KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

神武 洋二郎コウタケ ヨウジロウ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 生物環境化学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門細胞生物学、分子生物学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/494-koutake-youjirou.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/90531963.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    動物細胞培養技術や遺伝子工学を用いて、ヒト細胞の増殖・分化・老化・死といった細胞運命を決定する仕組みを、遺伝子レベルで解き明かす研究を行っています。

学歴・経歴

学歴

  • 1995年04月 - 1999年03月, 九州大学, 農学部, 農芸化学科
  • 1999年04月 - 2001年03月, 九州大学大学院, 生物資源環境科学研究府, 遺伝子資源工学専攻
  • 2001年04月 - 2005年03月, 九州大学大学院, 医学系学府, 分子常態医学専攻

研究活動情報

研究分野

  • 腫瘍学, 腫瘍生物学, 分子生物学

研究キーワード

  • ポリコーム, ポリコームタンパク, INK4遺伝子座, 細胞老化, 長鎖ノンコーディングRNA, ARF, 細胞周期, 癌化, 転写制御, 転写, p16, p53, ヒストン修飾, ノンコーディングRNA, 精子幹細胞, ヒストンメチル化, ANRIL, エピジェネティクス

論文

  • Oncogenic Ras influences the expression of multiple lncRNAs., Kotake Y, Naemura M, Kitagawa K, Niida H, Tsunoda T, Shirasawa S, Kitagawa M., Cytotechnology. , 68(4), 1591, 1596,   2016年08月, 査読有り
  • Long Non-coding RNA, PANDA, Contributes to the Stabilization of p53 Tumor Suppressor Protein., Kotake Y, Kitagawa K, Ohhata T, Sakai S, Uchida C, Niida H, Naemura M, Kitagawa M., Anticancer Res. , 36, 4, 1605, 1611,   2016年04月, 査読有り
  • 化学修飾small interfering RNA (siRNA)による遺伝子サイレンシング, 新貝 恭広, 柏原 慎一, 藤井 啓史, 峰松 剛, 吉永 尚平, 苗村 円佳, 神武 洋二郎, 藤井 政幸, 近畿大学産業理工学部研究報告, 24, 1, 5,   2016年07月
  • ANRIL regulates the proliferation of human colorectal cancer cells in both two- and three-dimensional culture, Madoka Naemura, Toshiyuki Tsunoda, Yasutoshi Inoue, Haruna Okamoto, Senji Shirasawa and Yojiro Kotake, Molecular and cellular biochemistry., 412, 1, 141, 146,   2016年01月, 査読有り
  • THE FUNCTIONAL ANALYSIS OF NOVEL LONG NON-CODING RNA INVOLVED IN CARCINOGENESIS, Yasutoshi Inoue, Madoka Naemura, Chihiro Murasaki, Haruna Okamoto, and Yojiro Kotake, Proceeding of Joint International Symposium on「Regional Revitalization and Innovation for Social Contribution」 and and「e-ASIA Functional Materials and Biomass Utilization 2015」, 53,   2015年11月, 査読有り
  • LONG NONCODING RNA ANRIL PROMOTES PROLIFERATION OF CANCER CELLS, Madoka Naemura, Chihiro Murasaki, Yasutoshi Inoue, Haruna Okamoto, and Yojiro Kotake, Proceeding of Joint International Symposium on「Regional Revitalization and Innovation for Social Contribution」 and and「e-ASIA Functional Materials and Biomass Utilization 2015」, 54,   2015年11月, 査読有り
  • Long noncoding RNA ANRIL regulates proliferation of non-small cell lung cancer and cervical cancer cells., Naemura M, Murasaki C, Inoue Y, Okamoto H, and Kotake Y., Anticancer Research, 35, 10, 5377, 5382,   2015年10月, 査読有り
  • Transcriptional Regulation of the p16 Tumor Suppressor Gene., Kotake Y, Naemura M, Murasaki C, Inoue Y, Okamoto H., Anticancer Research. 35(8) 4397-4401,   2015年08月, 査読有り
  • Regulation of pRB and p53 pathways by the long noncoding RNAs ANRIL, lincRNA-p21, lincRNA-RoR, and PANDA., Kotake Y, Kitagawa M. , Springer, Long Noncoding RNAs. 175-189,   2015年06月, 査読有り
  • 長鎖非コードRNA, ANRIL, PANDAによる細胞増殖, アポトーシス制御機構, 神武洋二郎, 苗村円佳, 紫千大, 日本生化学会誌. 87(2) 230-233,   2015年04月, 査読有り
  • Efficient transfection of siRNA by designed peptides., Kayano H, Takashina A, Naemura M, Kotake Y, Morita Y and Fujii M., Proceedings of the 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry., 374, 375,   2014年09月, 査読有り
  • YB-1 promotes transcription of cyclin D1 in human non-small-cell lung cancers., Harada M, Kotake Y, Ohhata T, Kitagawa K, Niida H, Matsuura S, Funai K, Sugimura H, Suda T, Kitagawa M., Genes Cells., 19, 6, 504, 516,   2014年06月, 査読有り
  • Cell cycle regulation by long non-coding RNAs., Kitagawa M, Kitagawa K, Kotake Y, Niida H, Ohhata T., Cell Mol Life Sci, 70, 24, 4785, 4794,   2013年12月, 査読有り
  • YB1 binds to and represses the p16 tumor suppressor gene., Kotake Y, Ozawa Y, Harada M, Kitagawa K, Niida H, Morita Y, Tanaka K, Suda T, Kitagawa M., Genes Cells, 18, 11, 999, 1006,   2013年11月, 査読有り
  • Long Non-coding RNAs Involved in Cancer Development and Cell Fate Determination., Kitagawa M, Kotake Y, Ohhata T, Curr Drug Targets., 13, 13, 1616, 1621,   2012年12月, 査読有り
  • The amelioration of renal damage in Skp2-deficient mice canceled by p27 Kip1 deficiency in Skp2-/- p27-/- mice., Suzuki S, Fukasawa H, Misaki T, Togawa A, Ohashi N, Kitagawa K, Kotake Y, Liu N, Niida H, Nakayama K, Nakayama KI, Yamamoto T, Kitagawa M., PLoS One, 7, 4, 1, 9,   2012年04月, 査読有り
  • Chk1 phosphorylates the tumour suppressor Mig-6, regulating the activation of EGF signalling., Liu N, Matsumoto M, Kitagawa K, Kotake Y, Suzuki S, Shirasawa S, Nakayama KI, Nakanishi M, Niida H, Kitagawa M., EMBO J, 31, 10, 2365, 77,   2012年04月, 査読有り
  • Up-regulation of Cks1 and Skp2 with TNFα/NF-κB Signaling in Chronic Progressive Nephropathy., Suzuki S, Fukasawa H, Misaki T,Togawa A, Ohashi N, Kitagawa K, Kotake Y, Niida H, Hishida A, Yamamoto T, Kitagawa M., 16, 11, 1110, 1120,   2011年11月, 査読有り
  • 長鎖ノンコーディングRNAと細胞老化, 神武 洋二郎, 北川 雅敏, 細胞工学, 30, 7, 729, 733,   2011年07月
  • 長鎖ncRNAによるクロマチン修飾因子のリクルートメント機構, 神武 洋二郎, 北川 雅敏, 実験医学, 29, 11, 1716, 1721,   2011年07月
  • Extensive and coordinated transcription of noncoding RNAs within cell-cycle promoters., Hung T, Wang Y, Lin MF, Koegel AK, Kotake Y, Grant GD, Horlings HM, Shah N, Umbricht C, Wang P, Wang Y, Kong B, Langerød A, Børresen-Dale AL, Kim SK, van de Vijver M, Sukumar S, Whitfield ML, Kellis M, Xiong Y, Wong DJ, Chang HY., Nature Genetics, 43, 7, 621, 629,   2011年06月, 査読有り
  • p53 binds to and is required for the repression of Arf tumor suppressor by HDAC and Polycomb., Zeng Y, Kotake Y, Pei XH, Smith MD, Xiong Y., 71, 7, 2781, 2792,   2011年04月, 査読有り
  • Long non-coding RNA ANRIL is required for the PRC2 recruitment to and silencing of p15INK4B tumor suppressor gene., Kotake Y, Nakagawa T, Kitagawa K, Suzuki S, Liu N, Kitagawa M, Xiong Y., Oncogene, 30, 16, 1956, 1962,   2011年04月, 査読有り
  • GSK3 regulates the expressions of human and mouse c-Myb via different mechanisms., Kitagawa K, Kotake Y, Hiramatsu Y, Liu N, Suzuki S, Nakamura S, Kikuchi A, Kitagawa M., Cell Division, 5, 27,   2010年11月, 査読有り
  • NFAT5 regulates transcription of the mouse telomerase reverse transcriptase gene., Fujiki T, Udono M, Kotake Y, Yamashita M, Shirahata S, Katakura Y., Experimental Cell Research, 316, 20, 3342, 3350,   2010年10月, 査読有り
  • 癌化シグナルによるCDKインヒビターp16の転写活性化機構の解明 , 神武洋二郎, 東京生化学研究会助成研究報告集, 24, 96, 100,   2010年06月
  • Adenovirus E1A inhibits SCFFbw7 ubiquitin ligase., Isobe T, Hattori T, Kitagawa K, Uchida C, Kotake Y, Kosugi I, Oda T, Kitagawa M., Journal of Biological Chemistry, 284, 41, 27766, 27779,   2009年10月, 査読有り
  • Ubiquitin-mediated control of oncogene and tumor suppressor gene products., Kitagawa K, Kotake Y, Kitagawa M., Cancer Science , 100, 8, 1374, 1381,   2009年08月, 査読有り
  • High expression of Pirh2, an E3 ligase for p27, is associated with low expression of p27 and poor prognosis in head and neck cancers., Shimada M, Kitagawa K, Dobashi Y, Isobe T, Hattori T, Uchida C, Abe K, Kotake Y, Oda T, Suzuki H, Hashimoto K, Kitagawa M., Cancer Science , 100, 5, 866, 872,   2009年05月, 査読有り
  • DDB1-CUL4 and MLL1 mediate oncogene-induced p16INK4a activation., Kotake Y, Zeng Y, Xiong Y. , Cancer Research, 69, 5, 1809, 1814,   2009年03月, 査読有り
  • HIV-1 Vpr-binding protein VprBP, a WD40 protein associated with the DDB1-CUL4 E3 ubiquitin ligase, is essential for DNA replication and embryonic development. , McCall CM, Miliani de Marval PL, Chastain PD 2nd, Jackson SC, He YJ, Kotake Y, Cook JG, Xiong Y. , Molecular and Cellular Biology, 28, 18, 5621, 5633,   2008年09月, 査読有り
  • pRB family proteins are required for H3K27 trimethylation and Polycomb repression complexes binding to and silencing p16INK4a tumor suppressor gene., Kotake Y, Cao R, Viatour P, Sage J, Zhang Y, Xiong Y., Genes & Development , 21, 1, 49, 54,   2007年01月, 査読有り
  • No exit strategy?No problem:APC inhibits beta-catenin inside the nucleus., Xiong Y and Kotake Y., Genes & Development , 20, 6, 637, 642,   2006年03月, 査読有り
  • Role of serine-10 phosphorylation in p27 stabilization revealed by analysis of p27 knock-in mice harboring a serine-10 mutation., Kotake Y, Nakayama K, Ishida N, Nakayama KI., 280, 2, 1095, 1102,   2005年11月, 査読有り
  • CDKインヒビターp27Kip1のタンパク質分解による制御機構, 神武 洋二郎, 中山 敬一, 遺伝子医学, 7, 24, 79, 85,   2003年06月
  • Transcriptional regulation mechanisms of telomerase reverse transcriptase gene responsible for ubiquitous expression of telomerase in mouse., Fujiki T, Katakura Y, Miura T, Kotake Y, Yoshizaki K, Shirahata S., Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects, 13, 329, 333,   2003年, 査読有り

書籍等出版物

  • ノンコーディングRNAテキストブック, 神武洋二郎, 分担執筆, 第2章6節,   2015年12月
  • 遺伝子治療・診断の最先端技術と新しい医薬品・診断薬の開発, 藤井政幸, 高科あゆみ, 神武洋二郎, 森田資隆, 山田康枝, 共著

講演・口頭発表等

  • Roles of long noncoding RNAs, ANRIL and PANDA, in RB and p53 pathways, yojiro Kotake, The 2nd International Symposium of Chemistry and Biology of RNA Interference ,   2016年09月30日, 招待有り
  • 新規長鎖ノンコーディングRNAの作用機構と細胞内機能の解明, 井上恭敏、苗村円佳、濱崎彩花、中川飛鳥、神武洋二郎, 第15回近畿大学環境科学研究会,   2016年08月08日
  • Long Noncoding RNA, ANRIL Regulates the Proliferation of Non-Small Cell Lung and Colorectal Cancer Cells, Madoka Naemura, Yasutoshi Inoue, Haruna Okamoto, Keiichiro Tahara and Yojiro Kotake, 12th International Congress of Cell Biology,   2016年07月24日
  • Two long non-coding RNAs that are involved in the transcriptional repression of INK4 locus, Yasutoshi Inoue, Madoka Naemura, Haruna Okamoto, Keiichiro Tahara, Yojiro Kotake, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2016年07月02日
  • Long noncoding RNA ANRIL represses the expression of INK4 locus, Madoka Naemura, Yasutoshi Inoue, Haruna Okamoto, Keiichiro Tahara and Yojiro Kotake, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2016年07月02日
  • 転写因子YB-1による細胞老化抑制機構, 田原圭一郎、苗村円佳、井上恭敏、岡本春奈、神武洋二郎, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2016年07月02日
  • レスベラトロール及びその誘導体は大腸癌細胞三次元増殖を抑制する, 岡本春奈、松川泰治、苗村円佳、井上恭敏、田原圭一郎、大貫宏一郎、神武洋二郎, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2016年07月02日
  • 新規両親媒性ペプチドによるsiRNAの無毒生細胞導入と遺伝子サイレンシング, 柏原慎一、新貝恭広、藤井啓史、藤井政幸、苗村まどか、神武洋二郎, 第53回化学関連支部合同九州大会 ,   2016年07月02日
  • siRNAの構造と遺伝子サイレンシング効果への影響, 新貝恭広、柏原慎一、峰松剛、藤井政幸、苗村 円佳、神武洋二郎, 第53回化学関連支部合同九州大会 ,   2016年07月02日
  • がん化シグナルよって発現誘導される新規長鎖ノンコーディングRNAの機能解明, 井上恭敏、苗村円佳、濱崎彩花、中川飛鳥、岡本春奈、田原圭一郎、神武洋二郎, 第68回日本細胞生物学会大会 ,   2016年06月17日
  • 長鎖ノンコーディングRNA, ANRILによる細胞増殖促進機構の解明, 苗村 円佳、角田 俊之、井上 恭敏、岡本 春奈、田原 圭一郎、白澤 専二、神武 洋二郎, 第68回日本細胞生物学会大会,   2016年06月17日
  • 細胞老化における転写因子YB-1の機能解明, 田原圭一郎、苗村円佳、井上恭敏、岡本春奈、北川雅敏、神武洋二郎, 第68回日本細胞生物学会大会,   2016年06月15日
  • INK4遺伝子座に存在する長鎖非コードRNA, ANRILの機能解析, 苗村 円佳, 角田 俊之, 紫 千大, 井上 恭敏, 岡本 春奈, 白澤 専二, 神武 洋二郎, 第19回バイオ治療法研究会,   2015年12月05日
  • カチオン性5’-末端を有するsiRNAの遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 大野 結有, 新貝 恭広, 藤井 啓史, 柏原 慎一, 苗村 円佳, 神武洋二郎, 山吉 麻子, 村上 章, 日本核酸医薬学会第1回年会 ,   2015年11月30日
  • 5’-アミノTを有するsiRNAの遺伝子サイレンシング効果, 新貝恭広,藤井啓史,柏原慎一,苗村円佳,神武洋二郎,山吉麻子,村上章,藤井政幸, 日本核酸医薬学会第1回年会 ,   2015年11月30日
  • ミスマッチまたはバルジ構造を有するmiRNA様siRNAの遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 新貝 恭広, 藤井 啓史, 柏原 慎一, 苗村 円佳, 神武洋二郎, 山吉 麻子, 村上 章, 日本核酸医薬学会第1回年会 ,   2015年11月30日
  • LONG NONCODING RNA ANRIL PROMOTES PROLIFERATION OF CANCER CELLS, Madoka Naemura, Chihiro Murasaki, Yasutoshi Inoue, Haruna Okamoto, and Yojiro Kotake,   2015年11月01日
  • THE FUNCTIONAL ANALYSIS OF NOVEL LONG NON-CODING RNA INVOLVED IN CARCINOGENESIS, Yasutoshi Inoue, Madoka Naemura, Chihiro Murasaki, Haruna Okamoto, and Yojiro Kotake, Joint International Symposium on「Regional Revitalization and Innovation for Social Contribution」 and and「e-ASIA Functional Materials and Biomass Utilization 2015」 ,   2015年11月01日
  • 長鎖ノンコーディングRNAによるRB/p53経路の制御機構, 神武洋二郎,苗村円佳,紫千大,井上恭敏,岡本春奈, 2015年度 日本農芸化学会中四国支部・西日本支部合同大会,   2015年09月17日
  • 新規ハイブリッドペプチドによる siRNA の無毒性細胞内導入, 柏原慎一, 新貝恭広, 藤井啓史, 大野結有, 赤池香菜実, 苗村円佳, 神武洋二郎, 藤井 政幸, 第9回バイオ関連化学シンポジウム,   2015年09月10日
  • 5’-アミノTを有するsiRNAの遺伝子サイレンシング効果, 大野結有,赤池香菜実,新貝恭広,藤井啓史,柏原慎一,苗村円佳,神武洋二郎,山吉麻子,村上章,藤井政幸, 第9回バイオ関連化学シンポジウム,   2015年09月10日
  • miRNA様siRNAの遺伝子サイレンシング効果, 新貝恭広,藤井啓史,大野結有,赤池香菜実,柏原慎一,苗村円佳,神武洋二郎,山吉麻子,村上章,藤井政幸, 第9回バイオ関連化学シンポジウム,   2015年09月10日
  • がん細胞における長鎖ノンコーディングRNA, ANRILの機能とその作用機構の解明, 苗村円佳, 紫千大, 井上恭敏, 岡本春奈, 神武洋二郎, 2015近畿大学サイエンスネットワーク・第5回院生サミット,   2015年07月11日
  • ガン細胞増殖における新規長鎖ノンコーディングRNAの機能解析, 井上恭敏, 苗村円佳, 紫千大, 岡本春奈, 神武洋二郎, 2015近畿大学サイエンスネットワーク・第5回院生サミット        和歌山市,   2015年07月11日
  • レスベラトロール及びその誘導体は大腸癌細胞三次元増殖を抑制する, 岡本春奈、松川泰治、苗村円佳、井上恭敏、田原圭一郎、大貫宏一郎、神武洋二郎, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2015年07月02日
  • 長鎖非コードRNA,ANRILはp15を抑制してがん細胞増殖を促進する, 苗村円佳,紫千大,井上恭敏,岡本春奈,神武洋二郎, 第52回化学関連支部合同九州大会 ,   2015年06月28日
  • レスベラトロールによる肺癌及び大腸癌細胞増殖抑制機構の解明, 岡本春奈,田村恵士,松川泰治,江頭央透,苗村円佳,紫千大,井上恭敏,大貫宏一郎,神武洋二郎, 第52回化学関連支部合同九州大会 ,   2015年06月28日
  • 長鎖ノンコーディングRNAによる骨肉腫細胞増殖制御機構の解明, 紫千大,苗村円佳,井上恭敏,岡本春奈,神武洋二郎, 第52回化学関連支部合同九州大会 ,   2015年06月28日
  • 化学修飾核酸の新規合成法, 江見友裕,髙松辰臣,岡本大幹,苗村円佳,神武洋二郎,藤井政幸, 第52回化学関連支部合同九州大会 ,   2015年06月27日
  • 新規βシート型ハイブリッドペプチドによるsiRNAの無毒性細胞内導入, 添田晃斉,柏原慎一,上野桃子,末廣優一,苗村円佳,神武洋二郎,藤井政幸, 第52回化学関連支部合同九州大会 ,   2015年06月27日
  • ミスマッチ塩基対またはバルジ構造を有するmiRNA様siRNAの遺伝子サイレンシング効果, 新貝恭広,藤井 啓史,苗村円佳,神武洋二郎,藤井政幸, 第52回化学関連支部合同九州大会 ,   2015年06月27日
  • カチオン修飾siRNAによる遺伝子サイレンシング効果, 大野結有,赤池香菜実,峰松剛,苗村円佳,神武洋二郎,藤井政幸, 第52回化学関連支部合同九州大会 ,   2015年06月27日
  • ガン化に関与する新規長鎖ノンコーディングRNAの探索と機能解析, 井上恭敏,苗村円佳,中川飛鳥,濱崎彩花,紫千大,岡本春奈,神武洋二郎, 第52回化学関連支部合同九州大会 ,   2015年06月27日
  • 癌細胞増殖における長鎖非コードRNA,ANRILの機能解明, 苗村円佳, 紫千大, 神武洋二郎 , 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • カチオン修飾siRNAによる遺伝子サイレンシング効果, 藤井政幸, 高科あゆみ, 苗村まどか, 神武洋二郎, 山吉麻子, 有吉純平, 村上章, 日本化学会第95春季年会,   2015年03月27日
  • がん抑制遺伝子p15/p16を制御する長鎖非コードRNA, ANRILの機能解析, 神武洋二郎, 苗村円佳, 紫千大, 第18回バイオ治療法研究会,   2014年12月13日
  • Efficient Transfection of siRNA by designed peptides, Hikari Kayano, Ayumi Takashina, Madoka Naemura, Yojiro Kotake, Yasutaka Morita and Masayuki Fujii, The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry,   2014年11月08日
  • Regulation of RB and p53 pathways by long noncoding RNAs, The 1st International Symposium of Chemistry and Biology of RNA Interference,   2014年11月04日, 招待有り
  • siRNA-ペプチド複合体の細胞内導入と遺伝子サイレンシング効果, 萱野光, 苗村円佳, 高科あゆみ 神武洋二郎, 森田資隆, 藤井政幸, 第4回CSJ化学フェスタ 2014 ,   2014年10月14日
  • YB-1 binds to and activates cyclinD1 transcriptional activities in Non-Small-Cell lung cancer, 原田雅教, 神武洋二郎, 北川恭子, 丹伊田浩行, 椙村春彦, 北川雅敏, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月27日
  • 長鎖非コードRNA, ANRILによるがん細胞増殖制御機構の解明, 苗村円佳, 紫千大, 神武洋二郎,   2014年09月19日
  • 癌細胞における長鎖ノンコーディングRNA, ANRILの機能解析, 苗村円佳, 神武洋二郎, 第51回化学関連支部合同九州大会, 北九州市,   2014年06月28日
  • 長鎖ノンコーディングRNAによる細胞死制御, 紫千大, 苗村円佳, 神武洋二郎, 第51回化学関連支部合同九州大会, 北九州市,   2014年06月28日
  • 高分子非コードRNA,ANRILの作用機序と細胞機能の解明, 苗村円佳, 神武洋二郎, 日本農芸化学会2014年度大会 ,   2014年03月28日
  • 細胞はなぜ老いるのか?, 神武洋二郎, 第28回福岡県高等学校総合文化祭 自然科学部門 福岡県大会,   2013年12月14日
  • The regulation of RB/p53 pathway by long noncoding RNAs, 神武 洋二郎, 北川雅敏, 第36回日本分子生物学会年会 ,   2013年12月12日
  • Elucidation of the action mechanism of long non-coding RNA, ANRIL which regulates cell proliferation, 神武 洋二郎, ※苗村円佳, 北川雅敏, 第36回日本分子生物学会年会 ,   2013年12月12日
  • 非小細胞肺癌においてYB-1はcyclinD1の転写を亢進させる, 神武 洋二郎, ※原田雅教, 大畑樹也,アルディヤンティ アストリッド,北川恭子,丹伊田浩之,椙村春彦,須 隆文,北川 雅敏, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月12日
  • 非小細胞肺癌においてYB-1はcyclinD1の転写を亢進させる, 原田雅教,神武洋二郎,大畑樹也,アルディヤンティ アストリッド,北川恭子,丹伊田浩之,椙村春彦,須 隆文,北川 雅敏, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月03日
  • 長鎖非コードRNA,ANRILによる細胞老化制御機構の解明, 神武 洋二郎, ※苗村円佳, 2013近畿大学サイエンスネットワーク・院生サミット      ,   2013年11月, 2013近畿大学サイエンスネットワーク・院生サミット      
  • 癌化シグナルによる細胞内環境変化に伴って発現変動する長鎖ノンコーディングRNAの探索と機能解析, 神武 洋二郎, ※苗村円佳, 第12回近畿大学環境科学研究会   ,   2013年08月, 第12回近畿大学環境科学研究会   
  • 長鎖ノンコーディングRNA, ANRILによる細胞増殖制御機構の解明, 神武 洋二郎, ※苗村円佳, 第50回化学関連支部合同九州大会     ,   2013年07月, 第50回化学関連支部合同九州大会     
  • 癌化シグナルによって発現変動する長鎖非コードRNA,ANRILの機能解析, 神武 洋二郎, 北川雅敏, 日本農芸化学会,   2013年03月, 日本農芸化学会
  • 慢性進行性腎障害におけるCks1およびSkp2の発現亢進の意義, 鈴木小由里, 深澤洋敬, 三崎太郎, 戸川証,北川恭子, 神武洋二郎, 山本龍夫, 北川雅敏., 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学大会合同大会,   2012年12月
  • 人はなぜ老いるのか?~細胞老化研究から分かってきた老いのメカニズム, 神武 洋二郎, 第53回近畿大学産業理工学部 公開講座,   2012年10月, 第53回近畿大学産業理工学部 公開講座
  • Recent progress of long non-coding RNA research, 神武 洋二郎, 浜松医科大学・医学部, 浜松医科大学・医学部, 第71回日本癌学会,   2012年09月, 第71回日本癌学会
  • Chk1 phosphorylates the tumor suppressor Mig-6, regulating the activation of EGF signaling, 神武 洋二郎, 浜松医科大学・医学部, 浜松医科大学・医学部, 浜松医科大学・医学部, 浜松医科大学・医学部, 第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会,   2012年05月, 第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会
  • ヒトはなぜ老いるのか?~細胞老化研究とアンチエイジングへの応用~, 神武 洋二郎, 近畿大学産業理工学部生物環境化学科特別講演会,   2012年02月, 近畿大学産業理工学部生物環境化学科特別講演会
  • 長鎖ノンコーディングRNA ANRILによる癌抑制遺伝子p15/p16の転写制御機構, 神武 洋二郎, 第6回浜松医科学シンポジウム,   2012年02月, 第6回浜松医科学シンポジウム
  • The epigenetic regulation of INK4 locus by Polycomb and long noncoding RNA, ANRIL., 神武洋二郎, 中川直, 北川恭子, 鈴木小由里, 劉寧, 丹伊田浩行, Yue Xiong, 北川雅敏., 第34回日本分子生物学会年会,   2011年12月
  • 癌化・老化を左右する新規非コードRNAの機能解析, 神武洋二郎, 文部科学省,新学術領域研究, 「非コードRNA」領域班会議,   2011年11月
  • 長鎖ノンコーディングRNA ANRILはポリコームリクルートメントを介してINK4遺伝子座を抑制する, 神武洋二郎, 北川恭子, 丹伊田浩行, 北川雅敏., 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月
  • 慢性進行性腎障害におけるNF-kB経路によるSkp2およびCks1の発現亢進, 鈴木小由里, 深澤洋敬, 三崎太郎, 戸川証, 北川恭子, 神武洋二郎, 丹伊田浩行, 菱田明, 山本龍夫, 北川雅敏., 第84回日本生化学会大会,   2011年09月
  • 長鎖ノンコーディングRNA ANRILによるポリコームリクルートメントを介したINK4 locus転写抑制機構, 神武洋二郎, 中川直, 北川恭子, 鈴木小由里, 劉寧, 丹伊田浩行, Yue Xiong , 北川雅敏., 第84回日本生化学会大会,   2011年09月
  • Long non-coding RNA ANRIL negatively regulates cell prolifereation via silencing of INK4 locus., 北川雅敏, 神武洋二郎., 第63回日本細胞生物学会大会,   2011年06月
  • Long non-coding RNA ANRIL is required for the Polycomb recruitment to and silencing of INK4 locus., Kotake Y, Nakagawa T, Kitagawa K, Niida H, Xiong Y, Kitagawa M., Sixteenth Annual Meeting of the RNA Society ,   2011年06月
  • 長鎖ノンコーディングRNAによるINK4 locus制御機構, 神武洋二郎, 中川直, 北川恭子, 丹伊田浩行, Yue Xiong, 北川雅敏., 第5回日本エピジェネティクス研究会年会,   2011年05月
  • Polycomb/noncoding RNAによる癌抑制遺伝子p16転写制御機構の解明, 神武洋二郎, 第2回浜松医科学シンポジウム,   2010年12月17日, 招待有り
  • 癌抑制遺伝子産物 Mig-6 のリン酸化とその責任酵素の解析, Ning Liu,北川恭子,神武洋二郎,丹伊田浩行,北川雅敏., 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学大会合同大会,   2010年12月
  • GSK3 によるc-Mybの量的制御機構, 北川恭子, 神武洋二郎, 北川雅敏., 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学大会 合同大会,   2010年12月
  • CUL4-DDB1/MLL complex activates the p16 transcription through histone H3K4 methylation, 神武洋二郎, Yue Xiong, 北川恭子, 北川雅敏., 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学大会合同大会,   2010年12月
  • The epigenetic regulation of INK4 locus by Polycomb and noncoding RNA., Kotake Y, Kitagawa K, Nakagawa T, Xiong Y, Kitagawa M.,   2010年11月
  • 癌化・老化を左右する新規非コードRNAの機能解析, 神武洋二郎, 文部科学省,新学術領域研究,「非コードRNA」  領域班会議,   2010年10月
  • c-Mybの量的制御機構におけるGSK3の関与, 北川恭子, 神武洋二郎, 北川雅敏., 第69回日本癌学会学術総会,   2010年10月
  • CUL4A-DDB1 ubiquitin ligase and MLL histone methyltransferase are required for the oncogene-induced p16INK4a activation., 神武洋二郎, 北川恭子, 北川雅敏., 第69回日本癌学会学術総会,   2010年10月
  • 細胞老化誘導のキーレギュレーター、p16の転写制御機構の解明, 神武洋二郎, 北川恭子, Yue Xiong, 北川雅敏. , 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月
  • 転写因子c-Mybのユビキチン-プロテアソームによる分解機構の解明, 北川恭子, 神武洋二郎, 小田敏明, 北川雅敏., 日本薬学会第130年会,   2010年03月
  • 細胞増殖を制御する新規長鎖ノンコーディングRNAの機能解析, 小田敏雅, 高塚大輝, 神武洋二郎, 北川雅敏., 第3回浜松医科学シンポジウム,   2010年02月
  • 癌抑制遺伝子p16 のヒストンメチル化を介した転写制御機構, 神武洋二郎, 第22回東北大学NM-GCOEセミナー,   2010年01月27日, 招待有り
  • The epigenetic regulation of p16 tumor suppressor gene by Polycomb/MLL complex., 神武洋二郎, 北川雅敏. , 第32回日本分子生物学会年会,   2009年12月, 招待有り
  • ポリコームタンパクによる精子幹細胞制御機構の全容解明, 神武洋二郎, 文部科学省, 特定領域研究,「生殖系列」  領域班会議 ,   2009年11月
  • ストレス誘導性小胞体:細胞質におけるタンパク質環境監視装置?, 小田 敏明, 磯部 智康, 北川 恭子, 神武 洋二郎, 横田 貞記, 北川 雅敏., 第82回日本生化学会大会,   2009年10月
  • Fbw7はGSK3によるリン酸化を介してc-Mybのユビキチン依存的分解を実行する, 北川恭子, 中村悟己, 神武洋二郎, 北川雅敏., 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月
  • Pirh2 is involved in human cancer malignancy as an E3 ubiquitin ligase for p27., 北川雅敏, 島田真衣, 土橋洋, 服部隆行, 神武洋二郎, 橋本賢, 北川恭子., 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月
  • The epigenetic regulation of p16INK4a tumor suppressor gene., 神武洋二郎, 北川恭子, 北川雅敏., 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月
  • Polycomb/MLL複合体によるヒストンメチル化を介したp16転写制御機構, 神武洋二郎, Yue Xiong, 北川恭子, 磯部智康, 小田敏明, 北川雅敏., 第8回核ダイナミクス研究会,   2009年06月
  • 浸透圧ストレスによるマウスTERT遺伝子の転写制御機構の解析, 藤木司, 神武洋二郎, 三浦巧, 白畑實隆, 片倉喜範., 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年03月
  • NFAT5によるマウスTERT遺伝子制御機構の解析, 藤木司, 神武洋二郎, 三浦巧, 白畑實隆, 片倉喜範, 第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会合同大会,   2007年12月
  • pRB family proteins are required for polycomb repression complexes binding to and silencing p16., Kotake Y, Cao R, Viatour P, Sage J, Zhang Y, Xiong Y., Growth Factor and Signal Transduction Conferences ,   2007年07月
  • マウスTERT遺伝子の転写制御機構の解析, 藤木司, 神武洋二郎, 三浦巧, 香月一志, 白畑實隆, 片倉喜範., 日本動物細胞工学会2007年度大会,   2007年07月
  • 遺伝子改変マウスを用いたDNA含量と細胞サイズについての解析, 中山啓子, 神武洋二郎, 石田典子, 三宅智, 中山敬一, 第27回日本分子生物学会年会 ,   2004年12月, 招待有り
  • ノックインマウスを用いた p27 の主要リン酸化部位であるセリン 10 リン酸化の機能解析, 神武洋二郎, 中山啓子, 石田典子, 中山敬一, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月
  • Analysis of p27 knock-in mice harboring mutation on serine 10, a major phosphorylation site of p27., Kotake Y, Nakayama K, Ishida N,Nakayama KI., Coldspring Harbor Symposium (The Cell Cycle),   2004年05月
  • マウスTERT遺伝子の転写制御機構の解析, 藤木司, 片倉喜範, 三浦巧, 神武洋二郎, 吉崎嘉一, 白畑実隆, 日本農芸化学会2004年度大会,   2004年03月
  • ノックインマウスを用いたp27の主要リン酸化部位であるセリン10リン酸化の機能解析, 神武洋二郎, 石田典子, 中山啓子, 中山敬一, 第26回日本分子生物学会年会,   2003年12月
  • マウスTERT遺伝子転写制御機構の解析, 藤木司, 片倉喜範, 三浦巧, 神武洋二郎, 山内ちひろ, 白畑実隆 , 日本農芸化学会2003年度大会,   2003年03月
  • ヒト及びマウスTERT遺伝子の転写制御機構の解析, 藤木司, 片倉喜範, 三浦巧, 神武洋二郎, 吉崎嘉一, 白畑実隆 , 日本農芸化学会2002年度大会,   2002年03月
  • 細胞分化に伴うテロメラーゼ活性制御機構の解析, 藤木司, 片倉喜範, 神武洋二郎, 三浦巧, 照屋輝一郎, 白畑実隆, 日本農芸化学会2001年度大会,   2001年03月
  • テロメラーゼ触媒サブユニット遺伝子発現におけるTAK1/TAB1の関与, 三浦巧, 片倉喜範, 西村修一, 神武洋二郎, 田平有紀子, 上原範久, 田代康介, 白畑実隆, 日本農芸化学会2001年度大会,   2001年03月
  • ヒト及びマウステロラーゼ触媒サブユニット遺伝子の転写制御機構の解析, 神武洋二郎, 片倉嘉範, 三浦巧, 上原範久, 田代康介, 照屋輝一郎, 白畑實隆., 日本農芸化学会2001年度大会,   2001年03月
  • 細胞老化誘導におけるTAK1/TAB1の関与, 三浦巧, 片倉喜師範, 西村修一, 神武洋二郎, 田平有紀子, 上原範久, 田代康介, 白畑實隆, 第23回日本分子生物学会年会,   2000年12月
  • Differential regulation of TERT promoter between human and mouse cells, Kotake Y, Katakura Y, Miura T, Uehara N, Teruya K, Shirahata S., The 13th international meeting of JAACT,   2000年11月
  • 細胞内局在変化による p27 蛋白安定性の調節, 石田典子, 神武洋二郎, 中山啓子, 中山敬一., 第26回日本分子生物学会年会,   2003年12月, 招待有り
  • マウスTERT遺伝子の転写制御機構の解析, 藤木司, 片倉喜範, 三浦巧, 神武洋二郎, 吉崎嘉一, 白畑実隆, 第26回日本分子生物学会年会,   2003年12月

MISC

  • p53を制御する新規長鎖ノンコーディングRNAの機能解析, 神武洋二郎, 科学研究費助成事業(科学研究費補助金_若手B)研究成果報告書,   2014年04月
  • INK4遺伝子座の制御機構とその破綻による発癌機構の解明, 神武 洋二郎, 科学研究費助成事業(科学研究費補助金)研究成果報告書,   2012年04月
  • 癌化・老化を左右する新規非コードRNAの機能解析, 神武 洋二郎, 科学研究費助成事業(科学研究費補助金)実績報告書(研究実績報告書),   2012年04月
  • 癌関連遺伝子の発現を制御するノンコーディングRNAの解析とその医学的応用, 神武洋二郎, 第28回持田記念研究助成金 研究成果報告書,   2011年11月
  • ポリコームタンパクによる精子幹細胞制御機構の全容解明, 神武洋二郎, 科学研究費助成事業(科学研究費補助金_特定領域研究)実績報告書,   2011年04月

受賞

  •   2016年, 内藤記念科学振興財団 , 研究助成金
  •   2013年, 武田科学振興財団, 医学系研究奨励
  •   2010年, 財団法人持田記念医学薬学振興財団, 研究助成金
  •   2008年, 財団法人東京生化学研究会, 研究奨励金

その他

  • 革新的統合ノンコーディングRNA研究による分子標的薬の開発, 近畿大学学内研究助成金 研究種目:21世紀研究開発奨励金 [共同研究助成金] 課題番号:KD14 研究内容:本研究では、miRNA、siRNA、lncRNAを含む新規ガン関連ncRNAを探索し、その作動原理と生理機能を解明する。さらに得られた成果を基に、ncRNAを標的とした、従来とは異なる作用機序を持つガン治療薬開発へと展開するための研究基盤を確立する。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 蛋白質研究法, 浜松医科大学
  • 生化学実習, 浜松医科大学
  • 生化学セミナーI, 浜松医科大学
  • 生物学I, 近畿大学
  • 生物学II, 近畿大学
  • 生物化学I, 近畿大学
  • 生理学, 近畿大学
  • 公衆衛生学, 近畿大学
  • 細胞生物学特論, 近畿大学
  • 分子生物学特論, 近畿大学
  • 実践英語演習, 近畿大学
  • 生物環境化学基礎実験&演習, 近畿大学
  • 生物化学基礎実験&演習, 近畿大学
  • 基礎ゼミI、II, 近畿大学