KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

城島 透ジョウジマ トオル

プロフィール

所属部署名農学部 環境管理学科
職名教授
学位博士(農学)
専門生物工学
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/2070-jojima-toru.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    微生物機能を活用して、バイオマスからバイオ燃料やバイオ化学品を製造する技術を開発しています。

研究活動情報

研究キーワード

  • バイオリファイナリー, 代謝工学

論文

  • Enhanced Glucose Consumption and Organic Acid Production by Engineered Corynebacterium glutamicum Based on Analysis of a pfkB1 Deletion Mutant., Hasegawa S, Tanaka Y, Suda M, Jojima T, Inui M, Applied and environmental microbiology, 83, 3,   2017年02月, 査読有り
  • Thermal and solvent stress cross-tolerance conferred to Corynebacterium glutamicum by adaptive laboratory evolution., Oide S, Gunji W, Moteki Y, Yamamoto S, Suda M, Jojima T, Yukawa H, Inui M, Applied and environmental microbiology, 81, 7, 2284, 2298,   2015年04月, 査読有り
  • Promiscuous activity of (S,S)-butanediol dehydrogenase is responsible for glycerol production from 1,3-dihydroxyacetone in Corynebacterium glutamicum under oxygen-deprived conditions., Jojima T, Igari T, Moteki Y, Suda M, Yukawa H, Inui M, Applied microbiology and biotechnology, 99, 3, 1427, 1433,   2015年02月, 査読有り
  • Metabolic engineering for improved production of ethanol by Corynebacterium glutamicum., Jojima T, Noburyu R, Sasaki M, Tajima T, Suda M, Yukawa H, Inui M, Applied microbiology and biotechnology, 99, 3, 1165, 1172,   2015年02月, 査読有り
  • Engineering the glycolytic pathway: A potential approach for improvement of biocatalyst performance., Jojima T, Inui M, Bioengineered, 6, 6, 328, 334,   2015年, 査読有り
  • Engineering of Corynebacterium glutamicum for high-yield L-valine production under oxygen deprivation conditions., Hasegawa S, Suda M, Uematsu K, Natsuma Y, Hiraga K, Jojima T, Inui M, Yukawa H, Applied and environmental microbiology, 79, 4, 1250, 1257,   2013年02月, 査読有り
  • Identification of a HAD superfamily phosphatase, HdpA, involved in 1,3-dihydroxyacetone production during sugar catabolism in Corynebacterium glutamicum., Jojima T, Igari T, Gunji W, Suda M, Inui M, Yukawa H, FEBS letters, 586, 23, 4228, 4232,   2012年11月, 査読有り
  • Overexpression of genes encoding glycolytic enzymes in Corynebacterium glutamicum enhances glucose metabolism and alanine production under oxygen deprivation conditions., Yamamoto S, Gunji W, Suzuki H, Toda H, Suda M, Jojima T, Inui M, Yukawa H, Applied and environmental microbiology, 78, 12, 4447, 4457,   2012年06月, 査読有り
  • Improvement of the redox balance increases L-valine production by Corynebacterium glutamicum under oxygen deprivation conditions., Hasegawa S, Uematsu K, Natsuma Y, Suda M, Hiraga K, Jojima T, Inui M, Yukawa H, Applied and environmental microbiology, 78, 3, 865, 875,   2012年02月, 査読有り
  • Engineering of sugar metabolism of Corynebacterium glutamicum for production of amino acid L-alanine under oxygen deprivation., Jojima T, Fujii M, Mori E, Inui M, Yukawa H, Applied microbiology and biotechnology, 87, 1, 159, 165,   2010年06月, 査読有り
  • Xylitol production by recombinant Corynebacterium glutamicum under oxygen deprivation., Sasaki M, Jojima T, Inui M, Yukawa H, Applied microbiology and biotechnology, 86, 4, 1057, 1066,   2010年04月, 査読有り
  • Sugar transporters in efficient utilization of mixed sugar substrates: current knowledge and outlook., Jojima T, Omumasaba CA, Inui M, Yukawa H, Applied microbiology and biotechnology, 85, 3, 471, 480,   2010年01月, 査読有り
  • Engineering of pentose transport in Corynebacterium glutamicum to improve simultaneous utilization of mixed sugars., Sasaki M, Jojima T, Kawaguchi H, Inui M, Yukawa H, Applied microbiology and biotechnology, 85, 1, 105, 115,   2009年11月, 査読有り
  • An efficient succinic acid production process in a metabolically engineered Corynebacterium glutamicum strain., Okino S, Noburyu R, Suda M, Jojima T, Inui M, Yukawa H, Applied microbiology and biotechnology, 81, 3, 459, 464,   2008年12月, 査読有り
  • Simultaneous utilization of D-cellobiose, D-glucose, and D-xylose by recombinant Corynebacterium glutamicum under oxygen-deprived conditions., Sasaki M, Jojima T, Inui M, Yukawa H, Applied microbiology and biotechnology, 81, 4, 691, 699,   2008年12月, 査読有り
  • Production of isopropanol by metabolically engineered Escherichia coli., Jojima T, Inui M, Yukawa H, Applied microbiology and biotechnology, 77, 6, 1219, 1224,   2008年01月, 査読有り
  • Analyses of the acetate-producing pathways in Corynebacterium glutamicum under oxygen-deprived conditions., Yasuda K, Jojima T, Suda M, Okino S, Inui M, Yukawa H, Applied microbiology and biotechnology, 77, 4, 853, 860,   2007年12月, 査読有り
  • Direct binding of hydroxylamine to the heme iron of Arthromyces ramosus peroxidase. Substrate analogue that inhibits compound I formation in a competetive manner., Wariishi H, Nonaka D, Johjima T, Nakamura N, Naruta Y, Kubo S, Fukuyama K, The Journal of biological chemistry, 275, 42, 32919, 32924,   2000年10月, 査読有り
  • Direct interaction of lignin and lignin peroxidase from Phanerochaete chrysosporium., Johjima T, Itoh N, Kabuto M, Tokimura F, Nakagawa T, Wariishi H, Tanaka H, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 96, 5, 1989, 1994,   1999年03月, 査読有り
  • The effect of ligand field strength on nonresonance Raman characteristics of hemoproteins., Johjima T, Wariishi H, Tanaka H, Biochemical and biophysical research communications, 226, 3, 601, 606,   1996年09月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • コリネ型細菌における糖消費速度の大幅な向上をもたらすpfkB1破壊の解析と物質生産への応用, 長谷川智, 田中裕也, 須田雅子, 城島透, 乾将行, 乾将行, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2016年03月05日
  • Adaptive Laboratory Evolutionによるコリネ型細菌高温耐性株の育種, 生出伸一, 郡司渉, 茂木康弘, 山本省吾, 須田雅子, 城島透, 湯川英明, 乾将行, 乾将行, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2016年03月05日
  • コリネ型細菌による1,3-ジヒドロキシアセトンを介したグリセロール生成経路の同定, 城島 透, 猪狩 尊史, 郡司 渉, 茂木 康浩, 須田 雅子, 湯川 英明, 乾 将行, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月05日
  • RITEバイオプロセスによる非可食バイオマス由来混合糖からのエタノール生成, 乾将行, 城島透, 信龍亮志, 須田雅子, 岡本憲治, 郡司貴浩, 岩田孝弘, 藤澤義和, DOWE Nancy, SCHELL Daniel J., TAO Ling, ASHWORTH John, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2013年03月05日
  • RITEバイオプロセスによるバリン生産;収率の改善および非可食バイオマスからの生産の試み, 長谷川智, 須田雅子, 平賀和三, 城島透, DOWE Nancy, SCHELL Daniel J., TAO Ling, ASHWORTH John, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2013年03月05日
  • RITEバイオプロセスによる非可食バイオマス由来混合糖からのD‐乳酸生成, 加藤直人, 柘植陽太, 須田雅子, 城島透, DOWE Nancy, SCHELL Daniel J., TAO Ling, ASHWORTH John, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2013年03月05日
  • 組換えコリネ型細菌によるバイオマス由来混合糖の完全同時利用, 佐々木美穂, 城島透, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2010年03月05日
  • RITEバイオプロセスによるキシリトール生産, 城島透, 佐々木美穂, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • RITEバイオプロセスによるバリン生産の試み, 長谷川智, 城島透, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • L‐arabinose資化性コリネ型細菌の単離および代謝遺伝子の機能解析, 佐々木美穂, 川口秀夫, 城島透, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • RITEバイオプロセスシステムのメタボローム解析, 田島誉久, 白井智量, 沖野祥平, 城島透, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • バイオエタノール燃料とマテリアル・プロセス(2)~新技術,自動車業界の対応を中心に~セルロース原料からのバイオエタノール製造技術とRITEの研究開発, 城島透, 湯川英明, 月刊Material Stage,   2008年11月10日
  • 酸素抑制条件下におけるコリネ型細菌の酢酸生成経路の解析, 安田佳織, 城島透, 須田雅子, 沖野祥平, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2008年03月05日
  • 組換えコリネ型細菌によるソフトバイオマス由来混合糖の同時利用, 佐々木美穂, 川口秀夫, 城島透, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2008年03月05日
  • 遺伝子組換え大腸菌によるイソプロパノールの生産, 城島透, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2008年03月05日
  • RITEバイオプロセスによるアラニン生産株の育種, 藤井美帆, 城島透, 沖野祥平, 乾将行, 湯川英明, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2008年03月05日
  • 組換えコリネ型細菌によるソフトバイオマス由来混合糖からの有機酸生産, 佐々木美穂, 城島透, 沖野祥平, 乾将行, 湯川英明, 日本生物工学会大会講演要旨集,   2007年08月02日
  • 担子菌シイタケの子実体形成因子Le.CDC5に関する研究, 小野剛, 宮崎安将, 城島透, 山崎丘, 宍戸和夫, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2005年03月05日
  • キノコシロアリ菌園からのcDNAライブラリーの構築および発現遺伝子の解析, 城島透, TAPRAB Yaovapa, NAPARATNARAPORN Napavarn, 工藤俊章, 大熊盛也, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2005年03月05日
  • キノコシロアリ菌園からのラッカーゼcDNAのクローニング, 城島 透、大熊盛也、工藤俊章, 日本農芸化学会2003年度大会,   2003年03月05日
  • 担子菌きのこの子実体形成の分子機構, 宍戸和夫, 宮崎安将, 金子真也, 安田徹, 飯田進, 西沢啓雄, 沢井健司, 城島透, 山崎丘, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2002年03月05日
  • キノコシロアリ菌園中のラッカーゼ, 城島 透、Yaovapa Taprab、大熊盛也、工藤俊章, 日本農芸化学会2002年度大会,   2002年03月05日
  • ヒラタケ由来のマンガンペルオキシダーを高発現する担子菌アラゲカワラタケの分子育種, 山崎丘, 城島透, 清藤利郎, 梶原将, 塚本晃, 杉浦純, 宍戸和夫, 日本菌学会大会講演要旨集,   2001年04月13日
  • シロアリタケTermitomyces albuminosus ATCC42010より単離されたペルオキシダーゼの諸性質, 城島 透、大熊盛也、工藤俊章, 日本農芸化学会2001年度大会,   2001年03月05日
  • ヒドロキシルアミンのArthromyces ramosus peroxidaseに対する結合様式および阻害機構, 野中大輔, 城島透, 割石博之, 中村暢文, 成田吉徳, 久保俊輔, 福山恵一, 日本木材学会大会研究発表要旨集,   1999年03月10日
  • リグニンペルオキシダーゼ触媒反応におけるヒドロキシルアミンの影響, 城島透, 野中大輔, 割石博之, 田中浩雄, 中村暢文, 成田吉徳, 福山恵一, 日本木材学会大会研究発表要旨集,   1999年03月10日
  • 化学修飾法を用いたリグニンペルオキシダーゼ基質酸化機構の解析, 城島透, 割石博之, 田中浩雄, リグニン討論会講演集,   1998年09月
  • 非水媒体中で機能する界面活性剤‐マンガンペルオキシダーゼ複合体の創製, 割石博之, 城島透, 甲真理, 田中浩雄, 岡崎信也, 後藤雅宏, 日本木材学会大会研究発表要旨集,   1998年03月
  • リグニンペルオキシダーゼによる高分子基質の酸化機構, 城島透, 割石博之, 田中浩雄, 日本木材学会大会研究発表要旨集,   1998年03月
  • リグニンペルオキシダーゼの芳香環一電子酸化機構 長距離電荷移動による高分子基質の酸化, 城島透, 割石博之, 田中浩雄, 酸化反応討論会講演要旨集,   1998年
  • Lignin Peroxidaseによるリグニンの直接酸化 DHPとLiP compound I,IIの反応性の検討, 城島透, 割石博之, 田中浩雄, リグニン討論会講演集,   1997年09月
  • リグニンペルオキシダーゼのリグニン結合部位 Long‐range Electron Transfer機構, 城島透, 割石博之, 田中浩雄, 日本木材学会大会研究発表要旨集,   1997年03月
  • 白色腐朽菌ベッコウタケのフェノール分解機構, 時村聡代, 城島透, 割石博之, 田中浩雄, 日本木材学会大会研究発表要旨集,   1997年03月
  • リグニンペルオキシダーゼ/リグニン間直接相互作用 ヒスチジン残基の重要性, 伊藤範之, 甲真理, 時村聡代, 城島透, 中川太門, 割石博之, 田中浩雄, 日本木材学会大会研究発表要旨集,   1997年03月
  • 近赤外フーリエ変換ラマン分光法によるヘムタンパク質の解析 ヘム鉄に及ぼす配位子場の影響, 城島透, 割石博之, 田中浩雄, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   1996年07月
  • 近赤外フーリエ変換ラマン分光法による木質炭水化物の解析, 高山幸, 城島透, 割石博之, 田中浩雄, 日本木材学会大会研究発表要旨集,   1996年03月
  • 近赤外フーリエ変換ラマン分光法によるリグニンの解析, 高山幸, 城島透, 割石博之, 田中浩雄, 日本木材学会大会研究発表要旨集,   1996年03月
  • 近赤外フーリエ変換ラマン分光法によるHorseradish Peroxidaseの解析, 城島透, 割石博之, 田中浩雄, 日本生物工学会大会講演要旨集,   1995年

MISC

  • 100%グリーンジェット燃料の開発, 渡邉彰、城島透、乾将之, 配管技術, 58, 5, 6, 11,   2016年
  • リサイクル部会,バイオマス部会,ガス化部会ー三部会合同シンポジウム 廃棄物,バイオマス,石炭等利用技術の最新動向 ソフトバイオマスからのバイオエタノール製造技術開発, 湯川英明, 城島透, J Jpn Inst Energy, 87, 5, 333, 335,   2008年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902225343880336
  • ソフトバイオマスからのバイオ燃料製造技術とRITEの研究開発, 城島透, 湯川英明, 酵素工学ニュ-ス, 59, 7, 11,   2008年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248092304268
  • 夢のある農林水産研究 ソフトバイオマスからのバイオ燃料製造, 城島透, 湯川英明, 農林水産技術研究ジャーナル, 31, 1, 50, 52,   2008年01月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902201854120333
  • セルロース原料からのバイオエタノール製造技術とRITEの研究開発, 城島 透 、湯川 英明, MATERIAL STAGE, 8, 55, 57,   2008年

特許

  • cis−アコニット酸脱炭酸酵素およびそれをコードする遺伝子, 湯川 英明, 乾 将行, 城島 透, 特願2007-018557, 特開2008-182936, 特許第5702902号
  • 酸性ペルオキシダーゼ及びその遺伝子, 城島 透, 大熊 盛也, 工藤 俊章, 特願2001-266069, 特開2003-070473, 特許第4214247号