KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

内山 卓也ウチヤマ タクヤ

プロフィール

所属部署名堺病院
職名講師/科長
学位医学博士
専門機能的脳神経外科
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1313-uchiyama-takuya.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/50278686.ja.html
メールアドレスuchiyama[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    不随意運動症に対する脳深部電気刺激術、疼痛に対する脊髄硬膜外刺激療法、痙縮に対するバクロフェン髄腔内投与療法やボツリヌス療法について診察、研究を行っています。

学歴・経歴

経歴

  •   2013年, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 脳神経外科学
  • 人間医工学, リハビリテーション科学・福祉工学

研究キーワード

  • 神経圧迫症候群, 顔面痙攣, 血管内手術, 神経原性高血圧症, 誘発筋電図, 脳動脈瘤, 未破裂, クモ膜下出血

MISC

  • パーキンソン病に対する脊髄刺激療法と脳深部刺激療法, 中野 直樹, 内山 卓也, 中西 欣弥, 加藤 天美, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 50, 1, 8, 9,   2011年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029745704
  • パーキンソン病の脳深部刺激における前頭葉の脳波解析, 中野 直樹, 住井 利寿, 内山 卓也, 森田 淑文, 中西 欣弥, 岡田 理恵子, 柴田 智広, 加藤 天美, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 49, 1, 18, 19,   2010年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029745178
  • パーキンソン病に対する脊椎硬膜外電気刺激療法, 中野 直樹, 中西 欣弥, 内山 卓也, 住井 利寿, 鈴木 雄介, 澤田 優子, 岡田 理恵子, 福田 寛二, 加藤 天美, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 49, 1, 84, 85,   2010年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029745350
  • 痙縮に対するITB療法による治療, 内山 卓也, 住井 利寿, 湯上 春樹, 中村 英剛, 山田 恭史, 加藤 天美, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 47, 1, 66, 67,   2008年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024369587
  • 3-P1-30 睡眠時無呼吸症候群を合併した脳挫傷症例に対するバクロフェン髄腔内持続投与療法の経験(脳外傷,ポスター,一般演題,リハビリテーション医学の進歩"評価から治療介入へ",第45回日本リハビリテーション医学会学術集会), 杉江 美穂, 森下 直樹, 内山 卓也, リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌, 45, 0,   2008年05月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006836721
  • 視床下核刺激療法の刺激合併症についての検討, 内山 卓也, 中野 直樹, 金 章夫, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 46, 1, 28, 29,   2007年05月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024369049
  • 脳深部の3Dアトラス, 中野 直樹, 渡邉 啓, 内山 卓也, 金 章夫, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 45, 1, 26, 27,   2006年06月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024368639
  • 電気刺激留置電極の長さの考察 : 視床下核をターゲットとする場合, 中野 直樹, WATANABE Akira, 内山 卓也, 金 章夫, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 45, 1, 92, 93,   2006年06月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024368807
  • 視床下核周辺刺激例の検討, 中野 直樹, 内山 卓也, 金 章夫, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 44, 1, 6, 7,   2005年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136781
  • 中枢性疼痛に対する脊髄硬膜外電気刺激療法の検討, 金 章夫, 布川 知史, 新山 一秀, 豊増 麻美, 内山 卓也, 中野 直樹, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 44, 1, 38, 39,   2005年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136797
  • 選択的脛骨神経縮小術の長期的効果と筋電図学的評価, 内山 卓也, 中野 直樹, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 44, 1, 44, 45,   2005年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136800
  • Parkinson 病に対する視床下核刺激療法に伴う合併症についての検討, 内山 卓也, 中野 直樹, 金 章夫, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 43, 3, 240, 245,   2004年11月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136767
  • 視床下核刺激療法に伴う合併症についての検討, 内山 卓也, 中野 直樹, 金 章夫, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 43, 2, 106, 107,   2004年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013438855
  • パーキンソン病に対する視床下核電気刺激療法(STN-DBS)症例における経時的コントロール不良例の検討, 金 章夫, 布川 知史, 新山 一秀, 内山 卓也, 中野 直樹, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 43, 2, 192, 193,   2004年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013439076
  • 岩年性パーキンソン病例に対する視床下核刺激術の効果と特徴, 中野 直樹, 内山 卓也, 金 章夫, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 43, 2, 210, 211,   2004年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013439122
  • 視床下核刺激術後パーキンソン病例の進行症状に対する最適刺激条件の検討, 中野 直樹, 内山 卓也, 金 章夫, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 42, 2, 76, 77,   2003年12月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405879
  • 足関節尖足痙縮に対する選択的脛骨神経ヒラメ筋枝縮小術による生理学的・運動学的変化, 内山 卓也, 中野 直樹, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 42, 2, 78, 79,   2003年12月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405885
  • 11. 慢性頭痛からの急性増悪で発見され,抗凝固療法で良好な経過をみせた静脈洞血栓症の1例(第54回近畿大学医学会学術講演会), 岩倉 倫裕, 木本 敦史, 内山 卓也, 種子田 護, 近畿大学医学雑誌, 28, 2,   2003年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004299777
  • 視床下核の立体モデルによる視床下核同定の工夫, 中野 直樹, 金 章夫, 内山 卓也, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 41, 2, 80, 81,   2002年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405464
  • 足関節尖足痙縮における下腿三頭筋の果たす役割, 内山 卓也, 中野 直樹, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 41, 2, 96, 97,   2002年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405511
  • 8. 脳内出血に対する新しい治療法 : 神経内視鏡を用いた低侵襲な治療法, 薮内 伴成, 内山 卓也, 山田 公人, 眞島 静, 渡邉 啓, 中澤 憲, 湯上 春樹, 布川 知史, 寺本 佳史, 中野 直樹, 朝井 俊治, 北野 昌彦, 赤井 文治, 種子田 護, 近畿大学医学雑誌, 27, 2,   2002年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061864
  • び漫性下肢痙縮に対する選択的末梢神経縮小術, 内山 卓也, 中野 直樹, 布川 知史, 奥田 武司, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 41, 1, 13, 18,   2002年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136755
  • <一般演題抄録>19.髄液播種により再発した退形成性上衣腫に対しCBDA, VP-16,MTXによる化学療法が効果的であった1症例, 渡邊 啓, 内山 卓也, 赤井 文治, 湯上 春樹, 眞島 静, 種子田 護, 近畿大学医学雑誌, 27, 1,   2002年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061835
  • II-8V-10 痙縮に対する選択的末梢神経縮小術 : 術前選択的神経ブロックテストの重要性(ビデオ2), 内山 卓也, 赤井 文治, 湯上 春樹, 眞島 静, 種子田 護, リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌, 39, 0,   2002年04月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001850673
  • パーキンソン病の歩行障害に対する視床下核刺激術の効果, 中野 直樹, 内山 卓也, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 40, 2, 56, 57,   2001年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405288
  • び漫性下肢痙縮に対する選択的末梢神経縮小術, 内山 卓也, 中野 直樹, 布川 知史, 奥田 武司, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 40, 2, 66, 67,   2001年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405309
  • S-II電気刺激とnNOS阻害薬による鎮痛効果, 黒田 良太郎, 川畑 篤史, 中野 直樹, 内山 卓也, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 40, 1, 17, 21,   2001年06月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405198
  • パーキンソン病に対する視床下核内刺激電極留置部位の検討, 中野 直樹, N'GUYEN Jean Paul, KERAVEL Yves, 内山 卓也, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 40, 1, 27, 31,   2001年06月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405223
  • 痙縮に対する選択的末梢神経遮断術 : 術前選択的神経ブロックテストの重要性, 内山 卓也, DECQ Philippe, 中野 直樹, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 39, 2, 90, 91,   2000年12月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136724
  • S-II電気刺激とnNOS阻害薬による鎮痛効果, 黒田 良太郎, 川畑 篤史, 中野 直樹, 内山 卓也, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 39, 2, 92, 93,   2000年12月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136725
  • 運動領野硬膜外刺激電極留置の工夫, 湯上 春樹, 中野 直樹, 内山 卓也, 北野 昌彦, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 39, 2, 94, 95,   2000年12月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136726
  • パーキンソン病に対する脳深部刺激法での視床下核内刺激留置部位の検討, 中野 直樹, N'GUYEN Jean. Paul., KERAVEL Yves, 内山 卓也, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 39, 2, 116, 117,   2000年12月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136737
  • <一般演題抄録>22.脳神経外科における脳卒中救急体制の取り組み, 奥田 武司, 北野 昌彦, 眞島 静, 渡邊 啓, 辻 潔, 中澤 憲, 湯上 春樹, 中川 修宏, 布川 知史, 中村 英剛, 中野 直樹, 内山 卓也, 朝井 俊治, 赤井 文治, 片岡 和夫, 種子 田護, 近畿大学医学雑誌, 25, 2,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061694
  • <一般演題抄録>23.脊髄後根進入部切裁術(DREZ-tomy)が有効であった痙性対麻痺の1例, 金 章夫, 中村 雄作, 三浦 浩介, 山田 郁子, 内山 卓也, 中野 直樹, 種子 田護, 近畿大学医学雑誌, 25, 2,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061695
  • <一般演題抄録>24.急性期脳内出血に対する神経内視鏡による治療, 眞島 静, 内山 卓也, 湯上 春樹, 中澤 憲, 中野 直樹, 赤井 文治, 種子 田護, 近畿大学医学雑誌, 25, 2,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061696
  • <一般演題抄録>25.下肢単麻痺で発症した脳梗奉の3症例, 中西 欣弥, 山田 恭史, 寺本 佳史, 赤井 文治, 内山 卓也, 辻 潔, 種子 田護, 近畿大学医学雑誌, 25, 2,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061697
  • <一般演題抄録>10.海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対して血管内手術にて症状の完全寛解を得た1例, 辻 潔, 新山 一秀, 西田 明博, 木本 敦史, 内山 卓也, 赤井 文治, 種子田 護, 近畿大学医学雑誌, 24, 2,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061588
  • <一般演題抄録>11.左右の前頭骨に発生したIntraosseous meningiomaの1例, 奥田 武司, 木本 敦史, 中川 修宏, 赤井 文治, 内山 卓也, 種子田 護, 近畿大学医学雑誌, 24, 2,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061589
  • パーキンソン病に対する慢性脳深部刺激療法の長期的効果, 内山 卓也, N'GUYEN Jean Paul, KERAVEL Yves, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 38, 1, 28, 29,   1999年12月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029744053
  • <一般演題抄録>13.血管内手術手技を用いた顔面痙攣における責任血管の術前評価について, 住井 利寿, 内山 卓也, 赤井 文治, 新山 一秀, 種子田 護, 近畿大学医学雑誌, 23, 2,   1998年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061497
  • <一般演題抄録>14.視床中間腹側核の慢性刺激による振戦の制御について, 木本 敦史, 内山 卓也, 中野 直樹, 高橋 光雄, 種子田 護, 近畿大学医学雑誌, 23, 2,   1998年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061498
  • 顔面痙攣における血管内手術操作を用いた責任血管の同定と筋電図学的評価, 内山 卓也, 赤井 文治, 新山 一秀, 西田 明博, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 37, 67, 68,   1998年10月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029743923
  • Schwann 細胞移植による損傷顔面神経の再生促進, 内山 卓也, 齋藤 洋一, 平野 俊一朗, 甲村 英二, 有田 憲生, 種子田 護, 早川 徹, 神経組織の成長・再生・移植, 7, 1, 59, 60,   1995年06月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014132792
  • <原著>眼輪筋反射の第2コンポーネントの反射経路についての臨床的検討, 内山 卓也, 近畿大学医学雑誌, 19, 4, 445, 464,   1994年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061115
    概要:The blink reflex usually presents two components ; R1 and R2. The early reflex component, R1,has a latency range in 8-12 ms. and arises ipsilaterally to the stimulated supraorbital nerve. The late bilateral component, R2,shows a latency range in 35-40 ms. The difference in latency between right and left R1 dose not exceed 1.5 ms. in normal subject. And that between right and left R3 dose not exceed about 8 ms.. The blink reflex especially R2's (direct and consensual) are often absent or depressed in amplitude in the case of supratentrial and infratentrial lesions. Electrically elicited blink reflexes investigated in this study totaled 57,including 20 normal subjects, 6 cases of thalamic lesion (4 cases were hemorrhage, 2 cases were tumors), 4 cases of perithalamic lesion (3 cases were hemorrhage, 1 case was infarction), 8 cases of putaminal lesion (5 cases were hemorrhage, 3 cases were infarction), 11 cases of frontal lobe lesion (6 cases were tumors, 4 cases were hemorrhage, and 1 case was infarction), 4 cases of temporal lobe lesion (3 cases were tumors and 1 case was infarction), and 4 cases of chronic subdural hematoma. CT or/and MRI examination and SSEP recording were also performed in parallel with this study. The late response R2 evoked by electrical stimulation to the supraorbital nerve, contralateral side to the side of hemispheric lesion was absent or suppressed in 25 out of 37 cases. An abnormal R2 was observed in this study in 70% of the thalamic and perithalamic lesions, 75% of the putaminal lesions, 82% of the frontal lobe lesions, 75% of the temporal lobe lesions, and 0% of the chronic subdural hematomas. Thalamus, trigeminal lemniscus as well as bulubar lateral reticular formation of lower brain stem may play important roles in the afferent pathway of the reflex arc of R2. Corticobulbar fiber via pyramidal tract from contralateral lower postcentral region have been advocated by Ongerboer de Visser to play an important role in the efferent pathway of the reflex arc of R2. Furthermore, in our investigation, the corticospinal tract and corticotegmentales fiber might be considered to participate in the efferent pathway of the reflex arc of R2. The abnormal patterns of R2,especially afferent and efferent block, may indicate decreased excitability of the bulbar lateral reticular formation of lower brain stem.
  • <一般演題抄録>10.当院での最近10年間における聴神経鞘腫33例の検討, 古田 義博, 金 章夫, 内山 卓也, 黒田 良太郎, 種子田 護, 近畿大学医学雑誌, 19, 4,   1994年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061135
  • <一般演題抄録>1.側脳室内に発生した脈絡叢乳頭腫の1例, 内山 卓也, 佐藤 雅春, 黒田 良太郎, 新山 一秀, 中村 芳昭, 赤井 文治, 井奥 匡彦, 近畿大学医学雑誌, 16, 4,   1991年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060801
  • <一般演題抄録>16.経眼球・経前頭蓋底的に刺入した前頭葉内異物(金属片)の1例, 内山 卓也, 山田 恭史, 新山 一秀, 赤井 文治, 黒田 良太郎, 井奥 匡彦, 廣畑 健, 泉本 源太郎, 坂田 育弘, 中尾 雄三, 近畿大学医学雑誌, 15, 2, 41A, 42A,   1990年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060649