KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

石船 学イシフネ マナブ

プロフィール

所属部署名理工学部 応用化学科 / 総合理工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門有機合成化学・高分子化学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/343-ishifune-manabu.html
ホームページURLhttp://www.apch.kindai.ac.jp
メールアドレスishifune[at]apch.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    熱や光などの刺激に応答する新しい高分子を合成するとともに、これらと炭素材料などとのハイブリッド化を達成し、水溶媒中での環境調和型有機合成の手段として利用する研究に取り組んでいます。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1993年, 京都大学, 工学研究科, 合成化学
  •  - 1988年, 京都大学, 工学部, 合成化学

経歴

  •   1994年,  - 1995年, 日本学術振興会特別研究員(PD)
  •   1995年,  - 2002年, 近畿大学理工学部 助手
  •   2000年,  - 2001年, ドイツ・ミュンスター大学有機化学研究所 客員研究員
  •   2002年,  - 2008年, 近畿大学理工学部 講師
  •   2008年, - 近畿大学理工学部 准教授

研究活動情報

研究分野

  • 複合化学, 合成化学
  • 複合化学, 高分子化学
  • 複合化学, 機能物質化学

研究キーワード

  • 有機電子移動化学, 有機合成化学, 高分子合成

論文

  • Synthesis and catalytic activity of the thermoresponsive polymers having pyrrolidine side chains as base functionalities, 上向井 徹, 石船 学, Journal of Applied Polymer Science, 129, 5, 2554, 2560,   2013年09月
    概要:DOI: 10.1002/app.38971 光学活性なピロリジン構造を側鎖に有する新規光学活性熱応答性高分子を合成し、水中における立体選択的なアルドール縮合反応を実施した。反応効率と生成物の立体化学について、熱応答性との相関を明らかにした(英文)。
  • Stereoselective partitioning of organic substrates by thermoresponsive polymers in aqueous phases, 上向井 徹, 鳥﨑 賢史, 濵中 貴大, 石船 学, Journal of Applied Polymer Science,   2013年06月
    概要:DOI: 10.1002/app.39603 光学活性アミノアルコールを光学活性源とした新規光学活性熱応答性高分子の合成に成功した。得られた高分子の下部臨界共溶温度ならびに旋光度を確認するとともに、1-フェニルエタノールをモデル化合物として、光学分割に利用可能であることを明らかにした(英文)。
  • Thermoresponsive and Redox Behaviors of Poly(N-isopropylacrylamide)-Based Block Copolymers Having TEMPO Groups as Their Side Chains, 上向井 徹, 日置 友哉, 石船 学, International Journal of Polymer Science, 2013,   2013年06月
    概要:doi.org/10.1155/2013/196145 有機ラジカル種TEMPO部位をブロック的に配置した新規熱応答性高分子を、リビングラジカル重合の1種であるRAFT法を用いて合成することに成功した。得られた熱応答性高分子水溶液の下部臨界共溶温度の確認し、酸化還元挙動と熱応答性との相関を明らかにした(英文)。
  • Preparation of thermoresponsive polymer-modified electrodes having a TEMPO moiety, 上向井 徹, 日置 友哉, 石船 学, 電気化学および工業物理化学, 81, 5, 383, 387,   2013年05月
    概要:DOI:10.5796/electrochemistry.81.383 酸化還元中心としてTEMPOをブロック的に配置した熱応答性高分子グラフトグラファイトの調製に成功した。得られたグラファイトを作用極として、TEMPOの酸化還元挙動を水中で観察し、グラフトされている熱応答性高分子の相転移挙動との相関を明らかにした(英文)。
  • Electroreductive block copolymerization of dichlorosilanes in the presence of disilane additives, 石船 学, 真 千加, 安東美紗子, 津山洋平, Polymer International, 60, 1208, 1214,   2011年04月
    概要:ジシラン共存下のジクロロシランの電解還元共重合で得られたポリシランをマクロイニシエーターとする異種ジクロロシランとのブロック共重合を達成した。
  • Practical method for the synthesis of polysilanes using Mg and Lewis acid system, Shigenori Kashimura, Yoshiyuki Tane, Manabu Ishifune, Yoshihiro Murai, Sho Hashimoto, Tomohiro Nakai, Ryuichi Hirose, Hiroaki Murase, Tetrahedron Letters, 49, 2, 269, 271,   2008年
  • Surface Modification of Carbon Fiber by Using Electro-oxidation and -reduction Sequential Procedure, Ryuhei Suzuki, Manabu Ishifune, Yasuo Mima, Kumao Uchida, Electrochemistry, 74, 3, 226, 232,   2006年
  • Electroreduction of Methyl Cinnamate by Using Electrochemically Surface Modified Carbon Fiber Electrodes, Ryuhei Suzuki, Manabu Ishifune, Shinsui Fujitani, Kumao Uchida, Electrochemistry, 74, 3, 216, 220,   2006年
  • Electroreductive Formation of Silyl Anion and Its Reaction with Electrophiles, Shigenori Kashimura, Yoshiyuki Tane, Manabu Ishifune, Yoshihiro Murai, Yasuki Kataoka, Hiroaki Murase, Ryoichi Nishida, Electrochemistry, 74, 8, 603, 605,   2006年
  • Preparation of the Modified Platinum Electrodes Bearing the Alkali Metal Ion - Crown Ether Complexes as Mediatory Centers and Their Application to the Electroreduction of Methyl Decanoate, Manabu Ishifune, Hajime Yamashita, Daisuke Hashimoto, Hiroshi Kanesei, Yoshimi Kakutani, Electrochemistry, 74, 8, 659, 667,   2006年
  • Electroreductive Synthesis of Polysilanes Promoted by the Anodically Dissolved Magnesium Ion, Yasumichi Kogai, Manabu Ishifune, Kumao Uchida, Shigenori Kashimura, Electrochemistry, 73, 6, 419, 423,   2005年
  • Effect of Disilane Additives on the Electroreductive Polymerization of Organodichlorosilanes, Manabu Ishifune, Yasumichi Kogai, Kumao Uchida, Journal of Macromolecular Science, Part A - Pure and Applied Chemistry, 42, 7, 921, 929,   2005年
  • Evaluation of Anodic Oxidation Durability of PAN Based Carbon Fibers, Hiroya Kakegawa, Tomoya Satoh, Kenjin Higaki, Kazuya Nishimura, Hirokazu Itoh, You Sasaki, Yoshihiro Murai, Mananbu Ishifune, Shigenori Kashimura, TANSO, 219, 243, 245,   2005年
  • Indirect Surface Oxidation of Milled Carbon Fiber and Its Application to Carbon Fiber Reinforced Plastics, Hiroya Kakegawa, Shigonori Kashimura, Manabu Ishifune, Yoshihiro Murai, Yoshihiro Tamai, Tadasuke Isoko, You Sasaki, Ryuichi Hirose, TANSO, 219, 246, 248,   2005年
  • Novel Electrochemical Surface Modification Method of Carbon Fiber and Its Utilization to the Preparation of Functional Electrode, Manabu Ishifune, Ryuhei Suzuki, Yasuo Mima, Kumao Uchida, Natsuki Yamashita, Shigenori Kashimura, Electrochimica Acta, 51, 1, 14, 22,   2005年
  • Electroreducitve Synthesis of Silylene-Germylene Copolymers with Ordered Sequences, Manabu Ishifune, Yasumichi Kogai, Hiroyuki Iijima, Yoshiya Kera, Natsuki Yamashita, Shigenori Kashimura, Electrochemistry, 72, 3, 159, 164,   2004年
  • Electroreductive Synthesis and Characterization of Polycarbo-silanes Containing Oligosilane Units, Manabu Ishifune, Yasumichi Kogai, Hiroyuki Iijima, Yoshiya Kera, Natsuki Yamashita, Shigenori Kashimura, Journal of Macromolecular Science, Part A - Pure and Applied Chemistry, A41, 4, 373, 386,   2004年
  • Electroreduction of Aliphatic Esters by Using Alkali Metal Ion-Crown Ether Complexes as Mediators, Manabu Ishifune, Hajime Yamashita, Masaharu Matsuda, Yoshiya Kera, Natsuki Yamashita, Shigenori Kashimura, Electrochimica Acta, 48, 13, 1879, 1884,   2003年
  • Electroreduction of Aromatics Using Magnesium Electrodes in Aprotic Solvents Containing Alcoholic Proton Donors, Manabu Ishifune, Hajime Yamashita, Yoshiya Kera, Natsuki Yamashita, Keiichiro Hirata, Hiroaki Murase, Shigenori Kashimura, Electrochimica Acta, 48, 17, 2405, 2409,   2003年
  • Magnesium and Lanthanide Ions Promoted Electrochemical Coupling of Aliphatic Esters and Tetrahydrofuran for the Synthesis of Acetals, Shigenori Kashimura, Hajime Yamashita, Yoshihiro Murai, Yoshiya Kera, Natsuki Yamashita, Hirokaki Murase, Manabu Ishifune, Electrochimica Acta, 48, 1, 7, 10,   2002年
  • Electroreduction of Aliphatic Esters Using New Paired Electrolysis Systems, Manabu Ishifune, Hajime Yamashita, Masaharu Matsuda, Hajime Ishida, Natsuki Yamashita, Yoshiya Kera, Shigenori Kashimura, Haruhisa Masuda, Hirokaki Muarase, Electrochimica Acta, 46, 20/21, 3259, 3264,   2001年
  • Preparation of Novel Modified Electrode by Anodic Oxidation of Carbon Fiber with Radical NO3・ and Its Application of the Selective Reduction of Acetophenone, Shigenori Kashimura, Yoshihiro Murai, Yoshihiro Tamai, Ryuichi Hirose, Manabu Ishifune, Hirokazu Iwase, Hajime Yamashita, Natsuki Yamashita, Hiroya Kakegawa, Electrochimica Acta, 46, 20/21, 3265, 3268,   2001年
  • 電極還元法による含ケイ素ポリマーの合成, 柏村成史・石船 学, 有機合成化学協会誌, 58, 10, 966, 974,   2000年
  • Electroreductive Synthesis of Oligosilanes and Polysilanes with Ordered Sequences, Manabu Ishifune, Shigenori Kashimura, Yasumichi Kogai, Yasuyoshi Fukuhara, Tomo Kato, Hang-Bom Bu, Natsuki Yamashita, Yoshihiro Murai, Hiroaki Murase, Ryoichi Nishida, Journal of Organometallic Chemistry, 611, 1/2, 26, 31,   2000年
  • Study on Copolymerization of Acrylamide with Styrene Initiated by Methyl Ethyl Ketone and its Derivatives in Comparison with Conventional Radical Initiator, Xu-Dong Zhong, Manabu Ishifune, Natsuki Yamashita, Journal of Macro-molecular Science, Pure and Applied Chemistry, A37, 1-2, 49, 63,   2000年
  • Mechanistic Study on Polymerization of Acrylamide Induced by Cyclohexanone Based on the Interaction between the Carbonyl and Amide Groups, Xu-Dong Zhong, Manabu Ishifune, Natsuki Yamashita, Journal of Macromalecular Science, Pure and Applied Chemistry, A36, 2, 275, 286,   1999年
  • Template Polymerization of Acrylamide in the Presence of Several Homo- and Copolymers Including Methyl Vinyl Ketone, Methyl Methacrylate, and Styrene, Xu-Dong Zhong, Manabu Ishifune, Nobuaki Nakao, Natsuki Yamashita, Journal of Macromalecular Science, Pure and Applied Chemistry, A36, 2, 287, 303,   1999年
  • Mechanistic Study on Polymerization of Acrylamide Induced by Methyl Ethyl Ketone and its Derivatives Based on the Interaction between Carbonyl and Amide Groups, Xu-Dong Zhong, Manabu Ishifune, Nobuaki Nakao, Natsuki Yamashita, Journal of Materials Science, 34, 8, 1761, 1765,   1999年
  • 有機電解反応における新しい金属イオンメディエーター還元系の開発, 石船 学・柏村成史, Electrochemistry, 67, 8, 870, 874,   1999年
  • Electroreductive Intramolecular Cyclization of Olefinic Esters and its Application to the Synthesis of Muscone, Shigenori Kashimura, Yoshihiro Murai, Manabu Ishifune, Haruhisa Masuda, Masatoshi Shimomura, Hiroaki Murase, Tatsuya Shono, Acta Chimica Scandinavica, 53, 949, 951,   1999年
  • Electroreductive Synthesis of Polysilanes, Polygermanes, and Related Polymers with Magnesium Electrodes, Shigenori Kashimura, Manabu Ishifune, Natsuki Yamashita, Hang-Bom Bu, Masakatsu Takebayashi, Satsuki Kitajima, Daisuke Yoshiwara, Yasuki Kataoka, Ryoichi Nishida, Shin-ichi Kawasaki, Hiroaki Murase, Tatsuya Shono, Journal of Organic Chemistry, 64, 18, 6615, 6621,   1999年
  • Surface Oxidation and Activation of Carbon Fiber Using Radical NO3・ Generated by Anodic Oxidation of NO3-, Shigenori Kashimura, Manabu Ishifune, Hiroya Kakegawa, Yoshihiro Murai, Hirokazu Iwase, Yoshihiro Tamai, Tatsuya Shono, Electrochemistry, 67, 12, 1117, 1119,   1999年
  • Electroreductive Coupling of Aliphatic Amides. A Useful Method for the Synthesis of a-Amino Ketones, Shigenori Kashimura, Manabu Ishifune, Yoshihiro Murai, Hiroaki Murase, Masatoshi Shimomura, Tatsuya Shono, Tetrahedron Letters, 39, 34, 6199, 6202,   1998年
  • Behavior of Acrylamide in the Presence of Cyclohexanone and Methyl Ethyl Ketone, Xu-Dong Zhong, Manabu Ishifune, Nobuaki Nakao, Natsuki Yamashita, Journal of Japan Oil Chemical Society, 47, 9, 845, 859,   1998年
  • Formation of Electrogenerated Base by the Electroreduction of Polyacrylamides, Shigenori Kashimura, Yoshihiro Murai, Manabu Ishifune, Atsuyoshi Takatani, Minoru Fujita, Kazuhiko Nakajima, Eiji Sato, Kazuo Fujimoto, Natsuki Yamashita, Tatsuya Shono, Electrochimica Acta, 42, 13/14, 2241, 2245,   1997年
  • Indirect Anodic Oxidation of Primary Alcohols using Radical NO3・ as a Mediator, Shigenori Kashimura, Manabu Ishifune, Hirofumi Maekawa, Yoshihide Yamaguchi, Yoshihiro Murai, Satsuki Kitajima, Tatsuya Shono, Electrochemistry, 65, 6, 479, 482,   1997年
  • Electroreductive Synthesis of Some Functionalized Polysilanes and Related Polymers, Shigenori Kashimura, Manabu Ishifune, Hang-Bom Bu, Masakatsu Takebayashi, Satsuki Kitajima, Daisuke Yoshihara, Ryoichi Nishida, Shin-ichi Kawasaki, Hiroaki Murase, Tatsuya Shono, Tetrahedron Letters, 38, 26, 4607, 4610,   1997年
  • マグネシウムを反応性電極に用いた有機合成反応, 柏村成史・石船 学・村井義洋, 科学と工業, 70, 7, 285, 292,   1996年
  • 反応性電極を用いる新しい有機合成反応, 柏村成史・石船 学・村井義洋, 有機合成化学協会誌, 54, 8, 675, 685,   1996年
  • Cathodic Coupling of Ketones with Ethoxyvinylsilanes. Useful Method for the Synthesis of 1,3-Diols, Shigenori Kashimura, Manabu Ishifune, Yoshihiro Murai, Tatsya Shono, Chemistry Letters, 4, 309, 310,   1996年
  • Cathodic Coupling of Ketones with Trimethylsilyl Substituted Allyl Alcohols, Shigenori Kashimura, Manabu Ishifune, Yoshihiro Murai, Tatsuya Shono, Tetrahedron Letters, 37, 37, 6737, 6740,   1996年
  • Cathodic Coupling of Aliphatic Esters. Useful Reaction for the Synthesis of 1,2-Diketone and Acyloin, Shigenori Kahimura, Yoshihiro Murai, Manabu Ishifune, Haruhisa Masuda, Hiroaki Murase, Tatsuya Shono, Tetrahedron Letters, 36, 27, 4805, 4808,   1995年
  • Cathodic Intra- and Intermolecular Couplings of Ketones with Unsaturated Silanes, Shigenori Kahimura, Manabu Ishifune, Yoshihiro Murai, Naotake Moriyoshi, Tatsuya Shono, Tetrahedron Letters, 36, 28, 5041, 5044,   1995年
  • Matrix Polymerization of Acrylamide Induced by the Interaction between Carbonyl and Amide Groups -Molecular Weight of Matrix Polymer and Resulting Polyacrylamide-, 山下那都樹・石船 学・津禰鹿多津男・L. S. Wei, 近畿大学理工学部研究報告, 30, 69, 75,   1994年
  • Polymerization of Vinyl Monomers Induced by the Electrogenerated Base, 石船 学・渡辺淳也・下宮一彦・山下那都樹・柏村成史, 近畿大学理工学部研究報告, 30, 74, 84,   1994年
  • Electroreductively Promoted Diastereoselective Coupling of Ketones with Allylic Alcohols. Synthesis of Optically Active 1,4-Diols, Tatsuya Shono, Yoshiyuki Morishima, Naotake Moriyoshi, Manabu Ishifune, Shigenori Kashimura, Journal of Organic Chemistry, 59, 2, 273, 275,   1994年
  • Oxidation of Ethers by NO3・ Generated from NO3- with Anodic Oxidation, Tatsuya Shono, Yoshinari Yamamoto, Katsuya Takigawa, Hirofumi Maekawa, Manabu Ishifune, Shigenori Kashimura, Chemistry Letters, 6, 1045, 1048,   1994年
  • Matrix Polymerization of Acrylamide Induced by the Interaction between Carbonyl and Amide Groups, Tatsuo Tsuneka, Manabu Ishifune, Natsuki Yamashita, Shigenori Kashimura, Lun-Shin Wei, Journal of Macromolecular Science, Pure and Applied Chemistry, A31, 9, 1169, 1176,   1994年
  • Electroorganic Chemistry; 145: Coupling Reaction of an Olefin with a Radical NO3・ Generated by Anodic Oxidation of NO3-, Tatsuya Shono, Mayuree Chuankammerkarn, Hirofumi Maekawa, Manabu Ishifune, Shigenori Kashimura, Synthesis, 9, 895, 897,   1994年
  • Electrochemically Promoted Cyclocoupling of 1,3-Dienes or Styrenes with Aliphatic Carboxylic Esters, Tatsuya Shono, Manabu Ishifune, Hiroshi Kinugasa, Shigenori Kashimura, Journal of Organic Chemistry, 57, 21, 5561, 5563,   1992年
  • Electroorganic Chemistry. 130. A Novel Trifluoromethylation of Aldehydes and Ketones Promoted by an Electrogenerated Base, Tatsuya Shono, Manabu Ishifune, Toshio Okada, Shigenori Kashimura, Journal of Organic Chemistry, 56, 1, 2, 4,   1991年
  • A Novel Electroreductive Alkylation of Cycloheptatriene Systems and its Application to Facile Synthesis of b-Thujaplicin, Tatsuya Shono, Tetsuo Nozoe, Yoshihide Yamaguchi, Manabu Ishifune, Masashi Sakaguchi, Haruhisa Masuda, Shigenori Kashimura, Tetrahedron Letters, 32, 8, 1051, 1054,   1991年
  • Electroreductive Formation of Polysilanes, Tatsuya Shono, Shigenori Kashimura, Manabu Ishifune, Ryoichi Nishida, Journal of Chemical Society, Chemical Communications, 17, 1160, 1161,   1990年
  • Formation of a Reasonably Stabilized Trichloromethyl Anion by the Reaction of Chloroform with Electrogenareted Base, and its 1,4-Addition to a,b-Unsaturated Carbonyl Compounds, Tatsuya Shono, Manabu Ishifune, Osamu Ishige, Hiroshi Uyama, Shigenori Kashimura, Tetrahedron Letters, 31, 49, 7181, 7184,   1990年
  • A New Method of the Zinc Promoted Transformation of Carbonyl Compounds to Homoallylic Alcohols, Tatsuya Shono, Manabu Ishifune, Shigenori Kashimura, Chemistry Letters, 3, 449, 452,   1990年

書籍等出版物

  • はじめてみようスペクトル解析-MS・FTIR・500MHz NMR-, 三共出版,   2007年, 978-4-7827-0533-9
  • 有機電解合成の新展開 「ポリシラン類の電解合成」, シーエムシー出版(監修:淵上寿雄),   2004年, 4-88231-445-2
  • Encyclopedia of Electrochemistry, Volume 8 Organic Electrochemistry "Reduction of Oxygen-containing Compounds", WILEY-VCH (Edited by H.J.Schaefer),   2004年, 3-527-30400-2
  • マイクロリアクター-新時代の合成技術-  「熱化学工業に用いられる微細構造装置」(翻訳), シーエムシー出版(監修:吉田潤一),   2003年, 4-88231-385-5
  • Novel Trends in Electroorganic Synthesis "Electroreductive Synthesis of Sequence-Ordered Polysilanes Using Mg Electrodes", Springer-Verlag Tokyo (Edited by Sigeru Torii),   1998年, 4-431-70221-0
  • Novel Trends in Electroorganic Synthesis "Electroreduction of Aliphatic Esters Using Mg and Sm as Mediators" "Electroreduction of Organic Compounds Using Chemically Reactive Mg Electrode", KODANSHA Tokyo (Edited by Sigeru Torii),   1995年, 4-06-207503-2
  • New Polymers for Special Applications, Chapter 11 "Electroreductive synthesis of polysilanes with ordered sequences", 石船 学, 共著, ISBN 978-953-51-0744-6,   2012年08月

講演・口頭発表等

  • メタロポルフィリン高分子錯体修飾電極の調製およびその評価, 電気化学会第75回大会(甲府),   2008年
  • プロリノール側鎖を有する熱応答性高分子の合成, 日本化学会第88春季年会(東京),   2008年
  • 水溶媒中LCSTを有するポリマーによる有機化合物の取り込み挙動およびその反応, 日本化学会第88春季年会(東京),   2008年
  • メタロポルフィリン高分子錯体の調製および白金電極への固定化, 日本化学会第88春季年会(東京),   2008年
  • 熱応答性高分子固定化炭素繊維粉末の調製, 日本化学会第88春季年会(東京),   2008年
  • ジシラン存在下ジクロロシラン類の還元重縮合およびブロック共重合, 日本化学会第88春季年会(東京),   2008年
  • PhMeSiCl2とビニルモノマーを用いた含ケイ素ポリマーの合成, 日本化学会第88春季年会(東京),   2008年
  • 反応性Mg電極を用いた芳香族エステル類の電極還元, 日本化学会第88春季年会(東京),   2008年
  • 下部臨界共溶温度を有する高分子水溶液中での極性ビニルモノマーの重合および有機合成反応, 第53回高分子研究発表会(神戸),   2007年
  • 電解修飾法を用いたカーボンファイバーへの酸化還元酵素の固定化及び評価, 第31回有機電子移動化学討論会(エレクトロオーガニックケミストリー討論会) (鳥取),   2007年
  • 金属ポルフィリン錯体固定化修飾電極の調製及び評価, 第31回有機電子移動化学討論会(エレクトロオーガニックケミストリー討論会) (鳥取),   2007年
  • ジシラン存在下ジクロロシランの電解還元重合におけるポリシランの構造制御, 第31回有機電子移動化学討論会(エレクトロオーガニックケミストリー討論会) (鳥取),   2007年
  • 下部臨界共溶温度を有するポリマー水溶液中での環境調和型有機合成, 日本化学会第87春季年会(吹田),   2007年
  • 電解修飾法によるカーボンファイバー固定化酸化還元酵素の調製, 日本化学会第87春季年会(吹田),   2007年
  • 新規金属-ポルフィリン錯体固定化修飾電極の調製及びそれを利用した電極還元反応, 日本化学会第87春季年会(吹田),   2007年
  • 反応性Mg電極を用いたアントラセンと脂肪族ケトンおよびエステルとの電極還元カップリング反応, 日本化学会第87春季年会(吹田),   2007年
  • Mg電極を用いたナフタレンとケトン及びエステルとの電極還元カップリング反応, 日本化学会第87春季年会(吹田),   2007年
  • 電子移動反応を用いたジクロロシランとスチレンとの共重合反応, 日本化学会第87春季年会(吹田),   2007年
  • グリーンケミストリーを指向した有機電解合成における反応性電極ならびにメディエーター固定化修飾電極の可能性, 電気化学会第74回大会(野田),   2007年
  • Structural Control of the Si-Si Main Chain in the Electroreductive Polymerization of Organochlorosilanes in the Presence of Disilane and Magnesium Ion Additives, 2nd International Sympsium on Organic Electron Transfer Chemistry Directed Toward Organic Synthesis (ISOETC-2007) (Yokohama),   2007年
  • Electrochemical Surface Modification of the Spherical Carbon Fiber with the Redox Centers, 2nd International Sympsium on Organic Electron Transfer Chemistry Directed Toward Organic Synthesis(ISOETC-2007)(Yokohama),   2007年
  • Preparation of Magnesium - Porphyrin Complexes Modified Electrode and Its Utilization to the Electroreduction of Aliphatic Esters, 2nd International Sympsium on Organic Electron Transfer Chemistry Directed Toward Organic Synthesis(ISOETC-2007)(Yokohama),   2007年
  • Mgからの電子移動による活性種の生成, 2006年 電気化学会秋季大会(京田辺),   2006年
  • Naイオン固定化修飾電極を用いた難還元性化合物の電解還元とMgイオン共存効果, 2006年 電気化学会秋季大会(京田辺),   2006年
  • 電解修飾法をキーステップとする金属錯体固定化炭素粉末の調製, 第30回有機電子移動化学討論会(エレクトロオーガニックケミストリー討論会) (横浜),   2006年
  • Effects of Disilane Additives and Magnesium Ion on the Electroreductive Polymerization of Organodichlorosilanes, 209th Meeting of the Electrochemical Society (Denver),   2006年
  • 反応性Mg電極を用いた芳香族化合物の還元重水素化, 日本化学会第86春季年会(船橋),   2006年
  • PhMeSiCl2とビニルモノマーを用いた含ケイ素ポリマーの合成, 日本化学会第86春季年会(船橋),   2006年
  • 電極還元法と金属Mgを用いたポリシランの合成, 日本化学会第86春季年会(船橋),   2006年
  • 金属Mgからの電子移動によるシリン系ポリマーの合成, 日本化学会第86春季年会(船橋),   2006年
  • 電解修飾法によるパラジウム錯体固定化カーボンファイバーの調製, 日本化学会第86春季年会(船橋),   2006年
  • 脂肪族エステルの電極還元反応におけるマグネシウム-フタロシアニン錯体添加効果および錯体修飾電極の調製, 日本化学会第86春季年会(船橋),   2006年
  • ジシラン存在下ポリシランの電解合成におけるケイ素主鎖の立体化学に関する検討, 日本化学会第86春季年会(船橋),   2006年
  • 反応性電極ならびに高分子錯体修飾電極を用いた新規電解還元系の開発, 第29回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(仙台),   2005年
  • 電解表面改質法を利用した機能分子固定化炭素繊維の調製, 第29回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(仙台),   2005年
  • 高還元能を有するメディエーター固定化電極の調製, 第29回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(仙台),   2005年
  • 電極還元法と金属Mgを用いたポリシランの合成, 日本化学会第85春季年会(横浜),   2005年
  • 電極還元法および金属Mgを用いたジクロロシランとスチレンの共重合反応, 日本化学会第85春季年会(横浜),   2005年
  • Mg電極を用いた芳香族化合物の電極還元, 日本化学会第85春季年会(横浜),   2005年
  • ジクロロシラン類の電解重合におけるケイ素主鎖の立体化学に関する検討, 日本化学会第85春季年会(横浜),   2005年
  • 高還元能を有するアルカリ金属イオン-ベンゾ-18-クラウン-6錯体修飾電極の調製, 日本化学会第85春季年会(横浜),   2005年
  • 電子移動反応によるトリクロロシランとスチレンの共重合反応, 日本化学会第85春季年会(横浜),   2005年
  • 水溶媒中不飽和エステルの電極還元反応における表面改質炭素繊維電極の電極効果, 日本化学会第85春季年会(横浜),   2005年
  • 電気化学的表面改質法を利用した機能分子固定化炭素繊維の調製, 日本化学会第85春季年会(横浜),   2005年
  • 極性溶媒中高分子反応場におけるアクリルアミド類の重合反応性, 日本化学会第85春季年会(横浜),   2005年
  • Preparation and Utilization of the Modified Electrodes Having the Polymer Complexes of Alkali Metal Ions as Mediatory Centers, 1st International Sympsium on Organic Electron Transfer Chemistry Directed Toward Organic Synthesis (ISOETC-2005) (Higashi-Osaka),   2005年
  • Electro-oxidation and -reduction Surface Modification of Carbon Fiber and Its Utilization to the Preparation of Functional Electrodes, 1st International Sympsium on Organic Electron Transfer Chemistry Directed Toward Organic Synthesis(ISOETC-2005)(Higashi-Osaka),   2005年
  • Electroreductive Synthesis and Polymer Reaction of Silan-Germane Copolymers, 2004 Joint International Meeting (206th Meeting of the Electrochemical Society and 2004 Fall Meeting of the Electrochemical society of Japan) (Hawaii),   2004年
  • Electroreduction of aromatic compounds using chemically reactive Mg electrode, 55th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Greece),   2004年
  • Electroreduction of aromatic compounds using chemically reactive Mg electrode, 55th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Greece),   2004年
  • New paired electrolysis system using the platinum electrode modified with the crown ether - alkali metal ion complexes, 55th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Greece),   2004年
  • ポリシラン類の電解合成における金属イオンの添加効果, 第28回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(福岡),   2004年
  • 炭素電極表面の電解改質および電解グラフト化と電極還元反応への応用, 第28回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(福岡),   2004年
  • 側鎖に光学活性部位を有するジクロロシラン類の電解重合とその立体規則性, 日本化学会第84春季年会(西宮),   2004年
  • 18-クラウン-6エーテル系配位子の調製およびその白金電極表面への固定化, 日本化学会第84春季年会(西宮),   2004年
  • 不飽和エステルの電極還元反応における表面改質炭素繊維電極の電極効果, 日本化学会第84春季年会(西宮),   2004年
  • 水溶媒中ポリアクリルアミド系高分子のつくる反応場における極性ビニルモノマーの重合反応性, 日本化学会第84春季年会(西宮),   2004年
  • 電極酸化を用いた機能性炭素材料の合成, 日本化学会第84春季年会(西宮),   2004年
  • 電気化学的手法による炭素繊維の表面改質と選択的電極反応への応用, 日本化学会第84春季年会(西宮),   2004年
  • 電極反応を利用したポリ(N-イソプロピルアクリルアミド-co-カルバゾール)グラフト炭素繊維の調製と評価, 日本化学会第84春季年会(西宮),   2004年
  • 電極還元法および金属Mg、Lewis酸系を用いたクロロシラン、クロロゲルマンとスチレンとの共重合反応, 日本化学会第84春季年会(西宮),   2004年
  • ジクロロシラン類の電極還元カップリング反応における置換基効果及び溶存イオン効果, 日本化学会第84春季年会(西宮),   2004年
  • 溶存金属イオン存在下におけるオルガノクロロシラン類の電極還元カップリング反応ならびに電極還元重合, 日本化学会第84春季年会(西宮),   2004年
  • 陽極酸化-陰極還元処理を連続的に用いた炭素繊維の表面改質とその機能性電極としての利用, 第27回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(札幌),   2003年
  • グリーンケミストリーを指向した有機電解合成における反応性電極ならびにメディエーター固定化修飾電極の可能性, 電気化学会創立70周年記念大会(東京),   2003年
  • カルボニル化合物溶媒中におけるアクリルアミドと種々の極性ビニルモノマーとのラジカル共重合とその溶媒効果, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年
  • オルガノクロロシラン類の電極還元カップリング反応ならびに電極還元重合における溶存金属イオンの効果, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年
  • 電極還元法および金属Mgを用いたトリクロロシランとスチレンとの共重合反応, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年
  • 電極還元法および金属Mgを用いたジクロロシランとスチレンの共重合反応, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年
  • 電極酸化によるカーボンファイバー及び炭化珪素の表面酸化と電気伝導性の制御, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年
  • 電極酸化還元反応を連続的に利用した機能性カーボンファイバー修飾電極の調製, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年
  • 不飽和エステルの電極還元反応系へのアルカリ金属イオンおよびランタノイド金属イオン錯体の添加効果, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年
  • アルカリ金属イオン固定化-ジベンゾ-18-クラウン-6配位子修飾白金電極の調製およびこれを用いた難還元性化合物の電極還元反応, 日本化学会第83春季年会(東京),   2003年
  • Paired Electrolysis System Using the Crown Ether - Alkali Metal Ion Complexes, 53rd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Germany),   2002年
  • Electroreductive Formation of Silyl Anion and Its Reactions, 53rd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Germany),   2002年
  • メディエーター機能を固定化した修飾電極の調製とこれを用いた脂肪族エステルの電極還元反応, 2002年 電気化学会秋季大会(厚木),   2002年
  • 高分子配位子修飾電極への金属イオンの固定化とその電極還元反応への利用, 第26回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(岡山),   2002年
  • アクリルアミドと種々の極性ビニルモノマーとのラジカル共重合における溶媒効果, 日本化学会第81春季年会(東京),   2002年
  • サマリウムイオンをメディエーターに用いたケトンおよび活性オレフィンの電極還元反応, 日本化学会第81春季年会(東京),   2002年
  • クラウンエーテル系配位子の調製およびその白金電極表面への固定化, 日本化学会第81春季年会(東京),   2002年
  • 長鎖アルキル基を有するシラン-ゲルマン共重合体の電解合成とその構造制御, 日本化学会第81春季年会(東京),   2002年
  • 反応性電極と金属Mgを用いたポリシランの新規合成法の開拓, 日本化学会第81春季年会(東京),   2002年
  • オルガノジクロロシランの電解重合におけるジシラン類の添加効果, 日本化学会第81春季年会(東京),   2002年
  • 電極酸化によるカーボンファイバーの表面酸化と電気伝導性の制御, 日本化学会第81春季年会(東京),   2002年
  • 電解酸化ならびに還元反応を利用したカーボンファイバーの表面改質, 日本化学会第81春季年会(東京),   2002年
  • アルカリ金属イオン固定化電極を利用した難還元性化合物の電極還元反応, 日本化学会第81春季年会(東京),   2002年
  • 反応性Mg電極を用いた芳香族化合物の電極還元, 日本化学会第81春季年会(東京),   2002年
  • Electroreductive Synthesis of Polysilanes and Related Polymers by Using Magnesium Electrodes, 22nd Sandbjerg Meeting on Organic Electrochemistry (Sandbjerg),   2001年
  • 脂肪族エステルの電極還元反応におけるアルカリ金属イオン-アザクラウンエーテル錯体の添加効果, 日本化学会第79春季年会(神戸),   2001年
  • 電極還元法によるシラン-ゲルマン共重合体の合成および元素組成制御, 日本化学会第79春季年会(神戸),   2001年
  • 種々のカルボニル化合物存在下における極性ビニルモノマーの重合反応(カルボニル化合物の構造と重合性との相関), 日本化学会第79春季年会(神戸),   2001年
  • LCSTを有する鋳型ポリマー存在下におけるアクリルアミドの重合反応性, 日本化学会第79春季年会(神戸),   2001年
  • 自動合成を志向した脂肪族エステルの電極還元反応, 日本化学会第79春季年会(神戸),   2201年
  • 電極還元法を用いた光学活性ポリシランの合成, 日本化学会第79春季年会(神戸),   2001年
  • 側鎖に光学活性部位を有するオリゴシランおよびポリシランの電解合成, 日本化学会第79春季年会(神戸),   2001年
  • 架橋反応を用いた高分子量ポリシランの合成, 日本化学会第79春季年会(神戸),   2001年
  • Electroreduction of Aliphatic Esters for Automated Synthesis, 2000 International Chemical Congeress of Pacific Basin Societies (Hawaii),   2000年
  • Electrochemical Preparation of 1,2-Diketones for Automated Synthesis, 2000 International Chemical Congeress of Pacific Basin Societies (Hawaii),   2000年
  • Electroreductive Synthesis of Silicon and/or Germanium Containing Polymers, 51st Annual ISE Meeting (Warsaw),   2000年
  • Indirect Anodic Oxdation of Carbon Fiber Using NO3 Radical, 51st Annual ISE Meeting (Warsaw),   2000年
  • シラン-ゲルマン共重合体の電解合成とその高分子反応, 第24回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(埼玉),   2000年
  • アルカリおよびアルカリ土類金属イオン固定化電極を用いた難還元性化合物の電極還元反応, 第24回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(埼玉),   2000年
  • 電極還元法を用いた光学活性ポリシランの合成, 日本化学会第78春季年会(船橋),   2000年
  • アルカリ金属-クラウンエーテル高分子錯体を用いた脂肪族エステルの電極還元反応, 日本化学会第78春季年会(船橋),   2000年
  • 電極還元によるサマリウム錯体の活性化とその還元能, 電極還元によるサマリウム錯体の活性化とその還元能,   2000年
  • ポリシラン・ポリカルボシラン類の電解合成とそのユニット配列制御, 日本化学会第78春季年会(船橋),   2000年
  • 電解酸化によるカーボンファイバーの表面酸化と電気伝導性の制御, 日本化学会第78春季年会(船橋),   2000年
  • いくつかの電極還元反応における表面酸化および表面修飾カーボンファイバー電極の電極効果, 日本化学会第78春季年会(船橋),   2000年
  • カルボニル-アミド基間相互作用により誘発されるアクリルアミドの鋳型重合, 日本化学会第78春季年会(船橋),   2000年
  • アミド-アミド基間相互作用に基づくアクリルアミドの鋳型重合, 日本化学会第78春季年会(船橋),   2000年
  • Electroreductive Synthesis and Polymer Reaction of Silan-Germane Copolymers, The 1999 Joint International Meeting (196th Meeting of the Electrochemical Society and 1999 Fall Meeting of the Electrochemical society of Japan) (Hawaii),   1999年
  • Indirect Anodic Oxdation of Carbon Fiber Using NO3 Radical, The 1999 Joint International Meeting (196th Meeting of the Electrochemical Society and 1999 Fall Meeting of the Electrochemical society of Japan) (Hawaii),   1999年
  • 電解発生硝酸ラジカルによるカーボンファイバーの表面酸化と修飾電極への利用, 日本化学会第77秋季年会(札幌),   1999年
  • アルカリ金属イオン-クラウンエーテル錯体修飾電極を用いた難還元性化合物の電極還元反応, 日本化学会第77秋季年会(札幌),   1999年
  • 高分子電解塩基を利用した有機合成, 日本化学会第77秋季年会(札幌),   1999年
  • 電極反応によって生成した硝酸ラジカルによる炭素繊維表面の電極酸化, 日本化学会第77秋季年会(札幌),   1999年
  • 構造規制シラン-ゲルマン共重合体の電解合成とその電極還元条件下における挙動, 第23回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(長岡),   1999年
  • 電極反応によって生成した硝酸ラジカルによる炭素繊維表面の電極酸化, 第23回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(長岡),   1999年
  • ランタノイド金属-シクロペンタジエニル錯体の電気化学的活性化, 日本化学会第76春季年会(横浜),   1999年
  • カルボニル-アミド基間相互作用により誘発されるアクリルアミドの重合とその重合機構, 日本化学会第76春季年会(横浜),   1999年
  • 立体規則性ポリメタクリル酸メチル存在下におけるアクリルアミドの鋳型重合, 日本化学会第76春季年会(横浜),   1999年
  • アルカリ金属イオン-クラウンエーテル錯体修飾電極を用いた脂肪族エステルの電極還元反応, 日本化学会第76春季年会(横浜),   1999年
  • 電極還元におけるポリシランの構造制御, 日本化学会第76春季年会(横浜),   1999年
  • シラン-ゲルマン共重合体の電解合成における構造制御, 日本化学会第76春季年会(横浜),   1999年
  • 電極酸化によるカーボンファイバーの表面酸化と電気伝導性の制御, 日本化学会第76春季年会(横浜),   1999年
  • 電解発生硝酸ラジカルによるカーボンファイバーの表面酸化における導入官能基の評価とその修飾電極への応用, 日本化学会第76春季年会(横浜),   1999年
  • Electroreductive Synthesis and Polymer Reaction of Polysilanes, 1998 International Symposium on Organic Reactions Hsinchu (Taiwan),   1998年
  • Indirect Anodic Oxidation of Carbon Fiber Using NO3・ Radical, 1998 International Symposium on Organic Reactions Hsinchu (Taiwan),   1998年
  • 電解発生硝酸ラジカルによるカーボンファイバーの表面酸化とその化学修飾, 第22回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(大阪),   1998年
  • 高分子配位子を用いたアルカリ金属イオン還元メディエーター系の電極上への固定化, 電気化学会第65回大会(東京),   1998年
  • 自動合成を指向した新しい電極反応の開拓, 電気化学会第65回大会(東京),   1998年
  • ケトン類存在下におけるアクリルアミドの重合とその重合機構, 日本化学会第74春季年会(京都),   1998年
  • 電極反応により生成する硝酸ラジカルを用いた異方性カーボンファイバーの表面酸化, 日本化学会第74春季年会(京都),   1998年
  • 電解発生硝酸ラジカルによるカーボンファイバーの表面酸化とピログルタミン酸誘導体による化学修飾, 日本化学会第74春季年会(京都),   1998年
  • ハイドロオリゴシランの電解合成とこれを鍵化合物とした構造制御ポリシランおよびポリカルボシランの合成, 日本化学会第74春季年会(京都),   1998年
  • ポリシランの高分子反応を用いた構造制御, 日本化学会第74春季年会(京都),   1998年
  • ポリシランの電極還元による活性種の生成とその有機合成への応用, 日本化学会第74春季年会(京都),   1998年
  • ランタノイド金属錯体存在下におけるアクリル酸エステルの電解重合, 日本化学会第74春季年会(京都),   1998年
  • クラウンエーテル部位を有する高分子配位子を用いたアルカリ金属イオンメディエーター電極還元反応およびその修飾電極への利用, 日本化学会第74春季年会(京都),   1998年
  • Electroreductive Synthesis of Sequence-Ordered Polysilanes Using Mg Electrodes, 第3回有機電解合成国際会議(倉敷),   1997年
  • ジクロロオリゴシランの電極還元反応を利用したポリシランの構造規制, 1997年電気化学秋季大会(東京),   1997年
  • Electrochemical Synthesis of Polysilanes, The 1997 Joint International Meeting (192nd Meeting of the Electrochemical Society and 48th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Paris),   1997年
  • Trihalomethylation of Carbonyl Compounds by Using the Polymer-Supported Electrogenerated Base, The 1997 Joint International Meeting (192nd Meeting of the Electrochemical Society and 48th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Paris),   1997年
  • ポリアクリルアミド類の電極還元により生成する活性アニオン種の電解塩基としての利用, 第21回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(長崎),   1997年
  • 電極反応によって生成した硝酸ラジカルによるカーボンファイバーの表面酸化, 第21回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(長崎),   1997年
  • ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の電極還元により生成する電解塩基を用いたカルボニル化合物のトリフルオロメチル化反応, 日本化学会第72春季年会(東京),   1997年
  • マグネシウム電極を用いたジクロロオリゴシラン類の電解重合, 日本化学会第72春季年会(東京),   1997年
  • マグネシウム電極を用いたハイドロオリゴシラン類の電解合成とその反応, 日本化学会第72春季年会(東京),   1997年
  • ポリシランの高分子反応を用いた構造制御, 日本化学会第72春季年会(東京),   1997年
  • 電極反応を用いて合成したカーボンファイバーの特性, 日本化学会第72春季年会(東京),   1997年
  • 電極反応によって生成した硝酸ラジカルによるカーボンファイバーの表面酸化, 日本化学会第72春季年会(東京),   1997年
  • マグネシウムイオン担持電極を用いた脂肪族エステルの電極還元反応, 日本化学会第72春季年会(東京),   1997年
  • ポリビニルイミダゾール存在下におけるメタクリル酸ヒドロキシエチルの重合反応性, 日本化学会第72春季年会(東京),   1997年
  • ジクロロシラン類の電極還元反応によるポリシラン類の合成, 第5回ポリマー材料フォーラム(大阪),   1996年
  • Electroreductive Synthesis of Oligo- and Poly-Silanes Using Magnesium Electrodes, 47th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Hungary),   1996年
  • Electroreduction of Aliphatic Esters and Amides Using Metal Ions as Mediators, 47th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Hungary),   1996年
  • 電極反応による新規オリゴシランおよびポリシラン類の合成, 第20回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(徳島),   1996年
  • Electroreduction of Aliphatic Ester and Amide with Chemically Reactive Mg Electrode, 189th Society Meeting of the Electrochemical Society (Los Angeles),   1996年
  • ランタノイドイオンをメディエーターに用いた脂肪族エステルの電極還元反応, 日本希土類学会第13回希土類討論会(京都),   1996年
  • ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)誘導体の電極還元による電解塩基の生成とその有機合成への応用, 日本化学会第70春季年会(東京),   1996年
  • 2-ピロリドンアニオン(EGB)の新規合成法の開拓とその反応, 日本化学会第70春季年会(東京),   1996年
  • Mg電極を用いた電解重合法による水溶性ポリシランの合成, 日本化学会第70春季年会(東京),   1996年
  • ジクロロオリゴシランの電極還元反応, 日本化学会第70春季年会(東京),   1996年
  • Mgメディエーターを用いる電極還元系における配位子効果, 日本化学会第70春季年会(東京),   1996年
  • 反応性電極を用いた電極還元反応による脂肪族エステルとオレフィンとの分子内環化, 日本化学会第70春季年会(東京),   1996年
  • Mgを反応性電極に用いた非対称1,2-ジケトンの合成, 日本化学会第70春季年会(東京),   1996年
  • イミダゾール存在下におけるアクリル酸ヒドロキシエチル類の重合性, 日本化学会第70春季年会(東京),   1996年
  • アクリルアミド類の重合反応におけるケトンの添加効果, 日本化学会第70春季年会(東京),   1996年
  • Synthetic Utilization of Electrogenerated Base Prepared by the Cathodic Reaction of Polyacrylamide Derivatives, 1995 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, Hawaii),   1995年
  • Electroreductive Synthesis of Silicon Containing Polymers Using Magnesium Electrodes, 1995 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, Hawaii),   1995年
  • Electroreduction of Aliphatic Esters Using Magnesium and Lanthanide Metal Ions as Mediators, 1995 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, Hawaii),   1995年
  • Matrix Polymerization of Acrylamide Using Stereoregular Poly(methyl methacrylate) as a Template, 4th Pacific Polymer Conference (Kauai, Hawaii),   1995年
  • Synthetic Utilizations of the Electrochemically Activated Polyacrylamide Derivatives, 4th Pacific Polymer Conference (Kauai, Hawaii),   1995年
  • 反応性電極を用いた電極還元法による新規ポリシランおよびポリゲルマンの実用的合成法の開拓, 第18回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(名古屋),   1995年
  • ポリアクリルアミド誘導体の電極還元によるEGBの生成とその反応, 日本化学会第69春季年会(京都),   1995年
  • ランタノイド金属をメディエーターに用いた脂肪族エステル類の電極還元反応, 日本化学会第69春季年会(京都),   1995年
  • 反応性電極を用いた二官能性ポリシラン類の合成, 日本化学会第69春季年会(京都),   1995年
  • カルボニル-アミド基間相互作用を用いたアクリルアミド類のマトリックス重合, 日本化学会第69春季年会(京都),   1995年
  • Smをメディエーターに用いた脂肪族エステルの電極還元反応, 日本化学会第68秋季年会(名古屋),   1994年
  • 反応性電極を用いた脂肪族アミドとオレフィンとの分子内環化反応, 第16回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(東京),   1994年
  • Electroreduction of Organic Comounds Using Chemically Reactive Mg Electrode, 第2回有機電解合成国際会議(倉敷),   1994年
  • Electroreduction of Aliphatic Esters Using Mg and Sm as Mediators, 第2回有機電解合成国際会議(倉敷),   1994年
  • Electroreduction of Organic Compounds Using Chemically Reactive Mg Electrode, Symposium on Novel Aspects of Electrogenerated Active Species and Their Reactions (Okayama),   1994年
  • Electrosynthesis of Polysilane, 185th Society Meeting of the Electrochemical Society (San Fransisco),   1994年
  • Cathodic Coupling of Ketone with Trimethyl Substituted Olefins, 185th Society Meeting of the Electrochemical Society (San Fransisco),   1994年
  • 電解塩基を開始剤に用いたビニル重合, 日本化学会第67春季年会(東京),   1994年
  • トリエノールエステルの電極酸化反応, 日本化学会第67春季年会(東京),   1994年
  • マグネシウム電極を用いた脂肪族アミドの電極還元二量化によるα-アミノケトンの合成, 日本化学会第67春季年会(東京),   1994年
  • Mgをメディエーターに用いた脂肪族エステルの電極還元反応, 日本化学会第67春季年会(東京),   1994年
  • マグネシウム電極を用いたアズレンの電極還元反応, 日本化学会第67春季年会(東京),   1994年
  • 電極還元反応を用いた二官能性ポリシラン類の合成, 日本化学会第67春季年会(東京),   1994年
  • Electroreduction of Non-benzenoid Aromatic Compounds with Mg Electrode, 1993 International Symposium on Organic Reactions Tainan (Tainan),   1993年
  • マグネシウムをメディエーターに用いる脂肪族エステルの電極還元反応, 日本化学会第66秋季年会(西宮),   1993年
  • 反応性電極を用いる芳香族化合物の電極還元, 第15回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(熊本),   1993年
  • ケイ素官能基及び水酸基を有するオレフィン類とケトンとの電極還元カップリング反応, 電気化学協会第60回大会(東京),   1993年
  • ベンジル基を有するアリルアルコール類とケトンとの電極還元カップリング反応, 日本化学会第65春季年会(東京),   1993年
  • シリル基を有するアリルアルコール類とケトンの立体選択的電極還元カップリング反応, 日本化学会第65春季年会(東京),   1993年
  • 電極還元反応を用いた官能基を有するポリシラン類の合成, 日本化学会第65春季年会(東京),   1993年
  • 電極反応を主反応に用いた官能基を有するトリシラン・テトラシラン類の合成, 日本化学会第65春季年会(東京),   1993年
  • マグネシウム反応性電極を用いた1,3-ジエンとエステルとの電極還元カップリング反応, 特別研究員フォーラム-機能の創出を目指して(大阪),   1992年
  • ケイ素官能基を有するオレフィン系とケトンとの電極還元カップリング反応, 日本化学会第64秋季年会(新潟),   1992年
  • ケトンとオレフィンとの電極還元不斉カップリング反応, 第14回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(北海道),   1992年
  • マグネシウム反応性電極を用いたスチレンとエステルの電極還元カップリング反応, 日本化学会第63春季年会(東大阪),   1992年
  • ケトンとb-トリメチルシリルアリルアルコール類との電極還元カップリング反応によるホモアリルアルコールの合成, 日本化学会第63春季年会(東大阪),   1992年
  • ケトンとアリルアルコール類の不斉電極還元カップリング反応, 日本化学会第63春季年会(東大阪),   1992年
  • ケトンとビニルシラン類の電極還元カップリング反応, 有機合成化学協会第60回有機合成シンポジウム(東京),   1991年
  • 反応性電極を用いた1,3-ジエンとエステルとの電極還元カップリング反応, 日本化学会第62秋季年会(札幌),   1991年
  • Electroreductive Formation of Polysilanes with Mg Electrodes, 1991 International Symposium on Organic Reactions Kyoto (Kyoto),   1991年
  • Electroreductive Coupling of 1,3-Dienes with Esters Using Magnesium Electrodes, 1991 International Symposium on Organic Reactions Kyoto (Kyoto),   1991年
  • ケトンとオレフィンとの電極還元カップリング反応を鍵反応とする1,3-および1,4-ジオール類の合成, 日本化学会第61春季年会(東京),   1991年
  • マグネシウム電極を用いたポリ[p-(ジシラニレン)フェニレン]類の合成, 日本化学会第61春季年会(東京),   1991年
  • 1,3-ジエンとエステルとの電極還元カップリング反応, 日本化学会第61春季年会(東京),   1991年
  • EGBを用いたカルボニル化合物のトリフルオロメチル化, 日本化学会第59春季年会(神奈川),   1990年
  • ビニルシラン類とカルボニル化合物の電極還元カップリング反応, 日本化学会第59春季年会(神奈川),   1990年
  • 亜鉛-DMF系を用いたカルボニル化合物のアリル化反応, 日本化学会第59春季年会(神奈川),   1990年
  • 2-ピロリドンの電極還元により生成する活性アニオン種を塩基として用いたb-トリクロロメチルエステル類の合成, 日本化学会第58春季年会(京都),   1989年
  • シクロヘプタトリエン及びその誘導体の電極還元条件下における挙動, 日本化学会第56春季年会(東京),   1988年
  • アミノアセチレンの遷移金属を用いる分子内アミノカルボニル化およびアミノヒドロキシル化反応, 日本化学会第56春季年会(東京),   1988年
  • メタロポルフィリン高分子錯体固定化修飾電極の調製とその評価, 石船 学, 岩井 由実, 第32回有機電子移動化学討論会,   2008年06月, 第32回有機電子移動化学討論会
  • 熱応答性高分子固定化炭素繊維粉末の調製および評価, 石船 学, 上向井 徹, 第32回有機電子移動化学討論会,   2008年06月, 第32回有機電子移動化学討論会
  • Electrochemical Modification of Carbon Fibers with Redox Centers, 石船 学, 上向井 徹, 中川 侑己, The 9th International Symposium on Organic Reactions,   2008年11月, The 9th International Symposium on Organic Reactions
  • ジシラン存在下ジクロロシラン類の電解ブロック共重合, 石船 学, 真 千加, 第32回有機電子移動化学討論会,   2008年, 第32回有機電子移動化学討論会
  • ジシラン存在下ジクロロシラン類の電解還元ブロック共重合, 石船 学, 真 千加, 上窪 一博, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
  • メタロポルフィリン高分子錯体メディエーター系の白金電極への固定化, 石船 学, 岩井 由実, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
  • 電解修飾法を利用したピンサー型パラジウム錯体固定化カーボンファイバーの調製, 石船 学, 渡邊 真希, 上向井 徹, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
  • 光学活性アミノアルコールを側鎖に有する熱応答性高分子の合成, 石船 学, 濵中 貴大, 鳥﨑 賢史, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
  • RAFT 法を用いた熱応答性高分子固定化炭素繊維粉末の調製, 石船 学, 上向井 徹, 工藤 智也, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
  • 不斉熱応答性高分子による有機化合物の取り込み挙動およびその反応, 石船 学, 鳥﨑 賢史, 津稱鹿 勝博, 米澤 康, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
  • ジクロロシラン類の電解還元重縮合におけるポリシランの配列ならびに立体制御, 石船 学, 真 千加, 柏村 成史, 第33回有機電子移動化学討論会,   2009年06月, 第33回有機電子移動化学討論会
  • 不斉熱応答性高分子を反応場とする水溶媒中での有機反応, 石船 学, 鳥﨑 賢史, 濵中 貴大, 第55回高分子研究発表会,   2009年07月, 第55回高分子研究発表会
  • 光学活性アミノアルコールを側鎖に有する熱応答性高分子の合成と有機物取り込み時における立体選択性の評価, 石船 学, 濵中 貴大, 鳥﨑 賢史, 第55回高分子研究発表会,   2009年07月, 第55回高分子研究発表会
  • 熱応答性高分子固定化グラファイト電極の調製, 石船 学, 上向井 徹, 工藤 智也, 日本化学会第89春季年会,   2009年, 日本化学会第89春季年会
  • リビングラジカル重合法を用いた熱応答性高分子固定化グラファイト電極の調製, 石船 学, 工藤 智也, 前田 智美, 上向井 徹, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • 電解修飾法を利用したピンサー型パラジウム錯体固定化とその触媒活性評価, 石船 学, 渡邊 真希, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • 複数種類の金属イオンを導入したメタロポルフィリン高分子錯体の調製および白金電極への固定化, 石船 学, 森川 愛, 岩井 由実, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • 高配位ケイ素中心を有するジクロロシランの合成とその重合挙動, 石船 学, 山下 恭平, 真 千加, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • 光学活性アミノアルコールを側鎖に有する熱応答性高分子による有機基質の立体選択的取り込み, 石船 学, 濵中 貴大, 中田 真利子, 鳥﨑 賢史, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • クラウンエーテル部位を有する熱応答性高分子の合成とその包接挙動, 石船 学, 西田 潤平, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • カリックスアレーン修飾白金電極の調製, 石船 学, 杉原 啓之, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • TEMPO ならびに熱応答性高分子を同時に固定化した炭素材料の調製, 石船 学, 日置 友哉, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • イミダゾリル基を側鎖に有する熱応答性高分子の合成とその高分子触媒反応, 石船 学, 辻 純弥, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • 複数種類の金属イオンを導入したメタロポルフィリン高分子錯体固定化修飾電極の調製, 石船 学, 森川 愛, 岩井 由実, 第34回有機電子移動化学討論会,   2010年03月, 第34回有機電子移動化学討論会
  • Electroreductive Block Copolymerization of Dichlorosilanes in the Presence of Disilane Additives, 石船 学, 真 千加, 柏村 成史, 217th Meeting of the Electrochemical Society,   2010年04月, 217th Meeting of the Electrochemical Society
  • Preparation of Metallo-porphyrin Complex Modified Electrode and Its Utilization to the Electroreductio of Aliphatic Esters, 石船 学, 岩井 由実, 角谷 善美, 柏村 成史, 213th Meeting of the Electrochemical Society,   2010年05月, 213th Meeting of the Electrochemical Society
  • 電解調製ポリシランをマクロイニシエーターとするジクロロシランのブロック共重合, 石船 学, 真 千加, 柏村 成史, 第34回有機電子移動化学討論会,   2010年06月, 第34回有機電子移動化学討論会
  • 高配位ケイ素中心を有するジクロロシランの電解重合, 石船 学, 山下 恭平, 真 千加, 第34回有機電子移動化学討論会,   2010年06月, 第34回有機電子移動化学討論会
  • 電解修飾法を利用したパラジウム錯体固定化とHeck反応における触媒活性評価, 石船 学, 渡邊 真希, 柏村 成史, 第34回有機電子移動化学討論会,   2010年06月, 第34回有機電子移動化学討論会
  • イミダゾリル基を側鎖に有する熱応答性高分子の高分子触媒としての利用, 石船 学, 辻 純弥, 第56回高分子研究発表会,   2010年07月, 第56回高分子研究発表会
  • アルカリ金属イオンを包摂させたクラウンエーテル部位を有する熱応答性高分子による水酸化物イオンの濃縮効果, 石船 学, 西田 潤平, 第56回高分子研究発表会,   2010年07月, 第56回高分子研究発表会
  • 新規光学活性熱応答性高分子の合成とそれらを用いた立体選択的有機物捕集, 石船 学, 濵中 貴大, 鳥﨑 賢史, 第56回高分子研究発表会,   2010年07月, 第56回高分子研究発表会
  • アゾベンゼン部位を導入した新規熱応答性高分子の合成とその相転移挙動, 石船 学, 村辻朋幸, 第60回高分子学会年次大会,   2011年05月, 第60回高分子学会年次大会
  • カリックスアレーン構造を側鎖に有する高分子の合成と白金電極上への固定化, 石船 学, 杉原啓之, 第60回高分子学会年次大会,   2011年05月, 第60回高分子学会年次大会
  • クラウンエーテル部位を有する架橋型熱応答性高分子の合成とその膨潤現象, 石船 学, 西田潤平, 第60回高分子学会年次大会,   2011年05月, 第60回高分子学会年次大会
  • ジクロロシラン類の電解還元重縮合による置換基効果および末端木制御, 石船 学, 山下恭平, 都築優介, 第60回高分子学会年次大会,   2011年05月, 第60回高分子学会年次大会
  • 光学活性熱応答性高分子グラフトポリピロール膜の調製, 石船 学, 漣 大輔, 工藤智也, 柏村 成史, 第35回有機電子移動化学討論会,   2011年06月, 第35回有機電子移動化学討論会
  • 電解合成ポリシランを用いた高分子反応による熱応答性高分子鎖導入新規グラフト共重合体の合成, 石船 学, 秋山健造, 都築優介, 第35回有機電子移動化学討論会,   2011年06月, 第35回有機電子移動化学討論会
  • アゾベンゼン部位を有するポルフィリン錯体の調製とその電極上への固定化, 石船 学, 野原一樹, 第35回有機電子移動化学討論会,   2011年06月, 第35回有機電子移動化学討論会
  • 電解合成ポリシランへのフラーレン部位の導入, 石船 学, 米山聡一郎, 第35回有機電子移動化学討論会,   2011年06月, 第35回有機電子移動化学討論会
  • アクリルアミド系熱応答性高分子固定化電極の調製, 石船 学, 漣 大輔, 日置友哉, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
  • 電解合成におけるポリシラン側鎖置換基の高機能化, 石船 学, 米山聡一郎, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
  • 電解合成ポリシラン末端の官能基化とマクロイニシエーターとしての利用, 石船 学, 森 脩二, 秋山健造, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
  • 塩基点を有する光学活性熱応答性高分子の合成とその触媒能の評価, 石船 学, 上向井 徹, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
  • 新規光学活性熱応答性高分子の合成と アミノ酸誘導体存在下での相転移挙動, 石船 学, 松島綾香, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
  • 複数のメタロポルフィリンを側鎖に有する新規高分子錯体の調製とその配列制御, 石船 学, 野原一樹, 森川 愛, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
  • TEMPO導入型熱応答性高分子グラフト電極の調製, 石船 学, 日置友哉, 漣 大輔, 柏村 成史, 第36回有機電子移動化学討論会,   2012年06月, 第36回有機電子移動化学討論会
  • アザクラウンエーテル配位子修飾白金電極の調製, 石船 学, 中村郁文, 山下 創, 第36回有機電子移動化学討論会,   2012年06月, 第36回有機電子移動化学討論会
  • グラファイト表面の電解酸化とATRP法を用いた熱応答性高分子のグラフト化, 石船 学, 西尾彰浩, 工藤智也, 第36回有機電子移動化学討論会,   2012年06月, 第36回有機電子移動化学討論会
  • 熱応答性高分子鎖-水溶性高分子鎖ブロック共重合体の合成と種々有機基質存在下での溶解挙動, 石船 学, 花野恵典, 第58回高分子研究発表会,   2012年07月, 第58回高分子研究発表会
  • 官能基化ポリシランをイニシエーターとした熱応答性ポリカルボシランの合成, 石船 学, 秋山健造, 森 脩二, 第58回高分子研究発表会,   2012年07月, 第58回高分子研究発表会
  • ポルフィリン部位を有する熱応答性高分子の合成とそのUV 特性評価, 石船 学, 白井晶子, 第58回高分子研究発表会,   2012年07月, 第58回高分子研究発表会
  • 電子ドナー部位を有する熱応答性高分子の合成と電子アクセプター存在下での電荷移動相互作用と熱応答性との相関, 靍谷 一真, 石船 学, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
  • キレート部位を有する熱応答性高分子の合成とその相転移を利用したイオン認識, 橋本 紗矢香, 石船 学, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
  • 9,10-Bis(4-chlorodimethylsilylphenyl)anthracene の電解還元重縮合, 杉本 美由紀, 石船 学, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
  • 電解合成ポリシランの官能基化と水溶性を有するブロック型ポリカルボシランの合成, 森 脩二, 秋山 健造, 石船 学, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
  • 炭素材料表面の電解酸化による官能基化とリビングラジカル重合を用いた熱応答性高分子のグラフト化, 西尾 彰浩, 河村 崇, 石船 学, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
  • 水溶性高分子鎖―熱応答性高分子鎖ブロック共重合体の合成と有機基質存在下における高分子ミセル形成, 花野 恵典, 石船 学, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
  • リビングラジカル重合および電解重合を利用した熱応答性高分子固定化ポリピロール薄膜の調製, 漣 大輔, 西尾 彰浩, 石船 学, 第37回有機電子移動化学討論会/講演要旨集pp.42-43.,   2013年06月, 第37回有機電子移動化学討論会/講演要旨集pp.42-43.
  • 電解法を用いたアントラセン部位を含むポリカルボシランの合成, 石船 学, 杉本 美由紀, 第37回有機電子移動化学討論会/講演要旨集pp.76-77.,   2013年06月, 第37回有機電子移動化学討論会/講演要旨集pp.76-77.
  • ジメチルアミノフェニル基を有するジクロロシランの電解挙動, 石船 学, 櫻本 尚己, 第37回有機電気化学討論会/講演要旨集pp.78-79.,   2013年06月, 第37回有機電気化学討論会/講演要旨集pp.78-79.
  • クラウンエーテル部位を有する熱応答性高分子の合成と金属イオン存在下における相転移挙動, 中村 郁文, 小山 祐佳, 西田 潤平, 石船 学, 高分子学会・高分子学会関西支部,   2013年07月, 高分子学会・高分子学会関西支部
  • ポルフィリン部位を有するブロック型の熱応答性高分子の合成とその相転移挙動, 白井 晶子, 石船 学, 高分子学会・高分子学会関西支部,   2013年07月, 高分子学会・高分子学会関西支部

受賞

  •   2005年, 有機電子移動化学奨励賞

競争的資金

  • 科学研究費補助金, ケイ素-ケイ素結合の電気化学的活性化を利用した新規ケイ素系デンドリマーの合成
  • 科学研究費補助金, 下部臨界共溶温度を有する高分子存在下におけるアクリルアミド類の特異的重合反応
  • JST地域イノベーション創出総合支援事業, ジクロロシランの電極還元反応によるポリシランの精密重合法の開発
  • 科学研究費補助金, 金属-高分子錯体修飾電極の調製とこれを利用したレドックス反応系の高機能化