KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

寺村 岳士テラムラ タケシ

プロフィール

所属部署名附属病院 / 医学部
職名講師
学位医学博士
専門再生医学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1599-teramura-takeshi.html
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/40460901.ja.html
メールアドレスteramura[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    実際の再生医療で用いる細胞の培養や、ES細胞・iPS細胞など幹細胞特有の性質を解明するための研究、ゲノム編集等を用いた幹細胞の操作、幹細胞の老化に関する研究を行っています。

学歴・経歴

経歴

  •   2014年, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 整形外科学

研究キーワード

  • 軟骨, 分化誘導, 軟骨再生, 再生医療, chondrocyte, tissue engineering, iPS細胞, regenerative medicine, 組織幹細胞, 人工多能性幹細胞, Flow cytometry, Synovial tissue, Stem Cells, 間葉系幹細胞, ES細胞, mechanical stress, スキャフォールド, 骨再生, hyaluronan, regemeratove medocine, scaffold, ES cell, ストレス, 幹細胞, 老化, 軟骨分化, 組織工学, 細胞・組織, 医療・福祉, cartilage

論文

  • TWIST1 induces MMP3 expression through up-regulating DNA hydroxymethylation and promotes catabolic responses in human chondrocytes., Hasei J, Teramura T, Takehara T, Onodera Y, Horii T, Olmer M, Hatada I, Fukuda K, Ozaki T, Lotz MK, Asahara H, Scientific reports, 7, 42990,   2017年02月, 査読有り
  • Inflammation-induced miRNA-155 inhibits self-renewal of neural stem cells via suppression of CCAAT/enhancer binding protein β (C/EBPβ) expression., Obora K, Onodera Y, Takehara T, Frampton J, Hasei J, Ozaki T, Teramura T, Fukuda K, Scientific reports, 7, 43604,   2017年02月, 査読有り
  • Gene-modified embryonic stem cell test to characterize chemical risks., Kitada K, Kizu A, Teramura T, Takehara T, Hayashi M, Tachibana D, Wanibuchi H, Fukushima S, Koyama M, Yoshida K, Morita T, Environmental science and pollution research international, 22, 22, 18252, 18259,   2015年11月, 査読有り
  • Cdh2 stabilizes FGFR1 and contributes to primed-state pluripotency in mouse epiblast stem cells., Takehara T, Teramura T, Onodera Y, Frampton J, Fukuda K, Scientific reports, 5, 14722,   2015年09月, 査読有り
  • Reactive oxygen species induce Cox-2 expression via TAK1 activation in synovial fibroblast cells., Onodera Y, Teramura T, Takehara T, Shigi K, Fukuda K, FEBS open bio, 5, 492, 501,   2015年06月, 査読有り
  • Hyaluronic acid regulates a key redox control factor Nrf2 via phosphorylation of Akt in bovine articular chondrocytes., Onodera Y, Teramura T, Takehara T, Fukuda K, FEBS open bio, 5, 476, 484,   2015年05月, 査読有り
  • Generation of embryonic stem cell lines from immature rabbit ovarian follicles., Teramura T, Sugimoto H, Frampton J, Kida Y, Nakano M, Kawakami M, Izumi H, Fukunaga N, Onodera Y, Takehara T, Fukuda K, Hosoi Y, Stem cells and development, 22, 6, 928, 938,   2013年03月, 査読有り
  • Induction of functional mesenchymal stem cells from rabbit embryonic stem cells by exposure to severe hypoxic conditions., Teramura T, Onodera Y, Takehara T, Frampton J, Matsuoka T, Ito S, Nakagawa K, Miki Y, Hosoi Y, Hamanishi C, Fukuda K, Cell transplantation, 22, 2, 309, 329,   2013年, 査読有り
  • Activating types 1 and 2 angiotensin II receptors modulate the hypertrophic differentiation of chondrocytes., Tsukamoto I, Inoue S, Teramura T, Takehara T, Ohtani K, Akagi M, FEBS open bio, 3, 279, 284,   2013年, 査読有り
  • Cyclic compression-induced p38 activation and subsequent MMP13 expression requires Rho/ROCK activity in bovine cartilage explants., Nakagawa K, Teramura T, Takehara T, Onodera Y, Hamanishi C, Akagi M, Fukuda K, Inflammation research : official journal of the European Histamine Research Society ... [et al.], 61, 10, 1093, 1100,   2012年10月, 査読有り
  • Reduced oxygen concentration enhances conversion of embryonic stem cells to epiblast stem cells., Takehara T, Teramura T, Onodera Y, Hamanishi C, Fukuda K, Stem cells and development, 21, 8, 1239, 1249,   2012年05月, 査読有り
  • Mechanical stimulation of cyclic tensile strain induces reduction of pluripotent related gene expressions via activation of Rho/ROCK and subsequent decreasing of AKT phosphorylation in human induced pluripotent stem cells., Teramura T, Takehara T, Onodera Y, Nakagawa K, Hamanishi C, Fukuda K, Biochemical and biophysical research communications, 417, 2, 836, 841,   2012年01月, 査読有り
  • Leukemia inhibitory factor (LIF) enhances germ cell differentiation from primate embryonic stem cells., Fukunaga N, Teramura T, Onodera Y, Takehara T, Fukuda K, Hosoi Y, Cellular reprogramming, 12, 4, 369, 376,   2010年08月, 査読有り
  • Differentiation diversity of mouse parthenogenetic embryonic stem cells in chimeric mice., Onodera Y, Teramura T, Ozawa M, Takehara T, Mitani T, Anzai M, Sagawa N, Hamanishi C, Hosoi Y, Fukuda K, Theriogenology, 74, 1, 135, 145,   2010年07月, 査読有り
  • Hyaluronan reversed proteoglycan synthesis inhibited by mechanical stress: possible involvement of antioxidant effect., Miki Y, Teramura T, Tomiyama T, Onodera Y, Matsuoka T, Fukuda K, Hamanishi C, Inflammation research : official journal of the European Histamine Research Society ... [et al.], 59, 6, 471, 477,   2010年06月, 査読有り
  • Systemic transplantation of embryonic stem cells accelerates brain lesion decrease and angiogenesis., Nagai N, Kawao N, Okada K, Okumoto K, Teramura T, Ueshima S, Umemura K, Matsuo O, Neuroreport, 21, 8, 575, 579,   2010年06月, 査読有り
  • Induction of mesenchymal progenitor cells with chondrogenic property from mouse-induced pluripotent stem cells., Teramura T, Onodera Y, Mihara T, Hosoi Y, Hamanishi C, Fukuda K, Cellular reprogramming, 12, 3, 249, 261,   2010年06月, 査読有り
  • Potential existence of stem cells with multiple differentiation abilities to three different germ lineages in mouse neurospheres., Takehara T, Teramura T, Onodera Y, Kishigami S, Matsumoto K, Saeki K, Fukuda K, Hosoi Y, Stem cells and development, 18, 10, 1433, 1440,   2009年12月, 査読有り
  • Induction of bovine articular chondrocyte senescence with oxidized low-density lipoprotein through lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor 1., Zushi S, Akagi M, Kishimoto H, Teramura T, Sawamura T, Hamanishi C, Arthritis and rheumatism, 60, 10, 3007, 3016,   2009年10月, 査読有り
  • Mouse androgenetic embryonic stem cells differentiated to multiple cell lineages in three embryonic germ layers in vitro., Teramura T, Onodera Y, Murakami H, Ito S, Mihara T, Takehara T, Kato H, Mitani T, Anzai M, Matsumoto K, Saeki K, Fukuda K, Sagawa N, Osoi Y, The Journal of reproduction and development, 55, 3, 283, 292,   2009年06月, 査読有り
  • Rho-associated kinase inhibitor Y-27632 promotes survival of cynomolgus monkey embryonic stem cells., Takehara T, Teramura T, Onodera Y, Kakegawa R, Fukunaga N, Takenoshita M, Sagawa N, Fukuda K, Hosoi Y, Molecular human reproduction, 14, 11, 627, 634,   2008年11月, 査読有り
  • Isolation and culture of rabbit primordial germ cells., Kakegawa R, Teramura T, Takehara T, Anzai M, Mitani T, Matsumoto K, Saeki K, Sagawa N, Fukuda K, Hosoi Y, The Journal of reproduction and development, 54, 5, 352, 357,   2008年10月, 査読有り
  • Isolation and characterization of side population stem cells in articular synovial tissue., Teramura T, Fukuda K, Kurashimo S, Hosoi Y, Miki Y, Asada S, Hamanishi C, BMC musculoskeletal disorders, 9, 86,   2008年06月, 査読有り
  • Mitochondrial dysfunction of in vitro grown rabbit oocytes results in preimplantation embryo arrest after activation., Kanaya H, Hashimoto S, Teramura T, Morimoto Y, Matsumoto K, Saeki K, Iritani A, Hosoi Y, The Journal of reproduction and development, 53, 3, 631, 637,   2007年06月, 査読有り
  • Primate embryonic stem cells proceed to early gametogenesis in vitro., Teramura T, Takehara T, Kawata N, Fujinami N, Mitani T, Takenoshita M, Matsumoto K, Saeki K, Iritani A, Sagawa N, Hosoi Y, Cloning and stem cells, 9, 2, 144, 156,   2007年, 査読有り
  • A mouse and embryonic stem cell derived from a single embryo., Teramura T, Takehara T, Kishi N, Mihara T, Kawata N, Takeuchi H, Takenoshita M, Matsumoto K, Saeki K, Iritani A, Sagawa N, Hosoi Y, Cloning and stem cells, 9, 4, 485, 494,   2007年, 査読有り

書籍等出版物

  • 生命の誕生に向けて<第2版>, 日本哺乳動物卵子学会, 分担執筆, 近代出版,   2011年
  • 幹細胞の分化誘導と応用, 中辻憲夫 京都大学物質-細胞統合システム拠点 拠点長他100名にて共著, 分担執筆, 353p~366p, NTS出版,   2009年

MISC

  • ヒトiPS細胞の自動評価および近赤外線レーザーによる分化細胞の除去と未分化維持における有効性の検討, 寺村岳士, 寺村岳士, 松田浩一, 竹原俊幸, 小野寺勇太, 福田寛二, 鈴木孝一, 末盛博文, 再生医療, 16, 344,   2017年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702250752956714
  • 多能性幹細胞からの間葉系幹細胞の分化誘導と軟骨再生, 寺村岳士, 浅原弘嗣, 福田寛二, 日本整形外科学会雑誌, 90, 8, S1681,   2016年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602226251119328
  • 細胞識別・選別技術の最前線―再生医療の安全性向上に向けて―培養細胞の自動評価と赤外線レーザーを用いた非接触式細胞選別法の必要性, 寺村岳士, 寺村岳士, 松田浩一, Bio Industry, 33, 2, 26‐33,64(1),   2016年02月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602213564692930
  • 多能性関連転写因子NanogはTfamの抑制を介してミトコンドリアの制御に関与する, 寺村岳士, 竹原俊幸, 小野寺勇太, 福田寛二, 再生医療, 15, 233,   2016年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602208303832960
  • 幹細胞と生殖医学 2.組織幹細胞,ES細胞とiPS細胞の性質, 寺村岳士, 細井美彦, 産科と婦人科, 81, 3, 303, 308,   2014年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402253399747330
  • 組織幹細胞,ES細胞とiPS細胞の性質 (特集 幹細胞と生殖医学), 寺村 岳士, 細井 美彦, 産科と婦人科, 81, 3, 303, 308,   2014年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019991188
  • 高脂肪食がマウスの生殖機能に及ぼす影響の検討, 印部 遼子, 森 樹史, 寺村 岳士, 岸上 哲士, 細井 美彦, Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University = 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 18, 21, 27,   2013年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736493
    概要:[要旨] 近年、食の欧米化により引き起こされている肥満化が我が国においても社会問題になっており、それに伴う不妊症の発症が報告されている。しかしながら、生殖年齢の女性が肥満である頻度は低いため、肥満と不妊を詳細に検討した報告は少なく、研究の進展が望まれている。肥満は、マウス骨格筋や肝臓におけるミトコンドリアの機能低下を引き起こすことが報告されている(3)。ATPを産生するミトコンドリアの減少に応じて諸器官・細胞の機能も低下することが報告されており(4)、卵子においては受精率の減少や発生の遅延を招く事が知られている(5)。本研究では、肥満と不妊の関係性を検討することを目的に、肥満が卵巣と卵子のミトコンドリア量に及ぼす影響を観察した。その結果、高脂肪食を摂取して肥満状態になったマウスの卵子ではミトコンドリア量が有意に減少し、卵巣においてはmtDNA転写因子Tfamの発現量に減少傾向が観察された。このことから肥満は卵子・卵巣のミトコンドリア含量を減少させ、それにより不妊症が引き起こされるという可能性が示唆された。 [Abstract] Recently obesity results from food westernization have been a social problem in Japan, and it could be an important factor for increasing of female infertility. However, detailed mechanisms, which can support the relation between obesity and infertility, are almost unclear due to smallness of the obese cases in reproductive age. Thus development of practical animal model and detailed analysis for various physiological systems relate to reproduction is desired. In this study, we observed the mtDNA content in oocyte and elucidated that it decreased in the HFD induced obese model mice. In ovary of induced obese model mice, expression level of mtDNA transcription factor Tfam also tended to be decreased. These results suggested that the high-fat diet or sequential obese may affects female fertility via inhibition of the mtDNA amplification or maintenance.
  • 低酸素培養によるヒトiPS細胞からの間葉系幹細胞の分化誘導, 寺村岳士, 小野寺勇太, 竹原俊幸, 福田寛二, 再生医療, 12, 302,   2013年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302234817696312
  • 間葉系幹細胞シートによるラット関節軟骨全層欠損の軟骨再生, 寺村岳士, 小野寺勇太, 竹原俊幸, 福田寛二, 日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集, 26th, 105,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302292509745663
  • 卵子の加齢 避けては通れないARTの課題 加齢対策基礎研究 幹細胞を用いた卵子の再生, 寺村岳士, 細井美彦, 臨床婦人科産科, 66, 7, 565, 570,   2012年06月10日, 10.11477/mf.1409103079, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202212366981750
  • 幹細胞を用いた卵子の再生 (今月の臨床 卵子の加齢 : 避けては通れないARTの課題) -- (加齢対策基礎研究), 寺村 岳士, 細井 美彦, 臨床婦人科産科, 66, 7, 565, 570,   2012年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019359124
  • iPS細胞と生殖医療 (今月の臨床 ART--いま何が問題か) -- (生殖医学・医療のトピックス), 寺村 岳士, 細井 美彦, 臨床婦人科産科, 65, 6, 791, 795,   2011年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018885243
  • 再生医療 組織再生を目指した幹細胞研究の動向 (関節リウマチ(第2版)--寛解を目指す治療の新時代) -- (関節リウマチの治療研究の展望), 寺村 岳士, 福田 寛二, 細井 美彦, 日本臨床, 68, 0, 645, 650,   2010年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017090111
  • 片親性ES細胞に由来する神経幹細胞の遺伝子発現解析, 小野寺 勇太, 寺村 岳士, 三原 敏敬, 松岡 俊樹, 細井 美彦, 福田 寛二, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 14, 39, 48,   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736392
    概要:ES細胞 (Embryonic Stem Cell: 胚性幹細胞)は種々の細胞へと分化することができる分化多能性と、分裂した後も同じ性質・能力を持った細胞である。我々は片親由来のES細胞である単為発生胚由来ES細胞 (Parthenogenetic ES: PgES) / 雄性発生胚由来ES細胞 (Androgenetic ES: AgES) の多分化能性を示してきた。今回、受精卵由来のES細胞とPgES細胞/AgES細胞の3種類のES細胞より神経幹細胞への分化誘導を行い、神経幹細胞に特徴的な遺伝子発現をそれぞれ比較・検討した。その結果、どのES細胞株からも神経幹細胞ならびに神経細胞への分化誘導が可能であった。しかし、AgES細胞由来の神経幹細胞と他の神経幹細胞との間に幹細胞の自己複製能に関わるBmi-1の発現に差が見られ、AgES細胞が体内で外胚葉由来の細胞へと寄与しにくい原因の1つであることが示唆された。
  • 低酸素環境がマウス胚性幹細胞(ES細胞)の生殖細胞分化に及ぼす影響, 三原 敏敬, 林地 のぞみ, 寺村 岳士, 小野寺 勇太, 松岡 俊樹, 福田 寛二, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 14, 49, 57,   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736393
    概要:酸素濃度は、細胞の様々な生理的状態、遺伝子発現状態に影響を与え、初期発生とも深く関わっていることが知られている。酸素の濃度依存的に様々な遺伝子の発現を調節する転写因子としてHypoxia Inducible Factor (HIF) ファミリーの存在が知られており、中でもHIF-1α 、2α が多くの遺伝子の転写調節を行っていることが報告されている。近年、HIFファミリーの発現が初期の生殖細胞発生に重要な役割を持っていることが示唆されているが、主体となっている分子とその機能は明らかとなっていない。本研究では、マウスES細胞を材料に、低酸素環境下における生殖細胞発生関連遺伝子(Blimp1、Stella、MVH)の発現変化を観察した。また、通常酸素濃度でHIFを誘導するDeferoxamine mesylate (DFO)を添加し、その結果を比較する事で、HIF遺伝子が生殖細胞分化に与える影響について検討を行った。
  • 研究最前線 カニクイザルES細胞の研究展開, 細井 美彦, 寺村 岳士, 小野寺 勇太, Labio 21, 33, 20, 26,   2008年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016159455
  • 単為発生胚・雄性発生胚由来胚性幹細胞からの機能的な細胞の分化誘導と解析, 小野寺 勇太, 寺村 岳士, 竹原 俊幸, 村上 秀樹, 小澤 まどか, 武内 大輝, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 佐川 典正, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 13, 9, 19,   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736395
    概要:胚性幹細胞(Embryonic Stem Cell ; ES 細胞)は自己複製能と様々な細胞へと分化することの出来る分化多能性を有している細胞である。近年、このES 細胞を用いた再生修復医療の可能性が注目されている。しかし、受精卵からES 細胞を作出するため、移植後に免疫拒絶反応を示すことが示唆されており、ES 細胞を用いた再生修復医療の1 つの課題となっている。そこで、片親性の雌性単為発生胚と雄性発生胚からES 細胞を樹立し、片親性ES 細胞の分化多能性を観察した。
  • 卵巣上皮細胞馴化培養液によるマウスES細胞の生殖細胞分化誘導への影響, 福永 直人, 武内 大輝, 竹原 俊幸, 寺村 岳士, 伊藤 俊介, 小澤 まどか, 掛川 亮, 小野寺 勇太, 岸上 哲士, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 佐川 典正, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 13, 21, 27,   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736396
    概要:マウス胚性幹細胞(mouse embryonic stem cell;mES 細胞)は、各系譜の細胞へと分化可能な分化多能性を有している(1)。この特徴を用いて、様々な分化誘導実験が行なわれてきた。生殖細胞の分化誘導もまた、発生メカニズムの解明に繋がるとして研究の対象となってきた。しかし、受精能を獲得した精子様の細胞は得られたが、同様な卵母細胞様の細胞は得られていない。そこで本実験では、卵巣表面に存在する卵巣上皮細胞(ovarian surface epithelium cells;OSECs)がmES細胞から生殖細胞への分化に関与するかどうか、分子生物学的手法及び免疫化学的手法を用いて未分化マーカー遺伝子であるOct4 遺伝子、生殖細胞関連遺伝子であるMouse vasa homolog(Mvh)、Stella、Fragilis 遺伝子について解析した。その結果、胚様体(Embryoid Body;EB)をOSECs の馴化培養液で接着培養を行った場合、通常の接着培養と比べ、Oct4 遺伝子の発現が維持された。今回の実験系より得られた結果から、OSECs の分泌する液性因子が、mES 細胞から生殖細胞への分化を助長する傾向にあることが示された。
  • ES細胞から生殖細胞への分化 (特集 生殖医療から再生医療へ), 寺村 岳士, 細井 美彦, ホルモンと臨床, 55, 5, 423, 431,   2007年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015491067
  • ウサギ始原生殖細胞の培養とEmbryonic germ cell (EG細胞)の樹立の試み, 掛川 亮, 寺村 岳士, 竹原 俊幸, 松本 和也, 佐伯 和弘, 吉田 佳世, 森田 隆, 入谷 明, 佐川 典正, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 12, 11, 17,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736402
    概要:マウスでは始原生殖細胞(Primordial germ cell ; PGC)の培養系の研究が進んでおり、in vitro におけるPGC の培養が可能である。そのため、PGC はゲノムインプリンティングの消去、精子・卵子形成の過程の研究材料としてよく用いられている。また、PGC をある環境下で培養することで胚性生殖細胞(Embryonic germ cell ; EG 細胞)を樹立することができる(1)(2)。ウサギではin vitro でのPGC の培養系は整っておらず、EG 細胞も樹立されていないため、ウサギでもin vitro でのPGC 培養系の確立、EG 細胞の樹立によって、より正確な発生メカニズムを解明する手がかりになるかもしれない。本研究ではマウスEG 細胞樹立条件を基にウサギにおけるin vitro でのPGC 培養及びEG 細胞の樹立を試みた。まず、マウスEG 細胞樹立と同じ条件でウサギPGC を培養したところ、ウサギPGC 由来コロニーが得られた。そこで、次に、培養系の改良を目的にウサギPGC 培養にはLIF、bFGF、Forskolin の有効性を検討した。その結果、LIF、bFGF、Forskolin を添加することによってアルカリフォスファターゼ(ALP)活性陽性コロニー数が増加し、ウサギPGC 培養においても有効であったことが示唆された。また、得られたコロニーを免疫化学的手法によって評価したところ、マウスEG 細胞と同様にALP 活性、OCT-4、SSEA-1 の発現が確認された。さらにこれらの細胞の分化能を評価するため胚様体、テラトーマ形成の確認を誘起したところ、マウスEG 細胞と同様に胚様体様構造の形成は見られた。しかし、SCID マウスへの移植を行なった結果、テラトーマの形成は確認されなかった。今回得られた細胞は、未分化細胞マーカーであるALP、OCT-4、SSEA-1 を発現し、胚様体様構造の形成能を有していたがテラトーマの形成能は示さなかったことから、PGC からEG 細胞への過渡期の細胞ではないかと考えられる。
  • パーキンソン病モデルラットの作製および細胞移植による影響, 竹原 俊幸, 寺村 岳士, 桑山 新平, 伊藤 高恒, 河相 裕美, 矢野 史子, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 12, 19, 24,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736403
    概要:パーキンソン病は、脳の黒質領域のドーパミン作動性神経が変性することにより、線条体領域にドーパミンが放出されなくなることが原因として起こる神経症候群である。現在治療法として、L - DOPA などの薬剤の投与が行われているが、長期的に投与していると運動障害といった有害な副作用を引き起こすことがわかっている。そのため近年、細胞移植による治療が期待されている。そこで本実験ではまず、ラット脳黒質内へ6 - OHDA を投与し、パーキンソン病モデルラットを作製し、マウス胚性幹細胞(ES 細胞)から神経細胞へと分化誘導した細胞を移植し、症状の改善が行われるかを検討した。6 - OHDA を投与したパーキンソン病モデルラットへアンフェタミンを投与することにより回転行動が観察された。また、このラットへES 細胞由来神経細胞を移植したところ1頭において生着が確認されたが回転行動の改善は見られなかった。これらの結果より、今回作製したパーキンソン病モデルラットは実験モデル動物として使用できると考えられる。しかし移植後回転行動の改善が見られず、生着率も低かったことから、今後、移植時において様々な細胞や成長因子などと共移植をすることによる移植細胞の生着率向上の検討を行う必要があると考えられた。
  • P1-440 カニクイザル胚性幹細胞からの生殖細胞分化誘導(Group53 幹細胞,一般演題,第59回日本産科婦人科学会学術講演会), 寺村 岳士, 細井 美彦, 杉山 隆, 佐川 典正, 近畿大生物理工学研究科, 近畿大生物理工学研究科, 三重大, 三重大, 日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica, 59, 2,   2007年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006803626
  • マウスES細胞(C57BL/6×129 ter)からの生殖細胞への分化誘導の検討, 武内 大輝, 寺村 岳士, 川田 延幸, 松本 和也, 佐伯 和弘, 佐川 典正, 細井 美彦, 入谷 明, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 18, 19, 24,   2006年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006183413
    概要:胚性幹細胞(ES細胞)は分化多能性を有したまま、自己複製を行う細胞であり、再生医療の材料として注目されている。ES細胞から生殖細胞への分化誘導は、生殖細胞形成機構の解明に繋がるだけではなく、組織再生研究の観点からも有益であると考えられる。本研究では、マウスES細胞を浮遊培養系と接着培養系で分化誘導し、マーカー遺伝子(Oct4、Nanog、Mvh、Stella、Fragilis)の発現量推移の違いの観察を目的とした。浮遊培養系による分化誘導において、Stella遺伝子の発現は低下していたが、Mvh遺伝子の発現は上昇傾向にあった。接着培養系において、Stella遺伝子の発現は減少した後、再び上昇に転じており、Mvh遺伝子の発現は分化誘導後8日目あたりまで上昇した後、減少に転じる傾向が確認された。Stellaは母性由来因子であり、卵巣で特に強い発現を示すことが報告されており、Mvh遺伝子は精巣で特に強い発現を示すことが報告されていることから、浮遊培養系においては精子への分化誘導の傾向が、接着培養系においては卵子分化誘導の傾向が示唆された。
  • 胚性幹細胞を用いた生殖細胞研究の展望と課題, 福永 直人, 寺村 岳士, 細井 美彦, Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌, 29, 1, 11, 16,   2012年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030590488
  • P1-390 単為発生胚に由来するES細胞の樹立とその再生医療材料への応用の可能性(Group 53 不妊・不育VII,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会), 寺村 岳士, 細井 美彦, 杉山 隆, 佐川 典正, 三重大, 近畿大生物理工学部生物理工, 三重大, 三重大, 日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica, 58, 2,   2006年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005852520
  • 単為発生胚からのES細胞樹立と分化多能性の検討, 寺村 岳士, 安齋 政幸, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 10, 69, 75,   2005年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736421
    概要:現在、生命科学領域の研究に幅広く使われているES 細胞は、その殆どが受精卵より発生した胚に由来している。特に胚の中でも将来の胚体部分(原始外胚葉;エピブラスト)より派生してくるため、ES細胞の最大の特徴でもある分化全能性は胚の個体発生能力によると考えられる。一方、マウスの初期胚はエタノールやストロンチウムの刺激によって単為発生的活性化を受け、雌性ゲノムのみで発生することが知られている。これらの胚は通常、産仔に至ることはないが、原始的な胚体を有するためES 細胞の樹立は可能である。本実験では、単為発生させたBDF1 マウス胚よりES 細胞を樹立し、その分化能力を検討することを目的とした。37 ラインを樹立し、ランダムに選択した7 ライン全てがAP 活性、Oct-4、SSEA-1 抗原を発現していることが確認された。このうち実験に用いた2 ラインはICR マウス胚盤胞へのインジェクションによりキメラマウスに寄与した。また、SCID マウスの大腿部に皮下注射したとき、複雑に発達したテラトーマを形成した。これらのことから、単為発生胚を由来するES 細胞はin vivo で高い分化多能性を有していることが示唆された。さらに、これらのES 細胞はin vitro での分化誘導にも従い、目的に応じた系で神経様細胞、幼若肝細胞、心筋細胞を形成した。以上より、単為発生胚由来ES 細胞は従来の受精胚由来ES細胞に順ずる分化多能性を持っていることが確認された。

特許

  • 免疫不全動物を用いた細胞の製法, 寺村 岳士, 福田 寛二, 特願2010-274147, 特開2012-120486
  • 免疫不全動物を用いた細胞の製法, 寺村 岳士, 福田 寛二, 特願2010-274147, 特開2012-120486, 特許第5888852号
  • 間葉系細胞または軟骨細胞の製法ならびに発癌性の抑制方法, 寺村 岳士, 福田 寛二, 小野寺 勇太, 特願2009-164182, 特開2011-015662
  • 間葉系細胞または軟骨細胞の製法ならびに発癌性の抑制方法, 寺村 岳士, 福田 寛二, 小野寺 勇太, 特願2009-164182, 特開2011-015662, 特許第5636174号
  • 滑膜組織由来の幹細胞および細胞株ならびにその濃縮培養方法, 寺村 岳士, 福田 寛二, 朝田 滋貴, 加藤 清, 特願2007-227205, 特開2009-055866
  • 一胚由来産子並びに胚性幹細胞の生産系, 細井美彦, 竹之下誠, 寺村岳士, 竹原俊幸, 武内大樹, 佐伯和弘, 松本和也, 入谷 明, 佐川典正, 特願2006-302403, 特開2008-113634

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 関節軟骨組織の発生・再生機序における転写因子KLF4の機能解明, 寺村岳士
  • 公益財団法人中冨健康科学振興財団, 中冨健康科学振興財団研究助成金, 軟骨組織の恒常性維持におけるKlf4の機能解明, 寺村岳士
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 遺伝子導入による体細胞からの間葉系幹細胞の誘導, 寺村岳士
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 多能性幹細胞からの間葉系幹細胞の分化誘導と評価, 寺村岳士
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))), 組織幹細胞を用いた軟骨再生医療の基礎的研究, 寺村岳士

その他

  •   2017年04月, 変形性関節症(OA)治療分子としての転写因子KLF4の可能性, 近畿大学学内研究助成金 奨励研究助成金    SR04
  •   2011年04月, ES細胞/iPS細胞を用いた関節軟骨損傷に対する再生医療の基礎的研究, 近畿大学学内研究助成金 奨励研究助成金 SR12