KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

江口 充エグチ ミツル

プロフィール

所属部署名農学部 水産学科 / 農学研究科
職名教授/学部長補佐
学位農学博士
専門水族環境学・水質学・海洋環境修復学
ジャンル環境/環境と社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/909-eguchi-mitsuru.html
ホームページURLhttp://www.nara.kindai.ac.jp/
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    養殖などの人間活動が海や河川・湖沼に与える影響を水質学、物質循環学、微生物生態学の観点から研究。クロマグロ養殖とサンゴの共存共栄、干潟の水質浄化力、微細藻類と海洋細菌の有効利用など。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1982年, 京都大学, 農学部, 水産学科

研究活動情報

研究分野

  • 水圏応用科学, 水圏生産科学, 養殖環境
  • 基礎生物学, 生態・環境
  • 水産学, 水産学一般

研究キーワード

  • 底質, 自浄作用, 水質, 水族環境学, 水圏微生物生態学

論文

  • Microbial decomposition process of organic matter in sinking particles, resuspendable particles, and bottom sediments at a coastal fish farming area, Yoshikawa Takashi, Kanemata Kenichi, Nakase Gentoku, Eguchi Mitsuru, FISHERIES SCIENCE, 83, 4, 635, 647,   2017年07月, 査読有り
  • Microbial communities in various waters used for fish larval rearing, Taniguchi Akito, Aoki Ryuichiro, Eguchi Mitsuru, AQUACULTURE RESEARCH, 47, 2, 370, 378,   2016年02月, 査読有り
  • Community structures of actively growing bacteria stimulated by coral mucus, Taniguchi Akito, Yoshida Takashi, Hibino Kodai, Eguchi Mitsuru, JOURNAL OF EXPERIMENTAL MARINE BIOLOGY AND ECOLOGY, 469, 105, 112,   2015年08月, 査読有り
  • Planktonic processes contribute significantly to the organic carbon budget of a coastal fish-culturing area (vol 4, pg 239, 2013), Yoshikawa Takashi, Eguchi Mitsuru, AQUACULTURE ENVIRONMENT INTERACTIONS, 7, 1, 89,   2015年, 査読有り
  • Bacterial production is enhanced by coral mucus in reef systems, Taniguchi Akito, Yoshida Takashi, Eguchi Mitsuru, JOURNAL OF EXPERIMENTAL MARINE BIOLOGY AND ECOLOGY, 461, 331, 336,   2014年12月, 査読有り
  • Planktonic processes contribute significantly to the organic carbon budget of a coastal fish-culturing area, Yoshikawa Takashi, Eguchi Mitsuru, AQUACULTURE ENVIRONMENT INTERACTIONS, 4, 3, 239, 250,   2013年12月, 査読有り
  • Population structure of the fish pathogen Flavobacterium psychrophilum at whole-country and model river levels in Japan, Fujiwara-Nagata Erina, Chantry-Darmon Celine, Bernardet Jean-Francois, Eguchi Mitsuru, Duchaud Eric, Nicolas Pierre, VETERINARY RESEARCH, 44,   2013年05月17日, 査読有り
  • Microbial mineralization of organic matter in sinking particles, bottom sediments and seawater in a coastal fish culturing area, Yoshikawa Takashi, Kanemata Kennichi, Nakase Gentoku, Eguchi Mitsuru, AQUACULTURE RESEARCH, 43, 12, 1741, 1755,   2012年11月, 査読有り
  • Benefits of live phytoplankton, Chlorella vulgaris, as a biocontrol agent against fish pathogen Vibrio anguillarum, Sharifah Emilia Noor, Eguchi Mitsuru, FISHERIES SCIENCE, 78, 2, 367, 373,   2012年03月, 査読有り
  • The Phytoplankton Nannochloropsis oculata Enhances the Ability of Roseobacter Clade Bacteria to Inhibit the Growth of Fish Pathogen Vibrio anguillarum, Sharifah Emilia Noor, Eguchi Mitsuru, PLOS ONE, 6, 10,   2011年10月28日, 査読有り
  • Viable but Non-culturable State of Bacterial Cold-water Disease Pathogen Flavobacterium psychrophilum at Various Temperatures, Sugahara Kazuhiro, Fujiwara-Nagata Erina, Fukuda Ayami, Eguchi Mitsuru, FISH PATHOLOGY, 45, 4, 158, 163,   2010年12月, 査読有り
  • In Memoriam: Professor Akira Kawai (1926-2010), Eguchi Mitsuru, FISHERIES SCIENCE, 76, 4, 547,   2010年07月, 査読有り
  • 沿岸の養魚場水域における溶存酸素と植物プランクトンによる光合成活性の短期変動の解析(英文), 江口 充, 村田 修, T. Yoshikawa, K. Furuya, Estuarine, Coastal and Shelf Science, 74, 3, 515, 527,   2007年09月, 査読有り
    概要:沿岸の養魚場水域における溶存酸素と植物プランクトンによる光合成活性の短期変動の解析(英文)
  • Environmental microbes in finfish aquaculture, Eguchi Mitsuru, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 83, 3, 333, 336,   2017年, 査読有り
  • 集約的な飼育システムにおける細菌群集構造と仔稚魚の生残との相互関係(英文), G. Nakase, 江口 充, 中川 至純, 宮下 盛, T. Nasu, S. Senoo, H. Matsubara, Fisheries Science, 73, 4, 784, 791,   2007年08月, 査読有り
    概要:集約的な飼育システムにおける細菌群集構造と仔稚魚の生残との相互関係
  • Influence of seasonal solar ultraviolet radiation on microbial mineralization activity in tidal flats in Osaka Bay, Japan, Nakase Gentoku, Eguchi Mitsuru, FISHERIES SCIENCE, 81, 6, 1099, 1104,   2015年11月, 査読有り
  • Analysis of bacterial communities in Nannochloropsis sp. cultures used for larval fish production, 中瀬 玄徳, 江口 充, Fisheries Science, 73, 3, 543, 549,   2007年06月, 査読有り
    概要:種苗生産に利用されるナノクロロプシス培養液中の細菌群集構造の解析(英文)
  • クロマグロThunnus orientalis,の微生物ループを通したエネルギーと栄養物の利用(英文), 江口 充, 中川 至純, 宮下 盛, Aquaculture, 267, 1-4, 83, 93,   2007年07月03日, 査読有り
    概要:クロマグロThunnus orientalis,の微生物ループを通したエネルギーと栄養物の利用(英文)
  • Quantitative PCR assay for the detection of the parasitic ciliate Cryptocaryon irritans, Taniguchi Akito, Onishi Hiroyuki, Eguchi Mitsuru, FISHERIES SCIENCE, 77, 4, 607, 613,   2011年07月, 査読有り
  • Safety of electrolyzed seawater for use in aquaculture, Katayose Masahiko, Yoshida Kyoichiro, Achiwa Nobuo, Eguchi Mitsuru, AQUACULTURE, 264, 1-4, 119, 129,   2007年04月06日, 査読有り
  • Transcriptional regulation of the Na+-NADMquinone oxidoreductase gene, nqr, in Vibrio anguillarum, a fish pathogen, in the stationary phase, Fujiwara-Nagata Erina, Eguchi Yoko, Utsumi Ryutaro, Eguchi Mitsuru, FISHERIES SCIENCE, 73, 2, 348, 355,   2007年04月, 査読有り
  • Quantitative monitoring of Flavobacterium psychrophilum, a causative pathogen of bacterial cold water disease of ayu, in aquatic environments, Fujiwara-Nagata Erina, Eguchi Mitsuru, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 73, 2, 306, 309,   2007年03月, 査読有り
  • ノロウイルスの代替としてネコカリシウイルスを使用した電解水による厨房内の二次汚染防止に関する検討., 江口 充, 片寄政彦 吉田恭一郎 紙谷喜則 齊藤洋介 阿知波信夫 岩沢篤郎, 防菌防黴誌, 35, 359, 364,   2007年
    概要:ノロウイルスの代替としてネコカリシウイルスを使用した電解水による厨房内の二次汚染防止に関する検討.
  • 定常期における魚病細菌Vibrio anguillarum,のナトリウムイオン依存型のNADH脱水素酵素遺伝子nqrの転写制御について(英文), 江口 充, Fisheries Science, 73, 348, 355,   2007年
    概要:定常期における魚病細菌Vibrio anguillarum,のナトリウムイオン依存型のNADH脱水素酵素遺伝子nqrの転写制御について(英文)
  • 環境水におけるアユ冷水病菌Flavobacterium psychrophilumの定量的モニタリング., 江口 充, 永田 恵里奈, 日本水産学会誌 Quantitative monitoring of BCWD, Flavobacterium psychrophilum, against ayu., 73, 306, 309,   2007年
    概要:環境水におけるアユ冷水病菌Flavobacterium psychrophilumの定量的モニタリング.
  • 冷水病細菌, Flavobacterium psychrophilum,の感染魚体内及び飼育水中の動態(英文), 江口 充, 永田 恵里奈, Kazuhiro Sugawara, Fish Pathology, 45, 2, 58, 65,   2010年06月, 査読有り
    概要:冷水病細菌, Flavobacterium psychrophilum,の感染魚体内及び飼育水中の動態
  • LAMP法による迅速かつ簡便なFlavobacterium psychrophilum.の検出法(英文), 江口 充, 永田 恵里奈, Journal of Fish Diseases, 32, 873, 881,   2009年
    概要:LAMP法による迅速かつ簡便なFlavobacterium psychrophilum.の検出法
  • マーブルゴビーの初期飼育水における原生動物による微細藻類の捕食について(英文), 江口 充, 中川 至純, 宮下 盛, Fui Fui Ching, Shigeharu Senoo, Aquaculture Science, 57, 71, 75,   2009年
    概要:マーブルゴビーの初期飼育水における原生動物による微細藻類の捕食について
  • Dissolved oxygen consumption by bottom sediments of an artificial tidal flat in Japan, Eguchi Mitsuru, Fujii Chizu, Miyamoto Hirotaka, Shigematsu Takamasa, Yamochi Susumu, FISHERIES SCIENCE, 68, 596, 599,   2002年, 査読有り

書籍等出版物

  • 「食と微生物の事典(A5)」, 江口 充, 分担執筆, 5-32 増養殖環境における微生物, 朝倉書店,   2017年
  • 「環境と微生物の事典(A5/448ページ)」(日本微生物生態学会編), 江口 充, 分担執筆, 71養殖場と微生物, 朝倉書店,   2014年
  • 「養殖の餌と水-陰の主役たち」(杉田治男編), 江口 充, 分担執筆, 5章 養殖場の環境、§2.海水養殖, 恒星社厚生閣,   2008年
  • 低栄養と微生物, 海洋微生物とバイオテクノロジー,   1991年
  • 微生物生態学入門(分担執筆), 日科技連,   2004年
  • 3.外洋環境における低栄養細菌の特性と役割、4.海洋におけるVBNC(生きているが培養できない)細菌の存在(石田・杉田編「海の環境微生物学」(分担執筆)), 江口 充, 共著, 恒星社厚生閣、東京,   2005年06月
    概要:3.外洋環境における低栄養細菌の特性と役割、4.海洋におけるVBNC(生きているが培養できない)細菌の存在
  • Relationship between changes in bacterial community structures and mortality of fiah larvae in rearing waters. In “Chemical Pollution and Environmental Changes (Eds., S. Tanabe, H. Takeoka, T. Isobe and Y. Nishibe)”, 江口 充, G. Nakase, 共著, Universal Academy Press, Tokyo,,   2007年
  • Organic degradation process in different microenvironments (seawater, sinking particles and bottom sediments) in aquaculture areas. In “Chemical Pollution and Environmental Changes (Eds., S. Tanabe, H. Takeoka, T. Isobe and Y. Nishibe)”, 江口 充, 村田 修, 澤田 好史, S. Miyano, T. Okada, K. Kanemata, T. Yoshikawa, 共著, Universal Academy Press, Tokyo,   2007年
  • 5章 養殖場の環境、§2.海水養殖、「養殖の餌と水-陰の主役たち」(杉田治男編), 江口 充, 吉川 尚, 共著, 恒星社厚生閣,   2008年
  • 7章 病原微生物の動態と衛生管理、§1.病原微生物の動態、「養殖の餌と水-陰の主役たち」(杉田治男編), 江口 充, 永田 恵里奈, 共著, 恒星社厚生閣,   2008年
  • 7章 病原微生物の動態と衛生管理、§2.養魚環境の衛生管理、2・3塩素殺菌と電解海水、「養殖の餌と水-陰の主役たち」(杉田治男編), 江口 充, 共著, 恒星社厚生閣,   2008年

講演・口頭発表等

  • 魚類養殖に関わる環境微生物の生理生態学的研究, 江口 充, 平成29年度日本水産学会春季大会,   2017年03月29日, 招待有り
  • 養殖における微生物: 善玉菌vs.悪玉菌, 江口 充, 第3回 韓・日合同微生物生態学シンポジウム,   2011年05月13日, 招待有り
  • Vibrio 属細菌の飢餓生残における Na+ の重要性, 江口 充, 藤原恵里奈, 平成 13 年度日本水産学会春季大会 (藤沢),   2001年04月, 平成 13 年度日本水産学会春季大会 (藤沢)
    概要:増殖には必ずしも Na+ を要求しないビブリオ属の魚病細菌が、 飢餓生残には Na+ を要求し、 この Na+ が特に呼吸鎖において重要であることを示した。
  • 海洋性 Vibrio 属細菌の飢餓環境における Na+ ポンプの重要性, 江口 充, 藤原恵里奈, 9th International Symposium on Microbial Ecology (ISME 9) (アムステルダム),   2001年08月, 9th International Symposium on Microbial Ecology (ISME 9) (アムステルダム)
    概要:海洋の環境特性は高い Na+ 濃度と弱アルカリ性である。 増殖状態と異なり飢餓状態では、 Vibrio 属細菌の場合、 この環境特性を有効に利用した Na+ ポンプの存在が極めて重要になることを示した。 (英文)
  • 日本近海の低栄養な海水から分離された超微小低栄養性海洋細菌の特性, 江口 充, 木暮一啓 西野智彦, R. Cavicchioli F. Fegatella M. Ostrouski J. bowman, D. Nichols, 9th International Symposium on Microbial Ecology (ISME 9) (アムステルダム),   2001年08月, 9th International Symposium on Microbial Ecology (ISME 9) (アムステルダム)
    概要:日本近海の深層水から限界希釈法により分離した超微小低栄養性海洋細菌の生理学的・分類学的諸特性を明らかにした。 (英文)
  • 電解水による養魚用水の殺菌, 江口 充, C. Riquelme M. Jorquera G. Valencia, 片寄政彦, 9th International Symposium on Microbial Ecology (ISME 9) (アムステルダム),   2001年08月, 9th International Symposium on Microbial Ecology (ISME 9) (アムステルダム)
    概要:電解水処理により、 養殖魚の初期減耗が有意に低下することを示し、 養殖現場での電解水処理の有効性を明らかにした。 (英文)
  • Vibrio anguillarum 及び他の海洋性 Vibrio 属細菌の Na+ 依存型呼吸鎖, 江口 充, 藤原恵里奈, 木暮一啓 塚本久美子, 9th International Symposium on Microbial Ecology (ISME 9) (アムステルダム),   2001年08月, 9th International Symposium on Microbial Ecology (ISME 9) (アムステルダム)
    概要:魚病細菌 Vibrio anguillarum の Na+ 依存型呼吸鎖が、 他の海洋性 Vibrio 属細菌のものとは質的・量的に異なることを明らかにした。 (英文)
  • 日本の人工干潟における底質の溶存酸素消費, 江口 充, 藤井千寿, 矢持進 重松孝昌 宮本宏隆, 70th Anniversary of The Japanese Society of Fisheries Science International Commemorative Symposium (横浜),   2001年10月, 70th Anniversary of The Japanese Society of Fisheries Science International Commemorative Symposium (横浜)
    概要:人工干潟の海水浄化能力を底質の溶存酸素消費速度から評価した。 (英文)
  • Vibrio 属細菌の増殖および飢餓生残における pH とカチオンの影響, 江口 充, 藤原恵里奈, 藤井孝, 宮川明久, 第 17 回日本微生物生態学会 (静岡),   2001年11月, 第 17 回日本微生物生態学会 (静岡)
    概要:呼吸鎖に一次ナトリウムポンプを保有する Vibrio 属細菌の増殖と飢餓生残 (エネルギー欠乏) における、 外部環境の pH と各種カチオンの影響を明らかにした。
  • 人工干潟における微生物群の呼吸活性, 江口 充, 河合伸弥, 平井研, 藤井千寿, 矢持進 重松孝昌 宮本宏隆, 第 17 回日本微生物生態学会 (静岡),   2001年11月, 第 17 回日本微生物生態学会 (静岡)
    概要:大阪湾岸和田市地先に造成された人工干潟における底質の生物的 (呼吸活性) 及び科学的酸素消費速度の昼夜観測を行った。 潮汐に合わせたように、 底質の呼吸活性が時間変動することが明らかになった。
  • 干潟底質における溶存酸素消費速度の時間変動と季節変動, 江口 充, 平井研, 河合伸弥, 重松孝昌 岡本庄一 柳川竜一 矢持進, 平成 14 年度日本水産学会大会 (奈良),   2002年04月, 平成 14 年度日本水産学会大会 (奈良)
    概要:大阪湾に造成された人工干潟において、 生物的溶存酸素消費速度 (呼吸活性) を測定した。 干潟の呼吸活性が季節変動することは周知であるが、 呼吸活性が数倍から数 10 倍の幅で大きく時間変動することを明らかにした。
  • 人工干潟における呼吸活性の変動, 江口 充, 中瀬玄徳, 平井研 重松孝昌 矢持進, 2003年度日本海洋学会春季大会(東京),   2003年03月, 2003年度日本海洋学会春季大会(東京)
    概要:大阪湾に造成された実験用の人工干潟において、干潟の生物群(特に微生物群集)による呼吸活性(無機化能力、水質浄化能力)を測定し、呼吸活性が激しく時間変動していることを明らかにした。
  • 干潟・塩生湿地での水底質環境と生物の動態    微生物   , 江口 充, 「大阪湾のなぎさ環境を語る」公開シンポジウム(大阪),   2003年06月, 「大阪湾のなぎさ環境を語る」公開シンポジウム(大阪)
    概要:大阪湾のなぎさ環境を形成する微生物群の働きについて、大阪南港野鳥公園の人工干潟や岸和田市地先の阪南2区人工干潟における調査結果をもとに講演した。
  • バイオフィルムを形成した魚病細菌Vibrio angillarum の淡水環境での生残, 江口 充, 永田恵里奈, 第19 回日本微生物生態学会(吹田),   2003年10月, 第19 回日本微生物生態学会(吹田)
    概要:淡水にさらすと死滅する魚病細菌Vibrio anguillarum をバイオフィルム状態で淡水へ入れると、1 ヵ月以上生残することを明らかにした。
  • 和歌川河口干潟の海水、間隙水、底砂における微生物群集の解析, 江口 充, 中瀬玄徳, 第19 回日本微生物生態学会(吹田),   2003年10月, 第19 回日本微生物生態学会(吹田)
    概要:和歌川河口干潟の微生物調査を行い、海水と間隙と底砂では存在する細菌群集構造が異なること、呼吸によって無機化活性も異なることを明らかにした。
  • マダイ初期飼育水槽におけるプランクトン群集構造の変化, 熊井 英水, 江口 充, 宮下 盛, 那須 敏朗, 高橋 範行 福山 憲文 中務 寬,   2005年04月
  • 田辺湾養殖漁場の底泥に蓄積する有機物量の増減パターン, 中瀬 玄徳, 江口 充, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 谷口 亮人, 諏訪 剛, 平成24年度日本水産学会春季大会,   2012年03月, 平成24年度日本水産学会春季大会

作品

  • 本州南方黒潮域調査(東京大学海洋研究所白鳳丸KH-82-3次研究航海),   1982年
  • 南極海域調査(東京大学海洋研究所白鳳丸KH-83-4次研究航海),   1984年
  • タイ国沿岸域における底質の環境調査(JICA派遣番号4910658),   1992年
  • 滋賀県,   2004年
  • 和歌山県,   2003年 - 2005年

MISC

  • 琵琶湖の底泥における増殖可能な光合成ピコプランクトンの存在,   1995年
  • 湖におけるビブリオ病菌の分布, 日本水産学会誌, 61,   1995年
  • 魚病細菌┣DBVibrio(/)-┫DB ┣DBanguillarum(/)-┫DB の天然淡水域における生残, 12, 3, 107, 111,   1997年
  • モノクローナル抗体を用いた間接蛍光抗体法による天然環境からの魚病細菌(Vibrio anguillarum)の検出, 月刊海洋, 29, 12, 715, 720
  • 低栄養環境と海洋細菌, 月刊海洋, 23: 56-60,   2000年
  • 人工干潟の水質浄化能に果たす細菌群の役割, 月刊海洋, 号外35: 66-71,   2003年
  • Sphingomoras alaskensis strain AFO1, an abundant oligotrophic ultramicrobacterium from the North Pacific, Applied and Environmental Microbiology, 67, 4945-4954,   2001年
  • Disinfection of seawater for hatchery aquaculture systems using electrolytic water treatment, Aquaculture , 207, 213-224
    概要:202
  • Characteristics of Na+-dependent respiratory chain in Vibrio anguillarum, a fish pathogen, in comparison with other marine Vibrios., FEMS Microbiology Ecology, 44, 225, 230,   2003年
  • Physiological state of Vibrio anguillarum, a fish pathogen, under starved and low-osmotic environments., EGUCHI M, NAGATA(FUJIWARA) E, MIYAMOTO N, Microbes and Environments, 18, 3, 160, 166,   2003年, 10.1264/jsme2.18.160
  • Survival of Vibrio anguillarum, a fish pathogen, in freshwater by forming biofilms, Microbes and Environments, 18: 196-202,   2003年
  • Significance of Na+ in the fish pathogen, Vibrio anguillarum, under energy depleted condition, FEMS Microbiology Letters, 234: 163-167,   2004年
  • TOPICS 持続可能な漁業のために、地球人として生きるために「自然の自浄能力を知り、環境容量を超えぬ努力をする」, 江口 充, 水野葉子, JOIA news JOIA news, 59, 3, 5,   2009年
    概要:TOPICS 持続可能な漁業のために、地球人として生きるために「自然の自浄能力を知り、環境容量を超えぬ努力をする」

特許

  • 海洋魚介類の養殖方法, 江口 充, 特許題4776293号

競争的資金

  • 文科省, 私立大学戦略的基盤形成事業, 魚類完全養殖の高度化(グループⅠ:完全養殖システムの構築、グループⅡ:環境低負荷システムの構築), 江口 充(グループⅡリーダー)
  • 日本学術振興会, 科研費 基盤C, 種苗生産におけるグリーンウォーター技術の高度化と汎用性の強化, 江口 充
  • 日本学術振興会, 科研費 基盤B, 種苗生産における「水作り」の微生物生態学的な解析とマニュアル化, 江口 充
  • 文科省, グローバルCOEプログラム, クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点, 江口 充(事業担当者)
  • 日本学術振興会, 科研費 挑戦的萌芽研究, クロマグロ養殖とサンゴの共存・共栄への第一歩, 江口 充
  • 魚病細菌の天然環境における生理・生態学的研究
  • 干潟における微生物群の動態と水質浄化機能
  • 海洋性低栄養細菌の生理学的・生態学的研究
  • 魚類養殖場水域における物質循環とエネルギー・フロー

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 水質学, 近畿大学
  • 博物館資料保存論, 近畿大学
  • 水族環境学特論, 近畿大学大学院・愛媛大学大学院
  • 水族環境学, 近畿大学
  • 海洋生態系科学, 近畿大学
  • 浮遊生物学, 近畿大学
  • 水圏微生物学, 近畿大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 出張授業「海とさかなの不思議を学ぼう!」(於:神戸市立唐櫃小学校), 講師, 日本水産㈱・公益社団法人日本水産学会,   2013年07月18日 - 2013年07月18日