KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

本津 茂樹ホンツ シゲキ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 医用工学科 / 生物理工学研究科
職名教授
学位工学博士
専門機能材料工学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/604-hontsu-shigeki.html
ホームページURLhttp://www.waka.kindai.ac.jp/tea/linnov/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    電子材料の作製方法を生体材料に応用して、新しい機能をもつ歯科材料作り、歯の保存・修復を行っていますので、「虫歯予防の最前線、あなたを「むし歯」からを守る予防歯科」なら可能です。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/06/03
     TBS(関東地域放送)「 Nスタ」
     歯の健康について。

研究活動情報

研究分野

  • 人間医工学, 医用生体工学・生体材料学
  • 電気電子工学, 電子・電気材料工学
  • 電気電子工学, 電子デバイス・電子機器

研究キーワード

  • 機能材料, 電子・電気材料工学

論文

  • Preparation and Application of a Potassium-Substituted Calcium Phosphate Sheet as a Dental Material for Treating Dentin Hypersensitivity, 加藤暢宏、波床有果、山本衛、古薗勉、本津茂樹, Key Engineering Materials, 720, 102, 107,   2016年11月, 査読有り
  • Optimization of Humid Conditions Using an Ultrasonic Nebulizer for the Fabrication of Hydroxyapatite Film with the Er:YAG Laser Deposition Method, 山本衛、加藤暢宏、波床侑果、本津茂樹, Key Engineering Materials, 720, 269, 274,   2016年11月, 査読有り
  • Overlaid Ultrathin Amorphous Calcium Phosphate Sheet Improves Dentinal Permeability Inhibition Rate, 加藤暢宏、井戸雄基、山本衛、保尾謙三、吉川一志、本津茂樹, Key Engineering Materials, 696, 99, 102,   2016年05月, 査読有り
  • Adhesion Properties of an Apatite Film Deposited on Dentine Using Er:YAG Laser Ablation Method, 山本衛、加藤暢宏、吉川一志、保尾謙三、山本一世、本津茂樹, Key Engineering Materials, 696, 69, 73,   2016年05月, 査読有り
  • カリウム含有HAp薄膜の作製および溶解性, 波床侑果, 西川博昭, 古薗 勉, 本津 茂樹, バイオインテグレーション学会誌, 5, 69, 72,   2015年11月, 査読有り
  • レーザーを使った歯の修復技術, 本津茂樹, 吉川一志, 化学, 70, 8, 30, 33,   2015年08月, 査読有り
  • A novel membrane-type apatite scaffold engineered by pulsed laser ablation, Y. Hashimoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, P. Qi Li and S. Hontsu, Dental Materials Journal, 34, 3, 345, 350,   2015年06月, 査読有り
  • Er:YAGレーザーアブレーション法を用いた歯質上へのアパタイト膜の直接形成, 本津茂樹, 山本衛, 加藤暢宏, 吉川一志, 保尾謙三, 山本一世, 日本レーザー歯学会誌, 26, 1, 10, 16,   2015年04月, 査読有り
  • Evaluation of dentin tubule sealing rate improved by attaching ultrathin amorphous calcium phosphate sheet, N. Kato, A. Isai, E. Yamamoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yoshikawa, K. Yasuo, K. Yamamoto and S. Hontsu, Key Engineering Materials, 631, 258, 261,   2015年, 査読有り
  • Effect of Poling Treatment on Piezoelectric Constant of Pulsed Laser Deposited Hydroxyapatite Thin Films, T. Nishigaki, and S. Hontsu, Key Engineering Materials, 631, 253, 257,   2015年, 査読有り
  • A Novel Treatment for Dentine Cavities with Intraoral Laser Ablation Method Using an Er:YAG Laser, Ei Yamamoto, N. Kato, A. Isai, H. Nishikawa, Y. Hashimoto, K. Yoshikawa and S. Hontsu, Key Engineering Materials, 631, 262, 266,   2015年, 査読有り
  • Preparation of [100] oriented SrTiO3 thin films on flexible polymer sheets, H. Nishikawa, Y. Morita, M. Kusunoki, S. Hontsu, H. Tanaka, T. Endo, Jpn. J. Appl. Phys., 53(5S1) 05FB06-1-05FB06-4,   2014年04月, 査読有り
  • Control of crystallinity of hydroxyapatite sheet, M. Kusunoki, T. Matsuda, N. Fujita, Y. Sakoishi, R. Iguchi, S. Hontsu, H. Nishikawa, T. Hayami, Key Engineering Materials , 583, 47, 50,   2014年, 査読有り
  • Er:YAGレーザーを用いたハイドロキシアパタイト膜の形成, 本津茂樹、加藤暢宏、山本衛、吉川一志、橋本典也、西川博昭、楠正暢, バイオインテグレーション学会誌, 4, 7, 11,   2014年, 査読有り
  • C-axis-oriented hydroxyapatite film grown using ZnO buffer layer, Y. Sakoishi, R. Iguchi, H. Nishikawa, S. Hontsu, T. Hayami, M. Kusunoki, Appl. Phys. Express , 6 115501-1-115501-3,   2013年10月, 査読有り
  • レーザーアブレーション法を用いたフッ素化アパタイト薄膜の作製とin vitro評価, 本津茂樹, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也 , バイオインテグレーション学会誌, 3, 67, 70,   2013年09月, 査読有り
  • レーザーアブレーション法により作製したハイドロキシアパタイト薄膜の圧電性の評価, 西垣勉, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 本津茂樹, バイオインテグレーション学会誌, 3, 71, 74,   2013年09月, 査読有り
  • Measurement of Piezoelectric Properties of Pulsed Laser Deposited Hydroxyapatite Thin Films on Platinum or Titanium Substrate, T. Nishigaki, H. Nishikawa, M. Kusunoki, S. Hontsu, Bioceramics Development and Applications, S1-008,   2013年05月, 査読有り
  • Ultrathin amorphous calcium phosphate freestanding sheet for dentin tubule sealing, N. Kato, E. Yamamoto,A. Isai, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yoshikawa, S. Hontsu, Bioceramics Development and Applications, S1-007,   2013年05月, 査読有り
  • Restoration of Tooth Enamel Using a Flexible Hydroxyapatite Sheet Coated with Tricalcium Phosphate, E. Yamamoto, N. Kato, A. Isai, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yoshikawa, S. Hontsu, Bioceramics Development and Applications, S1-006,   2013年05月, 査読有り
  • Evaluation of Bone Regeneration of Apatite Coating Poly-L-lactide Scaffold in Rat Calvarial Defects, K. Yasui, Y. Hashimoto, S. Baba, S. Hontsu,N. Matsumoto, Nano Biomedicine, 19, 504, 510,   2013年02月, 査読有り
  • 光/超伝導変換デバイスの感度向上を目的とした極薄高温超伝導薄膜の作製法の研究, 伊藤大介,小谷克己,三宅智貴,西川博昭,本津茂樹,楠正暢, 電気学会論文誌C, 132, 1722, 1726,   2012年11月, 査読有り
  • アパタイト薄膜の形成とバイオセンサへの応用, 本津茂樹, 西川博昭, 楠正暢, 無機マテリアル学会誌, 19, 504, 510,   2012年09月, 査読有り
  • Adhesive Strength between Flexible Hydroxyapatite Sheet and Tooth Enamel, E. Yamamoto, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, Y. Yoshikawa, and S. Hontsu, Key Engineering Materials, 529-530, 522, 530,   2012年09月, 査読有り
  • アパタイト薄膜被覆生体吸収性高分子メンブレンの作成とその評価, 本津茂樹, 樋口裕一, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 小正裕, バイオインテグレーション学会, 2, 119, 123,   2012年08月, 査読有り
  • Fabrication of hydroxyl apatite coating titanium web scaffold using pulsed laser deposition method, S. Hontsu, Y. Hashimoto, Y. Yoshikawa, M. Kusunoki, H. Nishikawa and A. Ametani, Journal of Hard Tissue Biology, 21, 2, 181, 188,   2012年04月, 査読有り
  • フレキシブルアパタイトシートの歯科治療実用化に向けて, 吉川一志, 山本一世, 本津茂樹, 大歯会誌, 719, 14, 20,   2012年03月, 査読有り
  • レーザーアブレーション法による薄層HAコーティングインプラントの骨結合強度:除去トルク値による評価, 小幡登, 由良博, 本津茂樹, 中村真一, 岡崎定司, 日本口腔インプラント学会誌, 24, 4, 585, 589,   2012年03月, 査読有り
  • Regeneration of tooth enamel by flexible hydroxyapatite sheet, S. Hontsu, N. Kato, E. Yamamoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami and K. Yoshikawa, Key Engineering Materials, 493-494, 615, 619,   2011年11月, 査読有り
  • Osteoconduction of a stoichiometric and bovine hydroxyapatite bilayer-coated implant, 速水 尚, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 大阪歯科大学, Clinical Oral Implants Research, 22, 774, 776,   2011年06月, 査読有り
    概要:臨床応用されている純チタン製人工歯根の表面に、合成アパタイト(厚さ50 nm)と生体アパタイト(厚さ300nm)の超薄膜を二層に被覆して、骨伝導能を向上させ得ることを示した。
  • レーザーアブレーション法によるアパタイト薄膜の形成とバイオセンサへの応用, 本津茂樹, 楠正暢, 西川博昭, セラミックス, 46, 745, 749,   2011年06月, 査読有り
  • フレキシブルアパタイトシートの歯科応用, 本津茂樹, 楠正暢, 西川博昭, 吉川一志, 機能材料, 31, 5, 63, 68,   2011年05月, 査読有り
  • Restoration and conservation of dental enamel using a flexible apatite sheet, S. Hontsu, K. Yoshikawa, N. Kato, Y. Kawakami, T. Hayami, H. Nishikawa, M. Kusunoki and K. Yamamoto, Journal of the Australian Ceramic Society, 47, 1, 11, 13,   2011年01月, 査読有り
  • 2層アパタイト被覆インプラントの開発―合成アパタイトおよび生体アパタイト2層薄膜被覆の骨伝導に関する組織学的検討-, 本津 茂樹, 速水 尚, 樋口 裕一, 大橋 芳夫, 橋本 典也, 日本口腔インプラント学会誌, 23, 4, 697, 708,   2010年12月, 査読有り
  • Fabrication of a Large Hydroxyapatite Sheet, M. Kusunoki, Y. Kawakami, T. Matsuda, H. Nishikawa, T. Hayami and S. Hontsu, Applied Physics Express, 107003(1-3),   2010年11月, 査読有り
  • polytetrafluoroethyleneとpoly-D-lysineを用いた神経細胞パターン作製法の検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 電気学会論文誌C, 129, 11, 2014, 2018,   2009年11月, 査読有り
  • ナノスケール厚さハイドロキシアパタイト被覆によるポーラス型人工歯根へのbiointegration機能の付与, 速水 尚,西川博昭,樋口裕一,橋本典也,楠 正暢, 本津茂樹,渋江唯司,山本全男, 実験力学, 8, 2, 127, 132,   2008年06月, 査読有り
  • Preparation of Freestanding Hydroxyapatite Membranes with Excellent Biocompatibility and Flexibility, H. Nishikawa, R. hatanaka, M. Kusunoki, T. Hayami and S. Hontsu, Appl. Phys. Express, 1, 088001-3,   2008年01月, 査読有り
  • サーキットトレーニングのための油圧式レジスタンスマシンによる運動計測システムの開発, 楠正暢, 上田亮平, 西川博昭, 本津茂樹, 李成喆, 小泉大亮, 那須英里子, 竹島伸生, 生理人類学会論文誌, 12, 191, 196,   2007年11月, 査読有り
  • QCM法によるハイドロキシアパタイト薄膜および非晶質Ca10(PO4)6(OH)2 薄膜の生体関連分子吸着特性の評価, 今井晴香, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 電気学会論文誌C, 127, 11, 1839, 1842,   2007年11月, 査読有り
  • Imparting cell adhesion to Poly(vinyl alcohol) hydrogel by coating with hydroxyapatite thin film, Hayami,T., Matsumura,K., Kusunoki,M, Nishikawa,H., Hontsu,S., Materials letters, 61, 13, 2667, 2670,   2007年05月, 査読有り
  • Cytocompatibility of calcium phosphate coatings deposited by an ArF pulsed laser, Hashimoto, Y., Kawashima, M., Hatanaka, R., Kusunoki, M., Nishikawa, H., Hontsu, S., Nakamura, M., J Mater Sci. Mater Med., 18, 1457, 1464,   2007年, 査読有り
  • 生体アパタイト超薄膜被覆インプラントの生体親和性, 本津茂樹、川島将実、西川博昭、楠正暢、速水尚、大橋芳夫、樋口裕一、橋本典也, バイオマテリアル, 24, 5, 353, 360,   2006年10月, 査読有り
  • Improvement of hydroxyapatite deposition on titanium dental implant using ArF laser ablation: effect on osteoblast biocompatibility in vitro, Y.Hashimoto,M.Kusunoki, R.Hatanaka, K.Hamano, H.Nishikawa, Y.Hosoi, S.Hontsu, M.Nakamura, Materials in Clinical Applications, 7, 287, 294,   2006年06月, 査読有り
  • Designing Coplanar Superconducting Lumped - Element Bandpass Filters Using a Mechanical Tuning Method, S. Hontsu, K. Agemura, H. Nishikawa, M. Kusunoki, IEICE Trans. Electronics, E89-C, 2, 151, 155,   2006年02月, 査読有り
  • Mechanical tuning of superconducting lumped element filter, S.Hontsu, K.Iguchi, K.Agemura, H.Nishikawa, M.Kusunoki, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 15, 2, 972, 975,   2005年06月, 査読有り
  • Protein Adsorption on Patterned Hydroxyapatite Thin Films Fabricated by Pulsed Laser Deposition, M. Kusunoki, M. Kawasima, H. Nishikawa, K. Morimoto, T. Hayami, S. Hontsu, T. Kawai, Jpn. J. Appl. Phys., 44, 10, L326, L327,   2005年02月, 査読有り
  • Error in surface resistance originating from the dielectric loss of the parallel - plate dielectric resonator using the two - resonators method, M. Kusunoki, H. Nishikawa, S. Hontsu, Physica C, 412, part 2, 1524, 1527,   2004年10月, 査読有り
  • Preparation and design of a mechanically tunable superconducting lumped-element filter, S.Hontsu, S.Mine, H.Nishikawa, M.Nakamori, A.Fujimaki, T.Kawai, Supercond. Sci. Technol., 17, 5, S255, S258,   2004年05月, 査読有り
  • Preparation of Perovskite type manganite on Al2O3 substrate as an excellent Buffer layer for YBa2Cu3O7-y Growth, H.Nishikawa, S.Hontsu, M.Nakamori, H.Tabata, T.Kawai, IEEE Trans. Appl. Supercond., 13, 2, 2725, 2728,   2003年06月, 査読有り
  • Study of mechanically Tunable superconducting microwave filter using lumped elements, S.Hontsu, S.Mine, H.Nishikawa, M.Namamori, A.Fujimaki, M.Inoue, A.Haehara, T.Kawai, IEEE Trans. Appl. Supercond., 13, 2, 720, 723,   2003年06月, 査読有り
  • Simulation study on the mechanical tuning of high-Tc superconducting microwave filters, M.Inoue, A.Maehara, H.Mizuno, A.Fujimaki, S.Hontsu, S.Mine, H.Hayakawa, IEEE Trans. Appl. Supercond., 13, 2, 704, 707,   2003年06月, 査読有り
  • ハイドロキシアパタイト超薄膜/ロータス型金属複合インプラントの作製, 川島将実、本津茂樹、西川博昭、細井美彦、樋口裕一、池田輝之、中嶋英雄, Orthopaedic Ceramic Implant, 22, 23, 27,   2002年12月, 査読有り
  • Large tunability of the resonant frequency of Superconducting Coplanar waveguide Resonator by Mechanically tunable method, S.Mine, S.Hontsu, H.Nishikawa, M.Terakago, Sing. J. Phys., 18, 1, 133, 137,   2002年07月, 査読有り
  • Preparation of directly stacked YBa2Cu3O7-y/oxide magnetic material thin films on Al2O3(0001) substrate, H.Nishikawa, S.Hontsu, T.Sakatani, M.Nakamori, M.Terakago, S.Mine, H.Tabata, T.Kawa, Supercond. Sci. Technol., 15, 1, 170, 173,   2002年01月, 査読有り
  • Characteristics of mechanically tunable superconductive resonators, S.Mine, M.Terakago, T.Sakatani, S.Hontsu, H.Nishikawa, A.Fujimaki, M.Nakamori, H.Tabata, T.Kawai, Supercond. Sci. Technol., 15, 4, 635, 638,   2002年, 査読有り
  • Mechanically Tunable High-Temperature Superconducting Microwave Filter with Large Shift of Resonant Frequency, S.Hontsu, T.Sakatani, A.Fujimaki, H.Nishikawa, M.Nakamori, T.Kawai, Jpn. J. Appl. Phys, 40, 11A, L1148, L1150,   2001年11月, 査読有り
  • Preparation of Superconducting Magnetostatic Wave (MSW) Devices consisting High-Tc Superconductor (HTS)/Perovskite - Type Manganite Heterostructures, S.Hontsu, T.Sakatani, H.Nishikawa, M.Nakamori, A.Fujimaki, T.Kawai, Jpn. J. Appl. Phys, 40(10B), L1100-L1102, 10B, L1100, L1102,   2001年10月, 査読有り
  • ハイドロキシアパタイト薄膜被覆ロータス型ポーラスステンレス鋼インプラントの作製, 本津茂樹、赤井正哉、池田輝之、西川博昭、細井美彦、中嶋英雄, 生体材料, 19, 5, 161, 165,   2001年10月, 査読有り
  • Superconducting magnetostatic wave devices using HTS/perovskite-type manganite PCMO heterostructures, M.Terakago, S.Mine, T.Sakatani, S.Hontsu, H.Nishikawa, M.Nakamori, H.Tabata, T.Kawai, Supercond. Sci. Technol., 14, 12, 1140, 1143,   2001年, 査読有り
  • レーザーアフレーション法による生体材料薄膜の形成, 本津茂樹, レーザー研究, 28, 7, 407, 412,   2000年07月, 査読有り
  • Formation of Biocompatible Hydroxyapatite Thin Films Deposited by Laser Ablation, T.Matsumoto, T.Kannno, S.Hontsu, Y.hosoi, N.Kato, K.Demizu, T.Uenoya, T.Sugimura, Bioceramics, 12, 499, 502,   1999年12月, 査読有り
  • Preparation of all - oxide ferromagnetic/ ferroelectric/ superconducting heterostructures for advanced microwave applications, S. Hontsu, H. Nishikawa, H. Nakai, J. Ishii, M. Nakamori, A. Fujimaki, Y. Noguchi, H. Tabata, T. Kawai, Supercond. Sci. Technol., 12, 11, 836, 839,   1999年11月, 査読有り
  • Al Films as Buffer Layers for High - Temperature Superconducting Thin Films on Amorphous Substrates, S. Hontsu, M. Nakamori, A. Fujimaki, H. Tabata, J. Ishii, T. Kawai, IEEE Trans. Appl. Supercond., 9, 2, 1669, 1672,   1999年07月, 査読有り
  • エキシマレーザーアブレーションによる生体材料の加工および薄膜形成(共著), 田畑仁、本津茂樹、川合知二, 生体材料, 16, 6, 31, 37,   1998年12月, 査読有り
  • Formation of Hydroxyapatite Thin Films on Surface - Modified Polytetrafluoroethylene Substrates, S. Hontsu, M. Nakamori, N. Kato, H. Tabata, J. Ishii, T. Matsumoto, T. Kawai, Jpn. J. Appl. Phys., 37 part1, 10A, L1169, L1171,   1998年10月, 査読有り
  • Formation of c - Axis Oriented YBa2Cu3O7-y Thin Film on Amorphous Substrate with Al(111) Buffer Layer, S. Hontsu, M. Nakamori, H. Tabata, A. Fujimaki, J. Ishii, T. Kawai, Jpn. J. Appl. Phys., 37, 8, 4358, 4361,   1998年08月, 査読有り
  • Metal/ Ferroelectric/ Superconductor Field Effect Transistor Using Pb(Zr0.52Ti0.48)O3/ (Y0.6Pr0.4)Ba2Cu3O7-y Heterostructures, S. Hontsu, J. Ishii, M. Nakamori, H. Tabata, T. Kawai, A. Fujimaki, Appl. Supercond., 6, 7-9, 367, 372,   1998年07月, 査読有り
  • Simulation and Design of Thin Film RC - Circuits, J.Ishii, J.Kodama, S.Hontsu, K.Murakami, Y.Noguchi, M.Asai, Proc. Simulation in Industry 9th European Simulation Symp., 617, 620,   1997年10月, 査読有り
  • Ferroelectric Field - Control Pb(Zr0.52Ti0.48)O3/(Y0.6Pr0.4)Ba2Cu3Oy Heterostructures and Memory, S. Hontsu, M. Nakamori, H. Tabata, J. Ishii, T. Kawai, IEICE Trans. Electronics, E80-C, 10, 1304, 1309,   1997年10月, 査読有り
  • Large Electric Field Effect on Al/BaTiO3/(Y0.6Pr0.4)Ba2Cu3O7-y Structure, S. Hontsu, J. Ishii, M. Nakamori, H. Tabata, T. Kawai, A. Fujimaki, IEEE Trans. Appl.Supercond., 7, 2, 3536, 3539,   1997年07月, 査読有り
  • Ferroelectric Field Effect in Metal/Pb(Zr0.52, Ti0.48)O3/(Y0.6, Pr0.4)Ba2 Cu3O7-y Structures, S.Hontsu, J.Ishii, M.Nakamori, H.Tabata, T.Kawai and A.Fujimaki, Proc. 6th Int. Supercond. Electronics Conf.,(ISEC '97), 13, 15,   1997年06月, 査読有り
  • Electrical properties of hydroxyapatite thin films grown by pulsed laser deposition, S. Hontsu, T. Matsumoto, J. Ishii, M. Nakamori, H. Tabata, T. Kawai, Thin Solid Films, 295, 1/2, 214, 217,   1997年05月, 査読有り
  • Pulsed Laser Deposition of Dioceramic Hydroxyapatite Thin Films on Polymer Materials, S. Hontsu, M. Nakamori, H. Tabata, J. Ishii, T. Kawai, Jpn. J. Appl. Phys., 35, 9B, L1208, L1210,   1996年09月, 査読有り
  • Simulation and Design of Tap - Feeded Multi - Wires for Mobile Communication Filters, J.Ishii, K.Murakami, S.Hontsu, M.Asai, Proc. 10th European Simulation Multiconf., 574, 576,   1996年06月, 査読有り
  • Giant Electric Field Effect on Al/BaTiO3/(Y0.6Pr0.4)Ba2Cu3Oy Structures, S. Hontsu, H. Tabata, M. Nakamori, J. Ishii, T. Kawai, Jpn. J. Appl. Phys., 35 Part2, 6B, L774, L777,   1996年06月, 査読有り
  • Formation and Properties of Al/(Ba1-x Srx)TiO3/(Y1-y Pr y)Ba2Cu3Oz Three terminal devices, S.Hontsu, H.Tabata, M.Nakamori, J.Ishii, T.Kawai, Proc. 5th Int. Superconductive Electronics Conference (ISEC '95), 258, 260,   1995年09月, 査読有り
  • Formation of YBa2Cu3O7-y/BaTiO3 multistructures by pulsed laser deposition for high - temperature superconducting device applications, S. Hontsu, J. Ishii, H. Tabata, T. Kawai, Appl. Phys. Lett., 67, 4, 554, 556,   1995年07月, 査読有り
  • Epitaxial growth and properties of YBa2Cu3O7-y/LaSrGaO4/YBa2Cu3O7-y trilayer structures, S. Hontsu, N. Mukai, J. Ishii, T. Kawai, S. Kawai, Appl. Phys. Lett., 64, 6, 779, 781,   1994年02月, 査読有り
  • A - axis oriented epitaxial YBa2Cu3O7-y/PrBa2Cu3-xNbxO7-z multistructures, S. Hontsu, N. Mukai, J. Ishii, T. Kawai, S. Kawai, Appl. Phys. Lett., 63, 11, 1576, 1578,   1993年11月, 査読有り
  • Analysis of Non - Uniform Transmission - Lines by 2 - Dimensional Laplace Transform and by Simulation, J.Ishii, S.Hontsu, K.Murakami, T.Fujii, A.Nojima, Proc. 11th European Conf. Circuit Theory and Design (ECCTD '93), 245-250, 245, 250,   1993年08月, 査読有り
  • YBa2Cu3O7-y micro - bridges on Y2O3/yttria - stabilized zirconia/SiO2 Si(100), S. Hontsu, N. Mukai, J. Ishii, T. Kawai, S. Kawai, Appl. Phys. Lett., 61, 22, 2709, 2711,   1992年11月, 査読有り
  • Voltage - Standing Wave on Exponential Line, J.Ishii, T.Fujii, K.Murakami, S.Hontsu, Proc. Pacific - Rim Int. Conf. Modelling, Simulation and Identification, 202, 205,   1992年08月, 査読有り
  • A - axis oriented growth of YBa2Cu3O7-y films on LaSrGaO4(100) substrates, S. Hontsu, N. Mukai, J. Ishii, T. Kawai, S. Kawai, Appl. Phys. Lett., 61, 9, 1134, 1136,   1992年08月, 査読有り
  • Synthesis of Bi - Sr - Ca - Cu - O High - Tc Phase from a Parent Compound of Ca(Sr)CuO2, S. Hontsu, O. Nishibuchi, T. Horiuchi, K. Ogura, J. Ishii, T. Kawai, S. Kawai, Jpn. J. Appl. Phys., 31 Part1, 1, 47, 48,   1992年01月, 査読有り
  • LaSrGaO4 substrate gives oriented crystalline YBa2Cu3O7-y films, S. Hontsu, J. Ishii, T. Kawai, S. Kawai, Appl. Phys. Lett., 59, 22, 2886, 2888,   1992年01月, 査読有り
  • Li substitution to Bi - Sr - Ca - Cu - O superconductor, T. Horiuchi, K. Kitahama, T. Kawai, S. Kawai, S. Hontsu, K. Ogura, I. Shigaki, Y. Kawate, Physica C, 185/189, Pt 1, 629, 630,   1991年07月, 査読有り
  • Matching Analysis by Voltage - Standing Waves, J.ishii, S.Hontsu, M.Nakamori, O.Nishibuchi, Proc. 34th Midwest Symp. Circuits and Systems IEEE, 835, 838,   1991年05月, 査読有り
  • Analysis of Nonuniform Transmission - Lines by Simulation, J. Ishii, S. Hontsu, Y. Noguchi, Proc. 33rd Midwest Symp. Circuits and Systems IEEE, 835, 838,   1990年08月, 査読有り
  • Microwave - induced substeps in I - V curves of a parallel array of microbridge - type Josephson junctions, S. Hontsu and J. Ishii, J. Appl. Phys., 66, 10, 4891, 4895,   1989年11月, 査読有り
  • Transient Analysis and Pulse Behavior of Coupled Transmission Lines Using MCD Method, K.Murakami, S.Hontsu, J.Ishii, Proc. IEEE Int. Symp. Circuits and Systems, 2227, 2230,   1989年05月, 査読有り
  • Time Domain Analysis of Mixed Circuits Composed of Parallel - Coupled Transmission - Lines and Lumped Constant Circuits, K.Murakami, S.Hontsu, J.Ishii, Proc. 1988 Joint Technical Conf. Circuits/Systems Computers and Communications, 562, 565,   1988年11月, 査読有り
  • Transient Analysis of a Class of Mixed Lumped and Distributed Constant Circuits, K.Murakami, S.Hontsu, J.Ishii, Proc. IEEE Int. Symp. Circuits and Systems, 2843, 2846,   1988年06月, 査読有り
  • Fluxon propagation on a parallel array of microbridge - type Josephson junctions, S. Hontsu, J. Ishii, J. Appl. Phys., 63, 6, 2021, 2028,   1988年06月, 査読有り
  • Transient Analysis and TDR - Measurement of Class of Non - Uniform Transmission - Lines, K.Murakami, S.Hontsu, J.Ishii, Proc. IMACS/IFAC Int. Symp., 741, 746,   1987年10月, 査読有り
  • Reproducible Fabrication Method of Stable Performance Nb Variable Thickness Microbridge Type Josephson Junction, J. Kodama, S. Hontsu, H. Hrai, Proc. Symp. Superconductive Quantum Electronics, 156, 159,   1983年08月, 査読有り
  • Stable performance Nb variable thickness microbridge type Josephson junctions: A reproducible fabrication technique, J. Kodama, S. Hontsu, H. Hirai, J. Appl. Phys., 54, 6, 3295, 3301,   1983年06月, 査読有り
  • 高分子圧電膜を用いた打弦振動の測定-打弦時の過渡振動-, 本津茂樹、平井平八郎, 電子通信学会論文誌, 64-A, 4, 307, 314,   1981年04月, 査読有り
  • 高分子圧電膜を用いた弦振動の測定, 本津茂樹、平井平八郎, 電子通信学会論文誌, 63-C, 5, 295, 302,   1980年05月, 査読有り

書籍等出版物

  • 歯科再生・修復医療と材料, 本津茂樹, 共著, 第20章 フレキシブルアパタイトシートによるエナメル質修復, シーエムシー出版,   2015年08月, 978-4-7813-1084-8 C3058
  • Hydroxyapatite (HAp) for Biomedical Applications, Edited by:M R Mucalo, 共著, 6 – Ultra-thin hydroxyapatite sheets for dental applications, Woodhead Publishing Series in Biomaterials,   2015年02月, 978-1-78242-033-0
  • Newton 別冊 注目のスーパーマテリアル, 本津 茂樹, その他, 世界初!歯の主成分で作られた画期的なソート, ニュートンプレス,   2014年02月, 978-4-315-51984-6
  • 臨床工学ライブラリーシリーズ5、「ヴィジュアルでわかるバイオマテリアル」, 古薗勉, 岡田正弘, 分担執筆, エキシマレーザーを用いたアパタイト薄膜コーティング, 学研メディカル秀潤社,   2012年01月, 978-4-7809-0845-9C3047
  • 機能材料, フレキシブルアパタイトシートの作製と歯科応用, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 吉川 一志, 共著, シーエムシー出版,   2011年04月
  • 薄膜ハンドブック(第2版) 第13章バイオ機能デバイス 13・6・2 アパタイト  , オーム社,   2008年
  • Porous Metals and Metal Foaming Technology, Addition of Advanced Biocompatibility to a Porous Artificial Root, 西川 博昭, 速水 尚, 本津 茂樹, 楠 正暢, 共著, 社団法人 日本金属学会,   2006年02月
  • 持ちつ持たれつ生き物とエレクトロニクス, 電気書院,   2006年
  • Distributed Parameter Systems: Modelling and Simulation; Transient Analysis and TDR - Measurement of Class of Non - Uniform Transmission - Lines, Elsevier,   1989年

講演・口頭発表等

  • エナメル質修復と審美機能を有する白色ハイドロキシアパタイトシートの作製, 本津茂樹,井戸雄基,橋本典也,吉川一志,山本一世, 日本歯科理工学会平成29年度春期第69回学術講演会,   2017年04月15日
  • フッ素化アパタイト薄膜被覆インプラントの作製とその生体親和性の評価, 本津茂樹,小比賀優,山本安為子,上田衛,橋本典也, バイオインテグレーション学会第7回総会・学術大会,   2017年03月11日
  • レーザーを用いたアパタイト膜形成による新規歯科治療法 ~極薄アパタイトシート貼付法と口腔内Er:YAGレーザーアブレーション法~, 本津 茂樹, 日本人間工学会 関西支部大会,   2016年12月10日, 招待有り
  • Optimization of Humid Conditions Using an Ultrasonic Nebulizer for the Fabrication of Hydroxyapatite Film with the Er:YAG Laser Deposition Method, 山本衛、加藤暢宏、波床有果、本津茂樹, 28th Symposium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine; BIOCERAMICS 28,   2016年10月20日
  • Preparation and application of a potassium-substituted calcium phosphate sheet as a dental material for treating dentin hypersensitivity, 加藤暢宏、波床有果、山本衛、古薗勉、本津茂樹, 28th Symposium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine; BIOCERAMICS 28,   2016年10月19日
  • 耐酸性をもつフッ素化アパタイト薄膜の作製とそのインプラント応用, 小比賀優、橋本典也、本津茂樹, 第46回日本口腔インプラント学会学術大会,   2016年09月18日
  • Direct Deposition of Apatite Film on Dentin Using Er:YAG Laser-ablation Method, K. Yoshikawa, K. Yasuo, C. Hirai, K. Yokota, Y. Hirota, N. Iwata, N.Kato, E. Yamamoto, S. Hontsu, K. Yamamoto, The 15th Congress of the World Federation for Laser Dentistry,   2016年07月17日
  • Er:YAGレーザーデポジション法を用いたアパタイト膜形成におけるミストアシストの効果, 本津茂樹、山本衛、加藤暢宏、保尾謙三、吉川一志、山本一世, 第28回日本レーザー歯学会総会・学術大会,   2016年07月16日, 愛知県名古屋市(ウインクあいち)
  • 歯質修復用フッ素化アパタイトシートの作製と評価, 小比賀優,波床侑果,加藤暢宏,山本衛,吉川一志,山本一世,本津茂樹, 第67回日本歯科理工学会学術講演会,   2016年04月
  • ミストアシストEr:YAGレーザーデポジション法によるアパタイト膜の形成, 本津茂樹,波床侑果,山本衛,加藤暢宏,吉川一志,山本一世, 第67回日本歯科理工学会学術講演会,   2016年04月
  • 小孔をもつ極薄非晶質リン酸カルシウムシートの象牙質固着特性の評価, 井戸雄基,山本衛,加藤暢宏,保尾謙三,吉川一志,山本一世,本津茂樹, 第67回日本歯科理工学会学術講演会,   2016年04月
  • 象牙質固着性への極薄非晶質リン酸カルシウムシートの小孔の効果, 井戸雄基,山本衛, 吉川一志,山本一世, 本津茂樹, バイオインテグレーション学会第6回総会・学術大会,   2016年03月13日
  • レーザーアブレーション法を用いたフッ素化アパタイト薄膜の作製と耐酸性の評価, 小比賀優、波床侑果、本津茂樹, バイオインテグレーション学会第6回総会・学術大会,   2016年03月13日
  • 耐酸性を有する歯質修復用フッ素化アパタイトシートの作製, 小比賀優、波床侑果、本津茂樹, 日本セラミックス学会2016年年会,   2016年03月
  • Evaluation and adhesion test of potassium-containing hydroxyapatite sheet, Y. Hatoko, E. Yamamoto, N. Kato, T. Furuzono, S. Hontsu, The 15th Asian Bioceramics Symposium (ABC2015) ,   2015年12月
  • Hydroxyapatite coating fabricated by an Er:YAG laser ablation method using the target material with an amorphous hydroxyapatite precursor, Yamamoto, E., Kato, N., Hatoko, Y., Okada, M., Yoshikawa, Y., Hontsu, S., The 15th Asian Bioceramics Symposium (ABC2015) ,   2015年12月
  • マグネトロンスパッタ法を用いた結晶化アパタイと薄膜コーティングQCMセンサ, 橋本典也,中西康之,田代悠一郎,三宅晃子,小正 聡,新井是宣,岡崎定司,小正 裕,馬場俊輔,本津茂樹,今井弘一, 第37回日本バイオマテリアル学会大会,   2015年11月
  • On the Piezoelectric Effect of Pulsed Laser Deposited Hydroxyapatite Thin Films with Different Crystallinity, T. Nishigaki, S. Hontsu, Y. Ido and Y. Hatoko, 27th Symposium and Annual Meetingofthe International Society for Ceramics in Medicine; BIOCERAMICS 27,   2015年10月
  • Adhesion Properties of an Apatite Film Deposited on Dentine Using Er:YAG Laser Ablation Method, E. Yamamoto1, N. Kato, K. Yoshikawa, K. Yasuo, K. Yamamoto and S. Hontsu, 27th Symposium and Annual Meetingofthe International Society for Ceramics in Medicine; BIOCERAMICS 27,   2015年10月
  • 象牙質知覚過敏治療用カリウム含有ハイドロキシアパタイトシートの作製と評価, 波床侑果,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,吉川一志,古薗勉,山本一世,本津茂樹, 日本歯科理工学会第66回学術講演会,   2015年10月
  • 非晶質リン酸カルシウムターゲットを用いたEr:YAGレーザーアブレーション法によるアパタイト膜の形成, 本津 茂樹, 波床 侑果, 岡田 正弘, 吉川 一志, 日本セラミックス協会第28回秋季シンポジウム,   2015年09月
  • Er:YAGレーザーアブレーション法で象牙質上に形成したアパタイト膜の固着特性, 本津茂樹、山本衛、加藤暢宏、保尾謙三、吉川一志、山本一世, 第27回日本レーザー歯学会総会・学術大会,   2015年06月
  • 極薄非晶質リン酸カルシウムシート重ね貼りによる象牙細管の封鎖効果, 本津茂樹, 井戸雄基, 山本衛, 加藤暢宏, 保尾謙三, 吉川一志, 山本一世, 第142回日本歯科保存学会2015年度春季学術大会,   2015年06月
  • 小孔をもつ極薄非晶質リン酸カルシウムシート貼付法による象牙細管封鎖効果の評価, 井戸雄基,以西新,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,保尾謙三,橋本典也,吉川一志,山本一世,本津茂樹, 第65回日本歯科理工学会術講演会,   2015年04月
  • 極薄非晶質リン酸カルシウムシートの象牙細管封鎖性の評価, 本津茂樹, 以西新, 加藤暢宏, 山本衛, 西川博昭, 保尾謙三, 吉川一志, バイオインテグレーション学会第5回総会・学術大会,   2015年03月
  • Er:YAG レーザーアブレーション法により歯質上に堆積したアパタイト膜の固着特性の評価, 本津茂樹,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,吉川一志, 第23回アパタイト研究会,   2014年12月
  • Erbium:YAGレーザーアブレーション法を用いた歯質上へのアパタイト膜の直接形成, 本津茂樹,吉川一志,保尾謙三,山本一世, 第26回日本レーザー歯学会総会・学術大会,   2014年12月
  • Effect of Poling Treatment on Piezoelectric Constant of Pulsed Laser Deposited Hydroxyapatite Thin Films, T. Nishigaki, S. Hontsu, 26th Symposium and Annual Meetingofthe International Society for Ceramics in Medicine; BIOCERAMICS 26,   2014年11月
  • A Novel Treatment for Dentine Cavities with Intraoral Laser Ablation Method Using an Er:YAG Laser, E. Yamamoto, N. Kato, A. Isai, H. Nishikawa, Y. Hashimoto, K. Yoshikawa, S. Hontsu, 26th Symposium and Annual Meetingofthe International Society for Ceramics in Medicine; BIOCERAMICS 26,   2014年11月
  • Evaluation of dentin tubule sealing rate improved by attaching ultrathin amorphous calcium phosphate sheet, N. Kato, A. Isai, E. Yamamoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yoshikawa, K. Yasuo, K. Yamamoto and S. Hontsu, 26th Symposium and Annual Meetingofthe International Society for Ceramics in Medicine; BIOCERAMICS 26,   2014年11月
  • Er:YAGレーザーアブレーション法によって形成されたアパタイト膜の象牙細管封鎖効果, 22) 本津茂樹,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,保尾謙三,吉川一志,山本一世, 日本歯科保存学2014年度秋季学術大会,   2014年10月
  • 多層非晶質リン酸カルシウムシート貼付法による象牙質透過抑制率効果の評価, 23) 以西新,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,保尾謙三,橋本典也,吉川一志,山本一世,本津茂樹, 第64回日本歯科理工学会術講演会,   2014年10月
  • 極薄カリウム含有ハイドロキシアパタイトシートの作製と評価, 24) 波床侑果,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,吉川一志,古薗勉,山本一世,本津茂樹, 第64回日本歯科理工学会術講演会,   2014年10月
  • 知覚過敏症罹患モデル象牙質への極薄非晶質リン酸カルシウムシートの貼付が透過抑制に与える影響について, 34) 以西新,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,本津茂樹,保尾謙三,吉川一志, 日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム,   2014年09月
  • パルスレーザー堆積法によるカリウム含有ハイドロキシアパタイト薄膜の作製, 35) 波床侑果,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,古薗勉,本津茂樹, 日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム,   2014年09月
  • Er:YAGレーザー成膜法による歯質上へのアパタイト膜の直接形成, 49) 本津茂樹,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,吉川一志,山本一世, 日本歯科保存学会2014年度春季学術大会(第140回),   2014年06月
  • ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)シートを用いた歯質上への極薄リン酸カルシウム薄膜転写法の検討, 53) 波床侑果,以西新,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,本津茂樹, 第8回ナノ・バイオメディカル学会大会,   2014年05月
  • 知覚過敏治療用極薄非晶質リン酸カルシウムシートの象牙質透過抑制効果の評価, 54) 以西新,保尾謙三,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,吉川一志,山本一世,本津茂樹, 第8回ナノ・バイオメディカル学会大会,   2014年05月
  • Er:YAGレーザーアブレーション法を用いた歯質修復法の検討(第1報), 55) 本津茂樹,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,橋本典也,吉川一志,山本一世, 第63回日本歯科理工学会学術講演会,   2014年04月
  • 極薄非晶質リン酸カルシウムシートによる象牙質透過抑制効果の評価, 63) 本津茂樹,以西新,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,楠正暢,保尾謙三,吉川一志, 日本セラミックス協会2014年年会,   2014年03月
  • Er:YAG レーザーを用いたハイドロキシアパタイト膜の形成(第1報), 64) 本津茂樹,加藤暢宏,山本衛,吉川一志,橋本典也,西川博昭,楠正暢, バイオインテグレーション学会第4回学術大会,   2014年02月
  • 極薄アパタイトシートを用いた象牙細管の封鎖効果についての検討(第2報), 75) 本津茂樹,以西新,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,吉川一志,山本一世, 日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会(第139回),   2013年10月
  • Flexible Thin Film of Epitaxially Grown Perovskite Type Titanate, H. Nishikawa, H. Tanaka, T. Endo, M. Kusunoki, S. Hontsu, 2013 The Japan Society of Applied Physics, Materials Research Society Joint Symposia,   2013年09月
  • 象牙質-極薄アパタイトシート界面における固着特性の評価, 81) 以西新,松本明子,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,楠正暢,本津茂樹,吉川一志, 日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム,   2013年09月
  • 歯科用アパタイトシートの高効率製造法に関する検討, 82) 藤田尚希,西川博昭,本津茂樹,楠正暢, 日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム,   2013年09月
  • 歯科用HAシートへのスルーホール作製法の検討, 83) 藤田尚希,松田太陽,森田知樹,西川博昭,本津茂樹,楠正暢, 日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム,   2013年09月
  • 極薄アパタイトシートを用いた象牙細管の封鎖効果についての検討, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 吉川一志, 山本一世, 本津茂樹, 日本歯科保存学会2013年度春季学術大会(第138回),   2013年06月
  • レーザーアブレーション法を用いたフッ素化アパタイト薄膜の作製とin-vitro評価, 本津茂樹、西川博昭、楠正暢、橋本典也, バイオインテグレーション学会第3回学術大会・総会,   2013年06月
  • Measurement of Piezoelectric Properties of Pulsed Laser Deposited Hydroxyapataite Thin Films on Platinum or Titanium Substrate, T. Nishigaki, H. Nishikawa, M. Kusunoki and S. Hontsu, The 6th International Symposium on Apatite and Correlative Biomaterils;ISACB 2013 Symposium,   2013年06月
  • Ultrathin amorphous calcium phosphate freestanding film for dentin tubule sealing, N. Kato, E. Yamamoto, A. Isai, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yoshikawa, S. Hontsu, The 6th International Symposium on Apatite and Correlative Biomaterils;ISACB 2013 Symposium,   2013年06月
  • Restoration of tooth enamel using a flexible hydroxyapatite sheet coated with tricalcium phosphate, E. Yamamoto, N. Kato, A. Isai, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yoshikawa, S. Hontsu, The 6th International Symposium on Apatite and Correlative Biomaterils;ISACB 2013 Symposium,   2013年06月
  • 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第2報), 本津茂樹, 吉川一志,以西新,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,楠正暢,橋本典也,山本一世, 第61回日本歯科理工学会学術講演会,   2013年04月
  • Interface Properties between LaFeO3 Thin Film and SrTiO3 Single Crystal, F. Itani, I. Kawayama, T. Kanki, M. Kusunoki, S. Hontsu, H. Tanaka, M. Tonouchi, H. Nishikawa, The Japan Society of Applied Physics 2013 Spring Meeting Mar 2013,   2013年03月
  • エナメル質-極薄アパタイトシート界面における再石灰化層の検討, 本津茂樹, 以西新,加藤暢宏,山本衛,西川博昭,楠正暢,吉川一志, 第7回ナノ・バイオメディカル学会大会,   2013年01月
  • パルスレーザー堆積法による薄膜作製プロセスにおける再現性向上の試み, 中林一世、野中蔵人、原崎隆道、楠正暢、速水尚、本津茂樹、西川博昭, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年12月
  • 炭酸含有アパタイトの薄膜化に関する試み, 大西真弘、野中蔵人、楠正暢、速水尚、本津茂樹、西川博昭, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年12月
  • 神経細胞ネットワークの活動電位計測を目的とした電極アレイ埋入型培養チップ作製法の検討, 中島浩之、山脇伸行、西川博昭、本津茂樹、楠正暢, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年12月
  • 水晶振動子マイクロバランスセンサ上へのc軸配向ハイドロキシアパタイト作製法の検討, 硲石康裕,井口亮,楠正暢,橋本典也,西川博昭,本津茂樹,速水尚, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年12月
  • バイオセンサ表面におけるハイドロキシアパタイトの配向制御法に関する検討, 硲石康裕, 井口亮, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 速水尚, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012,   2012年11月
  • 高温超伝導ナノデバイス作製のためのエッチング条件の検討, 三宅智貴,小谷克己,伊藤大介,西川博昭,本津茂樹,楠正暢, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年11月
  • 単一光子検出器を目的とした高温超伝導ナノワイヤの作製, 小谷克己,三宅智貴,伊藤大介,西川博昭,本津茂樹,楠正暢, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年11月
  • 穴あきアパタイトシートを用いたエナメル質の修復, 本津茂樹, 以西新,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,楠正暢,速水尚、吉川一志, 日本バイオマテリアル学会大会シンポジウム2012,   2012年11月
  • 穴あき極薄アパタイトシートによるエナメル質の修復, 本津茂樹, 以西新,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,楠正暢,吉川一志、山本一世, 第137回日本歯科保存学会2012年度秋季学術大会,   2012年11月
  • 極薄アパタイトシートを用いた象牙質上への人工エナメル質形成, 本津茂樹, 吉川一志,以西新,山本衛,加藤暢宏,西川博昭,楠正暢,橋本典也,山本一世, 第60回日本歯科理工学会学術講演会,   2012年10月
  • Adhesive Strength Between Flexible Hydroxyapataite Sheet and Tooth Enamel, E. Yamamoto, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa, S. Hontsu, 24th Symposium and Annual Meeting of International Society of Ceramics in Medcine (Bioceramics 24),   2012年10月
  • Epitaxial thin films of perovskite titanate on flexible polymer materials, H. Nishikawa, Y. Morita, T. Endo, H. Tanaka, M. Kusunoki, S. Hontsu, The 19th International Workshop on Oxide Electronics,   2012年10月
  • Fabrication of epitaxially grown thin films of perovskite type titanate on flexible polymer materials, H. Nishikawa, Y. Morita, T. Endo, H. Tanaka, M. Kusunoki, S. Hontsu, The Japan Society of Applied Physics 2012 Autumn Meeting,   2012年09月
  • TCP薄膜の作製とハイドロキシアパタイトへの転化, 岩城有晃、丸山俊朗、楠正暢、西川博昭、本津茂樹, 第25回日本セラミックス協会秋季シンポジウム,   2012年09月
  • 小孔をもつフレキシブルアパタイトシートによるエナメル質の修復・保存, 以西新,丸山俊朗、松田太陽、西川博昭、楠正暢、本津茂樹、吉川一志, 第25回日本セラミックス協会秋季シンポジウム,   2012年09月
  • Fabrication of Very Thin High-Temperature-Superconducting Films Required for High-sensitivity Optics/Superconductivity Converters, D. ITO, K. KOTANI, T. MIYAKE, H. NISHIKAWA, S. HONTSU, M. KUSUNOKI, 25th International Symposium on Superconductivity (ISS 2012 ),   2012年09月
  • Investigation of Very Thin YBa2Cu3Oy Film for Optics / Superconductivity, D. Itoh, K. Kotani, T.Miyake, H. Nihiskawa, S. Hontsu and M. Kusunoki, 25th International Symposium on Superconductivity (ISS 2012 ),   2012年09月
  • Crystallization Control of Hydroxyapatite Sheet, M. Kusunoki, T. Matsuda, N. Fujita, Y. Sakoishi, R. Iguchi, S. Hontsu, H. Nishikawa, T. Hayami, the 5th International Conference “Biomaterials, Tissue Engineering & Medical Devices,   2012年08月
  • Fabrication of poly-L-lactide scaffold coating thin calcium phosphate, N. Matsumoto, Y. Yasui, Y. Arima, S. Hontsu, Y. Hashimoto, S.Baba, 90th General Session & Exhibition of the IADR,   2012年08月
  • 極薄アパタイトシートによるエナメル質の修復と審美, 本津茂樹、松田太陽、岩城有晃、西川博昭、吉川一志、山本一世, 日本歯科保存学会2012年度春季学術大会(第136回),   2012年06月
  • Application of the flexible hydroxyapatite sheet to artificial enamel, S. Hontsu, N. Kato, E. Yamamoto, M. Kusunoki, H. Nishikawa, T. Hayami, K. Yoshikawa, 9th World Biomaterials Congress,   2012年06月
  • 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第1報), 本津茂樹,吉川一志,松田太陽,加藤暢宏,西川博昭,楠正暢,橋本典也,山本一世, 第59回日本歯科理工学会学術講演会,   2012年04月
  • Electric and Magnetic Properties of Hetero-interface between Mott-Hubbard Insulators and Charge Transfer Insulators, H. Nishikawa, F. Itani, J.E. Kleibeuker, I. Kawayama, T. Kanki, M. Kusunoki, S. Hontsu, H. Tanaka, M. Tonouchi, D.H.A. Blank, G. Rijnders, Materials Research Society 2012 Spring Meeting,   2012年04月
  • ハイドロキシアパタイト/α -TCP複合シートを用いたエナメル質再生法の検討, 本津茂樹、吉川一志、松田太陽、楠正暢、丸山俊朗、山本衛、加藤暢宏、西川博昭, 日本セラミックス協会2012年年会,   2012年03月
  • アパタイト薄膜被覆生体吸収性高分子メンブレンの作製とその評価, 本津 茂樹, 第2回バイオインテグレーション学会大会,   2012年01月
  • Interface Charge Transfer and the Electric/Magnetic Properties of the LaFeO3/LaTiO3 Hetero Junction, H. Nishikawa, F. Itani, J.E. Kleibeuker, I. Kawayama, T. Kanki, M. Kusunoki, S. Hontsu, H. Tanaka, M. Tonouchi, D.H.A. Blank, G. Rijnders, The 21st MRS-Japan Academic Symposium,   2011年12月
  • パルスレーザ堆積法によるハイドロキシアパタイト薄膜のCa/P比制御が結晶性におよぼす影響, 吉川亮太、中島浩之、楠正暢、速水尚、本津茂樹、西川博昭, 第33回日本バイオマテリアル学会大会,   2011年11月
  • フレキシブル極薄フッ素化アパタイトシートの作製, 本津茂樹、丸山敏明、加藤暢宏、西川博昭、楠正暢、速水尚、橋本典也, 第33回日本バイオマテリアル学会大会,   2011年11月
  • Fabrication of Fluoridated Hydroxyapatite Thin Film and Sheet by Pulsed Laser Deposition Technique, S. Hontsu, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, Y. Hashimoto, 11st Asian Bio Ceramics Symposium,   2011年11月
  • Regeneration of tooth enamel by flexible hydroxyapatite shee, S. Hontsu, N. Kato, E. Yamamoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa, 23rd Symposium and Annual Meetin of International Society for Ceramics in Medicine (Bioceramics 23,   2011年11月
  • アパタイトシートの高効率作成システムの開発, 松田太陽, 井口亮, 西川博昭, 速水尚, 楠正暢, 本津茂樹, 平成23年電気関係学会関西連合大会,   2011年10月
  • パルスレーザ堆積法によるハイドロキシアパタイト薄膜の化学組成および結晶性制御, 吉川亮太, 中島浩之, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 西川博昭, 平成23年電気関係学会関西連合大会,   2011年10月
  • 神経の活動電位計測を目的とした3次元神経ネットワーク作製法の検討, 中島浩之, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 平成23年電気関係学会関西連合大会,   2011年10月
  • 極薄アパタイトシート「歯のばんそうこう」で歯質の修復,審美,知覚過敏の治療, 吉川一志、山本一世、本津 茂樹, 第25回日本口腔リハビリテーション学会学術大会,   2011年10月, 招待有り
  • 光/超伝導変換デバイスの感度向上を目的とした極薄酸化物超伝導膜の作製, 伊藤大介, 三宅智貴, 小谷克己, 高橋晋也, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 第23回電気関係学会関西連合大会,   2011年10月
  • LaFeO3/SrTiO3及びLaCrO3/SrTiO3ヘテロ接合界面の電気特性, 井谷章也, 川口忠男, 川山巌, 神吉輝夫, 楠正暢, 本津茂樹, 田中秀和, 斗内政吉, 西川博昭, 第23回電気関係学会関西連合大会,   2011年10月
  • エピタキシャル成長したフレキシブル機能性酸化物薄膜の作製, 森田祐輔, 楠正暢, 本津茂樹, 西川博昭, 第23回電気関係学会関西連合大会,   2011年10月
  • ラット頭蓋骨欠損におけるアパタイトコーティングポリ乳酸足場の骨再生の評価, 安井憲一郎,橋本典也,馬場俊輔,本津茂樹,松本尚之, 第71回日本矯正歯科学会大会,   2011年09月
  • 3次元培養足場での神経細胞挙動と足場サイズの関係, 中島浩之,楠正暢,西川博昭,本津茂樹, 2011年生体医工学シンポジウム,   2011年09月
  • アパタイトシートの自己組織化によるエナメル質の再生, 本津茂樹、加藤暢宏、山本衛、丸山俊朗、松田太陽, 第24回日本セラミックス協会秋季シンポジウム,   2011年09月
  • ナノスケールハイドロキシアパタイト被覆チタン不織布の生体親和性のin-vivo評価, 本津茂樹、樋口裕一、橋本典也、速水尚、小正裕, 第41回日本口腔インプラント学会学術大会,   2011年09月
  • Transfer of epitaxial SrTiO3 thin film to flexible polymer sheet by decal process, H. Nishikawa, Y. Morita, M. Kusunoki, S. Hontsu, Workshop on Oxide Electronics 18,   2011年09月
  • Control of Ca/P Ratio of Hydroxyapatite Thin Film by Pulsed Laser Deposition, H. Nishikawa, R. Yoshikawa, H. Nakajima, M. Kusunoki, T. Hayami, S. Hontsu, The 24th Annual Meeting of the European Society for Biomaterials,   2011年09月
  • Fabrication of Flexible Fluoridated Hydroxyapatite Sheet by Pulsed Laser Deposition Technique, S. Hontsu, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, Y. Hashimoto, The 3rd Asian Biomaterials Congress,   2011年09月
  • エピタキシャル成長した機能性酸化物薄膜を用いたフレキシブルデバイス, 森田祐輔,楠 正暢,本津茂樹,西川博昭, 2011年秋季第72回応用物理学会学術講演会,   2011年08月
  • LaFeO3/SrTiO3-δの電気・磁気特性, 井谷章也、川山巌、神吉輝夫、楠正暢、本津茂樹、田中秀和、斗内政吉、西川博昭, 2011年秋季第72回応用物理学会学術講演会,   2011年08月
  • パルスレーザ堆積法におけるレーザ強度・レーザ照射面積がハイドロキシアパタイト薄膜の化学組成に及ぼす影響, 吉川亮太、中島浩之、楠正暢、速水尚、本津茂樹, 2011年秋季第72回応用物理学会学術講演会,   2011年08月
  • パルスレーザ堆積法によって作成されるハイドロキシアパタイト薄膜の高品質化, 吉川亮太,中島浩之,楠正暢,速水尚,本津茂樹,西川博昭, 日本バイオマテリアル学会第6回関西若手研究発表会,   2011年08月
  • 3インチウェハーサイズのハイドロキシアパタイトシートの作製, 松田太陽,末廣隼也,西川博昭,速水尚,楠正暢,本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会第6回関西若手研究発表会,   2011年08月
  • 3次元格子構造を持つスキャフォールドの格子間隔と神経細胞の挙動の関係, 中島浩之,楠正暢,西川博昭,本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会第6回関西若手研究発表会,   2011年08月
  • パルスレーザ堆積法によって作製されるハイドロキシアパタイト薄膜の高品質化, 吉川 亮太, 中島 浩之, 楠 正暢, 速水 尚, 本津 茂樹, 西川 博昭, 日本バイオマテリアル学会関西ブロック第6回関西若手研究発表会,   2011年08月
  • 大面積アパタイトシートのシート面内均一性の評価, 松田太陽,末廣隼也,西川博昭,速水尚,楠正暢,本津茂樹, 第6回日本セラミックス協会関西支部学術講演会,   2011年07月
  • パルスレーザ堆積法を用いたハイドロキシアパタイト薄膜のCa/P比制御, 吉川亮太,中島浩之,西川博昭,楠正暢、速水尚、本津茂樹, 2011年春季第58回応用物理学関係連合講演会,   2011年03月
  • パルスレーザ堆積法を用いたハイドロキシアパタイト薄膜のCa/P比制御, 吉川亮太, 中島浩之, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 本津 茂樹, 2011年春季第58回応用物理学関係連合講演会,   2011年03月
    概要:パルスレーザ堆積法でレーザのフルエンスおよびスポットサイズを変化させることで、得られる薄膜の化学組成が大きく制御できることがわかった。生体材料として有効なハイドロキシアパタイトのCa/P比制御にこれを応用し、その結果を報告した。
  • The restoration of dental enamel using the flexible apatite sheet, S. Hontsu, N. Kato, T. Hayami, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yoshikawa, K. Yamamoto, 5th International Symposium on Apatites and Correlative Biomaterials,   2010年12月, 5th International Symposium on Apatites and Correlative Biomaterials
  • Biocompatibility Evaluation of Hydroxyapatite-coated Titanium Fiber Mesh Scaffold, H. Nishikawa, A. Ametani, Y. Hashimoto, M. Kusunoki, T. Hayami, S. Hontsu, The 3rd International Congress on Ceramics ,   2010年11月
  • Scratch Test of Simulated Body Fluid-derived Hydroxyapatite Film on Biomedical Titanium Substrates, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 大政 光史, 澤井 徹, 京都大学再生医科学研究所, the 3rd International Congress on Ceramics,   2010年11月, the 3rd International Congress on Ceramics
    概要:擬似体液由来アパタイトの基材密着性と剥離挙動をナノスクラッチテストによって詳細に観察した結果を発表した。
  • 疑似体液由来アパタイト超薄膜の骨芽細胞接着性および基材密着特性, 速水 尚, 本津 茂樹, 京都大学再生医科学研究所, 37回日本臨床バイオメカニクス学会,   2010年11月, 37回日本臨床バイオメカニクス学会
    概要:擬似体液から精製したアパタイトを純チタン基材表面に被覆し、そのヒト骨芽細胞接着製及び基材密着性と剥離時の破壊モードについて報告した。
  • フレキシブルアパタイトシートを用いたエナメル質の修復・保存, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 吉川 一志 山本 一世, 第32 回日本日本バイオマテリアル学会,   2010年11月, 第32 回日本日本バイオマテリアル学会
    概要:レーザーアブレーション(PLD)法により、溶解性基板上にハイドロキシアパタイト(HAp)薄膜を成膜後、溶剤にて基板を除去しシート単体を回収するという技術を用いて、HApシートを直接エナメル質表面に貼付し、再石灰化を促すことによりエナメル質再生を試みたので報告した。
  • アパタイト薄膜コーティング生体吸収性高分子不織布シートの作製とin-vitro評価, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 第32回日本バイオマテリアル学会,   2010年11月, 第32回日本バイオマテリアル学会
    概要:生体内吸収性高分子の不織布としてポリ乳酸とポリグリコール酸重合体繊維の不織布(BF)を使用し、これにPLD法を用いてHAp薄膜をコーティングしたHAp被覆BFを作製し、そのHAp薄膜コーティング状況の評価及び細胞培養実験(in-vitro)による生体適合性の評価を行ったので報告した。
  • Biocompatibility Evaluation of Hydroxyapatite-coated Titanium Fiber Mech Scaffold, H. Nishikawa, A. Ametani, Y. Hashimoto, M. Kusunoki, T. Hayami, S. Hontsu, The 3rd International Congress on Ceramics,   2010年11月, The 3rd International Congress on Ceramics
  • ハイドロキシアパタイト薄膜のパルスレーザ堆積法による化学組成結晶性制御の試み, 吉川亮太, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 本津 茂樹, 第32回日本バイオマテリアル学会大会,   2010年11月, 第32回日本バイオマテリアル学会大会
    概要:パルスレーザ堆積法はハイドロキシアパタイトのような複雑な組成を持つ物質を薄膜化するのに有効な方法で、これまでに高品質なハイドロキシアパタイト薄膜を実際に作製してきた。しかしながら、得られる薄膜はややPが不足していることがわかってきた。そこで、レーザの条件をパラメータとして、組成制御を試みる実験を行った。
  • 3次元神経ネットワーク形成を目的とした細培養足場作成の検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会,   2010年11月, 日本バイオマテリアル学会大会
  • 酸化物超伝導薄膜のダメージレスナノプロセスに用いるエピタキシャル成長阻害層の検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 電気関係学会関西連合大会,   2010年11月, 電気関係学会関西連合大会
  • パルスレーザーデポジション法によるアパタイトシートの作製と大面積化の検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 速水 尚, 本津 茂樹, 電気関係学会関西連合大会,   2010年11月, 電気関係学会関西連合大会
  • 酸化物超伝導薄膜のダメージレスナノ加工プロセスの検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 電気関係学会関西連合大会,   2010年11月, 電気関係学会関西連合大会
  • 神経の活動電位計測を目的とした3次元神経ネットワーク作成法の検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 電気関係学会関西連合大会,   2010年11月, 電気関係学会関西連合大会
  • ハイドロキシアパタイトシートの結晶性に関する検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会,   2010年10月, 日本バイオマテリアル学会大会
  • Deposition of hydroxyapatite thin films on titanium substrates and assessment of interfacial adhesion using a scratch test, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 京都大学再生医科学研究所, International Conference on Ceramic Processing Science 11,   2010年09月, International Conference on Ceramic Processing Science 11
    概要:チタン基材表面に合成アパタイトおよび擬似体液由来アパタイトを被覆し、これら引くと記載の密着強さや特製をナノスクラッチテストによって評価した。
  • Composite Coating of Hydroxyapatite for Rapid and Durable Bone Fixation of Dental Implant, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 大阪歯科大学, 大阪歯科大学, The 23rd European Conference on Biomaterials,   2010年09月, The 23rd European Conference on Biomaterials
    概要:人工歯根の表面に成分の異なるアパタイトを複数層に層別に被覆厚さを変更して被覆する技術とその生体活性について研究した成果を発表した。
  • ナノスケールハイドロキシアパタイト被覆チタン不織布の生体親和性のin-vivo評価, 本津 茂樹, 速水 尚, 樋口 裕一 橋本 典也 小正 裕, 第40回日本口腔インプラント学会・学術大会,   2010年09月, 第40回日本口腔インプラント学会・学術大会
    概要:ハイドロキシアパタイト(HAp)は優れた生体親和性をもつため,既にインプラント表面へのコーティング材料として多く用いられている.本研究ではレーザーアプレーション(PLD)法により,三次元チタン不織布(TW)インプラント母材の表面および内部連通孔にナノスケールのHAp薄膜を被覆し,その生体親和性を動物実験により評価した.
  • Mg含有アパタイト薄膜の作製とその生体親和性評価, 西川 博昭, 篠原悠, 楠 正暢, 速水 尚, 本津 茂樹, 橋本典也, 2010年秋季第71回応用物理学会学術講演会,   2010年09月, 2010年秋季第71回応用物理学会学術講演会
    概要:通常の熱平衡条件よりもはるかに大量にMgを含有したハイドロキシアパタイト薄膜を作製する手法として、パルスレーザ堆積法を用いた結果について述べた。
  • Epitaxial Pb(Zr0.52Ti0.48)O3 Thin Film on Flexible Polymer Material and its Piezoelectric Property for Huge Bending Stress, H. Nishikawa, Y. Morita, M. Kusunoki, S. Hontsu, The 17th International Workshop on Oxide Electronics,   2010年09月, The 17th International Workshop on Oxide Electronics
  • Synthesis of magnesium-containing apatite thin film and its biocompatibility investigated by in-vitro cell cultivation, H. Nishikawa, Y. Shinohara, Y. Hashimoto, M. Kusunoki, T. Hayami, S. Hontsu, The 11th International Conference on Ceramic Processing Science,   2010年08月, The 11th International Conference on Ceramic Processing Science
    概要:Mg含有アパタイト薄膜の生体親和性をin-vitro細胞培養によって評価し、特に細胞播種後数時間以内の初期接着に大きな改善がみられることがわかった。
  • アパタイト薄膜被覆チタン不織布インプラントの生体親和性の評価, 本津 茂樹, 速水 尚, 樋口 裕一 橋本 典也, 飴谷 彰洋 吉野 和卓, 久保木 芳徳, 第29回日本口腔インプラント学会近畿・北陸支部総会・学術大会,   2010年01月, 第29回日本口腔インプラント学会近畿・北陸支部総会・学術大会
    概要:レーザーアブレーション(PLD)法により,三次元チタン不織布(TW) 製インプラントの表面と内部連通孔にハイドロキシアパタイト(HAp)薄膜を被覆し,その生体親和性を細胞培養実験により評価した。
  • 疑似体液由来ハイドロキシアパタイト薄膜コートの骨芽細胞への影響, 速水 尚, 西川 博昭, 本津 茂樹, 京都大学再生医科学研究所, 近畿大学大学院, 第31回バイオマテリアル学会大会,   2009年11月, 第31回バイオマテリアル学会大会
    概要:疑似体液由来ハイドロキシアパタイトを原材料とした薄膜のヒト骨芽細胞の増殖・分化について、生化学的に検索した。
  • ナノスケール生体アパタイト/HAp積層被覆インプラントの骨伝導に関する組織学的検討, 本津 茂樹, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本典也 樋口裕一, 第21回アパタイト研究会,   2009年11月, 第21回アパタイト研究会
    概要:速くしかも持続的に骨伝導する工夫として、ナノスケール生体アパタイト(BAp)/化学量論的ハイドロキシアパタイト(HAp)二層構造を有する被覆インプラントを考案した1)。レーザーアブレーション法(以下、PLDと記す)を用いて、まずTiインプラント上を溶解性が非常に小さいHApで被覆した。さらに、その上に早期の骨伝導を目的に牛骨由来BApの薄膜を成膜し、複合機能をもつ構造体を試作した。この二層構造の有効性を検証するためにイヌ大腿骨埋入試験を行った。
  • PLD アパタイトの大面積化の検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, アパタイト研究会,   2009年11月, アパタイト研究会
  • 大面積アパタイトシートの作製法の開発, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム,   2009年11月, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム
  • 酸化物超伝導薄膜のダメージレスナノ加工プロセスの検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会,   2009年11月, 電気関係学会関西支部連合大会
  • PTFEを用いた選択的細胞吸着パターン作製技術の検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会,   2009年11月, 電気関係学会関西支部連合大会
  • Epitaxial La0.67Sr0.33MnO3 Thin Film on Flexible Polymer Material, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, The 16th International Workshop on Oxide Electronics,   2009年10月, The 16th International Workshop on Oxide Electronics
    概要:軽量で柔軟性がある高分子基板上に透明導電体やトランジスタ構造などを作製し、フレキシブルディスプレイや電子ペーパーの開発を試みる研究が注目を集めている。本研究では、フレキシブル基板上へ、各種の機能性酸化物を結晶化した状態で作製することを試みた(英文)。
  • Fabrication of Flexible and Transparent ZnO Sheet by Pulsed Laser Deposition Technique, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, The 16th International Workshop on Oxide Electronics,   2009年10月, The 16th International Workshop on Oxide Electronics
  • レーザーアブレーション法によって作製されたナノスケールハイロド キシアパタイト被覆チタン不織布の生体適合性, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 橋本 典也, 飴谷 彰洋 吉野 和卓, 久保木 芳徳, 日本セラミックス協会 第22回秋季シンポジウム,   2009年09月, 日本セラミックス協会 第22回秋季シンポジウム
    概要:ハイドロキシアパタイト(HAp)は優れた生体親和性をもつため、既にインプラント表面へのコーティング材料として多く用いられている。本研究では、この優れた生体セラミックスであるHApをレーザーアブレーション法(PLD)を用いて、チタン不織布(TW)にナノスケールでコーティングし、優れた生体親和性をもつティッシュエンジニアリング用のナノアパタイト被覆三次元細胞培養担体の開発を行った。
  • Fabrication of Biological Apatite Membranes with Various Shapes toward the Programmable Scaffolds, 西川 博昭, 谷中 直樹, 楠 正暢, 速水 尚, 本津 茂樹, 橋本 典也, ICMAT2009 and IUMRS-ICA2009,   2009年07月, ICMAT2009 and IUMRS-ICA2009
    概要:生体親和性が極めて高く、医療材料として注目を集めている生体由来のハイドロキシアパタイトを自立膜の状態で作製し、細胞培養足場として有効であることを示した(英文)。
  • Preparation of carbonate apatite thin films and evaluation of its biocompatibility, 本津 茂樹, 楠 正暢, 谷中直樹, 西川 博昭, 橋本典也 樋口裕一, ICMAT2009 and IUMRS-ICA 2009,   2009年07月, ICMAT2009 and IUMRS-ICA 2009
  • 極薄アパタイトシートの軟組織再生足場としての応用, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 速水 尚, 浅野弘樹, 東郷秀孝, 橋本典也, 第8回 日本再生医療学会総会,   2009年03月, 第8回 日本再生医療学会総会
  • ハイドロキシアパタイトコーティングインプラントの固着特性に関するin vivo 評価, 三田悟司, 本津 茂樹, 岡崎定司 國場幸恒 中村浩生 古川痲希子 井上愛 小正裕, 平成20年度(社)日本補綴歯科学会関西支部学術大会,   2009年02月, 平成20年度(社)日本補綴歯科学会関西支部学術大会
  • Fabrication of HAp/ZnO Bilayer for Protein Sensitive Field Effect Transistor, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, Materials Research Society 2008 Fall Meeting,   2008年12月, Materials Research Society 2008 Fall Meeting
    概要:生体機能分子の吸着特性に優れているハイドロキシアパタイト(HAp)を用いて新規なバイオセンサを実現する試みとして、HApに分子が吸着した際の分極で半導体ZnOの導電性を変化させるイオン感応型電界効果トランジスタを提案した(英文)。
  • Freestanding Hydroxyapatite Membranes with Various Shapes and the Application to Tissue Engineering Scaffolds, 西川 博昭, 畑中 良太, 浅野 弘樹, 楠 正暢, 速水 尚, 本津 茂樹, 橋本 典也, The IUMRS International Conference in Asia 2008,   2008年12月, The IUMRS International Conference in Asia 2008
    概要:生体材料として注目を集めているハイドロキシアパタイトを自立膜の状態で作製することに成功し、これを細胞培養足場、および細胞シートの材料として提案した(英文)。
  • アパタイトコーティング三次元培養足場の作製と評価, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 浅野弘樹, 東郷秀孝, 濱畑燈, 橋本典也 , 飴谷彰洋, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008,   2008年11月, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008
  • 人工関節軟骨の細胞接着性に及ぼすアパタイト超薄膜被覆の効果(第2報), 速水 尚, 本津 茂樹, 山本 全男, 京都大学再生医科学研究所, 京都大学再生医科学研究所, 京都大学再生医科学研究所, 第35回日本臨床バイオメカニクス学会,   2008年11月, 第35回日本臨床バイオメカニクス学会
    概要:人工関節軟骨にアパタイト超薄膜を被覆して、材棒接着性を向上させようとする一連の研究の内、基材の変形に伴う被膜の破損や剥離招待について検討した。
  • PTFE基板上への血管内皮細胞の選択的吸着に関する検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 橋本典也, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム,   2008年11月, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム
  • アパタイトコートQCMバイオセンサの高品質化に関する検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 橋本典也, 電気関係学会関西支部連合大会,   2008年11月, 電気関係学会関西支部連合大会
  • 高温超伝導ナノブリッジの作製と光応答特性, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 堂田泰史 川山巌 村上博成 斗内政吉 , 藤巻朗, 電気関係学会関西支部連合大会,   2008年11月, 電気関係学会関西支部連合大会
  • 人工歯根表面の細胞挙動シミュレーションを目的としたフォトリソグラフィーによるアパタイトマイクロウェルの作製, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 橋本典也, 電気関係学会関西支部連合大会,   2008年11月, 電気関係学会関西支部連合大会
  • PTFEを用いた細胞パターン作製技術の検討, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 橋本典也, 電気関係学会関西支部連合大会,   2008年11月, 電気関係学会関西支部連合大会
  • コランダム酸化物薄膜結晶の原子レベル層状成長制御に関する試み, 蓬莱谷 忠孝, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム,   2008年09月, 日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム
    概要:磁性や誘電性、金属絶縁体転移など、多様な機能性を示す物質群であるコランダム酸化物は、原子レベルで平坦な表面を保持した成長技術に関する研究が進んでおらず、その機能性を十分に活用できる状況に無い。本研究では、コランダム型酸化物の層状成長制御に関する試みについて、報告する。
  • エキシマレーザーアブレーション法によるアパタイト被覆三次元チタン繊維スキャフォールドの開発, 橋本典也, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 浅野弘樹, 吉川美弘, 池尾隆 飴谷彰洋 吉野和卓, 久保木芳典, 第6回 日本再生歯科医学会 学術大会,   2008年09月, 第6回 日本再生歯科医学会 学術大会
  • Cytocompatibility of hydroxyapatite-coated titanium fiber mesh scaffold, Y.Yoshihiro, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, Y.Hashimoto M.Nakamura, International Association for Dental Reserch (IADR) General Session,   2008年07月, International Association for Dental Reserch (IADR) General Session
  • アパタイトのバイオセンサー応用~QCMによる歯質表面のシミュレーション~, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 橋本典也, 第20回アパタイト研究会,   2007年12月, 第20回アパタイト研究会
  • アパタイトとバイオセンサ, 本津 茂樹, 第20回アパタイト研究会,   2007年12月, 第20回アパタイト研究会
  • Utility of quartz crystal microbalance sensor with natural apatite composition, Y.Hashimoto, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, H.Imai, 1st Asian Biomaterials Congress,   2007年12月, 1st Asian Biomaterials Congress
  • バクテリオロドプシンを用いた輪郭検出型光センサの開発に関する基礎研究, 中川 雄祐, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 平成19年電気関係学会関西支部連合大会,   2007年11月, 平成19年電気関係学会関西支部連合大会
    概要:網膜の視物質ロドプシンと類似の特性を持つ膜タンパク質バクテリオロドプシンを、高度好塩菌の細胞膜から抽出し、メンブレンとして光センサデバイスに応用するための基礎的結果を報告した。
  • 炭酸含有アパタイト薄膜の作製とその生体親和性評価, 田名 宗毅, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 橋本 典也, 第29回日本バイオマテリアル学会大会,   2007年11月, 第29回日本バイオマテリアル学会大会
    概要:生体材料としてのアパタイトに重要な生体内吸収性を増大させる方法として注目される方法として、ハイドロキシアパタイトの水酸基またはリン酸基を炭酸基で置換することが挙げられる。本研究では、インプラント材料として最も重要な薄膜としてのハイドロキシアパタイトの炭酸置換を行い、赤外分光、および細胞培養試験によってその結果を確認した。
  • アパタイト超薄膜を用いた多孔質インプラントへの生体親和性付与, 速水 尚, 西川 博昭, 渋江 唯司, 本津 茂樹, 山本 全男, 日本機械学会2007年度年次大会,   2007年09月, 日本機械学会2007年度年次大会
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜の化学センサ応用, 本間 久由樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 2007年秋季第68回応用物理学会学術講演会,   2007年09月, 2007年秋季第68回応用物理学会学術講演会
    概要:タンパク質の吸着性に優れることから、化学センサの材料として有効であると考えられるハイドロキシアパタイトの単結晶薄膜を作製し、分子吸着に伴う電気特性変化を調べた結果について報告した。
  • 表面に規則的マイクロピラーを持つハイドロキシアパタイトシートの作製, 浅野 弘樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 2007年秋季第68回応用物理学会学術講演会,   2007年09月, 2007年秋季第68回応用物理学会学術講演会
    概要:ハイドロキシアパタイトの表面に金属マスクを用いてマイクロピラーを作製することに成功した。その表面で細胞培養を行った結果、マイクロ構造が細胞の接着、増殖に影響を与えていることが分かった。
  • c軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜の電気特性, 西川 博昭, 本間 久由樹, 楠 正暢, 本津 茂樹, 2007年秋季第68回応用物理学会学術講演会,   2007年09月, 2007年秋季第68回応用物理学会学術講演会
    概要:アパタイトの電気特性はこれまで詳細な研究結果が報告されていない。それに対し、単結晶薄膜を作製することで測定が容易に、かつ安定して再現性が得られると考えて測定を行った。
  • Effect of Hydroxyapatite Nano-order Film Coating on the Cell Attachment of Poly(vinyl alcohol) Hydrogel as an Artificial Cartilage, 速水 尚, 渋江 唯司, 本津 茂樹, 京都大学再生医科学研究所, 京都大学再生医科学研究所, the 4th International Conference on Materials for Advanced Technologies,   2007年07月, the 4th International Conference on Materials for Advanced Technologies
    概要:人工関節軟骨に骨親和性を付与する一連の研究のうち,マウス骨芽細胞を用いた細胞培養実験を行い,細胞増殖のみならずオステオカルシンやALP活性を評価して分化能も評価した結果を示した.(英文)
  • Apatite Thin Film can Provide Good Cell Adhesion to Poly(vinyl alcohol) Hydrogel as an Artificial Articular Cartilage, 速水 尚, 山本 全男, 本津 茂樹, 京都大学再生医科学研究所, 京都大学再生医科学研究所, European Cells & Materials Conferences VIII,   2007年06月, European Cells & Materials Conferences VIII
    概要:人工関節軟骨PVAハイドロゲルにアパタイト超薄膜を被覆し,PVAハイドロゲルに骨親和性を付与する方法を提案した.(英文)
  • Application of epitaxial hydroxyapatite thin film as a biosensor, 西川 博昭, 本間 久由樹, 楠 正暢, 本津 茂樹, ヨーロッパ材料学会2007年春季ミーティング,   2007年05月, ヨーロッパ材料学会2007年春季ミーティング
    概要:ハイドロキシアパタイト薄膜をエピタクシャル成長させる技術は、これまでに報告されておらず、我々独自の成果である。このような高品質の結晶を用いることで、その電気特性が安定化すると考えられる。本研究では、エピタクシャル成長したハイドロキシアパタイト薄膜を化学センサに応用することを試みた(英文)。
  • Naドープハイドロキシアパタイトのc軸配向薄膜作製およびその電気特性, 西川 博昭, 本間 久由樹, 楠 正暢, 本津 茂樹, 第54回応用物理学関係連合講演会,   2007年03月, 第54回応用物理学関係連合講演会
    概要:バイオセンサ材料として有効なハイドロキシアパタイトの導電性を向上させたNaドープハイドロキシアパタイトについて、その結晶性を向上させればセンサとしての動作が安定化すると考えられる。そこで、サファイア基板を用いたエピタクシャル薄膜作製を試みた。
  • 表面に規則的なマイクロ貫通孔を持ったハイドロキシアパタイトシートの作製, 西川 博昭, 奥村 大地, 畑中 良太, 楠 正暢, 本津 茂樹, 第54回応用物理学関係連合講演会,   2007年03月, 第54回応用物理学関係連合講演会
    概要:生体内に直接移植可能なハイドロキシアパタイトシートを、細胞培養足場としてより有効にすべく、その表面に規則的なマイクロメートルオーダーの貫通孔を作製した。これにより、このシートを積層したときにも細胞間の化学物質交換が可能となり、より複雑な組織構造を作製できる。
  • ハイドロキシアパタイトを用いた細胞センサ用足場の作製, 西川 博昭, 奥村 大地, 楠 正暢, 本津 茂樹, 平成18年電気関係学会関西支部連合大会,   2006年11月, 平成18年電気関係学会関西支部連合大会
    概要:細胞をレセプタとして用いた細胞センサのための細胞足場として、電極としての電気特性と細胞親和性を併せ持ったNaドープハイドロキシアパタイトを用い、その薄膜をマイクロメートルオーダーで加工する簡便な方法について報告した。
  • 表面形状を制御したハイドロキシアパタイト薄膜の細胞接着・増殖, 西川 博昭, 小川 敦子, 楠 正暢, 本津 茂樹, 第28回日本バイオマテリアル学会大会,   2006年11月, 第28回日本バイオマテリアル学会大会
    概要:マイクロメートルオーダーで加工された表面では、細胞の接着・増殖が平らな表面とは大きく異なることが知られている。本研究では、細胞の接着・増殖に優れているハイドロキシアパタイトの表面にマイクロメートルオーダーの規則的な凹凸を作製し、その表面での細胞の挙動を調べた。
  • Preparation of Hydroxyapatite Sheet with Various Shapes and its Application to Programmable Tissue Engineering Scaffold, 西川 博昭, 畑中 良太, 楠 正暢, 本津 茂樹, アメリカ材料学会2006年秋季ミーティング,   2006年11月, アメリカ材料学会2006年秋季ミーティング
    概要:生体親和性に優れるハイドロキシアパタイト薄膜を細胞培養足場として用い、得られた組織をそのまま移植可能にする方法を提案した。薄膜を作製するときの基板を水溶性にすることで、得られた試料を浸水すればハイドロキシアパタイトのシートのみを回収することができ、培養した細胞と共に体内に移植可能である(英文)。
  • 人工関節軟骨の細胞接着性に及ぼすアパタイト超薄膜被覆の効果, 速水 尚, 本津 茂樹, 京都大学再生医科学研究所, 京都大学再生医科学研究所, 京都大学再生医科学研究所, 京都大学再生医科学研究所, 第33回日本臨床バイオメカニクス学会,   2006年11月, 第33回日本臨床バイオメカニクス学会
    概要:人工関節軟骨にアパタイト超薄膜をレーザーアブレーション法により被覆可能であることを示し、その細胞接着性についても細胞培養実験を通して検証した。
  • ハイドロキシアパタイト超薄膜による人工関節軟骨への生体親和性付与, 速水 尚, 渋江 唯司, 本津 茂樹, 日本機械学会2006年度年次大会,   2006年09月, 日本機械学会2006年度年次大会
  • 原子レベルで平坦な基板を用いた高結晶性ハイドロキシアパタイト薄膜の作製, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 2006年(平成18年)秋季第67回応用物理学会学術講演会,   2006年08月, 2006年(平成18年)秋季第67回応用物理学会学術講演会
    概要:結晶面によってタンパク質の吸着特性が異なるハイドロキシアパタイト(HAp)の特徴を利用すべく、単一軸配向のHAp薄膜を作製することを試みている。これまで、Al2O3(0001)基板を用いることで、HApがエピタクシャル成長する可能性を提案し、その結果を報告してきた。今回はAl2O3(0001)を熱処理することにより、原子レベルで平坦な表面を得ることができることに着目し、その上にHAp薄膜を成長した結果、HApの結晶性が格段に向上することを報告した。
  • Improvment of hydroxyapatite deposition on titanium dental implant using ArF laser ablation:effect on osteoblast biocompatibility in vitoro, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 細井 美彦, 畑中良太, 濱野恵子, 大阪歯科大学歯科理工講座, 大阪歯科大学歯科理工学講座, 11th International Conferrences on Modern Materials and Technologies,   2006年08月, 11th International Conferrences on Modern Materials and Technologies
    概要:レーザーアブレーション法により、チタン基板上にハイドロキシアパタイト(HAp)薄膜および生体アパタイト(NAp)を作製し、その生体親和性を骨芽細胞を用いて調べた。24時間培養後の細胞数はチタンのみの基板に比べ、HAp薄膜上では約2倍、NAp薄膜上では約3倍となり、アパタイトの優れた生体親和性を確認することができた。
  • ハイドロキシアパタイト薄膜を用いたグルコースセンサ, 西川 博昭, 奥村 大地, 楠 正暢, 本津 茂樹, 2006年(平成18年)春季第53回応用物理学関係連合講演会,   2006年03月, 2006年(平成18年)春季第53回応用物理学関係連合講演会
    概要:タンパク質やDNAなど、生体機能分子の吸着能に優れたハイドロキシアパタイトを用い、特定分子にのみ結合する基質特異性を有する分子を表面に固定化することで、バイオセンサとして用いることを試みている。今回は、グルコース分解酵素であるグルコースオキシダーゼを用い、グルコースセンサとしての動作を確認した結果について報告した。
  • 規則的に形状制御されたハイドロキシアパタイト薄膜表面の細胞培養足場への応用, 西川 博昭, 小川 敦子, 楠 正暢, 本津 茂樹, 2006年(平成18年)春季応用物理学関係連合講演会,   2006年03月, 2006年(平成18年)春季応用物理学関係連合講演会
    概要:細胞培養足場の表面に、細胞と同程度の大きさで(10μm程度)規則的な凹凸パターンを形成すると、細胞の接着・増殖および組織形成の挙動が大きく影響を受けることが分かっている。そこでこの技術を、歯や骨の主成分であり、生体親和性に優れたハイドロキシアパタイトへ応用することを試みた。
  • Application of hydroxyapatite thin film as a biosensor., 西川 博昭, 奥村 大地, 楠 正暢, 本津 茂樹, アメリカ物理学会2006年3月ミーティング,   2006年03月, アメリカ物理学会2006年3月ミーティング
    概要:生体機能分子の吸着特性に優れるハイドロキシアパタイトを化学センサに応用する研究を行っている。今回はグルコース分解酵素であるグルコースオキシダーゼが、グルコースに対して示す基質特異性を利用し、グルコースセンサを試作することを行った(英文)。
  • 規則的に形状制御されたハイドロキシアパタイト薄膜表面の細胞培養足場への応用, 西川 博昭, 小川 敦子, 楠 正暢, 本津 茂樹, 第27回日本バイオマテリアル学会大会,   2005年11月, 第27回日本バイオマテリアル学会大会
    概要:疎水性溶媒に溶解した高分子溶液をキャストした際に形成される、ナノからマイクロオーダーの自己組織化パターンを持ったフィルムに対し、生体親和性を向上させる目的でハイドロキシアパタイト薄膜をコーティングすることを試みた。
  • Naドープハイドロキシアパタイトの電気的特性とバイオセンサへの応用, 西川 博昭, 奥村 大地, 楠 正暢, 本津 茂樹, 第27回日本バイオマテリアル学会大会,   2005年11月, 第27回日本バイオマテリアル学会大会
    概要:タンパク質やDNAなど、生体機能分子の吸着性に優れるハイドロキシアパタイトは、Naをドープすることで電気抵抗が大幅に減少し、分子吸着に伴う電気抵抗変化を検出可能となる。この特性をバイオセンサとして利用することを考え、グルコース酸化酵素であるグルコースオキシダーゼを用いたグルコースセンサを試作した。
  • ポーラスインプラントの連通孔深部に至る生体アパタイトコーティング(第2報)術後早期におけるbone ingrowth の評価, 速水 尚, 本津 茂樹, 山本全男, 大阪歯科大学高齢歯科学, 京都大学医学部, 第32回日本臨床バイオメカニクス学会,   2005年11月, 第32回日本臨床バイオメカニクス学会
    概要:ビーズ型ポーラスインプラントに高速度で骨進入を誘導するため,その表面に超薄膜ハイドロキシアパタイト(厚さ300nm)を被覆した.そして,イヌ下顎骨に3~12週間インプラントし,骨進入状態とインプラントの引き抜き強度を調べた.そして,ハイドロキシアパタイト被覆が骨侵入速度を加速できることを示した.
  • Micro-CTによるアパタイト被覆ポーラスインプラント人工歯根への骨進入と骨固定性の評価, 速水 尚, 本津 茂樹, 渋江 唯司, 大阪歯科大学高齢歯科学, 京都大学医学部, ファインセラミックスセンター, 日本非破壊検査協会平成17年度秋季講演大会,   2005年11月, 日本非破壊検査協会平成17年度秋季講演大会
    概要:μCTスキャナーを用いて,ポーラスインプラント連通孔深部へ新生骨が進入する様子を3次元的に観測する非破壊検査手法を提案した.インプラントと骨を識別する画像処理方法についても考察した.
  • レーザーアブレーション法によるPVAハイドロゲル上への超薄膜アパタイト被覆, 速水 尚, 後藤知代, 大澤恭子, 本津 茂樹, 畑中良太, 京都大学再生医科学研究所, 京都大学再生医科学研究所, 京都大学再生医科学研究所, 第27回バイオマテリアル学会,   2005年11月, 第27回バイオマテリアル学会
    概要:元来細胞接着性に乏しいポリビニルアルコールハイドロゲルにレーザーアブレーション法を用いてハイドロキシアパタイト超薄膜を被覆し,高い生体親和性を付与できることを示した.
  • ハイドロキシアパタイト薄膜の配向性とその表面へのタンパク質吸着特性の関係, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 2005年(平成17年)秋季第66回応用物理学会学術講演会,   2005年09月, 2005年(平成17年)秋季第66回応用物理学会学術講演会
    概要:ハイドロキシアパタイトの結晶が持つ特異的な吸着特性(a面には酸性タンパク質が、c面には塩基性タンパク質がそれぞれ優先的に吸着)を有効に利用できる薄膜を作製することを試みている。成膜条件によってハイドロキシアパタイトの配構成が制御できることが分かった。
  • Addition of Advanced Biocompatibility to the Porous Artificial Root, 西川 博昭, 本津 茂樹, 速水 尚, 楠 正暢, 4th International Conference on Porous Metals and Metal Foaming Technology (MetFoam2005),   2005年09月, 4th International Conference on Porous Metals and Metal Foaming Technology (MetFoam2005)
    概要:3次元的アンカリング効果をもつエンドポアインプラント表面に、レーザアブレーション法で高結晶性のハイドロキシアパタイト薄膜を成膜し、生体親和性の向上を図った。レーザアブレーション時のガス圧を高く設定することでアブレーション化学種とガス分子の衝突・散乱を増加させ、ポア深部への成膜を行なった。得られた試料を動物実験に用いたところ、μCT像によりポア深部への新生骨伝導が認められた(英文)。
  • Tunable Range of Center Frequency and Bandwidth of Superconducting Bandpass Filter with Mechanically Movable Sapphire Rods, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, European Conference on Applied Superconductivity(EUCAS'05),   2005年09月, European Conference on Applied Superconductivity(EUCAS'05)
  • Coplanar superconducting lumped elements filter with meander-line inductors and inter-digital capacitors, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 揚村和幸, 井口一輝, 10th International Superconductive Electronics Conference 2005,   2005年09月, 10th International Superconductive Electronics Conference 2005
    概要:中心周波数2.0GHzの集中定数Coplanar型6段のChebyshevバンドパスフィルターを設計し、20mm角のMgO基板上へのパターン化を行った。さらに、キャパシタンス素子をメカニカルチューニング法で変化させ、中心周波数およびバンド幅のチューナビリティについて考察した。
  • ハイドロキシアパタイトのa/c軸配向制御, 西川 博昭, 川島 将実, 楠 正暢, 本津 茂樹, 川合 知二, 2005年(平成17年)春季第52回応用物理学関係連合講演会,   2005年03月, 2005年(平成17年)春季第52回応用物理学関係連合講演会
    概要: ハイドロキシアパタイトの持つ、a面とc面の塩基性タンパク質と酸性タンパク質の吸着特性の違いを利用する目的で、配向軸を制御したハイドロキシアパタイト薄膜を作製することを試みた。その結果、基板として用いるサファイアの結晶面と成膜条件を最適化し、a軸優先配向膜および超高品質な完全c軸配向薄膜を作製することに成功した。
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜を用いたバイオセンサの高感度化, 西川 博昭, 楠 正暢, 奥村 大地, 川島 将実, 本津 茂樹, 仲森 昌也, 川合 知二, 2005年(平成17年)春季第52回応用物理学関係連合講演会,   2005年03月, 2005年(平成17年)春季第52回応用物理学関係連合講演会
    概要: Naドープハイドロキシアパタイトをバイオセンサとして用いる研究において、電気伝導性を測定するための電極を微細化し、センサ有効面積を変化することによって対象物質をそのサイズでせんたくできる新しいタイプのバイオセンサを試みた。
  • Biosensor Consists of Na - Doped Hydroxyapatite Thin Film., 西川 博昭, 楠 正暢, 川島 将実, 本津 茂樹, 川合 知二, アメリカ物理学会定例3月ミーティング2005,   2005年03月, アメリカ物理学会定例3月ミーティング2005
    概要: Naドープハイドロキシアパタイト薄膜のバイオセンサ応用について、その電気伝導性によって分子吸着を測定する新規な方法を報告した。
  • ポーラスインプラントの連通孔深部に至る生体アパタイトコーティング, 速水 尚, 本津 茂樹, 樋口裕一, 中村孝志, 第31回日本臨床バイオメカニクス学会,   2004年11月, 第31回日本臨床バイオメカニクス学会
    概要:レーザーアブシーション法を用いて,複雑な3次元ポーラス構造を有するチタンビーズインプラントの連通行深部にまでハイドロキシアパタイトの薄膜コーティングを行った.このインプラントをイヌ下顎骨にインプラントした結果,術後早期に連通行深部に至るbone-ingrowthを得ることができることを示した.
  • 人工関節軟骨 PVA-hydrogel の亀裂進展強度, 速水 尚, 大杉太佳司, 清水亮宏, 本津 茂樹, 玄丞烋 松村和明 中村孝志,, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004,   2004年11月, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004
    概要:人工関節軟骨や人工椎間板として利用できるPVAハイドロゲルの亀裂進展強度を亀裂進展挙動を観察しながら評価した.PVA-Hに導入した予亀裂にmodeⅠ荷重を作用させても,亀裂はほとんど進展しなかった.PVA-Hの亀裂進展強度は非常に大きいことが示唆された.
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜の作製とそのバイオセンサ応用, 西川 博昭, 仲森 昌也, 川島 将実, 楠 正暢, 本津 茂樹, 川合 知二, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004,   2004年11月, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004
    概要: Naをドープすることによって電気伝導性を付与したハイドロキシアパタイト薄膜に対し、ウシ血清アルブミン、水などの分子を吸着させ、電気伝導性の変化を調べた。これにより、ハイドロキシアパタイトがバイオセンサとして有効であることが確かめられた。
  • c軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜の作製とその表面への塩基性タンパク質優先的吸着, 西川 博昭, 川島 将実, 楠 正暢, 本津 茂樹, 川合 知二, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004,   2004年11月, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004
    概要: ハイドロキシアパタイトのc軸配向薄膜の作製をレーザアブレーション法によって試みた。結晶性に優れたc軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜を作製するための成膜条件を最適化し、その表面へのタンパク質の吸着についても評価した。
  • Mechanical Tuning of Superconducting Lumped Element Filter, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 揚村 和幸, 井口 一輝, 仲森 昌也, Applied Superconductivity Conference 2004,   2004年10月, Applied Superconductivity Conference 2004
    概要:中心周波数とバンド幅、スカート特性を自由に制御できる、超伝導薄膜を用いたコプレーナー型の集中定数型の3段のバンドパスフィルタの素子設計と制御方法について検討し、電磁界シミュレータによりその動作を確認した。
  • 骨粗鬆海綿骨における構造脆弱性機構の画像評価(第1報)-骨梁の3次元変形動態の観察方法と評価-, 速水 尚, 本津 茂樹, 山本 全男, 中村孝志, 2004年度精密工学会秋季大会学術講演会,   2004年09月, 2004年度精密工学会秋季大会学術講演会
    概要:骨梁構造の変形から破壊に至る挙動を3次元的に観察するため,μCTを測定しながら海綿骨にせん断変形を負荷する装置を設計製作した.その装置構造と測定精度および測定結果について考察した.
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜を用いたバイオセンサ, 西川 博昭, 仲森 昌也, 川島 将実, 楠 正暢, 本津 茂樹, 川合 知二, 2004年(平成17年)秋季第65回応用物理学会学術講演会,   2004年09月, 2004年(平成17年)秋季第65回応用物理学会学術講演会
    概要: ハイドロキシアパタイトが、タンパク質や核酸等の機能性生体分子をよく吸着することから、これをバイオセンサとして応用する研究を試みている。吸着に伴う電子状態変化を表面電気抵抗の変化として測定するため、絶縁体であるハイドロキシアパタイトにNaをドープして電気伝導性を向上させた。この物質を薄膜化し、溶液中でウシ血清アルブミンを滴下したところ、その電気抵抗が大きく減少し、タンパク質センサとしての動作が期待できることがわかった。
  • c軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜表面への塩基性タンパク質の優先的吸着, 西川 博昭, 川島 将実, 楠 正暢, 本津 茂樹, 川合 知二, 2004年(平成17年)秋季第65回応用物理学会学術講演会,   2004年09月, 2004年(平成17年)秋季第65回応用物理学会学術講演会
    概要: ハイドロキシアパタイトのc面には、塩基性タンパク質が酸性タンパク質に優先して吸着する特異な性質がある。この特徴を有効に活用する目的で、ハイドロキシアパタイトのc軸配向薄膜の作製を試みた。レーザアブレーション法により、基板温度と成膜雰囲気を最適化することで、結晶性に優れたc軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜を作製することに成功した。また、タンパク質の吸着についても評価した。
  • 静磁波によって制御される超伝導ボルテックスの挙動における温度依存性, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 2004年(平成16年)春季第51回応用物理学関係連合講演会,   2004年03月, 2004年(平成16年)春季第51回応用物理学関係連合講演会
    概要: 超伝導体に磁場を印加することで発生するボルテックスは、磁場によって超伝導体の運動を駆動することができる。本研究では、この超伝導ボルテックスを制御するために、磁性体中を伝搬する静磁波を用いることを試みている。ここでは、超伝導臨界温度直下において、ボルテックスの運動が容易になっている状況で静磁波を相互作用させ、ボルテックスの運動を大きくすることが確認できた。
  • Magnetoelectric properties of magnetic/ferroelectric multilayered thin film., 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 川合 知二, アメリカ物理学会定例3月ミーティング2004,   2004年03月, アメリカ物理学会定例3月ミーティング2004
    概要: 強磁性体と強誘電体の性質を併せ持つマルチフェロイックスが注目を集めている。本研究においては、マルチフェロイックスの起源を明らかにする目的で、種々の磁性体における格子歪みが誘電性に与える影響を詳細に調べた。磁性体の性質を支配する交換相互作用が、化学結合の距離、角度に強く依存していることから、磁性と誘電性が強く結びついたランタン酸クロムの特異な誘電現象を初めて明らかにした。
  • マイクロフォーカスX線CTを用いた骨粗鬆症海綿骨の構造脆弱性評価, 速水 尚, 本津 茂樹, 中村孝志, 水田安俊 池田泰, 第4回放射線による非破壊評価シンポジウム,   2004年02月, 第4回放射線による非破壊評価シンポジウム
    概要:μCTを撮影しながらヒト海綿骨をせん断変形させる装置を考案し,正常および骨粗鬆海綿骨のせん断変形動態を3Dアニメーション表示して観察した.その結果,骨梁構造形態の違いよる3次元的な破壊様式の変化,すなわち海綿骨の構造脆弱性を評価することを可能にした.
  • 3 段集中定数型超電導フィルタのメカニカルチューニング特性, 西川 博昭, 井口一輝, 本津 茂樹, 楠 正暢, 2003 年秋季低温工学・超電導学会,   2003年12月, 2003 年秋季低温工学・超電導学会
    概要:次世代移動体通信システムに必要不可欠な超電導チューナブルフィルタを、我々独自のメカニカルチューニング方式を集中定数型素子に適用することを試みた。シミュレーション及び実験において、大きなチューニング特性を確認した。
  • 超伝導ボルテックスと静磁波の相互作用による超伝導静磁波デバイス, 西川 博昭, 本津 茂樹, 寺籠正史, 川合知二, International Union of Materials Research Societies, 8th Interational Conference on Advanced Materials(IUMRS.ICAM2003)(横浜),   2003年10月, International Union of Materials Research Societies, 8th Interational Conference on Advanced Materials(IUMRS.ICAM2003)(横浜)
    概要:これまでに我々が研究をすすめてきた、超伝導ボルテックスと静磁波の相互作用を用い、特性がマイクロ波周波数で制御できる新しい形のスイッチングデバイスを試作した(英文)。
  • 強磁性体Y3Fe5O12 単結晶中を伝搬する静磁波によるYBa2Cu3O7-y 薄膜中のボルテックス制御, 西川 博昭, 寺籠正史, 楠 正暢, 本津 茂樹, 川合知二, 第64 回応用物理学会学術講演会,   2003年09月, 第64 回応用物理学会学術講演会
    概要:強磁性体Y3Fe5O12 中を伝搬する静磁波が、超伝導体中に存在する磁束量子(ボルテックス)と相互作用をおこし、これによって超伝導特性を制御する可能性を示唆する実験結果を得た。
  • ボルテックス 静磁波相互作用を用いた超伝導静磁波素子, 西川 博昭, 本津 茂樹, 寺籠正史, 川合知二, 2003年春季低温工学・超伝導学会,   2003年05月, 2003年春季低温工学・超伝導学会
    概要:磁性体を伝搬する静磁波と超伝導体に存在するボルテックスの間に働く相互作用を用いた新規な超伝導マイクロ波素子を提案した。実際のデバイスを試作したところ、静磁波のエネルギーがボルテックスに吸収され、その運動が制御されることを確認した。
  • Strain effect of the dielectric anomaly at N.el point for antiferromagnetic RCrO3(R: La, Nd), 西川 博昭, 本津 茂樹, 川合知二, American Physical Society March Meeting 2003,   2003年03月, American Physical Society March Meeting 2003
    概要:ペロブスカイト型反強磁性体RCrO3(R: La, Nd)の薄膜が示す、N.el点付近での誘電率異常について、基板との格子不整合に由来する格子歪みが原因であることを示唆する結果を報告した。(英文)
  • Dielectric aromaly at Neel point in antiferromagnetic RCrO3(R: La, Nd), 西川 博昭, 本津 茂樹, 川合知二, International Symposium on Scientific and Industrial Nano technology 2002,   2002年12月, International Symposium on Scientific and Industrial Nano technology 2002
    概要:反強磁性体RCrO3(R:La、Nd)において、ネール点以下の低温において局在スピン間に超交換相互作用が働くと、イオン間の化学結合角が変化しにくくなるため、誘電率が異常に減少することを初めて発見した。(英文)
  • スピネル型フェライトにおける静磁波伝搬とその超伝導静磁波素子への応用, 西川 博昭, 本津 茂樹, 寺籠正史, 峯成伸, 仲森 昌也, 田畑仁 川合知二, 第63回応用物理学会学術講演会,   2002年09月, 第63回応用物理学会学術講演会
    概要:超伝導静磁波素子を実現するために有効な磁性材料として、スピネル型フェライトに注目し、検討を行なった。
  • Preparation of perovskite type manganite on Al2O3 substrate as an excellent buffer layer for YBa2Cu3O7-δ growth, 西川 博昭, 本津 茂樹, 仲森 昌也, 田畑仁 川合知二, Applied Superconductivity Conference(ASC 2002),   2002年08月, Applied Superconductivity Conference(ASC 2002)
    概要:マイクロ波材料として有用な酸化物超伝導体を、マイクロ波帯域で低損失なサファイア基板上へ作製するための有効なバッファ層として、ペロブスカイト型マンガン酸化物を提案し、その超伝導特性や磁性、マイクロ波特性を実験により評価した。(英文)
  • Improvement of biocompatibility by coating of a hydroxyapatite thin film onto lotus-type porous stainless steel, 西川 博昭, 本津 茂樹, 赤井正哉, 池田輝之 中嶋英雄, 5th SANKEN International Symposium,   2002年03月, 5th SANKEN International Symposium
    概要:軽量で機械的特性に優れたロータス型ポーラスステンレス鋼に、 優れた生体親和性を示すハイドロキシアパタイトをコーティングすることで、 生体インプラント用材料に有用であることを細胞培養実験により確認した(英文)。
  • Dielectric anomaly at Nel point in antiferromagnetic RCrO3 (R: La, Nd), 西川 博昭, 本津 茂樹, 久保田哲郎, 川合知二, American Physical Society March Meeting 2002,   2002年03月, American Physical Society March Meeting 2002
    概要:反強磁性体 RCrO3 (R: La, Nd) において、 ネール点以下の低温で局在スピン間に超交換相互作用が働くと、 イオン間の化学結合角が変化しにくくなるため、 誘電率が異常に減少することを初めて発見した。 (英文)
  • 反強磁性体 RCrO3 (R: rare earth) のネール温度における誘電率異常, 西川 博昭, 本津 茂樹, 久保田哲郎, 川合知二, 第 49 回応用物理学関係連合講演会,   2002年03月, 第 49 回応用物理学関係連合講演会
    概要:反強磁生体 RCrO3 (R: rare earth) がネール点以下の低温で起こす誘電率異常を初めて報告し、 その機構について議論した。
  • Pr0.8Ca0.2MnO3 バッファ層/Al2O3 基板上に作製した YBa2Cu3O7 8 のマイクロ波特性, 西川 博昭, 本津 茂樹, 寺籠正史, 峯成伸, 仲森 昌也, 田畑仁 川合知二, 第 49 回応用物理学関係連合講演会,   2002年03月, 第 49 回応用物理学関係連合講演会
    概要:マイクロ波伝送線路用材料として極めて有効な酸化物超伝導体 YBa2Cu3O7 8 を、 同じくマイクロ波素子用基板材料として注目されている Al2O3 基板上に作製し、 そのマイクロ波損失が小さいことを報告した。
  • Al2O3 (001) 基板上に作製した YBa2Cu3O7-δ/Pr0.8Ca0.2MnO3 のマイクロ波特性, 西川 博昭, 本津 茂樹, 寺籠正史, 峯成伸, 田畑仁 川合知二, 4th International COE Symposium (吹田),   2001年12月, 4th International COE Symposium (吹田)
    概要:低損失かつ機能性を付加した高性能マイクロ波素子が実現可能な YBa2Cu3O7-8/Pr0.8Ca0.2MnO3//Al2O3 (0001) に対し、 そのマイクロ波伝搬特性を調べた。 YBa2Cu3O7-8 の臨界温度以下で試料の挿入損失は急激に減少し、 70 [K] 以下では 0.7 [dB] 以下となった。 (英文)
  • Heteroepitaxy of YBa2Cu3O7-δ/Pr0.8Ca0.2MnO3 on Al2O3 (0001) substrate for superconducting magnetostatic wave devices, 西川 博昭, 本津 茂樹, 寺籠正史, 峯成伸, 仲森 昌也, 田畑仁 川合知二, 2001 Materials Research Society Fall Meeting,   2001年11月, 2001 Materials Research Society Fall Meeting
    概要:マイクロ波素子用の基板材料として、 最も理想的な Al2O3 上へ、 超伝導静磁波素子を作製した。 得られた試料は結晶性、 超伝導特性共良好であった、 また、 YBa2Cu3O7-8 の面内配向性を調べたところ、 C 軸方向が三種類の粒内で異なっており、 改善の余地があった。 (英文)
  • Al2O3 (0001) 上に作製した YBa2Cu3O7-δ/Pr0.8Ca0.2MnO3 の静磁波伝搬, 西川 博昭, 本津 茂樹, 寺籠正史, 峯成伸, 仲森 昌也, 田畑仁 川合知二, 第 62 回応用物理学会学術講演会,   2001年09月, 第 62 回応用物理学会学術講演会
    概要:マイクロ波素子への応用が期待される酸化物超伝導体を、 磁性体と組み合わせた積層膜を作製した。 超伝導体中を伝搬するマイクロ波によって、 磁性体中に静磁波を励起することに成功した。
  • Preparation of directly stacked YBa2Cu3O7-δ/oxide magnetic material thin films on Al2O3(0001) substrate, 西川 博昭, 本津 茂樹, 酒谷知孝, 寺籠正史, 峯成伸, 仲森 昌也, 田畑仁 川合知二, 8th International Superconductive Electronics Conference,   2001年06月, 8th International Superconductive Electronics Conference
    概要:Al2O3 基板上に、 酸化物超伝導体 YBa2Cu3O7 δ を作製した。 表面イオン配列の類似性を考慮し、 Al2O3 は (0001) 面を、 YBa2Cu3O7 δ は (113) 面を用いた。 Pr0.8Ca0.2MnO3 をバッファ層として用いた場合、 87.5 K という高いゼロ抵抗転移点が得られた。 (英文)
  • Preparation of superconducting magnetostatic wave devices on Al2O3 (0001) substrate, 西川 博昭, 本津 茂樹, 寺籠正史, 峯成伸, 田畑仁 川合知二, The 8th International Workshop on Oxide Electronics,   2001年06月, The 8th International Workshop on Oxide Electronics
    概要:マイクロ波信号の伝搬方法として注目される静磁波を、 超伝導体中の電磁波によって励起する超伝導静磁波素子を作製した。 超伝導体の臨界温度以下で、 磁性体中に静磁波が伝搬することを確認した(英文)。
  • Magnetoresistance of Fe3O4/Fe3-xMxO4 multilayered thin films, 西川 博昭, 本津 茂樹, 田中秀和 川合知二, American Physical Society March Meeting 2001,   2001年03月, American Physical Society March Meeting 2001
    概要:ハーフメタルである Fe3O4 に巨大磁気抵抗効果を発現させる目的で、 超交換相互作用を制御した人工格子を作製した。 スピンフラストレーションを導入することにより、 1000 Oe の磁場下での磁気抵抗効果を約 5 倍に増大させることに成功した。 (英文)
  • 超伝導静磁波素子を目的とした YBa2Cu3O7-δ/酸化物磁性体/Al2O3(0001) 作製, 西川 博昭, 本津 茂樹, 酒谷知孝, 寺籠正史, 峯成伸, 仲森 昌也, 田畑仁 川合知二, 第 48 回応用物理学関係連合講演会,   2001年03月, 第 48 回応用物理学関係連合講演会
    概要:安価で損失が小さいため、 マイクロ波素子の基板として注目される Al2O3 上に、 酸化物超伝導体薄膜を作製した。 バッファ層として Pr0.8Ca0.2MnO3 を用いることで、 次世代マイクロ波素子である超伝導静磁波素子の基本構造を得ることに成功した。
  • Overlaid Ultrathin Amorphous Calcium Phosphate Sheet Improves Dentinal Tubule Sealing rate, N. Kato, T. Ido, E. Yamamoto, K. Yasuo, K. Yoshikawa, K. Yamamoto and S. Hontsu, 27th Symposium and Annual Meetingofthe International Society for Ceramics in Medicine; BIOCERAMICS 27,   2015年10月

作品

  • 産学連携によるナノスケール生体機能性膜の創製とそのバイオデバイスへの応用,   2008年 - 2012年
  • ナノアパタイト薄膜作製技術を用いた次世代インプラント治療,   2008年 - 2010年
  • ナノアパタイト被覆三次元チタン繊維細胞培養担体の開発,   2007年 - 2008年
  • 有用アグリリソース/アパタイト複合材料を利用した機能素材応用技術の開発,   2003年 - 2007年
  • プログラム自己組織化による人工生体情報材料創製,   2002年 - 2007年
  • アパタイト薄膜を用いた複合ステントの基本特性試験,   2006年
  • 生体材料としての透明アパタイトシートの作製とその形状制御技術の確立,   2006年
  • アパタイト薄膜被膜高機能ステントの開発,   2004年 - 2005年
  • 高性能高温超伝導薄膜・フィルタ作製技術の開発と製造,   2002年 - 2004年
  • レーザMBE装置によるハイドロキシアパタイトのナノ構造制御および複合光触媒材料の開発,   2002年 - 2003年
  • 酸化物超伝導体/強磁性体へテロ構造を用いた超伝導静磁波素子の作製,   2002年 - 2003年
  • レーザーMBE装置によるハイドロキシアパタイトのナノ構造制御および複合光触媒材料の開発,   2002年 - 2003年
  • 生体親和性と加工性に優れた複合インプラントの開発,   2001年 - 2003年
  • ポーラス金属を用いた高機能性医療器具の開発,   2000年 - 2003年
  • ハイロドキシアパタイトコーティング人工歯根への基礎研究とハイロドキシアパタイトコーティングのガイドワイヤー及びステント等への実用化研究,   2003年
  • 医療用金属細線又は薄板へのアパタイト、Ni-Ti合金の薄膜形成とその膜加工に関する研究,   2002年
  • プログラム自己組織化による人工生体材料創製,   2002年
  • チューナブル電磁波素子のための酸化物誘電体/超伝導体/磁性体・積層構造の作製,   2000年 - 2001年
  • ハンドロキシアパタイト薄膜/金属複合インプラントの開発,   2001年
  • ボルテックスエレクトロニクス,   1999年 - 2000年
  • 生体親和性と柔軟性を兼ねそなえた無機/有機複合材料の開発,   1998年 - 1999年
  • レーザーアブレーション法による骨組織の薄膜化とその生体への適用,   1995年 - 1998年

MISC

  • Application of Ultrathin Amorphous Calcium Phosphate Sheet in the Curative Treatment of Dentin Hypersensitivity in vitro, S. Hontsu, A. Isai, E. Yamamoto, N. Kato, K. Yoshikawa,H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yamamoto, 13th Asian BioCeramics Symposium ,   2013年12月
  • Development of a perforated hydroxyapatite sheet and its application to the repair of tooth enamel, E. Yamamoto, A. Isai, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa, K. Yamamoto ,S. Hontsu, The 12th Asian BioCeramics Symposium,   2012年11月
  • Formation of the artificial enamel on dentin using the ultrathin apatite sheet, N. Kato1, K. Yoshikawa, A. Isai, E. Yamamoto,H. Nishikawa, M. Kusunoki, Y. Hashimoto, K. Yamamoto, S. Hontsu, The 12th Asian BioCeramics Symposium,   2012年11月
  • Characteristics of a humidity sensor using a Na-doped hydroxyapatite thin film, S. Hontsu, M. Nakamori, H. Nishikawa, M. Kusunoki, Memories of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 26, 87, 91,   2010年10月, 査読有り
  • Micro-patterning technique for capillary blood vessels on Polytetrafluoroethylene substrate, M. Kusunoki, T. Wada, H. Kanda, H. Togo, T. Hayami, Y. Hashimoto Y, Nishikawa and S. Hontsu, Memories of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 25, 1, 6,   2010年03月, 査読有り
  • ハイドロキシアパタイトコート基材が神経分化誘導に及ぼす影響の検討, 竹原俊幸、畑中良太、楠正暢、西川博昭、橋本典也、本津茂樹、細井美彦, 近畿大学生物理工学部紀要, 18, 25, 29,   2006年09月, 査読有り
  • Superconducting Microwave Device - Present Status of Technological Development of Tunable Filter -, 本津 茂樹, Superconductivity Web21,   2004年07月
    概要:超伝導チューナブルフィルタの最近の状況を調査して報告した。
  • Fabrication and Investigation of High - Temperature Superconductor/ Ferroelectric/ Ferromagnetic Structures for Electrically and Magnetically Tunable Superconducting Microwave Devices, S.Hontsu, H.Nishikawa, Mem. School. B.O.S.T., Kinki Univ., 10, 21, 28,   2002年07月
  • 優れた生体親和性と柔軟性を兼ねそなえた無機/有機複合材料の開発, 仲森昌也、本津茂樹, 近畿大学工業高等専門学校紀要, 16, 7, 14,   2000年12月
  • Fabrication of in - plane aligned all a - axis YBa2Cu3O7-y/ PrBa2Cu2TiOz/ YBa2Cu3O7-y tunnel junctions, S.Hontsu, M.Nakamori, J.Ishii, Mem. School. B.O.S.T., Kinki Univ., 2, 14, 23,   1997年12月, 査読有り
  • Electro - magnetic field simulation of cable in metallic duct, J.ishii, K.Aoki, S.Hontsu, M.Asai, Proc. 5th European Simulation Congress, 3, 17,   1995年09月, 査読有り
  • а軸配向とс軸配向のYBa2Cu3O7-y薄膜を用いたバイ-エピタキシャル粒界接合(共著), 本津茂樹、向井庸夫、仲森昌也、石井順也, 近畿大学理工学部研究報告, 29, 313, 318,   1993年09月, 査読有り
  • Preparation of LaSrGaO4/YBa2Cu3O7-y and NdSrGaO4/YBa2Cu3O7-y multilayers, S.Hontsu, N.Mukai, J.Ishii, T.Kawai, S.Kawai, Materials Research Society-(MRS Fall Meeting '92), 322, 323,   1992年11月
  • レーザーアブレーション法を用いた高温酸化物エピタキシャル YBa2Cu3Oy/La2CuO4/YBa2Cu3Oy接合の作製(共著), 本津茂樹、向井庸夫、仲森昌也、石井順也, 近畿大学理工学部研究報告, 28, 313, 318,   1992年09月, 査読有り
  • NBドープBi(Pb)-Sr-Ca-Cu-O薄膜の作製とジョセフソン素子ヘの応用, 本津茂樹、仲森昌也、西渕修、石井順也, 近畿大学理工学部研究報告, 27, 385, 389,   1991年09月, 査読有り
  • 表面熱酸化Si基板上ヘのY-Ba-Cu-O薄膜の作製とマイクロブリッジ素子ヘの応用, 本津茂樹、西渕修、仲森昌也、石井順也, 近畿大学理工学部研究報告, 26, 281, 288,   1990年09月, 査読有り
  • 線形・集中・分布混在回路の過度解析I(単一線路の場合), 村上和人、本津茂樹、石井順也、西田光春, 近畿大学理工学部研究報告, 22, 347, 355,   1986年09月, 査読有り
  • Fabrication of Fluoridated Hydroxyapatite Thin Film and Sheet , S. Hontsu, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami and Y. Hashimoto, The 11th Asian BioCeramics Symposium in conjunction with the 22nd Symposium on Apatite, 1, 2
  • Structure of the organic matrix protein nacrein, and its function on the macreous layer formation, A.Matsushiro, T.Miyashita, H.Miyamoto, S.Hontsu, Mem. School. B.O.S.T. Kinki Univ., 1, 24, 29, 査読有り

特許

  • 生体親和性透明シート及びその製造方法, 本津茂樹、西川博昭、楠正暢、畑中良太, 特許第5214009, 特許第5214009号(日本)
  • 生体親和性透明シート、その製造方法、及び細胞シート, 特許4919519, 国際出願番号PCT/JP2007/55028
  • 化学センサ装置用の検出子およびその利用, 特許4670084, 国際出願番号PCT/JP2005/015715
  • 細胞培養足場および細胞培養方法, 特許4585790, 特願2004-127341
  • 高生体親和性を持つ多孔質インプラント及びその製造方法, 特許4522822, 特願2004-327663
  • 電気弦楽器用弦及びそれを用いた電気楽器のピックアップ装置, 特願昭53-148635
  • インバータ, 特願第205241号
  • 超伝導素子、およびその製造方法, 特許特願280130号
  • 電磁波素子, 特許特願206646号
  • 電磁波素子, 特許願 2000-252266
  • 多孔質金属インプラント及びその製造方法, 特願2001-243826
  • ハイドロキシアパタイト膜コーティング材とその製造方法, 特開2003-253424
  • 人工骨又は人工歯根インプラントおよび人工歯根フィクスチャー, 特許4471257, 特願2003-084997
  • 化学バイオセンサおよびその製造方法, 特願2004-127340
  • 人工歯根インプラントフィクスチャーまたは人工骨インプラント, 特願2005-116500
  • 被覆ステント, 特願2006-317005
  • 医療用機器, 特許第4181354号

受賞

  •   2014年12月, 日本レーザー歯学会, 第26回日本レーザー歯学会総会・学術大会・カボデンタル優秀発表賞, Erbium:YAGレーザー成膜法による歯質上へのアパタイト膜の直接形成
  •   2014年10月, 日本歯科保存学会, 2014年度春季学術大会(第140回)優秀ポスター賞, Er:YAGレーザー成膜法による歯質上へのアパタイト膜の直接形成
  •   2012年10月, 日本歯科理工学会, 第59回日本歯科理工学会学術講演会・発表優秀賞, 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討
  •   2007年09月, 日本口腔インプラント学会, 第36回日本口腔インプラント学会学術大会・優秀研究発表賞, 機能複合ナノスケールアパタイト被膜インプラントの骨伝導能の評価
  •   2004年10月, 日本歯科理工学会, 第43回日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞, レーザーアブレーション法により作製したアパタイト超薄膜の細胞適合性
  •   2001年06月, 8th International Superconductive Electronics Conference, Certificate of Excellent Poster Award(ISEC'01), Characteristics of Mechanically Tunable Superconductive Resonators

競争的資金

  • 文部科学省, 平成25年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 地域・産学連携のためのライフイノベーション拠点形成, 本津 茂樹
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C), 知覚過敏治療用機能性アパタイトシートの開発, 本津 茂樹
  • 株式会社池田泉州銀行, コンソーシアム研究開発助成, 医用材料評価のためのスパッタ法を用いた新規QCMセンサの開発, 尾池 均 連携機関代表者 本津茂樹
  • 文部科学省, 平成20年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 産学連携によるナノスケール生体機能膜の創製とそのバイオデバイスへの応用, 本津 茂樹
  • 文部省, 科学研究費補助金 基盤研究(C), 生体親和性と柔軟性を兼ねそなえた無機/有機複合材料の開発, 本津 茂樹
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), ナノアパタイト薄膜作製技術を用いた次世代インプラント治療, 本津 茂樹
  • 科学技術振興機構, 地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘試験, 歯の硬組織再生を促す極薄アパタイトシートの開発, 吉川 一志
  • 科学技術振興機構, 地域結集型共同研究事業, アグリバイオインフォマティクスの高度活用技術の開発に関する研究, 入谷 明
  • 科学技術振興機構, 戦略的創造研究推進事業, プログラム自己組織化による人工生体情報材料創成に関する研究, 川合知二
  • 科学技術振興機構, 産学共同シーズイノベーション化事業 顕在化ステージ, ナノアパタイト被覆三次元チタン繊維細胞培養担体の開発, 本津 茂樹
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C), レーザーアブレージョン法(ナノテク)を用いたアパタイト超薄膜インプラントの開発, 樋口 裕一
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C), ナノテクノロジーを応用した歯科用バイオセンサの開発 , 橋本 典也
  • 科学技術振興機構, 実用化のための可能性試験(FS), 透明アパタイトシートの作製とその形状制御技術の確立に関する研究, 本津 茂樹
  • 科学技術振興機構, シーズ発掘試験, アパタイト薄膜を用いた複合ステントの基本特性試験に関する研究, 本津 茂樹
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C), ナノスケールアパタイト生体結合膜による人工関節軟骨への高度組織親和性付与 , 速水 尚
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C), 酸化物超伝導体/強磁性体ヘテロ構造を用いた超伝導静磁波素子の作製, 本津 茂樹
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C), チューナブル電磁波素子のための酸化物誘電体/超伝導体/磁性体・積層構造の作製, 本津 茂樹
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 特定領域研究(A), 酸化物超伝導体/強磁性体構造を用いたボルテックス-静磁波相互作用の研究 , 小林 猛
  • 文部科学省, ミレニアム・プロジェクト, レーザーアブレーション法による生体親和性薄膜の作製に関する研究, 中嶋 英雄
  • 文部省, 科学研究費補助金 基盤研究(C), レザーアブレーション法による骨組織の薄膜化とその生体への適用, 本津 茂樹