KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

有馬 秀二アリマ シュウジ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位博士(医学)
専門腎臓内科学、腎臓生理学、高血圧学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/540-arima-shuuji.html
ホームページURLhttp://www.med.kindai.ac.jp/jinzou/
メールアドレスshuarima[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    腎臓病、難治性高血圧の診療・教育を担当し、精力的に研究も行っています。特に、腎機能障害を合併する高血圧患者の治療においては、国内の第一人者として高い評価をいただいております。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/02/22
     読売テレビ「おはよう!ドクター」
     高血圧について。
    ●2015/02/15
     読売テレビ「おはよう!ドクター」
     高血圧について。

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 内科学一般(含心身医学)
  • 内科系臨床医学, 循環器内科学
  • 内科系臨床医学, 腎臓内科学

論文

  • 利尿薬使用における基本, 有馬 秀二, 認定医・専門医のための輸液・電解質・酸塩基平衡病態のとらえ方とトラブルシューティング50症例,   2013年06月
  • 少量サイアザイド系利尿薬の優れた心血管イベント抑制効果, 有馬 秀二, 認定医・専門医のための輸液・電解質・酸塩基平衡病態のとらえ方とトラブルシューティング50症例,   2013年06月
  • MRSAによるPDカテーテルトンネル感染に対して出口部変更術を施行した一例, 中野 志仁, 有馬 秀二, 谷山 佳弘, 中谷 嘉寿, 松岡 稔明, 高見 勝弘, 大阪CAPD研究会会誌, 25, 33, 35,   2012年10月
  • 臓器保護の指標はアルブミン尿か eGFRか, 中野 志仁, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 血圧, 27, 31,   2012年02月
  • ShujiArima:7Kindney and Hypertension. Acta Medica Kinki University37:1-8, 松岡 稔明, 有馬 秀二, 重複腎動脈 別冊日本臨床新領域別症候群シリーズNo.17 腎臓症候群(第2版), 244, 247,   2012年01月
  • ShujiArima:Kindney and Hypertension.Acta Medica Kinki University37:1-8, 有馬 秀二, 慢性腎臓病 Nuesing Mook74, 96, 101,   2012年
  • 糖尿病腎症における糸球体血行動態について Vol.34 No.6, 中谷 嘉寿, 有馬 秀二, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 497, 501,   2012年
  • 糖尿病患者の降圧治療におけるRA系抑制薬の使い分けVol.10 No.6, 高見 勝弘, 有馬 秀二, 糖尿病診療マスター, 536, 540,   2012年
  • MRSAによるPDカテーテルトンネル感染に対して出口部変更術を施行した1例, 中野 志仁, 谷山 佳弘, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 有馬 秀二, 大阪CAPD研究会会誌, 25, 33, 35,   2012年
  • Kidney and Hypertension, ArimaS, Acta Medica Kinki University, 34, 1, 8,   2012年, 査読有り
  • 開業医の日常診療で確認されたカンデサルタンの降圧を越えた腎保護効果, 髙田幸三、坂口一朗、橘克英、中村哲彦、山尾卓司、上野順子、江川博、長束勲、岡秀雄、貴志豊、山内淳、有馬秀二, Progress in Medicine, 30, 457, 462,   2010年, 査読有り
  • Decreased expression of catechol-O-methyltransferase in the renal cortex of malignant spontaneously hypertensive rats., Ooshima K, Ozaki S, Tabuchi M, Higashino H, Honda E,Park AM, Arima S, Munakata H, Tohoku J. Exp. Med., 219, 4, 331, 336,   2009年12月
  • サイアザイド, ループ利尿薬, 有馬 秀二, ハートビュー Heart View, 13, 12, 133, 140,   2009年11月
  • 血圧異常への対応, 高見 勝弘, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, Medical Practice M.P Medical Practice M.P, 26, 10, 1673, 1676,   2009年10月
  • 尿細管糸球体フィードバック, 有馬 秀二, 高血圧 上  基礎編, 67, 増刊号6, 538, 542,   2009年10月
  • 血圧異常への対応, 高見 勝弘, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, M.P Medical Practice M.P Medical Practice, 26, 10, 1673, 1676,   2009年10月
  • 造影剤誘発腎機能障害とそのリスク, 有馬 秀二, Rad Fan Rad Fan, 7, 10, 74, 77,   2009年09月
  • CRASにおけるレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAAS)の役割, 有馬 秀二, 内科 Vol.104 No.1, 104, 1, 48, 52,   2009年09月
  • CKDにおける利尿薬の意義, 有馬 秀二, 谷山 佳弘, 済生会 富田林病院, 血圧, 16, 7, 46, 50,   2009年09月
  • 糖尿病患者に対する利尿薬、β遮断薬、α遮断薬のエビデンスと実際, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 内分泌・糖尿病科 Endocrinology & Diabetology, 28, 4, 327, 332,   2009年04月
  • 線維筋性異形成が原因と考えられる重複腎動脈合併腎血管性高血圧患者, 甲斐達也、有馬秀二, 治療学, 43, 573, 578,   2009年, 査読有り
  • 外来通院糖尿病患者の血糖コントロールに対するピオグリタゾンの効果についての検討, 高見勝弘、甲斐達也、中坊麻利、前嶋哲也、有馬秀二、谷山佳弘、金政健, Progress in Medicine, 29, 455, 458,   2009年, 査読有り
  • Comparison of the effect of lipophilic and hydrophilic statins on serum adiponectin levels in patients with mild hypertension and dyslipidemia: Kinki Adiponectine interventional (KAI) Study, Kai T, Arima S, Taniyama Y, Nakabou M, Kanamasa K, Clin Exp Hypertens, 30, 530, 534,   2008年
  • 経皮的腎動脈形成術が奏功した腎血管性高血圧症の一例, 高見勝弘、谷山佳弘、濱田征宏、田中康史、中坊麻利、前嶋哲也、中納一衛、甲斐達也、有馬秀二、金政健, 近畿大学医学雑誌, 33, 457, 462,   2008年, 査読有り
  • オルメサルタンによる降圧効果が不十分な本態性高血圧患者に対するバルサルタンの効果についての検討 (Val-Sole Study), 甲斐達也、有馬秀二, Progress in Medicine, 28, 107, 111,   2008年, 査読有り
  • Aldosterone and the Kidney:Rapid regulation of renal micro circulation, Arima S, STEROIDS, 71, 281, 285,   2006年, 査読有り
  • Rapid non-genomic vasoconstrictor actions of aldosterone in the renal microcirculation, Arima S, J Steroid Biochem Mol Biol, 102, 170, 174,   2006年, 査読有り
  • 腎血行動態から見た高血圧の病態・治療におけるTCCの意義, 有馬 秀二, 第2回 TCCフォーラムハイライト集, 18, 19,   2005年09月
  • エホニジピンは糸球体毛細血管内圧の低下により腎保護作用を示す, 有馬 秀二, Medical Tribune Medical Tribune, 38, 34, 42, 42,   2005年08月
  • Role of renal eicosanoids in the control of intraglomerular and systemic blood pressure during development of hypertension., Arima S, Ito S, Contrib Nephrol, 143, 65, 76,   2004年, 査読有り
  • Endothelium-derived nitric oxide modulates vascular action of aldosterone in renal arteriole., Arima S, Kohagura K, Xu HL, Sugawara A, Uruno A, Satoh F, Takeuchi K, Ito S, Hypertension, 43, 352, 357,   2004年
  • Hepatocyte growth factor stimulates nitric oxide production through endothelial nitric oxide synthase activation by the phosphoinositide 3-kinase / Akt pathway and possibly by mitogen-activated protein kinase kinase in vascular endothelial cells., Uruno A, Sugawara A, Kanatsuka H, Arima S, Taniyama Y, Kudo M, Takeuchi K, Ito S, Hypertens Res, 27, 887, 895,   2004年
  • Ca拮抗薬 (Cilnidipine, Nifedipine) の早朝高血圧と腎保護効果の検討, 小川晋, 有馬 秀二, 竹内和久,加藤太郎,奈古一宏,佐藤博,伊藤貞嘉, Therapeutic Research , 25, 1293, 1299,   2004年, 査読有り
  • III. 進行性腎障害の治療の進歩 4. 高血圧を伴う腎障害, 竹内和久, 有馬 秀二, 日本内科学会雑誌, 93, 923, 927,   2004年
  • 学生の動脈硬化に及ぼす生活習慣の影響, 尾股健、阿部洋子、数見隆生、田頭恵美、前田順一、関口博久、西郡光昭、阿部文明、伊藤修、石塚恒夫、有馬秀二、伊藤貞嘉, CAMPUS HEALTH, 40, 274, 275,   2003年, 査読有り
  • Nongenomic vascular action of aldosterone in the glomerular microcirculation., Arima S, Kohagura K, Xu HL, Sugawara A, Abe T, Satoh F, Takeuchi K, Ito S, J Am Soc Nephrol, 14, 2255, 2263,   2003年
  • The mechanisms underlying altered vascular resistance of glomerular afferent and efferent arterioles in diabetic nephropathy., Arima S, Ito S, Nephrol Dial Transplant, 18, 1966, 1969,   2003年, 査読有り
  • Role of angiotensin II and endogenous vasodilators in the control of glomerular hemodynamics, 有馬 秀二, Clin Exp Nephrol, 7, 172, 178,   2003年, 査読有り
  • Possible role of adenosine in macula densa control of glomerular hemodynamics., Ren YL, Aruma S, Carretero OA, Ito S, Kidney Int, 61, 169, 176,   2002年
  • Biphasic vasodilator action of troglitazone on the renal microcirculation., Arima S, Kohagura K, Takeuchi K, Taniyama Y, Sugawara A, IKeda Y, Abe M, Omata K, Ito S, J Am Soc Nephrol, 13, 342, 349,   2002年
  • SLEの経過中に半月体形成を伴うIgA腎症を発症した1例。, 藤倉恵美, 有馬 秀二, 木村朋由,大高亮彦,佐藤博,伊藤貞嘉,平林泰彦,佐々木毅,佐藤壽伸, 日本内科学会雑誌, 91, 3282, 3284,   2002年, 査読有り
  • Mechanisms that control the glomerular hemodynamics., Arima S, Kohagura K, Abe M, Ito S, Clin Exp Nephrol, 5, 55, 61,   2001年, 査読有り
  • New insights into actions of the renin-angiotensin system in the kidney concentrating on the AII receptors and the newly described Ang 1-7 and it’s receptor., Arima S, Ito S, Sem Nephrol, 21, 535, 543,   2001年, 査読有り
  • Differential effects among thiazolidinediones on the transcription of thromboxane receptor and angiotensin II type 1 receptor genes., Sugawara A, Takeuchi K, Uruno A, Ikeda Y, Arima S, Sato K, Kudo M,Taniyama Y, Ito S, Hypertens Res, 24, 229, 233,   2001年
  • Transcriptional suppression of type 1 angiotensin II receptor gene by peroxisome proliferator- activated receptor-gamma in vascular smooth muscle cells., Sugawara A, Takeuchi K, Uruno A, Ikeda Y, Arima S, Kudo M, Sato K, Taniyama Y, Ito S, Endocrinology, 142, 3125, 3134,   2001年
  • Involvement of cytochrome P450 metabolites in the vascular action of angiotensin II on the afferent arteriole., Kohagura K,Arima S, Endo Y, Chiba Y, Ito O, Abe M, Omata K, Ito S, Hypertens Res, 24, 543, 551,   2001年
  • 尿量コントロールにhydrochrolothiazideが有効であった腎性尿崩症の1例, 太田昌宏、佐畑貴之、森建文、竹内和久、菅原明、有馬秀二、菊谷昌浩、伊藤貞嘉、木村時久、太田耕造, 日本内科学会雑誌, 89, 2342, 2344,   2000年, 査読有り
  • Isolated jaxtaglomerular apparatus as a tool for exploring glomerular hemodynamics: Application of microperfusion techniques., Arima S, Ito S, Experimental Nephrology, 8, 304, 311,   2000年, 査読有り
  • Angiotensin II type 2 receptors in the kidney: Evidence for endothelial cell mediated renal vasodilatation., Arima S, Ito S, Nephrol Dial Transpiant, 15, 448, 451,   2000年, 査読有り
  • Endogenous nitric oxide and epoxyeicosatrienoic acids modulate angiotensin II-induced constriction in the rabbit afferent arteriole., Kohagura K, Endo Y, Ito O, Arima S, Omata K, , Acta Physiologica Scandinavica, 168, 107, 112,   2000年
  • Suppression of rat thromboxane synthase transcription by peroxisome proliferator activated-receptor (PPAR)-g in macrophages via an interaction of NF-E2 related factor 2., Ikeda Y, Sugawara A, Taniyama Y, Uruno A, Igarashi K, Arima SIto S, Takeuchi K, J Biol Chem, 275, 33142, 33150,   2000年
  • 塩酸エホニジピンの糸球体微小循環への作用−In vitro Microperfusionを用いた検討−, 矢尾板啓、有馬秀二、尾股健、伊藤貞嘉, 薬理と治療, 27, 1589, 1596,   1999年, 査読有り
  • 腎輸入細動脈におけるアデノシンの作用, 矢尾板啓、伊藤修、有馬秀二、遠藤好美、竹内和久、尾股健、伊藤貞嘉, 日本腎臓学会雑誌, 41, 697, 703,   1999年, 査読有り
  • Vasodilation mediated by angiotensin  type 2 receptor is impaired in afferent arterioles of young spontaneously hypertensive rats, Endo Y, Arima S, Yaoita H, Tsunoda K, Omata K, Ito S, J Vasc Res, 35, 421, 427,   1998年
  • Function of angiotensin II type 2 receptor in the postglomerular efferent arteriole, Endo Y, Arima S, Yaoita H, Omata K, Tsunoda K, Takeuchi K, Abe K, Ito S, Kidney Int 52 (Suppl. 63), S205, S207,   1997年
  • Heterogeneity of angiotensin action in renal circulation, Ito S, Amin J, Ren YL, Arima S, Abe K, Carretero OA, Kidney Int52 (Suppl. 63), S128, S131,   1997年
  • Possible role of P-450 metabolite of arachidonic acid in vasodilator mechanism of angiotensin II type 2 receptor in the isolated microperfused rabbit afferent arteriole, Arima S, Endo Y, Yaoita H, Omata K, Ogawa S, Tsunoda K, Abe M, Takeuchi K, Abe K, Ito S, J Clin Invest, 100, 2816, 2823,   1997年
  • 20-HETE requires increased vascular tone to constrict rabbit afferent arterioles, Arima S, Omata K, Ito S, Tsunoda K, Abe K, Hypertension, 27, 781, 785,   1996年
  • Diverse effects of calcium antagonists on the glomerular hemodynamics, Arima S, Ito S, Omata K, Tsunoda K, Yaoita H, Abe K, Kidney Int49 (Suppl.55), S132, S134,   1996年
  • Platelet-activating factor dilates efferent arterioles through glomerulus-derived nitric oxide, Arima S, Ren YL, Juncos LA, Ito S, J Am Soc Nephrol, 7, 90, 96,   1996年
  • Angiotensin II action in isolated microperfused rabbit afferent arterioles is modulated by flow, Juncos LA, Ren YL, Arima S, Garvin J, Carretero OA, Ito S, Kidney Int, 49, 374, 381,   1996年
  • 20-hydroxyeicosatetraenoic Acidの血管収縮作用とその作用機序, 内海由也、尾股健、許士郎、有馬秀二、伊藤修、高橋信行、佐藤龍行、清水哲、堤栄克、山田雅昭、阿部文明、伊藤貞嘉、阿部圭志, 脈管学, 36, 167, 173,   1996年, 査読有り
  • カルシウム拮抗薬の糸球体血行動態への作用の多様性 -In vitro Microperfusionを用いた検討-, 有馬秀二、伊藤貞嘉、尾股健、角田一男、矢尾板啓、阿部圭志, 臨床と研究, 73, 1005, 1010,   1996年, 査読有り
  • High glucose augments angiotensin II action by inhibiting NO synthesis in in vitro microperfused rabbit afferent arterioles, Arima S, Ito S, Omata K, Takeuchi K, Abe K, Kidney Int, 48, 683, 689,   1995年
  • Glomerular prostaglandins modulate vascular   reactivity of the downstream efferent arterioles, Arima S, Ren YL, Juncos LA, Carretero OA, Ito S, Kidney Int, 45, 650, 658,   1994年
  • 内因性血管拡張物質による糸球体血行動態調節機序:In vitro microperfusionでの検討, 有馬秀二、伊藤貞嘉、阿部圭志, 日本腎臓学会雑誌, 36, 692, 701,   1994年, 査読有り
  • Endothelium-derived relaxing factor/nitric oxide modulates angiotensin II action in the isolated microperfused rabbit afferent but not efferent arteriole, Ito S, Arima S, Ren YL, Juncos LA, Carretero OA, J Clin Invest, 91, 2012, 2019,   1993年
  • Effects of cicletanine on the urinary excretion of prostanoids and kallikrein, and on renal function in man, Tsunoda K, Abe K, Omata K, Hagino T, Minami N, Munakata M, Yoshida K, Sakuma H, Misawa S, Arima S, Imai Y, Yoshinaga K, Cardiovasc Drugs Ther, 7, 253, 256,   1993年
  • Functions of ascending thin limb of Henle’s loop with special emphasis on mechanisms of NaCl transport, Kondo Y, Kudo K, Igarashi Y, Kuba Y, Arima S, Tada K, Abe K, Tohoku J Exp Med 166, 166, 75, 84,   1992年
  • 腎機能障害を伴う高血圧の治療についての検討。糖尿病性腎症と高血圧性腎症における血圧管理についての検討, 有馬秀二、阿部圭志、工藤啓、角田一男、上月正博、今井潤、斉藤喬雄、佐藤博、横澤秀一、吉永馨, 日本腎臓学会雑誌, 33, 1001, 1009,   1991年, 査読有り
  • 高血圧を合併した慢性糸球体腎炎の血圧管理についての検討, 有馬秀二、阿部圭志、工藤啓、角田一男、矢部珠美、今井潤、斉藤喬雄、佐藤博、吉永馨, 日本腎臓学会雑誌 , 33, 597, 604,   1991年, 査読有り

書籍等出版物

  • 内分泌性高血圧, 高見 勝弘, 有馬 秀二, 共著, 南山堂,   2013年05月
  • 臨床腎臓内科学, 加速型ー悪性高血圧, 中野 志仁, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 共著, 南山堂,   2013年05月
  • 臨床腎臓内科学, 高血圧緊急症, 中野 志仁, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 共著, 南山堂,   2013年05月
  • 高血圧 治療薬ハンドブック, 主な降圧薬の特徴と使用法, 有馬 秀二, 谷山 佳弘, 共著, 羊土社,   2009年04月
  • 高血圧 治療薬ハンドブック, 有馬 秀二, 谷山 佳弘, 共著,   2009年04月
  • ファーマナビゲーター慢性腎不全・透析編, 腎硬化症による慢性腎不全, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 共著, メデイカルレビュー社,   2004年
  • ファーマナビゲーターARB編, 血清クレアチニン値はいくらまで使用できますか?, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 共著, メデイカルレビュー社,   2004年
  • 腎臓ナビゲーター, REIN, 有馬 秀二, 単著, メデイカルレビュー社,   2004年
  • 腎臓ナビゲーター, 傍糸球体装置, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 共著, メデイカルレビュー社,   2004年
  • 腎疾患のとらえかた 文光堂, 高血圧。, 有馬 秀二, 単著,   2003年
  • 腎疾患のとらえかた, 慢性腎不全。, 有馬 秀二, 単著, 文光堂,   2003年
  • RA系の新展開/ARBに期待するもの, 腎機能とアンジオテンシンII, 有馬 秀二, 単著, メデイカルトリビューン社,   2002年
  • アンジオテンシン変換酵素阻害薬と臓器保護, 大規模臨床試験にみるACE阻害薬の効果。, 有馬 秀二, 単著, 医薬ジャーナル社,   2001年
  • 高血圧ナビゲーター, 尿細管糸球体フィードバック, 千葉淑朗, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 共著, メデイカルレビュー社,   2000年
  • プラクティカル内科シリーズ10 腎炎・ネフローゼ, 糸球体微小循環(GFRの調節因子), 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 共著, 南江堂,   2000年

講演・口頭発表等

  • 当直帯におけるCRRT関連インシデント対策と評価, 中野 健一 田坂 雪菜 用具 俊和 増田 善文 三谷 雅美 吉岡 正訓 竹田 圭 藤堂 敦 西村 昌美 谷山 佳弘 能勢 和宏 有馬 秀二, 第28回日本急性血液浄化学会学術集会,   2017年09月23日
  • 腎/糸球体血行動態とCKDにおける異常, 有馬 秀二, 第60回日本腎臓学会学術総会  よく分かるシリーズ9,   2017年, 第60回日本腎臓学会学術総会
  • Role of CTGF in regulation of glomerular hemodynamics., 有馬 秀二, 第60回日本腎臓学会学術総会,   2017年, 第60回日本腎臓学会学術総会
  • CKD治療ガイドライン, 有馬 秀二, 第5回臨床高血圧フォーラム 教育セッション2,   2016年, 第5回臨床高血圧フォーラム 
  • CKDにおける血圧管理, 有馬 秀二, 第59回日本腎臓学会学術総会 よく分かるシリーズ20,   2016年, 第59回日本腎臓学会学術総会
  • 腎臓生理を考慮した糖尿病性腎症の治療:SGLT2阻害薬への期待, 有馬 秀二, 第25回 日本循環薬理学会シンポジウム 新しい循環器作用薬の基礎と臨床,   2015年12月, 第25回日本循環薬理学会シンポジウム 新しい循環器作用薬の基礎と臨床
  • CKD合併高血圧:Ca拮抗薬、利尿薬の選択、各々の適格病態を理解する, 有馬 秀二, 第38回日本高血圧学会総会 日本腎臓学会・日本高血圧学会 合同シンポジウム CKD 合併高血圧患者の血圧管理,   2015年10月, 第38回日本高血圧学会総会 日本腎臓学会・日本高血圧学会 合同シンポジウム CKD 合併高血圧患者の血圧管理
  • 片側腎動脈塞栓を施行した多発嚢胞腎PD患者の一例, 谷山 佳弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 大西 佐代子, 井上 裕紀, 有馬 秀二, 第27回大阪CAPD研究会,   2013年12月, 第27回大阪CAPD研究会
  • 浮腫、心不全を繰り返しきたし、血糖コントロール不良であった肥満2型糖尿病の一例, 大西 佐代子, 中谷 嘉寿, 井上 裕紀, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第50回日本糖尿病学会近畿地方会,   2013年11月, 第50回日本糖尿病学会近畿地方会
  • 開業医の日常臨床におけるアジルサルタンの有効性と選択基準:南大阪エリア88クリニックに通院する外来高血圧患者210例における検討(南大阪スタディⅠⅠⅠ), 高田 幸三, 有馬 秀二, 内藤 方克, 坂口 一朗, 林 孝浩, 山内 淳, 第36回日本高血圧学会総会(ポスター),   2013年10月, 第36回日本高血圧学会総会(ポスター)
  • CKDを合併する高血圧の治療:RAS抑制薬と次の一手, 有馬 秀二, 第36回日本高血圧学会総会,   2013年10月, 第36回日本高血圧学会総会
  • 維持透析患者に対するカルニチン製剤補充療法の検討, 米田 雅美, 原 弘道, 早川 敬, 嶋津 秀紀, 今西 正昭, 畑中 祐二, 安田 宗生, 佐藤 弘章, 石井 徳味, 谷山 佳弘, 植村 天受, 有馬 秀二, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年10月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • 「PD腹膜炎発症後にカテーテル閉塞による注排液不良を呈した2例」, 中野 志仁, 井上 裕紀, 大西 佐代子, 松岡 稔明, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,   2013年09月, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会
  • 透析導入患者の不安状態, 河村 明子, 上田 由美子, 尾家 美弥子, 李 京子, 六条 律子, 西村 昌美, 石井 徳味, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,   2013年09月, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会
  • トルバプタン投与後に透析除水量が増加した腹膜透析患者の一例, 谷山 佳弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 大西 佐代子, 井上 裕紀, 有馬 秀二, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,   2013年09月, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会
  • 血液浄化におけるHMGBI除去に対する検討, 尾崎 美和, 西村 昌美, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年06月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • 腹膜透析中に左腰背部痛を契機として診断された左腎癌の一例, 中野 志仁, 大西 佐代子, 井上 裕紀, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 石井 徳味, 小林 泰之, 植村 天受, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年06月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • 腹膜炎発症後カテーテルの被包化により注液不能となった腹膜透析患者の一例, 谷山 佳弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 有馬 秀二, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年06月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • メチルグリオキサールによるマクロファージ食作用抑制, 谷山 佳弘, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 有馬 秀二, 第56回日本腎臓学会学術総会,   2013年05月, 第56回日本腎臓学会学術総会
  • CKDを合併する高血圧の治療:RAS抑制薬と次の一手, 有馬 秀二, 第56回日本腎臓学会学術総会,   2013年05月, 第56回日本腎臓学会学術総会
  • 高血圧治療の現状と課題, 有馬 秀二, 第56回日本腎臓学会学術総会,   2013年05月, 第56回日本腎臓学会学術総会
  • 悪性腎高血圧状態における小胞体ストレス(ERS)、オートファジーについての検討, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 中野 志仁, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第42回日本心脈管作動物質学会,   2013年02月, 第42回日本心脈管作動物質学会
  • 多発性単神経炎に大量免疫グロブリン静注療法(IVIg)が奏功したChurg-Strauss症候群(CSS)の1例, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 大西 佐代子, 中野 志仁, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第199回日本内科学会近畿地方会,   2012年12月, 第199回日本内科学会近畿地方会
  • 24時間にわたる厳格な血圧管理を目指した降圧療法, 有馬 秀二, 第42回日本腎臓学会西部学術大会,   2012年11月, 第42回日本腎臓学会西部学術大会
  • IgG4関連腎臓病にネフローゼ症候群を呈した1例, 大西 佐代子, 中谷 嘉寿, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 筑後 孝章, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 長田 道夫, 第42回日本腎臓学会西部学術大会,   2012年10月, 第42回日本腎臓学会西部学術大会
  • 24時間にわたる厳格な血圧管理を目指した降圧療法, 有馬 秀二,   2012年10月
  • 開業医の日常臨床におけるARB/Ca拮抗薬配合剤の有効性と選択基準:南大阪エリア69クリニックに通院する外来患者における検討, 有馬 秀二, 今城 保定, 坂口 一郎, 高田 幸三, 林 孝浩, 竹中 俊彦, 山内 淳, 第1回臨床高血圧フォーラム,   2012年05月, 第1回臨床高血圧フォーラム
  • 悪性高血圧モデルラットの病態解明, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第17回アンジオカンファレンス,   2012年02月, 第17回アンジオカンファレンス
  • 腎生検にて診断したIntravascular large B-cell lymphoma(IVL)の1例, 中野 志仁, 谷山 佳弘, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 有馬 秀二, 第197回日本内科学会近畿地方会,   2012年, 第197回日本内科学会近畿地方会
  • 降圧薬の使い方, 有馬 秀二, 第55回日本腎臓学会学術総会(よく分かるシリーズ12),   2012年, 第55回日本腎臓学会学術総会
  • Malignant hypertensionモデルMSHRSPラットにおける腎での小胞体ストレスシグナルおよびRASの関与についての検討, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 高見 勝弘, 有馬 秀二, 第34回 日本高血圧学会総会,   2011年10月, 第34回 日本高血圧学会総会
  • 脳血管障害, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 岩本 一郎, 有馬 秀二, 船内 正憲, 第56回日本透析医学会学術集会・総会,   2011年06月, 第56回日本透析医学会学術集会・総会
  • 胸腔鏡下横隔膜閉鎖術により腹膜透析を継続しえた横隔膜交通症の1例, 中野 志仁, 谷山 佳弘, 中谷 嘉寿, 松岡 稔明, 高見 勝弘, 南 憲司, 岩崎 拓也, 廣畑 健, 木下 浩二, 有馬 秀二, 船内 正憲, 第56回 日本透析医学会学術集会・総会,   2011年06月, 第56回 日本透析医学会学術集会・総会
  • 高血圧モデルラットにおける腎臓での小胞体ストレス(ERS)の検討, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 有馬 秀二, 第54回 日本腎臓学会学術総会,   2011年06月, 第54回 日本腎臓学会学術総会
  • ボルテゾミブにて蛋白尿改善を認めた、多発性骨髄腫続発アミロイド腎症の1例:腎小胞体ストレスからの検討, 中野 志仁, 中谷 嘉寿, 朝戸 佳世, 志賀 俊彦, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 船内 正憲, 鮫島 謙一, 第54回 日本腎臓学会学術総会,   2011年06月, 第54回 日本腎臓学会学術総会
  • NOX4を制御するNADPHoxidase調整タンパク質Poldip2(polymerase delta-interacting protein)の糖尿病性腎臓に対する検討, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第54回 日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月, 第54回 日本糖尿病学会年次学術集会
  • 4型尿細管性アシドーシスを合併したループス腎炎の一例, 志賀 俊彦, 生駒 真也, 中野 志仁, 岸本 和也, 野﨑 祐史, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 木下 浩二, 有馬 秀二, 船内 正憲, 第193回日本内科学会近畿地方会,   2010年12月, 第193回日本内科学会近畿地方会
  • 正常血圧を呈した原発性アルドステロン症の一例, 髙見 勝弘, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第33回 日本高血圧学会総会,   2010年10月, 第33回 日本高血圧学会総会
  • 二次性高血圧の診断-副腎関連高血圧, 有馬 秀二, 第33回 日本高血圧学会総会,   2010年10月, 第33回 日本高血圧学会総会
  • Malignant HypertensionモデルmSHR-spラットにおける腎での臓器障害と酸化ストレス・小胞体ストレスとの関与、機序の検討, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 高見 勝弘, 有馬 秀二, 第33回 日本高血圧学会総会,   2010年10月, 第33回 日本高血圧学会総会
  • 開業医の日常外来診療に適応するARB利尿薬配合剤の選択基準, 坂口 一朗, 有馬 秀二, 高田 幸三, 林 孝浩, 竹中 俊彦, 山内 淳, 第33回 日本高血圧学会総会,   2010年10月, 第33回 日本高血圧学会総会
  • 抜歯を契機に鬱血性心不全症状を発症、急性腎不全を合併した劇症型抗リン脂質抗体症候群の1例, 鮫島 謙一, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 船内 正憲, 中谷 公彦 岩野 正之 斉藤 能彦, 第40回 日本腎臓学会西部学術大会,   2010年10月, 第40回 日本腎臓学会西部学術大会
  • 正常血圧を呈した原発性アルドステロン症の一例, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第33回日本高血圧学会総会,   2010年10月, 第33回日本高血圧学会総会
  • 直接的レニン阻害薬の特長と使用上のコツ レニン阻害薬はACE‐I・ARBを越えられるか?-ランチョンセミナー-, 有馬 秀二, 第52回 日本老年医学会総会,   2010年06月, 第52回 日本老年医学会総会
  • Poldip2の糖尿病性腎症(DN)における病態生理学的意義に関する検討, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 岸本 和也, 嶋津 秀紀, 木下 浩二, 船内 正憲, 有馬 秀二, 金藤 秀明 松久 宗英, Griendling Kathy K, 第53回 日本腎臓学会学術総会,   2010年06月, 第53回 日本腎臓学会学術総会
  • 肝細胞癌に対してラジオ波焼灼療法(RFA)を施行したCAPDの1例., 中野 志仁, 鮫島 謙一, 木下 浩二, 有馬 秀二, 船内 正憲, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 岩本 一郎, 第23回大阪CAPD研究会,   2009年12月, 第23回大阪CAPD研究会
  • PTRA後対側に狭窄をきたしたFMDによるRVHの1例, 髙見 勝弘, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 船内 正憲, 第32回 近畿「内分泌と高血圧」研究会,   2009年11月, 第32回 近畿「内分泌と高血圧」研究会
  • CASE-J 南大阪:大規模臨床試験の成績を開業医の日常診療で検証する, 有馬 秀二, 高田 幸三, 山内 淳, 第32回 日本高血圧学会総会,   2009年10月, 第32回 日本高血圧学会総会
  • クライオフィルトレーションが著効したネフローゼ症候群を呈したクリオグロブリン血症の1例, 鮫島 謙一, 中野 志仁, 樋野 尚一, 矢野 智洋, 岸本 和也, 嶋津 秀紀, 松岡 稔明, 杉山 昌史, 谷山 佳弘, 木下 浩二, 有馬 秀二, 船内 正憲, 中谷 公彦 岩野 正之 斎藤 能彦, 佐藤 弘章, 第39回日本腎臓学会西部学術大会,   2009年10月, 第39回日本腎臓学会西部学術大会
  • 意識消失を契機に診断された高齢者後期ダンピング症候群の1例, 髙見 勝弘, 谷山 佳弘, 中坊 麻利, 前嶋 哲也, 甲斐 達也, 有馬 秀二, 金政 健, 第19回 日本老年医学会近畿地方会,   2008年11月, 第19回 日本老年医学会近畿地方会
  • 両側副腎腫瘍を伴ったサブクリニカルクッシング症候群の一例, 髙見 勝弘, 谷山 佳弘, 田中 康史, 濱田 征宏, 中坊 麻利, 前嶋 哲也, 中納 一衛, 甲斐 達也, 有馬 秀二, 金政 健, 第185回 日本内科学会近畿地方会,   2008年06月, 第185回 日本内科学会近畿地方会
  • 慢性腎臓病の降圧療法, 有馬 秀二, 第31回 日本プライマリーケア学会学術会議,   2008年06月, 第31回 日本プライマリーケア学会学術会議
  • 若手医師・研究者教育セッョン「微小単離藻流法を用いた腎糸球体血行動態の研究」, 有馬 秀二, 伊藤 貞嘉, 第30回 日本高血圧学会総会,   2007年10月, 第30回 日本高血圧学会総会
  • Aldosterone and renal injury, 有馬 秀二, 第5回日韓小児腎臓セミナー,   2007年, 招待有り, 第5回日韓小児腎臓セミナー
  • Non-genomic vascular action of aldosterone in the renal microcirculation, 有馬 秀二, The 17th international symposium of the Journal of Steroid Biochemistry & Molecular Biology,   2006年, 招待有り, The 17th international symposium of the Journal of Steroid Biochemistry & Molecular Biology
  • アルドステロンの糸球体血行動態への作用とその機序, 有馬 秀二, 第15回日本循環薬理学会 シンポジウム レニン・アンジオテンシン系の新展開,   2005年11月, 第15回日本循環薬理学会 シンポジウム 
  • Aldosterone and the kidney; Rapid regulation of renal microcirculation, 有馬 秀二, Fourth International Meeting on Rapid Responses to Steroid Hormones (invited lecture),   2005年03月, 招待有り, Fourth International Meeting on Rapid Responses to Steroid Hormones (invited lecture)
  • アルドステロンの糸球体血行動態への作用とその機序, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 第47回日本腎臓学会総会(シンポジウム4:アルドステロンと臓器障害),   2004年05月, 第47回日本腎臓学会総会(シンポジウム4アルドステロンと臓器障害)
  • 腎と高血圧;治療におけるカルシウム拮抗薬の意義, 有馬 秀二, 第47回日本腎臓学会総会 ランチョンセミナー(特別講演),   2004年, 第47回日本腎臓学会総会 ランチョンセミナー(特別講演)
  • Nongenomic vascular action of aldosterone in the glomerular microcirculation, 有馬 秀二, 第26回日本高血圧学会総会,   2003年09月, 57th Annual Fall Conference of Council for High Blood Pressure Research
  • 糸球体血行動態調節機序の解明とその病態生理学的意義に関する研究, 有馬 秀二, 第46回日本腎臓学会総会(大島賞受賞講演),   2003年05月, 第46回日本腎臓学会総会(大島賞受賞講演)
  • 進行した組織像にもかかわらず長期間臨床症状が安定している糖尿病性腎症の一例, 佐藤博, 有馬 秀二, 中山謙二,伊藤貞嘉, 第32回日本腎臓学会東部学術集会,   2002年10月, 第32回日本腎臓学会東部学術集会
  • The significance of urotensin II, a new vasoactive peptide, in the pathophysiology of kidney diseases, Satoh F, 有馬 秀二, Kohagura K, Abe T, Totsune K, Takeuchi K, Ito S, 19th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension,   2002年06月, 19th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension
  • Direct vasoconstrictor action of aldosterone in the glomerular microcirculation., 有馬 秀二, Kohagura K, Abe T, Takeuchi K, Ito S, 19th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension,   2002年06月, 19th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension
  • ステロイドとミゾリビンが著効した腎アミロイドーシスの一例, 岡村将史, 有馬 秀二, 木村朋文,永井謙一,阿部倫明,鈴木健弘,種本雅之,阿部高明,佐藤文俊,笠井曉史,佐藤博,伊藤貞嘉, 第45回日本腎臓学会総会,   2002年05月, 第45回日本腎臓学会総会
  • A 20-year Survey of the prognosis of renovascular hypertension, Shimizu T, 有馬 秀二, Omata K, Kohzuki M, Tsunoda K, Sato H, Takeuchi K, Abe K, Ito S, 26th International Congress of Internal Medicine.,   2002年05月, 26th International Congress of Internal Medicine.
  • ヒト腎臓でウロテンシンIIは何をするのか?, 佐藤文俊, 有馬 秀二, 阿部高明,戸恒和人,高橋和弘,佐藤博,竹内和久,伊藤貞嘉, 第5回日本心血管内分泌代謝学会 ,   2001年11月, 第5回日本心血管内分泌代謝学会 
  • Renal microvascular regulation by AT1 and AT2 receptors, 有馬 秀二, FASEB Summer Research Conference (invited lecture),   2001年06月, 招待有り, FASEB Summer Research Conference (invited lecture)
  • Biphasic vasodilator action of troglitazone on the renal microcirculation., 有馬 秀二, Takeuchi K, Kohagura Y, Taniyama Y, Sugawara A, Ikeda Y, Omata K, Ito S, 18th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension,   2000年08月, 18th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension
  • サイアザイド感受性Na-Cl共輸送体の部位特異的発現機構, 谷山佳弘, 有馬 秀二, 竹内和久,菅原明,池田勧夫,佐藤和則,宇留野晃,工藤正孝,近藤泰輝,伊藤貞嘉, 第43回日本腎臓学会総会,   2000年05月, 第43回日本腎臓学会総会
  • インスリン抵抗性改善薬トログリタゾンの糸球体微小循環への作用, 有馬 秀二, 竹内和久,古波蔵健太郎,谷山佳弘,菅原明,池田勧夫,尾股健,伊藤貞嘉, 第43回日本腎臓学会総会,   2000年05月, 第43回日本腎臓学会総会
  • 腎微小循環におけるAT2受容体の機能異常と高血圧発症の関与, 有馬秀二 伊藤貞嘉, 第42回日本腎臓学会総会シンポジウム2:腎と高血圧,   1999年, 第42回日本腎臓学会総会シンポジウム2:腎と高血圧
  • 糸球体血行動態のparacrine調節機構, 有馬秀二、伊藤貞嘉、阿部圭志, 第68回日本内分泌学会  オフィシャルサテライトシンポジウム Cardiovascular Endocrinology and Metabolism,   1995年, 第68回日本内分泌学会  オフィシャルサテライトシンポジウム Cardiovascular Endocrinology and Metabolism
  • The roles of endogenous vasodilators in the control of glomerular hemodynamics, Second International Congress of Pathophysiology,   1994年, 招待有り

MISC

  • 内皮由来血管拡張物質によるアンジオテンシン IIの輸入細動脈収縮作用の調節。, 古波蔵健太郎, 有馬 秀二, 伊藤修,遠藤好美,尾股健,伊藤貞嘉, 代謝異常治療研究基金研究業績集, 27, 93, 99,   2000年
  • 良性腎硬化症, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 総合臨床, 49, 84, 91,   2000年
  • 腎臓による血圧調節, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, Heart View Heart View, 4, 610, 615,   2000年
  • 高血圧成因臓器としての腎臓ー糸球体血行動態より, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 循環器科, 48, 437, 444,   2000年
  • 本態性高血圧症の発症と腎臓, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 毎日ライフ, 31, 6, 17, 21,   2000年
  • 線維筋性異形成, 竹内和久, 有馬 秀二, 佐藤和則,金澤雅之,伊藤貞嘉, 日本臨床, 58, 502, 507,   2000年
  • 特集 AII受容体の機能解明とAII受容体拮抗薬 アンジオテンシンII・AII受容体の基礎医学 2. AII 受容体の細胞内情報伝達機構, 竹内和久, 有馬 秀二, 谷山 佳弘, Prog Med, 20, 1194, 1200,   2000年
  • 腎動脈硬化ー腎硬化症の診断, 竹内和久, 有馬 秀二, Athero-thrombosis Athero-thrombosis, 3, 2, 10, 14,   2000年
  • 腎硬化症の病態・進行過程および治療, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 総合臨床, 51, 478, 484,   2002年
  • 腎機能とアンジオテンシンII, 有馬 秀二, Medical tribune Medical tribune, 35, 15, 4, 5,   2002年
  • 腎とRA系ー最近の基礎と臨床, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 分子心血管病, 4, 296, 301,   2003年
  • Tubuloglomerular feedback, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 内科, 91, 1134,   2003年
  • Glomerular hypertensionとglomerular hyperfiltration, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 内科, 91, 1135,   2003年
  • 腎疾患と高血圧, 有馬 秀二, 伊藤貞嘉, 医学と薬学, 50, 760, 767,   2003年
  • ARBの臓器保護効果のエビデンス, 有馬 秀二, 在原善英, Progress in Medicine Progress in Medicine, 23, 2881, 2886,   2003年
  • アルドステロンは輸出・輸入細動脈の収縮を介して腎疾患を悪化させる, 有馬 秀二, Prog. Med, 24, 1980,   2004年
  • 腎保護における”Beyond BP-Lowering効果”腎と高血圧-治療におけるCa拮抗薬の意義-, 有馬 秀二, Medical Tribune, 37, 33, 42, 43,   2004年
  • 糸球体血行動態へのRAASの作用, 有馬 秀二, Angiotensin Research Angiotensin Research, 2, 8, 13,   2005年
  • よくわかるシリーズ12 降圧薬の使い方, 有馬 秀二,   2012年06月

受賞

  •   1995年07月, 第13回 国際腎臓学会, Young Investigator Travel Award
  •   1996年10月, 第19回日本高血圧学会総会, Young Investigator Travel Award
  •   1997年07月, 第5回高血圧と血管代謝研究会 生理学部門優秀賞
  •   1999年01月, 平成10年度宮城県医師会研究奨励賞
  •   1999年01月, 平成10年度東北大学医学部奨学賞銀賞
  •   2003年05月, 第10回 日本腎臓学会大島賞(日本腎臓財団賞)
  •   2003年10月, 第26回 日本高血圧学会, Young Investigator Award優秀賞

競争的資金

  • 文部科学省, 平成26~28年度科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究, 「腎糸球体血行動態調節機構の加齢性変化:腎臓の老化における病態生理的意義」, 有馬 秀二
  • 文部科学省, 平成20~22年度科学研究費補助金 基盤研究 (C), 「腎糸球体血行動態調節機構の性差:腎臓の老化機序を含めた生理的・病態生理的意義」, 有馬秀二(研究分担者:谷山佳弘)
  • 文部科学省, 平成17~19年度科学研究費補助金 基盤研究 (C), 「高血圧の病態生理におけるアルドステロンの腎細動脈収縮作用の意義」, 有馬 秀二
  • 文部科学省, 平成15~16年度科学研究費補助金 基盤研究 (B), 「心腎相関:心不全における腎機能調節機序」, 東北大学大学院教授 伊藤貞嘉(研究分担者:有馬秀二)
  • 文部科学省, 平成15~16年度科学研究費補助金 基盤研究 (C), 「腎微小循環におけるアルドステロンの作用とその生理的・病態生理学的意義の解明」, 有馬 秀二
  • 文部科学省, 平成14~15年度科学研究費補助金 基盤研究 (B), 「血圧調節遺伝子の機能および転写性発現調節に関する研究」, 東北大学大学院助教授 竹内和久(研究分担者:有馬秀二)
  • 文部科学省, 平成15年度科学研究費補助金 基盤研究 (C), 「レチノイン酸および合成レチノイドによる血管内皮機能改善効果の検討と分子機構の解明」, 東北大学附属病院講師 菅原明(研究分担者:有馬秀二)
  • 文部科学省, 平成13~14年度科学研究費補助金 若手研究 (B), 「腎微小循環調節機序におけるRho-kinaseの生理的・病態生理学的意義の解明」, 有馬 秀二
  • 文部科学省, 平成12~14年度科学研究費補助金 基盤研究 (B), 「糸球体血行動態調節機序、特にP450依存性エイコサノイドの役割」, 東北大学大学院教授 伊藤貞嘉 (研究分担者:有馬秀二)