KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

米倉 竹夫ヨネクラ タケオ

プロフィール

所属部署名奈良病院
職名教授/部長
学位医学博士
専門胎児診断治療、新生児外科手術
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/624-yonekura-takeo.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/12/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    奈良県の胎児診断、新生児外科・小児外科診療、小児3次救急、出生前診断を担当している。日本小児外科学会指導医、内視鏡外科学会技術認定医である。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1987年, 大阪大学, 医学研究科, 小児外科
  •  - 1983年, 大阪大学, 医学部, 医学

経歴

  •   1983年,  - 1987年, 大阪大学医学部博士課程
  •   1991年,  - 1992年, Johns Hopkins大学医学部 研究員
  •   1992年,  - 1993年, 近畿大学医学部 助手
  •   1994年,  - 1999年, 近畿大学医学部 講師
  •   2000年, - 近畿大学奈良病院 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 外科学一般
  • 外科系臨床医学, 小児外科学

研究キーワード

  • 小児外科, 外科学一般

論文

  • Shwachman-Diamond syndrome: Nationwide survey and systematic review in Japan., Ikuse T, Kudo T, Arai K, Fujii Y, Ida S, Ishii T, Mushiake S, Nagata K, Tamai H, Toki A, Tomomasa T, Ushijima K, Yanagi T, Yonekura T, Taguchi T, Shimizu T, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 60, 8, 719, 726,   2018年08月, 査読有り
  • Learning curve for the thoracoscopic repair of esophageal atresia with tracheoesophageal fistula., Okuyama H, Tazuke Y, Ueno T, Yamanaka H, Takama Y, Saka R, Usui N, Soh H, Yonekura T, Asian journal of endoscopic surgery, 11, 1, 30, 34,   2018年02月, 査読有り
  • Coronary Sinus Orifice Atresia After the Fontan Completion: Unique Repair Technique., Yokoyama S, Yonekura T, Nishiwaki N, Taniguchi S, The Annals of thoracic surgery, 104, 2, e151, e153,   2017年08月, 査読有り
  • Clinical practice guidelines for congenital hyperinsulinism., Yorifuji T, Horikawa R, Hasegawa T, Adachi M, Soneda S, Minagawa M, Ida S, Yonekura T, Kinoshita Y, Kanamori Y, Kitagawa H, Shinkai M, Sasaki H, Nio M, (on behalf of The Japanese Society for Pediatric Endocrinology and The Japanese Society of Pediatric Surgeons)., Clinical pediatric endocrinology : case reports and clinical investigations : official journal of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology, 26, 3, 127, 152,   2017年, 査読有り
  • A novel approach to neonatal abdominal surgery via a circular incision around the umbilical cord., Sawai T, Yonekura T, Yamauchi K, Kimura T, Nose K, Pediatric surgery international, 32, 10, 1009, 1011,   2016年10月, 査読有り
  • Laparoscopic repair of sliding inguinal hernia in female children., Ishii T, Yonekura T, Yamauchi K, Kamiyama M, Morishita Y, Kimura K, Kogata S, Pediatric surgery international, 32, 9, 895, 899,   2016年09月, 査読有り
  • Anterior mediastinal tracheostomy with a median mandibular splitting approach in a Larsen syndrome patient with posterior cervical arthrodesis., Yonekura T, Kamiyama M, Kimura K, Morishita Y, Yamauchi K, Ishii T, Yamaguti K, Yokoyama S, Yane K, Ueda Y, Pediatric surgery international, 31, 10, 1001, 1004,   2015年10月, 査読有り
  • Efficacy and safety of strong acid electrolyzed water for peritoneal lavage to prevent surgical site infection in patients with perforated appendicitis., Kubota A, Goda T, Tsuru T, Yonekura T, Yagi M, Kawahara H, Yoneda A, Tazuke Y, Tani G, Ishii T, Umeda S, Hirano K, Surgery today, 45, 7, 876, 879,   2015年07月, 査読有り
  • Clinical application of indocyanine green (ICG) fluorescent imaging of hepatoblastoma., Yamamichi T, Oue T, Yonekura T, Owari M, Nakahata K, Umeda S, Nara K, Ueno T, Uehara S, Usui N, Journal of pediatric surgery, 50, 5, 833, 836,   2015年05月, 査読有り
  • Hybrid surgical repair of complete tubular colonic duplication associated with anovestibular and anocutaneous fistulas., Yonekura T, Yamauchi K, Owari M, Kosumi T, Miyabe T, Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A, 23, 12, 1024, 1026,   2013年12月, 査読有り
  • Care of children in a natural disaster: lessons learned from the Great East Japan earthquake and tsunami., Yonekura T, Ueno S, Iwanaka T, Pediatric surgery international, 29, 10, 1047, 1051,   2013年10月, 査読有り
  • Single-site laparoscopic herniorrhaphy using needle instruments for inguinal hernias in children: a novel technique., Kimura T, Yamauchi K, Ihara Y, Sawai T, Kosumi T, Yonekura T, Surgery today, 42, 1, 100, 103,   2012年01月, 査読有り
  • High therapeutic effectiveness of postoperative irinotecan chemotherapy in a typical case of radiographically and pathologically diagnosed pleuropulmonary blastoma., Ohta Y, Fujishima M, Hasegawa H, Kosumi T, Yonekura T, Journal of pediatric hematology/oncology, 31, 5, 355, 358,   2009年05月, 査読有り
  • Effect of electrolyzed strong acid water on peritoneal irrigation of experimental perforated peritonitis., Kubota A, Nose K, Yonekura T, Kosumi T, Yamauchi K, Oyanagi H, Surgery today, 39, 6, 514, 517,   2009年, 査読有り
  • Long-term follow-up of atypical progressive focal nodular hyperplasia increasing in size and number implicates its pathogenesis., Kudo M, Zheng RQ, Chung H, Yonekura T, Yagi M, Nakashima O, Kojiro M, The American journal of gastroenterology, 103, 8, 2153, 2155,   2008年08月, 査読有り
  • Laparoscopic treatment of gallbladder volvulus: a pediatric case report and literature review., Kimura T, Yonekura T, Yamauchi K, Kosumi T, Sasaki T, Kamiyama M, Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A, 18, 2, 330, 334,   2008年04月, 査読有り
  • Aggressive surgical and chemotherapeutic treatment of advanced pancreatoblastoma associated with tumor thrombus in portal vein., Yonekura T, Kosumi T, Hokim M, Hirooka S, Kitayama H, Kubota A, Journal of pediatric surgery, 41, 3, 596, 598,   2006年03月, 査読有り
  • Late-onset hemothorax after the Nuss procedure for funnel chest., Kosumi T, Yonekura T, Owari M, Hirooka S, Pediatric surgery international, 21, 12, 1015, 1017,   2005年12月, 査読有り
  • Doppler echocardiography and MR angiography for diagnosis of systolic murmurs in pulmonary sequestration., Shimizu T, Tamai H, Owari M, Kosumi T, Yonekura T, The Journal of pediatrics, 145, 5, 713,   2004年11月, 査読有り

書籍等出版物

  • レジデントのための小児診療キーポイント―これだけは押さえておこう, 共編者, 文光堂,   2008年06月01日, 4830630302

MISC

  • 【各種小児消化管ストーマ作成の適応と術式・合併症】 機能的側側吻合を用いた単孔式腸管ストーマ, 森下 祐次, 石井 智浩, 米倉 竹夫, 小児外科, 50, 9, 929, 933,   2018年09月
  • 胆道閉鎖症術後の肝内嚢胞に対する内瘻化手術の是非, 沼田 寛, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 54, 5, 1172, 1172,   2018年08月
  • 小児外科におけるNCDの現状 小児泌尿器領域との連携に向けて, 米倉 竹夫, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 27, 2, 163, 163,   2018年06月
  • 私と小児医療:思い出の症例 胎児は語る 胎児診断症例から学んだこと, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 森下 祐次, 中畠 賢吾, 木村 浩基, 石井 智浩, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 27, 2, 188, 188,   2018年06月
  • 前部尿道弁に起因する下部尿路通過障害の3例, 山内 勝治, 石井 智浩, 森下 祐次, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 米倉 竹夫, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 27, 2, 301, 301,   2018年06月
  • 頸部後方固定術後症例に対する下顎正中分割法を併用したanterior mediastinal tracheostomyの1例, 米倉 竹夫, 木村 浩基, 山内 勝治, 石井 智浩, 神山 雅史, 山口 万枝, 上田 吉生, 家根 旦有, 二川 晃一, 小児耳鼻咽喉科, 39, 2, 119, 119,   2018年06月
  • 臍輪内環状切開を用いた十二指腸閉鎖・狭窄症の根治術, 中畠 賢吾, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54, 2, 652, 652,   2018年06月
  • ダクロンカフ付き中心静脈カテーテルの穿刺挿入に対するStep-Up Dilator法, 山内 勝治, 石井 智浩, 森下 祐次, 中畠 賢吾, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 外科と代謝・栄養, 52, 3, 141, 141,   2018年06月
  • 胸腔鏡下横隔膜修復術を施行した右先天性横隔膜ヘルニアの1例, 石井 智浩, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 中畠 堅吾, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 54, 4, 1008, 1008,   2018年06月
  • 当科における腹腔鏡補助下経皮内視鏡的胃瘻造設術(Lap-PEG)の工夫, 中畠 賢吾, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 54, 4, 1009, 1009,   2018年06月
  • 壊死によりスキンレベルまで陥没した空腸ストーマに対する当院でのストーマ管理の工夫, 池本 志保, 松井 夏生, 高松 千聖, 藤川 佳穂, 中原 綾香, 大倉 景子, 仲倉 風花, 森下 祐次, 山内 勝治, 石井 智浩, 米倉 竹夫, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌, 34, 2, 29, 30,   2018年06月
  • 研究申請の方法と審査および想定される応募研究の実例, 佐々木 英之, 山高 篤行, 家入 里志, 伊勢 一哉, 臼井 規朗, 風間 理郎, 古賀 寛之, 古村 眞, 佐々木 隆士, 下野 隆一, 寺脇 幹, 照井 慶太, 藤野 明浩, 文野 誠久, 松浦 俊治, 米倉 竹夫, 渡邉 佳子, データベース委員会, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 553, 553,   2018年05月
  • NCDのannual reportからみた日本の小児外科, 藤代 準, 岡本 竜弥, 富田 紘史, 藤雄木 亨真, 渡辺 栄一郎, 上原 秀一郎, 小笠原 有紀, 古賀 寛之, 佐々木 隆士, 寺脇 幹, 照井 慶太, 藤野 明浩, 文野 誠久, 古村 眞, 平原 憲道, 岡本 晋弥, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, NCD連絡委員会, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 553, 553,   2018年05月
  • 小児外科手術の医療品質評価 リスクモデル作成の進捗報告, 照井 慶太, 平原 憲道, 立森 久照, 加藤 直広, 藤代 準, 渡辺 栄一郎, 富田 紘史, 岡本 竜弥, 藤雄木 亨真, 古村 眞, 米倉 竹夫, 岡本 晋弥, 臼井 規朗, NCD連絡委員会, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 555, 555,   2018年05月
  • NCD-P医療品質評価データを活用したリスクモデル構築, 平原 憲道, 藤代 準, 富田 紘史, 照井 慶太, 渡辺 栄一郎, 古村 眞, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 555, 555,   2018年05月
  • 胸骨柄挙上による胸郭入口形成術 胸郭扁平化に伴う腕頭動脈による上気道閉塞に対する手術, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 森下 祐次, 石井 智浩, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 595, 595,   2018年05月
  • 腹壁形成異常における停留精巣の発生率とその因子ついて 多施設共同研究での検討, 梅田 聡, 田附 裕子, 阪 龍太, 山中 宏晃, 高間 勇一, 上野 豪久, 臼井 規朗, 上原 秀一郎, 米田 光宏, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 八木 誠, 野瀬 聡子, 松尾 吉庸, 大植 孝治, 奥山 宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 686, 686,   2018年05月
  • 当科におけるICG蛍光発色によるnavigation surgeryの経験, 山内 勝治, 石井 智浩, 森下 祐次, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 697, 697,   2018年05月
  • 重症心身障がい者の胃食道逆流症に対するtotal esophgogastric dissociation症例の検討 長期予後を中心に, 石井 智浩, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 711, 711,   2018年05月
  • 腹腔鏡補助下経皮内視鏡的胃瘻造設術の検討, 中畠 賢吾, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 713, 713,   2018年05月
  • 機能的側々吻合を用いた単孔式ストーマ造設の経験, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 751, 751,   2018年05月
  • 当院における重症心身障害児に対する噴門形成術の長期予後, 木村 浩基, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 中畠 賢吾, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 54, 3, 867, 867,   2018年05月
  • 前縦隔(胸腺)奇形腫の2症例, 古形 修平, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 日本小児外科学会雑誌, 54, 2, 364, 364,   2018年04月
  • National Clinical Database(小児外科領域)Annual Report 2013-2014, 臼井 規朗, 岡本 晋弥, 上原 秀一郎, 小笠原 有紀, 古賀 寛之, 佐々木 隆士, 寺脇 幹, 照井 慶太, 藤代 準, 藤野 明浩, 文野 誠久, 古村 眞, 平原 憲道, 岡本 竜弥, 富田 紘史, 藤雄木 亨真, 渡辺 栄一郎, 米倉 竹夫, 家入 里志, 伊勢 一哉, 佐々木 英之, 下野 隆一, 高安 肇, 尾藤 祐子, 宮田 裕章, 江角 元史郎, 日本小児外科学会NCD連絡委員会, 日本小児外科学会雑誌, 54, 2, 314, 335,   2018年04月
  • 小児の外科系救急疾患 その異物にどう対応しますか?, 島 秀樹, 米倉 竹夫, 神山 雅史, 宇津木 忠仁, 林 卓郎, 吉元 和彦, 日本小児救急医学会雑誌, 17, 2, 257, 257,   2018年04月
  • 東日本大震災小児医療復興新生事務局による地域医療支援モデル, 齊藤 修, 板倉 隆太, 伊藤 正樹, 渕向 透, 米倉 竹夫, 長村 敏生, 日本小児救急医学会東日本大震災継続支援WG, 日本小児科学会雑誌, 122, 2, 270, 270,   2018年02月
  • ポラプレジンクとONSとの併用により銅欠乏症をきたしたと考えられた一症例, 平田 幸一郎, 菅野 真美, 米倉 竹夫, 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 33, Suppl., 582, 582,   2018年01月
  • von Hippel Lindau病に伴う異時性両側副腎褐色細胞腫の1例, 石井 智浩, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 53, 7, 1333, 1333,   2017年12月
  • 反復する精巣上体炎の治療方針について, 古形 修平, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 日本小児外科学会雑誌, 53, 7, 1341, 1341,   2017年12月
  • 熊本地震に対する日本小児救急医学会 災害医療委員会からの報告, 齊藤 修, 井上 信明, 米倉 竹夫, 市川 光太郎, 日本小児救急医学会災害医療委員会熊本地震特別支援ワーキンググループ, 日本小児科学会雑誌, 121, 12, 2017, 2018,   2017年12月
  • 肝障害進展予防のために1年間ω3系脂肪製剤(オメガベン)を投与した短腸症候群の1例, 近藤 宏樹, 虫明 聡太郎, 一木 美穂, 有馬 智之, 井上 智弘, 三宅 俊治, 森下 祐次, 古形 修平, 中畠 賢吾, 石井 智浩, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 31, 2, 98, 98,   2017年12月
  • 肝結節性再生過形成に伴う肝内微小門脈体循環シャントによる肺高血圧に対して生体肝移植を行った1例, 樋渡 勝平, 上野 豪久, 阪 龍太, 児玉 匡, 野口 侑記, 松浦 玲, 梅田 聡, 山道 拓, 中畠 賢吾, 高間 勇一, 山中 宏晃, 田附 裕子, 別所 一彦, 虫明 聡太郎, 米倉 竹夫, 石田 秀和, 奥山 宏臣, 移植, 52, 4-5, 453, 454,   2017年11月
  • 短腸症候群の患者の長期予後 当院での短腸症候群患者に対する長期管理とその予後, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 石井 智浩, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 53, 6, 1113, 1114,   2017年10月
  • 小児外科領域におけるNCDの利活用を考える NCD-P解析データの概要, 照井 慶太, 藤代 準, 富田 紘史, 渡辺 栄一郎, 平原 憲道, 古村 眞, 米倉 竹夫, 岡本 晋弥, 臼井 規朗, 日本小児外科学会NCD連絡委員会, 日本臨床外科学会雑誌, 78, 増刊, 400, 400,   2017年10月
  • 小児外科領域におけるNCDの利活用を考える NCD-Pを利用した臨床研究の申請と審査, 佐々木 英之, 山高 篤行, 伊勢 一哉, 風間 理郎, 古賀 寛之, 下野 隆一, 寺脇 幹, 照井 慶太, 文野 誠久, 松浦 俊治, 渡邉 佳子, 臼井 規朗, 古村 眞, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会データベース委員会, 日本臨床外科学会雑誌, 78, 増刊, 400, 400,   2017年10月
  • 小児外科領域におけるNCDの利活用を考える NCD-Pを用いた臨床研究, 藤代 準, 平原 憲道, 渡辺 栄一郎, 照井 慶太, 富田 紘史, 古村 眞, 岡本 晋弥, 臼井 規朗, 佐々木 英之, 米倉 竹夫, 山高 篤行, 日本小児外科学会NCD連絡委員会, 日本臨床外科学会雑誌, 78, 増刊, 400, 400,   2017年10月
  • 小児外科領域におけるNCDの利活用を考える NCD-Pを用いた小児内視鏡外科データベースの構築, 家入 里志, 古賀 寛之, 佐々木 英之, 古村 眞, 臼井 規朗, 山高 篤行, 米倉 竹夫, 日本臨床外科学会雑誌, 78, 増刊, 400, 400,   2017年10月
  • 小児外科領域におけるNCDの利活用を考える NCD-P医療品質評価データを活用したリスクモデル構築, 平原 憲道, 藤代 準, 富田 紘史, 照井 慶太, 渡辺 栄一郎, 古村 眞, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 日本小児外科学会NCD連絡委員会, 日本臨床外科学会雑誌, 78, 増刊, 400, 400,   2017年10月
  • 胆道閉鎖症に合併した先天性間葉芽腎腫の1例, 石井 智浩, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 中畠 賢吾, 古形 修平, 日本小児血液・がん学会雑誌, 54, 4, 332, 332,   2017年10月
  • 当院における巨大後腹膜奇形腫3例の治療経験, 中畠 賢吾, 山内 勝治, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児血液・がん学会雑誌, 54, 4, 342, 342,   2017年10月
  • 来るべき災害(自然・人為災害)に備える 日本小児医療保健協議会(四者協)小児周産期災害医療対策委員会による小児周産期災害医療支援体制の構築, 米倉 竹夫, 島 秀樹, 岬 美穂, 井田 孔明, 清水 直樹, 伊藤 隆一, 鈴木 順造, 中川 聡, 松藤 凡, 田口 智章, 金子 道夫, 日本小児医療保健協議会(四者協)小児周産期災害医療対策委員会, 日本救急医学会雑誌, 28, 9, 429, 429,   2017年09月
  • 小児医療従事者向け災害医療研修会報告, 淺野 祥孝, 齊藤 修, 岬 美穂, 伊藤 友弥, 島 秀樹, 六車 崇, 神薗 淳司, 清水 直樹, 米倉 竹夫, 市川 光太郎, 日本救急医学会雑誌, 28, 9, 661, 661,   2017年09月
  • 【小児にかかわる診療ガイドライン】 先天性高インスリン血症診療ガイドライン, 佐々木 英之, 仁尾 正記, 依藤 亨, 堀川 玲子, 長谷川 奉延, 安達 昌功, 曽根田 瞬, 皆川 真規, 位田 忍, 米倉 竹夫, 木下 義晶, 金森 豊, 北川 博昭, 新開 真人, 小児外科, 49, 8, 791, 796,   2017年08月
  • 無症状で偶然診断された両側肺葉内肺分画症の治療方針, 古形 修平, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 塩野 裕之, 坂本 鉄基, 櫻井 禎子, 日本小児外科学会雑誌, 53, 5, 1090, 1090,   2017年08月
  • 新生児腹部外科手術における新しい開腹法:臍内環状切開法, 澤井 利夫, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 広基, 日本小児外科学会雑誌, 53, 5, 1099, 1099,   2017年08月
  • 【新生児・乳児消化管アレルギー】 新生児消化器外科疾患術後に新生児消化管アレルギーを発症した症例, 山内 勝治, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 米倉 竹夫, 小児外科, 49, 7, 720, 726,   2017年07月
    概要:新生児の消化器外科疾患術後に消化管アレルギーを発症した10例について後方視的に検討した。対象は男児5例・女児5例で、低出生体重児が7例であった。原疾患は21トリソミーを合併した十二指腸閉鎖症3例、小腸閉鎖症2例、腸回転異常症2例、腹壁破裂2例、限局性横行結腸穿孔1例であった。腸回転異常症に伴う中腸軸捻転症に対し多期手術を行った2例では、手術前日まで母乳が投与されていた。腹壁破裂の2例はサイロによる腹壁形成した後、2期的に腹壁閉鎖された。この2例とその他の消化管縫合を受けた6例では、術後に初めて経腸栄養が開始された。術後の経腸栄養は9例では母乳に人工乳が追加投与され、残り1例は人工乳のみであった。消化管アレルギー症状として、腹部膨満は全例、嘔吐9例、イレウス2例、下痢2例、血便3例、腸管気腫症1例に認めた。なお、本症診断までに全例に体重増加不良を認めた。アレルギー関連の検査では、末梢血好酸球上昇は全例(20%以上の高値4例)、非特異的IgE上昇は2例、IgE-RAST陽性は5例に認めた。治療は、母乳を含め人工乳の投与を中止し、高度加水分解乳を6例、エレンタールPを4例に投与した。全例に症状消失、体重増加・安定後に負荷試験(チャレンジテスト)を行い、症状誘発を確認した。
  • 総排泄腔遺残ガイドライン, 米倉 竹夫, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 26, 2, 213, 213,   2017年06月
  • 当科で経験した陰嚢内リンパ管腫の2例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 26, 2, 284, 284,   2017年06月
  • 先天性表皮水疱症の新生児期における管理方法, 古形 修平, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 53, 2, 532, 532,   2017年06月
  • 大規模災害対応に関する未来への提言 東日本大震災の経験を踏まえて 小児・周産期災害医療対策への取り組み, 米倉 竹夫, 金子 道夫, 田口 智章, 松藤 凡, 島 秀樹, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 498, 498,   2017年05月
  • Immature ganglionosisに対する機能的側々吻合を用いた単孔式ストーマ造設, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 石井 智浩, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 614, 614,   2017年05月
  • 出生前診断された外科疾患に対する多職種連携による精神的サポート 近畿周産期精神保健研究会の取り組み, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 塩川 智司, 西島 栄治, 奥山 宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 621, 621,   2017年05月
  • 当科における小児気管切開閉鎖症例の検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 691, 691,   2017年05月
  • 胸骨柄挙上による胸郭出口形成術 重心症例における腕頭動脈による気道閉塞に対する新しい治療法, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 703, 703,   2017年05月
  • 先天性十二指腸膜様狭窄症に対する内視鏡下バルン拡張術, 石井 智浩, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 725, 725,   2017年05月
  • 症候性メッケル憩室に対する外科治療 非典型例を中心に, 古形 修平, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 791, 791,   2017年05月
  • 小児腸重積症に対する単孔式腹腔鏡下整復術の有用性の検討, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 874, 874,   2017年05月
  • 地域医療のあり方を見直す契機 「震災を転じて福となす」, 齊藤 修, 渕向 透, 伊藤 正樹, 板倉 隆太, 井上 信明, 西山 和孝, 清水 直樹, 六車 崇, 神薗 淳司, 岬 美穂, 島 秀樹, 伊藤 友弥, 浅野 祥孝, 米倉 竹夫, 市川 光太郎, 東日本大震災継続支援ワーキンググループ, 日本小児救急医学会雑誌, 16, 2, 261, 261,   2017年05月
  • 小児救急医学会における熊本地震活動報告, 齊藤 修, 井上 信明, 西山 和孝, 清水 直樹, 六車 崇, 神薗 淳司, 岬 美穂, 島 秀樹, 伊藤 友弥, 浅野 祥孝, 米倉 竹夫, 市川 光太郎, 熊本地震特別支援ワーキンググループ, 日本小児救急医学会雑誌, 16, 2, 267, 267,   2017年05月
  • 保存的療法にて治癒した小児十二指腸潰瘍穿孔の2例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児救急医学会雑誌, 16, 2, 290, 290,   2017年05月
  • 術後20年目に突如肝機能悪化を認めステロイドパルス療法を施行した多脾症候群合併胆道閉鎖の1例, 木村 浩基, 山内 勝治, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 古形 修平, 米倉 竹夫, 虫明 聡太郎, 近藤 宏樹, 太田 善夫, 若狭 朋子, 日本小児外科学会雑誌, 53, 2, 343, 343,   2017年04月
  • AZAによる寛解維持治療中に再生不良性貧血を伴って再燃した分類不能型炎症性腸疾患の1例, 山下 雄平, 近藤 宏樹, 一木 美穂, 永田 知裕, 井上 智弘, 三宅 俊治, 虫明 聡太郎, 山内 勝治, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 31, 1, 38, 38,   2017年04月
  • 日本小児連絡協議会小児災害医療対策委員会の活動報告, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 53, 1, 37, 37,   2017年02月
  • 先天性胆道拡張症(CBD)に対する腹腔鏡下肝外胆管切除・肝管十二指腸吻合術, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 石井 智浩, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 53, 1, 188, 188,   2017年02月
  • 腸管虚血を合併した中腸軸捻転に対するwound retractorによるサイロ吊り上げ法を用いた多期手術, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 53, 1, 203, 203,   2017年02月
  • 熊本地震特別支援ワーキンググループ活動報告書, 齊藤 修, 井上 信明, 西山 和孝, 米倉 竹夫, 清水 直樹, 六車 崇, 神薗 淳司, 鶴和 美穂, 島 秀樹, 伊藤 友哉, 浅野 祥孝, 日本小児救急医学会熊本地震特別支援ワーキンググループ災害医療委員会, 日本小児救急医学会雑誌, 16, 1, 89, 110,   2017年02月
    概要:平成28年熊本地震に対して、日本小児救急医学会(以下、本学会)は、理事長名で前震直後より支援参加を呼びかける文章を発出、総計33名の支援医(ならびに施設)登録を得た。また本震直後より重篤小児傷病者受入施設リストを作成、日本小児科学会(以下、JPS)経由で広域災害救急医療情報システム(以下、EMIS)に4施設を掲載した。本震翌日には、熊本地震特別支援ワーキンググループ(以下、WG)を設置、2名の医師を現地に派遣し、被災地調査よりその活動を開始した。現地では地元小児医療関係者と「熊本地震小児地域医療連絡会」(以下、連絡会)を創設、2回にわたり主催した後3回目の主幹を熊本大学他に移管し、発災直後の小児地域医療体制の復興・再生に向けた会議体を形成した。またニーズを受けてJPSと協働、熊本赤十字病院、熊本地域医療センター(熊本市医師会館前自衛隊救護所)において、各々のべ46(41名、5月13日迄、その他小児集中治療室2名)、26(26名、5月20日迄)件の医療支援枠の調整を行った。発災2ヵ月後には小児搬送症例の事後調査の他に、本学会急性期活動に対する各施設の意見聴取を行った。結果、「熊本方式」といわれる小児初期診療体制の再構築に向けて、早期のニーズ認識とそれに基づいた支援立案を行うことが出来たが、一方で震災を契機に診療機能の再分配が求められている熊本小児地域医療体制への長期的影響について継続して評価する必要があると考えられた。(著者抄録)
  • 地域に根ざす災害医療 熊本地震と東日本大震災, 齊藤 修, 井上 信明, 板倉 隆太, 伊藤 正樹, 渕向 透, 米倉 竹夫, 市川 光太郎, 日本小児救急医学会災害医療委員会, 日本小児科学会雑誌, 121, 2, 273, 273,   2017年02月
  • 【小児外来必携 お子さまの病気を専門医がわかりやすく説明します(II)】 停留精巣 手術しないと子どもができにくくなるといわれました, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小児外科, 49, 1, 84, 86,   2017年01月
  • 小児における栄養療法の実際 小児医療施設における静脈栄養管理の現状 2015年サーベイランス結果より, 田附 裕子, 米倉 竹夫, 井上 善文, 高増 哲也, 山内 健, 保木 昌徳, 奥山 宏臣, 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 32, Suppl., 385, 385,   2017年01月
  • National Clinical Database(小児外科領域) Annual Report2011-2012, 米倉 竹夫, 古村 眞, 臼井 規朗, 家入 里志, 高安 肇, 尾藤 祐子, 藤代 準, 藤野 明浩, 伊勢 一哉, 佐々木 英之, 下野 隆一, 寺脇 幹, 岡本 晋弥, 佐々木 隆士, 照井 慶太, 永田 公二, 江角 元史郎, 平原 憲道, 宮田 裕章, 渡辺 栄一郎, 前田 貢作, 日本小児外科学会データベース委員会, 日本小児外科学会雑誌, 52, 7, 1350, 1359,   2016年12月
  • 外傷性肺嚢胞の1症例, 古形 修平, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 52, 7, 1369, 1369,   2016年12月
  • 急性呼吸循環不全で判明した心室中隔欠損症に合併した遅発性横隔膜ヘルニア-腹腔鏡下根治術を施行した1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 52, 7, 1388, 1389,   2016年12月
  • 先天性食道閉鎖症内視鏡下手術 胸腔鏡下先天性食道閉鎖症手術 当施設の成績と工夫, 奥山 宏臣, 山中 宏晃, 田附 裕子, 上野 豪久, 高間 勇一, 阪 龍太, 米倉 竹夫, 神山 雅史, そう 英樹, 臼井 規朗, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, 7, PD14, 6,   2016年12月
  • 救急医療における内視鏡外科 小児鈍的腹部外傷における内視鏡外科治療の検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, 7, RS27, 3,   2016年12月
  • 先天性食道閉鎖根治術 胸腔鏡下食道閉鎖症手術 当施設の成績と工夫, 山中 宏晃, 奥山 宏臣, 田附 裕子, 上野 豪久, 高間 勇一, 阪 龍太, 米倉 竹夫, 神山 雅史, 曹 英樹, 日本臨床外科学会雑誌, 77, 増刊, 401, 401,   2016年10月
  • QOLを考慮し頸部アプローチによるTEF切断・胸部食道瘻を行った18 trisomyの1例, 古形 修平, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 日本臨床外科学会雑誌, 77, 増刊, 546, 546,   2016年10月
  • 【シリーズ:こんなときどうする?(頭頸部・胸部編)】 横隔膜縫縮術術後無症候性横隔膜挙上に対する治療, 森下 祐次, 山内 勝治, 神山 雅史, 木村 浩基, 古形 修平, 石井 智浩, 米倉 竹夫, 小児外科, 48, 9, 979, 983,   2016年09月
  • 入院を要せず在宅生活を送っているタナトホリック骨異形成症の1男児例, 恵美須 礼子, 箕輪 秀樹, 鈴木 里香, 新居 育世, 安原 肇, 扇谷 綾子, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 52, 3, 938, 942,   2016年09月
    概要:4歳4ヵ月男児。在胎38週2日、出生体重2528g、Apgar score 1分値2点、5分値6点で出生し、特徴的な臨床所見や放射線学的検査、遺伝子検査の結果よりタナトホリック骨異形成症I型と診断した。出生直後より著しい呼吸障害を認めたため、100%酸素、高頻度振動換気、一酸化窒素吸入療法による呼吸管理と循環支持療法を積極的に行い、呼吸循環動態は安定した。両親の受け入れは良好で在宅医療に前向きであり、日齢38に気管切開を行い、地域での支援体制も速やかに整えられたため、生後6ヵ月に在宅治療へ移行した。4歳4ヵ月現在、後頭孔狭窄による軽度の頸髄損傷、水頭症、全身の色素沈着、肺低形成と肺高血圧症の合併症を認めるも感染症や痙攣などによる入院はなく、順調に在宅生活を送っている。
  • 小児消化器病学の将来展望 多施設共同研究の推進を願って 難病指定への取り組み 先天性吸収不全症 乳児難治性下痢症, 虫明 聡太郎, 位田 忍, 牛島 高介, 柳 忠宏, 工藤 孝広, 幾瀬 圭, 新井 勝大, 土岐 彰, 米倉 竹夫, 石井 智弘, 永田 公二, 藤井 喜充, 友政 剛, 松井 陽, 玉井 浩, 田口 智章, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 30, Suppl., 45, 45,   2016年08月
  • 小児消化器病学の将来展望 多施設共同研究の推進を願って 小児外科におけるNational Clinical Database(NCD)の意義 NCD-Pediatric(NCD-P)の構築と運用, 米倉 竹夫, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 30, Suppl., 47, 47,   2016年08月
  • 厚生労働省難治性疾患政策研究事業田口班研究報告1 先天性吸収不全症の診療ガイドライン確立に向けた全国調査, 位田 忍, 虫明 聡太郎, 牛島 高介, 柳 忠宏, 工藤 孝広, 幾瀬 圭, 永田 公二, 米倉 竹夫, 石井 智弘, 土岐 彰, 新井 勝大, 友政 剛, 松井 陽, 玉井 浩, 藤井 善充, 田口 智章, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 30, Suppl., 80, 80,   2016年08月
  • 厚生労働省難治性疾患政策研究事業田口班研究報告2 Shwachman-Diamond症候群の治療と予後, 工藤 孝広, 幾瀬 圭, 虫明 聡太郎, 位田 忍, 新井 勝大, 石井 智浩, 牛島 高介, 土岐 彰, 永田 公二, 藤井 喜充, 柳 忠宏, 米倉 竹夫, 友政 剛, 松井 陽, 玉井 浩, 田口 智章, 先天吸収不全症研究グループ, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 30, Suppl., 80, 80,   2016年08月
  • 厚生労働省難治性疾患政策研究事業田口班研究報告3 先天性クロール下痢症の治療と予後, 柳 忠宏, 牛島 高介, 虫明 聡太郎, 位田 忍, 工藤 孝広, 幾瀬 圭, 新井 勝大, 石井 智弘, 米倉 竹夫, 土岐 彰, 永田 公二, 藤井 喜充, 友政 剛, 松井 陽, 玉井 浩, 田口 智章, 先天吸収不全症研究グループ, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 30, Suppl., 81, 81,   2016年08月
  • 【直視下縫合・吻合のテクニック:工夫とコツ】 低出生体重児 消化管吻合, 石井 智浩, 古形 修平, 木村 浩基, 森下 祐次, 神山 雅史, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小児外科, 48, 6, 553, 557,   2016年06月
  • IVC-肝静脈シャントを認めた右横隔膜ヘルニア合併Menkes病の1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児放射線学会雑誌, 32, Suppl., 20, 20,   2016年06月
  • 腸回転異常症にて壊死性腸管切除後に腸管壁在気腫を認めた1例, 木村 浩基, 森下 祐次, 山内 勝治, 石井 智浩, 神山 雅史, 古形 修平, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 52, 4, 1011, 1011,   2016年06月
  • 小児急性腹症の診断と治療, 米倉 竹夫, 日本小児救急医学会雑誌, 15, 2, 151, 151,   2016年06月
  • 災害時、子どもをまもるために 今、なにをすべきか, 齊藤 修, 伊藤 友弥, 浅野 祥孝, 島 秀樹, 鶴和 美穂, 六車 崇, 神薗 淳司, 清水 直樹, 米倉 竹夫, 市川 光太郎, 日本小児救急医学会災害医療委員会, 日本小児救急医学会雑誌, 15, 2, 157, 157,   2016年06月
  • 水筒による腹部鈍的外傷の2例, 石井 智浩, 古形 修平, 木村 浩基, 森下 祐次, 神山 雅史, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 日本小児救急医学会雑誌, 15, 2, 219, 219,   2016年06月
  • 新生児期に緊急腎瘻増設を必要とした先天性水腎症の2例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 25, 3, 312, 312,   2016年06月
  • 【小児ヘルニア治療の現状と新展開】 鼠径ヘルニア 発症機序から治療法まで, 米倉 竹夫, 日本医事新報, 4805, 24, 31,   2016年05月
    概要:<point>▼小児の外科手術の中で最も頻度が高く、外鼠径ヘルニアが大半を占める▼嵌頓ヘルニアは1歳未満が約2/3を占め、特に生後6ヵ月未満の時期に起こりやすい▼手術は開存した腹膜鞘状突起の直接閉鎖が行われ、成人で行われている鼠径管の補強や人工補強材を用いた手術は行われない▼わが国では鏡視下に腹膜鞘状突起を腹腔から直接閉鎖する腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(LPEC)法が小児鼠径ヘルニア手術の約1/3を占めるようになった▼幼少であるほど鼠径管は短く、その解剖学的特性を熟知していなければ膀胱損傷など重大な合併症をきたす(著者抄録)
  • NST・栄養管理の実際 小児NSTにおける現状 アンケート集計より, 田附 裕子, 米倉 竹夫, 井上 善文, 和佐 勝史, 高増 哲也, 山内 健, 保木 昌徳, 奥山 宏臣, 日本外科系連合学会誌, 41, 3, 418, 418,   2016年05月
  • 日本小児連絡協議会(4者協)における小児災害医療への取り組み 小児外科の役割と課題, 米倉 竹夫, 島 秀樹, 田口 智章, 韮澤 融司, 金子 道夫, 日本小児連絡協議会小児災害医療対策委員会, 日本小児外科学会雑誌, 52, 3, 565, 565,   2016年05月
  • 小児鈍的腹部外傷における腹腔鏡の役割, 山内 勝治, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 52, 3, 620, 620,   2016年05月
  • Morgagniヘルニアと右側Bochdalekヘルニアに対し鏡視下手術を施行したMenkes病の一例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 古形 修平, 日本小児外科学会雑誌, 52, 3, 659, 659,   2016年05月
  • 肺葉内肺分画症に対し胸腔鏡下右肺下葉切除を施行した1例, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 古形 修平, 坂本 鉄基, 太田 善夫, 若狭 朋子, 日本小児外科学会雑誌, 52, 3, 668, 668,   2016年05月
  • 先天性心疾患根治術後乳び胸に対するインドシアニングリーン(ICG)蛍光内視鏡を用いた胸腔鏡下胸管結紮術, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 石井 智浩, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 52, 3, 672, 672,   2016年05月
  • 女児滑脱型鼡径ヘルニアに対する腹腔鏡下修復術の検討, 石井 智浩, 古形 修平, 木村 浩基, 森下 祐次, 神山 雅史, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 52, 3, 746, 746,   2016年05月
  • 【へそを使う手術の実際】 鈍的腹部外傷, 山内 勝治, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 小児外科, 48, 3, 329, 334,   2016年03月
  • 奈良県における小児救急医療の現状と問題点, 山内 勝治, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 古形 修平, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 52, 1, 171, 172,   2016年02月
  • 【小児救急セミナーシリーズ:外因性疾患への初期対応】 ショックに対する初期治療, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小児外科, 48, 2, 139, 146,   2016年02月
  • 【小児NST病態栄養シリーズ:IFALD・PNACに関するトピックス】 CIIPS短腸症候群患児におけるω3系脂肪酸製剤・シトルリン長期投与, 森下 祐次, 前川 昌平, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 小児外科, 48, 1, 48, 54,   2016年01月
    概要:症例は10歳女児で、出生時より頻回の嘔吐・哺乳障害があり、1歳時にHis角形成手術と胃瘻造設術、5歳時にNissen手術を行った。その後、うっ滞性腸炎が頻発し、6歳時に慢性特発性仮性腸閉塞症と診断した。8歳時に十二指腸壁内気腫を伴う腸炎を発症し、下部空腸から横行結腸までの切除術・上部空腸人工肛門(残存空腸90cm)・下行結腸チューブ瘻作成術を行った。術後、栄養の経口・経腸摂取が不可能となり、中心静脈栄養管理を開始した。その後、胆汁うっ滞と肝逸脱酵素の上昇を認め、腸管不全合併肝障害となった。7歳時よりω3系脂肪酸製剤の静脈投与と、空腸チューブからのシトルリンの経腸投与を開始した。その結果、上昇していたT-Bil、D-Bil、AST及びALTが低下し、下降していたシトルリン、アルギニン及びオルニチンが上昇した。ω3系脂肪酸製剤とシトルリンの投与を開始して3年が経過するが、肝障害の進行は抑制されている。
  • Lap-Nissen術後のwrap herniationおよび遊走脾に対する腹腔鏡下手術, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 虫明 聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 51, 7, 1255, 1255,   2015年12月
  • 腹腔鏡用の気腹装置を用いた上部内視鏡検査(GFS), 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 51, 7, 1257, 1258,   2015年12月
  • 新生児の術前術後栄養管理の今後 シトルリン 新生児低出生体重児における消化管穿孔・NECやPNALDの病態解明と治療への可能性, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 51, 7, 1281, 1281,   2015年12月
  • 先天性胆道拡張症に対する腹腔鏡下肝外胆管切除・肝管十二指腸吻合術, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 木村 浩基, 山内 勝治, 森下 祐次, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, 7, OS247, 3,   2015年12月
  • 門脈-肺高血圧症をきたしたNodular Regenerative Hyperplasia(NRH)の1例, 虫明 聡太郎, 三宅 俊治, 米倉 竹夫, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 29, 2, 138, 138,   2015年12月
  • 栄養療法の実施状況に関するアンケート調査結果報告(3), 井上 善文, 杉浦 伸一, 小川 哲史, 海塚 安郎, 栗山 とよ子, 土師 誠二, 濱田 康弘, 米倉 竹夫, 日本静脈経腸栄養学会臨床栄養サーベイランス委員会, 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 30, 6, 1315, 1323,   2015年11月
    概要:経腸栄養用経鼻胃管について実施状況をアンケート調査した。経腸栄養用経鼻胃管挿入を行っているのは医師が252施設、看護師が115施設であった。大部分の施設(約85.4%)が医師が挿入しているが、看護師が挿入している施設(約14.6%)もあった。また、看護師が挿入してもよいとしている施設は約39.0%であった。経腸栄養用経鼻胃管挿入を行う間隔は、「2週間に1回程度」と「特に決めていない」が28.5%と最も多く、次に、「1週間に1回程度」と「1ヵ月に1回程度」が17.6%で続いた。PEG(胃瘻)は造設、管理とも行っているのは175施設、造設のみは101施設、管理のみは25施設、造設、管理とも行っていないのは7施設であった。PEGの適応を決めているのは主治医280施設、造設医100施設、NSTなど医療チーム96施設であった。経鼻胃管を看護師が挿入している施設が増加していた。PEG造設方法がプル法からイントロデューサー法へ変わってきていた。長期間経腸栄養が必要な患者に対する栄養投与経路として経鼻胃管を用いる症例の方が胃瘻を用いる患者より多くなってきている。半固形状流動食が普及しつつある、など特記すべき内容であった。
  • 【エンジョイ!症例報告:まれな病態・疾患(II)】 術前診断しえた2ヶ所の狭窄部を有する先天性十二指腸狭窄症, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 前川 昌平, 木村 浩基, 小児外科, 47, 11, 1130, 1134,   2015年11月
    概要:日齢7男児(40週1日目に経腟分娩にて2994gで出生)。日齢5より持続する非胆汁性嘔吐を主訴に受診、腹部X線像では小腸以下のガス像が存在するも拡張腸管は認められなかった。上部消化管造影では十二指腸球部から肛側への造影剤の流出はみられなかったが、注腸造影では下行結腸は右側に位置し結腸ループの回転異常が確認された。また、心臓の逆位が認められたが心機能異常や心構造異常はなく、腹部エコーでも上腸管膜動脈は腹腔動脈から分岐し、腸回転異常に伴う軸捻転は認められなかった。以上、これらの所見より本症例は先天性十二指腸狭窄症と診断され、日齢9に二酸化炭素定圧送気下に上部消化管内視鏡が施行された。だが、十二指腸second portionに狭窄部が認められるも内視鏡の挿入は困難なため狭窄部をこえてガイドワイヤー、造影用チューブを挿入した。造影では狭窄部より肛側のthird portionにもwindsock型の膜様狭窄がみられ、2ヵ所の狭窄部を有することを確認した上で日齢13に全身麻酔下根治術を施行した。その結果、十二指腸second portionには不全型の輪状膵による狭窄が認められ、これを縦切開するとwindsock型の膜様狭窄が認められた。そこで、切除後、輪状膵による狭窄部とDiamond吻合を施行した。以後、術後6日目より経口哺乳を開始、術後12日目の消化管造影では吻合部の通過は良好で、患児は日齢29に退院となった。
  • 【素朴な疑問:私ならこう考える】 門脈ガス血症、緊急手術の適応か, 森下 祐次, 石井 智浩, 山内 勝治, 神山 雅史, 古形 修平, 米倉 竹夫, 小児外科, 47, 10, 1040, 1044,   2015年10月
  • 小児悪性固形腫瘍治療後、比較的早期に発症した悪性甲状腺腫瘍の2例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 古形 修平, 太田 善夫, 日本小児血液・がん学会雑誌, 52, 4, 300, 300,   2015年10月
  • 外傷性十二指腸破裂に対し幽門輪および膵温存十二指腸切除再建術を施行した1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 51, 6, 1128, 1128,   2015年10月
  • 膵管胆管合流異常症合併離断型先天性十二指腸閉鎖症の1歳女児, 木村 浩基, 山内 勝治, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 51, 6, 1130, 1131,   2015年10月
  • 栄養療法の実施状況に関するアンケート調査結果報告(2), 井上 善文, 杉浦 伸一, 小川 哲史, 海塚 安郎, 栗山 とよ子, 土師 誠二, 濱田 康弘, 米倉 竹夫, 日本静脈経腸栄養学会臨床栄養サーベイランス委員会, 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 30, 5, 1188, 1195,   2015年09月
    概要:当学会(日本静脈経腸栄養学会)・臨床栄養サーベイランス委員会が行った、栄養療法の実施状況に関するアンケート調査のうち、静脈栄養に関する調査結果について報告した。中心静脈栄養に関する用語の使い方についての質問では、中心静脈栄養法を「TPN」、中心静脈カテーテルを「CVC」、中心静脈カテーテルを挿入することを「CVCを挿入する」と呼ぶことに大きく変化していることが明らかになった。また、CVC挿入経路として鎖骨下穿刺が減り、PICC(末梢挿入中心静脈カテーテル)が増加し、エコーガイド下穿刺が増加していることが分かった。
  • Omental cake、腹膜播種をきたしたDesmoplastic small round cell tumorの1例, 大割 貢, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 日本小児血液・がん学会雑誌, 52, 2, 175, 176,   2015年08月
  • 肝機能異常を呈し、急性腹症として小児外科搬送された6歳女児, 古形 修平, 今岡 のり, 三宅 俊治, 米倉 竹夫, 横山 晋也, 虫明 聡太郎, 大阪小児科医会会報, 174, 10, 11,   2015年07月
  • 栄養療法の実施状況に関するアンケート調査結果報告(1), 井上 善文, 杉浦 伸一, 小川 哲史, 海塚 安郎, 栗山 とよ子, 土師 誠二, 濱田 康弘, 米倉 竹夫, 日本静脈経腸栄養学会臨床栄養サーベイランス委員会, 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 30, 4, 987, 993,   2015年07月
    概要:日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)では、本邦における栄養療法の実施状況を把握するために『全国栄養療法サーベイ委員会』を立ち上げ、第1回調査を2001年10月〜2002年3月、第2回調査を2003年10月〜2004年3月に行った。2013年4月に新たな委員構成で『臨床栄養サーベイランス委員会』が組織され、その最初の活動として2014年7月〜8月に栄養療法の実施状況調査を行ったので、過去2回の調査結果と比較しつつ報告した。調査方法は、JSPENのホームページ上でアンケートを行い、322施設から回答が得られた。「貴施設にNSTがありますか?」の問いに「はい」と答えた施設の割合は92.5%で、第1回調査(9.1%)、第2回調査(37.9%)に比べて著明に上昇していた。NSTメンバーに含まれる職種として、「医師」「薬剤師」「栄養士」「看護師」以外の職種が占めている割合も過去2回に比べて明らかに上昇していた。NST加算を取得している施設の割合は67.6%であった。NST以外の医療チームとの連携状況は、「褥瘡対策チーム」との連携が最も多く行われており、次いで「摂食・嚥下チーム」、「緩和ケアチーム」の順であった。
  • 胎児診断された異所開口尿管の5例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 24, 2, 216, 216,   2015年06月
  • Epithelioid inflammatory myofibroblastic sarcomaの1例, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 神山 雅史, 石井 智浩, 太田 善夫, 若狭 朋子, 日本小児外科学会雑誌, 51, 4, 818, 822,   2015年06月
    概要:症例は9歳男児。下腹部痛を主訴に近医受診し腸炎と診断された。しかし症状は改善せず、血液検査で強い炎症所見を認めたため精査加療目的にて当院へ紹介となった。腹部CT検査ではS状結腸に接した約5cmの腫瘤を認め、感染を伴う腫瘤病変を疑い抗生剤治療を行ったが、炎症所見は改善しなかった。MRI検査にて血腫成分を伴う腫瘍病変も疑い、単孔式腹腔鏡下手術を施行した。腫瘍は骨盤腔内に存在し、大網、腸間膜、膀胱、腹壁に軽度癒着を認めていたが、鈍的剥離のみで腫瘍を摘出した。腫瘤は5.5×5.0×3.5cmの充実性腫瘍で、特殊染色検査および遺伝子検索からepithelioid inflammatory myofibroblastic sarcoma(EIMS)と診断された。EIMSは再発に対する補助療法の効果が少ないため、外科的治療が重要とされる腫瘍である。本症例では術後補助療法を施行せず2年が経過しているが、再発を認めていない。今後もさらなる経過観察は必要と思われる。(著者抄録)
  • Portopulmonary hypertension without cirrhosis?, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 三宅 俊治, 虫明 聡太郎, 丸谷 怜, 日本小児外科学会雑誌, 51, 4, 858, 858,   2015年06月
  • 便秘を契機に発症した穿孔性腹膜炎によるMOFの1救命例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児救急医学会雑誌, 14, 2, 256, 256,   2015年06月
  • 膵管胆管合流異常症合併先天性十二指腸閉鎖症のまま1歳に達した女児, 木村 浩基, 山内 勝治, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 119, 5, 911, 911,   2015年05月
  • 新しい小児外科専門医制度の現況と展望 新しい専門医制度におけるNCD-Pの利活用, 臼井 規朗, 藤代 準, 藤野 明浩, 家入 里志, 高安 肇, 尾藤 祐子, 佐々木 隆士, 岡本 晋弥, 古村 眞, 宮田 裕章, 平原 憲道, 渡辺 栄一郎, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会データベース委員会, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 410, 410,   2015年05月
  • 救急医療現場で経験した血液浄化療法を要した症例の検討, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 475, 475,   2015年05月
  • 当科における成人期以降症例のトランジション問題(特に重症心身障害症例について), 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 523, 523,   2015年05月
  • 当院にて経験した遅発性横隔膜ヘルニアに対し胸腔鏡下横隔膜縫縮術を施行症例の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 石井 智浩, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 567, 567,   2015年05月
  • 新生児に対する内視鏡下手術, 石井 智浩, 木村 浩基, 森下 祐次, 神山 雅史, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 580, 580,   2015年05月
  • 6ヵ月マススクリーニング休止後10年間の小児の外科的悪性腫瘍登録データ解析による神経芽腫臨床像の変化, 米田 光宏, 田尻 達郎, 檜山 英三, 家原 知子, 菱木 知郎, 杉藤 公信, 林 富, 前田 貢作, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会悪性腫瘍委員会, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 656, 656,   2015年05月
  • フォーク状肋骨奇形による胸郭変形に対する余剰肋骨切除と肋骨プレート固定術, 木村 浩基, 石井 智浩, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 730, 730,   2015年05月
  • 頸椎後方固定後のLarsen症候群症例に対する下顎スプリットアプローチを用いた前縦隔気管口形成術, 米倉 竹夫, 神山 雅史, 山内 勝治, 木村 浩基, 森下 祐次, 石井 智浩, 山口 万枝, 横山 晋也, 家根 旦有, 上田 吉生, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 733, 733,   2015年05月
  • 乳児期の先天性乳糜胸の治療後遠隔期に乳糜胸の再発および気胸・縦隔気腫を発症した1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 51, 2, 302, 302,   2015年04月
  • 【小児科医のための「小児救急」UP DATE】 病態別の診断と治療 小児腹部救急疾患のピットフォール, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 小児科, 56, 4, 533, 543,   2015年04月
  • 【疾患からみる画像診断の進め方・読み方】 消化器疾患 肥厚性幽門狭窄症, 石井 智浩, 米倉 竹夫, 小児科診療, 78, 増刊, 155, 158,   2015年04月
    概要:<画像のPoint!>1.診断のための検査は、肥厚した幽門輪を直接描出できる超音波を用いる。2.肥厚した幽門輪の長軸像でuterine cervix sign、短軸像でtarget signを描出。3.幽門筋厚(3〜4mm以上)、幽門管長(14〜16mm以上)が診断基準。(著者抄録)
  • 小児外科における内視鏡下手術の現況, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 石井 智浩, 日本小児科医会会報, 49, 99, 107,   2015年04月
  • 小児外科領域におけるNCDの意義と課題, 米倉 竹夫, 宮田 裕章, 臼井 規朗, 古村 眞, 岡本 晋弥, 佐々木 隆士, 尾藤 祐子, 高安 肇, 家入 里志, 藤野 明浩, 藤代 準, 渡辺 栄一郎, 前田 貢作, 日本小児外科学会データベース委員会, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回, SP, 6,   2015年04月
  • 【知っておきたい脾臓の話題】 脾嚢胞, 石井 智浩, 木村 浩基, 森下 祐次, 神山 雅史, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小児外科, 47, 3, 259, 263,   2015年03月
  • 【先天性疾患の胎児画像診断-今とこれから】 胎児形態異常に対する出生前診断 小児外科の役割, 米倉 竹夫, 神山 雅史, 山内 勝治, 石井 智浩, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児放射線学会雑誌, 31, 1, 21, 34,   2015年03月
  • 災害から子どもたちをどう守るか 危機管理の観点から(第1回) 災害弱者である小児に対する災害医療へのpreparedness, 米倉 竹夫, チャイルド ヘルス, 18, 2, 148, 151,   2015年02月
  • 【小児短腸症候群】 Catheter-Related Blood Stream Infection(CRBSI)に対する中心静脈カテーテルエタノールロック療法(CVC-ELT)の展望, 米倉 竹夫, 加治 建, 千葉 正博, 天江 新太郎, 田附 裕子, 大割 貢, 尾花 和子, 中野 美和子, 黒田 達夫, 福本 弘二, 山根 裕介, 吉野 裕顕, 蛇口 達造, 土岐 彰, 日本小児外科代謝研究会中心静脈カテーテルエタノールロック療法ワーキンググループ, 外科と代謝・栄養, 49, 1, 17, 26,   2015年02月
  • 小児の外科的悪性腫瘍、2013年登録症例の全国集計結果の報告, 米倉 竹夫, 田尻 達郎, 伊勢 一哉, 小野 滋, 大植 孝治, 佐藤 智行, 杉藤 公信, 菱木 知郎, 平井 みさ子, 文野 誠久, 本多 昌平, 風間 理郎, 杉山 正彦, 中田 光政, 荒井 勇樹, 脇坂 宗親, 近藤 知史, 上原 秀一郎, 鬼武 美幸, 木下 義晶, 日本小児外科学会悪性腫瘍委員会, 日本小児外科学会雑誌, 51, 1, 96, 132,   2015年02月
  • 胆道系を介し哺乳していた先天性十二指腸閉鎖症の1歳女児の1例, 木村 浩基, 山内 勝治, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 51, 1, 138, 138,   2015年02月
  • VATSにより右下葉底区域切除を行った1小児例, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 51, 1, 172, 173,   2015年02月
  • 東日本大震災小児医療復興新生事務局の現況(第2報), 齊藤 修, 渕向 透, 伊藤 正樹, 清水 直樹, 米倉 竹夫, 市川 光太郎, 日本小児救急医学会東日本大震災継続支援WG, 日本小児科学会雑誌, 119, 2, 257, 257,   2015年02月
  • 新生児の術前術後の栄養管理の今後, 米倉 竹夫, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, 4, 1179, 1183,   2015年01月
  • 乳清ペプチド含有消化態栄養剤の投与にて下痢症状の改善を認めた2症例, 井口 真宏, 葉本 昌代, 加藤 映美里, 秦 玲和, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 30, 1, 544, 544,   2015年01月
  • 乳児期の先天性乳糜胸の治療後遠隔期に乳糜胸の再発および繰り返す気胸・縦隔気腫を発症するようになった1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 50, 7, 1153, 1153,   2014年12月
  • 短腸ラットモデルにおけるcitrulline-nitric oxide cycleのメカニズム-シトルリン補充療法の有用性について, 前川 昌平, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 朴 雅美, 森下 祐次, 八木 誠, 奥野 清隆, 日本小児外科学会雑誌, 50, 7, 1157, 1157,   2014年12月
  • ラット敗血症モデルにおけるCitrulline-NO cycleとシトルリン補充療法の有用性の検討, 木村 浩基, 前川 昌平, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 朴 雅美, 森下 祐次, 八木 誠, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 近畿大学医学雑誌, 39, 3-4, 105, 113,   2014年12月
    概要:【目的】一酸化窒素(NO)はendothelial nitric oxide synthase(eNOS)を触媒としてアルギニンからシトルリンとともに産生され、微小循環保持に関与する。シトルリンはCitrulline-NO cycleを経由してNO産生に関わっている。敗血症時には臓器灌流障害が惹起されているが、その機序は明らかではない。そこで敗血症モデルラットにおけるCitrulline-NO cycleの酵素発現を中心に、シトルリン補充療法の有用性を検討した。【方法】敗血症モデルとして盲腸結紮穿刺(Cecal ligation and puncture:CLP)ラットを用い、シトルリン(Cit群)、アルギニン(Arg群)、アラニン(Ala群)を添加した維持輸液を行い、実験Iでは処置後5日間生存率を検討し、実験IIでは処置後2日目の肝、腎、回腸でのシトルリン代謝関連酵素の発現および組織学的検討を行った。【結果】実験I:Cit群の生存率は他の2群に比して有意に高かった。実験II:肝組織ではCit群でeNOSのmRNAレベルが有意に高値を示し、アルギニノコハク酸シンターゼ(ASS)とアルギニノコハク酸リアーゼ(ASL)は増加傾向を示したが、腎組織で3群に差はなかった。またCit群では回腸組織におけるphospho-eNOSは強く発現し、一方iNOSタンパク質合成やアポトーシスは抑制されていた。【結論】CLPラットモデルへのシトルリン投与は死亡率を低下させた。その一因として、Citrulline-NO cycleの酵素、特にeNOSの活性化の関与が考えられた。本研究の結果からシトルリンが敗血症の治療に有用であることが示唆された。(著者抄録)
  • 小児・妊産婦への対応 小児災害医療の創世, 齊藤 修, 清水 直樹, 六車 崇, 神薗 淳司, 米倉 竹夫, 市川 光太郎, 鶴和 美穂, 日本小児救急医学会災害医療委員会, 日本集団災害医学会誌, 19, 3, 411, 411,   2014年12月
  • 日本小児外科学会の悪性腫瘍登録事業における倫理課題, 文野 誠久, 田尻 達郎, 近藤 知史, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 50, 6, 990, 991,   2014年10月
  • CO2定圧送気下内視鏡(SPACE)を用いた上部消化管内視鏡(UGI)処置4例の経験, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 50, 6, 1074, 1074,   2014年10月
  • 乳児に発症した胃未熟奇形腫の1例, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 石井 智浩, 木村 浩基, 日本小児血液・がん学会雑誌, 51, 4, 322, 322,   2014年10月
  • 小児胸腔鏡下手術における人工気胸の意義 リデュサーの有用性について, 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 阪 龍太, 米田 光宏, 米倉 竹夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 19, 7, 545, 545,   2014年10月
  • 無脾症候群に合併した小胃症を伴う食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下手術, 米倉 竹夫, 森下 祐次, 神山 雅史, 山内 勝治, 石井 智浩, 日本内視鏡外科学会雑誌, 19, 7, 694, 694,   2014年10月
  • 神経芽腫マススクリーニングを考える 神経芽腫マス・スクリーニング休止後の臨床像の変化 小児の外科的悪性腫瘍登録データの解析より, 米田 光宏, 田尻 達郎, 伊勢 一哉, 大植 孝治, 小野 滋, 佐藤 智行, 杉藤 公信, 菱木 知郎, 平井 みさ子, 文野 誠久, 本多 昌平, 風間 道郎, 杉山 正彦, 中田 光政, 仲谷 健吾, 脇坂 宗親, 近藤 知史, 上原 秀一郎, 鬼武 美幸, 木下 義晶, 米倉 竹夫, 檜山 英三, 家原 知子, 日本小児外科学会悪性腫瘍委員会, 日本マス・スクリーニング学会誌, 24, 2, 148, 148,   2014年07月
  • Bianchi法による食道閉鎖根治術の検討, 大割 貢, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 50, 4, 781, 785,   2014年06月
    概要:【目的】当科では2001年以降、食道閉鎖症に対しては基本的に腋窩弧状切開法(以下Bianchi法)を行ってきた。そこでBianchi法による食道閉鎖症で手術を行った症例をlong-gap症例とshort-gap症例に分け、後方視的にその有用性と問題点を検討した。【方法】対象は2001年以降にBianchi法によりC型食道閉鎖根治術を行った16例である。これを食道の上下端の距離(gap)が20mm以上の4例をlong-gap群、20mm未満の12例をshort-gap群として2群に分け、合併奇形、術式、手術時間、術後合併症について後方視的に比較検討した。【結果】食道閉鎖以外の合併奇形を有する症例の割合はshort-gap群で42%、long-gap群で50%であった。手術時間は術中気管支鏡検査の時間を含めてshort-gap群で平均219.2±49.7分、long-gap群で平均291.3±51.4分であった。術後合併症はshort-gap群では気管食道瘻(TEF)の再開通と縫合不全に伴う吻合部狭窄を各1例に認めた(2/12=17%)。Long-gap群では縫合不全を2例、TEFの再開通を1例に認めた(3/4=75%)。両群とも創部は腋窩に隠れ、また上肢の挙上や胸郭の変形もなかった。【結論】Long-gap群はshort-gap群と比べ手術時間は長く、合併症も多かった。この原因としては視野の悪さが要因の一つであると考えられた。今後、long-gap症例は腋窩弧状切開後に肋間切開を通常の肋間より尾側の第5、第6肋間に変更するか胸腔鏡補助下に視野を確保する工夫が必要であると思われた。(著者抄録)
  • 小児腸重積症に対する単孔式腹腔鏡下整復術の有用性 従来の腹腔鏡下整復術との比較検討, 大割 貢, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 50, 4, 793, 797,   2014年06月
    概要:【目的】非観血的整復が困難であった小児腸重積症に対し、単孔式腹腔鏡下整復術の安全性と有用性について従来の腹腔鏡下整復術と比較検討した。【方法】当科で1999年10月から2013年1月までに観血的に整復した腸重積症は30例あった。その内、従来行われている3ポートを用いた腹腔鏡下整復術(以下、従来式)を施行した15例と単孔式腹腔鏡下整復術(以下、単孔式)を施行した6例を対象とし、2群間で年齢、病悩期間(発症から高圧浣腸までの時間)、手術時間、経口摂取開始までの期間、入院期間などを後方視的に検討した。【結果】病悩期間は従来式が28.3±76.0時間、単孔式が39.0±32.8時間で有意差はなかった。手術時間は従来式が116.9±62.9分、単孔式が113.2±70.8分であった。器質的病変の合併は従来式がメッケル憩室、回腸重複腸管、enterogenous cyst of ileumが3例、単孔式が回盲部重複腸管の1例であった。器質的疾患合併の場合、従来式は臍創部を伸ばして創部から腸管を引き出して直視下手術に移行した。一方、単孔式はEZアクセスを外してラッププロテクターから腸管を体外に牽引して直視下手術に移行した。術中合併症は従来式に1例認め、腹腔鏡下に整復後、直視下にて他病変の有無の観察を試みた際に腸管漿膜の損傷をきたした症例であった。術後経口摂取までの期間は従来式が3.3±2.6日、単孔式は3.3±1.8日で同等の結果であった。入院期間は従来式が7.8±2.7日、単孔式が7.5±1.9日でこちらも同等の結果であった。【結論】単孔式は整容性に優れ、従来式と比較すると同等の結果であったが症例数が少ないため、今後も症例数を増やして検討する必要があると思われた。(著者抄録)
  • Hirschsprung病に対するSoave術後のpull through腸管の狭窄 骨盤内腫瘤?, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 50, 4, 867, 867,   2014年06月
  • 間欠的腹痛を呈した先天性中部尿管狭窄症の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 太田 善夫, 木村 拓也, 島田 憲次, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 23, 1, 30, 33,   2014年06月
    概要:症例は9歳女児。約1年前から3〜4ヵ月ごとの腹痛を認め、それを主訴に近医を受診した。その際、左腹部腫瘤を指摘され当科紹介入院となった。入院時腹部理学所見で左側腹部に腫瘤を触知した。血液・尿検査では明らかな異常所見を認めなかった。腹部超音波検査、腹部CT検査、腹部MRI検査(MRurography)で腹部腫瘤の原因は著明に拡張した腎盂と尿管であると判明し、中部尿管狭窄症が疑われた。第5病日に逆行性尿管造影検査を施行し、中部尿管狭窄症と診断した。症状は間欠性に増悪する水腎症が原因と考え、第14病日に手術を行った。術中所見では尿管狭窄部に異常血管は認めず、線維性組織による尿管への壁外性圧迫を認めた。この線維性組織を剥離切除すると、狭窄部尿管はS字状に屈曲蛇行していた。左尿管と総腸骨動脈との位置関係は正常であった。左尿管狭窄部を切除し、尿管端々吻合術を施行した。病理所見では狭窄部尿管は比較的尿管構造が保たれているが、粘膜下から筋層間質・外膜に線維増生が目立ち、最狭窄部では筋束の発育が極めて不良で全層にわたって線維化を認めた。術後は尿管吻合部にW-Jステントチューブを留置し退院となった。留置後4ヵ月後にW-Jステントチューブを抜去、その後反復性腹痛は消失し、水腎・水尿管症も改善した。分腎機能も保たれている。(著者抄録)
  • アミノ酸研究の最近の動向 ラット敗血症モデルに対するCitrulline補充療法の有用性とCitrulline-NO cycleの検討, 木村 浩基, 前川 昌平, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 八木 誠, 朴 雅美, 奥野 清隆, 外科と代謝・栄養, 48, 3, 56, 56,   2014年06月
  • 新生児の術前、術後の栄養管理の今後, 米倉 竹夫, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, 2, 548, 548,   2014年06月
  • CO2定圧送気下内視鏡(SPACE)を用いて内視鏡下バルーン拡張術を新生児期に施行した十二指腸膜様狭窄の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, 2, 757, 757,   2014年06月
  • 出生前に蠕動する腹腔内嚢胞を指摘された胃消化管重複症の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, 2, 757, 757,   2014年06月
  • 先天性疾患の胎児画像診断 今とこれから 胎児形態異常に対する出生前診断 小児外科の役割, 米倉 竹夫, 日本小児放射線学会雑誌, 30, Suppl., 9, 9,   2014年06月
  • 術前診断し得た2ヶ所の狭窄部を有する先天性十二指腸狭窄の1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 前川 昌平, 日本小児放射線学会雑誌, 30, Suppl., 54, 54,   2014年06月
  • 新生児緊張性縦隔気腫の1例, 古形 修平, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 今岡 のり, 虫明 聡太朗, 日本小児科学会雑誌, 118, 5, 853, 853,   2014年05月
  • 「広域災害時の被災地の小児医療を守るために」に対する災害医療委員会からの追加発言 災害弱者である小児へのpreparednessにむけて, 米倉 竹夫, 六車 崇, 神薗 淳司, 齊藤 修, 清水 直樹, 市川 光太郎, 日本小児救急医学会災害医療委員会, 日本小児救急医学会雑誌, 13, 2, 161, 161,   2014年05月
  • 当院にて経験した気管異物の検討(軟性鏡による), 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 石井 智浩, 日本小児救急医学会雑誌, 13, 2, 222, 222,   2014年05月
  • 外傷性十二指腸破裂に対し幽門輪および膵頭部温存十二指腸切除再建術を施行した小児の一例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 日本小児救急医学会雑誌, 13, 2, 283, 283,   2014年05月
  • 【読む小児救急教育セミナー】 腹部臓器損傷による出血性ショックへの対処, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 小児外科, 46, 4, 368, 375,   2014年04月
  • ICG蛍光法を用いて肝芽腫病変の術中同定を行った3例, 山道 拓, 梅田 聡, 大割 貢, 奈良 啓悟, 上野 豪久, 上原 秀一郎, 大植 孝治, 臼井 規朗, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 449, 449,   2014年04月
  • ラット敗血症モデルにおけるCitrulline-NO cycleとシトルリン補充療法の有用性の検討, 木村 浩基, 前川 昌平, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 朴 雅美, 森下 祐次, 八木 誠, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 482, 482,   2014年04月
  • 小児外科領域におけるNCDの現状と2階建て部分(医療水準評価関連項目)の構築について, 米倉 竹夫, 宮田 裕章, 臼井 規朗, 古村 眞, 岡本 晋弥, 佐々木 隆士, 尾藤 祐子, 高安 肇, 家入 里志, 藤野 明浩, 藤代 準, 前田 貢作, 日本小児外科学会データベース委員会, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 505, 505,   2014年04月
  • ラパヘルクロージャーを利用した胸腔鏡下横隔膜ヘルニア修復術, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 551, 551,   2014年04月
  • 吸収糸を用いた単孔式腹腔鏡下LPECの導入, 木村 拓也, 井上 雅文, 松田 康雄, 松岡 信子, 牛丸 裕貴, 加藤 恭郎, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 584, 584,   2014年04月
  • CO2定圧送気下内視鏡(SPACE)を用いた上部消化管内視鏡検査・処置(GFS)5例の経験, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 613, 613,   2014年04月
  • 短腸ラットにおけるシトルリン補充療法の有用性およびcitrulline- nitric oxide cycleの分子生物学的検討, 前川 昌平, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 朴 雅美, 森下 祐次, 八木 誠, 奥野 清隆, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 690, 690,   2014年04月
  • 無脾症候群に合併した食道裂孔ヘルニアに対する外科治療の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 石井 智弘, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 749, 749,   2014年04月
  • 術前診断し得た2箇所の狭窄部を有する先天性十二指腸狭窄症の一例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 前川 周平, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 757, 757,   2014年04月
  • 【単孔式内視鏡手術】 腫瘤形成性虫垂炎に対する待機的単孔式腹腔鏡補助下虫垂切除術, 大割 貢, 神山 雅史, 山内 勝次, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 小児外科, 46, 3, 257, 262,   2014年03月
  • NCDの利活用 専門医制度、医療水準評価のこれから 小児外科領域におけるNCDの利活用, 米倉 竹夫, 宮田 裕章, 臼井 規朗, 前田 貢作, 日本外科学会雑誌, 115, 臨増2, 61, 61,   2014年03月
  • 小児の胸部・腹部外傷に対する治療戦略 小児胸腹部外傷に対する治療戦略とその問題点の検討, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 石井 智浩, 大割 貢, 小角 卓也, 日本外科学会雑誌, 115, 臨増2, 140, 140,   2014年03月
  • ラット敗血症モデルにおける、citrulline補充療法の有用性とcitrulline-NO cycleの検討, 木村 浩基, 前川 昌平, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 八木 誠, 奥野 清隆, 朴 雅美, 山中 重明, 日本外科学会雑誌, 115, 臨増2, 627, 627,   2014年03月
  • 短腸ラットモデルにおけるシトルリン補充療法の有用性およびcitrulline-nitric oxide cycleの分子生物学的検討, 前川 昌平, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 朴 雅美, 森下 祐次, 八木 誠, 奥野 清隆, 外科と代謝・栄養, 48, 1, 9, 20,   2014年02月
    概要:【目的】シトルリンはアルギニンの前駆物質で、一酸化窒素(NO)の産生に関与する。そこで中心静脈栄養(TPN)に依存し低シトルリン血症を呈する短腸症候群へのシトルリン投与の有用性についてcitrulline-NO cycleを中心に検討した。【方法】80%小腸切除ラットに、アラニン(Ala群)、シトルリン(Cit群)、アルギニン(Arg群)をそれぞれ2g、1g、1g/kg/day添加TPNを7日間施行し、血漿アミノ酸、肝腎でのシトルリン代謝関連酵素のmRNAの発現を測定した。【結果】Cit群では血漿シトルリンは他の2群に比べ高値を示し、アルギニンとオルニチンはAla群に比べ高値を示した。Cit群の肝におけるアルギニノコハク酸シンターゼ、アルギニノコハク酸リアーゼは他群と比べ、またeNOSはArg群と比べmRNAの発現を有意に高く認めた。腎では差はなく、肝のアルギナーゼやオルニチントランスカルバミラーゼの発現も差はなかった。【結論】シトルリンの補充はcitrulline-NO cycleの関連酵素の発現をもたらし、NO産生に有用と考えられた。(著者抄録)
  • 外傷性十二指腸破裂に対し幽門輪および膵頭部温存十二指腸切除再建術を施行した小児の一例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 森下 祐次, 日本腹部救急医学会雑誌, 34, 2, 429, 429,   2014年02月
  • 臍部アプローチ法にて治療し得た鈍的腹部外傷後による遅発性小腸狭窄の1小児例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 50, 1, 86, 91,   2014年02月
    概要:症例は9歳男児。自転車による自己転倒、腹部打撲にて救急搬送された。腹部所見にて左下腹部に圧痛、反跳痛、筋性防御を認め、血液検査でも炎症所見を認めたが、翌日には症状が消失したため受傷後6日に退院となった。しかし受傷後11日にイレウス症状を認めたためイレウス管を挿入し、受傷後16日に造影CT検査とイレウス管造影を行ったが狭窄所見を認めず再び退院となった。受傷後32日に再々度のイレウス症状にて入院となったため単孔式腹腔鏡補助下手術を行った。腹腔鏡では器質的異常を認めなかったため、臍創部から小腸を授動して直視下にて精査を行った。Treitz靱帯から190cmの部位に触診で内腔の輪状狭窄を認め、小腸部分切除術を行った。小児の鈍的腹部外傷後による遅発性小腸狭窄は診断・治療に苦慮するが臍部から単孔式腹腔鏡補助下手術を行い、次に臍部小切開創から腸管を体外に授動して触診することによって有効な診断・治療が可能であった。(著者抄録)
  • 小児の外科的悪性腫瘍、2012年登録症例の全国集計結果の報告, 米倉 竹夫, 田尻 達郎, 伊勢 一哉, 小野 滋, 大植 孝治, 佐藤 智行, 杉藤 公信, 菱木 知郎, 平井 みさ子, 文野 誠久, 本多 昌平, 風間 理郎, 杉山 正彦, 中田 光政, 仲谷 健吾, 脇坂 宗親, 近藤 知史, 上原 秀一郎, 鬼武 美幸, 木下 義晶, 日本小児外科学会悪性腫瘍委員会, 日本小児外科学会雑誌, 50, 1, 114, 150,   2014年02月
  • 新生児緊張性縦隔気腫の1例, 古形 修平, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 今岡 のり, 虫明 聡太朗, 日本小児外科学会雑誌, 50, 1, 151, 151,   2014年02月
  • 腸管機能不全症例に対する経腸シトルリン補充療法の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 神山 雅史, 前川 昌平, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 50, 1, 173, 173,   2014年02月
  • 超高齢化社会を迎える2025年の小児医療を考える 2025年の少子高齢化社会における小児外科と小児医療との関わり, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 118, 2, 184, 184,   2014年02月
  • 【災害医学とpreparedness-子どもたちを護るために】 災害の中の子どもたち 災害への備え、preparednessは十分か?, 米倉 竹夫, 清水 直樹, 六車 崇, 神薗 淳司, 齊藤 修, 市川 光太郎, 日本小児救急医学会災害医療委員会, 小児科診療, 77, 1, 13, 18,   2014年01月
  • 重症心身障害児に対するカルニチン添加栄養剤(アイソカル1.0ジュニア)の有用性の検討(3), 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 石井 智浩, 静脈経腸栄養, 29, 1, 329, 329,   2014年01月
  • 小児劇症型心筋炎4例の経験, 横山 晋也, 今岡 のり, 三宅 俊治, 虫明 聡太郎, 古形 修平, 森下 祐次, 神山 雅史, 大割 貢, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 117, 12, 1937, 1937,   2013年12月
  • 難治性回盲部単純性潰瘍の1例, 木村 拓也, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 前川 昌平, 小角 卓也, 野瀬 啓介, 澤井 利夫, 宮部 鉄夫, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 27, 2, 171, 171,   2013年11月
  • Infliximabにて抵抗性を獲得しAdalimumabが奏功した回盲部単純潰瘍の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 木村 拓也, 宮部 鉄生, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌, 27, 2, 178, 179,   2013年11月
  • 腹腔内desmoplastic small round cell tumorの1例 本邦報告例のまとめ, 大割 貢, 米倉 竹夫, 山内 勝次, 神山 雅史, 森下 佑次, 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号, 55回・11回・18回, 238, 238,   2013年11月
  • 当科における単孔式腹腔鏡下手術(SILS)の適応, 大割 貢, 米倉 竹夫, 山内 勝次, 神山 雅史, 森下 佑次, 日本内視鏡外科学会雑誌, 18, 7, 504, 504,   2013年11月
  • 外傷 当科における小児高エネルギー外傷症例の臨床的検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 石井 智浩, 神山 雅史, 森下 祐次, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 49, 6, 1074, 1074,   2013年10月
  • 無脾症候群に合併した食道裂孔ヘルニアに対する外科治療, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 神山 雅史, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 49, 6, 1176, 1176,   2013年10月
  • オプソクローヌス・ミオクローヌス症候群を呈し、辺縁系脳炎症状を欠いた抗NMDA受容体抗体陽性卵巣奇形腫の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野瀬 恵介, 森下 祐次, 前川 昌平, 樋口 嘉久, 大田 善夫, 日本小児血液・がん学会雑誌, 50, 3, 486, 486,   2013年10月
  • 小児外科における低侵襲手術の現況 小切開手術と腹腔鏡手術の対比 当科における単孔式腹腔鏡下手術(SILS)の適応, 大割 貢, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 佑次, 米倉 竹夫, 小切開・鏡視外科学会雑誌, 4, 1, 28, 28,   2013年10月
  • 【プロが見せる手術シリーズ(2):難易度の高い消化管手術】 鎖肛を伴う管状型全結腸腸管重複症に対するhybrid手術を用いた一期的根治術, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 小角 卓也, 宮部 鉄生, 小児外科, 45, 8, 899, 904,   2013年08月
  • 十二指腸壁内気腫を合併したCIIPSの1例, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 49, 4, 962, 962,   2013年06月
  • 外傷性腎損傷保存療法症例の治癒後分腎機能について, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 大割 貢, 神山 雅史, 森下 祐次, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 22, 2, 284, 284,   2013年06月
  • 震災対策ワークショップ(日本周産期・新生児医学会企画) 東日本大震災における日本小児外科学会の活動報告と次の災害に向けてのpreparedness, 米倉 竹夫, 大割 貢, 山内 勝治, 小角 卓也, 岩中 督, 上野 滋, 田口 智章, 清水 直樹, 齋藤 修, 市川 光太郎, 日本小児外科学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 49, 2, 604, 604,   2013年06月
  • 重症心身障害児に対するカルニチン添加栄養剤(アイソカル1.0ジュニア)の有用性の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 神山 雅史, 外科と代謝・栄養, 47, 3, 127, 127,   2013年06月
  • 小児内視鏡手術の展望 術後癒着性イレウスに対する単孔式腹腔鏡下手術, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 512, 512,   2013年05月
  • 小児に対する腹腔鏡下虫垂切除術 従来式と単孔式の比較検討, 大割 貢, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 685, 685,   2013年05月
  • 新生児消化器外科術後に発症した消化管アレルギー症例の検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 大割 貢, 神山 雅史, 森下 祐次, 虫明 聡太朗, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 760, 760,   2013年05月
  • 自転車のハンドル外傷後に稀な遅発性疾患にて外科治療を行った2例, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 804, 804,   2013年05月
  • 小児腹部救急疾患のPitfall 急性腹症?Reminder!, 米倉 竹夫, 古形 修平, 大割 貢, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 横山 晋也, 三宅 俊治, 今岡 のり, 日本小児救急医学会雑誌, 12, 2, 171, 171,   2013年05月
  • 生駒市における小児救急搬送状況からみた小児救急の現状 大都市と比較しての検討, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 日本小児救急医学会雑誌, 12, 2, 193, 193,   2013年05月
  • 単孔式腹腔鏡下整復術を施行した小児腸重積症の3例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 49, 2, 256, 260,   2013年04月
    概要:小児腸重積症に対し、単孔式腹腔鏡下整復術を施行した3症例を報告する。症例は4歳男児の回腸結腸型、11歳女児の非観血的整復後に回腸結腸型で再重積を起こした症例、8ヵ月女児の回腸回腸結腸型の3例。3症例とも臍創部に挿入したラッププロテクターにE-Zアクセス(株式会社八光)を装着し、気腹下にカメラ及び2本の鉗子を用い、重積腸管の整復と腹腔内検索を行った。全例術後合併症はなく、術後1週間前後で退院となった。本術式は整容性に優れ、重積先進部の位置によらず重積の解除を行う事が可能であった。また器質的病変に対しても迅速かつ容易に腹腔鏡下手術から直視下手術、さらに再腹腔鏡下手術への移行が可能であった。(著者抄録)
  • 当科における女児腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術再発例の検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 49, 2, 296, 296,   2013年04月
  • 【耳鼻咽喉科における乳幼児診療Q&A】 気道・食道異物は減っていますか? 最近の対処法はどうなっていますか?, 家根 旦有, 米倉 竹夫, 山下 哲範, ENTONI, 152, 79, 86,   2013年04月
    概要:<Point>(1)乳幼児の気道・食道異物は少子化や社会的啓蒙活動にもかかわらずそれほど減少していない。(2)乳幼児の気道・食道異物の摘出には耳鼻咽喉科では硬性鏡を用いることが多く、小児外科などではファイバースコープを用いることが多い。(3)乳幼児の食道異物の摘出には透視下で行うバルーンカテーテルや磁石付きカテーテルも有用である。(4)ファイバースコープの性能は向上し、将来ますますファイバースコープでの摘出が増加すると思われる。しかし、異物の種類や状況によっては硬性鏡が必要となる場合もあり、耳鼻咽喉科として今後も硬性鏡のトレーニングは必要である。(著者抄録)
  • 明日からの歯科臨床に役立つ生体モニターの活用法 子どもの診療時のモニタリングと急変時の対応, 米倉 竹夫, 臨床モニター, 24, Suppl., 43, 43,   2013年04月
  • 10歳女児に発症したplastic bronchitisの1例, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 石原 温子, 清水 義之, 井上 雅文, 鯉田 五月, 松田 康雄, 小児外科, 45, 3, 353, 358,   2013年03月
    概要:10歳女児。咽頭痛、発熱に続く呼吸困難で受診し、右肺の無気肺および頻呼吸が認められた。努力呼吸と軽度の陥没呼吸を認め、右肺の呼吸音はほぼ聴取不能で、左右差が著明であった。WBCとCRPの上昇が認めrられた。胸部X線では、左肺全葉の透過性低下が認められ、胸部CTでは右主気管支内に連続して充満する低密度な病変が認められた。気管支鏡では、右主気管支に白色の粘液栓が充満していた。吸引法により右中幹気管支が開通したため保存的治療法を継続したが、改善を認めなかった。気管支鏡の再施行では、上葉枝は白色の粘液栓で閉塞しており、粘性が強く摘出不能であった。生検鉗子で粘液栓の把持を繰り返し、右上葉枝から末梢気管支まで連続した鋳型様粘液栓を摘出した。病理学的には粘液栓は炎症細胞を伴うフィブリン球が主成分で、一部に粘液塊を認めた。第4病日より右肺の改善を認めたが、次第に左肺野に浸潤影が増強し、炎症反応も上昇した。以上から、全身炎症反応症候群に伴う急性肺障害と診断し、シベレスタットナトリウム、免疫グロブリン製剤の投与を行った。以後の経過は良好で第11病日に退院した。退院後2年を経てPlastic bronchitisの再発は認めていない。
  • 小児穿孔性虫垂炎に対する強酸性電解水による腹腔内洗浄の有用性 多施設によるRCTの結果報告, 鶴 知光, 窪田 昭男, 八木 誠, 米倉 竹夫, 棚野 博文, 堀田 国元, 日本環境感染学会誌, 28, Suppl., 295, 295,   2013年02月
  • 小児医療における多職種のかかわり(救急医療領域) 小児救急医療における小児科・小児外科の専門医連携, 黒田 達夫, 米倉 竹夫, 松藤 凡, 上野 滋, 日本小児科学会雑誌, 117, 2, 279, 279,   2013年02月
  • 東日本大震災小児医療復興新生事務局開設に向けて, 齊藤 修, 渕向 透, 鈴木 潤, 伊藤 健, 六車 崇, 神園 淳司, 清水 直樹, 米倉 竹夫, 市川 光太郎, 細川 孝夫, 日本小児科学会雑誌, 117, 2, 387, 387,   2013年02月
  • 小児腹部救急疾患における単孔式腹腔鏡手術の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 神山 雅史, 森下 裕次, 木村 浩基, 日本小児救急医学会雑誌, 12, 1, 15, 19,   2013年02月
    概要:【はじめに】我々は小児腹部救急疾患に対し、E・Zアクセスを用いた単孔式腹腔鏡手術を導入しその有用性を検討した。【対象】2011年の1年間に経験した、急性虫垂炎12例、腸重積症4例、メッケル憩室1例の17例を対象とした【結果】急性虫垂炎12例中、2例は剥離操作等が困難で追加トロッカーを挿入した。全例臍部創より虫垂切除を行った。術後合併症は創感染、腹腔内膿瘍、一過性腸閉塞がそれぞれ1例あったが保存的に治癒した。腸重積症4例中3例は単孔式腹腔鏡操作で整復が可能で、残りの1例は自然整復されていた。メッケル憩室の1例は単孔式腹腔鏡補助下手術を施行した。【結語】ラッププロテクターに装着するE・Zアクセスはトロッカーの固定性や気密性に問題はなく、腹腔鏡補助下手術への移行も容易で、また創縁は保護され創感染のリスクも少なかった。E・Zアクセスを用いた単孔式腹腔鏡手術は小児腹部救急疾患に対して非常に有用なデバイスと考えられた。(著者抄録)
  • 経肛門的操作のみで手術したshort segment typeのHirschsprung病, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 49, 1, 113, 113,   2013年02月
  • 傍腫瘍性オプソクローヌス・ミオクローヌス症候群を伴った卵巣嚢胞性奇形腫の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野瀬 恵介, 森下 祐次, 前川 昌平, 樋口 嘉久, 大田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 49, 1, 116, 116,   2013年02月
  • 小児消化器疾患の栄養管理 腸管機能不全に対するシトルリン補充療法, 米倉 竹夫, 森下 祐次, 前川 昌平, 木村 浩基, 大割 貢, 山内 勝治, 神山 雅史, 静脈経腸栄養, 28, 1, 259, 259,   2013年01月
  • 内視鏡的胃瘻造設術施行時におけるl-menthol散布剤使用の経験, 中山 剛之, 谷村 昌代, 井口 昌宏, 豊田 佐枝子, 秦 玲和, 森下 祐次, 大割 貢, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 28, 1, 436, 436,   2013年01月
  • 糖尿病性腎症におけるCKDスクリーニングの有用性と栄養療法の検討, 井口 真宏, 豊田 佐枝子, 谷村 昌代, 秦 玲和, 森下 祐次, 大割 貢, 花本 仁, 中山 剛之, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 28, 1, 538, 538,   2013年01月
  • 術後褥瘡の発生と予防に関する検討, 藤中 梨菜, 野元 美鈴, 北 沙織, 井上 瑶美, 中山 剛之, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 28, 1, 547, 547,   2013年01月
  • 重篤な鬱滞性腸炎を繰り返すようになった消化管機能不全の1例, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 木村 拓也, 日本小児外科学会雑誌, 48, 7, 1095, 1095,   2012年12月
  • 喉頭気管分離術術後の気切カニューレ抜去困難例の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌, 28, 3, 138, 138,   2012年12月
  • 小児虫垂炎に対する単孔式腹腔鏡手術, 大割 貢, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本内視鏡外科学会雑誌, 17, 7, 346, 346,   2012年12月
  • 【小児外科と感染症】 急性虫垂炎術後合併症に対する腹腔鏡治療, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 拓也, 小児外科, 44, 12, 1191, 1196,   2012年12月
    概要:急性虫垂炎術後合併症に対して腹腔鏡手術を行った6例について検討した。男児2例、女児4例で、年齢は平均10.5歳であった。初回手術後合併症の内訳は機械的腸閉塞が1例、腹腔内遺残膿瘍が5例であった。腹腔内遺残膿瘍のうち2例は初回手術後に麻痺性腸閉塞を合併し、イレウス管挿入を要した。腹腔鏡手術までの期間は機械的腸閉塞で3日目、腹腔内遺残膿瘍で平均8.5日であった。機械的腸閉塞では腹腔鏡下癒着剥離術を、腹腔内遺残膿瘍では腹腔鏡下洗浄ドレナージ術を行ったところ、全例開腹手術に移行することなく手術を完遂し得た。腹腔鏡手術後の合併症として機械的腸閉塞例で臍創部感染が認められたが、その後の経過は良好で、腹腔鏡手術から退院までの期間は平均第16病日であった。
  • 嚢胞性副腎褐色細胞腫の1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 木村 浩基, 太田 善夫, 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号, 54回・10回・17回, 343, 343,   2012年11月
  • Epithelioid inflammatory myofibroblastic sarcomaの1例, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 神山 雅史, 木村 浩基, 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号, 54回・10回・17回, 420, 420,   2012年11月
  • 集中治療管理 新生児に対する持続的血液透析濾過(CHDF)の現状と役割, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 小木 幸人, 佐藤 正臣, 川崎 広樹, 日本小児外科学会雑誌, 48, 6, 901, 902,   2012年10月
  • 小児虫垂炎でのinterval appendectomyの功罪 当院における小児腫瘤形成性虫垂炎に対するInterval Appendectomyの検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 神山 雅史, 木村 浩基, 日本臨床外科学会雑誌, 73, 増刊, 396, 396,   2012年10月
  • 小児外傷治療と腹部救急超音波検査 当院における小児高エネルギー外傷の検討, 山内 勝治, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 神山 雅史, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本臨床外科学会雑誌, 73, 増刊, 402, 402,   2012年10月
  • 当院における外科系NST介入症例の現状と取り組み, 中山 剛之, 佐藤 克明, 原 譲次, 池田 光憲, 辻江 正徳, 木谷 光太郎, 藤原 由規, 湯川 真生, 綿谷 正弘, 米倉 竹夫, 井上 雅智, 日本臨床外科学会雑誌, 73, 増刊, 583, 583,   2012年10月
  • 新しいデバイスを用いた小児単孔式腹腔鏡手術, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 前川 昌平, 日本外科系連合学会誌, 37, 5, 932, 936,   2012年10月
    概要:【目的】ラッププロテクターに装着するE・Zアクセス(八光株式会社)を用いた小児単孔式腹腔鏡手術を報告する.【対象・方法】症例は,卵巣嚢腫3例(新生児2例,乳児1例),急性虫垂炎7例(非穿孔性3例,穿孔性3例,腫瘤形成性1例),interval appendectomy4例,腸重積症2例,腸間膜嚢腫1例の計17例.【結果】腫瘤形成性虫垂炎,interval appendectomyの2例に右上腹部,下腹部に5mmのトロッカーをそれぞれ追加挿入し,穿孔性虫垂炎の1例に右上腹部に5mmのトロッカーを追加挿入した.全例開腹移行はなかった.術後合併症は術中にラッププロテクターが創部から外れ創感染をきたした非穿孔性虫垂炎の1例と,腫瘤形成性虫垂炎の一過性腸閉塞の1例であった.【結語】ラッププロテクターに装着するE・Zアクセスを用いる単孔式腹腔鏡手術は,創縁の保護・気密性・トロッカーの固定や操作にも優れていた.また,腹腔鏡補助下手術の移行も容易に行うことができ,非常に有用なデバイスであると考えられた.(著者抄録)
  • 不完全型膵管癒合不全を合併した稀な形態を呈した膵胆管合流異常の1例, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 野瀬 啓介, 大割 貢, 森下 祐次, 宮部 欽生, 日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス, 35, 30, 31,   2012年09月
  • V-Pシャントに続発した小児大網内髄液仮性嚢胞の1例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 太田 善夫, 日本臨床外科学会雑誌, 73, 9, 2377, 2382,   2012年09月
    概要:症例は2歳,女児.出生後に髄膜瘤,水頭症と診断され,V-P(ventriculo-peritoneal)シャントチューブが留置された.2歳時に突如,腹部膨満,頻回の嘔吐が出現したため当科を紹介された.受診時の腹部CT検査にて左上腹部を中心に巨大な嚢胞を認めた.V-Pシャントチューブの先端は右下腹部にあり,頭部CTには異常を認めなかった.髄液仮性嚢胞を疑いV-Pシャントチューブ挿入創部を小開腹し,嚢胞内にS.A.N.D.バルーンを挿入し無色透明な髄液を吸引した.腹腔鏡下に腹腔内を精査したところ,V-Pシャントチューブが大網内に穿通し,髄液の吸収不全による大網内髄液仮性嚢胞を形成したと診断し,腹腔鏡下大網開窓術を施行し,シャントチューブの再留置を行った.しかし患児はその後も髄液仮性嚢胞を繰り返したため,術後5ヵ月目にV-Aシャントに変更し,現在は合併症無く経過観察中である.(著者抄録)
  • 腸管重複症に対しSBナイフJrを用いて内視鏡的隔壁切除を施行した1例, 宮部 欽生, 木下 大輔, 秦 康倫, 奥田 英之, 茂山 朋広, 清水 昌子, 岸谷 譲, 川崎 俊彦, 米倉 竹夫, 工藤 正俊, Gastroenterological Endoscopy, 54, Suppl.2, 2922, 2922,   2012年09月
  • 「重度心身障害児(者)等在宅医療支援アンケート調査」を通して見える介護者の訴え, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 森下 祐次, 神山 雅史, 木村 浩基, 富和 清隆, 日本重症心身障害学会誌, 37, 2, 298, 298,   2012年08月
  • 喉頭気管分離術術後の気切カニューレ抜去困難例の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 神山 雅史, 木村 浩基, 日本重症心身障害学会誌, 37, 2, 343, 343,   2012年08月
  • 保存的治療を行った深在性損傷(III型)の脾臓、腎臓損傷の小児例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 前川 昌平, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 48, 5, 870, 876,   2012年08月
    概要:今回、1999年10月から2011年3月までの期間に高エネルギー外傷による深在性損傷(III型)の脾臓、腎臓損傷に対して保存的治療を施行した小児症例を後方視的に入院経過、治療内容、そして予後を検討した。III型の脾臓損傷が3例、III型の腎臓損傷が3例、III型の脾臓、腎臓の重複損傷症例2例の計8症例であった。年齢は1歳9ヵ月〜10歳5ヵ月(平均;6.7歳)。来院時の血圧・脈拍等のバイタルサイン、意識レベルには異常はなかった。受傷日翌日に来院した腎外傷の1例以外の絶飲食期間は2〜7日間(平均;4.2日)であった。ベッド上安静は4〜14日(平均9.4日)で、輸血を施行した症例は2例であった。点滴抗生剤の投与期間は、9〜24日(平均;15.4日)でCRPが陰性化するまで行った。入院期間は15〜28日(平均;20.1日)。全例、受傷後数ヵ月目の画像検査では損傷臓器はほぼ正常に癒合していた。外来観察期間は6〜112ヵ月(平均;63.6ヵ月)で外傷後の合併症等は認めていない。(著者抄録)
  • 小児の外傷性咽後膿瘍の2例, 大割 貢, 野瀬 恵介, 小角 卓也, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 小児耳鼻咽喉科, 33, 2, 93, 93,   2012年06月
  • 鳩胸に対し胸郭形成術を施行した5例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 小角 卓也, 山内 勝治, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 48, 4, 793, 793,   2012年06月
  • 腋窩弧状切開による食道閉鎖症の手術, 大割 貢, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 小角 卓也, 山内 勝治, 森下 祐次, 日本小児外科学会雑誌, 48, 4, 798, 798,   2012年06月
  • 小児高エネルギー外傷による深在性脾損傷の6例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 48, 4, 816, 816,   2012年06月
  • 重度骨軟骨異形成患児に発症した難治性の感染性後頭部褥瘡を総合的ケアで介入した一例, 船田 沙織, 亀井 一菜, 有井 麻菜美, 岩本 未央, 照屋 恵子, 大溝 彩実, 和田 愛子, 安浪 里枝, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌, 28, 2, 53, 54,   2012年06月
  • 【小児腸重積症】 腸重積に対する腹腔鏡下整復と開腹整復の比較検討 腹腔鏡下整復から次世代の単孔式腹腔鏡下整復術へ, 大割 貢, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 小角 卓也, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 小児外科, 44, 6, 553, 557,   2012年06月
    概要:1999年10月〜2012年3月までに著者らが観血的治療を行った腸重積症28例を対象に、術式により腹腔鏡下手術19例と開腹手術9例に分け、比較検討した。その結果、1)手術時間、術後経口摂取開始までの時間、入院期間は両手術間で有意差はなく、いずれも術後の再発や合併症は認められなかった。2)腹腔鏡下手術は開腹手術では禁忌とされる鉗子による腸管の牽引操作も含まれるが、手技は安全に行うことが可能であった。3)単孔式手術は器質的疾患に対して迅速かつ容易に直視下手術に移行することができ、その有用性が確認された。
  • 深在性損傷腎損傷III型に対して保存的治療を施行した小児腎外傷の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 大割 貢, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 21, 2, 202, 202,   2012年06月
  • 間欠的水腎症を呈した先天性中部尿管狭窄症の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 島田 憲次, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 21, 2, 207, 207,   2012年06月
  • 腹腔鏡下精巣固定術で偶然に発見したSplenogonadal fusionの1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 黒田 征加, 井原 欣幸, 太田 善夫, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 21, 1, 33, 36,   2012年06月
    概要:症例は生直後より指摘されていた両側停留精巣の1歳男児。既往歴として生後11日目に右側の横隔膜ヘルニアに対して胸腔鏡下に手術施行した。術前のMRI検査所見では、左側の骨盤腔内にMRI拡散強調画像(DWI)で1.5cm×1.0cm大の高信号の左側の精巣を認めたが、右側の精巣は指摘できなかった。両側触知不能停留精巣と診断し腹腔鏡下手術を施行した。腹腔鏡下での観察所見は、左右の精巣はともに腹腔内精巣で内鼠径輪から腹腔内に垂れ下がっていた。右側の精巣は非常に小さくVanishing testisと診断し、超音波凝固切開装置を用いて精巣を摘出した。左側の精巣は2倍以上の大きさの赤褐色の充実性の弾力軟の腫瘤を認め、精巣白膜に強固に癒着していた。精巣動静脈・精管を後腹膜から剥離を行い、一期的に陰嚢内に引き降ろすことができると判断した。陰嚢に切開を加え精巣を引き下ろす経路を作成し、精巣を体外に引き出す際に精巣動静脈を損傷した。結果的に一期的Fowler-Stephensによる精巣固定術を行った。下降させた精巣に強固に付着する赤みを帯びた腫瘤の一部を生検し、術後にSplenogonadal fusionと診断した。術後1年以上経過するが、左側の精巣の発育は良好でSFGの大きさ等も変化はない。腹腔鏡下精巣固定術の際に、非常にまれなSplenogonadal fusionを認める場合もあり、本症を念頭に置いた治療が必要であると考えられた。(著者抄録)
  • 大規模災害時に求められるこどものケア 東日本大震災の被災地の状況と小児医療支援の活動, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 裕次, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3, 377, 377,   2012年05月
  • E-Zアクセスを用いた単孔式腹腔鏡下腸重積整復術, 大割 貢, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 小角 卓也, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3, 451, 451,   2012年05月
  • 肛門前庭瘻・肛門皮膚瘻を合併した管状型全結腸腸管重複症に対する治療 Hybrid手術を用いた一期的根治術, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 小角 卓也, 森下 祐次, 野瀬 恵介, 木村 拓也, 宮部 鉄生, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3, 452, 452,   2012年05月
  • 「重度心身障害児・者等在宅医療支援アンケート調査」を通して見える介護者の訴え, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野瀬 恵介, 大割 貢, 森下 祐次, 富和 清隆, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3, 460, 460,   2012年05月
  • 喉頭気管分離術術後の気切チューブ抜去困難例の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3, 582, 582,   2012年05月
  • 急性膵炎にて発症した稀な形態を呈した膵胆管合流異常の1例, 木村 浩基, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 野瀬 恵介, 大割 貢, 森下 祐次, 宮部 欽生, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3, 631, 631,   2012年05月
  • 抗GluR抗体陽性を示し小脳失調を来たした卵巣嚢胞性奇形腫の一例, 樋口 嘉久, 米倉 竹夫, 西野 正人, 高塚 英雄, 高橋 幸利, 小角 卓也, 山内 勝治, 脳と発達, 44, Suppl., S341, S341,   2012年05月
  • E-Zアクセスを用いて単孔式腹腔鏡下腸重積整復術を行った3小児例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 小角 卓也, 山内 勝治, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本外科系連合学会誌, 37, 3, 616, 616,   2012年05月
  • 当院における小児の腫瘤形成性虫垂炎の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本外科系連合学会誌, 37, 3, 616, 616,   2012年05月
  • 保存的治療を行った深在性損傷(3型)の脾臓・腎臓損傷の小児例の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 日本外傷学会雑誌, 26, 2, 212, 212,   2012年04月
  • 当院における小児胸部外傷症例の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 木村 浩基, 日本小児救急医学会雑誌, 11, 2, 231, 231,   2012年04月
  • 多発刺創により死亡した小児CPA症例の蘇生に関わった多職種のスタッフに発症したPTSDから学んだこと, 前川 昌平, 小角 卓也, 大割 貢, 山内 勝治, 野瀬 恵介, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 日本小児救急医学会雑誌, 11, 2, 242, 242,   2012年04月
  • 【東日本大震災特集】 日本小児救急医学会・東日本大震災支援特別委員会最終報告書 岩手県活動報告, 齊藤 修, 黒澤 寛史, 水城 直人, 島袋 梢, 福政 宏司, 久我 修二, 井上 信明, 小泉 沢, 島袋 林秀, 八坂 龍広, 上村 克徳, 小角 卓也, 牧 隆司, 草川 功, 山本 剛士, 服部 圭太, 春松 敏夫, 大割 貢, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 中村 太地, 木村 光一, 日本小児救急医学会東日本大震災支援特別委員会, 日本小児救急医学会雑誌, 11, 1, 14, 30,   2012年03月
    概要:東日本大震災発災4日目に日本小児救急医学会(以下、本学会)は、東日本大震災支援特別委員会(以下、当委員会)を設立、7日目には岩手県沿岸部を中心とした被災地域に最初の医療支援隊を派遣した。以後12日目から岩手県山田町内にて、15日目には陸前高田市立高田第一中学校内日本赤十字社医療救護班診療ブース内にて一般小児科診療を開始した。のべ21隊の医療支援隊を派遣した後、発災58日目に日本小児科学会へ引き継いだ。その際、気仙医療圏の医療支援体制として救命救急センターを有する岩手県立大船渡病院を中核・基地病院とし、高田病院支援を行う支援体制を確立し、震災医療支援から復興、地域医療支援モデルを構築した。(著者抄録)
  • Infliximab(レミケード)投与が効果的であったステロイド依存性回盲部単純潰瘍の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 木村 拓也, 日本小児科学会雑誌, 116, 3, 577, 577,   2012年03月
  • 緊急気管切開を必要とした声門下腫瘍の1例, 前川 昌平, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 木村 拓也, 家根 旦有, 中井 義紀, 桝井 貴史, 太田 善夫, 日本小児科学会雑誌, 116, 3, 581, 581,   2012年03月
  • 全大腸重複症を合併した肛門前庭瘻・肛門皮膚瘻の鎖肛に対するHybrid手術を用いた一期的根治術, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 大割 貢, 小角 卓也, 森下 祐次, 野瀬 恵介, 宮部 鉄生, 日本外科学会雑誌, 113, 臨増2, 465, 465,   2012年03月
  • 小児腹部救急における腹腔鏡手術の適応と限界 小児腹部救急治療におけるTANKO手術の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 日本腹部救急医学会雑誌, 32, 2, 352, 352,   2012年02月
  • 栄養代謝の諸問題 重症心身障害児(者)における脂肪酸代謝の検討, 木村 拓也, 鯉田 五月, 米倉 竹夫, 花本 仁, 中山 剛之, 豊田 佐枝子, 立花 貞信, 加藤 恭朗, 静脈経腸栄養, 27, 1, 266, 266,   2012年01月
  • 当院におけるNST活動の変遷とNST加算制度について, 中山 剛之, 民長 優, 立花 貞信, 谷村 昌代, 井口 真宏, 豊田 佐枝子, 久保 修一, 花本 仁, 野瀬 恵介, 米倉 竹夫, 井上 雅智, 静脈経腸栄養, 27, 1, 334, 334,   2012年01月
  • 病院給食の改善に向けて, 谷村 昌代, 豊田 佐枝子, 井口 真宏, 立花 貞信, 民長 優, 花本 仁, 野瀬 恵介, 中山 剛之, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 27, 1, 419, 419,   2012年01月
  • 在宅経腸栄養管理に小児用栄養補助食品を使用した症例の検討, 野瀬 恵介, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 27, 1, 430, 430,   2012年01月
  • 短腸ラットモデルにおけるシトルリン添加TPNの有用性の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 大割 貢, 機能性食品と薬理栄養, 7, 1, 87, 87,   2011年12月
  • ステロイドが著効した回盲部単純性潰瘍の1例, 錦 耕平, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 井原 欣幸, 木村 拓也, 黒田 征加, 小角 卓也, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1069, 1069,   2011年12月
  • CPAにて搬送され、大量の泡沫状肺出血を呈し死亡した熱中症の1例, 木下 悠十, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 木村 拓也, 井原 欣幸, 澤井 利夫, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1071, 1071,   2011年12月
  • Floyd 3型の気管無形成の1例, 木村 拓也, 井原 欣幸, 山内 勝治, 黒田 征加, 澤井 利夫, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1073, 1073,   2011年12月
  • Benjamin分類Type IIIの喉頭気管食道裂に対し披裂軟骨形成を追加したtranstracheal repairを施行した2例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 黒田 征加, 神山 雅史, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1090, 1090,   2011年12月
  • E・Zアクセスを用いた小児TANKO手術, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 木村 拓也, 大割 貢, 前川 昌平, 日本内視鏡外科学会雑誌, 16, 7, 417, 417,   2011年12月
  • Gross C型long gap食道閉鎖に対してFoker法による体外牽引術を施行した1症例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 木村 拓也, 前川 昌平, 日本小児外科学会雑誌, 47, 6, 953, 958,   2011年10月
    概要:症例は在胎38W6d出生体重1,982gの女児。胎児超音波検査にて十二指腸閉鎖と診断されていた。生後直後に胃管チューブが胸鎖関節付近でcoil upしC型食道閉鎖合併を認めた。直ちに胃瘻造設・食道バンディング・上部空腸にチューブ腸瘻造設・十二指腸のダイアモンド吻合を施行した。生後4日目に胸膜外アプローチにより、気管分岐部の頭側に位置した気管食道瘻を結紮切離した。上部・下部食道のgapは2.5cmで一期的吻合は不可能と判断しFoker法による体外牽引術を施行した。生後7日目に食道バンディング解除を行い、生後8日目より食道両端を連日1〜2mmずつ牽引した。生後14日目に右側気胸が出現し胸腔ドレーンを留置した。生後16日目に開胸にて食道端々吻合を施行した。術後に縫合不全を認めたが保存的にて軽快し、生後88日目に吻合部狭窄に対しブジーを行い、胃食道逆流症に対し噴門形成術を施行した。術後は経口摂取可能である。Long gap C型食道閉鎖に対してFoker法による体外牽引法は早期食道再建に有用であった。(著者抄録)
  • Denys-Drash syndromeの1剖検例, 太田 善夫, 浦 雅彦, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 臨床病理, 59, 補冊, 231, 231,   2011年10月
  • 当院における内視鏡外科手術教育(ハンズオン講習会)の試み, 木谷 光太郎, 塩野 裕之, 湯川 真生, 米倉 竹夫, 井上 雅智, 日本臨床外科学会雑誌, 72, 増刊, 749, 749,   2011年10月
  • 胎児診断・治療における小児外科の役割, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野瀬 恵介, 澤井 利夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 前川 昌平, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 575, 575,   2011年07月
  • 新しいデバイス(E・Zアクセス;八光株式会社)を用いた小児TANKO手術の2例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 木村 拓也, 前川 周平, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 588, 588,   2011年07月
  • 腹腔鏡補助下手術を施行したヒルシュスプルング症例の長期予後の検討, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 澤井 利夫, 前川 昌平, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 672, 672,   2011年07月
  • 当科における気管切開の適応と合併症、予後, 澤井 利夫, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 前川 昌平, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 772, 772,   2011年07月
  • 日本小児外科学会主催PALS講習会への取り組みと参加者へのアンケート結果, 鶴 知光, 上野 滋, 米倉 竹夫, 黒田 達夫, 尾花 知子, 浮山 越史, 漆原 直人, 日本小児外科学会小児救急検討委員会, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 780, 780,   2011年07月
  • 日本小児外科学会専門医取得のための小児救急研修に関する意識調査についてのアンケート調査報告, 尾花 和子, 米倉 竹夫, 黒田 達夫, 浮山 越史, 漆原 直人, 鶴 知光, 上野 滋, 日本小児外科学会小児救急検討委員会, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 781, 781,   2011年07月
  • Gross C型long gap食道閉鎖に対してFoker法による体外延長術を施行した1症例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 木村 拓也, 前川 周平, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 800, 800,   2011年07月
  • Ataxia without opsoclonus-myoclonusにより発見された神経芽腫の3例, 前川 昌平, 木村 拓也, 澤井 利夫, 山内 勝治, 小角 卓也, 野瀬 恵介, 米倉 竹夫, 樋口 嘉久, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 812, 812,   2011年07月
  • 当院で施行した小児泌尿器疾患に対する体腔鏡下手術, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 野瀬 恵介, 木村 拓也, 大割 貢, 前川 昌平, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 20, 2, 190, 190,   2011年06月
  • 子宮・卵管留血症を認めた総排泄腔遺残症の検討, 山内 勝治, 松井 太, 松本 富美, 島田 憲次, 米倉 竹夫, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 20, 2, 225, 225,   2011年06月
  • Gross C型long gap食道閉鎖に対してFoker法による体外延長術を施行した1症例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 木村 拓也, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47, 2, 346, 346,   2011年06月
  • 小児外科専門医にもとめられる小児救急実務研修に関する具体案 指導医アンケート結果より, 尾花 和子, 米倉 竹夫, 黒田 達夫, 浮山 越史, 漆原 直人, 鶴 知光, 上野 滋, 日本小児外科学会小児救急検討委員会, 日本小児救急医学会雑誌, 10, 2, 191, 191,   2011年06月
  • 小児救急に対する小児外科学会の取り組み 小児外科における小児救急の現況と研修に対する意識調査結果, 米倉 竹夫, 黒田 達夫, 上野 滋, 浮山 越史, 尾花 和子, 漆原 直人, 鶴 知光, 脇坂 宗親, 清水 法男, 西島 栄治, 日本小児外科学会小児救急検討委員会, 日本小児救急医学会雑誌, 10, 2, 203, 203,   2011年06月
  • 保存的治療を行った深在性損傷(III型)の脾臓・腎臓損傷の小児例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 木村 拓也, 前川 昌平, 日本小児救急医学会雑誌, 10, 2, 221, 221,   2011年06月
  • 小児3次救急受け入れにおける施設における小児CPA症例の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 木村 拓也, 前川 昌平, 日本小児救急医学会雑誌, 10, 2, 229, 229,   2011年06月
  • 緊急気管切開を必要とした小児声門下腫瘍の一例, 前川 昌平, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 木村 拓也, 家根 旦有, 中井 義紀, 桝井 貴史, 高瀬 彩子, 太田 善夫, 日本小児救急医学会雑誌, 10, 2, 270, 270,   2011年06月
  • 当院における劇症型心筋炎の治療経験, 石原 温子, 美馬 隆弘, 渡辺 健, 吉林 宗夫, 横山 晋也, 樋口 嘉久, 米倉 竹夫, 日本小児救急医学会雑誌, 10, 2, 279, 279,   2011年06月
  • 減張切開、血液浄化療法を施行した小児マムシ咬傷の1例 当院における小児マムシ咬傷の検討, 野瀬 恵介, 澤井 利夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 前川 昌平, 米倉 竹夫, 日本小児救急医学会雑誌, 10, 2, 287, 287,   2011年06月
  • 当科における小児気道異物症例の経験 長期病悩症例を中心に, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 前川 昌平, 米倉 竹夫, 日本小児救急医学会雑誌, 10, 2, 293, 293,   2011年06月
  • 当院における若手外科系医師(主に前期研修医)に対する内視鏡外科手術教育の試み, 木谷 光太郎, 塩野 裕之, 澤井 利夫, 小角 卓也, 湯川 真生, 米倉 竹夫, 井上 雅智, 日本外科学会雑誌, 112, 臨増1-2, 389, 389,   2011年05月
  • 当科における腹腔鏡下再噴門形成術の経験 再発要因、再手術の検討, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 前川 昌平, 山内 勝治, 小角 卓也, 野瀬 恵介, 澤井 利夫, 日本外科系連合学会誌, 36, 3, 525, 525,   2011年05月
  • 臍部を用いた小児TANKO手術, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 和夫, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 木村 拓也, 前川 昌平, 日本外科系連合学会誌, 36, 3, 579, 579,   2011年05月
  • 緊急気管切開を必要とした小児声門下腫瘍の一例, 前川 昌平, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 木村 拓也, 家根 旦有, 中井 義紀, 桝井 貴史, 高瀬 彩子, 太田 善夫, 小児耳鼻咽喉科, 32, 2, 156, 156,   2011年05月
  • Type 3の喉頭気管食道裂に対し披裂軟骨形成を追加したtranstracheal repairの2例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 黒田 征加, 神山 雅史, 井原 欣幸, 小児耳鼻咽喉科, 32, 2, 158, 158,   2011年05月
  • 術前診断し得た左側傍十二指腸ヘルニアに対する腹腔鏡下手術の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 澤井 利夫, 木村 拓也, 井原 欣幸, 岡島 馨, 長谷川 博一, 日本小児外科学会雑誌, 47, 2, 256, 260,   2011年04月
    概要:症例は13歳女児。1年前から続く食後の上腹部痛・嘔吐と低身長を主訴に半年前に近医を受診し、成長ホルモン分泌不全と診断されGH療法と胃薬等を投薬されていた。しかし、嘔吐が継続し体重減少(5kg/3ヵ月)を認め当院紹介となった。消化管造影検査所見では、上部空腸は椎体左側に集簇し軽度拡張していた。造影CT検査所見では、下腸間膜静脈(IMV)は後腹膜へ固定されておらず弧状に偏位し、その背側に集簇した上部空腸を認めた。左側傍十二指腸ヘルニアと診断し腹腔鏡下手術を施行した。Treitz靱帯は形成されていたがIMVは後腹膜に固定されておらず、それを辺縁とする左結腸間膜の背面にTreitz靱帯からの上部空腸約30cmの嵌入を認めた。嵌入腸管を整復した後に、IMVの右側辺縁の結腸間膜と後腹膜とを固定した。術後翌日より経口摂取開始し5日目に退院となった。症状は改善し術後1年再発の所見はない。本症の診断には消化管造影検査と造影CT検査が有用で、手術は腹腔鏡下手術が有用であった。(著者抄録)
  • 重症心身障害児(者)における脂肪酸代謝の現状 抗加齢医学の観点から, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 花本 仁, 中山 剛之, 豊田 佐枝子, 立花 貞信, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 11回, 257, 257,   2011年04月
  • 【小児気道疾患の治療】 声門下狭窄症に対するpartial cricotracheal resection, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 大割 貢, 小児外科, 43, 3, 227, 233,   2011年03月
  • 嚢胞形成を伴った肛門管重複症の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1, 85, 89,   2011年02月
    概要:症例は6ヵ月女児。便秘と肛門の6時方向に小さな瘻孔を指摘され当院に紹介された。肛門の位置は正常で肛門直腸狭窄はなく、直腸診にて直腸背側に1.5cm大の柔らかい球形の腫瘤を触知した。瘻孔は歯状線より肛門側の皺に隠れるように開口していた。瘻孔造影では、瘻孔は非常に細く直腸後壁に接し、頭側に造影剤のたまりを認めた。MRI検査では、肛門背側から仙骨前面に造影剤と一致する1.2cm大の球形の嚢胞性病変を認めた。また、仙骨奇形・泌尿器の奇形等は認められなかった。手術はposterior sagittal anorectoplastyを応用し、肛門挙筋(恥骨直腸筋・恥骨尾骨筋)を切離することなく、直腸と共有している直腸筋層を含め完全に摘出した。病理検査で肛門管重複症と診断した。術前に認められていた便秘も解消し、術後約1年再発等は認めていない。(著者抄録)
  • 左側傍十二指腸ヘルニアの1女児例 画像所見と腹腔鏡下手術所見を中心に, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 長谷川 博一, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1, 130, 130,   2011年02月
  • Paraurethral cyst 2例とparametal urethral cyst 1例の経験, 澤井 利夫, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1, 136, 136,   2011年02月
  • 鏡視下精巣固定術で発見したsplenogonadal fusionの1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 澤井 利夫, 野瀬 慶介, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1, 169, 169,   2011年02月
  • 重症心身障害児(者)に対する内視鏡下手術の予後の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1, 172, 172,   2011年02月
  • 急性虫垂炎術後の合併症に対する腹腔鏡下手術による治療経験, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 小角 卓也, 澤井 利夫, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1, 180, 181,   2011年02月
  • 経皮内視鏡的胃瘻造設術におけるDirect法の導入について, 中山 剛之, 岩本 友紀, 立花 貞信, 井口 真宏, 豊田 佐枝子, 木村 拓也, 井上 雅智, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 26, 1, 388, 388,   2011年01月
  • 胃癌における術式別の術後栄養状態と患者指導について, 北 沙織, 井上 瑶美, 天野 智佳子, 中山 剛之, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 26, 1, 553, 553,   2011年01月
  • 【小児腹部救急における腹腔鏡手術の適応と限界】 小児虫垂炎に対する腹腔鏡下手術の問題点の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 黒田 征加, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本腹部救急医学会雑誌, 31, 1, 49, 54,   2011年01月
    概要:過去8年間に鏡視下虫垂切除を行った小児症例71例を検討した。24時間以内に手術をした症例(EA群)と保存療法後に手術をした症例(IA群)の2群にわけ,さらにCT検査にて虫垂炎の状態をA群;腫瘤形成性,B群;穿孔性,C群;非穿孔性の3つに分類した周術期合併症を中心に検討した。EA群は45例で,術後の合併症はA群12例中2例(創部感染1例と腹腔内膿瘍1例),B群の14例中2例(術後腸閉塞1例,腹腔内膿瘍1例)に認めた。IA群は26例で保存的治療中のみ合併症を認め,A群7例中2例(炎症再燃1例と腸閉塞1例),B群の2例中2例(炎症再燃1例と症状増悪にて緊急手術1例)に認めた。EA群IA群ともにC群の合併症はなかった。EA群IA群ともに開腹移行例はなく,手術時の合併症はなかった。全入院期間はEA群がA群,B群,C群ともに,IA群より短かった。EA群では術後合併症のリスクが高く,一方IA群では保存療法中での合併症が問題となった。(著者抄録)
  • 重症染色体異常症例に対する周産期ケア 13・18トリソミー症例に対する小児外科の役割, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, 4, 1195, 1198,   2010年12月
  • ラット短腸モデルにおけるシトルリン添加TPNの有用性の検討(第一報), 森下 祐次, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 塩崎 均, 八木 誠, 野上 隆司, 山内 勝治, 外科と代謝・栄養, 44, 6, 285, 292,   2010年12月
    概要:【目的】中心静脈栄養(Total Parenteral Nutrition:TPN)に依存する短腸症候群では肝障害の進行を認めると同時に血漿シトルリンが低値を示す。そこでラット短腸モデルにTPNによる栄養管理を行い、シトルリン添加による影響を検討した。【方法】雄性S-Dラットを用い、吻合群(腸切離縫合+TPN)、短腸群(短腸+TPN)、Cit群(短腸+シトルリン添加TPN)の3群に分け、絶飲食下にTPN施行。短腸モデルは80%小腸切除を用いた。Cit群にはシトルリンを1g/kg/dayを添加したTPNを投与。術後7日目に血液生化学検査・アミノ酸分析を行った。【結果】短腸群でアンモニアは軽度高値、シトルリンは低値を示した。シトルリン、アルギニン、オルニチン、尿素にてCit群は他の2群に比べ高値であった(p<0.05)。その他3群間に差は認めなかった。【結論】TPNにシトルリンを添加することで短腸に伴う低シトルリン血症は改善し、尿素回路内アミノ酸の増加を認め、尿素回路の機能の改善が示唆された。(著者抄録)
  • ラット腸管大量切除モデルにおけるシトルリン添加TPNの有用性の検討(第四報), 森下 祐次, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 塩崎 均, 八木 誠, 野上 隆司, 山中 重明, 渡辺 信介, 外科と代謝・栄養, 44, 6, 333, 338,   2010年12月
    概要:【目的】中心静脈栄養(Total Parenteral Nutrition:TPN)に依存する短腸症候群では肝障害の進行を認めると同時に血漿シトルリンが低値を示す。そこで腸管大量切除を行ったラットにTPNによる栄養管理を行い、シトルリン添加の有用性を検討した。【方法】7〜8週の雄性S-Dラットを用い短腸群(短腸+TPN)、Cit群(短腸+シトルリン添加TPN)、Ala群(短腸+アラニン添加TPN)、Arg群(短腸+アルギニン添加TPN)の4群に分け、絶飲食下にTPNを施行した。腸管大量切除としては80%小腸切除を用いた。Cit群、Ala群、Arg群には各々1g/kg/dayのシトルリン、アラニン、アルギニンを添加したTPNを投与した。術後7日目に血液生化学検査、血漿アミノ酸分析、肝臓のHE染色、小腸のHE染色を行った。なおコントロール値としては腸切離吻合のみを行いTPNを行った群を用いた。【結果】アンモニア、ヒアルロン酸、ALT、ASTでは明らかな有意差を認めなかった。尿素回路を構成する血漿アミノ酸値のうちシトルリン値はCit群では他の3群に比べ高値を示し、アルギニン値ではCit群もArg群と同様に他の2群と比べ高値を示した。血中尿素はArg群のみ他の3群と比べ有意に高値を示した。腸管絨毛高はCit群ではコントロール値とほぼ同じ値をとり、他の3群に比べ高値を示した。【結論】TPNにシトルリンを添加することにより、アルギニン添加にみられるような窒素の負荷はなく、腸管大量切除に伴うシトルリンをはじめとする尿素回路内アミノ酸の増加を認め、尿素回路の機能の改善が示唆された。またシトルリンにより小腸粘膜の萎縮も抑制されると考えられた。(著者抄録)
  • SILSポートとREAL HANDを用いた単孔式内視鏡手術(TANKO)の小児2症例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 澤井 利夫, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 46, 6, 971, 977,   2010年10月
    概要:下行結腸の中央に大きさ2.5cm×2cmの無茎の結腸ポリープの2歳男児(症例1)と、炎症消退後2ヵ月目のinterval appendectomyの12歳男児(症例2)に対し単孔式内視鏡手術を行った。臍部の3時〜9時の臍輪弧状切開に1cm弱の正中切開を加えたY字皮切にて開腹し、SILSポートを挿入した。気腹圧は8mmHg、カメラは5mm、30度の硬性鏡、鉗子先端が動くREAL HANDと通常の5mm鉗子を用いた。鏡視下手術として、症例1では下行結腸を後腹膜から鋭的・鈍的に剥離し下行結腸を授動し、症例2では虫垂の癒着を剥離したのち虫垂間膜を凝固切離した。両症例ともSILSポートを抜去し、同部位より目的臓器を体腔外に引き出した。症例1では直視下に腸管を切開しポリープを切除し、症例2では虫垂を結紮切除し断端を処理した。手術時間は、それぞれ90分、80分で術後6日、術後4日目に退院となった。単孔式内視鏡手術は従来の鏡視下手術より操作性は難しくなるが、傷は1つで非常に整容性に優れている方法と考えられた。(著者抄録)
  • Modified Merendino法を応用した食道再建の2小児例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 黒田 征加, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 46, 6, 997, 997,   2010年10月
  • 腫瘤形成性虫垂炎に対する鏡視下手術 Emergency appendectomyとinterval appendectomyの比較検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 46, 6, 1008, 1008,   2010年10月
  • 小児救急に対するわが国の小児外科医の考え方と現況について 日本小児外科学会専門医ならびに認定施設へのアンケート調査報告, 黒田 達夫, 米倉 竹夫, 浮山 越史, 清水 法男, 鶴 知光, 西島 栄治, 脇坂 宗親, 漆原 直人, 尾花 和子, 上野 滋, 日本小児外科学会小児救急研検討委員会, 日本小児外科学会雑誌, 46, 6, 978, 982,   2010年10月
    概要:小児救急に対するわが国の小児外科医の考え方と現況について、日本小児外科学会専門医ならびに認定施設へアンケート調査を実施した。日本小児外科学会専門医508例を対象として、289例より回答が得られた。日本小児外科学会認定施設133施設を対象とし、123施設より回答が得られた。小児救急医療体制に関する設問では、医師、看護師など人的資源の不足を訴える回答が多かった。回答者の約60%が、小児外科医は小児外科疾患・外傷の診療に特化すべきで、コンサルトされた症例を診察するだけでよいと回答した。小児救急症例の受け入れの公表に関する設問では全回答施設中90.2%が賛成とする一方、73%は反対と回答した。公表反対の理由として、施設の人的資源の不足や、すでに救急業務を積極的に行っていてこれ以上の業務容量に施設が耐えられないとする意見が挙げられていた。
  • 機能温存からみた小児内視鏡外科の長期成績 腹腔鏡補助下手術を施行したヒルシュスプルング症例の長期予後の検討, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 日本内視鏡外科学会雑誌, 15, 7, 242, 242,   2010年10月
  • 鏡視下精巣固定術で発見したSplenogonadual fusionの1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 澤井 利夫, 野瀬 慶介, 太田 善夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 15, 7, 575, 575,   2010年10月
  • 重症心身障害児(者)に対する内視鏡下手術の予後の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 澤井 利夫, 野瀬 恵介, 日本内視鏡外科学会雑誌, 15, 7, 578, 578,   2010年10月
  • 急性虫垂炎術後の合併症に対する腹腔鏡下手術による治療経験, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 小角 卓也, 澤井 利夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 15, 7, 585, 585,   2010年10月
  • 【小児NST病態栄養シリーズ 特殊病態下の管理】 短腸症候群とシトルリン 腸管大量切除モデルにおけるシトルリン添加TPNの有用性の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 小児外科, 42, 9, 964, 969,   2010年09月
  • 新生児期に手術を施行した腸管重複症の2例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 46, 5, 873, 879,   2010年08月
    概要:新生児期に手術を要した腸管重複症の2例を経験した。症例1は生後4日目の女児。生直後より嘔吐を認め、超音波検査にて3×4×5cmの腹腔内嚢胞を指摘され紹介された。生後8日目に腹腔鏡下に腹腔内を検索したが、嚢胞を同定できなかった。右上腹部横切開を追加したところ、回腸の腸管重複症と診断でき、重複腸管を含めた小腸切除を行った。症例2は生後30日の男児。1週間前より少量の下血を認めていたが、発熱と腹満が出現し近医救急搬送となった。到着後すぐにチアノーゼ、多呼吸、頻脈を認めプレショック状態となり当院紹介となった。造影CT検査にて右下腹部に腸管とは別の径4cm大の嚢胞性病変とその周囲の腹水を認め重複腸管による回盲部の付近の腸閉塞と診断し緊急手術を施行した。上腹部横切開にて開腹し、重複腸管を含めた回盲部切除を行った。(著者抄録)
  • 輪状膵に合併した膵・胆管合流異常症の小児例, 大割 貢, 小角 卓也, 大植 孝治, 米倉 竹夫, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 46, 5, 884, 888,   2010年08月
    概要:患児は8歳女児。他院にて出生直後に先天性十二指腸閉鎖症(病型は不明)と診断され、十二指腸Diamond吻合術を施行された。染色体異常はなかった。術後、症状なく経過していたが、術後8年目に転居のため当科受診。肝胆膵精査目的に施行した超音波検査にて肝内胆管の拡張及び総胆管の拡張(11mm)を認めた。MRCP検査でも拡張した総胆管を描出した。そのため、膵・胆管合流異常に伴う胆道拡張症と診断し、胆嚢及び拡張胆管切除、肝管十二指腸吻合術を施行した。手術中に輪状膵を認め、また術中胆道造影検査にて16mmの共通管が描出された。また術中採取した胆嚢内胆汁中のアミラーゼは44226IU/lであった。術後経過は良好で術後13日目に退院した。輪状膵と膵・胆管合流異常の合併は稀であるが、発生学的には密接な関係があると推測された。(著者抄録)
  • 【的確なアセスメントのために ケアに役立つ新生児画像所見のみかた】 X線所見 腹部, 米倉 竹夫, Neonatal Care, 23, 7, 692, 702,   2010年07月
  • 【小児科医が知っておきたい境界領域疾患】 腸重積症, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小児内科, 42, 6, 837, 840,   2010年06月
    概要:<Key Points>(1)粘血便の確認が重要(浣腸)。(2)画像診断が決め手。とくに腹部USを活用。(3)3歳以上の症例では器質的病変の可能性を念頭におく。(4)注腸整復はセットを基本とし、無理な長時間加圧を慎む。(5)時期を逸することなく専門外来へ紹介。(著者抄録)
  • 短腸症候群 ラット短腸モデルに対するシトルリン添加TPNの有用性の検討(第4報), 森下 祐次, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 塩崎 均, 八木 誠, 野上 隆司, 山中 重明, 渡辺 信介, 外科と代謝・栄養, 44, 3, 42, 42,   2010年06月
  • ラット短腸症候群モデルにおけるシトルリン添加中心静脈栄養療法の有用性の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 八木 誠, 塩崎 均, 大柳 治正, 近畿大学医学雑誌, 35, 2, 83, 90,   2010年06月
    概要:目的:短腸症候群では血漿シトルリンが低下する。中心静脈栄養から離脱できない短腸症候群では肝障害が進行し肝不全にいたる症例がある。そこでラット短腸モデルにシトルリン添加中心静脈栄養の有用性を検討した。対象と方法:ラットを腸管の単純切離吻合を行った吻合群、80%腸切除を行った短腸群、シトルリン群、アラニン群の4群に分け中心静脈栄養を施行した。なおシトルリン群とアラニン群では各々を1g/kg/日となるよう中心静脈栄養に添加した。7日間施行後、体重の変化、血液生化学検査、血漿アミノ酸分析、肝組織のHE染色・免疫染色、回腸絨毛高を比較検討した。結果:肝機能検査はシトルリン群ではALTのみ他の3群と比べ低値を示した。体重変化と血中尿素値は短腸群では他の3群に比べ低値を示した。血漿シトルリンは吻合群では短腸群とアラニン群に比べ高く、またシトルリン群では吻合群も含め他の3群に比べ高値を示した。さらにシトルリン群ではオルニチンは短腸群に比べ、アルギニンは他の3群に比べ有意に高値を示した。またシトルリン群では短腸群よりも肝細胞の8-ヒドロキシグアノシン染色陽性率が低く、回腸絨毛高は高かった。結論:中心静脈栄養にシトルリン添加することより短腸症候群によるシトルリンをはじめ尿素回路を構成するアミノ酸値が上昇し、さらに肝の酸化ストレスや腸管粘膜萎縮も改善した。(著者抄録)
  • 重症染色体異常症例に対する周産期ケア 当院における13・18トリソミー症例に対する小児外科の役割, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 井原 欣幸, 木村 拓也, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, 2, 309, 309,   2010年06月
  • 臍を使った新生児手術, 澤井 利夫, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, 2, 352, 352,   2010年06月
  • Long gap食道閉鎖症に対する食道再建, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 澤井 利夫, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, 2, 355, 355,   2010年06月
  • C型食道閉鎖術後に生じた肝中心静脈閉塞症(VOD)の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, 2, 627, 627,   2010年06月
  • 輪状咽頭アカラシア(cricopharyngeal achalasia)の1小児例, 大割 貢, 小角 卓也, 大植 孝治, 太田 善夫, 米倉 竹夫, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 46, 4, 765, 769,   2010年06月
    概要:輪状咽頭アカラシア(cricopharyngeal achalasia)は極めて稀な疾患で、嚥下障害、体重増加不良、誤嚥性肺炎等の症状があり、時として生命の危機を伴う、今回、輪状咽頭アカラシアの小児例を経験したので報告する。患児は2歳男児。1歳4ヵ月頃より徐々に経口摂取量低下、体重増加減少及び唾液の流涎を認め、経腸栄養剤を少量摂取するのみとなった。上部消化管造影では造影剤は咽頭部に貯留し、食道内圧測定では上部食道括約筋(UES)圧が約300mmHgと極めて高値を示した。食道pHモニターは正常であった。輪状咽頭アカラシアと診断し、肥厚した輪状咽頭筋の部分切除術を施行した。その際8mmの内視鏡を挿入することにより輪状咽頭筋の位置を容易に確認できた。術後上部消化管造影で狭窄は消失し、食道内圧検査でもUES圧は60mmHgまで低下した。鑑別診断として胃食道逆流症(GERD)が重要で、上部消化管造影、食道内圧測定、食道pHモニターは必須の検査であり、小児の成長発育から考えると早期の診断治療が重要と考えられた。(著者抄録)
  • 胆道閉鎖症術後にサイトメガロウィルス感染を伴い急激に肝不全へ至った1例, 木村 拓也, 井原 欣幸, 山内 勝治, 澤井 利夫, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 笠原 群生, 日本小児外科学会雑誌, 46, 4, 823, 824,   2010年06月
  • 生体肝移植術後の精神発育遅延が出現し広汎性発達障害と診断された患児の長期経過, 井原 欣幸, 木村 拓也, 澤井 利夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 46, 4, 828, 828,   2010年06月
  • 長期経腸栄養施行中の重症心身障害児における血中セレン濃度に関する検討, 大割 貢, 小角 卓也, 中嶋 静香, 曹 英樹, 米倉 竹夫, 福澤 正洋, 栄養-評価と治療, 27, 2, 175, 178,   2010年05月
    概要:経腸栄養剤を長期間投与された重症心身障害児におけるセレン(Se)欠乏症について検討した。Se含有が高い経腸栄養剤(エンテルード)を2ヵ月間投与後、栄養指標およびSe濃度を測定し、その前後で比較検討した。エンテルード投与前では血清Se値は全例で低値を示していたが投与後は有意に上昇した。血清蛋白値は有意な変化を認めなかった。長期経腸栄養を行っている症例では血清Se値が低値を示すことが多く、Se含有量の豊富な栄養剤の投与を検討すべきであると考えられた。(著者抄録)
  • 多剤併用化学療法を行った小児進行胃癌の1例, 大割 貢, 小角 卓也, 大植 孝治, 太田 善夫, 米倉 竹夫, 福澤 正洋, 小児がん, 47, 2, 320, 325,   2010年05月
    概要:患者は13歳女児。体重減少、腹部膨満、胸腹水の貯留を認め、精査にてスキルス胃癌(poorly differentiated adenocarcinoma、Stage IV)と診断された。フルオロウラシル(5-FU)とシスプラチン(CDDP)の併用療法(FP療法)を計3クール施行した。胸腹水の減少を認めた為、イリノテカン(CPT-11)、ホリナート、CDDP、5-FUの多剤併用化学療法に変更した。3クール施行したところ、腫瘍マーカーは正常化し、経口摂取可能となり患者のQOLは改善した。しかし、その後イレウス症状が出現したため、ドセタキセルを3クール投与後、緩和手術として経皮的イレウス管挿入術を施行した。術後ドセタキセルの腹腔内投与を行ったが症状の改善には至らず、治療開始から9ヵ月後に永眠となった。小児の胃癌は稀で極めて予後不良であり、多剤併用化学療法により一時的に症状の改善をみたが、最終的な予後は不良であった。(著者抄録)
  • 内視鏡手術の進歩 単孔式SILSポートとREAL HAND鉗子を用いた小児腹腔鏡下手術の2例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 408, 408,   2010年05月
  • 細径鉗子を用いた単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術の経験, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 井原 欣幸, 澤井 利夫, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 439, 439,   2010年05月
  • Hand-Assisted Laparoscopic Surgeryによる大腸全摘・回腸嚢肛門管吻合術を行った小児潰瘍性大腸炎の3例, 米倉 竹夫, 木村 拓也, 澤井 利夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 井原 欣幸, 根津 理一郎, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 446, 446,   2010年05月
  • 消化管機能不全の新たなる展開 短腸症候群におけるシトルリン添加TPNの有用性の検討(第3報), 森下 祐次, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 八木 誠, 野上 隆司, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 545, 545,   2010年05月
  • 新生児外科治療のコツ 新生児における臍輪内環状切開による小腸閉鎖根治術, 澤井 利夫, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 550, 550,   2010年05月
  • 小児外傷 日本外傷学会(臓器損傷分類2008)の深在性損傷3型の小児腹腔内実質臓器損傷例の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 583, 583,   2010年05月
  • 治療に難渋した良性疾患 右肺無形成、arterial slingを伴った全気管狭窄症の新生児症例, 井原 欣幸, 小角 卓也, 澤井 利夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 586, 586,   2010年05月
  • 心の残る症例 忘れられない『膵島部膵芽腫に対する門脈・上腸間膜静脈合併切除と幽門輪温存膵頭十二指腸切除術』の1例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 窪田 昭男, 八木 誠, 野上 隆司, 吉田 秀樹, 北山 仁士, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 592, 592,   2010年05月
  • 胎児診断された一側腎形成不全を合併する尿管異所性開口症例の2例, 井原 欣幸, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 19, 2, 128, 128,   2010年05月
  • Parameatal urethral cyst 3例の経験, 澤井 利夫, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 野瀬 恵介, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 19, 2, 131, 131,   2010年05月
  • 腎断裂を伴う小児鈍的腎外傷の3例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 澤井 利夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本小児救急医学会雑誌, 9, 2, 195, 195,   2010年05月
  • 心肺蘇生を要した外因性小児3次救急症例に対する治療とその問題点の検討, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 井原 欣幸, 木村 拓也, 澤井 利夫, 日本小児救急医学会雑誌, 9, 2, 214, 214,   2010年05月
  • CPAにて搬送され、大量の泡沫状肺出血を呈し死亡した熱中症の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 木村 拓也, 井原 欣幸, 太田 善夫, 日本小児救急医学会雑誌, 9, 2, 215, 215,   2010年05月
  • 腸重積の観血的治療への治療戦略 腹腔鏡下手術の有用性についての検討, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本小児救急医学会雑誌, 9, 2, 232, 232,   2010年05月
  • 後天性声門下気管狭窄に対するpartial cricotracheal resection(PCTR)を施行した1例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 46, 2, 304, 304,   2010年04月
  • 短腸症候群症例の栄養管理 TPN・経腸栄養、他 短腸症候群におけるシトルリン添加TPNの有用性の検討, 森下 祐次, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 塩崎 均, 八木 誠, 野上 隆司, 山中 重明, 渡辺 信介, 日本小児外科学会雑誌, 46, 2, 313, 313,   2010年04月
  • 【静脈・経腸栄養(第3版) 基礎・臨床研究のアップデート】 在宅栄養療法 小児での在宅栄養, 米倉 竹夫, 日本臨床, 68, 増刊3 静脈・経腸栄養, 660, 668,   2010年03月
  • 鎖肛手術 機能的肛門形成術をめざして 男児中間位・高位鎖肛に対する腹腔鏡補助下直腸肛門形成術の術式と術後の短期 中期排便機能, 八木 誠, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 吉田 英樹, 宇田津 有子, 野上 隆司, 日本外科学会雑誌, 111, 臨増2, 87, 87,   2010年03月
  • 小児救急における小児外科の役割 小児三次救急を誰がどのように担っていくか? 小児救命救急における小児外科医の役割, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 46, 1, 12, 12,   2010年02月
  • Laparoscopic dome resectionを行った小児脾嚢胞の1例 Laparoscopic dome resectionを施行した本邦報告例のまとめ, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 46, 1, 41, 47,   2010年02月
    概要:症例は13歳女児。左上腹部の膨隆と腹痛を訴え近医を受診した。腹部超音波検査にて5cm大の腹腔内嚢腫を指摘され本院に紹介となった。腹部超音波検査・CT検査にて脾下極に7cm大の内容は均一な単房性の嚢腫を認め脾嚢胞と診断した。左側腹部の不快感を認め、また破裂の危険性もある為に、laparoscopic dome resectionを施行した。脾嚢胞と大網および腹壁との間に認めた癒着を剥離した。SANDバルーンを用いて暗赤色の嚢腫内容液を180ml穿刺吸引した。正常脾組織辺縁に沿い超音波凝固切開装置にて嚢胞壁のdome resectionを行った。嚢胞は術後の病理検査にて上皮嚢腫と診断された。術後2年以上経過するが再発等は認めていない。(著者抄録)
  • 重症心身障害児・者に対する喉頭気管分離術の予後と周術期QOLに対する検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 46, 1, 129, 129,   2010年02月
  • 肛門管重複症の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 46, 1, 137, 137,   2010年02月
  • 短腸症候群における尿素回路障害とシトルリン添加TPNの有用性の検討, 米倉 竹夫, 森下 祐次, 大柳 治正, 塩崎 均, 八木 誠, 小角 卓也, 山内 勝治, 中山 満雄, 静脈経腸栄養, 25, 1, 180, 180,   2010年01月
  • 当院におけるNST活動の活性化を目指して, 中山 剛之, 井口 昌宏, 木室 多重子, 豊田 佐枝子, 岩本 友紀, 立花 貞信, 木村 拓也, 井上 雅智, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 25, 1, 396, 396,   2010年01月
  • 当院における慢性腎臓病(CKD)の実態と蛋白投与量の検討, 井口 真宏, 豊田 佐枝子, 木室 多重子, 立花 貞信, 岩本 友紀, 花本 仁, 木村 拓也, 中山 剛之, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 25, 1, 415, 415,   2010年01月
  • 腎不全用高カロリー輸液投与時の低リン血症, 岩本 友紀, 立花 貞信, 豊田 佐枝子, 木室 多重子, 井口 真宏, 花本 仁, 木村 拓也, 中山 剛之, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 25, 1, 468, 468,   2010年01月
  • 【小児炎症性腸疾患に対する治療の話題】 小児炎症性腸疾患に対する外科治療の適応と問題点, 根津 理一郎, 廣田 昌紀, 中島 清一, 米倉 竹夫, 八木 誠, 小児科, 51, 1, 27, 34,   2010年01月
  • 空腸瘻排液による重度皮膚びらんに対する唾液持続吸引チューブを用いた持続吸引, 井原 欣幸, 山内 勝治, 黒田 征加, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 岩本 未央, 柿原 美子, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌, 25, 3, 155, 155,   2009年12月
  • 重症心身障害者に対する腹腔鏡補助下PEG, 井原 欣幸, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, 7, 276, 276,   2009年12月
  • Hirschsprung病を合併した両側傍胸骨裂孔ヘルニアの鏡視下手術の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本内視鏡外科学会雑誌, 14, 7, 391, 391,   2009年12月
  • イリノテカン(CPT11)が有効であった上腸間膜静脈腫瘍塞栓を合併したpancreatoblastoma(膵芽腫)の1例, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓哉, 井原 欣幸, 太田 善夫, 小児がん, 46, プログラム・総会号, 381, 381,   2009年11月
  • 右肺無形成、arterial slingを伴った全気管狭窄症の1例, 井原 欣幸, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 澤井 利夫, 山内 勝治, 黒田 征加, 日本未熟児新生児学会雑誌, 21, 3, 544, 544,   2009年10月
  • 門脈欠損症を合併した肝限局性結節性過形成(FNH)の18 trisomyの1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 神山 雅史, 太田 善夫, 日本小児科学会雑誌, 113, 10, 1603, 1604,   2009年10月
  • ミルクアレルギーに伴う多彩な症状を呈した小腸閉鎖症術後の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 井原 欣幸, 日本小児科学会雑誌, 113, 10, 1604, 1605,   2009年10月
  • 巨大後腹膜奇形腫の1例, 井原 欣幸, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 小角 卓也, 山内 勝治, 太田 善夫, 日本小児科学会雑誌, 113, 10, 1606, 1606,   2009年10月
  • 腹痛で発症した肺葉外肺分画症の梗塞症例, 井原 欣幸, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 小角 卓也, 山内 勝治, 日本小児科学会雑誌, 113, 10, 1608, 1608,   2009年10月
  • 肝内門脈周囲に著明な浮腫を呈したveno-occlusive diseaseの1例, 大割 貢, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 太田 善夫, 小児がん, 46, 3, 359, 363,   2009年09月
    概要:腹水を契機に発症し黄疸を認めなかったveno-cclusive disease(VOD)をきたした左腎Wilms腫瘍術後症例を経験した。2回目のアクチノマイシンD投与後4日目より急激な腹部膨満、体重増加が出現、造影CTにて大量の腹水と肝内門脈周囲の浮腫を認めた。ステロイド投与により腹水貯留は発症後7日目に改善した。肝機能異常は発症後10日目から出現したが、黄疸の合併はなかった。Wilms腫瘍術後、AMDによるVODを発症した症例を経験した。病初期には肝障害はなく腹水、血小板低下を認め、CTにてperiportal edemaを認め、ステロイドが著効した。(著者抄録)
  • 【小児内視鏡手術の適応拡大 安全な術式と従来法との比較検討】 腸重積症に対する腹腔鏡下手術, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 小児外科, 41, 9, 953, 958,   2009年09月
    概要:腸重積症の新生児に対し、開腹手術を施行した6例(A群)と腹腔鏡下手術を施行した9例(B群)の比較を行った。B群では9例中3例で腹腔鏡観察時に重積が既に解除されていたが、A群では開腹時に全例で重積を認めた。腸管壊死の合併はA群2例で認め、器質的病変の合併はA群2例、B群2例で認めた。術中合併症はB群1例で認め、この症例は腸重積の4回目の再発例であり、腹腔鏡観察時には腸重積は解除されていた。追加手術施行はA群3例、B群4例で、虫垂切除術施行はA群3例、B群9例であった。性別、年齢、病悩期間、手術時間、経口開始までの期間、入院期間には両群間で有意差はなかった。また、両群とも術後の再発は認めなかった。
  • 周産期管理により腎機能障害を回避し良好なQOLを得た前部尿道弁狭窄の1例, 井原 欣幸, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 木村 拓也, 島田 憲次, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 18, 2, 144, 144,   2009年09月
  • 稀な病態を呈した尿路路形態異常に対する胎児診断, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 島田 憲次, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 18, 2, 144, 144,   2009年09月
  • 腎断裂を伴う小児鈍的腎外傷の3例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 木村 拓也, 井原 欣幸, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 18, 2, 147, 147,   2009年09月
  • 【小児外来必携 お子さまの病気を専門医がわかりやすく説明します】 結核性リンパ節炎 BCG接種後、脇の下に赤いしこりができて、ときどき膿がでるのですが, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 井原 欣幸, 小児外科, 41, 8, 852, 854,   2009年08月
  • 副鼻腔(右上顎洞)原発の横紋筋肉腫(Alveolar rhabdomyosarcoma)の1症例, 中井 義紀, 家根 旦有, 桝井 貴史, 米倉 竹夫, 西田 吉直, 日本鼻科学会会誌, 48, 3, 266, 266,   2009年08月
  • 当科における自然気胸に対する胸腔鏡下手術の臨床的検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 井原 欣幸, 日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌, 9, 1, 69, 69,   2009年08月
  • Fetal renal emergencyの2例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 井原 欣幸, 島田 憲次, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 18, 1, 60, 64,   2009年07月
    概要:胎生中期以降に尿路形態異常による急激な腎障害の進行を認め、残存腎機能の悪化が危惧された2症例経験した。症例1は胎生33週0日に胎児水腎症を、症例2は胎生17週に腹部嚢胞を指摘された。両症例とも妊娠中後期に羊水過少が出現したことから、High Frequency Oscillation等により呼吸管理が必要と判断し、腎機能の温存を優先した早期娩出・出生後治療の方針とした。症例1は生後1日目に右気胸を合併して呼吸管理を要し、腎後性不全からの利尿期が続いた。そして呼吸、尿量安定後の生後14日に尿道皮膚瘻を作成し、造影検査で下部尿路閉塞症と診断された。症例2は出生後呼吸管理を行い、左腎は異形成無機能腎として放置し、右経皮腎瘻を造設した。術後は3週間にわたり利尿期が持続した。最終的に両側腎臓とも腎盂尿管移行部狭窄と診断され、生後5ヵ月時に右腎盂形成術を施行、いずれも発育は良好で、周術期管理により腎障害の進行が阻止できたものと思われた。
  • 胎児期の進行性腎病変に対し周産期管理により腎機能を温存し得た1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 45, 4, 775, 775,   2009年06月
  • 肝門部空腸吻合術直後に肺梗塞を合併した胆道閉鎖症の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 45, 4, 778, 778,   2009年06月
  • 高位空腸閉鎖・短腸症候群を合併した腹壁破裂に対するストーマ造設と管理, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 清水 知江, 本橋 香奈子, 泉 静穂, 加藤 理恵子, 丸山 紗葵, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌, 25, 2, 65, 65,   2009年06月
  • 当院における小児心肺蘇生例の検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 日本小児救急医学会雑誌, 8, 2, 176, 176,   2009年06月
  • 小児急性虫垂炎に対する鏡視下手術の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本小児救急医学会雑誌, 8, 2, 238, 238,   2009年06月
  • 新生児期に手術を施行した重複腸管の2例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 45, 2, 422, 422,   2009年06月
  • 胎児診断された尿管開口異常を伴った異形成性水腎症水尿管を呈した稀な尿路先天異常症, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 45, 2, 548, 548,   2009年06月
  • 胎児期より経過観察し長期生存を得ているCampomelic dysplasiaの1例, 嶋尾 綾子, 鶴見 文俊, 三崎 泰志, 吉林 宗夫, 井原 欣幸, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 大村 元, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 45, 2, 616, 616,   2009年06月
  • 短腸症候群におけるシトルリン添加TPNの有用性の検討(第1報), 森下 祐次, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 塩崎 均, 八木 誠, 野上 隆司, 渡辺 信介, 山中 重明, 外科と代謝・栄養, 43, 3, 87, 87,   2009年06月
  • 肝不全を伴った短腸症候群に対する単独肝移植の検討, 井原 欣幸, 上野 豪久, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 福澤 正洋, 米倉 竹夫, 移植, 44, 3, 276, 276,   2009年06月
  • 内視鏡外科手術の工夫 LPEC針を応用した鏡視下手術, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3, 413, 413,   2009年05月
  • 小児救急における小児外科の役割 小児3次救急を誰がどのように担っていくか? 小児救命救急における小児外科医の役割, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3, 437, 437,   2009年05月
  • 急性腹症で発症した肺葉外肺分画症の一例, 井原 欣幸, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 小角 卓也, 山内 勝治, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3, 546, 546,   2009年05月
  • 小児胸腹部外傷症例の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3, 605, 605,   2009年05月
  • 小児自然気胸症例に対する胸腔鏡下手術の臨床的検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3, 611, 611,   2009年05月
  • 胎児期卵巣嚢腫症例の検討, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3, 647, 647,   2009年05月
  • 腹腔鏡補助下での経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の経験, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 中山 剛之, 静脈経腸栄養, 24, 3, 801, 805,   2009年05月
    概要:著者らは過去約2年間に経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)が困難な6症例(5〜75歳)に対し、腹腔鏡補助下PEG(lap-assisted PEG)を施行し、胃瘻による経腸栄養を低侵襲にて安全導入できた。今回、これを報告した。1)6症例の内訳は重症心身障害児5例、脳梗塞後1例で、lap-assisted PEGを選択した理由は側彎により胃が肋骨より頭側に位置する症例が4例、胃の腹側の結腸の存在が1例、腹腔鏡下噴門形成術術後の癒着性胃流出路障害が1例であった。2)5例に対して、臍からのカメラポートに1から2ヶ所のワーキングポートを追加した。そして、脳梗塞後の症例を除き腹壁への胃壁固定を併用して胃瘻を造設した。3)癒着剥離術を追加した2例を除くと、手術時間は1時間から1時間半程度であった。4)胃瘻からの栄養剤注入開始日は、癒着剥離術追加症例では術後5日と6日、他の4例は術後2日であった。5)合併症は術後早期、晩期とも全例、認められなかった。
  • 先天性気管狭窄症を合併した極低出生体重児の1例, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 45, 2, 264, 264,   2009年04月
  • 喉頭気管分離術の適応と問題点、特に気管腕頭動脈瘻の危険因子についての検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 45, 2, 275, 275,   2009年04月
  • 頸部原発気管支原性嚢胞の1例, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 井原 欣幸, 太田 善夫, 神山 雅弘, 日本小児外科学会雑誌, 45, 2, 281, 281,   2009年04月
  • 小児胸腹部外傷症例の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本外傷学会雑誌, 23, 2, 197, 197,   2009年04月
  • 開心術後の極度な鳩胸に対する胸郭形成術の1手術例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 神山 雅史, 長門 久雄, 日本小児外科学会雑誌, 45, 1, 72, 76,   2009年02月
    概要:症例は、Noonan症候群の3歳女児。1歳6ヵ月に肺動脈狭窄症に対して胸骨正中切開にて根治術施行された。術後に進行する鳩胸に対して3歳9ヵ月目に胸郭形成術を施行した。しかし、CT検査で胸骨は正中で折れ曲がり癒合していたため、再度、胸骨正中切開を行い、過形成した左右の第4肋骨から第8肋骨の肋軟骨を切除したのち、左右に分離した胸骨を第6肋間の高さでそれぞれ骨折させ平坦にした。骨折させた胸骨の上下とその外側にある肋骨とをプレートで固定した。術中・術後は循環への影響はなく、胸部の安静とflail chestの予防を目的に術後1週間人工呼吸施行した。外見は正常化し術後16日目に退院となった。(著者抄録)
  • 【知っておきたい泌尿器科の知識】 胎児期の尿路先天異常のスクリーニング, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 小児外科, 41, 2, 104, 115,   2009年02月
  • 小児腹部救急における腹腔鏡手術の適応と限界 小児虫垂炎に対する腹腔鏡下手術の問題点の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本腹部救急医学会雑誌, 29, 2, 268, 268,   2009年02月
  • Placental mesenchymal dysplasiaに胎児水腫を合併した1例, 安原 肇, 大坪 麻, 坂東 由香, 扇谷 綾子, 箕輪 秀樹, 井原 欣幸, 黒田 征加, 山内 勝治, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 113, 2, 448, 448,   2009年02月
  • NST・ICTの横断的活動における薬剤部の取り組み, 岩本 友紀, 西浦 早織, 松岡 寛, 立花 貞信, 豊田 佐枝子, 木室 多重子, 井口 昌宏, 久保 修一, 花本 仁, 中山 剛之, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 24, 1, 278, 278,   2009年01月
  • 当院における内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の合併症 穿刺部位不良を中心に, 中山 剛之, 豊田 佐枝子, 木室 多重子, 井口 昌宏, 立花 貞信, 西浦 早織, 岩本 友紀, 加地 由実, 喜多 昌世, 村田 賢, 井上 雅智, 米倉 竹夫, 静脈経腸栄養, 24, 1, 287, 287,   2009年01月
  • 【小児外科疾患の基礎理解と術前・術後のケアポイント】 先天性食道閉鎖症の理解とケアのポイント, 米倉 竹夫, こどもケア, 3, 5, 10, 17,   2008年12月
  • 体重5kg以下の食道裂孔ヘルニアに対し鏡視下手術を行なった1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 44, 6, 757, 757,   2008年10月
  • 無脾症候群にmicrogastriaを合併した食道裂孔ヘルニアに対する鏡視下手術の問題点, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 黒田 征加, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 44, 6, 757, 758,   2008年10月
  • 直腸肛門奇形 男児中間位・高位鎖肛に対する腹腔鏡補助下直腸肛門形成術の術式と術後の短期 中期排便機能, 八木 誠, 宇田津 有子, 野上 隆司, 吉田 英樹, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 44, 6, 762, 763,   2008年10月
  • 胎児期の進行性腎病変に対し周産期管理により腎機能を温存し得た1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 井原 欣幸, 日本未熟児新生児学会雑誌, 20, 3, 519, 519,   2008年10月
  • 胎児診断により腎機能障害を回避し得た前部尿道弁による高度尿路狭窄症の一例, 井原 欣幸, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 小角 卓也, 山内 勝治, 日本未熟児新生児学会雑誌, 20, 3, 520, 520,   2008年10月
  • 鏡視下手術を施行した先天性食道裂孔ヘルニアの5乳幼児例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本内視鏡外科学会雑誌, 13, 7, 152, 152,   2008年09月
  • 中間位高位鎖肛に対する腹腔鏡補助下直腸肛門形成術術後の排便機能, 八木 誠, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 吉田 洋, 野上 隆司, 吉田 英樹, 日本内視鏡外科学会雑誌, 13, 7, 299, 299,   2008年09月
  • Laparoscopic dome resectionを行った小児脾嚢胞の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本内視鏡外科学会雑誌, 13, 7, 337, 337,   2008年09月
  • 小児の胃食道逆流症に対する腹腔鏡下Boerema-Filler噴門形成術の経験, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 小角 卓也, 神山 雅史, 日本内視鏡外科学会雑誌, 13, 4, 453, 459,   2008年08月
    概要:精神運動発達遅延を認めない小児の胃食道逆流症6例に対し腹腔鏡下Boerema-Filler噴門形成術を行い、その手術手技および成績、長期予後について報告した。性別は男児4例、女児2例で、年齢は4〜68ヵ月、体重は5.4〜15.2kgであった。手術は4ポートで行い、腹部食道を確保後、食道裂孔を縫縮し、胃底部を胸部食道左側に縫合、最後に胃体部前壁を腹壁に前方固定した。手術時間は200〜645分で、出血量は1例を除き少量であった。手術に伴う合併症は認めず、開腹移行も認めなかった。術後観察期間は14〜84ヵ月(中央値30ヵ月)で、全例で症状の改善を認め、症状の再発はみられなかった。
  • 性分化異常症(真性半陰陽)の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 島田 憲次, 川口 千晴, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 16, 2, 249, 254,   2008年06月
    概要:患者は二卵性双生児の第二子として、在胎36週5日に帝王切開で出生した。妊娠経過には問題はなかった。外陰部は会陰部尿道下裂・二分陰嚢様を呈しており、陰嚢内には性腺は認めず、両鼠径部には腫瘤が触知され、両側の停留睾丸と考えられた。そこで、排尿時の膀胱尿道造影を行ったところ、球部尿道の背側に位置する腟様の小嚢が造影され、生後9日目に腹腔鏡による内性器の精査と両側鼠径部の性腺の生検が施行された。その結果、正常の子宮・卵管は認めず、子宮にあたる組織は膜様を呈し、それに連続する索条物は内鼠径輪につながっていた。また、鼠径部の腫瘤は精巣、卵巣が癒合しており、組織生検で卵精巣とわかった。一方、染色体検査は46,XXであった。以上、これらの所見より、本症例は卵精巣を有する性分化異常症と診断され、女性として養育することに決定、生後58日目に女性化外性器形成術、両側精巣摘出術が施行された。
  • 新生児喉頭蓋嚢胞の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 44, 2, 359, 359,   2008年06月
  • 分娩時外傷性脾破裂によるショックから腎不全をきたした新生児症例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 嶋尾 綾子, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 44, 2, 497, 497,   2008年06月
  • 新生児メレナに対しSengstarken-Breakmore Tube(S-B tube)が有用であった1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 神山 雅史, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 44, 2, 598, 598,   2008年06月
  • 小児医療グランドデザインの中における小児3次救急の問題点とその対策 小児3次救急を誰がどのように担っていくか? 小児外科における小児3次救急の現況と問題点, 米倉 竹夫, 神山 雅史, 山内 勝治, 黒田 征加, 小角 卓也, 日本小児救急医学会雑誌, 7, 1, 49, 49,   2008年06月
  • 不慮の事故による小児の胸腹部臓器損傷症例の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本小児救急医学会雑誌, 7, 1, 76, 76,   2008年06月
  • 小児外科の責務としての小児救急医療への取り組み 当院における入院治療を要した小児熱傷症例の検討, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 日本小児救急医学会雑誌, 7, 1, 109, 109,   2008年06月
  • Fetal renal emergencyの2例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 島田 憲次, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 17, 1, 70, 70,   2008年06月
  • 重症心身障害児のGERD治療 重症例心身障害症例のGERDに対する治療戦略 外科治療の選択とその予後についての検討, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 神山 雅史, 黒田 征加, 日本外科系連合学会誌, 33, 3, 463, 463,   2008年05月
  • Laparoscopic dome resectionを行った小児脾嚢胞の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 44, 3, 383, 383,   2008年05月
  • 小児喉頭蓋嚢胞の3例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 44, 3, 407, 407,   2008年05月
  • 肺葉外肺分画症を合併した先天性横隔膜ヘルニアの1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 44, 3, 463, 463,   2008年05月
  • 腸重積症に対する腹腔鏡(補助)下手術症例の検討, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 44, 3, 492, 492,   2008年05月
  • 小児外科医と小児がん 長く険しい闘いから学べること、また質のよい医療を目指して, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 黒田 征加, 神山 雅史, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 44, 3, 524, 524,   2008年05月
  • 陰部脂肪腫・脂肪芽腫の3例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 神山 雅史, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 44, 3, 535, 535,   2008年05月
  • 産院で出生した新生児・乳児の紹介例の検討, 久保 里美, 箕輪 秀樹, 吉澤 弘行, 扇谷 綾子, 北村 則子, 三崎 泰志, 吉林 宗男, 大割 貢, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 507, 508,   2008年03月
  • 頸部異所性胸腺の1乳児例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 508, 508,   2008年03月
  • 共通管内結石の嵌頓により発症したと考えられた膵胆管合流異常症の2女児例, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 509, 509,   2008年03月
  • 気管切開を置かれた先天性声門下腔狭窄症例に対する気管形成術における周術期管理の工夫, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 511, 511,   2008年03月
  • 先天性前部尿道弁の1男児例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 山内 勝治, 大割 貢, 島田 憲次, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 511, 511,   2008年03月
  • 稀な急性腹症に対し腹腔鏡下手術を施行した2小児例, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 山内 勝治, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 514, 514,   2008年03月
  • 発達支援・医療的ケアを要する児の現状と問題点について, 箕輪 秀樹, 久保 里美, 吉澤 弘行, 扇谷 綾子, 鎌田 航也, 北村 則子, 三崎 泰志, 吉林 宗夫, 木村 拓也, 山内 勝治, 小角 卓也, 佐々木 隆志, 米倉 竹夫, 西久保 敏也, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 514, 514,   2008年03月
  • 小児救急における小児外科の役割 小児3次救急医療を開始して, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 515, 515,   2008年03月
  • ホームモニターとしてPulsoxパルスオキシメーターを用いて呼吸障害の改善を確認した2例, 清水 宏明, 井上 知美, 榊原 崇文, 山田 佳世, 新居 育代, 安原 肇, 川口 千晴, 西久保 敏也, 高橋 幸博, 福田 和由, 田村 有広, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 516, 516,   2008年03月
  • 重症心身障害児における呼吸障害と胃食道逆流症に対する24時間pHモニター・睡眠時呼吸監視モニター併用検査の有用性, 山内 勝治, 神山 雅史, 木村 拓也, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 518, 518,   2008年03月
  • 穿孔性虫垂炎に対する腹腔鏡下虫垂切除術の経験, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 神山 雅史, 山内 勝治, 小角 卓也, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 518, 518,   2008年03月
  • 真性半陰陽の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 島田 憲次, 川口 千晴, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 520, 520,   2008年03月
  • 小児3次救急を開始して経験した溢頸例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 黒田 征加, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 520, 520,   2008年03月
  • 内視鏡的バルーン拡張術が有用であった消化管通過障害の2例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 神山 雅史, 黒田 征加, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 521, 521,   2008年03月
  • 分娩時外傷性脾破裂によるショックから腎不全をきたした新生児症例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 524, 524,   2008年03月
  • 新生児吐血に対してSengstaken-Blakemore tube(S-B tube)が有用であった症例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 神山 雅史, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 524, 524,   2008年03月
  • 小児腹部救急疾患の診断と治療のstrategy 不慮の事故により腹部臓器損傷をきたした小児症例の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本腹部救急医学会雑誌, 28, 2, 278, 278,   2008年02月
  • 臍輪内環状切開による新生児開腹手術, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 44, 1, 85, 85,   2008年02月
  • 稀な腹壁破裂の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 44, 1, 95, 95,   2008年02月
  • Type 3のlaryngotracheoesophageal cleftに対するtranstracheal repair, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 44, 1, 102, 102,   2008年02月
  • 腹腔鏡補助下での経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の経験, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 中山 剛之, 静脈経腸栄養, 23, 増刊, 210, 210,   2008年01月
  • スルピリド投与にて短期間に摂食障害の改善をみた3症例 当院におけるNST活動の問題点を中心に, 中山 剛之, 豊田 佐枝子, 木室 多重子, 立花 貞信, 松岡 寛, 村田 賢, 湯川 真生, 米倉 竹夫, 井上 雅智, 静脈経腸栄養, 23, 増刊, 274, 274,   2008年01月
  • 栄養管理計画を実施した症例におけるoutcomeの検討, 木室 多重子, 井口 真宏, 豊田 佐枝子, 米倉 竹夫, 中山 剛之, 立花 貞信, 松岡 寛, 静脈経腸栄養, 23, 増刊, 315, 315,   2008年01月
  • 奈良県における小児3次救急医療の現況とその問題点, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 黒田 征加, 日本小児外科学会雑誌, 43, 7, 969, 969,   2007年12月
  • 小児3次救急を開始して経験した溢頸例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 黒田 征加, 日本小児外科学会雑誌, 43, 7, 969, 970,   2007年12月
  • ドキッとした症例・困難症例の報告(形成外科・小児・神経) 術中にNuss法が危険と判断し中止した重度漏斗胸の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, 7, 331, 331,   2007年11月
  • Hirschsprung病に対する新生児一期的腹腔鏡補助下根治術の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 黒田 征加, 神山 雅史, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, 7, 550, 550,   2007年11月
  • 右側尿管瘤によるMCDK・水尿管の1ヵ月女児に対する腹腔鏡下腎尿管摘出術, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, 7, 552, 552,   2007年11月
  • Applied Gelexisを用いたesophagogastric dissociation(EGD), 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 黒田 征加, 神山 雅史, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, 7, 553, 553,   2007年11月
  • 胆道閉鎖症の術式・合併症・術後管理 I-cyst型胆道閉鎖症の治療法の選択について, 上野 豪久, 窪田 昭男, 川原 央好, 長谷川 利路, 奥山 宏臣, 石川 暢己, 三谷 泰之, 吉田 英樹, 八木 誠, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 43, 6, 733, 733,   2007年10月
  • 稀な腹壁破裂の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本未熟児新生児学会雑誌, 19, 3, 548, 548,   2007年10月
  • 先天性気管狭窄症を合併した極低出生体重児の1例, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 神山 雅史, 三崎 泰志, 嶋尾 綾子, 日本未熟児新生児学会雑誌, 19, 3, 550, 550,   2007年10月
  • 上顎骨原発Ewing肉腫の1例 顎骨原発の本邦のまとめ, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 山内 勝治, 大割 貢, 古田 治彦, 山口 万枝, 太田 善夫, 橋本 賢二, 小児がん, 44, 2, 155, 162,   2007年09月
    概要:症例は13歳の女児。前歯の痛みと上顎前歯口蓋粘膜部に径10mm大の膨隆を認め、本院口腔外科を受診となった。細胞診にてsmall round cell tumorと診断された。当科受診までの1ヵ月間で、腫瘍は約2倍の大きさに増大し、腫瘍生検にて上顎部原発のEwing肉腫と診断した。術前3クールの化学療法を施行したが、腫瘍の縮小は軽度で、上顎部分切除術を施行した。術後化学療法を1クール追加したのち、自家末梢幹細胞移植(PBSCT)を用いた超大量化学療法を行った。診断から4年以上経過しているが、再発なく経過している。Ewing肉腫の顎骨からの発生は非常に珍しく、本邦報告例をまとめ報告する。(著者抄録)
  • 喉頭気管分離術後の気管腕頭動脈瘻の発生について その危険因子の検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 神山 雅史, 奥野 毅彦, 日本重症心身障害学会誌, 32, 2, 273, 273,   2007年08月
  • 小児外科の責務としての小児3次救急医療への取り組み 奈良県での小児3次救急医療の現況とその問題点, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 日本小児救急医学会雑誌, 6, 1, 107, 107,   2007年06月
  • 先天性心疾患と先天性外科疾患との重複症例に関する検討, 扇谷 綾子, 吉澤 弘行, 久保 里美, 吉林 宗夫, 三崎 泰志, 北村 則子, 鎌田 航也, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 箕輪 秀樹, 日本未熟児新生児学会雑誌, 19, 2, 245, 250,   2007年06月
    概要:先天性心疾患と先天性外科疾患とを重複合併した症例(以下、重複症例)に関する臨床的検討を行った。1999年10月から2005年3月までの5年6ヵ月間に当院NICUで入院管理した498例のうち重複症例は26例であった。そのうち染色体異常および奇形症候群の合併は20例(77%)、手術を要した症例は23例(88%)であった。重複症例は周術期管理を含め高度医療を要し、基礎疾患に伴う合併症のために平均入院日数は170±175日と長期におよんだ。NICUから自宅へ直接退院した症例は4例(15%)のみで、小児病棟へ転棟後に退院した症例が18例(69%)、死亡退院が3例(12%)、転院が1例であった。重複症例は医療的ケアを要する重症例が多く、そのため各症例毎の重症度に応じた迅速な各科の連携や、退院後には呼吸管理を含めた医療的ケアと療育機能を併せもつ施設の整備、さらには在宅支援システムの整備が必要であると思われた。(著者抄録)
  • 開心術後の極度な鳩胸に対する胸郭形成術の1手術例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 神山 雅史, 長門 久雄, 日本小児外科学会雑誌, 43, 4, 650, 651,   2007年06月
  • 当科における片側膀胱尿管逆流症(VUR)手術症例の検討 膀胱外アプローチ(Lich-Gregoire法)の有効性について, 黒田 征加, 米倉 竹夫, 小角 宅也, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 16, 1, 58, 58,   2007年06月
  • 真性半陰陽の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 島田 憲次, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 16, 1, 76, 76,   2007年06月
  • 右側尿管瘤によるMCDK・水尿管の1ヵ月女児に対する腹腔鏡下腎尿管摘出術, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 16, 1, 108, 108,   2007年06月
  • 胎児腹水で発見され出生後腹水検査にてTAMと診断されたDown症候群の1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 山内 勝治, 三崎 康志, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 43, 2, 470, 470,   2007年06月
  • 真性半陰陽の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 黒田 征加, 山内 勝治, 神山 雅史, 島田 憲次, 川口 千晴, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 43, 2, 478, 478,   2007年06月
  • 小児外科診療の経済的問題点と対策 診療報酬からみた小児外科診療の問題点とその対策 死ぬほど働かされるその訳は, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 神山 雅史, 黒田 征加, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 304, 304,   2007年05月
  • Hirschsprung病に対する新生児一期的腹腔鏡補助下根治術の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 黒田 征加, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 431, 431,   2007年05月
  • 小児外科における小児3次救急医療の現況, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 黒田 征加, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 532, 532,   2007年05月
  • 喉頭気管分離術後の気管腕頭動脈瘻の発生について その危険因子の検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 黒田 征加, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 590, 590,   2007年05月
  • 小児肺腫瘍の一例, 西川 龍之, 長谷川 博一, 西田 千嘉子, 山本 敬, 岡嶋 馨, 大割 貢, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 太田 善夫, Radiation Medicine, 25, Suppl.I, 73, 73,   2007年04月
  • 【まれな新生児外科疾患の治療】 極めてまれな合併疾患を伴った食道閉鎖症の3例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 廣岡 慎治, 大割 貢, 小児外科, 39, 3, 262, 271,   2007年03月
    概要:症例1は総排泄腔遺残症、重度腎障害、肺低形成症合併A型食道閉鎖の女児で、VATER症候群と診断した。胎児診断はできなかった。肺低形成による呼吸障害、溢水による高血圧発作と肺水腫のため呼吸状態は悪化し、生後113日に肺炎状態のまま食道閉鎖根治術を行った。術後はECMO、CHDFを要し、アシドーシスと高カリウム血症で死亡した。症例2は左横隔膜ヘルニアを合併したC型食道閉鎖を出生前診断できた初の症例(男児)で、生後4時間目に開腹手術を行った。横隔膜欠損孔、気管食道瘻が大きく、気管食道遠位側に挿管して呼吸管理を行った。食道バンディングを行ったがair leakageのコントロ-ルが困難で気管食道瘻を結紮切離した。しかし、肝左葉の皮膜下出血、腹圧上昇に伴った循環不全をきたし、術後4日目に脳室内出血にて死亡した。症例3は劣性栄養型表皮水疱症を合併したA型食道閉鎖の女児で、3例目の報告であり、初めての生存例である。周術期の感染の防止や体液管理が奏効した。
  • 重症心身障害児における胃食道逆流症(GER)と閉塞性気障害の関連性について 24時間pHモニターとアプネア・モニターの同時検査の有用性, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 木村 拓也, 神山 雅史, 日本外科学会雑誌, 108, 臨増2, 691, 691,   2007年03月
  • 小児外科で胎児診断した症例の予後とQOLからみた周産期管理上の問題点の検討, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 木村 拓也, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本外科学会雑誌, 108, 臨増2, 693, 693,   2007年03月
  • 気管切開を置かれた声門下腔狭窄症に対するレティナ-経鼻ステント法を用いた気管形成術, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 43, 1, 99, 99,   2007年02月
  • 予防できなかった腕頭動脈気管瘻の1救命例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 43, 1, 104, 105,   2007年02月
  • 先天性食道狭窄症術後の吻合部狭窄に対して、空腸間置による再建を施行した1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 日本小児外科学会雑誌, 43, 1, 105, 105,   2007年02月
  • 健常児の胃食道逆流症に対する腹腔鏡下Boerema-Filler手術の経験, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 神山 雅史, 日本小児外科学会雑誌, 43, 1, 110, 110,   2007年02月
  • 【小児がん 難治症例へのさらなる治療戦略】 Second look手術で膵頭十二指腸切除術を施行した膵芽腫の1例, 野上 隆司, 八木 誠, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 吉田 洋, 吉田 英樹, 大柳 治正, 小児外科, 39, 2, 212, 216,   2007年02月
    概要:3歳男児。上腹部両側にわたり約12×7cm大の硬く可動性に乏しい腫瘤を触知した。腹部CTで最大径14cmに及ぶ一部石灰化がみられる腫瘤を認め、胸部CTでは左下肺野に転移を疑う腫瘤影を認めた。開腹生検で膵芽腫と診断され、化学療法New A1を1クールとA3を2クール、ICEを1クール行い、PBSCTを施行した。腫瘍は50%程度に縮小し、肺転移と思われる陰影も消失した。その後、門脈合併膵頭十二指腸切除術および心膜ロールによる門脈再建、右半結腸切除術を行い、術後A3を1クールおよびVP-16、CBDCA、THP-ADR、LPAMでの化学療法を行った。術後に再建した門脈が閉塞し、それに起因する合併症が発症して加療は続いているものの、術後約9年経過した現在まで無再発生存中である。
  • NST活動開始後の各種栄養剤・コストパフォーマンス・患者ベネフィットから検討した栄養管理の評価, 西浦 早織, 立花 貞信, 和田 有可里, 米倉 竹夫, 木村 拓也, 津久井 知子, 大久保 由美子, 佐野 実加, 豊田 佐枝子, 久保 修一, 松岡 寛, 静脈経腸栄養, 22, 増刊, 464, 464,   2007年01月
  • VPシャント症例に対する内視鏡的胃瘻造設術の適応について, 中山 剛之, 米倉 竹夫, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 村田 賢, 湯川 真生, 木村 拓也, 加地 由実, 水野 成人, 井上 雅智, 静脈経腸栄養, 22, 増刊, 564, 564,   2007年01月
  • 腹腔鏡下Boerema-Filler手術の経験, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 神山 雅史, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 42, 7, 845, 845,   2006年12月
  • 呼吸困難,摂食障害を来した二次性巨大結腸の一例, 保木 昌徳, 大割 貢, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 奥野 毅彦, 日本重症心身障害学会誌, 29, 2, 154, 154,   2004年08月
  • 胎児水腎症を呈した異所性尿管瘤に対する新生児期の経尿道的YAGレーザー切開術の2例, 大割 貢, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日小外会誌, 40:654-658, 5, 654, 658,   2004年08月
    概要:症例1:日齢0日の女児.在胎30週に胎児超音波検査にて羊水過少,右水腎症(IV度)・水尿管,左水腎症(II度)を認め,更に膀胱内部に嚢胞性病変を認め右尿管瘤と診断した.左腎の水腎症が増悪し,尿管瘤の内尿道口閉塞による尿閉と診断し,在胎31週に帝王切開にて娩出した.症例2:日齢0日の女児.在胎30週の胎児超音波検査にて羊水過多,左水腎症(IV度)・水尿管を認めた.尿管瘤の存在は確認できず,在胎33週で出生後に左尿管瘤と診断した.症例1は生後18日目,症例2は生後11目に膀胱鏡を行い,異所性尿管瘤を確認し,YAGレーザーで尿管瘤切開術を施行し,水腎症は改善した.YAGレーザーを用いた膀胱鏡下経尿道的尿管瘤切開術は,新生児期における水腎症の治療において侵襲が少なく,一期的根治可能な術式になり得ると考えられた
  • メッケル憩室穿孔性腹膜炎の1例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 木村 拓也, 日本小児外科学会雑誌, 42, 7, 846, 846,   2006年12月
  • 小児がん登録の現状と分析 奈良県における小児がん登録状況, 岸本 朋子, 吉岡 章, 米倉 竹夫, 新宅 教顕, 日本小児血液学会雑誌, 20, 5, 298, 298,   2006年10月
  • 治療の受け入れが困難であった両側Wilms腫瘍を発症したDenys-Drash症候群の1例, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 小角 卓也, 神山 雅史, 日本小児血液学会雑誌, 20, 5, 412, 412,   2006年10月
  • 重症心身障害児における呼吸障害と胃食道逆流症に対する24時間pHモニター、睡眠時呼吸監視モニター併用検査の有用性, 山内 勝治, 神山 雅史, 木村 拓也, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本重症心身障害学会誌, 31, 2, 176, 176,   2006年08月
  • 予防できなかった腕頭動脈気管瘻の1救命例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 神山 雅史, 日本重症心身障害学会誌, 31, 2, 193, 193,   2006年08月
  • 【最近の小児外科手術術式 ワンポイントアドバイス】 胃食道逆流症に対するesophagogastric dissociation, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 山内 勝治, 木村 拓也, 大割 貢, 神山 雅史, 小児外科, 38, 7, 817, 824,   2006年07月
  • 門脈血流の増加を呈した脾過誤腫の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 山内 勝治, 大割 貢, 大田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 42, 4, 491, 496,   2006年06月
    概要:症例は10歳の男児.てんかん重積発作で近医に入院.その際,レントゲン写真で左上腹部に微小石灰化を指摘された.精査にて脾臓内に径5cm大の腫瘍を指摘され紹介となった.入院時の血液生化学上,異常所見はなく,超音波検査,径4cm大のhypoechoic massを認めた.造影CT検査では,腫瘍は造影早期相で濃染され,同時に脾静脈が造影された.MRI検査では,腫瘍は内部均一の充実性腫瘤を認め,T1WIで等信号,T2WIで軽度高信号を示した.腫瘍の動静脈シャントの存在,門脈圧亢進症を併発する危険性や腫瘍の破裂の可能性を考慮し,腹腔鏡下に脾臓摘出術を施行した.術後の病理検査では赤脾髄からなる過誤腫と診断され,術後8日目に退院となった(著者抄録)
  • 鎖肛に対する腹腔鏡下手術の是非 腹腔鏡補助下鎖肛根治術後の早期排便機能評価, 八木 誠, 米倉 竹夫, 小角 拓也, 吉田 洋, 野上 隆司, 吉田 英樹, 日本外科系連合学会誌, 31, 3, 455, 455,   2006年06月
  • 狭窄をきたしたS状結腸憩室症の1例, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 木村 拓也, 神山 雅史, 日本外科系連合学会誌, 31, 3, 626, 626,   2006年06月
  • 胎児臍帯静脈拡張症の一例, 神山 雅史, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 42, 2, 572, 572,   2006年06月
  • 急性腹症が先行し腹腔鏡観察が確定診断に有用であったHenoch-Schoenlein紫斑病の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 日本腹部救急医学会雑誌, 26, 4, 539, 543,   2006年05月
    概要:腹部症状が先行し,術後に紫斑が出現したHenoch-Schoenlein紫斑病の1例を経験した.症例は6歳の女児.5日前より嘔吐と腹痛が出現し近医を受診し,『感染性胃腸炎』と診断され入院.白血球数とCRPの高度増加があり,翌日の胸腹部CTで中等度の腹水と,少量の右胸水を指摘された.右下腹部に筋性防御も出現し虫垂炎による穿孔性腹膜炎を疑い当科へ紹介され,緊急手術を施行した.傍腹直筋切開で開腹し淡血性の腹水が貯留していたが虫垂炎の所見はなく,回腸末端から約20cmの回腸壁が発赤腫脹していた.原因検索のために,開腹創にLAP DISCを装着しLAP DISCを介してトロッカーを挿入し,また左側腹部にトロッカーを挿入して腹腔鏡下に腹腔内の観察を行った.右側腹部の腹膜に出血斑を認めHenoch-Schoenlein紫斑病を疑った.術後2日目より両下肢に小紫斑が出現し,術翌日の13因子は28%と低下しており,本症による回腸末端の炎症と確定診断した(著者抄録)
  • 重症心身障害児における呼吸障害と胃食道逆流症に対する24時間pHモニターと睡眠時呼吸監視モニター併用検査の有用性, 山内 勝治, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 42, 3, 394, 394,   2006年05月
  • 小児救急における小児外科の役割 小児3次救急医療を開始して, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 日本小児外科学会雑誌, 42, 3, 436, 436,   2006年05月
  • Delayed primary closureを行った腹壁破裂の1例, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 小児外科, 38, 5, 653, 657,   2006年05月
    概要:女児.患者は在胎38週,帝王切開で出生し,拡張した胃から結腸までのほぼ全腸管の脱出を認めた.胎便吸引に伴う呼吸状態悪化を認め,人工呼吸管理を行った.経鼻胃管を挿入,胃内吸引を行った後,胃を整復したところ容易に整復でき,脱出臓器の鬱血が改善した.全身状態が安定していることから,delayed primary closureを試み,ミダゾラム持続投与で軽い鎮静を行い,生後1時間目に結腸を腹腔内に整復し,以後,段階的に脱出腸管を整復していき,生後8時間目に全腸管を整復し得た.生後16時間後の腹壁閉鎖術は腹壁の緊張も軽度で容易であり,術後の呼吸管理,静脈栄養からの離脱も速やかであった.その後の経過観察中,臍帯脱落後の筋膜欠損部分が白線の脆弱な部分と連続して径4cmあまりの巨大な臍ヘルニアとなり,術後3ヵ月目に腹壁瘢痕ヘルニア修復と臍形成を必要とした.腹壁閉鎖術後1年7ヵ月現在,問題なく経過している
  • ラパヘルクロージャーを用いた腹腔鏡補助下経皮内視鏡的胃瘻造設術, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 42, 1, 149, 149,   2006年02月
  • 重症心身障害児における24時間食道胃pHモニター・睡眠時呼吸監視モニター併用検査の検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 42, 1, 150, 151,   2006年02月
  • 重篤な経過を辿った遅発性先天性横隔膜ヘルニアの2例, 山内 勝治, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 大割 貢, 米倉 竹夫, 日本腹部救急医学会雑誌, 26, 2, 345, 345,   2006年02月
  • 卒後教育の一環としての中心静脈カテーテル(CVC)挿入セミナーの試み, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 水野 均, 水島 恒和, 位藤 俊一, 岩瀬 和裕, 山東 勤弥, 石森 謙太, 静脈経腸栄養, 21, 増刊, 184, 184,   2006年01月
  • NST活動における各職種の協力体制構築, 和田 有可里, 米倉 竹夫, 立花 貞信, 津久井 知子, 大久保 由美子, 佐野 実加, 豊田 佐枝子, 松岡 寛, 西浦 早織, 静脈経腸栄養, 21, 増刊, 222, 222,   2006年01月
  • 長期間遺残し肉芽形成を合併した気管支異物の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 大割 貢, 小児外科, 38, 1, 115, 119,   2006年01月
    概要:1歳男児.1ヵ月間に2度の肺炎を繰り返し,喘鳴と咳が持続することを契機に胸部X線,胸部CT検査を行ったが誤嚥の診断には至らなかった.その後も6ヵ月以上症状が持続し,紹介受診し精査を行った.X線写真及びCTを撮像し以前のものと比較検討したところ,左下葉に限局性の肺炎,索状物・隆起性病変を認め,気管支異物を疑い,内視鏡検査を施行し,気管分岐部から左気管支に異物であるサクランボの枝を認め,生検鉗子により適除した.再度の観察によりサクランボの果肉を主体とした気管支壁の肉芽を認め,KPTレーザーによる焼灼を行い,肉芽を摘出した.その後,粘膜浮腫に対してステロイドを静注し,術後9日目と18日目に再検査を行って治癒を確認した.その後,2年以上経過しているが経過は良好である
  • 頸部異所性胸腺の1乳児例 本邦小児報告例の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 山内 勝治, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 7, 963, 968,   2005年12月
    概要:症例は11ヵ月の男児.10ヵ月検診にて左頸部腫瘤を認め本院紹介された.左頸部に3cm大の境界不明瞭で柔らかい無痛性の腫瘤を認めた.腫瘍マーカーは,NSEが21.9ng/ml軽度上昇し,フェリチンが18.9μg/dlと軽度低下を示した.また,VMA/CREが10.77μg/mg Cr,HVA/CREが17.0μg/mg Crと軽度高値であった.CT・MRI検査では,左側傍咽頭間隙から胸鎖乳突筋の前方に広がる境界明瞭で均一な腫瘤を認めた.131I-MIBGの集積はなかった.神経原性の腫瘍を疑い,腫瘍摘出術を施行し,病理検査にて異所性胸腺と診断された.本疾患は胸腺原基の咽頭嚢からの下降異常が原因で,本症例も画像検査より左前縦隔に胸腺組織が認められないことから,左側胸腺の下降異常が原因と推測された(著者抄録)
  • 小児の気管支鏡検査における気道確保の方法, 二川 晃一, 杉浦 順子, 諏訪 一郎, 岩崎 英二, 白井 達, 奥田 隆彦, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 大割 貢, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 41, 7, 981, 982,   2005年12月
  • サンドバルーンを用いた腹腔鏡補助下巨大卵巣嚢腫摘出術の1例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 山内 勝治, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 41, 7, 985, 985,   2005年12月
  • 胸腔内腎を伴う先天性横隔膜ヘルニアの1例, 山内 勝治, 佐々木 隆夫, 小角 卓也, 大割 貢, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 41, 7, 990, 990,   2005年12月
  • 回腸多発閉鎖術後縫合不全に対し,臀部小腸瘻造設を行った新生児の1症例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 日本ストーマリハビリテーション学会誌, 21, 2, 86, 86,   2005年12月
  • 小児気管・気管支異物症例における診断治療上の問題点, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 大割 貢, 日本小児救急医学会雑誌, 4, 2, 178, 183,   2005年12月
    概要:【目的】我々が経験した気管・気管支異物の症例における診断・治療上の問題点について検討した.【対象と方法】対象は開院後4年の間に経験した気管・気管支異物の6例.年齢は10ヵ月〜3歳(平均:1歳11ヵ月),男女比は1:5であった.摘出は全身麻酔下に,径2.8mmの気管支鏡(OYLMPUS BF-XP40)を用い,スパイラルバスケット鉗子,三本爪型鉗子,生検鉗子を適宜使用し異物を摘出した.異物摘出後,再度気管支鏡検査を行い,異物残存のないことを確認した.【結果】誤嚥直後に当科紹介となった症例は3例で,他の3例は咳嗽,発熱を主訴に他院受診後7日目,13日目,20日目に当科紹介となった.エックス線単純撮影では,1例に健側の軽度の肺の過膨脹を認めたが,他に異常所見は認められなかった.誤嚥直後の1例を除く全例に術前胸部CT検査を行い,全例に異物を疑う所見を得た.声門下異物の症例はラリンゲルマスク下に,他の5例は気管内挿管下に気管支鏡を施行した.摘出した異物はピーナッツが4例(気管1,主気管支2,葉気管支1,区域気管支2),魚の乾物が1例(気管1,左主気管1,葉気管1),魚骨が1例(声門下1)であった.手術時間は55分〜135分(平均:71.7分)であった.なお,魚骨の1例は気管食道瘻の除外の為に上部消化管内視鏡を同時に行ったが異常は認められなかった.誤嚥から20日目に受診した症例では異物存在部に肉芽形成様の粘膜の隆起を認めたため,摘出後7日目に再度気管支鏡検査を行い問題がないことを確認した.【まとめ】小児の誤嚥は訴えや発症時期が不明な症例が多く,誤嚥が疑わしい場合,積極的に気管支鏡検査を行う必要があると思われた.また自験例では全例摘出することができたが,その摘出には熟練した気管支鏡の手技とともに,細径の気管支鏡と種々の鉗子が必要であった(著者抄録)
  • 先天性心疾患と小児外科疾患を合併した症例に関する検討, 扇谷 綾子, 箕輪 秀樹, 吉澤 弘行, 久保 里美, 吉林 宗夫, 三崎 泰志, 北村 則子, 鎌田 航也, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 日本未熟児新生児学会雑誌, 17, 3, 460, 460,   2005年11月
  • 【栄養管理をマスターする】 知っておくべき事項 経腸栄養療法と栄養剤, 米倉 竹夫, 臨床研修プラクティス, 2, 12, 71, 84,   2005年11月
  • 小児外鼠径ヘルニア女児症例に対する日帰り腹腔鏡下手術の導入, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 山内 勝治, 大割 貢, 日本臨床外科学会雑誌, 66, 増刊, 232, 232,   2005年10月
  • 【小児膵疾患 最近の話題】 膵芽腫(Pancreatoblastoma), 米倉 竹夫, 山内 勝治, 小角 卓也, 野上 隆司, 八木 誠, 大植 孝治, 窪田 昭男, 小児外科, 37, 10, 1209, 1217,   2005年10月
  • ハーモニックスカルペル(HS)を用いた肝芽腫切除術, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 小児がん, 42, 2, 274, 274,   2005年10月
  • 上顎骨原発Ewing肉腫の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 山内 勝治, 大割 貢, 太田 善夫, 古田 治彦, 山口 万枝, 橋本 賢二, 日本小児血液学会雑誌, 19, 5, 398, 398,   2005年10月
  • 当科で経験した膵芽腫の2例, 野上 隆司, 八木 誠, 吉田 洋, 吉田 英樹, 中村 成宏, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 塩崎 均, 大柳 治正, 坂田 尚己, 山本 誠一郎, 森口 直彦, 日本小児血液学会雑誌, 19, 5, 424, 424,   2005年10月
  • 横隔膜弛緩症を伴い,遊走脾に起因した胃軸捻転症の1例, 三浦 修治, 矢本 陽子, 高田 睦三, 阪井 利幸, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 小児科臨床, 58, 9, 1882, 1886,   2005年09月
    概要:症例は5歳女児.主訴は腹痛,嘔吐と腹部膨満.以前より嘔吐を繰り返していたが,近医にて原因不明の胃拡張症と診断されていた.今回,激しい嘔吐,腹痛と著明な腹部膨満を認め血液・尿検査にて著明な脱水を呈して入院となった.胸腹部単純XPおよび腹部単純CTにて横隔膜弛緩症と遊走脾を認め,上部消化管造影検査にて上記疾患を伴った胃軸捻転症の確定診断を得た.胃管挿入による胃減圧処置,輸液療法と絶食の保存療法を施行し,嘔吐,腹部膨満および腹痛などの臨床症状は改善した.その後,手術療法として腹腔鏡下に胃腹壁固定術と噴門形成術を施行した.現在,術後約1年を経過したが,嘔吐発作はなく経過良好である.本症例のように保存療法にて症状はいったん改善するも,遊走脾と横隔膜弛緩症を合併し,症状を反復するような胃軸捻転症は絶対的な手術適応があると考えられた(著者抄録)
  • 胸膜肺芽腫の1例, 太田 善夫, 浦 雅彦, 横田 文, 乾 賀代美, 森田 純子, 福森 恭代, 米倉 竹夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 44, Suppl.2, 376, 376,   2005年09月
  • 上顎骨原発Ewing肉腫の一例, 浦 雅彦, 横田 文, 乾 賀代美, 森田 純子, 福森 恭代, 米倉 竹夫, 太田 善夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 44, Suppl.2, 480, 480,   2005年09月
  • 胎児診断における小児外科の周産期管理の役割, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 大割 貢, 保木 昌徳, 日本外科系連合学会誌, 30, 3, 391, 391,   2005年06月
  • 頸部異所性胸腺の1乳児例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 4, 687, 687,   2005年06月
  • 胃軸捻転に対する腹腔鏡下胃前方固定術における新しい試み, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 4, 689, 689,   2005年06月
  • V-Pシャント施行中に髄液貯留による大網嚢腫を合併した1小児例, 大割 貢, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 41, 4, 693, 693,   2005年06月
  • 胎児超音波検査にて診断されたumbilical cord cystの2例, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 41, 2, 350, 350,   2005年06月
  • 尿路(先天)異常のスクリーニング 胎児診断された尿路先天異常の周産期経過と予後の検討, 米倉 竹夫, 大割 貢, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 保木 昌徳, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 14, 1, 42, 42,   2005年06月
  • 遺尿に対する超音波検査を契機に診断にいたった先天性前部尿道弁の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 島田 憲次, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 14, 1, 91, 91,   2005年06月
  • 日常診療の指針 胎児診断における小児外科の役割, 米倉 竹夫, 外科治療, 92, 5, 1057, 1059,   2005年05月
  • 稀な新生児外科疾患の治療経験 極めて稀な合併疾患を有した食道閉鎖症3例の治療経験, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 佐々木 隆士, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 380, 380,   2005年05月
  • 稀な新生児外科疾患の治療経験 嚢胞性線維腫症類類縁疾患を合併した13番環状染色体の1女児例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 大割 貢, 内田 優美子, 箕輪 秀樹, 吉林 宗夫, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 385, 385,   2005年05月
  • 細胞シグナルレベルでみた新生児期ラットに対するグルタミン投与およびデキサメサゾン投与の影響に関する検討, 保木 昌徳, 寺田 直弘, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 420, 420,   2005年05月
  • 重症心身障害児の胃食道逆流症に対する噴門形成術後の中期予後の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 462, 462,   2005年05月
  • 喉頭気管分離・気管食道吻合術を施行した重症心身障害児の4例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 519, 519,   2005年05月
  • 塩酸イリノテカン(CPT-11)の有効性が示唆された胸膜肺芽腫(PPB)の1女児例, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 大割 貢, 小角 卓也, 保木 昌徳, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 589, 589,   2005年05月
  • Horner症候群,横隔神経麻痺と上大静脈症候群を来した頸部上縦隔原発の神経芽腫の1乳児例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 廣岡 慎治, 小児がん, 42, 1, 74, 78,   2005年05月
    概要:1ヵ月男児.生後1ヵ月目に陥没呼吸,頻呼吸が出現し,初診時にはチアノーゼを認め,左の眼瞼が下垂し,眼裂の狭小と縮瞳(Horner症候群)を認めた.単純X線では左肺尖部に腫瘤陰影を認め,気管は腫瘤により右方に圧排偏位し,左横隔膜の挙上を認めた.PvCO2は高値を示し,Nasal Directional Positive Airway Pressure(N-DPAP)にて呼吸管理を行った.胸腔鏡補助下腫瘍生検を行い,病理所見では神経芽腫rosette-fibrillary typeと診断された.化学療法を施行し,経時的に腫瘍が増大,上大静脈(SVC)症候群が出現したが,約10日間で腫瘍は縮小,SVC症候群は改善した.腫瘍による左横隔膜神経麻痺のため抜管できず,腹腔鏡補助下に横隔膜縫縮術を施行し,術後3日目に抜管できた.術前計5回の化学療法により腫瘍は縮小したが残存していたため,頸部アプローチで腫瘍摘出術を行い,術後化学療法を2クール追加した.術後3年で再発の徴候は認めていない
  • 脳室腹腔短絡術後に被嚢性腹膜硬化症を合併した1例, 西久保 敏也, 釜本 智之, 木里 頼子, 石川 直子, 上辻 秀和, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児科学会雑誌, 109, 4, 546, 546,   2005年04月
  • 小児気管・気管支異物症例における診断,治療の問題点の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 大割 貢, 日本小児科学会雑誌, 109, 4, 546, 546,   2005年04月
  • 腹腔鏡下胃前方固定術を行った胃軸捻転の3幼児例, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児科学会雑誌, 109, 4, 549, 549,   2005年04月
  • 横隔膜弛緩症を伴い,遊走脾に起因した胃軸捻転症の1例, 三浦 修治, 矢本 陽子, 高田 睦三, 阪井 利幸, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 日本小児科学会雑誌, 109, 4, 550, 550,   2005年04月
  • 小児外科における胎児診断・胎児治療の現状, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児科学会雑誌, 109, 4, 550, 551,   2005年04月
  • 当科における小児悪性固形腫瘍の治療経験, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児科学会雑誌, 109, 4, 551, 551,   2005年04月
  • 虚血再灌流障害におけるpoly(ADP-ribose)polymeraseの活性化と多臓器障害発生のメカニズムの検討, 野上 隆司, 米倉 竹夫, 八木 誠, 山内 勝治, 保木 昌徳, 野瀬 恵介, 吉田 英樹, 中村 成宏, 吉田 洋, 塩崎 均, 大柳 治正, 日本外科学会雑誌, 106, 臨増, 313, 313,   2005年04月
  • 重症心身障害児の胃食道逆流症に対するesophagogastric dissociation, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1, 118, 118,   2005年02月
  • 急性胃拡張で発症した胃軸捻転に対する腹腔鏡下胃前方固定術 ラパヘルクロージャーを用いた新しい術式, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1, 118, 118,   2005年02月
  • 回腸多発閉鎖術後縫合不全に対し,臍部小腸瘻造設を行った新生児の1症例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1, 122, 123,   2005年02月
  • 肺分画症の血管性雑音の診断におけるドップラー心エコー図とMRAの有用性, 清水 達雄, 堀内 俊幸, 米倉 竹夫, 吉林 宗夫, 玉井 浩, 日本小児科学会雑誌, 109, 2, 247, 247,   2005年02月
  • Elective delayed midgut reductionを行った腹壁破裂の1女児例, 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1, 121, 121,   2005年02月
  • NSTの問題点,医師側の問題点を中心に 一私立大学付属病院のNST活動の実際と問題点, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 立花 貞信, 豊田 佐枝子, 静脈経腸栄養, 20, 増刊, 119, 119,   2005年01月
  • Pancreatoblastoma, 小児外科, 37:1209-1217,   2005年
  • 虚血再灌流障害におけるpoly(ADP-ribose)polymeraseの活性化と多臓器障害発生のメカニズムの検討, 野上 隆司, 米倉 竹夫, 八木 誠, 山内 勝治, 大柳 治正, 外科と代謝・栄養, 38, 6, 151, 163,   2004年12月
    概要:虚血再灌流に伴う多臓器障害発生へのpoly (ADP-ribose) polymerase(PARP)の関与を明らかにするために,小腸虚血再灌流障害モデルに3-aminobenzamide(3AB)を投与し,腸管及び肝臓における臓器障害の比較検討を行った.雄性Wistar ratを一昼夜絶食とし,実験に使用した.3AB群はcontrol群に比べ生存率も組織血流量も有意に改善した.3ABは局所のみならず遠隔臓器のATPを維持し組織障害も抑制したことから,IRにおける多臓器障害の発生にPARPが関与する可能性が示唆された
  • 偶然に発見された脾過誤腫の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 小児がん, 41, 3, 620, 620,   2004年11月
  • ポッター症候群(I型)の新生児症例に対する持続血液透析濾過(CHDF)の経験, 川崎 広樹, 高戸 真紗美, 植田 恵理子, 小木 幸人, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 40, 6, 823, 823,   2004年10月
  • 18トリソミーの在宅ケアへの取り組み, 吉田 幸一, 箕輪 秀樹, 久保 里美, 吉澤 弘行, 北村 則子, 三崎 泰志, 吉林 宗夫, 大割 貢, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 日本重症心身障害学会誌, 29, 2, 192, 192,   2004年08月
  • 偶然に発見された脾過誤腫の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児血液学会雑誌, 18, 4, 359, 359,   2004年08月
  • 【川崎病】 急性膵炎を合併した川崎病の1例, 前川 貴伸, 田中 篤志, 三崎 泰志, 吉澤 弘行, 林 有紀子, 吉田 幸一, 箕輪 英樹, 吉林 宗夫, 大割 貢, 小角 卓也, 米倉 竹夫, Progress in Medicine, 24, 7, 1636, 1639,   2004年07月
    概要:6歳男児.発熱・頸部リンパ節の腫脹が出現した.化膿性リンパ節炎として,抗生物質を開始したが改善は認めなかった.第5病日より川崎病の主症状が出現し,入院となった.川崎病主症状6/6症状で,原田のスコアは年齢以外の6/7項目を満たした.川崎病,およびそれに伴う急性膵炎,急性胆嚢炎と診断した.絶食とし,第5病日よりガンマグロブリン,ウリナスタチン,ナファモスタット,フルルビプロフェンを開始した.第8病日に解熱を得た後は,再発熱を認めなかった.膵炎は臨床症状,腹部超音波にて経過を観察した.その後は増悪なく経過は良好であった.第18病日,MRCPを施行,膵管胆管合流異常を疑った
  • 逆流食道炎とBarrett食道,食道癌 小児胃食道逆流症に対する噴門形成術前後におけるバレット食道の変化の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 大割 貢, 日本消化器外科学会雑誌, 37, 7, 1009, 1009,   2004年07月
  • 小児進行胃癌の1例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 日本消化器外科学会雑誌, 37, 7, 1110, 1110,   2004年07月
  • 胎児診断された泌尿器疾患症例における胎児治療の適応についての検討, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 13, 1, 40, 40,   2004年06月
  • Nuss法ができなかった重度漏斗胸の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 40, 4, 643, 643,   2004年06月
  • 長期間残存した気管支異物の一例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 晶徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児救急医学会雑誌, 3, 1, 95, 95,   2004年06月
  • 脳室腹腔短絡術後に被嚢性腹膜硬化症を合併した脊髄髄膜瘤の1例, 西久保 敏也, 釜本 智之, 木里 頼子, 石川 直子, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 40, 2, 424, 424,   2004年06月
  • ヒルシュスプルング病に対する腹腔鏡補助下根治術による術後中期予後の検討 新生児期手術症例と新生児以降手術症例の比較検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 358, 358,   2004年05月
  • 小腸虚血再灌流障害における多臓器障害に対する3-aminobenzamideの抑制効果, 野上 隆司, 米倉 竹夫, 八木 誠, 保木 昌徳, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 吉田 英樹, 塩崎 均, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 404, 404,   2004年05月
  • 出生前診断したPotter症候群の4例 その周産期経過を中心に, 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 416, 416,   2004年05月
  • 胎児診断・治療における小児外科の役割 小児外科において胎児診断・治療を行う意義, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 470, 470,   2004年05月
  • 重症心身障害のない患児における腹腔鏡下胃食道逆流症手術症例の手術成績, 八木 誠, 野瀬 恵介, 吉田 英樹, 野上 隆司, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 奥山 宏臣, 川原 央好, 窪田 昭男, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 530, 530,   2004年05月
  • 【小児疾患における画像診断の進め方】 肺分画症の血管画像, 米倉 竹夫, 大割 貢, 小角 卓也, 保木 昌徳, 奥山 宏臣, 臼井 規朗, 中村 哲郎, 小児外科, 36, 3, 330, 339,   2004年03月
  • 胎児診断における小児外科の役割:胎児診断から学んだこと, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本外科学会雑誌, 105, 臨増, 189, 189,   2004年03月
  • 再生医療におけるES細胞静脈内投与は安全か? がん抑制遺伝子PTENノックアウトマウスES細胞を用いた基礎研究, 保木 昌徳, 寺田 直弘, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 日本外科学会雑誌, 105, 臨増, 280, 280,   2004年03月
  • 先天性十二指腸閉鎖症術後に発症した膵胆管合流異常症の1例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 太田 善夫, 長原 暹, 日本小児科学会雑誌, 108, 3, 442, 443,   2004年03月
  • 重複合併奇形を有する新生児症例の問題点, 林 有紀子, 箕輪 秀樹, 吉澤 弘行, 吉田 幸一, 内田 優美子, 田中 篤志, 前川 貴伸, 三崎 泰志, 吉林 宗夫, 大割 貢, 小角 卓也, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 108, 3, 445, 446,   2004年03月
  • 乳児神経芽細胞腫Stage 4sの1例 治療方針は?アシドーシスの原因は?あなたならどうする?, 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 日本小児科学会雑誌, 108, 3, 447, 447,   2004年03月
  • GERと気管軟化症に苦しんだ脳性麻痺児を救う方法はなかったか?, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 田附 裕子, 日本腹部救急医学会雑誌, 24, 2, 390, 390,   2004年02月
  • 脂質代謝異常に伴う急性膵炎の2小児症例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 日本腹部救急医学会雑誌, 24, 2, 443, 443,   2004年02月
  • 急性腹症から発症した横紋筋融解症の重症心身障害児の1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 大割 貢, 日本腹部救急医学会雑誌, 24, 2, 549, 549,   2004年02月
  • 高位鎖肛に対する腹腔鏡補助下手術術後早期排便機能, 八木 誠, 野瀬 恵介, 野上 隆司, 吉田 英樹, 中村 成宏, 大柳 治正, 小角 卓也, 大割 貢, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 40, 1, 143, 143,   2004年02月
  • 経腸栄養ポンプを用いた小児在宅経腸栄養療法(HEN) 介護者アンケートに基づく検討, 中嶋 静香, 草野 美智子, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 40, 1, 149, 149,   2004年02月
  • 手術手技 頸部 cricopharyngeal achalasiaの1小児例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 40, 1, 159, 159,   2004年02月
  • 腹腔鏡,手術手技 胸郭 胸郭変形によりGERD術後抜管困難症となった重身児に対する胸郭入口部形成術, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 40, 1, 159, 159,   2004年02月
  • 胸郭変型によりGERD術後抜管困難症となった重身児に対する胸郭入口部形成術, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 39, 7, 1009, 1009,   2003年12月
  • ファロー四徴症及び嚢胞性線維症類似疾患を合併した13番環状染色体の1女児例, 内田 優美子, 林 有紀子, 吉田 幸一, 箕輪 秀樹, 三崎 泰志, 吉林 宗夫, 大割 貢, 小角 卓也, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 39, 7, 1014, 1014,   2003年12月
  • 重複合併奇形を有する新生児症例の問題点, 林 有紀子, 箕輪 秀樹, 吉田 幸一, 内田 優美子, 田中 篤志, 前川 貴伸, 三崎 泰志, 吉林 宗夫, 大割 貢, 小角 卓也, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 日本未熟児新生児学会雑誌, 15, 3, 410, 410,   2003年11月
  • 小児外科における胎児診断外来の役割と周産期管理上の問題点の検討, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 産婦人科の進歩, 55, 4, 522, 522,   2003年11月
  • 腎芽腫術後の化学療法により発症したveno-occlusive disease(VOD)の1例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 小児がん, 40, 3, 478, 478,   2003年11月
  • トラネキサム酸が水疱形成抑制に有効と思われた栄養障害型表皮水疱症の1女児例, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 吉田 幸一, 三崎 泰志, 吉林 宗夫, 箕輪 秀樹, 大割 貢, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本小児皮膚科学会雑誌, 22, 2, 151, 151,   2003年11月
  • 小児外科における鏡視下手術 ラパヘルクロジャー針(LPEC針)の各種小児鏡視下への応用, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 米倉 竹夫, 日本臨床外科学会雑誌, 64, 増刊, 485, 485,   2003年10月
  • 巨大胸腺腫摘出術後,プロポフォールの鎮静により発症した横紋筋融解症の1小児例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 太田 善夫, 日本臨床外科学会雑誌, 64, 増刊, 615, 615,   2003年10月
  • 腋窩弧状切開による食道閉鎖症の手術, 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 39, 6, 720, 720,   2003年10月
  • 劣性栄養障害型表皮水疱症に合併した先天性食道閉鎖症の1例, 米倉 竹夫, 大割 貢, 小角 卓也, 保木 昌徳, 日本小児外科学会雑誌, 39, 6, 730, 730,   2003年10月
  • 外鼠径ヘルニア女児例に対するLaparoscopic percutaneous extraperitoneal closure(LPEC)による日帰り手術の現状と問題点, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 廣岡 慎治, 近畿大学医学雑誌, 28, 2, 65, 69,   2003年10月
    概要:2002年2月より外鼠径ヘルニアの女児症例に対しlaparoscopic percutaneous extraperitoneal closure(LPEC)法を用いた日帰り手術を導入した.そこで従来法と比較したLPEC法の日帰り手術の現状と問題点を明らかにするために,周術期の管理の相違,手術時間や手術当日の退院等の結果をretrospectiveに比較検討した.LPEC法と従来法との周術期の管理上の相違は,LPEC法では下剤による前処置と術前の導尿を施行した.また,LPEC法では術中の気腹に対し全例挿管,筋弛緩剤の投与を必要とし,術後の創痛予防に対しても局所麻酔や座薬の投与を行った.さらにLPEC症例では,術後の経口再開を術後2時間から3時間に変更し,抗生剤投与を行った.LPEC法での術中対側発見率は34.6%で,手術時間は従来法の約2倍となった.術中合併症はなかった.従来法と同様に安全に日帰り手術を行うことができることから,女児の鼠径ヘルニアに対しLPEC法は有用であると考えられた
  • 漏斗胸に対するNuss法と従来法(Ravitch法,Rehbein変法)の比較検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 大割 貢, 八木 誠, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 野上 隆司, 臼井 規朗, 窪田 昭男, 日本小児外科学会雑誌, 39, 5, 653, 657,   2003年08月
    概要:Ravitch法を行った2例及びRehbein変法を行った6例の合計8例(従来法群,6.4±4.9歳)とNuss法を行った11例(Nuss群,5.6歳±2.5歳)を比較検討した.手術時間は,従来法群が363±44分,Nuss群が128±31分であった.出血量は従来法群が119±44.1ml,Nuss群は全例がガーゼに少量染みる程度で明らかにNuss群で少なかった.従来法群の術後の皮下ドレーンは平均5.3±3.7日目に抜去し,排液総量は平均299±366mlであった.術後の疼痛管理には座薬を使用し,従来法群は2±1.5個,Nuss群は3.5±3個であった.早期合併症は従来法群で,上部消化管出血2例,無気肺,気胸,皮下の滲出液の貯留,右横隔膜挙上を各1例に認め,Nuss群で無気肺3例,右胸水貯留,上部消化管出血を各1例認めた.晩期合併症は,Nuss群で創感染,血胸を各1例認めた.術後入院期間は従来法群13.1±3.2日,Nuss群10.2±2日であった.従来法群は全てプレートを抜去し,Nuss群では気管軟化症を合併した1例のみPectus Barを抜去した
  • 小児外鼠径ヘルニア女児症例に対する日帰り腹腔鏡下手術の導入 従来法による日帰り手術との比較検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 中村 茂宏, 吉田 英樹, 野上 隆司, 山内 勝治, 野瀬 恵介, 八木 誠, 近畿大学医学雑誌, 28, 1, 34A, 34A,   2003年07月
  • 小児のcricopharyngeal achalasiaの1手術例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 太田 善夫, 井上 雅智, 日本消化器外科学会雑誌, 36, 7, 1021, 1021,   2003年07月
  • 出生前診断し得た食道閉鎖症合併左横隔膜ヘルニア症の1例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 廣岡 慎治, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 日本新生児学会雑誌, 39, 2, 388, 388,   2003年06月
  • 食道狭窄と肉眼的血尿にて発見されたアルポート症候群の1幼児例, 杉本 圭相, 安藤 淳, 柳田 英彦, 桑島 宏彰, 八木 和郎, 岡田 満, 竹村 司, 米倉 竹夫, 三島 弘, 日本小児腎臓病学会雑誌, 16, 1Suppl., 145, 145,   2003年06月
  • 小児の長期経腸栄養における問題点, 大割 貢, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 外科と代謝・栄養, 37, 3, 133, 133,   2003年06月
  • 小児気管・気管支異物症例における診断,治療の問題点の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 日本小児救急医学会雑誌, 2, 1, 85, 85,   2003年06月
  • 多発結節性肝病変を呈したnodular regenerative hyperplasia, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 前川 貴伸, 岡嶋 馨, 山本 敬, 西田 千嘉子, 小林 庸次, 日本小児放射線学会雑誌, 19, Suppl., 16, 16,   2003年05月
  • 小児外科症例におけるラップディスク及びラッププロテクターの有用性, 大割 貢, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 日本外科系連合学会誌, 28, 3, 578, 578,   2003年05月
  • 地域医療における小児外科の役割と診療報酬の問題点, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 39, 3, 411, 411,   2003年05月
  • 輪状膵に合併した膵胆合流異常症の1例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 太田 善夫, 永原 暹, 日本小児外科学会雑誌, 39, 3, 478, 478,   2003年05月
  • 小児外鼠径ヘルニア女児症例に対する日帰り腹腔鏡下手術の導入 従来法による日帰り手術との比較検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 廣岡 慎治, 八木 誠, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 野上 隆司, 吉田 英樹, 中村 茂宏, 日本小児外科学会雑誌, 39, 3, 501, 501,   2003年05月
  • 漏斗胸に対するNuss法の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 廣岡 慎治, 八木 誠, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 野上 隆司, 吉田 英樹, 中村 茂宏, 日本小児外科学会雑誌, 39, 3, 505, 505,   2003年05月
  • 小児外鼠径ヘルニア女児症例に対する日帰り腹腔鏡下手術の導入 従来法による日帰り手術との比較検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 中村 茂宏, 吉田 英樹, 野上 隆司, 山内 勝治, 野瀬 恵介, 八木 誠, 日本外科学会雑誌, 104, 臨増, 183, 183,   2003年04月
  • 劣性栄養障害型表皮水疱症に合併したA型先天性食道閉鎖症の1例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 日本外科学会雑誌, 104, 臨増, 316, 316,   2003年04月
  • 腹痛が先行し診断に苦渋したSchonlein-Henoch紫斑病の一例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 上田 卓, 日本腹部救急医学会雑誌, 23, 2, 420, 420,   2003年03月
  • 小開胸開腹併用胸腔鏡補助下根治手術を施行したBochdalek孔ヘルニアの1小児症例, 大割 貢, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 107, 3, 576, 576,   2003年03月
  • 漏斗胸の患児に対しNuss法を施行した10例の報告, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 八木 誠, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 野上 隆司, 日本小児科学会雑誌, 107, 3, 576, 576,   2003年03月
  • 集学的治療が奏効したStage IV後腹膜悪性腫瘍の2例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 吉林 宗夫, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 太田 善夫, 岡嶋 馨, 日本小児科学会雑誌, 107, 3, 577, 578,   2003年03月
  • 外鼠径ヘルニア女児例に対するLaparoscopic percutaneous extraperitoneal closure(LPEC)による根治術, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 大割 貢, 日本小児科学会雑誌, 107, 3, 578, 578,   2003年03月
  • 卵巣嚢腫に対する2ポート腹腔鏡補助下手術, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大割 貢, 日本小児科学会雑誌, 107, 3, 580, 580,   2003年03月
  • 小児の長期経腸栄養における問題点, 大割 貢, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 日本小児科学会雑誌, 107, 3, 580, 581,   2003年03月
  • 救命し得なかった出生前診断されたC型食道閉鎖・左横隔膜ヘルニア(TEF/CDH)を合併した1例, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 廣岡 慎治, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 39, 1, 118, 118,   2003年02月
  • 集学的治療が奏効したstage IV後腹膜悪性腫瘍の2例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 太田 善夫, 岡嶋 馨, 日本小児外科学会雑誌, 39, 1, 124, 124,   2003年02月
  • 重篤な症状を呈したNoonan症候群の3症例, 林 環, 吉田 幸一, 内田 優美子, 箕輪 秀樹, 三崎 泰志, 吉林 宗夫, 米倉 竹夫, 日本未熟児新生児学会雑誌, 14, 3, 448, 448,   2002年11月
  • 分類不能な小児肺分画症の1症例, 大割 貢, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 吉林 宗夫, 三崎 泰志, 廣田 正志, 岡嶋 馨, 山本 敬, 西田 千嘉子, 太田 善夫, Pharma Medica, 20, 8, 242, 246,   2002年08月
    概要:2歳男児.MRI検査で胸部大動脈から左肺下葉への異常流入血管を認め,胸部レントゲン及び造影CT検査で左肺下葉の肺動静脈の拡張を認めた.しかし,その他の肺病変は認められず,肺分画症が強く疑われ,更に,心臓超音波検査で左心負荷を認めたため胸腔鏡補助下左肺下葉切除術を施行した.異常血管は,肺靱帯頭側の胸部大動脈より分岐し,径8mmの太さで長さは2cmあり,肺門部の尾側より肺内に流入していた.左肺下葉の肺動脈は欠損し,A6のみ左肺上葉の肺動脈より分岐していた.肺切除分画の病理所見では肺実質内に手術操作に伴うと思われる小出血像を認めた.術後経過は良好で,術後10日目に退院した
  • 急性腹症により発症した後腹膜腔及びRetzius腔嚢胞状リンパ管腫の2例, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 大割 貢, 臼井 規朗, 山内 勝治, 日本小児放射線学会雑誌, 18, 2, 95, 100,   2002年08月
    概要:急性腹症をきたした腹膜外腹部嚢胞状リンパ管腫の2例を経験した.症例1は9歳男児.下腹部痛と発熱が出現した.急性虫垂炎と診断され,虫垂切除術を受けたが,虫垂突起には炎症所見は認められず,膀胱前面から後腹膜にかけて膨隆を認めた.画像所見及び臨床経過より,Retzius腔の嚢胞性病変に出血が加わったものと診断し,手術を施行した.術後は良好で9日目に退院した.症例2は7歳男児.右下腹部痛と発熱で受診し,急性虫乗炎と診断された.症例1を経験していたので,術前診断は,後腹膜腔の感染性嚢胞性リンパ管腫であった.病理組織所見から嚢胞状リンパ管腫と診断した
  • 胃破裂の3ヵ月女児例, 清水 達雄, 堀内 俊幸, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山内 勝治, 玉井 浩, 日本小児科学会雑誌, 106, 6, 797, 797,   2002年06月
  • 胸痛で明らかとなった左肺に穿通した縦隔奇形腫の1例, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 106, 6, 795, 795,   2002年06月
  • 呼吸器症状により発症した生後1ヵ月の神経芽細胞腫の1例, 小角 卓也, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 106, 6, 793, 793,   2002年06月
  • 腹腔鏡補助下臍孤状切開により手術したメッケル憩室の3症例, 大割 貢, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 金 一, 上辻 秀和, 藤野 寿典, 日本小児科学会雑誌, 106, 6, 797, 798,   2002年06月
  • 漏斗胸の患児に対するNuss procedure(minimally invasive repair of pectus excavatum:MIRPE)の短期治療成績, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 大割 貢, 窪田 昭男, 八木 誠, 臼井 規朗, 山内 勝治, 野上 隆司, 日本内視鏡外科学会雑誌, 7, 3, 215, 221,   2002年06月
    概要:対象は1〜9歳の9例で,Funnel indexは平均0.2であった.手術では最頂点から経皮的・垂直に23Gの注射針を挿入し,pectus barの経路を作成した.更に胸骨下縁を単鋭鉤で挙上し縦隔スペースを拡げ,長いケリー鉗子を通すルートを確保する等の工夫を行った.術中出血量は少々で,使用したpectus barは全例1本であった.術後無気肺は初期の3例のみで,上部消化管出血,pectus bar挿入部の遅発性感染,血胸を各1例に認めたが,いずれも完治又は消失した.5例は術後全くトラブルがなかった.本術式は以前の手術に比べ侵襲が少なく,手術創も目立ず,陥没が残ったり胸郭の狭小化の恐れもないため,今後漏斗胸の標準術式となる可能性がある
  • 食道閉鎖症及び症候性未熟児動脈管症を合併した表皮水疱症の極低出生体重児例, 恵美須 礼子, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 三崎 泰志, 吉林 宗夫, 大割 貢, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本新生児学会雑誌, 38, 2, 403, 403,   2002年06月
  • 胎児水腫症例における周産期管理上の問題点の検討, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 大割 貢, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 吉林 宗夫, 三崎 泰志, 日本新生児学会雑誌, 38, 2, 431, 431,   2002年06月
  • 胎児期に水腎症を呈した尿管瘤に対し経尿道的レーザー切開開窓術を施行した2例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 日本新生児学会雑誌, 38, 2, 488, 488,   2002年06月
  • MRIにおける胎児の検討, 綿井 良輔, 山本 敬, 西田 千嘉子, 岡嶋 馨, 米倉 竹夫, 井上 正昭, 足利 竜一朗, 西村 恭昌, 近畿大学医学雑誌, 27, 1, 30A, 30A,   2002年06月
  • Hirschsprung病に対する新生児期一期的腹腔鏡下根治術の検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 大割 貢, 八木 誠, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 野上 隆司, 窪田 昭男, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 648, 648,   2002年05月
  • 肝部分虚血再灌流障害のDNA障害とATP枯渇に対する3-aminobenzamideの抑制効果, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野上 隆司, 野瀬 恵介, 吉田 英樹, 八木 誠, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 482, 482,   2002年05月
  • 出生前診断症例における周産期管理上の問題点の検討, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 455, 455,   2002年05月
  • 小児食道アカラシアに対する腹腔鏡下Heller-Dor手術, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 645, 645,   2002年05月
  • A型食道閉鎖と両側水腎水尿管を合併した総排泄腔遺残症の1例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 大割 貢, 吉林 宗夫, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 廣田 正志, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 660, 660,   2002年05月
  • 胎児診断にて発見された新生児尿管瘤の1例 経尿道的レーザー切開開窓術にて, 大割 貢, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 469, 469,   2002年05月
  • 漏斗胸に対するNuss法とRehbein変法の比較検討, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 大割 貢, 八木 誠, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 野上 隆司, 窪田 昭男, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 460, 460,   2002年05月
  • 小開胸開腹併用胸腔鏡補助下根治術を施行したBochdalek孔ヘルニアの1小児例, 大割 貢, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本外科系連合学会誌, 27, 3, 547, 547,   2002年05月
  • 急激に進行し門脈内ガス像を呈した特発性壊死性腸炎の1救命例, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 広岡 慎治, 山内 勝治, 大柳 治正, 日本腹部救急医学会雑誌, 22, 4, 683, 688,   2002年05月
    概要:7歳男児.腹痛が徐々に増強し,全身症状が急激に悪化した.発症28時間後の来院時は昏睡状態で呼吸停止をきたしたため気管内挿管を行った.血液検査,腹部X線,腹部CT所見より門脈ガス血症(PVG)で,腹水および腸管貯留によるhypovolemic shockを呈したと判断した.fluid resuscitationとカテコラミンを投与し,全身状態が安定したため,発症34時間で手術を行った.手術所見で,回腸末端より50〜150cmの高度壊死と,回腸末端50cmと空腸起始部から150cmの空腸に不規則な壊死性変化と高度浮腫を認めた.完全壊死を認めた回腸100cmを切除し,小腸瘻を3箇所造設した.残存小腸は130cmで,術後64日目に人工肛門閉鎖術を行った.小児のPVG報告例は非常に稀で致死率は75%であるが,患児は後遺症は無く体重増加も良好である
  • 回腸瘻造設後のExtensive aganglionosisに対して,ラップディスクを用いた腹腔鏡補助下Soave-伝田法を施行した1例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 38, 2, 330, 330,   2002年04月
  • 新生児におけるアルベカシン(ABK)の血中濃度測定, 恵美須 礼子, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 吉林 宗夫, 小角 卓也, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, TDM研究, 19, 2, 197, 198,   2002年04月
    概要:ABKを投与したMRSA感染6例(男4例,女2例,日齢平均45.2日).投与時体重は3234g,投与量は5.0mg/kgであった.全例で臨床症状及び炎症所見の改善を認め,ABK血中濃度のピーク値からトラフ値を引いた値を体重当りの投与量で除した値は2.52±0.85μg/mlであった.分布容積は0.7±0.38L/kg,全身クリアランスは0.077±0.367L/hr/kgであった.又,ABK血中濃度をピーク及びトラフを含めて4回以上測定した3例において,α相及びβ相の遅延を認めた.副作用は尿中β2-MG及びNAGの上昇を5例に認めたが,尿中BUN,クレアチニンクリアランスの上昇はなく,尿潜血,尿蛋白所見の増悪や聴性脳幹反応異常もなかった
  • 肝虚血再灌流によるDNA障害とATP枯渇に対する3-aminobenzamide(3AB)の抑制効果, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野上 隆司, 吉田 英樹, 野瀬 恵介, 八木 誠, 大柳 治正, 日本外科学会雑誌, 103, 臨増, 378, 378,   2002年03月
  • 胎児MRIの検討, 綿井 良輔, 山本 敬, 西田 千嘉子, 岡嶋 馨, 米倉 竹夫, 下野 太郎, 井上 正昭, 足利 竜一朗, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 62, 3, S87, S87,   2002年03月
  • 胃破裂の3ヵ月女児例, 清水 達雄, 堀内 俊幸, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 玉井 浩, 日本小児科学会雑誌, 106, 2, 227, 227,   2002年02月
  • Noonan症候群を合併した左横隔膜ヘルニア, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 大割 貢, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 廣田 正志, 吉林 宗夫, 太田 善夫, Pharma Medica, 20, 2, 141, 147,   2002年02月
    概要:日齢0日,女児.胎生25週に羊水過多,31週目に左横隔膜ヘルニアと診断された.心筋壁の肥厚とNuchal translucencyを認めたが,胎児水腫はなかった.母親は36歳からSLEと診断され,妊娠中プレドニンを内服していた.34週2日に前期破水のために帝王切開を施行した.体幹に軽度の浮腫を認め,翼状頸,lowset earを認めた.血液検査で,貧血と白血球と血小板の低下を認めた.又,心臓超音波検査(UCG)で,左室内腔が狭く左室中隔の著明な壁肥厚を認めた.出生6時間後,横隔膜ヘルニアに対し直接閉鎖術を施行した.術後,著明な体幹の浮腫が出現した.体幹の浮腫は進行性で,更に胸水の貯留も出現した.術後16日目に胸腔ドレーンを挿入したが,体幹の浮腫は増強,胸水排泄も多く,日齢25日,死亡した.病理検査で全身のリンパ性浮腫と肥大型心筋症を合併したNoonan症候群と診断した
  • 漏斗胸の患児に対しNuss procedureを施行した9例の報告, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 八木 誠, 臼井 規朗, 野瀬 恵介, 山内 勝治, 野上 隆司, 窪田 昭男, 日本小児外科学会雑誌, 38, 1, 125, 126,   2002年02月
  • 胎児MRIの検討, 綿井 良輔, 足利 竜一朗, 西村 恭昌, 山本 敬, 西田 千嘉子, 岡嶋 馨, 米倉 竹夫, 日本医学放射線学会雑誌, 62, 2, 102, 103,   2002年02月
  • 胎児期に両側水腎症水尿管を呈したA型食道閉鎖合併総排泄腔遺残症の1例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 井上 芳樹, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 38, 1, 130, 130,   2002年02月
  • Benign transient nonorganic ileus of neonates., Eur J Pediatr Surg, 12:168-174,   2002年, 10.1055/s-2002-32734
  • Late onset of right Bochdalek hernia with strangulation of the omentum., Acta Pediatr, 91;483-485,   2002年, 10.1080/080352502317371760
  • 集学的治療が奏効したstage4副腎皮質癌の1例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 吉林 宗夫, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 岡嶋 馨, 太田 善夫, 小児がん, 38, 3, 451, 451,   2001年12月
  • 肝虚血再灌流障害のDNA障害とATP枯渇に対する3-aminobenzamideの抑制効果に関する実験的検討, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 八木 誠, 大柳 治正, 外科と代謝・栄養, 35, 6, 353, 364,   2001年12月
    概要:ラット肝部分虚血再灌流障害(IRI)モデルで,IRIとperoxyniitrite(3AB)のIRI抑制効果を検討した.ラット70%肝虚血再灌流モデルで,sham群,control群,3AB群に分け,各群の虚血再灌流肝(IRI肝)と非虚血再灌流肝を採取し,組織障害,DNA障害の発現,peroxynitriteの発生を反応物質のnitrotyrosine(NT)で評価した.肝組織中のATP濃度,NT濃度を測定し,3群間で比較検討した.NT濃度はcontrol,3AB群のIR肝で高値を示した.組織障害,DNA障害はcontrol群IR肝で最も強く,3ABIR肝で有意に抑制された.ATP濃度はcontrol群IR肝で最も減少し,3AB群IR肝で保たれた.即ち3AB投与によりPARS活性を抑制することで組織中ATP濃度が保たれIRIは軽減された
  • A型食道閉鎖と両側水腎症水尿管を合併した総排泄腔遺残症の1例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 吉林 宗夫, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 廣田 正志, 太田 善夫, 日本未熟児新生児学会雑誌, 13, 3, 463, 463,   2001年10月
  • 新生児・乳児MRSA感染症におけるアルベカシン(ABK)のtherapeutic drug monitoring(TDM), 恵美須 礼子, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 廣田 正志, 三崎 泰志, 小角 卓也, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 高橋 幸博, 吉岡 章, 日本未熟児新生児学会雑誌, 13, 3, 433, 433,   2001年10月
  • 胎児期より診断治療を施行した巨大血管リンパ管腫症の1例, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 井上 芳樹, 太田 善夫, 日本未熟児新生児学会雑誌, 13, 3, 460, 460,   2001年10月
  • リポプロテインレパーゼ(LPL)欠損症に伴う高いトリグリセライド(TG)血症による重症急性膵炎の1救命例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 池田 康行, 日本小児外科学会雑誌, 37, 6, 921, 921,   2001年10月
  • LPS欠損症に伴う高トリグリセライド血症(高TG血症)による重症急性膵炎の1救命例, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 池田 康行, 日本腹部救急医学会雑誌, 21, 6, 1149, 1149,   2001年08月
  • 急性腹症を呈した腹部嚢胞性リンパ管腫の3例, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 窪田 昭男, 山内 勝治, 野上 隆司, 日本腹部救急医学会雑誌, 21, 6, 1067, 1067,   2001年08月
  • 虚血再灌流による肝細胞DNA障害に対する3-aminobenzamideの抑制効果, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 野上 隆司, 野瀬 恵介, 八木 誠, 大柳 治正, 外科と代謝・栄養, 35, 3, 192, 192,   2001年06月
  • ビタミンD依存性くる病II型に視神経萎縮,心奇形,重複腸管を合併した新生児の一例, 内田 優美子, 箕輪 秀樹, 恵美須 礼子, 吉林 宗夫, 小角 卓也, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 高橋 幸博, 吉岡 章, 日本新生児学会雑誌, 37, 2, 246, 246,   2001年06月
  • 稀な基礎疾患により胎児期に両側水腎症を呈した2例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 吉林 宗夫, 日本新生児学会雑誌, 37, 2, 246, 246,   2001年06月
  • 新生児無呼吸におけるポリグラフを用いた新しい評価方法(Desaturation Index), 箕輪 秀樹, 恵美須 礼子, 内田 優美子, 吉林 宗夫, 小角 卓也, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 高橋 幸博, 吉岡 章, 日本新生児学会雑誌, 37, 2, 352, 352,   2001年06月
  • オープンブレードシステムのハーモニックスカルペルを用いた肝区域切除術, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 37, 3, 510, 510,   2001年05月
  • 虚血再灌流による肝細胞DNA障害に対する3-aminobenzamideの抑制効果, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 小角 卓也, 廣岡 慎治, 野上 隆司, 八木 誠, 野瀬 恵介, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 37, 3, 673, 673,   2001年05月
  • Hirschsprung病,鎖肛の鏡視下手術 中間位鎖肛に対する腹腔鏡下手術, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 日本小児外科学会雑誌, 37, 3, 456, 456,   2001年05月
  • 出生前診断され稀な病態を呈した胎便性腹膜炎の2例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 吉林 宗夫, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 日本小児外科学会雑誌, 37, 3, 534, 534,   2001年05月
  • 鏡視下手術の工夫 Single puncture methodを応用した腹腔鏡下手術, 窪田 昭男, 奥山 宏臣, 大植 孝治, 黒田 征加, 池上 玲一, 神山 雅史, 八木 誠, 小角 卓也, 臼井 規朗, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 37, 3, 557, 557,   2001年05月
  • 直腸重複腸管を合併したCurrarino症候群の1例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 吉林 宗夫, 箕輪 秀樹, 米村 俊哉, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 横山 達郎, 日本小児科学会雑誌, 105, 4, 484, 484,   2001年04月
  • 扁桃肥大及びアデノイド増殖症の小児例におけるEden Trace IIによる睡眠時呼吸障害の評価, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 米村 俊哉, 吉林 宗夫, 横山 達郎, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 杉原 功一, 佐藤 宏昭, 日本小児科学会雑誌, 105, 4, 483, 483,   2001年04月
  • 胸水を契機に発見された横隔膜ヘルニアの1男子例, 清水 達雄, 堀内 俊幸, 平 清吾, 築山 順一, 東野 健, 松宮 禎介, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 日本小児科学会雑誌, 105, 4, 486, 486,   2001年04月
  • リポプロテインリパーゼ(LPL)欠損症に伴う高トリグリセライド(TG)血症による重症急性膵炎の1例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 日本小児科学会雑誌, 105, 4, 487, 487,   2001年04月
  • 小児外科領域の鏡視下手術の適応拡大と工夫, 小角 卓也, 窪田 昭男, 臼井 規朗, 山内 勝治, 野上 隆司, 大柳 治正, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 日本小児外科学会雑誌, 37, 2, 347, 347,   2001年04月
  • 胸水を契機に発見された横隔膜ヘルニアの1男子例, 清水 達雄, 堀内 俊幸, 平 清吾, 東野 健, 松宮 禎介, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 日本小児科学会雑誌, 105, 3, 308, 308,   2001年03月
  • 新生児における持続血液濾過透析法施行時の充填液に対する工夫, 植田 恵理子, 佐藤 昌臣, 小林 幸人, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 大阪透析研究会会誌, 19, 1, 99, 99,   2001年03月
  • 新生児呼吸不全に対するECMO施行時におけるCHDFの併用, 佐藤 昌臣, 植田 恵理子, 小木 幸人, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 大阪透析研究会会誌, 19, 1, 98, 98,   2001年03月
  • Long common channelの総排泄腔遺残症の2手術例 腟形成の手技とその問題点, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 窪田 昭男, 臼井 規朗, 小角 卓也, 山内 勝治, 野上 隆司, 大柳 治正, 日本外科学会雑誌, 102, 臨増, 57, 57,   2001年03月
  • Drug delivery systemを応用した慢性高エンドトキシン血症モデルの開発, 小角 卓也, 臼井 規朗, 窪田 昭男, 山内 勝治, 野上 隆司, 大柳 治正, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 柿木 佐知朗, 嘉悦 勲, 日本外科学会雑誌, 102, 臨増, 597, 597,   2001年03月
  • 新生児外科症例の術後QOL 精神運動遅滞発生に関する検討, 窪田 昭男, 臼井 規朗, 小角 卓也, 山内 勝治, 平井 久也, 野上 隆司, 大柳 治正, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 日本小児外科学会雑誌, 37, 1, 159, 159,   2001年02月
  • the preparation of the chronic hyper-endotoxemia experimental animal model by means of a drug delivery system., J Controlled Release, 75:167-172,   2001年, 10.1016/S0168-3659(01)00388-1
  • 肝門部虚血再灌流障害のDNA障害とATP枯渇に対する3-aminobenzamideの抑制効果に関する実験的検討, 外科と代謝・栄養, 35:353-364,   2001年
  • 腋窩縦切開による胸腔鏡補助+用手補助下手術で摘出し得た胸腺奇形腫の1例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 泉 貴文, 中島 重徳, 太田 善夫, 近畿大学医学雑誌, 25, 2, 49A, 49A,   2000年12月
  • 呼吸障害を呈した新生児における血清KL-6,SP-A,SP-D値の動態について, 内田 優美子, 箕輪 秀樹, 恵美須 礼子, 吉林 宗夫, 横山 達郎, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 高橋 幸博, 吉岡 章, 日本未熟児新生児学会雑誌, 12, 3, 353, 353,   2000年09月
  • 新生児呼吸障害におけるEden Trace IIの有用性について, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 吉林 宗夫, 横山 達郎, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 高橋 幸博, 吉岡 章, 日本未熟児新生児学会雑誌, 12, 3, 395, 395,   2000年09月
  • 扁桃を起始部とするhairy polypの1新生児例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 横山 達郎, 吉林 宗夫, 箕輪 秀樹, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 日本新生児学会雑誌, 36, 2, 397, 397,   2000年06月
  • 【膵の先天異常と外科】 Nesidioblastosis, 米倉 竹夫, 医学のあゆみ, 193, 13, 1003, 1007,   2000年06月
  • 非定型的肝限局性結節性過形成の画像所見 膵芽腫に対し門脈合併膵頭十二指腸切除を行った後に非定型的FNHを発症した1例, 窪田 昭男, 山内 勝治, 臼井 規朗, 小角 卓也, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 日本小児放射線学会雑誌, 16, Suppl., 37, 37,   2000年05月
  • 膵島細胞症に膵亜全摘は必要か 膵島細胞の成熟が示された2例を中心に, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 小角 卓也, 山内 勝治, 大柳 治正, 位田 忍, 中嶋 達郎, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 577, 577,   2000年05月
  • 総胆管拡張が軽微な膵管胆道合流異常症に対する腹腔鏡補助下小開腹創による根治術, 窪田 昭男, 小角 卓也, 臼井 規朗, 黒田 大介, 廣岡 慎治, 山崎 満夫, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 567, 567,   2000年05月
  • 直腸重複腸管を合併したCurrarino症候群の1例, 廣岡 慎治, 米倉 竹夫, 吉林 宗夫, 箕輪 秀樹, 米村 俊哉, 内田 優美子, 恵美須 礼子, 横山 達郎, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 696, 696,   2000年05月
  • 新生児Hirschsprung病における腹腔鏡下根治手術の時期と適応, 臼井 規朗, 窪田 昭男, 小角 卓也, 山内 勝治, 山崎 満夫, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 766, 766,   2000年05月
  • 膵芽腫根治術後に非定型的肝限局性結節性過形成(FNH)様病変を呈した1例, 山内 勝治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山崎 満夫, 大柳 治正, 工藤 正俊, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 714, 714,   2000年05月
  • Hospital Information System(HIS)の導入による効率化とその問題点, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 772, 772,   2000年05月
  • 敗血症におけるnitric oxideの役割, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 大柳 治正, メディヤ サ-クル, 40, 40, 45, 51,   1995年02月
  • 新生児・乳児に対する半消化態栄養剤(ハーモニック-M)の至適投与量と有用性に関する検討, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 山内 勝治, 山崎 満夫, 大柳 治正, JJPEN: The Japanese Journal of Parenteral and Enteral Nutrition, 22, 5, 361, 365,   2000年05月
    概要:A群(非蛋白カロリー窒素比=105)では,投与窒素量の過剰のためBUN,総アミノ酸の上昇を認めた.C群(NPC/N=300)では,糖質の過剰投与のためTPの低下,トランスアミラーゼの上昇を認めた.以上より,新生児・乳児の術後症例に対する半消化態栄養剤の至適非蛋白カロリー窒素比は175前後と考えられた.この投与量を用いた場合,半消化態栄養剤は新生児・乳児に対しても副作用なく安全に使用でき,有用であると考えられた
  • 【小児のendocrine surgery】 小児の膵内分泌外科疾患 Nesidioblastosis,Insulinoma, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 小角 卓也, 山内 勝治, 廣岡 慎治, 平井 久也, 大柳 治正, 中山 雅弘, 位田 忍, 中嶋 達郎, 小児外科, 32, 4, 420, 426,   2000年04月
  • 先天性食道閉鎖症術後に高度の食道蠕動障害をきたした1例, 山内 勝治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 大柳 治正, 川原 央好, 日本小児外科学会雑誌, 36, 2, 377, 378,   2000年04月
  • 発生機序の異なった肝前性門脈閉塞症における門脈血流動態 門脈造影を中心に, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 広岡 慎治, 山内 勝治, 山崎 満夫, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 2, 375, 375,   2000年04月
  • 新生児期に消化管穿孔を来たしたHirschsprung病3例の経験, 山内 勝治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山崎 満夫, 大柳 治正, 日本腹部救急医学会雑誌, 20, 2, 319, 319,   2000年02月
  • 急性腹症をきたしたレッチウス腔嚢腫の1例, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 保木 昌徳, 広岡 慎治, 山内 勝治, 山崎 満夫, 大柳 治正, 日本腹部救急医学会雑誌, 20, 2, 319, 319,   2000年02月
  • Nd-YAGレーザーを用いた肺手術の検討, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 窪田 昭男, 臼井 規朗, 小角 卓也, 山内 勝治, 山崎 満夫, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 1, 151, 151,   2000年02月
  • 新生児・乳児に対する半消化態栄養剤の有用性と至適投与法に関する検討, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 山内 勝治, 山崎 満夫, 大柳 治正, 静脈経腸栄養, 15, 1, 71, 71,   2000年01月
  • Surgical intervention for emphysematous pulmonary regions in a postoperative infant with congenital diaphragmatic hernia., J Pediatr Sur, 35:1820-1821,   2000年, 10.1053/jpsu.2000.19268
  • Nesidioblastosis , 医学のあゆみ, 193:1003-1007,   2000年
  • 噴門形成術後に悪性症候群を発症した痙直性四肢麻痺の1例, 山内 勝治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 野上 隆司, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 7, 972, 976,   1999年12月
    概要:重症心身障害(重障児)に伴う胃食道逆流症に対する噴門形成術後に悪性症候群(NMS)を発症した17歳女児例を経験した.脳性麻痺が発症の要因,抗てんかん剤であるカルバマゼピンが原因薬物,全身麻酔による手術が引き金であったと考えられた.ダントロレン(ダントリウム)投与が著効を呈した.翌日,呼吸筋弛緩による呼吸停止,心停止をきたしたが,後遺症を残さず蘇生し得た
  • 門脈・上腸間膜静脈腫瘍塞栓を合併した膵頭部膵芽腫に対する手術, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 保木 昌徳, 土師 誠二, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 大柳 治正, 北山 仁士, 村田 由佳, 宮田 曠, 小児がん, 36, 3, 429, 429,   1999年11月
  • 肝前門脈閉塞症における血管造影の所見 発生機序の異なった3例について, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 広岡 慎治, 土師 誠二, 大柳 治正, 小野 幸彦, 堀 信一, 日本小児放射線学会雑誌, 15, 3, 293, 298,   1999年11月
    概要:3症例(9歳男児,9歳女児,13歳男児)における肝前性門脈閉塞とそれに伴う血行動態の変化は次のごとく推測された.1)症例1(先天性門脈形成不全)の場合,静脈管の依存により,典型的な求肝性側副血行路は認められなかった.静脈管の相対的な狭小化と共に,遠肝性側副血行路が発達した.2)症例2(特発性門脈閉塞症)の場合,早期に門脈本幹が閉鎖した為に,膵臓枝を通り肝門部に流入する血管が著しく発達した.3)症例(多発性多発静脈血栓症)の場合,上腸間膜静脈〜門脈本幹に進行性に血栓性の閉塞が生じた為に,典型的なcavernous transformationが形成された
  • 【胎児画像診断のPitfalls】 消化管通過障害の出生前診断におけるPitfalls, 窪田 昭男, 山内 勝治, 小角 卓也, 廣岡 慎治, 臼井 規朗, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 小児外科, 31, 10, 1037, 1043,   1999年10月
  • 新生児期消化管穿孔を合併したHirschsprung病症例に対する検討, 山内 勝治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山崎 満夫, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 6, 863, 863,   1999年10月
  • 痙直性四肢麻痺を伴う脳性麻痺症例の気道病変に対する外科的治療法とその限界, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山内 勝治, 山崎 満夫, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 6, 814, 815,   1999年10月
  • 嚢胞性部分的分化型腎芽腫(CPDN)の1例, 山崎 満夫, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山内 勝治, 大柳 治正, 藤堂 恵巳, 日本小児外科学会雑誌, 35, 6, 869, 869,   1999年10月
  • 2回転の中腸軸捻転を呈したまま長期間経過した腸回転異常症の成人例, 山崎 満夫, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山内 勝治, 黒田 大介, 大柳 治正, 日本臨床外科学会雑誌, 60, 増刊, 583, 583,   1999年10月
  • 極細径腹腔鏡と臍弧状切開により確定診断及び根治術を行った臍腸管遺残症の1例, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 山内 勝治, 山崎 満夫, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 6, 864, 864,   1999年10月
  • 2度の同種骨髄移植後にBronchiolitis obliterans organizing pneumonia(BOOP)を合併した急性リンパ性白血病の1例, 宮里 裕典, 岩佐 泰秀, 守脇 孝成, 森口 直彦, 宮田 曠, 吉岡 加寿夫, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 中尾 雄三, 山本 隆, 小児がん, 36, 2, 244, 247,   1999年10月
  • MRI angiographyで診断し得た特発性門脈圧亢進症の1男児例, 安藤 淳, 宮里 裕典, 森口 直彦, 宮田 曠, 吉岡 加寿夫, 工藤 正俊, 井上 良一, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 日本小児血液学会雑誌, 13, 4, 274, 274,   1999年08月
  • 総胆管拡張症を伴わない膵管胆道合流異常症に対する腹腔鏡及び小開腹創による根治術, 窪田 昭男, 小角 卓也, 黒田 大介, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 山崎 満夫, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 日本膵管胆道合流異常研究会プロシーディングス, 22回, 44, 45,   1999年08月
  • 【栄養素・栄養成分のトピックス】 アルギニン 生体におけるL-arginine-nitric oxide(NO)合成系の基質としてのL-arginineの役割について, 米倉 竹夫, JJPEN: The Japanese Journal of Parenteral and Enteral Nutrition, 21, 7, 469, 478,   1999年07月
  • 非硬変性門脈圧亢進症と肝内結節性病変 小児非硬変性門脈圧亢進症症例の検討 門脈膵頭十二指腸切除後肝FNH様病変をきたした膵芽腫症例を中心に, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 山内 勝治, 小角 卓也, 廣岡 慎治, 臼井 規朗, 山崎 満夫, 大柳 治正, 工藤 正俊, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 5, 2, 117, 117,   1999年07月
  • Barrett食道治癒機転の病理組織学的検討 逆流防止術により治癒傾向を示し他病死した1剖検例, 窪田 昭男, 黒田 大介, 今野 元博, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山内 勝治, 加藤 道男, 大柳 治正, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 6, 1865, 1865,   1999年06月
  • 【最近の外鼠径ヘルニア】 小児鼠径ヘルニア手術に抗生剤予防投与は必要か その効果と副作用の検討, 中山 剛之, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 山内 勝治, 加藤 道男, 大柳 治正, 小児外科, 31, 6, 579, 581,   1999年06月
    概要:小児鼠径ヘルニア手術症例に対してprospective studyを行い,術後の抗生剤予防投与の意義を検討した.小児鼠径ヘルニアの術後には抗生剤非投与群においても創感染率は上昇せず,抗生剤投与によっても発熱等の予防効果に有意差は認めなかった.以上より小児の鼠径ヘルニア術後に抗生剤投与は必要ないと考えられる.但し創部近傍にアトピー性皮膚炎を伴う症例には抗生剤予防投与が望ましい
  • 胎便関連性腸閉塞症の壁内神経叢の病理組織学的検討 いわゆるmeconium diseaseの病因はimmaturity of gangliaか, 窪田 昭男, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 井村 賢治, 中山 雅弘, 日本新生児学会雑誌, 35, 2, 422, 422,   1999年06月
  • 新生児副腎出血に腎静脈血栓症を合併した1例, 守脇 孝成, 葭井 操雄, 月山 啓, 野間 大路, 吉岡 加寿夫, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 日本新生児学会雑誌, 35, 2, 427, 427,   1999年06月
  • 極細径腹腔鏡と臍内弧状切開により確定診断及び根治術を行いえた臍腸管遺残症の1例, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 山内 勝治, 山崎 満男, 大柳 治正, 日本外科系連合学会誌, 24, 3, 439, 439,   1999年06月
  • ヒルシュスプルング病類縁疾患の臨床経過と壁内神経叢の定量的評価との相関, 窪田 昭男, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 大柳 治正, 中山 雅弘, 井村 賢治, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3, 525, 525,   1999年05月
  • 私立大学病院における変則的Day Surgeryのメリットとデメリット, 山内 勝治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 加藤 道男, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3, 433, 433,   1999年05月
  • 小児外科領域における経皮的中心静脈カテーテルの有用性及び問題点の検討, 廣岡 慎治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 山内 勝治, 加藤 道男, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3, 512, 512,   1999年05月
  • 肝部分虚血再灌流モデルにおける臓器障害とoxidant stressに対するNitric oxideの役割, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山内 勝治, 保木 昌徳, 加藤 道男, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3, 473, 473,   1999年05月
  • 下顎骨固定用チタンプレートを用いたRehbein変法による胸骨挙上術, 窪田 昭男, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 加藤 道男, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3, 451, 451,   1999年05月
  • 小児外科領域における市販半消化態製剤(ハーモニックM)の至適投与法の検討, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 山内 勝治, 加藤 道男, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3, 514, 514,   1999年05月
  • 温度応答性ゾル-ゲル相転移型DDSによる新しい癌局所療法剤の開発, 保木 昌徳, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 藤家 悟, 山内 勝治, 加藤 道男, 大柳 治正, 田守 昭浩, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3, 535, 535,   1999年05月
  • 小児領域でのらせんCT 小児の胸部外科疾患における三次元表示らせんCTの有用性 気管・気管支軟化症の診断を中心に, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 広岡 慎治, 小角 卓也, 山内 勝治, 大柳 治正, 日本小児放射線学会雑誌, 15, 1, 53, 59,   1999年03月
  • 胃癌組織におけるeNOSの発現についての免疫組織化学的検討, 酒井 健一, 今野 元博, 加藤 道男, 西川 正康, 中山 剛之, 平井 久也, 藤家 悟, 朝野 聡, 河村 史朗, 米倉 竹夫, 日本外科学会雑誌, 100, 臨増, 535, 535,   1999年02月
  • 【小児外科における代謝・栄養評価:最近の話題】 徐放性drug delivery system(DDS)の代謝研究への応用 高エンドトキシン血症モデルの作成を中心に, 保木 昌徳, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 大柳 治正, 嘉悦 勲, 小児外科, 31, 2, 175, 179,   1999年02月
  • 喘息発作後に右肺気管支に樹枝状粘液塞栓を形成した1例, 廣岡 慎治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大柳 治正, 柳田 英彦, 藤堂 恵巳, 八木 和郎, 吉岡 加寿夫, 日本小児外科学会雑誌, 35, 1, 133, 133,   1999年02月
  • Paucity of intrahepatic bile ductの2例, 山内 勝治, 窪田 昭雄, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 加藤 道夫, 大柳 正治, 小林 庸次, 西村 章, 日本小児外科学会雑誌, 35, 1, 106, 106,   1999年02月
  • 静脈管を介するnatural shuntを形成した肝前性門脈形成不全症の1例, 小角 卓也, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 山内 勝治, 土師 誠二, 加藤 道男, 大柳 治正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 1, 106, 106,   1999年02月
  • 非血縁者間同種骨髄移植後にサイトメガロウイルスとHHV-6の混合感染が考えられた1症例, 八木 和郎, 森口 直彦, 山本 隆, 宮田 曠, 吉岡 加寿夫, 廣岡 慎治, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 平松 謙二, 奥田 隆彦, 小児がん, 35, 4, 560, 562,   1998年12月
  • 極小未熟児に緊急手術で造設された空腸瘻の術式及び管理, 藤堂 恵巳, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 大柳 治正, 日本ストーマリハビリテーション学会誌, 14, 2, 45, 45,   1998年12月
  • 【体液管理・輸液マニュアル】 各種疾患患者の体液管理 小児・高齢者の体液管理 新生児・未熟児の体液管理, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, Expert Nurse, 14, 13, 217, 219,   1998年11月
  • 横隔膜ヘルニア術後に発生したbullous emphysemaによる呼吸不全に対するvolume reduction surgery, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 保木 昌徳, 広岡 慎二, 古角 卓也, 山内 勝治, 大柳 治正, 平松 謙二, 奥田 隆彦, 古賀 義久, 日本小児外科学会雑誌, 34, 6, 981, 982,   1998年10月
  • Groshong皮下植え込み型カテーテルの小児長期使用の一治験例, 廣岡 慎治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 加藤 道男, 大柳 治正, 宮里 裕典, 宮田 曠, 吉岡 加寿夫, 外科と代謝・栄養, 32, 5, 320, 320,   1998年10月
  • IVHポート周囲膿瘍に対し超酸性水による洗浄が著効した一症例, 守脇 孝成, 保木 昌徳, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山内 勝治, 大柳 治正, 外科と代謝・栄養, 32, 5, 326, 326,   1998年10月
  • 下部胆管が欠損した胆道拡張症の2例 膵胆管合流異常といえるか, 山内 勝治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 加藤 道男, 大柳 治正, 日本膵管胆道合流異常研究会プロシーディングス, 21回, 104, 104,   1998年09月
  • 【腸管不全の病態・治療】 新生児壊死性腸炎の病態 腸管阻血性病変とnitric oxide, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 医学のあゆみ, 186, 12, 863, 863,   1998年09月
  • 気管支粘液塞栓症の1例, 柳田 英彦, 岡田 満, 藤堂 恵巳, 月山 啓, 八木 和郎, 森口 直彦, 吉岡 加寿夫, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 平松 謙二, 日本小児アレルギー学会誌, 12, 2, 195, 195,   1998年07月
  • 本学における臨床膵島移植実施のための倫理委員会申請について, 宮本 正章, Tun Thein, 田中 勝喜, 藤原 郁也, 小角 卓也, 広岡 慎治, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 大柳 治正, 近畿大学医学雑誌, 23, 1, 16A, 16A,   1998年06月
  • 門脈・上腸間膜静脈腫瘍塞栓を合併した膵頭部膵芽腫に対する手術, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 34, 3, 505, 505,   1998年05月
  • 新生児ヒルシュスプルング病の画像診断 腹部単純X線及び注腸造影のpitfalls, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 日本新生児学会雑誌, 34, 1, 108, 116,   1998年04月
    概要:新生児H病の画像診断能を他の新生児機能的腸閉塞症との比較を中心に検討した. 1)新生児H病の腹部単純X線写真の特異性は低かった.特に著明な腸管の拡張像,結腸の分節的拡張及び中等度以下の鏡面形成等は仮性H病とは酷似することがある. 2)注腸造影における診断率はおよそ60%であった3)注腸造影における注意点は全結腸型の注腸造影は多くの場合正常所見を呈すること,MRIはH病類似のcaliber changeを呈することがあること,またMRIの合併は注腸造影を修飾し,診断を困難にすること等である
  • 無脾症候群,nonrotation,十二指腸前門脈症に発症した胃軸捻症の1例, 野瀬 恵介, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 34, 2, 306, 311,   1998年04月
    概要:症例は8歳男児である.複雑心奇形を伴った無脾症候群にて,両側Blalock-Taussigシャント手術を受け,経過観察中であった.夕食後突然上腹部痛,嘔吐が出現した上部消化管造影にて胃軸捻症と診断した.発症後5日目に試験開腹を行った.開腹により無脾症,nonrotation,十二指腸前門脈を認め,これらの合併奇形が本症発症の誘因となっていたと考えられた.胃前方固定術を施行した.術後経過は良好である.過去25年間に本邦で報告された小児の胃軸捻症に合併奇形に関する記載のあるものは77例であった.延べ98疾患の内訳は脾疾患19,横隔膜疾患15,腸回転異常14,心疾患9,肥厚性幽門狭窄症8例等であった
  • 門脈・上腸間膜静脈腫瘍塞栓を合併した膵頭部膵芽腫の3歳男児に対する幽門輪温存膵頭十二指腸切除と心膜ロールによる門脈再建術, 米倉 竹夫, 日本血管外科学会雑誌, 7, 2, 273, 273,   1998年04月
  • 99mTc-HSA-Dを用いた出血シンチグラムが出血部位同定に有用であった小児の小腸粘膜下動脈瘤の1例, 朝野 聡, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 日本小児放射線学会雑誌, 14, 1, 44, 47,   1998年02月
  • 頸部リンパ節転移で発見された小児耳下腺微小腺癌の1例, 酒井 健一, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 33, 5, 837, 841,   1997年08月
    概要:症例は13歳の女児.左耳介下部の腫瘤を主訴に来院し,生検により腺癌のリンパ節転移と診断した.原発巣の精査を行ったところ,MRI, Gaシンチにて左耳下腺尾側に腫瘍を認めた.画像診断で耳下腺に異常を認めなかったが,他に腫瘍病変を認めなかったため耳下腺癌の疑いにより,左耳下腺全摘・左頸部リンパ節郭清術を施行した.病理組織検査により腺癌の転移を認めるリンパ節に接した耳下腺組織内に微小腺癌を認めた.これより本症例は耳下腺原発の腺癌が隣接リンパ節に転移し原発巣以上に増大したものと考えられた
  • 小児外科疾患における術前ヘリカルCTの有用性について, 米倉 竹夫, 日本消化器外科学会雑誌, 30, 6, 1670, 1670,   1997年06月
  • 最近の周産期医療における小児外科 極小未熟児・超未熟児に発生した機能性腸閉塞症の治療と予後 胎便関連性腸閉塞症例の検討, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小児外科, 29, 6, 865, 872,   1997年06月
  • 血管走行異常を合併した小児外科疾患における造影ヘリカルCTの有用性について, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 保木 昌徳, 日本小児放射線学会雑誌, 13, 1, 1, 8,   1997年06月
    概要:造影ヘリカルCTは臓器の位置異常や血管の走行異常が予測される小児外科症例に対し,術前のルーチン検査として非侵襲的に施行することが可能であると共に,その三次元表示は形態学的診断にまたMIP像は血管の連続性の検討に有用であった
  • 小陰唇閉鎖を合併したlong common channelの総排泄腔奇形に対するposterior sagittal anorecto-vagino-urethroplasty, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 33, 3, 471, 471,   1997年05月
  • 続発性血管病変に起因した外因性気管気管支狭窄症に対する治療, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 33, 3, 508, 508,   1997年05月
  • 間欠的下大静脈閉塞による肝機能障害をきたした前内側横隔膜ヘルニアの1例, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 33, 2, 341, 341,   1997年04月
  • 多脾症候群を合併した胆道閉鎖症の手術 術前ヘリカルCTによる血管走行の診断と肝門部所見を中心に, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 33, 2, 358, 359,   1997年04月
  • 白血病の化学療法中に発症した肛門病変に対しエンドコロストミーを施行した2症例, 朝野 聡, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, STOMA: Wound & Continence, 8, 1, 27, 30,   1997年04月
  • 胎児エコーでSolitary cystic lesionを示し,出生後早期にSingle bubbleを呈した1例, 中山 剛之, 窪田 照男, 米倉 竹夫, Pharma Medica, 15, 3, 185, 186,   1997年03月
  • 虚血再灌流傷害におけるoxidant stressに対するnitric oxide pathwayの関与について, 米倉 竹夫, 日本外科学会雑誌, 98, 臨増, 554, 554,   1997年03月
  • 加齢に伴い組織学的に成熟化の変化を示したNesidioblastosisの1例, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 今野 元博, 日本小児外科学会雑誌, 33, 1, 79, 85,   1997年02月
    概要:症例は出生前にBeckwith-Wiedemann症候群と診断された女児で,出生直後より高インシュリン血症を伴った低血糖症を認めた.生後2ヵ月目に開腹術を行ったところ,膵体部に3cm大の腫瘤を認めたためfocal typeのNBと判断し,膵体尾部切除を行ったが,断端に腫瘤が残存した.組織学的には切除膵全体にNBを認めdiffuse typeと診断された.低血糖症は加齢と共に改善したが,依然サンドスタチンの投与を必要としたため,その副作用を予防する目的で8歳時に膵亜全摘術を行った.再切除標本の組織所見をみると初回時の組織所見に比べ正常の膵腺房組織が多く,その間に膵内分泌細胞が散在しており,一部ではラ氏島の形成も認めた
  • 小児中葉症候群症例に対する気管支鏡所見及び気管支肺胞洗浄の有効性の検討, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 32, 6, 982, 983,   1996年10月
  • 良性一過性新生児非器質性腸閉塞症, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 医学のあゆみ, 178, 12, 904, 906,   1996年09月
  • ヒルシュスプルング病類縁疾患 良性一過性新生児非器質性腸閉塞症 仮性ヒルシュスプルング病, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 保本 昌徳, 小児外科, 28, 9, 1090, 1096,   1996年09月
    概要:新生児期に発症する機能的腸閉塞症で,胎便による閉塞や壁内神経の異常が否定され,発症時期,臨床症状,X線所見がH病に酷似したものがある.これらは保存的治療によく反応し,予後が良好である為にH病が否定されると顧みられることがない
  • 腸管虚血再還流におけるnitric oxideと臓器血流障害の発生についての検討, 米倉 竹夫, 日本消化器外科学会雑誌, 29, 6, 1346, 1346,   1996年06月
  • 腸管虚血再還流による臓器障害の発生におけるoxidant stressとnitoric oxideの関与について, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 32, 3, 565, 565,   1996年05月
  • 気管気管支軟化症におけるヘリカルCT像 外因性圧迫の診断に有用であった2症例, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 野瀬 恵介, 日本小児放射線学会雑誌, 12, 1, 68, 73,   1996年05月
    概要:症例1:11ヵ月男児.Bochdalekヘルニア術後に患側肺の低形成と健側肺の著しい肺過膨脹を伴った気管気管支軟化症,ヘリカルCTにより縦隔臓器は左に偏位し,大動脈,大動脈弓は気管から離れており,伸展された無名動脈が気管を圧迫していることがわかった. 症例2:1歳女児.原疾患は完全型心内膜床欠損症,動脈管開存症,肺高血圧症,ダウン症である.4ヵ月時に肺動脈絞扼術を受けた.術後3日目に気管気管支軟化症を認めた.ヘルカルCTにより気管気管支軟化症の外因性因子は肺動脈の圧迫であることを認めた
  • 壊死性腸炎の診断と治療, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 井村 賢治, 日本腹部救急医学会雑誌, 16, 2, 403, 410,   1996年04月
    概要:1)確診以上の新生児壊死性腸炎15例を経験した.未熟児ほど発生頻度が高く,成熟児にはみられなかった. 2)15例中9例が進行例となり,確診例1例を含む9例に手術を行った.手術例における救命は4例,全体では8例. 3)本症診断上重要な点は,極めて進行の早い症例,非典型的所見を呈する症例及び授乳前発症例が稀ならず存在することを認識し見逃さないことと考えた. 4)治療上の要点は,適応があれば積極的に手術を行うこと代謝性アシドーシス,乏尿,菌血症が予後不良因子であることから,これらの兆候を認めたら早急に手術を行うことと考えた
  • 進行性仙尾部悪性奇形腫に対する開腹兼後方矢状切開による腫瘍摘出術の1例, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 31, 3, 556, 556,   1995年05月
  • Nd-YAGレーザーによる両側多発性転移性肺腫瘍に対する肺部分切除術, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 31, 3, 553, 553,   1995年05月
  • 完全静脈栄養と肝障害 bacterial translocationの関与を中心に, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 医学のあゆみ, 173, 5, 492, 494,   1995年04月
  • 新生児壊死性腸炎の病態-腸管阻血性病変とnitric oxide, 医学のあゆみ, 186, 863,   1998年
  • 肺分画症の肺病変, 小児外科, 36:330-339,   2004年
  • 胎児診断における小児外科の役割, 外科治療, 92:1057-1059,   2005年
  • Superoxideの再生と代謝栄養管理 フリーラジカルがもたらす病態と疾患, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 大柳 治正, JJPEN: The Japanese Journal of Parenteral and Enteral Nutrition, 16, 6, 543, 549,   1994年06月
  • 敗血症とnitric oxide その意義, 米倉 竹夫, 医学のあゆみ, 169, 11, 1120, 1121,   1994年06月
  • 小児栄養治療の今日的課題 栄養治療の副作用 代謝管理, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 栄養-評価と治療, 11, 2, 154, 160,   1994年05月
  • 小児外科および一般外科混合病棟におけるMRSA感染の現状と予防対策およびその治療, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 30, 3, 533, 533,   1994年05月
  • TPN-associated cholestasisの現況 肝障害を惹起するmediatorを中心に, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 医学のあゆみ, 168, 12, 1081, 1083,   1994年03月
  • 多発血栓性静脈炎,肺梗塞,下大静脈門脈血栓症を伴った食道静脈瘤の1例, 野口 淳, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, Pharma Medica, 11, 12, 236, 238,   1993年12月
  • Ketoisocaproateの敗血症におけるSuperoxide,Nitric Oxide産生抑制と予後の検討, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 29, 3, 572, 572,   1993年05月
  • 完全静脈栄養に伴う骨障害, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 奥山 宏臣, 栄養-評価と治療, 10, 1, 59, 68,   1993年02月
  • 先天性胆道拡張症における肝障害の病理組織学的検討, 中村 哲郎, 永原 暹, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 28, 7, 1342, 1348,   1992年12月
    概要:先天性胆道拡張症の肝組織像の変化を黄疸例,非黄疸例にわけ病理組織学的に検討した.黄疸例に,より高頻度に高度の組織学的変化を認めたが,非黄疸例においても少なからず組織学的変化を来していた.黄疸例に2例,非黄疸例に1例の肝硬変像を認めた.本症においては閉塞性黄疸に胆道内に逆流した膵液の作用が加わり高頻度に肝障害をもたらすだけでなく黄疸を呈さない場合でも膵液の逆流によって重篤な肝障害を惹起することが考えられた
  • Unfavorable histologyのWilms腫瘍の2例と本邦報告例の検討, 米倉 竹夫, 永原 暹, 中村 哲郎, 日本小児外科学会雑誌, 28, 4, 914, 921,   1992年06月
    概要:MRTK(腎の悪性桿状腫瘍)の4ヵ月男児,及びCCSK(腎の明細胞肉腫)の1歳6ヵ月女児を呈示した.両例共,手術,放射線療法,第3次全国Wilms腫瘍研究のDDプロトコールによる化学療法を行い,治療後それぞれ38ヵ月及び35ヵ月に,腫瘍なしに生存している.本邦文献上,CCSK患者22例及びMRTK患者14例が報告されており,診断後2年以上腫瘍なしにCCSK患者7例及びMRTK患者3例が生存している
  • Unfavorable histologyのWilms腫瘍の2例と本邦報告例の検討, 米倉 竹夫, 永原 暹, 中村 哲郎, 日本小児外科学会雑誌, 28, 4, 914, 921,   1992年06月
    概要:MRTK(腎の悪性杆状腫よう)の4ヵ月男児,及びCCSK(腎の明細胞肉腫)の1歳6ヵ月女児を呈示した.両例共,手術,放射線療法,第3次全国Wilms腫よう研究のDDプロトコールによる化学療法を行い,治療後それぞれ38ヵ月及び35ヵ月に,腫ようなしに生存している.本邦文献上,CCSK患者22例及びMRTK患者14例が報告されており,診断後2年以上腫ようなしにCCSK患者7例及びMRTK患者3例が生存している
  • 血中NSEの上昇と骨シンチグラムで集積像を認めた膵Solid and Cystic Tumorの1例, 中村 哲郎, 永原 暹, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 28, 1, 93, 100,   1992年02月
    概要:外傷を契機に発見された11歳女児のsolid and cystic tumor of the pancreasの1例.血中NSE上昇および99mTc骨シンチグラムでの集積は従来報告が殆ど見られないが,本腫瘍の特徴のひとつに挙げられる
  • 脊椎管内に神経節腫の再発を来したDumbbell型神経芽細胞腫の1例, 中村 哲郎, 永原 暹, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 27, 7, 1190, 1196,   1991年12月
    概要:4A期Dumbbell型神経芽細胞腫で化学療法後脊椎管内の腫瘤像が消失しその後原発巣摘出,自家骨髄移植を行いCRの状態で経過していたが2年8ヵ月後脊椎管内に良性の神経節腫の再発をみた.化学療法で分化成熟化が促進されたと考えられた
  • 若年者大腸多発癌と胃癌の重複癌の1例, 米倉 竹夫, 中尾 量保, 藤田 修弘, 日本消化器外科学会雑誌, 24, 11, 2814, 2818,   1991年11月
    概要:19歳男に多発性大腸癌と胃癌を認め,幽門側胃切除術および回盲部より15 cm肛門側の上行結腸から上部直腸までの大腸摘出術を行った.再建はBillroth 1法および結腸直腸吻合術を行った.病理所見では胃体下部小彎に深達度ssの潰瘍浸潤型印環細胞癌を認めた.直腸にはsmの有茎性中分化腺癌,ssの浸潤潰瘍型中分化型腺癌およびsmの陥凹型粘液癌を,またS状結腸から下行結腸にかけてmとsmの有茎型高分化型腺癌,smの陥凹型中分化型腺癌,pmの腫瘤型粘液癌2個と4個の腺腫を,さらに横行結腸に腺腫内癌を認めた.術後2年1ヵ月現在再発なく健在である
  • Mixed gonadal dysgenesis (MGD)に合併したgonadoblastoma (GB)の3歳小児の1例, 米倉 竹夫, 永原 暹, 中村 哲郎, 小児がん, 28, 1, 407, 408,   1991年10月
  • 肝硬変像を呈した先天性胆道拡張症非黄疸例の1例, 中村 哲郎, 永原 暹, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 27, 6, 1035, 1041,   1991年10月
  • Dumb-bell型神経芽腫における術前化学療法の意義, 中村 哲郎, 永原 暹, 米倉 竹夫, 小児がん, 28, 1, 77, 80,   1991年10月
    概要:1) 1年8ヵ月女:化学療法(A 1×2)→原発巣摘出+椎弓切除→化療(A 1×4, B×4, C×5)+X線照射→ABMT:生存5年4ヵ月CR.2) 2年2ヵ月女:化療(A 1×6)+X線→原発巣摘出→ABMT→椎弓切除:生存4年10ヵ月CR.3) 9ヵ月男:化療(0.7 A 1×3)→椎弓切除→化療(0.7 A 1×4)→原発巣摘出→化療(0.7 A 1×6)+X線→ABMT:生存5年2ヵ月CR.4) 7ヵ月男:化療(0.5 A 1×2)→椎弓切除→原発巣摘出→化療(0.7 A 1)施行中:生存2ヵ月CR
  • Gross D型先天性食道閉鎖症の1例, 中村 哲郎, 永原 暹, 米倉 竹夫, 最新医学, 46, 6, 1381, 1383,   1991年06月
  • 神経芽腫マススクリーニング症例におけるdelayed primary operationの有用性の検討, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 27, 3, 460, 460,   1991年05月
  • 進行性神経芽腫に対する自家骨髄移植症例(ABMT)の検討, 米倉 竹夫, 小児がん, 27, 2, 583, 583,   1990年12月
  • 無水クロム酸熱傷による急性クロム中毒の1例, 米倉 竹夫, 藤田 修弘, 打越 史洋, 日本救急医学会雑誌, 1, 3, 171, 176,   1990年12月
  • 治癒が期待されるunfavorable histologyのWilms腫瘍の2症例, 米倉 竹夫, 永原 暹, 中村 哲郎, 小児がん, 27, 1, 155, 157,   1990年08月
  • 胆道閉鎖症における肝外胆道系の病理学的所見と成因に関する検討, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 26, 2, 399, 399,   1990年04月
  • 小児腸重積症の検討, 米倉 竹夫, 中尾 量保, 藤田 修弘, 大阪警察病院医学雑誌, 13, 41, 45,   1989年09月
    概要:62例の小児腸重積症例44例の診断・治療内容を検討した.44例中35例は注腸整復された.また2例は緊急開腹術が,5例は注腸整復できず開腹術が施行された.残り2例は整復時穿孔をきたし,バリウム腹膜炎を合併し,緊急手術が行われた.このうち一例は心室中隔欠損を合併しており,術後1日目に死亡した.注腸整復例,徒手整復例,腸切除例の平均入院期間はそれぞれ1.8日,8.8日,23.0日であった
  • 腸重積症症例に対する診断・治療の検討, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 25, 4, 748, 748,   1989年06月
  • 多臓器不全症例における意識障害および循環障害と血漿微量アミン値の変動, 米倉 竹夫, 外科と代謝・栄養, 21, 4, 345, 346,   1987年12月
  • 〔生理活性アミン〕肝不全とアミン代謝, 鎌田 振吉, 米倉 竹夫, 和佐 勝史, 臨床科学, 23, 11, 1421, 1427,   1987年11月
  • 胆道閉鎖症術後症例に対するBranched Chain Amino Acid-Enriched Dietの投与についての検討(第1報), 川原 央好, 鎌田 振吉, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 23, 5, 869, 875,   1987年08月
  • 意識障害を呈した敗血症症例における血漿及び髄液中アミノ酸,微量アミン値の検討, 米倉 竹夫, 肝臓, 28, 7, 1003, 1003,   1987年07月
  • 血漿微量アミン同時測定法の開発ならびに肝障害症例における血漿微量アミンの分析, 米倉 竹夫, 大阪大学医学雑誌, 39, 5, 403, 410,   1987年07月
    概要:1)フルオレスカミンを用いた,高速液体クロマトグラフィー(HPLC)による血漿フェネチラミン,フェニールエタノーラミン,チラミン及びオクトパミンの同時測定法を開発し,肝障害時におけるこれら微量アミンの変動を検討した.2)肝性脳症を呈した肝硬変症例では脳症非合併例に比べ,血漿微量アミン値は高値を示した.3)脳症を呈した肝硬変症例ならびに急性肝不全症例では,4度の脳症時で血漿フェニールエタノーラミンおよびチラミンは著しい高値を示した
  • 胆道閉鎖術後症例における血漿微量アミン値の分析, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 23, 2, 402, 402,   1987年04月
  • 肝性脳症,敗血症・多臓器不全症例に対する肝不全用アミノ酸液の治療効果, 鎌田 振吉, 米倉 竹夫, 岡田 正, 日本臨床栄養学会雑誌, 7, 2, 142, 149,   1987年03月
    概要:1)肝性脳症および脳症を合併した敗血症症例に対して分岐鎖アミノ酸を多量に含有する肝不全用アミノ酸液を用い高カロリー輸液を施行し,投与開始48時間後の意識レベル,血中アミノ酸値の検討を行った.2)肝性脳症症例では急性肝不全7例中3例,その他の肝性脳症27例中20例に意識レベルの改善をみた.急性肝不全症例を除く肝性脳症症例のうち,覚醒例では分岐鎖アミノ酸代謝の亢進が,また無効例では芳香族アミノ酸代謝の障害が示唆された.3)敗血症症例では28例中5例に高アミノ酸血症がみられ,他の症例では異化の亢進を反映すると考えられる分岐鎖アミノ酸値の低下とフェニルアラニン値の上昇がみられた.肝不全用アミノ酸液の投与にて血中アミノ酸値の正常化は得られず,意識レベルの改善も明瞭でなかった
  • 肝障害症例における血中アミノ酸および微量アミンの解析, 米倉 竹夫, 肝臓, 27, 8, 1194, 1194,   1986年08月
  • 肝障害時における血漿微量アミンの測定及び血漿アミノ酸値との比較検討, 米倉 竹夫, 肝臓, 27, Suppl., 91, 91,   1986年05月
  • 肝障害時のアミン代謝と病態解析 血中微量アミンの同時測定法の開発, 米倉 竹夫, 鎌田 振吉, 窪田 昭男, 外科と代謝・栄養, 19, 4, 462, 463,   1986年01月
  • ASD拡大術術後,劇症型肝不全を発生し,血漿交換により救命しえたmitral atresia,DORV,small ASD PHの1例, 米倉 竹夫, Japanese Circulation Journal, 49, Suppl.1, 118, 118,   1985年12月
  • 血中微量アミン同時測定法の開発 重症肝障害時の病態解析, 米倉 竹夫, 日本消化器外科学会雑誌, 18, 6, 1362, 1362,   1985年06月
  • 原発性カンジダ心内膜炎に対する僧帽弁人工弁置換術及び腹部大動脈分岐部人工血管術の1治験例, 米倉 竹夫, 日本胸部外科学会雑誌, 33, 6, 978, 978,   1985年06月
  • Complete Laryngotracheoesophageal Cleftの一例, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 21, 2, 268, 268,   1985年04月
  • ED・P使用経験 IVHよりの離脱例を中心として, 松尾 吉庸, 秦 信輔, 米倉 竹夫, JJPEN: The Japanese Journal of Parenteral and Enteral Nutrition, 6, 6, 897, 902,   1985年04月
    概要:ED-Pを65例に使用した.1) Colon preparation,術後創安静に関しては全例便量の減少が得られ,その間体重も維持された.2) IVHの離脱は56例中45例(81%)において可能であった.このうち8例は普通ミルク,ED-AC等の他の経腸栄養では失敗しED-PにてIVH離脱し得た症例であった.3) ED-Pを90 kcal/kg/day以上投与した症例では,平均21 g/dayの体重増加が見られ,血清総蛋白アルブミン値,Rapid turnover protein値はIVH施行期間中と有意差はなかった.4)成人用Elemental DietであるED-ACとの比較では臨床症状では大差はなかったが,血清アミノグラムではED-Pが正常値(母乳栄養児の値)に近かった

受賞

  •   1997年, ガン研究助成奨励金

競争的資金

  • 科学研究費補助金, DNA障害とpoly ADP ribose polymerase活性化による多臓器不全の発生のメカニズムの検討
  • 胎児診断と胎児治療における小児外科の役割
  • 胎児診断と胎児治療