KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

植村 天受ウエムラ ヒロツグ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授
学位博士(医学)
専門泌尿器腫瘍学
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/748-uemura-hirotsugu.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    腎・尿路・性器腫瘍外科および集学的治療を専門としています。特に腎臓がん、前立腺がんのペプチドワクチン療法では、先進的医療として豊富な治療経験と有望な治療成績を報告してきました。     

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2014/09/09
     産経新聞
     前立腺がんの最新治療法について

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 泌尿器科学

研究キーワード

  • 癌ワクチン療法, 泌尿器癌, 免疫療法, 分子標的治療

論文

  • MN/CA IX/G250 as potential target for immunotherapy of renal cell carcinomas, 植村 天受, Y Nakagawa, K Yoshida, Y Hirao, S Saga, K Yoshikawa, E Oosterwijk, British Journal of Cancer, 81, 741, 746,   1999年
  • Expression of MN antigen in urologic cancer: potential tool as a therapeutic target, 植村 天受, Y Nakagawa,Y Hirao, E Okajima, K Yoshikawa, E Oosterwijk, Aktuel Urol., 31, 52, 54,   2000年
  • 腎細胞癌の新しいバイオマーカーMN/CA9, 植村 天受, 臨床泌尿器科, 55, 4, 329, 335,   2001年
  • Detection of circulating MN/CA9 positive renal cell carcinoma cells during operation., 植村 天受, Y Nakagawa, A Iwai, E Okajima, E Okajima, Y Hirao, K Yoshikawa, Aktuel. Urol., 34, 270, 272,   2003年
  • 腎細胞癌における血中ITC (isolated tumor cell)の意義, 植村 天受, 泌尿器外科, 17, 6, 661, 665,   2004年06月
  • 過活動膀胱による頻尿・尿失禁に対する塩酸プロピベリンのQOL改善効果の検討, 杉山 高秀, 清水信貴, 松本成史, 植村 天受, 秋山隆弘, 国方聖司, 泌尿器外科, 7, *, 769, 775,   2004年07月
    概要:過活動膀胱による頻尿・尿失禁に対する塩酸プロピベリンのQOL改善効果の検討した。
  • 過活動膀胱による頻尿・尿失禁に対する塩酸プロピベリンのQOL改善効果の検討, 杉山 高秀, 清水 信貴, 松本 成史, 秋山 隆弘, 国方 聖司, 植村 天受, 泌尿器外科(0914-6180), 17, 7, 769, 775,   2004年07月
    概要:塩酸プロピベリンの有用性を検証するため,過活動膀胱による頻尿・尿失禁19例を対象に自覚症状およびQOLの改善効果をIPSS,ICIQ-SF,KHQで評価し,排尿日誌を用いて排尿回数や排尿量についても検討した.IPSSでは,尿意切迫感,夜間頻尿を含むStorage SymptomおよびQOLについて有意な改善が認められた.ICIQ-SFでは,生活への影響について有意な改善が,尿失禁頻度および尿失禁の量に関して改善傾向が認められた.KHQでは,自覚的重症度について有意な改善が,全般的健康感および生活への影響に関しては改善傾向が認められた.排尿日誌では,1日排尿回数の減少および1回排尿量の増加傾向が認められた.総合的に検討して,塩酸プロピベリンは切迫感を有する頻尿・尿失禁の自覚症状に対する改善傾向が期待でき,QOL向上に寄与していると考えられた
  • 新生児急性腎不全を呈したEEC SYNDROME WITHOUT CLEFT LIP/PALATEの1例, 松本 成史, 花井 禎, 杉本 公一, 森本 康裕, 上島 成也, 植村 天受, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 13, 2, 45, 50,   2004年
  • ラット大脳上位中枢破壊モデルを用いた排尿反射の検討-anterior cingulate cortexは排尿知覚中枢なのか?-, 松本 成史, 花井 禎, 栗田 孝, 植村 天受, William R. Millington, 日本排尿機能学会誌, 15, 2, 186, 190,   2004年
  • Long-term results of transurethral microwave thermotherapy, 杉山 高秀, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 朴 英哲, 植村 天受, 日本EE学会雑誌, 17, 225, 228,   2004年
  • 前立腺肥大症の蓄尿症状に対する抗コリン剤の臨床的検討, 杉山 高秀, 松本 成史, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 15, 2, 191, 197,   2004年
  • Analysis of bone mineral density in urolithiasis patients, 辻 秀憲, 梅川 徹, 栗田孝, 植村 天受, 井口正典, Internal Journal of Urology,   2005年04月
  • Edaravone protects against ischemia/reperfusion-induced functional and biochemical changes in rat urinary bladder, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, Robert M. Levin, Urology, 66, 4, 892, 896,   2005年10月
  • 過活動膀胱患者における塩酸プロピベリンの有効性・安全性に関する臨床薬理学的検討ーウロダイナミックスパラメーターと薬物動態との相関性ー, 杉山 高秀, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 松本 成史, 植村 天受, NTT西日本大阪病院, 日本泌尿器科学会誌 NOVEMBER 2005, 96, 7, 670, 677,   2005年11月
  • 腎細胞癌のワクチン療法, 植村 天受, Annual Review 腎臓 2005, 221, 225,   2005年
  • 泌尿器科癌に対するペプチドワクチン療法, 植村 天受, Urology View Urology View, 3, 3, 102, 107,   2005年
  • 癌ワクチン療法, 植村 天受, 奈医報, 18, 1, 15, 20,   2005年
  • Medial prefrontal cortex lesions inhibit reflex micturition in anethetized rats., 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, Neuroscience Resarch, 54, 1, 66, 70,   2006年01月
  • A phase I trial of vaccination of CA9-derived peptides for HLA-A24-positive patients with cytokine-refractory metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, 上島成也, 藤本清秀 田中基幹 吉川元祥 平尾佳彦, 吉川和宏, 伊東恭吾, Clinical Cancer Research, 12, 6, 1768, 1775,   2006年03月
  • Experience with lapalroscopic splenelectomy for ABO-incompatible living renal transplantation, 林 泰司, 田原 秀男, 原 靖, 石井 徳味, 植村 天受, Transplantation proceedings, 38, 1985, 1986,   2006年06月
  • A malignant Leydig cell tumor of the testis, 杉本 公一, 松本 成史, 能勢 和宏, 栗田 孝, 植村 天受, ぼく泌尿器科クリニック, ベルランド総合病院病理科, Internarional Urology and Nephrology, 38, 2, 291, 292,   2006年07月
  • Can Monitoring of Serum 8-OHdG Level for 2 Hours After Renal Transplantation Predict Prognosis of the Graft?, 松本 成史, 花井 禎, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, Transplantation Proceedings, 38, 7, 2014, 2015,   2006年09月
  • Creatol, an oxidative product of creatinine in kidney transplant patients, as a useful determinant of renal function: a preliminary study., 松本 成史, 花井 禎, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, Transplantation Proceedings, 38, 7, 2009, 2011,   2006年09月
  • 中高年女性OAB症例に対するエストロゲン補充療法の臨床的検討, 松本 成史, 兼子 美帆, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 日本女性骨盤底医学会誌, 3, 1, 54, 58,   2006年10月
  • 女性尿閉症例の臨床的検討, 清水 信貴, 松本 成史, 兼子 美帆, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 日本女性骨盤底医学会誌, 3, 1, 50, 53,   2006年10月
  • Calyco-ileo-vesiconeostomy 術後、32年経過後に発生した左腎盂腫瘍の一例, 兼子 美帆, 松本 成史, 杉本 公一, 上島 成也, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 11, 871, 873,   2006年11月
  • 急性尿閉症例の臨床的検討, 清水 信貴, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 97, 7, 839, 843,   2006年11月
  • 右腎癌術後20年目に肺転移を来した一例, 松本 成史, 兼子 美帆, 田原 秀男, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 12, 929, 931,   2006年12月
  • 維持透析中と腎移植後において妊娠・分娩が可能であった1症例, 林 泰司, 森 康範, 松本 成史, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 12, 915, 917,   2006年12月
  • 小児期逆流防止手術の長期合併症:妊娠中に高度水腎症を来たし緊急処置を要した3症例, 松本 成史, 畑中 祐二, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 花井 禎, 植村 天受, 秋山 隆弘, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 15, 2, 80, 84,   2006年12月
  • A Phase I Trial ofVaccination of CA9-Derived Peptides for HLA-A24-Positive Patientswith Cytokine-Refractory Metastatic Renal Cell Carcinoma, 植村 天受, 田中 基幹, 上島 成也, 藤本 清秀 平尾 佳彦 吉川 元祥, 吉川 和宏, 伊藤 享悟, Clinican Cancer Research, 12, 6, 1768, 1775,   2006年
  • Bladder leiomyosarcome in a boy, 松本 成史, 清水 信貴, 森口 直彦, 八木 誠, 植村 天受, International Urology and Nephrology, 38, 3-4, 549, 551,   2006年
  • ワクチン療法の理論と実際, 植村 天受, Urology View Urology View, 4, 1, 83, 89,   2006年
  • 腎癌に対するCA9ペプチドワクチン療法, 植村 天受, 泌尿器外科, 20, 1, 17, 23,   2007年01月
  • シロドシンの射精障害:ヘルシーボランティアでの検討, 松本 成史, 花井 禎, 齋藤 允孝, 中西 道政, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 植村 天受, 杉山 高秀, 泌尿器外科, 20, 10, 773, 778,   2007年10月
  • changes in smooth muscle cell phenotype and contractile function following ischemia-reperfusion injury in the rat urinary bladder, 松本成史, 清水 信貴, 植村 天受, 花井 禎, Acta Urol.Jpn., 54, 179, 184,   2008年01月
  • Tumor vaccines in renal cell caricinoma, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, World J Urol, 26, 147, 154,   2008年
  • 泌尿器科腫瘍と癌抑制因子, 植村 天受, 泌尿紀要, 54, 49, 52,   2008年
  • 泌尿器科疾患 尿道腫瘍(尿道カルンクルを含む), 植村 天受, 今日の診療指針, 848,   2008年
  • 腎細胞癌に対する免疫療法の新しい可能性, 植村 天受, 野澤 昌弘, Urology View Urology View, 6, 73, 77,   2008年
  • Immunological evaluation of personalized peptide vaccination monotherapy in patients with castration-resistant prostate cancer, 植村 天受, 上島 成也, デベラスコ マルコ アントニオ, 奈良県立医科大学泌尿器科, 奈良県立医科大学泌尿器科, 久留米大学免疫学, 久留米大学免疫学, 久留米大学免疫学, Cancer Science, 101, 3, 601, 608,   2009年
  • A phase II study of Sunitinib in Japanese ptients with metastatic renal cell carcinoma: insights into the treatment, efficacy and safety, 植村 天受, 北海道大学医学部泌尿器科, 秋田大学医学部泌尿器科, 山形大学医学部泌尿器科, 国立がんセンター中央病院 泌尿器科, 静岡がんセンター 泌尿器科, 浜松医科大学泌尿器科, 京都府立医科大学泌尿器科, 大阪大学医学部泌尿器科, 徳島大学医学部泌尿器科, 九州がんセンター 泌尿器科, ファイザー株式会社, ファイザー株式会社, 九州大学医学部泌尿器科, 筑波大学医学部泌尿器科, Japanese Journal of Clinical Oncology, 40, 3, 194, 202,   2009年
  • IV 慢性腎不全をどうするか? Q32 2.慢性不全の維持療法患者に対する救急集中治療室での管理 慢性腎不全でステロイドまたは免疫療法を施行している患者の救急集中治療管理上の注意点, 植村 天受, 石井 徳味, 救急・集中治療, 21, 175, 179,   2009年
  • セミナーここまできたトランスレーションナルリサーチ⑧腎癌ワクチン療法, 植村 天受, 臨床泌尿器科, 63, 233, 239,   2009年
  • 難治性泌尿器癌に対するペプチドワクチン療法―治療の現状と今後の展望―, 植村 天受, 南 高文, 吉村 一宏, 児玉 光正, 奈良県立医科大学泌尿器科学教室, 奈良県立医科大学泌尿器科学教室, 久留米大学医学部免疫学講座, 久留米大学医学部免疫学講座, 東京大学医科学研究所・ヒトゲノム解析センター, 東京大学医科学研究所・ヒトゲノム解析センター, Biotherpay Biotherpay, 24, 365, 374,   2010年09月
  • Assessment of immunological biomarkers in patients with advanced cancer treated by personalized peptide vaccination, 植村 天受, 奥野 清隆, Divisions of Clinical Research, Immunology and Immunotherpay, Kurume University School of Medicine, Multi-displenary Cancer Center, Kurume University School of Medicine, Immunology and Immunotherpay, Kurume University School of Medicine, Departments of Urology, Kurume University School of Medicine, Departments of Urology, Kurume University School of Medicine, Departments of Urology, Kurume University School of Medicine, Immunology and Immunotherpay, Kurume University School of Medicine, Immunology and Immunotherpay, Kurume University School of Medicine, Cancer Vaccine; Innovative Research Center for Cancer Treatment, Kurume University School of Medicine, Department of Surgery, Kurume University School of Medicine, Departemnt of Gynecology, Kurume University School of Medicine, Kurume University School of Medicine, Department of Urology, Kitasato University School of Medicine, Department of Surgery, Kansai Medical University, Brain Research Institute, Niigata University, Departemnt of Digestive Surgery and Surgical Oncology, Yamaguchi University Graduate School of Medicine, Department of General Surgery, Hokkaido University Graduate School of Medicine, Immunology and Immunotherpay, Kurume University School of Medicine, Immunology and Immunotherpay, Cancer Vaccine; Innovative Research Center for Cancer Treatment, Kurume University School of Medicine, Cancer Biol Ther, 10, 12, 1266, 1279,   2010年12月
  • efficacy of Carvedilol for ischemia/reperfusion-induced oxidative renal injury in rats, 林 泰司, 齋藤 允孝, 能勢 和宏, 西岡 伯, 石井 徳味, 植村 天受, transplantation proceeedings, 40, 2139, 2141,   2010年
  • Maintenance therapy with bacillus Calmette-Guerin Connaught strain clearly prolongs recurrence-free survival following transurethral resection of bladder tumour for non-muscle-invasive bladder cancer., 植村 天受, Kyoto University, Research Centre for Advanced Science and Technology The University of Tokyo, Kyushu University Hospital, Hamamatsu University School of Medicine, University Hospital, National Hospital Organization Shikoku Cancer Centre, Yokosuka Kyousai Hospital, Harasanshin Hospital, National Hospital Organization Hokkaido Cancer Centre, Kurashiki Central Hospital, Okayama University Hospital, The University of Tokyo Hospital, Yamagata University Hospital, Japan Red Cross Musashino Hospital, Nara Prefectural Nara Hospital, Harasanshin Hospital, Okayama Medical Centre, BJU Iit, 108, 187, 195,   2010年
  • Kidney Cancer Working Group Report, 植村 天受, 1Department of Urology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Department of Urology, Yamagata University Faculty of Medicine, Division of Medical Oncology, Cancer Metastasis Research Center, Yonsei Cancer Center, Yonsei University College of Medicine, Department of Urology, Keio University Faculty of Medicine, Peking University First Hospital, Chief of Peking Union Hospital, Dongcheng, Malaysian Oncological Society, Jpn.J.Clin.Oncol., Suppl, 1, i51, i56,   2010年
  • Molecular genetic events associated with renal cell carcinoma and its implication to treatment by molecular target therapy, 植村 天受, Yokohama City University, Department of Urology, Saarland University Hospital, Department of Urology, Yamagata University, Cleveland Clinic Taussig Cancer Center, Cleveland, Ohio, and Cleveland Clicin Foundation, Lerner College of Medicine of CWRU, Department of Urology, Yamagata University, Department of Urology, Yamagata University, Int.J.Urol, 17, 198, 205,   2010年
  • Noninfectious Pneumonitis after Everolimus Therapy for Advanced Renal Cell Carcinoma, 植村 天受, Pulmonary Section, Department of Medicine, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, Department of Pulmonary Medicine, Ho?pital Le Bocage and Pneumotox, Division of Diagnostic Radiology, Shizuoka Cancer Center, Institut Gustave Roussy, Centro Integral Oncologico Clara Campal, University of Tsukuba, Novartis Oncology, Novartis Oncology, Novartis Oncology, Ho?pital Saint Andre´, Centre Hospitalier Universitaire, Pulmonary Section, Department of Medicine, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, Am.J.Respire.Crit.Care.Med., 182, 396, 403,   2010年
  • A randomized phase II trial of personalized peptide vaccine plus low dose estramustine phosphate (EMP) versus standard doseEMP in patients with castration resistant prostate cancer, 植村 天受, Department of Urology, Kurume University School of Medicine, Department of Bio-statistics, Kurume University School of Medicine, Department of Urology, Faculty of Medicine, Okayama University, Department of Urology, Faculty of Medicine, Okayama University, Department of Urology, Nara Medical University, Department of Urology, Kurume University School of Medicine, Department of Urology, Kurume University School of Medicine, Department of Urology, Kurume University School of Medicine, Department of Immunology, Kurume University School of Medicine, Department of Immunology, Kurume University School of Medicine, Department of Immunology, Kurume University School of Medicine, Department of Immunology, Kurume University School of Medicine, Cancer Immunol Immunother, 59, 1001, 1009,   2010年
  • Overall Survival and Updated Results from a Phase II Study of Sunitinib in Japanese Patients with Metastatic Renal Cell Carcinoma, 植村 天受, Department of Urology, Yamagata University School of Medicine, Department of Urology, Hokkaido University Graduate School of Medicine, Department of Urology, Akita University School of Medicine, Department of Urology, National Cancer Center Hospital, Division of Urology, Shizuoka Cancer Center Hospita, Department of Urology, Hamamatsu University School of Medicine, Department of Urology, Kyoto Prefectural University of Medicine, Department of Urology, Osaka University Graduate School of Medicine, Department of Urology, University of Tokushima Graduate School, Department of Urology, National Kyushu Cancer Center Hospital, Pfizer Japan Inc, Pfizer Global Research and Development, La Jolla, Department of Urology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Research Center for Advanced Science and Technology, University of Tokyo, Jpn J Clin Oncol, 40, 1166, 1172,   2010年
  • Phase III Trial of Everolimus in Metastatic Renal Cell Carcinoma: Subgroup Analysis of Japanese Patients from RECORD-1, 植村 天受, Sapporo Medical University, Hokkaido University Graduate School of Medicine, Akita University School of Medicine, Tochigi Cancer Center, Chiba Cancer Center, National Cancer Center Hospital, Shizuoka Cancer Center, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Kurashiki Central Hospital, The University of Tokushima Graduate School, National Hospital Organization Shikoku Cancer Center, Kyushu University Graduate School of Medical Science, University of Tsukuba, Tsukuba and The University of Tokyo, Jpn J Clin Oncol, 41, 17, 24,   2010年
  • APhase IStudyof Personalized PeptideVaccination Using14Kinds ofVaccine inCombinationWith Low-DoseEstramustineinHLA-A24-PositivePatients WithCastration-Resistant ProstateCancer, 植村 天受, Department ofUrology,KurumeUniversity SchoolofMedicine Clinical ResearchDivision ofthe Research Center for Innovative CancerTherapy, Kurume University Schoolof Medicine, Department ofUrology, KinkiUniversity SchoolofMedicine, Department of Urologyand Andrology,Tsukuba University, Graduate Schoolof ComprehensiveHuman Sciences, Cancer Vaccine Division ofthe Research Center for Innovative CancerTherapy, Kurume University Schoolof Medicine, Department of Immunologyand Immunotherapy,KurumeUniversity SchoolofMedicine, The Prostate, 71, 470, 479,   2010年
  • Comparative effectiveness of axitinib versus sorafenib in advanced renal cell carcinoma (AXIS): a randomised phase 3 trial, 植村 天受, Cleveland Clinic Taussing Cancer Institute, Institute Gustave Roussy/Service d'Immunotherapie, Klinika Onkologii, Uniwersytet Medyczny, Russian Research Center of Roentgenology and Radiology, Central Clinical Hospital of Military Medical Institute, Baylor-Sammonts/Texas Oncology Physician's Associaton, Sammons Cancer Center, Massachusetts General Hospital Cancer Center, State Institution National Cancer Research Center, Royal Marsden Hospital, Hertzen Research Institute of Oncology, Center Leon Berard Service d'Oncologie Medicale, Taichung Veterans General Hospital Department of Surgery160, Section3, Hospital Universitario 12 de Octubre, Servicio Oncologia Medica, Samsung Medical Centeer, Medical Center, Hematology-Oncology, Pfizer Inc, Clinical Oncology, Northwestern University, Medical Social Sciences, Pfizer Inc, Global Outcomes Research, Pfizer Inc, Clinical Oncology, Pfizer Inc, Clinical Oncology, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, Lancet, 378, 1931, 1939,   2011年12月
  • Basic research in kidney cancer, 植村 天受, Department of Urology, University Medical Center Nijmegen, Lineberger Comprehensive Cancer Center, University of North Carolina at Chapel Hill, Deparment of Urology, University Hospitals, Friedrich-Schiller Universtiy Jena, Lineberger Comprehensive Cancer Center, University of North Carolina at Chapel Hill, Deaprtment of Sugery, Urology Division, Laval University, Institute of Urologic Oncology at UCLA, University of California, Department of Urology, University Medical Center Nijmegen, Dokuz Eylul University School of Medicine, Institute of Urologic Oncology at UCLA, University of California, Eur.Urol., 60, 622, 633,   2011年
  • A phase I study of personalized peptide vaccination using 14 kinds of vaccine in combination with low-dose estramustine in HLA-A-24-positive patients with castration-resistant prostate cancer, 植村 天受, Deaprtment of Urology, Kurume Univesity School of Medicine Clinical Research Division of the Research Center for Innovative Cancer Therapy, Kurume University School of Medicine, Faculty of Medicine, Department of Urology, Kyushu University, Department of Urology and Andrology, Tsukuba University, Graduate School of Comprehensive Human Sciences, Cancer Vaccine Division of the Research Center for Innovative Cancer Terapy, Kurume University School of Medicine, Department of Immunology and Immunotherapy, Kurume University School of Medicine, The Prostate, 71, 470, 479,   2011年
  • Key predictive factors of axitinib (AG-013736)-induced proteinuria and efficacy: A phase II study in Japanese patients with cytokine-refractory metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, Department of Urology, Yamagata University Faculty of Medicine, Department of Urology, National Cancer Center Hospital, Department of Urology, The University of Tokushima Graduate School, Department of Urology, Hokkaido University Graduate School of Medicine, Department of Urology, Tokyo Women's Medical University Medical Center East, Pfizer Japan Inc, Pfizer Japan Inc, Department of Urology, Hamamatsu University School of Medicine, Department of Urology, Kyushu University, Graduate School of Medical Sciences, Department of Urology, University of Tsukuba, Japan Axitinib Phase II Study Group, European Journal of Cancer, 47, 2592, 2602,   2011年
  • Effect of tamsulosin on bladder blood flow and bladder function in a rat model of bladder over distention/emptying induced bladder overactivity, 植村 天受, Astellas Pharma, Department of Renal and Urologic Surgery, Asahikawa Medical University, Astellas Pharma, Astellas Pharma, Astellas Pharma, Astellas Pharma, The Journal of Urology, 186, 2470, 2477,   2011年
  • Maintenance therapy with bacillus calmette-guerin connaught strain clearly prolongs recurrence-free survival following transurethral resection of bladder tumor for non-muscle-invasive bladder cancer, 植村 天受, Kyoto University, Research Center for Advanced Science and Technology The University of Tokyo, Kyushu University Hospital, Hamamatsu University School of Medicine, National Hospital Organization Shikoku Cancer Center, Yokosuka Kyosai Hospital, Harasanshin Hospital, National Hospital Organization Hokkaido Cancer Center, Kurashiki Central Hospital, Okayama University Hospital, The University Tokyo Hospital, Yamagata University Hospital, Japan Red Cross Musashino Hospital, Nara Prefectural Nara Hospital, Harasanshin Hospital, Okayama Medical Center, BJU International, 108, 187, 195,   2011年
  • A new molecular targeted therapeutic approach for renal cell carcinoma with a p16 functional peptide using a novel transporter system, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 田中 基幹, Department of Urology, Aichi Medical School of Medicine, Department of Urology, Aichi Medical School of Medicine, Deaprtment of Urology, Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba, Department of Urology, Aichi Medical School of Medicine, Department of Urology, Aichi Medical School of Medicine, Deaprtment of Urology, Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba, Department Strategic Investigation on Comprehensive Cancer Network Research Center for advanced Science and Technology, The University Tokyo, Department of Urology, Aichi Medical School of Medicine, Nagoya City University Graduate School of Medical Sicences, Department of Urology, Aichi Medical School of Medicine, Oncology Reports, 26, 327, 333,   2011年
  • 去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)治療の現状と今後―ドセタキセル含有化学療法のあり方を中心に―, 植村 天受, 山口大学大学院, 帝京大学, 神戸大学大学院, 大阪府立成人病センター, 東京大学, 外来癌化学療法, 3, 59, 70,   2012年
  • 腫瘍性疾患の分子標的薬 腎がんにおける分子標的治療の展望, 植村 天受, 日本臨床, 70, 480, 485,   2012年

書籍等出版物

  • 尿路悪性腫瘍における新しいbiomarker, 植村 天受, 単著, 協和企画(東京,日本),   2000年
  • 先端医療シリーズ7・泌尿器科 診断と治療の最前線: 造血肝細胞移植, 植村 天受, 単著, 先端医療技術研究所(東京, 日本),   2000年
  • 今日の治療指針, 膀胱、尿道、陰茎損傷, 植村 天受, 単著, 医学書院,   2011年
  • 今日の治療指針, 尿管カテーテル法,腎瘻造設術, 植村 天受, 単著,   2012年

講演・口頭発表等

  • G250 antigen as a potential target for immunotherapy of renal cell carcinomas, 植村 天受, Y Nakagawa, Y Hirao, K Yoshikawa, F Debruyne, E Oosterwijk, 14th Congress of the European Association of Urology,   1999年, 14th Congress of the European Association of Urology
  • 造血幹細胞移植の現状と将来, 植村 天受, 第87回日本泌尿器科学会中部総会,   1999年, 第87回日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎細胞癌標的MN/CA9の臨床的意義, 植村 天受, 第49回日本泌尿器科学会中部総会,   1999年, 第49回日本泌尿器科学会中部総会
  • 高感度RT-PCR法を用いた循環血液中腎細胞癌細胞の検出, 植村 天受, 第26回尿路悪性腫瘍研究会,   1999年, 第26回尿路悪性腫瘍研究会
  • 腎細胞癌患者における血中癌細胞の検出, 植村 天受, 仲川嘉紀,清水一宏,趙 順規,平尾佳彦, 吉川和宏, 第8回泌尿器科細胞解析研究会,   1999年, 第8回泌尿器科細胞解析研究会
  • 腎細胞癌患者における末梢血中癌細胞の検出, 植村 天受, 仲川嘉紀 米田龍生 影林頼明 山本雅司 吉田克法 大園誠一郎 平尾佳彦, 第42回日本腎臓学会学術総会,   1999年, 第42回日本腎臓学会学術総会
  • 腎細胞癌における患者血液中癌細胞の検出について, 植村 天受, 仲川嘉紀,金 聖哲,清水一宏,趙 順規,岩井哲郎,平尾佳彦,吉川元祥,杉村芳樹,井坂茂夫, 第87回日本泌尿器科学会総会,   1999年, 第87回日本泌尿器科学会総会
  • MN/CA IX 抗原ペプチドを用いた腎細胞癌特異的免疫療法の試み, 植村 天受, 趙 順規,仲川嘉紀,吉川元祥,山本雅司,山口 旭,岡島英五郎,平尾佳彦, 吉川和宏, 第37回日本癌治療学会総会,   1999年, 第37回日本癌治療学会総会
  • MN/CAⅨ as a potential therapeutic target for active specific immunotherapy of renal cell carcinoma, 植村 天受, M Cho, H Shimizu, Y Nakagawa, K Yoshida, Y Hirao, K Yoshikawa, E Oosterwijk, 15th Congress of the European Association of Urology,   2000年, 15th Congress of the European Association of Urology
  • Peptide vaccination of MN/CAⅨ antigen induces specific tumor immunity, 植村 天受, K Shimizu, M Cho, M Yoshikawa, Y Hirao, K Yoshikawa, E Oosterwijk, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2000年, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • Active specific immunotherapy for RCC ?Vaccination of MN/CAⅨ Ag peptide induces specific tumor immunity-, 植村 天受, K Shimizu, M Cho, M Yoshikawa, Y Hirao, K Yoshikawa, 17th Urological Research Society Annual Meeting,   2000年, 17th Urological Research Society Annual Meeting
  • Vaccination of antigen peptide derived from MN/CAⅨ induces specific immunity, 植村 天受, K Shimizu, M Cho, Y Hirao, K Yoshikawa, International Symposium Cancer Research Institute Tumor Vaccines 2000,   2000年, International Symposium Cancer Research Institute Tumor Vaccines 2000
  • MN/CAⅨ抗原ペプチドを用いた腎細胞癌特異的免疫療法, 植村 天受, 吉川元祥,趙 順規,仲川嘉紀,田中洋造,大園誠一郎,平尾佳彦,清水一宏, 吉田和宏,佐賀信介, 第9回泌尿器科細胞解析研究会,   2000年, 第9回泌尿器科細胞解析研究会
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9抗原ペプチドによる特異的免疫療法, 植村 天受, 吉川元祥,清水一宏,趙 順規,金 聖哲,吉田克法,岡島英五郎,平尾佳彦, 佐賀信介,吉川和宏, 第59回日本癌学会総会,   2000年, 第59回日本癌学会総会
  • 腎細胞癌におけるMN抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法, 植村 天受, 清水一宏,趙 順規,吉川元祥,平尾佳彦, 吉川和宏, 第13回日本バイオセラピィ学会総会,   2000年, 第13回日本バイオセラピィ学会総会
  • 治療に難渋した膀胱瘻の2例, 森本 康裕, 植村 天受, 清水 信貴, 能勢 和宏, 尼崎 直也, 杉山 高秀, 栗田 孝, 南 幸, 第177回日本泌尿器科学会関西地方会,   2001年12月, 第177回日本泌尿器科学会関西地方会
  • Detection of circulating RCC cells in the renal vein during radical nephrectomy, 植村 天受, M Cho, Y Hirao, K Yoshikawa, 18th Urological Research Society Annual Meeting,   2001年, 18th Urological Research Society Annual Meeting
  • Cancer vaccines targeting MN/CAⅨ antigen for renal cell carcinoma, 植村 天受, K Shimizu, M Cho, Eijiro Okajima, Y Hirao, S Saga, K Yoshikawa, 92th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2001年, 92th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • NUORGグループ研究:腎細胞癌における循環血液中細胞検出について, 植村 天受, 第4回奈良県医師会泌尿器科部会 奈良腎腫瘍研究会,   2001年, 第4回奈良県医師会泌尿器科部会 奈良腎腫瘍研究会
  • 前立腺全割標本を用いたネオアジュバント内分泌療法の臨床病理組織学的検討, 植村 天受, 第51回日本泌尿器科学会中部総会,   2001年, 第51回日本泌尿器科学会中部総会
  • 無治療経過観察:肯定VS否定, 植村 天受, 中本貴久, 第17回前立腺シンポジウム,   2001年, 第17回前立腺シンポジウム
  • MN/CA9による腎癌の診断と治療, 植村 天受, 第44回日本腎臓学会学術総会,   2001年, 第44回日本腎臓学会学術総会
  • 腎細胞癌におけるMN抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法の検討, 植村 天受, 吉川元祥,清水一宏,趙 順規,岡島英二郎,青木勝也,平尾佳彦, 吉川和宏, 第89回日本泌尿器科学会総会,   2001年, 第89回日本泌尿器科学会総会
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9抗原ペプチドを用いた特異的免疫療法, 植村 天受, 趙 順規,藤本清秀,田中基幹,大園誠一郎,平尾佳彦, 吉川和宏, 第40回日本癌治療学会総会,   2002年, 第40回日本癌治療学会総会
  • 腎細胞癌における標的分子MN/CA9-基礎から臨床へ, 植村 天受, 第52回日本泌尿器科学会中部総会,   2002年, 第52回日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9ペプチドワクチンによる特異的免疫療法, 植村 天受, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第90回日本泌尿器科学会総会,   2002年, 第90回日本泌尿器科学会総会
  • 腎細胞癌におけるHLA-A24拘束性MN/CA9ペプチドを用いた特異的CTLの誘導, 植村 天受, 趙 順規,清水一宏,吉川元祥,平尾佳彦, 佐賀信介,吉川和宏, 第61回日本癌学会総会,   2002年, 第61回日本癌学会総会
  • The development of anti-tumour vaccines derived from MN/CA9 in renal cell carcinoma, 植村 天受, K Shimizu, M Yoshikawa, M Tanaka, Y Hirao, K Yoshikawa, 18th Annual Meeting of European Association of Urology,   2003年, 18th Annual Meeting of European Association of Urology
  • Early phase Ⅰ trial with MN/CA9 antigen peptide vaccines restricted to HLA-A24 in renal cell carcinomas, 植村 天受, M Tanaka, M Cho, M Yoshikawa, Y Hirao, 94th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2003年, 94th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • 術中患側腎静脈血液中癌細胞の検出と臨床的意義, 植村 天受, 吉川和宏,佐賀信介, 鳥居 徹,赤座英之, 平尾佳彦, 第91回日本泌尿器科学会総会,   2003年, 第91回日本泌尿器科学会総会
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9 抗原ペプチド療法, 植村 天受, 田中基幹,中西まこ,大園誠一郎,平尾佳彦, 泌尿器がん治療フォーラム2003,   2003年, 泌尿器がん治療フォーラム2003
  • 前立腺癌における術前Neoadjuvant内分泌療法の臨床的意義, 植村 天受, 趙 順規,藤本清秀,田中基幹,田中宣道,田中洋造,渡辺秀次,丸山良夫,林 美樹,小西 登,大園誠一郎,平尾佳彦, 第41回日本癌治療学会総会,   2003年, 第41回日本癌治療学会総会
  • 進行性腎癌に対するMN/CA9ペプチドワクチン療法:第1相臨床試験, 植村 天受, 吉川和宏, 平尾佳彦, 第33回日本腎臓学会西部学術大会,   2003年, 第33回日本腎臓学会西部学術大会
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法-第1相臨床試験-, 植村 天受, 田中基幹,清水一宏,田中宣道,平尾佳彦, 吉川和宏, 第62回日本癌学会総会,   2003年, 第62回日本癌学会総会
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9抗原ペプチドワクチン療法-第1相臨床試験-, 植村 天受,趙 順規,田中基幹,吉川元祥,清水一宏,中西まこ,吉田克法,平尾佳彦, 吉川和宏, 第41回日本癌治療学会総会,   2003年, 第41回日本癌治療学会総会
  • 術中患側腎静脈血液中癌細胞の検出と臨床的意義, 植村 天受, 吉川和宏,佐賀信介, 鳥居 徹,赤座英之, 平尾佳彦, 第91回日本泌尿器科学会総会,   2003年, 第91回日本泌尿器科学会総会
  • Sensitization of radiotherapy by PTEN gene microcapsule in prostate cancer, 田中 基幹, 植村 天受, 穴井 智 高田 聡 松村 善昭 平尾 佳彦, Charles J Rosser H Barton Grossman, The 95th Annual Meeting, American Association for Cancer Research,   2004年03月, The 95th Annual Meeting, American Association for Cancer Research
  • 当院で施行した腎移植におけるMinimum immunosuppressionの臨床的検討, 森本 康裕, 原 靖, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2004年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • 当院における20年間の女性腹圧性尿失禁の手術変遷, 清水 信貴, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 第11回 排尿管理研究会,   2004年05月, 第11回 排尿管理研究会
    概要:女性腹圧性尿失禁への取り組みが広がったのは1980年代後半であり、その起爆剤となったのが、Stamey法の導入であった。その後、腹圧性尿失禁に対する様々な術式が開発され試みられてきた。しかし、近年では針式膀胱頚部挙上術や前膣壁形成術での長期成績の下降が批判され、TVT法を含む尿道スリング手術に第一選択の地位は移ったといえる。 そこで当院における女性腹圧性尿失禁の手術変遷を調査した。対象は1984年~2004年まで近畿大学医学部泌尿器科で腹圧性尿失禁と診断され、手術を施行した患者である。1990年代前半までは、Stamey 、Raz 、Gittes等のsuspention、その後Vesica やコラーゲン注入術が試みられ、1990年代後半からは全例TVTである。手術変遷をもとに女性腹圧性尿失禁に対する治療について考察する。
  • VHL-dependent and independent regulation of MN/CA9 in renal fell carcinoma cell lines, 植村 天受, Kawada Y., Hirao Y., 第6回VHL国際シンポジウム,   2004年05月, 第6回VHL国際シンポジウム
  • Tailor-made peptide vaccines for hormone refractory prostate cancer patients, 植村 天受, Fujimoto K., Tanaka M., Tanaka N., Okajima E., Hirao H., 7th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology,   2004年06月, 7th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology
  • 難治性腎細胞癌と再燃前立腺癌の癌ワクチン療法, 植村 天受, 第60回日本泌尿器科学会茨城地方会,   2004年06月, 第60回日本泌尿器科学会茨城地方会
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidaseを活性化しオステオポンチンとMCP-1の発現を亢進する, 梅川 徹, 辻 秀憲, 畑中 祐二, 植村 天受, 井口正典, 第14回日本尿路結石学会,   2004年08月, 第14回日本尿路結石学会
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討---AngiotensinⅡtypeⅠreceptor blockerとの比較---, 辻 秀憲, 畑中 祐二, 梅川 徹, 植村 天受, 井口正典, 第14回日本尿路結石症学会,   2004年08月, 第14回日本尿路結石症学会
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討-Angiotensin Ⅱ type Ⅰ receptor blockerとの比較-, 畑中 祐二, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 井口 正典, 第14回日本尿路結石症学会,   2004年08月, 第14回日本尿路結石症学会
  • 尿閉を契機に発見された骨盤内腫瘍の1例, 清水 信貴, 松本 成史, 杉山 高秀, 松浦 健, 植村 天受, 第188回 日本泌尿器科学会関西地方会,   2004年09月, 第188回 日本泌尿器科学会関西地方会
    概要:33歳、男性。尿閉を主訴に紹介受診。諸検査にて前立腺部尿道より膀胱内に突出する有茎性腫瘍を認め、また左骨盤腔に巨大な腫瘤を認めた。骨盤内腫瘍として摘出術施行。病理所見を中心に文献的考察を加え報告する。
  • Patients-oriented vaciene tehrapy for hormone refractory prostate cancer, 植村 天受, Fujimoto K., Tanaka M., Tanaka N., Okajima E., Hirao Y., 20th urological Research Society Meeting,   2004年09月, 20th urological Research Society Meeting
  • 最近の腎癌治療の話題, 植村 天受, 第2回宮崎県腎癌講演会,   2004年09月, 第2回宮崎県腎癌講演会
  • 難治性腎細胞癌に対するCA9抗原ペプチドを用いた特異的免疫療法, 植村 天受, 上島成也, 松本 成史, 藤本清秀,平尾佳彦, 第63回日本癌学会学術総会,   2004年09月, 第63回日本癌学会学術総会
  • SHRにおける腎阻血再灌流障害モデルおよびtacrolimus腎毒性に対する抗酸化剤の有用性, 林 泰司, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 第40回日本腎移植学会総会,   2004年09月, 第40回日本腎移植学会総会
  • カルシニューリン インヒビター導入以降における腎移植後の死亡症例の検討, 原 靖, 森本 康裕, 能勢 和宏, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 第40回日本移植学会総会,   2004年09月, 第40回日本移植学会総会
  • 徐放性PTEN遺伝子薬を用いた、前立腺癌における放射線感受性増強効果, 田中 基幹, 植村 天受, 高田 聡 冨岡 厚志 平尾佳彦, 田畑 泰彦, 第63回日本癌学会総会,   2004年09月, 第63回日本癌学会総会
  • 急性尿閉症例の臨床的検討, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 松本 成史, 杉山 高秀, 植村 天受, 第11回日本排尿機能学会,   2004年10月, 第11回日本排尿機能学会
    概要:急性尿閉の危険因子やその後の臨床経過の実状を把握し、bladder outlet obstruction(BOO) groupとdetrusor weakness(DW) groupに別けて違いがあるかを調べる目的で以下の検討を行った。【対象と方法】1993年から2003年までの10年間に近畿大学泌尿器科を急性尿閉で受診し、導尿が必要であった170例を対象とした。治療後、排尿が可能となった時点でのPressure-Flow StudyにおいてBOO group(n=100)とDW group(n=36)に別けた。全体およびBOO groupとDW groupに別けて、年齢、性別、原因、発症時期、排尿に関する治療歴における急性尿閉の発症率を検討した。さらに、その後の臨床経過について検討した。【結果】急性尿閉の85%は男性であった。60歳以上は男性のなかでは86%、女性のなかでは36%であった。発症時期は8月が最も多かった。男性において、BOO groupが70%、DW groupが20%であった。排尿に関する治療歴を有する症例は、BOO groupが50%、DW groupが30%であった。臨床経過は、BOO groupでは排尿可能となった症例が83%(operatio
  • TUR-P施行症例の術前α遮断薬投与期間による影響について, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 松本 成史, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 第11回日本排尿機能学会,   2004年10月, 第11回日本排尿機能学会
  • PSAと下部尿路閉塞の関係 -α遮断薬内服前後におけるPSA変化とその効果の関係ー, 花井 禎, 清水 信貴, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 第11回日本排尿機能学会,   2004年10月, 第11回日本排尿機能学会
  • 尿閉既往患者におけるTUR-P後の治療改善効果指標に関する検討 -尿閉期間はパラメータになる!?-, 松本 成史, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 第11回日本排尿機能学会,   2004年10月, 第11回日本排尿機能学会
  • Induction of anti-tumor responses in patients with metastatic renal cell caricinoma by vaccination with peptides-a phase I study, 植村 天受, Fujimoto K., Tanaka M., Yoshikawa M., Nakanishi M., Hirao Y., 27th Congress of the Societe Internatiolale d'Urologie,   2004年10月, 27th Congress of the Societe Internatiolale d'Urologie
  • 難治性腎癌ならびに前立腺癌に対するペプチドワクチン療法治療成績, 植村 天受, 上島成也, 田中基幹,藤本清秀,平尾佳彦, 吉川和宏, 伊東恭悟, 第42回日本癌治療学会総会,   2004年10月, 第42回日本癌治療学会総会
  • Controlled gene delivery of PTEN expression vector conjugated with cationized gelatin in prostate cancer cells, 田中 基幹, 植村 天受, 穴井 智 高田 聡 松村 善昭 冨岡 厚志 平尾 佳彦, The 27th Congress of International Society of Urology,   2004年10月, The 27th Congress of International Society of Urology
  • 浸潤性膀胱癌に対する放射線療法、末梢血幹細胞移植併用化学療法を施行した1症例, 清水 信貴, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西村 恭昌, 第1回 南大阪細胞移植療法研究会,   2004年11月, 第1回 南大阪細胞移植療法研究会
  • SSRI投与における排尿の変化, 清水 信貴, 花井 禎, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
    概要:セロトニンは中枢神経系に作用し過活動膀胱を抑制することが報告されており、頻尿や尿失禁に対する治療薬として期待されている。抗うつ薬として開発された選択的セロトニン再取り込み阻害薬Selective Serotonin Reuptake Inhibitor (SSRI)は直接5-HT神経系に作用するため、頻尿が改善されることが予想される。そこでSSRIを処方した症例を対象とし、SSRI投与直後と投与2-4週後のFVCおよび自覚症状スコアの変化について検討した。合併症によっては排尿障害を助長させるため抗コリン作用のないSSRIを使用することが推奨されているが、排尿障害を改善させる可能性が示唆された。
  • 難治性腎細胞癌に対するペプチドワクチン療法, 植村 天受, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
  • 進行性腎細胞癌に対するCA9癌枠林療法, 植村 天受, 第二回泌尿器腫瘍免疫研究会,   2004年11月, 第二回泌尿器腫瘍免疫研究会
  • ラット膀胱虚血・再灌流障害におけるフリーラジカル消去剤Edaravoneの効果, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討, 畑中 祐二, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 井口正典, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidaseを活性化しオステオポンチンとMCP-1の発現を亢進する, 梅川 徹, 辻 秀憲, 畑中 祐二, 植村 天受, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討, 畑中 祐二, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 井口 正典, 第54回 日本泌尿器科学科会中部総会,   2004年11月, 第54回 日本泌尿器科学科会中部総会
  • 前立腺に発生したsolitary fibrous tumor(SFT)の1症例, 能勢 和宏, 植村 天受, 堀川重樹 永井信夫, 中林 洋, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
  • 前立腺に発生したsolitaly fibrous tumor(SFT)の1例, 能勢 和宏, 堀川 重樹, 植村 天受, 永井 信夫, 中林 洋,   2004年11月
  • 難治性腎癌および前立腺癌に対する癌ワクチン療法, 植村 天受, 学術講演会,   2004年12月, 学術講演会
  • PSA 3.1~10 ng/ ml の前立腺生検における生検数の検討, 杉本 公一, 兼子 美帆, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 辻 秀憲, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 植村 天受, 前立腺シンポジウム,   2004年12月, 前立腺シンポジウム
  • 癌ワクチン療法 ー開発から応用までー, 植村 天受, 第32回Shizuoka Uro-Oncology Forum,   2005年01月, 第32回Shizuoka Uro-Oncology Forum
  • 心停止無脳児ドナーから成人への死体腎移植, 林 泰司, 森本 康裕, 能勢 和宏, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 池上雅久, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
  • 腎移植術におけるクレアトール値の検討, 松本 成史, 花井 禎, 田原 秀男, 原 靖, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
  • TUR前後における尿中8-OHdGの推移, 花井 禎, 松本 成史, 植村 天受, 第14回排尿管理研究会,   2005年01月, 第14回排尿管理研究会
  • 腎移植術における血清8OHdGの検討, 花井 禎, 松本 成史, 秋山 隆弘, 原 靖, 植村 天受, 西岡 伯, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
  • 生体腎移植後に発症した薬剤性間質性肺炎の1例, 杉本 公一, 松本 成史, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
    概要:28歳、男性.2002年より慢性腎不全にて腹膜透析導入。2004年5月19日母親(55歳)をドナ-とした生体腎移植術を施行いあた。HLA:A、B;1ミスマッチ、DR;0ミスマッチ、また血液型はドナ-A型、レシピエントAB型の血液型不一致であった。初期免疫抑制はタクロリムス、ミゾリビン、プレドニゾロンおよびバシリキシマブの4剤であった。術後経過は良好であったが、3日目より急に呼吸困難が出現し、間質性肺炎象を認めた。薬剤性間質性肺炎の診断下に免疫抑制剤を変更(Tac→CyA、Mz中止)し、ステロイドパルス療法施行後、肺炎像は軽快し、呼吸困難も改善した。今回われわれは薬剤性間質性肺炎の1例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告した。
  • 当科および当科関連施設における夫婦間移植の8例, 南高文, 森 康範, 森本康裕, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 石井 徳味, 松浦 健, 植村 天受, 永野 哲郎, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 江左 篤宣, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
  • 当科および当科関連施設における夫婦間移植8例の検討, 南 高文, 森 康範, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 石井 徳味, 松浦 健, 植村 天受, 森本 康裕, 永野 哲郎, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 江左 篤宣, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
  • Changes in surgery for female stress urinary incontinence over 20 years at this hospital, 清水 信貴, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 4th International congress of the Egyptian society of Uro-gynaecology and Pelvic Floor Studies(ESUG),   2005年02月, 4th International congress of the Egyptian society of Uro-gynaecology and Pelvic Floor Studies(ESUG)
    概要:Efforts to resolve female stress urinary incontinence spread in the latter half of the 1980s, fueled by the introduction of the Stamey procedure. Afterwards, various techniques to treat stress urinary incontinence were developed and attempted. However, the decline in long-term results with needle bladder neck suspension and anterior colporrhaphy has been criticized in recent years, and the first choice for treatment is shifting to urethral sling surgery with a TVT procedure. Thus, we studied the changes in surgery for female stress urinary incontinence at this hospital. Subjects were diagnosed with stress urinary incontinence by the Urology Department of the Kinki University School of Medicine from 1984-2004 and underwent surgery. Until the early half of the 1990s, Stamey, Raz, and Gittes suspensions and later Vesica and collagen injection were attempted, although TVT was used in all cases starting in the latter half of the 1990s.
  • 浸潤性膀胱癌に対して放射線療法、末梢血幹細胞移植併用M-VAC療法を施行した1症例, 清水 信貴, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 第190回日本泌尿器科学会関西地方会,   2005年02月, 第190回日本泌尿器科学会関西地方会
    概要:4歳、男性。嘔吐、肉眼的血尿を主訴に近医受診。浸潤性膀胱癌による腎後性腎不全で当科紹介受診。T4aN2M1の診断のもと放射線療法、末梢血幹細胞移植併用M-VAC療法を施行し、良好な結果を得た。
  • 腎癌におけるトランスレーショナル・リサーチ ーCA9ペプチドワクチン開発からの応用ー, 植村 天受, 第2回イムネース学術講演会,   2005年02月, 第2回イムネース学術講演会
  • 腎癌に対するペプチド癌ワクチン療法 ー開発から臨床応用ー, 植村 天受, 第263回日本泌尿器科学会岡山地方会,   2005年02月, 第263回日本泌尿器科学会岡山地方会
  • 肺腫瘍を契機に発見された前立腺癌の1例, 杉本 公一, 松本 成史, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 第190回日本泌尿器科学会関西地方会,   2005年02月, 第190回日本泌尿器科学会関西地方会
    概要:55才、男性。健診にて胸部異常陰影を指摘され精査施行。CTガイド下針生検にてPSA染色陽性腺癌を認め当科紹介。前立腺生検にて確定診断となった。MAB+PE療法にて転移性肺腫瘍は縮小した。
  • ホルモン抵抗性前立腺癌の治療 ーペプチドワクチン療法の現況ー, 植村 天受, 北九州市泌尿器科医会・平成16年度第6回研修会,   2005年03月, 北九州市泌尿器科医会・平成16年度第6回研修会
  • PSA10ng/ml以下の前立腺生検症例における生検数の検討, 杉本 公一, 清水 信貴, 兼子 美帆, 吉岡 伸浩, 松浦 健, 松本 成史, 辻 秀憲, 植村 天受, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • ラット膀胱虚血・再還流モデルにおける膀胱平滑筋細胞の形態学的phenotypeと膀胱機能の検討, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 堀内喜高, 奥本勝美, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • 当科および関連病院で施行したpre-emptive腎移植症例の検討, 能勢 和宏, 林 泰司, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 南 高文, 森本 康裕, 永野 哲郎, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 今西 正昭, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • 腎移植後の蛋白尿に対するカンデサルタン(ARB)無効症例の検討, 原 靖, 森本 康裕, 能勢 和宏, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 秋山 隆弘, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidaseを活性を亢進しNRK52E細胞におけるオステオポンチンとMCP-1の産生亢進に至る, 梅川 徹, 辻 秀憲, 畑中 祐二, 植村 天受, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討‐Angiotensin Ⅱ type Ⅰ receptor blocker(ARB)との比較‐, 畑中 祐二, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 井口 正典, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • 電気メスの切除と凝固時間は経尿道的手術の分析ツールになるか?, 堀川 重樹, 植村 天受, 能勢 和宏, 永井 信夫, 際本 宏, 小池 浩之, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • Enhanced efficacy of radiation sensitivity by controlled gene delivery of PTEN expression vector conjugated with cationized gelatin in prostate cancer cells, 田中 基幹, 植村 天受, 穴井 智 高田 聡 松村 善昭 冨岡 厚志 平尾 佳彦, The 96th Annual Meeting, American Association for Cancer Research,   2005年04月, The 96th Annual Meeting, American Association for Cancer Research
  • Bladder smooth muscle cell phenotypic changes and detrusor functional changes on ischemia-reperfusion injury in the rat urinary bladder, 松本 成史, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 吉岡 伸浩, 花井 禎, Robert M. Levin, 100th American Urological Association,   2005年05月, 100th American Urological Association
  • Phase-I study of CA9 peptide vaccines in patients with stage IV renal cell carcinoma, 植村 天受, 上島成也, 中西 まこ, 藤本清秀, 平尾佳彦, AUA 2005,   2005年05月, AUA 2005
  • Enhanced efficacy of radiation sensitivity by controlled gene delivery of PTEN expression vector conjugated with cationized gelatin in prostate cancer cells, 田中 基幹, 植村 天受, 高田 聡 冨岡 厚志 松村 善昭 平尾 佳彦, The 100th Annual Meeting, American Urological Association, Inc.,   2005年05月, The 100th Annual Meeting, American Urological Association, Inc.
  • 小児膀胱平滑筋肉腫(spindle cell sarcoma)の1例, 松本 成史, 清水 信貴, 植村 天受, 兼子 美帆, 杉本 公一, 上島 成也, 森口 直彦, 八木 誠, 花井 禎, 森本 康裕, 第14回日本小児泌尿器科学会総会,   2005年07月, 第14回日本小児泌尿器科学会総会
  • 下部尿路におけるエラスチンの役割 -病理学的検討-, 松本 成史, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 杉本 公一, 第41回NGB研究会(第10回高野山セミナー),   2005年08月, 第41回NGB研究会(第10回高野山セミナー)
  • 8OHdG before and after TUR, 花井 禎, 松本 成史, 杉山 高秀, 植村 天受, 35th International Continence Society,   2005年08月, 35th International Continence Society
  • Inductive Coupling Wireless Sensor-Transmitter for Continuous Monitoring of Intra-Bladder Pressure for Unconstrained Urodynamic Study, 松本 成史, 植村 天受, Nakazono K. Takeuchi Y., 5th International Workshop on Biosignal Interpretation (BSI 2005),   2005年09月, 5th International Workshop on Biosignal Interpretation (BSI 2005)
  • 難治性腎細胞癌に対するCA9ペプチドワクチン療法ー第1相・早期2相臨床試験ー, 植村 天受, 上島成也, 藤本清秀, 田中基幹, 平尾佳彦, 第64回日本癌学会学術総会,   2005年09月, 第64回日本癌学会学術総会
  • 前立腺癌におけるPTEN癌抑制遺伝子の役割, 田中 基幹, 植村 天受, 冨岡 厚志 高田 聡 穴井 智 平尾 佳彦, 第16回前立腺癌ワークショップ,   2005年09月, 第16回前立腺癌ワークショップ
  • ラット膀胱虚血・再還流モデルにおけるフリーラジカル消去剤Edaravoneの効果と膀胱平滑筋細胞の形態学的phenotypeの変化, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 堀内 喜高, 奥本 勝美, 第12回日本排尿機能学会,   2005年10月, 第12回日本排尿機能学会
  • 特発性正常圧水頭症症例における排尿筋過活動の意義, 松本 成史, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 北口正孝, 第55回日本泌尿器科学会中部総会,   2005年10月, 第55回日本泌尿器科学会中部総会
  • 近畿大学医学部泌尿器科において浸潤性膀胱癌に対する膀胱全摘除術, 堀川 重樹, 兼子 美帆, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 石井 徳味, 杉山 高秀, 松浦 健, 植村 天受, 第55回日本泌尿器科学会中部総会,   2005年10月, 第55回日本泌尿器科学会中部総会
  • 女性尿閉患者の臨床的検討, 堀川 重樹, 松本 成史, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 兼子 美帆, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 第12回日本排尿機能学会,   2005年10月, 第12回日本排尿機能学会
  • 特発性正常圧水頭症症例における治療前後における膀胱機能の変化, 清水 信貴, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 北口 正孝, 第12回排尿機能学会,   2005年10月, 第12回排尿機能学会
    概要:【目的】特発性正常圧水頭症(Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus: iNPH)は、明らかな原因が特定できないにもかかわらず、脳室の拡大を認め、歩行障害・痴呆症状・尿失禁の三徴候を有する症候群である。歩行障害が重要な症状で、歩行障害が認められれば外科的治療(髄液シャント手術)の効果が期待できるとされている。脳脊髄液の循環障害が改善されると、歩行をはじめ痴呆や尿失禁も改善することが知られている。しかし、iNPHにおける膀胱機能についての報告はなく、特に尿失禁についての詳細は不明である。今回、われわれはiNPH症例における治療(検査)前後における膀胱機能の変化について検討したので報告する。 【対象・方法】平成16年2月から平成17年5月までに馬場記念病院脳神経内科でiNPHと診断され、治療(検査)を受けた患者で、治療(検査)前後(CSF Tap test、VP shunt)に検査出来た18例 (M/F=14/4、平均年齢: 76歳) をIPSS、尿失禁質問表、痴呆、歩行障害などの諸検査(日
  • シクロスポリン投与腎移植患者における高脂血症の検討, 石井 徳味, 植村 天受, 田原 秀男, 林 泰司, 原靖, 森康範,   2005年10月
  • 難治性腎癌に対するCA9ペプチドワクチン療法ー第1相・早期2相臨床試験ー第, 植村 天受, 第43回日本癌治療学会総会,   2005年10月, 第43回日本癌治療学会総会
  • Bladder outlet obstruction accelerates carcinogenesis of the bladder, 松本 成史, 植村 天受, Robert M. Levin, 21th Urological Research Society,   2005年11月, 21th Urological Research Society
  • Can monitoring of serum 8-OHdG level for two hours after renal transplantation predict prognosis of the graft?, 松本 成史, 花井 禎, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 9th Congress of the Asian Society of Transplantation,   2005年11月, 9th Congress of the Asian Society of Transplantation
  • Creatol, an Oxidative Product of Creatinine in Kidney Tansplant Patients, as a Useful Determinant of Renal Function; A Preliminary Study, 松本 成史, 花井 禎, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 9th Congress of the Asian Society of Transplantation,   2005年11月, 9th Congress of the Asian Society of Transplantation
  • Phase-I/II trial of CA9 peptide vaccines in HLA-A24 positive patients with cytokine refractory renal cell carcinoma, 植村 天受, Urological Research Society,   2005年11月, Urological Research Society
  • 前立腺癌に対する治療経験~過去・現在・未来~, 植村 天受, 第3回群馬前立腺癌フォーラム,   2005年11月, 第3回群馬前立腺癌フォーラム
  • HLA-A24陽性難治性腎細胞癌に対するCA9ペプチドワクチン療法ー第1/2相臨床試験ー, 植村 天受, 上島成也, 藤本清秀, 田中基幹, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第18回日本バイオセラピー学会学術集会総会,   2005年12月, 第18回日本バイオセラピー学会学術集会総会
  • 腹腔鏡下脾摘術後で血漿交換をせずに行ったABO不適合生体腎移植の1例, 林 泰司, 兼子 美帆, 石井 徳味, 植村 天受, 耳原総合病院泌尿器科, 原 靖, 第39回日本臨床腎移植学会,   2006年01月, 第39回日本臨床腎移植学会
  • 極めて稀な後腸形成不全・外陰部形成不全の1症例, 林 泰司, 松本 成史, 兼子 美帆, 植村 天受, 吉田 洋, 八木 誠, 第194回日本泌尿器科学会関西地方会,   2006年02月, 第194回日本泌尿器科学会関西地方会
  • 腎癌について, 植村 天受, 筑後泌尿器科医会,   2006年02月, 筑後泌尿器科医会
  • Novel gene transduction technology by Credia TF, 田中 基幹, 植村 天受, 外崎 円 梅影 政文 小中 富雄 辻 良平 池田 寿文, The 97th Annual Meeting, American Association for Cancer Research,   2006年03月, The 97th Annual Meeting, American Association for Cancer Research
  • 下部尿路閉塞により膀胱の発癌は促進される, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 上島 成也, 植村 天受, 第94回日本泌尿器科学会総会,   2006年04月, 第94回日本泌尿器科学会総会
  • 進行性腎細胞癌に対する治療戦略, 植村 天受, 第94回日本泌尿器科学会総会,   2006年04月, 第94回日本泌尿器科学会総会
  • Phase-1 syudy of carbonic anhydrase 9 peptide vaccines in patients with metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, 田中 基幹, 上島 成也, 平尾 佳彦, 伊東 恭悟, Annual EAU Congress,   2006年04月, Annual EAU Congress
  • Novel gene transduction technology by Credia TF, 田中 基幹, 植村 天受, 外崎 円 梅影 政文 小中 富雄 池田 寿文, The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy,   2006年05月, The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy
  • 左腎癌術後6年目に偶発的に発見された甲状腺転移の1例, 清水 信貴, 松本 成史, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 第195回日本泌尿器科学会関西地方会,   2006年06月, 第195回日本泌尿器科学会関西地方会
    概要:68歳女性。1999年(62歳)に左腎癌の診断で根治的左腎摘除施行。RCC,alveolar type,clear cell subtype,G2,INFβ,pT2 N0 M0であった。糖尿病で内科通院中に甲状腺の腫大を指摘され、頸部超音波、単純CTで甲状腺左葉に4.9×2.7×5.5cmの腫瘤性病変を認めた。201TLシンチでは、左葉外側に異常集積を認めた。穿刺吸引細胞診ではclassⅢ、甲状腺悪性腫瘍疑いで2006年2月16日に甲状腺左葉摘出術を行った。甲状腺内に多発する腫瘍を認め、淡明な胞体と異型な小型濃染核を有する異型細胞を認めた。TTF(-)、サイログロブリン(-)で甲状腺以外由来であり腎癌の甲状腺転移と診断した。他転移部位はなく追加治療なしで経過観察をしている。
  • 極めて稀な後腸形成不全・外陰部形成不全の1症例, 松本 成史, 林 泰司, 吉田 洋, 八木 誠, 植村 天受, 第15回日本小児泌尿器科学会総会,   2006年07月, 第15回日本小児泌尿器科学会総会
  • 妊娠中の高度両側水腎症で緊急処置を要した小児期逆流防止手術の合併症:4症例の経験, 松本 成史, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 畑中 祐二, 森本 康裕, 花井 禎, 上島 成也, 植村 天受, 秋山 隆弘, 第15回日本小児泌尿器科学会総会,   2006年07月, 第15回日本小児泌尿器科学会総会
  • 前立腺癌密封小線源治療の初期経験, 林 泰司, 森 康範, 田原 秀男, 田中 基幹, 植村 天受, 中松 清志, 西村 恭昌, 第60回近畿大学医学会学術講演会,   2006年07月, 第60回近畿大学医学会学術講演会
  • Bladder Outlet Obstruction Promotes BBN - induced Bladder Carcinogenesis in Rat, 松本 成史, 清水 信貴, 土手 健作, 花井 禎, 田中 基幹, 伊藤 浩行, 植村 天受, 8th Asian Congress of Urology,   2006年08月, 8th Asian Congress of Urology
  • 下部尿路閉塞により膀胱の発癌は促進される, 松本 成史, 田中 基幹, 上島 成也, 植村 天受, 第65回日本癌学会総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会総会
  • 下部尿路閉塞と膀胱発癌の関係 -ラットを用いた実験的検討-, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 田中 基幹, 植村 天受, 第13回日本排尿機能学会,   2006年09月, 第13回日本排尿機能学会
  • 高血圧と過活動膀胱 -SHR, SHRSPを用いた実験的検討―, 吉岡 伸浩, 松本 成史, 植村 天受, 第13回日本排尿機能学会,   2006年09月, 第13回日本排尿機能学会
  • 「夜間頻尿」がQOLにどの程度関与しているか ―IPSSにnocturia QOLを加えた調査による検討-, 清水 信貴, 松本 成史, 植村 天受, 堀川 重樹, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 江左 篤宣, 第13回日本排尿機能学会,   2006年09月, 第13回日本排尿機能学会
  • 経尿道的前立腺切除術(TUR-P)前後における尿中8-OHdGの推移, 堀川 重樹, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 第13回日本排尿機能学会,   2006年09月, 第13回日本排尿機能学会
  • 前立腺におけるエラスチンの分布, 杉本 公一, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 伊藤 浩行, 永井 信夫, 中林 洋 木野 茂生, 第13回日本排尿機能学会,   2006年09月, 第13回日本排尿機能学会
  • Effect of Edaravone on ischemia/reperfusion injury in rat urinary bladder -Changes in smooth muscle cell phenotype and contractile function-, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 堀川 重樹, 清水 信貴, 植村 天受, The 23rd Japan Korea Urological Congress,   2006年09月, The 23rd Japan Korea Urological Congress
  • 難治性サイトメガロウイルス感染症を発症したABO不適合生体腎移植の一例, 林 泰司, 能勢 和宏, 田原 秀男, 石井 徳味, 植村 天受, 第42回日本移植学会総会,   2006年09月, 第42回日本移植学会総会
  • A phase I trial of vaccination of tailor-made peptides for HLA-A2/A24 positive patients with hormone-refractory prostate cancer, 植村 天受, Urological Research Society,   2006年09月, Urological Research Society
  • BPH/LUTSに対するエビプロスタットの抗酸化作用の検討, 堀川 重樹, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 第56回日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • パーキンソン病の脳深部電気刺激治療の排尿反射への影響, 清水 信貴, 松本 成史, 森 康範, 吉岡 伸浩, 植村 天受, 渡邉 啓, 中野 直樹, 種子田 護, 第56回日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • 高血圧と過活動膀胱 -SHR, SHRSPを用いた実験的検討―, 吉岡 伸浩, 松本 成史, 植村 天受, 第56回日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • 妊娠中の高度両側水腎症で緊急処置を要した小児期逆流防止手術の合併症:4症例の経験, 畑中 祐二, 松本 成史, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 植村 天受, 秋山 隆弘, 栗田 孝, 第56回日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • Clinically malignant behavior を呈した骨盤内multilocular cystic epithelial-stromal tumorの1例, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 土手 健作, 伊藤 浩行, 杉山 高秀, 第44回日本癌治療学会総会学術集会,   2006年10月, 第44回日本癌治療学会総会学術集会
    概要:症例は33歳男性で、2003年10月頃より軽度排尿困難を認め12月に尿閉となり近医受診、超音波および膀胱鏡検査にて膀胱腫瘍を疑われ精査加療目的で当科紹介となった。既往はファロー四徴症手術(2歳時)のみで、染色体異常は認めなかった。膀胱尿道鏡検査で腫瘍は尿道精阜付近より膀胱内に突出する形状の腫瘍で、骨盤CTおよびMRIでは左側前立腺および精嚢腺から膀胱側に占拠するモザイク状パタンを示す充実性腫瘍と左側後腹膜腔を占拠する充実性腫瘍であった。尿路側と後腹膜腔側の腫瘍の交通性は不明であった。まず経尿道的腫瘍切除術を施行、病理診断はmultilocular cystic epithelial-stromal tumorで悪性所見は認められなかった。経過観察していたが半年後に再度腫瘍の膀胱尿道内再発による尿閉状態となり、後腹膜腫瘍摘除術および経尿道的腫瘍切除術を施行した。病理診断は同様で悪性所見は認めなかった。その後も度々腫瘍の再発による尿閉を繰り返し、経尿道的腫瘍切除術を計3回
  • ホルモン抵抗性再燃前立腺癌に対する癌ワクチン療法の現状と将来, 植村 天受, 第56回 日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 泌尿器科腫瘍と癌抑制因子, 植村 天受, 第56回 日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回 日本泌尿器科学会中部総会
  • LUTS症例に対するエビプロスタットの抗酸化作用の検討, 松本 成史, 堀川 重樹, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 植村 天受, 杉山 高秀, 第45回NGB研究会,   2006年11月, 第45回NGB研究会
  • Edaravone protects against ischemia / reperfusion-induced morphological and functional changes in rat urinary bladder, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2006年11月, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • Distribution of elastin fiber in prostate, 松本 成史, 杉本 公一, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2006年11月, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • Effect of alpha-blocker before TURP in terms of its dosing period, 吉岡 伸浩, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2006年11月, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • ホルモン不応再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン療法ー第I/II相臨床試験ー, 植村 天受, 上島成也, 田中 基幹, 南 高文, 藤本 清秀 平尾 佳彦, 伊東 恭悟, 第19回 日本バイオセラピィ学会学術集会総会,   2006年11月, 第19回 日本バイオセラピィ学会学術集会総会
  • シロドシンの射精障害:ヘルシーボランティアでの検討, 松本 成史, 齋藤 允孝, 中西 道政, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 植村 天受, 杉山 高秀, 第197回日本泌尿器科学会関西地方会,   2006年12月, 第197回日本泌尿器科学会関西地方会
  • 腎細胞癌に対する新しい治療戦略, 植村 天受, 学術講演会,   2007年01月, 学術講演会
  • 転移性腎癌に対する新しい治療戦略, 植村 天受, 第6回 KMU泌尿器科セミナー,   2007年01月, 第6回 KMU泌尿器科セミナー
  • α遮断薬の射精障害の検討 ―特にシロドシンでの影響―, 松本 成史, 杉本 公一, 清水 信貴, 植村 天受, 杉山 高秀, 第46回NGB研究会,   2007年02月, 第46回NGB研究会
  • Edaravone protects against ischemia / reperfusion-induced morphological and functional changes in rat urinary bladder, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 8th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology,   2007年03月, 8th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology
  • CA9 peptide vaccination as a new therapeutic strategy for advanced renal cancer, 植村 天受, 上島成也, 南 高文, 藤本 清秀 平尾 佳彦, The 8th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology,   2007年03月, The 8th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology
  • VardenafilはBPH/LUTSを改善する-ラット閉塞膀胱に対するVardenafilの有効性について-, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 堀川 重樹, 清水 信貴, 植村 天受, 第95回日本泌尿器科学会総会,   2007年04月, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • 再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン療法, 植村 天受, 第16回 秋田県前立腺癌研究会,   2007年04月, 第16回 秋田県前立腺癌研究会
  • Bladder protective effects of PDE5 inhibitor -Efficacy of vardenafil on rat bladder with outlet obstruction-, 松本 成史, 渡邊 絵美, 中田 裕佳, 杉本 公一, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 102th Annual Meeting of American Urological Association (AUA),   2007年05月, 102th Annual Meeting of American Urological Association (AUA)
  • Distribution of elastin fiber in prostate, 杉本 公一, 松本 成史, 花井 禎, 伊藤 浩行, 植村 天受, 102th Annual Meeting of American Urological Association (AUA),   2007年05月, 102th Annual Meeting of American Urological Association (AUA)
  • A phase I traial of vaccination of personalized peptides for HLA-A2/A24 positive patients with hormone-refractory prostate cancer, 植村 天受, 田中 基幹, 上島成也, 南 高文, 藤本 清秀 平尾 佳彦, 伊東 恭悟, AUA 2007,   2007年05月, AUA 2007
  • 近畿大学医学部附属病院における血液浄化30年の臨床統計, 植村 天受, 石井 徳味, 森 康範, 林 泰司, 嶋津 秀紀, 松岡 稔明, 杉山 昌史, 木下 浩二, 船内 正憲, 坂口 美佳, 長谷川 廣文, 第52回 (社)日本透析医学会学術集会・総会,   2007年06月, 第52回 (社)日本透析医学会学術集会・総会
  • 先天性副腎皮質過形成症に対する治療が原因と考えられた両側Leydig cell tumorの1例, 松本 成史, 齋藤 允孝, 森 康範, 林 泰司, 植村 天受, 第16回日本小児泌尿器科学会総会,   2007年07月, 第16回日本小児泌尿器科学会総会
  • 腎細胞癌におけるCA9を標的分子とした診断と治療, 植村 天受, 第34回 尿路悪性腫瘍研究会,   2007年07月, 第34回 尿路悪性腫瘍研究会
  • 畜尿症状における排尿治療薬の使い方, 植村 天受, 南大阪OAB学術講演会,   2007年07月, 南大阪OAB学術講演会
  • PDE5 inhibitor (vardenafil) protects rat bladder from partial outlet obstruction-induced contractile dysfunction, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 杉本 公一, 渡邊 絵美, 植村 天受, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2007年08月, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • A Correlative study on the effect of Eviprostat between the clinical parameters and oxidative stress (urinary 8-OHdG) in the treatment of the lower urinary tract symptoms associated with BPH (BPH/LUTS) and on urinary 8-OHdG content in rabbit BOO model, 松本 成史, 花井 禎, 堀川 重樹, 植村 天受, Matsui T Oka M Tanaka M, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2007年08月, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • Effects of deep brain stimulation on urodynamic findings in patients with Parkinson's disease, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 中野 直樹, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2007年08月, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • The Role of Elastin Fibers in the Bladder and Bladder Functions - Related with Bladder Outlet Obstruction -, 松本 成史, 杉本 公一, 花井 禎, 植村 天受, 伊藤 浩行, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2007年08月, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • 右低形成腎由来尿管が膀胱憩室に開口し、逆流症を呈していた1症例, 松本 成史, 大関 孝之, 花井 禎, 植村 天受, 第2回大阪小児泌尿器疾患検討会,   2007年08月, 第2回大阪小児泌尿器疾患検討会
  • 高血圧と膀胱発癌の関係 -SHRを用いた膀胱発癌による検討-, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 第43回高血圧関連疾患モデル学会学術総会,   2007年09月, 第43回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • SHR、SHRSPを用いた高血圧と過活動膀胱の関連性に関する検討, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 第43回高血圧関連疾患モデル学会学術総会,   2007年09月, 第43回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • 前立腺癌の早期発見の重要性と最新治療, 植村 天受, ブルークローバー・キャンペーン2007,   2007年09月, ブルークローバー・キャンペーン2007
  • 進行腎癌に対するCA9ペプチドワクチン療法, 植村 天受, 第44回 日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第44回 日本癌治療学会総会
  • 高血圧と膀胱発癌の関係 -SHRを用いた膀胱発癌による検討-, 松本 成史, 田中 基幹, 上島 成也, 植村 天受, 第66回日本癌学会総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会総会
  • ラット閉塞膀胱を用いたPDE5 inhibitor(vardenafil)の膀胱保護効果についての検討, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 杉本 公一, 植村 天受, 第14回日本排尿機能学会,   2007年10月, 第14回日本排尿機能学会
  • 新しい非侵襲ウロダイナミクス装置(膀胱内圧テレメトリー法)の開発とその有用性, 松本 成史, 植村 天受, 竹内 康人, 第14回日本排尿機能学会,   2007年10月, 第14回日本排尿機能学会
  • 尿道部分閉塞(BOO)ラットの膀胱血流量に対する塩酸タムスロシンの作用, 松本 成史, 花井 禎, 植村 天受, 奥津 紘子 野口 由紀子 大竹 昭良 鈴木 雅徳 笹又 理央, 栗田 孝, 第14回日本排尿機能学会,   2007年10月, 第14回日本排尿機能学会
  • Phase I/II study if CA9 peptide vaccination with interferon-alpha in cytokine refractory renal cancer patients, 植村 天受, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 松本 成史, 上島 成也, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2007年10月, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • サイトカイン療法抵抗性腎癌に対する新しい治療戦略, 植村 天受, 石井 徳味, 上島 成也, 清水 信貴, 秋山 隆弘, 市立貝塚病院, 第37回日本腎臓学会西部学術大会,   2007年10月, 第37回日本腎臓学会西部学術大会
  • 難治性腎細胞癌に対する分子標的薬の使用経験, 植村 天受, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 上島 成也, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
  • CA9 peptide vaccination in combination with interferon-alpha in HLA-A24 positive patients with cytokine refractory renal cell carcinoma, 植村 天受, 上島 成也, 清水 信貴, 田中 基幹, 奈良県立医科大学泌尿器科, 奈良県立医科大学泌尿器科, 23rd Annual Meeting Urological Research Society,   2007年10月, 23rd Annual Meeting Urological Research Society
  • 腎癌の外科手術:腹腔鏡手術, 植村 天受, 第57回日本泌尿器科学会中部総会,   2007年11月, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • 近畿大学医学部人工透析部開設後30年間の臨床的検討, 植村 天受, 石井 徳味, 林 泰司, 佐藤 弘章, 鮫島 謙一, 第57回日本泌尿器科学会中部総会,   2007年11月, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎癌治療の新展開ー分子標的治療薬の使用経験について, 植村 天受, 第43回茨城腎癌研究会講演会,   2007年11月, 第43回茨城腎癌研究会講演会
  • 腎癌治療の新たなる時代を迎えて, 植村 天受, Nexavar Kickoff Meeting,   2007年12月, Nexavar Kickoff Meeting
  • 前立腺癌密封小線源治療後の排尿状態についての検討, 清水 信貴, 林 泰司, 南 高文, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 田原秀男, 第9回 南近畿排尿障害懇話会,   2008年02月, 第9回 南近畿排尿障害懇話会
  • 国内における分子標的治療薬の臨床展開(ネクサバール国内第Ⅱ相試験結果より), 植村 天受, ネクサバール錠 承認記念シンポジウム,   2008年02月, ネクサバール錠 承認記念シンポジウム
  • 転移性腎癌に対する治療の現状ー新しい治療に対する期待と注意点ー, 植村 天受, 第38回愛媛県泌尿器科医会,   2008年03月, 第38回愛媛県泌尿器科医会
  • 脳外傷モデルを用いた排尿の変化, 清水 信貴, 伊藤 龍生, 伊藤 浩行, 植村 天受, 松本成史, 花井禎, 第96回日本泌尿器科学会総会,   2008年04月, 第96回日本泌尿器科学会総会
  • Phase I/II study of individualized peptide vaccines for HLA-A2/A24 positive patients with hormonerefractory prostate cancer, 植村 天受, 南 高文, 田中 基幹, 上島 成也, 奈良県立医科大学泌尿器科, 奈良県立医科大学泌尿器科, 久留米大学免疫学, ASCO 2008 Annual Meeting,   2008年05月, ASCO 2008 Annual Meeting
  • 本邦におけるPhase「臨床試験の有効性と安全性(RCC症例)」, 植村 天受, Pfizer Oncology Symposium,   2008年05月, Pfizer Oncology Symposium
  • 進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の展望, 植村 天受, RCC臨床治療研究会,   2008年05月, RCC臨床治療研究会
  • ASCO 2008ー腎癌治療を中心にー, 植村 天受, ファイザーウロロジーTVシンポジム,   2008年06月, ファイザーウロロジーTVシンポジム
  • 転移性腎癌に対する治療の現状ー新しい治療に対する期待と注意点ー, 植村 天受, 第74回神奈川県泌尿器科医会,   2008年06月, 第74回神奈川県泌尿器科医会
  • アンドロゲン非依存性前立腺がんに対する新しい治療戦略, 植村 天受, Expert Meeting in Urology,   2008年07月, Expert Meeting in Urology
  • Using targeted treatments: case discussions, 植村 天受, 5th Asia Pacific Urology Summit,   2008年08月, 5th Asia Pacific Urology Summit
  • A phase II study of the efficacy and safety of sunitinib in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma (mRCC), 植村 天受, 北海道大学医学部泌尿器科, 九州大学医学部泌尿器科, 筑波大学医学部泌尿器科, Urological Research Society,   2008年09月, Urological Research Society
  • 転移性腎癌に対する分子標的治療ー標準治療アルゴリズムと使用経験ー, 植村 天受, 腎細胞癌薬物療法学術講演会,   2008年10月, 腎細胞癌薬物療法学術講演会
  • あきらめないで男性の排尿困難ー前立腺肥大症ー, 植村 天受, 第2回河内長野市・大阪狭山市民のための公開講座「わかりやすい排尿のお話」,   2008年10月, 第2回河内長野市・大阪狭山市民のための公開講座「わかりやすい排尿のお話」
  • 転移性腎細胞癌に対する新規分子標的薬による治療経験, 植村 天受, 第46回日本癌治療学会総会,   2008年10月, 第46回日本癌治療学会総会
  • 難治性前立腺癌に対する治療戦略ーBench to bed side back to benchーについて, 植村 天受, 第50回日本泌尿器科学会群馬地方会,   2008年11月, 第50回日本泌尿器科学会群馬地方会
  • mRCC治療における分子標的治療薬の挑戦, 植村 天受, 第58回日本泌尿器科学会中部総会サテライトシンポジウム,   2008年11月, 第58回日本泌尿器科学会中部総会サテライトシンポジウム
  • 慢性透析患者に発生した進行腎がんに対するソラフェニブの使用経験, 植村 天受, 大関 孝之, 野澤 昌弘, 吉川 元清, 中川 勝弘, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 田中 基幹, 梅川 徹, 石井 徳味, 第58回日本泌尿器科学会中部総会,   2008年11月, 第58回日本泌尿器科学会中部総会
  • 難治性腎細胞癌に対するペプチドワクチン療法, 植村 天受, 南 高文, 田中 基幹, 上島 成也, 奈良県立医科大学泌尿器科, 東京大学医科学研究所, 東京大学医科学研究所, 第21回日本バイオセラピィ学会学術集会,   2008年11月, 第21回日本バイオセラピィ学会学術集会
  • A phase II study of carbonic anhydrase 9 peptide vaccines with interferon-alfa in advanced renal cell carcinoma, 植村 天受, 上島 成也, 田中 基幹, 南 高文, 2009 Genitourinary Cancers Symposium,   2009年02月, 2009 Genitourinary Cancers Symposium
  • Insights into treatment efficacy in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, 24th Annual EAU Congress,   2009年03月, 24th Annual EAU Congress
  • 難治性サイトメガロウイルスに苦慮した生体腎移植の2症例, 林 泰司, 石井 徳味, 能勢 和宏, 森 康範, 植村 天受, 第97回日本泌尿器科学会総会,   2009年04月, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • 転移性腎癌に対する治療の現状, 植村 天受, 目黒区泌尿器科医会,   2009年06月, 目黒区泌尿器科医会
  • 進行性前立腺癌の治療, 植村 天受, 日本臨床泌尿器科医会広島講演会,   2009年06月, 日本臨床泌尿器科医会広島講演会
  • 腎がんの予防・診断・治療と今後, 植村 天受, もっと知ってほしい「泌尿器のがん」のことin神戸,   2009年06月, もっと知ってほしい「泌尿器のがん」のことin神戸
  • A phase I/II study of personalized peptide vaccination therapy for castration resistant prostate cancer, 植村 天受, 南 高文, デベラスコ マルコ アントニオ, 上島 成也, 奈良県立医科大学泌尿器科, 奈良県立医科大学泌尿器科, 久留米大学免疫学, URS 25th Annual Meeting,   2009年08月, URS 25th Annual Meeting
  • 膀胱原発腺癌に対しTS-1+CDDP療法を行った2症例, 林 泰司, 野澤 昌弘, 大関 孝之, 石井 徳味, 植村 天受, 第59回日本泌尿器科学会中部総会,   2009年10月, 第59回日本泌尿器科学会中部総会
  • 抗CMV抗体陽性ドナーから陰性レシピエントへの腎移植症例の検討, 林 泰司, 石井 徳味, 沖 貴士, 吉村 一宏, 植村 天受, 第21回腎移植免疫研究会,   2009年10月, 第21回腎移植免疫研究会
  • A phase II study of VEGFR1 peptide vaccines for metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 野澤 昌弘, 南 高文, 吉村 一宏, 2010 ASCO-GU,   2010年03月, 2010 ASCO-GU
  • Asian experience with the use of novel agents for the treatement of mRCC, 植村 天受, 8th Asia Pacific Oncology Summit,   2010年03月, 8th Asia Pacific Oncology Summit
  • オステオポンチンsiRNAによる腎結石抑制効果の検討, 辻 秀憲, 清水 信貴, 梅川 徹, 植村 天受, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
    概要:【目的】オステオポンチン(OPN)は尿路結石形成に対して重要な働きをもつが、その作用はin vitroでは多機能性を有する。今回、結石形成ラット腎にin vivo OPNsiRNA transfectionを行い、結石形成への影響をみた。【方法】target sequenceは、5’AAGGCGCATTACAGCAAACAC3’(5’167―185 3’)。A:コントロール群, B:1.5%エチレングリコール(EG)投与群, C:ラットの尾静脈よりリポフェクションにてOPNsiRNAをtransfectionさせた群, D:腎被膜下にAteloGeneTMを用いてOPNsiRNAを注入した群 を作成。C,D群は1週毎の投与で、3週目に摘出腎のOPN mRNA/OPNタンパク質レベルをリアルタイムPCRにより測定した。尿細管内の結晶沈着と腎組織のカルシウム含有量を原子吸光分析で計測した。【結果・考察】OPNの発現はmRNAで&&蛋白で&&&。尿細管内の結晶沈着はC,D群で有意な減少を認めた。カルシウム含有量はB群:0.143±0.036,C群:0.077±0.003,D群:0.065±0.021でOPNsiRNA transfection群では有意に減少した。OPNはin vivoで全体としては結石形成に促進的に作用
  • Use of nesr infrared fluorescence imaging to determine tumor burden in genetically engineered mice, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 西尾 和人, 愛知医科大学臨床試験センター, 中外製薬, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 101th Annunal Meeting of the American for Cancer Research,   2010年04月, 101th Annunal Meeting of the American for Cancer Research
  • The effects of whole body hyperthermia on tumor growth by a novel far infrared emitter, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 愛知医科大学臨床試験センター, 101st Annual Meeting of American for Cancer Research,   2010年04月, 101st Annual Meeting of American for Cancer Research
  • 機能性ペプチド導入による腎細胞癌に対する新しい分子標的治療, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 愛知医科大学泌尿器科学臨床試験センター, 愛知医科大学泌尿器科学臨床試験センター, 愛知医科大学泌尿器科学臨床試験センター, 愛知医科大学泌尿器科学臨床試験センター, 愛知医科大学泌尿器科学臨床試験センター, 筑波大学大学院人間総合科学研究科泌尿器科学, 筑波大学大学院人間総合科学研究科泌尿器科学, 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科病理学, 名古屋市立大学腫瘍免疫内科, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • 酢酸クロルマジノンによる前立腺肥大症患者の血中PSA値に与える影響, 植村 天受, 辻 秀憲, 朴 英哲, 群馬大学大学院泌尿器科学, 群馬大学大学院泌尿器科学, 奈良県立医科大学泌尿器科学, 奈良県立医科大学泌尿器科学, 東京大学大学院泌尿器科学, 昭和大学医学部泌尿器科学, 昭和大学医学部泌尿器科学, 昭和大学医学部泌尿器科学, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • 日本人腎細胞癌患者におけるスニチニブ単剤投与の全生存期間-第Ⅱ相臨床試験(第2報), 植村 天受, 徳島大学大学院泌尿器科学, 国立がんセンター中央病院泌尿器科, 北海道大学大学院泌尿器科学, 山形大学医学部泌尿器科学, 静岡がんセンター泌尿器科, 秋田大学医学部泌尿器科学, 九州がんセンター泌尿器科, 浜松医科大学泌尿器科学, 大阪大学大学院泌尿器科学, 京都府立医科大学泌尿器科学, 九州大学大学院泌尿器科学, 筑波大学大学院泌尿器科学, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • 転移を有する腎細胞癌患者に対するエベロリムス(RAD001)のランダム化、二重盲検、ブラセボ対照、多施設共同第Ⅱ相試験(RECORD-1試験)日本人サブグループでの検討, 植村 天受, 静岡がんセンター泌尿器科, 北海道大学大学院泌尿器科学, 札幌医科大学泌尿器科学, 秋田大学医学部泌尿器科学, 栃木県立がんセンター泌尿器科, 千葉県立がんセンター泌尿器科, 国立がんセンター中央病院泌尿器科, 大阪府立成人病センター泌尿器科, 倉敷中央病院泌尿器科, 徳島大学大学院泌尿器科学, 四国がんセンター泌尿器科, 九州大学大学院泌尿器科学, ノバルティスファーマ(株), ノバルティスファーマ(株), 筑波大学大学院泌尿器科学, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • 泌尿器科臨床医と基礎研究, 植村 天受, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • 知って得する前立腺がん, 植村 天受, 市民がん撲滅講座,   2010年07月, 市民がん撲滅講座
  • 腎細胞がんにおける治療最前線, 植村 天受, アフィニトール発売記念講演会,   2010年08月, アフィニトール発売記念講演会
  • Systemic transduction of p16INK4A anti-tumor peptide inhibits growth of MBT-2 bladder tumor cell line graft in mice, 植村 天受, 筑波大学医学部泌尿器科学, 愛知医科大学臨床試験センター, 日立総合病院泌尿器科, 筑波大学医学部泌尿器科学, 国際医療福祉大学, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月, 第69回日本癌学会学術総会
  • 進行性腎細胞癌治療の新しい戦略, 植村 天受, 第3回千葉Urology Forum,   2010年09月, 第3回千葉Urology Forum
  • 再燃前立腺癌に対する治療戦略, 植村 天受, 第2回山口ウロ・オンコロジーフォーラム,   2010年10月, 第2回山口ウロ・オンコロジーフォーラム
  • 転移性腎がんに対する薬物治療の新展開, 植村 天受, 第48回日本癌治療学会学術集会,   2010年10月, 第48回日本癌治療学会学術集会
  • Breast and renal cell carcinomas; Improving outcomes by targeting shared signaling pathways., 植村 天受, 浜松オンコロジーセンター, San Camillo Forlanini, 埼玉医科大学, 川崎医科大学, 第48回日本癌治療学会学術集会,   2010年10月, 第48回日本癌治療学会学術集会
  • 腎癌治療における分子標的薬の今後の展望, 植村 天受, 第60回日本泌尿器科学会中部総会,   2010年12月, 第60回日本泌尿器科学会中部総会
  • 前立腺肥大症治療における5α還元酵素阻害剤の有用性, 植村 天受, 南大阪アボルブ発売1周年記念講演会,   2010年, 南大阪アボルブ発売1周年記念講演会
  • Anti-cancer effect of zoledronic acid in prostate cancer, 植村 天受, Asia-Pacific Uro-Oncology Summit 2011,   2011年01月, Asia-Pacific Uro-Oncology Summit 2011
  • Experience sharing for sequential use of targeted agents and AE management in mRCC, 植村 天受, Asia-Pacific Uro-Oncology Summit 2011,   2011年01月, Asia-Pacific Uro-Oncology Summit 2011
  • Sorafenib inhibits tumor development and growth in a transgenic mouse model of prostate cancer, 植村 天受, 畑中 祐二, 泉 あやか, 岡崎 絵莉奈, 土井 万貴子, 田中 基幹, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 西尾 和人, デベラスコ マルコ アントニオ, 愛知医科大学, 102nd Auual Meeting AACR,   2011年04月, 102nd Auual Meeting AACR
  • 進行性腎癌に対する分子標的薬を用いた今後の治療, 植村 天受, 第99回日本泌尿器科学会総会,   2011年04月, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • サイトカイン治療抵抗性腎細胞癌患者に対するアキシチニブの第II相試験―有効性、安全性及びバイオマーカーの検討―, 植村 天受, 北海道大学, 山形大学, 国立がん研究センター中央病院, 徳島大学, 東京女子医科大学東医療センター, 岩手医科大学, 静岡県立静岡がんセンター, 浜松医科大学, 九州大学, 東京大学先端科学技術研究センターシステム生物医学, 第99回日本泌尿器科学会総会,   2011年04月, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • Systemic transduction of p16 INK4A anti-tumor peptide inhibits growth of mbt-2 bladder tumor cell line graft in mice, 植村 天受, Tsukuba, Aichi, Hitachi, Tsukuba, Nasushiobara, Nagoya, AUA Annual Meeting,   2011年05月, AUA Annual Meeting
  • A phase I trial of vegfr1 peptide vaccines for patients with metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, AUA Auual Meeting,   2011年05月, AUA Auual Meeting
  • F-FDG PET/CT にてsuperscanを呈した腎癌骨転移の1例, 兵頭 朋子, 石井 一成, 植村 天受, 村上 卓道, 阪本 祐一 中村 一郎, 第44回日本核医学会近畿地方会,   2011年07月, 第44回日本核医学会近畿地方会
  • 前立腺がんの手術療法と薬物療法について, 植村 天受, Blue Clover Campaign 2011,   2011年10月, Blue Clover Campaign 2011
  • 大学病院における標準癌治療と先進医療, 植村 天受, 泌尿器科フォーラムSAKAI,   2011年10月, 泌尿器科フォーラムSAKAI
  • Lumican expression prostate cancer, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 畑中 祐二, 山本 豊, 田中 基幹, 清水 信貴, 児玉 光正, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 医学部泌尿器科学教室, 愛知医科大学, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月, 第70回日本癌学会学術総会
  • Use of prostate-specific PTEN conditional knockout mice in prostate cancer prevention and intervention research, 植村 天受, 田中 基幹, 小池 浩之, 山本 豊, 畑中 祐二, 王 一, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 西尾 和人, デベラスコ マルコ アントニオ, 愛知医科大学, 第70回日本癌学会総会,   2011年10月, 第70回日本癌学会総会
  • New therapies for kidney cancer, 植村 天受, C2 Retreat 2011,   2011年11月, C2 Retreat 2011
  • 本邦におけるmTOR阻害剤エベロリムス使用腎癌患者に関する後方観察研究―第3報―, 植村 天受, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 千葉県がんセンター, 徳島大学, 愛媛大学, 第61回日本泌尿器科学会中部総会,   2011年11月, 第61回日本泌尿器科学会中部総会
  • 不完全型房室中隔欠損を伴った腎盂尿管移行部狭窄症の1例, 三宅 俊治, 岡田 満, 篠原 徹, 竹村 司, 林 泰司, 植村 天受, 第44回近畿小児腎臓病研究会,   2012年03月, 第44回近畿小児腎臓病研究会
    概要:症例は4歳7か月の女児.主訴:腹痛・嘔吐.既往歴:計8回同様の腹痛・嘔吐.腹痛・嘔吐で受診した急病センターで心雑音・発育不良を指摘され.近医で不完全型房室中隔欠損と診断.心臓精査目的で当科受診前日の夕食後から腹痛・嘔吐を認めた.腹部は平坦で,腸雑音の亢進はなく.左下腹部に便塊を触知.腹部立位XPでは,イレウス像(-).尿検査でアセトン体(+++),潜血(-).浣腸・点滴で,症状は軽快し,便秘症・アセトン血性嘔吐症と診断.心エコーで不完全型房室中隔欠損,僧帽弁閉鎖不全,左上大静脈左房還流と診断.腹痛発作後8日目の腹部超音波検査で左腎盂拡張・腎盂壁の著明な肥厚を認めた.順行性尿路造影で,腎盂尿管移行部狭窄と診断,腹腔鏡下腎盂尿管新吻合術を施行.術後4日の多量の排便後,浣腸は不要となり,以後腹痛・嘔吐を認めず,5歳7か月で心内修復術を施行したが,術後に腹部症状を認めず.結語:繰り返す腹痛・嘔吐症では,間欠的水腎
  • 前立腺疾患治療―最近の話題―, 植村 天受, 臨床泌尿器科懇話会~今後の泌尿器科診療を考える~,   2012年03月, 臨床泌尿器科懇話会~今後の泌尿器科診療を考える~
  • 腹膜透析中に左腰背部痛を契機として診断された左腎癌の一例, 中野 志仁, 大西 佐代子, 井上 裕紀, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 石井 徳味, 小林 泰之, 植村 天受, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年06月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • 維持透析患者に対するカルニチン製剤補充療法の検討, 米田 雅美, 原 弘道, 早川 敬, 嶋津 秀紀, 今西 正昭, 畑中 祐二, 安田 宗生, 佐藤 弘章, 石井 徳味, 谷山 佳弘, 植村 天受, 有馬 秀二, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年10月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会

MISC

  • 「前立腺と排尿障害」-中高年男性の健康-「前立腺癌の診断と治療」, 植村 天受,   2001年
  • 「お父さんのための前立腺講座」PSA検査, 植村 天受,   2004年11月
  • Inductive Coupling Wireless Sensor-Transmitter for Continuous Monitoring of Intra-Bladder Pressure for Unconstrained Urodynamic Study, 松本 成史, 植村 天受, Nakazono K. Takeuchi Y., Proceedings of 5th International Workshop on Biosignal Interpretation, 193, 194,   2005年09月
  • 体腔内圧の非接触連続監視のための閉鎖ベローズ式感圧機構をカプセル化したテレメトリー発振器, 松本 成史, 植村 天受, 中園 幸弥 竹内 康人, 電子情報通信学会技術研究報告, 117, 85, 88,   2007年01月
  • 難治性サイトメガロウイルス感染症を発症したABO不適合生体腎移植の1例, 林 泰司, 齋藤 允孝, 森 康範, 石井 徳味, 植村 天受, 今日の移植 Transplantation now, 20, 3, 264, 266,   2007年03月
  • パーキンソン病の排尿・蓄尿障害に対する両側視床下核刺激術の効果, 中野 直樹, 渡邉 啓, 種子田 護, 松本 成史, 清水 信貴, 植村 天受, 機能的脳神経外科, 46, 1, 68, 69,   2007年05月
    概要:パーキンソン病(PD)例は潜在的に排尿・蓄尿機能が低下しており,ある統計では37~71%の症状を有していると報告されている2)。特に夜間は,日常生活動作に支障となる動作緩慢が出現しやすい時間帯である。したがって,夜間排尿は深刻な障害である。脳深部刺激術後,これらの排尿・蓄尿機能障害が軽快する例も少なくはない。 排尿に関して,尿流動態検査(Urodynamics)が泌尿器科で行われ,客観的な検査法である。今回我々は,泌尿器科と共同で,視床下核刺激電極留置術(DBS)前後のUrodynamicsを行い,PDの評価として興味ある知見を得たので報告する。
  • 腎移植後に発症した悪性腫瘍症例, 林 泰司, 齋藤 允孝, 石井 徳味, 植村 天受, 今日の移植 Transplantation now, 21, 3, 252, 254,   2008年03月
  • 腎細胞癌領域における治療戦略と今後の展望, 植村 天受, 熊本大学医学部泌尿器科学教室, 山形大学医学部泌尿器科学教室, 慶応義塾大学医学部泌尿器科学教室, 大阪大学医学部泌尿器科学教室, 秋田大学医学部泌尿器科学教室, 日本医科大学泌尿器科学教室, 帝京大学医学部泌尿器科学教室, Baylor University Medical Center, 日経メディカルCancer Review, 別冊, 19, 2, 6,   2010年
  • スニチニブのベネフィット最適化のために―ASCO GU 2010における最新知見に交えて―(座談会), 植村 天受, 東京大学先端科学技術研究センター, Cleveland Clinic Lerner College, 熊本大学医学部泌尿器科学教室, 浜松医科大学泌尿器科学教室, ファイザー株式会社, ファイザー株式会社, 泌尿器外科, 7, 1, 10,   2010年
  • 転移性腎細胞癌に対するNeo-adjuvant療法は有効か?, 植村 天受, Department of Urology, university of Texas M.D. Anderson Cancer Center, 慶応義塾大学医学部泌尿器科学教室, 東京女子医科大学泌尿器科, 北海道大学大学院医学研究科腎泌尿器外科分野, 大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(泌尿器科), がん研有明病院泌尿器科, 京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学, 神戸大学大学院医学研究科腎泌尿器科学, 泌尿器外科 別冊, 1, 9,   2011年12月
  • がん治療の変遷を鑑みて, 植村 天受, 近畿大学医学会雑誌, 36, 巻頭言,   2011年
  • 転移性腎がんのセカンドライン治療はどう変わるか, 植村 天受, がんサポート, 114, 38, 41,   2012年
  • 分子標的薬時代における免疫療法・ワクチン療法, 植村 天受, Pharma Medica Pharma Medica, 30, 53, 56,   2012年

受賞

  • 第92回日本泌尿器科学会総会賞
  • 第15回ヨーロッパ泌尿器科学会ベストポスタープレゼンテーション賞

競争的資金

  • 癌ワクチンの開発
  • 前立腺癌発生ノックアウトマウスを用いた基礎的研究, conditional targeting knock-out mouseを用いた、前立腺癌発生・進行・ホルモン不応性獲得のメカニズムの解明、ならびに新しい治療法の開発