KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

黒田 孝義クロダ タカヨシ

プロフィール

所属部署名理工学部 理学科 / 総合理工学研究科 / 理工学総合研究所
職名教授
学位工学博士
専門錯体化学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/324-kuroda-takayoshi.html
ホームページURLhttp://www.chem.kindai.ac.jp/sakutai/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    金属錯体の磁性、なかでも分子一つで磁石の性質を示す単一分子磁石や、温度によって磁性が変化するスピンクロスオーバー現象を中心に研究しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1985年, 京都大学, 工学研究科, 石油化学
  •  - 1980年, 京都大学, 工学部, 石油化学

経歴

  •   2008年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   1985年,  - 1993年, (株)日立製作所 研究員
  •   1993年,  - 1995年, 近畿大学 助手
  •   1995年,  - 2000年, 近畿大学 講師
  •   2000年,  - 2006年, 近畿大学 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 基礎化学, 無機化学
  • 複合化学, 機能物質化学

研究キーワード

  • 錯体構造化学, 分子磁性

論文

  • Heterometallic AgI–IrIII Hydride Coordination Polymers Bridged by IrIII Metalloligands, 前川雅彦、久保有紀実、杉本邦久、大久保貴志、黒田孝義、宗像惠, Eur. J. Inorg. Chem, 2016, 78, 91,   2016年, 査読有り
  • Structurally Diverse Polynuclear Copper(I) Complexes Bridged by Pyrimidine–, Pyrazine–, and Triazine–based Ligands with Several 2–Pyridyl Groups, 前川雅彦、杉本邦久、大久保貴志、黒田孝義,宗像惠, ChemistrySelect, 1, 3812, 3822,   2016年, 査読有り
  • Structural diversity among copper(I) ethylene adducts of 3,6-bis(2-pyridyl)-1,2,4,5-tetrazine, 前川 雅彦, 宮崎 武志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 高輝度光科学研究センター(JASRI) 研究員, 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 拠点長, Dalton Transactioons, 42, 12, 4258, 4266,   2013年03月, 査読有り
    概要:Cu(ClO4)?6H2O、Cu turningsおよび3,6-bis(2-pyridyl)-1,2,4,5-tetrazineをエチレン雰囲気下、アセトン溶液中で反応させ、5つの新規な二核Cu(I)-エチレン付加体ならびにグリッド型四核Cu(I)錯体を合成し、これらの構造多様性を明らかにした(英文)。
  • Syntheses, crystal structures and magnetic properties of Mn12 single-molecule magnets with diphenylphosphate and their tetraphenylphosphonium salts "jointly worked", Polyhedron, 24,, 2680, 2690,   2005年, 査読有り
  • Synthesis, crystal structure and magnetic properties of Mn12 single-molecule magnets with naphthalenecarboxylate bridges, [Mn12O12(O2CC10H7)16(H2O)4] and its tetraphenylphosphonium salt "jointly worked", Bull. Chem. Soc. Jpn.,, 78, 1032, 1039,   2005年, 査読有り
  • Silver(I) Compounds Consisting of [2.2]Paracyclophane: Reversible Guest-Driven Solid-State Transformation and Incorporation Behavior "jointly worked", Inorg. Chem., 44, 1686, 1692,   2005年, 査読有り
  • Synthesisi and structural characterization of dinuclear iridium hydrido complex with 3,6-bis(pyridyl)tetrazine, [Ir2(H)4(PPh3)4(bptz)](PF6)2•4CH2Cl2 "jointly worked", Inorganica Chimica Acta, 358, 1317, 1321,   2005年, 査読有り
  • First crystallographic determination of dichloro-bridged dinuclear rhodium Cp* complex with neutral Me2CO molecules. [Rh2(Cp*)2(μ-Cl)2(Me2CO)2](BF4)2 (Cp* = η5-C5Me5) "jointly worked", Inorganica Chimica Acta, 358, 1313, 1316,   2005年, 査読有り
  • 3D coordination polymers of [2,2]paracyclophane and in situ silver(I) perfluoro-dicarboxylates: effects of the dicarboxylate spacers and conformations on the formation of complexes "jointly worked", Inorganica Chimica Acta, 358, 919, 926,   2005年, 査読有り
  • catena-Poly[[chlorodipyridinemanganese(II)]-μ3-6-oxo-1,6-dihydropyridine-2-carboxylato] "jointly worked", Acta Crystallographica, C61, m144, m146,   2005年, 査読有り
  • Silver(I) coordination polymers of fluorescent oligo(phenylenevinylene) with π−π stackings: luminescence and conductivity "jointly worked", Inorg. Chem., 44, 1031, 1036.,   2005年, 査読有り
  • MeOH-Coordinated Mn12 Single-Molecule Magnet: Structure and Magnetic Properties of [Mn12O12(OAc)16(MeOH)4] "jointly worked", Inorg. Chem, Commun, 8, 205, 211,   2005年, 査読有り
  • catena-Poly[[[diacetonitrilesilver(I)]- μ-2,11,dithia[3,3]paracyclophane-κ2S:S’]-(tetrafluoroterephthalate(tetrafluoroterephthalic acid))acetonitrile tetrasolvate] "jointly worked", Acta Crystallographica, E60, m1504, m1506,   2004年, 査読有り
  • Porous copper(I) complexes of 2,11-dithia[3,3]paracyclophane: desorption and adsorption of guest molecules "jointly worked", Inorganica Chimica Acta,, 357, 3621, 3631,   2004年, 査読有り
  • Syntheses and structural characterizations of novel mono and dinuclear iridium hydrido complexes with polydentate nitrogen donor ligands. es of the first iridium complexes with m- and p-terpehnyl (tp). {[Ir2(p-tp)(cod)2](BF4<・・・, Inorganica Chimica Acta,, 357, 3456, 3472,   2004年, 査読有り
    概要:Syntheses and structural characterizations of novel mono and dinuclear iridium hydrido complexes with polydentate nitrogen donor ligands. es of the first iridium complexes with m- and p-terpehnyl (tp). {[Ir2(p-tp)(cod)2](BF4)2•2CH2Cl2}3 and [Ir2(μ-tp)(η5-C5Me5)](BF4)2 "jointly worked"
  • A Mn12 single-molecule magnet [Mn12O12(OAc)12(dpp)4] (dppH = diphenylphosphate) with no coordinating water molecules "jointly worked", Inorganic Chemistry, 43, 4790, 4792,   2004年, 査読有り
  • Bis(μ-6-hydroxypicolinato)-μ-oxo-bis[dipyridinemanganese(III)] monohydrate "jointly worked", Acta Crystallogr. Sect C, C60, m338, m340,   2004年, 査読有り
  • catena-Poly[[[diacetonitrilesilver(I)]- μ-2,11,dithia[3,3] paracyclophane-κ2S:S’]hydrogenoctafluoroadipate] "jointly worked", Acta Crystallogr. Sect E, E60, m865-m867,   2004年
  • Crystal Structure of Chlorobis(1,10-phenanthroline)copper(II) Tetrafluoroborate, [Cu(phen)2Cl]BF4 "jointly worked", Analytical Sciences, 20, x71-x72,   2004年
  • A novel Mn12 Single-Molecule Magnet with a μ3-methanesulfonate bridge "jointly worked", Chemistry Letters, 33, 540-541,   2004年
  • Syntheses, structures and properties of intercalation compounds of silver(I) complex with [2,2]paracyclophane "jointly worked", Inorganic Chemistry, 43, 633, 641,   2004年, 査読有り
  • Syntheses and crystal structures of the first iridium complexes with m- and p-terpehnyl (tp). {[Ir2(p-tp)(cod)2](BF4)2•2CH2Cl2}3 and [Ir2(μ-tp)(η5-C5Me概要:Syntheses and crystal structures of the first iridium complexes with m- and p-terpehnyl (tp). {[Ir2(p-tp)(cod)2](BF4)2•2CH2Cl2}3 and [Ir2(μ-tp)(η5-C5Me5)](BF4)2 "jointly worked"
  • Crystal Structure of Tri- μ-chloro-bis-(1,2,3,4,5-η)-1,2,3,4,5-pentamethyl-2,4-cyclopentadien-1-yl)]- diiridium tetrafluoroborate with a unique trigonalbipyramidal Ir2Cl3 core, [Ir2(Cp*)2(μ-Cl)3]BF・・・, Analytical Sciences, 20, x11-x12,   2004年
    概要:Crystal Structure of Tri- μ-chloro-bis-(1,2,3,4,5-η)-1,2,3,4,5-pentamethyl-2,4-cyclopentadien-1-yl)]- diiridium tetrafluoroborate with a unique trigonalbipyramidal Ir2Cl3 core, [Ir2(Cp*)2(μ-Cl)3]BF4 (Cp* = η5-C5Me5) "jointly worked"
  • Two-dimensional silver(I) coordination polymer with twisted naphthalene rings "jointly worked", Inorganica Chimica Acta,, 351,379-384,   2003年
  • Construction of the multidecker anthracene-silver(I) system by intermolecular π−π interactions "jointly worked", Inorganic Chemistry,, 42,2553-2558,   2003年
  • Synthesis, crystal structure and magnetic properties of novel Mn12 single-molecule magnets with thiophenecarboxylate, [Mn12O12(O2CC4H3S)16(H2O)4], and it・・・, Polyhedron, 22, 1795, 1801,   2003年, 査読有り
    概要:Synthesis, crystal structure and magnetic properties of novel Mn12 single-molecule magnets with thiophenecarboxylate, [Mn12O12(O2CC4H3S)16(H2O)4], and its tetraphenylphosphonium salt "jointly worked"
  • Thermal transition behavior and crystal structure of octakis(phenylsulfanyl)naphthalene "jointly worked", SUENAGA Y, UEDA A, KURODA(SOWA) T, MAEKAWA M, MUNAKATA M, Thermochimica Acta, 400, 1/2, 87, 94,   2003年, 査読有り
  • Syntheses and structures of photochromic silver(I) coordination polymers with cis-1,2-dicyano-1,2-bis(2,4,5-trimethyl-3-thienyl)ethene "jointly worked" , KONAKA H, WU L P, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, Inorganic Chemistry , 42, 6, 1928, 1934,   2003年
  • Crystal structure and photo-induced property of two-dimensional silver(I) complex with 1,3,5-tris(benzylsulfanyl)benzene "jointly worked", Inorganic Chemistry Communications, 6, 389, 393,   2003年, 査読有り
  • Syntheses and structural characterization of [2.2]paracyclophane complexes of rhodium and iridium supported by diene ligands "jointly worked", MAEKAWA M, HASHIMOTO N, SUGIMOTO K, KURODA(SOWA) T, SUENAGA Y, MUNAKATA M, Inorganica Chimica Acta, 344, 143, 157,   2003年, 査読有り
  • Syntheses and structural studies on silver(I) coordination polymers with trans, trans-1,4-diphenyl-1,3-butadiene "jointly worked", ZHONG J C, MUNAKATA M, MAEKAWA M, KURODA‐SOWA T, SUENAGA Y, KONAKA H, Inorganica Chimica Acta, 342, 202, 208,   2003年, 査読有り
  • Porous silver(I) organometallic coordination polymer of triptycene, and the guest desorption and adsorption "jointly worked", WEN M, MUNAKATA M, SUENAGA Y, KURODA(SOWA) T, MAEKAWA M, Inorganica Chimica Acta,, 340, 8, 14,   2002年, 査読有り
  • Dinuclear silver(I) complexes of dibenzo-crown ethers and the mononuclear complex of aminobenzo-crown ether "jointly worked", WEN M, MAEKAWA M, MUNAKATA M, SUENAGA Y, KURODA‐SOWA T, Inorganica Chimica Acta,, 338, 111, 118,   2002年, 査読有り
  • Benzopolythia compounds and di-nuclear silver(I) complex with tribenzo-1,4,5,8,9,12-hexathiatriphenylene as new electron donor ligand: synthesis, crystal structure and properties(共著), Science and Technology / Kinki University, 14, 25, 33,   2002年, 査読有り
  • Single-Molecule Magnets: Magnetic Properties of [Mn12] Complexes with Sulfer-Containing Carboxylates(共著), Mol. Cryst. Liq. Cryst., 379, 179, 184,   2002年, 査読有り
  • Crystal Structure of 1:1 Donor-Acceptor Complex between 9,10-Benzophenanthrene and 2,3,5,6-Tetrafluoro-1,4-benzoquinone(共著), Analytical Sciences, 18, 851-852,   2002年
  • Silver(I) complexes of dibenzo-18-crown-6-ether having cation-π and π-π interactions(共著), Inorganica Chimica Acta, 332, 18-24,   2002年
  • A Chemical Modification of a Mn12 Single-Molecule Magnet by Replacing Carboxylate Anions with Diphenylphosphate Anion(共著), Chem. Lett., 682-683,   2002年
  • Field-tuned Tunneling in [Fe(C5Me5)2][Mn12O12(O2CC6F5)16(H2O)4] Studied by AC Magnetic Susceptibility(共著), Mol. Cryst. Liq. Cryst., 376, 483-488,   2002年
  • Syntheses and crystal structures of mononuclear [2.2]paracyclophane complexes of rhodium and iridium supported by pentamethylcyclopentadienyl ligand [M(η6-pcp)η5-C5Me5)](BF4)2 (M = Rh an・・・, Inorganica Chimica Acta, 328, 254-258,   2002年
    概要:Syntheses and crystal structures of mononuclear [2.2]paracyclophane complexes of rhodium and iridium supported by pentamethylcyclopentadienyl ligand [M(η6-pcp)η5-C5Me5)](BF4)2 (M = Rh and Ir)(共著)
  • A zigzag chain coordination polymer consisting of silver(I) ion having square planar geometry(共著), Inorganica Chimica Acta, 328, 105-110,   2002年
  • カラム状芳香環積層を有する2層構造 1 メチルピレン Ag 配位高分子 多環式芳香族化合物の Ag 錯体構造に及ぼす置換基の効果, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 仲劍初, 笠原真左枝, 小中尚, 前川 雅彦, Inorg. Chem., 40, 27, 7087, 7090,   2001年12月
    概要:ピレンを用いると W 型サンドイッチ構造の Ag 錯体を合成できるが、 メチル誘導体の 1 メチルピレン (mpyr) を用いると、 カラム状に芳香環が重なった一次元ダブル・デッカー Ag 錯体 [Ag2 (mpyr) 2 (ClO4) 2] が構築できることを見出した。 (英文)
  • フェニル基を有する各種シクロペンタジエンのピリリニュウムカチオンへの転換, 宗像 惠, 黒田 孝義, 前川 雅彦, J. Organic Chemistry, 69, 4, 1432, 1434,   2004年02月
    概要:フェニル基を有する各種シクロペンタジエンは銀(I)と錯体形成することで対応するピリリニュウムカチオンに転換される新規反応を見出した。(英文)
  • 18-クラウン-6-エーテルと24-クラウン-8-エーテルを有する二核銀(I)錯体, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 前川 雅彦, Polyhedron, 23, 2117, 2123,   2004年08月
    概要:N,N’-ジベンジルl-4,13-ジアゾ-18-クラウン-6-エーテルとジベンゾ-24--クラウン-8-エーテルを有する二核銀(I)錯体の合成に成功し、その構造を明らかにした。
  • 銀触媒作用によるテトラフェニルシクロペンタジエンからテトラフェニルピリリニュムの合成とその銀錯体の構造, 宗像 惠, 黒田 孝義, 前川 雅彦, Inorganica Chimica Acta, 358, 2355, 2362,   2005年03月
    概要:テトラフェニルシクロペンタジエンは銀触媒作用によるテトラフェニルピリリニュウムの銀錯体を生成するという新規反応を見いだした。(英文)
  • η6-フェナンスレン、η6-ピレンおよびη6-トリフェニレンを配位子とする単核ロジウム-およびイリジウム-Cp*錯体の合成と構造化学的な特徴付け, 前川 雅彦, 峯松 敏江, 鍋井淳宏, 小中 尚, 黒田 孝義, 宗像 惠, Inorganica Chimica Acta, 359, 1, 168, 182,   2006年01月
  • Sandwich-shaped silver(I) metallomacrocycles encapsulating a XF62- (X = Si, Ge and Sn) anion, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, Chemical Communications, 20, 2161, 2163,   2006年05月
    概要:A series of sandwich-shaped complexes based on two square tetranuclear Ag(I) metallomacrocycles, {[Ag4(pprd)4]2(XF6)}-(BF4)6・8MeNO2 (pprd = 4-(2-pyridyl)pyrimidine; X = Si, Ge and Sn), in which a XF62? anion is encapsulated, were prepared and their structures were characterized both in the solid state and solution.
  • Bowl-shaped Cu(I) metallamacrocyclic ethylene and carbonyl adducts as structural analogues of organic calixarenes, 前川 雅彦, 小中 尚, 峯松 敏江, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, Chemical Communication, 48, 5179, 5181,   2007年12月
    概要:一次元Cu(I)エチレン配位高分子化合物に加えて、初めてアニオンを空孔内に捕捉したエチレンおよび一酸化炭素の脚を有する3つの新規なメタラカリックスアレンを自己集積化させることに成功し、その構造および性質を明らかにした。
  • Cobalt(II) and cobalt(III) complexes with 4-4′ -(4-cyanophenyl)-2,2′:6′,2′′ -terpyridine, Yu Zhong, 鍋井 淳宏, 泉 貴文, 大久保 貴志, 黒田 孝義, Acta Crystallographica, C64, m209, m212,   2008年04月
  • The effect of molecular packing on the occurrence of spin crossover phenomena in one-dimensional Fe(II)-bis-Schiff base complexes, 鍋井 淳宏, 黒田 孝義, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 宗像 惠, Inorganica Chimica Acta, 361, 3489, 3493,   2008年08月
  • Abrupt Spin Transitions and LIESST Effects Observed in FeII Spin-crossover Complexes with Extended π-Conjugated Schiff-base Ligands Having N4O2 Donor Sets, 黒田 孝義, Yu Zhong, 先崎 由蘭, 杉本 邦久, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 速水 真也, 前田 米藏, Chem. Lett., 37, 1216, 1217,   2008年12月
  • A unique chair-shaped hexanuclear Cu(I) metallamacrocyclic C2H4 adduct encapsulating a BF4- anion, 前川 雅彦, 鍋井 淳宏, 富永 登志, 峯松 敏江, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 杉本 邦久, 北川 進, Dalton Transaction, 3, 415, 417,   2009年01月
    概要:エチレン雰囲気下、[Cu(CH3CN)4]BF4と4-(2-ピリジル)ピリミジン(pprd)を反応させ、空孔内にBF4-アニオンを捕捉した六核Cu(I)メタラカリックスアレンエチレン付加体{[Cu6(pprd)6(C2H4)6](BF4)6}2・6H2Oを合目的に合成しその結晶構造を明らかにした。あわせてNO3-アニオンが配位した始めての二核Cu(I)-エチレン錯体[Cu2(pprd)(C2H4)2(NO3)]NO3、および三核Cu(I)-エチレン錯体[Cu3(pprd)2(MeCN)2(C2H4)2](BF4)3を合成し、生成過程における対アニオンおよび合成溶媒の役割を系統的に明らかにした。
  • Ferromagnetic interaction in iron(II) bis-Schiff base complexes, 鍋井 淳宏, 黒田 孝義, 清水, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 宗像 惠, Polyhedron, 28, 1734, 1739,   2009年02月
  • {6,6'-Dimethoxy-2,2'-[naphthalene-2,3-diylbis(nitrilomethylidyne)]diphenolato}thiocyanatocobalt(III) diethyl ether dichloromethane solvate, Yu Zhong, 黒田 孝義, 鍋井 淳宏, 前川 雅彦, 大久保 貴志, Acta Crystallographica, E65, m257, m258,   2009年02月
  • {6,6'-Dimethoxy-2,2'-[o-phenylenebis(nitrilomethylidyne)]diphenolato}cobalt(II) dichloromethane disolvate, 鍋井 淳宏, 黒田 孝義, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 宗像 惠, Acta Crystallographica, E65, m188, m189,   2009年02月
  • Effects of Metal Doping on the Spin-Crossover Properties of an Iron(II) Complex with Extended π-Conjugated Schiff-base Ligand Having an N4O2 Donor Set, Yu Zhong, 黒田 孝義, 久米 啓晶, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 宗像 惠, Bull. Chem. Soc. Jpn, 82, 333, 337,   2009年03月
  • Novel Cu(I) ethylene complexes with 6,6'-diphenyl-4,4'-bipyrimidine three-dimensionally self-assembled by an intermolecular π-π stacking interaction and a C-H・・・N contact, 前川 雅彦, 富永 登志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, Eur. J. Inorg. Chem., 28, 4225, 4231,   2009年10月
    概要:4つの新規なCu(I)-Ph2bpm/C2H4付加体 [Cu(Ph2bpm)(C2H4)]X (X = BF4 (1a, 1b), ClO4 (2) and PF6 (3); Ph2bpm = 6,6-diphenyl-4,4-bipyrimidine)を合成し、X線構造解析, 1H NMR, IRおよびTG-DTA法から、これら化合物を特徴付けた。これら4つの化合物の分子構造は似かよっているが、興味深いことはπ?π stacking interaction と a C-H・・・N contactの繋がり方が大きく異なり、ユニークな3次元ネットワークを有する始めてのCu(I)-C2H4 付加体が自己集積化されている(英文)。
  • Columnar Structure Formed by Dimeric Fe(II) Schiff Base Complex: Twisted-overlap Salophen Platforms and Ferromagnetic Interaction, Yu Zhong, 清水 俊行, 富永 登志, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, Bull. Chem. Soc. Jpn, 82, 1274, 1276,   2009年10月
  • π-π相互作用により自己集積化された6,6'-ジフェニ ル-4,4'-ビピリミジンを配位子とする新規な一次元 銅(I)-エチレン錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 富永 登志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 近畿大学理工学総合研究所研究報告, 22, 35, 40,   2010年03月
    概要:新規Cu(I)-エチレン付加体 [Cu(Ph2bpm)(C2H4)]NO3 (Ph2bpm=6,6’-diphenyl-4,4’-bipyrimidine)を合成し、その構造および性質を特徴付けた。 Cu原子にはPh2bpmのキレート部位の2つのN原子とエチレンのC=C結合が配位し、平面三角形構造を取っている。興味深いことは隣接するPh2bpm配位子のPh基同士が分子間π-π相互作用によりつなげられて一次元鎖のネットワーク構造が構築されていることである。
  • )Dye-Sensitized Solar Cells with Halide-Bridged Mixed-Valence Cu(I)-Cu(II) Coordination Polymers with Hexamethylene-Dithiocarbamate Ligand, 金敬鎬, 大久保 貴志, 田中直也, 三村尚登, 前川 雅彦, 黒田 孝義, Chem. Lett., 39, 792, 793,   2010年07月
    概要:混合原子価一次元配位高分子を用いた色素増感太陽電池を作製し、その光電変換特性を明らかにした。
  • Novel 1D Cu(I) coordination polymers formed by the combination of Cu(I) halides and 4-(2-pyridyl)pyrimidine, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 杉本 邦久, Polyhedron, 29, 14, 2807, 2813,   2010年09月
    概要:新規な3つの一次元Cu(I)配位高分子[Cu4X4(pprd)2]n (X = Cl(1), Br(2) and I(3); pprd = 4-(2-pyridyl)pyrimidine)を合成し、そのX線構造および性質を明らかにした。
  • Framework dimensionality of copper(I) coordination polymers of 4,4'-bipyrimidine controlled by anions and solvents, 前川 雅彦, 富永 登志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 杉本 邦久, 北川 進, CrystEngComm, 14, 4, 1345, 1353,   2012年02月
    概要:エチレン雰囲気下,種々の対アニオンを有するCu(I)イオンと4,4'-ビピリミジンを反応させると,アニオンおよび溶媒選択的に一次元ジグザク形Cu(I)-エチレン錯体,一次元ハシゴ型Cu(I)-エチレン錯体,キラルな二次元シート状Cu(I)-エチレン錯体,三次元かご形Cu(I)錯体が生成をすることを見出し,そのX線構造および性質を明らかにした(英文)。
  • Syntheses, crystal structures, spectroscopic characterization and unusual thermal robustness of mono- and di-nuclear Iridium(III) hydride complexes of 2,2'-bipyrimidine, 前川 雅彦, 久保 有希実, 峯松 敏江, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 杉本 邦久, Polyhedron, 40, 145, 152,   2012年06月
    概要:2,2'-ビピリミジンを配位子とする新規な3つの単核および二核Ir(III)ヒドリド錯体を合成し、その構造および性質をX線構造解析, 2D NMR法, IR, UV-VisおよびTG-DTAにより特徴付けた。
  • Structural controls of 2-D sheet copper(I) ethylene and carbonyl coordination polymers directed by anions and solvents, 前川 雅彦, 富永 登志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, (財)高輝度光科学研究センター(JASRI), 京都大学大学院工学研究科, CrystEngComm, 14, 18, 5955, 5962,   2012年09月
    概要:Cu(I)イオンと6,6'-ジメチル-4,4'-ビピリミジン(Me2bpm)をエチレンおよび一酸化炭素雰囲気下で反応させたところ、3つの新規な二次元シート構造を有するCu(I)-Me2bpm/{C2H4, CO}錯体ならびに四核Cu(I)-Me2bpm/CO錯体が溶媒およびアニオン選択的に自己集積化できることを実証し、その構造および性質をX-ray、IR、PXRDおよびTG-DTA法により特徴付けた。
  • Preparations and structural diversity of copper(I) ethylene adducts with related 3,6-bis(2-pyridyl)-1,2,4,5-tetrazine ligands, 前川 雅彦, 宮崎 武志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 杉本 邦久, 北川 進, Inorganica Chimica Acta, 410, 46, 53,   2014年01月
    概要:3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン関連配位子を有する4つの新規な二核Cu(I)-エチレン付加体ならびに2つのグリッド型四核Cu(I)錯体を合成し、IR、X線、および1H NMR分析法より構造化学的に特徴付けた(英文)。
  • Silver(I) Coordination Polymer of 2,5-Bis- (4',5'-bis(methylthio)-1',3'-dithiol-2'-ylidene)- 1,3,4,6-tetrathiapentalene (TTM-TTP) and Its Highly Conductive Iodine Derivative(共著), Inorg. Chem., 40, 7096-7098,   2001年
  • A Double-Decker Silver(I) Coordination Polymer of 1-Methylpyrene with Columnar Aromatic Stacks. Effect of Substituting Groups on Structure of Silver(I) Complexes with Polycyclic Aromatic Hydrocarbons(共著), Inorg. Chem., 40, 7087-7090,   2001年
  • Effects of Paramagnetic Ferrocenium Cations on the Magnetic Properties of the Anionic Single-Molecule Magnet [Mn12O12(O2CC6F5)16(H2O)4]-(共著), Inorg. Chem., 40, 6469-6489,   2001年
  • A bent two-coordinate silver(I) complex with 2,2',3,3'-tetrahydro-4,4'-dithia-1,1'binaphthylidene(共著), Acta Crystallographica, E57, 1-2,   2001年
  • Crystal Structure of η5-Pentamethylcyclopentadienyl-η6-toluene Rhodium Tetrafluoroborate, [Rh(Cp*)(η6-C6H5Me)](BF4)2 (Cp* = η5-C5Me5)(共著), Analytical Sciences, 17, 1361-1362,   2001年
  • A novel 2-D silver(I)-acyclic polyene coordination polymer assembled with linear unsaturated bridges(共著), Inorganica Chimica Acta, 322, 150-156,   2001年
  • Silver(I) coordination polymers of cyclic sulfur ligand, 2,2',3,3'-tetrahydro-4,4'-dithia-1,1'-binaphthylidene(共著), Inorganica Chimica Acta, 322, 133-137,   2001年
  • Carbon and nitrogen coordinated silver(I) polymers of 2,4,6-triphenoxy-1,3,5-triazine(共著), Polyhedron, 20, 2321-2327,   2001年
  • Silver(I) complexes of triazine derivatives having stepped π-π interactions and 2D sheets(共著), Polyhedron, 20, 2037-2043,   2001年
  • Effects of paramagnetic [Fe(C5Me5)2]+ cation on the anionic single-molecule magnet, [Mn12O12(O2CC6H4F(-o))16(H2O)4]・・・, Polyhedron, 20, 1529-1536,   2001年
    概要:Effects of paramagnetic [Fe(C5Me5)2]+ cation on the anionic single-molecule magnet, [Mn12O12(O2CC6H4F(-o))16(H2O)4]-(共著)
  • Spiral, Herringbone, and Triple-Decker Silver(I) Complexes of Benzopyrene Derivatives Assembled through η2-Coordination(共著), Inorg. Chem., 40, 3191-3199,   2001年
  • 1-D cyano-bridged heterometallic complexes consisting of 1, 4, 8, 11-tetraazacyclotetradecanesilver(II) and tetracyanopalladium(II) or tetracyanoplatinum(II)(共著), Inorganica Chimica Acta, 317, 268-275,   2001年
    概要: 2001
  • A One-Dimensional Metallocyclophane with Columnar Aromatic Stacking : The Silver((]G0001[))η2-Coordination Complex of 1, 2-Benztriphenylene(共著), MUNAKATA M, NING G L, SUENAGA Y, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, OHTA T, ┣DBAngew. Chem. Int. Ed. Eng.(/)-┫DB, 39, 24, 4555, 4557,   2000年
  • Bridged silver((]G0001[))complexes of the polycyclic aromatic compounds tetraphenylethylene and 1, 1, 4, 4-tetraphenyl-1, 3-butadiene(共著), INO I, WU L P, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, SAKAI R, ┣DBInorg. Chem.(/)-┫DB, 39, 24, 5430, 5436,   2000年
  • A variety of one-, two-and three-dimensional copper((]G0001[))and silver((]G0001[))co-ordination polymers assembled by 1, 4-bis(4-pyridyl)butadiyne and 1, 4-bis(2-pyridyl)butadiyne(共著), MAEKAWA M, KONAKA H, SUENAGA Y, KURODA‐SOWA T, MUNAKATA M, ┣DBJ. Chem. Soc., Dalton Trans.(/)-┫DB, 22, 4160, 4166,   2000年
  • Three-dimensional silver((]G0001[))co-ordination polymer with pocket structures(共著), SUENAGA Y, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, MUNAKATA M, ┣DBJ. Chem. Soc., Dalton Trans.(/)-┫DB, 20, 3620, 3623,   2000年
  • Structural control of silver((]G0001[))coordination polymers : construction of two-and three-dimensional frameworks of silver((]G0001[))ions bridged by dicyanopyrazne derivatives(共著), SUENAGA Y, KAMIYA T, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, MUNAKATA M, ┣DBInorganica Chimica Acta(/)-┫DB, 308, 1/2, 17, 21,   2000年
  • Crystal Structure of 9,10-bis (phenylethynyl)anthracene (共著), Science and Technology / Kinki University, 12, 27,   2000年
  • 2-D Interwoven and 3-D 5-fold Interpenetrating Silver ((]G0001[)) Complexes of 1-(Isocyanidomethyl-1 H-benzotriazole and 1,3-Bis (dicyanomethylindene)indan (共著)), INO I, ZHONG J C, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, KITAMORI Y, Inorg. Chem., 39, 19, 4273, 4279,   2000年
  • Structural Studies of Silver ((]G0001[)) Coordination Polymers with Aryl Iodide Derrived Ligan (共著), INO I, WU L P, MUNAKATA M, MAEKAWA M, SUENAGA Y, KURODA‐SOWA T, KITAMORI Y, Inorg. Chem., 39, 10, 2146, 2151,   2000年
  • δMM*-πL. Odd Electron Delocalization onto Aromatic Bridging Ligands in a Paramagnetic Dirhodium Complex and Intermolecular π-Stack Interaction in Crystal (共著), KAWAMURA T, KACHI H, FUJII H, KACHI‐TERAJIMA C, KANEMATSU N, EBIHARA M, SUGIMOTO K, KURODA‐SOWA T, MUNAKATA M, Bull. Chem. Soc. Jpn., 73, 3, 657, 668,   2000年
  • Syntheses, Structures, and Magnetic Properties of Di-μ3-Chloride-Bridged Tripalladium Compounds, [Pd33-Cl)2(HqnS)6]Cl2 (HqnS=Quinoline-2 (1H)-thione)and {Pd33-C・・・, Bull. Chem. Soc. Jpn., 73, 651,   2000年
    概要:Syntheses, Structures, and Magnetic Properties of Di-μ3-Chloride-Bridged Tripalladium Compounds, [Pd33-Cl)2(HqnS)6]Cl2 (HqnS=Quinoline-2 (1H)-thione)and {Pd33-Cl)2(Et2dtc)2 (PPh3)2]C6H6(Et2dtc=N.N'-Diethyldithiocarbamate)(共著)
  • Unsymmetrical Oxygenation Products of [Pd(mnt)2]2- : Syntheses and Crystal Structures of (Bu4N)2[Pd (mnt) {O2S2C2(CN)2}] and One-Dimensional Coordination Polymer (B・・・, SUGIMOTO K, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, MUNAKATA M, Bull. Chem. Soc. Jpn., 73, 2, 391, 394,   2000年
    概要:Unsymmetrical Oxygenation Products of [Pd(mnt)2]2- : Syntheses and Crystal Structures of (Bu4N)2[Pd (mnt) {O2S2C2(CN)2}] and One-Dimensional Coordination Polymer (Bu4N)2[AgPd (mnt){O2S2C2(CN)2}]2 (mnt=1,2-Dicyano-1,2-ethylenedithiolato)(共著)
  • A linear-Chain Silver ((]G0001[))Coordination Polymer with tetrakis (isopropylthio) p-benzoquinone (共著), Acta Crystallographica, C55, 1623,   1999年
  • Syntheses and structures of dinuclear rhodium ((]G0001[)) complexes and 1-D zigzag-chain rhodium ((]G0001[)) co-ordination polymers bridged by rod-like bidentate nitrogen ligands (共著), MAEKAWA M, SUGIMOTO K, KURODA‐SOWA T, SUENAGA Y, MUNAKATA M, J. Chem. Soc., Dalton Trans., 24, 4357, 4362,   1999年
  • Silver ((]G0001[)) Complex Assemblies with Nonplanar Aromatic Compounds (共著), MUNAKATA M, WU L P, SUGIMOTO K, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, MAENO N, FUJITA M, Inorg. Chem., 38, 25, 5674, 5680,   1999年
  • Mobility of Silver ((]G0001[)) Ions around the Propeller Ligand, Hexaphenylbenzene (HPB), in Silver ((]G0001[))π-Complexes (共著), NING G L, MUNAKATA M, WU L P, MAEKAWA M, SUENAGA Y, KURODA‐SOWA T, SUGIMOTO K, Inorg. Chem., 38, 25, 5668, 5673,   1999年
  • Two-dimensional supramolecular co-ordination compounds of silver ((]G0001[)) with box structure (共著), J. Chem. Soc., Dalton Trans., 2737,   1999年
  • A novel double-strand helical motif in a two-dimensional polymeric complex of silver perchlorate with benzo[e]acephenanthrylene(共著), MUNAKATA M, NING G L, SUENAGA Y, SUGIMOTO K, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, J. Chem. Soc. , Chem. Commun., 16, 1545, 1546,   1999年
  • Construction of 2-D multilayer structures : silver((]G0001[)) complexes with linear aromatic compounds(共著), J. Chem. Soc. , Dalton Trans., 2529,   1999年
  • Silver((]G0001[)) tetraiodoethylene complexes with twisted olefin moiety(共著), WU L P, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, KITAMORI Y, Inorganica Chimica Acta, 290, 2, 251, 255,   1999年
  • Unique tetranuclear copper((]G0002[)) cluster and monomeric iron((]G0002[)), ((]G0003[)) complexes with a tris(imidazolyl) chelating ligand(共著), WU L P, YAMAGIWA Y, INO I, SUGIMOTO K, KURODA‐SOWA T, KAMIKAWA T, MUNAKATA M, Polyhedron, 18, 15, 2047, 2053,   1999年
  • Synthesis and crystal structure of tetranuclear copper((]G0001[)) and silver((]G0001[)) complexes bridge by 2-amono-1,3,4-thiadiazole(atdz) : [Cu4(atdz)6](ClO4)4・2CH3OH and [Ag4(atdz)概要:Synthesis and crystal structure of tetranuclear copper((]G0001[)) and silver((]G0001[)) complexes bridge by 2-amono-1,3,4-thiadiazole(atdz) : [Cu4(atdz)6](ClO4)4・2CH3OH and [Ag4(atdz)6](ClO4)4(共著)
  • Construction of Metal Sandwich Systems Derived from Assembly of Silver((]G0001[)) Complexe with Polycyclic Aromatic Compounds(共著), MUNAKATA M, WU L P, NING G L, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, MAENO N, J. Am. Chem. Soc., 121, 21, 4968, 4976,   1999年
  • Cationic Tetrasilver Complex of Hexaphenylbenzene(共著), NING G L, MUNAKATA M, WU L P, MAEKAWA M, KURODA‐SOWA T, SUENAGA Y, SUGIMOTO K, Inorg. Chem., 38, 7, 1376, 1377,   1999年
  • Crystal Structure of 3,6-bis(dimethylamino)acridine hydroperchloride(acridine orange・HClO4)(共著), Science and Technology / Kinki University, 11, 29,   1999年
  • A novel eight-membered Cu4I4 ring supported by sulfur atoms of an M(mnt)2 moiety : syntheses and crystal structures of (NBun4)2[M(mnt)2Cu4I4](M=Ni, Pd, P・・・, J. Chem. Soc. , Chem. Commun., 455,   1999年
    概要:A novel eight-membered Cu4I4 ring supported by sulfur atoms of an M(mnt)2 moiety : syntheses and crystal structures of (NBun4)2[M(mnt)2Cu4I4](M=Ni, Pd, Pt ; mnt=1,2-dicyano-1,2-ethylenedithiolato with doubly-bridged one-dimensional chain structures(共著)
  • Open dimeric and capped plymeric container molecules : calixarene and resorcinarene complexes of Ag((]G0001[)) co-ordinated by participation of the upper-rim carbon atoms(共著), J. Chem. Soc. , Dalton Trans., 373,   1999年
  • Toward the construction of functional solid-state supramolecular metal complexes containing copper((]G0001[)) and silver((]G0001[))(共著), Adv. Inorg. Chem., 46, 173,   1999年
  • S・・・S Contact-assembled tetrathiafulvalene derivatives of copper((]G0001[)) and silver((]G0001[)) co-ordination polymers and organic radical cation salt(共著), WU L P, DAI J, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, OHNO Y, J. Chem. Soc. , Dalton Trans., 19, 3255, 3261,   1998年
  • Construction of Copper((]G0001[)) Coordination Polymers of 1,2,4,5-Tetracyanobenzene with Zigzag Sheet and Porous Frameworks(共著), MUNAKATA M, NING G L, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, HORINO T, Inorg. Chem., 37, 21, 5651, 5656,   1998年
  • Supramolecular Silver((]G0001[)) Complexes with Highly Strained Polycyclic Aromatic Compounds(共著), MUNAKATA M, WU L P, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, NING G L, KOJIMA T, J. Am. Chem. Soc., 120, 34, 8610, 8618,   1998年
  • Synthesis and crystal structure of dinuclear palladium((]G0001[)) dppm complex with 4-mercaptopyridine in the thione mode. [Pd2(μ-dppm)2(HpyS)2](ClO6)2・CH3OH(共著), MAEKAWA M, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, SUENAGA Y, Inorganica Chimica Acta, 281, 1, 116, 119,   1998年
  • A Novel Two-Dimensional Copper((]G0001[)) Coordination Polymer with Bridging TTF : Crystal Structure of [Cu(dmtpn)2(TTF)0.5](ClO6)(dmtpn : 2,5-dimethylterephthalonitrile)(共著), KURODA‐SOWA T, HIRATA M, MUNAKATA M, MAEKAWA M, Chem. Lett.,   1998年
  • Dicopper complexes derived from 4-amino-2,1,3-benzothiadiazole with versatile co-ordination number and geometry(共著), J. Chem. Soc. , Dalton Trans., 1499,   1998年
  • Synthesis and structure of a novel bis(μ-η2-thianthrene)disilver((]G0001[)) bis(perchlorate)(共著), MUNAKATA M, YAN S G, INO I, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, Inorganica Chimica Acta, 271, 1/2, 145, 150,   1998年
  • Crystal Structure of Tetranuclear Palladium Complex Bridged by Bis(diphenylphosphosphino)methane, [Pd4(M-dppm)4M-Cl)2](ClO4)2・bpe(共著), Masahiko MAEKAWA, Megumu MUNAKATA, Takayoshi KURODA-SOWA, Yusaku SUENAGA, Analytical Sciences, 14, 2, 451, 453,   1998年
  • Crystal Structure of Bis(diphenylphosphino)methane Dipalladium((]G0001[)) Nitrate Complex, [Pd2(μ-dppm)2(NO3)2](共著), Masahiko MAEKAWA, Megumu MUNAKATA, Takayoshi KURODA-SOWA, Yusaku SUENAGA, Analytical Sciences, 14, 2, 447, 449,   1998年
  • Synthesis and crystal structure of two ternary dicopper((]G0001[)) complexes having the unsymmetrical coordination arrangement bridged by 1,8-naphthyridine(napy). [Cu2(napy)2(Me2CO)](PF6)2・2Me・・・, MAEKAWA M, MUNAKATA M, KITAGAWA S, KURODA‐SOWA T, SUENAGA Y, YAMAMOTO M, Inorganica Chimica Acta, 271, 1/2, 129, 136,   1998年
    概要:Synthesis and crystal structure of two ternary dicopper((]G0001[)) complexes having the unsymmetrical coordination arrangement bridged by 1,8-naphthyridine(napy). [Cu2(napy)2(Me2CO)](PF6)2・2Me2CO and [Cu2(napy)2(dppm)(CH3CN)](PF6)(共著)
  • A linear-Chain Copper((]G0001[)) Coordination Polymer with Hexakis(methylthio) benzene(共著), Acta Crystallographica, C54, 1566,   1998年
  • Syntheses and structures of copper((]G0001[)) and silver((]G0001[)) coordination polymer with hexakis(methylthio)benzene(共著), SUENAGA Y, KURODA‐SOWA T, MUNAKATA M, MAEKAWA M, MORIMOTO H, Polyhedron, 18, 3/4, 429, 436,   1998年
  • Two-dimensional silver((]G0001[)) compound with square mesh structure, [Ag(dcpz)](ClO4)(dcpz=pyrazine-2,3-dicarbonitrile)(共著), SUENAGA Y, KURODA‐SOWA T, MUNAKATA M, MAEKAWA M, Polyhedron, 18, 1/2, 191, 195,   1998年
  • Synthesis and crystal structure of dinuclear and tetranuclear palladium dppm complexes. [Pd2(μ-dppm)2(vpy)Cl]and[Pd4(μ-dppm)4(μ-X)2](ClO4)2(X=Cl, Br and I)(共著), MAEKAWA M, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, SUENAGA Y, Polyhedron, 17, 20, 3657, 3663,   1998年
  • Mercury((]G0002[)) complexes of4,5-ethylenedithio-1,3-dithiole-2-thione, having S・・・S and S・・・Cl contact assembled ribbon structure(共著), DAI J, MUNAKATA M, BIAN G‐Q, XU Q‐F, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, Polyhedron, 17, 13/14, 2267, 2270,   1998年
  • Syntheses and structures of two-dimensional copper((]G0002[)) coordination polymer with 3,4,9,10-perylenetetracarboxylic acid and ethylenediamine(共著), SUENAGA Y, KURODA‐SOWA T, MUNAKATA M, MAEKAWA M, Polyhedron, 17, 13/14, 2207, 2211,   1998年
  • Self-assembly of copper((]G0001[)) and silver((]G0001[)) complexes with square-grid and channel structures(共著), J. Chem. Soc. , Dalton Trans., 1121,   1998年
  • Assembly of a mixed-valence Cu((]G0001[)/(]G0002[)) system coupled by multiple hydrogen bonding through tetrahydroxybenzoquinone(共著), MUNAKATA M, WU L P, KURODA‐SOWA T, YAMAMOTO M, MAEKAWA M, MORIWAKI K, Inorganica Chimica Acta, 268, 2, 317, 321,   1998年
  • Structural Control of Copper((]G0001[)) Coordination Polymers : Construction of One-, Two-, and Three-demensional Frameworks of Tetrahedral Copper((]G0001[)) Ions Bridged by Dicyanobenzene Derivatives(共著), KURODA‐SOWA T, HORINO T, YAMAMOTO M, OHNO Y, MAEKAWA M, MUNAKATA M, Inorg. Chem., 36, 27, 6382, 6389,   1997年
  • Two Types of New Polymeric Copper((]G0001[)) Complexes of Pyrazinecarboxamide Having Channel and Helix Structures(共著), MUNAKATA M, WU L P, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, MORIWAKI K, KITAGAWA S, Inorg. Chem., 36, 23, 5416, 5418,   1997年
  • Construction and Conductivity of W-Type Sandwich Silver((]G0001[)) Polymers with Pyren an Perlene(共著), MUNAKATA M, WU L P, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, SUGIMOTO K, Inorg. Chem., 36, 21, 4903, 4905,   1997年
  • Synthesis and Crystal Structure of Bis(diphenylphosphino)methane Dipalladium(I) Complex with 2-Vinylpyridine(vpy). [Pd2(μ-dppm)2(vpy)Cl]ClO4(共著), Science and Technology / Kinki University, 9, 45,   1997年
  • Crystal Structure of Dinuclear Copper((]G0001[)) Complex with 1,2,4,5-tetramethylmercaptobenzene, [Cu(tmmb)(]G0001[)]2(共著), Yusaku SUENAGA, Masahiko MAEKAWA, Takayoshi KURODA-SOWA, Megumu MUNAKATA, Hiroshi MORIMOTO, Nobuyuki HIYAMA, Susumu KITAGAWA, Analytical Sciences, 13, 4, 651, 652,   1997年
  • Syntheses, structures and properties of linear copper(I) coordination polymers with tetrakis(ethylthio)tetrathiafulvalene and tetrakis(propylthio)tetrathiafulvalene(共著), YAMAMOTO M, GAN X, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, MUNAKATA M, Inorganica Chimica Acta, 261, 2, 169, 174,   1997年
  • S…S Contact-assembled silver(I) complexes of 4,5-ethylenedithio-1,3-dithiole-2-thio having unique supramolecular networks(共著), J. Chem. Soc. , Dalton Trans., 2363,   1997年
  • Redetermination of Crystal Structure of Bispotassium(m-Chloro)(Bischloro)copper(I)K2CuCl3 with Infinite Chains(共著), Analytical Sciences, 13, 647,   1997年
  • Crystal Engineering of Multidimensional Copper(I) and Silver(I) Coordination Supermolecules and Polymers with Funcitons(共著), MUNAKATA M, WU L P, KURODA‐SOWA T, Bull. Chem. Soc. Jpn, 70, 8, 1727, 1743,   1997年
  • Preparation, characterization and X-ray crystal structures of I2 and copper(II) complexes of 2,11-dithia[3.3]paracyclophane(共著), YAMAMOTO M, WU L P, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, MUNAKATA M, Inorganica Chimica Acta, 258, 1, 87, 91,   1997年
  • An S…S contact assembled tetranuclear copper(I) complex with sulfur-rich ligand, 4, ethylenedithio-1,3-dithiole-2-thione(共著), DAI J, MUNAKATA M, WU L‐P, KURODA‐SOWA T, SUENAGA Y, Inorganica Chimica Acta, 258, 1, 65, 69,   1997年
  • Double Hydrogen Bond-and π-π-Stacking-Assembled Two-Dimensional Copper(I) Complex of 2-Hydroxyquinoxaline(共著), DAI J, YAMAMOTO M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, MUNAKATA M, Inorg. Chem., 36, 12, 2688, 2690,   1997年
  • Synthesis and structure of a three-dimensional copper(II) coordination polymer with 1,2-bis(imidazol-l'-yl)ethane(共著), WU L P, YAMAGIWA Y, KURODA‐SOWA T, KAMIKAWA T, MUNAKATA M, Inorganica Chimica Acta, 256, 1, 155, 159,   1997年
  • Crystal Structure of Bis{cis-bis(diphenylphosphino)ethylene}palladium(0) Aceton Solvate(共著), Masahiko MAEKAWA, Takayoshi KURODA-SOWA, Yusaku SUENAGA, Megumu MUNAKATA, Analytical Sciences, 13, 2, 319, 320,   1997年
  • A unique coordination polymer consisting of two parallel C5H4S5 molecules bridging two silver(I) ions(C5H4S5=4,5-ethylenedithio-1,3-dithiole-2-thione)(共著), DAI J, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, SUENAGA Y, WU L P, YAMAMOTO M, Inorganica Chimica Acta, 255, 1, 163, 166,   1997年
  • Structure and 1HNMR study of copper(I) Complex with ethylene and tetramethylenediamine(共著), Polyhedron, 16, 67,   1997年
  • Synthesis and Characterization and X-Ray Crystal Structures of Tetrakis(ethylthio)tetrathiafulvalenium Hexachlorodicopper(II)and Hexabromodicopper(II)(共著), Mol. Cryst. Liq. Cryst., 285, 75,   1996年
  • TTC1-TTF Cation Coordinated to Copper(I) : Crystal Structure and Properties of [(TTC1-TTF)CuBr2]2(共著), Mol. Cryst. Liq. Cryst., 285, 69,   1996年
  • Syntheses, Crystal Strucures and Magnetic Behavior of Polymeric Lanthanide Complexes With Benzenehexacarboxylic Acid(Mellitic Acid)(共著), WU L P, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, Inorganica Chimica Acta, 249, 2, 183, 189,   1996年
  • Syntheses,Structures And Properties Of Palladium((]G0002[)) Complexes With Photochromic 4-Methoxyazobenzene(共著), WU L P, SUENAGA Y, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, FURUICHI K, MUNAKATA M, Inorganica Chimica Acta, 248, 2, 147, 152,   1996年
  • Self-Assembly Of Copper((]G0001[)) Complexes Into 3-Dimensional Coordinnation Polymers With Channel Networks By Hydrogen-Bonding Or By Tridentate Ligands(共著), J.Chem.Soc.,Dalton Trans., 2031,   1996年
  • An Unusual Tetranuclear Copper((]G0002[)) Acetate Structure With An Open Cubane Cu4O4 Framework(共著), J.Chem.Soc.,Dalton Trans., 2179,   1996年
  • One-,Two-and Three-Dimensional Copper((]G0001[)) and Silver((]G0001[)) Complexes of 2,11-dithia[3.3]paracyclophane(共著), J.Chem.Soc.,Dalton Trans., 1525,   1996年
  • Synthesis and Structure of Polymeric Silver((]G0001[)) Complex of Tetrakis(methylthio)tetrathiafulvalene : The First Example of the Silver((]G0001[)) Ion Coordinated Directly to TTF-Derivatives(共著), MUNAKATA M, WU L P, GAN X, KURODA‐SOWA T, SUENAGA Y, Mol.Cryst.liq.Cryst., 284, 319, 327,   1996年
  • Interpenetrating Diamondoid Frameworks with π-π Stacking of Alternate Coordinated and Uncoordinated Ligands : Crystal Structures of Copper((]G0001[)) Coordination Compounds, [Cu(DMTPN)2]X(DMTPN)(thf) (DMTPN = 2, 5-Dimethylterephthalonitrile;・・・, Chem.Lett., 349,   1996年
    概要:Interpenetrating Diamondoid Frameworks with π-π Stacking of Alternate Coordinated and Uncoordinated Ligands : Crystal Structures of Copper((]G0001[)) Coordination Compounds, [Cu(DMTPN)2]X(DMTPN)(thf) (DMTPN = 2, 5-Dimethylterephthalonitrile; X = BF4, ClO4)(共著)
  • Reversible Photochromism of a Crystalline Dithienylethene Copper((]G0001[)) Polymer(共著), MUNAKATA M, WU L P, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, SUENAGA Y, FURUICHI K, J.Am.Chem.Soc., 118, 13, 3305, 3306,   1996年
  • Construction of Three-Dimensional Supramolecular Coordination Copper(I) Compounds with Channel Structures Hosting a Variety of Anions by Changing the Hydrogen-Bonding Mode and Distances(共著), MUNAKATA M, WU L P, YAMAMOTO M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, J.Am.Chem.Soc., 118, 13, 3117, 3124,   1996年
  • Synthesis and Structure of a Three-Dimensional Lanthanum((]G0003[)) Coordination Polymer with Mellitate,{La2[C6(COO)6]・2H2O9}・2H2O(共著), J.Coord.Chem., 37, 361,   1996年
  • Solution and Solid State113CdNMR of Cadmium((]G0002[))Halogeno Complexes(共著), J.Fac.Sci.Technol.Kinki Univ., 31, 17,   1995年
  • Co-ordination Versatility of 3,5-Bis(2-pyridyl)pyrazole in Silver and Copper Compounds(共著), J.Chem.Soc.Dalton Trans., 4099,   1995年
  • Crystal structure and magnetic properties of manganese((]G0002[))mellitate,[Mn2{C6(COO)6}(H2O)6][Mn(H2O)6]・2H2O with two-dimensional layered structure and three-dim・・・, WU L P, YAMAMOTO M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, FUKUI J, MUNAKATA M, inorganica Chimica Acta, 239, 1/2, 165, 169,   1995年
    概要:Crystal structure and magnetic properties of manganese((]G0002[))mellitate,[Mn2{C6(COO)6}(H2O)6][Mn(H2O)6]・2H2O with two-dimensional layered structure and three-dimensional hydrogen bonding networks(共著)
  • Synthesis and Structure of Unsymmetrical Trinuclear Nickel(0) Complexes with the 1,3-butadiynes in the Monodentate and μ222・Bonding Mode[Ni3(L)(cod)3](L=tmsb and apbd)(共著), MAEKAWA M, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, HACHIYA K, Polyhedron, 14, 20/21, 2879, 2885,   1995年
  • Synthesis and crystal structure of a tetranuclear bis(diphenylphosphino)methane palladium complex capped by a μ4-bonded sulfide : [Pd4(μ-dppm)44-S)]・4(CH3)2CO(共著), MAEKAWA M, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, GOTO T, Inogica chimica Acta, 239, 1/2, 159, 163,   1995年
  • Synthesis and Structural Characterization of Crown Thioether Complexes of Silver((]G0001[)) and Copper((]G0002[))(共著), J.Chem.Soc.Dalton Trans., 3215,   1995年
  • Synthesis and cryatal structure of a trinuclear nickel(0) complex with 1,4-bis(trimethylsilyl)-1,3-butadiyne in the monodentate and μ2η22-bridging mode : [Ni3(tmsb)(cod)3](共著), MAEKAWA M, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, HACHIYA K, Inorganica Chimica Acta, 236, 1/2, 181, 184,   1995年
  • Synthses,Structures and Properties of Copper((]G0001[)) Co-ordination Polymers with Bridging Phenazine : Construction of One-and Two-dimentional Structures with π-π Stracking of Phenazine(共著), J.Chem.Soc.Dalton Trans., 2201,   1995年
  • Cleavage of the central C-C bond of 1,4-diphenyl-1,3-butadiyne : synthesis and crystal structure of a triangular trinickel complex bicapped by phenylacetylide [Ni3(μ-dppm)331-CCPh)2](共著), Inorganica Chimica Acta, 232, 1,   1995年
  • Synthesis and crystal structure of a mono-and dinickel(0) ethylene complex with 4,4'-bipyridine ; [Ni(4,4'-bpy)(C2H4)2]2[Ni2(4,4'-bpy)(C2H4)4](共著), MAEKAWA M, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, HACHIYA K, Inorganica Chimica Acta, 232, 1/2, 231, 234,   1995年
  • Synthesis,Structure and Properties of a Linear Copper((]G0001[)) Coordination Polymer with Tetrakis(ethylthio)tetrathiafulvalen(共著), GAN X, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, YAMAMOTO M, Polyhedron, 14, 12, 1647, 1651,   1995年
  • Syntheses and Structures of One-and Two-dimensional Copper((]G0001[)) Coordination Polymers with Tetrakis(ethylthio)tetrathiafulvalene(TTC2-TTF)and the Properties of Their Iodine-doped Compounds(共著), GAN X, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, MISAKI Y, Polyhedron, 14, 10, 1343, 1350,   1995年
  • Syntheses and Structures of Tetranuclear and Hexanuclear Copper(I) Complexes with Iminomethanethiolato Bridges Derived from Isothiocyanate(共著), KURODA‐SOWA T, MUNAKATA M, MIYAZAKI M, MAEKAWA M, Polyhedron, 14, 8, 1003, 1009,   1995年
  • Building of 2D Sheet of Tetrakis(methylthio)tetrathiafulvalenes Coordinating to Copper(I) Halides with Zigzag and Helical Frames and the 3D Network through the S…S Contacts(共著), MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, HIROTA A, KITAGAWA S, Inorg. Chem., 34, 10, 2705, 2710,   1995年
  • Synthesis and crystal structure of tetranuclear nickel(0) complex with 1,4-diphenylbutadiyne in the η2, η2-bridging mode(共著), MAEKAWA M, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, HACHIYA K, Inorganica Chimica Acta, 231, 1/2, 213, 216,   1995年
  • Formation of metallocycle by dimerization of acrylonitrile. Crystal structure of hexakis{(1,4-dicyanobutane-1,4-diyl)nickel(II)] complex(共著), MAEKAWA M, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, HACHIYA K, Inorganica Chimica Acta, 230, 1/2, 249, 252,   1995年
  • Crystal Structure of Bis(diethyldithiocarbamato)palladium((]G0002[)) Benzene Solvate, [Pd(Et2dtc)2]・(C6H6)(共著), Masahiko MAEKAWA, Megumu MUNAKATA, Takayoshi KURODA-SOWA, Masanori MOTOKAWA, Analytical Sciences, 10, 6, 977, 978,   1994年
  • Synthesis and Structure of a Copper(I) Complex with 1-Aminopyrene : Building of a 2D Structure Composed of Stacking Pyrene Rings(共著), MUNAKATA M, DAI J, MAEKAWA M, KURODA‐SOWA T, FUKUI J, J. Chem. Soc. , Chem. Commun., 20, 2331, 2332,   1994年
  • Copper ((]G0001[)) Iodine Coordination Polymer with Tetrakis(ethylthio)tetrathiafulvalene (TTC2-TTF) and the Iodine-Doped compound(共著), GAN X, MUNAKATA M, SOWA‐KURODA T, MAEKAWA M, Bull. Chem. Soc. Jpn., 67, 11, 3009, 3011,   1994年
  • Alkylation of 2-vinylpyridine and crystal structure of bis{(acetylacetonate)(1-pyridylbutyl)nickel(II)} complex(共著), MAEKAWA M, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, Inorganica Chimica Acta, 227, 1, 149, 151,   1994年
  • Synthesis, crystal structure and characterization of nickel(0) acrylonitrile complexes with a bidentate N-donor ligand(共著), MAEKAWA M, MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, HACHIYA K, Inorganica Chimica Acta, 227, 1, 137, 143,   1994年
  • Tetrakis[{μ3-ethoxy(N-methylimino)-methanethiolato}copper(I)](共著), KURODA‐SOWA T, MUNAKATA M, MIYAZAKI M, MAEKAWA M, Acta Crystallographica, 50, 7, 1026, 1028,   1994年
  • Architecture of 2D Sheets with Six-Membered Rings of Coppers Interconnected by 2,1,3-Benzothiadiazoles and a Layered Structure Composed of the 2D Sheets(共著), MUNAKATA M, KURODA‐SOWA T, MAEKAWA M, NAKAMURA M, AKIYAMA S, KITAGAWA S, Inorg. Chem., 33, 7, 1284, 1291,   1994年
  • Non-superconductivity of La2-xBaXCaCu2O6 "jointly worked", Solid State Communication, 75,425,   1990年
  • A new chlorooxocuprate, Ca3Cu2O4Cl2, with an oxygen defect intergrowth "jointly worked", Journal of Solid State Chemistry, 84,178,   1990年
  • Non-superconductivity of La1.6(Sr, Ca)1.4Cu2Oy "jointly worked", Solid State Communication, 72,541,   1989年
  • Crystal and molecular structure of bis(trimethylphosphite)octacarbonyldimanganese (Mn-Mn) "jointly worked", Inorganica Chimica Acta, 101,45,   1985年
  • An ESR study of a hydrido-bridged trimetal cluster, Mn3(μ-H)3(CO)12-. "jointly worked", Journal of Organometallic Chemistry, 337,1993,   1985年
  • Electron spin resonance of Re2(μ-H)2(CO)8-. and Re2(μ-H)2(CO)6(μ-dppm)-. (dppm=(Ph2P)2CH2). An indication of large 5d-6p mixing in ・・・, Journal of the American Chemical Society, 107,6471,   1985年
    概要:Electron spin resonance of Re2(μ-H)2(CO)8-. and Re2(μ-H)2(CO)6(μ-dppm)-. (dppm=(Ph2P)2CH2). An indication of large 5d-6p mixing in the odd-electron orbital "jointly worked"
  • Photochemical decarbonylation of Mn2(μ-PPh2)2(CO)8 to form Mn2(μ-PPh2)(μ-CO)(CO)6 with a semi-bridging carbonyl "jointly worked", Journal of Organometallic Chemistry, C10,276,   1984年
  • Electronic Structure of the Rh-Rh bond in dirhodium tetracarboxylates from a study of electronic spectra of neutral molecules and their cation radicals "jointly worked", Inorganic Chemistry, 22,56,   1983年
  • Electronic structure of the Rh-Rh bond in Rh2(O2CR)4(PY3)2 by electron spin resonance study of their cation radicals "jointly worked", Journal of the American Chemical Society, 103,364,   1981年
  • 講演・口頭発表等

    • Salophen系配位子で構築される希土類系二核錯体の構造と磁気特性, 松井竜彦・細川拓真・居神央典・大久保貴志・前川雅彦・黒田孝義,, 第64回錯体化学討論会,   2014年09月, 錯体化学会
    • 三座Schiff塩基配位子を用いたメトキシ架橋鉄(II)2核錯体における構造と磁気的特性, 山尾典史・山野裕二・松井竜彦・大久保貴志・前川雅彦・黒田孝義, 第64回錯体化学討論会,   2014年09月, 錯体化学会
    • Structures and Magnetic Properties of Novel M(II) Triangular Tri-Nuclear Complexes with an S-Shaped Hexadentate Ligand derived from Phenazine, 黒田 孝義, 山口 遼太郎、杉本 邦久、大久保 貴志、前川 雅彦, The 41th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC41),   2014年07月, The 41th International Conference on Coordination Chemistry
    • Structure and SMM property of Dy triple-decker complex with salophen, 黒田 孝義, 細川 琢磨、山口 遼太郎、大久保 貴志、前川 雅彦, The 14th International Conference on Molecule-Based Magnets(ICMM2014),   2014年07月, The 14th International Conference on Molecule-Based Magnets
    • ビスSchiff塩基配位子で構築される希土類系二核錯体の合成と磁気特性, 細川 拓真・山口 遼太郎・大久保 貴志・前川 雅彦・黒田 孝義, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月, 日本化学会
    • Spin crossover特性を有する鉄錯体配位子によるジスプロシウム錯体の合成と磁性, 松井 竜彦・山口 遼太郎・大久保 貴志・前川 雅彦・黒田 孝義, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月, 日本化学会
    • 置換基の異なる三座Schiff塩基配位子を用いた鉄(Ⅱ)錯体における置換基効果とSCO特性, 山尾 典史・山口 遼太郎・大久保 貴志・前川 雅彦・黒田 孝義, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月, 日本化学会
    • 歪んだS字型架橋配位子を用いた三角形型金属三核錯体の構造およびその物性, 山口 遼太郎・大久保 貴志・前川 雅彦・黒田 孝義, 第63回錯体化学討論会,   2013年11月, 錯体化学会
    • 三座Schiff塩基鉄(Ⅱ)錯体における置換基効果とスピンクロスオーバー特性, 山尾 典史・前川 雅彦・大久保 貴志・黒田 孝義, 第63回錯体化学討論会,   2013年11月, 錯体化学会
    • カルボキシ基を有するFe錯体配位子を用いたランタノイド錯体の合成と磁性, 松井 竜彦・大久保 貴志・前川 雅彦・黒田 孝義, 第63回錯体化学討論会,   2013年11月, 錯体化学会
    • 新規なヘテロ金属Ag(I)-Ir(III)ヒドリド配位高分子の合成および構造, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第63回錯体化学討論会,   2013年11月, 第63回錯体化学討論会
      概要:3種の2,2'-ビピリジン類縁配位子(L)を用いて、配位不飽和なIr(III)-ヒドリド錯体[Ir(H)2(PPh3)2(L)]BF4を合成し、さらにCF3COOAgと反応させることにより、3種の新規なヘテロ金属Ag(I)-Ir(III)ヒドリド配位高分子を合成し、そのX線構造および性質を明らかにした。
    • SCO 特性を有する鉄(II)錯体配位子によるランタノイド錯体の合成と磁性, 松井竜彦・大久保貴 志・前川雅彦・黒田孝義, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会
    • S 字型 6 座配位子からなる多核鉄錯体の合成と磁気特性, 前田幸彦・山口遼太郎・大久保貴志・前川雅彦・黒田孝 義, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会
    • phenazine 誘導体配位子による三角形型 FeII及び MnII三核錯体の構造と磁性, 山口遼太郎・杉本邦 久・大久保貴志・前川雅彦・黒田孝義, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会
    • A Novel 3-fold Interpenetrated Iron(II) Square-grid Framework with SCO Property, 黒田 孝義、増田 隆之、大久保 貴志、前川 雅彦, International Conference on Molecule-based Magnets (ICMM2012),   2012年10月, International Conference on Molecule-based Magnets
    • フェナジン誘導体配位子を用いた金属三核錯体の合成と磁性, 山口 遼太郎・大久保 貴志・前川 雅彦・ 黒田 孝義, 第62回錯体化学討論会,   2012年09月, 錯体化学会
    • キレート配位部位を有する三座配位子を用いた新規 Mn 多核錯体の合成と磁性, 新家 直弥・大久保 貴志・前川 雅彦・ 黒田 孝義, 第62回錯体化学討論会,   2012年09月, 錯体化学会
    • 水素結合により連結された Fe(II)スピンクロスオーバー錯体における重水素化置換効果, 雛埜 敦史・木村 佳樹・大久保 貴志・ 前川 雅彦・黒田 孝義, 第62回錯体化学討論会,   2012年09月, 錯体化学会
    • Tetra-Schiff 塩基配位子を用いた配位構造を有する Fe(II)錯体の合成と磁気的特性, 山野 正貴・大久保 貴志・前川 雅彦・ 黒田 孝義, 第62回錯体化学討論会,   2012年09月, 錯体化学会
    • A novel 3-fold interpenetrated iron(II) framework structure with SCO property, 黒田 孝義、増田 隆之、大久保 貴志、前川 雅彦, The 40-th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40),   2012年09月, The 40-th International Conference on Coordination Chemistry
    • Structural controls of Cu(I) C2H4 coordination polymers of 4,4’-bipyrimidine, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, (財)高輝度光科学研究センター(JASRI), 京都大学大学院工学研究科, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40),   2012年09月, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40)
    • 多座窒素配位子を有する新規なCu(I)-エチレン錯体の合成,構造および性質, 前川 雅彦, 南野 愛, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第62回錯体化学討論会,   2012年09月, 第62回錯体化学討論会
      概要:C2H4雰囲気下,アセトン溶媒中,[Cu(MeCN)4]BF4と4,6-ビス(2-ピリジル)-ピリミジン (bppym)を反応させたところ,[Cu2(bppym)(C2H4)2](BF4)2?Me_2CO (1)が得られた。同様に[Cu(C2H4)n]ClO4とbppymを反応させたところ,[Cu2(bppym)(C2H4)2](ClO4)2?Me2CO (2)が得られた。またC2H4雰囲気下,メタノール溶媒中,[Cu(MeCN)4]BF4と4,6-ビス(2-ピリジル)-ピラジン (bppz)を反応させたところ,[Cu2(bppz)(C2H4)2](BF4)2?MeOH (3)が得られた。X線構造解析の結果,錯体1, 2および3はいずれも新規な二核Cu(I)-エチレン錯体であることが明らかとなった。
    • Novel mono- and dinuclear Iridium(III) hydride complexes of 2,2’-bipyrimidine, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40),   2012年09月, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40)
    • First Cu(I) coordination polymers of 4,4’-biquinazoline and the C2H4 adduct, 前川 雅彦, 南野 愛, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40),   2012年09月, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40)
    • Ir(III)ヒドリド錯体を連結した新規な一次元Ir(III)-Ag(I)配位高分子の合成および構造, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第62回錯体化学討論会,   2012年09月, 第62回錯体化学討論会
      概要:[Ir(H)2(PPh3)2(Me2CO)2]BF4と4,4'-ビキナゾリン(biqz)を用いて、錯体配位子として配位不飽和なIr(III)-ヒドリド錯体[Ir(H)2(PPh3)2(biqz)]BF4を合成し、さらにCF3COOAgと反応させることにより、新規な一次元Ag(I)-Ir(III)-biqz混合金属配位高分子を合成し、そのX線構造および性質を明らかにした。
    • フランカルボン酸誘導体により構築したμ3-O架橋を有する鉄三核錯体の合成と構造, 杉本邦久・安田伸広・増田隆之・黒田孝義・藤原明比古, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会
    • 三座シッフ塩基配位子を用いた新規 Mn多核クラスターの合成と磁性, 新家直弥・増田隆之・大 久保貴志・前川雅彦・黒田孝義, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会
    • ポリエーテル基を有する salophen- Fe(II)錯体によるゲストカチオン取り込みとそれに伴う磁性の変化, 雛埜敦史・大久保貴志・前川雅彦・黒田孝義, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会
    • Tetra-Schiff 塩基配位子とピリジン系化合物からなる Fe(II)錯体の合成と磁気特性, 野正貴・大久保貴志・前川雅 彦・黒田孝義, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会
    • フェナジンから誘導された新規 S 字型 6 座配位子による新規鉄二価多核錯体の合成と磁性, 山口遼太郎・杉本邦久・大久保貴志・前川雅 彦・黒田孝義, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会
    • 多座窒素配位子を有する新規なIr(III)ヒドリド錯体の合成,構造および性質, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
      概要:Ar雰囲気下,CHCl3溶液中,[Ir(H)2(PPh3)2(Me2CO)2]X(X=BF4, PF6)と様々なビピリミジン系配位子を反応させ,5種の新規なIr(III)ヒドリド錯体を単離することに成功し,その構造ならびに性質をX線構造解析,IR, TG-DTA, 固体UV-VIS, 1H NMR法より特徴付けた。例えば,2,2'-ビピリミジン (bpym)を用いた場合,合成溶媒選択的に単核Irヒドリド錯体[Ir(H)2(PPh3)2(bpym)]BF4および二核Irヒドリド錯体[Ir2(H)4(PPh3)4(bpym)](BF4)2が生成することが明らかとなった。
    • 3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジンを配位子とする様々なCu(I)-エチレン錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 宮崎 武志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
      概要:C2H4雰囲気下,Me2CO中,Cu(ClO4)2,金属銅および3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン(bptz)を反応させると,3種の新規なCu(I)-bptz/C2H4錯体および4核Cu(I)-bptz錯体が生成することを見出し,その構造および性質を明らかにした。特にテトラジン環がアニオンラジカル化した{[Cu2(bptz)(C2H4)2]ClO4}2ならびにテトラジン環が大きく歪んだ[Cu2(bptz)(C2H4)2](ClO4)2は興味が持たれる。
    • 多座窒素配位子を用いた新規なCu(I)-エチレン錯体の合成,構造および性質, 前川 雅彦, 南野 愛, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
      概要:C2H4雰囲気下,アセトン溶媒中,[Cu(MeCN)4]BF4と4,6-ビス(2-ピリジル)-ピリミジン (bppym)を反応させたところ,[Cu2(bppym)(C2H4)2](BF4)2?Me2CO (1)が得られた。同様に[Cu(C2H4)n]ClO4とbppymを反応させたところ,[Cu2(bppym)(C2H4)2](ClO4)2?Me2CO (2)が得られた。X線構造解析の結果,錯体1および2はいずれも新規な二核Cu(I)-エチレン錯体であることが明らかとなった。
    • ビピリミジン系多座窒素配位子を有する新規なイリジウム(III)ヒドリド錯体の合成と構造化学的特徴付け, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 宗像 惠, 黒田 孝義, 第61回錯体化学討論会,   2011年09月, 第61回錯体化学討論会
      概要:Ar下、CHCl3中、[Ir(H)2(PPh3)2(Me2CO)2]BF4と4-(2-ピリジル)ピリミジン(pprd)を反応させ、新規な単核錯体[Ir(H)2(pprd)(PPh3)2]BF4を合成した。同様に2,2'-ビピリミジン(bpym)を反応させると、単核錯体[Ir(H)2(bpym)(PPh3)2]BF4および二核錯体[Ir2(H)4(bpym)(PPh3)4](BF4)2が生成することを見出した。いずれの錯体も溶液内において環電流効果に基づく特徴的な磁気異方性シフトが観測された。
    • アニオンおよび溶媒に導かれた4,4'-ビピリミジン類を配位子とする新規なCu(I)配位高分子の自己組織化, 前川 雅彦, 南野 愛, 大久保 貴志, 宗像 惠, 黒田 孝義, 第61回錯体化学討論会,   2011年09月, 第61回錯体化学討論会
      概要:C2H4雰囲気下、MeOH中、[Cu(CH3CN)4]X (X=BF4, PF6)と4,4'-ビキナゾリン(biqz)を反応させると、biqzのキレート部位と橋かけ部位がCu(I)イオンに配位し、Cu2C6N6骨格からなる14員環構造が繋げられた新規なCu(I)ポリマー錯体{[Cu4(biqz)2(CH3CN)4(MeOH)4(BF4)4}n (1)および{[Cu4(biqz)2(CH3CN)8](PF6)4}n(2)が自己組織化されることを見出した。同様に、Me2CO中において[Cu(C2H4)n]ClO4とbiqzを反応させると、錯体1および2とは異なり、アニオンおよび溶媒選択的に、一次元ジグザグ鎖構造を有するCu(I)エチレン付加体{[Cu2(biqz)(C2H4)2](ClO4)2}n(3)が自己組織化されることを見出した。
    • アニオンラジカルを配位子とする始めてのCu(I)-エチレン錯体の合成、構造およびキャタクタリゼーション, 前川 雅彦, 宮崎 武志, 大久保 貴志, 宗像 惠, 黒田 孝義, 第61回錯体化学討論会,   2011年09月, 第61回錯体化学討論会
      概要:C2H4下、Me2CO中、Cu(ClO4)2、金属Cuおよび3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン(bptz)を反応させると、アニオンラジカルを配位子とする始めての二核Cu(I)-C2H4錯体{[Cu2(bptz)(C2H4)2]ClO4}2が生成することを見出し、そのX線構造および性質を明らかにした。あわせてbtpzが極めて珍しいcis形構造を取った二核錯体[Cu2(bptz)(C2H4)2](ClO4)2が生成することを見出した。
    • ビスカテコールからなるCo多核錯体の合成と性質, 末永 勇作, 黒田 孝義, 中口 祐樹, 増田 隆之, 錯体化学会第61回討論会,   2011年09月, 錯体化学会第61回討論会
      概要:Co(CO)8と3,5-ジ-t-ブチル-1,2-ベンゾキノンから合成したCo(II)四核錯体の単結晶X線構造解析結果とこの四核錯体を原料にビスカテコールとの錯体合成と性質について報告した。
    • テトラジンアニオンラジカルを有する新規なCu(I)-エチレン錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 宮崎 武志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月, 日本化学会第91春季年会(2011)
      概要:C2H4雰囲気下、Me2CO中、Cu(ClO4)2、金属銅および3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン(bptz)を反応させることにより、テトラジンアニオンラジカルを有する二核Cu(I)-エチレン錯体が生成することを見出し、その構造および性質を明らかにした。あわせて、ラジカル化していないbptzが配位した2種類の二核Cu(I)-エチレン錯体が生成することを見出した。
    • ビピリミジン系架橋配位子を用いた新規なIr(III)ヒドリド錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月, 日本化学会第91春季年会(2011)
      概要:Ar雰囲気下、CHCl3中、[Ir(H)2(PPh3)2(Me2CO)2]X (X=BF4, PF6)と4-(2-ピリジル)ピリミジン(pprd)および4,4’-ビキナゾリン(biqz)を反応させたところ、[Ir(H)2(PPh3)2(pprd)]BF4 (1)および[Ir(H)2(PPh3)2(biqz)]PF6 (2)が得られた。X線構造解析の結果、錯体1および2はIr原子にヒドリド、PPh3および窒素配位子が配位した単核錯体であることがわかった。溶液中において環電流効果に伴う特徴的な1H NMRシフトを観測した。
    • ビピリミジン系配位子により構築された新規なCu(I)配位高分子の合成、構造および性質, 前川 雅彦, 南野 愛, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月, 日本化学会第91春季年会(2011)
      概要:C2H4雰囲気下、メタノール中、[Cu(CH3CN)4]X (X=BF4, PF6)と4,4'-ビキナゾリン(biqz)を反応させたところ、{[Cu4(biqz)2(CH3CN)4(MeOH)4](BF4)4}n (1)および{[Cu4(biqz)2(CH3CN)8](PF6)4}n (2)が得られた。X線構造解析の結果、錯体1および2はいずれもbiqzのキレート部位と橋架け部位がCu(I)イオンに配位し、Cu2C6N6骨格からなる14員環構造が繋げられた新規なCu(I)ポリマー錯体であることがわかった。
    • Novel Cu(I) metallamacrocycles toward structurally and functionally new inorganic anion receptors, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 京都大学大学院工学研究科, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010),   2010年12月, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010)
    • チオシアン酸鉄と架橋配位子bpbによって構築されたフレームワーク構造を有する錯体の構造と物性, 増田 隆之, 鈴木 詩織, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第60回錯体化学討論会,   2010年09月, 第60回錯体化学討論会
    • 平面性Schiff塩基配位子を有するFe錯体の合成・構造とSCO挙動, 木村 佳樹, 川崎 惇, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第60回錯体化学討論会,   2010年09月, 第60回錯体化学討論会
    • CN架橋基を有するCoシッフ塩基錯体の合成と構造, 川崎 惇, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第60回錯体化学討論会,   2010年09月, 第60回錯体化学討論会
    • テトラジンアニオンラジカルを有する新規なCu(I)-エチレン錯体の合成と構造, 前川 雅彦, 宮崎武志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第60回錯体化学討論会,   2010年09月, 第60回錯体化学討論会
      概要:エチレン雰囲気下、Me2CO中、Cu(ClO4)2、金属銅および3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン(bptz)を反応させたところ、テトラジンアニオンラジカルを有する二核Cu(I)- -bptz/C2H4錯体が生成することを見出し、その構造および性質を明らかにした。あせてシス形配置を有する二核Cu(I)-bptz/C2H4錯体の単離・構造解析も明らかにした。
    • クロラニル酸を架橋基とした新規な一次元鎖鉄錯体の合成と磁気的性質, 諸富 匠, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第60回錯体化学討論会,   2010年09月, 第60回錯体化学討論会
    • 平面性コバルト(II)Salphen系錯体の積層構造と物性, 川崎 惇, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
    • カルボキシル基を有するFe(II)SCO錯体における水素結合の効果, 木村 佳樹, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
    • テトラジンアニオンラジカルを有する新規なCu(I)-エチレン錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 宮崎 武志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第90回春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90回春季年会
      概要:C2H4雰囲気下、アセトン中、Cu(ClO4)2、金属銅および3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン (bptz)を反応させたところ、2種類の針状結晶{[Cu2(bptz)(C2H4)2]ClO4}2 (1)および板状結晶[Cu2(bptz)(C2H4)2](ClO4)2 (2)が得られた。X線構造解析の結果、bptzが還元されてテトラジンアニオンラジカルを生成し、錯体1はアニオンラジカルを配位子とする始めての二核Cu(I)-エチレン錯体である。
    • チオシアン酸コバルトとbpb架橋配位子により構築された3次元相互貫入フレームワーク錯体の構造とゲスト分子吸脱着特性, 増田 隆之, 大島 有紀子, 富永 登志, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
    • Synthesis of Cu(I) and Ag(I) Metallamacrocycles as Structurally and Functionally New Inorganic Anion Receptors, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, The second Asian Conference on Coordination Chemistry (2nd ACCC),   2009年11月, The second Asian Conference on Coordination Chemistry (2nd ACCC)
    • Novel Cu(I) Ethylene Complexes Three?Dimensionally Self?Assembled by an Intermolecular π?π Stacking Interaction and a C?H???N Contact, 前川 雅彦, 富永 登志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, The second Asian Conference on Coordination Chemistry (2nd ACCC),   2009年11月, The second Asian Conference on Coordination Chemistry (2nd ACCC)
    • N4O2型配位環境を有する一次元鎖Fe(II)スピンクロスオーバー錯体の合成と構造, 清水 俊行, 富永 登志, 鍋井 淳宏, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
    • Salphen系配位子を用いた平面性コバルト(II)錯体の構造と物性, 川崎 惇, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
    • S字型架橋配位子を用いた多核鉄錯体の合成, 諸富 匠, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
    • 4,4'-ビピリミジン類を配位子とする新規なCu(I)配位高分子の合成と構造, 前川 雅彦, 富永 登志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 杉本 邦久, 北川 進, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
      概要:Ar/C2H4雰囲気下、MeOH中、[Cu(CH3CN)4]BF4と4,4'-ビピリミジン (bpm)を反応させたところ、そのゲージ内にガラス管由来のSiF6アニオンを捕捉した3次元Cu(I)-bpm配位高分子が自己集積化した。またC2H4雰囲気下、同様の反応を試みたところ、その空孔内にBF4アニオンを捕捉したメタラマクロサイクルが連結された2次元Cu(I)-bpm-C2H4付加体が生成した。
    • 架橋能を有するterpy系Co(II)及びCu(II)錯体による配位高分子の合成と物性, 泉 貴文, 富永 登志, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
    • N2O型Schiff塩基配位子による鉄錯体の合成と物性, 木村 佳樹, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
    • カルボキシル基を有するN2O型Schiff Base配位子によるFe錯体の合成とその多核化, 木村 佳樹, 玉浦 裕貴, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
    • アニオンテンプレート法による新規なCu(I)メタラマクロサイクリック-カルボニル付加体の自己集積化, 前川 雅彦, 富永 登志, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
      概要:CO雰囲気下、[Cu(CH3CN)4]BF4と6,6'-ジメチル-4,4'-ビピリミジン(Me2bpm)を反応させた場合、四核Cu(I)メタラマクロサイクリックCO付加体[Cu4(Me2bpm)4(CO)4](BF4)4が、一方[Cu(CH3CN)4]PF6とMe2bpmを反応させた場合、メタラカリックス[3]アレン型の三核Cu(I)-CO付加体が連結された2次元Cu(I)配位高分子{{[Cu3(Me2bpm)3(CO)3](PF6)3}[Cu(CH3CN)]BF4}がアニオン選択的に自己集積化されることを見出した。
    • 7,7,8,8-tetracyanoquinodimethane (TCNQ) 由来のイソシアニド配位を有するシッフ塩基コバルト錯体の合成, 川崎 惇, Yu Zhong, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
    • 4,4'-ビピリミジン類縁配位子による新規なCu(I)メタラマクロサイクリック-エチレン付加体の自己集積化, 前川 雅彦, 富永 登志, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
      概要:C2H4雰囲気下、[Cu(CH3CN)4]BF4と6,6'-ジメチル-4,4'-ビピリミジン(Me2bpm)を反応させた場合、三核Cu(I)メタラマクロサイクリック-エチレン付加体が、[Cu(CH3CN)]+に繋げられ、その空孔内にBF4-アニオンを捕捉した二次元Cu(I)配位高分子 {[Cu4(Me2bpm)3(C2H4)3(CH3CN)](BF4)4}nが自己集積化した。また[Cu(CH3CN)4]BF4と6,6'-ジフェニル-4,4'-ビピリミジン(Ph2bpm)を反応させた場合、単核Cu(I)-エチレン錯体[Cu(Ph2bpm)(C2H4)]BF4が生成した。
    • 強磁性的相互作用を示すbis-Schiff塩基配位子を有 した新規Fe(II)錯体の合成及び構造, 清水 俊行, 鍋井 淳宏, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
    • bis-Schiff塩基配位子を有する一次元鎖Fe錯体の構造と磁気特性, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 宗像 惠, 黒田 孝義, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
    • Bis-Schiff 塩基配位子を用いたFe(III)錯体と架橋配位子との一次元鎖錯体の磁性および構造におよぼすアニオン効果, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第58回錯体化学討論会,   2008年09月, 第58回錯体化学討論会
    • 架橋能を有するコバルトSCO 錯体によるCu(I)配位高分子の合成と物性, 泉 貴文, 鍋井 淳宏, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第58回錯体化学討論会,   2008年09月, 第58回錯体化学討論会
    • Bis-Schiff 塩基配位子と架橋配位子からなる一次元鎖Fe(II)スピンクロスオーバー錯体の合成と物性, 清水 俊行, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第58回錯体化学討論会,   2008年09月, 第58回錯体化学討論会
    • qsal 誘導体を用いた多核FeSCO 錯体の合成と物性, 玉浦 裕貴, 鍋井 淳宏, 富永 登志, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第58回錯体化学討論会,   2008年09月, 第58回錯体化学討論会
    • 新規なCu(I)メタラマクロサイクリックエチレン付加体の合成および構造, 前川 雅彦, 富永登志, 鍋井淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, 第58回錯体化学討論会,   2008年09月, 第58回錯体化学討論会
      概要:[Cu(CH3CN)4]BF4と4,4'-ビピリミジン(bpm)をエチレン下反応させ空孔内にBF4アニオンを捕捉したメタラカリックスアレンが繋がった2次元Cu(I)-bpm-エチレン付加体の構築に成功した。本研究ではさらに6,6'-ジフェニル-4,4'-ビピリミジン(Ph2bpm)を用い、同様に合成を行ない黄色針状結晶を得た。IR測定などからCu(I)-Ph2bpm-C2H4錯体の生成を確認した。
    • シアノ基を有するコバルトSCO錯体で架橋された配位高分子の合成と物性, 泉 貴文, 玉浦 裕貴, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 日本化学会第88春季年会,   2008年03月, 日本化学会第88春季年会
    • アニオンテンプレート法による新規なCu(I)およびAg(I)配位高分子の自己集積化, 前川 雅彦, 富永登志, 鍋井淳宏, 黒田 孝義, 宗像 惠, 大久保 貴志, 北川 進, 日本化学会第88春季年会,   2008年03月, 日本化学会第88春季年会
      概要:アニオンテンプレート法を用いて4-(2-ピリジル)ピリミジン(pprd)および4,4'-ビピリミジン(bpm)を配位子とする新規な銅(I)および銀(I)配位高分子を自己集積化させることを試み、特にエチレン雰囲気下、[Cu(CH3CN)]BF4とbpmを反応さた場合、空孔内にBF4-アニオンを捕捉したC2H4の脚を有するメタラカリックス[3]アレンエチレ付加体が2次元シート構造状に繋がった興味深い{{[Cu3(pprd)3(C2H4)3](BF4)3}[Cu(CH3CN)]BF4}が自己集積化することを見出した。
    • bis-Schiff塩基配位子を有するFe錯体の構造とスピンクロスオーバー挙動, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 宗像 惠, 黒田 孝義, 日本化学会第88春季年会,   2008年03月, 日本化学会第88春季年会
    • Bis-Schiff 塩基配位子と架橋配位子から構成される一次元鉄(II)錯体の合成とそのスピンクロスオーバー, 清水 俊行, 辻 博貴, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 日本化学会第88春季年会,   2008年03月, 日本化学会第88春季年会
    • bis-Schiff塩基配位子を有するFeおよびCo錯体の構造とスピンクロスオーバー挙動, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 宗像 惠, 黒田 孝義, 第57回錯体化学討論会,   2007年09月, 第57回錯体化学討論会
    • シアノ基を有するFe-terpy系錯体で架橋された配位高分子の合成と物性, 玉浦 裕貴, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 宗像 惠, 黒田 孝義, 第57回錯体化学討論会,   2007年09月, 第57回錯体化学討論会
    • Synthesis and characterization of metal-organic frameworks with Mn12 SMM’s as guests, Yu Zhong, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第57回錯体化学討論会,   2007年09月, 第57回錯体化学討論会
    • シアノ基を有するMn12 核錯体ポリマーの合成と磁性, 黒田 孝義, 鍋井 淳宏, 石下 賀淳, 日本化学会第87春季年会,   2007年03月, 日本化学会第87春季年会
    • スピンクロスオーバー部位を有するMn12 系単一分子磁石の合成と磁性, 黒田 孝義, 鍋井 淳宏, 玉浦 裕貴, 余 中, 日本化学会第87春季年会,   2007年03月, 日本化学会第87春季年会
    • ビスカテコールからなる金属二核錯体の酸化還元挙動, 末永 勇作, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, 梅畑優貴子, 日本化学会第87春季年会,   2007年03月, 日本化学会第87春季年会
      概要:酸化還元活性なカテコール部位を2つもつビスカテコールを配位子としたCo(III)二核錯体を合成し、NMR、元素分析により同定した。また、温度可変NMR、UV、CVから二核錯体の性質を明らかにした。末端のN-N配位子に2,2'-bipyridine(bpy), 2,2'-dipyridylamine(dpa)を使用するとdpa の強い配位子場の影響で、ビスカテコール部分が容易に化学酸化できることを見出した。
    • 平面性Schiff-base 配位子を有する新規Co(II)一次元錯体の構造及び磁気特性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 鍋井 淳宏, 日本化学会第87春季年会,   2007年03月, 日本化学会第87春季年会
    • 量子磁石の空間配置制御, 黒田 孝義, 【特定領域】「配位空間の化学」第3回公開シンポジウム,   2007年01月, 【特定領域】「配位空間の化学」第3回公開シンポジウム
    • Mn(III)錯体の水素結合二量体の単一分子磁石挙動, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 鍋井 淳宏, 2006分子構造総合討論会,   2006年09月, 2006分子構造総合討論会
    • 平面性Mn(III)錯体の水素結合二量体で観測される単一分子磁石的挙動, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 鍋井 淳宏, 第56回錯体化学討論会,   2006年09月, 第56回錯体化学討論会
    • 急峻なスピン転移をもつ鉄(II)スピンクロスオーバー錯体の協同現象に対する異種金属のドーピング効果, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 久米 啓晶, 第56回錯体化学討論会,   2006年09月, 第56回錯体化学討論会
    • アニオンテンプレート法によるCu(I)およびAg(I)メタラサイクリック錯体の自己集積化, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, 第56回錯体化学討論会,   2006年09月, 第56回錯体化学討論会
      概要:アニオンテンプレート法を用いて、エチレン雰囲気下、4-(2-ピリジル)ピリミジンを配位子とする3核、4核、6核Cu(I)メタラサイクリック錯体、およびサンドイッチ型構造を有する4核Ag(I)錯体を対アニオン選択的に自己集積化し、その結晶構造および溶液内構造を明らかにした。
    • 共役系ビスカテコールで架橋した二核錯体の合成とその性質, 末永 勇作, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, 平野泰広, 第56回錯体化学討論会,   2006年09月, 第56回錯体化学討論会
      概要:三重結合でカテコールを連結した新規ビスカテコールを合成した。このCo(III)二核錯体を合成し、NMR、元素分析により同定した。さらに、温度可変NMR、UV、CVにより、二核錯体の性質を明らかにした。
    • XF62- (X=Si, Ge, Sn) アニオンを取り込んだサンドイッチ型Ag(I)メタロマクロサイクリック錯体, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, 日本化学会第86春季年会,   2006年03月, 日本化学会第86春季年会
      概要:2つの平面四角形4核銀(I)メタロマクロサイクリック内にXF62-アニオンを選択的に取り込んだサンドイッチ構造を有する3つの銀(I)メタロマクロサイクリック{[Ag4(pprd)4]2(XF6)}(BF4)6?8MeNO2 (pprd=4-(2-ピリジル)ピリミジン; X=Si, Ge, Sn)を合成し、その固体および溶液内構造を明らかにした。これらは二価アニオンをメタロマクロサイクリック内に取り込んだ始めての例である。
    • 鉄(II)スピンクロスオーバー錯体の協同現象に対する異種金属のドーピング効果, 久米啓晶, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 日本化学会第86春季年会,   2006年03月, 日本化学会第86春季年会
    • 平面性Mn(III)錯体の強磁性2量体で観測される単一分子磁石的挙動, 鍋井淳宏, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 日本化学会第86春季年会,   2006年03月, 日本化学会第86春季年会
    • ベンジルチオエーテル基含有配位子からなる銀(I)配位高分子の構造と性質, 末永 勇作, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, 江島和也, 日本化学会第86春季年会,   2006年03月, 日本化学会第86春季年会
      概要:ベンジルチオエーテル基を含む三脚型配位子を合成し、そのAg(I)配位高分子の光誘導機能を明らかにした。
    • Two structural isomers of Mn12-benzoate induced by coexistence of one or two napy molecules, 鍋井淳宏, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2005年12月, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • Abrupt spin transition and LIESST phenomena observed in a Fe(II) complex with a N4O2 donor set, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 先崎由蘭, 杉本邦久, 速水真也, 前田米蔵, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2005年12月, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 多座窒素配位子を有する新規な単核および二核イリジウムヒドリド錯体の合成と構造化学的特徴付け, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2005),   2005年12月, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2005)
    • Effect of diphenylphosphate (dpp) substitution on the structure and magnetic properties of Mn12 SMMs, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, Bian Guo Quin, 波多野雅紀, 小中尚, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2005年12月, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 歪んだナフタレン環を有する二次元銀(I)配位高分子, 末永 勇作, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, 環太平洋国際化学会議,   2005年12月, 環太平洋国際化学会議
      概要:ナフタレン環の8つの水素原子をチオフェニルエーテル基を含む嵩高い置換基で置き換えた配位子を用いて銀(I)金属錯体ポリマーを合成した。単結晶X線構造解析の結果から、ナフタレン環が約30-35°ねじれた状態で、錯体骨格内に取り込まれていることを明らかにした。新規な4つの化合物のうち、圧力によって可逆的に変色する化合物を見出した。
    • π系の拡がった平面性Schiff base配位子を用いた新規Mn(III)錯体の構造と磁性, 鍋井淳宏, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 2005分子構造総合討論会,   2005年10月, 2005分子構造総合討論会
    • 平面性Schiff base配位子を用いた新規Mn(III)錯体の構造とその磁性, 日比野一幸, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 第55回錯体化学討論会,   2005年09月, 第55回錯体化学討論会
    • ヒドロキシピリジン誘導体で部分置換した新規Mn12核錯体の構造, 鍋井淳宏, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 第55回錯体化学討論会,   2005年09月, 第55回錯体化学討論会
    • 拡張π系シッフ塩基配位子を有する鉄(II)錯体の構造と光誘起スピン転移, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 久米啓晶, 速水真也, 前田米蔵, 第55回錯体化学討論会,   2005年09月, 第55回錯体化学討論会
    • カリックス様Cu(I)エチレンおよび一酸化炭素メタラサイクリック錯体の合成と構造, 前川 雅彦, 小中 尚, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, 第55回錯体化学討論会,   2005年09月, 第55回錯体化学討論会
    • π共役系ビスカテコール配位子からなるCo二核錯体の合成と性質, 末永 勇作, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, Cortlandt G. Pierpont, 第55回錯体化学討論会,   2005年09月, 第55回錯体化学討論会
      概要:分子内にカテコール部位を2つ有するπ共役系配位子を合成し、そのCo二核錯体を合成した。NMR、UVスペクトルからキャラクタリぜーションを行い、Coは三価に酸化されており、配位子の両末端に八面体構造のCoが配位結合されていることを明らかにした。温度可変NMR測定から、酸化還元活性なビスカテコール分子の1つのシグナルが可逆的にシフトする挙動を観測した。
    • 拡がったπ系を有する新規鉄(II)錯体の合成とそのスピン転移, 久米啓晶, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 第55回錯体化学討論会,   2005年09月, 第55回錯体化学討論会
    • 1、8-ナフチリジンの共存により誘起された安息香酸架橋Mn12核錯体の構造異性体, 鍋井 淳宏, 黒田 孝義, 前川 雅彦, 宗像 惠, 日本化学会第85春季年会,   2005年03月, 日本化学会第85春季年会
    • 多環式芳香族化合物を配位子とするロジウムおよびイリジウム錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 萱沼 陽二郎, 鍋井 淳宏, 黒田 孝義, 末永 勇作, 宗像 惠, 日本化学会第85春季年会,   2005年03月, 日本化学会第85春季年会
      概要:多環式芳香族化合物(PAHs)を配位子とするダブルデッカー構造を有する4つのロジウムおよびイリジウム錯体[M(Cp*)(η6-PAHs)](BF4)2 (M=Rh, Ir; PAHs=ピレン, トリフェニレン,フェナントレン)を合成し、その固体および溶液内構造をX線構造解析、1Dおよび2D NMRより明らかにした。3つのIr錯体はいずれも配位シフトに加え環電流効果に伴う特異な1H および 13C NMRスペクトルを与えることを見出した。
    • Mnganese(II) naphthalocyaninateの磁気特性, 日比野 一幸, 黒田 孝義, 前川 雅彦, 宗像 惠, 日本化学会第85春季年会,   2005年03月, 日本化学会第85春季年会
    • 磁性金属錯体の複合機能化を目指して, 黒田 孝義, 機能性材料ワークショップ,   2005年03月, 機能性材料ワークショップ
    • 窒素系架橋配位子で部分置換した新規Mn12核錯体の合成と単一分子磁性, 鍋井 淳宏, 黒田 孝義, 前川 雅彦, 宗像 惠, 2004分子構造総合討論会,   2004年10月, 2004分子構造総合討論会
    • A Novel Mn12 Single-Molecule Magnet [Mn12O12(OAc)12(dpp)4], 黒田 孝義, Bian Guo-Qing, 小中 尚, 波多野 雅紀, 前川 雅彦, 宗像 惠, 宮坂 等 山下 正廣, IX th International Conference on Molecule-based Magnets,   2004年10月, IX th International Conference on Molecule-based Magnets
    • A Novel Mn12 Single-Molecule Magnet [Mn12O12(OAc)12(dpp)4], 黒田 孝義, International Workshop on Single-Molecule Magnets and Single-Chain Magnets,   2004年10月, International Workshop on Single-Molecule Magnets and Single-Chain Magnets
    • かさ高い架橋基を有するMn(III)二核錯体の構造とその磁性, 上島 弘義, 黒田 孝義, 前川 雅彦, 宗像 惠, 第54回錯体化学討論会,   2004年09月, 第54回錯体化学討論会
    • 窒素系架橋基で部分置換した新規Mn12核錯体の合成および磁性, 鍋井 淳宏, 黒田 孝義, 前川 雅彦, 宗像 惠, 第54回錯体化学討論会,   2004年09月, 第54回錯体化学討論会
    • 配位不飽和なMn(III)を有するMn12核錯体の構造及びその誘導体の合成, 波多野 雅紀, 黒田 孝義, Bian Guo-Qing, 小中 尚, 前川 雅彦, 宗像 惠, 宮坂 等 山下 正廣, 第54回錯体化学討論会,   2004年09月, 第54回錯体化学討論会
    • 多環式芳香族化合物を配位子とするロジウムおよびイリジウム錯体の合成と構造, 前川 雅彦, 萱沼 陽二郎, 鍋井 淳宏, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第54回錯体化学討論会,   2004年09月, 第54回錯体化学討論会
      概要:ピレン(pyr)およびトリフェニレン(triph)を配位子とする新規ロジウムおよびイリジウム錯体、[M(Cp*)(η6-pyr)](BF4)2 (M=Rh, Ir)および[M(Cp*)(η6-triph)](BF4)2 (M=Rh, Ir)を合成し、その構造および性質を明らかにした。
    • A Novel Mn12 Single-Molecule Magnet[Mn12O12(OAc)12(dpp)4] With No Coordinating Water Molecules, 黒田 孝義, Microsymposium on New Dimensions in Metal Complex Assemblies -,   2004年08月, Microsymposium on New Dimensions in Metal Complex Assemblies -
    • [2.2]パラシクロファンを配位子とする新規なロジウムおよびイリジウム錯体の合成と構造, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 末永 勇作, 宗像 惠, The 36th International Conference on Coordination Chemistry,   2004年07月, The 36th International Conference on Coordination Chemistry
      概要:[2.2]パラシクロファン (pcp)を配位子とする新規な9つのロジウムおよびイリジウム錯体 [Rh(η6-pcp)(C2H4)2]BF4、 [M(η6-pcp)(diene)]X (M=Rh and Ir; diene=1,5-シクロオクタジエン (cod)および 2,5-ノルボナジエン (nbd); X=BF4 and ClO4) and [M2(η:η6-pcp)(diene)2]X2を合成し、その固体および溶液内構造を明らかにした。
    • A Novel Mn12 Single-Molecule Magnet [Mn12O12(OAc)12(dpp)4], 黒田 孝義, Bian, G. Q., 小中 尚, 波多野 雅紀, 前川 雅彦, 宗像 惠, 36th International Conference on Coodination Chemistry,   2004年07月, 36th International Conference on Coodination Chemistry
    • ヒドロキシピリジンで架橋された新規Mn12核錯体の合成とその単一分子磁性, 鍋井 淳宏, 黒田 孝義, 前川 雅彦, 宗像 惠, 日本化学会第84春季年会,   2004年03月, 日本化学会第84春季年会
    • Mn12系単一分子磁石の化学修飾, 黒田 孝義, 分子科学研究所研究会「錯体化学の挑戦」,   2004年03月, 分子科学研究所研究会「錯体化学の挑戦」
    • 拡がったπ系を有するSchiff base配位子を用いた新規鉄(II)スピンクロスオーバー錯体の合成と構造および磁性, 黒田 孝義, 先崎 由蘭, 木下 同, 前川 雅彦, 宗像 惠, 杉本 邦久, 前田 米蔵, 日本化学会第84春季年会,   2004年03月, 日本化学会第84春季年会
    • ピリジル基を有するジアリールエテン誘導体とそのAg Ⅰ錯体の構造とフォトクロミズム, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 郡島望, 前川 雅彦, 第53 回錯体化学討論会(山形),   2003年09月, 第53 回錯体化学討論会(山形)
      概要:ピリジル基を有するジアリールエテン誘導体BM-2-PTP を合成し、これを有する三種類のAg Ⅰ錯体の単結晶合成に成功した。その結晶構造及びフォトクロミック挙動を明らかにした。
    • ホスフィン架橋を有するMn12 核錯体誘導体の合成と磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 波多野雅紀, 前川 雅彦, 第53 回錯体化学討論会(山形),   2003年09月, 第53 回錯体化学討論会(山形)
      概要:Mn12 核錯体をホスフィン酸で化学修飾を行ない、得られた化合物が単一分子磁性を示すことを明らかにした。
    • 1,10-phenanthroline 配位を有する新規Mn4 核錯体の構造と磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 鍋井淳宏, 前川 雅彦, 分子構造総合討論会(京都),   2003年09月, 分子構造総合討論会(京都)
      概要:1-10 フェナントロリン配位を有する新規Mn4 核錯体を合成しその構造と磁性を明らかにした。
    • アミノピリジンで部分置換した新規Mn12 核錯体の合成および単一分子磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 鍋井淳宏, 前川 雅彦, 第53 回錯体化学討論会(山形),   2003年09月, 第53 回錯体化学討論会(山形)
      概要:2. アミノピリジンで部分置換した新規Mn12 核錯体を合成し、その磁性測定から、単一分子磁石としての性質を有することを明らかにした。
    • フタロシアナトMn Ⅲ錯体及びその誘導体の磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 上島弘義, 前川 雅彦, 第53 回錯体化学討論会(山形),   2003年09月, 第53 回錯体化学討論会(山形)
      概要:Mn- フタロシアニン錯体およびその誘導体を合成し、それらの極低温での磁性を調べた結果、反強磁性相互作用を有することがわかった。
    • ジアリールエテン閉環体-Ag Ⅰ錯体の合成、構造とフォトクロミック挙動, 宗像 惠, 黒田 孝義, 小中尚, 前川 雅彦, 第53 回錯体化学討論会(山形),   2003年09月, 第53 回錯体化学討論会(山形)
      概要:ジアリールエテン誘導体cis-dbe の閉環体を配位子とする新規Ag Ⅰ錯体の合成に成功した。cis-dbe のAg への配位様式の違いによってフォトクロミズムの反応速度が異なることを見出した。
    • 芳香族化合物を可逆的に取り込むAg Ⅰ錯体高分子の構造と物性, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 山崎裕二, 前川 雅彦, 第53 回錯体化学討論会(山形),   2003年09月, 第53 回錯体化学討論会(山形)
      概要:空孔内にゲスト分子としてphenanthlene を有する[2.2]paracyclophane のAg Ⅰ錯体高分子の合成に成功し、その結晶構造及びゲスト分子の可逆的吸着/脱着機能を明らかにした。
    • 空孔を有する銅Ⅰ錯体の合成と構造および物性, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 伊藤富樹, 前川 雅彦, 第53 回錯体化学討論会(山形),   2003年09月, 第53 回錯体化学討論会(山形)
      概要:空孔を有する銅Ⅰ錯体の合成に成功した。この空孔にはメチルテトラヒドロフランが取り込まれており、可逆的に吸着/脱着することを明らかにした。
    • 空孔を有する二次元銅Ⅰ ジチアパラシクロファン錯体の合成と構造, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 伊藤富樹, 前川 雅彦, 第83回春季年会(東京),   2003年03月, 第83回春季年会(東京)
      概要:空孔を有する二次元銅Ⅰ ジチアパラシクロファン錯体の合成に成功した。この空孔にはTHF及びアセトニトリルが取り込まれており、可逆的に吸着/脱着することを明らかにした。
    • 拡がったπ系を有するカルボン酸で架橋されたMn12核錯体の単一分子磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 野上忠豊, 前川 雅彦, 山下正廣 宮坂等, 杉本邦久, ナノ錯体国際会議(岡崎),   2003年03月, ナノ錯体国際会議(岡崎)
      概要:拡がったπ系を有するカルボン酸を用いて新規Mn12核錯体を合成しそれらの単一分子磁性を調べた。
    • チオフェニル基導入芳香族化合物と銀Ⅰ錯体ポリマーの構造と性質, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 立花和徳, 小野昇, 谷弘幸 由徳大介, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年03月, 日本化学会第83春季年会(東京)
      概要:ナフタレン環の特定の位置にチオフェニル基を導入した有機配位子を合成した。その銀Ⅰ錯体の構造を単結晶X線構造解析により、明らかにした。
    • フォトクロミズムを有するビストリメチルチエニルマレイミドの二核RhⅡ錯体の合成, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 稲葉季暁, 前川 雅彦, 第83回春季年会(東京),   2003年03月, 第83回春季年会(東京)
      概要:フォトクロミズムを有する2,3.ビス(2,4,5.トリメチル.3.チエニル)マレイミドのRhⅡ錯体の合成に成功し、単結晶X線構造解析により構造を明らかにし、フォトクロミズムと構造の関係を検討した。
    • ジホスホン酸で架橋された新規Mn12核錯体の合成および磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 波多野雅紀, 前川 雅彦, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年03月, 日本化学会第83春季年会(東京)
      概要:Mn12acとMethylenediphosphonic acid(mdpa)を反応させることにより、アセテートが一部mdpaに置換されたMn12mdpaを得た。この錯体の交流磁化率測定の結果、単一分子磁石の性質を有していることがわかった。
    • 2.チオフェンカルボン酸を架橋配位子としたMn12核錯体およびそのアニオンの構造と磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 野上忠豊, 小中尚, 前川 雅彦, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年03月, 日本化学会第83春季年会(東京)
      概要:2.チオフェンカルボン酸 を用いて Mn12 核錯体およびそのアニオンを合成し、それらの構造および物性を調べた。磁化率測定の結果、これらの錯体がいずれも単一分子磁石の性質を有していることがわかった。
    • 多座窒素配位子を配位子とする新規なイリジウムヒドリド錯体の溶液内および固体構造, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 末永 勇作, 宗像 惠, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年03月, 日本化学会第83春季年会(東京)
      概要:2,3,5,6.テトラキス(2.ピリジル).ピラジンを始めとする3種の多座窒素配位子を用いて5種の新規な単核および二核イリジウムヒドリド錯体を合成し、その溶液内および固体構造を単結晶X線構造解析、二次元NMR法、UV.VIS法などより特徴づけた。特にこれらの化合物は溶液内において隣の配位子からの環電流効果によると考えられる普通でない化学シフトを与えるを始めて見出した。
    • メタンスルホン酸或はジフェニルフォスフェート架橋を有する新規なMn12単一分子磁石, 黒田 孝義, 宗像 惠, 福田智司, 飯田哲二, 前川 雅彦, 山下正廣 宮坂等, 第7回分子磁性国際会議(ICMM2002) (バレンシア),   2002年10月, 第7回分子磁性国際会議(ICMM2002) (バレンシア)
      概要:メタンスルホン酸及びジフェニルフォスフェートで架橋された二種の新規なMn12核錯体を合成し、それらの構造解析を行った。交流及び直流磁化の測定からこれらがいずれも単一分子磁石であることを明らかにした。(英文)
    • 1,4,5,8?テトラチオエーテル基置換ナフタレンを配位子とする銀Ⅰ錯体ポリマーの合成, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 立花和徳, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年10月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:ナフタレン環のすべての水素原子をチオフェニル基で置換した化合物は熱や圧力によって変色現象を示す、いわゆるクロミズムを発現する化合物であることから、ナフタレン環に位置選択的にチオフェニル基を導入した化合物を合成し、その性質および、金属錯体の性質について発表した。
    • オキソ架橋を有する新規Mn12核錯体単一分子磁石の構造と磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 飯田哲二, 小寺武裕, 前川 雅彦, 山下正廣 宮坂等, 分子構造総合討論会(神戸),   2002年10月, 分子構造総合討論会(神戸)
      概要:メタンスルホン酸及びジフェニルホスフェートで架橋された新規なMn12核錯体を合成し、その構造解析を行った。交流・直流磁化及び磁気ヒステリシスの測定からこの化合物が単一分子磁石であることを明らかにした。
    • ベンジル基を側鎖に有する銀Ⅰ錯体ポリマーの構造と光誘導機能, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年10月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:ベンゼン環の6つの水素原子を複数のベンジルチオエーテル基で置換した化合物を合成し、その銀Ⅰ錯体ポリマーの構造と性質について発表した。1,3,5?位のトリ置換体を用いると銀Ⅰ錯体ポリマーを形成することで、初めて光によるクロミック現象をしめすことが明らかになった。
    • シスジシアノビスチエニルエテン 二核Ru(Ⅱ、Ⅲ)錯体の構造とフォトクロミズム, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 石原弘道, 前川 雅彦, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年09月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:[Ru2(O2CC2H5)](BF4)に表記配位子の閉環体を用いて新規混合原子価二核Ru(Ⅱ、Ⅲ)錯体の合成に成功した。この錯体は、521mmと405mmの光照射によりフォトクロミズムを示すことを見出した。
    • 拡がったπ共役系を有するSchiff塩基を用いたFe錯体の合成と磁気特性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 先崎由蘭, 前川 雅彦, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年09月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:ナフタレン骨格を有するSchiff塩基を配位子とする鉄Ⅱ錯体の合成を行い、新規な2核錯体の生成を単結晶X線構造解析で明かにした。この化合物は220Kでスピンクロスオーバーを示した。
    • Mn12系単一分子磁石の化学修飾, 黒田 孝義, The first workshop on physical realizations of quantum computer(東大阪),   2002年09月, The first workshop on physical realizations of quantum computer(東大阪)
      概要:Mn12系単一分子磁石の高性能化を目指して、進めているいくつかの化学修飾Mn12核錯体の中で、新規なオキソ架橋Mn12核錯体の構造と磁性を中心に、最近の進展を紹介した。(英文)
    • 多座窒素配位子を有する新規イリジウムヒドリド錯体の合成、構造および反応, 前川 雅彦, 友松大輔, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年09月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:2, 4, 6?トリス(2?ピリジル)?1, 3, 5?トリアジン(tptz)を用いて単核および二核IrⅢヒドリド錯体、{[Ir(H)2(PPh3)2(tptz)]PF6?, [Ir2(H)4(PPh3)4(tptz)](PF6)2・2H2O?}を合成し、溶液内および固体構造を単結晶X線構造解析法および二次元NMR法より詳細に検討した。
    • シッフ塩基を有するMn12核錯体の合成及び物性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 成相伸明, 前川 雅彦, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年09月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:Schiff塩基を含むカルボン酸を架橋配位子とする新規なMn12核錯体を合成し、その磁性を調べた。いくつかの錯体は単一分子磁石としての特性を示した。
    • ホスフェート架橋新規Mn12核錯体の合成、結晶構造、及び物性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 福田智司, 三好真介, 前川 雅彦, 山下正廣 宮坂等, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年09月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:ジフェニルフォスフェートで架橋された新規なMn12核錯体を合成し、その構造解析を行った。交流及び直流磁化及び磁気ヒステリシスの測定からこの化合物が単一分子磁石であることを明らかにした。
    • ビス(メチルピリジルチアゾリル)パーフルオロシクロペンテンを用いたフォトクロミック金属錯体の合成, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 小寺武裕, 前川 雅彦, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年09月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:AgⅠ錯体の合成に成功した。得られた錯体の構造をX線構造解析により明らかにした。構造は標記配位子に2つのAgが配位した二核構造を形成し、光照射によりフォトクロミズムを示すことを明らかにした。
    • 拡張π共役系カルボン酸を配位子としたMn12核錯体の構造と磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 野上豊忠, 前川 雅彦, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年09月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:ナフタレンなどの拡張π系を有するカルボン酸で置換したMn12核錯体を合成し、それらの構造と磁性を明かにした。分子間のπ・π相互作用は存在するが単一分子磁性には影響を及ぼさないことが分かった。
    • 新規オキソ架橋を有するMn12核錯体の構造と磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 飯田哲二, 小寺武裕, 前川 雅彦, 山下正廣 宮坂等, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年09月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:メタンスルホン酸で架橋された新規なMn12核錯体を合成し、その構造解析を行った。交流及び直流磁化及び磁気ヒステリシスの測定からこの化合物が単一分子磁石であることを明らかにした。
    • 空孔を有する銅Ⅰ ジチアパラシクロファン錯体の合成と構造, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 伊藤富樹, 前川 雅彦, 第52回錯体化学討論会(東京),   2002年09月, 第52回錯体化学討論会(東京)
      概要:ヨウ化銅Ⅰと2,11?ジチアパラシクロファンを用いて空孔を有するCuⅠ錯体の合成に成功した。この空孔にはTHF及びアセトニトリルが取り込まれたポリマー構造であることを明らかにした。
    • [2. 2]パラシクロファンを配位子とする新規ロジウムおよびイリジウム錯体の合成と構造, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第49回有機金属討論会(神戸),   2002年09月, 第49回有機金属討論会(神戸)
      概要:[2. 2]パラシクロファン(pcp)を用い、新規な11種のロジウムおよびイリジウム錯体{[M(pcp)(diene)2]+,[M2(pcp)(diene)2]2+,[M(pcp)(Cp*)]2+(M=Rh and Ir;diene=1, 5?cyclooctadiene,nbd=2, 5?norbonadiene)}を系統的に合成し、そのX線結晶構造および性質を明らかにした。
    • ペンタメチルシクロペンタジエニル配位子により支持されたロジウムおよびイリジウムの単核[2. 2]パラシクロファン錯体の合成と結晶構造, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 末永 勇作, 宗像 惠, The 35th International Conference on Coordination Chemistry(ドイツ),   2002年07月, The 35th International Conference on Coordination Chemistry(ドイツ)
      概要:支持配位子としてペンタメチルシクロペンタジエニルアニオン(Cp*)を用いて、 [2. 2]パラシクロファン(pcp)の単核RhⅢおよびIrⅢ錯体[M(η6?pcp)(η6?C5Me5)](BF4)2 (M=Rh ? and Ir ?)を合成し、そのX線結晶構造を始めて明らかにした。
    • ベンジルスルファニル基置換ベンゼンをもつ一次元、二次元銀Ⅰ錯体ポリマーの結晶構造とその光誘導機能, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 杉本威史, XXXVth. International Conference on Coordination Chemistry(ドイツ),   2002年07月, XXXVth. International Conference on Coordination Chemistry(ドイツ)
      概要:ベンゼン環の6つの水素原子を複数のベンジルチオエーテル基で置換した化合物を合成し、その銀Ⅰ錯体ポリマーの構造と性質について発表した。(英文)
    • ジフェニルフォスフェート架橋を有する新規なMn12単一分子磁石, 黒田 孝義, 宗像 惠, 福田智司, 三好真介, 前川 雅彦, 山下正廣 宮坂等, 第35回配位化学国際会議(ICCC35) (ハイデルベルグ),   2002年07月, 第35回配位化学国際会議(ICCC35) (ハイデルベルグ)
      概要:4つのジフェニルフォスフェートで架橋された新規なMn12核錯体を合成し、その構造解析を行った。交流及び直流磁化の測定からこの化合物が単一分子磁石であることを明らかにした。(英文)
    • ジチオカルバマト錯体で架橋されたヨウ化銅混合金属錯体ポリマーの構造と物性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 糸井裕人, 三好真介, 前川 雅彦, 日本化学会第 81 春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 春季年会 (東京)
      概要:金属ジチオカルバマト錯体とヨウ化銅の反応により、 新規混合金属錯体ポリマーの合成に成功した。 これらはヨウ化銅の一次元鎖がジチオカルバマト錯体によって架橋された二次元、 または三次元構造であった。
    • 拡がったπ系を有する Schiff base を用いた Fe 錯体の磁気特性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 先崎由蘭, 前川 雅彦, 日本化学会第 81 春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 春季年会 (東京)
      概要:拡がったπ系を有するシッフ塩基を用いて新規 FeおよびFe錯体を合成した。 いずれも 200 K から 300 K でスピンクロスオーバー現象が見られた。
    • Agイオンをマーカーとしたエチレン受容体の探索, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 大段友紀子, 前川 雅彦, 日本化学会第 81 回春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 回春季年会 (東京)
      概要:[Ag(S2O3)2]3 - を吸収させたモヤシの子葉を種々の処理の後、 Agイオンの存在量を ICP AES により測定した。 また、 さらにガスクロマトグラフィーによりエチレン吸収量を求め、 エチレン受容体の探索を行った。
    • 側鎖にチオフェニル基をもつ芳香族化合物の構造と熱転移現象, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 植田篤斉, 日本化学会第 81 春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 春季年会 (東京)
      概要:ナフタレン環のすべての水素原子をチオフェニル基で置換した化合物は熱や圧力によって変色現象を示す、 いわゆるクロミズムを発現する化合物であるが、 黄色体と赤色体の単結晶 X 線構造解析からそれぞれの構造を明らかにし、 さらに熱測定による転移現象を解析し、 発表した。
    • シスジシアノビスチエニルエテン 二核 Mo錯体及び二核 Rh錯体の構造とフォトクロミズム, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 石原弘道, 前川 雅彦, 日本化学会第 81 回春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 回春季年会 (東京)
      概要:cis 1, 2 dicyano 1, 2 bis (2, 4, 5 trimethyl 3 thienyl) ethene の開環体 cis dbe を用いてフォトクロミズムを有する一次元二核 Rh錯体 [Rh2(CF3COO)4(cis dbe)] (benzene) の合成に成功した。 また閉環体 closed dbe の一次元二核 Rh錯体 [Rh2(CF3COO)4(closed dbe)] (p xylene) も合成した。
    • 拡がったπ共役系を有するカルボン酸を配位子とした Mn12 核錯体の磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 野上忠豊, 前川 雅彦, 日本化学会第 81 春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 春季年会 (東京)
      概要:π共役系の配位子として 2 ナフタレンカルボン酸を用いて Mn12 核錯体を合成し、 その物性を調べた。 磁化率測定の結果、 この錯体が単一分子磁石の性質を有していることがわかった。
    • ガーベラの花の花持ちに及ぼす金属錯体の効果, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 海老原正也, 前川 雅彦, 日本化学会第 81 回春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 回春季年会 (東京)
      概要:我々は、 カーネーションの切り花に Ag錯体を与えると、 花持ちが約 2 倍長くなることを見出している。 今回、 ガーベラの切り花に種々の Ag錯体を与え、 花持ちに及ぼす効果を検討した。
    • フォトクロミズムを有するビストリメチルチエニルマレイミドの二核 Mo錯体の合成, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 小寺武裕, 前川 雅彦, 日本化学会第 81 回春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 回春季年会 (東京)
      概要:フォトクロミズムを有する 2, 3 bis (2, 4, 5 trimethyl 3 thienyl) maleimide (open bttm) 及び closed bttm を用いて 2 種の一次元 Mo錯体ポリマー [Mo2(open bttm)(CF3COO)4]、 [Mo2(closed bttm)(CF3COO)4] の合成に成功した。
    • ジフェニルフォスフェートで部分置換した新規マンガン 12 核錯体の構造と磁性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 福田智司, 飯田哲二, 三好真介, 前川 雅彦, 日本化学会第 81 春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 春季年会 (東京)
      概要:Mn12 安息香酸錯体に対して 4 等量の Diphenylphosphate を反応させる事により、 4 つの安息香酸がジフェニルホスフェートで置換した新規な Mn12 核錯体が得られた。 交流磁化率測定の結果、 この錯体が単一分子磁石の性質を有していることがわかった。
    • チオフェニルエーテル置換芳香族化合物の変色現象と銅錯体の構造と物性, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 植田篤斉, 日本化学会第 81 春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 春季年会 (東京)
      概要:ナフタレン環のすべての水素原子をチオフェニル基で置換した化合物の変色現象を粉末 X 線、 熱測定、 固体反射スペクトルから明らかにしたうえで、 その銅錯体を合成し、 性質について発表した。
    • π電子系スターバースト分子を配位子に用いた金属錯体の合成, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 松岡康一,   2002年03月
      概要:分子が三方向に伸張した 4 種のスターバースト型の分子を合成し、 その構造を明らかにした。 また、 熱測定から相変化について考察した。 さらに、 銀錯体の合成を行ない、 構造と性質について発表した。
    • Mn12 核錯体の化学, 黒田 孝義, 第 32 回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 特別討論会 「機能を目指す錯体集合系の化学」 (岐阜),   2001年10月, 第 32 回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 特別討論会 「機能を目指す錯体集合系の化学」 (岐阜)
      概要:単一分子磁石である Mn12 核錯体の合成と構造および反応性などの化学的な性質について述べるとともに、 その磁性に及ぼす置換基の効果について詳述した。 (依頼講演)
    • 電子供与基を有するカルボン酸を配位子とした Mn12 核錯体の物性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 野上忠豊, 前川 雅彦, 第 51 回錯体化学討論会 (松江),   2001年09月, 第 51 回錯体化学討論会 (松江)
      概要:塩基性度の高いカルボン酸で置換した Mn12 核錯体を合成しその置換基の種類と構造・磁性の相関を調べた。 その結果、 カルボン酸の塩基性度は Mn12 核錯体の磁性に顕著な影響を及ぼさないことを明らかにした。
    • 2, 3 ビス (2, 4, 5 トリメチル 3 チエニル) マレイン酸無水物の Ag 錯体の合成, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 豊島康孝, 前川 雅彦, 第 51 回錯体化学討論会 (松江),   2001年09月, 第 51 回錯体化学討論会 (松江)
      概要:フォトクロミズムを有する 2, 3 bis (2, 4, 5 trimethyl 3 thienyl) maleic anhydride (bma) を用いて、 一次元構造を有する Ag 錯体 [Ag2 (closed-bma) (CF3COO) 2]n の合成に成功した。 この錯体は 550 nm の光照射で閉環体から開環体へ変化することを見出した。
    • ベンジルチオエーテル基含有銀錯体ポリマーの合成と構造, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 杉本威史, 第 51 回錯体化学討論会 (松江),   2001年09月, 第 51 回錯体化学討論会 (松江)
      概要:ベンゼン環に複数のベンジルチオエーテル基をもつ化合物には光照射によって黄色から赤色に変わるクロミック現象を示すものが知られている。 本研究では金属錯体を合成し、 その構造と性質を明らかにすることを目的にした。 銀錯体では銀には硫黄原子が配位しており、 全体として一次元鎖構造を形成していた。 クロミック現象を有する金属錯体ポリマーを見出した。
    • ジフェニル誘導体を配位子とする Agπ錯体ポリマーの合成, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 中川久雄, 前川 雅彦, 第 51 回錯体化学討論会 (松江),   2001年09月, 第 51 回錯体化学討論会 (松江)
      概要:1, 8 diphenyl 1, 3, 5, 7 octatetraene (dpot) と 4, 4 diethoxydiphenyl (dedp) の Agπ錯体 {[Ag2 (dpot) (ClO4) 2], [Ag (dedp) (CF3SO3)]} を合成し、 前者は metallocyclophane 構造を有する極めて興味ある化合物であることを明らかにした。
    • Terphenyl を配位子とする新規なイリジウム錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 宗像 惠, 三浦裕介, 第 51 回錯体化学討論会 (島根),   2001年09月, 第 51 回錯体化学討論会 (島根)
      概要:ρ Terphenyl (terph) を用いて新規な Ir 錯体 {[Ir (η6 terph) (cod) 2] (BF4) 2} 3 を合成し、 その X 線構造および性質を明らかにした。 錯体 1 は単位格子中に異なる 3 分子の [Ir (η6 terph) (cod) 2] (BF4) 2 を含み、 いずれも terph の 3 つのベンゼン環の両側のベンゼン環の上下より Ir が η6 配位した二核錯体であることを明らかにした。
    • チオフェニルエーテル基置換芳香族化合物と銅錯体ポリマーの合成と性質, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像 惠, 前川 雅彦, 二宮康彰, 植田篤斉, 第 51 回錯体化学討論会 (松江),   2001年09月, 第 51 回錯体化学討論会 (松江)
      概要:側鎖にかさ高い置換基をもつナフタレンを配位子に銅錯体ポリマーを合成し、 単結晶 X 線構造解析を行なった。 その結果、 銅と塩素原子からなる五角形三核ユニットと配位子が交互に連結された一次元構造を形成していることが明らかになった。 ナフタレン骨格は約 31°ねじれており、 先に合成した銀錯体と比較検討した結果を報告した。
    • ジチオレート錯体により架橋された Cu 錯体ポリマーの合成と構造, 黒田 孝義, 宗像 惠, 奥谷貴志, 糸井裕人, 三好真介, 前川 雅彦, 第 51 回錯体化学討論会 (松江),   2001年09月, 第 51 回錯体化学討論会 (松江)
      概要:ジメチルジチオカルバマト錯体 [M (Me2dtc) 2] (M = Ni, Pd) とヨウ化銅の反応により、 二次元シート構造を有する新規錯体ポリマー [M (Me2dtc) 2Cu4I4] の合成に成功した。
    • [2.2] パラシクロファンを配位子とする新規ロジウムおよびイリジウム錯体の合成と構造, 前川 雅彦, 橋本 直樹, 黒田 孝義, 末永 勇作, 宗像 惠, 第 51 回錯体化学討論会 (島根),   2001年09月, 第 51 回錯体化学討論会 (島根)
      概要:[2.2] パラシクロファン (pcp) を用い、 新規な二核 Rh 錯体 [Rh2 (nbd) 2 (pcp)] (BF4) 2 を合成した。 錯体 1 は Rh が pcp のベンゼン環の両側に η6 配位した二核構造を形成している。 また錯体 1 の反応溶液の 1HNMR 測定を行ったところ反応溶液中では二核錯体と共に単核錯体 [Rh (nbd) (pcp)] BF4 が生成していることを見出した。
    • 一次元 Cu/Au 混合金属錯体ポリマーの合成, 宗像 惠, 黒田 孝義, 米本涼恵, 前川 雅彦, 第 51 回錯体化学討論会 (松江),   2001年09月, 第 51 回錯体化学討論会 (松江)
      概要:1, 4, 8, 11 tetraazacyclotetradecane (cyclam) の銅 錯体 [Cu (cyclam) ] (ClO4) 2 を合成し、 これと K [Au (CN) 2] を用いて Cu および Au が CN 基で架橋された一次元混合金属錯体 [Cu (cyclam) Au2 (CN) 4] の構築に成功した。
    • シスジシアノビスチエニルエテン 二核 Mo 錯体の構造とフォトクロミズム, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 石原弘道, 前川 雅彦, 第 51 回錯体化学討論会 (松江),   2001年09月, 第 51 回錯体化学討論会 (松江)
      概要:cis 1, 2 dicyano 1, 2 bis (2, 4, 5 trimethyl 3 thienyl) ethene の閉環体 closed-dbe を用いたフォトクロミック一次元二核 Mo 錯体 [{Mo2 (CF3COO) 4} 2 (closed-dbe) 2] の合成に成功した。 開環体 cis dbe の二核 Mo 錯体 [Mo2 (CF3COO) 4 (cis dbe) ] (benzene) も合成した。
    • バラの花の開花及び花持ちに及ぼす銀 ■ 錯体の効果 ■ : エチレン活性阻害, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 米本涼恵, 井野一朗, 生地伸光, 久保麻威工, 前川 雅彦, 日本化学会 第 79 回春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会 第 79 回春季年会 (神戸)
      概要:つぼみのバラの切り花に各種銀(I)錯体を吸収させた後、 外部から20 ppm エチレンを与え、 開花及び花持ちに及ぼす効果を検討した。 カーネーションと同様にバラでも [Ag(CN)2]-及び [Ag(S2O3)2]3- はエチレン活性阻害作用を示し、 花持ちが長くなることを見出した。
    • フォトクロミズムを有するビスチエニルマレイン酸 無水物の Ag■ 錯体の合成, 宗像 惠, 黒田 孝義, 豊島康孝, 前川 雅彦, 日本化学会 第 79 回春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会 第 79 回春季年会 (神戸)
      概要:2, 3 bis (2, 4, 5 trimethyl 3 thienyl) maleic anhydride (bma) を用いてフォトクロミズムを有するAg(I)錯体 [Ag4(bma)(CF3COO)4] の合成に成功した。 405nmの光照射を行うと黄色の開環体から赤色の閉環体への変化し、 546nmの光照射で元の開環体に戻った。
    • ビフェニレンを配位子とする三次元 Ag ■π錯体の合成及び構造, 宗像 惠, 黒田 孝義, 中川久雄, 前川 雅彦, 日本化学会 第 79 回春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会 第 79 回春季年会 (神戸)
      概要:従来合成困難と考えられていた biphenylene (bph) の Ag ■ π錯体 [Ag(dph)(ClO4)] の合成に成功した。 Ag はそれぞれ η2 様式で bph の 2 分子及び 2 つの ClO-4 の酸素原子が配位した4面体構造をとっており、 これを基本単位とした新規 3 次元ネットワーク構造が構築できた。
    • 硫黄置換基を有するトリナフテン類との金属錯体ポリマーの合成と構造, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像恵, 前川 雅彦, 杉本威史, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸)
      概要:1, 4 ジチイン環骨格を有する芳香族化合物を合成し、 その金属錯体ポリマーの構造と性質について発表した。
    • Cp*を支持配位子とするロジウムおよびイリジウム パラシクロファン錯体の合成と構造, 前川 雅彦, 橋本 直樹, 佐藤徹馬, 黒田 孝義, 末永 勇作, 宗像 惠, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸)
      概要:パラシクロファン (pcp) 錯体 [RhCp*(pcp)](BF4)2 ■ および [Ir2(Cp*)2(pcp)](BF4)4 ■ を合成し、 その構造および性質を調べた。 錯体 1 は X 線構造解析より pcp のベンゼン環の片側にのみ Rh が配位した単核構造を錯体 2 は 1H NMR および IR より pcp のベンゼン環の両側に Ir が配位した二核構造を形成していることが示された。
    • Mn12系単一分子磁石とTTF誘導体との電荷移動錯体の物性, 黒田 孝義, 宗像 惠, 杉本恵子, 前川 雅彦, David N. Hendrickson, 日本化学会 第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会 第 79 春季年会 (神戸)
      概要:Mn12 核錯体と TTF 誘導体との電荷移動錯体を合成した。 結晶は暗黒赤色で 520 nm 付近に強い吸収を示し、 また磁化率測定の結果からこの結晶も単一分子磁石としての性質を持っていると考えられる。
    • ベンゾピレンおよびその誘導体を配位子とする三層、 螺旋およびヘリボーン構造を有する銀 ■ 錯体, 宗像 惠, 黒田 孝義, 末永 勇作, 仲劍初, 前川 雅彦, 日本化学会 第 79 回春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会 第 79 回春季年会 (神戸)
      概要:ベンゾピレン及びその誘導体を用いて新規骨格を有する三層構造、 らせん構造およびヘリボーン構造の Ag ■ 錯体を構築し、 その物性、 特に電気伝導性とπ-π stack との関係を検討した。
    • 圧力誘起クロミズムを示す金属錯体ポリマーの合成と構造, 末永 勇作, 黒田 孝義, 宗像恵, 前川 雅彦, 小島憲道 松下信之, 科研費特定領域研究 (A) 「集積型金属錯体」 第 2 回錯体化学若手研究者講演会 (札幌),   2001年02月, 科研費特定領域研究 (A) 「集積型金属錯体」 第 2 回錯体化学若手研究者講演会 (札幌)
      概要:圧力によって色の変化する有機化合物は数多く知られているが、 本講演では銀(I)錯体ポリマーが高圧下で可逆的に色が変化することを構造との関係で発表した。

    MISC

    • Structure of a Trinuclear Nickel(II) Complex Bridged by 3, 5-Dimethylpyrazole(3,5-Me2pz), [Ni3(3,5-Me2pz)4(acac)2](共著), Inorganica Chimica Acta, 208,243,   1993年
    • Crystal Structure of Bis(2-mercaptothiazoline)copper(I) Chloride, [Cu(mtz)2Cl] "jointly worked", Analytical Sciences, 9, 887-888.,   1993年
    • ビニルフェロセンが配位した新規銅(I)錯体の合成、構造及び性質(共著), 近畿大学理工学部研究報告, 29,31,   1993年
    • Synthesis and Structure of Di-and Tetra-copper(I) Complexes bridged by Pyridazine(共著), J. Chem. Soc. Dalton Trans., 603,   1994年
    • Building a Two-dimensional Co-ordination Polymer having a Multilayered Arragement. A Molecular Assembly comprising Hanging Phenazine Molecules between Polymeric Stair frameworks of Copper(I) Halides(共著), J. Chem. Soc. Dalton Trans., 2771,   1994年
    • 水-エタノール混合溶媒中における銅(II)とグリシンの錯形成反応の速度論的研究(共著), 近畿大学理工学部研究報告, 30, 55,   1994年
    • カドミウム((]G0002[))ハロゲノ錯体ノ溶液及ビ固体113CdNMR(共著), 近畿大学理工学部研究報告, 31, 17,   1995年
    • A novel trinuclear palladium cluster compound : di-μ3-chloro-tris-[chloro (triphenylphosphine-P)palladium] acetone solvate (共著), Acta Crystallographica Sect. C, C56, 414,   2000年
    • One-, two-dimensional silver(I) coordination polymer with poly(benzylsulfanyl)benzene and photo-induced property (共著), 近畿大学理工学総合研究所研究報告 , 15, 25, 33,   2003年
    • 二座窒素配位子により橋かけされた新規な二核および三核イリジウムヒドリド錯体(共著) , 近畿大学理工学総合研究所研究報告 , 15, 47, 55,   2003年
    • Tris(solvent)iridium complex supported by the η5-pentamethylcyclopentadienyl ligand. Refinement of [Ir(η5-C5Me5)(Me2CO)2(H2O)](BF4)2 (共著), 近畿大学理工学総合研究所研究報告 Science and Technology / Kinki University (Annual Reports by Institute for Science and Technology, Kinki University), 16, 21-24,   2004年
    • 単一分子で磁石の性質を示すMn12 核錯体とその化学修飾/ FT-IR の活用, 黒田 孝義, Jasco Report, 45, 2, 27, 32,   2003年09月
      概要:Mn12 核錯体の酢酸基を種々のカルボン酸で化学修飾を行なう際に、目的の置換が行なわれたことを確認する上でFT-IR 分光測定が有効であることを示した。

    競争的資金

    • 伝導性遷移金属錯体の合成と構造
    • 磁性多核遷移金属錯体の合成と構造