KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

柿木 良介カキノキ リョウスケ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授
学位医学博士
専門手外科、末梢神経外科
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1304-kakinoki-ryousuke.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    手、上肢の外傷、疾患の外科治療を専門にしています。特に麻酔上肢の再建手術に関する豊富な経験を持っています。顕微鏡、関節鏡を用いた手術も多数手がけてきました。

学歴・経歴

経歴

  •   2014年, 京都大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 整形外科学

研究キーワード

  • 神経再生, 末梢神経再生, 末梢神経保存, 骨髄葉間系細胞, , 同種神経移植, 末梢神経, 骨髄間葉系幹細胞, Lac-Z, チュービング, 血管柄含有チューブ, 細胞分化, 移植免疫, polyphenol, 骨髄間質細胞, 神経保存, 血管柄, ポリフェノール, 人工神経, 骨髄間葉系細胞, 血管

論文

  • A clinical trial for Kienböck disease by cultured autologous multipotent mesenchymal stromal cells augmented with vascularized bone grafts: A report of five cases., Ikeguchi R, Aoyama T, Kakinoki R, Ueda M, Kasai Y, Maekawa T, Tada H, Yamamoto M, Matsuda S, Nakamura T, Toguchida J, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association,   2017年03月, 査読有り
  • A Nerve Conduit Containing a Vascular Bundle and Implanted With Bone Marrow Stromal Cells and Decellularized Allogenic Nerve Matrix., Kaizawa Y, Kakinoki R, Ikeguchi R, Ohta S, Noguchi T, Takeuchi H, Oda H, Yurie H, Matsuda S, Cell transplantation, 26, 2, 215, 228,   2017年02月, 査読有り
  • Lectin-like, oxidized low-density lipoprotein receptor-1-deficient mice show resistance to age-related knee osteoarthritis., Hashimoto K, Oda Y, Nakamura F, Kakinoki R, Akagi M, European journal of histochemistry : EJH, 61, 1, 2762,   2017年02月, 査読有り
  • Recipient bone marrow-derived stromal cells prolong graft survival in a rat hind limb allotransplantation model., Ikeguchi R, Kakinoki R, Ohta S, Oda H, Yurie H, Kaizawa Y, Mitsui H, Aoyama T, Toguchida J, Matsuda S, Microsurgery,   2016年11月, 査読有り
  • Bridging a 30 mm defect in the canine ulnar nerve using vessel-containing conduits with implantation of bone marrow stromal cells., Kaizawa Y, Kakinoki R, Ikeguchi R, Ohta S, Noguchi T, Oda H, Matsuda S, Microsurgery, 36, 4, 316, 324,   2016年05月, 査読有り
  • Efficacy and safety of collagenase Clostridium histolyticum injection for Dupuytren's contracture in non-Caucasian Japanese patients (CORD-J Study): the first clinical trial in a non-Caucasian population., Hirata H, Tanaka K, Sakai A, Kakinoki R, Ikegami H, Tateishi N, The Journal of hand surgery, European volume,   2016年06月, 査読有り
  • Rehabilitation program after mesenchymal stromal cell transplantation augmented by vascularized bone grafts for idiopathic osteonecrosis of the femoral head: a preliminary study., Aoyama T, Fujita Y, Madoba K, Nankaku M, Yamada M, Tomita M, Goto K, Ikeguchi R, Kakinoki R, Matsuda S, Nakamura T, Toguchida J, Archives of physical medicine and rehabilitation, 96, 3, 532, 539,   2015年03月, 査読有り
  • iPhone and iPad Use in Orthopedic Surgery., Duncan SF, Hendawi TK, Sperling J, Kakinoki R, Hartsock L, The Ochsner journal, 15, 1, 52, 57,   2015年, 査読有り
  • Extrusion of a NeuroTube: A Case Report., Duncan SF, Kakinoki R, Rizzo M, Kang W, The Ochsner journal, 15, 2, 191, 192,   2015年, 査読有り
  • The neuroprotective effect of erythropoietin on spinal motor neurons after nerve root avulsion injury in rats., Noguchi T, Ohta S, Kakinoki R, Ikeguchi R, Kaizawa Y, Oda H, Matsuda S, Restorative neurology and neuroscience, 33, 4, 461, 470,   2015年, 査読有り
  • Unique application of a metacarpophalangeal joint implant as a radial head prosthesis., Duncan SF, Briski DC, Steinmann SP, Adams J, Kakinoki R, Journal of shoulder and elbow surgery, 23, 12, e308, 12,   2014年12月, 査読有り
  • Reconstruction of active elbow flexion in patients with radial ray deficiency: report of two cases., Ohta S, Kakinoki R, Noguchi T, Kaizawa Y, Matsuda S, Journal of shoulder and elbow surgery, 23, 12, e313, 7,   2014年12月, 査読有り
  • Factors associated with ambulatory status 6 months after total hip arthroplasty., Nankaku M, Akiyama H, Kakinoki R, Nishikawa T, Tanaka Y, Matsuda S, Physiotherapy, 100, 3, 263, 267,   2014年09月, 査読有り
  • Study of a retrieved cementless acetabular cup with an AW-GC bottom coating., Akiyama H, Kuroda Y, So K, Kakinoki R, Nakamura T, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 18, 6, 1037, 1041,   2013年11月, 査読有り
  • An exploratory clinical trial for idiopathic osteonecrosis of femoral head by cultured autologous multipotent mesenchymal stromal cells augmented with vascularized bone grafts., Aoyama T, Goto K, Kakinoki R, Ikeguchi R, Ueda M, Kasai Y, Maekawa T, Tada H, Teramukai S, Nakamura T, Toguchida J, Tissue engineering. Part B, Reviews, 20, 4, 233, 242,   2014年08月, 査読有り
  • Biomechanics of the hand., Duncan SF, Saracevic CE, Kakinoki R, Hand clinics, 29, 4, 483, 492,   2013年11月, 査読有り
  • A new cervical nerve root avulsion model using a posterior extra-vertebral approach in rats., Noguchi T, Ohta S, Kakinoki R, Kaizawa Y, Matsuda S, Journal of brachial plexus and peripheral nerve injury, 8, 1, 8,   2013年09月, 査読有り
  • Free functional muscle transplantation of an anomalous femoral adductor with a very large muscle belly: a case report., Kaizawa Y, Kakinoki R, Ohta S, Noguchi T, Matsuda S, Journal of brachial plexus and peripheral nerve injury, 8, 1, 11,   2013年10月, 査読有り
  • Preoperative prediction of ambulatory status at 6 months after total hip arthroplasty., Nankaku M, Tsuboyama T, Akiyama H, Kakinoki R, Fujita Y, Nishimura J, Yoshioka Y, Kawai H, Matsuda S, Physical therapy, 93, 1, 88, 93,   2013年01月, 査読有り
  • Morphology and histology of the collapsed lunate in advanced kienböck disease., Ueba Y, Kakinoki R, Nakajima Y, Kotoura Y, Hand surgery : an international journal devoted to hand and upper limb surgery and related research : journal of the Asia-Pacific Federation of Societies for Surgery of the Hand, 18, 2, 141, 149,   2013年, 査読有り
  • Effects of vertical motion of the centre of mass on walking efficiency in the early stages after total hip arthroplasty., Nankaku M, Akiyama H, Kanzaki H, Kakinoki R, Hip international : the journal of clinical and experimental research on hip pathology and therapy, 22, 5, 521, 526,   2012年09月, 査読有り
  • A modified tension band wiring technique for treatment of the bony mallet finger., Kakinoki R, Ohta S, Noguchi T, Kaizawa Y, Itoh H, Duncan SF, Matsuda S, Hand surgery : an international journal devoted to hand and upper limb surgery and related research : journal of the Asia-Pacific Federation of Societies for Surgery of the Hand, 18, 2, 235, 242,   2013年, 査読有り
  • [Cell therapy for aseptic necrosis of femoral head]., Toguchida J, Aoyama T, Goto K, Kakinoki R, Kasai Y, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 69, 12, 2225, 2230,   2011年12月, 査読有り
  • Open wedge flexion osteotomy of the metacarpal neck for the avascular necrosis of the third metacarpal head: case report., Ohta S, Kakinoki R, Fujita S, Noguchi T, Hand surgery : an international journal devoted to hand and upper limb surgery and related research : journal of the Asia-Pacific Federation of Societies for Surgery of the Hand, 17, 2, 251, 253,   2012年, 査読有り
  • Treatment of a type 3B hypoplastic thumb using extra phalanges from the contralateral duplicated thumb: case report., Kakinoki R, Ikeguchi R, Ohta S, Duncan SF, Fujita S, Noguchi T, The Journal of hand surgery, 36, 9, 1492, 1496,   2011年09月, 査読有り
  • Simultaneous reconstruction of a palmar skin defect and the digital artery with an arterialized venous flap after correction of camptodactyly with severe flexion deformity., Kakinoki R, Duncan SF, Ohta S, Nakamura T, Hand (New York, N.Y.), 6, 4, 445, 449,   2011年12月, 査読有り
  • Prediction of ambulation ability following total hip arthroplasty., Nankaku M, Tsuboyama T, Kakinoki R, Akiyama H, Nakamura T, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 16, 4, 359, 363,   2011年07月, 査読有り
  • Effects of continuous intravenous infusion of MCI-186 on functional recovery after spinal cord injury in rats., Ohta S, Iwashita Y, Kakinoki R, Noguchi T, Nakamura T, Journal of neurotrauma, 28, 2, 289, 298,   2011年02月, 査読有り
  • Continuous cell supply from a Sox9-expressing progenitor zone in adult liver, exocrine pancreas and intestine., Furuyama K, Kawaguchi Y, Akiyama H, Horiguchi M, Kodama S, Kuhara T, Hosokawa S, Elbahrawy A, Soeda T, Koizumi M, Masui T, Kawaguchi M, Takaori K, Doi R, Nishi E, Kakinoki R, Deng JM, Behringer RR, Nakamura T, Uemoto S, Nature genetics, 43, 1, 34, 41,   2011年01月, 査読有り
  • Storage and allogeneic transplantation of peripheral nerve using a green tea polyphenol solution in a canine model., Nakayama K, Kakinoki R, Ikeguchi R, Yamakawa T, Ohta S, Fujita S, Noguchi T, Duncan SF, Hyon SH, Nakamura T, Journal of brachial plexus and peripheral nerve injury, 5, 17,   2010年11月, 査読有り
  • Comparison between partial ulnar and intercostal nerve transfers for reconstructing elbow flexion in patients with upper brachial plexus injuries., Kakinoki R, Ikeguchi R, Dunkan SF, Nakayama K, Matsumoto T, Ohta S, Nakamura T, Journal of brachial plexus and peripheral nerve injury, 5, 1, 4,   2010年01月, 査読有り
  • A comparison of workers' compensation patients and nonworkers' compensation patients undergoing endoscopic carpal tunnel release., Duncan SF, Calandruccio JH, Merritt MV, Crockarell JR, Kakinoki R, Hand surgery : an international journal devoted to hand and upper limb surgery and related research : journal of the Asia-Pacific Federation of Societies for Surgery of the Hand, 15, 2, 75, 80,   2010年, 査読有り
  • Re-evaluation of histogenesis of gastric carcinomas: a comparative histopathological study between Helicobacter pylori-negative and H. pylori-positive cases., Kakinoki R, Kushima R, Matsubara A, Saito Y, Okabe H, Fujiyama Y, Hattori T, Digestive diseases and sciences, 54, 3, 614, 620,   2009年03月, 査読有り
  • The volar approach to proximal interphalangeal joint arthroplasty., Duncan SF, Merritt MV, Kakinoki R, Techniques in hand & upper extremity surgery, 13, 1, 47, 53,   2009年03月, 査読有り
  • Soft-tissue injury in orthopaedic trauma., Tu YK, On Tong G, Wu CH, Sananpanich K, Kakinoki R, Injury, 39 Suppl 4, 3, 17,   2008年10月, 査読有り
  • Factors affecting the success of arterialised venous flaps in the hand., Kakinoki R, Ikeguchi R, Nankaku M, Nakamua T, Injury, 39 Suppl 4, 18, 24,   2008年10月, 査読有り
  • Bilateral phlegmasia dolens associated with Trousseau's syndrome: a case report., Hasegawa S, Aoyama T, Kakinoki R, Toguchida J, Nakamura T, Archives of physical medicine and rehabilitation, 89, 6, 1187, 1190,   2008年06月, 査読有り
  • Reconstruction of a phalangeal bone using a vascularised metacarpal bone graft nourished by a dorsal metacarpal artery., Kakinoki R, Ikeguchi R, Matsumoto T, Nakamura T, Injury, 39 Suppl 4, 25, 28,   2008年10月, 査読有り
  • Treatment of posttraumatic painful neuromas at the digit tip using neurovascular island flaps., Kakinoki R, Ikeguchi R, Atiyya AN, Nakamura T, The Journal of hand surgery, 33, 3, 348, 352,   2008年03月, 査読有り
  • Treatment of avascular necrosis of the capitulum of the humerus using a free vascularized osteoperiosteal graft from the medial condyle of the femur: a case report., Kakinoki R, Ikeguchi R, Nakayama K, Yamakawa T, Morimoto Y, Nakamura T, Journal of shoulder and elbow surgery, 17, 1, e1, 4,   2008年01月, 査読有り
  • Gait analysis of patients in early stages after total hip arthroplasty: effect of lateral trunk displacement on walking efficiency., Nankaku M, Tsuboyama T, Kakinoki R, Kawanabe K, Kanzaki H, Mito Y, Nakamura T, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 12, 6, 550, 554,   2007年11月, 査読有り
  • Functioning transferred free muscle innervated by part of the vascularized ulnar nerve connecting the contralateral cervical seventh root to themedian nerve: case report., Kakinoki R, Ikeguchi R, Nakayama K, Nakamura T, Journal of brachial plexus and peripheral nerve injury, 2, 18,   2007年09月, 査読有り
  • Successful storage of peripheral nerves using University of Wisconsin solution with polyphenol., Ikeguchi R, Kakinoki R, Matsumoto T, Yamakawa T, Nakayama K, Morimoto Y, Nakamura T, Journal of neuroscience methods, 159, 1, 57, 65,   2007年01月, 査読有り
  • The outcome of peri-operative humeral condylar fractures after total elbow replacement in patients with rheumatoid arthritis., Ito H, Matsumoto T, Yoshitomi H, Kakinoki R, Nakamura T, The Journal of bone and joint surgery. British volume, 89, 1, 62, 65,   2007年01月, 査読有り
  • Treatment of progressive necrosis of the lunate bone (Kienböck disease) after unsuccessful radial osteotomy., Kakinoki R, Yamakawa T, Nakayama K, Morimoto Y, Nakamura T, Scandinavian journal of plastic and reconstructive surgery and hand surgery, 41, 5, 267, 271,   2007年, 査読有り
  • Basic fibroblast growth factor promotes nerve regeneration in a C- -ion-implanted silicon chamber., Ikeguchi R, Kakinoki R, Matsumoto T, Yamakawa T, Nakayama K, Morimoto Y, Tsuji H, Ishikawa J, Nakamura T, Brain research, 1090, 1, 51, 57,   2006年05月, 査読有り
  • Nerve regeneration promoted in a tube with vascularity containing bone marrow-derived cells., Yamakawa T, Kakinoki R, Ikeguchi R, Nakayama K, Morimoto Y, Nakamura T, Cell transplantation, 16, 8, 811, 822,   2007年, 査読有り
  • Transverse and longitudinal osteotomy for the treatment of macrodactyly simplex congenita - a case report., Kakinoki R, Ikeguchi R, Duncan SF, Hand surgery : an international journal devoted to hand and upper limb surgery and related research : journal of the Asia-Pacific Federation of Societies for Surgery of the Hand, 13, 2, 121, 128,   2008年, 査読有り
  • Regeneration of osteonecrosis of canine scapho-lunate using bone marrow stromal cells: possible therapeutic approach for Kienböck disease., Ikeguchi R, Kakinoki R, Aoyama T, Shibata KR, Otsuka S, Fukiage K, Nishijo K, Ishibe T, Shima Y, Otsuki B, Azuma T, Tsutsumi S, Nakayama T, Otsuka T, Nakamura T, Toguchida J, Cell transplantation, 15, 5, 411, 422,   2006年, 査読有り
  • Skin defects covered using medialis pedis flaps after correction of severe flexion contracture of the big toes due to plantar fibromatosis., Kakinoki R, Murao H, Yamakawa T, Nakayama K, Morimoto Y, Nakamura T, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 11, 1, 103, 109,   2006年01月, 査読有り
  • Optimal conditions for peripheral nerve storage in green tea polyphenol: an experimental study in animals., Matsumoto T, Kakinoki R, Ikeguchi R, Hyon SH, Nakamura T, Journal of neuroscience methods, 145, 1-2, 255, 266,   2005年06月, 査読有り
  • Peripheral nerve allografts stored in green tea polyphenol solution., Ikeguchi R, Kakinoki R, Matsumoto T, Hyon SH, Nakamura T, Transplantation, 79, 6, 688, 695,   2005年03月, 査読有り
  • Second dorsal metacarpal artery muscle flap: an adjunct in the treatment of chronic phalangeal osteomyelitis., Kakinoki R, Ikeguchi R, Nakamura T, The Journal of hand surgery, 29, 1, 49, 53,   2004年01月, 査読有り
  • Successful storage of peripheral nerve before transplantation using green tea polyphenol: an experimental study in rats., Ikeguchi R, Kakinoki R, Okamoto T, Matsumoto T, Hyon SH, Nakamura T, Experimental neurology, 184, 2, 688, 696,   2003年12月, 査読有り
  • Rat nerve regeneration through a silicone chamber implanted with negative carbon ions., Ikeguchi R, Kakinoki R, Matsumoto T, Tsuji H, Ishikawa J, Nakamura T, Brain research. Developmental brain research, 140, 1, 127, 131,   2003年01月, 査読有り
  • Treatment of painful peripheral neuromas by vein implantation., Kakinoki R, Ikeguchi R, Matsumoto T, Shimizu M, Nakamura T, International orthopaedics, 27, 1, 60, 64,   2003年, 査読有り
  • Detection of the proliferated donor cells in bone grafts in rats, using a PCR for a Y-chromosome-specific gene., Kakinoki R, Bishop AT, Tu YK, Matsui N, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 7, 2, 252, 257,   2002年, 査読有り
  • Lunate plasty for Kienböck's disease: use of a pedicled vascularised radial bone graft combined with shortening of the capitate and radius., Kakinoki R, Matsumoto T, Suzuki T, Funakoshi N, Okamoto T, Nakamura T, Hand surgery : an international journal devoted to hand and upper limb surgery and related research : journal of the Asia-Pacific Federation of Societies for Surgery of the Hand, 6, 2, 145, 156,   2001年12月, 査読有り
  • Nerve regeneration over a 20-mm gap through a nerve conduit containing blood vessels in rats: the influence of interstump distance on nerve regeneration., Kakinoki R, Nishijima N, Ueba Y, Oka M, Yamamuro T, Nakamura T, Journal of neurosurgical sciences, 42, 1, 11, 21,   1998年03月, 査読有り
  • Nerve regeneration over a 25 mm gap in rat sciatic nerves using tubes containing blood vessels: the possibility of clinical application., Kakinoki R, Nishijima N, Ueba Y, Oka M, Yamamuro T, Nakamura T, International orthopaedics, 21, 5, 332, 336,   1997年, 査読有り
  • Relationship between axonal regeneration and vascularity in tubulation--an experimental study in rats., Kakinoki R, Nishijima N, Ueba Y, Oka M, Yamamuro T, Neuroscience research, 23, 1, 35, 45,   1995年08月, 査読有り
  • Wrap-around neurorrhaphy: an improved method of repair for disparate nerve stumps., Nishijima N, Kakinoki R, Sugimoto M, Fujio K, Nakamura T, Nihon geka hokan. Archiv fur japanische Chirurgie, 64, 2, 74, 82,   1995年03月, 査読有り

MISC

  • 【幹細胞治療-基礎研究の進歩と臨床応用-】 臨床応用の進歩 大腿骨頭無腐性壊死症に対する細胞治療, 戸口田 淳也, 青山 朋樹, 後藤 公志, 柿木 良介, 笠井 泰成, 日本臨床, 69, 12, 2225, 2230,   2011年12月
  • 関節リウマチにおける屈筋腱皮下断裂7例の術前画像評価 : 前向き調査, 伊藤 宣, 柿木 良介, 池口 良輔, 吉富 啓之, 中村 孝志, 日本手外科学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 27, 5, 595, 598,   2011年02月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029551196
    概要:関節リウマチ(RA)患者の屈筋腱皮下断裂7例7手を対象とし、MRI検査によって術前に断裂腱とその部位をどの程度特定できるのか前向き調査を行った。臨床所見より断裂腱の予測をたて、更に術前MRIより断裂腱とその部位を予測して3段階で評価した。MRIの断裂基準は、腱の連続性が失われているもの・腱周囲に局所的な滑膜増殖ないし出血が疑われるもの・当該腱の蛇行とし、このうち2つ以上の所見ありをprobable、1つの所見あり(疑い含む)をpossible、所見ありが不明をunclearとした。RA罹患暦は平均12年で、7例中4例が断裂時にメソトレキセートを使用し、1例が生物製剤を使用していた。断裂時にリウマチの活動性が上昇していたものが5例あった。臨床所見で断裂腱が疑われた指は計9指で、母指2指、示指4指、中指1指、環指1指、小指1指、複数腱断裂が2例あった。MRI所見ではprobableが3例4指、possibleが2例2指、unclearが2例2指で、判定にはT2強調画像、coronal像が有用であった。断裂部位はprobableの3例では特定できたが、possible例では特定できなかった。全例とも手術時に術前予測した腱断裂を確認したが、他指の腱性状については殆ど予測不能で、手術法に関連する腱の断裂ないし不全断裂を3例に認めた。術中に新たに発見された断裂腱については、後ろ向きの評価でもMRIで断裂と判定することは困難であった。
  • 2度のばね指手術後の屈筋腱掌側脱臼にともなう手指屈曲拘縮の治療, 野口 貴志, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 池口 良輔, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, 54, 6, 1293, 1294,   2011年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030185603
    概要:46歳男。ばね指手術、A1 pulley切除術を受けるも腱のひっかかり感が残存し、術後3ヵ月にA2からA4までの腱鞘切除および屈筋腱剥離術が行われた。その後、中指の変形、指の伸展制限が出現したため初回術後1年に当院受診した。初診時、著明なbowstringing変形を認め、自動運動不能、他動可動域制限ありPIP関節伸展-60°・屈曲80°、DIP関節伸展-35°・屈曲80°で、二期的に再建することとした。初回手術時、屈筋腱は掌側脱臼して皮下組織と著明癒着し、深指屈筋腱(FDP)、浅指屈筋腱(FDS)ともにA1 Pulley中枢部で切離して末梢へ剥離、腱停止部で切除した。次いで、同部位をシリコン人工腱で置換し、切除したFDSおよび長掌筋腱を用いて2 Loop法でA2、A4 pulleyを再建した後、DIPおよびPIP関節の授動術を行った。術後可動域訓練を行い、十分に可動域が改善した術後14ヵ月に再手術を行った。人工腱を摘出し、足趾伸筋腱をgraftとしてFDPを末節骨基部へ縫合、中枢は環指、小指FDPにinterracing sutureした。術後6ヵ月でPIP関節伸展は自動・他動とも5°、屈曲は80°、DIP関節伸展は自動-50°・他動-20°、屈曲は自動60°・他動80°となり、DIP関節の屈曲変形は残存するが、ADLは著しく改善して患者の満足度は高かった。
  • 母指低形成に対する遊離血管柄付き趾(指)節間関節移植手術, 冨山 貴司, 柿木 良介, 田中 寛樹, 赤木 將男, 池口 良輔, 太田 壮一, 日本手外科学会雑誌, 33, 4, 441, 444,   2017年01月
    概要:著者らは,Manske分類Type 3B,Type 4の母指低形成に対し,足趾趾節骨もしくは対側過剰指に血管柄をつけ,母指基節骨と手根骨間に移植した.良好な母指中手骨機能とCM関節機能を再建したので報告する.【症例1】Type 3Bの左母指低形成と,右手にWassel分類type 4の重複母指.生後38ヵ月右余剰指に血管柄をつけて,左母指基節骨と手根骨間に移植した.術後7年移植骨の成長は良好,母指と中指・環指との対立が可能であった.【症例2】Type 4の右母指低形成.生後48ヵ月で第2足趾のMP関節以遠の趾節骨関節を血管柄付きで採取し移植した.術後3年移植足趾趾節骨に成長を認め,左母指と示指との間で対立運動が可能であった.【症例3】Type 4の左母指低形成.5歳時に第2足趾のMP関節以遠の趾骨を血管柄付きで採取し移植した.全例移植骨間関節の側副靱帯は,ナイロン糸にて関節可動域制限を施行し,母指対立再建術を施行した.Type 3B,4に対する血管柄付き関節移植では,移植関節の可動制限により中手骨の長さが保持され,移植関節の若干の可動性により母指対立運動を可能にした.血管柄付きの移植骨のため,成長軟骨の血流が確保され良好な成長が認められた.又,足アーチを破壊せず足部の機能傷害を起こさない.以上より本術式は,Type 3B,4の母指低形成に対する有効な再建法と考える.(著者抄録)
  • ポリフェノールを用いた皮膚組織保存に関する研究, 池口 良輔, 柿木 良介, 玄 丞烋, 川那辺 圭一, 中村 孝志, 日本手外科学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 27, 5, 659, 661,   2011年02月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029551331
    概要:細胞培養液にポリフェノールを加えることにより、皮膚組織の保存期間が延長可能かどうかを検討した。ルイスラットを用い、無作為に以下の3群に分け実験を行った。F群は、ルイスラットの背部皮膚組織を35mm×35mmの大きさで採取し、別のルイスラットの背部に同大きさの皮膚欠損部を作成して全層植皮を行った。P群は、F群と同様の形式で皮膚組織を採取し、摂氏4度でポリフェノール含有Dulbecco's Modified Eagle's Medium(DMEM)中に1週間浸漬した。その後3週間DEME中に保存し、計4週間冷所保存した皮膚を別のルイスラットに作成した背部皮膚欠損部に全層植皮を行った。M群は、同様に皮膚組織を採取し、摂氏4度DMEMでのみ4週間保存し、同様に全層植皮を行った。移植する前の光顕像では、M群では保存後2週でblebを認め、4週間で表皮層と真皮層の間にcreftと破壊されたコラーゲン繊維を認めたが、P群では表皮層と真皮層間のcreftは認めず、コラーゲン繊維の形態も保たれていた。全層植皮後3週間の生着率についてみると、P群はM群と比較して有意な改善を認め、F群と同様な生着率であった。ドナー由来の細胞数を定量するため、オスからの保存皮膚組織片をメスへ全層植皮し、移植後4週メスラットの植皮部中央部5mm×5mmの組織片からDNAを抽出して精巣決定遺伝子についてPCRを行った。βアクチンを基準とした定量の結果、P群はF群と比較して約46%の濃度であり、約4%のM群との比較では有意差を認めた。
  • 神経叢障害の診断と治療 神経因性胸郭出口症候群と三次元CT血管造影法, 太田 壮一, 柿木 良介, 池口 良輔, 織田 宏基, 淘江 宏文, 松田 秀一, 末梢神経, 27, 2, 154, 157,   2016年12月
    概要:胸郭出口症候群を疑い施行した三次元CT血管造影法(3D-CTA)に関し、臨床所見との関連性などを検証した。男性5例、女性17例の計22例に対し、患側肩関節90度外旋、90度外転移で撮影した。3D再構成画像とCT矢状断再構成像で、鎖骨下動脈の狭窄を肋鎖間隙で確認した7例中、Wright、Roos、Morley test全てに陽性であった4例で手術を施行していた。Wright testは、鎖骨下動脈の狭窄が無くても、CT矢状断再構成像で肋鎖間隙間が動脈の直径の2倍未満の6例全例で陽性であった。3D-CTAは胸郭出口症候群の診断の一助となるが、手術適応には各種検査結果を総合して判断する必要がある。(著者抄録)
  • 保存療法にて経過観察し得た特発性前骨間神経麻痺, 後骨間神経麻痺, 松本 泰一, 柿木 良介, 池口 良輔, 中村 孝志, 日本手外科学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 27, 4, 335, 338,   2011年01月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030589442
    概要:保存療法のみで経過観察した、特発性前骨間神経麻痺8例(男2例・女6例・平均54.1歳)と特発性後骨間神経麻痺2例(男1例・女1例・平均31.7歳)の回復過程を検討した。前骨間神経麻痺例の平均経過観察期間は22.2ヵ月で、最も筋力回復の遅い筋の最終調査時評価は徒手筋力テスト(MMT)2が1例、MMT 3が1例、MMT 4以上が6例(「良」群)であった。「良」群でMMT 3に回復するまでの期間は平均11.2ヵ月、MMT 4または5に回復するまでは平均15.7ヵ月であった。後骨間神経麻痺例の平均経過観察期間は19.6ヵ月で、最終調査時にはいずれもMMT 4以上に回復し、MMT 3に回復するまでの期間は平均7.8ヵ月、MMT 4または5に回復するまでは平均9.5ヵ月であった。「良」群の計8例の麻痺筋がMMT 3に回復するのに要した期間は平均10.4ヵ月、MMT 4以上は14.2ヵ月であった。
  • 手根管症候群をめぐって 手根管症候群に対する保存療法について, 池口 良輔, 太田 壮一, 織田 宏基, 淘江 宏文, 竹内 久貴, 大槻 文悟, 柿木 良介, 松田 秀一, 末梢神経, 27, 2, 190, 193,   2016年12月
    概要:手根管症候群に対するスプリント療法の有効性について検討した。80歳以上には有効ではなかったが、手根管症候群の重症度にかかわらずスプリント療法は有効であった。スプリント療法は、手根管内へステロイド注射や手術療法と比較して合併症が少ないため、手根管症候群治療の第1選択と考えられた。(著者抄録)
  • Dupuytren拘縮の治療経験 手術療法vs酵素注射療法, 柿木 良介, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 88, 88,   2016年11月
  • ポリフェノールを用いた末梢神経長期保存に関する研究, 池口 良輔, 柿木 良介, 玄 丞烋, 中村 孝志, 日本手外科学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 26, 6, 632, 635,   2010年11月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027693605
    概要:移植時の組織保存液として一般にWisconsin液が用いられている。著者等は、ポリフェノールを用いることによって末梢神経片を1ヵ月間冷所保存できることを報告してきた。今回、1ヵ月以上保存の可能性について検討するため、ラットを用いて、ポリフェノール(1mg/ml)含有Wisconsin液で保存した坐骨神経の移植実験を行った。その結果、ポリフェノールによって末梢神経片を2ヵ月間保存できることが示唆された。
  • 神経移行術・移植術を極める 腕神経叢損傷患者に対する部分神経移行術による上肢機能再建, 柿木 良介, 橋本 和彦, 田中 寛樹, 池口 良輔, 太田 壮一, 赤木 將男, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 115, 115,   2016年11月
  • IIIb型hypoplastic thumbを伴った橈側列欠損患者に対する、対側重複母指を用いた母指形成の1例, 奥津 弥一郎, 柿木 良介, 池口 良輔, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 52, 6, 1464, 1464,   2009年11月
  • 人工股関節置換術後患者の術後早期における靴下着脱方法と股関節屈曲可動域の関連性, 南角 学, 高木 彩, 秋山 治彦, 後藤 公志, 中村 孝志, 柿木 良介, 理学療法科学, 24, 2, 241, 244,   2009年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025403185
    概要:[目的]本研究の目的は、THA術後早期の靴下着脱方法と股関節屈曲可動域の関連を検討することである。[対象]THA術後3〜5週経過した男女74名(81関節)を対象とした。[方法]各対象者の靴下着脱方法を記録し、座位、長座位、正座位、臥位・立位、自助具の使用の5つのパターンに分類し、各着脱方法間での股関節屈曲可動域を比較した。[結果]臥位・立位での方法が32.1%と最も多く、次いで正座位、座位と自助具の使用、長座位の順であった。また、股関節屈曲可動域は各方法間で有意差が認められた。[結語]THA術後早期の股関節屈曲可動域は靴下着脱方法に影響を与えることから、THA術後の靴下着脱方法の指導の一助となることが期待された。(著者抄録)
  • 第4. 5CM関節脱臼骨折の5例, 林 英輔, 柿木 良介, 松本 泰一, 上羽 宏明, 松下 睦, 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 25, 6, 868, 871,   2009年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026286306
    概要:当院で2005〜2007年に手術を行った第4・5CM関節(手根中手関節)背側脱臼骨折5例の治療成績を報告した。全例男性、手術時年齢18〜34歳、罹患部位は第4中手骨基部が1例、有鉤骨体部が1例、第4中手骨基部+有鉤骨体部が3例、術後観察期間は2〜12ヵ月であった。手術方法は、有鉤骨骨折を伴う4例に対しては観血的骨接合術を行い、有鉤骨骨折を伴わない第4中手骨骨折の1例に対しては経皮的pinningを行った。治療成績は全例で良好な整復位と骨癒合が得られ、癒合までの期間は術後4〜10週(平均5.6週)であった。術後合併症として1例で手指の痺れを認めたが、経過観察にて改善した。手関節・手指MP関節に可動域制限を認めた症例はなく、CM関節の不安定性も認めなかった。代表例2例を提示した。
  • 母指低形成に対する遊離血管柄付き趾節骨移植術を施行した2例, 田中 寛樹, 柿木 良介, 冨山 貴司, 橋本 和彦, 岡 尚宏, 赤木 將男, 池口 良輔, 太田 壮一, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 織田 宏基, 淘江 宏文, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 179, 179,   2016年11月
  • 前腕手関節部の術中血管造影について, 池口 良輔, 太田 壮一, 織田 宏基, 淘江 宏文, 竹内 久貴, 柿木 良介, 松田 秀一, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 210, 210,   2016年11月
  • 緑茶ポリフェノールを用いた末梢神経保存と同種移植に関する実験的研究, 柿木 良介, 池口 良輔, 松本 泰一, 山川 知之, 中山 憲, 玄 丞烋, 中村 孝志, 末梢神経 = Peripheral nerve, 19, 1, 71, 80,   2008年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025624994
    概要:目的:末梢神経片をポリフェノール液中に浸漬させると、1ヵ月間の保存が可能か、また免疫抑制の投与なく同種移植可能かをラット坐骨神経モデルを用いて実験した。材料および方法:PI群(ポリフェノール保存自家神経移植群)雄ルイスラットより20mmの坐骨神経片を採取し、1mg/mlのポリフェノール液に1週間その後DMEM液中に3週間、摂氏4°で保存した。保存した神経片を同系雄ルイスラットの坐骨神経に作成した15mm欠損に移植架橋した。PA群(ポリフェノール保存同種神経移植群)ルイスラットとはMHCミスマッチのある雄DAラットより20mmの坐骨神経片を採取し、1mg/mlのポリフェノール液に1週間その後DMEM液中に3週間、摂氏4°で保存した。保存した神経片を雄ルイスラットの坐骨神経に作成した15mm欠損に移植架橋した。FI群(新鮮自家神経移植群)雄ルイスラットより20mmの坐骨神経片を採取し、直ちに同系雄ルイスラットの坐骨神経に作成した15mm欠損に移植架橋した。FA群(新鮮同種神経移植群)雄DAスラットより20mmの坐骨神経片を採取し、直ちに雄ルイスラットの坐骨神経に作成した15mm欠損に移植架橋した。移植12、24週後に電気生理学、組織形態学的検索を行った。また雄ルイスラット又はDAラットより採取した20mmの坐骨神経片をPI、PA、FI、FA群で述べたように処理し、雌のルイスの坐骨神経欠損に移植した実験群も作成し、移植12週で移植神経よりDNAを採取し、Sry(Sex-determining Region of Y-chromosome)とβ-actinに特異的なPCR法を行った。さらに移植神経中央部の切片でY染色体特異的なin-situ hybridizationと抗S-100、抗GFAP免疫染色を行った。結果:電気生理学的組織形態学的検索によりPI群、PA群ともにFI群とほぼ同等の神経再生を示した。またこれら3群は有意にFA群における神経再生より良好であった。PCR法を用いた半定量によるSry/β-actin比は、PI、PA、FI、FA群それぞれ0.144、0.294、0.615、0であった。PI、PA、FI群では抗S-100、抗GFAP染色陽性細胞の一部で、in-situ hybridizationにてY染色体陽性であったが、FA群にはY染色体陽性細胞は認められなかった。結果:ポリフェノール処理した末梢神経片は1ヵ月間の保存が可能で、同種移植時の免疫拒絶反応をも抑制できた。(著者抄録)
  • 骨線維性異形成症に合併したと思われる脛骨骨肉腫の一例, 小田 豊, 西村 俊司, 橋本 和彦, 岡 尚宏, 柿木 良介, 赤木 將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, 秋季学会, 312, 312,   2016年09月
  • 示指高度変形を伴うManske type 3B母指低形成に遊離血管柄付き趾節骨移植術を施行した1例, 岡 尚宏, 橋本 和彦, 田中 寛樹, 冨山 貴司, 柿木 良介, 赤木 将男, 池口 良輔, 太田 壮一, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, 5, 1083, 1083,   2016年09月
  • 脱細胞化同種神経マトリックスと骨髄間葉系細胞を移植した血管含有神経導管 自家神経移植術との比較, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 真鍋 克次郎, 岡田 欣文, 池口 良輔, 太田 壮一, 白数 健太郎, 織田 宏基, 淘江 宏文, 松田 秀一, 末梢神経, 27, 1, 88, 97,   2016年06月
    概要:血管束と骨髄間葉系細胞、脱細胞化同種神経マトリックスを導管内へ移植した新規人工神経の成績を、ラット坐骨神経モデル(20mm欠損)を用いて自家神経移植術と比較した。術後24週の人工神経移植術群(D+V+B群、n=10)は自家神経移植術群(Auto群、n=10)に比較して手術側の後肢足底部接地面積が有意に大きく(P<0.05)、接地圧も大きい傾向が見られた(P=0.06)。足底内転筋での複合筋活動電位の振幅、運動神経伝導速度も、有意ではないがD+V+B群の方がAuto群に勝る傾向を認めた。再生神経の組織形態学的評価でも、有髄軸索線維数はD+V+B群で少ないが、その直径は大きい傾向が見られた。血行と細胞、足場の要素を含む本人工神経は末梢神経損傷に対する基本戦略の1つとなり得る。(著者抄録)
  • 根治的放射線照射を併用した下肢軟部肉腫切除後の下肢機能と治療成績, 西村 俊司, 橋本 和彦, 柿木 良介, 赤木 將男, 日本整形外科学会雑誌, 90, 6, S1203, S1203,   2016年06月
  • 【整形外科手術に役立つ皮弁とそのコツ】 有茎皮弁 手の皮弁 後骨間皮弁, 柿木 良介, Orthopaedics, 21, 5, 44, 46,   2008年05月
    概要:後骨間皮弁は後骨間動静脈からの皮膚への尖通枝を血管茎とする皮弁である。後骨間動脈は手部、前腕の主要な動脈ではないので、採取しても血行障害を起こすことはない。後骨間皮弁は有茎皮弁としても、遊離皮弁としても採取可能である。有茎皮弁の場合、皮弁を前腕中枢に採取して、手部手関節部の皮膚欠損に移植する逆行性皮弁として、また皮弁を前腕遠位に採取して、肘関節周囲の皮膚欠損部に移植する順行性皮弁としても利用できる。逆行性皮弁の場合、手掌背側、第一指間の皮膚欠損までがカバーできる。(著者抄録)
  • 【血管柄付き組織を用いた整形外科手術】 筋力再建を目的とした遊離血管柄付き筋肉移植の治療成績, 柿木 良介, 関節外科, 26, 6, 641, 646,   2007年06月
  • Stage 3キーンベック病の治療 血管柄付き骨移植,その適応と成績, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 山川 知之, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 22, 1, S148, S148,   2005年03月
  • 肋間神経移行または部分尺骨神経移行した上位型腕神経損傷患者の肘屈曲力回復期間の比較, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, 47, 3, 467, 468,   2004年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013456645
  • 背側指動脈および背側中手動脈を血管茎とする有茎血管柄付き組織移植を用いた手指骨髄炎の治療, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 山川 知之, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 21, 4, 436, 439,   2004年11月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025698142
    概要:手指骨髄炎4例4手を,背側指動脈及び背側中手動脈を血管茎とする有茎血管柄付き組織移植を用いて治療した.その結果,全例良好な成績が得られた.背側指flapおよび背側中手flapの栄養血管である背側指動脈および背側中手動脈は,手指部の主要な血管ではなく,採取しても重大な血流障害を起こすことがない.また,これらのflapは皮弁のみならず筋肉,脂肪,骨も含めて採取できることや,手指に移植できる小さな血管柄付き組織が採取可能であることなど,骨髄炎を含めた手指の再建に非常に有用と考えられる
  • 骨髄間葉系細胞を用いた血管含有チューブ内神経再生について, 山川 知之, 柿木 良介, 池口 良輔, 中山 憲, 森本 佳秀, 中村 孝志, 松本 泰一, 西村 隆一, 西島 直城, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 20, 2, 177, 178,   2007年06月
  • 切断肢指再接着術後の指温度変化の検討, 松本 泰一, 柿木 良介, 池口 良輔, 太田 雅人, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, 日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery, 16, 4, 347, 351,   2003年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012652689
    概要:再接着術を行った症例で温度モニタリングが可能であった13例18肢指を対象とし,シール式の温度計を用いてモニタリングを行った.再接着肢指温度と生着との関係について検討した.シール式の温度計は,医師,看護師による肉眼的観察の助けとしてzone 1以外の再接着肢指の血流動態モニターとして有用であった.zone 1とその他の群では皮膚温の経過に相違があった.zone 1ではやや低温の経過をとり,壊死例と生着例間に温度変化の差は認められなかった.zone 3,4,5及び前腕の再接着例での臨界温度は31℃前後と考えられた
  • キーンベック病モデルに対する間葉系幹細胞を用いた細胞治療, 池口 良輔, 柿木 良介, 青山 朋樹, 中山 憲, 山川 知之, 森本 佳秀, 柴田 弘太郎ロバーツ, 吹上 謙一, 中村 孝志, 大塚 聖視, 戸口田 淳也, 大塚 隆信, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 20, 2, 178, 178,   2007年06月
  • 肋間神経移行術は部分尺骨神経移行術で肘屈曲再建した上位型腕神経叢損傷患者の術後上肢機能の比較, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, 秋季学会, 110, 110,   2003年09月
  • 人工肘関節全置換術の術後成績, 松本 泰一, 安田 義, 真多 俊博, 赤木 将男, 清水 和也, 柿木 良介, 中村 孝志, 関節の外科, 30, 2, 52, 52,   2003年05月
  • 下行膝動静脈血管柄付き大腿骨内顆骨移植を用いた無腐性骨壊死の治療, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery, 15, 3, 196, 201,   2002年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012651952
    概要:下行膝動静脈血管柄付き大腿骨内顆骨移植を用いた無腐性骨壊死の4例を経験した.症例1は23歳男性.バイク事故で右距骨骨折を受傷したが,肺・脳挫傷・腹腔内出血で受傷2ヵ月後に骨移植を施行し,術後1年6ヵ月で骨癒合は完成した.症例2は65歳女性.左足関節痛で受診し,左距骨の特発性距骨壊死と診断し,骨移植を施行した.術後2年で疼痛なく正座も可能である.症例3は39歳男性.スケートで転倒し,右上腕骨顆間部T字骨折の観血的整復術を受け,術後8ヵ月に上腕骨小頭部の軟骨陥凹と軟骨下骨の骨壊死を認め,骨移植を行った.術後1年2ヵ月で骨癒合は良好である.症例4は29歳男性.バイク事故で右舟状骨骨折に前医で2度の腸骨骨移植を受けたが疼痛持続で受診し,右舟状骨偽関節および中枢骨片無腐性壊死と診断し,骨移植を行った.術後4ヵ月で骨癒合が確認された.大腿骨内顆部より採取の血管柄付き骨・骨膜移植は局所適合性が良好で,小領域の骨壊死部の掻爬後骨移植に適していると思われた
  • 近位部舟状骨偽関節に対する逆行性刺入したHerbert screwと腸骨骨移植による治療, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, 春季学会, 104, 104,   2003年03月
  • 指尖部有痛性神経腫に対する神経血管柄付き島状皮弁を用いた治療, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 20, 1, S35, S35,   2003年02月
  • 長期透析患者に対する小皮切手根管開放術の臨床成績, 山川 知之, 小竹 俊郎, 西島 直城, 柿木 良介, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, 春季学会, 39, 39,   2002年03月
  • 陳旧性PIP関節背側脱臼骨折の臨床成績, 山川 知之, 小竹 俊郎, 西島 直城, 柿木 良介, 日本手の外科学会雑誌, 19, 1, S120, S120,   2002年03月
  • 副神経移行による肩機能再建, 山川 知之, 小竹 俊郎, 西島 直城, 柿木 良介, 日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery, 14, 4, 249, 253,   2001年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013208146
    概要:腕神経叢根引き抜き損傷による肩機能障害8例(男7例,女1例,平均22.5歳)に対し,麻痺肩に肩甲上神経と副神経の中下部線維への本幹を移行する肩機能再建を行った.手術時間は平均3時間36分,術中出血量は平均181mlであった.術後2年以上経過し,自動可動域は外転40°〜90°(平均58°),外旋30°〜65°(平均51°)であった.全例で動揺肩は認めなかった.但し2例において長胸神経,肩甲背神経が麻痺していたため肩甲骨が不安定となり,翼状肩甲骨が生じ,大腿筋膜移植により固定,制動する手術を要した.又,当初は副神経が麻痺していたが,後に回復を確認し当手術を施行した症例が2例あった
  • 上位型腕神経叢患者における部分尺骨神経移行による肘屈曲機能再建, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 19, 1, S28, S28,   2002年03月
  • 治療に難渋した脊椎instrumentation後MRSA感染症 : 片側広背筋皮弁が奏効した1例, 松本 泰一, 柿木 良介, 椋棒 農夫也, 松下 睦, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, 45, 1, 143, 144,   2002年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010933547
    概要:62歳女.腰部脊柱管狭窄症にて椎弓切除,背椎instrumentation手術,後側方固定術を行ったが,術後MRSA感染症を合併した.創開放療法,table sugar療法を試みたが効果なく,instrument抜去後にはバンコマイシン含有セメントビーズの充填を行ったが治療抵抗性を示し,抗生物質等の薬剤にもアレルギー反応を起した.そこでmedial paraspinous perforatorsを茎とした片側広背筋弁を用いた形成術を行い,脊椎深部MRSA感染の消失と腰部広範囲組織欠損の充填に成功した.術後比較的アレルギー反応の少なかったハベカシンによる減感作療法によりアレルギーの出現は見られず,1年10ヵ月後の現在も再発徴候はない
  • 術後上肢神経麻痺の5症例, 松本 泰一, 柿木 良介, 池口 良輔, 西村 隆一, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 20, 1, S205, S205,   2003年02月
  • Two portal鏡視下手根管開放術の一工夫 : 安全, 確実性をめざして, 柿木 良介, 真多 俊博, 池田 登, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, 43, 3, 751, 752,   2000年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009766847
  • 上位型腕神経叢損傷患者における部分尺骨神経移行による肘屈曲機能再建, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 西島 直城, 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 19, 6, 712, 715,   2002年12月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010659041
    概要:上位型腕神経叢損傷患者に対し部分尺骨神経移植を行い,術後1年以上経過観察できた3症例3肢の術後経過を報告した.Oberlin法は,術後早期にかつ強力な上腕二頭筋力の回復が期待でき,手術手技も簡便かつ小皮切で可能で,最小侵襲手術という面からもその有用性は高いと考えられた.肘屈曲機能再建に血管柄付き薄筋を使用し,その力源として部分尺骨神経を用いる場合には,神経縫合部と移植筋のmotor pointとの距離を短くするような工夫が必要であると考えられた
  • 指尖部有痛性神経腫に対する神経血管柄付き島状皮弁を用いた治療経験, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 20, 3, 236, 239,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012750187
    概要:標記神経腫に対し,指基部より神経血管柄付き逆行性島状皮弁を挙上し,皮弁内の神経と神経腫切離後の神経断端を縫合すると共に,神経腫形成部位の瘢痕性皮膚を皮弁で置換して神経縫合部を被覆する手術を行った6例の成績を報告した.術後経過観察期間は4〜18ヵ月で,皮弁は6例とも完全生着した.指尖部の自発痛も全例で消失したが,2例で皮弁部に軽度のTinel様疼痛が残存した.術後皮弁の知覚回復は,Semmes-Weinstein monofilament testで3例がgreen zone,3例がblue zone,術後4ヵ月の1例がpurple zoneであった.Modified Herndon's gradeによる評価では,excellentが4例,goodが3例であった
  • 手指背側からの島状皮弁術, 柿木 良介, 池口 良輔, 中山 憲, 山川 知之, 森本 佳秀, Atiyya Ahamed Naeem, 中村 孝志, 西島 直城, 西村 隆一, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 20, 2, 183, 183,   2007年06月
  • 骨髄由来細胞を利用した末梢神経再生における担体の研究, 中山 憲, 柿木 良介, 池口 良輔, 山川 知之, 森本 佳秀, 中村 孝志, 好井 覚, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 20, 2, 216, 217,   2007年06月
  • 中手骨癒合症例の検討(B-1), 池田 登, 麻田 義之, 柿木 良介, 中村 孝志, 上羽 康夫, 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 16, 6, 783, 786,   2000年02月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008583558
    概要:同側上肢に他の確立した先天異常を含まない中手骨癒合症例5例9手の臨床像及び治療成績について報告した.1)中手骨癒合部切離+シリコンブロック挿入術の長期成績は罹患中手骨間にリモデリングが生じ,再癒合する危険性が高い.2)経過観察期間は短いがPMMA骨セメントは手術中使い易く,後療法でも患者の負担が少ない為スペーサーとして有用である
  • 対側過剰指より採取した血管柄付き関節移植にて加療したBlauth type 3B hypoplastic thumbの1症例, 柿木 良介, 池口 良輔, 中山 憲, 山川 知之, 森本 佳秀, Atiyya Ahamed Naeem, 中村 孝志, 西島 直城, 斉藤 聡彦, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 20, 2, 247, 247,   2007年06月
  • 鏡視下two portal手根管開放術の一工夫, 柿木 良介, 池田 登, 中村 孝志, 椋棒 農夫也, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, 秋季学会, 160, 160,   1999年10月
  • 骨損傷を伴わない手指 PIP 関節開放脱臼の7症例, 船越 登, 椋棒 農夫也, 柿木 良介, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, 42, 4, 845, 846,   1999年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009763920
    概要:1)手指PIP関節開放脱臼の治療は,関節を解剖学的整復位に戻し,側副靱帯を縫合することで,著しい不安定性を残すことはないと考えられた. 2)Volar plate plastyは屈曲拘縮を助長する可能性があり,施行に際しては慎重を要すと思われた
  • 小児における背側 Barton 骨折変形治癒に対する治療経験, 上羽 宏明, 松本 泰一, 川口 洋, 柿木 良介, 松下 睦, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, 50, 3, 407, 408,   2007年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019738876
    概要:9歳女児。7歳時に滑り台から転落して受傷し、左橈骨遠位骨端線損傷の診断でギプス固定されたが、徐々に左手の変形が生じてきた。X線で橈骨遠位関節面の階段状変形と、橈骨成長障害による橈尺骨長差を認め、掌屈20°、背屈100°、橈屈45°、尺屈60°であった。橈骨遠位関節面の再建が最重要と考え、橈骨矯正骨切り術を行った。その後尺骨の相対的成長による著明な橈尺骨長差を生じ、手関節尺側部痛を来たした。この時点で患児は10歳であり、2年後には成長が止まると予想されたこと、橈骨遠位成長軟骨の機能はある程度残っていると判断し、尺骨短縮骨切り術を行った。14mmの尺骨短縮を行い、ulnar varianceは+16mmから+2mmとなった。その後も尺骨の相対的成長が続き、再びulnar varianceが+10mmと橈尺骨長差を認め、手掌の大きさも左右差が生じてきており、橈骨延長術を考慮中である。
  • 【腕神経叢損傷に対する診断と治療】 肘関節の屈曲再建, 柿木 良介, 関節外科, 27, 4, 447, 457,   2008年04月
  • 人工股関節置換術術前・術後における腰痛症状の変化の定量的評価 Flexion Relaxation Phenomenonの筋電図学的分析, 南角 学, 市橋 則明, 柿木 良介, 三戸 由美子, 川那辺 圭一, 中村 孝志, 理学療法学, 35, Suppl.2, 74, 74,   2008年04月
  • 肩甲上神経・腋窩神経合併損傷に対する手術的治療, 麻田 義之, 百名 克文, 玉置 康之, 栗山 新一, 柿木 良介, 池口 良輔, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, 春季学会, 76, 76,   2008年03月
  • 血管柄付橈骨移植術と橈骨及び有頭骨短縮術を併用して行ったstage IIIbのKienboeck病の一症例, 鈴木 隆, 柿木 良介, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, Bishop Allen T., 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 41, 秋季学会, 68, 68,   1998年09月
  • 伸筋腱区画内及び区画間を走行する小血管を茎とする血管柄付き橈骨移植術の治療経験, 柿木 良介, 日本手の外科学会雑誌, 15, Suppl., 178, 178,   1998年03月
  • Intramedullary Supracondylar Nailによる大腿骨顆上骨折の治療経験, 鈴木 隆, 椋棒 農夫也, 柿木 良介, 公立豊岡病院紀要, 9, 25, 29,   1997年10月
    概要:IMSC nailを用いて手術を行った大腿骨顆上骨折5例について検討した.受傷時年齢は平均77.2歳,男1例,女4例であった.骨折型はAO分類でA1が3例,A2が1例,B2が1例であった.術後観察期間は平均6.0ヵ月であった.全例とも骨癒合が得られ,歩行機能はほぼ受傷前のレベルに保たれた.術後の膝関節可動域は受傷前に比べ,屈曲が平均16度,伸展が平均2度減少した.Schatzkarの成績評価ではexcellent 2例,good 2例,fair 1例であった.IMSC nailは強固な固定が得られ,早期のROM訓練が可能であり,手術手技が比較的容易であり,高齢者の大腿骨顆上骨折に対する有用な手術法と思われた
  • 血管柄含有チューブ内での末梢神経再生と神経断端距離の関係, 柿木 良介, 麻田 義之, 池田 登, 岡 正典, 中村 孝志, 神経組織の成長・再生・移植, 9, 1, 39, 40,   1997年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014133137
  • 末梢神経損傷に対する治療戦略 基礎から臨床へ ポリフェノール処理による末梢神経の同種移植に関する研究, 柿木 良介, 池口 良輔, 山川 知之, 松本 泰一, 中山 憲, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 82, 2, S72, S72,   2008年02月
  • 第3中手骨頭無腐性骨壊死の1症例, 堤 聖吾, 池口 良輔, 柿木 良介, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, 51, 1, 157, 158,   2008年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024123191
    概要:14歳女。手背部の疼痛を主訴とした。治療は初め保存的療法を行ったが無効なためオープンウェッジ骨切り術を施行した。その結果、疼痛は消失し、第3中手骨に短縮は起こらず、伸筋腱のバランスを著しく損なうようなこともなかった。術後に軽度の伸展制限が残存したが、本術式は中手骨頭無腐性骨壊死に対して有効な治療法であると考えられた。
  • 坐骨神経内に再発した粘液型脂肪肉腫の1例, 西村 俊司, 森竹 章公, 橋本 和彦, 柿木 良介, 赤木 將男, 丹 彰浩, 日本整形外科学会雑誌, 90, 6, S1278, S1278,   2016年06月
  • デノスマブを併用した骨巨細胞腫の短期成績, 西村 俊司, 橋本 和彦, 森竹 章公, 橋本 和喜, 池田 光正, 宮本 裕史, 柿木 良介, 赤木 將男, 日本整形外科学会雑誌, 90, 6, S1384, S1384,   2016年06月
  • 上腕骨骨幹部骨折に伴う橈骨神経麻痺について, 池口 良輔, 伊藤 宣, 太田 壮一, 南角 学, 織田 宏基, 佐藤 晋, 小笹 寧子, 村尾 昌信, 新井 隆三, 青山 朋樹, 柿木 良介, 松田 秀一, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, JARM2016, I247, I247,   2016年06月
  • 当院における、がんリハビリテーションの現状について, 池口 良輔, 南角 学, 青山 朋樹, 伊藤 宣, 佐藤 晋, 小笹 寧子, 細江 拓也, 太田 壮一, 織田 宏基, 新井 隆三, 柿木 良介, 松田 秀一, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, JARM2016, I438, I438,   2016年06月
  • 当院におけるがんの骨転移症例に対するリハビリテーションの現状について, 池口 良輔, 南角 学, 青山 朋樹, 伊藤 宣, 佐藤 晋, 小笹 寧子, 細江 拓也, 太田 壮一, 織田 宏基, 新井 隆三, 柿木 良介, 松田 秀一, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, JARM2016, I442, I442,   2016年06月
  • イヌ尺骨神経30mm欠損モデルを用いた、血管束と骨髄間葉系細胞を移植した生体分解性人工神経の有用性の検討, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 池口 良輔, 真鍋 克次郎, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 33, 1, S239, S239,   2016年04月
  • 母指低形成に対する遊離血管柄付き指・趾節骨移植術, 冨山 貴司, 柿木 良介, 池口 良輔, 太田 壮一, 赤木 將男, 日本手外科学会雑誌, 33, 1, S245, S245,   2016年04月
  • 手外科と脳 腕神経叢損傷患者における対側第7頸髄神経根移行後の大脳皮質運動知覚野の活動部位の変化に関する研究, 太田 壮一, 柿木 良介, 池口 良輔, 織田 宏基, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 33, 1, S362, S362,   2016年04月
  • デュピュイトラン拘縮酵素注射療法 適正使用講習, 柿木 良介, 日本手外科学会雑誌, 33, 1, S580, S580,   2016年04月
  • 坐骨神経内に再発した大腿部脂肪肉腫の一例, 森竹 章公, 西村 俊司, 橋本 和彦, 丹 彰浩, 柿木 良介, 赤木 將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, 春季学会, 290, 290,   2016年03月
  • マイクロサージャリーの現状と今後 対側第7頸髄神経根移行術の功罪, 柿木 良介, 池口 良輔, 太田 壮一, 冨山 貴, 赤木 將男, 日本整形外科学会雑誌, 90, 3, S1064, S1064,   2016年03月
  • 母指CM関節症に対する複数回LRTI後に救済手術を施行した1例, 小川 智永, 柿木 良介, 冨山 貴司, 田中 寛樹, 赤木 將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 59, 2, 299, 300,   2016年03月
    概要:症例はピアノ教師の61歳女性で、主訴は左母指CM関節の疼痛であった。左母指CM関節症と診断され、大菱形骨切除と左橈側手根屈筋腱(FCR)の半切腱を用いたligament reconstruction tendon interposition(LRTI)が施行された。術後4ヵ月に左母指基部の疼痛が再燃したため、術後8ヵ月で再度左長母指外転筋腱の1本を用いたLRTI法を受けた。しかし、その6ヵ月後に左母指MP関節の過伸展と疼痛再燃、再度左第一中手骨の近位への沈み込み、舟状骨とのインピンジメントを認め、著者等の病院を紹介受診した。長橈側手根伸筋腱の半切腱を用いる関節形成術とLRTIを併用し、第一中手骨の沈み込みを防ぐことでインピンジメントを防ぎ、母指CM関節の疼痛を防ぐことができた。
  • 腕神経叢損傷患者に対する筋肉移植による肘屈曲再建術後の肘屈曲力に関する研究, 柿木 良介, 冨山 貴, 池口 良輔, 太田 壮一, 貝澤 幸俊, 大谷 和裕, 赤木 將男, 日本肘関節学会雑誌, 23, 1, S116, S116,   2016年01月
  • 脱細胞化同種神経基底膜と骨髄間葉系細胞を移植した血管茎含有神経導管 自家神経移植術との比較, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 真鍋 克次郎, 岡田 欣文, 白数 健太郎, 池口 良輔, 太田 壮一, 織田 宏基, 淘江 宏文, 松田 秀一, 末梢神経, 26, 2, 278, 278,   2015年12月
  • 尺骨神経断裂に対する神経縫合の3例, 池口 良輔, 太田 壮一, 貝澤 幸俊, 織田 宏基, 淘江 宏文, 野口 貴志, 竹内 久貴, 安田 義, 柿木 良介, 松田 秀一, 末梢神経, 26, 2, 296, 296,   2015年12月
  • 感染創・開放創に対する遊離組織移植 上肢開放創に対する前外側大腿皮弁による被覆について, 池口 良輔, 太田 壮一, 織田 宏基, 淘江 宏文, 貝澤 幸俊, 野口 貴志, 竹内 久貴, 奥谷 祐希, 渡邉 睦, 安田 義, 柿木 良介, 松田 秀一, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 42回, 100, 100,   2015年11月
  • 長い神経欠損を伴う混合神経損傷の治療におけるナーブリッジの有効性の検討, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 真鍋 克次郎, 岡田 欣文, 池口 良輔, 太田 壮一, 白数 健太郎, 織田 宏基, 淘江 宏文, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 42回, 109, 109,   2015年11月
  • 肩甲部に発生した筋上皮腫の1例, 橋本 和彦, 西村 俊司, 奥本 勝美, 西地 晴彦, 柿木 良介, 赤木 將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, 秋季学会, 151, 151,   2015年09月
  • 母指CM関節症に対する複数回LRTI(Ligament Reconstruction Tendon Interposition)後に救済手術施行した1例, 小川 智永, 柿木 良介, 冨山 貴司, 田中 寛樹, 赤木 將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, 秋季学会, 181, 181,   2015年09月
  • Pull out法を用いた血管柄付橈骨移植によるキーンベック病の治療経験, 林 孝典, 松本 泰一, 高山 和政, 津村 卓哉, 松下 睦, 柿木 良介, 中国・四国整形外科学会雑誌, 27, 2, 379, 379,   2015年09月
  • 緩和ケア 当院における骨・軟部腫瘍患者の終末期医療の現状と課題, 西村 俊司, 橋本 和彦, 柿木 良介, 丹 彰浩, 赤木 將男, 日本整形外科学会雑誌, 89, 6, S1183, S1183,   2015年06月
  • 30年以上経過後に悪性転化した大腿骨骨巨細胞腫の1例, 西村 俊司, 橋本 和彦, 朝田 滋樹, 柿木 良介, 赤木 將男, 日本整形外科学会雑誌, 89, 6, S1347, S1347,   2015年06月
  • 血行再建を必要とした脛骨神経発生滑膜肉腫の1例, 橋本 和彦, 西村 俊司, 冨山 貴司, 柿木 良介, 赤木 將男, 日本整形外科学会雑誌, 89, 6, S1362, S1362,   2015年06月
  • 【整形外科領域における再生医療の最前線】 間葉系幹細胞を用いた骨壊死治療法, 戸口田 淳也, 青山 朋樹, 柿木 良介, 後藤 公志, 笠井 泰成, 関節外科, 34, 5, 430, 435,   2015年05月
  • 大腿骨頭壊死症に対する間葉系幹細胞移植治療時のリハビリテーションのフィージビリティスタディ, 青山 朋樹, 池口 良輔, 柿木 良介, 冨田 素子, 松田 秀一, 中村 孝志, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 52, Suppl., S312, S312,   2015年05月
  • 【整形外科におけるマイクロサージャリーの進歩】 末梢神経損傷 交差神経移行術, 柿木 良介, 整形・災害外科, 58, 5, 677, 685,   2015年04月
  • キーンベック病の外科治療とその限界 疼痛治療を含めて, 柿木 良介, 中国・四国整形外科学会雑誌, 27, 1, 227, 227,   2015年04月
  • 外傷後手指PIP関節損傷に対する血管柄付き足趾関節移植術, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 松田 秀一, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 28, 1, 1, 7,   2015年03月
    概要:外傷後の手指PIP関節可動域制限に対し、血管柄付き足趾関節移植術を施行した7例7指を対象とした。7例中3例が伸筋腱剥離術や腱移植術などの処置を受けていた。術前の患指PIP関節は屈曲角度が平均5度(-5〜15度)、伸展角度が平均-4度(-10〜5度)で、自動関節可動域は平均1度(0〜5度)で、全例強直に近い状態であった。術後経過観察期間は平均17ヵ月(12〜24ヵ月)で、最終経過観察時に明らかな変形性関節症性変化を認めたものはなかった。術後のPIP関節は、自動伸展が平均-24度(-50〜-10度)、自動屈曲が平均71度(45〜85度)、自動関節可動域は平均47度(20〜65度)であった。術前に腱の手術を受けた症例を除いた4例の自動関節可動域は、平均59度(50〜65度)であった。
  • 1,2 ICSRAを用いた血管柄付骨移植でhumpback defomityは矯正可能か?, 津村 卓哉, 松本 泰一, 高山 和政, 柿木 良介, 松下 睦, 日本手外科学会雑誌, 31, 5, 694, 698,   2015年02月
    概要:我々は舟状骨偽関節の治療に背側からの1,2 ICSRAを用いた血管柄付骨移植術を行っている.近位の舟状骨偽関節だけでなく,腰部,遠位でもMRI T1強調画像で遠位骨片,近位骨片の信号低下が認められるものすべてを対象としている.背側からのrectanglar graftではなく,橈側面からのwedge graftを行うことによりhumpback変形の矯正を行っている.1,2 intercompartmental supraretinacular artery(1,2 ICSRA)を用いた血管柄付骨移植術の治療成績(骨癒合期間,骨癒合率,可動域),DISI変形,humpback deformityを検討した.舟状骨壊死を伴った舟状骨近位部および腰部の偽関節例に対して1,2 ICSRAを用いた血管柄付骨移植はhumpback deformityも矯正できる有用な手術方法である.(著者抄録)
  • 肘屈曲再建を行った橈側列形成不全の2例, 太田 壮一, 柿木 良介, 池口 良輔, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 織田 宏基, 日本肘関節学会雑誌, 22, 1, S146, S146,   2015年01月
  • 多発性のくびれを認めた再発性後骨間神経麻痺の1例, 田中 寛樹, 冨山 貴司, 柿木 良介, 赤木 將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58, 1, 199, 200,   2015年01月
    概要:11歳女児。4歳時に誘因なく後骨間神経麻痺を発症、半年後に神経剥離術施行により症状は数日後に軽快、7歳時に再発したが約5ヵ月で自然回復した。今回、10歳時に再度、後骨間神経麻痺症状が再発し経過観察していたが症状の改善が認められなかったために手術加療目的で著者らの施設へ紹介受診となった。受診時、右拇指から小指の伸展不能は認めるが、手関節の背屈運動は可能であり、知覚障害は認められなかった。また、徒手筋力検査(MMT)では総指伸筋は1、長橈側手根伸筋は5であったが、短橈側手根伸筋は0と著しい低下が認められた。一方、X線像では明らかな異常所見は認めず、MRIでも神経に対する明らかな圧迫因子はみられなかったものの、針筋電図では右総指伸筋と長拇指伸筋に著明な急性・慢性脱神経変化を認め、右尺側手根屈筋と小指外転筋にも軽度の慢性脱神経変化が認められた。そこで、Frohse's areadeの手前や回外筋の近位部、運動枝の部分で神経上膜を切開して神経周膜まで剥離すると、神経周膜に数珠状のくびれが多数認められた。そして、このくびれの程度は軽度であることから神経周膜に切開を加えると数珠状のくびれは消失した。尚、術後1ヵ月でMMTは総指伸筋では4、長橈側手根伸筋では4、短橈側手根伸筋では3に改善した。
  • ラット頸髄神経の節前損傷と節後損傷における組織学的所見の比較検討, 野口 貴志, 太田 壮一, 貝澤 幸俊, 織田 宏基, 柿木 良介, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 31, 4, 488, 491,   2015年01月
    概要:腕神経叢引き抜き損傷の脊髄内の病態はいまだ不明な点が多い.特に引き抜き損傷後に生じる脊髄内運動神経細胞死のメカニズムは十分に解明されていない.今回我々は,ラットを用いて頸髄神経の節前損傷モデルと節後損傷モデルを作成し,組織学的評価を行った.術後28日では,節前損傷群で脊髄運動神経細胞数が有意に減少していた.しかし,術後14日までの脊髄内ミクログリアの反応性増殖は,節前損傷群と節後損傷群間で明らかな差は認めなかった.また,術後12時間では,節前損傷群のみで,脊髄前角部の腹側に出血像を確認した.以上より,牽引力による運動神経細胞への物理的損傷が,引き抜き損傷後の神経細胞死の原因の一つとして考えられた.(著者抄録)
  • 上腕骨遠位Coronal Shear Fractureの5例, 太田 壮一, 柿木 良介, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 日本肘関節学会雑誌, 21, 2, 24, 26,   2014年12月
    概要:治療を行った上腕骨遠位coronal shear fracture 5例(全女、平均55歳)の成績を報告した。骨折型はDubberley分類2A型2例、3B型3例で、転位がわずかであった2A型の1例は高齢を理由に手術を希望せず、保存的に治療した。他の4例は観血的整復術を行い、double thread screwや鋼線、生体吸収ピンなどを用いて固定した。3B型の2例は自家骨移植や人工骨移植を併用し、重度の肘関節拘縮を生じた1例は観血的肘関節授動術を追加した。経過観察期間3〜15ヵ月で、全例骨癒合が得られ、骨壊死は認めなかった。最終観察時の肘関節可動域は、伸展が2A型で平均-12.5度、3B型が-30度、屈曲はそれぞれ125度、103度、JOA scoreはそれぞれ85.5度、74.7度で、疼痛の訴えは殆どなかった。3B型の1例はアルツハイマー病の既往があり、他の1例は術後異所性骨化が上腕骨遠位前方に出現した。
  • 橈骨動脈の走行異常による正中神経障害の1例, 大谷 和裕, 松下 哲尚, 中川 晃一, 中村 文久, 森竹 章公, 冨山 貴司, 柿木 良介, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 41回, 195, 195,   2014年12月
  • 腕神経叢損傷患者にたいする交差神経移行術後の脳可塑性, 柿木 良介, 末梢神経, 25, 2, 248, 252,   2014年12月
  • 血管茎を含むPLA/PCL導管内に自家骨髄間葉系幹細胞を移植した人工神経の有用性の検討 イヌ尺骨神経30mm欠損モデル, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 池口 良輔, 太田 壯一, 野口 貴志, 織田 宏基, 末梢神経, 25, 2, 345, 345,   2014年12月
  • スマートフォンを用いた関節リウマチ疾患活動性予測指標によるセルフケア支援技術の開発, 青山 朋樹, 西口 周, 伊藤 宣, 松田 秀一, 篠原 章夫, 吉富 啓之, 柿木 良介, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 51, 11, 753, 753,   2014年11月
  • 多発性のくびれを認めた再発性後骨間神経麻痺の一例, 田中 寛樹, 冨山 貴司, 柿木 良介, 赤木 將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, 秋季学会, 120, 120,   2014年09月
  • 脱細胞化同種神経基底膜を含む血管茎含有導管に未分化骨髄間葉系幹細胞を移植した人工神経における末梢神経再生(第2報), 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 池口 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 織田 宏基, 松田 秀一, 日本整形外科学会雑誌, 88, 8, S1504, S1504,   2014年08月
  • 肺移植術前、過度の安静により重篤な廃用症候群を呈していたが、多職種で介入し術後ADLが著明に改善した一例, 錦 花永, 長谷川 聡, 大島 洋平, 北爪 綾子, 佐藤 晋, 陳 豊史, 山田 徹, 佐藤 雅昭, 青山 晃博, 板東 徹, 伊達 洋至, 柿木 良介, 移植, 49, 2-3, 312, 312,   2014年07月
  • 肺移植後急性期における骨格筋断面積の変化について CT画像による検証, 大島 洋平, 長谷川 聡, 陳 豊史, 玉木 彰, 山田 徹, 佐藤 雅昭, 青山 晃博, 板東 徹, 伊達 洋至, 佐藤 晋, 柿木 良介, 移植, 49, 2-3, 321, 321,   2014年07月
  • 腱板損傷患者における挙上困難の要因とは?, 吉岡 佑二, 宮坂 淳介, 田仲 陽子, 松村 葵, 長谷川 聡, 市橋 則明, 佐治 隆彦, 新井 隆三, 柿木 良介, 松田 秀一, JOSKAS, 39, 4, 341, 341,   2014年07月
  • 組織酸素飽和度による皮弁モニタリングの経験, 太田 壮一, 柿木 良介, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 27, 2, 43, 47,   2014年06月
    概要:ティッシュオキシメーターOXY-2を用いた組織移植術後の皮弁モニタリングの経験を報告した。組織酸素飽和度(StO2)によるモニタリングを行った9例の内訳は遊離組織移植7例、有茎組織移植2例であり、術直後から術後3日目までStO2によるモニタリングと4時間間隔での肉眼的観察を行った。9例中8例で皮弁は完全生着し、薄筋上の皮弁、血管柄付き腓骨のモニター皮弁、移植足趾、移植足趾関節上の皮弁、前外側大腿皮弁ではStO2値が術後にしばらく変動する症例もあったが、術後48時間経過した頃より70%台で推移した。一方、遊離、有茎に関わらず広背筋皮弁ではStO2値が50〜60%とやや低い値で推移し、最終的に生存した皮弁では常に40%以上を示したが、壊死した症例では30%以下であった。StO2値30%以下は皮弁の血行障害を示唆する指標のひとつになり得ると考えられた。
  • 生体肺移植術後急性期における脊柱起立筋横断面積の減少について CT画像による検討, 大島 洋平, 長谷川 聡, 玉木 彰, 陳 豊史, 伊達 洋至, 佐藤 晋, 柿木 良介, 松田 秀一, 理学療法学, 41, 大会特別号2, 0057, 0057,   2014年05月
  • 人工股関節置換術後早期における動作能力の回復過程 階段昇降能力の回復は歩行および立ち上がり能力と比較して遅延する, 西村 純, 南角 学, 西川 徹, 柿木 良介, 理学療法学, 41, 大会特別号2, 0492, 0492,   2014年05月
  • 変形性股関節症患者の臼蓋形成不全は腸腰筋の筋萎縮と関連する, 南角 学, 柿木 良介, 西川 徹, 松田 秀一, 理学療法学, 41, 大会特別号2, 0526, 0526,   2014年05月
  • 大腿骨頭壊死症に対する自己骨随由来間葉系幹細胞を用いた臨床試験におけるリハビリテーション, 青山 朋樹, 藤田 容子, 窓場 勝之, 南角 学, 冨田 素子, 後藤 公志, 柿木 良介, 中村 孝志, 戸口田 淳也, 理学療法学, 41, 大会特別号2, 0593, 0593,   2014年05月
  • 関節リウマチ患者に対する高速度エクササイズの効果 無作為化比較対照試験による検討, 宮坂 淳介, 南角 学, 西川 徹, 田仲 陽子, 伊藤 宣, 布留 守敏, 藤井 隆夫, 橋本 求, 三森 経世, 柿木 良介, 松田 秀一, 理学療法学, 41, 大会特別号2, 0877, 0877,   2014年05月
  • 人工膝関節置換術後早期の患者立脚型評価における連続歩行時間に関連する運動機能の検討, 西川 徹, 南角 学, 西村 純, 宮坂 淳介, 布留 守敏, 伊藤 宣, 栗山 新一, 柿木 良介, 松田 秀一, 理学療法学, 41, 大会特別号2, 0959, 0959,   2014年05月
  • 人工股関節置換術後早期におけるホームエクササイズの効果 無作為化比較対照試験による検討, 南角 学, 柿木 良介, 西川 徹, 西村 純, 大島 洋平, 澁田 紗央理, 松田 秀一, 理学療法学, 41, 大会特別号2, 0998, 0998,   2014年05月
  • 肩甲胸郭関節を中心とした肩甲帯の運動パターンと機能改善の質的検証, 長谷川 聡, 市橋 則明, 松村 葵, 宮坂 淳介, 伊藤 太祐, 吉岡 佑二, 新井 隆三, 柿木 良介, 理学療法学, 41, 2, 86, 87,   2014年04月
    概要:本研究では健常者と肩関節拘縮症例における上肢挙上時の肩甲帯の運動パターンとリハビリテーションによる変化を検証した。健常肩においては、多少のばらつきはみられるものの、肩甲骨の運動パターン、肩甲骨周囲筋の筋活動パターンは一定の傾向が得られた。上肢挙上30°〜120°の区間では、肩甲骨の上方回旋運動はほぼ直線的な角度増大を示すことがわかった。そのスムーズな角度変化を導くためには、僧帽筋上部、僧帽筋下部、前鋸筋の筋活動量のバランスが必要で、上肢挙上初期から約110°付近までは3筋がパラレルに活動量を増加させ、挙上終盤においては僧帽筋上部の活動量増加が止まり、僧帽筋下部と前鋸筋の活動量を増加させる必要があることが明らかとなった。肩関節拘縮症例では、上肢挙上による肩甲骨の運動パターンは多様であり、一定の傾向はみられなかったため、代表的な症例の経過を示した。(著者抄録)
  • 慢性閉塞性肺疾患患者における運動前の随意的な換気量の増加が運動中の呼吸困難および運動耐容能に及ぼす影響, 大島 洋平, 玉木 彰, 長谷川 聡, 佐藤 晋, 室 繁郎, 三嶋 理晃, 柿木 良介, 松田 秀一, 理学療法学, 41, 2, 102, 103,   2014年04月
    概要:慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者では気流制限によって生じる呼吸困難や運動耐容能の低下が問題となる。本研究の目的は、運動前の随意的な換気量の増加が、運動中の呼吸困難および運動耐容能に及ぼす影響を検証することである。対象は安定期COPD患者17名とし、自由呼吸下での定速度歩行試験(control-walking;C-W)および歩行前に随意的に換気量を増加した呼吸下での定速度歩行試験(voluntary hyperventilation-walking;VHV-W)における歩行時間を比較した。測定中は呼気代謝測定装置とパルスオキシメーターにて呼吸循環動態をモニタリングした。その結果、C-Wと比較してVHV-Wでは、歩行前の分時換気量、二酸化炭素排出量および酸素摂取量が増加し、呼気終末二酸化炭素分圧の低下と経皮的酸素飽和度の上昇を認めた。VHV-Wにおいて歩行中の呼気終末二酸化炭素分圧は有意に低値、経皮的酸素飽和度は有意に高値、呼吸困難の程度は有意に低値を示した。歩行時間はVHV-Wで有意に延長した。運動前の随意的な換気量の増加は、COPD患者における運動中の呼吸困難や運動耐容能の改善に有効であると考えられた。(著者抄録)
  • ラット頸髄神経の節前損傷と節後損傷における組織学的所見の比較検討, 野口 貴志, 太田 壮一, 柿木 良介, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 31, 1, 1, 7,   2014年04月
  • 舟状骨骨折偽関節に対する1,2 intercompartmental supraretinacular arteryを用いた血管柄付骨移植術の治療経験とその工夫, 津村 卓哉, 松本 泰一, 柿木 良介, 高山 和政, 松下 睦, 日本手外科学会雑誌, 31, 1, 2, 2,   2014年04月
  • 肘屈曲再建を行った橈側列形成不全の2例, 太田 壮一, 柿木 良介, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 31, 1, 2, Po2,   2014年04月
  • 手関節尺側障害の治療 遠位橈尺関節不安定性を呈する三角線維軟骨複合体損傷に対する鏡視下関節包縫合術の治療成績, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 孝志, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本整形外科学会雑誌, 88, 2, S348, S348,   2014年03月
  • 上腕骨遠位Coronal Shear Fractureの5例, 太田 壮一, 柿木 良介, 佐治 隆彦, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本肘関節学会雑誌, 21, 1, S5, S5,   2014年01月
  • 肘関節鏡視下手術後に尺骨神経麻痺をおこした1例, 岡江 優, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 57, 1, 211, 212,   2014年01月
    概要:52歳女。2年前より両側肘関節外側に疼痛を自覚した。両外側上顆炎の診断で消炎鎮痛剤や外用薬の投与、ステロイド剤のトリガーポイント注射、装具療法を施行したが、症状が一時的に改善していたトリガーポイント注射もほとんど効果が見られなくなった。単純X線では特に異常所見は見られず、MRIで腕橈関節内にひだ状構造物の存在を確認した。この状態に対して、全身麻酔下に右肘関節鏡視下滑膜ひだ切除術を施行した。麻酔覚醒後より、右環小指の知覚脱失を訴えたが、手指の内外転が可能であったため経過観察した。術後3日目の臨床所見では、右小指および環指尺側の知覚はほぼ脱失し、Froment徴候および環小指の軽度の鷲手変形も認めた。ビタミンB12製剤の投与を開始した。術後12週目には、小指外転筋、骨間筋、母指内転筋の筋力は正常化し、右小指および環指の掌側にごく弱いしびれを認めるのみとなった。
  • キーンベック病に対する血管柄付き骨移植後の理学療法の経験, 岡 徹, 奥平 修三, 中川 拓也, 末吉 誠, 古川 泰三, 柿木 良介, スポーツ傷害, 19, 1, 3,   2014年01月
    概要:16歳男子。テニス試合中に片手フォアハンドでボールを強打したところ痛みが出現した。右手背側に腫脹、リスター結節部周囲の圧痛と運動時痛を認めた。右手キーンベック病の診断で、発症2ヵ月後に血管柄付き骨移植術を施行した。術直後は手関節中間位でシーネ固定を4ヵ月間行った。患肢の手指、肘、肩関節の自動運動や患部外の筋力強化運動を指導した。抜釘後は、患側手関節の自動介助可動域練習および他動ROM練習を開始した。筋力強化練習初期は、等尺性収縮で月状骨を背側と掌側から把持し出来る限り固定して行った。手根部で主要な働きを行う、手内在筋の強化のために手指の巧緻動作を練習した。手根骨近位横アーチの剛性を高めるために、母指と小指の対立運動も合わせて指導した。術後5ヵ月からはチューブでの抵抗運動やバルーンを用いてより動的な協調性運動を行った。術後5ヵ月からテニス競技に復帰し、術後1年時も疼痛なく実施している。
  • 肺移植患者の術後経過を予測する栄養評価項目の検討, 北爪 綾子, 原島 伸一, 陳 豊史, 大島 洋平, 錦 花永, 辻 秀美, 幣 憲一郎, 柿木 良介, 伊達 洋至, 稲垣 暢也, 日本病態栄養学会誌, 17, Suppl., S, 129,   2013年12月
  • 裂手に対するSnow-Littler法の一工夫, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 30, 2, 153, 156,   2013年11月
    概要:Snow-Littler法は、第2指列を移行することで裂隙を閉鎖するとともに、裂手部に作成した掌側baseの局所皮弁を移行することで第1指間形成を行う優れた術式であるが、しばしば植皮を要することや、皮弁先端の部分壊死を起こしうることなどが問題とされている。そこで著者らは、血管径として総掌側指動脈に加え背側中手動脈とその交通枝も皮弁に含めることで皮弁血行を安定させる変法を考案・施行し、良好な結果が得られているので報告した。本法の良い適応となるのは、Manske分類2Bと3の裂手症で、裂隙が浅く、第2-4指列間の幅が広く、中手骨が正常または軽度低形成で残存している症例である。
  • 腕神経叢損傷患者でのOberlin法を応用した部分神経移行術, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 秋吉 美貴, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 30, 2, 195, 195,   2013年11月
  • 我々の肋間神経-筋皮神経交差移行術, 太田 壮一, 柿木 良介, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 秋吉 美貴, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 30, 2, 196, 196,   2013年11月
  • 外側大腿回旋動脈横行枝からの穿通枝を血管柄とした前外側大腿皮弁, 野口 貴志, 柿木 良介, 太田 壮一, 貝澤 幸俊, 秋吉 美貴, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 30, 2, 208, 209,   2013年11月
  • 血管柄付き筋膜を使った有連続性有痛性神経腫の治療, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 秋吉 美貴, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 30, 2, 210, 210,   2013年11月
  • Orthopaedic surgical technique 手 キーンベック病 血管柄付き骨移植術, 柿木 良介, 整形外科Surgical Technique, 3, 5, 543, 553,   2013年10月
  • 肘関節鏡視下手術後に尺骨神経麻痺をおこした1症例, 岡江 優, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, 秋季学会, 119, 119,   2013年09月
  • 肺移植患者の術後経過を予測する栄養評価項目の検討, 北爪 綾子, 原島 伸一, 陳 豊史, 大島 洋平, 錦 花永, 辻 秀美, 幣 憲一郎, 柿木 良介, 伊達 洋至, 稲垣 暢也, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23, Suppl., 131s, 131s,   2013年09月
  • 肺移植術後における人工呼吸器管理下の経口摂取について, 錦 花永, 狩野 聖子, 田嶋 あゆみ, 長谷川 聡, 大島 洋平, 佐藤 晋, 陳 豊史, 伊達 洋至, 柿木 良介, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23, Suppl., 151s, 151s,   2013年09月
  • 肺移植術後短期経過に関連する術前・手術因子の検討, 大島 洋平, 長谷川 聡, 陳 豊史, 伊達 洋至, 玉木 彰, 佐藤 晋, 柿木 良介, 松田 秀一, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23, Suppl., 156s, 156s,   2013年09月
  • 脳死片肺移植後のgraft無気肺に対する呼吸理学療法経験, 大島 洋平, 青山 晃博, 陳 豊史, 伊達 洋至, 玉木 彰, 長谷川 聡, 佐藤 晋, 柿木 良介, 松田 秀一, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23, Suppl., 163s, 163s,   2013年09月
  • 腕神経叢損傷患者に対する診断と治療, 柿木 良介, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 40周年記念, 101, 101,   2013年09月
  • 組織酸素飽和度による皮弁モニタリングの経験, 太田 壮一, 柿木 良介, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 岡本 健, 松田 秀一, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 40周年記念, 233, 233,   2013年09月
  • 手指関節への血管柄付き関節移植術の治療経験, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 松田 秀一, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 40周年記念, 253, 253,   2013年09月
  • Blauth type 4 浮遊母指に対し、血管柄付き第2足趾を使用し再建した1例, 野口 貴志, 柿木 良介, 太田 壮一, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 40周年記念, 254, 254,   2013年09月
  • 背側中手骨動脈を用いた血管柄付き骨移植術 背側中手骨動脈を用いて、移植骨と皮島を別々に挙上する試み, 高山 和政, 松本 泰一, 津村 卓哉, 柿木 良介, 松下 睦, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 40周年記念, 267, 267,   2013年09月
  • 【人工関節周囲骨折の診断と治療】 人工肘関節置換術後のインプラント周囲骨折の治療 術前のプランニングと術中留意点, 伊藤 宣, 柿木 良介, 関節外科, 32, 8, 881, 886,   2013年08月
  • 同種無細胞化基底膜と自家骨髄由来間葉系細胞移植を行った血管含有チューブ内での末梢神経再生 ラット坐骨神経20mm欠損モデル, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 松田 秀一, 日本整形外科学会雑誌, 87, 8, S1552, S1552,   2013年08月
  • ラット神経根引き抜き損傷におけるerythropoietinの投与開始時期と運動神経細胞死抑制効果についての検討, 野口 貴志, 太田 壮一, 柿木 良介, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本整形外科学会雑誌, 87, 8, S1612, S1612,   2013年08月
  • 腱断裂との鑑別が困難であった筋炎の1例, 石江 慎一郎, 柿木 良介, 太田 壮一, 松田 秀一, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, 4, 893, 894,   2013年07月
    概要:68歳女。5年前より誘因なく左手指の屈曲障害が出現し、次第に両手指に広がった。翌年には両大腿部の筋力低下が出現した。1年前に筋生検で多発性筋炎と診断した。ステロイド剤の内服で血液検査結果は改善し、内科的には寛解状態となった。しかし、左手指の屈曲障害は進行した。筋電図や筋生検は筋炎に一致する所見であった。MRIにより、手根管内での屈筋腱の連続性を確認した。臨床所見、画像所見より筋腱移行部での手指屈筋腱断裂を疑い、手術を行った。筋炎にともなう筋萎縮による手指屈曲変形と判断して腱移行術を行った。術後は手関節屈曲位で外固定して手指の自動運動を開始した。術後半年を経過し、示指〜小指の深指屈筋はMMT4程度で屈曲機能は良好に改善し、母指との対立運動も可能となった。
  • 肺移植術後症例における嚥下機能と嚥下障害にかかわるリスクの検討, 錦 花永, 狩野 聖子, 田嶋 あゆみ, 長谷川 聡, 大島 洋平, 佐藤 晋, 陳 豊史, 山田 徹, 佐藤 雅昭, 青山 晃博, 板東 徹, 伊達 洋至, 柿木 良介, 移植, 48, 2-3, 172, 173,   2013年06月
  • 肺移植待機中におけるリハビリテーションの必要性 生体肺移植における術前機能評価および術後経過からの検証, 長谷川 聡, 大島 洋平, 佐藤 晋, 玉木 彰, 陳 豊史, 山田 徹, 佐藤 雅昭, 青山 晃博, 板東 徹, 伊達 洋至, 柿木 良介, 移植, 48, 2-3, 178, 178,   2013年06月
  • 腕神経叢損傷患者のDASH scoreを用いた上肢機能評価, 柿木 良介, 青山 朋樹, 新井 隆三, 桜井 健世, 太田 壮一, 佐藤 晋, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 50, Suppl., S321, S321,   2013年05月
  • 腕神経叢損傷患者に対する治療 運動知覚の再建と疼痛に対するアプローチ, 柿木 良介, 静岡整形外科医学雑誌, 6, 1, 68, 72,   2013年05月
  • 立ち上がり動作の速度の違いが下肢の筋活動に及ぼす影響, 西野 和成, 南角 学, 西川 徹, 柿木 良介, 理学療法学, 40, 大会特別号3, O, A基礎,   2013年05月
  • COPDにおける下肢筋力低下の特性と骨格筋電気刺激トレーニングによる変化, 長谷川 聡, 大島 洋平, 玉木 彰, 佐藤 晋, 室 繁郎, 柿木 良介, 三嶋 理晃, 理学療法学, 40, 大会特別号3, O, C内部,   2013年05月
  • 人工股関節置換術後6ヵ月における歩行能力は術前の中臀筋および腹直筋の筋萎縮と関連する, 南角 学, 秋山 治彦, 田仲 陽子, 西川 徹, 柿木 良介, 理学療法学, 40, 大会特別号3, P, A運動,   2013年05月
  • 人工膝関節置換術後1年におけるQOLに関わる因子の検討, 西川 徹, 南角 学, 柿木 良介, 松田 秀一, 理学療法学, 40, 大会特別号3, P, A運動,   2013年05月
  • 変形性股関節症患者における骨盤アライメントと股関節周囲筋の関連性の検討, 田仲 陽子, 南角 学, 吉岡 佑二, 秋山 治彦, 柿木 良介, 理学療法学, 40, 大会特別号3, P, A運動,   2013年05月
  • 下肢および頭部の血流動態に注目した空気圧免荷トレッドミル歩行の安全性の検証, 太治野 純一, 伊藤 明良, 鳥居 勇輔, 土本 浩司, 飯島 弘貴, 張 項凱, 長井 桃子, 山口 将希, 家城 弘, 南角 学, 柿木 良介, 井上 大輔, 広瀬 太希, 黒木 裕士, 理学療法学, 40, 大会特別号3, P, A運動,   2013年05月
  • 肺移植における術前の肺活量は術後の肺活量に影響する, 大島 洋平, 長谷川 聡, 玉木 彰, 陳 豊史, 板東 徹, 伊達 洋至, 柿木 良介, 理学療法学, 40, 大会特別号3, P, C内部,   2013年05月
  • 股関節外旋筋に対するトレーニングは人工股関節置換術後早期における運動機能の向上に有用である, 南角 学, 西川 徹, 秋山 治彦, 柿木 良介, 理学療法学, 40, 大会特別号3, S, A基礎,   2013年05月
  • 【再生医療の現況と最前線】 再生医療の現状と展望 細胞を用いた再生医療 間葉系幹細胞を用いた骨壊死治療法の開発, 戸口田 淳也, 青山 朋樹, 柿木 良介, 笠井 泰成, 整形・災害外科, 56, 5, 533, 539,   2013年04月
  • 人工股関節置換術後6ヵ月における歩容に関連する因子の検討, 南角 学, 秋山 治彦, 西川 徹, 柿木 良介, 理学療法京都, 42, 62, 63,   2013年04月
    概要:片側変形性股関節症にて初回人工股関節置換術(THA)が施行された52名を対象として、THA術後6ヵ月の歩容に関連する因子を検討した。術後6ヵ月において歩行中の患側立脚期に体幹の傾きを認めた26例(A群)と認めなかった26例(B群)に分け、患者の基本特性、股関節機能、下肢筋力を比較した結果、A群では股関節屈曲と外転の関節可動域、股関節外転筋力と膝関節伸展筋力が有意に低かった。また、両群で有意差を認めた測定項目について判別分析を行った結果、判別点は股関節外転筋力0.76Nm/kg、膝関節伸展筋力1.80Nm/kgであり、ロジスティック重回帰分析では股関節外転筋力のオッズ比のみが有意であった。THA術後6ヵ月での術側の股関節外転筋力が0.76Nm/kg以上で、術後の跛行が改善する蓋然性が12倍上昇することが示された。
  • 人工股関節置換術後早期患者の臥位姿勢による違いが股関節外転運動時の股関節周囲筋や体幹筋の筋活動に及ぼす影響, 西川 徹, 南角 学, 大島 洋平, 柿木 良介, 秋山 治彦, 理学療法京都, 42, 64, 65,   2013年04月
    概要:初回人工股関節置換術(THA)術後4週が経過した変形性股関節症10名を対象として、臥位姿勢の違いが股関節外転運動時の股関節周囲筋や体幹筋の筋活動ならびに発揮筋力に及ぼす影響を検討した。背臥位と腹臥位の2肢位における等尺性の股関節外転運動を指示し、各条件における脊柱起立筋、大腿筋膜張筋、大臀筋上部、中臀筋の%RMS(Root Mean Square)と発揮筋力を比較した結果、腹臥位での股関節外転運動では大臀筋上部、中臀筋の筋活動は背臥位よりも高い値を示し、その発揮筋力も大きい値であった。また、脊柱起立筋の筋活動は背臥位よりも高い傾向にあり、大腿筋膜張筋の筋活動は低下した。大腿筋膜張筋の筋活動を抑制し、大臀筋と中臀筋の収縮を促す腹臥位での股関節外転運動は、THA術後の中臀筋機能回復に有効なトレーニング方法の一助になると考えられた。
  • 不安定な床面からの立ち上がり動作における筋電図学的分析, 西野 和成, 南角 学, 西川 徹, 柿木 良介, 理学療法京都, 42, 68, 69,   2013年04月
    概要:健常男性14名を対象として、不安定な床面からの立ち上がり動作および着座動作が下肢の筋活動に及ぼす影響を検討した。床面にバランスマットを用いた場合と用いなかった場合の2条件を設定し、座面高45cmからの立ち上がりおよび着座動作における大臀筋、内側広筋、前脛骨筋、腓腹筋の筋活動と、各動作時における膝関節運動の経時的変化を測定した。その結果、通常の床面からの動作と比較して、不安定な床面での立ち上がり動作時および着座動作時における前脛骨筋と腓腹筋の筋活動は有意に高く、特に立ち上がり動作時の腓腹筋では約2倍の筋活動が得られた。不安定な床面での立ち上がり動作および着座動作は、足関節周囲筋の筋力強化やバランス能力の向上に対して有効な荷重位トレーニングとなることが示唆された。
  • 【手の外科-最新の話題-】 (Part2)臨床 治療 外傷性神経損傷の治療, 柿木 良介, Bone Joint Nerve, 3, 2, 319, 324,   2013年04月
  • Humpback deformityを伴う舟状骨偽関節症例に対する掌側切開腸骨骨移植と背側切開血管柄付き骨移植の比較, 藤田 俊史, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 29, 6, 833, 836,   2013年04月
    概要:【目的】Humpback deformityを伴う舟状骨偽関節症例に対し掌側切開による腸骨自家骨移植を行った症例と背側皮切1,2ICSRAを用いた血管柄付き骨移植を行った症例との成績を比較検討したので報告する【方法】腸骨移植症例(以下I群)血管柄付き骨移植症例(以下V群)各々15症例について骨癒合率,骨癒合に要した期間,術後最終可動域と握力の健側比,Mayo Wrist score(以下MWS),Radio Lunate angle(以下RLA),Carpal Height Ratio(以下CHR),Visual Analog Scale(以下VAS)の比較検討を行った.【成績】骨癒合に至らなかった症例はI群3例(20%)V群1例(6.7%)であった.骨癒合に要した期間はI群(平均14.8週)に対しV群(平均10.8週)で,最終可動域,握力,RLA,CHR,MWS,VASはいずれも両群間に有意差を認めなかった.【結論】血管柄付き骨移植による舟状骨偽関節の治療はより良好な成績であった.(著者抄録)
  • 腕神経叢損傷の肘屈曲再建を目的とした部分尺骨神経移行術と肋間神経移行術の比較検討, 野口 貴志, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 29, 6, 848, 852,   2013年04月
    概要:【目的】腕神経叢損傷の症例における部分尺骨神経移行術(PUNT)と肋間神経移行術(ICNT)の肘屈曲機能再建を比較する.【方法】2001年から2010年にかけて当院で肘屈曲再建手術を行った腕神経叢損傷18症例を対象とした.平均年齢は38歳.PUNT群10症例,ICNT群8症例であった.観察期間はPUNT群が平均142週間,ICNT群が平均131週間であった.損傷神経高位及び数,手術後から肘屈曲徒手筋力テスト(MMT)1および3が獲得されるまでの期間,最終診察時のMMT,合併症を後ろ向きに調査した.【結果】損傷神経根数はPUNT群(2.1本)に比較しICNT群(3.6本)が優位に多かった.MMT1および3を獲得するまでの期間は,PUNT群が優位に短かった(10.9週,37.8週).しかし,肘屈曲と手指,手関節屈曲との分離にPUNT群では時間を要した(72.8週).最終診察時のMMTはPUNT群(4.0)がICNT群(3.8)よりも高かったが,統計学的な差は認めなかった.PUNT群では一過性の感覚障害を認め,ICNT群では気胸を認めた.【結論】PUNTは手技が比較的容易で合併症も少なく,筋の再支配も早い.ただし,手指,手関節屈曲と肘屈曲との分離に期間を要する.(著者抄録)
  • キーンベック病の治療の現況 キーンベック病に対する血管柄付き骨移植術, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 松田 修一, 日本手外科学会雑誌, 30, 1, 2, 1,   2013年04月
  • 裂手に対するSnow Littler法の一工夫 掌側中手動脈に加えて背側中手動脈を含めた皮弁挙上, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 30, 1, 2, 4,   2013年04月
  • 小児橈骨遠位骨折の未整復外固定例における転位危険因子の検討, 太田 壮一, 柿木 良介, 杉本 正幸, 武井 大輔, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本整形外科学会雑誌, 87, 2, S296, S296,   2013年03月
  • 心肺停止にて低酸素脳症後にBalint症候群を呈した症例 復職に至るまでの回復過程, 石田 順子, 上田 敬太, 種村 留美, 柿木 良介, 松田 秀一, 村井 俊哉, 高次脳機能研究, 33, 1, 107, 107,   2013年03月
  • 腱断裂との鑑別が困難であった皮膚筋炎の一症例, 石江 慎一郎, 柿木 良介, 太田 壮一, 秋吉 美貴, 伊藤 宣, 松田 秀一, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 56, 春季学会, 63, 63,   2013年03月
  • 肺切除術後リハビリテーション終了基準の導入効果, 大島 洋平, 佐藤 晋, 佐藤 寿彦, 長谷川 聡, 宮坂 淳介, 伊藤 太祐, 藤田 容子, 吉岡 佑二, 伊達 洋至, 三嶋 理晃, 柿木 良介, 日本呼吸器学会誌, 2, 増刊, 261, 261,   2013年03月
  • 肺移植術後症例における嚥下機能と嚥下障害に関わるリスクの検討, 錦 花永, 狩野 聖子, 田嶋 あゆみ, 長谷川 聡, 大島 洋平, 佐藤 晋, 室 繁郎, 陳 豊史, 板東 徹, 伊達 洋至, 柿木 良介, 日本呼吸器学会誌, 2, 増刊, 261, 261,   2013年03月
  • 両側膝関節に棚障害を合併した、両側有痛性肘滑膜ひだ障害の1例, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 新井 隆三, 松田 修一, 日本肘関節学会雑誌, 20, 1, S126, S126,   2013年01月
  • K-ELBOW上腕骨側インプラント再置換で骨移植を工夫した1例, 太田 壮一, 柿木 良介, 武井 大輔, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 杉本 正幸, 日本肘関節学会雑誌, 20, 1, S131, S131,   2013年01月
  • 手根骨中央化手術を施行した橈側列欠損の3症例, 太田 壮一, 柿木 良介, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本手外科学会雑誌, 29, 2, 136, 139,   2012年12月
    概要:2002年〜2009年に手根中央化手術を施行した男児3例を対象に、手根骨中央化手術および併発障害に対して行った手術の成績を報告した。患側は左側2例、右側1例で、右側例は両側罹患例であった。初回手術時は10ヵ月〜1歳1ヵ月(平均1歳)で、Bayne分類は3型1例、4型2例であった。最終経過観察時の手関節他動可動域は背屈平均22度(-5〜40度)、掌屈平均70度(60〜80度)であった。手根骨中央化手術および併発障害に対して行った手術は手部に安定性を与えると共に指尖つまみや把持機能、肘屈曲能も改善し、日常生活動作向上に貢献していた。
  • 形成外科vs整形外科 互いに学び合う専門領域の知識と技術 腕神経叢損傷患者に対する筋肉移植による肘屈曲再建術後の肘屈曲力に関する研究, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 秋吉 美貴, 上羽 康夫, 松田 秀一, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 39回, 147, 147,   2012年12月
  • 手指における逆行性島状皮弁の有用性, 松本 泰一, 高山 和政, 津村 卓哉, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 松下 睦, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 39回, 213, 213,   2012年12月
  • 脛骨全体に及ぶ骨髄炎に対し、血管柄付き腓骨移植を施行した2症例, 野口 貴志, 柿木 良介, 太田 壮一, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 39回, 251, 251,   2012年12月
  • 第1背側中足動脈の走行の変異 術中所見, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 太田 壮一, 秋吉 美貴, 野口 貴志, 松田 秀一, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 39回, 255, 255,   2012年12月
  • 頸椎手術後の上肢神経麻痺に対し神経移行術による再建を行った1例, 麻田 義之, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 39回, 308, 308,   2012年12月
  • 当科における遊離組織移植術後、血流不全のため血管吻合部の再展開を要した5症例の検討, 太田 壮一, 柿木 良介, 藤田 俊史, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 25, 4, 207, 212,   2012年12月
    概要:遊離血管柄付き組織移植術96例のうち、術後移植組織の血流不全を生じた5例(男4例、女1例、33〜66歳)について報告した。原疾患は尺骨偽関節1例、腕神経叢損傷2例、外傷性足部切断端の潰瘍形成1例、脛骨骨髄炎1例で、移植組織は腓骨2例、広背筋、薄筋、肩甲皮弁各1例であった。血流不全の発見は初回手術より20〜324時間後で、モニター皮弁や移植筋肉の色調不良4例、皮膚表面温度インジケーター(Prochecker)の温度低下1例であった。Prochecker使用3例中2例は温度変化なく皮弁色調変化を認め、1例は術後24時間で急激な温度低下と色調変化が同時に生じた。全例で血流不全が疑われた直後よりヘパリン投与を開始し、症例によっては皮弁周囲の縫合糸の一部抜糸も行った。全例再手術を施行し、初回手術から再手術までは25〜326時間であった。最終的に2例で皮弁を救済できなかった。全例血流不全の危険因子を有し、局所の手術既往が共通していた。
  • 肩甲上・腋窩神経合併損傷に対する神経移行術の経験, 麻田 義之, 柿木 良介, 池口 良輔, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 25, 4, 213, 218,   2012年12月
    概要:症例1は32歳男性で、単車で転倒し、左肩関節挙上困難を生じて経過観察となったが改善せず、5ヵ月後に紹介受診した。筋電図所見などより肩甲上・腋窩神経合併損傷と診断し、手術を施行した。肩甲上神経は術中電気刺激で棘上・棘下筋に収縮を認め、神経剥離に留めた。腋窩神経は電気刺激による三角筋の収縮はなく、小円筋枝、三角筋枝分岐部近位で神経を切離し、橈骨神経本幹の上腕三頭筋外側頭への筋枝2本を切離して腋窩神経遠位断端に縫合した。症例2は27歳男性で、単車で乗用車に衝突し、骨折手術後に肩関節挙上困難に気づいた。術後6ヵ月に肩甲上・腋窩神経合併損傷と診断し、手術を施行した。肩甲上神経は同側下肢より腓腹神経を採取して副神経遠位と棘下筋枝分岐部近位とを縫合架橋し、腋窩神経は症例1と同様に移行術を行った。症例1は術後1年8ヵ月で肩関節外転90度、屈曲100度、外旋40度、症例2は術後2年2ヵ月でそれぞれ140度、90度、45度が可能となった。
  • 機能性スパッツは発育期少年の着地動作時におけるknee-inおよび膝屈曲角度を制動する, 長谷川 聡, 小林 雅彦, 宮坂 淳介, 伊藤 太祐, 吉岡 佑二, 藤田 容子, 河合 春菜, 田仲 陽子, 澁田 紗央理, 山田 隆登, 上田 滋夢, 柿木 良介, 松田 秀一, 日本臨床スポーツ医学会誌, 20, 4, S154, S154,   2012年10月
  • 生体肺移植患者と脳死肺移植患者では術後短期的な肺機能および運動機能の回復は異なる, 大島 洋平, 長谷川 聡, 玉木 彰, 陳 豊史, 板東 徹, 伊達 洋至, 柿木 良介, 松田 秀一, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 22, Suppl., 200s, 200s,   2012年10月
  • 肺移植待機患者に対するリハビリテーションの重要性の検討 生体肺移植における術前機能評価および術後経過からの検証, 長谷川 聡, 大島 洋平, 玉木 彰, 陳 豊史, 伊達 洋至, 柿木 良介, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 22, Suppl., 200s, 200s,   2012年10月
  • エリスロポイエチンによるラット神経根引き抜き損傷後の脊髄前角細胞死抑制効果, 太田 壮一, 柿木 良介, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 松田 秀一, 日本整形外科学会雑誌, 86, 8, S1124, S1124,   2012年08月
  • 変形性股関節症患者の下肢アライメントの評価, 西村 純, 南角 学, 藤田 容子, 西川 徹, 柿木 良介, 秋山 治彦, Hip Joint, 38, Suppl., 151, 153,   2012年08月
    概要:末期変形性股関節症49名を対象として、静止立位での前額面上における膝関節と足関節のアライメントを評価した。片側および両側変形性股関節症における外反膝、内反または外反足の有無を調査した結果、片側例35名中30名(86%)で外反膝または足関節内反または外反を呈しており、外反膝の症例では外反膝でない症例よりも内反または外反足の症例が有意に少なかった。一方、両側例14名では外反膝を呈する症例はなかったが、11名(78.6%)が内反または外反足を呈していた。股関節の変性は膝関節または膝関節のアライメントに影響を及ぼしており、変形性股関節症患者の理学療法を効果的に行うためには、股関節の評価だけでなく、骨盤や体幹から膝、足関節まで下肢全体を広く把握する必要があると考えられた。
  • 片側変形性股関節症患者の歩行速度と脊柱起立筋の筋活動の関連, 西川 徹, 南角 学, 西村 純, 柿木 良介, 秋山 治彦, Hip Joint, 38, Suppl., 164, 166,   2012年08月
    概要:進行期および末期の片側変形性股関節症(股OA)患者15名(全例女性、平均年齢56.7歳)を対象として、歩行能力と腰部のアライメントおよび歩行中の腰部脊柱起立筋(LES)や大臀筋(GM)活動との関連性を検討した。15名の最大10m歩行時間、腰椎前彎角(LLA)、歩行中のLESとGMの筋活動を測定し、最大10m歩行時間と各測定項目との関連性を検討した結果、最大10m歩行時間はLLA、患側・健側のLESの筋活動と有意な正の相関を示したが、患側・健側のGMの筋活動との間に有意な相関は認めなかった。股OA患者の歩行能力に関連する因子として、立位姿勢でのLLAが大きく、歩行中のLESの筋活動量が高くなることが明らかとなり、股OA患者の歩行能力の維持・向上には腰部の脊柱アライメントや筋活動に着目する必要があることが示唆された。
  • 腕神経叢損傷対側C7神経根移行術後の脳内賦活領域の変化について fNIRSを用いた検討, 山脇 理恵, 酒井 浩, 石田 順子, 柿木 良介, 日本作業療法学会抄録集, 46回, KN3501, KN3501,   2012年06月
  • 腕神経叢損傷患者に施行した対側第7頸髄神経根移行(CC7)術後の患肢運動、知覚の脳活動部位に関する研究, 柿木 良介, 半田 知宏, 太田 壮一, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 49, Suppl., S264, S264,   2012年05月
  • 股関節疾患患者の股関節周囲筋と体幹筋の筋萎縮の特徴は原疾患によって異なる 変形性股関節症と大腿骨頭壊死症の比較, 田仲 陽子, 南角 学, 吉岡 佑二, 秋山 治彦, 柿木 良介, 理学療法京都, 41, 84, 85,   2012年04月
    概要:片側変形性股関節症(OA)患者40例と片側大腿骨頭壊死症(ION)患者10例を対象に、「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」「腹直筋」のCT画像から各筋の断面積を計測して患健比を算出し、疾患別に分析した。その結果、OA群では4つの筋とも患側断面積が健側に比べて有意に低値であった。ION群では「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」の患側断面積が健側に比べて有意に低値であったが、「腹直筋」には有意差を認めなかった。健側に対する患側断面積の割合を筋別で比較すると、OA群では全ての筋間に有意差が認められ、腹直筋>小臀筋>中臀筋>大臀筋の順に高値であった。ION群では腹直筋が他の3筋に比べて有意に高値であった。
  • 人工膝関節置換術術後1年における歩行様式は非術側の脚伸展筋力と関連する 両側罹患例を対象とした横断的研究, 西川 徹, 南角 学, 宮坂 淳介, 柿木 良介, 理学療法京都, 41, 96, 97,   2012年04月
    概要:両側罹患の変形性膝関節症または関節リウマチで片側TKAを施行され術後1年経過している39例を対象に、[10m歩行時間]と術側の[膝関節可動域]および両側の[片脚立位時間][膝関節伸展・屈曲筋力][脚伸展筋力]を測定し、日常生活で杖を使用している群(11例)と非使用群で比較した。その結果、杖使用群は非術側の[膝関節伸展筋力]と[脚伸展筋力]が有意に低値であった。他の測定項目に有意な群間差は認めなかった。
  • 生体肺移植ドナーの術後呼吸機能とQOL, 長谷川 聡, 大島 洋平, 宮坂 淳介, 伊藤 太祐, 吉岡 佑二, 玉木 彰, 陳 豊史, 伊達 洋至, 柿木 良介, 理学療法学, 39, Suppl.2, 0029, 0029,   2012年04月
  • 人工股関節再置換術後の日常生活における移動手段に関連する因子の検討, 藤田 容子, 南角 学, 西村 純, 西川 徹, 柿木 良介, 秋山 治彦, 理学療法学, 39, Suppl.2, 0111, 0111,   2012年04月
  • 日常生活における移動手段は脚伸展筋力により判別することができる 人工股関節置換術後症例を対象とした検討, 南角 学, 秋山 治彦, 西村 純, 藤田 容子, 吉岡 佑二, 河合 春菜, 西川 徹, 柿木 良介, 理学療法学, 39, Suppl.2, 0145, 0145,   2012年04月
  • COPD患者における運動開始前からの意識的な換気量の増加が呼吸困難感および運動耐容能に及ぼす影響, 大島 洋平, 長谷川 聡, 玉木 彰, 柿木 良介, 佐藤 晋, 室 繁郎, 三嶋 理晃, 理学療法学, 39, Suppl.2, 0301, 0301,   2012年04月
  • 同種造血幹細胞移植期における全身持久力の維持には移植後早期の積極的な運動療法が関与する, 河合 春菜, 南角 学, 柿木 良介, 立松 典篤, 近藤 忠一, 理学療法学, 39, Suppl.2, 0328, 0328,   2012年04月
  • 人工膝関節置換術後1年における階段昇降能力は術後早期のTimed up and go testから予測できる, 西川 徹, 南角 学, 宮坂 淳介, 柿木 良介, 理学療法学, 39, Suppl.2, 0725, 0725,   2012年04月
  • 人工股関節置換術後早期における歩行時の中臀筋の筋活動量は運動機能と関連する, 吉岡 佑二, 南角 学, 柿木 良介, 理学療法学, 39, Suppl.2, 0913, 0913,   2012年04月
  • 術側上肢への重錘負荷を用いた歩行トレーニングは人工股関節置換術後早期における運動機能の向上に有用である, 南角 学, 坪山 直生, 秋山 治彦, 柿木 良介, 理学療法学, 39, Suppl.2, 0915, 0915,   2012年04月
  • 変形性股関節症患者における患側の筋萎縮率は各筋によって異なる, 田仲 陽子, 南角 学, 吉岡 佑二, 秋山 治彦, 柿木 良介, 理学療法学, 39, Suppl.2, 1130, 1130,   2012年04月
  • アプローチ方法の違いによって人工股関節置換術後6ヵ月の運動機能の回復に差があるか?, 西村 純, 南角 学, 藤田 容子, 西川 徹, 柿木 良介, 秋山 治彦, 理学療法学, 39, Suppl.2, 1373, 1373,   2012年04月
  • 下行膝動脈を血管茎とする大腿骨内顆骨移植の成績, 太田 壮一, 柿木 良介, 伊藤 宣, 藤田 俊史, 野口 貴志, 中村 孝志, 松本 泰一, 中山 憲, 池口 良輔, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 25, 1, 43, 47,   2012年03月
    概要:血管柄付き大腿骨内顆骨移植術について、原疾患、モニター皮弁の有無骨癒合の有無、原疾患の術後成績について調査した。血管柄付き大腿骨内顆骨移植術を施行した10例を対象とした。原疾患は、橈骨偽関節2例、尺骨、舟状骨、鎖骨の偽関節が各1例、無腐性壊死の発生が強く予想された距骨骨折および手根骨部分固定術後の遷延治癒例が各1例、距骨壊死2例、上腕骨小頭の骨壊死1例であった。採取方法は、皮質海綿骨柱として採取8例、骨骨膜のthin flapとして採取2例で、モニター皮弁をつけたものは5例であった。全例で移植骨・モニター皮弁は生着した。モニター皮弁を作成した5例すべてを含む6例で伏在神経領域のしびれを認めた。尺骨偽関節の1例ではモニター皮弁は生着したが、骨癒合が得られなかった。SLEの距骨骨壊死に移植した1例では、移植骨と距骨との骨癒合は得られたが、最終的に距骨の圧壊が進行し、足関節固定術を追加した。
  • 手外科領域マイクロサージャリーの応用 背側穿通枝皮弁を用いた高度Dupuytren拘縮手術時の掌側皮膚欠損の閉鎖 皮弁移植は再発予防に有効か?, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 日本手外科学会雑誌, 29, 1, S37, S37,   2012年03月
  • 上位型腕神経叢損傷における肘屈曲再建を目的とした部分尺骨神経移行術と肋間神経移行術の比較, 野口 貴志, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 貝澤 幸俊, 日本手外科学会雑誌, 29, 1, S334, S334,   2012年03月
  • 舟状骨偽関節症例に対する掌側切開腸骨骨移植と背側切開血管柄付き骨移植の比較, 藤田 俊史, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 日本手外科学会雑誌, 29, 1, S346, S346,   2012年03月
  • 手根骨中央化手術を要した橈側列欠損の3症例, 太田 壮一, 柿木 良介, 藤田 俊史, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 日本手外科学会雑誌, 29, 1, S362, S362,   2012年03月
  • 保存的に治療した小児橈骨遠位単独骨折の転位例の検討, 太田 壮一, 柿木 良介, 藤田 俊史, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 杉本 正幸, 日本手外科学会雑誌, 28, 4, 327, 331,   2012年01月
    概要:2005〜2009年の間に治療した小児橈骨遠位単独完全骨折13例(年齢4〜15歳、平均年齢6歳)を対象に、保存期間中に生じた転位について後方視的に検討した。その結果、1)経過観察中(2〜6ヵ月、平均2.8ヵ月)、6例において矢状面で10度以上転位し、いずれも初回固定後1週間目に確認されており、内訳は粉砕骨折型4例(若木骨破綻型3例を含む)、完全型2例(嵌合不良型1例・騎上型1例)であった。2)背側転位の若木骨折破綻型2例における初回外固定後1週目の転位量は許容範囲内であったが、転位はその後も進行して、25度以上の背側転位が進行したため2週目に再整復した。3)全例、長上肢ギプス固定を肘関節90度屈曲、回内外中間位、手関節中間位または軽度掌屈位で施行されていたが、骨折部の3点支持を意識した固定ではなかった。以上より、骨幹部遠位に発生した背屈転位の若木骨折破綻型橈骨単独骨折では、初期診察時には温存されている尺骨によって一見安定しているかのようにみえるが、橈骨単独骨折の中でも転位する危険性が高く注意を要すると考えられた。
  • 母指形成不全症例に行った後骨間動脈皮弁による指間形成, 朴 憲之, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊文, 野口 貴志, 貝沢 幸俊, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 55, 1, 204, 204,   2012年01月
  • スポーツ選手におけるハムストリングスの肉離れ受傷に影響を及ぼす因子の検討, 西村 純, 南角 学, 西川 徹, 柿木 良介, 市橋 則明, スポーツ傷害, 17, 34, 36,   2012年01月
    概要:大学の男子ラグビー部員70名を対象に、プレシーズン(7月)の下肢運動機能測定値と、シーズン中(8月〜翌年6月)のハムストリングス肉離れとの関連性について統計学的に検討した。下肢運動機能の測定項目は[Side Hop][6m Hop][垂直跳び][幅跳び][三段跳び][膝関節伸展・屈曲筋力][膝の柔軟性]とした。検討の結果、シーズン中にハムストリングス肉離れを受傷した群(7名)は非受傷群に比べてプレシーズンの[膝関節屈曲筋力]が有意に低値であり、他の項目に有意差は認めなかった。
  • ラット四肢同種移植における骨髄間葉系幹細胞の拒絶反応抑制効果, 池口 良輔, 柿木 良介, 三井 裕人, 青山 朋樹, 布留 守敏, 太田 壮一, 藤田 俊史, 野口 貴志, 川那辺 圭一, 戸口田 淳也, 中村 孝志, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 24, 4, 412, 416,   2011年12月
    概要:ラット四肢同種移植における骨髄間葉系幹細胞(MSC)の拒絶反応抑制効果について検討した。Wistarラットをドナー、Lewisラットをレシピエントとし、Wistarラットの後肢をLewisラットの欠損部に大腿動静脈にて血管縫合を行う複合組織同種移植モデルを用いた。MSCを静脈注射した群をMSC群、タクロリムスのみを投与したものをFK群、コントロール群として免疫抑制療法を行わない群とLewisラット間の同系移植群を作成した。移植肢の生着期間について、MSC群ではFK群に対して有意な生着期間の延長を認めた。組織形態学的にも皮膚や筋肉組織への単核球の浸潤が有意に抑制された。IFN-γの有意な発現抑制を認めた。レシピエント血清中のサイトカイン量としては、IFN-γの有意な低下を認めた。リンパ球混合試験では、MSCを共培養することにより、丁細胞の有意な増殖抑制を認めた。
  • 前腕回旋矯正骨切り術後の骨癒合に血管柄付き骨移植を要した橈側列欠損症の1症例, 藤田 俊史, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 中村 孝志, 池口 良輔, 松本 泰一, 中山 憲, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 24, 4, 448, 451,   2011年12月
    概要:6歳男児。右modified Bayne type 4橈側列欠損、左modified Bayne type1橈側列低形成、両母指欠損で、生後10ヵ月に右手関節中心化術および上腕二頭筋腱の尺骨移行術、18ヵ月時に左母指化術、6歳時に右母指化術を受けた。今回、左前腕回外制限に対して、矯正骨切り術を行った。骨癒合が遷延したため術後3ヵ月で超音波骨折治療器による治療を開始し、5ヵ月目にKワイヤーを抜釘したあとも装具治療を継続した。術後6ヵ月目に屋内のみ装具をはずす許可をしたところ、7ヵ月の時点で転倒により橈骨骨切り部に橈骨径の1/3ぐらいの転位を生じ、再び上腕装具による固定を再開した。しかし、再骨折部の転位が進行するため、骨切り術後21ヵ月にて偽関節手術を行った。術後1ヵ月で移植骨と橈骨の間に良好な仮骨形成を認め、3ヵ月で骨梁構造の連続性を認めるようになり骨癒合と判断した。
  • 四肢末梢神経損傷に対する神経移行術(端側縫合を含む) CC7術は、腕神経叢損傷患者に対する有効な再建方法となりうるか, 柿木 良介, 酒井 浩, 太田 壮一, 藤田 俊史, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 山脇 理恵, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 38回, 149, 149,   2011年11月
  • 遊離薄筋移植時に遭遇した巨大筋体を有する薄筋の1症例, 貝澤 幸俊, 柿木 良介, 太田 壮一, 秋吉 美貴, 藤田 俊史, 野口 貴志, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 38回, 228, 228,   2011年11月
  • 術中照射骨、液体窒素処理骨に血管柄付き腓骨移植を併用した小児大腿骨悪性腫瘍の2例, 野口 貴志, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 仲俣 岳晴, 中山 富貴, 戸口田 淳也, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 38回, 234, 234,   2011年11月
  • 当科における遊離組織移植術後、血流不全のため血管縫合部の再展開を要した5症例の検討, 太田 壮一, 柿木 良介, 藤田 俊史, 野口 貴志, 貝澤 幸俊, 玉置 康之, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集, 38回, 288, 288,   2011年11月
  • 人工膝関節置換術後の階段昇降能力は術後早期のTimed up and go testから予測できる, 西川 徹, 南角 学, 宮坂 淳介, 柿木 良介, 中村 孝志, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 48, 7, 487, 487,   2011年07月
  • 人工股関節置換術後患者の下肢筋力と歩行能力の関連性 術前と術後6ヵ月の比較, 藤田 容子, 南角 学, 西村 純, 中村 孝志, 柿木 良介, 秋山 治彦, 後藤 公志, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 48, 7, 488, 488,   2011年07月
  • 腕神経叢全型引き抜き損傷に対する運動課題時の脳機能局在についてfNIRSを用いた比較検討, 山脇 理恵, 近藤 綾, 石田 順子, 柿木 良介, 中村 孝志, 酒井 浩, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 48, 7, 489, 489,   2011年07月
  • 多発性骨髄腫から心アミロイドーシスを合併した症例に対する心臓リハビリテーションの経験, 吉田 路子, 南角 学, 中村 孝志, 柿木 良介, 小笹 寧子, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 48, 7, 492, 492,   2011年07月
  • マイクロサージャリーを用いた有痛性神経腫の治療, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 野口 貴志, 中村 孝志, 松本 泰一, 中山 憲, 池口 良輔, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 24, 2, 82, 82,   2011年07月
  • ラット四肢同種移植におけるレシピエント骨髄間葉系幹細胞による免疫応答制御, 池口 良輔, 柿木 良介, 三井 裕人, 布留 守敏, 太田 壮一, 藤田 俊史, 野口 貴志, 青山 朋樹, 川那辺 圭一, 戸口田 淳也, 中村 孝志, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 24, 2, 114, 114,   2011年07月
  • 橈側列欠損症例における前腕回旋矯正骨切り術後の骨癒合に血管柄付き骨移植を要した1症例, 藤田 俊史, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 中村 孝志, 池口 良輔, 中山 憲, 松本 泰一, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 24, 2, 134, 134,   2011年07月
  • 中枢perforatorを用いた大腿外側皮弁の採取, 野口 貴志, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 中村 孝志, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 24, 2, 174, 174,   2011年07月
  • 下行膝動脈を血管茎とする大腿骨内顆骨移植の成績, 太田 壮一, 柿木 良介, 藤田 俊史, 野口 貴志, 中村 孝志, 松本 泰一, 中山 憲, 池口 良輔, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 24, 2, 180, 181,   2011年07月
  • 【リハビリテーション医に必要な関節疾患みかたのコツ】 手指、手関節疾患, 柿木 良介, MEDICAL REHABILITATION, 130, 1, 12,   2011年04月
    概要:リハビリテーション医がよく遭遇する手指、手関節疾患として、指関節部では、変形性関節症、指腱鞘炎、母指CM関節症が挙げられる。変形性関節症は圧倒的にDIP関節部に発生する場合が多い。指腱鞘炎ではMP関節掌側の疼痛と指のバネ現象を認める。母指CM関節症には、1次性変形性関節症と外傷後の2次性関節症がある。橈側の手関節部痛を発生させる疾患として、舟状骨骨折およびその後の偽関節、舟状月状骨間解離が有名である。舟状骨骨折は、DISI変形を呈する遠位型骨折と中枢骨片の骨壊死を起こす可能性のある近位型骨折に分類できる。舟状月状骨間解離は舟状月状骨間靱帯、背側手根骨間靱帯、舟状大菱形小菱形骨間靱帯の損傷で発生する。尺側部の手関節部痛を起こす疾患としては、三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷、尺側手根伸筋腱炎、豆状三角骨間関節症が知られている。この3者の鑑別は、その治療方針を決定するうえで非常に大切である。(著者抄録)
  • 屈筋腱剥離術後の屈筋腱掌側脱臼にともなう手指屈曲拘縮の治療, 野口 貴志, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 池口 良輔, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, 春季学会, 229, 229,   2011年03月
  • 尺側手関節障害 各病態の鑑別診断と治療法、成績 1b TFCC損傷に対する鏡視下TFCC関節包縫合術の治療成績, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 野口 貴志, 中村 孝志, 日本手外科学会雑誌, 28, 1, S204, S204,   2011年03月
  • 舟状骨偽関節症例に対する掌側切開腸骨骨移植と背側切開血管柄付き骨移植の比較, 藤田 俊史, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 中村 孝志, 日本手外科学会雑誌, 28, 1, S271, S271,   2011年03月
  • 小児橈骨遠位単独骨折の転位例の検討, 太田 壮一, 柿木 良介, 杉本 正幸, 藤田 俊史, 中村 孝志, 日本手外科学会雑誌, 28, 1, S290, S290,   2011年03月
  • 大腿骨内顆血管柄付き骨移植による鎖骨偽関節の治療経験, 藤田 俊史, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 中村 賢司, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 54, 1, 197, 198,   2011年01月
  • 骨髄間葉系幹細胞を移植した血管含有チューブでの神経再生 : ラット坐骨神経モデルからイヌ尺骨神経30mm欠損モデルまで, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 野口 貴志, 山川 知之, 池口 良輔, 中山 憲, 松本 泰一, 青山 朋樹, 戸口田 淳也, 玄 拯休, 中村 孝志, 末梢神経 = Peripheral nerve, 21, 2, 180, 185,   2010年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027742179
  • 末梢神経の再生 骨髄間葉系幹細胞を移植した血管含有チューブでの神経再生 ラット坐骨神経モデルからイヌ尺骨神経30mm欠損モデルまで, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 野口 貴志, 山川 知之, 池口 良輔, 中山 憲, 松本 泰一, 青山 朋樹, 戸口田 淳也, 玄 拯休, 中村 孝志, 末梢神経, 21, 2, 180, 185,   2010年12月
  • 臨床への橋渡し研究の現況 同種移植の利点と限界 ポリフェノールを用いた末梢神経保存と同種移植に関する研究, 柿木 良介, 太田 壮一, 藤田 俊史, 野口 貴志, 中村 孝志, 池口 良輔, 松本 泰一, 中山 憲, 玄 丞烋, 日本整形外科学会雑誌, 84, 8, S1287, S1287,   2010年08月
  • 体外放射線照射罹患骨と血管柄付腓骨移植で再建した大腿骨骨幹部骨肉腫の1例, 中村 賢司, 中山 富貴, 柿木 良介, 仲俣 岳晴, 中村 孝志, 渡邉 健一郎, 戸口田 淳也, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 53, 4, 973, 973,   2010年07月
  • 骨関節X線像のみかた 手根骨, 柿木 良介, Journal of Clinical Rehabilitation, 19, 6, 576, 582,   2010年06月
  • ラット四肢同種移植における骨髄間葉系幹細胞の拒絶反応抑制効果, 池口 良輔, 柿木 良介, 三井 裕人, 青山 朋樹, 布留 守敏, 戸口田 淳也, 中村 孝志, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 23, 2, 193, 194,   2010年06月
  • 腕神経叢損傷患者での肋間神経移行術と部分尺骨神経移行術による肘関節屈曲再建の比較検討, 柿木 良介, 池口 良輔, 松本 泰一, 中山 憲, 中村 孝志, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 23, 2, 204, 204,   2010年06月
  • 腕神経叢全型引き抜き損傷に対する運動課題時の脳機能局在についてfNIRSを用いた比較検討, 近藤 綾, 市川 あやこ, 酒井 浩, 柿木 良介, 日本作業療法学会抄録集, 44回, P109, P109,   2010年06月
  • 思春期の書字障害児へOTが介入し高校進学ができた症例での学習支援について, 石田 順子, 東海林 美希子, 加藤 寿宏, 加藤 竹雄, 柿木 良介, 日本作業療法学会抄録集, 44回, P181, P181,   2010年06月
  • 橈骨遠位骨端線損傷後、高度変形が生じた1例(小児における背側Barton骨折変形治癒に対する治療経験), 上羽 宏明, 松本 泰一, 塩出 速雄, 松下 睦, 柿木 良介, 中国・四国整形外科学会雑誌, 22, 1, 231, 231,   2010年04月
  • やめた手術、奨める手術 Stage3キーンベック病にたいする血管柄付き骨移植術に有頭骨短縮合併手術の術後10年の成績 有頭骨短縮は必要だったか?, 柿木 良介, 池口 良輔, 松本 泰一, 伊藤 宣, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 27, 1, S38, S38,   2010年03月
  • 関節リウマチにおける屈筋腱皮下断裂7例の術前画像評価, 伊藤 宣, 柿木 良介, 池口 良輔, 吉富 啓之, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 27, 1, S302, S302,   2010年03月
  • 空気圧による免荷トレッドミル歩行における血流量変化について, 土本 浩司, 黒木 裕士, 鳥井 勇輔, 井上 裕之, 三浦 美樹子, 家城 弘, 南木 学, 柿木 良介, 理学療法学, 37, Suppl.2, 282, 282,   2010年03月
  • 同時皮弁術が必要であったと考えられる肘関節再々置換術後感染、コンポーネント周囲骨折の一症例, 柿木 良介, 池口 良輔, 伊藤 宣, 中山 憲, 中村 孝志, 日本肘関節学会雑誌, 17, 1, S54, S54,   2010年01月
  • 肩甲骨ウェア(柔流)がバドミントン選手の関節機能・体力テストに及ぼす影響, 小林 雅彦, 道田 哲彦, 竪 良太, 中村 伸一郎, 新井 隆三, 長谷川 聡, 柿木 良介, 清家 望, 畠山 和広, 篠崎 彰大, 中村 孝志, 日本臨床スポーツ医学会誌, 17, 4, S121, S121,   2009年10月
  • 末梢神経再生促進 骨髄幹細胞移植した血管茎含有チューブでのイヌ尺骨神経30mmの架橋実験 自家神経移植との比較, 柿木 良介, 池口 良輔, 中山 憲, 山川 知之, 青山 朋樹, 戸口田 淳也, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 83, 8, S1011, S1011,   2009年08月
  • 神経の変則的縫合術 CC7術を施行した血管柄付き尺骨神経より採取した部分神経束移行術, 柿木 良介, 中村 孝志, 池口 良輔, 福田 知佐子, 中山 憲, 松本 泰一, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 22, 2, 92, 92,   2009年06月
  • 肩甲上神経・腋窩神経合併損傷に対する手術的治療, 麻田 義之, 柿木 良介, 池口 良輔, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 22, 2, 126, 126,   2009年06月
  • 特発性上腕骨頭壊死に対してAngular Branchを用いた有茎血管柄付肩甲骨移植を施行した1例, 安東 一郎, 松本 泰一, 貝澤 幸俊, 松下 睦, 柿木 良介, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 22, 2, 126, 127,   2009年06月
  • 大腿骨頭壊死症に対する血管柄付腸骨移植と併用した骨髄間葉系幹細胞移植法について, 池口 良輔, 柿木 良介, 後藤 公志, 中村 孝志, 青山 朋樹, 上田 路子, 金 栄輝, 伊藤 錦哉, 戸口田 淳也, 前川 平, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 22, 2, 127, 128,   2009年06月
  • 脛骨感染性偽関節に対する血管柄付き骨移植の治療経験, 松本 泰一, 津村 卓哉, 安東 一郎, 貝澤 幸俊, 大西 英次郎, 松下 睦, 柿木 良介, 池口 良輔, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 22, 2, 131, 131,   2009年06月
  • 右肘化膿性関節炎に対して、有茎筋皮弁植皮術を施行し治癒し得た1例, 冨田 素子, 青山 朋樹, 池口 良輔, 柿木 良介, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 46, Suppl., S314, S314,   2009年05月
  • 末梢神経再生の基礎と臨床応用 骨髄幹細胞移植した血管茎含有チューブでの犬尺骨神経30mmの架橋実験 自家神経移植との比較, 柿木 良介, 池口 良輔, 青山 朋樹, 戸口田 淳也, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 26, 1, S60, S60,   2009年03月
  • ポリフェノールを用いた末梢神経長期保存に関する研究, 池口 良輔, 柿木 良介, 玄 丞烋, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 26, 1, S92, S92,   2009年03月
  • 人工股関節置換術術後患者の骨盤アライメントと歩行中の重心移動との関連性, 南角 学, 柿木 良介, 秋山 治彦, 西村 純, 高木 彩, 中村 孝志, 理学療法学, 36, Suppl.2, 39, 39,   2009年03月
  • 近位橈尺関節癒合症における肘後外側不安定症(PLRI)に対して上腕骨外反骨切術と靱帯再建を施行した1例, 松本 泰一, 山田 明彦, 柿木 良介, 中村 孝志, 松下 睦, 日本肘関節学会雑誌, 16, 1, S82, S82,   2009年01月
  • アスリートの上肢外傷、その治療とリハビリテーション, 柿木 良介, リハビリテーション科診療近畿地方会誌, 8, 35, 35,   2008年12月
  • 人工股関節置換術後の脚長差に対する補高の有用性について : 歩行中の重心移動パターンおよび歩行効率かりの検討, 南角 学, 柿木 良介, 川那辺 圭一, 秋山 治彦, 後藤 公志, 中村 孝志, Hip joint, 34, 146, 149,   2008年11月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025762985
  • 人工股関節置換術後の脚長差に対する補高の有用性について 歩行中の重心移動パターンおよび歩行効率からの検討, 南角 学, 柿木 良介, 川那辺 圭一, 秋山 治彦, 後藤 公志, 中村 孝志, Hip Joint, 34, Suppl., 146, 149,   2008年11月
    概要:片側人工股関節置換術を施行した両側変形性股関節症患者7例(女・平均53.7歳)を対象に、脚長差に対して補高した場合(A群)と補高しなかった場合(B群)の歩行状態について比較を行った。対象者の脚長差は2.0〜3.6cmで、いずれも手術側が非手術側よりも長かった。歩行の測定には床反力計と3次元動作解析装置を用い、速度-距離因子、重心移動幅の他、歩行効率として一歩行周期および体重1kg・進行距離1m当たりの重心の仕事量(WE-1)を求めた。速度-距離因子である歩行速度、重複歩距離、歩行率は両群間で有意差がなかった。重心移動幅は、側方方向では有意差がなかったが、垂直方向ではA群平均2.9cm、B群5.0cmと有意差を認めた。WE-1はA群平均0.79Wt/kg/m、B群1.30Wt/kg/mとB群が有意に大きく、非対称性な重心移動パターンが顕著であった。垂直方向への重心移動パターンの非対称性とWE-1との関連をみると、両群ともに強い相関関係を認めた。
  • 【骨関節疾患の理学療法とバイオメカニクス】 変形性股関節症に対する理学療法とバイオメカニクス, 南角 学, 神先 秀人, 西村 純, 秋山 治彦, 中村 孝志, 柿木 良介, 理学療法ジャーナル, 42, 10, 829, 836,   2008年10月
  • 正中神経を初発とし尺骨神経にも発生した神経脂肪腫症の1例, 池口 良輔, 柿木 良介, 仲俣 岳晴, 濱 弘道, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 51, 4, 813, 813,   2008年07月
  • 腕神経叢損傷患者に対する神経再建後の肩関節機能, 柿木 良介, 中村 孝志, 池口 良輔, 山川 知之, Atiyya Ahamed Naeem, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 21, 2, 200, 200,   2008年06月
  • 有痛性神経腫に対して逆行性神経血管柄付指背島状皮弁を用いた治療経験, 松本 泰一, 松下 睦, 柿木 良介, 池口 良輔, 中村 孝志, 西島 直城, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 21, 2, 205, 205,   2008年06月
  • 腕神経叢損傷対側C7神経根移行術後の脳内局在変化について fNIRSを用いた検討, 市川 あやこ, 柿木 良介, 酒井 浩, 近藤 綾, 中村 孝志, 日本作業療法学会抄録集, 42回, P58, P58,   2008年06月
  • 運動失調患者における弾性緊縛帯使用時の脳内変化の検討 Functional-NIRSを用いた反復学習過程の検討, 山脇 理恵, 酒井 浩, 秋田 能聖, 柿木 良介, 中村 孝志, 日本作業療法学会抄録集, 42回, P144, P144,   2008年06月
  • 1-4-29 対側C7神経根移行術を施行した腕神経叢引抜損傷患者に対する近赤外光脳機能イメージング法を用いた検討(末梢神経,口演,一般演題,リハビリテーション医学の進歩"評価から治療介入へ",第45回日本リハビリテーション医学会学術集会), 柿木 良介, 酒井 浩, 池口 良輔, 青山 朋樹, 中村 孝志, リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌, 45, 0,   2008年05月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006836045
  • 2-6-18 両側有痛性白股症に対する治療経験(循環器(2),口演,一般演題,リハビリテーション医学の進歩"評価から治療介入へ",第45回日本リハビリテーション医学会学術集会), 青山 朋樹, 長谷川 聡, 柿木 良介, 中村 孝志, リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌, 45, 0,   2008年05月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006836390
  • 対側C7神経根移行術を施行した腕神経叢引抜損傷患者に対する近赤外光脳機能イメージング法を用いた検討, 柿木 良介, 酒井 浩, 池口 良輔, 青山 朋樹, 中村 孝志, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 45, Suppl., S160, S160,   2008年05月
  • 両側有痛性白股症に対する治療経験, 青山 朋樹, 長谷川 聡, 柿木 良介, 中村 孝志, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 45, Suppl., S293, S293,   2008年05月
  • 96 人工股関節置換術術前・術後における腰痛症状の変化の定量的評価 : Flexion Relaxation Phenomenonの筋電図学的分析(骨・関節系理学療法,一般演題(ポスター発表演題),第43回日本理学療法学術大会), 南角 学, 市橋 則明, 柿木 良介, 三戸 由美子, 川那辺 圭一, 中村 孝志, 理学療法学, 35, 2,   2008年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006799653
  • 第4、5中手骨基部背側脱臼骨折の5例 Fist blowの治療経験, 林 英輔, 松本 泰一, 上羽 宏明, 柿木 良介, 松下 睦, 日本手の外科学会雑誌, 25, 1, S170, S170,   2008年03月
  • 腕神経叢損傷患者に対する神経再建後の肩関節機能, 柿木 良介, 池口 良輔, 麻田 義之, 松本 泰一, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 25, 1, S228, S228,   2008年03月
  • 【小児肘関節周辺骨折の治療】 肘関節外側顆骨折, 柿木 良介, 整形・災害外科, 50, 13, 1505, 1509,   2007年12月
  • 上肢神経再建後のリハビリテーション 外傷性腕神経叢損傷を中心に, 柿木 良介, リハビリテーション科診療近畿地方会誌, 7, 32, 32,   2007年12月
  • 舟状骨偽関節に対する舟状骨背側からの血管柄付き骨移植術, 柿木 良介, 池口 良輔, 山川 知之, アハメド・ナイーム, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 24, 2, 74, 78,   2007年10月
    概要:舟状骨偽関節に対し、橈骨遠位背側から血管柄付き移植骨を採取し、背側から舟状骨偽関節部に移植した14例14手(男13例、女1例、手術時平均27歳)を対象として、その骨癒合までの期間、術前後の手関節可動域、握力、DISI変形の指標として手関節側面レントゲン像での橈骨月状骨角度、および術後のmodified Mayo wrist scoreを測定した。術前6例でDISI変形を認めた。受傷から手術までの期間は8週〜42年で、一度以前に手術を受けていたものが4例あった。結果として、14例中13例で骨癒合を得、これら症例における手術から骨癒合までの期間は平均11.9週であった。また術前にDISI変形を認めなかった8例の術後の臨床症状と単純レントゲン像では、近位骨片に明らかな無腐性壊死を呈したものはなかった。術後のmodified Mayo wrist scoreは平均74点であった。術後手関節の可動域は掌屈および尺屈で有意に低下していたが、握力は有意に増加し、DISI変形は有意に矯正されていた。
  • 第3中手骨骨頭無腐性壊死の1症例, 柿木 良介, 池口 良輔, 堤 聖吾, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, 秋季学会, 109, 109,   2007年09月
  • 第3中手骨骨頭無腐性骨壊死の1症例, 堤 聖吾, 池口 良輔, 中西 りか, Atiyya Ahamed Naeem, 柿木 良介, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 50, 4, 764, 764,   2007年07月
  • 【整形外科office-based surgery-1人でできるテクニック】 肩、肘、手関節 橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレートの工夫, 松本 泰一, 松下 睦, 塩出 速雄, 柿木 良介, 中村 孝志, 別冊整形外科, 51, 73, 78,   2007年04月
    概要:橈骨遠位端骨折に対してロッキングプレートを使用してプレート観血的骨接合術を施行した17例を対象に、術後のROMおよび握力と共にX線学的指標としてvolar tilt、橈骨遠位端尺側傾斜、ulnar varianceを評価した。手術においては、チャイニーズフィンガートラップを用いて4kgで牽引しある程度整復する、手用のホーマン鉤、distal first techniqueを用いる、などの工夫行なった。患者の年齢は平均63.3歳で、経過観察機関は平均4.8ヵ月であった。握力は健側比で65.9%まで回復した。患肢ROMの平均は背屈、掌屈が各々60.3度、56.6度であり、回外、回内は各々平均77.5度、78.5度であった。また、X線学的評価はvolar tiltが術前-18.4度から術後8.4度に、橈骨遠位端尺側傾斜が術前13.5度から術後20.5度に、ulnar varianceが術前3.6mmから術後0.5mmと改善した。ロッキングプレートの使用は、脆弱な高齢者の橈骨遠位端骨折に対して非常に有用であると考えられた。
  • 骨髄由来細胞を利用した末梢神経再生の新戦略, 中山 憲, 柿木 良介, 好井 覚, 池口 良輔, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 24, 1, S58, S58,   2007年03月
  • 舟状骨偽関節に対する手関節背側からの血管柄付き骨移植術の治療成績, 柿木 良介, 池口 良輔, 中山 憲, 山川 知之, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 24, 1, S190, S190,   2007年03月
  • キーンベック病における血管柄付骨移植と併用した有頭骨短縮と舟状有頭骨仮固定の治療成績, 池口 良輔, 柿木 良介, 中山 憲, 森本 佳秀, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 24, 1, S198, S198,   2007年03月
  • ポリフェノールを用いた同種神経移植における免疫抑制剤の効用, 山川 知之, 柿木 良介, 池口 良輔, 中山 憲, 森本 佳秀, 日本手の外科学会雑誌, 24, 1, S259, S259,   2007年03月
  • 小児における背側Barton骨折変形治癒に対する治療経験, 上羽 宏明, 松本 泰一, 川口 洋, 松下 睦, 柿木 良介, 倉敷中央病院年報, 69, 71, 74,   2007年03月
    概要:9歳女児、7歳時に滑り台から転落し、レントゲン写真にてSalter-Harris 4型の左橈骨遠位骨端線損傷と診断された。ギプス固定を受けたが徐々に左手の変形が生じてきた。当院初診時のレントゲン写真では橈骨遠位関節面の階段状変形と橈骨成長障害による橈尺骨長差を認めた。橈骨矯正骨切り術を行い、尺骨の相対的成長による著明な橈尺骨長差と手関節尺側部痛に対して尺骨短縮骨切り術を施行した。しかしその後も尺骨の成長は続き、橈尺骨長差が生じてきた。手掌の大きさも左右差を認め、今後の橈骨延長術を考慮した。
  • 腕神経叢損傷の外科的治療戦略 腕神経叢損傷患者に施行した部分神経移行術と神経端側吻合術の術後成績, 柿木 良介, 池口 良輔, 中山 憲, 山川 知之, 森本 佳秀, Naeem Ahamed, 西村 隆一, 西島 直城, 斉藤 聡彦, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 81, 3, S222, S222,   2007年03月
  • 正常前腕と橈骨頭前方脱臼の三次元動態解析と近位橈尺関節の形態的評価, 岡 久仁洋, 村瀬 剛, 森友 寿夫, 有光 小百合, 後藤 晃, 柿木 良介, 面川 庄平, 日本肘関節学会雑誌, 14, 1, S48, S48,   2007年01月
  • 末梢神経麻痺の治療の進歩 部分尺骨神経移行術 その結果と応用, 柿木 良介, 池口 良輔, 中山 憲, 山川 知之, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 23, 6, 689, 693,   2006年12月
  • 座位保持機能を獲得することにより大幅にADLが改善した両股関節離断の一例, 青山 朋樹, 柿木 良介, 伊吹 哲子, 安河内 奈々, 中村 孝志, リハビリテーション科診療近畿地方会誌, 6, 12, 16,   2006年12月
  • 無腐性骨壊死病態に対する生体材料と間葉系幹細胞を用いた治療法の開発, 大塚 聖視, 青山 朋樹, 柴田 弘太郎ロバーツ, 吹上 謙一, 池口 良輔, 柿木 良介, 中村 孝志, 大塚 隆信, 戸口田 淳也, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 28回, 363, 363,   2006年11月
  • 橈骨遠位骨端線損傷後、高度変形が生じた1例 小児における背側Barton骨折変形治癒に対する治療経験, 上羽 宏明, 松本 泰一, 川口 洋, 柿木 良介, 松下 睦, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, 秋季学会, 107, 107,   2006年09月
  • Chow変法2ポータル鏡視下手根管開放術の術後成績, 中山 憲, 柿木 良介, 池口 良輔, 山川 知之, 森本 佳秀, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, 秋季学会, 115, 115,   2006年09月
  • ラット坐骨神経20mm欠損モデルでの骨髄間葉系細胞を用いた血管含有チューブ内神経再生について Isograftモデルと比較して, 山川 知之, 柿木 良介, 池口 良輔, 中山 憲, 森本 佳秀, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 80, 8, S828, S828,   2006年08月
  • 三次元動作解析法を用いた橈骨頭前方脱臼の機能的形態的評価法, 岡 久仁洋, 村瀬 剛, 森友 寿夫, 柿木 良介, 菅本 一臣, 吉川 秀樹, 日本整形外科学会雑誌, 80, 8, S875, S875,   2006年08月
  • PolyphenolとFK506を用いた異種移植神経再生について, 森本 佳秀, 柿木 良介, 中山 憲, 山川 知之, 池口 良輔, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 80, 8, S1069, S1069,   2006年08月
  • 下腿へ移植した遊離血管柄付き腓骨の11症例 骨癒合不全に対する考察, 柿木 良介, 中山 憲, 山川 知之, 森本 佳秀, 中山 富貴, 中村 孝志, 坪山 直生, 戸口田 淳也, 西村 隆一, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 19, 2, 190, 191,   2006年06月
  • 膝窩動脈損傷を伴った脛骨開放骨折後のMRSA感染性偽関節に対する治療経験, 中山 憲, 柿木 良介, 山川 知之, 森本 佳秀, 北折 俊之, 中村 孝志, 高木 治樹, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 19, 2, 191, 191,   2006年06月
  • 【末梢神経障害の基礎と治療戦略】 基礎的研究 神経移植 緑茶ポリフェノールを用いた末梢神経保存に対する実験的研究, 柿木 良介, 池口 良輔, 松本 泰一, 中山 憲, 山川 知之, 森本 佳秀, 玄 丞烋, 中村 孝志, 別冊整形外科, 49, 69, 73,   2006年04月
    概要:ポリフェノールの末梢神経保存作用についてラット坐骨神経を用いて検討した.ポリフェノールはPFI社(京都)から購入し,これを細胞保存液(DMEM液)に溶かし,フィルターを通過させて,その濃度を1mg/mlに調整した.坐骨神経から採取した20mm長の神経片を摂氏4℃でポリフェノール液中に浸漬させ,その後21日間DMEM液中に摂氏4℃で保存したのち神経欠損部に移植した群(P群)と,採取神経片をDMEM液中に摂氏4℃で28日間保存したのち神経欠損部に移植した群(M群)を設定し,移植後再生神経の電気生理学的・組織形態学的・分子生物学的評価を行った.その結果,P群の再生神経はいずれの評価においてもM群より有意に優れており,ポリフェノール保存の有用性が示された
  • 骨髄間葉系細胞を用いた血管含有チューブ内神経再生について, 山川 知之, 柿木 良介, 中山 憲, 森本 佳秀, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, 春季学会, 160, 160,   2006年03月
  • 3D-CTを用いた橈骨頭前方脱臼の前腕動態解析とその病態, 岡 久仁洋, 村瀬 剛, 森友 寿夫, 面川 庄平, 柿木 良介, 日本手の外科学会雑誌, 23, 1, S92, S92,   2006年03月
  • 末梢神経麻痺の治療の進歩 部分尺骨神経移行術 その結果と応用, 柿木 良介, 中山 憲, 山川 知之, 森本 佳秀, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 23, 1, S119, S119,   2006年03月
  • 同種神経移植における神経保存液としてのポリフェノールの有効性に対する研究, 柿木 良介, 池口 良輔, 松本 泰一, 山川 知之, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 23, 1, S187, S187,   2006年03月
  • 腋窩神経単独損傷の治療経験, 中山 憲, 柿木 良介, 山川 知之, 森本 佳秀, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 49, 2, 400, 400,   2006年03月
  • 骨髄間葉系細胞を用いた血管含有チューブ内神経再生について, 山川 知之, 柿木 良介, 中山 憲, 森本 佳秀, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 23, 1, S184, S184,   2006年03月
  • 日本の整形外科による独創展 百年間の着想と努力を学ぶ 血管柄付き骨移植は日本から始まった, 柿木 良介, 中山 憲, 山川 知之, 森本 佳秀, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 80, 3, S154, S154,   2006年03月
  • 橈骨頭脱臼における前腕回旋動作3次元解析, 村瀬 剛, 森友 寿夫, 岡久 仁洋, 後藤 晃, 柿木 良介, 面川 庄平, 日高 典昭, 日本肘関節学会雑誌, 12, 2, 191, 192,   2005年12月
    概要:MRI三次元動態解析法を用いて陳旧性橈骨頭脱臼3例の前腕回旋動作を解析した.3例とも前腕回旋軸(以下A)は回内外運動中一定していた.3例ともAは解剖学的に手関節部で尺骨茎状突起部付近を通り,肘関節部では上腕骨小頭の前方付近を通っていた.1例では橈骨頭がAを大きくはずれ,他の2例も橈骨頭はAに対して偏位していた
  • 筋力再建を目的とした遊離血管柄付き筋肉移植の治療成績, 柿木 良介, 中山 憲, 中村 孝志, リハビリテーション医学, 42, 11, 789, 789,   2005年11月
  • 【骨壊死 最新の診断と治療】 臨床的研究 病因・診断・治療 下肢 膝関節 血管柄付き大腿骨内顆部骨移植を用いた無腐性骨壊死の治療, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 山川 知之, 中村 孝志, 別冊整形外科, 48, 223, 228,   2005年10月
    概要:標記4例を報告した.症例1(23歳男).交通事故で右距骨骨折し,受傷2ヵ月後,骨折部を固定後距骨ドーム直下に標記の移植術を施行した.術後1年6ヵ月時点で骨癒合は完成した.症例2(65歳女).特発性距骨壊死のため距骨に標記の移植術を施行した.術後2年のMRIで距骨ドームの再血行化は不良であったが正坐可能であり,術後4年には大部分が再血行化されていた.症例3(39歳男).転倒で右上腕骨顆間部T字骨折し,観血的整復術後8ヵ月に上腕骨小頭部の軟骨下骨骨壊死を認めたため標記の移植術と海綿骨移植術を施行した.術後1年2ヵ月でX線像上骨癒合は良好である.症例4(29歳男).交通事故で右舟状骨骨折し,2度の骨接合術後も疼痛が持続するため標記の移植術を施行した.術後4ヵ月で骨癒合が得られ,術後1年の握力は健側とほぼ同等まで回復した
  • 神経再生:末梢神経から脊髄まで 骨髄間質細胞を用いた血管含有チューブ内神経再生について, 山川 知之, 柿木 良介, 中山 憲, 森本 佳秀, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 79, 8, S739, S739,   2005年08月
  • キーンベック病モデルに対する間葉系幹細胞を用いた細胞治療, 大塚 聖視, 青山 朋樹, 柿木 良介, 中村 孝志, 大塚 隆信, 戸口田 淳也, 日本整形外科学会雑誌, 79, 8, S836, S836,   2005年08月
  • 筋力再建を目的とした遊離血管柄付き筋肉移植の治療成績, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 山川 知之, 中村 孝志, 西島 直城, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 18, 2, 141, 142,   2005年06月
  • 血管柄付き組織移植により切断をまぬがれた手指骨髄炎の4症例, 柿木 良介, 青山 朋樹, 中村 孝志, リハビリテーション医学, 42, Suppl., S371, S371,   2005年05月
  • 両大腿切断に合併した切断端感染症例に対して右股関節離断術を行い,座位保持装具を用いることで座位が可能となった一例, 青山 朋樹, 柿木 良介, 伊吹 哲子, 中村 孝志, リハビリテーション医学, 42, Suppl., S416, S416,   2005年05月
  • 【骨・軟骨移植 最近の知見】 骨移植 臨床研究 4)血管柄付き骨移植 血管柄付き橈骨移植による進行期Kienboeck病の治療, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 山川 知之, 西島 直城, 中村 孝志, 別冊整形外科, 47, 100, 105,   2005年04月
    概要:進行期Kienbock病に対する治療について報告した.手術を施行したstage IIIのKienboeck病患者のうち,術後2年以上経過観察された27症例を対象とした.尺骨マイナス変異の7例には橈骨短縮術(RS群)を,尺骨プラスおよびゼロ変異の9例(TSC群)と尺骨変異程度を考慮しなかった11例(CS群)には血管付き骨移植後,一時的舟状有頭骨間固定術を行った.CS群の変異マイナス症例には橈骨短縮術も追加した.術後,3群間の握力およびmodified Mayo wrist scoreに有意差はなかった.手関節背屈・掌屈可動域は,CS群が他の2群に比べ有意に低下していた.尺骨マイナス変異症例には橈骨短縮術が,尺骨プラスおよびゼロ変異症例には月状骨への血管柄付き骨移植と一時的舟状有頭骨間固定術が良好な結果をもたらすと思われた
  • 長期間看過された小児肘関節内骨折の2例, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 山川 知之, 中村 孝志, 日本肘関節学会雑誌, 12, 1, S57, S57,   2005年01月
  • 橈骨頭脱臼における前腕回旋動作3次元解析, 村瀬 剛, 森友 寿夫, 岡 久仁洋, 後藤 晃, 柿木 良介, 面川 庄平, 日高 典昭, 日本肘関節学会雑誌, 12, 1, S68, S68,   2005年01月
  • Coonrad-Morrey型人工肘関節の術後成績, 松本 泰一, 柿木 良介, 真多 俊博, 赤木 将男, 中村 孝志, 日本肘関節学会雑誌, 11, 1, 1, 2,   2004年12月
    概要:Coonrad-Morrey型人工肘関節全置換術(TEA)の術後成績について報告した.30例35肘に施行した.短期成績はおおむね満足できるものであった.三頭筋を切開するCampbell approachを用いても,肘伸展位固定を併用することにより,屈曲角度には影響を及ぼさずに伸展角度を改善させ,良好な三頭筋筋力を維持することができた.Semi-constrained type Coonrad -Morrey型TEAでは,上腕骨内顆・外顆骨折による肘機能障害は最小限で,術後成績に影響を及ぼさないことが示唆された
  • 上腕骨通顆骨折後に発生した上腕骨小頭の骨軟骨欠損に対する遊離骨骨膜移植術による治療経験, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 西村 隆一, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, 日本肘関節学会雑誌, 11, 1, 215, 216,   2004年12月
    概要:39歳性.スケート中に転倒し右肘を強打し,上腕骨遠位関節内骨折を受傷した.手術は尺骨肘頭部を骨切りし,肘関節内の骨折部に到達した.尺骨の骨切り部はキルシュナー鋼線とワイヤーでtension band wiring法で固定し,術後3日目よりCPM運動を開始した.術後8ヵ月の時点の単純レントゲン像にて,上腕骨小頭部に骨透亮像をみとめたため,固定金属の抜去と上腕骨小頭骨壊死に対し手術を行った.骨癒合が遷延していた尺骨骨切り部の再固定も追加した.骨骨膜移植14ヵ月後に施行した肘関節MRIでは,関節内に少量の関節液の貯留を認めるものの,移植骨と周囲組織との骨癒合は良好で上腕骨遠位部に虚血性変化は認められなかった.また,移植16ヵ月後に施行した肘関節鏡では,上腕骨小頭の骨軟骨欠損部は軟骨様組織で置換されていた.軽度の可動域制限が残存したが,日常生活に大きな支障なく,生活している
  • 指節骨の長軸骨切りを施行した巨指症の1例, 松本 泰一, 柿木 良介, 池口 良輔, 山川 知之, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, 6, 1330, 1330,   2004年11月
  • 進行期Kienboeck病に対する有頭骨短縮術を併用した血管柄付き骨移植術の成績, 柿木 良介, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 21, 3, 315, 315,   2004年10月
  • 緑茶ポリフェノールを利用した末梢神経保存における至適処理条件の検討, 松本 泰一, 柿木 良介, 池口 良輔, 玄 丞烋, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 78, 8, S1079, S1079,   2004年08月
  • ポリフェノール処理した保存末梢神経同種移植に関する研究, 池口 良輔, 柿木 良介, 松本 泰一, 玄 丞烋, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 78, 8, S1079, S1079,   2004年08月
  • 手足の島状皮弁 背側中手骨動脈および背側指動脈を栄養血管とする有茎島状組織移植術を用いた手部骨軟部組織再建, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 西島 直城, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 17, 2, 176, 176,   2004年06月
  • 肘屈曲再建に対する肋間神経移行術と部分尺骨神経移行術の術後リハビリテーションに対する考察, 柿木 良介, 中村 孝志, リハビリテーション医学, 41, Suppl., S328, S328,   2004年05月
  • 外傷性神経腫にたいする神経断端静脈内挿入法, 柿木 良介, 中村 孝志, リハビリテーション医学, 41, Suppl., S328, S328,   2004年05月
  • Dorsal digital flap及びdorsal metacarpal flapを用いた手指骨髄炎の治療, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 西島 直城, 日本手の外科学会雑誌, 21, 1, S50, S50,   2004年03月
  • ポリフェノール処理した保存末梢神経移植に関する研究, 池口 良輔, 柿木 良介, 松本 泰一, 玄 丞烋, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 21, 1, S81, S81,   2004年03月
  • 保存療法にて経過観察した特発性前骨間神経,後骨間神経麻痺の8例, 松本 泰一, 柿木 良介, 池口 良輔, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 21, 1, S192, S192,   2004年03月
  • 人工肘関節全置換術の術後成績, 松本 泰一, 安田 義, 真多 俊博, 赤木 将男, 清水 和也, 柿木 良介, 中村 孝志, 関節の外科, 31, 1, 5, 7,   2004年03月
    概要:1985年から主に関節リウマチ性肘関節症に対して人工肘関節全置換術をする際,Bioceram,Souter,Kakogawa,Coonrad-Morrey型へと,より安定した成績を求めて術式を施行してきた.54例73肘関節を対象に,これら4機種の成績とアプローチによる伸展力を検討した.術後の伸展角度,可動域には有意差はなかったが,屈曲角度については有意差が認められた.Coonrad-Morrey型は,術前に関節の動揺性を認める症例でも,術後には動揺性が消失した.術後の内反または外反の変形は認められなかったが,伸展障害による屈曲拘縮が残った症例であっても日常生活動作が可能で,患者の満足は高かった.アプローチにはCampbell法をを用い,術後伸展位固定を併用することで,術後の伸展角度は良好となった,Campbell法は律下法に比べて手技も簡単で,十分な展開が得られ,上腕三頭筋の剥離後の修復も比較的容易である
  • 受傷後2年を経てcontralateral C7により正中神経を再建した1例, 三宅 良平, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 47, 2, 377, 378,   2004年03月
  • 肋間神経移行術または部分尺骨神経移行術で肘屈曲再建した上位型腕神経損傷患者の術後リハビリテーション期間の比較, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 高原 世津子, 櫛田 里恵, 中田 修, 石田 順子, リハビリテーション科診療近畿地方会誌, 4, 3, 5,   2003年12月
  • 第2足趾移植による再建を要した右母指開放骨折の1例, 福田 知佐子, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, 5, 987, 987,   2003年09月
  • 肋間神経移行術又は部分尺骨神経移行術で肘屈曲再建した上位型腕神経損傷患者の術後リハビリテーション, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 高原 世津子, 櫛田 里恵, 中田 修, 石田 順子, リハビリテーション医学, 40, 7, 463, 464,   2003年07月
  • 浅腸骨回旋動脈に静脈移植を施行した遊離鼠径皮弁による治療経験, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 16, 2, 129, 129,   2003年06月
  • ポリフェノール処理した保存末梢神経移植に関する研究, 池内 良輔, 柿木 良介, 松本 泰一, 中村 孝志, 玄 丞烋, 移植, 38, 2, 153, 153,   2003年04月
  • 人工肘関節全置換術の術後成績, 松本 泰一, 安田 義, 真多 俊博, 清水 真, 柿木 良介, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 77, 3, S101, S101,   2003年03月
  • Medialis pedis flapを用いて治療した重度足部Dupuytren拘縮の1症例, 村尾 浩樹, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 46, 2, 346, 346,   2003年03月
  • 炭素負イオンを注入したシリコンチューブによる末梢神経再生に関する研究, 池口 良輔, 柿木 良介, 松本 泰一, 中村 孝志, 辻 博司, 石川 順三, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 24回, 253, 253,   2002年11月
  • 舟状骨手術後偽関節に対し大腿骨内顆血管柄付骨移植術を施行した1症例, 原田 有樹, 柿木 良介, 松本 泰一, 池口 良輔, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, 4, 741, 741,   2002年07月
  • 先天性下腿骨偽関節症に対して血管柄付き腓骨移植を行った1経過例, 山川 知之, 西島 直城, 藤尾 圭司, 瀬戸 洋一, 柿木 良介, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 15, 2, 97, 97,   2002年06月
  • 無腐性骨壊死に対する遊離血管柄付き大腿骨内顆骨移植の経験, 柿木 良介, 池口 良輔, 中村 孝志, 松本 泰一, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 15, 2, 100, 100,   2002年06月
  • 切断肢指再接着術後の指温度変化の検討, 松本 泰一, 太田 雅人, 西村 隆一, 大塚 悟, 三原 一志, 椋棒 農夫也, 横山 徳一, 柿木 良介, 中村 孝志, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 15, 2, 133, 133,   2002年06月
  • MRSAによる化膿性膝関節炎に対して関節固定術を施行した1例, 岩瀬 大岳, 安田 義, 中川 泰彰, 柿木 良介, 清水 真, 松村 拓郎, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, 3, 552, 552,   2002年05月
  • 人工肘関節全置換術の成績, 真多 俊博, 安田 義, 清水 真, 柿木 良介, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 76, 4, S429, S429,   2002年04月
  • ポリフェノール処理した保存末梢神経移植に関する研究, 池口 良輔, 岡本 健, 柿木 良介, 中村 孝志, 玄 丞烋, 移植, 37, 2, 69, 69,   2002年04月
  • 中指基節骨に発生した骨肉腫の1例, 佐竹 剛, 村田 壮平, 中山 富貴, 柿木 良介, 中村 孝志, 戸口田 淳也, 坪山 直生, 中嶋 安彬, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, 2, 378, 379,   2002年03月
  • 有頭骨短縮術を併用した血管柄付き骨移植でサルベージした橈骨骨切り術後のKienbock病の3症例, 柿木 良介, 松岡 秀明, 鈴木 隆, 池口 良輔, 中村 孝志, 松本 泰一, 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 18, 6, 803, 806,   2002年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010062008
  • 有頭骨短縮術を併用した血管柄付き骨移植でサルベージした橈骨骨切り術後のKienboeck病の3症例, 柿木 良介, 松岡 秀明, 鈴木 隆, 池口 良輔, 中村 孝志, 松本 泰一, 日本手の外科学会雑誌, 18, 6, 803, 806,   2002年02月
    概要:橈骨短縮術及び橈骨骨切り術を施行したが,手関節部の疼痛の増悪と月状骨の破壊が進行した3症例3手のKienboeck病に対し,月状骨への血管柄付き骨移植術と有頭骨短縮術を施行した.第2回手術後8ヵ月以内に全員原職に復帰した.3例中1例は,労作時,安静時共に手関節痛は消失した.残りの2例は,労作時に軽度の疼痛を自覚するのみであった.第2回手術前後で,平均手関節背屈角度及び握力は改善したが,手関節掌屈角度は低下した.Carpal height ratioに大きな変化はなかったが,Stahl's indexは著明に改善した.舟状骨月状骨角も改善し,舟状骨の掌屈変形も改善した
  • 静脈皮弁を用いて皮膚再建と血行再建を同時に行った屈指症の1例, 原田 有樹, 柿木 良介, 池口 良輔, 中村 孝志, 井上 茂亮, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, 6, 1447, 1447,   2001年11月
  • 血管含有チューブを用いた神経再生に関する実験的研究と臨床応用, 柿木 良介, 中村 孝志, 西島 直城, 日本手の外科学会雑誌, 18, 2, 224, 224,   2001年10月
  • 治療に難渋した脊椎instrumentation後MRSA感染症 片側広背筋弁が奏効した1例, 松本 泰一, 椋棒 農夫也, 柿木 良介, 松下 睦, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, 秋季学会, 49, 49,   2001年09月
  • 静脈皮弁の危険因子に関する検討, 柿木 良介, 真多 俊博, 岡本 健, 中村 孝志, 松本 泰一, 椋棒 農夫也, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 14, 2, 126, 126,   2001年06月
  • 進行期Kienboeck病に対する月状骨形成術の治療成績, 柿木 良介, 松本 泰一, 鈴木 隆, 船越 登, 松岡 秀明, 真多 俊博, 岡本 健, 中村 孝志, 日本整形外科学会雑誌, 75, 3, S542, S542,   2001年03月
  • 月状骨形成術によるキーンベック病に対する橈骨骨切り術後のサルベージ手術, 柿木 良介, 鈴木 隆, 松本 泰一, 松岡 秀明, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 18, Suppl., 261, 261,   2001年03月
  • キーンベック氏病に対するSTT固定の短期成績, 吉富 啓之, 柿木 良介, 西島 直城, 金馬 孝明, 原 忠司, 日本手の外科学会雑誌, 18, Suppl., 317, 317,   2001年03月
  • 腕神経叢損傷根引き抜き損傷に対する肩機能再建, 山川 知之, 西島 直城, 吉富 啓之, 柿木 良介, 小竹 俊郎, 日本手の外科学会雑誌, 18, Suppl., 233, 233,   2001年03月
  • 多発性外骨腫に続発した腸骨軟骨肉腫の1症例, 伊藤 裕美, 戸口田 淳也, 坪山 直生, 柿木 良介, 村上 弘, 中村 孝志, 真多 俊博, 飯田 寛和, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, 2, 470, 471,   2001年03月
  • Oberlin法を用いて遊離薄筋移植術を行い肘関節屈曲機能を獲得した陳旧性上位型腕神経叢損傷の1症例, 柿木 良介, 石川 正洋, 中村 孝志, 真多 俊博, 小林 大輔, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, 1, 212, 212,   2001年01月
  • 逆行性指動脈島状皮弁における知覚回復の検討, 松本 泰一, 椋棒 農夫也, 柿木 良介, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 17, 3, 345, 347,   2000年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008584226
  • 有痛性神経腫に対する静脈内挿入法による治療経験, 柿木 良介, 真多 俊博, 浅野 大洋, 中川 泰彰, 岡本 健, 中村 孝志, 松本 泰一, 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 17, 4, 414, 417,   2000年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008584334
  • 有痛性神経腫に対する静脈内挿入法による治療経験(Treatment for Painful Neuromas Using a Vein-implantation Method), 柿木 良介, 真多 俊博, 浅野 大洋, 中川 泰彰, 岡本 健, 中村 孝志, 松本 泰一, 日本手の外科学会雑誌, 17, 4, 414, 417,   2000年12月
    概要:20匹のSDラットを用い,神経腫切除後の神経断端を大腿静脈に挿入し,経時的変化を組織形態学的に観察した.静脈挿入後12週の電顕像では,神経断端は1層の血管内皮細胞でおおわれ,尖端部には神経線維は認められず,やや中枢部で無髄線維が,更に中枢部で有髄線維が存在していた.静脈挿入法で治療した神経腫の6症例の結果では,疼痛のしびれのない優4例,多少の疼痛しびれがあるものの日常生活に問題のない良1例,疼痛しびれの再燃した失敗例1例であった.症例1は74歳の女性で,神経腫を切除した後,神経断端を周辺の皮下静脈に挿入し,神経上膜と静脈壁を縫合した.4ヵ月後疼痛,しびれが再燃し再手術を施行し,中枢側の神経断端を伏在静脈に挿入した.再手術後の成績は優となった.症例2は56歳の男性で,神経腫を切除後,神経断端をcephalic veinの中枢端へ挿入した.術後1年4ヵ月の現在判定は良であった
  • 逆行性指動脈島状皮弁における知覚回復の検討(Sensory Recovery in Reverse Vascular Pedicle Digital Island Flap), 松本 泰一, 椋棒 農夫也, 柿木 良介, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 17, 3, 345, 347,   2000年12月
    概要:手指指尖部損傷に対する逆行性指動脈島状皮弁における知覚回復について検討した.神経縫合群は非縫合群と比較して知覚の回復スピードがはやい.特に母指の島状皮弁は知覚回復スピードがはやい.最終獲得知覚は神経縫合群と非縫合群の両群間に明らかな差はない.皮弁の周囲に遊離植皮をする場合や,母指の再建では,神経を縫合すべきである.若年者で欠損部の面積が小さい症例では必ずしも神経縫合の必要はない
  • 背側中手動脈を茎とした血管柄付筋筋膜移植にて治療した右中指基節骨慢性化膿性骨髄炎の1症例, 木村 浩明, 柿木 良介, 原 忠司, 真多 俊博, 浅野 大洋, 岡本 健, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 43, 5, 1326, 1326,   2000年09月
  • 慢性関節リウマチに対するSauve-Kapandji法の検討, 真多 俊博, 赤木 将男, 池田 登, 麻田 義之, 柿木 良介, 中村 孝志, 臨床リウマチ, 12, 1, 69, 76,   2000年03月
    概要:慢性関節リウマチに対するSauve-Kapandji法の臨床成績とX線計測について報告した.1)手術によって顕著な疼痛緩解が得られた.2)回内外可動域が増加した.3)掌背屈可動域は減少した.4)握力は増加傾向があった.5)X線上,尺側偏位と掌側偏位を予防できるといえるが,計測上の数値の悪化傾向はある.6)慢性関節リウマチの手関節形成術では,stabilizerを形成する手技の簡便さと,滑膜切除の容易さ,成績の安定性から考えて,Sauve-Kapandji法は広く推奨できると思われる
  • 外傷性神経腫にたいする神経断端静脈内挿入法による治療, 柿木 良介, 真多 俊博, 浅野 大洋, 中村 孝志, 松本 泰一, 日本手の外科学会雑誌, 17, Suppl., 190, 190,   2000年03月
  • 逆行性指動脈島状皮弁における知覚回復の検討, 松本 泰一, 椋棒 農夫也, 柿木 良介, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 17, Suppl., 240, 240,   2000年03月
  • 距骨への下行膝動静脈を茎とした血管柄付き骨移植の2症例, 黒田 隆, 柿木 良介, 真多 俊博, 浅野 大洋, 中村 孝志, 松本 泰一, 椋棒 農夫也, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 43, 2, 551, 551,   2000年03月
  • 尺骨への浸潤を伴ったcollagenous fibromaの1例, 伊藤 隆司, 坪山 直生, 柿木 良介, 中村 孝志, 戸口田 淳也, 中嶋 安彬, 柿沼 工, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 43, 2, 545, 545,   2000年03月
  • Kienbock病に対する新しいアプローチ : 橈骨,有頭骨短縮を組み合わせた血管柄付き橈骨移植術, 柿木 良介, 池田 登, 中村 孝志, 松本 泰一, 椋棒 農夫也, 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 16, 5, 661, 664,   2000年02月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008583345
  • Kienboeck病に対する新しいアプローチ 橈骨,有頭骨短縮を組み合わせた血管柄付き橈骨移植術, 柿木 良介, 池田 登, 中村 孝志, 松本 泰一, 椋棒 農夫也, 日本手の外科学会雑誌, 16, 5, 661, 664,   2000年02月
    概要:Kienboeck病に対し,そのstageに応じて,血管柄付き橈骨移植,有頭骨短縮及び橈骨短縮術を組み合わせて施行した.有頭骨短縮術を施行した症例では,術後若干の掌屈制限を認めるものの,月状骨掌屈回旋変形も矯正された.血管柄付き骨移植と有頭骨短縮,有頭有鉤骨固定術は,治療困難とされてきたstage 3bのKienboeck病に有効な治療法と考えられる
  • 舟状骨骨折偽関節の治療経験 DISI変形整復における一工夫, 松本 泰一, 椋棒 農夫也, 清水 真, 鈴木 隆, 太田 雅人, 船越 登, 横山 徳一, 柿木 良介, 公立豊岡病院紀要, 11, 45, 49,   1999年10月
    概要:舟状骨骨折偽関節3例(14〜27歳,平均21歳男)に対してanterior wedge shaped bone graftとHerbert Whipple screwを用いて治療した.3例とも術後6週以内にレ線上骨癒合が確認できた.radio-lunate angle(R-L角),scapho-lunate angle(S-L角),及びcarpal height ratio(CHR)を計測しDISIの整復状態を検討した.R-L角は術前平均-27.7°が術後平均2.3°(健側平均3.0°)と改善した.S-L角は術前平均69.0°が術後平均50.7°(健側平均56.0°)に改善した.CHRは術前平均0.547,術後平均0.556(健側平均0.589)と改善した.握力は健側の平均51.3kgに対して術後平均44.75kg(健側87.2%)に回復した.可動域は健側では掌背屈平均は145°,患側は掌背屈平均は140°であった.著者等はKirschner鋼線を利用してDISI変形と舟上骨のhump back deformityを矯正することに努めており,解剖学的形態の獲得を目標にしている
  • 骨損傷を伴わない手指PIP関節開放脱臼の7症例, 船越 登, 柿木 良介, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, 春季学会, 37, 37,   1999年04月
  • Kienboeck病に対する新しいアプローチ 橈骨及び有頭骨短縮を組み合わせた血管柄付橈骨移植術, 柿木 良介, 松本 泰一, 鈴木 隆, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 16, Suppl., 257, 257,   1999年03月
  • 橈骨短縮術後に血管柄付橈骨移植術と有頭骨短縮術を追加して行った stageIIIb の Kienbock 病の1治療例, 鈴木 隆, 柿木 良介, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, BISHOP Allen T., 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, 42, 1, 193, 194,   1999年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009762689
  • 橈骨短縮術後に血管柄付橈骨移植術と有頭骨短縮術を追加して行ったstageIIIbのKienboeck病の1治療例, 鈴木 隆, 柿木 良介, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, Bishop Allen T, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, 1, 193, 194,   1999年01月
  • 臼蓋形成不全に対する寛骨臼回転骨切り術(田川法)による治療成績, 船越 登, 椋棒 農夫也, 柿木 良介, 清水 真, 鈴木 隆, 松本 泰一, 公立豊岡病院紀要, 10, 47, 49,   1998年10月
    概要:臼蓋形成不全に対して寛骨臼回転骨切り術を行った16例18関節の臨床成績,X線学的成績について検討した.手術時平均年齢は31.3歳で男性2例2関節,女性14例16関節であった.術前のX線学的な病期分類では前股関節症2例,初期股関節症15例,進行期股関節症1例.また股関節形態分類ではI型9例,II型1例,III型5例,IV型2例,V型1例であった.術後観察期間は平均5.4年であった.X線学的評価としてはCE角が術前平均2.9°から術後41.2°へ,Sharp角が49.3°から35.3°へAC角が28.9°から6.3°となり総じて良好な骨頭被覆が可能であった.IV型の1例で関節裂隙の狭小化をみた.臨床成績としてはJOA hip scoreにて術前平均75.2点から89.8点へ統計学的に有意に改善した
  • 伸筋腱区画内及び区画間を走行する小血管を茎とする血管柄付き橈骨移植術の治療経験, 柿木 良介, 椋棒 農夫也, BISHOP Allen T., 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand, 15, 1, 78, 82,   1998年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008581400
  • 手根骨 伸筋腱区画内及び区画間を走行する小血管を茎とする血管柄付き橈骨移植術の治療経験, 柿木 良介, 椋棒 農夫也, Bishop A.T., 中村 孝志, 日本手の外科学会雑誌, 15, 1, 78, 82,   1998年08月
    概要:伸筋腱区画間及び区画内の小血管を茎とした血管柄付橈骨移植術では, 1)手根骨,中手骨への移植に適した比較的小さい血管柄付骨片が採取できること, 2)血管茎のanomalyが比較的すくないこと, 3)血管柄付骨片の採取と中手骨,手根骨への移植が,同一皮切でできること, 4)移植に際し重要な血管を犠牲にしないこと,等の利点があり,手根骨,中手骨部の無腐性壊死,骨折,偽関節,骨髄炎等の治療には有効であると考える
  • Ulnar plus variance を伴った Kienbock 病に対して血管柄付橈骨移植と有頭骨短縮術を施行した1症例, 松本 泰一, 柿木 良介, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, BISHOP Allen T, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, 41, 4, 1039, 1040,   1998年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010498031
  • Ulnar plus varianceを伴ったKienboeck病に対して血管柄付橈骨移植と有頭骨短縮術を施行した1症例, 松本 泰一, 柿木 良介, 椋棒 農夫也, 中村 孝志, Bishop Allen T, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 41, 4, 1039, 1040,   1998年07月
  • 神経外膜を利用した神経再建方法 神経断端の大きさが異なる場合の神経修復, 西島 直城, 柿木 良介, 杉本 正幸, 日本外科宝函, 64, 2, 74, 82,   1995年03月
    概要:神経外膜を温存・利用して,神経再建した場所を包み込む神経再建の方法は,神経周膜縫合部位の緊張を防止し,神経束の整然とした包み込み,そして強固な神経連結を目的とする.神経断端の大きさが著しく異なる時の神経縫合,或いは関節可動域が大きくて縫合部位に緊張が推定される時の神経縫合には,この方法の良い適用がある.この方法で神経を再建し,術後2年以上経過している臨床症例の結果をまとめた.症例は,肋間神経移行術(互いの神経断端の大きさが著しく異なる例として)の21症例と,腋窩神経再建術の12症例である
  • Noman's land内屈筋腱損傷の検討, 西島 直城, 瀬戸 洋一, 柿木 良介, 日本手の外科学会雑誌, 8, 3, 464, 467,   1991年11月
    概要:1)端々縫合をおこなった時期による成績の差は認められなかった.2)二段階腱形成術の成績は安定している.3)術後2〜3週間固定しても良好な結果が得られている
  • 肝硬変患者の右小指再接着術後の抗凝固療法中に発生した腸腰筋内血腫の1症例, 柿木 良介, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 33, 4, 1544, 1544,   1990年07月
  • チャンレー人工股関節置換術後,遺残骨セメント片が人工股関節内遊離体となった一例, 柿木 良介, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 30, 3, 1185, 1185,   1987年05月