KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

前田 節雄マエダ セツオ

プロフィール

所属部署名総合社会学部 社会・マスメディア系専攻 / 総合文化研究科 / 次世代基盤技術研究所
職名教授
学位工学博士/博士(医学)
専門人体振動・国際規格
ジャンル経済/労働問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/231-maeda-setsuo.html
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/70122108.ja.html
メールアドレスmaeda[at]socio.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    我々が、安全・安心・健康に働くことができるように、職場環境(特に人体振動環境)の問題点を研究し、その結果を、国際標準化機構(ISO)の会議で提案し、国際規格を策定して来ています。

学歴・経歴

経歴

  •   2010年04月, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 社会医学, 公衆衛生学・健康科学

研究キーワード

  • 人体振動

書籍等出版物

  • 新指針に基づく-建設業における振動工具取扱作業の管理(管理者用テキスト), 新指針に基づく-建設業における振動工具取扱作業の管理, 前田 節雄, 共著, 建設業労働災害防止協会,   2010年04月
    概要:チェーンソー以外の振動工具の選び方、作業指導、管理にあたっての必要な振動障害の概要と予防対策、作業管理・健康管理の措置、作業改善事例等を解説しています。
  • 新指針に基づく-建設業における振動工具取扱作業の知識(作業者用テキスト), 新指針に基づく-建設業における振動工具取扱作業の知識, 前田 節雄, 共著, 建設業労働災害防止協会,   2010年04月
    概要:チェーンソー以外の振動工具の取扱い業務に係る作業者のために、振動障害の知識と、その予防のための振動工具の種類と選び方、作業の進め方、健康管理などをわかりやすく解説しています。
  • 振動と振動病防治, 前田 節雄, 共著, 科学出版社・北京,   2013年08月
    概要:分担執筆 第11章pp.303-318 International Standards of Hand-Arm Vibration

講演・口頭発表等

  • 2009年7月10日発出指針について, 前田 節雄, 日本産業衛生学会・東海地方会・振動障害研究会,   2014年02月, 日本産業衛生学会・東海地方会・振動障害研究会
  • ISO/TC108/SC4の最近の動向, 前田 節雄, 日本産業衛生学会東海地方会第25回振動障害研究会,   2012年02月, 日本産業衛生学会東海地方会第25回振動障害研究会
    概要:最近のISO/TC108/SC4の動向と今後の我が国の対応について報告した。
  • Vibratory tools total operation time (TOT) and hand arm vibration syndrome(HAVS) in Japanese Wakayama forestry workers, Jin Fukumoto, 前田 節雄, Shigeki Takemura Kouichi Yoshimasu Kazuhisa Miyashita, Ting Anselm Su, Ryuichi Nakajima, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012),   2012年09月, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012)
  • 「チェーンソー取扱い作業指針」並びに「チェーンソー以外の振動工具の取扱い業務に係る振動障害予防対策指針」, 前田 節雄, 奈良労働局,   2010年08月, 奈良労働局
  • コールセンターでの騒音暴露実態調査の試み, 前田 節雄, 渡久山朝裕, 小林甲児, 中谷任徳 中谷明子, 第52回近畿産業衛生学会,   2012年11月, 第52回近畿産業衛生学会
  • コールセンターでの騒音暴露実態調査の試み-ノーマルヘッドセットと骨伝導ヘッドセット使用による一時的閾値移動-, 前田 節雄, 沖縄県立看護大学, 豊田通商, ゴールデンダンス, ゴールデンダンス, 第53回近畿産業衛生学会,   2013年11月, 第53回近畿産業衛生学会
  • シボ加工面における面領域の表面性状パラメータを用いた粗さ感の評価, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2013年12月, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • ドライビングシミュレータによる全身振動が生体応答に与える影響, 土屋 賢太, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 竹原 伸, 前田 節雄, 小倉由美 藤田悦則, 人間工学会第53回大会,   2012年06月, 人間工学会第53回大会
  • ハンドル形電動車椅子における全身振動暴露量の測定, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2012年12月, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • マルチモーダルな振動条件が乗り心地評価に与える影響, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 中村 一美, 米原 牧子, 竹原 伸, 前田 節雄, 自動車技術会2012年春季大会,   2012年05月, 自動車技術会2012年春季大会
  • 全身・手腕振動のEU Directivesと我が国の振動規準の状況, 前田 節雄, 和歌山県立医科大学, 和歌山県立医科大学, 和歌山県立医科大学, 和歌山県立医科大学, 和歌山県立医科大学, 第51回近畿産業衛生学会,   2011年11月, 第51回近畿産業衛生学会
  • 全身振動が粗さ感覚に及ぼす影響, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2012年12月, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 全身振動の軸成分の違いが心理評価と生体応答に与える影響, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 小倉由美 藤田悦則, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2012年12月, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 国際規格(人体振動)の提案, 前田 節雄, 近畿大学リエゾンセンター設立10周年記念事業,   2010年11月, 近畿大学リエゾンセンター設立10周年記念事業
  • 性別の違いが全身振動暴露量の知覚におよぼす影響, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2013年12月, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 手動車いすにおける防振クッションが全身振動暴露量に与える影, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2013年12月, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 手腕振動測定装置の国内外の動向, 前田 節雄, 宮下和久, 第52回近畿産業衛生学会,   2012年11月, 第52回近畿産業衛生学会
  • 手腕振動障害を訴える手指ごとに検証した検査データの特徴について, 福元仁, 前田 節雄, 竹村重輝 吉益光一 宮下和久, 第52回近畿産業衛生学会,   2012年11月, 第52回近畿産業衛生学会
  • 振動工具取扱い作業従事者教育, 前田 節雄, 建設業労働災害防止協会長崎県支部,   2010年09月, 建設業労働災害防止協会長崎県支部
  • 振動工具管理責任者向け講習会の案, 前田 節雄, 日本産業衛生学会・東海地方会・振動障害研究会,   2014年02月, 日本産業衛生学会・東海地方会・振動障害研究会
  • 振動工具管理責任者用 簡易型・周波数補正振動加速度実効値測定器の開発, 前田 節雄, 株式会社 大興, 株式会社 大興, 株式会社 DEED, 和歌山県立医科大学, 第53回近畿産業衛生学会,   2013年11月, 第53回近畿産業衛生学会
  • 振動工具管理責任者用 簡易型・手腕周波数補正振動加速度実効値測定器の開発, 前田 節雄, 株式会社 大興, 株式会社 大興, 株式会社 DEED, 和歌山県立医科大学, 平成25年度日本人間工学会関西支部大会,   2013年12月, 平成25年度日本人間工学会関西支部大会
  • 新たな振動障害予防対策, 前田 節雄, (社)日本労働安全衛生コンサルタント会,   2010年09月, (社)日本労働安全衛生コンサルタント会
    概要:振動障害予防対策については、平成21年7月10日付け基発0710第1号「チェーンソー取扱い作業指針について」及び平成21年7月10日付け基発0710第2号「チェーンソー以外の振動工具の取扱い業務に係る振動障害予防対策指針について」が新たに示されたところである。そこで、労働衛生、労働安全コンサルタントとして、事業場に対する職場における振動障害予防対策の指導の在り方について、工学的対策を中心に具体的な事例を含めた研修。
  • 新たな振動障害予防対策, 前田 節雄, 長崎労働局,   2010年09月, 長崎労働局
  • 新たな振動障害予防対策, 前田 節雄, (社)日本労働安全衛生コンサルタント会,   2010年08月, (社)日本労働安全衛生コンサルタント会
    概要:振動障害予防対策については、平成21年7月10日付け基発0710第1号「チェーンソー取扱い作業指針について」及び平成21年7月10日付け基発0710第2号「チェーンソー以外の振動工具の取扱い業務に係る振動障害予防対策指針について」が新たに示されたところである。そこで、労働衛生、労働安全コンサルタントとして、事業場に対する職場における振動障害予防対策の指導の在り方について、工学的対策を中心に具体的な事例を含めた研修。
  • 新指針による新たな手腕振動障害予防対策, 前田 節雄, 中央労働災害防止協会,   2010年04月, 中央労働災害防止協会
  • 熱帯気候下で手腕振動暴露歴を有する林業従事者を対象にした調査研究(第1報), 前田 節雄, 第51回近畿産業衛生学会,   2011年11月, 第51回近畿産業衛生学会
  • 表面性状パラメータを物理指標とした粗さ感覚の評価, 米原 牧子, 土屋 賢太, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2012年12月, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 電子メールを利用した日振動ばく露量A(8)の計算システム, 吉岡淳, 前田 節雄, 宮下和久, 第52回近畿産業衛生学会,   2012年11月, 第52回近畿産業衛生学会
  • 音刺激の違いが乗り心地評価に与える影響, 土屋 賢太, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 自動車技術会2012年秋季大会,   2012年10月, 自動車技術会2012年秋季大会
  • 音刺激の違いが乗り心地評価に与える影響(第2報), 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 自動車技術会,   2013年05月, 自動車技術会
  • A systematic review of hand-arm vibration syndrome in tropical countries, 前田 節雄, University of Malaya, Wakayama Medical University, University of Malaya, internoise2011,   2011年09月, internoise2011
  • Apparent mass responses of seated occupants under single and dual (XZ) axis vibration, S. Mandapuram, 前田 節雄, S. Rakheja, R-E. Boileau, The ASME 2010 IDETS/CIE 2010,   2010年08月, The ASME 2010 IDETS/CIE 2010
  • Audio-visual stimulation mitigates discomfort from whole^body vibration, 前田 節雄, Graduate School of Health Care Science, Jikei Institute, B&K Co Ltd, National Institute of Occupational Safety and Health, Japan, internoise2011,   2011年09月, internoise2011
  • Calculation system for A(8) using email system, Atushi Yoshioka, 前田 節雄, Kazuhisa Miyashita, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012),   2012年09月, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012)
  • Comparison between Old JIS T 8114 and Current ISO10819 STANDARDS, 前田 節雄, 樹野 淳也, 横田一樹 平雄一郎,   2013年08月
  • Comparison of Effectiveness of New and Former Vibrotactile Perception Threshold Measurement Equipment, 前田 節雄, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Kansai University of Health Scieces, Tenri University, Rion Co Ltd, Rion Co Ltd, Rion Co Ltd, Rion Co Ltd, Sanin-Rosai Hospital, Wakayama Medical University, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011),   2011年08月, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011)
  • Comparison of Effectiveness of New and Former Vibrotactile Perception Threshold Measurement Equipment - Application to Operators of Hand-held Vibrating Tools -, 前田 節雄, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Kansai University of Health Sciences, Tenri University, Rion Co Ltd, Rion Co Ltd, Rion Co Ltd, Rion Co Ltd, Sanin-Rosai Hospital, Wakayama Medical University, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011),   2011年08月, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011)
  • Comparison of Hand-arm vibration syndrome (HAVS) among foresters between tropical and temperate climate, Jin Fukumoto, 前田 節雄, Shigeki Takemura Kouichi Yoshimasu Kazuhisa Miyashita Nobuyuki Miyai, Ting Anselm Su, Ryuichi Nakajimag Makoto Tateno Kyoji Yoshikawa, Yoshiro Nasu, internoise2012,   2012年08月, internoise2012
  • Comparison of TTS between normal headphones and bone conduction devices for prevention of hearing loss at call-center, 前田 節雄, Koji Kobayashi, Hidenori Nakatani Akiko Nakatani, internoise2012,   2012年08月, internoise2012
  • Consideration of difference between testers and ordinary subjects of vehicle shock evaluation, 前田 節雄, JATCO Ltd, JATCO Ltd, JATCO Ltd, JATCO Ltd, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011),   2011年08月, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011)
  • Development Process of Vibrotactile Perception Threshold Measuremet on Japanese, 前田 節雄, Rion Co Ltd, Rion Co Ltd, Rion Co LTD, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011),   2011年08月, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011)
  • Development of hand-arm vibration measurement device, Seiichi Fujimoto, 前田 節雄, Kazuya Shimizu, Shigenobu Yoshida, Kazuhisa Miyashita, Kazuma Ishimatsu, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010)
  • Development of hand-arm vibration measurement device, 前田 節雄, Taikoh Corporation, Taiko Corporation, DEED CO., LTD, Wakayama Medical University,   2013年08月
  • Development of simple type hand-arm vibration measurement device For person in charge of the vibration tool management, Tadayoshi Mae, 前田 節雄, Shigenobu Yoshida, Keisuke Fujimoto Kazuya Shimizu, Kazuhisa Miyashita, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012),   2012年09月, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012)
  • Does Hand-ARM Vibration Influence a Sense of Time?, 前田 節雄, Graduate School of Health CARE Sciences, Jikei Institute, National Institute of Occupational Safety and Health, Japan, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011),   2011年08月, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011)
  • Driving Simulator for Subjective Scaling VAlidation of the ISO 2631-1 standard, 前田 節雄, 樹野 淳也, 中村 一美, Makiko Yonehara, 竹原 伸, Kazuma ISHIMAtsu, internise 2011,   2011年09月, internise 2011
  • Effect of Whole-Body Vibration on Roughness Sensation, 米原 牧子, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第20回日本人体振動学会,   2012年09月, 第20回日本人体振動学会
  • Effect of audio-visual stimulation on whole-body vibration perception: A pilot study on multi-modal sensation, Kazuma Ishimatsu, 前田 節雄, Nobuyuki Shibata, Yumiko Sakamoto, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010)
  • Effect of direction and arm posture on frequency weightings derived from power absorption of hand exposed to tri-axial random vibration, 前田 節雄, National Institute of Occupational Safety and Health, Japan, internoise2011,   2011年09月, internoise2011
  • Effect of gripping in a trigger posture on apparent mass of the hand-arm system, Neil j Mansfield, 前田 節雄, Nobuyuki Shibata Kazuma Ishimatsu, 3rd American Conference on Human Vibration,   2010年06月, 3rd American Conference on Human Vibration
  • Effect of high frequency content on biodynamic responses to vertical whole-body vibration exposure, Nobuyuki Shibata, 前田 節雄, Kazuma Ishimatsu, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010)
  • Effect of visual and auditory stimuli on human response to whole- body vibration, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 中村 一美, 米原 牧子, 竹原 伸, 前田 節雄, Inter-Noise 2012,   2012年08月, Inter-Noise 2012
  • Effectiveness of New Equipment to Evaluate Vibrotactile Perception Threshold on Japanese Workers, 前田 節雄, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Rion Co Ltd, Rion CO Ltd, Rion Co Ltd, Wakayama Medical University, Sanin-Rosai Hospital, Wakayama Medical University, internoise2011,   2011年09月, internoise2011
  • Effects of Bone Conduction Device Vibration on Human Health, 前田 節雄, Koji Kobayashi, Hidenori Nakatani Akiko Nakatani, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012),   2012年09月, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012)
  • Effects of whole-body vibration on duration judgmennt of empty interval, Kazuma Ishimatsu, 前田 節雄, Nobuyuki Shibata, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010)
  • Effects of whole-body vibration on the perceived duration of a visual stimulus presentation, Kazuma Ishimatsu, 前田 節雄, Nobuyuki Shibata, 3rd American Conference on Human Vibration,   2010年06月, 3rd American Conference on Human Vibration
  • 地震時の室内被害による建物機能損失に関する実験的研究(その12)地震時の建物内での揺れを人体振動評価(ISO 2631-1)に基づいて解析した結果の一例, 前田 節雄, 竹中工務店, 防災科学研究所, 防災科学研究所, 防災科学研究所,   2013年08月
  • Frequency Weighting of Hand-Transmitted Vibration for Evaluationg Comfort, 前田 節雄, Middle East Technical University (Turkey), Makayama Mediacl University, National Institute of Occupational Safety and Health, Japan, Twelfth International Conference on Hand-Arm Vibration,   2011年06月, Twelfth International Conference on Hand-Arm Vibration
  • Fundamental Study of Vibrotactile Perception Threshold on Japanese - Exposed to Hand-Transmitted Vibration, 前田 節雄, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Rion Co., Ltd, Rion Co., Ltd, Rion Co., Ltd, Osaka Kyouiku University, San-in Rosai Hospital, Wakayama Medical University, Twelfth International Conference on Hand-Arm Vibration,   2011年06月, Twelfth International Conference on Hand-Arm Vibration
  • Fundamental Study of Vibrotactile Perception Threshold on Japanese - Vibrotactile Perception Thresholds using New Measurement Equipment, 前田 節雄, Rion Co., Ltd, Rion Co., Ltd, Rion Co., Ltd, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, Osaka Kyouiku University, San-in Rosai Hospital, Twelfth International Conference on Hand-Arm Vibration,   2011年06月, Twelfth International Conference on Hand-Arm Vibration
  • Fundamental study of vibrotactile perception threshold on Japanese - A study on workers exposed to low grade hand-transmitted vibration by using new equipment -, Jin Fukumoto, 前田 節雄, Shigeki Takemura Kouichi Yoshimasu Kazuhisa Miyashita, Nobuyuki Miyai, Shunji Sakaguchi, Kazufumi Terada , Ryuichi Nakajima Nobuhisa Okamoto Kyoji Yoshikawa, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010)
  • Fundamental study of vibrotactile perception threshold on Japanese - Application to patients with hand-arm vibration syndrome -, Shigeki Takemura, 前田 節雄, Jin Fukumoto Kouichi Yoshimasu Kazuhisa Miyashita, Nobuyuki Miyai, Shunji Sakaguchi, Kazufumi Terada , Ryuichi Nakajima Nobuhisa Okamoto Kyoji Yoshikawa , The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010)
  • Fundamental study of vibrotactile perception threshold on Japanese - New measurement equipment of vibrotactile perception threshold -, Ryuichi Nakajima, 前田 節雄, Kyoji Yoshikawa Nobuhisa Okamoto , Jin Fukumoto Shigeki Takemura Koichi Yoshimasu Kazuhisa Miyashita, Nobuyuki Miyai, Shunji Sakaguchi, Kazufumi Terada, The 18th Japan Conference on Human Response to VIbration (JCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to VIbration (JCHRV2010)
  • Fundamental study of vibrotactile perception threshold on Japanese - VIbrotactile perception thresholds by using HVLab equipment -, 前田 節雄, Jin Fukumoto Shigeki Takemura Kouichi Yoshimasu Kazuhisa Miyashita, Nobuyuki Miyai , Shunji Sakaguchi , Kazufumi Terada, Ryuicni Nakajima Nobuhisa Okamoto Kyoji Yoshikawa , The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010)
  • Fundamental study of vibrotactile perception threshold on Japanese - Vibrotactile perception Thresholds by using new measurement equipment -, Kyoji Yoshikawa, 前田 節雄, Ryuichi Nakajima Nobuhisa Okamoto , Jin Fukumoto Shigeki Takemura Kouichi Yoshimasu Kazuhisa Miyashita, Nobuyuki Miyai, Shunji Sakaguchi, Kazufumi Terada, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010)
  • Gender difference of subjective responses to whole-body vibration under standing posture, Nobuyuki Shibata, 前田 節雄, Kazuma Ishimatsu, 3rd American Conference on Human Vibration,   2010年06月, 3rd American Conference on Human Vibration
  • Implementation and Influences of Machinery Safety Directive of 2006/42/EC, 前田 節雄, Thomas Koch, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011),   2011年08月, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011)
  • Measurement System used MEMS Acceleration Sensor with ZigBee, 前田 節雄, Wakayama Medical University, Wakayama Medical University, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011),   2011年08月, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011)
  • Measuring Conditions of Cold Provocation Tests: A Review of the Literature, Shigeki Takemura, 前田 節雄, Jin Fukumoto Kouichi Yoshimasu Kazuhisa Miyashita Nobuyuki Miyai, Yoshiro Nasu, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012),   2012年09月, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012)
  • Measuring Conditions of Cold Provocation Tests: A Review of the Literature, 前田 節雄, Wakayama Medical University, Wakyama Medical University, Wakayama Medical University, Rion Co., Ltd, Rion Co., Ltd, Rion Co., Ltd, Osaka Kyoiku University, San-in Rosai Hospital, Wakayama Medicl University, Twelfth International Conference on Hand-Arm Vibration,   2011年06月, Twelfth International Conference on Hand-Arm Vibration
  • Measuring Conditions of Cold Provocation Tests: A Review of the Litrature, 前田 節雄, Wakayama Medical University, Wakayama Medical Univrsity, Wakayama Medical University, Rion Co Ltd, Rion Co Ltd, Rion Co Ltd, Wakayama Medical University, Sanin-Rosai Hospital, Wakayama Medical University, internoise2011,   2011年09月, internoise2011
  • Mechanical vibration and shock/human exposure to mechanical vibration and shock, 前田 節雄, Meeting of ISO/TC 108/SC 4, Meeting of CEN/TC 231,   2010年09月, Meeting of ISO/TC 108/SC 4, Meeting of CEN/TC 231
  • Multiplier of axis of whole-body multi-axis vibration, 前田 節雄, Loughborough University, internoise2011,   2011年09月, internoise2011
  • New Japanese guidelines for preventing hand-arm vibration syndrome, 前田 節雄, Thomas Koch, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2010)
  • One Example of Results of Analyzing Vibration in Building of Earthquake Based on Human Response to Vibration Evaluation (Characteristics of building response), 前田 節雄, Takenaka Corporation, National Research Institute for Earth Science and Disater Prevention, Hyogo Earthquake Engineering Research Center, National Research Institute for Earth Science and Disater Prevention, Hyogo Earthquake Engineering Research Center, National Research Institute for Earth Science and Disater Prevention, Hyogo Earthquake Engineering Research Center,   2013年08月
  • One Example of Results of Analyzing Vibration in Building of Earthquake Based on Human Response to Vibration Evauation (ISO 2631-1 and ISO 2531-2), 前田 節雄, Takenaka Corporation, National Research Insitute for Earth Science and Disater Prevention, Hyogo Earthquake Engineering Research Center, National Research Insitute for Earth Science and Disater Prevention, Hyogo Earthquake Engineering Research Center, National Research Insitute for Earth Science and Disater Prevention, Hyogo Earthquake Engineering Research Center, Human Response to Vibration Research Laboratory, Kinki University,   2013年08月
  • Posture-Related Change in Frequency Weighting Derived from Vibration Power Absorption of the Hand-Arm System, 前田 節雄, National Institute of Occupational Safety and Health, Japan, National Institute of Occupational Safety and Health, Japan, Twelfth International Conference on Hand-Arm Vibration,   2011年06月, Twelfth International Conference on Hand-Arm Vibration
  • Problems of Subjective Scaling of ISO 2631-1 Standard, 前田 節雄, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 5th International Conference on Whole Body Vibration Injuries,   2013年06月, 5th International Conference on Whole Body Vibration Injuries
  • Proposal of training course of "Administrator of vibration tools", Atsushi Yoshioka, 前田 節雄, The 18th Japan Conference on Human Response to VIbration (VCHRV2010),   2010年08月, The 18th Japan Conference on Human Response to VIbration (VCHRV2010)
  • Relationship between whole-body vibration exposure and seat location in automobile, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第20回 日本人体振動学会,   2012年09月, 第20回 日本人体振動学会
  • Results of vibration measurement of Wire Brushes mounted on hand held power tools, Takayuki Mori, 前田 節雄, Masatomo Komai, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012),   2012年09月, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012)
  • The characteristics of hand-arm vibtation syndrome among grinders in tropical environment, Shamsul Bahari Mohd. Tarmrin, 前田 節雄, Mohd. Nazri Jamaluddin Ng Yee Guan , Nawal Aswan Abdul Jalil, 3rd Regional Conference on Noise, Vibration and Comfort (NVC) 2010,   2010年06月, 3rd Regional Conference on Noise, Vibration and Comfort (NVC) 2010
  • Transition of Frequency-Weighting Curves of Hand-Arm Vibration Evaluation, 前田 節雄, Middle East Technical University, Turkey, Wakayama Medical University, Graduate School of Health Care Sciences, Jikei Institute, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011),   2011年08月, The 19th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2011)
  • Validation of frequency weightings of hand-transmitted vibration for evaluating comfort, 前田 節雄, Middle East Technical University, Turkey, Wakayama Medical University, Graduate School of Health Care Science, Jikei Institute, internoise2011,   2011年09月, internoise2011
  • Visual input reduced the perceived discomfort of whole-body vibration during simulated driving, Kazuma Ishimatsu, 前田 節雄, Nobuyuki Shibata, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012),   2012年09月, The 20th JAPAN Conference on Human Response to Vibration (JCHRV2012)
  • 防振手袋の評価方法の開発 -人工手を用いた測定-, 前田 節雄, 樹野 淳也, 横田一樹 平雄一郎,   2013年12月

MISC

  • 3.4.7 振動 (pp.324-327), 新・産業安全ハンドブック;中央労働災害防止協会編 (Mar. 2000)
  • A Pilot study on human body vibration induced by low frequency noise (低周波騒音曝露による人体振動に対するパイロット研究), Industrial Health Vol.37, No.1, pp.28-35 (Jan. 1999)
  • Whole-body vibration perception thresholds of recumbent subjects-Part1 Supine posture- (臥位全身振動感覚閾値(第1報)仰臥位姿勢の場合), Industrial Health Vol.37, No.4, pp.398-403 (Oct. 1999)
  • Whole-body vibration perception thresholds of recumbent subjects-Part2 Effect of vibration direction- (臥位全身振動感覚閾値(第2報)振動曝露影響), Industrial Health Vol.37, No.4, pp.404-414 (Oct. 1999)
  • シートの乗り心地評価方法, 前田 節雄,   2012年03月
    概要:ISO 10326-1に基づいたシート性能評価方法とその問題点、及び、ISO 2631-1に準拠したシート上での乗り心地評価方法について講演した。
  • ハンドル形電動車いすにおける全身振動ばく露量の測定と評価, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 4, 63, 69,   2013年06月
  • 厚生労働科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業 作業現場において容易に振動の大きさを測定できる機器の開発に関する研究, 前田 節雄, 和歌山県立医科大学, 滋慶医療科学大学院大学,   2011年05月
  • 厚生労働科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業 作業現場において容易に振動の大きさを測定できる機器の開発に関する研究, 前田 節雄, 宮下和久, 石松一真,   2012年05月
  • 平成22年度厚生労働省委託調査研究「適切な振動工具の点検・整備、測定に関する調査研究報告書」, 前田 節雄, 宮下和久, 稲川裕人, 佐藤康晴, 田野功二, 末成亮一, 片野圭介, 本山建雄,   2011年03月
  • 平成23年度厚生労働省委託調査研究「適切な振動工具の点検・整備、測定に関する調査研究報告書」, 前田 節雄, 宮下和久, 佐藤慎一郎, 佐藤康晴, 田野功二, 末成亮一, 片野圭介, 本山建雄, 市川健二, 萩原正明, 社団法人 産業安全技術協会,   2012年03月
  • 平成23年度工業標準化事業表彰経済産業大臣表彰 受賞, 前田 節雄,   2011年10月
  • 平成24年度 厚生労働科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業「作業現場において容易に振動の大きさを測定できる機器の開発に関する研究」総合研究報告書, 前田 節雄, 宮下和久, 石松一真,   2013年05月
  • 平成24年度厚生労働科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業「作業現場において容易に振動の大きさを測定できる機器の開発に関する研究」総括・分担研究報告書, 前田 節雄, 宮下和久,   2013年05月
  • 座席開発のための座席振動評価方法の最新の国際規格(ISO)の動向, 前田 節雄, 13, 22,   2013年09月
  • 建設現場に潜む手腕振動の危険性と手腕振動障害予防方法について-(その2・最終回)-, 前田 節雄, 建設の安全, 462, 12, 16,   2010年04月
  • 手腕振動障害診断のための指先振動感覚閾値装置の国内外の動向, 前田 節雄, 和歌山県立医科大学, リオン(株), 安全と健康 Industrial Safety and Health, 15, 2, 92, 94,   2014年02月
  • 振動の機械指令の変遷とわが国への影響, 前田 節雄, 安全と健康, 12, 10, 59, 61,   2011年10月
  • 振動工具の現状と課題, 前田 節雄, 安全と健康, 62, 2, 62, 64,   2011年02月
  • 振動工具管理責任者向け機器の開発状況, 前田 節雄, 安全と健康, 14, 3, 62, 64,   2013年03月
  • 新しい振動障害予防対策 ~日振動ばく露量による作業管理~, 前田 節雄, 安全と健康, 61, 7, 37, 41,   2010年07月
  • 新指針による新たな振動障害予防対策, 前田 節雄, 安全衛生コンサルタント会, 94, 32, 42,   2010年04月
  • 次世代自動車の開発で必要な新しい乗り心地評価方法, 前田 節雄, 日産自動車株式会社とのビジネスマッチング商談会冊子,   2012年01月
  • 独立行政法人防災科学儀実研究所への三次元震動台を用いた振動実験データを用いた人体への影響評価に関する技術指導報告書, 前田 節雄,   2011年02月
  • 独立行政法人防災科学技術研究所への震動台を用いた有人加振実験に関わる法規整理と実験実施のための技術指導報告書, 前田 節雄,   2011年02月
  • 第3回 振動工具取扱作業者安全衛生教育インストラクターコース 振動の測定と評価と影響評価実技, 前田 節雄,   2013年06月
  • 第4回 振動工具取扱作業者安全衛生教育インストラクターコース 振動の測定と評価と影響評価実技 講義, 前田 節雄,   2013年10月
  • 第1回 振動工具取扱作業者安全衛生教育インストラクターコース 振動の測定評価と影響評価 講義, 前田 節雄,   2012年06月
  • 第2回 振動工具取扱作業者安全衛生教育インストラクターコース 振動の測定評価と影響評価 講義, 前田 節雄,   2012年10月
  • 経済産業省委託平成22年度社会環境整備・産業競争力強化型規格開発事業(個別産業分野に関する標準化)「人の手腕振動評価に関する国際標準開発成果報告書」, 前田 節雄,   2011年03月
  • 経済産業省委託平成24年度国際標準開発事業「人の手腕振動評価に関する国際標準開発成果報告書」, 前田 節雄,   2013年03月
  • 職場の手腕振動障害予防対策の動向と課題, 前田 節雄, 労働安全衛生研究, 3, 2, 90, 91,   2010年12月
  • 製造業における振動工具取扱作業の知識, 前田 節雄, 製造業における振動工具取扱作業の知識(振動工具取扱作業者用教育テキスト),   2010年09月
  • 認定オクペイショナルハイジニスト養成講座 Eコース 講義, 前田 節雄,   2011年11月
    概要:第II編 物理的有害因子のリスク管理 第4章 振動 の講義を行った。
  • 近畿大学 人体振動研究室, 前田 節雄, バイオメカニズム学会誌 Journal of the Society of Biomechanism Japan, 38, 1, 81, 82,   2014年02月
  • 防振手袋振動軽減効果測定方法の国際規格動向, 前田 節雄, セイフティダイジェスト Safety & Health Digest, 57, 6, 22, 24,   2011年06月
  • A comparison of hand-arm vibration syndrome between Malaysia and Japanese workers, 前田 節雄, University of Malaya Universiti Malaysia Sarawak, Wakayama Medical University, University of Malaya, University of Malaya, Wakayama Medical University, University of Malaya, Wakayama Medical University, Julius Centre University of Malaya, Wakayama Medical Univeristy, Wakayama Medical University, Journal of Occupational Health, 55, 6, 468, 477,   2013年12月
  • Apparent mass and seat-to-head transmissibility responses of seated occupants under single and dual axis horizontal vibration, Santosh Mandapurum, 前田 節雄, Subhash Rakheja, Paul-Emile Boileau, Nobuyuki Shibata, INDUSTRIAL HEALTH, 48, 5, 698, 714,   2010年09月
  • 2010年度(第7回)日本機械学会標準事業表彰貢献賞 受賞, 前田 節雄,   2011年03月
  • Determination of backrest inclination based on biodynamic response study for prevention of low back pain, Nobuyuki Shibata, 前田 節雄, Medical Engineering & Physics, 32, 577, 583,   2010年07月
  • Dose-response relationship between hand-transmitted vibration and hand-arm vibration syndrome in a tropical environment., Ting Anselm Su, 前田 節雄, Azlan Darus Victor C W Hoe Marzuki Isahak Awang Bulgiba, Jin Fukumoto Nobuyuki Miyai Shigeki Takemura Kouichi Yoshimasu Kazuhisa Miyashita, BMJ,   2013年05月
  • マルチモーダルな振動条件が乗り心地評価に与える影響, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 竹原 伸, 前田 節雄, 自動車技術会論文集, 44, 1, 93, 98,   2013年01月
  • Factors affecting perception thresholds of vertical whole-body vibration in recumbent subjects: Gender and age of subjects, and vibration duration, Y. Matsumoto, 前田 節雄, Y.Iwane Y.Iwata, Journal of Sound and Vibration, 330, 1810, 1828,   2011年02月
  • Foreword to 4th International Conference on Whole-body vibration injuries held at Hilton Montreal Bonaventure Hotel, Montreal, Canada 2-4 June 2009, Paul-Emile Boileau, 前田 節雄, Subhash Rakheja, Helmut Seidel, INDUSTRIAL HEALTH, 48, 5, 517,   2010年09月
  • Gender difference in subjective response to whole-body vibration under standing posture, 前田 節雄, Nationa Institute of Occupational Safety and Health, Japan, Nationa Institute of Occupational Safety and Health, Japan, Int Arch Environm Health (Published online: DOI 10.1007/s00420-011-0657-0),   2011年06月
  • Health Risk Evaluation of Whole-Body Vibration by ISO 2631-5 and ISO 2631-1 for Operators of Agricultural Tractors and Recreational Vehicles., Park MS, 前田 節雄, Fukuda T, Kim TG, Industrial Health,   2013年04月
  • 社会的責任規格 ISO26000の解釈:大学への指針, トーマス チャールズ クック, 前田 節雄, 近畿大学総合社会学部紀要, 2, 2,   2013年03月
  • New Japanese Guidelines for Preventing Hand-Arm Vibration Syndorome, 前田 節雄,   2010年12月
  • Subjective ratings of whole-body vibration for single- and multi-axis motion, 前田 節雄, Environmental Ergonmics Research Centre, Loughborough Design Schol, Loughborugh University, Journal of Acoustical Society of America, 130, 6, 3723, 3728,   2011年12月
  • 実行委員会の活動を語る, 前田 節雄, 神戸大学, 株・ニーズ環境設計, 株・音環境研究所, 中央大学, 東京大学生産技術研究所, 熊本大学, 財・小林理学研究所, 騒音制御,   2012年02月
  • The Chracteristics of Vibrotactile Perception Threshold among SHipyard Workers in a Tropical Environment, 前田 節雄, Department of Environmental and Occupational Health, Faculty of Medicine and Health Sciences, Universiti Putra Malaysia (UPM), Department of Environmental and Occupational Health, Faculty of Medicine and Health Sciences, Universiti Putra Malaysia (UPM), Department of Environmental and Occupational Health, Faculty of Medicine and Health Sciences, Universiti Putra Malaysia (UPM), Department of Environmental and Occupational Health, Faculty of Medicine and Health Sciences, Universiti Putra Malaysia (UPM), Industrial Health, 50, 2, 156, 163,   2012年03月

競争的資金

  • 振動、騒音の人体への影響の評価に関する研究
  • 振動の人体影響

その他

  •   2015年04月, バイオコークス標準化のための規格策定に関する研究, 近畿大学学内研究助成金 KD08 本研究の目的は、近畿大学で培ってきたバイオコークス 作成技術の標準化の為の規格策定を目指すことである。 バイオコークスの形成には、原料の種類、前処理条件 (初期含水率、粉砕サイズ)、製造条件(加圧力、加 熱温度、加熱時間、冷却時間)が影響因子であり、さ らに混合・混在バイオコークス(種々の原料を混合、 バイオチャー+原料と異種原料を混在等)の可能性を 追究し、バイオコークスを等級化するための規格を考 案する。規格考案には、バイオコークスを製造するた めの装置の規格とその装置による科学的データに基づ いた考察によるクラス分け等の情報が必要になる。  本研究では、JIS規格さらにはISO規格を見据えた 評価方法の具体的な提示を目指す。