KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

北松 瑞生キタマツ ミズキ

プロフィール

所属部署名理工学部 応用化学科 / 総合理工学研究科
職名講師
学位博士(工学)
専門生物有機化学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/364-kitamatsu-mizuki.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/60379716.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    生命を構成する分子であるペプチドを用いて、体に安全で効果的な新しい医薬を開発しています。ナノメートルサイズ(1/1000 ミクロン)での医療技術を医用化学の視点から研究しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2006年09月,  - 2012年03月, 岡山大学(助教)
  •   2000年10月,  - 2006年08月, 岡山大学(文部科学技官)

研究活動情報

研究分野

  • 複合化学, 生体関連化学
  • 生体分子科学, ケミカルバイオロジー
  • 生物分子科学, 生物分子科学

研究キーワード

  • ペプチドライブラリー, ペプチド核酸, UV融解曲線, ペプチド, 蛍光アミノ酸, 蛍光, 細胞, アルツハイマー, CHO細胞, 細胞導入, ペプチド固相合成, 生物有機化学, 生体機能関連化学, 生体機能材料, アミロイド, アミロイドβ, オキシペプチド核酸, 蛍光スペクトル, アミノ酸, DNA, 細胞内導入, 2次元蛍光スペクトル, がん細胞, 蛍光性アミノ酸, 人工核酸, インビトロスクリーニング, 細胞識別, ペプチドスクリーニング, ステルス標識, 蛍光標識

論文

  • Ultrasound-dependent cytoplasmic internalization of a peptide-sonosensitizer conjugate., Inaba Y, Watanabe K, Kitamatsu M, Nakata E, Harada A, Ohtsuki T, Bioorganic & medicinal chemistry, 25, 15, 4212, 4217,   2017年08月, 査読有り
  • Circularly polarised luminescence of pyrenyl di- and tri-peptides with mixed d- and l-amino acid residues., Mimura Y, Nishikawa T, Fuchino R, Nakai S, Tajima N, Kitamatsu M, Fujiki M, Imai Y, Organic & biomolecular chemistry, 15, 21, 4548, 4553,   2017年05月, 査読有り
  • Photoinduced apoptosis using a peptide carrying a photosensitizer., Watanabe K, Fujiwara H, Kitamatsu M, Ohtsuki T, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 26, 13, 3115, 3118,   2016年07月, 査読有り
  • Peptide Magic: Interdistance-Sensitive Sign Inversion of Excimer Circularly Polarized Luminescence in Bipyrenyl Oligopeptides, Nishikawa Tomoki, Kitamura Sayaka, Kitamatsu Mizuki, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, CHEMISTRYSELECT, 1, 4, 831, 835,   2016年04月, 査読有り
  • Circularly polarised luminescence and circular dichroism of l- and d-oligopeptides with multiple pyrenes., Nishikawa T, Tajima N, Kitamatsu M, Fujiki M, Imai Y, Organic & biomolecular chemistry, 13, 47, 11426, 11431,   2015年12月, 査読有り
  • Tumor-specific delivery of BSH-3R for boron neutron capture therapy and positron emission tomography imaging in a mouse brain tumor model., Iguchi Y, Michiue H, Kitamatsu M, Hayashi Y, Takenaka F, Nishiki T, Matsui H, Biomaterials, 56, 10, 17,   2015年07月, 査読有り
  • Inhibitory effects of additives and heat treatment on the crystallization of freeze-dried sugar, Kinugawa Kohshi, Kinuhata Mitsunori, Kagotani Ryo, Imanaka Hiroyuki, Ishida Naoyuki, Kitamatsu Mizuki, Nakanishi Kazuhiro, Imamura Koreyoshi, JOURNAL OF FOOD ENGINEERING, 155, 37, 44,   2015年06月, 査読有り
  • Novel Leucine Zipper Motif-based Hybrid Pepitde Delivers a Functional Peptide Cargo Inside Cells, 北松瑞生, Chemical Communications, 51, 2, 413, 416,   2015年, 査読有り
  • The Transdermal Inhibition of Melanogenesis by a Cell-membrane-permeable Peptide Delivery System Based on Poly-arginine, N. Ookubo, H. Michiue, M. Kitamatsu, M. Kamamura, T. Nishiki, I. Ohmori, H. Matsui, Biomaterials, 35, 10, 4508, 4516,   2014年05月, 査読有り
  • The Acceleration of Boron Neutron Capture Therapy using Multi-linked Mercaptoundecahydrododecaborate (BSH) Fused Cell-penetrating Peptide, H. Michiue, Y. Sakurai, N. Kondo, M. Kitamatsu, F. Bin, K. Nakajima, Y. Hirota, S. Kawabata, T. Nishiki, I. Ohmori, K. Tomizawa, S. Miyatake, K. Ono, H. Matsui, Biomaterials, 35, 10, 3396, 3405,   2014年03月, 査読有り
  • Synthesis and Slow-release Characteristics of a Self-Assembling Peptide Gel Containing Phenylalanine Acide, 北松瑞生, Recent Pat. Nanomed., 23, 3, 627, 629,   2013年, 査読有り
  • On the Preparation of Indoxyl Red from Indican and Some New Characteristics, J. Song, M. Kitamatsu, K. Imamura, H. Ohmori, K. Watanabe, K. Nakanishi, Bioorg. Med. Chem. Lett., 23, 3, 627, 629,   2013年02月, 査読有り
  • Synthesis and Properties of Peptide Dendrimers Containing Fluorescent and Branched Amino Acids, M. Kitamatsu, M. Kitabatake, Y. Noutoshi, T. Ohtsuki, Biopolymers, 100, 1, 64, 70,   2013年04月, 査読有り
  • Three Wavelength Substrate System of Neutrophil Serine Proteinases, M. Wysocka, A. Lesner, N. Gruba, B. Korkmaz, F. Gauthier, M. Kitamatsu, A. Legowska, K. Rolka, Anal. Chem., 84, 16, 7241, 7248,   2012年08月, 査読有り
  • A Protein Transduction Method using Oligo-arginine (3R) for the Delivery of Transcription Factors into Cell Nuclei, T. Hitsuda, H. Michiue, M. Kitamatsu, A. Fujimura, F. Wang, T. Yamamoto, X.-J. Han, H. Tazawa, A. Uneda, I. Ohmori, T. Nishiki, K. Tomizawa, H. Matsui, Biomaterials, 33, 18, 4665, 4672,   2012年06月, 査読有り
  • Site-specific Incorporation of Arginine Analogs into Proteins using Arginyl-tRNA Synthetase, A. Akahoshi, Y. Suzue, M. Kitamatsu, M. Sisido, T. Ohtsuki, Biochem. Biophys. Res. Commun., 414, 3, 625, 630,   2011年10月, 査読有り
  • Quantification of the Orientations of Pyrrolidine-based Oxypeptide Nucleic Acid-DNA Hybrid Duplexes, M. Kitamatsu, M. Sisido, MedChemComm, 2, 7, 607, 610,   2011年07月, 査読有り
  • Antisense Effect of Pyrrolidine-based Oxy-peptide Nucleic Acids in Escherichia Coli, M. Kitamatsu, S. Kurami, T. Ohtsuki, M. Sisido, Bioorg. Med. Chem. Lett., 21, 1, 225, 227,   2011年01月, 査読有り
  • Synthesis of Pyrrolidine-based Oxy-peptide Nucleic Acids Carrying Four Types of Nucleobases and Their Transport into Cytoplasm, M. Kitamatsu, A. Takahashi, T. Ohtsuki, M. Sisido, Tetrahedron, 66, 51, 9659, 9666,   2010年12月, 査読有り
  • Prevention of Adsorption of Fluorescent Amino Acids to Gels by Using a Peptide Containing Dendritic Amino Acids, M. Kitamatsu, K. Akagi, M. Sisido, Chem. Lett., 39, 12, 1240, 1241,   2010年12月, 査読有り
  • Quantitative Screening of EGF Receptor-binding Peptides by Using a Peptide Library with Multiple Fluorescent Amino Acids as Fluorescent Tags, M. Kitamatsu, T. Yamamoto, M. Futami, M. Sisido, Bioorg. Med. Chem. Lett., 20, 20, 5976, 5978,   2010年10月, 査読有り
  • A Novel Method for Screening Peptides that Bind to Proteins by Using Multiple Fluorescent Amino Acids as Fluorescent Tags, M. Kitamatsu, M. Futami, M. Sisido, Chem. Commun., 46, 5, 761, 763,   2010年02月, 査読有り
  • Carrier PNA for shRNA delivery into cells, M. Kitamatsu, T. Kubo, R. Matsuzaki, T. Endoh, T. Ohtsuki, M. Sisido, Bioorg. Med. Chem. Lett., 19, 13, 3410, 3413,   2009年07月, 査読有り
  • PNA Arrays for miRNA Detection, T. Endoh, M. Kitamatsu, M. Sisido, T. Ohtsuki, Chem. Lett., 38, 5, 438, 439,   2009年05月, 査読有り
  • Isolation of Small RNAs using Biotinylated PNAs, T. Ohtsuki, T. Fujimoto, M. Kamimukai, C. Kumano, M. Kitamatsu, M. Sisido, J. Biochem., 144, 4, 415, 418,   2008年10月, 査読有り
  • Configurational Preference of Pyrrolidine-Based Oxy-Peptide Nucleic Acids as Hybridization Counterparts with DNA and RNA, M. Kitamatsu, M. Shigeyasu, M. Saitoh, M. Sisido, Biopolymers, 84, 3, 267, 273,   2006年, 査読有り
  • Synthesis of a Novel Pyrrolidine-based Peptide Nucleic Acid that Contains Tertiary Amines in the Main Chain and Its Internalization into Cells, M. Kitamatsu, T. Kashiwagi, R. Matsuzaki, M. Sisido, Chem. Lett., 35, 3, 300, 301 ,   2006年03月, 査読有り
  • Fluorescence Detection of Hybrid Formation between Pyrrolidine-based Oxy-peptide Nucleic Acid and DNA, M. Kitamatsu, M. Shigeyasu, M. Sisido, Chem. Lett., 34, 9, 1216, 1217,   2005年09月, 査読有り
  • Oxy-peptide Nucleic Acid with a Pyrrolidine Ring that is Configurationally Optimized for Hybridization with DNA, M. Kitamatsu, M. Shigeyasu, T. Okada, M. Sisido, Chem. Commun., 10, 1208, 1209,   2004年05月, 査読有り
  • 気水界面を利用した表面ブロック型デンドリマーの調製と自己吸着特性, 東 信行, 古賀 智之, 北松 瑞生, 丹羽 政三, 高分子論文集, 高分子論文集, 57, 10, 659, 664,   2000年10月, 査読有り
  • Spontaneous Formation of Single- and Double-layered Polypeptide Assemblies Based upon a Helix-macrodipole Interaction, M. Niwa, T. Murata, M. Kitamatsu, T. Matsumoto, N. Higashi, J. Mater. Chem., 9, 2, 343, 344,   1999年02月, 査読有り

書籍等出版物

  • Proteomic Profiling and Analytical Chemistry -The Crossroads-(P. Ciborowski, J. Silberring, Editors),, M. Wysocka, M. Kitamatsu, A. Lesner, 共著, Chapter 9, Microarrays and Dynamics of Fluorescent Dyes, Elsevier,,   2012年01月, 978-0-444-59378-8
  • シングルセル解析の最前線(神原秀記・松永是・植田充美監修), 大槻高史、北松瑞生, 共著, 第4章 8, 人工核酸によるRNAの検出と精製, シーエムシー出版,   2010年03月, 978-4-7813-0203-4
  • 未来材料, 大槻高史、北松瑞生, 共著, 人工核酸によるRNA検出, エヌ・ティー・エス,   2009年05月, 978-4-86043-286-7

講演・口頭発表等

  • 低分子環状ペプチドライブラリーを用いた植物免疫活性化剤の探索, ○香西雄介、山中由利恵、渡邉恵、北松瑞生、能年義輝, 第56回日本植物生理学会年会,   2015年03月16日
  • 細胞障害性T細胞に結合しやすい非天然ペプチドワクチンの開発, ○立壁賢、北松瑞生、本園千尋、宮澤正顯, 第31回関西地区ペプチドセミナー,   2014年11月29日
  • ペプチドハイブリッド法によるオートファジー誘導ペプチドの細胞内輸送, ○鷺森直人、北松瑞生、博多義之、宮澤正顯, 第31回関西地区ペプチドセミナー,   2014年11月29日
  • 膜透過ペプチドによるホウ素クラスターの細胞内輸送, ○北松瑞生、道上宏之、松井秀樹, 第31回関西地区ペプチドセミナー,   2014年11月29日
  • 光化学的に細胞質内に侵入するペプチド分子の設計, ○大槻高史、藤原隼人、畑地祐里、北松瑞生、渡邉和則, 2014年光化学討論会,   2014年10月11日
  • 環状ペプチドライブラリーを探索源とした植物免疫プライミング剤の同定, ○能年義輝、香西雄介、山中由利恵、渡邉恵、北松瑞生, 平成26年度日本植物病理学会関西部会,   2014年09月27日
  • GFPは細胞死誘導可能なペプチド配列を含んでいる, ○北松瑞生、道上宏之, 第46回若手ペプチド夏の勉強会,   2014年08月05日, 招待有り
  • Delivery of peptides into cells by peptide-peptide hybrid method, ○M. Kitamatsu and T. Ohtsuki, 15th Tetrahedron Symposium,   2014年06月26日
  • トリ(アルギニン)-ピレンブチレートによる転写因子の細胞内運搬, ○北松 瑞生、道上 宏之、松井 秀樹, 第7回バイオ関連化学シンポジウム,   2013年09月27日
  • 合成ペプチドの生命科学への応用, 北松瑞生, 2013医療系融合・発展に向けてのブレインストーミング in 牛窓,   2013年09月07日, 招待有り
  • Development of Tumor Specific Killing eGFP peptide Against malignant brain tumor, Michiue H, Akdada S, Yamaguchi A, Kitamatsu M, Ohmori I, Nishiki T, Matsui H, 23rd American Peptide Symposium,   2013年06月26日
  • A Peptide Nucleic Acid Beacon Containing a Cell-Penetrating Peptide that Detects a Small RNA in Cell, M. Kitamatsu, T. Ohtsuki, 23rd American Peptide Symposium,   2013年06月22日
  • 細胞内運搬ペプチドと光応答色素を含むアポトーシス誘導ペプチドの合成とそのエンドソーム内蓄積, 北松瑞生、大槻高史, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月22日, 日本化学会
  • ペプチドスクリーニングを目指した固相樹脂上での環状ヘキサペプチドの合成, 北松瑞生、能年 義輝, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月22日, 日本化学会
  • ヘテロ二量体化ロイシンジッパーによる緑色蛍光タンパク質の細胞内輸送, 北松瑞生、中島真実、大槻高史、道上宏之, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月22日, 日本化学会
  • ヘテロ二量体化ロイシンジッパーを用いたタンパク質の細胞内輸送, 北松瑞生, 第29 回 関西地区ペプチドセミナー,   2012年12月08日, 招待有り
  • Evaluation of Fluorescence of New Peptide Dendrimers Consisting of Branched Amino Acids and Fluorescent Amino Acids, 北松瑞生, 13th Tetrahedron Symposium,   2012年11月27日
  • 新規蛍光性ペプチドデンドリマーの合成とその性質, 北松 瑞生、北畠 まゆみ、能年 美輝、大槻 高史, フレッシュマンサミットOSAKA2012,   2012年11月11日
  • ヘテロ二量体化ロイシンジッパー法によるタンパク質の細胞内デリバリー, 北松 瑞生、中島 真実、道上 宏之、大槻 高史,   2012年11月11日
  • 分岐状アミノ酸と蛍光性アミノ酸から成るペプチドデンドリマーの合成およびその性質, 北松 瑞生、北畠 まゆみ、能年 義輝、大槻 高史, 第61 回高分子討論会,   2012年09月19日, 招待有り
  • ヘテロ二量体化ロイシンジッパーを利用したタンパク質-CPP複合体の形成および細胞内導入, 北松 瑞生, 第6回バイオ関連化学シンポジウム,   2012年09月, 第6回バイオ関連化学シンポジウム
  • 細胞内へ転写調節因子を運搬するためにトリ(アルギニン)を用いる方法, 北松 瑞生, 第44回若手ペプチド夏の勉強会,   2012年08月, 第44回若手ペプチド夏の勉強会

MISC

  • 光学活性ペプチド‐ピレン有機発光体による円偏光発光(CPL)を利用した分子認識特性, 味村優輝, 北村沙也香, 靜間基博, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集, 15th, 145,   2017年06月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702222297278831
  • ペプチドを接着分子とする金属ナノ粒子の自己集合, 中尾一晴, 隅田健斗, 北松瑞生, 副島哲朗, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.1PA‐075,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702211911341056
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性ペプチド/Euハイブリッド発光体の創製, 佐藤琢哉, 西恭平, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.2F8‐29,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702228869673397
  • 光学活性DL‐ペプチド‐ピレン有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 味村優輝, 西川智貴, 中井志保, 渕野遼, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.2F8‐33,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702283001457345
  • ペプチドを用いる光学活性有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 北村沙也香, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, 日本油化学会年会講演要旨集, 55th, 263,   2016年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602212088137249
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性DL‐ペプチド‐ピレン有機発光体の創製, 味村優輝, 西川智貴, 中井志保, 渕野遼, 北松瑞生, 今井喜胤, 日本油化学会年会講演要旨集, 55th, 262,   2016年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217175331958
  • 光学活性DL‐ペプチド‐ピレン有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 味村優輝, 西川智貴, 中井志保, 渕野遼, 北松瑞生, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 27th, 244,   2016年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602238337869852
  • 光学活性ペプチド‐ピレン有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)スイッチング特性, 北村沙也香, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集, 14th, 84,   2016年06月04日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602224851151248
  • 光学活性ペプチド‐ピレン有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 北村沙也香, 西川智貴, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.4F3‐15,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602232186454350
  • ナフタレンを発光ユニットとする光学活性有機発光体の円偏光発光(CPL)特性, 佐藤琢哉, 中林和輝, 田島暢夫, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.2PA‐142,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602279938766004
  • 植物免疫活性化作用を持つ環状ペプチド剤の作用機構の解析, 香西雄介, 山中由利恵, 渡邉恵, 木村麻美子, 北松瑞生, 能年義輝, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2016, 83,   2016年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602200633099355
  • 低酸素安定化ドメインを用いた脳腫瘍治療ペプチドの開発, 山口貴博, 道上宏之, 北松瑞生, 松下博昭, 西木禎一, 松井秀樹, 日本生理学雑誌(Web), 78, 1, WEB ONLY,   2016年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602224282786668
  • Peptide Zipperingを介した新規タンパク質細胞内導入法の検討, 湯浅啓生, 道上宏之, 北松瑞生, 松下博昭, 西木禎一, 松井秀樹, 日本生理学雑誌(Web), 78, 1, WEB ONLY,   2016年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602252223876963
  • Unclassical control of circularly polarized luminescence (CPL) of chiral peptide-pyrene organic fluorophore, NISHIKAWA Tomoki, KITAMURA Sayaka, KITAMATSU Mizuki, FUJIKI Michiya, IMAI Yoshitane, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2016, 94,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602278660137534
  • 光でアポトーシスを誘導する方法の開発, 藤原隼人, 畑地祐里, 北松瑞生, 渡邉和則, 大槻高史, 日本化学会中国四国支部大会講演要旨集, 2015, 58,   2015年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602247848823441
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性ペプチド有機発光体の創製, 西川智貴, 左古章浩, 北松瑞生, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 26th, 187,   2015年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502210005339400
  • 円偏光発光(CPL)型光学活性ペプチド有機発光体の創製, 西川智貴, 左古章浩, 北松瑞生, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 日本油化学会年会講演要旨集, 54th, 258,   2015年09月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502210568474982
  • 低分子環状ペプチドライブラリーを探索源とした植物免疫活性化剤の同定, 香西雄介, 山中由利恵, 渡邉恵, 木村麻美子, 北松瑞生, 能年義輝, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 124,   2015年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502248616242823
  • Identification of plant activator from a library of 8,000 small cyclic peptides, KOUZAI Yusuke, YAMANAKA Yurie, WATANABE Megumi, KITAMATSU Mizuki, NOUTOSHI Yoshiteru, 日本植物生理学会年会要旨集, 56th, 342,   2015年03月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502213769426380
  • The development of whitening peptide with peptide percutaneous drug delivery system, MICHIUE Hiroyuki, OOKUBO Nanako, KITAMATSU Mizuki, MATSUSHITA Hiroaki, NISHIKI Tei‐ichi, MATSUI Hideki, J Physiol Sci, 65, Supplement 1, S303,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502266786520974
  • Anti-tumor p53 fagment peptides screening and treatment effect of transdermal delivery for malignant melanoma, SUMITA Kensuke, MICHIUE Hiroyuki, KITAMATSU Mizuki, MATSUSHITA Hiroaki, NISHIKI Tei‐ichi, MATSUI Hideki, J Physiol Sci, 65, Supplement 1, S307,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502291303020342
  • 悪性黒色腫に対する抗腫瘍p53 Fragment Peptideスクリーニングと経皮的導入による治療効果の検討, 澄田憲祐, 道上宏之, 北松瑞生, 松下博昭, 西木禎一, 松井秀樹, 日本生理学雑誌, 77, 1 (Web), WEB ONLY,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502204827521838
  • ホウ素中性子捕捉療法に用いるPETイメージング可能なBSH‐ペプチドの合成, 井口佳哉, 道上宏之, 北松瑞生, 大守伊織, 西木禎一, 松井秀樹, 日本化学会講演予稿集, 94th, 3, 979,   2014年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402236552004707
  • 光化学的に細胞質内に侵入するペプチド分子の設計, 大槻高史, 藤原隼人, 畑地祐里, 北松瑞生, 渡邉和則, 光化学討論会要旨集(CD-ROM), 2014, ROMBUNNO.2P052,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602235017767409
  • ヘテロ二量体化ロイシンジッパーによる緑色蛍光タンパク質の細胞内輸送, 出口宝, 北松瑞生, 中島真実, 大槻高史, 道上宏之, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 3, 1000,   2013年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302210853104247
  • ペプチドスクリーニングを目指した固相樹脂上での環状ヘキサペプチドの合成, 角田侑輝, 北松瑞生, 能年義輝, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 3, 1000,   2013年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302263733504477
  • 細胞内運搬ペプチドと光応答色素を含むアポトーシス誘導ペプチドの合成とそのエンドソーム内蓄積, 前場伊織, 北松瑞生, 大槻高史, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 3, 999,   2013年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302299087291022
  • 分岐状アミノ酸と蛍光性アミノ酸から成るペプチドデンドリマーの合成およびその性質, 北松瑞生, 北畠まゆみ, 能年義輝, 大槻高史, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 61, 2, ROMBUNNO.1V09,   2012年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302209824963143
  • The screening and functional analysis of Novel anti-tumor effect GFP-peptide, MICHIUE Hiroyuki, YAMAGUCHI Akimasa, KITAMATSU Mizuki, FUJIMURA Atsushi, HAYASHI Keiichiro, UNEDA Atsuhito, NISHIKI Teiichi, OHMORI Iori, MATSUI Hideki, J Physiol Sci, 62, Supplement 1, S148,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202244697047445
  • 中心に蛍光基を含んだ分岐状ペプチドの性質, 北畠まゆ美, 脇坂祐也, 石踊由佳, 大槻高史, 北松瑞生, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 150,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202206784077220
  • 細胞内侵入型PNAビーコンによる機能性RNAの検出, 西岡浩貴, 大槻高史, 北松瑞生, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 149,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202219492068747
  • 細胞内侵入型PNAによる機能性RNAの導入および検出, 西岡浩貴, 大槻高史, 北松瑞生, アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 21st, 87,   2011年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102202392993632
  • 分岐状水溶性アミノ酸の合成とその性質, 北松瑞生, 北畠まゆみ, 能年義輝, 日本化学会講演予稿集, 91st, 3, 772,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102226262102465
  • 細胞伸展を目的とした高強度ペプチドハイドロゲルの設計評価, 松浦宏治, 北松瑞生, 黒田ユカ, 永井祐介, 成瀬恵治, 日本化学会講演予稿集, 91st, 3, 778,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102287917032324
  • Synthesis of Peptide Dendrimers Consisting of Fluorescent Groups Surrounding with Dendritic Amino Acids, KITABATAKE Mayumi, SISIDO Masahiko, KITAMATSU Mizuki, Pept Sci, 2010, 227,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102200465114222
  • Quantitative Peptide Screening for EGF Receptor by Using a Peptide Library with Multiple Fluorescent Amino Acids, YAMAMOTO Takahiro, SISIDO Masahiko, KITAMATSU Mizuki, Pept Sci, 2010, 225,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102225903323711
  • 多種類の蛍光アミノ酸を用いた新しいペプチドスクリーニング法の開発, 北松瑞生, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 90th, 3, 601,   2010年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002292792234244
  • A Search for Peptides Binding to Assembly of Amyloid-Beta by Novel Fluorescence-Screening, MORIKAWA Takamitsu, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, Pept Sci, 2009, 369, 370,   2010年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002261086511844
  • A Search for Peptides Binding to EGFR by Novel Fluorescence-screening, YAMAMOTO Takahiro, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, Pept Sci, 2009, 365, 366,   2010年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002280694401630
  • 磁性ナノ粒子に結合するペプチドの高精度高速スクリーニング, 北松瑞生, 坂田大介, 宍戸昌彦, ポリマー材料フォーラム講演予稿集, 18th, 184,   2009年11月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902291793952550
  • A SEARCH FOR PEPTIDES BINDING TO EGFR BY NOVEL FLUORESCENCE-SCREENING, YAMAMOTO Takahiro, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, ペプチド討論会講演要旨集, 46th, 137,   2009年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213909171003
  • A SEARCH FOR PEPTIDES BINDING TO ASSEMBLY OF AMYLOID-BETA BY NOVEL FLUORESCENCE-SCREENING, MORIKAWA Takamitsu, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, ペプチド討論会講演要旨集, 46th, 139,   2009年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902237713099556
  • Improvement of the Performance of Dye-Sensitized Solar Cells by Using Bulky Peptides, KITAMATSU Mizuki, OOYAMA Yousuke, HARIMA Yutaka, SISIDO And Masahiko, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 58, 1 Disk1, 3J08,   2009年05月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232768584745
  • 人工核酸によるRNA検出, 大槻高史, 北松瑞生, 未来材料, 9, 5, 16, 21,   2009年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228424968059
  • 多成分蛍光タグ法によるEGFR結合ペプチドの開発(2)―EGFR結合ペプチドの検出―, 山本貴博, 岸本佳子, 黒岩浩行, 福田隆之, 二見翠, 北松瑞生, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 89th, 2, 1318,   2009年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207428998826
  • 多成分蛍光タグ法によるEGFR結合ペプチドの開発(1)―ペプチド検出のためのプロトコールの確立―, 井上圭亮, 岸本佳子, 黒岩浩行, 福田隆之, 二見翠, 北松瑞生, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 89th, 2, 1318,   2009年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230886558160
  • 蛍光タグ法によるEGFR結合ペプチドの開発(3)―EGFR過剰発現細胞A431に対する標的化ペプチドのダイレクトスクリーニング―, 福田隆之, 二見翠, 黒岩浩行, 北松瑞生, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 89th, 2, 1319,   2009年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902253075550682
  • Screening for EGFR-Binding Peptides by Multi-Component Fluorescent Labeling Method, YAMAMOTO Takahiro, KISHIMOTO Yoshiko, INOUE Keisuke, SAKATA Daisuke, KUROIWA Hiroyuki, FUTAMI Midori, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, Pept Sci, 2008, 409, 412,   2009年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236627323048
  • SCREENING FOR EGFR-BINDING PEPTIDES BY MULTI-COMPONENT FLUORESCENT LABELING MEHTHOD, YAMAMOTO Takahiro, KISHIMOTO Yoshiko, INOUE Keisuke, SAKATA Daisuke, KUROIWA Hiroyuki, FUTAMI Midori, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, ペプチド討論会講演要旨集, 45th, 170,   2008年10月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902211937018714
  • 蛍光基を側鎖にもつ非天然アミノ酸群の合成, 北松瑞生, 池内愛美, 八木俊輔, 二見翠, 宍戸昌彦, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 57, 1 Disk1, 3PB178,   2008年05月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902254045464753
  • ペプチド核酸‐細胞内導入ペプチドコンジュゲートを用いたRNAの細胞内送達, 久保貴紀, 北松瑞生, 遠藤玉樹, 山中智史, 大庭秀樹, 大槻高史, 宍戸昌彦, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2007, 267,   2007年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246801920986
  • 水溶性の高いペプチド核酸の合成, 北松瑞生, 定石圭司, 宍戸昌彦, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2007, 272,   2007年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902269259140910
  • 蛍光発色団を側鎖にもつ非天然アミノ酸群の合成およびその蛍光特性, 北松瑞生, 池内愛美, 二見翠, 宍戸昌彦, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2007, 263,   2007年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290230356904
  • MULTI-COMPONENT FLUORESCENCE ANALYSIS FOR EFFICIENT POSITIONAL SCREENING OF PEPTIDE LIBRARY (2)-SCREENING OF PROTEIN-BINDING PEPTIDES-, FUTAMI Midori, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, ペプチド討論会講演要旨集, 44th, 132,   2007年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267202161713
  • MULTI-COMPONENT FLUORESCENCE ANALYSIS FOR EFFICIENT POSITIONAL SCREENING OF PEPTIDE LIBRARY (1)-FLUORESCENTLY LABELED AMINO ACIDS-, KITAMATSU Mizuki, FUTAMI Midori, SISIDO Masahiko, ペプチド討論会講演要旨集, 44th, 131,   2007年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297228402871
  • ペプチド核酸‐膜透過ペプチド オリゴマーをキャリアーとして用いたsiRNAの細胞内輸送, 北松瑞生, 久保貴紀, 大庭英樹, 遠藤玉樹, 大槻高史, 宍戸昌彦, バイオ・高分子シンポジウム講演要旨集, 17th, 73, 74,   2007年07月23日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261787227775
  • 哺乳類細胞内でのPNA法を利用したtRNAのアミノアシル化, 竹中陽一, 高橋皓子, 倉見俊介, 北松瑞生, 瀧真清, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 1463,   2007年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902209793999559
  • Multi-Component Fluorescence Analysis for Efficient Positional Screening of Peptide Library (2)-Screening of Protein-Binding Peptides-, FUTAMI Midori, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, Pept Sci, 2007, 383, 386,   2007年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902204515942048
  • Multi-Component Fluorescence Analysis for Efficient Positional Screening of Peptide Library (1)-Fluorescently Labeled Amino Acids-, KITAMATSU Mizuki, FUTAMI Midori, SISIDO Masahiko, Pept Sci, 2007, 379, 382,   2007年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263186870843
  • 末端に非天然蛍光アミノ酸を修飾したペプチド核酸によるtRNAの特異的なアミノアシル化, 竹中陽一, 倉見俊介, 高橋皓子, 北松瑞生, 宍戸昌彦, アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 17th, 52,   2007年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902226427360156
  • Introduction of Pyrrolidine-Based Oxy-PNA into Cytoplasm of CHO Cells, TAKAHASHI Akiko, MATSUZAKI Rino, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, Pept Sci, 2006, 233,   2006年11月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902243827625649
  • Antisense Effects of Pyrrolidine-Based Oxy-PNAs Conjugated with a Membrane-Permeable Peptide in Escherichia coli, KURAMI Syunsuke, KITAMATSU Mizuki, OHTSUKI Takashi, SISIDO Masahiko, Pept Sci, 2006, 234,   2006年11月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902258307152524
  • 大腸菌に対する主鎖骨格にピロリジン環を持つオキシペプチド核酸(POPNA)のアンチセンス効果, 倉見俊介, 北松瑞生, 大槻高史, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 86th, 2, 1418,   2006年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902255429418470
  • ピロリジン環を含むオキシペプチド核酸の哺乳細胞内への導入, 松崎梨乃, 北松瑞生, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 86th, 2, 842,   2006年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262614809864
  • 主鎖骨格中にピロリジン環を持つオキシペプチド核酸の細胞質への移行, 高橋皓子, 松崎梨乃, 北松瑞生, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 86th, 2, 1419,   2006年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275622809770
  • 三級アミノ基を含むピロリジン型オキシペプチド核酸の細胞内への導入, 柏木朋子, 河野祐子, 北松瑞生, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 86th, 2, 842,   2006年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282050785090
  • Hybrid Formation between DNAs and Pyrrolidine-Based Oxy-Peptide Nucleic Acids with Tertiary Amino Groups, KASHIWAGI Tomoko, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, Pept Sci, 2005, 439, 442,   2006年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902217296757730
  • Internalization of a Pyrrolidine-Based Oxy-Peptide Nucleic Acid-Arginine Oligomer Conjugate into CHO Cells, MATSUZAKI Rino, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, Pept Sci, 2005, 437, 438,   2006年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250496307435
  • RNA isolation using biotinylated PNA, FUJIMOTO Takeshi, OHTSUKI Takashi, ARITA Masashi, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, 生化学, A13163(1P-A-429),   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902222821191321
  • 4種類の核酸塩基を含むピロリジン型オキシペプチド核酸とDNAとの相互作用, 北松瑞生, 松崎梨乃, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1386,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298011277617
  • Synthesis of Pyrrolidine-Based Oxy-PNA Containing Four Bases, KITAMATSU Mizuki, MATSUZAKI Rino, KASHIWAGI Tomoko, SISIDO Masahiko, Pept Sci, 2004, 365, 368,   2005年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232512153828
  • Synthesis of a newly peptide nucleic acid that contains tertiary amino groups, KITAMATSU Mizuki, KASHIWAGI Tomoko, SISIDO Masahiko, Symp Nucleic Acids Chem, 32nd, 363, 364,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902222556446584
  • RNA isolation using immobilized PNA, OHTSUKI Takashi, KUMANO Chisato, MANABE Taishi, KITAMATSU Mizuki, SISIDO Masahiko, Symp Nucleic Acids Chem, 32nd, 263, 264,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278353059858
  • 種々の塩基配列をもつピロリジン環を含むオキシペプチド核酸の合成, 北松瑞生, 松崎梨乃, 柏木朋子, 宍戸昌彦, 日本化学会西日本大会講演予稿集, 2004, 222,   2004年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282399280785
  • 塩基配列の異なるピロリジン環を含むオキシPNAと核酸との相互作用, 北松瑞生, 斉藤護, 松崎梨乃, 柏木朋子, 宍戸昌彦, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 53, 2 Disk1, 2PF150,   2004年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276762311574
  • Synthesis of pyrrolidine-based oxy-peptide nucleic acids that contain four bases and their properties, KITAMATSU Mizuki, SHIGEYASU Masanori, OKADA Tomoyuki, SAITOH Mamoru, SISIDO Masahiko, Symp Nucleic Acids Chem, 31st, 227, 228,   2004年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902211271070643
  • ピロリジン環を含むオキシペプチド核酸とDNAとのハイブリッドの蛍光検出, 北松瑞生, 乙武直樹, 中村清香, 宍戸昌彦, 高分子学会予稿集, 52, 13, 3644, 3645,   2003年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232135445398
  • 両親媒性高分子集合体を用いたtRNAの化学的アミノアシル化法の開発, 橋本直人, 二宮啓子, 西村昌樹, 村上知大, 森松秀夫, 渡辺泰宜, 北松瑞生, 宍戸昌彦, 高分子学会予稿集, 52, 13, 3730, 3731,   2003年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265112283450
  • オキシPNA/DNAハイブリッドの蛍光検出, 北松瑞生, 宍戸昌彦, バイオ・高分子シンポジウム講演要旨集, 13th, 9, 10,   2003年07月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278534153473
  • シアニン色素によるPOPNA/DNAハイブリッドの蛍光検出, 北松瑞生, 中井貴司, 斉藤護, 宍戸昌彦, 高分子学会予稿集, 52, 5, 1036,   2003年05月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250215307431
  • ピロリジン環を含むオキシペプチド核酸(POPNA)/DNAハイブリッドへのシアニン色素の結合, 中井貴司, 斉藤護, 岡田知之, 北松瑞生, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 945,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902220134789451
  • ピロリジン環を含むオキシペプチド核酸(POPNA)/DNAハイブリッドの配向, 北松瑞生, 白神かおり, 重安政憲, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 1109,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268304591204
  • ピロリジン環を含むオキシペプチド核酸(POPNA)の合成および性質, 北松瑞生, 重安政憲, 岡田知之, 中井貴司, 斉藤護, 宍戸昌彦, 高分子学会予稿集, 51, 14, 3662,   2002年09月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902172007352023
  • ピロリジン環を含むオキシペプチド核酸(POPNA)と核酸のハイブリダイゼーションの熱力学解析, 北松瑞生, 重安政憲, 岡田知之, 中井貴司, 斉藤護, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 82nd, 275,   2002年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902168610471064
  • オキシPNAの立体構造の最適化, 北松瑞生, 重安政憲, 宍戸昌彦, バイオ・高分子シンポジウム講演要旨集, 12th, 34, 35,   2002年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182719137612
  • ピロリジン環を含む種々の立体配置のオキシペプチド核酸と核酸との相互作用, 北松瑞生, 重安政憲, 宍戸昌彦, 高分子学会予稿集, 51, 5, 933,   2002年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902193065552463
  • ピロリジン環を含む新規L‐オキシペプチド核酸の合成およびDNAとの相互作用, 岡田知之, 重安政憲, 北松瑞生, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 81st, 2, 942,   2002年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902125726431700
  • ピロリジン環を含む種々のオキシペプチド核酸の比較と最適構造の探索, 北松瑞生, 重安政憲, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 81st, 2, 942,   2002年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902194643603404
  • ピロリジン環を含む新規オキシペプチド核酸とDNAとの相互作用, 重安政憲, 北松瑞生, 桑原正靖, 宍戸昌彦, 高分子学会予稿集, 50, 14, 3776, 3777,   2001年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126185089628
  • ピロリジン環を含む新規オキシペプチド核酸の主鎖および側鎖構造最適化, 北松瑞生, 重安政憲, 岡田知之, 箕畑俊和, 桑原正靖, 宍戸昌彦, 高分子学会予稿集, 50, 14, 3745, 3746,   2001年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136581137355
  • 抗ダイオキシン抗体CDR部位部分ペプチドによるダイオキシンモデル化合物の捕捉, 北松瑞生, 井内太輔, 佐々木裕司, 宍戸昌彦, 宇田泰三, 江頭直義, バイオ・高分子シンポジウム講演要旨集, 11th, 5, 6,   2001年07月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902120847770527
  • ピロリジン環を含む新規オキシペプチド核酸の合成とDNAとの対合, 重安政憲, 北松瑞生, 桑原正靖, 宍戸昌彦, バイオ・高分子シンポジウム講演要旨集, 11th, 39, 40,   2001年07月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170249139429
  • オキシペプチド核酸とDNAのハイブリダイゼーションの熱力学解析, 北松瑞生, 佐伯奈保, 桑原正晴, 宍戸昌彦, 高分子学会予稿集, 50, 5, 988,   2001年05月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902191970389980
  • オキシペプチド核酸とDNAの相互作用 ハイブリダイゼーションの熱力学的解析, 北松瑞生, 佐伯奈保, 桑原正靖, 宍戸昌彦, 日本化学会講演予稿集, 79th, 2, 949,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902115516623105
  • 気水界面を利用した表面ブロック型デンドリマーの調製と自己吸着特性, 東信行, 古賀智之, 北松瑞生, 丹羽政三, 高分子論文集, 57, 10, 659, 664,   2000年10月25日, 10.1295/koron.57.659, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126507483289
  • ザンテート表面修飾デンドリマーの二次元組織体の構築とその表面特性, 北松瑞生, 東信行, 丹羽政三, 高分子学会予稿集, 47, 12, 3189, 3190,   1998年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902198911454900
  • ポリ(メタクリル酸)‐デンドリマー単分子膜と異種高分子との相互作用, 北松瑞生, 東信行, 丹羽政三, 高分子学会予稿集, 47, 4, 780,   1998年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902164486167577
  • 金表面上に固定化したザンテート‐デンドリマー単分子膜によるメタクリル酸の光重合, 北松瑞生, 東信行, 丹羽政三, 日本化学会講演予稿集, 74th, 1, 595,   1998年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902167273655445
  • SH基を表面にもつデンドリマーの合成と金表面上への吸着, 北松瑞生, 東信行, 丹羽政三, 日本化学会講演予稿集, 73rd, 252,   1997年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902194155992051
  • 金表面に化学吸着させたポリ(L‐グルタミン酸)単分子膜とゲスト高分子との特異的相互作用, 北松瑞生, 東信行, 丹羽政三, 高分子学会予稿集, 45, 4, 593,   1996年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902157376944644
  • 二本のアルキル鎖末端にジスルフィド結合を持つポリ(L‐グルタミン酸)の合成と自己吸着単分子膜, 北松瑞生, 東信行, 丹羽政三, 日本化学会講演予稿集, 70th, 2, 888,   1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902143381158494
  • ポリ(L‐グルタミン酸)単分子膜の二次構造転移ならびに異種高分子との特異的相互作用のQCM法による評価, 北松瑞生, 東信行, 丹羽政三, 生体機能関連化学シンポジウム講演要旨集, 10th, 412, 414,   1995年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902179391920984
  • 親水部にポリ(L‐グルタミン酸)をもつ二次元配向膜のQCM法による二次構造転移の評価, 北松瑞生, 東信行, 丹羽政三, 日本化学会講演予稿集, 69th, 1, 243,   1995年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902107188692088

特許

  • PET用ホウ素化合物, 道上 宏之, 井口 佳哉, 松井 秀樹, 富澤 一仁, 北松 瑞生, 特願2014-144412, 特開2016-020316
  • 新規ペプチド複合体、そのハイブリッド複合体およびその用途, 北松 瑞生, 道上 宏之, 王 飛霏, 中島 真実, 大槻 高史, JP2012076654, WO2013-061818
  • 細胞膜透過型ホウ素ペプチド, 道上 宏之, 松井 秀樹, 北松 瑞生, 王 飛霏, 富澤 一仁, 特願2011-230059, 特開2013-087098
  • 細胞膜透過型ホウ素ペプチド, 道上 宏之, 松井 秀樹, 北松 瑞生, 王 飛霏, 富澤 一仁, 特願2011-230059, 特開2013-087098, 特許第6009154号
  • 脳腫瘍に特異的に結合するペプチドおよびその用途, 北松 瑞生, 山本 貴博, 特願2011-123430, 特開2012-250923
  • 脳腫瘍に特異的に結合するペプチドおよびその用途, 北松 瑞生, 山本 貴博, 特願2011-123430, 特開2012-250923, 特許第5803012号
  • 高強度ペプチドゲル, 松浦 宏治, 北松 瑞生, 黒田 ユカ, 永井 祐介, 成瀬 恵治, 特願2010-287249, 特開2012-131757
  • 新規分岐状アミノ酸、新規分岐状アミノ酸と蛍光性アミノ酸の複合体, 北松 瑞生, 特願2010-216789, 特開2012-072075
  • 新規分岐状アミノ酸、新規分岐状アミノ酸と蛍光性アミノ酸の複合体, 北松 瑞生, 特願2010-216789, 特開2012-072075, 特許第5784295号
  • 新規アミロイドβ凝集体結合性ペプチドおよび新規アミロイドβ凝集体結合性ペプチドを用いたアミロイド病の検査方法, 北松 瑞生, 特願2009-206771, 特開2011-057582, 特許第5554528号

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金基盤研究(C), ペプチドジッパー法により細胞内運搬したタンパク質や機能性ペプチドの効果的機能改善, 北松瑞生
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金基盤研究(C)特設分野研究(複雑系疾病論), 細胞内侵入型ペプチド核酸ビーコンによるマイクロRNAのライブイメージング, 北松瑞生
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ヘテロ二量体化ロイシンジッパー法によるタンパク質の細胞内運搬技術の開発, 北松 瑞生
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 多成分蛍光タグ技術によるアミロイドβ結合ペプチドの高効率な探索, 北松 瑞生, 私は、様々な光で励起することによって様々な光に発光するたくさんの色素(蛍光色素)を色々な配列のペプチドに連結させた。私は、そのペプチドをまとめてアルツハイマー病の原因と考えられているアミロイドβの集合体と水溶液中で混合させた。私は、そのペプチドの中からアミロイドβの集合体により強く結合するペプチドをそのペプチドに連結させた蛍光色素の蛍光発光から一度に見つけることに成功した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 細胞導入に最適化されたペプチド核酸の開発と細胞内機能発現, 北松 瑞生, 水溶性の高いペプチド核酸の開発を行った。水溶性の高いペプチド核酸は細胞内に単独で導入できることが明らかとなった。しかし種々の塩基を含むペプチド核酸は天然の核酸を十分に認識することはできなかった。そこで次に、親水性が高く、そして細胞内導入能をもつペプチドを修飾したペプチド核酸を開発し、これをsiRNA のキャリアーとして用いた。これによりうまく細胞内でのmRNA の機能発現制御に成功した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 細胞に導入できる新規ペプチド核酸の開発と応用, 北松 瑞生, 主鎖骨格中にピロリジン環を含んだオキシペプチド核酸(ピロリジン環型オキシペプチド核酸=POPNA)オリゴマーには4種類の立体構造異性体(cis-L,trans-L,cis-D,およびtrans-D)がある.我々はこれら4種類のオリゴマーを哺乳類細胞であるCHO細胞内に導入した.これらPOPNAオリゴマーは単独では細胞内に導入することができなかったが,細胞内導入ペプチドとPOPNAオリゴマーとを連結させることにより,効率よく細胞内に導入することができた.さらに,細胞内導入ペプチドとエンドソーム破壊ペプチドであるHA2を連結させたオリゴマーと共存させることにより,細胞質内に速やかに移行させることに成功した.これらの結果はPOPNAのいずれの立体構造異性体からも得られた.我々はさらに大腸菌内へも効率的にPOPNAオリゴマーを導入することについても検討した.上述の結果を参考に,POPNAオリゴマーに細胞膜破壊ペプチドであるKFF配列を連結させたコンジュゲートを作製し,そのコンジュゲートによる大腸菌内でのアンチセンス効果を調べたところ,POPNAオリゴマーがうまく細胞膜破壊ペプチドにより大腸菌内に輸送され,POPNAの塩基配列に対して特異的にアンチセンス効果が得られることがわかった.これらの結果はPOPNAオリゴマーがアンチセンス試薬として細胞内で利用できることを示しており,将来的に核酸医薬として期待できることを示唆している.

教育活動情報

担当経験のある科目

  • バイオテクノロジー, 近畿大学
  • 英語専門購読I, 岡山大学
  • 基礎化学実験, 岡山大学
  • 生物機能工学実験IV, 岡山大学
  • 応用化学実験I, II, III, 近畿大学
  • 卒業研究, 近畿大学
  • 化学, 近畿大学
  • 化学情報処理基礎, 近畿大学
  • 基礎ゼミI, II, 近畿大学
  • 卒業研究ゼミナール, 近畿大学