KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

岩城 正宏イワキ マサヒロ

プロフィール

所属部署名薬学部 医療薬学科 / 薬学研究科 / 薬学総合研究所
職名教授/学部長/所長
学位薬学博士
専門薬物動態学、薬物代謝学、薬物速度論
ジャンル医療・健康/薬と社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/792-iwaki-masahiro.html
ホームページURLhttp://www.phar.kindai.ac.jp/biopharm.html
メールアドレス
Last Updated :2018/12/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    くすりを服用後の生体内でのくすりの運命(吸収、薬物代謝、尿中排泄などの体内動態)、くすりを併用することによる相互作用(副作用)発現の機構、薬効発現の個人差。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1979年, 岐阜薬科大学, 薬学部, 厚生薬学科

経歴

  •   1979年,  - 1990年, 近畿大学 助手
  •   1990年,  - 1996年, 近畿大学 講師
  •   1990年,  - 1991年, カリフォルニア大学サンフランシスコ校 博士研究員
  •   1996年,  - 2000年, 近畿大学 助教授
  •   2000年, 近畿大学 教授

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 薬理系薬学
  • 薬学, 医療系薬学, 薬物動態学

研究キーワード

  • 立体選択的体内動態, トランスポーター, 薬物速度論, 薬物動態学, 薬物代謝, 薬物相互作用

論文

  • 統合失調症患者における抗精神病薬の副作用発現因子に関する検討, 松浦正佳,阪口寛子,高蓋由美子,竹中凛代,大鳥徹,松野純男,岩城正宏,北小路学,東司, 薬局薬学, 10, 1, 148, 155,   2018年04月, 査読有り
  • 各世代のとろみ調整剤が血糖値に与える影響, 松浦正佳,島田紘明,岸本理咲,藤本和佳,大鳥徹,川瀬篤史,岩城正宏, 薬局薬学, 10, 1, 131, 139,   2018年04月, 査読有り
  • Correlation between glucuronidation and covalent adducts formation with proteins of nonsteroidal anti-inflammatory drugs, Shimada Hiroaki, Kobayashi Yuri, Tanahashi Sakiko, Kawase Atsushi, Ogiso Taro, Iwaki Masahiro, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 112, 132, 138,   2018年01月15日, 査読有り
  • Relative contribution of rat CYP isoforms responsible for stereoselective metabolism of carvedilol, Iwaki Masahiro, Niwa Toshiro, Nakamura Yukiko, Kawase Atsushi, Komura Hiroshi, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 43, 1-3, 59, 63,   2018年, 査読有り
  • Major constituents of Cistanche tubulosa, echinacoside and acteoside, inhibit sodium-dependent glucose cotransporter 1-mediated glucose uptake by intestinal epithelial cells, Shimada Hiroaki, Urabe Yuichi, Okamoto Yuhei, Li Zheng, Kawase Atsushi, Morikawa Toshio, Tu Pengfei, Muraoka Osamu, Iwaki Masahiro, JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS, 39, 91, 95,   2017年12月, 査読有り
  • A cell-based assay using HepaRG cells for predicting drug-induced phospholipidosis, Tomida Takafumi, Ishimura Masakazu, Iwaki Masahiro, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 42, 5, 641, 650,   2017年10月, 査読有り
  • Effects of High-cholesterol Diet on Pravastatin Disposition in the Perfused Rat Liver., Kawase A, Handa A, Iwaki M, European journal of drug metabolism and pharmacokinetics, 42, 3, 519, 526,   2017年06月, 査読有り
  • Involvement of Reactive Metabolites of Diclofenac in Cytotoxicity in Sandwich-Cultured Rat Hepatocytes., Kawase A, Hashimoto R, Shibata M, Shimada H, Iwaki M, International journal of toxicology, 36, 3, 260, 267,   2017年05月, 査読有り
  • Effects of Adjuvant-Induced Inflammation on Disposition of Diclofenac and Its Metabolites in Perfused Rat Liver., Uraki M, Kawase A, Sayama H, Matsushima Y, Iwaki M, Journal of pharmaceutical sciences, 106, 4, 1175, 1182,   2017年04月, 査読有り
  • Stereoselective Pharmacokinetics and Chiral Inversion of Ibuprofen in Adjuvant-induced Arthritic Rats., Ikuta H, Kawase A, Iwaki M, Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals, 45, 3, 316, 324,   2017年03月, 査読有り
  • POTENTIAL OF PROSTAGLANDIN TRANSPORTER OATP2A1/SLCO2A1 AS A TARGET OF NOVEL ANTI-INFLAMMATORY DRUG, Shimada Hiroaki, Nakanishi Takeo, Nakamura Yoshinobu, Iwaki Masahiro, Tamai Ikumi, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 32, 1, S102, S103,   2017年01月, 査読有り
  • INHIBITION OF METHOTREXATE UPTAKE BY GLUCURONIDES OF NONSTEROIDAL ANTI-INFLAMMATORY DRUGS VIA ORGANIC ANION TRANSPORTERS OAT1 AND OAT3, Iwaki Masahiro, Irino Yuri, Take Manami, Egashira Sachiko, DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 32, 1, S51,   2017年01月, 査読有り
  • Stability evaluations of montelukast tablets under conditions of single dose packaging, Int J Pharm Tech, 9, 4, 31079, 31087,   2017年, 査読有り
  • Inhibition of Methotrexate Uptake via Organic Anion Transporters OAT1 and OAT3 by Glucuronides of Nonsteroidal Anti-inflammatory Drugs., Iwaki M, Shimada H, Irino Y, Take M, Egashira S, Biological & pharmaceutical bulletin, 40, 6, 926, 931,   2017年, 査読有り
  • Application of substrate depletion assay to evaluation of CYP isoforms responsible for stereoselective metabolism of carvedilol., Iwaki M, Niwa T, Bandoh S, Itoh M, Hirose H, Kawase A, Komura H, Drug metabolism and pharmacokinetics, 31, 6, 425, 432,   2016年12月, 査読有り
  • Development of hemiacetal esterified levofloxacin to prevent chelation with metal-containing drugs., Otori T, Matzno S, Kawase A, Iwaki M, Kimachi T, Nishiwaki K, Figoni WC, Tominaga R, Asahide M, Nishikata M, Ishii Y, Matsuyama K, The Journal of pharmacy and pharmacology, 68, 12, 1527, 1534,   2016年12月, 査読有り
  • Stereoselective hepatic disposition of ibuprofen in the perfused liver of rat with adjuvant-induced arthritis., Uraki M, Kawase A, Iwaki M, Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems, 1, 8,   2016年11月, 査読有り
  • Inhibitory Activities of Sesame Seed Extract and its Constituents against beta-Secretase, Matsumura Shinichi, Murata Kazuya, Zaima Nobuhiro, Yoshioka Yuri, Morimoto Masanori, Matsuda Hideaki, Iwaki Masahiro, NATURAL PRODUCT COMMUNICATIONS, 11, 11, 1671, 1674,   2016年11月, 査読有り
  • Effects of duration of phenytoin administration on mRNA expression of cytochrome P450 and P-glycoprotein in the liver and small intestine of rats, Kawase Atsushi, Tanaka Hiroyuki, Otori Toru, Matsuyama Kenji, Iwaki Masahiro, ASIAN JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 11, 5, 662, 667,   2016年10月, 査読有り
  • Impact of a high-cholesterol diet on expression levels of Niemann-Pick C1-like 1 and intestinal transporters in rats and mice., Kawase A, Araki Y, Ueda Y, Nakazaki S, Iwaki M, European journal of drug metabolism and pharmacokinetics, 41, 4, 457, 463,   2016年08月, 査読有り
  • Effects of dose, flow rate, and bile acid on diclofenac disposition in the perfused rat liver., Uraki M, Kawase A, Matsushima Y, Iwaki M, European journal of drug metabolism and pharmacokinetics, 41, 3, 301, 307,   2016年06月, 査読有り
  • Stereoselective Inhibition of Methotrexate Excretion by Glucuronides of Nonsteroidal Anti-inflammatory Drugs via Multidrug Resistance Proteins 2 and 4., Kawase A, Yamamoto T, Egashira S, Iwaki M, The Journal of pharmacology and experimental therapeutics, 356, 2, 366, 374,   2016年02月, 査読有り
  • ALTERATIONS IN EXPRESSION AND FUNCTION OF EZIRIN/RADIXIN/MOESIN PROTEINS FOR TRANSPORTERS IN ADJUVANT-INDUCED ARTHRITIS RATS, Iwaki Masahiro, Kawase Atsushi, Sakata Misato, Nakasaka Misaki, Kato Yukio, DRUG METABOLISM REVIEWS, 47, 275,   2015年11月20日, 査読有り
  • DEVELOPMENT OF HEMIACETAL ESTERFIED NEW QUINOLONE TO PREVENT CHELATION WITH METAL CONTAINING DRUGS AND TO PREVENT PSEUDOMEMBRANOUS COLITIS, Matsuyama Kenji, Otori Toru, Kawase Atsusi, Iwaki Masahiro, Kimachi Tetsutaro, Ishii Yoshikazu, DRUG METABOLISM REVIEWS, 47, 104,   2015年11月20日, 査読有り
  • Age-related changes in mRNA levels of hepatic transporters, cytochrome P450 and UDP-glucuronosyltransferase in female rats., Kawase A, Ito A, Yamada A, Iwaki M, European journal of drug metabolism and pharmacokinetics, 40, 2, 239, 244,   2015年06月, 査読有り
  • Pravastatin Modulate Niemann-Pick C1-Like 1 and ATP-Binding Cassette G5 and G8 to Influence Intestinal Cholesterol Absorption., Kawase A, Hata S, Takagi M, Iwaki M, Journal of pharmacy & pharmaceutical sciences : a publication of the Canadian Society for Pharmaceutical Sciences, Societe canadienne des sciences pharmaceutiques, 18, 5, 765, 772,   2015年, 査読有り
  • Decreased radixin function for ATP-binding cassette transporters in liver in adjuvant-induced arthritis rats., Kawase A, Sakata M, Yada N, Nakasaka M, Shimizu T, Kato Y, Iwaki M, Journal of pharmaceutical sciences, 103, 12, 4058, 4065,   2014年12月, 査読有り
  • Application of a physiologically based pharmacokinetic model informed by a top-down approach for the prediction of pharmacokinetics in chronic kidney disease patients., Sayama H, Takubo H, Komura H, Kogayu M, Iwaki M, The AAPS journal, 16, 5, 1018, 1028,   2014年09月, 査読有り
  • Distinct alterations in ATP-binding cassette transporter expression in liver, kidney, small intestine, and brain in adjuvant-induced arthritic rats., Kawase A, Norikane S, Okada A, Adachi M, Kato Y, Iwaki M, Journal of pharmaceutical sciences, 103, 8, 2556, 2564,   2014年08月, 査読有り
  • Effects of ginsenosides on the expression of cytochrome P450s and transporters involved in cholesterol metabolism., Kawase A, Yamada A, Gamou Y, Tahara C, Takeshita F, Murata K, Matsuda H, Samukawa K, Iwaki M, Journal of natural medicines, 68, 2, 395, 401,   2014年04月, 査読有り
  • [Team-based learning (TBL) in the interdisciplinary lecture]., Nishiwaki K, Kawase A, Wada T, Yagi H, Kawasaki N, Ito E, Iwaki M, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 134, 2, 171, 177,   2014年02月, 査読有り
  • Development of a hybrid physiologically based pharmacokinetic model with drug-specific scaling factors in rat to improve prediction of human pharmacokinetics., Sayama H, Komura H, Kogayu M, Iwaki M, Journal of pharmaceutical sciences, 102, 11, 4193, 4204,   2013年11月, 査読有り
  • Increased effects of ginsenosides on the expression of cholesterol 7α-hydroxylase but not the bile salt export pump are involved in cholesterol metabolism., Kawase A, Yamada A, Gamou Y, Tahara C, Takeshita F, Murata K, Matsuda H, Samukawa K, Iwaki M, Journal of natural medicines, 67, 3, 545, 553,   2013年07月, 査読有り
  • Alteration in plasma protein binding properties of propranolol and flurbiprofen during development of adjuvant-induced arthritis in rats., Kawase A, Ikuta H, Uno S, Yamamoto K, Akitsu N, Nagao T, Iwaki M, Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems, 43, 3, 246, 252,   2013年03月, 査読有り
  • In vitro and in vivo small intestinal metabolism of CYP3A and UGT substrates in preclinical animals species and humans: species differences., Komura H, Iwaki M, Drug metabolism reviews, 43, 4, 476, 498,   2011年11月, 査読有り
  • Strain Differences in the Induction of Cytochrome P450 3A1/3A2 and Nuclear Receptors in the Liver by Phenobarbital and Dexamethasone in Sprague-Dawley Rats and Dark Agouti Rats, Kawase Atsushi, Otori Toru, Fujii Akiyuki, Yamada Ayano, Komura Hiroshi, Iwaki Masahiro, JOURNAL OF HEALTH SCIENCE, 57, 5, 414, 419,   2011年10月, 査読有り
  • Enhanced safety profiles of the telomerase-specific replication-competent adenovirus by incorporation of normal cell-specific microRNA-targeted sequences., Sugio K, Sakurai F, Katayama K, Tashiro K, Matsui H, Kawabata K, Kawase A, Iwaki M, Hayakawa T, Fujiwara T, Mizuguchi H, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 17, 9, 2807, 2818,   2011年05月, 査読有り
  • [Trial of the integrated cross-field pharmaceutical education in the first year of faculty of pharmacy]., Yasuhara T, Kawasaki N, Yagi H, Itoh E, Kawase A, Otori T, Wada T, Matsuyama K, Iwaki M, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 130, 12, 1647, 1653,   2010年12月, 査読有り
  • Enhanced cytotoxicity with a novel system combining the paclitaxel-2'-ethylcarbonate prodrug and an HSV amplicon with an attenuated replication-competent virus, HF10 as a helper virus., Ishida D, Nawa A, Tanino T, Goshima F, Luo CH, Iwaki M, Kajiyama H, Shibata K, Yamamoto E, Ino K, Tsurumi T, Nishiyama Y, Kikkawa F, Cancer letters, 288, 1, 17, 27,   2010年02月, 査読有り
  • Inhibitory effects of phytoncide solution on melanin biosynthesis, Fujimori H, Hisama M, Shibayama H, Kawase A, Iwaki M, Biosci. Biotechnol. Biochem., 74, 5, 918, 922,   2010年, 査読有り
  • Application of the reconstructed rabbit corneal epithelium model to assess the in-vitro eye irritant test of chemicals., Matsuda S, Hisama M, Shibayama H, Itou N, Iwaki M, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 129, 9, 1113, 1120,   2009年09月, 査読有り
  • Organic anion transporting polypeptide 2-mediated uptake of paclitaxel and 2'-ethylcarbonate-linked paclitaxel in freshly isolated rat hepatocytes, Tanino T, Nawa A, Nakao M, Noda M, Fujiwara S, Iwaki M, J. Pharm. Pharmacol., 61, 8, 1029, 1035,   2009年08月, 査読有り
  • In vitro eye irritancy test of lauryl derivatives using the reconstructed rabbit corneal epithelium model, 岩城 正宏, S. Matsuda, M. Hisama, H. Shibayama, N. Itou, Toxicol. In vitro, 23, 4, 555, 560,   2009年06月, 査読有り
  • In vitro eye irritancy test of polyoxyethylene alkyl derivatives using a reconstructed rabbit corneal epithelium model, 岩城 正宏, S. Matsuda, M. Hisama, H. Shibayama, N. Itou, Biol. Pharm. Bull., 32, 5, 807, 812,   2009年05月, 査読有り
  • Changes in mRNA expression of ABC and SLC transporters in liver and intestines of the adjuvant-induced arthritis rat, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, S. Uno, M. Uraki, A. Ito, Y. Shinozaki, A. Yamada, Biopharm. Drug Dispos., 30, 1, 49, 54,   2009年01月, 査読有り
  • Ginseng extracts facilitate cytochrome P450 xenobiotic metabolism in primary cultures of rat hepatocytes, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 松田 秀秋, 村田 和也, 竹下 文章, A. Yamada, 寒川 慶一 , J. Health Sci., 55, 809, 813,   2009年
  • Protecting effect of phytoncide solution, on normal human dermal fibroblasts against reactive oxygen species, 岩城 正宏, H. Fujimori, M. Hisama, H. Shibayama, N. Itou, J. Oleo. Sci., 58, 8, 429, 436,   2009年, 査読有り
  • In vitro eye irritancy test of lauryl derivatives and polyoxyethylene alkyl derivatives with the reconstructed rabbit corneal epithelium model, 岩城 正宏, S. Matsuda, M. Hisama, H. Shibayama, N. Itou, J. Oleo. Sci., 58, 8, 437, 442,   2009年, 査読有り
  • Differential effects of chrysin on nitrofurantoin pharmacokinetics mediated by intestinal breast cancer resistance protein in rats and mice., Kawase A, Matsumoto Y, Hadano M, Ishii Y, Iwaki M, Journal of pharmacy & pharmaceutical sciences : a publication of the Canadian Society for Pharmaceutical Sciences, Societe canadienne des sciences pharmaceutiques, 12, 2, 150, 163,   2009年, 査読有り
  • Enzymatic stability of 2'-ethylcarbonate-linked paclitaxel in serum and conversion to paclitaxel by rabbit liver carboxylesterase for use in prodrug/enzyme therapy, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 三木 康義, A. Nawa, Biopharm. Drug Dispos., 29, 5, 259, 269,   2008年07月, 査読有り
  • Antimutagenic activity of a novel ascorbic derivative, disodium isostearyl 2-O-L-ascorbyl phosphate, 岩城 正宏, M. Hisama, S. Matsuda, H. Shibayama, Yakugaku Zasshi, 128, 6, 933, 940,   2008年06月, 査読有り
  • Comparative evaluation of 12 immature citrus fruit extracts for the inhibition of cytochrome P450 isoform activities, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 松田 秀秋, 藤田 忠, 友廣 教道, T. Niwa, 増田 めぐみ, Biol. Pharm. Bull., 31, 5, 925, 930,   2008年05月, 査読有り
  • Species differences in in vitro and in vivo small intestinal metabolism of CYP3A substrates., Komura H, Iwaki M, Journal of pharmaceutical sciences, 97, 5, 1775, 1800,   2008年05月, 査読有り
  • Effect of a novel ascorbic derivative, disodium isostearyl 2-O-L-ascorbyl phosphate, on normal human dermal fibroblasts against reactive oxygen species, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, H. Shibayama, M. Hisama, S. Matsuda, M. Ohtsuki, K. Hanada, Biosci. Biotechnol. Biochem., 72, 4, 1015, 1022,   2008年04月, 査読有り
  • Effect of a novel ascorbic derivative, disodium isostearyl 2-O-L-ascorbyl phosphate on human dermal fibroblasts: increased collagen synthesis and inhibition of MMP-1, 岩城 正宏, H. Shibayama, M. Hisama, S. Matsuda, M. Ohtsuki, Biol. Pharm. Bull., 31, 4, 563, 568,   2008年04月, 査読有り
  • Anti-allergic effect of a combination of Citrus unshiu unripe fruits extract and prednisolone on picryl chloride-induced contact dermatitis in mice,, 藤田 忠, 松田 秀秋, 志浦 健文, 川瀬 篤史, 岩城 正宏, 我藤 雄, 文室 政彦, 佐々木 勝昭, 宇都宮 直樹, 増田 めぐみ 得永 雅士, J. Nat. Med., 62, 2, 202, 206,   2008年04月, 査読有り
  • Paclitaxel-2 '-ethylcarbonate prodrug can circumvent P-glycoprotein-mediated cellular efflux to increase drug cytotoxicity, Nawa Akihiro, Tanino Tadatoshi, Kajiyama Hiroaki, Shibata Kiyosumi, Iwaki Masahiro, Kikkawa Fumitaka, JOURNAL OF GENE MEDICINE, 10, 4, 475, 476,   2008年04月, 査読有り
  • Inhibitory effects of a novel ascorbic derivative, disodium isostearyl 2-O-L-ascorbyl phosphate on melanogenesis., Matsuda S, Shibayama H, Hisama M, Ohtsuki M, Iwaki M, Chemical & pharmaceutical bulletin, 56, 3, 292, 297,   2008年03月, 査読有り
  • Gene directed enzyme prodrug therapy for ovarian cancer: could GDEPT become a promising treatment against ovarian cancer?, Nawa A, Tanino T, Luo C, Iwaki M, Kajiyama H, Shibata K, Yamamoto E, Ino K, Nishiyama Y, Kikkawa F, Anti-cancer agents in medicinal chemistry, 8, 2, 232, 239,   2008年02月, 査読有り
  • 未熟温州ミカンエキスのラット経口投与時におけるヘスペリジンおよびヘスペレチンの消化管吸収性, 藤田 忠,川瀬篤史,西島七恵,増田めぐみ,松田秀秋,岩城正宏, 生薬学雑誌, 62, 8, 14,   2008年, 査読有り
  • Prediction of metabolic clearance of diclofenac in adjuvant-induced arthritis rats using a substrate depletion assay, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, S. Uno, A. Fujii, H. Komura, Xenobiotica, 38, 482, 495,   2008年
  • Impaired intrinsic chiral inversion activity of ibuprofen in rats with adjuvant-induced arthritis, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, S. Uno, M. Uraki, H. Komura, H. Ikuta, Xenobiotica, 38, 1410, 1421,   2008年
  • Gene directed enzyme prodrug therapy for ovarian cancer. Could GDPET become a promising treatment against ovarian cancer?, 岩城 正宏, 谷野 公俊, A. Nawa, C.H. Luo, H. Kajiyama, K. Shibata, E. Yamamoto, K. Ino, Y. Nishiyama, F. Kikkawa, Anti-Cancer Agents Med. Chem., 8, 232, 239,   2008年
  • Suppression of mutagens-induced SOS response by phytoncide solution using Salmonella typhimurium TA1535/pSK1002 umu test, 岩城 正宏, M. Hisama, S. Matsuda, A. Tanaka, H. Shibayama, M. Nomura, J. Oleo. Sci., 57, 7, 381, 390,   2008年, 査読有り
  • Differences in cytochrome P450 and nuclear receptor mRNA levels in liver and small intestines between SD and DA rats, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, A. Fujii, M. Negoro, R. Akai, M. Ishikubo, H. Komura, Drug Metab. Pharmacokinet., 23, 3, 196, 206,   2008年, 査読有り
  • ALTERATION ON THE MRNA EXPRESSION OF ABC AND SLC TRANSPORTERS IN LIVER AND INTESTINE OF ADJUVANT-INDUCED ARTHRITIS RAT, Iwaki Masahiro, Uno Satoshi, Kawase Atsushi, DRUG METABOLISM REVIEWS, 40, 213, 214,   2008年, 査読有り
  • Species difference in the inhibitory effect of nonsteroidal anti-inflammatory drugs on the uptake of methotrexate by human kidney slices., Nozaki Y, Kusuhara H, Kondo T, Iwaki M, Shiroyanagi Y, Nakayama H, Horita S, Nakazawa H, Okano T, Sugiyama Y, The Journal of pharmacology and experimental therapeutics, 322, 3, 1162, 1170,   2007年09月, 査読有り
  • Decreased intestinal CYP3A and P-glycoprotein activities in rats with adjuvant arthritis, S. Uno, A. Tsuji, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 谷野 公俊, Drug Metab. Pharmacokinet., 22, 4, 313, 321,   2007年08月, 査読有り
  • Paclitaxel-2’-ethylcarbonate prodrug can circumvent P-glycoprotein-mediated cellular efflux to increase drug cytotoxicity, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 市田 成志, 和田 哲幸, 三木 康義, A. Nawa, E. Kondo, F. Kikkawa, T. Daikoku, T. Tsurumi, C. Luo, Y. Nishiyama, Y. Takayanagi, K. Nishimori, Pharm. Res., 24, 3, 555, 565,   2007年03月, 査読有り
  • Effects of alterations in CAR on bilirubin detoxification in mouse collagen-induced arthritis, 川瀬 篤史, 岩城 正宏, Y. Tsunokuni, Drug Metab. Dispos., 35, 2, 256, 261,   2007年02月, 査読有り
  • Species difference in the inhibitory effect of NSAIDs on the uptake of methotrexate by human kidney slices, Y. Sugiyama, 岩城 正宏, Y. Nozaki, H. Kusuhara, T. Kondo et al., J. Pharmacol. Exp. Ther., 322, 3, 1162, 1170,   2007年
  • Species difference in in vitro and in vivo small intestinal maetabolism of CYP3A substrates, 岩城 正宏, H. Komura, J. Pharm. Sci., 97, 1775, 1800,   2007年
  • Pitfall in in vitro high throughput screening system for absorption in drug discovery, 岩城 正宏, H. Komura, Current Analytical Chemistry, 3, 302, 309,   2007年
  • Gum arabic enhances intestinal calcium absorption in rats, 川瀬 篤史, 岩城 正宏, 松田 秀秋, N. Hirata, M. Tokunaga, J. Health Sci., 53, 5, 622, 624,   2007年
  • Decreased PXR and CAR inhibit transporter and CYP mRNA levels in the liver and intestine of mice with collagen-induced arthritis, 川瀬 篤史, 岩城 正宏, I. Yoshida, Y. Tsunokuni, Xenobiotica, 37, 4, 366, 374,   2007年
  • 塩酸デクスメデトミジンの体循環および肺循環に及ぼす影響, 稲森 雅幸, 川瀬 篤史, 岩城 正宏, 古賀 義久,   2007年
  • SPECIES DIFFERENCES IN SMALL INTESTINAL METABOLISM OF CYP3A4 SUBSTRATES, Komura Hiroshi, Takubo Hiroaki, Kogayu Motohiro, Iwaki Masahiro, DRUG METABOLISM REVIEWS, 39, 108,   2007年, 査読有り
  • 「教育事例紹介:薬学教育」ITを活用した薬剤師国試対策学習支援, 村上 悦子, 鈴木 茂生, 伊藤 栄次, 西田 升三, 岩城 正宏, 論文誌:情報教育方法研究, 4, 1, 7, 9,   2006年06月
  • 抗MRSA薬に関する許可制導入とその効果, 岩城 正宏, 田中宏明,植田 正,福田 隆,井川澄人, 日本病院薬剤師会雑誌, 42, 1199, 1202,   2006年
  • Application of substrate depletion assay for early prediction of nonlinear pharmacokinetics in drug discovery: assessment of nonlinearity of metoprolol, timolol, and propranolol., Komura H, Kawase A, Iwaki M, Journal of pharmaceutical sciences, 94, 12, 2656, 2666,   2005年12月, 査読有り
  • Adsorption of cationic methylene blue and anionic methyl orange by crude drug starches, 山田雅英, 坊木 佳人, 松山明子, 高橋昌江, 岩城 正宏, J. Appl. Glycosci., 52, 1, 101, 106,   2005年07月
    概要:生薬中に含まれる澱粉の有効利用を図る目的で、ニンジン、サンシチニンジン、ハンゲ、タクシャ、ヨクイニンから澱粉を分離精製し、陽イオン性メチレンブルーと陰イオン性メチルオレンジの吸着能を評価した。同時に、吸着量の統計的に処理した結果に基づいて、澱粉への両色素吸着の吸着機構を明らかにした。ヨクイニン澱粉は、他の4種澱粉に勝って両色素に対して高い吸着能力を示した。(英文)
  • Nonlinear pharmacokinetics of propafenone in rats and humans: application of a substrate depletion assay using hepatocytes for assessment of nonlinearity., Komura H, Iwaki M, Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals, 33, 6, 726, 732,   2005年06月, 査読有り
  • Nitrogen-containing bisphosphonate, YM529/ONO-5920 (a novel minodronic acid), inhibits RANKL expression in a cultured bone marrow stromal cell line ST2., 西田 升三, 椿 正寛, 岩城 正宏, 入交 清博, 谷森 佳弘, 栁江 正嗣, Biochem Biophys Res Commun., 328, 1, 91, 97,   2005年03月, 査読有り
    概要:YM529/ONO-5920はST2細胞での破骨細胞分化促進因子であるRANKLの発現を抑制することを認め、その機序はGGPP産生阻害に基づくRas-ERK1/2経路の活性低下によることを示した。
  • Mevastatin induces apoptosis in HL60 cells dependently on decrease in phosphorylated ERK., 西田 升三, 椿 正寛, 岩城 正宏, 松岡 寛, 谷森 佳弘, 栁江 正嗣, Mol Cell Biochem., 269, 1-2, 109, 114,   2005年01月, 査読有り
    概要:MevastatinはHL60細胞にアポトーシスを誘導することを認めた。また、このアポトーシス誘導機序はメバロン酸経路中のGGPPの産生低下によるRas-ERK1/2経路の阻害によることを示した。(英文)
  • ロサンタンからバルサルタンへの切り替え後の薬物治療評価に対する薬剤師の介入, 岩城 正宏, 木村 健,荒井真美子,増田博也, 日本病院薬剤師会雑誌, 41, 541, 544,   2005年
  • Usefulness of Hepatocytes for Evaluating the Genetic Polymorphism of CYP2D6 Substrates, Xenobiotica, 35, 575, 587,   2005年
  • Potent and Metabolically Stable Agonists for Protease-Activated Receptor-2: Evaluation of Activity in Multiple Assay Systems In Vitro and In Vivo, 309, 1098, 1107,   2004年
  • Stereoselective pharmacokinetics of flurbiprofen and formation of covalent adducts with plasma protein in adjuvant-induced arthritic rats., Nagao T, Tanino T, Iwaki M, Chirality, 15, 5, 423, 428,   2003年05月, 査読有り
  • インドメタシンのヘアレスラット皮膚透過に対する呉茱萸の促進作用, Natural Medicines, 57, 227-232,   2003年
  • Transfollicular drug delivery: penetration of drugs through human scalp skin and comparison of penetration between scalp and abdominal skins in vitro, 岩城 正宏, 谷野 公俊, J Drug Target, 10, 5, 369, 378,   2002年08月, 査読有り
  • Transdermal absorption of bupranolol in rabbit skin in vitro and in vivo, 岩城 正宏, 谷野 公俊, T. Ogiso, T. Hata, Biol. Pharm. Bull., 24, 588, 591,   2001年
  • Pharmacokinetics of epinastine and a possible mechanism for double peaks in oral plasma concentration profiles, Biol. Pharm. Bull., 24, 790, 794,   2001年
  • Oral delivery of synthetic eel calcitonin, elcatonin, in rats, 岩城 正宏, 谷野 公俊, T. Ogiso, N. Funahashi, Y. Tsukioka, T. Wada, Biol. Pharm. Bull., 24, 656, 661,   2001年
  • Effect of positively and negatively charged liposomes on skin permeation of drugs, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 三宅 義雅, T. Ogiso, T. Yamaguchi, Journal Drug Targeting, 9, 49, 59,   2001年
  • Capillary electrophoresis of sialic acid-containing glycoprotein. effect of the heterogeneity of carbohydrate chains on glycoform separation using an alpha 1-acid glycoprotein as a model, Anal Chem, 73, 11, 2640, 2647,   2001年
  • メラトニンの皮膚透過とUVB照射によるしわに対する効果, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 小木曽太郎,日野敬晴,藤原季美子,浜田長生,佐藤安広, 日本香粧品科学会誌, 25, 2, 7,   2001年
  • Chromatographic and Capillary Electrophoretic Methods for the Analysis of Nicotinic Acid and Its Metabolites, J. Chromatogr. B, 747, 229-240, 1/2, 229, 240,   2000年
  • In Vitro Regioselective Stability of beta-1-O- and 2-O-acyl Glucuronides of Naproxen and Their Covalent Binding to Human Serum Albumin, J. Pharm. Sci., 88, 52-57,   1999年
  • Simultaneous determination of nicotinic acid and its metabolites in rat urine by micellar electrokinetic chromatography with photodiode array detection, J. Chromatogr-B., 716, 335–342,   1998年

書籍等出版物

  • Applied臨床薬物動態学―有効・安全な薬物治療と投与計画, 岩城正宏, 齊藤浩司, 共著, 京都廣川書店,   2013年06月, 4906992145
  • コンパス薬物速度論演習, 編者, 南江堂,   2012年09月, 4524402772
  • リアリスティック薬学複合問題, 岩城正宏, 齋藤浩司, 共著, 京都廣川書店,   2012年06月, 4901789686
  • リアリスティック続・薬学複合問題, 岩城正宏, 齊藤浩司, 共著, 京都廣川書店,   2011年09月, 4901789759
  • 薬学概論―くすり,痛み,病気から薬学っていうものを考えた, 岩城正宏, 安原智久, 共著, 京都廣川書店,   2011年04月, 4901789708
  • コンパス生物薬剤学, 共編者, 南江堂,   2010年04月, 452440256X
  • スタンダード薬学シリーズ6,薬と疾病Ⅰ.薬の効くプロセス,“薬動学”, 日本薬学会編,東京化学同人,   2005年
  • Windowsカラープレゼンテーション―PC‐9800シリーズによるスライド作成, 掛樋 一晃, Y.C. リー, 鈴木 茂生, 川口 吉太郎, 岩城 正宏, 共著, 秀潤社,   1995年04月, 4879621439
  • 上手な学会発表を行うために―MacとIBM‐PCによるプレゼンテーション, 川口 吉太郎, 掛樋 一晃, 岩城 正宏, 林 浩司, Y.C. リー, 三木 康義, 鈴木 茂生, 共著, 秀潤社,   1993年01月, 487962117X

講演・口頭発表等

  • Protease-activated receptor-2の新規高活性アゴニスト2-furoyl-LIGRL-NH2: in vitroおよびin vivoにおける活性評価, 川畑 篤史, 関口 富美子, 岩城 正宏, 菅家 徹, 第9回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会,   2004年07月, 第9回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会
  • Usefulness of hepatocytes for evaluating the genetic polymorphism of CYP2D6 substrates, 岩城 正宏, H. Komura, 第20回年会 2005マウイJSSX- ISSX合同学会,   2005年, 第20回年会 2005マウイJSSX- ISSX合同学会
  • Alteration in Factors Affecting Drug Disposition during Development of Adjuvant-Induced Arthritis in Rats, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, S. Uno, K. Yamamoto, N. Akitsu, T. Nagao, 第20回年会 2005マウイJSSX- ISSX合同学会,   2005年, 第20回年会 2005マウイJSSX- ISSX合同学会
  • Decreased Intestinal Detoxification Functions in an Absorption Process in Adjuvant-Induced Arthritis Rats, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 和田 哲幸, 西田 升三, 市田 成志, S. Uno, A. Tsuji, K. Miyauchi, M. Yanae, 第20回年会 2005マウイJSSX-ISSX合同学会,   2005年, 第20回年会 2005マウイJSSX-ISSX合同学会
  • カルボキシルエステラーゼ遺伝子導入細胞でのパクリタキセルプロドラッグの活性化, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 宮内亮輔,那波明宏, 日本薬学会近畿支部 第55回支部総会・大会,   2005年, 日本薬学会近畿支部 第55回支部総会・大会
  • 創薬での非線形性薬物動態の予測におけるsubstrate depletion法の有用性について, 岩城 正宏, 小村 弘, 日本薬学会第125年会,   2005年, 日本薬学会第125年会
  • アジュバント関節炎ラットにおける小腸CYP3Aおよびp-糖タンパク質の変動, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 西田 升三, 宇野敏志,柳江正嗣, 日本薬学会第125年会,   2005年, 日本薬学会第125年会
  • パクリタキセル含有微粒子の腹腔内投与による延命効果と血中移行, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 那波明宏,福森義信, 日本薬学会第125年会,   2005年, 日本薬学会第125年会
  • 未熟な柑橘類果実の血行改善作用, 松田 秀秋, 久保 道德, 他1名, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 藤田 忠, 宇都宮 直樹, 佐々木 勝昭, 我藤 雄, 友廣 教道, 日本薬学会第126年回,   2006年03月, 日本薬学会第126年回
  • 未熟な温州ミカン(Citrus unshiu)の血液レオロジー向上作用, 松田 秀秋, 得永 雅士, 他2名, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 藤田 忠, 宇都宮 直樹, 佐々木 勝昭, 文室 政彦, 我藤 雄, 友廣 教道 増田 めぐみ, 日本生薬学会第53回年会,   2006年09月, 日本生薬学会第53回年会
  • 青い柑橘類果実に新規機能性を求めて-青ウンシュウミカンの抗アレルギー作用, 松田 秀秋, 伊藤 仁久 他2名, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 藤田 忠, 友廣 教道, 第1回食品薬学シンポジウム,   2006年10月, 第1回食品薬学シンポジウム
  • 慢性関節炎発症時における核内レセプターの変動とビリルビン代謝に及ぼす影響, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 津國 優, 第1回トランスポーター研究会,   2006年, 第1回トランスポーター研究会
  • コラーゲン誘導関節炎マウスでのCAR変動がビリルビン代謝に及ぼす影響, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 津國 優, 第21回日本薬物動態学会,   2006年, 第21回日本薬物動態学会
  • アジュバント関節炎ラット肝細胞を用いたイブプロフェンのキラル変換に関する検討, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 宇野敏志,浦木美里, 第21回日本薬物動態学会,   2006年, 第21回日本薬物動態学会
  • 未熟ハッサクの抗アレルギー作用に関する研究, 松田 秀秋, 他3名, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 藤田 忠, 宇都宮 直樹, 佐々木 勝昭, 文室 政彦, 我藤 雄, 友廣 教道 増田 めぐみ, 日本薬学会第127年会,   2007年03月, 日本薬学会第127年会
  • 塩酸デクスメデトミジンの肺循環に及ぼす作用, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 稲森雅幸,塩川泰啓,中村正人,古賀義久, 第54回麻酔学会,   2007年, 第54回麻酔学会
  • フラボノイドChrysinのマウスBcrp/ABCG2に対する影響, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 松本優香子,羽田野素司, 第2回トランスポーター研究会,   2007年, 第2回トランスポーター研究会
  • Inflammation impairs intrinsic chiral inversion activity of "Profen", nonsteroidal antiinflammatory drug, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, M. Uraki, S. Uno, Pharmaceutical Sciences World Congress 2007,   2007年, Pharmaceutical Sciences World Congress 2007
  • Effects of CAR on bilirubin metabolism in mouse collagen-induced arthritis, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, Y. Tsunokuni, Pharmaceutical Sciences World Congress 2007,   2007年, Pharmaceutical Sciences World Congress 2007
  • パクリタキセル2'-エチルカーボネート化による薬物トランスポーターと肝CYP3Aへの影響, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 野田 学,那波明宏, 第127年会日本薬学会,   2007年, 第127年会日本薬学会
  • ラット肝臓および小腸におけるCYP3AとP糖タンパク質の誘導に対するフェニトイン投与期間の影響, 大鳥 徹, 川瀬 篤史, 髙田 充隆, 岩城 正宏, 18回日本医療薬学会年会,   2008年11月, 18回日本医療薬学会年会
    概要:ラットにおけるフェニトインの投与期間と誘導持続時間の関係をCYP3AとP-gpを指標として検討した報告。
  • 各種未熟柑橘類エキスによるCYP阻害作用と成分含量との関連, 藤田 忠, 松田 秀秋, 川瀬 篤史, 岩城 正宏, 友廣 教道, 増田 めぐみ, 日本薬学会第128年会,   2008年, 日本薬学会第128年会
  • ラット肝臓および小腸におけるCYP3AとP糖タンパク質の誘導に対するフェニトイン投与期間の影響, 大鳥 徹, 川瀬 篤史, 髙田 充隆, 岩城 正宏, 岡亜沙美, 第18回日本医療薬学会年会,   2008年, 第18回日本医療薬学会年会
  • ラット肝還流法を用いたジクロフェナクの肝内動態と慢性炎症の影響, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 浦木美里,松島由佳,宇野敏志, 日本薬剤学会第23年会,   2008年, 日本薬剤学会第23年会
  • CYP2D遺伝的欠損ラットを用いたin vivo-in vitro間の薬物相互作用の予測, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 藤井晃行,根来真貴子,石窪未来,小村 弘, 日本薬剤学会第23年会,   2008年, 日本薬剤学会第23年会
  • Alteration on the mRNA expression of ABC and SLC transporters in liver and intestine of adjuvant-induced arthritis rat, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, S. Uno, 2nd Asian Pacific Regional ISSX Meeting,   2008年, 2nd Asian Pacific Regional ISSX Meeting
  • Differences in cytochrome P450 and nuclear receptor mRNA levels in liver and small intestine between SD and DA rats, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, A. Fujii, 2nd Asian Pacific Regional ISSX Meeting,   2008年, 2nd Asian Pacific Regional ISSX Meeting
  • マイクロRNAによるIRESを介した多重遺伝子発現系における発現制御, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 杉尾久美子,櫻井文教,川端健二,水口裕之, 第8回遺伝子・デリバリー研究会,   2008年, 第8回遺伝子・デリバリー研究会
  • トランスポーターを介した薬物相互作用:フラボノイドchrysinのラットおよびマウスbreast cancer resistance protein (Bcrp)に対する影響, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 松本優香子,羽田野素司, 日本薬学会第128年会,   2008年, 日本薬学会第128年会
  • ラット肝における有機アニオントランスポーターペプチド介在のパクリタキセル輸送とプロドラッグ化による影響, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 中尾真桜,那波明宏, 日本薬学会第128年会,   2008年, 日本薬学会第128年会
  • アジュバント関節炎発症時における肝臓,小腸および脳のトランスポーターmRNA変動, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 宇野敏志,浦木美里, 日本薬学会第129年会,   2009年, 日本薬学会第129年会
  • Changes in mRNA Expression of ABC and SLC Transporters in Liver and Intestines of the Adjuvant-induced Arthritis Rat, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, S. Uno, M. Uraki, A. Yamada, 69th International Congress of FIP,   2009年, 69th International Congress of FIP
  • Differences in Cytochrome P450 and Nuclear Receptor mRNA Levels in Liver and Small Intestines between SD and DA Rats, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, A. Fujii, R. Akai, 69th International Congress of FIP,   2009年, 69th International Congress of FIP
  • 紅蔘エキスの脂質代謝に関わるシトクロムP450およびトランスポーターに対する影響, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 松田 秀秋, 村田 和也, 竹下 文章, 山田彩乃,蒲生悠子,田原知佳, 寒川 慶一 , 第59回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2009年, 第59回日本薬学会近畿支部総会・大会
  • ラットおよびマウスにおけるBCRPを介したニトロフラントイン体内動態に対するChrysinの影響, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 第3回食品薬学シンポジウム,   2009年, 第3回食品薬学シンポジウム
  • チーム基盤型学習(TBL)を導入した薬学部・医学部連携教育, 木村 健, 安原 智久, 船上 仁範, 長井 紀章, 喜多 綾子, 北小路 学, 大鳥 徹, 岩城 正宏, 松尾 理, 日本薬学会第130年会,   2010年03月, 日本薬学会第130年会
  • In vitro及びin vivoにおける小腸代謝の種差-CYP3A及びUGTを中心に-, 岩城 正宏, 小村 弘, 第306回CBI学会研究講演会,   2010年, 第306回CBI学会研究講演会
  • プロフェン系抗炎症薬の代謝による肝毒性誘発性とミトコンドリア膜透過性遷移孔のシクロフィリンDの関与, 岩城 正宏, 谷野 公俊, 日本薬学会第130年会,   2010年, 日本薬学会第130年会
  • 学生のニーズ把握と具体的な問題解決手法の修得を目的とした学生ワークショップの試み, 安原 智久, 川﨑 直人, 八木 秀樹, 川瀬 篤史, 伊藤 栄次, 大鳥 徹, 和田 哲幸, 松山 賢治, 岩城 正宏, 日本薬学会第130年会,   2010年, 日本薬学会第130年会
  • 紅蔘エキスの脂質代謝に関わるチトクロムP450およびトランスポーターに対する影響, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 竹下 文章, 村田 和也, 松田 秀秋, 蒲生悠子,田原知佳,山田彩乃,山下友希, 寒川 慶一 , 日本薬剤学会第25年会,   2010年, 日本薬剤学会第25年会
  • アジュバント関節炎発症ラットにおけるトランスポーターの変動, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 赤井亮介,法兼沙理,岡本怜也, 日本薬剤学会第25年会,   2010年, 日本薬剤学会第25年会
  • CYP2D遺伝子欠損ラットにおけるCYP2D6基質の薬物動態特性とその定量的予測, 岩城 正宏, ナショナルバイオリソースプロジェクト「ラット」,第3回ラットリソースリサーチ研究会,   2010年, ナショナルバイオリソースプロジェクト「ラット」,第3回ラットリソースリサーチ研究会
  • 高用量レボフロキサシンの薬物動態を検討した血液透析症例, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 浦田元樹,太田美由希,北村芳子,稲荷場ひろみ,岡村幹夫, 第55回日本透析医学会,   2010年, 第55回日本透析医学会
  • 血液透析患者におけるレボフロキサシン薬物動態の検討, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 太田美由希,浦田元樹,北村芳子,崔 吉永,岡村幹夫,稲荷場ひろみ,根来伸夫, 第75回大阪透析研究会,   2010年, 第75回大阪透析研究会
  • エノキサシンキレート子のピボキシルエステル化による金属含有制酸剤併用時の血中エノキサシン濃度への影響, 岩城 正宏, 大鳥 徹, 西脇 敬二, 川瀬 篤史, 今仲 洸,沖吉慶子,岡本佳世,瀬川雅彦, 第20回日本医療薬学会,   2010年, 第20回日本医療薬学会
  • 血液透析患者における高用量レボフロキサシン薬物動態の検討, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 太田美由希,浦田元樹,北村芳子,崔 吉永,岡村幹夫,根来伸夫, 第20回日本医療薬学会,   2010年, 第20回日本医療薬学会
  • The effect of fasting and hyperlipidemia on the disposition of pravastatin in the in situ perfused rat liver model, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, A. Handa, Pharmaceutical Sciences World Congress 2010,   2010年, Pharmaceutical Sciences World Congress 2010
  • Effects of Mrp2- and Mrp3-knockdown in mice on covalent adduct formation of acyl glucuronide using shRNA-expressing adenovirus vector, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, A. Yamada, T. Yamamoto, S. Tomatsu, Pharmaceutical Sciences World Congress 2010,   2010年, Pharmaceutical Sciences World Congress 2010
  • Substrate depletion assayによる慢性炎症モデルラットにおけるジクロフェナク代謝クリアランスの予測, 岩城 正宏, 川瀬 篤史, 藤井晃行,宇野敏志, 第127年会日本薬学会,   2010年, 第127年会日本薬学会

MISC

  • ソノフォレシスによる美白効果の研究, 松下電工技報, 53, 20-24,   2005年

特許

  • 経皮吸収促進剤, I02013101A

受賞

  •   2013年11月, 日本薬局学会, 日本薬局学会功労賞
  •   2001年, 私立大学情報教育協会賞(優秀賞)

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費学術研究助成金, 反応性代謝物を介する肝障害発現に関与する機能タンパク質の解明, 岩城 正宏

その他

  •   2015年04月, アクティブ・ラーニングを取り入れた双方向授業の導入と評価法の構築 -学生参加型学習推進のための問題抽出とその対策-, 近畿大学学内研究助成金 21世紀研究開発奨励金(共同研究助成金) KD01 研究内容:薬学生に求められる能力の一つに臨床現場や新薬開発の基礎研究などの種々の分野で問題を発見し、修得した膨大な知識を複合的に活用して問題を解決する能力がある。この能力の涵養には、一方的に知識を伝達する教授法よりも学生が能動的に思考するアクティブ・ラーニングが有効である。本研究は、大人数でも双方向授業が可能で学生の理解度を瞬時に把握できるなどのメリットを有するレスポンスアナライザーを用いたアクティブ・ラーニング(双方向授業)の評価と学生参加型学習の推進を目的として行った。