KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

椎名 昌美シイナ マサミ

プロフィール

所属部署名東洋医学研究所
職名医学部講師
学位博士(医学)
専門産婦人科漢方
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1552-shiina-masami.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/06/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    産婦人科医として周術期や妊娠合併症の一つである深部静脈血栓症や術後に発症するリンパ浮腫についての管理を東洋医学による健康管理を専門にしております。

研究活動情報

論文

  • Premenstrual symptoms interference and equol production status in Japanese collegiate athletes: A cross-sectional study., Takeda T, Ueno T, Uchiyama S, Shiina M, The journal of obstetrics and gynaecology research, 44, 3, 488, 494,   2018年03月, 査読有り
  • Relation between premenstrual syndrome and equol-production status., Takeda T, Ueno T, Uchiyama S, Hiramatsu K, Shiina M, The journal of obstetrics and gynaecology research, 42, 11, 1575, 1580,   2016年11月, 査読有り
  • Stress fracture and premenstrual syndrome in Japanese adolescent athletes: a cross-sectional study., Takeda T, Imoto Y, Nagasawa H, Takeshita A, Shiina M, BMJ open, 6, 10, e013103,   2016年10月, 査読有り
  • Fish Consumption and Premenstrual Syndrome and Dysphoric Disorder in Japanese Collegiate Athletes., Takeda T, Imoto Y, Nagasawa H, Takeshita A, Shiina M, Journal of pediatric and adolescent gynecology, 29, 4, 386, 389,   2016年08月, 査読有り
  • Premenstrual Syndrome and Premenstrual Dysphoric Disorder in Japanese Collegiate Athletes., Takeda T, Imoto Y, Nagasawa H, Muroya M, Shiina M, Journal of pediatric and adolescent gynecology, 28, 4, 215, 218,   2015年08月, 査読有り
  • [Ovarian cancers complicated by endometriosis]., Obata K, Koike H, Shiina M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62 Suppl 10, 615, 622,   2004年10月, 査読有り
  • Successful planned pregnancy in a patient with St Jude medical prosthetic mitral valve., Fukuda T, Yokoyama T, Otaki M, Oku H, Shiina M, Umemoto M, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 66, 2, 204, 206,   2002年02月, 査読有り

MISC

  • 睡眠の質(睡眠効率)は高校生のPMS/PMDD発症に関与する, 武田卓, 椎名昌美, 日本産科婦人科学会雑誌, 70, 2, 920,   2018年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802264111337197
  • 当院初診患者におけるSOCスコアと気血水スコアについての検討, 椎名昌美, 武田卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 70, 2, 1020,   2018年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802272314208648
  • 大学アスリートにおけるエクオール産生能とPMS症状によるパフォーマンス障害との関連性解析, 武田卓, 上野友美, 内山成人, 椎名昌美, 日本女性医学学会雑誌, 25, Suppl., 142, 142,   2017年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702246627500582
  • 当院初診患者におけるSOCスコアと気血水スコアとの関連性検討, 椎名昌美, 武田卓, 日本女性医学学会雑誌, 25, Suppl., 129, 129,   2017年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702298029230843
  • 肺塞栓症と深部静脈血栓症および静脈血栓塞栓症における患者実態のアンケート調査報告, 保田知生, 保田知生, 山田典一, 山田典一, 椎名昌美, 椎名昌美, 武田亮二, 武田亮二, 春田祥治, 春田祥治, 小林隆夫, 小林隆夫, 中野赳, 中野赳, 心臓, 49, 7, 774‐776, 776,   2017年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702244566339590
    概要:全国医療機関8540施設に対して、肺塞栓症(PE)と深部静脈血栓症(DVT)、静脈血栓塞栓症(VTE)に関するアンケート調査を実施し、回答の得られた1071施設の調査結果を報告した。100床以上の施設に限定すると、1ヵ月間のPE&DVTの病院全体診療患者数は2127例、抗凝固薬による治療実施患者は1870例、うち当月より治療開始は746例であった。PTEのみの病院全体診療患者数は763例、抗凝固薬による治療実施患者は657例、うち当月より治療開始は238例であった。DVTのみの病院全体診療患者数は3101例、抗凝固薬による治療実施患者は2485例、うち当月より治療開始は850例であった。抗凝固薬処方ありのPE&DVT両者診断は全体で1152例・死亡退院は34例、PTE診断のみは全体で457例・死亡退院は16例、DVT診断のみは1552例・死亡退院は12例であった。抗凝固薬処方なしのPE&DVT両者診断は全体で72例・死亡退院は12例、PE診断のみは51例・死亡退院は10例、DVT診断のみは156例・死亡退院は7例であった。
  • 外科系診療科における肺血栓塞栓症の発症実態について, 椎名昌美, 平野豊, 保田知生, 保田知生, 心臓, 49, 7, 777, 777,   2017年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702268307570375
  • アスリートにおけるPMS・PMDDによるパフォーマンス障害と蛋白質摂取との関連性検討, 山田恵子, 井本蓉子, 永澤裕代, 竹下厚子, 椎名昌美, 武田昌美, 女性心身医学, 22, 1, 82, 82,   2017年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702245113041417
  • PMS・PMDDと疲労骨折の関連性について, 井本 蓉子, 永澤 裕代, 竹下 厚子, 椎名 昌美, 武田 卓, 思春期学, 35, 1, 87, 88,   2017年03月
  • エクオール産生能とPMS/PMDDとの関連性検討, 武田卓, 上野友美, 内山成人, 椎名昌美, 日本産科婦人科学会雑誌, 69, 2, 716, 716,   2017年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702212284819737
  • VTE 安全管理と院内発症APEの予防 肺塞栓症と深部静脈血栓症および静脈血栓塞栓症における患者実態調査報告, 保田 知生, 山田 典一, 中野 赳, 小林 隆夫, 武田 亮二, 春田 祥治, 椎名 昌美, 静脈学, 28, 2, 165, 165,   2017年05月
  • 当院初診患者における気血水スコアの検討, 椎名昌美, 武田卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 69, 2, 721, 721,   2017年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702271946277612
  • 東洋医学治療における歯車型チーム医療の必要性, 日置智津子, 伊藤エミ, 村重史子, 中井賀世子, 椎名昌美, 武田卓, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, 4, ROMBUNNO.26PB‐am200, 136,   2017年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702250369191507
  • P1-6-9 子宮内膜症にみられるHER2蛋白発現の検討(Group 6 子宮内膜症・基礎2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会), 生駒 直子, 小畑 孝四郎, 島岡 昌生, 椎名 昌美, 井上 芳樹, 日本産科婦人科學會雜誌, 66, 2,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009811680
  • P2-23-2 PMS・PMDDは高校生アスリートにおける疲労骨折のリスクファクターとなる(Group23 スポーツ医学・その他,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会), 武田 卓, 古賀 詔子, 椎名 昌美, 日本産科婦人科學會雜誌, 68, 2,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010035126
  • P3-1-4 当院における高年出産に関する検討(Group 98 ハイリスク妊娠1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会), 島岡 昌生, 小畑 孝四郎, 椎名 昌美, 生駒 直子, 井上 芳樹, 日本産科婦人科學會雜誌, 66, 2,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009812483
  • P2-23-3 女子高校生における月経に関する実態調査と運動が及ぼす影響についての検討(Group23 スポーツ医学・その他,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会), 椎名 昌美, 武田 卓, 日本産科婦人科學會雜誌, 68, 2,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010035127
  • 一般演題 : B-16 産婦人科医が気づかなかった血栓症—深部静脈血栓症 (DVT) 以外—, 椎名 昌美, 生駒 直子, 張 波, 金山 清二, 大井 豪一, 保田 知生, 武田 卓, 心臓, 48, 7, 874, 876,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005761544
  • NW-4-5 魚摂取頻度の高い女性アスリートはPMS・PMDDによるパフォーマンス障害が少ない(ミニワークショップ4 女性ヘルスケア,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会), 武田 卓, 椎名 昌美, 日本産科婦人科學會雜誌, 67, 2,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009940729
  • D-1 女子高校生におけるPMS・PMDDとインターネット依存に関する大規模調査研究(一般演題D:月経関連,摂食障害,女性性とレジリアンス,第44回日本女性心身医学会学術集会), 井本 蓉子, 永澤 裕代, 竹下 厚子, 古賀 詔子, 椎名 昌美, 武田 卓, 女性心身医学, 20, 1,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009975183
  • B-3. 低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬 (LEP) にて静脈血栓塞栓症 (VTE) を発症した1例, 椎名 昌美, 保田 知生, 心臓, 47, 7, 907, 909,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005164482
  • B-1. 中心静脈穿刺に伴う肺血栓塞栓症の2例, 保田 知生, 岩間 密, 白石 治, 武本 昌子, 杉浦 史哲, 錦 耕平, 安田 卓司, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 梶川 竜治, 柳生 行伸, 椎名 昌美, 心臓, 46, 7, 994, 996,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005086890
  • B-2. 抗リン脂質抗体症候群患者に肺血栓塞栓症を合併した2症例, 椎名 昌美, 平野 豊, 辻 裕美子, 谷口 京子, 後藤 千鶴, 小谷 敦志, 河野 ふみえ, 保田 知生, 心臓, 46, 7, 997, 999,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005086891
  • P2-15-11 肺塞栓症合併卵巣癌に対する治療法についての検討(Group71 婦人科腫瘍・血栓・塞栓症,一般演題), 椎名 昌美, 井上 泰英, 山本 嘉一郎, 日本産科婦人科學會雜誌, 64, 2,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009583274
  • 術後第1病日に肺血栓塞栓症を発症した子宮頸癌の1例, 椎名 昌美, 井上 泰英, 保田 知生, 山本 嘉一郎, 心臓, 43, 7, 1003, 1005,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130002585181
  • 当院における肺塞栓症既往と術前肺塞栓症における周術期予防対策について, 保田 知生, 谷口 貢, 梅本 雅彦, 赤木 将男, 福田 寛二, 岩永 賢司, 塩川 泰啓, 柳生 行伸, 長谷 早余子, 米原 ゆかり, 黒崎 まり, 山口 ゆか, 和田 春佳, 小谷 敦志, 森本 英夫, 増田 詩織, 平野 豊, 椎名 昌美, 石丸 英三郎, 塩崎 均, 心臓, 43, 7, 1035, 1036,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130002585193
  • 深部静脈血栓の診断 (これを読めばすべてわかる 最新の産婦人科超音波診断) -- (産科における超音波診断--妊娠中・後期 子宮と母体血管の超音波検査), 椎名 昌美, 臨床婦人科産科, 64, 4, 738, 743,   2010年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017110386
  • P3-136 化学療法中の抗凝固療法併用により肺塞栓症消失を見た深部静脈血栓症・肺塞栓症合併卵巣癌の一例(Group115 婦人科腫瘍血栓症1,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会), 椎名 昌美, 井上 泰英, 山本 嘉一郎, 日本産科婦人科學會雜誌, 62, 2,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007686396
  • 〈一般演題抄録〉1.妊娠高血圧症候群に伴って発症し歩行障害と幻視をきたしたRPLSの1症例, 江川 由夏, 椎名 昌美, 飛梅 孝子, 江藤 智磨, 下野 太郎, 塩田 充, 星合 昊, 近畿大学医学雑誌 = Medical journal of Kinki University, 33, 3, 13A, 13A,   2008年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736578
  • 婦人科静脈血栓症における術前 D-Dimer と超音波検査を併用した予防効果の検討, 椎名 昌美, 土井 裕美, 保田 知生, 谷口 貢, 平野 豊, 小谷 敦志, 後藤 千鶴, 松本 三紀恵, 星合 昊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 35,   2008年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10023915115
  • P2-115 未分化胚細胞腫を合併したターナー症候群の一例(Group116 卵巣腫瘍14,一般演題,第59回日本産科婦人科学会学術講演会), 金村 和美, 塩田 充, 椎名 昌美, 梅本 雅彦, 飛梅 孝子, 島岡 昌生, 小谷 泰史, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 59, 2,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006803944
  • P2-201 子宮筋腫および子宮腺筋症の子宮重量の推定に関する検討(Group129 子宮筋腫2,一般演題,第59回日本産科婦人科学会学術講演会), 飛梅 孝子, 塩田 充, 梅本 雅彦, 島岡 昌生, 小谷 泰史, 椎名 昌美, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 59, 2,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006804030
  • 卵巣子宮内膜症の癌化とその治療 (特集 増えている卵巣癌の対策), 小畑 孝四郎, 椎名 昌美, 小池 英爾, 産婦人科治療, 90, 6, 1023, 1027,   2005年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006794068
  • 卵巣チョコレート嚢胞は inclusion cyst から発生するか?(内膜症・腺筋症III, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会), 福井 里香, 椎名 昌美, 小池 英爾, 星合 昊, 小畑 孝四郎, 日本産科婦人科學會雜誌, 57, 2,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004037871
  • 子宮内膜症の腫瘍性性格 (特集 子宮内膜症のフロントライン : 病態解明と新しい診断・治療へのアプローチ), 小畑 孝四郎, 椎名 昌美, 産婦人科の実際, 53, 10, 1433, 1439,   2004年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019897083
  • 20-6.子宮体癌と卵巣癌の重複癌における病理組織学的検討(第93群 子宮体部悪性腫瘍10)(一般演題), 小池 英爾, 小畑 孝四郎, 椎名 昌美, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 56, 2,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002101978
  • 20-16.子宮内膜増殖症および子宮体癌における経腔超音波検査における子宮内膜厚計測の有効性(第95群 子宮体部悪性腫瘍12)(一般演題), 笠野 多恵子, 椎名 昌美, 小畑 孝四郎, 小池 英爾, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 56, 2,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002101996
  • 21-28.卵巣癌に合併するinclusion cystの性格に関する検討(第103群 卵巣腫瘍14)(一般演題), 川崎 紀久子, 小畑 孝四郎, 椎名 昌美, 小池 英爾, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 56, 2,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002102086
  • 24-13.子宮腺筋症の進展に対するras-kの関与(第116群 子宮内膜症・腺筋症4)(一般演題), 椎名 昌美, 小畑 孝四郎, 小池 英爾, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 56, 2,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002102251
  • 24-14.卵巣類内膜腺癌および卵巣明細胞腺癌に合併する卵巣子宮内膜症におけるbcl-2蛋白の発現状態の検討(第116群 子宮内膜症・腺筋症4)(一般演題), 小畑 孝四郎, 小池 英爾, 椎名 昌美, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 56, 2,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002102253
  • 子宮腺筋症における基底膜およびメタロプロテイナーゼの免疫組織学的検討, 椎名 昌美, 小畑 孝四郎, 星合 昊, 産婦人科の進歩, 54, 2, 71, 79,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001223626
    概要:子宮腺筋症において免疫組織学的検討を行い,基底膜の細胞外マトリックスであるlaminin,type IV collagenの存在率,およびその破壊酵素であるcathepsin-D,matrix metalloproteinase-9(MMP-9)の陽性率とその局在について,子宮内膜癌および子宮内膜増殖症との比較検討を行った.基底膜におけるlamininの存在率は子宮内膜癌の高分化型腺癌で36.3%,中分化型腺癌で28.9%,低分化型腺癌で22.8%であった.子宮内膜増殖症においてもlamininの存在率の低下が認められ,その存在率は複雑型子宮内膜増殖症で96.5%,複雑型子宮内膜異型増殖症では69.3%であった.さらに子宮腺筋症においてもlamininの断裂や欠損が認められ,存在率は32.9%であった.また,type IV collagenの存在率は子宮内膜癌,子宮内膜増殖症ではlamininとほぼ同じであった.しかし,子宮腺筋症においてtype IV collagenの存在率は43.9%で,lamininより高率に認められた(p<0.05).cathepsin-Dの陽性率は高分化型腺癌で41.5%,中分化型腺癌で51.6%,低分化型腺癌で83.3%,子宮腺筋症で46.7%であった.MMP-9の陽性率は高分化型腺癌で20.0%,中分化型腺癌で25.0%,低分化型腺癌で40.0%,子宮腺筋症では80.0%であった.lamininとcathepsin-D,type IV collagenとMMP-9の局在に一致が認められなかったことより,基底膜の断裂や欠損は破壊により起こるのではなく,その細胞のもつ基底膜の産生能の差を示すものと考えられ,基底膜の産生能の低下,浸潤能の強さより子宮腺筋症の腫瘍性性格が示唆された.〔産婦の進歩54(2):71-79,2002(平成14年3月)〕
  • 260 子宮体癌における傍結合織浸潤および骨盤・傍大動脈リンパ節転移に関する検討, 小畑 孝四郎, 椎名 昌美, 小池 英爾, 星合 昊, 野田 起一郎, 日本産科婦人科學會雜誌, 54, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002184571
  • 329 子宮腺筋症ならびに子宮内膜増殖症, 子宮内膜癌における基底膜の免疫組織学的検討 : 腫瘍性性格と癌化, 椎名 昌美, 小畑 孝四郎, 星合 昊, 野田 起一郎, 日本産科婦人科學會雜誌, 54, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002184984
  • <一般演題抄録>25.卵巣腫瘍との鑑別が困難であった上腹部腫瘍の1症例, 島岡 昌生, 小畑 孝四郎, 飛梅 孝子, 辻 勲, 椎名 昌美, 中嶋 博之, 渡部 洋, 星合 昊, 近畿大学医学雑誌, 26, 2,   2001年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061775
  • 350 子宮腺筋症ならびに子宮内膜増殖症, 子宮内膜癌における基底膜の免疫組織学的検討, 椎名 昌美, 小畑 孝四郎, 小林 佳代, 星合 昊, 野田 起一郎, 日本産科婦人科學會雜誌, 53, 2,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002115091
  • P-296 子宮内膜吸引細胞診における子宮内膜増殖症の病変推定の検討, 小畑 孝四郎, 椎名 昌美, 小池 英爾, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 53, 2,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002116285
  • <一般演題抄録>13.CA19-9およびSCCが異常高値を示した成熟嚢胞性奇形腫の1症例, 小池 英爾, 塩田 充, 上田 晴彦, 椎名 昌美, 星合 昊, 近畿大学医学雑誌, 25, 2,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061685
  • <一般演題抄録>15.胎内診断が可能であった胎児脳腫瘍の1例, 中井 英勝, 辻 勲, 小川 誠司, 椎名 昌美, 塩田 充, 星合 昊, 近畿大学医学雑誌, 25, 2,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061687
  • 子宮癌に対する内視鏡手術の適応, 小畑 孝四郎, 塩田 充, 椎名 昌美, 小川 誠司, 星合 昊, 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology, 15, 1, 25, 28,   1999年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020399503
  • 42 子宮頚部dysplasia follow up中に発見された子宮頚部malignant lymphomaの一例, 椎名 昌美, 渡部 洋, 中嶋 博之, 杉本 直美, 池田 正典, 星合 昊, 野田 起一郎, 日本臨床細胞学会雑誌, 37, 2,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001224852
  • 335 腹腔鏡下膣式子宮全摘術(LAVH)の適応に関する検討, 塩田 充, 小川 誠司, 椎名 昌美, 梅本 雅彦, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 50, 0, "S, 291",   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002180887
  • P-39 GnRHアゴニスト使用による腹腔鏡下膣式子宮全摘術(LAVH)の適応拡大に関する研究, 小川 誠司, 塩田 充, 椎名 昌美, 梅本 雅彦, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 50, 0, "S, 381",   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002181939
  • 当科における腹腔鏡下腟式子宮全摘術に関する検討, 塩田 充, 小川 誠司, 姚 嘉斐, 椎名 昌美, 梅本 雅彦, 星合 昊, 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology, 13, 1, 45, 47,   1997年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029375203
  • 卵巣腫瘍に対する腹腔鏡下手術の適応に関する検討, 姚 嘉斐, 塩田 充, 小川 誠司, 椎名 昌美, 梅本 雅彦, 池田 正典, 星合 昊, 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology, 13, 1, 49, 52,   1997年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029375207
  • 183 卵巣腫瘍に対する腹腔鏡下手術の適応に関する検討, 高島 忠守, 塩田 充, 小川 誠司, 椎名 昌美, 池田 正典, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 49, 0, "S, 197",   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002158522
  • 478 腹腔鏡下膣式子宮全摘術(LAVH・LH)の適応に関する検討, 塩田 充, 高島 忠守, 小川 誠司, 椎名 昌美, 星合 昊, 日本産科婦人科學會雜誌, 49, 0, "S, 344",   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002160003
  • NEZHAT-DORSEY HYDRODISSECTION POMP IIの有用性について, 小川 誠司, 塩田 充, 高島 忠守, 椎名 昌美, 星合 昊, 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology, 12, 1, 136, 138,   1996年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029375095