KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

田邉 義隆タナベ ヨシタカ

プロフィール

所属部署名法学部 教養・基礎教育部門
職名准教授
学位Postgraduate Diploma in Education
専門英語教育
ジャンル社会/教育・学校・語学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/986-tanabe-yoshitaka.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    英語教育の中でも特に早期外国語教育と日本における小学校外国語活動に焦点を当てて研究している。小学校教諭や児童と直接触れ合い、小学校英語教育の現状や課題を肌で感じ取ろうと努めている。

学歴・経歴

学歴

  • 1996年02月 - 1997年01月, ニューカッスル大学(オーストラリア), Postgraduate Diploma in Education
  • 1990年04月 - 1994年03月, 名古屋外国語大学, 外国語学部, 英米語学科

経歴

  •   2006年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2002年04月,  - 2006年03月, 近畿大学(専任講師)
  •   1998年04月,  - 2002年03月, 函館大学付属柏稜高等学校(英語科教諭)

研究活動情報

研究分野

  • 教育学, 教育学, 英語教育

研究キーワード

  • 英語教育, 異文化, コミュニケーション

論文

  • Influence of Perceived Teacher Personality on Student Evaluations of Teaching: An Examination of the Variables of Students’ English Proficiency, 田邉 義隆,森 節子, 大学英語教育学会紀要, 61, 131, 148,   2017年02月, 査読有り
  • Student Evaluation of Teaching: Still a Controversial Issue, 田邉 義隆, Man and Universe , 2, 50, 55,   2016年02月, 査読有り
  • 小学校外国語活動における目標文の口頭導入に関する一考察―現状分析と補助教材開発の一案, 田邉 義隆, 近畿大学法学, 62, 3・4, 359, 376,   2015年03月
  • Influence of Instructor Personality on Student Evaluation of Teaching: A Comparison between English Majors and Non-English Majors, 田邉 義隆,森 節子, English Language Teaching, 8, 1, 1, 10,   2015年01月, 査読有り
  • 教員が学生に与える性格的印象と授業評価の関連性―日本人講師と外国人講師の比較から, 田邉 義隆, 森 節子, International Journal of English Linguistics, 3, 3, 53, 65,   2013年03月
    概要:本稿はFD活動の一環として行った授業評価研究の続編として執筆したものであり、担当教員の性格的要因が学生の授業評価に与える影響について調査した。また、学生は日本人教員担当の授業と外国人教員担当の授業を区別して評価しているか否かについても扱った。質問紙調査の形式で、被験者の学生には「授業は興味が持てる内容だった」など23項目と10点満点の総合評価(計24項目)で構成された授業評価と同時に、「自己主張せず、周囲の意見に合わせようとする」など、担当教員の印象を問う28項目の質問への回答も求めた。主成分分析の結果、授業評価は「授業への興味・関心」、「クラス運営」の2因子が、教員の印象については「外向性と達成思考」、「否定的な感情」、「柔和的な態度」、「規律正しさ」の4因子が検出された。重回帰分析の結果、「授業への興味・関心」と「クラス運営」が総合評価と正の相関を、「否定的な感情」が負の相関を示していることが分かった
  • 授業評価アンケート調査から読み取れる学生の意識と授業の課題―近畿大学法学部における現状分析, 森 節子, 田邉 義隆, 近畿大学法学(近畿大学法学部創立60周年記念号), 58, 2・3, 721, 742,   2011年02月
  • 授業評価アンケート調査から読み取れる学生の意識と授業の課題(2)―近畿大学法学部英語科目群の分析を通して, 森 節子, 田邉 義隆, 近畿大学英語研究会紀要, 7, 17, 36,   2011年02月
  • 小学校学級担任を対象とした,英語活動におけるティーム・ティーチングのパートナーに対する意識調査(第二報), 田邉 義隆, 近畿大学英語研究会紀要, 5, 31, 45,   2010年01月
  • 中学入学以前の英語学習経験が高校生の情意面に及ぼす影響, 樋口 忠彦, 田邉 義隆, 大村 吉弘, 下 絵津子, 加賀田 哲也,他4名, 英語授業研究学会紀要 Journal of Teaching English, 18, 47, 79,   2009年07月
  • 小学校英語活動指導者養成カリキュラム―大学での取り組みに向けて, 辻 伸幸, 田邉 義隆, 牧野 眞貴,他2名, JACET関西紀要 JACET Kansai Journal, 11, 63, 74,   2009年03月
  • 小学校英語学習経験者の追跡調査と小・中学校英語教育への示唆, 大村 吉弘, 下 絵津子, 田邉 義隆, 近畿大学語学教育部紀要, 8, 2, 179, 234,   2008年12月
    概要:小学校英語学習経験者と非経験者を比較し、情意面における違いについて検証した。技能面同様、情意面においても、中学校に入ってから、非経験者と同じカリキュラムで学習する経験者は、モチベーションが低くなることが分かった。
  • 小学校英語学習経験者の追跡調査と小・中学校英語教育への示唆(続), 樋口忠彦, 田邉 義隆, 大村 吉弘, 下 絵津子, 加賀田 哲也,他4名, 近畿大学語学教育部紀要, 8, 2, 179, 234,   2008年12月
  • 中学校入学以前の英語学習経験が大学生の情意面に及ぼす影響, 大村 吉弘, 下 絵津子, 田邉 義隆, JASEC 研究紀要, 27, 25, 51,   2008年09月
    概要:大学生約2000名に対して、アンケート調査を行い、小学校時代の英語教育経験の有無でグループ分けし、グループ間に違いがあったかどうかを検証した。検証手法は、因子分析に基づいて抽出した因子ごとの因子系数をグループ間で比較した。仮説通り、小学校英語教育経験者の方が、英語学習についてポジティブなとらえ方をしており、英語でのコミュニケーションに対して積極的であることが示された。
  • 小学校学級担任を対象とした,英語活動におけるティーム・ティーチングのパートナーに対する意識調査(第一報), 田邉 義隆, 近畿大学英語研究会紀要, 5, 37, 50,   2008年09月
  • 小学校英語学習経験者の追跡調査と小・中学校英語教育への示唆, 樋口 忠彦, 田邉 義隆, 大村 吉弘, 三上 明洋, 国方 太司,他, 近畿大学語学教育部紀要, 7, 2,   2007年12月
  • Show & Tellを用いたスピーチ指導の試み―自己表現と学びの共有を求めて, 田邉 義隆, 近畿大学語学教育部ジャーナル, 3, 1, 15,   2006年03月
  • 小・中・高一貫のナショナル・シラバス試案-日本の英語教育変革のために-, 樋口忠彦, 田邉 義隆, 大村 吉弘, 藤田 直也, 松永 舞, 泉恵美子,他, 近畿大学語学教育部紀要, 5, 1, 75, 137,   2005年03月
  • 小中連携に関する調査研究 : 指導案集・テキスト等の指導目標、題材、活動の分析を踏まえて, 日本児童英語教育学会研究紀要,   2004年
  • Rossible Approaches toward Obtaining Classroom Participation from Apathetic Language Students , Kinki University Department of Language Education, 2, 2,   2003年
  • 小中連携に関する調査研究―カリキュラム・指導案集・テキスト等の分析を通じて―, 英語授業研究学会紀要, 2,   2003年
  • 無気力な生徒にいかに授業参加を促すか―指導困難における授業実践を踏まえて―, 近畿大学語学教育部紀要, 2, 2,   2003年
  • 英語授業における歌の活用に関する理論的概観とその実践, 近畿大学語学教育部紀要,   2003年
  • 無気力な生徒をいかに授業に引き込むか ~ 私立高校における実践を踏まえて ~, 田邉 義隆, 近畿大学語学教育部紀要, 2, 2, 113, 130,   2002年10月
    概要:指導困難校(高校)において、いかにして無気力な生徒を授業中の学習活動に従事するよう導いたか(=授業を成立させたか)、その実践報告をするとともに、反省すべき点を挙げ、今後の課題として検討した。
  • 学習意欲の低い生徒に授業参加を促す取り組み(英語), 北海道教育大学函館学校教育学会 年会発表論文集, 7,   2001年
  • 異文化における留学生のつまずき―その分析と対応策―, 函館英文学, 39,   2000年
  • 授業におけるインターネット利用の試み―テレビ会議システムを用いた環境教育―, 学校教育学会誌, 4

書籍等出版物

  • PEPPY HEADWAY-LAVENDER(英会話教室用テキスト), 田邉 義隆, 共著, イッティジャパン,   2016年04月
  • 小学校英語教育法入門, 樋口忠彦、加賀田哲也、泉惠美子、衣笠知子、田邉 義隆、他, 共著, 8章, 研究社,   2013年11月
  • 小学校英語教育の展開-よりよい英語活動への提言, 樋口忠彦,他, 田邉 義隆, 大村 吉弘, 共著, 研究社,   2010年06月
  • 小学校英語教育の展開――よりよい英語活動への提言, 大村 吉弘, 田邉 義隆, 共著, 研究社,   2010年04月
    概要:2011年4月から小学校で必修化される英語活動のよりよい展開方法についての総合的な入門書であるが、大村は、技能面での伸びの検証方法について解説した。
  • 英語でディスカバー!(学研『英語ノート』パーフェクト第4巻), 樋口忠彦, 田邉 義隆, 梅本龍多 , 共著, 学研教育出版,   2010年01月
  • 英語でチャレンジ!2(学研『英語ノート』パーフェクト第3巻), 樋口忠彦, 田邉 義隆, 箱崎雄子, 共著, 学研教育出版,   2010年01月
  • Peppy Headway 4(英会話学校用テキスト), 樋口忠彦, 田邉 義隆, 共著, 中央出版,   2007年04月
  • これからの小学校英語教育―理論と実践, 樋口忠彦,他, 田邉 義隆, 松永 舞, 藤田 直也, 共著, 研究社,   2005年11月
  • Word Builder 基礎から学ぶTOEICテスト英単熟語, 南雲堂,   2003年
  • Word Builder, Nan'un-do

MISC

  • 連載(全6回):みんなで支えよう!外国語教育, 田邉 義隆, 英語教育, 60, 1-6,   2011年09月
  • 円滑なティーム・ティーチングを実現するために (特集 施行直前 小学校外国語活動―見えてきた課題を明日に活かす), 田邉 義隆, 英語教育 2010年11月号, 59, 9, 19, 21,   2010年10月

競争的資金

  • 早期外国語教育