KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

倉田 淳志クラタ アツシ

プロフィール

所属部署名農学部 応用生命化学科 / 農学研究科
職名講師
学位博士(農学)
専門微生物、遺伝子工学、酵素利用
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/503-kurata-atsushi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    特殊な能力をもつ細菌が研究対象です。遺伝子配列を決定し、細菌の酵素や代謝経路を分析しています。酵素を用いて、安価な物質を高付加価値の物質へ変換する技術を検討しています。

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 応用微生物学, 特殊環境微生物

論文

  • 深海シロウリガイ群集の放線菌の分類とActinomadura sp. DS-MS-114由来の抗菌物質, 倉田 淳志, Biotechnology & Biotechnological Equipment, 31, 5, 1000, 1006,   2017年06月, 査読有り
  • UV/H2O2処理によるイオン液体の分解と新規イオン液体耐性好アルカリ性Nocardiopsis sp. SSC4, 倉田 淳志, Biotechnology & Biotechnological Equipment, 31, 4, 749, 755,   2017年04月, 査読有り
  • 深海由来細菌Aneurinibacillus sp. YR247の抗真菌ペプチド性化合物, 倉田 淳志, World Journal of Microbiology and Biotechnology, 33, 73, 1, 8,   2017年03月, 査読有り
  • 担子菌Flammulina velutipes TR19のドラフトゲノム配列, 倉田 淳志, Genome Announcements, 4, 3, e00505-16,   2016年04月, 査読有り
  • 地殻由来のMicrocella alkaliphila JAM-AC0309の好アルカリ性高温耐性高分子β-1,4-xylanase, 倉田 淳志, Extremophiles, 20, 471, 478,   2016年03月, 査読有り
  • イオン液体耐性Bacillus amyloliquefaciens CMW1とその菌体外プロテアーゼの特性, 倉田 淳志, Extremophiles, 20, 415, 424,   2016年03月, 査読有り
  • 地殻由来のキシラン分解性細菌Microcella alkaliphila JAM-AC0309の完全ゲノム配列, 倉田 淳志, Journal of Biotechnology, 221, 32, 33,   2016年03月, 査読有り
  • 吟醸酒の主成分揮発性酢酸イソアミルの抗菌特性と抗菌メカニズム, 倉田 淳志, Journal of Applied Microbiology, 118, 4, 873, 880,   2015年12月, 査読有り
  • 深海由来のBacillus niacini のヒアルロン酸リアーゼ, 倉田 淳志, Marine Biotechnology, 17, 277, 284,   2015年10月, 査読有り
  • イオン液体耐性菌Bacillus amyloliquefaciens CMW1のドラフトゲノム配列, 倉田 淳志, Genome announcements, 2, 5, e01051-14,   2014年10月, 査読有り
  • グリコサミノグリカンの分解に関与する深海由来細菌 Bacillus niacini strain JAM F8のドラフトゲノム配列, 倉田 淳志, 2, 5, e00983-14,   2014年10月, 査読有り
  • Mortierella capitata RD000969によるネルボン酸の発酵生産, 倉田 淳志, Journal of Oleo Science, 63, 7, 671, 679,   2014年03月, 査読有り
  • イラン市販チーズ由来の酵母によって生産される揮発性抗真菌活性物質, 倉田 淳志, Food Control, 26, 472, 478,   2012年02月, 査読有り
  • 2-chloroacrylate資化性菌Burkholderia sp. WS由来のFADH2依存型2-haloacrylate hydrataseの機能, 倉田 淳志, Trace Nutrients Research, 28, 58, 64,   2011年10月, 査読有り
  • Macromolecular insect chitinase inhibitors produced by fungi: screening and partial characterization., 仁戸田 照彦, 倉田 淳志, 臼木 博一, 神崎 浩, Journal of Pesticide Science., 28, 33, 36,   2003年03月
    概要:糸状菌培養液上清からキチナーゼ阻害剤を探索した。その結果、放線菌由来のキチナーゼを阻害せず、ハスモンヨトウ蛾由来のキチナーゼを特異的に阻害する化合物を見出した。本化合物を精製して諸性質を明らかにした。
  • Asymmetric reduction of 2-chloroacrylate by a novel reductase from Burkholderia sp. WS., 倉田 淳志, 栗原 達夫, 蒲池 晴美, 江崎 信芳, Tetrahedron: Asymmetry., 15, 2837, 2839,   2004年07月
    概要:土壌由来細菌 Burkholderia sp. WS から、2-chloroacrylateを不斉還元して (S)-2-chloropropionate へ変換する反応を見出した。
  • 2-Haloacrylate reductase: a novel enzyme of the medium-chain dehydrogenase/reductase superfamily that catalyzes the reduction of a carbon-carbon double bond of unsaturated organohalogen compounds., 倉田 淳志, 栗原 達夫, 蒲池 晴美, 江崎 信芳, The Journal of Biological Chemistry, 280, 20286, 20291,   2005年10月
    概要:炭素-炭素二重結合を不斉還元する新奇酵素 2-Haloacrylate reductase を土壌細菌 Burkholderia sp. WS から見出した。2-chloroacrylate の代謝経路を推定して、炭素源の違いから 2-Haloacrylate reductaseを見出した。酵素をコードする遺伝子配列を決定して、大腸菌を用いて発現系を構築して、酵素を精製して諸性質を解明した。
  • Extremely high alkaline protease from a deep-subsurface bacterium, Alkaliphilus transvaalensis., 小林 徹, 倉田 淳志, Lu J Li Z Hung VS 秦田 勇二 高井 研 伊藤 進 掘越 弘毅, Applied Microbiology and Biotechnology., 75, 71, 80,   2007年08月
    概要:地殻由来細菌 Alkaliphilus transvaalensis から新奇アルカリプロテアーゼを見出した。精製して遺伝子配列を決定し、基質特異性、至適反応条件(pH、温度)、酵素安定性(pH、温度)を解明した。
  • Alkalimonas collagenimarina sp. nov., a psychrotolerant and obligate alkaliphile, isolated from deep-sea sediment., 倉田 淳志, 宮崎 征行 小林 徹 能木 裕一 掘越 弘毅, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology ., 57, 1549, 1553,   2007年10月
    概要:伊豆・小笠原海溝の深海底泥から新種の耐冷好アルカリ性細菌Alkalimonas collagenimarina を単離した。16S rRNA 遺伝子配列を決定して、DNA ハイブリダイゼーションを実施し、さらに生理・生化学的特徴を検討した。
  • Nucleotide and deduced amino acid sequences of a subtilisin-like serine protease from a deep-sea bacterium, Alkalimonas collagenimarina AC40T., 倉田 淳志, 内村 康祐 島村 繁 小林 徹 掘越 弘毅, Applied Microbiology and Biotechnology, 77, 311, 319,   2007年12月
    概要:伊豆・小笠原海溝の深海底泥から得た Alkalimonas collagenimarina AC40T から、新奇プロテアーゼを見出した。酵素を精製して遺伝子配列を決定して、基質特異性、至適反応条件、酵素安定性について検討した。
  • Production of (S)-2-chloropropionate by asymmetric reduction of 2-chloroacrylate with 2-haloacrylate reductase coupled with glucose dehydrogenase., 倉田 淳志, 藤田 倫代 Mowafy A M 蒲池 晴美 栗原 達夫 江崎 信芳, Journal of Bioscience and Bioengineering, 105, 429, 431,   2008年05月
    概要:組み換え大腸菌を用いて、2-chloroacrylate から除草剤の原料である(S)-2-chloropropionate への不斉変換系を構築した。2-haloacrylate reductase と NADPH 再生系として glucose dehydrogenase をカップリングさせて、光学純度 >99.9%、変換収率 90% で (S)-2-chloropropionate を得た。
  • X-Ray crystallographic and mutational studies of fluoroacetate dehalogenase from Burkholderia sp. strain FA1., 実森 啓二, 倉田 淳志, 栗原 達夫 三原 久明 江崎 信芳, 近江 理恵 宮原 郁子 広津 健, The Journal of Bacteriology, 191, 2630, 2637,   2009年08月
    概要:Burkholderia sp. strain FA1由来 fluoroacetate dehalogenase の大量発現系を構築して、精製酵素を得た。さらに活性中心を推定して変異型酵素を得た。野生型酵素と変異型酵素の結晶構造解析に基づいて、反応機構について検討した。
  • Collagenolytic subtilisin-like protease from the deep-sea bacterium Alkalimonas collagenimarina AC40T, 倉田 淳志, 内村 康祐 小林 徹 掘越 弘毅, Applied Microbiology and Biotechnology., 86, 589, 598,   2010年01月
    概要:Alkalimonas collagenimarina AC40T から新奇コラーゲン分解性プロテアーゼを見出した。本酵素を精製して、コードする遺伝子をクローニングし、発現系を構築した。酵素の諸性質を解明して、さらに酵素ドメインの機能を解析した。
  • Enzymatic Synthesis of Caffeic Acid Phenethyl Ester Analogues in Ionic Liquid., 倉田 淳志, 岸本 憲明, 藤田 藤樹夫, 岩井 和也 古澤 実菜, 北村 友紀 入江 志織 竹本 慎太郎 赤井 嘉明 廣田 理高, Journal of Biotechnology, 148, 133, 138,   2010年05月
    概要:イオン液体を反応溶媒に用いて、カフェ酸フェネチルエステル類縁体の酵素合成系を構築した。
  • 2-Haloacrylate hydratase, a new class of flavoenzyme that catalyzes the addition of water to the substrate for dehalogenation, Mowafy A M, 倉田 淳志, 栗原 達夫 上村 忠嗣 江崎 信芳, Applied and Environmental Microbiology, 76, 18, 6032, 6037,   2010年11月
    概要:2-Haloacrylate hydratase をPseudomonas sp. YL から単離した。本酵素は FAD を補酵素とする酵素であり、水分子を付加することで脱ハロゲン反応を触媒することを明らかにした。
  • Enzymatic Synthesis of Caffeic Acid Phenethyl Ester Analogues in Ionic Liquid., 岸本 憲明, 倉田 淳志, 藤田 藤樹夫, J Biol. Tecnol., 148, 133, 138,   2010年
  • Synthesis of 3-cyclohexylpropyl caffeate from 5-caffeoylquinic acid with consecutive enzymatic conversions in ionic liquid., 倉田 淳志, 岸本 憲明, 藤田 藤樹夫, 農学部応用生命化学科, UCC 上島珈琲, UCC 上島珈琲, Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, 69, 3-4, 161, 167,   2011年03月
    概要:5-Caffeoylquinic acid was converted to 3-cyclohexylpropyl caffeate. The procedure was comprised of consecutive enzymatic conversions in [BMIM][NTf2]. Chlorogenate hydrolase from A. japonicus acted on 5-caffeoylquinic acid. C. antarctica lipase B acted on methyl caffeate.

書籍等出版物

  • Ionic Liquid/Book 2, Biotransformation of underutilized natural resource to valuable compounds in ionic liquid: Enzymatic synthesis of caffeic acid phenethyl ester analogues from immature coffee beans, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 藤田 藤樹夫, 共著, Intech, Croatia,   2011年07月

講演・口頭発表等

  • 糸状菌の生産する昆虫キチナーゼ阻害物質, 仁戸田 照彦, 倉田 淳志, 臼木 博一 倉田 淳志 車谷 治樹 神崎 浩, 日本農芸化学会2001年度大会,   2001年03月, 日本農芸化学会2001年度大会
  • 糸状菌由来昆虫キチナーゼ阻害物質の探索および性状比較, 仁戸田 照彦, 倉田 淳志, 臼木 博一 倉田 淳志 神崎 浩, 日本農芸化学会2001年度 関西・西日本・中四国支部合同支部大会,   2001年10月, 日本農芸化学会2001年度 関西・西日本・中四国支部合同支部大会
  • Identification of proteins involved in the metabolism of 2-chloroacrylate in Burkholderia sp. WS, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳, 蒲池 晴美, 5th International Winter School on Chemical Biology,   2002年02月, 5th International Winter School on Chemical Biology
  • Burkholderia sp. WS の 2-クロロアクリル酸代謝経路, 倉田 淳志, 倉田 淳志 栗原 達夫 江崎 信芳, 日本農芸化学会2002年度大会,   2002年03月, 日本農芸化学会2002年度大会
  • 炭素-炭素二重結合の不斉還元を触媒する新規酵素の開発, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳, 蒲池 晴美, 日本農芸化学会2002年度 関西支部大会,   2002年10月, 日本農芸化学会2002年度 関西支部大会
  • 2-クロロアクリル酸の不斉還元を触媒する新規酵素の同定, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳 , 蒲池 晴美, 第54回日本生物工学会大会(2002),   2002年10月, 第54回日本生物工学会大会(2002)
  • Burkholderia sp. WS の 2-クロロアクリル酸代謝に関与するタンパク質の同定, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳 , 蒲池 晴美, 第75回日本生化学会大会,   2002年10月, 第75回日本生化学会大会
  • 炭素-炭素二重結合の不斉還元を触媒する新規酵素の構造と機能, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳 , 蒲池 晴美, 日本農芸化学会2003年度大会,   2003年04月, 日本農芸化学会2003年度大会
  • A novel enzyme catalyzing the asymmetric reduction of a carbon-carbon double bond, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳 , 蒲池 晴美, Japanese-German Biochemistry Meeting 2003,   2003年09月, Japanese-German Biochemistry Meeting 2003
  • 2-クロロアクリル酸不斉還元酵素の高生産系構築と機能解析, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳 , 蒲池 晴美, 日本農芸化学会2003年度 関西・中部合同支部大会,   2003年10月, 日本農芸化学会2003年度 関西・中部合同支部大会
  • Identification of the enzyme catalyzing asymmetric reduction of 2-chloroacrylate from Burkholderia sp. WS, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳 , 蒲池 晴美, 第76回日本生化学会大会,   2003年10月, 第76回日本生化学会大会
  • 2-クロロアクリル酸不斉還元酵素の諸性質, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳 , 蒲池 晴美, 日本農芸化学会2004年度大会,   2004年03月, 日本農芸化学会2004年度大会
  • Construction of a bioconversion system for the production of (S)-2-chloropropionate from 2-chloroacrylate with 2-chloroacrylate reductase, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳 , 蒲池 晴美, 第77回日本生化学会大会,   2004年10月, 第77回日本生化学会大会
  • Pseudomonas sp. YL の2-クロロアクリル酸代謝に関与する酵素群の同定, 上村 忠嗣, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳 , 蒲池 晴美, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 日本農芸化学会2005年度大会
  • 酵素を用いた不斉還元反応による(S)-2-クロロプロピオン酸の生産, 藤田 倫代, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳, 蒲池 晴美, 日本農芸化学会2006年度大会,   2006年03月, 日本農芸化学会2006年度大会
  • 2-クロロアクリル酸代謝関連タンパク質の機能解析, 藤田 倫代, 倉田 淳志, 栗原 達夫 江崎 信芳, 蒲池 晴美, 日本農芸化学会2007年度大会,   2007年03月, 日本農芸化学会2007年度大会
  • 深海底泥から得られた新菌種 Alkalimonas collagenimarina AC40T由来のコラーゲン分解酵素, 倉田 淳志, 内村 康祐 宮崎 征行 島村 繁 能木 裕一 小林 徹 掘越 弘毅, 極限環境微生物学会2007年度大会,   2007年11月, 極限環境微生物学会2007年度大会
  • 深海底泥由来Alkalimonas collagenimarina AC40Tのコラーゲン分解酵素の特性, 倉田 淳志, 内村 康祐 宮崎 征行 島村 繁 能木 裕一 小林 徹 掘越 弘毅, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年03月, 日本農芸化学会2008年度大会
  • Burkholderia sp. WS における 2-クロロアクリル酸代謝機構の解析, 栗原 達夫, 倉田 淳志, 藤田 倫代 MOWAFY Amr M. 倉田 淳志 江崎 信芳, 第60回日本生物工学会大会(2008),   2008年08月, 第60回日本生物工学会大会(2008)
  • 細菌による直鎖炭化水素の生産, 石邨 浩二, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 安藤 仁, 第8回近畿大学環境科学研究会,   2009年08月, 第8回近畿大学環境科学研究会
  • Shewanella 属細菌による直鎖炭化水素の生産, 安藤 仁, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 石邨 浩二, 第5回広島大学・海洋研究開発機構・近畿大学 合同セミナー,   2009年10月, 第5回広島大学・海洋研究開発機構・近畿大学 合同セミナー
  • 深海底泥由来Bacillus sp. F8のコンドロイチン硫酸分解酵素遺伝子の探索, 松本 水緒子, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 小林 徹, 第5回広島大学・海洋研究開発機構・近畿大学 合同セミナー,   2009年10月, 第5回広島大学・海洋研究開発機構・近畿大学 合同セミナー
  • 親水性イオン液体を用いた酵素反応の可能性, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 第5回広島大学・海洋研究開発機構・近畿大学 合同セミナー,   2009年10月, 第5回広島大学・海洋研究開発機構・近畿大学 合同セミナー
  • 重油資化能の高い微生物群集における炭化水素非資化性細菌の役割, 岸本 憲明, 安藤 仁, 西尾 宜峰, 桶谷 孝太郎, 大前 拓也, 倉田 淳志, 藤田 藤樹夫, 第25回日本微生物生態学会,   2009年11月, 第25回日本微生物生態学会
  • イオン液体を反応溶媒に用いた3-Cyclohexyl caffeateの連続的な酵素合成, 竹本 慎太郎, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 北村 友紀 赤井 嘉明 樽井 惇, 岩井 和也, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月, 日本農芸化学会2010年度大会
  • イオン液体を反応溶媒に用いたカフェ酸誘導体の酵素合成と腫瘍細胞増殖阻害活性, 北村 友紀, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 森山 達哉, 河村 幸雄, 竹本 慎太郎 赤井 嘉明 丸山 裕平 西村 倫栄 山本 寛子 鵜澤 有希 , 岩井 和也, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月, 日本農芸化学会2010年度大会
  • 10-hydroxy-2(E)-decenoic acid高生産変異株の取得と変換条件の最適化, 宮川 和志, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 吉本 一裕 冨永 祐希 信田 晃佑 岩崎 麻美 川崎 健児 倉田 淳志 岸本 憲明, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月, 日本農芸化学会2010年度大会
  • 酢酸イソアミル類縁体による糸状菌胞子発芽阻害活性の評価, 小俣 地洋, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 岡本 昌也 畑中 浩志 北口 佳栄, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月, 日本農芸化学会2010年度大会
  • 市販チーズから単離したBurkholderia sp.が生産する抗真菌ペプチド, 岡本 昌也, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 原 一浩 森山 亮 北口 佳栄, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月, 日本農芸化学会2010年度大会
  • イオン液体を用いた酵素反応の開発, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 竹本 慎太郎 妹尾 文哉, 特殊環境微生物セミナー,   2010年07月, 特殊環境微生物セミナー
  • アルカン資化性酵母Candida maltosaによる10-hydroxy-2(E)-decenoic acid の生産と関連酵素遺伝子のクローニング, 冨永 祐希, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 斎藤 駿 本田 康博 , 特殊環境微生物セミナー,   2010年07月, 特殊環境微生物セミナー
  • 市販チーズから単離したBurkholderia sp. T-34が生産する抗真菌ペプチド, 原 一浩, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 中村 瞳 倉田 淳志 岸本 憲明, 第9回近畿大学環境科学研究会,   2010年08月, 第9回近畿大学環境科学研究会
  • イオン液体存在下で生育する微生物の探索及び酵素活性の検出, 妹尾文哉, 倉田 淳志, 岸本 憲明, , 第9回近畿大学環境科学研究会,   2010年08月, 第9回近畿大学環境科学研究会
  • 揮発性酢酸イソアミルに曝露した Aspergillus niger 胞子の微細構造と抗菌抗真菌スペクトル, 伊藤 久美子, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 柴田 有香 安藤 仁,   2010年08月
  • イオン液体を用いたCaffeic acid phenethyl ester 類縁体の酵素合成, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 藤田 藤樹夫, 北村 友紀 赤井 嘉明 竹本 慎太郎, 岩井 和也, 第14回生体触媒化学シンポジウムin 静岡,   2010年09月, 第14回生体触媒化学シンポジウムin 静岡
  • イオン液体を用いた3-Cyclohexylpropyl caffeate の連続的酵素合成, 竹本 慎太郎, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 藤田 藤樹夫, 岩井 和也, 第14回生体触媒化学シンポジウムin 静岡,   2010年09月, 第14回生体触媒化学シンポジウムin 静岡
  • 市販チーズから単離したBurkholderia sp. T-34が生産する抗真菌ペプチド, 原 一浩, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 中村 瞳, 日本農芸化学会2010年度関西支部会,   2010年10月, 日本農芸化学会2010年度関西支部会
  • 揮発性酢酸イソアミルに曝露したAspergillus niger 胞子の微細構造と抗菌抗真菌スペクトル, 安藤 仁, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 伊藤 久美子 柴田 有香,   2010年10月
  • Candida maltosa による10-hydroxy-2(E)-decenoic acid の生産と関連酵素遺伝子のクローニング, 冨永 祐希, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 斎藤 駿 本田 康博, 日本農芸化学会2010年度関西支部会,   2010年10月, 日本農芸化学会2010年度関西支部会
  • アルカン資化性酵母Candida maltosa による10-Hydroxy-2(E)-decenoic acid の生産と関連酵素の同定, 斎藤 駿, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 冨永 祐希 本田 康博, 第62回日本生物工学会大会(2010年),   2010年10月, 第62回日本生物工学会大会(2010年)
  • n-Decanoic acid を水酸化して3-Hydroxydecanoic acid を生産する細菌の探索, 冨永 祐希, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 斎藤 駿 本田 康博, 第62回日本生物工学会大会(2010年),   2010年10月, 第62回日本生物工学会大会(2010年)
  • 揮発性抗真菌物質による食品汚染微生物の制御, 安藤 仁, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 伊藤 久美子 柴田 有香, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会,   2010年12月, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会
  • イオン液体と水溶液を用いたエチルガレートからオクチルガレート配糖体の2段階酵素合成, 岸本 憲明, 倉田 淳志, 宇野 喜晴, 竹本 慎太郎, イオン液体研究会,   2011年01月, イオン液体研究会
    概要:sucrose phosphorylase を用いて ethyl gallate を ethyl gallate-4-O-α-glucopyranosideに変換した。次にイオン液体中でethyl gallate-4-O-α-glucopyranosideと1-octanolからLipozyme RMIMを用いて octyl gallate-4-O-α-glucopyranosideに変換できた。octyl gallate-4-O-α-glucopyranosideをα-glucosidaseで処理すると、octyl gallateが生成し、広い抗菌スぺクトルを示した。
  • イオン液体中でのMethyl Dicaffeoyl Qunateの酵素合成, 岸本 憲明, 倉田 淳志, 塩見 成哉, 森田 裕子, 岩井 和也, イオン液体研究会,   2011年01月, イオン液体研究会
    概要:5-カフェオイルキナ酸をイオン液体中で酵素を用いてキナ酸のカルボキシ基をメチルエステル化した。得られたカフェオイルキナ酸メチルエステルトカフェ酸ビニルエステルからイオン液体中で酵素を用いて4,5-ジカフェオイルキナ酸メチルエステルを酵素合成することに成功した。
  • イオン液体存在下で生育する微生物の探索, 岸本 憲明, 妹尾 文哉, 倉田 淳志, イオン液体研究会,   2011年01月, イオン液体研究会
    概要:くさや漬け汁とキムチから10%[EMIM]{CF3SO3]存在下で生育する微生物3株とキムチから5~40%[BMIM][PF6]存在下で生育する微生物5株を分離することに成功した。
  • 揮発性酢酸イソアミルの Escherichia coli K-12 に対する生育阻害機構の解析, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 農学部応用生命化学科, 農学部応用生命化学科, 農学部応用生命化学科, 日本農芸化学会2011年度大会,   2011年03月, 日本農芸化学会2011年度大会
    概要:【目的】本研究室では市販チーズから単離した酵母 Candida maltosa NP9 が揮発性酢酸イソアミル(IA)を生産し、Aspergillus niger 胞子の発芽を阻害することを報告した1)。本研究では、揮発性 IA の抗菌抗真菌スペクトルを評価するとともに、IA 曝露で生じた E.coli 細胞の構造変化を電子顕微鏡で観察し、2D-DIGEを用いたプロテオーム解析をおこなった。 【方法・結果】vapor-agar contact 法で抗菌スペクトルを試験した結果、IA は供試糸状菌 15 種、酵母 5 種、グラム陽性菌 7 種、陰性菌 2 種全ての生育を阻害した。また、IA は A.niger 胞子の発芽を静菌的に阻害したが、 E.coli と Saccharomyces cerevisiae の生育は殺菌的に阻害した。IA に曝露した菌体を TEM 観察すると、E.coli では細胞内の構造に変化が認められ、S.cerevisiae では細胞内小器官の崩壊が観察された。また、E.coli 抽出タンパク質の 2D-DIGE では、発現の異なるタンパク質スポットが複数確認できた。 1)小俣ら:日本農芸化学会 2010 年度大会講演要
  • イオン液体を用いたCaffeoyl quinic acidからMethyl Dicaffeoyl Quinateへの酵素変換, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 農学部応用生命化学科, 農学部応用生命化学科, 農学部応用生命化学科, UCC上島珈琲, 日本農芸化学会2011年度大会,   2011年03月, 日本農芸化学会2011年度大会
    概要:【目的】Methyl dicaffeoyl quinate (DCQA-Me) は、プロポリスなどに微量含まれ、DPPHラジカル消去作用、抗がん活性など多様な生理活性をもっている。そこで、コーヒー生豆から抽出した 5-Caffeoyl quinic acid(5-CQA)を出発物質とし、イオン液体(IL)中で二段階の酵素反応でDCQA-Meに変換する方法を開発した。 【方法および結果】まず、5-CQAとメタノールから5-CQA-Meを合成する IL と酵素を探索した。その結果、[Bmim] [NTf2]に5-CQAとメタノールを溶解し、Novozyme 435を40℃で 96 h 反応させると、5-CQA-Meを得ることができた(モル変換率93%)。次に、5-CQA-Meとvinyl caffeateからDCQA-Meに変換できる酵素を探索した結果、Lipozyme TLIM反応液から新規ピークを検出した。単離した生成物は、機器分析から4,5-DCQA-Meと同定した。本酵素は疎水性 IL中ではDCQA-Meを合成したが、親水性ILやt-butyl methyl etherやdioxaneなどの有機溶媒中では合成しなかった。また、疎水性ILに溶解した5-CQA-Meは基質として利用したが、溶解しなかった5-CQA
  • イオン液体と水溶液を用いたエチルガレートからオクチルガレート配糖体の2段階酵素合成, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 農学部応用生命化学科, 農学部応用生命化学科,   2011年03月
    概要:【目的】 Octyl gallateは高い抗菌、抗ウイルス活性を有するが、不溶性であるため扱いにくい。そこで、Octyl gallateの溶解度を高めるため、Ethyl gallateから2段階の酵素反応でOctyl gallate配糖体を酵素合成する方法を開発した。 【方法および結果】 Octyl gallateを直接配糖化する糖転移酵素を探索したが、見つけることができなかった。そこで、基質をEthyl gallate に変えて配糖化酵素を探索した結果、Sucrose phosphorylaseがEthyl gallate-4-O-α-glucopyranosideに変換することを見出した。得られたEthyl gallate-4-O-α-glucopyranosideと1-Octanolから、イオン液体中でOctyl gallate配糖体に変換できるリパーゼを探索したところ、Lipozyme RMIM反応液から新規ピークを検出した。この生成物を単離し、機器分析からOctyl gallate-4-O-α-glucopyranosideと同定した。供試イオン液体中では、[BMIM][NTf2]が最適(変換率40%)で、親水性イオン液体より疎水性イオン液体中で高い活性を示した。Octyl gallate配糖体はPseudomonas aeruginosaとBacillus subtilis
  • 親水性・疎水性イオン液体存在下で生育する微生物の探索, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 農学部応用生命化学科,   2011年03月
    概要:【目的】イオン液体はアニオンとカチオンから構成され、常温常圧で液体の塩である。アニオンとカチオンの組み合わせにより疎水性や親水性を示すイオン液体を調製可能であり、疎水性や親水性を示す化合物を溶解できる。さらに不揮発性や難燃性、熱安定性を示す。イオン液体は優れた反応溶媒であり、イオン液体中で利用可能な酵素の取得が期待される。本研究では親水性・疎水性イオン液体存在下で生育する微生物を探索し、酵素活性の検出を試みた。 【方法・結果】まず天日塩や岩塩、醤油もろみ、キムチ、くさや漬け汁から、耐塩性細菌の獲得を試みた結果、20% NaClを含む培地で生育する6種類の細菌群集を得た。続いてイオン液体を含む培地で生育を検討した結果、くさや漬け汁とキムチ由来の細菌群集はそれぞれ疎水性イオン液体[BMIM][PF6]と親水性イオン液体[EMIM][CF3SO3]を含む培地で生育した。[EMIM][CF3SO3]を含む培養液上清からアルカリフォスファターゼとエステラーゼ活
  • Enzymatic Synthesis of Caffeic Acid Phenethyl Ester Analogues from Underutilized Natural Resource in Ionic Liquid, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 藤田 藤樹夫, 農学部応用生命化学科, 農学部応用生命化学科, UCC 上島珈琲, 4TH CONGRESS ON IONIC LIQUIDS,   2011年06月, 4TH CONGRESS ON IONIC LIQUIDS
    概要:A novel consecutive enzymatic conversion was developed for production of caffeic acid phenethyl ester analogues from unused coffee beans. The procedure was comprised of chlorogenate hydrolase and Novozyme435 with [BMIM][NTf2] as the solvent. The analogues exhibited strong antiproliferative activities toward various human tumor cells.

MISC

  • Alkalimonas collagenimarina AC40T, 倉田 淳志, 小林 徹 掘越 弘毅,   2006年10月
    概要:新種の好アルカリ性・低温耐性菌を単離、The National Collection of Industrial,Marine and Food Bacteria (NCIMB) と 理化学研究所微生物系統保存施設 (JCM) に寄託した。

特許

  • 新規なコラーゲン分解酵素とその利用, 倉田 淳志, 小林 徹 掘越 弘毅, 特願2007-296564
  • 酵母変異株, 岸本 憲明, 倉田 淳志, 出願番号なし
  • キナ酸ジエステルおよびキナ酸ジエステル誘導体の酵素合成法, 岸本 憲明, 竹本 慎太郎, 塩見 成哉, 森田 裕子, 倉田 淳志, 岩井 和也, 成田 優作, 特願2011-6528, 疎水性イオン液体に溶解しないカフェオイルキナ酸を、イオン液体中で酵素を用いて疎水性イオン液体に溶解できるカフェオイルキナ酸メチルエステルに変換した。得られたカフェオイルキナ酸メチルエステルとカフェ酸ビニルエステルから、イオン液体中で酵素を用いて4,5-ジカフェオイルキナ酸メチルエステルに変換した。4,5-ジカフェオイルキナ酸メチルエステルは水溶液中で酵素で加水分解され、4,5-ジカフェオイルキナ酸を生成した。

競争的資金

  • イオン液体耐性菌の耐性機構の解明と新奇微生物プラットフォームの開発, 倉田 淳志
  • イオン液体耐性細菌のゲノム解読と耐性機構の解明、有用酵素の開発, 倉田 淳志