KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

内海 龍太郎ウツミ リュウタロウ

プロフィール

所属部署名農学部 バイオサイエンス学科 / 農学研究科
職名教授
学位農学博士
専門分子生物学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/481-utsumi-ryutarou.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    細菌の情報伝達ネットワークの分子機構解明と抗生物質の効かない薬剤耐性細菌に有効な新規な抗生物質の開発研究。

学歴・経歴

経歴

  • 昭和57年4月 近畿大学農学部農芸化学科助手
  • 昭和62年4月 同 講師
  • 昭和63年7月~平成1年7月 米国ニュージャージー州立大RobertWoodJohnson Medical School生化学部リサーチアソシエート
  • 平成2年4月 近畿大学農学部助教授
  • 平成8年4月 同 教授

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 分子生物学
  • 農芸化学, 応用生物化学

研究キーワード

  • 細菌情報伝達 抗生物質 ヒスチジンキナーゼ阻害剤

論文

  • Characterization of H-box region mutants of WalK inert to the action of waldiomycin in Bacillus subtilis, 内海 龍太郎, J. Gen. Appl. MIcrobiol., 63, 212, 221,   2017年, 査読有り
  • Angucycline antibiotic waldiomycin recognizes common structural motif conserved in bacterial histidine kinases, 内海 龍太郎, J. Antibiot. , 70, 251, 258,   2017年, 査読有り
  • Identification of the three genes involved in controlling production of a phytotoxin tropolon in Burkholderia plantarii, 内海 龍太郎, J. Bacteriology, 198, 11, 1604, 1609,   2016年06月, 査読有り
  • Fe3+-dependent epistasis between the CpxR-activated and the PmrA-activated LPS modification loci in Salmonella enterica, 内海 龍太郎, J. Gen. Appl. MIcrobiol., 62, 286, 296,   2016年, 査読有り
  • Study on in vivo effects of bacterial histidine kinase inhibitor, waldiomycin, in Bacillus subtilis and Staphylococcus aureus, J. Gen. Appl. Microbiol., 61, 5, 177, 184,   2015年10月, 査読有り
  • Functional characterization of the receiver domain for phosphorelay control in hybrid sensor kinase, PLos ONE, 10, 7, 1, 20,   2015年10月, 査読有り
  • Alkali Metals in Addition to Acidic pH Activate the EvgS Histidine Kinase Sensor in Escherichia coli, Journal of Bacteriology, 196, 17, 3140, 3149,   2014年06月, 査読有り
  • Waldiomycin, a novel WalK-histidine kinase inhibitor from Streptomyces sp. MK844-mF10., J Antibiot(Tokyo), 66, 459, 464,   2013年08月, 査読有り
  • Mechanism of activation of PhoQ/PhoP two-component signal transduction by SafA, an auxiliary protein of PhoQ histidine kinase in Escherichia coli., Biosci Biotechnol Biochem, 77, 814, 819,   2013年04月, 査読有り
  • A connecter-like factor, CacA, links RssB/RpoS and the CpxR/CpxA two-component system in Salmonella, BMC Microbiol, 12, 224, 235,   2012年09月, 査読有り
  • The connector SafA interacts with the multi-sensing domain of PhoQ in Escherichia coli., Mol Microbiol, 85, 299, 313,   2012年07月, 査読有り
  • Isolation and characterization of signermycin B, an antibiotic that targets the dimerization domain of histidine kinase WalK., Antimicrob Agents Chemother, 56, 3657, 3663,   2012年04月, 査読有り
  • A short-chain dehydrogenase involved in terpene metabolism from Zingiber zerumbet., FEBS J., 278, 2892, 2900,   2011年08月, 査読有り
  • Development of an antivirulence drug against Streptococcus mutans: repression of biofilm formation, acid tolerance, and competence by a histidine kinase inhibitor, walkmycin C., Antimicrob Agents Chemother., 55, 1475, 1485,   2011年04月, 査読有り
  • Efficient functional analysis system for cyanobacterial or plant cytochromes P450 involved in sesquiterpene biosynthesis., Appl Microbiol Biotechnol., 90, 467, 476,   2011年04月, 査読有り
  • Regulation of acid resistance by connectors of two-component signal transduction systems in Escherichia coli., J Bacteriol., 193, 1222, 1228,   2011年03月, 査読有り
  • Zingiber zerumbet CYP71BA1 catalyzes the conversion of α-humulene to 8-hydroxy-α-humulene in zerumbone biosynthesis., Cell Mol Life Sci., 68, 1033, 1040,   2011年03月, 査読有り
  • X-ray crystal structure of the DNA-binding domain of response regulator WalR essential to the cell viability of staphylococcus aureus and interaction with target DNA., Biosci Biotechnol Biochem, 74, 1901, 1907,   2010年09月, 査読有り
  • Two-component signal transduction as potential drug targets in pathogenic bacteria., Curr Opin Microbiol., 13, 232, 239,   2010年04月, 査読有り
  • Novel antibacterial compounds specifically targeting the essential WalR response regulator, J Antibiot (Tokyo)., 63, 127, 134,   2010年01月, 査読有り
  • Walkmycin B targets WalK (YycG), a histidine kinase essential for bacterial cell growth., J Antibiot (Tokyo)., 63, 89, 94,   2010年01月, 査読有り
  • Molecular Mechanism of Transcriptional Cascade Initiated by the EvgS/EvgA System in Escherichia coli K-12, Biosci Biotechnol Biochem, 73, 870, 878,   2009年04月, 査読有り
  • Efficient synthesis of functional isoprenoids from acetoacetate through metabolic pathway-engineered Escherichia coli., Appl Microbiol Biotechnol, 81, 915, 925,   2009年01月, 査読有り
  • Response regulator YycF essential for bacterial growth: X-ray crystal structure of the DNA-binding domain and its PhoB-like DNA recognition motif., FEBS Lett, 582, 3434, 3438,   2008年09月, 査読有り
  • Isolation and functional characterization of a β-eudesmol synthase, a new sesquiterpene synthase from Zingiber zerumbet Smith., FEBS Lett, 582, 565, 572,   2008年03月, 査読有り
  • Molecular cloning and functional characterization of alpha-humulene synthase, a possible key enzyme of zerumbone biosynthesis in shampoo ginger (Zingiber zerumbet Smith)., Planta, 1291, 1299,   2008年02月, 査読有り
  • Ascochytatin, a novel bioactive spirodioxynaphthalene metabolite produced by the marine-derived fungus, Ascochyta sp. NGB4., J Antibiot (Tokyo)., 61, 142, 148,   2008年01月, 査読有り
  • B1500, a small membrane protein, connects the two-component systems EvgS/EvgA and PhoQ/PhoP in Escherichia coli., Proc Natl Acad Sci U S A, 104, 18712, 18717,   2007年04月, 査読有り
  • Synthesis of a novel inhibitor against MRSA and VRE: preparation from zerumbone ring opening material showing histidine-kinase inhibition., Bioorg Med Chem Lett, 17, 1098, 1101,   2007年04月, 査読有り
  • Transcriptional regulation of the Na+-NADH:quinine oxidoreductase gene, nqr, in Vibrio anguillarum, a fish pathogen, in the statinary phase, Fisheries Science, 73, 348, 355,   2007年03月, 査読有り

書籍等出版物

  • Two-component systems in sensing and adapting to acid stress in Escherichia coli, 江口陽子 内海 龍太郎, 分担執筆, chapter 16.3, John Wiley and Sons, Inc,   2016年
  • 大腸菌の酸ストレスに対する適応応答と2成分制御システム, 内海 龍太郎, Wiley-Blackwell Publishers,   2016年
  • 細菌情報伝達阻害薬開発の現状, 100-105, 化学療法の領域,   2013年
  • コネクターがつなぐ細菌情報ネットワーク, 241-249, 化学と生物,   2013年
  • 病原細菌に対する新しい薬剤標的-二成分情報伝達システム, 51-58, YAKUGAKU ZASSHI,   2012年
  • Molecular mechanism of bacterial two-component signal transduction networks via connectors. In “ Two-component systems in bacteria” ed.By R. Gross and D. Beier, 149-162, Horizon Scientific Press.,   2012年
  • Two-component signal transduction as potential drug targets in pathogenic bacteria., 232-239, Curr Opin Microbiol ,   2010年
  • 細菌情報伝達ネットワークとその阻害剤の開, 36-41, Jap.J.Lactic.acid.Bacteria,   2010年
  • 「ポイントが分かる分子生物学」, 丸善株式会社,   2010年
  • Diversity, regulation, and genetic manipulation of plant mono- and sesquiterpenoid biosynthesis, 内海 龍太郎, 3043-3052, Cell Mol Life Sci,   2009年
  • The inhibitors targeting two-component signal transduction networks. In “Bacterial signal transduction: networks and drug targets” ed. By Utsumi R., 229-236, Springer,   2008年
  • Introduction to bacteria signal transduction networks. In “Bacterial signal transduction: networks and drug targets” ed. By Utsumi R., 1-6, Springer,   2008年
  • 「微生物によるものづくり」-化学法に代わるホワイトバイオテクノロジーの全て-第2章 (分担) (大腸菌を宿主としたパスウェイエンジニアリングによる食品成分イソプレノイド(カロチノイドセスキテルペン)の生産), CMC出版,   2008年
  • 遺伝子からみた応用微生物学, 朝倉書店,   2008年
  • The inhibitors targeting two-component signal transduction. In “Bacterial signal transduction: networks and drug targets” , Springer,   2008年
  • Introduction to bacterial signal transduction: networks. In “Bacterial signal transduction: networks and drug targets” , Springer,   2008年
  • 微生物によるものづくり-化学法に代わるホワイトバイオテクノロジーの全て-9章大腸菌を宿主としたパスウェイエンジニアリングによる食品成分イソプレノイド(カロチノイド、セスキテルペン)の生産, 内海 龍太郎, 共著, CMC出版,   2008年
  • Targeting two-component signal transduction: A novel drug discovery system, 386-395, Methods Enzymol,   2007年

講演・口頭発表等

  • 新規抗生物質waldiomycinの単離と解析, 内海 龍太郎, 新世紀の抗生物質開発研究,   2014年11月05日
  • 細菌情報伝達阻害型薬剤の開発と応用, 内海 龍太郎, 第25回新薬創製談話会,   2014年09月09日
  • ゲノムからアプローチした微生物代謝工学, 日本農芸化学会平成26年度大会シンポジウム,   2014年03月
  • 薬剤耐性とその克服へのアプローチ, 日本農芸化学会平成24年度大会シンポジウム,   2013年03月
  • 細菌情報伝達機構と新規抗菌剤の開発, 日本細菌学会2012年度大会シンポジウム,   2012年03月
  • 新しい環境調和型抗菌剤の開発と応用, 日本農芸化学会2012年度大会シンポジウム,   2012年03月
  • 多剤耐性細菌に有効な細菌情報伝達阻害剤の創生, 大韓民国生命科学会20周年記念国際シンポジウム,   2011年10月, 招待有り
  • Antibacterial and antivirulent Drugs targeting bacterial histidine kinases, BIT`s 1st Annual World Congress & Microbes-2011 Beijing China(2011),   2011年
  • EvgSA signal transduction:transcriptional cascade and acid resistance., 英国微生物学会,   2010年
  • Development on the inhibitors targeting WalK/WalR, two component signal transduction system, essential for bacterial cell growth, BIT Life Science’3rd Protein and Peptide Conference,   2010年
  • 細菌情報伝達ネットワークとその阻害剤の開発, 2009年度日本乳酸菌学会 秋期セミナーシンポジウム,   2009年
  • 細菌情報伝達ネットワークとドラッグターゲット, 日本農芸化学会2009年度大会シンポジウム 細菌ゲノム創薬研究の新展開:分子標的剤の開発と展望 企画 ,   2009年
  • 細胞膜小タンパク質によるTCSネットワーク制御機構, 平成20年度日本分子生物学会・生化学会合同大会シンポジウム「細菌情報伝達ネットワークとドラッグターゲット」企画発表,   2008年
  • 細菌情報伝達を標的にした新規抗菌剤の選択的単離方法の開発, 平成20年度日本生物工学会大会シンポジウム「細菌感染症と化学療法の行方をめぐって」,   2008年

作品

  • 日本経済新聞「院内感染の原因多剤耐性菌,効果の高い抗菌物質」, データベース,   2012年07月
  • 第8回産学連携のための経営者セミナー「土壌微生物を用いた新しい医薬品開発のための産学連携事業」,   2010年
  • 第23回バイオテクノロジー産業化のための技術シーズ公開会「バンコマイシンにかわる新規抗生物質とその探索」, その他,   2009年

特許

  • 新規化合物ウオークマイシン、その製造法及びその用途, 内海 龍太郎, 特許5636179
  • 新規化合物MK844-mf10物質、その製造法及びその用途, 内海 龍太郎, 特許5686981
  • 組換え大腸菌及びそれを用いたイソプレノイドの製造方法, 内海 龍太郎, 原田 尚志, 三沢 典彦 , 特願2008-51539, 特許5405030
  • セスキテルペン変換酵素遺伝子及びそれを利用した酸化セスキテルペンの製造方法, 内海 龍太郎, 特願2009-205961, 特許5526381
  • 植物病害防除剤, 内海 龍太郎, 五十嵐 雅之, 波多野 和樹, 渡辺 崇史, 特願2009-70695, 特許5254097
  • 新規化合物シグナマイシン、その製造方法、及びその用途, 内海 龍太郎, 五十嵐 雅之, 特願PCT/JP2008/065196, 特許5220862
  • セスキテルペンシンターゼ活性を有するポリペプチドをコードする拡散, 内海 龍太郎, 原田 尚志, 三沢 典彦, 特願2007-312289, 特許5219025

受賞

  •   2017年03月, 日本農芸化学会, 日本農芸化学会賞, 細菌情報伝達ネットワークの分子機構と情報伝達阻害型薬剤の開発
  •   2015年06月, 21世紀大腸菌研究会, ポスター発表賞, イネ苗立枯細菌病菌のトロポロン生産制御機構
  •   2015年05月, 第62回日本生化学会近畿支部例会, 発表優秀賞, 細菌ヒスチジンキナーゼのHboxを標的にする新規抗生物質
  •   2011年, 日本生化学会, 鈴木紘一メモリアル賞, 【増殖に必須な転写因子WalRタンパク質を標的にした新規抗菌剤の作用部位解析】
  •   2011年, 日本農芸化学会, トピックス賞受賞, 【う蝕菌バイオフィルム形成に対するアロマデンドレン類縁化合物の阻害機構】
  •   2010年, 日本農芸化学会, トピックス賞受賞, 【う蝕菌Streptcoccus mutansに対するヒスチジンキナーゼ阻害剤の病理性抑制効果】
  •   2007年, 第7回バイオビジネスコンペ優秀賞, 【細菌情報伝達を標的にした新規医薬・農薬の開発と応用】
  •   1990年, 日本農芸化学会, 農芸化学奨励賞, 【cAMPによる大腸菌細胞増殖制御機構】

競争的資金

  • 発酵研究所, 大型研究助成, コネクター分子SafAによる、大腸菌酸耐性情報伝達ネットワークの分子機構, 内海 龍太郎
  • 文部科学省, 科学研究費助成金(基盤研究A), 細菌情報伝達ネットワークの分子機構, 内海 龍太郎
  • 科学技術振興機構, 研究成果最適支援事業, 多剤耐性細菌(MRSA,VRE)に有効な新規抗生物質の開発, 内海 龍太郎
  • 農業・食品産業技術総合研究機構, 生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業, 環境調和を考慮した細菌情報伝達阻害型薬剤の開発, 内海 龍太郎