KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

木戸 慎介キド シンスケ

プロフィール

所属部署名農学部 食品栄養学科 / 農学研究科
職名准教授
学位博士(栄養学)
専門分子栄養学、臨床栄養学、骨・ミネラル代謝学
ジャンル医療・健康/健康問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/837-kido-shinsuke.html
ホームページURLhttp://kindaiagri-clinutr.wixsite.com/rinsyoueiyouken
メールアドレスskido[at]nara.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    我々は総合大学である強みを生かした「医食農連携プロジェクト」により、慢性腎臓病患者さんに合わせた新たな食事療法の開発並びに高機能食材(野菜など)の開発を行っています。

学歴・経歴

学歴

  • 1999年04月 - 2003年03月, 徳島大学大学院, 栄養学研究科, 博士課程後期
  • 1997年04月 - 1999年, 徳島大学大学院, 栄養学研究科, 博士課程前期
  • 1993年04月 - 1997年03月, 徳島大学, 医学部, 栄養

経歴

  •   2013年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2010年11月,  - 2013年03月, 徳島大学大学院(特任助教)
  •   2011年,  - 2012年, 徳島大学(大学院・ヘルスバイオサイエンス研究部)
  •   2008年04月,  - 2010年10月, 徳島大学大学院(学術研究員)
  •   2003年10月,  - 2008年03月, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部(21世紀COE特別研究員)
  •   2002年04月,  - 2003年09月, 徳島大学(研究員)
  •   2000年04月,  - 2002年03月, 徳島大学(日本学術振興会特別研究員 (DC2))

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 腎臓内科学
  • 内科系臨床医学, 内分泌学
  • 生物科学, 細胞生物学
  • 基礎医学, 病態医化学
  • 内科系臨床医学, 内分泌学

研究キーワード

  • 血管石灰化, 骨粗鬆症, 腎不全, 老化, 骨不全, リン, ビタミンD, g, Wnt, グルココルチコイド, ΔFosB, FGF23, 骨髄腫, リン代謝, 血管内皮機能, NAD, 血管新生, 慢性腎臓病, IL-11, 力学的負荷, 骨芽細胞, 骨形成, 遺伝子発現調節

論文

  • Relationship between sodium-dependent phosphate transporter (NaPi-IIc) function and cellular vacuole formation in opossum kidney cells., Shiozaki Y, Segawa H, Ohnishi S, Ohi A, Ito M, Kaneko I, Kido S, Tatsumi S, Miyamoto K, The journal of medical investigation : JMI, 62, 3-4, 209, 218,   2015年, 査読有り
  • Hepatectomy-related hypophosphatemia: a novel phosphaturic factor in the liver-kidney axis., Nomura K, Tatsumi S, Miyagawa A, Shiozaki Y, Sasaki S, Kaneko I, Ito M, Kido S, Segawa H, Sano M, Fukuwatari T, Shibata K, Miyamoto K, Journal of the American Society of Nephrology : JASN, 25, 761, 772,   2014年04月, 査読有り
  • Molecular mechanisms of cadmium-induced FGF23 upregulation in osteoblast-like cells., Kido S, Fujihara M, Nomura K, Sasaki S, Mukai R, Ohnishi R, Kaneko I, Segawa H, Tatsumi S, Izumi H, Kohno K, Miyamoto KI, Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology, 139, 2, 301, 316,   2014年03月, 査読有り
  • Activating transcription factor 4, an ER stress mediator, is required for, but excessive ER stress suppresses osteoblastogenesis by bortezomib., Nakamura S, Miki H, Kido S, Nakano A, Hiasa M, Oda A, Amou H, Watanabe K, Harada T, Fujii S, Takeuchi K, Kagawa K, Ozaki S, Matsumoto T, Abe M, International journal of hematology, 98, 66, 73,   2013年07月, 査読有り
  • Parathyroid hormone (1-34) counteracts the suppression of interleukin-11 expression by glucocorticoid in murine osteoblasts: a possible mechanism for stimulating osteoblast differentiation against glucocorticoid excess., Kuriwaka-Kido R, Kido S, Miyatani Y, Ito Y, Kondo T, Omatsu T, Dong B, Endo I, Miyamoto K, Matsumoto T, Endocrinology, 154, 1156, 1167,   2013年03月, 査読有り
  • Vitamin D and type II sodium-dependent phosphate cotransporters., Kido S, Kaneko I, Tatsumi S, Segawa H, Miyamoto K, Contributions to nephrology, 180, 86, 97,   2013年, 査読有り
  • Processing and stability of type IIc sodium-dependent phosphate cotransporter mutations in patients with hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria., Haito-Sugino S, Ito M, Ohi A, Shiozaki Y, Kangawa N, Nishiyama T, Aranami F, Sasaki S, Mori A, Kido S, Tatsumi S, Segawa H, Miyamoto K, American journal of physiology. Cell physiology, 302, C1316, 30,   2012年05月, 査読有り
  • Regulation of osteoblast differentiation by interleukin-11 via AP-1 and Smad signaling., Matsumoto T, Kuriwaka-Kido R, Kondo T, Endo I, Kido S, Endocrine journal, 59, 91, 101,   2012年, 査読有り
  • Identification and functional analysis of a splice variant of mouse sodium-dependent phosphate transporter Npt2c., Kuwahara S, Aranami F, Segawa H, Onitsuka A, Honda N, Tominaga R, Hanabusa E, Kaneko I, Yamanaka S, Sasaki S, Ohi A, Nomura K, Tatsumi S, Kido S, Ito M, Miyamoto K, The journal of medical investigation : JMI, 59, 116, 126,   2012年, 査読有り
  • [Fibroblast growth factor 23 mediates the phosphaturic actions of cadmium]., Kido S, Fujihara M, Nomura K, Sasaki S, Shiozaki Y, Segawa H, Tatsumi S, Miyamoto K, Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene, 67, 4, 464, 471,   2012年09月, 査読有り
  • Inorganic phosphate homeostasis in sodium-dependent phosphate cotransporter Npt2b⁺/⁻ mice., Ohi A, Hanabusa E, Ueda O, Segawa H, Horiba N, Kaneko I, Kuwahara S, Mukai T, Sasaki S, Tominaga R, Furutani J, Aranami F, Ohtomo S, Oikawa Y, Kawase Y, Wada NA, Tachibe T, Kakefuda M, Tateishi H, Matsumoto K, Tatsumi S, Kido S, Fukushima N, Jishage K, Miyamoto K, American journal of physiology. Renal physiology, 301, F1105, 13,   2011年11月, 査読有り
  • Sodium-dependent phosphate cotransporters: lessons from gene knockout and mutation studies., Miyamoto K, Haito-Sugino S, Kuwahara S, Ohi A, Nomura K, Ito M, Kuwahata M, Kido S, Tatsumi S, Kaneko I, Segawa H, Journal of pharmaceutical sciences, 100, 3719, 3730,   2011年09月, 査読有り
  • Induction of endosomal/lysosomal pathways in differentiating osteoblasts as revealed by combined proteomic and transcriptomic analyses., Taniguchi T, Kido S, Yamauchi E, Abe M, Matsumoto T, Taniguchi H, FEBS letters, 584, 3969, 3974,   2010年09月, 査読有り
  • Mechanical stress activates Smad pathway through PKCδ to enhance interleukin-11 gene transcription in osteoblasts., Kido S, Kuriwaka-Kido R, Umino-Miyatani Y, Endo I, Inoue D, Taniguchi H, Inoue Y, Imamura T, Matsumoto T, PloS one, 5,   2010年09月, 査読有り
  • Tgf-Beta inhibition restores terminal osteoblast differentiation to suppress myeloma growth., Takeuchi K, Abe M, Hiasa M, Oda A, Amou H, Kido S, Harada T, Tanaka O, Miki H, Nakamura S, Nakano A, Kagawa K, Yata K, Ozaki S, Matsumoto T, PloS one, 5, e9870,   2010年03月, 査読有り
  • Fibroblast growth factor 23 mediates the phosphaturic actions of cadmium., Aranami F, Segawa H, Furutani J, Kuwahara S, Tominaga R, Hanabusa E, Tatsumi S, Kido S, Ito M, Miyamoto K, The journal of medical investigation : JMI, 57, 95, 108,   2010年02月, 査読有り
  • Mechanical stress induces Interleukin-11 expression to stimulate osteoblast differentiation., Kido S, Kuriwaka-Kido R, Imamura T, Ito Y, Inoue D, Matsumoto T, Bone, 45, 1125, 1132,   2009年12月, 査読有り
  • GM-CSF and IL-4 induce dendritic cell differentiation and disrupt osteoclastogenesis through M-CSF receptor shedding by up-regulation of TNF-alpha converting enzyme (TACE)., Hiasa M, Abe M, Nakano A, Oda A, Amou H, Kido S, Takeuchi K, Kagawa K, Yata K, Hashimoto T, Ozaki S, Asaoka K, Tanaka E, Moriyama K, Matsumoto T, Blood, 114, 4517, 4526,   2009年11月, 査読有り
  • Vicious cycle between myeloma cell binding to bone marrow stromal cells via VLA-4-VCAM-1 adhesion and macrophage inflammatory protein-1alpha and MIP-1beta production., Abe M, Hiura K, Ozaki S, Kido S, Matsumoto T, Journal of bone and mineral metabolism, 27, 16, 23,   2009年, 査読有り
  • Myeloma cell-osteoclast interaction enhances angiogenesis together with bone resorption: a role for vascular endothelial cell growth factor and osteopontin., Tanaka Y, Abe M, Hiasa M, Oda A, Amou H, Nakano A, Takeuchi K, Kitazoe K, Kido S, Inoue D, Moriyama K, Hashimoto T, Ozaki S, Matsumoto T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 13, 816, 823,   2007年02月, 査読有り
  • BAFF and APRIL as osteoclast-derived survival factors for myeloma cells: a rationale for TACI-Fc treatment in patients with multiple myeloma., Abe M, Kido S, Hiasa M, Nakano A, Oda A, Amou H, Matsumoto T, Leukemia, 20, 1313, 1315,   2006年07月, 査読有り
  • c-Fos degradation by the ubiquitin-proteasome proteolytic pathway in osteoclast progenitors., Ito Y, Inoue D, Kido S, Matsumoto T, Bone, 37, 842, 849,   2005年12月, 査読有り
  • Myeloma cells suppress bone formation by secreting a soluble Wnt inhibitor, sFRP-2., Oshima T, Abe M, Asano J, Hara T, Kitazoe K, Sekimoto E, Tanaka Y, Shibata H, Hashimoto T, Ozaki S, Kido S, Inoue D, Matsumoto T, Blood, 106, 3160, 3165,   2005年11月, 査読有り
  • Malignant B-lymphoid cells with bone lesions express receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand and vascular endothelial growth factor to enhance osteoclastogenesis., Shibata H, Abe M, Hiura K, Wilde J, Moriyama K, Sano T, Kitazoe K, Hashimoto T, Ozaki S, Wakatsuki S, Kido S, Inoue D, Matsumoto T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 11, 6109, 6115,   2005年09月, 査読有り
  • Transcriptional induction of FosB/DeltaFosB gene by mechanical stress in osteoblasts., Inoue D, Kido S, Matsumoto T, The Journal of biological chemistry, 279, 49795, 49803,   2004年11月, 査読有り
  • Osteoclasts enhance myeloma cell growth and survival via cell-cell contact: a vicious cycle between bone destruction and myeloma expansion., Abe M, Hiura K, Wilde J, Shioyasono A, Moriyama K, Hashimoto T, Kido S, Oshima T, Shibata H, Ozaki S, Inoue D, Matsumoto T, Blood, 104, 2484, 2491,   2004年10月, 査読有り
  • [fosB/IL-11]., Kido S, Inoue D, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62 Suppl 2, 62, 67,   2004年02月, 査読有り
  • Decreased AP-1 activity and interleukin-11 expression by bone marrow stromal cells may be associated with impaired bone formation in aged mice., Tohjima E, Inoue D, Yamamoto N, Kido S, Ito Y, Kato S, Takeuchi Y, Fukumoto S, Matsumoto T, Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research, 18, 1461, 1470,   2003年08月, 査読有り
  • Expression of RANK is dependent upon differentiation into the macrophage/osteoclast lineage: induction by 1alpha,25-dihydroxyvitamin D3 and TPA in a human myelomonocytic cell line, HL60., Kido S, Inoue D, Hiura K, Javier W, Ito Y, Matsumoto T, Bone, 32, 621, 629,   2003年06月, 査読有り
  • Role for macrophage inflammatory protein (MIP)-1alpha and MIP-1beta in the development of osteolytic lesions in multiple myeloma., Abe M, Hiura K, Wilde J, Moriyama K, Hashimoto T, Ozaki S, Wakatsuki S, Kosaka M, Kido S, Inoue D, Matsumoto T, Blood, 100, 2195, 2202,   2002年09月, 査読有り
  • Estrogen promotes early osteoblast differentiation and inhibits adipocyte differentiation in mouse bone marrow stromal cell lines that express estrogen receptor (ER) alpha or beta., Okazaki R, Inoue D, Shibata M, Saika M, Kido S, Ooka H, Tomiyama H, Sakamoto Y, Matsumoto T, Endocrinology, 143, 2349, 2356,   2002年06月, 査読有り
  • 17beta-estradiol stimulates expression of osteoprotegerin by a mouse stromal cell line, ST-2, via estrogen receptor-alpha., Saika M, Inoue D, Kido S, Matsumoto T, Endocrinology, 142, 6, 2205, 2212,   2001年06月, 査読有り
  • Identification of regulatory sequences and binding proteins in the type II sodium/phosphate cotransporter NPT2 gene responsive to dietary phosphate., Kido S, Miyamoto K, Mizobuchi H, Taketani Y, Ohkido I, Ogawa N, Kaneko Y, Harashima S, Takeda E, The Journal of biological chemistry, 274, 28256, 28263,   1999年10月, 査読有り
  • Regulation of type II renal Na+-dependent inorganic phosphate transporters by 1,25-dihydroxyvitamin D3. Identification of a vitamin D-responsive element in the human NAPi-3 gene., Taketani Y, Segawa H, Chikamori M, Morita K, Tanaka K, Kido S, Yamamoto H, Iemori Y, Tatsumi S, Tsugawa N, Okano T, Kobayashi T, Miyamoto K, Takeda E, The Journal of biological chemistry, 273, 14575, 14581,   1998年06月, 査読有り

書籍等出版物

  • 臨床栄養学実習第2版(栄養科学シリーズNEXT), 塚原丘美/編(共著、担当:3.12ネフローゼ症候群患者の栄養管理), 3.12 ネフローゼ症候群患者の栄養管理)、P124-1284-128, 講談社サイエンティフィク,   2017年03月
  • 新・臨床栄養学(栄養科学シリーズNEXTシリーズ), 竹谷豊、塚原丘美、桑波田雅士、坂上浩・編, 共著, 13.1骨粗鬆症, 講談社サイエンティフィク,   2016年01月
  • ミネラルと摂取と老化制御-リン研究の最前線-, 宮本賢一、新井英一、下村吉治責任編集, 分担執筆, 第2編リンと栄養、第6章 リン添加物 (P.69-P.87), 建帛社,   2014年05月
  • 臨床栄養、vol.124、No.3, 大西律子、木戸慎介、宮本賢一, 共著, 慢性腎臓病におけるリン管理、リン添加物の話題 (P.317-324),   2014年
  • CLINICAL CALCIUM、vol.23 No.9, 木戸 慎介, 共著, カドミウムや鉄などの重金属と骨代謝 (P.59-66), 医薬ジャーナル社,   2013年
  • CLINICA CALCIUM、vol.22 No.10 , 木戸慎介、野村憲吾、佐々木祥平、塩﨑雄治、瀬川博子、辰巳佐和子 , 共著, リン添加物に関する情報と栄養指導 (P.127-135), 医薬ジャーナル社,   2012年
  • CLINICAL CALCIUM、vol.22  No.10, 辰巳佐和子、野村憲吾、宮川敦美、木戸慎介、瀬川博子, 共著, リンセンシングと腸管 (P.81-85), 医薬ジャーナル社,   2012年
  • CLINICAL CALCIUM、vol.22 No.10 , 瀬川博子、佐々木祥平、向井朋、真鍋舞、木戸慎介、辰巳佐和子、宮本賢一, 共著, リンの体内動態(腸管、腎臓における吸収と排泄機序/リン輸送体の機能作用)P.13-20, 医薬ジャーナル社,   2012年
  • 腎と骨代謝 Vol.25 No.1, 木戸慎介、桑原頌治、野村憲吾、大井彰子、辰巳佐和子、瀬川博子、宮本賢一, 共著, FGF23の作用と作用機序 (P.25-31), 日本メディカルセンター,   2012年
  • 循環器医のための知っておくべき電解質異常, 大井彰子,桑原頌治,木戸慎介,宮本賢一, 共著, ②リン,亜鉛,銅 (P.47-51), メディカルビュー社,   2011年
  • 腎と透析,Aug.2010 8 Vol.69No.2, 宮本賢一,山口誠一,辰巳佐和子,木戸慎介,瀬川博子, 共著, フォスファトニンとリン (P.200-202), 東京医学社,   2010年
  • 腎と骨代謝 vol.23 No.2, 辰巳佐和子,菊井聡子,花房悦世,木戸慎介,宮本賢一, 共著, リン代謝と腸管, 日本メディカルセンター,   2010年
  • 臨床透析vol.26 no.1, 宮本賢一,金子一郎,古谷順也,木戸慎介, 共著, カルシウム/リン代謝調節機序の最近の進歩 (P.9-16), 日本メディカルセンター,   2010年
  • Nephrology FrontierVol.8 No.4 12月号, 宮本賢一,辰巳佐和子,金子一郎,木戸慎介,瀬川博子, リン低下薬の今後の行方 (P.33-38),   2009年
  • CKD-MBDハンドブック, 木戸慎介、辰巳佐和子、宮本賢一, 共著, リンバランスとその調節機構 (P.25-30), 日本メディカルセンター,   2009年
  • カルシウム代謝概論, 木戸 慎介、松本 俊夫, 共著, 内分泌・糖尿病科(特別増刊号、カルシウム・骨代謝の全て), 23 Suppl.3, 科学評論社,   2006年
  • 腎と骨代謝 18(1), 木戸慎介、井上大輔, 共著, 力学的負荷による骨芽細胞の分化誘導因子の転写制御 (P.31-38), 日本メディカルセンター,   2005年
  • 日本臨床 骨粗鬆症学―基礎・臨床研究の新しいパラダイム -62 Suppl 2, 6. 木戸慎介、井上大輔, 共著, II.骨代謝調節系、破骨細胞の機能・骨吸収メカニズム、骨吸収促進因子 fosB/IL-11, 日本臨床社,   2004年
  • ホルモンと臨床 52 Suppl, 木戸慎介、井上大輔、松本俊夫, 共著, Glucocorticoid Action in Osteoblasts.―ステロイドホルモン研究の進歩2003, 医学の世界社,   2003年
  • CLINICAL CALCIUM vol.13(1), 木戸慎介、井上大輔, 共著, 特集:PTHの新たな展開―骨粗鬆症における意義―Review PTHによる骨形成促進作用の発現機序 (P.14-18), 医薬ジャーナル社,   2003年
  • オステオアゴラ(中国・四国)秋季19, 木戸慎介、井上大輔, 共著, メカニカルストレスと細胞内情報伝達機構,   2002年
  • 整形・災害外科, 木戸慎介、井上大輔, 共著, 力学的負荷とfos family遺伝子 (P.1350-1351),   2001年
  • 続発性骨粗鬆症マニュアル, 木戸慎介、井上大輔, 共著, 栄養・食餌性因子 (P.126-P.132), ライフサイエンス出版,   2000年
  • 栄養生化学 人体の構造と機能(栄養科学シリーズNEXTシリーズ), 加藤秀夫、中坊幸弘、宮本賢一・編, 共著

講演・口頭発表等

  • 慢性腎臓病患者の新たな食事・栄養療法の開発, 上西梢、木戸慎介, 第64回日本栄養改善学会学術集会,   2017年09月15日
  • 慢性腎臓病患者の新たな食事・栄養療法の開発~食物繊維が体内リン代謝動態に及ぼす影響~, 上西梢、安岡美総、冨田圭子、加藤博一、木戸慎介, 第64回日本栄養改善学会学術集会,   2017年09月14日
  • 未利用資源である大和橘の有効活用~果皮抽出物が有する抗メタボ効果の検証~ , 上西梢、池田望、中山晴江、富研一、林孝洋、木戸慎介, 第71回日本栄養・食糧学会大会,   2017年05月19日
  • 慢性腎臓病患者の新たな食事・栄養療法の開発~リン管理における 植物性たんぱく質の有効性について~, 上西梢、川端佑季、野方美里、木戸慎介, 第15回日本栄養改善学会近畿支部学術総会,   2016年12月18日
    概要:【背景】慢性腎臓病(CKD)患者でみられる高リン血症は、心血管イベントなどの致命的な合併症を引き起こすことから、当該患者における食事性リン管理は必須である。血中リン濃度は、食事中のリン含量に左右されるが、リンはタンパク質と結合していることから、リンのみを制限することは容易ではない。そこで本研究では、選択的にリンを制限する新たな手法として、リンの生体内利用率が食材により異なる点に着目し、食事中のリン供給源の違いが体内リン代謝動態に及ぼす影響について検証を試みた。【方法】対象者は当学科に所属の20代の健常学生とした。なお本研究は本学生命倫理員会の承認を得た上で実施した。(実験Ⅰ)動物性由来リン比率70%あるいは植物性由来リン比率70%に調整した試験食(双方共にタンパク質、リン量は等量)を対象者に昼食として供した際の体内リン代謝動態を比較した。(実験Ⅱ)実験Ⅰと同様の栄養価の食事を5日間継続的に被験者に提供し、体内リン代謝動態への影響を検討した。【結果】(実験Ⅰ)の植物性リン70%食群では、動物性リン70%食群に比して試験食摂取後の血中リン濃度並びに尿中リン濃度の上昇が緩やかであった。(実験Ⅱ)の植物性リン70%食群では、動物性リン70%食群と比べて血中リン濃度に差は認められなかったが、尿中リン濃度は、5日間継続的に低い値を維持した。【考察】植物性由来のリンを多く含む食事では食後の血中リン濃度の上昇が穏やかであることが明らかとなった。本成績は、早期リン制限による腎機能悪化進展阻止に向けた新たな食事・栄養療法として、CKD患者の病態改善の一助となる可能性が示唆された。
  • 慢性腎臓病患者向け食事療法が抱える栄養学的課題の抽出:ビッグデータを活用した新たな栄養学的アプローチ, 木戸慎介、冨田史子、上西梢、小島誠也、加藤博一、安岡美総、冨田圭子, 第15回日本栄養改善学会近畿支部学術総会,   2016年12月18日
    概要:【背景】慢性腎臓病(CKD)における食事療法ではたんぱく質制限を中心とする厳しい制限により微量栄養素等の欠乏を招く恐れがあるが、その詳細は未だ不明な点が多く残されている。そこで本研究では、既存のCKD患者向け献立を網羅解析することで、その問題点並びに解決策を模索した。【方法】本検討では、腎臓病食品交換表に準拠したCKD患者向け献立を収載する市販書籍を解析対象とした。当該書籍に収載の献立(朝昼夕毎に51食、計153食)をデジタルデータ化し、得られた全ての1日分の組み合わせ(513=約13万通り)のうち、CKD食事療法基準(2014年版)ステージ3bを満たす組み合わせ約9万通りを抽出し、これらの献立に含まれる栄養素の過不足について検証した。【結果】抽出したCKD食1日分(9万通り)に含まれる各種栄養成分について、「日本人の食事摂取基準2015年版」を基に充足率を求めたところ、ビタミンではVit.B群やVit.Dで、またミネラルではCa、Mg、Znなど、多数の微量栄養素の不足を確認した。【考察】CaやVit.Dの不足はCKDに伴う骨ミネラル代謝障害のリスクであることから、これらの栄養素に配慮した献立作成の必要性が改めて浮き彫りとなった。またこうした微量栄養素の不足は対象群である常食では認められなかったことから、たんぱく質制限を中心とした腎臓病食特有の問題であることが推測される。一方で、Znのように不足しがちであるものの、必ずしもたんぱく質制限との間に強い相関を認めない栄養素も存在したことから、食材の組み合わせによっては、CKD食においても食事摂取基準を十分満たすことが可能であると考えられる。しかしながら、多数の栄養成分を適切に管理しつつ、「単位」のような指標を用いて献立を作成することは困難である。このため、我々の作成したデータベースをはじめとした情報技術を用いることにより、多数の栄養成分に配慮した食事管理法は、今後益々必要とされるものと考えられる。
  • 情報技術を基盤とした網羅解析による慢性腎臓病患者向け食事療法に潜在する栄養学的課題の抽出, 木戸慎介、上西梢、加藤博一、安岡美総、冨田圭子, 第63回日本栄養改善学会学術総会,   2016年09月08日
  • 慢性腎臓病患者の新たな食事・栄養療法の開発~タンパク質源の違いが体内リン代謝動態に及ぼす影響~, 上西梢、安岡美総、冨田圭子、加藤博一、木戸慎介, 第63回日本栄養改善学会学術総会,   2016年09月08日
  • 情報技術を基盤とした網羅解析による慢性腎臓病患者向け食事療法に潜在する栄養学的課題の抽出, 木戸慎介、上西梢、安岡美総、冨田圭子, 奈良県栄養士会平成28年度研究発表会,   2016年08月25日
  • 低カリウムニンジン生産における栽培システムおよび施肥条件の検討, 西川允雲、富研一、野邑水希、木戸慎介、上西梢、青山恭久、林孝洋, 園芸学会H28春季大会,   2016年03月26日
  • 在宅食事療法の栄養素情報の分析と動的な献立計画支援手法の提案, 小島誠也、冨田圭子、木戸慎介、森田晶、金谷重彦、稲村真弥、上西梢、高富貴史、山本豪志朗、サンドアクリスチャン、加藤博一, 電子情報通信学会-食メディア研究会,   2016年03月07日
  • 慢性腎臓病の発症・進展に関わるリン利尿因子FGF23の動態と治療への展開, 梶原千裕、松林英里、上西梢、木戸慎介, 第14回日本栄養改善学会近畿支部学術総会,   2015年12月06日
  • 慢性腎臓病の発症・進展におけるリン利尿因子FGF23の関与とその進展予防に向けた新たな食事療法の開発, 木戸慎介、上西梢, 第62回日本栄養改善学会,   2015年09月25日
  • 高血圧に併存する骨代謝障害の病態解析-脳卒中易発症性高血圧自然発症ラットを用いて-, 上西梢、東千尋、内田彩華、木戸慎介, 第18回日本病態栄養学科年次学術集会,   2015年01月10日
  • FGF23を介した腎臓-骨のリン恒常性維持機構に対するカドミウムの攪乱作用, 木戸慎介、瀬川博子、辰巳佐和子、宮本賢一, 第41回日本毒性学会学術年会,   2014年07月02日
  • 高血圧に併存する生活習慣病の発症・進展に関わる分子病態の解明, 上西梢、海野悠、梅本英加、木戸慎介, 第68回日本栄養・食糧学会大会,   2014年05月30日
  • 胎児期の低栄養曝露による生活習慣病の増悪化とその予防-脳卒中易発症性高血圧症自然発症ラットを用いて-, 上西梢、竹森久美子、木戸慎介、米谷俊、村上哲男, 第17回日本病態栄養学会学術集会,   2014年01月11日
  • 慢性腎臓病に併存する骨ミネラル代謝障害(CKD-MBD)の発症並びに進展におけるFGF23の関与, 木戸慎介、越智美佐子、藤原真理奈、向井朋、塩﨑雄治、瀬川博子、辰巳佐和子、宮本賢一, 第67回日本栄養・食糧学会大会,   2013年05月24日
  • 慢性腎臓病におけるFGF23産生亢進の分子機能解析, 木戸慎介、越智美佐子、藤原真理奈、向井朋、瀬川博子、辰巳佐和子、宮本賢一, 第16回日本病態栄養学会年次学術集会,   2013年01月12日
  • カドミウム汚染によるリン代謝異常・骨軟化症発症機序の検討, 木戸慎介、藤原真理奈、瀬川博子、辰巳佐和子、宮本賢一, 第30回日本骨代謝学会,   2012年07月19日
  • 慢性腎臓病患者におけるFGF23産生亢進の分子機能解析, 木戸慎介、藤原真理奈、向井朋、瀬川博子、辰巳佐和子、宮本賢一, 第66回日本栄養・食糧学会大会,   2012年05月18日
  • カドミウム汚染によるリン代謝異常:骨軟化症発症機序の検討, 藤原真理奈、木戸慎介、瀬川博子、辰巳佐和子、宮本賢一, 第15回日本病態栄養学会学術集会,   2012年01月14日
  • 糖尿病に併存する腎傷害・骨障害の発症及び進展におけるFGF23の関与, 木戸慎介、橋本由衣、藤原真理奈、遠藤逸朗、瀬川博子、辰巳佐和子、松本俊夫、宮本賢一, 第15回日本病態栄養学会学術集会,   2012年01月14日
  • 糖尿病合併症発症におけるFGF23/Klothoの関与, 橋本由衣、木戸慎介、藤原真理奈、近藤剛史、瀬川博子、遠藤逸朗、辰巳佐和子、松本俊夫、宮本賢一, 第44回日本栄養食糧学会中四国支部大会,   2011年11月12日
  • イタイイタイ病に見られる骨障害の発症・進展におけるFGF23の関与, 木戸慎介、藤原真理奈、中川航司、瀬川博子、辰巳佐和子、宮本賢一, 第29回日本骨代謝学会学術集会,   2011年07月28日
  • イタイイタイ病に見られる骨障害の発症・進展におけるFGF23の関与, 木戸慎介、藤原真理奈、中川航司、瀬川博子、辰巳佐和子、宮本賢一, 第65回日本栄養・食糧学会大会,   2011年05月13日
  • イタイイタイ病に見られる骨障害の発症・進展におけるFGF23の関与, 木戸慎介、藤原真理奈、中川航司、瀬川博子、辰巳佐和子、宮本賢一, 第14回日本病態栄養学会年次学術集会,   2011年01月15日
  • FGF23/Klothoを介した新たな腎尿細管リン・カルシウム代謝調節機構の解明, 坂田雅映、木戸慎介、橋本由衣、辰巳佐和子、瀬川博子、松本俊夫、宮本賢一, 第14回日本病態栄養学会年次学術集会,   2011年01月15日
  • イタイイタイ病に見られる骨障害の発症・進展におけるFGF23の関与, 藤原真里奈、木戸慎介、坂田雅映、荒波史、瀬川博子、辰巳佐和子、宮本賢一, 第43回日本栄養/食糧学会中国四国支部大会,   2010年11月06日
  • イタイイタイ病に見られるCd骨症(骨軟化症)の発症・進展におけるFGF23の関与, 木戸慎介、中川航司、橋本由衣、坂田雅映、辰巳佐和子、荒波史、瀬川博子、宮本賢一, 第28回日本骨代謝学会,   2010年07月21日
  • 糖 尿病発症における抗老化因子Klothoの関与, 橋本由衣、木戸慎介、中川航司、坂田雅映、佐々木祥平、辰巳佐和子、宮本賢一, 第64回日本栄養・食糧学会大会,   2010年03月21日
  • 糖尿病性骨症の発症機序の解明:終末糖化産物 (AGEs)による  Canonical Wnt経路抑制機序の解析, 中川航司、木戸慎介、遠藤逸朗、坂田雅映、橋本由衣、佐々木祥平、辰巳佐和子、松本 俊夫、宮本賢一, 第64回日本栄養・食糧学会大会,   2010年03月21日
  • シナカルセト塩酸塩によるリン管理, 菊井聡子,辰巳佐和子,野村憲吾,斎藤友紀子,塩崎雄治,山口誠一,木戸慎介,宮本 賢一, 第13回日本病態栄養学会年次学術集会,   2010年01月19日
  • 糖尿病性骨症の発症機序の解析:ユビキチン化分解経路に及ぼすメイラード反応後期生成物 (AGEs)の影響, 木戸慎介、中川航司、遠藤逸郞、坂田雅映、蒲原彰宏、橋本由衣、佐々木祥平、辰巳佐和子、松本俊夫、宮本賢一, 第13回日本病態栄養学会年次学術集会,   2010年01月19日
  • 寿命調節因子Klothoによるリン代謝調節調節, 大井 彰子,西山 俊,伊藤 美紀子,杉野 紗貴子,木戸 慎介,辰巳 佐和子,瀬川 博子,宮本 賢一, 第13回日本病態栄養学会年次学術集会,   2010年01月09日
  • 糖尿病性骨症の発症機序の解析:ユビキチン化分解経路に及ぼすメイラード反応後期生成物(AGEs)の影響, 中川航司,木戸慎介,遠藤逸朗,坂田雅映,蒲原彰宏,橋本由衣,佐々木祥平,辰巳佐和子,松本俊夫,宮本賢一, 第42回日本栄養・食糧学会中国四国支部大会,   2009年11月07日
  • CLCA6(Chloride channel calcium activated 6)のリン代謝への関与, 斎藤友紀子,辰巳佐和子,野村憲吾,菊井聡子,山口誠一,塩崎雄治,木戸慎介,金子一郎,瀬川博子,宮本賢一, 第42回日本栄養・食糧学会中国四国支部大会,   2009年11月07日
  • 肝臓切除による低リン血症発症メカニズムの解明, 野村憲吾,辰巳佐和子,八杉昌憲,菊井聡子,斎藤友紀子,木戸慎介,伊藤美紀子,宮本賢一, 第63回日本栄養・食糧学会大会,   2009年05月20日
  • 老化関連因子klothoによるリン代謝調節機構の解明, 西山俊,伊藤美紀子,大井彰子,杉野紗貴子,坂田雅映,蒲原彰宏,木戸慎介,辰巳佐和子,瀬川博子,宮本賢一, 第63回日本栄養・食糧学会大会、長崎,   2009年05月20日
  • 2つのリン酸輸送体分子による生体内リン代謝調節機構の解明, 伊藤美紀子、蒲原彰宏、大井彰子、西山俊、杉野沙貴子、坂田雅映、辰巳佐和子、木戸慎介、瀬川博子、宮本賢一, 第63回日本栄養・食糧学会大会,   2009年05月20日
  • 加齢に伴う骨形成低下のメカニズム:酸化ストレスの関与, 木戸慎介、栗若里佳、遠藤逸朗、伊藤祐司、宮本賢一、松本俊夫, 第63回日本栄養・食糧学会大会,   2009年05月20日
  • 加齢に伴う骨形成低下の分子メカニズム:酸化ストレスの関与, 木戸慎介、栗若里佳、宮本賢一、松本俊夫, 第12回日本病態栄養学会年次学術集会,   2009年01月10日
  • 力学的負荷はCanonical Wnt経路を介して骨芽細胞分化を促進する, 木戸慎介、栗若里佳、松本俊夫, 第26回日本骨代謝学会,   2008年10月29日
  • 力学的負荷による骨芽細胞分化の制御メカニズム ~Mechanical stress-induced signaling of osteoblast differentiation, 木戸 慎介, 第25回日本骨代謝学会,   2008年07月19日, 招待有り
  • MBF1は酸化ストレスに抗して骨芽細胞分化を促進する, 木戸慎介、栗若里佳、松本俊夫, 第24回日本骨代謝学会,   2007年07月19日
  • 力学的負荷による骨芽細胞分化の誘導はBMP-2によりAP-1/Smad複合体を介して促進される, 木戸慎介、栗若里佳、宮本貴子、谷口寿章、松本俊夫, 第23回日本骨代謝学会,   2006年07月06日
  • グルココルチコイド過剰による骨形成低下の機序, 木戸慎介、伊藤祐司、井上大輔、松本俊夫, 第79回日本内分泌学会学術総会,   2006年05月19日
  • 力学的負荷による骨形成促進シグナルに関わる転写因子群の機能解析, 2. 木戸慎介、井上大輔、今村健志、宮園浩平、谷口寿章、松本俊夫, 第27回日本分子生物学会年会 ,   2004年12月11日, 招待有り
  • Kido S, Inoue D, Imamura T, Miyazono K, Matsumoto T, 木戸 慎介,   2004年10月01日
  • 力学的負荷はPKC依存性かつBMP受容体非依存性にSmad1を活性化して骨芽細胞分化を促進する, 木戸慎介、井上大輔、今村健志、宮園浩平、山内英美子、宮本貴子、谷口寿章、松本俊夫, 第22回日本骨代謝学会,   2004年08月05日
  • 力学的負荷による骨形成促進機構におけるfosB/IL-11経路の活性化機序, 木戸慎介、井上大輔、答島恵美子、松本俊夫, 第20回日本骨代謝学会,   2002年07月25日
  • 加齢に伴う骨形成低下のメカニズム:AP-1/IL-11カスケードの役割, 木戸慎介、井上大輔、加藤修司、伊藤祐司、松本俊夫, 第44回日本老年医学会学術集会,   2002年06月12日
  • 骨形成促進シグナルにおけるAP-1/IL-11カスケードの活性化・作用機序とその病態生理学的役割, 木戸慎介、井上大輔、松本俊夫, 第24回日本分子生物学会年会,   2001年12月09日
  • 力学的負荷による骨形成促進機構におけるfosB/IL-11経路の活性化機序, 木戸慎介、井上大輔、答島恵美子、松本俊夫, 第19回日本骨代謝学会,   2001年07月08日
  • 副甲状腺ホルモン (PTH)によるAP-1/IL-11カスケードの活性化とその機序, 木戸慎介、井上大輔、松本俊夫, 第74回日本内分泌学会学術総会,   2001年06月29日
  • 力学的負荷による骨形成促進機構におけるfos family遺伝子の役割, 1. 木戸慎介、井上大輔、松本俊夫, 第23回日本分子生物学会,   2000年12月13日, 招待有り
  • 力学的負荷による骨形成促進機構におけるfos family遺伝子の役割, 木戸慎介、井上大輔、斉賀美恵子、松本俊夫, 第18回日本骨代謝学会,   2000年07月19日
  • 近位尿細管上皮細胞におけるNa依存性無機リン酸輸送担体Npt2cの発現 調節とVacuole形成, 塩崎雄治,大西沙織,大井彰子,杉野紗貴子,蓑島さくら,瀬川博子,辰巳佐和子,宮本賢一, 木戸 慎介, 伊藤美紀子, 第86回日本生化学会大会,   2013年, 第86回日本生化学会大会
    概要:Na依存性無機リン酸輸送担体Npt2cは高カルシウム尿を伴う遺伝性低リ ン血性クル病(HHRH)の原因遺伝子であることが報告されている。しかしながら、Np t2c欠損マウスでは、ヒトで観察されるような低リン血症やクル病様所見を示さない ため、未だにその役割は不明である。一方、Npt2aは腎近位尿細管上皮細胞に発現し 、リン再吸収の律速段階を担う。げっ歯類においては、Npt2aがリン再吸収の70%を担 うのに対し、Npt2cは補助的な役割を担っている。Npt2cの生理学的な役割を解明する ためには、Npt2cを内因性に発現している細胞を用いる必要がある。OK細胞(フクロ ネズミ由来腎近位尿細管細胞)は、培養日数を経て分化し微絨毛が発達し、Npt2aの 発現が誘導される。本研究において、OK細胞に発現するNpt2cを同定し、特異抗体を 作製して、培養後の変化を調べた。内因性Npt2c発現は、OK細胞の未分化時に高く、 分化後では著しく発現が低下した。未分化細胞においてNpt2c

MISC

  • リン酸トランスポーターをめぐる最近の話題, 桑原 頌治, 大井 彰子, 野村 憲吾, 辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一, 消化と吸収, 34, 3, 181, 190,   2012年03月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030560743
  • GM-CSFとIL-4は単球のM-CSF破骨細胞分化を抑制し樹状細胞分化を誘導する, 日浅 雅博, 安倍 正博, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 井上 大輔, 木戸 慎介, 森山 啓司, 松本 俊夫, 日本骨形態計測学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Bone Morphometry, 16, 3,   2006年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020622651
  • 力学的負荷による骨形成促進過程における転写因子群の機能解析, 木戸 慎介, 井上 大輔, 松本 俊夫, 日本骨形態計測学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Bone Morphometry, 16, 1,   2006年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018334198
  • Glucocorticoid action in osteoblasts, 木戸 慎介, 井上 大輔, 松本 俊夫, ホルモンと臨牀, 52, 58, 62,   2004年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012123190
  • 骨髄腫細胞はBMP-2による, 骨芽細胞分化の促進を抑制する, 大島 隆志, 安倍 正博, 関本 悦子, 田中 洋一, 柴田 泰伸, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 木戸 慎介, 井上 大輔, 松本 俊夫, 日本骨形態計測学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Bone Morphometry, 13, 3,   2003年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013675397
  • 大豆由来イソフラボンによる骨代謝調節機序, 森田 恭子, 濱松 由子, 木戸 慎介, 大豆たん白質研究, 2, 20, 76, 82,   1999年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005221932
  • 腸管特異的ビタミンD受容体遺伝子発現制御機構の解析, 山本 浩範, 北野 睦子, 木戸 慎介, 竹谷 豊, 森田 恭子, 宮本 賢一, PIKE John Wesley, 武田 英二, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 21,   1998年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002918908
  • 生後ラット腎におけるNa依存性リン輸送担体の発現と低リン食による成長障害, 藤岡 愛, 森田 恭子, 木戸 慎介, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二, 日本先天代謝異常学会雑誌, 14, 2,   1998年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018922244
  • Molecular and Cellular Regulation of Renal Phosphate Transporters in X-Linked Hypophosphatemia, MIYAMOTO Ken-ichi, TAKETANI Yutaka, MORITA Kyoko, SEGAWA Hiroko, NII Tomoko, FUJIOKA Ai, KIDO Shinsuke, ARAI Hidekazu, TANI Yoshiko, KATAI Kanako, TATUMI Sawalp, TAKEDA Eiji, Clinical and experimental nephrology, 2, 3, 178, 182,   1998年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005052325
  • 腎臓のリン応答性転写調節因子の検索, 木戸 慎介, 小川 暢男, 水渕 裕之, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 森田 恭子, 原島 俊, 武田 英二, 日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism, 16, 2,   1998年07月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016508262
  • リンの感受性とその機構, 腎と骨代謝, 11(1),61-68,   1998年
  • 2-I-24 ヒトリン輸送担体遺伝子の転写調節領域におけるビタミンD応答配列の同定 : 第49回大会一般研究発表要旨, 竹谷 豊, 近森 水香, 田中 佳子, 山本 浩範, 木戸 慎介, 宮本 賢一, 森田 恭子, 武田 英二, ビタミン, 71, 4,   1997年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002850033
  • ビタミンDによるNa/リン共輸送担体遺伝子発現調節, 竹谷 豊, 近森 水香, 田中 佳子, 山本 浩範, 木戸 慎介, 森田 恭子, 宮本 賢一, 武田 英二, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19,   1996年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002916113

受賞

  •   2002年, 米国骨代謝学会, 若手研究員奨励賞
  •   2002年, 日本骨代謝学会奨励賞
  •   2001年, 日本骨代謝学会, 優秀演題賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), FGF23を分子標的とした慢性腎臓病 (CKD)の新たな食事・栄養療法の開発, 木戸 慎介
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), FGF23による筋・骨格系障害の分子機序解明, 木戸 慎介, 繊維芽細胞増殖因子 (FGF23)はリン利尿因子として同定された新規増殖因子であり、慢性腎臓病 (CKD)患者では腎機能の低下に先行して血中FGF23値の上昇がみられるだけでなく、血中FGF23値はCKD患者の生命予後にも関連することなどから、その重要性が示唆されるものの、その誘導機序並びに病態への関与については不明な点が多い。申請者は腎障害並びに骨軟化症を呈するイタイイタイ病患者並びにそのモデル動物の病態解析から、本症患者では血清FGF23値が高値を呈すること、またその機序としてカドミウムはFGF23の翻訳後修飾(分子内切断の抑制)に関わる糖鎖付加酵素GalNAc-T3の転写を芳香族炭化水素受容体 (AhR)依存的に誘導することでFGF23産生を促すといった新たな調節系の存在を明らかにした。AhRはダイオキシンなどの化学物質やカドミウムなどの重金属だけでなく、尿毒症物質の一種であるインドール誘導体によっても活性化を受けることから、CKD患者体内で蓄積がみられる尿毒症物質が当該経路を活性化する可能性が予測された。そこで本研究では尿毒症物質(インドキシル硫酸)が当該経路の活性化を介して骨でのFGF23産生を誘導され、これが血液を介して全身に運ばれ、CKDの病態(腎障害)並びに合併症としての筋・骨格系障害の発症並びにその進展に関わるものと考え、その検証を試みた。その結果、インドキシル硫酸 (IS)はin vitroおよびin vivoにおいて骨でのGalNAc-T3 mRNAの発現を誘導するとともにFGF23産生を惹起した。またISの作用はAhR依存的にGalNAc-T3遺伝子promoter活性を誘導することを見いだした。以上の成績は尿毒症物質であるISがGalNAc-T3の誘導を介してFGF23の安定化を促すことを示すものであり、CKD患者におけるFGF23異常高値の機序の一端を分子レベルで説明しうるものであると考えられる。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 慢性腎臓病における全身性NADワールドの解明, 辰巳 佐和子, 慢性腎臓病(CKD)は高リン血症から、副甲状腺機能亢進症、腎性骨症、異所性石灰化などの合併症が惹起され、生命予後を悪化させる。 全身性の代謝、老化制御機構として「NADワールド」と名付けられた新たな概念は、NADが各臓器、組織における様々な代謝のペースメーカーであることを示す。これまでの骨細胞死滅マウスの研究で、腸管,肝臓由来の未同定である因子がニコチンアミド代謝を介してリン代謝を制御する可能性を見いだした。そこで当該年度は、骨細胞死滅マウスを利用し、リン代謝およびニコチンアミド代謝を検討した。結果として、腎臓ナトリウムリン酸トランスポーターであるNaPi-IIa NaPi-IIcの著しい減少により尿からのリン再吸収が抑制され尿中へのリン排泄が増加した。骨細胞より分泌されるリン利尿因子であるFGF23 (fibroblast growth factor 23)は正常マウスの40%以下であり、また副甲状腺ホルモン(PTH)は変化がなかった。そのため、FGF23, PTHとは異なるリン利尿促進因子が腎臓に作用していると考えられた。次に腎臓でのニコチンアミド代謝を検討した結果、腎臓内NAD代謝の亢進が認められた。現在、ニコチンアミド代謝酵素ノックアウトマウスの作成に着手した。またニコチンアミド代謝経路を介したリン酸トランスポーター発現制御機構について培養細胞を使用し検討している。本研究でリン排泄促進機構における、ニコチンアミド代謝の重要性を提示し、未同定である腸管、肝臓由来のニコチンアミド代謝制御因子を同定することは、CKD患者の新たなリン恒常性維持、異所性石灰化の予防、老化促進防御の基盤研究となると考える。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 骨粗鬆症・血管石灰化の発症並びに病態の進展における老化制御因子の関与, 木戸 慎介, 末期腎不全患者である長期透析患者では、カルシウム・リンの貯蔵庫としての骨機能が障害され、「骨不全」とも称される骨のミネラル保持能力低下により、高い頻度で軟部組織に異所性石灰化が起こり、患者の生命予後を左右する重要な問題となっている。骨粗鬆症あるいは血管石灰化は加齢と共に発症する老年病であり、両者はしばしば合併する。これら二つの病態に対する関連性を示唆するエビデンスが蓄積されてきており、その発症並びに病態の進展に老化制御因子が関与する可能性が示唆されている。申請者はこれまでに末期腎不全患者に見られる異所性石灰化、および骨粗鬆症と血管石灰化の発症機能を繋ぐ因子を検索し、「骨不全」と「血管石灰化」を結ぶ新しい老化制御転写因子MBF1を同定した。本研究ではこのMBF1の分子基盤の確立をおこなうことにより、新しいミネラル老化学を解明する。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), リン代謝異常を惹起する臓器相関シグナル因子の解明, 宮本 賢一, 慢性腎臓病の進行や透析患者の生命予後においてリンコントロールは非常に重要な役割を演じている。近年、リン酸(以下リン)代謝調節系を支配する中核的なホルモンとして繊維芽細胞様増殖因子FGF23/klotho系が明らかにされた。本研究では、腎遠位尿細管から近位尿細管へのシグナルを伝えるFGF23/klotho系の解明を中心に、腸管/腎臓/骨を結ぶ未知のリン調節因子の探索を行なった。まず、腎遠位尿細管細胞FGF23/klotho/FGFR複合体のシグナルが、どのようなシステムで近位尿細管に伝わるか検討した結果、様々な条件下で近位尿細管細胞にklothoが誘導され、FGF23のシグナルを伝える機序を明らかにした。FGF23は共受容体Klothoの共存下で特異的受容体FGFR1との結合を介して細胞内の各種シグナル伝達経路を活性化する。FGF23刺激下で活性化される分子についてはERK1/2が最も代表的であるが、同ファミリーに属する他のFGFでの作用を見る限り、その他複数の経路の活性化が示唆された。そこで、膜型Klothoを発現する近位尿細管細胞安定発現株(HEK-MmKL)を用いて、FGF23組換え体で刺激後に活性化、される細胞内シグナル伝達経路を系統的に解析した。次に、得られた結果が受容体特異的であるか否かの検証はFGFR特異的阻害薬(PD173074)による阻害作用を指標に検証した。In vivoにおいてマウスにFGFR阻害剤を投与した実験から、リン輸送の制御とは独立して活性型ビタミンDの調節が行なわれていると考えられた。最後に、腸管から分泌されるリン利尿因子の検索を行い、これらは膜型klothoの切断とリンクしている可能性が得られた。以上、骨細胞、腎臓および小腸を結ぶ臓器相関シグナル因子としてのFGF23/klothoシステムの特性の一部が明らかになった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 骨格系のホメオスターシス維持と病態発症に関わる分子制御機構の解明と治療法の開発, 松本 俊夫, (1)骨形成障害に基づく病態の解明と治療法の開発力学的負荷の免荷による遺伝子発現変化、免荷後の負荷(強制運動)による遺伝子発現変化を観察するin vivo実験系を構築した。その結果、IL-11の遺伝子発現が免荷により抑制される一方、負荷後早期にΔFosB発現が促進されると共に、Smadlのリン酸化がPKCδ依存性に促進され、IL-11発現が高まることを見出した。更にIL-11遺伝子プロモーター上のAP-1領に結合するΔFosB/JunD複合体とSmad結合領域に結合するSmadlとが転写因子複合体を形成していることも明らかにした。(2)多発性骨髄腫に伴う骨破壊病変の発症機序の解明と治療法の開発骨髄腫細胞が産生するsFRP-2が骨芽細胞のcanonical Wnt経路の阻害を介して骨芽細胞分化を抑制し骨髄腫による骨形成の阻害に重要な役割を果たすこと、骨吸収により骨基質より放出されるTGF-βも骨芽細胞の終末分化を抑制することを示した。更に終末分化した骨芽細胞は骨髄腫細胞の増殖を強力に抑制することを見出し、骨芽細胞分化の抑制が骨髄腫の生育に好適な環境を形成する可能性を示した。また、破骨細胞が骨破壊と共に血管新生を介し腫瘍進展を促進する可能性を示した。(3)骨格系における循環動態の障害に基づく病態の解明と治療法の開発デキサメサゾン投与により作成したグルココルチコイド過剰マウスでは尿中NOx排泄量と大動脈eNOS蛋白発現が著しく減少することを見出し、これにより循環障害が惹起される結果大腿骨頭壊死が発症するとの仮説を提唱した。更に、スタチンの一部がこれらに拮抗する作用を有することを見出した。
  • 力学的負荷による骨形成促進機構におけるfos family遺伝子の役割
  • ヒト白血病細胞株HL-60の分化誘導に伴うRANKの発現と細胞内シグナル

その他

  •   2016年04月, 医食農連携を基盤とした慢性腎臓病(CKD)の新たな新たな食事療法の開発とその実践, 近畿大学学内研究奨励金 研究種目:21世紀研究開発奨励金(共同研究助成金) 課題番号:KD07 研究内容:本研究ではCKDの病態悪化を阻止するために、外来患者の自宅での食事療法を良好に継続できる「在宅食事・栄養マネジメントシステム」を確立する。当該システムは、外来患者であっても入院患者と同等の包括的栄養ケアを受けられるシステムであり、その実現のために下記3項目の実践および検証を行う。 (1)持続可能な食事・栄養療法の実現に適した高機能食材の開発と育成          (2)ICT技術を基盤とした食事・栄養管理を容易にする在宅栄養ケア支援プログラムの開発 (3)外来患者を対象とした、包括的栄養ケアプログラムの実践とその有効性の検証     これら3項目を実現することで、CKD治療における外来診療と在宅ケア(自宅において患者自身が実践する食事療法)とのシームレス化を可能にする。そのことにより、CKD患者が健康な人と同等の質を有する日常生活(QOL向上)ならびに健康寿命の確保を目指す。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 総合演習, 近畿大学農学部食品栄養学科
  • 医療栄養学講義, 近畿大学農学部食品栄養学科
  • 臨床栄養学Ⅰ講義, 近畿大学農学部食品栄養学科
  • 臨床栄養学Ⅱ講義, 近畿大学農学部食品栄養学科
  • 臨床栄養管理講義, 近畿大学農学部食品栄養学科
  • 臨地実習II(病院実習), 近畿大学農学部食品栄養学科
  • 臨地実習III(病院実習), 近畿大学農学部食品栄養学科
  • 生化学・分子生物学, 徳島大学
  • 栄養生物学, 徳島大学
  • ライフステージ栄養学, 徳島大学
  • 生物有機化学, 徳島大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 奈良県栄養士会生涯教育研修会(講演タイトル:栄養診断、栄養診断演習), 講師, 奈良県栄養士会,   2016年07月09日
  • 2016近畿大学農学部公開講座in東京(講演タイトル:あなたはリンを摂り過ぎていませんか?), 講師, 近畿大学農学部,   2016年05月14日
  • 奈良県栄養士会生涯教育研修会(講演タイトル:栄養ケアプロセスNCP), 講師, 奈良県栄養士会,   2015年10月24日
  • 第12回市民公開講座(講演タイトル:知っておきたい食物とリンの話), 講師, 近畿大学アンチエイジングセンター,   2015年07月18日