KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

東 賢一アズマ ケンイチ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門衛生学、健康リスク評価学
ジャンル医療・健康/健康問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/843-azuma-kenichi.html
ホームページURL
メールアドレスkenazuma[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    健康と環境因子の相互作用に関する研究を行っています。環境中の化学物質や病原性微生物等による人の健康影響評価や健康リスク評価が主な研究領域です。生活を取り巻く環境因子が研究対象です。

学歴・経歴

学歴

  • 2006年03月 - 2007年04月, 京都大学, 大学院工学研究科, 都市環境工学専攻環境衛生学講座
  • 1984年04月 - 1988年03月, 神戸大学, 工学部, 工業化学科

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学医学部(准教授)
  •   2016年04月,  - 現在, 厚生労働省国立保健医療科学院(客員研究員)
  •   2009年12月,  - 2015年03月, 近畿大学医学部(講師)
  •   2010年04月,  - 現在, 公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター(客員研究員)
  •   2007年11月,  - 2009年11月, 近畿大学医学部(助教)
  •   2002年04月,  - 2007年03月, 国立保健医療科学院建築衛生部(協力研究員)
  •   1988年04月,  - 2007年10月,  積水化学工業株式会社

研究活動情報

研究分野

  • 社会医学, 衛生学
  • 社会医学, 公衆衛生学・健康科学
  • 環境学, 放射線・化学物質影響科学
  • 環境学, 環境影響評価・環境政策
  • 基礎医学, 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

研究キーワード

  • 衛生学, 公衆衛生学, 環境保健, 健康影響, リスク評価, 環境医学, 疫学, 毒性, 化学物質, 生活環境

論文

  • Occupational exposure limits of ethyleneglycol monobutyl ether, isoprene, isopropyl acetate and propyleneimine, and classification on carcinogenicity, occupational sensitizer and reproductive toxicant, Kenichi Azuma, Ginji Endo, Yoko Endo, Tetsuhito Fukushima, Kunio Hara, Hajime Hori, Seichi Horie, Hyogo Horiguchi, Masayoshi Ichiba, Gaku Ichihara, Masayuki Ikeda, Tatsuya Ishitake, Akiyoshi Ito, Yuki Ito, Satoko Iwasawa, Michihiro Kamijima, Kanae Karita, Takahiko Kato, Toshio Kawai, Toshihiro Kawamoto, Reiko Kishi, Shinji Kumagai, Yukinori Kusaka, Akiko Matsumoto, Muneyuki Miyagawa, Hiroyuki Miyauchi, Yasuo Morimoto, Kasuke Nagano, Hisao Naito, Tamie Nasu, Tetsuo Nomiyama, Hirokazu Okuda, Kazuyuki Omae, Haruhiko Sakurai, Kazuhiro Sato, Tomotaka Sobue, Yasushi Suwazono, Toru Takebayashi, Tatsuya Takeshita, Akito Takeuchi, Ayano Takeuchi, Masatoshi Tanaka, Shigeru Tanaka, Teruomi Tsukahara, Masashi Tsunoda, Susumu Ueno, Jun Ueyama, Yumi Umeda, Yuko Yamano, Takenori Yamauchi, Eiji Yano, Journal of Occupational Health, 59, in press,   2017年09月, 査読有り
  • A review of the effects of exposure to carbon dioxide on human health in indoor environment, Azuma K, Yanagi U, Kagi N, Osawa H, Proceedings of the Healthy Buildings Europe 2017, ID0022, 6 pages,   2017年07月, 査読有り
  • 室内空気質規制に関する諸外国の動向, 東 賢一, 環境技術, 46, 7, 4, 9,   2017年07月
  • 環境アレルギーと日本の行政施策, 奥村二郎、東 賢一、水越厚史, 日本職業・環境アレルギー学会雑誌, 24, 2, 11, 16,   2017年07月
  • 本態性環境不耐症―いわゆる化学物質過敏症の疾病概念・疫学・病態解明について―, 東 賢一, PASKEN JOURNAL, 26-29, 26, 34,   2017年07月
  • Evaluating prevalence and risk factors of building-related symptoms among office workers: Seasonal characteristics of symptoms and psychosocial and physical environmental factors, Azuma K, Ikeda K, Kagi N, Yanagi U, Osawa H, Environmental Health and Preventive Medicine, 22, 114, 38,   2017年04月, 査読有り
  • Association of odor thresholds and responses in cerebral blood flow of the prefrontal area during olfactory stimulation in patients with multiple chemical sensitivity, Azuma K, Uchiyama I, Tanigawa M, Bamba I, Azuma M, Takano H, Yoshikawa T, Sakabe K, PLoS ONE, 11, 12, e0168006,   2016年12月, 査読有り
  • Effects of inhalation of emissions from cedar timber on psychological and physiological factors in an indoor environment, Azuma K, Kouda K, Nakamura M, Fujita S, Tsujino Y, Uebori M, Inoue S, Kawai S., Environments, 3, 4, 37,   2016年12月, 査読有り
  • Chemical Sensitivity-The Frontier of Diagnosis and Treatment, Sakabe K, Kimura M, Terayama H, Tsunoda M, Kiyajima E, Takano H, Azuma K, Mizukoshi A, Matsuda T, Mori C, Miyata M, Ishikawa S, Aizawa Y, 臨床環境医学, 25, 2, 49, 54,   2016年12月, 査読有り
  • 室内空気汚染の健康リスク, 東 賢一, 臨床環境医学, 25, 2, 76, 81,   2016年12月, 査読有り
  • 仙台市内の応急仮設住宅の温熱環境の実態と環境改善に向けた提案, 長谷川兼一、吉野 博、柳 宇、東 賢一、大澤元毅、鍵 直樹, 日本建築学会環境系論文集, 82, 731, 19, 29,   2017年01月, 査読有り
  • 仙台市内の応急仮設住宅における室内化学物質汚染の実態, 鍵 直樹、吉野 博、長谷川兼一、柳 宇、東 賢一、大澤元毅, 日本建築学会環境系論文集, 81, 729, 979, 985,   2016年11月, 査読有り
  • Occupational Exposure Limits of lead, dimethylamine, n-butyl-2,3-epoxypropyl ether, and 2-ethyl-1-hexanol and carcinogenicity and occupational sensitizer classification, Kenichi Azuma, Ginji Endo, Yoko Endo, Kunio Hara, Koji Harada, Hajime Hori, Seichi Horie, Hyogo Horiguchi, Masayoshi Ichiba, Gaku Ichihara, Masayuki Ikeda, Tatsuya Ishitake, Akiyoshi Ito, Satoko Iwasawa, Michihiro Kamijima, Kanae Karita, Toshio Kawai, Toshihiro Kawamoto, Akio Koizumi, Shinji Kumagai, Yukinori Kusaka, Muneyuki Miyagawa, Yasuo Morimoto, Kasuke Nagano, Tamie Nasu, Tetsuo Nomiyama, Kazuyuki Omae, Kazuhiro Sato, Hirokazu Okuda, Haruhiko Sakurai, Tomotaka Sobue, Yasushi Suwazono, Toru Takebayashi, Tatsuya Takeshita, Akito Takeuchi, Masatoshi Tanaka, Shigeru Tanaka, Teruomi Tsukahara, Masashi Tsunoda, Susumu Ueno, Yuko Yamano, Takenori Yamauchi, Eiji Yano, Journal of Occupational Health, 58, 385, 387,   2016年09月, 査読有り
  • Physicochemical risk factors for building-related symptoms: thermal conditions and combined exposure to indoor air pollutants, Azuma K, Ikeda K, Kagi N, Yanagi U, Osawa H, Proceedings of the 14th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, ID113, 7 pages,   2016年07月, 査読有り
  • Health risk assessment of inhalation exposure to 2-ethylhexanol, 2,2,4- trimethyl-1,3-pentanediol diisobutyrate, and texanol in indoor environments, Azuma K, Tanaka-Kagawa T, Jinno H, Proceedings of the 14th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, ID168, 7 pages,   2016年07月, 査読有り
  • Influence of moisture against acetaldehyde emitted from wood-based materials, Nishioka F, Kagi N, Osawa H, Yanagi U, Hasegawa K, Azuma K, Kim H, Proceedings of the 14th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, ID1068, 2 pages,   2016年07月, 査読有り
  • Endotoxin Concentration in House Dust and Indoor Air in Japan, Kim H, Lim E, Yanagi U, Kagi N, Azuma K, Osawa H, Hayashi M, Proceedings of the 14th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, ID457, 2 pages,   2016年07月, 査読有り
  • Investigation of reaction products of ozone and organic compounds in a simulated aircraft cabin Endotoxin Concentration in House Dust and Indoor Air in Japan, Mizukoshi A, Azuma K, Proceedings of the 14th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, ID358, 7 pages,   2016年07月, 査読有り
  • 脳科学的見地からみた化学物質過敏症, 東 賢一, アレルギーの臨床, 36, 6, 21, 25,   2016年06月
  • Psychological and Physiological Effects of Japanese Cedar Indoors after Calculation Task Performance, Bamba I, Azuma K, Journal of the Human-Environment System, 18, 2, 33, 41,   2016年04月, 査読有り
  • Assessment of inhalation exposure to indoor air pollutants: screening for health risks of multiple pollutants in Japanese dwellings, Azuma K, Uchiyama I, Uchiyama S, Kunugita N, Environmental Research, 145, 39, 49,   2016年02月, 査読有り
  • 仙台市内の応急仮設住宅における室内真菌汚染の実態, 柳 宇、吉野 博、長谷川兼一、東 賢一、大澤元毅、鍵 直樹, 日本建築学会技術報告集, 22, 51, 615, 620,   2016年06月, 査読有り
  • 化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用, 加藤貴彦, 藤原悠基, 中下千尋, 盧 渓, 久田 文, 宮崎 航, 東 賢一, 谷川真理, 内山巌雄, 欅田尚樹, 日本衛生学雑誌, 71, 94, 99,   2016年01月, 査読有り
  • 高齢者福祉施設における室内環境に関する研究:第2報-室内温湿度・CO2濃度の長期連続測定結果, 柳 宇、鍵 直樹、東 賢一、鎌倉良太、杉山順一、大澤元毅, 空気調和・衛生工学会論文集, 229, 15, 22,   2016年04月, 査読有り
  • Prevalence and risk factors associated with nonspecific building-related symptoms in office employees in Japan: relationships among work environment, indoor air quality, and occupational stress, Azuma K, Ikeda K, Kagi N, Yanagi U, Osawa H, Indoor Air, 25, 5, 499, 511,   2015年10月, 査読有り
  • 実大試験家屋を用いた浸水シミュレーションによる床下湿気性状の長期測定, 長谷川 兼一、石山 智、大澤 元毅、柳 宇、鍵 直樹、東 賢一、高木理恵, 日本建築学会技術報告集, 21, 49, 1117, 1120,   2015年10月, 査読有り
  • Prevalence and characteristics of chemical intolerance: a Japanese population-based study, Azuma K, Uchiyama I, Katoh T, Ogata H, Arashidani K, Kunugita N., Archives of Environmental and Occupational Health, 70, 6, 1, 13,   2015年09月, 査読有り
  • Assessment of cerebral blood flow in patients with multiple chemical sensitivity using near-infrared spectroscopy—recovery after olfactory stimulation: a case-control study, Azuma K, Uchiyama I, Tanigawa M, Bamba I, Azuma M, Takano H, Yoshikawa T, Sakabe K, Environmental Health and Preventive Medicine, 20, 3, 185, 194,   2015年05月, 査読有り
  • Nonspecific building-related symptoms of office employees and indoor air quality of the work environment: a surveillance study for their relevance in office buildings in Japan, Azuma K, Ikeda K, Kagi N, Yanagi U, Osawa H, Proceedings of the Healthy Buildings Europe 2015, ID424, 1, 6,   2015年05月, 査読有り
  • Review of dermal exposure factors for the phthalates present in consumer products, Mizukoshi A, Azuma K, Okumura J, Proceedings of the Healthy Buildings Europe 2015, ID616, 1, 2,   2015年05月, 査読有り
  • Indoor Environmental Problems and Health Status in Water-damaged Homes due to Tsunami Disaster in Japan, Hasegawa K, Yoshino H, Yanagi U, Azuma K, Osawa H, Kagi N, Shinohara N, Hasegawa A, Building and Environment, 93, 24, 34,   2015年11月, 査読有り
  • 室内化学物質規制に関する国内外の動向, 東 賢一, ビルと環境, 148, in press,   2015年03月
  • 就学前の子どもをもつ親のコミュニケーションスキルに関連する要因-大学生との比較から-, 青野明子、萬羽郁子、奥野洋子、東賢一、奥村二郎, 近畿大学臨床心理センター紀要, 7, 65, 78,   2014年11月, 査読有り
  • 建築室内環境に関連する症状とそのリスク要因―日本におけるシックビルディング症候群の現状―, 東 賢一, 保健医療科学, 63, 4, 334, 341,   2014年09月, 査読有り
  • ダスト中の汚染物質による公衆衛生上の問題, 東 賢一, 空気清浄, 52, 3, 164, 169,   2014年09月
  • 鉛中毒, 東 賢一, 小児内科, 46, 9, 1399, 1402,   2014年09月
  • 室内空気汚染対策に関する世界的動向と今後の対策, 東 賢一, 公衆衛生, 78, 8, 533, 540,   2014年08月
  • Integrating requirements for the delivery of information relating to construction-product compositions, Azuma, K., Funaki, R., Hasegawa, A., Shinohara, N., Yamaguchi, M., Fujita, K., Kikuchi, Y., Tanabe, S., Indoor and Built Environment, 23, 5, 653, 664,   2014年08月, 査読有り
  • Prevalence of and Risk Factors for Nonspecific Building-Related Symptoms in Employees Working in Office Buildings: Relationships among Indoor Air Quality, Work Environment, and Occupational Stress in Summer and Winter, Azuma K, Ikeda K, Kagi N, Yanagi U, Shimodaira T, Osawa H, Proceedings of the 13th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, HP0073,   2014年07月, 査読有り
  • Relation of Changes in Cerebral Blood Flow and Diffusion Material Caused by Smelling Wood, Bamba I, Azuma K, Proceedings of the 13th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, HP0970,   2014年07月, 査読有り
  • Indoor Environmental Problems and Occupants' Health in Water-damaged Homes due to Tsunami Disaster, Hasegawa K, Yoshino H, Yanagi U, Otake T, Azuma K, Osawa H, Kagi N, Shinohara N, Hasegawa A, Proceedings of the 13th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, HP0806,   2014年07月, 査読有り
  • Indoor Airborne, Settled, and Adhesive Fungi in Water-Damaged Houses after Giant Tsunami, Yanagi U, Yoshino H, Hasegawa K, Kagi K, Azuma K, Shinohara N. Hasegawa H, Osawa H, Proceedings of the 13th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, HP0964,   2014年07月, 査読有り
  • 過酸化水素含有ミストを用いたVOCガス分解処理プロセスの開発, 並木孝招, 関口和彦, 王 青躍, 並木則和, 東 賢一, 田村 一, 諏訪好英, 鍵 直樹, 藤井修二, エアロゾル研究, 29, 2, 112, 118,   2014年06月, 査読有り
  • Effect of communication skills training on mothers with preschool children, Akiko Aono, Ikuko Banba, Yoko Okuno, Kenichi Azuma, Jiro Okumura, Acta medica Kinki University, 39, 1, 11, 20,   2014年06月, 査読有り
  • 職業性アレルギー疾患診療ガイドライン発刊について Ⅶ 法律的側面, 奥村二郎, 東 賢一, 萬羽郁子, 水越厚史, アレルギーと免疫, 21, 5, 66, 72,   2014年05月
  • Effects of water-damaged homes after flooding: health status of residents and environmental risk factors, Azuma K, Ikeda K, Kagi N, Yanagi U, Hasegawa K, Osawa H, International Journal of Environmental Health Research, 24, 2, 158, 175,   2014年04月, 査読有り
  • 微小粒子状物質PM2.5の健康リスク評価に関する近年の動向, 東 賢一, クリーンテクノロジー, 24, 4, 23, 26,   2014年04月
  • 空気質と健康影響, 東 賢一, 空気清浄, 51, 5, 71, 78,   2014年01月
  • Changes in cerebral blood flow during olfactory stimulation in patients with multiple chemical sensitivity: a multi-channel near-infrared spectroscopic study, Azuma K, Uchiyama I, Takano H, Tanigawa M, Azuma M, Banba I, Yoshikawa T., PLoS ONE, 8, 11, e80567,   2013年11月, 査読有り
  • 東日本大震災における応急仮設住宅の空気環境に関する調査研究, 柳 宇、吉野 博、長谷川兼一、東 賢一、大澤元毅、鍵 直樹、猪野琢也, 日本建築学会環境系論文集, 78, 694, 917, 921,   2013年12月, 査読有り
  • 看護職の自己成長感、バーンアウトに影響を与える要因について, 奥野洋子、萬羽郁子、青野明子、東 賢一、奥村二郎, 健康心理学研究, 26, 2, 95, 107,   2013年12月, 査読有り
  • 対人援助職のストレス体験が1年後の自己成長感に与える影響に関する縦断的研究, 奥野洋子、萬羽郁子、青野明子、東 賢一、奥村二郎, 近畿大学医学雑誌, 38, 3-4, 115, 124,   2013年12月, 査読有り
  • Assessing the risk of Legionnaires' disease: the inhalation exposure model and the estimated risk in residential bathrooms, Azuma, K., Uchiyama, I., Okumura, J., Regulatory Toxicology and Pharmacology, 65, 1, 1, 6,   2013年02月, 査読有り
  • スギ材の空気浄化機能の解明と木質住環境のヒトへの視覚・生理・心理効果, 川井秀一、宮越順二、木村彰孝、中川美幸、仲村匡司、東 賢一、萬羽郁子、辻野喜夫、上堀美知子、大山正幸、三宅英隆、藤田佐枝子、中山雅文, 生存圏研究, 8, 55, 68,   2013年, 査読有り
  • 化学物質過敏症の実態について-全国規模の調査と臨床の現場から-, 東 賢一、内山巌雄, AROMA RESEARCH, 54, 107, 110,   2013年05月
  • 家具等から揮散する化学物質による健康影響, 東 賢一, 化学物質と環境, 116, 13, 15,   2012年11月
  • 小児の中毒 II-4.重金属による中毒 ⑥鉛, 東 賢一, 小児科臨床, 65, 増刊号, 1501, 1508,   2012年06月
  • Future Trends of Mesothelioma Mortality in Japan Based on a Risk Function, Myojin, T., Azuma, K., Okumura, J., Uchiyama, I., Industrial Health, 50, 3, 197, 204,   2012年05月, 査読有り
  • Indoor Environment and Health Effects in Water-Damaged Homes after Flooding, Azuma K, Ikeda K, Kagi N, Yanagi U, Hasegawa K, Osawa H, Proceedings of Healthy Buildings 2012, Paper 7H.5,   2012年07月, 査読有り
  • Indoor Airborne and Settled Mould in Water-Damaged Houses after Flooding, Yanagi U, Kagi N, Hasegawa K, Azuma K, Ikeda K, Sugita K, Osawa H, Proceedings of Healthy Buildings 2012, Paper 7H.10,   2012年07月, 査読有り
  • Indoor environment and resident's health condition of the temporary housing built after Great East Japan Earthquake in 2011 - Measurements of indoor volatile organic compounds during summer, Kagi N, Yoshino H, Hasegawa K, Yanagi U, Azuma K, Osawa H, Homma Y, Hamada K, Ino T, Kakuma T, Proceedings of Healthy Buildings 2012, Paper 1B.8,   2012年07月, 査読有り
  • Indoor thermal environment and IAQ of the housing in stricken areas after Great East Japan Earthquake in 2011: The measurement results of fungi in 40 temporary houses in Miyagi prefecture, Ishioka S, Yoshino H, Yanagi U, Hasegawa K, Azuma K, Osawa H, Kagi N, Hamada K, Ino T, Kakuma T, Proceedings of Healthy Buildings 2012, Paper 7H.6,   2012年07月, 査読有り
  • Effects of Japanese cedar on psychological and physiological factors in an indoor environment: The influence of Interior Specifications, Banba I, Azuma K, Nakamura M, Fujita S, Tsujino Y, Uebori M, Kouda K, Kawai S, Proceedings of Healthy Buildings 2012, Paper 7D.10,   2012年07月, 査読有り
  • 建築物における衛生環境とその維持管理の実態に関する調査解析, 東 賢一, 池田耕一, 大澤元毅, 鍵 直樹, 柳 宇, 齊藤秀樹, 鎌倉良太, 空気調和・衛生工学会論文集, 179, 19, 26,   2012年02月, 査読有り
  • Valeurs guides de qualite´ d’air inte´ rieur : analyse comparative des approches franc¸aise et japonaise, Rousselle, C,. Mandin, C,. Azuma K., Environnement Risques et Santé., 10, 1, 25, 34,   2011年, 査読有り
  • 建築物環境衛生管理基準の解説と近年の知見, 東 賢一, ビルと環境, 134, 4, 17,   2011年
  • The principal strata effect for post-randomization selection bias: application to a prostate cancer prevention trial, Chiba, Y., Banba, I., Azuma, K., BioMedical Statistics and Clinical Epidemiology., 4, 1, 47, 53,   2011年11月, 査読有り
  • Questionnaire Survey on Indoor Air Quality and Maintenance of Sanitary Environment in Buildings, Azuma K, Ikeda K, Osawa H, Kagi N, Yanagi U, Shimodaira T, Saito H, Kamakura R, Proceedings of the 12th International Conference on Indoor Air Quality and Climate., Paper 248,   2011年, 査読有り
  • Health Risks and Toxic Effects of Indoor Secondary Organic Aerosols, Azuma K, Namiki N, Nishimura N, Sekiguchi K, Kagi N, Tamura H, Suwa Y, Fujii S., Proceedings of the 12th International Conference on Indoor Air Quality and Climate., Paper 249,   2011年, 査読有り
  • Survey on Actual Status of Sanitary Environments and Maintenance for Buildings, Ikeda K, Osawa H, Kagi N, Yanagi U, Azuma K, Saito H, Kamakura R, Proceedings of the 12th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, Paper 976,   2011年, 査読有り
  • Modeling And Computer Simulation Of Ultrafine Particles Generated From Laser Printers, Suwa Y, Fujii S, Namiki N, Kagi N, Sekiguchi K, Azuma K, Tamura H, Proceedings of the 12th International Conference on Indoor Air Quality and Climate., Paper 1048,   2011年, 査読有り
  • Effects of Emissions from Cedar Timber on Psychological and Physiological Factors in Indoor Environment, Azuma, K., Kouda, K., Nakamura, M., Fujita, S., Tsujino, Y., Uebori, M., Kusaki, J., Inoue, S., Kawai, S., Proceedings of Wood Culture and Science Kyoto., 147, 152,   2011年
  • 我が国と海外における病院環境の管理の現状, 東 賢一, クリーンテクノロジー, 21, 3, 5, 11,   2011年
  • 国内外における室内空気汚染の現状と対策, 東 賢一, 生活衛生, 54, 2, 116, 127,   2010年, 査読有り
  • 室内環境汚染と健康リスク, 東 賢一, 内山巌雄, 公衆衛生, 74, 4, 289, 294,   2010年
  • Epidemiologic Evidence on Environmental Factors related to Irritative and General Symptoms in Housing in Japan, Azuma, K., Uchiyama, I., Ikeda, K., Chiba, Y., Okumura, J., Journal of Human-Environment System., 12, 1, 1, 13,   2009年, 査読有り
  • Mesothelioma Risk and Environmental Exposureto Asbestos: Past and Future Trends in Japan, Azuma, K., Uchiyama, I., Chiba, Y., International Journal of Occupational and Environmental Health, 15, 2, 165, 171,   2009年, 査読有り
  • Marginal Structural Models for Estimating Effect Modification, Chiba, Y., Azuma, K., Okumura, J., Annals of Epidemiology., 19, 5, 298, 303,   2009年, 査読有り
  • 「クールビズ」導入オフィスにおける勤務者の温熱環境評価, 榎本ヒカル, 池田耕一, 東 賢一, 栃原 裕, 労働安全衛生研究, 2, 1, 5, 10,   2009年, 査読有り
  • 環境中の鉛による健康影響について, 内山巌雄, 東 賢一, モダンメディア, 55, 4, 1, 8,   2009年
  • Quantitative Risk Assessment of Inhalation Exposure to Legionella Species in Residential Bathroom, Azuma, K., Uchiyama, I., Fukui, Y., Murayama, R., Okumura, J., Proceedings of Healthy Buildings 2009., Paper 543,   2009年, 査読有り
  • Preliminary Questionnaire Survey on Information Delivery System for Ingredients of Construction Products, Azuma, K., Funaki, R., Hasegawa, A., Shinohara, N., Yamaguchi, M., Fujita, K., Kikuchi, Y., Tanabe, S., Proceedings of Healthy Buildings 2009., Paper 32,   2009年, 査読有り
  • The Regulations for Indoor Air Pollution in Japan: A Public Health Perspective, Azuma, K., Uchiyama, I., Ikeda, K., Journal of Risk Research., 11, 3, 301, 314,   2008年, 査読有り
  • Health Risks due to Asbestos Exposure in Indoor Environment in Japan: Risk Levels and Recommendations for Risk Management, Azuma, K., Uchiyama, I., Ikeda, K., Okumura, J., Proceedings of the 11th International Conference on Indoor Air Quality and Climate.,   2008年
  • Evaluation and analysis of biological and personal monitoring for non-occupational exposure to para-dichlorobenzene in Japan, Murayama, R., Azuma, K., Okumura, J., Goto, S., Uchiyama, I., Proceedings of the 11th International Conference on Indoor Air Quality and Climate.,   2008年, 査読有り
  • 日本における石綿の大気環境曝露による中皮腫死亡リスク, 東 賢一,内山巌雄,千葉康敬,奥村二郎, 第49回大気環境学会年会講演要旨集, 34,   2008年
  • 日本における石綿の大気環境曝露によるがん死亡リスクに関する研究, 東 賢一,内山巌雄,千葉康敬,奥村二郎, 日本公衆衛生雑誌、第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 55, 10, 642,   2008年
  • 諸外国におけるアスベストの室内環境基準に関する調査研究, 東 賢一, 内山巌雄, 池田耕一, 小畑美知夫, 奥村二郎, 日本衛生学雑誌, 第78回日本衛生学会総会講演集, 63, 2, 443,   2008年
  • 日本における中皮腫発症リスクの将来予測に関する研究, 明神大也, 東 賢一, 岸川洋紀, 村山留美子, 奥村二郎, 内山 巖雄, 日本衛生学雑誌, 第78回日本衛生学会総会講演集,, 63, 2, 444,   2008年
  • 有害大気汚染物質の健康リスク評価, 奥村二郎,東 賢一,千葉康敬, 近畿大学医学雑誌, 33, 2, 95, 100,   2008年, 査読有り
  • 一般家庭の浴室におけるレジオネラ症の定量的健康リスク評価, 明神大也,東 賢一,山本一輝,村山留美子,奥村二郎,岸川洋紀,内山巌雄, 環境衛生工学研究, 22, 3, 88, 91,   2008年
  • Relationship between Resistivity and Structure of Photosensitive Organic Silsesquioxanes by Impedance Spectroscopy and Solid-State 29Si Nuclear Magnetic Resonance, Kusaka, Y., Nakamura, S., Azuma, K., Sasaki, T., Unate, T., Nakatani, Y., Nakasuga, A., Matsukawa, K., Watanabe, N., Naito, H., Kaji, H., Japanese Journal of Applied Physics., 47, 2 Issue 2, 1377, 1381,   2008年, 査読有り
  • The Risk Screening for Indoor Air Pollution Chemicals in Japan, Azuma, K., Uchiyama, I., Ikeda, K., Risk Analysis., 27, 6, 1623, 1638,   2007年12月, 査読有り
  • 諸外国における病院環境の管理の現状, 東 賢一, 空気清浄, 45, 4, 281, 288,   2007年
  • 居住環境における室内空気汚染物質のリスク評価および管理の枠組みに関する研究, 東 賢一, 京都大学博士論文,   2007年, 査読有り
  • Novel Positive Type Photosensitive Insulating Materials by Organic/ Inorganic Hybrid Technologies as a Passivation Layer on TFT LCDs, Kusaka, Y., Nakamura, S., Azuma, K., Sasaki, T., Unate, T., Nakatani, Y., Nakasuga, A., Matsukawa, K., Murakami, S., Ohkura, K., Kikkawa, T., Society For Information Display 2007 International Symposium, Seminar, and Exhibition, SID 2007 DIGEST., 377, 380,   2007年, 査読有り
  • The Risk Management for Indoor Air Pollution Caused by Formaldehyde in Housing: The Historical Perspectives on Early Warnings and Actions, Azuma, K., Uchiyama, I., Ikeda, K., Facilities., 24, 11/12, 420, 429,   2006年, 査読有り
  • The Risk Screening for Indoor Air Pollution Chemicals in Japan., Azuma, K., Uchiyama, I., Ikeda, K., Proceedings of Healthy Buildings 2006., 1, 283, 288,   2006年, 査読有り
  • 「クールビズ」実施オフィスおよびその勤務者に関する温熱環境実測調査, 輿水ヒカル,栃原 裕,池田耕一,東 賢一, 日本生理人類学会誌第55回大会要旨集, 11, 特別号1, 52, 53,   2006年
  • Health Risks of Asbestos in General Ambient Environmental Exposure in Japan: Risk Levels and Recommendation, Azuma, K., Uchiyama, I., Ikeda, K., The Second JSPS-VCC Group-4 Seminar on Environmental Toxicity Evaluation and Risk Management., 2, 145, 156,   2006年
  • オフィス温熱環境基準の国際比較について, 池田耕一,東 賢一,輿水ヒカル,栃原 裕, 第30回人間-生活環境系シンポジウム報告集, 221, 224,   2006年
  • 夏期における「クールビス」実施オフィスの温熱環境およびその勤務者評価に関する調査研究, 輿水ヒカル,栃原 裕,東 賢一,池田耕一, 第30回人間-生活環境系シンポジウム報告集, 283, 286,   2006年
  • Development of Photosensitive Insulating Materials as a Planarization and Passivation Layer on TFT LCDs, Kusaka, Y., Nakamura, S., Azuma, K., Sasaki, T., Unate, T., Nakatani, Y., Nakasuga, A., Matsukawa, K., Murakami, S., Ohkura, K., Kikkawa, T., Proceedings of Information Display Workshopp (IDW 2006)., 969, 972,   2006年, 査読有り
  • 諸外国の室内空気質規制に関する調査研究, 東 賢一,内山巌雄,池田耕一, 日本建築学会環境系論文集, 597, 89, 96,   2005年, 査読有り
  • The Regulations for Indoor Air Pollution in Japan: A Public Health Perspective., Azuma, K., Uchiyama, I., Ikeda, K., Proceedings of the 2nd WHO International Hosing and Health symposium, 551, 563,   2005年, 査読有り
  • Development of Photosensitive Insulating Materials by Organic-Inorganic Hybrid Technologies, Azuma, K., Nakamura, S., Unate, T., Nakasuga, A., Matsukawa, K., Journal of Photopolymer Science and Technology., 18, 1, 41, 46,   2005年, 査読有り
  • 諸外国における室内空気質規制に関する調査研究, 東 賢一,内山巌雄,池田耕一, ビルと環境, 111, 21, 25,   2005年
  • 諸外国における室内空気質規制に関する調査研究, 東 賢一,内山巌雄,池田耕一, 第32回建築物環境衛生管理全国大会抄録集, 26, 27,   2005年
  • 室内空気質規制における健康リスク評価に関する調査研究-諸外国の取り組みの現状と課題-, 東 賢一,内山巌雄,池田耕一, 環境衛生工学研究, 19, 3, 63, 68,   2005年
  • The Risk Management for Indoor Air Pollution Caused by Formaldehyde in Housing: The Historical Perspectives on Early Warnings and Actions., Azuma, K., Uchiyama, I., Ikeda, K., Proceedings of the 10th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, 4, 3449, 3453,   2005年, 査読有り
  • 日本における室内空気汚染化学物質のリスクスクリーニング, 東 賢一,内山巌雄,池田耕一, 日本リスク研究学会第18回研究発表会講演論文集, 18, 129, 134,   2005年
  • 日本における室内空気汚染化学物質のリスクとその特徴, 東 賢一,内山巌雄,池田耕一, 室内環境学会研究発表会講演集, 8, 2, 106, 107,   2005年
  • The Photolithographic and Electric Properties of Photosensitive Insulating Materials as a Passivation Layer on TFT LCDs, Nakamura, S., Azuma, K., Kusaka, Y., Unate, T., Nakasuga, A., Matsukawa, K., Murakami, S., Ohkura, K., Kikkawa, T., Proceedings of Indormation Display Workshop (IDW 2005)., 1299, 1302,   2005年, 査読有り
  • シリカ系有機無機ハイブリッド技術による感光性絶縁膜の開発, 日下 康成, 東 賢一, 中村 秀, 雲梯隆夫, 中壽賀章, 大倉健作, 吉川公麿, 村上修一, 松川公洋, 第24回無機高分子研究討論会抄録集, 41, 42,   2005年
  • 感光性絶縁膜, 東 賢一, 第94回ラドテック研究会講演会抄録集, 17, 22,   2005年
  • Photosensitive Insulating Materials by Organic/Inorganic Hybrid Technologies as a Passivation Layer on TFT LCDs, Nakamura, S., Azuma, K., Unate, T., Nakasuga, A., Matsukawa, K., Society For Information Display 2005 International Symposium, Seminar, and Exhibition, SID 2005 DIGEST., 510, 513,   2005年, 査読有り
  • 埼玉県における居住環境とアレルギー性疾患の関連性に関する調査研究, 東 賢一,塩津弥佳,池田耕一, 日本建築学会環境系論文集, 584, 83, 90,   2004年, 査読有り
  • 欧州環境庁(EEA)の予防原則報告書について, 東 賢一,大竹千代子, 水情報, 22, 4, 7, 10,   2002年
  • 住まいと健康:健康的な室内空気への取り組みに対する海外動向, 東 賢一, 「住まい・まち学習」実践報告・論文集, 3, 123, 128,   2002年
  • 予防原則のルーツと米国政府およびNGOの活動, 大竹千代子,東 賢一, 水情報, 22, 6, 3, 5,   2002年
  • 予防原則を取り入れた海外諸国の化学物質政策について, 東 賢一,大竹千代子, 水情報, 22, 8, 11, 14,   2002年
  • インターネットで探る住まいの化学物質情報, 東 賢一, 公衆衛生研究, 50, 3, 151, 156,   2001年
  • 環境汚染で出生性比が変わった?, 東 賢一, 技術と人間, 10, 36, 46,   2000年
  • 出生性比の変動とダイオキシン汚染の現状との地域的対比, 神山美智子,松崎早苗,田中寿子,武田玲子,東 賢一, 日本内分泌攪乱化学物質学会第3回研究発表会要旨集, 357,   2000年
  • 記録用磁性材料および複合磁性材料に関する研究 第25報 真空蒸着金属薄膜と高分子フィルムとの接着性におよぼす高分子基板温度の効果, 谷川 聡、井元 義典、東 賢一、中前 勝彦、松本 恒隆, 日本接着学会誌, 26, 1, 14, 21,   1990年, 査読有り
  • 真空蒸着金属薄膜と高分子基板との接着性に及ぼす基板温度の効果, 谷川 聡、井元 義典、東 賢一、中前 勝彦, 接着研究発表会講演要旨集, 26, 135, 136,   1988年

書籍等出版物

  • 自動車室内環境2017(総合技術レビュー): 技術報告シリーズ51, 東 賢一, 分担執筆, 3.1.4.アレルギー, pp. 22-29, 公益社団法人自動車技術会,   2017年06月
  • テキスト健康科学改訂第2版, 東 賢一, 分担執筆, 第5章D住宅と健康, pp.219-230, 南江堂,   2017年02月
  • 東日本大震災合同調査報告、建築編8, 東 賢一、吉野 博、田辺新一、柳 宇、長谷川兼一、他, 分担執筆, 118-123, 丸善,   2015年05月
  • PM2.5: Role of Oxidative Stress in Health Effects and Prevention Strategy., AZUMA K, Uchiyama I, 分担執筆, National Ambient Air Quality Standards for Fine Particles (PM2.5) in Japan, Nova Science Publishers,   2015年05月
  • 日本建築学会環境基準: AIJES-A0001-2014ホルムアルデヒドによる室内空気汚染に関する設計・施工等規準・同解説, 東 賢一、他, 分担執筆, 16−17, 日本建築学会,   2014年03月
  • 健康・快適な住宅づくりのチェックポイント, 東 賢一、他, 分担執筆, 2-3, オーム社,   2013年01月
  • 住居医学(Ⅳ), 吉田 修、東 賢一、池田耕一、上原裕之、宮崎良文、大槻剛巳、筏 義人, 分担執筆, 11-34, 米田出版,   2010年08月
  • Environmental Risk Assessment and Management in Japan and Malaysia, Azuma, K., Uchiyama, I., Okumura, J., 分担執筆, 81-91, Perpustakaan Negara Malaysia Cataloguing-in-publication Data,   2010年01月
  • 日本建築学会環境基準: AIJES-A005-2010トルエンによる室内空気汚染防止に関する設計・施工等規準・同解説, 東 賢一、他, 分担執筆, 14-18, 日本建築学会,   2010年03月
  • 新版・知らずに使っていませんか?-家庭用品の有害物質-(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議ブックレット(8)), 東 賢一、神山美智子、立川 涼、角田季美枝、中下裕子、他11名, 分担執筆, ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議,   2010年12月
  • 増補改訂版リスク学事典, 盛岡 通、酒井泰弘、池田三郎、広瀬弘忠、内山巌雄、東 賢一、他92名, 分担執筆, 371-372, 阪急コミュニケーションズ,   2006年07月
  • 建築に使われる化学物質事典, 東 賢一、池田耕一、久留飛克明、山田裕巳、中川雅至、長谷川あゆみ、森有紀子, 監修, 分担執筆: 5-13, 120-496, 風土社,   2006年05月
  • シックハウスを防ぐ最新知識-健康な住まいづくりのために-, 池田耕一、柳 宇、朴 俊錫、東 賢一、田辺伸一、柳沢幸雄、石川 哲、他16名, 分担執筆, 42-46, 丸善,   2005年03月
  • 予防原則-人と環境の保護のための基本理念-, 大竹千代子、東 賢一, 共著, 合同出版,   2005年05月
  • 国内外VOC規制の最新動向と放散ガスの測定及び評価, 池田耕一、柳 宇、朴 俊錫、東 賢一、柳沢幸雄、本橋健司、他12名, 分担執筆, 3-8, 技術情報協会,   2005年05月
  • 公害はなぜ止められなかったか?-予防原則の適用を求めて-(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議ブックレット(4)), 東 賢一、大竹千代子、武田玲子、立川 涼、中下裕子、他7名, 分担執筆, 51-53, ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議,   2005年06月
  • 知らずに使っていませんか?-家庭用品の有害物質-(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議ブックレット(3)), 東 賢一、神山美智子、立川 涼、角田季美枝、中下裕子、他11名, 分担執筆, 38-41, ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議,   2004年09月
  • 化学汚染から子供を守る(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議ブックレット(1)), 東 賢一、神山美智子、中下裕子、松崎早苗、水野玲子、他15名, 分担執筆, 36-39, ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議,   2003年03月

講演・口頭発表等

  • 研究発表(国外・国内)252件, 東 賢一
  • 招待講演(学会、公益法人、行政等)55件, 東 賢一, 招待有り
  • 招待講演(一般、教育研修等)38件, 東 賢一, 招待有り
  • なぜ28℃と決まったのか?, 東 賢一, テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」,   2012年06月, 招待有り
  • シックハウス症候群について, 東 賢一, サンテレビ「アサスマ」,   2011年08月, 招待有り
  • 学校と職場の空気質について, 東 賢一, FM79.7MHz京都三条ラジオカフェ番組,   2010年10月, 招待有り
  • 住宅の室内空気質について, 東 賢一, FM79.7MHz京都三条ラジオカフェ番組,   2010年09月, 招待有り
  • 鉛の人体影響, 東 賢一, TBS NEWS23,   2010年08月, 招待有り

作品

  • WHO Housing and Health Guideline, World Health Organization, Geneva, Guideline Developing Group,   2011年 - 現在
  • 日本学術振興会アジア研究教育拠点事業「リスク的観点からの流域管理」(マレーシア),   2011年 - 2016年
  • WHO Guidelines for Indoor Air Quality: Selected pollutants, World Health Organization Regional Office for Europe,Copenhagen, 454 pages,   2008年 - 2010年
  • 日本学術振興会拠点大学交流事業「環境科学」(マレーシア・マラヤ大学),   2008年 - 2010年

MISC

  • 塗料や接着剤から放散される化学物質, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 92, 62, 63,   2017年07月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える21-開放型石油暖房器具による室内空気汚染-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 88, 132, 133,   2016年06月, 招待有り
  • 健康な住まいに求められる空気質―室内空気汚染の実態と課題―, 水越厚史、東 賢一, 住まいとでんき, 28, 1, 4,   2016年03月, 招待有り
  • 家具によるシックハウス問題について-家具に使用される材料とホルムアルデヒド-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 87, 78, 79,   2016年03月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える20-世界保健機関による家庭用燃料の燃焼に関する室内空気質ガイドライン(2)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 86, 206, 207,   2015年12月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える19-世界保健機関による家庭用燃料の燃焼に関する室内空気質ガイドライン(1)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 85, 160, 161,   2015年09月, 招待有り
  • 子どもと化学物質, 東 賢一, チルチンびと山梨・長野, 114, 117,   2015年09月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える18-室内ダストによる健康リスク(3)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 84, 190, 191,   2015年07月, 招待有り
  • 室内空気質からみた木の家, 萬羽郁子、東 賢一, 季刊チルチンびと, 84, 120, 123,   2015年07月, 招待有り
  • 子どもと化学物質, 東 賢一, チルチンびと福岡, 112, 115,   2015年05月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える17-室内ダストによる健康リスク(2)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 83, 148, 149,   2015年04月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える16-室内ダストによる健康リスク(1)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 82, 182, 183,   2014年12月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える15-微小粒子状物質PM2.5による健康リスク(4)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 81, 196, 197,   2014年09月, 招待有り
  • 子どもと化学物質, 東 賢一, チルチンびと新潟, 108, 111,   2014年09月, 招待有り
  • 子どもと化学物質, 東 賢一, チルチンびと別冊45・東海版, 45, 140, 143,   2014年09月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える14-微小粒子状物質PM2.5による健康リスク(3)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 80, 156, 157,   2014年07月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える13-微小粒子状物質PM2.5による健康リスク(2)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 79, 136, 137,   2014年04月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える12-微小粒子状物質PM2.5による健康リスク(1)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 78, 164, 165,   2014年01月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える11-放射線のリスク(6)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 77, 138, 139,   2013年10月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える10-家具などによる室内空気汚染について(2)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 76, 134, 135,   2013年07月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える9-家具などによる室内空気汚染について(1)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 75, 136, 137,   2013年04月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える8-放射線のリスク(5)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 74, 182, 183,   2013年01月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える7-放射線のリスク(4)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 73, 122, 123,   2012年12月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える6-放射線のリスク(3)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 72, 112, 113,   2012年06月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える5-放射線のリスク(2)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 71, 114, 116,   2012年04月, 招待有り
  • 住まいと健康を考える4-放射線のリスク(1)-, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 70, 126, 127,   2011年12月, 招待有り
  • 子どもと化学物質-改訂新版-, 東 賢一, チルチンびと別冊39(チルチンびとkids③), 121, 124,   2011年11月, 招待有り
  • 住まいの空気を考える3, 東 賢一, 隔月刊チルチンびと, 69, 204, 205,   2011年11月, 招待有り
  • 住まいの空気を考える2, 東 賢一, 隔月刊チルチンびと, 68, 102, 103,   2011年09月, 招待有り
  • 住まいの空気を考える1, 東 賢一, 隔月刊チルチンびと, 67, 90, 91,   2011年07月, 招待有り
  • 子どもと化学物質-最新情報-, 東 賢一, チルチンびと別冊(チルチンびとkids), 33, 155, 159,   2010年11月, 招待有り
  • 子どもと化学物質, 東 賢一, 季刊チルチンびと別冊, 27, 141, 144,   2009年08月, 招待有り
  • 石膏ボードと硫化水素, 東 賢一, チルチンびと, 53, 142,   2009年03月, 招待有り
  • 生活用品中の化学物質と室内空気汚染, 東 賢一, 化学物質と環境, 83, 5, 6,   2007年05月, 招待有り
  • 健康と環境の研究へ, 東 賢一, きんか, 59, 10, 5, 8,   2007年10月, 招待有り
  • 子どもと化学物質, 東 賢一, 季刊チルチンびと, 31, 116, 119,   2005年12月, 招待有り
  • The Regulations for Indoor Air Pollution in Japan: A Public Health Perspective, Azuma, K., Uchiyama, I., Ikeda, K., ABSTRACT BOOK of the 2nd WHO International Hosing and Health symposium, 15,   2004年
  • 建築に使われる化学物質「有害性」事典2, 東 賢一, チルチンびと別冊, 7, 69, 74,   2004年11月, 招待有り
  • 防腐・防カビに使われる薬剤とその安全性, 東 賢一, チルチンびと, 29, 130, 131,   2004年06月, 招待有り
  • 建築に使われる化学物質「有害性」事典ミニ版, 東 賢一, チルチンびと, 28, 69, 71,   2004年03月, 招待有り
  • しろあり防除に使われる化学物質の作用の仕組みと安全性, 東 賢一, チルチンびと, 28, 94, 96,   2004年03月, 招待有り
  • シックハウスと改正建築基準法, 東 賢一, 東京くらしねっと, 80,   2003年12月, 招待有り
  • 建築に使われる化学物質「有害性」事典, 東 賢一, チルチンびと別冊, 6, 125, 144,   2003年12月, 招待有り
  • 法規・規準などからみたシックハウス・シックスクール, 東 賢一, チルチンびと別冊, 6, 102, 122,   2003年12月, 招待有り
  • 快適で健康的な室内空気質: 化学物質による室内空気汚染への国内外の取り組み, 東 賢一, まちなみ, 25, 285, 18, 21,   2001年04月, 招待有り

特許

  • 熱伝導性感圧接着剤、熱伝導性感圧接着シート及びその積層体, 特許登録4647865
  • 放熱用部材及び接続構造体, 特許登録4119287
  • 放熱用部材及び接続構造体, 特許登録3978056
  • 放熱用部材及び接続構造体, 特許登録3976642
  • シリコン含有感光性組成物、これを用いた薄膜パターンの製造方法、電子機器用保護膜, 特許登録3856237
  • 難燃性光重合性組成物及びこれを用いた難燃性粘着テープ, 特許登録3577172
  • 制振シート及び制振材, 特許登録3507675
  • 積層体, 特許登録3401068
  • アクリル系両面粘着テープ, 特許登録3370428
  • 粘着剤混合制御装置及び粘着テープの製造方法, 特許登録2862382

受賞

  •   2017年07月, 近畿大学医学会, 平成29年近畿大学医学会賞
  •   2016年06月, 近畿大学医学会, 平成28年近畿大学医学会賞
  •   2015年07月, 近畿大学医学会, 平成27年近畿大学医学会賞
  •   2015年05月, 日本産業衛生学会, 第88回日本産業衛生学会優秀演題賞
  •   2014年07月, 近畿大学医学会, 平成26年近畿大学医学会賞
  •   2014年07月, International Society of Indoor Air Quality and Climate, The 13th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, Hong Kong, July 7–12, 2014: Best Poster Award
  •   2013年07月, 近畿大学医学会, 平成25年近畿大学医学会賞
  •   2010年12月, 近畿大学医学会, 平成22年近畿大学医学会賞
  •   2006年01月, 財団法人ビル管理教育センター, 第32回建築物環境衛生管理調査研究奨励賞

競争的資金

  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業, 建築物環境管理基準の検証に関する研究
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業, 中規模建築物における衛生管理の実態と特定建築物の適用に関する研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究B), 室内における動的挙動と相互作用を考慮した粒子汚染履歴の解明及び健康リスク評価
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究C), 化学物質過敏症の病態を免疫機能から解明する基礎研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究B), 室内環境におけるSVOC類の挙動解析及び統合的曝露評価/リスク評価
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究C), 化学物質に対する非特異的な過敏状態の解明とその改善方法に関する研究
  • 公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター, 公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター受託研究, 自動車排出物の心血管疾患等への影響に関する全国調査の検討, 東 賢一
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業, 半揮発性有機化合物をはじめとした種々の化学物質曝露によるシックハウス症候群への影響に関する検討
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究B), 脳機能イメージングを用いた木材による人の心理生理反応とその評価方法に関する研究, 東 賢一
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金化学物質リスク研究事業, 気道障害性を指標とする室内環境化学物質のリスク評価手法の開発に関する研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究B), 気候激化変動に伴う浸水によるダンプと健康被害の低減に向けた住宅の診断・復旧技術の提案
  • 公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター, 公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター受託研究, 自動車排出物の心血管疾患等への影響に関する全国調査データの解析, 東 賢一
  • エコ建築考房, エコ建築考房委託研究, 建物仕様と居住性・快適性の関係に関する研究, 東 賢一
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業, 建築物環境衛生管理に係る行政監視等に関する研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究B), 動物曝露実験による亜硝酸ガスの生体影響に関する研究
  • 公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター, 公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター委託研究, 自動車排出物の心血管疾患等への影響に関する全国調査データの解析, 東 賢一
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業, 科学的エビデンスに基づく「新シックハウス症候群に関する相談と対策マニュアル(改訂版)」の作成
  • 京都大学生存圏研究所, 生存圏科学の新領域開拓共同研究, 木質住環境と健康~空気質特性の解明とヒトへの影響解析~
  • 国立医薬品食品衛生研究所, 平成26年度国立医薬品食品衛生研究所委託研究業務, 室内空気中の化学物質に係る基準・指針等に関する調査, 東 賢一
  • 住友林業株式会社, 住友林業株式会社委託業務, 木の香りがヒトに与える影響に関する研究, 萬羽郁子
  • 経済産業省化学物質管理課, 平成26年度化学物質管理分野における科学的知見の充実に向けた調査事業, 消費者製品に含有されるSVOCの経皮経路の暴露評価に関する調査, 東 賢一
  • 三菱重工業株式会社, 三菱重工業株式会社委託業務, オゾン雰囲気における有機物の化学反応に関する研究, 水越厚史
  • 大阪府農林水産部, 平成25年度大阪府農林水産部委託研究業務, 保育園における内装木質化の効果調査, 東 賢一
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究A), 様々な形態の水が関与する二次有機エアロゾル生成による室内汚染機構の解明と健康影響
  • 環境省, 環境省委託研究業務, 環境中の微量な化学物質による健康影響に関する調査研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究B), 室内空気中の浮遊微粒子を媒体とした新たな汚染メカニズムの解明と健康リスク評価
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究B), 浸水に伴う室内環境と健康への影響解明及び被害低減方策に関する研究
  • 国立医薬品食品衛生研究所, 平成25年度国立医薬品食品衛生研究所委託研究業務, 室内濃度指針値策定物質に係るハザード情報等に関する調査, 東 賢一
  • ひと・健康・未来財団, 平成25年度研究助成, 被災者の健康に配慮した未来の仮設住宅のつくり方・すまい方-東北および阿蘇地域における仮設住宅実測調査から-
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究C), 居住空間におけるスギ材の心理的及び生理的効果に関する研究, 東 賢一
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, シックハウス症候群の発生予防・症状軽減のための室内環境の実態調査と改善対策に関する研究
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業, 建築物環境衛生管理及び管理基準の今後のあり方に関する研究
  • 国立医薬品食品衛生研究所, 平成24年度国立医薬品食品衛生研究所委託研究業務, 室内空気中の化学物質に係る基準・指針等に関する調査, 東 賢一
  • 公益財団法人鹿島学術振興財団, 公益財団法人鹿島学術振興財団研究助成, 津波による浸水被害住宅における環境問題の実態調査と改善手法の提案
  • 京都大学生存圏研究所, 平成23年度生存圏科学の新領域開拓共同研究, 木材の空気浄化機能の解明と木質住環境のヒトへの視覚・生理・心理効果
  • 京都大学生存圏研究所, 平成23年度生存圏ミッション研究, 木材および木質内装の見えに関する実大検証
  • 大阪府, 森林整備加速化・林業再生基金事業, 杉材健康教室コンソーシアム
  • 京都大学生存圏研究所, 平成22年度生存圏ミッション研究, スギ材の空気浄化機能の解明とヒトの心身への影響に関する研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究C), 化学物質過敏症の病態解明と疾患概念の確立に関する基礎的研究
  • 財団法人ビル管理教育センター, 文理融合・文系産学連携促進事業, 建築物環境衛生管理基準の設定根拠の検証について, 東 賢一
  • 京都産学公連携機構, 文理融合・文系産学連携促進事業, 京都産木材や自然素材でつくる快適空気質の京町屋の普及システムの開発
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 建築物の特性を考慮した環境衛生管理に関する研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究A), 室内ナノ粒子の新展開-二次生成ナノ有機エアロゾルの発生・挙動・制御
  • 財団法人建材試験センター, 受託研究, 建材製品における含有物質の情報提供に関する標準化調査研究(経済産業省社会ニーズ対応型基準創成調査研究事業), 東 賢一
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究B), 密閉化された床下構造の浸水被害と室内環境への影響に関する研究
  • 京都大学生存圏研究所, 受託研究, 居住空間におけるスギ材の心理的及び生理的効果に関する研究, 東 賢一
  • 地域主義工務店の会, 受託研究, 建材から放散される化学物質に関する調査分析(顧問), 東 賢一
  • 財団法人ビル管理教育センター, 特殊法人等における新たな基礎研究推進制度, 室内粒子状物質の規制のあり方関する研究, PM2.5,PM10,SPMなどの粒子状物質の粒径と健康影響,基準値設定の根拠などを調査
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 建築物における貯水槽の衛生的管理に関する研究
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 建築物の衛生的環境の維持管理に関する研究, 室内環境におけるアスベストに関する調査研究 特定建築物以外の居住環境の維持管理に関する調査研究
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 今後の建築物の維持管理のあり方に関する課題等に関する
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 夏期における我が国のオフィス温熱環境の特徴に関する調査研究
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 諸外国における室内空気質規制に関する研究
  • 健康に影響する環境要因に関する研究, 東 賢一, 環境保健,健康影響評価,毒性学的評価,環境リスク等に関連する研究。生活環境全般を研究対象としている。

その他

  •   2014年10月, 東京新聞(記事掲載), 被害のピーク「これから」(石綿による悪性中皮腫発症の予測)
  •   2014年07月, 雑誌「きづき」(記事掲載), 「キレイな空気」が当たり前でなくなった(PM2.5について)
  •   2013年06月, 日本経済新聞(記事掲載), 家の中の空気をきれいに
  •   2012年06月, 産経関西(記事掲載), 「化学物質を考える」子どもの成長への影響

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 環境疫学, 近畿大学大学院医学研究科
  • 医学情報収集とEBM, 近畿大学医学部
  • 環境と社会, 近畿大学医学部
  • 健康危機管理, 近畿大学医学部
  • 医療法, 近畿大学医学部
  • 医療計画, 近畿大学医学部
  • 健康と環境, 近畿大学医学部
  • 医学総論(環境医学), 近畿大学医学部
  • 医学総論(学外施設実習), 近畿大学医学部
  • 臨床実習(環境医学), 近畿大学医学部
  • 環境医学実習, 近畿大学医学部
  • 医学英語, 近畿大学医学部
  • 環境保健応用, 国立保健医療科学院
  • 住まいと健康, 国立保健医療科学院
  • 建築物衛生研修, 国立保健医療科学院
  • 医療社会学, 近畿大学生物理工学部医用工学科
  • 生命科学(環境医学と疾病予防), 近畿大学医学部
  • 公衆衛生学, 近畿大学付属看護学校
  • 公衆衛生学, 近大姫路大学看護学部看護学科