KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

南 武志ミナミ タケシ

プロフィール

所属部署名理工学部 生命科学科 / 理工学総合研究所
職名教授
学位博士(薬学)
専門環境生物学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/338-minami-takeshi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    環境中や生体内金属の分析とその影響を研究。特にワクチン保存剤チメロサールの中枢影響を調べている。また古代史に興味があり、古代の遺跡に用いられた朱(硫化水銀)の産地同定を行っている。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1976年, 徳島大学, 薬学研究科, 生化学

経歴

  •   2014年,  - 2015年, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 文化財科学, 文化財科学
  • 文化財科学・博物館学, 文化財科学・博物館学
  • 環境学, 環境動態解析
  • 史学, 考古学
  • 生物科学, 細胞生物学
  • 薬学, 環境系薬学

研究キーワード

  • , 産地推定, 微量元素, イオウ同位体比, 辰砂鉱石, 遺跡朱, 遺跡, 辰砂鉱山, 産地同定, 硫黄同位体比分析, 硫化水銀, ローマ帝国時代, 長崎県波佐見鉱山, 人造朱, 鉛同位体分析, 鉛同位体比分析, 2次元図, 超微量分析, 三重県丹生鉱山産辰砂鉱石, 奈良県大和水銀鉱山産辰砂鉱石, 中国陜西省辰砂鉱石, ハンガリー, 微量分析, 産地同定方法, 材料分析, 中国陝西省鉱山, 水銀同位体比, 考古学, イオウ同位体比分析, 鉱石朱, 細胞生物学, 環境系薬学

論文

  • The organic mercury compounds, methylmercury and ethylmercury, inhibited ciliary movement of ventricular ependymal cells in the mouse brain around the concentrations reported for human poisoning, 57, 69, 74,   2016年09月, 査読有り
  • Gender differences in elements of human anterior commissure and olfactory bulb and tract., Tohno S, Ongkana N, Ke L, Mahakkanukrauh P, Minami T, Suwannahoy P, Sinthubua A, Tohno Y, Biological trace element research, 137, 1, 40, 48,   2010年10月, 査読有り
  • Different Accumulation of Elements in Proximal and Distal Parts of the Left Anterior Descending Artery Beneath the Myocardial Bridge., Tohno Y, Tohno S, Minami T, Pakdeewong-Ongkana N, Suwannahoy P, Quiggins R, Biological trace element research,   2015年09月, 査読有り
  • Gender differences in the phosphorus content of the sino-atrial nodes and other cardiac regions of monkeys., Tohno Y, Tohno S, Satoh H, Hayashi M, Oishi T, Minami T, Mahakkanukrauh P, Biological trace element research, 143, 2, 871, 881,   2011年11月, 査読有り
  • Gender-related differences in a process of the age-dependent alterations of the elements in monkey sino-atrial node., Satoh H, Tohno S, Minami T, Oishi T, Hayashi M, Tohno Y, The Korean journal of physiology & pharmacology : official journal of the Korean Physiological Society and the Korean Society of Pharmacology, 14, 5, 249, 256,   2010年10月, 査読有り
  • Element distribution in visual system, the optic chiasma, lateral geniculate body, and superior colliculus., Tohno S, Ishizaki T, Shida Y, Tohno Y, Minami T, Mahakkanukrauh P, Biological trace element research, 142, 3, 335, 349,   2011年09月, 査読有り
  • Age-related decrease of the phosphorus content in the ligamentum capitis femoris of monkeys., Tohno Y, Tohno S, Oishi T, Minami T, Khanpetch P, Azuma C, Quiggins R, Biological trace element research, 161, 1, 78, 84,   2014年10月, 査読有り
  • Differences in elements between intact and disrupted human ligamenta capitum femorum., Shinohara Y, Kumai T, Higashiyama I, Tanaka Y, Takakura Y, Nishi M, Azuma C, Minami T, Tohno Y, Biological trace element research, 160, 2, 161, 168,   2014年08月, 査読有り
  • Calcium increase in the mammillary bodies with aging., Suwannahoy P, Tohno S, Mahakkanukrauh P, Minami T, Tohno Y, Biological trace element research, 135, 1-3, 56, 66,   2010年06月, 査読有り
  • Gender difference in accumulation of calcium and phosphorus in the left coronary arteries of Thais., Tohno Y, Tohno S, Mahakkanukrauh P, Minami T, Sinthubua A, Suwannahoy P, Ongkana N, Laowatthanaphong S, Azuma C, Biological trace element research, 144, 1-3, 17, 26,   2011年12月, 査読有り
  • Regional differences in elements of human peroneus longus tendons., Matsumoto N, Kumai T, Isomoto S, Shinohara Y, Tanaka Y, Azuma C, Minami T, Tohno Y, Biological trace element research, 154, 2, 185, 189,   2013年08月, 査読有り
  • Expression of metallothionein mRNAs on mouse cerebellum microglia cells by thimerosal and its metabolites., Minami T, Miyata E, Sakamoto Y, Kohama A, Yamazaki H, Ichida S, Toxicology, 261, 1-2, 25, 32,   2009年06月, 査読有り
  • Age-related differences and relationships between elements in human amygdala and other limbic system or basal ganglia., Tohno Y, Tohno S, Azuma C, Ongkana N, Mahakkanukrauh P, Minami T, Suwannahoy P, Viwatpinyo K, Ke L, Biological trace element research, 152, 2, 161, 173,   2013年05月, 査読有り
  • Age-related changes of elements in the anterior commissures and the relationships among their elements., Ongkana N, Tohno S, Tohno Y, Suwannahoy P, Mahakkanukrauh P, Azuma C, Minami T, Biological trace element research, 135, 1-3, 86, 97,   2010年06月, 査読有り
  • Mineral composition of and the relationships between them of human basal ganglia in very old age., Tohno Y, Tohno S, Azuma C, Minami T, Ke L, Ongkana N, Sinthubua A, Mahakkanukrauh P, Biological trace element research, 151, 1, 18, 29,   2013年01月, 査読有り
  • Age-related changes of elements and relationships among elements in human hippocampus, dentate gyrus, and fornix., Tohno Y, Tohno S, Ongkana N, Suwannahoy P, Azuma C, Minami T, Mahakkanukrauh P, Biological trace element research, 138, 1-3, 42, 52,   2010年12月, 査読有り
  • Relationships among the hippocampus, dentate gyrus, mammillary body, fornix, and anterior commissure from a viewpoint of elements., Tohno Y, Tohno S, Ongkana N, Suwannahoy P, Azuma C, Minami T, Sinthubua A, Mahakkanukrauh P, Biological trace element research, 140, 1, 35, 52,   2011年04月, 査読有り
  • Direct absorption of methyl mercury by lymph., Murota K, Yoshida M, Ishibashi N, Yamazaki H, Minami T, Biological trace element research, 145, 3, 349, 354,   2012年03月, 査読有り
  • Induction of metallothionein in mouse cerebellum and cerebrum with low-dose thimerosal injection., Minami T, Miyata E, Sakamoto Y, Yamazaki H, Ichida S, Cell biology and toxicology, 26, 2, 143, 152,   2010年04月, 査読有り
  • Characteristics of the Three Ligaments of Human Spring Ligament Complex from a Viewpoint of Elements., Tohno Y, Tohno S, Taniguchi A, Azuma C, Minami T, Mahakkanukrauh P, Biological trace element research, 146, 3, 293, 301,   2011年11月, 査読有り
  • Discrimination of bullet types using analysis of lead isotopes deposited in gunshot entry wounds., Wunnapuk K, Minami T, Durongkadech P, Tohno S, Ruangyuttikarn W, Moriwake Y, Vichairat K, Sribanditmongkol P, Tohno Y, Biological trace element research, 129, 1-3, 278, 289,   2009年, 査読有り
  • Accumulation of calcium and phosphorus in the coronary arteries of Thai subjects., Tohno Y, Tohno S, Mahakkanukrauh P, Minami T, Sinthubua A, Suwannahoy P, Khanpetch P, Azuma C, Biological trace element research, 145, 3, 275, 282,   2012年03月, 査読有り
  • Age-related changes of the concentrations of select elements in the prostates of Japanese., Tohno S, Kobayashi M, Shimizu H, Tohno Y, Suwannahoy P, Azuma C, Minami T, Sinthubua A, Mahakkanukrauh P, Biological trace element research, 127, 3, 211, 227,   2009年03月, 査読有り
  • Age-related changes of elements in the tendons of the peroneus longus muscles in Thai, Japanese, and monkeys., Tohno Y, Suwanahoy P, Tohno S, Sinthubua A, Azuma C, Nishiwaki F, Moriwake Y, Kumai T, Minami T, Laowatthanaphong S, Mahakkanukrauh P, Oishi T, Hayashi M, Biological trace element research, 133, 3, 291, 303,   2010年03月, 査読有り
  • Age-related changes of elements in the coronary arteries of monkeys in comparison with those of humans., Tohno Y, Tohno S, Laleva L, Ongkana N, Minami T, Satoh H, Oishi T, Hayashi M, Sinthubua A, Suwannahoy P, Mahakkanukrauh P, Biological trace element research, 125, 2, 141, 153,   2008年11月, 査読有り
  • Age-dependent increases of calcium, phosphorus, and sodium in the uterine arteries of Thai., Ongkana N, Tohno S, Mahakkanukrauh P, Minami T, Tohno Y, Biological trace element research, 124, 3, 236, 242,   2008年09月, 査読有り
  • Age-related changes of elements in human corpus callosum and relationships among these elements., Tohno S, Azuma C, Ongkana N, Tohno Y, Mahakkanukrauh P, Moriwake Y, Izu A, Minami T, Biological trace element research, 121, 2, 124, 133,   2008年02月, 査読有り
  • Effects of lipopolysaccharide and chelator on mercury content in the cerebrum of thimerosal-administered mice., Minami T, Oda K, Gima N, Yamazaki H, Environmental toxicology and pharmacology, 24, 3, 316, 320,   2007年11月, 査読有り
  • Distribution of stable isotopes of particulate lead in the atmosphere in Osaka, Japan, 中口 讓, 的場幸裕, 清水敦, 山崎 秀夫, 藤野 治, 南 武志, 近畿大学理工学総合研究所研究報告, 18, 35, 40,   2006年02月
    概要:東大阪市大気中で捕集した浮遊粒子中の鉛同位体の分布および変動についてまとめた結果 
  • Silicon intake to vertebral columns of mice after dietary supply, A. Izu, T. Kumai, Y. Tohno, S. Tohno, G. Yamada, M-o. Yamada, 南 武志, Biological Trace Element Research, 113, 297, 316,   2006年09月
    概要:マウスに珪素を4週と8週間経口投与し、脊柱への移行性を調べた。4週では変化なかったが、その後顕著に脊柱珪素量が増加することを観察、脊柱の成長に珪素が必要であると考察した
  • 近大遺伝カウンセラー養成課程での修士学生の教育内容の紹介, 巽 純子, 長尾 哲二, 南 武志, 田村 和朗, 藤川 和男, 臨床細胞分子遺伝, 14, 19, 22,   2009年04月
    概要:近畿大学総合理工学研究科遺伝カウンセラー養成課程は、わが国では他に類をみない理学系の修士課程に設置されている。そのため、カリキュラムにも人類遺伝学学演習として実験観察があり、修士研究は実験的なテーマが多い。その特徴を踏まえた教育カリキュラムを紹介する。
  • Increases of calcium and phosphorus in the uterine arteries with aging, S. Tohno, 南 武志, T. Naganuma, Y. Tohno, C. Azuma, Y. Moriwake, H. Maruyama, N. Ongkana, P. Mahakkanukrauh, Biological Trace Element Research, 116, 111-118., 116, 111, 118,   2007年01月
    概要:年齢依存的に子宮動脈のカルシウムとリン量が増加することを報告
  • Multi-element determination of Japanese green tea leaves and tea infusions, 南 武志, 車野康介, 亀山修平, 吉田 舞, Annual Reports by Research Institute for Science and Technology, 23, 35, 42,   2011年02月
  • Earlier accumulation of calcium, phosphorus, and magnesium in the coronary artery in comparison with the ascending aorta, aortic valve, and mitral valve, T.Tohno, S.Tohno, C.Azuma, Y.Moriwake, T.Kumai, H.Maruyama, 南 武志, P.Mahakkanukrauh, N.Ongkana, Biological Trace Element Research, 112, 31, 42,   2006年06月
    概要:心臓の各種弁に比べ冠動脈でミネラルが早期に蓄積することを報告
  • An improved diagnostic method for chronic hepatic disorder: Analyses of metallothionein isoforms and trace metals in the liver of patients with hepatocellular carcinoma as determined by capillary zone electrophoresis and inductively coupled plasma-mass sp, T. Kawata, S. Nakamura, A. Nakayama, H. Fukuda, M. Ebara, T. Nagamine, H. Sakurai, 南 武志, Biological & Pharmaceutical Bulletin, 29, 403, 409,   2006年02月
    概要:慢性肝炎の進行度をMTと金属量を指標に計測できることを報告
  • メタロチオネイン分析におけるキャピラリー電気泳動法, 南 武志, 市田 成志, 久保 兼信, Journal of Chromatography, B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, 781, 1-2, 303, 311,   2002年
    概要:組織内に誘導されるメタロチオネインの分析におけるキャピラリーゾーン電気泳動法の利用についてまとめた総説。(英文)
  • Differences in the element contents between gunshot entry wounds with full jacketed bullet and lead bullet, K.Wunnapuk, 南 武志, P. Durongkadech, W. Ruangyuttikarn, K. Vichairat, P. Sribanditmongkol, S. Tohno,C. Azuma,Y. Tohno, Biological Trace Element Research, 120, 1-3, 74, 81,   2007年11月, 査読有り
    概要:金属被覆された銃弾と鉛銃弾で射殺された遺体傷口に残存する金属が異なることから用いられた銃弾を特定できることを報告
  • High accumulation of calcium and phosphorus in the pineal bodies with aging, N. Ongkana, 南 武志, X.-z. Zhao, S. Tohno, C. Azuma, Y. Moriwake, Y. Tohno, Biological Trace Element Research, 119, 120, 127,   2007年09月
    概要:松果体ではCaとリンが年齢依存的に強く蓄積されることを報告
  • Effects of lipopolysaccharide and chelator on mercury content in the cerebrum of thimerosal-administered mice, 南 武志, 山崎 秀夫, Environmental Toxicology and Pharmacology, 24, 316, 320,   2007年02月
    概要:チメロサール投与によりマウス脳内に水銀が移行することを報告
  • Age-related changes of elements in human olfactory bulbs and tracts and relationships among their contents, L.Ke, 南 武志, C.Azuma, Y.Moriwake, S.Tohno, Y.Tohno, N.Ongkana, W.Wang, Biological Trace Element Research, 126, 1-3, 65, 75,   2008年11月, 査読有り
    概要:ヒト嗅球と嗅索中の金属蓄積量を調べたところ、Mg,P,Sの年齢依存的上昇が観察され、MgとSおよびPとS量に正の相関性が認められた
  • Analyses of the metallothioneins and trace metals in the liver and serum of the patients with hepatocellular carcinoma, Kawata, Takumi 他6名, 久保 兼信, 南 武志, , Biomedical Research on Trace Elements, 15, 4, 348, 350,   2004年
    概要:Treatment methods of hepatocellular carcinoma (HCC) in human were developed. However, it is desired to diagnose the HCC in early stages. We previously found that metallothionein (MT) and Zn levels in HCC tissues were significantly lower, in contrast, Cu levels in the tissues were significantly higher than those of the control. Then the authors examd. whether the monitoring of these serum parameters such as MT, Cu, and Zn levels are useful in diagnosing HCC or not. On the other hand, MT has been reported to present in two isoforms, MT-1 and MT-2, in the liver and serum. We recently reported that MT-1 is related to the metab. or detoxification of toxic metals such as cadmium, and in contrast, MT-2 is responsible for the homeostasis of essential metals such as copper. Thus,・・・
  • 近畿大学遺伝カウンセラーコース学生の遺伝カウンセリング実習の現状, 巽 純子, 田村 和朗, 南 武志, 藤川 和男, 玉置 知子 齋藤 優子, 臨床細胞分子遺伝 Cytomolecular Genetics, 13, 27, 32,   2008年04月
  • Age-related changes of elements in the coronary arteries of monkeys in comparison with those of humans, Y.Tohno , 南 武志, H. Satoh, T. Oishi, M. Hayashi, S. Tohno, L. Laleva, N. Ongkana, A. Sinthubua, P. Suwannahoy, P. Mahakkanukrauh, Biological Trace Element Research, 125, 141, 153,   2008年09月
    概要:アカゲザルと日本ザルの冠状動脈中の金属蓄積量を調べたところ、左右の冠状動脈で年齢依存的にCaの蓄積が観察され、動脈硬化が生じていた
  • Age-dependent increases of calcium, phosphorus, and sodium in the uterine arteries of Thai, N. Ongkana, S. Tohno, P. Mahakkanukrauh, Y. Tohno, 南 武志, Biological Trace Element Research, 124, 236, 242,   2008年07月
    概要:タイ人の子宮動脈中の金属含量を調べたところ、Ca、Pは日本人の半分の蓄積量であった。また、Mg,Zn,Na量も年齢依存的に上昇していた
  • Moderate accumulation of calcium and phosphorus in the splenic artery with aging and low accumulation of those in the pulmonary artery with aging, I.M.Prieto Payo, 南 武志, N. Ongkana, S. Tohno, C. Azuma, Y. MOriwake, Y. Tohno, Biological Trace Element Research, 119, 103, 110,   2007年09月
    概要:年齢依存的に脾臓動脈にCa.Pが蓄積するのに対し、肺動脈ではこれらの蓄積が少ないことを報告
  • 遺伝カウンセラーの4年間の養成を終えてー報告と課題ー, 巽 純子, 南 武志, 田村 和朗, 吉田 繁, 長尾 哲二, 安田 佳子, 藤川 和男, 臨床細胞分子遺伝, 15, 25, 29,   2010年
  • 前方後円墳発生期における朱の交易-イオウ同位体比分析による産地推定をとおして―, 河野摩耶,今津節生, 南 武志, 古代学研究, 196, 33, 36,   2013年12月
  • Age-related changes of elements in human corpus callosium and relationships among these elements, S. Tohno, N. Ongkana, Y. Tohno, P. Mahakkanukrauh, 南 武志, C. Azuma,Y. Moriwake, A. Izu, Biological Trace Element Research, 121, 2, 124, 133,   2008年02月
    概要:ヒト脳梁中の金属蓄積量を調べたところ、Ca、Pが年齢依存的に蓄積していることを報告
  • 硫黄同位体比分析から推測する出雲地域西谷墳墓群および他の墳墓出土朱の産地, 南 武志, 岩橋孝典,大庭俊次,伊藤 智,柴崎晶子, 阪本豊治, 今津節生, 渡辺貞幸, 考古学と自然科学, 62, 65, 72,   2011年03月
  • Decreases of calcium and phosphorus in monkey cardiac walls with development and aging, S.Tohno, Y.Tohno, C.Azuma, Y.Moriwake, H.Satoh, 南 武志, P.Mahakkanukrauh, T.Ohishi, M.Hayashi, Biological Trace Element Research, 110, 233, 249,   2006年02月
    概要:サル心臓壁のCaとPが年齢とともに減少することを報告
  • キャビラリ電気泳動法によるマウス肝と膵メタロチオネインアイソフォーム比, 南 武志, 久保 兼信, 市田 成志, Journal of Chromatography, B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, 779, 2, 211, 219,   2002年
    概要:マウス肝臓と膵臓で誘導されるメタロチオネインアイソフォームの違いをキャピラリーゾーン電気泳動法を用いて報告。(英文)
  • Increases of calcium, phosphorus, and magnesium in both the right and left fibrous trigones of human heart with aging, S. Tohno, 南 武志, C. Azuma, Y. Tohno, Y. Moriwake, T. Kumai, Biological Trace Element Research, 119, 111, 119,   2007年09月
    概要:ヒト心臓線維三角に含まれるCa,Mg,P量が年齢依存的に増加することを報告
  • 羊水検査に対する学生・社会人および保護者の意識調査, 南 武志, 田村和朗, 堀江裕美, 澤田英明, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 31, 2, 93, 101,   2010年09月
    概要:羊水検査についてアンケート結果を行い、今後の遺伝カウンセリングを行う上の注意点などをまとめた
  • 中国における辰砂が産出された古代鉱山の探索, 南 武志, 楊 主明, 豊 遙秋, 島崎英彦, 考古学と自然科学, 58, 25, 29,   2009年01月
    概要:現在の中国辰砂産地として知られている貴州省より陝西省鉱山産が古代中国で使用され、日本にもたらされたことをイオウ同位体比分析より報告
  • Implication of the differential roles of metallothionein 1 and 2 isoforms in the liver of rats as determined by polyacrylamide-coated capillary zone electrophoresis, Nakamura, Shunsuke 他3名, 久保 兼信, 南 武志, , Biochemical and Biophysical Research Communications, 320, 4, 1193, 1198,   2004年
    概要:Metallothioneins (MTs), detd. by polyacrylamide-coated capillary zone electrophoresis (CZE), coincided well with those described by ELISA. By using CZE, MT isoforms 1 (MT-1) and 2 (MT-2) were well sepd. and detd. in the liver cytosol of LEC rats and Wistar rats administered CdCl2. The total concns. of MTs in the liver cytosol of LEC rats increased age-dependently as 1.0, 2.1, and 7.2 mg/g wet wt. of the liver at the age of 5, 10, and 15 wk, resp., and those of Wistar rats that had received daily CdCl2 also increased with time of CdCl2 as 0.5 and 1.2 mg/g wet wt. of the liver for 3 and 6 consecutive administration days, resp. The MT-1/MT-2 ratio in the liver cytosol of LEC rats decreased age-dependently as 1.75, 1.49, and 0.76 at the age of 5, 10, and 15 wk, resp. In contrast, ・・・
  • Age-dependent increase of magnesium in the cerebral arteries of Thai, P. Mahakkanukrauh, 南 武志, S.Tohno, A.Sinthubau, T.Tohno, C.Azuma, Biological Trace Element Research, 112, 43, 56,   2006年06月
    概要:タイ人の脳底動脈で年齢依存的にMgが蓄積していることを報告
  • Gender differences in the phosphorus content of the Sino-Atrial nodes and other cardiac regions of monkeys, Y. Tohno, 南 武志, S. Tohno P. Mahakkanukrauh, H. Satoh, M. Hayashi T. Oishi, Biological Trace Element Research, 143, 871, 881,   2011年10月
  • Age-related changes of elements in thoracic and abdominal aortas and coronary, common carotid, pulmonary, splenic, common iliac, and uterine arteries and relationships in elements among their arteries, N. Ongkana, 南 武志, S. Tohno, I.M.P. Payo, C. Azuma, Y. Moriwake, Y. Tohno, Biological Trace Element Research, 117, 23, 38,   2007年04月
    概要:ヒトの各種動脈に含まれているCa,Mg,P,Zn,Na,Fe量を測定し、動脈間における各金属含量の相関性を出した

書籍等出版物

  • ミネルヴァ書房, 『ケアマネジメント用語辞典』, 南 武志, 吉田 繁, 巽 純子, 辻内 俊文, 和田 哲幸, 今西 孝至, 共著,   2005年
  • ミネルヴァ書房, 『ケアマネジメント用語辞典(改訂版)』, 南 武志, 吉田 繁, 巽 純子, 辻内 俊文, 和田 哲幸, 今西 孝至, 共著,   2007年

講演・口頭発表等

  • 同位体分析を組み合わせた遺跡より出土した辰砂鉱石の産地推定, 南 武志、高橋 和也、豊 遙秋、中野 咲、奥山 誠義, 日本文化財科学会第33回大会,   2016年06月04日
  • イオウ同位体比分析からみた出雲・石見地域における朱の特色, 上山晶子、南武志、今津節生, 日本文化財科学会第33回大会,   2016年06月04日
  • イオウ同位体比分析によるアスファルトの原産地推定の試み, 上條信彦、南武志、高橋和也, 日本文化財科学会第33回大会,   2016年06月04日
  • Ethyl mercury, not thimerosal, stimulates the efflux of ATP from microglia cells, International Society for Trace Element Research in Humans 2015,   2015年10月18日
  • 遺跡出土朱の産地推定のための同位体分析, 南 武志, 武内章記, 高橋 和也, 今津 節生, 日本地球化学会2012年度年会,   2012年09月, 日本地球化学会2012年度年会
  • 鉛同位体測定に基づく天然辰砂の地域特性の解明および遺跡出土水銀朱の産地同定, 高橋 和也, 南 武志, 西川 惠裕 永松 剛 田中 龍彦 高久 雄一 木寺 正憲 北川 路子 石塚 香織, 今津 節生, 日本分析化学会第61年会,   2012年09月, 日本分析化学会第61年会
  • Effect of fats on direct absorption of methyl mercury by lymph, 南 武志, Takamasa Matsuno, Daiki Ukibe, Mika Takagi, 山崎 秀夫, 室田 佳恵子, The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology (ASIATOX-VI),   2012年07月, The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology (ASIATOX-VI)
  • ハンガリー国立博物館所蔵ローマ時代遺物に使用されていた赤色顔料-朱-の産地推定, 南 武志, 武内 章記, アンドラ モルゴス, バリント ペテルディ, イストヴァン サホ, ゾルト ムラフ, 日本文化財科学会第29年会,   2012年06月, 日本文化財科学会第29年会
  • 前方後円墳発生期における朱の交易―イオウ同位体比分析による産地推定をとおして―, 河野摩耶, 南 武志, 今津節生, 日本文化財科学会第29年会 (ポスター),   2012年06月, 日本文化財科学会第29年会 (ポスター)
  • PROTECTIVE EFFECT OF ALANINE ON NEURITE GROWTH IN RAT SYMPATHETIC NEURON-LIKE CELLS EXPOSED TO COPPER AND AMYLOID β-PROTEIN FRAGMENT, 南 武志, 吉田舞, Yasuo Takimiya, 阪本大和, 市田 成志, 11th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry,   2011年12月, 11th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry
  • EXPRESSION OF METALLOTHIONEIN mRNA ON FETUS BRAIN AFTER THE INJECTION OF THIMEROSAL TO PREGNANCY MOUSE, Yasuo Takimiya, Mai Yoshida, Yamato Sakamoto, 市田 成志, 南 武志, 11th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry,   2011年12月, 11th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry
  • THIMEROSAL INDUCES NECROPTOSIS TO MOUSE CEREBELLAR MICROGLIA CELL LINE, C8-B4 CELLS, 吉田舞, 阪本大和, 市田 成志, 南 武志, 11th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry,   2011年12月, 11th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry
  • マウス小脳グリア細胞由来C8-B4細胞とC8-D1A細胞における細胞内Ca2+およびZn2+に対する有機水銀の影響, 阪本大和, 奥川修平, 和田哲幸, 吉田 繁, 市田 成志, 南 武志, 第61回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2011年10月, 第61回日本薬学会近畿支部総会・大会
  • Toxicological assessment of indoor airborne fine particulate matter induced oxidative stress in alveolar epithelial cells, Yasuo Takano, 南 武志, Tomomi Komura Kennichi Yagyu, Annual Congress of European Respiratory Society,   2011年09月, Annual Congress of European Respiratory Society
  • 国産辰砂(硫化水銀)の水銀同位体組成, 武内 章記, 南 武志, 日本地球化学会総会,   2011年09月, 日本地球化学会総会
  • The sources of vermilion in ancient burial mounds can be identified by its sulfur isotope ratios, 南 武志, Mai Yoshida, Yasuo Takimiya, Setuo Imazu, Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXVII,   2011年08月, Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXVII
  • Measurement of multi-elements in Japanese green tea leaves and tea infusions using ICP-AES and ICP-MS, Yasuo Takimiya, Mai Yoshida, Kosuke Kurumano, 南 武志, Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXVII,   2011年08月, Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXVII
  • Trace element contents are useful for the determination of original mines of vermilion collected from ancient burial mounds, Mai Yoshida, 南 武志, Yasuo Takimiya, Setuo Imazu, Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXVII,   2011年08月, Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXVII
  • Optimization of CV-MC-ICPMS for mercury isotope analysis, Akinori Takeuchi, 南 武志, Atsushi Tanaka, IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011,   2011年05月, IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011
  • 遺伝カウンセラーの役割と養成ーその現状と問題点ー, 巽 純子, 田村 和朗, 南 武志, 藤川 和男, 大阪小児科学会,   2010年09月, 大阪小児科学会
    概要:新規の医療補助職である認定遺伝カウンセラーはどのような仕事であるか、またその養成の現状を紹介する。また、養成後の就職に関する問題を提起する。
  • 微量元素分析と鉛同位体測定に基づく遺跡出土辰砂の産地同定の試み, 高橋 和也, 南 武志, 牧田 碧夏・田中 龍彦・三堀 陽平・今津 節生・高久 雄一・永松 剛・木寺 正, 日本分析化学会第59年会,   2010年09月, 日本分析化学会第59年会
  • Cowden病の遺伝子検査の現状, 南 武志, 吉田ひとみ, 庵前美智子, 大石祥子, 浦川優作, 巽 純子, 藤川 和男, 田村 和朗, 久野隆史,松原長秀,冨田尚裕,西上隆之,山下幸政,新井正美, 第16回日本家族性腫瘍学会学術集会,   2010年07月, 第16回日本家族性腫瘍学会学術集会
  • 弥生時代から古墳時代における島根県内の遺跡から出土した朱の産地同定, 南 武志, 岩橋孝典,大庭俊次,伊藤 智,柴崎晶子,坂本豊治,渡辺貞幸, 日本文化財科学会第27回大会,   2010年06月, 日本文化財科学会第27回大会
  • マウス小脳ミクログリア細胞由来細胞株C8-B4細胞のメタロチオネイン誘導に対する亜鉛とチオサリチル酸の作用, 南 武志, 宮田絵里子, 阪本大和, 市田 成志, メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009,   2009年10月, メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009
  • マウス小脳初代培養細胞に対するチメロサールとその代謝物の作用, 南 武志, 吉田 舞, 滝宮 康夫, 宮田絵里子, 阪本大和, 市田 成志, メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009,   2009年10月, メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009
  • 金化合物投与によるマウス組織内金結合物質の探索, 南 武志, 小浜 梓,宮田絵里子, 阪本大和, 市田 成志, メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009,   2009年10月, メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009
  • 近畿大学遺伝カウンセラー養成課程の卒後研修センターについて, 巽 純子, 南 武志, 田村 和朗, 藤川 和男, 日本人類遺伝学会第54回大会,   2009年09月, 日本人類遺伝学会第54回大会
    概要:近畿大学総合理工学研究科遺伝カウンセラー養成課程では卒業生のため卒後研修センターを設置している。これは、わが国の遺伝カウンセラーを養成している大学では、唯一のものである。平成18年度に設置以来の活動は、セミナーを4回実施、遺伝子解析と染色体解析の実技実習を1回実施している。また、ヒト遺伝子解析多様性解析センターも併設し、解析業務も行っている。HPでは遺伝に関するデータベースを公開している。
  • 近大遺伝カウンセラー養成課程での修士学生の教育内容の紹介, 巽 純子, 長尾 哲二, 南 武志, 田村 和朗, 藤川 和男, 第32回臨床細胞分子遺伝研究会,   2009年02月, 第32回臨床細胞分子遺伝研究会
    概要:近畿大学総合理工学研究科遺伝カウンセラー養成課程は、わが国では他に類をみない理学系の修士課程に設置されている。そのため、カリキュラムにも人類遺伝学学演習として実験観察があり、修士研究は実験的なテーマが多い。その特徴を踏まえた教育カリキュラムを紹介する。
  • 障害者観および出生前診断に関する意識の国際比較, 巽 純子, 小南 友美, 林 絵理, 南 武志, 森山 結, 武部 啓, 日本生命倫理学会第20回年次大会,   2008年11月, 日本生命倫理学会第20回年次大会
    概要:生殖医療技術の進展は人々に生命のはじまりをどこにおくかの問題と障害をどうとらえるかの倫理的問題を考えさせる。それは社会的背景に依存する面がある。そこで、日本、中国、ハンガリーの20歳前後の学生を対象に出生前診断と障害者に関する意識をアンケートによる質問紙調査を行い、検討した。国により大きな差があったのは、子供の生きる権利はいつからあるかという問いに関してであった。受精直後を選んだ学生が多かった(40.1%)のは日本であり、中国では出生直後を選択したものが最も多かった(26.9%)。
  • 近畿大学生命科学科における遺伝教育について, 巽 純子, 初川 裕則, 田村 和朗, 南 武志, 岩森 正男, 藤川 和男, 日本人類遺伝学会第53回大会,   2008年09月, 日本人類遺伝学会第53回大会
  • 近畿大学遺伝カウンセラー養成課程学生の遺伝カウンセリング陪席実習の現状, 藤川 和男, 巽 純子, 南 武志, 田村 和朗, 日本人類遺伝学会第53回大会,   2008年09月, 日本人類遺伝学会第53回大会
  • 近畿大学遺伝カウンセラーコース学生の遺伝カウンセリング実習の現状, 巽 純子, 田村 和朗, 南 武志, 藤川 和男, 玉置 知子 齋藤 優子, 第30回臨床細胞分子遺伝研究会,   2008年03月, 第30回臨床細胞分子遺伝研究会
  • わが国における生体試料中の水銀濃度(その2) -マウス臓器に対するエチル水銀化合物(チメロサール)の分布と挙動-, 山崎 秀夫, 南 武志, 儀間直哉, 小田圭介, 第15回環境化学討論会,   2006年07月, 第15回環境化学討論会
    概要:医薬品の防腐剤に使われるエチル水銀化合物(チメロサール)の生体分布について,マウス臓器を用いて検討した。
  • Observation of Non-Acetylated and N-Acetylated Metallothioneins in Zn-Induced Mouse Pancrease Using CZE Analysis, 南 武志, 久保 兼信, Ayanori Kawamura, 6th International Symposium on Speciation of Elements in Biological, Environmental and Toxicological,   2006年06月, 6th International Symposium on Speciation of Elements in Biological, Environmental and Toxicological
  • わが国のアマガエル臓器中の水銀濃度とその環境汚染マーカーとしての有用性, 山崎 秀夫, 南 武志, 森紗綾香, 市川智博, 第67回分析化学討論会,   2006年05月, 第67回分析化学討論会
    概要:日本全国から集めたアマガエル臓器中の水銀濃度を測定し,その地理的空間分布を明らかにした。
  • 日本人における障害者観と出生前診断に関する意識調査, 森山 結, 米田 祐子, 南 武志, 巽 純子, 佐々木 和子, 和田 謙一郎, 第30回日本遺伝カウンセリング学会学術集会,   2006年05月, 第30回日本遺伝カウンセリング学会学術集会
    概要:今後、子供を持つだろう年代である大学生に対して、出生前診断および障害をもつ胎児に対する意識をアンケートにて調査した。出生前診断を受けたいと考えるのは、有意に女子府学生の方が高く、これは男女で子育てに関する負担度が異なるためではないかと考えられた。また、福祉関連の学科の学生は他の学科の学生に比べて障害児の中絶に消極的であり、身近に障害をもつ人と接したことがある人は、障害を否定的にとらえないためだと考えられた。
  • 日本人における障害者観と出生前診断に関する意識調査, 森山 結, 米田 祐子, 南 武志, 巽 純子, 佐々木 和子, 和田 謙一郎, 日本遺伝カウンセリング学会,   2006年04月, 日本遺伝カウンセリング学会
    概要:今後、子供を持つだろう年代である大学生に対して、出生前診断および障害をもつ胎児に対する意識をアンケートにて調査した。出生前診断を受けたいと考えるのは、有意に女子府学生の方が高く、これは男女で子育てに関する負担度が異なるためではないかと考えられた。また、福祉関連の学科の学生は他の学科の学生に比べて障害児の中絶に消極的であり、身近に障害をもつ人と接したことがある人は、障害を否定的にとらえないためだと考えられた。
  • わが国における生体試料中の水銀濃度(その1) =日本各地の玄米及びアマガエル臓器の水銀濃度=, 山崎 秀夫, 南 武志, 中口 讓, 小林大一郎 中野好高 古谷直樹, 第14回環境化学討論会,   2005年06月, 第14回環境化学討論会
    概要:日本各地から集めた玄米及びアマガエル臓器の水銀濃度をサーベイした。本研究は平成16年度大学院高度化推進特別研究費によって実施された。
  • ヒト肝細胞癌組織におけるメタロチオネインおよび金属の分析と解析, 河田卓三, 久保 兼信, 南 武志, 他6名, メタロチオネイン2003(岐阜),   2003年11月, メタロチオネイン2003(岐阜)
    概要:ヒト肝細胞癌組織における金属濃度とメタロチオネインおよびその分子種との相関について検討した。
  • マウス肝臓の細胞分画による各画分中に存在するメタロチオネインアイソフォーム比について, 南 武志, 久保 兼信, 市田 成志, 11 th International Symposium on Trace Elements in Man and Animals (アメリカ),   2002年06月, 11 th International Symposium on Trace Elements in Man and Animals (アメリカ)
    概要:亜鉛をマウスに投与し、 肝臓に誘導されるメタロチオネインアイソフォームをキャピラリー電気泳動で分離、 細胞画分中の各アイソフォームの割合を出した。
  • CZEを用いた細胞画分中のMTアイソフォームの同定, 南 武志, 久保 兼信, 市田 成志, メタロチオネイン2001,   2001年11月, メタロチオネイン2001
  • CZEによるマウス肝と膵MT-1/MT-2比の分析, 南 武志, 久保 兼信, 市田 成志, メタロチオネイン2001,   2001年11月, メタロチオネイン2001

作品

  • マルチトレーサーを用いた生体微量元素の研究,   1998年
  • 朱産地の同定,   1999年
  • メタロチオネインサブアイソフォームの同定,   2000年

MISC

  • 三元素同位体分析法から見えてきた遺跡出土朱の産地推定, 南武志, 河野摩耶, 高橋和也, 武内章記, 奥山誠義, 菅谷文則, 今津節生, 日本文化財科学会大会研究発表要旨集, 32nd, 78, 79,   2015年07月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502218758107235
  • Li‐Fraumeni症候群の発症前遺伝子検査と遺伝カウンセリング, 木戸滋子, 橋谷智子, 川本祥子, 松岡沙姫, 松田佳子, 藤井大貴, 西久保敏也, 巽純子, 南武志, 藤川和男, 田村和朗, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 36, 2, 126,   2015年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502219825857835
  • 九州北部地方における朱の流入と画期, 河野摩耶, 南武志, 今津節生, 日本文化財科学会大会研究発表要旨集, 31st, 266, 267,   2014年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502229941214998
  • 硫黄・水銀・鉛同位体分析法を組み合わせた遺跡朱の産地推定法, 南武志, 河野摩耶, 高橋和也, 武内章記, 徳田誠志, 東影悠, 奥山誠義, 寺沢薫, 今津節生, 日本文化財科学会大会研究発表要旨集, 31st, 110, 111,   2014年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502256366044799
  • MUTYH遺伝子exon15・exon16間における新規スプライスバリアント, 伊田和史, 松山裕美, 金相赫, 藤井大貴, 巽純子, 南武志, 藤川和男, 田村和朗, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 35, 2, 94,   2014年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402216365032780
  • 日中韓の若者における出生前診断に関する意識調査, 巽純子, 橋野秀, 高橋朋子, 石井万紀子, 金相赫, 南武志, 田村和朗, 藤川和男, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 35, 2, 79,   2014年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402258516164688
  • MUTYH関連ポリポーシスの遺伝カウンセリング~とくに妊娠に際して~, 松山裕美, 金相赫, 伊田和史, 巽純子, 南武志, 藤川和男, 矢野綾, 浜中美衣, 塚本潔, 山野智基, 野田雅史, 松原長秀, 冨田尚裕, 田村和朗, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 35, 2, 90,   2014年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402280165769150
  • 消化管ポリポーシスあるいは多発性ポリープ症に対する科学的根拠に基づく遺伝医療, 田村和朗, 松山裕美, 伊田和史, 金相赫, 藤井大貴, 巽純子, 南武志, 藤川和男, 矢野綾, 浜中美衣, 山野智基, 松原長秀, 冨田尚裕, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 35, 2, 82,   2014年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402296054677438
  • ヘミチャネルを介したATP流出がマウス小脳ミクログリア細胞株におけるエチル水銀添加で生じるCa2+の細胞内流入に関与している, 白壁諒彦, 向井優平, 清本翔一, 阪本大和, 南武志, 生体機能と創薬シンポジウム要旨集, 2014, 90,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402297984161926
  • 硫黄同位体分析による西日本日本海沿岸の弥生時代後期から古墳時代の墳墓における朱の産地同定の試み, 南武志, 河野摩耶, 古川登, 高橋和也, 武内章記, 今津節生, 地球化学, 47, 4, 237, 243,   2013年12月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402221540051745
  • 鉛同位体分析に基づく弥生時代後期から古墳時代前期にかけての遺跡から出土した水銀朱の産地同定の試み, 高橋和也, 南武志, 今津節生, 牧田碧夏, 高久雄一, 西川恵祐, 永松剛, 木寺正憲, 北川路子, 日本分析化学会年会講演要旨集, 62nd, 110,   2013年08月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402247643940016
  • 北部九州における朱の産地―イオウ同位体比からみた前方後円墳発生期の地域相―, 河野摩耶, 南武志, 今津節生, 日本文化財科学会大会研究発表要旨集, 30th, 54, 55,   2013年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302217106917683
  • 同位体分析法を組合せた桜井茶臼山古墳出土朱の産地同定, 南武志, 河野摩耶, 高橋和也, 武内章記, 東影悠, 奥山誠義, 寺沢薫, 今津節生, 日本文化財科学会大会研究発表要旨集, 30th, 56, 57,   2013年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302292296522487
  • 三元素同位体比分析法を組み合わせた遺跡出土朱の産地同定の試み, 南武志, 河野摩耶, 武内章規, 高橋和也, 今津節生, 日本地球化学会年会講演要旨集, 60th, 247, 248,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302293907358358
  • 鉛同位体比測定に基づく遺跡から出土した朱(水銀朱)の産地の解析, 南武志, 今津節生, 北川路子, 牧田碧夏, 西川恵祐, 西川恵祐, 永松剛, 田中龍彦, 卜部達也, 木寺正憲, 石塚香織, 高久雄一, 高橋和也, 分析化学, 62, 9, 825-833 (J-STAGE),   2013年, 10.2116/bunsekikagaku.62.825, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402242254523009
  • 鉛同位体測定に基づく天然辰砂の地域特性の解明および遺跡出土水銀朱の産地同定, 高橋和也, 西川惠裕, 西川惠裕, 永松剛, 田中龍彦, 高久雄一, 木寺正憲, 北川路子, 今津節生, 南武志, 石塚香織, 日本分析化学会年会講演要旨集, 61st, 162,   2012年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202202722565222
  • 前方後円墳発生期における朱の交易―イオウ同位体比分析による産地推定をとおして―, 河野摩耶, 南武志, 今津節生, 日本文化財科学会大会研究発表要旨集, 29th, 258, 259,   2012年06月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202212235573355
  • 遺跡出土朱の産地推定のための同位体分析, 南武志, 武内章記, 高橋和也, 今津節生, 日本地球化学会年会講演要旨集, 59th, 346, 347,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202232525188243
  • 前方後円噴発生期における朱の交易―イオウ同位体比分析の産地推定を通して―, 河野摩耶, 南武志, 今津節生, 日本地球化学会年会講演要旨集, 59th, 348,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202239738431014
  • 三重県の縄文時代後・晩期の遺跡出土の朱の産地推定, 河野(西野)摩耶, 南武志, 武内章記, 奥義次, 今津節生, 日本文化財科学会大会研究発表要旨集, 28th, 210, 211,   2011年06月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102218822926741
  • 近畿大学の遺伝カウンセリング教育を受けて, 守井見奈, 庵前美智子, 吉田ひとみ, 巽純子, 南武志, 田村和朗, 長尾哲二, 藤川和男, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 32, 2, 88,   2011年05月02日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102273589963799
  • ファンコニ貧血の遺伝子解析, 庵前美智子, 内田恵美, 吉田ひとみ, 巽純子, 南武志, 藤川和男, 田村和朗, 矢部みはる, 高田穣, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 32, 2, 82,   2011年05月02日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102278504037531
  • 硫黄同位体比分析から推測する出雲地域西谷墳墓群および他の墳墓出土朱の産地, 南武志, 岩橋孝典, 大庭俊次, 伊藤智, 柴崎晶子, 坂本豊治, 今津節生, 渡辺貞幸, 考古学と自然科学, 62, 65, 72,   2011年03月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102219958847485
  • 国産辰砂(硫化水銀)の水銀同位体組成, 武内章記, 南武志, 日本地球化学会年会講演要旨集, 58th, 331,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102298819469759
  • 臨床症状およびFANCD2のモノユビキチン化障害からファンコニ貧血が疑われる症例の遺伝子解析, 庵前美智子, 内田恵美, 吉田ひとみ, 巽純子, 南武志, 藤川和男, 田村和朗, 矢部みはる, 高田穣, 日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 55th, 172,   2010年10月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002200463000770
  • 5年間の遺伝カウンセラー養成で突きつけられた課題, 巽純子, 田村和朗, 南武志, 佐々木和子, 藤川和男, 日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 55th, 229,   2010年10月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002223711988140
  • 外国語を母国語とするクライエントへの遺伝カウンセリングの問題点, 吉田ひとみ, 守井見奈, 庵前美智子, 岡本陽子, 菅原由江, 三村博子, 巽純子, 南武志, 藤川和男, 田村和朗, 玉置知子, 日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 55th, 154,   2010年10月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002235212393983
  • 羊水検査に対する学生,社会人および保護者の意識調査, 堀江裕美, 田村和朗, 澤井英明, 南武志, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 31, 2, 93, 101,   2010年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002294283544369
  • 微量元素分析と鉛同位体測定に基づく遺跡出土辰砂の産地同定の試み, 高橋和也, 牧田碧夏, 田中龍彦, 三堀陽平, 南武志, 今津節生, 高久雄一, 永松剛, 木寺正憲, 日本分析化学会年会講演要旨集, 59th, 127,   2010年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002267935551560
  • 遺伝カウンセラーの役割とその養成―その実態と問題点, 巽純子, 田村和朗, 南武志, 藤川和男, 大阪小児科学会誌, 27, 3, 10,   2010年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002204956401655
  • 弥生時代から古墳時代における島根県内の遺跡から出土した朱の産地同定, 南武志, 岩橋孝典, 大庭俊次, 伊藤智, 柴崎晶子, 坂本豊治, 渡辺貞幸, 日本文化財科学会大会研究発表要旨集, 27th, 124, 125,   2010年06月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002275392061330
  • 遺伝的異質性のある家族性腫瘍の遺伝カウンセリング, 田村和朗, 池川敦子, 吉田ひとみ, 庵前美智子, 大石祥子, 浦川優作, 巽純子, 南武志, 藤川和男, 久野隆史, 松原長秀, 冨田尚裕, 家族性腫よう, 10, 2, A32,   2010年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002260551499485
  • Cowden病の遺伝子検査の現状, 吉田ひとみ, 庵前美智子, 大石祥子, 浦川優作, 巽純子, 南武志, 藤川和男, 久野隆史, 松原長秀, 冨田尚裕, 西上隆之, 山下幸政, 新井正美, 田村和朗, 家族性腫よう, 10, 2, A39,   2010年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002282937289543
  • 架橋剤により標識したI-ω-conotoxin GVIA結合部位の同定, 和田 哲幸, 阿部 順一, 南 武志, 薬学総合研究所紀要, 11, 85, 94,   2003年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000967595
  • Nephrotoxicity Induced by Adenine and Its Analogs : Relationship between Structure and Renal Injury, 南 武志, 中川 裕文, 鍋島 政義, 門田 永治, 並川 清博, 川木 秀子, OKAZAKI Yuko, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 17, 8, 1032, 1037,   1994年08月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003640701
    概要:Twenty-four adenine analogs were administered to mice and the relationship between the structure of analogs and the occurrence of renal injury was examined. Plasma urea nitrogen (UN) and creatinine levels were measured 24h after oral administration of analogs. Both levels increased in the adenine-, 8-azaadenine-, isoguanine-, or 6-dimethyl aminopurine (6-DMAP)-administered group, but did not increase in the other analog groups. From light microscopy, the damages of tubuli, mainly of proximal tubuli, were observed in the kidneys of these four groups. The common property of these compounds is the strong basicity of nitrogen which binds the 6-position of the purine ring. Furthermore, UN and creatinine increas-ed time-dependently with intravenous administration of isoguanine. When adenine was intravenously administered, UN slightly increased at 1 h, but creatinine was unchanged. No changes were observed in the 6-DMAP-or 8-azaadenine-administered group. The basicity of nitrogen which binds to the 6-position of the purine ring is thus considered to be related to the occurrence of renal injury with oral administration, and isoguanine has high affinity with the kidney.
  • 人間ドック施設環境の臨床検査データにおよぼす影響, 南 武志, 岡崎 雄交, 人間-生活環境系シンポジウム(大阪)、第17回, 17, 82, 85,   1993年12月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009733859
  • 中国貴州省と湖南省辰砂鉱石のイオウ同位体比測定, 南 武志, 今井 亮, 豊 遙秋, 考古学と自然科学, 46, 67, 74,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006131435
  • 908 血液・脳関門の透過性におよぼす環境ストレスの影響(S9-Pポスター発表, Session 9運動生理/形態), 南 武志, 崎田 祐子, 岡崎 雄交, 梶井 宏修, 人間-生活環境系シンポジウム報告集, 98,   1998年11月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009734225
  • ヒト踵骨のミネラル含量と骨密度の男女差, 内海 眞子, 東野 勢津子, 南 武志, 山田 正輿, 森分 結実, 西脇 文夫, 東野 義之, 解剖学雑誌, 72, 4, 257, 260,   1997年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004990357
  • インスリン非依存型糖尿病に発症した漢方薬(珍〓降糖)による鉛中毒, 山田 祐也, 迫田 寛人, 井上 徹, 久保 正治, 伏見 尚子, 南 武志, 亀山 正邦, 糖尿病, 41, 10, 933, 936,   1998年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005567681
  • 慢性透析患者血清中のクロム濃度の変化, 南 武志, 寒川 慶一, 足立 一徳, 岡崎 雄交, 薬学雑誌, 104, 7, 816, 818,   1984年07月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003650665
    概要:Hemodialysis patients were devided into a short-term group, who had been treated for about two years, and a long- term group, who had been treated for about five years. Their serum chromium levels were compared with those of with normal healthy males and females. When the period of hemodialysis treatment had been longer, the serum chromium level was statistically lower in females. The same tendency was also observed in males. This may be caused by the removal of chromium from the serum by hemodialysis treatment. Chromium is an essential trace element and its deficiency symptoms are known. Therefore, when the hemodialysis treatment is extended over a long period of time, we must pay attention to the serum chromium level.
  • 年齢と共に生じるヒト動脈へのカルシウムと燐蓄積の動態, 東野 勢津子, 東野 義之, 南 武志, 岡崎 雄交, 内海 眞子, 西脇 文夫, 森分 結実, 山田 正興, 山田 源, 解剖學雜誌, 72, 5, 451, 454,   1997年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004990628
  • <総説>動物組織中のメタロチオネインの性質について, 岡崎 雄交, 南 武志, 薬学総合研究所紀要, 5, 29, 38,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560662
  • Nephrotoxicity Induced by a Single Dose of Adenine : Effects of 4-Aminopyrazolo [3,4-d] pyrimidine and Allopurinol, 南 武志, 中川 裕文, 一居 真代, 門田 永治, 岡崎 雄交, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 17, 2, 201, 206,   1994年02月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003640510
    概要:The effects of allopurinol and 4-aminopyrazolo [3,4-d] pyrimidine (4APP) on adenine-induced renal injury in mice were examined. Plasma urea nitrogen (UN) and creatinine levels increased after the oral administration of adenine to mice. However, plasma UN and creatinine levels decreased inversely with the dose of 4APP when a different dosage of 4APP was administered together with adenine. Yet 4APP did not have any effect on the UN or creatinine levels when 4APP was administered after adenine administration. Plasma UN and creatinine levels increased in the allopurinol-administered group as in the adenine-administered group. Moreover, from light microscopic observation by hematoxylin-eosin staining, microvacuolic changes in the proximal tubuli were detected in the mouse kidney in the adenine-administered group, and epithelial cell loss, degeneration and microvacuolic changes in the proximal tubuli were observed in the mouse kidney in the adenine-and-allopurinol-administered group. However, there were no changes in the proximal tubuli in the mouse kidney in the adenine-and-4APP-administered group. These findings suggested that 4APP inhibits the action of adenine in the mouse kidney.
  • 生体内金属とメタロチオネインの研究, 薬学雑誌, 120, 282, 289,   2000年
  • Role of Metallothionein in 4-Aminopyrazolo[3,4-d]pyrimidine-Administered Mouse Pancreas, 南 武志, 中川 裕文, 吉本 茂, 浅野 育子, 岡崎 雄交, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 16, 11, 1108, 1110,   1993年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003663255
    概要:pancreatic metallothionein (MT) and zinc levels were measured after the administration of 4-aminopyrazolo(3,4-d)pyrimidine (4APP) to mice to determine the role of pancreatic MT. 4APP was found to increase the pancreatic MT level dose-dependently; the pancreatic MT level in mice administered 175 mg/kg of 4APP was 3.9 fold higher than that in control mice. When 40 mg/kg or less of 4APP was administered, the zinc concentration of the pancreatic cytosol fraction did not differ from that in control mice, while after 175 mg/kg of 4APP it was 1.7-fold higher. There was no difference in plasma glucose and insulin levels between the controls and mice administered 175 mg/kg of 4APP, although the plasma α-amylase activity was reduced in the latter. Moreover, a linear negative relationship was observed between pancreatic MT level and plasma α-amylase activity (r=-0.795,p<0.01).These findings suggest that pancreatic MT is affected by the disruption of the exocrine function in 4APP-administered mouse pancreas.
  • Effects of Insulin and 1α-Hydroxy Vitamin D_3 on Streptozotocin-Induced Diabetic Rats Fed a Low Zinc Diet, 南 武志, 佐々木 啓人, 岡崎 雄交, 井上 徹, 山田 裕也, 伏見 尚子, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 16, 5, 468, 470,   1993年05月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003640274
    概要:Streptozotocin-induced diabetic rats (LZ-DM rats) developed nephrocalcinosis after being fed a low zinc diet for 4 weeks. However, administration of 1α-hydroxy vitamin D_3 (1-OHD_3) or insulin inhibited the formation of nephrocalcinosis.The urinary calcium level increased when 1-OHD_3 was administered to these rats, but decreased in the group receiving insulin. It was also observed that the femur recovered its hardness when insulin was administered, although the hardness in the LZ-DM rats remained lower than that of the control rats. Rat femur hardness, however, did not completely recover with 1-OHD_3 treatment.These results indicate that the effects of insulin and 1-OHD_3 differ, even though nephrocalcinosis was reduced by administration of either insulin or 1-OHD_3. It appears that insulin assists bone formation, and the 1-OHD_3 hastens calcium excretion.
  • 慢性腎不全透析療法患者血清リポ蛋白中のα-Tocopherol含量, 臨床病理, 33, 1041, 1044,   1985年
  • インスリン非依存型糖尿病に発症した漢方薬(珍芹降糖)による鉛中毒, 糖尿病, 41, 933, 936,   1998年
  • マウスにおけるシスプラチン腎障害の酸化的障害に及ぼすアロプリノールの影響, 薬学雑誌, 119, 936, 944,   1999年
  • 糖尿病時の自律神経異常とその機作のラットおよびヒト糖尿病における検討, 第1回中日友好糖尿病シンポジウム(北京),   1987年
  • ヒト椎骨中のカルシウムとリンの含量は年齢に関係なく一定である, 医学のあゆみ, 179, 217, 218,   1996年
  • Age-related changes of calcium in the coronary arteries of Thai, Japanese and Monkeys, Y. Tohno, 南 武志, P. Mahakkanukrauh S. Tohno N. Ongkana A. Sinthubua P. Suwannahoy S. Laowatthanaphong, C. Azuma, T. Oishi M. Hayashi, Chiang Mai University Journal of Natural Science, 9, 1, 1, 12,   2010年06月
  • 東大阪の優れたモノづくり技術の継承と現代ハイテクとの融合 成果報告書(平成16年度-20年度), 沖 幸男, 玉井 元治, 久米 靖文, 米田 博幸, 古南 博, 橋新 裕一, 神戸 尚志, 青山 邑里, 宮澤 三雄, 山本 昌彦, 南 武志, 井口 信和, 中山 斌義, 吉原 正邦, 森本 純司, 竹原 幸生, 五百井 清, 伊藤 征司郎, 藤原 尚, 多田 弘明, 河島 信樹, 井田 民男, 藤野 隆由,   2009年05月
    概要:文部科学省 私立大学学術研究高度化推進事業 産学連携研究推進事業に選定された「東大阪の優れたモノづくり技術の継承と現代ハイテクとの融合」(平成16年度-20年度)の最終成果報告書
  • 東大阪の優れたモノづくり技術の継承と現代ハイテクとの融合 成果報告書(平成16年度-18年度), 沖 幸男, 玉井 元治, 久米 靖文, 米田 博幸, 古南 博, 橋新 裕一, 神戸 尚志, 青山 邑里, 宮澤 三雄, 山本 昌彦, 南 武志, 井口 信和, 中山 斌義, 吉原 正邦, 森本 純司, 河島 信樹, 井田 民男, 藤野 隆由,   2007年05月
    概要:文部科学省 私立大学学術研究高度化推進事業 産学連携研究推進事業に選定された「東大阪の優れたモノづくり技術の継承と現代ハイテクとの融合」(平成16年度-20年度)の成果の中間報告(平成16年度-18年度)
  • Extraction efficiency of elements in Chinese tea infusions, 南 武志, Kosuke Kurumano, Shuhei Kameyama, Mai Yoshida, Annual Reports by Research Institute for Science and Technology, 24, 45, 51,   2012年02月
  • 天河別神社古墳群と宝幢寺古墳から出土した赤色顔料-朱-のイオウ同位体比分析, 南 武志, 天河別神社古墳群発掘調査報告書, 139, 141,   2011年03月
  • 萩原2号墓出土の赤色顔料-朱-のイオウ同位体比分析, 南 武志, 萩原2号墳発掘調査報告書, 48, 50,   2010年
  • Compositional changes of the uterine arteries in Japanese and Thai with aging, P. Mahakkanukrauh, 南 武志, S. Tohno A. Sinthubua P. Suwannahoy T. Naganuma Y. Tohno, C. Azuma, Chiang Mai University Journal of Natural Sciences, 9, 2, 167, 176,   2010年12月
  • 東大阪モノづくり技術者育成プロジェクト 成果報告書, 岩崎 日出男, 沖 幸男, 神山 匡, 南 武志, 田村 和朗, 古南 博, 窪堀 俊文, 梶原 伸治, 原田 孝, 橋新 裕一, 井口 信和, 向井 苑生, 保本 正芳, 森本 純司, 本西 英,   2010年03月
    概要:文部科学省 ものづくり技術者育成支援事業の助成を受けて実施した「東大阪モノづくり技術者育成プロジェクト」(平成19年度~21年度)の成果を取りまとめた。
  • 三重県の縄文遺跡より出土した朱の産地同定の試み, 南 武志, 森添遺跡, 51, 56,   2011年03月

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 同位体分析法から見た墳墓出土朱の産地変遷-大和政権による朱の政治的利用-, 南 武志
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ヨーロッパにおけるローマ帝国時代の遺跡朱の産地同定, 南 武志, ヨーロッパの11 ヶ国29 辰砂鉱山鉱石を収集し、硫黄同位体比を測定したところ、値は鉱山に依存していた。硫黄同位体比と水銀同位体比分析の二次元グラフはその差がより鮮明であった。しかし、遺物より採取可能量は少ないので、硫黄同位体比分析だけでローマ帝国時代の朱の産地同定を試みた。ハンガリーのエブダ出土朱はトランスシルバニア産、スペインのクルニア出土朱はアルマデン鉱山産と推察した。硫黄同位体比分析は古代の朱産地同定に有効な手法であり、水銀同位体分析を組み合わすと精度を高めることができる。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 分析化学的手法を用いた遺跡朱の産地同定方法の開発, 南 武志, 古代中国の辰砂産地である陳西省と雲南省を訪問し、辰砂鉱石を得てこれを分析した。その結果、弥生時代後期の日本海沿岸の遺跡朱は従来考えていた中国貴州省産辰砂ではなく、陳西省産辰砂の可能性が大であることが判明した。さらに、遺跡および辰砂鉱石の鉛同位体分析方法を開発した。朱(硫化水銀)はその生成時に他の金属を巻き込むことは少なく、陳西省産辰砂に含まれる鉛量も微量であった。しかし、陳西省産、貴州省産、丹生鉱山産、大和水銀鉱山産鉛同位体に明らかな違いが認められた。さらに、遺跡出土朱の鉛同位体分析も可能であったが一緒に出土した青銅器由来と考えられる鉛同位体値が観察された。遺跡より朱をサンプリングするときはコンタミがない状態でサンプリングしなければならないが、作業現場で実際にサンプリングをおこなうものにその心構えがないことが多く、難しい問題である。以上より、本研究成果として中国陳西省産辰砂が弥生後期に日本海沿岸にもたらされた可能性がイオウ同位体比分析の結果から推察された。また、鉛同位体分析も測定できるシステムを構築したが、イオウ同位体比分析に比べて細心な注意が遺跡朱のサンプリングに必要である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), イオウ同位体比分析を考古学資料に応用するための基礎的研究, 南 武志, 質量数32と34のイオウ同位体比を分析し、弥生時代〜古墳時代にかけた遺跡出土朱の産地推定を行った。本研究では以下の点が問題となっていた。(1)イオウ同位体比に産地別の違いがあるか。(2)古代産地と現在の産地でイオウ同位体比は同じか。(3)微量朱の分析は可能か。(4)人造朱はなかったのか。16年度は、イオウ同位体比が中国産朱と日本産朱で全く異なる値を示すことを明らかにした。しかし古代日本の朱産地は文献的な考察からある程度明らかであったのに対し、中国産地は辰砂の名前由来の貴州省満山特区産であると推察するに留まっていた。17年度は、中国文献を洗い直し、陳西省鉱山が貴州省より古いこと、またその値が+8‰と貴州省産(+20‰)と異なり、しかも弥生後期の日本海沿岸王墓(北九州、出雲、因幡、丹後)より出土した朱の値と酷似していることを明らかにした。また、日本産朱も三重県丹生鉱山産と奈良県大和水銀鉱山産で異なり、加えて一つの鉱脈では地中深くから採取した朱と地上付近の朱で値に違いがないことを確かめ、現在の鉱山鉱石の分析結果は露頭堀りしていたと思われる古代産地の値を反映していることを明らかにできた。以上より、産地と遺跡出土朱のイオウ同位体比分析を行うことにより、遺跡朱の産地推定が可能であることを証明できた。つぎに朱イオウ同位体比の微量分析を検討した。王墓と考えられる遺跡以外の遺跡出土朱は微量である場合が多い。また縄文時代には土器の彩色に朱が用いられており、本研究結果は日本全国の縄文土器の物流を調べる一助となりうる。そこで微量分析を試みた結果、従来数10mg必要であったのに対し、およそ2mg以上の朱であれば信頼できる値を得ることができた。最後に人造朱の混入が遺跡朱で行われた可能性について検討した。現在の人造朱を日本3社、中国1社より取り寄せ、硫化水銀標準試薬とともに検討した。16年度は、水銀同位体の違いを検討した。17年度は、混在金属含量の比較と微細構造の比較を主に行った。その結果、湿式と乾式製造法の違いはわからなかった。朱色の違いは金属(たとえばカドミウム)を混和して作製していた。微量混在金属量が極端に少なく、また均一な粒子径が認められた。以上、古代の人造朱が入手できなかったが、遺跡出土朱の人造朱か天然朱の判別は可能であると考える。
  • 細胞内メタロチオネインの性質に関する研究
  • 血液脳関門障害と金属の脳内移行性に関する研究
  • 古代朱の産地に関する研究
  • チメロサールが脳内の各種細胞に与える影響に関する研究, 低濃度のチメロサールをマウスに投与すると小脳内メタロチオネインが誘導される。このことは、チメロサールの影響が小脳内で発現していると考えられる