KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

岩永 善高イワナガ ヨシタカ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門循環器内科
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/633-iwanaga-yoshitaka.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/80360816.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    循環器内科全般について。

学歴・経歴

経歴

  •   2010年,  - 2012年, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 循環器内科学

研究キーワード

  • 心不全, 脂肪細胞, 遺伝子治療, 線維化, マトリックス蛋白, 心肥大

論文

  • Particular Morphology of Inferior Pulmonary Veins and Difficulty of Cryoballoon Ablation in Patients With Paroxysmal Atrial Fibrillation., Yasuoka R, Kurita T, Kotake Y, Hashiguchi N, Motoki K, Kobuke K, Iwanaga Y, Miyazaki S, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 81, 5, 668, 674,   2017年04月, 査読有り
  • A novel method to estimate blood flow velocity in the left atrial appendage using enhanced computed tomography: role of Hounsfield unit density ratio at two distinct points within the left atrial appendage., Yasuoka R, Kurita T, Kotake Y, Akaiwa Y, Hashiguchi N, Motoki K, Yamamoto H, Kobuke K, Iwanaga Y, Hirano Y, Miyazaki S, Heart and vessels, 32, 7, 893, 901,   2017年01月, 査読有り
  • Renocardiovascular Biomarkers: from the Perspective of Managing Chronic Kidney Disease and Cardiovascular Disease., Niizuma S, Iwanaga Y, Yahata T, Miyazaki S, Frontiers in cardiovascular medicine, 4, 10,   2017年, 査読有り
  • Relationship of basal-septal fibrosis with LV outflow tract obstruction in hypertrophic cardiomyopathy: insights from cardiac magnetic resonance analysis., Nakamura T, Iwanaga Y, Yasuda M, Kawamura T, Miyaji Y, Morooka H, Miyazaki S, The international journal of cardiovascular imaging, 32, 4, 613, 620,   2016年04月, 査読有り
  • Renal denervation mitigates cardiac remodeling and renal damage in Dahl rats: a comparison with β-receptor blockade., Watanabe H, Iwanaga Y, Miyaji Y, Yamamoto H, Miyazaki S, Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 39, 4, 217, 226,   2016年04月, 査読有り
  • Cardiovascular efficacy of sitagliptin in patients with diabetes at high risk of cardiovascular disease: a 12-month follow-up., Nakamura T, Iwanaga Y, Miyaji Y, Nohara R, Ishimura T, Miyazaki S, Sitagliptin Registry Kinki Cardiologists’ Study (SIRKAS) Investigators., Cardiovascular diabetology, 15, 54,   2016年03月, 査読有り
  • Interrelationship between the Myocardial Mass, Fibrosis, BNP, and Clinical Outcomes in Hypertrophic Cardiomyopathy., Miyaji Y, Iwanaga Y, Nakamura T, Yasuda M, Kawamura T, Miyazaki S, Internal medicine (Tokyo, Japan), 55, 10, 1261, 1268,   2016年, 査読有り
  • Risk stratification for major adverse cardiac events and ventricular tachyarrhythmias by cardiac MRI in patients with cardiac sarcoidosis., Yasuda M, Iwanaga Y, Kato T, Izumi T, Inuzuka Y, Nakamura T, Miyaji Y, Kawamura T, Ikeguchi S, Inoko M, Kurita T, Miyazaki S, Open heart, 3, 2, e000437,   2016年, 査読有り
  • Effects of Long-term Blockade of Vasopressin Receptor Types 1a and 2 on Cardiac and Renal Damage in a Rat Model of Hypertensive Heart Failure., Ikeda T, Iwanaga Y, Watanabe H, Morooka H, Akahoshi Y, Fujiki H, Miyazaki S, Journal of cardiovascular pharmacology, 66, 5, 487, 496,   2015年11月, 査読有り
  • Impact of impaired glucose tolerance on clopidogrel response in patients with coronary artery disease., Ueno M, Fujita K, Yamamoto H, Ikeda T, Suga T, Yamaji K, Ikuta S, Kobuke K, Iwanaga Y, Angiolillo DJ, Miyazaki S, Journal of thrombosis and thrombolysis, 40, 2, 174, 181,   2015年08月, 査読有り
  • Intravenous amiodarone homogeneously prolongs ventricular repolarization in patients with life-threatening ventricular tachyarrhythmia., Kotake Y, Kurita T, Akaiwa Y, Yasuoka R, Motoki K, Kobuke K, Iwanaga Y, Miyazaki S, Journal of cardiology, 66, 2, 161, 167,   2015年08月, 査読有り
  • Difference in statin effects on neointimal coverage after implantation of drug-eluting stents., Yamamoto H, Ikuta S, Kobuke K, Yasuda M, Ikeda T, Yamaji K, Ueno M, Iwanaga Y, Miyazaki S, Coronary artery disease, 25, 4, 290, 295,   2014年06月, 査読有り
  • Backyards of chronic total occlusion: scenery revealed through angioscope., Yamaji K, Ueno M, Yamamoto H, Ikeda T, Suga T, Ikuta S, Kobuke K, Iwanaga Y, Miyazaki S, Circulation, 129, 25, 2715, 2716,   2014年06月, 査読有り
  • Difference in neointimal coverage at chronic stage between bare metal stent and sirolimus-eluting stent evaluated at stent-strut level by optical coherence tomography., Ikuta S, Kobuke K, Iwanaga Y, Nakauchi Y, Yamaji K, Miyazaki S, Heart and vessels, 29, 3, 320, 327,   2014年05月, 査読有り
  • Clinical utility of low-pressure implantation of drug-eluting stent into very small vessels., Suga T, Iwanaga Y, Kobuke K, Morimoto K, Ikuta S, Ueno M, Kobayashi N, Yamaji K, Ikeda T, Miyazaki S, Journal of cardiology, 63, 3, 218, 222,   2014年03月, 査読有り
  • Revisiting vasopressin and heart failure., Niizuma S, Iwanaga Y, Expert review of cardiovascular therapy, 11, 11, 1451, 1454,   2013年11月, 査読有り
  • Metastasis-associated protein, S100A4 mediates cardiac fibrosis potentially through the modulation of p53 in cardiac fibroblasts., Tamaki Y, Iwanaga Y, Niizuma S, Kawashima T, Kato T, Inuzuka Y, Horie T, Morooka H, Takase T, Akahashi Y, Kobuke K, Ono K, Shioi T, Sheikh SP, Ambartsumian N, Lukanidin E, Koshimizu TA, Miyazaki S, Kimura T, Journal of molecular and cellular cardiology, 57, 72, 81,   2013年04月, 査読有り
  • Persistent overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, modifies energy metabolism and reduces stress resistance of heart in mice., Okuda J, Niizuma S, Shioi T, Kato T, Inuzuka Y, Kawashima T, Tamaki Y, Kawamoto A, Tanada Y, Iwanaga Y, Narazaki M, Matsuda T, Adachi S, Soga T, Takemura G, Kondoh H, Kita T, Kimura T, PloS one, 8, 8, e72173,   2013年, 査読有り
  • Chronic administration of oral vasopressin type 2 receptor antagonist tolvaptan exerts both myocardial and renal protective effects in rats with hypertensive heart failure., Morooka H, Iwanaga Y, Tamaki Y, Takase T, Akahoshi Y, Nakano Y, Fujiki H, Miyazaki S, Circulation. Heart failure, 5, 4, 484, 492,   2012年07月, 査読有り
  • Effect of persistent activation of phosphoinositide 3-kinase on heart., Niizuma S, Inuzuka Y, Okuda J, Kato T, Kawashima T, Tamaki Y, Iwanaga Y, Yoshida Y, Kosugi R, Watanabe-Maeda K, Machida Y, Tsuji S, Aburatani H, Izumi T, Kita T, Kimura T, Shioi T, Life sciences, 90, 15-16, 619, 628,   2012年04月, 査読有り
  • Cystatin C in a High-Risk Combination, 岩永 善高, 宮崎 俊一, Circulation Journal, 73, 9, 1593, 1594,   2009年09月, 査読有り
    概要:医局登録番号 317
  • Analysis of liver metabolism in a rat model of heart failure., Kato T, Niizuma S, Inuzuka Y, Kawashima T, Okuda J, Kawamoto A, Tamaki Y, Iwanaga Y, Soga T, Kita T, Kimura T, Shioi T, International journal of cardiology, 161, 3, 130, 136,   2012年11月, 査読有り
  • Quantitative myocardial perfusion analysis using multi-row detector CT in acute myocardial infarction., Nakauchi Y, Iwanaga Y, Ikuta S, Kudo M, Kobuke K, Murakami T, Miyazaki S, Heart (British Cardiac Society), 98, 7, 566, 572,   2012年04月, 査読有り
  • Constitutive SIRT1 overexpression impairs mitochondria and reduces cardiac function in mice., Kawashima T, Inuzuka Y, Okuda J, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Kawamoto A, Narazaki M, Matsuda T, Adachi S, Takemura G, Kita T, Kimura T, Shioi T, Journal of molecular and cellular cardiology, 51, 6, 1026, 1036,   2011年12月, 査読有り
  • MicroRNA-27a regulates beta cardiac myosin heavy chain gene expression by targeting thyroid hormone receptor beta1 in neonatal rat ventricular myocytes., Nishi H, Ono K, Horie T, Nagao K, Kinoshita M, Kuwabara Y, Watanabe S, Takaya T, Tamaki Y, Takanabe-Mori R, Wada H, Hasegawa K, Iwanaga Y, Kawamura T, Kita T, Kimura T, Molecular and cellular biology, 31, 4, 744, 755,   2011年02月, 査読有り
  • Effects of exercise training in patients with chronic heart failure and advanced left ventricular systolic dysfunction receiving β-blockers., Nishi I, Noguchi T, Iwanaga Y, Furuichi S, Aihara N, Takaki H, Goto Y, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 75, 7, 1649, 1655,   2011年, 査読有り
  • MicroRNA-33 encoded by an intron of sterol regulatory element-binding protein 2 (Srebp2) regulates HDL in vivo., Horie T, Ono K, Horiguchi M, Nishi H, Nakamura T, Nagao K, Kinoshita M, Kuwabara Y, Marusawa H, Iwanaga Y, Hasegawa K, Yokode M, Kimura T, Kita T, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 107, 40, 17321, 17326,   2010年10月, 査読有り
  • Impact of plaque color by angioscopic evaluation on long-term clinical outcomes in patients with acute myocardial infarction undergoing percutaneous coronary intervention., Saratani K, Iwanaga Y, Hayashi T, Miyazaki S, Atherosclerosis, 211, 1, 170, 175,   2010年07月, 査読有り
  • Heart failure, chronic kidney disease, and biomarkers--an integrated viewpoint--., Iwanaga Y, Miyazaki S, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 74, 7, 1274, 1282,   2010年07月, 査読有り
  • Neural cell adhesion molecule is a cardioprotective factor up-regulated by metabolic stress., Nagao K, Ono K, Iwanaga Y, Tamaki Y, Kojima Y, Horie T, Nishi H, Kinoshita M, Kuwabara Y, Hasegawa K, Kita T, Kimura T, Journal of molecular and cellular cardiology, 48, 6, 1157, 1168,   2010年06月, 査読有り
  • Analysis of metabolic remodeling in compensated left ventricular hypertrophy and heart failure., Kato T, Niizuma S, Inuzuka Y, Kawashima T, Okuda J, Tamaki Y, Iwanaga Y, Narazaki M, Matsuda T, Soga T, Kita T, Kimura T, Shioi T, Circulation. Heart failure, 3, 3, 420, 430,   2010年05月, 査読有り
  • MicroRNA-15b modulates cellular ATP levels and degenerates mitochondria via Arl2 in neonatal rat cardiac myocytes., Nishi H, Ono K, Iwanaga Y, Horie T, Nagao K, Takemura G, Kinoshita M, Kuwabara Y, Mori RT, Hasegawa K, Kita T, Kimura T, The Journal of biological chemistry, 285, 7, 4920, 4930,   2010年02月, 査読有り
  • Reverse remodeling and improved function by antihypertensive treatment in hypertensive patients with coronary artery disease., Yui Y, Kodama K, Hirayama A, Nishio R, Iwanaga Y, Nonogi H, Haze K, Sumiyoshi T, Yui N, Hosoda S, Kawai C, Japan Multicenter Investigation for Cardiovascular Diseases B (JMIC-B) Study Group., Journal of hypertension, 28, 1, 178, 185,   2010年01月, 査読有り
  • MicroRNA-133 regulates the expression of GLUT4 by targeting KLF15 and is involved in metabolic control in cardiac myocytes., Horie T, Ono K, Nishi H, Iwanaga Y, Nagao K, Kinoshita M, Kuwabara Y, Takanabe R, Hasegawa K, Kita T, Kimura T, Biochemical and biophysical research communications, 389, 2, 315, 320,   2009年11月, 査読有り
  • Suppression of phosphoinositide 3-kinase prevents cardiac aging in mice., Inuzuka Y, Okuda J, Kawashima T, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Yoshida Y, Kosugi R, Watanabe-Maeda K, Machida Y, Tsuji S, Aburatani H, Izumi T, Kita T, Shioi T, Circulation, 120, 17, 1695, 1703,   2009年10月, 査読有り
  • 64列多列化CTを用いた新しい定量的心筋灌流イメージング法, 中内祥文, 岩永 善高, 生田 新一郎, 村上 卓道, 近畿大学医学雑誌, 35, 3,4,   2010年
  • 研修医のための教育講座 急性心不全:その複雑な病態と最適な治療, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌, 36, 2, 111, 116,   2011年06月
    概要:医局登録番号 452
  • インスリン抵抗性と動脈硬化:食後高血糖の関与, 池田 智之, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 循環器内科, 71, 5, 386, 393,   2012年05月
    概要:医局登録番号 500
  • カテコラミン, 岩永 善高, 宮崎 俊一, Heart View Heart View, 16, 12, 238, 243,   2012年11月
    概要:医局登録番号 508
  • Impact of left ventricular end-diastolic wall stress on plasma B-type natriuretic peptide in heart failure with chronic kidney disease and end-stage renal disease., Niizuma S, Iwanaga Y, Yahata T, Tamaki Y, Goto Y, Nakahama H, Miyazaki S, Clinical chemistry, 55, 7, 1347, 1353,   2009年07月, 査読有り
  • Plasma B-type natriuretic peptide levels reflect the presence and severity of stable coronary artery disease in chronic haemodialysis patients., Niizuma S, Iwanaga Y, Yahata T, Goto Y, Kita T, Miyazaki S, Nakahama H, Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association, 24, 2, 597, 603,   2009年02月, 査読有り
  • The cutoff value of aldosterone-to-renin ratio for the diagnosis of primary aldosteronism in patients taking antihypertensive medicine., Niizuma S, Nakahama H, Kamide K, Fukuchi K, Iwanaga Y, Nakata H, Yoshihara F, Horio T, Nakamura S, Kawano Y, Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993), 30, 7, 640, 647,   2008年10月, 査読有り
  • Decreased coronary flow reserve in haemodialysis patients., Niizuma S, Takiuchi S, Okada S, Horio T, Kamide K, Nakata H, Yoshihara F, Nakamura S, Kawano Y, Nakahama H, Iwanaga Y, Nakatani S, Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association, 23, 7, 2324, 2328,   2008年07月, 査読有り
  • BNP in overweight and obese patients with heart failure: an analysis based on the BNP-LV diastolic wall stress relationship., Iwanaga Y, Kihara Y, Niizuma S, Noguchi T, Nonogi H, Kita T, Goto Y, Journal of cardiac failure, 13, 8, 663, 667,   2007年10月, 査読有り
  • Is BNP testing useful for detecting diastolic dysfunction?, Iwanaga Y, Anadolu kardiyoloji dergisi : AKD = the Anatolian journal of cardiology, 7, 3, 268, 269,   2007年09月, 査読有り
  • Are cardiac events during exercise therapy for heart failure predictable from the baseline variables?, Nishi I, Noguchi T, Furuichi S, Iwanaga Y, Kim J, Ohya H, Aihara N, Takaki H, Goto Y, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 71, 7, 1035, 1039,   2007年07月, 査読有り
  • Angiotensin II, oxidative stress, and extracellular matrix degradation during transition to LV failure in rats with hypertension., Takenaka H, Kihara Y, Iwanaga Y, Onozawa Y, Toyokuni S, Kita T, Journal of molecular and cellular cardiology, 41, 6, 989, 997,   2006年12月, 査読有り
  • Down-regulation of cardiac apelin system in hypertrophied and failing hearts: Possible role of angiotensin II-angiotensin type 1 receptor system., Iwanaga Y, Kihara Y, Takenaka H, Kita T, Journal of molecular and cellular cardiology, 41, 5, 798, 806,   2006年11月, 査読有り
  • B-type natriuretic peptide strongly reflects diastolic wall stress in patients with chronic heart failure: comparison between systolic and diastolic heart failure., Iwanaga Y, Nishi I, Furuichi S, Noguchi T, Sase K, Kihara Y, Goto Y, Nonogi H, Journal of the American College of Cardiology, 47, 4, 742, 748,   2006年02月, 査読有り
  • Angiotensin-converting enzyme genotype is not associated with exercise capacity or the training effect of cardiac rehabilitation in patients after acute myocardial infarction., Iwanaga Y, Nishi I, Ono K, Takagi S, Tsutsumi Y, Ozaki M, Noguchi T, Takaki H, Iwai N, Nonogi H, Goto Y, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 69, 11, 1315, 1319,   2005年11月, 査読有り
  • Validation of the association between the gene encoding 5-lipoxygenase-activating protein and myocardial infarction in a Japanese population., Kajimoto K, Shioji K, Ishida C, Iwanaga Y, Kokubo Y, Tomoike H, Miyazaki S, Nonogi H, Goto Y, Iwai N, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 69, 9, 1029, 1034,   2005年09月, 査読有り
  • Contribution of caveolin-1 alpha and Akt to TNF-alpha-induced cell death., Ono K, Iwanaga Y, Hirayama M, Kawamura T, Sowa N, Hasegawa K, American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology, 287, 1, L201, 9,   2004年07月, 査読有り
  • A nitric oxide-releasing derivative of enalapril, NCX 899, prevents progressive cardiac dysfunction and remodeling in hamsters with heart failure., Iwanaga Y, Gu Y, Dieterle T, Presotto C, Del Soldato P, Peterson KL, Ongini E, Condorelli G, Ross J Jr, FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 18, 3, 587, 588,   2004年03月, 査読有り
  • Chronic phospholamban inhibition prevents progressive cardiac dysfunction and pathological remodeling after infarction in rats., Iwanaga Y, Hoshijima M, Gu Y, Iwatate M, Dieterle T, Ikeda Y, Date MO, Chrast J, Matsuzaki M, Peterson KL, Chien KR, Ross J Jr, The Journal of clinical investigation, 113, 5, 727, 736,   2004年03月, 査読有り
  • Association analysis between polymorphisms of the lymphotoxin-alpha gene and myocardial infarction in a Japanese population., Iwanaga Y, Ono K, Takagi S, Terashima M, Tsutsumi Y, Mannami T, Yasui N, Goto Y, Nonogi H, Iwai N, Atherosclerosis, 172, 1, 197, 198,   2004年01月, 査読有り
  • Reinduction of T-type calcium channels by endothelin-1 in failing hearts in vivo and in adult rat ventricular myocytes in vitro., Izumi T, Kihara Y, Sarai N, Yoneda T, Iwanaga Y, Inagaki K, Onozawa Y, Takenaka H, Kita T, Noma A, Circulation, 108, 20, 2530, 2535,   2003年11月, 査読有り
  • Epidemiological evidence of an association between SLC6A2 gene polymorphism and hypertension., Ono K, Iwanaga Y, Mannami T, Kokubo Y, Tomoike H, Komamura K, Shioji K, Yasui N, Tago N, Iwai N, Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 26, 9, 685, 689,   2003年09月, 査読有り
  • An acyl-CoA synthetase gene family in chromosome 16p12 may contribute to multiple risk factors., Iwai N, Mannami T, Tomoike H, Ono K, Iwanaga Y, Hypertension (Dallas, Tex. : 1979), 41, 5, 1041, 1046,   2003年05月, 査読有り
  • Tissue angiotensin II during progression or ventricular hypertrophy to heart failure in hypertensive rats; differential effects on PKC epsilon and PKC beta., Inagaki K, Iwanaga Y, Sarai N, Onozawa Y, Takenaka H, Mochly-Rosen D, Kihara Y, Journal of molecular and cellular cardiology, 34, 10, 1377, 1385,   2002年10月, 査読有り
  • Chronic suppression of heart-failure progression by a pseudophosphorylated mutant of phospholamban via in vivo cardiac rAAV gene delivery., Hoshijima M, Ikeda Y, Iwanaga Y, Minamisawa S, Date MO, Gu Y, Iwatate M, Li M, Wang L, Wilson JM, Wang Y, Ross J Jr, Chien KR, Nature medicine, 8, 8, 864, 871,   2002年08月, 査読有り
  • Excessive activation of matrix metalloproteinases coincides with left ventricular remodeling during transition from hypertrophy to heart failure in hypertensive rats., Iwanaga Y, Aoyama T, Kihara Y, Onozawa Y, Yoneda T, Sasayama S, Journal of the American College of Cardiology, 39, 8, 1384, 1391,   2002年04月, 査読有り
  • Increased expression of cardiotrophin-1 during ventricular remodeling in hypertensive rats., Takimoto Y, Aoyama T, Iwanaga Y, Izumi T, Kihara Y, Pennica D, Sasayama S, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 282, 3, H896, 901,   2002年03月, 査読有り
  • Fibulin-5/DANCE is essential for elastogenesis in vivo., Nakamura T, Lozano PR, Ikeda Y, Iwanaga Y, Hinek A, Minamisawa S, Cheng CF, Kobuke K, Dalton N, Takada Y, Tashiro K, Ross Jr J, Honjo T, Chien KR, Nature, 415, 6868, 171, 175,   2002年01月, 査読有り
  • Restoration of deficient membrane proteins in the cardiomyopathic hamster by in vivo cardiac gene transfer., Ikeda Y, Gu Y, Iwanaga Y, Hoshijima M, Oh SS, Giordano FJ, Chen J, Nigro V, Peterson KL, Chien KR, Ross J Jr, Circulation, 105, 4, 502, 508,   2002年01月, 査読有り

書籍等出版物

  • 重症心不全の予防と治療, 急性心不全の内科的治療 非薬物治療, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 共著, 中外医学社,   2009年09月
    概要:医局登録番号 335
  • 今日の診療のために ガイドライン外来診療 2011 , 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞), 岩永 善高, 宮崎 俊一, 共著, 日経メディカル開発(日経BPマーケティング),   2011年03月
    概要:医局論文番号443

講演・口頭発表等

  • “Long-term impact of plaque color by angioscopic evaluation on clinical outcomes in patients with acute myocardial infarction”, 更谷紀思, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 林 孝浩, 82th ESC (European Society Cardiology) Congress,,   2009年08月, 82th ESC (European Society Cardiology) Congress,
  • “Plaque color in the culprit lesion is associated with incidence of revascularization after percutaneous coronary intervention for acute myocardial infarction”, 更谷紀思, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 林 孝浩, 83th AHA (American Heart Association) Scientific Sessions,   2009年11月, 83th AHA (American Heart Association) Scientific Sessions
  • 急性冠症候群責任病変における白色プラークの臨床的意義, 更谷紀思, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 林 孝浩, 第58回 日本心臓病学会学術集会,   2010年09月, 第58回 日本心臓病学会学術集会
  • 講演(2010/11/4)案内:「急性冠症候群における責任病変プラーク性状と長期予後の関連」ー血管内視鏡を用いた検討ー, 岩永 善高, 大学院生, 宮崎 俊一, 林 孝浩, 大阪ハートクラブ 循環器学術セミナー,   2010年11月, 大阪ハートクラブ 循環器学術セミナー
  • 講演(2010/11/4)案内:「急性冠症候群における責任病変プラーク性状と長期予後の関連」ー血管内視鏡を用いた検討ー, 岩永 善高, 更谷紀思, 林 孝浩, 宮崎 俊一,   2010年12月
    概要:医局論文番号430
  • 連合弁膜症の低左心機能の一例, 磯野員理, 山治 憲司, 岩永 善高, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第31回 循環器内科・外科フォーラム,   2011年03月, 第31回 循環器内科・外科フォーラム
  • 高齢者の重症大動脈弁狭窄症に対して急性憎悪期に非浸襲的陽圧換気療法を施行した一例, 生田 新一郎, 高瀬 徹, 磯野員理, 菅 竜也, 森本 啓介, 岩永 善高, 平野 豊, 宮崎 俊一, JSUM 2011 日本超音波医学会第84回学術集会,   2011年05月, JSUM 2011 日本超音波医学会第84回学術集会
  • 急性冠疾候群における白色プラークの意義, 更谷紀思, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第14回 AP・MI研究会,   2011年05月, 第14回 AP・MI研究会
  • Vasopressin Type 1a Receptor and Myocardial Fibrosis in Heart Failure, 高瀬 徹, 岩永 善高, 諸岡 花子, 宮崎 俊一, Yodo?Tamaki, Takaaki?Koshimizu, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会,   2011年08月, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会
  • Myocardial Protective Effects of Oral Vasopressin Type 2 Receptor Blocker, Tolvaptan in Rat Experimental Model with High Salt Diet, 諸岡 花子, 岩永 善高, 高瀬 徹, 宮崎 俊一, Yodo Tamaki, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会,   2011年08月, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会
  • Is Trans-esophageal Echocardiography Required in All Patients with Atrial Fibrillation who Undergo Catheter Ablation Using Pulmonary Vein Isolation?, 安岡 良文, 栗田 隆志, 赤岩 譲, 元木 康一郎, 山本 裕美, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 平野 豊, 宮崎 俊一, 中内 祥文, 弘田 隆省, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会,   2011年08月, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会
  • Trans-esophageal Echocardiography Is Not Required in All Patients before Pulmonary Vein Isolation, 安岡 良文, 栗田 隆志, 赤岩 譲, 元木 康一郎, 山本 裕美, 岩永 善高, 平野 豊, 宮崎 俊一, 4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session,   2011年09月, 4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session
  • マムシ咬傷後に心尖部壁運動低下を来した症例, 安田 昌和, 生田 新一郎, 小林 直也, 池田 智之, 中村 貴, 菅 竜也, 岩永 善高, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第111回 日本循環器学会近畿地方会,   2011年11月, 第111回 日本循環器学会近畿地方会
  • 新しいイメージングを日常診療に如何に生かしていくか, 生田 新一郎, 小夫家 和宏, 小林 直也, 山治 憲司, 森本 啓介, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第25回 日本冠疾患学会学術集会,   2011年12月, 第25回 日本冠疾患学会学術集会
  • SES留置後3年半を経て発症したステント内血栓症に対して、血管内視鏡とOCTでの評価を行えた一症例, 菅 竜也, 森本 啓介, 生田 新一郎, 植木 博之, 池田 智之, 中村 貴, 小林 直也, 小夫家 和宏, 谷口 貢, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第25回 日本冠疾患学会学術集会,   2011年12月, 第25回 日本冠疾患学会学術集会
  • MDCTを用いた心筋血流イメージングの定量解析ー心筋虚血検出への応用の可能性ー, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 中内 祥文, 第25回 日本冠疾患学会学術集会,   2011年12月, 第25回 日本冠疾患学会学術集会
  • 完全左脚ブロック患者に生じた急性下壁心筋梗塞:補充調律時のQRS波とT波の興味ある心電図変化に関する考察, 池田 智之, 谷口 貢, 安岡 良文, 安田 昌和, 中村 貴, 生田 新一郎, 岩永 善高, 栗田 隆志, 宮崎 俊一, 小林 直也, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • 不安定狭心症で入院して偶然発見された心筋内脂肪腫の一症例, 渡邉 平太郎, 小夫家 和宏, 宮地 佑希, 磯野 員理, 安田 昌和, 中村 貴, 諸岡 花子, 菅 竜也, 森本 啓介, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 小林 直也, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • MDCTが術前評価に有用であった胸部大動脈瘤の1例, 中内 祥文, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • 腰椎手術中に心室細動を発症した2症例, 渡邉 平太郎, 菅 竜也, 宮地 佑希, 磯野 員理, 赤岩 譲, 諸岡 花子, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • 学生・初期研修医セッション 陳旧性心筋梗塞の加療中に完全房室ブロックが出現しMRI・PET-CTにて心サルコイドーシスと診断された1例, 田中 寛樹, 安田 昌和, 八木 英次郎, 河村 尚幸, 中村 貴, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第114回 日本循環器学会近畿地方会,   2012年12月, 第114回 日本循環器学会近畿地方会
  • OCTを用いたストロングスタチン使用による薬剤溶出性ステント留置後のストラット被覆度改善に対する検討, 山本 広之, 生田 新一郎, 池田 智之, 菅 竜也, 山治 憲司, 上野 雅史, 安田 昌和, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第16回 AP・MI研究会,   2013年05月, 第16回 AP・MI研究会
  • 僧房弁閉鎖不全の原因同定に苦慮した1例, 長束 一紘, 山本 裕美, 河村 尚幸, 中村 貴, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第115回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年06月, 第115回 日本循環器学会近畿地方会
  • 冠動脈瘤内血栓により心筋梗塞を発症した1例, 八木 英次郎, 磯野 員理, 河村 尚幸, 渡邉 平太郎, 中村 貴, 上野 雅史, 生田 新一郎, 山本 裕美, 谷口 貢, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第115回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年06月, 第115回 日本循環器学会近畿地方会
  • 左室-右房交通症を認めた高齢者の1例, 宮地 佑希, 岩永 善高, 中村 貴, 山本 裕美, 宮崎 俊一, 第115回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年06月, 第115回 日本循環器学会近畿地方会
  • 造影剤腎症における重炭酸ナトリウム投与の予防効果の解析, 渡邉 平太郎, 菅 竜也, 八木 英次郎, 山本 広之, 池田 智之, 山治 憲司, 上野 雅史, 生田 新一郎, 森本 啓介, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • 失敗例から学ぶ冠動脈内高度石灰化病変に対しての治療戦略:ロータブレーターを使用したPCIを施行するべきであったか?, 山治 憲司, 生田 新一郎, 上野 雅史, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • スタチン使用による脂質低下療法と薬剤溶出性ステント留置後のストラット被覆度に対するOCTを用いた検討, 生田 新一郎, 上野 雅史, 山治 憲司, 藤田 晃輔, 山本 広之, 安田 昌和, 池田 智之, 菅 竜也, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • PCI後に超遅発性ステント血栓症を起こした症例に対して血管内視鏡を用いて得られた特徴的所見および検討, 藤田 晃輔, 上野 雅史, 生田 新一郎, 山本 広之, 安田 昌和, 池田 智之, 菅 竜也, 山治 憲司, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • DES留置後のvery late stent thrombosisに対してNeoatherosclerosisを検出した一例, 山本 広之, 磯野 員理, 生田 新一郎, 八木 英次郎, 植木 博之, 安田 昌和, 山治 憲司, 小夫家 和宏, 谷口 貢, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • 当院における超遅発性ステント内血栓症に対する血管内視鏡からの検討, 藤田 晃輔, 上野 雅史, 生田 新一郎, 山本 広之, 安田昌和, 池田 智之, 菅 竜也, 山治 憲司, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第21回 日本血管生物医学会学術集会,   2013年09月, 第21回 日本血管生物医学会学術集会
  • 浅大腿動脈慢性完全閉塞病変に対して順行性と逆行性両側アプローチでEVTを施行し、閉塞病変の末梢側を血管内視鏡を用いて評価し得た2例, 山治 憲司, 上野 雅史, 山本 広之, 池田 智之, 菅 竜也, 生田 新一郎, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第27回 日本心臓血管内視鏡学会,   2013年10月, 第27回 日本心臓血管内視鏡学会
  • 陳旧性心筋梗塞症にて左室内血栓の出現・消退を繰り返した一例, 筧 和剛, 渡邉 平太郎, 小夫家 和宏, 磯野 員理, 菅 竜也, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第116回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年11月, 第116回 日本循環器学会近畿地方会
  • 僧房弁両弁尖の著明な肥厚を認めたTrousseau症候群の一例, 藤島 理沙, 植木 博之, 諸岡 花子, 磯野 員理, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第116回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年11月, 第116回 日本循環器学会近畿地方会
  • BMS留置術部に生じた超遅発性ステント血栓症に対して血管内視鏡検査を用いて評価し得た1例, 藤田 晃輔, 上野 雅史, 生田 新一郎, 山本 広之, 安田 昌和, 池田 智之, 菅 竜也, 山治 憲司, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第27回 日本冠疾患学会学術集会,   2013年12月, 第27回 日本冠疾患学会学術集会

MISC

  • 貴方も名医 運動誘発性冠攣縮狭心症, 岩永善高, 宮崎俊一, Clinic Magazine, 577, 38,68‐69,   2017年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702258415760172
  • 慢性心不全 押さえておきたい慢性心不全のキホン!―3)心不全におけるバイオマーカーの考え方とその限界, 岩永善高, 薬局, 68, 7, 2610‐2615,   2017年06月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702258905106004
  • 運動負荷心エコー図検査で診た肺高血圧症, 高瀬徹, 谷口貢, 平野豊, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本心エコー図学会学術集会プログラム・抄録集(Web), 28th, ROMBUNNO.S8‐4 (WEB ONLY),   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702272024408545
  • 中等度狭窄病変における冠動脈病変枝別でのFFR値とiFR値についての検討, 池田 智之, 上野 雅史, 河村 尚之, 渡邉 平太郎, 高瀬 徹, 山治 憲司, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 日本冠疾患学会雑誌, Suppl., 184, 184,   2016年12月
  • 心房細動における脳梗塞のリスク評価としての経食道エコーによる大動脈プラーク評価の有用性, 更谷 紀思, 岩永 善高, 山本 裕美, 谷和 孝昭, 山本 干城, 吉村 隆喜, 宮崎 俊一, 日本心臓病学会学術集会抄録, 64回, P, 135,   2016年09月
  • 大動脈二尖弁に感染性心内膜炎と感染性動脈瘤を合併した一症例, 高瀬 徹, 藤田 晃輔, 山本 裕美, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 日本心臓病学会学術集会抄録, 64回, P, 245,   2016年09月
  • HFpEFとHFrEFについて考える 2 バイオマーカーでHFrEF,HFpEFを診る, 岩永善高, Heart View, 20, 7, 606‐611,   2016年07月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217905708356
  • 【HFpEFとHFrEFについて考える】 診る バイオマーカーでHFrEF、HFpEFを診る, 岩永 善高, Heart View, 20, 7, 606, 611,   2016年07月
  • 薬剤溶出性ステント留置後の追跡冠動脈造影でステント内に透亮像を認めた症例の病態診断に光干渉断層法が有用であった1例, 藤田 晃輔, 上野 雅史, 安田 昌和, 池田 智之, 中村 貴, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 日本心血管インターベンション治療学会抄録集, 25回, MO006, MO006,   2016年07月
  • 非虚血性心筋症におけるICD留置後予後の差異, 河村尚幸, 岩永善高, 宮地佑希, 安田昌和, 中村貴, 安岡良文, 元木康一郎, 栗田隆志, 宮崎俊一, 日本内科学会雑誌, 105, 159,   2016年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602218749631115
  • 非虚血性心筋症におけるICD留置後予後の差異, 河村 尚幸, 岩永 善高, 宮地 佑希, 安田 昌和, 中村 貴, 安岡 良文, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 宮崎 俊一, 日本内科学会雑誌, 105, Suppl., 159, 159,   2016年02月
  • くも膜下出血による脳血管攣縮を合併した感染性心内膜炎の一例, 筧和剛, 宮崎俊一, 岩永善高, 小夫家和宏, 山本広之, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 121st, KINKI121,C22 (WEB ONLY),   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602234186686152
  • 心筋viabilityの評価と治療, 岩永 善高, Journal of the Japanese Coronary Association, 18, 3, 233, 238,   2012年10月25日, 10.7793/jcoron.18.026, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001928891
  • 血中遊離κ/λの測定が心アミロイドーシスの診断に有用であった症例, 半田康平, 池田智之, 山本裕美, 八木英次郎, 平野豊, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 121st, KINKI121,E06 (WEB ONLY),   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602260902153038
  • 鉄過剰と心障害, 岩永 善高, 日本内科学会雑誌, 99, 6, 1241, 1247,   2010年06月10日, 10.2169/naika.99.1241, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026426362
    概要:心臓は,肝臓と並んで鉄過剰により最も障害を受ける臓器のひとつである.特に,心機能障害および心不全は,一旦発症すると致死的な合併症であり,早期の診断ないしは予防が重要である.多くの分子メカニズムが明らかにされるとともに,診断ツールとして心臓MRIが,治療ツールとして経口鉄キレート薬が臨床実用可能になっている現在,ハイリスク患者においては積極的な早期の診断ないしは予防が実践されねばならない.
  • 大動脈二尖弁に感染性心内膜炎と感染性動脈瘤を合併した一症例, 高瀬徹, 藤田晃輔, 山本裕美, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本心臓病学会学術集会(Web), 64th, ROMBUNNO.P‐245 (WEB ONLY),   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602261011166522
  • 心房細動における脳梗塞のリスク評価としての経食道エコーによる大動脈プラーク評価の有用性, 更谷紀思, 岩永善高, 山本裕美, 谷和孝昭, 山本干城, 吉村隆喜, 宮崎俊一, 日本心臓病学会学術集会(Web), 64th, ROMBUNNO.P‐135 (WEB ONLY),   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602290911325357
  • 重症大動脈弁狭窄症により心肺停止となったが経皮的大動脈形成術(PTAV)を施行し救命できた1例, 大西教平, 高瀬徹, 上野雅史, 松浦剛郎, 筧和剛, 小夫家和宏, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 122nd, KINKI122,G19 (WEB ONLY),   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702251408374038
  • 妊娠悪阻を契機に深部静脈血栓症を発症し,プロテインC欠乏症が判明した一例, 八木英次郎, 中村貴, 小夫家和宏, 岩永善高, 栗田隆志, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 122nd, KINKI122,H38 (WEB ONLY),   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702259518551336
  • 急性心筋梗塞・心不全に肺胞出血を合併した一例, 堀川亮太, 丸山将広, 藤田晃輔, 上野雅史, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 122nd, KINKI122,H16 (WEB ONLY),   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702273692559118
  • 中等度狭窄病変における冠動脈病変枝別でのFFR値とiFR値についての検討, 池田智之, 上野雅史, 河村尚之, 渡邉平太郎, 高瀬徹, 山治憲司, 小夫家和宏, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本冠疾患学会雑誌, Supplement, 184,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702274628277284
  • 心サルコイドーシスにおける血清ACE値測定の臨床的意義, 河村尚幸, 岩永善高, 安田昌和, 中村貴, 宮崎俊一, 近畿大学医学雑誌, 40, 3-4, 17A,   2015年12月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602203242800376
  • 座談会 わが国発の心不全における利尿薬基礎研究 (特集 わが国発の心不全における利尿薬研究の最前線), 筒井 裕之, 岩永 善高, 石光 俊彦, Fluid management renaissance, 5, 4, 303, 310,   2015年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020631960
  • iFR;瞬時血流予備量比の現状と展望, 岩永善高, 池田智之, 上野雅史, 宮崎俊一, レオロジー討論会講演要旨集, 63rd, 44,   2015年09月23日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502205625952965
  • 大動脈弁狭窄症、肥大型心筋症にて失神を来した1例, 河村 尚幸, 岩永 善高, 中村 貴, 栗田 隆志, 宮崎 俊一, 日本心臓病学会学術集会抄録, 63回, 194, 194,   2015年09月
  • 僧帽弁輪後退運動と左心耳入口部の収縮は関連する, 安岡 良文, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 橋口 直貴, 元木 康一郎, 山本 裕美, 平野 豊, 岩永 善高, 日本心臓病学会学術集会抄録, 63回, 234, 234,   2015年09月
  • 運動耐容能の低い症例は運動負荷により左房容積が増加する, 高瀬 徹, 平野 豊, 石瀬 卓郎, 益永 信隆, 岩永 善高, 猪木 達, 宮崎 俊一, 日本心臓病学会学術集会抄録, 63回, 705, 705,   2015年09月
  • 肥大型心筋症患者における高度/完全房室ブロックと心臓MRI所見の関連, 中村 貴, 岩永 善高, 河村 尚幸, 安田 昌和, 栗田 隆志, 宮崎 俊一, 日本心臓病学会学術集会抄録, 63回, 1270, 1270,   2015年09月
  • 薬剤溶出性ステント時代における運動負荷シンチグラフィーと運動負荷エコー検査法の心筋虚血検出能の比較研究, 植木博之, 平野豊, 池田智之, 上野雅史, 生田新一郎, 岩永善高, 宮崎俊一, 近畿大学医学雑誌, 40, 1-2, 31, 37,   2015年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502210148145100
  • 循環器薬up to date 2015 併存症と循環器薬 糖尿病, 藤田晃輔, 岩永善高, 宮崎俊一, Medicina, 52, 1, 104, 109,   2015年01月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502259445111034
  • 循環器薬up to date 2015 循環器領域における主要薬剤の使い分け ループ利尿薬とバゾプレッシン受容体拮抗薬, 岩永善高, Medicina, 52, 1, 138, 143,   2015年01月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502298545659849
  • 敗血症性心機能低下により重症心不全を呈した2例, 藤本昂, 渡邉平太郎, 鍵岡賛典, 宮地佑希, 磯野員理, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 119th, KINKI119,D03 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502207843185952
  • リチウム中毒にて洞不全症候群,心不全を来した1例, 河村尚幸, 安田昌和, 渡邉平太郎, 山本広之, 植木博之, 池田智之, 中村貴, 上野雅史, 生田新一郎, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 119th, KINKI119,C01 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502219643738033
  • 運動耐容能の低い症例は運動負荷により左房容積が増加する, 高瀬徹, 平野豊, 石瀬卓郎, 益永信隆, 岩永善高, 猪木達, 宮崎俊一, 日本心臓病学会学術集会(Web), 63rd, ROMBUNNO.O‐108 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602226896292368
  • ストロングスタチン使用による薬剤溶出性ステント留置後のストラット被覆度改善に対する検討, 山本広之, 生田新一郎, 小夫家和宏, 池田智之, 上野雅史, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本冠疾患学会雑誌, Suppplement, 172,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602242100033400
  • 外傷性大動脈弁閉鎖不全症に対して自己心膜で閉鎖した一例, 杉本啓史郎, 筧和剛, 山本広之, 池田智之, 小夫家和宏, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 120th, KINKI120,G14 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602258078273899
  • 植込型心電計にて偶発的にST上昇をとらえ,運動誘発性冠攣縮狭心症の診断に至った1例, 奥根真楠, 藤田晃輔, 中村貴, 山本裕美, 岩永善高, 栗田隆志, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 120th, KINKI120,F09 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602258708250752
  • 大動脈弁狭窄症,肥大型心筋症にて失神を来した1例, 河村尚幸, 岩永善高, 中村貴, 栗田隆志, 宮崎俊一, 日本心臓病学会学術集会(Web), 63rd, ROMBUNNO.P‐144 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602259293800236
  • アドリアマイシンとベバシズマブの併用療法後,急性心不全を発症した1例, 坂田花美, 鍵岡賛典, 河村尚幸, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 120th, KINKI120,H23 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602262843938451
  • 僧帽弁輪後退運動と左心耳入口部の収縮は関連する, 安岡良文, 栗田隆志, 小竹康仁, 赤岩譲, 橋口直貴, 元木康一郎, 山本裕美, 平野豊, 岩永善高, 日本心臓病学会学術集会(Web), 63rd, ROMBUNNO.P‐184 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602272597028428
  • 肥大型心筋症患者における高度/完全房室ブロックと心臓MRI所見の関連, 中村貴, 岩永善高, 河村尚幸, 安田昌和, 栗田隆志, 宮崎俊一, 日本心臓病学会学術集会(Web), 63rd, ROMBUNNO.P‐685 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602276379088531
  • 心サルコイドーシスにおけるPET所見と血清ACE値の関連, 安田昌和, 岩永善高, 河村尚幸, 中村貴, 宮崎俊一, 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌, 34, 50,   2014年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402252165279639
  • ここが知りたい循環器診療―パールとピットフォール 一般外来でよくみる循環器疾患 虚血性心疾患 安定狭心症患者へのアプローチ, 岩永善高, 宮崎俊一, Medicina, 51, 9, 1690, 1696,   2014年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402207092510358
  • 肥大型心筋症における心房細動と心臓MRI所見の関連, 中村貴, 岩永善高, 河村尚幸, 安田昌和, 宮崎俊一, 日本心臓病学会学術集会抄録(CD-ROM), 62nd, ROMBUNNO.P-079,   2014年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502279250994749
  • 心不全の診断は?―症状,胸部X線検査,BNP,心エコーを組み合わせる!3 BNP・NT‐proBNPで何がわかる?, 諸岡花子, 岩永善高, Jmed Mook, 30, 45, 51,   2014年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402215617280548
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に合併した高度肺高血圧症の1例, 鍵岡賛典, 谷口貢, 植木博之, 平野豊, 岩永善高, 栗田隆志, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 117th, KINKI117,G37 (WEB ONLY),   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402219918380497
  • 異なる臨床経過を示した脚気心の2例, 藤田晃輔, 岩永善高, 八木英二郎, 植木博之, 池田智之, 菅竜也, 上野雅史, 生田新一郎, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 117th, KINKI117,C36 (WEB ONLY),   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402256612763328
  • 洞停止を契機に形成された左心耳内血栓によって,急性上腸間膜動脈塞栓症を呈した1例, 法里慧, 藤田晃輔, 菅竜也, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 117th, KINKI117,G15 (WEB ONLY),   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402267819031230
  • 当院でのTrousseau症候群の2例, 松浦剛郎, 河村尚幸, 磯野員理, 植木博之, 諸岡花子, 小夫家和宏, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 117th, KINKI117,H16 (WEB ONLY),   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402269053902708
  • 心不全に重度偶発性低体温症を合併した一例, 木村隆幸, 平野豊, 安田昌和, 渡辺平太郎, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 117th, KINKI117,G16 (WEB ONLY),   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402297711957850
  • 心臓MRI検査が診断に有用であった非ST上昇型心筋梗塞の1例, 河村尚幸, 安田昌和, 上野雅史, 生田新一郎, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 118th, KINKI118,P03 (WEB ONLY),   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502230309145890
  • 完全房室ブロックを伴う心サルコイドーシス患者にステロイド治療を行い経時的な心電図変化を捉えられた1例, 宮地佑希, 岩永善高, 諸岡花子, 中村貴, 栗田隆志, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 118th, KINKI118,C06 (WEB ONLY),   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502268295848270
  • 心サルコイドーシスにおけるPET所見と血清ACE値の関連, 安田 昌和, 岩永 善高, 河村 尚幸, 中村 貴, 宮崎 俊一, 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌, 34, 1, 50, 1-50-1,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004957248
  • <原著>薬剤溶出性ステント時代における運動負荷シンチグラフィーと運動負荷エコー検査法の心筋虚血検出能の比較研究, 植木 博之, 平野 豊, 池田 智之, 上野 雅史, 生田 新一郎, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌 = Medical Journal of Kinki University, 40, 1, 31, 37,   2015年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736747
    概要:[抄録]背景 : 運動負荷心筋シンチグラフィー検査(負荷シンチ)および運動負荷心エコー検査(負荷エコー)は心筋虚血の判定に広く利用されている. これまでの研究報告において, 両者の心筋虚血検出感度は同等と報告されているが, 末梢病変や分枝病変を含む複雑症例における心筋虚血検出能は不明である. 一方, 近年の実臨床においては薬剤溶出性ステント(DES)の再狭窄減少効果のために, 従来は適応できなかった小血管や分枝病変にも冠動脈インターベンションの適応が拡大している. このような現況において, 冠動脈治療後の心筋虚血検出能における負荷シンチ, 負荷エコーの比較研究は少なく, 従来の報告と同様かは不明である. 目的 : DES時代の実臨床における冠動脈疾患症例を対象として, 負荷シンチと負荷エコーの両検査における心筋虚血検出能を比較検証する. 方法 : 当院にて2005年1月から2013年12月にかけて, 虚血評価目的にて負荷シンチと負荷エコーを同時期に施行し, その後に冠動脈造影検査を行った症例を後ろ向きに解析した. 冠動脈狭窄はAHA分類の75%以上を有意狭窄とし, 90%以上の高度狭窄病変と75%狭窄以上の病変に分けて解析した. 結果 : 冠動脈造影による高度狭窄病変(n=54)を対象とした解析において, 負荷シンチの方が負荷エコーより検査感度に優れていた(37.0% vs 14.8% , p=0.0033) . 中等度以上(高度+中等度)の狭窄病変(n=161)を対象とした解析においても同様であった(27.3% vs 15.5% , p=0.0061) . 高度狭窄病変の側枝病変(n=29)においても負荷シンチの方が感度良好であった(34.5% vs 10.3% , p=0.0233) . また虚血領域が小さい病変(n=43)においても同様に負荷シンチにて感度良好であった(32.6% vs 11.6% , p=0.0077) . 結語 : DES時代の冠動脈疾患における末梢および小潅流域病変に対する虚血評価は, 負荷シンチの方が負荷エコーよりも感度において優れている.
  • BMS留置術部に生じた超遅発性ステント血栓症に対して血管内視鏡検査を用いて評価し得た1例, 藤田晃輔, 上野雅史, 生田新一郎, 山本広之, 安田昌和, 池田智之, 菅竜也, 山治憲司, 小夫家和宏, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本冠疾患学会雑誌, 19, Supplement, 210,   2013年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402291667457293
  • Dws(Diastolic Wall Strain)の予後予測因子としての有用性, 高瀬徹, 石瀬卓郎, 益永信隆, 山門徹, 猪木達, 岩永善高, 日本心臓病学会誌, 8, Supplement 1, 351,   2013年09月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302269905055821
  • 正しい知識を身に付け「チーム医療」のカギになろう!心不全治療・看護の必修キーワード21&63のオキテ 2 慢性心不全のキーワード8 キーワード4 血液検査BNP・NT‐BNP BNPをよく知るとともに,臨床症状・身体所見を忘れずにチェックし心不全患者の診断・治療に生かそう, 諸岡花子, 岩永善高, Heart Nurs, 26, 8, 774, 775,   2013年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302296725676167
  • ラット高血圧性心不全モデルにおけるバソプレッシンV1a受容体拮抗薬の慢性投与効果及びバソプレッシンV2受容体拮抗薬との併用効果に関する検討, 池田智之, 岩永善高, 諸岡花子, 宮崎俊一, 近畿大学医学雑誌, 38, 1/2, 37, 46,   2013年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302229804269039
  • 僧帽弁閉鎖不全の原因同定に苦慮した1例, 長束一紘, 山本裕美, 河村尚幸, 中村貴, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 115th, KINKI115,F13 (WEB ONLY),   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302251519745302
  • 冠動脈瘤内血栓により心筋梗塞を発症した一例, 八木英次郎, 磯野員理, 河村尚幸, 渡邉平太郎, 中村貴, 上野雅史, 生田新一郎, 山本裕美, 谷口貢, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 115th, KINKI115,B33 (WEB ONLY),   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302272095932481
  • 左室‐右房交通症を認めた高齢者の1例, 宮地佑希, 岩永善高, 中村貴, 山本裕美, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 115th, KINKI115,P04 (WEB ONLY),   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302282286562582
  • 僧帽弁両弁尖の著明な肥厚を認めたTrousseau症候群の一例, 藤島里沙, 植木博之, 諸岡花子, 磯野員理, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 116th, KINKI116,P09 (WEB ONLY),   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402253406104580
  • 陳旧性心筋梗塞症にて左室内血栓の出現・消退を繰り返した一例, 筧和剛, 渡邉平太郎, 小夫家和宏, 磯野員理, 菅竜也, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 116th, KINKI116,F21 (WEB ONLY),   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402276472204030
  • 循環器病のバイオマーカー 3.各種バイオマーカーの循環器疾患における意義 q.カテコラミン, 岩永善高, 宮崎俊一, Heart View, 16, 12, 238, 243,   2012年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202225600390049
  • iFR(instantaneous wave-free ratio)(用語解説), 池田 智之, 岩永 善高, 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌, 23, 1,   2015年03月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009930875
  • 肥大及び,不全心筋におけるバソプレッシンV1a受容体の役割, 高瀬徹, 岩永善高, 諸岡花子, 宮崎俊一, 近畿大学医学雑誌, 37, 3/4, 163, 171,   2012年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202257024275939
  • ダール食塩感受性ラット高血圧性心不全モデルを用いた経口バソプレッシンV2受容体拮抗薬tolvaptanの心筋保護効果, 諸岡花子, 岩永善高, 高瀬徹, 宮崎俊一, 近畿大学医学雑誌, 37, 3/4, 131, 138,   2012年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202282129685622
  • インスリン抵抗性と心血管疾患 インスリン抵抗性と動脈硬化:食後高血糖の関与, 池田智之, 岩永善高, 宮崎俊一, 循環器内科, 71, 5, 386, 393,   2012年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202212259856056
  • 不安定狭心症で入院して偶然発見された心筋内脂肪腫の一症例, 渡邉平太郎, 小夫家和宏, 宮地佑希, 磯野員理, 安田昌和, 中村貴, 諸岡花子, 菅竜也, 小林直也, 森本啓介, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 113th, KINKI113,I03 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302212722781998
  • MDCTが術前評価に有用であった胸部大動脈瘤の1例, 中内祥文, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 113th, KINKI113,H12 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302222955889867
  • 陳旧性心筋梗塞の加療中に完全房室ブロックが出現しMRI・PET‐CTにて心サルコイドーシスと診断された1例, 田中寛樹, 安田昌和, 八木英次郎, 河村尚幸, 中村貴, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 114th, KINKI114,D25 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302261381101846
  • 腰椎手術中に心室細動を発症した2症例, 渡邉平太郎, 菅竜也, 宮地佑希, 磯野員理, 赤岩譲, 諸岡花子, 小夫家和宏, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 113th, KINKI113,D21 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302285060164192
  • 完全左脚ブロック患者に生じた急性下壁心筋梗塞:補充調律時のQRS波とT波の興味ある心電図変化に関する考察, 池田智之, 谷口貢, 安岡良文, 安田昌和, 中村貴, 小林直也, 生田新一郎, 岩永善高, 栗田隆志, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 113th, KINKI113,D04 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302289094377263
  • SES留置後3年半を経て発症したステント内血栓症に対して,血管内視鏡とOCTでの評価を行えた一症例, 菅竜也, 森本啓介, 生田新一郎, 植木博之, 池田智之, 中村貴, 小林直也, 小夫家和宏, 谷口貢, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本冠疾患学会雑誌, 17, 4, 388,   2011年11月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102205760972437
  • MDCTを用いた心筋血流イメージングの定量解析―心筋虚血検出への応用の可能性―, 岩永善高, 中内祥文, 宮崎俊一, 日本冠疾患学会雑誌, 17, 4, 299,   2011年11月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102228293824569
  • 同一症例の二本のSVGに留置したSESのステント遠位端の再狭窄に対し血管内視鏡,OCTを行った一症例, 安田昌和, 森本啓介, 生田新一郎, 磯野員理, 赤岩譲, 小林直也, 上野雅史, 谷口貢, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本冠疾患学会雑誌, 17, 4, 387,   2011年11月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102255750397547
  • 新しいイメージングを日常診療に如何に生かしていくか, 生田新一郎, 小夫家和宏, 小林直也, 山治憲司, 森本啓介, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本冠疾患学会雑誌, 17, 4, 307,   2011年11月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102268569476944
  • 研修医のための教育講座 急性心不全:その複雑な病態と最適な治療, 岩永善高, 宮崎俊一, 近畿大学医学雑誌, 36, 2, 111, 116,   2011年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102296353103829
  • MDCTが術前に有用であった仮性胸部大動脈瘤の1例, 中内祥文, 岩永善高, 小夫家和宏, 金田敏夫, 西野貴子, 佐賀俊彦, 村上卓道, 宮崎俊一, 日独医報, 55, 3/4, 319,   2011年02月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102254973148887
  • マムシ咬傷後に心尖部壁運動低下を来した症例, 安田昌和, 生田新一郎, 小林直也, 池田智之, 中村貴, 菅竜也, 岩永善高, 谷口貢, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 112th, KINKI112,G39 (WEB ONLY),   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202239351018232
  • 心室3点ペーシングが心不全の改善に有効であった全身性サルコイドーシスの1例, 赤岩譲, 安岡良文, 元木康一郎, 小竹康仁, 岩永善高, 山本裕美, 平野豊, 栗田隆志, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 111th, KINKI111,C30 (WEB ONLY),   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202247151032411
  • 64列多列化CTを用いた新しい定量的心筋灌流イメージング法, 中内祥文, 岩永善高, 生田新一郎, 工藤正幸, 村上卓道, 宮崎俊一, 近畿大学医学雑誌, 35, 3/4, 167, 175,   2010年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102226853869900
  • 老化心および不全心における蛋白質品質管理の役割, 奥田淳司, 塩井哲雄, 犬塚康孝, 加藤貴雄, 革嶋恒明, 新妻晋一郎, 田巻庸道, 岩永善高, 北徹, 木村剛, 心臓, 42, 10, 1368,   2010年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002241829239710
  • 急性冠症候群責任病変における白色プラークの臨床的意義, 更谷紀思, 岩永善高, 林孝浩, 宮崎俊一, 日本心臓病学会誌, 5, Supplement 1, 411,   2010年08月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002212181597208
  • Ivabradine(用語解説), 岩永 善高, 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌, 23, 1,   2015年03月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009930879
  • 急性心筋梗塞責任病変プラーク破綻形態と長期予後, 更谷紀思, 岩永善高, 林孝浩, 宮崎俊一, 日本内科学会雑誌, 99, 130,   2010年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002254975199007
  • 経皮的冠動脈形成術適応ガイドラインにおける低リスク症例へのPCI適応について, 宮崎俊一, 生田新一郎, 木村彰男, 小林直也, 岩永善高, 日本冠疾患学会雑誌, 15, 4, 272,   2009年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902219822875681
  • 64列MDCTを用いた心筋血流イメージングの定量分析, 中内祥文, 岩永善高, 生田新一郎, 村上卓道, 宮崎俊一, 日本冠疾患学会雑誌, 15, 4, 350,   2009年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279021170590
  • ガイドワイヤーがステントの外を通過したがクルセードの使用でステント中央をとらえる事ができた一症例, 高瀬徹, 生田新一郎, 岩永善高, 益永信隆, 宮崎俊一, 日本冠疾患学会雑誌, 15, 4, 356,   2009年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299296581094
  • 急性心不全患者の長期予後指標は,入院時BNP値か,退院時BNP値か,それとも相対的変化か?, 高瀬徹, 岩永善高, 諸岡花子, 更谷紀思, 宮崎俊一, 日本心臓病学会誌, 4, Supplement 1, 398,   2009年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240140820850
  • 血管内視鏡を用いた急性心筋梗塞責任病変プラーク色と長期予後の関連の検討, 更谷紀思, 岩永善高, 林孝浩, 宮崎俊一, 日本心臓病学会誌, 4, Supplement 1, 389,   2009年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902289629103610
  • 心不全と不整脈;心筋リモデリングメカニズムからの考察, 岩永善高, 心電図, 29, Supplement 3, S.3.177,   2009年06月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294963621537
  • 50歳代に心不全で発症したValsalva洞動脈瘤破裂の一例, 池田智之, 谷口貢, 高瀬徹, 辻本俊和, 山本裕美, 岩永善高, 木村彰男, 平野豊, 栗田隆志, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 107th, KINKI107,157 (WEB ONLY),   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002226326080366
  • 血管径よりも過度に小さい薬剤溶出性ステントを留置したことによる,ステント内閉塞をきたした1例, 安田昌和, 高瀬徹, 生田新一郎, 益永信隆, 岩永善高, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 108th, KINKI108,B-17 (WEB ONLY),   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002242884920350
  • 急性心不全患者の長期予後指標は,入院時BNP値か,退院時BNP値か,それとも相対的変化か?, 高瀬徹, 岩永善高, 諸岡花子, 更谷紀思, 宮崎俊一, 日本循環器学会近畿地方会(Web), 107th, KINKI107,199 (WEB ONLY),   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002280742644281
  • 心サルコイドーシスの1例, 磯野員理, 岩永善高, 菅竜也, 高瀬徹, 武輪光彦, 谷口貢, 宮崎俊一, 近畿大学医学雑誌, 33, 4, 343, 346,   2008年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207239179121
  • PCIガイドラインの変更点―我が国のPCI結果の評価―, 宮崎俊一, 生田新一郎, 岩永善高, 木村彰男, 日本冠疾患学会雑誌, 14, 4, 305,   2008年11月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902277692965691
  • 造影後期MRIとFDG‐PETで早期診断と治療効果判定を評価した心サルコイドーシスの1例, 武輪光彦, 谷口貢, 岩永善高, 石瀬卓郎, 小林直也, 平野豊, 宮崎俊一, 筑後孝章, 足利竜一朗, 村上卓道, 細野眞, Circ J, 72, Supplement 2, 993,   2008年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210088085988
  • 93) 造影後期MRIとFDG-PETで早期診断と治療効果判定を評価した心サルコイドーシスの1例(第104回日本循環器学会近畿地方会), 武輪 光彦, 谷口 貢, 岩永 善高, 石瀬 卓郎, 小林 直也, 平野 豊, 宮崎 俊一, 筑後 孝章, 足利 竜一朗, 村上 卓道, 細野 眞, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 72, 0,   2008年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006914680
  • 米国心臓協会(AHA2014)(学会印象記), 岩永 善高, 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌, 23, 1, 152, 156,   2015年03月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009930894
  • Neoatherosclerosis(用語解説), 更谷 和思, 岩永 善高, 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌, 22, 2,   2014年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009864945
  • 〈原著〉ラット高血圧性心不全モデルにおけるバソプレッシンV1a受容体拮抗薬の慢性投与効果及びバソプレッシンV2受容体拮抗薬との併用効果に関する検討, 池田 智之, 岩永 善高, 諸岡 花子, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌 = Medical journal of Kinki University, 38, 1, 37, 46,   2013年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736691
    概要:[抄録] 背景:バソプレッシンV1a受容体は血管や心筋に豊富に存在し血管収縮や心筋肥大への関与が示唆されており,心不全治療においてV1a受容体遮断による有効性が期待されるが,これまでの報告では結論は出ていない.そこで今回我々は,ダールラット高血圧性心不全モデルを用いて,V1a受容体拮抗薬OPC21268の長期投与による効果,さらにはV2受容体拮抗薬Tolvaptanとの併用効果に関しても検討を行った. 方法:心肥大が完成する11週齢の時点から,OPC21268投与群,Tolvaptan投与群,OPC21268+Tovlaptan併用群,偽薬投与群Control群の4群に分け生命予後を比較した.心不全期にかけての血圧,心拍数,尿所見の経時的な変化を評価し,さらに心不全期における心臓エコー所見,腎機能所見,心臓・腎臓組織における遺伝子発現および組織学的所見の差異についても検討を加えた.結果:経過中OPC21268投与による血圧への影響は認めず,また生命予後の有意な改善は認められなかった.しかし心不全期における左室内径短縮率の有意な改善が認められ,左室心筋における遺伝子発現にては,V1aR,ANP,βMHCの発現亢進が抑制されていた.腎臓においてはクレアチニンクリアランスの改善に加えて,腎臓組織障害の進展が抑制され,レニンおよびコラーゲンの遺伝子発現が抑制されていた.また,Tolvaptanとの併用により生命予後の改善,心腎障害軽減効果が認められたが,それはTolvaptan単独投与と同等であった. 結論:高血圧性心不全モデルラットにおいて,V1a受容体拮抗薬OPC21268長期投与により予後改善効果は認めらなかったが,心筋ならびに腎臓に対する保護効果が認められた.またTolvaptanとの併用は,Tolvaptan単独投与に勝る効果は得られなかった.
  • 〈原著〉肥大及び, 不全心筋におけるバソプレッシンV1a受容体の役割, 高瀬 徹, 岩永 善高, 諸岡 花子, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌 = Medical journal of Kinki University, 37, 3, 163, 171,   2012年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736666
    概要:[抄録] (目的) 心不全患者では血中バソプレッシン濃度は高く,それは有害な作用を引き起こす可能性が考えられている.バソプレッシンV1a受容体は心筋においては血管平滑筋,心筋細胞に多く発現し,血管収縮や陽性変力作用,細胞増殖を起こす.しかし心不全におけるV1a受容体の長期間抑制の効果は,まだ明らかにされていない.このため,V1a受容体欠損マウスを用いて心肥大,心不全に対するV1a受容体の作用を検討した. (方法と結果) V1a受容体欠損マウス群と野生型マウス群にアンギオテンシンII(2ug/kg/min)を2週間持続投与した.アンギオテンシンII注入後,血圧は両群で同様に上昇したが,V1a受容体欠損マウスにおいては心筋線維化は有意に抑制され,心筋重量増加も軽度であった.線維化因子発現もV1a受容体欠損マウス群で抑制されていた.しかし心肥大マーカーは2群間で差はなかった.更にV1a受容体欠損マウスと野生型マウスに大動脈縮窄術(TAC)を施行した.野生型群ではTAC後8週で心機能の低下と心不全所見を認めた.一方,V1a受容体欠損マウス群では,TAC後2週で心筋線維化が有意に抑制され,更にTAC後8週では,心不全の発症が抑制され,心筋肥大マーカーのANPと線維化因子は有意に抑制された. (結論) 本研究によりV1a受容体は,アンギオテンシンIIあるいは急性圧負荷による心筋線維化に関与しており,V1a受容体を慢性的に抑制する事は心筋の線維化を抑制し心不全発症を予防する可能性が示唆された.
  • 〈原著〉ダール食塩感受性ラット高血圧性心不全モデルを用いた経口バソプレッシンV2受容体拮抗薬tolvaptanの心筋保護効果, 諸岡 花子, 岩永 善高, 高瀬 徹, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌 = Medical journal of Kinki University, 37, 3, 131, 138,   2012年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736680
    概要:[抄録](目的) 心不全における利尿薬の投与は神経体液性因子の活性化,電解質異常,腎機能障害等を引き起こす問題がある.バソプレッシンV2受容体のブロックにより,腎臓の集合管において自由水の排出が増加する.近年,臨床試験において経口バソプレッシンV2受容体拮抗薬であるtolvaptanの有効性が示されているが,高食塩食を摂取している患者に対する長期的な作用や有効性については明らかにされていない.そのため,ダール食塩感受性ラット心不全モデルを用いてtolvaptan投与の長期的な効果を検討した. (方法)ダールラットに6週齢より8%高食塩食を投与し11週齢(左室肥大期)になった時点で,tolvaptanを投与し(低用量群および高用量群),その効果を偽薬群(コントロール群)と比較した. (結果)tolvaptan治療により持続的に尿量が増加し,尿浸透圧が減少した.また,血圧には影響を与えなかった.tolvaptanの高用量群では生存率が有意に改善され,心不全期において左室機能不全の進行と肺うっ血が抑制されていた.左室心筋においてはバソプレッシン,心房性ナトリウム利尿ペプチド,エンドセリン-1およびV1a受容体などのmRNA発現亢進がtolvaptan高用量群で有意に抑制されていた.組織学的にはtolvaptan高用量群で線維化が抑制される傾向にあったが有意ではなかった. (結論)高食塩負荷高血圧モデル動物において,tolvaptanの長期投与は心筋局所における神経体液性因子の活性化を抑制し,左室機能不全の進展及び心不全の発症を抑制する可能性があると考えられた.
  • インスリン抵抗性と動脈硬化 : 食後高血糖の関与 (特集 インスリン抵抗性と心血管疾患), 池田 智之, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 循環器内科, 71, 5, 386, 393,   2012年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019343054
  • 〈原著〉64列多列化CTを用いた新しい定量的心筋灌流イメージング法, 中内 祥文, 岩永 善高, 生田 新一郎, 工藤 正幸, 村上 卓道, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌 = Medical journal of Kinki University, 35, 3, 167, 175,   2010年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736613
    概要:[抄録] 目的:コンピューター断層撮影(CT)と逆積分解析法を用いた定量的な組織灌流定量的評価法が心筋灌流分析に適用できるかは不明である.今回,我々は64列多列化CTと逆積分法を用いて算出した定量的心筋灌流イメージング法の評価を行った. 方法:正常例10例と急性心筋梗塞(AMI)患者19例で組織血流量(TBF),組織血液量(TBV),平均通過時間(MTT)の3つの灌流指標を逆積分解析によって算出し,single photon emission computed tomography(SPECT)像を含む臨床指標との比較を行った. 結果:正常例における左心室心筋のTBFは,128.44±20.79ml/100g/minであり,従来の報告と近似していた.AMI患者では,梗塞領域のTBFとTBVは非梗塞領域より有意に低値であった(p<0.01).梗塞領域のMTTは,非梗塞領域より延長していた(p<0.01).TBVカラーマップにおける血流低下領域の面積は,血清クレアチンキナーゼピーク値,QRSスコア,SPECT欠損スコアと有意な正の相関を示した(p<0.05).TBFの心外膜側/心内膜側比は,側副血行路が発達した群で乏しい群に比較して有意に高値であった(p<0.01). 結論:AMI患者における心筋灌流異常を,当方法を用いて初めて定量的に検出できた.当方法はAMIの臨床評価に有用であることが示唆された.
  • 冠拡張薬の使い方 (特集 循環器治療薬の使い分け), 岩永 善高, 宮崎 俊一, レジデント, 3, 8, 52, 58,   2010年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018275237
  • 〈モーニングセミナーから〉心サルコイドーシスの1例, 磯野 員理, 岩永 善高, 菅 竜也, 高瀬 徹, 武輪 光彦, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌 = Medical journal of Kinki University, 33, 4, 343, 346,   2008年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736565
    概要:[抄録]今回,サルコイドーシスに心病変を合併した症例を経験したのでモーニングセミナーで発表した.サルコイドーシスは比較的予後のよい疾患ではあるが,心病変が合併した場合には高度房室ブロック,重症心室不整脈や心ポンプ機能の低下などにより突然死を引き起こすことがある.さらに,心病変は症状が少なく剖検により始めてわかる症例が少なくない.そのためサルコイドーシスの症例においては心病変を疑い,検査を施行することが重要であるということを啓発したい.
  • 亜急性期に左室内圧較差を生じた一過性左室中部収縮異常(たこつぼ心筋障害亜型)の再発例, 谷本貴志, 後藤葉一, 上石哲生, 片岡有, 岩永善高, 野口輝夫, 森井功, 安田聡, 川村淳, 宮崎俊一, 野々木宏, 心臓, 40, 2, 143, 148,   2008年02月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241143297070
  • 急性心不全―治療の最前線―10 急性心不全の薬物療法up‐to‐date, 岩永善高, 宮崎俊一, Heart View, 12, 2, 188, 193,   2008年02月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902256381083043
  • Blue toe syndromeの2例, 門脇麻衣子, 笹屋晴代, 栗本貴弘, 川原繁, 川田暁, 諸岡花子, 山治憲司, 岩永善高, 内藤映理, 皮膚の科学, 7, 1, 81,   2008年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298287599200
  • 診断 基礎疾患を見つける (カラーで診る 臨床現場で役立つ 病棟必携!心不全診療マニュアル) -- (慢性心不全), 岩永 善高, 宮崎 俊一, サーキュレーション・アップ・トゥ・デート, 3, 0, 207, 214,   2008年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015921391
  • HEART's Original [症例] 亜急性期に左室内圧較差を生じた一過性左室中部収縮異常(たこつぼ心筋障害亜型)の再発例, 谷本 貴志, 後藤 葉一, 上石 哲生, 片岡 有, 岩永 善高, 野口 輝夫, 森井 功, 安田 聡, 川村 淳, 宮崎 俊一, 野々木 宏, 心臓, 40, 2, 143, 148,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004416208
    概要:症例は81歳,女性.2004年2月胸痛を主訴に当院を救急受診.心電図はV2~6でST上昇を認め,緊急冠動脈造影を施行したが有意狭窄は認めなかった.左室造影では左室中部の無収縮,心基部と心尖部の過収縮を認めた.心筋逸脱酵素の上昇は認めず心電図変化,壁運動異常は約1週間で正常化した.2005年4月胸痛にて再度入院.心電図はV1~3でST上昇を認め,緊急冠動脈造影を施行したが有意狭窄は認めず,左室造影では前回と同様,左室中部の無収縮,心基部と心尖部の過収縮を認めた.エルゴメトリン負荷でスパスムは誘発されなかった.壁運動異常はいったん消失したが,2週間後には左室中部壁肥厚,左室内圧較差(50mmHg)を認め,4週間後には正常化した.
    本例は臨床経過がたこつぼ心筋障害に類似しているものの,一過性の壁運動異常出現部位が左室中位レベルであり,たこつぼ心筋障害の亜型("逆たこつぼ"心筋障害)と考えられた.再発例であり,また,急性期ではなく亜急性期に一過性の左室心筋壁肥厚および左室内圧較差を生じるなど,稀な症例であると思われた.
  • 発症2週間後に左室内圧較差を生じた一過性左室中部収縮異常の1例, 谷本貴志, 後藤葉一, 上石哲生, 片岡有, 岩永善高, 野口輝夫, 森井功, 安田聡, 川村淳, 宮崎俊一, 野々木宏, Circ J, 70, Supplement 2, 1122,   2006年04月20日, 10.1253/circj.70.1122, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290314035623
  • 147)発症2週間後に左室内圧較差を生じた一過性左室中部収縮異常の1例(第100回日本循環器学会近畿地方会), 谷本 貴志, 後藤 葉一, 上石 哲生, 片岡 有, 岩永 善高, 野口 輝夫, 森井 功, 安田 聡, 川村 淳, 宮崎 俊一, 野々木 宏, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 70, 0,   2006年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004871822
  • 冠動脈バイパス周術期に両側内胸動脈バイパスグラフトと多枝冠動脈の攣縮により心原性ショックとなった1例(第99回日本循環器学会近畿地方会), 永松 航, 岩永 善高, 竹内 一文, 川村 淳, 古市 晋一, 西 功, 野口 輝夫, 宮崎 俊一, 後藤 葉一, 田鎖 治, 小林 順二郎, 北村 惣一郎, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 69, 0,   2005年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004051285
  • ステロイドおよびインスリン治療中に感染性心内膜炎に罹患した心臓弁膜症の一例(第99回日本循環器学会近畿地方会), 塩山 渉, 西 功, 古市 晋一, 岩永 善高, 野口 輝夫, 後藤 葉一, 野々木 宏, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 69, 0,   2005年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004051367
  • 重症心不全に対する監視下運動療法の有効性と安全性, 西功, 高木洋, 野口輝夫, 岩永善高, 古市晋一, 肥後太基, 金智隆, 大谷秀雄, 相原直彦, 後藤葉一, J Cardiol, 46, Supplement 1, 240,   2005年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263170709554
  • 心不全の運動療法における中途脱落の頻度とその理由に関する検討, 西功, 古市晋一, 岩永善高, 野口輝夫, 金智隆, 大谷秀雄, 相原直彦, 高木洋, 後藤葉一, 心臓リハビリテーション, 10, 2, 267, 271,   2005年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902202894517828
  • 急性心筋梗塞症回復期心臓リハビリテーションにおける参加回数減少傾向は高齢患者の増加によるものか?, 小西治美, 丸次敦子, 楠木沙織, 小林加代子, 福井教之, 宮田恵美子, 西功, 野口輝夫, 岩永善高, 大谷秀雄, 金智隆, 相原直彦, 高木洋, 後藤葉一, 心臓リハビリテーション, 10, 2, 262, 266,   2005年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218737655870
  • 疾病管理と心臓リハビリテーション 心臓リハビリテーションにおける疾患管理:現状と今後の課題, 後藤葉一, 西功, 野口輝夫, 岩永善高, 相原直彦, 金智隆, 大谷秀雄, 高木洋, 小西治美, 楠木沙織, 小林加代子, 丸次敦子, 心臓リハビリテーション, 10, 2, 182, 186,   2005年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902296457017586
  • 拡張型心筋症におけるβ遮断薬治療による左室収縮機能改善は治療前運動負荷時血圧上昇反応から予測しうる, 元木博彦, 西功, 塘義明, 野口輝夫, 岩永善高, 安村良男, 高木洋, 後藤葉一, 心臓 特別号, 37, 2, 21, 23,   2005年05月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218597588540
  • 第54回循環器負荷研究会 拡張型心筋症におけるβ遮断薬治療による左室収縮機能改善は治療前運動負荷時血圧上昇反応から予測しうる, 元木 博彦, 西 功, 塘 義明, 野口 輝夫, 岩永 善高, 安村 良男, 高木 洋, 後藤 葉一, 心臓, 37, 2, 21, 23,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004415495
  • 体位による三尖弁逆流増強が右心不全発現に関与したと考えられる右側部分心膜欠損症の1例, 元木博彦, 塘義明, 尾崎正憲, 西功, 岩永善高, 野口輝夫, 後藤葉一, 野々木宏, Circ J, 68, Supplement 3, 935,   2004年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902219885867042
  • 99) 心Fabry病における造影MRIの有用性(第97回日本循環器学会近畿地方会), 加藤 真帆人, 野々木 宏, 後藤 葉一, 宮崎 俊一, 塘 義明, 尾崎 正憲, 西 功, 野口 輝夫, 岩永 善高, 山田 直明, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 68, 0,   2004年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002699377
  • 128) 体位による三尖弁逆流増強が右心不全発現に関与したと考えられる右側部分心膜欠損症の1例(第97回日本循環器学会近畿地方会), 元木 博彦, 塘 義明, 尾崎 正憲, 西 功, 岩永 善高, 野口 輝夫, 後藤 葉一, 野々木 宏, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 68, 0,   2004年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002699406
  • 拡張型心筋症におけるβ遮断薬治療による左室収縮機能改善は治療前運動負荷時血圧上昇反応から予測しうる, 元木博彦, 塘義明, 西功, 野口輝夫, 岩永善高, 安村良男, 高木洋, 後藤葉一, J Cardiol, 44, Supplement 1, 275,   2004年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902226394528528
  • 急性心不全の血行動態に対するミルリノンの有効性は予測可能か, 元木博彦, 塘義明, 西功, 岩永善高, 野口輝夫, 野乃木宏, 後藤葉一, J Cardiol, 44, Supplement 1, 462,   2004年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278958221339
  • AAVベクターを用いた超高効率心筋遺伝子導入と心不全遺伝子治療開発の試み, 池田安宏, 星島正彦, 岩永善高, 岩立光生, 山田倫生, ROSS J JR, CHIEN K R, 松崎益徳, 遺伝子・デリバリー研究会シンポジウム要旨集, 4th, P.35,   2004年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288132303954
  • 経食道心エコー検査を繰り返すことにより診断し得た感染性心内膜炎の二例, 佐々木英之, 野口輝夫, 横矢隆宏, 尾崎正憲, 西功, 塘義明, 後藤葉一, 野々木宏, 岩永善高, Circ J, 68, Supplement 2, 815,   2004年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902281366787055
  • 84) 経食道心エコー検査を繰り返すことにより診断し得た感染性心内膜炎の二例(第96回日本循環器学会近畿地方会), 佐々木 英之, 野口 輝夫, 横矢 隆宏, 尾崎 正憲, 西 功, 塘 義明, 後藤 葉一, 野々木 宏, 岩永 善高, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 68, 0,   2004年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002690405
  • 心筋梗塞関連遺伝子多型の検討, 岩永善高, 尾野亘, 後藤葉一, 万波俊文, 野々木宏, 岩井直温, 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, 35th, 153,   2003年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902249911691485
  • 高血圧性心肥大から心不全への移行における心筋Endothelin‐1の転写調節機構 p300‐GATA経路の役割, 長谷川浩二, 鏑木敏志, 森本達也, 垣田剛, 荒木信, 岩永善高, 木原康樹, 篠山重威, 医科学応用研究財団研究報告, 18, 140, 142,   2001年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902198544514080
  • 心不全を解明するための21世紀の分子医学的アプローチ 心肥大から心不全への移行のメカニズム ダール食塩感受性ラット心不全移行モデルでの検討, 木原康樹, 米田正史, 岩永善高, 分子心血管病, 1, 6, 627, 634,   2000年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902100807628174
  • マトリックス・メタロプロテイナーゼ(MMP)とその組織阻害因子(TIMP)の不均衡が心不全の進行に関与する, 岩永善高, 木原康樹, 米田武史, 小野沢陽子, 林田済, 青山武, 篠山重威, Jpn Circ J, 64, Supplement 1, 389,   2000年03月01日, 10.1253/jcj.64.389, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129962597046
  • 不全左室心筋におけるET‐1産生こう進は心筋T型Ca2+チャネル再発現を誘導する, 和泉俊明, 木原康樹, 岩永善高, 米田武史, 篠山重威, Japanese Circulation Journal, 64, Supplement 1, 387,   2000年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185884885860
  • 0802 不全左室心筋におけるET-1産生亢進は心筋T型Ca^<2+>チャネル再発現を誘導する, 和泉 俊明, 木原 康樹, 岩永 善高, 米田 武史, 篠山 重威, Japanese circulation journal, 64, 0,   2000年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002570486
  • 0811 マトリックス・メタロプロティナーゼ(MMP)とその組織阻害因子(TIMP)の不均衡が心不全の進行に関与する, 岩永 善高, 木原 康樹, 米田 武史, 小野澤 陽子, 林田 済, 青山 武, 篠山 重威, Japanese circulation journal, 64, 0,   2000年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002570495
  • 心不全の発症における心筋Endothelin‐1の転写調節機構 p300‐GATA経路の役割, 長谷川浩二, 鏑木敏志, 森本達也, 垣田剛, 荒木信, 岩永善高, 木原康樹, 篠山重威, 日本医学会総会総会会誌, 25th, 1, 152,   1999年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902120792696624
  • フォーラム 高血圧と臓器障害 高血圧性心肥大から心不全への移行における心筋ET‐1の転写調節機構 p300‐GATA経路の役割, 長谷川浩二, 鏑木敏志, 森本達也, 垣田剛, 荒木信, 岩永善高, 木原康樹, 篠山重威, 血圧, 6, 7, 665, 669,   1999年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902167950055840
  • PDII-6 高血圧性心機能障害 : その発症機序と心筋組織内神経体液性因子の役割, 木原 康樹, 岩永 善高, 村上 知行, 篠山 重威, Japanese circulation journal, 63, 1,   1999年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002572978
  • 0406 圧負荷肥大心から不全心への移行における電位依存性細胞内Ca動態の変容ダール食塩感受性高血圧ラット単離心筋細胞を用いた検討, 和泉 俊明, 木原 康樹, 岩永 善高, 篠山 重威, Japanese circulation journal, 63, 1,   1999年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002573576
  • P307 インスリン様成長因子(IGF-1)およびACE阻害薬による高血圧性左室肥大の修飾 : ミオシン重鎖(MHC)アイソフォームの変化と左室機能不全進行の関係, 岩永 善高, 木原 康樹, 米田 武史, 青山 武, 篠山 重威, Japanese circulation journal, 63, 1,   1999年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002574661
  • 1089 圧負荷左室肥大の形成に伴うJunキナーゼ活性制御の変化 アンジオテンシンIIおよびエンドセリン-1投与による検討, 林田 済, 木原 康樹, 岩永 善高, 稲垣 宏一, 篠山 重威, Japanese circulation journal, 62, 0,   1998年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002562468
  • P228 心筋局所エンドセリン-1(ET-1)は左室機能不全の進行に直接的な役割を果たしている。 : ダールラット心不全モデルを用いた検討, 岩永 善高, 木原 康樹, 稲垣 宏一, 鏑木 敏志, 長谷川 浩二, 篠山 重威, Japanese circulation journal, 62, 0,   1998年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002562708
  • 0103 血圧を降下させない量のACE阻害薬も心肥大から心不全への移行を阻止する。 : ダールラット心不全モデルを用いた検討, 岩永 善高, 木原 康樹, 稲垣 宏一, 竹内 雄三, 和泉 俊明, 篠山 重威, Japanese circulation journal, 61, 0,   1997年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002622850
  • 0233 代償性左室肥大から左室機能不全への移行におけるエンドセリン-1の役割 : ダールラット心不全モデルを用いた検討, 岩永 善高, 木原 康樹, 荒木 信, 鏑木 敏志, 長谷川 浩二, 篠山 重威, Japanese circulation journal, 61, 0,   1997年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002622980
  • 204) 僧帽弁閉鎖不全症による心不全を初発とした43歳のBland-White-Garland(BWG)症候群の1例(日本循環器学会 第79回近畿地方会), 三嶋 隆之, 森本 達也, 岩永 善高, 森川 雅, 楠川 順也, 冨岡 宣良, 渡辺 裕, 廣瀬 邦彦, Japanese circulation journal, 59, 0,   1996年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002622229