 井上 啓介, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 67, 9, 815, 815,   2014 09
  • Colitic cancerに対する次世代シークエンサーによる遺伝子変異の検討, 吉岡 康多, 所 忠男, 小北 晃弘, 井上 啓介, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 69回, P, 31,   2014 07
  • 直腸癌リンパ節転移のMRI検査における判定基準の検討, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 井上 啓介, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 69回, P, 116,   2014 07
  • 消化器癌に対する免疫療法 進行再発大腸癌に対するペプチドワクチン療法の治療成績, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 69回, SY, 5,   2014 07
  • 進行・再発大腸癌に対するHLA-A24拘束性ペプチドワクチン療法第I/II相試験, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 亀井 敬子, 大東 弘治, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本癌治療学会誌, 49, 3, 1221, 1221,   2014 06
  • 外科系各科における手術教育の現状と問題点(若手外科医人材確保を含めて) 外科医人材確保を目的としたSNS時代の医局広報, 杉浦 史哲, 前川 昌平, 大東 弘治, 上田 和毅, 新海 政幸, 奥野 清隆, 日本外科系連合学会誌, 39, 3, 512, 512,   2014 05
  • 後悔先に立たず 上級医からレジデント・研修医へのメッセージ SM深部浸潤を認めるも切除部位が同定できず治療に難渋した横行結腸癌の1例, 大東 弘治, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 井上 啓介, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本外科系連合学会誌, 39, 3, 533, 533,   2014 05
  • 進行結腸癌の予後因子による分類と補助化学療法の有用性について, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 日本外科系連合学会誌, 39, 3, 618, 618,   2014 05
  • 当院における8年間の周術期肺塞栓症予防の取り組み, 保田 知生, 梶川 竜治, 柳生 行伸, 塩川 泰啓, 牛嶋 北斗, 松本 正孝, 中多 靖幸, 加藤 寛章, 岩間 密, 亀井 敬子, 石川 原, 上田 和毅, 中居 卓也, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 日本血管外科学会雑誌, 23, 2, 309, 309,   2014 04
  • 当院における周術期肺塞栓症予防の取り組みと今後の対策, 保田 知生, 梶川 竜治, 柳生 行伸, 塩川 泰啓, 牛嶋 北斗, 松本 正孝, 中多 靖幸, 加藤 寛章, 岩間 密, 亀井 敬子, 石川 原, 上田 和毅, 中居 卓也, 竹山 宜典, 安田 卓志, 光富 徹哉, 奥野 清隆, 日本血栓止血学会誌, 25, 2, 327, 327,   2014 04
  • 大腸癌多発肝転移の予後からみた治療戦略, 中居 卓也, 井上 啓介, 杉浦 史哲, 上田 和毅, 大東 弘治, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 67, 3, 208, 208,   2014 03
  • 結腸癌手術の郭清範囲と手術手技 横行結腸癌における腹腔鏡下結腸切除術のリンパ節郭清手技, 上田 和毅, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 肥田 仁一, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 井上 啓二, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 牛嶋 北斗, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本外科学会雑誌, 115, 臨増2, 230, 230,   2014 03
  • Stage IV大腸癌根治度C症例の予後因子, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 村瀬 貴昭, 日本外科学会雑誌, 115, 臨増2, 396, 396,   2014 03
  • 標準療法不応進行再発大腸癌に対する7種ペプチドワクチン療法の治療成績, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 小北 晃弘, 村瀬 貴昭, 吉岡 康多, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本外科学会雑誌, 115, 臨増2, 401, 401,   2014 03
  • 進行再発大腸癌に対するUFT/LV併用7種ペプチドワクチン療法の臨床試験, 井上 啓介, 杉浦 史哲, 村瀬 貴昭, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本外科学会雑誌, 115, 臨増2, 664, 664,   2014 03
  • 魚骨による穿孔性虫垂炎の1例, 吉岡 康多, 所 忠男, 小北 晃弘, 井上 啓介, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 前川 昌平, 日本消化器病学会雑誌, 111, 臨増総会, A440, A440,   2014 03
  • 回盲部腸重積を発症し手術を要したSchoenlein-Henoch紫斑病の1例, 村瀬 貴昭, 吉藤 竹仁, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 井上 啓介, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本腹部救急医学会雑誌, 34, 2, 566, 566,   2014 02
  • 【下部直腸癌に対する機能温存術式】 J型結腸嚢再建による長期排便機能改善, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 上田 和毅, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 奥野 清隆, 癌の臨床, 59, 6, 695, 702,   2013 12
  • 徒手整復により待機的腹腔鏡下手術が可能であった閉鎖孔ヘルニア嵌頓の2例, 杉浦 史哲, 上田 和毅, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 井上 啓介, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 所 ただお, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 18, 7, 413, 413,   2013 11
  • 大腸癌に対する小開腹先行E・Zアクセスを使用したreduced port surgery(RPS), 上田 和毅, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 今本 治彦, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 井上 啓介, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 18, 7, 437, 437,   2013 11
  • 高齢者に対する腹腔鏡下大腸癌手術の検討, 大東 弘治, 上田 和毅, 杉浦 史哲, 今本 治彦, 肥田 仁一, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 井上 啓介, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 18, 7, 523, 523,   2013 11
  • 腹腔鏡下直腸高位前方切除術後、腹膜炎を伴う縫合不全に対し腹腔鏡下洗浄ドレナージ術を施行しえた1例, 牛嶋 北斗, 上田 和毅, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 平木 洋子, 井上 啓介, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 18, 7, 750, 750,   2013 11
  • 高齢者と非高齢者で比較した直腸癌腹腔鏡下手術の検討, 大東 弘治, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 井上 啓介, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 66, 9, 786, 786,   2013 09
  • 腹腔鏡下結腸切除術におけるRPS(reduced port surgery)の手術手技, 上田 和毅, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 吉岡 康多, 井上 啓介, 小北 晃弘, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 66, 9, 798, 798,   2013 09
  • StageIV大腸癌治療におけるがんペプチドワクチン療法, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 亀井 敬子, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 66, 9, 820, 820,   2013 09
  • 進行大腸癌における神経浸潤の臨床病理学的意義, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 吉岡 康多, 小北 晃弘, 日本大腸肛門病学会雑誌, 66, 9, 911, 911,   2013 09
  • 進行・再発大腸癌治療におけるがんペプチドワクチン療法, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 助川 寧, 小北 晃弘, 吉岡 康多, 亀井 敬子, 大東 弘治, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本癌治療学会誌, 48, 3, 1919, 1919,   2013 09
  • 大腸癌stage IIの再発リスク因子の検討, 吉岡 康多, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 68回, P, 36,   2013 07
  • 腹腔鏡下大腸切除術に対するneedlescopic surgery, 上田 和毅, 大東 弘治, 今本 治彦, 杉浦 史哲, 所 忠男, 吉岡 康多, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 68回, P, 34,   2013 07
  • 大腸癌脳転移症例の予後因子, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 日本消化器外科学会総会, 68回, P, 65,   2013 07
  • Stage IV大腸癌の治療戦略 StageIV大腸癌に対するがんペプチドワクチン療法, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 吉岡 康多, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 硲 彰一, 岡 正朗, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 68回, PD, 4,   2013 07
  • 大腸癌肝転移の集学的治療 切除不能大腸癌肝転移に対するconversion therapyとしてのバイオセラピィ肝動注の意義と集学的治療デザイン, 奥野 清隆, 中居 卓也, 北口 博士, 山崎 満夫, 所 忠男, 肥田 仁一, 上田 和毅, 大東 弘治, 日本消化器外科学会総会, 68回, SY, 5,   2013 07
  • 腹腔鏡下大腸手術を施行したcStageIV大腸癌の周術期における治療成績, 大東 弘治, 今本 治彦, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 68回, O, 75,   2013 07
  • MRIによる直腸癌リンパ節転移の判定基準の検討, 武本 昌子, 肥田 仁一, 田中 裕美子, 吉岡 康多, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 66, 6, 471, 471,   2013 06
  • 手術室の安全で効率的な運用について 内視鏡外科手術における手術室での安全で効率的な運用の取り組み, 今本 治彦, 上田 和毅, 大東 弘治, 安田 篤, 加藤 寛章, 吉村 一宏, 梅本 雅彦, 奥野 清隆, 日本外科系連合学会誌, 38, 3, 505, 505,   2013 05
  • がんペプチドワクチンの現状と展望 がんペプチドワクチンを用いたステージIII大腸癌術後補助療法, 杉浦 史哲, 井上 啓介, 助川 寧, 吉岡 康多, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本外科系連合学会誌, 38, 3, 512, 512,   2013 05
  • 肝肺転移を伴う切除不能S状結腸癌に対しadjuvant surgeryを施行した1例, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 中居 卓也, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 大東 弘治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 日本大腸肛門病学会雑誌, 66, 4, 312, 312,   2013 04
  • 腹腔鏡下結腸切除術におけるリンパ節郭清の工夫 左側結腸進行癌に対する腹腔鏡下結腸左側(左半)切除術におけるリンパ節郭清手技, 上田 和毅, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 所 忠男, 武本 昌子, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本外科学会雑誌, 114, 臨増2, 189, 189,   2013 03
  • 下部直腸癌に対する機能温存術式 J型結腸嚢再建による長期排便機能改善, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 吉岡 康多, 井上 啓介, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 奥野 清隆, 日本外科学会雑誌, 114, 臨増2, 265, 265,   2013 03
  • 術後深部静脈血栓・塞栓症の予防・診断・治療 近畿大学医学部附属病院における静脈血栓対策チームによる周術期肺塞栓症の予防, 保田 知生, 谷口 貢, 梶川 竜治, 柳生 行伸, 塩川 泰啓, 吉岡 康多, 荒木 麻利子, 中多 靖幸, 加藤 寛章, 岩間 密, 石川 原, 山崎 満夫, 武本 昌子, 安田 武生, 上田 和毅, 中居 卓也, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 日本外科学会雑誌, 114, 臨増2, 305, 305,   2013 03
  • 標準療法不応進行再発大腸癌に対するペプチドワクチンカクテル療法, 杉浦 史哲, 奥野 清隆, 井上 啓介, 吉岡 康多, 武本 昌子, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 日本外科学会雑誌, 114, 臨増2, 620, 620,   2013 03
  • 下部直腸癌に対する経肛門腹式直腸切除術(intersphincteric resection:ISR)の治療成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 大東 弘治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 日本外科学会雑誌, 114, 臨増2, 785, 785,   2013 03
  • 直腸癌に対する腹腔鏡下手術における術後合併症の検討, 大東 弘治, 今本 治彦, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本外科学会雑誌, 114, 臨増2, 792, 792,   2013 03
  • 播種性骨髄癌症をきたし急激な経過をたどった直腸低分化腺癌の2例, 牛嶋 北斗, 上田 和毅, 大東 弘治, 所 忠男, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本外科学会雑誌, 114, 臨増2, 1072, 1072,   2013 03
  • 大腸癌同時性腹膜播種手術症例の検討, 杉浦 史哲, 肥田 仁一, 吉岡 康多, 武本 昌子, 大東 弘治, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 66, 2, 138, 138,   2013 02
  • 進行再発大腸癌に対するUFT/LV併用ペプチドワクチン7種カクテル療法, 杉浦 史哲, 奥野 清隆, 井上 啓介, 助川 寧, 武本 昌子, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 877, 877,   2012 10
  • ステージIII大腸癌に対するUFT/LV併用ペプチドワクチン療法の多施設共同研究, 杉浦 史哲, 奥野 清隆, 井上 啓介, 武本 昌子, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 日本臨床外科学会雑誌, 73, 増刊, 574, 574,   2012 10 , 10.3919/jjsa.73.574
  • ALTA療法により全周性直腸粘膜壊死をきたした1例, 石丸 英三郎, 肥田 仁一, 久保田 倫代, 吉岡 康多, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 73, 増刊, 1026, 1026,   2012 10 , 10.3919/jjsa.73.1026
  • Stage III結腸癌におけるリンパ節転移度の臨床病理学的意義, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 上田 和毅, 大東 弘治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 日本臨床外科学会雑誌, 73, 増刊, 1057, 1057,   2012 10
  • 局所進展直腸癌に対する骨盤内臓全摘術の治療成績と社会復帰状況, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 所 忠男, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 大東 弘治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 吉岡 康多, 塩崎 均, 日本消化器外科学会総会, 67回, 2, 2,   2012 07
  • 周術期に播種性骨髄癌症をきたした直腸低分化腺癌の1例, 大東 弘治, 奥野 清隆, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 塩崎 均, 日本消化器外科学会総会, 67回, 3, 3,   2012 07
  • 当科における大腸癌脳転移15例の検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 吉岡 康多, 塩崎 均, 日本消化器外科学会総会, 67回, 1, 1,   2012 07
  • 播種性骨髄癌症をきたし急激な経過をたどった直腸低分化腺癌の1例, 大東 弘治, 奥野 清隆, 佐藤 克明, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 37, 3, 664, 664,   2012 05
  • 進行大腸癌における低分化胞巣の臨床病理学的意義, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 日本大腸肛門病学会雑誌, 65, 3, 165, 165,   2012 03
  • 直腸癌の壁内進展とリンパ節転移からみた至適腫瘍肛門側切除 DMと間膜切除, 肥田 仁一, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 大東 弘治, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 113, 臨増2, 291, 291,   2012 03
  • 肥満度で比較した当院における腹腔鏡下大腸手術の治療成績, 大東 弘治, 今本 治彦, 奥野 清隆, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 113, 臨増2, 668, 668,   2012 03
  • 腹腔鏡下大腸癌切除術における開腹移行症例の検討, 上田 和毅, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 武本 昌子, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本外科学会雑誌, 113, 臨増2, 758, 758,   2012 03
  • 進行直腸癌における予後因子に関する臨床病理学的検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 113, 臨増2, 763, 763,   2012 03
  • Cancer Peptide Vaccination with UFT/LV Chemotherapy for Patients with Metastatic Colorectal Cancer, OKUNO Kiyotaka, SUGIURA Fumiaki, HIDA Jin-ichi, TOKORO Tadao, ISHIMARU Eizaburo, UEDA Kazuki, DAITO Koji, SHIOZAKI Hitoshi, 37, 1, 46, 49,   2012 02 29 , 10.4030/jjcs.37.46, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030546638
  • 【外科系各科におけるがん免疫療法】 進行・再発大腸癌に対するペプチドワクチン+UFT/LV併用療法, 奥野 清隆, 杉浦 史哲, 肥田 仁一, 所 忠男, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 大東 弘治, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 37, 1, 46, 49,   2012 02 , 10.4030/jjcs.37.46
    Summary:近年,網羅的遺伝子解析の手法によって癌関連抗原が数多く同定されてきた.RNF43,TOMM34は大腸癌に高発現(80%以上)しているが,正常粘膜にはほとんど発現のみられない遺伝子である.われわれは進行・再発大腸癌に対してこれら2種の新規癌関連遺伝子由来のペプチドと経口抗がん剤UFT/LV併用療法の第I相臨床試験を行い,安全性ならびに臨床効果を検討した.登録された23例中21例がプロトコールを完遂したが重篤な有害事象なく,安全に施行することが可能で,生存期間中央値(MST)も24.4ヵ月と良好であった.しかも,RNF43,TOMM34両方にCTL活性が誘導された群が最も生存期間が長く,次いでどちらか一方に活性が得られた群,いずれの活性も得られなかった群は最も生存期間が不良であった.この結果から,今後さらに大規模な臨床研究を行う価値があると考えられた.(著者抄録)
  • 内視鏡外科におけるチーム医療 安全で効率的な内視鏡外科手術のためのチームでの取り組み, 今本 治彦, 上田 和毅, 梅本 雅彦, 吉村 一宏, 田中 加津美, 浦井 美香, 佐竹 麻美, 古田 朋之, 塩田 充, 日本内視鏡外科学会雑誌, 16, 7, 216, 216,   2011 12
  • 腹腔鏡下大腸切除術における安全な吻合法 機能的端々吻合と三角吻合について, 上田 和毅, 今本 治彦, 奥野 清隆, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 16, 7, 363, 363,   2011 12
  • 肥満度(BMI)で比較した当院における腹腔鏡下大腸手術の治療成績, 大東 弘治, 今本 治彦, 奥野 清隆, 杉浦 史哲, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 16, 7, 519, 519,   2011 12
  • 腹腔鏡下大腸切除術における頭低位時の体側支持器による固定と陰圧式体位保持具を使用した固定の比較検討, 高須 健二, 上田 和毅, 山口 祐里香, 古都 綾, 浦井 美香, 田中 加津美, 日本内視鏡外科学会雑誌, 16, 7, 641, 641,   2011 12
  • Stage III大腸癌におけるがんペプチドワクチンとUFT/LV併用による術後補助療法(HLA-Key Open法), 奥野 清隆, 杉浦 史哲, 肥田 仁一, 所 忠男, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 癌と化学療法, 38, 12, 1906, 1908,   2011 11
    Summary:網羅的遺伝子解析によって同定された大腸癌高発現性遺伝子からいくつかのHLA-A24拘束性の新規がんペプチド(RNF43、TOMM34)が同定された。23例の再発・進行大腸癌に対して、がんペプチドワクチンと経口抗癌剤UFT/LVの併用療法を施行したところ完遂できた21例では、有害事象が軽微で、全生存期間中央値(MST)も24.4ヵ月と良好であった。しかもRNF43、TOMM34ともにCTL反応性がみられた群が最も生存期間が長く、次いでどちらか一方の反応が得られた群、いずれにも反応がなかった群は最も生存期間が不良であった。この結果を基にStage III大腸癌の術後再発予防に本療法を応用すべく、ランダム化比較試験を開始している。(著者抄録)
  • 女性外科医が外科医として活躍し続けるためのシステム構築に向けて 女性外科医師をいかに育てていくべきか 医局長の立場から, 石丸 英三郎, 武本 昌子, 久保田 倫代, 磯野 小百合, 亀井 敬子, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 72, 増刊, 361, 361,   2011 10
  • TNM分類によるStageIII結腸癌の予後因子についての臨床病理学的検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 72, 増刊, 928, 928,   2011 10
  • S状結腸憩室穿孔による腹膜炎を契機として診断しえたアレルギー性肉芽腫性血管炎の1例, 杉浦 史哲, 上田 和毅, 武本 昌子, 大東 弘治, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 安富 正幸, 日本大腸肛門病学会雑誌, 64, 9, 701, 701,   2011 09
  • MRIが診断に有用であった妊娠初期の移動盲腸に合併した急性虫垂炎の一例, 石丸 英三郎, 武本 昌子, 肥田 仁一, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 上田 和毅, 所 忠男, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 64, 9, 771, 771,   2011 09
  • 肝肺転移を伴う切除不能進行大腸癌に対しadjuvant surgeryを施行した2例, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 大東 弘治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 日本大腸肛門病学会雑誌, 64, 9, 774, 774,   2011 09
  • プロテインC(PC)欠乏症合併早期S状結腸癌に対し安全に腹腔鏡手術を施行しえた1例, 上田 和毅, 杉浦 史哲, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 所 忠男, 石丸 英三郎, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 武本 昌子, 日本大腸肛門病学会雑誌, 64, 9, 784, 784,   2011 09
  • がんペプチドワクチンとUFT/LV併用によるStage III大腸癌の新しい術後補助療法, 奥野 清隆, 杉浦 史哲, 肥田 仁一, 所 忠男, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 大東 弘治, 武本 昌子, 日本癌治療学会誌, 46, 2, 647, 647,   2011 09
  • 腹腔鏡下進行大腸癌D3リンパ郭清における左手の有用性(右利きの場合), 上田 和毅, 今本 治彦, 奥野 清隆, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 肥田 仁一, 手術, 65, 9, 1299, 1303,   2011 08
  • 同時性多発肝転移の局所進行直腸癌に対する新しい治療戦略の1例, 吉藤 竹仁, 曽我部 俊介, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 64, 8, 544, 544,   2011 08
  • 全生存期間の改善が期待される進行再発大腸癌に対するペプチドワクチン療法, 杉浦 史哲, 奥野 清隆, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 吉田 浩二, 角田 卓也, 中村 祐輔, 塩崎 均, 日本消化器外科学会総会, 66回, 329, 329,   2011 07
  • 新しいデバイスを用いた単孔式腹腔鏡下虫垂切除術, 上田 和毅, 今本 治彦, 奥野 清隆, 曽我部 俊介, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 日本消化器外科学会総会, 66回, 400, 400,   2011 07
  • Stage III結腸癌における予後因子に関する臨床病理学的検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本消化器外科学会総会, 66回, 820, 820,   2011 07
  • 直腸癌手術における下腸間膜動脈高位結紮の適応と意義, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 大東 弘治, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会総会, 66回, 848, 848,   2011 07
  • 局所進展大腸癌に対する骨盤内臓全摘術の予後とQOL, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 波多邉 繁, 大東 弘治, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 112, 臨増1-2, 428, 428,   2011 05
  • 下部直腸癌に対する経肛門腹式直腸切除術(ISR:intersphincteric resection)の治療成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 波多辺 繁, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 112, 臨増1-2, 429, 429,   2011 05
  • 外科系各科におけるがん免疫療法 標準療法抵抗性の進行・再発大腸癌に対するペプチドワクチン+UFT/LV療法, 奥野 清隆, 杉浦 史哲, 肥田 仁一, 所 忠男, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 大東 弘治, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 36, 3, 397, 397,   2011 05
  • 【大腸癌 最新の研究動向】 大腸癌の診断と治療の変遷 手術治療の変遷, 安富 正幸, 肥田 仁一, 上田 和毅, 日本臨床, 69, 増刊3 大腸癌, 24, 29,   2011 04
  • GISTに対する腹腔鏡下手術 GISTに対する単孔式胃部分切除術, 今本 治彦, 安田 篤, 彭 英峰, 新海 政幸, 白石 治, 中森 康博, 錦 耕平, 上田 和毅, 大東 弘治, 今野 元博, 安田 卓司, 塩崎 均, 日本胃癌学会総会記事, 83回, 182, 182,   2011 03
  • 当院における血栓対策チームによる周術期肺塞栓症の予防, 保田 知生, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 橋本 幸彦, 南 憲司, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 71, 増刊, 506, 506,   2010 10
  • 直腸癌に対する機能温存手術 J型結腸嚢再建の長期機能, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 波多邉 繁, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 71, 増刊, 541, 541,   2010 10
  • 骨盤内と傍大動脈領域に発生した多発性神経鞘腫の1例, 波多辺 繁, 所 忠男, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 71, 増刊, 803, 803,   2010 10
  • 大腸癌治癒切除後Intensive Surveillanceによる再発癌切除の成績, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 波多邉 繁, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 71, 増刊, 871, 871,   2010 10
  • 放射線照射部位に発生した直腸癌と腹壁肉腫の1例, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 波多辺 繁, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 71, 増刊, 913, 913,   2010 10
  • 徒手整復後に待機的腹腔鏡下手術を行った両側閉鎖孔ヘルニアの1例, 杉浦 史哲, 上田 和毅, 波多辺 繁, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 15, 7, 515, 515,   2010 10
  • 新規化学療法剤の登場によるcStageIV大腸癌に対する腹腔鏡手術の位置づけ, 上田 和毅, 今本 治彦, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 杉浦 史哲, 所 忠男, 石丸 英三郎, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 15, 7, 562, 562,   2010 10
  • 内視鏡外科チームとしての医師・コメディカル教育の必要性, 今本 治彦, 上田 和毅, 日本内視鏡外科学会雑誌, 15, 7, 675, 675,   2010 10
  • 大腸術後機能障害の評価と対策 直腸癌手術におけるJ型結腸嚢再建による長期排便機能改善, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 波多邉 繁, 大東 弘治, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 63, 9, 589, 589,   2010 09
  • 大腸癌スクリーニング検査としての便中細胞における遺伝子学的検査, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 波多邊 繁, 大東 弘治, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 63, 9, 639, 639,   2010 09
  • 当科における肺塞栓症例の検討, 石丸 英三郎, 杉浦 史哲, 波多邊 繁, 大東 弘治, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 63, 9, 680, 680,   2010 09
  • TNM分類(第7版)によるStageIII結腸癌の予後因子について, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 波多辺 繁, 杉浦 史哲, 日本大腸肛門病学会雑誌, 63, 9, 743, 743,   2010 09
  • 閉塞性大腸癌に対する腫瘍口側検索にFDG-PET(CT)検査が有用であった多発S状結腸癌の1例, 上田 和毅, 杉浦 史哲, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 所 忠男, 石丸 英三郎, 吉藤 竹仁, 大東 弘治, 波多辺 繁, 日本大腸肛門病学会雑誌, 63, 9, 748, 748,   2010 09
  • 超低位前方切除術とQOL 超低位前方切除におけるPouch OperationのQOL, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 波多邉 繁, 大東 弘治, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 485, 485,   2010 09
  • 消化器外科領域における小切開の工夫とその役割 腹腔鏡下胃切除術における小切開同時併用術の有用性, 今本 治彦, 安田 篤, 彭 英峰, 上田 和毅, 大東 弘治, 新海 政幸, 白石 治, 中森 康浩, 錦 耕平, 今野 元博, 安田 卓司, 奥野 清隆, 塩崎 均, 小切開・鏡視外科学会雑誌, 1, 1, 64, 64,   2010 09
  • 小腸癌切除5例の経験と考察, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 所 忠男, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 杉浦 史哲, 波多邉 繁, 日本大腸肛門病学会雑誌, 63, 7, 472, 472,   2010 07
  • 直腸癌術後長期機能の経時的変化からみたJ型結腸嚢再建とストレート再建の比較, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 波多邉 繁, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会総会, 65回, 54, 54,   2010 07
  • 腹腔鏡下進行大腸癌D3郭清に対する左手の有用性 郭清における接線方向の手術手技, 上田 和毅, 杉浦 史哲, 今本 治彦, 波多辺 繁, 吉藤 竹仁, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本消化器外科学会総会, 65回, 18, 18,   2010 07
  • Stage III結腸癌におけるリンパ節転移陽性率の意義, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 波多辺 繁, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本消化器外科学会総会, 65回, 86, 86,   2010 07
  • 肺塞栓症7例の検討, 石丸 英三郎, 保田 知生, 杉浦 史哲, 波多邊 繁, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会総会, 65回, 166, 166,   2010 07
  • pT3結腸癌における再発、予後に関する臨床病理学的検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 波多辺 繁, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本大腸肛門病学会雑誌, 63, 5, 331, 331,   2010 05
  • 深部静脈血栓症と慢性肺血栓塞栓症の治療方針と問題点 当院における肺塞栓症既往と術前肺塞栓症における周術期予防対策について, 保田 知生, 梅本 雅彦, 赤木 将男, 谷口 貢, 柳生 行伸, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 廣畑 健, 竹山 宜典, 塩崎 均, 静脈学, 21, 2, 211, 211,   2010 05
  • Stage II結腸癌における予後および再発リスクについて, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 波多辺 繁, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 35, 3, 486, 486,   2010 05
  • 主幹動脈流入部位を考慮した結腸癌の至適切除範囲, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 波多邉 繁, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 111, 臨増2, 502, 502,   2010 03
  • 胃癌外科治療(鏡視下)のState of the art 胃がんに対する腹腔鏡下胃切除術の検討, 今本 治彦, 安田 篤, 安田 卓司, 新海 政幸, 彭 英峰, 白石 治, 岩間 密, 中森 康浩, 上田 和毅, 今野 元博, 重岡 宏典, 塩崎 均, 日本胃癌学会総会記事, 82回, 156, 156,   2010 03
  • 腹腔鏡下大腸癌手術の保険請求に関する問題点, 上田 和毅, 肥田 仁一, 所 忠男, 石丸 英三郎, 吉藤 竹仁, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 63, 2, 104, 104,   2010 02
  • 直腸癌同時性多発肝転移に対しUFT+LV療法でCRを得られた1例, 北口 博士, 中居 卓也, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 癌と化学療法, 37, 2, 339, 342,   2010 02
    Summary:症例は55歳、女性。直腸癌の多発肝転移に対して低位前方切除後、肝動注化学療法を行った。しかし重篤な下痢が発生、肝動注療法は中止し、UFT(300mg/day)、LV(75mg/day)の内服治療を開始した。投与直後からCEAは正常化し1年後のCTで肝転移巣は消失、CRと判定した。2年後の現在も副作用は認めず継続治療が行われ、再発所見はない。UFT+LV療法は進行再発大腸癌の化学療法の選択肢になり得ると考えられた。(著者抄録)
  • 腹壁epidermoid cystの1例, 石川 原, 中居 卓也, 上田 和毅, 土師 誠二, 竹山 宣典, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, 7, 436, 436,   2009 12
  • 胸腔鏡下に摘出しえた巨大食道平滑筋腫の1例, 中多 靖幸, 今本 治彦, 上田 和毅, 武本 智樹, 白石 治, 安田 篤, 彭 英峰, 今野 元博, 安田 卓司, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, 7, 445, 445,   2009 12
  • 腹腔鏡下大腸癌手術にかかるコストと保険請求に関する問題点, 上田 和毅, 肥田 仁一, 今本 治彦, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, 7, 521, 521,   2009 12
  • 免疫・化学併用療法 その意義と根拠 大腸癌肝転移に対する肝動注5-FU/PEG-IFNα併用化学療法, 北口 博士, 中居 卓也, 石川 原, 上田 和毅, 所 忠男, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 塩崎 均, Biotherapy, 23, Suppl.I, 66, 66,   2009 11
  • 直腸癌リンパ節転移からみた全直腸間膜切除の適応とその手技, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 70, 増刊, 549, 549,   2009 10
  • 直腸原発の悪性リンパ腫と腺癌の衝突腫瘍の1例, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 波多辺 繁, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 70, 増刊, 866, 866,   2009 10
  • 高齢者直腸癌に対するJ型結腸嚢再建 吻合レベルと長期機能, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 62, 9, 643, 643,   2009 09
  • Stage II結腸癌における補助化学療法と予後・再発リスクについての検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 日本大腸肛門病学会雑誌, 62, 9, 750, 750,   2009 09
  • 直腸癌手術における全直腸間膜切除の意義と手技, 肥田 仁, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 835, 835,   2009 09
  • 大腸癌Intensive Surveillanceによる再発癌切除の成績, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 836, 836,   2009 09
  • 大腸癌隣接臓器浸潤の診断と治療成績 リンパ節転移陽性局所進展大腸癌に対する骨盤内臓全摘術の治療成績とQOL, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7, 947, 947,   2009 07
  • 直腸癌におけるPouch operationとその成績 直腸癌手術における長期排便機能からみたJ型結腸嚢再建の意義, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7, 970, 970,   2009 07
  • Stage II下部直腸癌における筋層外浸潤と予後についての検討, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7, 1156, 1156,   2009 07
  • DVTとPTE 2次予防にも対応した総合的な周術期静脈血栓症の予防対策について, 保田 知生, 梅本 雅彦, 赤木 将男, 谷口 貢, 柳生 行伸, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 廣畑 健, 竹山 宜典, 大柳 治正, 塩崎 均, 静脈学, 20, 2, 117, 117,   2009 06
  • 大腸pSM癌とpMP癌の再発 無再発例との比較, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 62, 5, 360, 360,   2009 05
  • 骨盤内臓器全摘術の功罪 局所進展大腸癌に対する骨盤内臓全摘術の予後と社会復帰状況, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 34, 3, 485, 485,   2009 05
  • 下行結腸癌術前に下肢腫脹により発見された無症候性肺血栓塞栓症の1例, 江川 由夏, 石丸 英三郎, 保田 知生, 上田 和毅, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 谷口 貢, 平野 豊, 宮崎 俊一, 塩崎 均, Therapeutic Research, 30, 5, 633, 635,   2009 05
    Summary:59歳女。患者は貧血の精査で下行結腸癌を認め、手術が予定されていた。入院2日前に右下肢腫脹、Homans徴候、熱感、両下肢浮腫を認め、下肢静脈エコーで右浅大腿静脈を先進部とした近位深部静脈血栓症(DVT)と左ヒラメ静脈血栓症と診断された。一方、造影CTでは無症候性肺血栓塞栓症(PTE)を認め、下肢静脈相CTでは右大腿静脈から膝窩静脈にかけてDVTによる閉塞が認められた。手術を3週間延期し、抗凝固療法を施行した結果、PTEはほぼ消失し、浮遊近位DVTが消失したため、下大静脈フィルターを挿入せず、開腹による結腸左半切除、人工肛門造設術が施行された。そして、術翌日からフォンダパリヌクス投与を行い、下肢静脈エコーでDVTの増悪を認めず、術後7日目からワルファリン内服に切り替えてコントロールした。以後、手術から17日目に軽快退院となった。
  • 大腸癌肝転移に対する肝切除後補助化学療法の成績, 中居 卓也, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 62, 4, 301, 301,   2009 04
  • 大腸癌原発組織の遺伝子発現プロファイル解析による異時性肝・肺転移の予測, 武本 昌子, 奥野 清隆, 杉浦 史哲, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 325, 325,   2009 02
  • 下部直腸癌に対する肛門温存手術の手術成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 593, 593,   2009 02
  • 高齢者大腸癌の手術療法と化学療法の比較, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 714, 714,   2009 02
  • 大腸癌治癒切除後Intensive Surveillanceの成績, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 718, 718,   2009 02
  • StageII結腸癌の予後についての検討, 石丸 英三郎, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 所 忠男, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 720, 720,   2009 02
  • 近畿大学医学部附属病院外科における周術期肺血栓塞栓症と予防対策の効果, 保田 知生, 廣畑 健, 竹山 宜典, 北口 博士, 新崎 亘, 亀井 敬子, 里井 俊平, 安田 武生, 上田 和毅, 石川 原, 石丸 英三郎, 土師 誠二, 中居 卓也, 大柳 治正, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 737, 737,   2009 02
  • 直腸癌に対する低位前方切除におけるJ型結腸嚢再建とストレート再建の長期機能:経時的変化の比較, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 538, 538,   2008 10
  • 再発大腸癌に対するUFT/LV+CPT-11による外来化学療法の治療成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 853, 853,   2008 10
  • 直腸癌括約筋温存手術におけるpouch operationによる長期排便機能改善, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 69, 増刊, 292, 292,   2008 10
  • 直腸癌に対する肛門温存手術後のQOL 直腸癌に対するJ型結腸嚢再建の長期QOL, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 杉浦 史哲, 武本 昌子, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 61, 9, 630, 630,   2008 09
  • 再発大腸癌に対するHAI併用全身化学療法の治療成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 日本大腸肛門病学会雑誌, 61, 9, 914, 914,   2008 09
  • 当科における腹腔鏡下大腸切除術の現状 Learning Curveについて, 上田 和毅, 今本 治彦, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 石丸 英三郎, 肥田 仁一, 西山 厚子, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 13, 7, 270, 270,   2008 09
  • 結腸SM癌に対する腹腔鏡手術の選択状況, 上田 和毅, 肥田 仁一, 所 忠男, 石丸 英三郎, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 服部 高史, 錦 耕平, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 61, 8, 550, 550,   2008 08
  • 再発腫瘍の外科治療法および集学的治療方針 大腸・肛門 大腸癌肝転移に対する肝切除後補助化学療法を用いた集学的戦略, 中居 卓也, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 大柳 治正, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7, 1065, 1065,   2008 07
  • 当院における腹腔鏡補助下大腸切除術 いかに効率よく手術を行うか?年次推移による検討, 上田 和毅, 今本 治彦, 所 忠男, 石丸 英三郎, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7, 1236, 1236,   2008 07
  • Stage II結腸癌における再発リスクと補助化学療法の適応について, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7, 1419, 1419,   2008 07
  • 手術室のリスクマネジメント 内視鏡外科手術におけるチーム医療による安全管理, 今本 治彦, 上田 和毅, 西山 厚子, 佐竹 麻美, 古田 朋之, 安岡 久美子, 奥田 直子, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 33, 3, 339, 339,   2008 05
  • 肛門括約筋切除をともなう経肛門腹式直腸切除術の治療成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 33, 3, 497, 497,   2008 05
  • 直腸癌低位前方切除におけるJ型結腸嚢再建とストレート再建 長期排便機能の経時的変化の比較, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 109, 臨増2, 226, 226,   2008 04
  • 大腸癌肝転移治療に対して肝動注と全身化学療法を組み合わせた成績, 中居 卓也, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 大柳 治正, 日本外科学会雑誌, 109, 臨増2, 313, 313,   2008 04
  • 腹腔鏡下リンパ節生検の有用性に関する検討, 清川 厚子, 今本 治彦, 上田 和毅, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 109, 臨増2, 717, 717,   2008 04
  • 消化器外科における手術手技の変遷 直腸切除, 安富 正幸, 上田 和毅, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 外科治療, 98, 3, 298, 306,   2008 03
  • Cronkhite-Canada症候群に腸重積を合併した1例, 早石 宗介, 石川 恵美, 南 康範, 上田 和毅, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌, 105, 臨増総会, A383, A383,   2008 03
  • 【吻合法 70年の変遷から学ぶこと】 大腸手術 結腸切除術, 奥野 清隆, 上田 和毅, 外科, 70, 1, 44, 51,   2008 01
    Summary:結腸切除後の再建には回腸結腸吻合、結腸結腸吻合が行われ、その手縫い吻合には漿膜癒合を重視するAlbert-Lembert 2層縫合と粘膜下層の層接合を重視するGambee 1層縫合が広く行われてきた。かつてはGambee 1層縫合が癒合に有利といわれたが、その後、器械吻合による内翻漿膜接合で事実上問題ないことが証明されて以来、この論議は急速に低下した。現在では器械吻合が一般的になり、機能的端々吻合と三角吻合が頻用される。これらの具体的な手技とコツを解説した。(著者抄録)
  • 直腸癌に対する機能温存手術 直腸癌低位前方切除におけるJ型結腸嚢再建による長期QOL向上, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 68, 増刊, 310, 310,   2007 11
  • 再発癌への挑戦 肺・肝転移、手術でどこまで制御できるか 大腸癌肝転移Grade分類の検証とその治療戦略, 中居 卓也, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 68, 増刊, 325, 325,   2007 11
  • 食道癌手術における用手補助下胃管作成術, 今本 治彦, 安田 卓司, 平井 紀彦, 新海 政幸, 彭 英峰, 安田 篤, 白石 治, 中森 康浩, 清川 厚子, 武本 智樹, 今野 元博, 上田 和毅, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 68, 増刊, 558, 558,   2007 11
  • 左側大腸癌イレウスに対する経肛門的減圧チューブの使用経験と問題点, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 錦 耕平, 武本 昌子, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 68, 増刊, 1016, 1016,   2007 11
  • NOTES/NOSの経験 当院におけるNOTESの経験例, 清川 厚子, 今本 治彦, 上田 和毅, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, 7, 264, 264,   2007 11
  • 私の結紮・縫合・吻合法 簡便な二人法による結紮術, 今本 治彦, 上田 和毅, 清川 厚子, 平井 紀彦, 新海 政幸, 彭 英峰, 安田 篤, 白石 治, 今野 元博, 安田 卓司, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, 7, 297, 297,   2007 11
  • 結腸癌手術における主幹動脈流入部位を考慮したDM・PM, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 60, 9, 667, 667,   2007 09
  • 当科における直腸癌局所再発の治療成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 松本 昌子, 日本大腸肛門病学会雑誌, 60, 9, 676, 676,   2007 09
  • 直腸癌異時性膵転移の1切除例, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 武本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 60, 9, 779, 779,   2007 09
  • 大腸癌肝転移に対する肝動注治療の役割, 中居 卓也, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本癌治療学会誌, 42, 2, 401, 401,   2007 09
  • 結腸癌主幹動脈流入部位別にみた主幹動脈結紮レベルとAW・OW, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本癌治療学会誌, 42, 2, 846, 846,   2007 09
  • 直腸がん骨転移、DICに、mFOLFOX6が有効であった症例, 佐藤 太郎, 岡本 渉, 上田 慎也, 岡本 勇, 宮崎 昌樹, 森永 亮太郎, 金田 裕靖, 寺嶋 応顕, 上田 和毅, 奥野 清隆, 日本消化器病学会雑誌, 104, 臨増大会, A676, A676,   2007 09
  • 【直腸癌に対する腹腔鏡手術の問題点】 腹腔鏡下直腸癌手術の進歩と現況, 安富 正幸, 上田 和毅, 癌の臨床, 53, 2, 89, 93,   2007 08
  • 当科におけるMP大腸癌の郭清範囲についての検討, 石丸 英三郎, 松本 昌子, 服部 高史, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 60, 8, 513, 513,   2007 08
  • 直腸癌手術におけるtotal mesorectal excision(TME)の治療成績 クリアリング法による直腸癌肛門側リンパ節転移からみた全直腸間膜切除の意義, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7, 1035, 1035,   2007 07
  • 下部消化管術後の機能評価と術式選択 直腸癌低位前方切除におけるJ型結腸嚢再建による長期排便機能改善, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 武本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7, 1065, 1065,   2007 07
  • 下部直腸癌に対する経肛門腹式直腸切除術の治療成績, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 武本 昌子, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7, 1303, 1303,   2007 07
  • 直腸癌術後に発症した潰瘍性大腸炎の2例, 石丸 英三郎, 錦 耕平, 武本 昌子, 服部 高史, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7, 1395, 1395,   2007 07
  • 腹腔鏡補助下大腸切除術の現状と展望, 上田 和毅, 所 忠男, 石丸 英三郎, 吉藤 竹仁, 錦 耕平, 今本 治彦, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7, 1401, 1401,   2007 07
  • 消化管再建術の工夫 腹腔鏡補助下幽門輪温存胃切除術における三角吻合の検討, 今本 治彦, 清川 厚子, 上田 和毅, 安田 篤, 彭 英峰, 新海 政幸, 平井 紀彦, 今野 元博, 安田 卓司, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 32, 3, 479, 479,   2007 06
  • 結腸癌手術における主幹動脈流入部位を考慮した至適AW・OWと主幹動脈結紮レベル, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 武本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科系連合学会誌, 32, 3, 582, 582,   2007 06
  • 腹膜炎を契機とした劇症型A群溶連菌感染症(TSLS)の1例, 新崎 亘, 上田 和毅, 服部 高史, 吉藤 竹仁, 石丸 英三郎, 所 忠男, 肥田 仁一, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 塩崎 均, 感染症学雑誌, 81, 3, 329, 330,   2007 05
  • pT3N0下部直腸癌における筋層以深への浸潤距離の臨床病理学的意義, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 松本 昌子, 新崎 亘, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 108, 臨増2, 555, 555,   2007 03
  • 高齢者直腸癌に対する拡大手術と機能温存手術の選択, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 松本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 108, 臨増2, 719, 719,   2007 03
  • 米国における肥満手術の現状, 上田 和毅, Gagner Michel, 今本 治彦, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 11, 7, 178, 178,   2006 12
  • 腹腔内に滑落したVentriculoperitoneal shunt(VPS)チューブに対し腹腔鏡下異物除去術を施行した1例, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 松本 昌子, 服部 高史, 今本 治彦, 塩崎 均, 日本内視鏡外科学会雑誌, 11, 7, 294, 294,   2006 12
  • 大腸癌同時多発肝転移に対する治療方針 切除不能肝転移の集学的治療, 中居 卓也, 白石 治, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 石丸 英三郎, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 67, 増刊, 375, 375,   2006 10
  • 直腸癌前方切除におけるJ型結腸嚢再建の適応と長期排便機能, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 松本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 67, 増刊, 420, 420,   2006 10
  • 吻合レベルからみた高齢者直腸癌に対するJ型結腸嚢再建の長期排便機能, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 松本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 67, 増刊, 521, 521,   2006 10
  • ステロイド・サイクロスポリン抵抗性潰瘍性大腸炎患者の大腸全摘後に発生した致命的カリニ肺炎, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 松本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 67, 増刊, 660, 660,   2006 10
  • 直腸癌の再建術式と術後排便機能 直腸癌低位前方切除におけるJ型結腸嚢再建とストレート再建の長期排便機能, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 松本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 59, 9, 522, 522,   2006 09
  • 固有筋層を越えるn0結腸癌の検討 規約分類の観点より, 石丸 英三郎, 服部 高史, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 所 忠男, 肥田 仁一, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 59, 9, 544, 544,   2006 09
  • 重症偽膜性腸炎に対し大腸亜全摘術を施行した1例, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 日本大腸肛門病学会雑誌, 59, 9, 742, 742,   2006 09
  • 結腸癌所属リンパ節転移の分類:転移の広がりと個数の比較, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 松本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本癌治療学会誌, 41, 2, 559, 559,   2006 09
  • 肝・肺・傍大動脈リンパ節転移に対し、5FU/I-LV、HAI、CPT-11外来化学療法が奏功した直腸癌の1例, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 塩崎 均, 日本癌治療学会誌, 41, 2, 755, 755,   2006 09
  • 【機能温存を念頭に置いた直腸癌治療】 直腸癌低位前方切除におけるJ型結腸嚢再建による長期排便機能改善, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 松本 昌子, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 癌の臨床, 52, 5, 383, 394,   2006 09
  • 高齢者直腸癌に対するJ型結腸嚢再建の長期排便機能, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 松崎 智彦, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本外科系連合学会誌, 31, 4, 796, 797,   2006 08
  • 当科における直腸局所切除症例の検討, 石丸 英三郎, 服部 高史, 松崎 智彦, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 内田 寿博, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 安富 正幸, 大柳 治正, 塩崎 均, 日本大腸肛門病学会雑誌, 59, 3, 171, 171,   2006 03
  • 局所切除術後早期に多発性肝転移を来した直腸sm癌の1例, 所 忠男, 進藤 勝久, 田中 晃, 船井 貞往, 大塚 浩史, 平井 昭彦, 吉田 敏郎, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 内田 寿博, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 松崎 智彦, 塩崎 均, 日本大腸肛門病学会雑誌, 59, 3, 176, 176,   2006 03
  • 【基本手術手技をカラー写真で解説 術式別看護手順がわかる実践消化器外科手術マニュアル】 消化器外科の基本的手術手技 開腹と閉腹, 上田 和毅, オペナーシング, 2006春季増刊, 10, 14,   2006 03
    Summary:開腹および閉腹は,腹部手術において開始時・終了時に必ず行う手技であり,その基本手技はおおむねどの施設にも変わりはない.しかし開腹時に行う皮膚切開線については,手術対象となる臓器,部位,手術の大きさにより異なってくる.通常皮膚切開線はLanger皮膚割線に沿って行うのが原則であり,さらに皮膚切開をおく部位の腹壁の構造を理解しておく必要がある.ここでは消化器手術時における開腹・閉腹の基本手技について述べるとともに,器械出しのポイントについて概説を行う(著者抄録)
  • 機能温存を念頭に置いた直腸癌治療 直腸癌低位前方切除におけるJ型結腸嚢再建による長期排便機能改善のエビデンス, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 松崎 智彦, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 所 忠男, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 107, 臨増2, 128, 128,   2006 03
  • 腹腔鏡補助下胃幽門側切除術における自動吻合器の使用成績, 今本 治彦, 新海 政幸, 平井 紀彦, 川西 賢秀, 彭 英峰, 今野 元博, 重岡 宏典, 橋本 直樹, 上田 和毅, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 66, 増刊, 291, 291,   2005 10
  • 大腸癌同時性肝転移に対する治療戦略, 中居 卓也, 川辺 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 吉藤 竹人, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 安富 正幸, 大柳 治正, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 66, 増刊, 329, 329,   2005 10
  • 正確な結腸癌リンパ節転移の分類 転移の広がりか個数か?, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 松崎 智彦, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 66, 増刊, 484, 484,   2005 10
  • 排便機能の経時的変化からみたJ型結腸嚢再建による長期QOL向上, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 松崎 智彦, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本臨床外科学会雑誌, 66, 増刊, 674, 674,   2005 10
  • 経過観察中,腫瘍に脱分化像を示した後腹膜脂肪肉腫の1例, 所 忠男, 田中 晃, 船井 貞往, 大塚 浩史, 平井 昭彦, 吉田 敏郎, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 中居 卓也, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 66, 増刊, 797, 797,   2005 10
  • 超高齢者の癌治療 超高齢者胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の有用性の検討, 今本 治彦, 新海 政幸, 川西 賢秀, 彭 英峰, 亀井 敬子, 新崎 亘, 稲山 正人, 平井 紀彦, 今野 元博, 重岡 宏典, 上田 和毅, 橋本 直樹, 塩崎 均, 日本癌治療学会誌, 40, 2, 200, 200,   2005 09
  • 高齢者直腸癌に対するJ型結腸嚢再建 吻合レベルからみた長期排便機能, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 松崎 智彦, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 安富 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本癌治療学会誌, 40, 2, 416, 416,   2005 09
  • 長期排便機能からみた高齢者直腸癌に対するJ型結腸嚢再建の適応, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 服部 高史, 松崎 智彦, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 58, 9, 606, 606,   2005 09
  • 経皮的RFAにより多発肝転移巣の良好なコントロールができた直腸カルチノイドの1例, 所 忠男, 進藤 勝久, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 内田 寿博, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 松崎 智彦, 塩崎 均, 日本大腸肛門病学会雑誌, 58, 9, 633, 633,   2005 09
  • 結腸癌所属リンパ節転移の分類 転移の広がりと個数の比較, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 松崎 智彦, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 58, 9, 734, 734,   2005 09
  • ステロイドとサイクロスポリンに反応せず大腸全摘した潰瘍性大腸炎患者の致命的カリニ肺炎, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 服部 高史, 松崎 智彦, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 安富 正幸, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 58, 9, 761, 761,   2005 09
  • 【スムーズな手術のための器械出しのコツ】 内視鏡外科, 今本 治彦, 上田 和毅, 塩崎 均, オペナーシング, 20, 8, 806, 810,   2005 08
  • 【急性腹症から腹部救急疾患へ 画像診断の進歩と治療の最前線】 特殊な病態下における急性腹症の診断と治療 Oncology emergencyとしての大腸癌イレウスの治療と問題点, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, カレントテラピー, 23, 9, 922, 927,   2005 08
  • 腸管通過時間および遅発性過敏反応からみた腹腔鏡下と開腹胃切除術モデルにおける比較検討, 上田 和毅, Gagner Michel, 今本 治彦, 奥野 清隆, 塩崎 均, 日本消化器外科学会雑誌, 38, 7, 1004, 1004,   2005 07
  • 直腸癌自律神経温存手術の適応と長期機能, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 松崎 智彦, 服部 高史, 上田 和毅, 石丸 英三郎, 安冨 正幸, 塩崎 均, 奥野 清隆, 日本外科系連合学会誌, 30, 3, 385, 385,   2005 06
  • 腋窩郭清完全省略に向かって 腋窩リンパ節画像診断とセンチネルリンパ節生検(SLNB)の現状と問題点, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 金森 修一, 任 誠雲, 黒田 幸作, 橋本 幸彦, 上田 和毅, 大和 宗久, 北條 敏也, 平井 今日子, 塩崎 均, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 13回, 274, 274,   2005 05
  • 乳癌術後患者の不安・うつ状態とQOLの時間的変化, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 平井 今日子, 北條 敏也, 上田 和毅, 大和 宗久, 塩崎 均, 日本外科学会雑誌, 106, 臨増, 578, 578,   2005 04
  • 乳癌術後患者における不安とQOLの経時的変化についての客観的評価, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 上田 和毅, 小山 敦子, 塩崎 均, 日本癌学会総会記事, 63回, 546, 546,   2004 09
  • PST前後のMDCTによる乳癌術式選択の有用性, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 黒田 幸作, 上田 和毅, 北條 敏也, 平井 今日子, 任 誠雲, 西村 恭昌, 塩崎 均, 日本癌治療学会誌, 39, 2, 763, 763,   2004 09
  • 乳房温存療法における「整容性と根治性」 その両立を目指して自己血充填法による乳房修復, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 黒田 幸作, 上田 和毅, 安積 達也, 松崎 智彦, 平井 今日子, 北條 敏也, 蔡 顕真, 磯貝 典孝, 塩崎 均, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 12回, 232, 232,   2004 06
  • 自己血充填法による乳房温存手術後温存乳房修復 優れた整容性と簡便性, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 黒田 幸作, 安積 達也, 上田 和毅, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 64, 増刊, 321, 321,   2003 10
  • 乳房温存手術の断端評価と治療アルゴリズム, 乾 浩己, 絹谷 正弘, 黒田 幸作, 安積 達也, 北條 敏也, 上田 和毅, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 64, 増刊, 573, 573,   2003 10
  • 乳癌画像診断の新しいアプローチ Multidetector CT(MDCT)による乳腺腫瘍の検討, 井上 正昭, 中松 清志, 金森 修一, 鈴木 実, 西村 恭昌, 上田 和毅, 綿谷 正弘, 癌治療と宿主, 15, 1, 86, 86,   2003 01
  • 当科における乳房温存手術 過去・現在・未来, 綿谷 正弘, 上田 和毅, 平井 昭彦, 大東 弘治, 安積 達也, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 63, 増刊, 296, 296,   2002 10
  • 治癒手術がなされた術前化学療法施行例の抗腫瘍効果と予後, 綿谷 正弘, 上田 和毅, 平井 昭彦, 大東 弘治, 安積 達也, 塩崎 均, 日本癌治療学会誌, 37, 2, 288, 288,   2002 09
  • 遺伝子発現解析から検討した乳癌の生物学的多様性, 南 憲司, 上田 和毅, 大東 弘治, 平井 昭彦, 綿谷 正弘, 近畿大学医学雑誌, 27, 1, 35A, 35A,   2002 06
  • 遺伝子発現解析から検討した乳癌の生物学的多様性, 南 憲司, 上田 和毅, 大東 弘治, 平井 昭彦, 綿谷 正弘, 近畿大学医学雑誌, 26, 4, 269, 278,   2001 12
    Summary:membrance-based hybridization array法を用い,正常乳腺組織と42例の乳癌組織での遺伝子発現を比較し,発現異常遺伝子を同定するとともに,発現異常遺伝子間の関連性を検討した.この方法による遺伝子発現解析から個々の乳癌の生物学的多様性が示唆され,同時に,乳癌の新しい生物学的予後因子が同定できる可能性があると思われた
  • リンパ節転移症例における放射線治療の意義, 上田 和毅, 綿谷 正弘, 平井 昭彦, 大和 宗久, 北條 敏也, 平井 今日子, 安富 正幸, 癌治療と宿主, 13, 4, 372, 373,   2001 10
  • 合理的なリンパ節郭清手技 二人法で行う腹腔鏡下大腸癌D3リンパ節郭清, 犬房 春彦, 上田 和毅, 井上 潔, 津田 宏, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 安富 正幸, 日本癌治療学会誌, 36, 2, 425, 425,   2001 10
  • ヒト大腸癌細胞株の転移能予測はDNAアレイで可能か, 足立 俊之, 犬房 春彦, 南 憲司, 上田 和毅, 奥野 清隆, 塩崎 均, 安富 正幸, 日本癌治療学会誌, 36, 2, 597, 597,   2001 10
  • 原発性乳癌に対するWeekly Paclitaxel投与による術前化学療法の試み, 綿谷 正弘, 上田 和毅, 平井 昭彦, 大東 弘治, 北條 敏也, 塩崎 均, 日本癌治療学会誌, 36, 2, 645, 645,   2001 10
  • Multidetector-row CT(MDCT)による乳腺腫瘍の評価, 井上 正昭, 大石 初香, 渡辺 学, 長谷川 博一, 綿井 良輔, 柳生 行伸, 金森 修一, 足利 竜一朗, 西村 恭昌, 上田 和毅, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 12, 704, 704,   2001 10
  • 腹腔内播種で再発した消化管Gastrointestinal stromal tumorの1例, 木村 雅友, 土手 健作, 古田 朋子, 大塚 佳世, 橋本 重夫, 津田 宏, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 奥野 清隆, 塩崎 均, 近畿大学医学雑誌, 26, 2, 49A, 49A,   2001 10
  • functional end-to-end anastomosis後の結腸癌吻合部再発の一例, 津田 宏, 犬房 春彦, 上田 和毅, 井上 潔, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 安富 正幸, 日本大腸肛門病学会雑誌, 54, 9, 719, 719,   2001 09
  • 3 portで行う腹腔鏡下大腸癌リンパ節郭清, 犬房 春彦, 上田 和毅, 井上 潔, 津田 宏, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 塩崎 均, 安富 正幸, 日本大腸肛門病学会雑誌, 54, 9, 880, 880,   2001 09
  • 乳輪下縁・横切開による乳房円状部分切除 色素法によるセンチネルリンパ節生検への対応と整容性について, 綿谷 正弘, 上田 和毅, 平井 昭彦, 大東 弘治, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 62, 増刊, 220, 220,   2001 09
  • DNAアレイによるヒト大腸癌細胞株の転移能の検討, 犬房 春彦, 足立 俊之, 南 憲司, 上田 和毅, 奥野 清隆, 塩崎 均, 安富 正幸, 日本消化器病学会雑誌, 98, 臨増大会, A522, A522,   2001 09
  • 乳頭異常分泌症例に対する新たな画像診断 乳腺・乳管造影Multislice CTをもちいて, 上田 和毅, 綿谷 正弘, 平井 昭彦, 大東 弘治, 塩崎 均, 日本臨床外科学会雑誌, 62, 増刊, 657, 657,   2001 09
  • DNAアレイを用いたヒト大腸癌細胞の転移能の予測, 犬房 春彦, 南 憲司, 足立 俊之, 上田 和毅, 奥野 清隆, 安富 正幸, 日本消化器外科学会雑誌, 34, 7, 1073, 1073,   2001 07
  • 二人法による腹腔鏡下結腸全摘出術, 犬房 春彦, 大東 弘治, 上田 和毅, 吉藤 竹仁, 中嶋 章浩, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 安富 正幸, 日本外科学会雑誌, 102, 臨増, 202, 202,   2001 03
  • DNAアレイ技術を応用した乳癌新分類, 上田 和毅, 乾 浩己, 平井 昭彦, 南 憲司, 大東 弘治, 綿谷 正弘, 安富 正幸, 日本外科学会雑誌, 102, 臨増, 231, 231,   2001 03
  • FISH法から検討した乳癌の進展と染色体不安定性, 平井 昭彦, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 今西 幸仁, 上田 和毅, 大東 弘治, 南 憲司, 安富 正幸, 近畿大学医学雑誌, 25, 2, 44A, 44A,   2000 12
  • 転移能の異なるヒト肺癌細胞株を用いたDNAマイクロアレイの有用性の検討, 犬房 春彦, 南 憲司, 足立 俊之, 若野 司, 上田 和毅, 奥野 清隆, 安富 正幸, 日本癌学会総会記事, 59回, 542, 542,   2000 09
  • 乳癌におけるHER2遺伝子の多様性, 大東 弘治, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 平井 昭彦, 上田 和毅, 南 憲司, 安富 正幸, 日本癌治療学会誌, 35, 2, 331, 331,   2000 09
  • FISH法から検討した乳癌原発巣と転移リンパ節の染色体不安定性, 平井 昭彦, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 今西 幸仁, 上田 和毅, 大東 弘治, 南 憲司, 安富 正幸, 日本癌治療学会誌, 35, 2, 407, 407,   2000 09
  • 遺伝子発現から検討した乳癌の分子生物学的悪性度, 綿谷 正弘, 南 憲司, 上田 和毅, 乾 浩己, 平井 昭彦, 大東 弘治, 安富 正幸, 日本癌治療学会誌, 35, 2, 484, 484,   2000 09
  • 再発乳癌の予後分類 prognostic indexと腫瘍マーカーから, 上田 和毅, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 平井 昭彦, 安富 正幸, 日本癌治療学会誌, 35, 2, 492, 492,   2000 09
  • HER2蛋白発現と遺伝子数的異常の関連, 大東 弘治, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 平井 昭彦, 上田 和毅, 南 憲司, 安富 正幸, 日本癌学会総会記事, 59回, 112, 113,   2000 09
  • DNAアレイを用いた消化器癌の生物学的悪性度の評価, 奥野 清隆, 北野 義徳, 南 憲司, 上田 和毅, 西村 訓弘, 丸田 幸男, 荒川 琢, 浅井 友美, 安富 正幸, 日本癌学会総会記事, 59回, 455, 455,   2000 09
  • cDNAマクロアレイを用いたヒト乳癌における遺伝子発現の解析, 南 憲司, 上田 和毅, 大東 弘治, 平井 昭彦, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 奥野 清隆, 安富 正幸, 西村 訓弘, 荒川 琢, 日本癌学会総会記事, 59回, 112, 112,   2000 09
  • 腹腔鏡下大腸切除術のport数の検討, 犬房 春彦, 上田 和毅, 石川 慎平, 中嶋 章浩, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 安富 正幸, 日本大腸肛門病学会雑誌, 53, 9, 838, 838,   2000 09
  • 鏡視下手術の利点と問題点 腹腔鏡下大腸切除術の利点と問題点(ソロサージェリー), 犬房 春彦, 上田 和毅, 安富 正幸, 日本消化器病学会雑誌, 97, 臨増大会, A451, A451,   2000 09
  • 直腸癌術後QOL向上のためのJ型結腸嚢再建と自律神経温存手術の適応, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 上田 和毅, 内田 寿博, 中嶋 章浩, 若野 司, 犬房 春彦, 安富 正幸, 日本大腸肛門病学会雑誌, 53, 8, 572, 572,   2000 08
  • 腹腔鏡下大腸切除術の利点と問題点(ソロサージェリー), 犬房 春彦, 上田 和毅, 安富 正幸, 胆道, 14, 3, 240, 240,   2000 08
  • 腹腔鏡下大腸切除術における新しい創縁保護器, 犬房 春彦, 上田 和毅, 川辺 高史, 安富 正幸, 日本内視鏡外科学会雑誌, 5, 4, 361, 363,   2000 08 , 10.11477/mf.4426900157
    Summary:フレキシブルリングとラテックス膜の張力で腹壁小切開創の空間を保持可能な創縁保護器ラッププロテクターを考案し,腹腔鏡下大腸切除術に用いた.ラッププロテクターはプラスチックシートの創縁保護材に比べて開創空間が広く,創の圧迫による腸管虚血の予防が可能であった.腹腔鏡下大腸切除術においては,癌の創再発や創感染の予防に腸管を摘出する小切開創の創縁保護を行うことが重要であるが,ラッププロテクターは十分な開創空間が得られることから,特に小さな開腹創や肥満症例で有用と考えられた
  • DNAアレイによる遺伝子発現プロファイルからみた消化器癌の悪性度評価, 奥野 清隆, 井上 潔彦, 南 憲司, 上田 和毅, 安富 正幸, 日本消化器外科学会雑誌, 33, 7, 899, 899,   2000 07
  • J型結腸嚢再建と排便困難の関連:結腸嚢造影による検討, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 上田 和毅, 内田 寿博, 中嶋 章浩, 犬房 春彦, 安富 正幸, 日本外科学会雑誌, 101, 臨増, 347, 347,   2000 03
  • 直腸癌に対するJ型結腸嚢再建の適応と長期排便機能, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 所 忠男, 上田 和毅, 内田 寿博, 中嶋 章浩, 犬房 春彦, 安富 正幸, 日本外科学会雑誌, 101, 臨増, 347, 347,   2000 03
  • 【直腸癌治療の現況と展望(骨盤内臓全摘と機能温存)】 直腸癌治療の現況と展望 拡大手術と機能温存, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 上田 和毅, 内田 寿博, 中嶋 章浩, 若野 司, 犬房 春彦, 安富 正幸, 日本癌治療学会誌, 34, 2, 170, 170,   1999 10
  • 直腸癌術後QOL向上のためのJ型結腸嚢再建と自律神経温存手術の適応, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 上田 和毅, 内田 寿博, 中嶋 章浩, 若野 司, 犬房 春彦, 安富 正幸, 日本癌治療学会誌, 34, 2, 267, 267,   1999 10
  • リンパ節転移陽性局所進展癌に対する骨盤内臓全摘術の適応, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 所 忠男, 上田 和毅, 内田 寿博, 中嶋 章浩, 若野 司, 犬房 春彦, 安富 正幸, 日本大腸肛門病学会雑誌, 52, 9, 764, 764,   1999 09
  • 直腸癌に対するJ型結腸嚢再建の適応と長期排便機能, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 上田 和毅, 内田 寿博, 中嶋 章浩, 若野 司, 所 忠男, 犬房 春彦, 安富 正幸, 日本大腸肛門病学会雑誌, 52, 9, 775, 775,   1999 09
  • 直腸癌におけるテネイシンと神経浸潤との関係, 内田 寿博, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 中嶋 章浩, 若野 司, 肥田 仁一, 犬房 春彦, 安富 正幸, 日本大腸肛門病学会雑誌, 52, 9, 874, 874,   1999 09
  • 【直腸癌に対する外科治療の進歩】 結腸嚢肛門管吻合術の適応と成績, 肥田 仁一, 安富 正幸, 吉藤 竹仁, 内田 寿博, 上田 和毅, 中嶋 章浩, 若野 司, 所 忠男, 外科, 61, 9, 997, 1005,   1999 09
  • 大腸癌に対する抗癌剤及び放射線の遺伝子感受性予測, 橋本 幸彦, 上田 和毅, 乾 浩己, 南 憲司, 綿谷 正弘, 安富 正幸, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 6, 1510, 1510,   1999 06
  • 直腸癌に対するJ型結腸嚢再建の適応と長期排便機能, 吉藤 竹仁, 肥田 仁一, 内田 寿博, 上田 和毅, 中嶋 章浩, 若野 司, 所 忠男, 安富 正幸, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 6, 1734, 1734,   1999 06
  • 【手術術式からみた周術期管理の全て】 周術期管理の実際 腹壁・腹膜・腸管・肛門手術の周術期管理 経仙骨式直腸切除術(直腸癌), 安富 正幸, 肥田 仁一, 所 忠男, 吉藤 竹仁, 内田 寿博, 上田 和毅, 中嶋 章浩, 若野 司, 外科治療, 80, 増刊, 812, 815,   1999 05
  • GML遺伝子導入によってもたらされる細胞増殖抑制機構の解析, 上田 和毅, 三好 康雄, 木村 康利, 時野 隆至, 綿谷 正弘, 安富 正幸, 中村 祐輔, 日本癌学会総会記事, 57回, 160, 160,   1998 08
  • 外科的胃瘻造設術と経皮内視鏡的胃瘻造設術20例の検討, 上田 和毅, 日本消化器外科学会雑誌, 29, 2, 582, 582,   1996 02