KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

小林 徹コバヤシ トオル

プロフィール

所属部署名農学部 水産学科 / 農学研究科
職名教授
学位博士(農学)
専門魚類の遺伝育種学、細胞工学、遺伝子発現
ジャンル経営・産業/漁業
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/174-kobayashi-tooru.html
ホームページURLhttp://www.nara.kindai.ac.jp/suisan/seibutsu/kobayashi.htm
メールアドレス
Last Updated :2017/09/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    魚類の品種改良、細胞の保存・再生のための、魚卵を使った細胞移植、核移植など胚操作の技術開発を進めながら、初期発育過程や生殖巣の分化など発生・生殖に関わる研究を行っています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1985年, 近畿大学, 農学部, 水産学科

経歴

  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学農学部水産生物学研究室(教授)
  •   2007年04月,  - 2012年03月, 近畿大学農学部水産生物学研究室 准教授
  •   2004年04月,  - 2007年03月, 近畿大学農学部水産生物学研究室(助教授)
  •   2000年04月,  - 2004年03月, 近畿大学農学部水産生物学研究室(講師)
  •   1997年04月,  - 2000年03月, 近畿大学農学部水産生物学研究室(助手)
  •   1993年04月,  - 1997年03月, 滋賀県水産試験場(主任技師)
  •   1990年04月,  - 1993年03月, 滋賀県醒井養鱒場(主任技師)
  •   1985年04月,  - 1990年03月, 滋賀県醒井養鱒場(技師)

研究活動情報

研究分野

  • 水産学, 水産学一般, 魚類生殖生理学
  • 水産学, 水産学一般, 魚類育種学
  • 生物科学, 分子生物学
  • 生物科学, 細胞生物学
  • 生物科学, 発生生物学

研究キーワード

  • 倍数体, 育種, 生殖, 性分化, クローン, ホンモロコ, 細胞移植, 始原生殖細胞, キメラ, トランスジェニック, 初期発生, 形態形成, 染色体操作

論文

  • Gonadogenesis and slow proliferation of germ cells in juveniles of cultured yellowfin tuna, Thunnus albacares., Kobayashi T, Honryo T, Agawa Y, Sawada Y, Tapia I, Macìas KA, Cano A, Scholey VP, Margulies D, Yagishita N, Reproductive biology, 15, 2, 106, 112,   2015年06月, 査読有り
  • Identification of male sex-linked DNA requence of the cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis., AGAWA Yasuo, IWAKI Mayui, KOMIYA Takafumi, HONRYO Tomoki, TAMURA Kouhei, OKADA Tsukasa, YAGISHITA Naoki, KOBAYASHI Toru, SAWADA Yoshifumi, Fish Sci, 81, 1, 113, 121,   2015年01月
  • Genetic population structure of the Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis and the yellowfin tuna Thunnus albacares in the North Pacific Ocean, NOMURA Shohei, KOBAYASHI Toru, AGAWA Yasuo, MARGULIES Daniel, SCHOLEY Vernon, SAWADA Yoshifumi, YAGISHITA Naoki, Fish Sci, 80, 6, 1193, 1204,   2014年11月
  • Molecular identification and expression of FOXL2 and DMRT1 genes from willow minnow Gnathopogon caerulescens., Ashida H, Ueyama N, Kinoshita M, Kobayashi T, Reproductive biology, 13, 4, 317, 324,   2013年12月, 査読有り
  • Effect of Water Temperature on Embryonic Development of Yellowfin Tuna Thunnus albacares Inhabiting the Eastern Pacific Ocean, GUILLEN Angel, HONRYO Tomoki, IBARRA Juan, CANO Amado, MARGULIES Daniel, SCHOLEY Vernon P., WEXLER Jeanne B., STEIN Maria S., KOBAYASHI Toru, SAWADA Yoshifumi, 水産増殖, 62, 3, 319, 322,   2014年09月
  • Isolation and characterization of 25 microsaatellite loci from the Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis (Perciformes, Scombridae)., Yagishita N, Sawada Y, Agawa Y, Kobayashi T, Conservation Genet Resour, 6, 1, 189, 191,   2014年03月, 査読有り
  • Novel method for improving the antioxidative properties of fish meat by direct injection of sodium L-ascorbate into the blood vessels of live fish., Tsukamasa Y, Kato K, Bimol CR, Ishibashi Y, Kobayashi T, Itoh T, and Ando M, Fish.Sci., 79, 2, 349, 355,   2013年03月, 査読有り
  • Molecular identification and tissue distribution of peroxisome proliferators activated receptor gamma transcript in cultured Thunnus orientalis., Agawa Y, Honryo T, Ishii A, Kobayashi T, Oku H, and Sawada Y, Aquaculture Research, 43, 1145, 1158,   2012年, 査読有り
  • Production of Gynogenetic Inbred Lines of Rainbow Trout (Oncorhynchus mykiss) and Selection for Early Spawning Time and Large Egg Size, KOBAYASHI Toru, FUSHIKI Shozo, 水産増殖, 59, 2, 191, 198,   2011年06月
  • Seasonal distribution of the thereatened endemic crucian carp nigorobuna Carassius auratus grandoculis and gengoroubuna Carassius cuvieri in Lake Biwa, Japan., Kunimune Y, Mitsunaga Y, Komeyama K, Matsuda M, Kobayashi T, Takagi T, Yamane T, Fisheries Science, 77, 4, 521, 532,   2011年, 査読有り
  • Production of Gynogenetic inbred lines for traits of spawning time and egg size of rainbow trout., Kobayashi K, Fushiki S, Aquaculture Science, 59, 2, 181, 188,   2011年, 査読有り
  • Gonadal morphogenesis and sex differentiation in cultured chub mackerel, Scomber japonicus., Kobayashi T, Ishibashi R, Yamamoto S, Otani S, Ueno K, Murata O, Aquaculture Research, 42, 2, 230, 239,   2011年, 査読有り
  • Cytological mechanisms of induced gynogenesis in nigorobuna crucian carp eggs exposed to heat or cold shock for retention of second polar body., Kobayashi T, Nemoto M, Aquaculture Science, 58, 3, 337, 343,   2010年, 査読有り
  • Molecular cloning and daily mRNA levels of prolactin and somatolactin in aquacultured Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis), ADACHI Kohsuke, KATO Keitaro, YAMAMOTO Masayoshi, ISHIMARU Katsuya, KOBAYASHI Toru, MURATA Osamu, KUMAI Hidemi, Aquaculture, 296, 1/2, 110, 116,   2009年11月
  • Physiological response of triploid rainbow trout to exhaustive exercise., T. Kobayashi, Shozo Fushiki, Koichi Ueno, Aquaculture Science, 57, 3, 361, 370,   2009年, 査読有り
  • Molecular cloning and daily mRNA levels of prolactin and somatolactin in aquacultured Pacific bluefin tuna (Tunnus orientalis), Adachi K, Kato K, Yamamoto M, Ishimaru K, Kobayashi T, Murata O, Kumai H, Aquaculture, 296, 110, 116,   2009年, 査読有り
  • A method for the microinjection into naturally spawned eggs of marine fish, especially cultured Pacific fluefin tuna Thunnus orientalis, Otani S, Ohara M, Miyashita S, Kobayashi T, Fisheries Science, 74, 1, 208, 210,   2008年, 査読有り
  • Genetic identification of larvae and juveniles reveals the difference in the spawning site among Cyprininae fish species/subspecies in Lake Biwa, Suzuki T, Kobayashi T, Ueno K, Environ. Biol. Fish, 82, 353, 364,   2008年, 査読有り
  • Pulsed expression of growth hormone mRNA in the pituitary of juvenile Pacific bluefin tuna under aquacultured conditions, Adachi K, Kato K, Yamamoto M, Ishimaru K, Kobayashi T, Murata O, Kumai H, Aquaculture, 281, 158, 161,   2008年, 査読有り
  • Isolation and characterization of nine microsatellite loci from the chub mackerel Scomber japonicus (Perciformes, Scombridae), Yagishita N and Kobayashi T., Molecular Ecology Resources, 8, 302, 304,   2008年, 査読有り
  • HCG投与による養成マサバ1歳魚からの採卵の試み, 石橋 亮・山本眞司・小林 徹・和泉健一・宮下 盛・村田 修, 水産増殖, 55, 1, 17, 22,   2007年, 査読有り
  • RAPD分析による琵琶湖産フナ属魚類の種・亜種判別およびヨシ帯に出現するフナ仔稚魚の季節変化, 鈴木誉士・永野 元・小林 徹・上野紘一, 日本水産学会誌, 71, 1, 10, 15,   2005年, 査読有り
  • Morphological characteristics of nigorobuna Carrasius auratus grandoculis called Io in Lake Nishino, Suzuki T, Nagano H, Kobahashi T, Ueno K, Fisheries Science, 71, 3, 679, 681,   2005年, 査読有り
  • Improvement of Sperm Motility of Sex-Reversed Male Rainbow Trout, Oncorhynchus mykiss, by Incubation in High-pH Artificial Seminal Plasma., Kobayashi T, Fushiki S, Ueno K, Environmental Biology of Fishes, 69, 419, 425,   2004年, 査読有り
  • Production of germ line chimera in loach (Misgurnus anguillicaudatus) and proposal of new method for preservation of endangered fish species, Nakagawa.M, Kobayashi T, Ueno K, Journal of Experimental Zoology, 293, 6, 624, 631,   2002年11月, 査読有り
  • Heteromorphic sex chromosomes of lizardfish (Synodontidae) : focus on the ZZ-ZW1W2 system in Trachino cephalus myops., Ueno K, Ota K, Koayashi T, Genetica, 111, 133, 142,   2001年, 査読有り
  • 雌性発生アマゴ卵の第二極体放出阻止最適時期に関する細胞学的検証, 小林 徹,上野 紘一, 日本水産学会誌, 66, 5, 840, 845,   2000年, 査読有り
  • Evolution of Heteromorphic sex chromosomes in the Order Aulopiformes, Ota K, Kobayashi T, Ueno K, Gojobori T, Gene, 259, 1/2, 25, 30,   2000年, 査読有り
  • 染色体操作を施したニジマス初期胚の核の行動における細胞学的観察, 小林 徹, 日本水産学会誌, 64, 5, 782, 791,   1998年, 査読有り
  • Oogenesis and Changes in the Levels of Reproductive Hormones in Triploid Female Rainbow Trout, Kobayashi T, Fushiki S, Sakai N, Hara A, Amano M, Aida K, Nakamura M, Nagashima Y, Fisheries Science, 64, 2, 206, 215,   1998年, 査読有り
  • DNAシーケンサを用いた蛍光RAPD-PCR分析, 小林 徹,大野 聖爾,小林 敬典, DNA多型, 6, 219, 226,   1998年, 査読有り
  • Survival and cytological observations on early development of normal, hybrid, and gynogenetic embryos of amago salmon., Toru Kobayashi, Fisheries Science, 63, 1, 33, 36,   1997年, 査読有り
  • ニジマスの三倍体と二倍体の摂餌競合と、その競合が三倍体の成長に及ぼす影響., 小林 徹,伏木 省三, 水産増殖, 45, 1, 87, 96,   1997年, 査読有り
  • 三倍体アマゴの安静時および過激運動後の酸素消費量ならびに鰓蓋運動数, 小林 徹,堀 勝利,伏木 省三,中村 聡一,上野 紘一, 水産増殖, 43, 3, 395, 400,   1995年, 査読有り
  • 琵琶湖の固有種ニゴロブナCarassius auratus grandoculisを育む場としてのヨシ等植物群落の重要性, 藤原 公一,臼杵 崇広,小林 徹,水谷 英志, 環境システム研究, 23, 414, 419,   1995年, 査読有り
  • Production of cloned amago salmon (Oncorhynchus rhodurus)., Kobayashi T, Ide A, Hiasa T, Fukushi S, Ueno K, Fisheries Science, 60, 3, 275, 281,   1994年, 査読有り
  • 三倍体ニジマス雄における血清および下垂体ホルモン量の変動と精巣の発達, 小林 徹,酒井 則良,伏木 省三,長浜 嘉孝,天野 勝文,会田 勝美, 日本水産学会誌, 59, 6, 981, 989,   1993年, 査読有り
  • 長期混合飼育下での人為三倍体ニジマスの成長、生残、および生殖周期、, Toru Kobayashi, 水産増殖, 40, 1, 57, 70,   1992年, 査読有り
  • Changes in growth hormone and prolactin messenger ribonucleic acid levels during seawater adaptation of amago salmon(Oncorhynchuns rhodurus)., Yada T, Kobayashi T, Urano A, Hirano T, J. Exp. Zool., 262, 420, 425,   1992年, 査読有り

書籍等出版物

  • マダイにおける生殖巣形成過程.グローバルCOEプログラム クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 2008-2009(平成20-21)年度中間成果報告書,250, 小林 徹, 250, 近畿大学,   2010年
  • マダイPagrus majorの初期発生過程における形態形成と始原生殖細胞の動態.グローバルCOEプログラム クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 2008-2009(平成20-21)年度中間成果報告書,248-249, 小林 徹, 248-249, 近畿大学,   2010年
  • ホンモロコGnathopogon caerulescensを用いた核移植クローン作出技術の開発試行.グローバルCOEプログラム クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 2008-2009(平成20-21)年度中間成果報告書,246-247, 小林 徹, 246-247, 近畿大学,   2010年
  • 養殖クロマグロThunnus orientalisの遺伝的多様性と家系判別.グローバルCOEプログラム クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 2008(平成20-21)年度中間成果報告書,246-247, 小林 徹,阿川 泰夫,澤田 好史, 246-247, 近畿大学,   2010年
  • Developmental biology and genetics in aquaculture. The 21st Century COE Program Kinki University "Center of Aquaculture Science and Technology for Bluefin Tuna and Other Cultivated Fish" Final report:2003-2007. ;31-37, Kobayashi T, Ueno K, Yagishita N, Otani S, 31-37, The 21st Century COE Program Kinki University, Wakayama,Japan.,   2008年
  • Construction of a BAC library for the Pacific bluefin Tuna Thunnus orientalis. Ecology and Aquaculture of Bluefin Tuna (Proceedings of the Joint international symposium on Bluefin Tuna, 2006. Edited by W.Sakamoto, S. Miyashita, and Y. Nakagawa). pp85-88, Yagishita N, Oohara I, Kobayashi T, 85-88, 近畿大学,   2007年
  • Gonadal formation and development in cultured chub mackerel, Scomber Japonicus. Ecology and Aquaculture of Bluefin Tuna (Proseedings of the Joint international symposium on Bluefin Tuna, 2006. Edited by W.Sakamoto, S. miyashita, and Y. Nakagawa). pp79-84, Kobayashi T, Ishibashi R, Yamamoto S, Ueno K, Murata O, 79-84, 近畿大学,   2007年
  • クロマグロの卵割期発生課程.21世紀プログラム クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点 2003-2004(平成15-16)年度中間成果報告書,35-38, 小林 徹,大谷 哲,宮下 盛, 35-38, 近畿大学,   2005年
  • ホンモロコを用いた始原生殖細胞の移植技法開発.21世紀プログラム クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点 2003-2004(平成15-16)年度中間成果報告書,31-34, 大谷 哲,大原 学,小林 徹, 31-34, 近畿大学,   2005年
  • 借腹養殖技法開発を目的としたマダイの胚発生に関する基礎的研究.21世紀プログラム クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点 2003-2004(平成15-16)年度中間成果報告書,23-26, 小林 徹,長谷川 徹,家戸敬太郎,大谷 哲, 23-26, 近畿大学,   2005年
  • 借腹レシピエントとしてのマサバの生殖巣分化について.21世紀COEプログラム クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点.2003-2004(平成15-16)年度中間成果報告書,19-22, 小林 徹,石橋 亮,大谷 哲,村田 修, 19-22, 近畿大学,   2005年

講演・口頭発表等

  • ホンモロコ卵の第一卵割に対する2回の高温処理の阻止効果., 藤井ひかる, 山崎景也, 小林 徹., 平成28年度日本水産学会秋季大会,   2016年09月08日
  • マアナゴ Conger myriasterにおける成長の雌雄差., 小林 徹, 猪熊 徹, 瀬川 叡, 山田伸一, 家戸敬太郎, 太田博巳, 平成28年度日本水産学会春季大会,   2016年03月
  • タナゴ亜科魚類の性分化に関する研究-Ⅰ(ニッポンバラタナゴ Rhodeus ocellatus kurumeus の 生殖巣形成および性分化に関する組織学的観察)., 松田征也, 高田瑞穂, 山口陽子, 小林 徹., 日本魚類学会年会,   2015年09月
  • 高温処理によるホンモロコ受精卵の卵割阻止., 小林 徹, 猪熊 徹, 大橋昭汰, 藤井ひかる. , 日本水産学会春季大会,   2015年03月
  • 養成キハダ胚期の形態形成と生殖細胞の動態. , 小林 徹, 本領智記, 阿川泰夫, 澤田好史, Tapia I,Adames K, Cano A, Scholey V, Marguries D, 柳下直己. , 日本水産学会春季大会,   2014年03月
  • 飼育水温がホンモロコ発育初期段階における性分化関連遺伝子に及ぼす影響. , 芦田裕史, 木下政人, 小林 徹., 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月
  • Genetic population structure of the yellowfin tuna Thunnus albacares in the North Pacific Ocean., Nomura S, Kobayashi T, Agawa Y, Margulies D, Scholey V, Sawada Y Yagishita Y., 9th Indo-Pacific Fish Conference,   2013年06月
  • 抗酸化物質注射が魚肉のメト化と物性に及ぼす影響., 内本良平, 塚正泰之, 懸橋理枝, 伊藤智広, 石橋泰典, 小林 徹, 安藤正史., 日本水産学会春季大会,   2013年03月
  • クロマグロ初期発育期における骨形成関連遺伝子,BMP-2およびオステオカルシンの発現動態. , 齋藤佑介, 本領智記, 阿川泰夫, 澤田好史, 小林 徹., 日本水産学会春季大会,   2013年03月
  • 飼育水温がホンモロコ性分化遺伝子の発現に与える影響., 芦田裕史,木下政人,小林 徹., 日本水産学会春季大会,   2013年03月
  • 養成キハダの生殖巣形成過程., 小林 徹, 本領智記, 阿川泰夫, 澤田好史, Tapia I,Adames K, Cano A, Scholey V, Marguries D, 柳下直己., 日本水産学会春季大会,   2013年03月
  • Identification of a Male Characteristics DNA Marker of Aquacultured Pacific Bluefin Tuna, Thunnus orientalis., Yasuo Agawa, Takafumi Komiya, Tomoki Honryo, Toru Kobayashi, Michio Kurata, Tokihiko Okada, and Yoshifumi Sawada., World Aquaculture 2013,   2013年02月
  • クロマグロの骨格形成過程. , 齋藤佑介, 阿川泰夫, 澤田好史, 小林 徹., 日本水産学会秋季大会,   2012年09月
  • クロマグロおよびキハダの北太平洋における遺伝的集団構造. , 野村尚平, 小林 徹, 阿川泰夫, Dan Margulies, Vernon Scholey, 澤田好史, 柳下直己., 日本水産学会秋季大会,   2012年09月
  • ISSR分析によるクロマグロ養殖集団の遺伝的多様性., 安井愛子, 柳下直己, 阿川泰夫, 澤田好史, 小林 徹., 日本水産学会秋季大会,   2012年09月
  • 高水温環境下におけるホンモロコの性分化遺伝子の発現動態., 芦田裕史, 木下政人, 小林 徹., 日本水産学会秋季大会,   2012年09月
  • Expression profile of four willow minnow sex-related genes in the early developmental including sex differentiation stages., Ashida H, Kinoshita N, and Kobayashi T., Aquaculture Europe 2012,   2012年09月
  • クロマグロの硬骨形成過程. , 齋藤佑介, 阿川泰夫, 澤田好史, 小林 徹., 日本水産学会春季大会,   2012年03月
  • ホンモロコ仔稚魚における性分化関連遺伝子の発現動態., 芦田裕史, 木下政人, 小林 徹 , 日本水産学会春季大会,   2012年03月
  • キハダの卵内発生速度と孵化所要時間に及ぼす水温の影響., 本領智記, Guillen A, Ibarra J, Margulies D, Scholey V, 小林 徹, 澤田好史., 日本水産学会春季大会,   2012年03月
  • Out Line of Research Plan in Spawning Ecology Team, Kobayashi T, Program for SATREPS Kickoff Symposium “Comparative Studies of the Reproductive Biology and Early Life History of Two Tuna Species for the Sustainable Use of these Resources”,   2011年11月
  • The transcript quantity of PPAR gamma gene is correlated with lipid content in the original muscles of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis which indicates its role of master regulator in adipose cell proliferation., Agawa Y, Honryo T, Ishii A, Kobayashi T, Kurata M, Okada T, Miyashita S, Murata O, Kumai H, and Sawada Y., Aquaculture Europe 2011,   2011年10月
  • Construction of a BAC library and development of microsatellite markers for the Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis., Yagishita N, Sawada Y, Soeda E, and Kobayashi T., Aquaculture Europe 2011,   2011年10月
  • Foxl 2 and Dmrt 1 genes isolated from willow minnow Gnathopogon caerulescens: cloning, expression in various tissues, and role in developmental stages., Ashida H, Ueyama N, Kinoshita N, and Kobayashi T., Aquaculture Europe 2011,   2011年10月
  • Gonadal formation and premeiotic proliferation of gonocytes during sex-differentiation of willow minnow Gnathopogon caerulescens., Kobayashi T, Aquaculture Europe 2011,   2011年10月
  • 活魚の血管に抗酸化物質を注入することによる冷蔵中の魚肉の品質保持., 加藤圭祐, Bimol Chandra Roy, 石橋泰典, 小林 徹, 伊藤智広, 安藤正史, 塚正泰之., 日本水産学会秋季大会,   2011年10月
  • スジシマドジョウ大型種の骨格形成過程. , 齋藤佑介, 隅田健夫, 松田征也, 小林 徹., 日本水産学会秋季大会,   2011年09月
  • クロマグロ若齢魚における成長および水温の変化とIGF-1遺伝子発現., 佐伯 康, 岡田貴彦, 本領智記, 阿川泰夫, 澤田好史, 柳下直己, 小林 徹. , 日本水産学会秋季大会,   2011年09月
  • ホンモロコ性分化関連遺伝子の発現解析. , 芦田裕史, 上山直城, 木下政人, 小林 徹., 日本水産学会秋季大会,   2011年09月
  • クロマグロIGF遺伝子のクローニングと発現解析., 佐伯 康, 岡田貴彦, 本領智記, 阿川泰夫, 澤田好史, 柳下直己, 小林 徹., 日本水産学会春季大会,   2011年03月
  • ホンモロコの性分化に関与する遺伝子, Foxl 2, Dmrt 1の単離と発現解析., 芦田裕史, 上山直城, 木下政人, 小林 徹., 日本水産学会春季大会,   2011年03月
  • Molecular cloning and expression analysis of lipid cell differentiation factor, peroxisome proliferator activated receptor gamma in cultured pacific Bluefin tuna Thunnus orientalis., Yasuo Agawa,Tomoki Honryo, AyakoIshii, Toru Kobayashi, Michio Kurata, Tokihiko Okada, Shigeru Miyashita, Osamu Murata, Hidemi Kumai, and Yoshifumi Sawada., World Aquaculture Society,   2011年02月28日
  • ハリヨの水族館飼育継代群の遺伝的多様性について., 松田征也,小林 徹, 水族館技術者研究会,   2011年
  • クロマグロperoxisome proliferator-activated receptor gamma のクローニングと分子系統学的解析., 阿川泰夫, 本領智記, 小林 徹, 倉田道雄, 岡田貴彦, 澤田好史., 日本水産学会,   2010年03月
  • ホンモロコvasa, 42Sp50, CYP19a遺伝子クローニングと発現解析, 上山 直城, 小林 徹, 芦田 裕史, 木下 政人, 村井 直正, 日本水産学会,   2009年09月, 日本水産学会
  • Morphogenesis and behavior of primordial germ cells in the early embryonic development of the Japanese red sea bream Pagrus major., Kobayashi T, Yoshino I, Aquaculture Europe 2009,   2009年08月, Aquaculture Europe
  • メダカのβアクチンプロモーター制御下でコイの成長ホルモン遺伝子を発現するトランスジェニックホンモロコ系統, 小林 徹, 石井 雅幸, 西村 直次, 上野 紘一, International Symposium, Genetics in Aquaculture,   2009年, International Symposium, Genetics in Aquaculture
  • 他のホンモロコ胞胚からの胚盤葉下層細胞の咽頭形成期胚への移植によるキメラ形成, 小林 徹, 日本水産学会,   2008年10月, 日本水産学会
  • イシダイにおける発生段階区分および体節形成期以降の始原生殖細胞の動態, 小林 徹, 田中 裕己, 吉野 一平, 村田 修, 日本魚類学会,   2008年09月, 日本魚類学会
  • マダイにおける原腸胚期以降の始原生殖細胞の動態, 小林 徹, 吉野 一平, 日本水産学会,   2008年03月, 日本水産学会
  • 絶滅危惧淡水魚の借腹生産のための胚細胞の凍結保存, 小林 徹, 山田 豊, 上野 紘一, Aquaculture Europe,   2007年10月, Aquaculture Europe
  • ホンモロコの生殖巣形成過程, 小林 徹, 上野 紘一, 日本水産学会,   2007年04月, 日本水産学会
  • クロマグロにおける始原生殖細胞の移動と生殖巣形成, 小林 徹, 向井 良夫, 八木 洋樹, 山本 眞司, 宮下 盛, 上野 紘一, 村田 修, 日本水産学会,   2007年04月, 日本水産学会
  • マサバの初期発生過程および始原生殖細胞の動向, 小林 徹, 湯川 直子, 山本 眞司, 村田 修, 上野 紘一, 日本水産学会,   2007年, 日本水産学会
  • 養成マサバの生殖巣形成、分化、および発達, 小林 徹, 石橋 亮, 山本 眞司, 上野 紘一, 村田 修, Kinki University 21st Century COE Program 2006 International Symposium,   2006年11月, Kinki University 21st Century COE Program 2006 International Symposium
  • ホンモロコの胚体形成期胚への嚢胚胚盤下部細胞の注入によるキメラ形成, 小林 徹, 水野 敦, 大谷 哲, 上野 紘一, 日本水産学会,   2006年04月, 日本水産学会
  • 養殖マサバの生殖巣発達周期, 小林 徹, 石橋 亮, 山本 眞司, 大谷 哲, 上野 紘一, 村田 修, 日本水産学会,   2006年04月, 日本水産学会
  • 海産魚類の初期胚操作のための技法開発, 小林 徹, 大谷 哲, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 日本水産学会,   2006年04月, 日本水産学会
  • 水環境中における内分泌撹乱作用の検出と因子解析(1)-下水道処理水が流入する休耕田におけるエストロゲン活性と魚類への影響評価, 肥田嘉文, 小林 徹, 蔵田高大 山田祐輝 金 桂花 國松孝男 白石不二雄 白石寛明, 日本水環境学会,   2006年03月, 日本水環境学会
  • 卵発生と胚操作技術.21世紀COEプログラム 平成17年度第5回シンポジウム「クロマグロの持続的養殖生産,肉質・安全性そして流通」, 小林 徹, 21世紀COEプログラム成果報告シンポジウム,   2006年02月, 21世紀COEプログラム成果報告シンポジウム
  • ISSR分析によるムサシトミヨ水族館飼育群の遺伝的多様性, 小林 徹, 小笠原 央, 布施 幸江 御薬袋 聡, 松田 征也, 日本魚類学会,   2006年, 日本魚類学会
  • 内湖とその周辺水路に出現するギンブナ仔稚魚のクローン系統の組成とその季節変化, 鈴木 誉士, 小林 徹, 上野 紘一, 日本魚類学会,   2006年, 日本魚類学会
  • RAPD法によるキンギョの系統解析, 高田 肇, 鈴木 誉士, 小林 徹, 上野 紘一, 日本動物遺伝育種学会,   2006年, 日本動物遺伝育種学会
  • クロマグロの借り腹生産のための養成マサバの生殖巣の形成と発達の解明, 小林 徹, 石橋 亮, 山本 眞司, 上野 紘一, 村田 修, Aquaculture CanadaOM,   2006年, Aquaculture CanadaOM
  • ホンモロコにおける胚盤積層移植法および胚体形成期細胞注入法によるキメラ形成, 小林 徹, 大谷 哲, 水野 敦, 上野 紘一, 日本動物遺伝育種学会,   2005年09月, 日本動物遺伝育種学会
  • 内湖とその周辺水路に出現するコイ・フナ仔稚魚の種組成, 鈴木 誉士, 小林 徹, 上野 紘一, 日本魚類学会,   2005年09月, 日本魚類学会
  • トランスジェニックの水産学的応用-GH発現系を例として-, 小林 徹,   2005年07月
  • クロマグロにおける卵割から嚢胚形成にいたる胚発生過程, 小林 徹, 大谷 哲, 大原 学, 長谷川 徹, 上野 紘一, 向井 良夫, 八木 洋樹, 宮下 盛, 日本水産学会,   2005年04月, 日本水産学会
  • ホンモロコ始原生殖細胞の起源と動態, 大谷 哲, 中島 聖, 上野 紘一, 小林 徹, 日本水産学会,   2005年04月, 日本水産学会
  • ホンモロコの初期発生段階, 小林 徹, 大原 学, 大谷 哲, 長谷川 徹, 上野 紘一, 日本水産学会,   2005年04月, 日本水産学会
  • マダイにおける初期発生過程, 長谷川 徹, 大谷 哲, 大原 学, 上野 紘一, 家戸 敬太郎, 小林 徹, 日本水産学会,   2005年04月, 日本水産学会
  • ドジョウの同一胞胚由来の細胞核移植によるクローン作成, 田中 大介, 高橋 明人, 小林 徹, 上野 紘一, 日本水産学会,   2005年04月, 日本水産学会
  • クロマグロの胚発生と育種, 小林 徹, 近畿大学,   2005年, 近畿大学
  • 人工採卵マサバの性分化過程, 小林 徹, 大谷 哲, 山本 眞司, 米島 久司, 上野 紘一, 村田 修, 石橋 亮, 日本水産学会,   2005年, 日本水産学会
  • フローサイトメーターを用いた外国産シジミ類とマシジミとの区別方法の検討, 松田 征也, 小林 徹, 大原 健一, 国際湿地再生シンポジウム,   2005年, 国際湿地再生シンポジウム
  • ニジマス第一卵割阻止型雌性発生魚の継代特性, 小林 徹, 亀甲武志, 中山耕至 甲斐嘉晃, 井戸本純一, 平成16年度日本水産学会大会,   2004年, 平成16年度日本水産学会大会
  • コイ成長ホルモン遺伝子導入ホンモロコF2世代における成長特性, 小林 徹, 上野 紘一, 西村 直次, 石井 雅幸, 大原 学, 日本水産学会,   2004年, 日本水産学会
  • ホンモロコの初期胚発生過程, 小林 徹, 大谷 哲, 大原 学, 長谷川 徹, 中島 聖, 服部 千尋, 上野 紘一, 日本動物学会,   2004年, 日本動物学会
  • 日本産コイ科モロコ類・ヒガイ類のmtDNA cytochrome B領域前半部の塩基配列分析とPCR-RFLPを用いた種判別, 小林 徹, 上野 紘一, 永井 宏介, 松田 征也, 日本魚類学会,   2004年, 日本魚類学会
  • 琵琶湖につながる農業用水路に出現するコイ・フナ仔稚魚の種組成とその季節変化, 鈴木 誉士, 小林 徹, 上野 紘一, 日本魚類学会,   2004年, 日本魚類学会
  • 植物工場と養殖の複合生産システムの開発-閉鎖循環系での栽培・生育環境の検討, 小林 徹, 中村 謙治, 農業環境工学会,   2004年, 農業環境工学会
  • MCH 発現をレポーターとしたトランスジェニック魚におけるメタロチオネインプロモーターの亜鉛イオンに対する反応, 小林 徹, 上野 紘一, 五十嵐茂樹, 宇座英慈, 木下政人, 第26 回日本分子生物学会年会(神戸),   2003年12月, 第26 回日本分子生物学会年会(神戸)
    概要:環境水中の金属イオン汚染物質の検出のためのバイオセンサーとして、肝臓での有毒金属イオン排出反応を体表色素胞のメラニン凝集反応として検出できるトランスジェニック系統の作出を検討し、亜鉛イオンに対して体色を明化応答する個体が得られた。
  • RAPD を用いた琵琶湖産フナ仔魚の種判別および集団構造の解析, 小林 徹, 上野 紘一, 鈴木誉士, 永野元, 平成15 年度日本魚類学会年会(京都),   2003年10月, 平成15 年度日本魚類学会年会(京都)
    概要:RAPD 分析によりフナ仔魚を種判別し、これらの頻度を琵琶湖沿岸のヨシ帶6 か所と農業用水路3 か所の計9 か所で比較して、各フナ仔魚の生息場所の差異および湖内における集団構造について解析した。
  • コイの成長ホルモン遺伝子導入ホンモロコにおける成長促進および性成熟期間短縮, 小林 徹, 上野 紘一, 西村直次, 大原学, 第9 回小型魚類研究会(埼玉),   2003年09月, 第9 回小型魚類研究会(埼玉)
    概要:遺伝子発現解析モデルとしてのトランスジェニック魚の系統化促進のため、コイ成長ホルモン遺伝子導入ホンモロコの作出経過のうち、雌雄各2 個体のF1 からF2 世代をそれぞれ作出した。F2 世代は通常魚と遜色ない発生を示した。
  • 複数遺伝子解析システムの早期作出のためのメダカβ . アクチンプロモーターに制御されたコイ成長ホルモン遺伝子トランスジェニックホンモロコの作出, 小林 徹, 上野 紘一, 石井雅幸, 第6 回マリンバイオテクノロジー国際学会、第5 回アジア太平洋マリンバイオテクノロジー学会(千葉),   2003年09月, 第6 回マリンバイオテクノロジー国際学会、第5 回アジア太平洋マリンバイオテクノロジー学会(千葉)
    概要:遺伝子発現解析モデルとしてのトランスジェニック魚の系統化促進のため、メダカのβアクチンプロモーターに制御されたコイ成長ホルモン遺伝子を卵にマイクロインジェクションし、これらF0 世代およびF1 世代の成長について、それぞれ通常魚と比較した。
  • 西の湖に生息するニゴロブナの形態的および遺伝的特徴, 鈴木誉士, 永野元, 小林 徹, 上野 紘一, 平成15年度日本水産学会大会(東京),   2003年04月, 平成15年度日本水産学会大会(東京)
    概要:琵琶湖北湖とその内湖である西の湖に生息する異なるタイプのニゴロブナの形態学的、遺伝学的差異を検討した。後者は前者よりも鰓耙が少なく頭部が小さく、気道弁は未発達であったが、mtDNA、D-loop領域のRFLP分析では両者に差は見られなかった。
  • コイ成長ホルモンを導入した成長促進および世代交代期間短縮ホンモロコ系統のF2 世代, 小林 徹, 上野 紘一, 西村直次, 大原学, 第26 回日本分子生物学会年会(神戸),   2003年, 第26 回日本分子生物学会年会(神戸)
    概要:トランスジェニックにより作出を検討している成長促進ホンモロコ系統のF2 世代の形態的特徴および群内成長変異について報告した。特に作出した4 系統のうち雌のF1 から作出した1 系統が著しい成長を示した。
  • 第二極体放出阻止のために高温または低温ショックを施した雌性発生フナ卵における核および染色体の行動についての細胞学的観察, 小林 徹, 上野 紘一, 根本守仁, Genetics in Aquaculture Ⅷ(International Association for Genetics in Aquaculture)(チリ),   2003年, Genetics in Aquaculture Ⅷ(International Association for Genetics in Aquaculture)(チリ)
    概要:第二極体放出阻止開始の低温処理および高温処理の適正時期、核の行動について検討した。低温処理および高温処理の最適時期は、それぞれ嫌精後7 分および9 分であった。両区とも卵によって、染色体胞、半数性前核、二倍性前核などが様々観察された。
  • 環境水中の重金属汚染物質検出を目的としたトランスジェニック魚系統の作出, 小林 徹, 上野 紘一, 西村直次, 吉川亜矢, 義山百合香, 五十嵐茂樹, 木下政人, 第25回日本分子生物学会年会(横浜),   2002年12月, 第25回日本分子生物学会年会(横浜)
    概要:環境水中の重金属汚染物質を検出するトランスジェニック魚系統を作出するために、メタロチオネインプロモーター発現系に着目し、受精卵へのDNAマイクロインジェクションによりpb?actin cassette EGFP(β?actin)、pCMT?EGFP(CMT)、pCMV?MCH(CMV)およびprtMT?MCH(rtMT)をそれぞれ導入したホンモロコを作出して、これらを用いて環境モニタリングへの応用を検討した。
  • エソ亜目2種、ヒメとミナミアカエソの核型および核DNA量, 上野 紘一, 小林 徹, 岸岡稚青, 染色体学会第53回大会(奈良),   2002年10月, 染色体学会第53回大会(奈良)
    概要:ヒメとミナミアカエソの通常核型、分染核型を分析し、両種にZW型性染色体をみいだした。核型とDNA量に基づきエソ亜目魚類の性染色体分化について論じた。
  • 高 pH 処理による性転換雄ニジマスの精巣内精子の運動活性の向上, 小林 徹, 上野 紘一, 伏木省三, Genetics of Subpolar Fish and Invertebrates, 20th Lowell Wakefield Fisheries Symposium (アメリカ),   2002年05月, Genetics of Subpolar Fish and Invertebrates, 20th Lowell Wakefield Fisheries Symposium (アメリカ)
    概要:ニジマスの輸精管内精子と精巣内精子とを様々な pH の人工精漿に懸濁させた場合の BSS 中での運動時間の変化を調べた。 高 pH の人工精漿による精子の培養は、 精管の欠損した性転換雄精巣内精子の運動活性を向上させ、 全雌および全雌三倍体の作出効率を向上させた。
  • ホンモロコ卵へのコイ成長ホルモン遺伝子の導入, 小林 徹, 上野 紘一, 別所伸昭, 野村弘昭, 石井雅幸, 第 6 回日本マリンバイオテクノロジー学会大会 (小金井),   2002年05月, 第 6 回日本マリンバイオテクノロジー学会大会 (小金井)
    概要:成長促進系統作出による対象種の世代交代期間短縮化を目的に、 コイ成長ホルモン遺伝子を含む plasmid をホンモロコ卵へ導入した。 導入遺伝子の保有率は 40%で、 孵化時の体サイズに差はなかった。 RT PCR により孵化後 30 日から導入遺伝子の転写が確認された。
  • コイ成長ホルモン遺伝子導入ホンモロコ F0 における成長促進効果, 小林 徹, 上野 紘一, 別所伸昭, 野村弘昭, 石井雅幸, 第 6 回日本マリンバイオテクノロジー学会大会 (小金井),   2002年05月, 第 6 回日本マリンバイオテクノロジー学会大会 (小金井)
    概要:コイの成長ホルモン遺伝子を導入したホンモロコの孵化後 16 週までの成長を通常のものと比較したところ、 4 交配実験区のうち 2 つで有意な差が観察され、 顕著な場合は平均体重で対照の 3.4 倍に成長したが、 実験群では下垂体の縮少が観察された。
  • ホンモロコに導入した GFP 遺伝子の各種プロモーター制御下における発現, 西澤彩子, 上野 紘一, 小林 徹, 平成 14 年度日本水産学会大会 (奈良),   2002年04月, 平成 14 年度日本水産学会大会 (奈良)
    概要:ホンモロコにウイルス由来および魚類由来の制御配列を連結した GFP 遺伝子を導入し、 異なる生物種、 異なるプロモータ間での発現の強さや特異性 (時期・部位) について比較した。 系統的に近い種の制御系を用いることにより導入遺伝子の効果的制御が可能になる。
  • トランスジェニック F1 作出率向上のための F0 スクリーニング:鰭細胞および生殖細胞への遺伝子導入成否の相関, 小林 徹, 上野 紘一, 西澤彩子, 平成 14 年度日本水産学会大会 (奈良),   2002年04月, 平成 14 年度日本水産学会大会 (奈良)
    概要:トランスジェニック系統早期確立のための F0 親魚選抜指標として尾鰭を用いたスクリーニング法を検討した。 尾鰭に導入遺伝子を保有している個体は生殖巣にも保有している確率が高く、 F1 作出のための F0 選抜には鰭細胞を用いた PCR が有効と示唆された。
  • エソ科魚類の異型性染色体と核 DNA 量, 上野 紘一, 小林 徹, 小嶋吉雄, 染色体学会第 52 回大会 (米子),   2001年11月, 染色体学会第 52 回大会 (米子)
    概要:エソ科魚類の核型分化を DNA 量の関係、 異型性染色体の所有による DNA 量の性差等について論じた。

MISC

  • Molecular cloning and daily mRNA levels of prolactin and somatolactin in aquacultured Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis), KUMAI H, MURATA O, KOBAYASHI T, ISHIMARU K, YAMAMOTO M, KATO K, ADACHI K, AQUACULTURE, 296, 1-2, 110, 116,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302216203823689
  • Center of Aquaculture Science and Technology for Bluefin Tuna and Other Cultivated Fish SEEDLING PRODUCTION AND AQUACULTURE-4 Developmental Biology and Genetics in Aquaculture Science, KOBAYASHI Toru, UENO Koichi, YAGISITA Naoki, OTANI Satoshi, Final Rep 2003-2007 Cent Aquac Sci Technol Bluefin Tuna Other Cultiv Fish 21st Century COE Program Kinki Univ, 31, 37,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902265672227181
  • Chimera Formation by Injecting Hypoblast Cells from Other Blastulae into Pharyngula Embryos, KOBAYASHI Toru, Program Abstr 5th World Fish Congr 2008, 367,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902284591821725
  • 照射蛍光灯の光波長の違いによるミジンコ蝟集効果の差異, 小林 徹, 滋賀県水産試験場研究報告, 48, 27, 31,   2001年, 査読有り, 招待有り
  • オキエソのZZ‐ZW1W2型複合性染色体の起源と分化, 上野紘一, 太田欽也, 小林徹, 日本水産学会大会講演要旨集, 1999, 70,   1999年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902139542314591
  • 染色体操作によるサケ科魚類の三倍体及び雌性発生二倍体の生物学的特性並びに形質の遺伝に関する研究 VIII 染色体操作を施したニジマス初期胚の核の行動における細胞学的観察, 小林徹, 日本水産学会誌, 64, 5, 782, 791,   1998年09月, 10.2331/suisan.64.782, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902146739964837
  • フエダイ属2種の染色体研究 特にロクセンフエダイにみられた複合性染色体について, 太田欽也, 上野紘一, 小林徹, 日本水産学会大会講演要旨集, 1998, 80,   1998年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902188444591405
  • アカエソ属の2種にみられた雌異型染色体, 太田欽也, 上野紘一, 小林徹, 日本水産学会大会講演要旨集, 1998, 95,   1998年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902153978325001
  • 耐病性育種,7章 育種と耐病性,魚類防疫-魚病と人間の関わり-, 小林 徹, 海洋, 号外14, 206, 210,   1998年
  • 染色体操作によるサケ科魚類の三倍体及び雌性発生二倍体の生物学的特性と形質遺伝に関する研究‐VI ニジマスの三倍体と二倍体の摂餌競合と,その競合が三倍体の成長に及ぼす影響, 小林徹, 伏木省三, 水産増殖, 45, 1, 87, 96,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902172030026133
  • 染色体操作によるサケ科魚類の三倍体および雌性発生二倍体の生物学的特性並びに形質の遺伝に関する研究, 小林 徹, 東京大学農学生命科学研究科審査博士学位論文,   1997年
  • 染色体操作によるニジマス・アマゴの改良特性の検討並びに優良形質固定等の育種に関する研究 (水産庁研究部S), 小林徹, 桑村邦彦, 地域バイオテクノロジー実用化技術研究開発促進事業(水産業関係) 平成7年度成果概要 平成3-7年度成果概要, 153, 155,   1996年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902169625738721
  • 染色体操作によるサケ科魚類の三倍体及び雌性発生二倍体の生物学的特性と形質遺伝に関する研究‐IV 三倍体アマゴの安静時および強制運動後の酸素消費量ならびにし蓋運動数, 小林徹, 堀勝利, 伏木省三, 中村聡一, 上野紘一, 水産増殖, 43, 3, 395, 400,   1995年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902104939770048
  • 染色体操作によるサケ科魚類の三倍体及び雌性発生二倍体の生物学的特性と形質遺伝に関する研究―II 三倍体ニジマス雄における血清および下垂体ホルモン量の変動と精巣の発達, 小林徹, 酒井則良, 伏木省三, 長浜嘉孝, 天野勝文, 会田勝美, 日本水産学会誌, 59, 6, 981, 989,   1993年06月, 10.2331/suisan.59.981, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902167335833795
  • 染色体操作によるサケ科魚類の三倍体および雌性発生二倍体の生物学的特性と形質遺伝に関する研究―I 長期混合飼育下での人為三倍体ニジマスの成長,生残および生殖周期, 小林徹, 水産増殖, 40, 1, 57, 70,   1992年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902080432393548
  • ニジマス・アマゴにおける雌性発生法の育種への応用とクローン作出, 水産育種, 17, 1, 4,   1991年
  • ニジマスの全雌三倍体量産と実用化に向けての特性解明,FCサイエンス,21世紀の養殖を科学する, 小林 徹, 養殖, 27, 12, 134, 137,   1990年

受賞

  •   2007年10月, Aquaculture Europe 2007, ベストポスター賞, 魚卵胚細胞の凍結保存

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金, 純系養殖品種作出のための簡易な卵割阻止法の開発 -微小管の再生メカニズムの解明ー, 小林 徹

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 魚類発生生物学, 近畿大学農学部
  • 魚類育種学, 近畿大学農学部
  • 魚類生理学, 近畿大学農学部
  • 生物学実験, 近畿大学農学部
  • 水産生物学実習, 近畿大学農学部
  • 水産学基礎実験, 近畿大学農学部