KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

上嶋 繁ウエシマ シゲル

プロフィール

所属部署名農学部 食品栄養学科 / 農学研究科 / アンチエイジングセンター
職名教授/食品栄養学科長
学位医学博士
専門生理学 病態生理学 食品機能学     
ジャンル医療・健康/健康問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/826-ueshima-shigeru.html
ホームページURLhttp://nara-kindai.unv.jp/02gakka/interview-staff/ivs04-01.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    生活習慣病の中でも心筋梗塞や脳梗塞などの血栓性疾患の発症を予防する、または、肥満に関連する動脈硬化の発症・進展を予防する食品および食品成分について研究しています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/12/22
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     カフェインの成分や効果等について。

学歴・経歴

経歴

  •   2004年,  - 2011年, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 生理学一般

研究キーワード

  • t-PA, 血管内皮細胞, PAI-1, u-PA, 血管平滑筋細胞, 脂肪細胞, 動脈硬化, 線溶系因子, 遊走能, シアニジン, 天然資源物質, アディポネクチン, アディポサイトカイン, アントシアニン, C3G, 線溶系, t-PA受容体, プラスミノーゲン, 血管新生, フィブリン, 遺伝子欠損マウス, ノックアウトマウス, t-PAR, 線溶系因子欠損マウス, α_2-アンチプラスミン, 蛋白分解活性, 組織修復, カプセル, MAPK, 血栓溶解

論文

  • Role of GPx4 in human vascular endothelial cells, and the compensatory activity of brown rice on GPx4 ablation condition., Sakai O, Yasuzawa T, Sumikawa Y, Ueta T, Imai H, Sawabe A, Ueshima S, Pathophysiology : the official journal of the International Society for Pathophysiology, 24, 1, 9, 15,   2017年03月, 査読有り
  • 運動中の分岐鎖アミノ酸(BCAA)とクエン酸摂取による疲労軽減効果, 明神千穂、時本昌樹、松浪徳久馬、吉谷佳代、井岡俊之、大森 健、佐川和則、上嶋 繁、川西正子, 薬理と治療, 44, 2, 227, 234,   2016年02月, 査読有り
  • α2AP mediated myofibroblast formation and the development of renal fibrosis in unilateral ureteral obstruction., Kanno Y, Kawashita E, Kokado A, Kuretake H, Ikeda K, Okada K, Seishima M, Ueshima S, Matsuo O, Matsuno H, Scientific reports, 4, 5967,   2014年08月, 査読有り
  • Enhanced pre-operative thrombolytic status is associated with the incidence of deep venous thrombosis in patients undergoing total knee arthroplasty., Tamura Y, Mori S, Asada S, Kawao N, Ueshima S, Kaji H, Yamamoto J, Akagi M, Matsuo O, Thrombosis journal, 12, 11,   2014年, 査読有り
  • 大学アメリカンフットボール選手における身体組成,血液検査および栄養摂取状況の所見―ポジションによる相違―, 角谷雄哉, 上嶋繁, 川西正子, 時本昌樹, 松浪登久馬, 佐川和則, 明神千穂, 体力科学, 体力科学, 62, 5, 413, 423,   2013年10月01日
    概要:The purpose of this study was to clarify the body composition and blood profile in college American football players, and whether the differences can be referred to their playing positions; Lines vs Backs. Body compositions, blood profile and nutrients intake were investigated. The Linemen showed a significant higher %BF than Backs, and most of the Linemen were assessed as obese according to their %BF and BMI. The risk of dyslipidemia in Linemen was higher than that in the Backs. There were no obvious difference between Linemen and Backs in their intake amount of energy and all nutrients per person. However, when compared in per body-weight, the intake amount of energy and 3 major nutrients were significantly low in Linemen than Backs. Furthermore, the data indicate that dietary awareness and diet behavior are relatively poor in the Linemen. Since body weight is the most crucial factor of Linemen for their playing performances, it can be speculated that their necessity to gain body weight may have led them to be obesity. Since weight-gain is not desirable in the aspect of metabolic disorders prevention, our result indicated that Linemen, rather than the Backs, are the potential target who need an appropriate nutritional support by dietician to control their nutritional intake and body weight, not only for achieving sport performance but also for preventing metabolic disorders. Therefore, it was suggested that periodical survey of blood profile and body composition, together with appropriate nutritional support by dieticians, may be helpful for Linemen, in future.
  • Involvement of α2-antiplasmin in dendritic growth of hippocampal neurons., Kawashita E, Kanno Y, Asayama H, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Matsuno H, Journal of neurochemistry, 126, 58, 69,   2013年07月, 査読有り
  • Lack of both α2-antiplasmin and plasminogen activator inhibitor type-1 induces high IgE production., Okada K, Ueshima S, Kawao N, Yano M, Tamura Y, Tanaka M, Sakamoto A, Hatano M, Arima M, Miyata S, Nagai N, Tokuhisa T, Matsuo O, Life sciences, 93, 89, 95,   2013年07月, 査読有り
  • Development of an objective structured skill examination in physiology education., Matsuo O, Matsuo K, Kawao N, Tamura Y, Yano M, Okada K, Nagai N, Ueshima S., Problem of Education in the 21st Century, 52, 84, 91,   2013年03月, 査読有り
  • Alpha2-antiplasmin regulates the development of dermal fibrosis in mice by prostaglandin F(2α) synthesis through adipose triglyceride lipase/calcium-independent phospholipase A(2)., Kanno Y, Kawashita E, Kokado A, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Matsuno H, Arthritis and rheumatism, 65, 492, 502,   2013年02月, 査読有り
  • Enzamin ameliorates adipose tissue inflammation with impaired adipocytokine expression and insulin resistance in db/db mice., Tamura Y, Yano M, Kawao N, Okumoto K, Ueshima S, Kaji H, Matsuo O, Journal of nutritional science, 2, e37,   2013年, 査読有り
  • Urokinase-type plasminogen activator and plasminogen mediate activation of macrophage phagocytosis during liver repair in vivo., Kawao N, Nagai N, Tamura Y, Horiuchi Y, Okumoto K, Okada K, Suzuki Y, Umemura K, Yano M, Ueshima S, Kaji H, Matsuo O., Thromb Haemost, 107, 4, 749, 759,   2012年02月, 査読有り
  • Profibrinolytic effect of Enzamin, an extract of metabolic products from Bacillus subtilis AK and Lactobacillus., Tamura Y, Okada K, Kawao N, Yano M, Ueshima S, Nagai N, Matsuo O, Journal of thrombosis and thrombolysis, 32, 195, 200,   2011年08月, 査読有り
  • Spatiotemporal differences in vascular permeability after ischaemic brain damage., Yano M, Kawao N, Tamura Y, Okada K, Ueshima S, Nagai N, Matsuo O, Neuroreport, 22, 424, 427,   2011年06月, 査読有り
  • Urokinase-type plasminogen activator contributes to heterogeneity of macrophages at the border of damaged site during liver repair in mice., Kawao N, Nagai N, Tamura Y, Okada K, Yano M, Suzuki Y, Umemura K, Ueshima S, Matsuo O., Thromb Haemost, 105, 5, 892, 900,   2011年05月, 査読有り
  • The absence of urokinase-type plasminogen activator receptor plays a role in the insulin-independent glucose metabolism., Tomogane K, Kanno Y, Kawashita E, Okada K, Takeuchi K, Ueshima S, Matsuo O, Matsuno H, Journal of cardiovascular pharmacology, 57, 334, 339,   2011年03月, 査読有り
  • Plasminogen/plasmin modulates bone metabolism by regulating the osteoblast and osteoclast function., Kanno Y, Ishisaki A, Kawashita E, Chosa N, Nakajima K, Nishihara T, Toyoshima K, Okada K, Ueshima S, Matsushita K, Matsuo O, Matsuno H, The Journal of biological chemistry, 286, 8952, 8960,   2011年03月, 査読有り
  • Spatiotemporal differences in vascular permeability after ischaemic brain damage, Yano M, Kawao N, Tamura Y, Okada K, Ueshima S, Nagai N, Matsuo O., Neuroreport Neuroreport, 22, 9, 424, 427,   2011年01月, 査読有り
  • Urokinase-type plasminogen activator receptor is associated with the development of adipose tissue., Kanno Y, Matsuno H, Kawashita E, Okada K, Suga H, Ueshima S, Matsuo O, Thrombosis and haemostasis, 104, 1124, 1132,   2010年12月, 査読有り
  • Tissue plasminogen activator and plasminogen are critical for osmotic homeostasis by regulating vasopressin secretion., Imamura Y, Morita S, Nakatani Y, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Miyata S, Journal of neuroscience research, 88, 1995, 2006,   2010年07月, 査読有り
  • Plasminogen is essential for granulation tissue formation during the recovery process after liver injury in mice., Kawao N, Nagai N, Ishida C, Okada K, Okumoto K, Suzuki Y, Umemura K, Ueshima S, Matsuo O., J Thromb Haemost, 8, 7, 1555, 1566,   2010年07月, 査読有り
  • Systemic transplantation of embryonic stem cells accelerates brain lesion decrease and angiogenesis., Nagai N, Kawao N, Okada K, Okumoto K, Teramura T, Ueshima S, Umemura K, Matsuo O, Neuroreport, 21, 575, 579,   2010年06月, 査読有り
  • Role of plasminogen in macrophage accumulation during liver repair., Kawao N, Nagai N, Okada K, Okumoto K, Ueshima S, Matsuo O, Thrombosis research, 125, e214, 21,   2010年05月, 査読有り
  • Enhancement of fibrinolytic activity in vascular endothelial cells by heterologous expression of adenine nucleotide translocase-1., Ishida C, Ueshima S, Nagai N, Kawao N, Okada K, Yongzhong H, Shiraishi K, Matsuo O, Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis, 21, 272, 278,   2010年04月, 査読有り
  • Initial brain lesion size affects the extent of subsequent pathophysiological responses., Nagai N, Kawao N, Okada K, Ishida C, Okumoto K, Ueshima S, Suzuki Y, Umemura K, Matsuo O, Brain research, 1322, 109, 117,   2010年03月, 査読有り
  • alpha2-antiplasmin is associated with the progression of fibrosis., Kanno Y, Kawashita E, Minamida M, Kaneiwa A, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Matsuno H, The American journal of pathology, 176, 238, 245,   2010年01月, 査読有り
  • The absence of uPAR is associated with the progression of dermal fibrosis., Kanno Y, Kaneiwa A, Minamida M, Kanno M, Tomogane K, Takeuchi K, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Matsuno H, The Journal of investigative dermatology, 128, 2792, 2797,   2008年12月, 査読有り
  • Binding of plasminogen to hepatocytes isolated from injured mouse liver and nonparenchymal-cell-dependent proliferation of hepatocytes., Okada K, Ueshima S, Kawao N, Okamoto C, Matsuo K, Akao M, Seki T, Ariga T, Tanaka M, Matsuo O, Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis, 19, 503, 511,   2008年09月, 査読有り
  • Alpha2-antiplasmin is a critical regulator of angiotensin II-mediated vascular remodeling., Hou Y, Okada K, Okamoto C, Ueshima S, Matsuo O, Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology, 28, 1257, 1262,   2008年07月, 査読有り
  • Urokinase-type plasminogen activator receptor (uPAR) augments brain damage in a murine model of ischemic stroke., Nagai N, Okada K, Kawao N, Ishida C, Ueshima S, Collen D, Matsuo O, Neuroscience letters, 432, 46, 49,   2008年02月, 査読有り
  • The absence of uPAR attenuates insulin-induced vascular smooth muscle cell migration and proliferation., Kanno Y, Kuroki A, Minamida M, Kaneiwa A, Okada K, Tomogane K, Takeuchi K, Ueshima S, Matsuo O, Matsuno H, Thrombosis research, 123, 336, 341,   2008年, 査読有り
  • Mesenchymal progenitor cells in adult human dental pulp and their ability to form bone when transplanted into immunocompromised mice., Otaki S, Ueshima S, Shiraishi K, Sugiyama K, Hamada S, Yorimoto M, Matsuo O, Cell biology international, 31, 1191, 1197,   2007年10月, 査読有り
  • c-Myc is essential for urokinase plasminogen activator expression on hypoxia-induced vascular smooth muscle cells., Hou Y, Okamoto C, Okada K, Kawao N, Kawata S, Ueshima S, Matsuo O, Cardiovascular research, 75, 186, 194,   2007年07月, 査読有り
  • Plasmin decreases the BH3-only protein Bim(EL) via the ERK1/2 signaling pathway in hepatocytes., Kawao N, Okada K, Kawata S, Okamoto C, Tsuritani M, Ueshima S, Matsuo O., BBA-Molecular Cell Research, 1773, 6, 718, 727,   2007年07月, 査読有り
  • Plasmin decreases the BH3-only protein BimEL via the ERK1/2 signaling pathway in hepatocytes., Kawao N, Okada K, Kawata S, Okamoto C, Tsuritani M, Ueshima S, Matsuo O, Biochimica et biophysica acta, 1773, 718, 727,   2007年06月, 査読有り
  • Effect of staphylokinase-derived nonadecapeptide on the activation of plasminogen., Okada K, Ueshima S, Matsuno H, Kawao N, Okamoto C, Tanaka M, Matsuo O, Thrombosis and haemostasis, 97, 795, 802,   2007年05月, 査読有り
  • Development of new fibrinolytic agents., Ueshima S, Matsuo O, Current pharmaceutical design, 12, 849, 857,   2006年, 査読有り
  • Protection of plasminogen activator inhibitor-1-deficient mice from nasal allergy., Sejima T, Madoiwa S, Mimuro J, Sugo T, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Ishida T, Ichimura K, Sakata Y, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 174, 8135, 8143,   2005年06月, 査読有り
  • Tissue type plasminogen activator facilitates NMDA-receptor-mediated retinal apoptosis through an independent fibrinolytic cascade., Kumada M, Niwa M, Hara A, Matsuno H, Mori H, Ueshima S, Matsuo O, Yamamoto T, Kozawa O, Investigative ophthalmology & visual science, 46, 1504, 1507,   2005年04月, 査読有り
  • 肝障害ノックアウトマウスから得た分離肝細胞の機能解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 岡本 知可子, 松尾 理, 第4回TTMフォーラム記録, 4, 83, 87,   2005年02月
    概要:線溶系の遺伝子欠損マウス(KO)の薬物肝障害モデルから得た分離肝細胞を用いて肝再生能に線溶系を検討した。部分肝切除モデルにおけるPlgKOの肝再生不全、apoptosis誘導モデルにおけるu-PA/PAI-1系によるHGFの活性化制御、さらに肝線維化モデルにおけるplasmin/α2-AP系による細胞外基質の分解・再構築制御への重要性を見出した。
  • 線溶系因子の肝再生過程への関与:ノックアウトマウスを用いた解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第3回TTMフォーラム記録, 3, 69, 75,   2004年02月
    概要:肝障害モデルに対して線溶系の遺伝子欠損マウス(KO)を用いて肝再生能を検討した。部分肝切除モデルにおけるPlgKOの肝再生不全、apoptosis誘導モデルにおけるu-PA/PAI-1系によるHGFの活性化制御、さらに肝線維化モデルにおけるplasmin/α2-AP系による細胞外基質の分解・再構築制御への重要性を見出した。
  • The regulation of liver regeneration by the plasmin/alpha 2-antiplasmin system., Okada K, Ueshima S, Imano M, Kataoka K, Matsuo O, Journal of hepatology, 40, 110, 116,   2004年01月, 査読有り
  • Growth inhibition of vascular smooth muscle cells derived from urokinase receptor (u-PAR)-deficient mice in the presence of carcinoma cells., Ueshima S, Fukao H, Okada K, Matsuo O, Thrombosis research, 113, 41, 49,   2004年, 査読有り
  • Lack of alpha 2-antiplasmin promotes re-endothelialization via over-release of VEGF after vascular injury in mice., Matsuno H, Ishisaki A, Nakajima K, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Kozawa O, Blood, 102, 3621, 3628,   2003年11月, 査読有り
  • Lack of α2-antiplasmin enhances ADP induced platelet micro-aggregation through the presence of excess active plasmin in mice, Takei M, Matsuno H, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Kozawa O., J Thrombosis Thrombolysis, 14, 3, 205, 211,   2003年09月, 査読有り
    概要:α2-アンチプラスミン遺伝子欠損マウスの血小板は、プラスミン活性の誘導によりADP凝集を増強した。血小板凝集に対してプラスミン/α2-アンチプラスミン系が深く関与することを示唆した。(英文)
  • α2-アンチプラスミン欠損は急性肺塞栓において重要な役割をはたす, 松野 浩之, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 小澤 修, J Thromb Haemost, 1, 3, 1734, 1739,   2003年08月
    概要:α2-アンチプラスミン遺伝子欠損マウスは心筋梗塞モデルにおいて肺性心不全を引き起こし、VEGFの過剰分泌がみられたことを報告した。(英文)
  • Suppression of argatroban-induced endogenous thrombolysis by PKSI-527, and antibodies to TPA and UPA, evaluated in a rat arterial thrombolysis model., Hashimoto M, Oiwa K, Matsuo O, Ueshima S, Okada K, Okada Y, Okamoto S, Giddings JC, Yamamoto J, Thrombosis and haemostasis, 89, 820, 825,   2003年05月, 査読有り
  • マウス炎症性反応における血液成分の変動:多項目自動血球計数装置用動物解析ユニットSFVU-1を用いた解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, Sysmex J, 25, 152, 158,   2003年03月
    概要:多項目自動血球計数装置用動物解析ユニットSFVU-1を用いて、マウスでのLPSによる炎症性細胞の変動について解析し、報告した。
  • Cellular density regulation of plasminogen gene expression in mouse hepatocytes., Akao M, Ueshima S, Okada K, Fukao H, Seki T, Ariga T, Matsuo O, Life sciences, 72, 15, 1695, 1704,   2003年02月, 査読有り
  • Suppression of the release of type-1 plasminogen activator inhibitor from human vascular endothelial cells by Hawaii deep sea water., Ueshima S, Fukao H, Okada K, Matsuo O, Pathophysiology : the official journal of the International Society for Pathophysiology / ISP, 9, 103, 109,   2003年01月, 査読有り
  • Lack of alpha 2-antiplasmin enhances ADP induced platelet micro-aggregation through the presence of excess active plasmin in mice., Takei M, Matsuno H, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Kozawa O, Journal of thrombosis and thrombolysis, 14, 205, 211,   2002年12月, 査読有り
  • Relationship between the variation in blood coagulation/fibrinolytic factors and inflammatory reactions induced by LPS, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Sysmex J Int, 12, 2, 80, 84,   2002年12月
    概要:LPSはマウスにおいて炎症性細胞を誘導し、直接および誘導されたサイトカインなどにより組織の血液凝固/線溶系因子の発現を変え、凝固活性亢進と線溶活性低下および血小板誘導から血栓傾向を引き起こすことを報告した。(英文)
  • Lack of alpha2-antiplasmin promotes pulmonary heart failure via overrelease of VEGF after acute myocardial infarction., Matsuno H, Kozawa O, Yoshimi N, Akamatsu S, Hara A, Mori H, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Uematsu T, Blood, 100, 7, 2487, 2493,   2002年10月, 査読有り
  • Loss of placental growth factor protects mice against vascular permeability in pathological conditions., Luttun A, Brusselmans K, Fukao H, Tjwa M, Ueshima S, Herbert JM, Matsuo O, Collen D, Carmeliet P, Moons L, Biochemical and biophysical research communications, 295, 2, 428, 434,   2002年07月, 査読有り
  • Function of tissue-type plasminogen activator releaser on vascular endothelial cells and thrombolysis in vivo., Ueshima S, Matsuno H, Hayashi M, Horibuchi K, Okada K, Fukao H, Uematsu T, Matsuo O, Thrombosis and haemostasis, 87, 6, 1069, 1074,   2002年06月, 査読有り
  • The differences in thrombolytic effects of administrated recombinant t-PA between Japanese and Caucasians., Ueshima S, Matsuo O, Thrombosis and haemostasis, 87, 3, 544, 546,   2002年03月, 査読有り
  • Inhibitors of fibrinolytic components play different roles in the formation and removal of arterial thrombus in mice., Matsuno H, Kozawa O, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Uematsu T, Journal of cardiovascular pharmacology, 39, 2, 278, 286,   2002年02月, 査読有り
  • Plasmin generation plays different roles in the formation and removal of arterial and venous thrombus in mice., Matsuno H, Kozawa O, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Uematsu T, Thrombosis and haemostasis, 87, 1, 98, 104,   2002年01月, 査読有り
  • Analysis of complex formation between plasmin(ogen) and staphylokinase or streptokinase, Okada K, Ueshima S, Fukao H, Matsuo O, Arch Biochem Biophys, 393, 2, 339, 341,   2001年09月, 査読有り
    概要:スタフィロキナーゼおよびストレプトキナーゼのプラスミ(ノーゲ)ンとのSDS不安定複合体の検出法について検討し、分子間相互作用解析装置IAsysとLys-Separoseを用いた系での解析結果を報告した。(英文)
  • Enhancement of tissue-type plasminogen activator (t-PA)-mediated plasminogen activation on the surface of endothelial cells by t-PA receptor., Fukao H, Ueshima S, Okada K, Matsuo O, Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis, 12, 5, 413, 414,   2001年07月, 査読有り
  • Impaired liver regeneeration after partial hepatectomy in plasminogen deficient mice, Tanaka M, Ohoyanagi H, Imano M, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, P.Carmeliet , Fibrinoilsis & Proteolysis, 15, 1, 2, 8,   2001年07月, 査読有り
    概要:肝再生機序検討の一環として、細胞外マトリックスの変性に関与するPlasminogen activating systemに注目し、Plasminogen欠損マウスに肝切除を加えその再生障害機序より肝再生にプラスミノーゲンが重要な役割を果たすことを報告した。
  • Mechanism of retarded liver regeneration in plasminogen activator-deficient mice:Impaired activation of hepatocyte growth factor after Fas-mediated massive hepatic apoptosis, Shimizu M, Hara A, Okuno M, Matsuno H, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Niwa M, Akita K, Yamada Y, Yoshimi N, Uematsu T, Kojima S, Friedman SL, Moriwaki H, Mori H, Hepatology, 33, 3, 569, 576,   2001年03月, 査読有り
    概要:線溶系因子の遺伝子欠損マウス(-/-)を用いてFas誘導肝細胞アポトーシス後の肝再生能を検討した。その結果、肝細胞増殖因子(HGF)の活性化に伴う肝再生能はu-PA/PAI-1系で制御されていることを突き止め、報告した。
  • tPA, but not uPA, significantly affects antithrombotic therapy by a glycoprotein IIb/IIIa antagonist, but not by a factor Xa inhibitor., Nishida M, Matsuno H, Kozawa O, Ueshima S, Matsuo O, Collen D, Uematsu T, Journal of cardiovascular pharmacology, 36, 6, 770, 775,   2000年12月, 査読有り
  • Roles of urokinase type plasminogen activator in a brain stab wound, Kataoka K, Asai T, Taneda M, Ueshima S, Matsuo O, Kuroda R, Kawabata A, Carmeliet P, Brain Research, 887, 1, 187, 190,   2000年12月, 査読有り
    概要:実験的脳損傷についてurokinase, urokinase receptor, plasminogen activator inhibitor-1 をそれぞれknockoutしたマウスを用いて検討した.脳損傷時receptor非結合性のurokinaseは外傷性浮腫の増悪に関係することが明かとなった.(英文)
  • The interaction between components of the fibrinolytic system and GPIb/V/IX of platelets thrombus formation in mice., Matsuno H, Kozawa O, Ueshima S, Matsuo O, Collen D, Uematsu T, British journal of pharmacology, 131, 4, 858, 864,   2000年10月, 査読有り
  • The effect of argatroban on injured endothelial cells by thrombin., Ueshima S, Fukao H, Okada K, Matsuo O, Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis, 11, 7, 631, 639,   2000年10月, 査読有り
  • Analysis of plasminogen activation by the plasmin-staphylokinase complex in plasma of alpha2-antiplasmin-deficient mice., Okada K, Ueshima S, Tanaka M, Fukao H, Matsuo O, Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis, 11, 7, 645, 655,   2000年10月, 査読有り
  • Effect of hyperthermia on the viability and the fibrinolytic potential of human cancer cell lines., Fukao H, Ikeda M, Ichikawa T, Inufusa H, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry, 296, 1-2, 17, 33,   2000年06月, 査読有り
  • Lack of tPA significantly affects antithrombotic therapy by a GPIIb/IIIa antagonist, but not by a thrombin inhibitor in mice., Matsuno H, Kozawa O, Ueshima S, Matsuo O, Collen D, Uematsu T, Thrombosis and haemostasis, 83, 4, 605, 609,   2000年04月, 査読有り
  • Binding of mutant tissue-type plasminogen activators to human endothelial cells and their extracellular matrix., Fukao H, Ueshima S, Okada K, Matsuo O, Life sciences, 66, 25, 2473, 2487,   2000年, 査読有り
  • Nigral degeneration following striato-pallidal lesion in tissue type plasminogen activator deficient mice., Kataoka K, Asai T, Taneda M, Ueshima S, Matsuo O, Kuroda R, Carmeliet P, Collen D, Neuroscience letters, 266, 3, 220, 222,   1999年05月, 査読有り
  • Differential role of components of the fibrinolytic system in the formation and removal of thrombus induced by endothelial injury., Matsuno H, Kozawa O, Niwa M, Ueshima S, Matsuo O, Collen D, Uematsu T, Thrombosis and haemostasis, 81, 4, 601, 604,   1999年04月, 査読有り
  • Co-localization of urokinase and its receptor on established human umbilical vein endothelial cell., Ueshima S, Matsumoto H, Izaki S, Mitsui Y, Fukao H, Okada K, Matsuo O, Cell structure and function, 24, 2, 71, 78,   1999年04月, 査読有り
  • Transcriptional regulation of urokinase-type plasminogen activator receptor by cyclic AMP in PL-21 human myeloid leukemia cells: comparison with the regulation by phorbol myristate acetate., Niiya K, Ozawa T, Tsuzawa T, Ueshima S, Matsuo O, Sakuragawa N, Thrombosis and haemostasis, 79, 3, 574, 578,   1998年03月, 査読有り
  • New aspects of fibrinolytic proteins in brain development., Takaishi T, Ueshima S, Matsuo O, Cell structure and function, 22, 2, 225, 229,   1997年04月, 査読有り
  • The role of the pericellular fibrinolytic system in angiogenesis., Fukao H, Ueshima S, Okada K, Matsuo O, The Japanese journal of physiology, 47, 2, 161, 171,   1997年04月, 査読有り
  • Enhancement of tissue-type plasminogen activator (t-PA) activity by purified t-PA receptor expressed in human endothelial cells., Fukao H, Ueshima S, Takaishi T, Okada K, Matsuo O, Biochimica et biophysica acta, 1356, 1, 111, 120,   1997年03月, 査読有り
  • [Structural study of staphylokinase related with the expression of activity]., Ueshima S, Takaishi T, Matsuo O, Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology, Suppl 104, 171, 178,   1997年02月, 査読有り
  • Comparative studies of thrombolysis with single-chain and two-chain recombinant tissue-type plasminogen activators in canine coronary thrombosis., Yokoyama M, Ichikawa Y, Yatani A, Matsui K, Nakahara H, Kaneko M, Sakurama T, Ueshima S, Matsuo O, Journal of cardiovascular pharmacology, 28, 4, 571, 575,   1996年10月, 査読有り
  • Significance of serine proteinase and matrix metalloproteinase systems in the destruction of human articular cartilage., Kikuchi H, Shimada W, Nonaka T, Ueshima S, Tanaka S, Clinical and experimental pharmacology & physiology, 23, 10-11, 885, 889,   1996年10月, 査読有り
  • Enhanced urokinase-type plasminogen activator activity by extracellular matrix protein obtained from highly metastatic human lung adenocarcinoma cell line., Hagiya Y, Fukao H, Ueshima S, Okada K, Inufusa H, Kamiishi H, Matsuo O, Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry, 253, 1-2, 37, 50,   1996年09月, 査読有り
  • Effects of endothelial cells on activity of staphylokinase., Ueshima S, Okada K, Matsumoto H, Takaishi T, Fukao H, Matsuo O, Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis, 7, 5, 522, 529,   1996年07月, 査読有り
  • Effect of heat shock on the expression of urokinase-type plasminogen activator receptor in human umbilical vein endothelial cells., Fukao H, Hagiya Y, Ueshima S, Okada K, Takaishi T, Izaki S, Matsuo O, Thrombosis and haemostasis, 75, 2, 352, 358,   1996年02月, 査読有り
  • Stabilization of plasmin by lysine derivatives., Ueshima S, Okada K, Matsuo O, Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry, 245, 1, 7, 18,   1996年02月, 査読有り
  • Effects of lipopolysaccharide on the expression of fibrinolytic factors in an established cell line from human endothelial cells., Matsumoto H, Ueshima S, Fukao H, Mitsui Y, Matsuo O, Life sciences, 59, 2, 85, 96,   1996年, 査読有り
  • Fibrinolytic activity in liver tissues of stroke-prone spontaneously hypertensive rats., Okada K, Yuasa H, Hagiya Y, Takaishi T, Fukao H, Ueshima S, Matsuo O, Clinical and experimental pharmacology & physiology. Supplement, 22, 1, S275, 6,   1995年12月, 査読有り
  • Identification of urokinase-type plasminogen activator receptor in human endothelial cells and its modulation by phorbol myristate acetate., Matsumoto H, Ueshima S, Fukao H, Mitsui Y, Matsuo O, Cell structure and function, 20, 6, 429, 437,   1995年12月, 査読有り
  • Effect of cyclic AMP on urokinase-type plasminogen activator receptor and fibrinolytic factors in a human osteoblast-like cell line., Nonaka T, Matsumoto H, Shimada W, Miyagi I, Okada K, Fukao H, Ueshima S, Kikuchi H, Tanaka S, Matsuo O, Biochimica et biophysica acta, 1266, 1, 50, 56,   1995年04月, 査読有り
  • Effects of fibrin on the secretion of plasminogen activator inhibitor-1 from endothelial cells and on protein kinase C., Fukao H, Matsumoto H, Ueshima S, Okada K, Matsuo O, Life sciences, 57, 13, 1267, 1276,   1995年, 査読有り
  • Recombinant variants of tissue-type plasminogen activator containing amino acid substitutions in the fibronectin finger-like domain and the kringle 1 domain., Yahara H, Matsumoto K, Maruyama H, Nagaoka T, Ikenaka Y, Yajima K, Fukao H, Ueshima S, Matsuo O, Thrombosis and haemostasis, 72, 6, 893, 899,   1994年12月, 査読有り
  • Kinetic analysis of plasminogen activation by staphylokinase/plasminogen complex in the presence of fibrin., Okada K, Yuasa H, Hagiya Y, Fukao H, Ueshima S, Matsuo O, Thrombosis research, 76, 2, 181, 191,   1994年10月, 査読有り
  • Effects of alpha 2-plasmin inhibitor on plasminogen activation by staphylokinase/plasminogen complex., Okada K, Nonaka T, Matsumoto H, Fukao H, Ueshima S, Matsuo O, Thrombosis research, 76, 2, 211, 220,   1994年10月, 査読有り
  • Synthetic dipeptide, N-stearoyl-D-Ser-L-Pro-OEt, induces release of tissue-type plasminogen activator in cultured cells and in experimental animals., Okayama T, Nakano M, Odake S, Hagiwara M, Morikawa T, Ueshima S, Okada K, Fukao H, Matsuo O, Chemical & pharmaceutical bulletin, 42, 9, 1854, 1858,   1994年09月, 査読有り
  • Expression and characterization of clustered charge-to-alanine mutants of low M(r) single-chain urokinase-type plasminogen activator., Ueshima S, Holvoet P, Lijnen HR, Nelles L, Seghers V, Collen D, Thrombosis and haemostasis, 71, 1, 134, 140,   1994年01月, 査読有り
  • Effect of bone resorbing factors on u-PA and its specific receptor in osteosarcoma cell line., Nonaka T, Matsumoto H, Shimada W, Okada K, Fukao H, Ueshima S, Kikuchi H, Tanaka S, Matsuo O, Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry, 223, 1-2, 129, 142,   1993年12月, 査読有り
  • Regulation of scu-PA secretion and u-PA receptor expression in osteoblast-like cells., Nonaka T, Okada K, Fukao H, Ueshima S, Kikuchi H, Tanaka S, Matsuo O, Cell structure and function, 18, 5, 355, 362,   1993年10月, 査読有り
  • Molecular conversions of recombinant staphylokinase during plasminogen activation in purified systems and in human plasma., Ueshima S, Silence K, Collen D, Lijnen HR, Thrombosis and haemostasis, 70, 3, 495, 499,   1993年09月, 査読有り
  • Recombinant variants of tissue-type plasminogen activator containing amino acid substitutions in the finger domain., Yahara H, Matsumoto K, Maruyama H, Nagaoka T, Ikenaka Y, Yajima K, Fukao H, Ueshima S, Matsuo O, Thrombosis and haemostasis, 68, 6, 672, 677,   1992年12月, 査読有り
  • Tissue-type plasminogen activator, type 1 plasminogen activator inhibitor and their complex in plasma with disseminated intravascular coagulation., Fukao H, Ueshima S, Okada K, Yamamoto K, Matsuo T, Matsuo O, Thrombosis research, 68, 1, 57, 65,   1992年10月, 査読有り
  • Characterization of human tissue-type plasminogen activator variants with amino acid mutations in the kringle 1 domain., Ikenaka Y, Yajima K, Yahara H, Maruyama H, Matsumoto K, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis, 3, 4, 381, 387,   1992年08月, 査読有り
  • Cerebral plasminogen activator activity in spontaneously hypertensive stroke-prone rats., Matsuo O, Okada K, Fukao H, Suzuki A, Ueshima S, Stroke, 23, 7, 995, 999,   1992年07月, 査読有り
  • Urokinase-type plasminogen activator and its specific receptor in high metastatic and non-metastatic cell lines derived from human lung adenocarcinoma., Hagiya Y, Fukao H, Ueshima S, Inufusa H, Izaki S, Kamiishi H, Okada K, Matsuo O, Thrombosis research, 65, 3, 449, 456,   1992年02月, 査読有り
  • Plasminogen activator inhibitor in stomach and colorectal carcinomas., Fukao H, Tanaka N, Ueshima S, Okada K, Yasutomi M, Matsuo O, Seminars in thrombosis and hemostasis, 17, 3, 276, 279,   1991年07月, 査読有り
  • Plasminogen activator inhibitor 1 in human carcinoma tissues., Tanaka N, Fukao H, Ueshima S, Okada K, Yasutomi M, Matsuo O, International journal of cancer, 48, 4, 481, 484,   1991年06月, 査読有り
  • On the mechanism of fibrin-specific plasminogen activation by staphylokinase., Lijnen HR, Van Hoef B, De Cock F, Okada K, Ueshima S, Matsuo O, Collen D, The Journal of biological chemistry, 266, 18, 11826, 11832,   1991年06月, 査読有り
  • [Production of drug by gene-engineering]., Ueshima S, Matsuo O, Kokyu to junkan. Respiration & circulation, 39, 3, 243, 250,   1991年03月, 査読有り
  • Thrombolytic properties of staphylokinase., Matsuo O, Okada K, Fukao H, Tomioka Y, Ueshima S, Watanuki M, Sakai M, Blood, 76, 5, 925, 929,   1990年09月, 査読有り
  • Suppression of plasminogen activator inhibitor 1 release by fibrin from human umbilical vein endothelial cells., Fukao H, Ueshima S, Tanaka N, Okada K, Matsuo O, Thrombosis research. Supplement, 10, 11, 20,   1990年, 査読有り
  • Purification and characterization of a plasma factor which cleaves single-chain form of t-PA and u-PA., Okada K, Fukao H, Tanaka H, Ueshima S, Matsuo O, Thrombosis research. Supplement, 10, 27, 43,   1990年, 査読有り
  • Effect of monensin on secretion of t-PA from melanoma (Bowes)., Fukao H, Ueshima S, Sakai T, Okada K, Matsuo O, Cell structure and function, 14, 6, 673, 684,   1989年12月, 査読有り
  • Monoclonal antibody enhances plasminogen activation by t-PA., Matsuo O, Okada K, Fukao H, Ueshima S, Thrombosis research, 56, 3, 477, 483,   1989年11月, 査読有り
  • [Development of new thrombolytic enzymes by gene technology--with special references to t-PA, scu-PA, protein C]., Ueshima S, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 47, 4, 901, 909,   1989年04月, 査読有り
  • Determination of the biological activity of antithrombin III related antigen in urine., Ueshima S, Yamamoto T, Okada K, Tanaka H, Matsuo O, Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry, 180, 1, 79, 86,   1989年03月, 査読有り
  • Production and characterization of single-chain tissue-type plasminogen activator produced by an established cell line from human uterine muscle., Matsuo O, Fukao H, Izaki S, Matsuo C, Ueshima S, Cell structure and function, 14, 1, 45, 60,   1989年02月, 査読有り
  • Assay method for single-chain urokinase-type plasminogen activator., Matsuo O, Ueshima S, Okada K, Fukao H, Ohgaki M, Watanabe R, Arimura H, Hematologic pathology, 3, 3, 137, 142,   1989年, 査読有り
  • Effect of synthetic thrombin inhibitor (MD805) as an alternative drug on heparin induced thrombocytopenia during hemodialysis., Matsuo T, Chikahira Y, Yamada T, Nakao K, Ueshima S, Matsuo O, Thrombosis research, 52, 2, 165, 171,   1988年10月, 査読有り
  • Monoclonal antibody interferes with fibrin binding of t-PA., Matsuo O, Okada K, Fukao H, Tanaka N, Ueshima S, Thrombosis research, 51, 5, 485, 494,   1988年09月, 査読有り
  • New type of plasminogen activator produced by an established cell line from human ovary., Matsuo O, Fukao H, Matsuo C, Ueshima S, Thrombosis research. Supplement, 8, 45, 55,   1988年, 査読有り
  • <原著>尿中antithrombin III関連抗原の基礎的および臨床的研究(1) : 尿中antithrombin III関連抗原測定法の検討, 上嶋 繁, 近畿大学医学雑誌, 近畿大学医学雑誌, 12, 1, 115, 127,   1987年03月25日
    概要:Urinary protein reacts with the antibody of antithrombin III (AT III)-AT III related antigen (AT III RA)-and its biological activity was determined without condensation of urine. Quantitative and molecular analyses were performed by using SDS-polyacrylamide gel electrophoresis followed by the Western blot method and the avidin-biotin complex method (immunoblot method). The intraassay coefficient of variation and the interassay coefficient of variation for immunoblot method were 4.9% (n=6) and 4.9% (n=5), respectively. AT III RA was evaluated as the ratio to purified AT III. The mean value of total urinary AT III RA was 0.731±0.364μg/ml (mean±SD, n=11) in the morning urine collected from male healthy controls. Urinary AT III RA was found to be located in three different molecular weight regions ; the regions of identical with the molecular weight of purified AT III (62,000), the higher (200,000-240,000) and lower (10,000-40,000) regions than the molecular weight of AT III. In order to measure the biological AT III activity of AT III RA in urine, a new sensitive method using antigen-antibody reaction and substrate assay (bioimmunoassay) was developed, as the conventional methods to determine the biological AT III activity were found not sufficient to measure urinary activity. The result obtained by the bioimmunoassay showed the mean value of 0.640±0.180μg/ml (mean±SD, n=9) in the morning urine collected from male healthy controls, and indicates that biological AT III activity of AT III RA is alive in urine. The amount of AT III RA of AT III molecular region and urinary biological activity showed a good correlation. Thus we have concluded that urinary AT III RA is active and may have some kinds of biological roles as an anticoagulant in urine.
  • <原著>尿中antithrombin III関連抗原の基礎的および臨床的研究(2) : 肝硬変症における尿中antithrombin III関連抗原の変化, 上嶋 繁, 近畿大学医学雑誌, 近畿大学医学雑誌, 12, 1, 129, 139,   1987年03月25日
    概要:The urinary antithrombin III related antigen (AT III RA) in healthy controls and cases of liver cirrhosis was analysed in morning urine to study the metabolic disturbance of AT III in liver diseases, as AT III is produced in the liver and its pathological change is known to result in coagulation abnormality in cases of liver cirrhosis : The urinary AT III RA was analysed by SDS-polyacrylamide gel electrophoresis and the Western blotting method, evaluated as the ratio to purified AT III and expressed per unit of urinary creatinine (U/mg creatinine). The excretion levels of AT III RA in the urine collected from 22 male and 3 female patients having liver cirrhosis (1.63±1.61 U/mg creatinine, mean±SD) were higher than those in 12 male and 6 female healthy controls (0.50±0.33 U/mg creatinine, p<0.001). In the molecular weight analysis urinary AT III RA showed three molecular regions, namely, a higher, a lower and a correspondent region with purified AT III. The increase of urinary AT III RA excretion in cirrhotic patients was found to be caused by the increase of the higher molecular AT III RA. The higher molecular region occupied 51.9±23.8% of urinary AT III RA in cases of liver cirrhosis and in healthy controls it occupied 24.9±15.3% (p<0.001). The percentage of the higher molecular region tended to increase when liver function disturbance became severer. It was inversely proportional to plasma AT III and serum cholinesterase (p<0.001,p<0.02). There was no relationship between the results of renal function tests and the urinary AT III RA excretion. The biological activity of urinary AT III RA was estimated by the newly developed method, and it is described elsewhere. The unit of the activity is the same as AT III RA. The activities of urinary AT III RA in liver cirrhosis (0.11±0.09AU/mg creatinine) were significantly lower than those in healthy controls (0.51±0.76AU/mg creatinine, p<0.02). The increase of excretion of urinary AT III RA, especially for the higher molecular region, and the decrease of biological activity suggest the abnormal production of AT III in liver cirrhosis.
  • A hereditary dysfibrinogenemia: fibrinogen Awaji., Matsuo T, Okuno S, Mukaida T, Ueshima S, Okada K, Matsuo O, Haemostasis, 17, 1-2, 89, 97,   1987年, 査読有り
  • Molecular analysis of urinary AT III related antigen in liver cirrhosis., Ueshima S, Yamamoto T, Adachi Y, Okada K, Matsuo O, Life sciences, 39, 3, 249, 254,   1986年07月, 査読有り
  • Impurity of thrombin preparations for clinical use., Ueshima S, Yamamoto T, Okada K, Sakai T, Matsuo O, Journal of clinical and hospital pharmacy, 10, 2, 193, 202,   1985年06月, 査読有り
  • Effect of Na+, K+ ion concentration on the production of plasminogen activator from a melanoma cell line., Matsuo O, Kikuchi H, Ueshima S, Okada K, Matsuo C, Bando H, Sakai T, Thrombosis research, 38, 5, 577, 584,   1985年06月, 査読有り
  • Induction of rat liver bilirubin-conjugating enzymes and glutathione S-transferase by rifampicin., Adachi Y, Nanno T, Yamashita M, Ueshima S, Yamamoto T, Gastroenterologia Japonica, 20, 2, 104, 110,   1985年04月, 査読有り

書籍等出版物

  • カラーイラストで学ぶ集中講義 生理学 改訂第2版, 上嶋 繁, 単著, 血液・造血器・リンパ系, メジカルビュー社,   2014年10月
  • 健康栄養学-健康科学としての栄養生理化学-第2版, 上嶋 繁, 単著, 糖尿病と栄養, 共立出版,   2014年10月
  • 新訂 生理学実習書, 上嶋 繁, 単著, 赤血球、白血球数の算定、ヘマトクリット値測定、ヘモグロビン定量, 南江堂,   2013年09月
  • ガイトン生理学 原著11版, 上嶋 繁, 単訳, 第35章 血液型、輸血、組織・臓器移植, エルゼビア・ジャパン株式会社,   2010年
  • カラーイラストで学ぶ集中講義 生理学, 上嶋 繁, 単著, 生体防御の機序, メジカルビュー社,   2008年10月
  • Recent Advances in Thrombosis and Hemostasis 2008 , Okada K, Ueshima S, Matsuo O., 共著, ole of fibrinolysis in hepatic regeneration., Tokyo, Springer,   2008年
  • よくわかる病態生理5 血液疾患, 上嶋 繁、松尾 理, 共著, 線溶系, 日本医事新報社,   2007年10月
  • rt-PA静注療法ハンドブック, 上嶋 繁、松尾 理, 共著, 血栓溶解療法薬の基礎知識, 中外医学社,   2006年03月
  • 血栓症 ナビゲーター, 上嶋 繁、松尾 理, 共著, t-PA/ウロキナーゼ/その他の線溶系薬剤, メディカルレビュー社,   2006年01月
  • 図説血栓・止血・血管学、血栓症制圧のために, 上嶋 繁, 単著, ストレプトキナーゼとスタフィロキナーゼの基礎と臨床, 中外医学社,   2005年09月
  • タンパク質化学 第5巻 血漿タンパク質 I, 上嶋 繁、松尾 理, 共著, プラスミノーゲンアクチベータ, 廣川書店,   2001年09月
  • 関西血栓フォーラム2002血小板血栓形成の分子機構, 上嶋 繁、松尾 理, 共著, 神経系と線溶系, 株式会社 アイプリコム,   2001年09月
  • Vascular Biology ナビゲーター, 上嶋 繁、松尾 理, 共著, t-PA, u-PA, メディカルレビュー社,   2001年04月
  • 血栓溶解療法の新展開 第二世代 t-PA, 上嶋 繁、松尾 理, 共著, I. t-PA の基礎, 医薬ジャーナル社,   2000年
  • Text 生理学, 上嶋 繁、松尾 理, 共著, 第2章 血液, 南山堂,   1999年

講演・口頭発表等

  • グルタチオンペルオキシダーゼ(GPx4)減少による血管内皮細胞の障害とそれを改善する物質の探索, 安澤俊紀, 酒井 修, 住川 淑絵, 上嶋 繁, 第27回日本病態生理学会大会,   2017年08月20日
  • 米抽出物の新たな機能性の探索, 安澤俊紀, 木戸口 こころ, 住川 淑絵, 上嶋 繁, 第17回日本抗加齢医学会総会,   2017年06月03日
  • 米抽出物の培養ヒト結腸がん細胞(Caco-2)遊走能抑制効果, 安澤俊紀, 木戸口 こころ, 住川 淑絵, 上嶋 繁, 第71回日本栄養・食糧学会大会,   2017年05月20日
  • Rice and the polishing degree of rice influence the antithrombotic activity of vascular endothelial cells., 住川淑絵, 安澤俊紀, 上嶋 繁, 第94回日本生理学会大会,   2017年03月28日
  • Antithrombotic effect of oral administration of brown seaweed extract., Yasuzawa T, Shintaku K, Ozawa M, Ueshima S., The 1st joint meeting of ISFP and PA workshop,   2016年10月19日
  • 精米の程度が血管内皮細胞の抗血栓性と米の抗酸化性に及ぼす影響, 住川淑絵, 安澤俊紀, 上嶋 繁, 第26回日本病態生理学会大会,   2016年08月06日
  • The effect of Yuzaki-nebuka(Allium vegetables) on migration of liver cancer cell in the presence of adipocyte, 安澤俊紀, 住川淑絵, 森岡由加里, 上嶋 繁, 第93回日本生理学会大会,   2016年03月24日
  • The effects of linagliptin on insulin signaling and apoptosis of the podocytes in , Mima A, Yasuzawa T, Ueshima S, Tsubaki K., International Diabetes Federation World Diabetes Congress 2015,   2015年12月
  • 糖尿病性腎症におけるEPAの腎保護作用の検討, 安澤俊紀, 上野山碧, 市居真依, 今津ちひろ, 住川淑絵, 美馬 晶, 上嶋 繁, 第14回日本栄養改善学会近畿支部学術総会,   2015年11月
  • 脂肪細胞存在下における肝癌細胞の遊走能に及ぼす結崎ネブカの影響, 住川淑絵, 森岡由加里, 安澤俊紀, 上嶋 繁, 第108回近畿生理学談話会,   2015年08月
  • 脂肪細胞と血管内皮細胞の相互作用を改善する天然資源物質の解析, 安澤俊紀, 勇井克也, 山下里奈, 上嶋 ,   2015年05月
  • Deficient of both alpha 2-antiplasmin and plasminogen activator inhibitor type-1 genes causes high IgE production, Ueshima S, Okada K, Kawao N, Yano M, Tamura Y, Tanaka M, Sakamoto A, Hatano M, Arima M, Miyata S, Nagai N, Tokuhisa T, Matsuo O, 7th International Congress of Pathophysiology, ISP 2014,   2014年09月
  • 脂肪細胞と血管内皮細胞の相互作用を改善する天然資源物質の解析, 安澤俊紀, 磯田奈佑, 高畠和久, 合田麻梨恵, 西村侑香, 岡林ほのか, 中川紗央里, 勇井克也, 山下里奈, 上嶋 繁, 第24回 日本病態生理学会大会,   2014年08月09日
  • α2-antiplasmin/PAI-1両遺伝子欠損マウスにおける免疫系の変化についての研究, 上嶋 繁, 岡田清孝, 河尾直之, 矢野昌人, 田村行識, 田中勝喜, 坂本明美, 幡野雅彦, 有馬雅史, 宮田清司, 永井信夫, 徳久剛史, 松尾 理, 第36回 日本血栓止血学会,   2014年05月
  • α2-アンチプラスミン/プラスミノーゲンアクチベータインヒビタタイプ1遺伝子欠損マウスは高IgE産生を示す, 岡田清孝, 上嶋 繁, 矢野昌人, 田村行識, 河尾直之, 坂本明美, 幡野雅彦, 有馬雅史, 永井信夫, 徳久剛史, 梶 博史, 松尾 理, 第91回日本生理学会大会,   2014年03月
  • 脂肪細胞存在下における血管内皮細胞の遊走能に及ぼすアントシアニンの影響, 山下里奈, 西村侑香, 合田麻梨恵, 勇井克也, 上嶋 繁, 第13回日本抗加齢医学会総会,   2013年06月
  • 新規合成ペプチドのプラスミノーゲン活性化および血栓溶解に対する促進作用, 岡田清孝, 上嶋 繁, 河尾直之, 田村行識, 矢野昌人, 松尾 理, 梶 博史, 第90回日本生理学会大会,   2013年03月
  • 肝細胞周囲での線溶系酵素/受容体系による肝再生制御機構, 岡田清孝、上嶋繁、河尾直之、田村行識、矢野昌人、梶博史、松尾理, 第11回日本再生医療学会総会 ,   2012年06月13日
  • 新規合成ペプチドとプラスミノーゲンの相互作用, 岡田清孝、上嶋繁、河尾直之、田村行識、矢野昌人、梶博史、松尾理, 第34回日本血栓止血学会学術集会,   2012年06月07日
  • α2-Antiplasmin regulates the development of fibrosis by PGF2α synthesis through ATGL/iPLA2. , Kanno Y, Kawasaki E, Kokado K, Okada K, Ueshima S, Kaji H, Matsuo O, Matsuno H., 58th Annual Meeting of the SSC of the ISTH,   2012年06月
  • Involvement of α2-antiplasmin in dendritic growth during memory formation., Kawasaki E, Kanno Y, Asayama H, Okada K, Ueshima S, Kaji H, Matsuo O, Matsuno H. , 58th Annual Meeting of the SSC of the ISTH,   2012年06月
  • 虚血性脳傷害後に伴う血管透過性亢進の時間的および空間的な差異に関する検討, 永井信夫, 矢野 昌人, 河尾 直之, 田村 行識, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 鈴木康裕,梅村和夫,   2012年03月
  • Impaired accumulation of macrophages and absence of their phenotype heterogeneity during liver repair in urokinase-deficient mice., 河尾 直之, 田村 行識, 奥本 勝美, 岡田 清孝, 矢野 昌人, 上嶋 繁, 松尾 理, 永井 信夫, 梅村 和夫 鈴木 康裕, XXIII Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis,   2011年07月, XXIII Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis
  • Urokinase-type plasminogen activator and plasminogen mediate accumulation of macrophages and their phenotype heterogeneity at the border region of damaged site during liver repair., 河尾 直之, 田村 行識, 奥本 勝美, 岡田 清孝, 矢野 昌人, 上嶋 繁, 梶 博史, 松尾 理, 永井 信夫, 梅村 和夫 鈴木 康裕, The 76th Japanese Society of Interferon & Cytokine Research The 19th International Symposium on Mole,   2011年05月, The 76th Japanese Society of Interferon & Cytokine Research The 19th International Symposium on Mole
  • Plasminogen plays critical role in liver repair by facilitating macrophage accumulation at the border of damage., 松尾 理, 河尾 直之, 永井 信夫, 岡田 清孝, 奥本 勝美, 上嶋 繁, 6th International Congress of Pathophysiology,   2010年09月, 6th International Congress of Pathophysiology
  • Plasminogen plays essential role in leukocyte accumulation during liver repair., 河尾 直之, 永井 信夫, 石田 知可子, 岡田 清孝, 奥本 勝美, 上嶋 繁, 松尾 理, 梅村 和夫 鈴木 康裕, 21th International Congress of the International Society for Fibrinolysis and Proteolysis,   2010年08月, 21th International Congress of the International Society for Fibrinolysis and Proteolysis
  • 虚血性脳傷害サイズは傷害後の病態生理的反応の程度に影響を及ぼす, 永井 信夫, 河尾 直之, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 梅村 和夫 鈴木 康裕, 第33回日本血栓止血学会学術集会,   2010年04月, 第33回日本血栓止血学会学術集会
  • 予防対策開始後の当院における術後肺血栓塞栓症27例の検討, 保田 知生, 谷口 貢, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 竹山 宜典, 大柳 治正, 塩﨑 均, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第33回日本血栓止血学会学術集会,   2010年04月, 第33回日本血栓止血学会学術集会
  • Involvement of plasminogen in leukocyte accumulation during liver repair., 河尾 直之, 永井 信夫, 石田 知可子, 岡田 清孝, 奥本 勝美, 上嶋 繁, 松尾 理, 梅村 和夫 鈴木 康裕, 第83回日本薬理学会年会,   2010年03月, 第83回日本薬理学会年会
  • 虚血性脳障害の大きさと傷害後の病態生理的反応の関連, 河尾 直之, 永井 信夫, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第20回日本病態生理学会大会,   2010年01月, 第20回日本病態生理学会大会
  • 肝傷害後の炎症性細胞の集積におけるプラスミノゲンの役割, 河尾 直之, 永井 信夫, 石田 知可子, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 梅村 和夫 鈴木 康裕, 第32回日本血栓止血学会学術集会,   2009年06月, 第32回日本血栓止血学会学術集会
  • 肺癌術後に発生した重症肺血栓塞栓症の1救命例, 保田 知生, 谷口 貢, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 廣畑 健, 南 憲司, 竹山 宜典, 大柳 治正, 塩﨑 均, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第33回日本血栓止血学会学術集会,   2009年04月, 第33回日本血栓止血学会学術集会
  • 光化学刺激血栓モデルによる局所的肝傷害後の修復過程におけるプラスミノーゲンの役割, 河尾 直之, 永井 信夫, 岡田 清孝, 石田 知可子, 上嶋 繁, 松尾 理, 梅村 和夫 鈴木 康裕, 第31回日本血栓止血学会学術集会,   2008年11月, 第31回日本血栓止血学会学術集会
  • 肝細胞におけるプラスミンによるERK1/2経路活性化とアポトーシス促進性タンパク質Bimの減少, 河尾 直之, 岡田 清孝, 川田 修平, 石田 知可子, 永井 信夫, 上嶋 繁, 松尾 理, 第18回日本病態生理学会大会,   2008年01月, 第18回日本病態生理学会大会
  • 当院における周術期肺血栓塞栓症例30例の検討, 保田 知生, 谷口 貢, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 廣畑 健, 竹山 宜典, 大柳 治正, 塩﨑 均, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第30回日本血栓止血学会,   2007年10月, 第30回日本血栓止血学会
  • プラスミノゲン遺伝子欠損マウスにおける肝再生遅延の特徴, 河尾 直之, 岡田 清孝, 岡本 知可子, 上嶋 繁, 松尾 理, 川田 修平, 第28回日本血栓止血学会,   2005年11月, 第28回日本血栓止血学会
    概要:プラスミノゲン遺伝子欠損マウスで見られる肝再生遅延の特徴について検討した。
  • 肝再生過程におけるプラスミノゲン/プラスミン系の役割, 河尾 直之, 岡田 清孝, 岡本 知可子, 上嶋 繁, 松尾 理, 川田 修平, 第98回近畿生理学談話会,   2005年09月, 第98回近畿生理学談話会
    概要:アポトーシス促進性タンパク質であるBimの発現制御におけるプラスミノゲン/プラスミン系の役割について検討した。
  • 四塩化炭素肝障害におけるプラスミノゲン/プラスミン系によるアポトーシス促進タンパクBimの発現制御, 河尾 直之, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 岡本 知可子, 松尾 理, 川田 修平, 第67回日本血液学会総会・第47回日本臨床血液学会総会,   2005年09月, 第67回日本血液学会総会・第47回日本臨床血液学会総会
    概要:肝再生過程におけるプラスミノゲン/プラスミン系によるアポトーシス促進タンパクBimの発現制御について検討した。
  • 日本の大学医療センターにおける周術期血栓予防について, 保田 知生, 谷口 貢, 福田 寛二, 上嶋 繁, 岡田 清孝, 廣畑 健, 湯浅 晴之, 塩川 泰啓, 古賀 義久, 大柳 治正, 松尾 理, 塩﨑 均, International Society on Thrombosis and Haemostasis,   2005年08月, International Society on Thrombosis and Haemostasis
    概要:欧米における血栓症の発生頻度と本邦の発生頻度には近年差がなく,本邦では静脈血栓症の増加が報告されている.近畿大学医学部附属病院では2002年10月から総合周術期血栓対策を開始しているが,これらの効果を判定するため年次毎の有症状肺塞栓症を集計し報告した.初年度年間14例見られた有症状肺塞栓症は2年度,3年度は2例にとどまり,重症例の発症は2年度1例,3年度0例と著明に減少し,発生をコントロールすることができた.当院では手術を前に静脈血栓塞栓症を好発する疾患群に対し優先的に予防策を行っている.効果を検証し報告した.
  • 人工膝関節置換術における術中血栓形成と周術期凝固線溶能の変化, 森 成志, 赤木 将男, 保田 知生, 増田 詩織, 小谷 敦志, 岡本 知可子, 川田 修平, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 濵西 千秋, 第5回TTMフォーラム,   2005年03月, 第5回TTMフォーラム
  • 線溶系の肝再生過程への関与に対する肝細胞系での解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第27回日本病態生理学会大会,   2005年01月, 第27回日本病態生理学会大会
    概要:線溶系の肝再生過程への関与について、線溶系ノックアウトマウスからの分離肝細胞の培養系を用いて解析し、報告した。
  • 外科手術における血液凝固・線溶系の変動, 川田修平, 金丸 昭久, 上嶋 繁, 岡田 清孝, 岡本 知可子, 河尾 直之, 松尾 理, 森 成志, 赤木 将男, 濵西 千秋, 増田詩織, 第57回近畿大学医学会学術講演会,   2004年12月, 第57回近畿大学医学会学術講演会
  • 線溶系ノックアウトマウスの肝細胞培養系における肝再生過程の解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 岡本 知可子, 河尾 直之, 松尾 理, 第27回日本血栓止血学会学術集会,   2004年11月, 第27回日本血栓止血学会学術集会
    概要:線溶系ノックアウトマウスの肝臓から分離した肝細胞の培養系で肝再生過程と線溶系因子との関係について解析し、報告した。
  • カプサイシン誘起内臓痛におけるPAR-1およびPAR-2の役割, 河尾 直之, 池田 久雄, 岡田 清孝, 岡本 知可子, 上嶋 繁, 松尾 理, 川畑 篤史, 第79回近畿生理学談話会,   2004年11月, 第79回近畿生理学談話会
    概要:内臓痛制御におけるPAR-1およびPAR-2の役割を検討し、PAR-1は内臓痛に対して抑制的に働くことが明らかになった。一方、結腸内腔に発現するPAR-2は、その活性化により遅発性にカプサイシン受容体の感受性を亢進させ、内臓痛を促進することが示唆された。
  • 人工膝関節置換術における術中血栓形成の検討 ターニケット使用による凝固線溶への影響, 保田 知生, 森 成志, 赤木 将男, 谷口 貢, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 廣畑 健, 大柳 治正, 塩﨑 均, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第27回 日本血栓止血学会学術集会,   2004年10月, 第27回 日本血栓止血学会学術集会
  • 当院婦人科術前血栓症の診断と術後肺塞栓症の予防対策について, 土井 裕美, 保田 知生, 小畑 孝四郎, 上嶋 繁, 岡田 清孝, 松尾 理, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 塩川 泰啓, 星合 昊, 第27回 日本血栓止血学会学術集会,   2004年10月, 第27回 日本血栓止血学会学術集会
  • スタフィロキナーゼ由来ペプチドとプラスミノーゲンとの相互作用の解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 岡本 知可子, 河尾 直之, 松尾 理, The Xth Congress of the International Society of Hematology, Asian-Pacific Division,   2004年09月, The Xth Congress of the International Society of Hematology, Asian-Pacific Division
    概要:スタフィロキナーゼ由来ペプチドはプラスミノーゲンと複合体を形成し、プラスミノーゲンの活性化を促進する作用を認め、報告した。
  • マウス肝再生過程における線溶系因子の役割, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 岡本 知可子, 松尾 理, 第81回日本生理学会大会 ,   2004年06月, 第81回日本生理学会大会 
    概要:マウス肝再生過程での線溶系因子による肝再生能の制御機構について、遺伝子欠損マウスの分離肝細胞を用いて検討した結果を報告した。(英文)
  • マウス肝細胞上でのプラスミン/α2-アンチプラスミン系による肝再生過程の制御機構, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 岡本 知可子, 松尾 理, XVIth International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis,   2004年02月, XVIth International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis
    概要:マウス肝細胞上でのプラスミン/α2-アンチプラスミン系による肝再生過程の制御機構について、遺伝子欠損マウスの分離肝細胞を用いて検討した結果を報告した。(英文)
  • 肝細胞上の線溶活性化によるマウス肝再生機構の解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 岡本 知可子, 松尾 理, 第55回近畿大学医学会学術集会,   2003年12月, 第55回近畿大学医学会学術集会
    概要:肝障害後の分離肝細胞を用いて肝再生過程とプラスミノーゲンの挙動について検討し、報告した。  
  • 肝細胞上のplasmin/α2-antiplasmin系による肝再生過程の制御機構, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 岡本 知可子, 松尾 理, 第26回日本血栓止血学会学術集会,   2003年11月, 第26回日本血栓止血学会学術集会
    概要:線溶系因子のノックアウトマウスの分離肝細胞を用いて肝再生過程での肝細胞上におけるプラスミノーゲン活性化機構について検討し、報告した。  
  • α2-antiplasminの新たな可能性:VEGFとの相互作用, 松野 浩之, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第26回日本血栓止血学会学術集会,   2003年11月, 第26回日本血栓止血学会学術集会
    概要:座長指定演題としてα2-antiplasminの新たな機能の可能性としてVEGFとの相互作用について報告した。
  • 線溶系因子のノックアウトマウスを用いた肝再生過程の解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第26回日本血栓止血学会学術集会,   2003年11月, 第26回日本血栓止血学会学術集会
    概要:シンポジウム“線溶・プロテオライシス”で線溶系因子のノックアウトマウスを用いた肝再生過程の解析を報告し、その重要性を提唱した。  
  • 肝再生過程における肝細胞上のプラスミノーゲン活性化の重要性, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 3rd General Meeting of the International Proteolysis Society,   2003年11月, 3rd General Meeting of the International Proteolysis Society
    概要:肝障害後の線溶系因子ノックアウトマウスの肝臓からの分離肝細胞について肝臓でのプラスミノーゲンの挙動と肝再生能との関係を検討し、報告した。(英文)  
  • 肝再生過程におけるプラスミノーゲンと肝細胞の相互作用の解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 赤尾 真 関 秦一郎 有賀 豊彦, 第65回日本血液学会総会/第45回日本臨床血液学会総会,   2003年08月, 第65回日本血液学会総会/第45回日本臨床血液学会総会
    概要:肝障害後のマウス分離肝細胞上でのプラスミノーゲン結合性と肝再生能の関係について検討し、報告した。   
  • α2-アンチプラスミン欠損で誘導された血管障害後の内皮治癒と過剰VEGF分泌, 松野 浩之, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 小澤 修, XIX Congress the International Society on Thrombosis and Haemostasis,   2003年07月, XIX Congress the International Society on Thrombosis and Haemostasis
    概要:α2-アンチプラスミン遺伝子欠損マウスは血管障害モデルにおいて過剰VEGF分泌を伴う内皮治癒を示したことを報告した。(英文)
  • 肝細胞上におけるプラスミノーゲン活性化の制御機構, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 赤尾 真 関 秦一郎 有賀 豊彦, XIX Congress the International Society on Thrombosis and Haemostasis,   2003年07月, XIX Congress the International Society on Thrombosis and Haemostasis
    概要:マウスの肝臓より分離した肝細胞を用いて肝臓でのプラスミノーゲン活性化の制御機構を検討し、肝細胞上で効率よいプラスミノーゲンの活性化が起こることを報告した。(英文)  
  • マウス肝障害後のplasmin/α2-antiplasmin系による肝再生過程の制御機構, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第80回日本生理学会大会/第76回日本薬理学会年会,   2003年03月, 第80回日本生理学会大会/第76回日本薬理学会年会
    概要:線溶系因子のノックアウトマウスを用いて肝再生過程の解析結果を報告した。(英文)  
  • LPS刺激後のマウス血液成分の変動と組織におけるフィブリン沈着, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第53回近畿大学医学会学術集会,   2002年12月, 第53回近畿大学医学会学術集会
    概要:LPS刺激後のマウスの血液細胞の変動について解析し、好中球の増加と血小版の低下したことを報告した。
  • カリクレイン阻害剤PKSI-527およびt-PA/u-PAポリクロ-ナル抗体による内存性血栓溶解の抑制, 橋本 賢, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 山本 順一郎, 第25回日本血栓止血学会学術集会 ,   2002年11月, 第25回日本血栓止血学会学術集会 
    概要:He-Neレーザーによるラット腸間膜細動脈血栓モデルにおける、内存性血栓溶解についてカリクレイン阻害剤と二種のPAに対する抗体を用いて検討した。
  • マウスにおいてプラスミン産生は動脈および静脈での血栓形成とその溶解能に対し異なる役割を示す, 松野 浩之, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第25回日本血栓止血学会学術集会 ,   2002年11月, 第25回日本血栓止血学会学術集会 
    概要:動脈および静脈での血栓モデルにおいて、プラスミノーゲンとα2-アンチプラスミンのノックアウトマウスにおけるそれぞれの血栓形成能と溶解能で異なった結果が得られたことを報告した。
  • マウスにおける炎症反応と線溶系因子の変動, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第95回近畿生理学談話会 ,   2002年08月, 第95回近畿生理学談話会 
    概要:LPS刺激後のマウスの血液細胞の変動について解析し、好中球の増加と血小版の低下したことを報告した。
  • LPS刺激によるマウス血液成分の変動, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第77回近畿血液学地方会 ,   2002年07月, 第77回近畿血液学地方会 
    概要:LPS刺激後のマウスの血液細胞の変動について解析し、好中球の増加と血小版の低下したことを報告した。
  • 線溶系因子ノックアウトマウスにおける肝再生能, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, 第1回日本再生医療学会 ,   2002年04月, 第1回日本再生医療学会 
    概要:四塩化炭素肝障害モデルにおける肝再生能はPlgKO、u-PA/t-PAダブルKOで低下し、α2-APKOで亢進し、プラスミンの障害部位除去および回復過程での環境構築への関与を報告し、再生医療への応用を示唆した。
  • 肝再生過程における線溶系因子の関与:ノックアウトマウスを用いた解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, 第79回日本生理学会大会,   2002年03月, 第79回日本生理学会大会
    概要:シンポジウム“肝臓の再生・修復の制御とそれにかかわる線溶系因子”のテーマに対して、線溶系因子のノックアウトマウスを用いて肝再生能の検討結果を報告し、再生医療への応用を示唆した。
  • 線溶系因子ノックアウトマウスにおける肝再生過程の解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, 第8回関西血栓フォーラム,   2002年01月, 第8回関西血栓フォーラム
    概要:線溶系因子ノックアウトマウスにおける肝再生過程の解析を、部分肝切除モデルと薬物障害モデルを用いて検討し、線溶系因子の重要性を報告した。この発表で関西血栓フォーラム学術奨励賞を受賞した。
  • ノックアウトマウス血漿中におけるスタフィロキナーゼの線溶系活性化機構の解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, 第50回近畿大学医学会学術講演会,   2001年10月, 第50回近畿大学医学会学術講演会
    概要:プラスミンとの複合体を形成してプラスミノーゲン活性化因子として作用すろスタフィロキナーゼの線溶系活性化機構について、その阻害因子であるα2-プラスミンおよびプラスミノーゲンのノックアウトマウスと分子間相互作用解析装置IAsysを用いて解析した。
  • マウスの肝臓と腎臓でのplasminogenおよびα2-antiplasminの発現調節の解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 赤尾 真, 松尾 理, 第24回日本血栓止血学会学術集会,   2001年10月, 第24回日本血栓止血学会学術集会
    概要:LPSおよび炎症性サイトカイン投与後のマウス肝臓および腎臓におけるplasminogenとα2-antiplasminの発現について検討し、両因子が異なる発現性を示すことを報告した。
  • LPSによるマウス肝臓と腎臓でのプラスミノーゲンとα2-アンチプラスミンの発現調節, 岡田 清孝, 赤尾 真, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, XVIII Congress The International Society on Thrombosis and Haemostasis,   2001年07月, XVIII Congress The International Society on Thrombosis and Haemostasis
    概要:Plasminogenとα2-antiplasmin遺伝子のプロモーター領域に存在するIL-6反応部位について、LPSおよび炎症性サイトカイン投与後のマウス肝臓および腎臓におけるmRNAの発現性を検討し、その結果を報告した。(英文)
  • ラット動脈血栓モデルでの内在性血栓溶解活性に対する血漿カリクレイン合成阻害剤およびt-PA、u-PAに対する抗体の評価, 橋本 賢, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 山本順一郎, XVIII Congress The International Society on Thrombosis and Haemostesis,   2001年07月, XVIII Congress The International Society on Thrombosis and Haemostesis
    概要:ラット動脈血栓モデルでの内在性血栓溶解活性に対して、血漿カリクレイン合成阻害剤およびt-PA、u-PAに対する抗体の影響について検討した。
  • LPSによるマウス肝臓での線溶系因子とMMPsの発現, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾偉晴, 松尾 理, 第93回近畿生理学談話会,   2001年03月, 第93回近畿生理学談話会
    概要:細菌性毒素(LPS)投与後のマウス肝臓の障害および回復過程における線溶系因子と細胞外基質蛋白分解酵素(MMPs)の発現について検討し、それぞれの因子が特異的な時期に発現されていること報告した。
  • LPSによるマウス肝臓での線溶系因子およびMMPsの発現, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, 第93回近畿生理学談話会  ,   2000年07月, 第93回近畿生理学談話会  
    概要:細菌性毒素(LPS)投与後のマウスの肝臓の障害および再生過程での線溶系因子および細胞外基質蛋白分解酵素(MMPs)の発現について検討し、報告した。
  • LPS投与後のマウスの肝臓における線溶系因子および細胞外基質蛋白分解酵素の発現, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, The XVth International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis ,   2000年06月, The XVth International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis 
    概要:LPS投与後のマウスの肝臓の障害・再生過程での線溶系因子および細胞外基質蛋白分解酵素の発現について検討し、報告した。(英文)

MISC

  • 血管内皮細胞の抗血栓性に影響する食物由来物質の探索, 山下里奈, 大澤萌香, 新宅加菜, 安澤俊紀, 上嶋繁, 日本病態生理学会雑誌, 21, 2, 43,   2012年08月04日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202248614622694
  • 肝細胞周囲での線溶系酵素/受容体系による肝再生制御機構, 岡田清孝, 上嶋繁, 河尾直之, 田村行識, 矢野昌人, 梶博史, 松尾理, 再生医療, 11, 247,   2012年05月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202267999070780
  • 血管の石灰化発症におけるplasminの役割, 小門亜希子, 菅野陽介, 河下映里, 岡田清孝, 上嶋繁, 松尾理, 松野浩之, 糖尿病, 55, Supplement 1, S.161,   2012年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202261120919275
  • 新規合成ペプチドとプラスミノーゲンの相互作用解析, 岡田清孝, 上嶋繁, 河尾直之, 田村行識, 矢野昌人, 梶博史, 松尾理, 日本血栓止血学会誌, 23, 2, 169,   2012年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202266260395057
  • 褐藻類由来成分の抗血栓効果についての検討, 山下里奈, 大澤萌香, 新宅加菜, 安澤俊紀, 上嶋繁, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 12th, 215,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202287224151106
  • 脂肪細胞と血管平滑筋細胞の共存下におけるアントシアニンの効果, 勇井克也, 山下里奈, 山田和美, 上嶋繁, 日本病態生理学会雑誌, 20, 2, 23,   2011年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202252398887235
  • ES細胞表面でのu‐PAの効率的発現と機能, 建部仁志, 永井信夫, 岡田清孝, 河尾直之, 上嶋繁, 松尾理, 近畿大学医学雑誌, 36, 1, 19A,   2011年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102217424818126
  • アメリカンフットボール選手に対する栄養サポート(第一報)~ポジション郡別の比較~, 角谷雄哉, 角谷雄哉, 松浪登久馬, 直井愛里, 佐川和則, 上嶋繁, 明神千穂, 日本スポーツ栄養研究誌, 4, 62,   2011年01月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202265737407986
  • アメリカンフットボール選手に対する栄養サポート(第二報)~適切な栄養サポートプログラムの検討~, 明神千穂, 角谷雄哉, 角谷雄哉, 松浪登久馬, 直井愛里, 佐川和則, 上嶋繁, 日本スポーツ栄養研究誌, 4, 63,   2011年01月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202211475111590
  • 血栓溶解療法のモニター (今月の主題 血栓症と臨床検査) -- (抗血栓療法のモニター), 上嶋 繁, 松尾 理, 臨床検査, 53, 10, 1181, 1185,   2009年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016767197
  • 深部静脈血栓症の病態, 上嶋 繁, 保田 知生, 松尾 理, 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis, 19, 4, 485, 490,   2008年08月01日, 10.2491/jjsth.19.485, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026116600
  • 血栓溶解薬開発の現状と展望 (特集 脳梗塞急性期治療--t-PA静注療法), 上嶋 繁, 松尾 理, 最新医学, 63, 7, 1399, 1405,   2008年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016140655
  • 深部静脈血栓症の病態, 上嶋 繁, 松尾 理, 日本病態生理学会雑誌 = Japanese journal of pathophysiology, 17, 1, 37, 39,   2008年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025621427
    概要:Copyright (c) 2008 日本病態生理学会, 日本生理学会--日本病理生理学学会連携シンポジウム 講演記録, 開催日; 平成20年3月27日(木), 開催場所; 京王プラザホテル東京
  • 線溶系因子の細胞周囲蛋白分解活性発現による組織修復・再生過程の制御機構の解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松野 浩之, 河尾 直之, 川田 修平, 岡本 知可子, 松尾 理, 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis, 17, 5,   2006年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021259397
  • 2.外科手術における血液凝固・線溶系の変動(一般演題抄録), 川田 修平, 上嶋 繁, 岡田 清孝, 岡本 知可子, 河尾 直之, 松尾 理, 金丸 昭久, 森 成志, 赤木 将男, 濱西 千秋, 増田 詩織, 近畿大学医学雑誌, 30, 1,   2005年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004830252
  • 「近畿大学におけるテュートリアル教育の現状と改善に向けて」 : 座長報告, 奥野 清隆, 上嶋 繁, 近畿大学医学雑誌, 29, 2,   2004年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004615506
  • 肝細胞上での線溶活性によるマウス肝再生調節機構(一般演題抄録, 第55回近畿大学医学会学術講演会), 岡田 清孝, 上嶋 繁, 岡本 知可子, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 29, 1,   2004年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004615477
  • 8. 血管透過性にかかわる胎盤成長因子の病態生理学的機能の検討(第54回近畿大学医学会学術講演会), 上嶋 繁, 岡本 知可子, 岡田 清孝, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 28, 2,   2003年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004299774
  • alpha2-antiplasmin の新たな可能性 : VEGF との相互作用, 松野 浩之, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis, 14, 5,   2003年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012427941
  • 5. LPS刺激後のマウス血液成分の変動と組織におけるフィブリン沈着(第53回近畿大学医学会学術講演会), 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 28, 1,   2003年07月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004299731
  • 7. マウスメラノーマ細胞の遊走能および浸潤能におよぼすPAI-1の影響, 上嶋 繁, 岡田 清孝, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 27, 2,   2002年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061863
  • 学生,教員から見たテュートリアル教育の効果と問題点, 上硲 俊法, 岡本 悦司, 上嶋 繁, 吉田 浩二, 佐藤 隆夫, 松尾 理, 医学教育, 33, 4, 239, 246,   2002年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009475687
  • <一般演題抄録>8.ウロキナーゼ遺伝子欠損マウスの肺由来樹立化細胞の線溶活性, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 岡田 清孝, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 27, 1,   2002年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061824
  • <一般演題抄録>29.ノックアウトマウス血漿中におけるスタフィロキナーゼの線溶系活性化機構の解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 26, 2,   2001年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061779
  • リアルタイム生体分子間相互作用解析装置の細胞への応用, 上嶋 繁, 松尾 理, 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis, 12, 4, 300, 305,   2001年08月01日, 10.2491/jjsth.12.300, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008636223
  • <一般演題抄録>5.組織性プラスミノゲンアクチベータ(t-PA)変異体を用いた血管内皮細胞への結合解析, 深尾 偉晴, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 26, 1,   2001年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061721
  • <特別講演抄録>I.血液線溶系におよぼす培養血管内皮細胞の影響, 上嶋 繁, 近畿大学医学雑誌, 26, 1,   2001年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061714
  • <一般演題抄録>30.抗凝固剤アルガトロバンの血管内皮細胞に対する影響, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 岡田 清孝, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 25, 2,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061702
  • <一般演題抄録>9.ラット創傷治癒過程における線溶系因子(u-PA/u-PAR)の解析, 深尾 偉晴, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 25, 1,   2000年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061631
  • <一般演題抄録>3.α_2-アンチプラスミンノックアウトマウスの解析, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 24, 2,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061581
  • <一般演題抄録>1.高温下における血管内皮細胞の線溶系調節機能の解析, 深尾 偉晴, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 田中 勝喜, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 24, 1,   1999年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061540
  • <一般演題抄録>2.LPS刺激におけるマウス肝臓での線溶系因子の遺伝子発現の解析, 岡田 清孝, 田中 勝喜, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 23, 2,   1998年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061486
  • <一般演題抄録>7.樹立化培養血管内皮細胞(TKM-33)における線溶系因子発現の解析, 上嶋 繁, 岡田 清孝, 深尾 偉晴, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 23, 1,   1998年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061449
  • <一般演題抄録>10.腫瘍細胞の増殖におよぼすコラーゲンの影響, 稲森 雅幸, 石原 弘貴, 深尾 偉晴, 上嶋 繁, 岡田 清孝, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 22, 2,   1997年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061411
  • <一般演題抄録>6.温熱下での腫瘍細胞によるウロキナーゼレセプター発現の解析, 池田 昌人, 市川 勉, 深尾 偉晴, 上嶋 繁, 水野 琢, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 22, 1,   1997年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061366
  • <一般演題抄録>7.スタフィロキナーゼとプラスミノーゲンとの反応様式の解析, 河野 真紀子, 上嶋 繁, 高石 知明, 深尾 偉晴, 岡田 清孝, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 21, 2,   1996年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061320
  • <一般演題抄録>5.温熱刺激による正常細胞と腫瘍細胞での線溶系因子の発現における差異, 松原 光宏, 池田 昌人, 橋本 隆宏, 山本 達之, 市川 勉, 井上 敦夫, 深尾 偉晴, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 21, 1,   1996年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061278
  • <病態生理に関する研究>SHRSPの脳, 腎臓および肝臓組織中の線溶系因子, 上嶋 繁, 岡田 清孝, 深尾 偉晴, 高石 知明, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 20, 2, 9, 11,   1995年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061173
    概要:脳卒中の発症におよぼす血液線溶系の変化を検討するために, 脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)とWister Kyotorat(WKY)の脳, 腎臓および肝臓組織抽出液中のplasminogen activator(PA)活性とPA inhibitor(PAI)活性を測定した.SHRSPの脳と腎組織中のPA活性は, それぞれWKYの1.5倍と2.9倍であったが, 肝臓組織中におけるSHRSPのPA活性はWKYの1/1.5であった.また, 脳と腎臓組織中のPAI活性はWKYの方がSHRSPよりもそれぞれ1.2倍強かった.脳組織中に認められたPA活性はtissue-type PA(t-PA)由来であり, 腎臓と肝臓組織中に認められたPA活性はt-PAとurokinase-type PA(u-PA)由来であった.さらに, 脳および腎臓組織中のPAI活性はPAI-1に由来し, 肝臓組織中の線溶阻害活性はα_2PIであることが明かになった.WKYよりもSHRSPの脳組織中において線溶系の活性化が強く, これがSHRSPの脳卒中易発症に関与するものと考えられた.
  • 示-543 高齢ラット肝切除後における肝組織 Plasminogen Activater Inhibitor type 1 mRNA の変動(<特集>第46回日本消化器外科学会), 藤原 英利, 野村 秀明, 金田 邦彦, 黒田 大介, 河村 正生, 加藤 道男, 大柳 治正, 上嶋 繁, 松尾 理, 日本消化器外科学会雑誌, 28, 6,   1995年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001319266
  • <病態生理に関する研究>ラット肝組織中の線溶因子の解析, 岡田 清孝, 高石 知明, 深尾 偉晴, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 19, 4, 11, 13,   1994年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061148
    概要:The present study investigated whether fibrinolytic activity exists in the liver tissue of both stroke-prone spontaneously hypertensive rats (SHRSP) and Wistar Kyoto rats (WKY). Plasminogen activator (PA) activity in the extract solution of he livers was detected by synthetic substrate (H-D-Val-Leu-Lys-p-nitroanilide dihydrochloride) assay. Total PA activity in the liver extract of WKY (26.8±8.3IU) was approximately 1.5-fold higher than that of SHRSP(18.5±4.3IU, n=8,p<0.005). These PA activities decreased by anti-tissue-type PA (t-PA) IgG and anti-urokinase-type PA (u-PA) IgG. Enzymography of the liver extracts revealed three lytic bands with a molecular weight of 67kDa, 44kDa and 38kDa. The inhibitor activity of the liver extract was detected by the reverse fibrin autography method with one lytic resistance band at 70kDa. Thus, fibrinolytic components were observed in the liver tissue of both strain of rats.
  • <一般演題抄録>4.内皮細胞由来株化細胞におけるPA receptor発現の調節機構, 松本 宏, 萩家 康弘, 野中 藤吾, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 岡田 清孝, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 19, 2,   1994年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061090
  • <基礎的研究発生病理>Staphylokinaseのplasminogen活性化機序の解析, 岡田 清孝, 深尾 偉晴, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 18, 4, 13, 15,   1993年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061045
    概要:Staphylokinase expresses plasminogen activator activity by forming a complex with plasminogen. A cross-linked staphylokinase/plasminogen complex was produced with disuccinimidyl suberate, and its enzymatic characteristics were compared with those of a streptokinase/plasminogen complex. The staphylokinase/plasminogen and streptokinase/plasminogen complex showed a band with a molecular weight of 110kDa and 140kDa by SDS-PAGE, respectively. Both complexes exhibited plasminogen activator activity in a time- and concentration-dependent manner. FCB-2 enhanced the enzymatic activity of kinetic analysis about 5-fold for the staphylokinase/plasminogen complex, but only 1.7-fold for the streptokinase/plasminogen complex. These findings indicate that the staphylokinase/plasminogen complex binds to fibrin, and that this complex expresses plasminogen activator activity efficiently.
  • <一般演題抄録>19.ヒト血管内皮細胞由来樹立株のPMA刺激によるu-PA受容体発現の解析, 松本 宏, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 近畿大学医学雑誌, 18, 4,   1993年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061038
  • <基礎的研究発生病理>ラット腎組織中のPAIの性質, 岡田 清孝, 深尾 偉晴, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 16, 4, 9, 11,   1991年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060825
    概要:Plasminogen activator inhibitor (PAI) was purified from the renal tissues of spontaneously hypertensive rat-stroke prone (SHRSP) and that of Wistar Kyoto rat (WKY) using salting-out, acidification, and chromatography with anti-PAI-1 IgG-Sepharose and DEAE cellulose column. The purified PAI from both rats showed a single band with a molecular weight of 42 kDa in SDS-PAGE and reverse fibrin autography. The purified PAI inhibited human tcu-PA, sct-PA and tct-PA by the synthetic substrate S-2251 method, but did not act toward scu-PA. The PAI activity of the homogenized solution of the kidney of WKY was 1.2 times as high as that of SHRSP. These findings suggest that a quantitative difference in the PAI activity in the kidney of SHRSP and WKY is involved in the renal failure of SHRSP.
  • <基礎的研究発生病理>SHRSP腎組織中の線溶因子について, 岡田 清孝, 大野 秀子, 深尾 偉晴, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 15, 4, 11, 13,   1990年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060711
    概要:The present study demonstrated that the plasminogen activator (PA) and PA inhibitor (PAI) exist in renal tissues in both stroke-prone spontaneously hypertensive rat (SHRSP) and Wister Kyoto rat (WKY). Enzymography of the homogenized solution of the kidney revealed the presence of u-PA with the molecular weight of 43 kDa, 37 kDa and of t-PA with 67 kDa. PA activity and PAI activity in SHRSP kidney, were markedly increased from 12 to 24 weeks of age, but not so increased in WKY. These results suggest that a quantitative difference in the PA and PAI activities in the kidney of SHRSP and WKY, is involved in the renal failure of SHRSP.
  • <基礎的研究発生病理>SHRSP腎組織中のプラスミノーゲンアクチベータインヒビターについて, 大野 秀子, 岡田 清孝, 深尾 偉晴, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 14, 4, 9, 11,   1989年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060592
    概要:We demonstrated that PAI exists in renal tissues in both SHRSP and WKY. To purify PAI, the kidneys were homogenized, acidified with acetic acid, and subjected to column chromatography with anti-human PAI IgG-Sepharose, DEAE cellulose and again anti-human PAI IgGSepharose, respectively. The purification factor of the PAI in the kidneys of SHRSP was 1,236 for the glycine-eluted fraction and 824 for the guanidine-HCl-eluted fraction and that of the PAI in WKY were 875 and 1,750,respectively. The specific activity of PAI in the kidney of WKY was 1.2 times as high as SHRSP.
  • <一般演題抄録>23.Enzyme immunoassayによるplasminogen activator inhibitorの測定, 田中 順也, 深尾 偉晴, 岡田 清孝, 田中 久夫, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 14, 2, 57A, 58A,   1989年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060527
  • <基礎的研究発生病理>SHRSP脳組織中のプラスミノーゲン・アクチベータ・インヒビターについて, 田中 久夫, 堀内 篤, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 田中 順也, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 13, 4, 11, 14,   1988年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060333
    概要:Plasminogen activator inhibitors (PAIs) were partially purified from the brain tissue of spontaneously hypertensive rat-stroke prone (SHRSP) and that of Wistar-Kyoto rat (WKY), using salting-out, acidification, diethylaminoethyl (DEAE) cellulose column and anti-PAI IgG Sepharose column. Though the partially purified material showed two bands with molecular weights of 67 kDa and 40kDa in sodium dodecyl sulfate polyacrylamide get electrophoresis (SDS-PAGE), PAI activity was found in the band with molecular weight of 40kDa by reverse fibrin autography. Specific activities of PAI in SHRSP and WKY were 59.6U/A_<280> and 339.1 U/A_<280>, respectively. PAI activity in WKY was higher compared with that in SHRSP, which may be one of the factors for the stroke.
  • <一般演題抄録>3.Plasminogen activator inhibitorの精製とその性質, 田中 順也, 深尾 偉晴, 岡田 清孝, 田中 久夫, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 13, 4, 81A, 82A,   1988年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060307
  • SHRSPにおけるプラスミノーゲンアクチベータインヒビター, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 田中 順也, 田中 久夫, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 12, 4, 15, 18,   1987年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060202
    概要:The present study was undertake to extract plasminogen activator (PA) and PA inhibitor (PAD) from the brain tissue of spontaneously hypertensive rat-stroke prone (SHRSP) and its ancestor, Wistar-Kyoto rat (WKY) for the purpose of investigating the cause of strokes from the fibrinolytic point of view, since the pathogenesis of strokes remains still unclear. The PA content in the brain of SHRSP was almost 1.5 times higher than that of WKY. But PAI content in the brain of WKY was almost 1.2 times higher than that of SHRSP. These results suggest that quantitative difference of the PA and PAI in the brain tissue, which may play an important role in the stroke, may exist between SHRSP and WKY.
  • <一般演題抄録>18.血清ビリルビン分画法の臨床的意義, 犬房 裕子, 足立 幸彦, 山下 正己, 神戸 章, 南野 達夫, 上嶋 繁, 榎本 雅一, 諏訪 雅男, 山本 俊夫, 近畿大学医学雑誌, 12, 2, 45A, 46A,   1987年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060126
  • <一般演題抄録>16.無アルブミンラットにおける胆管結紮の影響, 神戸 章, 足立 幸彦, 南野 達夫, 山下 正己, 犬房 裕子, 上嶋 繁, 榎本 雅一, 諏訪 雅男, 山本 俊夫, 近畿大学医学雑誌, 12, 2, 41A, 42A,   1987年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060124
  • <一般演題抄録>13.Ethynylestradiolによるラット肝内胆汁うっ滞の作用機序, 南野 達夫, 足立 幸彦, 高橋 均, 犬房 裕子, 上嶋 繁, 山下 正己, 井上 博司, 榎本 雅一, 長峯 保郎, 諏訪 雅男, 山本 俊夫, 近畿大学医学雑誌, 11, 2, 353, 354,   1986年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060002
  • <一般演題抄録>3.HPLCによるt-PAの精製, 丹原 由美子, 岡田 清孝, 深尾 偉晴, 板東 博志, 菊池 啓, 酒井 鉄博, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 11, 2, 333, 334,   1986年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000059992
  • <一般演題抄録>2.t-PAの分泌機構に及ぼすmonensinの影響, 酒井 鉄博, 岡田 清孝, 深尾 偉晴, 板東 博志, 菊池 啓, 上嶋 繁, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 11, 2, 331, 332,   1986年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000059991
  • <原著>組織性プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)の生化学的性質, 長江 忠男, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 菊池 啓, 深尾 偉晴, 板東 博志, 酒井 鉄博, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 11, 1, 93, 101,   1986年03月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000059969
    概要:We investigated the biochemical characteristics of tissue-type plasminogen activator (t-PA) in comparison with another urinary plasminogen activator, urokinase (UK). SDS-PAGE and enzymographical analysis of t-PA showed different molecular weights from those in UK. In addition, the isoelectric points of t-PA were pH 8.75-8.55,8.05,7.80 and 7.25 ; on the other hand, those of UK were pH 8.90,8.70,8.30 and 8.10. Amidolytic activities of t-PA were stronger in the chromogenic substrate S-2288 than those of S-2444,but the activities of UK were stronger in S-2444 than those in S-2288. Fibrin affinity was investigate by using fibrin-Sepharose column as well as adsorption to fibrin clot. UK passed through the fibrin-Sepharose column, but t-PA was adsorbed by the column which was eluted by 0.2M arginine solution. When radiolabeled UK was used to determine the affinity to fibrin clot, only 4% of both high molecular (55 K) and low molecular weight (33 K) UK was adsorbed. On the other hand, 35.7% of t-PA was adsorbed, demonstrating about 10-fold higher fibrin affinity than UK. Next, the affinity to lysine was investigated by performing lysine-Sepharose column chromatography. Although UK passed through the column, t-PA was adsorbed as in fibrin-Sepharose. These results indicate that t-PA has both fibrin binding site and lysine binding site, yet that UK has none of them.
  • SHR-SPの脳実質中のplasminogen activatorについて(I 発生病理)(A 基礎的研究), 酒井 鉄博, 岡田 清孝, 板東 博志, 菊池 啓, 上嶋 繁, 深尾 偉晴, 松尾 理, 鈴木 有朋, 近畿大学医学雑誌, 10, 4, 7, 13,   1985年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000059949
    概要:The present study was undertaken to purify plasminogen activator (PA) from the brain tissue of stroke-prone spontaneously hypertensive rats (SHR-SP) and Wistar-Kyoto rats (WKY), and to compare PA content as well as biological properties of PA between SHR-SP and WKY, since the mechanism of stroke remains still unclear. Brain tissue of six-month-old male rats was homogenized in 0.15M KCl solution, and 0.15M KCl soluble fraction as well as 0.15M KCl insoluble fraction was used for the purification of PA. PA was purified by the methods of ammonium sulfate precipitation, zinc chelate-Sepharose chromatography, and concanavalin A-Sepharose chromatography. Purified PA had high specific activity (>98 IU/A_<280mm>) as compared with crude homogenates (<0.2 IU/A_<280mm>), with the purification factor of about 1,000-3,000. The molecular weight of PA was observed by electrophoretic enzymography, showing enzymatically active and single band with the molecular weight of 72k in both SHR and WKY. Purified PA from both SHR and WKY had affinity to fibrin-Sepharose, but the degree was not so high as the tissue-type plasminogen activator (t-PA) purified from the culture medium of melanoma (Bowes). Total content of PA in the brain tissue of SHR-SP was estimated at about twice as much as WKY. The results suggest quantitative difference of PA in the brain tissue may exist between pathogenic (SHR-SP) and normal (WKY) states, but qualitative difference in PA was not observed.
  • <一般演題抄録>6.組織性プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)の生化学的性質, 長江 忠男, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 菊池 啓, 板東 博志, 酒井 鉄博, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 10, 4, 457, 458,   1985年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000059917
  • <一般講演抄録>6.組織性プラスミノーゲン・アクチベータの構造と生理活性に関する基礎的研究, 岡田 清孝, 菊池 啓, 上嶋 繁, 長江 忠男, 深尾 偉晴, 酒井 鉄博, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 10, 2, 157, 158,   1985年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000059866
  • An autopsy case of a cirrhotic ectopic liver accompanied with liver cirrhosis and hepatocellular carcinoma., 山下 正己, 長峯 保郎, 尾嵜 潔, 上嶋 繁, 高橋 均, 井上 博司, 橋本 知子, 南野 達夫, 榎本 雅一, 諏訪 雅男, 足立 正彦, 足立 幸彦, 鈴木 庸之, 山本 俊夫, 肝臓, 26, 4, 510, 514,   1985年, 10.2957/kanzo.26.510, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000880576
    概要:A 48-year-old man was diagnosed liver cirrhosis and hepatocellular carcinoma. Multiple bone metastases were observed on a 99mTc-EHDP bone scintigram, showing abnormal isotopic accumulation at costa, acetabular tegmen and right femur. Abdominal CT scanning revealed a mass lesion of 5×3cm, which had an isodensity as the liver, at the medioanterior site of inferior vena cava beneath the liver. Autopsy disclosed the mass to be an ectopic liver, of which histology was liver cirrhosis as same as that of the main liver.
    A cirrhotic ectopic liver is very rare, and only five cases have been reported so far in the literature.
  • <一般演題抄録>16.止血剤としてのトロンビン製剤の問題点, 上嶋 繁, 足立 幸彦, 山本 俊夫, 岡田 清孝, 酒井 鉄博, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 9, 4, 627, 628,   1984年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060463
  • SHR-SPにおけるPotential Fibrinolytic Activity(I 発生病理)(A 基礎的研究), 酒井 鉄博, 東野 年温, 菊池 啓, 上嶋 繁, 佐藤 智恵, 板東 博志, 松尾 理, 鈴木 有朋, 近畿大学医学雑誌, 9, 4, 7, 9,   1984年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060418
    概要:Blood fibrinolysis is in inhibitor dominant environment under physiological condition and active enzyme activity is barely observed. Once plasminogen activator is released, plasminogen activator activates plasminogen and produces plasmin, which induces thrombolysis by digesting fibrin and fibrinogenolysis by digesting fibrinogen. The potential fibrinolytic activity is defined by the degree of the plasminogen activator release. The present reports clarified higher potential fibrinolytic activity in male SHR-SP than that of WKY. The pathophysiological significance of this difference requires further investigation.
  • A case of portal vein aneurysm with a particular shape in the liver., 尾嵜 潔, 小川 律子, 犬房 裕子, 上嶋 繁, 山下 正己, 高橋 均, 井上 博司, 南野 達夫, 橋本 知子, 榎本 雅一, 長峯 保郎, 諏訪 雅男, 足立 正彦, 足立 幸彦, 山本 俊夫, 吉田 明生, 石田 修, 肝臓, 25, 8, 1061, 1067,   1984年, 10.2957/kanzo.25.1061, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000880353
    概要:A 54 year-old female case of portal vein aneurysm was reported. The aneurysm was located in the right lobe of the liver and its shape was fist-like. Abdominal ultrasonography revealed an anechoic area in the right anterior portion of the liver. The low density area in the right lobe, which was observed in a plain CT scanning, was enhanced remarkably by bolus injection of amidotrizoic acid, and the shape of the lesion was fist-like, consisted of several semiround structures of isodensity. The densities of the lesion and the portal vein changed concomitantly after bolus injection of the contrast reagent. The portal phases of the celiac and the superior mesenteric arteriograms confirmed the lesion to be the portal vein aneurysm directly originated from the right portal vein. Laparoscopy revealed no cirrhotic change of the liver. No sign of portal hypertention was observed. This is the first report of the fist-like shape of the portal vein aneurysm.

特許

  • 血栓症発症予防用液状組成物, 松尾 理, 上嶋 繁, 岡田 清孝, 特願2002-377627, 特開2004-203842
  • 血栓症発症予防用および治療用物質, 上嶋 繁, 松尾 理, 白石 浩平, 岡田 清孝, 石田 知加子, 特願2008-297312, 特開2010-100602
  • 海洋性腐植土の水溶性抽出液およびフルボ酸とその用途, 山本 光章, 上嶋 繁, 益田 義弘, 特願2010-230795, 特開2012-082171, 特許5761661
  • 海洋性腐植土の水性溶媒抽出物とその用途, 上嶋 繁, 山下 里奈, 勇井 克也, 山本 光章, 特願2011-168358, 特開2013-032298

競争的資金

  • 肥満
  • 血管
  • 脂肪細胞
  • 血管内皮細胞
  • 生活習慣病
  • 動脈硬化
  • 血管平滑筋細胞