KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

光冨 徹哉ミツドミ テツヤ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位医学博士
専門呼吸器外科学  肺癌の診断治療臨床分子生物学
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/762-mitsudomi-tetsuya.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70209807.ja.html
メールアドレスmitsudom[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    肺癌の診断と治療、特に外科治療および分子標的治療を専門としています。肺癌の遺伝子変異に基づく個別化医療を実践することで最小の負担で最大の治療効果をあげることを目標にしています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2016/4/28
     産経新聞
     高額薬の費用対効果について
    ●2014/11/22
     BS朝日「最新医療~肺がんを考える~」
     肺がんの個別化治療について

学歴・経歴

経歴

  •   2012年05月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   1995年10月,  - 2012年04月, 愛知県がんセンター(部長/研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 胸部外科学
  • 境界医学, 病態検査学
  • 基礎医学, 人体病理学
  • 外科系臨床医学, 外科学一般

研究キーワード

  • 肺癌, 腺癌, p53, 予後因子, 分子標的治療, 獲得耐性, EGFR, TTF-1, 遺伝子変異, 個別化医療, p53遺伝子, K-ras, 腫瘍抑制遺伝子, 癌遺伝子, 遺伝子増幅, 上皮成長因子受容体(EGFR), microsatellite polymorphism, LOH, EGFR変異肺癌, HER2, ELISA, PIK3CA, 喫煙, 上皮成長因子受容体, 神経内分泌マーカー, 免疫組織化学, データベース, 9p, 感受性因子, Peutz-Jeghers syndrome

論文

  • Overcoming resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors in lung cancer, focusing on non-T790M mechanisms., Suda K, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR, Expert review of anticancer therapy, 17, 9, 779, 786,   2017年09月, 査読有り
  • Plasma ctDNA Analysis for Detection of the EGFR T790M Mutation in Patients with Advanced Non-Small Cell Lung Cancer., Jenkins S, Yang JC, Ramalingam SS, Yu K, Patel S, Weston S, Hodge R, Cantarini M, Jänne PA, Mitsudomi T, Goss GD, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 12, 7, 1061, 1070,   2017年07月, 査読有り
  • Alectinib versus crizotinib in patients with ALK-positive non-small-cell lung cancer (J-ALEX): an open-label, randomised phase 3 trial., Hida T, Nokihara H, Kondo M, Kim YH, Azuma K, Seto T, Takiguchi Y, Nishio M, Yoshioka H, Imamura F, Hotta K, Watanabe S, Goto K, Satouchi M, Kozuki T, Shukuya T, Nakagawa K, Mitsudomi T, Yamamoto N, Asakawa T, Asabe R, Tanaka T, Tamura T, Lancet (London, England), 390, 10089, 29, 39,   2017年07月, 査読有り
  • Therapy-induced E-cadherin downregulation alters expression of programmed death ligand-1 in lung cancer cells., Suda K, Rozeboom L, Rivard CJ, Yu H, Ellison K, Melnick MAC, Hinz TK, Chan D, Heasley LE, Politi K, Mitsudomi T, Hirsch FR, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 109, 1, 8,   2017年07月, 査読有り
  • A Randomized Phase II Study Comparing Nivolumab With Carboplatin-Pemetrexed for Patients With EGFR Mutation-Positive Nonsquamous Non-Small-Cell Lung Cancer Who Acquire Resistance to Tyrosine Kinase Inhibitors Not Due to a Secondary T790M Mutation: Rationa, Hayashi H, Chiba Y, Sakai K, Fujita T, Yoshioka H, Sakai D, Kitagawa C, Naito T, Takeda K, Okamoto I, Mitsudomi T, Kawakami Y, Nishio K, Nakamura S, Yamamoto N, Nakagawa K, Clinical lung cancer,   2017年05月, 査読有り
  • Efficacy of irreversible EGFR-TKIs for the uncommon secondary resistant EGFR mutations L747S, D761Y, and T854A., Chiba M, Togashi Y, Bannno E, Kobayashi Y, Nakamura Y, Hayashi H, Terashima M, De Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Mitsudomi T, Nishio K, BMC cancer, 17, 1, 281,   2017年04月, 査読有り
  • Tumor Immune Microenvironment and Nivolumab Efficacy in EGFR Mutation-Positive Non-Small Cell Lung Cancer Based on T790M Status after Disease Progression During EGFR-TKI Treatment., Haratani K, Hayashi H, Tanaka T, Kaneda H, Togashi Y, Sakai K, Hayashi K, Tomida S, Chiba Y, Yonesaka K, Nonagase Y, Takahama T, Tanizaki J, Tanaka K, Yoshida T, Tanimura K, Takeda M, Yoshioka H, Ishida T, Mitsudomi T, Nishio K, Nakagawa K, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology,   2017年04月, 査読有り
  • LBA2_PR: Osimertinib (AZD9291) in pre-treated pts with T790M-positive advanced NSCLC: updated Phase 1 (P1) and pooled Phase 2 (P2) results., Yang J, Ramalingam SS, Jänne PA, Cantarini M, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 11, 4 Suppl, S152, 3,   2016年04月, 査読有り
  • 134O_PR: Plasma ctDNA analysis for detection of EGFR T790M mutation in patients (pts) with EGFR mutation-positive advanced non-small cell lung cancer (aNSCLC)., Jenkins S, Yang J, Ramalingam S, Yu K, Patel S, Weston S, Lawrance R, Cantarini M, Jänne P, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 11, 4 Suppl, S153, 4,   2016年04月, 査読有り
  • Clinical application of amplicon-based next-generation sequencing to therapeutic decision making in lung cancer., Takeda M, Sakai K, Terashima M, Kaneda H, Hayashi H, Tanaka K, Okamoto K, Takahama T, Yoshida T, Iwasa T, Shimizu T, Nonagase Y, Kudo K, Tomida S, Mitsudomi T, Saigo K, Ito A, Nakagawa K, Nishio K, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 26, 12, 2477, 2482,   2015年12月, 査読有り
  • A randomized, double-blind, placebo-controlled, phase III trial of erlotinib with or without a c-Met inhibitor tivantinib (ARQ 197) in Asian patients with previously treated stage IIIB/IV nonsquamous nonsmall-cell lung cancer harboring wild-type epidermal, Yoshioka H, Azuma K, Yamamoto N, Takahashi T, Nishio M, Katakami N, Ahn MJ, Hirashima T, Maemondo M, Kim SW, Kurosaki M, Akinaga S, Park K, Tsai CM, Tamura T, Mitsudomi T, Nakagawa K, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 26, 10, 2066, 2072,   2015年10月, 査読有り
  • An activating ALK gene mutation in ALK IHC-positive/FISH-negative nonsmall-cell lung cancer., Togashi Y, Mizuuchi H, Kobayashi Y, Hayashi H, Terashima M, Sakai K, Banno E, Mizukami T, Nakamura Y, de Velasco MA, Fujita Y, Tomida S, Mitsudomi T, Nishio K, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 26, 8, 1800, 1801,   2015年08月, 査読有り
  • Genetic features of pulmonary adenocarcinoma presenting with ground-glass nodules: the differences between nodules with and without growth., Kobayashi Y, Mitsudomi T, Sakao Y, Yatabe Y, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 26, 1, 156, 161,   2015年01月, 査読有り
  • Time to first cigarette and lung cancer risk in Japan., Ito H, Gallus S, Hosono S, Oze I, Fukumoto K, Yatabe Y, Hida T, Mitsudomi T, Negri E, Yokoi K, Tajima K, La Vecchia C, Tanaka H, Matsuo K, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 24, 11, 2870, 2875,   2013年11月, 査読有り
  • Akt kinase-interacting protein1, a novel therapeutic target for lung cancer with EGFR-activating and gatekeeper mutations., Yamada T, Takeuchi S, Fujita N, Nakamura A, Wang W, Li Q, Oda M, Mitsudomi T, Yatabe Y, Sekido Y, Yoshida J, Higashiyama M, Noguchi M, Uehara H, Nishioka Y, Sone S, Yano S, Oncogene, 32, 37, 4427, 4435,   2013年09月, 査読有り
  • An evaluation study of EGFR mutation tests utilized for non-small-cell lung cancer in the diagnostic setting., Goto K, Satouchi M, Ishii G, Nishio K, Hagiwara K, Mitsudomi T, Whiteley J, Donald E, McCormack R, Todo T, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 23, 11, 2914, 2919,   2012年11月, 査読有り
  • Molecular lesions as targets for diagnosis and therapy of lung cancer., Mitsudomi T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 29 Suppl 1, 112, 116,   2002年02月, 査読有り
  • Identification of an epitope from the epithelial cell adhesion molecule eliciting HLA-A*2402-restricted cytotoxic T-lymphocyte responses., Tajima K, Demachi A, Ito Y, Nishida K, Akatsuka Y, Tsujimura K, Kuwano H, Mitsudomi T, Takahashi T, Kuzushima K, Tissue antigens, 64, 6, 650, 659,   2004年12月, 査読有り
  • Aberrant hypermethylation of the CHFR prophase checkpoint gene in human lung cancers., Mizuno K, Osada H, Konishi H, Tatematsu Y, Yatabe Y, Mitsudomi T, Fujii Y, Takahashi T, Oncogene, 21, 15, 2328, 2333,   2002年04月, 査読有り
  • Significant up-regulation of a novel gene, CLCP1, in a highly metastatic lung cancer subline as well as in lung cancers in vivo., Koshikawa K, Osada H, Kozaki K, Konishi H, Masuda A, Tatematsu Y, Mitsudomi T, Nakao A, Takahashi T, Oncogene, 21, 18, 2822, 2828,   2002年04月, 査読有り
  • A prematurely terminated phase III trial of intraoperative intrapleural hypotonic cisplatin treatment in patients with resected non-small cell lung cancer with positive pleural lavage cytology: the incidence of carcinomatous pleuritis after surgical inter, Ichinose Y, Tsuchiya R, Koike T, Yasumitsu T, Nakamura K, Tada H, Yoshimura H, Mitsudomi T, Nakagawa K, Yokoi K, Kato H, The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 123, 4, 695, 699,   2002年04月, 査読有り
  • NAD(P)H: quinone oxidoreductase 1 (NQO1) C609T polymorphism and the risk of eight cancers for Japanese., Hamajima N, Matsuo K, Iwata H, Shinoda M, Yamamura Y, Kato T, Hatooka S, Mitsudomi T, Suyama M, Kagami Y, Ogura M, Ando M, Sugimura Y, Tajima K, International journal of clinical oncology, 7, 2, 103, 108,   2002年04月, 査読有り
  • [Molecular diagnosis in lung cancer]., Mitsudomi T, Oyama T, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 60 Suppl 5, 233, 237,   2002年05月, 査読有り
  • [Molecular abnormalities in lung cancer]., Shimizu S, Mitsudomi T, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 60 Suppl 5, 73, 77,   2002年05月, 査読有り
  • A limited association of OGG1 Ser326Cys polymorphism for adenocarcinoma of the lung., Ito H, Hamajima N, Takezaki T, Matsuo K, Tajima K, Hatooka S, Mitsudomi T, Suyama M, Sato S, Ueda R, Journal of epidemiology, 12, 3, 258, 265,   2002年05月, 査読有り
  • TTF-1 expression in pulmonary adenocarcinomas., Yatabe Y, Mitsudomi T, Takahashi T, The American journal of surgical pathology, 26, 6, 767, 773,   2002年06月, 査読有り
  • Decreased expression of 14-3-3sigma in neuroendocrine tumors is independent of origin and malignant potential., Yatabe Y, Osada H, Tatematsu Y, Mitsudomi T, Takahashi T, Oncogene, 21, 54, 8310, 8319,   2002年11月, 査読有り
  • Association of a polymorphism of the phospholipase D2 gene with the prevalence of colorectal cancer., Yamada Y, Hamajima N, Kato T, Iwata H, Yamamura Y, Shinoda M, Suyama M, Mitsudomi T, Tajima K, Kusakabe S, Yoshida H, Banno Y, Akao Y, Tanaka M, Nozawa Y, Journal of molecular medicine (Berlin, Germany), 81, 2, 126, 131,   2003年02月, 査読有り
  • Different risk relations with smoking for non-small-cell lung cancer: comparison of TP53 and TP73 genotypes., Hiraki A, Matsuo K, Hamajima N, Ito H, Hatooka S, Suyama M, Mitsudomi T, Tajima K, Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP, 4, 2, 107, 112,   2003年04月, 査読有り
  • Prognostic models in patients with non-small-cell lung cancer using artificial neural networks in comparison with logistic regression., Hanai T, Yatabe Y, Nakayama Y, Takahashi T, Honda H, Mitsudomi T, Kobayashi T, Cancer science, 94, 5, 473, 477,   2003年05月, 査読有り
  • RASSF1A gene inactivation in non-small cell lung cancer and its clinical implication., Endoh H, Yatabe Y, Shimizu S, Tajima K, Kuwano H, Takahashi T, Mitsudomi T, International journal of cancer, 106, 1, 45, 51,   2003年08月, 査読有り
  • Expression of cancer/testis (CT) antigens in lung cancer., Tajima K, Obata Y, Tamaki H, Yoshida M, Chen YT, Scanlan MJ, Old LJ, Kuwano H, Takahashi T, Takahashi T, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 42, 1, 23, 33,   2003年10月, 査読有り
  • The sensitivity of lung cancer cell lines to the EGFR-selective tyrosine kinase inhibitor ZD1839 ('Iressa') is not related to the expression of EGFR or HER-2 or to K-ras gene status., Suzuki T, Nakagawa T, Endo H, Mitsudomi T, Masuda A, Yatabe Y, Sugiura T, Takahashi T, Hida T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 42, 1, 35, 41,   2003年10月, 査読有り
  • Analysis of beta-tubulin gene alteration in human lung cancer cell lines., Achiwa H, Sato S, Shimizu S, Maeda H, Niimi T, Takahashi T, Ueda R, Mitsudomi T, Cancer letters, 201, 2, 211, 216,   2003年11月, 査読有り
  • Prognostic model of pulmonary adenocarcinoma by expression profiling of eight genes as determined by quantitative real-time reverse transcriptase polymerase chain reaction., Endoh H, Tomida S, Yatabe Y, Konishi H, Osada H, Tajima K, Kuwano H, Takahashi T, Mitsudomi T, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 22, 5, 811, 819,   2004年03月, 査読有り
  • Maspin expression in normal lung and non-small-cell lung cancers: cellular property-associated expression under the control of promoter DNA methylation., Yatabe Y, Mitsudomi T, Takahashi T, Oncogene, 23, 23, 4041, 4049,   2004年05月, 査読有り
  • Identification of MGB1 as a marker in the differential diagnosis of lung tumors in patients with a history of breast cancer by analysis of publicly available SAGE data., Koga T, Horio Y, Mitsudomi T, Takahashi T, Yatabe Y, The Journal of molecular diagnostics : JMD, 6, 2, 90, 95,   2004年05月, 査読有り
  • Interferon-gamma differentially regulates susceptibility of lung cancer cells to telomerase-specific cytotoxic T lymphocytes., Tajima K, Ito Y, Demachi A, Nishida K, Akatsuka Y, Tsujimura K, Hida T, Morishima Y, Kuwano H, Mitsudomi T, Takahashi T, Kuzushima K, International journal of cancer, 110, 3, 403, 412,   2004年06月, 査読有り
  • CK20 expression, CDX2 expression, K-ras mutation, and goblet cell morphology in a subset of lung adenocarcinomas., Yatabe Y, Koga T, Mitsudomi T, Takahashi T, The Journal of pathology, 203, 2, 645, 652,   2004年06月, 査読有り
  • Reduced expression of the let-7 microRNAs in human lung cancers in association with shortened postoperative survival., Takamizawa J, Konishi H, Yanagisawa K, Tomida S, Osada H, Endoh H, Harano T, Yatabe Y, Nagino M, Nimura Y, Mitsudomi T, Takahashi T, Cancer research, 64, 11, 3753, 3756,   2004年06月, 査読有り
  • Gene expression-based, individualized outcome prediction for surgically treated lung cancer patients., Tomida S, Koshikawa K, Yatabe Y, Harano T, Ogura N, Mitsudomi T, Some M, Yanagisawa K, Takahashi T, Osada H, Takahashi T, Oncogene, 23, 31, 5360, 5370,   2004年07月, 査読有り
  • Gene-environment interactions between the smoking habit and polymorphisms in the DNA repair genes, APE1 Asp148Glu and XRCC1 Arg399Gln, in Japanese lung cancer risk., Ito H, Matsuo K, Hamajima N, Mitsudomi T, Sugiura T, Saito T, Yasue T, Lee KM, Kang D, Yoo KY, Sato S, Ueda R, Tajima K, Carcinogenesis, 25, 8, 1395, 1401,   2004年08月, 査読有り
  • Reduced expression of class II histone deacetylase genes is associated with poor prognosis in lung cancer patients., Osada H, Tatematsu Y, Saito H, Yatabe Y, Mitsudomi T, Takahashi T, International journal of cancer, 112, 1, 26, 32,   2004年10月, 査読有り
  • Mutations of the epidermal growth factor receptor gene in lung cancer: biological and clinical implications., Kosaka T, Yatabe Y, Endoh H, Kuwano H, Takahashi T, Mitsudomi T, Cancer research, 64, 24, 8919, 8923,   2004年12月, 査読有り
  • Throwing new light on lung cancer pathogenesis: updates on three recent topics., Tomida S, Yatabe Y, Yanagisawa K, Mitsudomi T, Takahashi T, Cancer science, 96, 2, 63, 68,   2005年02月, 査読有り
  • Reduced expression of Dicer associated with poor prognosis in lung cancer patients., Karube Y, Tanaka H, Osada H, Tomida S, Tatematsu Y, Yanagisawa K, Yatabe Y, Takamizawa J, Miyoshi S, Mitsudomi T, Takahashi T, Cancer science, 96, 2, 111, 115,   2005年02月, 査読有り
  • Mutations of the epidermal growth factor receptor gene predict prolonged survival after gefitinib treatment in patients with non-small-cell lung cancer with postoperative recurrence., Mitsudomi T, Kosaka T, Endoh H, Horio Y, Hida T, Mori S, Hatooka S, Shinoda M, Takahashi T, Yatabe Y, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 23, 11, 2513, 2520,   2005年04月, 査読有り
  • EGFR mutation is specific for terminal respiratory unit type adenocarcinoma., Yatabe Y, Kosaka T, Takahashi T, Mitsudomi T, The American journal of surgical pathology, 29, 5, 633, 639,   2005年05月, 査読有り
  • EGFR mutation and response of lung cancer to gefitinib., Toyooka S, Kiura K, Mitsudomi T, The New England journal of medicine, 352, 20, 2136; author reply 2136,   2005年05月, 査読有り
  • [Translational research on lung cancer--EGFR gene mutation]., Kosaka T, Endoh H, Yatabe Y, Mitsudomi T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 32, 6, 750, 758,   2005年06月, 査読有り
  • Polymorphism of dihydropyrimidine dehydrogenase (DPYD) Cys29Arg and risk of six malignancies in Japanese., Tanaka D, Hishida A, Matsuo K, Iwata H, Shinoda M, Yamamura Y, Kato T, Hatooka S, Mitsudomi T, Kagami Y, Ogura M, Tajima K, Suyama M, Naito M, Yamamoto K, Tamakoshi A, Hamajima N, Nagoya journal of medical science, 67, 3-4, 117, 124,   2005年06月, 査読有り
  • [Molecular targeted therapy--non-small-cell lung cancer and gefitinib]., Shimizu J, Horio Y, Mitsudomi T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 32, 12, 1879, 1885,   2005年11月, 査読有り
  • Significance of the number of positive lymph nodes in resected non-small cell lung cancer., Fukui T, Mori S, Yokoi K, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 1, 2, 120, 125,   2006年02月, 査読有り
  • Mutations of epidermal growth factor receptor and K-ras genes in adenosquamous carcinoma of the lung., Toyooka S, Yatabe Y, Tokumo M, Ichimura K, Asano H, Tomii K, Aoe M, Yanai H, Date H, Mitsudomi T, Shimizu N, International journal of cancer, 118, 6, 1588, 1590,   2006年03月, 査読有り
  • EGFR mutations in patients with brain metastases from lung cancer: association with the efficacy of gefitinib., Shimato S, Mitsudomi T, Kosaka T, Yatabe Y, Wakabayashi T, Mizuno M, Nakahara N, Hatano H, Natsume A, Ishii D, Yoshida J, Neuro-oncology, 8, 2, 137, 144,   2006年04月, 査読有り
  • Expression profile-defined classification of lung adenocarcinoma shows close relationship with underlying major genetic changes and clinicopathologic behaviors., Takeuchi T, Tomida S, Yatabe Y, Kosaka T, Osada H, Yanagisawa K, Mitsudomi T, Takahashi T, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 24, 11, 1679, 1688,   2006年04月, 査読有り
  • Biological and clinical implications of EGFR mutations in lung cancer., Mitsudomi T, Kosaka T, Yatabe Y, International journal of clinical oncology, 11, 3, 190, 198,   2006年06月, 査読有り
  • A rapid, sensitive assay to detect EGFR mutation in small biopsy specimens from lung cancer., Yatabe Y, Hida T, Horio Y, Kosaka T, Takahashi T, Mitsudomi T, The Journal of molecular diagnostics : JMD, 8, 3, 335, 341,   2006年07月, 査読有り
  • Clinical aspects of multimodality therapy for resectable locoregional esophageal cancer., Shinoda M, Hatooka S, Mori S, Mitsudomi T, Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia, 12, 4, 234, 241,   2006年08月, 査読有り
  • PTEN and PIK3CA expression is associated with prolonged survival after gefitinib treatment in EGFR-mutated lung cancer patients., Endoh H, Yatabe Y, Kosaka T, Kuwano H, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 1, 7, 629, 634,   2006年09月, 査読有り
  • Analysis of epidermal growth factor receptor gene mutation in patients with non-small cell lung cancer and acquired resistance to gefitinib., Kosaka T, Yatabe Y, Endoh H, Yoshida K, Hida T, Tsuboi M, Tada H, Kuwano H, Mitsudomi T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 12, 19, 5764, 5769,   2006年10月, 査読有り
  • Risk factors differ for non-small-cell lung cancers with and without EGFR mutation: assessment of smoking and sex by a case-control study in Japanese., Matsuo K, Ito H, Yatabe Y, Hiraki A, Hirose K, Wakai K, Kosaka T, Suzuki T, Tajima K, Mitsudomi T, Cancer science, 98, 1, 96, 101,   2007年01月, 査読有り
  • Prospective validation for prediction of gefitinib sensitivity by epidermal growth factor receptor gene mutation in patients with non-small cell lung cancer., Yoshida K, Yatabe Y, Park JY, Shimizu J, Horio Y, Matsuo K, Kosaka T, Mitsudomi T, Hida T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 2, 1, 22, 28,   2007年01月, 査読有り
  • Neuroendocrine tumor metastasis to the thyroid gland., Yamada H, Hasegawa Y, Mitsudomi T, Nakashima T, Yatabe Y, International journal of clinical oncology, 12, 1, 63, 67,   2007年02月, 査読有り
  • Genomic profiling of malignant pleural mesothelioma with array-based comparative genomic hybridization shows frequent non-random chromosomal alteration regions including JUN amplification on 1p32., Taniguchi T, Karnan S, Fukui T, Yokoyama T, Tagawa H, Yokoi K, Ueda Y, Mitsudomi T, Horio Y, Hida T, Yatabe Y, Seto M, Sekido Y, Cancer science, 98, 3, 438, 446,   2007年03月, 査読有り
  • The effect of gefitinib on B-RAF mutant non-small cell lung cancer and transfectants., Toyooka S, Uchida A, Shigematsu H, Soh J, Ogino A, Takata M, Kiura K, Ouchida M, Kosaka T, Aoe M, Mitsudomi T, Date H, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 2, 4, 321, 324,   2007年04月, 査読有り
  • MET amplification leads to gefitinib resistance in lung cancer by activating ERBB3 signaling., Engelman JA, Zejnullahu K, Mitsudomi T, Song Y, Hyland C, Park JO, Lindeman N, Gale CM, Zhao X, Christensen J, Kosaka T, Holmes AJ, Rogers AM, Cappuzzo F, Mok T, Lee C, Johnson BE, Cantley LC, Jänne PA, Science (New York, N.Y.), 316, 5827, 1039, 1043,   2007年05月, 査読有り
  • Epidermal growth factor receptor mutations in lung cancers., Yatabe Y, Mitsudomi T, Pathology international, 57, 5, 233, 244,   2007年05月, 査読有り
  • Controversy about small peripheral lung adenocarcinomas: how should we manage them?, Fukui T, Sakakura N, Mori S, Hatooka S, Shinoda M, Yatabe Y, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 2, 6, 546, 552,   2007年06月, 査読有り
  • A 25-signal proteomic signature and outcome for patients with resected non-small-cell lung cancer., Yanagisawa K, Tomida S, Shimada Y, Yatabe Y, Mitsudomi T, Takahashi T, Journal of the National Cancer Institute, 99, 11, 858, 867,   2007年06月, 査読有り
  • Lineage-specific dependency of lung adenocarcinomas on the lung development regulator TTF-1., Tanaka H, Yanagisawa K, Shinjo K, Taguchi A, Maeno K, Tomida S, Shimada Y, Osada H, Kosaka T, Matsubara H, Mitsudomi T, Sekido Y, Tanimoto M, Yatabe Y, Takahashi T, Cancer research, 67, 13, 6007, 6011,   2007年07月, 査読有り
  • Impact of one-carbon metabolism-related gene polymorphisms on risk of lung cancer in Japan: a case control study., Suzuki T, Matsuo K, Hiraki A, Saito T, Sato S, Yatabe Y, Mitsudomi T, Hida T, Ueda R, Tajima K, Carcinogenesis, 28, 8, 1718, 1725,   2007年08月, 査読有り
  • [Gefitinib and epidermal growth factor receptor gene mutation]., Fukui T, Mitsudomi T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 34, 8, 1168, 1172,   2007年08月, 査読有り
  • Factors involved in lymph node metastasis in clinical stage I non-small cell lung cancer--from studies of 604 surgical cases., Fuwa N, Mitsudomi T, Daimon T, Yatabe Y, Shinoda M, Hatooka S, Mori S, Fukui T, Inaba Y, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 57, 3, 311, 316,   2007年09月, 査読有り
  • The impact of sex and smoking status on the mutational spectrum of epidermal growth factor receptor gene in non small cell lung cancer., Toyooka S, Matsuo K, Shigematsu H, Kosaka T, Tokumo M, Yatabe Y, Ichihara S, Inukai M, Suehisa H, Soh J, Kiura K, Fong KM, Lee H, Wistuba II, Gazdar AF, Mitsudomi T, Date H, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 13, 19, 5763, 5768,   2007年10月, 査読有り
  • LKB1 gene mutations in Japanese lung cancer patients., Onozato R, Kosaka T, Achiwa H, Kuwano H, Takahashi T, Yatabe Y, Mitsudomi T, Cancer science, 98, 11, 1747, 1751,   2007年11月, 査読有り
  • Mutations of the epidermal growth factor receptor gene and related genes as determinants of epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors sensitivity in lung cancer., Mitsudomi T, Yatabe Y, Cancer science, 98, 12, 1817, 1824,   2007年12月, 査読有り
  • Phase II trial of preoperative chemoradiotherapy followed by surgical resection in patients with superior sulcus non-small-cell lung cancers: report of Japan Clinical Oncology Group trial 9806., Kunitoh H, Kato H, Tsuboi M, Shibata T, Asamura H, Ichinose Y, Katakami N, Nagai K, Mitsudomi T, Matsumura A, Nakagawa K, Tada H, Saijo N, Japan Clinical Oncology Group., Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 26, 4, 644, 649,   2008年02月, 査読有り
  • Epidermal growth factor receptor mutation, but not sex and smoking, is independently associated with favorable prognosis of gefitinib-treated patients with lung adenocarcinoma., Toyooka S, Takano T, Kosaka T, Hotta K, Matsuo K, Ichihara S, Fujiwara Y, Soh J, Otani H, Kiura K, Aoe K, Yatabe Y, Ohe Y, Mitsudomi T, Date H, Cancer science, 99, 2, 303, 308,   2008年02月, 査読有り
  • Predictors of survival in patients with bone metastasis of lung cancer., Sugiura H, Yamada K, Sugiura T, Hida T, Mitsudomi T, Clinical orthopaedics and related research, 466, 3, 729, 736,   2008年03月, 査読有り
  • Mutations in the epidermal growth factor receptor gene and effects of EGFR-tyrosine kinase inhibitors on lung cancers., Fukui T, Mitsudomi T, General thoracic and cardiovascular surgery, 56, 3, 97, 103,   2008年03月, 査読有り
  • Epidermal growth factor receptor gene amplification is acquired in association with tumor progression of EGFR-mutated lung cancer., Yatabe Y, Takahashi T, Mitsudomi T, Cancer research, 68, 7, 2106, 2111,   2008年04月, 査読有り
  • Soy consumption reduces the risk of non-small-cell lung cancers with epidermal growth factor receptor mutations among Japanese., Matsuo K, Hiraki A, Ito H, Kosaka T, Suzuki T, Hirose K, Wakai K, Yatabe Y, Mitsudomi T, Tajima K, Cancer science, 99, 6, 1202, 1208,   2008年06月, 査読有り
  • Increased prevalence of EGFR-mutant lung cancer in women and in East Asian populations: analysis of estrogen-related polymorphisms., Bell DW, Brannigan BW, Matsuo K, Finkelstein DM, Sordella R, Settleman J, Mitsudomi T, Haber DA, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 14, 13, 4079, 4084,   2008年07月, 査読有り
  • Subcategorization of resectable non-small cell lung cancer involving neighboring structures., Sakakura N, Mori S, Ishiguro F, Fukui T, Hatooka S, Shinoda M, Yokoi K, Mitsudomi T, The Annals of thoracic surgery, 86, 4, 1076, 83; discussion 1083,   2008年10月, 査読有り
  • Subcategorization of lung cancer based on tumor size and degree of visceral pleural invasion., Sakakura N, Mori S, Okuda K, Fukui T, Hatooka S, Shinoda M, Matsuo K, Yatabe Y, Yokoi K, Mitsudomi T, The Annals of thoracic surgery, 86, 4, 1084, 1090,   2008年10月, 査読有り
  • Epidermal growth factor receptor mutations in small cell lung cancer., Tatematsu A, Shimizu J, Murakami Y, Horio Y, Nakamura S, Hida T, Mitsudomi T, Yatabe Y, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 14, 19, 6092, 6096,   2008年10月, 査読有り
  • Hepatocyte growth factor induces gefitinib resistance of lung adenocarcinoma with epidermal growth factor receptor-activating mutations., Yano S, Wang W, Li Q, Matsumoto K, Sakurama H, Nakamura T, Ogino H, Kakiuchi S, Hanibuchi M, Nishioka Y, Uehara H, Mitsudomi T, Yatabe Y, Nakamura T, Sone S, Cancer research, 68, 22, 9479, 9487,   2008年11月, 査読有り
  • Prognostic evaluation based on a new TNM staging system proposed by the International Association for the Study of Lung Cancer for resected non-small cell lung cancers., Fukui T, Mori S, Hatooka S, Shinoda M, Mitsudomi T, The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 136, 5, 1343, 1348,   2008年11月, 査読有り
  • Stepwise examination for differential diagnosis of primary lung cancer and breast cancer relapse presenting as a solitary pulmonary nodule in patients after mastectomy., Okasaka T, Usami N, Mitsudomi T, Yatabe Y, Matsuo K, Yokoi K, Journal of surgical oncology, 98, 7, 510, 514,   2008年12月, 査読有り
  • EGFR T790M mutation: a double role in lung cancer cell survival?, Suda K, Onozato R, Yatabe Y, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 4, 1, 1, 4,   2009年01月, 査読有り
  • Activation of MET by gene amplification or by splice mutations deleting the juxtamembrane domain in primary resected lung cancers., Onozato R, Kosaka T, Kuwano H, Sekido Y, Yatabe Y, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 4, 1, 5, 11,   2009年01月, 査読有り
  • Prognostic implication of EGFR, KRAS, and TP53 gene mutations in a large cohort of Japanese patients with surgically treated lung adenocarcinoma., Kosaka T, Yatabe Y, Onozato R, Kuwano H, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 4, 1, 22, 29,   2009年01月, 査読有り
  • [Feasibility and response of gemcitabine and carboplatin biweekly combination chemotherapy for patients with postoperative recurrence non-small cell lung cancer]., Mori S, Kobayashi R, Okuda K, Ogawa S, Ishiguro F, Fukui T, Hatooka S, Shinoda M, Mitsudomi T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 36, 1, 57, 61,   2009年01月, 査読有り
  • Immunohistochemical analysis of phosphorylated epidermal growth factor receptor might provide a surrogate marker of EGFR mutation., Endoh H, Ishibashi Y, Yamaki E, Yoshida T, Yajima T, Kimura H, Kosaka T, Onozato R, Tanaka S, Mitsudomi T, Kuwano H, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 63, 2, 241, 246,   2009年02月, 査読有り
  • Impact of EGFR mutation analysis in non-small cell lung cancer., Yamamoto H, Toyooka S, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 63, 3, 315, 321,   2009年03月, 査読有り
  • EGFR and HER2 genomic gain in recurrent non-small cell lung cancer after surgery: impact on outcome to treatment with gefitinib and association with EGFR and KRAS mutations in a Japanese cohort., Varella-Garcia M, Mitsudomi T, Yatabe Y, Kosaka T, Nakajima E, Xavier AC, Skokan M, Zeng C, Franklin WA, Bunn PA Jr, Hirsch FR, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 4, 3, 318, 325,   2009年03月, 査読有り
  • Preoperative evaluation of the depth of chest wall invasion and the extent of combined resections in lung cancer patients., Kawaguchi K, Mori S, Usami N, Fukui T, Mitsudomi T, Yokoi K, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 64, 1, 41, 44,   2009年04月, 査読有り
  • Fluid drainage and air evacuation characteristics of Blake and conventional drains used after pulmonary resection., Sakakura N, Fukui T, Mori S, Hatooka S, Yokoi K, Mitsudomi T, The Annals of thoracic surgery, 87, 5, 1539, 1545,   2009年05月, 査読有り
  • Relationship of deregulated signaling converging onto mTOR with prognosis and classification of lung adenocarcinoma shown by two independent in silico analyses., Ebi H, Tomida S, Takeuchi T, Arima C, Sato T, Mitsudomi T, Yatabe Y, Osada H, Takahashi T, Cancer research, 69, 9, 4027, 4035,   2009年05月, 査読有り
  • Relapse-related molecular signature in lung adenocarcinomas identifies patients with dismal prognosis., Tomida S, Takeuchi T, Shimada Y, Arima C, Matsuo K, Mitsudomi T, Yatabe Y, Takahashi T, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 27, 17, 2793, 2799,   2009年06月, 査読有り
  • Combined survival analysis of prospective clinical trials of gefitinib for non-small cell lung cancer with EGFR mutations., Morita S, Okamoto I, Kobayashi K, Yamazaki K, Asahina H, Inoue A, Hagiwara K, Sunaga N, Yanagitani N, Hida T, Yoshida K, Hirashima T, Yasumoto K, Sugio K, Mitsudomi T, Fukuoka M, Nukiwa T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 15, 13, 4493, 4498,   2009年07月, 査読有り
  • [Small-molecule tyrosine kinase inhibitors of epidermal growth factor receptor (EGFR)]., Mitsudomi T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 36, 7, 1058, 1062,   2009年07月, 査読有り
  • Comparison of methods for placing and managing a silastic drain after pulmonary resection., Fukui T, Sakakura N, Kobayashi R, Katayama T, Ito S, Hatooka S, Mitsudomi T, Interactive cardiovascular and thoracic surgery, 9, 4, 645, 648,   2009年10月, 査読有り
  • Usefulness of cumulative smoking dose for identifying the EGFR mutation and patients with non-small-cell lung cancer for gefitinib treatment., Jida M, Toyooka S, Mitsudomi T, Takano T, Matsuo K, Hotta K, Tsukuda K, Kubo T, Yamamoto H, Yamane M, Oto T, Sano Y, Kiura K, Yatabe Y, Ohe Y, Date H, Miyoshi S, Cancer science, 100, 10, 1931, 1934,   2009年10月, 査読有り
  • Efficacy of erlotinib for brain and leptomeningeal metastases in patients with lung adenocarcinoma who showed initial good response to gefitinib., Katayama T, Shimizu J, Suda K, Onozato R, Fukui T, Ito S, Hatooka S, Sueda T, Hida T, Yatabe Y, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 4, 11, 1415, 1419,   2009年11月, 査読有り
  • Clinicopathological features of small-sized non-small cell lung cancer with mediastinal lymph node metastasis., Fukui T, Katayama T, Ito S, Abe T, Hatooka S, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 66, 3, 309, 313,   2009年12月, 査読有り
  • hOGG1 Ser326Cys polymorphism and risk of lung cancer by histological type., Okasaka T, Matsuo K, Suzuki T, Ito H, Hosono S, Kawase T, Watanabe M, Yatabe Y, Hida T, Mitsudomi T, Tanaka H, Yokoi K, Tajima K, Journal of human genetics, 54, 12, 739, 745,   2009年12月, 査読有り
  • Epidermal growth factor receptor in relation to tumor development: EGFR gene and cancer., Mitsudomi T, Yatabe Y, The FEBS journal, 277, 2, 301, 308,   2010年01月, 査読有り
  • Gefitinib versus cisplatin plus docetaxel in patients with non-small-cell lung cancer harbouring mutations of the epidermal growth factor receptor (WJTOG3405): an open label, randomised phase 3 trial., Mitsudomi T, Morita S, Yatabe Y, Negoro S, Okamoto I, Tsurutani J, Seto T, Satouchi M, Tada H, Hirashima T, Asami K, Katakami N, Takada M, Yoshioka H, Shibata K, Kudoh S, Shimizu E, Saito H, Toyooka S, Nakagawa K, Fukuoka M, West Japan Oncology Group., The Lancet. Oncology, 11, 2, 121, 128,   2010年02月, 査読有り
  • Advances in target therapy for lung cancer., Mitsudomi T, Japanese journal of clinical oncology, 40, 2, 101, 106,   2010年02月, 査読有り
  • Phase II study of erlotinib in Japanese patients with advanced non-small cell lung cancer., Takahashi T, Yamamoto N, Nukiwa T, Mori K, Tsuboi M, Horai T, Masuda N, Eguchi K, Mitsudomi T, Yokota S, Segawa Y, Ichinose Y, Fukuoka M, Saijo N, Anticancer research, 30, 2, 557, 563,   2010年02月, 査読有り
  • Biological and clinical significance of KRAS mutations in lung cancer: an oncogenic driver that contrasts with EGFR mutation., Suda K, Tomizawa K, Mitsudomi T, Cancer metastasis reviews, 29, 1, 49, 60,   2010年03月, 査読有り
  • Small peripheral lung adenocarcinoma: clinicopathological features and surgical treatment., Fukui T, Mitsudomi T, Surgery today, 40, 3, 191, 198,   2010年03月, 査読有り
  • Effect of selective lymph node dissection based on patterns of lobe-specific lymph node metastases on patient outcome in patients with resectable non-small cell lung cancer: a large-scale retrospective cohort study applying a propensity score., Ishiguro F, Matsuo K, Fukui T, Mori S, Hatooka S, Mitsudomi T, The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 139, 4, 1001, 1006,   2010年04月, 査読有り
  • Clinical outcomes of advanced non-small cell lung cancer patients screened for epidermal growth factor receptor gene mutations., Yoshida K, Yatabe Y, Park J, Ogawa S, Park JY, Shimizu J, Horio Y, Matsuo K, Mitsudomi T, Hida T, Journal of cancer research and clinical oncology, 136, 4, 527, 535,   2010年04月, 査読有り
  • Impact of smoking on lung cancer risk is stronger in those with the homozygous aldehyde dehydrogenase 2 null allele in a Japanese population., Park JY, Matsuo K, Suzuki T, Ito H, Hosono S, Kawase T, Watanabe M, Oze I, Hida T, Yatabe Y, Mitsudomi T, Takezaki T, Tajima K, Tanaka H, Carcinogenesis, 31, 4, 660, 665,   2010年04月, 査読有り
  • Molecular diagnosis of activating EGFR mutations in non-small cell lung cancer using mutation-specific antibodies for immunohistochemical analysis., Kawahara A, Yamamoto C, Nakashima K, Azuma K, Hattori S, Kashihara M, Aizawa H, Basaki Y, Kuwano M, Kage M, Mitsudomi T, Ono M, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 16, 12, 3163, 3170,   2010年06月, 査読有り
  • Immunohistochemical detection of EGFR mutation using mutation-specific antibodies in lung cancer., Kitamura A, Hosoda W, Sasaki E, Mitsudomi T, Yatabe Y, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 16, 13, 3349, 3355,   2010年07月, 査読有り
  • Serum carcinoembryonic antigen level as a surrogate marker for the evaluation of tumor response to chemotherapy in nonsmall cell lung cancer., Ishiguro F, Fukui T, Mori S, Katayama T, Sakakura N, Hatooka S, Mitsudomi T, Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia, 16, 4, 242, 247,   2010年08月, 査読有り
  • Rapid detection of the epidermal growth factor receptor mutation in non-small-cell lung cancer for analysis of acquired resistance using molecular beacons., Oh YH, Kim Y, Kim YP, Seo SW, Mitsudomi T, Ahn MJ, Park K, Kim HS, The Journal of molecular diagnostics : JMD, 12, 5, 644, 652,   2010年09月, 査読有り
  • Lung cancer working group report., Saijo N, Fukuoka M, Thongprasert S, Ichinose Y, Mitsudomi T, Mok TS, Ohe Y, Park K, Wu YL, Japanese journal of clinical oncology, 40 Suppl 1, i7, 12,   2010年09月, 査読有り
  • The emerging role of epidermal growth factor receptor (EGFR) inhibitors in first-line treatment for patients with advanced non-small cell lung cancer positive for EGFR mutations., Okamoto I, Mitsudomi T, Nakagawa K, Fukuoka M, Therapeutic advances in medical oncology, 2, 5, 301, 307,   2010年09月, 査読有り
  • EML4-ALK mutations in lung cancer that confer resistance to ALK inhibitors., Choi YL, Soda M, Yamashita Y, Ueno T, Takashima J, Nakajima T, Yatabe Y, Takeuchi K, Hamada T, Haruta H, Ishikawa Y, Kimura H, Mitsudomi T, Tanio Y, Mano H, ALK Lung Cancer Study Group., The New England journal of medicine, 363, 18, 1734, 1739,   2010年10月, 査読有り
  • Salvage surgery for advanced non-small cell lung cancer after response to gefitinib., Hishida T, Nagai K, Mitsudomi T, Yokoi K, Kondo H, Horinouchi H, Akiyama H, Nagayasu T, Tsuboi M, Japan Clinical Oncology Group., The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 140, 5, e69, 71,   2010年11月, 査読有り
  • Analysis of ERBB4 mutations and expression in japanese patients with lung cancer., Tomizawa K, Suda K, Onozato R, Kuwano H, Yatabe Y, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 5, 11, 1859, 1861,   2010年11月, 査読有り
  • Reciprocal and complementary role of MET amplification and EGFR T790M mutation in acquired resistance to kinase inhibitors in lung cancer., Suda K, Murakami I, Katayama T, Tomizawa K, Osada H, Sekido Y, Maehara Y, Yatabe Y, Mitsudomi T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 16, 22, 5489, 5498,   2010年11月, 査読有り
  • Validation of a nomogram for predicting overall survival after resection of pulmonary metastases from colorectal cancer at a single center., Kanemitsu Y, Kato T, Komori K, Fukui T, Mitsudomi T, World journal of surgery, 34, 12, 2973, 2978,   2010年12月, 査読有り
  • Effect of gefitinib on the survival of patients with recurrence of lung adenocarcinoma after surgery: a retrospective case-matching cohort study., Katayama T, Matsuo K, Kosaka T, Sueda T, Yatabe Y, Mitsudomi T, Surgical oncology, 19, 4, e144, 9,   2010年12月, 査読有り
  • Novel metastasis-related gene CIM functions in the regulation of multiple cellular stress-response pathways., Yanagisawa K, Konishi H, Arima C, Tomida S, Takeuchi T, Shimada Y, Yatabe Y, Mitsudomi T, Osada H, Takahashi T, Cancer research, 70, 23, 9949, 9958,   2010年12月, 査読有り
  • International association for the study of lung cancer/american thoracic society/european respiratory society international multidisciplinary classification of lung adenocarcinoma., Travis WD, Brambilla E, Noguchi M, Nicholson AG, Geisinger KR, Yatabe Y, Beer DG, Powell CA, Riely GJ, Van Schil PE, Garg K, Austin JH, Asamura H, Rusch VW, Hirsch FR, Scagliotti G, Mitsudomi T, Huber RM, Ishikawa Y, Jett J, Sanchez-Cespedes M, Sculier JP, Takahashi T, Tsuboi M, Vansteenkiste J, Wistuba I, Yang PC, Aberle D, Brambilla C, Flieder D, Franklin W, Gazdar A, Gould M, Hasleton P, Henderson D, Johnson B, Johnson D, Kerr K, Kuriyama K, Lee JS, Miller VA, Petersen I, Roggli V, Rosell R, Saijo N, Thunnissen E, Tsao M, Yankelewitz D, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 6, 2, 244, 285,   2011年02月, 査読有り
  • The Pharmacogenetic Rescue of Side-Lined Anticancer Drugs to the Front-Line: Gefitinib as a Case Example., Li-Wan-Po A, Farndon PA, Kobayashi S, Mitsudomi T, Potter VA, The Annals of pharmacotherapy, 45, 2, 263, 275,   2011年02月, 査読有り
  • Lung cancer in never smokers: change of a mindset in the molecular era., Lee YJ, Kim JH, Kim SK, Ha SJ, Mok TS, Mitsudomi T, Cho BC, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 72, 1, 9, 15,   2011年04月, 査読有り
  • A Screening Method for the ALK Fusion Gene in NSCLC., Murakami Y, Mitsudomi T, Yatabe Y, Frontiers in oncology, 2, 24,   2012年, 査読有り
  • A prospective radiological study of thin-section computed tomography to predict pathological noninvasiveness in peripheral clinical IA lung cancer (Japan Clinical Oncology Group 0201)., Suzuki K, Koike T, Asakawa T, Kusumoto M, Asamura H, Nagai K, Tada H, Mitsudomi T, Tsuboi M, Shibata T, Fukuda H, Kato H, Japan Lung Cancer Surgical Study Group (JCOG LCSSG)., Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 6, 4, 751, 756,   2011年04月, 査読有り
  • Epithelial to mesenchymal transition in an epidermal growth factor receptor-mutant lung cancer cell line with acquired resistance to erlotinib., Suda K, Tomizawa K, Fujii M, Murakami H, Osada H, Maehara Y, Yatabe Y, Sekido Y, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 6, 7, 1152, 1161,   2011年07月, 査読有り
  • Lung cancers unrelated to smoking: characterized by single oncogene addiction?, Suda K, Tomizawa K, Yatabe Y, Mitsudomi T, International journal of clinical oncology, 16, 4, 294, 305,   2011年08月, 査読有り
  • Heterogeneous distribution of EGFR mutations is extremely rare in lung adenocarcinoma., Yatabe Y, Matsuo K, Mitsudomi T, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 29, 22, 2972, 2977,   2011年08月, 査読有り
  • Hsp90 inhibition overcomes HGF-triggering resistance to EGFR-TKIs in EGFR-mutant lung cancer by decreasing client protein expression and angiogenesis., Koizumi H, Yamada T, Takeuchi S, Nakagawa T, Kita K, Nakamura T, Matsumoto K, Suda K, Mitsudomi T, Yano S, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 7, 7, 1078, 1085,   2012年07月, 査読有り
  • Erlotinib, gefitinib, or chemotherapy for EGFR mutation-positive lung cancer?, Mitsudomi T, The Lancet. Oncology, 12, 8, 710, 711,   2011年08月, 査読有り
  • Molecular oncology of lung cancer., Toyooka S, Mitsudomi T, Soh J, Aokage K, Yamane M, Oto T, Kiura K, Miyoshi S, General thoracic and cardiovascular surgery, 59, 8, 527, 537,   2011年08月, 査読有り
  • Prognostic and predictive implications of HER2/ERBB2/neu gene mutations in lung cancers., Tomizawa K, Suda K, Onozato R, Kosaka T, Endoh H, Sekido Y, Shigematsu H, Kuwano H, Yatabe Y, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 74, 1, 139, 144,   2011年10月, 査読有り
  • Combined therapy with mutant-selective EGFR inhibitor and Met kinase inhibitor for overcoming erlotinib resistance in EGFR-mutant lung cancer., Nakagawa T, Takeuchi S, Yamada T, Nanjo S, Ishikawa D, Sano T, Kita K, Nakamura T, Matsumoto K, Suda K, Mitsudomi T, Sekido Y, Uenaka T, Yano S, Molecular cancer therapeutics, 11, 10, 2149, 2157,   2012年10月, 査読有り
  • Knockdown of the epidermal growth factor receptor gene to investigate its therapeutic potential for the treatment of non-small-cell lung cancers., Shien K, Ueno T, Tsukuda K, Soh J, Suda K, Kubo T, Furukawa M, Muraoka T, Maki Y, Tanaka N, Yamamoto H, Kiura K, Mitsudomi T, Toyooka S, Miyoshi S, Clinical lung cancer, 13, 6, 488, 493,   2012年11月, 査読有り
  • [Effect of the continuous epidural saline infusion for patients with postdural puncture headache after pulmonary resection]., Katayama T, Hirai S, Hamanaka Y, Fukui T, Itou S, Hatooka S, Mitsudomi T, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 64, 12, 1071, 1075,   2011年11月, 査読有り
  • Hepatocyte growth factor expression in EGFR mutant lung cancer with intrinsic and acquired resistance to tyrosine kinase inhibitors in a Japanese cohort., Yano S, Yamada T, Takeuchi S, Tachibana K, Minami Y, Yatabe Y, Mitsudomi T, Tanaka H, Kimura T, Kudoh S, Nokihara H, Ohe Y, Yokota J, Uramoto H, Yasumoto K, Kiura K, Higashiyama M, Oda M, Saito H, Yoshida J, Kondoh K, Noguchi M, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 6, 12, 2011, 2017,   2011年12月, 査読有り
  • Highly sensitive detection of EGFR T790M mutation using colony hybridization predicts favorable prognosis of patients with lung cancer harboring activating EGFR mutation., Fujita Y, Suda K, Kimura H, Matsumoto K, Arao T, Nagai T, Saijo N, Yatabe Y, Mitsudomi T, Nishio K, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 7, 11, 1640, 1644,   2012年11月, 査読有り
  • A phase 3 study of induction treatment with concurrent chemoradiotherapy versus chemotherapy before surgery in patients with pathologically confirmed N2 stage IIIA nonsmall cell lung cancer (WJTOG9903)., Katakami N, Tada H, Mitsudomi T, Kudoh S, Senba H, Matsui K, Saka H, Kurata T, Nishimura Y, Fukuoka M, Cancer, 118, 24, 6126, 6135,   2012年12月, 査読有り
  • Association between a genome-wide association study-identified locus and the risk of lung cancer in Japanese population., Ito H, McKay JD, Hosono S, Hida T, Yatabe Y, Mitsudomi T, Brennan P, Tanaka H, Matsuo K, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 7, 5, 790, 798,   2012年05月, 査読有り
  • [Acquired resistance mechanisms to EGFR-TKIs in EGFR mutated lung cancers]., Suda K, Mitsudomi T, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 70 Suppl 8, 341, 345,   2012年11月, 査読有り
  • Acquired resistance mechanisms to tyrosine kinase inhibitors in lung cancer with activating epidermal growth factor receptor mutation--diversity, ductility, and destiny., Suda K, Mizuuchi H, Maehara Y, Mitsudomi T, Cancer metastasis reviews, 31, 3-4, 807, 814,   2012年12月, 査読有り
  • Patterns of recurrence and outcome in patients with surgically resected small cell lung cancer., Ogawa S, Horio Y, Yatabe Y, Fukui T, Ito S, Hasegawa Y, Mitsudomi T, Hida T, International journal of clinical oncology, 17, 3, 218, 224,   2012年06月, 査読有り
  • Conversion from the "oncogene addiction" to "drug addiction" by intensive inhibition of the EGFR and MET in lung cancer with activating EGFR mutation., Suda K, Tomizawa K, Osada H, Maehara Y, Yatabe Y, Sekido Y, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 76, 3, 292, 299,   2012年06月, 査読有り
  • Impact of age on epidermal growth factor receptor mutation in lung cancer., Ueno T, Toyooka S, Suda K, Soh J, Yatabe Y, Miyoshi S, Matsuo K, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 78, 3, 207, 211,   2012年12月, 査読有り
  • Clinicoradiologic characteristics of patients with lung adenocarcinoma harboring EML4-ALK fusion oncogene., Fukui T, Yatabe Y, Kobayashi Y, Tomizawa K, Ito S, Hatooka S, Matsuo K, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 77, 2, 319, 325,   2012年08月, 査読有り
  • Genome-wide association analysis identifies new lung cancer susceptibility loci in never-smoking women in Asia., Lan Q, Hsiung CA, Matsuo K, Hong YC, Seow A, Wang Z, Hosgood HD 3rd, Chen K, Wang JC, Chatterjee N, Hu W, Wong MP, Zheng W, Caporaso N, Park JY, Chen CJ, Kim YH, Kim YT, Landi MT, Shen H, Lawrence C, Burdett L, Yeager M, Yuenger J, Jacobs KB, Chang IS, Mitsudomi T, Kim HN, Chang GC, Bassig BA, Tucker M, Wei F, Yin Z, Wu C, An SJ, Qian B, Lee VH, Lu D, Liu J, Jeon HS, Hsiao CF, Sung JS, Kim JH, Gao YT, Tsai YH, Jung YJ, Guo H, Hu Z, Hutchinson A, Wang WC, Klein R, Chung CC, Oh IJ, Chen KY, Berndt SI, He X, Wu W, Chang J, Zhang XC, Huang MS, Zheng H, Wang J, Zhao X, Li Y, Choi JE, Su WC, Park KH, Sung SW, Shu XO, Chen YM, Liu L, Kang CH, Hu L, Chen CH, Pao W, Kim YC, Yang TY, Xu J, Guan P, Tan W, Su J, Wang CL, Li H, Sihoe AD, Zhao Z, Chen Y, Choi YY, Hung JY, Kim JS, Yoon HI, Cai Q, Lin CC, Park IK, Xu P, Dong J, Kim C, He Q, Perng RP, Kohno T, Kweon SS, Chen CY, Vermeulen R, Wu J, Lim WY, Chen KC, Chow WH, Ji BT, Chan JK, Chu M, Li YJ, Yokota J, Li J, Chen H, Xiang YB, Yu CJ, Kunitoh H, Wu G, Jin L, Lo YL, Shiraishi K, Chen YH, Lin HC, Wu T, Wu YL, Yang PC, Zhou B, Shin MH, Fraumeni JF Jr, Lin D, Chanock SJ, Rothman N, Nature genetics, 44, 12, 1330, 1335,   2012年12月, 査読有り
  • EGFR gene mutations: is it prognostic or predictive in surgically resected lung cancer?, Mitsudomi T, Tada H, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 7, 12, 1739, 1741,   2012年12月, 査読有り
  • Genetic and Prognostic Differences of Non-small Cell Lung Cancer between Elderly Patients and Younger Counterparts., Suda K, Tomizawa K, Mizuuchi H, Ito S, Kitahara H, Shimamatsu S, Kohno M, Yoshida T, Okamoto T, Maehara Y, Yatabe Y, Mitsudomi T, Aging and disease, 3, 6, 438, 443,   2012年12月, 査読有り
  • Development of personalized treatments in lung cancer: focusing on the EGFR mutations and beyond., Suda K, Mitsudomi T, Lung Cancer (Auckland, N.Z.), 4, 43, 53,   2013年, 査読有り
  • HNF4α as a marker for invasive mucinous adenocarcinoma of the lung., Sugano M, Nagasaka T, Sasaki E, Murakami Y, Hosoda W, Hida T, Mitsudomi T, Yatabe Y, The American journal of surgical pathology, 37, 2, 211, 218,   2013年02月, 査読有り
  • Epidermal growth factor receptor inhibition in lung cancer: status 2012., Hirsch FR, Jänne PA, Eberhardt WE, Cappuzzo F, Thatcher N, Pirker R, Choy H, Kim ES, Paz-Ares L, Gandara DR, Wu YL, Ahn MJ, Mitsudomi T, Shepherd FA, Mok TS, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 8, 3, 373, 384,   2013年03月, 査読有り
  • How long should small lung lesions of ground-glass opacity be followed?, Kobayashi Y, Fukui T, Ito S, Usami N, Hatooka S, Yatabe Y, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 8, 3, 309, 314,   2013年03月, 査読有り
  • [Driver gene mutation and targeted therapy of lung cancer]., Mitsudomi T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, 3, 285, 290,   2013年03月, 査読有り
  • Solitary pulmonary metastasis from lung cancer harboring EML4-ALK after a 15-year disease-free interval., Tomizawa K, Ito S, Suda K, Fukui T, Usami N, Hatooka S, Kuwano H, Yatabe Y, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 80, 1, 99, 101,   2013年04月, 査読有り
  • Surgery for NSCLC in the era of personalized medicine., Mitsudomi T, Suda K, Yatabe Y, Nature reviews. Clinical oncology, 10, 4, 235, 244,   2013年04月, 査読有り
  • Outcomes after hepatic and pulmonary metastasectomies compared with pulmonary metastasectomy alone in patients with colorectal cancer metastasis to liver and lungs., Hattori N, Kanemitsu Y, Komori K, Shimizu Y, Sano T, Senda Y, Mitsudomi T, Fukui T, World journal of surgery, 37, 6, 1315, 1321,   2013年06月, 査読有り
  • Personalized therapy on the horizon for squamous cell carcinoma of the lung., Kim HS, Mitsudomi T, Soo RA, Cho BC, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 80, 3, 249, 255,   2013年06月, 査読有り
  • Interstitial lung disease associated with gefitinib in Japanese patients with EGFR-mutated non-small-cell lung cancer: combined analysis of two Phase III trials (NEJ 002 and WJTOG 3405)., Akamatsu H, Inoue A, Mitsudomi T, Kobayashi K, Nakagawa K, Mori K, Nukiwa T, Nakanishi Y, Yamamoto N, Japanese journal of clinical oncology, 43, 6, 664, 668,   2013年06月, 査読有り
  • Radiographically determined noninvasive adenocarcinoma of the lung: survival outcomes of Japan Clinical Oncology Group 0201., Asamura H, Hishida T, Suzuki K, Koike T, Nakamura K, Kusumoto M, Nagai K, Tada H, Mitsudomi T, Tsuboi M, Shibata T, Fukuda H, Japan Clinical Oncology Group Lung Cancer Surgical Study Group., The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 146, 1, 24, 30,   2013年07月, 査読有り
  • Efficacy and safety of weekly nab-paclitaxel plus carboplatin in patients with advanced non-small cell lung cancer., Satouchi M, Okamoto I, Sakai H, Yamamoto N, Ichinose Y, Ohmatsu H, Nogami N, Takeda K, Mitsudomi T, Kasahara K, Negoro S, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 81, 1, 97, 101,   2013年07月, 査読有り
  • Transformation to sarcomatoid carcinoma in ALK-rearranged adenocarcinoma, which developed acquired resistance to crizotinib and received subsequent chemotherapies., Kobayashi Y, Sakao Y, Ito S, Park J, Kuroda H, Sakakura N, Usami N, Mitsudomi T, Yatabe Y, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 8, 8, e75, 8,   2013年08月, 査読有り
  • Paravertebral block via the surgical field versus epidural block for patients undergoing thoracotomy: a randomized clinical trial., Kobayashi R, Mori S, Wakai K, Fukumoto K, Saito T, Katayama T, Nakata J, Fukui T, Ito S, Abe T, Hatooka S, Hosoda R, Mitsudomi T, Surgery today, 43, 9, 963, 969,   2013年09月, 査読有り
  • Unintentional weakness of cancers: the MEK-ERK pathway as a double-edged sword., Suda K, Mitsudomi T, Molecular cancer research : MCR, 11, 10, 1125, 1128,   2013年10月, 査読有り
  • Management of ground-glass opacities: should all pulmonary lesions with ground-glass opacity be surgically resected?, Kobayashi Y, Mitsudomi T, Translational lung cancer research, 2, 5, 354, 363,   2013年10月, 査読有り
  • Pulmonary metastasectomy for gastric cancer: a 13-year single-institution experience., Kobayashi Y, Fukui T, Ito S, Shitara K, Ito S, Hatooka S, Mitsudomi T, Surgery today, 43, 12, 1382, 1389,   2013年12月, 査読有り
  • Successes and limitations of targeted cancer therapy in lung cancer., Suda K, Mitsudomi T, Progress in tumor research, 41, 62, 77,   2014年, 査読有り
  • Prognostic implication of predominant histologic subtypes of lymph node metastases in surgically resected lung adenocarcinoma., Suda K, Sato K, Shimizu S, Tomizawa K, Takemoto T, Iwasaki T, Sakaguchi M, Mitsudomi T, BioMed research international, 2014, 645681,   2014年, 査読有り
  • RASSF3 downregulation increases malignant phenotypes of non-small cell lung cancer., Fukatsu A, Ishiguro F, Tanaka I, Kudo T, Nakagawa K, Shinjo K, Kondo Y, Fujii M, Hasegawa Y, Tomizawa K, Mitsudomi T, Osada H, Hata Y, Sekido Y, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 83, 1, 23, 29,   2014年01月, 査読有り
  • The association between baseline clinical-radiological characteristics and growth of pulmonary nodules with ground-glass opacity., Kobayashi Y, Sakao Y, Deshpande GA, Fukui T, Mizuno T, Kuroda H, Sakakura N, Usami N, Yatabe Y, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 83, 1, 61, 66,   2014年01月, 査読有り
  • Significance of the serum carcinoembryonic antigen level during the follow-up of patients with completely resected non-small-cell lung cancer., Ozeki N, Fukui T, Taniguchi T, Usami N, Kawaguchi K, Ito S, Sakao Y, Mitsudomi T, Hirakawa A, Yokoi K, European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery, 45, 4, 687, 692,   2014年04月, 査読有り
  • Impact and predictors of acute exacerbation of interstitial lung diseases after pulmonary resection for lung cancer., Sato T, Teramukai S, Kondo H, Watanabe A, Ebina M, Kishi K, Fujii Y, Mitsudomi T, Yoshimura M, Maniwa T, Suzuki K, Kataoka K, Sugiyama Y, Kondo T, Date H, Japanese Association for Chest Surgery., The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 147, 5, 1604, 1611.e3,   2014年05月, 査読有り
  • Risk assessment of perioperative mortality after pulmonary resection in patients with primary lung cancer: the 30- or 90-day mortality., Tomizawa K, Usami N, Fukumoto K, Sakakura N, Fukui T, Ito S, Hatooka S, Kuwano H, Mitsudomi T, Sakao Y, General thoracic and cardiovascular surgery, 62, 5, 308, 313,   2014年05月, 査読有り
  • [Development of molecular targeted therapies in lung cancers]., Suda K, Mitsudomi T, Nihon Geka Gakkai zasshi, 115, 3, 130, 136,   2014年05月, 査読有り
  • CRIPTO1 expression in EGFR-mutant NSCLC elicits intrinsic EGFR-inhibitor resistance., Park KS, Raffeld M, Moon YW, Xi L, Bianco C, Pham T, Lee LC, Mitsudomi T, Yatabe Y, Okamoto I, Subramaniam D, Mok T, Rosell R, Luo J, Salomon DS, Wang Y, Giaccone G, The Journal of clinical investigation, 124, 7, 3003, 3015,   2014年07月, 査読有り
  • The insulin-like growth factor 1 receptor causes acquired resistance to erlotinib in lung cancer cells with the wild-type epidermal growth factor receptor., Suda K, Mizuuchi H, Sato K, Takemoto T, Iwasaki T, Mitsudomi T, International journal of cancer, 135, 4, 1002, 1006,   2014年08月, 査読有り
  • CRKL amplification is rare as a mechanism for acquired resistance to kinase inhibitors in lung cancers with epidermal growth factor receptor mutation., Suda K, Mizuuchi H, Murakami I, Uramoto H, Tanaka F, Sato K, Takemoto T, Iwasaki T, Sekido Y, Yatabe Y, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 85, 2, 147, 151,   2014年08月, 査読有り
  • Molecular epidemiology of lung cancer and geographic variations with special reference to EGFR mutations., Mitsudomi T, Translational lung cancer research, 3, 4, 205, 211,   2014年08月, 査読有り
  • Recent evidence, advances, and current practices in surgical treatment of lung cancer., Suda K, Sato K, Mizuuchi H, Kobayashi Y, Shimoji M, Tomizawa K, Takemoto T, Iwasaki T, Sakaguchi M, Mitsudomi T, Respiratory investigation, 52, 6, 322, 329,   2014年11月, 査読有り
  • Dacomitinib: another option for EGFR-mutant lung cancer?, Mitsudomi T, The Lancet. Oncology, 15, 13, 1408, 1409,   2014年12月, 査読有り
  • Collateral chemoresistance to anti-microtubule agents in a lung cancer cell line with acquired resistance to erlotinib., Mizuuchi H, Suda K, Sato K, Tomida S, Fujita Y, Kobayashi Y, Maehara Y, Sekido Y, Nishio K, Mitsudomi T, PloS one, 10, 4, e0123901,   2015年, 査読有り
  • Lack of association between the BIM deletion polymorphism and the risk of lung cancer with and without EGFR mutations., Ebi H, Oze I, Nakagawa T, Ito H, Hosono S, Matsuda F, Takahashi M, Takeuchi S, Sakao Y, Hida T, Faber AC, Tanaka H, Yatabe Y, Mitsudomi T, Yano S, Matsuo K, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 10, 1, 59, 66,   2015年01月, 査読有り
  • Racial differences in lung cancer genetics., Suda K, Mitsudomi T, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 10, 2, 230, 231,   2015年02月, 査読有り
  • Afatinib is especially effective against non-small cell lung cancer carrying an EGFR exon 19 deletion., Banno E, Togashi Y, Kobayashi Y, Hayashi H, Mitsudomi T, Nishio K, Anticancer research, 35, 4, 2005, 2008,   2015年04月, 査読有り
  • Impact of Specific Epidermal Growth Factor Receptor (EGFR) Mutations and Clinical Characteristics on Outcomes After Treatment With EGFR Tyrosine Kinase Inhibitors Versus Chemotherapy in EGFR-Mutant Lung Cancer: A Meta-Analysis., Lee CK, Wu YL, Ding PN, Lord SJ, Inoue A, Zhou C, Mitsudomi T, Rosell R, Pavlakis N, Links M, Gebski V, Gralla RJ, Yang JC, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 33, 17, 1958, 1965,   2015年06月, 査読有り
  • Genetic variants associated with longer telomere length are associated with increased lung cancer risk among never-smoking women in Asia: a report from the female lung cancer consortium in Asia., Machiela MJ, Hsiung CA, Shu XO, Seow WJ, Wang Z, Matsuo K, Hong YC, Seow A, Wu C, Hosgood HD 3rd, Chen K, Wang JC, Wen W, Cawthon R, Chatterjee N, Hu W, Caporaso NE, Park JY, Chen CJ, Kim YH, Kim YT, Landi MT, Shen H, Lawrence C, Burdett L, Yeager M, Chang IS, Mitsudomi T, Kim HN, Chang GC, Bassig BA, Tucker M, Wei F, Yin Z, An SJ, Qian B, Lee VH, Lu D, Liu J, Jeon HS, Hsiao CF, Sung JS, Kim JH, Gao YT, Tsai YH, Jung YJ, Guo H, Hu Z, Hutchinson A, Wang WC, Klein RJ, Chung CC, Oh IJ, Chen KY, Berndt SI, Wu W, Chang J, Zhang XC, Huang MS, Zheng H, Wang J, Zhao X, Li Y, Choi JE, Su WC, Park KH, Sung SW, Chen YM, Liu L, Kang CH, Hu L, Chen CH, Pao W, Kim YC, Yang TY, Xu J, Guan P, Tan W, Su J, Wang CL, Li H, Sihoe AD, Zhao Z, Chen Y, Choi YY, Hung JY, Kim JS, Yoon HI, Cai Q, Lin CC, Park IK, Xu P, Dong J, Kim C, He Q, Perng RP, Kohno T, Kweon SS, Chen CY, Vermeulen RC, Wu J, Lim WY, Chen KC, Chow WH, Ji BT, Chan JK, Chu M, Li YJ, Yokota J, Li J, Chen H, Xiang YB, Yu CJ, Kunitoh H, Wu G, Jin L, Lo YL, Shiraishi K, Chen YH, Lin HC, Wu T, Wong MP, Wu YL, Yang PC, Zhou B, Shin MH, Fraumeni JF Jr, Zheng W, Lin D, Chanock SJ, Rothman N, Lan Q, International journal of cancer, 137, 2, 311, 319,   2015年07月, 査読有り
  • Role of EGFR mutations in lung cancers: prognosis and tumor chemosensitivity., Suda K, Mitsudomi T, Archives of toxicology, 89, 8, 1227, 1240,   2015年08月, 査読有り
  • Small cell lung cancer transformation and T790M mutation: complimentary roles in acquired resistance to kinase inhibitors in lung cancer., Suda K, Murakami I, Sakai K, Mizuuchi H, Shimizu S, Sato K, Tomizawa K, Tomida S, Yatabe Y, Nishio K, Mitsudomi T, Scientific reports, 5, 14447,   2015年09月, 査読有り
  • Surgical Outcomes of Lung Cancer in Patients with Combined Pulmonary Fibrosis and Emphysema., Mimae T, Suzuki K, Tsuboi M, Nagai K, Ikeda N, Mitsudomi T, Saji H, Okumura S, Okumura M, Yoshimura K, Okada M, Annals of surgical oncology, 22 Suppl 3, S1371, 9,   2015年12月, 査読有り
  • Progression after spontaneous regression in lung large cell neuroendocrine carcinoma: Report of a curative resection., Tomizawa K, Suda K, Takemoto T, Iwasaki T, Sakaguchi M, Kuwano H, Mitsudomi T, Thoracic cancer, 6, 5, 655, 658,   2015年09月, 査読有り
  • Prognosis and segment-specific nodal spread of primary lung cancer in the right lower lobe., Tomizawa K, Suda K, Takemoto T, Mizuno T, Kuroda H, Sakakura N, Iwasaki T, Sakaguchi M, Kuwano H, Mitsudomi T, Sakao Y, Thoracic cancer, 6, 6, 672, 677,   2015年11月, 査読有り
  • EGFR Exon 18 Mutations in Lung Cancer: Molecular Predictors of Augmented Sensitivity to Afatinib or Neratinib as Compared with First- or Third-Generation TKIs., Kobayashi Y, Togashi Y, Yatabe Y, Mizuuchi H, Jangchul P, Kondo C, Shimoji M, Sato K, Suda K, Tomizawa K, Takemoto T, Hida T, Nishio K, Mitsudomi T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 21, 23, 5305, 5313,   2015年12月, 査読有り
  • Randomized Phase II Study of Adjuvant Chemotherapy with Long-term S-1 versus Cisplatin+S-1 in Completely Resected Stage II-IIIA Non-Small Cell Lung Cancer., Iwamoto Y, Mitsudomi T, Sakai K, Yamanaka T, Yoshioka H, Takahama M, Yoshimura M, Yoshino I, Takeda M, Sugawara S, Kawaguchi T, Takahashi T, Ohta M, Ichinose Y, Atagi S, Okada M, Saka H, Nakagawa K, Nakanishi Y, Nishio K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 21, 23, 5245, 5252,   2015年12月, 査読有り
  • Analysis of Heritability and Shared Heritability Based on Genome-Wide Association Studies for Thirteen Cancer Types., Sampson JN, Wheeler WA, Yeager M, Panagiotou O, Wang Z, Berndt SI, Lan Q, Abnet CC, Amundadottir LT, Figueroa JD, Landi MT, Mirabello L, Savage SA, Taylor PR, De Vivo I, McGlynn KA, Purdue MP, Rajaraman P, Adami HO, Ahlbom A, Albanes D, Amary MF, An SJ, Andersson U, Andriole G Jr, Andrulis IL, Angelucci E, Ansell SM, Arici C, Armstrong BK, Arslan AA, Austin MA, Baris D, Barkauskas DA, Bassig BA, Becker N, Benavente Y, Benhamou S, Berg C, Van Den Berg D, Bernstein L, Bertrand KA, Birmann BM, Black A, Boeing H, Boffetta P, Boutron-Ruault MC, Bracci PM, Brinton L, Brooks-Wilson AR, Bueno-de-Mesquita HB, Burdett L, Buring J, Butler MA, Cai Q, Cancel-Tassin G, Canzian F, Carrato A, Carreon T, Carta A, Chan JK, Chang ET, Chang GC, Chang IS, Chang J, Chang-Claude J, Chen CJ, Chen CY, Chen C, Chen CH, Chen C, Chen H, Chen K, Chen KY, Chen KC, Chen Y, Chen YH, Chen YS, Chen YM, Chien LH, Chirlaque MD, Choi JE, Choi YY, Chow WH, Chung CC, Clavel J, Clavel-Chapelon F, Cocco P, Colt JS, Comperat E, Conde L, Connors JM, Conti D, Cortessis VK, Cotterchio M, Cozen W, Crouch S, Crous-Bou M, Cussenot O, Davis FG, Ding T, Diver WR, Dorronsoro M, Dossus L, Duell EJ, Ennas MG, Erickson RL, Feychting M, Flanagan AM, Foretova L, Fraumeni JF Jr, Freedman ND, Beane Freeman LE, Fuchs C, Gago-Dominguez M, Gallinger S, Gao YT, Gapstur SM, Garcia-Closas M, García-Closas R, Gascoyne RD, Gastier-Foster J, Gaudet MM, Gaziano JM, Giffen C, Giles GG, Giovannucci E, Glimelius B, Goggins M, Gokgoz N, Goldstein AM, Gorlick R, Gross M, Grubb R 3rd, Gu J, Guan P, Gunter M, Guo H, Habermann TM, Haiman CA, Halai D, Hallmans G, Hassan M, Hattinger C, He Q, He X, Helzlsouer K, Henderson B, Henriksson R, Hjalgrim H, Hoffman-Bolton J, Hohensee C, Holford TR, Holly EA, Hong YC, Hoover RN, Horn-Ross PL, Hosain GM, Hosgood HD 3rd, Hsiao CF, Hu N, Hu W, Hu Z, Huang MS, Huerta JM, Hung JY, Hutchinson A, Inskip PD, Jackson RD, Jacobs EJ, Jenab M, Jeon HS, Ji BT, Jin G, Jin L, Johansen C, Johnson A, Jung YJ, Kaaks R, Kamineni A, Kane E, Kang CH, Karagas MR, Kelly RS, Khaw KT, Kim C, Kim HN, Kim JH, Kim JS, Kim YH, Kim YT, Kim YC, Kitahara CM, Klein AP, Klein RJ, Kogevinas M, Kohno T, Kolonel LN, Kooperberg C, Kricker A, Krogh V, Kunitoh H, Kurtz RC, Kweon SS, LaCroix A, Lawrence C, Lecanda F, Lee VH, Li D, Li H, Li J, Li YJ, Li Y, Liao LM, Liebow M, Lightfoot T, Lim WY, Lin CC, Lin D, Lindstrom S, Linet MS, Link BK, Liu C, Liu J, Liu L, Ljungberg B, Lloreta J, Di Lollo S, Lu D, Lund E, Malats N, Mannisto S, Le Marchand L, Marina N, Masala G, Mastrangelo G, Matsuo K, Maynadie M, McKay J, McKean-Cowdin R, Melbye M, Melin BS, Michaud DS, Mitsudomi T, Monnereau A, Montalvan R, Moore LE, Mortensen LM, Nieters A, North KE, Novak AJ, Oberg AL, Offit K, Oh IJ, Olson SH, Palli D, Pao W, Park IK, Park JY, Park KH, Patiño-Garcia A, Pavanello S, Peeters PH, Perng RP, Peters U, Petersen GM, Picci P, Pike MC, Porru S, Prescott J, Prokunina-Olsson L, Qian B, Qiao YL, Rais M, Riboli E, Riby J, Risch HA, Rizzato C, Rodabough R, Roman E, Roupret M, Ruder AM, Sanjose Sd, Scelo G, Schned A, Schumacher F, Schwartz K, Schwenn M, Scotlandi K, Seow A, Serra C, Serra M, Sesso HD, Setiawan VW, Severi G, Severson RK, Shanafelt TD, Shen H, Shen W, Shin MH, Shiraishi K, Shu XO, Siddiq A, Sierrasesúmaga L, Sihoe AD, Skibola CF, Smith A, Smith MT, Southey MC, Spinelli JJ, Staines A, Stampfer M, Stern MC, Stevens VL, Stolzenberg-Solomon RS, Su J, Su WC, Sund M, Sung JS, Sung SW, Tan W, Tang W, Tardón A, Thomas D, Thompson CA, Tinker LF, Tirabosco R, Tjønneland A, Travis RC, Trichopoulos D, Tsai FY, Tsai YH, Tucker M, Turner J, Vajdic CM, Vermeulen RC, Villano DJ, Vineis P, Virtamo J, Visvanathan K, Wactawski-Wende J, Wang C, Wang CL, Wang JC, Wang J, Wei F, Weiderpass E, Weiner GJ, Weinstein S, Wentzensen N, White E, Witzig TE, Wolpin BM, Wong MP, Wu C, Wu G, Wu J, Wu T, Wu W, Wu X, Wu YL, Wunder JS, Xiang YB, Xu J, Xu P, Yang PC, Yang TY, Ye Y, Yin Z, Yokota J, Yoon HI, Yu CJ, Yu H, Yu K, Yuan JM, Zelenetz A, Zeleniuch-Jacquotte A, Zhang XC, Zhang Y, Zhao X, Zhao Z, Zheng H, Zheng T, Zheng W, Zhou B, Zhu M, Zucca M, Boca SM, Cerhan JR, Ferri GM, Hartge P, Hsiung CA, Magnani C, Miligi L, Morton LM, Smedby KE, Teras LR, Vijai J, Wang SS, Brennan P, Caporaso NE, Hunter DJ, Kraft P, Rothman N, Silverman DT, Slager SL, Chanock SJ, Chatterjee N, Journal of the National Cancer Institute, 107, 12, djv279,   2015年12月, 査読有り
  • MET gene exon 14 deletion created using the CRISPR/Cas9 system enhances cellular growth and sensitivity to a MET inhibitor., Togashi Y, Mizuuchi H, Tomida S, Terashima M, Hayashi H, Nishio K, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 90, 3, 590, 597,   2015年12月, 査読有り
  • Clinical, Pathological, and Molecular Features of Lung Adenocarcinomas with AXL Expression., Sato K, Suda K, Shimizu S, Sakai K, Mizuuchi H, Tomizawa K, Takemoto T, Nishio K, Mitsudomi T, PloS one, 11, 4, e0154186,   2016年, 査読有り
  • Heterogeneity in resistance mechanisms causes shorter duration of epidermal growth factor receptor kinase inhibitor treatment in lung cancer., Suda K, Murakami I, Sakai K, Tomizawa K, Mizuuchi H, Sato K, Nishio K, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 91, 36, 40,   2016年01月, 査読有り
  • Impact of bevacizumab in combination with erlotinib on EGFR-mutated non-small cell lung cancer xenograft models with T790M mutation or MET amplification., Furugaki K, Fukumura J, Iwai T, Yorozu K, Kurasawa M, Yanagisawa M, Moriya Y, Yamamoto K, Suda K, Mizuuchi H, Mitsudomi T, Harada N, International journal of cancer, 138, 4, 1024, 1032,   2016年02月, 査読有り
  • Phase II study of erlotinib plus tivantinib (ARQ 197) in patients with locally advanced or metastatic EGFR mutation-positive non-small-cell lung cancer just after progression on EGFR-TKI, gefitinib or erlotinib., Azuma K, Hirashima T, Yamamoto N, Okamoto I, Takahashi T, Nishio M, Hirata T, Kubota K, Kasahara K, Hida T, Yoshioka H, Nakanishi K, Akinaga S, Nishio K, Mitsudomi T, Nakagawa K, ESMO open, 1, 4, e000063,   2016年, 査読有り
  • Meta-analysis of genome-wide association studies identifies multiple lung cancer susceptibility loci in never-smoking Asian women., Wang Z, Seow WJ, Shiraishi K, Hsiung CA, Matsuo K, Liu J, Chen K, Yamji T, Yang Y, Chang IS, Wu C, Hong YC, Burdett L, Wyatt K, Chung CC, Li SA, Yeager M, Hutchinson A, Hu W, Caporaso N, Landi MT, Chatterjee N, Song M, Fraumeni JF Jr, Kohno T, Yokota J, Kunitoh H, Ashikawa K, Momozawa Y, Daigo Y, Mitsudomi T, Yatabe Y, Hida T, Hu Z, Dai J, Ma H, Jin G, Song B, Wang Z, Cheng S, Yin Z, Li X, Ren Y, Guan P, Chang J, Tan W, Chen CJ, Chang GC, Tsai YH, Su WC, Chen KY, Huang MS, Chen YM, Zheng H, Li H, Cui P, Guo H, Xu P, Liu L, Iwasaki M, Shimazu T, Tsugane S, Zhu J, Jiang G, Fei K, Park JY, Kim YH, Sung JS, Park KH, Kim YT, Jung YJ, Kang CH, Park IK, Kim HN, Jeon HS, Choi JE, Choi YY, Kim JH, Oh IJ, Kim YC, Sung SW, Kim JS, Yoon HI, Kweon SS, Shin MH, Seow A, Chen Y, Lim WY, Liu J, Wong MP, Lee VH, Bassig BA, Tucker M, Berndt SI, Chow WH, Ji BT, Wang J, Xu J, Sihoe AD, Ho JC, Chan JK, Wang JC, Lu D, Zhao X, Zhao Z, Wu J, Chen H, Jin L, Wei F, Wu G, An SJ, Zhang XC, Su J, Wu YL, Gao YT, Xiang YB, He X, Li J, Zheng W, Shu XO, Cai Q, Klein R, Pao W, Lawrence C, Hosgood HD 3rd, Hsiao CF, Chien LH, Chen YH, Chen CH, Wang WC, Chen CY, Wang CL, Yu CJ, Chen HL, Su YC, Tsai FY, Chen YS, Li YJ, Yang TY, Lin CC, Yang PC, Wu T, Lin D, Zhou B, Yu J, Shen H, Kubo M, Chanock SJ, Rothman N, Lan Q, Human molecular genetics, 25, 3, 620, 629,   2016年02月, 査読有り
  • Oncogene swap as a novel mechanism of acquired resistance to epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor in lung cancer., Mizuuchi H, Suda K, Murakami I, Sakai K, Sato K, Kobayashi Y, Shimoji M, Chiba M, Sesumi Y, Tomizawa K, Takemoto T, Sekido Y, Nishio K, Mitsudomi T, Cancer science, 107, 4, 461, 468,   2016年04月, 査読有り
  • Heterogeneity in Tumors and Resistance to EGFR TKI Therapy-Letter., Suda K, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR, Cancer research, 76, 10, 3109, 3110,   2016年05月, 査読有り
  • Efficacy of the MAGE-A3 cancer immunotherapeutic as adjuvant therapy in patients with resected MAGE-A3-positive non-small-cell lung cancer (MAGRIT): a randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial., Vansteenkiste JF, Cho BC, Vanakesa T, De Pas T, Zielinski M, Kim MS, Jassem J, Yoshimura M, Dahabreh J, Nakayama H, Havel L, Kondo H, Mitsudomi T, Zarogoulidis K, Gladkov OA, Udud K, Tada H, Hoffman H, Bugge A, Taylor P, Gonzalez EE, Liao ML, He J, Pujol JL, Louahed J, Debois M, Brichard V, Debruyne C, Therasse P, Altorki N, The Lancet. Oncology, 17, 6, 822, 835,   2016年06月, 査読有り
  • Functional Analyses of Mutations in Receptor Tyrosine Kinase Genes in Non-Small Cell Lung Cancer: Double-Edged Sword of DDR2., Terashima M, Togashi Y, Sato K, Mizuuchi H, Sakai K, Suda K, Nakamura Y, Banno E, Hayashi H, De Velasco MA, Fujita Y, Tomida S, Mitsudomi T, Nishio K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 22, 14, 3663, 3671,   2016年07月, 査読有り
  • The International Association for the Study of Lung Cancer Consensus Statement on Optimizing Management of EGFR Mutation-Positive Non-Small Cell Lung Cancer: Status in 2016., Tan DS, Yom SS, Tsao MS, Pass HI, Kelly K, Peled N, Yung RC, Wistuba II, Yatabe Y, Unger M, Mack PC, Wynes MW, Mitsudomi T, Weder W, Yankelevitz D, Herbst RS, Gandara DR, Carbone DP, Bunn PA Jr, Mok TS, Hirsch FR, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 11, 7, 946, 963,   2016年07月, 査読有り
  • The novel one-step nucleic acid amplification (OSNA) assay for the diagnosis of lymph node metastasis in patients with non-small cell lung cancer (NSCLC): Results of a multicenter prospective study., Nakagawa K, Asamura H, Tsuta K, Nagai K, Yamada E, Ishii G, Mitsudomi T, Ito A, Higashiyama M, Tomita Y, Inoue M, Morii E, Matsuura N, Okumura M, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 97, 1, 7,   2016年07月, 査読有り
  • A phase II trial evaluating the efficacy and safety of perioperative pirfenidone for prevention of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis in lung cancer patients undergoing pulmonary resection: West Japan Oncology Group 6711 L (PEOPLE Study)., Iwata T, Yoshino I, Yoshida S, Ikeda N, Tsuboi M, Asato Y, Katakami N, Sakamoto K, Yamashita Y, Okami J, Mitsudomi T, Yamashita M, Yokouchi H, Okubo K, Okada M, Takenoyama M, Chida M, Tomii K, Matsuura M, Azuma A, Iwasawa T, Kuwano K, Sakai S, Hiroshima K, Fukuoka J, Yoshimura K, Tada H, Nakagawa K, Nakanishi Y, West Japan Oncology Group., Respiratory research, 17, 1, 90,   2016年07月, 査読有り
  • Sensitivities to various epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors of uncommon epidermal growth factor receptor mutations L861Q and S768I: What is the optimal epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor?, Banno E, Togashi Y, Nakamura Y, Chiba M, Kobayashi Y, Hayashi H, Terashima M, de Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Mitsudomi T, Nishio K, Cancer science, 107, 8, 1134, 1140,   2016年08月, 査読有り
  • Clinical and pathologic features of lung cancer expressing programmed cell death ligand 1 (PD-L1)., Shimoji M, Shimizu S, Sato K, Suda K, Kobayashi Y, Tomizawa K, Takemoto T, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 98, 69, 75,   2016年08月, 査読有り
  • Afatinib in lung cancer harboring EGFR mutation in the LUX-Lung trials: six plus three is greater than seven?, Mitsudomi T, Kobayashi Y, Translational lung cancer research, 5, 4, 446, 449,   2016年08月, 査読有り
  • Not all epidermal growth factor receptor mutations in lung cancer are created equal: Perspectives for individualized treatment strategy., Kobayashi Y, Mitsudomi T, Cancer science, 107, 9, 1179, 1186,   2016年09月, 査読有り
  • Heterogeneity of EGFR Aberrations and Correlation with Histological Structures: Analyses of Therapy-Naive Isogenic Lung Cancer Lesions with EGFR Mutation., Suda K, Murakami I, Yu H, Ellison K, Shimoji M, Genova C, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 11, 10, 1711, 1717,   2016年10月, 査読有り
  • FGFR gene alterations in lung squamous cell carcinoma are potential targets for the multikinase inhibitor nintedanib., Hibi M, Kaneda H, Tanizaki J, Sakai K, Togashi Y, Terashima M, De Velasco MA, Fujita Y, Banno E, Nakamura Y, Takeda M, Ito A, Mitsudomi T, Nakagawa K, Okamoto I, Nishio K, Cancer science, 107, 11, 1667, 1676,   2016年11月, 査読有り
  • Clinical outcome of node-negative oligometastatic non-small cell lung cancer., Sakai K, Takeda M, Hayashi H, Tanaka K, Okuda T, Kato A, Nishimura Y, Mitsudomi T, Koyama A, Nakagawa K, Thoracic cancer, 7, 6, 670, 675,   2016年11月, 査読有り
  • Feasibility and efficacy of salvage lung resection after definitive chemoradiation therapy for Stage III non-small-cell lung cancer., Shimada Y, Suzuki K, Okada M, Nakayama H, Ito H, Mitsudomi T, Saji H, Takamochi K, Kudo Y, Hattori A, Mimae T, Aokage K, Nishii T, Tsuboi M, Ikeda N, Interactive cardiovascular and thoracic surgery, 23, 6, 895, 901,   2016年12月, 査読有り
  • MEK inhibitors against MET-amplified non-small cell lung cancer., Chiba M, Togashi Y, Tomida S, Mizuuchi H, Nakamura Y, Banno E, Hayashi H, Terashima M, De Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Mitsudomi T, Nishio K, International journal of oncology, 49, 6, 2236, 2244,   2016年12月, 査読有り
  • Osimertinib for pretreated EGFR Thr790Met-positive advanced non-small-cell lung cancer (AURA2): a multicentre, open-label, single-arm, phase 2 study., Goss G, Tsai CM, Shepherd FA, Bazhenova L, Lee JS, Chang GC, Crino L, Satouchi M, Chu Q, Hida T, Han JY, Juan O, Dunphy F, Nishio M, Kang JH, Majem M, Mann H, Cantarini M, Ghiorghiu S, Mitsudomi T, The Lancet. Oncology, 17, 12, 1643, 1652,   2016年12月, 査読有り
  • Prognostic impact of pleural lavage cytology in patients with primary lung cancer., Tomizawa K, Nishino M, Sesumi Y, Kobayashi Y, Sato K, Chiba M, Shimoji M, Suda K, Shimizu S, Sato T, Takemoto T, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 102, 60, 64,   2016年12月, 査読有り
  • Heterogeneity in immune marker expression after acquisition of resistance to EGFR kinase inhibitors: analysis of a case with small cell lung cancer transformation., Suda K, Murakami I, Yu H, Kim J, Ellison K, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 12, 6, 1015, 1020,   2017年02月, 査読有り
  • Potential effect of spliceosome inhibition in small cell lung cancer irrespective of the MYC status., Suda K, Rozeboom L, Yu H, Ellison K, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR, PloS one, 12, 2, e0172209,   2017年, 査読有り
  • Effect of dasatinib on EMT-mediated-mechanism of resistance against EGFR inhibitors in lung cancer cells., Sesumi Y, Suda K, Mizuuchi H, Kobayashi Y, Sato K, Chiba M, Shimoji M, Tomizawa K, Takemoto T, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 104, 85, 90,   2017年02月, 査読有り
  • Primary Double-Strike Therapy for Cancers to Overcome EGFR Kinase Inhibitor Resistance: Proposal from the Bench., Suda K, Bunn PA Jr, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 12, 1, 27, 35,   2017年01月, 査読有り
  • Association between GWAS-identified lung adenocarcinoma susceptibility loci and EGFR mutations in never-smoking Asian women, and comparison with findings from Western populations., Seow WJ, Matsuo K, Hsiung CA, Shiraishi K, Song M, Kim HN, Wong MP, Hong YC, Hosgood HD 3rd, Wang Z, Chang IS, Wang JC, Chatterjee N, Tucker M, Wei H, Mitsudomi T, Zheng W, Kim JH, Zhou B, Caporaso NE, Albanes D, Shin MH, Chung LP, An SJ, Wang P, Zheng H, Yatabe Y, Zhang XC, Kim YT, Shu XO, Kim YC, Bassig BA, Chang J, Ho JC, Ji BT, Kubo M, Daigo Y, Ito H, Momozawa Y, Ashikawa K, Kamatani Y, Honda T, Sakamoto H, Kunitoh H, Tsuta K, Watanabe SI, Nokihara H, Miyagi Y, Nakayama H, Matsumoto S, Tsuboi M, Goto K, Yin Z, Shi J, Takahashi A, Goto A, Minamiya Y, Shimizu K, Tanaka K, Wu T, Wei F, Wong JY, Matsuda F, Su J, Kim YH, Oh IJ, Song F, Lee VH, Su WC, Chen YM, Chang GC, Chen KY, Huang MS, Yang PC, Lin HC, Xiang YB, Seow A, Park JY, Kweon SS, Chen CJ, Li H, Gao YT, Wu C, Qian B, Lu D, Liu J, Jeon HS, Hsiao CF, Sung JS, Tsai YH, Jung YJ, Guo H, Hu Z, Wang WC, Chung CC, Lawrence C, Burdett L, Yeager M, Jacobs KB, Hutchinson A, Berndt SI, He X, Wu W, Wang J, Li Y, Choi JE, Park KH, Sung SW, Liu L, Kang CH, Hu L, Chen CH, Yang TY, Xu J, Guan P, Tan W, Wang CL, Sihoe AD, Chen Y, Choi YY, Hung JY, Kim JS, Yoon HI, Cai Q, Lin CC, Park IK, Xu P, Dong J, Kim C, He Q, Perng RP, Chen CY, Vermeulen R, Wu J, Lim WY, Chen KC, Chan JK, Chu M, Li YJ, Li J, Chen H, Yu CJ, Jin L, Lo YL, Chen YH, Fraumeni JF Jr, Liu J, Yamaji T, Yang Y, Hicks B, Wyatt K, Li SA, Dai J, Ma H, Jin G, Song B, Wang Z, Cheng S, Li X, Ren Y, Cui P, Iwasaki M, Shimazu T, Tsugane S, Zhu J, Jiang G, Fei K, Wu G, Chien LH, Chen HL, Su YC, Tsai FY, Chen YS, Yu J, Stevens VL, Laird-Offringa IA, Marconett CN, Lin D, Chen K, Wu YL, Landi MT, Shen H, Rothman N, Kohno T, Chanock SJ, Lan Q, Human molecular genetics, 26, 2, 454, 465,   2017年01月, 査読有り
  • Combined bevacizumab and erlotinib treatment in patients with lung cancer with the T790M resistance mutation., Mitsudomi T, The Lancet. Respiratory medicine, 5, 5, 369, 370,   2017年04月, 査読有り
  • Gefitinib or Erlotinib vs Chemotherapy for EGFR Mutation-Positive Lung Cancer: Individual Patient Data Meta-Analysis of Overall Survival., Lee CK, Davies L, Wu YL, Mitsudomi T, Inoue A, Rosell R, Zhou C, Nakagawa K, Thongprasert S, Fukuoka M, Lord S, Marschner I, Tu YK, Gralla RJ, Gebski V, Mok T, Yang JC, Journal of the National Cancer Institute, 109, 6,   2017年06月, 査読有り
  • [Molecular Biology for Surgical Treatment of Lung Cancer]., Suda K, Mitsudomi T, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 70, 1, 4, 8,   2017年01月, 査読有り
  • Characterization of EGFR T790M, L792F, and C797S Mutations as Mechanisms of Acquired Resistance to Afatinib in Lung Cancer., Kobayashi Y, Azuma K, Nagai H, Kim YH, Togashi Y, Sesumi Y, Chiba M, Shimoji M, Sato K, Tomizawa K, Takemoto T, Nishio K, Mitsudomi T, Molecular cancer therapeutics, 16, 2, 357, 364,   2017年02月, 査読有り
  • Overall survival and local recurrence of 406 completely resected stage IIIa-N2 non-small cell lung cancer patients: questionnaire survey of the Japan Clinical Oncology Group to plan for clinical trials., Ichinose Y, Kato H, Koike T, Tsuchiya R, Fujisawa T, Shimizu N, Watanabe Y, Mitsudomi T, Yoshimura M, Japan Clinical Oncology Group., Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 34, 1, 29, 36,   2001年10月, 査読有り
  • Completely resected stage IIIA non-small cell lung cancer: the significance of primary tumor location and N2 station., Ichinose Y, Kato H, Koike T, Tsuchiya R, Fujisawa T, Shimizu N, Watanabe Y, Mitsudomi T, Yoshimura M, Tsuboi M, Japanese Clinical Oncology Group., The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 122, 4, 803, 808,   2001年10月, 査読有り
  • Persistent increase in chromosome instability in lung cancer: possible indirect involvement of p53 inactivation., Haruki N, Harano T, Masuda A, Kiyono T, Takahashi T, Tatematsu Y, Shimizu S, Mitsudomi T, Konishi H, Osada H, Fujii Y, Takahashi T, The American journal of pathology, 159, 4, 1345, 1352,   2001年10月, 査読有り
  • Molecular biological markers and micrometastasis in resected non-small-cell lung cancer. Prognostic implications., Osaki T, Oyama T, Inoue M, Gu CD, Kodate M, Aikawa M, So T, Mizukami M, Mitsudomi T, Yasumoto K, The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery : official publication of the Japanese Association for Thoracic Surgery = Nihon Kyobu Geka Gakkai zasshi, 49, 9, 545, 551,   2001年09月, 査読有り
  • Dietary factors and lung cancer risk in Japanese: with special reference to fish consumption and adenocarcinomas., Takezaki T, Hirose K, Inoue M, Hamajima N, Yatabe Y, Mitsudomi T, Sugiura T, Kuroishi T, Tajima K, British journal of cancer, 84, 9, 1199, 1206,   2001年05月, 査読有り
  • High frequency of clonally related tumors in cases of multiple synchronous lung cancers as revealed by molecular diagnosis., Shimizu S, Yatabe Y, Koshikawa T, Haruki N, Hatooka S, Shinoda M, Suyama M, Ogawa M, Hamajima N, Ueda R, Takahashi T, Mitsudomi T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 6, 10, 3994, 3999,   2000年10月, 査読有り
  • Prognostic significance of p53 alterations in patients with non-small cell lung cancer: a meta-analysis., Mitsudomi T, Hamajima N, Ogawa M, Takahashi T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 6, 10, 4055, 4063,   2000年10月, 査読有り
  • Topographical distributions of allelic loss in individual non-small-cell lung cancers., Yatabe Y, Konishi H, Mitsudomi T, Nakamura S, Takahashi T, The American journal of pathology, 157, 3, 985, 993,   2000年09月, 査読有り
  • Population-based mapping of pulmonary adenoma susceptibility 1 locus., Dragani TA, Hirohashi S, Juji T, Kawajiri K, Kihara M, Ono-Kihara M, Manenti G, Nomoto T, Sugimura H, Genka K, Yokota J, Takahashi T, Mitsudomi T, Nagao M, Cancer research, 60, 18, 5017, 5020,   2000年09月, 査読有り
  • Expression of human telomerase subunit genes in primary lung cancer and its clinical significance., Arinaga M, Shimizu S, Gotoh K, Haruki N, Takahashi T, Takahashi T, Mitsudomi T, The Annals of thoracic surgery, 70, 2, 401, 5; discussion 405,   2000年08月, 査読有り
  • Frequent allelic imbalance suggests involvement of a tumor suppressor gene at 1p36 in the pathogenesis of human lung cancers., Nomoto S, Haruki N, Tatematsu Y, Konishi H, Mitsudomi T, Takahashi T, Takahashi T, Genes, chromosomes & cancer, 28, 3, 342, 346,   2000年07月, 査読有り
  • Cyclooxygenase-2 inhibitor induces apoptosis and enhances cytotoxicity of various anticancer agents in non-small cell lung cancer cell lines., Hida T, Kozaki K, Muramatsu H, Masuda A, Shimizu S, Mitsudomi T, Sugiura T, Ogawa M, Takahashi T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 6, 5, 2006, 2011,   2000年05月, 査読有り
  • Prognostic significance of elevated cyclooxygenase 2 expression in primary, resected lung adenocarcinomas., Achiwa H, Yatabe Y, Hida T, Kuroishi T, Kozaki K, Nakamura S, Ogawa M, Sugiura T, Mitsudomi T, Takahashi T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 5, 5, 1001, 1005,   1999年05月, 査読有り
  • Frameshift mutations in TGFbetaRII, IGFIIR, BAX, hMSH3 and hMSH6 are absent in lung cancers., Gotoh K, Yatabe Y, Sugiura T, Takagi K, Ogawa M, Takahashi T, Mitsudomi T, Carcinogenesis, 20, 3, 499, 502,   1999年03月, 査読有り
  • MUC1 mucin mRNA expression in stage I lung adenocarcinoma and its association with early recurrence., Ohgami A, Tsuda T, Osaki T, Mitsudomi T, Morimoto Y, Higashi T, Yasumoto K, The Annals of thoracic surgery, 67, 3, 810, 814,   1999年03月, 査読有り
  • Clinical implications of p53 autoantibodies in the sera of patients with non-small-cell lung cancer., Mitsudomi T, Suzuki S, Yatabe Y, Nishio M, Kuwabara M, Gotoh K, Hatooka S, Shinoda M, Suyama M, Ogawa M, Takahashi T, Ariyoshi Y, Takahashi T, Journal of the National Cancer Institute, 90, 20, 1563, 1568,   1998年10月, 査読有り
  • Detailed deletion mapping suggests the involvement of a tumor suppressor gene at 17p13.3, distal to p53, in the pathogenesis of lung cancers., Konishi H, Takahashi T, Kozaki K, Yatabe Y, Mitsudomi T, Fujii Y, Sugiura T, Matsuda H, Takahashi T, Takahashi T, Oncogene, 17, 16, 2095, 2100,   1998年10月, 査読有り
  • Increased expression of cyclooxygenase 2 occurs frequently in human lung cancers, specifically in adenocarcinomas., Hida T, Yatabe Y, Achiwa H, Muramatsu H, Kozaki K, Nakamura S, Ogawa M, Mitsudomi T, Sugiura T, Takahashi T, Cancer research, 58, 17, 3761, 3764,   1998年09月, 査読有り
  • p53 mutations in non-small-cell lung cancers occurring in individuals without a past history of active smoking., Takagi Y, Osada H, Kuroishi T, Mitsudomi T, Kondo M, Niimi T, Saji S, Gazdar AF, Takahashi T, Minna JD, Takahashi T, British journal of cancer, 77, 10, 1568, 1572,   1998年05月, 査読有り
  • Frequency of MAGE-3 gene expression in HLA-A2 positive patients with non-small cell lung cancer., Gotoh K, Yatabe Y, Sugiura T, Takagi K, Ogawa M, Takahashi T, Takahashi T, Mitsudomi T, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 20, 2, 117, 125,   1998年05月, 査読有り
  • p53 alteration, proliferating cell nuclear antigen, and nucleolar organizer regions in thymic epithelial tumors., Oyama T, Osaki T, Mitsudomi T, Ogawa R, Nakanishi R, Sugio K, Yasumoto K, International journal of molecular medicine, 1, 5, 823, 826,   1998年05月, 査読有り
  • p27KIP1 in human lung cancers: differential changes in small cell and non-small cell carcinomas., Yatabe Y, Masuda A, Koshikawa T, Nakamura S, Kuroishi T, Osada H, Takahashi T, Mitsudomi T, Takahashi T, Cancer research, 58, 5, 1042, 1047,   1998年03月, 査読有り
  • Malignant transformation of an intrathoracic neurofibroma in von Recklinghausen's disease., Inoue M, Mitsudomi T, Osaki T, Oyama T, Haratake J, Yasumoto K, Scandinavian cardiovascular journal : SCJ, 32, 3, 173, 175,   1998年, 査読有り
  • Proliferating cell nuclear antigen and argyrophilic nucleolar organizer regions in patients with thymic disease., Oyama T, Osaki T, Mitsudomi T, Mizoue T, Ohgami A, Nakanishi R, Sugio K, Yasumoto K, Oncology reports, 4, 6, 1201, 1205,   1997年11月, 査読有り
  • Relationship between early recurrence and micrometastases in the lymph nodes of patients with stage I non-small-cell lung cancer., Maruyama R, Sugio K, Mitsudomi T, Saitoh G, Ishida T, Sugimachi K, The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 114, 4, 535, 543,   1997年10月, 査読有り
  • [Genetic alteration of lung cancer as a prognostic marker and its therapeutic implications]., Mitsudomi T, Takahashi T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 24 Suppl 3, 345, 352,   1997年10月, 査読有り
  • Mutations of the P53 tumor suppressor gene as clonal marker for multiple primary lung cancers., Mitsudomi T, Yatabe Y, Koshikawa T, Hatooka S, Shinoda M, Suyama M, Sugiura T, Ogawa M, Takahashi T, The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 114, 3, 354, 360,   1997年09月, 査読有り
  • Micrometastatic tumor cells in the bone marrow of patients with non-small cell lung cancer., Ohgami A, Mitsudomi T, Sugio K, Tsuda T, Oyama T, Nishida K, Osaki T, Yasumoto K, The Annals of thoracic surgery, 64, 2, 363, 367,   1997年08月, 査読有り
  • p53 mutations of lung cancer are not significantly affected by CYP1A1 or GSTM1 polymorphisms., Oyama T, Kawamoto T, Mizoue T, Nishida K, Osaki T, Sugio K, Yasumoto K, Mitsudomi T, International journal of oncology, 11, 2, 305, 309,   1997年08月, 査読有り
  • [A carcinoma arising from benign pleomorphic adenoma of the trachea]., Mori S, Shinoda M, Hatooka S, Suyama M, Mitsudomi T, Yatabe Y, Nakamura S, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 50, 7, 602, 605,   1997年07月, 査読有り
  • Prognostic significance of cyclin D1 and retinoblastoma expression in combination with p53 abnormalities in primary, resected non-small cell lung cancers., Nishio M, Koshikawa T, Yatabe Y, Kuroishi T, Suyama M, Nagatake M, Sugiura T, Ariyoshi Y, Mitsudomi T, Takahashi T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 3, 7, 1051, 1058,   1997年07月, 査読有り
  • Combined carboplatin and cisplatin therapy in patients with advanced non-small cell lung cancer., Nakanishi R, Kume T, Mitsudomi T, Yoshimatsu T, Osaki T, Tokunaga H, Yasumoto K, American journal of clinical oncology, 20, 1, 31, 35,   1997年02月, 査読有り
  • N-acetylation polymorphism in patients with lung cancer and its association with p53 gene mutation., Oyama T, Kawamoto T, Mizoue T, Yasumoto K, Kodama Y, Mitsudomi T, Anticancer research, 17, 1B, 577, 581,   1997年01月, 査読有り
  • Cytochrome P450 2E1 polymorphism as a risk factor for lung cancer: in relation to p53 gene mutation., Oyama T, Kawamoto T, Mizoue T, Sugio K, Kodama Y, Mitsudomi T, Yasumoto K, Anticancer research, 17, 1B, 583, 587,   1997年01月, 査読有り
  • [Delayed traumatic hernia diagnosed with magnetic resonance imaging]., Wataya H, Tsuruta N, Takayama K, Mitsudomi T, Nakanishi Y, Hara N, Nihon Kyobu Shikkan Gakkai zasshi, 35, 1, 124, 128,   1997年01月, 査読有り
  • K-ras and p53 mutations are an independent unfavourable prognostic indicator in patients with non-small-cell lung cancer., Fukuyama Y, Mitsudomi T, Sugio K, Ishida T, Akazawa K, Sugimachi K, British journal of cancer, 75, 8, 1125, 1130,   1997年, 査読有り
  • Aggressive pulmonary metastasectomies for synovial sarcoma., Maruyama R, Mitsudomi T, Ishida T, Saitoh G, Nishioka K, Fukuyama Y, Hamatake M, Sugio K, Sugimachi K, Respiration; international review of thoracic diseases, 64, 4, 316, 318,   1997年, 査読有り
  • Somatic in vivo alterations of the JV18-1 gene at 18q21 in human lung cancers., Uchida K, Nagatake M, Osada H, Yatabe Y, Kondo M, Mitsudomi T, Masuda A, Takahashi T, Takahashi T, Cancer research, 56, 24, 5583, 5585,   1996年12月, 査読有り
  • Kinetic analysis of recurrence and survival after potentially curative resection of nonsmall cell lung cancer., Mitsudomi T, Nishioka K, Maruyama R, Saitoh G, Hamatake M, Fukuyama Y, Yaita H, Ishida T, Sugimachi K, Journal of surgical oncology, 63, 3, 159, 165,   1996年11月, 査読有り
  • Thoracoscopy in the management of intrathoracic neurogenic tumors., Ishida T, Maruyama R, Saitoh G, Mitsudomi T, Sugimachi K, International surgery, 81, 4, 347, 349,   1996年10月, 査読有り
  • [Genetic abnormalities in lung cancer and their prognostic implications]., Mitsudomi T, Takahashi T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 23, 8, 990, 996,   1996年07月, 査読有り
  • Loss of heterozygosity at 3p in non-small cell lung cancer and its prognostic implication., Mitsudomi T, Oyama T, Nishida K, Ogami A, Osaki T, Sugio K, Yasumoto K, Sugimachi K, Gazdar AF, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 2, 7, 1185, 1189,   1996年07月, 査読有り
  • Increased levels of serum intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) in patients with non-small cell lung cancer., Osaki T, Mitsudomi T, Yoshida Y, Oyama T, Ohgami A, Nakanishi K, Nakanishi R, Sugio K, Yasumoto K, Surgical oncology, 5, 3, 107, 113,   1996年06月, 査読有り
  • Somatic in vivo alterations of the DPC4 gene at 18q21 in human lung cancers., Nagatake M, Takagi Y, Osada H, Uchida K, Mitsudomi T, Saji S, Shimokata K, Takahashi T, Takahashi T, Cancer research, 56, 12, 2718, 2720,   1996年06月, 査読有り
  • Prognostic value and clinicopathological correlation of thrombomodulin in squamous cell carcinoma of the human lung., Hamatake M, Ishida T, Mitsudomi T, Akazawa K, Sugimachi K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 2, 4, 763, 766,   1996年04月, 査読有り
  • Postoperative complications after pneumonectomy for treatment of lung cancer: multivariate analysis., Mitsudomi T, Mizoue T, Yoshimatsu T, Oyama T, Nakanishi R, Okabayashi K, Osaki T, Kume T, Yasumoto K, Sugimachi K, Journal of surgical oncology, 61, 3, 218, 222,   1996年03月, 査読有り
  • Hepatic inflow vessels caliber as an index for liver function., Ezaki T, Mitsudomi T, Ikeda M, Yoshida Y, Okamura T, Ohnari N, Hepato-gastroenterology, 43, 8, 427, 431,   1996年03月, 査読有り
  • Correlations between intrinsic chemoresistance and HER-2/neu gene expression, p53 gene mutations, and cell proliferation characteristics in non-small cell lung cancer cell lines., Tsai CM, Chang KT, Wu LH, Chen JY, Gazdar AF, Mitsudomi T, Chen MH, Perng RP, Cancer research, 56, 1, 206, 209,   1996年01月, 査読有り
  • Combined resections of the diaphragm and the liver for a locally advanced non-small-cell lung cancer., Nishioka K, Mitsudomi T, Saitoh G, Maruyama R, Ishida T, Takenaka K, Sugimachi K, Respiration; international review of thoracic diseases, 63, 5, 314, 317,   1996年, 査読有り
  • Video-assisted thoracoscopic surgery of bullous and bleb disorders of the lung using endoscopic stapling device., Ishida T, Kohdono S, Fukuyama Y, Hamatake M, Maruyama R, Saitoh G, Mitsudomi T, Sugimachi K, Yaita H, Surgical laparoscopy & endoscopy, 5, 5, 349, 353,   1995年10月, 査読有り
  • [A case of postoperative hyponatremia caused by Sheehan syndrome associated with lung carcinoma]., Ozaki S, Nakanishi R, Sakata K, Mitsudomi T, Yasumoto K, Journal of UOEH, 17, 3, 199, 205,   1995年09月, 査読有り
  • Characteristics of non-small cell lung cancer 3 cm or less in diameter., Tateishi M, Fukuyama Y, Hamatake M, Kohdono S, Mitsudomi T, Ishida T, Sugimachi K, Journal of surgical oncology, 59, 4, 251, 254,   1995年08月, 査読有り
  • The close relationship between growth factors and the nucleolar organizer regions in adenocarcinoma of the lung., Tateishi M, Kaneko S, Fukuyama Y, Hamatake M, Kohdono S, Mitsudomi T, Ishida T, Sugimachi K, European journal of surgical oncology : the journal of the European Society of Surgical Oncology and the British Association of Surgical Oncology, 21, 4, 398, 402,   1995年08月, 査読有り
  • Serum level and tissue expression of c-erbB-2 protein in lung adenocarcinoma., Osaki T, Mitsudomi T, Oyama T, Nakanishi R, Yasumoto K, Chest, 108, 1, 157, 162,   1995年07月, 査読有り
  • [Expression of CD44 alternative splicing variants in lung cancer]., Ohgami A, Sugio K, Mitsudomi T, Tsuda T, Yasumoto K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 53, 7, 1704, 1709,   1995年07月, 査読有り
  • Survival following resection for lung cancer as a second primary cancer., Ishida T, Saitoh G, Maruyama R, Fukuyama Y, Hamatake M, Inoue T, Mitsudomi T, Sugimachi K, International surgery, 80, 3, 227, 230,   1995年07月, 査読有り
  • Molecular genetic characterization of neuroendocrine lung cancer cell lines., Lai SL, Brauch H, Knutsen T, Johnson BE, Nau MM, Mitsudomi T, Tsai CM, Whang-Peng J, Zbar B, Kaye FJ, Anticancer research, 15, 2, 225, 232,   1995年03月, 査読有り
  • Successful management of tracheo-innominate artery fistula using interposition of a thymus pedicle flap., Nakanishi R, Shimazu A, Mitsudomi T, Masuda T, Osaki T, Onimura S, Shigematsu A, Sata T, Urano H, Yasumoto K, The Journal of laryngology and otology, 109, 2, 161, 162,   1995年02月, 査読有り
  • CT and MRI manifestations of primary pulmonary plasmacytoma., Egashira K, Hirakata K, Nakata H, Kawanami S, Mitsudomi T, Nakano S, Ohno M, Clinical imaging, 19, 1, 17, 19,   1995年01月, 査読有り
  • Proliferating cell nuclear antigen may be superior to argyrophilic nucleolar organizer regions in predicting shortened survival of patients with non-small cell lung cancer., Oyama T, Mitsudomi T, Mizoue T, Ohgami A, Osaki T, Nakanishi R, Yasumoto K, Surgical oncology, 4, 2, 83, 89,   1995年, 査読有り
  • Detection of CYP1A1 gene polymorphism using designed RFLP and distributions of CYP1A1 genotypes in Japanese., Oyama T, Mitsudomi T, Kawamoto T, Ogami A, Osaki T, Kodama Y, Yasumoto K, International archives of occupational and environmental health, 67, 4, 253, 256,   1995年, 査読有り
  • Frequent loss of the short arm of chromosome 9 in resected non-small-cell lung cancers from Japanese patients and its association with squamous cell carcinoma., Kishimoto Y, Sugio K, Mitsudomi T, Oyama T, Virmani AK, McIntire DD, Gazdar AF, Journal of cancer research and clinical oncology, 121, 5, 291, 296,   1995年, 査読有り
  • p53 nuclear immunostaining and gene mutations in non-small-cell lung cancer and their effects on patient survival., Mitsudomi T, Oyama T, Nishida K, Ogami A, Osaki T, Nakanishi R, Sugio K, Yasumoto K, Sugimachi K, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 6 Suppl 3, S9, 13,   1995年, 査読有り
  • p53 immunostaining positivity is associated with reduced survival and is imperfectly correlated with gene mutations in resected non-small cell lung cancer. A preliminary report of LCSG 871., Carbone DP, Mitsudomi T, Chiba I, Piantadosi S, Rusch V, Nowak JA, McIntire D, Slamon D, Gazdar A, Minna J, Chest, 106, 6 Suppl, 377S, 381S,   1994年12月, 査読有り
  • Combined thoracoscopy and mediastinoscopy for the evaluation of mediastinal lymph node metastasis in left upper lobe lung cancer., Nakanishi R, Mitsudomi T, Osaki T, The Journal of cardiovascular surgery, 35, 4, 347, 349,   1994年08月, 査読有り
  • Efficiency of serum copper/zinc ratio for differential diagnosis of patients with and without lung cancer., Oyama T, Matsuno K, Kawamoto T, Mitsudomi T, Shirakusa T, Kodama Y, Biological trace element research, 42, 2, 115, 127,   1994年08月, 査読有り
  • Integrated clinical and basic studies related to circumventing non-small cell lung cancer drug resistance., Mulshine JL, Johnson BE, Gazdar AF, Shaw GL, Kramer BS, Mitsudomi T, Minna JD, Pass H, Phelps R, Ghosh B, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 10 Suppl 1, S73, 81,   1994年03月, 査読有り
  • Surgical resection for pulmonary metastases of sweat gland carcinoma., Osaki T, Kodate M, Nakanishi R, Mitsudomi T, Shirakusa T, Thorax, 49, 2, 181, 182,   1994年02月, 査読有り
  • Genetic analysis of the catalytic domain of the GAP gene in human lung cancer cell lines., Mitsudomi T, Friedman E, Gejman PV, McCormick F, Gazdar AF, Human genetics, 93, 1, 27, 31,   1994年01月, 査読有り
  • Surgical treatment of lung cancer in the octogenarian., Osaki T, Shirakusa T, Kodate M, Nakanishi R, Mitsudomi T, Ueda H, The Annals of thoracic surgery, 57, 1, 188, 92; discussion 192,   1994年01月, 査読有り
  • Polymorphism at codon 36 of the p53 gene., Felix CA, Brown DL, Mitsudomi T, Ikagaki N, Wong A, Wasserman R, Womer RB, Biegel JA, Oncogene, 9, 1, 327, 328,   1994年01月, 査読有り
  • Nucleolar organizer regions are independently associated with a shortened survival in patients with non-small cell lung cancer., Oyama T, Mitsudomi T, Yoshida Y, Mizoue T, Hamada T, Shirakusa T, Surgical oncology, 2, 6, 341, 347,   1993年12月, 査読有り
  • Maximum length of tracheal autografts in dogs., Nakanishi R, Shirakusa T, Mitsudomi T, The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 106, 6, 1081, 1087,   1993年12月, 査読有り
  • Mutations of the p53 gene as a predictor of poor prognosis in patients with non-small-cell lung cancer., Mitsudomi T, Oyama T, Kusano T, Osaki T, Nakanishi R, Shirakusa T, Journal of the National Cancer Institute, 85, 24, 2018, 2023,   1993年12月, 査読有り
  • Angiosarcoma of the chest wall with a gastric metastasis., Okabayashi K, Hanagiri T, Noda Y, Ozaki S, Shiraishi T, Mitsudomi T, Okamura T, Hamada T, Shirakusa T, The Thoracic and cardiovascular surgeon, 41, 5, 318, 320,   1993年10月, 査読有り
  • Detection and sequencing of p53 gene mutations in bronchial biopsy samples in patients with lung cancer., Mitsudomi T, Lam S, Shirakusa T, Gazdar AF, Chest, 104, 2, 362, 365,   1993年08月, 査読有り
  • Transformation by viral oncogenes increased sensitivity to heat in rat 3Y1 fibroblasts., Mitsudomi T, Kido Y, Ohtsuka K, Sugimachi K, Anticancer research, 13, 4, 995, 999,   1993年07月, 査読有り
  • The sensitivity of hyperthermo-chemo-radiotherapy for neoplastic cells in vitro on contact-sensitive plates., Yano K, Kuwano H, Kido Y, Mitsudomi T, Matsuoka H, Sugimachi K, European journal of surgical oncology : the journal of the European Society of Surgical Oncology and the British Association of Surgical Oncology, 19, 3, 235, 241,   1993年06月, 査読有り
  • Correlation of intrinsic chemoresistance of non-small-cell lung cancer cell lines with HER-2/neu gene expression but not with ras gene mutations., Tsai CM, Chang KT, Perng RP, Mitsudomi T, Chen MH, Kadoyama C, Gazdar AF, Journal of the National Cancer Institute, 85, 11, 897, 901,   1993年06月, 査読有り
  • A novel germline p53 splicing mutation in a pediatric patient with a second malignant neoplasm., Felix CA, Strauss EA, D'Amico D, Tsokos M, Winter S, Mitsudomi T, Nau MM, Brown DL, Leahey AM, Horowitz ME, Oncogene, 8, 5, 1203, 1210,   1993年05月, 査読有り
  • [Serum levels of c-erbB-2 protein in patients with lung adenocarcinoma: preliminary report]., Ohsaki T, Mitsudomi T, Oyama T, Kodate M, Nakanishi R, Shirakusa T, Nihon Geka Gakkai zasshi, 94, 3, 320,   1993年03月, 査読有り
  • Giant hamartoma of the lung with a high production of carbohydrate antigen 19-9., Okabayashi K, Hiratsuka M, Noda Y, Hanagiri T, Mitsudomi T, Shirakusa T, Kasai T, The Annals of thoracic surgery, 55, 2, 511, 513,   1993年02月, 査読有り
  • Papillary carcinoma in a huge intrathoracic goiter with tracheal stenosis and invasion. Case report., Hanagiri T, Hatooka S, Oosaki T, Nakanishi R, Mitsudomi T, Shirakusa T, Scandinavian journal of thoracic and cardiovascular surgery, 27, 3-4, 165, 168,   1993年, 査読有り
  • Aspergilloma within cavitating pulmonary carcinoma. Case report., Hanagiri T, Okabayashi K, Mitsudomi T, Noda Y, Hiratsuka M, Shirakusa T, Scandinavian journal of thoracic and cardiovascular surgery, 27, 1, 57, 60,   1993年, 査読有り
  • [Mutations of ras and p53 genes in human non-small cell lung cancer cell lines and their clinical significance]., Mitsudomi T, Oyama T, Gazdar AF, Minna JD, Okabayashi K, Shirakusa T, Nihon Geka Gakkai zasshi, 93, 9, 944, 947,   1992年09月, 査読有り
  • Absence of hereditary p53 mutations in 10 familial leukemia pedigrees., Felix CA, D'Amico D, Mitsudomi T, Nau MM, Li FP, Fraumeni JF Jr, Cole DE, McCalla J, Reaman GH, Whang-Peng J, The Journal of clinical investigation, 90, 2, 653, 658,   1992年08月, 査読有り
  • [p53 tumor suppressor gene and its clinical significance]., Mitsudomi T, Chiba I, Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 37, 9, 1491, 1505,   1992年07月, 査読有り
  • Expression of mutant p53 proteins in lung cancer correlates with the class of p53 gene mutation., Bodner SM, Minna JD, Jensen SM, D'Amico D, Carbone D, Mitsudomi T, Fedorko J, Buchhagen DL, Nau MM, Gazdar AF, Oncogene, 7, 4, 743, 749,   1992年04月, 査読有り
  • Frequency and diversity of p53 mutations in childhood rhabdomyosarcoma., Felix CA, Kappel CC, Mitsudomi T, Nau MM, Tsokos M, Crouch GD, Nisen PD, Winick NJ, Helman LJ, Cancer research, 52, 8, 2243, 2247,   1992年04月, 査読有り
  • High frequency of somatically acquired p53 mutations in small-cell lung cancer cell lines and tumors., D'Amico D, Carbone D, Mitsudomi T, Nau M, Fedorko J, Russell E, Johnson B, Buchhagen D, Bodner S, Phelps R, Oncogene, 7, 2, 339, 346,   1992年02月, 査読有り
  • Hereditary and acquired p53 gene mutations in childhood acute lymphoblastic leukemia., Felix CA, Nau MM, Takahashi T, Mitsudomi T, Chiba I, Poplack DG, Reaman GH, Cole DE, Letterio JJ, Whang-Peng J, The Journal of clinical investigation, 89, 2, 640, 647,   1992年02月, 査読有り
  • p53 gene mutations in non-small-cell lung cancer cell lines and their correlation with the presence of ras mutations and clinical features., Mitsudomi T, Steinberg SM, Nau MM, Carbone D, D'Amico D, Bodner S, Oie HK, Linnoila RI, Mulshine JL, Minna JD, Oncogene, 7, 1, 171, 180,   1992年01月, 査読有り
  • Invasive human fibrosarcoma DNA mediated induction of a 92 kDa gelatinase/type IV collagenase leads to an invasive phenotype., Kubota S, Mitsudomi T, Yamada Y, Biochemical and biophysical research communications, 181, 3, 1539, 1547,   1991年12月, 査読有り
  • Mutations in the p53 gene in primary human breast cancers., Osborne RJ, Merlo GR, Mitsudomi T, Venesio T, Liscia DS, Cappa AP, Chiba I, Takahashi T, Nau MM, Callahan R, Cancer research, 51, 22, 6194, 6198,   1991年11月, 査読有り
  • DNA polymerase-alpha as a putative early relapse marker in non-small cell lung cancer. An immunohistochemical study., Tateishi M, Ishida T, Mitsudomi T, Sugimachi K, Cancer, 68, 5, 925, 929,   1991年09月, 査読有り
  • Polymorphism at codon 213 within the p53 gene., Carbone D, Chiba I, Mitsudomi T, Oncogene, 6, 9, 1691, 1692,   1991年09月, 査読有り
  • ras gene mutations in non-small cell lung cancers are associated with shortened survival irrespective of treatment intent., Mitsudomi T, Steinberg SM, Oie HK, Mulshine JL, Phelps R, Viallet J, Pass H, Minna JD, Gazdar AF, Cancer research, 51, 18, 4999, 5002,   1991年09月, 査読有り
  • Mutations of ras genes distinguish a subset of non-small-cell lung cancer cell lines from small-cell lung cancer cell lines., Mitsudomi T, Viallet J, Mulshine JL, Linnoila RI, Minna JD, Gazdar AF, Oncogene, 6, 8, 1353, 1362,   1991年08月, 査読有り
  • Pulmonary dirofilariasis causing a solitary lung mass and pleural effusion., Kido A, Ishida T, Oka T, Tateishi M, Mitsudomi T, Sugimachi K, Thorax, 46, 8, 608, 609,   1991年08月, 査読有り
  • Different chemosensitivities of rat 3Y1 fibroblasts transformed by various agents in vitro., Kido Y, Mitsudomi T, Kuwano H, Maehara Y, Sugimachi K, Anticancer research, 11, 3, 1305, 1308,   1991年05月, 査読有り
  • Lung adenocarcinoma is more sensitive than gastric adenocarcinoma to anticancer drugs in vitro., Kohnoe S, Moriguchi S, Emi Y, Sakaguchi Y, Maehara Y, Ishida T, Mitsudomi T, Sugimachi K, European journal of surgical oncology : the journal of the European Society of Surgical Oncology and the British Association of Surgical Oncology, 17, 1, 47, 50,   1991年02月, 査読有り
  • Prognostic implication of transforming growth factor alpha in adenocarcinoma of the lung--an immunohistochemical study., Tateishi M, Ishida T, Mitsudomi T, Sugimachi K, British journal of cancer, 63, 1, 130, 133,   1991年01月, 査読有り
  • Prognostic value of c-erbB-2 protein expression in human lung adenocarcinoma and squamous cell carcinoma., Tateishi M, Ishida T, Mitsudomi T, Kaneko S, Sugimachi K, European journal of cancer (Oxford, England : 1990), 27, 11, 1372, 1375,   1991年, 査読有り
  • Adenocarcinoma and squamous cell carcinoma in the same lobe of the lung. A case report., Kitamura K, Mitsudomi T, Ishida T, Kaneko S, Sugimachi K, Respiration; international review of thoracic diseases, 58, 3-4, 226, 228,   1991年, 査読有り
  • Carcinosarcoma and spindle cell carcinoma of the lung. Clinicopathologic and immunohistochemical studies., Ishida T, Tateishi M, Kaneko S, Yano T, Mitsudomi T, Sugimachi K, Hara N, Ohta M, The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 100, 6, 844, 852,   1990年12月, 査読有り
  • Immunohistochemical evidence of autocrine growth factors in adenocarcinoma of the human lung., Tateishi M, Ishida T, Mitsudomi T, Kaneko S, Sugimachi K, Cancer research, 50, 21, 7077, 7080,   1990年11月, 査読有り
  • Mutations in the p53 gene are frequent in primary, resected non-small cell lung cancer. Lung Cancer Study Group., Chiba I, Takahashi T, Nau MM, D'Amico D, Curiel DT, Mitsudomi T, Buchhagen DL, Carbone D, Piantadosi S, Koga H, Oncogene, 5, 10, 1603, 1610,   1990年10月, 査読有り
  • Transformation by v-H-ras does not restore proliferation of a set of temperature-sensitive cell-cycle mutants of rat 3Y1 fibroblasts., Shimura H, Mitsudomi T, Matsuzaki A, Kabemura M, Okuda A, Kimura G, Cell structure and function, 15, 4, 211, 219,   1990年08月, 査読有り
  • Benign tumors and tumor-like lesions of the lung., Mitsudomi T, Kaneko S, Tateishi M, Yano T, Ishida T, Sugimachi K, International surgery, 75, 3, 155, 158,   1990年07月, 査読有り
  • Chemosensitivity testing of human lung cancer tissues using the succinate dehydrogenase inhibition test., Mitsudomi T, Kaneko S, Tateishi M, Yano T, Ishida T, Kohnoe S, Maehara Y, Sugimachi K, Anticancer research, 10, 4, 987, 990,   1990年07月, 査読有り
  • Confluent BALB/c 3T3 cells monolayer provides selective and efficient growth of neoplastic cells., Kido Y, Mitsudomi T, Kuwano H, Yano K, Matsuoka H, Sugimachi K, Cancer letters, 52, 2, 139, 143,   1990年07月, 査読有り
  • Estradiol sensitivity test using contact-sensitive plates of confluent BALB/c 3T3 cell monolayers., Matsuoka H, Ueo H, Yano K, Kido Y, Shirabe K, Mitsudomi T, Sugimachi K, Cancer research, 50, 7, 2113, 2118,   1990年04月, 査読有り
  • Large cell carcinoma of the lung. Prognostic implications of histopathologic and immunohistochemical subtyping., Ishida T, Kaneko S, Tateishi M, Oka T, Mitsudomi T, Sugimachi K, Hara N, Ohta M, American journal of clinical pathology, 93, 2, 176, 182,   1990年02月, 査読有り
  • Screening test for hormone sensitivity by the autoradiographic method using cell mats., Matsuoka H, Sugimachi K, Mitsudomi T, Yano K, Kido Y, American journal of clinical oncology, 13, 1, 70, 74,   1990年02月, 査読有り
  • Longer survival after resection of non-small cell lung cancer in Japanese women., Mitsudomi T, Tateishi M, Oka T, Yano T, Ishida T, Sugimachi K, The Annals of thoracic surgery, 48, 5, 639, 642,   1989年11月, 査読有り
  • Dorsal mass in hyperparathyroidism secondary to chronic renal failure., Mitsudomi T, Tateishi M, Oka T, Nishino T, Ishida T, Sugimachi K, The Annals of thoracic surgery, 48, 3, 426, 427,   1989年09月, 査読有り
  • Phenotypic characterization of lymphokine-activated killer cells from human lymph node lymphocytes., Yano T, Murata M, Ishida T, Mitsudomi T, Kimura G, Sugimachi K, Nomoto K, Cellular immunology, 122, 2, 578, 584,   1989年09月, 査読有り
  • Inflammatory pseudotumor of the lung in adults: radiographic and clinicopathological analysis., Ishida T, Oka T, Nishino T, Tateishi M, Mitsudomi T, Sugimachi K, The Annals of thoracic surgery, 48, 1, 90, 95,   1989年07月, 査読有り
  • A clinicopathological study of synchronous multiple gastric cancer., Mitsudomi T, Watanabe A, Matsusaka T, Fujinaga Y, Fuchigami T, Iwashita A, The British journal of surgery, 76, 3, 237, 240,   1989年03月, 査読有り
  • A clinicopathological study of gastric cancer with special reference to age of the patients: an analysis of 1,630 cases., Mitsudomi T, Matsusaka T, Wakasugi K, Takenaka M, Kume K, Fujinaga Y, Teraoka H, Iwashita A, World journal of surgery, 13, 2, 225, 30; discussion 230,   1989年03月, 査読有り
  • [Surgical problems encountered in cases of S0 (serosal invasion-free) gastric cancers]., Matsusaka T, Mitsudomi T, Wakasugi K, Takenaka M, Kume K, Fujinaga Y, Teraoka H, Fuchigami T, Iwashita A, Gan no rinsho. Japan journal of cancer clinics, 34, 14, 1943, 1950,   1988年11月, 査読有り
  • Selective cytotoxicity of phospholipids and diacylglycerols to rat 3Y1 fibroblasts transformed by adenovirus type 12 or its E1A gene., Shimura H, Ohtsu M, Matsuzaki A, Mitsudomi T, Onodera K, Kimura G, Cancer research, 48, 3, 578, 583,   1988年02月, 査読有り
  • fos oncogene transfer to a transformed rat fibroblast cell line enhances spontaneous lung metastasis in rat., Taniguchi S, Kawano T, Mitsudomi T, Kimura G, Baba T, Japanese journal of cancer research : Gann, 77, 12, 1193, 1197,   1986年12月, 査読有り
  • Effects of sodium n-butyrate on entry into S phase in resting rat 3Y1 cells infected with simian virus 40., Mitsudomi T, Kimura G, Journal of virology, 56, 3, 951, 957,   1985年12月, 査読有り
  • Abortive transformation of temperature-sensitive mutants of rat 3Y1 cells by simian virus 40: effect of cellular arrest states on entry into S phase and cellular proliferation., Mitsudomi T, Kimura G, Journal of cellular physiology, 123, 3, 353, 360,   1985年06月, 査読有り

MISC

  • 肺癌治療の進歩 III.最新の臨床研究 肺癌の治療 手術と術前・術後補助療法の進歩, 富沢健二, 光冨徹哉, 日本臨床, 75, 7, 1085‐1090,   2017年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702288412260024
  • 【肺癌治療の進歩-最新の基礎と臨床研究状況-】 最新の臨床研究 肺癌の治療 手術と術前・術後補助療法の進歩, 富沢 健二, 光冨 徹哉, 日本臨床, 75, 7, 1085, 1090,   2017年07月
  • 肺がん,頭頸部がん 非小細胞肺がんに対するバイオマーカー診断の進め方(EGFR,ALK,ROS1,PD‐L1), 高濱隆幸, 光冨徹哉, 月刊腫瘍内科, 19, 5, 512‐518,   2017年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702278700754411
  • 【肺がん、頭頸部がん】 非小細胞肺がんに対するバイオマーカー診断の進め方(EGFR、ALK、ROS1、PD-L1), 高濱 隆幸, 光冨 徹哉, 腫瘍内科, 19, 5, 512, 518,   2017年05月
  • 「高額医薬品と医療経済」臨床データベースを活用した免疫チェックポイント阻害薬の実態把握に向けた展望, 高橋新, 宮田裕章, 光冨徹哉, 日本病院薬剤師会雑誌, 53, 4, 395‐398,   2017年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702219887376390
  • 高額医薬品と医療経済 臨床データベースを活用した免疫チェックポイント阻害薬の実態把握に向けた展望, 高橋 新, 宮田 裕章, 光冨 徹哉, 日本病院薬剤師会雑誌, 53, 4, 395, 398,   2017年04月
  • 脂肪組織への進展を認め,悪性中皮腫との鑑別が問題となった胸膜Adenomatoid tumorの1例, 清水重喜, 清水重喜, 筑後考章, 筑後考章, 武本智樹, 田中伴典, 田中伴典, 榎木英介, 榎木英介, 榎木英介, 前西修, 前西修, 木村雅友, 木村雅友, 伊藤彰彦, 光冨徹哉, 佐藤隆夫, 日本病理学会会誌, 106, 1, 428,   2017年03月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702215693904573
  • 分子標的治療(CNS response to osimertinib in patients with T790M-positive advanced NSCLC: pooled data from two Phase II trials), 光冨 徹哉, 内田 寛彦, Cantarini Mireille, 日本呼吸器学会誌, 6, 増刊, 129, 129,   2017年03月
  • 脂肪組織への進展を認め、悪性中皮腫との鑑別が問題となった胸膜Adenomatoid tumorの1例, 清水 重喜, 筑後 孝章, 武本 智樹, 田中 伴典, 榎木 英介, 前西 修, 木村 雅友, 伊藤 彰彦, 光冨 徹哉, 佐藤 隆夫, 日本病理学会会誌, 106, 1, 428, 428,   2017年03月
  • IV期非小細胞肺癌への新しいアプローチ 1.非扁平上皮癌 2)ALK遺伝子転座陽性例への薬物治療―治療開始からラストラインまで, 小林祥久, 光冨徹哉, 臨床腫瘍プラクティス, 13, 1, 16‐20,   2017年02月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702210601696458
  • 胸部外科 最新の進歩と将来展望 癌の外科治療における分子生物学, 須田健一, 光冨徹哉, 胸部外科, 70, 1, 4‐8,   2017年01月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702264459259849
  • 肺癌手術患者における周術期身体活動量測定のパイロットスタディ, 武本智樹, 西野将矢, 瀬角裕一, 小林祥久, 佐藤克明, 千葉眞人, 下治正樹, 富沢健二, 光冨徹哉, 日本外科学会定期学術集会(Web), 117th, ROMBUNNO.PS‐064‐2 (WEB ONLY),   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702262931836484
  • EGFR-TKIの歴史と新たな展開, 須田健一, 須田健一, 光冨徹哉, 肺癌(Web), 57, 2, 69‐74(J‐STAGE),   2017年, 10.2482/haigan.57.69, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702263239677877
  • 原発性肺癌切除例における血清KL‐6値の臨床病理学的意義, 西野将矢, 富沢健二, 瀬角裕一, 小林祥久, 佐藤克明, 千葉眞人, 下治正樹, 武本智樹, 光冨徹哉, 日本外科学会定期学術集会(Web), 117th, ROMBUNNO.PS‐150‐6 (WEB ONLY),   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702275823643687
  • 進行・再発肺癌へのサルベージ手術の意義:積極的手術適応因子としてのEGFRとALK, 小林祥久, 西野将矢, 瀬角裕一, 佐藤克明, 千葉眞人, 下治正樹, 富沢健二, 武本智樹, 光冨徹哉, 日本呼吸器外科学会総会(Web), 34th, ROMBUNNO.SP2‐6 (WEB ONLY),   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702276103109812
  • MET遺伝子変異を有する肺腺癌治療戦略の検討, 光冨 徹哉, 上原記念生命科学財団研究報告集, 30, 1, 7,   2016年12月
    概要:肺腺癌の分子標的治療において、EGFRやALKなどのドライバー遺伝子変異を有する症例への特異的チロシンキナーゼ阻害剤投与は有効性が高く、予後の向上に大きく寄与した。しかし、日本人におけるEGFR遺伝子変異頻度およびALK遺伝子の転座頻度はそれぞれ50%、5%程度であり、新規の標的が強く求められている。著者等は新たな分子標的として、エクソン14を異常スプライシングによって欠損するMET遺伝子変異に注目し、肺腺癌の3%に存在することを以前報告した。その後、MET阻害剤の奏効例が報告されているものの、METエクソン14欠失変異のin-vitroモデルは未だ確立されておらず、MET阻害剤の有効性や耐性に関する機序は不明である。そこで今回、同in-vitroモデルを作製した。また、EGFR遺伝子変異のうち4%を占め臨床的意義が十分に検討されていないエクソン18変異に着目した治療戦略について検討したので、併せて報告した。
  • ALKまたはEGFR陽性肺癌に対するチロシンキナーゼ阻害剤獲得耐性後の外科切除の役割, 小林 祥久, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 西平 守道, 千葉 眞人, 下治 正樹, 富沢 健二, 武本 智樹, 光冨 徹哉, 肺癌, 56, 7, 1066, 1066,   2016年12月
  • 原発性肺癌との鑑別が困難であった胸腔内遊離体の1切除例, 西平 守道, 富沢 健二, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉, 肺癌, 56, 7, 1069, 1069,   2016年12月
  • 肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 武田 真幸, 坂井 和子, 林 秀敏, 田中 薫, 高濱 隆幸, 吉田 健史, 岩朝 勤, 光冨 徹哉, 伊藤 彰彦, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 75回, J, 1063,   2016年10月
  • EGFR変異を有する非小細胞肺癌細胞株における、ダサチニブによる上皮間葉転換を介したEGFR-TKI獲得耐性の抑制, 瀬角 裕一, 富沢 健二, 小林 祥久, 光冨 徹哉, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 2355,   2016年10月
  • 【分子標的薬を用いた周術期治療】 免疫チェックポイント阻害薬を用いた非小細胞肺がん術後補助療法の可能性(Division of Medical Oncology, University of Colorado Anschutz Medical Campus), 須田 健一, 光冨 徹哉, がん分子標的治療, 14, 2, 180, 184,   2016年07月
    概要:臨床病期I/II期(および一部のIIIA期)非小細胞肺がん(NSCLC)治療の第1選択は、外科的切除である。日本では、外科的切除後にテガフール・ウラシル配合薬(UFT)の1〜2年間内服(腫瘍径2cm超の病理病期I期)またはプラチナ製剤併用化学療法(病理病期II期以上)の術後補助化学療法が行われているが、その治療効果は高くなく、副作用のため治療を完遂できないことも多い。一方、進行・再発NSCLCの治療においては免疫チェックポイント阻害薬の比較的高い有効性と忍容性が示されつつあり、免疫チェックポイント阻害薬を術後補助療法に用いた複数の第III相臨床試験がすでに開始されている。本稿では、免疫チェックポイント機構の基礎とこれらの臨床試験について総括する。(著者抄録)
  • 【頭頸部がん、肺がん】 肺がん治療における血管新生阻害剤の役割, 小林 祥久, 光冨 徹哉, 腫瘍内科, 17, 6, 659, 664,   2016年06月
  • 【外科臨床研究のノウハウと重要研究の総まとめ】(Part2)押さえておきたい外科臨床研究の総まとめ 肺癌, 富沢 健二, 光冨 徹哉, 臨床外科, 71, 5, 598, 602,   2016年05月
    概要:<ポイント>小型肺癌の手術例増加に伴い,肺葉切除術に対する縮小手術の妥当性を検証する臨床試験が進行している.縦隔リンパ節郭清による予後改善効果は明らかでないが,少なくとも正確な病期決定に必要である.縦隔リンパ節転移陽性例は,その程度により多様な予後を有する集団であり,症例ごとに適した集学的治療が行われている.(著者抄録)
  • 【肺癌治療の新しい夜明け】 肺癌のドライバー変異, 小林 祥久, 光冨 徹哉, 成人病と生活習慣病, 46, 4, 427, 432,   2016年04月
    概要:癌はさまざまな遺伝子異常によって起こる疾患であり、特に癌化にかかわるものをドライバー変異、付随して起こるものをパッセンジャー変異と呼ぶ。2002年にEGFRチロシンキナーゼ阻害薬ゲフィチニブが発売され、2004年にEGFR遺伝子変異が発見された。その後の臨床試験によってEGFR遺伝子変異が効果予測因子であることが明らかとなり、肺癌の分子標的治療が確立した。2007年にALK融合遺伝子が発見され、そのわずか4年後にクリゾチニブが承認された。次々に新たなドライバー変異が発見され、ROS1融合遺伝子、RET融合遺伝子、MET変異、HER2変異、BRAF変異を有する肺癌に対する特異的阻害薬の有効例が報告されている。各ドライバー変異の中にも多くのバリエーションがあり、適切な患者選択とそれに特異的な薬剤の選択が今後の課題である。(著者抄録)
  • 自然退縮後した巨大胸腺腫の1例, 富沢 健二, 瀬角 裕一, 小林 祥久, 千葉 眞人, 佐藤 克明, 下治 正樹, 須田 健一, 武本 智樹, 阪口 全宏, 光冨 徹哉, 肺癌, 55, 4, 315, 316,   2015年08月
  • N2症例に外科治療は必要である discussion, 光冨 徹哉, 日本呼吸器学会誌, 5, 増刊, 80, 80,   2016年03月
  • 個別化医療 臨床応用への歩み 肺癌における個別化医療 日本肺癌学会の取り組み, 光冨 徹哉, 日本肺癌学会バイオマーカー委員会, 臨床病理, 63, 8, 987, 987,   2015年08月
  • EGFR-TKI耐性NSCLCに対する治療戦略, 光冨 徹哉, 日本呼吸器学会誌, 5, 増刊, 107, 107,   2016年03月
  • EGFR exon18変異肺癌の治療戦略 afatinibとneratinibに対する高感受性, 小林 祥久, 冨樫 庸介, 谷田部 恭, 水内 寛, 朴 将哲, 近藤 千晶, 須田 健一, 富沢 健二, 樋田 豊明, 西尾 和人, 光冨 徹哉, 日本癌学会総会記事, 74回, E, 1176,   2015年10月
  • 非小細胞肺がんにおけるDDR2変異の機能解析, 寺嶋 雅人, 冨樫 庸介, 坂井 和子, 佐藤 克明, 須田 健一, 水上 拓郎, 坂野 恵里, 中村 雄, De Velasco Marco, 藤田 至彦, 冨田 秀太, 光冨 徹哉, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 74回, P, 2223,   2015年10月
  • EML4-ALK肺癌と最新治療 (特集 新しい局面を迎えた肺癌診療) -- (非小細胞肺癌の治療の実際), 須田 健一, 富沢 健二, 光冨 徹哉, 内科, 110, 5, 729, 735,   2012年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019468754
  • 非小細胞肺がんの分子分類とEGFR変異肺がん (抗がん剤治療の最前線 : 分子標的薬剤の使用による進歩(後篇)) -- (各臓器別の最新治療と新薬の動向), 須田 健一, 光冨 徹哉, 最新医学, 67, 2104, 2115,   2012年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019444136
  • わが国における肺癌外科の臨床試験の現状(第2部 外科臨床研究の実践,第9回臨床研究セミナー,第112回日本外科学会定期学術集会記録), 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 113, 3, 40, 41,   2012年08月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009496052
  • P24-2 高周波スネアによる切除術後気管支切除術を行った気管支腫瘍の1例(その他腫瘍,ポスター24,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会), 近藤 千晶, 朴 将哲, 清水 淳市, 堀尾 芳嗣, 吉田 公秀, 樋田 豊明, 千葉 眞人, 伊藤 志門, 光冨 徹哉, 矢田部 恭, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 34, 0,   2012年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009584431
  • 肺癌の分子生物学 肺癌のoncogenic driver mutations (第5土曜特集 肺癌UPDATE), 須田 健一, 光冨 徹哉, 医学のあゆみ, 240, 13, 1059, 1065,   2012年03月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019200906
  • CR-2-1-1 わが国における肺癌臨床試験の現状(CR 第9回臨床研究セミナー,第112回日本外科学会定期学術集会), 光冨 徹哉, 坪井 正博, 多田 弘人, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009547860
  • SF-045-6 大腸癌肺転移の切除後再発に対する再肺切除の意義(SF-045 サージカルフォーラム(45)肺 転移・再発,第112回日本外科学会定期学術集会), 服部 憲史, 金光 幸秀, 小森 康司, 石黒 成治, 清水 泰博, 佐野 力, 千田 嘉毅, 光冨 徹哉, 福井 高幸, 植村 則久, 伊藤 友一, 三澤 一成, 安部 哲也, 伊藤 誠二, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009548133
  • SF-097-1 In vitroモデルを用いたEGFRキナーゼ阻害剤獲得耐性機序の解析(SF-097 サージカルフォーラム(97)肺 基礎-2,第112回日本外科学会定期学術集会), 須田 健一, 富沢 健二, 小林 祥久, 福井 高幸, 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 谷田部 恭, 関戸 好孝, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009548412
  • EGFR-TKIの基礎 (特集 肺癌診療の新しい時代), 須田 健一, 光冨 徹哉, 成人病と生活習慣病 : 日本成人病(生活習慣病)学会準機関誌, 42, 1, 23, 29,   2012年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019192830
  • 肺非結核性抗酸菌症による肉芽腫と肺腺癌を同一病巣内に認めた1例, 尾関 直樹, 福井 高幸, 丹羽 由紀子, 吉田 公秀, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 52, 2, 238, 241,   2012年, 10.2482/haigan.52.238, http://ci.nii.ac.jp/naid/130002060240
    概要:背景.肺非結核性抗酸菌症(肺NTM症)は増加傾向であり,それとともに肺癌との合併例の報告も増えている.症例.74歳男性.人間ドックの胸部CTで左肺S4に孤立性の腫瘤影を指摘された.気管支鏡検査では,擦過細胞診にて腺癌の疑いであった.また,気管支洗浄液の培養とPCRにてMycobacterium avium complexが検出された.術中の針生検による迅速病理診断では肉芽腫のみの所見であったため,舌区区域切除を施行して手術を終了した.切除肺の病理診断では,肺NTM症による肉芽腫に隣接して肺腺癌が同一病巣内に認められた.結語.肺癌と肺NTM症が同時に疑われる場合,針生検による術中迅速病理診断は時に困難である.本症例では確定診断に切除肺の病理診断が必要であった.
  • UICC第7版の主たる改訂点と"肺癌取扱い規約"における日本肺癌学会の対応, 光冨 徹哉, 福井 高幸, 肺癌, 52, 1, 80, 84,   2012年, 10.2482/haigan.52.80, http://ci.nii.ac.jp/naid/130002060220
    概要:目的.日本肺癌学会肺癌取扱い規約委員会は,UICCのTNM分類第7版改訂に対応して取扱い規約の見直しを行い,2010年3月に確定版を完成したが,その経緯の説明と内容を解説すること.方法.UICC TNM分類第6版,第7版,肺癌取扱い規約第7版の異同を主に検討した.結果.主な変更点は,1)T因子の腫瘍径による細分化,2)悪性胸水をT4からM1a,同側他葉腫瘤をM1からT4へ変更,3)胸膜浸潤分類をPLとして,PL1からT2としたこと,4)旧IBとIIBの一部を新IIAに移動,旧IIIB期の一部を新IIIAに移動,5)リンパ節マップの変更などである.今回の改訂では病期ごとの症例数と予後の分散は良好になった.しかし,病期とTN因子の組み合わせは複雑になった.悪性胸水や同側他葉腫瘤のようにTとM因子をまたいでの変更も混乱を生じやすい点である.結論.TNM分類が予後を反映することはもちろん重要である.しかし,EGFR変異とEGFR-TKIのように特定の肺癌に特定の薬物が劇的に奏効し予後を改善する度に,TNM病期を改訂していくのかについては議論が必要である.
  • 肺がん 術後補助化学療法が適応となる症例と,期待される効果 (特集 術後補助化学療法 : 臨床現場ではどう行われているのか) -- (がん種毎にみた術後補助化学療法の施行規準と使用レジメン), 衣斐 寛倫, 光冨 徹哉, 臨床腫瘍プラクティス, 8, 1, 8, 11,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019201952
  • 臨床講座(32)肺がんの分子標的治療, 清水 淳市, 光冨 徹哉, Pharma tribune, 3, 8, 43, 54,   2011年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018961363
  • IS-10-5 肺癌の個別化治療 : EGFR変異とその先へ(IS-10 国際シンポジウム(10)Treatment of lung cancer in the 21st century : From bench to bedside, further to the OR,第111回日本外科学会定期学術集会), 須田 健一, 富沢 健二, 片山 達也, 関戸 好孝, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 112, 1,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008683308
  • SF-064-4 肺癌手術における多量出血症例の検討(SF-064 サージカルフォーラム(64)肺:その他,第111回日本外科学会定期学術集会), 伊藤 志門, 小林 祥久, 尾関 直樹, 厚田 幸子, 丹羽 由紀子, 須田 健一, 富澤 健二, 福井 高幸, 安部 哲也, 波戸岡 俊三, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 112, 1,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008683975
  • PS-046-6 gefitinib耐性後の剖検症例におけるEGFRおよびMET遺伝子異常のheterogeneity(PS-046 ポスターセッション(46)肺:基礎-2,第111回日本外科学会定期学術集会), 片山 達也, 村上 功, 須田 健一, 平井 伸司, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 112, 1,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008684636
  • 肺癌術後に肺塞栓症を発症した3例, 小林 祥久, 福井 高幸, 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery, 25, 4, 373, 378,   2011年05月15日, 10.2995/jacsurg.25.373, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029125333
    概要:肺塞栓症(PE)は重篤な術後合併症である.肺癌術後に発症した3例を報告する.【症例1】64歳女性.2病日に呼吸困難とショックのため他院救命救急センターへ搬送した.肺動脈造影でPEと診断しカテーテルで血栓を破砕・吸引した.抗凝固療法で血胸を合併したが22病日に退院した.【症例2】84歳男性.11病日に呼吸困難が増強し21病日に造影CTでPEと診断した.抗凝固療法を施行し36病日に退院した.【症例3】81歳男性.5病日に呼吸困難が増強し翌日CTでPEと診断した.抗凝固療法を施行し33病日に退院した.PEの症状と身体所見は非特異的であり,離床直後には無症状で数日後に発症するもの,安静時には呼吸困難がないものやショックとなるものまで様々であった.PEを常に念頭に置き,非侵襲的で迅速な心エコーと心電図の所見を参考に,Dダイマーで除外診断,造影CTで確定診断を早期に行い,適切な治療を開始することが重要である.
  • 肝細胞癌切除後の異時性肺転移に対して3回の肺切除を施行し, 長期生存している1例, 福本 紘一, 福井 高幸, 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery, 25, 1, 54, 57,   2011年01月15日, 10.2995/jacsurg.25.054, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027421691
    概要:A 57-year-old male was diagnosed with bilateral pulmonary metastatic nodules three years after right hepatic resection for hepatocellular carcinoma. One was located at the anterior basal segment (S8) of the right lower lobe, and the other was at the lateral basal segment (S9) of the left lower lobe. Right lower lobectomy was performed three years after hepatic resection, and partial resection of the left lower lobe was carried out four years after hepatic resection. Twelve years after hepatic resection, partial resection of the right upper lobe was performed for solitary pulmonary metastasis. Long-term survival is extremely rare after pulmonary resections for metastases from hepatocellular carcinoma without intrahepatic recurrence or other distant metastases.
  • 遺伝子診断にもとづくこれからの肺がん治療 (肺がんのすべて) -- (肺がんに負けない), 須田 健一, 光冨 徹哉, からだの科学, 119, 123,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018894462
  • 固形癌に対する術後補助化学療法の現況 (特集 固形癌の最新治療--癌治療への新たな取り組み) -- (治療の新たな取り組み 外科治療の最近の進歩), 福井 高幸, 光冨 徹哉, 日本臨床, 68, 6, 1019, 1023,   2010年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017138810
  • PD-2-7 肺がんの外科治療と基礎研究(オンコロジストとしての外科医に求められる基礎研究とは何か,パネルディスカッション,第110回日本外科学会定期学術集会), 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 111, 2,   2010年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007715115
  • SF-022-3 術後早期に再発をきたしたEGFR遺伝子変異陽性肺癌患者に対するゲフィチニブ治療効果(呼吸器-1,サージカルフォーラム,第110回日本外科学会定期学術集会), 須田 健一, 富沢 健二, 小野里 良一, 高坂 貴行, 厚田 幸子, 丹羽 由紀子, 福本 紘一, 齊藤 卓也, 片山 達也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 安部 哲也, 波戸岡 俊三, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 111, 2,   2010年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007715492
  • OP-222-6 食道癌周術期Intensive Insulin Therapyにおける目標血糖値の至適範囲の検討(栄養-2,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会), 丹羽 由紀子, 波戸岡 俊三, 安部 哲也, 齋藤 卓也, 厚田 幸子, 小野里 良一, 福本 紘一, 片山 達也, 伊藤 志門, 福井 高幸, 光冨 徹哉, 篠田 雅幸, 日本外科学会雑誌, 111, 2,   2010年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007717850
  • OP-237-4 日本人原発性肺癌切除例におけるHER4の発現と細胞外ドメインとキナーゼドメインの遺伝子変異解析(肺基礎-2,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会), 富沢 健二, 須田 健一, 厚田 幸子, 丹羽 由紀子, 小野里 良一, 福本 紘一, 齊藤 卓也, 高坂 貴行, 片山 達也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 安部 哲也, 波戸岡 俊三, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 111, 2,   2010年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007718050
  • 遺伝子変異に基づく非小細胞肺癌治療--EGFR遺伝子とK-Ras遺伝子の役割 (特集 肺癌の分子標的治療薬の新展開と個別化治療の可能性) -- (EGFR阻害薬), 衣斐 寛倫, 光冨 徹哉, 最新医学, 65, 3, 363, 368,   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017015222
  • 肺癌の分子生物学, 豊岡 伸一, 光冨 徹哉, 宗 淳一, 山本 寛斉, 三好 新一郎, 肺癌, 50, 4, 329, 341,   2010年, 10.2482/haigan.50.329, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000414414
    概要:遺伝子工学の発達は肺癌の分子生物学的異常の解明を可能にしてきた.主だった異常として1980年代から2000年にかけてP53 ,KRAS 遺伝子変異から染色体のloss of heterozygosity,癌関連遺伝子のDNAのメチル化などが精力的に研究された.2004年には非小細胞肺癌,特に腺癌において,oncogene addictionを引き起こす上皮成長因子受容体(EGFR )遺伝子変異が発見され,EGFRチロシンキナーゼ阻害剤(TKI)の感受性と強く関連することからEGFR 並びに,他のEGFR ファミリー遺伝子の下流に位置する遺伝子について多くの知見が得られた.また2007年にはEML4-ALK 融合遺伝子の存在が非小細胞肺癌で発見され,EGFR-TKIと同様,この遺伝子転座を有している肺癌にはALK阻害剤が著効することが明らかになりつつある.これらの発見は,分子生物学の成果が直接,臨床腫瘍学の発展や肺癌患者の生存率の向上に直結することを如実に示している.本稿では進歩著しい肺癌,特に非小細胞肺癌における分子生物学の現在までの知見や今後の可能性について概説する.
  • 肺癌完全切除例に対する術後化学療法‐診療ガイドライン改訂後の実態調査‐, 横井 香平, 光冨 徹哉, 近藤 晴彦, 丹羽 宏, 吉田 和夫, 太田 伸一郎, 重光 希公生, 矢野 智紀, 田中 亨, 高尾 仁二, 肺癌, 50, 3, 280, 286,   2010年, 10.2482/haigan.50.280, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000298799
    概要:目的.2005年の肺癌診療ガイドライン改訂で,IB~IIIA期非小細胞肺癌・完全切除例に対しては術後化学療法を行うよう勧められると変更された.その後の術後化学療法の実態を知るため,今回中部肺癌手術研究会で日常診療における術後化学療法の施行状況を調査した.方法.2006~2007年の肺癌完全切除例について,患者背景,術後化学療法の有無,施行レジメン,施行回数,非施行例についてはその理由,および施設毎の術後化学療法の方針について調査した.結果.30施設から3237例(IA期1636例,IB期664例,II期418例,IIIA期358例,IIIB期161例)が集積された.術後化学療法はIA期12%,IB期48%,II期52%,IIIA期66%,IIIB期60%に施行され,用いられた主なレジメンは,I期UFT,II~IIIB期プラチナベース化学療法であった.UFT投与例の72%が1年以上継続され,プラチナベース化学療法は55%の患者に3コース以上施行されていた.IB~IIIA期非施行例の理由としては,全身状態不良が多く,患者の拒否も21~36%に認められた.結論.術後補助化学療法は肺癌診療ガイドライン通りに,比較的多くの患者に十分投与されていた.しかしIA期例への投与や,施行レジメンの選択,真の治療効果などについては,今後さらに検討していく必要があると思われた.
  • 非小細胞肺がん--早期,局所進行がん (がん治療最前線--米国癌学会(ASCO)のトピックスを中心に) -- (臓器部位別の治療戦略), 光冨 徹哉, がん治療レクチャー, 1, 1, 28, 33,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019000183
  • WS-3-3 治癒切除可能食道癌における化学放射線療法後CR予測因子に対する臨床病理学的検討(ワークショップ3 治癒切除可能食道癌に対する根治的CRTの適応,第64回日本消化器外科学会総会), 安部 哲也, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 斉藤 卓也, 伊藤 志門, 福井 高幸, 光冨 徹哉, 古平 毅, 室 圭, 中村 常哉, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7,   2009年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007716885
  • RS-8-1 終末期胸部食道がん患者の生命予後推定(要望演題8-1 緩和医療の現状と展望1,第64回日本消化器外科学会総会), 齊藤 卓也, 波戸岡 俊三, 安部 哲也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 光冨 徹哉, 篠田 雅幸, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7,   2009年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007717375
  • O-1-21 cStageII・III(non-T4)食道癌における傾向スコア(Propensity score)を用いた解析(企画関連口演5 StageII/III食道癌3,第64回日本消化器外科学会総会), 波戸岡 俊三, 安部 哲也, 齋藤 卓也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 松尾 恵太郎, 光冨 徹哉, 篠田 雅幸, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7,   2009年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007717839
  • 肺癌の原因 喫煙と環境因子--最近の話題より (特集 増加する肺癌--早期診断と治療), 須田 健一, 小野里 良一, 光冨 徹哉, 臨牀と研究, 86, 7, 818, 823,   2009年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016767204
  • 画像診断Q&A, 伊藤 志門, 光冨 徹哉, 矢田部 恭, 胸部外科, 62, 5, 404, 408,   2009年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016664865
  • 術後19年目に粘表皮癌の再発が疑われた肺縫合糸肉芽腫の1例, 小林 零, 森 正一, 福井 高幸, 立松 明子, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery, 23, 2, 165, 168,   2009年03月15日, 10.2995/jacsurg.23.165, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025953067
    概要:症例は60歳の女性.粘表皮癌にて右下葉部分切除を施行した術後19年目に血痰を生じたため,精査を行った.右B10入口部にポリープ状病変を認めた.2度の気管支鏡下生検を行うも確定診断に至らず,外科的切除(右下葉切除術)を施行した.術後病理にて,肺縫合糸肉芽腫と診断された.肺縫合糸肉芽腫の報告は比較的まれであり,また粘表皮癌の再発と鑑別を要した1例を経験したので報告する.
  • SF-023-3 喫煙歴別にみた肺腺癌の生物学的臨床的多様性(肺・気管・気管支(悪性疾患3),サージカルフォーラム,第109回日本外科学会定期学術集会), 須田 健一, 小野里 良一, 高坂 貴行, 福本 紘一, 齊藤 卓也, 小林 零, 片山 達也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 安部 哲也, 波戸岡 俊三, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007165599
  • HP-081-8 pN2症例の検討(肺(手術1),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会), 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 福井 高幸, 片山 達也, 斉藤 卓也, 小林 零, 福本 紘一, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007165787
  • HP-181-5 GFO (Glutamine Fiber Oligosaccharide)療法は術後CRP値を下げるか?(食道(周術期・栄養管理),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会), 齊藤 卓也, 波戸岡 俊三, 福本 紘一, 小林 零, 片山 達也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 光冨 徹哉, 篠田 雅幸, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007168540
  • GGOを呈する肺癌の分子マーカー (特集 CTで発見される限局性すりガラス陰影GGA/GGO--最近10年間の臨床動向), 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 日本胸部臨床, 68, 2, 139, 145,   2009年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016458909
  • EGFR作用薬 EGFR-TKI reversibleについて (特集 非選択的治療から選択的治療へのパラダイムシフト(2)) -- (抗がん剤の作用機序そのものを腫瘍特異的なものとする方法), 清水 淳市, 光冨 徹哉, Mebio oncology, 6, 1, 12, 22,   2009年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016616796
  • 遺伝子 腫瘍抑制遺伝子 (がん薬物療法学--基礎・臨床研究のアップデート) -- (癌の病因・病態), 光冨 徹哉, 日本臨床, 67, 0, 39, 44,   2009年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016440298
  • 18.持続傍脊椎ブロック法により良好な術後疼痛管理を行い得た1例(第93回日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動), 小林 零, 福本 紘一, 斉藤 卓也, 片山 達也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 7,   2008年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007081607
  • WS3-3 肝細胞増殖因子(HGF)はEGFR活性型遺伝子変異を有する肺腺癌のゲフィチニブ耐性を誘導する(分子標的治療1(基礎),第49回日本肺癌学会総会号), 矢野 聖二, 山田 忠明, 埴淵 昌毅, 柿内 聡司, 西岡 安彦, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 曽根 三郎, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986065
  • WS4-2 EGFR遺伝子変異を有する進行非小細胞肺癌患者を対象としたgefitinib治療prospective試験統合解析(分子標的治療2(臨床),第49回日本肺癌学会総会号), 砂長 則明, 柳谷 典子, 山崎 浩一, 朝比奈 肇, 井上 彰, 西條 康夫, 萩原 弘一, 小林 国彦, 森田 智視, 樋田 豊明, 吉田 公秀, 光富 徹哉, 岡本 勇, 平島 智徳, 杉尾 賢二, 貫和 敏博, 福岡 正博, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986070
  • O-16 EGFR遺伝子変異L858RとExon19欠失変異バリエーションの検討(分子生物学,第49回日本肺癌学会総会号), 須田 健一, 小野里 良一, 高坂 貴行, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986164
  • O-120 同時性多発肺腺がんの治療 : 縦隔リンパ節腫脹を伴う場合を含めて(多発癌・重複癌,第49回日本肺癌学会総会号), 堀尾 芳嗣, 朴 智栄, 朴 将哲, 小川 紫都, 清水 淳市, 吉田 公秀, 小林 零, 片山 達也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 森 正一, 波戸岡 俊三, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 樋田 豊明, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986267
  • O-133 術後再発症例におけるEGFR遺伝子変異とゲフィチニブの効果 : 134例の検討(分子標的治療2,第49回日本肺癌学会総会号), 小野里 良一, 高坂 貴行, 須田 健一, 福本 紘一, 小林 零, 片山 達也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986279
  • O-135 gefitinibが抵抗性となった後にErlotinibを投与した非小細胞肺癌中枢神経転移症例の検討(分子標的治療3,第49回日本肺癌学会総会号), 片山 達也, 清水 淳市, 須田 健一, 小野里 良一, 斉藤 卓也, 小林 零, 福井 高幸, 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 樋田 豊明, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986281
  • P-151 hOGG1およびGST遺伝子多型と喫煙習慣の肺がんリスクにおよぼす影響(疫学・発癌と危険因子,第49回日本肺癌学会総会号), 岡阪 敏樹, 松尾 恵太郎, 鈴木 勇史, 川瀬 孝和, 谷田部 恭, 樋田 豊明, 光冨 徹哉, 田島 和雄, 横井 香平, 田中 英夫, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986471
  • P-210 傾向スコア(Propensity score)を用いた肺癌根治手術における,標準郭清と縮小郭清の予後への影響(リンパ節郭清,第49回日本肺癌学会総会号), 石黒 太志, 松尾 恵太郎, 小林 零, 片山 達也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986529
  • P-425 cIA期の非小細胞肺癌において発生区域による影響は生じるか?(予後因子3,第49回日本肺癌学会総会号), 伊藤 志門, 福本 紘一, 小林 零, 片山 達也, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986744
  • P-512 小細胞肺がん化学放射線治療後5年以上経過して発症した肺腺がんの一例(多発肺癌3,第49回日本肺癌学会総会号), 小川 紫都, 堀尾 芳嗣, 森 正一, 朴 智栄, 朴 将哲, 清水 淳市, 吉田 公秀, 小林 零, 片山 達也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 樋田 豊明, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986831
  • P-631 気管支・肺カルチノイド腫瘍切除例の検討(神経内分泌腫瘍,第49回日本肺癌学会総会号), 小林 零, 福本 紘一, 須田 健一, 小野里 良一, 片山 達也, 福井 高幸, 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986950
  • 分子標的治療 EGFR-TKIの臨床効果とバイオマーカー (肺癌--基礎・臨床研究のアップデート) -- (臨床研究 治療), 光冨 徹哉, 日本臨床, 66, 0, 583, 587,   2008年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016205291
  • O-2-150 食道外科における合併症とその発生防止対策(食道 合併症,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会), 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 森 正一, 福井 高幸, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006831714
  • 11.肺癌を含む六重癌の1例(第92回日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動), 小林 零, 森 正一, 高坂 貴行, 石黒 太志, 片山 達也, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 2, 155, 156,   2008年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006668241
  • 20.胸部悪性腫瘍切除において解剖学的破格を有した症例の検討(第92回日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動), 石黒 太志, 小林 零, 高坂 貴行, 片山 達也, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 2,   2008年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006668250
  • 28.術後再発肺癌に対し,S-1単剤投与が有効であった3症例の検討(第92回日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動), 片山 達也, 石黒 太志, 高坂 貴行, 小林 零, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 2,   2008年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006668258
  • P04-08 縦隔リンパ節転移を認めた小型非小細胞肺癌の検討(肺癌・リンパ節,第25回日本呼吸器外科学会総会), 福井 高幸, 小林 零, 高坂 貴行, 石黒 太志, 片山 達也, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 22, 3,   2008年04月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006806485
  • P35-09 術前の確定診断なしで切除を施行した肺腫瘍症例の検討(肺癌・術前診断,第25回日本呼吸器外科学会総会), 小林 零, 森 正一, 高坂 貴行, 石黒 太志, 片山 達也, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 22, 3,   2008年04月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006806783
  • P36-01 原発性肺癌根治手術における血管処理順序の検討 : Vが先か?Aが先か?(肺癌・胸腔鏡,第25回日本呼吸器外科学会総会), 森 正一, 高坂 貴行, 小林 零, 石黒 太志, 片山 達也, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 22, 3,   2008年04月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006806784
  • P37-07 大型肺癌(50mm以上)完全切除症例の検討(肺癌・予後1,第25回日本呼吸器外科学会総会), 片山 達也, 小野里 良一, 石黒 太志, 小林 零, 高坂 貴行, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 22, 3,   2008年04月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006806800
  • P39-04 肺癌術後再発部位の経時的変化の検討(肺癌・予後3,第25回日本呼吸器外科学会総会), 石黒 太志, 小林 零, 片山 達也, 高坂 貴行, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 22, 3,   2008年04月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006806817
  • 外科的手術--今後の展望 (第5土曜特集 肺癌UPDATE--研究と臨床の最前線) -- (治療), 森 正一, 光冨 徹哉, 医学のあゆみ, 224, 13, 1069, 1073,   2008年03月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015921946
  • 非小細胞肺癌に対する術前化学療法施行症例の治療効果判定における腫瘍マーカー(CEA)の意義, 石黒 太志, 森 正一, 片山 達也, 奥田 勝裕, 坂倉 範昭, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 48, 1, 26, 32,   2008年02月20日, 10.2482/haigan.48.26, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006655981
    概要:目的.非小細胞癌の治療効果判定における血清carcinoembryonic antigen(CEA)濃度の変化について評価し,CEA測定の意義を明確にする.対象と方法.1995年1月〜2005年12月まで術前CEAが高値(5ng/ml以上)を示し,かつ術前化学療法後に手術を施行し病理組織学的効果判定が可能であった24症例を対象とした.CEA濃度変化とResponse Evaluation Criteria in Solid Tumors(RECIST),WHO基準による治療効果判定,組織学的効果判定を比較し,その問題点について後ろ向きに検討した.結果.それぞれ奏効群と非奏効群に分けて治療前後のCEA値を比較すると,RECIST,WHO基準とも奏効群で有意にCEA値が低下したが(P=0.004,P=0.008),非奏効群では有意差がなかった.CEA値と組織学的治療効果判定(Ef)との比較では,奏効群(Ef2〜3)で有意にCEA値が低下したが(P=0.008),非奏効群(Ef0〜1)では有意差がなかった.ROC解析でCEAのカットオフを検討すると60%減少が最も適切という結果で,その場合のRECISTに対する感度は82%特異度は69%であった.結論.非小細胞癌においてRECIST,WHO基準による測定が困難な場合に,CEAは治療効果判定における代理マーカーとして有用である.
  • EGFRチロシンキナーゼ阻害薬の現状--ゲフィチニブ,エルロチニブ (第1土曜特集 がん分子標的治療の最先端) -- (低分子阻害剤), 清水 淳市, 光冨 徹哉, 医学のあゆみ, 224, 1, 45, 50,   2008年01月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015766133
  • 非喫煙者の肺癌 (診断・治療技術講座 ASCOのEducational Sessionに学ぶ), 光冨 徹哉, 高坂 貴行, 小野里 良一, 癌の臨床, 54, 7, 555, 560,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016618246
  • 退院後1ヵ月以内に再入院が必要となった肺癌手術症例の検討, 福井 高幸, 石黒 太志, 片山 達也, 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 21, 7, 886, 890,   2007年11月15日, 10.2995/jacsurg.21.886, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006533024
    概要:クリニカルパス(CP)の普及に伴い,呼吸器外科領域でも周術期管理に多くの施設でCPが使用されている.CP導入目的の一つに在院日数の短縮があるが,当施設では退院の決定は主に主治医の裁量に委ねられてきた.本研究は肺癌手術を施行し退院後30日以内に再入院が必要となった19症例に着目し,その臨床的特徴を検討した.再入院となった理由は発熱,肺炎,断端瘻・膿胸,間質性肺炎増悪など「炎症」に関連する理由が約70%を占めた.また再入院は術後在院日数に関係なく発生していた.臨床因子をマッチングして抽出した95例を対照群として入院中の白血球数とCRP値の推移を検討すると,退院直前のそれぞれの値は有意に再入院群が高いことが明らかとなった.白血球数,CRP値が高値を示す状態での退院には慎重であるべきである.
  • 13.多発性内分泌腫瘍症(MEN)I型に合併した胸腺カルチノイドの2例(第91回日本肺癌学会中部支部会,支部活動), 高坂 貴行, 石黒 太志, 小林 零, 片山 達也, 武藤 俊博, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 6,   2007年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006475136
  • 15. 1cm以下小型肺癌切除例の検討(第91回日本肺癌学会中部支部会,支部活動), 福井 高幸, 小林 零, 高坂 貴行, 武藤 俊博, 石黒 太志, 片山 達也, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 6,   2007年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006475138
  • 24.悪性胸膜中皮腫に対する胸膜外肺全摘術施行症例の検討(第91回日本肺癌学会中部支部会,支部活動), 石黒 太志, 小林 零, 高坂 貴行, 片山 達也, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 6,   2007年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006475147
  • S4-4 JCOG-WJOG肺がん外科グループの臨床試験の現状と今後の展望(シンポジウム 我が国で行われている大規模臨床試験の現状と今後の展望,第48回日本肺癌学会総会号), 坪井 正博, 加藤 治文, 佐治 久, 淺村 尚生, 鈴木 健司, 多田 弘人, 一瀬 幸人, 光冨 徹哉, JCOG肺がん外科グループ西日本がん研究機構(WJOG), 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480118
  • P-155 肺癌患者向けハンドブック「よくわかる肺がん」の作成と活用の検討(一般演題(ポスター) 肺癌治療とQOL療,第48回日本肺癌学会総会), 澤 祥幸, 江口 研二, 千場 博, 坂 英雄, 多田 弘人, 一瀬 幸人, 光冨 徹哉, 坪井 正博, 片上 信之, 松井 薫, 倉田 宝保, 田村 研治, 石黒 崇, 副島 俊典, 村上 晴泰, 岡本 龍郎, 瀬戸 貴司, 根来 俊一, 西村 恭昌, 福岡 正博, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480544
  • S1-1 ゲフィチニブ治療における臨床効果予測因子 : 非小細胞肺癌408例の検討(シンポジウム 肺癌の分子生物学とその臨床応用,第48回日本肺癌学会総会号), 豊岡 伸一, 高野 利実, 高坂 貴行, 堀田 勝幸, 青江 啓介, 木浦 勝行, 大江 裕一郎, 光冨 徹哉, 伊達 洋至, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480098
  • WS8-5 ゲフィチニブは肺腺癌術後再発症例の予後を改善させるか(ワークショップ 非小細胞肺癌の分子標的治療,第48回日本肺癌学会総会号), 片山 達也, 松尾 恵太郎, 小野里 良一, 石黒 大志, 高坂 貴行, 小林 零, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480178
  • O-14 非小細胞肺癌におけるEGFR遺伝子変異と化学療法感受性(一般演題(口演)3 分子標的治療,第48回日本肺癌学会総会号), 吉田 公秀, 谷田部 恭, 小川 紫都, 朴 智栄, 清水 淳市, 堀尾 芳嗣, 松尾 恵太郎, 光冨 徹哉, 樋田 豊明, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480223
  • O-26 肺癌におけるMET遺伝子変異解析(一般演題(口演)5 癌遺伝子・癌抑制遺伝子,第48回日本肺癌学会総会号), 小野里 良一, 高坂 貴行, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480235
  • O-91 小細胞肺癌におけるEGFR遺伝子変異の検討(一般演題(口演)16 病理,第48回日本肺癌学会総会号), 清水 淳市, 堀尾 芳嗣, 朴 智栄, 小川 紫都, 吉田 公秀, 樋田 豊明, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480300
  • P-26 肺癌術後における腫瘍マーカーの有用性(一般演題(ポスター) 腫瘍マーカー,第48回日本肺癌学会総会), 石黒 太志, 森 正一, 小林 零, 片山 達也, 高坂 貴行, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480416
  • P-76 新しいT,M因子の定義による肺癌切除例のre-staging(一般演題(ポスター) 拡大手術・その他1,第48回日本肺癌学会総会), 福井 高幸, 高坂 貴行, 小林 零, 武藤 俊博, 石黒 太志, 片山 達也, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480465
  • P-80 肺癌術後合併症の解析 : 最近10年間の検討(一般演題(ポスター) 拡大手術・その他1,第48回日本肺癌学会総会), 森 正一, 高坂 貴之, 小林 零, 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480469
  • P-167 多発肺病変各々の遺伝子変異(一般演題(ポスター) 多発癌・重複癌1,第48回日本肺癌学会総会), 坂倉 範昭, 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 高坂 貴行, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480556
  • P-392 肺癌切除後断端陽性症例の検討(一般演題(ポスター)41 拡張手術・その他2,第48回日本肺癌学会総会), 小林 零, 森 正一, 石黒 太志, 片山 達也, 高坂 貴行, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480781
  • Intensive insulin therapy の実際, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 静脈経腸栄養, 22, 3, 323, 327,   2007年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019782942
  • 肺癌 (第45回日本癌治療学会総会Educational Book) -- (教育セッション がん治療update), 光冨 徹哉, 日本癌治療学会誌, 42, 3, 953, 962,   2007年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015759614
  • 肺癌のテーラーメイド医療の取り組み (特集 バイオマーカーが医療・創薬戦略を変える), 光冨 徹哉, 細胞工学, 26, 9, 1034, 1038,   2007年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015626078
  • 病理病期IBの非小細胞肺癌における術後再発に影響をおよぼす因子, 波戸岡 俊三, 森 正一, 福井 高幸, 篠田 雅幸, 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 片山 達也, 石黒 太志, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 4, 327, 332,   2007年08月20日, 10.2482/haigan.47.327, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419903
    概要:目的.非小細胞肺癌患者は術後補助化学療法が有効であると示されつつある.IB期患者で再発に影響を与える因子を解析し,どのような患者について化学療法を省くことができるかを検討した.対象と方法.縦隔リンパ節郭清を行い完全切除した病理病期IB期非小細胞肺癌患者225名を対象とした.年齢,性別,喫煙歴,術前CEA値,左右,術式,腫瘍サイズ,組織型,分化度,胸膜浸潤の有無の臨床病理学的因子から再発に影響を与える因子を解析した.結果.5年,10年全生存割合は,各々73%,57%であった.再発は87名(39%)にみられた.5年,10年無再発生存率は,各々63%,51%であった.単変量解析では腫瘍サイズが有意な因子で,4cm未満,4cm以上の5年無再発生存率は各々70%,57%であった(P=0.018).組織型では腺扁平上皮癌が扁平上皮癌,大細胞癌と比べて有意に予後不良であった.多変量解析では腫瘍サイズが有意な予後因子であった.結論.肺癌術後IB期患者で再発がより少ない要因は,腫瘍サイズが4cm未満でかつ,大細胞癌または扁平上皮癌であった.この患者群に対しては化学療法を省ける可能性がある.(肺癌.2007;47 : 327-332)
  • 3. 非小細胞肺癌におけるGefitinib(イレッサ)感受性とEGFR, KRAS, PIK3C変異(一般講演,第12回群馬Clinical Oncology Research勉強会), 遠藤 秀紀, 高坂 貴行, 田中 司玄文, 桑野 博行, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, The KITAKANTO medical journal, 57, 3, 269, 270,   2007年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006367175
  • 肺癌におけるEGFR遺伝子変異と分子標的治療(特別講演,第13回群馬Clinical Oncology Research勉強会), 光冨 徹哉, The KITAKANTO medical journal, 57, 3, 272, 273,   2007年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006367182
  • 日本のスタンダード 非小細胞肺癌の外来化学療法 (特集 外来がん化学療法と外科), 清水 淳市, 光冨 徹哉, 臨床外科, 62, 5, 659, 667,   2007年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015449916
  • 癌の外科治療における分子生物学 (700号記念 特集 胸部外科10年の進歩と将来展望), 光冨 徹哉, 胸部外科, 60, 5, 349, 354,   2007年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015456812
  • 12. 末梢小型肺癌の自然史と手術適応(第90回 日本肺癌学会中部支部会,支部活動), 福井 高幸, 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 坂倉 範昭, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 2, 199, 200,   2007年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006274209
  • 20. 多発肺病変各々の遺伝子変異(第90回 日本肺癌学会中部支部会,支部活動), 坂倉 範昭, 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 肺癌, 47, 2,   2007年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006274217
  • 25. 当科における肺癌術後化学療法の実際(第90回 日本肺癌学会中部支部会,支部活動), 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 坂倉 範昭, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 2, 201, 202,   2007年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006274222
  • PS-005-4 Ground glass opacityを示す末梢小型肺腫瘍の自然史と手術適応(診断と手術適応5, 第24回日本呼吸器外科学会総会号), 福井 高幸, 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 坂倉 範昭, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 21, 3,   2007年04月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006371053
  • PS-012-1 肺癌術後合併症の現況と解析 : 最近5年間の検討(周術期管理・合併症5, 第24回日本呼吸器外科学会総会号), 奥田 勝裕, 石黒 太志, 小野里 良一, 高坂 貴行, 片山 達也, 坂倉 範昭, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 21, 3,   2007年04月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006371089
  • PS-016-3 病理病期T3の群別化と病期分類(肺癌(予後因子)2, 第24回日本呼吸器外科学会総会号), 坂倉 範昭, 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 21, 3,   2007年04月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006371114
  • PS-021-4 肺腺癌術後再発症例の予後に関するcase-control studyを用いた検討 : ゲフィチニブ内服群vs.他治療群(肺癌(化学療法)3, 第24回日本呼吸器外科学会総会号), 片山 達也, 小野里 良一, 石黒 太志, 奥田 勝裕, 高坂 貴行, 坂倉 範昭, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 松尾 恵太郎, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 21, 3,   2007年04月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006371142
  • PS-028-4 当院原発性肺癌手術例におけるEGFR遺伝子変異の予後に及ぼす検討(基礎研究2, 第24回日本呼吸器外科学会総会号), 小野里 良一, 高坂 貴行, 谷田部 恭, 石黒 太志, 片山 達也, 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 桑野 博行, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 21, 3,   2007年04月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006371180
  • PS-030-1 Array CGH法を用いた悪性胸膜中皮腫の網羅的ゲノム解析(基礎研究4, 第24回日本呼吸器外科学会総会号), 谷口 哲郎, カルナン シバスンダラム, 福井 高幸, 田川 博之, 横井 香平, 光冨 徹哉, 瀬戸 加太, 関戸 好孝, 日本呼吸器外科学会雑誌, 21, 3,   2007年04月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006371189
  • PS-065-5 当科における選択的リンパ節郭清施行例の検討(縮小手術1, 第24回日本呼吸器外科学会総会号), 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 坂倉 範昭, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 21, 3,   2007年04月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006371392
  • PS-108-5 肺切除後の胸腔ドレーンとしてのブレイクシリコンドレーンの排液特性と脱気特性(新しい手術材料と手技2, 第24回日本呼吸器外科学会総会号), 坂倉 範昭, 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 21, 3,   2007年04月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006371625
  • 初回手術後30年経ってリンパ節再発した定型カルチノイド腫瘍の1例, 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 岡阪 敏樹, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 21, 2, 183, 187,   2007年03月15日, 10.2995/jacsurg.21.183, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006271925
    概要:38歳女性.8歳の時,中間気管支幹内の定型カルチノイドで右中下葉切除術を受けた.30年経って血痰が生じ,中間幹断端近傍に径40mmの腫瘤と気管分岐部リンパ節腫脹をみとめ,残存肺全摘(残存右上葉切除)とリンパ節郭清を施行した.術後病理診断は定型カルチノイドのリンパ節再発と転移であった.本症例は,定型カルチノイドでも手術時のリンパ節郭清と長期の経過観察が必要なことを示唆している.
  • SY-4-2 肺癌外科領域における外科治療を含む臨床試験のQC & QA(第107回日本外科学会定期学術集会), 坪井 正博, 加藤 治文, 淺村 尚生, 鈴木 健司, 永井 完治, 多田 弘人, 光冨 徹哉, 小池 輝明, 一瀬 幸人, 岡田 守人, 近藤 丘, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006330443
  • 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異の臨床的意義 (がん診療の最前線(前篇)) -- (肺癌), 高坂 貴行, 小野里 良一, 光冨 徹哉, 最新医学, 62, 0, 642, 652,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015393943
  • 肺癌における腫瘍径と胸膜浸潤によるT因子の見直しと新病期分類, 坂倉 範昭, 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 47, 1, 1, 8,   2007年02月20日, 10.2482/haigan.47.1, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006242066
    概要:目的.現行肺癌病期分類ではIB期とIIA期の予後が分離せず,かつIIA期の症例数が少ない.腫瘍径と胸膜浸潤からT因子を再評価し新病期分類を考案する.方法.非小細胞肺癌切除1245例を対象とした.病理病期T2を腫瘍径と胸膜浸潤(P因子)で規定し予後別に分け,IB期のうち予後の悪いT2群をIIA期に組み入れた.結果.現行病理病期別5年生存率と症例数はIA 82.2%(n=354),IB 64.6%(n=311),IIA 69.2%(n=39),IIB 45.5%(n=145)であった.T2を腫瘍径で3群(≦3cm,>3〜≦5,>5),胸膜浸潤で2群(PO-1,P2)に分けると,5年生存率は>3〜≦5cmかつP0-1群で59.5%,>5cmまたはP2群で37.5〜47.3%であり,前者をT2a,後者をT2bとした.T2aN0M0を新IB,T2bN0M0をT1N1M0とともに新IIAに分類すると,生存率と症例数はIB 70.6%(n=163),IIA 60.4%(n=187)となった.結論.IB期のうち>5cmまたはP2群は予後が悪く,IIA期に組み入れると病期別に予後が分離し症例数が分散する.
  • O-77 Carboplatin/Paclitaxel を用いた術後補助化学療法の認容性の検討 (WJTOG3105-DI)(術後補助療法, 第47回日本肺癌学会総会), 中嶋 隆, 多田 弘人, 工藤 新三, 中川 勝裕, 澤 祥幸, 加藤 治文, 光冨 徹哉, 後藤 功, 清水 英治, 福岡 正博, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006289453
  • P-490 ゲフィチニブ長期投与例の検討(分子標的治療4, 第47回日本肺癌学会総会), 島田 天美子, 岡本 朱矢, 田村 大介, 浦田 佳子, 吉村 将, 船田 泰弘, 里内 美弥子, 根来 俊一, 高田 佳木, 渡邉 裕一, 足立 秀治, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006290014
  • WS9-4 肺腺癌におけるEGFR遺伝子変異, ゲフィチニブ感受性とp53遺伝子変異の関連の検討(肺癌の生物学的特性とその臨床応用, 第47回日本肺癌学会総会), 高坂 貴行, 谷田部 恭, 小野里 良一, 遠藤 秀紀, 豊岡 伸一, 桑野 博行, 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006289342
  • P-15 肺癌におけるLKB1/STK11遺伝子変異の検討(分子生物学2, 第47回日本肺癌学会総会), 小野里 良一, 高坂 貴行, 谷田部 恭, 桑野 博行, 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006289543
  • P-122 当院における Gefitinib 投与症例における予後予測因子の検討(分子標的治療1, 第47回日本肺癌学会総会), 船田 泰弘, 里内 美弥子, 田村 大介, 岡本 朱矢, 島田 天美子, 浦田 佳子, 吉村 将, 渡辺 裕一, 足立 秀治, 根来 俊一, 高田 佳木, 光富 徹哉, 谷田部 恭, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006289648
  • P-286 手術を施行し退院後1ヶ月以内に再入院が必要となった肺癌症例の検討(その他1, 第47回日本肺癌学会総会), 福井 高幸, 石黒 太志, 片山 達也, 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006289811
  • P-465 治療効果判定におけるCEAの意義(術前治療, 第47回日本肺癌学会総会), 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 坂倉 範昭, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006289989
  • P-479 ゲフィチニブで著効を得た後肺葉切除を安全に施行し得た肺腺癌の1例(分子標的治療3, 第47回日本肺癌学会総会), 坂倉 範昭, 石黒 太志, 片山 達也, 奥田 勝裕, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 高坂 貴行, 矢田部 恭, 森下 宗彦, 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006290003
  • P-509 非小細胞肺癌の術後再発例に対するゲムシタビン+カルボプラチン併用療法 (bi-weekly 投与) の検討(再発肺癌の治療2, 第47回日本肺癌学会総会), 奥田 勝裕, 石黒 太志, 片山 達也, 坂倉 範昭, 福井 高幸, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006290033
  • P-622 術後IB期患者で補助化学療法をしたほうがよい条件とは?(予後因子3, 第47回日本肺癌学会総会), 波戸岡 俊三, 森 正一, 福井 高幸, 篠田 雅幸, 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 片山 達也, 石黒 太志, 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006290146
  • 肺胞上皮癌様の肺内進展を示した胸膜悪性中皮腫の1例, 佐々木 英一, 高橋 恵美子, 岡阪 敏樹, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 診断病理 : Japanese journal of diagnostic pathology, 23, 3, 204, 207,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10017648083
  • EGF受容体遺伝子変異と薬剤感受性(セッションII,第20回日本肺癌学会肺癌ワークショップ), 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 3, 237, 240,   2006年06月20日, 10.2482/haigan.46.237, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004741219
    概要:目的.上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異とEGFRチロシンキナーゼ阻害剤(TKI)の感受性に関する現況をまとめる.方法.本年夏までに発表された論文,学会発表および自験例を中心に上記テーマにつき検討する.結果.EGFR変異は東洋人,女性,非喫煙者,腺癌に頻度が高いこと,およそ90%の変異はエクソン19の欠失変異か,エクソン21のコドン858の点突然変異であること等が明らかにされた.このような変異がある症例に対してEGFR TKIは80%程度奏効し,生存が有意に延長する.最近はEGFR遺伝子増幅の意義についても注目されている.さらに,ゲフィチニブの獲得性の耐性のメカニズムの一つとして第二の変異T790Mが報告された.結論.今後これらの遺伝子情報を用い,いかにゲフィチニブの使用を個別化していくかが急務である.
  • 6.急速に増大する胸部腫瘤影を呈した興味ある2症例(第88回 日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動), 都築 則正, 朴 智栄, 清水 淳市, 堀尾 芳嗣, 吉田 公秀, 樋田 豊明, 森 正一, 岡阪 敏樹, 箕畑 順也, 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 3, 294, 295,   2006年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004741260
  • 15.ゲフィチニブ使用後に肺葉切除を施行した1例(第88回 日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動), 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 岡阪 敏樹, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 森下 宗彦, 肺癌, 46, 3,   2006年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004741269
  • P7-3 中間幹から末梢にかけて軽度異形成,上皮内癌,pathyな浸潤癌を示した表層進展型扁平上皮肺がんの1例(ポスター7 症例1,抄録集(6),第29回日本呼吸器内視鏡学会学術集会), 堀尾 芳嗣, 朴 智栄, 清水 淳市, 吉田 公秀, 樋田 豊明, 森 正一, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 28, 3,   2006年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004874532
  • OP17-1 腫瘍径とp因子からみたI期とII期の病期分類(一般口演17 肺癌(2) 病期と成績,世界をリードする呼吸器外科医に!,第23回日本呼吸器外科学会総会), 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 岡阪 敏樹, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 20, 3,   2006年05月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004996481
  • OP19-1 非小細胞肺癌c-stage IA期症例における術前予後因子の検討(一般口演19 肺癌(4)予後因子,世界をリードする呼吸器外科医に!,第23回日本呼吸器外科学会総会), 奥田 勝裕, 坂倉 範昭, 岡阪 敏樹, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 20, 3,   2006年05月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004996491
  • P-030 乳癌手術後における肺孤立性腫瘤影診断の検討(一般示説05 診断と手術適応(1),世界をリードする呼吸器外科医に!,第23回日本呼吸器外科学会総会), 岡阪 敏樹, 谷田部 恭, 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 20, 3,   2006年05月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004996564
  • 15.脳以外の転移巣にGefitinibが著効したEGFR mutation陽性肺腺癌術後再発の1例(第83回 日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動), 中嶋 隆, 小田 知文, 福原 謙次郎, 山本 良二, 多田 弘人, 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 2, 180, 181,   2006年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004731699
  • 非小細胞肺癌の微小リンパ節転移と予後についての検討, 川口 晃司, 谷田部 恭, 岡阪 敏樹, 遠藤 秀紀, 雪上 晴弘, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 46, 1, 23, 26,   2006年02月20日, 10.2482/haigan.46.23, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004706572
    概要:目的.非小細胞肺癌におけるリンパ節転移巣の大きさや形態と予後との関係について検討した.方法.1996年1月から1998年12月までに一肺葉以上切除と縦隔リンパ節郭清を行った201例のリンパ節標本について,転移巣の最大径と形態を評価した.形態については,sinus permeation (SP)/stromal change (SC)/extracapsular invasion (ECI)の有無について検討した.結果.pN0は145例,pN1は20例,pN2は36例であった.2mm以下の微小リンパ節転移(micrometastasis;mi)は,pN1で5例とpN2で4例認められ,2mmを超える転移群(macrometastasis;ma)と生存比較したが,pN1mi vs pN1maではp=0.439,pN2mi vs pN2maではp=0.319と有意差は認めなかった.しかしmi9例中,SP/SC/ECIを認めなかった4例はすべて4年以上無再発生存した.結論.非小細胞肺癌における微小リンパ節転移や形態を組み込んだ病期分類の細分化を行うことにより,より明瞭な予後の指標を示すことができると考える.
  • 5. 初回手術後30年経って再発し残存肺全摘を施行した定型カルチノイド腫瘍の1例(第87回 中部肺癌学会, 支部活動), 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 岡阪 敏樹, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 45, 7,   2005年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003486250
  • ゲフィチニブ耐性獲得機構における二次的EGFR遺伝子変異の検討(分子標的治療の新しい展開, 第46回 日本肺癌学会総会), 高坂 貴行, 谷田部 恭, 樋田 豊明, 坪井 正博, 多田 弘人, 桑野 博行, 光冨 徹哉, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004039746
  • EGFR遺伝子変異による効果予測を用いたゲフィチニブ投与のプロスペクティブ検討(肺腺癌EGFR特異変異に基づく gefitinib 投与とその効果・長期予後 (現状と前向き臨床試験), 第46回 日本肺癌学会総会), 吉田 公秀, 谷田部 恭, 朴 智栄, 清水 淳市, 堀尾 芳嗣, 高坂 貴行, 光冨 徹哉, 樋田 豊明, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004039692
  • 術前胸部CT写真で間質影を認めた肺癌症例の解析(間質性肺疾患を合併した肺癌症例の治療, 第46回 日本肺癌学会総会), 波戸岡 俊三, 森 正一, 篠田 雅幸, 岡阪 敏樹, 坂倉 範昭, 奥田 勝裕, 光冨 徹哉, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004039721
  • PS不良非小細胞肺癌患者に対する treatment decision making としてのEGFR遺伝子変異検索(1 分子標的治療, 第46回 日本肺癌学会総会), 樋田 豊明, 朴 智栄, 清水 淳市, 堀尾 芳嗣, 吉田 公秀, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004039787
  • ゲフィチニブ感受性予測のためのEGFR遺伝子の突然変異検索 : 他院からの遺伝子診断受け入れ(12 Translational research, 第46回 日本肺癌学会総会), 堀尾 芳嗣, 清水 淳市, 朴 智栄, 吉田 公秀, 光冨 徹哉, 杉浦 孝彦, 樋田 豊明, 谷田部 恭, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004039850
  • EUS-FNAによる肺癌の縦隔リンパ節転移の診断(6 転移の診断・治療, リンパ節郭清, 第46回 日本肺癌学会総会), 岡阪 敏樹, 水野 伸匡, 奥田 勝裕, 坂倉 範昭, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 山雄 健次, 光冨 徹哉, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004039966
  • EGFR mutation の有無をCT画像所見から予測できるか?(37 画像診断2, 第46回 日本肺癌学会総会), 雪上 晴弘, 高坂 貴行, 谷田部 恭, 藤井 義敬, 光冨 徹哉, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004040253
  • 原発性肺腺癌切除例における喫煙の影響についての解析(59 予後因子4, 第46回日本肺癌学会総会), 森 正一, 奥田 勝裕, 坂倉 範昭, 岡阪 敏樹, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004040445
  • 肺癌骨転移における外科的治療の適応, 杉浦 英志, 山田 健志, 和佐 潤志, 杉浦 孝彦, 光冨 徹哉, 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association, 79, 9, 549, 554,   2005年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016927582
  • 肺がんにおけるEGFR遺伝子変異と分子標的治療, 光冨 徹哉, 日本癌治療学会誌, 40, 2,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10017667610
  • pT1b食道癌切除例の予後予測(食道12, 第60回日本消化器外科学会総会), 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 森 正一, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 38, 7,   2005年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004032176
  • グラフ 肺癌の診断と治療(1)興味ある症例(1)広範なGGO病変の変化をCTで9年間フォローできた肺腺癌症例, 光冨 徹哉, 森 正一, 岡阪 敏樹, 現代医学, 53, 1, 159, 161,   2005年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007004816
  • 原発性肺癌切除例における上皮成長因子受容体 (EGFR) 遺伝子の突然変異の検索とその臨床的意義(分子生物学の肺癌手術への応用, 第22回日本呼吸器外科学会総会), 高坂 貴行, 遠藤 秀紀, 谷田部 恭, 岡阪 敏樹, 雪上 晴弘, 川口 晃司, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 桑野 博行, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 19, 3,   2005年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004034136
  • 肺小細胞癌の外科切除例の検討(肺癌 (3), 第22回日本呼吸器外科学会総会), 岡阪 敏樹, 遠藤 秀紀, 川口 晃司, 雪上 晴弘, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 杉浦 孝彦, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 19, 3,   2005年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004034188
  • 肺癌における肺葉切除後の水封ドレーン管理の有用性についての検討(周術期管理・合併症 (1), 第22回日本呼吸器外科学会総会), 森 正一, 遠藤 秀紀, 岡阪 敏樹, 川口 晃司, 雪上 晴弘, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光富 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 19, 3,   2005年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004034417
  • 当院における気管・気管支形成術症例の成績(周術期管理・合併症 (2), 第22回日本呼吸器外科学会総会), 川口 晃司, 岡阪 敏樹, 遠藤 秀紀, 雪上 晴弘, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 19, 3,   2005年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004034426
  • 発見動機別にみた原発性肺癌切除例の検討(肺癌 (2), 第22回日本呼吸器外科学会総会), 森 正一, 遠藤 秀紀, 岡阪 敏樹, 川口 晃司, 雪上 晴弘, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光富 徹哉, 陶山 元一, 日本呼吸器外科学会雑誌, 19, 3,   2005年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004034466
  • 当院における肺癌再切除症例の検討(肺癌 (4), 第22回日本呼吸器外科学会総会), 雪上 晴弘, 岡阪 敏樹, 遠藤 秀紀, 川口 晃司, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 19, 3,   2005年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004034481
  • EGFR遺伝子変異を認めた肺腺扁平上皮癌の2例(肺癌 (9), 第22回日本呼吸器外科学会総会), 豊岡 伸一, 谷田部 恭, 徳毛 誠樹, 市村 浩一, 木浦 勝行, 富井 邦年, 青江 基, 佐野 由文, 岡部 和倫, 伊達 洋至, 光冨 徹哉, 清水 信義, 日本呼吸器外科学会雑誌, 19, 3,   2005年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004034524
  • 検診とゲノム診断(第20回肺癌集検セミナー), 光冨 徹哉, 肺癌, 45, 2, 157, 165,   2005年04月20日, 10.2482/haigan.45.157, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003141344
    概要:目的.分子生物学を肺癌検診に応用していく試みを整理し問題点を明らかにする.方法.肺癌感受性診断, 微量肺癌細胞の検出による早期診断などに関する文献を検索した.結果.肺癌の感受性診断 : 疫学的に示される肺癌の弱い遺伝性の実体として, 発癌物質代謝酵素, 遺伝子修復関連や癌関連遺伝子などの多型などがあり, 数倍の肺癌リスク上昇が示されている.このような単塩基多型(single nucleotide polymorphism : SNPs)を網羅的に同定しその意義を検証する研究が現在進められており, 今後の発展が期待される.微量肺癌細胞の検出 : 喀痰, 血清などの癌関連遺伝子の突然変異, メチル化, 上皮マーカーの発現などをPCR法によって増幅し高感度に検出して早期発見に役立てようとする試みである.これにより高感度に癌を発見できると報告されているが, 感度と特異度は両立し難く, また再現性にも問題があることが多い.最近ではマススペクトロメトリーによる血漿蛋白の解析によって癌の早期診断を行う試みがあり検診への応用が期待されている.結論.肺癌の集検にこのような方法をすぐ応用していくことは未だ困難である.発展のためには集検時に良質な検体を蓄積していくことが重要であろう.
  • 肺がん外科におけるRCTの問題点(第105回日本外科学会定期学術集会), 坪井 正博, 加藤 治文, 淺村 尚生, 鈴木 健司, 小池 輝明, 永井 完治, 一瀬 幸人, 多田 弘人, 光冨 徹哉, 近藤 丘, 岡田 守人, 日本外科学会雑誌, 106, 0,   2005年04月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004072452
  • HLA-A24拘束性EpCAM特異的細胞傷害性T細胞の誘導と種々の細胞株への傷害性の検討(第105回日本外科学会定期学術集会), 田嶋 公平, 光冨 徹哉, 石橋 康則, 吉田 武史, 遠藤 秀紀, 伊藤 知和, 野内 達人, 茂木 晃, 設楽 芳範, 田中司 玄文, 桑野 博行, 日本外科学会雑誌, 106, 0,   2005年04月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004072795
  • 原発性肺癌切除例における上皮成長因子受容体 (EGFR) 遺伝子の突然変異の検索とその臨床的意義(第105回日本外科学会定期学術集会), 高坂 貴行, 遠藤 秀紀, 谷田 部恭, 田嶋 公平, 岡阪 敏樹, 雪上 晴弘, 川口 晃司, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 桑野 博行, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 106, 0,   2005年04月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004072852
  • 肺がん患者血漿中 free DNAの定量解析(第105回日本外科学会定期学術集会), 遠藤 秀紀, 田嶋 公平, 谷田部 恭, 雪上 晴弘, 川口 晃司, 岡阪 俊樹, 高坂 貴行, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 106, 0,   2005年04月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004073568
  • 3. 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子の変異検出後にゲフィチニブを投与し奏効した男性再発非小細胞肺癌の2例(第86回日本肺癌学会中部肺癌学会, 支部活動), 岡阪 敏樹, 谷田部 恭, 高坂 貴行, 遠藤 秀紀, 川口 晃司, 雪上 晴弘, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 45, 1, 86, 87,   2005年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003141253
  • 臨床 肺がんにおけるEGFR遺伝子の突然変異と分子標的治療--発見から一年を経て, 光冨 徹哉, 高坂 貴行, 遠藤 秀紀, Cancer frontier, 7, 1, 89, 96,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015274131
  • 7. 肺がんにおける左右肺上葉切除術後の予後に関する検討(第85回肺癌学会中部支部会), 佐藤 慎哉, 高坂 貴行, 岡阪 敏樹, 遠藤 秀紀, 川口 晃司, 雪上 靖弘, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 44, 7,   2004年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003141161
  • 食道癌周術期におけるintensive insulin therapyの有用性に関する検討, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 37, 10, 1595, 1602,   2004年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014290028
    概要:はじめに:食道癌術後患者で,insulinにより血糖を150mg/dl以下にコントロールする方法(以下, IITと略記)の有効性を評価することを目的とした.対象および方法:2002年1月から2003年2月までに食道切除を行った連続41症例を対象とした.insulinの持続静注を17例に行い,血糖値を90-150mg/dlの範囲に管理した.nsulin治療を行わなかった24例を対照群とした.結果:IIT群では,平均血糖値は137mg/dlであった.IIT群で50mg/dl以下の低血糖はみられなかった.術後1,2,3病日の血清アルブミン値は,IIT群で良好に維持されていた(P<0.01).炎症のマーカー(C-reactiveprotein,白血球数)は,両群で差はなかった.Systemic inflammatory response syndrome発生期間は,統計学的な有意差はないがIIT群で短い傾向であった(P=0.057).術後合併症は,対照群で額度が高い傾向を示したが,有意な差はなかった(P=0.34).特に感染症は,IIT群で額度が少なかったものの統計学的な有意差は認められなかった(P=0.057).考察:食道癌術後患者で血糖値を150mg/dl以下に管理するIITは,安全に実施可能であり,感染に関連した合併症を減らす可能性がある.
  • O11-3 原発性肺癌切除例における上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子の突然変異の検索とその臨床的意義(要望口演11 : ゲフィチニブ5(トランスレーショナル2・EGFRの変異)), 高坂 貴行, 遠藤 秀紀, 谷田部 恭, 田嶋 公平, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 肺癌, 44, 5,   2004年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003141993
  • P2-66 非小細胞肺癌の微小リンパ節転移と予後についての検討(ポスター総括2 : 診断2 画像診断), 川口 晃司, 谷田部 恭, 岡阪 敏樹, 遠藤 秀紀, 雪上 晴弘, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 44, 5,   2004年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003142149
  • P4-32 肺がん患者血漿中free DNAの定量解析(ポスター総括4 : 外科1 予後因子1), 遠藤 秀紀, 田嶋 公平, 谷田部 恭, 雪上 晴広, 川口 晃司, 岡坂 俊樹, 高坂 貴行, 森 正一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 44, 5,   2004年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003142233
  • P7-30 肺癌術後再発・再燃症例に対するナベルビンを用いた外来化学療法(ポスター総括7 : 内科2 非小細胞癌・化学療法2), 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 森 正一, 雪上 晴弘, 川口 晃司, 進藤 秀紀, 岡阪 敏樹, 光冨 徹哉, 肺癌, 44, 5,   2004年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003142370
  • P9-58 肺癌副腎転移手術症例の検討(ポスター総括9 : 外科3 合併切除・縦隔鏡・その他), 伊藤 志門, 福井 高幸, 佐藤 尚他, 宇佐美 範恭, 内山 美佳, 梶 政洋, 吉岡 洋, 森 正一, 光冨 徹哉, 内田 達男, 陶山 元一, 横井 香平, 肺癌, 44, 5,   2004年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003142487
    概要:(ポスター総括9 : 外科3 合併切除・縦隔鏡・その他)
  • P9-62 肺癌における肺全摘出術の臨床的意義(ポスター総括9 : 外科3 合併切除・縦隔鏡・その他), 森 正一, 遠藤 秀紀, 岡坂 敏樹, 川口 晃司, 雪上 晴広, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光富 徹哉, 肺癌, 44, 5,   2004年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003142491
  • VSE-9-03 私達の食道癌標準術式 : 3領域リンパ節郭清(食道2), 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 37, 7,   2004年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001357512
  • WS1-4 肺癌手術におけるリンパ節郭清範囲の縮小についての検討(肺癌手術におけるリンパ節郭清範囲の選択)(ワークショップ1), 川口 晃司, 伊藤 志門, 雪上 晴弘, 遠藤 秀紀, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 18, 3,   2004年04月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001270171
  • WS3-1 遺伝子発現解析は肺腺癌患者の予後予測を可能にするか(分子生物学と呼吸器外科疾患)(ワークショップ3), 遠藤 秀紀, 谷田部 恭, 伊藤 志門, 雪上 晴弘, 川口 晃司, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 18, 3,   2004年04月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001270180
  • P-167 術前胸部CT写真で間質影を認めた肺癌症例の解析(周術期/合併症2)(一般示説17), 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 伊藤 志門, 雪上 晴弘, 川口 晃司, 遠藤 秀紀, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 18, 3,   2004年04月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001270492
  • P-236 胸腺上皮性腫瘍手術症例の臨床病理学的検討(一般示説25)(胸腺腫瘍), 雪上 晴弘, 谷田部 恭, 遠藤 秀紀, 川口 晃司, 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 18, 3,   2004年04月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001270561
  • 4. 肺類上皮血管内皮腫の1例(第84回日本肺癌学会中部支部会), 川口 晃司, 波戸岡 俊三, 伊藤 志門, 雪上 靖弘, 遠藤 秀紀, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 谷田 部恭, 横地 隆, 肺癌, 44, 2,   2004年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003140704
  • 30. 肺癌術後骨転移再発症例の検討(第84回日本肺癌学会中部支部会), 伊藤 志門, 陶山 元一, 雪上 靖弘, 川口 晃司, 遠藤 秀紀, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 44, 2,   2004年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003140730
  • PS-019-1 cT1bN0 stageI食道癌の治療成績, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 105, 0,   2004年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003961667
  • 13. CT下生検で診断した小型若年者肺癌の1例(第83回日本肺癌学会中部支部会)(支部活動), 堀尾 芳嗣, 大沼 久美子, 田中 寿明, 吉田 公秀, 桶田 豊明, 杉浦 孝彦, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 佐藤 洋造, 荒井 保明, 谷田部 恭, 肺癌, 43, 7,   2003年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003138538
  • Macrodissection を用いたp53遺伝子変異検出法の検討, 柴田 典子, 秋野 真也, 伊藤 緑, 石田 廣次, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology, 52, 12, 1425, 1430,   2003年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016530703
  • 同時性多発肺癌に対する外科治療の検討, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 伊藤 志門, 雪上 晴弘, 川口 晃司, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 43, 5,   2003年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003104523
  • 肺癌根治術後再発症例の検討, 伊藤 志門, 川口 晃司, 雪上 晴弘, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 肺癌, 43, 5,   2003年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003105011
  • 原発性肺癌における術前または術中針生検と胸膜再発の関連についての検討, 川口 晃司, 伊藤 志門, 雪上 靖弘, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 肺癌, 43, 5,   2003年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003105065
  • 食道癌治療におけるsalvage surgeryの位置付け, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 石田 順造, 伊藤 志門, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 36, 7,   2003年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001360472
  • cDNAマイクロアレイによって選択された44個の遺伝子の発現解析による肺腺癌患者の予後予測モデル, 遠藤 秀紀, 谷田部 恭, 冨田 秀太, 桑野 博行, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 104, 0,   2003年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003985949
  • HLA-A24拘束性hTERT特異的CTLの誘導, 田嶋 公平, 桑野 博行, 遠藤 秀紀, 高橋 利忠, 葛島 清隆, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 104, 0, 258, 259,   2003年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003985952
  • ヒト肺癌における新規転移関連遺伝子CLCP1の単離とその解析, 越川 克己, 長田 啓隆, 小崎 健一, 小西 裕之, 増田 彰, 立松 義朗, 光冨 徹哉, 中尾 昭公, 高橋 隆, 日本外科学会雑誌, 104, 0,   2003年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003987158
  • 食道癌術後周術期におけるIntensive lnsulin Therapyの有用性の検討, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 石田 順造, 伊藤 志門, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 104, 0,   2003年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003987268
  • 6. 肺癌根治手術後の対麻痺症例の検討(第82回日本肺癌学会中部支部会)(支部活動), 伊藤 志門, 石田 順造, 波戸岡 俊三, 篠田 真幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 肺癌, 43, 2,   2003年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003138155
  • 大腸癌肝転移切除後肺転移に対する外科治療の検討, 陶山 元一, 篠田 雅章, 波戸岡 俊三, 石田 順造, 伊藤 志門, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 17, 3,   2003年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001271695
  • M1肺癌に対する外科治療の検討, 伊藤 志門, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 石田 順造, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 17, 3,   2003年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001272023
  • 肺癌にみられる遺伝子異常の遺伝疫学 (特集 マクロとミクロの疫学--臨床から遺伝子まで) -- (呼吸器・腫瘍領域), 伊藤 秀美, 光冨 徹哉, 浜島 信之, 現代医療, 35, 1, 86, 92,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005629245
  • P53など分子マーカーの解析は,臨床で意義があるか, 光冨 徹哉, 肺癌, 42, 7, 753, 757,   2002年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003141864
    概要:癌は後天的な多遺伝子病と理解することができ,分子病態に根ざした医療は,それ以前のものより潜在的に優れているといえる.分子マーカーの肺癌の臨床への意義については,これまでに, SNP解析による肺癌高感受性集団の同定, PCRの感度を生かした徴小量のがん細胞検出による早期診断や病期診断への応用,遺伝子異常による肺癌の分類や予後・治療感受性の予測因子としての応用,クローナルマーカーとしての応用,等について多くの成果が報告されている.しかし,残念ながら現時点では質の高い臨床試験によって確立したようなエピデンスはない.単一や少数の遺伝子の解析では,予後や治療感受性の予測が難しくても,近年開発された発現プロファイリング等による網羅的,包括的な解析では可能であろうと考えられるようになった.EGFRの特異的阻害剤であるイレッサは肺癌の期待される分子標的薬である.しかし,その抗腫瘍効果の予測もまた現時点では困難であるが,近い内に可能になると思われる.今後のこの分野の発展については方法論の開発とともに,一定のプロトコールで治療された質のよい検体の蓄積が非常に重要であり,臨床医の寄与と責任は大きい.(肺癌.2002 ; 42 : 753-757)
  • 33個の遺伝子の発現解析に基づく予後を反映した腺癌の亜分類(肺癌における遺伝子情報とその応用)(ワークショップ8), 遠藤 秀紀, 谷田部 恭, 田嶋 公平, 桑野 博行, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 肺癌, 42, 5,   2002年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003137210
  • 肺癌術後再発症例に対するVNRを用いた長期外来化学療法の検討, 陶山 元一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 石田 順造, 伊藤 志門, 光冨 徹哉, 肺癌, 42, 5,   2002年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003137219
  • Induction Therapyを行った肺がん手術例の検討, 石田 順造, 伊藤 志門, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 肺癌, 42, 5,   2002年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003137235
  • 肺癌におけるCT抗原発現の定量的検討, 田嶋 公平, 遠藤 秀紀, 葛島 清隆, 高橋 利忠, 小幡 裕一, 桑野 博行, 光冨 徹哉, 肺癌, 42, 5,   2002年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003137473
  • 肺癌におけるLKB1遺伝子変異に関する検討, 阿知和 宏行, 清水 重喜, 新美 岳, 前田 浩義, 佐藤 滋樹, 光冨 徹哉, 上田 龍三, 肺癌, 42, 5,   2002年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003137770
  • III-3-3.放射線化学療法の再発例に対するサルベージオペレーションの治療成績(第55回日本食道疾患研究会), 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 福井 高幸, 石田 順造, 光冨 徹哉, 中村 常哉, 鈴木 隆史, 大橋 計彦, 古平 毅, 鎌田 実, 不破 信和, 日本消化器外科学会雑誌, 35, 9,   2002年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001344407
  • III-5-3.非切除食道癌治療における化学療法の意義(第55回日本食道疾患研究会), 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 福井 高幸, 石田 順造, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 35, 9,   2002年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001344418
  • 肺癌外科における分子生物学の役割(第102回日本外科学会定期学術集会記事), 光冨 徹哉, 三宅 正幸, 日本外科学会雑誌, 103, 9,   2002年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003944954
  • PP-2-118 食道癌化学・放射線治療後の再発に対する外科的治療で救命し得る適応と限界は何か?, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 福井 高幸, 石田 順造, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 35, 7,   2002年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001293726
  • 4.Endobmmchial hamartomaの1例(第80回 日本肺癌学会中部支部会), 福井 高幸, 石田 順造, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 肺癌, 42, 2,   2002年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003127704
  • Japan Clinical Oncology Group(JCOG)肺がん外科グループにおけるrandomized controlled trial, 一瀬 幸人, 加藤 治文, 小池 輝明, 多田 弘人, 土屋 了介, 永井 完治, 松岡 英仁, 光冨 徹哉, 小中 千守, 坪井 正博, 日本外科学会雑誌, 103, 0,   2002年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003949505
  • 肺癌の予後や化学療法感受性の予測因子としての分子マーカーの臨床応用のために, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 中山 裕介, 花井 泰三, 多田 弘人, 一瀬 幸人, 小池 輝明, 坪井 正博, 土屋 了介, 陶山 元一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 小林 猛, 加藤 治文, 高橋 隆, 日本外科学会雑誌, 103, 0,   2002年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003949404
  • 非小細胞肺癌におけるRASSF1遺伝子の臨床的意義, 遠藤 秀紀, 谷田部 恭, 清水 重喜, 桑野 博行, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 103, 0,   2002年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003949769
  • 肺癌におけるCT抗原の発現およびSEREX法による肺癌抗原の同定, 田嶋 公平, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 桑野 博行, 高橋 利忠, 小幡 裕一, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 103, 0,   2002年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003950753
  • 10.縦隔鏡が診断に有用であったリンパ節結核の2例(第79回日本肺癌学会中部支部会), 福井 高幸, 石田 順造, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 肺癌, 41, 7,   2001年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003118301
  • 予後因子としての肺癌の遺伝子異常 (〔2001年12月〕第1土曜特集 肺癌の分子生物学) -- (新しい予後因子と薬剤耐性規定因子), 光冨 徹哉, 医学のあゆみ, 199, 9, 625, 630,   2001年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000121781
  • W1-8 多施設共同臨床試験における分子マーカーの意義(JCOG9304付随研究) (分子生物学と予後), 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 多田 弘人, 一瀬 幸人, 小池 輝明, 國頭 英夫, 土屋 了介, 加藤 治文, 肺癌, 41, 5,   2001年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003117515
  • PD-24 胸腔内洗浄細胞診陽性切除非小細胞肺癌症例における術中HCTの有用性を問う第III相試験(JCOG9403), 小池 輝明, 一瀬 幸人, 土屋 了介, 安光 勉, 中村 憲二, 多田 弘人, 吉村 博邦, 光冨 徹哉, 中川 健, 加藤 治文, 肺癌, 41, 5,   2001年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003117621
  • PD-65 非小細胞肺癌切除例におけるリンパ節転移個数に関する検討, 福井 高幸, 石田 順造, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 41, 5,   2001年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003117662
  • E-9 肺癌におけるp53腫瘍抑制遺伝子異常の検討に関する問題点, 清水 重喜, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 佐藤 滋樹, 栄本 忠昭, 上田 龍三, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 肺癌, 41, 5,   2001年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003117733
  • P-230 肺癌外科治療と血清CEA, 陶山 元一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 福井 高幸, 石田 順造, 光冨 徹哉, 肺癌, 41, 5,   2001年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003118127
  • P-314 開胸時胸腔内洗浄細胞診陽性症例の検討, 石田 順造, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 41, 5,   2001年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003118211
  • P-325 非小細胞肺癌pN2症例の臨床的検討, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 福井 高幸, 石田 順造, 光冨 徹哉, 肺癌, 41, 5,   2001年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003118222
  • PSS1O-02 食道癌術後Intensive Follow-upは延命に貢献しているか?, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 立花 慎吾, 川崎 徳仁, 服部 桂広, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 34, 7,   2001年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001341534
  • 固形癌 肺癌の遺伝子診断 (〔2001年〕6月第5土曜特集 予防医学のミレニアム--遺伝子診断の動向とそれに伴う問題点) -- (ミレニアム医学の構築), 高橋 隆, 光冨 徹哉, 医学のあゆみ, 197, 13, 1189, 1192,   2001年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000121434
  • 27. I期原発性肺癌切除例におけるリンパ節転移予測因子の検討, 福井 高幸, 川崎 徳仁, 立花 慎吾, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 肺癌, 41, 2,   2001年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003117288
  • II-10-5 T1b(sm)癌の手術治療成績(第54回日本食道疾患研究会), 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 宇佐美 範恭, 立花 慎吾, 川崎 徳仁, 光富 徹哉, 鈴木 隆史, 日本消化器外科学会雑誌, 34, 2,   2001年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001340936
  • 15.若年者肺癌切除例の検討(第77回 中部肺癌学会), 福井 高幸, 陶山 元一, 川崎 徳仁, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 40, 7, 800, 801,   2000年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003112650
  • D-62 術前胸部CT写真でrespiratory bronchiolitis interstitial lung disease (RB-ILD)を認めた肺癌症例の解析, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 川崎 徳仁, 福井 高幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 40, 5,   2000年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003111934
  • F-6 肺癌におけるp53腫瘍抑制遺伝子の転写機能評価の臨床的意義, 清水 重喜, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 上田 龍三, 栄本 忠昭, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 肺癌, 40, 5,   2000年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003112103
  • G-31 肺癌におけるCancer/Testis(CT)抗原の発現の検討, 田嶋 公平, 小幡 裕一, 高橋 利忠, 桑野 博行, 福井 高幸, 川崎 徳仁, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 肺癌, 40, 5,   2000年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003112236
  • I-56 非小細胞肺癌切除例におけるリンパ節転移の予測因子の検討, 川崎 徳仁, 福井 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 肺癌, 40, 5,   2000年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003112412
  • B-21 多発肺癌に対する外科治療, 陶山 元一, 波戸岡 俊三, 福井 高幸, 川崎 徳仁, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 肺癌, 40, 5,   2000年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003112530
  • I-22.頸胸境界部領域に広範なm_1〜m_2病変を伴う食道癌に対する治療方針の検討(第53回日本食道疾患研究会), 篠原 玄夫, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 中村 常哉, 鈴木 隆史, 伊藤 善之, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 33, 8,   2000年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001340552
  • PP342 食道癌における細胞周期調節因子の検討, 篠原 玄夫, 佐藤 滋, 粕谷 和彦, 高木 融, 青木 達哉, 小柳 泰久, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 篠田 雅幸, 日本消化器外科学会雑誌, 33, 7,   2000年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001338688
  • 21.びまん性肝転移による肝不全を呈した非小細胞肺癌の2症例(第76回日本肺癌学会中部支部会), 宇佐美 範恭, 立花 慎吾, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 杉浦 孝彦, 肺癌, 40, 2,   2000年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003111609
  • 24.肺癌術後に間質性陰影の急性増悪を認めた7例の検討(第76回日本肺癌学会中部支部会), 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 宇佐美 範恭, 立花 慎吾, 光冨 徹哉, 肺癌, 40, 2,   2000年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003111612
  • 26.胸骨縦切開術後, 発症した胸骨創難開縦隔炎の3例(第76回日本肺癌学会中部支部会), 立花 慎吾, 宇佐美 範恭, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 加藤 久和, 肺癌, 40, 2,   2000年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003111614
  • PP-392 肺がんにおけるp53腫瘍抑制遺伝子の転写機能評価の臨床的意義, 光冨 徹哉, 清水 重喜, 野本 周嗣, 春木 伸裕, 宇佐美 範恭, 川崎 徳仁, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 高橋 隆, 日本外科学会雑誌, 101, 0,   2000年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003940773
  • PP-397 非小細胞肺癌における癌抑制遺伝子p16, RBおよびp53蛋白発現の臨床病理学的解析, 波戸岡 俊三, 谷田部 恭, 宇佐美 範恭, 川崎 徳仁, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 101, 0,   2000年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003940778
  • 24.肺癌術後乳摩胸の臨床的検討 : 第75回日本肺癌学会中部支部会, 川崎 徳仁, 宇佐美 範恭, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 肺癌, 39, 7,   1999年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003115420
  • 26.肺癌に対する右スリーブ上葉切除後の縫合不全に対して残存肺全摘+遊離気管支パッチ+大網充填が奏効した1例 : 第75回日本肺癌学会中部支部会, 宇佐美 範恭, 川崎 徳仁, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光富 徹哉, 肺癌, 39, 7,   1999年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003115422
  • S1-3 肺癌における cyclooxygenase 2(COX-2)の過剰発現とその臨床病態上の意義(肺癌のTranslational Research:これまでの成果と今後の展望,第40回日本肺癌学会総会号), 樋田 豊明, 谷田部 恭, 小崎 健一, 杉浦 孝彦, 光冨 徹哉, 高橋 隆, 肺癌, 39, 5,   1999年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006738571
  • F-25 非小細胞肺癌における癌抑制遺伝子p16・RBおよびp53蛋白発現の臨床病理学的解析(遺伝子異常1,第40回日本肺癌学会総会号), 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 宇佐美 範恭, 川崎 徳仁, 光冨 徹哉, 高橋 隆, 肺癌, 39, 5,   1999年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006738833
  • G-29 原発性肺癌におけるテロメラーゼ活性および触媒サブユニットの発現と臨床病理学的因子との関連(テロメラーゼ2,第40回日本肺癌学会総会号), 在永 光行, 清水 重喜, 後藤 邦彦, 春木 伸裕, 高橋 孝夫, 三浦 隆, 宇佐美 範恭, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 内田 雄三, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 肺癌, 39, 5,   1999年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006738899
  • P-58 術後血清CEA値が漸増し再発部位が特定しにくかった症例の検討(示説,腫瘍マーカー,第40回日本肺癌学会総会号), 陶山 元一, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 宇佐美 範恭, 川崎 徳仁, 光冨 徹哉, 肺癌, 39, 5,   1999年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006739111
  • I-C-22. 特殊な形態を示した表在型食道未分化癌の1例(<第52回日本食道疾患研究会>I. 見て良かった稀な食道疾患), 篠原 玄夫, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 中嶋 英治, 在永 光行, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 鈴木 隆史, 中村 常哉, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 3,   1999年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001353478
  • I-D-18. 炭粉沈着症により腫大したリンパ節が食道内腔に露出し内視鏡的に食道原発悪性黒色腫が疑われた1例(<第52回日本食道疾患研究会>I. 見て良かった稀な食道疾患), 篠田 雅幸, 波戸丘 俊三, 陶山 元一, 篠原 玄夫, 中島 英治, 在永 光行, 光富 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 3,   1999年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001353503
  • II-1. 1年以上生存した食道癌術後再発例の検討(<第52回日本食道疾患研究会>II. 再発食道癌を巡る諸問題), 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 篠原 玄夫, 中嶋 英治, 在永 光行, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 3,   1999年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001353515
  • 5.肺癌におけるcyclooxygenase2(COX-2)発現に関する検討 : 第74回日本肺癌学会中部支部会, 阿知和 宏行, 樋田 豊明, 前野 健, 吉田 公秀, 杉浦 孝彦, 谷田部 恭, 中村 栄男, 光冨 徹哉, 高橋 隆, 肺癌, 39, 1,   1999年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003114933
  • 7.肺癌におけるfunctional analysis of separated alleles in yeast(FASAY)によるp53突然変異のスクリーニング : 第74回日本肺癌学会中部支部会, 清水 重喜, 光冨 徹哉, 高橋 隆, 佐藤 滋樹, 上田 龍三, 肺癌, 39, 1,   1999年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003114935
  • 13.非小細胞肺癌における術前脳転移検索が予後に与える影響についての検討 : 第74回日本肺癌学会中部支部会, 宇佐美 範恭, 篠原 玄夫, 中嶋 英治, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 杉尾 賢二, 肺癌, 39, 1,   1999年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003114941
  • 28.肺手術後の呼吸器合併症と術前肺機能検査:PPP値による検討 : 第74回日本肺癌学会中部支部会, 中嶋 英治, 篠原 玄夫, 宇佐美 範恭, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 肺癌, 39, 1,   1999年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003114956
  • O-31 肺癌術後再発形式からみた効率的なフォローアップの検討, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 中嶋 英治, 篠原 玄夫, 在永 光行, 宇佐美 範恭, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 100, 0,   1999年02月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003937359
  • O-321 非小細胞肺癌における癌抑制遺伝子p16およびpRB蛋白発現の臨床病理学的解析, 波戸岡 俊三, 谷田部 恭, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 100, 0,   1999年02月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003937649
  • P-1096 原発性肺癌におけるテロメラーゼ触媒サブユニットの発現と臨床病理学的因子との関連, 在永 光行, 清水 重喜, 春木 伸裕, 三浦 隆, 宇佐美 範恭, 中嶋 英治, 篠原 玄夫, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 内田 雄三, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 100, 0,   1999年02月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003939229
  • 101 食道癌治療における骨シンチグラフィーの有用性に関する検討, 篠原 玄夫, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 中嶋 英治, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 2,   1999年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001351838
  • 115 食道癌治療における腫瘍マーカーの有用性, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 篠原 玄夫, 中嶋 英治, 在永 光行, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 2,   1999年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001351852
  • 7.同一肺葉内同時性肺多発癌の1例 : 第73回日本肺癌学会中部支部会, 前野 健, 阿知和 宏行, 吉田 公秀, 樋田 豊明, 杉浦 孝彦, 波戸岡 俊三, 光冨 徹哉, 佐々木 恵子, 中村 栄男, 谷田部 恭, 肺癌, 38, 7, 898, 899,   1998年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003140333
  • 18.巨大胸腺カルチノイドの1例 : 第73回日本肺癌学会中部支部会, 宇佐美 範恭, 在永 光行, 中嶋 英治, 篠原 玄夫, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 樋田 豊明, 杉浦 孝彦, 中村 栄男, 肺癌, 38, 7,   1998年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003140344
  • 胸腔内洗浄細胞診陽性例の予後 : 「固型がんの集学的治療?JCOG)肺癌外科グループにおける集計, 一瀬 幸人, 土屋 了介, 安光 勉, 小池 輝明, 大和 靖, 中川 健, 飯岡 壮吾, 横井 香平, 永井 完治, 加瀬 昌弘, 光冨 徹哉, 肺癌, 38, 5,   1998年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003134638
  • 外科治療成績からみた新TNM分類の検討, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 在永 光行, 中嶋 英治, 宇佐美 範恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 38, 5,   1998年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003134633
  • 非小細胞肺がんの術前MRIによる脳転移のスクリーニングは必要か, 宇佐美 範恭, 山崎 宏司, 山口 正史, 在永 光行, 中嶋 英治, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 杉尾 賢二, 光冨 徹哉, 肺癌, 38, 5,   1998年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003134704
  • 術後断端再発、気管支壁転移例に対する気管支腔内照射併用放射線治療成績, 不破 信和, 伊藤 善之, 森田 皓三波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光富 徹哉, 肺癌, 38, 5,   1998年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003134958
  • 肺の真性癌肉腫の分子遺伝学的解析, 中嶋 英治, 谷田部 恭, 在永 光行, 波戸岡 俊三, 宇佐美 範恭, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 肺癌, 38, 5,   1998年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003135049
  • A-II-演-(4). 食道癌と他臓器重複癌症例の検討 : 頭頸部・胃癌症例を中心に(第51回日本食道疾患研究会), 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 中山 俊, 安富 文典, 松田 高幸, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 31, 8,   1998年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001330341
  • 暑熱および温暖環境における子供と母親の体温調節反応の比較, 都築 和代, 高野 利実, 高坂 貴行, 堀田 勝幸, 松尾 恵太郎, 市原 周治, 藤原 義朗, 宗 淳一, 大谷 弘樹, 木浦 勝行, 青江 啓介, 谷田部 恭, 大江 裕一郎, 光冨 徹哉, 伊達 洋至, 日本家政学会誌, 49, 4, 409, 415,   1998年04月15日, 10.2482/haigan.49.409, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003168532
    概要:目的.ゲフィチニブ投与患者では上皮成長因子受容体(EGFR)変異例で予後が良いことが報告されている.一方,喫煙,性差はEGFR変異に影響し,さらに,肺癌の予後因子であることが示唆されている.本研究では,EGFR変異,性差,喫煙が,ゲフィチニブ治療を受けた肺腺癌患者の生存期間に与える影響を検討した.対象と方法.ゲフィチニブにより治療された肺腺癌患者362例において,EGFR変異,性差,喫煙が全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)に及ぼす影響を評価した.結果.EGFR変異は169例(46.7%)に認めた.多変量解析では,変異例で野生型例に比べOSおよびPFSが有意に長かった(P<0.001).EGFR変異の有無による群別で性差,喫煙量は,OSおよびPFSの延長とは関連がなかった.一方,性別,および,喫煙により分類した群別での解析では,EGFR変異は,OS,PFSの延長と有意な関連を認めた(P<0.001).結論.本検討から,ゲフィチニブ投与を行う患者を選択する際,EGFR変異は重要な指標であると考えられる.
  • 9.肺のLarge cell neuroendocrine carcinoma(LCNEC)の臨床病理学的検討 : 第72回日本肺癌学会中部支部会, 在永 光行, 篠原 玄夫, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 谷田 部恭, 肺癌, 38, 2,   1998年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003114495
  • 食道癌患者における癌告知とインフォームド・コンセント(IC)の諸問題, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 99, 0,   1998年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003952304
  • p53腫瘍抑制遺伝子異常を用いた肺がんのtranslational research, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 高木 幸浩, 西尾 昌之, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 高橋 利忠, 高橋 隆, 日本外科学会雑誌, 99, 0,   1998年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003953378
  • 病理病期I期の非小細胞肺癌における癌抑制遺伝子p16蛋白発現の臨床病理学的解析, 波戸岡 俊三, 谷田部 恭, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 日本外科学会雑誌, 99, 0,   1998年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003953473
  • 70 胸部食道癌におけるリンパ節転移の状況と治療成績からみた3領域郭清の問題点, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 松田 高幸, 篠原 玄夫, 中嶋 英治, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 31, 2,   1998年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001327130
  • II-14 胸部上部食道癌の問題点と治療成績, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 松田 高幸, 篠原 玄夫, 中嶋 英治, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 31, 2,   1998年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001327804
  • 第71回日本肺癌学会中部支部会 : 4.肺真性癌肉腫の1切除例, 中嶋 英治, 松田 高幸, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 佐藤 英文, 塚原 憲児, 肺癌, 37, 7,   1997年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003138915
  • S-14 肺癌における微小転移の分子生物学的診断, 杉尾 賢二, 坂田 敬, 丸山 理一郎, 大神 明, 西岡 憲一, 塚本 修一, 牛島 千衣, 山崎 宏司, 加瀬 真一郎, 岡本 龍郎, 古賀 孝臣, 大崎 敏弘, 光冨 徹哉, 安元 公正, 杉町 圭蔵, 肺癌, 37, 5,   1997年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003123693
  • S-13 肺腺癌における形態診断と遺伝子診断、一致と相違, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 越川 卓, 中村 栄男, 高橋 隆, 肺癌, 37, 5,   1997年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003123692
  • W-15 pT3N0M0肺癌の外科治療成績, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 松田 高幸, 中嶋 英治, 光冨 徹哉, 肺癌, 37, 5,   1997年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003123710
  • D-21 肺癌におけるsingle nucleotide repeatをもつ遺伝子のフレームシフト変異の頻度についての検討, 後藤 邦彦, 谷田部 恭, 村松 秀樹, 吉田 公秀, 樋田 豊明, 杉浦 孝彦, 高橋 隆, 光冨 徹哉, 肺癌, 37, 5,   1997年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003123825
  • P-80 女性肺がんの臨床病理学的検討, 松田 高幸, 谷田部 恭, 篠原 玄夫, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 光冨 徹哉, 肺癌, 37, 5,   1997年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003124147
  • P-347 5年以上生存した肺癌pN2症例の臨床的検討, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 松田 高幸, 篠原 玄夫, 中嶋 栄治, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 肺癌, 37, 5,   1997年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003124414
  • I-4 胸管内腫瘍塞栓を認めた食道癌の3切除例(<特集>第50回日本消化器外科学会総会), 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 中山 俊, 松田 高幸, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 30, 6,   1997年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001297709
  • II-D-5 食道癌術前画像診断の有用性とその限界(<特集>第50回日本食道疾患研究会), 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 森 正一, 吉田 美紀子, 増田 雄大, 脇山 智美, 中山 俊, 安富 文典, 光冨 徹哉, 鈴木 隆史, 中村 常哉, 伊藤 善之, 中村 栄男, 谷田部 恭, 日本消化器外科学会雑誌, 30, 5,   1997年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001296745
  • C72 p53変異による異時性肺癌の遺伝子診断(肺癌11,一般口演,第14回日本呼吸器外科学会総会号), 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 高橋 隆, 日本呼吸器外科学会雑誌, 11, 3,   1997年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007136457
  • C56 Pancoast肺癌切除21例の臨床的検討(肺癌8,一般口演,第14回日本呼吸器外科学会総会号), 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 安富 文典, 松田 高幸, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 11, 3,   1997年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007136489
  • V26 肺切除における血管手術手技の基本 : 右肺上葉切除術(血管手技,ビデオセッション,第14回日本呼吸器外科学会総会号), 陶山 元一, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 波戸岡 俊三, 安富 文典, 松田 高幸, 日本呼吸器外科学会雑誌, 11, 3,   1997年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007136549
  • W3-6 非小細胞肺癌における遺伝子異常,血管新生,テロメラーゼ活性の解析と悪性度評価(呼吸器外科における分子生物学,ワークショップ3,第14回日本呼吸器外科学会総会号), 大崎 敏弘, 井本 秀幸, 多賀 聡, 大神 明, 竹之山 光広, 吉松 隆, 吉野 一郎, 中西 良一, 光冨 徹哉, 安元 公正, 日本呼吸器外科学会雑誌, 11, 3,   1997年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007136649
  • C7 開胸時洗浄細胞診陽性例の検討(肺癌2,一般口演,第14回日本呼吸器外科学会総会号), 陶山 元一, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 波戸岡 俊三, 安富 文典, 松田 高幸, 日本呼吸器外科学会雑誌, 11, 3,   1997年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007137168
  • 非小細胞肺癌の分子生物学的診断と治療への応用, 杉尾 賢二, 福山 康朗, 丸山 理一郎, 斉藤 元吉, 西岡 憲一, 光冨 徹哉, 杉町 圭蔵, 日本胸部外科学会雑誌 = The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery, 45, 3, 403, 405,   1997年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007615170
  • ワークショップ4 : 肺癌の遺伝子診断 : 再発癌、異時性重複癌におけるclonalityの検討, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 越川 卓, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 波戸岡 俊三, 樋田 豊明, 中村 栄男, 杉浦 孝彦, 高橋 隆, 肺癌, 36, 5,   1996年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003139316
  • 原発性非小細胞肺癌におけるp16発現の検討とその臨床的意義, 多賀 聡, 大崎 敏弘, 大神 明, 榮福 亮三, 今林 悟, 竹之山 光広, 吉松 隆, 吉野 一郎, 橋本 光孝, 中西 良一, 杉尾 賢二, 光冨 徹哉, 岸本 洋輔, 安元 公正, 肺癌, 36, 5,   1996年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003139376
  • 肺MALT型リンパ腫切除例の臨床病理学的検討, 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 安富 文典, 松田 高幸, 中村 栄男, 谷田部 恭, 肺癌, 36, 5,   1996年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003139452
  • 肺癌切除後の残存、再発診断における血清CEA測定の有用性, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 波戸岡 俊三, 安富 文典, 松田 高幸, 肺癌, 36, 5,   1996年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003139476
  • 原発性肺癌試験開胸例の臨床的検討, 吉田 公秀, 陶山 元一, 樋田 豊明, 波戸岡 俊三, 不破 信和, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 杉浦 孝彦, 肺癌, 36, 5,   1996年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003139573
  • 肺腺癌, 雇平上皮癌におけるp53の発現とアポトーシス, 國武 律子, 桑野 和善, 川崎 雅之, 萩本 直樹, 野元 吉二, 中西 洋一, 光冨 徹哉, 原 信之, 肺癌, 36, 3, 271, 276,   1996年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003141786
    概要:肺腺癌, 扁平上皮癌におけるDNA傷害あるいはアポトーシスをTerminal deoxynucleotidyltransferase(TDT)mediated biotin-dUTP nick end labeling法(TUNEL法)を用いて検出し, 免疫組織染色によって検出したp53蛋白の発現との関連性について検討した.対象は原発性肺癌切除例23例(腺癌11例, 扁平上皮癌12例)で, 検索にはホルマリン固定, パラフィン包埋切片を用いた.TUNEL陽性細胞は23例中6例(26%)に検出され, p53の発現は23例中12例(52%)に認められた.TUNEL陽性群におけるp53陽性例(4/6例)とTUNEL陰性群におけるp53陽性例(8/17例)の間に有意差を認めなかった.今回, p53の発現とTUNEL染色の結果に相関が認められなかったが, アポトーシスにはp53の他, 多くの因子や経路が関与するためと考えられた.
  • I-18 進行食道癌に対する化学 (CDDP+5-FU) 放射線同時併用療法(<特集>第48回日本消化器外科学会総会), 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 陶山 元一, 森 正一, 増田 雄大, 脇山 智美, 中山 俊, 光冨 徹哉, 日本消化器外科学会雑誌, 29, 6,   1996年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001350510
  • F85 縦隔および肺門リンパ節転移をきたした原発不明癌の3例(肺癌f(症例),示説,第13回日本呼吸器外科学会総会号), 波戸岡 俊三, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 森 正一, 増田 雄大, 脇山 智美, 吉田 美紀子, 安富 文典, 日本呼吸器外科学会雑誌, 10, 3,   1996年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007135412
  • F76 非小細胞肺癌の再発様式の検討と治療成績(肺癌e(再発),示説,第13回日本呼吸器外科学会総会号), 杉尾 賢二, 斉藤 元吉, 丸山 理一郎, 西岡 憲一, 八板 英道, 光冨 徹哉, 杉町 圭蔵, 日本呼吸器外科学会雑誌, 10, 3,   1996年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007135421
  • E74 骨髄中の肺癌微小転移の検出と予後(肺癌13(病期診断),口演,第13回日本呼吸器外科学会総会号), 大神 明, 大崎 敏弘, 小山 倫浩, 栄福 亮三, 吉松 隆, 吉野 一郎, 中西 浩三, 中西 良一, 吉田 泰憲, 杉尾 賢二, 光冨 徹哉, 安元 公正, 日本呼吸器外科学会雑誌, 10, 3,   1996年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007135555
  • B36 p53遺伝子異常からみたN2非小細胞肺癌の治療方針 : 3施設における129例の検討(肺癌6(再発・予後等),口演,第13回日本呼吸器外科学会総会号), 光冨 徹哉, 西尾 昌之, 濱武 基陽, 小山 倫浩, 陶山 元一, 波戸岡 俊三, 篠田 雅幸, 大崎 敏弘, 杉尾 賢二, 安元 公正, 杉町 圭蔵, 高橋 隆, 日本呼吸器外科学会雑誌, 10, 3,   1996年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007135841
  • W3-2 大腸癌多発肺転移例の手術適応 : 再発様式・予後からみた検討(多発性転移性肺腫瘍の手術適応,ワークショップ3,第13回日本呼吸器外科学会総会号), 陶山 元一, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 波戸岡 俊三, 森 正一, 増田 雄大, 脇山 智美, 吉田 美紀子, 安富 文典, 日本呼吸器外科学会雑誌, 10, 3,   1996年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007135969
  • 25.びまん性胸膜中皮腫の1切除例, 森 正一, 陶山 元一, 篠田 雅幸, 光冨 徹哉, 波戸岡 俊三, 増田 雄大, 安冨 文典, 中山 俊, 中村 栄男, 矢田部 恭, 肺癌, 36, 2,   1996年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003114084
  • 23. 薬物代謝酵素多型性と肺癌のリスク,p53腫瘍抑制遺伝子異常の関連 (第13回産業医科大学学会総会学術講演会記録), 光冨 徹哉, 小山 倫浩, 産業医科大学雑誌, 18, 1,   1996年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001259830
  • 1.横隔膜・肝合併切除を施行した右下葉原発性肺癌の1例(第35回日本肺癌学会九州支部会), 西岡 憲一, 光冨 徹哉, 丸山 理一郎, 斎藤 元吉, 竹中 賢治, 杉町 圭蔵, 石田 照佳, 肺癌, 35, 6,   1995年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003139084
  • 4.両側転移性肺腫癌に対し, 胸骨横切開(clamshell incision)によって一期的に肺切除した症例(第35回日本肺癌学会九州支部会), 斎藤 元吉, 西岡 憲一, 丸山 理一郎, 濱武 基陽, 福山 康朗, 光冨 徹哉, 杉町 圭蔵, 肺癌, 35, 6,   1995年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003139087
  • 53.左下肢原発滑膜肉腫の肺転移に対し, 8回の開胸術を施行した症例(第35回日本肺癌学会九州支部会), 丸山 理一郎, 光冨 徹哉, 斉藤 元吉, 濱武 基陽, 福山 康朗, 杉町 圭蔵, 石田 照佳, 岩本 幸英, 肺癌, 35, 6,   1995年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003139136
  • 免疫組織化学的手法を用いた微小リンパ節転移の検出とその再発・転移危険因子としてのprospectiveな検討 : 予後因子3, 丸山 理一郎, 光冨 徹哉, 斉藤 元吉, 西岡 憲一, 坂田 敬, 八板 英道, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 35, 5,   1995年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133888
  • 非小細胞肺癌患者の肺組織内のニトロアレン濃度と分化度・予後との関連 : 前癌病変・組織形態1, 中西 洋一, 犬塚 悟, 川崎 雅之, 松木 裕暁, 高山 浩一, 橋本 修一, 原 信之, 光冨 徹哉, 世良 暢之, 常磐 寛, 肺癌, 35, 5,   1995年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133907
  • 肺癌におけるCyclin D1の免疫組織化学的検討 : 癌遺伝子1, 斉藤 元吉, 光冨 徹哉, 丸山 理一郎, 西岡 憲一, 坂田 敬, 八板 英道, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 35, 5,   1995年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133966
  • 原発性非小細胞癌に対する肺摘除術の検討 : 予後因子1, 八板 英道, 光冨 徹哉, 斉藤 元吉, 西岡 憲一, 丸山 理一郎, 坂田 敬, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 35, 5,   1995年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003134124
  • 肺癌患者における免疫パラメーター測定の意義の検討 : 予後因子2, 西岡 憲一, 斉藤 元吉, 丸山 理一郎, 坂田 敬, 八板 英道, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 35, 5,   1995年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003134128
  • 原発性肺癌術後に低Na血症を合併したSheehan syndromeの一例, 尾崎 真一, 中西 良一, 坂田 晃一, 光冨 徹哉, 安元 公正, 産業医科大学雑誌, 17, 3, 199, 205,   1995年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001260453
    概要:症例は54歳女性。肺癌に対し左上葉切除を行い,術後5日目より低Na血症を合併した。血清ADHは正常範囲を示したが,副腎機能異常を含む汎下垂体機能低下,分娩時大量出血の既往およびその後の無月経等によりSheehan syndromeによる低Na血症と診断された。その後,糖質コルチコイドの投与により低Na血症は改善され,術後74日めに退院となった。肺癌に合併したSIADH (syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone)による低Na血症の報告はしばしば認められるところであるが,今回我々は肺癌術後に顕性化したSheehan syndromeによる低Na血症を経験し,その診断に難渋した。低Na血症の鑑別診断は術前・術後管理上重要であり,原因診断に難渋した理由を検討しつつ文献的考察を加えて報告する。
  • 肺癌患者血清中のp53蛋白に対する自己抗体の検出とその臨床的意義 : 癌遺伝子3, 光冨 徹哉, 西田 衣江, 小山 倫浩, 杉尾 賢二, 西岡 憲一, 丸山 理一郎, 斉藤 元吉, 安元 公正, 杉町 圭蔵, Thierry Soussi, 肺癌, 35, 5,   1995年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003134189
  • 11. 胸腺癌にあけるp53遺伝子変異と腫瘍増殖能の解析(NOR・PCNA)(第14回日本胸腺研究会抄録集), 小山 倫浩, 杉尾 賢二, 大崎 敏弘, 小川 亮介, 大神 明, 光冨 徹哉, 安元 公正, 日本呼吸器外科学会雑誌, 9, 5, 661, 662,   1995年07月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007153687
  • E241 胸腔鏡下自然気胸治療再発症例の検討(VATS:嚢胞性疾患,示説,第12回日本呼吸器外科学会総会号), 八板 英道, 斉藤 元吉, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 日本呼吸器外科学会雑誌, 9, 3,   1995年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134661
  • E183 N2非小細胞肺癌切除例の予後に関する検討(肺癌予後因子,示説,第12回日本呼吸器外科学会総会号), 浜武 基陽, 斉藤 元吉, 丸山 理一郎, 福山 康朗, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 日本呼吸器外科学会雑誌, 9, 3,   1995年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134718
  • E312 縦隔奇形腫の臨床病理学的検討(胸腺腫瘍(2),示説,第12回日本呼吸器外科学会総会号), 斉藤 元吉, 丸山 理一郎, 濱武 基陽, 福山 康朗, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 日本呼吸器外科学会雑誌, 9, 3,   1995年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134804
  • E279 pT1N0M0原発性肺癌における微小リンパ節転移の検出と予後との関連(肺癌N因子,示説,第12回日本呼吸器外科学会総会号), 丸山 理一郎, 斎藤 元吉, 濱武 基陽, 福山 康朗, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 日本呼吸器外科学会雑誌, 9, 3,   1995年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134836
  • E30 肺癌切除症例における再発と、再発後の生存期間に影響する因子の臨床的検討(再発肺癌,示説,第12回日本呼吸器外科学会総会号), 光冨 徹哉, 丸山 理一郎, 斉藤 元吉, 濱武 基陽, 福山 康朗, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 日本呼吸器外科学会雑誌, 9, 3,   1995年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134858
  • E114 他癌を合併した肺癌症例の検討(PM肺癌と重複癌,示説,第12回日本呼吸器外科学会総会号), 福山 康朗, 丸山 理一郎, 斉藤 元吉, 濱武 基陽, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 日本呼吸器外科学会雑誌, 9, 3,   1995年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134974
  • 非小細胞肺癌における第三染色体短腕のヘテロ接合性の喪失(LOH)とその臨床的意義 : 癌関連遺伝子に関する新しいアプローチ, 光冨 徹哉, 小山 倫浩, 大神 明, 大崎 敏弘, 中西 良一, 石田 照佳, 安元 公正, 杉町 圭蔵, 肺癌, 34, 5,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133081
  • 肺癌培養細胞株におけるMUC1,MUC2ムチンmRNAの発現 : 予後因子(1), 津田 徹, 光冨 徹哉, 大神 明, 森本 泰夫, 小山 倫浩, 大崎 敏弘, 安元 公正, 城戸 優光, 肺癌, 34, 5,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133371
  • 非小細胞肺癌におけるMUC1の発現と予後因子としての可能性 : 予後因子(1), 大神 明, 津田 徹, 森本 泰夫, 小山 倫浩, 大崎 敏弘, 光冨 徹哉, 城戸 優光, 安元 公正, 肺癌, 34, 5,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133372
  • 非小細胞肺癌におけるRb蛋白とp53蛋白の免疫組織学的検討 : 癌抑制遺伝子(1), 大崎 敏弘, 光冨 徹哉, 小山 倫浩, 大神 明, 吉松 隆, 中西 浩三, 中西 良一, 安元 公正, 肺癌, 34, 5,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133391
  • 非小細胞肺癌におけるp53およびras遺伝子変異の臨床的意義についての検討 : 癌関連遺伝子(1), 福山 康朗, 丸山 理一郎, 斉藤 元吉, 濱武 基陽, 神殿 哲, 竹之山 光広, 杉尾 賢二, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 34, 5,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133396
  • 肺癌における接着因子CD44の免疫組織化学的研究 : 腫瘍マーカー(3), 斉藤 元吉, 丸山 理一郎, 濱武 基陽, 福山 康朗, 神殿 哲, 竹之山 光広, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 34, 5,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133485
  • 肺腺癌の危険因子としてのアセチル転移酵素多型 : 発癌(2), 小山 倫浩, 光冨 徹哉, 川本 俊弘, 大神 明, 吉松 隆, 中西 浩三, 大崎 敏弘, 中西 良一, 溝上 哲也, 児玉 泰, 安元 公正, 肺癌, 34, 5,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133493
  • 原発性肺癌切除症例における気管支断端の臨床病理学的検討 : 組織形態(2), 丸山 理一郎, 斉藤 元吉, 福山 康朗, 濱武 基陽, 神殿 哲, 竹之山 光広, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 34, 5,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133524
  • 非小細胞肺癌におけるp53蛋白発現の腫瘍増殖活性に与える影響の検討 : 癌関連遺伝子, 浜武 基陽, 丸山 理一郎, 斉藤 元吉, 福山 康朗, 神殿 哲, 竹之山 光広, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 34, 5,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003133716
  • 大網被覆併用気管移植片の血流動態 : 大網による血流供給の限界, 中西 良一, 永谷 信之, 坂田 晃一, 久米 徹, 吉松 隆, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 16, 4, 321, 327,   1994年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002818459
    概要:雑種成犬16頭を対象に大網被覆併用自家気管移植を行い, 血管内色素注入やレーザー血流測定により大網による血行再建の限界について検討を加えた。大網からの血流は外膜側から移植片に流入し, 粘膜側では移植後4日目に初めて膜様部において確認された。その後軟骨部も栄養されるが, 経時的に移植片への流入は減少する傾向があった。一方, 宿主気管からの血流も粘膜側の吻合線を超えて移植片に流入するものはほとんどなく, その多くは大網を介して外膜側から流入し, 徐々に増加する傾向にあった。有茎大網弁のレーザー血流量測定では, 末梢の血流が根部に比べ有意に低下しており, 大網の供給血流量が十分ではないことが示唆された。大網被覆は早期の血管再生能力には優れるが, 長期にわたる血流供給能力の維持は困難であろうと考えられた。
  • W-I-3 気管移植における拒絶反応の早期組織診断に関する検討(気管移植と代用気管)(第 17 回日本気管支学会総会), 中西 良一, 久米 徹, 吉松 隆, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 16, 3,   1994年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002818272
  • W-I-4 気管移植における b-FGF を用いた再建範囲の拡大に関する検討(気管移植と代用気管)(第 17 回日本気管支学会総会), 中西 良一, 坂田 晃一, 永谷 信之, 犬束 浩二, 久米 徹, 吉松 隆, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 16, 3,   1994年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002818273
  • 51 気管支断端陽性肺癌手術例の検討(断端陽性例と再発例)(第 17 回日本気管支学会総会), 大崎 敏弘, 久米 徹, 吉松 隆, 濱田 正勝, 大神 明, 小山 倫浩, 中西 良一, 光冨 徹哉, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 16, 3,   1994年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002818355
  • C9 甲状腺癌の気管・食道浸潤に対するThymus-pericardial fat padを有茎とした心膜パッチグラフトによる再建(気管・気管支,T4,ビデオ演題,第11回日本呼吸器外科学会総会号), 中西 良一, 光冨 徹哉, 吉松 隆, 久米 徹, 井手 啓貴, 日本呼吸器外科学会雑誌, 8, 3,   1994年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134069
  • B49 胸腺疾患におけるp53遺伝子異常(縦隔1,一般口演,第11回日本呼吸器外科学会総会号), 小山 倫浩, 大神 明, 久米 徹, 吉松 隆, 大崎 敏弘, 中西 良一, 溝上 哲也, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 8, 3,   1994年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134097
  • A1 pN2非小細胞肺癌切除例のリンパ節転移様式と予後因子(リンパ節転移1,肺癌手術,一般口演,第11回日本呼吸器外科学会総会号), 大崎 敏弘, 久米 徹, 吉松 隆, 濱田 正勝, 大神 明, 小山 倫浩, 中西 良一, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 8, 3,   1994年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134378
  • D47 原発性肺癌切除例における肺内転移症例の臨床的検討(肺癌(T1・PM),示説,第11回日本呼吸器外科学会総会号), 濱田 正勝, 久米 徹, 吉松 隆, 花桐 武志, 大崎 敏弘, 中西 良一, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 8, 3,   1994年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134496
  • D45 T1肺癌切除症例の検討(肺癌(T1・PM),示説,第11回日本呼吸器外科学会総会号), 吉松 隆, 光冨 徹哉, 中西 良一, 大崎 敏弘, 久米 徹, 井手 啓貴, 日本呼吸器外科学会雑誌, 8, 3,   1994年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134498
  • D32 骨髄穿刺による肺癌微小転移検出の試み(肺癌(診断・重複癌),示説,第11回日本呼吸器外科学会総会号), 大神 明, 小山 倫浩, 大崎 敏弘, 中西 良一, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 8, 3,   1994年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134511
  • SII1 同腫気管を用いた移植による気管再建の進歩と展望(呼吸器外科における生体材料・人工材料を用いた再建外科の進歩と展望,シンポジウムII,第11回日本呼吸器外科学会総会号), 中西 良一, 坂田 晃一, 永谷 信之, 久米 徹, 吉松 隆, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 日本呼吸器外科学会雑誌, 8, 3,   1994年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007134575
  • 14. 癌性気道狭窄に対する金属ステント拡張術(第 16 回日本気管支学会九州支部総会), 吉松 隆, 大崎 敏弘, 永谷 信之, 坂田 晃一, 久米 徹, 中西 良一, 光冨 徹哉, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 15, 7,   1993年11月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002824242
  • 14 肺癌におけるp53遺伝子異常, 小山 倫浩, 大神 明, 坂田 晃一, 久米 徹, 吉松 隆, 大崎 敏弘, 中西 良一, 光冨 徹哉, 肺癌, 33, 5,   1993年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003142937
  • P-28 膠原病を合併した肺癌症例の検討, 濱田 正勝, 永谷 信之, 今林 悟, 久米 徹, 吉松 隆, 小館 満太郎, 花桐 武志, 大崎 敏弘, 中西 良一, 光冨 徹哉, 肺癌, 33, 5,   1993年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003143206
  • P-47 肺癌におけるcーerbBー2蛋白の血清濃度と組織内発現, 大崎 敏弘, 坂田 晃一, 久米 徹, 吉松 隆, 大神 明, 小山 倫浩, 中西 良一, 光冨 徹哉, 肺癌, 33, 5,   1993年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003143225
  • P-256 原発性非小細胞肺癌に対するダブルプラチナ療法 : Phase I trial & Neoadjuvant chemotherapy, 中西 良一, 久米 徹, 吉松 隆, 坂田 晃一, 永谷 信之, 光冨 徹哉, 肺癌, 33, 5,   1993年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003143434
  • 10 気管腕頭動脈瘻に対する外科的救命例(気管・気管支形成術 (III))(第 16 回日本気管支学会総会), 増田 雄大, 今林 悟, 中西 良一, 吉田 泰憲, 嶋津 明, 光冨 徹哉, 岡村 健, 白日 高歩, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 15, 4,   1993年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004087800
  • 103 気管支生検標本とその手術標本における p53 突然変異の検討(肺癌・遺伝子)(第 16 回日本気管支学会総会), 小山 倫浩, 光冨 徹哉, 花桐 武志, 大崎 敏弘, 中西 良一, 白日 高歩, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 15, 4,   1993年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004087893
  • 121 食道癌による中枢気道狭窄に対する内視鏡的 Nd-YAG レーザーの治療成績と問題点(気道狭窄の治療・高周波・レーザー・PDT (II))(第 16 回日本気管支学会総会), 大崎 敏弘, 小舘 満太郎, 濱田 正勝, 中西 良一, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 15, 4,   1993年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004087911
  • 506. 肺癌及び肺疾患患者におけるGST1 gene deletionの出現頻度(変異原・発がん,一般演題,第65回日本産業衛生学会), 小山 倫浩, 光冨 徹哉, 渡辺 浩行, 吉田 泰憲, 岡林 寛白, 日高 歩, 川本 俊弘, 松野 康二, 児玉 泰, 産業医学, 34, 7,   1992年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006738323
  • 第32回日本肺癌学会九州支部会 : 26.女性肺癌切除症例の検討, 大崎 敏弘, 小舘 満太郎, 濱田 正勝, 花桐 武志, 中小 良一, 光冨 徹哉, 白日高 歩, 城戸 優光, 中田 肇, 上田 仁, 草野 卓雄, 肺癌, 32, 7,   1992年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003124871
  • 7. 肺, 気管以外の他臓器癌による気管気管支狭窄に対する内視鏡的 Nd-YAG レーザー治療(第 15 回日本気管支学会九州支部総会), 大崎 敏弘, 小舘 満太郎, 小山 倫浩, 花桐 武志, 濱田 正勝, 中西 良一, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 14, 7,   1992年11月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002823218
  • 21. Transbronchial Biopsy における癌関連遺伝子の検討(第 15 回日本気管支学会九州支部総会), 小山 倫浩, 光冨 徹哉, 西田 衣江, 濱田 正勝, 花桐 武志, 大崎 敏弘, 中西 良一, 白日 高歩, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 14, 7,   1992年11月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002823232
  • 肺癌の術前評価におけるMRlとCT視覚的評価と手術・病理所見との対比, 江頭 完治, 中田 肇, 渡辺 秀幸, 中村 克己, 平方 敬子, 光冨 徹哉, 岡林 寛, 白日 高歩, 肺癌, 32, 6, 877, 887,   1992年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003124432
    概要:肺癌の術前診断におけるMRIとCTの意義を比較検討した.視覚的評価は手術列37例,非手術例17例の計54例について,手術・病理所見を基にした検討は手術例37例について行った.肺野における腫瘍辺縁の描出においてMRIがCTに優る例はみられなかった.縦隔との関係及び縦隔と肺門部のリンパ節転移の描出については大多数でMRIはCTと同等かそれ以上であった.胸壁との関係の描出ではCTがMRIに優るものが7例とやや多くみられた.手術・病理所見を基にした診断能の検討では,T因子についてはMRIがCTに優るものがみられたが縦隔と肺門部のリンパ節転移については両者に殆ど差がみられなかった.CTの普及度を考慮すると肺癌の術前評価としてはCTを第一選択とすることが妥当である.MRIの主な適応はPancoast腫瘍など大きな腫瘍で縦隔や胸壁との関係をより正確に把握する必要がある場合,また縦隔および肺門部リンパ節転移の診断がCTで不明確な場合などであろう.
  • 特別発言 肺癌におけるras遺伝子の突然変異の意義とp53遺伝子変異との関連, 光冨 徹哉, 小山 倫浩, 大崎 敏弘, 中西 良一, 白日 高歩, Minna J., Gazdar A., 肺癌, 32, 5,   1992年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003125194
  • D-13 肺癌におけるGAP遺伝子の解析, 光冨 徹哉, Friedman E., 小山 倫浩, 大崎 敏弘, 中西 良一, 白日 高歩, Gazdar A., 肺癌, 32, 5,   1992年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003125350
  • P-11 原発性肺癌におけるp53遺伝子の検討, 小山 倫浩, 光冨 徹哉, 大崎 敏弘, 中西 良一, 白日 高歩, 肺癌, 32, 5,   1992年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003125512
  • P-63 女性肺癌手術例の臨床的検討, 大崎 敏弘, 小山 倫浩, 濱田 正勝, 花桐 武志, 中西 良一, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 上田 仁, 肺癌, 32, 5,   1992年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003125564
  • P-206 Ag-NOR染色法による肺癌及び縦隔疾患の検討, 小山 倫浩, 光冨 徹哉, 吉田 泰憲, 大坂 敏弘, 中西 良一, 岡村 健, 白日 高歩, 肺癌, 32, 5,   1992年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003125707
  • P-277 肺癌切除例における縦隔リンパ節転移に対する術前評価(特に高分解能CT)の検討, 濱田 正勝, 花桐 武志, 大崎 敏弘, 中西 良一, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 中田 肇, 肺癌, 32, 5,   1992年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003125778
  • 49 喀血に対する気管支動脈塞栓術の検討(気管支動脈), 濱田 正勝, 大崎 敏弘, 岡林 寛, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 城戸 優光, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 14, 3,   1992年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002817518
  • 121 外傷性気管・気管支損傷に関する検討(外科), 岡林 寛, 白日 高歩, 花桐 武志, 濱田 正勝, 大崎 敏弘, 光冨 徹哉, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 14, 3,   1992年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002817590
  • 154 気管支生検材料における癌関連遺伝子の検討(腫瘍マーカー), 小山 倫浩, 光冨 徹哉, 花桐 武志, 波戸岡 俊三, 濱田 正勝, 岡林 寛, 白日 高歩, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 14, 3,   1992年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002817623
  • 26. 喀血を繰り返した気管支結石症の 1 例(第 14 回日本気管支学会九州支部総会), 濱田 正勝, 岡林 寛, 大崎 敏弘, 光冨 徹哉, 井本 秀幸, 白日 高歩, 永田 忍彦, 城戸 優光, 望月 祐一, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 14, 1,   1992年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002817356
  • 縦隔病変を伴ったレックリングハウゼン病, 岡林 寛, 濱田 正勝, 矢野 公一, 小山 倫浩, 井上 政明, 大崎 敏弘, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 日本呼吸器外科学会雑誌, 6, 7, 780, 785,   1992年, 10.2995/jacsurg.6.780, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000776200
    概要:Four cases of mediastinal tumors associated with von Recklinghausen's disease are reported. Two neurofibromas arose from the vagus nerve, one of those is revealed histologically malignant lesion inside a benign tumor. One was a very rare invasive thymoma in a patient with myasthenia gravis, associated with an anterior chest wall malignant schwannoma which developed in the field of irradiation of the thymoma. The fourth patient was suspected to have neurofibroma with destruction of ribs, and also had a giant mesenteric neurofibroma. Although von Recklinghausen's disease is generally thought not to be associated with an abnormality of chromosomes, one of the three patients had abnormal chromosomes. We conclude that surgical treatment and careful follow-up are required in patients with von Recklinghausen's disease because of the possibility of malignant changes.
  • 後縦隔から後腹膜にかけて発生した巨大リンパ管腫の1例, 大崎 敏弘, 岡本 隆史, 濱田 正勝, 波戸岡 俊三, 花桐 武志, 岡林 寛, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 日本呼吸器外科学会雑誌, 6, 6, 706, 711,   1992年, 10.2995/jacsurg.6.706, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000776190
    概要:A 31-year-old woman with polymyositis was admitted to our hospital complaining of chest oppression and mild dyspnea. Chest X-rays showed a large smooth mass shadow behind the heart. In the chest CT scan and MR imaging, a homogeneous low density mass surrounded the esophagus and the descending aorta and reached the posterior mediastinum and the retroperitoneum, passing behind the inferior vena cava and the heart. Only a partial resection was performed through a right thoracotomy because the esophagus was completely surrounded by the tumor, which had a tendency to bleed, and she had been taking steroids for a long time. The postoperative course was uneventful, and she has been free of symptoms until the present time, 5 months after surgery. The pathological diagnosis was cavernous lymphangioma. Sixty-five cases of mediastinal lymphangioma have been reported in the Japanese literature.
  • D-72 肺癌患者における金属動態, 小山 倫浩, 岡林 寛, 光冨 徹哉, 白日 高歩, 松野 康二, 川本 俊弘, 児玉 泰, 肺癌, 31, 5,   1991年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003122361
  • 46.肺小細胞癌における術前化学療法症例の臨床病理学的検討(第29回日本肺癌学会九州支部会), 石田 照佳, 金子 聡, 立石 雅宏, 生野 篤次郎, 光冨 徹哉, 杉町 圭蔵, 重松 信昭, 肺癌, 30, 1,   1990年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003120582
  • 68.肺多発癌手術7症例の臨床的検討(第29回日本肺癌学会九州支部会), 金子 聡, 立石 雅宏, 矢野 篤次郎, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 30, 1,   1990年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003120604
  • 84.肺腺癌におけるTGFαの発現の意義(第29回日本肺癌学会九州支部会), 立石 雅宏, 金子 聡, 矢野 篤次郎, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 30, 1,   1990年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003120620
  • 肺門部腺癌の臨床病理学的検討, 石田 照佳, 金子 聡, 立石 雅宏, 矢野 篤次郎, 光冨 徹哉, 杉町 圭蔵, 田中 希代子, 重松 信昭, 肺癌, 29, 5,   1989年10月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003132515
  • 肺腺癌におけるTGFα・EGFR発現の意義, 立石 雅宏, 金子 聡, 矢野 篤次郎, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 29, 5,   1989年10月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003132879
  • D-66 肺癌に対するSDI法を用いた制癌剤感受性試験(肺癌(4),第6回日本呼吸器外科学会総会), 光冨 徹哉, 立石 雅宏, 岡 武志, 矢野 篤次郎, 石田 照佳, 前原 喜彦, 杉町 圭蔵, 呼吸器外科 : 日本呼吸器外科学会雑誌, 3, 2,   1989年05月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007137641
  • D-47 非小細胞肺癌におけるCEAの予後指標としての意義(肺癌・予後,第6回日本呼吸器外科学会総会), 立石 雅宏, 金子 聡, 岡 武志, 矢野 篤次郎, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 呼吸器外科 : 日本呼吸器外科学会雑誌, 3, 2,   1989年05月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007137660
  • 122 肺腺癌組織におけるurokinase type plasminogen activatorの局在とその意義, 岡 武志, 立石 雅宏, 西野 豊彦, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 28, 5,   1988年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003116212
  • 162 T_1 N_1 M_0,T_2 N_1 M_0肺癌手術例の検討, 光冨 徹哉, 立石 雅宏, 岡 武志, 西野 豊彦, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 28, 5,   1988年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003116252
  • 262 肺腺癌組織におけるEGF受容体発現の意義, 西野 豊彦, 立石 雅宏, 岡 武志, 光冨 徹哉, 石田 照佳, 杉町 圭蔵, 肺癌, 28, 5,   1988年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003116352
  • 460 肺癌に対する肺摘除術の臨床的検討, 石田 照佳, 立石 雅宏, 岡 武志, 西野 豊彦, 光冨 徹哉, 杉町 圭蔵, 肺癌, 28, 5,   1988年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003116566
  • 576 同時性多発胃癌の検討(<特集>第31回日本消化器外科学会総会), 光冨 徹哉, 松阪 俊光, 若杉 健三, 藤永 裕, 寺岡 広昭, 日本消化器外科学会雑誌, 21, 2,   1988年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001308583

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 肺癌のキナーゼ阻害剤治療の新しい展開・獲得耐性の克服と新規標的の探索, 光冨 徹哉, 日本人肺癌の30-40%をしめる上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性肺癌に対するEGFRチロシンキナーゼ阻害剤の治療効果はすでに確立している。しかしほとんどすべての症例で耐性を獲得する。本研究の第1の目的はこの耐性機序を明らかとし、その克服をめざすことであり、本年度は下記の成果を得た。DEGFRキナーゼ阻害剤獲得耐性における上皮間葉転換の関与の同定EGFR変異を有するHCC4006肺癌細胞株をErlotinibに長期曝露させることによりErlotinib耐性株を樹立、親株と耐性株を比較することにより、EGFRキナーゼ阻害剤獲得耐性機序を探索した、その結果、耐性株では上皮系のマーカーの消失、間葉系マーカーの発現亢進を認め、上皮間葉転換が起きていることを同定した。さらに、親株にTGFbetaを用いて上皮間葉転換を起こさせることにより、EGFRキナーゼ阻害剤の感受性低下をもたらすことを見出した(Suda K,et al.J.Thorac.Oncol.2011)。ii).EGFRキナーゼ阻害剤獲得耐性におけるPTEN発現低下の関与の同定Erlotinib長期曝露によりT790Mを獲得したErlotinib獲得耐性株であるHCC827EPR細胞株(Suda K,et al.Clin.Cancer Res.2010)より、T790Mを克服可能と考えられている不可逆的EGFRキナーゼ阻害剤耐性株を樹立し、その耐性機序を解析した。その結果、耐性株ではPTEN発現低下が起きていること、PTEN発現低下によりPI3K-AKT経路が活性化されていること、PI3K-AKT経路を抑制することにより耐性を克服できることを同定した(Suda K et al.Lung Cancer,in press)。さらに、今年度の研究において、(1)HER2変異肺癌細胞株よりIIER2キナーゼ活性抑制作用のある複数の薬剤より獲得耐性株を樹立、また、(2)第3世代EGFRキナーゼ阻害剤とも呼ばれるT790M特異的EGFRキナーゼ阻害剤を用いて、EGFR変異肺癌細胞株より獲得耐性株を樹立した。現在、これらの獲得耐性株の耐性機序について解析を進めている。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 肺癌にお肺癌における分子生物学的類によ解析, 谷田部 恭, i)前癌病変、上皮内腺癌の検討,ii)重複病変の解析,iii)組織内遺伝子異常の多様性,iv)分子病理学的鑑別診断への応用の4つの分野について、肺腺癌における分子生物学的分類を本にした解析を行った。i)については、世界肺癌学会の病理パネル委員として、上皮内癌・微小浸潤癌の定義を提唱し、新腺癌分類に盛り込むことができた。ii)については、遺伝子変異で特徴づけられた腺癌50例についてSNP arrayを用いた解析を現在も進行中であり、その結果を用いて重複病変の分子生物学的な特性について解明したい。iii)では、これまで報告のあるEGFR遺伝子変異の組織内多様性が見かけ上の変化であることを証明し、薬剤応答性に重要な示唆を与えた。iv)では、この期間に分子標的薬として保険収載される予定であったALK阻害剤について、国内外の診断アルゴリズムの開発スタディに積極的に参加するとともに、国際的に我々の考えを提示した。その結果は日本肺癌学会の取り扱いの手引きの作成に大きく採用され、現在の臨床的判断の礎の一つを築くに至っている。内多様性が見かけ上化であることを証遺伝子変異の組織内多様性が見かけ上化であることを証遺伝子変異の組織内多様性が見かけ上化であることを証明し、薬剤応答性に重要な示唆を与えた。明し、薬剤応答性に重要な示唆を与えた。明し、薬剤応答性に重要な示唆を与えた。明し、薬剤応答性に重要な示唆を与えた。明し、薬剤応答性に重要な示唆を与えた。明し、薬剤応答性に重要な示唆を与えた。明し、薬剤応答性に重要な示唆を与えた。明し、薬剤応答性に重要な示唆を与えた。iv)では、この期間に分子標的薬として保険収載される予定であったALK阻害剤について、国内外の診断アルゴリズムの開発スタディに積極的に参加するとともに、国際的に我々の考えを提示した。その結果は日本肺癌学会の取り扱いの手引きの作成に大きく採用され、現在の臨床的判断の礎の一つを築くに至っている。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), EGFR経路の遺伝子に変異を有しない肺腺癌の分子病因解析と治療戦略の開発, 光冨 徹哉, EGFR遺伝子変異を有する肺がんにはEGFRチロシンキナーゼ阻害剤が著効する。しかし、いずれは耐性を獲得する。また、多くの肺がんはこのような初期の治療標的すら明らかでない。本研究では、頻度は少ないが、HER2やMET遺伝子異常が肺がんの新規治療標的の可能性があること、耐性獲得においてEGFR遺伝子の二次変異T790MとMET遺伝子増幅が、相補的な関連にあること、等を明らかした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 転移促進遺伝子CD151のヒト型抗体とRNA干渉によるテトラスパニンと転移の制御, 三宅 正幸, siRNAで、CD151を中心としたインテグリン・テトラスパニン複合構成体を抑制、崩壊させることに成功した。さらに、CD151のノックアウトを行った後にMRP-1/CD9、KAI1/CD82の遺伝子治療によるカクテル療法を細胞株で行い、in vitroレベルでは、成功した。しかし、これらの細胞株を、ヌードマウスに生着させ、in vivoで数度のカクテル療法を行ったが、失敗に終わった。スキッドマウスでは、成功したので、この原因は、遺伝子導入におけるウイルスベクターの使用によるウイルス抗原に対する抗体の産生などによると考えた
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), マイクロRNAと蛋白の発現統御異常の検出によるオーダーメイド癌診断システムの構築, 高橋 隆, 本研究はマイクロNAと蛋白の発現プロファイルに着目し、4個のマイクロRNAの発現情報に基づく予後診断モデルの構築に成功するとともに、マイクロRNAと蛋白の両者の発現情報を加味したさらに高精度な予測モデルの構築にも成功した。一方、血液試料を用いた癌の早期発見を目指した膵臓癌のMALDI-MS解析による存在診断については、膵臓癌を7個の蛋白の発現量をもとに感度73%、特異度94%の高精度で検出可能とする診断システムの構築に成功した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 肺がんのゲフィチニブ個別化医療をめざす上皮成長因子受容体とその周辺分子の網羅的解析, 光冨 徹哉, 上皮成長因子受容体(EGFR)のチロシンキナーゼ阻害剤(TKI)は,肺腺癌のEGFR遺伝子変異がある症例を中心に劇的な奏効が得られている.しかしながら,効果予測因子としての意義はいまだ確立したとはいえず,EGFR遺伝子以外の様々な分子の解析が患者選択への応用という面からも重要である.本研究では肺癌の個別化医療を実現するためEGFRとその周辺分子の解析と臨床像の関連についての解析を行うこととした.KRAS,PIK3CA,PTENとゲフィチニブ感受性についての検討:78例中9例にKRASの変異を2例にPIK3CA遺伝子変異を見いだした.EGFR遺伝子変異は44例に認められた.KRAS変異とEGFR変異は排他的な関係にあったが,PIK3CA変異のあった二例はEGFR遺伝子を同時に有していた.KRAS変異のある6例は一例もresponseがなかったが,PIK3CA変異のあった2例はどちらもPRであった.生存期間はEGFR変異のある症例,あるいはKRAS変異のない症例で長かった.EGFR変異ある腫瘍に限った場合,PIK3CAやPTENの発現レベルが高い腫瘍で生存が延長していた.ゲフィチニブの獲得耐性症例の解析:EGFR-TKIに奏効したほとんど全ての症例が、後には抵抗性となる.これにはコドン790のT790M変異の関与が報告されたが、その頻度などは不明であった.今回,ゲフィチニブ感受性を示した後耐性となった14例について二次変異の有無を解析した。14例中7例にT790M変異を認めたが、新規の変異は見いだせなかった.治療後にみられるT790M変異は治療前には認めなかった.二次的T790M変異は獲得耐性の半数でその原因メカニズムであると考えられた。これらの結果は直接に臨床現場でゲフィチニブ治療の最適化に役立てることが可能である.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), アミノペプチダーゼN認識ヒト型モノクローナル抗体の肺癌患者への臨床応用, 徳原 孝洋, 細胞運動を抑制するマウスモノクローナル抗体を作製し、その遺伝子クローニングすることで、Aminopeptidase N(APN)を同定した。APNはメタロプロテアーゼに属し、ペプチドの加水分解の最終段階で重要な役割を果たしている。現在までに我々は、APNが細胞外マトリックスへの浸潤と基底膜の破壊をきたし、癌細胞運動および血管新生の過程で、癌の転移形成、進展に関わっていることを明らかにした。更に、APN強発現の肺癌・膵癌・大腸癌患者は予後不良となることを明らかにした。以上のことからAPNを抑制することは、癌患者の予後を改善できる可能性があると考えた。マウス抗体では臨床応用すると様々な副作用を生じるため、数種のヒト型モノクローナル抗APN抗体を作製した。その中でもヒト型MT95-4抗体とヒト型MT19-12抗体は強いAPN活性抑制効果を示した。MT95-4抗体をヌードマウス血行転移モデルで投与し、肺転移を著明に抑制できることを明らかにした。更にヌードマウスの左肺に、APN強発現の肺癌細胞株を同所移植することで、縦隔リンパ節転移を生じる実験モデルを作製し、抗APN抗体のMT95-4抗体を投与すると、縦隔リンパ節転移は著明に抑制された。他の抗APN抗体は、APN活性抑制効果著明ではなかった。その効果の相違は、修飾糖鎖構造にあることが判明している。APNの転写活性部位および作用機序は未だ不明な点が残っているが、少なくとも血管新生に関してはこの糖鎖構造の役割は大きいと考えられる。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 肺癌の分子生物学的臨床病理学的包括的データベース作成とそれによる分子病期分類構築, 光冨 徹哉, 本研究開始直後の2004年4月に肺癌における上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子の突然変異が発見された。従って、分子生物学的な解析はEGFR、K-ras、p53、PIK3CA遺伝子の突然変異と臨床像との関連を明らかにすることを中心に行った。277例の肺癌におけるEGFR遺伝子突然変異は111/277例(40%)に認められた。頻度が高いものはエクソン19の欠失変異(52例、47%)と、エクソン21のコドン858の点突然変異(49例、44%)であった。臨床病理学的因子別には、女性59%、男性26%(P<0.0001)、非喫煙者65%、喫煙者22%(P<0.0001)、腺癌49%、その他2%(P<0.0001))と、それぞれ有意差を認めた。また、EGFR変異とK-ras変異が排他的関係にあることを明らかとした。一方、p53遺伝子変異は頻度においてはEGFR遺伝子変異と独立しておこっていた。ゲフィチニブの投与をおこなった59例のうちEGFR遺伝子の突然変異は33例、56%に認めた。ゲフィチニブ投与効果のみられたものはEGFR変異33例のうち、24例、83%、変異なし群においては2例、10%と、投与効果と変異につき有意な相関を認めた。また、EGFR変異のある症例はゲフィチニブ投与後の生存期間が有意に延長していた(p=0.0053)。さらに、K-ras突然変異は9%に、PIK3CA変異は2%に認められた。K-ras変異はのある症例では奏効例は一例もなかった、また生存期間も短かった。PIK3CAを有していた2例には同時にEGFR変異も存在し、ゲフィチニブは奏効した。また、臨床面のデータベースの拡充のために、肺がんにおける転移リンパ節個数と予後に関して検討した。転移リンパ節個数は有用な予後因子であり、現在のTNM分類にさらなる情報を付加することが可能であると思われた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 網羅的発現解析と知識情報処理に基づく統合的オーダーメード癌治療戦略システムの構築, 高橋 隆, 本研究において我々は、一年間に5万人を超える人命を奪っている代表的な難治癌である肺癌を対象に、高精度のゲノミクス・プロテオミクス解析能力を活用し、外科切除症例の各々の腫瘍が示す網羅的遺伝子及び蛋白発現プロファイル情報の取得とバイオインフォマティクス処理を進めた。その結果、肺非小細胞癌とくに肺腺癌について、従前の形態学的分類法では不明であった多様性を、遺伝子発現プロファイルに基づいた分子診断によって浮き彫りにすることに成功した。さらに、外科切除後における再発・死亡の予測へと応用すべく解析を発展させつつある。一方、マススペクトロメトリーを用いたプロテオミクス解析は、とくに肺非小細胞癌の外科切除標本を用いて蛋白発現プロファイルに基づいて、極めて高精度に再発・死亡を予測することを可能とするシステムの構築に成功した。さらに、各々の症例において最適な治療薬の選択を可能とするシステムの開発、ならびにプロテオミクス解析手法とバイオインフォマティクス処理技術の導入による鋭敏ながんの血液検査システムの確立などを最終的な目的とした研究を推進し、極めて多量にごく少数の蛋白が存在する特殊性を持つ血液試料を用いてマススペクトロメトリー解析による網羅的ペプチド発現プロファイリングを行うための基盤を確立することに成功した。以上の如くに3年間の本研究を通じて、ヒト肺癌をはじめとする難治癌による死亡者の減少に対する、いわば究極の統合的オーダーメード癌治療戦略システムの構築へとつながる成果を得ることができたので、今後はこれをさらに発展させていきたいと考えている。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 非小細胞肺癌における組織アレイを用いた癌関蛋白の網羅的発現解析の臨床的意義, 光冨 徹哉, 肺癌tissue microarray (TMA)の充実と妥当性の検討:976例の肺癌からなるTMAを作成し、通常切片との比較、蛋白とmRNA発現の関連の検討などを行いその妥当性を確認した。TMAは多数例における高速な発現検討や染色条件の最適化に有用である。肺癌の予後因子の多面的検索:非小細胞肺癌241例を用いTMAにおいてp53、RB、p27癌遺伝子Bcl2,EGFR、神経内分泌マーカーsynaptophysin (SP)、CD56およびTTF-1について解析を行った。それぞれの遺伝子の発現率はp53 57%,RB 15%,p27 84%,Bcl2 26%,EGFR 81%,SP 2%,CD56 1.3%,TTF1 58%であった。予後との関連では、TTF-1陽性例がわずかに良好の傾向を示したに過ぎなかった。肺癌の生物学に重要な遺伝子の検索:TTF1は末梢肺においてその発達のすべてのステージで発現されており、肺の腺癌の72%で発現していた。これらではSPAの発現とよく相関しており、形態学的にも末梢の肺とよく類似していた。TTF1は末梢肺のlineage markerとして有用であると考えられた。14-3-3sigmaの発現を肺のneuroendocrine carcinomaにおいて検討した。カルチノイド、非定型カルチノイド、神経内分泌型大細胞癌、小細胞癌の多くで発現の減少を認めた。一方、75例の非小細胞肺癌では正常肺組織と同等の発現が保たれていた。マスピンは細胞浸潤や運動に関連していると考えられているセリンプロテアーゼ阻害分子であるが、その発現は末梢気道のマーカーであるTTF1やSPPB1の発現と逆相関を示し、中枢気道上皮の細胞特性と関連していた。以上のように、TMAによって多くのサンプルを短時間で、かつ同一の条件で処理することが可能であった。肺癌の分子病態の解析において非常に有用である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), Aminopeptidase-Nの制御による癌転移の抑制の検討, 足立 匡司, 石田 久雄, 癌転移を抑制するという目的で,我々は細胞運動抑制モノクローナル抗体を作製してきた.これらの中で,MH7-5およびMH8-11は同じエピトープを認識しており,およそ150kDaの糖蛋白であるということが判明した.この遺伝子をクローニングしたところ,2904個のopen reading flameを持つ遺伝子で,これは既にGenBankに登録されており,Aminopeptidase-N(APN)であった.これの性格を検討するために,マウスのメラノーマの低転移株であるF1にトランスフェクションしたところ,F1-APN細胞は高率に肺転移をきたした.また,ヌードマウスに移植したところ,母細胞のF1よりも高率に移植可能であり,増殖能も高まることが判明した.驚くべき事に,F1-APN腫瘍においては,高頻度に血管新生が見られ,APNは血管新生をも促進している可能性がでできた.そこで我々は,Human Umbilical Vein Endothelial Cell(HUVEC)を用い,抗APN抗体MH8-11による影響を検討した.HUVECは本来APNを細胞膜に持っており,このMH8-11抗体によりtube formationが抑制されることが判明した.そこで実際の臨床材料での相関を見るために114例の大腸癌症例で検討してみたところ、3年生存率において陽性例が80.8%であるのに対し、陰性例は95.6%と有意に(P=0.023)陽性例の予後が不良であることが判明した。また、無病率で検討してみたところ、陽性例は39.8%であるのに対し、陰性例では78.1%と、やはり有意に(P=0.014)陽性例の予後が不良であることがより鮮明に判明した。膵癌でも50例において検討したところ、中間生存期間で比較すると陽性例が9.5ヶ月であるのに対し、陰性例が13.2ヶ月と有意に陽性例のほうが不良であることが判明した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 肺癌の予後因子となる遺伝子異常の前向き試験とそれに基づく分子生物学的病期分類考察, 瀧 俊彦, 肺癌は他の癌に比べ、未だに十分な治療成績が得られていない悪性度の高い癌の一つである。この原因の一つには、現在のTNM分類が、癌自体の生物学的悪性度を決定すると考えられる遺伝子異常を考慮にいれず、切除可能な肺癌を選別できていない事があげられる。これまでの我々の施設での単独研究では、遺伝子病期分類の組み合わせとしては、癌関連遺伝子のK-rasの変異と我々がクローニングした癌転移抑制遺伝子MRP-1/CD9の減弱の組み合わせが最も予後を推定するにふさわしいと考えられた。しかし、欧米の様にK-rasの変異が40%内外を占めていればこの遺伝子分類は非常に有意義であるが、日本ではK-rasの変異は10%内外にすぎず、この2者共に異常群は5%に過ぎず、この遺伝子分類はあまり有効でないと考えられた。そこで、我々はMRP-1/CD9、同様な機能を持つと考えられるKAI1/CD82や、癌抑制遺伝子であるp53、およびK-ras、細胞周期関連遺伝子であるp16、およびアポトーシス関連遺伝子であるbcl-2、baxについて、多施設共同研究を行うことにした。これまでの田附興風会医学研究所北野病因、愛知癌センターに加えて、大阪府立成人病センター、和歌山赤十字病院、滋賀県立成人病センターの症例を共同で検討することとし、この2年間に296例の遺伝子解析をおこなった。その結果、癌転移抑制遺伝子MRP-1/CD9の異常は、38.5%に見られ、KAI1/CD82の異常は72.9%、p53の変異は36.5%、K-rasの変異は8.8%に、p16は異常は36.1%、bcl-2/baxの異常比を示すものは72.4%であることが判明した。その臨床データについては全くブラインドで、本年度末をもって遺伝子解析を終了後、再発予後をとの関係を検討し、どのような遺伝子異常が、肺癌の遺伝子ステージングを行って行く上でもっとも適切であるか、統計解析していく。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), イムノジーンおよびアデノウイルスを用いたTM4SFによる癌の遺伝子治療, 三宅 正幸, 転移の制御は癌治療の大きな課題のひとつである。MRP-1は、Transmembrane 4 superfamily(TM4SF)に属しており 前立腺癌の転移抑制遺伝子としてクローニングされたKAI1/CD82もこのファミリーに属し、その機能はMRP-1/CD9と類似する。乳癌、肺癌、大腸癌では、この両者の遺伝子レベル・蛋白レベルでの減弱、喪失がその腫瘍の悪性度や予後を反映していることが明らかになった。そこで我々はまず、このMRP-1/CD9及びKAI1/CD82の遺伝子導入をアデノウイルスを用いて行った。マウスの肺自然転移株BL6を用いたin vivoの実験では、rAd-MRP-1/CD9のみでも85%の肺転移阻止率をもたらすことができた。また、平均生存期間においてもrAd-MRP-1/CD9投与群は105.6日に達し、対象群の69.7日に比べて有為に予後の改善をもたらした。そこで、更にrAd-KAI1/CD82による単独療法を試みた所、肺転移阻止率は70%に過ぎなかったが、この二者の併用療法では、実に92%の肺転移阻止率を達成し、非常に有効であることが判明した。このTM4SFは、ファミリー自体の他のメンバーやインテグリンファミリーと複合構成体を形成し、細胞接着や運動、シグナルトランスダクションなどに関わっている。そこで、更にこのTM4SF・インテグリン複合構成体そのものを抗体を用いて修復することで癌転移の抑制を試みることにした。インテグリンの抗α3,α4,α5,α6、β1抗体にMRP-1/CD9のcDNAを結合させて、トランスフェクションを試みた。しかしながら、培養細胞系においても細胞膜表面に発現してくるMRP-1/CD9はアデノウイルスを用いた場合に比べ、5%以下にすぎず、貪食能の強い特殊な細胞を用いないとイムノジーンによるトランスフェクションはかなり困難であると考えられた。これらのことを踏まえて、更なるイムノジーン療法を考案していきたい。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), P53に対する特異的細胞傷害性T細胞を利用した肺癌の治療法の開発, 光富 徹哉, 肺癌患者におけるp53特異的ワクチン療法の開発に関連して、種々の面からp53を中心とする腫瘍抗原と肺癌の関わりに関する実験を行った。1.肺がん患者におけるp53に対する自己抗体の検出とその臨床的意義 : 非小細胞肺癌患者において、血清中のp53に対する自己抗体を検出し、p53由来の4つのペプチドを抗原としてELISA法によって自己抗体を検出した。肺癌188例中34例(20%)に認められた。組織型では扁平上皮癌に、病期ではIII-IV期に高頻度であった。p53異常例での抗体陽性率28%はp53正常例におけるそれ(14%)より高頻度であった。また、p53抗体の有無と予後の間には関連はなかった。2.HLA-A2発現肺癌患者におけるMAGE3遺伝子発現の頻度 : 肺癌症例において、腫瘍孤絶抗原MAGE-3の発現とA2の関係を検討した。蛋白レベルでのA2発現は17例(30%)であり、この17例におけるMAGE-3発現は5例(29%)で、そうでない症例中のMAGE-3発現頻度19/40例(48%)に比して有意差は認められなかった。MAGE3とA2を共に発現している肺癌に対して、MAGE-3特異的な肺癌腫瘍免疫既に生体内で成立し作動している可能性は低いことが示唆された。3.樹状細胞をもちいたHLA A24拘束性p53特異的CTLの誘導 : 6種のp53由来ペプチド(9-10mer)を用いて、健康人PBMCより単球由来の成熟樹状細胞を作成し、これを抗原提示細胞として刺激を行った。いずれのペプチドでも特異的なCTLの誘導はできなかった。この6種類のペプチドにはその能力が無い可能性があるものの今回は健康人由来のPBMCを用いてCTLの誘導を試みたため、CTL前駆細胞の頻度が検出限界以下であった可能性もあり、今後担癌患者を含めたドナーの末梢血を材料としてCTL誘導を試みていくことが必要であると考えられた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(B)), 肺癌の治療指針としての癌遺伝子腫瘍抑制遺伝子の異常, 光冨 徹哉, 本研究の目的は、肺癌における種々の遺伝子異常を検索し、この臨床的意義を考察することであった。まず、福岡大学と産業医科大学での切除された肺癌120例において、p53遺伝子突然変異を検討し、これは、特に進行病期症例で有意な予後不良因子であることを明らかにした。しかしながら、この研究対象となった集団は、二施設に及び、かつ必ずしも時間的に連続していないために、バイアスがかかっていると考えられた。このため、産業医科大学でのほぼ連続した129例を用いてその後の検討を行った。p53遺伝子の解析はDNAレベルと免疫組織学的検討の両方を行った。このコホートでは、p53の異常は腺癌症例では有意な予後不良因子であったが、扁平上皮癌では有意差がなく、予後に関する影響は、腺癌と扁平上皮癌では異なっていた。次に、microsatellite polymorphismをもちいた3p,5q,9pのヘテロ接合性の喪失(LOH)の解析を行い、それぞれ51%、31%、23%での症例に認められた。早期症例の生存と一期症例の無病生存期間については3pLOH群は有意に予後不良であった。網膜芽細胞腫遺伝子rbの染色性の喪失は、22%の症例に認められ、これは、腺癌により高頻度であったが、予後との関連はなかった。p53、ras、erbB2、3p、5q、9p、rbを考慮した多変量解析ではoverallの生存に関しては、切除の完全性のみが有意な予後因子であった。しかし一期肺癌の無病生存期間を用いた解析を行うと。3pのLOHは独立した予後不良因子であることがわかった。以上の研究においてp53、及び3pLOHが今後の肺癌の診療に有用なマーカーである可能性が示された。しかし、一方で、今日一般臨床で用いられている、病期等を凌駕するような遺伝子異常は見出されず、この様なアプローチからのみでの肺癌の予後の改善の難しさも明らかとなった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(国際学術研究), 日米中国における女性肺癌の疫学的、病理学的、ならびに分子生物学的要因の比較研究, 中西 洋一, 肺癌発生と喫煙との関係は明瞭であるが、従来から、女性肺腺癌患者の喫煙率は低いといわれている。そこで、女性肺癌に焦点を当て、その背景因子を他国間との比較の下に検討すること、ならびに、喫煙以外の肺癌発生要因を検討することを本研究の目的とした。中国雲南省富源県は肺癌の多発地帯として知られているが、同地区は90%以上が農耕漢民族で、女性に喫煙習慣が無い。そこで、同地区を中心として喫煙以外の肺発癌の環境要因の検討を行った。さらに、肺組織内に沈着した発癌物質について、日中の切除標本について比較検討を行った。1.中国雲南省富源県における肺癌の発生状況中国雲南省富源県における1986年から1988年にかけての死因調査を行った。調査対象1,511,645名中5,763名が死亡した。この内、悪性腫瘍死亡率(訂正死亡率)は、10万対61.00(男性76.00、女性44.00)であったが、その内、肺癌死亡率は、10万対51.9(男性64.9、女性36.1;男女比1.81:1)で共に他臓器癌と比較して群を抜いて多かった。なお、1973年から1975年にかけての中国全体での肺癌死亡率(粗死亡率)は、10万対5.0と報告されている。富源県は10行政区に分割されている。各行政区についての肺癌死亡率をみると同県の北部は南部と比較し死亡率が高かった。たとえば、北部の死亡率最多行政区(大河)は南部のそれ(富村)の16倍であった。2.現地環境調査と資料中の変異原活性の解析平成2年6月に富源県の中心都市(中安鎮)と北部の農村に入り現地環境調査と標本の採取を行った。農村部の伝統的な家屋は2階建てであるが、1階は台所兼居間として使用され、2階は寝室兼貯蔵庫として使用されている。1階と2階の仕切りは、中央部が梁に細竹を通しただけの構造となっている。2階の天井は一部吹抜けになっており、この部位を通じて室内の煙の大半が屋外へ排出される仕組みになっている。多くの農家では、現地で産出される石炭を粉砕し、土と水を混合して固めたものを家庭用燃料として使用していた。1階で炊事・暖房用に燃やされた石炭の煙は、2階の寝室兼貯蔵庫に立ち上り、ハムの薫煙にも利用されている。すなわち、家庭内において、高濃度の石炭燃焼物に暴露されていることが示唆された。このような生活様式と生活環境は重要な肺癌発生要因と推察されたが、一般家庭の生活様式は富源県の南部と北部で大きく異なるわけではなく、同県南北での肺癌死亡率の差異を説明することはできなかった。富源県北部一帯では有煙炭が、南部では無煙炭が産出される。そこで、当地における燃料炭の燃焼物と室内に沈着したスス中の変異源性物質を検討した。その結果、富源県北部農家の家屋に沈着したススと北部の石炭(有煙炭)燃焼物中の変異原性が高く、有煙炭由来の半コークスと南部の無煙炭中のものは低かった。3.肺癌切除患者の肺組織に沈着した発癌物質の日中比較中国富源県の肺癌患者21例、日本人の胸部疾患患者137例の切除肺組織中のベンツピレン(BaP)、1-ニトロピレン(1-NP)の濃度及び変異原活性(YG1204,-S9 YG1029,+S9)を測定し、その相関をみた。BaPについては、グラム乾燥肺重量当たり、中国例608.7±477.1pg、日本例180.3±103.7pgであった。1-NPについては中国例5.9±2.4pg、日本例21.3±12.4pgであった。BaP濃度が高い中国例は、日本例に比べてYG1204,+S9に対する変異原活性が高く、1-NP濃度が高い日本例は、中国例に比べてYG1204,-S9に対する変異原活性が高かった。4.まとめ中国雲南省富源県北部は、男女共に肺癌死亡率が高かった。その原因として、生活様式に基づく住居環境、ならびに、燃料用の石炭の成分が重要と思われた。肺発癌に石炭由来の発癌物質の関与が示唆された。日本肺では、中国肺と異なり、石油由来と思われる発癌物質の沈着が多かった。産業構造の変革に伴いこのような相違が生じたと思われた。日米でいわれている肺腺癌の増加との関連の有無等につきさらに解析する必要があると思われた。また、女性肺癌として始めた検討は、非喫煙因子の解析に帰結することになった。