KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

楠 正暢クスノキ マサノブ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 人間環境デザイン工学科 / 生物理工学研究科
職名教授/自己点検・評価委員会委員長
学位博士(工学)
専門電子工学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/568-kusunoki-masanobu.html
ホームページURLhttp://www.waka.kindai.ac.jp/tea/kusu/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    電子デバイスを作製するための微細加工技術をバイオマテリアルに適用して、バイオ、医療分野等で用いられる機器の研究を行っています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1996年, 名古屋大学大学院, 工学研究科, 電子工学専攻
  •  - 1991年, 名城大学, 理工学部, 電気電子工学科

経歴

  •   2015年, 近畿大学(教授)
  •   1996年,  - 2003年, 山形大学 助手
  •   1999年,  - 2000年, ライプツイヒ大学 招聘研究員
  •   2003年,  - 2005年, 近畿大学 講師
  •   2005年,  - 2011年, 近畿大学(助教授・准教授)
  •   2011年,  - 現在, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 電気電子工学, 計測工学
  • 材料工学, 構造・機能材料
  • 電気電子工学, 電子デバイス・電子機器
  • 材料工学, 無機材料・物性
  • 人間医工学, 医用生体工学・生体材料学
  • 歯学, 歯科医用工学・再生歯学
  • 電気電子工学, 電子・電気材料工学
  • 歯学, 補綴系歯学
  • 健康・スポーツ科学, 応用健康科学
  • 人間医工学, 生体医工学・生体材料学
  • ナノ・マイクロ科学, マイクロ・ナノデバイス
  • 電気電子工学, 電子・電気材料工学
  • 電気電子工学, 電子デバイス・電子機器
  • 電気電子工学, 計測工学

研究キーワード

  • 超伝導フィルタ, ハイドロキシアパタイト, ナノワイヤ, 高温超伝導, 単一光子検出, 高周波表面抵抗, 高分解能測定法, サファイア, 超伝導, 歯科治療・予防素材, 誘電損, センシングデバイス, 単一磁束量子, 結晶化, インターフェース, フッ化アパタイト, 移動体通信基地局, ミリ波, Q値, ナノブリッジ, 超伝導アンテナ, YBCO薄膜, アパタイト, レーザーアブレーション, ナノテクノロジー, 生体材料, 生物・生体工学, バイオセンサ, 表面抵抗, 水晶子マイクロバランス, マイクロ波, デバイスプロセス, バイオデバイス

論文

  • Pulsed laser deposition of pure fluoroapatite film without OH groups, 楠 正暢, Crystal Research and Technology, 51, 3, 215, 219,   2016年03月, 査読有り
  • Demonstration of extremely narrow and long nanowire composed of high temperature superconductor, KOTANI Katsumi, MIYAKE Tomoki, YAMASHITA Taro, MIKI Shigehito, TERAI Hirotaka, KUSUNOKI Masanobu, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, 36, 1, 7,   2015年09月30日
  • Evaluation of dentin tubule sealing rate improved by attaching ultrathin amorphous calcium phosphate sheet, KATO NOBUHIRO, ISAI ARATA, YAMAMOTO EI, NISHIKAWA HIROAKI, KUSUNOKI MASANOBU, YOSHIKAWA KAZUSHI, YASUO KENZO, YAMAMOTO KAZUYO, HONTSU SHIGEKI, Key Eng Mater, 631, 258, 261,   2015年01月01日, 査読有り
    概要:© (2015) Trans Tech Publications, Switzerland. Dentin hypersensitivity is induced by mechanical stimuli or heat stimuli applied via dentin tubules exposed by lost of dental enamel or gingival recession. Common treatments for dentin hypersensitivity are resin coating or laser irradiation. However, these treatments have some problems such as poor biocompatibility or insufficient durability. We have been developing a treatment that creates artificial tooth enamel by attaching flexible ultrathin calcium phosphate sheet having a crystal structure similar to that of tooth enamel to seal the dentin tubules. In this study, the quantitative evaluation of dentin tubule sealing rate improved by attaching ultrathin amorphous calcium phosphate (ACP) sheet on human dentin is presented. The obtained sealing-rate by APC sheet application was 70.9 ±4.8%.
  • A novel membrane-type apatite scaffold engineered by pulsed laser ablation, HASHIMOTO YOSHIYA, NISHIKAWA HIROAKI, KUSUNOKI MASANOBU, LI PEIQI, HONTSU SHIGEKI, Dent Mater J, 34, 3, 345-350 (J-STAGE), 350,   2015年01月01日, 査読有り
    概要:© 2015, Japanese Society for Dental Materials and Devices. All rights reserved. Cell sheet technology is a scaffold-free method for tissue reconstruction. A sheet-shaped scaffold would be suitable for the regeneration of periodontal membrane. We designed a stem cell sheet combining human mesenchymal stromal cells (hMSCs. and a 10-μm thick biological apatite (BAp. membrane fabricated with an ArF pulsed laser ablation for periodontal regeneration. X-ray diffraction showed that crystalline hydroxyapatite (HAp. was present in BAp and HAp membranes after post-annealing. Energy dispersive analysis of the BAp membrane revealed peaks of Na and Mg in addition to Ca and P. Approximately 3×104 hMSCs were cultured on BAp and HAP membranes for 7 and 14 days. From in vitro assays, hMSCs grew faster and had higher osteoblast differentiation when cultured on the BAp membrane than did the cell culture on the HAp membrane. Stem cell sheets combined with a BAp membrane may have potential applications in guided bone regeneration and osteoconductive scaffolds.
  • 汎用モーションセンサを用いた高齢者のADL評価システムの試み, 小濱剛, 楠正暢, 岡田壮市, 竹島伸生, 体力科学, 64, 12, 12,   2015年, 査読有り
  • Preparation of [100] oriented SrTiO3 thin films on flexible polymer sheets, Hiroaki Nishikawa, Yusuke Morita, Masanobu Kusunoki, Shigeki Hontsu, Hidekazu Tanaka, Tamio Endo, Japanese Journal of Applied Physics, 53,   2014年01月01日
    概要:In this study, we prepared a uniaxially oriented oxide on a flexible polymer substrate. We first grew [100] oriented SrTiO3 (STO) on a MgO(100) substrate. After bonding the STO film to a poly(ethylene naphthalete) (PEN) sheet with a photoresist, we etched the MgO substrate with a phosphoric acid solution to transfer the oxide film to the PEN sheet. The thin (300 nm) STO films did not crack after release, even after bending the sheet around a rod with a 1cm radius, while the thicker (800 nm) films did. Ultimately, this process could be adapted to prepare a flexible epitaxial oxide. © 2014 The Japan Society of Applied Physics.
  • In vitro response and adhesive strength of titanium and hydroxyapatite bilayer-films on polyetheretherketone substrate, HAYAMI TAKASHI, KUSUNOKI MASANOBU, Key Eng Mater, 583, 51, 55,   2014年01月01日, 査読有り
    概要:In order to impart both osseointegration and osteoconduction characteristics onto extruded pure polyetheretherketone (PEEK) for use as an artificial bone material, the surface of the PEEK was sputter-coated with a thin bilayer-film consisting of a commercially pure titanium (Ti) layer with a thickness of 90 nm and a hydroxyapatite layer with a thickness of 200 nm derived from simulated body fluid (SBF-HA). A specimen of PEEK coated only with Ti was used in peeling tests to determine the adhesive strength of the interface between the two materials, which was found to be 2.55 ± 0.45 MPa. Tensile tests were also carried out, and it was found that no exfoliation of the Ti film occurred until an ultimate strain of 129% was reached. In a cell culture test using mouse osteoblast on the bilayer-coated PEEK, cell proliferation following 168 h of culturing was 1.3 times higher on the SBF-HA than on synthetic hydroxyapatite, and 2.4 times higher than that on the Ti-coated PEEK. In addition, the proliferation on the Ti-coated PEEK was 2.1 times higher than that on uncoated PEEK. © (2014) Trans Tech Publications, Switzerland.
  • Control of crystallinity of hydroxyapatite sheet, M. Kusunoki, T. Matsuda, N. Fujita, Y. Sakoishi, R. Iguchi, S. Hontsu, H. Nishikawa, T. Hayami, Key Engineering Materials, 583, 47, 50,   2014年01月01日, 査読有り
    概要:A technique to control the crystallinity of hydroxyapatite (HA) was investigated for applications such as dentistry, regenerative medicine, cell culture scaffolding, and bio-sensors. An amorphous HA film was first produced by pulsed laser deposition. After deposition, it was separated from a substrate as a free-standing sheet. Annealing was then performed to control the crystallinity of the sheet. It was found that conventional annealing in an electric oven was not suitable for HA sheets, because it led to curling and cracking. Since such problems were assumed to be caused by thermal stress, annealing was next carried out with the HA sheet enclosed in HA powder in the center of a metal capsule. This method allowed annealing to be successfully carried out without causing any curling or cracking. Uniform pieces with dimensions of 10 mm × 10 mm cut from a large HA sheet were annealed at temperatures of 200 to 800 °C and then examined using X-ray diffraction. It was found that the intensity of the diffraction peaks associated with crystalline HA changed with annealing temperature, and that the strongest peaks were observed for the sample annealed at 500 °C. These results indicate that the crystallinity of the HA sheet can be controlled using the proposed method. © (2014) Trans Tech Publications, Switzerland.
  • Preparation of [100] oriented SrTiO3 thin films on flexible polymer sheets, Hiroaki Nishikawa, Yusuke Morita, Masanobu Kusunoki, Shigeki Hontsu, Hidekazu Tanaka, Tamio Endo, Japanese Journal of Applied Physics, 53, 5S1, 05FB06.1-05FB06.4,   2014年05月, 査読有り
  • Er:YAGレーザーを用いたハイドロキシアパタイト膜の形成, 本津茂樹, 加藤暢宏, 山本衛, 吉川一志, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, バイオインテグレーション学会誌, 4, 1, 65, 69,   2014年07月31日, 査読有り
  • C-Axis-Oriented Hydroxyapatite Film Grown Using ZnO Buffer Layer, SAKOISHI YASUHIRO, IGUCHI RYO, NISHIKAWA HIROAKI, HONTSU SHIGEKI, HAYAMI TAKASHI, KUSUNOKI MASANOBU, Appl Phys Express, 6, 11, 115501.1-115501.3,   2013年11月25日, 査読有り
  • Adhesive strength between flexible hydroxyapatite sheet and tooth enamel, E. Yamamoto, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa, S. Hontsu, Key Engineering Materials, 529-530, 522, 525,   2013年01月01日, 査読有り
    概要:Tooth enamel cannot be reconstructed once it is destroyed immoderately. Hydroxyapatite (HAp) thin sheet can potentially be used for a novel dental biomaterial to repair the enamel. Using a pulsed laser deposition (PLD) method, we have successfully created a flexible HAp sheet of less than a few micrometers in thickness. Due to its flexibility, the HAp sheet is tightly adhered on curved surfaces at the target site. In the present study, we newly developed double-layered sheets composed of HAp film coated with tricalcium phosphate (TCP) thin layer. The HAp/TCP sheet was adhered to the extracted human teeth using a calcium phosphate solution for 3 days. The adhesive strength between the HAp/TCP sheet and tooth enamel was evaluated by quasi-static tensile tests. Moreover, the interface structure between them was observed by a scanning electron microscopy. As a result of the mechanical evaluation, the adhesive strength was greater than approximately 2.5 MPa. The electron microscopic observation revealed that the sheet was partially fused with the enamel. These findings suggest the possibility that enamel defects are repaired using the HAp/TCP sheet for a short duration. © (2013) Trans Tech Publications, Switzerland.
  • レーザーアブレーション法を用いたフッ素化アパタイト薄膜の作製とin vitro評価, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, Journal of bio-integration, Journal of bio-integration, 3, 1, 67, 70,   2013年09月30日, 査読有り
  • レーザーアブレーション法により作製したハイドロキシアパタイト薄膜の圧電性の評価, 西垣 勉, 西川 博昭, 楠 正暢, Journal of bio-integration, 3, 71, 74,   2013年, 査読有り
  • 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第2報), 本津茂樹, 吉川一志, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世, 日本歯科理工学会誌, 32, 125,   2013年, 査読有り
  • Fabrication of very thin high-temperature-superconducting films required for high-sensitivity optics/superconductivity converters, Daisuke Ito, Katsumi Kotani, Tomoki Miyake, Hiroaki Nishikawa, Shigeki Hontsu, Masanobu Kusunoki, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, 132, 1722, 1726,   2012年, 査読有り
  • Fabrication of Hydroxyl Apatite Coating Titanium Web Scaffold Using Pulsed Laser Deposition Method, HONTSU SHIGEKI, HASHIMOTO YOSHIYA, YOSHIKAWA YOSHIHIRO, KUSUNOKI MASANOBU, NISHIKAWA HIROAKI, AMETANI AKIHIRO, J Hard Tissue Biol, 21, 2, 181-188 (J-STAGE), 188,   2012年06月19日, 査読有り
    概要:To develop an improved surface conformation of titanium web (TW) scaffold, we examined the in vitro and in vivo biocompatibility of a thin hydroxyapatite (HA) deposited by pulsed laser ablation. Thin HA film was deposited on titanium discs using an pulsed laser operating at a repletion rate of 10 Hz and annealed by heating at 380°C for 1 h. The presence of HA not only along the surface but also in the TW inner region was confirmed by the elementary mapping of calcium, phosphorous, and titanium. X-ray diffraction pattern showed that crystalline HA was present in the HA coating. Microscopic images after actin staining with rhodamine phalloidin revealed that the spread of clonal stromal cells was markedly greater on HA coating than on untreated TW. When infused with clonal stromal cells, the HA-coated TW could indeed generate bone formation in the backs of nude mice. However, the appearance of new bone was not enhanced by the HA coating, likely because air in the porous scaffold during cell loading reduces the cell-scaffold contact. Mild vacuum loading techniques might enable differences of osteo-differentiation between HA-coated TW and non-coated TW to emerge. © 2012 The Hard Tissue Biology Network Association Printed in Japan, All rights reserved.
  • Regeneration of tooth enamel by flexible hydroxyapatite sheet, S. Hontsu, N. Kato, E. Yamamoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa, Key Engineering Materials, 493-494, 615, 619,   2012年01月01日, 査読有り
    概要:Before a tooth erupts, the ameloblasts are lost, which means that the tooth enamel does not regenerate itself after tooth eruption. In the present study, we attempt to regenerate the tooth enamel artificially using a flexible hydroxyapatite (HAp) sheet. First, a HAp film was deposited on a soluble substrate by pulsed laser deposition (PLD) using an ArF excimer laser. Next, the HAp film was collected as a freestanding sheet by dissolving the substrate using a solvent. The HAp sheet was adhered to the extracted human teeth using a calcium phosphate solution. The variation of the crystal structure of the HAp sheet with time was investigated by X-ray diffraction analysis. Furthermore, the variation in the mechanical characteristics with time between the HAp sheet and dental enamel were evaluated using tensile and scratch tests. The results suggest that the HAp sheet became fused to the tooth enamel within approximately one week. © (2012) Trans Tech Publications.
  • 光/超伝導変換デバイスの感度向上を目的とした極薄高温超伝導膜の作製法の研究, 伊藤大介,小谷克己,三宅智貴,西川博昭,本津茂樹,楠正暢, 電気学会論文誌C, 11, 1722, 1726,   2012年, 査読有り
  • アパタイト薄膜の形成とバイオセンサへの応用, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学, Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学, 19, 361, 504, 510,   2012年11月01日, 査読有り
  • 極薄アパタイトシートを用いた象牙質上への人工エナメル質形成, 本津茂樹, 吉川一志, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世, 日本歯科理工学会誌, 31, 445,   2012年, 査読有り
  • アパタイト薄膜被覆生体吸収性高分子メンブレンの作製とその評価, 本津茂樹, 樋口裕一, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 小正裕, バイオインテグレーション学会誌, 2, 119, 123,   2012年, 査読有り
  • 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第1報), 本津茂樹, 吉川一志, 松田太陽, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世, 日本歯科理工学会誌, 31, 112,   2012年, 査読有り
  • Control of Ca/P ratio of hydroxyapatite thin film by pulsed laser deposition, H. Nishikawa, R. Yoshikawa, H. Nakajima, M. Kusunoki, T. Hayami, S. Hontsu, 24th European Conference on Biomaterials - Annual Conference of the European Society for Biomaterials,   2011年, 査読有り
  • Restoration and conservation of dental enamel using a flexible apatite sheet, S. Hontsu, K. Yoshikawa, N. Kato, Y. Kawakami, T. Hayami, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yamamoto, Journal of the Australian Ceramic Society, 47, 11, 13,   2011年03月28日, 査読有り
    概要:A freestanding hydroxyapatite (HAp) sheet of 5 ∼ 10 μm thickness was successfully prepared by a novel method. After depositing the thin HAp film on a soluble substrate by pulsed laser deposition (PLD) technique, the HAp film was collected as a freestanding sheet by dissolving the substrate using a solvent. Thereafter, HAp sheets were directly attached to enamel and dentin surfaces of extracted human teeth. Artificial saliva was sprayed every third day, and the course was observed for 90 days. Observation of the enamel-HAp and dentin-HAp interface by scanning electron microscopy revealed that the HAp sheet had stuck to the enamel and dentin surface.
  • Osteoconduction of a stoichiometric and bovine hydroxyapatite bilayer-coated implant, Hayami. T, Hontsu. , Higuchi. Y, Nishikawa. H , Kusunoki. M, CLINICAL ORAL IMPLANTS RESEARCH, 7, 7, 774, 776,   2011年07月, 査読有り
  • Nanocapsules incorporating IgG Fc-binding domain derived from Staphylococcus aureus protein A for displaying IgGs on immunosensor chips, Masumi Iijima, Hiroyasu Kadoya, Satoko Hatahira, Shingo Hiramatsu, Giman Jung, Aaron Martin, John Quinn, Joohee Jung, Seong-Yun Jeong, Eun Kyung Choi, Takeshi Arakawa, Fumiyo Hinako, Masanobu Kusunoki, Nobuo Yoshimoto, Tomoaki Niimi, Katsuyuki Tanizawa, Shun’ichi Kuroda, Biomaterials, 2, 6, 1455, 1464,   2011年02月, 査読有り
  • Effects of Hydraulic-Resistance Exercise on Strength and Power in Untrained Healthy Older Adults, SUNGCHUL LEE, MOHAMMOD M. ISLAM, MICHAEL E. ROGERS, MASANOBU USUNOKI, AKIYOSHI OKADA, AND NOBUO TAKESHIMA, Journal of Strength & Order Conditioning Research, 4, 4, 1089, 1097,   2011年04月, 査読有り
  • アパタイト系材料の最新の話題―環境・電子応用から生体応用まで―レーザーアブレーション法によるアパタイト薄膜の形成とバイオセンサへの応用, 本津茂樹, 楠正暢, 西川博昭, セラミックス, 46, 745, 749,   2011年, 査読有り
  • レーザーアブレーション法によるアパタイト薄膜の形成とバイオセンサへの応用, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, セラミックス, 46, 745, 749,   2011年, 査読有り
  • フレキシブルアパタイトシートの歯科応用, 本津茂樹, 楠正暢, 西川博昭, 吉川一志, 機能材料, 31, 63, 68,   2011年, 査読有り
  • Fabrication of a Large Hydroxyapatite Sheet, KUSUNOKI MASANOBU, KAWAKAMI YOSHIAKI, MATSUDA TAIYO, NISHIKAWA HIROAKI, HAYAMI TAKASHI, HONTSU SHIGEKI, Appl Phys Express, 3, 107003.1-107003.3,   2010年10月01日, 査読有り
    概要:A large hydroxyapatite (HA) sheet of 50mm diameter was constructed using a new fabrication process. The HA sheet was prepared by pulsedlaser deposition (PLD) and then separated from the substrate. An intermediate layer of spin-coated photoresist between the PLD film and the substrate was dissolved in acetone to enable the separation. Sufficient crystallinity was obtained after postannealing. The area of the HA sheet prepared by the proposed process was approximately 20 times larger than that of the HA sheet prepared by the previous process. The proposed process can also be used for larger sheets. The HA sheet has promise in medical and dental applications. © 2010 The Japan Society of Applied Physics.
  • Characteristics of a humidity sensor using a Na-doped hydroxyapatite thin film, HONTSU SHIGEKI, NAKAMORI MASAYA, NISHIKAWA HIROAKI, KUSUNOKI MASANOBU, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, 26, 87, 91,   2010年09月30日, 査読有り
  • Micro-patterning technique for capillary blood vessels on Polytetrafluoroethylene substrate, KUSUNOKI MASANOBU, WADA TAKUTO, KANDA HIROTAKA, TOGO HIDETAKA, HAYAMI TAKASHI, HASHIMOTO YOSHIYA, NISHIKAWA HIROAKI, HONTSU SHIGEKI, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, 25, 1, 5,   2010年03月31日, 査読有り
  • Nerve cell patterning using polytetrafluoroethylene and poly-D-lysine, Masanobu Kusunoki, Yoshitaka Togo, Takuto Wada, Yoshiya Hashimoto, Yoshiya Hashimoto, Hiroaki Nishikawa, Shigeki Hontsu, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 129, 11, 2014-2018 (J-STAGE), 2018,   2009年11月01日, 査読有り
    概要:We developed a patterning technique for nerve cells that uses polytetrafluoroethylene (PTFE) and poly-D-lysine (PDL). The PDL layer on the PTFE substrate acted as a buffer for nerve cell adhesion, while Ar ion-irradiated areas on PTFE were used for separation of nerve cells. This structure was then used as a scaffold. A matrix circuit of nerve cells with dendrites or axons was subsequently observed on the scaffold after a week of cell culture. The Ar ion-irradiated area exhibited graphite or amorphous carbon, and PDL was detached from carbon grains by mechanical stress during cell culture. A possible explanation for the adhesion between PDL and PTFE is the van der Waals force. The stress between PDL/PTFE was reduced by the flexibility of PDL gel, which prevented separation of PDL from PTFE.
  • Efficacy of an Accelerometer-Guided Physical Activity Intervention in Community-Dwelling Older Women, D. Koizumi, N. L. Rogers, M. E. Rogers, M. M. Islam, M. Kusunoki, N. Takeshima, Journal of Physical Activity and Health, 6, 4, 467, 474,   2009年07月, 査読有り
  • ヒト間葉系幹細胞とハイドロキシアパタイトシートを組み合わせた新規骨再生誘導メンブレンの開発, 橋本典也, 谷中直樹, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 武田昭二, 日本再生歯科医学会誌, 7, 82,   2009年, 査読有り
  • polytetrafluoroethyleneとpoly-D-lysineを用いた神経細胞パターン作製法の検討, 楠正暢,東郷秀孝,和田拓士,橋本典也,西川博昭,本津茂樹, 電気学会論文誌C(Vol.129、No.11、p2014-2018), 11, 2014, 2018,   2009年, 査読有り
  • 極薄アパタイトシートの軟組織再生足場としての応用, 浅野弘樹, 東郷秀孝, 橋本典也, 楠正暢, 西川博昭, 速水尚, 本津茂樹, 再生医療, 8, 260,   2009年, 査読有り
  • Preparation of Freestanding Hydroxyapatite Membranes with Excellent Biocompatibility and Flexibility, NISHIKAWA Hiroaki, HATANAKA Ryota, KUSUNOKI Masanobu, HAYAMI Takashi, HONTSU Shigeki, Appl Phys Express, 1, 8, 088001.1-088001.3,   2008年08月25日
  • Preparation of Freestanding Hydroxyapatite Membranes with Excellent Biocompatibility and Flexibility, NISHIKAWA HIROAKI, HATANAKA RYOTA, KUSUNOKI MASANOBU, HAYAMI TAKASHI, HONTSU SHIGEKI, Appl Phys Express, 1, 088001.1-088001.3, 0880013,   2008年08月01日, 査読有り
    概要:Hydroxyapatite (HAp) is one of the most widely used materials for tissue culture scaffolding in regenerative medicine. To apply HAp as a suitable material for tissue culture scaffolding, we have developed freestanding HAp membranes that can be directly transplanted "as is" into a diseased site after tissue culturing. These freestanding HAp membranes are highly biocompatible, provide early cell proliferation and differentiation, and their flexibility allows some degree of configuration to the target site. This tissue culture scaffold is ideal from the standpoint of harvesting tissue and directly transplanting it to the diseased site. © 2008 The Japan Society of Applied Physics.
  • Cytocompatibility of calcium phosphate coatings deposited by an ArF pulsed laser, Y. Hashimoto, M. Kawashima, R. Hatanaka, M. Kusunoki, H. Nishikawa, S. Hontsu, M. Nakamura, Journal of Materials Science: Materials in Medicine, 19, 327, 333,   2008年01月01日, 査読有り
    概要:In the current studies, we deposited ultra-thin hydroxyapatite films on a pure titanium substrate by pulsed laser deposition, and we examined the effects of these surfaces on rat bone marrow (RBM) cells. This method allowed deposition of 500-, 2,000-, and 5,000-Å-thick hydroxyapatite films. X-ray diffraction showed that the amorphous films recrystallized to a hydroxyapatite crystal structure after annealing. The proliferation of RBM cells was unaffected by the hydroxyapatite films, but osteocalsin and alkaline phosphatase mRNA and protein levels were elevated in cells grown on 2,000- and 5,000-Å-thick films. These results indicate that ultra-thin hydroxyapatite films generated by pulsed laser deposition are better at promoting osteogenesis than pure titanium surfaces. © 2007 Springer Science+Business Media, LLC.
  • Muscle Strength And Power Differences In Healthy Versus Frail Older Adults, Lee, Sung Chul; Kusunoki, Masanobu; Watanabe, Motoo; Yamada, Tomomi; Takeshima, Nobuo; Rogers, Michael E., MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 5, S370, 5page,   2008年, 査読有り
  • エキシマレーザーアブレーション法によるアパタイト被覆三次元チタン繊維細胞足場の開発, 橋本典也, 吉川美弘, 浅野弘樹, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 池尾隆, 飴谷彰洋, 吉野和卓, 久保木義徳, 日本再生歯科医学会誌, 6, 56,   2008年, 査読有り
  • Evaluation of biological moleculer adsorption on hydroxyapatite and amorphus Ca 10(PO 4) 6(OH) 2 thin films using QCM method, Haruka Imai, Masanobu Kusunoki, Masanobu Kusunoki, Masanobu Kusunoki, Yoshiya Hashimoto, Yoshiya Hashimoto, Hiroaki Nishikawa, Hiroaki Nishikawa, Hiroaki Nishikawa, Shigeki Hontsu, Shigeki Hontsu, Shigeki Hontsu, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, 127, 11, 1839, 1842,   2007年12月01日, 査読有り
    概要:Biological molecular adsorption on crystal hydroxyapatite (HAp) and amorphous Ca 10(PO 4) 6(OH) 2 was investigated using quartz crystal microbalance (QCM) method. The pulsed laser ablation (PLA) was applied to coat both kind films for QCM sensors. A crystal HAp sensor was prepared with thermal treatment during the fabrication process. An amorphous Ca 10(PO 4) 6(OH) 2 sensor was prepared without any thermal treatment. Not only crystal HAp but amorphous Ca 10(PO 4) 6(OH) 2 showed good adsorptive feature compared with conventional QCM on the market. The result showed that a low temperature deposition of HAp is adaptable to polymer-based materials for medical purposes.
  • Cytocompatibility of calcium phosphate coatings deposited by an ArF pulsed laser, Y. Hashimoto, M. Kawashima, R. Hatanaka, M. Kusunoki, H. Nishikawa, S. Hontsu, M. Nakamura, Journal of Materials Science: Materials in Medicine, 18, 1457, 1464,   2007年07月01日, 査読有り
    概要:In the current studies, we deposited ultra-thin hydroxyapatite films on a pure titanium substrate by pulsed laser deposition, and we examined the effects of these surfaces on rat bone marrow (RBM) cells. This method allowed deposition of 500-, 2000-, and 5000-Å-thick hydroxyapatite films. X-ray diffraction showed that the amorphous films recrystallized to a hydroxyapatite crystal structure after annealing. The proliferation of RBM cells was unaffected by the hydroxyapatite films, but osteocalsin and alkaline phosphatase mRNA and protein levels were elevated in cells grown on 2000- and 5000-Å-thick films. These results indicate that ultra-thin hydroxyapatite films generated by pulsed laser deposition are better at promoting osteogenesis than pure titanium surfaces. © 2007 Springer Science+Business Media, LLC.
  • Imparting cell adhesion to poly(vinyl alcohol) hydrogel by coating with hydroxyapatite thin film, HAYAMI Takashi, MATSUMURA Kazuaki, KUSUNOKI Masanobu, NISHIKAWA Hiroaki, HONTSU Shigeki, Mater Lett, 61, 13, 2667, 2670,   2007年05月01日
    概要:To impart good cell adhesion to poly(vinyl alcohol) hydrogel (PVA-H) as an artificial articular cartilage, hydroxyapatite thin film 300 nm thick was deposited by a pulsed laser deposition technique on PVA-H, which has virtually no cell adhesion. A cell culture method was used to study the effect of hydroxyapatite deposition on PVA-H upon cell adhesion among mouse fibroblasts. The cell adhesion of water content 33% PVA-H coated with the amorphous hydroxyapatite film showed a maximum as high as that of commonly used tissue culture dishes. This technique was also effective for improving cell adhesion, even on a higher water content (53%) PVA-H. This is a novel technique to improve the biocompatibility and attachment of PVA-H and with the underlying bone and natural cartilage. © 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 地域在住虚弱高齢者の健康と機能的自立維持を目指すための運動方法に関する研究―能動的運動と受動的運動による筋力,筋パワーへの効果について―, 李成吉吉, 渡辺元夫, 小泉大亮, 長谷川龍一, 山田ともみ, 竹島伸生, 楠正暢, 体力科学, 56, 882,   2007年, 査読有り
  • Imparting cell adhesion to poly(vinyl alcohol) hydrogel by coating with hydroxyapatite thin film, HAYAMI TAKASHI, MATSUMURA KAZUAKI, KUSUNOKI MASANOBU, NISHIKAWA HIROAKI, HONTSU SHIGEKI, Mater Lett, 61, 2667, 2670,   2006年, 査読有り
  • Designing coplanar superconducting lumped-element bandpass filters using a mechanical tuning method, Shigeki Hontsu, Shigeki Hontsu, Shigeki Hontsu, Kazuyuki Agemura, Hiroaki Nishikawa, Masanobu Kusunoki, IEICE Transactions on Electronics, E89-C, 2, 151, 154,   2006年02月01日, 査読有り
    概要:A coplanar type lumped-element 6-pole microwave Chebyshev bandpass filter (BPF) of center frequency (f 0) 2.0 GHz and fractional bandwidth (FBW) 1.0 % was designed. For the design method, theory of direct coupled resonator filters using K-inverters was employed. Coplanar type lumped-element BPFs are composed of a meander-line L and interdigital C elements. The frequency response was simulated and analyzed using an electromagnetic field simulator (Sonnet-EM). Further, the changes in f 0 and FBW of the BPF were also realized by the mechanical tuning method. Copyright © 2006 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.
  • Reliability of Hydraulic Resistance Exercise Testing in Older Adults with and without Health Conditions, Lee, Sung Chul; Takeda, Hiroshi; Islam, Mohammod M.; Ueda, Ryouhei; Ueda, Ryouhei; Koizumi, Daisuke; Nasu, Eriko; Kusunoki, Masanobu; Takeshima, Nobuo; Rogers, Michael E., MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 5, S332, 5page,   2006年, 査読有り
  • サーキットトレーニングのための油圧式レジスタンスマシンによる運動計測システムの開発, 楠正暢、上田亮平、西川博昭、本津茂樹、李成?、小泉大亮、那須英里子、竹島伸生, 生理人類学会論文誌, 11, 191, 196,   2007年, 査読有り
  • QCM法によるハイドロキシアパタイト薄膜および非晶質Ca10(PO4)6(OH)2薄膜の生体関連分子吸着特性の評価, 今井晴香、楠正暢、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 電気学会論文誌C(Vol.127、No.11、p1839-1842), 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 11, 11, 1839, 1842,   2007年11月01日, 査読有り
    概要:Biological molecular adsorption on crystal hydroxyapatite (HAp) and amorphous Ca10(PO4)6(OH)2 was investigated using quartz crystal microbalance (QCM) method. The pulsed laser ablation (PLA) was applied to coat both kind films for QCM sensors. A crystal HAp sensor was prepared with thermal treatment during the fabrication process. An amorphous Ca10(PO4)6(OH)2 sensor was prepared without any thermal treatment. Not only crystal HAp but amorphous Ca10(PO4)6(OH)2 showed good adsorptive feature compared with conventional QCM on the market. The result showed that a low temperature deposition of HAp is adaptable to polymer-based materials for medical purposes.
  • 高齢者の身体活動向上を目指した加速度計の有効性―個人データフィードバックの意義―, 小泉大亮, 李成てつ, 那須英里子, 竹島伸生, 楠正暢, 体力科学, 55, 915,   2006年, 査読有り
  • 生体アパタイト超薄膜被覆インプラントの生体親和性, 本津茂樹, 川島将実, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 大橋芳夫, 樋口裕一, 橋本典也, バイオマテリアル, 24, 353, 360,   2006年, 査読有り
  • ハイドロキシアパタイトコート基材が神経分化誘導に及ぼす影響の検討, 竹原 俊幸, 畑中 良太, 楠 正暢, 西川 博昭, 橋本 典也, 本津 茂樹, 細井 美彦, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 18, 25, 29,   2006年, 査読有り
  • Protein Adsorption on Patterned Hydroxyapatite Thin Films Fabricated by Pulsed Laser Deposition, KUSUNOKI Masanobu, KAWASIMA Masami, NISHIKAWA Hiroaki, MORIMOTO Koichi, HAYAMI Takashi, HONTSU Shigeki, KAWAI Tomoji, Jpn J Appl Phys Part 2, 44, 8-11, L326-L327,   2005年03月10日
  • Mechanical tuning of superconducting lumped element filter, Shigeki Hontsu, Kazuki Iguchi, Kazuyuki Agemura, Hiroaki Nishikawa, Masanobu Kusunoki, IEEE Transactions on Applied Superconducty, 15, 15, 972, 975,   2005年06月01日, 査読有り
    概要:The tunable filter has variable center frequency (f 0) and variable bandwidth (BW) that can be adapted to software defined radio. In our mechanical tunable filter, capacitance of each element is changed by motion of dielectric plate that is located above the capacitive elements. The dielectric plates are moved by piezoelectric bimorph actuators. Tuning test of the f 0 in a cryocooler is performed using an actual superconducting filter fabricated with YBa 2Cu 3O y thin film deposited on an MgO (100) substrate. Taking into account of the effective change of parallel capacitance to ground plane by movement of dielectric plates above the element, we choose the coplanar wave guide type filter that has the ground plane on top side of the substrate. Suitable design of the mechanically tunable superconducting lumped element filter is discussed. © 2005 IEEE.
  • Protein Adsorption on Patterned Hydroxyapatite Thin Films Fabricated by Pulsed Laser Deposition, KUSUNOKI MASANOBU, KAWASIMA MASAMI, NISHIKAWA HIROAKI, MORIMOTO KOICHI, HAYAMI TAKASHI, HONTSU SHIGEKI, KAWAI TOMOJI, Jpn J Appl Phys Part 2, 44, 10, L326-L327,   2005年06月13日, 査読有り
    概要:Protein adsorption on hydroxyapatite (HAP) thin film was investigated before and after patterning. Hydroxyapatite thin film 100 nm thick was deposited by pulsed laser deposition. The film was patterned by photolithography and wet etching with HCI solution. Proteins (phospholyrase b, bovine serum albumin, and others) labeled with fluorescein isothiocyanate (FITC) were used as the reagent. After the HAP film was soaked in the reagent and washed with pure water, a conspicuous contrast in FITC was observed between the HAP pattern and the glass substrate (or photoresist). This behavior showed that the biocompatibility of the HAP thin film was not influenced by the patterning process. Our technique for HAP thin film is adaptable for applications involving biosensors as electronic devices and scaffolds for tissue culture. © 2005 The Japan Society of Applied Physics.
  • 生体アパタイト超薄膜被覆インプラントの生体親和性, 本津 茂樹, 川島 将実, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 大橋 芳夫, 樋口 裕一, 橋本 典也, バイオマテリアル : 生体材料 : Journal of Japanese Society for Biomaterials, 24, 353, 360,   2005年, 査読有り
  • レーザーアブレーション法を用いた生体アパタイト薄膜の細胞適合性評価(in vitro), 橋本典也, 畑中良太, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 中村正明, 歯科材料・器械, 24, 353,   2005年, 査読有り
  • Error in surface resistance originating from the dielectric loss of the parallel-plate dielectric resonator using the two-resonators method, M. Kusunoki, H. Nishikawa, S. Hontsu, PHYSICA C, 412-414, 414, 1524, 1527,   2004年10月01日, 査読有り
    概要:An error in surface resistance (Rs) originating from the dielectric loss (tanδ) of the parallel plate dielectric resonator using the two-resonators method is investigated. In the two-resonators method, the error in Rs(ΔRs) due to the difference in tanδ(Δtanδ) between the TE011 and TE01n mode rods is examined, considering the actual scattering of values of tanδ among sapphire rods. Taking this scattering into account, the projected value of ΔRs cannot be disregarded for general Rs values (about 0.1 mΩ) of HTS films. As a comparative simulation, the case of a single resonator was also considered where the tanδ is neglected in the estimate of Rs. Due to the uncertainty and complexity in the two-resonators method, this method is not so superior to the single-rod resonator measurement by neglecting tanδ at higher resonance frequency. © 2004 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Surface resistance of YBa2Cu3O7-δ thin films on MgO lattice-matched BaZrO3 buffer layers, Masashi Mukaida, Yuya Yamazaki, Yuki Shingai, Sayoko Makino, Masanobu Kusunoki, Atsushi Saito, Shigetoshi Ohshima, Superconductor Science and Technology, 17, 337, 341,   2004年03月01日, 査読有り
    概要:The growth and characterization of a BaZrO3 buffer layer for controlling the in-plane orientation of YBa2Cu3O7-δ films grown on MgO substrates is described. BaZrO3 buffer layers and YBa2Cu3O7-δ films are grown by pulsed laser deposition. 45° grain boundaries typically exist in YBa2Cu3O7-δ films grown on MgO(001) substrates; these are fatal defects for microwave device applications and are eliminated using the BaZrO3 buffer layer. The preferred orientation and in-plane orientation with respect to the MgO substrates are estimated for MgO lattice-matched BaZrO3 buffer layers grown on MgO substrates. YBa2Cu3O7-δ films grown at an optimum growth temperature of 710°C on BaZrO3 buffer layers on MgO(001) substrates show a lower surface resistance (RS) than those on MgO(001) substrates without BaZrO3 buffer layers.
  • Effect of surface needles on microwave surface resistance in Tl(Ba, Sr)2Ca2Cu3Oy superconductor films on a LSAT substrate, A. Sundaresan, A. Sundaresan, H. Asada, H. Asada, H. Kito, H. Kito, Y. Tanaka, Y. Tanaka, A. Iyo, A. Iyo, M. Kusunoki, S. Ohshima, Superconductor Science and Technology, 17, 350, 353,   2004年03月01日, 査読有り
    概要:Epitaxial thin films of a Tl(Ba, Sr)2Ca2Cu3Oy (Tl-1223) superconductor with a thickness of 5000 Å were grown on a moderate dielectric constant (ε = 23.8) substrate (LaAlO3)0.3(Sr2AlTaO6)0.7 (LSAT) in order to study the miniaturization of a superconducting thin film microwave filter. For the annealing conditions followed in this work, we observed two kinds of surface morphology: both of them have a large plate-like morphology with pits but they differ from each other by the presence of needle shaped (a-axis-oriented) grains on top of the plate-like surface. The superconducting transition temperature (Tc) and critical current density (Jc) for both kinds of films (with and without needles) are about 108 K and ∼0.8 MA cm-2 at 90 K, respectively. However, the values of the temperature dependence of the microwave surface resistance (Rs) of the films with needles are about one order higher than those for the films without needles, due to the absorption of microwaves by a-axis-oriented needles. The value of Rs for the films without needles at 90 K and 10 GHz is 507 μΩ, which satisfies the requirement for microwave device applications with high performance.
  • Buffer layers for TFA-MOD YBa2Cu3O7? d films on MgO substrate, M. Mukaida, M.Miura, T.Araki, Masanobu Kusunoki,A.Saito, S. Ohshima, I. Hirabayashi, K.Tanabe, Institute of Physics Conference Series, 12, 1514, 1519,   2004年, 査読有り
  • エキシマレーザーアブレージョン法を用いたハイドロキシアパタイトコートQCMセンサーの開発, 橋本典也, 楠正暢, 川島将実, 西川博昭, 本津茂樹, 中村正明, 歯科材料・器械, 23, 328,   2004年, 査読有り
  • Rs measurement of HTS films in millimeter wave region using dielectric resonator method, M. Kusunoki, M. Kusunoki, M. Inadomaru, D. Kousaka, S. Ohshima, K. Aizawa, M. Mukaida, PHYSICA C, 392-396, 392, 1241, 1244,   2003年10月01日, 査読有り
    概要:The parallel plate dielectric resonator was applied to surface resistance (Rs) measurement of high temperature superconducting films with small area for the purpose of material research in early stage. Using 38 GHz resonance of TE013 mode, available measurement area in the film was diameter of 9 mm. From the theoretical calculation, the measurement at higher frequency had an advantage of less error in Rs that is caused by dielectric loss tangent (tan δ). The effect of dielectric loss is negligible at 38 GHz even using a sapphire with order of 10-7 of tan δ. In lower Rs region, Rs values of YBa 2Cu3Oy that were measured at 38 GHz agreed well with that of standard measurement method at 22 GHz. However the difference of Rs between two methods became larger with increase of R s. It is owing to poor signal to noise ratio at higher frequency. © 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Fabrication and characterization of a CeO2 buffer layer on c-plane and tilt-c-plane sapphire substrates, M. Shirakawa, J. Unno, K. Aizawa, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, Physica C: Superconductivity and its Applications, 392-396, 1346, 1352,   2003年10月01日, 査読有り
    概要:We have examined in-plane orientation of CeO2 buffer layers on c-plane and tilt-c-plane sapphire substrates. The tilt angles are 5°, 10° and 15°, which are defined as the angles between the c-plane and the surface planes of the sapphire substrates (called 5°, 10°, 15° tilt-c-plane substrates). The films were prepared by inductively coupled plasma sputtering. The in-plane orientation of the films was measured using X-ray φ-scan. φ-scan peaks of films fabricated on c-plane substrates appeared every nπ/6 or nπ/12 (n: integer), showing 12-fold or 24-fold symmetry. The in-plane orientation is influenced by the hexagonal symmetry of the sapphire c-plane. The degree of film orientation depends on the substrate temperature during preparation. On the other hand, we found weak 4-fold symmetry for films fabricated on 10° and 15° tilt-c-plane substrates. This suggests that we can obtain CeO2 films with perfect 4-fold symmetry on tilt-c-plane sapphire substrates. © 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Relationship between the surface resistance and depairing current density of superconductors, Shigetoshi Ohshima, Shigetoshi Ohshima, Masanobu Kusunoki, Masanobu Kusunoki, Momoko Inadomaru, Masashi Mukaida, Yasutomo Tanaka, Yasutomo Tanaka, Hideo Ihara, Hideo Ihara, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 13, 3578, 3580,   2003年06月01日, 査読有り
    概要:We have examined the relationship between the surface resistance and the depairing current density of superconductors. From the two-fluid model and the relationship between the depairing current density and the thermodynamic critical field, we can show that the surface resistance is in inverse proportion to the depairing current density. We also experimentally examined the correlation between the surface resistance and the critical current density of YBCO thin films, and found that the surface resistance is in inverse proportion to the critical current density. The results mean that our theoretical analysis Is suitable for predicting the correlation between the surface resistance and the critical current density.
  • Preparation of Tl-2212 and Tl-1223 superconductor thin films and their microwave surface resistance, A. Sundaresan, H. Asada, H. Asada, A. Crisan, A. Crisan, A. Crisan, J. C. Nie, H. Kito, A. Iyo, Y. Tanaka, M. Kusunoki, S. Ohshima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 13, 2913, 2916,   2003年06月01日, 査読有り
    概要:Epitaxial Tl2Ba2CaCu2Oy and Tl(Ba,Sr)2Ca2 Cu3Oy thin films have been prepared on CeO2 buffered sapphire substrate by an ex situ process with high reproducibility. Microstructure analysis of the surface of the Tl-2212 films showed well connected and smaller sized grains of 1 μm or less. In the case of Tl-1223 film, plate-like crystals with pits and pin holes could be observed. The superconducting critical temperatures of both films are around 96 K. Critical current density measured by ac susceptibility technique is as high as 1 MA/cm2 at 77 K. The microwave surface resistance of these films was measured over a wide range of temperatures by a HTS-sapphire-HTS resonator method at 38 GHz on films with area 10 mm × 10 mm. The temperature dependence of surface resistance of Tl-2212 film follows very closely to that of the best YBCO films on MgO substrate, whereas the Tl-1223 exhibits slightly higher values resulting from an inferior surface morphology.
  • Correlation between vortex distribution and temperature in YBCO films and YBCO-QMG samples, Hironobu Yamada, Katsunari Moriai, Shinsuke Kanno, Keiji Aizawa, Masanobu Kusunoki, Masashi Mukaida, Shigetoshi Ohshima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 13, 3121, 3124,   2003年06月01日, 査読有り
    概要:We observed vortices with a modified Bitter method by evaporating nickel as the medium of decoration, in film and QMG (which are made with the quench-and-melt-growth method) YBa2Cu3 (YBCO) samples. The temperature range of observation was from 25 K to 90 K, and the external magnetic field was 2 ml. Consequently, we found that the vortex structures of these samples were stable from 25 K to near the critical temperature (∼90 K). The density of vortex was almost three times larger than that estimated from the external magnetic field. This suggests that the vortex motion may be hopping during nickel evaporation.
  • A simple test for high Jc and low Rs superconducting thin films, A. Sundaresan, A. Sundaresan, Y. Tanaka, Y. Tanaka, A. Iyo, A. Iyo, M. Kusunoki, S. Ohshima, Superconductor Science and Technology, 16,   2003年05月01日, 査読有り
    概要:A simple method, fishing high-Tc superconductor thin films out of a liquid nitrogen bath by a permanent magnet (field > Hc1), due to the effect of high flux pinning, has been suggested to identify films that have high critical current density (Jc > 106 A cm-2 at 77 K) and thus a low microwave surface resistance (Rs). We have demonstrated that a Nd-Fe-B magnet, having a maximum field of ∼0.5 T, could fish out Tl-1223 superconducting thin films on LSAT substrate with a thickness of ∼5000 Å having Jc > 1 MA cm-2 (at 77 K) whereas it could not fish out other films with Jc < 0.1 MA cm-2 at 77 K. The fished out films exhibit Rs values 237-245 μm at 77 K and 10 GHz, which is lower than that (Rs = 317 μm) of the commercially available YBCO film at the same temperature and frequency. On the other hand, the non-fishable films show very high Rs values. This method is a very simple tool to test for high Jc and good microwave properties of large area superconducting films which would otherwise require a special and expensive tool.
  • Preparation of Tl-2212 and -1223 superconductor thin films and their microwave properties, A. Sundaresan, A. Sundaresan, H. Asada, H. Asada, A. Crisan, A. Crisan, J. C. Nie, H. Kito, A. Iyo, Y. Tanaka, M. Kusunoki, S. Ohshima, PHYSICA C, 388-389, 473, 473, 474,   2003年05月01日, 査読有り
    概要:Tl2Ba2CaCu2Oy (Tl-2212) and Tl(Ba,Sr)2Ca2Cu3Oy (Tl-1223) superconductor thin films have been prepared on CeO2 buffered sapphire substrate by an ex situ process namely, amorphous phase epitaxy (APE) method. In the case of Tl-1223, an amorphous layer of TlSr2CaCu2Oy (TlSr-1212) was deposited on top of CeO2 layer to avoid chemical reaction between Tl-1223, containing Ba, and CeO2 layers. All films are epitaxial with smooth surface and excellent crystallinity. Superconducting transition temperatures (Tc) of Tl-2212 and 1223 are around 95 and 104 K, respectively. Critical current density (Jc) at 77 K measured on 5 × 5 mm films by inductive technique is as high as 2 MA/cm2. Surface resistance Rs of Tl-2212 films measured by a dielectric resonator technique at 38 GHz is comparable to the best YBCO films. © 2003 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • Surface resistance measurement of superconducting thin film using probe-coupling-type microstrip line resonator, Daisuke Okai, Masanobu Kusunoki, Masashi Mukaida, Shigetoshi Ohshima, Electronics and Communications in Japan, Part II: Electronics (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi), 86, 27, 35,   2003年04月01日, 査読有り
    概要:To design superconducting microwave receivers, the surface resistance of the superconducting thin film must be considered. Therefore, a highly accurate technique for measuring the surface resistance of superconducting thin films should be established. In this paper, we propose a probe-coupled microstrip line resonator as a technique for measuring the surface resistance of superconducting thin films. In the resonator technique, the surface resistance is calculated from Qu, the unloaded Q, of the resonator. Since the microstrip line resonator searches for an accurate surface resistance of the superconducting thin film, establishing a technique that accurately determines the Qu of the resonator is crucial. We measure the Qu values of resonators fabricated from metal and superconducting thin film by a probe-coupled microstrip line resonator and describe the accuracy of Qu measurement by the probe-coupled micro-strip line resonator and the repeatability of the surface resistance measurement of a superconducting thin film.
  • Demonstration of surface resistance mapping of large-area HTS films using the dielectric resonator method, M. Kusunoki, Y. Takano, K. Nakamura, M. Inadomaru, D. Kosaka, A. Nozaki, S. Abe, M. Yokoo, M. Lorenz, H. Hochmuth, M. Mukaida, S. Ohshima, Physica C: Superconductivity and its Applications, 383, 374, 378,   2003年01月01日, 査読有り
    概要:A scanning mapping technique of surface resistance (Rs) using the sapphire dielectric resonator was developed and demonstrated for a 3-inch-diameter YBa2Cu3Oy film. The area of the 3-inch film was divided by 5 × 5 mm grid for scan, resulting in 101 measurement points. Values of Rs in the film varied from 2.9 to 3.8 mΩ at 22 GHz and 77 K. The distribution of Rs corresponded to that of the critical current density. Sampling of quality factors at each point was performed using non-contact measurement between film and sapphire. Since the airtight chamber was filled with dry N2 gas to avoid film degradation by frost and water during the warming process, perfect non-destructive measurement is realized. Fluctuation of distance between the surface of film and dielectric rod was monitored by resonance frequency. Errors in Rs caused by the fluctuation were calculated within ±0.01 mΩ. Furthermore, the system could detect a small (0.3 mm × 0.5 mm) scratch defect as well as the gradient of film thickness on Ag film. This technique is effective for inspection of large-area high temperature superconducting films for microwave applications. © 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • マイクロ波デバイス用各種バッファ層上のYBa2Cu3O7-δ薄膜の結晶性, 向田昌志, 山崎裕弥, 新海優樹, 楠正暢, 松本要, 吉田隆, 一瀬中, 堀井滋, 斉藤敦, 低温工学, 38, 546, 553,   2003年, 査読有り
  • Observation of vortex distribution in YBCO-QMG samples and YBCO thin films, H. Yamada, K. Moriai, S. Kanno, K. Aizawa, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, Physica C: Superconductivity and its Applications, 378-381, 554, 559,   2002年10月01日, 査読有り
    概要:We have examined vortex distribution of YBa2Cu3O7-δ (YBCO, Y-123) films and YBCO-QMG samples. The vortices were observed by the Bitter method using the decoration of the fine magnetic particles. Observation of vortex distribution was done in the temperature range between 25 and 90 K in the magnetic field range between 0 and 10 mT. We found that vortices of YBCO films and YBCO-QMG samples did not move at 25 K and moved slightly at 75 K, and the interface of the Y2BaCuO5 (Y-211) and Y-123 phases of the YBCO-QMG sample works as pinning center. © 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • Control of grain size by initial growth stage of YBCO thin films, M. Mukaida, S. Sato, Y. Takano, M. Kusunoki, S. Ohshima, PHYSICA C, 378-381, 1232, 1232, 1235,   2002年10月01日, 査読有り
    概要:A grain size control technology will be described. YBa2Cu3O7-δ thin films are grown by a pulsed laser deposition method in 400 mTorr oxygen atmosphere. The films are grown by a self-template method with various self-template growth temperatures. However the temperature of the main YBa2Cu3O7-δ layer was fixed. Grain size of YBa2Cu3O7-δ thin films on MgO substrates are observed by atomic force microscope. Mean diameter of grains are calculated by the number of grains in scanned area of 1 × 1 μm2. The mean diameters are 2.49 × 102, 2.89 × 102, 4.047 × 102 and 4.192 × 102 nm for films with an initial layer growth temperature of 670, 690, 714 and 730 °C, respectively. Grain size is found to depend on the initial growth stage of the YBa2Cu3O7-δ thin film growth. These grain sizes have a strong relationship with the inverse of substrate temperature indicating thermally excited migration of YBa2Cu3O7-δ nuclei. It is also clarified that migration length of YBa2Cu3O7-δ nucleus is longer on an YBa2Cu3O7-δ films than on MgO substrates. © 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • Dielectric Loss Tangent of Sapphire Single Crystal Produced by Edge-defined Film-fed Growth Method, M. Kusunoki, M. Inadomaru, S. Ohshima, K. Aizawa, M. Mukaida, M. Lorenz, H. Hochmuth, PHYSICA C, 377, 313, 318,   2002年09月15日, 査読有り
    概要:We investigated the dielectric loss tangent (tan δ) of sapphire single crystals produced by edge-defined film-fed growth (EFG) method using a dielectric resonator with YBa2Cu3Oy (YBCO) films. Surface resistance (Rs) of the YBCO film was low enough to obtain high resolution of tan δ measurement. For comparison, tan δ of the sapphire prepared by the Czochralsky (Cz) method was also evaluated. Measurements of 14 sapphire rods showed that EFG sapphire tends to have lower tan δ than Cz sapphire, while defects in Cz crystal were 1/14-1/2 less than that in EFG crystal. It means that the number of defects does not influence tan δ, if the density of defects is within the order of 104/cm2. In most EFG sapphire the value of tan δ at 30 K was estimated to be <1.0 × 10-7. It is usable for Rs measurement of high critical temperature superconducting materials. © 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • The correlation of the critical current density and surface resistance of YBa2Cu3O7 thin films , S. Ohshima, S. Oikawa, T. Noguchi, M. Inadomaru, M. Kusunoki, M. Mukaida, H. Yamasaki, Y. Nakagawa, PHYSICA C, 372-376, 671, 674,   2002年08月01日, 査読有り
    概要:We have examined the correlation between the critical current density (Jc) and the surface resistance (R(s)) of an YBa2Cu3O7-δ (YBCO) thin film. YBCO films were prepared in an inductively coupled plasma sputtering system on MgO and BSO/MgO substrates. BaSnO3 (BSO) was used as a buffer material for the MgO substrates. Jc was determined by magnetic measurements, and Rs was measured using a sapphire rod resonator method. The correlation of critical current and surface resistance has been reported previously, however, there is few researches in which a systematic correlation of Rs and Jc using the same sample has been done. To begin with, we measured Rs by the dielectric resonator method, and next, Jc was measured using the magnetic field method. As a result, it was proven that there was a strong correlation between Rs and Jc. We found that the relationship between Jc and Rs (at 22 GHz) could be expressed by the following equation, Rs = 2.0 × 107Jc -1, where the unit of R(s) is the ohm, and the unit of Jc is A/m2. It was found that the relation was applicable in a wide temperature range under Tc. The value of the surface resistance can be estimated, if an accurate critical current is obtained. © 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • Superconducting antennas for telecommunication applications based on dual mode cross slotted patches , A. Cassinese, A. Cassinese, M. Barra, M. Barra, I. Fragal?, M. Kusunoki, G. Malandrino, T. Nakagawa, L. M S Perdicaro, K. Sato, S. Ohshima, R. Vaglio, PHYSICA C, 372-376, 500, 503,   2002年08月01日, 査読有り
    概要:Dual mode devices based on high temperature superconducting films represent an interesting class for telecommunication applications since they combine a miniaturized size with a good power handling. Here we report on a novel compact antenna obtained by crossing a square patch with two or more slots. The proposed design has an antenna size reduction of about 40% as compared to the conventional square patch microstrip antennas. Single patch antenna both with linear (LP) and circular (CP) polarization operating in the X-band have been designed and tested at prototype level. They are realized by using double sided (YBa 2Cu 3O 7-x) YBCO and Tl 2Ba 2Ca 1Cu 2O 8 (Tl-2212) superconducting films grown on MgO substrates and tested with a portable cryocooler. They showed at T = 77 K a return loss <25 dB and a power handling of 23 dBm. Exemplary 16 elements arrays LP antennas operating in the X band have been also realized by using YBCO film grown on 2″ diameter MgO substrate. © 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • Superconducting miniaturized antennas based on dual-mode cross-slotted patches, M. Barra, A. Cassinese, A. Cassinese, I. Fragal?, M. Kusunoki, G. Malandrino, T. Nakagawa, L. M S Perdicaro, K. Sato, S. Ohshima, R. Vaglio, Superconductor Science and Technology, 15, 581, 585,   2002年04月01日, 査読有り
    概要:The use of high-temperature superconducting films for the fabrication of antennas allows us to realize radiating structures that are small in size and have a very higher efficiency. In this paper, we investigate the properties of a novel compact antenna obtained by crossing a square patch with diagonal and transverse slots. Single patch antennas, with both linear and circular polarization operating in the X-band, with a size reduction of about 40% as compared to conventional square patches, have been designed and tested at prototype level. They have been realized by using double-sided YBa 2Cu 3O 7-x(YBCO) and Tl 2Ba 2Ca 1Cu 2O 8(Tl-2212) superconducting films grown on MgO substrates and have been measured using a portable cryocooler. At T = 77 K, the experimental scattering parameter, S11, agrees well with simulations, showing a power handling of 23 dBm for YBCO devices. The miniaturized patch antenna investigated has allowed us to realize a 4 × 4 array of linear polarization antennas at 11.5 GHz, using a YBCO film grown on a MgO substrate with a 2″ diameter, by considering a reduced interspace (more than 20%) between the elements. The far-field pattern and the 16-array gain are in good agreement with the simulated results.
  • Precise surface resistance measurements of YBa2Cu3Oy films with the dielectric resonator method, H. Obara, S. Kosaka, A. Sawa, H. Yamasaki, Y. Kobayashi, T. Hashimoto, S. Ohshima, M. Kusunoki, M. Inadomaru, Physica C: Superconductivity and its Applications, 357-360, 1511, 1515,   2001年09月01日, 査読有り
    概要:The surface resistance of high-Tc superconducting films at microwave frequencies was carefully measured by the dielectric resonator method using two sapphire rods. The dielectric resonator method is appropriate for the standard measurement of surface resistance at microwave frequencies. In the present work, we focused on asymmetry in coupling and the parasitic coupling effect which cause error in this method and discussed the precision and accuracy of the measurements. Finally, we report on a round robin test in which the observed surface resistances in three institutes gave good agreement. These results were reflected in the working draft of the International Electrotechnical Commission Technical Committee 90 (IEC/TC90). © 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • Ln dependence in Ln2CuO4 buffer layers of c-axis in-plane aligned a-axis oriented YBa2Cu3O7-δ thin film growth, M. Mukaida, M. Kusunoki, S. Ohshima, Physica C: Superconductivity and its Applications, 357-360, 1382, 1385,   2001年09月01日, 査読有り
    概要:Lanthanide (Ln) atom in Ln2CuO4 buffer layer dependence of c-axis in-plane aligned a-axis oriented YBa2Cu3O7-δ (YBCO) thin film growth is discussed and preferred orientation growth model of a bc-plane matched growth model is proposed. The c-axis in-plane aligned a-axis oriented YBCO thin films are very attractive from both the researches on the origin of high Tc superconductors and microelectronics device applications. However the c-axis in-plane aligned a-axis oriented films are difficult to grow. We have been proposing Ln2CuO4 buffer layers for the c-axis in-plane aligned a-axis oriented YBCO thin film growth. We have examined various Ln atoms in Ln2CuO4 buffer layers for the growth of YBCO thin films by pulsed laser deposition. From a lattice matching point of view, a Tb2CuO4 buffer layer is the best one for the c-axis in-plane aligned a-axis oriented YBCO thin films. However the result shows that the Nd2CuO4 and Tb2CuO4 buffer layer causes YBCO thin films with c-axis oriented portion about 35% and 32%, by X-ray diffraction peaks, which is much larger than those on Gd2CuO4 buffer layers (7.4%). The most promising Ln atom in Ln2CuO4 buffer layers for the growth of the c-axis in-plane aligned a-axis oriented YBCO thin films so far is Gd2CuO4 buffer layers or Eu2CuO4 buffer layers. © 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • Development of a miniaturized cooling system for HTS antennas and its seal-off property, K. Ehata, K. Sato, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, Y. Suzuki, K. Kanao, Physica C: Superconductivity and its Applications, 357-360, 1507, 1510,   2001年09月01日, 査読有り
    概要:Measured results and discussion on vacuum seal-off property of a cooling system for high-temperature superconducting antennas are reported. The cooling system was designed and fabricated and its cryogenic packaging was investigated. Vacuum seal-off tests were performed and high vacuum for thermal isolation could be kept for 25 days. On the cold stage of the system, some kinds of gas, including H2O and CO2, were adsorbed on a cold stage. © 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • Design of Cross-coupled Microstrip Bandpass Filter, T. Kinpara, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, PHYSICA C, 357-360, 1503, 1506,   2001年09月01日, 査読有り
    概要:High-temperature superconducting microwave filters were designed for the W-CDMA communication system. Frequency responses of the filters were calculated by the electromagnetic simulator "Sonnet-em". A cross-coupled 8-pole microstrip line filter shows 1.949 GHz of center frequency and 1.04% of transmission fractional bandwidth on the LaAlO3, and 1.950 GHz of center frequency and 1.02% of transmission fractional bandwidth on the Al2O3. © 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • Observation of vortices in the high-temperature superconductor, S. Kanno, T. Kawai, S. Satou, K. Aizawa, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohsima, S. Hayashi, T. Nishizaki, N. Kobayashi, PHYSICA C, 357-360, 625, 628,   2001年08月01日, 査読有り
    概要:We have observed vortices of the high-temperature superconductor using the Bitter technique. Hopping movement of vortices of Y-123 and Bi-2212 single crystal was observed in the temperature range of 50-90 K (Tc) by the thermal energy. We estimated pinning potential by migration length. The pinning potential, we have also observed the vortex pattern of Y-123 QMG sample including Y-211 phase. We found that vortex existed in the grain boundary of Y-211 and Y-123 phase. © 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • The effect of lattice matching between buffer layer and YBa2Cu3O7-δ thin film on in-plane alignment of C-axis oriented thin films, K. Chiba, S. Makino, M. Mukaida, M. Kusunoki, S. Ohshima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 11, 2734, 2737,   2001年03月01日, 査読有り
    概要:The effect of lattice matching between YBa2Cu3O7-δ (YBCO) films and buffer layers as well as between buffer layers and MgO substrates have been discussed from viewpoints of crystalline, critical temperature and surface resistance of YBCO films. SrSnO3(SSO) as well as BaSnO3 (BSO) were used as buffer materials. SSO has closer lattice constant to YBCO than BSO. YBCO films were grown on these materials at the optimal growth temperature by pulse laser deposition. The FWHM of φ-scan (102) plane of YBCO films on SSO buffer layers was smaller than that of YBCO films on BSO buffer layers. However the values of FWHM of 005 rocking-curve of YBCO films on BSO buffer layer were smaller than that of YBCO films on SSO buffer layer. The difference of surface resistance between YBCO film on BSO buffer layer and YBCO film on SSO buffer layer was very small indicating superconducting properties are not mainly governed by lattice mismatch at this region. We obtained the same values for c-axis length and critical temperature in YBCO films on these materials.
  • Relationship between the surface resistance and crystal orientation of YBa2Cu3O7-δ thin film, S. Ohshima, M. Kusunoki, M. Mukaida, T. Suzuki, K. Chiba, M. Inadomaru, Y. Takano, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 11, 3493, 3496,   2001年03月01日, 査読有り
    概要:We have examined the relationship between in-plane orientation, grain size, fluctuation of grain axis and surface resistance of YBa2Cu3O7-δ (YBCO) films. The surface resistance of YBCO films with a mixture of (100) and (110) in-plane grains was larger than that of the films with perfect in-plane orientation. The behavior of surface resistance could be explained by the degree of grain boundaries of (100) and (110) in-plane orientation. The surface resistance of YBCO films was proportion to the fluctuation of grain axis. It was also proven that surface resistance of high-temperature superconductors is affected by the critical current.
  • New surface resistance measurement technique of high-temperature superconductors using a probe coupling microstrip line resonator, D. Okai, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 11, 3078, 3081,   2001年03月01日, 査読有り
    概要:We have developed a new surface resistance (Rs) measurement technique of high-temperature superconductors using a probe coupling microstrip line resonator. In this technique, the probe coupling method is used to measure the Rs of superconductors without attaching any contacts to the superconductors. This paper reports the measurement process of the Rs of a superconducting fine-wire using this technique. The quality factors of the copper wires, gold fine-wire and the Bi-Sr-Ca-Cu-O whisker crystal were measured by the probe coupling resonator method. The measurement results revealed that this technique is feasible for the Rs measurement of the superconducting fine-wire.
  • Miniaturized cooling systems for HTS antennas, Katsufumi Ehata, Kazuaki Sato, Masanobu Kusunoki, Masashi Mukaida, Shigetoshi Ohshima, Yuichiro Suzuki, Ken Ichi Kanao, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 11, 111, 114,   2001年03月01日, 査読有り
    概要:Two types of miniaturized cooling systems for High-Temperature Superconducting (HTS) antennas were designed and built. In this paper, details of these systems, measured and simulated properties of patch antennas installed in these systems, and results of a seal-off trial for 1 month are reported. Both the systems had portable size and weight and could cool the HTS devices. When a patch antenna with resonant frequency of 4.9 GHz was installed in the 1st cooling system, the radiation pattern of the antenna was strongly focused in the forward direction. This is because the vacuum chamber in which the antenna was packaged influenced the microwaves radiated from the antenna. Due to this effect, the directive gain of the antenna was enhanced by 11.2 dB. In the 2nd system, a seal-off trial was carried out to investigate the airtight property that is necessary for thermal isolation. The temperature of the sample stage could be kept under the critical temperature of YBCO for 1 month without continuous vacuum pumping. The cooling systems developed in this work are expected to promote the practical use of HTS antennas.
  • High-quality Y-Ba-Cu-O thin films by PLD - ready for market applications, Michael Lorenz, Holger Hochmuth, Dieter Natusch, Masanobu Kusunoki, Vasily L. Svetchnikov, Vasily L. Svetchnikov, Volker Riede, Ioan Stanca, Gerhard K?stner, Dietrich Hesse, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 11, 3209, 3212,   2001年03月01日, 査読有り
    概要:Large-area pulsed laser deposition (PLD) has reached a state in terms of film quality and reproducibility which makes possible now real market applications of PLD-YBa2Cu3O7-δ (YBCO) thin films on both sides of R-plane sapphire substrates as HTSC devices in satellite and mobile communication systems. Bandpass filters optimized from PLD-YBCO thin films presently fulfill the requirements of the main national companies which are active in future communication techniques. A relatively simple PLD arrangement with fixed laser plume and rotating substrate, with an offset between the laser plume and the center of the substrate is employed to deposit laterally homogeneous 3-inch diameter Ag-doped YBCO thin films. With the experience of more than 1,000 double-sided 3-inch diam. films a high degree of homogeneity and reproducibility of jc and Rs is reached. The extension up to 8-inch substrate diameter will increase the productivity of the flexible PLD technique considerably.
  • Critical thickness of BaSnO3 buffer layer for YBa2Cu3O7-δ thin films on MgO substrates, K. Chiba, S. Makino, M. Mukaida, M. Kusunoki, S. Ohshima, Physica C: Superconductivity and its Applications, 349, 35, 39,   2001年01月01日, 査読有り
    概要:The critical thickness of BaSnO3 (BSO) buffer layer for YBa2Cu3O7-δ (YBCO) thin films on MgO substrate is discussed from viewpoints of the in-plane orientation and critical temperature. Thin films are grown by changing the thickness of BSO buffer layers at optimal growth temperature of YBCO films by pulse laser deposition. We are able to control the in-plane orientation of YBCO films with the BSO buffer layers thicker than 2 nm. This result indicates that BSO buffer layers can control the in-plane orientation of YBCO with a thickness less than the other buffer materials reported so far.
  • Strain Induced Synthesis of High Temperature Superconducting Thin films, M. Mukaida, Sayoko Makino, K.Chiba, M. Kusunoki, S. Ohshima , American Institute of Physics , 2, 512, 516,   2001年, 査読有り
  • プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法による超伝導薄膜の表面抵抗測定, 岡井 大祐, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス, 84, 1113, 1121,   2001年, 査読有り
  • Elimination of α-axis growth in YBa2Cu3O7-8 films on CeO2-buffered Al2O3, Katherine D. Develos, Katherine D. Develos, Masashi Mukaida, Masanobu Kusunoki, Shigetoshi Ohshima, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers, 39, 1116, 1120,   2000年12月01日, 査読有り
    概要:The elimination of α-axis orientation in YBa2Cu3O7-8 (YBCO) films grown on CeO2-buffered A12O3 for microwave devices was achieved through a two-step deposition process performed at different temperatures. The growth of α-axis-oriented YBCO film was considered to be due to the impediment of the adatom mobility by the surface roughness of the underlying buffer layer. For the initial layer, the deposition was carried out at a high temperature to increase surface mobility. Next, the deposition was performed at a lower temperature as necessary for optimum α-axis-oriented growth. By this method, only a α-axis-oriented film was obtained. The characteristic surface resistance Rs(T) values for this film were significantly lower than those with mixed c-and α-axis orientations. © 2000 Publication Board, Japanese Journal of Applied Physics.
  • Fabrication of low Rs YBCO films and its application to patch antennas, S. Ohshima, Y. Takano, Y. Takano, M. Mukaida, M. Kusunoki, K. Ehata, K. Chiba, T. Suzuki, M. Inadomaru, PHYSICA C, 341-348,   2000年11月01日, 査読有り
    概要:We have examined that how to reduce the surface resistance, Rs of YBCO films, and found that control of the in-plane alignment of the YBCO films was very important to realize that. The in-plane alignment of the YBCO films on MgO substrates could be controlled by the BaSnO3(BSO) buffer layers, and self-template method. We also examined YBCO patch antenna and its compact cooling system. The compact cooling system was easy to keep YBCO patch antennas in the superconducting state.
  • Optimum Configuration of the Antenna to the Dielectric Resonator to Measure the Accurate Surface of the HTS Films, M. Inadomaru, D. Kousaka, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 1069, 1071,   2000年, 査読有り
  • Microwave surface resistance of YBa2Cu3Oy thin films prepared by inductive coupled plasma sputtering, T. Suzuki, S. Sato, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 1048, 1050,   2000年, 査読有り
  • High temperature resistance of YBa2Cu3O7-δ films under various oxygen pressures, M. Mukaida, S.Oikawa, M. Kusunoki, S. Ohshima , Supercond. Sci. Technol. , 9, 9, 5, 9,   2000年09月01日, 査読有り
    概要:The electrical resistance of a c-axis-oriented YBa2Cu3O7-δ film is measured at elevated temperatures, under various values of oxygen pressure. The resistance shows a monotonic increase with substrate temperature up to around 450 °C, indicating little oxygen out-diffusion. Above this temperature, the rapid increase of the electrical resistance shows out-diffusion of oxygen from the film. As the temperature is increased, an abrupt drop occurs above a certain temperature (Tm) where the resistance indicates its highest value. Tm has an oxygen pressure dependence, which is similar to the oxygen pressure dependence of the orthorhombic-to-tetragonal transition line in an oxygen pressure-inverse of temperature phase diagram of YBa2Cu3O7-δ. From the observation of surface morphologies, the Tm is thought to be a sort of melting temperature where a partial melting of the YBa2Cu3O7-δ film occurs.
  • Fabrication of double-sided YBa2Cu3O7-d/BaSnO3 thin films by laser ablation, K. Chiba, D. Kousaka, M. Mukaida, M. Kusunoki, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 924, 926,   2000年, 査読有り
  • Effects of cation mixing on the growth of a-axis oriented NdBa2Cu3O7-δthin films’’ , M. Mukaida, J. Sugimoto, S. Sato, M. Kusunoki, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 957, 959,   2000年, 査読有り
  • Effect of Cavity’s Loss on the Measurement Accuracy of the Surface Resistance by Microstripline Resonatot Method’, D. Okai, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 1063, 1065,   2000年, 査読有り
  • New measurement technique of the surface impedance of superconductors using the probe-coupling type microstripline resonator, Daisuke Okai, Masanobu Kusunoki, Masashi Mukaida, Shigetoshi Ohshima, Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings, APMC, 3, 880, 883,   1999年12月01日
    概要:We have developed a probe-coupling type microstripline resonator method for accurate measurement of the surface impedance of superconductors. By this improved microstripline resonator method, the surface impedance can be measured without attaching any contacts to the film. This paper reports the accurate and reproducible measurement process of surface impedance using the probe-coupling type microstripline resonator. The surface impedance of a YBCO thin film was measured using this technique. The measured results revealed that this technique may be used for the accurate measurement of surface impedance.
  • Observation of Vortex Movement in Oxide Superconductors by Means of the Bitter Pattern Technique, Shigetoshi Ohshima, Akira Kamimura, Masanobu Kusunoki, IEEE Transaction on Applied Superconductivity, 9, 2,Pt.2, 2187, 2190,   1999年12月01日, 査読有り
    概要:The high-resolution Bitter pattern technique has been used to observe vortex movement of oxide superconductors, Bi2St2CaCu2Oz (BI2212). The Bitter pattern was observed in field-cooled (FC) and zero-field cooled (ZFC) experiments. We also examined vortex movement of the BI2212 single crystal in which transport current was applied parallel to the c plane, and a de magnetic field applied normal to the c plane at the Ni decoration. The Ni decoration pattern was observed using a scanning electron microscope (SEM) and an atomic force microscope ( AFM). Through observation of the Ni decoration pattern, we can identify vortex movement. The vortices moved into the sample on FC experiment, and the direction of vortex movement was approximately normal to the edge of the sample. We also found the vortex movement in a line under application of transport currents. They moved hopping among pinning centers due to Lorentz force. © 1999 IEEE.
  • Microwave Surface Resistance of YBCO Thin Films on Cerium Oxide Buffer, M. Kusunoki, T. Suto, D. Okai, Y. Takano, M. Mukaida, S. Ohshima, IEEE Transaction on Applied Superconductivity, 9, 2,Pt.2, 1932, 1935,   1999年12月01日, 査読有り
    概要:The effects of the crystallinity and surface roughness of CeOz buffer on It-plane A1}O3 substrate on the microwave surface resistance (RJ of YBBjCUjO YBCO) thin films are discussed. We estimated Rf from the transmission characteristics of the microstrip line resonator at 25 K and 6.7 GHz. X-ray diffraction (XRD) of 6-26 and -scan showed that CeO, was completely (OOl)-oriented and in-plane aligned crystal Four CeO: samples with different thicknesses were prepared nsing identical conditions except for the deposition time. The dependence of Rf on CeO, thickness was measured in the range from 10 nm to 200 nm. The value of Rt was minimum at CeO2 thickness of 100 nm. The dependence of A( vs CeO2 thickness was similar to that of the amount of a-axis domains against the thickness. The crystallinity of thin CeOj was poor because the lattice was strongly strained by A12O3. This affected the quality of the upper YBCO layer. In contrast, thick CeO2 had excellent crystallinity. However, for the thickness of more than 100 nm a drastic change in surface morphology was observed by atomic force microscopy (AFM). A number of projections appeared on the CeO,surface. These projections act as nucleation centers for the a-axis domains. © 1999 IEEE.
  • Examination on Power Handling Capability of Superconducting Patch Antenna (共著), Katsufumi Ehata, Mohamrnad Idris All, Masanobu Kusunoki, Shigetoshi Ohshima, IEEE Transaction on Applied Superconductivity, 9, 2,Pt.3, 3081, 3084,   1999年12月01日, 査読有り
    概要:Measured results of power handling capability characteristics of superconducting patch antenna and it's improvement are reported. A direct-fed patch antenna is fabricated by YBa2Cu3Oy, thin film with 50nm thickness. The gain of the antenna does not change with the applied power up to 26.3dBm at 12.3K, but drop of the gain is observed more than 26.5dBm. It is found by electromagnetic analysis that this gain drop occurs due to huge current concentration in the direct-fed patch. However, this current concentration can be reduced using the gap-coupled feed, and breakdown power is expected to be three times larger than that of direct feed. © 1999 IEEE.
  • In-plane orientation of C-axis oriented YBa2Cu3Ox films on MgO substrates, Masashi Mukaida, Yoshinobu Takano, Kazuaki Chiba, Masanobu Kusunoki, Shigetoshi Ohshima, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers, 38, 1945, 1948,   1999年12月01日, 査読有り
    概要:The appearance of 45° grain boundaries in c-axis oriented YBa2Cu3Ox films grown by pulsed laser deposition on MgO (001) substrates is discussed. X-ray φ-scan (in-plane orientation) measurements have revealed that YBa2Cu3Ox films grown at around 700°C have two types of grains with [100]Mgo ∥ [100]YBCO and [110]MgO ∥ [100]YBCO in-plane epitaxial relationships. A plausible growth model is proposed from the viewpoints of lattice matching and ionic adhesive energy. The ratio of 0° and 45° grains is found to be a function of the substrate temperature. By decreasing the substrate temperature, we obtained c-axis oriented YBa2Cu3Ox thin films with only a [100]Mgo ∥ [100]YBCO in-plane epitaxial relation. We have eliminated the 45° grain boundaries which drastically increase the surface resistance of the YBa2Cu3Ox films for microwave applications. ©1999 Publication Board, Japanese Journal of Applied Physics.
  • Fabrication and microstructure of all in-plane aligned A-Axis oriented superconductor/insulator/superconductor junctions, Masashi Mukaida, Masanobu Kusunoki, Shigetoshi Ohshima, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers, 38, 1370, 1374,   1999年12月01日, 査読有り
    概要:All in-plane aligned a-axis oriented YBa2Cu3Ox/Gd2CuO 4/YBa2Cu3Ox superconductor/insulator/superconductor (SIS) junction structures are fabricated by a pulsed laser deposition technique and their microstructures are characterized. An insulating barrier of Gd2CuO4 with an atomic graphoepitaxial relation is selected from a lattice-matching point of view for the b-and c-axes of YBa2Cu3Ox at a deposition temperature of the YBa2Cu3Ox films. Preferred orientations and in-plane alignments of electrodes of YBa2Cu3Ox films and barriers of Gd2CuO4 films are confirmed by X-ray diffraction spectroscopy and an X-ray φ-scan technique. X-ray diffraction measurements revealed that all the YBa2Cu3Ox/Gd2CuO 4/YBa2Cu3Ox films are a-axis oriented. The c-axes of the layers are also in-plane aligned. ©1999 Publication Board, Japanese Journal of Applied Physics.
  • Effect of surface impedance on the antenna properties in superconducting microstrip antenna, M. I. Ali, K. Ehata, M. Kusunoki, S. Ohshima, Physica C: Superconductivity and its Applications, 325, 143, 152,   1999年11月20日, 査読有り
    概要:The complex surface impedance (Zs) of a superconductor is comprised of two unequal components, surface resistance (Rs) and surface reactance (Xs). We have investigated the effects of Rs and Xs on the YBa2Cu3O7-x (YBCO) superconducting microstrip antenna properties (resonant frequency, input impedance, and gain) by theoretical analysis and experimentation. The antennas were fabricated from YBCO thin films on (100) MgO single crystal substrate at 11.7 GHz. The investigation of the antenna properties reveals that the Xs of the superconducting thin film mainly influences the antenna resonant frequency (fr) and has small influence on the antenna input impedance (Rin). On the other hand, Rs mainly affects the input impedance of the antenna. The antenna gain, and hence the efficiency, is found to be influenced by the film surface resistance. The antennas were characterized in the temperature range of 10-90 K. Possible influences of the substrate dielectric properties (permittivity, εr and loss tangent, tan δ) on the antenna properties were also considered in the investigation. © 1999 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • Design, fabrication, and characterization of patch antenna using superconducting thin film, Katsufumi Ehata, Masanobu Kusunoki, Shigetoshi Ohshima, Electronics and Communications in Japan, Part II: Electronics (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi), 82, 59, 69,   1999年11月01日, 査読有り
    概要:The surface resistance of superconductors is smaller than that of normal conductors by several orders of magnitude. Hence, a superconducting microwave device has lower loss and higher performance than a normal conducting one. Since the mobile communication systems have become popular and cryocoolers of small size and light weight have been fabricated in recent years, research activity on superconducting microwave devices has been enhanced. In this paper, the design, fabrication, and characterization of a patch antenna using a high-temperature superconducting thin film are reported. It is demonstrated that the superconducting patch antenna has higher gain than a normal conducting one. The temperature dependence of the resonant frequency, the input resistance, and the power handling properties are also discussed.
  • Effect of the CeO2 buffer layer thickness on the microwave properties of YBCO thin films, Katherine D. Develos, Masanobu Kusunoki, Masashi Mukaida, Shigetoshi Ohshima, Superconductor Science and Technology, 12, 11, 887, 889,   1999年11月01日, 査読有り
    概要:We have examined the effect of varying the CeO2 buffer layer thickness on the microwave surface resistance Rs and surface morphology of YBCO films deposited by pulsed laser deposition. Above the critical thickness value dc of CeO2 at approx. 90 nm, the surface roughness and areal density of outgrowths of the film increased significantly. The YBCO films grown on CeO2 with thickness less than dc were completely c-axis oriented and had lower c-axis lengths than those grown on CeO2 with thickness greater than dc. Rs measured via the sapphire dielectric resonator technique was significantly lower for the YBCO film grown on CeO2 with thickness less than dc. The increase in the Rs value when the buffer layer thickness is greater than dc is considered to be due to the increased surface outgrowths and presence of a-axis domains in the YBCO film. Changes in the microstructure and orientation of the YBCO films were found to be strongly influenced by the underlying CeO2 layer.
  • A new epitaxial BaSnO3 Buffer layer for YBaCu307-δthin films on MgO substrates (共著), M. Mukaida, Y. Takano, K. Chiba, T. Moriya, M. Kusunoki, S. Ohshima, Superconductor Science and Technology, 12, 11, 890, 892,   1999年11月01日, 査読有り
    概要:45° grain boundaries, which drastically increase surface resistance (RS) in superconducting YBa2Cu3O7-δ films for microwave devices on MgO substrates, are eliminated using a new buffer layer of BaSnO3. BaSnO3 buffer layers and YBa2Cu3O7-δ films are grown by ArF pulsed laser deposition. Epitaxial relationships among BaSnO3, YBa2Cu3O7-δ and MgO are confirmed by x-ray φ-scanning. The RS values of the YBa2Cu3O7-δ films are measured using a dielectric resonator with 22 GHz TE011 mode. The epitaxial YBa2Cu3O7-δ films grown on BaSnO3 buffered MgO substrates show lower RS than YBa2Cu3O7-δ films directly grown on MgO substrates. The BaSnO3 buffer layer which enables YBa2Cu3O7-δ films to grow without 45° grain boundaries at a optimum film growth condition is attractive for microwave applications.
  • The influence of in-plane 0-45°grain boundary on microwave surface resistance of c-axis YBa2Cu3Oy films on MgO substrate (共著), M. Kusunoki, Y. Takano, M. Mukaida, S. Ohshima, PHYSICAC, 321, 81, 85,   1999年, 査読有り
  • In-plane orientation control of c-axis oriented YBa2Cu3O7-δ films on MgO substrates by BaSnO3 buffer layers, Masashi Mukaida, Yoshinobu Takano, Kazuaki Chiba, Takuo Moriya, Masanobu Kusunoki, Shigetoshi Ohshima, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2: Letters, 38,   1999年08月01日, 査読有り
    概要:A new BaSnO3 buffer layer is proposed for controlling the in-plane orientation of YBa2Cu3O7-δ films grown on MgO substrates. BaSnO3 buffer layers and YBa2Cu3O7-δ films are grown by pulsed laser deposition. 45° grain boundaries in YBa2Cu3O7-δ films grown on MgO (001) substrates, which are fatal defects for microwave device applications, are eliminated using the BaSnO3 buffer layer. YBa2Cu3O7-δ films grown at an optimum growth temperature of 710°C on BaSnO3 buffer layers on MgO (001) substrates show lower surface resistance (RS) than those on MgO (001) substrates without BaSnO3 buffer layers.
  • Effect of deposition rate on the surface morphology of CeO2 films deposited by pulsed laser deposition (共著), Katherine D. Develos, Masanobu Kusunoki, Masashi Mukaida, Shigetoshi Ohshima, PHYSICAC, 320, 1/2, 21, 30,   1999年07月01日, 査読有り
    概要:We have investigated the effect of the deposition rate, as a direct function of the laser pulse repetition rate, on the surface morphology of CeO2 films deposited by the pulsed laser deposition (PLD) technique on r-cut Al2O3 (11̄02) substrates. The critical thickness is defined as the thickness before the onset of increased growth of large islands and abrupt increase in surface roughening. Two regimes of growth were found within the investigated range of deposition rate. It is found out that in the high deposition rate-regime (within 2-4 nm/min), the critical thickness is approx. 90 nm, but in the low deposition rate-regime (less than 1 nm/min), the critical thickness is shifted to approx. 40 nm. Films belonging to these two regimes of crystalline growth were found to have characteristically different formations and surface morphologies. As observed through atomic force microscopy (AFM), the surface morphology is composed of longitudinal islands forming a maze-like pattern in the high deposition rate-regime, while the characteristic morphology was composed of rounded islands in the low deposition rate-regime. Significant reduction in the areal density of large islands and characteristically smoother films was achieved using a low deposition rate.
  • New Measurement Technique of the Surface Resistance Rs using the Microstrip Resonator, D. Okai, T. Tomiyama, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 1259, 1262,   1999年, 査読有り
  • Influence of the Microstructure of a CeO2 Buffer Layer on the Superconducting Properties of YBa2Cu3Oy on Al2O3, K. D. Develos, M. Kusunoki, S. Ohshima, Advances in Superconductivity, 5, 1109, 1112,   1999年, 査読有り
  • Growth Manner of c-axis Oriented YBa2Cu3Oy Thin Films, M. Mukaida. M. Kusunoki, S. Ohshima, Advances in Superconductivity, 5, 1019, 1022,   1999年, 査読有り
  • Elimination of 45 degree Grain Boundaries in LnBa2Cu30y Thin Films for Microwave Devices on MgO Substrates, M. Mukaida, Y. Takano,M. Kusunoki, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 1125, 1128,   1999年, 査読有り
  • Effect of Substrate Lattice Mismatch on the Crystallographic properties of YBa2Cu3Oy Thin Films for Microwave Devices, Y. Takano, M. Mukaida, M. Kusunoki, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 1129, 1132,   1999年, 査読有り
  • Design and Fabrication of Cross-coupled Microstrip Bandpath Filters, T. Tomiyama, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, Advances in Superconductivity, 5, 1255, 1258,   1999年, 査読有り
  • Studies on the surface morphology and orientation of CeO2 films deposited by pulsed laser ablation, Katherine D. Develos, Masanobu Kusunoki, Shigetoshi Ohshima, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers, 37, 6161, 6169,   1998年11月01日, 査読有り
    概要:We studied the surface morphology and orientation of CeO2 films grown by pulsed laser ablation (PLA) on r-cut (1102) Al2O3 substrates and evaluated the effects of predeposition annealing conditions of Al2O3 and film thickness of CeO2. The annealing of Al2O3 substrates improves the smoothness of the surface and performing this in high vacuum leads to better crystallinity and orientation of deposited CeO2 films compared to those annealed in oxygen. A critical value of the film thickness was found beyond which the surface roughness increases abruptly. Atomic force microscopy (AFM) study showed that the surface of CeO2 films is characterized by a mazelike pattern. Increasing the film thickness leads to the formation of larger islands which cause the increase in the surface roughness of the films. The areal density and height of these islands increased with film thickness.
  • Study on Optimum Configuration on Microstrip Bandpass Filters, T. Tomiyama, D. Okai, M. Kusunoki, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 1157, 1160,   1998年, 査読有り
  • Examination of the Microstripline Resonator for Measurement of the Magnetic Penetration Depth, D. Okai, T. Tachiki, Y. Shinkai, M. Kusunoki, S. Ohshima, Advances in Superconductivity, 5, 1161, 1164,   1998年, 査読有り
  • Characterization of Superconducting Patch Antenna Fabricated by Both-Side Superconducting Thin Film, K. Ehata, M. Kusunoki, S. Ohshima, H. Kinder, Advances in Superconductivity, 5, 1153, 1156,   1998年, 査読有り
  • 超伝導薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価, 江畑克史 楠正暢 大嶋重利, 電子情報通信学会論文誌, 12, 915, 923,   1998年, 査読有り
  • アパタイト薄膜被覆生体吸収性高分子メンブレンの作成とその評価, 本津茂樹, 樋口裕一, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 小正裕, バイオインテグレーション学会誌,   2012年, 査読有り
  • 生体アパタイト超薄膜被服インプラントの生体親和性, 本津茂樹、川島将実、西川博昭、楠正暢、速水尚、大橋芳夫、樋口裕一、橋本典也, バイオマテリアル, 9, 353, 360,   2006年, 査読有り
  • New Vortex Flow Transistors Made of YBa2Cu3Oy Thin Films, Akira Fujimaki, Masanobu Kusunoki, Masaru Kito, Syuji Yoshida, Hiroya Andoh, Hisao Hayakawa, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 7, 2399, 2402,   1997年12月01日, 査読有り
    概要:We have investigated the performances of several types of vortex flow transistors including nanobridge vortex flow transistors (NBVFTs) based on a parallel array of nanobridges planar Josephson vortex flow transistors (planar JVFTs) based on a parallel array of grain boundary Josephson junctions and new JVFTs with a stacked structure (stacked JVFTs). Considering the integration and the reduction of the L/R time constant the areas of the transistors were restricted to less than 3 5 O-4m2. A NBVFT showed a flux-to-voltage transfer function of 2.6mV/Q which was one order of magnitude larger than that of the other transistors. In contrast the NBVFTs showed a very small current gain due to a large kinetic inductance of a nanobridge while the NBVFT had the smallest area among the three. A planar JVFT with asymmetric geometry was easy to fabricate and showed a current gain of 2.2 at 4.2K. However the planar JVFT requires a large area leading to a long response time other than the internal delay time. A stacked JVFT also showed a current gain of 2.5 at 4.2K. A layered structure yielded a strong coupling between the body of the JVFT and the control line. Due to this strong coupling the response time of the stacked JVFT was considerably improved compared to that of the p lanar JVFT. © 1997 IEEE.
  • Preparation of YBa2Cu3Oy thin films using induction-coil-coupled sputtering , Kusunoki M, Osuka A, Ehata K, Ohshima S, Masumoto H, Hirai T , JOURNAL OF THE JAPAN INSTITUTE OF METALS, 9, 951, 955,   1997年12月01日, 査読有り
    概要:YBa 2Cu 3O y (YBCO) superconducting thin films were deposited on MgO single crystals by induction-coil-coupled sputtering. The effects of the induction coil on the qualities of YBCO thin films are examined. Uniformity of film thicknesses below ±5% was obtained over an area of 40 mm diameter using a 50 mm diameter target by the condition of the substrate-target distance of 90 mm. Even in the area of 60 mm diameter which was wider than that of the target, the uniformity of thickness within ±17% was obtained. In order to clarify the effects of the induction-coil, we studied the dependence of the critical temperature (T c) and the full width at half maximum (FWHM) of the films on the applying power of coil. T c and FWHM showed optimum values at the applying coil power of 70W. It is confirmed from these results that the induction-coil operated effectively to fabricate high quality films. The epitaxial relations of YBCO films on MgO single crystal substrates were examined by X-ray pole figure measurements. Basically film of YBCO was aligned with the c-axis perpendicular to the substrate surface. The film deposited at the coil power of 70W exhibited well single-oriented grains with the a- or b-axis parallel to the a-axis of MgO. However, films deposited at the applying coil power of 0W contained grains with two different orientations which were rotated by 45°. Scanning electron microscopy (SEM) of the film surface showed the films to consist of a smooth background surface and a distribution of particles. Energy dispersive X-ray analysis (EDAX) measurements showed that the Ba concentration was larger than that of exact stoichiometric composition. Auger electron spectroscopy (AES) revealed that the elements contained in the particles were richer in Ba than in the smooth background surface. The BaCuO 2 particles seemed to precipitate on the surface of the film.
  • Design and Fabrication of Metal and Superconducting Meander-Line Antennas, T. Ogasawara,K. Ehata, M. Kusunoki, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 1269, 1272,   1997年, 査読有り
  • Design and Characterization of Superconducting Patch Antenna, K. Ehata, Takashi Ogasawara, M. Kusunoki, S. Ohshima , Advances in Superconductivity, 5, 1273, 1276,   1997年, 査読有り
  • 誘導コイル結合型スパッタリングによるYBa_2Cu_3O_y薄膜の作製, 楠 正暢, 大須賀 彰, 江畑 克史, 大嶋 重利, 増本 博, 平井 敏雄, 日本金屬學會誌, 61, 951, 955,   1997年, 査読有り
  • Variations of order parameter and bias current distribution with time in thin film superconducting lines, Hiroya Andoh, Masaru Kito, Masanobu Kusunoki, Akira Fujimaki, Hisao Hayakawa, Superconductor Science and Technology, 9,   1996年12月01日, 査読有り
    概要:We study variations of the order parameter and the vector potential with time using the rescaled time-dependent Ginzburg-Landau (TDGL) equation. Computer simulations for several conditions are performed to discuss the bias current distribution and the time necessary for the transition from the normal state to the superconducting state for the superconducting narrow line. As a result, we have found that the time necessary for the transition from the normal state to the superconducting state is an important factor to explain the I-V characteristics due to the vortex motion in superconducting narrow lines. © 1996 IOP Publishing Ltd.
  • Vortex flow transistors based on YBa2Cu3O7-5 films, Akira Fujimaki, Masanobu Kusunoki, Masaru Kito, Syuji Yoshida, Hiroya Andoh, Hisao Hayakawa, IEICE Transactions on Electronics, E79-C, 1247, 1252,   1996年12月01日, 査読有り
    概要:We have studied the performances of several types of vortex flow transistors including prototype flux flow transistors (FFTs), nanobridge vortex flow transistors (NBVFTs) based on a parallel array of nanobridges, planar Josephson vortex flow transistors (planar JVFTs) based on a parallel array of grain boundary Josephson junctions, and JVFTs with a stacked structure (stacked JVFTs). The NBVFTs had considerably higher magnetic field sensitivity and shorter response time than the FFTs. A flux-to-voltage transfer function dV/dG> of 2.6 m V/(Z>0 and a modulation depth of 0.5mV were obtained for the NBVFT composed of 2 nanobridges, while the current gain was small. The temperature dependence of the device parameters (the dynamic resistance and the inductance) suggests that the surface barrier to the Abrikosov vortex entry into the nanobridge strongly contributes to the relatively large dV/dQ values. The response time of the nanobridge is estimated to be 5 ps. On the other hand, the JVFTs showed large current gains because of the small kinetic inductance of the Josephson junction. The planar JVFT composed of 3 Josephson junctions with an asymmetrical geometry showed a current gain of 2.2 at 4.2 K. Also, the stacked JVFT showed the current gain of 2.0, while the maximum value of dV/dd> was 210/iV/OV The mutual inductance between the control line and the superconducting loop within the transistor was enhanced in the stacked JVFT. This enhancement may yield a short response time compared to that of the planar JVFT. When we apply these vortex flow transistors, we should take account of the properties peculiar to each transistor.
  • Vortex flow Transistors with nano-structures , A. Fujimaki, M. Kusunoki, M. Kito, S. Yoshida, H. Andoh, H. Hayakawa, Advances in Superconductivity, 5, 1193, 1198,   1996年, 査読有り
  • Superconducting flux flow transistors with submicrometer structures, M. Kusunoki, H. Akaike, A. Fujimaki, H. Hayakawa, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 5, 3389, 3392,   1995年06月01日, 査読有り
    概要:A miniaturization of high critical temperature (Tc) superconducting flux flow transistor (SFFT) was studied. The weak link width in the direction of the vortex flow was varied from 5 μm to 10 μm. The weak link length in the direction of bias current flow was fixed to 5 μm. An increase in the gain was observed as the weak link width decreased. A control line was placed close to the weak link in the distance of 0.5 μm to compensate for a decrease of magnetic sensitivity due to the miniaturization. We also improved the characteristics of the SFFT by forming a corrugated structure, which is named corrugation flux flow transistor (CFFT). A submicron patterning of YBa2Cu3Oy (YBCO) thin film was performed using focused ion beam lithography. Furthermore, we demonstrated a micro flux flow transistor (MFFT) consisting of a single bridge. The MFFT also operated as well as the CFFT.
  • Computer simulations of dynamics of vortex lines in superconducting flux flow transistors, Hiroya Andoh, Masanobu Kusunoki, Akira Fujimaki, Hisao Hayakawa, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 5, 3377, 3380,   1995年06月01日, 査読有り
    概要:We study the dynamics of vortex lines in superconducting flux flow transistors (SFFT's) made of High Tc superconductors, YBa2Cu3Ox. By computer simulations we have found that the density of vortex lines in SFFT's has close relation to device I-V characteristics rather than the velocity of vortex lines and that we have to increase the density of vortex lines to get ones with available gain. To be more concrete, in order to increase the density of vortex lines we have to lower surface barriers at the edge of weak-links and heighten the magnetic field near the edge of weak links. Especially, it is very important to heighten the magnetic field at the both sides of a link in a SFFT. Under the control of the control current, vortex lines in a SFFT are driven by the transport current (the bias current) mainly, but it is important to think the other forces such as the force by screening current, the force induced by the other vortices and the force induced by the image vortices. Based on the local stochastic equation of motion for vortex lines, computer simulations for some conditions are performed to discuss the dynamic behavior of vortex lines in a SFFT. We report the effect of the external magnetic field induced by the control current on the motion of vortex lines in SFFT's.
  • Systematic measurement of critical current density for narrow YBa2Cu3Oy lines, Masanobu Kusunoki, Hiroya Andoh, Akira Fujimaki, Hisao Hayakawa, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2: Letters, 34,   1995年01月01日, 査読有り
    概要:Critical current densities (Jc's) of submicron YBa2Cu3Oy (YBCO) lines were studied. Increase in Jc with reduction of line width (w) was observed reproducibly, when temperature rise of the substrate is suppressed during plasma etching of YBCO. Intermittent etching and liquid-nitrogen cooling were very effective in obtaining sufficient cooling. Temperature dependence of current-voltage characteristics was interpreted in terms of thermally activated vortex motion. This result indicated the existence of a potential barrier to vortex motion. In particular, the surface barrier played an important role in determining Jc in the submicron lines. Furthermore, the dependence of Jc on w was strongly dependent on the current concentration to the edges due to Meissner effect.
  • Numerical analysis of influence of surface barrier on current-voltage characteristics for narrow superconducting lines, H. Andoh, M. Kusunoki, A. Fujimaki, H. Hayakawa, Jpn. J. Appl. Phys. Pt.2, 4, 408, 411,   1995年, 査読有り
  • Submicron patterning technique for YBa2Cu3Oy films using focused ion beam lithography, Masanobu Kusunoki, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki, Hisao Hayakawa, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2: Letters, 33,   1994年08月01日, 査読有り
    概要:We have developed a new technique for YBa2Cu3Oy (YBCO) submicron structure formation. Nb films serving as etching masks are patterned into line structures with submicron dimensions, using focused ion beam lithography and a vertical etching technique of the Nb films. Then the mask patterns are accurately transferred to the YBCO film in an electron cyclotron resonance plasma etcher. Fine lines are successfully patterned down to 180 nm of the linewidth without any degradation of superconductivity, as long as a temperature rise is suppressed during plasma etching. The temperature dependence of the current-voltage characteristics can be interpreted in terms of the thermally activated vortex motion.
  • High-quality Nb/AlOx-Al/Nb Josephson junctions with gap voltage of 2.95 mV, Masanobu Kusunoki, Hirotake Yamamori, Akira Fujimaki, Yoshiaki Takai, Hisao Hayakawa, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2: Letters, 32,   1993年11月01日, 査読有り
    概要:The dependence of the gap voltage on impurities in Nb films is studied. The gap voltage is determined by the number of impurities included in the films. The impurities arise from the residual gas in the sputtering chamber before the deposition of Nb films. By reducing the impurities in the films, we obtain high-quality Nb/AlOx-Al/Nb Josephson junctions having the gap voltage of 2.95 mV which is close to that estimated from the energy gap of Nb bulk at 4.2 K. In addition, the use of a thin Al layer is also an important factor in obtaining excellent current-voltage characteristics.

書籍等出版物

  • 油圧マシンを使ったレジスタンストレーニングの理論と実際, メディカルレビュー,   2005年
  • Porous Metals and Metal Foaming Technology, Addition of Advanced Biocompatibility to a Porous Artificial Root, 西川 博昭, 速水 尚, 本津 茂樹, 楠 正暢, 共著, 社団法人 日本金属学会,   2006年02月
    概要:3次元的アンカリング効果をもつエンドポアインプラント表面に、レーザアブレーション法で高結晶性のハイドロキシアパタイト薄膜を成膜し、生体親和性の向上を図った。レーザアブレーション時のガス圧を高く設定することでアブレーション化学種とガス分子の衝突・散乱を増加させ、ポア深部への成膜を行なった。得られた試料を動物実験に用いたところ、μCT像によりポア深部への新生骨伝導が認められた(英文)。
  • 持ちつ持たれつ生き物とエレクトロニクス(第2章), 吉川 昭(編集委員長), 浅居 正充, 中桐 紘治, 秋濃 俊郎, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 堀江 和夫, 共著, (株)電気書院,   2006年08月
    概要:キラル媒質を中心とする人工電磁波媒質に関する内容を専門外の読者を対象として平易に解説した。
  • 機能材料, フレキシブルアパタイトシートの作製と歯科応用, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 吉川 一志, 共著, シーエムシー出版,   2011年04月
    概要:ハイドロキシアパタイト(HAp)は歯や骨の主成分であり、生体適合性に優れているため、これまで人工骨や人工歯根をはじめとするインプラント素材として、広く医療分野に用いられている。しかし、HApはセラミックスであるため柔軟性に乏しく、硬くて脆いという欠点を持っており、これがHApの医療分野での応用の限界を決めていた。我々はHApのみからなる柔軟な極薄HApシートを開発することに成功し、このフレキシブルHApシートの歯科分野への応用を開始したので紹介した。

講演・口頭発表等

  • c面配向ハイドロキシアパタト結晶膜の低温成長に関する検討, 常峰知也 , 岡田悠希 , 楠正暢, 生体医工学シンポジウム2016,   2016年09月17日
  • 配向制御ハイドロキシアパタイト結晶膜の低温成長に関する検討, 常峰知也・岡田悠希・楠正暢, セラミクス協会 第 29 回秋季シンポジウム ,   2016年09月08日
  • チタンスパッタ膜を用いたハイブリッド人工骨の開発, 田村将一、常峰知也、岡田和真、柿添海登、楠正暢、速水尚, 日本真空学会第148回定例研究会,   2016年06月01日
  • Development of Objective ADL Assessment Particularly in Frail Older Adults Using a Kinect Sensor, the 9th World Congress on Active Ageing,   2016年06月
  • リン酸緩衝水溶液の濃度やpHが原子レベルで平坦なサファイアの表面構造に与える影響, 齋藤絢香, 常峰知也, 牧野隆之, 楠正暢, 西川博昭, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集,   2015年11月09日
  • リン酸緩衝水溶液の濃度およびpHが原子レベルで平坦なAl2O3(0001)表面のテラス・ステップ構造に及ぼす影響, 齋藤絢香, 常峰知也, 牧野隆之, 楠正暢, 西川博昭, 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM),   2015年08月31日
  • 汎用モーションセンサを用いた高齢者のADL評価システムの試み, 小濱剛, 楠正暢, 岡田壮市, 竹島伸生, 体力科学,   2015年02月01日
  • Polyetheretherketoneのセル構造体設計・3D造形と人工骨への応用, 速水尚, 楠正暢, 田村将一, 田村将一, 岡田和真, 岡田和真, 廣川敬康, 渋江唯司, 大政光史, 日本設計工学会研究発表講演会講演論文集,   2015年
  • フッ素濃度と結晶性にグラデーション構造を有するアパタイトシート作製法の検討, 牧野隆之,常峰知也,楠正暢, 生体医工学シンポジウム2015,   2015年
  • チタン/プラスチックハイブリッド人工骨への応用を目的としたチタン薄膜の内部応力に関する研究, 常峰知也,牧野隆之,楠正暢,速水尚, 生体医工学シンポジウム2015,   2015年
  • 汎用モーションセンサーによる要介護高齢者のトレーニングでのADL基本動作の変容, 藤田英二、岡田壮市、小濱剛、楠正暢、長谷川太一、竹島伸生, 第70回日本体力医学会,   2015年12月01日
  • デイケア利用者の油圧マシントレーニングによる運動効果, 岡田壮市、藤田英二、小濱剛、楠正暢、成田誠、加藤芳司、竹島伸生, 第70回日本体力医学会,   2015年12月01日
  • 汎用モーションセンサによる虚弱高齢者のADL評価システム開発のための情報取得時の測定誤差に関する検討, 楠正暢、小濱剛、岡田壮市、藤田英二、竹島伸生, 第70回日本体力医学会,   2015年12月01日
  • 虚弱高齢者のためのADL客観的指標の作成に関する研究―その1―, 竹島伸生、岡田壮市、楠正暢、小濱剛、藤田英二, 第70回日本体力医学会,   2015年12月01日
  • フッ素含有率の傾斜構造を有する耐酸性アパタイトシート, 牧野隆之, 藤田尚希, 稲垣貴也, 硲石康裕, 浅野克弥, 楠正暢, 日本セラミックス協会,   2015年03月06日
  • Fabrication of hydroxyapatite thin film with entirely c-plane surface, Masanobu Kusunoki, Yasuhiro Sakoishi, Katsuya Asano, Naoki Fujita, Takayuki Makino and Daisuke Okai, 26th European Conference on Biomaterials,   2014年
  • フッ化アパタイト薄膜の溶解性に対する検討, 牧野隆之, 藤田尚希, 楠正暢, 日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム,   2014年
  • フルオロアパタイト薄膜の組成制御法に関する検討, 藤田尚希, 牧野隆之, 楠正暢, 日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム,   2014年
  • PLD法によるフルオロアパタイト薄膜作製時の最適成膜条件の検討, 藤田尚希, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会,   2014年11月11日
  • c面配向ハイドロキシアパタイト薄膜の結晶性制御の検討, 硲石康裕, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会,   2014年11月11日
  • 汎用モーションセンサによる反復的運動の自動計数アルゴリズムとデータ管理システムの構築, 小濱 剛, 楠 正暢, 前田侑大, 並河弘樹, 鬼塚将稔, 橋下尚弥, 森本 譲, 西野 誠, 楠本嘉幹, 新 ゆり, 第33回医療情報学連合大会,   2013年
  • PrBa2Cu3Oyバッファ層を用いた極薄YBa2Cu3Oyの作製 , 三宅智貴,伊藤大介,小谷克己,楠正暢, 電気関係学会関西連合大会,   2013年
  • 光子検出効率向上のための高温超伝導ナノワイヤの長尺化, 小谷克己,三宅智貴,楠正暢, 電気関係学会関西連合大会,   2013年
  • 水晶振動子マイクロバランスセンサ上へのc軸配向ハイドロキシアパタイト作製法の検討, 硲石康裕,井口亮,西川博昭,本津茂樹,速水尚,楠正暢, 電気関係学会関西連合大会,   2013年
  • PLD法を用いたフルオロアパタイト薄膜の作製, 藤田尚希,楠正暢, 電気関係学会関西連合大会,   2013年
  • ハイドロキシアパタイト薄膜の結晶性に対する溶解性の評価, 森田知樹,藤田尚希,楠正暢, 電気関係学会関西連合大会,   2013年
  • バイオセンサに用いるためのPt電極作製法の検討, 田中秀俊,硲石康裕,楠正暢, 電気関係学会関西連合大会,   2013年
  • レーザーデポジション法による歯科用アパタイトシート作製技術の 検討, 藤田 尚希, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 生体医工学シンポジウム2013,   2013年
  • 液泡対策を目的とした歯科用スルーホールアパタイトシート作製法 の検討, 浅野 克弥, 藤田 尚希, 松田 太陽, 本津 茂樹, 西川博昭, 楠 正暢, 生体医工学シンポジウム2013,   2013年
  • アパタイトコート水晶振動子マイクロバランスセンサの平滑表面作 製技術の検討, 硲石 康裕, 藤田 尚希, 楠 正暢, 生体医工学シンポジウム2013,   2013年
  • 人工骨への応用を目的としたスーパーエンジニアリングプラスチッ クに対する生体親和性の付与, 岡田 和真, 楠 正暢, 速水 尚, 生体医工学シンポジウム2013,   2013年
  • 細胞/スフェロイドアレイを目的としたアパタイトドット作製法の検討, 田村 将一, 浅野 克弥, 藤田 尚希, 楠 正暢, 生体医工学シンポジウム2013,   2013年
  • 歯科用 HA シートへのスルーホール作製法の検討, 藤田尚希・松田太陽・森田知樹・西川博昭・本津茂樹・楠正暢, 日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム,   2013年
  • 歯科用アパタイトシートの高効率製造法に関する検討, 藤田尚希・西川博昭・本津茂樹・楠正暢, 日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム,   2013年
  • 象牙質−極薄アパタイトシート界面における固着特性の評価, 以西新・松本明子・山本衛・加藤暢宏・西川博昭・楠正暢・本津茂樹・吉川一志, 日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム,   2013年
  • エクリプス法を用いたアパタイトコート水晶振動子マイクロバランスセンサ作製法の検討, 硲石康裕・藤田尚希・楠正暢, 日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム,   2013年
  • ハイドロキシアパタイトを用いた細胞アレイ作製法の検討, 浅野克弥・田村将一・藤田尚希・楠正暢, 日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム,   2013年
  • Fabrication of very thin high-temperature-superconducting films required for high-sensitivity optics/superconductivity converters, Daisuke Ito, Katsumi Kotani, Tomoki Miyake, Hiroaki Nishikawa, Shigeki Hontsu, Masanobu Kusunoki, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems,   2012年11月26日
    概要:We studied a method to obtain superconductivity even in very thin films of YBa2Cu3Oy (YBCO). These thinner YBCO films will be able to be applied to optics/superconductivity (opt/super) converters with high optical sensitivity. Opt/super converters composed of YBCO nano-bridges or nano-wires require a low critical current that is determined by the film thickness. According to X-ray diffraction, critical temperature (Tc) and residual resistivity ratio for the substrates of MgO (100), SrTiO 3 (100) and NdGaO3 (110), superconducting features are influenced by the lattice mismatching layer in YBCO closing to a hetero-epitaxy interface between YBCO and single crystal substrate. YBCO films with different thicknesses varying from 80 to 10 nm were prepared on SrTiO3, using a suitable temperature. The values of Tc slightly decreased when reducing YBCO thickness from 80 to 20 nm, and then declined sharply at less than 20 nm. It is considered that a layer in the beginning of deposition less than 20 nm causes stress in the crystal lattice. The Tc of 20 nm YBCO film on SrTiO3 was 80.8 K. It can work above liquid N2 temperature. © 2012 The Institute of Electrical Engineers of Japan.
  • Investigation of very thin YBa2Cu3Oy film for the optics / superconductivity converters, D. Itoh, K. Kotani, T.Miyake, H. Nihiskawa, S. Hontsu and M. Kusunoki, International Symposium on Superconductivity (ISS'12),   2012年
  • Investigation of etching process parameters on HTS nano-devices, T.Miyake, K. Kotani, D. Itoh, H. Nihiskawa, S. Hontsu and M. Kusunoki, International Symposium on Superconductivity (ISS'12),   2012年
  • In vitro response and adhesive strength of titanium and hydroxyapatite bilayer coating on polyetereterketon (PEEK) substrate, T. Hayami, M. Kusunoki, K. Okada, T. Jinno, The 5th International Conference “Biomaterials, Tissue Engineering & Medical Devices”,   2012年08月
  • Fabrication of superconducting nano-wire using YBa2Cu3Oy, K. Kotani, T.Miyake, D. Itoh, H. Nihiskawa, S. Hontsu and M. Kusunoki, International Symposium on Superconductivity (ISS'12),   2012年
  • Crystallization Control of Hydroxyapatite Sheet, M. Kusunoki, T. Matsuda, N. Fujita, Y. Sakoishi, R. Iguchi, S. Hontsu, H. Nishikawa, T. Hayami, The 5th International Conference “Biomaterials, Tissue Engineering & Medical Devices”,   2012年
  • Application of the flexibile hydroxyapatite sheet to artifical enamel, S. Hontsu, N. Katou, E. Yamamoto, M. Kusunoki, H. Nishikawa, T. Hayami, K. Yoshikawa, 9th World Biomaterial Congress,   2012年
  • Adhesive Strength Between Flexible Hydroxyapataite Sheet and Tooth Enamel, E. Yamamoto, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, S. Hontsu, 24th Symposium and Annual Meeting of International Society of Ceramics in Medcine (Bioceramics 24),   2012年
  • 高温超伝導ナノデバイス作製のためのエッチング条件の検討, 三宅智貴,小谷克己,伊藤大介,西川博昭,本津茂樹,楠正暢, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年
  • 単一光子検出器を目的とした高温超伝導ナノワイヤの作製, 小谷克己,三宅智貴,伊藤大介,西川博昭,本津茂樹,楠正暢, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年
  • 神経細胞ネットワークの活動電位計測を目的とした電極アレイ埋入型培養チップ作製法の検討, 中島浩之,山脇伸行,西川博昭,本津茂樹,楠正暢, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年
  • 水晶振動子マイクロバランスセンサ上へのc軸配向ハイドロキシアパタイト作製法の検討, 硲石康裕,井口亮,楠正暢,橋本典也,西川博昭,本津茂樹,速水尚, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年
  • 医療応用を目的としたスーパーエンジニアリングプラスチックに対するチタンスパッタ膜の評価, 岡田和真.藤原孝俊,楠正暢,速 尚, 平成24 年電気関係学会関西支部連合大会,   2012年
  • 穴あき極薄アパタイトシートを用いたエナメル質の修復, 本津茂樹, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 吉川一志, 日本歯科保存学会秋季学術大会(第137回),   2012年
  • 穴あきアパタイトシートを用いたエナメル質の修復, 本津茂樹, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 吉川一志, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012,   2012年
  • バイオセンサ表面におけるハイドロキシアパタイトの配向制御法に関する検討, 硲石康裕、井口亮、楠正暢、橋本典也、西川博昭、本津 茂樹、速水尚, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012,   2012年
  • スーパーエンジニアリングプラスチックに対するチタンスパッタ膜の密着強さの評価, 岡田和真.藤原孝俊,楠正暢,速 尚, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012,   2012年
  • TCP薄膜の作製とハイドロキシアパタイトへの転化, 岩城有晃, 丸山敏朗, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 吉川一志, 日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム,   2012年
  • 小孔をもつフレキシブルアパタイトシートによるエナメル質の修復・保存, 以西新, 丸山敏朗, 松田太陽, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 吉川一志, 日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム,   2012年
  • ハイドロキシアパタイト/α-TCP複合シートを用いたエナメル質再生法の検討, 本津茂樹, 吉川一志, 松田太陽, 楠正暢, 丸山敏朗, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 日本セラミックス協会年会,   2012年
  • Regeneration of tooth enamel by flexible hydroxyapatite shee, S. Hontsu, N. Katou, E. Yamamoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa, 23rd Symposium and Annual Meetin of International Society for Ceramics in Medicine (Bioceramics 23),   2011年
  • Fabrication of Fluoridated Hydroxyapatite Thin Film and Sheet by Pulsed Laser Deposition Technique, S. Hontsu, N. Katou, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, Y. Hashimoto, 11th Asian Bio Ceramics Symposium,   2011年
  • Fabrication of Flexible Fluoridated Hydroxyapatite Sheet by Pulsed Laser Deposition Technique, S. Hontsu, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, Y. Hashimoto, The 3rd Asian Biomaterials Congress,   2011年
  • 光/超伝導変換デバイスの感度向上を目的とした極薄酸化物超伝導膜の作製, 伊藤大介,三宅智貴,小谷克己,高橋晋也,西川博昭,楠正暢,本津茂樹, 平成23 年電気関係学会関西支部連合大会,   2011年
  • 神経の活動電位計測を目的とした3次元神経ネットワーク作製法の検討, 中島浩之 西川博昭 楠正暢 本津茂樹, 平成23 年電気関係学会関西支部連合大会,   2011年
  • アパタイトシートの高効率作製システムの開発, 松田太陽 井口亮 西川 博昭 速水尚 楠正暢 本津茂樹, 平成23 年電気関係学会関西支部連合大会,   2011年
  • 3次元培養足場での神経細胞挙動と足場サイズの関係, 中島浩之,楠正暢,西川博昭,本津茂樹, 生体医工学シンポジウム2011,   2011年
  • LaFeO3/SrTiO3-δの電気・磁気特性, 井谷章也,川山巌,神吉輝夫,楠正暢,本津茂樹,田中秀和,斗内政吉,西川博昭1, 第72回応用物理学会学術講演会,   2011年
  • エピタキシャル成長した機能性酸化物薄膜を用いたフレキシブルデバイス, 森田祐輔,楠正暢,本津茂樹,西川博昭, 第72回応用物理学会学術講演会,   2011年
  • パルスレーザ堆積法におけるレーザ強度・レーザ照射面積がハイドロキシアパタイト薄膜の化学組成に及ぼす影響, 吉川亮太,中島浩之,楠正暢,速水 尚,本津茂樹,西川博昭, 第72回応用物理学会学術講演会,   2011年
  • パルスレーザー堆積法によって作製されるハイドロキシアパタイト薄膜の高品質化, 吉川亮太,中島浩之,楠正暢,速水尚,本津茂樹,西川博昭, 日本バイオマテリアル学会第6回関西若手研究発表会,   2011年
  • 3次元格子構造を持つスキャフォールドの格子間隔と神経細胞の挙動の関係, 中島浩之,楠正暢,西川博昭,本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会第6回関西若手研究発表会,   2011年
  • 3インチウエハーサイズのハイドロキシアパタイトシートの作製, 松田太陽,末廣隼也,西川博昭,速水尚,楠正暢,本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会第6回関西若手研究発表会,   2011年
  • 大面積アパタイトシートのシート面内均一性の評価, 松田太陽,末廣隼也,西川博昭,速水尚,楠正暢,本津茂樹, 第6回日本セラミクス協会関西支部各術講演会,   2011年
  • フレキシブル極薄フッ素化アパタイトシートの作製, 本津茂樹, 丸山敏朗, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 橋本典也, 第33回日本バイオマテリアル学会大会,   2011年
  • アパタイトシートの自己組織化によるエナメル質の再生, 本津茂樹, 加藤暢宏, 山本衛, 丸山敏朗, 松田太陽, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 吉川一志, 山本一世, 第24回日本セラミックス協会秋季シンポジウム,   2011年
  • The restoration and Conservation of dental enamel using the flexible apatite sheet, S. Hontsu, K. Yoshikawa, N. Katou, T. Hayami, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yamamoto, 5th International Symposium on Apatites and Correlative Biomaterials,   2010年
  • Scratch Test of Simulated Body Fluid-derived Hydroxyapatite Film on Biomedical Titanium Substrates, T. Hayami, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Matsumura, S. Hontsu, M. Ohmasa and T. Sawai, International Congress on Ceramics,   2010年
  • Deposition of hydroxyapatite thin films on titanium substrates and assessment of interfacial adhesion using a scratch test, T. Hayami, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Matsumura, S. Hontsu, N. Hirokawa, T. Shibue, International Conference on Ceramic Processing Science,   2010年
  • Composite coating of hydroxyapatite for rapid and durable bone fixation of dental implant, T. Hayami, H. Nishikawa, M. Kusunoki, Y. Higuchi, Y. Hashimoto, S. Hontsu, The 23rd European Conference on Biomaterials,   2010年
  • アパタイト薄膜コーティング生体吸収性高分子不織布シートの作製とin-vitro 評価, 川上佳晃、中島浩之、西川博昭、楠正暢、橋本典也、本津茂樹, 第32回日本バイオマテリアル学会大会,   2010年
  • ハイドロキシアパタイトシートの結晶性に関する検討, 松田太陽,川上佳晃,楠正暢,西川博昭,本津茂樹, 第32回日本バイオマテリアル学会大会,   2010年
  • ハイドロキシアパタイト薄膜のパルスレーザ堆積法による化学組成結晶性制御の試み, 吉川亮太,西川博昭,楠正暢,速水尚,本津茂樹, 第32回日本バイオマテリアル学会大会,   2010年
  • ハイドロキシアパタイト/酸化亜鉛積層構造を用いたバイオセンサの開発, 大北晃弘,西川博昭,楠正暢,速水尚,本津茂樹, 第32回日本バイオマテリアル学会大会,   2010年
  • 3次元神経ネットワーク形成を目的とした細培養足場作成の検討, 中島浩之,楠正暢,西川博昭,本津茂樹, 第32回日本バイオマテリアル学会大会,   2010年
  • フレキシブルアパタイトシートを用いたエナメル質の修復・保存, 本津茂樹,川上佳晃,西川博昭,楠正暢,吉川一志,山本一世, 第32回日本バイオマテリアル学会大会,   2010年
  • 酸化物超伝導薄膜のダメージレスナノプロセスに用いるエピタキシャル成長阻害層の検討, 高橋晋也,伊藤大介,楠正暢,西川博昭,本津茂樹, 平成22年電気関係学会関西連合大会,   2010年
  • パルスレーザーデポジション法によるアパタイトシートの作製と大面積化の検討, 川上佳晃,松田太陽,楠正暢,西川博昭,速水尚,本津茂樹, 平成22年電気関係学会関西連合大会,   2010年
  • 酸化物超伝導薄膜のダメージレスナノ加工プロセスの検討, 高橋晋也,馬場康仁,楠正暢,西川博昭,本津茂樹, 平成22年電気関係学会関西連合大会,   2010年
  • 神経の活動電位計測を目的とした3次元神経ネットワーク作成法の検討, 中島浩之,溝越正人,神田浩孝,楠正暢,西川博昭,本津茂樹, 平成22年電気関係学会関西連合大会,   2010年
  • パルスレーザー堆積法で成膜した疑似体液由来ハイドロキシアパタイト薄膜の生体親和性評価, 蔦谷燈, 松村和明, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 速水尚, 日本セラミックス協会年会,   2010年
  • Preparation of Carbonate Apatite thin films and Evaluation of its Biocompatibility, Shigeki Hontsu, Hiroaki Nishikawa, Naoki Taninaka, Masanobu Kusunoki,, Yoshiya Hashimoto Y. Higuchi, ICMAT 2009 & IUMRS-ICA 2009 (International Conference on Materials for Advanced Technologies 2009 & Intnational Union of Material Resarch Societies - International Conference in Asia 2009),   2009年
  • ナノスケール生体アパタイト/HAp 積層被覆インプラントの骨伝導に関する組織学的検討, 本津 茂樹、速水 尚、西川 博昭、楠 正暢、橋本 典也、樋口 裕一, 第 21 回アパタイト研究会,   2009年
  • PLD アパタイトの大面積化の検討, 川上佳晃,楠 正暢,西川博昭,本津茂樹, 第 21 回アパタイト研究会,   2009年
  • Mg含有アパタイト薄膜の生体親和性評価, 篠原 悠,蔦谷 燈,西川博昭,楠 正暢,本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2009,   2009年
  • 大面積アパタイトシートの作製法の開発, 川上佳晃,楠 正暢,西川博昭,本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2009,   2009年
  • 酸化物超伝導薄膜のダメージレスナノ加工プロセスの検討, 馬場康仁,高橋晋也,楠正暢,西川博昭,本津茂樹, 平成21年電気関係学会関西支部連合大会,   2009年
  • PTFEを用いた選択的細胞吸着パターン作製技術の検討, 虫邉慶悟,東郷秀考,和田拓士,楠正暢,橋本典也,西川博昭,本津茂樹, 平成21年電気関係学会関西支部連合大会,   2009年
  • レーザーアブレーション法によって作製されたナノスケールハイロドキシアパタイト被覆チタン不織布の生体適合性, 本津茂樹, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 橋本典也, 飴谷彰洋, 吉野和卓, 久保木芳徳, 第22回日本セラミックス協会秋季シンポジウム,   2009年
  • Fabrication of HAp/ZnO bilayer for protein sensitive field effect transistor, Hiroaki Nishikawa, Masanobu Kusunoki, Shigeki Hontsu, 2008 MRS Fall Meeting,   2008年
  • PTFE上への神経細胞パターン作製技術の検討, 東郷秀孝、楠正暢、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008,   2008年
  • PTFE基板上への血管内皮細胞の選択的吸着に関する検討, 和田拓士、東郷秀孝、楠正暢 橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008,   2008年
  • アパタイトコーティング三次元培養足場の作製と評価, 浅野弘樹、濱畑 燈、橋本典也、飴谷彰洋、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008,   2008年
  • レーザーアブレーション法によるMg含有アパタイト薄膜の作製と評価, 篠原悠、西川博昭、橋本典也、楠正暢、本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008,   2008年
  • 生体アパタイトシートの作製とその生体親和性評価, 谷中直樹、東郷秀孝、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008,   2008年
  • アパタイトコートQCMバイオセンサの高品質化に関する検討, 雛子芙美代,楠正暢,橋本典也,西川博昭,本津茂樹, 平成20年電気関係学会関西支部連合大会,   2008年
  • 高温超伝導ナノブリッジの作製と光応答特性 , ◎馬場康仁,大田真輔,楠正暢,西川博昭,本津茂樹(近畿大),堂田泰史,川山巌,村上博成,斗内政吉(大阪大),藤巻朗(名大), 平成20年電気関係学会関西支部連合大会,   2008年
  • 人工歯根表面の細胞挙動シミュレーションを目的としたフォトリソグラフィーによるアパタイトマイクロウェルの作製, 和田拓士,東郷秀孝,楠正暢,橋本典也,西川博昭,本津茂樹, 平成20年電気関係学会関西支部連合大会,   2008年
  • PTFEを用いた細胞パターン作製技術の検討, 東郷秀孝,和田拓士,楠正暢,橋本典也,西川博昭,本津茂樹, 平成20年電気関係学会関西支部連合大会,   2008年
  • 高感度QCMチタンセンサの開発 , 橋本典也, 箕浦沙恵, 伊藤敦, 川越徹也, 西浦亜紀, 本田領, 松本尚之, 第52回日本歯科理工学会学術講演会,   2008年
  • SFQ-光インターフェース用YBCOナノブリッジ特性の作製, 梶野顕明,木村大至, 堀井佑樹, 楠正暢,川山巌, 井上真澄, 斗内政吉, 藤巻朗, 第55回応用物理学関係連合講演会,   2008年
  • Utility of quartz crystal microbalance sensor with natural apatite composition, hashimoto, 1st Asian Biomaterials Congress,   2007年
  • Optical response of high temperature superconducting nanobridge, Shinsuke Ota, Masanobu Kusunoki, Hiroaki Nishikawa, Shigeki Hontsu, Yasushi Doda, Iwao Kawayama, Hironaru Murakami, Masayoshi Tonouchi, Akira Fujimaki, 20th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SUPERCONDUCTIVITY,   2007年
  • Application of epitaxial hydroxyapatite thin film as a biosensor, H. Nishikawa, H. Homma, M. Kusunoki, S. Hontsu, European MRS 2007 Spring Meeting, Strasbourg, France,   2007年
  • SFQ/光インターフェース技術のためのYBa2Cu3O7-xナノブリッジの作製, 梶野顕明,杉本学, 楠正暢,川山巌, 井上真澄, 斗内政吉, 藤巻朗, 第6回低温工学・超伝導若手合同講演会,   2007年
  • YBCOナノブリッジの光応答特性, 太田真輔, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 川山巌, 村上博成, 斗内政吉, 藤巻朗, 第6回低温工学・超伝導若手合同講演会,   2007年
  • SFQ/光インターフェイス技術のためのYBCOナノブリッジの作製, 太田真輔, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 川山巌, 村上博成, 斗内政吉, 藤巻朗, 第54回応用物理学関係連合講演会,   2007年
  • 表面に規則的なマイクロ貫通孔を持ったハイドロキシアパタイトシートの作製, 西川博昭,奥村大地,畑中良太,楠正暢,本津茂樹, 第54回応用物理学関係連合講演会,   2007年
  • ハイドロキシアパタイトとジメチルポリシロキサンを用いた選択的細胞培養足場の作製, 楠正暢,東郷秀孝,川畑君代,橋本典也,西川博昭,本津茂樹, 第54回応用物理学関係連合講演会,   2007年
  • Naドープハイドロキシアパタイトのc軸配向薄膜作製およびその電気特性, 本間久由樹,西川博昭,楠正暢,本津茂樹, 第54回応用物理学関係連合講演会,   2007年
  • アパタイトのバイオセンサー応用〜QCMによる歯質表面のシミュレーション〜, 楠正暢、合田祥太朗、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 第20回アパタイト研究会,   2007年
  • 薄膜作製技術を用いた可撓性アパタイトシートの作製と細胞培養足場への応用, 浅野弘樹(近大生物理工)、東郷秀孝(近大生物理工)、橋本典也(大阪歯科大学)、西川博昭(近大生物理工)、楠正暢(近大生物理工)、本津茂樹, 第20回アパタイト研究会,   2007年
  • 生体内吸収性アパタイト/有機複合ソフトマテリアルの作製とその生体親和性の評価, 東郷秀孝、浅野弘樹、橋本典也、楠正暢、西川博昭、本津茂樹, 第20回アパタイト研究会,   2007年
  • GBR用生体内吸収性アパタイト/有機複合シートの作製と評価, 東郷秀孝、浅野弘樹、橋本典也、樋口裕一、楠正暢、西川博昭、本津茂樹, 第11回生体関連セラミックス討論会,   2007年
  • 可撓性透明アパタイトシートの作製と細胞シート応用, 浅野弘樹、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 第11回生体関連セラミックス討論会,   2007年
  • アパタイトコートQCMセンサの歯科応用, 合田祥太郎、楠正暢、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 第11回生体関連セラミックス討論会,   2007年
  • 高温超伝導ナノブリッジの作製と光応答特性, 太田真輔, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 川山巌, 村上博成, 斗内政吉, 藤巻朗, 平成19年電気関係学会関西支部連合大会,   2007年
  • QCM法によるアモルファスアパタイト薄膜の生体関連分子吸着特性の評価, 合田祥太郎、雛子芙美代、今井晴香、楠正暢、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会,   2007年
  • ハイドロキシアパタイトを用いた神経細胞回路形成技術の検討, 東郷秀孝、楠正暢、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会,   2007年
  • 人工歯根表面の細胞挙動シミュレーションを目的としたフォトリソグラフィーによるアパタイトマイクロウェルの作製, 和田拓士、東郷秀孝、楠正暢、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会,   2007年
  • GBR応用のための生体内吸収性アパタイト薄膜/高分子シート複合材料の作製とその生体親和性評価, 浅野弘樹、東郷秀孝、橋本典也、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 第29回日本バイオマテリアル学会大会,   2007年
  • 炭酸含有アパタイト薄膜の作製とその生体親和性評価, 田名宗毅、橋本典也、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 第29回日本バイオマテリアル学会大会,   2007年
  • アパタイトチューブおよびアパタイトシースステントの開発, 本津茂樹、浅野弘樹、東郷秀孝、西川博昭、橋本典也、楠正暢, 第29回日本バイオマテリアル学会大会,   2007年
  • アパタイトコートQCM振動子を用いた歯科用シミュレータの開発, 楠正暢、合田祥太朗、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 第29回日本バイオマテリアル学会大会,   2007年
  • 表面に規則的マイクロピラーを持つハイドロキシアパタイトシートの作製, 浅野弘樹、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 第68回応用物理学学術講演会,   2007年
  • c軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜の電気特性, 西川博昭、本間久由樹、楠正暢、本津茂樹, 第68回応用物理学学術講演会,   2007年
  • SFQ/光インターフェイス用YBCOナノブリッジの特性, 井上真澄,杉本 学,梶野顕明,藤巻 朗,楠 正暢, 第68回応用物理学会学術講演会,   2007年
  • ハイドロキシアパタイトを用いた神経細胞のパターニング技術の検討, 東郷秀孝、楠正暢 橋本典也 西川博昭 本津茂樹, 生体医工シンポジウム2007,   2007年
  • 細胞の三次元的成長を目的としたハイドロキシアパタイトマイクロウェルの作製, 和田拓士、東郷秀孝、楠正暢、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 生体医工シンポジウム2007,   2007年
  • Preparation of Hydroxyapatite Sheet with Various Shapes and its Application to Programmable Tissue Engineering Scaffold, H. Nishikawa, R.Hatanaka, M. Kusunoki, S. Hontsu, 2006 MRS Fall Meeting,   2006年
  • Improvment of hydroxyapatite deposition on titanium dental implant using ArF laser ablation:effect on osteoblast biocompatibility in vitoro, Y. Hashimoto, M. Kusunoki, R. Hatanaka, K. Hamano, H. Nishikawa, Y. Hosoi, S. Hontsu, M. Nakamura, 11th International Conferrences on Modern Materials and Technologies,   2006年
  • Improvement of fabrication process for HTS nano-bridges, Shinsuke Ohta a,d , Masanobu Kusunoki a,d , Hiroaki Nishikawa a, Shigeki Hontsu a, Iwao Kawayama b,d ,Masayoshi Tonouchi b,d , Akira Fujimaki c,d, Nano-Virtual-Labs Joint Workshop on Superconductivity (NVLS2005),   2006年
  • HTS nano-bridges for SFQ-optics converter, M.Kusunoki, S. Ohta ,H. Nishikawa, S. Hontsu, I. Kawayama, M. Tonouchi, A. Fujimaki, Applied Superconductivity Conference 2006,   2006年
  • Application of hydroxyapatite thin film as a biosensor, H. Nishikawa, D. Okumura, M. Kusunoki, S. Hontsu, APS March Meeting 2007,   2006年
  • サーキットトレーニングのための油圧レジスタンスマシンによる計測法, 楠正暢、上田亮平、西川博昭、本津茂樹、李成吉吉、小泉大亮、那須英里子、竹島伸生, 生体医工学シンポジウム2006,   2006年
  • ハイドロキシアパタイトを用いた神経細胞の選択的吸着, 楠正暢、川畑君代、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 生体医工学シンポジウム2006,   2006年
  • ハイドロキシアパタイトのタンパク質吸着性とバイオセンサへの応用, 今井 晴香, 楠 正暢, 橋本 典也, 西川 博昭, 本津 茂樹, 日本生体医工学会大会,   2006年
  • 油圧式レジスタンストレーニングの自動計測とその評価法, 上田亮平、楠正暢、西川博昭、本津茂樹、李成吉吉、小泉大亮、那須英里子、竹島伸生, 日本生体医工学会大会,   2006年
  • 人工的な表面構造をもつ細胞培養足場の作製プロセス, 田宮雅樹、太田真輔、楠正暢、西川博昭、本津茂樹, 日本生体医工学会大会,   2006年
  • ハイドロキシアパタイト透明シートの作製, 畑中良太、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 第53回応用物理学関係連合講演会,   2006年
  • 単一磁束量子/光学変換のための高温超伝導ナノブリッジの作製, 太田真輔, 八田和己, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 川山巌, 斗内政吉, 藤巻朗, 第53回応用物理学関係連合講演会,   2006年
  • ハイドロキシアパタイトを用いたバイオセンサの等価回路による理論的検討, 楠正暢、西岡佑珠、西川博昭、本津茂樹, 第53回応用物理学関係連合講演会,   2006年
  • 規則的に形状制御されたハイドロキシアパタイト薄膜表面の細胞培養足場への応用, 小川敦子、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 第53回応用物理学関係連合講演会,   2006年
  • ハイドロキシアパタイト薄膜を用いたグルコースセンサ, 西川博昭、奥村大地、楠正暢、本津茂樹, 第53回応用物理学関係連合講演会,   2006年
  • レーザーアブレーション法により作製した生体アパタイト薄膜の生体適合性評価, 橋本典也,樋口裕一,小正裕,岡崎定司,中村正明,西川博昭,楠正暢,本津茂樹, 第138回日本金属学会講演集,   2006年
  • ハイドロキシアパタイトを用いた選択的細胞吸着足場の作製法, 楠正暢、川畑君代、橋本典也、西川博昭、本津茂樹, 第28回バイオマテリアル学会,   2006年
  • 可撓性透明アパタイトシート上での生細胞観察, 畑中良太, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也,本津茂樹, 第28回バイオマテリアル学会,   2006年
  • ハイドロキシアパタイトを用いた細胞センサ用足場の作製, 小川敦子, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 第28回バイオマテリアル学会,   2006年
  • QCM法によるアモルファスアパタイト薄膜の生体関連分子吸着特性の評価, 今井晴香, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 第28回バイオマテリアル学会,   2006年
  • 生体親和性・吸収性を持つ可撓性透明アパタイト細胞シートの作製, 本津茂樹, 畑中良太, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 第28回バイオマテリアル学会,   2006年
  • SFQ/光変換のための高温超伝導ナノブリッジの作製と超伝導特性, 太田真輔, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 川山巌, 斗内政吉, 藤巻朗, 平成18年電気関係学会関西支部大会,   2006年
  • レーザーアブレーション法によるBi系超伝導体の両面大面積薄膜作製システムの開発, 八田和己, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 平成18年電気関係学会関西支部大会,   2006年
  • 表面形状を制御したハイドロキシアパタイト薄膜の細胞接着・増殖, 奥村大地, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 平成18年電気関係学会関西支部大会,   2006年
  • ハイドロキシアパタイト細胞培養足場への微細構造の作製法, 田宮雅樹, 和田拓士, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 平成18年電気関係学会関西支部大会,   2006年
  • QCM法による結晶化アパタイトとアモルファスアパタイトの生体関連分子吸着特性の比較, 今井晴香, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 平成18年電気関係学会関西支部大会,   2006年
  • 高温超伝導ナノブリッジ作製プロセスの検討, 太田真輔, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 川山巌, 斗内政吉, 藤巻朗, 第5回低温工学・超伝導若手合同講演会,   2006年
  • 高齢者の身体活動向上を目指した加速度計の有効性, 小泉大亮、李成吉吉、那須英里子、竹島伸生、楠正暢, 第61回体力医学会,   2006年
  • 透明アパタイトシートでの生細胞観察, 畑中良太, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也,本津茂樹, 第67回応用物理学会学術講演会 講演予稿集,   2006年
  • 原子レベルで平坦な基板を用いた高結晶性ハイドロキシアパタイト薄膜の作製, 西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 第67回応用物理学会学術講演会,   2006年
  • Tunable Range of Center Frequency and Bandwidth of Superconducting Bandpass Filter with Mechanically Movable Sapphire Rods, M. Kusunoki, S. Aga, K. Iguchi, H. Nishikawa, S. Hontsu, European Conference on Applied Superconductivity(EUCAS'05),   2005年
  • Fabrication of HTS nano-bridges for SFQ-optics converter, M.Kusunoki, S. Ohta , M. Tamiya, H. Nishikawa, S. Hontsu, I. Kawayama, M. Tonouchi, A. Fujimaki, Nano-Virtual-Labs Joint Workshop on Superconductivity (NVLS2005),   2005年
  • Coplaner superconducting lumped elements filter with meander-line inductors and inter-digital capacitors, S. Hontsu, K. Agemura, M. Kusunoki, H. Nishikawa, K. Iguchi, International Superconductive Electronics Conference (ISEC '05),   2005年
  • Biosensor Consists of Na - Doped Hydroxyapatite Thin Film, H. Nishikawa, M. Kusunoki, M.Kawashima, S. Hontsu, T.Kawai, アメリカ物理学会定例3月ミーティング2005,   2005年
  • Addition of Advanced Biocompatibility to the Porous Artificial Root, H. Nishikawa,S. Hontsu,T. Hayami,M. Kusunoki, 4th International Conference on Porous Metals and Metal Foaming Technology (MetFoam2005),   2005年
  • ハイドロキシアパタイトコート基材が神経分化誘導に及ぼす影響の検討, 竹原俊幸、楠正暢、西川博昭、畑中良太、松本和也、佐伯和弘、本津茂樹、細井美彦, 日本動物細胞工学会,   2005年
  • 天然ハイドロキシアパタイト被覆基材の骨誘導能の検討, 川田延幸、濱野恵子、楠正暢、西川博昭、畑中良太、橋本典也、松本和也、佐伯和弘、本津茂樹、細井美彦, 日本動物細胞工学会,   2005年
  • ナノスケールアパタイト薄膜の医療応用, 本津茂樹、楠正暢、西川博昭、速水尚、橋本典也、樋口裕一, 社団法人レーザー学会第338回研究会,   2005年
  • 集中定数型超伝導フィルタの作製とチューニング特性の評価, 井口一輝、楠正暢、揚村和幸、西川博昭、本津茂樹, 春季低温工学・超伝導学会,   2005年
  • 集中定数型超伝導フィルタのメカニカルチューニング法の検討, 楠正暢、井口一輝、西川博昭、本津茂樹, 春季応用物理学関係連合講演会,   2005年
  • ハイドロキシアパタイトのa/c軸配向制御, 西川博昭、川島将実、楠正暢、本津茂樹、川合知二, 春季応用物理学関係連合講演会,   2005年
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜を用いたバイオセンサの高感度化, 西川博昭、楠正暢、奥村大地、川島将実、本津茂樹、仲森昌也、川合知二, 春季応用物理学関係連合講演会,   2005年
  • レーザーアブレーション法により作製した生体アパタイト薄膜の骨芽細胞培養による生体親和性のin vitro評価, 第27回日本バイオマテリアル学会大会,   2005年
  • 規則的に形状制御されたハイドロキシアパタイト薄膜表面の細胞培養足場への応用, 第27回日本バイオマテリアル学会大会,   2005年
  • Naドープハイドロキシアパタイトの電気的特性とバイオセンサへの応用, 第27回日本バイオマテリアル学会大会,   2005年
  • 誘電体共振器法を用いた超伝導薄膜の表面抵抗測定システムの作製とその再現性の検討, 八田和己, 楠 正暢, 橋本 典也, 西川 博昭, 本津 茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会,   2005年
  • ハイドロキシアパタイト吸着層を持つQCMバイオセンサの作製条件の検討, 今井 晴香, 楠 正暢, 橋本 典也, 西川 博昭, 本津 茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会,   2005年
  • ハイドロキシアパタイトバイオセンサの作製プロセスの検討, 田宮雅樹、西岡佑珠、川畑君代、楠正暢、西川博昭、本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会,   2005年
  • 油圧式トレーニングマシンによる運動量の自動計測法に関する研究, 上田亮平、楠正暢、西川博昭、本津茂樹、李成吉吉、小泉大亮、那須英里子、竹島伸生, 生体医工学シンポジウム2005,   2005年
  • 骨芽細胞培養による生体アパタイト薄膜の生体親和性のin vitro評価, 畑中良太,橋本典也,西川博昭,楠正暢,細井美彦,速水尚,本津茂樹, 生体医工学シンポジウム2005,   2005年
  • 地域高齢者を対象とした加速度計付歩数計を用いた身体活動向上への取り組み, 小泉大亮、李成?、那須英里子、竹島伸生、楠正暢, 第60回体力医学会,   2005年
  • 高齢有疾患者を対象とした油圧マシンを用いたレジスタンス運動の有用性, 李成吉吉、小泉大亮、那須英里子、竹島伸生、竹田裕司、楠正暢, 第60回体力医学会,   2005年
  • ハイドロキシアパタイト薄膜の配向性とその表面へのタンパク質吸着特性の関係, 西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 第66回応用物理学会学術講演会,   2005年
  • Mechanical Tuning of Superconducting Lumped Element Filter, Applied Superconductivity Conference 2004,   2004年
  • Magnetoelectric properties of magnetic/ferroelectric multilayered thin film, H. Nishikawa, M. Kusunoki, M.Kawashima, S. Hontsu, T.Kawai, アメリカ物理学会定例3月ミーティング2004,   2004年
  • 集中定数型超伝導メカニカルチューナブルフィルタの作製, 井口一輝、揚村和幸、峯成伸、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 春季応用物理学関係連合講演会,   2004年
  • 集中定数型超伝導バンドパスフィルタの設計とそのチューナブル特性, 揚村和幸、井口一輝、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 春季応用物理学関係連合講演会,   2004年
  • ハイドロキシアパタイトパターン上への蛋白質吸着, 楠正暢、川島将実、西川博昭、本津茂樹、森本康一、河合知二, 春季応用物理学関係連合講演会,   2004年
  • 静磁波によって制御された超伝導ボルテックスの挙動における温度依存性, 西川博昭、楠正暢、本津茂樹、川合知二, 春季応用物理学関係連合講演会,   2004年
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜を用いた化学センサ, 仲森昌也、本津茂樹、川島将実、西川博昭、楠正暢、河合知二, 春季応用物理学関係連合講演会,   2004年
  • 中心周波数・帯域幅のメカニカル独立制御に適した集中定数型超伝導フィルタの設計, 井口一輝、揚村和幸、楠正暢、西川博昭、本津茂樹, 低温工学・超電導若手合同講演会,   2004年
  • 酸素制御ErBa2CuOx薄膜, 向田昌志、堀井滋、松本要、吉田隆?一瀬中、楠正暢, 低温工学・超電導学会,   2004年
  • サファイアロッドチューニングによる高温超電導フィルタの特性改善, 斉藤敦, 低温工学・超電導学会,   2004年
  • レーザーアブレーション法によるインプラント多孔質層へのHApコーティング, 川島将実、西川博昭、楠正暢、畑中良太森田友規、増田育久、速水尚、本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004,   2004年
  • レーザーアブレーション法により作製した生体アパタイト薄膜のin vivo評価, 畑中良太、西川博昭、楠正暢、本津茂樹、速水尚、大橋芳夫、樋口裕一、小正裕、岡崎定司, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004,   2004年
  • ハイドロキシアパタイトコート層を持つQCMセンサの開発, 楠正暢、橋本典也、川島将実、西川博昭、本津茂樹、河合知二, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004,   2004年
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜の作製とそのバイオセンサ応用, 西川博昭、川島将実、楠正暢、本津茂樹、川合知二, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004,   2004年
  • c軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜の作製とその表面への塩基性タンパク質優先的吸着, 西川博昭、仲森昌也、川島将実、楠正暢、本津茂樹、川合知二, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004,   2004年
  • 集中定数型超伝導フィルタにおけるチューニング特性の独立制御, 井口一輝、楠正暢、揚村和幸、西川博昭、本津茂樹, 第65回応用物理学会学術講演会,   2004年
  • ハイドロキシアパタイトコートQCMセンサ, 楠正暢、橋本典也、川島将実、西川博昭、本津茂樹、河合知二, 秋季応用物理学関係連合講演会,   2004年
  • エキシマレーザーアブレーション法を用いたハイドロキシアパタイトコートQCMセンサーの開発, 橋本典也、楠正暢、川島将実、西川博昭、本津茂樹、中村正明, 第44回日本歯科理工学会学術講演会,   2004年
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜を用いたバイオセンサ, 西川博昭、仲森昌也、川島将実、楠正暢、本津茂樹、川合知二, 2004年(平成17年)秋季第65回応用物理学会学術講演会,   2004年
  • c軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜表面への塩基性タンパク質の優先的吸着, 西川博昭、川島将実、楠正暢、本津茂樹、川合知二, 2004年(平成17年)秋季第65回応用物理学会学術講演会,   2004年
  • チューナブルフィルタの実現に向けた集中定数型超伝導フィルタの設計, 揚村和幸、井口一輝、西川博昭、楠正暢、本津茂樹, 日本学術振興会超伝導エレクトロニクス第146委員会「光マイクロ波」分科会および応用物理学会関西支部合同講演会,   2004年
  • The Improvement of the Superconducting Filter Properties using the Dielectric Rod Tuning, S Ohshima H Mikami F Aida A Saito M Mnkaida M. Kusunoki , The 8th IUMRS Intemational Conference on Advanced Materials(IUMRS-ICAM2003), Japan,   2003年
  • Preparation and Characterization of NdBa2Cu307-δ / Ba2NdTa06//MgO multilayer films, A.Noguchi , J.Kurian, T.Amemura, K.Tanabe. T.Morishita , N.Iwata,H.Yamamoto , M.Kusunoki, M.Mukaida. S.Ohshima, The 8th IUMRS International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM2003), Japan,   2003年
  • Orientation control of HTS films, M. Mnkaida. Y.Yamazaki, Y.Shingai. T.Ohazama, S. Horii, A. Ichinose, Y. Yoshida, K. Matsumoto, M. Kusunoki, A. Saito, S. Ohshima, The 8th IUMRS Intemational Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2003), Japan,   2003年
  • Microwave performance of double sided T1 1223 films on LSAT substrate; A possible operation of device at 90K, A Sundaresan , Y. Tanaka, A. Iyo, M.Kusunoki, S. Ohshma, 6th European conference on Applied SupercQnductivity (EUCAS'03), Italy,   2003年
  • High-Tc Lnl23 films for microwave devices, M. Mnkaida, T. Ohazama. S. Horii, A. Ichinose, K. Matsumoto Y. Yoshida M. Kusunoki. A. Saito S. Ohshima, The 11th Japan-US Workshop on High-Tc Su perconductors, Japan,   2003年
  • Error in surface resistance originated in dielectric loss of the parallel plate dielectric resonator using two modes resonators method, M. Kusunoki, H. Nishikawa and S. Hontsu, International Symposium on Superconductivity (ISS'03),   2003年
  • Buffer layers for TFA-MOD YBCO films on MgO substrate, M. Mukaida, M.Miura, T.Araki, Masanobu Kusunoki.A.Saito, S. Ohshima. I. Hirabayashi, K.Tanabe, 6th European conference on Applied Superconductivity (EUCAS'03), Italy,   2003年
  • 超伝導フィルタと低雑音増幅器及びチューニングを組み合わせたシステムの評価, 相田史裕、竹澤基範、安達学人、三上宏、楠正暢*〈近畿大学>、齊藤敦、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会ソサエティ大会,   2003年
  • 高温超伝導体分配器の設計と評価, 竹澤基範、相田史裕、楠正暢*<近畿大学>、齊藤敦、向閏昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会ソサエティ大会,   2003年
  • Ba2NdTaOバッファ層を用いたMgO基板上のNdBa2Cu30δ薄膜の作製と評価, 野口章1・2,J.Kurian1,飴村隆1,岩田展幸2,楠正暢3,田辺圭一1,森下忠隆1,山本寛2<超電導工研I,目大理工2,山形大工3>, 秋季第64回応用物理学関係連合講演会,   2003年
  • 超伝導フィルタと低雑音増幅器を用いたシステムの評価, 相田史裕,三上宏,竹田真,楠正暢,向田昌志,大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2003年
  • 高温超電導体分配器の設計と評価, 竹澤基範,竹田真,三上宏,楠正暢,向田昌志,大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2003年
  • ビッター法によるBi-2212ウイスカーの磁束量子観察, 大嶋重利,森合克成,山田博信,相澤慶二,楠 正暢,向田昌志, 春季低温工学・超伝導学会,   2003年
  • YBCO薄膜のドライエッチング加工技術の検討と評価, 安達学人,野口恭史,相田史裕,三上宏,齊藤敦,楠正暢,向田昌志,大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2003年
  • r面,c面,a面サファイア基板上のYBa2Cu3Oy薄膜の作製と評価, 白川政信,山嵜裕弥,楠正暢,向田昌志,大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2003年
  • MOD法に用いるMgO基板上のバッファ層の検討, 三浦正志,海野純一,山嵜裕弥,楠 正暢,大嶋重利,荒木猛司,平林 泉,田辺圭一,向田昌志, 春季低温工学・超伝導学会,   2003年
  • MgO基板上TFA-MOD薄膜作製用バッファ層の検討, 向田昌志,三浦正志,海野純一,山嵜裕弥,荒木猛司,平林泉,田辺圭一,楠正暢,大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2003年
  • ErBa2Cu3O7-δ薄膜の作製と評価, 大狭間徹,山嵜裕弥,新海優樹,三浦正志,松本要,吉田隆,堀井滋,一瀬中,楠 正暢,向田 昌志,大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2003年
  • Bi2Sr2Ca2Cu3O10+y線材におけるウランドープ効果のビッター法による観察, 森合克成, 氏家健吾,山田博信, 相沢慶二, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, D. G. Marinaro, S. X. Dou, 春季低温工学・超伝導学会,   2003年
  • BaF2パウダーを用いたMOD法によるYBCO薄膜作製と評価, 海野純一,三浦正志,森合克成,黒田尚志,楠 正暢,向田昌志,大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2003年
  • 卓越した高周波特性と無線応用への進出, 向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   2003年
  • 空洞共振器法によるサファイア基板の誘電率の非破壊測定, 大嶋重利,渡部 忍,楠 正暢,向田昌志, 春季応用物理学関係連合講演会,   2003年
  • マイクロ波デバイス用高温超伝導薄膜の開発の現状, 楠 正暢,大嶋重利,向田昌志,アシナラヤナンスンダレサン,田中康資,荒木猛司,平林 泉,田辺圭一,ミヒャエルローレンツ,ホルガーホフムス, 春季応用物理学関係連合講演会,   2003年
  • サファイアロッドチューニング超伝導フィルタ, 三上 宏,楠 正暢,相澤慶二,向田昌志,大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   2003年
  • Low microwave surface resistance at 90 K in Tl-1223 superconducting thin films fabricated on LSAT substrate, Sundaresan Athinarayanan,浅田秀人,鬼頭聖,伊豫彰,田中康資,楠正暢,大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   2003年
  • レーザーアブレーション法により作製したアパタイト薄膜の生体親和性評価, 川島将実、本津茂樹、西川博昭、楠正暢、橋本典也、大橋芳夫、樋口裕一, 日本バイオマテリアル学会,   2003年
  • 生体アパタイト薄膜被覆カスタムメイドインプラントの作製, 本津茂樹、川島将実、西川博昭、楠正暢、速見尚、大橋芳夫、樋口裕一、岡崎定司、小正裕, 日本バイオマテリアル学会,   2003年
  • Relationship between the surface resistance and depairing current density of superconductors, Shigetoshi Ohshima1,2, Masanobu Kusunoki1,2, Momoko Inadomaru1, Masashi Mukaida1, Yasumoto Tanaka2,3 and Hideo Ihara2.3 , Applied Superconductivity Conference (ASC'02),   2002年
  • Preparation of Tl-2212 and Tl-1223 superconductor thin films and their microwave surface resistance, A. Sundaresan, H. Asada, A. Crisan, J. C. Nie, H. Kito, A. Iyo, Y. Tanaka, M. Kusunoki, S. Ohshima, Applied Superconductivity Conference (ASC'02),   2002年
  • Fabrication and characterization of a Ce02 buffer layer on c-plane and tilt-c-plane sapphire substrates, M. Shirakawa, J. Unno, K. Aizawa, M. Kusunoki, M Mukaida and S Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'02),   2002年
  • Effects of Buffer-Layer Lattice Matching on the Growth of YBCO Films, Masashi Mukaida, Yuya Yamazaki, Masanobu Kusunoki, Shigetoshi Ohshima, Sayoko Makino , Y. Shingai , Applied Superconductivity Conference (ASC'02),   2002年
  • Correlation between Vortex Distribution and Temperature in YBCO Films and YBCO-QMG Samples, Hironobu Yamada, Katsunari Moriai, Shinsuke Kanno, Keiji Aizawa, Masanobu Kusunoki, Masashi Mukaida, and Shigetoshi Ohshima , Applied Superconductivity Conference (ASC'02),   2002年
  • C面サファイア基板を用いたYBa2Cu3Oy薄膜の作製と評価, 白川政信、楠正暢、向田昌志、大嶋重利 , 春季低温工学・超伝導学会,   2002年
  • 小面積超伝導薄膜の表面抵抗測定法に関する研究, 楠正暢、稲童丸桃子、幸坂大介、大嶋重利 、相澤慶二、向田昌志, 春季低温工学・超伝導学会,   2002年
  • 空洞共振器法による超伝導薄膜用誘電体基板の比誘電率の非破壊測定, 渡部忍、楠正暢、向田昌志、大嶋重利 , 春季低温工学・超伝導学会,   2002年
  • YBCO薄膜の臨界電流密度と表面抵抗の相関, 大嶋重利 、稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、山崎裕文, 春季低温工学・超伝導学会,   2002年
  • MgO基板上YBa2Cu3O7-δ薄膜成長におけるBaZrO3バッファー層作製条件の最適化, 山嵜裕弥、牧野さよこ、新海優樹、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2002年
  • 誘電体共振器法による小面積超伝導薄膜の表面抵抗測定, 稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利 , 春季応用物理学関係連合講演会,   2002年
  • ビッタ法によるBi2212単結晶の磁束量子分布の角度依存性の観察, 森合克成、山田博信、氏家健吾、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   2002年
  • YBa2Cu3O7-δ薄膜とバッファ層間の格子整合性の効果, 山嵜裕、弥牧野さよこ、新海優樹、稲童丸桃子、高坂大介、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   2002年
  • The correlation of critical current density and surface resistance of YBa2Cu3O7-d thin films, Shigetoshi OHSHIMA, Shinichiro Oikawa, Takafumi Noguchi, Momoko Inadomaru, Masanobu KUSUNOKI, Masashi MUKAIDA, Hirofumi Yamasaki*, Yoshihiko Nakagawa, European conference on Applied Superconductivity (EUCAS '01),   2001年
  • Superconducting Dual-Mode Cross-Slotted patches for Telecommunication Applications, A.Cassinese, M. Kusunoki, K. Sato, S. Ohshima, R. Vaglio, B. Mario, F. Ignazio, M. Graziella, L.M.S. Perdicaro, European conference on Applied Superconductivity (EUCAS '01),   2001年
  • Scatter in loss tangent of single crystalline sapphire, M. Inadomaru, M. Kusunoki, K. Aizawa, M. Mukaida, S. Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'01),   2001年
  • Observation of Vortex Distribution in YBCO QMG Samples and YBCO Thin Films, Hironobu Yamada, Katunari Moriai, Shinsuke Kanno, Keiji Aizawa, Masanobu Kusunoki, Masashi Mukaida and Shigetoshi Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'01),   2001年
  • Measurement of surface resistance distribution of large area YBa2Cu3Oy thin films, M. Kusunoki, Y. Takano, K. Nakamura, M. Inadomaru, D. Kohsaka, A. Nozaki, S. Abe, M. Yokoo, M. Lorenz, H. Hochmuth, M. Mukaida, S. Ohshima, International Superconductive Electronics Conference (ISEC '01),   2001年
  • Loss Tangent of Sapphire Single Crystal Prepared by Edge-defined Film-fed Growth Method, M. Inadomaru, M. Kusunoki, M. Mukaida and S. Ohshima, International Superconductive Electronics Conference (ISEC '01),   2001年
  • Full Automatic Measurement of Surface Resistance with Dielectric Resonator Method using Cryocooler, D. Kosaka, M. Kusunoki, M. Inadomaru, K. Aizawa, M. Mukaida, S. Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'01),   2001年
  • Evaluation of Superconducting Dual-Mode Cross-Slotted Patch Array Antenna, T. Nakagawa, K.Sato, A. Cassinese, M. Kusunoki, S. Ohshima, B. Mario, F. Ignazio, M. Graziella, L.M.S. Perdicaro, M. Mukaida, R. Vaglio, International Symposium on Superconductivity (ISS'01),   2001年
  • Demonstration of Scanning Surface Resistance Measurement System for 3 inch YBa2Cu3Oy films, M. Kusunoki, Y. Takano, K. Nakamura, M. Inadomaru, D. Kosaka, A. Nozaki, S. Abe, M. Yokoo, M. Lorenz, H. Hochmuth, M. Mukaida, S. Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'01),   2001年
  • Control of grain size by initial growth stage of YBCO thin films, Masashi Mukaida, S. Sato*, Yoshinobu Takano**, Masanobu Kusunoki and Shigetoshi Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'01),   2001年
  • BaSnO3 buffer layers for YBCO films on MgO substrates, Masashi MUKAIDA, Kazuaki Chiba, Takafumi Noguchi, Daisuke Kohsaka, Masanobu KUSUNOKI and Shigetoshi OHSHIMA, International Superconductive Electronics Conference (ISEC '01),   2001年
  • BaSnO3 Buffer Layers Effect on the Surface Resistance of YBa2Cu3O7-δ Films, Shigetoshi OHSHIMA, Shinichiro Oikawa, Kazuaki Chiba, Masanobu KUSUNOKI, Masashi MUKAIDA, International Superconductive Electronics Conference (ISEC '01),   2001年
  • 冷凍機を用いた誘電体共振器法による酸化物高温超伝導薄膜の表面抵抗の完全自動測定, 高坂大介、楠正暢、稲童丸桃子、相澤慶二、向田昌志、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   2001年
  • 誘電体共振器法を用いたサファイア単結晶の損失の比較, 稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   2001年
  • マイクロ波デバイス用YBa2Cu3Oy薄膜の作製と評価, 鈴木敏幸、高野祥暢、楠正暢、稲童丸桃子、高坂大介、横尾政好、向田昌志、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   2001年
  • ビッタ法によるBi2212単結晶の磁束量子観察, 森合克成、山田博信、氏家健吾、相澤慶二、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   2001年
  • 超伝導フィルタの設計パラメータの検討, 三上宏、相澤慶二、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   2001年
  • セキュリティ用超伝導マイクロ波センサの設計・試作・評価, 関谷尚人、佐藤和明、江畑克史、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   2001年
  • 小型超伝導パッチアレイアンテナの評価, 中川智博、佐藤和明、A. Cassinese,楠正暢、大嶋重利, M. Barra, I. Fragala, G. Malandrino, L.M. S. Perdicaro,向田昌志、 R. Vaglio, 応用物理学会東北支部大会,   2001年
  • 高温超伝導マイクロ波デバイス作製のためのドライエッチングプロセスの検討, 野口恭史、安達学人、丹野英樹、楠正暢、高坂大介、稲童丸桃子、横尾政好、向田昌志、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   2001年
  • 高温超伝導体の磁束量子分布の温度依存性及び磁界依存性, 山田博信、森合克成、相澤慶二、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   2001年
  • MgO基板上YBa2Cu3O7-d/BaSnO3多層薄膜の作製と評価, 牧野さよこ、稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利、中川愛彦、山崎裕文, 応用物理学会東北支部大会,   2001年
  • 10段クロスカップル型超伝導フィルタの設計と試作, 竹田真、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2001年
  • 第三高調波解析による臨界電流密度Jcの測定と評価, 高坂大介、佐藤照、鈴木敏幸、及川進一郎、野口恭史、相澤慶二、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2001年
  • 小型超伝導パッチアンテナの試作と評価, 中川智博、佐藤和明、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, A. Cassinese, M. Barra, I. Fragala, G. Malandrino, L.M. S. Perdicaro, R. Vaglio, 春季低温工学・超伝導学会,   2001年
  • YBCO薄膜の臨界電流密度と表面抵抗の相関, 大嶋重利、及川進一郎、野口恭史、楠正暢、向田昌志、山崎裕文、中川愛彦, 春季低温工学・超伝導学会,   2001年
  • 誘電体共振器法による表面抵抗精密測定の条件の検討, 楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   2001年
  • ビッター法によるBi系単結晶および線材の磁束量子観察-, 森合克成、河合崇、菅野慎介、佐藤周平、山田博信、相澤慶二、楠正暢、向田昌志、大嶋重利、坂元周作、太田昭男, 春季応用物理学関係連合講演会,   2001年
  • YBCO薄膜に対するBaSnO3バッファー層の膜厚効果-, 及川進一郎、野口恭史大嶋重利、向田昌志、楠正暢, 春季応用物理学関係連合講演会,   2001年
  • MgO基板上YBa2Cu3O7-δ薄膜の110面内方位用バッファー層, 牧野さよこ、千葉和秋、稲童丸桃子、高坂大介、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   2001年
  • The Phenomenalistic Examination of Temperature Dependence of a Surface Resistance of YBCO films, M. Inadomaru, D. Kousaka, T. Suzuki, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'00),   2000年
  • The Effect of Lattice Matching betwen Buffer Layer and YBa2Cu3O7-d Thin Film on In-plane Alignment of C-axis Oriented Thin Films, K.Chiba, S. Makino, M. Mukaida, M. Kusunoki, S. Ohshima , Applied Superconductivity Conference (ASC'00),   2000年
  • Relationship between the surface resistance and crystal orientation of YBa2Cu3O7-d thin film, S. Ohshima, M. Kusunoki, M. Mukaida, T. Suzuki, K. Chiba, M.Inadomaru, Y. Takano , Applied Superconductivity Conference (ASC'00),   2000年
  • Precise surface resistance measurement of YBa2Cu3Oy films with the dielectric resonator method, H. Obara, S. Kosaka, A. Sawa, H. Yamasaki, Y. Kobayashi, T. Hashimoto, S. Ohshima, M. Kusunoki, M. Inadomaru, International Symposium on Superconductivity (ISS'00),   2000年
  • Observation of vortices in the high-temperature superconductor, S. Kanno, T. Kawai, K. Aizawa, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, S. Hayashi, T. Nishizaki, N. Kobayashi, International Symposium on Superconductivity (ISS'00),   2000年
  • New Surface Resistance Measurement Technique of High-Temperature Superconductors Usin a Probe Coupling Microstrip Line Resonator, D. Okai, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima , Applied Superconductivity Conference (ASC'00),   2000年
  • Miniaturized Cooling System for HTS Antenna, K. Ehata, K.Sato, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, Y. Suzuki, K. Kanao , Applied Superconductivity Conference (ASC'00),   2000年
  • Ln dependence in Ln2CuO4buffer layers of c-axis on-plane aligned a-axis oriented YBa2Cu3O7-d thin film growth, M. Mukaida, M. Kusunoki, S. Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'00),   2000年
  • High-quality Y-Ba-Cu-O Thin Films by PLD-Ready for Market Applications, M. Lorenz, H. Hochmuth, D. Natusch, M. Kusunoki, V. L.. Svetchnikov, V. Riede, I. Stanca, G. Kastner, D. Hesse , Applied Superconductivity Conference (ASC'00),   2000年
  • Design of Cross-coupled Microstrip Bandpass Filter, T. Kinpara, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'00),   2000年
  • Buffer layer technology for crystalline axis control of YBa2Cu3O7-d thin films, M. Mukaida, J. Sugimoto, K. Chiba, M. Kusunoki, S. Ohshima, Applied Superconductivity Conference (ASC'00),   2000年
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法によるC面Al2O3基板上YBCO薄膜の作製と評価, 鈴木敏幸、佐藤史郎、稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   2000年
  • 低表面抵抗YBCO薄膜の作製とそれを用いたパッシブマイクロ波デバイスの試作, 大嶋重利、江畑克史、モファムドアリ、高野祥暢、千葉和秋、鈴木敏幸、向田昌志, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   2000年
  • 超伝導薄膜を用いた8段楕円関数型フィルタの設計, 金原智之、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2000年
  • 大面積超伝導薄膜の表面抵抗の測定, 楠正暢、向田昌志、大嶋重利、ミヒャエル・ローレンツ、ホルガー・ホフムス、ディーター・ノートゥッシュ、トーマス・ターリンゲン, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   2000年
  • 楕円関数型超伝導フィルタの設計と評価, 金原智之、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   2000年
  • 酸化物超伝導体超格子薄膜と表面抵抗の相関, 牧野さよこ、千葉和秋、稲童丸桃子、高坂大介、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   2000年
  • 高温超伝導体の高精度表面抵抗測定, 岡井大祐、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会総合大会,   2000年
  • YBa2Cu3O7-δ薄膜の表面抵抗と面内結晶性の相関, 高野祥暢、佐藤周平、鈴木敏幸、楠正暢、向田昌志、大嶋重利、横尾政好, 春季低温工学・超伝導学会,   2000年
  • プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法による線状試料の表面抵抗測定の一検討, 岡井大祐、楠正暢、向田昌志、大嶋重利 岸田悟, 春季低温工学・超伝導学会,   2000年
  • 液体窒素冷却による表面抵抗測定装置の試作とそれを用いた表面抵抗の測定, 高坂大介、稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   2000年
  • 高温超伝導体の表面抵抗温度依存性, 稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   2000年
  • YBa2Cu3O7-δ薄膜の表面抵抗と結晶粒径・面内配向の関係, 佐藤周平、千葉和秋、稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利、高野祥暢, 春季応用物理学関係連合講演会,   2000年
  • MgO上_YBa2Cu3O7_δ薄膜用新バッファ材料の提案, 千葉和秋、牧野さよ子、向田昌志、楠正暢、大嶋重利 , 春季応用物理学関係連合講演会,   2000年
  • MgO基板上YBa2Cu3O7-δ薄膜用バッファ材料の比較, 千葉和秋、牧野さよ子、高坂大介、稲童丸桃子、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   2000年
  • a-軸配向YBa2Cu3O7-δ薄膜成長におけるLn2CuO4バッファ層の比較, 向田昌志、杉本淳一、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   2000年
  • 超伝導アンテナ用小型冷却システムの真空封止特性, 江畑克史、佐藤和明、楠正暢、向田昌志、大嶋重利、鈴木雄一郎、金尾憲一, 秋季低温工学・超伝導学会 ,   2000年
  • ビッター法によるBi2212単結晶とBi2223線材の磁束量子観察, 河合崇、菅野慎介、森合克成、相澤慶二、楠正暢、向田昌志、大嶋重利、坂元周作、太田昭男, 秋季低温工学・超伝導学会 ,   2000年
  • 酸化物高温超伝導体超格子薄膜と表面抵抗の相関, 牧野さよ子、千葉和秋、稲童丸桃子、高坂大介、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   2000年
  • α−軸配向YBa2Cu3O7-δ薄膜成長におけるLn2CuO4バッファ層の比較, 向田昌志、杉本淳一、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   2000年
  • Bitter法を用いたY-123単結晶の磁束量子観察(2), 菅野慎介、河合崇、佐藤周平、相澤慶二、楠正暢、向田昌志、大嶋重利、林成行 西嵜照和、小林典男, 春季低温工学・超伝導学会,   2000年
  • 超伝導材料における科学-YBa2Cu3O7-δ薄膜の結晶軸制御成長機構, 向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   2000年
  • YBa2Cu3O7_δ薄膜の表面抵抗と結晶粒径・面内配向の相関, 佐藤周平、千葉和秋、稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利、高野祥暢, 春季応用物理学関係連合講演会,   2000年
  • Influence of in-plane 0-45° grain boundary on microwave surface resistance of c-axis YBa2Cu3Oy films on MgO substrate, M. Kusunoki, Y. Takano, M. Mukaida, S. Ohshima, Physica C: Superconductivity and its Applications,   1999年08月01日
    概要:The effect of in-plane 0-45° grain boundaries on surface resistance (Rs) of c-axis YBa2Cu3Oy (YBCO) films on MgO substrates is discussed. Samples that have various densities of 45° rotated grains were prepared using a self-template technique. The Rs values at 22 GHz were measured by the dielectric resonator method using a cryocooler. The Rs systematically changed corresponding to the amount of 0-45° grain boundaries. Conspicuous feature of the films including 0-45° grain boundaries is a large residual surface resistance. The Rs of almost perfectly in-plane aligned YBCO film scaled to 10 GHz were 0.12 mΩ at 20 K and 0.67 mΩ at 77 K on the assumption of tan δ = 0, respectively.
  • ヘアピン共振器を用いた狭帯域フィルタの設計, 金原 智之, 冨山 岳郁, 佐藤 徹也, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会総合大会,   1999年03月08日
  • Optimum Configuration of the Antenna to the Dielectric Resonator to Measure the Accurate Surface of the HTS Films’’ , M.Inadomaru, D. Kousaka, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'99),   1999年
  • New Measurement Technique of the Suface Impedance of Superconductors Using the Probe-Coupling Type Micostripline Resonator’’ , D. Okai, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima , ASIA PACIFIC MICROWAVE CONFERENCE (APMC'99) ,   1999年
  • MICROWAVE SURFACE RESISTANCE OF  YBa2Cu3Oy THIN FILMS PREPARED BY INDUCTIVE COUPLED PLASMA SPUTTERING’’ , T. Suzuki, S. Sato, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'99),   1999年
  • High temperature resistance of YBa2Cu3O7-δ films under various oxygen pressures, M. Mukaida, Shinichiro Oikawa, M. Kusunoki, S. Ohshima , International Superconductive Electronics Conference (ISEC '99),   1999年
  • FABRICATION OF DOUBLE-SIDED YBa2Cu3O7-δ/BaSnO3 THINFILMS BY LASER ABLATION, K.Chiba, D. Kousaka, M. Mukaida, M. Kusunoki, S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'99),   1999年
  • Effects of cation mixing on the growth of a-axis oriented NdBa2Cu3O7-δthin films’’ , M. Mukaida, J. Sugimoto, S. Sato, M. Kusunoki, S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'99),   1999年
  • Effect of Cavity’s Loss on the Measurement Accuracy of the Surface Resistance by Microstripline Resonatot Method’, D. Okai, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'99),   1999年
  • Development of A Miniaturized Cooling System for HTS Antennas’’ , K. Ehata. M. . I. Ali, K.Sato, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, Y. Suzuki, K. Kanno , International Symposium on Superconductivity (ISS'99),   1999年
  • Design and Fabrication of Narrow-band Compact Configuration Hairpin Filters’’ , S. Ohshima, T. Tomiyama, T. Kinpara, M. Kusunoki, M. Mukaida, International Superconductive Electronics Conference (ISEC '99),   1999年
  • A new epitaxial BaSnO3 Buffer layer for YBaCu3O7-δthin films on MgO substrates, M. Mukaida, Y. Takano, K.Chiba, Takurou Moriya, M. Kusunoki, S. Ohshima , International Superconductive Electronics Conference (ISEC '99),   1999年
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法で作製したYBa2Cu3Oy薄膜のマイクロ波特性の評価, 鈴木敏幸、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1999年
  • ヘアピン共振器を用いた狭帯域フィルタの設計, 金原智之、冨山岳郁、佐藤徹也、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会総合大会,   1999年
  • 高温超伝導アンテナ用小型冷却システムの試作, 江畑克史、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会総合大会,   1999年
  • プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗の測定-測定精度に与えるCavityの形状効果-, 岡井大祐、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1999年
  • YBCO薄膜のCeO2バッファ層に対する制膜レートの効果, カテリンデベロス、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   1999年
  • YBa2Cu3Ox薄膜成長に及ぼすガス圧の影響, 及川進一郎、高野祥暢、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   1999年
  • YBa2Cu3Oyエピタキシャル薄膜の基板格子整合性の効果, 高野祥暢、千葉和秋、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   1999年
  • YBa2Cu3Ox/BaSnO3/MgO薄膜の面内配向性評価, 千葉和秋、高野祥暢、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   1999年
  • YBa2Cu3O7-δ薄膜の面内配向制御におけるBaSnO3バッファ層の臨界膜厚, 千葉和秋、高坂大介、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   1999年
  • c軸配向YBa2Cu3Oy薄膜における45゜面内配向結晶粒の表面抵抗に与える影響, 楠正暢、高野祥暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1999年
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法によるマイクロ波デバイス用薄膜の作製と評価, 鈴木敏幸、佐藤史郎、稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 秋季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • 対向型DCマグネトロンスパッタリング法によるYBa2Cu3Ox薄膜成長に及ぼすガス圧の影響, 及川進一郎、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 秋季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • 正確な表面抵抗測定のための誘電体共振器法の検討, 稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利 , 秋季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • 小型冷却システム内に実装した高温超伝導アンテナの特性, 江畑克史、佐藤和明、楠正暢、向田昌志、大嶋重利、鈴木雄一郎・金尾憲一, 秋季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • レーザーアブレーション法による酸化物超伝導多層薄膜の作製と評価, 牧野さよ子、千葉和秋、杉本淳一、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 秋季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • ビッター法を用いたBi2212単結晶の磁束量子観察, 河合崇、菅野慎介、佐藤周平、相澤慶二、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 秋季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • Nd2CuO4バッファ層を用いた全軸方位制御YBCO薄膜の作製と評価, 楠正暢、杉本淳一、向田昌志、大嶋重利, 秋季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • MgO上YBa2Cu3O7-δ薄膜の面内配向制御用バッファ材料の開発, 千葉和秋、牧野さよ子、高坂大介、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 秋季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • Bitter法を用いたY-123単結晶の磁束量子観察, 菅野慎介、河合崇、佐藤周平、相澤慶二、楠正暢、向田昌志、大嶋重利 林成行・西嵜照和・小林典男, 秋季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法により作製したYBa2Cu3Oy薄膜のマイクロ波特性の評価, 鈴木敏幸、佐藤史郎、稲童丸桃子、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   1999年
  • マイクロストリップ線路共振器を用いた表面抵抗の測定, 岡井大祐、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1999年
  • YBCO薄膜のCeO2バッファ層に対する製膜レートの効果, カテリン・デベロス、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   1999年
  • BaSnO3/MgOを用いたYBaCu3Ox薄膜の面内配向制御, 千葉和秋、高野祥暢、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   1999年
  • 高温超伝導アンテナ用小型冷却システムの開発, 鈴木雄一郎、金尾憲一、江畑克史、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗の測定, 岡井大祐、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会総合大会,   1999年
  • ビッター法を用いたBi2212単結晶の磁束量子運動の観察, 河合崇、菅野慎介、佐藤周平、相澤慶二、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   1999年
  • SINGLE-FED SUPERCONDUCTING CIRCULARLY POLAIZAED PATCH ARRAY ANTENNA AT 12GHz FOR DBS SYSTEM, M.I.Ali K.EHATA M.KUSUNOKI S.OHSHIMA, 電子情報通信学会総合大会,   1999年
  • Observation of Vortex Movement in Oxide Superconductors by Means of the Bitter Pattern Technique, S. Ohshima, Akira Kamimura, M. Kusunoki, Applied Superconductivity Conference (ASC'98),   1998年
  • New Measurement Technique of the Surface Resistance Rs using the Microstrip Resonator, D. Okai, T. Tomiyama, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'98),   1998年
  • Microwave Surface Resistance of YBCO Thin Films on Cerium Oxide Buffer, M. Kusunoki, T. Sudo, D. Okai, M. Mukaida, S. Ohshima , Applied Superconductivity Conference (ASC'98),   1998年
  • Influence of the Microstructure of a CeO2 Buffer Layer on the Superconducting Properties of YBa2Cu3Oy on Al2O3, K. D. Develos, M. Kusunoki, S. Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'98),   1998年
  • Growth Manner of c-axis Oriented YBa2Cu3Oy Thin Films, M. Mukaida. M. Kusunoki, S. Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'98),   1998年
  • Examination on Power Handling Capability of Superconducting Patch Antenna, K. Ehata, Mohammad. I. Ali, M. Kusunoki, S. Ohshima , Applied Superconductivity Conference (ASC'98),   1998年
  • Elimination of 45 degree Grain Boundaries in LnBa2Cu30y Thin Films for Microwave Devices on MgO Substrates, M. Mukaida, Y. Takano,M. Kusunoki, S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'98),   1998年
  • Effect of Substrate Lattice Mismatch on the Crystallographic properties of YBa2Cu3Oy Thin Films for Microwave Devices, Y. Takano, M. Mukaida, M. Kusunoki, S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'98),   1998年
  • Design and Fabrication of Cross-coupled Microstrip Bandpath Filters, T. Tomiyama, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'98),   1998年
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法によるYBa2Cu3O7-δ薄膜の作製と評価, 鈴木敏幸、須藤俊英、森谷拓朗、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会,   1998年
  • 低誘電率MgO基板上におけるマイクロデバイス用YBa2Cu3Ox薄膜の成長と評価, 向田昌志、高野祥暢、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   1998年
  • 超伝導フィルタの設計・試作・評価, 佐藤徹也、冨山岳郁、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会,   1998年
  • 超伝導パッチアンテナの耐電力向上ーギャップ結合給電パッチアンテナー, 江畑克史、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1998年
  • マイクロ波デバイス用薄膜の面内配向性に与える格子整合の効果, 高野祥暢、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   1998年
  • マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗の測定に関する一検討, 岡井大祐、冨山岳郁、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1998年
  • クロスカップル型超伝導フィルタの設計, 冨山岳郁、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 日独フィルタシンポジウム,   1998年
  • クロスカップル型ヘアピンフィルタの設計, 冨山岳郁、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1998年
  • YBCO薄膜の結晶成長に与える格子整合の効果, 高野祥暢、須藤俊英、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   1998年
  • CeO2バッファ層の膜圧がYBCOの表面抵抗に与える影響, 須藤俊英、高野祥暢、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   1998年
  • BaSnO3バッファ層によるMgO上YBa2Cu3Ox薄膜の結晶配向制御, 千葉和秋、高野祥暢、、向田昌志、楠正暢、大嶋重利, 応用物理学会東北支部大会,   1998年
  • 線路共振器法による表面抵抗の測定に関する一検討, 岡井大祐、冨山岳郁、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1998年
  • ホモエピタキシャル法を用いたYBa2Cu3Oy 薄膜のグレイン成長, 高野祥暢、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会 ,   1998年
  • ホモエピタキシャル法を用いたYBa2Cu3Ov薄膜のグレイン成長, 高野祥暢、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会 ,   1998年
  • YBCO/CeO2/Al2O3ヘテロエピタキシャル成長におけるバッファ層の機能, 須藤俊英、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   1998年
  • PLA法を用いたCeO2薄膜の成長におけるレーザーエネルギーとパルス間隔の効果, カテリン・デベロス、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   1998年
  • 表面抵抗Rs測定のためのマイクロストリップ線路共振器法の検討, 岡井大祐、冨山岳郁、新開陽子、楠正暢、大嶋重利, 電子情報通信学会総合大会,   1998年
  • 超伝導薄膜を用いたパッチアンテナの試作・評価, 江畑克史、楠正暢、大嶋重利、H.Kinder, 電子情報通信学会総合大会,   1998年
  • 低誘導率MgO基板上におけるマイクロ波デバイス用YBa2Cu3Ox薄膜の成長と評価, 向田昌志、高野祥暢、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   1998年
  • マイクロ波デバイス用薄膜の面内配向性に与える格子整合性の効果, 高野祥暢、楠正暢、向田昌志、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   1998年
  • YBCO/CeO2/Al2O3構造のマイクロ波特性, 須藤俊英、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   1998年
  • YBa2Cu3O7-x 角膜の超伝導特性に対するCeO2バッファ層の微細構造の効果, カテリン・デベロス、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   1998年
  • Variations of order parameter and bias current distribution with time in thin film superconducting lines , H. Andoh, M. Kito, M. Kusunoki, A. Fujimaki, H. Hayakawa , International Superconductive Electronics Conference (ISEC '97),   1997年
  • The Gain and Directivity of a Superconducting Patch Antenna, S. Ohshima, K. Ehata and M. Kusunoki, International Superconductive Electronics Conference (ISEC '97),   1997年
  • Study on Optimum Configuration on Microstrip Bandpass Filters, T. Tomiyama, D. Okai, M. Kusunoki, S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'97),   1997年
  • High-Temperature Superconducting Microwave Applications, Antenna and Filter, S. Ohshima , K. Ehata, T. Ogasawara, M. Kusunoki, International Workshop on HTS Electron Devices (HTSED '97) ,   1997年
  • Examination of the Microstripline Resonator for Measurement of the Magnetic Penetration Depth, D. Okai, Takasi TACHIKI, Yoko SHINKAI, M. Kusunoki, S. Ohshima, International Symposium on Superconductivity (ISS'97),   1997年
  • Characterization of Superconducting Patch Antenna Fabricated by Both-Side Superconducting Thin Film, K. Ehata, M. Kusunoki, S. Ohshima and H. KINDER , International Symposium on Superconductivity (ISS'97),   1997年
  • 誘導コイル結合型スッパッタリングによるYBCO薄膜作製時のTcとカソード電圧の関係, 楠正暢、江畑克史、高野祥暢、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1997年
  • 分布定数型超伝導フィルタの設計と最適形状の検討, 冨山岳郁、岡井大祐、楠正暢、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1997年
  • 超伝導薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価, 江畑克史、楠正暢、大嶋重利, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1997年
  • 誘導コイル結合型スッパタリングによる高温超伝導薄膜の大面積化の検討, 楠正暢、高久歩、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   1997年
  • 超伝導パッチアンテナの設計・試作・評価, 江畑克史、楠正暢、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   1997年
  • 超伝導パッチアンテナの試作と評価, 江畑克史、楠正暢、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   1997年
  • 酸化物高温超伝導薄膜作製に対する誘導コイル結合型スッパッタリング法の検討, 楠正暢、江畑克史、岡井大祐、大嶋重利, 春季低温工学・超伝導学会,   1997年
  • ヘリコンプラズマ源を用いたYBa2Cu3Oy薄膜の作製, 楠正暢、大須賀彰、江畑克史、岡井大祐、大嶋重利, 春季応用物理学関係連合講演会,   1997年
  • Design and fabrication of Cu and YBCO patch array antenna, M.I.Ali, K.Ehata, M.Kusunoki, S.Ohshima, 春季応用物理学関係連合講演会,   1997年
  • 磁場侵入長λ測定のためのマイクロストリップ線路共振器法の検討, 岡井大祐、新開陽子、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   1997年
  • PLA法を用いたCeO2薄膜の作製及びその配向と表面の評価, カテリン・デベロス、楠正暢、大嶋重利, 秋季応用物理学会学術講演会,   1997年
  • New vortex flow transistors made of YBa2Cu3Oy thin films , A. Fujimaki, M. Kusunoki, M. Kito, S. Yoshida, H. Andoh, H. Hayakawa , Applied Superconductivity Conference (ASC'96),   1996年
  • Josephson Vortex Flow Transistor with Small Dimensions, A.Fujimaki, S.Yoshida, M.Kito, M. Kusunoki, and H.Hayakawa , International Workshop on Superconductivity,   1996年
  • Design and Fabrication of Metal and Superconducting Meander-Line Antennas, T.Ogasawara,K.Ehata,M. Kusunoki,S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'96),   1996年
  • Design and Characterization of Superconducting Patch Antenna, K. Ehata, Takashi Ogasawara, M. Kusunoki, S. Ohshima , International Symposium on Superconductivity (ISS'96),   1996年
  • 超伝導メアンダーアンテナの設計・試作・評価, 大嶋重利、小笠原孝、楠正暢, 秋季低温工学・超伝導学会 ,   1996年
  • 超伝導パッチアンテナの設計・試作・評価, 大嶋重利、江畑克史、小笠原孝、楠正暢, 秋季低温工学・超伝導学会 ,   1996年
  • Superconducting Transistors Composed of Nanobridges, International Workshop on Novel Terahertz Technology,   1995年
  • 制御電流変化がSFFT弱結合部内部の磁束量子に及ぼす影響, 安藤浩哉、楠正暢、藤巻朗、早川尚夫, 春季応用物理学関係連合講演会,   1995年
  • Superconducting Flux Flow Transistors with Submicrometer Structures, M. Kusunoki, H. Akaike, A. Fujimaki , H. Hayakawa , Applied Superconductivity Conference (ASC'94),   1994年
  • Computer simulations of dynamics of vortex lines in superconducting flux flow transistors , H. Andoh, M. Kusunoki, A. Fujimaki, H. Hayakawa , Applied Superconductivity Conference (ASC'94),   1994年
  • A Novel Technique for YBa2Cu3O7-x Submicrometer Structure Formation Using Focused A Novel Technique for YBa2Cu3O7-x Submicrometer Structure Formation Using Focused  Ion Beam Lithograp, A. Fujimaki, M. Kusunoki, H. Hayakawa , International Workshop on HTS Electron Devices (HTSED '94),   1994年
  • 超伝導Flux Flow Transistorの動作特性に及ぼす表面ポテンシャルの影響, 安藤浩哉、楠正暢、藤巻朗、早川尚夫, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1994年
  • 微細化された超伝導線路の臨界電流密度に関する数値解析, 安藤浩哉、楠正暢、藤巻朗、早川尚夫, 秋季応用物理学会学術講演会,   1994年
  • 収束イオンビームを用いた酸化物超伝導体のサブミクロン加工, 楠正暢、赤池宏之、藤巻朗、早川尚夫, 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会,   1994年
  • 酸化物超伝導サブミクロンラインにおける臨界電流密度, 楠正暢、赤池宏之、藤巻朗、高井吉明、早川尚夫, 春季応用物理学関係連合講演会,   1994年
  • サブミクロン構造をもったマイクロフラックスフロートランジスタ, 楠正暢、安藤浩哉、藤巻朗、早川尚夫, 秋季応用物理学会学術講演会,   1994年
  • Flux Flow Transistorの特性に及ぼす表面障壁の効果, 藤巻朗、鬼頭傑、楠正暢、安藤浩哉、早川尚夫, 春季応用物理学関係連合講演会,   1994年
  • Flux Flow Transistorの解析とその応用, 藤巻朗、鬼頭傑、楠正暢、安藤浩哉、早川尚夫, 日本学術振興会超伝導エレクトロニクス第146委員会研究会,   1994年
  • Flux Flow Transistorにおける加工法と特性評価, 鬼頭傑、楠正暢、藤巻朗、早川尚夫、安藤浩哉, 電気関係学会東海支部連合会,   1994年
  • Corrugation Flux Flow Transistor, 藤巻朗、楠正暢、安藤浩哉、鬼頭傑、早川尚夫, 秋季応用物理学会学術講演会,   1994年
  • 酸化物超伝導体のサブミクロン加工と電気的特性, 楠正暢、赤池宏之、藤巻朗、高井吉明、早川尚夫, 春季応用物理学関係連合講演会,   1993年
  • 酸化物超伝導サブミクロンラインの特性の改善, 楠正暢、赤池宏之、藤巻朗、高井吉明、早川尚夫, 秋季応用物理学会学術講演会,   1993年
  • ギャップ電圧3mVの高品質Nb/AlOx-Al/Nb接合の作製, 楠正暢、田部章、山森弘毅、藤巻朗、高井吉明、早川尚夫, 春季応用物理学関係連合講演会,   1993年
  • ジョセフソンジャンクションのトンネル障壁層AlOxの酸化ガス圧と臨界電流密度の関係, 楠正暢、山森弘毅、藤巻朗、高井吉明、早川尚夫, 電気関係学会東海支部連合会,   1991年
  • AlOx層の酸化ガス圧と臨界電流密度の関係, 楠正暢、山森弘毅、藤巻朗、高井吉明、早川尚夫, 秋季応用物理学会学術講演会,   1991年

作品

  • 大面積超伝導薄膜の表面抵抗評価,   2000年
  • 超伝導アンテナの研究,   2001年
  • 移動体通信基地局用低損失高温超伝導薄膜の作製とその周辺機器の実用化②,   2002年
  • 走査型表面抵抗測定装置の開発,   2001年
  • マイクロ波超伝導セキュリティーシステム,   2000年
  • 超低損失高温超伝導薄膜の作成法及び高周波特性評価法,   2003年
  • 有機EL製造装置洗浄溶液の低コスト処理技術に関する研究,   2003年
  • 生活習慣改善のための加速度計を用いた身体活動量と質の解析用システムの開発と指導システムの作製に関する研究,   2004年
  • 携行型運動量計測デバイスを用いた高齢者用遠隔健康管理プラットホームの開発,   2005年
  • 単一磁束量子テラヘルツエレクトロニクスの創製,   2005年

MISC

  • 極薄非晶質リン酸カルシウムシートによる象牙質透過抑制効果の評価, 本津茂樹, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 保尾謙三, 吉川一志, 日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM), 2014, ROMBUNNO.1P151,   2014年03月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402276280136457
  • フルオロアパタイト薄膜の組成制御法に関する検討, 藤田尚希, 牧野隆之, 楠正暢, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 27th, ROMBUNNO.2P014,   2014年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402290811213055
  • フッ化アパタイト薄膜の溶解性に対する検討, 牧野隆之, 藤田尚希, 楠正暢, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 27th, ROMBUNNO.2P015,   2014年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402230795787787
  • 汎用モーションセンサによる反復的運動の自動計数アルゴリズムとデータ管理システムの構築, 前田侑大, 並河弘樹, 鬼塚将稔, 橋下尚弥, 森本譲, 西野誠, 小濱剛, 楠本嘉幹, 新ゆり, 楠正暢, 医療情報学連合大会論文集, 33rd, 974, 975,   2013年11月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402253277751949
  • バイオセンサに用いるためのPt電極作製法の検討, 田中秀俊, 硲石康裕, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2013, ROMBUNNO.G2-2,   2013年11月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302205237476064
  • 光子検出効率向上のための高温超伝導ナノワイヤの長尺化, 小谷克己, 三宅智貴, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2013, ROMBUNNO.G6-17,   2013年11月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302214082371499
  • PLD法を用いたフルオロアパタイト薄膜の作製, 藤田尚希, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2013, ROMBUNNO.G2-4,   2013年11月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302221860420334
  • 水晶振動子マイクロバランスセンサ上へのc軸配向ハイドロキシアパタイト作製法の検討, 硲石康裕, 井口亮, 西川博昭, 本津茂樹, 速水尚, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2013, ROMBUNNO.P-12,   2013年11月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302228711538297
  • PrBa2Cu3Oyバッファ層を用いた極薄YBa2Cu3Oyの作製, 三宅智貴, 伊藤大介, 小谷克己, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2013, ROMBUNNO.G6-18,   2013年11月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302239916240004
  • ハイドロキシアパタイト薄膜の結晶性に対する溶解性の評価, 森田知樹, 藤田尚希, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2013, ROMBUNNO.G2-3,   2013年11月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302268869252643
  • 歯科用HAシートへのスルーホール作製法の検討, 藤田尚希, 松田太陽, 森田知樹, 西川博昭, 本津茂樹, 楠正暢, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.1P030,   2013年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302218801968910
  • 象牙質―極薄アパタイトシート界面における固着特性の評価, 以西新, 松本明子, 山本衛, 加藤暢宏, 西川明博, 楠正暢, 本津茂樹, 吉川一志, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.1P028,   2013年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302221921599090
  • エクリプス法を用いたアパタイトコート水晶振動子マイクロバランスセンサ作製法の検討, 硲石康裕, 藤田尚希, 楠正暢, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.1P027,   2013年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302277577496133
  • 歯科用アパタイトシートの高効率製造法に関する検討, 藤田尚希, 西川博昭, 本津茂樹, 楠正暢, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.1P029,   2013年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302291651414848
  • ハイドロキシアパタイトを用いた細胞アレイ作製法の検討, 浅野克弥, 田村将一, 藤田尚希, 楠正暢, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.1P026,   2013年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302293439694167
  • 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第2報), 本津茂樹, 吉川一志, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世, 日本歯科理工学会誌, 32, 2, 125,   2013年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302294139650741
  • Flexible Thin Film of Epitaxially Grown Perovskite Type Titanate, NISHIKAWA Hiroaki, TANAKA Hidekazu, ENDO Tamio, KUSUNOKI Masanobu, HONTSU Shigeki, Abstr JSAP MRS Jt Symp (CD-ROM), ROMBUNNO.16P-M8-11,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302250516400480
  • A-17 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第2報)(アパタイト,一般講演(口頭発表),第61回日本歯科理工学会学術講演会), 本津 茂樹, 吉川 一志, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世, 日本歯科理工学会誌, 32, 2,   2013年03月25日, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009596424
    概要:We have successfully created a flexible hydroxyapatite (HAp) sheet of less than a few micrometers, and we have been trying to establish the all-HAp restoration technique for tooth enamel. In this study, we evaluated the re-calcification layer at the various sheets (amorphous HAp, HAp, amorphous HAp/amorphous calcium phosphate: ACP, HAp/ACP)-enamel interface by scanning electron microscope (SEM).
  • レーザーアブレーション法により作製したハイドロキシアパタイト薄膜の圧電性の評価, 西垣 勉, 西川 博昭, 楠 正暢, Journal of bio-integration, 3, 1, 71, 74,   2013年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019881657
  • 神経細胞ネットワークの活動電位計測を目的とした電極アレイ埋入型培養チップ作製法の検討, 中島浩之, 山脇伸行, 西川博昭, 本津茂樹, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2012, ROMBUNNO.8AMD-5,   2012年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302201656191937
  • 穴あきアパタイトシートを用いたエナメル質の修復, 本津茂樹, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 吉川一志, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2012, 197,   2012年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302222125326886
  • バイオセンサ表面におけるハイドロキシアパタイトの配向制御法に関する検討, 硲石康裕, 井口亮, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 速水尚, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2012, 206,   2012年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302225407703088
  • 人工骨への応用を目的としたチタンスパッタ膜の評価, 岡田和真, 藤原孝俊, 楠正暢, 速水尚, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2012, 265,   2012年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302230735942760
  • 単一光子検出器を目的とした高温超伝導ナノワイヤの作製, 小谷克己, 三宅智貴, 伊藤大介, 西川博昭, 本津茂樹, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2012, ROMBUNNO.9PMD-1,   2012年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302242489112440
  • 炭酸含有アパタイトの薄膜化に関する試み, 大西真弘, 野中蔵人, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 西川博昭, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2012, ROMBUNNO.9PMD-4,   2012年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302252030950414
  • 医療応用を目的としたスーパーエンジニアリングプラスチックに対するチタンスパッタ膜の評価, 岡田和真, 藤原孝俊, 楠正暢, 速水尚, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2012, ROMBUNNO.9PMD-5,   2012年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302255845594174
  • 高温超伝導ナノデバイス作製のためのエッチング条件の検討, 三宅智貴, 小谷克己, 伊藤大介, 西川博昭, 本津茂樹, 楠正暢, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2012, ROMBUNNO.9PMD-3,   2012年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302286093314315
  • 水晶振動子マイクロバランスセンサ上へのc軸配向ハイドロキシアパタイト作製法の検討, 硲石康裕, 井口亮, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 速水尚, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2012, ROMBUNNO.9AMH-11,   2012年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302287029633993
  • パルスレーザ堆積法による薄膜作製プロセスにおける再現性向上の試み, 中林一世, 野中蔵人, 原崎隆道, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 西川博昭, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2012, ROMBUNNO.9AMH-7,   2012年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302297831521225
  • バイオセラミックスの現状と新展開 アパタイト薄膜の形成とバイオセンサへの応用, 本津茂樹, 西川博昭, 楠正暢, J Soc Inorg Mater Jpn, 19, 361, 504, 510,   2012年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202221434660533
  • 極薄アパタイトシートを用いた象牙質上への人工エナメル質形成, 本津茂樹, 吉川一志, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世, 日本歯科理工学会誌, 31, 5, 445,   2012年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202271094874247
  • 小孔をもつフレキシブルアパタイトシートによるエナメル質の修復・保存, 以西新, 丸山敏朗, 松田太陽, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 吉川一志, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 25th, ROMBUNNO.1P10,   2012年09月12日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202217766334250
  • アパタイト薄膜被覆生体吸収性高分子メンブレンの作製とその評価, 本津茂樹, 樋口裕一, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 小正裕, バイオインテグレーション学会誌, 2, 1, 119, 123,   2012年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302244181127792
  • TCP薄膜の作製とハイドロキシアパタイトへの転化, 岩城有晃, 丸山敏朗, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 吉川一志, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 25th, ROMBUNNO.1P06,   2012年09月12日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202242287787376
  • 光/超伝導変換デバイスの感度向上を目的とした極薄高温超伝導膜の作製法の研究, 伊藤 大介, 小谷 克己, 三宅 智貴, 西川 博昭, 本津 茂樹, 楠 正暢, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society, 132, 11, 1722, 1726,   2012年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031120118
    概要:We studied a method to obtain superconductivity even in very thin films of YBa2Cu3Oy (YBCO). These thinner YBCO films will be able to be applied to optics/superconductivity (opt/super) converters with high optical sensitivity. Opt/super converters composed of YBCO nano-bridges or nano-wires require a low critical current that is determined by the film thickness. According to X-ray diffraction, critical temperature (Tc) and residual resistivity ratio for the substrates of MgO (100), SrTiO3 (100) and NdGaO3 (110), superconducting features are influenced by the lattice mismatching layer in YBCO closing to a hetero-epitaxy interface between YBCO and single crystal substrate. YBCO films with different thicknesses varying from 80 to 10nm were prepared on SrTiO3, using a suitable temperature. The values of Tc slightly decreased when reducing YBCO thickness from 80 to 20 nm, and then declined sharply at less than 20nm. It is considered that a layer in the beginning of deposition less than 20nm causes stress in the crystal lattice. The Tc of 20 nm YBCO film on SrTiO3 was 80.8 K. It can work above liquid N2 temperature.
  • アパタイト薄膜の形成とバイオセンサへの応用 (特集 バイオセラミックスの現状と新展開), 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学, 19, 361, 504, 510,   2012年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019495809
  • 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第1報), 本津茂樹, 吉川一志, 松田太陽, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世, 日本歯科理工学会誌, 31, 2, 112,   2012年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202230675037208
  • B-28 極薄アパタイトシートを用いた象牙質上への人工エナメル質形成(細胞・生体用セラミックス,一般講演(口頭発表),第60回日本歯科理工学会学術講演会(創立30周年記念大会)), 本津 茂樹, 吉川 一志, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世, 日本歯科理工学会誌, 31, 5,   2012年09月25日, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009517809
    概要:We have fabricated a flexible hydroxyapatite (HAp) using a pulsed laser deposition (PLD) method and a film isolation technique. We adhered the HAp sheet to the dentine surface using a calcium phosphate aqueous in order to apply this sheet to hyperesthetic treatment. In the present study, the time dependence of the composition at the interfaces between the HAp/TCP sheet and the dentine was evaluated using X-ray diffraction measurement, and the adhesive strength between the HAp/TCP sheet and the dentine surface was evaluated by quasi-static tensile tests.
  • P-31 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第1報)(生体親和材料,一般講演(ポスター発表),第59回日本歯科理工学会学術講演会), 本津 茂樹, 吉川 一志, 松田 太陽, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世, 日本歯科理工学会誌, 31, 2,   2012年03月25日, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009358507
    概要:We have succeeded to fabricate flexible hydroxyapatite (HAp) sheet for adhering directly onto tooth and bone surfaces using a pulsed laser deposition method and a film isolation technique. We have investigated a method to regenerate the tooth enamel by just attaching the flexible HAp sheet onto the tooth surface with artificial saliva. In this paper, we report the result of adhering the HAp sheet to the enamel assisted by an TCP over-deposition and calcium phosphate aqueous solution in order to reduce the period required to regenerate the enamel.
  • ハイドロキシアパタイト/α‐TCP複合シートを用いたエナメル質再生法の検討, 本津茂樹, 吉川一志, 松田太陽, 楠正暢, 丸山敏朗, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 日本セラミックス協会年会講演予稿集, 2012, 355,   2012年03月19日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202296554565844
  • Control of Ca/P ratio of hydroxyapatite thin film by pulsed laser deposition, H. Nishikawa, R. Yoshikawa, H. Nakajima, M. Kusunoki, T. Hayami, S. Hontsu, 24th European Conference on Biomaterials - Annual Conference of the European Society for Biomaterials,   2011年12月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=84887014097&origin=inward
  • フレキシブル極薄フッ素化アパタイトシートの作製, 本津茂樹, 丸山敏朗, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 橋本典也, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 33rd, 79,   2011年11月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102268369930985
  • パルスレーザ堆積法によるハイドロキシアパタイト薄膜のCa/P比制御が結晶性におよぼす影響, 吉川亮太, 中島浩之, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 西川博昭, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 33rd, 462,   2011年11月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102280706132620
  • アパタイトシートの高効率作製ステムの開発, 松田太陽, 井口亮, 西川博昭, 速水尚, 楠正暢, 本津茂樹, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2011, ROMBUNNO.30A2-10,   2011年10月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102204723162208
  • 光/超伝導変換デバイスの感度向上を目的とした極薄酸化物超伝導膜の作製, 伊藤大介, 三宅智貴, 小谷克己, 高橋晋也, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2011, ROMBUNNO.30P4-11,   2011年10月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102232311011438
  • LaFeO3/SrTiO3及びLaCrO3/SrTiO3ヘテロ接合界面の電気特性, 井谷章也, 川口忠男, 川山巌, 神吉輝夫, 楠正暢, 本津茂樹, 田中秀和, 斗内政吉, 西川博昭, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2011, ROMBUNNO.30A4-17,   2011年10月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102236200282071
  • 神経の活動電位計測を目的とした3次元神経ネットワーク作製法の検討, 中島浩之, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2011, ROMBUNNO.P-8,   2011年10月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102242429183603
  • エピタキシャル成長したフレキシブル機能性酸化物薄膜の作製, 森田祐輔, 楠正暢, 本津茂樹, 西川博昭, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2011, ROMBUNNO.30A4-16,   2011年10月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102269181302185
  • パルスレーザ堆積法によるハイドロキシアパタイト薄膜の化学組成および結晶性制御, 吉川亮太, 中島浩之, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 西川博昭, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2011, ROMBUNNO.29A3-8,   2011年10月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102271370150285
  • アパタイトシートの自己組織化によるエナメル質の再生, 本津茂樹, 加藤暢宏, 山本衛, 丸山敏朗, 松田太陽, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 吉川一志, 山本一世, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集, 24th, 425,   2011年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102297348071354
  • アパタイト系材料の最新の話題―環境・電子応用から生体応用まで―レーザーアブレーション法によるアパタイト薄膜の形成とバイオセンサへの応用, 本津茂樹, 楠正暢, 西川博昭, セラミックス, 46, 9, 745, 749,   2011年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102226906695039
  • パルスレーザ堆積法におけるレーザ強度・レーザ照射面積がハイドロキシアパタイト薄膜の化学組成に及ぼす影響, 吉川亮太, 中島浩之, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 西川博昭, 応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 72nd, ROMBUNNO.30P-D-6,   2011年08月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102205793766115
  • レーザーアブレーション法によるアパタイト薄膜の形成とバイオセンサへの応用, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, セラミックス, 46, 9, 745, 749,   2011年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030200828
  • エピタキシャル成長した機能性酸化物薄膜を用いたフレキシブルデバイス, 森田祐輔, 楠正暢, 本津茂樹, 西川博昭, 応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 72nd, ROMBUNNO.30P-D-7,   2011年08月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102261701511032
  • LaFeO3/SrTiO3-δの電気・磁気特性, 井谷章也, 川山巌, 神吉輝夫, 楠正暢, 本津茂樹, 田中秀和, 斗内政吉, 西川博昭, 応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 72nd, ROMBUNNO.30P-D-8,   2011年08月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102295593715086
  • フレキシブルアパタイトシートの歯科応用, 本津茂樹, 楠正暢, 西川博昭, 吉川一志, 機能材料, 31, 5, 63, 68,   2011年04月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102222778603155
  • R&D フレキシブルアパタイトシートの歯科応用, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 機能材料, 31, 5, 63, 68,   2011年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018795152
  • パルスレーザ堆積法を用いたハイドロキシアパタイト薄膜のCa/P比制御, 吉川亮太, 中島浩之, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM), 58th, ROMBUNNO.26P-BA-11,   2011年03月09日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102225366651871
  • フレキシブルアパタイトシートを用いたエナメル質の修復・保存, 本津茂樹, 川上佳晃, 西川博昭, 楠正暢, 吉川一志, 山本一世, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 32nd, 64,   2010年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102202399929654
  • ハイドロキシアパタイトシートの結晶性に関する検討, 松田太陽, 川上佳晃, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 32nd, 337,   2010年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102204096822671
  • アパタイト薄膜コーティング生体吸収性高分子不織布シートの作製とin‐vitro評価, 川上佳晃, 中島浩之, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 32nd, 338,   2010年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102237018218496
  • ハイドロキシアパタイト/酸化亜鉛積層構造を用いたバイオセンサの開発, 大北晃弘, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 32nd, 261,   2010年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102244149558663
  • ハイドロキシアパタイト薄膜のパルスレーザ堆積法による化学組成・結晶性制御の試み, 吉川亮太, 中島浩之, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 32nd, 334,   2010年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102255966621263
  • 3次元神経ネットワーク形成を目的とした細培養足場作成の検討, 中島浩之, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 32nd, 227,   2010年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102260301728508
  • 酸化物超伝導薄膜のダメージレスナノプロセスに用いるエピタキシャル成長阻害層の検討, 高橋晋也, 伊藤大介, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2010, ROMBUNNO.4P302-14,   2010年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102213552427479
  • 神経の活動電位計測を目的とした3次元神経ネットワーク作製法の検討, 中島浩之, 溝越正人, 神田浩孝, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2010, ROMBUNNO.3A203-7,   2010年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102225162196954
  • 酸化物超伝導薄膜のダメージレスナノ加工プロセスの検討, 高橋晋也, 馬場康仁, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2010, ROMBUNNO.P-34,   2010年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102269259471493
  • パルスレーザーデポジション法によるアパタイトシートの作製と大面積化の検討, 川上佳晃, 松田太陽, 楠正暢, 西川博昭, 速水尚, 本津茂樹, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2010, ROMBUNNO.4P302-13,   2010年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102243619255259
  • Mg含有アパタイト薄膜の作製とその生体親和性評価, 西川博昭, 篠原悠, 橋本典也, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 71st, ROMBUNNO.15P-NF-14,   2010年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002245954673974
  • パルスレーザー堆積法で成膜した疑似体液由来ハイドロキシアパタイト薄膜の生体親和性評価, 蔦谷燈, 松村和明, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 速水尚, 日本セラミックス協会年会講演予稿集, 2010, 209,   2010年03月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002298814476652
  • ヒト間葉系幹細胞とハイドロキシアパタイトシートを組み合わせた新規骨再生誘導メンブレンの開発, 橋本典也, 谷中直樹, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 武田昭二, 日本再生歯科医学会誌, 7, 1, 82,   2009年12月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002251391497996
  • 加速度計付歩数計を用いた身体活動量向上への取り組み―活動量と強度調節の有用性, 小泉大亮, 佐々木英夫, 入江三枝子, 彦坂愛子, 楠正暢, 竹島伸生, 医科学応用研究財団研究報告, 27, 81, 85,   2010年02月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002267712412681
  • Mg含有アパタイト薄膜の生体親和性評価, 篠原悠, 蔦谷燈, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 31st, 284,   2009年11月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002216931292558
  • 大面積アパタイトシートの作製法の開発, 川上佳晃, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 31st, 283,   2009年11月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002251663413649
  • PTFEを用いた選択的細胞吸着パターン作製技術の検討, 虫邉慶悟, 東郷秀考, 和田拓士, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2009, ROMBUNNO.P-16,   2009年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902243862557311
  • 酸化物超伝導薄膜のダメージレスナノ加工プロセスの検討, 馬場康仁, 高橋晋也, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2009, ROMBUNNO.G6-14,   2009年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902287371970346
  • レーザーアブレーション法によって作製されたナノスケールハイロドキシアパタイト被覆チタン不織布の生体適合性, 本津茂樹, 橋本典也, 飴谷彰洋, 吉野和卓, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 久保木芳徳, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集, 22nd, 71,   2009年09月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902205243093000
  • 極薄アパタイトシートの軟組織再生足場としての応用, 浅野弘樹, 東郷秀孝, 橋本典也, 楠正暢, 西川博昭, 速水尚, 本津茂樹, 再生医療, 8, 260,   2009年02月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902204597949231
  • エキシマレーザーアブレーション法によるアパタイト被覆三次元チタン繊維細胞足場の開発, 橋本典也, 吉川美弘, 浅野弘樹, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 池尾隆, 飴谷彰洋, 吉野和卓, 久保木義徳, 日本再生歯科医学会誌, 6, 1, 56,   2008年12月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902210575381940
  • レーザーアブレーション法によるMg含有アパタイト薄膜の作製と評価, 篠原悠, 西川博昭, 橋本典也, 楠正暢, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2008, 214,   2008年11月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902205295228671
  • PTFE基板上への血管内皮細胞の選択的吸着に関する検討, 和田拓士, 東郷秀孝, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2008, 179,   2008年11月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902208716422080
  • アパタイトコーティング三次元培養足場の作製と評価, 浅野弘樹, 東郷秀孝, 濱畑燈, 濱畑燈, 吉野和卓, 飴谷彰洋, 久保木芳徳, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2008, 185,   2008年11月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902217020824175
  • PTFE上への神経細胞パターン作製技術の検討, 東郷秀孝, 和田拓士, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2008, 178,   2008年11月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902218601315146
  • 生体アパタイトシートの作製とその生体親和性評価, 谷中直樹, 谷中直樹, 東郷秀孝, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2008, 215,   2008年11月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902292951901078
  • アパタイトコートQCMバイオセンサの高品質化に関する検討, 雛子芙美代, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2008, ROMBUNNO.G2-27,   2008年10月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902202484743804
  • バクテリオロドプシンを用いた輪郭検出型光センサの開発に関する基礎研究, 景山卓, 中川雄祐, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2008, ROMBUNNO.P-20,   2008年10月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902245221507821
  • 人工歯根表面の細胞挙動シミュレーションを目的としたフォトリソグラフィーによるアパタイトマイクロウェルの作製, 和田拓士, 東郷秀孝, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2008, ROMBUNNO.P-21,   2008年10月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902247647387257
  • PTFEを用いた細胞パターン作製技術の検討, 東郷秀考, 和田拓士, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2008, ROMBUNNO.G6-9,   2008年10月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902261855016648
  • 高温超伝導ナノブリッジの作製と光応答特性, 馬場康仁, 大田真輔, 大田真輔, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 堂田泰史, 川山巌, 村上博成, 斗内政吉, 藤巻朗, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2008, ROMBUNNO.P-19,   2008年10月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902294859041871
  • コランダム酸化物薄膜結晶の原子レベル層状成長制御に関する試み, 蓬莱谷忠孝, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集, 21st, 379,   2008年09月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902266165308001
  • ナノスケール厚さハイドロキシアパタイト被覆によるポーラス型人工歯根への biointegration 機能の付与, 速水 尚, 西川 博昭, 樋口 裕一, 橋本 典也, 楠 正暢, 本津 茂樹, 渋江 唯司, 山本 全男, 実験力学 : journal of JSEM, 8, 2, 127, 132,   2008年06月25日, 10.11395/jjsem.8.127, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021155824
  • 高温超伝導ナノブリッジの特性に対する再成膜プロセスの効果, 梶野顕明, 木村大至, 堀井佑樹, 楠正暢, 川山巌, 井上真澄, 斗内政吉, 藤巻朗, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 55th, 1, 325,   2008年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902291648787720
  • ナノスケール厚さハイドロキシアパタイト被覆によるポーラス型人工歯根へのbiointegration機能の付与, 速水 尚, 西川 博昭, 樋口 裕一, 橋本 典也, 楠 正暢, 本津 茂樹, 渋江 唯司, 山本 全男, 実験力学, 8, 2, 127, 132,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004489974
    概要:The fixation between a beads-type porous-surfaced dental implant and a surrounding bone is dependent on 3-dimensional anchoring effect which new bones develop into a porous structure. The speed of a bone ingrowth into the porous structure and the good fixation to bone is strongly related to biocompatibility of the implant. To impart a functional fixation by biointegration to the implant, in this study, a pulsed laser deposition (PLD) technique was used to form 300 nm thick hydroxyapatite (HA) film even on the depths of the porous structure. Through X-ray diffraction (XRD) and energy dispersive X-ray spectrometry (EDX) analysis, it was found that HA was crystallized and was deposited on the depths of interconnecting pores of complicated shape. The implants were placed into posterior regions of completely edentulous mandible of a canine. The bone ingrowth condition was scanned by CT scanner. In three weeks after operation, the bone ingrowth speed in the HA-deposited implant was increased as compared with the non-HA-deposited one. In five weeks after operation, no particular differences on the bone ingrowth between the HA-deposited and non-HA-deposited implants were found. HA thin film deposition on a porous-suerfaced implant was effective in the improvement of functional bone fixation.
  • 地域在住虚弱高齢者の健康と機能的自立維持を目指すための運動方法に関する研究―能動的運動と受動的運動による筋力,筋パワーへの効果について―, 李成吉吉, 渡辺元夫, 小泉大亮, 長谷川龍一, 山田ともみ, 竹島伸生, 楠正暢, 体力科学, 56, 6, 882,   2007年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902284291795820
  • アパタイトコートQCM振動子を用いた歯科用シミュレータの開発, 楠正暢, 橋本典也, 合田祥太朗, 西川博昭, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 29th, 277,   2007年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902209456726346
  • 炭酸含有アパタイト薄膜の作製とその生体親和性評価, 田名宗毅, 田名宗毅, 西川博昭, 橋本典也, 楠正暢, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 29th, 359,   2007年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902255334315215
  • 607. 地域在住虚弱高齢者の健康と機能的自立維持を目指すための運動方法に関する研究 : 能動的運動と受動的運動による筋力,筋パワーへの効果について(スポーツ医学的研究/その他,第62回日本体力医学会大会), 李 成吉吉, 渡辺 元夫, 小泉 大亮, 長谷川 龍一, 山田 ともみ, 竹島 伸生, 楠 正暢, 体力科學, 56, 6,   2007年12月01日, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006652901
  • アパタイトチューブおよびアパタイトシースステントの開発, 本津茂樹, 浅野弘樹, 東郷秀孝, 西川博昭, 橋本典也, 楠正暢, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 29th, 322,   2007年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902280775879275
  • GBR応用のための生体内吸収性アパタイト薄膜/高分子シート複合材料の作製とその生体親和性評価, 浅野弘樹, 東郷秀孝, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 29th, 400,   2007年11月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902288435545934
  • ハイドロキシアパタイトを用いた神経細胞回路形成技術の検討, 東郷秀孝, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2007, ROMBUNNO.G6-46,   2007年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902220092020373
  • QCM法によるアモルファスアパタイト薄膜の生体関連分子吸着特性の評価, 合田祥太郎, 雛子芙美代, 今井晴香, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2007, ROMBUNNO.P-7,   2007年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902232743922859
  • サーキットトレーニングのための油圧式レジスタンスマシンによる運動計測システムの開発, 楠 正暢, 上田 亮平, 西川 博昭, 本津 茂樹, 李 成〓, 小泉 大亮, 那須 英里子, 竹島 伸生, 日本生理人類学会誌, 12, 4, 191, 196,   2007年11月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006595445
  • 高温超伝導ナノブリッジの作製と光応答特性, 太田真輔, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 堂田泰史, 川山巌, 村上博成, 斗内政吉, 藤巻朗, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2007, ROMBUNNO.G6-28,   2007年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902244640799755
  • バクテリオロドプシンを用いた輪郭検出型光センサの開発に関する基礎研究, 中川雄祐, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2007, ROMBUNNO.G6-29,   2007年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902271840881887
  • 人工歯根表面の細胞挙動シミュレーションを目的としたフォトリソグラフィーによるアパタイトマイクロウェルの作製, 和田拓士, 東郷秀孝, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2007, ROMBUNNO.G6-45,   2007年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902273270847500
  • アパタイト超薄膜を用いた多孔質インプラントへの生体親和性付与, 速水尚, 西川博昭, 渋江唯司, 楠正暢, 本津茂樹, 山本全男, 日本機械学会年次大会講演論文集, 2007, Vol.5, 243, 244,   2007年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902259534255697
  • c軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜の電気特性, 西川博昭, 本間久由樹, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 68th, 2, 667,   2007年09月04日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902224315622864
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜の化学センサ応用, 本間久由樹, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 68th, 3, 1294,   2007年09月04日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902205064678798
  • 1021 アパタイト超薄膜を用いた多孔質インプラントへの生体親和性付与(G02-2 バイオエンジニアリング(2),G02 バイオエンジニアリング), 速水 尚, 西川 博昭, 渋江 唯司, 楠 正暢, 本津 茂樹, 山本 全男, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting, 2007, 5, 243, 244,   2007年09月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007085065
    概要:To improve osteoblasts attachment to a porous implant such as artificial tooth root, plasma spray coating of hydroxyapatite (HA) has been attempted applying. However, plasma sprayed HA powders plugged up a way in holes of the porous structure which is important way of bone growth. To solve this problem, in this experiment, HA thin film 300nm thick was deposited by pulsed laser deposition (PLD) technique on the tooth root. HA thin film was reached easily to the depth of the porous structure. In 3 weeks after operation, the bone in-growth speed in HA-deposited tooth root was increased as compared with non HA-deposited one. In 5 weeks after operation, no particular difference between HA-deposited and non HA-deposited tooth roots was found. HA thin film deposition on a porous implant was effective in the improvement of osteoblast attachment.
  • SFQ/光インターフェイス用YBCOナノブリッジの特性, 井上真澄, 杉本学, 梶野顕明, 藤巻朗, 楠正暢, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 68th, 1, 313,   2007年09月04日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902224611127143
  • 表面に規則的マイクロピラーを持つハイドロキシアパタイトシートの作製, 浅野弘樹, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 68th, 3, 1304,   2007年09月04日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902253588555051
  • 機能複合ナノスケールアパタイト被覆インプラントの骨伝導能の評価, 本津茂樹, 大橋芳夫, 樋口裕一, 楠正暢, 西川博昭, 岡崎定司, 小正裕, 日本口腔インプラント学会誌, 20, 1, 84,   2007年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902269756272994
  • ハイドロキシアパタイトとジメチルポリシロキサンを用いた選択的細胞培養足場の作製, 楠正暢, 東郷秀孝, 川畑君代, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 54th, 3, 1366,   2007年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902202527004660
  • 表面に規則的なマイクロ貫通孔を持ったハイドロキシアパタイトシートの作製, 西川博昭, 奥村大地, 畑中良太, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 54th, 3, 1366,   2007年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902236667386620
  • SFQ/光インターフェイス技術のためのYBCOナノブリッジの作製, 梶野顕, 梶野顕, 杉本学, 井上真澄, 藤巻朗, 楠正暢, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 54th, 1, 318,   2007年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902283257515307
  • Naドープハイドロキシアパタイトのc軸配向薄膜作製およびその電気特性, 本間久由樹, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 54th, 3, 1365,   2007年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902295224555301
  • 携行型運動量計測デバイスを用いた高齢者用遠隔健康管理プラットホームの開発, 楠正暢, 竹島伸生, 高橋龍尚, 医科学応用研究財団研究報告, 24, 49, 52,   2007年02月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902243736338949
  • 組織再生用生体吸収性アパタイト/有機複合メンブレンの作製と評価, 本津茂樹, 浅野弘樹, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 樋口裕一, 日本口腔インプラント学会学術大会プログラム・抄録集, 37th, 225,   2007年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902255872634339
  • 高齢者の身体活動向上を目指した加速度計の有効性―個人データフィードバックの意義―, 小泉大亮, 李成てつ, 那須英里子, 竹島伸生, 楠正暢, 体力科学, 55, 6, 915,   2006年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902298707079372
  • 可撓性透明アパタイトシート上での生細胞観察, 畑中良太, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 28th, 199,   2006年11月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902211343459737
  • 673. 高齢者の身体活動向上を目指した加速度計の有効性 : 個人データフィードバックの意義(スポーツ医学的研究/その他, 第61回 日本体力医学会大会), 小泉 大亮, 李 成吉吉, 那須 英里子, 竹島 伸生, 楠 正暢, 体力科學, 55, 6,   2006年12月01日, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006288827
  • QCM法による結晶化アパタイトとアモルファスアパタイトの生体関連分子吸着特性の比較, 今井晴香, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 28th, 192,   2006年11月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902231949158660
  • 表面形状を制御したハイドロキシアパタイト薄膜の細胞接着・増殖, 小川敦子, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 28th, 197,   2006年11月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902266573540770
  • 生体親和性・吸収性をもつ可撓性透明アパタイト細胞シートの作製, 本津茂樹, 畑中良太, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 28th, 140,   2006年11月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902270254249075
  • ハイドロキシアパタイトを用いた選択的細胞吸着足場の作製法, 楠正暢, 川畑君代, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 28th, 198,   2006年11月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902270534432916
  • QCM法によるアモルファスアパタイト薄膜の生体関連分子吸着特性の評価, 今井晴香, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2006, G2-35,   2006年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902227201675487
  • ハイドロキシアパタイト細胞培養足場への微細構造の作製法, 田宮雅樹, 和田拓士, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2006, G7-39,   2006年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902244691971170
  • SFQ/光変換のための高温超伝導ナノブリッジの作製と超伝導特性, 太田真輔, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 川山巌, 斗内政吉, 藤巻朗, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2006, G7-23,   2006年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902256404518280
  • ハイドロキシアパタイトを用いた細胞センサ用足場の作製, 奥村大地, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2006, G2-36,   2006年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902260186232538
  • レーザーアブレーション法によるBi系超伝導体の両面大面積薄膜作製システムの開発, 八田和己, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2006, G7-12,   2006年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902266857008075
  • 生体アパタイト超薄膜被覆インプラントの生体親和性, 本津茂樹, 川島将実, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 大橋芳夫, 樋口裕一, 橋本典也, バイオマテリアル, 24, 5, 353, 360,   2006年10月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902296673768472
  • 原子レベルで平坦な基板を用いた高結晶性ハイドロキシアパタイト薄膜の作製, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 67th, 3, 1180,   2006年08月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902282528025231
  • 透明アパタイトシート上での生細胞観察, 畑中良太, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 本津茂樹, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 67th, 3, 1176,   2006年08月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902287593518050
  • ハイドロキシアパタイトのタンパク質吸着性とバイオセンサへの応用, 今井晴香, 楠正暢, 橋本典也, 西川博昭, 本津茂樹, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集, 45th, 555,   2006年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902226558303042
  • 油圧式レジスタンストレーニングの自動計測とその評価法, 上田亮平, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 李成吉吉, 小泉大亮, 那須英里子, 竹島伸生, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集, 45th, 402,   2006年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902276574023901
  • 人工的な表面構造をもつ細胞培養足場の作製プロセス, 田宮雅樹, 太田真輔, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集, 45th, 730,   2006年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902282257019869
  • ハイドロキシアパタイト透明シートの作製, 畑中良太, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 53rd, 1, 251,   2006年03月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902206255479066
  • 規則的に形状制御されたハイドロキシアパタイト薄膜表面の細胞培養足場への応用, 小川敦子, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 53rd, 1, 251,   2006年03月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902219653985928
  • ハイドロキシアパタイトを用いたバイオセンサの等価回路による理論的検討, 楠正暢, 西岡佑珠, 西川博昭, 本津茂樹, 川合知二, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 53rd, 3, 1392,   2006年03月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902232358747868
  • 単一磁束量子/光学変換のための高温超伝導ナノブリッジの作製, 太田真輔, 八田和己, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 川山巌, 斗内政吉, 藤巻朗, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 53rd, 1, 299,   2006年03月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902257251542573
  • ハイドロキシアパタイト薄膜を用いたグルコースセンサ, 西川博昭, 奥村大地, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 53rd, 2, 696,   2006年03月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902280471916824
  • ハーモニックバイオマテリアル‐界面制御型生体調和材料創製の可能性‐レーザーアブレーション法により作製した生体アパタイト薄膜の生体適合性評価, 橋本典也, 樋口裕一, 小正裕, 岡崎定司, 中村正明, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 日本金属学会講演概要, 138th, 96,   2006年03月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902267805627172
  • 機能複合ナノスケールアパタイト被覆インプラントの骨伝導能の評価, 本津茂樹, 大橋芳夫, 樋口裕一, 楠正暢, 西川博昭, 岡崎定司, 小正裕, 日本口腔インプラント学会学術大会プログラム・抄録集, 36th, 153,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902284423654856
  • 規則的に形状制御されたハイドロキシアパタイト薄膜表面の細胞培養足場への応用, 小川敦子, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 27th, 201,   2005年11月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902201551646839
  • レーザーアブレーション法により作製した生体アパタイト薄膜の骨芽細胞培養による生体親和性のin vitro評価, 畑中良太, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 細井美彦, 速水尚, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 27th, 110,   2005年11月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902255342664199
  • Naドープハイドロキシアパタイトの電気的特性とバイオセンサへの応用, 奥村大地, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 27th, 281,   2005年11月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902260838693338
  • ハイドロキシアパタイト薄膜の配向性とその表面へのタンパク質吸着特性の関係, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 66th, 3, 1127,   2005年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902235434547902
  • 日本の喫茶店考 (特集 珈琲), 楠 正暢, 食の科学, 332, 8, 15,   2005年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006906809
  • レーザーアブレーション法を用いた生体アパタイト薄膜の細胞適合性評価(in vitro), 橋本典也, 畑中良太, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 中村正明, 歯科材料・器械, 24, 5, 353,   2005年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902243156221882
  • レーザーアブレーション法を用いた生体アパタイト薄膜の細胞適合性評価 (in vitro) (インプラント2, 平成17年度秋期 (長崎) 第46回日本歯科理工学会学術講演会), 橋本 典也, 畑中 良太, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 中村 正明, 歯科材料・器械, 24, 5,   2005年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004049894
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜を用いたバイオセンサの高感度化, 西川博昭, 楠正暢, 奥村大地, 川島将実, 仲森昌也, 本津茂樹, 川合知二, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 52nd, 3, 1455,   2005年03月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902233718631749
  • 集中定数型超伝導フィルタのメカニカルチューニング法の検討, 井口一輝, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 52nd, 1, 302,   2005年03月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902260482162332
  • ハイドロキシアパタイト薄膜のa/c軸配向制御, 西川博昭, 川島将実, 楠正暢, 本津茂樹, 川合知二, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 52nd, 3, 1455,   2005年03月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902277994736799
  • レーザーアブレーション法により作製した生体アパタイト薄膜のin vivo評価, 畑中良太, 川島将実, 大橋芳夫, 樋口裕一, 小正裕, 岡崎定司, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2004, 81,   2004年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902210255569496
  • c軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜の作製とその表面への塩基性タンパク質優先的吸着, 西川博昭, 川島将実, 楠正暢, 本津茂樹, 川合知二, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2004, 180,   2004年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902210465624180
  • ハイドロキシアパタイト吸着層を持つQCMセンサの開発, 楠正暢, 橋本典也, 川島将実, 西川博昭, 本津茂樹, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2004, 166,   2004年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902256710520204
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜の作製とそのバイオセンサ応用, 西川博昭, 仲森昌也, 川島将実, 楠正暢, 本津茂樹, 川合知二, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2004, 67,   2004年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902292875608013
  • レーザーアブレーション法によるインプラント多孔質層へのHApコーティング, 川島将実, 本津茂樹, 西川博昭, 楠正暢, 畑中良太, 森田友規, 増田育久, 速水尚, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集, 2004, 195,   2004年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902271727861691
  • エキシマレーザーアブレージョン法を用いたハイドロキシアパタイトコートQCMセンサーの開発, 橋本典也, 楠正暢, 川島将実, 西川博昭, 本津茂樹, 中村正明, 歯科材料・器械, 23, 5, 328,   2004年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902295734754481
  • c軸配向ハイドロキシアパタイト薄膜表面への塩基性タンパク質の優先的吸着, 西川博昭, 川島将実, 楠正暢, 本津茂樹, 川合知二, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 65th, 3, 1090,   2004年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902218673858748
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜を用いたバイオセンサ, 西川博昭, 仲森昌也, 川島将実, 楠正暢, 本津茂樹, 川合知二, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 65th, 3, 1142,   2004年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902236086381414
  • 集中定数型超伝導フィルタにおけるチューニング特性の独立制御, 井口一輝, 楠正暢, 揚村和幸, 西川博昭, 本津茂樹, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 65th, 1, 208,   2004年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902284621445553
  • ハイドロキシアパタイトコートQCMセンサ, 楠正暢, 橋本典也, 川島将実, 西川博昭, 本津茂樹, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 65th, 3, 1144,   2004年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902299618981409
  • 集中定数型超電導フィルタの作製とチューニング特性の評価, 井口一輝, 楠正暢, 揚村和幸, 西川博昭, 本津茂樹, 低温工学・超電導学会講演概要集, 70th, 67,   2004年05月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902268744630503
  • 集中定数型超伝導バンドパスフィルタの設計とそのチューナブル特性, 揚村和幸, 井口一輝, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 51st, 1, 282,   2004年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902201510068405
  • 静磁波によって制御された超伝導ボルテックスの挙動における温度依存性, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 51st, 1, 283,   2004年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902261499575998
  • 集中定数型超伝導メカニカルチューナブルフィルタの作製, 井口一輝, 揚村和幸, 峯成伸, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 51st, 1, 283,   2004年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902281065948215
  • ハイドロキシアパタイトパターン上への蛋白質吸着, 楠正暢, 川島将実, 西川博昭, 本津茂樹, 森本康一, 川合知二, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 51st, 3, 1447,   2004年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902296101848173
  • Naドープハイドロキシアパタイト薄膜を用いた化学センサ, 仲森昌也, 本津茂樹, 川島将実, 西川博昭, 楠正暢, 川合知二, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 51st, 1, 467,   2004年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902287244366944
  • レーザーアブレーション法により作製したアパタイト超薄膜の生体親和性評価, 川島将実, 本津茂樹, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 大橋芳夫, 樋口裕一, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 25th, 103,   2003年12月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902241466839611
  • 生体アパタイト薄膜被覆カスタムメイドインプラントの作製, 本津茂樹, 川島将実, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 大橋芳夫, 樋口裕一, 岡崎定司, 小正裕, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 25th, 102,   2003年12月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902254835189922
  • 3段集中定数型超電導フィルタのメカニカルチューニング特性, 西川博昭, 井口一輝, 楠正暢, 本津茂樹, 低温工学・超電導学会講演概要集, 69th, 186,   2003年12月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902295303086562
  • 酸素制御ErBa2Cu3Ox膜, 向田昌志, 堀井滋, 大狭間徹, 一瀬中, 松本要, 吉田隆, 楠正暢, 斉藤敦, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 69th, 132,   2003年12月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902290952795937
  • マイクロ波デバイス用各種バッファ層上のYBa2Cu3O7-δ薄膜の結晶性, 向田昌志, 山崎裕弥, 新海優樹, 楠正暢, 松本要, 吉田隆, 一瀬中, 堀井滋, 斉藤敦, 低温工学, 38, 10, 546, 553,   2003年10月25日, 10.2221/jcsj.38.546, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902259037713100
  • C-2-44 高温超伝導体分配器の設計と評価, 竹澤 基範, 相田 史裕, 楠 正暢, 齊藤 敦, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2003, 1,   2003年09月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003320923
  • 超伝導フィルタと低雑音増幅器及びチューニングを組み合わせたシステムの評価, 相田史裕, 竹沢基範, 安達学人, 三上宏, 楠正暢, 斉藤敦, 向田昌志, 大嶋重利, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2003, 71,   2003年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902221291302147
  • 高温超伝導体分配器の設計と評価, 竹沢基範, 相田史裕, 楠正暢, 斉藤敦, 向田昌志, 大嶋重利, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2003, 68,   2003年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902254483177830
  • レーザーアブレーション法によるNaドープハイドロキシアパタイト薄膜の作製, 仲森昌也, 本津茂樹, 川島将実, 西川博昭, 楠正暢, 川合知二, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 64th, 2, 559,   2003年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902209313095086
  • 集中定数型超伝導メカニカルチューナブルフィルタの作製, 井口一輝, 揚村和幸, 峯成伸, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 川合知二, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 64th, 1, 217,   2003年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902223137106427
  • Ba2NdTaO6バッファ層を用いたMgO基板上のNdBa2Cu3O7-δ薄膜の作製と評価, 野口章, KURIAN J, 飴村隆, 岩田展幸, 楠正暢, 田辺圭一, 森下忠隆, 山本寛, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 64th, 1, 206,   2003年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902239120193478
  • 強磁性体Y3Fe5O12単結晶中を伝搬する静磁波によるYBa2Cu3O7-y薄膜中のボルテックス制御, 西川博昭, 寺篭正史, 楠正暢, 本津茂樹, 川合知二, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 64th, 1, 218,   2003年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902291595309413
  • レーザーアブレーション法によるクロマトグラフィー用アパタイト薄膜の作製, 川島将実, 本津茂樹, 西川博昭, 楠正暢, 川合知二, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 64th, 3, 1194,   2003年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902279998268830
  • 集中定数型小型超伝導バンドパスフィルタの設計, 揚村和幸, 井口一輝, 峯成伸, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 川合知二, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 64th, 1, 216,   2003年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902253654463910
  • r面, c面, a面サファイア基板上のYBa_2Cu_3O_y薄膜の作製と評価, 白川 政信, 山嵜 裕弥, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 68,   2003年05月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013400442
  • Bi_2Sr_2Ca_2Cu_3O_<10+y>線材におけるウランドープ効果のビッター法による観察, 森合 克成, 氏家 健吾, 山田 博信, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, MARINARO D. G., DOU S. X., 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 68,   2003年05月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013400489
  • ErBa_2Cu_3O_<7-δ>薄膜の作製と評価, 大狭間 徹, 山嵜 裕弥, 新海 優樹, 三浦 正志, 松本 要, 吉田 隆, 堀井 滋, 一瀬 中, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 68,   2003年05月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/80015961420
  • 高温超伝導体分配器の設計と評価, 竹沢基範, 竹田真, 三上宏, 斉藤敦, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 68th, 89,   2003年05月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902284871139938
  • r面,c面,a面サファイア基板上のYBa2Cu3Oy薄膜の作製と評価, 白川政信, 山崎裕弥, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 68th, 83,   2003年05月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902267719899216
  • 超伝導フィルタと低雑音増幅器を用いたシステムの評価, 相田史裕, 三上宏, 竹田真, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 68th, 87,   2003年05月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902285293718985
  • Bi2Sr2Ca2Cu3O10+y線材におけるウランドープ効果のビッター法による観察, 森合克成, 氏家健吾, 山田博信, 相沢慶二, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, MARINARO D G, DOU S X, 低温工学・超電導学会講演概要集, 68th, 108,   2003年05月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902273264550880
  • MgO基板上TFA‐MOD薄膜作製用バッファ層の検討, 向田昌志, 三浦正志, 海野純一, 山崎裕弥, 荒木猛司, 平林泉, 田辺圭一, 楠正暢, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 68th, 223,   2003年05月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902292282359769
  • R面,A面,C面サファイア基板の誘電率測定とその基板を用いたYBCO薄膜の形成, 白川政信, 渡部忍, 相沢慶二, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 電子情報通信学会技術研究報告, 103, 20(SCE2003 1-12), 1, 7,   2003年04月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902239021127676
  • 誘電体ロッドトリミングによる超伝導フィルタの特性改善, 三上宏, 大嶋重利, 向田昌志, 楠正暢, 相沢慶二, 電子情報通信学会技術研究報告, 103, 20(SCE2003 1-12), 29, 35,   2003年04月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902239292863947
  • サファイアロッドチューニング超伝導フィルタ, 三上宏, 楠正暢, 相沢慶二, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 50th, 1, 305,   2003年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902202400083561
  • MOD法に用いるMgO基板上のバッファ層の検討, 三浦正志, 海野純一, 山崎裕弥, 荒木猛司, 平林泉, 田辺圭一, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 50th, 1, 284,   2003年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902215226592910
  • ビッター法によるBi‐2212ウイスカーの磁束量子観察, 大嶋重利, 森合克成, 山田博信, 相沢慶二, 楠正暢, 向田昌志, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 50th, 1, 270,   2003年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902217523124448
  • BaF2パウダーを用いたMOD法によるYBCO薄膜作製と評価, 海野純一, 三浦正志, 森合克成, 黒田尚志, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 50th, 1, 284,   2003年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902227335499693
  • 空洞共振器法によるサファイア基板の誘電率の非破壊測定, 大嶋重利, 渡部忍, 楠正暢, 向田昌志, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 50th, 1, 305,   2003年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902251592921744
  • マイクロ波デバイス用高温超伝導膜の開発の現状, 楠正暢, 大嶋重利, 向田昌志, SUNDARESAN A, 田中康資, 荒木猛司, 平林泉, 田辺圭一, HOCHMUTH H, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 50th, 1, 286,   2003年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902292786135470
  • 卓越した高周波特性と無線応用への進出, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 50th, 0, 80,   2003年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902275085744160
  • 各種基板上でのTiO2薄膜の作製, 大狭間徹, 山崎裕弥, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 50th, 2, 647,   2003年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902255796730650
  • 高温超電導体のマイクロ波・ミリ波デバイスの基礎と応用, 大嶋重利, 楠正暢, 低温工学, 38, 1, 3, 8,   2003年01月25日, 10.2221/jcsj.38.3, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902273834715501
  • サファイアロッドトリミングによる超電導フィルタの特性改善, 内田 貴, 須藤 雅樹, 三上 宏, 竹田 真, 楠 正暢, 齊藤 敦, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学, 39, 1, 18, 24,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004457110
    概要:This paper reports the results the application of sapphire rod trimming to improve HTS filter properties. First, we examined the optimum position of the sapphire rod above the hairpin filter to shift the resonance frequency. The resonance frequency could be changed about 20 MHz, a value which is sufficient for filter trimming. Next, we examined sapphire rod trimming for a 5-resonator hairpin filter. We found that sapphire rod trimming is a very useful technique for improving filter properties; for example, reducing the ripple and increasing the steepness of the filter properties. We also discuss improving sapphire rod trimming using an equivalent circuit model. The improvement and sapphire rod position could be explained by the equivalent circuit model.
  • ハイドロキシアパタイトコート基材が神経分化誘導に及ぼす影響の検討, 竹原 俊幸, 畑中 良太, 楠 正暢, 西川 博昭, 橋本 典也, 本津 茂樹, 細井 美彦, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 18, 18, 25, 29,   2006年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006183414
    概要:現在、組織や臓器の機能修復、疾患治療を目的とした再生医療や細胞移植治療の研究が進められている。それにともなって、移植細胞の実際の足場となる移植基材の研究・開発がなされている。本実験では、生体組織との親和性が高く免疫的拒絶も起こらないハイドロキシアパタイトに注目し、これをコートした基材を用いてハイドロキシアパタイトのES細胞の分化誘導に及ぼす影響を検討した。前臨床試験に有用であると考えられるカニクイザルES細胞株から4つの過程を経て、初期分化構造体(胚様体)及び神経前駆細胞を分化誘導し、後述の各基材上での機能細胞分化/増殖能を比較した。コラーゲンコート、ハイドロキシアパタイトコート基材上では神経細胞の接着性が高く、軸索様構造の形成が観察されたが、チタン基材上においては神経細胞の接着が弱く、細胞増殖能も低いものとなった。これらの結果より、ハイドロキシアパタイトは細胞の分化増殖における良好な足場として用いることが可能で、有用な移植基材となりうると考えられた。
  • サファイアロッドトリミングによる超電導フィルタの特性改善, 内田 貴, 須藤 雅樹, 三上 宏, 竹田 真, 楠 正暢, 齊藤 敦, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学, 1, 18, 18, 24,   2004年01月25日, 10.2221/jcsj.39.18, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012486977
  • A-02 エキシマレーザーアブレージョン法を用いたハイドロキシアパタイトコートQCMセンサーの開発(インプラントI)(平成16年秋期第44回日本歯科理工学会学術講演会), 橋本 典也, 楠 正暢, 川島 将実, 西川 博昭, 本津 茂樹, 中村 正明, 歯科材料・器械, 23, 5,   2004年09月10日, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002989674
  • 生体アパタイト超薄膜被覆インプラントの生体親和性, 本津 茂樹, 川島 将実, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 大橋 芳夫, 樋口 裕一, 橋本 典也, バイオマテリアル : 生体材料 : Journal of Japanese Society for Biomaterials, 24, 5, 353, 360,   2006年09月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020361645
  • サファイアロッドチューニングによる高温超伝導フィルタの特性改善, 齊藤 敦, 相田 史裕, 竹田 真, 三上 宏, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 69, 185,   2003年12月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013401212
  • 酸素制御ErBa_2Cu_3O_x膜, 向田 昌志, 堀井 滋, 大狭間 徹, 一瀬 中, 松本 要, 吉田 隆, 楠 正暢, 齊藤 敦, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 69,   2003年12月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013401120
  • YBCO薄膜のドライエッチング加工技術の検討, 安達 学人, 野口 恭史, 相田 史裕, 三上 宏, 齊藤 敦, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 68, 85,   2003年05月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013400446
  • 高温超電導体のマイクロ波・ミリ波デバイスの基礎と応用, 大嶋 重利, 楠 正暢, 低温工学, 38, 1, 3, 8,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004457080
    概要:This paper discusses the microwave and millimeter wave fundamentals and applications of high-temperature superconductors. First, a high-temperature superconducting filter subsystem for a base station is described as an example of microwave devices. In the USA, over 1, 000 systems are already working as filter subsystems in 2 G mobile telephone base stations. In Japan, a field trial was carried out for a filter subsystem of an IMT-2000 base station. As the result, the effectiveness of the superconducting filter subsystem was clarified. Therefore, the demand for superconducting filter subsystems for base stations will increase in the future. A SIS mixer and superconducting calorimeter were described as examples of millimeter and sub-millimeter wave devices. Using a Nb/AlOx/Nb SIS junction and X-ray calorimeter, which utilized micromachine technology, the resolution of such devices was quite high compared to that of conventional devices.
  • R面,A面,C面サファイア基板の誘電率測定とその基板を用いたYBCO薄膜の形成(マイクロ波超伝導/一般), 白川 政信, 渡部 忍, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 103, 20, 1, 7,   2003年04月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003174261
    概要:サファイア基板は超伝導マイクロ波デバイスの基板として期待されているが,比誘電率の正確な値やその面内における誘電率の異方性,温度による変化等が明らかにされていない。そこで我々は,空洞共振器法を用いてr-,a-,c-Al_2O_3基板の比誘電率の精密な測定や面内の誘電率の異方性を検討した。また,その基板を用いてCeO_2バツファー層とYBCO薄膜の成長機構を検討した。
  • マイクロ波デバイス用各種バッファ層上の YBa_2Cu_3O_7-δ薄膜の結晶性, 向田 昌志, 山嵜 裕弥, 新海 優樹, 楠 正暢, 松本 要, 吉田 隆, 一瀬 中, 堀井 滋, 齊藤 敦, 大嶋 重利, 低温工学, 38, 10, 546, 553,   2003年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011562816
    概要:Buffer layer materials for growing YBa2Cu3O7−δ thin films on MgO substrates are examined from the viewpoint of YBa2Cu3O7−δ thin-film crystallinity. The buffer layers were grown using an excimer laser. Crystallinity of the buffer layers grown on MgO substrates and the YBa2Cu3O7−δ thin films on the buffer layers were evaluated by X-ray diffraction, X-ray rocking curves and X-ray φ-scan methods. One of key points to obtain YBa2Cu3O7−δ thin films of the highest quality on the MgO substrates is the usage of BaZrO3 buffer layers that are lattice matched to the MgO substrates. However, every buffer layer examined here showed the result of high-quality YBa2Cu3O7−δ thin films with a Tc of around 89 K and low surface resistance.
  • 空洞共振器法によるサファイア基板の比誘電率の測定, 渡部 忍, 内田 貴, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学, 38, 1, 27, 30,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004457084
    概要:Development of microwave integrated circuits and high-Tc superconductive thin-film circuits is performed briskly, and dielectric substrate is used as the material. Circular cavity resonance and microstripline resonator methods are used for measuring the permittivity of dielectric substrates in the microwave region. This paper presents the measured results of permittivity of c-sapphire and r-sapphire substrates by these methods.
  • 誘電体ロッドトリミングによる超伝導フィルタの特性改善(マイクロ波超伝導/一般), 三上 宏, 大嶋 重利, 向田 昌志, 楠 正暢, 相澤 慶二, 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波, 103, 21, 29, 35,   2003年04月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003179340
    概要:用いた基板の厚みや比誘電率のばらつき、作製プロセスによる共振器長の変化等によりフィルタ特性が劣化してしまった超伝導フィルタの特性を改善する方法として、サファイアロッドトリマーを検討した。サファイアロッドの位置、配置の仕方等を検討し、超伝導フィルタの特性を改善できることを明らかにした。この方法は各共振器に対してトリミングが可能であるため、共振周波数のシフトと合わせて、フィルタ特性の改善にも非常に効果的であることを明らかにした。しかし、フィルタ特性(周波数をシフトさせる調節)を大幅に改善させるためにはサファイア(ε r=9.9)より高誘電材料を用いたトリミングが必要である。従って、比誘電率が20,39,42の材料を用いてその特性比較も検討した。
  • R面, A面, C面サファイア基板の誘電率測定とその基板を用いたYBCO薄膜の形成(マイクロ波超伝導/一般), 白川 政信, 渡部 忍, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波, 103, 21, 1, 7,   2003年04月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003179335
    概要:サファイア基板は超伝導マイクロ波デバイスの基板として期待されているが,比誘電率の正確な値やその面内における誘電率の異方性,温度による変化等が明らかにされていない.そこで我々は,空洞共振器法を用いてr^-, a^-, c^-A_2O_3基板の比誘電率の精密な測定や面内の誘電率の異方性を検討した.また,その基板を用いてCeO_2バッファー層とYBCO薄膜の成長機構を検討した.
  • 誘電体ロッドトリミングによる超伝導フィルタの特性改善(マイクロ波超伝導/一般), 三上 宏, 大嶋 重利, 向田 昌志, 楠 正暢, 相澤 慶二, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 103, 20, 29, 35,   2003年04月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003174266
    概要:用いた基板の厚みや比誘電率のばらつき,作製プロセスによる共振器長の変化等によりフィルタ特性が劣化してしまった超伝導フィルタの特性を改善する方法として,サファイアロッドトリマーを検討した。サファイアロッドの位置,配置の仕方等を検討し,超伝導フィルタの特性を改善できることを明らかにした。この方法は各共振器に対してトリミングが可能であるため,共振周波数のシフトと合わせて,フィルタ特性の改善にも非常に効果的であることを明らかにした。しかし,フィルタ特性(周波数をシフトさせる調節)を大幅に改善させるためにはサファイア(εr=9.9)より高誘電材料を用いたトリミングが必要である。従って,比誘電率が20,39,42の材料を用いてその特性比較も検討した。
  • C-2-47 超伝導フィルタと低雑音増幅器及びチューニングを組み合わせたシステムの評価, 相田 史裕, 竹澤 基範, 安達 学人, 三上 宏, 楠 正暢, 斉藤 敦, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2003, 1,   2003年09月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003320926
  • 空洞共振器法によるサファイア基板の比誘電率の測定, 渡部 忍, 内田 貴, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学, 38, 1, 27, 30,   2003年01月25日, 10.2221/jcsj.38.27, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010282649
  • マイクロ波デバイス用各種バッファ層上のYBa2Cu3O7-δ薄膜の結晶性, 向田昌志, 山崎裕弥, 新海優樹, 海野純一, 楠正暢, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 67th, 313,   2002年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902187222589139
  • YBCO薄膜の臨界電流密度と表面抵抗の相関(II), 大嶋 重利, 白川 政信, 楠 正暢, 向田 昌志, 山崎 裕文, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 67, 317,   2002年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/80015580819
  • マイクロ波デバイス用各種バッファ層上のYBa_2Cu_3O_<7-δ>薄膜の結晶性, 向田 昌志, 山嵜 裕弥, 新海 優樹, 海野 純一, 楠 正暢, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 67,   2002年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013400261
  • ビッター法によるBi2223線材の磁束量子に及ぼすウランドープ効果の観察, 森合克成, 氏家健吾, 山田博信, 相沢慶二, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, MARINARO D G, DOU S X, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 63rd, 1, 199,   2002年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902101253577226
  • C面及び傾斜C面サファイア基板を用いたCeO2バッファ層の作製と評価, 白川政信, 海野純一, 相沢慶二, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 63rd, 1, 215,   2002年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902167010492312
  • 超伝導体の表面抵抗と臨界電流密度,ディペアリング電流密度の相関, 大嶋重利, 楠正暢, 稲童丸桃子, 向田昌志, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 63rd, 1, 192,   2002年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902147270473973
  • マイクロ波応用を目指した,Tl系薄膜の開発, 浅田秀人, SUNDARESAN A, BADICA P, 伊予彰, 田中康資, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 63rd, 1, 215,   2002年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902177235825499
  • BaZrO3バッファ層を用いたYBa2Cu3O7‐δ薄膜の表面抵抗, 山崎裕弥, 新海優樹, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 63rd, 1, 216,   2002年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902182153929079
  • MgO基板上YBa2Cu3O7-δ薄膜成長におけるBaZrO3バッファ層作製条件の最適化, 山崎裕弥, 新海優樹, 牧野さよ子, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 66th, 224,   2002年05月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902166990434333
  • C面サファイア基板を用いたYBa2Cu3O7-δ薄膜の作製と評価, 白川政信, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 66th, 225,   2002年05月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902111478216481
  • 空洞共振器法による超伝導薄膜用誘電体基板の比誘電率の非破壊測定, 渡部忍, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 66th, 226,   2002年05月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902193256255477
  • YBCOの膜およびQMG試料における磁束量子分布の温度依存性, 山田 博信, 森合 克成, 菅野 慎介, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 66, 11,   2002年05月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013399059
  • YBCO薄膜の臨界電流密度と表面抵抗の相関, 大嶋 重利, 稲童丸 桃子, 楠 正暢, 向田 正志, 山崎 裕文, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 66, 230,   2002年05月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013399554
  • 小面積超伝導膜の表面抵抗測定法に関する研究, 楠 正暢, 稲童丸 桃子, 高坂 大介, 大嶋 重利, 相澤 慶二, 向田 昌志, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 66, 228,   2002年05月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013399549
  • C面サファイア基板を用いたYBa_2Cu_3O_<7-δ>薄膜の作製と評価, 白川 政信, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 66,   2002年05月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013399544
  • YBa2Cu3O7-δ薄膜とバッファ層間の格子整合性の効果, 山崎裕弥, 牧野さよ子, 新海優樹, 稲童丸桃子, 高坂大介, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 49th, 1, 266,   2002年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902192481572272
  • 誘電体共振器法による小面積超伝導薄膜の表面抵抗測定, 稲童丸桃子, 楠正暢, 大嶋重利, 相沢慶二, 向田昌志, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 49th, 1, 284,   2002年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902123471151382
  • 空洞共振器法による超伝導薄膜用誘電体基板の比誘電率の非破裂測定, 渡部 忍, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 66,   2002年05月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/80015255046
  • MgO基板上YBa_2Cu_3O_<7-δ>薄膜成長におけるBaZrO_3バッファ層作製条件の最適化, 山嵜 裕弥, 新海 優樹, 牧野 さよ子, 向田 昌志, 楠 正暢, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 66,   2002年05月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/80015255044
  • EFGサファイアのマイクロ波特性, 稲童丸桃子, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 62nd, 1, 181,   2001年09月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202181319914619
  • マイクロ波表面抵抗のマッピング技術の開発, 楠正暢, 高野祥暢, 中村健, 稲童丸桃子, 高坂大介, 野崎篤志, 上野聡, 阿部修一, 横尾政好, LORENZ M., HOCHMUTH H., 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 62nd, 1, 182,   2001年09月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202148984768243
  • 均質化したRE123系PLD薄膜のマイクロ波特性, 吉田 隆, 須藤 公彦, 松尾 尚慶, 高井 吉明, 楠 正暢, 稲童丸 桃子, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 65, 5,   2001年11月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013398260
  • YBCO薄膜に対するBaSnO3バッファー層の膜厚効果, 及川進一郎, 野口恭史, 大嶋重利, 向田昌志, 楠正暢, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 48th, 1, 270,   2001年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202191121497708
  • 誘電体共振法による表面抵抗精密測定条件の検討, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 48th, 1, 286,   2001年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202176690055056
  • MgO基板上YBa2Cu3O7-δの(110)面内方位用バッファー層の検討, 牧野さよ子, 千葉和秋, 稲童丸桃子, 高坂大介, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 48th, 1, 266,   2001年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202117009297806
  • ビッター法によるBi系単結晶及び線材の磁束量子観察, 森合克成, 河合崇, 菅野慎介, 佐藤周平, 山田博信, 相沢慶二, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 坂元周作, 太田昭男, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 48th, 1, 247,   2001年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202112885561918
  • 10段クロスカップル型超伝導フィルタの設計と試作, 竹田 真, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 64,   2001年05月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013398205
  • 小型超伝導パッチアンテナの試作と評価, 中川 智博, 佐藤 和明, 楠 正暢, 大嶋 重利, 向田 昌志, CASSINESE A., BARRA M., FRAGALA I., MALANDRINO G., PERDICARO L. M. S., VAGLIO R., 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 64,   2001年05月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013398201
  • YBCO薄膜の臨界電流密度と表面抵抗の相関, 大嶋 重利, 及川 進一郎, 野口 恭史, 楠 正暢, 向田 昌志, 山崎 裕文, 中川 愛彦, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 64,   2001年05月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013398192
  • 第三高調波解析による臨界電流密度Jcの測定と評価, 高坂 大介, 佐藤 照, 鈴木 敏幸, 及川 進一郎, 野口 恭史, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 64,   2001年05月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013398185
  • プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法による超伝導薄膜の表面抵抗測定, 岡井 大祐, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス, 84, 11, 1113, 1121,   2001年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003181755
    概要:超伝導マイクロ波受動デバイスを設計するためには, 超伝導薄膜の表面抵抗を考慮する必要がある.このため, 超伝導薄膜の表面抵抗の高精度測定法の確立が望まれている.本論文では, 超伝導薄膜の表面抵抗の測定法としてプローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法を提案する.共振器法では, 表面抵抗は共振器の無負荷Q, Quから計算される.したがって, マイクロストリップ線路共振器法により超伝導薄膜の表面抵抗を正確に求めるためには, 共振器のQuを高精度測定する技術の確立が重要となる.プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法により金属と超伝導薄膜から作製した共振器のQu測定を行い, プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法によるQu測定の測定精度と, 超伝導薄膜の表面抵抗測定の再現性について述べる.
  • 大面積超伝導薄膜の表面抵抗の測定, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, LORENZ M, HOCHMUTH H, NATUSCH D, TAHRIGEN T, 電子情報通信学会技術研究報告, 100, 399(SCE2000 28-36), 49, 54,   2000年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902117804854173
  • a‐軸配向YBa2Cu3O7-δ薄膜成長におけるLn2CuO4バッファ層の比較, 向田昌志, 杉本淳一, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 61st, 1, 189,   2000年09月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202103638931363
  • MgO基板上YBa2Cu3O7-δ薄膜用バッファ材料の比較, 千葉和秋, 牧野さよ子, 高坂大介, 稲童丸桃子, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 61st, 1, 191,   2000年09月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202104917464070
  • 酸化物高温超伝導体超格子薄膜と表面抵抗の相関, 牧野さよ子, 千葉和秋, 稲童丸桃子, 高坂大介, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 61st, 1, 191,   2000年09月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202106467774697
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法によるC面Al2O3基板上YBCO薄膜の作製と評価, 鈴木敏幸, 後藤理喜治, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 61st, 1, 190,   2000年09月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202188823171842
  • 高温超伝導体の表面抵抗温度依存性, 稲童丸桃子, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 61st, 1, 204,   2000年09月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202126260689364
  • 楕円関数型超伝導フィルタの設計と評価, 金原智之, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 電子情報通信学会技術研究報告, 100, 274(SCE2000 11-27), 75, 79,   2000年08月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902169263099644
  • 超伝導アンテナ用小型冷却システムの真空封止特性, 江畑 克史, 佐藤 和明, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 鈴木 雄一郎, 金尾 憲一, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 63,   2000年10月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013934551
  • 大面積超伝導薄膜の表面抵抗の測定, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, ミヒャエル ローレンツ, ホルガー ホフムス, ディーター ノートゥッシュ, トーマス ターリゲン, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 100, 399, 49, 54,   2000年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187616
    概要:誘電体共振器を用いた超伝導体の表面抵抗(R_s)測定時に生ずる誤差についての評価を行なった。誘電体の熱的な収縮、誘電損、各測定間の共振周波数及びQにおけるばらつきを検討した。直径の異なる3種類のサファイア(3.8, 5.8, 9.5GHz)を用いて3inchのYBa_2Cu_3O_yの表面抵抗の評価を行なった結果、臨界電流密度J_cが均一な薄膜においては10GHz換算のR_sはほぼ一致する値を示した。一方、J_cが均一でない薄膜においては、その分布を反映したR_sの違いが観測された。
  • MgO上YBa2Cu3O7-δ薄膜用新バッファ材料の提案, 千葉和秋, 牧野さよ子, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 47th, 1, 237,   2000年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202102154020220
  • 超伝導材料における科学―YBa2Cu3O7-δ薄膜の経晶軸制御成長機構―, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 47th, 1, 210,   2000年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202112455784760
  • SCE2000-22 / MW2000-86 楕円関数型超伝導フィルタの設計と評価, 金原 智之, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 100, 274, 75, 79,   2000年08月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187602
    概要:高温超伝導体はマイクロ波帯においても表面抵抗が低いため、低損失、シャープスカートなフィルタの実現ができ、移動体通信の基地局用フィルタとして注目されている。我々は、楕円関数型フィルタに着目した。楕円関数フィルタは帯域端に減衰極を設けることができるため、より少ない共振器でフィルタを構成することができる。本論文では電磁界解析シミュレータを用いて8段の楕円関数型フィルタを設計し、楕円関数フィルタの有利性を記している。
  • YBa2Cu3O7-b薄膜の表面抵抗と結晶粒径・面内配向の相関, 佐藤周平, 千葉和秋, 稲童丸桃子, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 高野祥暢, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 47th, 1, 238,   2000年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202140908728673
  • SCE2000-22 / MW2000-86 楕円関数型超伝導フィルタの設計と評価, 金原 智之, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波, 100, 275, 75, 79,   2000年08月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003190148
    概要:高温超伝導体はマイクロ波帯においても表面抵抗が低いため、低損失、シャープスカートなフィルタの実現ができ、移動体通信の基地局用フィルタとして注目されている。我々は楕円関数型フィルタに着目した。楕円関数フィルタは帯域端に減衰極を設けることができるため、より少ない共振器でフィルタを構成することができる。本論文では電磁界解析シミュレータを用いて8段の楕円関数型フィルタを設計し、楕円関数フィルタの有利性を記している。
  • Bitter 法を用いたY-123単結晶の磁束量子観察2, 菅野 慎介, 河合 崇, 佐藤 周平, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 林 成行, 西嵜 照和, 小林 典男, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 62,   2000年05月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013934353
  • 超伝導薄膜を用いた8段楕円関数型フィルタの設計, 金原 智之, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 62,   2000年05月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013934202
  • 液体窒素冷却による表面抵抗測定装置の試作とそれを用いた表面抵抗の測定, 高坂 大介, 稲童丸 桃子, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 62,   2000年05月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013934195
  • プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法による線状試料の表面抵抗測定の一検討, 岡井 大祐, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 岸田 悟, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 62,   2000年05月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013934190
  • YBa_2Cu_3O_<7-δ>薄膜の表面抵抗と面内結晶性の相関, 高野 祥暢, 佐藤 周平, 鈴木 敏幸, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 横尾 政好, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 62,   2000年05月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013934187
  • 高温超伝導体の高精度表面抵抗測定, 岡井 大祐, 稲童丸 桃子, 佐藤 史朗, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2000, 2, 177, 178,   2000年03月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003236631
  • 高温超伝導体の高精度表面抵抗測定, 岡井 大祐, 稲童丸 桃子, 佐藤 史朗, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2000, 1, 395, 396,   2000年03月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003236425
  • YBa2Cu3O7-δ薄膜の面内配向制御におけるBaSnO3バッファ層の臨界膜厚, 千葉和秋, 高坂大介, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 60th, 1, 179,   1999年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902177024193666
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法により作製したYBa2Cu3Oy薄膜のマイクロ波特性の評価, 鈴木敏幸, 佐藤史郎, 稲堂丸桃子, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 60th, 1, 180,   1999年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902100954216027
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法によるマイクロ波デバイス用YBa_2Cu_3O_y薄膜の作製と評価, 鈴木 敏幸, 佐藤 史郎, 稲童丸 桃子, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 61,   1999年11月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013805420
  • Bitter 法を用いたY-123単結晶の磁束量子観察, 菅野 慎介, 河合 崇, 佐藤 周平, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 林 成行, 西嵜 照和, 小林 典男, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 61,   1999年11月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013805331
  • ビッター法を用いたBi2212単結晶の磁束量子観察, 河合 崇, 菅野 慎介, 佐藤 周平, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 61,   1999年11月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013805151
  • マイクロストリップ線路共振器を用いた表面抵抗の測定“cavity損の検討”, 岡井大祐, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 電子情報通信学会大会講演論文集, 1999, 33,   1999年08月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902110446081260
  • MgO上YBa_2Cu_3O_<7-δ>薄膜の面内配向制御用バッファ材料の開発, 千葉 和秋, 牧野 さよ子, 高坂 大介, 向田 昌志, 楠 正暢, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 61,   1999年11月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013805427
  • レーザーアブレーション法による酸化物超伝導多層薄膜の作製と評価, 牧野 さよ子, 千葉 和秋, 杉本 淳一, 向田 昌志, 楠 正暢, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 61,   1999年11月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013805497
  • Nd_2CuO_4バッファ層を用いた全軸方位制御YBCO薄膜の作製と評価, 向田 昌志, 杉本 淳一, 楠 正暢, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 61,   1999年11月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013805494
  • 対向型DCマグネトロンスパッタリング法によるYBa_2Cu_3O_x薄膜成長に及ぼすガス圧の影響, 及川 進一郎, 向田 昌志, 楠 正暢, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 61,   1999年11月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013805493
  • 小型冷却システム内に実装した高温超伝導アンテナの特性, 江畑 克史, 佐藤 和明, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 鈴木 雄一郎, 金尾 憲一, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 61,   1999年11月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013805447
  • 正確な表面抵抗測定のための誘電体共振器法の検討, 稲童丸 桃子, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 61,   1999年11月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013805435
  • c軸配向YBa2Cu3Oy薄膜における45°面内配向結晶粒の表面抵抗へ与える影響, 楠正暢, 高野祥暢, 向田昌志, 大嶋重利, 電子情報通信学会技術研究報告, 99, 28(SCE99 1-13), 59, 64,   1999年04月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902118834864307
  • C-8-10 マイクロストリップ線路共振器を用いた表面抵抗の測定 : cavity損の検討, 岡井 大祐, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1999, 2,   1999年08月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003345734
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法で作製したYBa_2Cu_3O_y薄膜のマイクロ波特性の評価, 鈴木 敏幸, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 99, 249, 13, 18,   1999年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187568
    概要:誘導結合プラズマスパッタリング法を用いて作製したYBa_2Cu_3O_y (YBCO)薄膜のマイクロ波領域での表面抵抗をサファイアロッドを用いた誘電体共振器法により評価した。YBCO薄膜をLaAlO_3(LAO)基板の両面とBaSnO_3バツファー層を用いたMgO基板上に作製した。LAO基板上両面薄膜の表面抵抗は第2面の方が優れていたが, これは第2面目成膜時の実効的な基板温度が上昇したためであると考えられる。BSO/MgO上薄膜の表面抵抗は測定周波数22GHzにおいて35Kで0.38mΩ、77Kで1.13mΩとなり、これをf^2則に従って10GHzに換算すると35Kで0.08mΩ、77Kで0.23mΩであった。
  • BaSnO3/MgOを用いたYBa2Cu3Ox薄膜の面内配向制御, 千葉和秋, 高野祥暢, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 46th, 1, 274,   1999年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902100620733578
  • YBa2Cu3Ox薄膜成長に及ぼすガス圧の影響, 及川進一郎, 高野祥暢, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 46th, 1, 267,   1999年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902135020698939
  • YBa2Cu3Oyエピタキシャル薄膜の基板格子整合性の効果, 高野祥暢, 千葉和秋, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 46th, 1, 268,   1999年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902178921341844
  • ヘアピン共振器を用いた狭帯域フイルタの設計, 金原智之, 冨山岳郁, 佐藤徹也, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 電子情報通信学会大会講演論文集, 1999, 53,   1999年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902107272636983
  • 高温超伝導アンテナ用小型冷却システムの開発, 鈴木 雄一郎, 金尾 憲一, 江畑 克史, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 60, 91,   1999年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024468556
  • ビッター法を用いたBi2212単結晶の磁束量子運動の観察, 河合 崇, 菅野 慎介, 佐藤 周平, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 60, 2,   1999年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024468400
  • プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗の測定 測定精度に与えるCavityの形状効果, 岡井大祐, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 電子情報通信学会大会講演論文集, 1999, 50,   1999年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902145016468541
  • 高温超伝導アンテナ用小型冷却システムの試作, 江畑克史, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 電子情報通信学会大会講演論文集, 1999, 56,   1999年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902145972424838
  • プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗の測定精度に関する検討 : 測定精度に与えるキャビティの形状効果, 岡井 大祐, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 99, 28, 53, 58,   1999年04月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187561
    概要:超伝導薄膜の表面抵抗の測定のために, マイクロストリップ線路共振器(MSR)法が用いられている. 我々は,プローブ結合型MSR法検討している. この方法により, 薄膜に対して非接触で表面抵抗の測定ができる. 表面抵抗を正確に求めるためには, 高精度でQ値測定ができる技術が必要とされる. 本論文では, 測定精度に与えるキャビティの形状効果について報告する. 超伝導薄膜の表面抵抗を精度よく測定するためには, キャビティの天井とアンテナの位置が重要であることが明らかとなった.
  • BaSnO3バッファ層によるMgO上YBa2Cu3Ox薄膜の結晶配向制御, 千葉和秋, 高野祥暢, 向田昌志, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会東北支部学術講演会講演予稿集, 53nd, 225, 226,   1998年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902162133521072
  • CeO2バッファ層の膜厚がYBCOの表面抵抗に与える影響, 須藤俊英, 高野祥暢, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学会東北支部学術講演会講演予稿集, 53nd, 229, 230,   1998年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902107501490270
  • 高温超伝導アンテナ用小型冷却システムの開発とアンテナ特性への影響, 江畑 克史, 佐藤 和明, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 鈴木 雄一郎, 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波, 99, 29, 71, 78,   1999年04月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003189944
    概要:超伝導アンテナは高効率・低雑音が期待されているが, その実用化には冷却システムを含めた検討が重要である. 我々は, スターリング型冷凍機を用いて, 持ち運び可能な超伝導アンテナ用小型冷凍機システムを開発した. この超伝導アンテナ用冷却システム内にアンテナを取り付けると, アンテナ特性に変化が生じ, レンズ効果により利得が大幅に向上することがわかった. 本報告では, 作製した冷却システムの概要と, 冷却システムに取り付けられたアンテナの特性について述べる.
  • c軸配向YBa_2Cu_3O_y薄膜における45゜面内配向結晶粒の表面抵抗へ与える影響, 楠 正暢, 高野 祥暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波, 99, 29, 59, 64,   1999年04月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003189942
    概要:MgO基板上c軸配向YBa_2Cu_3O_y(YBCO)内の45゜面内配向結晶粒が表面抵抗(R_s)へ与える影響を調べた。45゜結晶粒密度の異なる試料の準備はセルフテンプレート法により行った。R_sの測定は誘電体共振器法を用いた。0゜と45゜それぞれの結晶粒内、さらには0゜-0゜または45゜-45゜同士の同方向結晶粒間の粒界部分では、R_sはほぼ等しい値を有すること、また0゜-45゜粒界がR_s増加の原因になっていることが明らかとなった。0゜-45゜粒界をほとんど含まない試料においては、22GHzでR_s=0.68mΩ(20K)、1.88mΩ(77K)、10GHz換算値で0.14mΩ(20K)、0.39mΩ(77K)のR_sを示した。
  • プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗の測定精度に関する検討 : 測定精度に与えるキャビティの形状効果, 岡井 大祐, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波, 99, 29, 53, 58,   1999年04月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003189941
    概要:超伝導薄膜の表面抵抗の測定のために, マイクロストリップ線路共振器(MSR)法が用いられている. 我々は,プローブ結合型MSR法検討している. この方法により, 薄膜に対して非接触で表面抵抗の測定ができる. 表面抵抗を正確に求めるためには, 高精度でQ値測定ができる技術が必要とされる. 本論文では, 測定精度に与えるキャビティの形状効果について報告する. 超伝導薄膜の表面抵抗を精度よく測定するためには, キャビティの天井とアンテナの位置が重要であることが明らかとなった.
  • 高温超伝導アンテナ用小型冷却システムの開発とアンテナ特性への影響, 江畑 克史, 佐藤 和明, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 鈴木 雄一郎, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 99, 28, 71, 78,   1999年04月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187564
    概要:超伝導アンテナは高効率・低雑音が期待されているが, その実用化には冷却システムを含めた検討が重要である. 我々は, スターリング型冷凍機を用いて, 持ち運び可能な超伝導アンテナ用小型冷凍機システムを開発した. この超伝導アンテナ用冷却システム内にアンテナを取り付けると, アンテナ特性に変化が生じ, レンズ効果により利得が大幅に向上することがわかった. 本報告では, 作製した冷却システムの概要と, 冷却システムに取り付けられたアンテナの特性について述べる.
  • c軸配向YBa_2Cu_3O_y薄膜における45゜面内配向結晶粒の表面抵抗へ与える影響, 楠 正暢, 高野 祥暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 99, 28, 59, 64,   1999年04月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187562
    概要:MgO基板上c軸配向YBa_2Cu_3O_y(YBCO)内の45゜面内配向結晶粒が表面抵抗(R_s)へ与える影響を調べた。45゜結晶粒密度の異なる試料の準備はセルフテンプレート法により行った。R_sの測定は誘電体共振器法を用いた。0゜と45゜それぞれの結晶粒内、さらには0゜-0゜または45゜-45゜同士の同方向結晶粒間の粒界部分では、R_sはほぼ等しい値を有すること、また0゜-45゜粒界がR_s増加の原因になっていることが明らかとなった。0゜-45゜粒界をほとんど含まない試料においては、22GHzでR_s=0.68mΩ(20K)、1.88mΩ(77K)、10GHz換算値で0.14mΩ(20K)、0.39mΩ(77K)のR_sを示した。
  • YBCO薄膜の結晶成長に与える格子整合性の効果, 高野祥暢, 須藤俊英, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学会東北支部学術講演会講演予稿集, 53nd, 227, 228,   1998年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902167652949642
  • 低誘電率MgO基板上におけるマイクロ波デバイス用YBa2Cu3Ox薄膜の成長と評価, 向田昌志, 高野祥暢, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 59th, 1, 185,   1998年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902118066660225
  • C-8-15 高温超伝導アンテナ用小型冷却システムの試作, 江畑 克史, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1999, 2,   1999年03月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003254714
  • C-8-12 ヘアピン共振器を用いた狭帯域フィルタの設計, 金原 智之, 冨山 岳郁, 佐藤 徹也, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1999, 2,   1999年03月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003254711
  • C-8-9 プローブ結合型マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗の測定 : 測定精度に与えるCavityの形状効果, 岡井 大祐, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1999, 2,   1999年03月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003254708
  • マイクロ波デバイス用薄膜の面内配向性に与える格子整合性の効果, 高野祥暢, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 59th, 1, 185,   1998年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902171949779336
  • YBCO/CeO2Al2O3構造のマイクロ波特性, 須藤俊英, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 59th, 1, 195,   1998年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902192531336567
  • 超伝導薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価, 江畑 克史, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会論文誌. C-II, エレクトロニクス, II-電子素子・応用, 81, 12, 915, 923,   1998年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003315012
    概要:超伝導体は通常の金属に比べて数けた小さい表面抵抗を有するため, 超電導体を用いた低損失な高周波デバイスの実現が期待されている.特に近年に見られる移動体通信の急速な普及と, 超伝導デバイスの冷却に用いる冷凍機の小型化技術の進歩に伴い, 超伝導体を用いた高周波デバイスの研究が盛んに行われている.本論文では, 酸化物超伝導薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価について述べる.超伝導パッチアンテナは, 同じ形状の常伝動アンテナに比べて高い利得を有することが明らかとなり, 超伝導アンテナの高効率性を実証した.また, アンテナ特性の温度変化の原因についての考察や, 耐電力特性の測定結果とその向上策, 小型冷凍機を用いた超伝導アンテナの実用化についての検討などについて述べる.
  • クロスカップル型ヘアピンフィルタの設計, 冨山 岳郁, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1998, 2, 40,   1998年09月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003344108
  • マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗の測定に関する一検討, 岡井 大祐, 冨山 岳郁, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1998, 2, 38,   1998年09月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003344106
  • 超伝導パッチアンテナの耐電力向上 ギャップ結合給電パッチアンテナ, 江畑克史, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, 電子情報通信学会大会講演論文集, 1998, 2, 41,   1998年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902103896453098
  • YBCO/CeO2/Al2O3ヘテロエピタキシャル成長におけるバッファ層の機能, 須藤俊英, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 45th, 1, 245,   1998年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902188292210591
  • 誘導コイル結合型スパッタリングによるYBCO成膜時の堆積レートと配向性の関係, 高久歩, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会東北支部学術講演会講演予稿集, 52nd, 105, 106,   1997年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902117054715249
  • YBCO/CeO2/Al2O3ヘテロエピタキシャル成長のためのCeO2バッファ層の評価, 須藤俊英, 楠正暢, 大嶋重利, 増本博, 平井敏雄, 応用物理学会東北支部学術講演会講演予稿集, 52nd, 114, 115,   1997年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902162023389993
  • 熱処理によるYBa2Cu3Oy薄膜のグレイン成長, 高野祥暢, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会東北支部学術講演会講演予稿集, 52nd, 103, 104,   1997年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902185823141132
  • 炭酸基を含む酸化高温超伝導体の合成, 松橋潤, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会東北支部学術講演会講演予稿集, 52nd, 166, 167,   1997年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902180960012640
  • 誘導コイル結合型スパッタリングによる高温超伝導薄膜の大面積化の検討, 楠正暢, 高久歩, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 58th, 1, 173,   1997年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902109786091091
  • 磁場侵入長λ測定のためのマイクロストリップ線路共振器法の検討, 岡井大祐, 新開陽子, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 58th, 1, 185,   1997年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902117954226588
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法による基板両面YBCO薄膜の均一性の評価, 楠 正暢, 鈴木 敏幸, 向田 昌志, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 98, 222, 25, 30,   1998年07月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187481
    概要:誘導結合プラズマスパッタリング法を用いて基板両面への大面積YBa_2Cu_3O_y(YBCO)薄膜作製技術の検討を行った。基板両面のYBCOの臨界温度Tc、結晶性はほぼ同一であった。膜質の面内均一性は50x50mm基板を10x10mmの格子状に区切り各位置で評価を行った。膜厚分布は直径50mmのターゲットを用いたにもかかわらず、直径40mm以上の膜面内で10%のばらつき納まっていた。c軸長は1.1683〜1.1693nm、Tcは83.0〜85.5K、77Kでの臨界電流密度はJcは1.7〜1.8MA/cm^2であった。比較的広い面では均一と判断されるが、各位置でのc軸長、Tc、Jcの相関が明確でないことなどから、ミクロな領域で、結晶性、不純物などの不均一を生じていることが予想される。
  • 超伝導材料における進歩 誘導コイル結合型スパッタリングによるYBa2Cu3Oy薄膜の作製, 楠正暢, 大須賀彰, 江畑克史, 大嶋重利, 増本博, 平井敏雄, 日本金属学会誌, 61, 9, 951, 955,   1997年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902148881055740
  • 超伝導薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価, 江畑克史, 楠正暢, 大嶋重利, 電子情報通信学会大会講演論文集, 1997, 25,   1997年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902123046576930
  • 誘導コイル結合型スパッタリングによるYBCO薄膜作製時のTcとカソード電圧の関係, 楠正暢, 江畑克史, 高野祥暢, 大嶋重利, 電子情報通信学会大会講演論文集, 1997, 28,   1997年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902164169128701
  • 分布定数型超伝導フィルタの設計と最適形状の検討, 冨山岳郁, 岡井大祐, 楠正暢, 大嶋重利, 電子情報通信学会大会講演論文集, 1997, 26,   1997年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902197098365656
  • ホモエピタキシャル法を用いたYBa2Cu3Oy薄膜のグレイン成長, 高野 祥暢, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity, 58, 90,   1998年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024467572
  • マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗と磁場侵入長の測定 : 測定精度に与える膜厚効果の検討, 岡井 大祐, 富山 岳郁, 新開 陽子, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 98, 14, 35, 42,   1998年04月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187471
    概要:マイクロストリップ線路共振器法は, 超伝導マイクロ波バッシブデバイスを設計する上で重要なパラメーターである、超伝導薄膜の表面抵抗、磁場侵入長、誘電体基板の比誘電率、誘電損の値を測定することができる。表面抵抗と磁場侵入長の正確な測定のためには、マイクロストリップ線路共振器法を系統的に検討する必要がある。我々は、表面抵抗と磁場侵入長の測定精度に与える膜厚効果を調べた。その結果、表面抵抗、磁場侵入長の正確な値を求めるためには、薄膜の膜厚を考慮する必要があることが分かった。また、マイクロストリップ線路共振器法によりYBCO薄膜の表面抵抗と磁場侵入長を測定した。表面抵抗は、3.9GHz、21Kで177.2μΩ、磁場侵入長λ(0)は、0.37μmと求めることができた。
  • 超伝導マイクロ波応用 分布定数型超伝導フィルタの最適形状の検討, 冨山岳郁, 岡井大祐, 楠正暢, 大嶋重利, 電子情報通信学会技術研究報告, 97, 20(MW97 1-16), 49, 54,   1997年04月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902133904044565
  • ギャップ結合型パッチアンテナに関する検討, 江畑 克史, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波, 98, 15, 65, 72,   1998年04月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003189636
    概要:超伝導パッチアンテナは, 冷凍機冷却が可能であることや, 他の超伝導マイクロ波デバイスとの集積化が容易であることから, 実用的な超伝導アンテナとして期待されている。しかしながら, 超伝導マイクロ波デバイスの実用化では, 耐電力の向上が課題の一つとなっている。本論文では, まず, 超伝導パッチアンテナの耐電力特性がアンテナに用いた薄膜により大きく異なることを示し, その後, ギャップ結合給電パッチアンテナは, 従来より報告されてきた直接給電パッチアンテナに比べて, 4倍以上の耐電力を有する可能性について述べ, さらに, ギャップ結合給電パッチアンテナの形状が共振周波数や入力抵抗, 利得に及ぼす影響について調べた結果について記している。
  • マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗と磁場侵入長の測定 : 測定精度に与える膜厚効果の検討, 岡井 大祐, 冨山 岳郁, 新開 陽子, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波, 98, 15, 35, 42,   1998年04月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003189632
    概要:マイクロストリップ線路共振器法は、超伝導マイクロ波パッシブデバイスを設計する上で重要なパラメーターである、超伝導薄膜の表面抵抗、磁場侵入長、誘電体基板の比誘電率、誘電損の値を測定することができる。表面抵抗と磁場侵入長の正確な測定のためには、マイクロストリップ線路共振器法を系統的に検討する必要がある。我々は、表面抵抗と磁場侵入長の測定精度に与える膜厚効果を調べた。その結果、表面抵抗、磁場侵入長の正確な値を求めるためには、薄膜の膜厚を考慮する必要があることが分かった。また、マイクロストリップ線路共振器法によりYBCO薄膜の表面抵抗と磁場侵入長を測定した。表面抵抗は、3.9GHz、21Kで177.2μΩ、磁場侵入長λ(0)は、0.37μmと求めることができた。
  • ギャップ結合型パッチアンテナに関する検討, 江畑 克史, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 98, 14, 65, 72,   1998年04月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187475
    概要:超伝導パッチアンテナは、冷凍機冷却が可能であることや、他の超伝導マイクロ波デバイスとの集積化が容易であることから、実用的な超伝導アンテナとして期待されている。しかしながら、超伝導マイクロ波デバイスの実用化では、耐電力の向上が課題の一つとなっている。本論文では、まず、超伝導パッチアンテナの耐電力特性がアンテナに用いた薄膜により大きく異なることを示し、その後、ギャップ結合給電パッチアンテナは、従来より報告されてきた直接給電パッチアンテナに比べて、4倍以上の耐電力を有する可能性について述べ、さらに、ギャップ結合給電パッチアンテナの形状が共振周波数や入力抵抗、利得に及ぼす影響について調べた結果について記している。
  • 両面超伝導薄膜を用いたパッチアンテナの試作・評価, 江畑 克史, 楠 正暢, 大島 重利, Helmut Kinder, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1998, 2, 56,   1998年03月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003252349
  • 表面抵抗Rs測定のためのマイクロストリップ線路共振器法の検討, 岡井 大祐, 冨山 岳郁, 新開 陽子, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1998, 2, 53,   1998年03月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003252346
  • 超伝導パッチアンテナの試作と評価 (II), 江畑克史, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 44th, 1, 139,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902149080948536
  • ヘリコンプラズマ源を用いたYBa2Cu3Oy薄膜の作製, 楠正暢, 大須賀彰, 江畑克史, 岡井大祐, 大嶋重利, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 44th, 1, 153,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902142145771340
  • ヘリコンスパッタリング法によるYBCO薄膜の作製と評価, 大須賀彰, 楠正暢, 大嶋重利, 応用物理学会東北支部学術講演会講演予稿集, 51st, 9, 10,   1996年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902175484929285
  • ナノブリッジ型Vortex Flow Transistorの解析, 藤巻朗, 楠正暢, 鬼頭傑, 吉田宗司, 安藤浩哉, 早川尚夫, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 43rd, 1, 151,   1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902119941313751
  • 縦型Josephson Vortex Flow Transistor, 吉田宗司, 楠正暢, 鬼頭傑, 安藤浩哉, 藤巻朗, 早川尚夫, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 43rd, 1, 151,   1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902125534581679
  • 誘導コイル結合型スパッタリングによるYBa_2Cu_3O_y薄膜の作製, 楠 正暢, 大須賀 彰, 江畑 克史, 大嶋 重利, 増本 博, 平井 敏雄, 日本金屬學會誌, 61, 9, 951, 955,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10001967816
  • Josephson渦流トランジスタ, 鬼頭傑, 楠正暢, 吉田宗司, 安藤浩哉, 藤巻朗, 早川尚夫, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 56th, 1, 128,   1995年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902127256588031
  • 高感度ナノ構造Flux Flow Transistor, 楠正暢, 鬼頭傑, 吉田宗司, 安藤浩哉, 藤巻朗, 早川尚夫, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 56th, 1, 128,   1995年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902184251785606
  • 超伝導薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価, 江畑 克史, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1997, 2,   1997年08月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003340805
    概要:超伝導体は常伝導金属に比べてマイクロ波領域において2ケタほど小さな表面抵抗を持つことから、超伝導を用いた高効率あるいは小型なアンテナやフィルタ、伝送線路等のマイクロ波、ミリ波デバイスの実現が期待されている。特に、今回報告するパッチアンテナにおいては、多素子化されたアレーアンテナにおいて問題となる給電線の損失を大幅に低減できるため、従来のアンテナに比べて高利得のアレーアンテナが作製できることが予想される。
  • 分布定数型超伝導フィルタの設計と最適形状の検討, 冨山 岳郁, 岡井 大祐, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1997, 2,   1997年08月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003340806
    概要:超伝導フィルタは、高周波領域における表面抵抗が常伝導体のそれに比べ1桁以上低いため、低挿入損失、シャープカット特性等の優れた特性を有し、移動体通信の基地局用フィルタとして注目されている。現在検討されている超伝導フィルタは、分布定数型では、例えばヘアピン形、櫛形、平行結合形、コプレーナフィルタ等が多いが、高効率化のためには同じ性能でも面積の小さいフィルタを作製する方が有利である。我々は、ヘアピン、櫛形、平行結合形フィルタの形状の最適化とサイズの小型化を検討している。
  • 制御電流の変化がSFFT弱結合部内部の磁束量子に及ぼす影響, 安藤浩哉, 鬼頭傑, 楠正暢, 藤巻朗, 早川尚夫, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 42nd, Pt 1, 109,   1995年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902130076054013
  • 誘導コイル結合型スパッタリングによるYBCO薄膜作製時のT_cとカソード電圧の関係, 楠 正暢, 江畑 克史, 高野 祥暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1997, 2,   1997年08月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003340808
    概要:酸化物高温超伝導材料のマイクロ波応用の発展に伴い、薄膜の大面積化が求められている。我々は、大口径かつ均一な高密度プラズマを発生させることができる誘導コイル結合型スパッタリンダ法を大面積薄膜作製法として有望視しており、これを用いてYBa_2Cu_3O_y薄膜作製条件の検討を行っている。現在までに、ある条件下ではφ50mmの基板面内での膜厚分布が5%以下であること、また誘導コイル投入電力によりTc及び結晶の配向制御が可能であることを示した。しかし、誘導コイル投入電力、カソード電圧、カソード電流はそのうち2者を決定すると残りの1者が自ずから定まるという関係にあるため、同時に2つの成膜パラメータを変化させることとなり、各々がどの様に膜質を支配しているかが明確ではなかった。今回、膜質と上記パラメータの関係について調べ、中でもTcの決定にはカソード電圧が重要であることが明らかとなったので報告する。
  • Flux Flow Transistorにおける加工法と特性評価, 鬼頭傑, 楠正暢, 安藤浩哉, 藤巻朗, 早川尚夫, 電気関係学会東海支部連合大会講演論文集, 1994, 187,   1994年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902195353305104
  • サブミクロン構造を持ったマイクロフラックスフロートランジスタ, 楠正暢, 安藤浩哉, 藤巻朗, 早川尚夫, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 55th, 1, 83,   1994年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902192395394159
  • 波状磁束フロートランジスタ, 藤巻朗, 楠正暢, 安藤浩哉, 鬼頭傑, 早川尚夫, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 55th, 1, 83,   1994年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902176953740977
  • 微細化された超伝導線路の臨界電流密度に関する数値解析, 安藤浩哉, 楠正暢, 藤巻朗, 早川尚夫, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 55th, 1, 103,   1994年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902150565277590
  • スパッタリングによるYBCO薄膜作製時の誘導コイルの効果 : 誘導コイル結合型スパッタリング, 楠 正暢, 高野 祥暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 97, 219, 43, 48,   1997年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187334
    概要:酸化物高温超伝導薄膜の大面積化技術として, 誘導コイル結合型スパッタリング法の検討を行った. 直径50mmのターゲットを用いてYBa_2Cu_3O_yの成膜を行ったところ, 基板の直径40mmの範囲内で膜厚分布が7%未満であり, 広範囲で均一な成膜が可能であることが示された. また, 臨界温度・薄膜表面の析出物はカソード電圧に支配され, 結晶の配向性・グレインサイズはカソード電流により決定されることが確認された. この2つの成膜パラメーターはコイルに印可するrf電力を変化させることによってそれぞれ独立に最適値を与えることが可能になるため, 誘導コイルの導入が膜質改善の面でも有効に働くことが明らかになった.
  • 超伝導パッチアンテナの設計・試作・評価 (II), 江畑克史, 楠正暢, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 56th, 257,   1997年05月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902194732730185
  • 酸化物高温超伝導薄膜作製に対する誘導コイル結合型スパッタリング法の検討, 楠正暢, 江畑克史, 岡井大祐, 大嶋重利, 低温工学・超電導学会講演概要集, 56th, 101,   1997年05月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902105915091510
  • Flux Flow Transistorの特性に及ぼす表面障壁の効果, 藤巻朗, 鬼頭傑, 楠正暢, 安藤浩哉, 早川尚夫, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 41st, Pt 1, 143,   1994年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902113326282562
  • 酸化物超伝導サブミクロンラインにおける臨界電流密度, 楠正暢, 赤池宏之, 藤巻朗, 高井吉明, 早川尚夫, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 41st, Pt 1, 106,   1994年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902127149376870
  • 収束イオンビームを用いた酸化物超伝導体のサブミクロン加工(共著), 電子情報通信学会信学技報, 94, 8, 47,   1994年
  • 分布定数型超伝導フィルタの最適形状の検討, 冨山 岳郁, 岡井 大祐, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 97, 19, 49, 54,   1997年04月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187319
    概要:超伝導フィルタは、低挿入損失、シャープカット特性等の優れた特性を有し、移動体通信の基地局用フィルタとして注目されている。現在検討されている超伝導フィルタは、分布定数フィルタ、例えばヘアピン、櫛形、平行結合形等が多い。しかしながら、現在ではまだ広い面積の高品質な酸化物超伝導薄膜を形成することがきわめて難しい。従って、同じ性能であれば面積の小さいフィルタを作製する方が有利ある。我々は、ヘアピン、櫛形フィルタの最適形状と、縮小化を検討している。2つのタイプのフィルタでは櫛形フィルタの方が縮小化に有利であることが明らかとなった。
  • ナノブリッジを用いたAbrikosov Vortex Flow Device(共著), 電子情報通信学会信学技報, 95, 338, 13,   1994年
  • 超伝導パッチアンテナの設計・試作・評価, 江畑 克史, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 97, 19, 55, 60,   1997年04月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187320
    概要:超伝導体はマイクロ波領域において常伝導金属に比べて2ケタほど低い表面抵抗を持つ。したがって、超伝導体をアンテナ、フィルタ、伝送線路などのマイクロ波デバイスへ応用すると、これらのデバイスの高効率化につながるものと考えられる。我々は、YBCO薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価を行った。その結果、YBCOアンテナは金アンテナに比べて1.04dB利得が高いことがわかった。しかしながら、温度上昇に伴いYBCOアンテナの利得は減少し、70K以上の温度ではアンテナとして動作しないことがわかった。
  • 誘導コイル結合型スパッタリングによるYBa2CU30y薄膜の作製(共著), 日本金属学会誌「特集-超伝導材料における進歩」, 61, 9, 951,   1997年
  • 超伝導パッチアンテナの設計・試作・評価, 江畑 克史, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波, 97, 20, 55, 60,   1997年04月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003189170
    概要:超伝導体はマイクロ波領域において常伝導金属に比べて2ケタほど低い表面抵抗を持つ。したがって、超伝導体をアンテナ、フィルタ、伝送線路などのマイクロ波デバイスへ応用すると、これらのデバイスの高効率化につながるものと考えられる。我々は、YBCO薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価を行った。その結果、YBCOアンテナは金アンテナに比べて1.04dB利得が高いことがわかった。しかしながら、温度上昇に伴いYBCOアンテナの利得は減少し、70K以上の温度ではアンテナとして動作しないことがわかった。
  • 分布定数型超伝導フィルタの最適形状の検討, 冨山 岳郁, 岡井 大祐, 楠 正暢, 大嶋 重利, 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波, 97, 20, 49, 54,   1997年04月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003189169
    概要:超伝導フィルタは、低挿入損失、シャープカット特性等の優れた特性を有し、移動体通信の基地局用フィルタとして注目されている。現在検討されている超伝導フィルタは、分布定数フィルタ、例えばヘアピン、櫛形、平行結合形等が多い。しかしながら、現在ではまだ広い面積の高品質な酸化物超伝導薄膜を形成することがきわめて難しい。従って、同じ性能であれば面積の小さいフィルタを作製する方が有利ある。我々は、ヘアピン、櫛形フィルタの最適形状と、縮小化を検討している。2つのタイプのフィルタでは櫛形フィルタの方が縮小化に有利であることが明らかとなった。
  • スパッタリングによるYBCO薄膜作製時の誘導コイルの効果(共著), 電子情報通信学会信学技報, 97, 24, 43,   1997年
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法による基板両面YBCO薄膜の均一性の評価(共著), 電子情報通信学会信学技報, 98, 222, 25,   1998年
  • 超伝導パッチアンテナの設計・試作・評価(共著), 電子情報通信学会 超伝導エレクトロニクス学会 信学技法, 55,   1997年
  • 分布定数型超伝導フィルタの最適形状の検討(共著), 電子情報通信学会 超伝導エレクトロニクス学会 信学技法, 49,   1997年
  • マイクロ波デバイス用高温超伝導薄膜の作製と評価, 山形大学超伝導デバイス研究会-高温超伝導の基礎から応用まで-,   1998年
  • マイクロストリップ共振器法による誘電体基板の誘電率、tanδの測定(共著), 第1回東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究 研究会,   1998年
  • ギャップ結合型パッチアンテナに関する検討(共著), 電子情報通信学会 超伝導エレクトロニクス学会 信学技法, 65,   1998年
  • マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗と磁場侵入長の測定"測定精度に与える膜厚効果の検討"(共著), 電子情報通信学会 超伝導エレクトロニクス学会 信学技法, 35,   1998年
  • 超伝導薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価(共著), 電子情報通信学会論文誌, 81, 915,   1998年
  • 超伝導メアンダーアンテナの設計・試作・評価, 大嶋重利, 小笠原孝, 楠正暢, 低温工学・超電導学会講演概要集, 55th, 139,   1996年11月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902141136968550
  • 超伝導パッチアンテナの設計・試作・評価, 大嶋重利, 江畑克史, 小笠原孝, 楠正暢, 低温工学・超電導学会講演概要集, 55th, 138,   1996年11月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902105891643932
  • c軸配向YBa2Cu30y薄膜における45°面内配向結晶粒の表面抵抗へ与える影響(共著), 電子情報通信学会 超伝導エレクトエロニクス研究会 信学技法, 99, 59,   1999年
  • レーザー蒸着法による超伝導薄膜の作製と評価, 日本学術振興会第146委員会第4回「マイクロ波_光」分科会,   1999年
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法で作製したYBaCu30y薄膜のマイクロ波特性の評価(共著), 電子情報通信学会 超伝導エレクトロニス学会 信学技法, 13,   1999年
  • 誘導結合プラズマスパッタリング法で作製したYBaCu30y薄膜のマイクロ波特性の評価(共著), 11, 1255,   1999年
  • 大面積超伝導薄膜の表面抵抗の測定, 電子情報通信学会 超伝導エレクトロニクス学会 信学技法, 10,   2001年
  • ナノブリッジを用いた Abrikosov Vortex Flow Device, 楠 正暢, 鬼頭 傑, 吉田 宗司, 安藤 浩哉, 藤 巻朗, 早川 尚夫, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 95, 338, 13, 18,   1995年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187356
    概要:ナノブリッジを用いることによって、熱効果を伴わず動作するAbrikosov Vortex Flow Transistor (AVFT)を作成した。Ic-φ、V-φ特性の周期構造は従来のSQUIDと同じであった。しかし、I-V特性はジョセフソン効果とは異なるAbrikosovボルテクスフローを示した。このことによりジョセフソン接合を用いなくともSQUIDを作成することが可能であることが明らかになった。この現象はブリッジ幅を小さくすることによってボルテクスの出入りに伴う周回電流と外部磁場の遮蔽電流の和が臨界電流に対し無視し得なくなったため生じたと考えられる。電圧振幅が0.5mV、dV/dφが2.6mV/φ0であり、電流-電圧変換器への期待が大きい。スイッチ速度は素子サイズが小さいことが反映され数psと見積もられ、十分高速動作が期待できる。
  • マイクロ波デバイス用各種バッファー層上のYBa2Cu3O7-d薄膜の結晶性, 低温工学, 38, 546,   2003年
  • 速く固着する人工歯根, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 樋口裕一, 小澤伸次, 紀州新聞平成17年(2005年)1月18日(火),   2005年01月
    概要:(財)かわやま産業振興財団が中心となり行っている(独法)科学技術振興機構(JST)の地域結集型共同事業において、近畿大学のグループが従来の人工歯根の2倍以上の速さで固着する人工歯根を開発したことを報じた。
  • 牛骨から人工歯根-県事業 近大の本津教授ら開発-, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 樋口裕一, 小澤伸次, 紀伊民報AGARAフラッシュニュース,   2005年01月
    概要:国庫補助のバイオ振興事業(地域結集型共同研究事業:独立行政法人科学技術振興機構:JST)において、歯や牛骨から回収した生体アパタイトを30nm以下の膜状にする技術を用いて人工歯根を開発し、この人工歯根が従来の人工歯根の2倍以上の速さで顎骨に固着することを報じた。
  • 加速度計付歩数計を用いた身体活動量向上への取組み, 小泉大亮, 楠 正暢, 佐々木英夫 入江三枝子 彦坂愛子 竹島伸生, 医科学応用研究財団研究報告, 27, 81, 85,   2008年02月
  • 酸化物超伝導サブミクロンラインの特性の改善, 楠正暢, 赤池宏之, 藤巻朗, 高井吉明, 早川尚夫, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 54th, 1, 95,   1993年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902199739651240
  • ギャップ電圧3mVの高品質Nb/AlOx・Al/Nb接合の作製, 楠正暢, 田部章, 山森弘毅, 藤巻朗, 高井吉明, 早川尚夫, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 40th, Pt 1, 76,   1993年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902129125713097
  • 酸化物超伝導体のサブミクロン加工と電気的特性, 楠正暢, 赤池宏之, 藤巻朗, 高井吉明, 早川尚夫, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 40th, Pt 1, 169,   1993年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902177052524961
  • AlOx層の酸化ガス圧と臨界電流密度の関係, 楠正暢, 山森弘毅, 藤巻朗, 高井吉明, 早川尚夫, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 52nd, 1, 117,   1991年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902008981309360
  • 3a-PS-53 YBa_2Cu_3O_<7-δ>中での陽電子消滅(低温(酸化物超伝導体)), 森永 洋, 楠 正暢, 上出 和英, 大内 美佳, 日置 辰視, 年会講演予稿集, 43, 3,   1988年03月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009725074
  • 超伝導Flux Flow Transistorの動作特性に及ぼす表面ポテンシャルの影響 : 数値解析によるFFTの電圧電流特性に見られる非線形性の考察, 安藤 浩哉, 楠 正暢, 藤巻 朗, 早川 尚夫, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 94, 156, 67, 72,   1994年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187521
    概要:超伝導フラックスフロートランジスタに関する報告には、その電流電圧特性の零電圧からの立ち上がり部分で非線形性を確認できるものが多い。良質な薄膜を用いたサンプルでこうした現象が観察できるのは興味深い。この結果は、膜内でのピニングが無い場合でも、磁束の動きを妨げるメカニズムが働いている可能性があることを示唆している。混合状態部に侵入する磁束量子に対する表面ポテンシャルに注目し、超伝導細線に関する臨界電流密度の測定結果の数値解析をおこなった結果、良質な薄膜を用いたサンプルでは、表面ポテンシャルによるフラックスクリープが電流電圧特性に見られる非線形性に関与していることが分かった。
  • 集束イオンビームを用いた酸化物超伝導体のサブミクロン加工 : YBaCuOサブミクロンラインの超伝導特性評価, 楠 正暢, 赤池 宏之, 藤巻 朗, 早川 尚夫, 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス, 94, 8, 47, 52,   1994年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003187541
    概要:酸化物超伝導体の特性劣化を起こすことなく、デイープサブミクロン加工する技術を開発してきた。この技術によって180nm幅のYBaCuOラインの作成が可能となり、さらにそれは良好な超伝導性を示した。リソグラフィーは、集束イオンビームを用いたNb膜の微細加工法(Focused ion beam Implanted Niobium Patterning:FINP)にもとづいている。解像度100nmをもつこの技術によって微細なNbマスクを形成することができる。その後マスクパターンは、ArイオンビームエッチングにてAu, YBaCuO層に転写される。このようにして得られたラインにおける臨界電流密度の加工線幅依存性から、イオンビームエッチング時の冷却が劣化領域軽減のためには重要であることが明らかとなった。
  • 洪水監視システムとエレクトロニクス (防災エレクトロニクス(特集)), 楠 正暢, エレクトロニクス, 19, 3, 344, 349,   1974年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017508056

特許

  • 薄膜形成装置およびこの薄膜形成装置を用いたアパタイト薄膜形成方法, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 吉川 一志, 山本 一世, 特願2013-195449, 特開2015-059261
  • 化学センサおよび化学センサの製造方法, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 硲谷 康裕, 特願2012-249930, 特開2014-098607
  • 薄膜形成装置, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 吉川 一志, 山本 一世, 特願2011-271018, 特開2013-122073
  • 生体親和性透明シート、その製造方法、及び細胞シート, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 畑中 良太, 特願2011-245046, 特開2012-034704
  • 硬組織再生材料及び硬組織再生方法, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 吉川 一志, 山本 一世, JP2011066955, WO2012-014887
  • 生体親和性透明シート、その製造方法、及び細胞シート, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 畑中 良太, 特願2011-245046, 特開2012-034704, 特許第5214009号
  • 生体親和性透明シート、その製造方法、及び細胞シート, 楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 松田 太陽, 特願2011-124225, 特開2012-249570
  • 生体親和性透明シート、その製造方法、及び細胞シート, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 畑中 良太, JP2007055028, WO2007-108373
  • 高生体親和性を持つ多孔質インプラント及びその製造方法, 本津 茂樹, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 川島 将実, 特願2004-327663, 特開2006-136457
  • 化学バイオセンサおよびその製造方法, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 特願2004-127340, 特開2005-283550
  • 細胞培養足場および細胞培養方法, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 特願2004-127341, 特開2005-278609
  • 細胞培養足場および細胞培養方法, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 特願2004-127341, 特開2005-278609, 特許第4585790号
  • 高生体親和性を持つ多孔質インプラント及びその製造方法, 本津 茂樹, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 川島 将実, 特願2004-327663, 特開2006-136457, 特許第4522822号, 特願2004-327663
  • 被覆ステント, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 畑中 良太, 特願2006-317005, 特開2008-125964
  • 化学バイオセンサおよびその製造方法, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 特願2004-127340, 特開2005-283550, 特許第4328664号, 特願2004-127340
  • インプラント, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 三舩 英雄, 特願2008-045708, 特開2009-201639
  • 生体親和性透明シート、その製造方法、及び細胞シート, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 畑中 良太, 特願2008-506255, 特許第4919519号
  • 化学センサ装置用の検出子およびその利用, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 橋本 典也, 山田 泉, JP2005015715, WO2006-025358
  • 被覆ステント, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 畑中 良太, 特願2006-317005, 特開2008-125964, 特許第5110559号
  • 化学センサ装置用の検出子およびその利用, 本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 橋本 典也, 山田 泉, 特願2006-532699, 特許第4670084号
  • 薄膜形成方法および薄膜形成装置, 楠 正暢, 原田 啓太郎, 横尾 政好, 高野 祥暢, JP2004004356, WO2005-093123
  • 薄膜形成方法および薄膜形成装置, 楠 正暢, 原田 啓太郎, 横尾 政好, 高野 祥暢, JP2004004354, WO2005-093122
  • 薄膜形成方法および薄膜形成装置, 楠 正暢, 原田 啓太郎, 横尾 政好, 高野 祥暢, 特願2006-511371, 特許第4414428号
  • 超電導回路作製方法, 楠 正暢, 原田 啓太郎, 横尾 政好, 高野 祥暢, 特願2003-202870, 特開2005-050850
  • 超伝導膜の超伝導特性の評価方法, アシナラヤナン,スンダレサン, 田中 康資, 大嶋 重利, 楠 正暢, 特願2002-381028, 特開2004-212168
  • 超伝導膜の超伝導臨界電流特性の評価方法及びその装置, アシナラヤナン,スンダレサン, 田中 康資, 大嶋 重利, 楠 正暢, 特願2002-381028, 特開2004-212168, 特許第3704549号
  • 表面抵抗測定方法及び装置, 楠 正暢, 原田 啓太郎, 高野 祥暢, 横尾 政好, 特願2002-024901, 特開2003-227855

受賞

  •   2001年, 応用物理学会講演奨励賞
  •   2003年, インテリジェントコスモス奨励賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 超小型・高機能バイオセンシングを実現するハイドロキシアパタイト薄膜の配向制御技術, 楠 正暢
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 人工関節軟骨の実現に向けたスーパーエンジニアリングプラスチック人工海綿骨, 速水 尚, 本研究の新奇性のひとつは、3Dプリンタを用いてエンジニアリングプラスチック(EP)製ヒト海綿骨を作製することである。H25年度、3Dプリンタを用いた製造技術が世界で脚光を浴び、経済産業省が各種企業等へ導入奨励したのは周知である。本研究はこの影響を受け、外注先に突然多数の加工が発注されたため人工骨の納期が遅延した。一方、本研究課題がこのような世情を的確に捉えていたことを実感した年でもあった。H24年度の予備的研究を本実験に移して実施し、公表可能な成果を得て一部を発表した。また、H24年度の射出成形で製作したEPに対応する本実験として、3Dプリンタで製作したEP材の一般強度実験、切削性実験を完了し、強度は構造形態を最適設計することで生体骨と同等レベルに調整できることおよび被削性は生体骨より優れ、本人工骨は人工関節軟骨の下骨として必要十分な機械的特性を有することを明らかにした。H24年度は3D造形基材へ被覆したチタン(Ti)薄膜の密着性とその表面での単純な細胞増殖実験を行い、良好な生体親和性をEPに付与できることを確認した。H25年度は、Ti薄膜を人工骨の複雑な内部構造深部まで到達させるための条件検索と骨芽細胞の増殖能だけでなく分化能も確認した。Ti薄膜の被覆性につき、生体骨を模倣した構造において空孔の表面から内部へ 5 mm の深部に至る被覆の到達を確認した。同外形寸法のより単純な幾何学的構造では、Ti薄膜は構造の内外全体に成膜され、本課題で採用したスパッタリング法が人工骨に対して優れた被覆性を示すことを確認した。細胞の増殖・分化能は、構造の表面粗さに大きく影響された。最適な表面粗さ値および濡れ性が存在することが示唆され、H26年度の研究で追究する。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), フッ素含有率および結晶性の傾斜構造を有するシート状耐酸性アパタイトの開発, 楠 正暢, 本研究はシート状のアパタイトを歯質表面に貼り付けることにより、齲蝕の防止ができる歯科用新素材開発を大目標としており、当研究助成期間内には「フッ素含有率・結晶性傾斜型F-Ap/H-Apシート」を開発することまでを目的としている。ここで、F-Apはフッ化アパタイト[Ca10(PO4)6F2]、H-Apはハイドロキシアパタイト[Ca10(PO4)6(OH)2]の意味であり、表面に耐酸性が強く齲蝕しにくい高結晶性F-Ap、裏面に歯質と結合しやすい低結晶性H-Apの構造を有する歯科治療・予防用素材を実現する。H25年度までに、パルスレーザーデポジション法でF-Ap膜の作製法を確立した。エネルギー分散型X線分光分析法(EDX)と赤外分光法(FT-IR)を用いた評価により、OH基を全く含まない純粋なF-Ap膜が形成可能であること、また、X線回折(XRD)により結晶構造を有する(アモルファスでない)F-Ap膜が形成される条件を得ることができた。耐酸性に関しては、pHの異なるリン酸バッファー溶液を用いた溶解試験を行った結果、H-Apの場合と比べて耐酸性が向上していることが証明された。F-Ap/H-Apの2層膜化に関しては、同一チャンバ内でターゲットを変更することで実現できることまでを確認している。アニーリングによるフッ素含有率・結晶性の傾斜構造の作製については、当年度内で行うに至らず、最終年度の課題として残った。当初計画で掲げたスパッタリング法を用いた場合のF-Ap膜の作製と、そのレーザーデポジション法との比較については、現在まで試みた成膜条件においては、前者の成膜レートが1桁以上低く、数ミクロンレベルの厚みを有する自立型シートを作製するには現有設備の範囲内で行うには効率が悪いと結論付けた。成膜装置の変更を伴う将来への可能性を残しつつ、以後の実験はパルスレーザーデポジション法で行うこととした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ナノテクノロジーを利用した部位選択的骨伝導能を有する人工関節軟骨の開発, 速水 尚, 関節軟骨の病変部だけを人工軟骨に置換するための材料開発とそれを骨組織に永続的に固定する方法を研究した。人工軟骨であるポリビニールゲルが生体軟骨と摩擦する面は生体不活性、骨との接触面は強く接着できる部位選択組織融合型接着方法を研究した。接着層としてハイドロキシアパタイト積層超薄膜(厚さ350nm)を利用することとし、ゲルとアパタイト薄膜の生体適合性ならびに材料学的・力学的特性の向上方法を検索した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 高温・高速・高感度動作を実現する単一光子検出器に関する研究, 楠 正暢, 量子暗号通信のキーデバイスである単一光子検出器として、高温超伝導体でナノワイヤーを実現するための要素技術についての研究を行った。高温超伝導材料にはYBa_2Cu_3O_y(YBCO)を用いて実験を行い、Pt/Auのキャップ層を持つYBCO膜で、250回折り返された、全長約25mm、幅200nmのメアンダ型ナノワイヤーを100×100μm四方の領域に形成できることを示した。また、YBCOエッチング時に試料ステージを液体窒素冷却することにより、プラズマ衝撃による劣化の影響を抑制し、幅200nm、長さ1μmのワイヤーで超伝導電流を確認した。さらに、YBCOと単結晶基板のヘテロ界面近傍における格子不整合について検討し、20nmの膜厚でも80K以上の臨界温度(T_c)を持つYBCO膜の作製に成功した。一方、80~10nmの範囲で膜厚とT_cの関係を調べ、実効的に膜厚10nm以下の特性を有する高温超伝導ナノワイヤー実現の可能性を示し、その方法について述べた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), ナノアパタイト薄膜作製技術を用いた次世代インプラント治療, 本津 茂樹, レーザーアブレーション法によるハイドロキシアパタイト(HAp)と生体アパタイト(BAp)の薄膜化および積層化技術と、シート化技術を用いて、治療部位に整合した生体活性を有する骨誘導再生用BApメンブレン(BApGBR)と生体内安定性と生体活性を併せ持つ複合機能2層(BAp/HAp)インプラントを作製した。薄膜および積層膜の評価は化学的、物理的、分子生物学的特性について行った。また、BApGBRメンブレンと新規複合機能インプラントの臨床模擬試験を、イヌ下顎歯槽骨および大腿骨欠損モデル埋入試験を用い、次世代インプラント治療としての有用性を確認した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 単一磁束量子回路の光出力インターフェースの開発, 楠 正暢, サブテラヘルツ領域で動作する集積回路として注目されている、単一磁束量子(SFQ)回路の光出力インターフェースの基本素子として、高温超伝導ナノブリッジの作製プロセスの開発を行った。数100nm程度のスケールを有する高温超伝導ナノブリッジを用いた微小ループを基本構造とし、そこに閉じ込めたSFQを磁気光学効果により検出するデバイスを想定し、その作製法を検討した。さらにナノブリッジを光入力デバイスとして動作させることも試み、その光応答を確認した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ナノテクノロジーを応用した歯科用バイオセンサの開発, 橋本 典也, 水晶振動子マイクロバランス(以下QCMと記す.)法は,振動子の振動数が液体,気体などの媒質中の含有物,微粒子の化学物質の吸着量に応じた変化に基づいてホストを発振子上に固定すればゲストの吸着量をナノレベルで検出出来る.本研究ではその原理を利用して,歯科に特化したオリジナルなセンサを創製することを目的とする.薄膜チタンの細胞適合性評価:Na, Mg, K, Zn等の微量元素を含む牛大腿骨を原料とした生体アパタイトバルク体を作製し,レーザーアブレーションを行うことによってチタン基板上に同薄膜を作製した.その生体適合性についてマウス骨芽細胞を用いてin vitro試験法によって評価した.その結果,化学量論的HAP薄膜に比較して生体アパタイト薄膜で優れた生体適合性を示した.製造方法によって異なる形態をもつ,結晶化HApとアモルファスHApについて,その吸着性についての評価を行った.方法として,定量測定が可能なQCM法を用い,レーザーアブレーション法(PLA法)によるハイドロキシアパタイトコートセンサを作製した.生体分子としてタンパク質(BSA)を用いてこれらの薄膜の吸着特性を比較した結果,いずれのHApコートセンサも市販のセンサに比べ高い吸着性を示した.アモルファスHApは結晶化HApよりは吸着性が劣っていたが,生体親和性材料として応用が可能であることが確認できた.QCM法による歯質表面汚染ならびに除去のモニタリング試験を行った.歯質センサとしてPLA法による生体アパタイトコートセンサを作製した.歯質センサと歯質汚染原因物質の一つである茶葉との結合をモニタリングした.紅茶葉溶液との結合によって周波数が減少し,歯磨剤成分(ポリリン酸ナトリウム等)を添加することで周波数が増加し,除去したことが明らかとなった.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 地域在住高齢者の機能的自立と健康づくりを支援する運動方法システムの構築, 竹島 伸生, 本研究は,地域在住高齢者の機能的自立と健康づくりを支援するためにITを導入した運動方法システムの構築を目指すことが目標であった。施設または集中型運動方法としては,これまでにwell-rounded exerciseおよびresistance exerciseの機器として油圧マシンを改良し,筋力,筋パワーを瞬時に測定し,評価できるシステムを開発した。特に地域に居住しているが介護保険を利用する虚弱高齢者においての体力評価または運動効果の評価までを可能にするシステムができ有効なものとみられた。加速度形付歩数計を用いて高齢者自身が日常生活における身体活動を評価し,入力後瞬時にフィードバックできるシステムを開発し,介入効果も検討できた。これは,タッチパネル式の入力を可能にしたものであり,集中,分散型に対応したものといえる。油圧マシン,加速度計付歩数計などの機器を使った体力,身体活動量の評価は実施でき,かつ,体力の評価ノルムを作成すること,エアロビクス,レジスタンンス,柔軟性,バランスなどの運動効果を検討し,メニューの作成まで完了できたが,これらツールとして体力評価から運動方法の具体的例示などのフィードバックまでに至るITを完全利用したシステム構築までには至らなかった。この点は早急に開発を目指したい。運動の継続や容易性という点からは公民館などを中心とした地域型運動プログラムと家庭型運動プログラムの併用が求められるものの,地域差や季節差に対する運動プログラムの対応や家庭型運動に加えて集団指導(地域型運動)をいかに取り入れていくかが継続と効果の課題とみられる
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), ミリ波を用いた高周波表面抵抗の高分解能測定, 楠 正暢, 移動体通信基地局用超伝導フィルタの産業化に先立ち、母材となる高温超伝導薄膜の高周波表面抵抗測定・検査技術に関しての研究を行った。初年度、(1)「導体損<<誘電損となりQ値が誘電損でほぼ決定されてしまうこと」、(2)「Qが10^6〜10^7にも達し、微弱ノイズなどによる測定誤差が無視できなくなること」など、従来の標準測定法が抱える問題点を明らかにし、測定周波数をミリ波領域に高めることでこれらが解決できることを理論的・実験的に示した。最終年度となる本年は、さらに高精度測定を行うことを目的に、共振器を構成するサファイアロッドの持つ誘電損に関する個体間の僅かなばらつきに着目し、標準測定法(2共振器法)を用いた際にこれが起源となって生じる誤差の検討を行った。第一に市販のサファイアロッドのもつ誘電損のばらつきを実測によるサンプリングで把握した。これをもとに現実的な表面抵抗を想定した数値計算によるシミュレーションを行い、生じ得る誤差の範囲を見積もった。この結果、各共振モードに対応するサファイアロッドの選択、または組み合わせによって、表面抵抗に含まれる誤差を増加させる状況が起こり得ること、さらには市販品の持つばらつきの現状を考慮するとその確立が無視できないことが明らかとなった。これを改善し高精度計測を行うためには、従来無視してきたサファイアロッドの誘電損の見積もり・選択がきわめて重要なことを明らかにした。また、この誘電損に起因する誤差は、初年度行った、ミリ波帯での計測を行うことにより軽減できることも示した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), マイクロ波超伝導フィルタの機能化パッケージングに関する研究, 楠 正暢
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(国際学術研究), 高温超伝導アンテナ・フィルターの設計と試作に関する共同研究, 大嶋 重利, 超伝導フィルタ、アンテナに関して、ドイツ ブッパタール大学のProf.Heintz Chaloupkaと共同研究を行い、次の様な成果を得ている。1. 平成9年度楠 正暢助手がProf.Heintz Chaloupkaの研究室に3週間滞在し、超伝導フィルタの設計・試作に関して共同研究を行ってきた。山形大学では高温超伝導薄膜(YBa_2Cu_3O_7-δ)の作製とその評価、超伝導フィルタの設計について主に研究し、ドイツ ブッパタール大学では、超伝導フィルタの設計・試作・評価を主に研究した。2. 平成10年度Prof.Heintz Chaloupkaが山形大学工学部大嶋研究室に3週間滞在し、超伝導フィルタに関する共同研究を行った。Prof.Heintz Chaloupkaが山形大学に滞在している期間に、日独超伝導フィルタシンポジウムを開催し、Prof.Heintz Chaloupka、移動体通信先端技術研究所、松下電器、山形大学から最近の研究成果を発表してもらった。超伝導フィルタの開発を目的とした、山形大学とブッパタール大学との研究交流は、平成10年度以降も継続される。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), サブミリ波超伝導アレーアンテナの試作, 大嶋 重利, サブミリ波超伝導アレーアンテナの試作に関して、次の4点を重点的に検討し成果を得た。1.マイクロ波〜ミリ波帯で動作するパッチアンテナの設計法の確立マイクロ波帯で動作するアンテナの設計法をまず検討した。アンテナを設計する手法は、伝送線路モデルおよび市販の電磁界解析ソフトを用いて行った。共振周波数5GHz、入力インピーダンス50オームとなるパッチアンテナを設計し、その設計に基づき銅薄膜のアンテナを試作し、伝送線路モデルの有効性を確認した。2.超伝導アンテナの設計、試作、評価YBCO薄膜を用いてパッチアンテナを試作し、アンテナ特性を評価した。その結果、共振周波数はほぼ設計通りの値を示したが、入力インピーダンスは設計値よりも大きな値となった。これは、超伝導の表面抵抗起因していることが明らかとなった。超伝導アンテナの利得は金薄膜で作製したアンテナよりも数dB以上高い。3.アンテナ用超伝導薄膜の作製法の検討超伝導アンテナを作製する場合、比較的面積の広い薄膜が要求される。我々は、誘導コイル結合型マグネトロンスパッタリング法により作製を検討し、アンテナに使用できる薄膜の作製法を確立した。4.ミリ波〜サブミリ波用ログペリアンテナの検討ミリ波、サブミリ波で動作するログペリアンテナを設計、検討した。サブミリ波帯で動作するためには、アンテナ共振器長が数ミクロンとなるために、精密なフォト加工によりアンテナを制作した。40GHzまでの動作を確認したが、残念ながらそれ以上の周波数での検証ができないので、今後検討する。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B)), スーパーゲイン小型超伝導アンテナに関する研究, 大嶋 重利, スーパーゲイン小形超伝導アンテナに関して、次の4点を重点的に検討し成果を得た。1.マイクロ波帯で動作するパッチアンテナの設計法の確立マイクロ波帯で動作するアンテナを伝送線路モデルおよび市販の電磁界解析ソフトを用いて行った。共振周波数5GHz、入力インピーダンス50オームとなるパッチアンテナを設計し、その設計に基づき銅薄膜のアンテナを試作し、伝送線路モデルの有効性を確認した。2.超伝導アンテナの設計、試作、評価YBCO薄膜を用いてパッチアンテナを試作し、アンテナ特性を評価した。その結果、共振周波数はほぼ設計通りの値を示したが、入力インピーダンスは設計値よりも大きな値となった。この違いを、電磁界シュミレーションにより検討した結果、超伝導薄膜の表面抵抗が設計値よりも小さいためであることがわかった。超伝導アンテナの利得は金薄膜で作製したアンテナよりも数dB以上高いことが明らかとなった。3.アンテナ用超伝導薄膜の作製法の検討超伝導アンテナを作製する場合、比較的面積の広い薄膜が要求される。我々は、誘導コイル結合型マグネトロンスパッタリング法によりその作製を検討し、アンテナに使用できる薄膜の作製法を確立した。4.アレーアンテナの検討2素子、4素子のパッチアレーアンテナを設計、試作、評価を行った。その結果、素子数を増やす事により利得の増加があること、超伝導アレーアンテナは銅薄膜アレーアンテナよりも4dB以上利得が高いことを明らかにした。
  • 超伝導エレクトロニクス
  • 高温超伝導薄膜のマイクロ波応用
  • バイオデバイスの開発