KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

奥村 二郎オクムラ ジロウ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位医学博士
専門環境・衛生行政と健康リスク
ジャンル社会/社会保障
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1038-okumura-jirou.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/23

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    厚生労働省、環境省、文部科学省で医系技官、石川県で健康福祉部長。大気汚染・室内環境・有害化学物質の環境リスクや医療倫理・研究倫理。アレルギー内科が副専門。

研究活動情報

論文

  • 職業性アレルギー疾患診療ガイドライン発刊について/法律的側面, 奥村 二郎、東賢一、萬羽郁子、水越厚史, アレルギー・免疫, 21, 5, 66, 72,   2014年04月
  • 看護職の自己成長感,バーンアウトに影響を与える要因について, 奥野洋子, 萬羽郁子, 青野明子, 東賢一, 奥村二郎, 健康心理学研究, 26, 2, 95, 107,   2013年12月01日
  • 対人援助職のストレス体験が1年後の自己成長感に与える影響に関する縦断的研究, 奥野洋子、萬羽郁子、青野明子、東賢一、奥村 二郎, 近畿大学医学雑誌, 38, 3・4, 115, 124,   2013年12月, 査読有り
  • レジオネラ症のリスク評価:吸入曝露モデルと住宅浴室におけるリスク推定, 東賢一、奥村二郎、内山巖雄, 65, 1, 1, 6,   2013年02月, 査読有り
  • 危険関数に基づく日本における中皮腫死亡率の今後の傾向, 明神大地、東賢一、奥村 二郎、内山巌雄, 50, 3, 197, 204,   2012年, 査読有り
  • バイオテロの曝露状況の推定,被害予測・公衆衛生的対応の効果評価のための数理モデルを利用した天然痘ワクチンの備蓄及び使用計画に関する研究「公衆衛生的対応(自治体)の評価」, 内山巌雄, 村山留美子, 奥村光, 宮川雅充, 安川文朗, 岸川洋紀, 奥村二郎, 東賢一, バイオテロの曝露状況の推定、被害予測・公衆衛生的対応の効果評価のための数理モデルを利用した天然痘ワクチンの備蓄及び使用計画に関する研究 平成20年度, 35, 46,   2009年
  • 日本の住環境による刺激症状、全身症状に関与する環境要因の疫学的エビデンス, 東賢一、内山巖雄、池田耕一、千葉康敬、奥村二郎, 12, 1, 1, 13,   2009年, 査読有り
  • 一般家庭の浴室におけるレジオネラ症の定量的健康リスク評価, 明神大也, 山本一輝, 村山留美子, 内山巖雄, 東賢一, 奥村二郎, 岸川洋紀, 環境衛生工学研究, 22, 3, 88, 91,   2008年07月10日
  • 有害大気汚染物質の健康リスク評価, 奥村二郎, 東賢一, 千葉康敬, 近畿大学医学雑誌, 33, 2, 95, 100,   2008年06月25日
  • 医療計画の新しい方向と病院 一般病床の機能分化, 奥村二郎, 病院, 58, 7, 635, 641,   1999年07月01日
  • ストレスと休養・保養プログラム 休養・保養施策とストレス対策, 奥村二郎, ストレス科学, 13, 1, 41, 44,   1998年09月
  • 新たな保健所機能 動き出した改正地域保健法, 奥村二郎, 公衆衛生研究, 46, 3, 200, 208,   1997年09月
  • 国立病院の経営効率の向上に関する研究(平成5~7年度), 粉川こう仲, 三国主税, 大藤高志, 奥村二郎, 升田隆男, 川村治子, 根本喜明, 辻野儀一, 田辺清勝, 医療, 51, 4, 175, 179,   1997年04月
  • 「エイズに合併する抗酸菌症の病態に関する研究」剖検所見から見たエイズ/肺結核の肺病変に関する一考察 (厚生省S), 藤野忠彦, 大角光彦, 奥村二郎, 岸不尽弥, 坂谷光則, 佐々木結花, 土屋俊晶, 豊田丈夫, 薬丸一洋, エイズと日和見感染症に関する臨床研究 平成8年度研究報告書, 198, 203,   1997年
  • 有害大気汚染物質の健康影響評価 評価手法の考え方について, 奥村二郎, 生活と環境, 41, 1, 47, 52,   1996年01月
  • 我が国における今後の有害大気汚染物質対策について, 奥村二郎, 大気環境学会年会講演要旨集, 37th, 202, 203,   1996年
  • 外国医師・歯科医師臨床修練制度とその実施状況, 奥村二郎, 熱帯, 22, p.191-268, 221, 224,   1989年12月
  • In situ hybridizationを用いたβ‐adrenergic receptorの分子レベルでの検討, 東 賢一、奥村二郎, 近畿大学医学雑誌, 13, 1, 159, 177,   1988年03月
  • 日本における中皮腫発症リスクの将来予測に関する研究, 東 賢一, 奥村 二郎, ※明神大地, 岸川洋紀, 村山留美子, 内山巌雄, 日本衛生学雑誌, 63, 2, 444,   2008年03月
  • 一般家庭の浴室におけるレジオネラ症の定量的健康リスク評価, 東 賢一, 奥村 二郎, ※明神大地, 山本一輝, 村山留美子, 内山巌雄, 岸川洋紀, 環境衛生工学研究, 22, 3, 88, 91,   2008年07月
  • 日本における石綿の大気環境曝露による中皮腫死亡リスクに関する研究, 東 賢一, 奥村 二郎, 内山巌雄, 大気環境学会年会講演要旨集, 49, 344,   2008年08月
  • 日本における石綿の大気環境暴露によるがん死亡リスクに関する研究, 東 賢一, 奥村 二郎, 内山巌雄, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 67, 642,   2008年10月
  • Health Risks due to Asbestos Exposure in Indoor Environment in Japan: Risk Levels and Recommendations for Risk Management, 東 賢一, 奥村 二郎, Proceedings of the 11th International Conference on Indoor Air Quality and Climate,   2008年
  • Evaluation and analysis of biological and personal monitoring for non-occupational exposure to para-dichlorobenzene in Japan, Murayama, R, 東 賢一, 奥村 二郎, Proceedings of the 11th International Conference on Indoor Air Quality and Climate,   2008年
  • 日本の住環境による刺激症状,全身症状に関与する環境要因の疫学的エビデンス, 東 賢一, 千葉 康敬, 奥村 二郎, 内山巌雄, 池田耕一, Journal of Human-Environment System, 12, 1, 1, 13,   2009年01月
  • Mesothelioma Risk and Environmental Exposure to Asbestos:Past and Future Trends in Japan, 東 賢一, 奥村 二郎, UCHIYAMA Iwao, International Journal of Occupational and Environmental Health, 15, 2, 165, 171,   2009年
  • Marginal Structural Models for Estimating Effedt Modification, 千葉 康敬, 東 賢一, 奥村 二郎, Annals of Epidemiology, 19, 5, 298, 303,   2009年
  • Quantitative Risk Assessment of Inhalation Exposure to Legionella Species in Residential Bathroom, 東 賢一, 奥村 二郎, Proceedings of Healthy Buildings 2009, Syracuse, NY, USA, 543, 544,   2009年
  • Journal of Human-Environment System, 東 賢一, 千葉 康敬, 奥村 二郎, 12, 1, 1, 13,   2009年
  • Future Trends of Mesothelioma Mortality in Japan Based on a Risk Functio, Myojin, T, 東 賢一, 奥村 二郎, Industrial Health, 50, 3, 197, 204,   2012年
  • Assessing the risk of Legionnaires' disease: the inhalation exposure model and the estimated risk in residential bathrooms, 東 賢一, 奥村 二郎, Regulatory Toxicology and Pharmacology, 65, 1, 1, 6,   2013年

書籍等出版物

  • 職業性アレルギー疾患診療ガイドライン2016, 奥村 二郎, 分担執筆, 法律面, 協和企画,   2016年07月, 978-4-87794-182-6
  • 膠原病・リウマチ・アレルギー, 奥村 二郎, 分担執筆, 法律の知識, 診断と治療社,   2016年04月, 978-4-7878-2176-8
  • 社会・環境と健康, 奥村 二郎, 分担執筆, 保健・医療・福祉における行政のしくみ/保健・医療・福祉介護関連法規, 南江堂,   2014年03月, 978-4-524-26893-1
  • 職業性アレルギー疾患診療ガイドライン2013, 奥村 二郎, 共著, 第6章法律面, ㈱協和企画,   2013年07月, 978-4-87794-157-4
  • 健康・栄養科学シリーズ 社会・環境と健康, 保健・医療・福祉介護関連法規, 奥村 二郎, 共著, 南江堂,   2011年03月

講演・口頭発表等

  • 環境アレルギーとその行政施策, 奥村 二郎,   2016年07月08日
  • 職業性アレルギー性疾患としての気管支喘息について, 奥村 二郎、東 賢一、萬羽 郁子, 日本職業・災害医学会会誌,   2013年12月01日, 招待有り
  • 職業アレルギーガイドライン2013 刊行記念シンポジウム 7)法律面からの検討, 奥村二郎, 日本職業・環境アレルギー学会雑誌,   2013年06月04日
  • 医療従事者のメンタルヘルスの問題, 奥野洋子, 東賢一, 千葉康敬, 人見一彦, 奥村二郎, 近畿大学医学雑誌,   2010年03月25日
  • 有害大気汚染物質の健康リスク評価について, 奥村二郎, 近畿大学医学雑誌,   2009年03月25日
  • 諸外国におけるアスベストの室内環境基準に関する調査研究, 東賢一, 内山巌雄, 池田耕一, 小畑美知夫, 奥村二郎, 日本衛生学雑誌,   2008年03月
  • 文部科学省におけるトランスレーショナルリサーチ(TR)の取組, 奥村二郎, 再生医療,   2005年02月10日
  • 都道府県医療計画における第3次医療法改正の行政効果について, 奥村二郎, 日本公衆衛生学会総会抄録集,   1999年10月15日
  • 休養・保養施策とストレス対策, 奥村二郎, ストレス科学,   1997年10月
  • 変死体・異状死体の取扱いをめぐる諸問題厚生行政の立場から, 奥村二郎, 日本法医学雑誌,   1991年04月
  • 諸外国におけるアスベストの室内環境基準に関する調査研究, 東 賢一, 奥村 二郎, 日本衛生学会,   2008年03月, 日本衛生学会
  • 日本における中皮腫発症リスクの将来予測に関する研究, 明神大也, 東 賢一, 奥村 二郎, 日本衛生学会,   2008年03月, 日本衛生学会
  • Health Risks due to Asbestos Exposure in Indoor Environment in Japan: Risk Levels and Recommendations for Risk Management, 東 賢一, 奥村 二郎, Indoor Air Quality and Climate,   2008年07月, Indoor Air Quality and Climate
  • Evaluation and analysis of biological and personal monitoring for non-occupational exposure to para-dichlorobenzene in Japan, Murayama, R., 東 賢一, 奥村 二郎, Indoor Air Quality and Climate,   2008年08月, Indoor Air Quality and Climate
  • 日本における石綿の大気環境曝露による中皮腫死亡リスク, 東 賢一, 千葉 康敬, 奥村 二郎, 大気環境学会,   2008年09月, 大気環境学会
  • Quantitative Risk Assessment of Inhalation Exposure to Legionella Species in Residential Bathroom, 東 賢一, 奥村 二郎, Healthy Buildings,   2009年09月, Healthy Buildings
  • 対人援助職のバーンアウト研究に関する考察, 奥野 洋子, 東 賢一, 奥村 二郎, 日本公衆衛生学会,   2009年10月, 日本公衆衛生学会
  • Air Pollution and Health Risks: Indoor Pollutants and Environmental Asbestos in Japan, 東 賢一, 奥村 二郎,   2009年10月
  • 医療従事者のメンタルヘルス, 奥野 洋子, 東 賢一, 千葉 康敬, 人見 一彦, 奥村 二郎, 第67回近畿大学医学会学術講演会,   2009年12月, 第67回近畿大学医学会学術講演会
  • 就学前の子どもをもつ親のコミュニケーションスキルトレーニングに関する研究, 青野 明子, 萬羽 郁子, 奥野 洋子, 東 賢一, 奥村 二郎, 加藤 伸一, 日本公衆衛生学会,   2010年, 日本公衆衛生学会
  • 保育園における急性上気道炎の耳鼻咽喉科的な予防方法の検討, 加藤 伸一, 萬羽 郁子, 奥野 洋子, 東 賢一, 奥村 二郎, 青野 明子, 日本公衆衛生学会,   2010年, 日本公衆衛生学会
  • 関西地区の冬期の暖房状況と室内温熱環境に関する実測調査, 萬羽 郁子, 東 賢一, 千葉 康敬, 奥野 洋子, 奥村 二郎, 近畿大学医学会,   2010年, 近畿大学医学会
  • 就学前の子どもをもつ親のコミュニケーションスキルトレーニングの効果に関する研究, 青野 明子, 萬羽 郁子, 奥野 洋子, 東 賢一, 奥村 二郎, 日本公衆衛生学会,   2011年, 日本公衆衛生学会
  • 就学前の子どもをもつ親のコミュニケーションスキルに関する要因, 青野 明子, 萬羽 郁子, 奥野 洋子, 東 賢一, 奥村 二郎, 日本公衆衛生学会,   2012年, 日本公衆衛生学会
  • 就学前の子どもをもつ親のコミュニケーションスキルトレーニングの効果に関する研究, 青野 明子, 萬羽 郁子, 東 賢一, 奥村 二郎, 奥野 洋子, 近畿大学医学会,   2013年, 近畿大学医学会

MISC

  • 化学物質過敏症患者の揮発性有機化合物への曝露と症状との関係について, 奥村 二郎, 39, 21A, 3, 4,   2014年12月
  • 職業性アレルギー疾患診療ガイドライン発刊についてⅦ法律的側面, 奥村二郎、東賢一、萬羽郁子、水越厚史, 21, 5, 816, 822,   2014年04月, 査読有り, 招待有り
  • 建築物における貯水槽の衛生的管理に関する研究, 大高道也, 東 賢一, 奥村 二郎, 平成19年度厚生労働科学研究費補助金特別研究事業, 7, 62,   2008年03月
  • 国師国家試験出題基準, 奥村 二郎,   2012年04月