KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

工藤 正俊クドウ マサトシ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授
学位医学博士
専門消化器内科学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/569-kudou-masatoshi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/10298953.ja.html
メールアドレスm-kudo[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    (1)肝細胞癌の診断と治療。(2) 肝臓の画像診断。(3) 腹部超音波診断。(4) 消化器癌全般。(5) 胆道・膵臓癌の診断治療。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/1/23
    朝日放送「キャスト」
    患者様との問診の様子
    ●2017/2/2
    日本テレビ系列「NEWS ZERO」
    患者様との問診の様子
    ●2016/6/1
     日本テレビ「news every.」
     医学部附属病院患者様の密着取材で主治医として
    ●2016/5/4
     日本テレビ「NEWS ZERO」
     診療、検査の様子について

学歴・経歴

経歴

  •   1998年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 人間医工学, 医用システム
  • 内科系臨床医学, 消化器内科学, 肝細胞癌
  • 腫瘍学, 臨床腫瘍学

研究キーワード

  • 肝細胞癌, 腺腫様過形成, 造影ハーモニック法, クッパー細胞, 純動脈相イメージング, 早期肝癌, 血管新生, ハーモニックイメージング, nodule-in-nodule HCC, 血管構築, 造影ハーモニックイメージング, 門脈血流, Coded phase inversion harmonic, 肝腫瘍, 腫瘍血流, Pure arterial phase imaging, 血管新生因子, dysplastic nodule, nodule-in-nodule, 免疫組織染色, 血流動態, 動脈血流, 多中心性発癌, 腫瘍血管, 結節内門脈血流, Sonazoid, 腫瘍血管構築, 血流画像, 超音波医科学, 遺伝子多型

論文

  • 免疫チェックポイント阻害薬の役割, 肝がん. 特集「なぜ免疫チェックポイント阻害薬はがんに効くのか」, 工藤正俊, 消化器病学サイエンス, 1, 2, 35, 41,   2017年09月, 査読有り
  • 肝動脈化学塞栓療法(TACE)の適応の再考 (1)BCLC-Bの亜分類とTACEの適応, 有住忠明, 工藤正俊, The Liver Cancer Journal, 9, 1, 26, 29,   2017年06月, 査読有り
  • Impact of avascular areas, as measured by contrast-enhanced harmonic EUS, on the accuracy of fine-needle aspiration for pancreatic adenocarcinoma., Kamata K, Takenaka M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Nishida N, Chikugo T, Chiba Y, Matsumoto I, Takeyama Y, Kudo M, Gastrointestinal endoscopy,   2017年06月, 査読有り
  • Asia-Pacific clinical practice guidelines on the management of hepatocellular carcinoma: a 2017 update., Omata M, Cheng AL, Kokudo N, Kudo M, Lee JM, Jia J, Tateishi R, Han KH, Chawla YK, Shiina S, Jafri W, Payawal DA, Ohki T, Ogasawara S, Chen PJ, Lesmana CRA, Lesmana LA, Gani RA, Obi S, Dokmeci AK, Sarin SK, Hepatology international,   2017年06月, 査読有り
  • Stent migration during EUS-guided hepaticogastrostomy in a patient with massive ascites: Troubleshooting using additional EUS-guided antegrade stenting., Kamata K, Takenaka M, Minaga K, Omoto S, Miyata T, Yamao K, Imai H, Kudo M, Arab journal of gastroenterology : the official publication of the Pan-Arab Association of Gastroenterology,   2017年06月, 査読有り
  • Contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography for differential diagnosis of localized gallbladder lesions., Kamata K, Takenaka M, Kitano M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Nishida N, Kashida H, Chikugo T, Chiba Y, Nakai T, Takeyama Y, Lisotti A, Fusaroli P, Kudo M, Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society,   2017年06月, 査読有り
  • The Overall Survival of Patients with Hepatocellular Carcinoma Correlates with the Newly Defined Time to Progression after Transarterial Chemoembolization., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Komeda Y, Takenaka M, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, Liver cancer, 6, 3, 227, 235,   2017年06月, 査読有り
  • Objective response by mRECIST as a predictor and potential surrogate end-point of overall survival in advanced HCC., Lencioni R, Montal R, Torres F, Park JW, Decaens T, Raoul JL, Kudo M, Chang C, Ríos J, Boige V, Assenat E, Kang YK, Lim HY, Walters I, Llovet JM, Journal of hepatology, 66, 6, 1166, 1172,   2017年06月, 査読有り
  • 企画: 肝胆 特集「肝細胞癌の化学療法が変わる」, 工藤正俊, 肝胆膵, 75, 2,   2017年08月, 査読有り
  • Magnetic resonance elastography in the assessment of hepatic fibrosis: a study comparing transient elastography and histological data in the same patients., Toguchi M, Tsurusaki M, Yada N, Sofue K, Hyodo T, Onoda M, Numoto I, Matsuki M, Imaoka I, Kudo M, Murakami T, Abdominal radiology (New York), 42, 6, 1659, 1666,   2017年06月, 査読有り
  • S-1 versus placebo in patients with sorafenib-refractory advanced hepatocellular carcinoma (S-CUBE): a randomised, double-blind, multicentre, phase 3 trial., Kudo M, Moriguchi M, Numata K, Hidaka H, Tanaka H, Ikeda M, Kawazoe S, Ohkawa S, Sato Y, Kaneko S, Furuse J, Takeuchi M, Fang X, Date Y, Takeuchi M, Okusaka T, The lancet. Gastroenterology & hepatology, 2, 6, 407, 417,   2017年06月, 査読有り
  • Clinical significance of Akt2 in advanced pancreatic cancer treated with erlotinib., Banno E, Togashi Y, de Velasco MA, Mizukami T, Nakamura Y, Terashima M, Sakai K, Fujita Y, Kamata K, Kitano M, Kudo M, Nishio K, International journal of oncology, 50, 6, 2049, 2058,   2017年06月, 査読有り
  • A Case of Type II Enteropathy-Associated T-Cell Lymphoma in a Patient With Ulcerative Colitis., Komeda Y, Kashida H, Sakurai T, Kono M, Nagai T, Asakuma Y, Hagiwara S, Matsui S, Watanabe T, Chikugo T, Kudo M, The American journal of gastroenterology, 112, 6, 833,   2017年06月, 査読有り
  • A Case of Waldenstrom Macroglobulinemia with Temporary Appearance of 7S IgM Half Molecule., Imoto M, Yoshida K, Maeda Y, Nakae KI, Kudo M, Sakurabayashi I, Yamada T, Kamisako T, Clinical laboratory, 63, 5, 983, 989,   2017年05月, 査読有り
  • Integration of the cancer-related inflammatory response as a stratifying biomarker of survival in hepatocellular carcinoma treated with sorafenib., Howell J, Pinato DJ, Ramaswami R, Arizumi T, Ferrari C, Gibbin A, Burlone ME, Guaschino G, Toniutto P, Black J, Sellers L, Kudo M, Pirisi M, Sharma R, Oncotarget, 8, 22, 36161, 36170,   2017年05月, 査読有り
  • Ramucirumab as second-line treatment in patients with advanced hepatocellular carcinoma following first-line therapy with sorafenib: Patient-focused outcome results from the randomised phase III REACH study., Chau I, Peck-Radosavljevic M, Borg C, Malfertheiner P, Seitz JF, Park JO, Ryoo BY, Yen CJ, Kudo M, Poon R, Pastorelli D, Blanc JF, Chung HC, Baron AD, Okusaka T, Bowman L, Cui ZL, Girvan AC, Abada PB, Yang L, Zhu AX, European journal of cancer (Oxford, England : 1990), 81, 17, 25,   2017年06月, 査読有り
  • Chronic Fibro-Inflammatory Responses in Autoimmune Pancreatitis Depend on IFN-α and IL-33 Produced by Plasmacytoid Dendritic Cells., Watanabe T, Yamashita K, Arai Y, Minaga K, Kamata K, Nagai T, Komeda Y, Takenaka M, Hagiwara S, Ida H, Sakurai T, Nishida N, Strober W, Kudo M, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 198, 10, 3886, 3896,   2017年05月, 査読有り
  • On-target sorafenib toxicity predicts improved survival in hepatocellular carcinoma: a multi-centre, prospective study., Howell J, Pinato DJ, Ramaswami R, Bettinger D, Arizumi T, Ferrari C, Yen C, Gibbin A, Burlone ME, Guaschino G, Sellers L, Black J, Pirisi M, Kudo M, Thimme R, Park JW, Sharma R, Alimentary pharmacology & therapeutics, 45, 8, 1146, 1155,   2017年04月, 査読有り
  • Reply to the Letter to the editor 'Sorafenib plus hepatic arterial infusion chemotherapy with cisplatin versus Sorafenib for advanced hepatocellular carcinoma: randomized phase II trial' by Fornaro et al., Ikeda M, Shimizu S, Sato T, Morimoto M, Kojima Y, Inaba Y, Hagihara A, Kudo M, Nakamori S, Kaneko S, Sugimoto R, Tahara T, Ohmura T, Yasui K, Sato K, Ishii H, Furuse J, Okusaka T, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 28, 4, 903, 904,   2017年04月, 査読有り
  • Ramucirumab as second-line treatment in patients with advanced hepatocellular carcinoma: Japanese subgroup analysis of the REACH trial., Kudo M, Hatano E, Ohkawa S, Fujii H, Masumoto A, Furuse J, Wada Y, Ishii H, Obi S, Kaneko S, Kawazoe S, Yokosuka O, Ikeda M, Ukai K, Morita S, Tsuji A, Kudo T, Shimada M, Osaki Y, Tateishi R, Sugiyama G, Abada PB, Yang L, Okusaka T, Zhu AX, Journal of gastroenterology, 52, 4, 494, 503,   2017年04月, 査読有り
  • Phase 2 study of lenvatinib in patients with advanced hepatocellular carcinoma., Ikeda K, Kudo M, Kawazoe S, Osaki Y, Ikeda M, Okusaka T, Tamai T, Suzuki T, Hisai T, Hayato S, Okita K, Kumada H, Journal of gastroenterology, 52, 4, 512, 519,   2017年04月, 査読有り
  • Multimaterial Decomposition Algorithm for the Quantification of Liver Fat Content by Using Fast-Kilovolt-Peak Switching Dual-Energy CT: Clinical Evaluation., Hyodo T, Yada N, Hori M, Maenishi O, Lamb P, Sasaki K, Onoda M, Kudo M, Mochizuki T, Murakami T, Radiology, 283, 1, 108, 118,   2017年04月, 査読有り
  • The oncoprotein gankyrin promotes the development of colitis-associated cancer through activation of STAT3., Sakurai T, Higashitsuji H, Kashida H, Watanabe T, Komeda Y, Nagai T, Hagiwara S, Kitano M, Nishida N, Abe T, Kiyonari H, Itoh K, Fujita J, Kudo M, Oncotarget, 8, 15, 24762, 24776,   2017年04月, 査読有り
  • Liver resection for hepatocellular carcinoma associated with hepatic vein invasion: a Japanese nationwide survey., Kokudo T, Hasegawa K, Matsuyama Y, Takayama T, Izumi N, Kadoya M, Kudo M, Kubo S, Sakamoto M, Nakashima O, Kumada T, Kokudo N, Liver Cancer Study Group of Japan., Hepatology (Baltimore, Md.),   2017年04月, 査読有り
  • Cost-effectiveness of EOB-MRI for Hepatocellular Carcinoma in Japan., Nishie A, Goshima S, Haradome H, Hatano E, Imai Y, Kudo M, Matsuda M, Motosugi U, Saitoh S, Yoshimitsu K, Crawford B, Kruger E, Ball G, Honda H, Clinical therapeutics, 39, 4, 738, 750.e4,   2017年04月, 査読有り
  • Rescue EUS-guided intrahepatic biliary drainage for malignant hilar biliary stricture after failed transpapillary re-intervention., Minaga K, Takenaka M, Kitano M, Chiba Y, Imai H, Yamao K, Kamata K, Miyata T, Omoto S, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, Surgical endoscopy,   2017年04月, 査読有り
  • Nivolumab in patients with advanced hepatocellular carcinoma (CheckMate 040): an open-label, non-comparative, phase 1/2 dose escalation and expansion trial., El-Khoueiry AB, Sangro B, Yau T, Crocenzi TS, Kudo M, Hsu C, Kim TY, Choo SP, Trojan J, Welling TH Rd, Meyer T, Kang YK, Yeo W, Chopra A, Anderson J, Dela Cruz C, Lang L, Neely J, Tang H, Dastani HB, Melero I, Lancet (London, England),   2017年04月, 査読有り
  • Immunopathogenesis of pancreatitis., Watanabe T, Kudo M, Strober W, Mucosal immunology, 10, 2, 283, 298,   2017年03月, 査読有り
  • Semiquantitative prediction of early response of conventional transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma using postprocedural plain cone-beam computed tomography., Minami Y, Takita M, Tsurusaki M, Yagyu Y, Ueshima K, Murakami T, Kudo M, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 47, 3, E113, E119,   2017年03月, 査読有り
  • Endoscopic ultrasonography-guided choledochoduodenostomy using a newly designed laser-cut metal stent: Feasibility study in a porcine model., Minaga K, Kitano M, Gon C, Yamao K, Imai H, Miyata T, Kamata K, Omoto S, Takenaka M, Kudo M, Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society, 29, 2, 211, 217,   2017年03月, 査読有り
  • Imaging and clinicopathological features of nivolumab-related cholangitis in patients with non-small cell lung cancer., Kawakami H, Tanizaki J, Tanaka K, Haratani K, Hayashi H, Takeda M, Kamata K, Takenaka M, Kimura M, Chikugo T, Sato T, Kudo M, Ito A, Nakagawa K, Investigational new drugs,   2017年03月, 査読有り
  • Stent migration into the abdominal cavity after EUS-guided hepaticogastrostomy., Minaga K, Kitano M, Yamashita Y, Nakatani Y, Kudo M, Gastrointestinal endoscopy, 85, 1, 263, 264,   2017年01月, 査読有り
  • Stress Response Protein RBM3 Promotes the Development of Colitis-associated Cancer., Sakurai T, Kashida H, Komeda Y, Nagai T, Hagiwara S, Watanabe T, Kitano M, Nishida N, Fujita J, Kudo M, Inflammatory bowel diseases, 23, 1, 57, 65,   2017年01月, 査読有り
  • Oncogenic signal and tumor microenvironment in hepatocellular carcinoma., Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Immuno-Oncology in Hepatocellular Carcinoma: 2017 Update, 工藤正俊, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Systemic Therapy for Hepatocellular Carcinoma: 2017 Update, 工藤正俊, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Transarterial Chemoembolization in Combination with Molecular Targeted Agent: Lessons from Negative Trials (Post-TACE, BRISK-TA, SPACE, ORIENTAL, and TACE-2), Masatoshi Kudo, Tadaaki Arizumi, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Validation of newly proposed time to TACE progression (TTTP) in intermediate stage hepatocellular carcinoma cases, Hirofumi Izumoto, Atsushi Hiraoka, Yoshihiro Ishimaru, Tadashi Murakami, Shogo Kitahata, Hidetaro Ueki, Toshihiko Aibiki1, Tomonari Okudaira, Yuji Miyamoto, Hiroka Yamago, Ryuichiro Iwasaki, Hideomi Tomida, Kenichiro Mori, Masato Kishida, Eiji Tsubouchi, Hideki Miyata, Tomoyuki Ninomiya, Hideki Kawasaki, Masashi Hirooka, Bunzo Matsuura, Masanori Abe, Yoichi Hiasa, Kojiro Michitaka, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • A case of pancreatic carcinoma in situ diagnosed by repeated pancreatic juice cytology, Takeshi Miyata, Mamoru Takenaka, Shunsuke Omoto, Ken Kamata, Kosuke Minaga, Kentaro Yamao, Hajime Imai, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • A social program for the early detection of pancreatic cancer, the Kishiwada project: A multi-center study, Hiroki Sakamoto, Satoshi Harada, Nobu Nishioka,MD, Kazuo Maeda, Takamasa Kurihara, Tateki Sakamoto, Kazuhide Higuchi, Masayuki Kitano, Yoshifumi Takeyama, Masafumi Kogire, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Hand-foot syndrome and post-progression treatment are the good predictors of better survival in advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib: a multicenter study., Chikara Ogawa, Masahiro Morita, Akina Omura, Teruyo Noda, Atsushi Kubo, Toshihiro Matsunaka, Hiroyuki Tamaki, Mitsushige Shibatoge, Akemi Tsutsui, Tomonori Senoh, Takuya Nagano, Kouichi Takaguchi, Joji Tani, Asahiro Morishita, Hirohito Yoneyama MD,PhD, Tsutomu Masaki, Akio Moriya, Masaharu Ando, Akihiro Deguchi, Yasutaka Kokudo, Yasunori Minami, Kazuomi Ueshima, Toshiharu Sakurai, Naoshi Nishida, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • EUS-guided pancreatic duct drainage for repeat pancreatitis in a patient with pancreatic cancer., Ken Kamata, Mamoru Takenaka, Kosuke Minaga, Toshiharu Sakurai, Tomohiro Watanabe, Naoshi Nishida, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Detection of High-grade pancreatic intraepithelial neoplasia without morphological changes of the main pancreatic duct over long period: Importance for close follow-up for confirmation., Kentaro Yamao, Mamoru Takenaka, Atsushi Nakai, Shunske Omoto, Ken Kamata, Kosuke Minaga, Takeshi Miyata, Hajime Imai, Toshiharu Sakurai, Tomohiro Watanabe, Naoshi Nishida, Ippei Matsumoto, Yosihumi Takeyama, Takaaki Chikugo, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Primary hepatic adenosquamous carcinoma associated with primary sclerosing cholangitis., Kentaro Yamao, Mamoru Takenaka, Hajime Imai, Atsushi Nakaia, Shunske Omoto, Ken Kamata, Kosuke Minaga, Takeshi Miyata, Toshiharu Sakurai, Tomohiro Watanabe, Naoshi Nishida, Ippei Matsumoto, Yosihumi Takeyama, Takaaki Chikugo, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Needle tract seeding: an overlooked rare complication of endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Association between the risk factors for pancreatic ductal adenocarcinoma and those for malignant intraductal papillary mucinous neoplasm, Ken Kamata, Mamoru Takenaka, Atsushi Nakai, Shunsuke Omoto, Takeshi Miyata, Kosuke Minaga, Tomohiro Matsuda, Kentaro Yamao, Hajime Imai, Yasutaka Chiba, Toshiharu Sakurai, Tomohiro Watanabe, Naoshi Nishida, Takaaki Chikugo, Ippei Matsumoto, Yoshifumi Takeyama, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Utility of endoscopic ultrasound-guided hepaticogastrostomy with antegrade stenting for malignant biliary obstruction after failed endoscopic retrograde cholangiopancreatography., Hajime Imai, Mamoru Takenaka, Shunsuke Omoto, Ken Kamata, Takeshi Miyata, Kosuke Minaga, Kentaro Yamao, Toshihiko Sakurai, Naoshi Nishida, Tomohiro Watanabe, Masayuki Kitano, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Chronic Pancreatitis finding by Endoscopic Ultrasonography in the Pancreatic Parenchyma of IPMNs is Associated with Invasive IPMC, Oncology, Supple, in press,   2017年, 査読有り
  • Characterization of pancreatic tumors with quantitative perfusion analysis in contrast-enhanced harmonic EUS., Shunsuke Omoto, Mamoru Takenaka, Masayuki Kitano, Takeshi Miyata, Ken Kamata, Kosuke Minaga, Tadaaki Arizumi, Kentaro Yamao, Hajime Imai, Hiroki Sakamoto, Yogesh Harwani, Toshiharu Sakurai, Tomohiro Watanabe, Naoshi Nishida, Yoshifumi Takeyama, Yasutaka Chiba, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • The feasibility of 18-mm diameter colonic stents for obstructive colorectal cancers, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Magnifying narrow band imaging (NBI) for the diagnosis of localized colorectal lesions using the Japan NBI Expert Team (JNET) classification., Yoriaki Komeda, Hiroshi Kashida, Toshiharu Sakurai, Yutaka Asakuma, George Tribonias, Tomoyuki Nagai, Masashi Kono, Kosuke Minaga, Mamoru Takenaka, Tadaaki Arizumi, Satoru Hagiwara, Shigenaga Matsui, Tomohiro Watanabe, Naoshi Nishida, Takaaki Chikugo, Yasutaka Chiba, Masatoshi Kudo, Oncology, Supple, in press,   2017年, 査読有り
  • Risk factors for post-operative bleeding in endoscopic submucosal dissection for colorectal tumors., Kazuki Okamoto, Tomohiro Watanabe, Yoriaki Komeda, Tatsuya Kono, Kouta Takashima, Ayana Okamoto, Masashi Kono, Mitsunari Yamada, Tadaaki Arizumi, Ken Kamata, Kosuke Minaga, Kentaro Yamao, Tomoyuki Nagai, Yutaka Asakuma, Mamoru Takenaka, Toshiharu Sakurai, Shigenaga Matsui, Naoshi Nishida, Takaaki, Chikugo, Hiroshi Kashida, Masatoshi Kudo, Oncology, in press,   2017年, 査読有り
  • Computer-aided diagnosis based on convolutional neural network system for colorectal polyp classification:, Yoriaki Komeda, Hisashi Handa, Tomohiro Watanabe, Takanobu Nomura, Misaki Kitahashi, Toshiharu Sakurai, Ayana Okamoto, Tomohiro Minami, Masashi Kono, Tadaaki Arizumi, Mamoru Takenaka, Satoru Hagiwara, Shigenaga Matsui, Naoshi Nishida, Hiroshi Kashida, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Prophylactic Suturing Closure is Recommended after Endoscopic Treatment of Colorectal Tumors in Patients with Antiplatelet/Anticoagulant Therapy., Toshiharu Sakurai, Teppei Adachi, Masashi Kono, Tadaaki Arizumi, Ken Kamata, Kosuke Minaga, Kentaro Yamao, Yoriaki Komeda, Mamoru Takenaka, Satoru Hagiwara, Tomohiro Watanabe, Naoshi Nishida, Hiroshi Kashida, Masatoshi, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Tomohiro Watanabe, Naoshi Nishida, Hiroshi Kashida, Masatoshi Kudo: Clinical significance of Bmi1 expression in inflammatory bowel disease., Mitsunari Yamada, Toshiharu Sakurai, Yoriaki Komeda, Tomoyuki Nagai, Ken Kamata, Kosuke Minaga, Kentaro Yamao, Mamoru Takenaka, Satoru Hagiwara, Shigenaga Matsui, Tomohiro Watanabe, Naoshi Nishida, Hiroshi Kashida, Masatoshi Kudo, Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Comparative study of clarithromycin vs. metronidazole-based triple therapy as first-line eradication for Helicobacter pylori., Teppei Adachi, Shigenaga Matsui, Tomohiro Watanabe, Kazuki Okamoto, Ayana Okamoto, Masashi Kono, Mitsunari Yamada, Tomoyuki Nagai, Yoriaki Komeda, Kosuke Minaga, Ken Kamata, Kentaro Yamao, Mamoru Takenaka, Yutaka Asakuma, Toshiharu Sakurai, Naoshi Nishida, Hiroshi Kashida, Masatoshi Kudo, Oncology , Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • linical analysis of esophageal stricture in patients treated with intra-lesional triamcinolone injection post endoscopic submucosal dissection for superficial esophageal cancer., Oncology, Suppl, in press,   2017年, 査読有り
  • Preface: New Paradigm in Gastrointestinal Cancer Treatment, 工藤正俊, Oncology, Supple, in press,   2017年, 査読有り
  • Role of immune checkpoint blockade in the treatment for human hepatocellular carcinoma., Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Sorafenib-regorafenib sequential therapy in advanced hepatocellular carcinoma: a single-institute experience., Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Hepatic function during repeated TACE procedures and prognosis after introducing sorafenib in patients with unresectable HCC – multicenter analysis., Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Hemodynamic Changes on Cone-Beam Computed Tomography during Balloon-Occluded Transcatheter Arterial Chemoembolization Using Miriplatin for Hepatocellular Carcinoma: A Preliminary Study., Ishikawa T, Imai M, Owaki T, Sato H, Nozawa Y, Sano T, Iwanaga A, Seki K, Honma T, Yoshida T, Kudo M., Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Time to transcatheter arterial chemoembolization refractoriness in patients with hepatocellular carcinoma in Kinki criteria stages B1 and B2., Arizumi T, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Kamata K, Minaga K, Komeda Y, Takenaka M, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M., Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Impact of Tumor Factors on survival in Patients with Hepatocellular Carcinoma classified based on Kinki Criteria Stage B2., Arizumi T, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Kamata K, Minaga K, Komeda Y, Takenaka M, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Non-hypervascular hypointense hepatic nodules during the hepatobiliary phase of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI as a risk factor of intrahepatic distant recurrence after radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma., Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Hepatocellular carcinoma after achievement of sustained viral response with daclatasvir and asunaprevir in patients with chronic hepatitis C virus infection., Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Unique characteristics associated with sustained liver damage in chronic hepatitis C patients treated with direct acting antivirals., Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Hepatocarcinogenesis is associated with serum albumin levels after sustained virological responses with interferon based therapy in patients with hepatitis C., Umehara Y, Hagiwara S, Nishida N, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Chishina H, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Watanabe T, Kudo M., Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Comparison of Sofosbuvir plus Ribavirin treatment with pegylated interferon plus Ribavirin treatment for chronic hepatitis C genotype 2., Seo K, Kim SK, Kim SR, Ohtani A, Kobayashi M, Kato A, Morimoto E, Saijo Y, Kim KI, Imoto S, Kim CW, Yano Y, Kudo M, Hayashi Y, in press,   2017年, 査読有り
  • Serum IFN-λ3 levels correlate with serum HCV RNA levels in symptomatic patients with acute hepatitis C., Imoto S, Kim SR, Amano K, Iio E, Yoon S, Hirohata S, Yano Y, Ishikawa T, Katsushima S, Komeda T, Fukunaga T, Chung H, Kokuryu H, Horie Y, Hatae T, Fujinami A, Kim SK, Kudo M, Tanaka Y, Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Ability of cytokeratin-18 fragments and FIB-4 index to diagnose overall and mild fibrosis nonalcoholic steatohepatitis in Japanese nonalcoholic fatty liver disease patients., Kobayashi N, Kumada T, Toyoda H, Tada T, Ito T, Kage M, Okanoue T, Kudo M, Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Diagnosis of fibrosis and activity by a combined use of strain and shear wave imaging in patients with liver disease., Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Clinicopathological study of autoimmune hepatitis cases that were difficult to differentiate from drug-induced liver injury., Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Abdominal ultrasound findings of tumor-forming hepatic malignant lymphoma, Kitahata S, Hiraoka A, Kudo M, Murakami T, Ochi M, Izumoto H, Ueki H, Kaneto M, Aibiki T, Okudaira T, Yamago H, Miyamoto Y, Iwasaki R, Tomida H, Mori K, Kishida M, Miyata H, Tsubouchi E, Hirooka M, Koizumi Y, Ninomiya T, Hiasa Y, Michitaka K, Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Impact of age on survival in patients undergoing resection of hepatocellular carcinoma: report of a Japanese nationwide survey., J Hepatol, in press,   2017年, 査読有り
  • Nucleotide-binding oligomerization domain 1 andgastrointestinal disorders., Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci, in press,   2017年, 査読有り
  • Identification of a HBx mutation that enhances human hepatocarcinogenesis through the activation of the JNK and Wnt pathways., BMC Cancer, in press,   2017年, 査読有り
  • Treatment response and tolerability in elderly patients with chronic hepatitis C: subgroup analysis in ReGIT-J study. , Acta Gastro-Ent Belg, in press,   2017年, 査読有り
  • Second IA of the GIDEON (Global Investigation of therapeutic DEcisions in HCC and Of its treatment with sorafeNib) non-interventional study, Liver Int, in press,   2017年, 査読有り
  • Achievement of long-term stent patency in endoscopic ultrasonography-guided right bile duct drainage after left hepatic lobectomy (with video), Endosc Ultrasound, in press,   2017年, 査読有り
  • New Era in the Treatment of Chronic Liver Diseases and Liver Cancer, Digest Dis, in press,   2017年, 査読有り
  • Endoscopic Treatment of Tracheoesophageal Fistula using the Over-The-Scope-Clip System., Ann Gastol, 30, 578, 578,   2017年, 査読有り
  • アミロイドーシスを疑う胃病変., 松井繁長, 樫田博史, 河野匡史, 岡元寿樹, 米田頼晃, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 渡邉智裕, 工藤正俊, 消化器内視鏡, 29, 4, 756, 758,   2017年, 査読有り
  • IgG4-Related Disease and Innate Immunity., Watanabe T, Yamashita K, Kudo M, Current topics in microbiology and immunology, 401, 115, 128,   2017年, 査読有り
  • Immune Checkpoint Inhibition in Hepatocellular Carcinoma: Basics and Ongoing Clinical Trials., Kudo M, Oncology, 92 Suppl 1, 50, 62,   2017年, 査読有り
  • A case of successful transluminal drainage of walled-off necrosis under contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography guidance., Minaga K, Takenaka M, Omoto S, Miyata T, Kamata K, Yamao K, Imai H, Watanabe T, Kitano M, Kudo M, Journal of medical ultrasonics (2001),   2017年03月, 査読有り
  • The ALBI grade provides objective hepatic reserve estimation across each BCLC stage of hepatocellular carcinoma., Pinato DJ, Sharma R, Allara E, Yen C, Arizumi T, Kubota K, Bettinger D, Jang JW, Smirne C, Kim YW, Kudo M, Howell J, Ramaswami R, Burlone ME, Guerra V, Thimme R, Ishizuka M, Stebbing J, Pirisi M, Carr BI, J Hepatol, 66, 2, 338, 346,   2017年02月, 査読有り
  • Contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography for differential diagnosis of submucosal tumors of the upper gastrointestinal tract., Kamata K, Takenaka M, Kitano M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Chikugo T, Chiba Y, Imamoto H, Yasuda T, Lisotti A, Fusaroli P, Kudo M, Journal of gastroenterology and hepatology,   2017年02月, 査読有り
  • Endoscopic ultrasound-guided gallbladder drainage for acute cholecystitis: long-term outcomes after removal of a self-expandable metal stent, Kamata K, Takenaka M, Kitano M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, World J Gastroenterol, 23, 4, 661, 667,   2017年01月, 査読有り
  • Validation of serological models for staging and prognostication of HCC in patients from a Japanese nationwide survey., Toyoda H, Tada T, Johnson PJ, Izumi N, Kadoya M, Kaneko S, Kokudo N, Ku Y, Kubo S, Kumada T, Matsuyama Y, Nakashima O, Sakamoto M, Takayama T, Kudo M, Liver Cancer Study Group of Japan., Journal of gastroenterology,   2017年02月, 査読有り
  • Albumin-bilirubin (ALBI) grade as part of the evidence-based clinical practice guideline for HCC of the Japan Society of Hepatology: a comparison with the liver damage and Child-Pugh classifications, Hiraoka A, Kumada T, Kudo M, Hirooka M, Tsuji K, Itobayashi E, Kariyama K, Ishikawa T, Tajiri K, Ochi H, Tada T, Toyoda H, Nouso K, Joko K, Kawasaki H, Hiasa Y, Michitaka K, Real-Life Practice Experts for HCC (RELPEC) Study Group and HCC 48 Group (hepatocellular carcinoma experts from 48 clinics)., Liver Cancer , 6, 3, 204, 215,   2017年06月, 査読有り
  • The albumin-bilirubin grade improves hepatic reserve estimation post-sorafenib failure: implications for drug development, Pinato DJ, Yen C, Bettinger D, Ramaswami R, Arizumi T, Ward C, Pirisi M, Burlone ME, Thimme R, Kudo M, Sharma R, Aliment Pharm Ther , 45, 5, 714, 722,   2017年03月, 査読有り
  • CD68-positive cells in hepatic angiomyolipoma, Tochio H, Tamaki E, Imai Y, Iwasaki N, Minowa K, Chung H, Suginoshita Y, Inokuma T, Kudo M, Oncology, 92, 35, 39,   2017年, 査読有り
  • 膵癌早期診断におけるEUSの役割, 鎌田 研, 竹中 完, 北野雅之, 大本俊介, 三長孝輔, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊, 膵臓, 32, 38, 44,   2017年, 査読有り
  • Immunological microenvironment of hepatocellular carcinoma and its clinical implication, Nishida N, Kudo M, nment of hepatocellular carcinoma and its clinical implication. , 92, 40, 49,   2017年, 査読有り
  • IPMN経過観察におけるEUSの有用性. 特集「今IPMNをどう診るか」, 鎌田 研, 竹中 完, 北野雅之, 工藤正俊, 肝胆膵, 74, 583, 586,   2017年, 査読有り
  • Albumin-Bilirubin grade and hepatocellular carcinoma treatment algorithm, 工藤正俊, Liver Cancer, 6, 3, 185, 188,   2017年06月, 査読有り
  • Influence of liver inflammation on liver stiffness measurement in patients with autoimmune hepatitis evaluation by combinational elastography, Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Hagiwara S, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 92, 10, 15,   2017年, 査読有り
  • A new era of systemic therapy for hepatocellular carcinoma with regorafenib and lenvatinib, 工藤正俊, Liver Cancer, 6, 3, 177, 184,   2017年06月, 査読有り
  • A new horizon in liver disease, 工藤正俊, Oncology, 92, 1, 2,   2017年, 査読有り
  • Outcome of combination therapy with sofosbuvir and ledipasvir for chronic type C liver disease, Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M, Oncology, 92, 3, 9,   2017年, 査読有り
  • Malignant transformation of hepatocellular adenoma, Kwok WY, Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Kono M, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Enoki E, Nakai T, Kumabe T, Nakashima O, Kondo F, Kudo M, Oncology , 92, 16, 28,   2017年, 査読有り
  • Contrast-enhanced tissue harmonic imaging versus phase inversion harmonic sonographic imaging for the delineation of hepatocellular carcinomas, Kono M, Minami Y, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Komeda Y, Sakurai T, Takita M, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 92, 29, 34,   2017年, 査読有り
  • Regorafenib for patients with hepatocellular carcinoma who progressed on sorafenib treatment (RESORCE): a randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial, Bruix J, Qin S, Merle P, Granito A, Huang YH, Bodoky G, Pracht M, Yokosuka O, Rosmorduc O, Breder V, Gerolami R, Masi G, Ross PJ, Song T, Bronowicki JP, Ollivier-Hourmand I, Kudo M, Cheng AL, Llovet JM, Finn RS, LeBerre MA, Baumhauer A, Meinhardt G, Han G, RESORCE Investigators., Lancet, 389, 10064, 56, 66,   2017年01月, 査読有り
  • Stress response protein RBM3 promotes the development of colitis-associated cancer, Sakurai T, Kashida H, Komeda Y, Nagai T, Hagiwara S, Watanabe T, Kitano M, Nishida N, Fujita J, Kudo M, Inflamm Bowel Dis, 23, 1, 57, 65,   2017年01月, 査読有り
  • Immune Checkpoint Blockade in Hepatocellular Carcinoma: 2017 Update., Kudo M, Liver cancer, 6, 1, 1, 12,   2016年11月, 査読有り
  • Factors predicting through-the-scope gastroduodenal stenting outcomes in patients with gastric outlet obstruction: a large multicenter retrospective study in West Japan, Yamao K, Kitano M, Kayahara T, Ishida E, Yamamoto H, Minaga K, Yamashita Y, Nakajima J, Asada M, Okabe Y, Osaki Y, Chiba Y, Imai H, Kudo M, Gastrointest Endosc, 84, 5, 757, 763,   2016年11月, 査読有り
  • Removal of diminutive colorectal polyps: a prospective randomized clinical trial between cold snare polypectomy and hot forceps biopsy, Komeda Y, Kashida H, Sakurai T, Tribonias G, Okamoto K, Kono M, Yamada M, Adachi T, Mine H, Nagai T, Asakuma Y, Hagiwara S, Matsui S, Watanabe T, Kitano M, Chikugo T, Chiba Y, Kudo M, World J Gastroenterol, 23, 2, 328, 335,   2017年01月, 査読有り
  • Diagnosis of hepatocellular carcinoma with non-invasive imaging: a plea for worldwide adoption of standard and precise terminology for describing enhancement criteria, Piscaglia F, Kudo M, Han KH, Sirlin C, Ultraschall Med, 38, 1, 9, 11,   2017年01月, 査読有り
  • MicroRNAs for the prediction of early response to sorafenib treatment in human hepatocellular carcinoma, Nishida N, Arizumi T, Hagiwara S, Ida H, Sakurai T, Kudo M, Liver Cancer, 6, 2, 113, 125,   2017年02月, 査読有り
  • Nucleotide-binding oligomerization domain 1 acts in concert with the cholecystokinin receptor agonist, cerulein, to induce IL-33-dependent chronic pancreatitis., Watanabe T, Sadakane Y, Yagama N, Sakurai T, Ezoe H, Kudo M, Chiba T, Strober W, Mucosal immunology, 9, 5, 1234, 1249,   2016年09月, 査読有り
  • Unique features associated with hepatic oxidative DNA damage and DNA methylation in non-alcoholic fatty liver disease., Nishida N, Yada N, Hagiwara S, Sakurai T, Kitano M, Kudo M, Journal of gastroenterology and hepatology, 31, 9, 1646, 1653,   2016年09月, 査読有り
  • Risk of Hepatocellular Carcinoma in Patients with Hepatitis C Virus Who Achieved Sustained Virological Response., Kudo M, Liver cancer, 5, 3, 155, 161,   2016年07月, 査読有り
  • Reply., Hagiwara S, Nishida N, Kudo M, Hepatology (Baltimore, Md.), 64, 1, 306,   2016年07月, 査読有り
  • Combined sequential use of HAP and ART scores to predict survival outcome and treatment failure following chemoembolization in hepatocellular carcinoma: a multi-center comparative study, Pinato DJ, Arizumi T, Jang JW, Allara E, Suppiah PI, Smirne C, Tait P, Pai M, Grossi G, Kim YW, Pirisi M, Kudo M, Sharma R, Oncotarget , 7, 28, 44705, 44718,   2016年07月, 査読有り
  • Second-line ramucirumab therapy for advanced hepatocellular carcinoma (REACH): an East Asian and non-East Asian subgroup analysis, Park JO, Ryoo BY, Yen CJ, Kudo M, Yang L, Abada PB, Cheng R, Orlando M, Zhu AX, Okusaka T, Oncotarget , 7, 46, 75482, 75491,   2016年11月, 査読有り
  • Safety and efficacy of sorafenib in Japanese patients with hepatocellular carcinoma in clinical practice: a subgroup analysis of GIDEON, Kudo M, Ikeda M, Takayama T, Numata K, Izumi N, Furuse J, Okusaka T, Kadoya M, Yamashita S, Ito Y, Kokudo N, J Gastroenterol, 51, 12, 1150, 1160,   2016年12月, 査読有り
  • Observational registry of sorafenib use in clinical practice across Child-Pugh subgroups: the GIDEON study, Marrero JA, Kudo M, Venook AP, Ye SL, Bronowicki JP, Chen XP, Dagher L, Furuse J, Geschwind JH, de Guevara LL, Papandreou C, Takayama T, Sanyal AJ, Yoon SK, Nakajima K, Lehr R, Heldner S, Lencioni R, J Hepatol, 65, 6, 1140, 1147,   2016年12月, 査読有り
  • Hepatocellular carcinoma: therapeutic guidelines and medical treatment, Kudo M, Trevisani F, Abou-Alfa GK, Rimassa L, Liver Cancer , 6, 1, 16, 26,   2016年11月, 査読有り
  • Molecular targeted agents for hepatocellular carcinoma: current status and future perspectives, 工藤正俊, Liver Cancer, 6, 2, 101, 112,   2017年02月, 査読有り
  • Ramucirumab as Second-Line Treatment in Patients With Advanced Hepatocellular Carcinoma: Analysis of REACH Trial Results by Child-Pugh Score., Zhu AX, Baron AD, Malfertheiner P, Kudo M, Kawazoe S, Pezet D, Weissinger F, Brandi G, Barone CA, Okusaka T, Wada Y, Park JO, Ryoo BY, Cho JY, Chung HC, Li CP, Yen CJ, Lee KD, Chang SC, Yang L, Abada PB, Chau I, JAMA oncology,   2016年09月, 査読有り
  • Predictors of pain response in patients undergoing endoscopic ultrasound-guided neurolysis for abdominal pain caused by pancreatic cancer., Minaga K, Kitano M, Sakamoto H, Miyata T, Imai H, Yamao K, Kamata K, Omoto S, Kadosaka K, Sakurai T, Nishida N, Chiba Y, Kudo M, Therapeutic advances in gastroenterology, 9, 4, 483, 494,   2016年07月, 査読有り
  • Survival Benefit of Locoregional Treatment for Hepatocellular Carcinoma with Advanced Liver Cirrhosis., Kitai S, Kudo M, Nishida N, Izumi N, Sakamoto M, Matsuyama Y, Ichida T, Nakashima O, Matsui O, Ku Y, Kokudo N, Makuuchi M, Liver Cancer Study Group of Japan., Liver cancer, 5, 3, 175, 189,   2016年07月, 査読有り
  • Reply., Hagiwara S, Nishida N, Kudo M, Hepatology (Baltimore, Md.), 63, 5, 1744, 1745,   2016年05月, 査読有り
  • TACE Treatment in Patients with Sorafenib-treated Unresectable Hepatocellular Carcinoma in Clinical Practice: Final Analysis of GIDEON., Geschwind JF, Kudo M, Marrero JA, Venook AP, Chen XP, Bronowicki JP, Dagher L, Furuse J, Ladrón de Guevara L, Papandreou C, Sanyal AJ, Takayama T, Ye SL, Yoon SK, Nakajima K, Lehr R, Heldner S, Lencioni R, Radiology, 279, 2, 630, 640,   2016年05月, 査読有り
  • Epigenetic regulation and development of hepatocellular carcinoma., Nishida N, Kudo M, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 113, 5, 775, 784,   2016年05月, 査読有り
  • Gastric Perineurioma., Matsui S, Kashida H, Kudo M, The American journal of gastroenterology, 111, 4, 453,   2016年04月, 査読有り
  • Breakthrough Imaging in Hepatocellular Carcinoma., Kudo M, Liver cancer, 5, 1, 47, 54,   2016年02月, 査読有り
  • Defect Reperfusion Imaging with Sonazoid®: A Breakthrough in Hepatocellular Carcinoma., Kudo M, Liver cancer, 5, 1, 1, 7,   2016年02月, 査読有り
  • Kupffer phase image of Sonazoid-enhanced US is useful in predicting a hypervascularization of non-hypervascular hypointense hepatic lesions detected on Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI: a multicenter retrospective study., Inoue T, Hyodo T, Korenaga K, Murakami T, Imai Y, Higaki A, Suda T, Takano T, Miyoshi K, Koda M, Tanaka H, Iijima H, Ochi H, Hirooka M, Numata K, Kudo M, Journal of gastroenterology, 51, 2, 144, 152,   2016年02月, 査読有り
  • Proposal of a new staging system for intrahepatic cholangiocarcinoma: Analysis of surgical patients from a nationwide survey of the Liver Cancer Study Group of Japan., Sakamoto Y, Kokudo N, Matsuyama Y, Sakamoto M, Izumi N, Kadoya M, Kaneko S, Ku Y, Kudo M, Takayama T, Nakashima O, Liver Cancer Study Group of Japan., Cancer, 122, 1, 61, 70,   2016年01月, 査読有り
  • Contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography for differential diagnosis of pancreatic cysts., Kamata K, Kitano M, Omoto S, Kadosaka K, Miyata T, Yamao K, Imai H, Sakamoto H, Harwani Y, Chikugo T, Chiba Y, Matsumoto I, Takeyama Y, Kudo M, Endoscopy, 48, 1, 35, 41,   2016年01月, 査読有り
  • Inclusion of Journal of Medical Ultrasonics in MEDLINE., Kudo M, Kanai H, Journal of medical ultrasonics (2001), 43, 1, 163,   2016年01月, 査読有り
  • Hepaticogastrostomy guided by real-time contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography: a novel technique., Minaga K, Kitano M, Yoshikawa T, Omoto S, Kamata K, Yamao K, Kudo M, Endoscopy, 48 Suppl 1, E228, 9,   2016年, 査読有り
  • Safety, Tolerability, and Efficacy of Sofosbuvir Plus Ribavirin in Elderly Patients Infected with Hepatitis C Virus Genotype 2., Nishida N, Kono M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 632, 639,   2016年, 査読有り
  • Cases with Refractory Ascites and a Delayed Response to Tolvaptan., Hagiwara S, Nishida N, Chishina H, Ida H, Sakurai T, Komeda Y, Kitano M, Kudo M, Internal medicine (Tokyo, Japan), 55, 22, 3273, 3277,   2016年, 査読有り
  • Randomized, open-label phase 2 study comparing frontline dovitinib versus sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma, Cheng AL, Thongprasert S, Lim HY, Sukeepaisarnjaroen W, Yang TS, Wu CC, Chao Y, Chan SL, Kudo M, Ikeda M, Kang YK, Pan H, Numata K, Han G, Balsara B, Zhang Y, Rodriguez AM, Zhang Y, Wang Y, Poon RT, Hepatology, 64, 3, 774, 784,   2016年09月, 査読有り
  • 抗血栓薬服用患者における検査・治療について, 青山真吾, 足立哲平, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 近畿大学医学雑誌, 41, 129, 134,   2016年, 査読有り
  • EUSガイド下胆嚢ドレナージ術, 竹中 完, 北野雅之, 鎌田 研, 三長孝輔, 大本俊介, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊, 消化器内視鏡 , 28, 1669, 1678,   2016年, 査読有り
  • 超音波内視鏡下胆管ドレナージ-最近の展開-, 北野雅之, 三長孝輔, 今井 元, 工藤正俊, 胆道, 30, 689, 698,   2016年, 査読有り
  • Survival benefit of liver resection for hepatocellular carcinoma associated with portal vein invasion, Kokudo T, Hasegawa K, Matsuyama Y, Takayama T, Izumi N, Kadoya M, Kudo M, Ku Y, Sakamoto M, Nakashima O, Kaneko S, Kokudo N, Liver Cancer Study Group of Japan., J Hepatol , 65, 5, 938, 943,   2016年11月, 査読有り
  • Through-the-mesh technique after endoscopic ultrasonography-guided hepaticogastrostomy: a novel re-intervention method, Minaga K, Takenaka M, Miyata T, Ueda Y, Kitano M, Kudo M, Endoscopy, 48, S 01, 369, 370,   2016年, 査読有り
  • WONに対する内視鏡的ドレナージ, 三長孝輔, 北野雅之, 竹山宜典, 大本俊介, 宮田 剛, 鎌田 研, 山雄健太郎, 工藤正俊, 肝胆膵, 73, 41, 51,   2016年, 査読有り
  • Bile duct adenoma in patient with chronic hepatitis C: As a benign neoplasm by pathological and imaging studies, Kim SK, Kim SR, Imoto S, Kim CW, Matsuoka T, Nakashima O, Sasaki M, Kumabe T, Kudo M, Fukusato T, Kondo F, Pathol Int, 66, 11, 640, 642,   2016年11月, 査読有り
  • 急性膵炎診療における地域連携モデルの構築, 大本俊介, 北野雅之, 工藤正俊, 松本逸平, 竹山宜典, 肝胆膵, 72, 1003, 1007,   2016年, 査読有り
  • Survival analysis over 28 years of 173,378 patients with hepatocellular carcinoma in Japan, Kudo M, Izumi N, Sakamoto M, Matsuyama Y, Ichida T, Nakashima O, Matsui O, Ku Y, Kokudo N, Makuuchi M, Liver Cancer Study Group of Japan., Liver Cancer, 5, 3, 190, 197,   2016年07月, 査読有り
  • Needle-tract seeding on the proximal gastric wall after EUS-guided fine-needle aspiration of a pancreatic mass, Minaga K, Kitano M, Enoki E, Kashida H, Kudo M, Am J Gastroenterol, 111, 11, 1515,   2016年11月, 査読有り
  • Acute spinal cord infarction after EUS-guided celiac plexus neurolysis, Minaga K, Kitano M, Imai H, Miyata T, Kudo M, Gastrointest Endosc, 83, 5, 1039, 1040,   2016年05月, 査読有り
  • Evaluation of anti-migration properties of biliary covered self-expandable metal stents, Minaga K, Kitano M, Imai H, Harwani Y, Yamao K, Kamata K, Miyata T, Omoto S, Kadosaka K, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, World J Gastroenterol , 22, 30, 6917, 6924,   2016年08月, 査読有り
  • Prognostic sub-classification of intermediate-stage hepatocellular carcinoma: a multicenter cohort study with propensity score analysis, Ramaswami R, Pinato DJ, Kubota K, Ishizuka M, Arizumi T, Kudo M, Jang JW, Kim YW, Pirisi M, Allara E, Sharma R, Med Oncol, 33, 10, 114, 121,   2016年10月, 査読有り
  • Feasibility of extracted-overlay fusion imaging for intraoperative treatment evaluation of radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma, Makino Y, Imai Y, Igura T, Kogita S, Sawai Y, Fukuda K, Iwamoto T, Okabe J, Takamura M, Fujita N, Hori M, Takehara T, Kudo M, Murakami T, Liver Cancer, 5, 4, 269, 279,   2016年10月, 査読有り
  • Regorafenib as second-line systemic therapy may change the treatment strategy and management paradigm for hepatocellular carcinoma, 工藤正俊, Liver Cancer, 5, 4, 235, 244,   2016年10月, 査読有り
  • Sorafenib plus hepatic arterial infusion chemotherapy with cisplatin versus sorafenib for advanced hepatocellular carcinoma: Randomized phase II trial, Ikeda M, Shimizu S, Sato T, Morimoto M, Kojima Y, Inaba Y, Hagihara A, Kudo M, Nakamori S, Kaneko S, Sugimoto R, Tahara T, Ohmura T, Yasui K, Sato K, Ishii H, Furuse J, Okusaka T, Ann Oncol, 27, 11, 2090, 2096,   2016年11月, 査読有り
  • Impact of tight junction protein ZO-1 and TWIST expression on post-operative survival of patients with hepatocellular carcinoma, Nagai T, Arao T, Nishio K, Matsumoto K, Hagiwara S, Sakurai T, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Sakai K, Saijo N, Kudo K, Kaneda H, Tamura D, Aomatsu K, Kimura H, Fujita Y, Haji S, Kudo M, Digest Dis, 34, 6, 702, 707,   2016年, 査読有り
  • Comparison of two-dimensional shear wave elastography and real-time tissue elastography for assessing liver fibrosis in chronic hepatitis B, Wu T, Wang P, Zhang T, Zheng J, Li S, Zeng J, Kudo M, Zheng R, Digest Dis, 34, 6, 640, 649,   2016年, 査読有り
  • 肝細胞癌に対する分子標的治療薬開発の現状と将来展望, 工藤正俊, 医学あゆみ, 258, 537, 543,   2016年, 査読有り
  • Validation of Kinki criteria, a modified substaging system, in patients with intermediate stage hepatocellular carcinoma, Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Sakurai T, Kitano M, Nishida N, Kudo M, Digest Dis, 34, 6, 671, 678,   2016年, 査読有り
  • Comparison of contrast-enhanced ultrasound and Gadolinium-Ethoxybenzyl-Diethylenetriamine Pentaacetic Acid-enhanced MRI for the diagnosis of macroscopic type of hepatocellular carcinoma, Iwamoto T, Imai Y, Kogita S, Igura T, Sawai Y, Fukuda K, Yamaguchi Y, Matsumoto Y, Nakahara M, Morimoto O, Seki Y, Ohashi H, Fujita N, Kudo M, Takehara T, Digest Dis, 34, 6, 679, 686,   2016年, 査読有り
  • Efficacy and safety of sofosbuvir plus ribavirin treatment for patients with chronic hepatitis C genotype 2, Sugimoto K, Kim SK, Kim SR, Kobayashi M, Kato A, Morimoto E, Imoto S, Kim CW, Tanaka Y, Kudo M, Yano Y, Hayashi Y, Digest Dis, 34, 6, 627, 631,   2016年, 査読有り
  • Radiofrequency ablation guided by contrast-enhanced sonography versus B-mode sonography for hepatocellular carcinoma after transcatheter arterial chemoembolization, Kawasaki T, Hata KY, Kinoshita D, Takayama M, Okuda H, Mizuno S, Kudo M, Digest Dis, 34, 6, 692, 695,   2016年, 査読有り
  • Prospective risk analysis of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C by ultrasound strain elastography, Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Hagiwara S, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Digest Dis, 34, 6, 650, 653,   2016年, 査読有り
  • Coffee intake and liver enzyme association in Korean immigrants and Japanese: a comprehensive cross-sectional study, Kim SK, Shin MH, Sugimoto K, Kim SR, Imoto S, Kim KI, Taniguchi M, Oh HK, Yano Y, Hayashi Y, Kudo M, Digest Dis, 34, 6, 665, 670,   2016年, 査読有り
  • Recent trends in the management of hepatocellular carcinoma with special emphasis on treatment with regorafenib and immune checkpoint inhibitors, 工藤正俊, Digest Dis, 34, 6, 714, 730,   2016年, 査読有り
  • EUS-guided gallbladder drainage for rescue treatment of malignant distal biliary obstruction after unsuccessful ERCP, Imai H, Kitano M, Omoto S, Kadosaka K, Kamata K, Miyata T, Yamao K, Sakamoto H, Harwani Y, Kudo M, Gastrointest Endosc, 84, 1, 147, 151,   2016年07月, 査読有り
  • Prediction of embolization area after conventional transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma using SYNAPSE VINCENT, Ogawa C, Minami Y, Morita M, Noda T, Arasawa S, Izuta M, Kubo A, Matsunaka T, Tamaki H, Shibatoge M, Kudo M, Digest Dis, 34, 6, 696, 701,   2016年, 査読有り
  • US-US fusion imaging in radiofrequency ablation for liver metastases, Minami Y, Minami T, Chishina H, Kono M, Arizumi T, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Digest Dis , 34, 6, 687, 691,   2016年, 査読有り
  • Regional differences in sorafenib-treated patients with hepatocellular carcinoma: GIDEON observational study, Kudo M, Lencioni R, Marrero JA, Venook AP, Bronowicki JP, Chen XP, Dagher L, Furuse J, Geschwind JF, Ladrón de Guevara L, Papandreou C, Sanyal AJ, Takayama T, Yoon SK, Nakajima K, Lehr R, Heldner S, Ye SL, Liver Int, 36, 8, 1196, 1205,   2016年08月, 査読有り
  • Clinical significance of epigenetic alterations in human hepatocellular carcinoma and its association with genetic mutations, Nishida N, Kudo M, Digest Dis , 34, 6, 708, 713,   2016年, 査読有り
  • Report of the 19th follow-up survey of primary liver cancer in Japan, Kudo M, Izumi N, Ichida T, Ku Y, Kokudo N, Sakamoto M, Takayama T, Nakashima O, Matsui O, Matsuyama Y, Hepatol Res, 46, 5, 372, 390,   2016年03月, 査読有り
  • Monoethanolamine oleate sclerotherapy for polycystic liver disease, Takita M, Iwanishi M, Minami T, Kono M, Chishina H, Arizumi T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Naoshi N, Kudo M, Digest Dis, 34, 6, 654, 658,   2016年, 査読有り
  • Randomized Phase II placebo controlled study of codrituzumab in previously treated patients with advanced hepatocellular carcinoma, 工藤正俊, J Hepatol, 65, 2, 289, 295,   2016年08月, 査読有り
  • Outcome of asunaprevir/daclatasvir combination therapy for chronic liver disease type C, Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M, Digest Dis, 34, 6, 620, 626,   2016年, 査読有り
  • Urgent endoscopic ultrasound-guided choledochoduodenostomy for acute obstructive suppurative cholangitis-induced sepsis, Minaga K, Kitano M, Imai H, Yamao K, Kamata K, Miyata T, Omoto S, Kadosaka K, Yoshikawa T, Kudo M, World J Gastroenterol, 22, 16, 4264, 4269,   2016年04月, 査読有り
  • Chronic Liver diseases and liver cancer: state-of-the art progress in 2016, 工藤正俊, Digest Dis, 34, 6, 617, 619,   2016年, 査読有り
  • Clinical factors predicting the effect of tolvaptan for refractory ascites in patients with decompensated liver cirrhosis, Chishina H, Hagiwara S, Nishida N, Ueshima K, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Kono M, Minami T, Iwanishi M, Umehara Y, Watanabe T, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M, Digest Dis , 34, 6, 659, 664,   2016年, 査読有り
  • New endoscopic ultrasonography techniques for pancreaticobiliary diseases, Kamata K, Kitano M, Omoto S, Kadosaka K, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Kudo M, Ultrasonography, 35, 3, 169, 179,   2016年07月, 査読有り
  • Response, Kitano M, Imai H, Kamata K, Kudo M, Gastrointest Endosc, 83, 6, 1303,   2016年06月, 査読有り
  • Modified single transluminal gateway transcystic multiple drainage technique for a huge infected walled-off pancreatic necrosis: A case report, Minaga K, Kitano M, Imai H, Yamao K, Kamata K, Miyata T, Matsuda T, Omoto S, Kadosaka K, Yoshikawa T, Kudo M, walled-off pancreatic necrosis: A case report. , 22, 21, 5132, 5136,   2016年06月, 査読有り
  • 座談会「“免疫チェックポイント阻害剤“の基礎から臨床成績および開発動向」, 工藤正俊, 石田靖雅, 池田公史, 田中真二, 肝胆膵, 73, 429, 443,   2016年, 査読有り
  • Contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography for assessment of lymph node metastases in pancreatobiliary carcinoma, Miyata T, Kitano M, Omoto S, Kadosaka K, Kamata K, Imai H, Sakamoto H, Nisida N, Harwani Y, Murakami T, Takeyama Y, Chiba Y, Kudo M, World J Gastroenterol, 22, 12, 3381, 3391,   2016年03月, 査読有り
  • Histologic diagnosis of pancreatic masses using 25-gauge endoscopic ultrasound needles with and without a core trap: a multicenter randomized trial, Kamata K, Kitano M, Yasukawa S, Kudo M, Chiba Y, Ogura T, Higuchi K, Fukutake N, Ashida R, Yamasaki T, Nebiki H, Hirose S, Hoki N, Asada M, Yazumi S, Takaoka M, Okazaki K, Matsuda F, Okabe Y, Yanagisawa A, Endoscopy, 48, 7, 1, 7,   2016年07月, 査読有り
  • 免疫チェックポイント阻害剤の限界と課題. 特集「がん治療が変わる-免疫チェックポイント阻害剤の与えるインパクト-」, 工藤正俊, 肝胆膵, 9, 423, 427,   2016年, 査読有り
  • 肝細胞癌における免疫チェックポイント阻害剤の開発. 特集「癌治療が変わる-免疫チェックポイント阻害剤の与えるインパクト-」, 工藤正俊, 肝胆膵, 9, 401, 412,   2016年, 査読有り
  • 肝細胞癌の発生とエピゲノム制御, 西田直生志, 工藤正俊, 日本消化器病学会誌, 113, 775, 784,   2016年, 査読有り
  • Immune Checkpoint Blockade in Hepatocellular Carcinoma., Kudo M, Liver cancer, 4, 4, 201, 207,   2015年12月, 査読有り
  • Randomized phase II study of axitinib versus placebo plus best supportive care in second-line treatment of advanced hepatocellular carcinoma., Kang YK, Yau T, Park JW, Lim HY, Lee TY, Obi S, Chan SL, Qin S, Kim RD, Casey M, Chen C, Bhattacharyya H, Williams JA, Valota O, Chakrabarti D, Kudo M, Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology, 26, 12, 2457, 2463,   2015年12月, 査読有り
  • Impaired expression of ATP-binding cassette transporter G2 and liver damage in erythropoietic protoporphyria., Hagiwara S, Nishida N, Park AM, Sakurai T, Kawada A, Kudo M, Hepatology (Baltimore, Md.), 62, 5, 1638, 1639,   2015年11月, 査読有り
  • Plasmacytoid Dendritic Cell Activation and IFN-α Production Are Prominent Features of Murine Autoimmune Pancreatitis and Human IgG4-Related Autoimmune Pancreatitis., Arai Y, Yamashita K, Kuriyama K, Shiokawa M, Kodama Y, Sakurai T, Mizugishi K, Uchida K, Kadowaki N, Takaori-Kondo A, Kudo M, Okazaki K, Strober W, Chiba T, Watanabe T, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 195, 7, 3033, 3044,   2015年10月, 査読有り
  • Adjuvant sorafenib for hepatocellular carcinoma after resection or ablation (STORM): a phase 3, randomised, double-blind, placebo-controlled trial., Bruix J, Takayama T, Mazzaferro V, Chau GY, Yang J, Kudo M, Cai J, Poon RT, Han KH, Tak WY, Lee HC, Song T, Roayaie S, Bolondi L, Lee KS, Makuuchi M, Souza F, Berre MA, Meinhardt G, Llovet JM, STORM investigators., The Lancet. Oncology, 16, 13, 1344, 1354,   2015年10月, 査読有り
  • Subclassification of BCLC B Stage Hepatocellular Carcinoma and Treatment Strategies: Proposal of Modified Bolondi's Subclassification (Kinki Criteria)., Kudo M, Arizumi T, Ueshima K, Sakurai T, Kitano M, Nishida N, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 751, 758,   2015年10月, 査読有り
  • Molecular Targeted Therapy for Hepatocellular Carcinoma: Where Are We Now?, Kudo M, Liver cancer, 4, 3, I, VII,   2015年09月, 査読有り
  • Locoregional Therapy for Hepatocellular Carcinoma., Kudo M, Liver cancer, 4, 3, 163, 164,   2015年09月, 査読有り
  • Ramucirumab versus placebo as second-line treatment in patients with advanced hepatocellular carcinoma following first-line therapy with sorafenib (REACH): a randomised, double-blind, multicentre, phase 3 trial., Zhu AX, Park JO, Ryoo BY, Yen CJ, Poon R, Pastorelli D, Blanc JF, Chung HC, Baron AD, Pfiffer TE, Okusaka T, Kubackova K, Trojan J, Sastre J, Chau I, Chang SC, Abada PB, Yang L, Schwartz JD, Kudo M, REACH Trial Investigators., The Lancet. Oncology, 16, 7, 859, 870,   2015年07月, 査読有り
  • [Gastric ulcer, duodenal ulcer]., Matsui S, Kashida H, Asakuma Y, Sakurai T, Kudo M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 73, 7, 1116, 1122,   2015年07月, 査読有り
  • Validation of the hepatoma arterial embolization prognostic score in European and Asian populations and proposed modification., Pinato DJ, Arizumi T, Allara E, Jang JW, Smirne C, Kim YW, Kudo M, Pirisi M, Sharma R, Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association, 13, 6, 1204, 8.e2,   2015年06月, 査読有り
  • Foreword to the WFUMB guidelines and recommendations on the clinical use of ultrasound elastography., Kudo M, Ultrasound in medicine & biology, 41, 5, 1125,   2015年05月, 査読有り
  • Cold-inducible RNA-binding protein promotes the development of liver cancer., Sakurai T, Yada N, Watanabe T, Arizumi T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Fujita J, Kudo M, Cancer science, 106, 4, 352, 358,   2015年04月, 査読有り
  • Contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography for pancreatobiliary diseases., Kitano M, Kamata K, Imai H, Miyata T, Yasukawa S, Yanagisawa A, Kudo M, Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society, 27 Suppl 1, 60, 67,   2015年04月, 査読有り
  • Clinical Practice Guidelines for Hepatocellular Carcinoma Differ between Japan, United States, and Europe., Liver cancer, 4, 2, 85, 95,   2015年03月, 査読有り
  • A comparison of the surgical outcomes among patients with HBV-positive, HCV-positive, and non-B non-C hepatocellular carcinoma: a nationwide study of 11,950 patients., Utsunomiya T, Shimada M, Kudo M, Ichida T, Matsui O, Izumi N, Matsuyama Y, Sakamoto M, Nakashima O, Ku Y, Takayama T, Kokudo N, Liver Cancer Study Group of Japan., Annals of surgery, 261, 3, 513, 520,   2015年03月, 査読有り
  • [US]., Kitano M, Imai H, Kudo M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 73 Suppl 3, 50, 54,   2015年03月, 査読有り
  • [US]., Kitano M, Kamata K, Kudo M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 73 Suppl 3, 491, 494,   2015年03月, 査読有り
  • Surveillance, diagnosis, treatment, and outcome of liver cancer in Japan., Kudo M, Liver cancer, 4, 1, 39, 50,   2015年03月, 査読有り
  • Comparison between T1 relaxation time of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI and liver stiffness measurement of ultrasound elastography in the evaluation of cirrhotic liver., Okada M, Murakami T, Yada N, Numata K, Onoda M, Hyodo T, Inoue T, Ishii K, Kudo M, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 41, 2, 329, 338,   2015年02月, 査読有り
  • Peretinoin after curative therapy of hepatitis C-related hepatocellular carcinoma: a randomized double-blind placebo-controlled study., Okita K, Izumi N, Matsui O, Tanaka K, Kaneko S, Moriwaki H, Ikeda K, Osaki Y, Numata K, Nakachi K, Kokudo N, Imanaka K, Nishiguchi S, Okusaka T, Nishigaki Y, Shiomi S, Kudo M, Ido K, Karino Y, Hayashi N, Ohashi Y, Makuuchi M, Kumada H, Peretinoin Study Group., Journal of gastroenterology, 50, 2, 191, 202,   2015年02月, 査読有り
  • Activin signal promotes cancer progression and is involved in cachexia in a subset of pancreatic cancer., Togashi Y, Kogita A, Sakamoto H, Hayashi H, Terashima M, de Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Tomida S, Kitano M, Okuno K, Kudo M, Nishio K, Cancer letters, 356, 2 Pt B, 819, 827,   2015年01月, 査読有り
  • Phase II Study of Personalized Peptide Vaccination with Both a Hepatitis C Virus-Derived Peptide and Peptides from Tumor-Associated Antigens for the Treatment of HCV-Positive Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients., Yutani S, Ueshima K, Abe K, Ishiguro A, Eguchi J, Matsueda S, Komatsu N, Shichijo S, Yamada A, Itoh K, Sasada T, Kudo M, Noguchi M, Journal of immunology research, 2015, 473909,   2015年, 査読有り
  • Evidence and Consensus on the Management of Hepatocellular Carcinoma: Update 2015., Kudo M, Oncology, 89 Suppl 2, 1, 3,   2015年, 査読有り
  • Synchronous pancreatic and gastric metastasis from an ovarian adenocarcinoma diagnosed by endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration, Yamao K, Kitano M, Kudo M, Maenishi O, Endoscopy, 47, 596, 597,   2015年, 査読有り
  • Recent advances in the management of chronic hepatitis B including suppression of hepatocellular carcinoma by entecavir and interferon, Kim SK, Kim SR, Imoto S, Tohyama M, Otono Y, Tamura T, Kim KI, Kobayashi M, Ohtani A, Sugimoto K, Mizuguchi A, Hiramatsu Y, Kudo M, Oncology, 89, 60, 69,   2015年, 査読有り
  • Validation of a modified substaging system (Kinki Criteria) for patients with intermediate-stage hepatocellular carcinoma, Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Minami Y, Sakurai T, Kitano M, Nishida N, Kudo M, Oncology, 89, 47, 52,   2015年, 査読有り
  • Response evaluation criteria in cancer of the liver (RECICL)(2015 revised version), Kudo M, Ueshima K, Kubo S, Sakamoto M, Tanaka M, Ikai I, Furuse J, Murakami T, Kadoya M, Kokudo N, Liver Cancer Study Group of Japan., Hepatol Res, 46, 1, 3, 9,   2016年01月, 査読有り
  • Comparison of daclatasvir and asunaprevir for chronic HCV 1b infection with telaprevir and simeprevir plus peginterferon and ribavirin, with a focus on the prevention of occurrence and recurrence of hepatocellular carcinoma, Sugimoto K, Kim SR, Kim SK, Imoto S, Tohyama M, Kim KI, Ohtani A, Hatae T, Yano Y, Kudo M, Hayashi Y, Oncology, 89, 42, 46,   2015年, 査読有り
  • 医用画像における超音波画像の今日的座標を説く-最新技術がもたらす新しい展開, 工藤正俊, 月刊新医療, 8, 80, 82,   2016年, 査読有り
  • Hyperenhanced rim surrounding liver metastatic tumors in the postvascular phase of sonazoid-enhanced ultrasonography: a histological indication of the presence of Kupffer cells, Tochio H, Sugahara M, Imai Y, Tei H, Suginoshita Y, Imawsaki N, Sasaki I, Hamada M, Minowa K, Inokuma T, Kudo M, Oncology, 89, 33, 41,   2015年, 査読有り
  • Multicenter cooperative case survey of hepatitis B Virus reactivation by chemotherapeutic agents, Takahashi H, Ikeda M, Kumada T, Osaki Y, Kondo S, Kusumoto S, Ohkawa K, Nadano S, Furuse J, Kudo M, Ito K, Yokoyama M, Okusaka T, Shimoyama M, Mizokami M, Hepatol Res, 45, 12, 1220, 1227,   2015年12月, 査読有り
  • 生検で胃癌が疑われたinflammatory fibroid polyp. 特集「粘膜下腫瘍のすべて」, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 消化器内視鏡, 28, 302, 303,   2016年, 査読有り
  • Heterogeneity and subclassification of Barcelona Clinic Liver Cancer Stage B, 工藤正俊, Liver Cancer, 5, 2, 91, 96,   2016年04月, 査読有り
  • Effectiveness of Sorafenib in Patients with Transcatheter Arterial Chemoembolization (TACE) Refractory and Intermediate-Stage Hepatocellular Carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Minami T, Kono M, Chishina H, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Liver cancer, 4, 4, 253, 262,   2015年12月, 査読有り
  • Phase I/II Study of Sorafenib in Combination with Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Using Low-Dose Cisplatin and 5-Fluorouracil., Ueshima K, Kudo M, Tanaka M, Kumada T, Chung H, Hagiwara S, Inoue T, Yada N, Kitai S, Liver cancer, 4, 4, 263, 273,   2015年12月, 査読有り
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍, 松井繁長, 樫田博史, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 工藤正俊, 日本臨床, 73, 7, 1116, 1122,   2015年07月, 査読有り
  • 食道・胃静脈瘤, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 内科, 115, 6, 939, 943,   2015年06月, 査読有り
  • Evaluation of the Response to Chemotherapy in Advanced Gastric Cancer by Contrast-Enhanced Harmonic EUS., Matsui S, Kudo M, Kitano M, Asakuma Y, Hepato-gastroenterology, 62, 139, 595, 598,   2015年05月, 査読有り
  • Imaging Modalities for Assessment of Treatment Response to Nonsurgical Hepatocellular Carcinoma Therapy: Contrast-Enhanced US, CT, and MRI., Minami Y, Kudo M, Liver cancer, 4, 2, 106, 114,   2015年03月, 査読有り
  • 肝細胞がんに対する術後補助療法の現状と展望, 上嶋一臣, 工藤正俊, 腫瘍内科, 15, 603, 607,   2015年, 査読有り
  • 肝細胞癌ステージングシステムと進行肝癌診療. 特集「進行肝細胞癌の治療戦略」, 北井 聡, 上嶋一臣, 工藤正俊, 臨床消化器内科, 30, 1019, 1026,   2015年, 査読有り
  • インフリキシマブ投与中に抗ミトコンドリアM2抗体陽性の肝障害が出現した尋常性乾癬の1例, 河野匡志, 辻 直子, 尾崎信人, 松本 望, 高場雄久, 奥村直己, 川崎正憲, 冨田崇文, 梅原康湖, 谷池聡子, 遠藤英樹, 落合 健, 前倉利治, 工藤正俊, 肝臓, 56, 655, 660,   2015年, 査読有り
  • Antiviral therapy for chronic hepatitis B: combination of nucleoside analogs and interferon, Hagiwara S, Nishida N, Kudo M, World J Hepatol, 7, 23, 2427, 2431,   2015年10月, 査読有り
  • 胆管ドレナージ(MS). 特集「ERCPマスターへのロードマップ」, 北野雅之, 今井 元, 山雄健太郎, 鎌田 研, 宮田 剛, 三長孝輔, 大本俊介, 門阪薫平, 松田友彦, 工藤正俊, 胆と膵, 36, 969, 974,   2015年, 査読有り
  • A newly developed shear wave elastography modality: with a unique reliability index, Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Hagiwara S, Ueshima K, Ida H, Nishida N, Kudo M, Oncology, 89, 53, 59,   2015年, 査読有り
  • Evidence-based clinical practice guidelines for hepatocellular carcinoma: The Japan Society of Hepatology 2013 update (3rd JSH-HCC Guidelines), Kokudo N, Hasegawa K, Akahane M, Igaki H, Izumi N, Ichida T, Uemoto S, Kaneko S, Kawasaki S, Ku Y, Kudo M, Kubo S, Takayama T, Tateishi R, Fukuda T, Matsui O, Matsuyama Y, Murakami T, Arii S, Okazaki M, Makuuchi M, Hepatol Res, 45, 2, 123, 127,   2015年01月, 査読有り
  • Balloon-occluded transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma: a single-center experience, Minami Y, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Tsurusaki M, Yagyu Y, Ueshima K, Nishida N, Murakami T, Kudo M, Oncology, 89, 27, 32,   2015年, 査読有り
  • Percutaneous radiofrequency ablation for Intermediate-stage hepatocellular carcinoma, Kariyama K, Wakuta A, Nishimura M, Kishida M, Oonishi A, Ohyama A, Nouso K, Kudo M, Oncology, 89, 19, 26,   2015年, 査読有り
  • Heat shock protein A4 controls cell migration and gastric ulcer healing, Sakurai T, Kashida H, Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Fujita J, Kudo M, Digest Dis Sci, 60, 4, 850, 857,   2015年04月, 査読有り
  • Initial experience performing percutaneous ultrasound examination with real-time virtual sonography with color display, Ogawa C, Minami Y, Noda T, Arasawa S, Izuta M, Kubo A, Matsunaka T, Tamaki H, Shibatoge M, Kudo M, Oncology, 89, 11, 18,   2015年, 査読有り
  • The role of hepatic resection in the treatment of hepatocellular cancer, Roayaie S, Jibara G, Tabrizian P, Park JW, Yang J, Yan L, Schwartz M, Han G, Izzo F, Chen M, Blanc JF, Johnson P, Kudo M, Roberts LR, Sherman M, Hepatology, 62, 2, 440, 451,   2015年08月, 査読有り
  • Molecular mechanism and prediction of sorafenib chemoresistance in human hepatocellular carcinoma, Nishida N, Kitano M, Sakurai T, Kudo M, Digest Dis , 33, 6, 771, 779,   2015年10月, 査読有り
  • Evaluation of ART scores for repeated transarterial chemoembolization in Japanese patients with hepatocellular carcinoma, Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kitano M, Kudo M, Oncology, 89, 4, 10,   2015年, 査読有り
  • Value of dynamic contrast enhanced MRI in predicting outcomes of HCC receiving radiotherapy, 工藤正俊, Hepatol Int, 9, 2, 155, 156,   2015年04月, 査読有り
  • Global patterns of hepatocellular carcinoma management from diagnosis to death: the BRIDGE study, Park JW, Chen M, Colombo M, Roberts LR, Schwartz M, Chen PJ, Kudo M, Johnson P, Wagner S, Orsini LS, Sherman M, Liver Int, 35, 9, 2155, 2166,   2015年09月, 査読有り
  • General rules for the clinical and pathological study of primary liver cancer, nationwide follow-up survey and clinical practice guidelines: the outstanding achievements of the Liver Cancer Study Group of Japan, Kudo M, Kitano M, Sakurai T, Nishida N, Digest Dis, 33, 6, 765, 770,   2015年10月, 査読有り
  • Cone-beam CT angiography for hepatocellular carcinoma: current status, Minami Y, Murakami T, Kitano M, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Digest Dis, 33, 6, 759, 764,   2015年10月, 査読有り
  • Real-life clinical practice with sorafenib in advanced hepatocellular carcinoma: a single-center experience second analysis, Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kitano M, Kudo M, Digest Dis, 33, 6, 728, 734,   2015年10月, 査読有り
  • Hepatic DNA methylation is affected by hepatocellular carcinoma risk in patients with and without hepatitis virus, Nishida N, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kitano M, Kudo M, Digest Dis, 33, 6, 745, 750,   2015年10月, 査読有り
  • Characteristics of hypovascular versus hypervascular well-differentiated hepatocellular carcinoma smaller than 2cm - focus on tumor size, markers and imaging detectability, Sugimoto K, Kim SR, Imoto S, Tohyama M, Kim SK, Matsuoka T, Yano Y, Kudo M, Hayashi Y, Digest Dis, 33, 6, 721, 727,   2015年10月, 査読有り
  • Safety and efficacy of tigatuzumab plus sorafenib as first-line therapy in subjects with advanced hepatocellular carcinoma: a phase 2 randomized study, Cheng AL, Kang YK, He AR, Lim HY, Ryoo BY, Hung CH, Sheen IS, Izumi N, Austin T, Wang Q, Greenberg J, Shiratori S, Beckman RA, Kudo M, Investigators’ Study Group., J Hepatol, 63, 4, 896, 904,   2015年10月, 査読有り
  • Early viral response predicts the efficacy of antiviral triple therapy with simeprevir, peg-interferon, and ribavirin in patients infected with hepatitis C virus genotype 1, Nishida N, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kitano M, Kudo M, Digest Dis, 33, 6, 708, 714,   2015年10月, 査読有り
  • Usefulness of cytokeratin-18M65 in diagnosing non-alcoholic steatohepatitis in Japanese population, Hasegawa Y, Kim SR, Hatae T, Ohta M, Fujinami A, Sugimoto K, Kim KI, Imoto S, Tohyama M, Kim SK, Ikura Y, Kudo M, Digest Dis, 33, 6, 715, 720,   2015年10月, 査読有り
  • Chronic Liver Diseases and Liver Cancer: An Update in 2015, 工藤正俊, Digest Dis, 33, 6, 705, 707,   2015年10月, 査読有り
  • Primary leiomyosarcoma of the colon, Kono M, Tsuji N, Ozaki N, Matsumoto N, Takaba T, Okumura N, Kawasaki M, Tomita T, Umehara Y, Taniike S, Hatabe S, Funai S, Ono Y, Ochiai K, Maekura S, Kudo M, Clin J Gastroenterol, 8, 4, 217, 222,   2015年08月, 査読有り
  • 膵嚢胞性疾患と膵癌. 特集「消化器癌予防up-to-date」, 鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊, 臨床消化器内科, 30, 1451, 1456,   2015年, 査読有り
  • 金属ステント留置後急性胆嚢炎に対するEUS下ガイド下胆嚢ドレナージ術の有用性. 特集「EUS下胆道ドレナージ~EUS-BDの安全な導入へ向けて~」, 今井 元, 北野雅之, 大本俊介, 門阪薫平, 宮田 剛, 鎌田 研, 三長孝輔, 松田友彦, 山雄健太郎, 工藤正俊, 胆と膵, 36, 779, 783,   2015年, 査読有り
  • 肝癌根治的治療後の再発の早期発見, 工藤正俊, 泉 並木, 金子周一, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 168, 170,   2015年, 査読有り
  • 肝癌治療後の再発抑制治療, 泉 並木, 工藤正俊, 金子周一, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 166, 167,   2015年, 査読有り
  • 肝癌全体の治療アルゴリズム, 工藤正俊, 國土典宏, 川崎誠治, 松井 修, 泉 並木, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 146, 150,   2015年, 査読有り
  • 肝動注化学療法と分子標的治療をどう使い分けるか, 工藤正俊, 小尾俊太郎, 山下竜也, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 144, 146,   2015年, 査読有り
  • TACE不応例に対する治療指針, 工藤正俊, 松井 修, 角谷眞澄, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 140, 143,   2015年, 査読有り
  • WFUMB guidelines and recommendations for clinical use of ultrasound elastography: Part 2; Breast, Barr RG, Nakashima K, Amy D, Cosgrove D, Farrokh A, Schafer F, Bamber JC, Castera L, Choi BI, Chou YH, Dietrich CF, Ding H, Ferraioli G, Filice C, Friedrich-Rust M, Hall TJ, Nightingale KR, Palmeri ML, Shiina T, Suzuki S, Sporea I, Wilson S, Kudo M, Ultrasound Med Biol, 41, 5, 1148, 1160,   2015年05月, 査読有り
  • Survey of survival among patients with hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma treated with peretinoin, an acyclic retinoid, after the completion of a randomized placebo-controlled trial, Okita K, Izumi N, Ikeda K, Osaki Y, Numata K, Ikeda M, Kokudo N, Imanaka K, Nishiguchi S, Kondo S, Nishigaki Y, Shiomi S, Ueshima K, Isoda N, Karino Y, Kudo M, Tanaka K, Kaneko S, Moriwaki H, Makuuchi M, Okusaka T, Hayashi N, Ohashi Y, Kumada H, Peretinoin Study Group., J Gastroenterol, 50, 6, 667, 674,   2015年06月, 査読有り
  • 全身化学療法と分子標的治療, 上嶋一臣, 工藤正俊, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 132, 135,   2015年, 査読有り
  • 造影超音波下RFA, 南 康範, 工藤正俊, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 91, 93,   2015年, 査読有り
  • WFUMB guidelines and recommendations for clinical use of ultrasound elastography: Part3; Liver, Ferraioli G, Filice C, Castera L, Choi BI, Sporea I, Wilson SR, Cosgrove D, Dietrich CF, Amy D, Bamber JC, Barr R, Chou YH, Ding H, Farrokh A, Friedrich-Rust M, Hall TJ, Nakashima K, Nightingale KR, Palmeri ML, Schafer F, Shiina T, Suzuki S, Kudo M, Ultrasound Med Biol, 41, 5, 1161, 1179,   2015年05月, 査読有り
  • 肝癌診療のためのステージングシステム, 工藤正俊, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 74, 77,   2015年, 査読有り
  • 乏血性肝細胞癌性結節(境界病変, 異型結節, 早期肝癌)はどのような場合に治療すべきか, 工藤正俊, 泉 並木, 角谷眞澄, 松井 修, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 66,   2015年, 査読有り
  • WFUMB guidelines and recommendations for clinical use of ultrasound elastography: Part 1; basic principles and terminology, Shiina T, Nightingale KR, Palmeri ML, Hall TJ, Bamber JC, Barr RG, Castera L, Choi BI, Chou YH, Cosgrove D, Dietrich CF, Ding H, Amy D, Farrokh A, Ferraioli G, Filice C, Friedrich-Rust M, Nakashima K, Schafer F, Sporea I, Suzuki S, Wilson S, Kudo M, Ultrasound Med Biol, 41, 5, 1126, 1147,   2015年05月, 査読有り
  • 肝細胞癌の診断アルゴリズム, 工藤正俊, 泉 並木, 角谷眞澄, 松井 修, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 62, 66,   2015年, 査読有り
  • 早期肝癌の画像的特徴, 松井 修, 工藤正俊, 今井康陽, 中島 収, 坂元亨宇, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 58, 61,   2015年, 査読有り
  • どのようなときに造影超音波を行うか, 工藤正俊, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 52, 58,   2015年, 査読有り
  • どのようなときにGd-EOB-DTPA造影MRIを行うか, 工藤正俊, 今井康陽, 村上卓道, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 47, 50,   2015年, 査読有り
  • 肝癌早期発見のためのスクリーニング法, 建石良介, 泉 並木, 金子周一, 工藤正俊, 肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京, 35, 37,   2015年, 査読有り
  • BCLC Stage B (Intermediate stage) の細分類と治療選択. 特集「肝がん診療ガイドライン: どうする治療選択」, 工藤正俊, 肝胆膵, 71, 321, 327,   2015年, 査読有り
  • 鼎談「肝細胞癌に対するTACE再考」, 工藤正俊, 松井 修, 田中正俊, 肝胆膵, 70, 141, 158,   2015年, 査読有り
  • Intermediate stagの多様性. 特集「肝細胞癌に対するTACE再考」, 南 康範, 工藤正俊, 肝胆膵, 70, 33, 38,   2015年, 査読有り
  • TACE不応基準をめぐって(日本肝癌研究会2014年改訂版). 特集「肝細胞癌に対するTACE再考」, 工藤正俊, 肝胆膵, 70, 81, 88,   2015年, 査読有り
  • 膵腫瘍性病変における造影US(体外式)による鑑別診断, 大本俊介, 北野雅之, 前川 清, 工藤正俊, 胆と膵, 36, 685, 389,   2015年, 査読有り
  • 第5章 肝がん診療ガイドライン, 工藤正俊, 最新医学別冊「診断と治療のABC 103 肝がん」, 186, 194,   2015年, 査読有り
  • 眼で見る肝がん, 工藤正俊, 最新医学別冊「診断と治療のABC 103 肝がん MAP」, 7, 10,   2015年, 査読有り
  • 肝癌に対する分子標的治療: 期待と展望. 特集「消化器癌の分子標的治療」, 上嶋一臣, 工藤正俊, 細胞, 47, 9, 14, 17,   2015年, 査読有り
  • EUS-FNAによる膵嚢胞性腫瘍診断. 特集「胆膵EUS-FNAのエビデンス2015-この5年間の進歩-」, 鎌田 研, 北野雅之, 安川 覚, 柳澤昭夫, Bertrand Napoleon, 工藤正俊, 胆と膵, 36, 315, 318,   2015年, 査読有り
  • 座談会 肝胆膵イメージング: 画像が映す分子病理, 全 陽, 角谷眞澄,工藤正俊, 多田 稔, 肝臓, 70, 629, 642,   2015年, 査読有り
  • 早期慢性膵炎のEUSが反映する微細所見. 特集「肝胆膵イメージング: 画像が映す分子病理」, 門阪薫平, 北野雅之, 大本俊介, 鎌田 研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊, 肝胆膵, 70, 601, 608,   2015年, 査読有り
  • 十二指腸静脈瘤の病態と治療方針, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 21, 19, 25,   2015年, 査読有り
  • 肝癌治療効果判定基準(2015年改訂版), 工藤正俊, 上嶋一臣, 久保正二, 坂元亨宇, 田中正俊, 猪飼伊和夫, 古瀬純司, 村上卓道, 角谷眞澄, 國土典宏, 肝臓, 56, 3, 116, 121,   2015年, 査読有り
  • Dynamic changes of the inflammation-based index predict mortality following chemoembolisation for hepatocellular carcinoma: a prospective study., Pinato DJ, Karamanakos G, Arizumi T, Adjogatse D, Kim YW, Stebbing J, Kudo M, Jang JW, Sharma R, Alimentary pharmacology & therapeutics, 40, 11-12, 1270, 1281,   2014年12月, 査読有り
  • Brivanib as adjuvant therapy to transarterial chemoembolization in patients with hepatocellular carcinoma: A randomized phase III trial., Kudo M, Han G, Finn RS, Poon RT, Blanc JF, Yan L, Yang J, Lu L, Tak WY, Yu X, Lee JH, Lin SM, Wu C, Tanwandee T, Shao G, Walters IB, Dela Cruz C, Poulart V, Wang JH, Hepatology (Baltimore, Md.), 60, 5, 1697, 1707,   2014年11月, 査読有り
  • JSH Consensus-Based Clinical Practice Guidelines for the Management of Hepatocellular Carcinoma: 2014 Update by the Liver Cancer Study Group of Japan., Kudo M, Matsui O, Izumi N, Iijima H, Kadoya M, Imai Y, Okusaka T, Miyayama S, Tsuchiya K, Ueshima K, Hiraoka A, Ikeda M, Ogasawara S, Yamashita T, Minami T, Yamakado K, Liver Cancer Study Group of Japan., Liver cancer, 3, 3-4, 458, 468,   2014年10月, 査読有り
  • Assessment for retreatment (ART) score for repeated transarterial chemoembolization in patients with hepatocellular carcinoma., Kudo M, Arizumi T, Ueshima K, Hepatology (Baltimore, Md.), 59, 6, 2424, 2425,   2014年06月, 査読有り
  • Recent advances in bioinformatics reveal the molecular heterogeneity of hepatocellular carcinoma., Liver cancer, 3, 2, 68, 70,   2014年05月, 査読有り
  • GIDEON (Global Investigation of therapeutic DEcisions in hepatocellular carcinoma and Of its treatment with sorafeNib): second interim analysis., Lencioni R, Kudo M, Ye SL, Bronowicki JP, Chen XP, Dagher L, Furuse J, Geschwind JF, de Guevara LL, Papandreou C, Takayama T, Yoon SK, Nakajima K, Lehr R, Heldner S, Sanyal AJ, International journal of clinical practice, 68, 5, 609, 617,   2014年05月, 査読有り
  • Reply to Kadayifci and Brugge., Kitano M, Kamata K, Kudo M, Endoscopy, 46, 4, 358, 358,   2014年04月, 査読有り
  • Therapeutic response assessment of RFA for HCC: contrast-enhanced US, CT and MRI., Minami Y, Nishida N, Kudo M, World journal of gastroenterology, 20, 15, 4160, 4166,   2014年04月, 査読有り
  • Prediction of hepatocellular carcinoma incidence risk by ultrasound elastography., Kudo M, Liver cancer, 3, 1, 1, 5,   2014年03月, 査読有り
  • Prognostic impact of spontaneous tumor rupture in patients with hepatocellular carcinoma: an analysis of 1160 cases from a nationwide survey., Aoki T, Kokudo N, Matsuyama Y, Izumi N, Ichida T, Kudo M, Ku Y, Sakamoto M, Nakashima O, Matsui O, Makuuchi M, Liver Cancer Study Group of Japan., Annals of surgery, 259, 3, 532, 542,   2014年03月, 査読有り
  • Relevance of the Core 70 and IL-28B polymorphism and response-guided therapy of peginterferon alfa-2a ± ribavirin for chronic hepatitis C of Genotype 1b: a multicenter randomized trial, ReGIT-J study., Nishiguchi S, Enomoto H, Aizawa N, Nishikawa H, Osaki Y, Tsuda Y, Higuchi K, Okazaki K, Seki T, Kim SR, Hongo Y, Jyomura H, Nishida N, Kudo M, Journal of gastroenterology, 49, 3, 492, 501,   2014年03月, 査読有り
  • Quantitative Levels of Hepatitis B Virus DNA and Surface Antigen and the Risk of Hepatocellular Carcinoma in Patients with Hepatitis B Receiving Long-Term Nucleos(t)ide Analogue Therapy., Kawanaka M, Nishino K, Nakamura J, Oka T, Urata N, Goto D, Suehiro M, Kawamoto H, Kudo M, Yamada G, Liver cancer, 3, 1, 41, 52,   2014年03月, 査読有り
  • Tracking Navigation Imaging of Transcatheter Arterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma Using Three-Dimensional Cone-Beam CT Angiography., Minami Y, Yagyu Y, Murakami T, Kudo M, Liver cancer, 3, 1, 53, 61,   2014年03月, 査読有り
  • Impact of histologically confirmed lymph node metastases on patient survival after surgical resection for hepatocellular carcinoma: report of a Japanese nationwide survey., Hasegawa K, Makuuchi M, Kokudo N, Izumi N, Ichida T, Kudo M, Ku Y, Sakamoto M, Nakashima O, Matsui O, Matsuyama Y, Liver Cancer Study Group of Japan., Annals of surgery, 259, 1, 166, 170,   2014年01月, 査読有り
  • The gross classification of hepatocellular carcinoma: usefulness of contrast-enhanced US., Hatanaka K, Minami Y, Kudo M, Inoue T, Chung H, Haji S, Journal of clinical ultrasound : JCU, 42, 1, 1, 8,   2014年01月, 査読有り
  • Breakthroughs in the management of hepatocellular carcinoma: celebrating 50 years of the liver cancer study group of Japan., Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 1, 6,   2014年, 査読有り
  • Surveillance and diagnostic algorithm for hepatocellular carcinoma proposed by the Liver Cancer Study Group of Japan: 2014 update., Kudo M, Matsui O, Izumi N, Iijima H, Kadoya M, Imai Y, Liver Cancer Study Group of Japan., Oncology, 87 Suppl 1, 7, 21,   2014年, 査読有り
  • Transarterial chemoembolization failure/refractoriness: JSH-LCSGJ criteria 2014 update., Kudo M, Matsui O, Izumi N, Kadoya M, Okusaka T, Miyayama S, Yamakado K, Tsuchiya K, Ueshima K, Hiraoka A, Ikeda M, Ogasawara S, Yamashita T, Minami T, Liver Cancer Study Group of Japan., Oncology, 87 Suppl 1, 22, 31,   2014年, 査読有り
  • Validation of the criteria of transcatheter arterial chemoembolization failure or refractoriness in patients with advanced hepatocellular carcinoma proposed by the LCSGJ., Arizumi T, Ueshima K, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 32, 36,   2014年, 査読有り
  • Pathological diagnosis of benign hepatocellular nodular lesions based on the new World Health Organization classification., Kondo F, Fukusato T, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 37, 49,   2014年, 査読有り
  • Virtual sonography for novice sonographers: usefulness of SYNAPSE VINCENT® with pre-check imaging of tumor location., Ogawa C, Minami Y, Morioka Y, Noda A, Arasawa S, Izuta M, Kubo A, Matsunaka T, Tamaki N, Shibatouge M, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 50, 54,   2014年, 査読有り
  • Combination guidance of contrast-enhanced US and fusion imaging in radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma with poor conspicuity on contrast-enhanced US/fusion imaging., Minami T, Minami Y, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Inoue T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 55, 62,   2014年, 査読有り
  • Noninvasive diagnosis of liver fibrosis: utility of data mining of both ultrasound elastography and serological findings to construct a decision tree., Yada N, Kudo M, Kawada N, Sato S, Osaki Y, Ishikawa A, Miyoshi H, Sakamoto M, Kage M, Nakashima O, Tonomura A, Oncology, 87 Suppl 1, 63, 72,   2014年, 査読有り
  • Recent progress in radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma., Ikeda K, Osaki Y, Nakanishi H, Nasu A, Kawamura Y, Jyoko K, Sano T, Sunagozaka H, Uchino K, Minami Y, Saito Y, Nagai K, Inokuchi R, Kokubu S, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 73, 77,   2014年, 査読有り
  • Treatment strategies of intermediate-stage hepatocellular carcinomas in Japan (Barcelona Clinic Liver Cancer stage B)., Yamakado K, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 78, 81,   2014年, 査読有り
  • Treatment of hepatocellular carcinoma with Child-Pugh C cirrhosis., Nouso K, Kokudo N, Tanaka M, Kuromatsu R, Nishikawa H, Toyoda H, Oishi N, Kuwaki K, Kusanaga M, Sakaguchi T, Morise Z, Kitai S, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 99, 103,   2014年, 査読有り
  • Characteristics of long-term survivors following sorafenib treatment for advanced hepatocellular carcinoma: report of a workshop at the 50th Annual Meeting of the Liver Cancer Study Group of Japan., Tanaka K, Shimada M, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 104, 109,   2014年, 査読有り
  • Efficacy and safety of telaprevir-based antiviral treatment for elderly patients with hepatitis C virus., Takita M, Hagiwara S, Kudo M, Kouno M, Chishina H, Arizumi T, Kitai S, Yada N, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Oncology, 87 Suppl 1, 110, 117,   2014年, 査読有り
  • Ultrasound elastography correlates treatment response by antiviral therapy in patients with chronic hepatitis C., Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Inoue T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 118, 123,   2014年, 査読有り
  • 座談会; 肝胆膵腫瘍のバイオインフォマティクス, 工藤正俊, 坂元亨宇, 山下太郎, 三木大樹, 肝胆膵, 68, 471, 485,   2014年, 査読有り
  • 肝腫瘍領域の個別化薬物治療の現状. 特集「肝胆膵腫瘍のバイオインフォマティクス」, 上嶋一臣, 工藤正俊, 肝胆膵, 68, 459, 463,   2014年, 査読有り
  • 肝癌におけるDNAメチル化プロファイリングの現状と意義. 特集「肝胆膵腫瘍のバイオインフォマティクス」, 西田直生志, 工藤正俊, 肝胆膵, 68, 353, 363,   2014年, 査読有り
  • Linifanib versus sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma: results of a randomized phase III trial, Cainap C, Qin S, Huang WT, Chung IJ, Pan H, Cheng Y, Kudo M, Kang YK, Chen PJ, Toh HC, Gorbunova V, Eskens FA, Qian J, McKee MD, Ricker JL, Carlson DM, Nowiem SE, J Clin Oncol, 33, 2, 172, 179,   2015年01月, 査読有り
  • Percutaneous endoscopic gastrostomy with Funada-style gastropexy greatly reduces the risk of peristomal infection, Okumura N, Tsuji N, Ozaki N, Matsumoto N, Takaba T, Kawasaki M, Tomita T, Umehara Y, Taniike S, Kono M, Kudo M, Gastroenterol Rep, 3, 1, 69, 74,   2015年02月, 査読有り
  • ソラフェニブの最新情報, 上嶋一臣, 工藤正俊, 腫瘍内科, 13, 637, 641,   2014年, 査読有り
  • A bridge between multi-omics data and the management of hepatocellular carcinoma, Nishida N, Kudo M, Ann Transl Med, 3, 1, 1,   2015年01月, 査読有り
  • V.肝細胞腺腫の悪性転化. 2)臨床の立場より, 工藤正俊, 肝胆膵, 69, 795, 799,   2014年, 査読有り
  • 3.消化器領域の最新動向 2)胆・膵. Ⅰ. 特集「US Today 2014領域別超音波最新動向アプリ&プローブ、モバイル活用法」, 鎌田 研, 北野雅之, 前川 清, 工藤正俊, INNERVISION, 29, 16, 19,   2014年, 査読有り
  • 欧米と日本の診療ガイドラインの相違を解説する. 特集「肝胆膵診療のNew Horizon」, 工藤正俊, 肝胆膵, 69, 967, 976,   2014年, 査読有り
  • Comparison of systems for assessment of post-therapeutic response to sorafenib for hepatocellular carcinoma, Arizumi T, Ueshima K, Takeda H, Osaki Y, Takita M, Inoue T, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, J Gastroenterol, 49, 12, 1578, 1587,   2014年12月, 査読有り
  • Optimal scan timing of hepatic arterial-phase imaging of hypervascular hepatocellular carcinoma determined by multiphasic fast CT imaging technique., Kagawa Y, Okada M, Yagyu Y, Kumano S, Kanematsu M, Kudo M, Murakami T, Acta radiologica (Stockholm, Sweden : 1987), 54, 8, 843, 850,   2013年10月, 査読有り
  • Brivanib versus sorafenib as first-line therapy in patients with unresectable, advanced hepatocellular carcinoma: results from the randomized phase III BRISK-FL study., Johnson PJ, Qin S, Park JW, Poon RT, Raoul JL, Philip PA, Hsu CH, Hu TH, Heo J, Xu J, Lu L, Chao Y, Boucher E, Han KH, Paik SW, Robles-Aviña J, Kudo M, Yan L, Sobhonslidsuk A, Komov D, Decaens T, Tak WY, Jeng LB, Liu D, Ezzeddine R, Walters I, Cheng AL, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 31, 28, 3517, 3524,   2013年10月, 査読有り
  • Brivanib in patients with advanced hepatocellular carcinoma who were intolerant to sorafenib or for whom sorafenib failed: results from the randomized phase III BRISK-PS study., Llovet JM, Decaens T, Raoul JL, Boucher E, Kudo M, Chang C, Kang YK, Assenat E, Lim HY, Boige V, Mathurin P, Fartoux L, Lin DY, Bruix J, Poon RT, Sherman M, Blanc JF, Finn RS, Tak WY, Chao Y, Ezzeddine R, Liu D, Walters I, Park JW, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 31, 28, 3509, 3516,   2013年10月, 査読有り
  • JSUM ultrasound elastography practice guidelines: liver., Kudo M, Shiina T, Moriyasu F, Iijima H, Tateishi R, Yada N, Fujimoto K, Morikawa H, Hirooka M, Sumino Y, Kumada T, Journal of medical ultrasonics (2001), 40, 4, 325, 357,   2013年10月, 査読有り
  • A randomised phase II study of TSU-68 in patients with hepatocellular carcinoma treated by transarterial chemoembolisation., Inaba Y, Kanai F, Aramaki T, Yamamoto T, Tanaka T, Yamakado K, Kaneko S, Kudo M, Imanaka K, Kora S, Nishida N, Kawai N, Seki H, Matsui O, Arioka H, Arai Y, European journal of cancer (Oxford, England : 1990), 49, 13, 2832, 2840,   2013年09月, 査読有り
  • Alpha-fetoprotein-L3: Useful or Useless for Hepatocellular Carcinoma?, Kudo M, Liver cancer, 2, 3-4, 151, 152,   2013年08月, 査読有り
  • [Recurrent hepatocellular carcinoma]., Ueshima K, Kudo M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, 8, 995, 997,   2013年08月, 査読有り
  • Molecular Link between Liver Fibrosis and Hepatocellular Carcinoma., Sakurai T, Kudo M, Liver cancer, 2, 3-4, 365, 366,   2013年08月, 査読有り
  • Senile systemic amyloidosis localized to the stomach., Matsui S, Kashida H, Kudo M, Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society, 25, 4, 468, 469,   2013年07月, 査読有り
  • Diagnostic value of endoscopic ultrasound-guided directional eFLOW in solid pancreatic lesions., Das K, Kudo M, Kitano M, Sakamoto H, Komaki T, Takagi T, Yamao K, Journal of medical ultrasonics (2001), 40, 3, 211, 218,   2013年07月, 査読有り
  • Impact of peginterferon alpha-2b and entecavir hydrate combination therapy on persistent viral suppression in patients with chronic hepatitis B., Hagiwara S, Kudo M, Osaki Y, Matsuo H, Inuzuka T, Matsumoto A, Tanaka E, Sakurai T, Ueshima K, Inoue T, Yada N, Nishida N, Journal of medical virology, 85, 6, 987, 995,   2013年06月, 査読有り
  • [Recent advances in EUS-guided biliary drainage]., Kitano M, Kudo M, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 110, 4, 557, 567,   2013年04月, 査読有り
  • Guidelines and good clinical practice recommendations for contrast enhanced ultrasound (CEUS) in the liver--update 2012: a WFUMB-EFSUMB initiative in cooperation with representatives of AFSUMB, AIUM, ASUM, FLAUS and ICUS., Claudon M, Dietrich CF, Choi BI, Cosgrove DO, Kudo M, Nolsøe CP, Piscaglia F, Wilson SR, Barr RG, Chammas MC, Chaubal NG, Chen MH, Clevert DA, Correas JM, Ding H, Forsberg F, Fowlkes JB, Gibson RN, Goldberg BB, Lassau N, Leen EL, Mattrey RF, Moriyasu F, Solbiati L, Weskott HP, Xu HX, Ultraschall in der Medizin (Stuttgart, Germany : 1980), 34, 1, 11, 29,   2013年02月, 査読有り
  • Guidelines and good clinical practice recommendations for Contrast Enhanced Ultrasound (CEUS) in the liver - update 2012: A WFUMB-EFSUMB initiative in cooperation with representatives of AFSUMB, AIUM, ASUM, FLAUS and ICUS., Claudon M, Dietrich CF, Choi BI, Cosgrove DO, Kudo M, Nolsøe CP, Piscaglia F, Wilson SR, Barr RG, Chammas MC, Chaubal NG, Chen MH, Clevert DA, Correas JM, Ding H, Forsberg F, Fowlkes JB, Gibson RN, Goldberg BB, Lassau N, Leen EL, Mattrey RF, Moriyasu F, Solbiati L, Weskott HP, Xu HX, World Federation for Ultrasound in Medicine., European Federation of Societies for Ultrasound., Ultrasound in medicine & biology, 39, 2, 187, 210,   2013年02月, 査読有り
  • Hypovascular nodules in patients with chronic liver disease: risk factors for development of hypervascular hepatocellular carcinoma., Hyodo T, Murakami T, Imai Y, Okada M, Hori M, Kagawa Y, Kogita S, Kumano S, Kudo M, Mochizuki T, Radiology, 266, 2, 480, 490,   2013年02月, 査読有り
  • p38α inhibits liver fibrogenesis and consequent hepatocarcinogenesis by curtailing accumulation of reactive oxygen species., Sakurai T, Kudo M, Umemura A, He G, Elsharkawy AM, Seki E, Karin M, Cancer research, 73, 1, 215, 224,   2013年01月, 査読有り
  • Real-time high-resolution vascular ultrasound using frequency domain interferometry with the ROI-division process., Taki H, Sakamoto T, Taki K, Yamakawa M, Shiina T, Kudo M, Sato T, Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference, 2013, 1398, 1401,   2013年, 査読有り
  • Unique association between global DNA hypomethylation and chromosomal alterations in human hepatocellular carcinoma., Nishida N, Kudo M, Nishimura T, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Yokomichi N, Nagasaka T, Goel A, PloS one, 8, 9, e72312,   2013年, 査読有り
  • Chronic liver diseases and hepatocellular carcinoma: an update for 2013., Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 31, 5-6, 405, 407,   2013年, 査読有り
  • Outcome of double-filtration plasmapheresis plus interferon treatment in nonresponders to pegylated interferon plus ribavirin combination therapy., Sugimoto K, Kim SR, El-Shamy A, Imoto S, Fujioka H, Kim KI, Tanaka Y, Yano Y, Kim SK, Hasegawa Y, Fujinami A, Ohta M, Hatae T, Hotta H, Hayashi Y, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 31, 5-6, 434, 439,   2013年, 査読有り
  • Hypovascular hepatic nodules showing hypointense on the hepatobiliary-phase image of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI to develop a hypervascular hepatocellular carcinoma: a nationwide retrospective study on their natural course and risk factors., Inoue T, Hyodo T, Murakami T, Takayama Y, Nishie A, Higaki A, Korenaga K, Sakamoto A, Osaki Y, Aikata H, Chayama K, Suda T, Takano T, Miyoshi K, Koda M, Numata K, Tanaka H, Iijima H, Ochi H, Hirooka M, Imai Y, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 31, 5-6, 472, 479,   2013年, 査読有り
  • Radiofrequency ablation for hepatic malignancies: is needle tract cauterization necessary for preventing iatrogenic bleeding?, Minami Y, Hayaishi S, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 31, 5-6, 480, 484,   2013年, 査読有り
  • Usefulness of the extracted-overlay function in CT/MR-ultrasonography fusion imaging for radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma., Makino Y, Imai Y, Igura T, Kogita S, Sawai Y, Fukuda K, Hori M, Kudo M, Murakami T, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 31, 5-6, 485, 489,   2013年, 査読有り
  • ソラフェニブ 商品名: ネクサバール®, 上嶋一臣, 工藤正俊, 消化器外科ナーシング, 18, 603, 611,   2013年, 査読有り
  • SILIUS第I相試験とその解釈, 上嶋一臣, 工藤正俊, The Liver Cancer Journal, 5, 24, 31,   2013年, 査読有り
  • 再発肝細胞癌, 上嶋一臣, 工藤正俊, 癌と化学療法, 40, 995, 997,   2013年, 査読有り
  • 肝癌診療のEast/Westでの相違とグローバルにおけるコンセンサスの方向性. 特集「肝癌診療のこれまでと今後-アジアをリードする日本の役割」, 工藤正俊, クリニシアン, 613, 1009, 1014,   2013年, 査読有り
  • 自己免疫性肝炎とIgG4関連病態, 特集「IgG4と肝胆膵」, 矢田典久, 工藤正俊, 鄭 浩柄, 渡邉智裕, 肝胆膵, 67, 381, 387,   2013年, 査読有り
  • ADL不良の急性胆嚢炎および胆管炎に対するEUS下ドレナージ術. 特集II「後期高齢者に対する胆石症の治療戦略」, 門阪薫平, 北野雅之, 大本俊介, 鎌田 研, 宮田 剛, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 消化器内科, 56, 663, 666,   2013年, 査読有り
  • Targeted therapy for liver cancer: updated review in 2012., Kudo M, Current cancer drug targets, 12, 9, 1062, 1072,   2012年11月, 査読有り
  • Japan's Successful Model of Nationwide Hepatocellular Carcinoma Surveillance Highlighting the Urgent Need for Global Surveillance., Kudo M, Liver cancer, 1, 3-4, 141, 143,   2012年11月, 査読有り
  • Signaling pathway/molecular targets and new targeted agents under development in hepatocellular carcinoma., Kudo M, World journal of gastroenterology, 18, 42, 6005, 6017,   2012年11月, 査読有り
  • [Molecular targeted agent for hepatocellular carcinoma]., Ueshima K, Kudo M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 70 Suppl 8, 457, 462,   2012年11月, 査読有り
  • A randomized phase II trial of intra-arterial chemotherapy using SM-11355 (Miriplatin) for hepatocellular carcinoma., Okusaka T, Kasugai H, Ishii H, Kudo M, Sata M, Tanaka K, Shioyama Y, Chayama K, Kumada H, Yoshikawa M, Seki T, Saito H, Hayashi N, Shiratori K, Okita K, Sakaida I, Honda M, Kusumoto Y, Tsutsumi T, Sakata K, Investigational new drugs, 30, 5, 2015, 2025,   2012年10月, 査読有り
  • Transcatheter endoscopy for pancreaticobiliary duct diseases (with videos)., Sakamoto H, Kitano M, Kamata K, Miyata T, Kadosaka K, Imai H, Takeyama Y, Kudo M, Gastrointestinal endoscopy, 76, 4, 892, 899,   2012年10月, 査読有り
  • Assessment of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI for HCC and dysplastic nodules and comparison of detection sensitivity versus MDCT., Inoue T, Kudo M, Komuta M, Hayaishi S, Ueda T, Takita M, Kitai S, Hatanaka K, Yada N, Hagiwara S, Chung H, Sakurai T, Ueshima K, Sakamoto M, Maenishi O, Hyodo T, Okada M, Kumano S, Murakami T, Journal of gastroenterology, 47, 9, 1036, 1047,   2012年09月, 査読有り
  • Current status of hepatocellular carcinoma treatment in Japan: case study and discussion-voting system., Kudo M, Tateishi R, Yamashita T, Ikeda M, Furuse J, Ikeda K, Kokudo N, Izumi N, Matsui O, Clinical drug investigation, 32 Suppl 2, 37, 51,   2012年08月, 査読有り
  • Estimation of liver function using T2* mapping on gadolinium ethoxybenzyl diethylenetriamine pentaacetic acid enhanced magnetic resonance imaging., Katsube T, Okada M, Kumano S, Imaoka I, Kagawa Y, Hori M, Ishii K, Tanigawa N, Imai Y, Kudo M, Murakami T, European journal of radiology, 81, 7, 1460, 1464,   2012年07月, 査読有り
  • Welcome to the first issue of liver cancer., Kudo M, Liver cancer, 1, 1, 1,   2012年06月, 査読有り
  • p38MAPK suppresses chronic pancreatitis by regulating HSP27 and BAD expression., Park AM, Kudo M, Hagiwara S, Tabuchi M, Watanabe T, Munakata H, Sakurai T, Free radical biology & medicine, 52, 11-12, 2284, 2291,   2012年06月, 査読有り
  • Guideline on the use of new anticancer drugs for the treatment of Hepatocellular Carcinoma 2010 update., Kaneko S, Furuse J, Kudo M, Ikeda K, Honda M, Nakamoto Y, Onchi M, Shiota G, Yokosuka O, Sakaida I, Takehara T, Ueno Y, Hiroishi K, Nishiguchi S, Moriwaki H, Yamamoto K, Sata M, Obi S, Miyayama S, Imai Y, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 42, 6, 523, 542,   2012年06月, 査読有り
  • Can the biliary enhancement of Gd-EOB-DTPA predict the degree of liver function?, Okada M, Ishii K, Numata K, Hyodo T, Kumano S, Kitano M, Kudo M, Murakami T, Hepatobiliary & pancreatic diseases international : HBPD INT, 11, 3, 307, 313,   2012年06月, 査読有り
  • Activation of c-Jun N-terminal kinase in non-cancerous liver tissue predicts a high risk of recurrence after hepatic resection for hepatocellular carcinoma., Hagiwara S, Kudo M, Chung H, Ueshima K, Inoue T, Haji S, Watanabe T, Park AM, Munakata H, Sakurai T, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 42, 4, 394, 400,   2012年04月, 査読有り
  • Involvement of activation of toll-like receptors and nucleotide-binding oligomerization domain-like receptors in enhanced IgG4 responses in autoimmune pancreatitis., Watanabe T, Yamashita K, Fujikawa S, Sakurai T, Kudo M, Shiokawa M, Kodama Y, Uchida K, Okazaki K, Chiba T, Arthritis and rheumatism, 64, 3, 914, 924,   2012年03月, 査読有り
  • Quantification of tumor vascularity with contrast-enhanced ultrasound for early response of transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma: a report of three cases., Minami Y, Okumura N, Yamamoto N, Tsuji N, Kono Y, Kudo M, Journal of medical ultrasonics (2001), 39, 1, 15, 19,   2012年01月, 査読有り
  • Hepatic nodules associated with an inferior mesentric arteriovenous malformation., Takahashi K, Kashida H, Kudo M, Internal medicine (Tokyo, Japan), 51, 19, 2753, 2755,   2012年, 査読有り
  • Viral hepatitis and hepatocellular carcinoma: update in 2012., Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 30, 6, 539, 540,   2012年, 査読有り
  • Retreatment with peginterferon α-2a + ribavirin in patients who failed previous peginterferon α-2b + ribavirin combination therapy., Ueda T, Tsuchiya K, Hashimoto S, Inoue T, Enomoto N, Inao M, Tanaka A, Kaito M, Imazeki F, Nishiguchi S, Mochida S, Yokosuka O, Yatsuhashi H, Izumi N, Kudo M, RETRY Study Group., Digestive diseases (Basel, Switzerland), 30, 6, 554, 560,   2012年, 査読有り
  • Risk of hepatocellular carcinoma development in cases of hepatitis C treated by long-term, low-dose PEG-IFNα-2a., Hagiwara S, Sakurai T, Takita M, Ueshima K, Minami Y, Inoue T, Yada N, Kitai S, Nagai T, Hayaishi S, Arizumi T, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 30, 6, 561, 567,   2012年, 査読有り
  • Hepatocellular carcinoma with obstructive jaundice: endoscopic and percutaneous biliary drainage., Minami Y, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 30, 6, 592, 597,   2012年, 査読有り
  • 肝臓がん, 上嶋一臣, 工藤正俊, 日本臨牀, 70, 457, 462,   2012年, 査読有り
  • 新規薬剤の治療開発: 現状と展望(SORとの比較試験、SOR耐性後の試験など), 上嶋一臣, 工藤正俊, 腫瘍内科, 9, 651, 658,   2012年, 査読有り
  • 各施設のまとめ-EOB-MRIの肝細胞相でのみ検出される乏血性結節の自然経過. 特集「早期肝細胞癌の画像診断update」, 工藤正俊, 肝胆膵画像, 14, 369, 370,   2012年, 査読有り
  • Involvement of heat shock protein A4/Apg-2 in refractory inflammatory bowel disease, Adachi T, Sakurai T, Kashida H, Mine H, Hagiwara S, Matsui S, Yoshida K, Nishida N, Watanabe T, Itoh K, Fujita J, Kudo M, Inflamm Bowel Dis, 21, 1, 31, 39,   2015年01月, 査読有り
  • 早期慢性膵炎のEUS所見と生活習慣病について. 特集「生活習慣病と胆・膵疾患」, 門阪薫平, 北野雅之, 大本俊介, 鎌田 研, 宮田 剛, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 胆と膵, 33, 1247, 1251,   2012年, 査読有り
  • Stress response protein Cirp links inflammation and tumorigenesis in colitis-associated cancer, Sakurai T, Kashida H, Watanabe T, Hagiwara S, Mizushima T, Iijima H, Nishida N, Higashitsuji H, Fujita J, Kudo M, Cancer Res, 74, 21, 6119, 6128,   2014年11月, 査読有り
  • EUSによる膵線維化診断.特集「肝胆膵の線維化/研究と診療の最近の進歩」, 門阪薫平, 北野雅之, 山田光成, 大本俊介, 鎌田 研, 宮田 剛, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 肝胆膵, 65, 371, 376,   2012年, 査読有り
  • 膵腫瘍の画像診断: US, 北野雅之, 今井 元, 工藤正俊, 日本臨床, 73, 50, 54,   2015年, 査読有り
  • 胆道癌の画像診断: US, 北野雅之, 鎌田 研, 工藤正俊, 日本臨床, 73, 491, 494,   2015年03月, 査読有り
  • Accuracy of real-time tissue elastography for the evaluation of hepatic fibrosis in patients with chronic hepatitis B: a prospective multicenter study, Wu T, Ren J, Cong SZ, Meng FK, Yang H, Luo Y, Lin HJ, Sun Y, Wang XY, Pei SF, Zheng Y, He Y, Chen Y, Hu Y, Yang N, Li P, Kudo M, Zheng RQ, Digest Dis, 32, 6, 791, 799,   2014年, 査読有り
  • Clinical features of vascular disorders associated with chronic hepatitis virus infection, Nishida N, Kudo M, Digest Dis, 32, 6, 786, 790,   2014年, 査読有り
  • Stabilization technique for real-time high-resolution vascular ultrasound using frequency domain interferometry, Taki H, Taki K, Yamakawa M, Shiina T, Kudo M, Sato T, Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc, 2014, 5085, 5088,   2014年, 査読有り
  • Current treatment status of polycystic liver disease in Japan., Ogawa K, Fukunaga K, Takeuchi T, Kawagishi N, Ubara Y, Kudo M, Ohkohchi N, Hepatol Res, 44, 11, 1110, 1118,   2014年10月, 査読有り
  • Identification of epigenetically inactivated genes in human hepatocellular carcinoma by integrative analyses of methylation profiling and pharmacological unmasking, Nishida N, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kudo M, Digest Dis, 32, 6, 740, 746,   2014年, 査読有り
  • Decreased blood flow after sorafenib administration is an imaging biomarker to predict overall survival in patients with advanced hepatocellular carcinoma, Arizumi T, Ueshima K, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Digest Dis, 32, 6, 733, 739,   2014年, 査読有り
  • 肝動注化学療法に用いる薬物. 特集「肝癌の薬物療法」, 上嶋一臣, 工藤正俊, Pharma Medica, 33, 21, 23,   2015年, 査読有り
  • Validation of three staging systems for hepatocellular carcinoma (JIS score, biomarker-combined JIS score, and BCLC system) in 4,649 cases from a Japanese nationwide survey, Kitai S, Kudo M*, Izumi N, Kaneko S, Ku Y, Kokudo N, Sakamoto M, Takayama T, Nakashima O, Kadoya M, Matsuyama Y, Matsunaga T, for the Liver Cancer Study Group of Japan, Digest Dis, 32, 6, 717, 724,   2014年, 査読有り
  • Malignant transformation of hepatocellular adenoma: How frequently does it happen?, 工藤正俊, Liver Cancer, 1, 1, 1, 5,   2015年03月, 査読有り
  • Duration of stable disease is associated with overall survival in patients with advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib, Arizumi T, Ueshima K, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Digest Dis, 32, 6, 705, 710,   2014年, 査読有り
  • 編集: 日本臨床増刊号 最新肝癌学, 工藤正俊,   2015年, 査読有り
  • Ultrasound fusion imaging of hepatocellular carcinoma: a review of current evidence, Minami Y, Kudo M, Diegst Dis, 32, 6, 690, 695,   2014年, 査読有り
  • Cone-beam CT angiography(tracking navitation imagingも含めて), 南 康範, 村上卓道, 工藤正俊, 最新肝癌学, 73, 579, 581,   2015年, 査読有り
  • Radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma measuring 2 cm or smaller: Results and risk factors for local recurrence, Kono M, Inoue T, Kudo M*, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Nishida N, Murakami T, Digest Dis, 32, 6, 670, 677,   2014年, 査読有り
  • 肝細胞癌の治療アルゴリズム, 井上達夫, 工藤正俊, 最新肝癌学, 73, 457, 463,   2015年, 査読有り
  • Genome-wide profiling of DNA methylation and tumor progression in human hepatocellular carcinoma, Nishida N, Nishimura T, Nakai T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kudo M, Digest Dis, 32, 6, 658, 663,   2014年, 査読有り
  • 取扱い規約・診療ガイドラインを作成する意義, 工藤正俊, 最新肝癌学, 73, 443, 446,   2015年, 査読有り
  • Emerging strategies for the management of hepatocellular carcinoma, 工藤正俊, Digest Dis, 32, 6, 655, 657,   2014年, 査読有り
  • 発癌予測バイオマーカーとしてのエピゲノム変化, 萩原 智, 西田直生志, 工藤正俊, 最新肝癌学, 73, 403, 407,   2015年, 査読有り
  • 超音波elastography(strain法), 矢田典久, 工藤正俊, 最新肝癌学, 73, 367, 371,   2015年, 査読有り
  • Nationwide study of 4741 patients with non-B non-C hepatocellular carcinoma with special reference to the therapeutic impact., Utsunomiya T, Shimada M, Kudo M, Ichida T, Matsui O, Izumi N, Matsuyama Y, Sakamoto M, Nakashima O, Ku Y, Kokudo N, Makuuchi M for the Liver Cancer Study Group of Japan, Ann Surg, 259, 2, 336, 345,   2014年02月, 査読有り
  • TNM stage、統合ステージングシステム, 北井 聡, 工藤正俊, 最新肝癌学, 73, 328, 333,   2015年, 査読有り
  • Homozygous deletion of the activin A receptor, type IB gene is associated with an aggressive cancer phenotype in pancreatic cancer, Togashi Y, Sakamoto H, Hayashi H, Terashima M, Velasco Ma, Fujita Y, Kodera Y, Sakai K, Tomida S, Kitano M, Kudo M, Nishio K, Mol Cancer, 13, 126, 136,   2014年05月, 査読有り
  • Effect of everolimus on survival in advanced hepatocellular carcinoma after failure of sorafenib: The EVOLVE-1 randomized clinical trial, Zhu AX, Kudo M, Assenat E, Cattan S, Kang YK, Lim HY, Poon RTP, Blanc JF, Vogel A, Chen CL, Dorval E, Radosavljevic MPR, Santoro A, Daniele B, Furuse J, Jappe A, Perraud K, Anak O, Sellami DB, Chen LT, J Am Med Assoc (JAMA), 312, 1, 57, 67,   2014年07月, 査読有り
  • Endoscopic ultrasonography-guided gallbladder drainage procedures: is the glass half-full or half-empty? , Kitano M, Kamata K, Kudo M, Digest Endosc, 26, 5, 636, 637,   2014年09月, 査読有り
  • 肝細胞癌臨床研究の課題と展望, 工藤正俊, 最新肝癌学, 73, 33, 41,   2015年, 査読有り
  • 序文, 工藤正俊, 最新肝癌学, 73, 1, 14,   2015年, 査読有り
  • 尿タンパク試験紙にBence Jonesタンパクが反応することの検証, 井本真由美, 松村 到, 船内正憲, 中川和彦, 鮫島謙一, 前田裕弘, 森嶋祥之, 中江健市, 上硲俊法, 工藤正俊, 櫻林郁之助, 臨床化学, 43, 3, 217, 225,   2014年07月
  • 肝造影超音波診断. 特集「肝造影検査Update 2014」, 井上達夫, 前川 清, 工藤正俊, 画像診断, 34, 7, 761, 770,   2014年07月, 査読有り
  • Prospective Multicenter Randomized Controlled Trial of Histological Diagnostic Yield Comparing 25G EUS-FNA Needles With and Without a Core Trap in Patients With Solid Pancreatic Masses, Ashida R, Yasukawa S, Yanagisawa A, Kamata K, Kudo M, Ogura T, Higuchi K, Fukutake N, Nebiki H, Hirose S, Hoki N, Asada M, Yazumi S, Takaoka M, Okazaki K, Matsuda F, Okabe Y, Kitano M, Gastrointest Endosc, 79, AB111,   2014年05月, 査読有り
  • Re-evaluating transarterial chemoembolization for the treatment of hepatocellular carcinoma: consensus recommendations and review by an international expert panel, Cheng AL, Amarapurkar D, Chao Y, Chen PJ, Geschwind JF, Goh KL, Han KH, Kudo M, Lee HC, Lee RC, Lesmana LA, Lim HY, Paik SW, Poon RT, Tan CK, Tanwandee T, Teng G, Park JW, Liver Int, 34, 2, 174, 183,   2014年02月, 査読有り
  • 胆膵疾患におけるInterventional EUS, 北野雅之, 工藤正俊, 最新医学, 69, 5, 130, 138,   2014年05月, 査読有り
  • コンベックス型超音波内視鏡による胆膵疾患スクリーニングのコツ, 北野雅之, 坂本洋城, 工藤正俊, Gastroenterol Endosc, 56, 296, 308,   2014年02月
  • Value of EUS in early detection of pancreatic ductal adenocarcinomas in patients with intraductal papillary mucinous neoplasms., Kamata K, Kitano M, Kudo M, Sakamoto H, Kadosaka K, Miyata T, Imai H, Maekawa K, Chikugo T, Kumano M, Hyodo T, Murakami T, Chiba Y, Takeyama Y, Endoscopy, 46, 1, 22, 29,   2014年01月, 査読有り
  • 膵充実性腫瘤の造影超音波内視鏡分類. 特集「内視鏡分類update」, 北野雅之, 坂本洋城, 工藤正俊, 消化器内視鏡, 26, 1, 145, 147,   2014年01月
  • 食道疣状扁平上皮癌, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 消化器内視鏡, 26, 10, 1606, 1607,   2014年, 査読有り
  • 胃癌類似形態を呈した胃限局性ATTRアミロイドーシスの1例, 松井繁長, 樫田博史, 高山政樹, 峯 宏昌, 足立哲平, 永井知行, 川崎正憲, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 工藤正俊, 筑後孝章, 胃と腸, 49, 3, 377, 384,   2014年, 査読有り
  • 発赤調で粘液の付着を伴う胃粘膜下腫瘍様病変, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 消化器内視鏡, 26, 7, 1009, 1010,   2014年, 査読有り
  • NOD2 Down-regulates colonic inflammation by IRF4-mediated inhibition of K63-linked polyubiquitination of RICK and TRAF6, Watanabe T, Asano N, Meng G, Yamashita K, Arai Y, Sakurai T, Kudo M, Fuss IJ, Kitani A, Shimosegawa T, Chiba T, Strober W, Mucosal Immunol, 7, 6, 1312, 1325,   2014年11月, 査読有り
  • 慢性膵炎の経消化管的治療, 宮田 剛, 北野雅之, 大本俊介, 門阪薫平, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 胆と膵, 35, 5, 455, 461,   2014年, 査読有り
  • 造影ハーモニックEUSによる胆・膵疾患の診断 - 造影CTとの違いは?, 宮田 剛, 北野雅之, 大本俊介, 門阪薫平, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 胆と膵, 35, 8, 707, 713,   2014年, 査読有り
  • 超音波内視鏡下腹腔神経叢融解術(EUS-CPN) の実際, 宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊, 膵・胆道癌FRONTIER, 4, 2, 82, 86,   2014年, 査読有り
  • Alteration of epigenetic profile in human hepatocellular carcinoma and its clinical implications, Nishida N, Kudo M, Liver Cancer, 3, 3-4, 417, 427,   2014年10月, 査読有り
  • IPMN診療におけるEUSの有用性. 特集「膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の診療の現況」, 鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊, 山雄健太郎, 今井 元, 坂本洋城, 臨床消化器内科, 29, 1709, 1716,   2014年, 査読有り
  • Serum amyloid A and C-reactive protein positive nodule in alcoholic liver cirrhosis, hard to make definite diagnosis, Kim SR, Kondo F, Otono Y, Imoto S, Ando K, Hirakawa M, Fukuda K, Sakaki M, Kim SK, Komaki T, Tsuchida S, Kobayashi S, Matsuoka T, Kudo M, Hepatol Res, 44, 5, 584, 590,   2014年05月, 査読有り
  • Nationwide survey in Japan regarding splenectomy/partial splenic embolization for interferon treatment targeting hepatitis C virus-related chronic liver disease in patients with low platelet count. , Ikeda N, Imanishi H, Aizawa N, Tanaka H, Iwata Y, Enomoto H, Siato M, Iijima H, Iimuro Y, Fujimoto J, Yamamoto S, Hirota S, Kudo M, Arii S, Nishiguchi S, Hepato Res, 44, 8, 829, 836,   2014年08月, 査読有り
  • Biomarkers and personalized sorafenib therapy, 工藤正俊, Liver Cancer , 3, 3-4, 399, 404,   2014年10月, 査読有り
  • Prognostic imapct of spontaneous tumor rupture in patients with hepatocellular carcinoma: an analysis of 1,160 cases from a nationwide survey, Aoki T, Kokudo N, Matsuyama Y, Izumi N, Ichida T, Kudo M, Ku Y, Sakamoto M, Nakashima O, Matsui O, Makuuchi M, for the Liver Cancer Study Group of Japan, Ann Surg, 259, 532, 542,   2014年, 査読有り
  • 膵腫瘍性病変診断における造影ハーモニックEUS検査の有用性, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊, 超音波TECHNO, 26, 76, 78,   2014年, 査読有り
  • 悪性中下部胆道狭窄に対するステンティング. 特集「悪性胆道狭窄に対する診断・治療の進歩」, 北野雅之, 今井 元, 工藤正俊, 臨床消化器内科, 29, 1231, 1240,   2014年, 査読有り
  • 癌遺伝子と癌抑制遺伝子, 西田直生志, 工藤正俊, 最新肝癌学, 73, 164, 169,   2015年, 査読有り
  • Challenges of clinical research on hepatocellular carcinoma, Kudo M, Kitano M, Sakurai T, Nishida N, Digest Dis, 33, 6, 780, 790,   2015年10月, 査読有り
  • [Effects of interferon treatment on recurrence and survival after curative treatment of hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma]., Ueda T, Chung H, Kudo M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 69 Suppl 4, 319, 324,   2011年05月, 査読有り
  • [Efficacy of adjuvant treatment after curative treatment in patients with HBV related hepatocellular carcinoma]., Hagiwara S, Kudo M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 69 Suppl 4, 546, 550,   2011年05月, 査読有り
  • Antitumor activity of BIBF 1120, a triple angiokinase inhibitor, and use of VEGFR2+pTyr+ peripheral blood leukocytes as a pharmacodynamic biomarker in vivo., Kudo K, Arao T, Tanaka K, Nagai T, Furuta K, Sakai K, Kaneda H, Matsumoto K, Tamura D, Aomatsu K, De Velasco MA, Fujita Y, Saijo N, Kudo M, Nishio K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 17, 6, 1373, 1381,   2011年03月, 査読有り
  • Estimation of malignant potential of GI stromal tumors by contrast-enhanced harmonic EUS (with videos)., Sakamoto H, Kitano M, Matsui S, Kamata K, Komaki T, Imai H, Dote K, Kudo M, Gastrointestinal endoscopy, 73, 2, 227, 237,   2011年02月, 査読有り
  • Double-contrast ultrasound: a novel surveillance tool for hepatocellular carcinoma., Kudo M, Hatanaka K, Kumada T, Toyoda H, Tada T, The American journal of gastroenterology, 106, 2, 368, 370,   2011年02月, 査読有り
  • Management of hepatitis B: Consensus of the Japan Society of Hepatology 2009., Yokosuka O, Kurosaki M, Imazeki F, Arase Y, Tanaka Y, Chayama K, Tanaka E, Kumada H, Izumi N, Mizokami M, Kudo M, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 41, 1, 1, 21,   2011年01月, 査読有り
  • The prognosis of patients with pancreatic cancer is extremely poor. Preface., Kudo M, Yamao K, Shimosegawa T, Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.], 11 Suppl 2, 1, 2,   2011年, 査読有り
  • Endoscopic ultrasonography and contrast-enhanced endoscopic ultrasonography., Kitano M, Kudo M, Sakamoto H, Komaki T, Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.], 11 Suppl 2, 28, 33,   2011年, 査読有り
  • Signaling pathway and molecular-targeted therapy for hepatocellular carcinoma., Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 29, 3, 289, 302,   2011年, 査読有り
  • Des-γ-carboxyprothrombin may be a promising biomarker to determine the therapeutic efficacy of sorafenib for hepatocellular carcinoma., Ueshima K, Kudo M, Takita M, Nagai T, Tatsumi C, Ueda T, Kitai S, Ishikawa E, Yada N, Inoue T, Hagiwara S, Minami Y, Chung H, Sakurai T, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 29, 3, 321, 325,   2011年, 査読有り
  • Oral branched-chain amino acid granules reduce the incidence of hepatocellular carcinoma and improve event-free survival in patients with liver cirrhosis., Hayaishi S, Chung H, Kudo M, Ishikawa E, Takita M, Ueda T, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 29, 3, 326, 332,   2011年, 査読有り
  • Management of hepatocellular carcinoma in Japan: Consensus-Based Clinical Practice Guidelines proposed by the Japan Society of Hepatology (JSH) 2010 updated version., Kudo M, Izumi N, Kokudo N, Matsui O, Sakamoto M, Nakashima O, Kojiro M, Makuuchi M, HCC Expert Panel of Japan Society of Hepatology., Digestive diseases (Basel, Switzerland), 29, 3, 339, 364,   2011年, 査読有り
  • Adjuvant therapy after curative treatment for hepatocellular carcinoma., Kudo M, Oncology, 81 Suppl 1, 50, 55,   2011年, 査読有り
  • Diagnostic imaging of hepatocellular carcinoma: recent progress., Kudo M, Oncology, 81 Suppl 1, 73, 85,   2011年, 査読有り
  • 混合型肝癌の疫学: 全国集計を中心に. 特集「混合型肝癌および胆管形質を示す肝細胞癌: 肝ステム細胞のインパクト」, 北井 聡, 工藤正俊, 肝胆膵, 63, 559, 563,   2011年, 査読有り
  • Relationship between urinary sodium excretion and pioglitazone-induced edema., Nakamura A, Osonoi T, Terauchi Y, Journal of diabetes investigation, 1, 5, 208, 211,   2010年10月, 査読有り
  • Searching for biological markers of molecular targeting treatment of liver cancer., Arao T, Kudo M, Nishio K, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 37, 10, 1879, 1882,   2010年10月, 査読有り
  • Hepatitis C virus core protein induces homotolerance and cross-tolerance to Toll-like receptor ligands by activation of Toll-like receptor 2., Chung H, Watanabe T, Kudo M, Chiba T, The Journal of infectious diseases, 202, 6, 853, 861,   2010年09月, 査読有り
  • Diagnosis of subepithelial tumors in the upper gastrointestinal tract by endoscopic ultrasonography., Sakamoto H, Kitano M, Kudo M, World journal of radiology, 2, 8, 289, 297,   2010年08月, 査読有り
  • Management of hepatocellular carcinoma: from prevention to molecular targeted therapy., Kudo M, Oncology, 78 Suppl 1, 1, 6,   2010年07月, 査読有り
  • Radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma: assistant techniques for difficult cases., Inoue T, Minami Y, Chung H, Hayaishi S, Ueda T, Tatsumi C, Takita M, Kitai S, Hatanaka K, Ishikawa E, Yada N, Hagiwara S, Ueshima K, Kudo M, Oncology, 78 Suppl 1, 94, 101,   2010年07月, 査読有り
  • Positioning of a molecular-targeted agent, sorafenib, in the treatment algorithm for hepatocellular carcinoma and implication of many complete remission cases in Japan., Kudo M, Ueshima K, Oncology, 78 Suppl 1, 154, 166,   2010年07月, 査読有り
  • Response Evaluation Criteria in Cancer of the Liver (RECICL) proposed by the Liver Cancer Study Group of Japan (2009 Revised Version)., Kudo M, Kubo S, Takayasu K, Sakamoto M, Tanaka M, Ikai I, Furuse J, Nakamura K, Makuuchi M, Liver Cancer Study Group of Japan (Committee for Response Evaluation Criteria in Cancer of the Liver,Liver Cancer Study Group of Japan)., Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 40, 7, 686, 692,   2010年07月, 査読有り
  • Overall survival after transarterial lipiodol infusion chemotherapy with or without embolization for unresectable hepatocellular carcinoma: propensity score analysis., Takayasu K, Arii S, Ikai I, Kudo M, Matsuyama Y, Kojiro M, Makuuchi M, Liver Cancer Study Group of Japan., AJR. American journal of roentgenology, 194, 3, 830, 837,   2010年03月, 査読有り
  • Identification and characterization of IgG4-associated autoimmune hepatitis., Chung H, Watanabe T, Kudo M, Maenishi O, Wakatsuki Y, Chiba T, Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver, 30, 2, 222, 231,   2010年02月, 査読有り
  • Endoscopic ultrasound (EUS)-guided transluminal endoscopic removal of gallstones., Kamata K, Kitano M, Kudo M, Imai H, Sakamoto H, Komaki T, Endoscopy, 42 Suppl 2, E331, 2,   2010年, 査読有り
  • Endoscopic findings of intestinal Behçet's disease complicated with toxic megacolon., Umehara Y, Kudo M, Kawasaki M, Endoscopy, 42 Suppl 2, E173, 4,   2010年, 査読有り
  • Changing trends in hepatitis C infection over the past 50 years in Japan., Chung H, Ueda T, Kudo M, Intervirology, 53, 1, 39, 43,   2010年, 査読有り
  • Double-filtration plasmapheresis plus IFN for HCV-1b patients with non-sustained virological response to previous combination therapy: early viral dynamics., Kim SR, Imoto S, Kudo M, Mita K, Taniguchi M, Kim KI, Sasase N, Shoji I, Nagano-Fujii M, El-Shamy A, Hotta H, Nagai T, Nagata Y, Hayashi Y, Intervirology, 53, 1, 44, 48,   2010年, 査読有り
  • Outcome and early viral dynamics with viral mutation in PEG-IFN/RBV therapy for chronic hepatitis in patients with high viral loads of serum HCV RNA genotype 1b., Sasase N, Kim SR, Kudo M, Kim KI, Taniguchi M, Imoto S, Mita K, Hayashi Y, Shoji I, El-Shamy A, Hotta H, Intervirology, 53, 1, 49, 54,   2010年, 査読有り
  • PEG-IFNalpha/RBV combination therapy for chronic hepatitis C patients increases serum ferritin level while it improves sustained viral response rate., Yada N, Kudo M, Chung H, Hayaishi S, Takita M, Ueda T, Tatsumi C, Hatanaka K, Kitai S, Ishikawa E, Inoue T, Hagiwara S, Ueshima K, Intervirology, 53, 1, 60, 65,   2010年, 査読有り
  • ペグインターフェロンα-2b/リバビリン併用療法の無効・再燃例に対するペグインターフェロンα-2a/リバビリン併用療法の再治療. 増刊号「C型肝炎の臨床最前線」, 工藤正俊, 上田泰輔, 土谷 薫, 橋元 悟, 井上泰輔, 稲生実枝, 田中 篤, 垣内雅彦, 今関文夫, 西口修平, 肝胆膵, 61, 127, 133,   2010年, 査読有り
  • Transarterial chemotherapy alone versus transarterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma: a randomized phase III trial., Okusaka T, Kasugai H, Shioyama Y, Tanaka K, Kudo M, Saisho H, Osaki Y, Sata M, Fujiyama S, Kumada T, Sato K, Yamamoto S, Hinotsu S, Sato T, Journal of hepatology, 51, 6, 1030, 1036,   2009年12月, 査読有り
  • Contrast-enhanced harmonic ultrasound imaging in ablation therapy for primary hepatocellular carcinoma., Minami Y, Kudo M, World journal of radiology, 1, 1, 86, 91,   2009年12月, 査読有り
  • Small invasive ductal carcinoma of the pancreas distinct from branch duct intraductal papillary mucinous neoplasm., Sakamoto H, Kitano M, Komaki T, Imai H, Kamata K, Kimura M, Takeyama Y, Kudo M, World journal of gastroenterology, 15, 43, 5489, 5492,   2009年11月, 査読有り
  • [Radio frequency ablation for metastatic liver cancer]., Inoue T, Kudo M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 36, 8, 1253, 1255,   2009年08月, 査読有り
  • Utility of Gd-EOB-DTPA-Enhanced MRI in Diagnosing Small Hepatocellular Carcinoma., Kim SR, Imoto S, Nakajima T, Ando K, Mita K, Fukuda K, Nishikawa R, Koma YI, Matsuoka T, Kudo M, Hayashi Y, Case reports in gastroenterology, 3, 2, 187, 192,   2009年07月, 査読有り
  • Value of liver parenchymal phase contrast-enhanced sonography to diagnose premalignant and borderline lesions and overt hepatocellular carcinoma., Inoue T, Kudo M, Maenishi O, Komuta M, Nakashima O, Kojiro M, Maekawa K, AJR. American journal of roentgenology, 192, 3, 698, 705,   2009年03月, 査読有り
  • Evaluation of therapeutic response to gemcitabine in pancreatic cancer., Suetomi Y, Kitano M, Kudo M, Sakamoto H, Maekawa K, Hepato-gastroenterology, 55, 86-87, 1785, 1788,   2008年09月, 査読有り
  • [Prevention of recurrence of liver cancer]., Kudo M, Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, 97, 7, 1681, 1689,   2008年07月, 査読有り
  • Molecular mechanisms of portal vein tolerance., Watanabe T, Kudo M, Chiba T, Wakatsuki Y, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 38, 5, 441, 449,   2008年05月, 査読有り
  • The clinical characteristics, endoscopic treatment, and prognosis for patients presenting with duodenal varices., Matsui S, Kudo M, Ichikawa T, Okada M, Miyabe Y, Hepato-gastroenterology, 55, 84, 959, 962,   2008年05月, 査読有り
  • Comparison of the outcomes between an anatomical subsegmentectomy and a non-anatomical minor hepatectomy for single hepatocellular carcinomas based on a Japanese nationwide survey., Eguchi S, Kanematsu T, Arii S, Okazaki M, Okita K, Omata M, Ikai I, Kudo M, Kojiro M, Makuuchi M, Monden M, Matsuyama Y, Nakanuma Y, Takayasu K, Liver Cancer Study Group of Japan., Surgery, 143, 4, 469, 475,   2008年04月, 査読有り
  • Long-term outcome of percutaneous ethanol injection therapy for minimum-sized hepatocellular carcinoma., Taniguchi M, Kim SR, Imoto S, Ikawa H, Ando K, Mita K, Fuki S, Sasase N, Matsuoka T, Kudo M, Hayashi Y, World journal of gastroenterology, 14, 13, 1997, 2002,   2008年04月, 査読有り
  • Comparison of three current staging systems for hepatocellular carcinoma: Japan integrated staging score, new Barcelona Clinic Liver Cancer staging classification, and Tokyo score., Chung H, Kudo M, Takahashi S, Hagiwara S, Sakaguchi Y, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Fukunaga T, Matsunaga T, Journal of gastroenterology and hepatology, 23, 3, 445, 452,   2008年03月, 査読有り
  • Foreign body granuloma mimicking disseminated tumour recurrence after radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma., Takahashi S, Chung H, Kitai S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Kudo M, Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver, 28, 3, 414, 415,   2008年03月, 査読有り
  • Effects of decorin on the expression of alpha-smooth muscle actin in a human myofibroblast cell line., Nakatani T, Honda E, Hayakawa S, Sato M, Satoh K, Kudo M, Munakata H, Molecular and cellular biochemistry, 308, 1-2, 201, 207,   2008年01月, 査読有り
  • Diagnostic accuracy of imaging for liver cirrhosis compared to histologically proven liver cirrhosis. A multicenter collaborative study., Kudo M, Zheng RQ, Kim SR, Okabe Y, Osaki Y, Iijima H, Itani T, Kasugai H, Kanematsu M, Ito K, Usuki N, Shimamatsu K, Kage M, Kojiro M, Intervirology, 51 Suppl 1, 17, 26,   2008年, 査読有り
  • Noninvasive evaluation of hepatic fibrosis using serum fibrotic markers, transient elastography (FibroScan) and real-time tissue elastography., Tatsumi C, Kudo M, Ueshima K, Kitai S, Takahashi S, Inoue T, Minami Y, Chung H, Maekawa K, Fujimoto K, Akiko T, Takeshi M, Intervirology, 51 Suppl 1, 27, 33,   2008年, 査読有り
  • Usefulness of a new immunoradiometric assay of HCV core antigen to predict virological response during PEG-IFN/RBV combination therapy for chronic hepatitis with high viral load of serum HCV RNA genotype 1b., Sasase N, Kim SR, Kim KI, Taniguchi M, Imoto S, Mita K, Hotta H, Shouji I, El-Shamy A, Kawada N, Kudo M, Hayashi Y, Intervirology, 51 Suppl 1, 70, 75,   2008年, 査読有り
  • Hepatocellular carcinoma 2009 and beyond: from the surveillance to molecular targeted therapy., Kudo M, Oncology, 75 Suppl 1, 1, 12,   2008年, 査読有り
  • Epidemiology of hepatocellular carcinoma in Japan and Korea. A review., Kim SR, Kudo M, Hino O, Han KH, Chung YH, Lee HS, Organizing Committee of Japan-Korea Liver Symposium., Oncology, 75 Suppl 1, 13, 16,   2008年, 査読有り
  • Impact of interferon therapy after curative treatment of hepatocellular carcinoma., Kudo M, Oncology, 75 Suppl 1, 30, 41,   2008年, 査読有り
  • Sonazoid-enhanced ultrasonography for diagnosis of hepatic malignancies: comparison with contrast-enhanced CT., Hatanaka K, Kudo M, Minami Y, Maekawa K, Oncology, 75 Suppl 1, 42, 47,   2008年, 査読有り
  • Imaging of hepatocellular carcinoma: qualitative and quantitative analysis of postvascular phase contrast-enhanced ultrasonography with sonazoid. Comparison with superparamagnetic iron oxide magnetic resonance images., Inoue T, Kudo M, Hatanaka K, Takahashi S, Kitai S, Ueda T, Ishikawa E, Hagiwara S, Minami Y, Chung H, Ueshima K, Maekawa K, Oncology, 75 Suppl 1, 48, 54,   2008年, 査読有り
  • Intranodular blood supply correlates well with biological malignancy grade determined by tumor growth rate in pathologically proven hepatocellular carcinoma., Kudo M, Tochio H, Oncology, 75 Suppl 1, 55, 64,   2008年, 査読有り
  • Validation of a new prognostic staging system for hepatocellular carcinoma: a comparison of the biomarker-combined Japan Integrated Staging Score, the conventional Japan Integrated Staging Score and the BALAD Score., Kitai S, Kudo M, Minami Y, Haji S, Osaki Y, Oka H, Seki T, Kasugai H, Sasaki Y, Matsunaga T, Oncology, 75 Suppl 1, 83, 90,   2008年, 査読有り
  • PIVKA-II is the best prognostic predictor in patients with hepatocellular carcinoma after radiofrequency ablation therapy., Takahashi S, Kudo M, Chung H, Inoue T, Ishikawa E, Kitai S, Tatsumi C, Ueda T, Nagai T, Minami Y, Ueshima K, Oncology, 75 Suppl 1, 91, 98,   2008年, 査読有り
  • Response evaluation of transcatheter arterial chemoembolization in hepatocellular carcinomas: the usefulness of sonazoid-enhanced harmonic sonography., Xia Y, Kudo M, Minami Y, Hatanaka K, Ueshima K, Chung H, Hagiwara S, Inoue T, Ishikawa E, Kitai S, Takahashi S, Tatsumi C, Ueda T, Hayaishi S, Maekawa K, Oncology, 75 Suppl 1, 99, 105,   2008年, 査読有り
  • Combination therapy with S-1 and pegylated interferon alpha for advanced hepatocellular carcinoma., Ueshima K, Kudo M, Nagai T, Tatsumi C, Ueda T, Takahashi S, Hatanaka K, Kitai S, Ishikawa E, Inoue T, Hagiwara S, Minami Y, Chung H, Oncology, 75 Suppl 1, 106, 113,   2008年, 査読有り
  • Case of rapidly progressed sarcomatoid hepatocellular carcinoma in a young female without risk factor., Inoue T, Kudo M, Minami Y, Chung H, Fukunaga T, Kawasaki T, Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver, 27, 10, 1428, 1430,   2007年12月, 査読有り
  • Treatment of large and/or multiple hepatic malignancies: open surgical approaches of radiofrequency ablation., Minami Y, Kawasaki T, Kudo M, Haji S, Shiraishi O, Kawabe T, Yasuda C, Nakai T, Takeyama Y, Shiozaki H, Hepato-gastroenterology, 54, 80, 2358, 2360,   2007年12月, 査読有り
  • Report of the 17th Nationwide Follow-up Survey of Primary Liver Cancer in Japan., Ikai I, Arii S, Okazaki M, Okita K, Omata M, Kojiro M, Takayasu K, Nakanuma Y, Makuuchi M, Matsuyama Y, Monden M, Kudo M, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 37, 9, 676, 691,   2007年09月, 査読有り
  • Role of tumor markers in assessment of tumor progression and prediction of outcomes in patients with hepatocellular carcinoma., Toyoda H, Kumada T, Osaki Y, Oka H, Kudo M, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 37 Suppl 2, S166, 71,   2007年09月, 査読有り
  • International comparison of treatment outcomes based on staging systems., Kudo M, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 37 Suppl 2, S216, 22,   2007年09月, 査読有り
  • Review of 4th Single Topic Conference on HCC. Hepatocellular carcinoma: International consensus and controversies., Kudo M, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 37 Suppl 2, S83, 7,   2007年09月, 査読有り
  • Radiofrequency ablation combined with reduction of hepatic blood flow: effect of Lipiodol on coagulation diameter and ablation time in normal pig liver., Chung H, Kudo M, Minami Y, Kawasaki T, Hepato-gastroenterology, 54, 75, 701, 704,   2007年04月, 査読有り
  • Multistep hepatocarcinogenesis from a dysplastic nodule to well-differentiated hepatocellular carcinoma in a patient with alcohol-related liver cirrhosis., Kim SR, Ikawa H, Ando K, Mita K, Fuki S, Sakamoto M, Kanbara Y, Matsuoka T, Kudo M, Hayashi Y, World journal of gastroenterology, 13, 8, 1271, 1274,   2007年02月, 査読有り
  • Clinical characteristics of NonBNonC- HCC: Comparison with HBV and HCV related HCC., Hatanaka K, Kudo M, Fukunaga T, Ueshima K, Chung H, Minami Y, Sakaguchi Y, Hagiwara S, Orino A, Osaki Y, Intervirology, 50, 1, 24, 31,   2007年, 査読有り
  • Outcomes of nontransplant potentially curative therapy for early-stage hepatocellular carcinoma in Child-Pugh stage A cirrhosis is comparable with liver transplantation., Takahashi S, Kudo M, Chung H, Inoue T, Nagashima M, Kitai S, Tatsumi C, Minami Y, Ueshima K, Fukunaga T, Haji S, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 25, 4, 303, 309,   2007年, 査読有り
  • Management of hepatocellular carcinoma in Japan: consensus-based clinical practice manual proposed by the Japan Society of Hepatology., Kudo M, Okanoue T, Japan Society of Hepatology., Oncology, 72 Suppl 1, 2, 15,   2007年, 査読有り
  • Superiority of CT arterioportal angiography to contrast-enhanced CT and MRI in the diagnosis of hepatocellular carcinoma in nodules smaller than 2 cm., Kim SR, Ando K, Mita K, Fuki S, Ikawa H, Kanbara Y, Imoto S, Matsuoka T, Hayashi Y, Kudo M, Oncology, 72 Suppl 1, 58, 66,   2007年, 査読有り
  • Initial treatment response is essential to improve survival in patients with hepatocellular carcinoma who underwent curative radiofrequency ablation therapy., Takahashi S, Kudo M, Chung H, Inoue T, Ishikawa E, Kitai S, Tatsumi C, Ueda T, Minami Y, Ueshima K, Haji S, Oncology, 72 Suppl 1, 98, 103,   2007年, 査読有り
  • Regulatory failure of serum prohepcidin levels in patients with hepatitis C., Nagashima M, Kudo M, Chung H, Ishikawa E, Hagiwara S, Nakatani T, Dote K, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 36, 4, 288, 293,   2006年12月, 査読有り
  • Cecal necrosis due to ischemic colitis mimicking an abscess on sonography., Watanabe T, Tomita S, Shirane H, Okabe Y, Orino A, Todo A, Chiba T, Kudo M, Journal of ultrasound in medicine : official journal of the American Institute of Ultrasound in Medicine, 25, 3, 393, 396,   2006年03月, 査読有り
  • What is the best staging system for hepatocellular carcinoma?, Kudo M, Journal of gastroenterology, 41, 3, 290, 291,   2006年03月, 査読有り
  • Comparison of standard-dose and low-dose gemcitabine regimens in pancreatic adenocarcinoma patients: a prospective randomized trial., Sakamoto H, Kitano M, Suetomi Y, Takeyama Y, Ohyanagi H, Nakai T, Yasuda C, Kudo M, Journal of gastroenterology, 41, 1, 70, 76,   2006年01月, 査読有り
  • Hepatic angiomyolipoma: identification of an efferent vessel as a hepatic vein by contrast-enhanced harmonic sonography., Zheng RQ, Kudo M, Ishikawa E, Chung H, Minami Y, Ogawa C, Sakaguchi Y, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K, Journal of medical ultrasonics (2001), 32, 4, 191, 196,   2005年12月, 査読有り
  • Hemodynamic and morphologic changes of peripheral hepatic vasculature in chronic liver disease: a preliminary study by contrast-enhanced coded phase-inversion harmonic sonography., Sakaguchi Y, Kudo M, Zheng RQ, Chung H, Minami Y, Ogawa C, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K, Journal of medical ultrasonics (2001), 32, 4, 197, 204,   2005年12月, 査読有り
  • Studies on the variation in clinical laboratory data and safety evaluation of pharmaceuticals., Nomura M, Hata T, Naitoh S, Kuwano H, Moriyama K, Fukuoka M, Kudo M, Tohda Y, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 125, 12, 997, 1004,   2005年12月, 査読有り
  • Differential diagnosis of nodular lesions in cirrhotic liver by post-vascular phase contrast-enhanced US with Levovist: comparison with superparamagnetic iron oxide magnetic resonance images., Inoue T, Kudo M, Watai R, Pei Z, Kawasaki T, Minami Y, Chung H, Fukunaga T, Awai K, Maenishi O, Journal of gastroenterology, 40, 12, 1139, 1147,   2005年12月, 査読有り
  • Hemodynamic and morphologic changes of peripheral hepatic vasculature in cirrhotic liver disease: a preliminary study using contrast-enhanced coded phase inversion harmonic ultrasonography., Zheng RQ, Zhang B, Kudo M, Sakaguchi Y, World journal of gastroenterology, 11, 40, 6348, 6353,   2005年10月, 査読有り
  • Imaging findings of biliary hamartomas., Zheng RQ, Zhang B, Kudo M, Onda H, Inoue T, World journal of gastroenterology, 11, 40, 6354, 6359,   2005年10月, 査読有り
  • Well-differentiated HCC manifesting hyperattenuation on CT during arterial portography., Kim SR, Kim KI, Maekawa Y, Imoto S, Ninomiya T, Mita K, Ando K, Fukuda K, Fuki S, Kudo M, Matsuoka T, Sasase N, Taniguchi M, Hayashi Y, Hepato-gastroenterology, 52, 65, 1559, 1562,   2005年09月, 査読有り
  • Ischemia of rat stomach mobilizes ECL cell histamine., Kitano M, Bernsand M, Kishimoto Y, Norlén P, Håkanson R, Haenuki Y, Kudo M, Hasegawa J, American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology, 288, 5, G1084, 90,   2005年05月, 査読有り
  • Estimation of the malignant potential of gastrointestinal stromal tumors: the value of contrast-enhanced coded phase-inversion harmonics US., Fukuta N, Kitano M, Maekawa K, Chikugo T, Kudo M, Journal of gastroenterology, 40, 3, 247, 255,   2005年03月, 査読有り
  • [Current topics on therapy of hepatocellular carcinoma]., Kudo M, Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, 94, 3, 464, 472,   2005年03月, 査読有り
  • Primary sclerosing cholangitis and hepatitis C virus infection., Kim SR, Imoto S, Taniguchi M, Kim KI, Sasase N, Matsuoka T, Maekawa Y, Ninomiya T, Ando K, Mita K, Fuki S, Koterazawa T, Fukuda K, Kudo M, Sakamoto H, Hayashi Y, Intervirology, 48, 4, 268, 272,   2005年, 査読有り
  • Validation of a new prognostic staging system for hepatocellular carcinoma: the JIS score compared with the CLIP score., Kudo M, Chung H, Haji S, Osaki Y, Oka H, Seki T, Kasugai H, Sasaki Y, Matsunaga T, Hepatology (Baltimore, Md.), 40, 6, 1396, 1405,   2004年12月, 査読有り
  • [Comparison of treatment methods for hepatocellular carcinoma--based on JIS score]., Kudo M, Chung H, Osaki Y, Kasugai H, Oka H, Seki T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 31, 13, 2100, 2104,   2004年12月, 査読有り
  • Anisakis in a biopsy specimen from the edge of a gastric ulcer: report of a case., Shiomi M, Kamisako T, Yutani I, Yoshimoto R, Kudo M, Fujii R, Gastrointestinal endoscopy, 60, 5, 854, 856,   2004年11月, 査読有り
  • Hepatocellular carcinoma that ruptured during radiofrequency ablation therapy., Kawasaki T, Kudo M, Chung H, Minami Y, Journal of gastroenterology, 39, 10, 1015, 1016,   2004年10月, 査読有り
  • Hypervascular liver nodules in heavy drinkers of alcohol., Kim SR, Maekawa Y, Imoto S, Sugano M, Kudo M, Alcoholism, clinical and experimental research, 28, 8 Suppl Proceedings, 174S, 180S,   2004年08月, 査読有り
  • [Efficacy of short-duration interferon administration to prevent HCV transmission to medical personnel]., Chung H, Kudo M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62 Suppl 7, Pt 1, 315, 318,   2004年07月, 査読有り
  • Percutaneous radiofrequency ablation guided by contrast-enhanced harmonic sonography with artificial pleural effusion for hepatocellular carcinoma in the hepatic dome., Minami Y, Kudo M, Kawasaki T, Chung H, Ogawa C, Shiozaki H, AJR. American journal of roentgenology, 182, 5, 1224, 1226,   2004年05月, 査読有り
  • Characterization of hepatic tumors: value of contrast-enhanced coded phase-inversion harmonic angio., Wen YL, Kudo M, Zheng RQ, Ding H, Zhou P, Minami Y, Chung H, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K, AJR. American journal of roentgenology, 182, 4, 1019, 1026,   2004年04月, 査読有り
  • Diagnosis of acute cholecystitis in patients with liver cirrhosis: waveform analysis of the cystic artery by color Doppler imaging., Tochio H, Nishiuma S, Okabe Y, Orino A, Kudo M, Journal of medical ultrasonics (2001), 31, 1, 21, 28,   2004年03月, 査読有り
  • Local ablation therapy for hepatocellular carcinoma: current status and future perspectives., Kudo M, Journal of gastroenterology, 39, 3, 205, 214,   2004年, 査読有り
  • Comparison of argon plasma coagulation and paravariceal injection sclerotherapy with 1% polidocanol in mucosa-fibrosing therapy for esophageal varices., Matsui S, Kudo M, Nakaoka R, Shiomi M, Kawasaki T, Journal of gastroenterology, 39, 4, 397, 399,   2004年, 査読有り
  • Hepatocellular carcinoma and NASH., Kudo M, Journal of gastroenterology, 39, 4, 409, 411,   2004年, 査読有り
  • Afferent and efferent vessels of premalignant and overt hepatocellular carcinoma: observation by color Doppler imaging., Tochio H, Kudo M, Intervirology, 47, 3-5, 144, 153,   2004年, 査読有り
  • Detection of intratumoral vascularity in small hepatocellular carcinoma by coded phase inversion harmonics., Wen YL, Zhou P, Kudo M, Intervirology, 47, 3-5, 169, 178,   2004年, 査読有り
  • Hepatobiliary and pancreatic: inflammatory pseudotumor of the liver., Zheng RQ, Kudo M, Journal of gastroenterology and hepatology, 18, 8, 994,   2003年08月, 査読有り
  • Characterization of focal hepatic lesions with contrast-enhanced C-cube gray scale ultrasonography., Wang WP, Ding H, Qi Q, Mao F, Xu ZZ, Kudo M, World journal of gastroenterology, 9, 8, 1667, 1674,   2003年08月, 査読有り
  • Radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma: therapeutic response using contrast-enhanced coded phase-inversion harmonic sonography., Wen YL, Kudo M, Zheng RQ, Minami Y, Chung H, Suetomi Y, Onda H, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K, AJR. American journal of roentgenology, 181, 1, 57, 63,   2003年07月, 査読有り
  • Hepatocellular carcinoma associated with secondary haemochromatosis in non-cirrhotic liver: a case report., Chung H, Kudo M, Kawasaki T, Kitano M, Minami Y, Suetomi Y, Onda H, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 26, 3, 254, 258,   2003年07月, 査読有り
  • Contrast-enhanced agent detection imaging: Early experience in hepatocellular carcinoma., Wen YL, Kudo M, Minami Y, Chung H, Suetomi Y, Onda H, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K, Journal of medical ultrasonics (2001), 30, 2, 77, 84,   2003年06月, 査読有り
  • Assessment of image quality of contrast-enhanced power doppler imaging in hepatocellular carcinoma with the personal ultrasound imager: Comparison with the conventional machine., Wen YL, Kudo M, Minami Y, Chung H, Suetomi Y, Onda H, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K, Journal of medical ultrasonics (2001), 30, 1, 31, 38,   2003年03月, 査読有り
  • Hepatocellular carcinoma mimicking cavernous hemangioma on angiography and contrast enhanced harmonic ultrasonography. A case report., Kawasaki T, Kudo M, Inui K, Ogawa C, Chung H, Minami Y, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 25, 2, 202, 212,   2003年02月, 査読有り
  • Prognostic staging system for hepatocellular carcinoma (CLIP score): its value and limitations, and a proposal for a new staging system, the Japan Integrated Staging Score (JIS score)., Kudo M, Chung H, Osaki Y, Journal of gastroenterology, 38, 3, 207, 215,   2003年, 査読有り
  • Stage IV hepatocellular carcinoma with portal venous tumor thrombus: complete response after combined therapy of repeated arterial chemoembolization and radiofrequency ablation., Zheng RQ, Kudo M, Minami Y, Inui K, Chung H, Journal of gastroenterology, 38, 4, 406, 409,   2003年, 査読有り
  • Scintigraphic study of regenerative nodules due to fulminant hepatic failure., Watanabe T, Kondo M, Hirasa M, Shirane H, Okabe Y, Ibuki Y, Tomita S, Orino A, Todo A, Wakatsuki Y, Chiba T, Kudo M, Journal of gastroenterology, 38, 7, 695, 699,   2003年, 査読有り
  • Risk of HCV transmission after needlestick injury, and the efficacy of short-duration interferon administration to prevent HCV transmission to medical personnel., Chung H, Kudo M, Kumada T, Katsushima S, Okano A, Nakamura T, Osaki Y, Kohigashi K, Yamashita Y, Komori H, Nishiuma S, Journal of gastroenterology, 38, 9, 877, 879,   2003年, 査読有り
  • Contrast advanced dynamic flow imaging and contrast pulse subtraction imaging: Preliminary results in hepatic tumors., Wen YL, Kudo M, Maekawa K, Minami Y, Chung H, Suetomi Y, Onda H, Kitano M, Kawasaki T, Journal of medical ultrasonics (2001), 29, 4, 195, 204,   2002年12月, 査読有り
  • Somatic mutation and SNP in the promoter of dbpA and human hepatocarcinogenesis., Hayashi J, Kajino K, Umeda T, Takano S, Arakawa Y, Kudo M, Hino O, International journal of oncology, 21, 4, 847, 850,   2002年10月, 査読有り
  • Eosionophilic pseudotumor of the liver due to Ascaris suum infection., Kim S, Maekawa Y, Matsuoka T, Imoto S, Ando K, Mita K, Kim H, Nakajima T, Ku K, Koterazawa T, Fukuda K, Yano Y, Nakaji M, Kudo M, Kim K, Hirai M, Hayashi Y, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 23, 4, 306,   2002年08月, 査読有り
  • Intrahepatic huge hematoma due to rupture of small hepatocellular adenoma: a case report., Minami Y, Kudo M, Kawasaki T, Chung H, Matsui S, Kitano M, Suetomi Y, Onda H, Funai S, Kou K, Yasutomi M, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 23, 2, 145, 151,   2002年06月, 査読有り
  • CEA producing primary hepatic carcinoid., Kim SR, Imoto S, Maekawa Y, Matsuoka T, Hayashi Y, Ando K, Mita K, Shintani S, Kim HB, Ku K, Koterazawa T, Fukuda K, Yano Y, Nakaji M, Ikawa H, Ninomiya T, Kudo M, Kim KI, Hirai M, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 22, 4, 313, 321,   2002年04月, 査読有り
  • Proximal bifurcation of hepatic artery: Novel findings on hepatic arteries demonstrated by ultrasound Doppler imaging, B-flow, and US angiography., Tochio H, Iwasaki N, Nakamura H, Nakayama K, Soga T, Nishiuma S, Fukunaga T, Okabe Y, Kashida H, Hirasa M, Ibuki Y, Fujimoto T, Morimoto Y, Kudo M, Tomita S, Konishi Y, Orino A, Journal of medical ultrasonics (2001), 29, 1, 11, 17,   2002年03月, 査読有り
  • Imaging blood flow characteristics of hepatocellular carcinoma., Kudo M, Oncology, 62 Suppl 1, 48, 56,   2002年, 査読有り
  • Development of multicentric hepatocellular carcinoma after completion of interferon therapy., Kim SR, Matsuoka T, Maekawa Y, Yano Y, Imoto S, Kudo M, Shintani S, Ando K, Mita K, Fukuda K, Koterazawa T, Nakaji M, Ikawa H, Ninomiya T, Kim KI, Hirai M, Hayashi Y, Journal of gastroenterology, 37, 8, 663, 668,   2002年, 査読有り

書籍等出版物

  • IgG4-related disease and innate immunity. In “IgG4-Related Disease”, Curr Top Microbiol Immunol, Okazaki K, ed, 共著, Vol. 401, pp115-128, Springer,   2017年
  • 異所性静脈瘤の診断と内視鏡治療, 松井繁長, 工藤正俊, 門脈圧亢進症診療マニュアル, 日本門脈圧亢進症学会編集, 南江堂, 東京,   2015年11月
  • Liver Cancer, Okuda K and Tabor E, eds, Ultrasound Diagnosis, 工藤 正俊, 共著, Churchill Livingstone, London,   1997年
  • "Diagnosis and Treatment of Hepatocellular Carcinoma", Livraghi T, Makuuchi M, Buscarini, eds, Scintigraphy, 工藤 正俊, 共著, Greenwich Medical Media Limited, London, UK,   1997年
  • 消化器病 UP TO DATE-Consensus & Controversies, 小林絢三 編, 肝癌の早期診断と治療: 血流動態からみた肝癌の脱分化と進展, 工藤 正俊, 共著, 永井書店, 大阪,   1997年
  • 腹部疾患の画像診断, 中村仁信, 松井 修, 高安賢一 編, 肝腫瘍性病変―超音波診断, 工藤 正俊, 共著, 最新医学社,   1997年
  • 「肝癌ー診断と治療ー」, 沖田 極, 市田隆文編, 増感剤を用いた静注US, 工藤 正俊, 共著, 日本メデイカルセンター,   1997年
  • 癌治療Q&A-肝癌-,田口鐵男 監修,今岡真義 編, CO2注入超音波検査による診断とは?, 工藤 正俊, 共著, 医薬ジャ-ナル, 大阪,   1998年
  • 「血流動態よりみた肝細胞癌の基礎と臨床」 監修: 板井悠二, カラードプラよりみた流出静脈, 工藤 正俊, 福永 豊和, 杤尾人司, 冨田周介 , 岡部純弘, 岩崎信広, 中村仁美, 曽我登志子, 田村周二, 森本義人, 樫田博史, 渡辺智裕, 平佐昌弘, 伊吹康良, 織野彬雄, 藤堂彰男, 共著, 日本アクセル・シュプリンガー出版, 東京,   1998年
  • 臨床放射線増刊号. 宮本幸夫, 多田信平 編, CO2 アンジオグラフイ- -スクリ-ニングから精査の時代へ-超音波診断 update, 工藤 正俊, 共著, 金原出版, 東京,   1998年
  • 肝癌診断の最新動向. 小俣政男編, 超音波診断の現状とその展望, 工藤 正俊, 共著, 協和企画通信,   1998年
  • 消化器疾患最新の治療 1999-2000, 戸田剛太郎, 杉町圭蔵, 中村孝司 編, 肝細胞癌の超音波診断-最近の進歩, 工藤 正俊, 共著, 南江堂, 東京,   1998年
  • "Abdominal and Gastrointestinal Imaging Multimedia Virtual Textbook", Gourtsoyiannis NE, Yamada R, I, Liver Radiological Examination- Ultrasonography (including Biopsy), 工藤 正俊, 共著, Medic-Online, Euromultimedia S.A., Luxembourg,   1999年
  • 各施設での治療選択の実際,肝癌の Bed side ノ-ト, 小俣政男 監修, 肝細胞癌の治療法─どのよう治療法を選択するか, 福永 豊和, 工藤 正俊, 共著, 現代医療社, 東京,   1999年
  • 今日の治療指針1999年版, 多賀須幸男, 尾形悦郎, 編, 原発性・転移性肝癌(内科), 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   1999年
  • わかりやすい内科学 井村裕夫 編, 腹部膨満, 工藤 正俊, 共著, 文光堂, 東京,   1999年
  • わかりやすい内科学 井村裕夫 編, 腹部腫瘤, 工藤 正俊, 共著, 文光堂, 東京,   1999年
  • 1. 肝細胞癌の流出静脈は門脈か肝静脈か?板井悠二, 工藤正俊, 監修, その両方とする立場よりーカラードプラ所見を中心にー肝癌に関する最近の話題, 工藤 正俊, 杤尾人司, 共著,   1999年
  • 診断と治療社, 肝内胆管癌の画像診断ーUSー, 肝胆膵フロンティア・胆管細胞癌, 岡部 純弘, 工藤 正俊, 共著,   1999年
  • 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), 画像診断の読み方とチェックポイント, 工藤 正俊, 共著,   1999年
  • 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), エコー診断のポイント, 工藤 正俊, 共著,   1999年
  • 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), CT診断のポイント, 工藤 正俊, 共著,   1999年
  • 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), アンギオCT診断のポイント, 工藤 正俊, 共著,   1999年
  • 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), MRI診断のポイント, 工藤 正俊, 共著,   1999年
  • 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), 血管造影のポイント, 工藤 正俊, 共著,   1999年
  • "Hepatology in the 21st Century: Diagnosis and Therapy." Tanikawa K, Kojiro M, Gollan J, eds, Advances in diagnostic imaging of hepatocellular carcinoma, 工藤 正俊, 共著, IASL, APASL, and JSH JOINT POST GRADUATE TEXTBOOK, IASL Publ, Fukuoka,   2000年
  • In Dynamic Study of Efferent Tumor Blood Fow, Itai Y, Miura Y, eds, Color Doppler observation of efferent blood flow in liver tumors, 工藤 正俊, 杤尾人司, 共著, BRACCO, Italy,   2000年
  • 図説消化器病シリーズ「肝腫瘍」, 造影エコー法: 動注および静注法, 工藤 正俊, 共著, メデイカルビュー,   2000年
  • 急性腹症. 新超音波医学「(2)消化器」, 工藤 正俊, 共著, 医学書院,   2000年
  • 肝硬変の血流動態: 超音波(US-angio、カラードプラ、パワードプラ、3次元画像), 工藤 正俊, 共著, 日本アクセルシュプリンガー出版,   2000年
  • 血流動態からみた肝癌の肉眼型(辺縁と内部構造)と組織の推定は可能か?: US, US angio, カラードプラ, 福永 豊和, 工藤 正俊, 共著, 日本アクセルシュプリンガー出版,   2000年
  • プラクティカル内科シリーズNo.9「肝硬変・肝細胞癌」, 肝細胞癌の超音波診断, 工藤 正俊, 共著, 南江堂,   2000年
  • カラードプラによる肝腫瘍の流出血流動態の描出. 「巨視的レベルよりみた肝微小循環動態と腫瘍血流の流出動態.」, 工藤 正俊, 共著, メディカルトリビューン,   2000年
  • 肝癌に関する最近の話題. 「門脈血流を有する高分化型肝癌の治療 ー治療は必要でないとする立場よりー」, 工藤 正俊, 福永 豊和, 杤尾人司, 共著, 日本アクセルシュプリンガー出版,   2000年
  • プラクティカル内科シリーズNo.9「肝硬変・肝細胞癌」, 肝細胞癌の超音波診断, 工藤 正俊, 共著,   2000年
  • カラードプラによる肝腫瘍の流出血流動態の描出. 「巨視的レベルよりみた肝微小循環動態と腫瘍血流の流出動態.」, 工藤 正俊, 共著, メディカルトリビューン,   2000年
  • 肝腫瘍の造影ハーモニックイメージング, 工藤 正俊, 単著, 医学書院,   2001年
  • 肝腫瘍の造影ハーモニックイメージング, 工藤 正俊, 単著, 医学書院, 東京,   2001年
  • 「ミレニアム消化器2000」, 多施設共同研究からみた肝硬変の画像診断の限界と役割, 工藤 正俊, 福永 豊和, 川崎 俊彦, 山本健二, 岡部純弘, 井谷智尚, 大崎征夫, 飯島尋子, 加地 到, 春日井博志, 兼松雅之, 伊東克能, 臼杵則朗, 島松一秀, 鹿毛政義, 神代正道, 共著, 日本メディカルセンター,   2001年
  • 消化器病セミナー82, コントラストエコーを用いた癌診断(特集「肝細胞癌治療法の新たな展開」), 工藤 正俊, 共著, へるす出版,   2001年
  • 看護のための最新医学講座, 検査の目的と検査結果の読み方ー「肝胆膵疾患」画像診断(単純X線), 山本健二, 工藤 正俊, 共著, 中山書店,   2001年
  • 看護のための最新医学講座, 検査の目的と検査結果の読み方ー「肝胆膵疾患」画像診断(超音波検査), 山本健二, 工藤 正俊, 共著, 中山書店,   2001年
  • 放射線利用技術データベース「要素データ(医学)」, 造影剤による超音波検査法, 工藤 正俊, 共著, (財)放射線利用振興協会, 科学技術庁, 編,   2001年
  • 特別シンポジウム記録集, 大阪肝穿刺生検治療研究会編, RTCシステムによる肝細胞癌に対する熱凝固療法.肝癌に対するラジオ波熱凝固療法(RFA)., 工藤 正俊, 遠田弘一, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨 洋一郎, 川崎 俊彦, 前川 清, 共著, 大阪,   2001年
  • 図説消化器病シリーズ3「肝・胆・膵の画像診断」, 肝・胆・膵疾患の超音波診断, 工藤 正俊, 共著, メディカルレビュー社, 東京,   2002年
  • 「肝疾患診療のコツと落とし穴」, 井廻道夫編, 造影ハーモニックイメージングのコツとpitfall, 工藤 正俊, 共著, 中山書店,   2002年
  • 「肝疾患診療のコツと落とし穴」, 井廻道夫編, 造影エコー法の肝癌治療への応用, 工藤 正俊, 共著, 中山書店,   2002年
  • 第22回犬山シンポジウム(第II部)記録集, 肝細胞癌の課題: 画像診断の立場から, 工藤 正俊, 共著, アークメディア, 東京,   2002年
  • 今日の診断指針・第5版, 亀山正邦, 高久史磨, 編集, 腹部の超音波診断, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2002年
  • 犬山シンポジウム記録集, B型肝炎急性増悪に対するラミブジンの効果, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 大崎 往夫, 共著, アークメディア, 東京,   2002年
  • 肝臓フォーラム'02記録集, 肝画像診断の進歩, 工藤 正俊, 共著, 医事出版社, 東京,   2002年
  • Gastroenterology Navigator, 滝川 一編集, MRIとその応用, 臼杵則朗, 工藤 正俊, 共著, メディカルレビュー社,   2002年
  • Contrast harmonic imaging in the diagnosis and treatment of hepatic tumors, 工藤 正俊, 単著, Springer Verlag,   2003年
  • Contrast harmonic imaging in the diagnosis and treatment of hepatic tumors, 工藤 正俊, 単著, Springer Verlag, Tokyo,   2003年
  • Contrast harmonic imaging in the diagnosis and treatment of hepatic tumors, 工藤 正俊, 共著, Springer Verlag, Tokyo,   2003年
  • 超音波造影ガイドブック-わかりやすい基礎知識と臨床応用-, 森安史典, 別府慎太郎, 久 直史, 編, 超音波造影の装置ならびに映像条件(腹部), 工藤 正俊, 共著, 金原出版, 東京,   2003年
  • Annual Review 消化器, 肝の画像診断, 工藤 正俊, 共著, 中外医学社, 東京,   2003年
  • 内科学, 杉本恒明, 小俣政男, 水野美邦, 編, 肝膿瘍・肝嚢胞, 工藤 正俊, 共著, 朝倉書店, 東京,   2003年
  • 超音波造影ガイドブック-すぐに役立つ基礎から臨床まで-, 森安史典, 別府慎太郎, 久 直史, 編, 超音波造影の装置ならびに映像条件(腹部), 工藤 正俊, 共著, 金原出版, 東京,   2003年
  • 消化器疾患の造影エコー法up date. 松井 修, 工藤正俊, 編集, 造影エコー法の現状と今後の展望, 工藤 正俊, 共著, 南江堂, 東京,   2003年
  • 消化器疾患の造影エコー法up date. 松井 修, 工藤正俊, 編集, GIMTの造影エコー検査:体表式造影ハーモニックイメージングおよび超音波内視鏡下造影エコーの意義, 福田 信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 共著, 南江堂, 東京,   2003年
  • 消化器疾患の造影エコー法up date. 松井 修, 工藤正俊, 編集, 人工胸水下造影エコー併用RFAの有用性, 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 共著, 南江堂, 東京,   2003年
  • 消化器内視鏡臨床手技シリーズ5. 超音波内視鏡up date. 村田洋子, 峯 徹哉, 編集, 膵「炎症と癌の鑑別におけるパワードプラの有用性」, 北野 雅之, 工藤 正俊, 共著, メディカルビュー社, 東京,   2003年
  • Postgraqduate Course & Current Reviews in HEPATOLOGY. Clinico-patho-radiological Correlation., Newer imaging modality of hepatocellular carcinoma: role of contrast-enhanced coded phase inversion harmonics, 工藤 正俊, 共著, CBS Publishers & Distributors, New Dehli, India,   2004年
  • 消化器病診療-良きインフォームドコンセントに向けて- 財団法人日本消化器病学会 監修, 検査手技「腹部超音波検査」, 井上 達夫, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2004年
  • 肝疾患Review 2004. 監修 小俣政男, 編集 河田純男, 白鳥康史, 工藤正俊, 榎本信幸, (3) 肝癌の診断の進歩ー肝癌の画像診断・腫瘍マーカー・造影剤の進歩ー, 工藤 正俊, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2004年
  • 肝疾患Review 2004. 監修 小俣政男, 編集 河田純男, 白鳥康史, 工藤正俊, 榎本信幸, (4)肝癌の治療の進歩ー治療法の現状・進歩からStaging systemまでー, 工藤 正俊, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2004年
  • 肝疾患Review 2004. 監修 小俣政男, 編集 河田純男, 白鳥康史, 工藤正俊, 榎本信幸, (3)肝癌の診断・治療の進歩 (2)造影ハーモニック法による肝癌の診断と治療, 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2004年
  • ガイドライン外来診療2006, 外来ガイドライン診療―診断、管理・治療―「肝癌」, 工藤 正俊, 共著, 日経メディカル,   2006年03月
  • 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), 肝シンチグラムのポイント, 工藤 正俊, 共著,   2006年
  • 消化器疾患の診断基準病型分類重症度の用い方 編集 棟方昭博, 小池和彦, 田尻久雄, 肝細胞癌の病型分類(肝癌取扱い規約)と予後予測(JISスコア)., 工藤 正俊, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2006年
  • 肝癌診療マニュアル, どのようなときに造影エコーを行うか., 工藤 正俊, 単著, 日本肝臓学会編集, 医学書院,   2007年
  • 肝癌診療マニュアル, 多血性肝細胞癌の診断アルゴリズム., 泉 並木, 工藤 正俊, 松井 修, 共著, 日本肝臓学会編集, 医学書院,   2007年
  • 肝癌診療マニュアル, 乏血性肝細胞性結節(境界病変, 過形成結節, 早期肝癌)はどのような場合に治療すべきか., 工藤 正俊, 泉 並木, 共著, 日本肝臓学会編集, 医学書院,   2007年
  • 肝癌診療マニュアル, 肝癌診療のためのステージングシステム., 工藤 正俊, 単著, 日本肝臓学会編集, 医学書院,   2007年
  • 肝癌診療マニュアル, 造影エコー下RFA., 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 共著, 日本肝臓学会編集, 医学書院,   2007年
  • 肝癌診療マニュアル, 肝癌全体の治療アルゴリズム., 工藤 正俊, 幕内 雅敏, 國土 典宏, 田中 正俊, 川崎 誠治, 高安 賢一, 松井 修, 泉 並木, 大崎 往夫, 共著, 日本肝臓学会編集, 医学書院,   2007年
  • 肝癌診療マニュアル, 肝癌根治後の再発抑制治療., 工藤 正俊, 単著, 日本肝臓学会編集, 医学書院,   2007年
  • これだけは知っておきたい外科Q&A-研修医からの質問528., 超音波の適応と読み方., 南 康範, 福永 豊和, 工藤 正俊, 共著,   2007年
  • “Textbook of Practical Ultrasound.“ Ahuja B ed, USCON Academic Press, New Delhi, India, 2008, Ultrasonography of diffuse liver diseases, 工藤 正俊, 単著,   2008年
  • “Textbook of Practical Ultrasound.” Ahuja B ed, USCON Academic Press, New Delhi, India, 2008, Pancreatic Ultrasound with esmphasis on EUS, 工藤 正俊, 単著,   2008年
  • 動画で学ぶ 肝癌ラジオ波凝固療法の実践テクニック, 治療アルゴリズムにおけるRFAの位置と今後の展望., 工藤 正俊, 共著, 中山書店, 東京,   2008年
  • 動画で学ぶ 肝癌ラジオ波凝固療法の実践テクニック, 造影超音波下RFA., 南 康範, 畑中 絹世, 工藤 正俊, 共著, 中山書店, 東京,   2008年
  • 肝疾患Review 2008~2009, ソナゾイドは肝癌診療をどう変えるか?, 工藤 正俊, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2008年
  • 肝疾患Review 2008~2009 日本メディカルセンター, 東京, 肝癌根治後の再発抑制治療ーOverview., 工藤 正俊, 共著,   2008年
  • 肝疾患Review 2008~2009, 肝癌治療アルゴリズムをめぐる話題ーEvidence-basedとConsensus (Experience)- basedの溝をどう埋めるか., 工藤 正俊, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2008年
  • 肝疾患Review 2008~2009, 日米欧の肝癌へのアプローチの違い., 工藤 正俊, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2008年
  • ハイパーサーミアがん温熱療法ガイドブック, 肝臓がん(ラジオ波焼灼療法)-原発性肝がんに対するラジオ波焼灼療法-., 鄭 浩柄, 井上 達夫, 工藤 正俊, 共著, 神陵文庫, 兵庫,   2008年
  • 肝疾患Review 2008~2009, 乏血性結節の診断・治療アルゴリズム., 今井 康陽, 工藤 正俊, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2008年
  • 新臨床内科学 第9版, 医学書院, 肝癌., 工藤 正俊, 共著,   2009年
  • 肝臓病診療: こんなときどうするQ&A, 肝癌診療のためのステージングシステムはどうなっているのか?, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 共著, 中外医学社, 東京,   2009年
  • 肝臓病診療: こんなときどうするQ&A, 肝臓病診断における造影超音波の有用性はどこまでわかっているのか?, 畑中 絹世, 工藤 正俊, 共著, 中外医学社, 東京,   2009年
  • 胆膵内視鏡診療の実際ー標準的検査法と手技のコツー, 造影EUSによる膵疾患診断., 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2009年
  • 消化器病学の進歩-原点から未来への情報発信-, 造影ハーモニックEUSによる胆膵疾患の診断., 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 共著, 医学書院,   2009年
  • 消化器研修ノート, 腹部超音波(エコー)検査., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著, 診断と治療社, 東京,   2009年
  • 内科「肝癌撲滅最前線」, 造影剤エコーによる肝癌診療最前線., 畑中 絹世, 工藤 正俊, 共著, 南江堂, 東京,   2009年
  • 肝細胞癌治療における局所再発の抑制とsafety/surgical marginの必要性-画像による解析-, 肝細胞癌治療における局所再発の抑制とsafety marginの必要性., 工藤 正俊, 共著, メディカルトリビューン, 東京,   2009年
  • 講義録 腫瘍学 メジカルビュー社, 東京, 画像検査., 南 康範, 工藤 正俊, 共著,   2009年
  • 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 大腸内視鏡検査., 梅原 泰, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 緊急内視鏡., 松井 繁長, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 造影エコー検査., 畑中 絹世, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 肝細胞癌のスクリーニングと診断., 井上 達夫, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 肝細胞癌の治療方針., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 肝結核., 井上 達夫, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 腫瘤形成性膵炎., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン., 南 康範, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 今日の診断指針 第6版, 肝悪性腫瘍., 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 膵癌の診断と治療方針・疼痛対策., 北野 雅之, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝疾患Review, 非侵襲的肝線維化測定法-Real-time Tissue ElastographyとFibroscanはどちらが優るか., 辰巳 千栄, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌早期発見のためのスクリーニング法., 建石 良介, 工藤 正俊, 泉 並木, 金子 周一, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌の診断 画像診断 どのようなときにGd-EOB-MRIを行うか., 工藤 正俊, 井上 達夫, 村上 卓道, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌の診断 画像診断 どのようなときに造影超音波を行うか., 工藤 正俊, 単著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌の診断 画像診断 早期肝癌の画像的特徴., 松井 修, 工藤 正俊, 高安 賢一, 神代 正道, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌の診断 肝癌診断のアルゴリズム 多血性肝細胞癌の診断アルゴリズム., 泉 並木, 工藤 正俊, 松井 修, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌の診断 肝癌診断のアルゴリズム 乏血性肝細胞性結節(境界病変, 異型結節, 早期肝癌)はどのような場合に治療すべきか, 工藤 正俊, 泉 並木, 松井 修, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌の治療 肝癌診療のためのステージングシステム., 工藤 正俊, 単著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌の治療 肝癌治療の実際 内科的局所治療 ラジオ波焼灼療法 RFAの適応と除外基準 造影超音波下RFA., 南 康範, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌の治療 肝癌治療の実際 全身化学療法と分子標的治療, 工藤 正俊, 単著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌治療のアルゴリズム TACE不応例に対する治療指針, 工藤 正俊, 単著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌治療のアルゴリズム 肝動注化学療法と分子標的治療薬をどう使い分けるか., 工藤 正俊, 単著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌治療のアルゴリズム 肝癌全体の治療アルゴリズム., 工藤 正俊, 幕内 雅敏, 國土 典宏, 田中 正俊, 川崎 誠治, 高安 賢一, 松井 修, 泉 並木, 大崎 往夫, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌治療後のフォローアップの仕方 肝癌根治後の再発抑制治療., 工藤 正俊, 単著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌治療後のフォローアップの仕方 肝癌根治的治療後の再発の早期発見., 工藤 正俊, 泉 並木, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 症例から学ぶウイルス肝炎の治療戦略, 序文., 工藤 正俊, 泉 並木, 共著, 診断と治療社, 東京,   2010年
  • 症例から学ぶウイルス肝炎の治療戦略, B型肝炎 Child-Pugh Cの非代償性肝硬変で核酸アナログ投与によって肝機能が改善した症例., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 共著, 診断と治療社, 東京,   2010年
  • 症例から学ぶウイルス肝炎の治療戦略, B型肝炎 ペグインターフェロンとエンテカビル投与によって薬剤フリーが得られているB型肝炎症例., 萩原 智, 工藤 正俊, 共著, 診断と治療社, 東京,   2010年
  • 症例から学ぶウイルス肝炎の治療戦略, C型肝炎 肝癌治癒後にインターフェロン投与行ったが肝癌の再発が認めた症例., 上田 泰輔, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 共著, 診断と治療社, 東京,   2010年
  • 肝細胞癌の分子標的治療, 序説., 工藤 正俊, 単著, アークメディア, 東京,   2010年
  • 肝細胞癌の分子標的治療, 特別座談会 肝細胞癌の分子標的治療., 工藤 正俊, 池田 公史, 古瀬 純司, 沖田 極, 有井 滋樹, 共著, アークメディア, 東京,   2010年
  • 肝細胞癌の分子標的治療, ソラフェニブによる進行肝癌の治療: その有効性・副作用対策と将来展望., 工藤 正俊, 単著, アークメディア, 東京,   2010年
  • 肝細胞癌の分子標的治療, 肝細胞癌のシグナル伝達系と分子標的治療., 工藤 正俊, 単著, アークメディア, 東京,   2010年
  • 肝細胞癌の分子標的治療, 第1回日本肝がん分子標的治療研究会を振り返って., 工藤 正俊, 単著, アークメディア, 東京,   2010年
  • 肝細胞癌の分子標的治療, ソラフェニブによりCRとなった進行肝細胞癌の2症例., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著, アークメディア, 東京,   2010年
  • WHO Classification of Tumours of the Digestive System (Blue Book), Hepatocellular carcinoma., Neil D. THEISE, 工藤 正俊, Maria-Paula CURADO, Silvia FRANCESCHI, Prodromos HYTIROGLOU, Young Nyun PARK, 坂元 亨宇, Michael TORBENSON, Aileen WEE, 共著, WHO Press World Health Organization, Geneva, Switzerland,   2010年
  • 見逃し、誤りを防ぐ!肝・胆・膵癌画像診断アトラス, 序., 工藤 正俊, 単著, 羊土社, 東京,   2010年
  • 見逃し、誤りを防ぐ!肝・胆・膵癌画像診断アトラス, 肝癌., 工藤 正俊, 単著, 羊土社, 東京,   2010年
  • 見逃し、誤りを防ぐ!肝・胆・膵癌画像診断アトラス, 早期肝細胞癌., 井上 達夫, 工藤 正俊, 共著, 羊土社, 東京,   2010年
  • 肝疾患Review 2010~2011 日本メディカルセンター, 東京, ソラフェニブによる進行肝癌の治療. 第2部 トピックス 肝癌の診断・治療, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著,   2010年
  • 肝疾患Review 2010~2011 日本メディカルセンター, 東京, 肝細胞癌に対する分子標的治療. 第1部 Overview 肝癌の診断・治療, 工藤 正俊, 共著,   2010年
  • 肝疾患Review 2010~2011 日本メディカルセンター, 東京, 日本の肝細胞癌診療: コンセンサスミーティングの結果をふまえた最新の話題. 第1部 Overview 肝癌の診断・治療, 工藤 正俊, 共著,   2010年
  • 肝疾患Review 2010~2011 日本メディカルセンター, 東京, 肝細胞癌の画像診断の最新の進歩. 第1部 Overview 肝癌の診断・治療, 工藤 正俊, 共著,   2010年
  • ガイドライン/ガイダンス-こう診る・こう考える慢性肝炎, 肝癌診療サーベイランスアルゴリズムについて., 工藤 正俊, 共著, 日本医事新報社, 東京,   2011年
  • Plvs vltre ESD!さらなる挑戦 消化管ESDの課題と展望, 胃ESD後の後出血例の臨床的特徴と予防対策., 朝隈 豊, 松井 繁長, 樫田 博史, 工藤 正俊, 共著, 診断と治療社, 東京,   2011年
  • 臨床薬理学第3版, 肝炎治療薬., 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2011年
  • 臨床薬理学第3版, 肝不全治療薬., 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2011年
  • 臨床薬理学第3版, 肝がん治療薬., 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2011年
  • 新時代のウイルス性肝炎学, C型肝癌根治後の再発抑制治療と有用性., 上田 泰輔, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 共著, 日本臨牀, 大阪,   2011年
  • 新時代のウイルス性肝炎学, B型肝癌根治後の再発抑制治療と有用性., 萩原 智, 工藤 正俊, 共著, 日本臨牀, 大阪,   2011年
  • 血管新生阻害薬のベストマネジメント 癌治療と副作用対策, 肝細胞癌(hepatocellular carcinoma)., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著, 金原出版, 東京,   2011年
  • 今日の治療指針2011年版-私はこう治療している 医学書院, 東京, 原発性・転移性肝腫瘍(内科)., 工藤 正俊, 共著,   2011年
  • 検査診断学への展望―臨床検査指針: 測定データ判読のポイント―, 肝癌のエコー検査の進め方と判読時のポイント. 「生理検査領域」, 井上 達夫, 工藤 正俊, 共著, 南江堂, 東京,   2013年06月
    概要:監修 第62回日本医学検査学会記念誌編集委員会, 編集 野村 努, 正田孝明, 横田浩充, 香川県臨床検査技師会編集委員会
  • 専門医のための消化器病学(第2版), 膵管非癒合, 井上 達夫, 工藤 正俊, 共著,   2013年10月
  • 肝癌診療Q&A, 進行肝癌治療: Q67ソラフェニブの効果が期待できる肝細胞癌を事前に把握できますか?, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著, 中外医学社,   2013年10月

講演・口頭発表等

  • US-US overlay image fusionを用いたラジオ波焼灼術の有用性:従来治療との比較. ワークショップ4「肝癌治療におけるナビゲーションの有用性と将来性」, 南 康範, 工藤正俊, 第53回日本肝癌研究会,   2018年07月06日
  • 胃前庭部たこいぼびらんとH. pyloriの関連. 一般演題口演74 胃-HP関連, 辻直子, 川崎正憲, 梅原康湖, 松本望, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年11月13日
  • 早期直腸がんに対する治療戦略(肛門温存), パネルディスカッション2, 米田頼晃, 樫田博史, 工藤正俊, 第72回日本大腸肛門病学会学術集会,   2017年11月10日
  • カテーテルアブレーション後に急性胃拡張を来した2例. Freshman Session 6 胃・十二指腸1, 久家沙希那, 永井知行, 松井繁長, 河野辰哉, 高島耕大, 木下 淳, 岡本彩那, 岡元寿樹, 石川 嶺, 山田光成, 河野匡志, 米田頼晃, 櫻井俊治, 渡邊智裕, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第107回例会,   2017年09月23日
  • 食道癌、肺癌、膵臓癌の異時性3重複癌の1例. Freshman Session 3 膵, 大賀智行, 宮田 剛, 竹中 完, 中井敦史, 三長孝輔, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第107回例会,   2017年09月23日
  • 肝原発MCNと鑑別が困難であった腸間膜神経鞘腫の一例. Young Investigator Session 3 肝2, 吉田晃浩, 山雄健太郎, 中井敦史, 大本俊介, 鎌田 研, 三長孝輔, 宮田 剛, 今井 元, 竹中 完, 樫田博史, 工藤正俊, 里井俊平, 松本逸平, 竹中宜典, 前西 修, 日本消化器病学会近畿支部第107回例会,   2017年09月23日
  • 膵胆道腫瘍のリンパ節転移診断における造影ハーモニックEUSの有用性. パネルディスカッション「胆膵疾患診療の最前線」, 中井敦史, 竹中 完, 宮田 剛, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第107回例会,   2017年09月23日
  • 術前に肝原発嚢胞性病変が疑われた腸間膜由来神経鞘腫の1例. 口演20 肝・その他, 竹中 完, 山雄健太郎, 鎌田 研, 三長孝輔, 宮田 剛, 今井 元, 松本逸平, 竹山宜典, 前西 修, 工藤正俊, 第67回日本消化器画像診断研究会,   2017年09月15日
  • 司会:シンポジウム26「これからの進行肝細胞がん治療」, 工藤正俊, 第15回日本臨床腫瘍学会,   2017年07月27日, 招待有り
  • Treatment of advanced hepatocellular carcinoma: Future perspective. シンポジウム26「これからの進行肝細胞がん治療」, 工藤正俊, 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2017年07月27日, 招待有り
  • 慢性膵炎に対する径乳頭的金属ステント留置,短期間抜去の有用性. ミニワークショップ3-1「肝疾患診療におけるERCPの役割を見直す」, 竹中 完, 大本俊介, 三長孝輔, 鎌田 研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊, 48回日本膵臓学会大会,   2017年07月14日
  • 当院におけるWONに対するstep-up approachの検討. パネルディスカッション3「急性膵炎の後期合併症に対する手術・インターベンション治療の現状と課題」, 竹中 完, 大本俊介, 三長孝輔, 鎌田 研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊, 第48回日本膵臓学会大会,   2017年07月14日
  • 早期慢性膵炎のEUS所見の妥当性, 早期治療介入の意義について. パネルディスカッション1「慢性膵炎の進展予防を目的とした治療-その適応と限界-」, 竹中 完, 大本俊介, 三長孝輔, 鎌田 研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊, 第48回日本膵臓学会大会,   2017年07月14日
  • EUSガイド下神経ブロックの成績と治療効果予測因子の検討.ビデオシンポジウム12「超音波内視鏡を用いた膵疾患診療ー基本から応用までー」, 三長孝輔, 竹中 完,宮田 剛,中井敦史, 大本俊介, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 渡邉智裕, 工藤正俊, 第48回日本膵臓学会大会,   2017年07月14日
  • 肝細胞癌に対する肝切除における、surgical marginの意義の検討:追跡調査データを用いた解析. 一般演題「肝切除(1)」, 青木 琢, 窪田敬一, 松本尊嗣, 泉 並木, 角谷眞澄, 久保正二, 熊田 卓, 國土典宏, 坂元亨宇, 高山忠利, 中島 収, 松山裕, 工藤正俊, 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月06日
  • レンバチニブ (Lenvatinib), 工藤正俊, 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月06日, 招待有り
  • 司会:シンポジウム4「肝癌診療ガイドライン第4版公聴会:エビデンスとコンセンサス」, 工藤正俊, 國土典宏, 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月06日, 招待有り
  • 肝静脈腫瘍栓合併肝細胞癌に対する外科的切除の意義の検討―肝癌研究会追跡調査より.パネルディスカッション4「高度進行肝細胞癌(Vp3以上、Vv2以上)に対する集学的治療:エビデンスとコンセンサス」, 國土貴嗣, 長谷川潔, 高山忠利, 泉 並木, 角谷眞澄, 工藤正俊, 久保正二, 坂元亨宇, 中島 収, 熊田 卓, 國土典宏, 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月06日
  • 肝癌研究会追跡調査よりみた高齢肝細胞癌に対する外科的切除の意義. パネルディスカッション7「超高齢者肝癌の治療(切除か非切除か)」, 海堀昌樹, 吉井健悟, 横田 勲, 長谷川潔, 高山忠利, 久保正二, 權 雅憲, 長島文夫, 泉 並木, 角谷眞澄, 工藤正俊, 熊田 卓, 坂元亨宇, 中島 収, 松山 裕, 國土典宏, 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月06日
  • 第4版改訂のコンセプト. シンポジウム4「肝癌診療ガイドライン第4版公聴会:エビデンスとコンセンサス」, 國土典宏, 工藤正俊, 長谷川潔, 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月06日, 招待有り
  • Intermediate stage HCCの新しい亜分類と治療方針-全国原発性肝癌追跡調査46997例の解析から-. パネルディスカッション1「Intermediate stage肝癌の標準治療はなにか?:エビデンスとコンセンサス」, 上嶋一臣, 工藤正俊, 泉 並木, 角谷眞澄, 久保正二, 熊田 卓, 國土典宏, 高山忠利, 坂元亨宇, 中島 収, 松山 裕, 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月06日
  • 鎮静下RFAにおける3D-GPS markerの使用経験と課題. ワークショップ4「肝癌治療におけるナビゲーションの有用性と将来性」, 小川 力, 盛田真弘, 大村亜紀奈, 野田晃世, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 工藤正俊, 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月06日
  • TheCurrent Situations and Future Perspectives of the Japanese Nationwide Survey of Patients with Primary Liver Cancer. 国際シンポジウム3「肝悪性腫瘍のRegistry」, Hasegawa K, Kudo M, Izumi N, Kadoya M, Kubo S, Kumada T, Sakamoto M, Takayama T, Nakajima O, Matsuyama Y, Kokudo , 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月06日
  • Validation of three staging systems for hepatocellular carcinoma (JIS score, biomarker-combined JIS score and BCLC system) in 4,649 cases from a Japanese nationwide survey. 国際シンポジウム2「肝細胞癌のStaging」, Ueshima K, Kudo M, Izumi N, Kadoya M, Kubo M, Kumada T, Kokudo N, Takayama T, Sakamoto M, Nakashima O, Matsuyama Y, 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月06日
  • HCC treatnebt landscape-the Asian perspective- HCC treatment guidelines, Asian perspective- Experience sharing from Japan., 工藤正俊, Necavar 10-years Anniversary,   2017年07月01日, 招待有り
  • 特別講演I「肝細胞癌に対する薬物治療の新たな展開~ASCO2017の最新発表を踏まえて~」, 工藤正俊, 肝疾患学術講演会,   2017年06月29日, 招待有り
  • 特別講演「肝細胞癌の分子標的治療:現状と今後の展望」, 工藤正俊, 第16回日本肝癌分子標的治療研究会,   2017年06月24日
  • STAT3制御分子に注目した肝細胞癌のソラフェニブ治療効果予測の可能性. プレナリーセッション1., 櫻井俊治, 工藤正俊, 有住忠明, 田北雅弘, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 依田 広, 上嶋一臣, 西田直生志, 第16回日本肝がん分子標的治療研究会,   2017年06月24日
  • Speaker/ Chairperson: Master Class: Workshop: Master Class for Hepatocellular Carcinoma., 工藤正俊, 24th Asia Pacific Cancer Conference (APCC),   2017年06月22日, 招待有り
  • 特別講演2「肝細胞癌の分子標的治療:最新の話題」, 工藤正俊, 第6回香川肝がん分子標的治療研究会,   2017年06月20日, 招待有り
  • 急性膵炎の経過中に来たした肝障害の原因精査に超音波内視鏡が有用であった一例. Fresh Endoscopist Session 4「胆膵」, 大塚康生, 鎌田 研, 竹中 完, 山雄健太郎, 三長孝輔, 宮田 剛, 大本俊介, 今井 元, 工藤正俊, 第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2017年06月17日
  • 胃全摘後の総胆管結石性胆管炎に対して超音波内視鏡下管内胆管空腸吻合術が有用であった一例. Fresh Endoscopist Session 4「胆膵」, 鎌田 研, 竹中 完, 山雄健太郎, 三長孝輔, 宮田 剛, 大本俊介, 今井 元, 工藤正俊, 98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2017年06月17日
  • SpyGlassTM DSを用いた電気水圧衝撃波結石破砕術(EHL)が有用であった巨大総胆管結石の一例. Young Endoscopist Session 8「胆道」, 中井敦史, 宮田 剛, 竹中 完, 大本俊介, 鎌田 研, 三長孝輔, 山雄健太郎, 樫田博史, 工藤正俊, 第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2017年06月17日
  • 大腸早期印環細胞癌の一例. Young Endoscopist Session 7「小腸・大腸」, 高島耕大, 樫田博史, 朝隈 豊, 岡本彩那, 岡元寿樹, 河野匡志, 山田光成, 足立哲平, 米田頼晃, 櫻井俊治, 松井繁長, 渡邉智裕, 工藤正俊, 第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2017年06月17日
  • ESDを施行した胃低腺型胃癌の検討. Young Endoscopist Session 3 「胃」, 河野辰哉, 松井繁長, 岡本彩那, 岡元寿樹, 河野匡志, 足立哲平, 米田頼晃, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 渡邉智裕, 樫田博史, 工藤正俊, 第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2017年06月17日
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術にて切除した胃底腺胃癌の1例. Fresh Endoscopist Session 1 消化管1, 今村修三, 秦 康倫, 岡崎典久, 木下大輔, 高山政樹, 奥田英之, 川崎俊彦, 水野成人, 工藤正俊, 若狭朋子, 太田善夫, 盛田圭紀, 石黒信吾, 橋本恵介, 第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2017年06月17日
  • 当院におけるself-expandable metallic stent留置の工夫~BONASTENTの使用経験を添えて~. ビデオワークショップ「安全で確実なERCP関連処置を目指して―手技のコツからトラブルシューティングまで―」, 山雄健太郎, 竹中 完,樫田博史, 工藤正俊, 第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2017年06月17日
  • 径乳頭処置困難総胆管結石症例に対するEUSガイド下治療の成績. ワークショップ1「Interventional EUSによる胆膵診療の現状と新たな展開」, 三長孝輔, 竹中 完, 宮田 剛, 樫田博史, 工藤正俊, 第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2017年06月17日
  • 大腸ESDにおける抗血栓薬の影響に関する検討. シンポジウム2「下部消化器内視鏡治療の現状と課題」, 岡元寿樹, 米田頼晃, 朝隈 豊, 樫田博史, 工藤正俊, 第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2017年06月17日
  • 抗血栓薬服用者の胃病変に対する内視鏡的治療の安全の評価検討. シンポジウム1「上部消化管内視鏡治療の現状と課題」, 永井知行, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2017年06月17日
  • Systemic Therapy for Hepatocellular Carcinoma: current Status and Future Perspective. KEYNOTE LECTURE II (KL-2-1), 工藤正俊, APASL Single Topic Conference 2017 Mongolia, 6th HCV Conference on HCV and CO-INFECTIONS,   2017年06月16日, 招待有り
  • 特別講演「肝細胞癌に対する分子標的治療:現況と今後の展望」, 工藤正俊, 」, Specific MoleculeAntiviral tRestment Tokyo HepatitisC (SMART C),   2017年06月10日, 招待有り
  • 肝細胞癌の治療アルゴリズム―穿刺局所療法・TACE・化学療法―. 特別企画2「日本肝臓学会ガイドラインup to date」B型肝炎治療ガイドライン, 工藤正俊, 第53回日本肝臓学会総会,   2017年06月09日
  • 肝癌診療ガイドライン. 特別企画2「日本肝臓学会ガイドラインup to date」, 工藤正俊, 第53回日本肝臓学会総会,   2017年06月09日
  • 司会:ランチョンセミナー13「DAA選択時代の課題と今後の展望」, 工藤正俊, 第53回日本肝臓学会総会,   2017年06月08日, 招待有り
  • US-US overlay image fusionを用いたラジオ波焼灼術の有用性:従来法との比較.セッション(一般公演), 南康範, 西田直生志, 工藤正俊, 第53回日本肝臓学会総会,   2017年06月08日
  • DAA投与におけるSVR後のAFP及びALT異常値と関連する臨床背景の検討.セッション(一般公演), 河野匡志, 西田直生志, 南 知宏, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 依田 広, 矢田典久, 南 康範, 萩原 智, 上嶋一臣, 工藤正俊, 第53回日本肝臓学会総会,   2017年06月08日
  • 散発性急性C型肝炎例に於ける血清type-1 IFNs及びtype-3 IFNs値の動態とその臨床的意義.セッション(一般公演), 井本 勉, 天野恵介, 飯尾悦子, 勝島慎二, 米田俊貴, 福永豊和, 堀江 裕, 鄭 浩柄, 國立裕之, 金 秀基, 金 守良, 工藤正俊, 田中靖人, 第53回日本肝臓学会総会,   2017年06月08日
  • 司会:ランチョンセミナー7「進行性肝癌に対する治療戦略-BCAAの意義について-, 工藤正俊, 第53回日本肝臓学会総会,   2017年06月08日, 招待有り
  • Invited Lecture “Molecular Targeted Therapy for HCC: Current Status and Future Perspective.” Luncheon Seminor 18 “Diagnosis and Treatment od Liver Cancer.”, 工藤正俊, 第6回アジア太平洋肝胆膵学会(6th A-PHPBA),第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(29th JSHBPS),   2017年06月07日, 招待有り
  • Treatment Strategy of Intermediate Stage HCC. Symposium 43 (Keynote) ”Strategy for Intermediate Stage of HCC”, 工藤正俊, 第6回アジア太平洋肝胆膵学会(6th A-PHPBA),第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(29th JSHBPS),   2017年06月07日, 招待有り
  • Phase 3 randomized study of pembrolizumab vs best supportive care for second-line advanced hepatocellular carcinoma: KEYNOTR-240, Finn RS, Chan SL, Zhu AX, Knox J, Cheng AL, Siegel AB, Bautista O, Kudo M, Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2017),   2017年06月02日
  • Phase 3 trial of lenvatinib (LEN) vs sorafenib (SOR) in first-line treatment of patien(pts) with unresectable hepatocellular carcinoma (uHCC)., Cheng AL, Finn RS, Qin F, Han KH, Ikeda K, Piscaglia F, Baron AD, Park JW, Han G, Jassem J, Blanc JF, Vogel A, Komov D, Evans TRJ, Lopez-Lopez C, Dutcus CE, Ren M, Kraljevic S, Tamai T, Kudo M, Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2017),   2017年06月02日
  • Nivolumab (nivo) in sorafenib (sor)-naive and -experienced pts with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): CheckMate 040 study. , Crocenzi TS, El-Khoueiry AB, Yau TC, Melero I, Sangro B, Kudo M, Hsu C, Trojan J, Kim TY, Choo SP, Meyer T, Kang YK, Yeo W, Chopra A, Baakili A, Dela Cruz CM, Lang L, Neely J, Welling T, Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2017),   2017年06月02日
  • ラジオ波焼灼術後のバブルによる高エコー域を壊死部とみなして良いか?ワークショップ 消化器1 肝臓「肝腫瘤に対する穿刺・治療の進歩」, 南 康範, 工藤正俊, 日本超音波医学会第90回学術集会,   2017年05月26日
  • 早期慢性膵炎EUS所見の臨床的意義について. パネルディスカッション 消化器1 膵臓「慢性膵炎診断における超音波の役割」, 竹中 完, 大本俊介, 三長孝輔, 宮田 剛, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 樫田博史, 工藤正俊, 日本超音波医学会第90回学術集会,   2017年05月26日
  • 種超音波エラストグラフィデバイスの進歩とその有用性. シンポジウム 消化器2 消化器横断領域「消化器領域における超音波最新技術」, 矢田典久, 依田 広, 工藤正俊, 日本超音波医学会第90回学術集会,   2017年05月26日
  • ディスカッサー: 男女共同参画委員会企画「日本超音波医学会が取り組むキャリア支援」, 工藤正俊, 長谷川雄一, 小川眞広, 日本超音波医学会第90回学術,   2017年05月26日, 招待有り
  • 座長:特別講演(海外招待講演2)Special Lecture (Overeas Invited Lecture 2), 工藤正俊, 日本超音波医学会第90回学術集会,   2017年05月26日
  • 座長:シンポジウム 消化器2 消化器横断領域「消化器領域における超音波最新技術」, 工藤正俊, 森安史典, 日本超音波医学会第90回学術集会,   2017年05月26日, 招待有り
  • 造影ハーモニックEUSによる上部消化管粘膜下腫瘍の鑑別診断~EUS-FNA診断との併用~. 奨励賞演題「消化器 奨励賞」, 鎌田 研, 竹中 完, 大本俊介, 宮田 剛, 三長孝輔, 山雄健太郎, 今井 元, 筑後孝章, 安田卓司, 工藤正俊, 日本超音波医学会第90回学術集会,   2017年05月22日
  • Speaker/ Chairperson: Latest Advances in Using Molecular Targeted Therapy in Advanced HCC Patients. Concurrent Session 3 “Hepatocellular Cancer”, 工藤正俊, Hong Kong International Oncology Forum 2017,   2017年05月19日, 招待有り
  • 広範囲食道表在癌ESD 後の狭窄に対する治療成績の検討. 一般演題口演36 食道-狭窄2, 岡元寿樹, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月13日
  • 当院における小児上部消化管内視鏡検査の現状. 一般演題講演92 胃-その他2, 奥田英之, 高山政樹, 木下大輔, 秦 康倫, 岡崎能久, 川崎俊彦, 水野成人, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月11日
  • 硬化性胆管炎と診断された膵癌、閉塞性黄疸の1例. 一般演題ポスター12 膵-症例, 中井敦史, 山雄健太郎, 大本俊介, 鎌田研, 三長孝輔, 宮田剛, 今井元, 竹中 完, 松本逸平, 竹山宜典, 筑後孝章, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月11日
  • 当院におけるERCP 教育の工夫(drawing pictures method/CD method). パネルディスカッション14「胆膵内視鏡における安全かつ効果的な教育法」, 竹中 完, 東 健, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月11日
  • 経乳頭的re-intervention 困難例の悪性肝門部胆道閉塞に対するEUS 下胆道ドレナージの有用性. パネルディスカッション11「EUS 下胆道ドレナージ(戦略と安全な手技)」, 三長孝輔, 竹中 完, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月11日
  • 当院主催のESD/EMR・大腸内視鏡挿入法のハンズオンセミナーの検証. パネルディスカッション10「ハンズオンセミナーを検証する」, 永井知行, 樫田博史, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月11日
  • The Japan NBI Expert Team(JNET)分類Type 2B 病変の取り扱い. パネルディスカッション05「大腸拡大JNET 分類の有用性と今後の課題」, 米田頼晃, 樫田博史, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月11日
  • 経乳頭処置困難総胆管結石症例に対するEUS ガイド下治療の意義. ワークショップ04「治療に難渋する胆管結石の治療ストラテジー」, 宮田 剛, 竹中 完, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月11日
  • 切除不能悪性胃十二指腸狭窄症例に対する胃十二指腸ステント留置の予後予測因子の検討. ワークショップ01「緩和医療における内視鏡の役割」, 山雄健太郎, 竹中 完, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月11日
  • 噴門部静脈瘤合併巨木型食道静脈瘤にはEISL. シンポジウム4「決定版!これが今の食道胃静脈瘤治療だ!」, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月11日
  • 胃粘膜下腫瘍における造影ハーモニックEUSによる悪性抽出能の検討. パネルディスカッション07「上部消化管粘膜下腫瘍のマネージメントー経験とエビデンスに基づく食道・胃粘膜下腫瘍の診断と治療指針ー」, 鎌田 研, 竹中 完, 工藤正俊, 第93回日本消化器内視鏡学会総会,   2017年05月11日
  • Follow-up examination of the recurrence after endoscopic treatment of colorectal tumors., Digestive Disease Week (DDW 2017),   2017年05月06日
  • Diagnosis of localized colorectal lesions with magnifying narrow band imaging (NBI) using Japan NBI Expert Team (JNET) classification: a cross sectional study., Digestive Disease Week (DDW 2017),   2017年05月06日
  • Outcomes of biliary drainage in pancreatic cancer patients with an indwelling gastroduodenal stent: a multicenter retrospective study in west japan., Yamao K, Kitano M, Takenaka M, Kayahara T, Ishida E, Yamamoto H, Yoshiawa T, Minaga K, Yamashita Y, Asada M, Okabe Y, Osaki Y, Ikemoto J, Hanada K, Kudo M,   2017年05月06日
  • 座長:モーニングセミナー2「肝炎・肝硬変診療におけるさらなる挑戦慢性肝疾患・残された多くの課題―掻痒症も含めて―」, 工藤正俊, 第103回日本消化器病学会総会,   2017年04月20日
  • 早期慢性肝炎EUS所見の臨床的意義について. ワークショップ13「早期慢性肝炎をめぐる諸問題」, 竹中 完, 山雄健太郎, 工藤正俊, 第103回日本消化器病学会総会,   2017年04月20日
  • 汎用型ワークステーションを用いた新しいTACE治療の試み. ワークショップ12「肝画像診断の進歩」, 小川 力, 柴峠光成, 工藤正俊, 第103回日本消化器病学会総会,   2017年04月20日
  • US-US image fusionを用いた肝細胞癌へのラジオ派焼灼術の有用性. ワークショップ12「肝画像診断の進歩」, 南 康範, 西田直生志, 工藤正俊, 第130回日本消化器病学会総会,   2017年04月20日
  • Strain imaging によるC 型慢性肝疾患の肝発癌リスク予測. ワークショップ12「肝画像診断の進歩」, 矢田典久, 櫻井俊治, 工藤正俊, 第103回日本消化器病学会総会,   2017年04月20日
  • 司会:ワークショップ12「肝画像診断の進歩」, 工藤正俊, 泉 並木, 第103回日本消化器病学会総会,   2017年04月20日, 招待有り
  • STAT3 に注目した分子標的薬の治療効果予測.ワークショップ7「進行大腸がん治療のup to date」, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊, 第103回日本消化器病学会総会,   2017年04月20日
  • PD-L1陽性肝癌の臨床病理学的特徴と遺伝子変異プロファイル.シンポジウム8「肝発癌メカニズムのパラダイムシフトとこれからの展望」, 西田直生志, 工藤正俊, 第103回日本消化器病学会総会,   2017年04月20日
  • EUSによるIPMN併存膵癌の早期発見と問題点. パネルディスカッション「IPMNの診断と治療の進歩」, 鎌田 研, 竹中 完, 工藤正俊, 第103回日本消化器病学会総会,   2017年04月20日
  • Nivolumab in sorafenib-experienced patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC) with or without chronic viral hepatitis: CheckMate 040 study., The International Liver Congress 2017 (EASL 2017),   2017年04月19日
  • New HCC Diagnosis. Session5“HCC-2”, 工藤正俊, The Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL STC 2017),   2017年04月10日, 招待有り
  • コンパニオン診断時代における造影USの役割とその啓蒙. , 小川 力, 川井伸彦, 三野 智, 盛田真弘, 野田晃世, 出田雅子, 久保敦司, 松中寿浩, 玉置敬之, 紫峠光成, 村川佳子, 日野賢志, 西田知紗, 横井靖世, 河合直之, 丸山哲夫, 木太秀行, 大西宏明, 工藤正俊, 第30回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2017年04月08日
  • 造影USにて診断した虚血性鼠径ヘルニアの一例., 川井伸彦, 小川 力, 三野 智, 盛田真弘, 野田晃世, 出田雅子, 久保敦司, 松中寿浩, 玉置敬之, 紫峠光成, 村川佳子, 日野賢志, 西田知紗, 横井靖世, 河合直之, 丸山哲夫, 木太秀行, 大西宏明, 工藤正俊, 第30回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2017年04月08日
  • 造影USにて破裂性肝膿瘍が予測できた一例. , 盛田真弘, 小川 力, 川井伸彦, 三野 智, 野田晃世, 出田雅子, 久保敦司, 松中寿浩, 玉置敬之, 紫峠光成, 村川佳子, 日野賢志, 西田知紗, 横井靖世, 河合直之, 丸山哲夫, 木太秀行, 大西宏明, 工藤正俊, 第30回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2017年04月08日
  • 開会の挨拶, 工藤正俊, 第30回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2017年04月08日, 招待有り
  • 座長; 「C型肝炎の最新治療と今度の課題」, 工藤正俊, 第13回Kinki Liver Club,   2017年03月31日, 招待有り
  • 開会/閉会の辞, 工藤正俊, 第13回Kinki Liver Club,   2017年03月31日, 招待有り
  • 開会の辞, 工藤正俊, 第13回臨床消化器病フォーラム,   2017年03月18日, 招待有り
  • シンポジスト; 総合討論・症例提示, 工藤正俊, Radiology Update in Gifu,   2017年03月17日, 招待有り
  • 特別講演「内科医からみた肝画像診断の役割」, 工藤正俊, Radiology Update in Gifu,   2017年03月17日, 招待有り
  • 膵炎を繰り返す膵頭部癌に対して超音波内視鏡下膵管ドレナージ術を施行した一例. Freshman Session 11「膵臓・その他」, 中野省吾, 鎌田 研, 竹中 完, 大本俊介, 宮田 剛, 三長孝輔, 山雄健太郎, 工藤正俊, 第106回日本消化器病学会近畿支部例会,   2017年02月25日
  • 主膵管狭窄を厳重に経過観察することで診断し得た膵上皮内癌の1例. Freshman Session 10「膵臓」, 神山真紀子, 山雄健太郎, 大本俊介, 鎌田 研, 三長孝輔, 宮田 剛, 今井 元, 竹中 完, 工藤正俊, 松本逸平, 竹山宜典, 筑後孝章, 第106回日本消化器病学会近畿支部例会,   2017年02月25日
  • 緊急EUS-guided choledochoduodenostomyが有効であった総胆管結石性胆管炎の一例. Freshman Session 9「胆道」, 和田祐太郎, 三長孝輔, 竹中 完, 大本俊介, 鎌田研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 樫田博史, 工藤正俊, 第106回日本消化器病学会近畿支部例会,   2017年02月25日
  • 発する多血性肝腫瘍を認めた若年女性の1例. Freshman Session 8「肝臓(4)」, 森本真衣, 奥田英之, 秦 康倫, 木下大輔, 高山政樹, 岡崎典久, 川崎俊彦, 水野成人, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 第106回日本消化器病学会近畿支部例会,   2017年02月25日
  • PPIによる胃低腺ポリープの変化についての検討. Young Investigator Session1「直動・胃・十二指腸」, 岩西美奈, 辻 直子, 川崎正憲, 松本 望, 尾崎信人, 米田 円, 谷池聡子, 井上達夫, 梅原康湖, 富田崇文, 前倉俊治, 落合 健, 工藤正俊, 第106回日本消化器病学会近畿支部例会,   2017年02月25日
  • ERCP後膵炎早期発見におけるERCP直後CT撮影の有用性. ワークショップ2「胆膵領域における診断と治療の新たな展開」, 宮田 剛, 竹中 完, 工藤正俊, 第106回日本消化器病学会近畿支部例会,   2017年02月25日
  • 座長; 「C型肝炎治療-これまで、これから-」, 工藤正俊, エレルサ®・グラジナ®発売記念講演会in南大阪,   2017年02月18日, 招待有り
  • 開会の辞, 工藤正俊, エレルサ®・グラジナ®発売記念講演会in南大阪,   2017年02月18日, 招待有り
  • 司会; ランチョンセミナー13「腸内細菌制御と炎症性腸疾患」, 工藤正俊, 第13回日本消化管学会総会学術集会,   2017年02月18日, 招待有り
  • Regional use of sorafenib after transarterial chemoembolization (TACE) in Chinese patients with hepatocellular carcinoma (HCC): results from the second interim analysis of OPTIMIS, The 26th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2017年02月17日
  • Analysis of overall survival (OS) by pattern of progression of hepatocellular carcinoma (HCC) during prior sorafenib treatment in the randomized phase 3 RESORCE trial comparing regorafenib with placebo, The 26th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2017年02月17日
  • Invited Lecture “TACE”, 工藤正俊, the 26th Conference of Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL 2017),   2017年02月17日, 招待有り
  • 特別講演「肝がんの薬剤治療の現況と薬剤の開発状況」, 工藤正俊, 社内サテライト研修,   2017年02月14日, 招待有り
  • 大腸腫瘍内視鏡治療後の局所再発に対するサーベイランスについて. ワークショップ7「大腸腫瘍の診断とサーベイランス法の最前線」, 米田頼晃, 樫田博史, 橋本有人, 岡元寿樹, 河野匡志, 山田光成, 足立哲平, 峯宏昌, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 渡邉智裕, 工藤正俊, 第13回日本消化管学会総会学術集会,   2017年02月10日
  • Treatment-stage migration maximizes survival outcomes in patients with hepatocellular carcinoma treated with sorafenib: an observational study., The International Liver Congress 2017 (EASL 2017),   2017年02月02日
  • Time course of treatment-emergent adverse events (TEAEs) in the randomized, controlled phase 3 RESORCE trial of regorafenib for patients with hepatocellular carcinoma progressing on sorafenib treatment., EASL HCC Summit 2017,   2017年02月02日
  • Chair: Hepatocellular Carcinoma Symposium “Multidisciplinary Therapy for HCC”, 工藤正俊, 2nd Eastern & Western Association Liver Tumors,   2017年01月27日, 招待有り
  • Survival by pattern of tumor progression during prior sorafenib (SOR) treatment in patients with hepatocellular carcinoma (HCC) in the phase 3 RESORCE trial comparing second-line treatment with regorafenib (REG) or placebo. , American Society of Clinical Oncology, 2017 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO-GI 2017),   2017年01月20日
  • Resminostat and sorafenib combination therapy for advanced hepatocellular carcinoma in patients previously untreated with systemic chemotherapy. , 工藤正俊, American Society of Clinical Oncology, 2017 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO-GI 2017),   2017年01月20日
  • Subgroup analyses of a phase 2 study of lenvatinib (E7080), a multitargeted tyrosine kinase inhibitor, in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC), American Society of Clinical Oncology, 2017 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO-GI 2017),   2017年01月20日
  • Randomized phase 3 study of pembrolizumab versus best supportive care for second-line advanced hepatocellular carcinoma, 工藤正俊, American Society of Clinical Oncology, 2017 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO-GI 2017),   2017年01月20日
  • Phase 2 study of pembrolizumab in patients with previously treated advanced hepatocellular carcinoma. , American Society of Clinical Oncology, 2017 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO-GI 2017),   2017年01月20日
  • Nivolumab dose escalation and expansion in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): the CheckMate 040 study, American Society of Clinical Oncology, 2017 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO-GI 2017),   2017年01月20日
  • Efficacy and safety of regorafnib versus placebo in patients with hepatocellular carcinoma (HCC) progressing on sorafenib: results of the international, randomized phase 3 RESORCE trial, 15th Japan Association of Molecular Targeted Therapy for HCC,   2017年01月14日, 招待有り
  • Locked Nucleic Acidsを用いた血清中マイクロRNA定量とソラフェニブ治療に対する反応予測, 西田直生志, 岩西美奈, 南 知宏, 千品寛和, 河野匡志, 有住忠晃, 田北雅弘, 矢田典久, 依田 広, 萩原 智, 南 康範, 上嶋一臣, 工藤正俊, 第15回日本肝がん分子標的治療研究会,   2017年01月14日
  • 司会: 優秀演題2, 工藤正俊, 第15回日本肝がん分子標的治療研究会,   2017年01月14日, 招待有り
  • 癌遺伝子ガンキリンは炎症細胞でのSTAT3を活性化することで大腸発癌を促進する, 櫻井俊治, 工藤正俊,渡邊智裕, 樫田博史, 西田直生志, 米田頼晃, 永井知行, 萩原 智, 第2回G-PLUS,   2016年12月17日
  • Invited Lecture “Recent trends of TACE”, 工藤正俊, 57th Annual Conference of Indian Soceity of Gastroenterology (ISGCON 2016),   2016年12月17日, 招待有り
  • Invited Lecture “Classification and management algorithm of HCC”, 工藤正俊, 57th Annual Conference of Indian Soceity of Gastroenterology (ISGCON 2016),   2016年12月17日, 招待有り
  • Invited Lecture “Detection of early HCC-advance in diagnosis”, 工藤正俊, 57th Annual Conference of Indian Soceity of Gastroenterology (ISGCON 2016),   2016年12月16日, 招待有り
  • 胆道出血を契機に発見された胆嚢管癌の1例, 奥田英之, 秦 康倫, 木下大輔, 高山政樹, 岡崎能久, 川崎俊彦, 辻江正徳, 石川 原, 水野成人, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,   2016年11月26日
  • 当院における小児上部消化管内視鏡検査の状況, 水野成人, 奥田英之, 高山政樹, 木下大輔, 秦 康倫, 岡崎能久, 川崎俊彦, 工藤正俊, 一木美穂, 近藤宏樹, 虫明総太朗, 若狭朋子, 太田善夫, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,   2016年11月26日
  • EUS-HGSステント閉塞に対しtrough the mesh法でreinterventionしえた1例, 上田泰大, 宮田 剛, 竹中 完,三長孝輔, 大本俊介, 松田友彦, 鎌田 研, 山雄健太郎, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,   2016年11月26日
  • 胆管合流異常症に合併した拡張胆管内隆起病への1例, 吉川和也, 大本俊介, 竹中 完, 宮田 剛, 鎌田 研, 三長孝輔, 山雄健太郎, 工藤正俊, 松本逸平, 竹山宜典, 筑後孝章, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,   2016年11月26日
  • 自己免疫性膵炎に対するステロイド投与の影響を造影ハーモニックEUSで評価しえた症例, 岩津友大, 鎌田 研, 竹中 完, 大本俊介, 三長孝輔, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,   2016年11月26日
  • 主膵管狭窄を2年間経過観察し得た膵上皮内癌の1例, 橋本有人, 山雄健太郎, 竹中 完, 大本俊介, 鎌田 研, 宮田 剛, 三長孝輔, 樫田博史, 工藤正俊, 松本逸平, 竹山宜典, 筑後孝章, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,   2016年11月26日
  • ョートシングルバルーン内視鏡を用いた金属ステント留意が有用であった十二指腸癌術後再発による挙上空腸狭窄の1例, 國田裕貴, 三長孝輔, 竹中 完, 大本俊介, 松田友彦, 宮田 剛, 鎌田 研, 山雄健太郎, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,   2016年11月26日
  • PTP誤嚥による食道気管支廔に対しOTSCによる閉鎖が奏功した一例, 石村香織, 朝隈 豊, 岡元寿樹, 河野匡志, 足立哲平, 峯 宏昌, 永井知行, 米田頼晃, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,   2016年11月26日
  • 膵頭十二指腸切除術胃膵部吻合部狭窄に対するEUS-PDの検討. ワークショップ1「膵がんにおけるEUS-FNA関連手技の現状と問題点」, 竹中 完, 三長孝輔, 山雄健太郎, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,   2016年11月26日
  • 大腸腫瘍内視鏡治療後の局所再発に対するサーベイランスについて. パネルディスカッション2「大腸腫瘍内視鏡治療後のfollow upの課題」, 米田頼晃, 樫田博史, 櫻井俊治, 朝隈 豊, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,   2016年11月26日
  • Invited Lecture “Immune checkpoint blockade in hepatocellular carcinoma”, Symposium 3 “Emerging Issues in the Management of Advanced Liver Disease”, 工藤正俊, Seoul International Digestive Disease Symposium (SIDDS 2016),   2016年11月24日, 招待有り
  • 閉会の辞: 工藤正俊, 工藤正俊, 第15回大阪消化器化学療法懇話会,   2016年11月19日, 招待有り
  • 座長; 特別講演「大腸癌薬物療法の最新情報」, 工藤正俊, 第15回大阪消化器化学療法懇話会,   2016年11月19日, 招待有り
  • Invited Lecture “Contrast-enhanced EUS for pancreatobiliary disease”, 工藤正俊, The Westlake International Forum on Ultrasound in Medicine and Biology (WIFUMB 2016) in conjunction with the International Contrast Ultrasound Society (ICUS) meeting,   2016年11月13日, 招待有り
  • Invited Lecture “Fusion imaging for the treatment of liver cancer”. , 工藤正俊, The Westlake International Forum on Ultrasound in Medicine and Biology (WIFUMB 2016) in conjunction with the International Contrast Ultrasound Society (ICUS) meeting,   2016年11月13日, 招待有り
  • Invited Lecture “HCC clinical practice and ongoing trials in Japan”, 工藤正俊, Asia Advisory Board Meeting on GI Tumors,   2016年11月12日, 招待有り
  • Nivolumab (Nivo) in patients (Pts) with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): the CheckMate 040 study. , American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD 2016),   2016年11月11日
  • 形質細胞様樹状細胞が産生するIL-33がIgG4関連疾患の状態に果たす役割. ワークショップ16「消化器領域におけるIgG4関連疾患の病態」, 渡邉智裕, 工藤正俊, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016),   2016年11月05日
  • Endoscopic ultrasound-guided gallbladder drainage for acute cholecystitis: long-term outcomes after removal of a self-expandable metal stent, Asian Pacific Digestive Week (APDW 2016),   2016年11月04日
  • EUSガイド下胆道ドレナージ困難例に対する治療ルート変更の有用性, 三長孝輔, 北野雅之, 工藤正俊, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会, 第54回日本消化器がん検診学会大会(JDDW 2016),   2016年11月04日
  • IPMN併存膵癌の臨床像と早期発見におけるEUSの有用性. ワークショップ10「IPMN併存膵癌における諸問題と対策」, 鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会, 第54回日本消化器がん検診学会大会(JDDW 2016),   2016年11月04日
  • 司会; ワークショップ12「肝癌分子標的薬導入のタイミング」, 工藤正俊, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016),   2016年11月04日, 招待有り
  • エンテカビルとPEG-IFNα2a/2b 48週併用療法の効果および治療効果予測因子の検討. ワークショップ9「B型肝炎治療のアップデート」, 萩原 智, 西田直生志, 工藤正俊, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016),   2016年11月04日
  • 膵癌の癌性疼痛に対するEUSガイド下神経叢融解術の治療効果予測因子の検討, 宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016),   2016年11月04日
  • 司会; ブレックファーストセミナー2「肝細胞癌の診断と治療の進歩」, 工藤正俊, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会, 第54回日本消化器がん検診学会大会(JDDW 2016),   2016年11月03日, 招待有り
  • Chair; Liver-S2 “Current therapeutic strategy for HCC”, 工藤正俊, Asian Pacific Digestive Week (APDW 2016),   2016年11月03日, 招待有り
  • Estimation of EUS findings of early chronic pancreatitis in comparison with clinical symptoms. International Session (Workshop) 1“Recent progress in chronic pancreatitis”, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016),   2016年11月03日
  • pTis/pT1a膵癌の診断における内視鏡の役割. パネルディスカッション5「膵・胆道癌の早期発見における内視鏡の役割」, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会, 第54回日本消化器がん検診学会大会(JDDW 2016),   2016年11月03日
  • US-US image fusionを用いた肝細胞癌へのラジオ波焼灼術と治療効果判定, 南 康範, 工藤正俊, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016),   2016年11月03日
  • Identification of fetal liver-type hepatocellular carcinoma based on a methylome analysis and its associations with genetic alterations. International Session (Symposium) 1 “Genomics of hepatocellular carcinoma: hepatitis virus infection and hepatocarcino, 第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016),   2016年11月03日
  • US-US fusion imaging in radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma, the 3rd Asian Conference on Tumor Ablation (ACTA),   2016年10月29日
  • 造影超音波を施行した膵NET肝転移の一例, 横川美加, 前野知子, 市島真由美, 塩見香織, 前川 清, 矢田典久, 依田 広, 南 康範, 工藤正俊, 第43回日本超音波医学会関西地方会,   2016年10月29日
  • 画像解析ソフトを用いた超音波診療の教育システム. シンポジウム1「腹部超音波検査の進歩と新たな展開」, 小川 力, 盛田真弘, 野田晃世, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 芝峠光成, 工藤正俊, 第43回日本超音波医学会関西地方会,   2016年10月29日
  • 肝病態診断におけるエラストグラフィの有用性. シンポジウム1「腹部超音波検査の進歩と新たな展開」, 矢田典久, 工藤正俊, 第43回日本超音波医学会関西地方会,   2016年10月29日
  • 理事長特別講演「超音波がもたらすイノベーション」, 工藤正俊, 第43回日本超音波医学会関西地方会,   2016年10月29日, 招待有り
  • Moderator; ACTA meets WCIO I: Challenges and solutions in ablation, 工藤正俊, The 3rd Asian Conference on Tumor Ablation,   2016年10月28日, 招待有り
  • Invited Lecture “CE-US guided RFA for HCC”, Luncheon Symposium I, 工藤正俊, the 3rd Asian Conference on Tumor Ablation (ACTA),   2016年10月28日, 招待有り
  • Invited Lecture “CEUS in the evaluation of RFA treatment efficacy”, 工藤正俊, 2016 Annual Convention of Taiwan Society of Ultrasound in Medicine (TSUM),   2016年10月23日, 招待有り
  • Invited Lecture “Value of EOB in clinical perspective: Japan”, 工藤正俊, Asia Pacific Liver Imaging Symposium (APLIS 2016),   2016年10月21日, 招待有り
  • 司会: Session 1「本邦における肝疾患とサルコペア」, 工藤正俊, OTSUKA Liver Forum 2016,   2016年10月15日, 招待有り
  • 特別講演「肝細胞癌診療の最近のtopics」, 工藤正俊, 第2回肝疾患Up to Date研究会,   2016年10月13日, 招待有り
  • Combination therapy with peginterferon and entecavir for persistent viral suppression in patients with chronic hepatitis B, 23rd International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses (HCV2016),   2016年10月13日
  • Safety and preliminary efficacy of nivolumab (nivo) in patients (pts) with advanced hepatocellular carcinoma (aHCC): Interim analysis of the phase 1/2 CheckMate-040 study, ESMO 2016,   2016年10月09日
  • Pembrolizumab in patients with previously treated advanced hepatocellular carcinoma: Phase 2 KEYNOTE-224 study, ESMO 2016,   2016年10月08日
  • Pembrolizumab vs best supportive care for second-line advanced hepatocellular carcinoma: Randomized, phase 3 KEYNOTE-240 study, ESMO 2016,   2016年10月08日
  • A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III study of ramucirumab versus placebo as second-line treatment in patients with hepatocellular carcinoma and elevated baseline alpha-fetoprotein following first-line sorafenib (REACH-2), ESMO 2016,   2016年10月08日
  • Efficacy, safety, and health-related quality of life (HRQoL) of regorafenib in patients with hepatocellular carcinoma (HCC) progressing on sorafenib: Results of the international, double-blind phase 3 RESORCE trial, ESMO 2016,   2016年10月08日
  • 特別講演「肝胆膵領域の超音波診療: 最近の動向」, 工藤正俊, 日本超音波医学会第26回四国地方会学術集会,   2016年10月08日, 招待有り
  • The oncoprotein gankyrin promotes the development of colitis-associated cancer by mediating STAT3 and ERK activation, The 75th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2016年10月06日
  • Chair: English Oral Sessions “Hepato-biliary-pancreatic cancer: translational research”, 工藤正俊, The 75th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2016年10月06日, 招待有り
  • 慢性膵炎合併良性胆道狭窄に対するfully covered metallic stentの有用性, 竹中 完, 北野雅之, 工藤正俊, 第52回日本胆道学会学術集会,   2016年09月30日
  • 経乳頭的、経皮的治療抵抗性の切除不能肝門部悪性胆道狭窄に対するEUS-guided biliary drainage (EUS-BD)の有用性, ビデオワークショップ「胆道内視鏡のトラブルシューティング」, 竹中 完, 北野雅之, 工藤正俊, 第52回日本胆道学会学術集会,   2016年09月29日
  • 急性胆嚢炎に対するEUSガイド下胆嚢ドレナージの長期成績~長期成績からみたSEMS早期抜去の有用性~, ワークショップ2「胆道疾患に対する超音波内視鏡の有用性」, 鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊, 第52回日本胆道学会学術集会,   2016年09月29日
  • 胆嚢病変の治療方針決定における造影ハーモニックEUSの有用性, 鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊, 第52回日本胆道学会学術集会,   2016年09月29日
  • Chair; Luncheon Seminar 3 “Significance of anti-viral therapy in patients with HCV-related HCC”, 工藤正俊, 12th JSH Single Topic Conference,   2016年09月23日, 招待有り
  • chair; The position of molecular target therapy in HCC, now and future, 工藤正俊, 12th Japan Society of Hepatology,   2016年09月23日, 招待有り
  • US-US fusion imaging in radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma, The 12th JSH Single Topic Conference,   2016年09月22日
  • Invited Lecture “New subclassification and treatment strategy for intermediate stage HCC”, 工藤正俊, the 12th JSH Single Topic Conference,   2016年09月22日, 招待有り
  • Treatment patterns in >3000 sorafenib-treated patients: final analysis of GIDEON (Global Investigation of therapeutic DEcisions in hepatocellular carcinoma and Of its treatment with sorafeNib), The 19th Annual Meeting of Chinese Society of Clinical Oncology (CSCO),   2016年09月21日
  • 主膵管の著名な拡張を呈したIPMNの一例, 森本真衣, 高山政樹, 岡崎能久, 秦 康倫, 木下大輔, 奥田英之, 川崎俊彦, 水野成人, 古形修平, 辻江正徳, 井上雅智, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第105回例会,   2016年09月17日
  • 透析患者の胃粘膜組織から炭酸ランタン沈着を証明できた一例, 橋本有人, 松井繁長, 岡本寿樹, 河野匡志, 田中梨絵, 山田光成, 足立哲平, 峯 宏昌, 永井知行, 米田頼晃, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 渡邉智裕, 樫田博史, 工藤正俊, 榎木英介, 木村雅友, 日本消化器病学会近畿支部第105回例会,   2016年09月17日
  • 急性胆嚢炎に対する超音波内視鏡下胆嚢ドレナージ術, ワークショップ2「胆膵疾患診断および治療の最近の進歩」, 鎌田 研, 竹中 完, 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第105回例会,   2016年09月17日
  • 肝細胞癌治療アルゴリズムの検討. パネルディスカッション「肝細胞癌の治療アルゴリズムをめぐる諸問題」, 有住忠晃, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第105回例会,   2016年09月17日
  • 大腸潰瘍の治療法選択におけるJNET分類の診断能に関する検討. シンポジウム2「大腸腫瘍の診断・治療における戦略と展望」, 米田頼晃, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第105回例会,   2016年09月17日
  • 開会/閉会の挨拶, 工藤正俊, 南大阪肝疾患診療連携セミナー,   2016年09月15日, 招待有り
  • 座長: 特別講演「世界初の核酸型"チェインターミネーター"100%駆除を目指して」, 工藤正俊, 南大阪肝疾患診療連携セミナー,   2016年09月15日, 招待有り
  • Prospective randomized controlled phase III trial comparing the efficacy of sorafenib versus sorafenib in combination with low-dose cisplatin/fluorouracil hepatic arterial infusion chemotherapy in patients with advanced hepatocellular carcinoma, 10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2016年09月11日
  • Patients benefit from treatment with sorafenib for more than 28 weeks: analysis from the GIDEON study according to duration of treatment, 10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2016年09月10日
  • Validation of a proposed substaging system for patients with intermediate hepatocellular carcinoma, 10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2016年09月10日
  • New technology to detect of tumor-feeding branches and simulate embolization area of hepatocellular carcinoma with SYNAPSE VINCENT durint transcatheter arterial chemoembolization, 10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2016年09月10日
  • A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III study of ramucirumab versus placebo as second-line treatment in patients with hepatocellular carcinoma and elevated baseline alpha-fetoprotein following first-line sorafenib (REACH-2), 10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2016年09月10日
  • An international observational study to assess the use of sorafenib after transarterial chemoembolization (TACE) in patients with hepatocellular carcinoma (HCC): OPTIMIS interim analysis, 10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2016年09月10日
  • A propensity score analysis on survival benefit of liver resection for hepatocellular carcinoma associated with portal vein invasion using nationwide survey data in Japan, 10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2016年09月10日
  • Safety and antitumour activity of Nivolumab (Nivo) in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): Interim analysis of dose-expansion cohorts from the phase 1/2 checkmate-040 study, 10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2016年09月10日
  • New subclassification of intermediate stage HCC: Analysis of 46,997 Japanese HCC patients from a nationwide survey of the Liver Cancer Study Group of Japan, 10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2016年09月10日
  • Chair: ILCA Symposium 2 “Controversies in Liver Cancer”, 工藤正俊, ILCA 10th Annual Conference 2016,   2016年09月09日, 招待有り
  • ラジオ出演「C型肝炎について」, 工藤正俊, ラジオ大阪(番組名: 高岡美樹のべっぴんラジオ),   2016年08月23日, 招待有り
  • 特別講演「Intermediate Stage 肝癌の多様性と治療戦略」, 工藤正俊, TACE Refractory Focus Expert Meeting,   2016年08月12日, 招待有り
  • 座長: 特別講演, 工藤正俊, 第58回京都肝疾患懇話会,   2016年07月30日, 招待有り
  • Invited Lecture “Global GIDEON data: subgroup analysis of sorafenib dosing pattern in patients with unresectable hepatocellular carcinoma”, 工藤正俊, 14th Annual Meeting of the Japanese Society of Medical Oncology,   2016年07月30日, 招待有り
  • Invited Lecture “Global GIDEON data: subgroup analysis of sorafenib dosing pattern in patients with unresectable hepatocellular carcinoma”, 工藤正俊, 14th Annual Meeting of the Japanese Society of Medical Oncology,   2016年07月29日, 招待有り
  • Chair; Poster Session “Hepatoma/HCC, Biliary Tract Cancer”, 工藤正俊, 14th Annual Meeting of the Japanese Society of Medical Oncology,   2016年07月28日, 招待有り
  • 画像コメンテーター: 肝「炎症を伴う肝腫瘤性病変(非腫瘍性・腫瘍性を含む)」, 工藤正俊, 第17回臨床消化器病研究会,   2016年07月23日, 招待有り
  • Special Lecture “Role of EOB-MRI in the management of HCC”, 工藤正俊, Bayer Sponsored Meeting From Diagnosis to Treatment, 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2016年07月10日, 招待有り
  • Chair; Session 17: State-of-the Art Lecture “Systemic Therapy for HCC – The Future and Beyond”, 工藤正俊, The 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2016年07月10日, 招待有り
  • A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III study of ramucirumab versus placebo as second-line treatment in patients with hepatocellular carcinoma and elevated baseline alpha-fetoprotein following first-line Sorafenib (REACH-2), 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2016年07月09日
  • Chair; Session 14: Debate Session, 工藤正俊, The 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2016年07月09日, 招待有り
  • Chair; Consensus Workshop2 “Role of Chemotherapy in HCC”, 工藤正俊, The 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2016年07月09日, 招待有り
  • Easy detection of tumor-feeding branches of hepatocellular carcinoma with SYNAPSE VINCENT during transcatheter arterial chemoembolization, 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2016年07月08日
  • Safety and antitumor activity of Nivolumab (Nivo) in patients (pts) with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): Interim analysis of dose-expansion cohorts from the Phase 1/2 CheckMate-040 study, 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2016年07月08日
  • State-of-the Art Lecture “Recent Advancement in HCC Treatment”, 工藤正俊, 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2016年07月08日, 招待有り
  • Chair; Consensus Workshop2 “Role of Chemotherapy in HCC”, 工藤正俊, The 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2016年07月08日, 招待有り
  • NASH関連肝発癌における線維化進展と遺伝子変化. ワークショップ2「非ウイルス性肝細胞癌の病態と分類」, 萩原 智, 西田直生志, 工藤正俊, 第52回日本肝癌研究会,   2016年07月02日
  • 門脈腫瘍栓合併肝細胞癌に対する外科的切除の意義の検討-肝癌研究会追跡調査より. パネルディスカッション3「進行肝細胞癌の治療: 切除、動注、放射線科、分子標的治療薬の役割」, 國土貴嗣, 長谷川 潔, 松山 裕, 高山忠利, 泉 並木, 角谷眞澄, 工藤正俊, 具 英成, 坂元亨宇, 中島 収, 金子周一, 國土典宏, 第52回日本肝癌研究会,   2016年07月02日
  • 予測塞栓領域を考慮したTACE治療の試み. ビデオセッション3「肝癌・背景肝の画像評」, 小川 力, 野田晃世, 荒澤壮一, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 芝峠光成, 工藤正俊, 第52回日本肝癌研究会,   2016年07月01日
  • ゲノム・エピゲノム・染色体情報に基づいた肝癌の亜分類と転移再発予測. パネルディスカッション2「肝細胞癌の新たなサブクラス分類と治療ストラテジー」, 西田直生志, 海道利実, 工藤正俊, 第52回日本肝癌研究会,   2016年07月01日
  • “Proposal of new BCLC stage B subclassification”, Symposium 1 “Improvement of outcome beyond TACE in intermediate stage HCC”, 工藤正俊, 52nd Annual Meeting of Liver Cancer Study Group of Japan,   2016年07月01日, 招待有り
  • Chair: Symposium 1 “Improvement of outcome beyond TACE in intermediate stage HCC”, 工藤正俊, 第52回日本肝癌研究会,   2016年07月01日, 招待有り
  • 司会: ランチョンセミナー7「肝がん合併肝硬変の治療戦略」, 工藤正俊, 第52回日本肝癌研究会,   2016年07月01日, 招待有り
  • Efficacy and safety of regorafenib versus placebo in patients with hepatocellular carcinoma (HCC) progressing on sorafenib: Results of the international, randomized phase 3 RESORCE trial, ESMO 18th World Congress on Gastrointestinal Cancer 2016,   2016年06月30日
  • 予測塞栓領域を考慮したTACE治療の試み, 小川 力, 野田晃世, 盛田真弘, 出田雅子, 久保敦司, 松中寿浩, 玉置敬之, 芝峠光成, 工藤正俊, 第16回関西肝血流動態・機能イメージ研究会,   2016年06月25日
  • 当院におけるDrug eluting bead (DEB)-TACEの現況, 田北雅弘, 南 知宏, 千品寛和, 有住忠晃, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 依田 広, 上嶋一臣, 西田直生志, 任 誠雲, 柳生行伸, 松木 充, 鶴崎正勝, 村上卓道, 工藤正俊, 第16回関西肝血流動態・機能イメージ研究会,   2016年06月25日
  • 教育講演「免疫チェックポイント阻害剤による肝細胞癌治療への期待」, 工藤正俊, 第16回関西肝血流動態・機能イメージ研究会,   2016年06月25日, 招待有り
  • ネクサバールでCRが5年間持続後にSOF+RBVを行いSVR12が得られている症例, 小川 力, 野田晃世, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲郎, 松中寿浩, 玉置敬之, 芝峠光成, 工藤正俊, 第14回日本肝がん分子標的治療研究会,   2016年06月11日
  • ソラフェニブ国際共同非介入試験GIDEON最終解析~日本における肝癌治療の実際~, シンポジウム2「進行肝癌に対するカテーテル治療」, 角谷眞澄, 池田公史, 高山忠利, 沼田和司, 泉 並木, 國土典宏, 古瀬純司, 奥坂拓志, 山下哲史, 奥村正文, 工藤正俊, 第14回日本肝がん分子標的治療研究会,   2016年06月11日
  • 司会: シンポジウム2「進行肝癌に対するカテーテル治療」, 工藤正俊, 第14回日本肝がん分子標的治療研究会,   2016年06月11日, 招待有り
  • Phase 1/2 study of durvalumab and tremelimumab as monotherapy and in combination in patients with unresectable hepatocellular carcinoma (HCC), 52nd American Society of Clinical Oncologys Annual Meeting 2016 (ASCO 2016),   2016年06月05日
  • Survival benefit of liver resection for hepatocellular carcinoma associated with portal vein invasion: A Japanese nationwide survey, 52nd American Society of Clinical Oncologys Annual Meeting 2016 (ASCO 2016),   2016年06月04日
  • A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III study of ramucirumab versus placebo as second-line treatment in patients with hepatocellular carcinoma and elevated baseline alpha-fetoprotein following first-line sorafenib (REACH-2), 52nd American Society of Clinical Oncologys Annual Meeting 2016 (ASCO 2016),   2016年06月04日
  • Safety and antitumor activity of Nivolumab (nivo) in patients (pts) with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): interim analysis of dose-expansion cohorts from the phase 1/2 checkmate 040 study, 52nd American Society of Clinical Oncologys Annual Meeting 2016 (ASCO 2016),   2016年06月04日
  • Usefulness of contrast-ehnaced ultrasonography with sonazoid in the preperative evaluation of histological differentiation and gross types of hepatocellular carcinoma, 8th Asian Conference on Ultrasound Contrast Imaging (ACUCI), 12th Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB), 89th annual meeting of the Japan Society of Ultrasonics in Medicine (JSUM)(Ultrasonic Week 201,   2016年05月29日
  • 造影ハーモニックEUSの定量的血流評価による膵腫瘍診断, シンポジウム 消化器3「胆膵疾患の造影エコー診断up-to-date」, 大本俊介, 北野雅之, 工藤正俊, 日本超音波医学会第89回学術集会, 第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, アジア超音波医学生物学会第12回学術集会(AFSUMB), アジア造影超音波会議第8回学術集会(ACUCI)(Ultrasonic Week 2016),   2016年05月29日
  • 転移性肝癌に対するUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術. シンポジウム領域横断2「Image Fusionは診断能・治療成績をどの様に向上させたか?」, 南 知宏, 南 康範, 工藤正俊, 日本超音波医学会第89回学術集会, 第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, アジア超音波医学生物学会第12回学術集会(AFSUMB), アジア造影超音波会議第8回学術集会(ACUCI)(Ultrasonic Week 2016),   2016年05月29日
  • シミュレーション機能を用いた超音波検査の教育体制. シンポジウム領域横断2「Image Fusionは診断能・治療成績をどの様に向上させたか?」, 小川 力, 荒澤壮一, 芝峠光成, 西田知紗, 村上佳子, 河合直之, 丸山哲夫, 木太秀行, 大西宏明, 工藤正俊, 日本超音波医学会第89回学術集会, 第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, アジア超音波医学生物学会第12回学術集会(AFSUMB), アジア造影超音波会議第8回学術集会(ACUCI)(Ultrasonic Week 2016),   2016年05月29日
  • 超音波で観察し得た小児における腸重責症の検討, 前野知子, 横川美加, 市島真由美, 塩見香織, 前川 清,南 康範, 樫田博史, 工藤正俊, 八木 誠, 日本超音波医学会第89回学術集会, 第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, アジア超音波医学生物学会第12回学術集会(AFSUMB), アジア造影超音波会議第8回学術集会(ACUCI)(Ultrasonic Week 2016),   2016年05月28日
  • 低音圧Tissue Harmonic Imagingによる造影超音波の検討, 横川美加, 前野知子, 塩見香織, 前川 清, 矢田典久, 依田 広, 南 康範, 樫田博史, 工藤正俊, 日本超音波医学会第89回学術集会, 第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, アジア超音波医学生物学会第12回学術集会(AFSUMB), アジア造影超音波会議第8回学術集会(ACUCI)(Ultrasonic Week 2016),   2016年05月28日
  • EUS-guided interventions for walled-off pancreatic necrosis: clinical outcomes of a step-up approach and risk factors for failed endoscopic treatment. シンポジウム 消化器Joint「Role of EUS in diagnosis and treatment of digestive diseases」, 日本超音波医学会第89回学術集会, 第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, アジア超音波医学生物学会第12回学術集会(AFSUMB), アジア造影超音波会議第8回学術集会(ACUCI)(Ultrasonic Week 2016),   2016年05月28日
  • Utility of endoscopic ultrasonography for follow-up of IPMN. シンポジウム 消化器Joint「Role of EUS in diagnosis and treatment of digestive diseases」, 日本超音波医学会第89回学術集会, 第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, アジア超音波医学生物学会第12回学術集会(AFSUMB), アジア造影超音波会議第8回学術集会(ACUCI)(Ultrasonic Week 2016),   2016年05月28日, 国際京都国際会館, 京都
  • Shear wave imagingによる非アルコール性脂肪性肝疾患の病態診断, シンポジウム 消化器2「消化器領域におけるエラストグラフィーの最先端」, 矢田典久, 工藤正俊, 日本超音波医学会第89回学術集会, 第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, アジア超音波医学生物学会第12回学術集会(AFSUMB), アジア造影超音波会議第8回学術集会(ACUCI)(Ultrasonic Week 2016),   2016年05月28日
  • 日本超音波医学会理事長としてキャリア支援を考える. 医師の立場から, パネルディスカッション領域横断3「日本超音波医学会が取り組むキャリア支援(JSUM男女共同参画委員会共同企画), 工藤正俊, 日本超音波医学会第89回学術集会, 第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, アジア超音波医学生物学会第12回学術集会(AFSUMB), アジア造影超音波会議第8回学術集会(ACUCI)(Ultrasonic Week 2016),   2016年05月28日, 招待有り
  • 日本超音波医学会男女共同参画委員会 アンケート調査報告. パネルディスカッション領域横断3「日本超音波医学会が取り組むキャリア支援(JSUM男女共同参画委員会共同企画), 赤坂和美, 工藤正俊, 飯島尋子, 上原麻理子, 斎藤明子, 椎名 毅, 高野真澄, 谷口信行, 畠 二郎, 平井都始子, 古川まどか, 山口 匡, 日本超音波医学会第89回学術集会, 第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, アジア超音波医学生物学会第12回学術集会(AFSUMB), アジア造影超音波会議第8回学術集会(ACUCI)(Ultrasonic Week 2016),   2016年05月28日, 招待有り
  • US-US image fusion in radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma, 8th Asian Conference on Ultrasound Contrast Imaging (ACUCI), 12th Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB), 89th annual meeting of the Japan Society of Ultrasonics in Medicine (JSUM)(Ultrasonic Week 201,   2016年05月27日, 招待有り
  • New US technology using 3D volume analyzer synapse VINCENT, 8th Asian Conference on Ultrasound Contrast Imaging (ACUCI), 12th Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB), 89th annual meeting of the Japan Society of Ultrasonics in Medicine (JSUM)(Ultrasonic Week 201,   2016年05月27日, 招待有り
  • Contrast-enhanced harmonic EUS for pancreatic diseases, 8th Asian Conference on Ultrasound Contrast Imaging (ACUCI), 12th Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB), 89th annual meeting of the Japan Society of Ultrasonics in Medicine (JSUM)(Ultrasonic Week 201,   2016年05月26日, 招待有り
  • カラー表示RVSを用いた小HCCの診断、およびRFAの治療効果判定, 小川 力, 野田晃世, 荒澤壮一, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 工藤正俊, 第102回日本消化器病学会総会,   2016年04月23日
  • トルバプタンにおける初期、および遅発性効果予測因子の検討, 萩原 智, 千品寛和, 工藤正俊, 第102回日本消化器病学会総会,   2016年04月23日
  • US-US fusionを用いた肝細胞癌へのラジオ波焼灼術と治療効果判定, ワークショップ9「新規技術を用いた肝疾患診療の未来~診断から治療へ」, 南 康範, 南 知宏, 工藤正俊, 第102回日本消化器病学会総会,   2016年04月23日
  • PD-L1陽性肝癌の臨床病理学的特徴と遺伝子変異プロファイル, 西田直生志, 工藤正俊, 第103回日本消化器病学会総会,   2016年04月22日
  • 座長; ランチョンセミナー12「C型肝炎治療におけるDAAの選択基準」, 工藤正俊, 第102回日本消化器病学会総会,   2016年04月22日, 招待有り
  • 既存治療の効果予測の可能性, プレナリーセッション「IBD 臨床」, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊, 第102回日本消化器病学会総会,   2016年04月22日
  • BCLC Bの細分類と治療選択. パネルディスカッション9: Intermediateから進行肝細胞癌治療の最前線」, 有住忠晃, 上嶋一臣, 工藤正俊, 第102回日本消化器病学会総会,   2016年04月22日
  • 司会: パネルディスカッション9: Intermediateから進行肝細胞癌治療の最前線, 工藤正俊,   2016年04月22日, 招待有り
  • 大腸腫瘍診断・治療におけるJNET分類の試用結果. パネルディスカッション8「大腸腫瘍の治療法選択としての画像強調観察の意義」, 米田頼晃, 樫田博史, 工藤正俊, 第102回日本消化器病学会総会,   2016年04月22日
  • 術後胃に発生した胃石症の特徴と治療, 岡元寿樹, 松井繁長, 田中梨絵, 山田光成, 足立哲平, 高山政樹, 峯 宏昌, 永井知行, 岡崎能久, 米田頼晃, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊, 第102回日本消化器病学会総会,   2016年04月21日
  • An objective model to optimize treatment decisions in advanced hepatocellular carcinoma after sorafenib failure: the SORFA score, The International Liver Congress 2016,   2016年04月16日
  • Ramucirumab as second-line treatment in patients with advanced hepatocellular carcinoma: Analysis of REACH patients by albumin-bilirubin (ALBI) grade, The International Liver Congress 2016,   2016年04月16日
  • Prospective randomized controlled phase III trial comparing the efficacy of sorafenib versus sorafenib in combination with low-dose cisplatine/fluorouracil hepatic arterial infusion chemotherapy in patients with advanced hepatocellular carcinoma, The International Liver Congress 2016,   2016年04月16日
  • 特別講演「Intermediate Stage肝癌の細分類と免疫チェックポイント阻害剤への期待」, 工藤正俊, 第4回奈良消化器病セミナー,   2016年04月08日, 招待有り
  • 座長: 特別講演「DAAで広がるC型肝炎治療~治療困難例への取り組み~」, 工藤正俊, 南大阪HCV治療セミナー,   2016年04月07日, 招待有り
  • 膵神経内分泌腫瘍診断における造影ハーモニックEUSの有用性, 大本俊介, 北野雅之, 工藤正俊, 第29回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2016年04月02日
  • 病変の視認性に着目した肝腫瘍に対する低音圧造影tissue harmonic imaging (low MI CE-THI)の検討, 河野匡志, 南 康範, 工藤正俊, 第29回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2016年04月02日
  • ラジオ波焼灼術後のバブルによる高エコー域を壊死部とみなして良いか?, 南 康範, 岩西美奈, 南 知宏, 千品寛和, 河野匡志, 有住忠晃, 田北雅弘, 矢田典久, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 第29回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2016年04月02日
  • 当院でのダクラタスビル/アスナプレビル併用療法の検討, 千品寛和, 萩原 智, 岩西美奈, 南 知宏, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 依田 広, 南 康範, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第104回例会,   2016年02月06日
  • 造影ハーモニックEUS画像と病理組織像の対比・検討を行った胆嚢癌の一例, 吉川智恵, 鎌田 研, 北野雅之, 大本俊介, 門阪薫平, 松田友彦, 三長孝輔, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊, 榎木英介, 木村雅友, 日本消化器病学会近畿支部第104回例会,   2016年02月06日
  • 術前診断が困難であった腸間膜悪性リンパ腫の一例, 秦 康倫, 木下大輔, 奥田英之, 高山政樹, 末吉功冶, 岸谷 譲, 川崎俊彦, 水野成人, 辻江正徳, 井上雅智, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第104回例会,   2016年02月06日
  • 漢方薬服用者に見られた突発性腸間膜静脈硬化症の2例, 岡元寿樹, 樫田博史, 米田頼晃, 河野匡志, 田中梨絵, 山田光成, 足立哲平, 峯 宏昌, 永井知行, 岡崎能久, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第104回例会,   2016年02月06日
  • 自己免疫性溶血性貧血を合併した自己免疫性肝炎の一例, 岩西美奈, 依田 広, 高島耕太, 南 知宏, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 平瀬主税, 前西 修, 筑後孝章, 日本消化器病学会近畿支部第104回例会,   2016年02月06日
  • 若年男性に発症した肝細胞腺腫の悪性転化の一例, 南 知宏, 萩原 智, 岩西美奈, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 南 康範, 依田 広, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第104回例会,   2016年02月06日
  • 潰瘍性大腸炎症例における重症度別の栄養指標と術後経過の検討. ワークショップ2「消化器疾患の栄養療法」, 峯 宏昌, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第104回例会,   2016年02月06日
  • 周在性の大きな食材表在癌に対する内視鏡治療の有用性. ワークショップ1「消化器腫瘍に対する低侵襲治療」, 朝隈 豊, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第104回例会,   2016年02月06日
  • 膵神経内分泌腫瘍診断におけるEUSの有用性. シンポジウム1「神経内分泌腫瘍の診断と治療」, 大本俊介, 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第104回例会,   2016年02月06日
  • 直腸NETの内視鏡治療. シンポジウム1「神経内分泌腫瘍の診断と治療」, 山田光成, 樫田博史, 米田頼晃, 工藤正俊, 本消化器病学会近畿支部第104回例会,   2016年02月06日
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブとシスプラチン肝動注療法のランダム化第II相試験.ワークショップ9「肝臓3: 進行肝細胞がんの集学的治療(1)」, 小島康志, 池田公史, 清水 怜, 佐藤俊哉, 森本 学, 稲葉吉隆, 萩原淳司, 萩原敦司, 工藤正俊, 中森正二, 金子周一, 杉本理恵, 佐藤恵子, 石井 浩, 古瀬純司, 奥坂拓志, 第53回日本癌治療学会学術集会,   2015年10月29日
  • 固形がんに対する化学療法施行時のB型肝炎ウイルス再活性化に関する多施設共同前向き観察研究. ワークショップ12「基礎研究: 基礎研究の臨床応用」, 灘野成人, 池田公史, 近藤俊輔, 工藤正俊, 古瀬純司, 大﨑往夫, 熊田 卓, 大川和良, 伊藤清顕, 楠本 茂, 溝上雅史, 第53回日本癌治療学会学術集会,   2015年10月29日
  • A randomized phase 2 trial of sorafenib plus intraarterial cisplatin versus sorafenib alone for advanced hepatocellular carcinoma, 9th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2015年09月05日
  • Objective response by mRECIST predicts survival in hepatocellular carcinoma: a multivariate, time-dependent analysis from the phase 3 BRISK-PS study, 9th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2015年09月05日
  • Platelet count improves prognostic value of A-L-B-I grade: introducting a new P-A-L-B-I score, 9th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2015年09月05日
  • Evaluation of detection rate of liver tumor existing deep location from the surface using second generation agent, sorafenib, 9th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2015年09月05日
  • A randomized, double-blind, placebo-controlled phase 3 study of ramucirumab versus placebo as second-line treatment in patients with hepatocellular carcinoma and elevated baseline alpha-fetoprotein following first-line sorafenib (REACH-2), 9th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2015年09月05日
  • An international observational study to assess the use of sorafenib after transarterial chemoembolization (TACE) in patiens with hepatocellular carcinoma (HCC): OPTIMIS interim analysis, 9th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2015年09月05日
  • Survival benefit of locoregional therapy for hepatocellular carcinoma with Child-Pugh C liver function: a multicenter nation-wide study, 9th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2015年09月05日
  • US-US fusion imaging in radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma, 9th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2015年09月05日
  • Invited Lecture “Subclassification of intermediate stage HCC and treatment strategy”, APPLE Consensus Workshop “Searching consensus for controversies”, 工藤正俊, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2015年07月05日, 招待有り
  • Chair; State-of-the-Art Lecture III “Cholangiocarcinoma: new trends and emerging targets”, 工藤正俊, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2015年07月05日, 招待有り
  • Chair; State-of-the-Art Lecture II “Design of clinical trial in advanced HCC: trial enrichment and stratification”, 工藤正俊, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2015年07月05日, 招待有り
  • Chair; The BCLC B Stage: Debate, 工藤正俊, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2015年07月04日, 招待有り
  • Chair; Memorial Award Ceremony “Prof. Ichio Honjo Award Lecture”, 工藤正俊, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2015年07月04日, 招待有り
  • Chair; Luncheon Seminar “Efficacy & Safety of Lipiodol for Improved Overall Survival in HCC”, 工藤正俊, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2015年07月04日, 招待有り
  • Invited Lecture “Management of intermediate/advanced HCC in Japan”, 工藤正俊, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2015年07月03日, 招待有り
  • US-US fusion imaging in radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2015年07月03日
  • Epigenetics in HCC pathogenesis, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2015年07月03日, 招待有り
  • Chair; New Aspects of Locoregional/Surgical Therapy, 工藤正俊, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2015年07月03日, 招待有り
  • Chair; State-of-the-Art Lecture I, 工藤正俊, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2015年07月03日, 招待有り
  • A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III trial of TSU-68 (Orantinib) combined with transcatheter arterial chemoembolization in patients with unresectable hepatocellular carcinoma, 50th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL 2015),   2015年04月
  • 特別講演「肝細胞癌に対する新規分子標的薬の開発動向と免疫チェックポイント阻害薬への期待」, 工藤正俊, 第18回北九州肝癌治療研究会,   2016年03月26日, 招待有り
  • 座長: C型肝炎の新たな治療選択~ヴィキラックスを含めた今後のDAAs治療戦略~, 工藤正俊, アッヴィ肝炎フォーラム,   2016年03月05日, 招待有り
  • Invited Lecture “Hepatocellular cancer drug development”, 工藤正俊, 8th Annual Asian Oncology Summit (AOS 2016),   2016年03月04日, 招待有り
  • Practice patterns, sorafenib dosing and safety in Asian hepatocellular carcinoma patients in GIDEON, 25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2016年02月23日
  • Regional differences in practice patterns among countries, Luncheon Symposium “New light on the integration of evidence into practice”, 工藤正俊, 25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2016年02月23日, 招待有り
  • Biomarker and Imaging Diagnosis of HCC. Symposium 11 “Update of HCC Treatment”, 工藤正俊, 25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2016年02月23日
  • Invited Lecture “Non-Curative Treatment (TACE/Sorafenib) of HCC”, 工藤正俊, 25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2016年02月23日, 招待有り
  • Regional Differences in the Use of Transarterial Chemoembolization (TACE) in HCC: Interim Analysis of OPTIMIS, an International Observational Study Assessing the Use of Sorafenib After TACE, 25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2016年02月23日
  • Invited Lecture “Immuno-oncology for HCC: Beyond the target therapy”, 工藤正俊, the 1st anniversary International Symposium of Yonsei Liver Center,   2016年02月19日, 招待有り
  • 開会の挨拶, 工藤正俊, 日本肝臓学会主催平成27年度「肝がん撲滅運動」,   2016年02月07日
  • 司会, 工藤正俊, 第4回ディーシービーズ検討会~DEB-TACEの可能性を探る~,   2016年02月07日, 招待有り
  • 特別講演「Intermediate Stageの細分類」, 工藤正俊, 第4回ディーシービーズ検討会~DEB-TACEの可能性を探る~,   2016年02月07日, 招待有り
  • USが肝細胞癌との鑑別に有用と思われたリンパ増殖性疾患が疑われた肝腫瘍の一例, 出田雅子, 小川 力, 三野 智, 野田晃世, 荒澤壮一, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 隈部 力, 中島 収, 工藤正俊, 第22回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2016年02月06日
  • 次世代型Shear wave imaging測定値の信憑性を表す指標VsNの有用性について, 矢田典久,工藤正俊, 第22回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2016年02月06日
  • Color RVSを用いたRFAの治療効果判定, 小川 力, 野田晃世, 荒澤壮一, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成,工藤正俊, 第22回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2016年02月06日
  • 座長: 画像による病態解明・造影技術, 工藤正俊, 第22回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2016年02月06日, 招待有り
  • 特別講演「Intermediate肝癌の細分類と新しい分子標的薬への期待」, 工藤正俊, 第12回九州C型肝炎研究会,   2016年01月30日, 招待有り
  • 開会の挨拶, 工藤正俊, 第34回南大阪肝疾患研究会,   2016年01月29日, 招待有り
  • 座長: 特別講演「肝細胞がんサーベイランスにおける血清マーカーの役割」, 工藤正俊, 第1回大阪がんフォーラム,   2016年01月28日, 招待有り
  • Regional differences in efficacy/safety/biomarkers in a randomised study of axitinib in 2nd line patients (pts) with advanced hepatocellular carcinoma (HCC), 工藤正俊, American Society of Clinical Oncology, 2016 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO GI 2016),   2016年01月22日
  • Identification of a high-response patient population to S-1 via predictive enrichment strategy analysis of the S-CUBE phase III trial, American Society of Clinical Oncology, 2016 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO GI 2016),   2016年01月22日
  • A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III study of ramucirumab versus placebo as second-line treatment in patients with hepatocellular carcinoma and elevated baseline alpha-fetoprotein following first-line sorafenib (REACH-2), American Society of Clinical Oncology, 2016 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO GI 2016),   2016年01月22日
  • Usefulness of serum procalcitonin for diagnosis of acute pancreatitis, Asian Pacific Digestive Week (APDW 2016),   2015年12月03日
  • The analysis of three cases that gastrointestinal bezoars have history of gastrointestinal surgery, Asian Pacific Digestive Week (APDW 2016),   2015年12月03日
  • Treatment of colorectal LST: focus on EMR techniques, Asian Pacific Digestive Week (APDW 2016),   2015年12月03日
  • A case of endoscopic mucosal resection for gastric perineurioma, Asian Pacific Digestive Week (APDW 2016),   2015年12月03日
  • Endoscopic resection for rectal nets (neuroendocrine tumors): EMR-C (EMR using a cap), EMR-L (EMR with a ligation device), or conventional EMR (EMR), Asian Pacific Digestive Week (APDW 2016),   2015年12月03日
  • 特別講演「肝癌診療のBreakthroughはあるか?」, 工藤正俊, 第130回宮城肝癌治療研究会,   2015年11月20日, 招待有り
  • Classification of tumors based on the integrated profile of genetic and epigenetic alterations and the biological behavior of human hepatocellular carcinoma, 66th Annual Meeting, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD 2015),   2015年11月17日
  • 当院における上皮内癌および小膵癌の診断, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊, 今井 元, 鎌田 研, 宮田 剛, 大本俊介, 門阪薫平, 三長孝輔, 松田友彦, 亀井敬子, 松本逸平, 竹山宜典, 第64回近畿膵疾患談話会,   2015年11月14日
  • PALBI-an objective score based on platelets, albumin & Bilirubin Stratifies HCC patients undergoing resection & ablation better than Child’s classification, 66th Annual Meeting, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD 2015),   2015年11月14日
  • 粘膜下腫瘍様形態を呈した胃perineuriomaの一例, 河野匡志, 松井繁長, 樫田博史, 永井知行, 峯 宏昌, 米田頼晃, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 工藤正俊, 筑後孝章, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第95回支部例会,   2015年11月07日
  • 粘膜下腫瘍様の形態を呈したhamartomatous inverted polypの一例, 田中梨絵, 山田光成, 河野匡志, 足立哲平, 峯 宏昌, 永井知行, 朝隈 豊, 米田頼晃, 岡崎能久, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第95回支部例会,   2015年11月07日
  • 腎癌術後18年で発見された転移性胃腫瘍の1例, 奥田英之, 秦 康倫, 木下大輔, 高山政樹, 岸谷 譲, 川崎友彦, 水野成人, 平山暁秀, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第95回支部例会,   2015年11月07日
  • 腸重積を来したが、内視鏡的に整復、切除し得た巨大大腸脂肪腫, 橋本有人, 樫田博史, 米田頼晃, 河野匡志, 岡元寿樹, 山田光成, 田中梨絵, 足立哲平, 峯 宏昌, 永井知行, 岡崎能久, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 工藤正俊, 高山政樹, 川崎正憲, 榎本英介, 木村雅友, 佐藤隆夫, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第95回支部例会,   2015年11月07日
  • 食道疣状扁平上皮癌の一例. ワークショップ2「希少消化器疾患の内視鏡像」, 岡元寿樹, 松井繁長, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第95回支部例会,   2015年11月07日
  • 造影ハーモニックEUSによる膵疾患の診断. シンポジウム2「胆膵腫瘍性疾患の診断と治療における工夫」, 松田友彦, 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第95回支部例会,   2015年11月07日
  • 特別講演「Intermediate stage肝癌の再分類と新しい分子標的薬への期待」, 工藤正俊, 第30回岐阜肝画像研究会,   2015年10月31日, 招待有り
  • Predictive factors for outcomes of through-the-scope gastroduodenal stenting in patients with gastric outlet obstruction; a large multicenter retrospective study in West Japan, 23rd United European Gastroenterology Week (UEGW 2015),   2015年10月27日
  • Evaluation of anti-migration properties of biliary covered self-expandable metal stents, 23rd United European Gastroenterology Week (UEGW 2015),   2015年10月26日
  • Invited Lecture “Ultrasound fusion imaging of liver tumor: recent progress and clinical relevance”, 工藤正俊, IEEE International Ultrasonics Symposium,   2015年10月23日, 招待有り
  • 食道癌深達度診断における食道学会分類の検証. ワークショップ13「(JSES Core Session )上部消化管におけるadvanced diagnostic endoscopy (ADE)エビデンスと新たな展開」, 朝隈 豊, 松井繁長, 工藤正俊, 第90回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年10月10日
  • EUS guided biliary drainage for treatment of biliary obstruction. International Session (Panel Discussion) 2 “Strategy of treatment for biliary stenosis”, 第90回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年10月10日
  • 座長: ブレックファーストセミナー14「肝細胞癌の診断と治療UP-TO-DATE」, 工藤正俊, 第19回日本肝臓学会大会,   2015年10月09日, 招待有り
  • 司会: パネルディスカッション13「肝疾患の診断・治療に伴う侵襲はどこまで減らせるか」, 工藤正俊, 第19回日本肝臓学会大会,   2015年10月09日
  • SSA/Pの内視鏡診断, 岡崎能久, 樫田博史, 櫻井俊治, 朝隈 豊, 米田頼晃, 高山政樹, 峯 宏昌, 足立哲平, 田中梨絵, 山田光成, 岡元寿樹, 榎本英介, 前西 修, 筑後孝章, 木村雅友, 佐藤隆夫, 工藤正俊, 第90回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年10月09日
  • 大腸拡大NBI観察におけるJNET分類の有効性に関する検討. ワークショップ6「(JSES Core Session )下部消化管におけるadvanced diagnostic endoscopy (ADE)エビデンスと新たな展開」, 米田頼晃, 樫田博史, 工藤正俊, 第90回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年10月09日
  • 経乳頭治療困難悪性胆管狭窄に対するEUS下hepaticogastrostomyとantegrade stenting併用の有用性の検討. ワークショップ9「(JSES Core Session )Interventional EUS: エビデンスと新たな展開」, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 第90回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年10月09日
  • 機能性ディスペプシアに早期慢性膵炎が含まれている.ワークショップ7「機能性上部消化管疾患の病態と新規治療」, 門阪薫平, 北野雅之, 工藤正俊, 第90回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年10月09日
  • 当院において直腸神経内分泌腫瘍に対してEMR-C (EMR using a cap), EMR-L (EMR with a ligation device)を中心とした内視鏡的切除の検討, 山田光成, 樫田博史, 岡元寿樹, 田中梨絵, 足立哲平, 峯 宏昌, 高山政樹, 永井知行, 岡崎能久, 米田頼晃, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 工藤正俊, 第57回日本消化器病学会大会,   2015年10月08日, グランドプリンスホテル高輪, 東京
  • 転移性肝癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 第57回日本消化器病学会大会,   2015年10月08日
  • プロポフォールを用いた上部消化管内視鏡検査で出現する不随意運動の検討, 梅原康湖, 辻 直子, 尾崎信人, 松本 望, 高場雄久, 川崎正憲, 冨田崇文, 谷池聡子, 森村正嗣, 山田 哲, 米田 円, 工藤正俊, 第57回日本消化器病学会大会,   2015年10月08日
  • 肝細胞癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 千品博和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 第19回日本肝臓学会大会,   2015年10月08日
  • Discussant, International Session (Symposium) 1 “Hepatocellular carcinoma: molecular approaches for diagnosis, prognosis, and therapy”, 工藤正俊, 第19回日本肝臓学会大会,   2015年10月08日, 招待有り, グランドプリンスホテル高輪, 東京
  • Tumor characteristics and genetic and epigenetic profile of human hepatocellular carcinoma. International Session (Symposium) 1 “Hepatocellular carcinoma: molecular approaches for diagnosis, prognosis, and therapy”, 第19回日本肝臓学会大会,   2015年10月08日
  • 壊死性膵炎後のwalled-off necrosisに対するInterventional EUSの有用性. 統合プログラム1「壊死性膵炎後のwalled-off necrosisに対するベストアプローチ法は?」, 三長孝輔, 北野雅之, 工藤正俊, 第90回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年10月08日
  • 膵癌早期診断におけるEUSの有用性の検討. パネルディスカッション7「膵がんのスクリーニングと事後管理」, 宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊, 第90回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年10月08日
  • 超音波検査が鑑別にもっとも有用であったと考えられた肝原発Castleman病の1例, 三野 智, 小川 力, 柴峠光成, 西田知紗, 村川佳子, 河合直之, 丸山哲夫, 木太秀行, 大西宏明, 工藤正俊, 日本超音波医学会第25回四国地方会学術集会, 第14回四国地方会講習会,   2015年10月03日
  • カラーRVSを用いた新しいsegment領域の教育方法, 小川 力, 野田晃世, 荒澤壮一, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 工藤正俊, 日本超音波医学会第25回四国地方会学術集会, 第14回四国地方会講習会,   2015年10月03日
  • 特別講演「消化器疾患の診断と治療における超音波の役割」, 工藤正俊, 日本超音波医学会第25回四国地方会学術集会, 第14回四国地方会講習会,   2015年10月03日
  • 特別講演「最新の肝癌診療―診断、治療、予後―」, 工藤正俊, HIV Specialist Forum in Tokyo,   2015年10月03日, 招待有り
  • 肝臓解析を用いたTACEの塞栓領邦予測の試み~放射線技師との協力~, 須和大輔, 坂東 誠, 槇殿元誉, 中川真吾, 西村悟郎, 吉崎康則, 安部一成, 小川 力,工藤正俊, 第10回肝癌治療シミュレーション研究会,   2015年09月26日
  • DICOM dataの統合法によるカラー表示RVSを用いたRFA治療, 小川 力, 野田晃世, 荒澤壮一, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 工藤正俊, 第10回肝癌治療シミュレーション研究会,   2015年09月26日
  • 肝細胞癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術. セミナーシンポジウム「Navigationによる肝癌局所療法の最先端」, 南 康範, 工藤正俊, 第10回肝癌治療シミュレーション研究会,   2015年09月26日
  • 非特異的な臨床・画像経過を呈した膵退形成癌(多形細胞型)の一例, 松田友彦, 北野雅之, 大本俊介, 門阪薫平, 鎌田 研, 宮田 剛, 三長孝輔, 山雄健太郎, 今井 元,工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • 造影ハーモニックEUSが病勢診断に有用であった自己免疫性膵炎の一例, 高島耕太,大本俊介, 門阪薫平, 鎌田 研, 宮田 剛, 三長孝輔, 山雄健太郎, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • 複数回のENPD下膵液細胞診により診断し得た膵上皮内癌の一例, 加藤 寛, 宮田 剛, 大本俊介, 門阪薫平, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • 著明な肝機能障害を呈した骨髄性ポルフィリン症の一例, 青山真吾, 萩原 智, 岩西美奈, 南 知宏, 千品寛和, 河野匡志, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 南 康範, 依田 広, 上嶋一臣, 櫻井俊治, 西田直生志, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • Hemosuccus pancreaticusによる出血に対し血管塞栓術にて止血しえた一例, 岡元寿樹, 高山政樹, 山雄健太郎, 田中梨絵, 山田光成, 足立哲平, 峯 宏昌, 永井知行, 岡崎能久, 米田頼晃, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 北野雅之, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • 正常乳頭に近い状態であったため、診断に難渋した十二指腸乳頭部癌の一例, 丹正幸祐, 木下大輔, 秦 康倫, 末吉功治, 奥田英之, 高山正樹, 岸谷 譲, 川崎俊彦, 水野成人, 加藤寛章, 辻江正徳, 井上雅智, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • 当院におけるPancreatic fluid collectionに対する予後予測の検討, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊:, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • 閉塞性黄疸を契機に発見された先天性胆道拡張症の一例, 高場雄久, 尾崎信人, 松本 望, 川崎正憲, 冨田崇文, 梅原康湖, 森村正嗣, 米田 円, 山田 哲, 辻 直子, 落合 健, 前倉俊治, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • 慢性下痢を主訴としたC型慢性肝炎関連クリオグロブリン血症の一例, 足立哲平, 岡元寿樹, 河野匡志, 田中梨絵, 山田光成, 峯 宏昌, 永井知行, 朝隈 豊, 米田頼晃, 岡崎能久, 萩原 智, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 野崎祐史, 松村 到, 石井道治, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • トルバプタンの治療効果における予測因子の検討, 千品寛和, 萩原 智, 岩西美奈, 南 知宏, 河野匡志, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 南 康範, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • 転移性肝癌に対するUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 岩西美奈, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 依田 広, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • 当院における超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術の検討. シンポジウム2「消化器腫瘍に対する内視鏡的アプローチの現況と問題点」, 三長孝輔, 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第103回例会,   2015年09月26日
  • Invited Lecture “Hepatologists’ perspectives on EOB-MRI: Pre-& post-operative evaluation in malignant lesions”, 工藤正俊, Asila Pacific Liver Imaging Symposium (APLIS),   2015年09月17日, 招待有り
  • Invited Lecture; Luncheon Satellite Symposium “Treatment strategies to optimize outcome and experience of patients with HCC”, 工藤正俊, The Liver Week 2015,   2015年09月12日, 招待有り
  • KLCSG & LCSGJ Joint Symposium “HCC nationwide surveillance and out come in Japan”, 工藤正俊, The Liver Week 2015,   2015年09月12日, 招待有り
  • Special Lecture 2”The evolution of HCC treatment”, 工藤正俊, The Liver Week 2015,   2015年09月11日, 招待有り
  • Chair: General Session 2 “Molecular Pathogenesis of Liver Cancer II”, 工藤正俊, International Liver Cancer Association 9th Annual Conference (ILCA) 2015,   2015年09月04日, 招待有り
  • Ramucirumab (RAM) as second-line treatment in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC) following first-line therapy with sorafenib in the randomized Phase III REACH study: analysis ofα-fetoprotein (AFP) kinetics during treatment, European Cancer Congress 2015 (18th ECCO-40th ESMO),   2015年09月
  • Ramucirumab as second-line treatment in patients with advanced hepatocellular carcinoma: Japanese subgroup analysis of the phase III REACH trial. , 9th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2015年09月
  • Invited Lecture “Assessing treatment effect and treatment failure: when to stop LRTs”, 工藤正俊, 9th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2015年09月, 招待有り
  • State of Art Lecture “Benefit of early diagnosis of liver cancer with changed therapeutic paradigm in HCC”, 工藤正俊, 23rd Annual Indian National Association for the Study of Liver (INASL) and Current Perspectives in Liver Diseases (CPLD),   2015年08月02日, 招待有り
  • Invited Lecture “Imaging in early HCC-MR advances”, 工藤正俊, 23rd Annual Indian National Association for the Study of Liver (INASL) and Current Perspectives in Liver Diseases (CPLD),   2015年08月01日, 招待有り
  • Invited Lecture“HCC: early diagnosis impacts prognosis”, 工藤正俊, 23rd Annual Indian National Association for the Study of Liver (INASL) and Current Perspectives in Liver Diseases (CPLD),   2015年07月31日, 招待有り
  • Invited Lecture“Molecular targeted therapy for HCC: current status and future perspectives”, 工藤正俊, 23rd Annual Indian National Association for the Study of Liver (INASL) and Current Perspectives in Liver Diseases (CPLD),   2015年07月31日, 招待有り
  • 総括発言「DEB-TACEのポジショニング~cTACEとの使い分けはいかにすべきか~」, 工藤正俊, 第3回ディーシービーズ症例検討会,   2015年07月25日, 招待有り
  • 仮想超音波のDICOM dataを用いたカラー表示USでの造影US、RFA治療方法, 小川 力, 野田晃世, 荒澤壮一, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 工藤正俊, 第51回日本肝癌研究会,   2015年07月24日
  • 司会: シンポジウム4「肝癌に対する国内外の診療ガイドラインの問題点」, 工藤正俊, 第51回日本肝癌研究会,   2015年07月24日, 招待有り
  • 司会: ランチョンセミナー, 工藤正俊, 第51回日本肝癌研究会,   2015年07月24日, 招待有り
  • 原発性肝癌追跡調査症例の解析結果から検討した肝内胆管癌の病期分類について. パネルディスカッション3「肝内胆管癌の病態と最新の治療戦略」, 阪本良弘, 國土典宏, 松山 裕, 坂元亨宇, 泉 並木, 角谷真澄, 金子周一, 具 英成, 工藤正俊, 高山忠利, 中島 収, 第51回日本肝癌研究会,   2015年07月23日
  • 肝細胞癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 康範, 南 知宏, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 第51回日本肝癌研究会,   2015年07月23日
  • Ramucirumab (RAM) as second-line treatment in patients (pts) with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): Japanese subgroup analysis of the phase III REACH trial, The 13th Annual Meeting of Japanese Soceity of Medical Oncology,   2015年07月17日
  • Activin signal in pancreatic cancer, The 13th Annual Meeting of Japanese Soceity of Medical Oncology,   2015年07月17日
  • Chair "Poster Session: Biliary Tract and Pancreatic Cancer 2 FOLFIRINOX(2)", 工藤正俊, The 13th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Oncology,   2015年07月16日, 招待有り
  • Moderator and Commentator “Non-surgical treatment of HCC: achievement from Taiwan over the past quarter century”, 工藤正俊, Taiwan Association for the Study of the Liver 2015 (TASL),   2015年07月12日, 招待有り
  • Moderator and Commentator “Androgen pathway in the mechanisms of liver carcinogenesis and targets for future therapy”, 工藤正俊, Taiwan Association for the Study of the Liver 2015 (TASL),   2015年07月12日, 招待有り
  • 開会の辞, 工藤正俊, 第33回南大阪肝疾患研究会,   2015年07月10日, 招待有り
  • 座長: Special Lectur: 坂本長逸「抗血栓薬と消化管傷害、現状とリスクマネジメント」, 工藤正俊, Scientific Exchange Meeting 2015 in Osaka,   2015年07月09日, 招待有り
  • Opening Remarks, 工藤正俊, Scientific Exchange Meeting 2015 in Osaka,   2015年07月09日, 招待有り
  • 特別講演「肝癌に対する分子標的治療: 現状と今後の展望」, 工藤正俊, 第12回消化器癌研究会,   2015年07月07日
  • Chari: Sponsored Seminar“Diagnostic Imaging with EOB-MRI for Malignancy Grade of HCC”, 工藤正俊, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2015年07月03日, 招待有り
  • 自己免疫性膵炎のステロイド治療における再燃リスクの検討. ミニパネルディスカッション1「自己免疫性膵炎治療の現状と課題」, 大本俊介, 北野雅之, 工藤正俊, 第46回日本膵臓学会大会,   2015年06月20日
  • 難治性下痢を主訴とし著明な腸管浸潤を認めた成人T細胞白血病の1例, 岡崎能久, 樫田博史, 米田頼晃, 櫻井俊治, 朝隈 豊, 高山政樹, 峯 宏昌, 足立哲平, 田中梨絵, 山田光成, 岡元寿樹, 工藤正俊, 筑後孝章, 大山泰世, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第94回支部例会,   2015年06月20日
  • 下部消化管内視鏡で切除しえた盲腸顆粒細胞腫の一例, 尾崎信人, 松本 望, 高場雄久, 川崎正憲, 冨田崇文, 梅原康湖, 森村正嗣, 米田 円, 山田 哲, 辻 直子, 落合 健, 前倉俊治, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第94回支部例会,   2015年06月20日
  • 胃噴門部粘膜下腫瘍に対してLECSを施行した1症例, 安部美希子, 木下大輔, 秦 康倫, 貫戸幸星, 奥田英之, 岸谷 譲, 川崎俊彦, 加藤寛章, 井上雅智, 藤原由規, 永井知行, 太田善夫, 若狭朋子, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第94回支部例会,   2015年06月20日
  • 術後胃に発生した胃石症3例の検討, 岡元寿樹, 松井繁長, 田中梨絵, 山田光成, 足立哲平, 高山政樹, 峯 宏昌, 永井知行, 岡崎能久, 米田頼晃, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第94回支部例会,   2015年06月20日
  • Helicobacter pylori除菌後の内視鏡所見の変化. シンポジウム「ヘリコバクター胃炎除菌時代を迎えて-変わるもの、残るもの-」, 松本 望, 辻 直子, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第94回支部例会,   2015年06月20日
  • 大腸LSTの治療方針. パネルディスカッション「大腸LST治療の最前線-内視鏡医・内視鏡外科医の立場から-」, 米田頼晃, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第94回支部例会,   2015年06月20日
  • 胃十二指腸ステントおよびステント留置下胆道ドレナージ術の治療成績の検討. パネルディスカッション2「切除不能膵癌の治療選択」, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊、中島 潤, 岡部純弘, 大﨑往夫, 萱原隆久, 石田悦嗣, 山本 博, 三長孝輔, 山下幸孝, 第46回日本膵臓学会大会,   2015年06月19日
  • 進行膵癌の癌性疼痛に対するEUS神経叢・神経節ブロック術の有用性の検討. ビデオシンポジウム1「内視鏡的手技 膵疾患に対するInterventional Endoscopy」, 宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊, 第46回日本膵臓学会大会,   2015年06月19日
  • 閉会挨拶, 工藤正俊, 第17回関西B型肝炎研究会,   2015年06月13日, 招待有り
  • 座長: 特別講演「これからの肝臓病学」, 工藤正俊, 第59回大阪肝穿刺生検治療研究会,   2015年06月12日, 招待有り
  • 開会・閉会の辞, 工藤正俊, 第59回大阪肝穿刺生検治療研究会,   2015年06月12日, 招待有り
  • Ramucirumab (RAM) as second-line treatment in patients (pts) with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): Analysis of REACH pts by Child-Pugh (CP) score, Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2015),   2015年06月01日
  • Objective response by mRECIST to predict survival in hepatocellular carcinoma: A multivariate, time-dependent analysis from the phase III BRISK-PS study, 工藤正俊, Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2015),   2015年06月01日
  • Ramucirumab (RAM) as second-line treatment in patients (pts) with advanced hepatocellular carcinoma following first-line therapy with sorafenib: Patient-focused outcome (PFO) results from the phase 3 REACH study, Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2015),   2015年06月01日
  • Sorafenib plus intra-arterial cisplatin versus sorafenib alone in patients with advanced hepatocellular carcinoma: A randomized phase II trial, Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2015),   2015年06月01日
  • Proposal of a new staging system for intrahepatic cholangiocarcinoma: Analysis of surgical patients from a nationwide survey of Liver Cancer Study Group of Japan, Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2015),   2015年06月01日
  • A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III study of S-1 in patients with sorafenib refractory advanced hepatocellular carcinoma (S-CUBE), Kudo M, Moriguchi M, Numata K, Hidaka H, Tanaka H, Ikeda M, Kawazoe S, Ohkawa S, Sato Y, Okusaka T, Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2015),   2015年06月01日
  • 膵胆道腫瘍のリンパ節転移診断における造影ハーモニックEUSの有用性.ワークショップ13「膵胆道疾患における超音波内視鏡診断の新展開」, 宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊, 第89回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年05月31日
  • EUS検査時のミダゾラムとプロポフォールによる鎮静に対するBISモニター(Bis-pectral index monitoring)の有用性の検討.パネルディスカッション1「内視鏡診療における鎮静に関するガイドラインを検証する」, 宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊, 第89回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年05月31日
  • 大腸鋸歯状病変の内視鏡診断について, 岡崎能久, 樫田博史, 櫻井俊治, 朝隈 豊, 米田頼晃, 高山政樹, 峯 宏昌, 足立哲平, 田中梨絵, 山田光成, 岡元寿樹, 榎本英介, 前西 修, 筑後孝章, 木村雅友, 佐藤隆夫, 工藤正俊, 第89回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年05月30日
  • 十二指腸静脈瘤の病態と治療方針. ビデオワークショップ1「消化管静脈瘤の診断・治療の現状と将来展望-異所性静脈瘤も含む-」, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 第89回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年05月30日
  • 自己免疫性膵炎の診断および治療におけるEUSの役割.ワークショップ14「IgG4関連膵胆管病変における内視鏡の役割」, 大本俊介, 北野雅之, 工藤正俊, 第89回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年05月30日
  • EUS下胆道ドレナージ術の有用性. JGES Core Session 3-パネルディスカッション「胆膵におけるInterventional EUS: 超音波内視鏡下瘻孔形成術の現状と問題点」, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 第89回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年05月30日
  • 早期慢性膵炎が機能性ディスペプシアとして診断される可能性について.ワークショップ4「消化管機能異常に対する内視鏡の役割」, 門阪薫平, 北野雅之, 工藤正俊, 第89回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年05月29日
  • 大腸T1癌の治療適応決定における内視鏡診断に関する検討.パネルディスカッション6「大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療の課題と将来展望」, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊, 第89回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年05月29日
  • Contrast-enhanced harmonic EUS for differential diagnosis of pancreatic tumors. International Video Session 2 “Advances and education of endoscopic diagnosis and treatment-biliary tract, pancreas-“, 第89回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年05月29日, 名古屋国際会議場, 名古屋
  • 肝細胞癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術. シンポジウム 消化器3「消化器疾患における新技術」, 南 康範, 工藤正俊, JUSM2015 日本超音波医学会第88回学術集会,   2015年05月24日
  • 深部病変におけるソナゾイド®造影超音波検査の検出率についての検討, 出田雅子, 小川 力, 荒澤壮一,柴峠光成, 西田知紗, 村川佳子, 河合直之, 丸山哲夫, 木太秀行, 工藤正俊, JUSM2015 日本超音波医学会第88回学術集会,   2015年05月23日
  • 簡便な小肝腫瘍の検出方法~初心者を対象とした仮想超音波の併用~, 小川 力, 荒澤壮一, 出田雅子, 柴峠光成, 西田知紗, 村川佳子, 河合直之, 丸山哲夫, 木太秀行, 工藤正俊, JUSM2015 日本超音波医学会第88回学術集会,   2015年05月23日
  • Real-time tissue elastography. ワークショップ 消化器4「肝臓の硬さ診断: その精度と使途」, 矢田典久, 工藤正俊, JUSM2015 日本超音波医学会第88回学術集会,   2015年05月23日
  • Stage I膵癌診断における超音波検査の役割. ワークショップ 消化器3「腹部悪性腫瘍の早期診断の限界と見逃してはいけない所見」, 北野雅之, 宮田 剛, 工藤正俊, JUSM2015 日本超音波医学会第88回学術集会,   2015年05月23日
  • ソナゾイド®造影超音波検査が虚血の診断に有用であった鼠径ヘルニアの1例, 村上佳子, 小川 力, 荒澤壮一, 出田雅子, 柴峠光成, 西田知紗, 河合直之, 丸山哲夫, 木太秀行, 工藤正俊, JUSM2015 日本超音波医学会第88回学術集会,   2015年05月22日
  • 司会; ランチョンセミナー「進行肝癌に対する肝動注および塞栓療法について」, 工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月22日, 招待有り
  • 肝細胞癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 康範, 工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月22日
  • Fusion機能を用いたカラー表示US、および仮想超音波を用いた肝腫瘍の検出と治療, 小川 力, 森岡弓子, 野田晃世, 荒澤壮一, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月22日
  • Shear Wave Measurementによる肝硬変測定, 矢田典久, 工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • intermediate stageの肝細胞癌に対してTACE不応後のTACE継続とソラフェニブの検討, 有住忠晃, 上嶋一臣, 南 知宏, 千品寛和, 河野匡志, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井俊治, 西田直生志, 工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • 転移性肝癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • ストレス応答蛋白の肝発癌リスク予測における可能性. ミニワークショップ4「肝病態を反映する新たなバイオマーカーの探索」, 櫻井俊治, 矢田典久,工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • 変異型HBx遺伝子の肝発癌促進における分子機序の解明. ワークショップ4「肝病態を反映する新たなバイオマーカーの探索」, 萩原 智, 西田直生志,工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • 血清中マイクロRNAプロファイルとソラフェニブに対する肝細胞癌の反応性予測. ワークショップ1「肝細胞癌の亜分類と個別化医療」, 西田直生志,工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • 司会: ワークショップ1「肝細胞癌の亜分類と個別化医療」, 工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日, 招待有り
  • 分子生物学的特徴に基づいた肝癌のマネージメント. シンポジウム1「肝発癌研究と臨床への展開」, 西田直生志, 海道利実, 工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • 乳頭括約筋切開術を行わないTrans-catheter biliary endoscopyの有用性の検討. ビデオワークショップ3「胆道・膵疾患の内視鏡診断・治療における進歩」, 河野匡志, 北野雅之, 工藤正俊, 第89回日本消化器内視鏡学会総会,   2015年04月29日
  • 全国原発性肝癌追跡調査のNational Clinical Databaceへの移行. シンポジウム15「日本の診断データベース構築へ向けて今、何をすべきか?」, 建石良介, 工藤正俊, 小池和彦, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月25日
  • EUS下胆道・膵管ドレナージ術の適応と成績. ワークショップ9「膵・胆道内視鏡治療の最先端」, 宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月25日
  • インターフェロン治療前後の状態から考えるShear wave elastographyとStrain elastographyによる複合診断の有用性, 矢田典久, 櫻井俊治, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月24日
  • IPMNの経過観察におけるEUSおよび造影ハーモニックEUSの有用性. パネルディスカッション10「国際診療ガイドラインに基づいたIPMN/MCN診療の課題と対策」, 鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月24日
  • 大腸LSTにおける腫瘍の性格に応じた治療方針. パネルディスカッション4「大腸LSTの病態生理と診断・治療戦略」, 米田頼晃, 樫田博史, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月24日
  • 当院におけるPancreatic fluid collectionに対する治療成績. シンポジウム10「壊死性膵炎の予後改善を目指した治療の新展開」, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月24日
  • An international observational study to assess the use of sorafenib after transarterial chemoembolization (TACE) in patients with hepatocellular carcinoma (HCC): OPTIMIS, 50th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL 2015),   2015年04月24日
  • Combined sequential use of HAP and ART scores to predict transarterial chemoembolization failure in hepatocellular carcinoma: a multicenter comparative study, 50th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver, (EASL 2015),   2015年04月24日
  • Invited Lecture “Surveillance, treatment and outcome of HCC in Japan”, 工藤正俊, Joint Workshop EASL-JSH, 50th International Liver Congress of the European Association for the Study of the Liver (EASL),   2015年04月25日, 招待有り
  • GIDEON (Global Investigation of Therapeutic Decisions in Hepatocellular Carcinoma and of Its Treatment with Sorafenib): A retrospective analysis of prognostic factors for survival, 50th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver, (EASL 2015),   2015年04月24日
  • 肝細胞癌に対してUS-US Fusionを用いたラジオ波焼灼術. ワークショップ7「Navitationに基づいた肝細胞癌IVR治療の最前線」, 南 康範, 西田直生志, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月23日
  • VINCENTのvirtual sonographyとAWを用いたRFA前の安全なNavigation方法. ワークショップ7「Navitationに基づいた肝細胞癌IVR治療の最前線」, 小川 力, 柴峠光成, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月23日
  • 司会: ワークショップ7「Navitationに基づいた肝細胞癌IVR治療の最前線」, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月23日, 招待有り
  • ワークショップ7 基調講演「Navigationに基づいた肝細胞癌IVR治療」, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月23日, 招待有り
  • 機能性ディスペプシア患者における早期慢性膵炎所見について. ワークショップ2「機能性ディスペプシア診療の現状と将来」, 門阪薫平, 北野雅之, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月23日
  • 早期慢性膵炎の診断基準と臨床的意義. パネルディスカッション11「早期慢性膵炎の病態と予後」, 北野雅之, 門阪薫平, 工藤正俊, 第101回日本消化器病学会総会,   2015年04月23日
  • Activin signal promotes cancer progression and is involved in cachexia in a subset of pancreatic cancer, American Association for Cancer Research Annual Meeting (AACR 2015),   2015年04月21日
  • Axitinib safety and pharmacokinetics in Child-Pugh A and Child-Pugh B patients with advanced hepatocellular cancer, American Association for Cancer Research Annual Meeting (AACR 2015),   2015年04月19日
  • 座長, 工藤正俊, 第12回Kinki Liver Clubバニプレビル学術講演会,   2015年04月16日, 招待有り
  • 開会・閉会の辞, 工藤正俊, 第12回Kinki Liver Clubバニプレビル学術講演会,   2015年04月16日, 招待有り
  • Time intensity curve (TIC)を用いた造影ハーモニックEUSによる膵腫瘍血流評価の検討, 大本俊介, 北野雅之, 工藤正俊, 第28回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2015年04月04日
  • 転移性肝癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 第28回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2015年04月04日
  • 特別講演「肝細胞癌に対する新規分子標的薬の開発動向と免疫チェックポイント阻害薬への期待」, 工藤正俊, 第18回北九州肝癌治療研究会,   2015年03月26日, 招待有り
  • Invited Lecture “WFUMB Guidelines”, 工藤正俊, American Institute of Ultrasound in Medicine Annual Convention (AIUM 2015/WFUMB 2015),   2015年03月21日, 招待有り
  • Invited Lecture “Liver strain”, Masatoshi Kudo, American Institute of Ultrasound in Medicine Annual Convention (AIUM 2015/WFUMB 2015),   2015年03月21日, 招待有り
  • 開会の辞, 工藤正俊, 第11回臨床消化器病フォーラム,   2015年03月07日, 招待有り
  • 座長: 初心者から中級者に対する超音波検査の新しい取り組み~肝疾患を中心に~, 工藤正俊, 第9回Kinki GUT Club,   2015年02月22日, 招待有り
  • 食道表在癌の日本食道学会拡大内視鏡分類による深達度の検討. ワークショップ10「食道扁平上皮(表在)癌に対する新規拡大内視鏡分類(食道学会分類)の検証」, 朝隈 豊, 松井繁長, 山田光成, 田中梨絵, 足立哲平, 高山政樹, 峯 宏昌, 永井知行, 川崎正憲, 岡崎能久, 米田頼晃, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊, 第11回日本消化管学会総会学術集会,   2015年02月14日
  • 大腸ESD施行時の抗血栓薬の取り扱いの検討, 足立哲平, 樫田博史, 工藤正俊, 第11回日本消化管学会総会学術集会,   2015年02月14日
  • Phase II study of front-line dovitinib (TKI258) versus sorafenib in patients (Pts) with advanced hepatocellular carcinoma (HCC), 2015 Gastrointeritinal Cancers Symposium (ASCO-GI 2015),   2015年01月15日
  • 特別発言, 工藤正俊, TACE Meet the Expert,   2015年01月07日, 招待有り
  • 司会: パネルディスカッション, 工藤正俊, TACE Meet the Expert,   2015年01月07日, 招待有り
  • Chair "Session 5: Hepatocellular carcinoma, basic and therapy", 工藤正俊, The 11th JSH Single Topic Conference,   2014年11月21日, 招待有り
  • Involvement of stress response protein crip in refractory inflammatory bowel diseases and colitis-associated cancer. Symposium 1 “Cancer prevention and early diagnosis”, The 25th Annual Meeting of the Japanese Society for Gastroenterological Carcinogenesis,   2014年11月13日
  • Prospective multicenter randomized controlled trial of histological diagnostic yield comparing 25G EUG-FNA needles with and without a core trap in solid pancreatic masses: analysis of factors affecting tissue acquisition and diagnostic accuracy, United European Gastroenterology Week (UEGW 2014),   2014年10月18日
  • Validation of staging systems for hepatocellular carcinoma: a comparison of the BM-JIS score, the JIS score and the BCLC staging, United European Gastroenterology Week (UEGW 2014),   2014年10月18日
  • An International observational study to assess the use of sorafenib after transarterial chemoembolization (TACE) in patients with hepatocellular carcinoma (HCC): OPTIMIS, European Society for Medical Oncology Congress (ESMO 2014),   2014年09月29日
  • Randomised study of axitinib (Axi) plus best supportive care (BSC) versus placebo (Pbo) plus BSC in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC) following prior antiangiogenic therapy, European Society for Medical Oncology Congress (ESMO 2014),   2014年09月28日
  • Stress response protein Cirp links inflammation and tumorigenesis in colitis-associated cancer, Sakurai T, Kudo M, Nishida N, Fujita J, Kashida H, The 73rd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2014年09月27日
  • Invited Lecture “HCC nationwide surveillance and outcome in Japan”, 工藤正俊, The Liver Week 2015,   2015年09月12日, 招待有り
  • Invited Lecture “The evolution of HCC treatment”, 工藤正俊, The Liver Week 2015,   2015年09月11日, 招待有り
  • Chairs: “KLCSG & JLCSG Joint Symposium”, 工藤正俊, The Liver Week 2015,   2015年09月12日, 招待有り
  • 座長: 医学生研修医ポスターセッション, 工藤正俊, 第112回日本内科学会総会,   2015年04月11日
  • Multicenter Observational Study of Reactivation of Hepatitis B Virus Caused by Chemotherapy with Sorafenib, Furuse J, Ikeda M, Kondo S, Kudo M, Nadano S, Osaki Y, Kumada T, Ohkawa K, Mizokami M, 24th Conference of APASL,   2015年03月14日
  • Multicenter observational study of reactivation of hepatitis B virus caused by chemotherapy for solid tumors, Furuse J, Ikeda M, Kondo S, Kudo M, Nadano S, Osaki Y, Kumada T, Ohkawa K, Mizokami M, 24th Conference of APASL,   2015年03月14日
  • 慢性リンパ性白血病の発症を契機にB型肝炎の再活性化から急性肝不全を来し急速な転帰を辿った一例, 渡部由佳子, 萩原 智, 南 知宏, 河野匡志, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 南 康範, 櫻井俊治, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第102回例会,   2015年02月21日
  • ストレス応答蛋白を指標とするサーベイランス最適化の可能性. パネルディスカッション2「炎症性腸疾患関連腫瘍のサーベイランス」, 櫻井俊治, 足立哲平, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第102回例会,   2015年02月21日
  • 当院においてシングルバルーン小腸内視鏡検査を施行した高齢者OGIB症例の臨床的検討. シンポジウム2「消化管出血に対する診療」, 田中梨絵, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第102回例会,   2015年02月21日
  • Plain cone-beam CTによる肝動脈塞栓術の早期治療効果予測, 南 康範, 南 知宏, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 柳生行伸, 鶴崎正勝, 村上卓道, 第17回関西肝癌局所療法研究会,   2015年03月14日
  • 特別講演「透析患者におけるC型肝炎治療」, 工藤正俊, 南大阪透析患者の肝炎治療を考える会,   2015年03月19日, 招待有り
  • 高齢者の進行肝細胞癌に対する当院でのソラフェニブ治療の成績, 有住忠晃, 上嶋一臣, 南 知宏, 千品寛和, 河野匡志, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井俊治, 西田直生志, 工藤正俊, 第11回日本肝がん分子標的治療研究会,   2016年01月31日, 招待有り
  • 司会"肝細胞癌の臨床試験はなぜ上手くいかないのか", 工藤正俊, 第11回日本肝がん分子標的治療研究会,   2016年01月31日, 招待有り
  • 開会の挨拶, 工藤正俊, 第11回日本肝がん分子標的治療研究会,   2016年01月31日, 招待有り
  • 司会: ランチョンセミナー「マイクロスフィアを用いた塞栓療法について」, 工藤正俊, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月22日
  • ポスターセッション座長, 工藤正俊, 第112回日本内科学会総会,   2015年04月12日
  • Invited Lecture “Recent advances in therapy for advanced hepatocellular carcinoma”, 工藤正俊, The 24th Annual Conference of Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2015年03月13日, 招待有り
  • 司会: シンポジウム1「肝動脈塞栓下での血行動態の変化-B-TACEから得られる所見-」, 工藤正俊, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月08日
  • FNH様の異常門脈域などの示唆に富む病理所見を認めたHCCの一例, 荒澤壮一, 小川 力, 野田晃世, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 南 貴人, 北村好史, 西平友彦, 石川 亮, 荻野哲朗, 近藤福雄, 工藤正俊, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月07日
  • 座長: セッション4「画像による病態解析」, 工藤正俊, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月07日
  • plain cone-beam CTによる肝動脈塞栓術の早期治療効果予測(第2報), 南 康範, 村上卓道, 工藤正俊, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月07日
  • RFA術前のシミュレーションに向けた教育システム. 当院における肝細胞癌に対するディーシービーズ®を用いたDEB-TACEの治療成績, 小川 力, 野田晃世, 荒澤壮一, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 工藤正俊, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月07日
  • 当院における肝細胞癌に対するディーシービーズ®を用いたDEB-TACEの治療成績, 渡口真史, 鶴崎正勝, 柳生行伸, 沼本勲男, 朝戸信行, 山川美帆, 任 誠雲, 松木 充, 村上卓道, 井上達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋一臣, 工藤正俊, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月07日
  • 門脈血栓, 肝内胆管拡張に, 流体の変化を伴い安全にB-TACEを行えた一例, 出田雅子, 小川 力, 野田晃世, 荒澤壮一, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 石川 亮, 荻野哲朗, 工藤正俊, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月07日
  • C型慢性肝炎のインターフェロン治療効果から考えるStrain elastographyおよびShear wave elastography同時観察による肝の病態把握の可能性, 矢田典久, 工藤正俊, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月07日
  • 特別講演「肝がんの分子標的治療~現状と今後の展望~」, 工藤正俊, 肝疾患学術講演会,   2015年01月29日
  • 特別講演「肝細胞癌診療: 最近の進歩」, 工藤正俊, 第15回兵庫県肝がん撲滅研究会,   2015年01月28日
  • Invited Lecture “The Eastern point of view”, 工藤正俊, Eastern & Western Association Liver Tumors (1st ewalt),   2015年01月22日, 招待有り
  • 特別講演「肝癌に対する分子標的治療:現状と今後の展望」, 工藤正俊, 第1回東北肝癌分子標的治療セミナー,   2014年12月19日, 招待有り
  • Invited Lecture “Molecular targeted therapy for HCC: Past, present and future perspective”, 工藤正俊, 24th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2014),   2014年12月06日, 招待有り
  • Endoscopic resection for rectal nets (neuroendocrine tumors): EMR-C (EMR using a cap), EMR-L (EMR with a ligation device), or conventional EMR, Yamada M, Kashida H, Tanaka R, Adachi T, Mine H, Takayama M, Okazaki Y, Nagata Y, Nagai T, Kawasaki M, Komeda N, Asakuma Y, Sakurai T, Matsui S, Kudo M, Asian Pacific Digetive Week (APDW 2014),   2014年11月23日
  • Small-intestinal mucosal injury induced by non-steroidal anti-inflammatory drugs or antiplatelet agents in our hospital, Nagai T, Tanaka R, Yamada M, Adachi T, Takayama M, Mine H, Okazaki Y, Komeda Y, Asakuma Y, Sakurai T, Matsui S, Kashida H, Kudo M, Asian Pacific Digetive Week (APDW 2014),   2014年11月23日
  • The clinical characteristics and treatment of eosinophilic esophagitis, Matsui S, Kashida H, Kawasaki M, Asakuma Y, Sakurai T, Kudo M, Asian Pacific Digetive Week (APDW 2014),   2014年11月23日
  • Two cases of gastric amyloidosis, Matsui S, Kashida H, Okamoto K, Asakuma Y, Sakurai T, Kudo M, Asian Pacific Digetive Week (APDW 2014),   2014年11月23日
  • Colorectal endoscopic submucosal dissection is useful and safe, Kashida H, Adachi T, Komeda Y, Sakurai T, Asakuma Y, Takayama M, Mine H, Kudo M, Asian Pacific Digetive Week (APDW 2014),   2014年11月23日
  • Comparison of Japanese primary and secondary regimen of Helicobacter pylori eradication, Adachi T, Tanaka R, Yamada M, Takayama M, Mine H, Nagai T, Kawasaki M, Asakuma Y, Okazaki Y, Komeda Y, Sakurai T, Matsui S, Kashida H, Kudo M, Asian Pacific Digetive Week (APDW 2014),   2014年11月23日
  • The usefulness of single-balloon endoscopy for the small bowel lesions, Adachi T, Tanaka R, Yamada M, Takayama M, Mine H, Nagai T, Kawasaki M, Asakuma Y, Okazaki Y, Komeda Y, Sakurai T, Matsui S, Kashida H, Kudo M, Asian Pacific Digetive Week (APDW 2014),   2014年11月22日
  • 司会: 特別講演「肝硬変の治療マネジメントup-to date 2014」, 工藤正俊, OTSUKA Liver Forum 2014,   2014年11月22日, 招待有り
  • 特別講演「びまん性肝疾患診療におけるReal-time Tissue Elastographyの役割」, 工藤正俊, 日本超音波医学会第41回関西地方会学術集会,   2014年11月22日, 招待有り
  • 低音圧Tissue Harmonic Imagingによる造影下穿刺治療画面の提案, 前川 清, 横川美加, 前野知子, 塩見香織, 井上達夫, 南 康範, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第93回支部例会,   2014年11月22日
  • 特別講演「Liver」, 工藤正俊, 日本超音波医学会第41回関西地方会学術集会,   2014年11月22日, 招待有り
  • 座長: 特別企画「Elastography診断のデファクトスタンダードに向けて」, 工藤正俊, 日本超音波医学会第41回関西地方会学術集会,   2014年11月22日, 招待有り
  • Walled-off necrosisに対してリタリックステントを用いたEUS下ドレナージ術が有用であった1例, 古川健太郎, 北野雅之, 大本俊介, 門阪薫平, 宮田 剛, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第93回支部例会,   2014年11月15日
  • 腸結核の4例, 中尾剛幸, 樫田博史, 米田頼晃, 山田光成, 田中梨絵, 足立哲平, 峯 宏昌, 高山政樹, 岡崎能久, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 工藤正俊, 佐野博幸, 前西 修, 佐藤隆夫, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第93回支部例会,   2014年11月15日
  • ステロイドが奏効したCronkhite-Canada症候群の1例, 長原 大, 奥田英之, 秦 康倫, 木下大輔, 永井知行, 岸谷 譲, 川崎俊彦, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第93回支部例会,   2014年11月15日
  • ESDにて切除しえた胃底腺型胃癌の一例, 高場雄久, 尾崎信人, 松本 望, 川崎正憲, 冨田崇文, 梅原康湖, 森村正嗣, 米田 円, 山田 哲, 辻 直子, 落合 健, 前倉俊治, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第93回支部例会,   2014年11月15日
  • 肝硬変を合併した限局性強皮症における難治性上部消化管出血にアルゴンプラズマ凝固法が有効であった一例, 南 康範, 大本俊介, 松井繁長, 北野雅之, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第93回支部例会,   2014年11月15日
  • 高齢者または手術不能の急性胆嚢炎に対するEUS下胆嚢ドレナージ術. ワークショップ1「緊急内視鏡の現状とマネージメント」, 門阪薫平, 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第93回支部例会,   2014年11月15日
  • 小腸内視鏡から見たovertOGIBの特徴.ワークショップ2「カプセル内視鏡とバルーン内視鏡の現状と展望」, 岡﨑能久, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第93回支部例会,   2014年11月15日
  • 当院におけるEUS-BDの成績. パネルディスカッション2「胆膵疾患における診断と治療」, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第93回支部例会,   2014年11月15日
  • 司会: 特別講演「消化器内視鏡医学の最新動向と今後求められる方向性」, 工藤正俊,   2014年11月15日, 招待有り
  • 大腸ESD施行時の出血のリスクについての検討. パネルディスカッション1「内視鏡治療における偶発症の予防と対処法」, 足立哲平, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第93回支部例会,   2014年11月15日
  • 開会の挨拶, 工藤正俊, 第32回南大阪肝疾患研究会,   2014年11月14日, 招待有り
  • How is BCLC stage C HCC treated in real-word practice and what outcomes are obtained?, Roayaie S, Jibara G, Tabrizian P, Park JW, Yang J, Yan L, Han G, Izzo F, Chen M, Blanc JF, Johnson P, Kudo M, Roberts LR, Sherman M, 65th Annual Meeting, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD2014),   2014年11月10日
  • Early response prediction of hepatocellular carcinoma to conventional transcatheter chemoembolization using intraprocedual plain cone-beam CT, Minami Y, Kudo M, 65th Annual Meeting, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD2014),   2014年11月10日
  • Pathological feature, oxidative DNA damage and epigenetic alteration of tumor suppressor genes in nonalcoholic fatty liver disease, Nishida N, Yada N, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Inoue T, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kudo M, 65th Annual Meeting, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD2014),   2014年11月09日
  • Invited Lecture “Interventaional and contrast EUS for pancreatobiliary disease”, 工藤正俊, The 11the Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound and Biology (AFSUMB 2014),   2014年10月31日, 招待有り
  • Invited Lecture “Fusion imaging for treatment guidance of hepatic tumours”, 工藤正俊, The 11the Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound and Biology (AFSUMB 2014),   2014年10月31日, 招待有り
  • H. Pylori陰性C-0胃症例のたこいぼびらんに認めた腸上皮化生についての検討, 辻 直子, 尾崎信人, 松本 望, 高場雄久, 川崎正憲, 冨田崇文, 梅原康湖, 谷池聡子, 森村正嗣, 米田 円, 山田 哲, 落合 健, 前倉俊治, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月26日
  • 経乳頭処置困難総胆管結石に対するrendezvous法の手技と成績. ワークショップ21「胆管結石治療困難例への戦略《ビデオ》」, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月26日
  • EUSガイド下胆道ドレナージ術における金属ステントの有用性. パネルディスカッション17「悪性消化管・胆管閉塞に対する内視鏡的金属ステント治療の進歩」, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月26日
  • Predictive factors fro pain relief after EUS-guided neurolysis in patietnts suffering from upper abdominal cancer pain. International Session (Symposium) 6 “EUS-guided therapy: current status and future directions”, Kitano M, Sakamoto H, Kudo M, Japan Digestive Disease Week 2014 (JDDW),   2014年10月26日
  • PPI内服による胃底腺ポリープの変化, 河野 匡, 梅原康湖, 辻 直子, 尾崎信人, 松本 望, 高場雄久, 川崎正憲, 冨田崇文, 森村正嗣, 山田 哲, 米田 円, 落合 健, 前倉俊治, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月25日
  • 腫瘍径1cm以内の膵癌の特徴と診断ストラテジー. ワークショップ15「微小膵癌発見のための検査・診断法」, 宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月25日
  • 早期慢性膵炎におけるEUS画像所見と臨床的意義の検討. ワークショップ14「慢性膵炎とその進展予防」, 門阪薫平, 北野雅之, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月25日
  • 胆膵良性疾患の救命救急におけるEUS下ドレナージ術の位置づけ. ワークショップ13「Life saving endoscopy」, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月25日
  • NBNC肝癌の背景肝におけるメチル化プロファイルと加齢および糖尿病の影響. シンポジウム14「NBNC肝がんの諸問題」, 西田直生志, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月25日
  • 嚢胞性膵疾患の鑑別診断および経過観察におけるEUSの有用性~造影法を含めて~, 鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月25日
  • 当院における食道表在癌の日本食道学会拡大内視鏡分類による深達度診断の検討, 朝隈 豊, 松井繁長, 南 知行, 山田光成, 田中梨絵, 足立哲平, 高山政樹, 峯 宏昌, 永井知行, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊, 白石 治, 安田卓司, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月24日
  • ピロリ菌感染に対する胃粘膜防御機構. ワークショップ4「胃/十二指腸粘膜防御とその破綻-revisited」, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月24日
  • 背景肝によるReal-time Tissue Elastography画像の違い-HBVとHCVとの比較-. パネルディスカッション8「画像診断を駆使した肝疾患治療の最前線」, 矢田典久,河田則文, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月24日
  • 司会: パネルディスカッション7「進行肝癌の集学的治療: 予後とQOLの観点から」, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月24日
  • 座長: ランチョンセミナー34「HCCの診断と治療UP TO DATE」, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月23日
  • 当院におけるヘリコバクターピロリ除菌の治療成績の検討, 足立哲平, 南 知行, 田中梨絵, 山田光成, 高山政樹, 峯 宏昌, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月23日
  • 腸粘膜防御機構におけるストレス応答蛋白の役割. ワークショップ1「腸粘膜防御機構の維持と再生をめざして」, 櫻井俊治, 足立哲平, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月23日
  • 当院における肝転移に対する経皮的ラジオ波焼灼術, 南 康範, 中居卓也, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月23日
  • VINCENTの仮想超音波システムとGE社のワークステーションAWを用いたRFA前のシミュレーション. , 小川 力, 森岡弓子, 野田晃世, 荒澤壮一, 出田雅子, 久保敦司, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月23日
  • B-modeで描出困難な肝癌に対するFusion imaging+造影USガイドでのラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 井上達夫, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月23日
  • Colitc cancerにおけるストレス応答蛋白の役割. パネルディスカッション5「消化管とがん幹細胞」, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月23日
  • 急性膵炎の病態把握におけるプロカルシトニンの有用性について. シンポジウム2「重症急性膵炎の病態と有効な初期治療をめざして」, 大本俊介, 北野雅之, 工藤正俊, 第22回日本消化器関連学会週間JDDW2014(第88回日本消化器内視鏡学会総会, 第56回日本消化器病学会大会, 第18回日本肝臓学会大会, 第12回日本消化器外科学会大会, 第52回日本消化器がん検診学会大会),   2014年10月23日
  • 悪性消化管、胆道狭窄に対する治療戦略~EUS下胆道ドレナージと消化管ステントによるdouble stentingの有用性~, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊, 第63回近畿膵疾患談話会,   2014年10月18日
  • 甲状腺クリーゼを契機に急性肝不全を発症した1例, 山本貴子, 萩原 智, 千品寛和, 河野匡志, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 井上達夫, 矢田典久, 南 康範, 櫻井俊治, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 庭野史丸, 池上博司, 日本消化器病学会近畿支部第101回例会,   2014年10月04日
  • 肝左葉切除後の肝門部胆管閉塞に対し超音波内視鏡下胆管胃吻合術(EUS-HGS)が奏効した一例, 加藤 寛, 宮田 剛, 北野雅之, 大本俊介, 門阪薫平, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第101回例会,   2014年10月04日
  • EUS-FNAにて診断可能であった、腎癌膵転移の1例, 濱田隆介, 木下大輔, 秦 康倫, 奥田英之, 永井知行, 岸谷 譲, 川崎俊彦, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第101回例会,   2014年10月04日
  • 大腸表在癌・腺腫に対する大腸ESDの現況について. ワークショップ1「消化管表在癌に対する内視鏡的治療の現況と位置づけ」, 米田頼晃, 樫田博史, 櫻井俊治, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第101回例会,   2014年10月04日
  • 潰瘍性大腸炎における腸管感染症の合併. ワークショップ3「急性消化管感染症の臨床」, 田中梨絵, 櫻井俊治, 樫田博史,工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第101回例会,   2014年10月04日
  • EUS下胆嚢ドレナージ術の有用性. ワークショップ2「肝胆膵疾患の診断と治療の進歩」, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第101回例会,   2014年10月04日
  • 当院におけるNSAIDs/LDAによる小腸粘膜傷害の現況. シンポジウム1「NSAIDs/LDAによる薬剤性消化管障害」, 永井知行, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第101回例会,   2014年10月04日
  • Ramucirumab (RAM; IMC-1121B) as Second-Line Treatment in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma Following First-Line Therapy With Sorafenib: Results from the Randomized Phase III REACH Study, Zhu A, Ryoo BY, Yen CJ, Kudo M, Poon R, Pastorelli D, Blanc JF, Chung H, Baron A, Pfiffer T, Okusaka T, Kubackova K, Trojan J, Sastre J, Chau I, Chang SC, Abada P, Yang L, Schwartz J, Park J, European Society for Medical Oncology Congress (ESMO 2014),   2014年09月28日, 招待有り
  • VINCENTの仮想超音波とAWを併用した経皮的RFAのシミュレーション. シンポジウム2「経皮的治療もしくはInterventional Radiologyにおけるシミュレーション・ナビゲーション技術の最近の工夫」, 小川 力, 荒澤壮一, 出田雅子, 柴峠光成, 工藤正俊, 第9回肝癌治療シミュレーション研究会,   2014年09月27日
  • 座長"症例検討会", 工藤正俊, 第9回肝癌治療シミュレーション研究会,   2014年09月27日, 招待有り
  • 招待講演「造影超音波の新しい展開: 肝癌スクリーニングと肉眼形態診断への応用」, 工藤正俊, 日本超音波医学会第24回九州地方会学術集会,   2014年09月21日, 招待有り
  • 座長: 肝細胞癌のサブクラス分類-Molecular Classificationと病理からの視点-, 工藤正俊, 第9回大阪肝臓ミーティング,   2014年09月19日, 招待有り
  • 座長: C型肝炎に対するDAAs治療-当院の使用経験も含めて-, 工藤正俊, 大阪C型肝疾患DAAs治療セミナー,   2014年09月18日, 招待有り
  • Chair “e-poster viewing tour and networking break”, 工藤正俊, 8th ILCA Annual Conference,   2014年09月06日, 招待有り
  • STORM: A phase III, randomized, double-blind, placebo-controlled trial of adjuvant sorafenib after resection or ablation to prevent recurrence of hepatocellular carcinoma, Llovet JM, Takayama T, Mazzaferro V, Chau GY, Yang J, Kudo M, Cai J, Poon RT, Han KH, Tak WY, Lee HC, Song T, Roaayaie S, Bolondi L, Lee KS, Makuuchi M, Souza F, Le Berre MA, Meinhardt G, Bruix J, on behalf of the STORM investigators, 8th Annual Conference, International Liver Cancer Association (ILCA 2014),   2014年09月06日
  • Newly simulated virtual ultrasound sonography software before RFA, Ogawa C, Kudo M, 8th Annual Conference, International Liver Cancer Association (ILCA 2014),   2014年09月06日
  • Proposals for improvement of the AJCC/UICC and Japanese staging systems for intrahepatic cholangiocarcinoma in review of the Japanese nationwide database, Sakamoto Y, Kokudo N, Matsuyama Y, Izumi N, Ichida T, Ku Y, Kudo M, Sakamoto M, Takayama T, Nakashima O, Matsui O, 8th Annual Conference, International Liver Cancer Association (ILCA 2014),   2014年09月06日
  • Early response prediction of hepatocellular carcinoma to conventional transcatheter chemoembolization using intraprocedual plain cone-beam CT, Minami Y, Murakami T, Kudo M, 8th Annual Conference, International Liver Cancer Association (ILCA 2014),   2014年09月06日
  • How is BCLC stage C HCC treated in real-word practice and what outcomes are obtained? Answers from the Bridge database, Roayaie S, Jibara G, Tabrizian P, Park JW, Yang J, Yan L, Han G, Izzo F, Chen M, Blanc JF, Johnson P, Kudo M, Roberts LR, Sherman M, 8th Annual Conference, International Liver Cancer Association (ILCA 2014),   2014年09月06日
  • Tumor response to transarterial chemoembolization in unresectable hepatocellular carcinoma patients in clinical practice: findings from the GIDEON database, Kudo M, Marrero J, Lencioni R, Nakajima K, Ye SL, 8th Annual Conference, International Liver Cancer Association (ILCA 2014),   2014年09月06日
  • Randomized phase II trial of intravenous RO5137382/GC33 at 1600 mg every other week and placebo in previously treated patients with unresectable advanced hepatocellular carcinoma (HCC) (NCT01507168), Kudo M, Yen CJ, Daniele B, Merle P, Park JW, Ross P, Peron JM, Ebert O, Chan S, Poon TP, Colombo M, Okusaka T, Ryoo BY, Minguez B, Tanaka T, Ohtomo T, Rutman O, Chen YC, Lee R, Abou-Alfa GK, 8th Annual Conference, International Liver Cancer Association (ILCA 2014),   2014年09月06日
  • Invited Lecture “Surveillance, treatment and outcome of HCC in Japan”, ILCA Symposium 3 “Noevel opportunities for treatment in HCC”, 工藤正俊, The 8th Annual Conference, International Liver Cancer Association (ILCA),   2014年09月06日, 招待有り
  • 特別講演「肝細胞癌の分子標的治療: 現状と今後の課題」, 工藤正俊, TACE Refractory Focus Expert Meeting,   2014年08月16日, 招待有り
  • 座長"新たなTACE不応の定義をめぐって", 工藤正俊, Nexavar HCC Web Conference,   2014年07月29日
  • Chair "Symposium 2 “Treatment strategy for advanced stage hepatocellular carcinoma after approval of sorafenib”, 工藤正俊, The 12th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Oncology,   2014年07月17日, 招待有り
  • Chair "Session 10 “APPLE consensus workshop: searching consensus for controversies”, 工藤正俊, The 5th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2014年07月13日, 招待有り
  • Chair "Session 5 “Prof. Juei-Low Sung Award Lecture”, 工藤正俊, The 5th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2014年07月12日, 招待有り
  • 当院におけるStage 0/I膵癌の特徴~膵癌早期診断ストラテジーの標準化にむけて~, パネルディスカッション2「膵癌早期診断を目指して」, 宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊, 竹山宜典, 第45回日本膵臓学会大会,   2014年07月12日
  • 膵癌早期診断におけるEUSの位置づけ, 北野雅之, 鎌田 研, 工藤正俊, 第45回日本膵臓学会大会,   2014年07月12日
  • Invited Lecture “Lessons from the TACE trials”, 工藤正俊, The 5th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2014年07月12日, 招待有り
  • Chair "Session 6 “Future treatment for HCC”, 工藤正俊, The 5th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2014年07月12日, 招待有り
  • Chair "Session 4 “State-of-the art lecture: HCC prevention: looking into the future”, Kudo M, The 5th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE),   2014年07月12日, 招待有り
  • Value of semi-annual follow-up of EUS in patients with IPMN. International Teleconference 2 “Intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas: clinical experiences in Asian countries”, Kamata K, Kitano M, Kudo M, the 45th Annual Meeting of the Japan Pancreas Society,   2014年07月11日
  • 膵液瘻に対するEUS下ドレナージ術の有用性. ミニシンポジウム3「膵空腸吻合の工夫と術後管理」, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊, 竹山宜典, 第45回日本膵臓学会大会,   2014年07月11日
  • 自己免疫性膵炎の診断, 治療におけるEUSの役割, 大本俊介, 北野雅之, 門阪薫平, 宮田 剛, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 第45回日本膵臓学会大会,   2014年07月11日
  • 早期慢性膵炎画像所見と臨床症状との関係. ワークショップ1「早期慢性膵炎の現状」, 門阪薫平, 北野雅之, 工藤正俊, 第45回日本膵臓学会大会,   2014年07月11日
  • 膵神経内分泌腫瘍に対するEUSの有用性の検討. パネルディスカッション1「PNET診療ガイドラインをめぐって」, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 第45回日本膵臓学会大会,   2014年07月11日
  • 非切除膵癌の癌性疼痛に対するEUS下腹腔内神経叢融解術の治療戦略. シンポジウム2「膵癌に対する新たな治療戦略-非切除膵癌」, 坂本洋城, 北野雅之, 工藤正俊, 第45回日本膵臓学会大会,   2014年07月11日
  • Invited Lecture “Case-study sharing: sorafenib use in advanced HCC”, 工藤正俊, Expert Panel Opinion on Interventions in Hepatocellular Carcinoma (EPOIHCC),   2014年07月10日
  • B-modeで描出困難な肝細胞癌に対するFusion-imaging+造影USガイドでのラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 工藤正俊, 第14回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2014年07月05日
  • 当院における肝細胞癌に対するディーシービーズ®を用いたTACEの初期経験, 渡口真史, 鶴﨑正勝, 柳生行伸, 沼本勲男, 朝戸信行, 山川美帆, 任 誠雲, 松木 充, 村上卓道, 井上達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋一臣, 工藤正俊, 第14回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2014年07月05日
  • 当院におけるマイクロバルーン閉塞下肝動脈化学塞栓療法(B-TACE)導入後の検討, 千品寛和, 田北雅弘, 有住忠晃, 北井 聡, 井上達夫, 矢田典久, 南 康範, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 朝戸信行, 任 誠雲, 柳生行伸, 松木 充, 鶴﨑正勝, 村上卓道, 工藤正俊, 第14回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2014年07月05日
  • 司会"Debates Session “大腸がん肝転移の治療戦略を如何に組み立てるか?", 工藤正俊, 第14回関西肝血流動態・機能イメージ研究会,   2014年07月05日
  • ソラフェニブ投与にてPD判定であった進行肝細胞癌患者の検討, 有住忠晃, 上嶋一臣, 千品寛和, 田北雅弘, 北井 聡, 井上達夫, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井俊治, 西田直生志, 工藤正俊, 第10回日本肝がん分子標的治療研究会,   2014年06月21日
  • 香川県下におけるソラフェニブの使用経験~開始容量, 肝機能, 副作用の検討~. ワークショップ「分子標的薬に関する多施設共同研究から得られた知見」, 小川 力, 荒澤壮一, 柴峠光成, 馬場伸介, 妹尾知典, 永野拓也, 高口浩一, 谷 丈二, 三好久昭, 米山弘人, 正木 勉, 守屋昭男, 安東正晴, 出口章広, 國土泰孝, 工藤正俊, 第10回日本肝がん分子標的治療研究会,   2014年06月21日
  • 総括発言「新規分子標的薬剤の動向と展望」, 工藤正俊, 第10回肝がん分子標的治療研究会,   2014年06月21日, 招待有り
  • 術前診断が可能であった胆管原発悪性リンパ腫の1例, 秦 康倫, 木下大輔, 奥田英之, 永田嘉昭, 岸谷 譲, 川崎俊彦, 原 譲次, 辻江正徳, 井上雅智, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第92回支部例会,   2014年06月21日
  • 急性壊死性食道炎の1例, 池田 守, 足立哲平, 南 知宏, 田中梨絵, 山田光成, 高山政樹, 峯 宏昌, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第92回支部例会,   2014年06月21日
  • プロトンポンプ阻害剤長期投与により胃底腺ポリープが増大したと思われる1例, 尾崎信人, 松本 望, 高場雄久, 川崎正憲, 冨田崇文, 梅原康湖, 森村正嗣, 米田 円, 山田 哲, 辻 直子, 落合 健, 前倉俊治, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第92回支部例会,   2014年06月21日
  • 当院で内視鏡治療を施行した表在型バレット食道腺癌の検討. シンポジウム「GERD~バレット食道癌の現状」, 高山政樹, 松井繁長, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第92回支部例会,   2014年06月21日
  • 大腸ESD後潰瘍の縫縮における小切開法の導入, ビデオワークショップ1「ESDの工夫―安全性と効率の両立を目指して」, 足立哲平, 樫田博史, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第92回支部例会,   2014年06月21日
  • 当院におけるEUS下胆道ドレナージの工夫と成績. ビデオワークショップ2「閉塞性黄疸の治療戦略」, 門阪薫平, 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会近畿支部第92回支部例会,   2014年06月21日
  • 現行のTACE不応基準の妥当性の検証. コンセンサスミーティング2「TACE不応の定義をめぐって」, 上嶋一臣, 有住忠晃, 工藤正俊, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月06日
  • 全国原発性肝癌追跡調査データからみた第5版取扱規約における肝内胆管癌の病期分類の問題点について. ワークショップ5「肝内胆管癌に対する治療戦略」, 阪本良弘, 國土典宏, 松山 裕, 泉 並木, 市田隆文, 具 英成, 工藤正俊, 坂元亨宇, 高山忠利, 中島 収, 松井 修, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • ソラフェニブ開始後3年以上の長期生存例の臨床的特徴に関する検討. ワークショップ4「進行肝細胞癌に対する分子標的治療開始後の長期生存例(3年以上)」, 上嶋一臣, 有住忠晃, 工藤正俊, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • 肝細胞癌(HCC)合併の非代償性肝硬変患者に対する局所治療の有用性についての検討. ワークショップ1「Child-Pugh C肝癌に対する治療」, 北井 聡, 工藤正俊, 西田直生志, 泉 並木, 坂元亨宇, 松山 裕, 市田隆文, 中島 収, 松井 修, 具 英成, 國土典宏, 幕内雅敏, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • 進行肝細胞癌を対象としたソラフェニブとシスプラチン肝動注の併用療法. パネルディスカッション3「肝癌における分子標的治療の近未来展望」, 清水 怜, 池田公史, 森本 学, 加藤弥菜, 河田則文, 工藤正俊, 中森正二, 金子周一, 杉本理恵, 古瀬純司, 奥坂拓志, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ+TACE併用療法. パネルディスカッション3「肝癌における分子標的治療の近未来展望」, 有住忠晃, 上嶋一臣, 工藤正俊, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • ヒト肝発癌における酸化ストレスとエピゲノム変異の関連. パネルディスカッション2「ゲノム・エピゲノム解析に基づく肝癌診療の将来展望」, 萩原 智, 西田直生志, 工藤正俊, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • 悪性胃十二指腸狭窄に対する治療戦略~胆道狭窄合併例に対するEUS下胆道ドレナージ術も含めて~, ワークショップ16「消化管狭窄の内視鏡治療上部」, 山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊, 第87回日本消化器内視鏡学会総会,   2014年05月17日
  • 胃アミロイドーシスの2例, 岡元寿樹, 高山政樹, 峯 宏昌, 山田光成, 足立哲平, 永井知行, 川崎正憲, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 第87回日本消化器内視鏡学会総会,   2014年05月16日
  • 当院における超高齢者(85歳以上)の下部内視鏡検査・治療の現況, 永井知行, 樫田博史, 工藤正俊, 南 知宏, 田中梨絵, 山田光成, 足立哲平, 峯 宏昌, 高山政樹, 川崎正憲, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 第87回日本消化器内視鏡学会総会,   2014年05月16日
  • 膵神経内分泌腫瘍に対するEUSの有用性, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 大本俊介, 門阪薫平, 宮田 剛, 鎌田 研, 山雄健太郎, 坂本洋城, 第87回日本消化器内視鏡学会総会,   2014年05月16日
  • EUSを主としたIPMNの診断および経過観察の成績~IPMN国際診療ガイドライン2012年度版の妥当性の検証~. シンポジウム6「分枝型膵IPMNの診断・悪性度の評価における内視鏡の役割」, 鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊, 第87回日本消化器内視鏡学会総会,   2014年05月16日
  • 当院における直腸内分泌腫瘍(NET)の診断と治療成績, 山田光成, 樫田博史, 南 知宏, 田中梨絵, 足立哲平, 高山政樹, 峯 宏昌, 永井知行, 川崎正憲, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 工藤正俊, 第87回日本消化器内視鏡学会総会,   2014年05月15日
  • 急性胆嚢炎および胆管炎例に対するEUS下胆嚢ドレナージ術の有用性, 門阪薫平, 北野雅之, 工藤正俊, 第87回日本消化器内視鏡学会総会,   2014年05月15日
  • EUSガイド下胆道ドレナージ術におけるコツとトラブルシューティング. パネルディスカッション3「胆膵インターベンショナルEUSの偶発症とその対策」, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 第87回日本消化器内視鏡学会総会,   2014年05月15日
  • EOB-MRIと造影超音波検査による乏血性結節の多血化因子の検討, 井上達夫, 兵頭朋子, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 村上卓道, 工藤正俊, 第27回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2014年04月05日
  • 肝炎に続発した肝内多発輪状結節の1例, 横川美加, 前野知子, 前川 清, 北井 聡, 井上達夫, 南 康範, 工藤正俊, 川崎俊彦, 第27回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2014年04月05日
  • B-modeで描出困難な肝癌に対するFusion image+造影USガイドでのラジオ波焼灼術の有用性, 南 知宏, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 井上達夫, 南 康範, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 第27回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2014年04月05日
  • Invited Lecture “Contrast enhanced ultrasound of gastrointestinal disorders”, 工藤正俊, 12th Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB) Workshop,   2014年03月01日, 招待有り
  • Contrast-enhanced ultrasound of hepatic tumours with Sonazoid, 工藤正俊, 12th Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB) Workshop,   2014年03月01日, 招待有り
  • Invited Lecture “Interventional EUS for pancreatobiliary tumours”, 工藤正俊, 12th Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB) Workshop,   2014年02月28日, 招待有り
  • Invited Lecture “Ultrasound evaluation of diffuse liver diseases”, 工藤正俊, 12th Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB) Workshop,   2014年02月28日, 招待有り
  • 上行結腸動静脈奇形の1例, 千品寛和, 峯 宏昌, 南 知宏, 田中梨絵, 山田光成, 足立哲平, 高山政樹, 永井知行, 川崎正憲, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 杉浦史哲, 上田和毅, 奥野清隆, 筑後孝章, 佐藤隆夫, 日本消化器病学会近畿支部第100回例会,   2014年02月22日
  • Time intensity curve (TIC) を用いた造影ハーモニックEUSによる膵腫瘍血流評価の検討, 大本俊介, 北野雅之, 門阪薫平, 宮田 剛, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第100回例会,   2014年02月22日
  • 診断に難渋した十二指腸隆起性潰瘍性病変の一例, 岡元寿樹, 永井知行, 山田光成, 足立哲平, 高山政樹, 峯 宏昌, 川崎正憲, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 田中裕美子, 石川 原, 竹山宜典, 日本消化器病学会近畿支部第100回例会,   2014年02月22日
  • 機能性ディスペプシアと早期慢性膵炎の鑑別について, 門阪薫平, 北野雅之, 大本俊介, 鎌田 研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第100回例会,   2014年02月22日
  • TS-1+ Interferon併用療法が奏効した巨大な肝細胞癌の一例, 南 知宏, 南 康範, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 井上達夫, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第100回例会,   2014年02月22日
  • 分岐型IPMNに対する造影EUSのフォローによりIPMN由来癌を早期診断した1例, 伊藤貴嶺, 北野雅之, 門阪薫平, 大本俊介, 鎌田 研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 坂本洋城, 工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第100回例会,   2014年02月22日
  • 潰瘍性大腸炎の手術適応におけるインフリキシマブの位置づけ. パネルディスカッション2「炎症性腸疾患の内科・外科境界領域」, 田中梨絵, 櫻井俊治, 樫田博史,工藤正俊, 日本消化器病学会近畿支部第100回例会,   2014年02月22日
  • Moderator "Keynote session", 工藤正俊, 3rd Investigators Meeting for ORIENTAL,   2014年02月22日
  • Invited Lecture “Recent trends of management of HCC”, 工藤正俊, The 22nd International Seoul Radiology Symposium (ISRS 2015),   2014年02月14日, 招待有り
  • 司会"血液検査", 工藤正俊, 平成25年度日本肝臓学会後期教育講演会,   2013年12月07日
  • 司会"肝細胞癌", 工藤正俊, 平成25年度日本肝臓学会後期教育講演会,   2013年12月07日
  • 当院においてOGIBと診断されシングルバルーン小腸内視鏡検査を施行した高齢者症例の臨床的検討., 高山政樹, 足立哲平, 峯 宏昌, 永田嘉昭, 永井知行, 川崎正憲, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 第86回日本消化器内視鏡学会総会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月10日
  • Dual-energy CTを用いた肝脂肪定量. パネルディスカッション1「肝画像診断のイノベーション」, 兵頭朋子, 矢田典久, 前西 修, 工藤正幸, 朝戸信行, 柳生行伸, 鶴崎正勝, 松木 充, 足利竜一朗, 石井一成, 工藤正俊, 村上卓道, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • plain cone-beam CTによる肝動脈塞栓術の定量的治療効果予測. ワークショップ13「肝癌に対する肝動脈塞栓療法の新展開」, 南 康範, 村上卓道, 工藤正俊, 第50回日本肝臓学会総会,   2014年05月30日
  • VINCENTの仮想超音波システムを用いた簡便な腫瘍, 走行血管の描出と安全な穿刺ラインの同定方法, 小川 力, 柴峠光成, 工藤正俊, 第50回日本肝臓学会総会,   2014年05月29日
  • 高齢者Genotype 1b高ウイルス量のC型慢性肝炎患者における治療効果と安全性~ReGIT-J試験の層別解析~, 西川浩樹, 榎本平之, 斎藤正紀, 絵澤信弘, 津田泰宏, 樋口和秀, 岡崎和一, 関 寿人, 金 守良, 本合 泰, 城村尚登, 西田直生志, 工藤正俊, 大﨑往夫, 西口修平, 第50回日本肝臓学会総会,   2014年05月29日
  • 肝外再発例の肝癌DNAメチル化プロファイルを用いた治癒切除後の早期再発予測, 西田直生志, 中居卓也, 工藤正俊, 第50回日本肝臓学会総会,   2014年05月29日
  • 超音波エラストグラフィによる肝線維化・炎症の評価. ワークショップ8「肝臓病理に画像診断はどこまで迫れたか」, 矢田典久, 工藤正俊, 第50回日本肝臓学会総会,   2014年05月29日
  • 特別講演「今後の展望」, 工藤正俊, 第50回日本肝臓学会総会,   2014年05月29日
  • 当院におけるEUS-FNAのラーニングカーブについての検討: EUS-FNAの診断率. ワークショップ8「胆膵内視鏡における質の高い技術習得を目指した指導法の工夫」, 坂本洋城, 北野雅之, 工藤正俊, 第87回日本消化器内視鏡学会総会,   2014年05月16日
  • EUS下腹腔内神経叢融解術の偶発症とその対策, パネルディスカッション3「胆膵インターベンショナルEUSの偶発症とその対策」, 坂本洋城, 北野雅之, 工藤正俊, 第87回日本消化器内視鏡学会総会,   2014年05月15日
  • 特別講演「ソナゾイド造影超音波の新たな展開~肝癌スクリーニングと肉眼形態診断への応用~」, 工藤正俊, 北信消化器画像セミナー,   2014年05月12日, 招待有り, 第一三共株式会社
  • ランチョンセミナー17「ソナゾイド造影超音波の新たな展開~肝癌スクリーニングと肉眼形態診断への応用~」, 工藤正俊, 日本超音波医学会第87回学術集会,   2014年05月11日
  • 超音波検査で観察し得た新生児chest wall hamartomaの一例, 前野知子, 横川美加, 辻 裕美子, 塩見香織, 前川 清, 工藤正俊, 八木 誠, 上杉忠雄, 筑後孝章, 佐藤隆夫, 日本超音波医学会第87回学術集会,   2014年05月11日
  • 座長: Guideline of CEUS, 工藤正俊, 第6回アジア造影超音波会議(ACUCI 2014),   2014年05月10日, 招待有り
  • 胆膵疾患における超音波内視鏡による造影超音波診断, 北野雅之, 工藤正俊, 第6回アジア造影超音波会議,   2014年05月10日
  • 造影ハーモニックEUS(CH-EUS)における膵腫瘍の血流評価の有用性について, 大本俊介, 田中梨絵, 門阪薫平, 鎌田 研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 坂本洋城, 北野雅之, 工藤正俊, 日本超音波医学会第87回学術集会,   2014年05月10日
  • ランチョンセミナー3「肝線維化診断におけるReal-time Tissue Elastographyの有用性」, 工藤正俊, 日本超音波医学会第87回学術集会,   2014年05月09日, 招待有り
  • エラストグラフィと肝血清マーカーを用いた肝線維化診断-臨床応用に向けて-, 矢田典久, 工藤正俊, 日本超音波医学会第87回学術集会,   2014年05月09日
  • 組織弾性評価手法の世界的動向と消化器領域への展開, シンポジウム領域横断2「組織弾性評価手法の現状と将来動向」, 工藤正俊, 日本超音波医学会第87回学術集会,   2014年05月09日, 招待有り
  • EUS下膵管ドレナージ術., 北野雅之, 工藤正俊, 日本消化器内視鏡学会附置研究会超音波内視鏡下治療研究会共同企画「消化器領域におけるEUS-FNAの現在とこれから」, 日本超音波医学会第87回学術集会,   2014年05月09日, 招待有り
  • 座長: シンポジウム領域横断2「組織弾性評価手法の現状と将来動向」, 工藤正俊, 日本超音波医学会第87回学術集会,   2014年05月09日, 招待有り
  • 超音波エラストグラフィによる非アルコール性脂肪性肝疾患患者の意識改革, 矢田典久, 萩原 智, 工藤正俊, 第100回日本消化器病学会総会,   2014年04月25日
  • 当院におけるNSAIDs・抗血小板薬起因性の小腸粘膜傷害の検討, 永井知行, 高山政樹, 岡元寿樹, 千品寛和, 山田光成, 足立哲平, 峯 宏昌, 川崎正憲, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 第100回日本消化器病学会総会,   2014年04月25日
  • 当院における好酸球性食道炎の検討, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 川崎正憲, 朝隈 豊, 永井知行, 櫻井俊治, 第100回日本消化器病学会総会,   2014年04月25日
  • Plain cone-beam CTによる肝動脈塞栓術の定量的治療効果予測, 南 康範, 南 知宏, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 井上達夫, 萩原 智, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 柳生行伸, 村上卓道, 第100回日本消化器病学会総会,   2014年04月24日
  • 癌性疼痛に対するEUS下腹腔内神経叢融解術の有用性とその適応, シンポジウム9「膵胆道疾患におけるInterventional EUSの有用性と問題点」, 坂本洋城, 北野雅之, 工藤正俊, 第100回日本消化器病学会総会,   2014年04月24日
  • 分枝型IPMNの経過観察例からみた2012年国際診療ガイドラインの妥当性の検証. パネルディスカッション11「IPMNの経過観察, 治療のタイミングと予後」, 鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊, 第100回日本消化器病学会総会,   2014年04月23日
  • 機能性ディスペプシアと早期慢性膵炎との関係性について. パネルディスカッション4「FDの亜分類と治療選択」, 門阪薫平, 北野雅之, 工藤正俊, 第100回日本消化器病学会総会,   2014年04月23日
  • 司会: シンポジウム7「早期肝臓癌画像診断の到達点と治療選択」, 工藤正俊, 第100回日本消化器病学会総会,   2014年04月23日
  • 興味のある経過を示した胃アミロイドーシスの1例, 岡本寿樹, 高山政樹, 峯 宏昌, 山田光成, 足立哲平, 永井知行, 川崎正憲, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 第10回日本消化管学会総会学術集会,   2014年02月15日
  • 当院においてOGIBと診断され、シングルバルーン小腸内視鏡検査を施工した高齢者症例の臨床的検討, 高山政樹, 足立哲平, 峯 宏昌, 永井知行, 川崎正憲, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 第10回日本消化管学会総会学術集会,   2014年02月15日
  • NST介入患者における胃瘻と半固形栄養剤の有用性について, 峯 宏昌, 足立哲平, 高山政樹, 永井知行, 川崎正憲, 朝隈 豊, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊, 第10回日本消化管学会総会学術集会,   2014年02月14日
  • 膵癌による閉塞性黄疸に対する乳頭括約筋切開術未施行のカバー付金属ステント留置術の成績, 千品寛和, 門阪薫平, 田中梨絵, 大本俊介, 宮田 剛, 鎌田 研, 今井 元, 坂本洋城, 北野雅之, 工藤正俊, 第86回日本消化器内視鏡学会総会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月12日
  • EUSにおけるミタゾラムとプロポフォールによる鎮静に対するBISモニター(Bispectral index monitoring)の有用性の検討. ワークショップ25「プロフォールを活用する」, 宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊, 第86回日本消化器内視鏡学会総会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月12日
  • EUSガイド下胆管ドレナージ術における工夫とトラブルシューティング. ワークショップ23「胆膵内視鏡のトラブルシューティング《ビデオ》」, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 第86回日本消化器内視鏡学会総会,   2013年10月12日
  • Clostridium difficile感染症例の検討, 奥村直己, 工藤正俊, 辻 直子, 高場雄久, 松本 望, 谷池聡子, 河野匡志, 丸山康典, 山田 哲, 森村正嗣, 米田 円, 梅原康湖, 富田崇文, 第86回日本消化器内視鏡学会総会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月11日
  • 大腸発癌における幹細胞の制御機構, 峯 宏昌, 櫻井俊治, 工藤正俊, 第55回日本消化器病学会大会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月11日
  • 肝発癌および治療抵抗性獲得における幹細胞の役割. ワークショップ16「消化器癌に対する幹細胞研究の現状と展望」, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊, 第55回日本消化器病学会大会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月11日
  • 切除不能胆道狭窄でのEUS下胆道ドレナージの位置づけ. ワークショップ14「胆道癌の胆管ドレナージの標準化-手術症例と非手術症例」, 今井 元, 北野雅之, 工藤正俊, 第86回日本消化器内視鏡学会総会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月11日
  • 機能性ディスペプシアの早期慢性膵炎が存在する可能性について. ワークショップ12「機能性ディスペプシア-診断と治療の現況を巡って-」, 門阪薫平, 北野雅之, 工藤正俊, 第55回日本消化器病学会大会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月11日
  • 肝細胞癌に対する分子標的治療: 現状と問題点. シンポジウム15「消化器癌に対する分子標的薬-最近の動向」, 工藤正俊, 上嶋一臣, 第55回日本消化器病学会大会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月11日
  • 司会: シンポジウム15「消化器癌に対する分子標的薬-最近の動向」, 工藤正俊, 第21回日本消化器関連学会週間JDDW 2013(第55回日本消化器病学会大会, 第17回日本肝臓学会大会),   2013年10月11日, 招待有り
  • 司会: サテライトシンポジウム82「肝癌診療は新たな時代へ」, 工藤正俊, 第21回日本消化器関連学会週間JDDW 2013(第17回日本肝臓学会大会, 第17回日本肝臓学会大会),   2013年10月10日
  • 座長: ランチョンセミナー29「HCCにおける診断から治療に関する最新の話題」, 工藤正俊, 第21回日本消化器関連学会週間JDDW 2013(第17回日本肝臓学会大会, 第17回日本肝臓学会大会),   2013年10月09日
  • 肝原発神経内分泌腫瘍の1例, 田中梨絵, 井上達夫, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 兵頭朋子, 村上卓道, 第13回関西肝血流動態イメージ研究会,   2013年07月27日
  • Regoranib in patients with hepatocellular carcinoma (HCC) progressing following Sorafenib: an ongoing randomized, double-blind, phase Ⅲ trial, Cheng AL, Finn R, Kudo M, Llovet JM, Qin S, Berre ML, Krissel H, Bruix J, American Society of Clinical Oncology (ASCO) 49th Annual Meeting,   2013年05月31日
  • 特別講演「肝細胞癌診療の新しいパラダイム」, 工藤正俊, 第10回臨床消化器病フォーラム,   2013年04月06日
  • 造影ハーモニックEUS(CH-EUS)における膵腫瘍血流評価の検討, 大本俊介, 北野雅之, 工藤正俊, 第26回日本腹部造影エコーー・ドプラ診断研究会,   2013年04月06日
  • 造影を行なった小腸良性腫瘍の1例, 横川美加, 辻裕美子, 前野知子, 塩見香織, 前川 清, 樫田博史, 工藤正俊, 第26回日本腹部造影エコーー・ドプラ診断研究会,   2013年04月06日
  • 肝原発神経内分泌腫瘍の1例, 田中梨絵, 井上達夫, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋一臣, 西田直生志, 樫田博史, 工藤正俊, 第26回日本腹部造影エコーー・ドプラ診断研究会,   2013年04月06日
  • プロポフォールを用いた外来内視鏡検査の安全性・有用性と患者満足度の検討. ワークショップ25「プロフォールを活用する」, 梅原康湖, 辻 直子, 工藤正俊, 第86回日本消化器内視鏡学会総会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月12日
  • Chair "Luncheon Seminar; Jordi Bruix “Recent progress of chemotherapy for HCC”, 工藤正俊, The 8th International Meeting of Hepatocellular Carcinoma: Eastern and Western Experiences,   2013年02月01日, 招待有り
  • CTHAと比較したソナゾイドUSによるnodule in noduleのHCCの診断とその問題点. シンポジム2「肝血流・機能イメージのバイオマーカー的意義を探る」, 小川 力, 森岡弓子, 野田晃世, 上田祐也, 宮本由貴子, 野上明子, 吉岡正博, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 河合直之, 山岡竜也, 石川順英, 廣瀬哲朗, 西平友彦, 嶋田俊秀, 荻野哲朗, 工藤正俊, 第19回肝血流動態イメージ研究会,   2013年01月27日
  • 司会"シンポジウム「肝血流・機能イメージのバイオマーカー的意義を探る」", 工藤正俊, 第19回肝血流動態イメージ研究会,   2013年01月27日
  • 腫瘍内出血を認めた肉腫様肝癌の1例, 千品寛和, 井上達夫, 田中梨絵, 山田光成, 有住忠晃, 田北雅弘, 北井 聡, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊, 隈部 力, 中島 収, 第19回肝血流動態イメージ研究会,   2013年01月26日
  • 肝細胞癌のLevovist静注によるIntermittent Color Doppler Imagingの初期臨床経験, 日本超音波医学会第19回関西地方会,   2000年02月, 日本超音波医学会第19回関西地方会
    概要:肝細胞癌を対象に超音波造影剤Levovist静注によるFundamental Color Doppler法とともにIntermittent Color Doppler法による血流シグナルの増強効果の評価を行い画像上腫瘍の染影効果が認められたので報告した。
  • 膵芽腫根治術後に非定型的肝限局性結節性過形成(FNH)様病変を呈した1例, 山内 勝治, 大柳 治正, 窪田昭男, 米倉 竹夫, 臼井規朗, 廣岡慎治, 小角 卓也, 山崎満夫, 工藤 正俊, 第37回日本小児外科学会総会,   2000年05月, 第37回日本小児外科学会総会
    概要:膵芽腫に対する門脈合併切除幽門輪温存膵頭十二指腸切除後約1年の5歳男児に非定型的肝限局性結節性過形成(FNH)様病変を生じ、増大傾向を示すため凝固療法を施行した症例を報告した。
  • Levovist静注による肝腫瘍の造影カラードプラ法:間欠送信法による腫瘍perfusion血流の評価, 日本超音波医学会第73回学術集会,   2000年05月, 日本超音波医学会第73回学術集会
    概要:新しく開発されたCoded Harmonic Angio法はLevovistを用いた造影において連続送信にて腫瘍の血管構築ならびに腫瘍内血管の描出が注入早期相にて描出され注入後期相では間欠操作によるFlash echoすなわちperfusion imageが得られた肝腫瘍の質的診断に有用な方法として評価し、報告した。
  • 肝疾患におけるBモ-ド血流表示(B-Flow)の有用性, 日本超音波医学会第73回学術集会,   2000年05月, 日本超音波医学会第73回学術集会
    概要:赤血球などの微小な反射信号を画像化するBモ-ド血流表示を用いて肝内の血流を観察した。Bモ-ドで血流を表示するためカラ-ドプラ法に比べ空間分解能やリアルタイム性に優れ、肝疾患における血流動態観察に有用であったため報告した。
  • 模擬患者、ロールプレイ、OSLEを導入した臨床診断学実習の効果と問題点, 石川 欽司, 青木 矩彦, 金丸 昭久, 福岡 正博, 高橋 光雄, 工藤 正俊, 花田 雅憲, 安富 正幸, 大柳 治正, 種子田 護, 浜西 千秋, 星合 昊, 松尾 理, 橋本 重夫, 第32回日本医学教育学会,   2000年07月, 第32回日本医学教育学会
  • Coded Harmonic Angioによる肝腫瘍の質的診断の試み, 第20回日本超音波医学会関西地方会,   2000年09月, 第20回日本超音波医学会関西地方会
    概要:CHAを用いて肝占拠性病変(肝細胞癌35例、肝血管腫8例、転位性肝癌3例)についてLevovistによる超音波造影を施行し、腫瘍の質的診断が可能であったので報告した。
  • 超音波検査で壁の血流を詳細に観察し得た胃癌の一例, 日本超音波医学会第20回関西地方会,   2000年09月, 日本超音波医学会第20回関西地方会
    概要:GE社製LOGIQ700のリニアプローブを用いて、B-mode、THI、CDI、PDI並びにPFDにて、質的診断が可能であった胃癌症例を経験したので報告した。
  • 自己免疫性胃炎、悪性貧血を合併した自己免疫性甲状腺疾患の一例, 北野 元一, 青木 矩彦, 藤本 美香, 矢田 裕人, 宮武 利行, 山内 孝哲, 西村 明芳, 荒井 宏司, 大野 恭裕, 松井 繁長, 工藤 正俊, 第162回日本内科学会近畿地方会,   2000年09月, 第162回日本内科学会近畿地方会
  • 肝細胞癌の超音波造影, ザ・ベストイメージ2000画論ミレニアム,   2000年12月, ザ・ベストイメージ2000画論ミレニアム
    概要:高分子および中分化域を有する肝細胞癌についてLevovistを用いた造影超音波検査を行い、腫瘍血管造影効果および実質濃染像より腫瘍の分化度に一致した造影効果が得られたので報告した。
  • 特別講演「肝細胞癌の血流と病態・治療」, 工藤 正俊, 第27回肝臓研究会,   2001年01月, 第27回肝臓研究会
  • 特別講演「肝腫瘍の血流と病態」, 工藤 正俊, 第4回信州肝疾患研究会,   2001年01月, 第4回信州肝疾患研究会
  • 肝静脈が主たる流出血管であることが造影エコー法により示された肝血管筋脂肪腫の2症例, 鄭 栄琴, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2001年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • B-modeにて同定困難な症例における超音波造影下治療の検討, 南 康範, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2001年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • 肝細胞癌に対するLipiodol TAE療法後の治療効果判定: 超音波harmonic imagingの有用性について., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 末富洋一郎, 遠田弘一, 川崎俊彦, 文 艶玲, 前川 清, 第7回肝血流動態イメージ研究会,   2001年02月, 第7回肝血流動態イメージ研究会
  • シンポジウム「高齢化社会と超音波医学」高齢者における消化器疾患の臨床像と腹部超音波検査の役割, 南 康範, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 日本超音波医学会第21回関西地方会,   2001年02月, 日本超音波医学会第21回関西地方会
  • 肝細胞癌(HCC)局所治療後の遺残癌に対する造影超音波下RFAの試み., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 南 康範, 遠田弘一, 川崎俊彦, 文 艶玲, 第7回肝血流動態イメージ研究会,   2001年02月, 第7回肝血流動態イメージ研究会
  • 超音波ドプラ法で評価した肝動脈の末梢血管抵抗(Resistant Index)と脾腫との関係: 肝硬変に随伴する脾腫大の機序について., 杤尾人司, 工藤 正俊, 佐々木一朗, 岩崎信広, 浜田一美, 中村仁美, 中山圭子, 曽我登志子, 藤本敏明, 森本義人, 岡部純弘, 高橋 健, 西本正興, 西馬信一, 上島一臣, 木本直哉, 岡田明彦, 樫田博史, 平佐昌弘, 伊吹康良, 織野彬雄, 冨田周介, 第7回肝血流動態イメージ研究会,   2001年02月, 第7回肝血流動態イメージ研究会
  • 肝細胞癌の多段階発育に伴う流出血管の変遷について: 超音波ドプラ法による検討, 杤尾人司, 工藤 正俊, 佐々木一朗, 岩崎信広, 浜田一美, 中村仁美, 中山圭子, 曽我登志子, 藤本敏明, 森本義人, 岡部純弘, 高橋 健, 西本正興, 西馬信一, 上島一臣, 木本直哉, 岡田明彦, 樫田博史, 平佐昌弘, 伊吹康良, 織野彬雄, 冨田周介, 第7回肝血流動態イメージ研究会,   2001年02月, 第7回肝血流動態イメージ研究会
  • 肝細胞癌局所治療後の遺残癌に対する造影超音波下RFAの試み., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 文 艶玲, 南 康範, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 上硲 俊法, 由谷 逸朗, 北野 雅之, 松井 繁長, 中岡 良介, 石川 恵美, 乾 可苗, 小村 康湖, 永島 美樹, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 谷口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第21回関西地方会,   2001年02月, 日本超音波医学会第21回関西地方会
  • 超音波内視鏡 (EUS)下レボビスト造影を施行した胃粘膜下腫瘍の1例., 中岡 良介, 工藤 正俊, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 文 艶玲, 南 康範, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 上硲 俊法, 由谷 逸朗, 松井 繁長, 石川 恵美, 乾 可苗, 小村 康湖, 永島 美樹, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 谷口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第21回関西地方会,   2001年02月, 日本超音波医学会第21回関西地方会
  • 造影超音波検査にて特徴的な血行動態を把握し得た肝血管筋脂肪腫(AML)の1例., 石川 恵美, 工藤 正俊, 南 康範, 文 艶玲, 鄭 浩柄, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 上硲 俊法, 由谷 逸朗, 北野 雅之, 松井 繁長, 中岡 良介, 乾 可苗, 小村 康湖, 永島 美樹, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 谷口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第21回関西地方会,   2001年02月, 日本超音波医学会第21回関西地方会
  • レボビスト造影下狙撃生検が有用であった限局性結節性過形成(FNH)の1例., 小村 康湖, 工藤 正俊, 中岡 良介, 文 艶玲, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 上硲 俊法, 由谷 逸朗, 北野 雅之, 松井 繁長, 石川 恵美, 乾 可苗, 永島 美樹, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 谷口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第21回関西地方会,   2001年02月, 日本超音波医学会第21回関西地方会
  • OLYMPUS社製Sonosite 180の画像性能に関する検討., 文 艶玲, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 上硲 俊法, 由谷 逸朗, 北野 雅之, 松井 繁長, 中岡 良介, 石川 恵美, 乾 可苗, 小村 康湖, 永島 美樹, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 谷口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第21回関西地方会,   2001年02月, 日本超音波医学会第21回関西地方会
  • 続発性ヘモクロマトーシスに肝細胞癌(HCC)を合併した1症例., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 石川 恵美, 乾 可苗, 小村 康湖, 永島 美樹, 南 康範, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 北野 雅之, 松井 繁長, 由谷 逸朗, 上硲 俊法, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 金丸 昭久, 第74回日本消化器病学会近畿支部例会,   2001年02月, 第74回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 興味ある画像所見を呈した硬化型肝細胞癌の1例., 小村 康湖, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 汐見 幹夫, 上硲 俊法, 由谷 逸朗, 北野 雅之, 松井 繁長, 中岡 良介, 永島 美樹, 石川 恵美, 乾 可苗, 第74回日本消化器病学会近畿支部例会,   2001年02月, 第74回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 動注化学療法及び経皮経肝ラジオ波焼灼術のコンビネーション治療が著効を呈したStage IV-A肝細胞癌の1例., 乾 可苗, 工藤 正俊, 小村 康湖, 由谷 逸朗, 川崎 俊彦, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 汐見 幹夫, 上硲 俊法, 北野 雅之, 松井 繁長, 中岡 良介, 永島 美樹, 石川 恵美, 第74回日本消化器病学会近畿支部例会,   2001年02月, 第74回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 肝細胞癌(HCC)に対する経皮経肝高周波焼灼術(RFA)後に門脈内血栓の形成を認めた1症例., 永島 美樹, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 汐見 幹夫, 中岡 良介, 小村 康湖, 石川 恵美, 乾 可苗, 上硲 俊法, 第74回日本消化器病学会近畿支部例会,   2001年02月, 第74回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 超小型コンベックスアレイを内蔵したEUSの使用経験., 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, 北野 雅之, 南 康範, 文 艶玲, 遠田 弘一, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 由谷 逸朗, 上硲 俊法, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 前川 清, 江口真由美, 大谷真由美, 桑口 愛, 川端久美子, 第3回関西超音波造影剤研究会,   2001年02月, 第3回関西超音波造影剤研究会
  • 肝細胞癌に対するLipiodol TAE後の治療効果判定と治療ガイド: Coded Phase-inversion Harmonicsの有用性., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 遠田 弘一, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 第36回京都肝疾患懇話会,   2001年02月, 第36回京都肝疾患懇話会
  • Special Lecture "Diagnosis and Treatment of Hepatocellular Carcinoma: Special Emphasis on Harmonic Imaging", 工藤 正俊, GE Medical Meeting in Milwaukee,   2001年02月, GE Medical Meeting in Milwaukee
  • 特別講演「超音波血流画像による肝細胞癌の血流動態の解析」, 工藤 正俊, 第7回肝血流動態イメージ研究会,   2001年02月, 第7回肝血流動態イメージ研究会
  • 特別講演「肝細胞癌の血流と画像」, 工藤 正俊, 第90回名古屋肝疾患研究会,   2001年02月, 第90回名古屋肝疾患研究会
  • 教育講演「肝疾患における造影エコー法の実際」, 工藤 正俊, 第90回超音波診断法講習会(日本超音波医学会主催),   2001年02月, 第90回超音波診断法講習会(日本超音波医学会主催)
  • 特別講演「肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法(RFA)の現況」, 工藤 正俊, 第16回神戸消化器病懇話会,   2001年02月, 第16回神戸消化器病懇話会
  • 特別講演「肝細胞癌治療におけるAFP-L3分画の役割と意義」OLM(大阪Liver Meeting), 工藤 正俊, 大阪大学第一内科消化器グループ関連病院会議,   2001年02月, 大阪大学第一内科消化器グループ関連病院会議
  • ワークショップIII「肝胆膵疾患とステント」悪性胆道閉塞に対するステント治療, 松井 繁長, 工藤 正俊, 中岡 良介, 汐見 幹夫, 第66回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2001年03月, 第66回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 超小型コンベックスアレイを内蔵したEUSが診断に有用であった胃粘膜下腫瘍の1症例., 北野 雅之, 工藤 正俊, 中岡 良介, 前川 清, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 由谷 逸朗, 上硲 俊法, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第66回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2001年03月, 第66回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 十二指腸静脈瘤出血の1例., 永島 美樹, 工藤 正俊, 松井 繁長, 小村 康湖, 乾 可苗, 石川 恵美, 末冨 洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 由谷 逸朗, 上硲 俊法, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 井上 良一, 第66回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2001年03月, 第66回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 間歇的に主乳頭からの粘液排泄が見られた粘液産生膵腫瘍の2手術例., 福田 信宏, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 木下 理恵, 南 康範, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷 逸朗, 上硲 俊法, 川崎 俊彦, 第66回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2001年03月, 第66回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 特別講演「肝臓の超音波解剖と超音波診断」, 工藤 正俊, 全国社会保険協会連合会, 平成12年度 超音波研究会,   2001年03月, 全国社会保険協会連合会, 平成12年度 超音波研究会
  • 特別講演「造影エコー法による肝腫瘍の診断と治療」, 工藤 正俊, 備後肝胆膵研究会,   2001年03月, 備後肝胆膵研究会
  • 肝細胞癌(HCC)に対するLipTAE治療効果判定における造影ハーモニックエコー法(CHA)の有用性., 南 康範, 工藤 正俊, 文 艶玲, 鄭 浩柄, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎俊彦, 汐見 幹夫, 上硲 俊法, 由谷 逸朗, 北野 雅之, 松井 繁長, 中岡 良介, 石川 恵美, 乾 可苗, 小村 康湖, 永島 美樹, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 谷口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第21回関西地方会,   2001年04月, 日本超音波医学会第21回関西地方会
  • TAE治療後にHarmonic Imaging にて血流の残存を認めた肝細胞がん結節の予後. 「肝細胞がんに対する肝動脈塞栓療法の延命効果に関する研究」., 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 平成13年度第1回厚生省班会議,   2001年04月, 平成13年度第1回厚生省班会議
  • 特別講演「造影エコー法による肝細胞癌の診断と治療」, 工藤 正俊, 第5回MRI検討会,   2001年04月, 第5回MRI検討会
  • 肝細胞癌に対するRadiofrequency ablation therapy後の造影CT所見についての検討, 栁生 行伸, 井上 正昭, 大石 初香, 西村 恭昌, 工藤 正俊, 小野 幸彦, 第60回日本医学放射線学会総会 ,   2001年04月, 第60回日本医学放射線学会総会 
    概要:肝細胞癌に対するRadiofrequency ablation therapy後治療部周囲に生じる造影効果の持続期間、造影効果の範囲について検討した。術直後の造影効果については可逆性であり、熱凝固による血管透過性亢進などが関与していると考えられた
  • 血流動態より境界病変と考えられる硬変肝内微少結節性病変の予後 (パネルディスカッション「肝硬変に生じた小結節性病変の診断と対応」), 福永豊和, 工藤 正俊, 織野彬雄, 第37回日本肝臓学会総会,   2001年05月, 第37回日本肝臓学会総会
  • 肝腫瘍診断におけるHarmonic Imaging法の現況と臨床的有用性. (シンポジウム「Tissue Harmonic Imagingの理論と実際」), 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 前川 清, 杤尾人司, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • 造影エコーの治療的応用. (シンポジウム「 造影エコー法の理論と実際」), 南 康範, 工藤 正俊, 文 艶玲, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田弘一, 川崎俊彦, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • 高分解能造影モードによる腫瘍血流の動的・形態的解析 (シンポジウム「肝腫瘍における造影エコー法の応用」), 川崎俊彦, 工藤 正俊, 前川 清, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • 臓器血流量測定の意義, 臨床測定の意義, 臨床応用, 問題点: 肝血流計測の臨床応用問題点. インターネットディスカッション「血流量計測の臨床応用と問題点」., 川崎俊彦, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • 肝細胞癌(HCC)に対する経皮的ラジオ波熱凝固療法(RFA)の検討. (シンポジウム「ラジオ波焼灼術の適応・効果・合併症」), 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 遠田弘一, 南 康範, 末冨 洋一郎, 川崎俊彦, 第37回日本肝癌研究会,   2001年05月, 第37回日本肝癌研究会
  • Role of ECL-cell histamine in acute gastric mucosal damage induced by ischemia-reperfusion, 北野 雅之, 工藤 正俊, Digestive Disease Week-2001,   2001年05月, Digestive Disease Week-2001
  • 上部消化管疾患に対するアルゴンプラズマ凝固法 (Argon Plasma Coagulation; APC)治療の有用性の検討., 中岡 良介, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷 逸朗, 上硲 俊法, 川崎 俊彦, 第61回日本消化器内視鏡学会総会,   2001年05月, 第61回日本消化器内視鏡学会総会
  • 保存的に治療し得た若年膵管内結石症の1例., 木下 理恵, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 福田 信宏, 南 康範, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷 逸朗, 上硲 俊法, 川崎 俊彦, 第61回日本消化器内視鏡学会総会,   2001年05月, 第61回日本消化器内視鏡学会総会
  • 肝細胞癌に対するLipiodol TAE療法後の治療効果判定: 造影超音波ハーモニック法の有用性について., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 末冨 洋一郎, 北野 雅之, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 文 艶玲, 前川 清, 第37回日本肝臓学会総会,   2001年05月, 第37回日本肝臓学会総会
  • 肝細胞癌 (HCC)局所治療後の遺残癌に対する造影超音波下RFAの試み., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 遠田 弘一, 川崎 俊彦,   2001年05月
  • Levovist(R)静注Coded Harmonic Angioによる肝血管腫像の検討., 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 文 艶玲, 南 康範, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 江口真由美, 前川 清, 丁 紅, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • Coded Harmonic Angioによる肝腫瘍の血行動態的パターン分類の試み., 前川 清, 工藤 正俊, 大谷真由美, 文 艶玲, 丁 紅, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 南 康範, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • 超小型コンベックスアレイを内蔵したEUSの使用経験., 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 南 康範, 文 艶玲, 丁 紅, 遠田 弘一, 鄭 浩柄, 前川 清, 桑口 愛, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • FNHにおける造影ハーモニック像の検討., 文 艶玲, 工藤 正俊, 丁 紅, 前川 清, 桑口 愛, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • Levovist造影によるFundamental Power Doppler とHarmonic Power Dopplerの肝腫瘍内血流検出能の比較検討., 文 艶玲, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 大谷真由美, 前川 清, 丁 紅, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • 門脈血流流入結節の造影ハーモニック法の検討., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 南 康範, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 大谷真由美, 前川 清, 丁 紅, 文 艶玲, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • ランチョンセミナー「肝細胞癌の診断と治療の最近の進歩:造影エコーからRFAまで」, 工藤 正俊, 第37回日本肝臓学会総会,   2001年05月, 第37回日本肝臓学会総会
  • ランチョンセミナー「携帯型超音波の現状と今後の展望」, 工藤 正俊, 第74回日本超音波医学会学術集会,   2001年05月, 第74回日本超音波医学会学術集会
    概要:ランチョンセミナー「携帯型超音波の現状と今後の展望」 , ,
  • 教育講演「造影エコー診断の治療への応用: 治療効果判定・穿刺ガイド」, 工藤 正俊, 第19回超音波専門医・検査士セミナー,   2001年05月, 第19回超音波専門医・検査士セミナー
  • 特別講演「肝細胞癌診療の最近の進歩: 造影ハーモニック法からRFAまで」, 工藤 正俊, 第41回山口県肝癌治療検討会,   2001年05月, 第41回山口県肝癌治療検討会
  • 特別講演「造影エコー法による肝細胞癌の診断と治療」, 工藤 正俊, 第74回佐賀肝臓懇話会,   2001年05月, 第74回佐賀肝臓懇話会
  • 特別講演「肝細胞診療の最近の進歩: 超音波造影からRFAまで」, 工藤 正俊, 岡山血管造影・INTERVENTIONAL RADIOLOGY症例検討会(SAIRO),   2001年05月, 岡山血管造影・INTERVENTIONAL RADIOLOGY症例検討会(SAIRO)
  • 特別講演「肝腫瘤性病変の造影超音波診断」, 工藤 正俊, 超音波造影剤学術講演会,   2001年05月, 超音波造影剤学術講演会
  • Coded Harmonic Angioによる肝腫瘍の血行動態的パターン分類の試み, 日本超音波医学会第74回学術集会(東京),   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会(東京)
    概要:Coded Harmonic Angio(以下CHA、GE LOGIQ700EXPERT)を用いて未治療の肝占拠性病変87症例(肝細胞癌58症例を含む)についてLevovistによる超音波造影を施行し、HCC58例中49例の84.5%が豊富な血管構築像と早期濃染像を呈し、特徴的なタイプに分類が可能であった。また、CCCで50%、転移性肝癌で50%およびAHの75%が特徴的なタイプに分類が可能であった。血行分類パターンにて鑑別診断が容易になる可能性が示唆された。
  • 肝細胞癌に対するLipiodol TAE療法後の治療効果判定: 造影超音波ハーモニック法の有用性について, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 末冨 洋一郎, 遠田弘一, 丁 紅, 文 艶玲, 川崎俊彦, 桑口 愛, 前川 清, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • 肝細胞癌 (HCC)局所治療後の遺残癌に対する造影超音波下RFAの試み, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 文 艶玲, 南 康範, 末冨洋一郎, 遠田弘一, 川崎俊彦, 江口真由美, 前川 清, 丁 紅, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • オリンパス社製Sonosite 180の画質性能に関する検討, 文 艶玲, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨洋一郎, 遠田弘一, 川崎俊彦, 江口真由美, 前川 清, 丁 紅, 日本超音波医学会第74回学術集会,   2001年05月, 日本超音波医学会第74回学術集会
  • 肝細胞癌に対するLipiodol TAE療法後の治療効果判定: 造影超音波ハーモニック法の有用性について. (ワークショップ「肝動脈塞栓療法の再評価と今後の展開」), 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 末冨 洋一郎, 遠田弘一, 川崎俊彦, 文 艶玲, 前川 清, 第37回日本肝癌研究会,   2001年06月, 第37回日本肝癌研究会
  • TAEは肝細胞癌の生存率に寄与するか? -無治療群を対象としての検討-. (ワークショップ「肝動脈塞栓療法の再評価と今後の展開」), 岡 博子, 工藤 正俊, , 山崎 修 真鍋隆夫 井上 健, 関 寿人, 大崎往夫, 春日井博志, 第37回日本肝癌研究会,   2001年06月, 第37回日本肝癌研究会
  • Invited Lecture "Diagnosis and Treatment of Hepatocellular Carcinoma: Recent advances", 工藤 正俊, The 857th Radiology Ground Round,   2001年06月, The 857th Radiology Ground Round
  • Invited Lecture "Recent Advances of Imaging Diagnosis and Ablation of Hepatocellular Carcinoma", 工藤 正俊, The 3rd symposium of the Korean Liver Cancer Study Group (KLCSG),   2001年06月, The 3rd symposium of the Korean Liver Cancer Study Group (KLCSG)
  • ランチョンセミナー「超音波を用いた肝癌治療のstrategy: 造影超音波の肝癌局所治療への応用」, 工藤 正俊, 第37回日本肝癌研究会,   2001年06月, 第37回日本肝癌研究会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近の進歩」, 工藤 正俊, 日本消化器病学会第77回九州支部例会(北野正剛会長),   2001年06月, 日本消化器病学会第77回九州支部例会(北野正剛会長)
  • 特別講演「肝硬変の血流動態: 超音波血流画像解析と病態」, 工藤 正俊, 肝疾患病理研究会,   2001年06月, 肝疾患病理研究会
  • 問題症例検討会,「治療を中心に」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 南 康範, 末冨洋一郎, 川崎俊彦, 第37回日本肝癌研究会,   2001年06月, 第37回日本肝癌研究会
  • 肝細胞癌におけるCoded Harmonic Angioを用いた血行動態分類と治療効果判定, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 遠田弘一, 川崎俊彦, 文 艶玲, 前川 清, 第37回日本肝癌研究会,   2001年06月, 第37回日本肝癌研究会
  • 肝細胞癌に対する経皮経肝高周波焼灼術にて門脈内血栓の形成を認めた1症例, 末冨洋一郎, 工藤 正俊, 永島美樹, 南 康範, 鄭 浩柄, 川崎俊彦, 第37回日本肝癌研究会,   2001年06月, 第37回日本肝癌研究会
  • 続発性ヘモクロマトーシスに肝細胞癌(HCC)を合併した1症例, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 南 康範, 末冨洋一郎, 川崎俊彦, 金丸 昭久, 第37回日本肝癌研究会,   2001年06月, 第37回日本肝癌研究会
  • 炎症性腸疾患におけるNKT細胞の役割り, 八木田 旭邦, 丸山 正二, 若杉慎司, 助川 寧, 工藤 正俊, 高添正和, 厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成13年度第1回総会,   2001年07月, 厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成13年度第1回総会
  • 特別講演「造影ハーモニック法による肝細胞癌の診断と治療: 最近の新しい展開」, 工藤 正俊, 超音波クリニカルフォーラム,   2001年07月, 超音波クリニカルフォーラム
  • 特別講演「造影ハーモニック法による肝細胞癌の診断と治療」, 工藤 正俊, GE Ultrasound Clinical Forum,   2001年07月, GE Ultrasound Clinical Forum
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近の新しい展開」, 工藤 正俊, 腹部超音波造影セミナー「Clinical Forum in Nagoya」,   2001年07月, 腹部超音波造影セミナー「Clinical Forum in Nagoya」
  • 特別講演「肝細胞癌の局所治療法:ラジオ波治療を中心に」, 工藤 正俊, 津山肝疾患研究会,   2001年07月, 津山肝疾患研究会
  • 特別講演「血流動態からみた肝細胞癌の診断と治療」, 工藤 正俊, 第79回熊本肝疾患懇話会,   2001年07月, 第79回熊本肝疾患懇話会
  • 長期間ラミブジンを投与中のB型慢性肝炎の1例, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 小川 力, 南 康範, 文 艶玲, 末冨洋一郎, 遠田弘一, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 由谷逸朗, 北野 雅之, 中里 勝, 松井 繁長, 中岡 良介, 福田信宏, 石川恵美, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 第2回関西B型肝炎研究会,   2001年07月, 第2回関西B型肝炎研究会
  • 特別講演「造影ハーモニックイメージングの治療への応用」 , 工藤 正俊, GE Ultrasound Clinical Forum 2001,   2001年08月, GE Ultrasound Clinical Forum 2001
  • 特別講演「肝細胞癌治療の課題-画像診断の立場から」, 工藤 正俊, 第22回犬山シンポジウム,   2001年08月, 第22回犬山シンポジウム
  • シンポジウム「消化器疾患診断における最先端(消化管)」: EUS下穿刺及び造影併用超音波内視鏡診断の有用性, 中岡 良介, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第75回日本消化器病学会近畿支部例会,   2001年09月, 第75回日本消化器病学会近畿支部例会
  • ランチョンセミナー「肝細胞癌の発生・進展と血流動態-造影ハーモニック法も含めて-」, 工藤 正俊, 第12回日本消化器癌発生学会総会,   2001年09月, 第12回日本消化器癌発生学会総会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療の最近の進歩-造影エコーからRFAまで」, 工藤 正俊, 山梨外科医会,   2001年09月, 山梨外科医会
  • ハンズオンセミナー「肝細胞癌の造影ハーモニックイメージングのコツ」, 工藤 正俊, 新潟大学病院,   2001年09月, 新潟大学病院
  • 特別講演「造影ハーモニック法による肝細胞癌の診断と治療, 最近の新しい展開」, 工藤 正俊, 腹部造影超音波セミナー,   2001年09月, 腹部造影超音波セミナー
  • 教育講演「肝癌の局所治療」, 工藤 正俊, 日本ハイパーサーミア学会第18回大会,   2001年09月, 日本ハイパーサーミア学会第18回大会
  • 特別講演「肝におけるカラー/ パワードプラと経静脈的造影超音波の臨床的意義」, 工藤 正俊, 北海道腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2001年09月, 北海道腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
  • Levovistを用いた超音波造影撮像法   Coded Harmonic Angio (LOGIQ700EXEPERT)による肝腫瘍の質的判断,   2001年09月, 関西超音波造影研究会
    概要:Coded Harmonic Angio(以下CHA、GELOGUQ700EXEPERT)を用いて未治療の肝占拠性病変143症例(肝細胞127例を含む)についてLevovistによる超音波造影を施行し、HCC121例中127例が豊富な血液構築像と早期濃染像を呈し、特徴的なタイプに分類が可能であった。また、転移性肝癌で50%およびAHの75%が特徴的なタイプに分類が可能であった。血行動態パターン分類にて鑑別診断が容易になる可能性について報告した。
  • 肝炎症性腫瘤の1例, 石川恵美, 工藤 正俊, 文 艶玲, 小川 力, 南 康範, 末冨洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田弘一, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 由谷逸朗, 北野 雅之, 中里 勝, 松井 繁長, 中岡 良介, 福田信宏, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第22回関西地方会,   2001年09月, 日本超音波医学会第22回関西地方会
  • 人工胸水併用造影ハーモニックガイド下RFA治療の試み, 小川 力, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 文 艶玲, 末冨洋一郎, 遠田弘一, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 由谷逸朗, 北野 雅之, 中里 勝, 松井 繁長, 中岡 良介, 福田信宏, 石川恵美, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第22回関西地方会,   2001年09月, 日本超音波医学会第22回関西地方会
  • 画像診断にて脾血管腫が強く疑われた1症例, 岡田無文, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 文 艶玲, 小川 力, 南 康範, 末冨洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田弘一, 汐見幹夫, 由谷逸朗, 北野 雅之, 中里 勝, 松井 繁長, 中岡 良介, 福田信宏, 石川恵美, 市川 勉, 乾 絹世, 北口容子, 豊澤昌子, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第22回関西地方会,   2001年09月, 日本超音波医学会第22回関西地方会
  • Levovist静注Coded Harmonic AngioによるGastro-intestinal stromal tumor (GIST)像の検討, 福田信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 文 艶玲, 小川 力, 南 康範, 末冨洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田弘一, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 由谷逸朗, 中里 勝, 松井 繁長, 中岡 良介, 石川恵美, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第22回関西地方会,   2001年09月, 日本超音波医学会第22回関西地方会
  • 教育講演「血流で何が解るか-造影ハーモニックイメージング」, 南 康範, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第22回関西地方会,   2001年09月, 日本超音波医学会第22回関西地方会
  • 部分的脾動脈塞栓術後内視鏡的治療が奏効した十二指腸静脈瘤出血の1例, 松井 繁長, 工藤 正俊, 井上良一, 中岡 良介, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第8回門脈圧亢進症学会総会,   2001年09月, 第8回門脈圧亢進症学会総会
  • 肝血管腫に類似した画像所見を呈した肝細胞癌の1例, 小川 力, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 乾 可苗, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 汐見幹夫, 第75回日本消化器病学会近畿支部例会,   2001年09月, 第75回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 肝細胞癌(HCC)に対するラジオ波(RFA)後に十二指腸穿通をきたした一例, 末冨洋一郎, 工藤 正俊, 松井 繁長, 北口容子, 豊澤昌子, 乾 絹世, 岡田無文, 市川 勉, 石川恵美, 小川 力, 福田信宏, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 北野 雅之, 由谷逸朗, 上硲 俊法, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第75回日本消化器病学会近畿支部例会,   2001年09月, 第75回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 生体豚肝を用いたラジオ波焼灼療法の基礎的検討, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 小川 力, 福田信宏, 南 康範, 末冨洋一郎, 中岡 良介, 中里 勝, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第75回日本消化器病学会近畿支部例会,   2001年09月, 第75回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 肝脾サルコイドーシスの一例, 田中 陽一, 工藤 正俊, 米田 円, 辻 直子, 第75回日本消化器病学会近畿支部例会,   2001年09月, 第75回日本消化器病学会近畿支部例会
  • Levovistを用いた超音波造影撮像法Coded Harmonic Angio (LOGIQ700EXPERT)による肝腫瘍の質的診断, 前川 清, 工藤 正俊, 文 艶玲, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 南 康範, 川崎俊彦, 第4回関西超音波造影剤研究会,   2001年09月, 第4回関西超音波造影剤研究会
  • 消化管内視鏡検査・治療時のインフォームドコンセント. (シンポジウムII「内視鏡診断・治療のリスクマネージメント」), 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 由谷 逸朗, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2001年10月, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 消化管粘膜下腫瘍に対するEUSを用いた血行動態評価およびFNAの有用性. (ワークショップII「消化管粘膜下腫瘍の診断・治療」), 北野 雅之, 工藤 正俊, 中岡 良介, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2001年10月, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • CHA (Coded Harmonic Angio)モードを用いた造影ハーモニックイメージングによる膵・胆道領域腫瘍性病変のdynamic image. (パネルディスカッション「膵胆道領域腫瘍性病変のdynamic image」), 北野 雅之, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 第43回日本消化器病学会大会,   2001年10月, 第43回日本消化器病学会大会
  • Radiofrequency ablation (RFA) therapy under harmonic imaging guidance for recurrence of hepatocellular carcinoma (HCC) after local therapy, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 川崎俊彦, 文 艶玲, 北野 雅之, 前川 清,   2001年10月
  • Characterization of hepatic tumours: Value of coded phase inversion harmonics, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 北野 雅之, 川崎俊彦, 前川 清, 文 艶玲,   2001年10月
  • Evaluation of treatment response after transcatheter arterial embolization mixed with Lipiodol for hepatocellular carcinoma: Utility of coded phase inversion, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 川崎俊彦, 前川 清, 文 艶玲, 北野 雅之,   2001年10月
  • 特別講演「C型肝炎と肝がんは克服できる: 最新情報」, 工藤 正俊, 第5回近畿大学公開講座,   2001年10月, 第5回近畿大学公開講座
  • ランチョンセミナー「造影エコー診断の肝癌局所治療への応用:治療効果判定・局在および穿刺ガイド」, 工藤 正俊, 第20回Microwave Surgery研究会,   2001年10月, 第20回Microwave Surgery研究会
  • 教育講演「肝細胞癌の画像診断の進歩」, 工藤 正俊, 第6回日本外科病理学会学術総会,   2001年10月, 第6回日本外科病理学会学術総会
  • 消化管内視鏡検査・治療時のインフォームドコンセント. (シンポジウムII「内視鏡診断・治療のリスクマネージメント」), 汐見幹夫, 工藤 正俊, 由谷逸朗, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2001年10月, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 食道静脈瘤に対するELSLの有用性. (ワークショップI 「食道静脈瘤の治療戦略」), 松井 繁長, 工藤 正俊, 中岡 良介, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2001年10月, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 消化管粘膜下腫瘍に対するEUSを用いた血行動態評価およびFNAの有用性. (ワークショップII「消化管粘膜下腫瘍の診断・治療」), 北野 雅之, 工藤 正俊, 中岡 良介, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2001年10月, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • サイズ, 数ともに増加傾向を示す多発性肝過形成結節の1例, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 小川 力, 福田信宏, 南 康範, 末冨洋一郎, 中岡 良介, 中里 勝, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第7回南大阪肝疾患研究会,   2001年10月, 第7回南大阪肝疾患研究会
  • CHA( Coded Harmonic Angio)モードを用いた造影ハーモニックイメージングによる膵・胆道領域腫瘍性病変のdynamic image. (パネルディスカッション「膵・胆道領域腫瘍性病変のdynamic image」), 北野 雅之, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 第43回日本消化器病学会大会,   2001年10月, 第43回日本消化器病学会大会
  • 食道静脈瘤に対するEIS・EVL併用療法(EISL)の評価, 松井 繁長, 工藤 正俊, 井上良一, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 由谷逸朗, 北野 雅之, 上硲 俊法, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第62回日本消化器内視鏡学会総会,   2001年10月, 第62回日本消化器内視鏡学会総会
  • 消化管間葉系腫瘍の術前診断におけるEUS下穿刺を含めた超音波内視鏡診断の有用性, 中岡 良介, 工藤 正俊, 北野 雅之, 松井 繁長, 汐見幹夫, 第62回日本消化器内視鏡学会総会,   2001年10月, 第62回日本消化器内視鏡学会総会
  • Special Lecture "Has vascular enhancement with Levovist changed diagnosis of liver tumors?", 工藤 正俊, The Third International Kyoto Symposium on Ultrasound Contrast Imaging,   2001年11月, The Third International Kyoto Symposium on Ultrasound Contrast Imaging
  • ラジオ出演「肝癌の早期発見と治療」, 工藤 正俊, 毎日放送「家庭医学」,   2001年11月, 毎日放送「家庭医学」
  • 講演「C型慢性肝炎における新しい治療戦略」, 工藤 正俊, コンセンサスミーティング,   2001年11月, コンセンサスミーティング
  • IBDにおけるNKT細胞の役割, 八木田 旭邦, 丸山 正二, 助川 寧, 工藤 正俊, 高添正和, 厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成13年度第2回総会,   2001年12月, 厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成13年度第2回総会
  • ラジオ出演「ウイルス性肝炎・肝癌の診断と治療」, 工藤 正俊, 毎日放送「家庭医学」,   2001年12月, 毎日放送「家庭医学」
  • Lp-TAEの早期治療効果判定についてー造影超音波ハーモニックイメージングの有用性, 南 康範, 工藤 正俊, 小川 力, 鄭 浩柄, 川崎俊彦, 第6回肝動脈塞栓療法研究会,   2001年12月, 第6回肝動脈塞栓療法研究会
  • 膵疾患に対するEUS-FNAおよびEUS下造影の有用性, 北野 雅之, 工藤 正俊, 中岡 良介, 松井 繁長, 汐見幹夫, 第5回南大阪肝胆膵懇話会,   2001年12月, 第5回南大阪肝胆膵懇話会
  • 膵臓「造影ハーモニック法およびEUS下造影による膵疾患の鑑別診断」(シンポジウム「各臓器における超音波血流イメージの現状と展望ー臨床をどうかえたかー」), 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 川崎俊彦, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • Code Harmonic Angio H7 modeにおけるレボビスト造影, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
    概要:GE社製LOGIQ700EXPERTに新しく加わったCHA H7モードを使用して肝腫瘍症例を対象にレボビスト造影を 行い、興味ある知見を得たので報告した。
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療の最近の進歩ー造影ハーモニック法からラジオ波治療までー」, 工藤 正俊, 第51回近畿大学医学会学術講演会,   2002年01月, 第51回近畿大学医学会学術講演会
  • 特別講演「肝細胞癌の超音波血流画像と治療への応用」, 工藤 正俊, 沖縄肝胆膵疾患研究会,   2002年01月, 沖縄肝胆膵疾患研究会
  • 特別講演「造影ハーモニック法による肝細胞癌の診断と治療」, 工藤 正俊, 第128回滋賀肝・胆・膵勉強会,   2002年01月, 第128回滋賀肝・胆・膵勉強会
  • 特別講演「肝癌の病態・診断と治療 Consensus & Recommendation」, 工藤 正俊, 第2回東神戸消化器疾患セミナー,   2002年01月, 第2回東神戸消化器疾患セミナー
  • 膵臓「造影ハーモニック法およびEUS下造影による膵疾患の鑑別診断」(シンポジウム「各臓器における超音波血流イメージの現状と展望ー臨床をどうかえたかー」), 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 川崎俊彦, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • 興味ある造影エコー所見を呈した肝内胆管癌の一例, 北口容子, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 豊澤昌子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • 診断に難渋した結核性肝腫瘤の1例, 石川恵美, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 鄭 栄琴, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • Extended Pure Harmonic Detection (ALOKA SSD-6500)を用いた肝腫瘤病変のレボビスト造影, 小川 力, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • Aplio SSA-770を用いた肝腫瘤病変のレボビスト造影ー特にAdvanced Dynamic FlowとPulse subtractionについてー, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • Coded Harmonic Angio H7 modeにおけるレボビスト造影, 前川 清, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • 造影エコー法により明瞭なnodule in noduleが示された肝細胞癌の2症例, 豊澤昌子, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • 肝癌に対するラジオ波治療後の効果判定における造影エコー法の有用性に関する検討, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • 体表アプローチによる消化管粘膜下腫瘍の造影エコー法について, 福田信宏, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 小川 力, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • 胃粘膜下腫瘍におけるEUS下造影エコー法の有用性, 北野 雅之, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会,
  • 新型軽量EUS専用機の使用経験, 末冨洋一郎, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 小川 力, 福田信宏, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • EUS下穿刺が診断に有用であった腫瘤形成性膵炎の1症例, 乾 絹世, 工藤 正俊, 市川 勉, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 鄭 栄琴, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 川端久美子, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第23回関西地方会,   2002年01月, 日本超音波医学会第23回関西地方会
  • 「人工胸水下造影超音波併用RFA」の初期臨床経験. シンポジウム「肝胆膵癌治療の新しい展開」, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年02月, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 講演「肝細胞癌の診断と治療ー最近の進歩ー」, 工藤 正俊, 姫路消化器病研究会,   2002年02月, 姫路消化器病研究会
  • 特別講演「肝細胞癌に対する内科的局所治療ーラジオ波焼灼療法を中心にー」, 工藤 正俊, 第6回Surgical Forum in Osaka,   2002年02月, 第6回Surgical Forum in Osaka
  • 特別講演「超音波血流画像による肝細胞癌の診断と治療」, 工藤 正俊, 第15回日医放・放射線科専門医会共催冬期セミナー,   2002年02月, 第15回日医放・放射線科専門医会共催冬期セミナー
  • 特別講演「肝疾患の病態・診断・治療ーコンセンサスミーティングをふまえて」, 工藤 正俊, 神戸肝疾患談話会,   2002年02月, 神戸肝疾患談話会
  • 超音波内視鏡下穿刺生検が診断に有用であった直径2cmの平滑筋肉腫の1例, 市川 勉, 工藤 正俊, 福田信宏, 北野 雅之, 乾 絹世, 岡田無文, 北口容子, 豊澤昌子, 石川恵美, 小川 力, 末冨洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 遠田弘一, 松井 繁長, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年02月, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会
  • DSMを用いたLp-TAE後に急性化化膿性胆管炎を発症した一例, 北口容子, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田無文, 豊澤昌子, 石川恵美, 小川 力, 福田信宏, 南 康範, 末冨洋一郎, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷逸朗, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年02月, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 急速に進行する肝不全で死亡した原発性アミロイドーシスの1例, 岡田 無文, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 北口 容子, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 小川 力, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 遠田 弘一, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷 逸朗, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年02月, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 消化管出血を契機に発見された小腸GISTの1例, 乾 絹世, 工藤 正俊, 松井 繁長, 福田 信宏, 石川 恵美, 小川 力, 南 康範, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 由谷 逸朗, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 里井 俊平, 保田 知生, 橋本 直樹, 大柳 治正, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年02月, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 胆管ディスプラジアを合併した肝外胆管限局性狭窄の1例, 田中 陽一, 工藤 正俊, 森村 正嗣, 米田 円, 辻 直子, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年02月, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 上部消化管出血に対するEndoscopic Band Ligation (EBL) と4端子バイポラー高周波電気凝固法の比較検討. シンポジウム「消化管出血に対する止血法の選択」, 松井 繁長, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 第68回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2002年03月, 第68回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 膵疾患の鑑別における超音波内視鏡下造影の有用性. ワークショップ「胆膵疾患における最新の内視鏡的アプローチ」, 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第68回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2002年03月, 第68回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 体表式造影超音波検査および超音波内視鏡下造影法による膵腫瘍性病変の診断. シンポジウム「各領域における超音波造影検査の現況ーレボビスト超音波造影検査は従来の画像診断をどう変えたか?-」, 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 第5回関西超音波造影剤研究会,   2002年03月, 第5回関西超音波造影剤研究会
  • Angiocentric NK/T細胞リンパ腫の消化管浸潤により下血をきたした一例, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 辻 直子, 工藤 正俊, 第68回日本消化器内視鏡学界地方会,   2002年03月, 第68回日本消化器内視鏡学界地方会
    概要:Angiocentric NK/T細胞リンパ腫に伴う消化管出血は知られているが、内視鏡像の記載は乏しく、今回血管中心性発育によると思われる多発打ち抜き様潰瘍像を内視鏡的にとらえることができたので報告した。
  • 特別講演「肝画像診断の進歩」, 工藤 正俊, 第14回肝臓フォーラム(西部),   2002年03月, 第14回肝臓フォーラム(西部)
  • 特別講演「超音波血流画像による肝腫瘍の診断と治療」, 工藤 正俊, 第20回東海超音波研究会,   2002年03月, 第20回東海超音波研究会
  • 特別講演「肝癌の治療のコンセンサス」, 工藤 正俊, 神戸消化器病セミナー,   2002年03月, 神戸消化器病セミナー
  • 特別講演「肝疾患におけるカラードプラと造影エコー法ー基本から実地臨床への応用までー」, 工藤 正俊, 宮崎県腹部超音波懇話会,   2002年03月, 宮崎県腹部超音波懇話会
  • ハンズオンセミナー「肝腫瘍の造影ハーモニックイメージング」, 工藤 正俊,   2002年03月
  • 特別講演「Coded Harmonic Angioによる肝腫瘍の診断と治療への応用」, 工藤 正俊, GE Clinical Forum,   2002年03月, GE Clinical Forum
  • 特別講演「肝疾患におけるハーモニックイメージングー診断から治療応用までー」, 工藤 正俊, メディカル・コア,   2002年03月, メディカル・コア
  • 術中に内視鏡検査にて出血部位を同定できた小腸毛細血管性血管腫の1例, 福田 信宏, 工藤 正俊, 松井 繁長, 石川 恵美, 乾 絹世, 市川 勉, 岡田 無文, 北口 容子, 豊澤 昌子, 小川 力, 南 康範, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 保田 知生, 新海 政幸, 十川 佳史, 大柳 治正, 第68回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2002年03月, 第68回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 内視鏡的粘膜切除にて治療した胃血管腫の1例, 石川 恵美, 工藤 正俊, 松井 繁長, 乾 絹世, 市川 勉, 岡田 無文, 北口 容子, 豊澤 昌子, 小川 力, 福田 信宏, 南 康範, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第68回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2002年03月, 第68回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • サイズ、数ともに増加中の多発性肝FNHの1例, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 松井 繁長, 中岡 良介, 南 康範, 福田 信宏, 石川 恵美, 川崎 俊彦, 末冨 洋一郎, 小川 力, 第34回大阪肝臓病談話会,   2002年03月, 第34回大阪肝臓病談話会
  • 食道静脈瘤に対するEVL・EIS(EISL)の有用性の検討, 松井 繁長, 工藤 正俊, 中岡 良介, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第99回日本内科学会,   2002年03月, 第99回日本内科学会
  • 人工胸水下造影超音波併用RFAの初期臨床経験, 南 康範, 工藤 正俊, 第1回関西肝癌局所治療研究会,   2002年03月, 第1回関西肝癌局所治療研究会
  • 超音波内視鏡下穿刺の有用性と血流評価・遺伝子解析の意義 (シンポジウム「超音波内視鏡下穿刺ー適応と問題点ー」), 中岡 良介, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第63回日本消化器内視鏡学会総会,   2002年04月, 第63回日本消化器内視鏡学会総会
  • 肝細胞癌に対するRFA2年間の成績と今後の展望(シンポジウム「肝癌治療の最先端」), 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 遠田弘一, 第88回日本消化器病学会総会,   2002年04月, 第88回日本消化器病学会総会
  • 体表式造影超音波検査および超音波内視鏡下造影法による膵腫瘍性病変の診断. (ワークショップ「胆管癌、膵癌に対する新しい画像診断と治療体系」), 北野 雅之, 工藤 正俊, 中岡 良介, 第88回日本消化器病学会総会,   2002年04月, 第88回日本消化器病学会総会
  • Imaging diagnosis of focal nodular hyperplasia, 工藤 正俊, Laennec Liver Pathology Society (Organizer: Iwan Wanless, Toronto),   2002年04月, Laennec Liver Pathology Society (Organizer: Iwan Wanless, Toronto)
  • Special Lecture "Clinical Characteristics of early HCC: A view point from vasculature", 工藤 正俊, International Consensus Meeting on Small Nodular Lesions in Cirrhotic Liver (Supported by Grant-in A,   2002年04月, International Consensus Meeting on Small Nodular Lesions in Cirrhotic Liver (Supported by Grant-in A
  • Special Lecture "Imaging diagnosis of small nodular lesions in cirrhoric liver.“, 工藤 正俊, International Consensus Meeting on Nodular Lesions in Cirrhoric Liver,   2002年04月, International Consensus Meeting on Nodular Lesions in Cirrhoric Liver
  • 特別講演「ラジオ波による肝癌治療: 根治性ならびに効率性向上の試み」, 工藤 正俊, 第2回福岡肝癌局所治療研究会,   2002年04月, 第2回福岡肝癌局所治療研究会
  • 特別講演「ラジオ波による肝癌治療: 根治性ならびに効率性向上の試み」, 工藤 正俊, 第2回福岡肝癌局所治療研究会,   2002年04月, 第2回福岡肝癌局所治療研究会
  • 特別講演「肝腫瘍の超音波血流画像と治療への応用」, 工藤 正俊, 第90回鹿児島超音波医学研究会,   2002年04月, 第90回鹿児島超音波医学研究会
  • 体表式造影超音波検査および超音波内視鏡下造影法による膵腫瘍性病変の診断, 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 岡田 無文, 乾 絹世, 市川 勉, 豊澤 昌子, 北口 容子, 石川 恵美, 小川 力, 福田 信宏, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第12回日本腹部造影エコードプラ診断研究会,   2002年04月, 第12回日本腹部造影エコードプラ診断研究会
  • 不整胃潰瘍辺縁から陳旧化したアニサキス虫体片を認めた1例, 木下 理恵, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 石川 恵美, 小川 力, 福田 信宏, 南 康範, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 由谷 逸朗, 川崎 俊彦, 第63回日本消化器内視鏡学会総会,   2002年04月, 第63回日本消化器内視鏡学会総会
  • 食道静脈瘤治療後に出血を来した十二指腸静脈瘤の1例, 松井 繁長, 工藤 正俊, 井上 良一, 中岡 良介, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第63回日本消化器内視鏡学会総会( 附置研究会「第5回食道胃静脈瘤治療のための内視鏡的病態生理研究会」),   2002年04月, 第63回日本消化器内視鏡学会総会( 附置研究会「第5回食道胃静脈瘤治療のための内視鏡的病態生理研究会」)
  • 真性多血症による食道静脈瘤破裂の1例, 松井 繁長, 工藤 正俊, 井上 良一, 中岡 良介, 北野 雅之, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第63回日本消化器内視鏡学会総会( 附置研究会「第5回食道胃静脈瘤治療のための内視鏡的病態生理研究会」),   2002年04月, 第63回日本消化器内視鏡学会総会( 附置研究会「第5回食道胃静脈瘤治療のための内視鏡的病態生理研究会」)
  • 肝細胞癌に対する根治的RFA治療後のAFP-L 3分画の意義, 小川 力, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田 無文, 北口 容子, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 松井 繁長, 由谷 逸朗, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第88回日本消化器病学会総会,   2002年04月, 第88回日本消化器病学会総会
  • 2年間の治療成績からみた、HCCに対するRFAによる治療戦略(シンポジウム), 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 小川 力, 南 康範, 川崎俊彦, 第38回日本肝癌研究会,   2002年05月, 第38回日本肝癌研究会
  • Ultrasonography in pancreatic diseases by contrast-enhanced phase-inversion harmonics with coded pulse, 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 鄭 栄琴, 中岡 良介, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 川崎俊彦, Digestive Disease Week-2002 (AGA),   2002年05月, Digestive Disease Week-2002 (AGA)
  • Radofrequency ablation (RFA) therapy under harmonic image guidance for the recurrence after local therapy for HCC, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 小川 力, 末冨洋一郎, 福田信宏, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見 幹夫, 前川 清, Digestive Disease Week-2002 (AGA),   2002年05月, Digestive Disease Week-2002 (AGA)
  • Evaluation of treatment response after transcatheter arterial embolization mixed with Lipiodol for hepatocellular carcinoma: utility of coded phase inversion harmonic imaging, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 小川 力, 末冨洋一郎, 福田信宏, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見 幹夫, 前川 清, Digestive Disease Week-2002 (AGA),   2002年05月, Digestive Disease Week-2002 (AGA)
  • 当院におけるアルゴンピラズマ凝固療法, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 辻 直子, 工藤 正俊, 近大堺カンファレンス,   2002年05月, 近大堺カンファレンス
    概要:アルゴンピラズマ凝固療法の新しい治療方法としての有用性や適応について解説した。
  • Special Lecture "Application of Harmonic Imaging to the Treatment of hepatocellular Carcinoma.“, 工藤 正俊, The 8th International Symposium on Interventional Radiology and New Vascular Imaging ( 第8回国際IVR/ 血管造,   2002年05月, The 8th International Symposium on Interventional Radiology and New Vascular Imaging ( 第8回国際IVR/ 血管造
  • ラジオ出演「C型肝炎って治るの?(1)」(番組名: 健やかライフ), 工藤 正俊,   2002年05月
  • ラジオ出演「C型肝炎って治るの?(2)」(番組名: 健やかライフ), 工藤 正俊,   2002年05月
  • ラジオ出演「C型肝炎って治るの?(3)」(番組名: 健やかライフ), 工藤 正俊,   2002年05月
  • ラジオ出演「C型肝炎って治るの?(4)」(番組名: 健やかライフ), 工藤 正俊,   2002年05月
  • ラジオ出演「C型肝炎って治るの?(5)」(番組名: 健やかライフ), 工藤 正俊,   2002年05月
  • 肝内PVシャントに合併した肝結節性病変の一例, 北口 容子, 工藤 正俊, 松井 繁長, 乾 絹世, 市川 勉, 岡田 無文, 豊澤 昌子, 小川 力, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 石川 恵美, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第34回大阪肝穿刺生検治療研究会,   2002年05月, 第34回大阪肝穿刺生検治療研究会
  • 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法( RFA)後の腫瘍マーカーの変動とその意義, 小川 力, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田 無文, 北口 容子, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 松井 繁長, 由谷 逸朗, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第38回日本肝癌研究会,   2002年05月, 第38回日本肝癌研究会
  • 人工胸水造影超音波併用RFAの初期臨床経験, 南 康範, 工藤 正俊, 小川 力, 鄭 浩柄, 川崎 俊彦, 第38回日本肝癌研究会,   2002年05月, 第38回日本肝癌研究会
  • TAE先行RFAの有用性: 生体豚肝による検討, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, (厚生労働省指定研究「肝細胞がんに対する肝動脈塞栓療法の延命効果に関する研究」班会議),   2002年05月, (厚生労働省指定研究「肝細胞がんに対する肝動脈塞栓療法の延命効果に関する研究」班会議)
  • CHA リサーチモード (H7)を用いた肝腫瘍の造影3D像の検討, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
    概要:レボビスト造影において早期相のReal time sweep scanによる撮像にて構築し、腫瘍の同定を試み、腫瘍血管3D像は肝臓腫瘍の血管構築を3次元的に理解する上で有用であった。
  • 教育講演「肝癌局所療法における超音波の役割」, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
  • ランチョンセミナー: 肝がん治療最近の動向「内科的治療とその効果判定」, 工藤 正俊, 第38回日本肝臓学会総会,   2002年06月, 第38回日本肝臓学会総会
    概要:ランチョンセミナー: 肝がん治療最近の動向「内科的治療とその効果判定」
  • ランチョンセミナー「肝細胞癌の効率的RFA治療ー造影超音波併用の与えるimpactー」, 工藤 正俊, 第38回日本肝臓学会総会,   2002年06月, 第38回日本肝臓学会総会
  • ランチョンセミナー: 肝がん治療最近の動向「内科的治療とその効果判定」, 工藤 正俊, 第38回日本肝臓学会総会,   2002年06月, 第38回日本肝臓学会総会
  • 特別講演「肝がんは克服できる-最新情報」, 工藤 正俊, 平成14年度肝がん撲滅運動市民公開講座(日本肝臓学会・大阪府主催),   2002年06月, 平成14年度肝がん撲滅運動市民公開講座(日本肝臓学会・大阪府主催)
  • 肝腫瘍性病変の特徴: CHAモード造影超音波の有用性, 文 艶玲, 工藤 正俊, 丁 紅, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
  • 消化器粘膜下腫瘍における造影超音波法およびEUS下穿刺の有用性, 福田 信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 前川 清, 末冨 洋一郎, 由谷 逸朗, 中岡 良介, 松井 繁長, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
  • 超音波内視鏡下造影および穿刺生検のよる膵腫瘍性疾患の診断, 北野 雅之, 工藤 正俊, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 汐見 幹夫, 川崎 俊彦, 小川 力, 石川 恵美, 由谷 逸朗, 前川 清, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
  • 局所治療後遺残肝細胞癌 (HCC) に対する造影超音波下RFAの検討, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 小川 力, 南 康範, 末冨 洋一郎, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 桑口 愛, 江口 真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
  • CHAモードを用いた膵腫瘍性病変の造影超音波像, 桑口 愛, 工藤 正俊, 江口 真由美, 前川 清, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
  • 「人工胸水下造影超音波併用RFA」の初期臨床経験, 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 末冨 洋一郎, 小川 力, 桑口 愛, 江口 真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
  • CHAリサーチ(H7)を用いた肝腫瘍の造影3D像の検討, 前川 清, 工藤 正俊, 桑口 愛, 江口 真由美, 小川 力, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
  • 造影超音波にて肝静脈が流出血流と同定した肝血管筋脂肪腫の2例, 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 末冨 洋一郎, 小川 力, 桑口 愛, 江口 真由美, 前川 清, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
  • 肝硬変の超音波診断: 多施設共同研究, 鄭 栄琴, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 岡部 純弘, 大崎 征夫, 飯島 尋子, 春日井 博志, 兼松 雅之, 伊藤 克能, 神代 正道, 日本超音波医学会第75回学術集会,   2002年06月, 日本超音波医学会第75回学術集会
  • C型肝炎針刺し事故直後のIFNの有用性に関する検討, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 熊田 卓, 勝島 慎二,岡野 明浩, 中村 武史, 大崎 往夫, 加藤 玲明, 小東 克次, 山下 幸孝, 荻原 智, 小森 英司, 西馬 信一, 第38回日本肝臓学会総会,   2002年06月, 第38回日本肝臓学会総会
  • 経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の現況-PEGの現況に関するアンケート集計報告, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第8回関西経皮内視鏡的胃瘻造設術研究会,   2002年06月, 第8回関西経皮内視鏡的胃瘻造設術研究会
  • 造影US. (シンポジウム「肝癌診断における各種画像診断の位置付け」), 工藤 正俊, 第37回近畿肝癌談話会,   2002年07月, 第37回近畿肝癌談話会
  • 客観的臨床能力試験(OSCE)における医療面接の評価法についての検討, 岩本 一郎, 金丸 昭久, 宮崎 俊夫, 北野 雅之, 村木 正人, 木原 幹洋, 北野 元一, 飯田 仁, 福田 寛二, 工藤 正俊, 松尾 理, 安富 正幸, 第34回日本医学教育学会,   2002年07月, 第34回日本医学教育学会
    概要:本学の客観的臨床能力試験(OSCE)における医療面接の評価は、複数のシナリオを用いて2日間にわたって実施するため、客観性の確保に問題があった。本年度は外部評価者を含む複数の教官で評価したのでその客観性につてい検討し報告した。
  • 特別講演「肝細胞癌の血流と病態ー造影ハーモニック法も含めてー」, 工藤 正俊, 県北肝疾患研究会, (佐藤由起夫 福島県立医大教授),   2002年07月, 県北肝疾患研究会, (佐藤由起夫 福島県立医大教授)
  • ハンズオンレクチャー「腹部超音波の実際」, 工藤 正俊, 国立長崎医療センター,   2002年07月, 国立長崎医療センター
  • 特別講演「肝癌における効率的局所治療のストラテジー: 造影超音波併用の与えるインパクト」, 工藤 正俊, 長崎プリンスホテル,   2002年07月, 長崎プリンスホテル
  • 特別講演「肝腫瘍の血流と病態・治療への応用」, 工藤 正俊, 広島肝疾患ゼミナール,   2002年07月, 広島肝疾患ゼミナール
  • 特別講演「肝腫瘍の超音波血流画像と癌局所治療への応用」, 工藤 正俊, 第12回府中地区肝臓病研究会,   2002年07月, 第12回府中地区肝臓病研究会
  • 門脈流入結節の造影ハーモニック像の検討, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 石川 恵美, 井上 達夫, 坂口 康浩, 小川 力, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 栄琴, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 前川 清, 第2回関西肝血流動態イメージ研究会,   2002年07月, 第2回関西肝血流動態イメージ研究会
  • 胃腎シャントのない孤立性胃静脈瘤破裂に対してPTOを施行し長期経過観察しえた1例, 松井 繁長, 工藤 正俊, 井上 良一, 高幣 和郎, 第11回近畿食道・胃静脈瘤研究会,   2002年07月, 第11回近畿食道・胃静脈瘤研究会
  • 消化管以外の臓器におけるFNAの現況と将来, 中岡 良介, 工藤 正俊, 第7回内視鏡・超音波研究会,   2002年07月, 第7回内視鏡・超音波研究会
  • 肝区域から見たCode Hamonic Angioを用いた肝細胞癌の血流評価, 日本超音波医学会第24回関西地方会,   2002年08月, 日本超音波医学会第24回関西地方会
    概要:肝細胞癌の大きさ、深さ及び造影パターンごとに分類した結果、腫瘍径についてはvesselおよびPerfusion imageに差がなく、深部病変でPerfusion imageがvessel image比し染影が優れていた。
  • Key Note Lecture「レボビストの臨床使用における基礎知識」, 工藤 正俊, 腹部超音波フォーラム,   2002年08月, 腹部超音波フォーラム
  • Key Note Lecture「レボビストの臨床使用における基礎知識」, 工藤 正俊, 腹部超音波フォーラム,   2002年08月, 腹部超音波フォーラム
  • 特別講演「肝癌における効率的局所治療のストラテジー: 造影超音波併用の与えるインパクト」, 工藤 正俊, 腹部超音波フォーラム,   2002年08月, 腹部超音波フォーラム
  • 特別講演「肝腫瘍の血流と病態ー造影ハーモニックイメージングの治療への応用ー」, 工藤 正俊, 第80回東北腹部画像診断検討会,   2002年08月, 第80回東北腹部画像診断検討会
  • 特別講演「肝細胞癌治療におけるAFPレクチン分画の意義」, 工藤 正俊, 神戸肝疾患勉強会,   2002年08月, 神戸肝疾患勉強会
  • 肝内P-Vシャントに合併した肝多発性結節性病変の1例, 松井 繁長, 工藤 正俊, 第3回臨床消化器病研究会,   2002年08月, 第3回臨床消化器病研究会
  • 嚢胞腎の経過中に発症した腸管腎盂瘻の1例, 石川 恵美, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 鄭 浩柄, 井上 達夫, 坂口 康浩, 小川 力, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 栄琴, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第44回腹部画像診断カンファレンス,   2002年08月, 第44回腹部画像診断カンファレンス
  • 肝区域からみたCoded Harmonic Angioを用いた肝細胞癌の血流評価, 前川 清, 工藤 正俊, 前野 知子, 桑口 愛, 江口 真由美, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 日本超音波医学会第24回関西地方会,   2002年08月, 日本超音波医学会第24回関西地方会
  • 造影超音波法が診断に有用であった門脈肝静脈短絡症に伴うFNHの一例, 坂口 康浩, 工藤 正俊, 豊澤 昌子, 中尾 隆美, 石川 恵美, 坂本 洋城, 鄭 栄琴, 小川 力, 井上 達夫, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 前川 清, 日本超音波医学会第24回関西地方会,   2002年08月, 日本超音波医学会第24回関西地方会
  • 興味ある血行動態を示した転移性肝癌のレボビスト造影, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 坂口 康浩, 小川 力, 井上 達夫, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 前川 清, 日本超音波医学会第24回関西地方会,   2002年08月, 日本超音波医学会第24回関西地方会
  • 体表式造影エコーおよびEUS造影エコーが診断に有用であった膵臓癌の一例, 井上 達夫, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 坂口 康浩, 小川 力, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 前川 清, 日本超音波医学会第24回関西地方会,   2002年08月, 日本超音波医学会第24回関西地方会
  • 興味ある血行動態を示した転移性肝癌のレボビスト造影, 小川 力, 工藤 正俊, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 坂本 洋城, 井上 達夫, 坂口 康浩, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 前川 清, 日本超音波医学会第24回関西地方会,   2002年08月, 日本超音波医学会第24回関西地方会
  • 興味あるレボビスト造影像を呈した小腸原発悪性リンパ腫の1例, 石川 恵美, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 川崎 俊彦, 北野 雅之, 松井 繁長, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 福田 信宏, 小川 力, 前川 清, 日本超音波医学会第24回関西地方会,   2002年08月, 日本超音波医学会第24回関西地方会
  • CHA (Coded Harmonic Angio)モードを用いた造影ハーモニックイメージングによる膵腫瘍性病変の診断, 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 第33回日本膵臓学会大会,   2002年08月, 第33回日本膵臓学会大会
  • B modeで同定困難な肝細胞癌に対する造影超音波ガイドでのRFAの検討(シンポジウム「診断と治療の最前線ー肝細胞癌」), 南 康範, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年09月, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 特別講演「超音波血流画像による肝腫瘍の診断と治療への応用」, 工藤 正俊, 西神・播磨消化器懇話会,   2002年09月, 西神・播磨消化器懇話会
  • 特別講演「肝細胞癌に対するRFA治療と今後の肝癌治療の展望」, 工藤 正俊, 秋田県肝・胆道癌研究会,   2002年09月, 秋田県肝・胆道癌研究会
  • ランチョンセミナー「肝腫瘍の超音波血流画像と治療への応用」, 工藤 正俊, 第37回日本消化器画像診断研究会,   2002年09月, 第37回日本消化器画像診断研究会
  • 特別講演「超音波血流画像による肝腫瘍の鑑別と癌局所療法への応用」, 工藤 正俊, 第13回播州肝・胆・膵・消化器癌勉強会,   2002年09月, 第13回播州肝・胆・膵・消化器癌勉強会
  • 特別講演「肝画像診断のトピックスー造影エコーを中心にー」, 工藤 正俊, 第7回神戸管と肝研究会,   2002年09月, 第7回神戸管と肝研究会
  • 腹腔内および右肩に認めた巨大脂肪腫の一例, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 坂口 康浩, 小川 力, 井上 達夫, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年09月, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 体表式造影超音波法が術前診断に有用であった小腸GISTの2例, 福田 信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 石川 恵美, 坂本 洋城, 井上 達夫, 小川 力, 坂口 康浩, 末冨 洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 前川 清, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年09月, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 胆嚢癌との鑑別が困難であった、CA19-9が著明高値を呈した、腹腔内膿瘍を合併した、急性胆嚢炎の一例, 井上 達夫, 工藤 正俊, 北口 容子, 坂本 洋城, 豊澤 昌子, 中尾 隆美, 石川 恵美, 坂口 康浩, 小川 力, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年09月, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 超音波内視鏡下穿刺が有用であった膵endocrine cell tumorの一例, 宮部 鉄生, 工藤 正俊, 中岡 良介, 野田 佳寿, 坂本 洋城, 南 康範, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 塩崎 均, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年09月, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 肝内巨大P-Vシャントに合併した肝FNH様病変の一例, 坂口 康浩, 工藤 正俊, 松井 繁長, 坂本 洋城, 井上 達夫, 小川 力, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 石川 恵美, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年09月, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 急性肝炎様症状で発症した肝脾型悪性リンパ腫の一例, 田中 陽一, 工藤 正俊, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年09月, 第77回日本消化器病学会近畿支部例会
  • シンポジウムI「内視鏡診断・治療における新しい展開(消化管)」食道静脈瘤に対するアルゴンプラズマ凝固法(APC)の有用性, 松井 繁長, 工藤 正俊, 中岡 良介, 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2002年10月, 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • シンポジウムII「内視鏡診断・治療における新しい展開(肝胆膵)」膵腫瘍におけるEUS下造影、穿刺生検および穿刺治療の有用性, 末冨洋一郎, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2002年10月, 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 人工胸水下造影超併用RFAの有用性. (ワークショップ「消化器疾患における造影エコーup to date」), 南 康範, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 第44回日本消化器病学会大会,   2002年10月, 第44回日本消化器病学会大会
  • Gastrointestinal mesenchymal tumor (GIMT)における体表式造影ハーモニックイメージング法および超音波内視鏡下造影法の有用性. (ワークショップ「消化器疾患における造影エコーup to date」), 福田信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第44回日本消化器病学会大会,   2002年10月, 第44回日本消化器病学会大会
  • Contrast-enhanced power Doppler endoscopic ultrasound in pancreatic diseases: comparison with contrast-enhanced extracorporal harmonic ultrasound and computed tomography, 北野 雅之, 工藤 正俊, 中岡 良介, 末冨洋一郎, 汐見幹夫, 福田信宏, 松井 繁長, 川崎俊彦, 前川 清, 13th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography,   2002年10月, 13th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography
  • 胃幽門狭窄に対するステント治療とバイパス手術の比較検討, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 第64回日本消化器内視鏡学会総会,   2002年10月, 第64回日本消化器内視鏡学会総会
    概要:胃幽門部狭窄に対してステント治療とバイパス手術を行い、食事開始時期、在院日数、在宅日数などにつき比較検討を行った。
  • Special Lecture "Radofrequency ablation for HCC under contrast-harmonic imaging guidance", 工藤 正俊, Chinese Taipei Society of Ultrasound in Medicine,   2002年10月, Chinese Taipei Society of Ultrasound in Medicine
  • Special Lecture "Contrast harmonic imaging in the characterization of hepatic tumors", 工藤 正俊, Chinese Taipei Society of Ultrasound in Medicine,   2002年10月, Chinese Taipei Society of Ultrasound in Medicine
  • 接合部腺癌および食道非腺癌における背景粘膜のSSBEと食道胃接合部の病理, 辻 直子, 工藤 正俊, 石黒 信吾, 第64回日消化器内視鏡学会総会,   2002年10月, 第64回日消化器内視鏡学会総会
  • 大腸腫瘍における間質反応,特に筋線維芽細胞の形態変化についての病理組織学的検討, 米田 円, 工藤 正俊, 田中 陽一, 森村正嗣, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第44回日本消化器病学会総会,   2002年10月, 第44回日本消化器病学会総会
  • 特別講演「発癌の血流と病態」, 工藤 正俊, 第2回肝臓フォーラム,   2002年10月, 第2回肝臓フォーラム
  • ハンズオンレクチャー「造影エコーの基本手技」, 工藤 正俊, 愛知医科大学,   2002年10月, 愛知医科大学
  • 特別講演「肝癌における効率的局所治療のストラテジー -造影超音波併用の与えるインパクト-」, 工藤 正俊, 腹部造影エコー学術講演会,   2002年10月, 腹部造影エコー学術講演会
  • ランチョンセミナー「肝腫瘍における超音波造影法の現状と展望」, 工藤 正俊, 第40回日本癌治療学会総会,   2002年10月, 第40回日本癌治療学会総会
  • 基調講演「消化器造影エコー診断の現況と展望」, 工藤 正俊, 第44回日本消化器病学会(DDW-Japan),   2002年10月, 第44回日本消化器病学会(DDW-Japan)
  • ブレックファーストセミナー「RFAによる肝癌治療の今後の展開」, 工藤 正俊, 第6回日本肝臓学会大会(DDW-Japan),   2002年10月, 第6回日本肝臓学会大会(DDW-Japan)
  • ランチョンセミナー「RFA治療と超音波造影剤による効果判定」, 工藤 正俊, 第44回日本消化器病学会(DDW-Japan),   2002年10月, 第44回日本消化器病学会(DDW-Japan)
  • 特別講演「肝・胆・膵疾患の造影エコー法の進歩」, 工藤 正俊, 第13回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会( JACUA),,   2002年10月, 第13回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会( JACUA),
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療-最近の進歩-」, 工藤 正俊, 第1回肝疾患診療の最前線,   2002年10月, 第1回肝疾患診療の最前線
  • Pulse Subtraction法による肝腫瘍の診断, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 岡山近畿消化器画像診断研究会,   2002年10月, 岡山近畿消化器画像診断研究会
  • 造影ハーモニック法の治療への応用ー治療効果判定と泉誌, 南 康範, 工藤 正俊, 岡山近畿消化器画像診断研究会,   2002年10月, 岡山近畿消化器画像診断研究会
  • 膵腫瘍における造影エコー法の意義, 北野 雅之, 工藤 正俊, 岡山近畿消化器画像診断研究会,   2002年10月, 岡山近畿消化器画像診断研究会
  • 超音波内視鏡ガイド下腹腔内神経叢ブロックが著効を示した膵癌性疼痛の1例, 福田 信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 前川 清, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 小川 力, 末冨 洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2002年10月, 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 肝細胞癌に対しLp-TAE後に急性閉塞性化膿性胆管炎を発症した1例, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 小川 力, 福田 信宏, 南 康範, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2002年10月, 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 造影ハーモニックイメージングによる膵癌におけるGemcitabineの治療効果判定ー造影ハーモニックイメージングの意義ー, 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, 第44回日本消化器病学会大会(DDW-Japan),   2002年10月, 第44回日本消化器病学会大会(DDW-Japan)
  • 造影パワードプラEUSによる膵腫瘍性病変の診断; 体外式造影超音波および造影CT検査との比較, 北野 雅之, 工藤 正俊, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 福田 信宏, 松井 繁長, 南 康範, 鄭 浩柄, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第64回日本消化器内視鏡学会総会,   2002年10月, 第64回日本消化器内視鏡学会総会
  • 食道静脈瘤に対するEISL後の地固め療法の検討ーASとAPCの比較ー, 松井 繁長, 工藤 正俊, 中岡 良介, 石川 恵美, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第64回日本消化器内視鏡学会総会,   2002年10月, 第64回日本消化器内視鏡学会総会
  • 胃幽門部癌性狭窄に対するステント治療とバイパス手術の比較検討, 田中 陽一, 工藤 正俊, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第64回日本消化器内視鏡学会総会,   2002年10月, 第64回日本消化器内視鏡学会総会
  • 肝細胞癌に対するRFA治療後の再発とAFP-L3分画の相関関係について, 小川 力, 工藤 正俊, 市川 勉, 乾 絹世, 岡田 無文, 北口 容子, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 松井 繁長, 由谷 逸朗, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第6回日本肝臓学会大会(DDW-Japan),   2002年10月, 第6回日本肝臓学会大会(DDW-Japan)
  • 肝細胞癌に対するRFA問題点とその対策, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 小川 力, 南 康範, 川崎俊彦, 第6回日本肝臓学会大会(DDW-Japan),   2002年10月, 第6回日本肝臓学会大会(DDW-Japan)
  • B-modeにて同定困難な症例における超音波造影下治療の検討, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 川崎俊彦, 第6回日本肝臓学会大会(DDW-Japan),   2002年10月, 第6回日本肝臓学会大会(DDW-Japan)
  • 超音波内視鏡下穿刺生検が有用であった進行膵悪性腫瘍の1例, 中岡 良介, 工藤 正俊, 南 康範, 福田信宏, 末冨洋一郎, 北野 雅之, 汐見幹夫, 白石 治, 中居 卓也, 塩崎 均, 第64回日本消化器内視鏡学会附置研究会, 第1回EUS-FNAの臨床応用に関する研究会,   2002年10月, 第64回日本消化器内視鏡学会附置研究会, 第1回EUS-FNAの臨床応用に関する研究会
  • 超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロックが著効を示した膵癌性疼痛の1例, 北野 雅之, 工藤 正俊, 末冨洋一郎, 中岡 良介, 福田信宏, 前川 清, 坂本洋城, 石川恵美, 小川 力, 南 康範, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第64回日本消化器内視鏡学会附置研究会, 第1回EUS-FNAの臨床応用に関する研究会,   2002年10月, 第64回日本消化器内視鏡学会附置研究会, 第1回EUS-FNAの臨床応用に関する研究会
  • 肝血管腫の造影超音波, 第10回画論,   2002年11月, 第10回画論
    概要:肝左葉を占拠する病変に対しレボビストを用いて造影超音波を行った結果、綿花上濃染像が得られ、肝血管腫が同定できた症例を第10回画論にて発表し、超音波検査部門の最優秀賞を受賞した。
  • シンポジウム「US(腫瘍のUSによる治療効果予測・効果判定)」: 肝癌の治療効果判定-ラジオ波治療効果-, 南 康範, 工藤 正俊, 第31回断層映像研究会,   2002年11月, 第31回断層映像研究会
  • Special Lecture "AFP-L3 Fraction in the Evaluation of Treatment Respoce for Hepatocellular Carcinoma", 工藤 正俊, 53th American Association of Study of the Liver,   2002年11月, 53th American Association of Study of the Liver
  • Special Lecture "Liver Cancer in Japan; Advances of Imaging Diagnosis", 工藤 正俊, 4th Korea-Japan Medical symposium,   2002年11月, 4th Korea-Japan Medical symposium
  • Special Lecture "Benign Focal Liver Lesions ", 工藤 正俊, AFSUMB ULTRSOUND COURSES 2002,   2002年11月, AFSUMB ULTRSOUND COURSES 2002
  • Special Lecture "Diffuse Liver Disease ", 工藤 正俊, AFSUMB ULTRSOUND COURSES 2002,   2002年11月, AFSUMB ULTRSOUND COURSES 2002
  • Special Lecture "Malignant Focal Liver Lesions ", 工藤 正俊, AFSUMB ULTRSOUND COURSES 2002,   2002年11月, AFSUMB ULTRSOUND COURSES 2002
  • Special Lecture "Pancreatic Diseases ", 工藤 正俊, AFSUMB ULTRSOUND COURSES 2002,   2002年11月, AFSUMB ULTRSOUND COURSES 2002
  • 当院におけるアンケート結果から省みた前処置対策, 米田 円, 工藤 正俊, 田中 陽一, 森村 正嗣, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第2回南大阪大腸内視鏡研究会,   2002年11月, 第2回南大阪大腸内視鏡研究会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療ー最近の進歩ー」, 工藤 正俊, 消化器病センターセミナー,   2002年11月, 消化器病センターセミナー
  • 特別講演「消化器疾患診療の最近の話題」, 工藤 正俊, 第143回青森消化器疾患セミナー,   2002年11月, 第143回青森消化器疾患セミナー
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療-最近の進歩-」, 工藤 正俊, 第97回日本消化器病学科東海支部例会,   2002年11月, 第97回日本消化器病学科東海支部例会
  • EUS-FNAが治療方針決定に有用であった進行性膵悪性腫瘍の1例, 宮部欽生, 工藤 正俊, 末冨洋一郎, 中岡 良介, 福田信宏, 前川 清, 坂本洋城, 石川恵美, 小川 力, 南 康範, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第143回大阪腹部超音波研究会,   2002年11月, 第143回大阪腹部超音波研究会
  • EUSガイド下腹腔神経叢ブロックでコントロールし得た眼精疼痛の1例, 福田信宏, 工藤 正俊, 末冨洋一郎, 中岡 良介, 前川 清, 坂本洋城, 石川恵美, 小川 力, 南 康範, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第143回大阪腹部超音波研究会,   2002年11月, 第143回大阪腹部超音波研究会
  • 当院における経皮的ラジオ波焼灼術の合併症, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 豊澤 昌子, 石川恵美, 坂本洋城, 小川 力, 坂口康浩, 井上達夫, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第35回大阪肝穿刺生検治療研究会,   2002年11月, 第35回大阪肝穿刺生検治療研究会
  • EISLにて止血し得た十二指腸静脈瘤の1例, 松井 繁長, 工藤 正俊, 福田信宏, 末冨洋一郎, 鄭 浩柄, 南 康範, 中岡 良介, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第5回南大阪肝胆膵懇話会,   2002年11月, 第5回南大阪肝胆膵懇話会
  • 難治性C型慢性肝炎(Ib型, 高ウイルス例)に対するIFNα2b+リバビリン併用療法の効果, 石川恵美, 工藤 正俊, 福田信宏, 末冨洋一郎, 鄭 浩柄, 南 康範, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第14回南大阪肝胆膵研究会,   2002年12月, 第14回南大阪肝胆膵研究会
  • Application of harmonic imaging to the treatment of hepatocellular carcinoma, 工藤 正俊, The 8th Internationl Symposium on Interventional Radiology & New Vascular Imaging,   2002年, The 8th Internationl Symposium on Interventional Radiology & New Vascular Imaging
  • 腹部血管造影検査にて出血部位を同定できた小腸毛細血管性血管腫の1例, 石川 恵美, 工藤 正俊, 松井 繁長, 小川 力, 福田 信宏, 南 康範, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 遠田 弘一, 汐見 幹夫, 保田 知生, 新海 政幸, 十川 佳史, 大柳 治正, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会,   2002年, 第76回日本消化器病学会近畿支部例会
  • Special Lecture "Diagnosis of early, small hepatocellular carcinoma", 工藤 正俊, U.S. - Japan Cooperative Medical Sciences Program Joint Annual Meeting of the Hepatitis Panel,   2003年01月, U.S. - Japan Cooperative Medical Sciences Program Joint Annual Meeting of the Hepatitis Panel
  • 教育講演「肝癌診療の最新情報(画像診断のこつ)」, 工藤 正俊, 第37回日本成人病(生活習慣病)学会,   2003年01月, 第37回日本成人病(生活習慣病)学会
  • 超音波検査にて後腹膜神経性腫瘍が疑われた一例, 日本超音波医学会第25回関西地方会,   2003年02月, 日本超音波医学会第25回関西地方会
    概要:良性の後腹膜神経鞘腫の1症例を経験した。超音波BモードとTHIはMRI、T1強調画像と酷似した像を示した。また、レボビスト造影超音波は造影CTとおなじ染影動態を示した。今後、超音波検査が神経鞘腫の鑑別に有用となり得ると考える。
  • 特別講演「肝細胞癌の血流動態」, 工藤 正俊, 第9回肝血流動態イメージ研究会,   2003年02月, 第9回肝血流動態イメージ研究会
  • 特別講演「肝癌の診断と治療」, 工藤 正俊, 大阪府医師会医学会平成14年度セミナー形式による研修会,   2003年02月, 大阪府医師会医学会平成14年度セミナー形式による研修会
    概要:特別講演「肝癌の診断と治療」
  • 特別講演「日本における肝癌の早期診断」, 工藤 正俊, 第1回肝癌撲滅アジアフォーラム,   2003年02月, 第1回肝癌撲滅アジアフォーラム
  • 特別講演「経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)の現状と展望」, 工藤 正俊, 朝日サイエンスセミナー,   2003年02月, 朝日サイエンスセミナー
  • 特別講演「肝細胞癌の早期診断」, 工藤 正俊, 平成14年度厚生労働科学研究費肝炎等克服緊急対策研究公開報告会,   2003年02月, 平成14年度厚生労働科学研究費肝炎等克服緊急対策研究公開報告会
  • 特別講演「治療効果判定と造影ハーモニックガイド下RFA」, 工藤 正俊, 朝日サイエンスセミナー,   2003年02月, 朝日サイエンスセミナー
  • 特別講演「肝細胞癌診療の最近のトピックス」肝炎セミナー~肝炎・肝癌の現状と今後~, 工藤 正俊,   2003年02月
  • 超音波内視鏡下穿刺吸引組織診(EUS-FNAB)が診断に有用であった膵ソマトスタチノーマの一例, 野田佳寿, 工藤 正俊, 末冨洋一郎, 宮部欽生, 前川 清, 南 康範, 中岡 良介, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 保田 知生, 大柳 治正, 日本超音波医学会第25回関西地方会,   2003年02月, 日本超音波医学会第25回関西地方会
  • 嚢胞内出血を造影エコー法にて診断し得た腎盂腸管瘻合併多発性嚢胞腎の一例, 冨田崇文, 工藤 正俊, 石川恵美, 汐見幹夫, 川崎俊彦, 北野 雅之, 松井 繁長, 前川 清, 日本超音波医学会第25回関西地方会,   2003年02月, 日本超音波医学会第25回関西地方会
  • 超音波検査にて後腹膜神経原性腫瘍が疑われた一症例, 前野知子, 工藤 正俊, 桑口 愛, 江口真由美, 前川 清, 川崎俊彦, 日本超音波医学会第25回関西地方会,   2003年02月, 日本超音波医学会第25回関西地方会
  • 2本の太い流出路をもつため、B-RTOが困難であった巨大静脈瘤の一例, 朝隈 豊, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 坂本洋城, 梅原 泰, 小川 力, 野田佳寿, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 石川恵美, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 汐見幹夫, 第78回日本消化器病学会近畿支部例会,   2003年02月, 第78回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 早期胆嚢癌を合併した非拡張型膵胆管合流異常症の一例, 田中 陽一, 工藤 正俊, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第78回日本消化器病学会近畿支部例会,   2003年02月, 第78回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 肝臓における臨床的有用性についてーVascular Phaseを中心にー, 南 康範, 工藤 正俊, GE Ultrasound Advanced Symposium 2003,   2003年02月, GE Ultrasound Advanced Symposium 2003
  • Invited Lecture "Characterization of hepatic tumors by contrast-enhanced harmonic imaging.", 工藤 正俊, International Symposium of New Advances in Mediical Ultrasound,   2003年03月, International Symposium of New Advances in Mediical Ultrasound
  • Invited Lecture "Application of contrast harmonic imaging to the treatment of hepatocellular carcinoma.", 工藤 正俊, International Symposium of New Advances in Mediical Ultrasound,   2003年03月, International Symposium of New Advances in Mediical Ultrasound
  • Invited Lecture "Clinical usefulness of new contrast agent, Definity.", 工藤 正俊, International Symposium of New Advances in Mediical Ultrasound,   2003年03月, International Symposium of New Advances in Mediical Ultrasound
  • Serrated Adenomatous Polyposisの1例, 安藤 理奈, 工藤 正俊, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第70回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2003年03月, 第70回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 特別講演「YM454の使用経験と今後の展望」, 工藤 正俊, 第14回超音波ドプラ研究会,   2003年03月, 第14回超音波ドプラ研究会
  • GAVEに対するAPCの検討, 宮部 欽生, 工藤 正俊, 松井 繁長, 信夫 清, 石川 恵美, 坂本 洋城, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 吉本 理恵, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第70回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2003年03月, 第70回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 超音波内視鏡下穿刺生検が診断に有用であった十二指腸GISTの1症例, 北井 聡, 工藤 正俊, 石川 恵美, 北野 雅之, 豊澤 昌子, 坂本 洋城, 坂口 康浩, 井上 達夫, 小川 力, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 吉本 理恵, 信夫 清, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第70回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2003年03月, 第70回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 憩室内乳頭の総胆管再発巨大結石に対して乳頭切開、砕石術にて排石し得た一症例, 吉本 理恵, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 野田 佳寿, 信夫 清, 石川 恵美, 坂本 洋城, 井上 達夫, 小川 力, 坂口 康浩, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 第70回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2003年03月, 第70回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 超音波血流画像による肝腫瘍の病態評価. シンポジウム「形態と機能の統合」, 工藤 正俊, 第62回日本医学放射線学会学術発表会,   2003年04月, 第62回日本医学放射線学会学術発表会
  • 肝細胞癌の統合Staging systemによる治療法の客観的評価: CLIP scoreとJIS scoreを用いた検討. パネルディスカッション「肝細胞癌の治療:EBMに基づいた体系の確立」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 大崎往夫, 第89回日本消化器病学会総会,   2003年04月, 第89回日本消化器病学会総会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近のトピックス」, 工藤 正俊, 第6回京都消化器セミナー,   2003年04月, 第6回京都消化器セミナー
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近の進歩」, 工藤 正俊, 神戸大学大学院特別講演,   2003年04月, 神戸大学大学院特別講演
  • 教育講演「肝細胞癌の治療: EBMに基づいた体系の確立」, 工藤 正俊, 第89回日本消化器病学会総会,   2003年04月, 第89回日本消化器病学会総会
  • 造影超音波検査による膵癌の血行動態評価ー鑑別およびGemcitabineの治療効果判定における有用性ー, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 前川 清, 中岡 良介, 井上 達夫, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 第14回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2003年04月, 第14回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
  • 肝細胞癌に対する新しい統合ステージングシステムの提唱, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第8回南大阪肝胆膵懇話会,   2003年04月, 第8回南大阪肝胆膵懇話会
  • CHA (Coded Harmonic Angio)モードを用いた胆嚢隆起性病変の造影ハーモニック像の検討, 井上 達夫, 工藤 正俊, 小川 力, 坂口 康浩, 坂本 洋城, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 石川 恵美, 中岡 良介, 鄭 浩柄, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 前川 清, 第89回日本消化器病学会総会,   2003年04月, 第89回日本消化器病学会総会
  • 造影超音波を用いた各種肝疾患における血流動態の評価, 坂口 康浩, 工藤 正俊, 豊澤 昌子, 石川 恵美, 坂本 洋城, 井上 達夫, 小川 力, 福田 信宏, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 第89回日本消化器病学会総会,   2003年04月, 第89回日本消化器病学会総会
  • YM454造影剤を用いた肝臓浅部域の造影能評価:実験モデルによる基礎的検討, 日本超音波医学会第76回学術集会,   2003年05月, 日本超音波医学会第76回学術集会
    概要:新しい造影剤perfluoropropaneを主成分とした低音圧系造影剤YM454を用いて肝臓の表面浅深部領域の造影能評価を小型犬の肝臓を用いて検討し、10~20μl/kgの経静脈的注入で充分な造影像を示し、TICも良好で臨床応用が可能と考え報告した。
  • 超音波Color Doppler Imaging (CDI) による胃癌原発巣内の血流評価, 日本超音波医学会第76回学術集会,   2003年05月, 日本超音波医学会第76回学術集会
    概要:従来、胃癌の原発巣内の血流は低下している例が多いと考えられてきた。今回、進行胃癌64例の原発巣内の血流を対外式超音波にて観察し、病理学的所見とも対比した結果、むしろ血流の増加している症例のほうが多いことが示された。
  • 肝細胞癌局所再発に対する造影超音波ガイド下ラジオ波焼灼術. シンポジウム「肝癌診療における超音波の新潮流」, 南 康範, 工藤 正俊, 日本超音波学会 第76回学術集会,   2003年05月, 日本超音波学会 第76回学術集会
  • Levovistおよび次世代造影エコー法の現状と展望. ランチョンセミナー「肝腫瘍の診断と治療の最先端ー肝血流評価とコントラストハーモニックエコー」, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第76回学術集会,   2003年05月, 日本超音波医学会第76回学術集会
  • 統合staging systemによる肝細胞癌の治療法の選択: CLIP scoreとJIS scoreの比較. パネルディスカッション「肝細胞癌の診断・治療の今後の展開」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第39回日本肝臓学会総会,   2003年05月, 第39回日本肝臓学会総会
  • Changes of lens culinaris agglutinin-reactive alpha-fetoprotein (AFP-L3 fraction) after complete response by radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma, 小川 力, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 南 康範, 福田信宏, 末冨洋一郎, 石川恵美, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, DDW (AASLD) (Topic Forum-oral),   2003年05月, DDW (AASLD) (Topic Forum-oral)
  • Validation and limitation of CLIP scoring system in 722 Japanses patients with hepatocellular carcinoma and a proposal of better prognostic staging system, Japan Integrated Staging Score (JIS score), 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 南 康範, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 石川恵美, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, DDW (AASLD),   2003年05月, DDW (AASLD)
  • Evaluation of pancreatic microcirculation by contrast-enhanced endosonography in dogs, 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 坂本洋城, 南 康範, 中岡 良介, 宮本 清, 藤本 浩, DDW (AASLD,   2003年05月, DDW (AASLD
  • Usefulness of contrast-enhanced coded phase-inversion harmonic ultrasonography for differential diagnosis of pancreatic diseases and evaluation of chemotherapy, 北野 雅之, 工藤 正俊, 末冨洋一郎, 前川 清, 坂本洋城, 中岡 良介, 川崎俊彦, DDW (AASLD),   2003年05月, DDW (AASLD)
  • Esophagus with multiple small lugol's iodine-unstained lesions has high likelihood of developing multicentric esophageal squamous cell carcinoma, 辻 直子, 工藤 正俊, DDW (AASLD),   2003年05月, DDW (AASLD)
  • Usefulness of mucosa-fibrosing therapy with argon plasma coagulation for esophageal varices, 松井 繁長, 工藤 正俊, 北野 雅之, 中岡 良介, 汐見幹夫, DDW (AASLD),   2003年05月, DDW (AASLD)
  • Radiofrequency ablation therapy under contrast-enhanced harmonic imaging guidance for recurrence after local ablation therapy for hepatocellular carcinoma: a randomized controlled study, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 小川 力, 福田信宏, 末冨洋一郎, 石川恵美, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, DDW (AASLD),   2003年05月, DDW (AASLD)
  • Radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma located at subphrenic region: value of artificial pleural effusion combined with contrast-harmonic imaging, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 小川 力, 福田信宏, 石川恵美, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 末冨洋一郎, 川崎俊彦, 汐見幹夫, DDW (AASLD),   2003年05月, DDW (AASLD)
  • Differential diagnosis of pancreatic diseases by contrast-enhanced power Doppler endosonography, 北野 雅之, 工藤 正俊, 中岡 良介, 末冨洋一郎, 坂本洋城, 福田信宏, 松井 繁長, 汐見幹夫, 前川 清, DDW (AASLD),   2003年05月, DDW (AASLD)
  • Levovistおよび次世代造影エコー法の現状と展望. ランチョンセミナー「肝腫瘍の診断と治療の最先端ー肝血流評価とコントラストハーモニックエコー」, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第76回学術集会,   2003年05月, 日本超音波医学会第76回学術集会
  • ランチョンセミナー「肝細胞癌の血流動態はどこまでわかったか?」, 工藤 正俊, 第39回日本肝臓学会総会,   2003年05月, 第39回日本肝臓学会総会
  • 肝細胞癌の治療法の客観評価とその標準化ーJIS scoreとAFP-L3分画を用いてー. ランチョンセミナー「我が国のNASHを考えるー疾患概念と治療を中心にー」, 工藤 正俊, 第39回日本肝臓学会総会,   2003年05月, 第39回日本肝臓学会総会
  • 特別企画「示唆に富む肝結節病変の画像と病理」コメンテイター, 工藤 正俊, 第39回日本肝臓学会総会,   2003年05月, 第39回日本肝臓学会総会
  • 血流動態より境界病変と考えられる硬変肝内微小結節性病変の予後. シンポジウム「肝硬変に伴う肝細胞性結節性病変の悪性度診断と生物学的予後」, 福永 豊和, 工藤 正俊, 岡部純弘, 第39回日本肝癌研究会,   2003年06月, 第39回日本肝癌研究会
  • HCCに対するRFA併用療法としてのLpTAEの有用性に関する検討. ワークショップ1 「肝細胞癌に対する手術療法、局所ablation療法の治療成績(生存率)ーTAEはどのような寄与をしているのかー」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 坂本洋城, 井上達夫, 小川 力, 梅原 泰, 坂口康浩, 福田信宏, 末冨洋一郎, 豊沢昌子, 石川恵美, 南 康範, 福永 豊和, 川崎俊彦, 第39回日本肝癌研究会,   2003年06月, 第39回日本肝癌研究会
  • Radiofrequency ablation therapy under harmonic imaging guidance for the recurring cancer after local therapy for HCC: a randomized controlled study with RFA under B-mode guidance, 工藤 正俊, 南 康範, 10th Congress of the World Federation for ultrasound in Medicine and Biology (WFUMB),   2003年06月, 10th Congress of the World Federation for ultrasound in Medicine and Biology (WFUMB)
  • 講演「肝がんで命を落とさないコツ」, 工藤 正俊, 日本肝臓学会主催 市民公開講座,   2003年06月, 日本肝臓学会主催 市民公開講座
  • 特別講演「肝炎に対するインターフェロン治療と肝がんのラジオ波治療」, 工藤 正俊,   2003年06月
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療:最近の進歩」, 工藤 正俊, 第25回奈良県肝・胆・膵研究会,   2003年06月, 第25回奈良県肝・胆・膵研究会
  • 特別講演「造影USの最先端」, 工藤 正俊, 第11回日本がん検診・診断学会,   2003年07月, 第11回日本がん検診・診断学会
  • 特別講演「肝疾患診療の最近の話題」, 工藤 正俊, 第16回泉南消化器病研究会,   2003年07月, 第16回泉南消化器病研究会
  • 胆道出血を契機に診断した胆嚢癌の一例, 水野 成人, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 井上 雅智, 工藤 正俊, 第39回奈良県消化器内視鏡研究会,   2003年07月, 第39回奈良県消化器内視鏡研究会
  • 特別講演「肝癌治療標準化のためのclinical staging system-その重要性と新しいstaging system (JIS score)の意義-」, 工藤 正俊, 第8回京都外科侵襲研究会,   2003年08月, 第8回京都外科侵襲研究会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療ー最近のトピックスー」, 工藤 正俊, 第3回三重肝癌研究会,   2003年08月, 第3回三重肝癌研究会
  • 特別講演「肝癌は克服できる-最新情報-」, 工藤 正俊, 平成15年度日本肝臓学会主催. 肝がん撲滅運動市民公開講座,   2003年08月, 平成15年度日本肝臓学会主催. 肝がん撲滅運動市民公開講座
  • 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術後のインターフェロン長期少量投与の有用性について. シンポジウム「肝炎治療の最前線-肝硬変・肝癌はなくせるか?-」, 坂口康浩, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 第79回日本消化器病学会近畿支部例,   2003年09月, 第79回日本消化器病学会近畿支部例
  • HCCに対するRFA治療成績と基礎的検討に基づいた成績向上の試み. シンポジウム「消化器病治療の新たな展開ー基礎から臨床へー」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 南 康範, 第79回日本消化器病学会近畿支部例会,   2003年09月, 第79回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 食道静脈瘤に対するアルゴンプラズマ凝固法による地固め療法の有用性. シンポジウム「エビデンスに基づいたアルゴンプラズマ凝固療法の適応と治療効果」, 松井 繁長, 工藤 正俊, 中岡 良介, 第66回日本消化器内視鏡学会総会,   2003年09月, 第66回日本消化器内視鏡学会総会
  • 肝細胞癌の外科的病理学と分子生物学, 林 祥剛, 工藤 正俊, 8th Asia Pacific Association of Societies of Pathologists Congress-2003,   2003年09月, 8th Asia Pacific Association of Societies of Pathologists Congress-2003
  • 肝細胞癌に対する新しい診断ステージングシステム、JISスコアの層別化能:CLIPスコアとの比較, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, Single Topic Conference on HCC, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2003年09月, Single Topic Conference on HCC, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 日本における肝細胞癌3934症例に対するJISスコアの成績:多施設共同研究, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, Single Topic Conference on HCC, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2003年09月, Single Topic Conference on HCC, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 早期肝細胞癌に対する局所療法と肝切除との比較:JISスコアに基づいた層別法による737症例の解析, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, Single Topic Conference on HCC, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2003年09月, Single Topic Conference on HCC, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 特発性血小板減少性紫斑病を合併したB型肝硬変の一例, 田中 陽一, 落合 健, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 第79回日本消化器病学会近畿支部例会,   2003年09月, 第79回日本消化器病学会近畿支部例会
    概要:ステロイドとラミブジンの併用療法でB型肝炎の急性増悪を緩解させることが出来た特発性血小板減少性紫斑病合併B型肝硬変の一例について報告した。
  • 特別講演「新しい肝細胞癌の臨床:ステージングシステム」, 工藤 正俊, 第8回神戸肝臓疾患勉強会,   2003年09月, 第8回神戸肝臓疾患勉強会
  • 教育講演「消化器領域における造影エコー法:最近の進歩」, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第39回中国治療会第2回中国地方会講習会,   2003年09月, 日本超音波医学会第39回中国治療会第2回中国地方会講習会
  • 特別講演「腹部超音波造影診断-現状と次世代超音波造影剤の動向-」, 工藤 正俊, 第8回関西超音波造影剤研究会,   2003年09月, 第8回関西超音波造影剤研究会
  • 膵管口からの乳頭プレカットの有用性, 水野 成人, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 吉岡 毅 木本 邦彦, 第39回日本胆道学会学術集会,   2003年09月, 第39回日本胆道学会学術集会
  • ビルロートⅡ法再建後の輸入脚に発生したGISTの1例, 渡邉 和彦, 水野 成人, 加藤 玲明, 南野 達夫, 小川 稔, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第79回日本消化器病学会近畿支部例会,   2003年09月, 第79回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 膵癌性疼痛に対する超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロックの有用性. シンポジウム「消化器病における内視鏡診療の最前線」, 北野 雅之, 工藤 正俊, 中岡 良介, 第71回日本消化器内視鏡学会近畿地方,   2003年10月, 第71回日本消化器内視鏡学会近畿地方
  • 肝癌に対する局所療法の長期予後-肝切除との比較-. ワークショップ1「統合Staging systemを用いた肝細胞癌に対する局所療法の長期予後」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 大崎往夫, 第45回日本消化器病学会大会, 第7回日本肝臓学会大会(DDW),   2003年10月, 第45回日本消化器病学会大会, 第7回日本肝臓学会大会(DDW)
  • 消化器疾患における造影エコー法の位置づけ. ワークショップ6「高分解能Bモード造影ハーモニック法による肝腫瘍の鑑別診断:肝細胞癌の分化度診断の試み」, 川崎俊彦, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 第45回日本消化器病学会大会, 第7回日本肝臓学会大会(DDW),   2003年10月, 第45回日本消化器病学会大会, 第7回日本肝臓学会大会(DDW)
  • GISTの基礎と臨床. ワークショップ7「Gastrointestinal stromal tumor (GIST)における造影ハーモニックイメージング法の意義および組織学的遺伝子学的診断との比較」, 福田信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第45回日本消化器病学会大会,   2003年10月, 第45回日本消化器病学会大会
  • GISTに対する超音波内視鏡下診断の有用性について. シンポジウム「超音波内視鏡の高度先進技術ー消化器腫瘍の診断と治療の新しい到達点ー」, 中岡 良介, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第45回日本消化器病学会大会, 第66回日本消化器内視鏡学会総会(DDW),   2003年10月, 第45回日本消化器病学会大会, 第66回日本消化器内視鏡学会総会(DDW)
  • 超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロックにおける穿刺部位確認の工夫. シンポジウム「超音波内視鏡の高度先進技術ー消化器腫瘍の診断と治療の新しい到達点ー」, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第45回日本消化器病学会大会, 第66回日本消化器内視鏡学会総会(DDW),   2003年10月, 第45回日本消化器病学会大会, 第66回日本消化器内視鏡学会総会(DDW)
  • Stratification abiliaty of the new prognostic staging system, Japan integrated staging score (JIS score) for hepatocellular carcinoma: comparison with CLIP score, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 土師 誠二, 南 康範, 小川 力, 福永 豊和, 北野 雅之, 川崎俊彦, 大崎往夫, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2003年10月, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • Validation study of the new prognostic staging system, the Japan integrated staging score (JIS score) for hepatocellular carcinoma in 3,934 Japanese patients: a multicenter collaborative study, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 土師 誠二, 大崎往夫, 岡 博子, 春日井博志 佐々木 洋, 関 寿人, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2003年10月, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • Comparison of posttreatment prognosis between ablation and resection for early-stage hepatocellular carcinoma: standardized analysis of 737 patients by stratification method based on JIS scoring system, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2003年10月, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • A novel treatment technique for symptomatic huge liver cyst: intracystic injection therapy of monoethanolamine oleate in 12 cases with 15 liver cysts, 中岡 良介, 工藤 正俊, 石川恵美, 松井 繁長, 福田信宏, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2003年10月, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • Severe complications of radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma: analysis of 3,891 ablation in 2,614 patients, 春日井博志, 工藤 正俊, 大崎往夫, 岡 博子, 関 寿人, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2003年10月, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • Changes of lens culinaris agglutinin-reactive alpha-fetoprotein (AFP-L3 fraction) after complete radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma: analysis of 186 patients, 小川 力, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 松井 繁長, 福永 豊和, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2003年10月, The American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • アルコール多飲者に発生したヘルペス食道炎の1例, 落合 健, 安藤 理奈, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 第71回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2003年10月, 第71回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • Invited Lecture "New Prognostic Staging System for Hepatocellular Carcinoma, JIS Score", 工藤 正俊,   2003年10月
  • Invited Lecture "Prevention of Recumbence after Curative Treatment by RFA for Hepatocellular Carcinoma ", 工藤 正俊,   2003年10月
  • Special Lecture "Characteristics of AFP-L3 % positive HCC in relation to HCC staging", 工藤 正俊, Evening Session, Wako Meeting, 54th AASLD,   2003年10月, Evening Session, Wako Meeting, 54th AASLD
  • Special Lecture "Present status of contrast-enahnced ultrasonography in the hepatobiliary and pancreatic diseases", 工藤 正俊, 5th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging,   2003年10月, 5th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging
  • 食道多発ヨード不染帯の臨床病理学的検討, 辻 直子, 工藤 正俊, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 石黒 信吾, 第45回日本消化器病学大会,   2003年10月, 第45回日本消化器病学大会
  • 被検者の立場からみた上・下部消化管内視鏡検査におけるsedationの必要性, 米田 円, 工藤 正俊, 安藤 理奈, 田中 陽一, 森村正嗣, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第66回日本消化器内視鏡学会総会,   2003年10月, 第66回日本消化器内視鏡学会総会
  • アフタ型クローン病の1例, 米田 円, 工藤 正俊, 安藤 理奈, 落合 健, 田中 陽一, 森村正嗣, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第21回IBD Club Jr.,   2003年10月, 第21回IBD Club Jr.
  • 真性多血症に合併したサイトメガロウイルス腸炎の一例, 米田 円, 工藤 正俊, 田中 陽一, 森村 正嗣, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第19回大腸内視鏡検査法研究会,   2003年10月, 第19回大腸内視鏡検査法研究会
  • H.pylori菌のクラリスロマイシン耐性に関する患者背景の検討, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 飯森 真幸, 工藤 正俊, 第11回日本消化器関連学会週間,   2003年10月, 第11回日本消化器関連学会週間
    概要:慢性呼吸器疾患や慢性耳鼻科疾患の合併はH.pylori菌のクラリスロマイシン耐性の危険因子であることを報告した。
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近のトピックス」, 工藤 正俊, 第5回葵肝臓研究会,   2003年10月, 第5回葵肝臓研究会
  • ランチョンセミナー「消化器領域における造影超音波診断の新たな展開」, 工藤 正俊, 第7回日本肝臓学会大会,   2003年10月, 第7回日本肝臓学会大会
  • インターネットによる内視鏡情報配信システム, 水野 成人, 南野 達夫, 工藤 正俊, 大野 崇 辻本 隆 渡邊 元樹 上尾 太郎 吉岡 毅 吉本 貴宜 本庶 元 光本 保英 森 敬弘 平山 哲也 鹿田 潮 富岡 秀夫 伊藤 正 清水 誠治 木本 邦彦, 第66回日本消化器内視鏡学会総会,   2003年10月, 第66回日本消化器内視鏡学会総会
  • 胆道出血を契機に診断した胆嚢癌の1例, 加藤 玲明, 水野 成人, 澤本 学, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 井上 雅智, 工藤 正俊, 第71回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2003年10月, 第71回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 超音波Color Doppler Imaging (CDI) による胃癌原発巣内の血流評価, 第146回大阪腹部超音波研究会,   2003年11月, 第146回大阪腹部超音波研究会
    概要:胃癌など腺癌では、血流は少ないと考えられてきた。今回、進行胃癌64例の原発巣内の血流を対外式超音波にて観察し、病理学的所見とも対比した結果、血流の増加が認められた。
  • 十二指腸静脈瘤の診断と治療. ワークショップ「食道胃以外の静脈瘤の診断と治療」, 松井 繁長, 工藤 正俊, 第10回日本門脈圧亢進症学会総会,   2003年11月, 第10回日本門脈圧亢進症学会総会
  • Validation study of the new prognostic staging system, the Japan Integrated Staging score (JIS score) for hepatocellular carcinoma in 3,934 Japanese patients: a multicenter collaborative study, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 大崎往夫, 岡 博子, 春日井博志 佐々木 洋, 関 寿人, 11th United European Gastroenterology Weeek (UEGW),   2003年11月, 11th United European Gastroenterology Weeek (UEGW)
  • Evaluation of microvasculature in dog pancreas and gastrointestinal tract by contrast-enhanced harmonic sonography: a novel technology available for endosonography, 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 坂本洋城, 南 康範, 中岡 良介, 伊藤安啓 宮本 清 , 堀川義人 藤本 浩, 11th United European Gastroenterology Weeek (UEGW),   2003年11月, 11th United European Gastroenterology Weeek (UEGW)
  • Stratification ability of the new prognostic staging system, Japan Integrated Staging score (JIS score) for hepatocellular carcinoma: comprison with CLIP score, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 土師 誠二, 南 康範, 小川 力, 福永 豊和, 北野 雅之, 大崎往夫, 11th United European Gastroenterology Weeek (UEGW),   2003年11月, 11th United European Gastroenterology Weeek (UEGW)
  • Effect of mucosa-fibrosing therapy with argon plasma coagulation on esophageal varices, 松井 繁長, 工藤 正俊, 中岡 良介, 北野 雅之, 汐見幹夫, 川崎俊彦, 11th United European Gastroenterology Weeek (UEGW),   2003年11月, 11th United European Gastroenterology Weeek (UEGW)
  • 肝脾腫を呈し,病理組織学的にgranulomaの形成が認められた一例, 米田 円, 工藤 正俊, 安藤 理奈, 落合 健, 田中 陽一, 森村正嗣, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第37回大阪肝穿刺生検治療,   2003年11月, 第37回大阪肝穿刺生検治療
  • 特別講演「肝疾患の早期発見と治療」, 工藤 正俊, 近畿大学薬学部・薬友会平成15年度第3回生涯教育研修会,   2003年11月, 近畿大学薬学部・薬友会平成15年度第3回生涯教育研修会
  • 特別講演「肝腫瘍の造影ハーモニックイメージングー治療への応用も含めてー」, 工藤 正俊, 第9回栃木県超音波懇話会,   2003年11月, 第9回栃木県超音波懇話会
  • 特別講演「肝腫瘍の造影ハーモニックイメージングー治療への応用も含めてー」, 工藤 正俊, 第2回山口県総合画像診断研究会,   2003年11月, 第2回山口県総合画像診断研究会
  • 特別講演「肝細胞癌の診療と治療ー最近のトピックスー」, 工藤 正俊, 第9回上町台消化器セミナー,   2003年11月, 第9回上町台消化器セミナー
  • 大腸潰瘍の一例, 豊澤 昌子, 水野 成人, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 第25回奈良県胃腸研究会,   2003年11月, 第25回奈良県胃腸研究会
  • 特別講演「超音波所見とJIS scoreから見た肝細胞癌局所療法の適応」, 工藤 正俊, 第22回Hokkaido DD (Digestive Disease) Club,   2003年12月, 第22回Hokkaido DD (Digestive Disease) Club
  • 造影超音波法を中心とした解析. 教育シンポジウム「肝細胞癌ー発癌・血管新生と血流イメージング」, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第10回肝血流動態イメージ研究会,   2004年01月, 第10回肝血流動態イメージ研究会
  • Invited Lecture "Low-dose, long-term interferon alpha-2b therapy after curative treatment by radiofrequency ablation delays clinical recurrence in patients with hepatitis C related hepatocellular carcinoma", 工藤 正俊, Prevention of Occurrence and Recurrence in Human Hepatocarcinogenesis, Japan-Korea Liver Symposium,   2004年01月, Prevention of Occurrence and Recurrence in Human Hepatocarcinogenesis, Japan-Korea Liver Symposium
  • Invited Lecture "Focal Masses in the liver", 工藤 正俊, Ultrasound Workshop Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB),   2004年01月, Ultrasound Workshop Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB)
  • Invited Lecture "Role of ultrasound in portal hypertension", 工藤 正俊, Ultrasound Workshop Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB),   2004年01月, Ultrasound Workshop Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB)
  • Invited Lecture "Ultrasound for bowel diseases", 工藤 正俊, Ultrasound Workshop Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB),   2004年01月, Ultrasound Workshop Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB)
  • Invited Lecture "Ultrasound diagnosis of acute abdomen", 工藤 正俊, Asian Education Project: Training for the Trainers Ultrasound Workshop, WFUMB,   2004年01月, Asian Education Project: Training for the Trainers Ultrasound Workshop, WFUMB
  • Invited Lecture "Ultrasound for pancreatic diseases", 工藤 正俊, Asian Education Project: Training for the Trainers Ultrasound Workshop, WFUMB,   2004年01月, Asian Education Project: Training for the Trainers Ultrasound Workshop, WFUMB
  • Invited Lecture "Ultrasound for focal liver masses", 工藤 正俊, Asian Education Project: Training for the Trainers Ultrasound Workshop, WFUMB,   2004年01月, Asian Education Project: Training for the Trainers Ultrasound Workshop, WFUMB
  • Invited Lecture "Ultrasound for bowel diseases", 工藤 正俊, Asian Education Project: Training for the Trainers Ultrasound Workshop, WFUMB,   2004年01月, Asian Education Project: Training for the Trainers Ultrasound Workshop, WFUMB
  • Invited Lecture "Contrast enhanced ultrasound in hepatobiliary and pancreatic tumors", 工藤 正俊, Asian Education Project: Training for the Trainers Ultrasound Workshop, WFUMB,   2004年01月, Asian Education Project: Training for the Trainers Ultrasound Workshop, WFUMB
  • Invited Lecture "Contrast-enhanced US of the abdomen", 工藤 正俊, 2nd Annual Convention, Philippine Society of Ultrasound in Clinical Medicine (PSUCMI),   2004年01月, 2nd Annual Convention, Philippine Society of Ultrasound in Clinical Medicine (PSUCMI)
  • Invited Lecture "Advances in US for pancreatic diseases", 工藤 正俊, 2nd Annual Convention, Philippine Society of Ultrasound in Clinical Medicine (PSUCMI),   2004年01月, 2nd Annual Convention, Philippine Society of Ultrasound in Clinical Medicine (PSUCMI)
  • 特別講演「肝癌診療の最近の話題」, 工藤 正俊, 第11回肝細胞癌治療研究会(藤原研二先生),   2004年02月, 第11回肝細胞癌治療研究会(藤原研二先生)
    概要:特別講演「肝癌診療の最近の話題」
  • 教育講演「肝細胞癌診療の最近のトピックス」, 工藤 正俊, 平成16年度日本内科学会障害教育講演会Aセッション(第1回),   2004年02月, 平成16年度日本内科学会障害教育講演会Aセッション(第1回)
  • ランチョンセミナー「消化器領域における造影エコー法の現況」, 工藤 正俊, 第27回日本超音波医学会関西地方会,   2004年02月, 第27回日本超音波医学会関西地方会
  • 特別講演「肝癌の診断」, 工藤 正俊, 第14回日本消化器病学会近畿支部例会教育講演会,   2004年02月, 第14回日本消化器病学会近畿支部例会教育講演会
  • 腹部超音波造影診断ー現状と次世代超音波造影剤の動向ー, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第27回関西地方会, ランチョンセミナー,   2004年02月, 日本超音波医学会第27回関西地方会, ランチョンセミナー
  • 乏血性膵腫瘍の1例, 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 萩原 智, 末冨洋一郎, 汐見幹夫, 前川 清, 日本超音波医学会第27回関西地方会,   2004年02月, 日本超音波医学会第27回関西地方会
  • 造影超音波検査が膵癌の胆管ステント内腫瘍進展の診断に有用であった1例, 坂本康範, 工藤 正俊, 坂本洋城, 北野 雅之, 萩原 智, 末冨洋一郎, 汐見幹夫, 前川 清, 日本超音波医学会第27回関西地方会,   2004年02月, 日本超音波医学会第27回関西地方会
  • 小腸平滑筋肉腫肝転移の1例, 辰巳千栄, 工藤 正俊, 福永 豊和, 田北雅弘, 永島美樹, 石川恵美, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 仲谷 達也, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 前川 清, 日本超音波医学会第27回関西地方会,   2004年02月, 日本超音波医学会第27回関西地方会
  • 診断に苦慮した肝嚢胞性腫瘍の1例, 田北雅弘, 工藤 正俊, 福永 豊和, 永島美樹, 石川恵美, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 仲谷 達也, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 前川 清, 日本超音波医学会第27回関西地方会,   2004年02月, 日本超音波医学会第27回関西地方会
  • 成人に発症した腸重積の一例, 加藤 玲明, 工藤 正俊, 豊澤 昌子, 渡邉 和彦, 水野 成人, 南野 達夫, 第80回日本消化器病学会近畿支部例会,   2004年02月, 第80回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 多発肝転移をきたしカルチノイド症候群を呈した胆嚢原発と考えられる神経内分泌細胞癌の一例, 田中 陽一, 工藤 正俊, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第14回日本消化器病学会近畿支部例会,   2004年02月, 第14回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 抗生剤感受性試験導入後のヘリコバクター・ピロリ除菌状況, 水野 成人, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 第4回奈良県ヘリコバクター・ピロリ研究会,   2004年02月, 第4回奈良県ヘリコバクター・ピロリ研究会
  • ヘリコバクター・ピロリ感染と胃炎(シドニー分類とMST), 水野 成人, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 第4回奈良県ヘリコバクター・ピロリ研究会,   2004年02月, 第4回奈良県ヘリコバクター・ピロリ研究会
  • パネルディスカッション「肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術後のインターフェロン少量・長期・間歇投与の有用性」, 坂口康浩, 工藤 正俊, 第25回大阪肝炎ミーティング学術講演,   2004年03月, 第25回大阪肝炎ミーティング学術講演
    概要:【目的】肝細胞癌(以下HCC)に対してラジオ波焼灼術後の根治例に対してインターフェロンの長期少量投与を行うことが再発を抑制するかについて比較検討を行った。 【方法】1999年6月より2003年7月30日まで局所治療の目的で入院となった3cm、3結節以内のHCCの症例は130例であった。この内、患者の同意を得ることができた24例をインターフェロン投与群とし、残りの106例を非投与群とした。インターフェロン投与群にはIFN-α2b 300万単位を週二回の割合で投与(筋肉注射)した。各群の局所再発または他部位再発に関してKaplan-Meier法(Log-rank検定)によって比較検討した。【成績】両群の患者背景を年齢、性別、ウイルスマーカーで比較したところ、有意差はなかった(投与群:男性17例、女性7例、年齢は56歳~72歳、中央値69歳 HCV陽性23例、HBV陽性1例 非投与群:男性76例、女性30例、年齢は47歳~79歳、中央値67歳、HCV陽性102例、HBV陽性4例)。非投与群の他部位再発率は1年9%、2年22%、3
  • パネルディスカッション「緊急内視鏡検査における問題点とその対策」 内視鏡的止血術の成績向上のための工夫, 末冨洋一郎, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 第72回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2004年03月, 第72回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会
  • シンポジウム造影超音波検査における肝腫瘍のpost-vascular-phaseにおける悪性度評価組織学的所見との比較検討, 井上達夫, 工藤 正俊, 周 佩, 坂口康浩, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 川崎俊彦, 第9回関西超音波造影剤研究会,   2004年03月, 第9回関西超音波造影剤研究会
  • 特別講演「消化器領域における造影エコー法の現況」, 工藤 正俊, 関西造影エコー研究会,   2004年03月, 関西造影エコー研究会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療-最近の話題-」, 工藤 正俊, 第6回北摂肝臓病研究会,   2004年03月, 第6回北摂肝臓病研究会
  • 特別講演「肝腫瘍に対する造影ハーモニック法-治療への応用も含めて-」, 工藤 正俊, 第13回肝胆膵疾患治療フォーラム,   2004年03月, 第13回肝胆膵疾患治療フォーラム
  • パネルディスカッション「肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術後のインターフェロン少量・長期・間歇投与の有用性」, 坂口康浩, 工藤 正俊, 第25回大阪肝炎ミーティング学術講演,   2004年03月, 第25回大阪肝炎ミーティング学術講演
  • パネルディスカッション「緊急内視鏡検査における問題点とその対策」 内視鏡的止血術の成績向上のための工夫., 末冨洋一郎, 工藤 正俊, 汐見幹夫, 第72回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2004年03月, 第72回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会
  • 診断に苦慮した大腸潰瘍の一例, 豊澤 昌子, 工藤 正俊, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 水野 成人, 南 康範, 第72回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2004年03月, 第72回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会
  • IIc型胃カルチノイドの一例, 守口 将典, 工藤 正俊, 由谷 逸朗, 落合 健, 安藤 理奈, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 辻 直子, 第72回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2004年03月, 第72回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会
  • 内視鏡的粘膜切除術(EMR)にて治療しえた十二指腸癌の一例, 川崎正憲, 工藤 正俊, 松井 繁長, 末冨洋一郎, 市川 勉, 坂本洋城, 井上達夫, 中岡 良介, 石川恵美, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 第72回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,   2004年03月, 第72回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会
  • JIS scoring system combined with 3 tumor makers (modified JIS score) is an exellent prognostic staging system for hepatocellular carcinoma (HCC): analysis of 4525 patients with HCC, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 大崎往夫, 岡 博子, 春日井博志 佐々木 洋, 関 寿人, The 39th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver,   2004年04月, The 39th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver
  • Low-dose, long-term interferon alfa 2b delays clinical recurrence after curative radiofrequency ablation patients with hepatitis C related hepatocellular carcinoma, 工藤 正俊, 坂口康浩, The 39th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver,   2004年04月, The 39th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver
  • 特別講演「肝細胞癌局所療法後の造影CT, 造影MRIによる根治の判定について」, 工藤 正俊, E0167 岡山地区検討会,   2004年04月, E0167 岡山地区検討会
  • Fine needle aspiration guided by endoscopic ultrasonography. Usefulness of blood flow evaluation and gene analysis., 中岡 良介, 工藤 正俊, 北野 雅之, Seventh Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB,   2004年05月, Seventh Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB
  • Chronic respiratory disease is a risk factor for helicobacter pylori clarithromycin resistance, 辻 直子, 工藤 正俊, The American Gastroenterological Association and Digestive Disease Week,   2004年05月, The American Gastroenterological Association and Digestive Disease Week
  • Survival and recurrence rates after complete radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma; value of lens culinaris agglutinin-reactive alpha-fetoprotein (AFP-L3 fraction), 小川 力, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 川崎俊彦, The American Gastroenterological Association and Digestive Disease Week,   2004年05月, The American Gastroenterological Association and Digestive Disease Week
  • Percutaneous ultrasound-guided radiofrequency ablation with the artificial pleural effusion for hepatocellular carcinoma in the hepatic dome, 南 康範, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 鄭 浩柄, 小川 力, 井上達夫, 坂口康浩, 坂本洋城, 塩崎 均, The American Gastroenterological Association and Digestive Disease Week,   2004年05月, The American Gastroenterological Association and Digestive Disease Week
  • Radiofrequency ablation for liver tumor: can ablated tumor be delineated from the whole ablated area by B-mode sonography and what is the role of contrast-enhanced sonography?, 井上達夫, 工藤 正俊, 周 佩, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 川崎俊彦, 前川 清, Seventh Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB,   2004年05月, Seventh Congress of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB
  • Invited Lecture "Early detection and characterization of HCC.", 工藤 正俊, The 2nd MMRF Meeting on Viral Hepatitis in Asia,   2004年05月, The 2nd MMRF Meeting on Viral Hepatitis in Asia
  • 教育講演「肝細胞癌の統合ステージングと局所治療」, 工藤 正俊, 第 回日本肝胆膵外科学会,   2004年05月, 第 回日本肝胆膵外科学会
  • 教育講演「肝細胞癌診療の最近のトピックス」, 工藤 正俊, 平成16年度日本内科学会障害教育講演会Aセッション(第2回),   2004年05月, 平成16年度日本内科学会障害教育講演会Aセッション(第2回)
  • 特別講演「肝細胞癌は克服できる」, 工藤 正俊, 平成16年度肝がん撲滅運動市民公開講座,   2004年05月, 平成16年度肝がん撲滅運動市民公開講座
  • 特別講演「ウイルス性肝炎と肝癌の最新治療の現状」, 工藤 正俊, 平成16年度肝がん撲滅運動市民公開講座(大阪府),   2004年05月, 平成16年度肝がん撲滅運動市民公開講座(大阪府)
  • 汎用パピロトームによる乳頭プレカットの有用性, 水野 成人, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 吉岡 毅 本庶 元, 第67回日本消化器内視鏡学会総会,   2004年05月, 第67回日本消化器内視鏡学会総会
  • 当院における平成15年度ERCP症例の検討, 加藤 玲明, 水野 成人, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第41回奈良県消化器内視鏡研究会,   2004年05月, 第41回奈良県消化器内視鏡研究会
  • EUS下造影エコー法による膵腫瘍性病変の診断ー現状と将来の展望ー, 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本洋城, 第67回日本消化器内視鏡学会総会,   2004年05月, 第67回日本消化器内視鏡学会総会
  • 汎用パピロトームによる乳頭プレカットの有用性, 水野 成人, 工藤 正俊, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 第67回日本消化器内視鏡学会総会,   2004年05月, 第67回日本消化器内視鏡学会総会
  • 超音波内視鏡下穿刺が診断に有用であったparagangliomaの1例., 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 末冨洋一郎, 中岡 良介, 朝隈 豊, 北井 聡, 汐見幹夫, 前川 清, 第4回超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)の臨床応用に関する研究会,   2004年05月, 第4回超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)の臨床応用に関する研究会
  • ランチョンセミナー「肝腫瘍の治療効果判定において造影超音波はMDCT/ MRIより優れるか?造影超音波の治療ガイドへの応用」, 南 康範, 工藤 正俊, 第40回日本肝癌研究会,   2004年06月, 第40回日本肝癌研究会
  • ワークショップ「肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波焼灼術の長期治療成績」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 石川恵美, 井上達夫, 坂口康浩, 小川 力, 萩原 智, 南 康範, 福永 豊和, 川崎俊彦, 土師 誠二, 中居 卓也, 第40回日本肝癌研究会,   2004年06月, 第40回日本肝癌研究会
  • Invited Lecture "Contrast-enhanced Harmonic Imaging in the Hepatic Tumors with Special Emphasis on the Application to Its Treatment.", 工藤 正俊, Euroson Meeting 2004,   2004年06月, Euroson Meeting 2004
  • Invited Lecture "Staging system for assessment of HCC status.", 工藤 正俊, The 12th International Symposium of Yonsei Institute of Gastroenterology,   2004年06月, The 12th International Symposium of Yonsei Institute of Gastroenterology
  • 教育講演「消化器疾患診療の方向性」, 工藤 正俊, 日本消化器病学会中国支部第6回教育講演会,   2004年06月, 日本消化器病学会中国支部第6回教育講演会
  • 特別講演「消化器領域における造影超音波の現況と次世代造影剤の動向」, 工藤 正俊, 第5回東海腹部造影エコー研究会,   2004年06月, 第5回東海腹部造影エコー研究会
  • 膵腫瘍を疑った二例, 小川 力, 水野 成人, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 北口 博士, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第26回奈良県肝胆膵研究会,   2004年06月, 第26回奈良県肝胆膵研究会
  • 右横隔膜直下に存在するBモードで同定困難な肝細胞癌に対する治療法: 人工胸水造影超音波下RFAの有用性について, 南 康範, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 第40回日本肝臓学会総会,   2004年06月, 第40回日本肝臓学会総会
  • 肝細胞癌staging systemの有用性に関する検討, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 小川 力, 井上達夫, 坂口康浩, 萩原 智, 石川恵美, 南 康範, 福永 豊和, 川崎俊彦, 大崎 征夫, 第40回日本肝臓学会総会,   2004年06月, 第40回日本肝臓学会総会
  • 肝細胞癌症例における門脈腫瘍栓出現のrisk factorについての検討, 萩原 智, 工藤 正俊, 石川恵美, 小川 力, 坂口康浩, 井上達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 川崎俊彦, 第40回日本肝臓学会総会,   2004年06月, 第40回日本肝臓学会総会
  • 非定型的大型高分化型肝癌2切除症例の臨床病理学的検討, 金 守良, 工藤 正俊, 金 啓二, 岡部 純弘, 第40回日本肝臓学会総会,   2004年06月, 第40回日本肝臓学会総会
  • 生存率および再発率からみた画像的根治RFA後の腫瘍マーカーの推移とその変動の意義, 小川 力, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 川崎俊彦, 第40回日本肝臓学会総会,   2004年06月, 第40回日本肝臓学会総会
  • Dynamic imaging of pancreatic disease: Value of contrast-enhanced coded phase-inversion harmonic ultrasonography, 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 坂本洋城, 末冨洋一郎, 中岡 良介, 福田信弘, 川崎俊彦, The 11th meeting of the International Association of Pancreatolotgy (IAP) and the 35th Annual Meetin,   2004年07月, The 11th meeting of the International Association of Pancreatolotgy (IAP) and the 35th Annual Meetin
  • Randomized comparison of dose-intense gemcitabine; standard infusion and low dose infusion in patients with pancreatic adenocarcinoma, 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 末冨洋一郎, The 11th meeting of the International Association of Pancreatolotgy (IAP) and the 35th Annual Meetin,   2004年07月, The 11th meeting of the International Association of Pancreatolotgy (IAP) and the 35th Annual Meetin
  • 特別講演「肝がん撲滅のためのインターフェロン療法」C型慢性肝炎~高齢者のインターフェロン治療~, 工藤 正俊, 学術講演会,   2004年07月, 学術講演会
  • 特別講演「肝細胞癌局所療法後の造影CT, 造影MRIによる根治の判定について」, 工藤 正俊, E0167 大阪地区検討会,   2004年07月, E0167 大阪地区検討会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療ーup to date」, 工藤 正俊, 東京肝臓疾患勉強会,   2004年07月, 東京肝臓疾患勉強会
  • 特別講演「肝臓と消化器を診るー欧州と日本の消化器エコーー最前線ー」, 工藤 正俊, 2004アロカ技術フェアー,   2004年07月, 2004アロカ技術フェアー
  • 特別講演「肝臓の超音波診断up to date」, 工藤 正俊, 第47回東部医師会医学セミナー,   2004年08月, 第47回東部医師会医学セミナー
  • ビデオワークショップ「胆膵疾患における新しい内視鏡的診断・治療法-手技の実際と工夫」超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術の成績とその適応, 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2004年09月, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • ビデオワークショップ「消化管出血に対する内視鏡治療」上部消化管非静脈瘤出血に対する内視鏡的止血術-高周波電気凝固法を中心に-, 末冨洋一郎, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2004年09月, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 肝細胞癌局所再発症例に対する造影超音波ガイド下ラジオ波焼灼術-Prospective randomized controlled study-. シンポジウム「肝腫瘍の局所療法に対する造影超音波の役割」, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 第10回関西地方会造影剤研究会,   2004年09月, 第10回関西地方会造影剤研究会
  • 肝癌および早期病変の画像診断. シンポジウム「肝がんの診断・治療の最先端」, 工藤 正俊, 第63回日本癌学会学術総会,   2004年09月, 第63回日本癌学会学術総会
  • 経過観察中に胃腺腫を合併した自己免疫性胃炎(A型胃炎)の一例, 杉立 紗綾, 工藤 正俊, 落合 健, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2004年09月, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
    概要:経過観察中に胃腺腫を合併した自己免疫性胃炎(A型胃炎)について症例報告を行った。
  • Effects of angiotensin II on rat pancreatic stellate cells, 仲谷 達也, 工藤 正俊, 福田信弘, 石川恵美, 南 康範, 鄭 浩柄, 中岡 良介, 福永 豊和, 松井 繁長, 北野 雅之, 川崎俊彦, 汐見幹夫, 宗像 浩, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Low-dose, long-term interferon therapy delays clinical recurrence after curative radiofrequency ablation in patients with hepatitis C related hepatocellular carcinoma, 工藤 正俊, 坂口康浩, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Prognostic staging system for hepatocellular carcinoma: comparison between JIS score, modified JIS score and CLIP score in 4,525 patients, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 大崎往夫, 岡 博子, 春日井博志 佐々木 洋, 関 寿人, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Comparison of posttreatment prognosis between ablation and resection for early-stage hepatocellular carcinoma: standardized analysis of 737 patients by stratification method based of JIS scoring system, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Uptake of Levovist at the post-vascular phase correlates well with CD-68 staining (Kupffer cells), histology, and SPIO-MRI uptake ratio in hepatocellular carcinoma and its premalignant/borderline lesions, 工藤 正俊, 井上達夫, 福永 豊和, 前川 清, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Effect of angiotensin-II and angiotensin-II type 1 receptor blocker on rat pancreatic stellate cells, 福田信弘, 工藤 正俊, 仲谷 達也, 北野 雅之, 坂本洋城, 宗像 浩, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Evaluation of therapeutic response to gemcitabine in pancreatic cancers: value of contrast-enhanced harmonic ultrasonography, 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 末冨洋一郎, 福田信弘, 井上達夫, 坂口康浩, 梅原 泰, 萩原 智, 市川 勉, 畑中絹世, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Usefulness of contrast-enhanced harmonic ultrasonography for the detection of small nodules in pancreas, 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 坂本洋城, 末冨洋一郎, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Estimation of the malignant potential of gastrointestinal stromal tumors: the value of contrast-enhanced coded phase-inversion harmonics US, 福田信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 坂本洋城, 汐見幹夫, 梅原 泰, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Usefulness and limitations of the endoscopic argon plasma coagulation treatment for gastric antral vascular ectasia, 松井 繁長, 工藤 正俊, 市川 勉, 石川恵美, 中岡 良介, 北野 雅之, 汐見幹夫, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • 健常成人に発症したサイトメガロウイルス(CMV)肝炎の一例, 落合 健, 米田 円, 田中 陽一, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 日本消化器病学会第81回近畿支部例会,   2004年09月, 日本消化器病学会第81回近畿支部例会
  • Validation study of the new prognostic staging, the Japan integrated staging score (JIS score) for hepatocellular carcinoma in 3,934 Japanese patients: a multicenter collaborative study, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 土師 誠二, 大崎往夫, 岡 博子, 春日井博志 佐々木 洋, 関 寿人, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Changes of lens culinaris agglutinin-reactive alpha-fetoprotein (AFP-L3 fraction) after complete response by radiofrequency ablation for hepatocellular cracinoma, 工藤 正俊, 小川 力, 南 康範, 鄭 浩柄, 川崎俊彦, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2004年09月, 12th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • 特別講演「肝細胞癌診療の最近の進歩」ー造影エコー法を中心にー., 工藤 正俊, 第26回兵庫肝炎研究会,   2004年09月, 第26回兵庫肝炎研究会
  • 教育講演「肝細胞癌診療の最近のトピックス」, 工藤 正俊, 平成16年度日本内科学会生涯教育講演会Aセッション(第3回),   2004年09月, 平成16年度日本内科学会生涯教育講演会Aセッション(第3回)
  • 特別講演「超音波血流画像による肝癌の診断と治療」, 工藤 正俊, 第16回阪神肝胆膵懇話会,   2004年09月, 第16回阪神肝胆膵懇話会
  • 特別講演「肝胆道系の画像診断ー最近のトピックスー」, 工藤 正俊, 第40回日本胆道系学会ランチョンセミナー,   2004年09月, 第40回日本胆道系学会ランチョンセミナー
  • 特別講演「肝細胞癌の診断の進歩」, 工藤 正俊, 第63回日本癌学会,   2004年09月, 第63回日本癌学会
  • 著明な壁肥厚を認めた慢性胆嚢炎の一例, 豊澤 昌子, 水野 成人, 小川 力, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 中山 剛之, 新崎 亘, 井上 雅智, 工藤 正俊, 第81回日本消化器病学会近畿支部例会,   2004年09月, 第81回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 経皮的アプローチを併用して治療した総胆管結石の一例, 加藤 玲明, 水野 成人, 林 道友, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 村田 賢, 井上 雅智, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2004年09月, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 微小浸潤を認めた分枝型IPMTの一例, 小川 力, 水野 成人, 林 道友, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 橋本 幸彦, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2004年09月, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • シンポジウム「肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波焼灼療法」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 川崎俊彦, 第46回日本消化器病学会総会(DDW),   2004年10月, 第46回日本消化器病学会総会(DDW)
  • パネルディスカッション12・特別発言「肝癌の治療における腹腔鏡の役割」, 工藤 正俊, 第46回日本消化器病学会総会(DDW),   2004年10月, 第46回日本消化器病学会総会(DDW)
  • ワークショップ・基調講演「肝細胞癌のステージングシステムの確立とその評価」, 工藤 正俊, 第46回日本消化器病学会総会(DDW),   2004年10月, 第46回日本消化器病学会総会(DDW)
  • ワークショップ「EUS下穿刺検体の取扱いの工夫」, 中岡 良介, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 第46回日本消化器病学会総会(DDW),   2004年10月, 第46回日本消化器病学会総会(DDW)
  • ワークショップ「造影超音波検査による肝腫瘍のpost vascular phaseにおける悪性度評価-SPIO MRI組織学的所見、免疫染色との比較-」, 井上達夫, 工藤 正俊, 周 佩, 第46回日本消化器病学会総会(DDW),   2004年10月, 第46回日本消化器病学会総会(DDW)
  • ワークショップ「食道静脈瘤治療におけるEVLの位置付け」, 松井 繁長, 工藤 正俊, 市川 勉, 第46回日本消化器病学会総会(DDW),   2004年10月, 第46回日本消化器病学会総会(DDW)
  • プレナリーセッション「造影ハーモニック超音波検査による膵管癌治療効果判定の検討」, 坂本洋城, 工藤 正俊, 第46回日本消化器病学会総会(DDW),   2004年10月, 第46回日本消化器病学会総会(DDW)
  • パネルディスカッション12・特別発言「肝癌の治療における腹腔鏡の役割」, 工藤 正俊, 第8回日本肝臓学会総会(DDW),   2004年10月, 第8回日本肝臓学会総会(DDW)
  • サテライトシンポジウム4「Interventional Hepatology: 癌の治療とウイルス駆除」癌根治的法と二次予防, 工藤 正俊, 第8回日本肝臓学会総会(DDW),   2004年10月, 第8回日本肝臓学会総会(DDW)
  • PEG管理の実情と問題点および安全対策, 辻 直子, 工藤 正俊, 落合 健, 田中 陽一, 森村正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 第68回日本消化器内視鏡学会総会,   2004年10月, 第68回日本消化器内視鏡学会総会
    概要:堺病院におけるPEG管理の実情と問題点および安全対策について発表した。
  • sm分化型胃癌リンパ節転移に関する臨床病理学的検討, 辻 直子, 工藤 正俊, 落合 健, 田中 陽一, 米田 円, 森村正嗣, 由谷 逸朗, 石黒 信吾, 第46回日本消化器病学会大会,   2004年10月, 第46回日本消化器病学会大会
    概要:sm分化型胃癌手術症例のリンパ節転移陽性群と陰性群を比較することでリンパ節転移の危険因子について検討した。
  • 上部消化管内視鏡検査におけるプロポフォールの安全性と有用性, 米田 円, 工藤 正俊, 安藤 理奈, 落合 健, 田中 陽一, 由谷 逸朗, 森村 正嗣, 辻 直子, 第68回日本消化器内視鏡学会総会,   2004年10月, 第68回日本消化器内視鏡学会総会
  • 特別講演「IFNによる肝癌のsecondary prevention」, 工藤 正俊, イブニングセミナー, DDW2004,   2004年10月, イブニングセミナー, DDW2004
  • 肝SOLの1例, 水野 成人, 小川 力, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 第7回関西GEクラブ,   2004年10月, 第7回関西GEクラブ
  • 小腸穿孔を来した一例, 加藤 玲明, 水野 成人, 林 道友, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 太田 善夫, 工藤 正俊, 新崎 亘, 中山 剛之, 井上 雅智, 第26回奈良県胃腸研究会,   2004年10月, 第26回奈良県胃腸研究会
  • 特別講演「肝細胞癌の画像診断」, 工藤 正俊, 第 回神奈川肝癌研究会,   2004年11月, 第 回神奈川肝癌研究会
  • 特別講演「消化器領域における造影エコー法の進歩と今後の展望」, 工藤 正俊, 第 回日本超音波医学会四国地方会,   2004年11月, 第 回日本超音波医学会四国地方会
  • 特別講演「RFAによる肝細胞癌根治後のIFN治療による再発抑制効果」, 工藤 正俊, 自治医科大学大学院特別講義,   2004年11月, 自治医科大学大学院特別講義
  • 特別講演「肝細胞癌のステージングと治療アルゴリズム」, 工藤 正俊, 第17回南大阪消化器病懇話会,   2004年11月, 第17回南大阪消化器病懇話会
  • 特別講演「肝細胞癌診療の最近のトピックス」, 工藤 正俊, 第9回宮城インターベンション研究会,   2004年11月, 第9回宮城インターベンション研究会
  • 特別講演「肝細胞がんの早期発見と治療-最近の進歩を含めて-」, 工藤 正俊, 肝癌撲滅運動記念講演会, 日本肝臓学会,   2004年11月, 肝癌撲滅運動記念講演会, 日本肝臓学会
  • 特別講演「肝癌治療と再発予防について」, 工藤 正俊, 京都肝炎友の会,   2004年11月, 京都肝炎友の会
  • 肝腫瘍の一例, 小川 力, 水野 成人, 林 道友, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 第8回画像診断・治療研究会,   2004年11月, 第8回画像診断・治療研究会
  • TS-1にて長期コントロールされている進行胃癌の1例, 林 道友, 水野 成人, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 中山 剛之, 井上 雅智, 工藤 正俊, 藤島 正浩, 第3回大阪消化器化学療法懇話会,   2004年11月, 第3回大阪消化器化学療法懇話会
  • Invited Lecture "Evaluation of state of lecture in normal and cirrhotic liver.", 工藤 正俊, Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2004年12月, Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • Invited Lecture "Screening for HCC: Is it relevant in Asia pacific: How to screen?", 工藤 正俊, Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2004年12月, Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • Invited Lecture "Newer imaging modalities for hepatocellular carcinoma.", 工藤 正俊, Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2004年12月, Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • Invited Lecture "Imaging fro parenchymal assessment in chronic liver disease.", 工藤 正俊, Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2004年12月, Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • 特別講演ランチョンセミナー「肝細胞癌の診断と治療:最近のトピックス」, 工藤 正俊, 第84回日本消化器病学会九州支部例会,   2004年12月, 第84回日本消化器病学会九州支部例会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療:最近のトピックス」, 工藤 正俊, ひだ消化器病研究会,   2004年12月, ひだ消化器病研究会
  • Evaluation of microcirculation in dog gastrointestinal tract and pancreas by contrast-enhanced harmonic sonography with EUS probe., 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 坂本 洋城, 末冨 洋一郎, 南 康範, 中岡 良介, 仲谷 達也, 4th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography,   2004年, 4th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography
  • 側方リンパ節転移を認めた直腸カルチノイドの1例, 所 忠男, 奥野 清隆, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 内田 寿博, 吉藤 竹仁, 松崎智彦, 安富 正幸, 塩? 均, 南 康範, 工藤 正俊, 第62回大腸癌研究会,   2005年01月, 第62回大腸癌研究会
  • 特別講演「肝細胞癌治療と再発抑制」, 工藤 正俊, Meet-the-Expert Seminar in Yamanashi 2005,   2005年01月, Meet-the-Expert Seminar in Yamanashi 2005
  • 特別講演「肝疾患診療の最新情報」, 工藤 正俊, ルミパルス学会,   2005年01月, ルミパルス学会
  • 膵膿瘍を合併した有機リン中毒の一例, 荻野 公一, 工藤 正俊, 落合 健, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 日本消化器病学会第82回近畿支部例会,   2005年02月, 日本消化器病学会第82回近畿支部例会
    概要:膵膿瘍を合併した有機リン中毒の症例報告を行った。
  • 特別講演「肝細胞癌診療の最近の進歩」, 工藤 正俊, 第2回北九州肝癌治療研究会,   2005年02月, 第2回北九州肝癌治療研究会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療:最近のトピックス」, 工藤 正俊, 第15回大分肝炎研究会,   2005年02月, 第15回大分肝炎研究会
  • 教育講演「肝細胞癌の診断と治療:最近の進歩」, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第17回教育講演会,   2005年02月, 日本消化器病学会近畿支部第17回教育講演会
  • 教育講演「肝細胞癌の診断における最先端の腹部エコー検査法」, 工藤 正俊, 第40回山口大学医師会・山口大学医学部主催医師教育講座,   2005年02月, 第40回山口大学医師会・山口大学医学部主催医師教育講座
    概要:教育講演「肝細胞癌の診断における最先端の腹部エコー検査法」
  • 特別講演「ウイルス性肝炎の最新知識」, 工藤 正俊, 肝炎肝がん啓発普及講習会,   2005年02月, 肝炎肝がん啓発普及講習会
  • 非典型的な画像所見を呈したHCCの一例, 小川 力, 水野 成人, 藤島 正浩, 林 道友, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 北口 博士, 村田 賢, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第82回日本消化器病学会近畿支部例会,   2005年02月, 第82回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 小腸穿孔の一例, 林 道友, 水野 成人, 藤島 正浩, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 新崎 亘, 中山 剛之, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第82回日本消化器病学会近畿支部例会,   2005年02月, 第82回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 当院におけるラジオ波焼灼術の成績と工夫(シンポジウム「安全で確実なラジオ波熱凝固療法施行のために」), 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 井上達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第7回関西肝癌局所療法研究会,   2005年03月, 第7回関西肝癌局所療法研究会
  • 基調講演「肝癌の診療における造影エコーの現状と展望」, 工藤 正俊, 第30回 肝胆膵治療研究会,   2005年03月, 第30回 肝胆膵治療研究会
  • 特別講演「慢性肝疾患治療の最前線」, 工藤 正俊, 慢性肝疾患セミナー,   2005年03月, 慢性肝疾患セミナー
  • 化学療法に一時的に反応した小腸癌の一例, 加藤 玲明, 水野 成人, 林 道友, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 藤島 正浩, 村田 賢, 井上 雅智, 第74回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2005年03月, 第74回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 慢性関節リウマチ発病後, 比較的短期間のうちに発症した続発性消化管アミロイドーシスの一例., 落合 健, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸郎, 辻 直子, 工藤 正俊, 第74回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2005年03月, 第74回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • Hepatocellular carcinoma up-to date; Diagnosis and treatment of hepatocellular carcinoma up-to date., 工藤 正俊, 6th Sino-Japan Hepato-pancreato-biliary symposium,   2005年04月, 6th Sino-Japan Hepato-pancreato-biliary symposium
  • Hepatocellular carcinoma ; Therapies for Early HCC., 工藤 正俊, Second joint Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology and the American Gastroenterologica,   2005年04月, Second joint Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology and the American Gastroenterologica
  • シンポジウム(3)肝細胞癌のラジオ波治療のQualityコントロールと長期予後及び今後の課題「当院における肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術治療成績」, 井上達夫, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 第91回日本消化器病学会総会,   2005年04月, 第91回日本消化器病学会総会
  • パネルディスカッション(8)消化器病診断・治療における造影超音波検査の新しい展開-次世代造影剤を含めて「次世代超音波造影剤を用いた造影ハーモニック超音波検査による微小循環動態の観察」, 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本洋城, 第91回日本消化器病学会総会,   2005年04月, 第91回日本消化器病学会総会
  • Hepatocellular carcinoma up-to date; Diagnosis and treatment of hepatocellular carcinoma up-to date, 工藤 正俊, 6th Sino-Japan Hepato-pancreato-biliary symposium,   2005年04月, 6th Sino-Japan Hepato-pancreato-biliary symposium
  • Non-B Non-C HCC in Japan, overview, 畑中絹世, 工藤 正俊, The2nd Korea-Japan Liver Symosium(KJLS) 2005,   2005年04月, The2nd Korea-Japan Liver Symosium(KJLS) 2005
  • Invited Lecture "Diagnosis and treatment of hepatocellular carcinoma up-to-date.", 工藤 正俊, The 6th Sino-Japanese symposium on hepato-biliaty-pancreatic deseases,   2005年04月, The 6th Sino-Japanese symposium on hepato-biliaty-pancreatic deseases
  • Education Lecture "Doppler/Contrast-enhanced US of liver mass.", 工藤 正俊, Informal administrative council meeting of AFSUMB,   2005年04月, Informal administrative council meeting of AFSUMB
  • Education Lecture "Treatment of HCC using real-time virtual sonography and contrast US.", 工藤 正俊, Informal administrative council meeting of AFSUMB,   2005年04月, Informal administrative council meeting of AFSUMB
  • Education Lecture "Contrast US of pancreato-biliary tumor.", 工藤 正俊, Informal administrative council meeting of AFSUMB,   2005年04月, Informal administrative council meeting of AFSUMB
  • “Therapy for Early HCC.”, 工藤 正俊, JSGE・AGA Joint Meeting,   2005年04月, JSGE・AGA Joint Meeting
  • Special Lecture “Non-B, non-C HCC-overview.”, 工藤 正俊, Japan-Korean Liver Symposium,   2005年04月, Japan-Korean Liver Symposium
  • ラジオ出演「肝臓がんの予防」(番組名: 健やかライフ),, 工藤 正俊, ABCラジオ(朝日放送),   2005年04月, ABCラジオ(朝日放送)
  • 教育講演Meet-the-Professor「肝癌の診断と集学的な治療の最前線」, 工藤 正俊, 第91回日本消化器病学会総会ポストグラデュエイトコース,   2005年04月, 第91回日本消化器病学会総会ポストグラデュエイトコース
  • 特別講演「肝細胞の治療と再発抑制」, 工藤 正俊, 肝疾患治療フォーラム, ヒルトンホテル,   2005年04月, 肝疾患治療フォーラム, ヒルトンホテル
  • パネルディスカッション(1)「膵管癌の早期診断と治療効果判定における造影超音波検査の有用性」, 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第78回日本超音波医学会総,   2005年05月, 第78回日本超音波医学会総
  • パネルディスカッション(2)「GISTsの悪制度評価における造影超音波の有用性」, 福田信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 前川 清, 第78回日本超音波医学会総会,   2005年05月, 第78回日本超音波医学会総会
  • パネルディスカッション(3)「超音波内視鏡探触子による消化器系臓器の微小循環動態の観察」, 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本洋城, 前川 清, 南 康範, 中岡 良介, 仲谷 達也, 第78回日本超音波医学会総会,   2005年05月, 第78回日本超音波医学会総会
  • ワークショップ(1)「膵腫瘍性病変診断におけるEUS下穿刺生検の有用性とその工夫」, 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 前川 清, 第78回日本超音波医学会総,   2005年05月, 第78回日本超音波医学会総
  • ワークショップ(2)「肝癌のラジオ波焼灼術のおけるRVSの有用性」, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 第78回日本超音波医学会総会,   2005年05月, 第78回日本超音波医学会総会
  • ビデオシンポジウム「超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術の標準的描出法とその成績」, 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第69回日本消化器内視鏡学会総会,   2005年05月, 第69回日本消化器内視鏡学会総会
  • シンポジウム「超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術の成績とその適応; 後方接近法との比較」, 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第69回日本消化器内視鏡学会総会,   2005年05月, 第69回日本消化器内視鏡学会総会
  • パネルディスカッション「十二指腸静脈瘤の内視鏡的診断と治療」, 松井 繁長, 工藤 正俊, 市川 勉, 第69回日本消化器内視鏡学会総会,   2005年05月, 第69回日本消化器内視鏡学会総会
  • パネルディスカッション「膵癌の確定診断における経乳頭的膵液細胞診とEUS下穿刺生検の使い分けに関する検討」, 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本洋城, 第69回日本消化器内視鏡学会総会,   2005年05月, 第69回日本消化器内視鏡学会総会
  • ポスター「内視鏡的に切除した単発性胃粘膜下異所性胃腺の2例ー超音波内視鏡所見を含めてー, 吉本理恵, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 上田泰輔, 末冨洋一郎, 中岡 良介, 筑後 孝章, 第69回日本消化器内視鏡学会総会,   2005年05月, 第69回日本消化器内視鏡学会総会
  • Real-time virtual sonography, an integrated system of computer tomography with ultrasound images: value in radiofrequency ablation guidance, 南 康範, 工藤 正俊, DDW 2005,   2005年05月, DDW 2005
  • The utility of endoscopic ultrasonography using 30MHz, 20MHz and 12MHz endoscopic ultrasound probe, endoscopy in the endoscopic submucosal desection of early gastric cancer, 市川 勉, 工藤 正俊, DDW 2005,   2005年05月, DDW 2005
  • Contrast-enhanced harmonic EUS: a method to visualize microcirculation in digestive organs, 北野 雅之, 工藤 正俊, DDW 2005,   2005年05月, DDW 2005
  • Clinical characteristics and endoscopic treatment of duodenal varices, 松井 繁長, 工藤 正俊, DDW 2005,   2005年05月, DDW 2005
  • 講演「肝臓がんの早期発見・内科的治療と再発予防の最前線」, 工藤 正俊, 平成17年度日本肝臓学会市民公開講座, 日本肝臓学会,   2005年05月, 平成17年度日本肝臓学会市民公開講座, 日本肝臓学会
  • ラジオ出演「肝臓がんの診断と治療(1)」(番組名: 健やかライフ), 工藤 正俊, ABCラジオ(朝日放送),   2005年05月, ABCラジオ(朝日放送)
  • ラジオ出演「肝臓がんの診断と治療(2)」(番組名: 健やかライフ), 工藤 正俊, ABCラジオ(朝日放送),   2005年05月, ABCラジオ(朝日放送)
  • ラジオ出演「肝臓がんの診断と治療(3)」(番組名: 健やかライフ), 工藤 正俊, ABCラジオ(朝日放送),   2005年05月, ABCラジオ(朝日放送)
  • ラジオ出演「肝臓がんの診断と治療(4)」(番組名: 健やかライフ), 工藤 正俊, ABCラジオ(朝日放送),   2005年05月, ABCラジオ(朝日放送)
  • ラジオ出演「肝臓がんの診断と治療(5)」(番組名: 健やかライフ), 工藤 正俊, ABCラジオ(朝日放送),   2005年05月, ABCラジオ(朝日放送)
  • 報告講演「次世代超音波造影剤対応造影ハーモニックモードを搭載した超音波内視鏡探触子の開発-消化器疾患の微小循環動態評価による診断-」, 工藤 正俊, 第78回日本超音波医学会総会,   2005年05月, 第78回日本超音波医学会総会
  • 特別講演「肝細胞癌治療と再発抑制」, 工藤 正俊, 肝癌再発予防研究会第8回学術講演会,   2005年05月, 肝癌再発予防研究会第8回学術講演会
  • にんにく療法とL-NAME吸入を試みた肝肺症候群の一例, 山藤 緑, 岩永 賢司, 佐藤 隆司, 辻 文生, 宮良 高維, 原口 龍太, 久保 裕一, 東田 有智, 北口 容子, 工藤 正俊, 第176回日本内科学会近畿地方会,   2005年05月, 第176回日本内科学会近畿地方会
  • 大腸癌肝転移に対するラジオ波熱凝固療法後の局所再発, 中居 卓也, 川邊 高史, 奥野 清隆, 大柳 治正, 塩﨑 均, 南 康範, 工藤 正俊, 第106回日本外科学会,   2005年05月, 第106回日本外科学会
    概要:大腸癌肝転移に対して肝切除以外にRFAも選択してきた。肝転移に対するRFA治療の局所制御能を肝細胞癌の再発率で比較した。その両者で局所再発率に差はなく、合併症もなかった。
  • 当院における肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波治療成績と工夫. パネルディスカッション「より安全で効果的なラジオ波焼灼療法」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 井上達夫, 坂口康浩, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第41回日本肝癌研究会,   2005年06月, 第41回日本肝癌研究会
  • 造影超音波検査の新しい作画法Accumulation modeを用いた肝腫瘍性病変の血流評価. ビデオセッション「肝癌診断」, 福永 豊和, 工藤 正俊, 前川 清, 第41回日本肝癌研究会,   2005年06月, 第41回日本肝癌研究会
  • 肝癌の経皮的ラジオ波焼灼術におけるReal-time Virtual Sonographyの有用性について. ビデオセッション「経皮的局所療法(II)」, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 井上達夫, 坂口康浩, 萩原 智, 畑中絹世, 上嶋 一臣, 第41回日本肝癌研究会,   2005年06月, 第41回日本肝癌研究会
  • 非B非C肝癌の臨床的特徴像, 畑中絹世, 工藤 正俊, 大崎往夫, 第41回日本肝癌研究会,   2005年06月, 第41回日本肝癌研究会
  • 日本肝癌研究会 肝障害度のスコア化による新分類法の提唱. ポスター「肝細胞癌の予後解析1」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 井上達夫, 坂口康浩, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 大崎往夫, 春日井博志, 関 寿人, 岡 博子, 第41回日本肝癌研究会,   2005年06月, 第41回日本肝癌研究会
  • ランチョンセミナー「肝細胞癌診療の最近のトピックス」, 工藤 正俊, 日本消化器病学会中国支部第7回教育講演会,   2005年06月, 日本消化器病学会中国支部第7回教育講演会
  • Usefulness of contrast-enhanced power Doppler EUS in differential diagnosis of pancreatic tumors, 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本洋城, 前川 清, Euro-EUS2005,   2005年06月, Euro-EUS2005
  • Usefulness of contrast-enhanced harmonic ultrasonography for the detection of small tumors in pancreas, 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 前川 清, Euro-EUS2005,   2005年06月, Euro-EUS2005
  • Contrast US technology, 工藤 正俊, EASL Monothematic Conference,   2005年06月, EASL Monothematic Conference
  • Special Lecture “Imaging human hepatocarcinogenesis.”, 工藤 正俊, Laennec Meeting,   2005年06月, Laennec Meeting
  • Invited Lecture “Contrast US technology.” EASL Monothematic Conference on HCC., 工藤 正俊, EASL・AASLD・JSH Joint Symposium,   2005年06月, EASL・AASLD・JSH Joint Symposium
  • 特別講演「肝細胞癌治療と再発抑制」, 工藤 正俊, 平成17年度肝がん撲滅運動学術講演会,   2005年06月, 平成17年度肝がん撲滅運動学術講演会
  • 教育講演「肝細胞癌診療の最近のトピックス」, 工藤 正俊, 日本消化器病学会中国支部例会教育講演会,   2005年06月, 日本消化器病学会中国支部例会教育講演会
  • 膵癌診断における造影超音波および超音波内視鏡検査の有用性. (ワークショップ「膵画像診断の最前線」), 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本洋城, 第36回日本膵臓学会大会,   2005年07月, 第36回日本膵臓学会大会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近の動向」, 工藤 正俊, 第15回光生病院臨床談話会,   2005年07月, 第15回光生病院臨床談話会
  • 特別講演「肝細胞癌診療の最近の進歩」, 工藤 正俊, 和歌山県立医科大学第二内科同門会学術講演会,   2005年07月, 和歌山県立医科大学第二内科同門会学術講演会
  • Invited Lecture “Diagnosis of hepatocellular carcinoma.”, 工藤 正俊, Asia Pacific Association of Study of the Liver (APASL),   2005年08月, Asia Pacific Association of Study of the Liver (APASL)
  • Invited Lecture “Color Doppler diagnosis of hepatocellular carcinoma.”, 工藤 正俊, Asia Pacific Association of Study of the Liver (APASL),   2005年08月, Asia Pacific Association of Study of the Liver (APASL)
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: 最新情報」, 工藤 正俊, 日本肝臓学会主催, 平成13年度肝がん撲滅運動市民公開講座,   2005年08月, 日本肝臓学会主催, 平成13年度肝がん撲滅運動市民公開講座
  • Real-time virtual sonography, an integrated system of computer tomography with ultrasound images: value in radiofrequency ablation guidance., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 井上 達夫, 萩原 智, 畑中 絹代, 坂口 康浩, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 15th Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2005年08月, 15th Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • Invited Lecture “Recent progress in imaging of HCC:from ultrasound to PET Scan”, 工藤 正俊, Asia Pacific Association of Study of the Liver (APASL),   2005年08月, Asia Pacific Association of Study of the Liver (APASL)
  • Usefulness of contrast enhancement for diagnosis of pancreatic desease by transabdominal US and EUS, 北野 雅之, 工藤 正俊, World congress of Gastroenterology 2005,   2005年09月, World congress of Gastroenterology 2005
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療選択」, 工藤 正俊, 第25回名古屋肝炎セミナー、第108回名古屋肝疾患研究会,   2005年09月, 第25回名古屋肝炎セミナー、第108回名古屋肝疾患研究会
  • 肝細胞癌に対する経撓骨動脈アプローチによる血管造影の有用性, 林 道友, 鍋島 紀滋, 北井 聡, 水野 成人, 小川 力, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 工藤 正俊, 第83回日本消化器病学会近畿支部例会,   2005年09月, 第83回日本消化器病学会近畿支部例会
    概要:【目的】腹部血管造影において患者の不満が最も多いのは、検査後の長時間の安静臥床である。循環器領域では、近年経撓骨動脈アプローチが主流になっているが、腹部血管造影においてもその有用性が報告されている(日消誌Vol 99, 1450-1454, 2002)。2005年4月から我々の施設でも、この報告を参考に若干の工夫を加えて経撓骨動脈アプローチによる腹部血管造影を行っているので報告する。【方法】肝細胞癌と診断され左撓骨動脈より経動脈的治療(TAE、TAI)を行った20例について、造影および治療の成功率、所要時間、合併症について検討した。2004年4月から2005年3月までに大腿動脈からのアプローチで治療を行った58例を比較対象とした。また、過去に大腿動脈からの検査を受けている15例にはアンケートを行った。検査手技は、左撓骨動脈を22G針で穿刺しSeldinger法にて4Frシースを留置した。4Fr 110cmのKAGAWAカテーテルをガイドワイヤーを先行させながら下行大動脈まで誘導し、上腸間膜動脈
  • 純動脈相超音波造影法(PAP-US)と画像表示に用いる測定時相について, 前川 清, 工藤 正俊, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 日本超音波医学会第30回関西地方会学術集会,   2005年09月, 日本超音波医学会第30回関西地方会学術集会
  • 腸腰筋膿瘍を合併した急性膵炎の1例, 梅原 康湖, 工藤 正俊, 冨田 崇文, 落合 健, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第83回日本消化器病学会近畿支部例会,   2005年09月, 第83回日本消化器病学会近畿支部例会
  • PEG-IFN ALPHA-2a and 5-fluorouracil suppresses proliferation of human hepatocellular carcinoma in node mice, 仲谷 達也, 工藤 正俊, 坂口康浩, 木村 雅友, 早川 清雄, 宗像 浩, 13th united European gastroenterology week (UEGW),   2005年10月, 13th united European gastroenterology week (UEGW)
  • 急速に増大し得た胃GISTの1手術例, 吉本 理恵, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 松井 繁長, 北野 雅之, 保田 知生, 大柳 治正, 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2005年10月, 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • HP除菌によって内視鏡的に改善した鳥肌胃炎の一例, 加藤 玲明, 河田 奈都子, 林 道友, 北井 聡, 豊澤 昌子, 小川 力, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 工藤 正俊, 第27回奈良県胃腸研究会,   2005年10月, 第27回奈良県胃腸研究会
  • 著明な大腸狭窄をきたした一例, 豊澤 昌子, 北井 聡, 林 道友, 加藤 玲明, 小川 力, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第75回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2005年10月, 第75回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
    概要:症例は70歳代,男性。平成16年2月、吐血にて当院を受診したが、上部消化管に出血源認めず、鼻出血の嚥下が原因と判明し帰宅した。翌朝,意識障害が出現し,当院救命科に搬入された。入院当日下血を認めたため翌日大腸内視鏡施行した。肛門付近を除く直腸からS状結腸まで全周性に粘膜壊死を認めた。CTでは直腸に著明な壁肥厚を認め、S状結腸以深は異常なかった。意識障害も消失し当科に転科した。約1ヶ月後の大腸内視鏡では、直腸下部に正常粘膜を認めたが、その奥に全周性潰瘍の残存を認め、疼痛により深部挿入出来なかった。3月の注腸にて下行結腸に狭窄を認めた。手術予定となるも、総胆管結石による胆管炎をきたし、手術延期となった。5月の大腸内視鏡にて肛門より約10cm以深に潰瘍を認め、20cm以深は狭窄の為挿入出来なかった。6月に左結腸・S状結腸切除術を施行した。術中所見では下行結腸からS状結腸にかけて狭小化、硬化しており、小腸と
  • 食道入口部直下に多発潰瘍を形成したLong Segment Barrett's Esophagusの1例, 冨田 崇文, 工藤 正俊, 落合 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第75回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2005年10月, 第75回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • Helicobacter pyloriクラリスロマイシン耐性と患者背景の動向, 落合 健, 工藤 正俊, 田中 陽一, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第70回日本消化器内視鏡学会総会,   2005年10月, 第70回日本消化器内視鏡学会総会
  • Histologic heterogeneity is a risk factor for lymph node metastasis of early gastric cancer, 辻 直子, 工藤 正俊, 石黒 信吾, 13th United European Gastroenterology Week,   2005年10月, 13th United European Gastroenterology Week
  • 食道入口部直下に多発潰瘍を規制したLong Segment Barrett’s Esophagusの一例., 冨田 崇文, 落合 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 第75回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2005年10月, 第75回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • AFP-L3 is the most reliable tumor marker after radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma, 小川 力, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 水野 成人, 鍋島 紀滋, Fourth JSH Single Topic Conference"Hepatocellular carcinoma: international consensus and controversi,   2005年12月, Fourth JSH Single Topic Conference"Hepatocellular carcinoma: international consensus and controversi
  • 食道静脈瘤に対するELSLの有用性. (ワークショップI 「食道静脈瘤の治療戦略」), 松井 繁長, 工藤 正俊, 中岡 良介, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2005年, 第67回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 造影超音波. シンポジウム「早期肝癌ー診断と治療の最前線ー」, 工藤 正俊, 第39回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2005年, 第39回日本医学放射線学会秋季臨床大会
  • 胆、膵における臨床的有用性について, 北野 雅之, 工藤 正俊, GE Ultrasound Advanced Symposium 2003,   2005年, GE Ultrasound Advanced Symposium 2003
  • Crohn病の経過中に急性出血性大腸炎を合併した1症例, 冨田 崇文, 工藤 正俊, 米田 円, 落合 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第5回 南大阪大腸内視鏡研究会,   2006年01月, 第5回 南大阪大腸内視鏡研究会
  • Invited Lecture “Ultrasound of benign liver mass”, 工藤 正俊, WFUMB 2006 & Workshop,   2006年01月, WFUMB 2006 & Workshop
  • Invited Lecture “Ultrasound of malignant liver tumors”, 工藤 正俊, WFUMB 2006 & Workshop,   2006年01月, WFUMB 2006 & Workshop
  • Invited Lecture “Pancreatic ultrasound: is it still useful in 2006?”, 工藤 正俊, WFUMB 2006 & Workshop,   2006年01月, WFUMB 2006 & Workshop
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療選択: 最近のトピックス」, 工藤 正俊, 第3回佐賀県医師会癌検診会肝癌部会研修会,   2006年01月, 第3回佐賀県医師会癌検診会肝癌部会研修会
  • TS1膵癌診断における造影超音波および超音波内視鏡検査の有用性, 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 坂本洋城, 西尾 健, 末冨洋一郎, 竹山 宜典, 筑後 孝章, 日本超音波医学会第31回関西地方会学術集会,   2006年02月, 日本超音波医学会第31回関西地方会学術集会
  • 気腫性胆嚢炎の一例., 落合 健, 工藤 正俊, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 本庶 元, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 船井 貞往, 第84回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年02月, 第84回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 特別講演「肝細胞癌のStagingと治療戦略」, 工藤 正俊, 第5回肝胆膵疾患臨床懇話会,   2006年02月, 第5回肝胆膵疾患臨床懇話会
  • 腹腔鏡下腹膜生検にて確診しえた結核性腹膜炎の一例, 河田奈都子, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 岸谷 讓, 加藤 玲明, 小川 力, 豊澤 昌子, 北井 聡, 林 道友, 井上 雅智, 湯川 真生, 岩崎拓也, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第84回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年02月, 第84回日本消化器病学会近畿支部例会
  • シンポジウム2. 消化管内視鏡up to date胆・膵「超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術: CTによる注入部造影の有用性について」, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年03月, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 短期間に総胆管への落石と胆嚢炎を繰り返し内視鏡的に対処した胆嚢結石症の一例., 加藤 玲明, 工藤 正俊, 林道 友, 北井 聡, 豊澤昌子, 小川 力, 岸谷 譲, 鍋島紀滋, 水野成人, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年03月, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 真性多血症に合併したサイトメガロウイルス腸炎の一例, 梅原 康湖, 工藤 正俊, 米田 円, 冨田 崇文, 落合 健, 本庶 元, 森村 正嗣, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年03月, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 肝障害度のスコア化による新分類法の提唱., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, Bay Area Digestive,   2006年03月, Bay Area Digestive
  • 肝癌の経皮的ラジオ波焼灼術におけるReal-time virtual sonographyの有用性について., 南 康範, 工藤 正俊, Bay Area Digestive,   2006年03月, Bay Area Digestive
  • B型肝炎ウイルスキャリアにおけるgenotypeおよびCP/PC変異測定の臨床的意義., 萩原 智, 工藤 正俊, Bay Area Digestive,   2006年03月, Bay Area Digestive
  • Peginterferon α-2aと5-FUの併用によるp53を介する肝細胞癌に対する抗腫瘍効果., 仲谷 達也, 工藤 正俊, Bay Area Digestive,   2006年03月, Bay Area Digestive
  • Invited Lecture “Novel Ultrasound techniques & technology”, 工藤 正俊, APASL (Asian Pacific Asoociation for the Study of the Liver),   2006年03月, APASL (Asian Pacific Asoociation for the Study of the Liver)
  • 十二指腸静脈瘤の臨床的特徴と治療, 松井 繁長, 工藤 正俊, 市川 勉, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年03月, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 特別講演「Real-time virtual sonographyの臨床的有用性について」, 工藤 正俊, 超音波診断装置への今後の期待に関するディスカッション,   2006年03月, 超音波診断装置への今後の期待に関するディスカッション
  • 短期間に総胆管への落石と胆嚢炎繰り返し内視鏡的に対処した胆嚢結石症の1例, 加藤 玲明, 林 道友, 北井 聡, 豊澤 昌子, 小川 力, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 工藤 正俊, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年03月, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • レボビストによる純動脈相造影超音波法(PAP-US)の画像評価と腫瘍内の造影剤動態について, 前川 清, 工藤 正俊, 井上達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第111回大阪超音波研究会,   2006年03月, 第111回大阪超音波研究会
  • 教育講演「肝細胞癌の治療」, 工藤 正俊, 臨床腫瘍学会教育講演会,   2006年03月, 臨床腫瘍学会教育講演会
  • 真性多血症に合併したサイトメガロウイルス腸炎の一例, 梅原 康湖, 工藤 正俊, 米田 円, 冨田 崇文, 落合 健, 本庶 元, 森村 正嗣, 由谷 逸朗, 辻 直子, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年03月, 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 肝細胞癌局所再発例に対する造影超音波ガイド下ラジオ波焼灼術- Prospective randomized controlled traial-., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 第19回日本造影エコー・ドプラ診断研究会-. 第19回日本造影エコー・ドプラ診断研究会,   2006年04月, 第19回日本造影エコー・ドプラ診断研究会-. 第19回日本造影エコー・ドプラ診断研究会
  • レボビスト造影超音波で得られた後血管相画像の定量化について, 前川 清, 工藤 正俊, 井上達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第19回日本造影エコー・ドプラ診断研究会,   2006年04月, 第19回日本造影エコー・ドプラ診断研究会
  • 特別講演「腹部造影超音波法の現状と今後の展望」, 工藤 正俊, 第19回日本造影エコー・ドプラ診断研究会,   2006年04月, 第19回日本造影エコー・ドプラ診断研究会
  • 特別講演「肝細胞癌のStagingと治療選択」, 工藤 正俊, 第48回肝臓クリニカルセミナー,   2006年04月, 第48回肝臓クリニカルセミナー
  • ランチョンセミナー「肝癌の進展抑制におけるIFNの効果」, 工藤 正俊, 第92回日本消化器病学会総会,   2006年04月, 第92回日本消化器病学会総会
  • Invited Lecture “New Sonographic Techniques for HCC: have they any impact on clinical practice?”, 工藤 正俊, Joint Meeting of Cancer Research Institute and Liver Research Institute of Seoul National University,   2006年04月, Joint Meeting of Cancer Research Institute and Liver Research Institute of Seoul National University
  • 早期肝細胞癌の造影超音波所見: pure arterial phase imagingおよびpost-vascular phase imagingを中心に., 井上達夫, 工藤 正俊, 福永 豊和, 第92回日本消化器病学会総会,   2006年04月, 第92回日本消化器病学会総会
  • 肝癌の経皮的ラジオ波焼灼術におけるReal-time Virtual Sonographyの有用性について., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 上嶋 一臣, 萩原 智, 坂口康浩, 高橋俊介, 畑中絹代, 井上達夫, 第92回日本消化器病学会総会,   2006年04月, 第92回日本消化器病学会総会
  • Comparison of staging systems for hepatocellular carcinoma in Japanese cohort., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 高橋俊介, 南 康範, 井上達夫, 坂口康浩, 萩原 智, 福永 豊和, 上嶋 一臣, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL),   2006年04月, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)
  • Carcinogenic risk factors in hepatitis B rivus infection., 萩原 智, 工藤 正俊, 仲谷 達也, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 宗像 浩, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL),   2006年04月, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)
  • Peginterferon alpha-2α and 5-fluorouracil suppresses proliferation of human hepatocellular carcinoma in p53-mediated apoptotic response., 仲谷 達也, 工藤 正俊, 坂口 康浩, 木村 雅友, 早川 清雄, 宗像 浩, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL),   2006年04月, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)
  • Mixed Intestinal and Diffuse Type Histology is a Risk Factor for Lymph Node Metastasis of Early Gastric Cancer, 辻 直子, 工藤 正俊, 石黒 信吾, Digestive Disease Week 2006,   2006年05月, Digestive Disease Week 2006
  • 当院における早期膵癌診断におけるストラテジー., 末冨洋一郎, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第71回日本消化器内視鏡学会,   2006年05月, 第71回日本消化器内視鏡学会
  • EUS-CPN時のエタノール注入部位と疼痛改善度の関連性., 西尾 健, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 北野 雅之, 坂口 康浩, 末冨洋一郎, 上嶋 一臣, 汐見 幹夫, 第2回超音波内視鏡下生検法の診断精度向上のための研究会,   2006年05月, 第2回超音波内視鏡下生検法の診断精度向上のための研究会
  • ランチョンセミナー「肝細胞癌のステージ分類: その重要性と問題点」, 工藤 正俊, 第42回日本肝臓学会総会,   2006年05月, 第42回日本肝臓学会総会
  • 肝癌局所治療における最近の超音波検査ーProSound α10を用いてー., 南 康範, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第79回学術集会,   2006年05月, 日本超音波医学会第79回学術集会
  • Invited Lecture “Treatment response and treatment guidance of hepatoccellular carcinoma: value of contrast-enhanced harmonic US and RVS.”, 工藤 正俊, 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology,   2006年05月, 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology
  • Evaluation of liver function by contrast enhanced coded phase inversion harmonic ultrasonography with levovist using parenchymal imaging of liver and spleen in the post vascular phase., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 前川 清, Chinamnan W, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology,   2006年05月, 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology
  • Percutaneous radiofrequency ablation of liver tumors: feasibility and usefulness of a novel guidance technique with an integrated system of CT and sonographic images., 南 康範, 工藤 正俊, 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology,   2006年05月, 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology
    概要:Minami Y, Kudo M: P
  • 膵癌早期診断における造影超音波および超音波内視鏡検査の有用性., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 前川 清, 日本超音波医学会第79回学術集会,   2006年05月, 日本超音波医学会第79回学術集会
  • レボビスト造影超音波の後血管相から見た肝機能評価について., 前川 清, 工藤 正俊, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 日本超音波医学会第79回学術集会,   2006年05月, 日本超音波医学会第79回学術集会
  • 腹部臓器に発生した神経原性腫瘍のレボビスト造影超音波について., 市島 真由美, 工藤 正俊, 前野 知子, 橋本 美紀恵, 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 日本超音波医学会第79回学術集会,   2006年05月, 日本超音波医学会第79回学術集会
  • Relation of tumor vascularity to effect of gemcitabine in pancreastic carcinomas: Value of contrast-enhanced harmonic ultrasonography., 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 末冨 洋一郎, 西尾 健, 竹山 宜典, 42nd Annual Meeting, American Society of Clinical Oncology,   2006年06月, 42nd Annual Meeting, American Society of Clinical Oncology
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療ー最近の話題」, 工藤 正俊, 肝がん撲滅運動学術講演会,   2006年06月, 肝がん撲滅運動学術講演会
  • 特別講演「肝細胞癌のステージングと治療選択」, 工藤 正俊, 第3回肝・消化器・代謝・栄養研究会,   2006年06月, 第3回肝・消化器・代謝・栄養研究会
  • ワークショップ 「転移性肝腫瘍に対する焼灼療法の治療成績」大腸癌肝転移におけるRFA治療の局所制御能 , 中居 卓也, 川邊 高史, 吉藤 竹仁, 上田 和毅, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 奥野 清隆, 塩﨑 均, 大柳 治正, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第31回日本外科系連合学会,   2006年06月, 第31回日本外科系連合学会
    概要:大腸癌肝転移にRFAを応用し、肝切除にRFA併用すれば化学療法単独治療より予後は改善していた。RFAの局所制御能を肝細胞癌と比較したところ、腫瘍サイズで両者に差はないが、3cmを超えるものは局所再発率が20%を超え適応外と考えられた。
  • Usefulness and limitation of contrast-enhanced power Doppler EUS for diagnosis of pancreatic diseases., 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 前川 清, 末冨 洋一郎, 西尾 健, 竹山 宜典, 筑後 孝章, 15th International Symposium on Endoscopic Ultrasonograhy,   2006年06月, 15th International Symposium on Endoscopic Ultrasonograhy
  • 成人期の初感染により慢性化したと考えられたB型肝炎の一例, 林 道友, 鍋島 紀滋, 小川 力, 水野 成人, 岸谷 讓, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 北井 聡, 工藤 正俊, 第8回関西B型肝炎研究会,   2006年06月, 第8回関西B型肝炎研究会
  • PEG-IFNα2bとribavirin併用治療中に1型糖尿病を発症した1例., 宮本 武明, 工藤 正俊, 小川 力, 岸谷 譲, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 林 道友, 北井 聡, 第47回京都肝疾患懇話会,   2006年07月, 第47回京都肝疾患懇話会
  • ペグインターフェロン(PEG-IFN)と5-FUの併用によるp53を介する肝細胞癌抑制効果., 仲谷 達也, 工藤 正俊, 福永 豊和, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 南 康範, 井上 達夫, 坂口 康浩, 萩原 智, 第47回京都肝疾患懇話会,   2006年07月, 第47回京都肝疾患懇話会
  • 教育講演「肝細胞癌へのアプローチ: 世界のConsensusとControversies」, 工藤 正俊, 第42回日本肝癌研究会,   2006年07月, 第42回日本肝癌研究会
  • ステージIVB肝内胆管癌に対するGemcitabine (GEM)をfirst lineとした化学療法と無治療群との比較検討. ワークショップ2「肝内胆管癌の診断と治療ーエビデンスに基づいた次の一手を求めてー」, 南 康範, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 坂口 康浩, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 第42回日本肝癌研究会,   2006年07月, 第42回日本肝癌研究会
  • Child-Pugh C肝硬変に合併した肝癌の治療は?その是非と治療法選択に関するRetrospective多施設共同研究., 大崎 往夫, 工藤 正俊, 松永 隆, 春日井博志, 岡 博子, 関 寿人, 第42回日本肝癌研究会,   2006年07月, 第42回日本肝癌研究会
  • von Gierke disease(糖尿病I型)に肝細胞癌を合併した一症例., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 高橋 俊介, 萩原 智, 井上 達夫, 坂口 康浩, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 中居 卓也, 第42回日本肝癌研究会,   2006年07月, 第42回日本肝癌研究会
  • 教育講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近の進歩」, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第21回教育講演会,   2006年07月, 日本消化器病学会近畿支部第21回教育講演会
  • 自然経過が観察し得たアルコール性過形成病変の一例., 前川 清, 工藤 正俊, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第6回関西肝血流動態イメージ研究会,   2006年07月, 第6回関西肝血流動態イメージ研究会
  • 肝細胞癌への経皮的ラジオ波焼灼術におけるReal-time virtual sonographyの有用性., 南 康範, 工藤 正俊, 高橋 俊介, 坂口 康浩, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第6回関西肝血流動態イメージ研究会,   2006年07月, 第6回関西肝血流動態イメージ研究会
  • PEG-IFNα2bとribavirin併用治療中に1型糖尿病を発症した1例, 宮本 武明, 小川 力, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 林 道友, 北井 聡, 工藤 正俊, 第47回京都肝疾患懇話会,   2006年07月, 第47回京都肝疾患懇話会
  • 特別講演「肝細胞癌治療の最近の進歩」, 工藤 正俊, 第21回肝臓を診る会,   2006年07月, 第21回肝臓を診る会
  • Invited Lecture “Real-time virtual sonography for liver malignancies.”, 工藤 正俊, Post Graduate Institute of Medical Education and Research (Invited by Prof. Chawla),   2006年07月, Post Graduate Institute of Medical Education and Research (Invited by Prof. Chawla)
  • Case Discussion and Consultation as a Visiting Professor., 工藤 正俊, Post Graduate Institute of Medical Education and Research (Invited by Prof. Chawla),   2006年07月, Post Graduate Institute of Medical Education and Research (Invited by Prof. Chawla)
  • Ward Round as a Visiting Professor., 工藤 正俊, Post Graduate Institute of Medical Education and Research,   2006年07月, Post Graduate Institute of Medical Education and Research
  • Invited Lecture “FNAC/Biopsy of HCC: Is it required?”, 工藤 正俊, All India Hepatology Meeting “Current Perspectie of Liver Disease (CPLD)”,   2006年08月, All India Hepatology Meeting “Current Perspectie of Liver Disease (CPLD)”
  • Invited Lecture “Real-time virtual sonography for liver malignancies.”, 工藤 正俊, All India Hepatology Meeting “Current Perspectie of Liver Disease (CPLD)”,   2006年08月, All India Hepatology Meeting “Current Perspectie of Liver Disease (CPLD)”
  • Invited Lecture “Staging system for HCC”, 工藤 正俊, All India Hepatology Meeting “Current Perspectie of Liver Disease (CPLD)”,   2006年08月, All India Hepatology Meeting “Current Perspectie of Liver Disease (CPLD)”
  • Invited Lecture “Role of contrast enhanced ultrasonography for liver tumors.”, 工藤 正俊, All India Institute of Medical Science (Invited by Prof. Acharya),   2006年08月, All India Institute of Medical Science (Invited by Prof. Acharya)
  • Case Discussion and Consultation as a Visiting Professor., 工藤 正俊, All India Institute of Medical Science,   2006年08月, All India Institute of Medical Science
  • Ward Round as a Visiting Professor., 工藤 正俊, All India Institute of Medical Science,   2006年08月, All India Institute of Medical Science
  • Invited Lecture “Diagnosis and treatment of HCC.”, 工藤 正俊, S.M.S. Hospital & Medical College (Invited by Dr. Ramesh Roop Rai),   2006年08月, S.M.S. Hospital & Medical College (Invited by Dr. Ramesh Roop Rai)
  • 肝領域. シンポジウム「病変を見落とさない超音波診断 私はこうしている」, 南 康範, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第32回関西地方会学術集会,   2006年08月, 日本超音波医学会第32回関西地方会学術集会
  • 自然経過が観察し得たアルコール性過形成病変の一例., 前川 清, 工藤 正俊, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 日本超音波医学会第32回関西地方会学術集会,   2006年08月, 日本超音波医学会第32回関西地方会学術集会
  • 特別講演「肝がん治療の最前線」, 工藤 正俊, 日本肝臓学会肝がん撲滅運動市民公開講座~肝臓病で命を失わないために~,   2006年08月, 日本肝臓学会肝がん撲滅運動市民公開講座~肝臓病で命を失わないために~
  • Invited Lecture “Characterization of liver nodules in cirrhosis by ultrasonography.”, 工藤 正俊, 18th European congress of ultrasound in conjunction with XVIII congresso Nazionale SIUMB,   2006年09月, 18th European congress of ultrasound in conjunction with XVIII congresso Nazionale SIUMB
  • 成人期の初感染により慢性化したと考えられたB型肝炎の一例., 林 道友, 工藤 正俊, 鍋島 紀滋, 小川 力, 水野 成人, 岸谷 譲, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 北井 聡, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • B型肝炎ウイルス感染における発癌リスク因子の検討., 萩原 智, 工藤 正俊, 仲谷 達也, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • PEG-IFNα2bとribavirin併用治療中に1型糖尿病を発症した一例., 宮本 武明, 工藤 正俊, 小川 力, 岸谷 譲, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 林 道友, 北井 聡, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • S1とペグインターフェロンが奏功したHCC肺転移の1例., 高瀬 徹, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 井上 達夫, 坂口 康浩, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 北野 雅之, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 肝動脈塞栓術併用経皮的ラジオ波焼灼術後に炎症性肉芽腫形成を来たし、播種性腫瘍再発との鑑別が困難であった一例., 高橋 俊介, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 北井 聡, 井上 達夫, 坂口 康浩, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 土師 誠二, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 膵癌早期診断のためのアプローチ: US、EUSを中心に., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 竹山 宜典, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 感染性膵?胞に対し内視鏡的経胃的?胞ドレナージ術が有効であった1例., 冨田 崇文, 工藤 正俊, 西尾 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 本庶 元, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 消化器内視鏡検査、治療後に偽痛風を発症した2例., 永田 嘉昭, 工藤 正俊, 松井 繁長, 末冨 洋一郎, 岡田 無文, 宮部 欽生, 石川 恵美, 市川 勉, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 十二指腸静脈瘤の診断、治療と予後., 松井 繁長, 工藤 正俊, 市川 勉, 岡田 無文, 第13回日本門脈圧亢進症学会総会,   2006年09月, 第13回日本門脈圧亢進症学会総会
  • ヘルペス食道炎の1例, 矢野 智洋, 工藤 正俊, 冨田 崇文, 西尾 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 本庶 元, 第180回日本内科学会近畿地方会,   2006年09月, 第180回日本内科学会近畿地方会
  • 嚥下困難で発症したLong Segment Barrett's Esophagusの1例, 百谷 起代子, 工藤 正俊, 冨田 崇文, 西尾 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 本庶 元, 第180回日本内科学会近畿地方会,   2006年09月, 第180回日本内科学会近畿地方会
  • 感染性膵嚢胞に対し内視鏡的経胃嚢胞ドレナージ術が有効であった1例, 冨田 崇文, 工藤 正俊, 西尾 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 本庶 元, 第85会日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85会日本消化器病学会近畿支部例会
  • 当院でのinterventional EUSの現状., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年09月, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 診断までに時間を要した胃癌の1例., 加藤 玲明, 工藤 正俊, 石井 一樹, 林 道友, 豊澤 昌子, 小川 力, 岸谷 譲, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 小川 稔, 井上 雅智, 太田 善夫, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年09月, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • Gastric submucosal heterotopiaの1例., 西尾 健, 工藤 正俊, 由谷 逸朗, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 辻 直子, 本庶 元, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年09月, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 超音波内視鏡下腹水穿刺が治療方針決定に有用であった膵体癌の1例., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 梅原 泰, 汐見 幹夫, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年09月, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • ERPが診断に有用であった小児膵損傷の1例., 小牧 孝充, 工藤 正俊, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 志村 康彦, 坂本 洋城, 野田 佳寿, 汐見 幹夫, 吉田 洋, 吉田 英樹, 八木 誠, 竹山 宜典, 大柳 治正, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年09月, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 胆嚢病変診断における造影超音波検査の有用性., 井上 達夫, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 北野 雅之, 前川 清, 第42回日本胆道学会学術集会,   2006年09月, 第42回日本胆道学会学術集会
  • 肝癌に対するTAE・RFA治療後に遅発性胆管気管支瘻が出現した一例., 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, 北野 雅之, 坂本 洋城, 西尾 健, 南 康範, 汐見 幹夫, 第42回日本胆道学会学術集会,   2006年09月, 第42回日本胆道学会学術集会
  • レボビスト造影超音波の後血管相における肝と脾臓の輝度評価., 前川 清, 工藤 正俊, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第12回関西超音波造影剤研究会,   2006年09月, 第12回関西超音波造影剤研究会
  • Gastric submucosal heterotopiの1例, 西尾 健, 工藤 正俊, 由谷 逸朗, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 辻 直子, 本庶 元, 第77会日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年09月, 第77会日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 確定診断までに時間を要した早期胃癌の1例, 加藤 玲明, 石川一樹, 林 道友, 豊澤 昌子, 小川 力, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年09月, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 早期胃癌に対してESD術前に複数周波数を用いた超音波内視鏡検査の有用性., 市川 勉, 工藤 正俊, 松井 繁長, 岡田 無文, 北野 雅之, 第72回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan),   2006年10月, 第72回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan)
  • ビデオワークショップ「食道静脈瘤に対する内視鏡的治療の工夫」., 松井 繁長, 工藤 正俊, 岡田 無文, 第72回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan),   2006年10月, 第72回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan)
  • パネルディスカッション「超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術におけるCTの役割., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 第72回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan),   2006年10月, 第72回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan)
  • 肝細胞癌への経皮的ラジオ波焼灼術におけるReal-time Virtual Sonographyの有用性., 南 康範, 工藤 正俊, 第48回日本消化器病学会大会(DDW-Japan),   2006年10月, 第48回日本消化器病学会大会(DDW-Japan)
  • C型慢性肝炎に対するPEG-IFNα-2a製剤投与中の血清ALT値上昇の原因についての検討., 永島 美樹, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 石川 恵美, 仲谷 達也, 第10回日本肝臓学会大会(DDW-Japan),   2006年10月, 第10回日本肝臓学会大会(DDW-Japan)
  • 緊急上部消化管内視鏡止血術後の絶食期間の検討, 梅原 康湖, 工藤 正俊, 辻 直子, 冨田 崇文, 落合 健, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 本庶 元, DDW-Japan 2006 第14回 日本消化器関連学会週間,   2006年10月, DDW-Japan 2006 第14回 日本消化器関連学会週間
  • PEG後腸瘻に移行した症例とPEG症例との背景因子についての比較検討, 冨田 崇文, 工藤 正俊, 落合 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 本庶 元, DDW-Japan 2006 第14回日本消化器関連学会週間,   2006年10月, DDW-Japan 2006 第14回日本消化器関連学会週間
  • 純型・混合型からみた早期胃癌の臨床病理学的検討, 辻 直子, 工藤 正俊, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 石黒 信吾, 藤井 恭子, 本庶 元, DDW-Japan 2006 第14回日本消化器関連学会週間,   2006年10月, DDW-Japan 2006 第14回日本消化器関連学会週間
  • 特別講演「消化器・肝臓病学の魅力」, 工藤 正俊, 内科医をめざす若手医師のための教育セミナー,   2006年10月, 内科医をめざす若手医師のための教育セミナー
  • Non-transplant treatment for hepatocellular carcionoma associated with child-Pugh grade C cirrhosis: a multicenter study on survival benefit., 工藤 正俊, 大崎 往夫, 松永 隆, 春日井 博志, 大阪総合医療センター, 関西医科大学, The Liver Meeting (AASLD),   2006年10月, The Liver Meeting (AASLD)
  • The novel questionnairee to evaluate health-related quality of life specific for patients with hepatocellular carcinoma., 中山 伸朗, 工藤 正俊, 柿沼 徹, 松井 淳, 名越 澄子, 持田 智, 小俣 政男, 熊田 博光, 佐田 通夫, 國土 典宏, 門田 守人, 兼松 隆之, 田中 宏一, 森脇 久隆, 藤原 研司, The Liver Meeting (AASLD),   2006年10月, The Liver Meeting (AASLD)
  • Novel perfusion imaging technique of the pancreas, contrast-enhanced harmonic endosonography: the first clinical report., 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 松井 繁長, 前川 清, 14th United European Gastroenterology Week (UEGW2006),   2006年10月, 14th United European Gastroenterology Week (UEGW2006)
  • The utility of endoscopic ultrasonography using multiple miniature endoscopic ultrasound probe in the endoscopic submucosal desection of early gastric cancer., 市川 勉, 工藤 正俊, 松井 繁長, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 岡田 無文, 14th United European Gastroenterology Week (UEGW2006),   2006年10月, 14th United European Gastroenterology Week (UEGW2006)
  • Value of computed tomography for evaluating the injection site in endoconography-guided celiac plexus neurolysis., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 西尾 健, 竹山 宜典, 保田 知生, 14th United European Gastroenterology Week (UEGW2006),   2006年10月, 14th United European Gastroenterology Week (UEGW2006)
  • ランチョンセミナー「原発性肝癌の治療」, 工藤 正俊, 日本消化器病学会関東支部第9回教育講演会,   2006年11月, 日本消化器病学会関東支部第9回教育講演会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近の進歩」, 工藤 正俊, 第42回鹿児島肝疾患懇話会,   2006年11月, 第42回鹿児島肝疾患懇話会
  • 特別講演「肝臓がん」, 工藤 正俊, 第44回日本消化器病学会関東支部市民公開講座「消化器の早期がんのお話」,   2006年11月, 第44回日本消化器病学会関東支部市民公開講座「消化器の早期がんのお話」
  • Non-transplant treatment for hepatocellular carcionoma associated with child-Pugh grade C cirrhosis: a multicenter study on survival benefit., 工藤 正俊, 大崎 往夫, 大阪府立成人病センター, 大阪府立成人病センター, 大阪市立総合医療センター, 関西医科大学, 14th United European Gastroenterology Week (UEGW2006,   2006年11月, 14th United European Gastroenterology Week (UEGW2006
  • 特別講演「肝腫瘍の純動脈相イメージング」, 工藤 正俊, 第24回TOYエコーフォーラム,   2006年11月, 第24回TOYエコーフォーラム
  • シンポジウム「肝がん治療について」, 工藤 正俊, がん予防キャンペーン大阪2006シンポジウム「がんの最新治療~早く見つけて上手に治す~」,   2006年11月, がん予防キャンペーン大阪2006シンポジウム「がんの最新治療~早く見つけて上手に治す~」
  • Invited Lecture “Diagnosis of early HCC in Japan: value of contrast-enhanced ultrasound.”, 工藤 正俊, Symposium on Hepatocellular Carcinoma,   2006年11月, Symposium on Hepatocellular Carcinoma
  • Assessment of 4D MDCT abdominal angiography by using non-stop continuous helical shuttle scan technique., 工藤 正俊, 村上 卓道, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • Invited Lecture “Real-time virtual sonography for liver malignancies.”, 工藤 正俊, The 4th AFSUMB Ultrasound Workshop,   2006年12月, The 4th AFSUMB Ultrasound Workshop
  • Invited Lecture “Pure arterial phase imaging on liver tumors.”, 工藤 正俊, The 4th AFSUMB Ultrasound Workshop,   2006年12月, The 4th AFSUMB Ultrasound Workshop
  • Role of computed tomography in evaluating the injection site in endosonography guided celiac plexus neurolysis., 北野 雅之, 坂本 洋城, 西尾 健, 竹山 宜典, 保田 知生, 工藤 正俊, 21st International Workshop on Therapeutic Endoscopy,   2006年12月, 21st International Workshop on Therapeutic Endoscopy
  • Invited Lecture “ Pure arterial phase imaging of liver tumors: an innovative technology in the contrastenhanced ultrasonograhy.”, 工藤 正俊, 8th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging,   2006年12月, 8th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging
  • 特別講演「ウイルス肝炎治療の最前線」, 工藤 正俊, 肝炎肝がん対策研修会,   2007年01月, 肝炎肝がん対策研修会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近の進歩」, 工藤 正俊, 宇部・小野田地区学術講演会,   2007年01月, 宇部・小野田地区学術講演会
  • レボビスト造影超音波の後血管相における肝と脾臓の輝度評価「特に肝の過形所成結節について」., 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第13回肝血流動態イメージ研究会,   2007年01月, 第13回肝血流動態イメージ研究会
  • ポリウレタン製PEGの長期留置の有用性について., 中岡 良介, 末冨 洋一郎, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 川端 一史, 中川 裕隆, 山本 博晟, 第15回クリニカル・ビデオフォーラム(CVF),   2007年02月, 第15回クリニカル・ビデオフォーラム(CVF)
  • 特別講演「肝癌の診断と治療: Up To Date」, 工藤 正俊, 第3回神奈川肝炎若手の会,   2007年02月, 第3回神奈川肝炎若手の会
  • C型肝硬変に伴う肝内びまん性動門脈シャントに対して肝動脈塞栓術およびバルン閉塞下逆行性シャント閉塞術が奏功した一例., 前川 昌平, 鄭 浩柄, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 萩原 智, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 堀 信一, 第86回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年02月, 第86回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 腹膜刺激症状を認めずERCPにて診断しえた胆嚢穿孔の一例., 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 田中 晃, 川邊 高史, 北口 博士, 工藤 正俊, 第86回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年02月, 第86回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 進行肝細胞癌に対するS-1、ペグインターフェロン併用療法の経験., 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第86回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年02月, 第86回日本消化器病学会近畿支部例会
  • EUS下胃膵吻合術を行った一症例., 坂本 洋城 , 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 工藤 正俊, 1st FNA-Club Conference,   2007年02月, 1st FNA-Club Conference
  • 粉末化シスプラチン(アイエーコール)+リピオドール懸濁液による肝細胞癌の治療経験, 鍋島 紀滋, 小川 力, 林 道友, 水野 成人, 岸谷 讓, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 工藤 正俊, 第48回京都肝疾患懇話会,   2007年02月, 第48回京都肝疾患懇話会
  • 当院におけるEUSによる膵疾患の診断と治療の現状. パネルディスカッションII「胆膵領域の内視鏡診断・治療の最前線」, 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2007年03月, 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 内視鏡で経時的に変化が追えた難治性潰瘍性大腸炎の一例., 梅原 泰, 工藤 正俊, 福田 信宏, 永島 美樹, 石川 恵美, 仲谷 達也, 汐見 幹夫, 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2007年03月, 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 腸重責を呈した横行結腸脂肪腫の一例., 梅原 康湖, 冨田 崇文, 西尾 健, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 中村 浩一, 井上 潔彦, 田中 晃, 本庶 元, 工藤 正俊, 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2007年03月, 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 内視鏡的に止血し得た盲腸Dieurafoy潰瘍の一例., 梅原 泰, 工藤 正俊, 福田 信宏, 永島 美樹, 石川 恵美, 汐見 幹夫, 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2007年03月, 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 吻合部狭窄に対し内視鏡的バルーン拡張術を行い著名な体積増加が得られたクローン病の一例., 梅原 泰, 工藤 正俊, 中岡 良介, 福田 信宏, 永島 美樹, 石川 恵美, 仲谷 達也, 汐見 幹夫, 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2007年03月, 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • Invited Lecture “Ultrasound diagnosis of pancreatic tumor.”, 工藤 正俊, WFUMB Center of Excellence Workshop,   2007年03月, WFUMB Center of Excellence Workshop
  • Invited Lecture “Contrast-enhance ultrasound for liver tumors.”, 工藤 正俊, WFUMB Center of Excellence Workshop,   2007年03月, WFUMB Center of Excellence Workshop
  • Invited Lecture “Real-time virtual sonography for liver malignancies.”, 工藤 正俊, WFUMB Center of Excellence Workshop,   2007年03月, WFUMB Center of Excellence Workshop
  • 教育講演「肝臓癌」, 工藤 正俊, 日本臨床腫瘍学会第8回教育セミナーBセッション,   2007年03月, 日本臨床腫瘍学会第8回教育セミナーBセッション
  • Invited Lecture “Long-dose, Long-term IFN therapy improves survival in patients with HCV-related HCC after curative RFA.”, 工藤 正俊, Miami Clinical Exchange-Liver Disease in Japan and USA-,   2007年03月, Miami Clinical Exchange-Liver Disease in Japan and USA-
  • 特別講演「Diagnosis and treatment of early-stage HCC: An Update」, 工藤 正俊, 久留米大学21世紀COEプログラムアジア肝癌フォーラムーUp-to-Date Prevention and Therapy for Hepatocellular Carcinoma (HCC)ー,   2007年03月, 久留米大学21世紀COEプログラムアジア肝癌フォーラムーUp-to-Date Prevention and Therapy for Hepatocellular Carcinoma (HCC)ー
  • Impact of pretreatment tumor marker elevations on survival of HCC patients after curative treatment., 工藤 正俊, 豊田 秀徳, 熊田 卓, 大崎 往夫, 岡 博子, 浦野 文博 , 17th APASL Conference,   2007年03月, 17th APASL Conference
  • Pegylated interferon therapy increases serum ferritin and ALT levels in chronic hepatitis C patients., 永島 美樹, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 石川 恵美, 仲谷 達也, 17th APASL Conference,   2007年03月, 17th APASL Conference
  • Real-time virtual CT sonographic-guided radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma., 南 康範, 鄭 浩柄, 井上 達夫, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 17th APASL Conference,   2007年03月, 17th APASL Conference
  • Regulatory failure of serum prohepcidin levels in patients with hepatitis C., 永島 美樹, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 石川 恵美, 萩原 智, 仲谷 達也, 17th APASL Conference,   2007年03月, 17th APASL Conference
  • Education Lecture “Imaging diagnosis of early-stage HCC.”, 工藤 正俊, 17th APASL Conference,   2007年03月, 17th APASL Conference
  • Clinial staging system for hepatocellular carcinoma., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 17th APASL Conference,   2007年03月, 17th APASL Conference
  • 早期胃癌治療における術前複数周波数超音波内視鏡検査の有用性., 市川 勉, 工藤 正俊, 第2回Bay Area Gut Club,   2007年03月, 第2回Bay Area Gut Club
  • 当院における超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロックの成績., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 第2回Bay Area Gut Club,   2007年03月, 第2回Bay Area Gut Club
  • C型肝炎患者における血清プロヘプシジン濃度の調節異常., 永島 美樹, 工藤 正俊, 第2回Bay Area Gut Club,   2007年03月, 第2回Bay Area Gut Club
  • Estimation of angiotensin-II and angiotensin-II receptor blocker (TCV-116) on rat pancreatic stellate cells: angiotensin-II type 1 receptor blocker (CV-11974) and angiotensin―converting enzyme inhibitor (perindopril) suppress pancreatitis and fibrosis in , 福田 信宏, 工藤 正俊, 第2回Bay Area Gut Club,   2007年03月, 第2回Bay Area Gut Club
  • PEGインターフェロン併用療法の経験., 上嶋 一臣, 南 康範, 工藤 正俊, 第5回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2007年03月, 第5回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • Round Table Discussion “Diagnosis and treatment of HCC.”, 工藤 正俊, Up-to-date prevention and therapy for hepatocellular carcinoma (HCC),   2007年03月, Up-to-date prevention and therapy for hepatocellular carcinoma (HCC)
  • ステージ4B肝内胆管癌に対するGemcitabine(GEM)をfirst lineとした化学療法と無治療群との比較検討., 南 康範, 上嶋 一臣, 坂口 康浩, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第5回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2007年03月, 第5回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • Invited Lecture “Novel Sonographic Technique for the Diagnosis and Treatment of Hepatocellular Carcinoma.”, 工藤 正俊, International HCC Symposium,   2007年03月, International HCC Symposium
  • 新しい超音波造影剤ソナゾイドによる肝腫瘍の造影評価., 前川 清, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第20回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2007年04月, 第20回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
  • シンポジウム「超音波造影剤ソナゾイド?を使用した造影超音波検査ー最新ソフトおよび臨床画像を含めてー.」, 工藤 正俊, 第20回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2007年04月, 第20回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
  • 教育講演「肝癌」, 工藤 正俊, 第93回日本消化器病学会総会ポストグラデュエイトコース,   2007年04月, 第93回日本消化器病学会総会ポストグラデュエイトコース
  • 進行肝細胞癌に対するCDDP+5FU動注化学療法における5FU投与濃度の意義. シンポジウム「進行肝癌に対する集学的治療」, 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 工藤 正俊, 第93回日本消化器病学会総会,   2007年04月, 第93回日本消化器病学会総会
  • ステージ4B肝内胆管癌に対するGemcitabine (GEM)をfirst lineとした化学療法と無治療群との比較検討., 南 康範, 上嶋 一臣, 坂口 康浩, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第93回日本消化器病学会総会,   2007年04月, 第93回日本消化器病学会総会
  • 膵癌におけるバイオマーカーとしてのKL-6の有用性., 小牧 孝充, 北野 雅之, 坂本 洋城, 末冨 洋一郎, 野田 佳寿, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第93回日本消化器病学会総会,   2007年04月, 第93回日本消化器病学会総会
  • 進行膵癌化学療法効果測定における各腫瘍マーカーの有用性について, 野田 佳寿, 坂本 洋城, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 小牧 孝充, 工藤 正俊, 第93回日本消化器病学会総会,   2007年04月, 第93回日本消化器病学会総会
  • B型肝炎ウィルス感染における発癌リスク因子の検討, 萩原 智, 工藤 正俊, 仲谷 達也, 鄭 浩柄, 大阪赤十字病院, 日本赤十字社和歌山医療センター, 岸和田市民病院, 第93回日本消化器病学会総会,   2007年04月, 第93回日本消化器病学会総会
  • 粉末化シスプラチン(アイエーコール)+リピオドール懸濁液による肝細胞癌の治療経験, 林 道友, 鍋島 紀滋, 小川 力, 水野 成人, 岸谷 讓, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 工藤 正俊, 第93回日本消化器病学会総会,   2007年04月, 第93回日本消化器病学会総会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療:Up-to-date」, 工藤 正俊, 第146回愛媛消化器疾患懇話会,   2007年04月, 第146回愛媛消化器疾患懇話会
  • 次世代超音波造影剤SonoVueを用いた造影ハーモニック超音波内視鏡検査. シンポジウム「超音波内視鏡(EUシンポジウム)による診断・治療の最前線」, 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 第73回日本消化器内視鏡学会総会,   2007年05月, 第73回日本消化器内視鏡学会総会
  • 当院における超音波内視鏡ガイド下治療の現状. ワークショップ「EUS-FNAの現状と将来」, 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第73回日本消化器内視鏡学会総会,   2007年05月, 第73回日本消化器内視鏡学会総会
  • EUS-FNAが診断に有効であった腹腔内リンパ節結核の一例., 小牧 孝充, 北野 雅之, 坂本 洋城, 末冨 洋一郎, 野田 佳寿, 今井 元, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第2回超音波内視鏡下生検法の診断精度向上のための研究会,   2007年05月, 第2回超音波内視鏡下生検法の診断精度向上のための研究会
  • 高度進行肝細胞癌に対するS-1, ペグインターフェロン併用療法の有用性., 上嶋 一臣, 南 康範, 工藤 正俊, 第43回日本肝臓学会総会,   2007年05月, 第43回日本肝臓学会総会
  • Child-Pugh Aの早期肝細胞癌患者に対するラジオ波焼灼療法治療成績. パネルディスカッション「肝癌診療ガイドラインの検証」., 鄭 浩柄, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第43回日本肝臓学会総会,   2007年05月, 第43回日本肝臓学会総会
  • 肝膵疾患に対するinterventional EUS シンポジウム消化器「腹部領域におけるInterventional Sonography」, 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第80回学術集会,   2007年05月, 日本超音波医学会第80回学術集会
  • 造影超音波の新しい展開 パネルディスカッション消化器「肝癌診断最近の動向 診断」, 南 康範, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第80回学術集会,   2007年05月, 日本超音波医学会第80回学術集会
  • 肝疾患におけるTissue Elastography -第2報, 藤本 研治, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 前川 清, 工藤 正俊, 外村 明子, 三竹 毅, 山川 誠, 加藤 道夫, 椎名 毅, 日本超音波医学会第80回学術集会,   2007年05月, 日本超音波医学会第80回学術集会
  • 新しい超音波造影剤ソナゾイドによる肝腫瘍の造影評価., 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第80回学術集会,   2007年05月, 日本超音波医学会第80回学術集会
  • Diagnosis of gallbladder diseases by contrast-enhanced phase-inversion harmonic ultrasonography., 井上 達夫, 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本 洋城, DDW(Digestive Disease Week) and the 108th Annual Meeting of the AGA,   2007年05月, DDW(Digestive Disease Week) and the 108th Annual Meeting of the AGA
  • Multicentric recurrence of hepatocellular carcinoma and CD-34 expression in background liver., 辻 直子, 石黒 信吾, 工藤 正俊, DDW(Digestive Disease Week) and the 108th Annual Meeting of the AGA,   2007年05月, DDW(Digestive Disease Week) and the 108th Annual Meeting of the AGA
  • Regulatory failure pf serem prohepcidin levels in patients with hepatitis C., 永島 美樹, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 石川 恵美, 萩原 智, 仲谷 達也, DDW(Digestive Disease Week) and the 108th Annual Meeting of the AGA,   2007年05月, DDW(Digestive Disease Week) and the 108th Annual Meeting of the AGA
  • 造影ハーモニック超音波内視鏡装置の新規開発と臨床応用., 北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清 , 工藤 正俊, 松井 宇部, 伊藤 安啓, von Schrenck Tammo, 日本超音波医学会第80回学術集会,   2007年05月, 日本超音波医学会第80回学術集会
  • 特別講演「新しい超音波造影剤は肝癌の診療をどう変えるか?」ランチョンセミナー, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第80会学術集会,   2007年05月, 日本超音波医学会第80会学術集会
  • Clinical application of contrast-enhanced harmonic imaging to endosonography., 北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清, 工藤 正俊, 松井 宇部, 伊藤 安啓, Tammo von Schrenk, DDW(Digestive Disease Week) and ASGE,   2007年05月, DDW(Digestive Disease Week) and ASGE
  • 腹膜刺激症状を認めなかった胆嚢穿孔の1例, 藤田 淳也, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 本庶 元, 第182回日本内科学会近畿地方会,   2007年05月, 第182回日本内科学会近畿地方会
  • 内視鏡的ドレナージ術により軽快した感染性膵嚢胞の1例, 赤岩 譲, 冨田 崇文, 西尾 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 本庶 元, 第182回日本内科学会近畿地方会,   2007年05月, 第182回日本内科学会近畿地方会
  • 急性膵炎の経過中、腸腰筋膿瘍を合併した1例, 田中 意浩, 梅原 康湖, 西尾 健, 冨田 崇文, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 本庶 元, 第182回日本内科学会近畿地方会,   2007年05月, 第182回日本内科学会近畿地方会
  • 腸重積を呈した横行結腸脂肪腫の1例, 旭爪 章統, 梅原 康湖, 冨田 崇文, 西尾 健, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 本庶 元, 第182回日本内科学会近畿地方会,   2007年05月, 第182回日本内科学会近畿地方会
  • 特別講演「肝臓ガンの病態と最新治療」, 工藤 正俊, 市民公開講座「ウィルス性肝疾患 その最新治療を学ぶ」,   2007年05月, 市民公開講座「ウィルス性肝疾患 その最新治療を学ぶ」
  • 特別講演「ソナゾイドによる肝細胞癌診療」, 工藤 正俊, 日本インターベンショナルラジオロジー学会総会ランチョンセミナー,   2007年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会総会ランチョンセミナー
  • パネルディスカッション「患者さんの疑問にこたえるQ&A」, 工藤 正俊, 市民公開講座「ウィルス性肝炎疾患 その最新治療を学ぶ」,   2007年05月, 市民公開講座「ウィルス性肝炎疾患 その最新治療を学ぶ」
  • 特別講演「肝硬変・肝癌の治療におけるインターフェロンの役割」, 工藤 正俊, 第43回日本肝臓学会総会モーニングセミナー・ランチョンセミナー,   2007年06月, 第43回日本肝臓学会総会モーニングセミナー・ランチョンセミナー
  • Transarterial infusion chemotherapy alone versus transarterial chemoembolization for the treatment of hepatocellular carcinoma: Results of a multicenter randomized phase Ⅲ traial., 奥坂 拓志, 工藤 正俊, 佐藤 俊哉, 樋之津 史郎, 塩山 靖和, 春日井 博志, 田中 克明, 税所 宏光, 大崎 往夫, 佐田 通夫, 藤山 重俊, American Society of Clinical Oncology,   2007年06月, American Society of Clinical Oncology
  • 特別講演「肝細胞癌の治療効果判定と穿刺ガイド-Sonazoidの有用性-」, 工藤 正俊, 第1回ソナゾイド研究会第2部「診断と治療支援」,   2007年06月, 第1回ソナゾイド研究会第2部「診断と治療支援」
  • 全国データに基づく肝切除と経皮療法の長期比較. パネルディスカッション「ガイドライン改訂に向けて; 肝移植, ラジオ波導入時代における肝切除の意義」, 長谷川 潔, 工藤 正俊, 幕内雅敏, 高山忠利, 國土典宏, 有井滋樹, 小俣政男, 神代正道, 坂元亨宇, 高安賢一, 林 紀夫, 門田守人, 松山 裕, 猪飼伊和夫, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • Child-Pugh Aの早期肝細胞癌患者に対するラジオ波焼灼療法治療成績. パネルディスカッション「ガイドライン改訂に向けて; 肝移植, ラジオ波導入時代における肝切除の意義」, 鄭 浩柄, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 土師 誠二, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • 肝細胞癌に対する肝動脈塞栓療法と肝動注化学療法の多施設共同ランダム化比較試験. パネルディスカッション「肝細胞癌診療ガイドライン改訂に向けて; TACE, TAI, 肝動注化学療法の適切な選択」, 春日井博志, 工藤 正俊, 佐藤俊哉, 樋之津史郎, 塩山靖和, 田中克明, 税所宏光, 大崎往夫, 佐田通夫, 奥坂拓志, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • 治療前後のAFP-L3分画値から検討した肝細胞癌治療後の予後予測(前向き多施設共同研究). シンポジウム「術前検査による肝細胞癌の悪性度予測と治療選択」, 田中正俊, 工藤 正俊, 斉藤明子, 伊東和樹, 熊田 卓, 岡 博子, 関 寿人, 春日井博志, 大崎往夫, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • 肝細胞癌根治治療施行例における治療前腫瘍マーカーの予後におよぼす影響. シンポジウム「術前検査による肝細胞癌の悪性度予測と治療選択」, 豊田秀徳, 工藤 正俊, 熊田 卓, 大崎往夫, 岡 博子, 浦野文博, 松永 隆, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • 進行肝細胞癌に対するS-1, ペグインターフェロン併用療法の有用性., 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • TAE併用RFA後に炎症性肉芽腫形成を来たし、播種性腫瘍再発との鑑別が困難であった一例., 高橋 俊介, 鄭 浩柄, 辰巳 千栄, 北井 聡, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 土師 誠二, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • 診断に苦慮し急速な経過をたどった肉腫様肝癌の一例., 井上 達夫, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 畑中 絹世, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • 特別講演「肝細胞癌治療の最近の進歩」, 工藤 正俊, 『肝がん撲滅運動』学術講演会,   2007年06月, 『肝がん撲滅運動』学術講演会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療UP TO DATE ?国際比較も含めて- 」, 工藤 正俊, 第6回KMU肝疾患フォーラム,   2007年06月, 第6回KMU肝疾患フォーラム
  • 胃動脈瘤出血に対するα-シアノアクリレートによる硬化療法, 松井 繁長, 市川 勉, 岡田 無文, 川崎 正憲, 工藤 正俊, 第16回近畿食道・胃動脈瘤研究会,   2007年06月, 第16回近畿食道・胃動脈瘤研究会
  • 「ソナゾイドは肝癌診療をどう変えるか」, 工藤 正俊, 第43回日本肝癌研究会ランチョンセミナー6,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会ランチョンセミナー6
  • 超音波内視鏡ガイド下で胃膵吻合術を行った一例., 坂本 洋城, 北野 雅之, 小牧 孝充, 竹山 宜典, 工藤 正俊, 第38回日本膵臓学会大会,   2007年06月, 第38回日本膵臓学会大会
  • B型慢性肝炎ウィルス感染における発癌リスク因子の検討., 萩原 智, 高橋 俊介, 北井 聡, 石川 恵美, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 仲谷 達也, 工藤 正俊, 第18回南大阪肝疾患研究会,   2007年07月, 第18回南大阪肝疾患研究会
  • ソナゾイド造影超音波検査における新しい支援画像表示の試み 特にPAP時相及びDefect re-injection testの支援画像について., 前川 清, 上硲 俊法, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 橋本 浩, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会,   2007年07月, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会
  • ソナゾイド造影超音波検査による肝腫瘍の鑑別診断の試み., 上嶋 一臣, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 畑中 絹世, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 前川 清, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会,   2007年07月, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会
  • ソナゾイドを用いた造影超音波によるRFAの治療効果判定の検討., 北井 聡, 畑中 絹世, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 前川 清, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会,   2007年07月, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会
  • “Imaging diagnosis of early HCC.”, 工藤 正俊, Laennec Liver Pathlogy Society and ICGHN V,   2007年07月, Laennec Liver Pathlogy Society and ICGHN V
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: UP-TO-DATE」, 工藤 正俊, 学術講演会,   2007年08月, 学術講演会
  • Invited Lecture “Contrast-enhanced US of HCC: Up-to-date technology in the diagnostic and therapeutic approach.”, 工藤 正俊, 9th International Conference on Interventional Ultrasound and Contrast-enhanced Ultrasound,   2007年08月, 9th International Conference on Interventional Ultrasound and Contrast-enhanced Ultrasound
  • CEUS of HCC: Up-to-date technology in diagnostic and therapeutic approach., 工藤 正俊, 9th International Conference in Interventional Ultrasound and Cntraast-enhanced Ultrasound,   2007年08月, 9th International Conference in Interventional Ultrasound and Cntraast-enhanced Ultrasound
  • 特別講演「Sonazoidは肝癌診療をどう変えるか?」, 工藤 正俊, 第50回滋賀肝疾患研究会,   2007年09月, 第50回滋賀肝疾患研究会
  • 当院でのステロイド未使用の潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法の治療成績., 梅原 泰, 工藤 正俊, 福田 信宏, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年09月, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 3型日本固有(株)による重症E型肝炎の一例., 脇本 麻由子, 工藤 正俊, 由谷 逸郎, 安田 宗生, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 辻 直子, 岡本 宏明, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年09月, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会
  • Real-taime Virtual Sonographyを用いたラジオ波焼灼術の治療効果判定., 北井 聡, 南 康範, 工藤 正俊, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年09月, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 腸間膜静脈血栓症で発症した多発性骨髄腫の一例., 豊澤 昌子, 工藤 正俊, 茂山 朋広, 林 道友, 宮部 欽生, 小川 力, 加藤 玲明, 岸谷 譲, 鍋島 紀滋, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年09月, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 術前診断が困難であった肝?胞腺癌の一例., 生田 研祐, 北井 聡, 南 康範, 工藤 正俊, 石川 原, 中居 卓也, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年09月, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 膵癌と急性膵炎の鑑別が困難であった1症例., 今井 元, 北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清, 筑後 孝章, 工藤 正俊, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年09月, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 重症E型肝炎の1例, 脇本 麻由子, 由谷 逸朗, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 辻 直子, 工藤 正俊, 岡本宏明, 第183回日本内科学会近畿地方会,   2007年09月, 第183回日本内科学会近畿地方会
  • 特別講演「LOGIQ7におけるSonazoid造影エコー法 ?特に肝癌治療支援におけるDefect Re-perfusion Imagingの有用性について-」, 工藤 正俊, 第10回GE Ultrasound Instractional Seminar,   2007年09月, 第10回GE Ultrasound Instractional Seminar
  • Maintenance interpheron therapy after curative RFA improves survival in patients with HCC., 工藤 正俊, 17th World Congress of tg\he international association of surgeons, gastroenterologists and oncologi,   2007年09月, 17th World Congress of tg\he international association of surgeons, gastroenterologists and oncologi
  • Non-invasive methods for the assessment of liver fibrosis: comparision of transient elastography(Fibroscan), real-time tissue elastography and serum fibrotic markers., 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 南 康範, 工藤 正俊, The 4th Korea-Japan Liver Synposium,   2007年09月, The 4th Korea-Japan Liver Synposium
  • アレルギー性紫斑病治療中にサイトメガロウィルス関連消化管病変を認めた1例., 梅原 康湖, 西尾 健, 冨田 崇文, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸郎, 辻 直子, 永禮 靖章, 野崎 祐史, 田中 久夫, 浦瀬 文明, 工藤 正俊, 本庶 元, 第79回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2007年09月, 第79回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 腸重積を発症したCrinkhite-Canada症候群も1例., 早石 宗右, 石川 恵美, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 上田 和毅, 第79回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2007年09月, 第79回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: Up to date」, 工藤 正俊, 第1回HCC Forum in TOYAMA,   2007年09月, 第1回HCC Forum in TOYAMA
  • 3型の本固有株による重症E型肝炎の1例, 脇本 麻由子, 由谷 逸朗, 安田 宗生, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 辻 直子, 工藤 正俊, 岡本 宏明, 第87回日本消化器病学会近畿地方会,   2007年09月, 第87回日本消化器病学会近畿地方会
  • アレルギー性紫斑病治療中にサイトメガロウイルス関連消化管病変を認めた1例, 梅原 康湖, 西尾 健, 冨田 崇文, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 永禮 靖章, 野崎 祐史, 田中 久夫, 浦瀬 文明, 工藤 正俊, 本庶 元, 第79回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2007年09月, 第79回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 異種様に対するESD後の後出血例の検討., 岡田 無文, 松井 繁長, 永田 嘉昭, 宮部 欽生, 市川 勉, 畑中 絹世, 工藤 正俊, 第47回日本消化器内視鏡学会総会,   2007年09月, 第47回日本消化器内視鏡学会総会
  • B型肝炎ウィルス感染における発癌リスク因子の検討., 萩原 智, 工藤 正俊, 第2回大阪肝臓ミーティング-スミフェロン発売20周年記念-,   2007年09月, 第2回大阪肝臓ミーティング-スミフェロン発売20周年記念-
  • Train the Trainers workshop "Critical appraisal of the paper and clinical trial design. ", 工藤 正俊, World Gastroenterology Otganization(WGO),   2007年09月, World Gastroenterology Otganization(WGO)
  • Educational Lecture “Critical appraisal of the paper and clinical trial design.”, 工藤 正俊, Train the Trainers workshop, World Gastroenterology Otganization(WGO),   2007年09月, Train the Trainers workshop, World Gastroenterology Otganization(WGO)
  • 腸間膜静脈血栓症で発症した多発性骨髄腫の一例, 豊澤 昌子, 茂山 朋広, 宮部 欽生, 林 道友, 小川 力, 加藤 玲明, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 工藤 正俊, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年09月, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 肝腫瘍治療, パネルディスカッション「造影超音波検査、最新の動向-次世代超音波造影剤の果たせる役割」, 南 康範, 工藤 正俊, 日本調音波医学会第34回関西地方学術集会,   2007年10月, 日本調音波医学会第34回関西地方学術集会
  • LOGIQ7を用いたソナゾイド造影超音波検査における新しい支援画像表示の試み., 前川 清, 上硲俊法, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 橋本 浩, 日本調音波医学会第34回関西地方学術集会,   2007年10月, 日本調音波医学会第34回関西地方学術集会
  • 十二指腸血腫による急性膵炎の経過をUSで観察し得た1例., 横川 美加, 前野 智子, 市島 真由美, 前川 清, 内藤 昭智, 上硲 俊法, 野上 隆司, 八木 誠, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 日本調音波医学会第34回関西地方学術集会,   2007年10月, 日本調音波医学会第34回関西地方学術集会
  • CD34 expression in noncancerous liver tissue predicts multicentric recurrence of hepatocellular carcinoma, 辻 直子, 工藤 正俊, 石黒 信吾, 佐々木 洋, 第66回 日本癌学会学術総会 ワークショップ,   2007年10月, 第66回 日本癌学会学術総会 ワークショップ
  • 噴門部静脈瘤合併巨木型食道静脈瘤の内視鏡的治療. ワークショップ「食道噴門部静脈瘤に対する治療戦略」, 松井 繁長, 岡田 無文, 工藤 正俊, 第47回日本消化器内視鏡学会総会,   2007年10月, 第47回日本消化器内視鏡学会総会
  • 当院におけるEUS下ドレナージ術の成績. ビデオシンポジウム「Interventional EUS」, 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 第47回日本消化器内視鏡学会総会,   2007年10月, 第47回日本消化器内視鏡学会総会
  • Child-Pugh Aの早期肝細胞癌患者に対するラジオ波焼灼療法治療成績. シンポジウム「肝癌診療ガイドライン改訂に向けて: 切除, ラジオ波, 移植の位置づけ」, 鄭 浩柄, 井上 達夫, 工藤 正俊, 第49回日本消化器病学会大会,   2007年10月, 第49回日本消化器病学会大会
  • 転移性肝腫瘍・肝内胆管癌の画像診断~超音波診断を中心に~. ワークショップ「乏血性肝腫瘍の診療アルゴリズム」, 上嶋 一臣, 前川 清, 工藤 正俊, 第49回日本消化器病学会大会,   2007年10月, 第49回日本消化器病学会大会
  • DPCにおける効率的診断法 肝悪性腫瘍を中心に. シンポジウム「DPC時代の画像診断はどうあるべきか」, 井上達夫, 工藤 正俊, 第49回日本消化器病学会大会,   2007年10月, 第49回日本消化器病学会大会
  • 当院における無症状酔眼の診断と予後.ワークショップ「検診発見膵・胆道がんの予後 ?早期発見に向けて」, 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 第49回日本消化器病学会大会,   2007年10月, 第49回日本消化器病学会大会
  • 健常人に発症し、大量消化管出血を来たしたサイトメガロウイルス腸炎の一例., 今井 元, 永島 美樹, 渡邊 愛可, 仲谷 達也, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 第49回日本消化器病学会大会,   2007年10月, 第49回日本消化器病学会大会
  • クローン病に対するインフリキシマブ投与の有効性の検討., 梅原 泰, 工藤 正俊, 仲谷 達也, 福田 信宏, 永島 美樹, 石川 恵美, 坂本 洋城 , 井上 達夫, 坂口 康浩, 萩原 智, 南 康範, 末冨 洋一郎, 小牧 孝充, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 松井 繁長, 福永 豊和, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 第49回日本消化器病学会大会,   2007年10月, 第49回日本消化器病学会大会
  • 難治性C型慢性肝炎(Ⅰ型高ウイルス量)に対するPEG-IFNα-2b/Ribavirin併用療法の使用成績と安全について., 石川 恵美, 上嶋 一臣, 汐見 幹夫, 北野 雅之, 松井 繁長, 福永 豊和, 仲谷 達也, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 福田 信宏, 坂本 洋城 , 井上 達夫, 梅原 泰, 永島 美樹, 宮部 欽生, 野田 佳寿, 工藤 正俊, 第11回日本肝臓学会大会,,   2007年10月, 第11回日本肝臓学会大会,
  • 進行性肝細胞癌に対するS-1、ペグインターフェロン併用療法., 南 康範, 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第11回日本肝臓学会大会,,   2007年10月, 第11回日本肝臓学会大会,
  • Special Lecture “Recent advances in management of HCC: Newly developed breakthrough imaging technique and long-term IFN maintenance therapy after RFA.”, 工藤 正俊, Asian pacific Digestive Week 2007,   2007年10月, Asian pacific Digestive Week 2007
  • PEG術後合併症からみたその誘因についての検討, 冨田 崇文, 西尾 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 本庶 元, JDDW2007/第74回日本消化器内視鏡学会総会,   2007年10月, JDDW2007/第74回日本消化器内視鏡学会総会
  • 外来下部消化管内視鏡検査(CS)時のsedationの検討, 梅原 康湖, 冨田 崇文, 西尾 健, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 本庶 元, JDDW2007 神戸/第74回日本消化器内視鏡学会総会,   2007年10月, JDDW2007 神戸/第74回日本消化器内視鏡学会総会
  • 早期胃癌の時代的変遷とH. pyloriの関連, 辻 直子, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 工藤 正俊, 石黒信吾 松村真生子, 本庶 元, JDDW2007・第74回日本消化器内視鏡学会総会,   2007年10月, JDDW2007・第74回日本消化器内視鏡学会総会
  • 特別講演「肝腫瘍の造影超音波診断の進歩」, 工藤 正俊, 京都消化器医会例会 10月度,   2007年10月, 京都消化器医会例会 10月度
  • Expression in noncancerous liver tissue predicts multicentric recurrence of hepatocellular carcinoma. Workshop: Hepatobiliary and pancreatic tuomr(1)., 辻 直子, 工藤 正俊, 石黒 信吾, 佐々木 洋, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2007年10月, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • Radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma: usefulness of real-time virtual CT sonography., 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 塩﨑 均, 15th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2007年10月, 15th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • 特別講演「肝疾患とインターフェロン治療」, 工藤 正俊, お茶の水肝疾患談話会,   2007年10月, お茶の水肝疾患談話会
  • Development of Dynamic Pitch Helical Reconstruction Algorithm for Continuous Helical Shuttle Scan of 64ch MDCT with Advanced Table Control., 萩原明, 工藤 正俊, 村上 卓道, 柳生行伸, 93rd Radiological Society of North America,   2007年12月, 93rd Radiological Society of North America
  • Separate analysis of intranodular blood supply in nodular lesions associated with liver cirrhosis: a novel ultrasound technique “Pure arterial phase imaging”., 工藤 正俊, 畑中 絹世, 南 康範, 鄭 浩柄, 前川 清, American Association for the Study of liver Diseases (AASLD),   2007年11月, American Association for the Study of liver Diseases (AASLD)
  • A proposal of novel treatment-assist technique in the Sonazoid-enhanced ultrasonography: value of defect re-perfusion imaging., 工藤 正俊, 畑中 絹世, 南 康範, 鄭 浩柄, 前川 清, American Association for the Study of liver Diseases (AASLD),   2007年11月, American Association for the Study of liver Diseases (AASLD)
  • Contrast enhanced sonography for hepatic malignancies: Value of defect re-injection test., 畑中 絹世, 南 康範, 工藤 正俊, Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology The 8th Congress AFSUMB Thaila,   2007年11月, Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology The 8th Congress AFSUMB Thaila
  • Invited Lecture “Value of real-time virtual sonography in the ablation theraphy for liver malignancies., 工藤 正俊, Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology The 8th Congress AFSUMB Thailan,   2007年11月, Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology The 8th Congress AFSUMB Thailan
  • Invited Lecture "Contrast-enhanced ultrasound for liver tumors. ", 工藤 正俊, Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology The 8th Congress AFSUMB Thailan,   2007年11月, Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology The 8th Congress AFSUMB Thailan
  • Invited Lecture "Novel ultrasonographic technique for the diagnosis and treatment of hepatocellular carcinoma. ", 工藤 正俊, Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology The 8th Congress AFSUMB Thailan,   2007年11月, Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology The 8th Congress AFSUMB Thailan
  • 進行膵癌に対してS-1単剤療法が奏効した2例, 茂山 朋広, 加藤 玲明, 宮部 欽生, 林 道友, 豊澤 昌子, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 工藤 正俊, 第6回大阪消化器化学療法懇話会,   2007年11月, 第6回大阪消化器化学療法懇話会
  • ペグインターフェロンがS-1の抗腫瘍効果を増強したと考えられたHCC肺転移の1例., 上嶋 一臣, 今井 元, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 川崎 正憲, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第45回 大阪肝穿刺生検治療研究会,   2007年12月, 第45回 大阪肝穿刺生検治療研究会
  • 教育講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近の進歩」, 工藤 正俊, 第184回日本内科学近畿支部生涯教育講演会,   2007年12月, 第184回日本内科学近畿支部生涯教育講演会
  • 教育講演「肝細胞癌の診断と治療Up To Date」, 工藤 正俊, 第37回日本内科学四国支部生涯教育講演会,   2007年12月, 第37回日本内科学四国支部生涯教育講演会
  • 特別講演「明日からできる造影超音波~~入門から応用まで~~」, 工藤 正俊, 島根腹部超音波研究会,   2007年12月, 島根腹部超音波研究会
  • 特別講演「肝細胞癌診療におけるSonazoid造影エコーの役割」, 工藤 正俊, 第49回かもがわ肝臓カンファレンス,   2007年12月, 第49回かもがわ肝臓カンファレンス
  • 教育セミナー「肝臓癌」, 工藤 正俊, 特定非営利活動法人日本臨床腫瘍学会 教育セミナー,   2007年12月, 特定非営利活動法人日本臨床腫瘍学会 教育セミナー
  • 筋線維芽細胞の α-smooth muscle actin発現に対するデコリンの効果, 仲谷 達也, 本田 映子, 佐藤 真弓, 早川 清雄, 工藤 正俊, 宗像 浩, JR仙台病院,   2007年12月
  • 下痢を契機に発症した完全型ベーチェット病の1例, 安田 宗生, 冨田 崇文, 西尾 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 野崎 祐史, 工藤 正俊, 第184回日本内科学会近畿地方会,   2007年12月, 第184回日本内科学会近畿地方会
  • 粉末化シスプラチン(アイエーコール)+リピオドール懸濁液による肝細胞癌の治療, 林 道友, 鍋島 紀滋, 茂山 朋広, 岸谷 讓, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 宮部 欽生, 工藤 正俊, 第37回日本肝臓学会西部会,   2007年12月, 第37回日本肝臓学会西部会
  • C型慢性肝炎例の瀉血施工時における分岐鎖アミノ酸を含む栄養付加効果の検討., 川口雅功, 石川 恵美, 南 康範, 工藤 正俊, 土細工利夫, 高松正剛, 中村浩彦, 高瀬光徳, 第37回日本肝臓学会西部会,   2007年12月, 第37回日本肝臓学会西部会
  • 特別講演「新しい超音波造影剤は肝癌の診療をどう変えるか?」, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第80会学術集会 ランチョンセミナー,   2007年, 日本超音波医学会第80会学術集会 ランチョンセミナー
  • 特別講演「肝細胞癌の治療効果判定と穿刺ガイド ?Sonazoidの有用性-」, 工藤 正俊, 第56回山口県難治性肝疾患研究会,   2007年, 第56回山口県難治性肝疾患研究会
  • リザーバー肝動注化学療法が有効であった乳癌肝転移の一症例., 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 南 康範, 工藤 正俊, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療 ~最近の話題~」, 工藤 正俊, 第25回 神戸肝疾患カンファレンス,   2008年01月, 第25回 神戸肝疾患カンファレンス
  • Defect re-injection testの有用性について., 畑中 絹世, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 前川 清, 工藤 正俊, 第14回肝血流動態イメージ研究会,   2008年01月, 第14回肝血流動態イメージ研究会
  • Sonazoidを用いた造影超音波ガイド下ラジオ波焼灼術の有用性., 南 康範, 今井 元, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫 , 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第14回肝血流動態イメージ研究会,   2008年01月, 第14回肝血流動態イメージ研究会
  • ソナゾイド造影超音波による肝癌局所療法の効果判定―特にdefect-reinjection-testによる判定., 前川 清, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 畑中 絹世, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第14回肝血流動態イメージ研究会,   2008年01月, 第14回肝血流動態イメージ研究会
  • 特別講演「RFA治療支援におけるSonazoid造影下Defect Re-Perfusion Imagingの有用性」, 工藤 正俊, 第14回肝血流動態イメージ研究会,   2008年01月, 第14回肝血流動態イメージ研究会
  • 特別講演「肝細胞癌の自然経過と画像診断の役割」, 工藤 正俊, 大阪EOB研究会,   2008年01月, 大阪EOB研究会
  • 特別講演「肝細胞癌診療におけるSonazoid造影エコーの役割」, 工藤 正俊, 学術講演会,   2008年01月, 学術講演会
  • 特別講演「ウィルス肝炎の長期予後、肝がん・肝硬変との関係」, 工藤 正俊, 肝炎肝がん対策講習会,   2008年02月, 肝炎肝がん対策講習会
  • Sonazoidを用いた造影超音波ガイド下ラジオ波焼灼術の有用性., 南 康範, 今井 元, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会,   2008年02月, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会
  • Defect Re-injection imagingの有用性について., 畑中 絹世, 南 康範, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会,   2008年02月, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 高齢発症クローン病に対するTOP-DOWN療法で経時的に粘膜治癒が追えた一例, 有住 忠晃, 梅原 泰, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 岡田 無文, 市川 勉, 松井 繁長, 今井 元, 野田 佳寿, 坂本 洋城, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会,   2008年02月, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会
  • シングルバルーン小腸内視鏡が診断に有用だった縦走潰瘍を呈するNSAID小腸潰瘍の一例, 川崎 正憲, 梅原 泰, 有住 忠晃, 朝隈 豊, 岡田 無文, 市川 勉, 松井 繁長, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会,   2008年02月, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 急速な転帰をとった腸管ベーチェット病の一例, 梅原 泰, 川崎 正憲, 有住 忠晃, 朝隈 豊, 岡田 無文, 市川 勉, 松井 繁長, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 石丸 英三郎, 沖 貴士, 上田 和毅, 所 忠男, 奥野 清隆, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会,   2008年02月, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 当院で経験した日本海裂頭条虫症の一例, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 宇仁 茂彦, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会,   2008年02月, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: 最近の進歩」, 工藤 正俊, 病院連携懇談会,   2008年02月, 病院連携懇談会
  • 基礎:造影剤と撮像法の工夫(ワークショップ「超音波フローイメージング」), 工藤 正俊, 第27回日本画像医学会,   2008年02月, 第27回日本画像医学会
  • 特別講演「肝細胞癌の超音波診断」, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第26回中部地方会,   2008年02月, 日本超音波医学会第26回中部地方会
  • Invited Lecture “Radiofrequency ablation for difficult-to-treat HCC cases: How We Do It?”, 工藤 正俊,   2008年02月
  • Invited Lecture ”Real-time virtual sonography for the treatment of hepatocellular carcinoma.”, 工藤 正俊,   2008年02月
  • Invited Lecture ”Sonazoid-enhanced US for the Management of hepatocellular carcinoma.”, 工藤 正俊,   2008年02月
  • Invited Lecture ”Novel ultrasound technique “Pure Arterial Phase Imaging” in the diagnosis of liver tumors.”, 工藤 正俊,   2008年02月
  • Invited Lecture ”Treatment efficacy of TACE for HCC by use of IVR-CT.”, 工藤 正俊,   2008年02月
  • One Day Visitig Professorship “Case Consultation (Session), Ultrtasound Live Demonstration and Ward Round as a Visiting Professor.”, 工藤 正俊,   2008年02月
  • Invited Lecture ”Recent Advances in Management of HCC.”, 工藤 正俊,   2008年02月
  • Live Demonstration “Color Doppler examination in the adenoma”, 工藤 正俊, WFUMB Workshop Agra in conjunction with 17th Annual Conference of Indian Federataion of Ultrasound i,   2008年02月, WFUMB Workshop Agra in conjunction with 17th Annual Conference of Indian Federataion of Ultrasound i
  • Special Lecture ”Diffuse Liver Diseases”, 工藤 正俊, WFUMB Workshop Agra in conjunction with 17th Annual Conference of Indian Federataion of Ultrasound,   2008年02月, WFUMB Workshop Agra in conjunction with 17th Annual Conference of Indian Federataion of Ultrasound
  • Special Lecture ”Pancreatic ultrasound including EUS”, 工藤 正俊, WFUMB Workshop Agra in conjunction with 17th Annual Conference of Indian Federataion of Ultrasound,   2008年02月, WFUMB Workshop Agra in conjunction with 17th Annual Conference of Indian Federataion of Ultrasound
  • 肝類上皮性血管内皮腫の一例, 茂山 朋広, 林 道友, 宮部 欽生, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 工藤 正俊, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会,   2008年02月, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会
  • Invited Lecture “Drug development in TACE. What are some important issues to consider in trial design? ", 工藤 正俊, AstraZeneca Hepatocellular Carcinoma Advisory Board Meeting,   2008年02月, AstraZeneca Hepatocellular Carcinoma Advisory Board Meeting
  • 十二指腸静脈瘤に対する内視鏡的治療と予後., 松井 繁長, 岡田 無文, 工藤 正俊, 第80回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2008年03月, 第80回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 当院におけるEUS下ドレナージ術の工夫., 野田 佳寿, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第80回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2008年03月, 第80回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 下痢を初発症状とし急速に進行した完全型ベーチェット病の一例., 冨田 崇文, 西尾 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 本庶 元, 第80回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2008年03月, 第80回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • ステロイド、免疫調節剤使用歴のないサイトメガロウイルス感染を合併した潰瘍性大腸炎の2例., 梅原 泰, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 岡田 無文, 市川 勉, 松井 繁長, 今井 元, 野田 佳寿, 坂本 洋城, 井上 達夫 , 石川 恵美, 萩原 智, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第80回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2008年03月, 第80回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • Invited Lecture “ Application of Sonazoid in the Liver”, 工藤 正俊, The 5th Ultrasound Workshop of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicineand Biolo,   2008年03月, The 5th Ultrasound Workshop of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicineand Biolo
  • Invited Lecture “Doppler/Contrast-enhanced US of liver mass”, 工藤 正俊, The 5th Ultrasound Workshop of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicineand Biolo,   2008年03月, The 5th Ultrasound Workshop of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicineand Biolo
  • Invited Lecture “Treatment of HCC using Real-time Virtual Sonography and Contrast US”, 工藤 正俊, The 5th Ultrasound Workshop of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicineand Biolo,   2008年03月, The 5th Ultrasound Workshop of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicineand Biolo
  • 特別講演「Sonazoid造影エコーは肝癌診療をどう変えるか」, 工藤 正俊, 第1回腹部画像診断勉強会,   2008年03月, 第1回腹部画像診断勉強会
  • 当院でのペグインターフェロン+リバビリン併用療法について。LVR及び長期投与の検討., 上田 泰輔, 工藤 正俊, 第3回 Bay Area Gut Club (BAG),   2008年03月, 第3回 Bay Area Gut Club (BAG)
  • 造影ハーモニック超音波内視鏡検査の新規開発と臨床応用., 北野 雅之, 工藤 正俊, 第3回 Bay Area Gut Club (BAG),   2008年03月, 第3回 Bay Area Gut Club (BAG)
  • 進行肝細胞癌に対するS-1・ペグインターフェロン併用療法の有用性., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第3回 Bay Area Gut Club (BAG),   2008年03月, 第3回 Bay Area Gut Club (BAG)
  • 総括., 工藤 正俊, 第3回 Bay Area Gut Club (BAG),   2008年03月, 第3回 Bay Area Gut Club (BAG)
  • Invited Lecture “Ultrasound Diagnosis of Non-alcoholic Steatoheoatitis (NASH).”, 工藤 正俊, 6th Philippine Society of Ultrasound in Clinical Medicine, Inc. (PSUCMI),   2008年03月, 6th Philippine Society of Ultrasound in Clinical Medicine, Inc. (PSUCMI)
  • Invited Lecture “Ultrasound of Pancreas including EUS.”, 工藤 正俊, 6th Philippine Society of Ultrasound in Clinical Medicine, Inc. (PSUCMI),   2008年03月, 6th Philippine Society of Ultrasound in Clinical Medicine, Inc. (PSUCMI)
  • Live Demonstration "Abdominal Ultrasound.", 工藤 正俊, The 5th Ultrasound Workshop of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicineand Biolo,   2008年03月, The 5th Ultrasound Workshop of the Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicineand Biolo
  • 特別講演「肝臓癌」, 工藤 正俊, 第6回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2008年03月, 第6回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • 特別講演「C型肝炎治療の重要性と最新の情報」, 工藤 正俊, 平成19年度「肝がん撲滅運動」市民公開講座,   2008年03月, 平成19年度「肝がん撲滅運動」市民公開講座
  • 特別講演「C型肝炎治療の重要性と最新の情報」, 工藤 正俊, 平成19年度「肝がん撲滅運動」市民公開講座,   2008年03月, 平成19年度「肝がん撲滅運動」市民公開講座
  • Sonazoidを用いた造影超音波ガイド下ラジオ波焼灼術の有用性., 南 康範, 今井 元, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第21回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2008年04月, 第21回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
  • Sonazoid造影超音波によるRFA治療の効果判定: 特にDefect-reinjection-test (D-RIT)と支援画像表示., 前川 清, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 内藤 昭智, 上硲 俊法, 畑中 絹世, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, ワークショップII 「肝腫瘤性病変のSonazoidr造影超音波「私の工夫」」, 第21回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2008年04月, ワークショップII 「肝腫瘤性病変のSonazoidr造影超音波「私の工夫」」, 第21回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
  • Superiority of atrerioportal angiography to contrast-enhanced CT and MRI in the diagnosis of hepatocellular carcinoma in nodules smaller than 2cm., 金 守良, 工藤 正俊, 井本 勉, 猪川 弘嗣, 安藤 健治, 三田 敬二, 婦木 秀一, 笹瀬 典子, 松岡 利幸, 林 祥, The 43rd Annual Meeting of the Europian Association for the Study of the Liver,   2008年04月, The 43rd Annual Meeting of the Europian Association for the Study of the Liver
  • Phase I/II study of S-1 in patients (pts) with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): Results of the pgase II part., 奥坂 拓志, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 古瀬 純司, 金子 周一, 池田 公史, 仲地 耕平, 山下 竜也, 2008 Annual Meeting, AMERICAN SOCIETY OF CLINICAL ONCOLOGY,   2008年05月, 2008 Annual Meeting, AMERICAN SOCIETY OF CLINICAL ONCOLOGY
  • 教育講演「第2世代超音波造影剤による内視鏡的超音波検査(CE-EUS)の開発と臨床応用」, 工藤 正俊, 第75回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年05月, 第75回日本消化器内視鏡学会総会
  • Contrast enhanced sonography for hepatic malignancies: value of Defect Re-injection Test., 畑中 絹世, 南 康範, 工藤 正俊, DDW (Digestive Disease Week) 2008,   2008年05月, DDW (Digestive Disease Week) 2008
  • Combination therapy of ecabet sodium and proton pump inhibitor (PPI) compared with PPI alone for endoscopic submucosal dissection (ESD) ?induced ulcer in gastric cancer: Prospective randomized study., 松井 繁長, 工藤 正俊, 岡田 無文, 朝隈 豊, 市川 勉, 川崎 正憲, DDW (Digestive Disease Week) 2008,   2008年05月, DDW (Digestive Disease Week) 2008
  • Evaluation of the effectiveness of radiofrequency ablation for hepatic malignancies: Usefulness of virtual CT Sonography using magnetic navigation., 北井 聡, 南 康範, 工藤 正俊, DDW (Digestive Disease Week) 2008,   2008年05月, DDW (Digestive Disease Week) 2008
  • HCV Core抗原、NS3蛋白によるTLR2を介するCross Torelanceの誘導., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 渡邉 知裕, シンポジウム「ウイルス肝炎・肝癌に対する生体防御」, 第94回日本消化器病学会総会,   2008年05月, シンポジウム「ウイルス肝炎・肝癌に対する生体防御」, 第94回日本消化器病学会総会
  • 造影ハーモニックEUSによる胆膵疾患の診断., 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, シンポジウム「胆膵画像診断の進歩」, 第94回日本消化器病学会総会,   2008年05月, シンポジウム「胆膵画像診断の進歩」, 第94回日本消化器病学会総会
  • 進行肝細胞癌に対するS-1、ペグインターフェロン併用療法., 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 石川 恵美, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第94回日本消化器病学会総会,   2008年05月, 第94回日本消化器病学会総会
  • Defect Re-injection Testの有用性について., 畑中 絹世, 北井 聡, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 前川 清, 工藤 正俊, 第94回日本消化器病学会総会,,   2008年05月, 第94回日本消化器病学会総会,
  • 難治性C型慢性肝炎(Ⅰ型高ウイルス量)に対するPEG-IFN α2b/Ribavirin併用療法の長期投与成績と安全性について., 石川 恵美, 南 康範, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 早石 宗右, 井上 達夫, 工藤 正俊, 第94回日本消化器病学会総会,,   2008年05月, 第94回日本消化器病学会総会,
  • Cronkhite-Canada症候群に腸重積を合併した1例., 早石 宗右, 石川 恵美, 南 康範, 上田 和毅, 工藤 正俊, 第94回日本消化器病学会総会,   2008年05月, 第94回日本消化器病学会総会
  • 特別講演「肝細胞癌根治後のC型慢性肝炎に対するPEG-IFN少量・長期・維持療法の可能性.」, 工藤 正俊, ランチョンセミナー「肝疾患診療におけるPEG-IFN介入治療の役割」, 第44回日本肝癌研究会,   2008年05月, ランチョンセミナー「肝疾患診療におけるPEG-IFN介入治療の役割」, 第44回日本肝癌研究会
  • 特別講演「Sonazoidは肝癌診療をどう変えるか?」, 工藤 正俊, ランチョンセミナー, 第44回日本肝癌研究会,   2008年05月, ランチョンセミナー, 第44回日本肝癌研究会
  • Defect Re-injection Testの有用性とRFA治療支援., 畑中 絹世, 南 康範, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, シンポジウム「RFA-STATE of ARTS」, 第44回日本肝癌研究会,   2008年05月, シンポジウム「RFA-STATE of ARTS」, 第44回日本肝癌研究会
  • Clinicopathological time trends for early gastric cancer and helicobacter pylori infection in Japan., 梅原 康湖, 辻 直子, 石黒 信吾, 工藤 正俊, DDW (Digestive Disease Week) 2008,   2008年05月, DDW (Digestive Disease Week) 2008
  • Multistep hepatocecarcinogenesis: Correlation of imaging with pathology., 工藤 正俊, The 94th Annual Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology 1st International Forum,   2008年05月, The 94th Annual Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology 1st International Forum
  • 非B非C肝癌の臨床的特徴: B型関連肝癌・C型関連肝癌との比較., 畑中 絹世, 南 康範, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第44回日本肝癌研究会,   2008年05月, 第44回日本肝癌研究会
  • 肝臓エラストグラフィの定量化の試みと深部領域の感度の改善. パネルディスカッション「弾性の考え方と診断法: 各領域における見方」, 藤本研吾, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 前川 清, 工藤 正俊, 加藤 道夫, 外村 明子, 山川 誠, 椎名 毅, 日本超音波医学会第81回学術集会,   2008年05月, 日本超音波医学会第81回学術集会
  • Sonazoidを用いた造影ハーモニックEUS検査. シンポジウム「画像診断に与えた造影超音波のインパクト」, 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第81回学術集会,   2008年05月, 日本超音波医学会第81回学術集会
  • ソナゾイド造影超音波による肝癌局所療法の効果判定『特にDefect-reinjection-testと支援画像表示』, 前川 清, 畑中 絹世, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第81回学術集会,   2008年05月, 日本超音波医学会第81回学術集会
  • Defect Re-inection imagingの有用性について., 畑中 絹世, 南 康範, 北井 聡, 辰巳 千栄, 高橋 俊介, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第81回学術集会,   2008年05月, 日本超音波医学会第81回学術集会
  • 当院におけるInterventional EUSの現状. シンポジウム「Interventional EUSの進歩」, 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第75回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年05月, 第75回日本消化器内視鏡学会総会
  • 癌性疼痛緩和における超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術の成績., 小牧 孝充, 北野 雅之, 工藤 正俊, パネルディスカッション「癌緩和医療における内視鏡の役割」, 第75回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年05月, パネルディスカッション「癌緩和医療における内視鏡の役割」, 第75回日本消化器内視鏡学会総会
  • 胆膵疾患に対するEUSガイド下ドレナージ術., 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 第75回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年05月, 第75回日本消化器内視鏡学会総会
  • 当院での超音波内視鏡下腹腔神経叢ブロックのコツと手技の工夫., 小牧 孝充, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第75回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年05月, 第75回日本消化器内視鏡学会総会
  • 特別講演「肝癌ラジオ波焼灼療法の現状」, 工藤 正俊, 第2回神鋼病診連携消化器病懇話会,   2008年05月, 第2回神鋼病診連携消化器病懇話会
  • 膵腫瘍性病変診断におけるTrucut針、25Gおよび22G吸引穿刺針の比較検討., 坂本 洋城, 北野 雅之, 野田 佳寿, 小牧 孝充, 今井 元, 工藤 正俊, 第4回超音波内視鏡下生検法の診断制度向上のための研究会,   2008年05月, 第4回超音波内視鏡下生検法の診断制度向上のための研究会
  • 特別講演「肝癌に魅せられて30年」, 工藤 正俊, 定例愛光医会,   2008年05月, 定例愛光医会
  • 特別講演「肝細胞癌根治後のC型慢性肝炎に対するPEG-IFN少量・長期・維持療法の可能性」, 工藤 正俊, 第44回日本肝癌研究会 ランチョンセミナー「肝疾患診療におけるPEG-IFN介入治療の役割」,   2008年05月, 第44回日本肝癌研究会 ランチョンセミナー「肝疾患診療におけるPEG-IFN介入治療の役割」
  • 特別講演「Sonazoidは肝癌診療をどう変えるか?」, 工藤 正俊, 第44回日本肝癌研究会 ランチョンセミナー,   2008年05月, 第44回日本肝癌研究会 ランチョンセミナー
  • MDCT,MRI画像診断によるHCCのRFA治療効果判定, 岡田 真広, 熊野 正士, 桑原 雅知, 柳生 行伸, 勝部 敬, 荒木 哲朗, 香川 祐毅, 葉 輝明, 安藤 理奈, 松久保 祐子, 任 誠雲, 米矢 吉宏, 小塚 健倫, 土屋 典生, 下野 太郎, 今岡 いずみ, 足利 竜一朗, 細野 眞, 工藤 正俊, 村上 卓道, 第44回日本肝癌研究会,   2008年05月, 第44回日本肝癌研究会
  • VEGFR2阻害剤に対する耐性株とCEC及びCEPの検討., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 松本 和子, 金田 裕靖, 田中 篤, 前川 麻里, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月, 第12回がん分子標的治療研究会総会
  • ソナゾイド造影超音波による肝腫瘤の質的診断評価., 前川 清, 畑中 絹世, 井上 達夫, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 内藤 昭智, 上硲 俊法, 高橋 俊介, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第8回関西肝血流動態イメージ研究会,   2008年06月, 第8回関西肝血流動態イメージ研究会
  • 特別講演「Sonazoidは肝癌診療をどう変えるか」, 工藤 正俊, 第21回熊本肝癌研究会,   2008年06月, 第21回熊本肝癌研究会
  • 肝細胞癌バイオマーカー血清TERTmRNAの臨床的有用性の多施設研究., 三浦 典正, 永島 美樹, 工藤 正俊, 大崎 往夫, 河野 通盛, 大山 賢治, 庄盛 浩平, 神戸 貴雅, 岸本 幸広, 丸山 茂雄, 野間 英二郎, 堀江 裕, 坂口 正剛, 川崎 寛中, 長谷川 純一, 汐田 剛史, 第44回日本肝臓学会総会,   2008年06月, 第44回日本肝臓学会総会
  • 進行肝細胞癌に対するS-1, ペグインターフェロン併用療法., 上嶋 一臣, 早石 宗右, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第44回日本肝臓学会総会,   2008年06月, 第44回日本肝臓学会総会
  • シンポジウム「日本肝癌研究会全国原発性肝癌追跡調査の現状と課題」, 猪飼伊和夫, 工藤 正俊, 第63回日本消化器外科学会定期学術総会,   2008年07月, 第63回日本消化器外科学会定期学術総会
  • 特別講演「日常診療における造影超音波診断」, 工藤 正俊, 第91回姫路消化器病研究会,   2008年07月, 第91回姫路消化器病研究会
  • 特別講演「肝胆膵疾患におけるSonazoid造影検査の意義」, 工藤 正俊, 第17回鳥取県西部腹部超音波研究会,   2008年07月, 第17回鳥取県西部腹部超音波研究会
  • Invited Lecture “Direct Re-perfusion Imaging with Sonazoid in the diagnosis and treatment of hepatic malignancies”, 工藤 正俊, WFUMB 2008 WORKSHOP,   2008年07月, WFUMB 2008 WORKSHOP
  • Invited Lecture “Contrast-enhanced US of hepatic tumors with Sonazoid”, 工藤 正俊, WFUMB 2008 WORKSHOP,   2008年07月, WFUMB 2008 WORKSHOP
  • Invited Lecture “Diffuse liver disease”, 工藤 正俊, WFUMB 2008 WORKSHOP,   2008年07月, WFUMB 2008 WORKSHOP
  • 膵癌早期診断の為のアプローチ: US, EUSを中心に., 坂本 洋城, 北野 雅之, 竹山 宜典, 工藤 正俊, 第39回日本膵臓学会大会,   2008年07月, 第39回日本膵臓学会大会
  • Invited Lecture “Hepatocellular carcinoma: current topics in the diagnosis and treatment”, 工藤 正俊, LAENNEC SOCIETY: SUMMER MEETING,   2008年07月, LAENNEC SOCIETY: SUMMER MEETING
  • 特別講演「ソナゾイドは肝癌診療をどう変えるか?」, 工藤 正俊, 第64回東海総合画像医学研究会,   2008年08月, 第64回東海総合画像医学研究会
  • Invited Lecture “Contrast-enhanced US with new contrast agent, Sonazoid for liver tumors. ", 工藤 正俊, Australasian Society for Ultrasound in Medicine 38th Annual Scientific Meeting,   2008年09月, Australasian Society for Ultrasound in Medicine 38th Annual Scientific Meeting
  • Dynamic imaging of pancreatic tumors by contrast-enhanced harmonic EUS with long-lastiong contrast., 北野 雅之, 坂本 洋城, Das Kunal, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 工藤 正俊, 高木 忠之, 山雄 健次, EUS 2008,   2008年09月, EUS 2008
  • Prospective comparative study of the EUS guided 25-gauge FNA needle with the 19-gauge Trucut needle and 22-gauge FNA needle in patients with solid pancreatic masses., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 16th International Symposium on Endoscopic Ultrasound,   2008年09月, 16th International Symposium on Endoscopic Ultrasound
  • Phase I/II study of the efficacy and safety of S-1 in patients(PTS) with advanced hepatocellular carcinoma(HCC)., 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 古瀬 純司, 奥坂 拓志, 金子 周一, 仲地 耕平, 池田 公史, 山下 竜也, 2nd International Liver Cancer Association(ILCA) 2008 Annual Conference,   2008年09月, 2nd International Liver Cancer Association(ILCA) 2008 Annual Conference
  • A proposal of novel treatment-assist technique in the Sonazoid-enhanced ultrasonography: value of defect re-perfusion imaging., 工藤 正俊, 南 康範, 2nd International Liver Cancer Association(ILCA) 2008 Annual Conference,   2008年09月, 2nd International Liver Cancer Association(ILCA) 2008 Annual Conference
  • Separate analysis of intranodular blood supply in nodular lesions associated with liver cirrhosis: a novel ultrasound technique “pure arterial phase imaging”, 工藤 正俊, 南 康範, 2nd International Liver Cancer Association(ILCA) 2008 Annual Conference,   2008年09月, 2nd International Liver Cancer Association(ILCA) 2008 Annual Conference
  • 肝動注用リザーバーのGDAコイルによる難治性十二指腸潰瘍出血を止血し得た1例., 早石 宗右, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会,   2008年09月, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会
  • 悪性リンパ腫治療後にHBVの再活性化をきたした1例., 椋棒 圭子, 林 道友, 加藤 玲明, 茂山 朋広, 宮部 欽生, 豊澤 昌子, 北口 容子, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会,   2008年09月, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会
  • C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法著効後に発症した肝細胞癌破裂の1例, 峯 宏昌, 萩原 智, 早石 宗右, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 高橋 俊介, 北井 聡, 畑中 絹世, 石川 恵美, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会,   2008年09月, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会
  • 肝内胆管癌にTS-1を投与し著効した1例, 西尾 健, 今井 元, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 工藤 正俊, 杉浦 孝宗, 保田 昇平, 家田 泰浩, 長坂 行雄, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会,   2008年09月, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会
  • 原発不明の癌性腹膜炎の1例., 茂山 朋広, 林 道友, 宮部 欽生, 北口 容子, 豊澤 昌子, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会,   2008年09月, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会
  • 肝細胞癌におけるBiomarker Combined Japan Integrated Staging (bm-JIS) Scoreの有用性, 北井 聡, 南 康範, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会,   2008年09月, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会
  • 肝細胞癌非合併の硬変変症例におけるBCAA製剤投与による生存率への寄与, 早石 宗右, 石川 恵美, 南 康範, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会,   2008年09月, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会
  • 特別講演「肝硬変・肝癌診療におけるインターフェロンとソナゾイドの役割」, 工藤 正俊, 第10回岐阜県肝疾患セミナー,   2008年09月, 第10回岐阜県肝疾患セミナー
  • 当院でのHelocpbacter pyloriのCAM,AMPC耐性率と除菌治療の年次変化(2001~2007年) , 梅原 康湖, 辻 直子, 工藤 正俊, 第81回日本消化器内視鏡学会近畿地方会 シンポジウム,   2008年09月, 第81回日本消化器内視鏡学会近畿地方会 シンポジウム
  • 内視鏡的破砕術にて除去した胃石の一例, 今井 元, 西尾 健, 由谷 逸朗, 辻 直子, 田中 久夫, 工藤 正俊, 第81回 日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2008年09月, 第81回 日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 経乳頭的アプローチ困難例に対するEUSを用いた胆管ドレナージ術の検討., 小牧 孝充, 北野 雅之, 坂本 洋城, 末冨 洋一郎, 野田 佳寿, 工藤 正俊, 第44回日本胆道学会学術集会,   2008年09月, 第44回日本胆道学会学術集会
  • Qualitative and quantitative analysis of liver-parenchymal phase contrast-enhanced US with Sonazoid in detecting HCC; Comparison with SPIO-MRI., 井上 達夫, 工藤 正俊, 畑中絹世, 前川 清, 高橋 俊介, 北井 聡, 上田 泰輔, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • Value of liver parenchymal phase imaging of contrast-enhanced ultrasonography to diagnose the premalignant/borderline lesions and overt HCC., 井上 達夫, 工藤 正俊, 前西 修, 前川 清, 黑木 美奈, 中島 収, 神代 正道, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • Experimental and early clinical studies of S-1, a novel oral DPD inhibitor, chemotherapy for advanced hepatocellular carcinoma., 山下 竜也, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 金子 周一, 古瀬 純司, 奥坂 拓志, 仲地 耕平, 池田 公史, The 59th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD),   2008年10月, The 59th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD)
  • 特別講演「肝画像診断におけるEOB・プリモビスト注への期待」, 工藤 正俊, 第2回関西EOB・プリモビストセミナー,   2008年10月, 第2回関西EOB・プリモビストセミナー
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブの使用経験., 上嶋 一臣, 南 康範, 工藤 正俊, 第12回日本肝臓学会大会,   2008年10月, 第12回日本肝臓学会大会
  • 肝細胞癌根治後C型肝癌に対するIFN少量長期維持療法の生命予後改善効果に関する検討., 上田 泰輔, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第12回日本肝臓学会大会,   2008年10月, 第12回日本肝臓学会大会
  • 肝予備能良好かつ単発の肝細胞癌患者に対するラジオ波焼灼療法治療成績., 鄭 浩柄, 南 康範, 工藤 正俊, 第50回日本消化器病学会大会,   2008年10月, 第50回日本消化器病学会大会
  • Sonazoidを用いた造影超音波ガイド下ラジオ波焼灼術の有用性., 南 康範, 畑中 絹世, 工藤 正俊, 第12回日本肝臓学会大会,   2008年10月, 第12回日本肝臓学会大会
  • 肝腫瘍の診断におけるDefect Re-perfusion Imagingの有用性について., 畑中 絹世, 南 康範, 工藤 正俊, 第12回日本肝臓学会大会,   2008年10月, 第12回日本肝臓学会大会
  • ソナゾイド造影超音波検査におけるpost vascular phase imagingとSPIO-MRIとの比較., 井上 達夫, 畑中 絹世, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 横川 美加, 前野 智子, 市島 真由美, 前川 清, 第12回日本肝臓学会大会,   2008年10月, 第12回日本肝臓学会大会
  • 難治性C型慢性肝炎に対する治療戦略-後期陰性化症例における検討-., 上田 泰輔, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第50回日本消化器病学会大会,   2008年10月, 第50回日本消化器病学会大会
  • 疼痛緩和により抗癌剤治療が可能となった超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術の成績., 小牧 孝充, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第50回日本消化器病学会大会,   2008年10月, 第50回日本消化器病学会大会
  • Child-Pugh C型肝硬変に合併した肝癌は治療すべきか?その是非と治療法選択に関するRetrospectivee多施設共同研究., 大崎 往夫, 工藤 正俊, 松永 隆, 第12回日本肝臓学会大会,   2008年10月, 第12回日本肝臓学会大会
  • 当院におけるTS1膵癌の特徴., 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,,   2008年10月, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,
  • 1cm以下の早期膵癌診断の為のアプローチ., 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第50回日本消化器病学会大会,   2008年10月, 第50回日本消化器病学会大会
  • 当院におけるTherapeutic EUSの現状., 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年10月, 第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • 超音波造影剤Sonazoidを用いた造影ハーモニックEUS., 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年10月, 第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • 当院におけるシングルバルーン小腸内視鏡検査の有用性., 川崎 正憲, 松井 繁長, 梅原 泰, 岡田 無文, 市川 勉, 朝隈 豊, 工藤 正俊, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年10月, 第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • 当院でのステロイド未使用の潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法の治療成績., 梅原 泰, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 岡田 無文, 市川 勉, 松井 繁長, 今井 元, 野田 佳寿, 坂本 洋城, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年10月, 第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • Combination therapy of ecabet sodium and proton pump inhibitor(PPI) compared with PPI alone for endoscopic submucosal dissection(ESD) ?induced ulcer in early gastric cancers: prospective randomized study., 朝隈 豊, 松井 繁長, 岡田 無文, 川崎 正憲, 北井 聡, 坂本 洋城, 井上 達夫, 工藤 正俊, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • Usefullness of single balloon enteroscopy for diagnosis in small intestinal disease., 川崎 正憲, 松井 繁長, 上嶋 一臣, 朝隈 豊, 岡田 無文, 工藤 正俊, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • Special Lecture “Impact of primovist on current diagnostic and therapeutic algorithm in HCC”, 工藤 正俊, The 2nd International Forum for Liver MRI 2008,   2008年10月, The 2nd International Forum for Liver MRI 2008
  • Value of computed tomography for evaluating the injection site in., 坂本 洋城, 北野 雅之, 野田 佳寿, 小牧 孝充, 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • Prospective comparative study of the EUS guided 25-gauge FNA needle with the 19-gauge trucut needle and 22-gauge FNA needle in patients with solid pancreatic masses., 坂本 洋城, 北野 雅之, 野田 佳寿, 小牧 孝充, 筑後 孝章, 工藤 正俊, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • Utility of contrast-enhanced endoscopic ultrasonography for diagnosis of small pancreatic carcinomas., 坂本 洋城, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 野田 佳寿, 小牧 孝充, 筑後 孝章, 工藤 正俊, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • Evaluation of the effectiveness of radiofrequency ablation for hepatic malignancies: Usefulness of virtual CT Sonography using magnetic navigation., 北井 聡, 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • Quantitative measurement of whole brain CT perfusion parameters and CT angiography using non-stop detector row CT scanner(MDCT) :initial experience., 工藤 正俊, 村上 卓道, 12th Asia Oceania Congress of Radiology,   2008年10月, 12th Asia Oceania Congress of Radiology
  • Sonazoidを用いた造影EUSによる進行胃癌の化学療法効果判定., 岡田 無文, 松井 繁長, 工藤 正俊, シンポジウム「化学療法評価に果たす内視鏡の役割り」, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年10月, シンポジウム「化学療法評価に果たす内視鏡の役割り」, 第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • ESD後胃潰瘍に対するエカベトナトリウムの有用性(Prospective randomized study)., 朝隈 豊, 松井 繁長, 岡田 無文, 市川 勉, 川崎 正憲, 梅原 泰, 工藤 正俊, 第50回日本消化器病学会大会,   2008年10月, 第50回日本消化器病学会大会
  • 純型・混合型と患者背景・長期予後からみた早期胃がんの治療方針, 辻 直子, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 米田 円, 森村 正嗣, 由谷 逸朗, 工藤 正俊, 石黒 信吾, 本庶 元, JDDW2008 第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年10月, JDDW2008 第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • 当院におけるHelicobacter pylori(H. pylori)のCAM/AMPC耐成率と除菌治療の年次変化, 梅原 康湖, 冨田 崇文, 西尾 健, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 本庶 元, 工藤 正俊, JDDW 2008  第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年10月, JDDW 2008  第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • Value of computed tomography for evaluating the injection site in., 坂本 洋城, 荒尾 徳三, 北野 雅之, 工藤 正俊, 西尾 和人, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • 当院における胆管メタリックステント使用症例の経過解析., 末冨 洋一郎, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年10月, 第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • 慢性膵炎に対するInterventional EUS., 野田 佳寿, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年10月, 第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • ランチョンセミナー「Sonazoidは肝癌診療をどう変えるか」, 工藤 正俊, 第18回日本超音波医学会四国地方会学術集会,   2008年10月, 第18回日本超音波医学会四国地方会学術集会
  • Mass spectrometric analysis of plasma N-glycan in pancreas cancer., 坂本 洋城, 荒尾 徳三, 松本 和子, 北野 雅之, 工藤 正俊, 西尾 和人, The 67th Annual Meeting of the Japanese Cnacer Association,   2008年10月, The 67th Annual Meeting of the Japanese Cnacer Association
  • Inhibitation of phospho-tyrosine in VEGFR2+D45dim population as a biomaker for VEGFR2 tyrosine kinase inhibitors., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 田中 薫, 金田 裕靖, 松本 和子, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, The 67th Annual Meeting of the Japanese Cnacer Association,   2008年10月, The 67th Annual Meeting of the Japanese Cnacer Association
  • Inhibition of phospho-tyrosine in VEGFR2+CD45dim population as a biomarker for VEGFR2 tyrosine kinase inhibitors., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 松本 和子, 田中 薫, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月, 第67回日本癌学会学術総会
  • 特別講演「肝臓の画像診断」, 工藤 正俊, 第15回南大阪臨床消化器病学研究会,   2008年11月, 第15回南大阪臨床消化器病学研究会
  • 特別講演「肝腫瘍における造影エコー法 最前線」, 工藤 正俊, 第7回山梨Body Imaging 研究会,   2008年11月, 第7回山梨Body Imaging 研究会
  • 特別講演「肝画像診断におけるEOB・プリモビスト注への期待」, 工藤 正俊, 第3回北陸EOB・プリモビストセミナー,   2008年11月, 第3回北陸EOB・プリモビストセミナー
  • 特別講演「肝癌診療の最新の話題」, 工藤 正俊, 第3回「21世紀の肝疾患を考える会」,   2008年11月, 第3回「21世紀の肝疾患を考える会」
  • Special Lecture “U/s & EUS in diagnosis of pancreatic tumors”, 工藤 正俊, 6th AFSUMB Workshop Delhi,   2008年11月, 6th AFSUMB Workshop Delhi
  • 十二指腸静脈瘤の臨床的特徴と診断, 治療., 松井 繁長, 工藤 正俊, ワークショップ「異所性静脈瘤の診断と治療」, 第15回日本門脈圧亢進症学会総会,   2008年11月, ワークショップ「異所性静脈瘤の診断と治療」, 第15回日本門脈圧亢進症学会総会
  • 腸間膜血腫を契機に発見された横行結腸癌の1例, 奥村 直己, 今井 元, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 由谷 逸朗, 辻 直子, 船井 貞往, 工藤 正俊, 日本内科学会第187回近畿地方会,   2008年11月, 日本内科学会第187回近畿地方会
  • Rituximab投与後にHBV再活性化劇症肝炎を発症したDLBCLの1例, 宮武 淳一, 頼 晋也, 金井 良高, 高井 俊輔, 平瀬 主税, 川田 修平, 森田 泰慶, 佐野徹明, 川西 一信, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 早石 宗右, 工藤 正俊, 第9回 大阪リンパ腫研究会,   2008年11月, 第9回 大阪リンパ腫研究会
    概要:<現病歴> 平成20年1月に右鼡径部の皮下腫瘤に気付き増大傾向となったため、大阪労災病院皮膚科受診し生検の結果、び慢性大細胞リンパ腫(DLBCL)と診断され紹介となる。PET-CTでは両腋下・右鼡径部にFDGの集積を認めた。骨髄穿刺ではDLBCL細胞の浸潤を認めなかったことよりStage Ⅲと診断した(IPIはH-I)。4月2日からR-THP-COP療法開始し副作用なく終了し2回目より外来治療となる。6月20日に4回目の同療法後、7月4日に肝障害(GOT 131IU/l, GPT 153IU/l, T-bil 0.8mg/dl, ALP 227IU/l,)を認め、7月20日にはGOT 4625IU/l, GPT 1647IU/l, T-bil 9.3mg/dl, D-bil 7.0mg/dl, ALP 283IU/lと著増し黄疸も認められた。腹部CT・超音波所見でも肝腫大・胆嚢壁肥厚あり急性肝炎で入院となる。 <入院後経過>  HBs抗原 98.97IU/ml, HBs抗体陰性、Hbe抗原陰性、HBe抗体 99%、HBc抗体 10.4S/CO、HBV-DNA定量で8.7LGE/mlと上昇しており、平成15年のHBs抗原は陰性で輸血歴もないことより急性B型肝炎の再活性化(reactivation)と診断した。なおDLBCLは寛解状態を持
  • Special Lecture “How to screen”, 工藤 正俊, APASL Consensus Development Meeting on Management of Hepatocellular Carcinooma,   2008年12月, APASL Consensus Development Meeting on Management of Hepatocellular Carcinooma
  • Special Lecture “Ultrasound”, 工藤 正俊, APASL Consensus Development Meeting on Management of Hepatocellular Carcinooma,   2008年12月, APASL Consensus Development Meeting on Management of Hepatocellular Carcinooma
  • Special Lecture “Is adjuvant therapy necessary after curative treatment of HCC? Low-dose, long-term maintenance interferon therapy after curative RFA increases survival in patients with hepatitis C-related HCC.”, 工藤 正俊, 6th International Meeting Hepatocellular Carcinoma: Eastern and Western Experiences Current Issues o,   2008年12月, 6th International Meeting Hepatocellular Carcinoma: Eastern and Western Experiences Current Issues o
  • Special Lecture “Treatment of single HCC in 2-5cm: Debate on gray zone. Non-surgical treatment: Eastern experience.”, 工藤 正俊, 6th International Meeting Hepatocellular Carcinoma: Eastern and Western Experiences Current Issues o,   2008年12月, 6th International Meeting Hepatocellular Carcinoma: Eastern and Western Experiences Current Issues o
  • Special Lecture “Sonazoid-enhanced US for liver tumors: Present status and future perspective.”, 工藤 正俊, 10th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging,   2008年12月, 10th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging
  • Contrast-enhanced harmonic endosonography with Sonazoid., 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 10th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging,   2008年12月, 10th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging
  • 各種肝腫瘤のソナゾイド造影超音波による質的診断評価. パネルディスカッション「造影エコーの現状と未来 -造影イメージから病態解明へ-」, 前川 清, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 畑中 絹世, 矢田 典久, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第35回関西地方会学術集会,   2008年12月, 日本超音波医学会第35回関西地方会学術集会
  • 超音波造影剤Sonazoidを用いた造影ハーモニックEUS. パネルディスカッション「造影エコーの現状と未来 -造影イメージから病態解明へ-」, 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第35回関西地方会学術集会,   2008年12月, 日本超音波医学会第35回関西地方会学術集会
  • 振幅変調法によるソナゾイド造影超音波撮像法の使用経験., 前川 清, 畑中 絹世, 矢田 典久, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第35回関西地方会学術集会,   2008年12月, 日本超音波医学会第35回関西地方会学術集会
  • 肝血管筋脂肪腫の一例., 前野 知子, 横川 美加, 市島 真由美, 前川 清, 畑中 絹世, 井上 達夫, 矢田 典久, 鄭 浩柄, 南 康範, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第35回関西地方会学術集会,   2008年12月, 日本超音波医学会第35回関西地方会学術集会
  • Special Lecture “Diagnostic algorithm”, 工藤 正俊, APASL Consensus Development Meeting on Management of Hepatocellular Carcinoma,   2008年12月, APASL Consensus Development Meeting on Management of Hepatocellular Carcinoma
  • Special Lecture “Diagnostic algorithm”, 工藤 正俊, APASL Consensus Development Meeting on Management of Hepatocellular Carcinooma,   2008年, APASL Consensus Development Meeting on Management of Hepatocellular Carcinooma
  • 肝腫瘤におけるDefect Re-perfusion Imagingの有用性について., 畑中 絹世, 南 康範, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第35回関西地方会学術集会,   2008年, 日本超音波医学会第35回関西地方会学術集会
  • 内視鏡の偶発症対策-術前インフォームド・コンセントと電子カルテ., 汐見 幹夫, 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年, 第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • Gastric Duplication Cyst Mimcking Pancreas pseudocystの一例., 坂本 洋城, 北野 雅之, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 今井 元, 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, 筑後 孝章, 木村 雅友, 竹山 宜典, 第50回日本消化器画像診断研究会,   2009年01月, 第50回日本消化器画像診断研究会
  • 特別講演「肝細胞癌の診断と治療: Up to date」, 工藤 正俊, 第3回大塚リバーシンポジウム静岡,   2009年01月, 第3回大塚リバーシンポジウム静岡
  • 自然退縮した肝細胞癌症例の画像所見と組織所見との比較., 矢田 典久, 前川 清, 高橋 俊介, 鄭 浩柄, 土師 誠二, 工藤 正俊, 第15回肝血流動態イメージ研究会,   2009年01月, 第15回肝血流動態イメージ研究会
  • 特別講演「safety marginの必要性とそのevidence」, 工藤 正俊, 第15回肝血流動態イメージ研究会,   2009年01月, 第15回肝血流動態イメージ研究会
  • 特別講演「肝腫瘍の画像診断: 最新のトピックス」, 工藤 正俊, 第19回三重腹部画像診断・IVR研究会,   2009年02月, 第19回三重腹部画像診断・IVR研究会
  • 特別講演「肝細胞癌治療の新しい展開」, 工藤 正俊, 肝疾患学術講演会,   2009年02月, 肝疾患学術講演会
  • 特別講演「肝癌診療の最新のトピックス: 分子標的治療も含めて」, 工藤 正俊, 第15回北九州肝疾患勉強会,   2009年02月, 第15回北九州肝疾患勉強会
  • 特別講演「C型肝炎治療の重要性と最新の情報」, 工藤 正俊, 平成20年度「肝がん撲滅運動」市民公開講座,   2009年02月, 平成20年度「肝がん撲滅運動」市民公開講座
  • 特別講演「ソナゾイドは肝癌診療をどう変えるか」, 工藤 正俊, ソナゾイド学術講演会,   2009年02月, ソナゾイド学術講演会
  • 特別講演「肝細胞癌診療の最新の話題」, 工藤 正俊, 第7回Sendai Liver Symposium,   2009年02月, 第7回Sendai Liver Symposium
  • 腸間膜血腫を契機に発見された横行結腸がんの1例, 今井 元, 奥村 直己, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 由谷 逸朗, 米田 円, 辻 直子, 船井 貞往, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第90回例会,   2009年02月, 日本消化器病学会近畿支部第90回例会
  • Special Lecture “The burden of HCC in Aisa-Pacific.”, 工藤 正俊, APASL Hong Kong “State of the Art in HCC Management: From Diagnosis to Treatment”,   2009年02月, APASL Hong Kong “State of the Art in HCC Management: From Diagnosis to Treatment”
  • Round Table Meeting “The role of molecular targeted agent; Optimizing treatment outcomes.”, 工藤 正俊, he 19th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2009年02月, he 19th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • Special Lecture “Role of molecular targeted therapy in Japan.”, 工藤 正俊, “State of the Art in HCC Management: From Diagnosis to Treatment” Annual congress of Asia Pacific A,   2009年02月, “State of the Art in HCC Management: From Diagnosis to Treatment” Annual congress of Asia Pacific A
  • 胃悪性リンパ腫の化学療法後に認めたIIcの一例, 酒井 清裕, 今井 元, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 辻 直子, 田中 晃, 工藤 正俊, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方回,   2009年03月, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方回
  • 胃腫瘍に対するESD治療成績の検討., 朝隈 豊, 松井 繁長, 工藤 正俊, シンポジウム「治療成績からみた消化管腫瘍に対するESDの評価」, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, シンポジウム「治療成績からみた消化管腫瘍に対するESDの評価」, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 経乳頭的アプローチ困難例に対するEUSガイド下胆管ドレナージ術の検討., 小牧 孝充, 北野 雅之, 工藤 正俊, ワークショップ「胆・膵疾患の内視鏡的治療におけるコツと手技」, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, ワークショップ「胆・膵疾患の内視鏡的治療におけるコツと手技」, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • シングルバルーン小腸内視鏡による小腸疾患の診断と治療., 川崎 正憲, 梅原 泰, 工藤 正俊, シンポジウム「小腸疾患の診断と治療の現況」, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, シンポジウム「小腸疾患の診断と治療の現況」, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 胃ESD後の後出血に関する検討と対策., 岡田 無文, 松井 繁長, 工藤 正俊, パネルディスカッション「消化管疾患の内視鏡的治療における偶発症と対策」, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, パネルディスカッション「消化管疾患の内視鏡的治療における偶発症と対策」, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • ステロイド未使用の潰瘍性大腸炎に対するサイクロスポリン持続静注と経口タクロリムスの比較検討., 梅原 泰, 高山 政樹, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 岡田 無文, 松井 繁長, 早石 宗右, 野田 佳寿, 坂本 洋城, 井上 達夫, 石川 恵美, 矢田 典久, 萩原 智, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 特別講演「ソナゾイドは肝癌診療をどう変えるか」, 工藤 正俊, 第24回青森県肝疾患研究会,   2009年03月, 第24回青森県肝疾患研究会
  • ペグインターフェロンとリバビリン併用医療により著明な胃粘膜障害をきたしたC型慢性肝炎の一例., 茂山 朋広, 宮部 欽生, 林 道友, 北口 容子, 豊澤 昌子, 岸谷 譲, 鍋島 紀滋, 工藤 正俊, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 胃悪性リンパ腫の化学療法後に認めた2cの一例., 酒井 清裕, 今井 元, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸郎, 辻 直子, 工藤 正俊, 田中 晃, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 早期胃癌とキサントーマが同一病巣内に存在した1例., 高山 政樹, 松井 繁長, 岡田 無文, 朝隈 豊, 川崎 正憲, 梅原 泰, 工藤 正俊, 筑後 孝章, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • OGIBの診断、治療にシングルバルーン小腸内視鏡が有用であったBernard-Soulier症候群の1例., 高山 政樹, 松井 繁長, 川崎 正憲, 梅原 泰, 岡田 無文, 朝隈 豊, 工藤 正俊, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • IPMNに随伴したTS1膵癌., 有住 忠晃, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 末冨 洋一郎, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 新垣 亘, 竹山 宜典, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 膵頭部癌に伴う下部胆管閉塞に対し超音波内視鏡下胆道ドレナージ術(EUS-BD)が有用であった1例., 鎌田 研, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 末冨 洋一郎, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • Special Lecture “Molecular targeted therapy for HCC current status and future prospects.”, 工藤 正俊, 17th Annual Conference of the Indian National Association for Study of Liver(INASL),   2009年03月, 17th Annual Conference of the Indian National Association for Study of Liver(INASL)
  • Special Lecture “Early HCC: Concept and imaging diagnosis.”, 工藤 正俊, 17th Annual Conference of the Indian National Association for Study of Liver(INASL),   2009年03月, 17th Annual Conference of the Indian National Association for Study of Liver(INASL)
  • 肝細胞癌外科治療におけるソナゾイドを用いた術中造影エコーの有用性., 土師 誠二, 安田 武生, 石川 原, 中居 卓也, 竹山 宜典, 大柳 治正, 畑中 絹世, 工藤 正俊, 第11回関西肝癌局所療法研究会,   2009年03月, 第11回関西肝癌局所療法研究会
  • 特別講演「C型肝炎治療の重要性と最新の情報」, 工藤 正俊, 平成20年度「肝がん撲滅運動」市民公開講座,   2009年03月, 平成20年度「肝がん撲滅運動」市民公開講座
  • 特別講演「腹部領域における3D, 4D超音波の現状」, 工藤 正俊, Phillips 超音波セミナー,   2009年03月, Phillips 超音波セミナー
  • 教育講演「肝癌」, 工藤 正俊, 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会 教育講演会,   2009年03月, 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会 教育講演会
  • 特別講演「ソナゾイドは肝癌診療をどう変えるか」, 工藤 正俊, 第24回青森県肝疾患研究会,   2009年03月, 第24回青森県肝疾患研究会
  • Antitumor activity of a novel angiogenesis inhibitor BIBF1120 for hepatocellular carcinoma and a new pharmacodynamic biomarker in blood samples., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 田中 薫, 金田 裕靖, 前川 麻里, 松本 和子, 田村 大介, 青松 圭一, デベラスコ マルコ アントニオ, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, AACR 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月, AACR 100th Annual Meeting 2009
  • Surgical resection vs. percutaneous ablation for hepatocellular carcinoma: a preliminary report of the Japanese nationwide survey., 長谷川 潔, 工藤 正俊, 高山 忠利, 國土 典宏, 有井 滋樹, 岡崎 正敏, 沖田 極, 小俣 政男, 神代 正道, 中沼 安二, 高安 賢一, 門田 守人, 松山 裕, 猪飼 伊和夫, 幕内 雅敏, The 44th Annual Meeting of the European Association for the Study of the liver,   2009年04月, The 44th Annual Meeting of the European Association for the Study of the liver
  • 進行胃癌に対するソナゾイドを用いた造影EUSの意義., 工藤 正俊, 第77回日本消化器内視鏡学会総会,   2009年05月, 第77回日本消化器内視鏡学会総会
  • Gd-EOB MRIによる肝細胞癌の診断能 造影超音波検査, Dynamic CTとの比較検討.ワークショップ「肝胆膵領域の画像診断の進歩」, 井上 達夫, 畑中 絹世, 工藤 正俊, 第95回日本消化器病学会総会,   2009年05月, 第95回日本消化器病学会総会
  • IgG4関連自己免疫性肝炎の臨床的特徴象および治療反応性に関する検討.ワークショップ「IgG4関連硬化性疾患ー膵病変と膵外病変をめぐって」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 渡邉 智裕, 第95回日本消化器病学会総会,   2009年05月, 第95回日本消化器病学会総会
  • 診断に難渋した腹部腫瘤における造影ハーモニック超音波内視鏡検査の有用性., 今井 元, 北野 雅之, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 末冨 洋一郎, 鎌田 研, 工藤 正俊, 第95回日本消化器病学会総会,   2009年05月, 第95回日本消化器病学会総会
  • 粘膜下異所性胃腺を合併した早期胃癌の2例., 岡田 無文, 松井 繁長, 朝隈 豊, 川崎 正憲, 梅原 泰, 工藤 正俊, 今本 治彦, 筑後 孝章, 第95回日本消化器病学会総会,   2009年05月, 第95回日本消化器病学会総会
  • 「genotype 1b高ウイルス量」以外のC型慢性肝炎症例に対するPEG-IFNα2a response guided therapy., 鍋島 紀滋, 林 道友, 奥田 英之, 茂山 朋広, 宮部 欽生, 北口 容子, 豊澤 昌子, 岸谷 讓, 工藤 正俊, 第95回日本消化器病学会総会,   2009年05月, 第95回日本消化器病学会総会
  • Defect Re-perfusion Imagingの有用性とRFA治療支援., 畑中 絹世, 南 康範, 工藤 正俊, シンポジウム「肝腫瘍診断における造影超音波の位置づけ」, 日本超音波医学会第82回学術集会,   2009年05月, シンポジウム「肝腫瘍診断における造影超音波の位置づけ」, 日本超音波医学会第82回学術集会
    概要: , 平成21年5月22日-24日, .
  • 肝疾患におけるReal-time Tissue Elastography-第4報., 藤本 研治, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 金 栄浩, 山本 佳司, 椎名 毅, 加藤 道夫, パネルディスカッション「びまん性肝疾患の超音波による評価」, 日本超音波医学会第82回学術集会,   2009年05月, パネルディスカッション「びまん性肝疾患の超音波による評価」, 日本超音波医学会第82回学術集会
  • 造影ハーモニックEUS検査., 北野 雅之, 鎌田 研, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 工藤 正俊, パネルディスカッション「各領域の造影超音波の新展開」, 日本超音波医学会第82回学術集会,   2009年05月, パネルディスカッション「各領域の造影超音波の新展開」, 日本超音波医学会第82回学術集会
  • ソナゾイド造影超音波による肝癌局所療法の効果判定., 前川 清, 工藤 正俊, ライブセッション「造影超音波検査の治療への応用」, 日本超音波医学会第82回学術集会,   2009年05月, ライブセッション「造影超音波検査の治療への応用」, 日本超音波医学会第82回学術集会
  • 肝細胞癌の肉眼分類とSonazoid造影超音波におけるdefect像の比較., 畑中 絹世, 南 康範, 工藤 正俊, 土師 誠二, 日本超音波医学会第82回学術集会,   2009年05月, 日本超音波医学会第82回学術集会
  • 肝細胞癌の自然壊死症例でのviability評価における造影超音波検査の有用性., 矢田 典久, 前川 清, 畑中 絹世, 高橋 俊介, 鄭 浩柄, 土師 誠二, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第82回学術集会,   2009年05月, 日本超音波医学会第82回学術集会
  • 慢性膵炎に対するEUSガイド下治療., 小牧 孝充, 北野 雅之, 工藤 正俊, シンポジウム「慢性膵炎に対する最新の治療」, 第77回日本消化器内視鏡学会総会,   2009年05月, シンポジウム「慢性膵炎に対する最新の治療」, 第77回日本消化器内視鏡学会総会
  • 膵腫瘍性病変診断における造影ハーモニックEUS検査の有用性., 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, シンポジウム「膵癌の診断と治療の新展開」, 第77回日本消化器内視鏡学会総会,   2009年05月, シンポジウム「膵癌の診断と治療の新展開」, 第77回日本消化器内視鏡学会総会
  • EUSガイド下胆管ドレナージ術後の瘻孔部からのAntegrade stenting法., 小牧 孝充, 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 第77回日本消化器内視鏡学会総会,   2009年05月, 第77回日本消化器内視鏡学会総会
  • 胆膵疾患に対するTherapeutic EUSの工夫と成績., 坂本 洋城, 北野 雅之, 小牧 孝充, 工藤 正俊, 第77回日本消化器内視鏡学会総会,   2009年05月, 第77回日本消化器内視鏡学会総会
  • 当科における癌性疼痛緩和におけるEUS下腹腔神経叢ブロック術の工夫., 坂本 洋城, 北野 雅之, 小牧 孝充, 工藤 正俊, 第77回日本消化器内視鏡学会総会,   2009年05月, 第77回日本消化器内視鏡学会総会
  • 特別講演「肝細胞癌の分子標的治療」, 工藤 正俊, KBNCの会,   2009年05月, KBNCの会
  • Special Lecture “Prevention of recurrence after resection and ablation.”, 工藤 正俊, 5th APASL Single Topic Conference,   2009年05月, 5th APASL Single Topic Conference
  • 経皮的局所療法., 工藤 正俊, 特別企画「肝癌診療ガイドライン改訂公開シンポジウム」, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 特別企画「肝癌診療ガイドライン改訂公開シンポジウム」, 第45回日本肝臓学会総会
  • 保存的治癒した非代償性肝硬変合併穿孔性十二指腸潰瘍の1例, 加納 友環, 奥村 直己, 山本 典雄, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 南 康範, 米田 円, 辻 直子, 工藤 正俊, 日本内科学会 第188回近畿地方会,   2009年06月, 日本内科学会 第188回近畿地方会
  • Special Lecture “Recent advanced of imaging diagnosis.”, 工藤 正俊, The Taiwan Liver Cancer Association (TLCA) 2nd Annual Meeting,   2009年06月, The Taiwan Liver Cancer Association (TLCA) 2nd Annual Meeting
  • EUS-guided in vivo microdialysis of pancreas: A novel technique of potential diagnostic and therapeutic application., 北野 雅之, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 工藤 正俊, Digestive Disease Week,   2009年06月, Digestive Disease Week
  • Contrast-enhanced harmonic EUS of intra-abdominal lesions with undertermined origin: initial observation of vascularity depiction., 北野 雅之, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 工藤 正俊, Digestive Disease Week,   2009年06月, Digestive Disease Week
  • Dynamic imaging by contrast-enhanced harmonic EUS with long-lasting contrast: Role in diagnosis of pancreatic tumors., 北野 雅之, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 工藤 正俊, Digestive Disease Week,   2009年06月, Digestive Disease Week
  • 特別講演「肝癌治療に与えるネクサバールのインパクト」, 工藤 正俊, 第40回京都肝癌セミナー,   2009年06月, 第40回京都肝癌セミナー
  • 経皮的局所療法., 工藤 正俊, 建石 良介, 特別企画「肝癌診療ガイドライン改訂公開シンポジウム」, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 特別企画「肝癌診療ガイドライン改訂公開シンポジウム」, 第45回日本肝臓学会総会
  • 診断(US)., 荒井 邦明, 工藤 正俊, 金子 周一, 特別企画「肝癌診療ガイドライン改訂公開シンポジウム」, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 特別企画「肝癌診療ガイドライン改訂公開シンポジウム」, 第45回日本肝臓学会総会
  • 分子鎖アミノ酸顆粒製剤による肝硬変患者の予後に与える影響に関する検討., 早石 宗右, 石川 恵美, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 高橋 俊介, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 慢性C型肝炎における末梢血血小板数減少のメカニズムについてー免疫血液学的検索を中心に., 永井 知行, 工藤 正俊, 井本 勉, 金 守良, 三田 敬二, 谷口 美幸, 林 祥剛, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 進行肝細胞癌に対するS-1, ペグインターフェロン併用療法の有用性., 矢田 典久, 鄭 浩柄, 早石 宗右, 永井 知行, 田北 雅弘, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 高橋 俊介, 北井 聡, 石川 恵美, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 特異な経緯をたどったアルコール性肝硬変に合併した肝細胞癌の一例., 早石 宗右, 鄭 浩柄, 辰巳 千栄, 永井 知行, 上田 泰輔, 高橋 俊介, 北井 聡, 石川 恵美, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブの有効性に関する検討., 上嶋 一臣, 早石 宗右, 永井 知行, 田北 雅弘, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 矢田 典久, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • Gd-EOB MRIによる肝細胞癌の診断能~造影超音波検査, Dynamic CTとの比較検討., 井上 達夫, 畑中 絹世, 早石 宗右, 永井 知行, 田北 雅弘, 上田 泰輔, 高橋 俊介, 北井 聡, 石川 恵美, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • BCLC staging is good as a treatment selection staging similar to Japanese treatment algorithm and different from prognostic staging., 工藤 正俊, シンポジウム「日米欧における肝癌診療の相違をめぐって」第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, シンポジウム「日米欧における肝癌診療の相違をめぐって」第45回日本肝臓学会総会
  • 血管新生阻害薬のバイオマーカー研究., 荒尾 徳三, 工藤 正俊, 西尾 和人, ワークショップ「肝癌発生・進展の分子機構と臨床への還元」第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, ワークショップ「肝癌発生・進展の分子機構と臨床への還元」第45回日本肝臓学会総会
  • Special Lecture “RF Ablation of HCC under CEUS guidance.”, 工藤 正俊, World Conference on Interventional Oncology 2009,   2009年06月, World Conference on Interventional Oncology 2009
  • 特別講演「肝癌診療におけるEOB・プリモビストの役割」, 工藤 正俊, 第1回多摩エリアEOB・プリモビストセミナー,   2009年06月, 第1回多摩エリアEOB・プリモビストセミナー
  • 特別講演「造影エコーの有用性と将来の展望」, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 特別講演「肝細胞癌治療のパラダイムシフト: 分子標的治療への期待」, 工藤 正俊, C型肝炎対策学術講演会,   2009年06月, C型肝炎対策学術講演会
  • Special Lecture “BCLC staging is good as a treatment selection staging similar to Japanese treatment algorithm and different from prognostic staging.”, 工藤 正俊, International Symposium “Different Approach to HCC Management Japan, North America and Europe, The,   2009年06月, International Symposium “Different Approach to HCC Management Japan, North America and Europe, The
  • Special Lecture “Imaging of early HCC.”, 工藤 正俊, 3rd International Kobe Liver Symposium on HCC with an International Liver Cancer Association (ILCA),   2009年06月, 3rd International Kobe Liver Symposium on HCC with an International Liver Cancer Association (ILCA)
  • Luncheon Seminar “The burden of HCC: From the surveillance to molecular targeted therapy.”, 工藤 正俊, 3rd International Kobe Liver Symposium on HCC with an International Liver Cancer Association (ILCA),   2009年06月, 3rd International Kobe Liver Symposium on HCC with an International Liver Cancer Association (ILCA)
  • Special Lecture “Positioning and indication of Sorafenib in the treatment algorithm and real practice setting: Western and Eastern Approach.”, 工藤 正俊, 3rd International Kobe Liver Symposium on HCC with an International Liver Cancer Association (ILCA),   2009年06月, 3rd International Kobe Liver Symposium on HCC with an International Liver Cancer Association (ILCA)
  • 新規血管新生阻害剤BIBF1120の肝細胞癌に対する有用性., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 田村 大介, 青松 圭一, 金田 裕靖, 田中 薫, 前川 麻里, 松本 和子, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第13回日本がん分子標的治療学会,   2009年06月, 第13回日本がん分子標的治療学会
  • 特別講演「肝細胞癌の早期診断と分子標的治療」, 工藤 正俊, 肝癌診断治療講演会,   2009年06月, 肝癌診断治療講演会
  • 症例4-1, 井本 勉, 工藤 正俊, 金 守良, 安藤 健治, 三田 敬二, 和田 純子, 有本 明, 若狭 朋子, 林 祥剛, 全 陽, 中沼 安二, 松岡 利幸, 問題症例検討会4「肝癌診断困難症例」, 第45回日本肝癌研究会,   2009年07月, 問題症例検討会4「肝癌診断困難症例」, 第45回日本肝癌研究会
  • 肝癌患者の治療法別QOL(quality of life)における性差., 中山 伸朗, 工藤 正俊, 名越 澄子, 持田 智, 小俣 政男, 熊田 博光, 佐田 通夫, 國土 典宏, 門田 守人, 兼松 隆之, 江川 裕人, 森脇 久隆, 藤原 研司, 第5回消化器病における性差医学・医療研究会,   2009年07月, 第5回消化器病における性差医学・医療研究会
  • The current assessment algorithm for HCC (EASL, AASL, APASL) guidelines., 工藤 正俊, Advanced Hepatocellular Cancer (HCC): Steps Forward,   2009年07月, Advanced Hepatocellular Cancer (HCC): Steps Forward
  • 特別講演「診断の進歩と今後の治療アルゴリズム-分子標的治療を含めて-」, 工藤 正俊, 第7回肝臓病研究会シンポジウム,   2009年07月, 第7回肝臓病研究会シンポジウム
  • 特別講演「ソナゾイドは肝癌診療をどう変えるか」, 工藤 正俊, 県北肝疾患研究会,   2009年07月, 県北肝疾患研究会
  • 造影ハーモニックEUS検査による膵腫瘍性病変診断., 北野 雅之, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 竹山 宜典, 工藤 正俊, 高木 忠之, 山雄 健次, 第40回日本膵臓学会大会,   2009年07月, 第40回日本膵臓学会大会
  • 特別講演「肝癌再発抑制治療の現状と今後の展望」, 工藤 正俊, 平成21年度京都医師会肝炎ウイルス研修会,   2009年07月, 平成21年度京都医師会肝炎ウイルス研修会
  • Special Lecture “The current assessment algprothm for HCC (EASL, AASL, APASL JSH).”, 工藤 正俊, Hepatocellular Cancer (HCC) International Comprehensive Workshop,   2009年07月, Hepatocellular Cancer (HCC) International Comprehensive Workshop
  • Special Lecture “Management of HCC: Current practice guideline.”, 工藤 正俊, Yonsei University Liver Cancer Symposium,   2009年07月, Yonsei University Liver Cancer Symposium
  • 切除不能肝細胞癌に対するSM-11355とジノスタリンストマラマーのランダム化比較試験第II相試験., 池田 公史, 工藤 正俊, 奥坂 拓志, 春日井 博志, 石井 浩, 佐田 通夫, 田中 克明, 塩山 靖和, 茶山 一彰, 熊田 博光, 吉川 正治, 第45回日本肝癌研究会,   2009年07月, 第45回日本肝癌研究会
  • パネルディスカッション・特別発言「凝固療法の適応と限界及び合併症ー対策と新工夫ー」, 工藤 正俊, 第45回日本肝癌研究会,   2009年07月, 第45回日本肝癌研究会
  • Evaluation of liver fibrosis progression using real-time tissue elastography., 外村 明子, 辰巳 千栄, 工藤 正俊, 藤本 研治, 三竹 毅, 加藤 道夫, 椎名 毅, 12th World Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology,   2009年09月, 12th World Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology
  • 特別講演「肝癌診療におけるネクサバールの位置づけ」, 工藤 正俊, ネクサバール発売記念シンポジウム 肝細胞癌におけるネクサバールの位置づけ,   2009年08月, ネクサバール発売記念シンポジウム 肝細胞癌におけるネクサバールの位置づけ
  • Special Lecture “Sonazoid-enhanced US for liver tumors.”, 工藤 正俊, WFUMB,   2009年08月, WFUMB
  • Special Lecture “Defect Re-perfusion imaging as a treatment guideline for HCC“, 工藤 正俊, WFUMB,   2009年08月, WFUMB
  • 食道静脈瘤上に合併した早期食道癌の1例., 松井 繁長, 工藤 正俊, 第18回近畿食道・胃静脈瘤研究会,   2009年08月, 第18回近畿食道・胃静脈瘤研究会
  • 特別講演「ウイルス性肝炎の治療」, 工藤 正俊, 肝がん撲滅の為の肝臓病市民公開講座,   2009年08月, 肝がん撲滅の為の肝臓病市民公開講座
  • 抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎に合併した自己免疫性肝炎の一例, 山本 典雄, 奥村 直己, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 南 康範, 森村 正嗣, 米田 円, 山田 哲, 辻 直子, 工藤 正俊, 小長谷 奈美, 中尾 雄三, 日本消化器病学会近畿支部第91回例会,   2009年09月, 日本消化器病学会近畿支部第91回例会
  • 肝細胞癌破裂後に肝切除を行ったが腹腔内播種で再発した一例., 林 道友, 奥田 英之, 茂山 朋広, 宮部 欽生, 豊澤 昌子, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 村田 賢, 井上 雅智, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第91回例会,   2009年09月, 日本消化器病学会近畿支部第91回例会
  • 潰瘍性大腸炎として紹介されたClostridium difficile関連腸病変の一例, 奥村 直己, 山本 典雄, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 南 康範, 森村 正嗣, 米田 円, 山田 哲, 辻 直子, 工藤 正俊, 第83回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年09月, 第83回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 特別講演「HCC治療における分子標的治療への期待と課題」, 工藤 正俊, 第1回TOKYO HCC EXPERT MEETING,   2009年09月, 第1回TOKYO HCC EXPERT MEETING
  • 特別講演「Future treatment in HCV」, 工藤 正俊, Hepatitis C Forum 2009 OSAKA,   2009年09月, Hepatitis C Forum 2009 OSAKA
  • 特別講演「肝細胞癌の早期診断と分子標的治療」, 工藤 正俊, 肝癌診断治療講演会,   2009年09月, 肝癌診断治療講演会
  • Special Lecture “Clinical and radiological aspects of preneoplastic liver lesions.”, 工藤 正俊, 3rd Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2009年09月, 3rd Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)
  • Special Lecture “Current topics in HCC: Diagnosis of early HCC and Sonazoid-enhanced US guided ablation.”, 工藤 正俊, 1st Japan Korea Image guided Tumor Ablation Meeting,   2009年09月, 1st Japan Korea Image guided Tumor Ablation Meeting
  • 潰瘍性大腸炎として紹介されたClostridium.difficile関連腸病変の一例., 奥村 直己, 山本 典雄, 富田 崇文, 梅原 康子, 南 康範, 森村 正嗣, 米田 円, 山田 哲, 辻 直子, 工藤 正俊, 第83回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年09月, 第83回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • IPMNに随伴した膵癌の1例., 小牧 孝充, 北野 雅之, 工藤 正俊, 第51回日本消化器画像診断研究会,   2009年09月, 第51回日本消化器画像診断研究会
  • EUSによる胆管癌の進展度診断., 小牧 孝充, 北野 雅之, 工藤 正俊, ワークショップ「ビデオワークショップ 胆道疾患に対する内視鏡診断の進展」, 第45回日本胆道学会学術集会,   2009年09月, ワークショップ「ビデオワークショップ 胆道疾患に対する内視鏡診断の進展」, 第45回日本胆道学会学術集会
  • 経乳頭的アプローチ困難例に対するEUSガイド下胆管ドレナージ術の有用性., 鎌田 研, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 今井 元, 工藤 正俊, 第45回日本胆道学会学術集会,   2009年09月, 第45回日本胆道学会学術集会
  • EUS-BD後の難治性逆行性胆管炎に対するトラブルシューティング., 小牧 孝充, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 今井 元, 鎌田 研, 工藤 正俊, 第6回FNA-Club Japan,   2009年09月, 第6回FNA-Club Japan
  • EUS-FNA guided by contrast-enhanced harmonic imaging., 北野 雅之, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 今井 元, 鎌田 研, 工藤 正俊, Asia Pacific Digestive Disease Week (APDW),   2009年09月, Asia Pacific Digestive Disease Week (APDW)
  • Utility of contrast-enhanced harmonic EUS on diagnosis of intra-abdominal lesions with undertermined origin., 鎌田 研, 北野 雅之, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 今井 元, 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, Asia Pacific Digestive Disease Week (APDW),   2009年09月, Asia Pacific Digestive Disease Week (APDW)
  • 予後解析からみた大腸ポリペクトミーの意義と問題点, 辻 直子, 奥村 直己, 山本 典雄, 加納 友環, 酒井 清裕, 西尾 健, 冨田 崇文, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 山田 哲, 今井 元, 工藤 正俊, 本庶 元, 第51回日本消化器病学会大会(JDDW2009),   2009年10月, 第51回日本消化器病学会大会(JDDW2009)
  • 患者の安全・満足度から考えるsedation下内視鏡検査、プロポフォール投与下での外来下部消化管内視鏡検査の有用性, 梅原 康湖, 辻 直子, 工藤 正俊, 第78回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2009),   2009年10月, 第78回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2009)
  • 大腸ポリペクトミークリニカルパスバリアンス分析からみた大腸LSTの問題点, 奥村 直己, 辻 直子, 山本 典雄, 加納 友環, 酒井 清裕, 冨田 崇文, 西尾 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 山田 哲, 今井 元, 工藤 正俊, 本庶 元, 第78回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2009),   2009年10月, 第78回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2009)
  • 高齢者に対する大腸ポリペクトミーの安全性と問題点, 山本 典雄, 辻 直子, 奥村 直己, 酒井 清裕, 加納 友環, 冨田 崇文, 西尾 健, 梅原 康湖, 森村 正嗣, 米田 円, 由谷 逸朗, 山田 哲, 今井 元, 工藤 正俊, 本庶 元, 第78回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2009),   2009年10月, 第78回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2009)
  • 特別講演「肝癌治療アルゴリズムにおけるネクサバールの位置付け」, 工藤 正俊, 第1回信州肝癌分子標的治療研究会,   2009年10月, 第1回信州肝癌分子標的治療研究会
  • 特別講演「肝細胞癌診療の最新の進歩~Sonazoid造影超音波は中心に~」, 工藤 正俊, 東北肝疾患病態・治療研究会,   2009年10月, 東北肝疾患病態・治療研究会
  • Antitumor activity of a novel angiogenesis inhibitor BIBF1120 for hepatocellular carcinoma and a new pharamacodynamic biomaker in blood samples., 工藤 正俊, 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 西尾 和人, The 60th Annual Meeting of the American Association for the study of liver diseases (AASLD),   2009年10月, The 60th Annual Meeting of the American Association for the study of liver diseases (AASLD)
  • PEG-IFNα2a/Ribavirin併用療法のResponse-Guided Therapyを考慮した至適. シンポジウム「肝炎ウイルス治療ガイドラインの検証」, 西口 修平, 工藤 正俊, 樋口 和秀, 第13回日本肝臓学会大会,   2009年10月, 第13回日本肝臓学会大会
  • 分枝鎖アミノ酸顆粒製剤による肝硬変患者の予後に与える影響に関する検討. シンポジウム「肝炎ウイルス治療ガイドラインの検証」, 早石 宗右, 石川 恵美, 工藤 正俊, 熊田 博光, 第13回日本肝臓学会大会,   2009年10月, 第13回日本肝臓学会大会
  • Real-time Tissue Elastographyを用いた非侵襲的肝線維化評価法. パネルディスカッション「非侵襲的肝病態評価法の進歩」, 藤本 研治, 工藤 正俊, 加藤 道夫, 第13回日本肝臓学会大会,   2009年10月, 第13回日本肝臓学会大会
  • PEG-IFNα2b/RBV併用療法の無効・再燃例に対するPEG-IFNα2a/RBV併用療法の再治療の検討-多施設共同研究 RETRY study-. パネルディスカッション「C型慢性肝炎に対するpeg-IFN+RBV併用無効例に対する方策」, 上田 泰輔, 工藤 正俊, 橋元 悟, 土谷 薫, 第13回日本肝臓学会大会,   2009年10月, 第13回日本肝臓学会大会
  • HCV陽性肝癌根治後のPEG-IFNα2b/Ribavirin併用療法は再発を抑制できるか. シンポジウム「肝細胞癌の生命予後改善のための挑戦(再発予防を中心に)」, 齋藤 澄夫, 工藤 正俊, 木村 達, 大崎 往夫, 第13回日本肝臓学会大会,   2009年10月, 第13回日本肝臓学会大会
  • 特別講演「肝癌診療の最前線」, 工藤 正俊, 第237回青森市消化器病集談会,   2009年10月, 第237回青森市消化器病集談会
  • 特別講演「肝発癌進展抑制におけるIFNの役割」, 工藤 正俊, 城北Hepatologyセミナー,   2009年10月, 城北Hepatologyセミナー
  • 特別講演「肝癌根治後のIFNの役割」, 工藤 正俊, Hepatitis C Forum 2009 YAMAGATA,   2009年10月, Hepatitis C Forum 2009 YAMAGATA
  • 特別講演「肝癌診療の最前線」, 工藤 正俊, 近畿大学関連病院長会議,   2009年10月, 近畿大学関連病院長会議
  • Special Lecture “Concept of early HCC and its imaging finding.”, 工藤 正俊, The 3rd International Forum for Liver MRI,   2009年10月, The 3rd International Forum for Liver MRI
  • Special Lecture “Current advances in the management of HCC.”, 工藤 正俊, HCC Asian Expert Meeting,   2009年10月, HCC Asian Expert Meeting
  • 特別講演「ウイルス性肝炎の治療」, 工藤 正俊, 平成21年度肝がん撲滅運動,   2009年10月, 平成21年度肝がん撲滅運動
  • 新規血管新生阻害剤BIBF1120の肝細胞癌に対する有用性., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 永井 知行, 田村 大介, 青松 圭一, デベラスコマルコ, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 松本 和子, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月, 第68回日本癌学会学術総会
  • シンポジウム・特別発言「肝細胞癌の生命予後改善のための挑戦(再発予防を中心に)」, 工藤 正俊, 第13回日本肝臓学会大会・第51回日本消化器病学会大会,   2009年10月, 第13回日本肝臓学会大会・第51回日本消化器病学会大会
  • Usefulness of hepatocyte phase imaging of Gd-EOB-DTPA-MRI in detecting HCCs which are difficult to detect other imaging modalities., 井上 達夫, 工藤 正俊, The 60th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2009年11月, The 60th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • The cancer stem cell marker CD133 is a predictor of the effectiveness of S1+PEG-IFN α-2b therapy against advanced hepatocellular carcinoma, 萩原 智, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 井上 達夫, 矢田 典久, 北井 聡, 田北 雅弘, 永井 知行, 土師 誠二, 木村 雅友, Ah-Mee Park, 宗像 浩, The 60th Annual Meeting of the American Association for the study of liver diseases (AASLD),   2009年11月, The 60th Annual Meeting of the American Association for the study of liver diseases (AASLD)
  • 特別講演「肝細胞癌の最新治療~ネクサバールの有効性と安全性について」, 工藤 正俊, 第1回栃木肝細胞癌セミナー,   2009年11月, 第1回栃木肝細胞癌セミナー
  • 特別講演「肝細胞癌診療の最新の話題; EOB-MRIと分子標的治療への期待」, 工藤 正俊, 第9回Hyogo Liver Conference,   2009年11月, 第9回Hyogo Liver Conference
  • 特別講演「肝癌診療における画像診断の最新の話題」, 工藤 正俊, 第8回会津肝胆膵画像研究会,   2009年11月, 第8回会津肝胆膵画像研究会
  • 特別講演「ネクサバールの使用経験とポジショニングについて」, 工藤 正俊, 佐賀県肝癌治療研究会,   2009年11月, 佐賀県肝癌治療研究会
  • Estimation of the malignant potential of gastrointestinal stromal tumors: imaging, 坂本 洋城, 北野 雅之, 鎌田 研, 小牧 孝充, 今井 元, 筑後 孝章, 竹山 宜典, 工藤 正俊, UEGW,   2009年11月, UEGW
  • EUS-guided broad plexus-neurolysis over the superior mesenteric artery using a 25 gauge needle. Awarded as a (Best submit abstract), 坂本 洋城, 北野 雅之, 鎌田 研, 小牧 孝充, 今井 元, 筑後 孝章, 竹山 宜典, 工藤 正俊, UEGW,   2009年11月, UEGW
  • 特別講演「肝癌治療の現状と展望」, 工藤 正俊, 北九州肝癌最先端治療講演会,   2009年11月, 北九州肝癌最先端治療講演会
  • 特別講演「BCAA顆粒製剤の今後の展望(コホート研究結果を踏まえて)」, 工藤 正俊, 肝臓疾患フォーラム2009 BCAA顆粒製剤の新たな知見「肝癌抑制メカニズムと臨床的意義」,   2009年11月, 肝臓疾患フォーラム2009 BCAA顆粒製剤の新たな知見「肝癌抑制メカニズムと臨床的意義」
  • Special Lecture “Radiological diagnosisi of very early-stage HCC.”, 工藤 正俊, Mini-Symposium “Very-Early HCC”, American Association of Study of the liver Disease (AASLD),   2009年11月, Mini-Symposium “Very-Early HCC”, American Association of Study of the liver Disease (AASLD)
  • Special Lecture “Sonazoid-enhanced US of Liver Tumors.”, 工藤 正俊, 7th Workshop of Asian Federation of Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB),   2009年11月, 7th Workshop of Asian Federation of Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB)
  • Special Lecture “Color doppler imaging of liver tumors.”, 工藤 正俊, 7th Workshop of Asian Federation of Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB),   2009年11月, 7th Workshop of Asian Federation of Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB)
  • Special Lecture “Ultrasound diagnosis of pancreatic tumors.”, 工藤 正俊, 7th Workshop of Asian Federation of Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB),   2009年11月, 7th Workshop of Asian Federation of Ultrasound in Medicine and Biology (AFSUMB)
  • Special Lecture “Consensus statement of management of HCC in Asia.”, 工藤 正俊, 20th Asia Pacific Cancer Conference (APCC) 2009,   2009年11月, 20th Asia Pacific Cancer Conference (APCC) 2009
  • Special Lecture “Defect re-perfusion imaging for HCC.”, 工藤 正俊, Italian Society of Ultrasound in Medicine (ISUM),   2009年11月, Italian Society of Ultrasound in Medicine (ISUM)
  • Special Lecture “Hepatocellular Carcinoma in Japan: Epidemiology, Diagnosis and RF Ablatiom.”, 工藤 正俊, “HBV Now in Asia” The 8th JSH Single Topic Conference by The Japan Society of Hepatolog (JSH),   2009年11月, “HBV Now in Asia” The 8th JSH Single Topic Conference by The Japan Society of Hepatolog (JSH)
  • EUS-assisted drainage of pancreatic duct for obstructive pancreatitis., 北野 雅之, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 今井 元, 鎌田 研, 竹山 宜典, 工藤 正俊, East Meets West 40th Anniversary,   2009年11月, East Meets West 40th Anniversary
  • Pancreas by EUS-guided in vivo microdialysis., 北野 雅之, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 今井 元, 鎌田 研, 工藤 正俊, East Meets West 40th Anniversary,   2009年11月, East Meets West 40th Anniversary
  • Detection rates of pancreatic tumors according to location by contrast-enhanced ultrasonography, endosonography and multidetector row CT., 今井 元, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 鎌田 研, 竹山 宜典, 工藤 正俊, East Meets West 40th Anniversary,   2009年11月, East Meets West 40th Anniversary
  • Estimation of the malignant potential of gastrointestinal stromal tumors: for a precise management of SMT by CHE-EUS., 坂本 洋城, 北野 雅之, 鎌田 研, 小牧 孝充, 今井 元, 筑後 孝章, 竹山 宜典, 工藤 正俊, UEGW,   2009年11月, UEGW
  • 特別講演「肝癌診療の新しいパラダイム」, 工藤 正俊, 第4回北里肝臓フォーラム,   2009年12月, 第4回北里肝臓フォーラム
  • 特別講演「ネクサバール錠副作用対策」, 工藤 正俊, 第2回山形分子標的治療講演会,   2009年12月, 第2回山形分子標的治療講演会
  • Special Lecture “Management of HCC: Role of molecular targeted agents. ", 工藤 正俊, 9th PGI-AIIMS Current perspectives in liver diseases-2009 & singl theme conference “Management Issue,   2009年12月, 9th PGI-AIIMS Current perspectives in liver diseases-2009 & singl theme conference “Management Issue
  • Special Lecture “Recent advances in the imaging of HCC.”, 工藤 正俊, 9th PGI-AIIMS Current perspectives in liver diseases-2009 & singl theme conference “Management Issue,   2009年12月, 9th PGI-AIIMS Current perspectives in liver diseases-2009 & singl theme conference “Management Issue
  • PEG-IFN療法施行中に、ALTおよびフェリチンの上昇をきたしたC型慢性肝炎の3例と、うち瀉血療法が奏効した1例, 宮田 央, 工藤 正俊, 宮田 学, 第38回日本肝臓学会西部会,   2009年12月, 第38回日本肝臓学会西部会
  • 特別講演「肝癌診療の新しいパラダイム」, 工藤 正俊, KNBCの会,   2009年12月, KNBCの会
  • Special Lecture “Management of HCC: Recent advances.”, 工藤 正俊, Indian Society of Gastroenterology,   2009年12月, Indian Society of Gastroenterology
  • Special Lecture and Live Demonstration“Contrast-enhanced US of liver tumors.”, 工藤 正俊, Institute of Hepatobiliary and Pancreatic Science,   2009年12月, Institute of Hepatobiliary and Pancreatic Science
  • Special Lecture “EOB-MRI in liver tumors: Its role in differentiation berween early HCC and dysplastic nodule.”, 工藤 正俊, All India Institute of Medical Science (AIIMS),   2009年12月, All India Institute of Medical Science (AIIMS)
  • Special Lecture “Defect-Re-perfusion imaging for liver tumors and CEUS in the diagnosis of macroscopic classification of HCC.”, 工藤 正俊, 11th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging,   2009年12月, 11th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging
  • Special Lecture “RF Ablation of HCC under CEUS guideline.”, 工藤 正俊, 11th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging,   2009年12月, 11th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging
  • Contrast-enhanced harmonic endosonography in pancreatobiliary diseases., 北野 雅之, 坂本 洋城, 小牧 孝充, 工藤 正俊, 11th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging,   2009年12月, 11th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging
  • Malignancy grading of primary hepatocellular carcinoma by liver-specific contrast agent and hemodynamic alteration, 岡田 真広, 熊野 正士, 工藤 正俊, 村上 卓道, Radiological Society of North America 2009 95th Scientific Assembly and Annual Meeting(RSNA),   2009年12月, Radiological Society of North America 2009 95th Scientific Assembly and Annual Meeting(RSNA)
  • 肝細胞癌に対してラジオ波焼灼療法(RFA)を施行したCAPDの1例., 中野 志仁, 鮫島 謙一, 木下 浩二, 有馬 秀二, 船内 正憲, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 岩本 一郎, 第23回大阪CAPD研究会,   2009年12月, 第23回大阪CAPD研究会
  • 胆膵疾患に対するEUSガイド下ドレナージ術の成績. ワークショップ「Interventional EUSのコツ」, 北野 雅之, 小牧 孝充, 工藤 正俊, 第78回日本消化器内視鏡学会総会,   2009年, 第78回日本消化器内視鏡学会総会
  • 特別講演「HCC治療における分子標的治療への期待と課題」, 工藤 正俊, 第1回TOKYO HCC EXPERT MEETING,   2009年, 第1回TOKYO HCC EXPERT MEETING
  • 特別講演「Sonazoid造影エコー法の新しい展開」, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第29回中部地方会学術集会,   2010年01月, 日本超音波医学会第29回中部地方会学術集会
  • 特別講演「肝癌診療の新しいパラダイム」, 工藤 正俊, 第70回倉敷肝臓臨床談話会,   2010年01月, 第70回倉敷肝臓臨床談話会
  • 特別講演「異型結節・早期肝癌の診断、多血性腫瘍への移行 US」, 工藤 正俊, 第16回肝血流動態イメージ研究会 シンポジウム「肝細胞癌多段階発癌の診断: 慢性肝炎、異型結節、進行肝癌の個別化診断に向けて」,   2010年01月, 第16回肝血流動態イメージ研究会 シンポジウム「肝細胞癌多段階発癌の診断: 慢性肝炎、異型結節、進行肝癌の個別化診断に向けて」
  • 特別講演「肝細胞癌に対するネクサバール治療: 副作用対策の成功が治療の成功」, 工藤 正俊, 名古屋肝癌セミナー,   2010年01月, 名古屋肝癌セミナー
  • Special Lecture “Imaging diagnosis of early HCC: Recent advance.”, 工藤 正俊, Choshu International Liver Smposium 2010,   2010年02月, Choshu International Liver Smposium 2010
  • 特別講演「肝癌治療アルゴリズムにおける分子標的治療の位置づけ」, 工藤 正俊, 第24回冬季札幌がんセミナー,   2010年02月, 第24回冬季札幌がんセミナー
  • 特別講演「肝細胞癌に対する最新の話題: ネクサバールの有用性とその位置づけ」, 工藤 正俊, 学術講演会,   2010年02月, 学術講演会
  • 十二指腸ステント留置後にEUS下胆嚢ドレナージ術を行った閉塞性黄疸の一例., 今井 元, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 小牧 孝充, 鎌田 研, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • 癌幹細胞のマーカーであるCD133は進行肝細胞癌に対するS1+PEG-IFNalpha2b治療における効果予測因子である. シンポジウム「消化器癌化学療法の適応と限界-肝胆膵領域-」, 萩原 智, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • 慢性C型肝炎に対してPEG-IFN+Ribavirin併用療法中にITPを発症した1例., 有住 忠晃, 石川 恵美, 宮田 剛, 峯 宏昌, 早石 宗右, 田北 雅弘, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 畑中 絹世, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 金井 良高, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • C型慢性肝炎SVR後に悪性リンパ腫を発症した一例., 高場 雄久, 宮田 剛, 峯 宏昌, 鎌田 研, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 早石 宗右, 永井 知行, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 畑中 絹世, 矢田 典久, 井上 達夫, 石川 恵美, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • 肝機能障害を認めたエルシニア腸炎の一例., 足立 哲平, 萩原 智, 有住 忠晃, 峯 宏昌, 宮田 剛, 早石 宗右, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 田北 雅弘, 畑中 絹世, 北井 聡, 石川 恵美, 矢田 典久, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 梅原 泰, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • 癌性疼痛に対しEUS下腹腔神経叢ブロックが有用であった1症例., 湯本 妙子, 今井 元, 鎌田 研, 坂本 洋城, 末冨 洋一郎, 小牧 孝充, 北野 雅之, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • 潰瘍性大腸炎経過中に発症したClostridium difficile関連腸病変の一例., 奥村 直己, 山本 典雄, 富田 崇文, 梅原 康湖, 南 康範, 森村 正嗣, 米田 円, 山田 哲, 辻 直子, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • サイトメガロウイルス検査が陰性を示したガンシクロビル投与により軽快した潰瘍性大腸炎の一例., 林 道友, 奥田 英之, 茂山 朋広, 宮部 欽生, 豊澤 昌子, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • 遊走脾の捻転により脾梗塞をきたした一例., 宮田 剛, 鄭 浩柄, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 畑中 絹世, 石川 恵美, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 土師 誠二, 山崎 満夫, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会

MISC

  • 進行肝癌の治療, 工藤 正俊, 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology, 109, 8, 1327, 1334,   2012年08月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030962439
  • 進行肝細胞癌患者に対する分子標的薬(ソラフェニブ)投与における治療効果判定基準の比較, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 竹田 治彦, 大崎 往夫, 萩原 智, 井上 達夫, 北井 聡, 矢田 典久, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓, 53, 6, 344, 347,   2012年06月25日, 10.2957/kanzo.53.344, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030790224
    概要:Response Evaluation Criteria In Solid Tumor version 1.1 (RECIST1.1), modified RECIST (mRECIST) and Response Evaluation Criteria In Cancer of the Liver (RECICL) are frequently used as a response evaluation criteria for hepatocellular carcinoma. The overall survival (OS) of the patients treated with sorafenib was evaluated among these criteria respectively. In patients treated with sorafenib over 30 days, OS was stratified by RECICL and mRECIST, but not stratified by RECIST1.1. There was a statistically significant difference in RECICL (p=0.0133). In patients treated with sorafenib over 60 days, OS was also stratified by RECICL and mRECIST, but not stratified by RECIST1.1. There was also a statistically significant difference in the RECICL (p=0.0173). In patients with advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib, evaluation of the tumor necrosis is considered very important and bidimensional measurement is necessary to measure viable area more precisely. RECICL which evaluates the tumor necrosis and includes bidimensional measurement may be considered the most useful criteria to predict the prognosis in the evaluation of treatment with sorafenib.
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与例におけるSDの持続期間と生存期間の検討, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓, 53, 6, 348, 350,   2012年06月25日, 10.2957/kanzo.53.348, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030790229
    概要:【PURPOSE】 Sorafenib is a molecularly-targeted drug, which have been proven survival benefit for advanced hepatocellular carcinoma (HCC). Because of the unique side effects of sorafenib such as hand-foot skin reaction (HFSR), the administration of sorafenib is often discontinued. We compared the efficacy of overall survival (OS) in the view of the duration of stable disease (SD). 【METHODS】 112 patients with advanced HCC have been treated with sorafenib in our hospital. They were evaluated the antitumor response according to the modified Response Evaluation Criteria in Solid Tumor. We compared the relationship between the duration of SD and OS. 【RESULTS】 Complete response (CR) was observed in 2 patients, partial response (PR) in 16 patients, SD in 36 patients and progression disease (PD) in 27 patients, respectively. CR+PR patients (CR+PR group) had Child-Pugh A/B=18/0, BCLC stage A/B/C=3/6/9 and HBV/HCV/NBNC=6/8/4. SD patients (SD group) had Child-Pugh A/B=30/6, BCLC stage A/B/C=16/6/14 and HBV/HCV/NBNC=5/20/11. In the SD group the median duration of SD was 3.3 months. The SD group was divided into two groups; less than three months defined as Short SD and more than three months defined as Long SD. We compared the relationship of overall survival between the group of PR, Long SD, and Short SD. In the Short SD group, the median OS was 6.2 months (95%C.I. 4.7-7.3). In the Long SD group, the median OS was 17.6 months (95%C.I. 10.4-23.6). In the CR+PR Group, the median OS was 19.1 months (95%C.I. 14.2-23.8). There was not statistically significant difference between the OS of CR+PR group and the OS of Long SD group, however, there was statistically significant difference between the OS of Long SD group and the OS of Short SD group. 【CONCLUSION】 In the treatment of sorafenib for advanced HCC, long duration of SD improves the OS as same as CR+PR. Controlling the unique side effects of sorafenib such as HFSR is important to obtain the longer treatment duration.
  • エンテカビル・ペグインターフェロンα-2b併用48週治療にてHBs抗原が消失したB型慢性肝炎の1例, 犬塚 義, 大崎 往夫, 松田 史博, 坂本 梓, 幡丸 景一, 邉見 慎一郎, 石川 哲朗, 齋藤 澄夫, 西川 浩樹, 喜多 竜一, 岡部 純弘, 木村 達, 若狭 朋子, 萩原 智, 工藤 正俊, 肝臓, 53, 1, 42, 47,   2012年01月25日, 10.2957/kanzo.53.42, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030240845
    概要:症例は65歳の日本人男性.2008年12月にB型慢性肝炎(Genotype C)指摘され,2009年12月よりエンテカビル(0.5 mg/日)とペグインターフェロンα-2b(80 μg/週)の48週間併用治療を開始.その後ウイルス量・HBe抗原価・HBs抗原価の減少を認めた.開始後44週時点でウイルス量は検出感度以下になるとともに,HBeセロコンバージョン・HBs抗原の消失,48週治療後半年以上経過した現在はHBsセロコンバージョンを維持している.HBs抗原自然消失例の報告は散見されるが,本症例は治療により引き起こされたHBs抗原消失例であり,そのような報告は少ない.また,本症例は治療前後の肝組織のcovalently closed circular DNA量や血清HBコア関連抗原量やHBc抗原の免疫染色を治療前後で比較できた点で,貴重な1例と考えられたため報告した.
  • 進行肝癌の治療, 工藤 正俊, Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi, 109, 8, 1327, 1334,   2012年, 10.11405/nisshoshi.109.1327, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001915725
    概要:進行肝細胞癌は脈管浸潤もしくは肝外転移を有する肝癌で局所治療が不可能な肝癌と定義される.日本においてはインターフェロン+5FUやlow dose FPを用いた動注化学療法が行われ,良好な成績をあげている.一方,日本以外の海外では進行肝癌に対する第一選択の治療法は分子標的薬ソラフェニブである.現在,進行肝癌に対する新薬の開発やソラフェニブと動注との併用臨床試験が進行中であり,この臨床試験が成功すれば,進行肝癌の予後は著しく向上するであろう.
  • 症例報告 PEG-IFNα2a+リバビリン療法施行中にB型慢性肝炎の急性増悪を起こしたB型C型重複感染の1例, 宮田 央, 宮田 學, 工藤 正俊, 肝臓, 53, 12, 846, 852,   2012年, 10.2957/kanzo.53.846, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003343869
    概要:In Japan the number of patients who are co-infected with hepatitis B and C virus is little. On the other hand there are many reports in the world that HBV reactivation often occur in the co-infected patients at the end of treatment or after IFN with ribavirin therapy. But the flare of hepatitis B is rare during combination therapy. In this case report, hepatitis B virus was reactivated and the flare happened in the middle of the therapy of IFNα2a with ribavirin, although HBV-DNA before treatment had been negative. To avoid the next flare entecavir was medicated. And then hepatitis B settled down. It suggests that entecavir would be effective if the flare of hepatitis B occurred.
  • 本邦における多発肝嚢胞症のアンケート調査, 小川 光一, 福永 潔, 竹内 朋代, 川岸 直樹, 工藤 正俊, 大河内 信弘, 肝臓, 52, 11, 709, 715,   2011年11月25日, 10.2957/kanzo.52.709, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030240464
    概要:多発肝嚢胞症は肝内に多数の嚢胞を形成し,嚢胞数の増加,嚢胞の巨大化により肝腫大をきたす遺伝性疾患である.比較的まれな疾患であり治療法のコンセンサスは得られていない.今回我々は本邦における多発肝嚢胞症患者の実態を把握するため全国490施設に対しアンケート調査を行った.症例数は422例であり,223例(53%)に治療が行われていた.治療適応となった症状は腹部膨満が73%と最も多かった.実施された治療法は,嚢胞内容穿刺吸引,肝切除,嚢胞開窓術,肝移植の順で多く,それぞれ全患者数の27%,12%,9%,3%であった.治療効果ありと回答された割合はそれぞれ77%,96%,92%,100%であった.初回治療が無効と評価され,他の治療法が追加で行われた症例は4.3%であった.多発肝嚢胞症は様々な治療法が行われているもののその約9割では治療効果を認めており,現在行われている治療法の選択は妥当であると考えられた.
  • 2Pa5-4 肝線維化の力学的モデルに基づく肝エラストグラフィの解析(ポスターセッション), 牧 智紀, 椎名 毅, 山川 誠, 三竹 毅, 工藤 正俊, 藤本 研治, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 32, 141, 142,   2011年11月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008913344
  • 肝細胞癌(消化器癌に対する分子標的治療の動向,会員のための企画), 工藤 正俊, 日本外科学会雑誌, 112, 2, 122, 129,   2011年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008513590
  • 膵疾患診断における造影ハーモニック超音波内視鏡検査の有用性, 北野 雅之, 小牧 孝充, 坂本 洋城, 今井 元, 鎌田 研, 工藤 正俊, 安田 武生, 竹山 宜典, 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society, 26, 1, 23, 28,   2011年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029435262
  • 造影EUSのコツ, 北野 雅之, 工藤 正俊, 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy, 53, 1, 76, 86,   2011年01月20日, 10.11280/gee.53.76, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027867212
    概要:低音圧にて二次性高調波信号を発生する第二世代超音波造影剤ソナゾイドの登場により,EUS領域においても血流評価による診断が可能となった.造影EUSはOLYMPUS-ALOKA社製スコープを使用し,ドプラのアーチファクトを少なくし実際の径に近い血管像を描出するeFLOWモード,造影剤からの信号を高感度に検出し実質染影が行える造影ハーモニックモード(E-PHDモード)を用いる.観察対象はできるだけ接近した状態となるようにスコープの位置を決定してから観察する.造影ハーモニックイメージングでは造影10-20秒後は病変内に流入する血管像が観察され,その後,実質の染影像が認められ,膵管,胆管,周辺組織との明瞭なコントラストが得られる.胆膵領域では,小病変の存在および鑑別診断に有用であり,特に腫瘍部と非腫瘍部の識別が容易となる.GISTでは,特徴的な腫瘍内血管像が観察される.また,リンパ節腫大の良悪性診断にも有用である.元来,高分解能であるEUSに微小循環動態像,実質染影像が観察可能となり,消化器領域の画像診断がさらに向上すると期待される.
  • PIVKA-IIは Sorafenib の治療効果予測因子になりうる, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 肝臓, 51, 11, 681, 683,   2010年11月25日, 10.2957/kanzo.51.681, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027661655
    概要:Fifty patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC) were treated with sorafenib. In 25 of the patients, serum levels of protein induced by vitamin K absence or antagonist II (PIVKA-II) were evaluated at two time points (pretreatment and within 2 weeks from initial treatment). The time to progression in the "PIVKA-II-elevated group" (PIVKA-II more than two times pretreatment levels) was significantly longer than that in the "non-elevated group" (10.0 months [95%CI: 8.5-11.5] vs 5.7 months [95%CI: 3.3-8.1]; p=0.0296). It has been reported that hypoxia induces PIVKA-II in HCC cells. HCC treated with sorafenib are exposed to hypoxia caused by an antiangiogenic effect. Therefore, serum levels of PIVKA-II are a surrogate marker of tissue hypoxia and accordingly a predictive marker of treatment response by sorafenib.
  • 社団法人日本超音波医学会第83回学術集会を終えて, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 37, 6, 659, 663,   2010年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027721920
  • Real-time Tissue Elastography を用いた肝線維化の非侵襲的評価法 : Liver fibrosis index (LF Index) による stage 判定, 藤本 研治, 加藤 道夫, 外村 明子, 矢田 典久, 辰巳 千栄, 尾下 正秀, 利田 滋夫, 上嶋 一臣, 石田 哲士, 古田 朋子, 山崎 大, 辻本 正彦, 元木 満, 三竹 毅, 金 栄浩, 山本 佳司, 椎名 毅, 工藤 正俊, 林 紀夫, 肝臓, 51, 9, 539, 541,   2010年09月25日, 10.2957/kanzo.51.539, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027469802
    概要:To evaluate the effectiveness of Real-time Tissue Elastography (RTE) in staging of liver fibrosis non-invasively, we performed RTE on 310 patients with chronic hepatitis C (and/or liver cirrhosis) and 15 healthy volunteers. Nine image features were extracted from each RTE image and a multiple regression analysis was then performed to derive the regression equation. This equation calculates Liver Fibrosis Index (LF Index), which in turn predicts F stage of the liver. LF Index not only correlates highly with the F stage (r=0.68) of the liver fibrosis, but also it shows significant differences in LF Index values (p<0.001) between each stage of the fibrosis. Thus, we can conclude that RTE is a promising method to evaluate the liver fibrosis noninvasively.
  • C型慢性肝炎に対するPEG-IFN療法施行中にみられるALTおよびフェリチンの上昇と瀉血療法の有用性, 宮田 央, 宮田 学, 工藤 正俊, 肝臓, 51, 7, 371, 378,   2010年07月25日, 10.2957/kanzo.51.371, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026515290
    概要:C型慢性肝炎のPEG-IFN治療時に,ALT上昇をきたす症例が散見される.しかし,この機序については不明な点が多く,PEG-IFN療法の継続の可否に迷うケースにもしばしば遭遇する.我々は,ALT上昇時期に一致してフェリチンが急上昇した症例を3例経験し,うち1例には瀉血療法が奏効した.PEG-IFN療法は,根治目的および肝炎鎮静化・肝癌進展阻止目的に非常に有用な治療法であるが,フェリチン上昇を伴うALT上昇が出現する場合,肝臓のactivity,fibrosisを増悪させる可能性があり,このALT上昇に対して瀉血療法が有効な場合がある.
  • 日本肝臓学会コンセンサス神戸2009 : B型肝炎の診断と治療, 溝上 雅史, 田中 榮司, 茶山 一彰, 田中 靖人, 黒崎 雅之, 泉 並木, 荒瀬 康司, 熊田 博光, 今関 文夫, 横須賀 收, 工藤 正俊, 肝臓, 51, 5, 243, 260,   2010年05月25日, 10.2957/kanzo.51.243, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026393724
  • 日本肝臓学会コンセンサス神戸2009 : NASHの診断と治療, 岡上 武, 西原 利治, 小野 正文, 角田 圭雄, 橋本 悦子, 田村 信司, 山田 剛太郎, 河田 純男, 工藤 正俊, 肝臓, 50, 12, 741, 747,   2009年12月25日, 10.2957/kanzo.50.741, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026101017
  • 進行性肝細胞癌に対する分子標的治療, 工藤 正俊, 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology, 106, 12, 1712, 1726,   2009年12月05日, 10.11405/nisshoshi.106.1712, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026134405
    概要:分子標的治療薬は近年,さまざまな腫瘍に対し臨床応用されているが,肝細胞癌においてもようやく,2009年5月にSorafenib(Nexavar®)が「治癒切除不能な肝細胞癌」としての適応を取得し,肝臓癌診療医にとって初の分子標的治療薬の使用が可能となった.現在,無作為化臨床第III相比較試験にて生存延長効果が証明され,承認されている分子標的治療薬はSorafenibしかないものの,Sorafenibを標準治療群とし他の分子標的治療薬とを比較する臨床第III相試験,VEGFRやPDGFRなどに対するmulti-kinase inhibitorやEGFR,IGFR,mTORを標的とした薬剤をはじめ,各種シグナル伝達に関わる分子をターゲットとした薬剤の臨床試験も行われている状況である.本稿では,肝細胞癌の発癌·進展に関わる主な経路と,それらをターゲットとした分子標的治療薬につき概説する.
  • 日本肝臓学会コンセンサス神戸2009 : C型肝炎の診断と治療, 西口 修平, 泉 並木, 日野 啓輔, 鈴木 文孝, 熊田 博光, 伊藤 義人, 朝比奈 靖浩, 田守 昭博, 平松 直樹, 林 紀夫, 工藤 正俊, 肝臓, 50, 11, 665, 677,   2009年11月25日, 10.2957/kanzo.50.665, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026100794
  • 肝細胞癌診療, 有井 滋樹, 三代 俊治, 松井 修, 泉 並木, 工藤 正俊, 國土 典宏, 肝臓, 50, 8, 407, 426,   2009年08月25日, 10.2957/kanzo.50.407, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025137244
  • 異所性静脈瘤  十二指腸静脈瘤の臨床的特徴と診断,治療, 松井 繁長, 工藤 正俊, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 15, 2, 190, 194,   2009年, 10.11423/jsph.15.190, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001922329
    概要:十二指腸静脈瘤は,異所性静脈瘤の一つであり,比較的稀な疾患である.しかし, 近年食道・胃静脈瘤治療の確立に伴い,門脈圧亢進症患者の予後が改善され,十二指腸静脈瘤の頻度が増加傾向にある.十二指腸静脈瘤自験例12例をもとに検討を行った.十二指腸静脈瘤の臨床的特徴は,食道静脈瘤治療歴を有することが多く,出血因子はRCサインではなく,F因子である.画像診断としては,ヘリカルCT,MRAが有用である.出血例に対する治療法は,EOを使用したEISL,α-cyanoacrylateを使用したEIS,EVLなどの内視鏡的治療が有用である.予後は,肝機能不良な肝硬変,肝細胞癌,膵癌などの基礎疾患があるために良好ではない.1,3,5年生存率は,66.7%,48.6%,36.5%である.今後,病態の解明,治療方針の確立が早急に必要である.
  • 膵疾患の Interventional Endoscopic Ultrasound (EUS), 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 35, 6, 663, 670,   2008年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10023914387
  • 肝癌の再発予防について, 工藤 正俊, 日本内科学会雑誌, 97, 7, 1681, 1689,   2008年07月10日, 10.2169/naika.97.1681, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021930747
    概要:肝細胞癌は手術やラジオ波治療等により根治的療法を行っても年率10~20%程度,再発することが知られている.2年以内の早期再発は肝内転移再発が中心であり,2年以降の晩期再発は多中心性再発が多いということも一般に知られている.肝癌の根治後の再発を制御することは肝細胞癌患者の予後を向上する上では不可欠である.現在まで開発中の製剤としてはインターフェロン,レチノイド,あるいは血管新生阻害薬の分子標的薬等が検討されているが,臨床で最も行われているのはインターフェロンによる再発抑制,予後改善の試みである.インターフェロンによる再発抑制,予後改善の論文はRCTで8編が報告され,case control studyの論文も6編報告されている.この14編の論文から結論付けられることは少量で長期,特に48週だけでなく,2年以上,可能な限り投与を続ける維持療法が1回目再発をやや遅らせ,2回目,3回目再発を抑制し,最終的には予後の向上につながるものと考えられる.今後レチノイドや,分子標的薬による大規模臨床試験の結果も多いに期待されるところである.
  • SY-5-4 日本肝癌研究会全国原発性肝癌追跡調査の現状と課題(シンポジウム5 日本における消化器癌データベース : 真の貢献のための課題を探る,第63回日本消化器外科学会総会), 猪飼 伊和夫, 工藤 正俊, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006830378
  • 1b型高ウイルス量高齢者C型慢性肝炎に対するPEG IFNα-2b/リバビリン治療(併用療法)の検討, 金 守良, 井本 勉, 婦木 秀一, 金 啓二, 谷口 美幸, 長野 基子, 堀田 博, 勝二 郁夫, 寒原 芳浩, 前川 陽子, 工藤 正俊, 林 祥剛, 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA, 49, 4, 145, 152,   2008年04月25日, 10.2957/kanzo.49.145, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021938805
    概要:1b型高ウイルスC型慢性肝炎の65歳以上(高齢群)23名(平均年齢69.4歳)と65歳未満(非高齢群)52名(平均年齢53.5歳)を対象にIFNα2b/リバビリン併用療法を比較検討した.著効率と中断率は高齢群37.5%(6/16),30.4%(7/23),非高齢群50%(20/40),23.1%(12/52)で有意差はなく,HCVコア抗原減少率,2-5AS応答率も両群間に有意差を認めなかった.高齢群では著効例は非著効例に比して開始時のAFP値が有意に低値であった(P<0.01).高齢群では著効・非著効を問わず治療前後でAFP値は有意に低下しており(開始時10.1±9.55 ng/ml,終了時5.18±4.52 ng/ml(P<0.05)),治療により発癌抑制がもたらされた可能性が考えられた.よって,高齢群においては,たとえ著効に至らない場合であっても治療の完遂が重要である.
  • 第2世代超音波造影剤による内視鏡的超音波検査(CE-EUS)の開発と臨床応用, 工藤 正俊, 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy, 50, 645, 646,   2008年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021273043
  • Sonazoid を用いた造影ハーモニックEUS検査, 北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 35,   2008年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10023914537
  • 肝臓エラストグラフィの定量化の試みと深部領域の感度の改善, 藤本 研治, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 前川 清, 加藤 道夫, 工藤 正俊, 外村 明子, 山川 誠, 椎名 毅, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 35,   2008年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10023914657
  • ソナゾイド造影超音波による肝癌局所療法の効果判定『特に Defect-reinjection-test と支援画像表示』, 前川 清, 畑中 絹世, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 35,   2008年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10023915007
  • Defect Re-injection imaging の有用性について, 畑中 絹世, 南 康範, 北井 聡, 辰巳 千栄, 高橋 俊介, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 35,   2008年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10023915255
  • 「科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン」に関する日本肝癌研究会会員を対象としたアンケート調査報告, 國土 典宏, 幕内 雅敏, 中山 健夫, 有井 滋樹, 小俣 政男, 工藤 正俊, 神代 正道, 坂元 亨宇, 高安 賢一, 林 紀夫, 門田 守人, 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA, 48, 11, 562, 570,   2007年11月25日, 10.2957/kanzo.48.562, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020121530
    概要:平成14-15年度の厚生労働省診療ガイドライン支援事業により「科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン研究班」(班長:幕内雅敏)が組織され,ガイドラインを作成し,2005年2月に書籍として刊行した.発刊後ほぼ1年を経て,臨床現場でガイドラインを用いるより多くの医師による評価を目的として,日本肝癌研究会全会員に対するアンケート調査を実施した.ガイドライン内容の妥当性だけではなく,普及・利用の現状と可能性に関する評価のために16項目からなる質問票を作成し2006年3月,質問票を本研究会個人会員2,279名に送付し,843名(37.0%)から回答を得た.回答者年齢の中央値は47歳,卒後年数は93.9%が10年以上であり,中央値は20年であった.専門領域は内科系55.6%,外科系37.8%,放射線科系4.4%,病理2.0%であった.最近3カ月で診療した患者数は外来で20名以上が45.7%,入院で10名以上が44.8%であり,現在activeに肝癌診療に関わっているベテラン医師からの回答がほとんどであった.ガイドライン認知度についての質問では,「ガイドラインをみたことがある」が72%であり,日常診療に役立つかどうかの質問では,「大いに役立つ」,「役立つ」を併せて78.8%であった.ガイドラインのどの部分をよく利用するかを尋ねたところ,「治療のアルゴリズム」が77%と最も多く利用されており,次いで「診断・サーベイランス」39%,「経皮的局所療法」38%,「手術」34%と続いた.「ガイドラインを使用して治療方針に変化がありましたか」という質問には「変化した」という回答は20.8%とむしろ少なく,「変化はないがガイドラインが自分の推奨に近いことを確認し自信が持てた」が40.3%と多くを占めた.「変化した」内容については,「治療選択に時間がかからなくなった」が50%で,「時間がかかるようになった」の8%を大きく上回っていた.一方,「ガイドラインは医師の裁量を拘束すると思いますか」との質問には43.9%が拘束されると回答した.解答率が37%と高くないという問題はあるものの,本調査によって肝癌診療ガイドラインがわが国の肝癌専門医に広く認知され利用されていることが明らかになった.本アンケート調査の結果は2006年度から開始されているガイドライン改訂作業の参考資料になると期待される.
  • 超音波内視鏡ガイド下経十二指腸球部胆道ドレナージ術を施行した閉塞性黄疸の1例, 坂本 洋城, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 汐見 幹夫, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy, 49, 8, 1844, 1847,   2007年08月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019818396
  • 肝細胞癌治療支援における Sonazoid 造影エコー法の新技術の提唱 : Defect Re-perfusion Imaging の有用性, 工藤 正俊, 畑中 絹世, 鄭 浩柄, 南 康範, 前川 清, 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA, 48, 6, 299, 301,   2007年06月20日, 10.2957/kanzo.48.299, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019510868
    概要:We have innovated new imaging technique, Defect Re-perfusion Imaging, in the Sonazoid-enhanced contrast ultrasonography (US) for hepatocellular carcinoma (HCC), which is not clearly demonstrated on B mode US. Firstly, perfusion defect can be detected on post-vascular phase imaging 10 min after intravenous injection of Sonazoid. Second, re-injection of Sonazoid clearly shows arterial hypervascularity within the defect portion if the nodule is typical HCC. Since this technique is extremely useful in the detection, treatment guidance and evaluation of treatment response for ultrasound ill-defined HCC nodules, we propose this technique should be widely used in the clinical practice of HCC.
  • 腹部領域における Interventional Sonography, 工藤 正俊, 谷口 信行, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 34,   2007年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019999287
  • 胆膵疾患に対する interventional EUS, 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 34,   2007年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019999294
  • 造影超音波の新しい展開, 南 康範, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 34,   2007年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019999381
  • 造影ハーモニック超音波内視鏡装置の新規開発と臨床応用, 北野 雅之, 坂本 洋城, 松井 宇部, 伊藤 安啓, 前川 清, VON SCHRENCK Tammo, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 34,   2007年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019999415
  • 肝疾患における Tissue Elastography : 第2報, 藤本 研治, 辰巳 千恵, 上嶋 一臣, 前川 清, 外村 明子, 三竹 毅, 山川 誠, 加藤 道夫, 工藤 正俊, 椎名 毅, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 34,   2007年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019999595
  • 新しい超音波造影剤ソナゾイドによる肝腫瘍の造影評価, 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 34,   2007年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019999856
  • 超音波カラードプラ法を用いた胃癌の血流評価, 桑口 愛, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 前野 知子, 市島 真由美, 前川 清, 井上 達夫, 伊藤 龍生, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32, 6, 539, 545,   2005年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020456646
  • 超音波カラードプラ法を用いた胃癌の血流評価, 桑口 愛, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 前野 知子, 市島 真由美, 前川 清, 井上 達夫, 伊藤 龍生, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32, 6, 539, 545,   2005年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021787421
  • P-635 ペグイントロン・レベトール併用療法の院内における市販直後調査への対応(8.有害事象・副作用(基礎と臨床)3,医療薬学の未来へ翔(はばた)く-薬剤師の薬剤業務・教育・研究への能動的関わり-), 家田 正子, 野村 守弘, 桑野 寛行, 森山 健三, 東田 有智, 工藤 正俊, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 15,   2005年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006960874
  • 治療適応(治療の位置付け), 工藤 正俊, 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA, 46, 4, 160, 164,   2005年04月25日, 10.2957/kanzo.46.160, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015684084
  • 膵管癌の早期診断と治療効果判定における造影超音波検査の有用性, 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020456000
  • GISTsの悪性度評価における造影超音波の有用性, 福田 信宏, 北野 雅之, 前川 清, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020456013
  • 超音波内視鏡探触子による消化器系臓器の微小循環動態の観察, 北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清, 南 康範, 中岡 良介, 仲谷 達也, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020456015
  • 膵腫瘍性病変診断におけるEUS下穿刺生検の有用性とその工夫, 坂本 洋城, 北野 雅之, 前川 清, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020456023
  • 超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術の有用性と適応, 北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020456024
  • 肝癌のラジオ波焼灼術におけるRVSの有用性, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020456028
  • レボビスト造影の新しい作画法とTICによる早期動脈相の検出, 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 植嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020456305
  • 膵管癌の早期診断と治療効果判定における造影超音波検査の有用性, 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021786775
  • GISTsの悪性度評価における造影超音波の有用性, 福田 信宏, 北野 雅之, 前川 清, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021786788
  • 超音波内視鏡探触子による消化器系臓器の微小循環動態の観察, 北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清, 南 康範, 中岡 良介, 仲谷 達也, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021786790
  • 膵腫瘍性病変診断におけるEUS下穿刺生検の有用性とその工夫, 坂本 洋城, 北野 雅之, 前川 清, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021786798
  • 超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術の有用性と適応, 北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021786799
  • 肝癌のラジオ波焼灼術におけるRVSの有用性, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021786803
  • レボビスト造影の新しい作画法とTICによる早期動脈相の検出, 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 植嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 32,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021787080
  • 大腸癌肝転移に対するラジオ波熱凝固療後の局所再発(第105回日本外科学会定期学術集会), 中居 卓也, 川辺 高史, 奥野 清隆, 大柳 治正, 塩崎 均, 南 康範, 工藤 正俊, 日本外科学会雑誌, 106, 0,   2005年04月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004073770
  • 肝細胞癌診療の最近のトピックス, 工藤 正俊, 日本内科学会雑誌, 94, 3, 464, 472,   2005年03月10日, 10.2169/naika.94.464, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015501288
  • 肝細胞癌のステージングシステム : その概念と臨床的重要性, 工藤 正俊, 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA, 46, 2, 53, 63,   2005年02月25日, 10.2957/kanzo.46.53, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015445985
    概要:In this article, the concept and clinical impact of the staging systems for hepatocellular carcinoma (HCC) were reviewed. Among the several scoring systems so far available, such as Barcelona Clinic Liver Cancer (BCLC), Cancer of the Liver Italian Program (CLIP), and Japan Integrated Staging (JIS) systems, the JIS system is extremely efficient in the stratification ability of the HCC patients from the very early stage through highly advanced stage of HCC: particularly in the areas like Japan, where small HCC less than 2 cm in diameter can be diagnosed based on the screening program for early detection of HCC. This efficiency of the JIS system is due to an excellent tumor-node-metastasis (TNM) staging system developed by Liver Cancer Study Group of Japan (LCSGJ). JIS system is an integated staging system between child-Pugh stage and the TNM stage by LCSGJ. Therefore, the TNM stage by LCSGJ and the JIS score is expected to be used as a global standard staging system in the near future.
  • C型慢性肝炎に対する IFNα-2b, ribavirin 併用療法中に網膜中心静脈閉塞症を合併した1症例, 婦木 秀一, 金 守良, 二宮 俊明, 前川 陽子, 金 啓二, 井本 勉, 工藤 正俊, 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA, 45, 12, 666, 670,   2004年12月25日, 10.2957/kanzo.45.666, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014497458
  • 通常型パピロトームによる膵管からの乳頭プレカット, 水野 成人, 本庶 元, 工藤 正俊, 胆道 = Journal of Japan Biliary Association, 18, 1, 23, 28,   2004年03月19日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030924384
  • リバビリン単独投与における臨床検査値の変動および有害事象の検討, 野村 守弘, 家田 正子, 柳原 喜恵, 桑野 寛行, 森山 健三, 北野 雅之, 石川 恵美, 工藤 正俊, 臨床薬理 = JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS, 35, 1,   2004年01月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012890466
  • 多施設(38施設)調査に基づくラジオ波治療の現状と問題点, 春日井 博志, 大崎 往夫, 岡 博子, 工藤 正俊, 関 寿人, 大阪肝穿刺生検治療研究会, 肝臓, 44, 12, 632, 640,   2003年12月25日, 10.2957/kanzo.44.632, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000875257
    概要:This study was undertaken to obtain the information about the present condition of radiofrequency ablation (RFA) for hepatocellular carcinoma.The data of 2614 patients, who underwent RFA between January 1999 and May 2002, were gathered and analyzed in this study.RFA was performed percutaneously in 2542, raparoscopically in 23 and operatively in 49 patients.The complication rate was 7.8% (204 patients). Most popular complications were pleural effusion, ascites, biliary injury, portal thrombus, intraperitoneal hemorrhage, burn of the abdominal wall and liver abscess. The mortality rate was 0.3% (9 patients).The complication rate and mortality rate were lower in institutions which have some device for safe and accurate treatment or have much experience in RFA.
  • 多施設(22施設)調査に基づく肝癌無治療例195例の検討, 岡 博子, 大崎 往夫, 春日井 博志, 工藤 正俊, 関 寿人, 大阪肝穿刺生検治療研究会, 肝臓, 44, 11, 546, 551,   2003年11月25日, 10.2957/kanzo.44.546, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000875247
    概要:The present study deals with the natural history of 195 patients with hepatocellular carcinoma who were seen from 1990 to 2000. One-year survival of overall patients was 31%, 3-year was 10%, and 5-year was 3%. The 1-, 3-, 5-yr survival for 13 patients with the liver damage score A/B and the imaging stage I was 82%, 56%, 56%, respectively. The 1-, 3-, 5-yr survival for 20 patients with the liver damage score A/B and the imaging stage III was 42%, 8%, 0%, respectively. The tumor stage and clinical stage were correlated to the prognosis.
  • 肝細胞癌に対する治療 : 適応と予後 ; Local ablation therapy, 工藤 正俊, 肝臓, 44, 6, 250, 258,   2003年06月25日, 10.2957/kanzo.44.250, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011223733
  • リバビリンカプセルの院内における副作用調査 : 市販直後調査への対応と問題点, 野村 守弘, 家田 正子, 市川 泰子, 柳原 喜恵, 桑野 寛行, 石田 定廣, 北野 雅之, 工藤 正俊, 臨床薬理, 34, 2, 359S, 360S,   2003年03月31日, 10.3999/jscpt.34.2_359S, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011422851
  • Impact Factor と株価, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 29, 6, J535, J536,   2002年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012281371
  • <特別講演抄録>II 肝細胞癌の診断と治療の最近の進歩 : 造影ハーモニック法からラジオ波治療まで, 工藤 正俊, 近畿大学医学雑誌, 27, 1,   2002年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061810
  • 多血性肝腫瘍の鑑別診断, 工藤 正俊, 肝臓, 43, 1, 1, 10,   2002年01月25日, 10.2957/kanzo.43.1, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007869298
  • Application of contrast-enhanced ultrasonography to the local treatment of hepatocellular carcinoma, 工藤 正俊, Journal of Microwave Surgery, 20, 17, 25,   2002年, 10.3380/jmicrowavesurg.20.17, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000066744
    概要:Areas of residual tumors after RFA or PEI therapy are not distinguishable from necrotic tissues on US. The sonographic findings of gray-scale, color Doppler and power Doppler scanning after RFA or PEI therapy do not correlate well with the overall necrotic shape, or with the volume or extent of coagulation necrosis induced. Therefore, contrast-enhanced CT or MRI is generally necessary to assess the efficacy of the treatment. The absence of intensified areas on contrast-enhanced CT indicates the disappearance of the blood supply and, by inference, a successful treatment. Conversely, focal areas of persistent contrast enhancement usually indicate viable tumor cells, and, therefore, warrant further treatment to achieve a complete tumor necrosis.Harmonic gray-scale images can extract only the blood flow echoes created by destruction of microbubbles, whilst echoes from tissue are effectively cancelled. This mode makes it possible to clearly depict residual blood flow in tumors after therapy. Because contrast-enhanced harmonic sonography is easy to perform and provides real-time needle insertion guidance, it may be favored in monitoring response to localized therapies, obviating unnecessary CT and treatment sessions.Although contrast-enhanced CT can clearly depict residual areas of tumors after RFA or PEI therapy, it does not make possible real-time guidance in percutaneous therapies. Furthermore, the retention of lipiodol in HCC lesions sometimes makes it difficult to distinguish the hyperattenuating area of contrast enhancement from that of lipiodol when the retention of iodized oil in tumors is incomplete.Contrast-enhanced harmonic gray-scale images can reveal the tumor vascularity in patients with HCC, after transcatheter arterial embolization and percutaneous therapies, with high sensitivity and accuracy in comparison with dynamic CT. This capability of harmonic imaging for depicting residual cancer cells in HCCs after treatment facilitates a correct guidance for the insertion of a needle on US monitoring, which cannot be achieved by any other imaging modalities including CT and MRI.The noninvasive vascular technique of contrast-enhanced harmonic imaging is an extremely sensitive tool for detecting the intranodular blood flow in hepatic tumors. This method is drastically changing the diagnostic and therapeutic strategy of hepatic tumors, especially HCC, resulting in an eventual improvement in the prognosis of patients with HCC.
  • 画像からみた肝細胞癌の血行動態, 工藤 正俊, 肝臓, 42, 10, 491, 502,   2001年10月25日, 10.2957/kanzo.42.491, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007688066
  • <教育シンポジウム>教育シンポジウムクリニカルクラークシップの現状と問題点, 金丸 昭久, 工藤 正俊, 近畿大学医学雑誌, 26, 2,   2001年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061745
  • 肝細胞癌の画像診断 - 最近の進歩 -, 工藤 正俊, 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology, 98, 7, 795, 808,   2001年07月01日, 10.11405/nisshoshi1964.98.795, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007031629
  • <一般演題抄録>14.続発性ヘモクロマトーシスに肝細胞癌(HCC)を合併した1症例, 鄭 浩柄, 石川 恵美, 乾 可苗, 小村 康湖, 永島 美樹, 南 康範, 末富 洋一郎, 中岡 良介, 北野 雅之, 松井 繁長, 由谷 逸朗, 上硲 俊法, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌, 26, 1,   2001年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061730
  • 肝腫瘍診療における Harmonic Imaging 法の現況と臨床的有用性, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 前川 清, 杤尾 人司, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356038
  • 造影エコーの治療的応用, 南 康範, 文 艶玲, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 桑口 愛, 前川 清, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356045
  • 高分解能造影モードによる腫瘍血流の動的・形態的解析, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 前川 清, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356099
  • Levovist^【○!R】静注 Code Harmionic Angio による肝血管腫像の検討, 川崎 俊彦, 文 艶玲, 南 康範, 末富 洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 工藤 正俊, 江口 真川実, 前川 清, 丁 紅, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356332
  • Coded Harmonic Angio による肝腫瘍の血行動態的パターン分類の試み, 前川 清, 大谷 真由美, 文 艶玲, 丁 紅, 末富 洋一郎, 鄭 浩柄, 南 康範, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356335
  • 超小型コンベックスアレイを内蔵したEUSの使用経験, 末富 洋一郎, 川崎 俊彦, 南 康範, 文 艶玲, 丁 紅, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 工藤 正俊, 前川 清, 桑口 愛, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356357
  • FNHにおける造影ハーモニック像の検討, 丁 紅, 前川 清, 桑口 愛, 南 康範, 文 艶玲, 鄭 浩柄, 末富 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356377
  • Levovist 造影による Fundamental Power Doppler と Harmonic Power Doppler の肝腫瘍内血流検出能の比較検討, 文 艶玲, 鄭 浩柄, 南 康範, 末富 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 大谷 真由美, 前川 清, 丁 紅, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356378
  • 門脈血流流入結節の造影ハーモニック法の検討, 鄭 浩柄, 文 艶玲, 南 康範, 末富 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 大谷 真由実, 前川 清, 丁 紅, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356382
  • 肝細胞癌に対する Lipiodol TAE療法後の治療効果判定 : 造影超音波ハーモニック法の有用性について, 南 康範, 文 艶玲, 丁 紅, 末富 洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 桑口 愛, 前川 清, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356396
  • 肝細胞癌(HCC)局所治療後の遺残癌に対する造影超音波下RFAの試み, 鄭 浩柄, 文 艶玲, 南 康範, 末富 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 江口 真由実, 前川 清, 丁 紅, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356397
  • オリンパス社製 Sonosite 180の画質性能に関する検討, 文 艶玲, 鄭 浩柄, 南 康範, 末富 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 江口 真由美, 前川 清, 丁 紅, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 28, 3,   2001年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012356408
  • <一般演題抄録>9.肝細胞癌の新しい治療法 : Radio Frequency Ablation(RFA)Therapyについて, 遠田 弘一, 末富 洋一郎, 中岡 良介, 亀山 千晴, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 松井 繁長, 由谷 逸郎, 上硲 俊法, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 近畿大学医学雑誌, 25, 2,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061681
  • 超音波ドブラ法,B-flow, US angiographyでとらえられた肝内肝動脈走行に関する新知見 : 門脈に対する肝動脈の中枢側分岐性について, 杤尾 人司, 岩崎 信広, 中村 仁美, 中山 圭子, 曽我 登志子, 西馬 信一, 福永 豊和, 岡部 純弘, 樫田 博史, 平佐 昌弘, 伊吹 康良, 藤本 敏明, 森本 義人, 工藤 正俊, 冨田 周介, 小西 豊, 織野 彬雄, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 27, 10, 1303, 1310,   2000年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007873017
  • E108 膵芽腫根治術後に非定型的肝限局性結節性過形成 (FNH) 様病変を呈した 1 例, 山内 勝治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山崎 満夫, 大柳 治正, 工藤 正俊, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3,   2000年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002092189
  • 肝胆膵疾患における造影エコー法の新展開, 工藤 正俊, 丁 紅, 遠田 弘一, 前川 清, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 27, 4,   2000年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006182208
  • Levovist静注にて明瞭に抽出し得た肝細胞癌流出血流の一例, 丁 紅, 遠田 弘一, 山本 健二, 井上 達夫, 梅原 泰, 江口 真由美, 山本 真由美, 遠田 由紀, 前川 清, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 27, 4,   2000年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006182329
  • 肝腫瘍診断におけるLevovist静注 Contrast Harmonic Power Doppler法の有用性, 丁 紅, 遠田 弘一, 中岡 良介, 松井 繁長, 山本 健二, 江口 真由美, 山本 真由美, 遠田 由紀, 前川 清, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 27, 4,   2000年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006182330
  • Multi-shot Digital Subtraction 法を用いた Levovist-enhanced Harmonic imaging による肝腫瘍の診断, 丁 紅, 遠田 弘一, 山本 健二, 由谷 逸朗, 汐見 幹夫, 江口 真由美, 山本 真由美, 遠田 由紀, 前川 清, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 27, 4,   2000年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006182331
  • Levovist静注による肝腫瘍の造影カラードプラ法 : 間欠送信法による腫瘍perfusion血流の評価, 前川 清, 江口 真由美, 山本 真由美, 遠田 由紀, 丁 紅, 遠田 弘一, 谷池 聡子, 亀山 千晴, 山本 健二, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 27, 4,   2000年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006182334
  • 肝疾患におけるBモード血流表示 (B-Flow) の有用性, 江口 真由美, 山本 真由美, 遠田 由紀, 前川 清, 丁 紅, 加藤 玲明, 遠田 弘一, 松井 繁長, 山本 健二, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 27, 4,   2000年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006182350
  • 肝細胞癌に対する超音波ガイド下ラジオ波治療 (RFA) の初期臨床経験, 遠田 弘一, 丁 紅, 中岡 良介, 谷池 聡子, 亀山 千晴, 松井 繁長, 由谷 逸朗, 山本 健二, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 27, 4,   2000年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006182438
  • 多施設(18施設)調査に基づく単発肝細胞癌の治療成績の現況, 関 寿人, 大崎 往夫, 春日井 博志, 岡 博子, 工藤 正俊, 大阪肝穿刺生検治療研究会, 肝臓, 41, 3, 169, 182,   2000年03月25日, 10.2957/kanzo.41.169, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005251463
    概要:This retrospective study was undertaken to obtain information relevant to the therapeutic strategy and therapeutic results in single hepatocellular carcinoma. Eighteen institutions located mainly in the Kinki District of Japan took part in this study.
    The data of 3489 patients, who underwent different treatments between January 1, 1987 to March 31, 1998 were gathered and analyzed in this study.
    The results are shown follows. (The end-point of clinical observation was July 31, 1998)
    (1) Surgical resection was mainly performed for HCC of clinical stage I or II regardless of the tumor size.
    (2) The difference in survival of patients with HCC measuring 2.0cm or less in diameter of clinical stage I or II between surgical resection and PEIT or PMCT was not statistically significant.
    (3) Among patients treated with PEIT, ten-year survivors were observed in patients with HCC measuring 3.0cm or less in diameter.
    (4) In patients with HCC measuring more than 3.0 cm in diameter and of clinical stage I or II, survival rates of surgical resection were superior to those of other treatments except two groups (TAE+PEIT, 3(5) Of ten-year survivors, 87% had been treated with surgical resection as a first treatment.
    (6) Of patients with HCC measuring 5.0cm or less in diameter, approximately 40% died of causes other than HCC progression.
    (7) There was a statistically significant difference in survival rates between institutions having 100 cases or more, and those with fewer than 100 cases.
  • 胃のGastrointestinal stromal tumor(GIST)の1例, 由谷 逸朗, 汐見 幹夫, 川端 一史, 大野 恭裕, 井上 良一, 工藤 正俊, 青木 矩彦, 山住 俊晃, 吉川 栄人, 奥野 清隆, 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology, 97, 3, 331, 336,   2000年03月05日, 10.11405/nisshoshi1964.97.331, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005557850
  • 早期肝細胞癌及びその境界病変の流出血管 : カラードプラ法による観察, 杤尾 人司, 冨田 周介, 工藤 正俊, 岩崎 信広, 田村 周二, 中村 仁美, 曽我 登志子, 福永 豊和, 岡部 純弘, 樫田 博史, 平佐 昌弘, 伊吹 康良, 森本 義人, 織野 彬雄, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 26, 6, 781, 785,   1999年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007875957
  • 175 成人の遊走脾(wandering spleen)に対する新しい腹腔鏡下脾固着術(吸収性メッシュシートによるサンドイッチ法), 野村 秀明, 土師 誠二, 黒田 大介, 吉田 英樹, 岩崎 拓也, 安田 健司, 庄野 潤, 大柳 治正, 谷池 聡子, 工藤 正俊, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 6,   1999年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001354270
  • 進行型肝細胞癌の流出血流:カラードプラ法にて拍動性血流に伴走する逆行定常性血流を認めた結節の病理組織学的検討, 杤尾 人司, 冨田 周介, 工藤 正俊, 岡部 純弘, 福永 豊和, 樫田 博史, 平佐 昌弘, 伊吹 康良, 織野 彬雄, 肝臓, 40, 4, 243, 252,   1999年04月25日, 10.2957/kanzo.40.243, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005255627
    概要:Efferent flow signal, which shows continuous waveform, adjacent to afferent pulsatile wave signal is often detected within hepatocellular carcinoma (HCC) by color Doppler imaging. It is hypothesized that this signal may reflect the draining efferent blood flow within the preexisting portal vein, which remained in the advanced stage HCC nodule. In order to clarify whether this hypothesis is correct, 11 resected advanced HCC with such signals were analyzed histopathologically. The size of tumor ranged 1.2-5.1cm (Mean±SD=2.5±1.3cm). In 8 out of 11 (73%), Glisson sheath including patent portal vessel were observed within the tumor. These portal veins were located within entire tumor in small, well-differentiated HCC, where as those were located in the periphery of the tumor in large, relatively poorly differentiated HCC. These results suggested that the portal vein, which remained within the advanced HCC, may act as a draining vessel in some advanced HCCs. Furthermore, portal vein is an efferent draining vessel already in small, well-differentiated HCC.
  • 肝腫瘤性病変の診断 : 次世紀における超音波の役割 : カラードプラ法, 工藤 正俊, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 26, 4,   1999年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013820478
  • A-Pシャントを伴う肝血管腫 : 脂肪肝における Focal Sparing の成因としての意義, 遠田 弘一, 工藤 正俊, 青木 矩彦, 山本 真由美, 長谷川 由紀, 前川 清, 杤尾 人司, 岡部 純弘, 冨田 周介, 織野 彬雄, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 26, 4,   1999年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013820539
  • Fusion 3D 法を用いた3次元超音波診断装置の使用経験, 前川 清, 工藤 正俊, 遠田 弘一, 谷池 聡子, 亀山 千晴, 青木 矩彦, 長谷川 由紀, 山本 真由美, 橋本 新一, 山形 仁, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 26, 4,   1999年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013820588
  • 肝細胞癌の血流と病態-超音波血流画像の進歩と意義-, 工藤 正俊, 肝臓, 39, 12, 885, 894,   1998年12月25日, 10.2957/kanzo.39.885, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005576256
  • 進行型肝細胞癌の流出血流 : カラードプラ法にて拍動性血流に伴走する逆行定常性血流を認めた結節の病理組織学的検討, 杤尾 人司, 岩崎 信広, 中村 仁美, 田村 周二, 曾我 登志子, 森本 義人, 岡部 純弘, 樫田 博史, 工藤 正俊, 冨田 周介, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 25, 4,   1998年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016336119
  • 経動脈性門造影下CT(CTAP)が濃染所見,肝動脈造影下CT(CTA)が乏血性所見を示したアルコール性肝硬変再生結節の1症例, 金 守良, 松岡 利幸, 森 祥剛, 工藤 正俊, 新谷 繁之, 佐々木 一憲, 金 貞孝, 井本 勉, 金 啓二, 肝臓, 39, 175, 180,   1998年03月25日, 10.2957/kanzo.39.175, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005574316
  • 胃十二指腸動脈瘤の上腸間膜静脈穿破による急性門脈圧亢進症の一例, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 福永 豊和, 岡部 純弘, 樫田 博史, 冨田 周介, 織野 彬雄, 杤尾 人司, 日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会雑誌, 4, 4, 368, 373,   1998年, 10.11423/jsph1995.4.4_368, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001930026
    概要:症例は87歳, 女性.下痢, 腹満感を主訴に来院.来院時, 著明な脱水所見と, 右上腹部にbruitを聴取した.腹部超音波検査では, 著明な腹水, 腸管壁肥厚とともに右上腹部に約7×5cm, 4×4cm大の二房性を呈する嚢胞性病変を認めた.同部のカラードプラ法にて, 嚢胞内に著明な拍動性カラーシグナルを認め, 動脈瘤が疑われた.さらに, 尾側の動脈瘤は上腸間膜静脈とシャントを形成していることが判明した.Dynamic CTでは, 尾側の動脈瘤が上腸間膜静脈と直接交通する像が得られた.以上の所見より, 動脈瘤が上腸間膜静脈に穿破交通し, 急速な門脈圧亢進を来した結果, 腹水ならびに上腸間膜静脈うっ滞による腸管浮腫を来したものと診断した.そこで血管造影下に, 胃十二指腸動脈の動脈瘤流入部直前の輸入動脈にてsteelcoilを用いた塞栓術を施行した.術後, 門脈血行動態の改善により, 自他覚所見の速やかな改善が得られた.胃十二指腸動脈瘤の上腸間膜静脈穿破による急性門脈圧亢進症状を呈し, コイル塞栓療法にて劇的に改善した一例を経験したので報告する.
  • <一般演題抄録>14.当科で経験したリウマチ性多発筋痛症(PMR)について, 末冨 洋一郎, 北野 元一, 岡本 慎司, 高幣 和郎, 岸谷 譲, 雑賀 豊彦, 工藤 正俊, 青木 矩彦, 近畿大学医学雑誌, 22, 2,   1997年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061415
  • 脂肪肝に伴う胆嚢床のSpared Areaと肝内胆嚢流出血流との関連 : カラードプラ法による検討, 栃尾 人司, 岡部 純弘, 冨田 周介, 工藤 正俊, 樫田 博史, 岩崎 信広, 簑輪 和士, 田村 周二, 曽我 登志子, 森本 義人, 渡辺 智裕, 福永 豊和, 平佐 昌弘, 伊吹 康良, 織野 彬雄, 藤堂 彰男, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 24, 10, 43, 53,   1997年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007874670
  • 肝癌の画像診断「超音波」-最近の話題を中心に-」, 工藤 正俊, 日獨医報, 41, 923, 936,   1997年
  • 画像診断をどう進めていくか., 工藤 正俊, クリニシヤン 特集「肝癌治療最前線」 , 44, 458, 33, 39,   1997年
  • Research最前線. 肝血流動態イメ-ジ研究会., 工藤 正俊, 内科, 80, 460,   1997年
  • カラ-ドプラと造影剤エコ-による肝癌診断, 工藤 正俊, 内科(特集「肝癌の診断と治療の進歩」). , 80, 666, 672,   1997年
  • 21世紀にむけての肝癌治療の展望., 小俣 政男, 工藤 正俊, 多羅尾 和郎, 斉藤 明子, 内科, 80, 731, 742,   1997年
  • 肝細胞癌診断-超音波の最前線「超音波テクニックを駆使して肝細胞癌の質的診断にどこまで迫れるか!」, 大石 元, 工藤 正俊, 堀口祐爾, Hepatoma Quarterly, 3, 2, 9,   1997年
  • 慢性肝疾患にみられる小結節性病変に対するカラードプラ診断: 流入する定常性血流の意義を中心に. , 杤尾人司, 工藤 正俊, 福永 豊和, 冨田周介, 岡部純弘, 樫田博史, 岩崎信広, 蓑輪和士, 曽我登志子, 田村周二, 森本義人, 渡邊智裕, 平佐昌弘, 伊吹康良, 織野彬雄, 藤堂彰男, 超音波医学, 24, 1025, 1033,   1997年
  • Asgr2(asialogycoprotein receptor minor subunit HL-2), 工藤 正俊, 池田 和人, Molecular Medicine臨時増刊号「ノックアウトマウス・データブック」, 34, 39, 40,   1997年
  • 腸管悪性リンパ腫の超音波像., 杤尾人司, 工藤 正俊, 福永 豊和, 冨田周介, 岡部純弘, 織野彬雄, 岩崎信広, 濱田一美, 簔輪和士, 濱田充生, 曽我登志子, 田村周二, 森本義人, 渡邊智裕, 近藤雅彦, 樫田博史, 平佐昌弘, 伊吹康良, 藤堂彰男, J Med Ultrasonics J Med Ultrasonics, 24, 21, 28,   1997年
  • カラードプラ法による胆嚢壁から流出する血流に関する検討., 濱田充生, 工藤 正俊, 岡部純弘, 冨田周介, 杤尾人司, 簔輪和士, 曽我登志子, 森本義人, 樫田博史, 藤堂彰男, 超音波医学, 24, 11, 18,   1997年
  • Morphological diagnosis of hepatocellular carcinoma: special emphais on intranodular hemodynamic imaging, 工藤 正俊, Hepato-Gastroenterology, 45, 1226, 1231,   1998年
  • 超音波診断の現状とその展望., 工藤 正俊, 肝癌診断の最新動向.小俣政男編, 8, 12,   1998年
  • CO2 アンジオグラフイ- -スクリ-ニングから精査の時代へ-超音波診断 update., 工藤 正俊, 臨床放射線増刊号. 宮本幸夫, 多田信平 編, 1321, 1326,   1998年
  • CO2 angio法と肝動脈CT, 門脈CTによる肝癌の血流動態., 工藤 正俊, 肝胆膵, 37, 513, 519,   1998年
  • 肝腫瘍診断における超音波の進歩-超音波造影剤を中心に- What's New in Radiology?, 工藤 正俊, Diagnostic and Interventional Diagnostic and Interventional, 3, 42,   1998年
  • 肝血管筋脂肪腫(解説)「貴方も名医」, 工藤 正俊, クリニックマガジン, 9, 77, 79,   1998年
  • 肝血管筋脂肪腫(症例呈示)「貴方も名医」, 工藤 正俊, クリニックマガジン, 9, 41,   1998年
  • 肝癌の画像診断の進歩.  , 工藤 正俊, 臨床成人病, 28, 800, 810,   1998年
  • 肝腫瘍の血流動態一CO2 angio法と肝動脈CT, 門脈CTとの関係一, 工藤 正俊, 消化器科 特集II「肝血流を用いた肝疾患の診断・治療」, 27, 61, 67,   1998年
  • 肝癌の画像診断-エコ-, Helical CT, MRI, Angio, ドプラを含めた最近の検査-., 工藤 正俊, Medical Practice, 15, 1175, 1182,   1998年
  • 肝細胞癌: 診断と治療の進歩., 工藤 正俊, 奈良県医師会医学会年報, 11, 111, 112,   1998年
  • 体外走査式超音波診断-カラ-ドプラ法, 超音波造影剤も含めて-., 岡部 純弘, 工藤 正俊, 臨床画像 (特集 : 膵癌の診断と治療 up date), 14, 646, 655,   1998年
  • 胆・膵領域における造影エコ-法, 岡部 純弘, 工藤 正俊, 日本臨床 特集「超音波造影法の進歩」─新しい超音波造影剤の登場と映像新技術の開発─., 56, 169, 174,   1998年
  • Editorial   , 工藤 正俊, 超音波医学, 25, 1, 2,   1998年
  • 画像診断による異時性多中心性発癌(二次発癌)と肝内転移の鑑別., 工藤 正俊, 肝胆膵, 36, 209, 216,   1998年
  • 超音波による肝細胞癌のステ-ジング-US angio, カラ-ドプラを含めて-., 工藤 正俊, 杤尾 人司, 肝胆膵, 36, 39, 45,   1998年
  • CO2注入超音波検査による診断とは?, 工藤 正俊, 癌治療Q&A-肝癌-,田口鐵男 監修,今岡真義 編, 50, 51,   1998年
  • 肝細胞癌の第一線診療の現況., 工藤 正俊, ドラッグフォーラム大阪, 79, 9, 14,   1998年
  • 早期肝細胞癌と境界病変-最近の画像診断と治療の進歩-「超音波」  , 工藤 正俊, 杤尾 人司, 画像診断, 17, 1044, 1050,   1998年
  • 超音波造影法: 動注法と静注法について  , 工藤 正俊, 消化器科 特集「超音波機器の進歩と最近の話題」, 25, 418, 426,   1998年
  • 肝癌に関する最近の話題「1)肝細胞癌の流出静脈は門脈か肝静脈か?2)肝癌のリング状濃染」, 板井悠二, 工藤 正俊,   1999年
  • 肝癌に関する最近の話題. 「1)肝癌は経門脈性転移か全身散布か?2)肝癌は過形成発癌が主体かde novo発癌が主体か?」, 板井悠二, 工藤 正俊,   1999年
  • 肝癌に関する最近の話題. 「1)TAEは肝癌の自然経過を延長させるか?2)単発肝癌に対する亜区域塞栓術」, 板井悠二, 工藤 正俊,   1999年
  • Imaging diagnosis of hepatocellular carcinoma and premalignant /borderline lesions, 工藤 正俊, Seminors in Liver Disease, 19, 297, 309,   1999年
  • Riedel's lobe of the liver and its clinical implications, 工藤 正俊, Internal Medicine, 39, 2, 87, 88,   1999年
  • 21世紀の画像診断ー超音波., 工藤 正俊, 第25回日本医学会総会会誌, 25, III, 79,   1999年
  • 腹部腫瘤 , 工藤 正俊, わかりやすい内科学 井村裕夫 編, 969, 971,   1999年
  • 腹部膨満 , 工藤 正俊, わかりやすい内科学 井村裕夫 編, 964, 968,   1999年
  • 原発性・転移性肝癌(内科), 工藤 正俊, 今日の治療指針1999年版, 多賀須幸男, 尾形悦郎, 編, 432, 434,   1999年
  • 組み込み型HBVDNAのクローニングおよびPCRによるヒト多発肝癌の起源の検索ー多中心性発癌か肝内転移か?, 工藤 正俊, 消化器画像, 1, 6, 872, 873,   1999年
  • 開放型MRI装置を用いたMRIガイド下の肝腫瘍レーザー温熱焼灼療法ー技術と初期経験ー., 工藤 正俊, 消化器画像, 1, 6, 872,   1999年
  • 当院におけるStage IV-A HCCの治療成績., 福永 豊和, 工藤 正俊, 織野 彬雄, Radiology Frontier Radiology Frontier, 2, 152,   1999年
  • 肝臓の血流動態と病態. , 工藤 正俊, Imaging Imaging, 10, 1, 9,   1999年
  • 肝細胞癌の流出静脈は門脈か肝静脈か? ーその両方とする立場より, 工藤 正俊, 「肝癌に関する最近の話題」, 板井悠二, 工藤正俊, 監修, 12, 16,   1999年
  • 肝シンチグラムのポイント., 工藤 正俊, 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号)石井裕正, 井廻道夫, 沖田 極, 熊田博光, 藤原研二, 二川俊二,監修・編集, 78, 80,   1999年
  • 血管造影のポイント., 工藤 正俊, 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号)石井裕正, 井廻道夫, 沖田 極, 熊田博光, 藤原研二, 二川俊二,監修・編集, 77, 78,   1999年
  • MRI診断のポイント., 工藤 正俊, 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号)石井裕正, 井廻道夫, 沖田 極, 熊田博光, 藤原研二, 二川俊二,監修・編集, 75, 77,   1999年
  • アンギオCT診断のポイント., 工藤 正俊, 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), 石井裕正, 井廻道夫, 沖田 極, 熊田博光, 藤原研二, 二川俊二,監修・編集, 72, 75,   1999年
  • CT診断のポイント., 工藤 正俊, 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), 石井裕正, 井廻道夫, 沖田 極, 熊田博光, 藤原研二, 二川俊二,監修・編集, 71, 72,   1999年
  • エコー診断のポイント., 工藤 正俊, 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), 石井裕正, 井廻道夫, 沖田 極, 熊田博光, 藤原研二, 二川俊二,監修・編集, 66, 70,   1999年
  • 画像診断の読み方とチェックポイント., 工藤 正俊, 肝疾患診療マニュアル(日本医師会雑誌特別号), 石井裕正, 井廻道夫, 沖田 極, 熊田博光, 藤原研二, 二川俊二,監修・編集, 66, 80,   1999年
  • 超音波造影剤の臨床応用ー肝臓ー., 工藤 正俊, 綜合臨床, 48, 11, 2709, 2717,   1999年
  • 肝内胆管癌の画像診断ーUSー, 岡部 純弘, 工藤 正俊, 肝胆膵フロンティア・胆管細胞癌, 辻井 正, 沖田 極, 神代正道, 小林健一, 二川俊二, 編, 39, 50,   1999年
  • 原発性胆汁性肝硬変における肝内・肝外発癌., 工藤 正俊, 消化器画像, 1, 750, 751,   1999年
  • 原発性胆汁性肝硬変における発癌率., 工藤 正俊, 消化器画像, 1, 750,   1999年
  • 肝細胞癌の治療法─どのよう治療法を選択するか。各施設での治療選択の実際, 福永 豊和, 工藤 正俊, 肝癌の Bed side ノ-ト, 小俣政男 監修, 173, 183,   1999年
  • 胆嚢・胆管の超音波診断., 岡部 純弘, 工藤 正俊, 臨床画像, 15, 916, 929,   1999年
  • 肝細胞癌の診断., 工藤 正俊, Medical Test Journal Medical Test Journal, 687, 11,   1999年
  • TAEのインフォームドコンセント, 工藤 正俊, 内科(特集「インフォームドコンセントの実際ー臨床現場で役立つマニュアルー」), 83, 1037, 1039,   1999年
  • 肝切除や肝生検は肝細胞の血行性散布をきたす., 工藤 正俊, 消化器画像, 1, 448, 449,   1999年
  • 腹部腫瘤 , 工藤 正俊, わかりやすい内科学 井村裕夫 編, 969, 971,   1999年
  • 腹部膨満 , 工藤 正俊, わかりやすい内科学 井村裕夫 編, 964, 968,   1999年
  • Stage I肝細胞癌の治療方針と成績-多施設共同研究から., 工藤 正俊, 大崎往夫, 春日井博志, 岡 博子, 関 寿人, 臨床消化器内科, 14, 1017, 1028,   1999年
  • 肝細胞癌患者の移植術前TAE療法: 著明な腫瘍壊死効果はあるが延命効果はない?, 工藤 正俊, 消化器画像, 1, 291,   1999年
  • 肝細胞癌に対するTAEはsurvival benefitはない?, 工藤 正俊, 消化器画像, 1, 286, 288,   1999年
  • 肝血流動態イメージ., 工藤 正俊, 消化器画像, 1, 289,   1999年
  • TAEは進行肝癌の予後改善に寄与しない?-欧米のrandomized trialの結果をふまえて- , 工藤 正俊, 消化器画像, 1, 139, 141,   1999年
  • 超音波ドプラ法による肝腫瘍血管の描出-3次元画像やFFT分析を含めて-, 杤尾人司, 工藤 正俊, 冨田周介, 消化器画像, 1, 22, 30,   1999年
  • 肝画像の最先端(序説), 工藤 正俊, 消化器画像, 1, 9, 11,   1999年
  • 原発性・転移性肝癌(内科), 工藤 正俊, 今日の治療方針1999年版, 多賀須幸夫, 尾形悦朗, 編, 432, 434,   1999年
  • 超音波血流画像., 工藤 正俊, 杤尾 人司, 画像診断 特集「血流と画像: 消化器を中心に」, 19, 1, 10, 21,   1999年
  • Editorial., 工藤 正俊, J Med Ultrasonics J Med Ultrasonics, 25, 1055, 1057,   1999年
  • 肝癌の診断ー超音波検査法(ドプラを含む), 工藤 正俊, 臨床成人病 特集「目でみる診断法・治療法」, 28, 1514, 1515,   1999年
  • 肝細胞癌の血流と病態ー超音波血流画像の進歩と意義ー(Editorial), 工藤 正俊, 肝臓, 39, 885, 894,   1999年
  • 肝細胞癌の超音波診断-最近の進歩, 工藤 正俊, 消化器疾患最新の治療 1999-2000, 戸田剛太郎, 杉町圭蔵, 中村孝司 編, 15, 21,   1999年
  • Association between a focal spared area in the fatty liver and intrahepatic efferent blood flow from the gallbladder wall: evaluation by color Doppler sonography., 杤尾 人司, 工藤 正俊, 岡部 純弘, 森本 義人, 冨田 周介, AJR, 172, 1249, 1253,   1999年
  • 遊走脾に対する新しい腹腔鏡下脾固定術 ー2枚の吸収性メッシュを用いた術式, 野村 秀明, 大柳 治正, 土師 誠二, 黒田大介, 安田 健司, 工藤 正俊, Surgical Laparoscopy Endoscopy & Percutaneous techniques, 10, 5, 332, 334,   2000年10月
    概要:成人の遊走脾に対する新しい内視鏡下の術式として、吸収性のメッシュをもちいた非侵襲的手術を行った症例について報告した。
  • Repeated hepatic arterial chemoembolization therapy for management of a patient with metastatic carcinoid tumors of the liver., 中岡 良介, 上硲 俊法, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, Am J Gastroenterol, 95, 1842, 1843,   2000年
    概要:胃原発カルチノイド腫瘍の肝転移に対する5年間にわたる経肝動脈的chemoembolizationが著効した1例を報告し、カルチノイド腫瘍の肝転移に対する新たな治療法としての経肝動脈的chemoembolizationを考察した。
  • 肝癌に関する最近の話題. 「1)門脈血流を有する高分化型肝癌の治療 2)大型肝癌に対する治療選択(Child Aの場合)」, 板井悠二, 工藤 正俊,   2000年
  • Repeated hepatic arterial chemoembolization therapy for management of a patient with metastatic carcinoid tumors of the liver, 中岡 良介, 工藤 正俊, 上硲 俊法, Am J Gastroenterol, 95, 7, 1842, 1843,   2000年
  • Editorial. 消化器疾患の急増と超音波検査医・技師ならびに消化器内科医のニーズ., 工藤 正俊, J Med Ultrasonics, 27, 10, 1299, 1301,   2000年
  • 肝疾患における造影ハーモニックイメージングの臨床., 工藤 正俊, 丁 紅, 前川 清, 消化器画像, 2, 6, 677, 685,   2000年
  • 肝臓癌の診断と治療: 最新情報., 工藤 正俊, 肝臓友の会誌, 87, 8, 22,   2000年
  • 腹部コントラストエコー法., 工藤 正俊, medicina medicina, 37, 11, 286, 290,   2000年
  • CO2 angiography., 工藤 正俊, 外科, 62, 13, 1648, 1655,   2000年
  • 肝癌の内科的局所治療法., 遠田 弘一, 工藤 正俊, 臨床成人病. 特集「Common diseaseのEvidence-based MedicineとExperience-based Medicine」., 30, 11, 1515, 1526,   2000年
  • 食道顆粒細胞腫. 画像を診るー鑑別診断のポイント., 由谷 逸朗, 工藤 正俊, 汐見 幹夫, 消化器の臨床, 3, 6, 604, 607,   2000年
  • 肝腫瘍の超音波血流画像下穿刺術., 工藤 正俊, 臨床外科, 55, 13, 1551, 1555,   2000年
  • 原発性肝癌の治癒切除, あるいは局所根治後の肝細胞癌の再発予防にインターフェロンβは有効である: C型肝炎関連の肝細胞癌に対するprospective randomized study., 工藤 正俊, 消化器画像, 2, 6, 745,   2000年
  • カラードプラによる肝腫瘍の流出血流動態の描出., 工藤 正俊, 「巨視的レベルよりみた肝微小循環動態と腫瘍血流の流出動態」三浦行矣, 板井悠二, 監修, 95, 101,   2000年
  • Letter to the Editor 「Reply」, 工藤 正俊, J Med Ultrasonics J Med Ultrasonics, 27, 1063, 1064,   2000年
  • 腹部コントラストエコー法., 工藤 正俊, 映像情報メディカル, 32, 1242, 1247,   2000年
  • 超音波革命ーハーモニックイメージング. 造影ハーモニックイメージングの臨床「肝疾患」, 工藤 正俊, 丁 紅, 前川 清, 消化器画像, 6, 677, 685,   2000年
  • 造影超音波の臨床応用の現状と展望: 消化器(肝)., 工藤 正俊, 丁 紅, 前川 清, INNERVISION INNERVISION, 15, 11, 62, 67,   2000年
  • 肝細胞癌早期診断のための外来診療., 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 治療. 特集「プライマリケアのための消化器疾患の診方. ー2. 肝胆膵疾患ー」, 82, 10, 2513, 2518,   2000年
  • 肝硬変の画像診断の役割と限界., 工藤 正俊, 消化器科 「肝硬変の臨床診断基準」, 31, 2, 190, 194,   2000年
  • 肝細胞癌診療における超音波造影法の進歩と役割., 工藤 正俊, 日本超音波医学会基礎技術研究会論文集, 100, 2, 15, 18,   2000年
  • 肝細胞癌の血流動態., 工藤 正俊, Minophagen Medical Review Minophagen Medical Review, 45, 254, 259,   2000年
  • これからの超音波診断の方向ーTHI, 3D, コントラストエコーを含めて., 工藤 正俊, 新医療. 特集「超音波診断最新トレンド」, 40, 44,   2000年
  • 真性多血症に対してTIPSが奏効した一例., 松井 繁長, 工藤 正俊, 上硲 俊法, 井上 良一, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 6, 1, 38, 42,   2000年
  • レボビストを用いた肝腫瘍のコントラストハーモニックパワードプライメージング., 工藤 正俊, 丁 紅, 肝胆膵, 41, 2, 215, 221,   2000年
  • 日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会(研究会紹介), 工藤 正俊, 消化器画像, 2, 3, 394,   2000年
  • Imaging in hepatobiliary and pancreatic disease: a practical clinical approach., 工藤 正俊, 消化器画像, 2, 4, 509,   2000年
  • 超音波血流画像による肝細胞癌の診断, 工藤 正俊, 外科治療(特集「肝細胞癌の診断と治療ー最近の進歩ー」), 83, 1, 1, 7,   2000年
  • 小肝細胞癌の診断, 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, 医学と薬学(特集「肝細胞癌の新しい知見」), 43, 6, 1081, 1087,   2000年
  • 急性腹症., 工藤 正俊, 医学書院, 東京, 233, 248,   2000年
  • 肝細胞癌の超音波診断., 工藤 正俊, プラクティカル内科シリーズNo.9「肝硬変・肝細胞癌」, 沖田 極 編集, 35, 47,   2000年
  • 造影エコー法:動注および静注法., 工藤 正俊, 図説消化器病シリーズ「肝腫瘍」, 沖田 極編, 82, 97,   2000年
  • 門脈圧亢進症の画像所見., 岡部 純弘, 工藤 正俊, 臨床消化器内科, 15, 5, 509, 519,   2000年
  • 肝硬変における再生結節および過形成結節の血管病理形態ー診断と分類上、示唆に富む所見., 工藤 正俊, 消化器画像, 2, 2, 255, 256,   2000年
  • 細径組織診断によらない肝腫瘍の正確な診断 -prospective study., 工藤 正俊, 消化器画像, 2, 2, 255, 256,   2000年
  • 超音波ドプラ法でみた肝内血流動態異常., 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 杤尾人司, 岡部純弘, 冨田周介, 岩崎信広, 中村仁美, 太田圭子, 曽我登志子, 西馬信一, 木本直哉, 岡田明彦, 樫田博史, 平佐昌弘, 伊吹康良, 藤本敏明, 森本義人, 織野彬雄, 消化器画像, 2, 2, 159, 172,   2000年
  • 肝癌の血流動態と血管新生., 工藤 正俊, Molecular Medicine. 特集「血管新生病としての癌ー病態と治療ー」, 37, 3, 300, 309,   2000年
  • 肝癌に関する最近の話題., 工藤 正俊, 福永 豊和, 杤尾人司, 「門脈血流を有する高分化型肝癌の治療 ー治療は必要でないとする立場よりー」, 工藤正俊, 板井悠二, 監修, 3, 8,   2000年
  • Editorial「バブル新時代ーClinical Acoustic Bubblologyが開く超音波造影法の新しい世界ー」, 工藤 正俊, J Medical Ultrasonics J Medical Ultrasonics, 26, 11, 1089, 1090,   2000年
  • 血流動態からみた肝癌の肉眼型(辺縁と内部構造)と組織の推定は可能か?: US, US angio, カラードプラ., 福永 豊和, 工藤 正俊, 高安賢一, 板井悠二, 編集, 73, 81,   2000年
  • 肝硬変の血流動態: 超音波(US-angio、カラードプラ、パワードプラ、3次元画像), 工藤 正俊, 高安賢一, 板井悠二, 編集, 13, 25,   2000年
  • 超音波診断の最前線ー何が進歩したかー「肝胆膵のカラードプラ・造影エコー」, 工藤 正俊, 臨床画像, 16, 2, 186, 193,   2000年
  • まだら食道の病理, 辻 直子, 工藤 正俊, 石黒 信吾, 胃と腸, 36, 1049, 1056,   2001年07月
    概要:多発食道癌を臨床病理学的に検討した。
  • 肝腫瘍の造影超音波検査. 検査法と診断のコツ, 工藤 正俊,   2001年
  • Hepatocellular adenoma in type Ia glycogen storage disease, 工藤 正俊, J Gastroenterol, 36, 65, 66,   2001年
  • Contrast-enhanced subtraction harmonic sonography for evaluating treatment response in patients with hepatocellular carcinoma, 丁 紅, 工藤 正俊, 遠田 弘一, 末冨 洋一郎, 南 康範, 前川 清, AJR, 176, 3, 661, 666,   2001年
  • Hepatic peribiliary cysts: clinically harmless disease with potential risk due to increase in size and number, 工藤 正俊, J Gastroenterol, 36, 286, 288,   2001年
  • Recent advances in the imaging and ablation of hepatocellular carcinoma, 工藤 正俊, Proceedings of 4th Korean Liver Cancer Study Group, 35, 44,   2001年
  • Hepatocellular carcinoma: depiction of tumor parenchymal flow with intermittent harmonic power Doppler US during the early arterial phase in dual display mode, 丁 紅, 工藤 正俊, 遠田 弘一, 末冨 洋一郎, 南 康範, 前川 清, Radiology, 220, 349, 356,   2001年
  • Intrahepatic portal vein anomaly: a duplicated portal vein, 文 艶玲, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 前川 清, J Gastroenterol Hepatol, 16, 821, 824,   2001年
  • Color Doppler observation of efferent blood flow in liver tumors, 工藤 正俊, 杤尾 人司, Proceeding of the Hepatic Hemodynamic Imaging Study Group Special Symposium, Miura K, Itai Y, eds., 97, 103,   2001年
  • Sonographic findings of wandering spleen, 文 艶玲, 工藤 正俊, 前川 清, 土師 誠二, 大柳 治正, J Gastroenterol, 36, 9, 643, 644,   2001年
  • Cerebral vascular resistence in hepatic insufficiency, 工藤 正俊, J Gastroenterol Hepatol, 16, 845, 847,   2001年
  • Imaging blood flow characteristics of hepatocellular carcinoma, 工藤 正俊, Oncology, 61, 48, 56,   2001年
  • Detection of tumor parenchymal blood flow in hepatic tumors: value of second harmonic imaging with a galactose-based contrast agent, 丁 紅, 工藤 正俊, 前川 清, 末冨 洋一郎, 南 康範, 遠田 弘一, Hepatology Research, 21, 242, 251,   2001年
  • Contrast harmonic ultrasound is a breakthrough technology in the diagnosis and treatment of hepatocellular carcinoma, 工藤 正俊, J Medical Ultrasonics, 28, 79, 81,   2001年
  • Has vascular enhancement with Levovist changed diagnosis of liver tumors?, 工藤 正俊, Proceedings of 3rd International Kyoto Symposium on Ultrasound Contrast Imaging, 54, 56,   2001年
  • Evaluation of posttreatment response of hepatocellular carcinoma with contrast-enhanced coded phase-inversion harmonic US: comparison with dynamic CT, 丁 紅, 工藤 正俊, 遠田 弘一, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 川崎 俊彦, 前川 清, Radiology, 221, 3, 721, 730,   2001年
  • Agenesis of the left lobe of the liver: radiologic features, 文 艶玲, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, J Medical Ultrasonics, 28, 181, 183,   2001年
  • 肝腫瘍の造影ハーモニックイメージング., 工藤 正俊, 1, 220,   2001年
  • 造影ハーモニックイメージングによる肝腫瘍の診断., 工藤 正俊, 臨床消化器内科, 17, 41, 52,   2001年
  • 早期肝細胞癌とは「画像からみた特徴」. (特集「早期肝細胞癌の治療と予後」)., 工藤 正俊, クリニカ, 28, 6, 338, 344,   2001年
  • 門脈血流., 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 臨床検査, 45, 1431, 1435,   2001年
  • 造影剤による腫瘍血流のイメージング. , 工藤 正俊, 臨床検査, 45, 1219, 1224,   2001年
  • 肝癌のラジオ波焼灼療法.  , 工藤 正俊, 週刊医学会新聞, 2461, 9,   2001年
  • 門脈血流量の定量法., 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 消化器画像, 3, 6, 735, 741,   2001年
  • 超音波による門脈圧亢進症の診断., 杤尾人司, 工藤 正俊, 岡部純弘, 消化器画像, 3, 6, 712, 721,   2001年
  • 門脈圧亢進症の病態と治療: 最近のトピックス., 工藤 正俊, 消化器画像, 3, 6, 697, 699,   2001年
  • 造影ハーモニックイメージングで流出血流を肝静脈と同定し得た肝血管筋脂肪腫の1例., 工藤 正俊, 消化器画像, 3, 6, 692, 698,   2001年
  • 超音波血流画像, 工藤 正俊, 「肝細胞癌の血行動態はどこまでわかったか」神代正道, 岡崎正敏, 板井悠二, 監修, 21, 37,   2001年
  • 経静脈性超音波造影剤 Levovist. 「肝癌の診断と治療」 , 工藤 正俊, 日本臨床, 59, 306, 313,   2001年
  • 肝細胞癌治療の課題: 画像診断立場から., 工藤 正俊, The Medical & Test Journal , 791, 7,   2001年
  • 肝細胞癌の血流と病態治療., 工藤 正俊, 肝臓病学の進歩, 27, 43, 55,   2001年
  • 肝細胞癌の診断と治療-最近の進歩., 工藤 正俊, HEPATICA HEPATICA, 20, 4, 31, 32,   2001年
  • 造影エコー法を用いた肝腫瘤の血流動態., 工藤 正俊, 内科, 88, 4, 654, 652,   2001年
  • 肝腫瘍の造影超音波検査-検査法と診断のコツ-., 工藤 正俊,   2001年
  • 検査の目的と検査結果の読み方ー「肝胆膵疾患」画像診断(超音波検査)., 山本 健二, 工藤 正俊, 看護のための最新医学講座, 71, 76,   2001年
  • 検査の目的と検査結果の読み方ー「肝胆膵疾患」画像診断(単純X線)., 山本 健二, 工藤 正俊, 看護のための最新医学講座, 69, 71,   2001年
  • 超音波からみた肝区域の有用性と問題点., 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 消化器画像(特集「画像で知る肝区域」), 3, 466, 470,   2001年
  • 肝癌の早期発見と早期治療., 大崎 往夫, 工藤 正俊, 春日井博志, 岡 博子, 関 寿人, メディカルトリビューン, 3, 1, 4,   2001年
  • 造影剤による超音波検査法., 工藤 正俊, 放射線利用技術データベース「要素データ(医学)」(財)放射線利用振興協会, 科学技術庁, 編,   2001年
  • 超音波ドプラ法による肝疾患の病態評価., 杤尾人司, 工藤 正俊, 岡部純弘, 映像情報 Medical (特集「超音波医学の進歩」), 33, 5, 466, 471,   2001年
  • 造影ハーモニックイメージの治療への応用., 工藤 正俊, 映像情報 Medical (特集「超音波医学の進歩」), 33, 5, 460, 465,   2001年
  • 造影超音波技術のA to Z., 工藤 正俊, INNERVISION INNERVISION, 16, 5, 54, 57,   2001年
  • RTCシステムによる肝細胞癌に対する熱凝固療法. 肝癌に対するラジオ波熱凝固療法(RFA)., 工藤 正俊, 遠田 弘一, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨 洋一郎, 川崎 俊彦, 前川 清, 特別シンポジウム記録集, 大阪肝穿刺生検治療研究会編, 13, 17,   2001年
  • 肝細胞癌再発のリスクファクターは感染ウイルスによって異なる-236例の単発肝癌における検討., 工藤 正俊, 消化器画像, 3, 2, 276, 277,   2001年
  • 切除後肝細胞癌の肉眼分類-再発ならびに生存率の予測因子としての意義., 工藤 正俊, 消化器画像, 3, 2, 275, 276,   2001年
  • 非癌性肝腫瘤の診断と治療-超音波., 工藤 正俊, 肝胆膵, 42, 3, 333, 347,   2001年
  • 超音波を巡る現状と展望: 特に超音波造影法の進歩について., 工藤 正俊, INNERVISION INNERVISION, 16, 4, 68, 71,   2001年
  • Prosound SSD-5500を用いた造影ハーモニック法., 工藤 正俊, 日獨医報, 45, 4, 575, 582,   2001年
  • コントラストエコーを用いた癌診断, 工藤 正俊, 消化器病セミナー82(特集「肝細胞癌治療法の新たな展開」), 小俣政男 編集, 39, 52,   2001年
  • 肝細胞癌の超音波血流画像と病態., 工藤 正俊, 室医会報, 9, 69, 74,   2001年
  • ヒト小肝細胞癌における脂肪化の機序についての病理形態学研究., 工藤 正俊, 消化器画像, 3, 1, 140, 141,   2001年
  • パルスインバージョンハーモニック超音波による肝腫瘍の超音波造影パターン., 工藤 正俊, 消化器画像, 3, 1, 139, 140,   2001年
  • 肝癌の診断. 再発早期発見に有用なのは画像か、腫瘍マーカーか?, 工藤 正俊, Frontiers in Gastroenterology Frontiers in Gastroenterology, 6, 1, 14, 20,   2001年
  • 肝細胞癌の早期発見., 工藤 正俊, 毎日ライフ 特集「肝臓病」, 32, 2, 69, 74,   2001年
  • Intrahepatic spontaneous retrograde portal flow in liver cirrhosis can be reversed by meal intake., 杤尾人司, 工藤 正俊, 西馬信一, 岡部純弘, AJR, 177, 1109, 1112,   2001年
  • Intrahepatic portosystemic venous shunt in liver cirrhosis: is it congenital or acquired?, 工藤 正俊, AJR Am J Roentgenol, 160, 421, 422,   2001年
  • IBDにおけるNKT細胞の役割-特にステロイドとの関連, 八木田 旭邦, 丸山 正二, 若杉慎司, 助川 寧, 工藤 正俊, 高添正和, 厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班平成13年度研究報告書, 37, 39,   2002年03月
    概要:第4のリンパ球と考えられるNKT細胞が自己免疫の発病や病態に重要な役割を担っていると示唆されている。そこでUCとCD症例においてTh1サイトカインとNKT細胞について検討した.NKT細胞は2種類の表面マーカーを持っている。その一つはT cell markerのV α 24V β11とNK cell markerのCD3CD161で,前者はIL-4やIL-13を産生し免疫抑制の機能を担っており,後者は免疫活性を支配している。IBD症例のTh1サイトカインはCDおよびUCのいずれもが冗進していたがCDで顕著であった。NKT細胞で検討すると健常人に比較してT cell R NKT細胞とNKR NKT細胞のいずれも増加しておりその活性化細胞も増加していた。しかしNKR NKT/TCR NKT比で検討するとTCR NKT細胞が増加しているのに反し,TCR NKTパーフオリン細胞の低下が示唆された。 またステロイドはTh1サイトカインを有効に抑制していたが,NKT細胞に対する抑制作用は認められなかった。
  • Endoscopic band ligation for control of nonvariceal upper GI hemorrhage: comparison with bipolar electrocoagulation, 松井 繁長, 工藤 正俊, 上硲 俊法, 井上 良一, Gastrointest Endoscopy, 55, 214, 218,   2002年
  • Hepatocellular carcinoma treated with radiofrequency ablation: Evaluation of therapeutic response by contrast-enhanced Coded Harmonic Angio, 文 艶玲, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 南 康範, 前川 清, Chinese Journal of Ultrasound in Medicine, 18, 6, 452, 455,   2002年
  • Radiofrequency ablation for HCC under contrast-harmonic imaging, 工藤 正俊, J Society Ultrasound Med ROC, 18, 48, 50,   2002年
  • Contrast harmonic imaging in the characterization of hepatic tumors, 工藤 正俊, J Society Ultrasound Med ROC, 18, 52, 53,   2002年
  • Evaluation of image quality of personal ultrasound imager: comparison with the conventional machine, 文 艶玲, 工藤 正俊, 前川 清, 川崎 俊彦, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 松井 繁長, 江口 真由美, 桑口 愛, 川端 久美子, J Med Ultrasonics, 29, 41, 46,   2002年
  • 肝画像診断の進歩., 工藤 正俊, 肝臓フォーラム'02記録集, 111, 148,   2002年
  • Editorial 「Impact Factorと株価」, 工藤 正俊, J Med Ultrasonics J Med Ultrasonics, 29, J535, J536,   2002年
  • 造影ハーモニックイメージングの肝細胞癌治療への応用., 工藤 正俊, ISIR&JSAIR 2002シンポジウムプロシーディング, 14, 18,   2002年
  • 上部腹部血管性病変と超音波-診断と治療への応用-., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 前川 清, 消化器画像, 4, 6, 705, 711,   2002年
  • 腹部の超音波診断., 工藤 正俊, 今日の診断指針・第5版, 亀山正邦, 高久史磨, 編集, 411, 418,   2002年
  • B型肝炎急性増悪に対するラミブジンの効果., 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 大崎 往夫, 犬山シンポジウム記録集, 57, 64,   2002年
  • 造影エコー法の肝癌治療への応用., 工藤 正俊, 「肝疾患診療のコツと落とし穴」, 井廻道夫編, 116, 117,   2002年
  • 造影ハーモニックイメージングのコツとpitfall., 工藤 正俊, 「肝疾患診療のコツと落とし穴」, 井廻道夫編, 2, 3,   2002年
  • 膵疾患における造影エコー法ーCTとの対比を含めてー., 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 胆と膵, 23, 7, 511, 518,   2002年
  • 人工胸水下造影超音波併用RFAの初期臨床経験., 南 康範, 工藤 正俊, 小川 力, 鄭 浩柄, 川崎 俊彦, 新薬と臨床, 51, 8, 109, 110,   2002年
  • 造影US., 工藤 正俊, 新薬と臨床, 51, 9, 79,   2002年
  • 造影エコー診断の肝癌局所治療への応用ー治療効果判定と穿刺ガイド., 工藤 正俊, J Microwave Surg  J Microwave Surg , 20, 17, 25,   2002年
  • 造影エコー法の治療への応用. 消化器「肝細胞がんに対する造影超音波ガイド下穿刺治療」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 南 康範, 川崎 俊彦, INNERVISION INNERVISION, 17, 9, 81, 83,   2002年
  • 造影エコー法の治療への応用. 消化器医学「肝細胞がんのRFA後の治療効果判定」, 工藤 正俊, INNERVISION INNERVISION, 17, 8, 96, 100,   2002年
  • 切除不能肝細胞癌に対する動脈塞栓あるいは動脈化学塞栓療法と対症療法の無作為化比較試験., 工藤 正俊, 消化器画像, 4, 5, 511, 512,   2002年
  • 進行した肝硬変患者における肝動脈のbuffer response., 工藤 正俊, 消化器画像, 4, 5, 510, 511,   2002年
  • 造影ハーモニックイメージングの肝細胞癌局所治療への応用., 工藤 正俊, 消化器画像, 4, 4, 437, 442,   2002年
  • 肝細胞癌の病態と治療-画像の役割-, 工藤 正俊, 消化器画像, 4, 4, 407, 408,   2002年
  • 肝細胞癌の課題: 画像診断の立場から., 工藤 正俊, 第22回犬山シンポジウム(第II部)記録集, 53, 73,   2002年
  • 超音波造影ハーモニック法., 工藤 正俊, 肝胆膵, 44, 6, 854, 858,   2002年
  • 造影ハーモニックイメージングの肝細胞癌治療への応用., 工藤 正俊, 映像情報, 34, 6, 602, 608,   2002年
  • 肝・胆・膵疾患の超音波診断., 工藤 正俊, 図説消化器病シリーズ3「肝・胆・膵の画像診断」, 18, 35,   2002年
  • 肝癌の局所療法., 工藤 正俊, 医学のあゆみ, 200, 10, 809, 811,   2002年
  • 胃十二指腸動脈瘤の上腸管膜静脈穿破による急性門脈圧亢進症., 工藤 正俊, 消化器画像, 4, 286, 271,   2002年
  • 急性腹症の超音波検査., 工藤 正俊, 消化器画像, 4, 5,   2002年
  • CHA (Coded Harmonic Angio)による造影ハーモニックイメージング法., 工藤 正俊, GE Today GE Today, 9, 2, 35, 38,   2002年
  • コントラストエコー法., 工藤 正俊, INNERVISION INNERVISION, 17, 51, 56,   2002年
  • 消化器(肝臓)Power Vision 8000 -Flash Echo Imaging. , 川崎 俊彦, 工藤 正俊, INNERVISION INNERVISION, 17, 72, 75,   2002年
  • なぜ現在の科目を選んだのか-消化器内科-, 工藤 正俊, 日本医事新報 「Junior」, 409, 41,   2002年
  • The efferent blood flow of early hepatocellular carcinoma and borderline lesions: demonstration by color Doppler imaging., 杤尾人司, 工藤 正俊, 福永 豊和, 冨田周介, 岩崎信広, 田村周二, 中村仁美, 曽我登志子, 岡部純弘, 樫田博史, 平佐昌弘, 伊吹康良, 森本義人, 織野彬雄, J Med Ultrasonics, 29, 205, 209,   2002年
  • 画像診断. (2)大腸癌肝転移の存在診断, 治療法選択, 進行度診断における造影USの有用性について., 井上 達夫, 小川 力, 工藤 正俊, 前川 清, 早期大腸癌, 7, 3, 218, 222,   2003年03月
  • 消化器疾患の造影エコーUp Date, 松井 修, 工藤 正俊,   2003年
  • 肝細胞癌の血流動態:超音波血流画像による解析と治療への応用., 工藤 正俊, シンポジウム「血流動態から病態を探り、診断・治療する」有井滋樹編, 63, 78,   2003年
  • 胃粘膜下腫瘍の造影EUS診断., 福田 信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 消化器内視鏡, 15, 1123, 1129,   2003年
  • コントラストエコーによる肝血流の評価., 南 康範, 工藤 正俊, 機能・代謝・画像診断と分子画像 西村恒彦, 編, 207, 213,   2003年
  • 最近の肝の画像診断., 福永 豊和, 工藤 正俊, 「超音波検査」画像診断2003, 1004, 1015,   2003年
  • 肝胆膵領域における造影超音波診断の現況., 工藤 正俊, 肝胆膵, 47, 2, 141, 150,   2003年
  • 肝細胞癌の内科的治療の治療効果判定., 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 医学と薬学, 50, 63, 69,   2003年
  • 稀な肝悪性腫瘤., 工藤 正俊, 消化器画像, 5, 460, 462,   2003年
  • CTA, CTAP., 工藤 正俊, 内科, 91, 6, 1094, 1095,   2003年
  • 腹部造影エコー法., 工藤 正俊, 内科, 91, 6, 1092, 1093,   2003年
  • 肝臓診療における画像診断の役割と使い分け. 「肝癌診療の最新情報」, 工藤 正俊, 成人病と生活習慣病, 33, 5, 555, 562,   2003年
  • 肝血管腫. 肝臓・胆嚢・膵臓の病気., 工藤 正俊, 別冊NHK今日の健康. 小俣政男, 編集, 116,   2003年
  • 肝臓がん(肝がん). 肝臓・胆嚢・膵臓の病気., 工藤 正俊, 別冊NHK今日の健康. 小俣政男, 編集, 78, 89,   2003年
  • 肝細胞癌に対するTAEは生命予後を改善するか?, 工藤 正俊, Hepatoday, 33, 10, 11,   2003年
  • 人工胸水下造影エコー併用RFAの有用性., 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 消化器疾患の造影エコー法up date. 松井 修, 工藤正俊, 編集, 136, 140,   2003年
  • GIMTの造影エコー検査:体表式造影ハーモニックイメージングおよび超音波内視鏡下造影エコーの意義., 福田 信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 消化器疾患の造影エコー法up date. 松井 修, 工藤正俊, 編集, 40, 46,   2003年
  • 造影エコー法の現状と今後の展望., 工藤 正俊, 消化器疾患の造影エコー法up date. 松井 修, 工藤正俊, 編集, 6, 13,   2003年
  • 超音波造影の装置ならびに映像条件(腹部), 工藤 正俊, 超音波造影ガイドブック-すぐに役立つ基礎から臨床まで-, 森安史典, 別府慎太郎, 久 直史, 編, 50, 56,   2003年
  • 肝膿瘍・肝嚢胞., 工藤 正俊, 内科学, 杉本恒明, 小俣政男, 水野美邦, 編, 1154, 1158,   2003年
  • パワードプラEUSによる膵腫瘍性病変の診断., 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 末冨 洋一郎, 中岡 良介, 汐見 幹夫, 消化器の臨床, 6, 100, 105,   2003年
  • 肝の画像診断.  , 工藤 正俊, Annual Review 消化器, 150, 153,   2003年
  • 編集後記., 工藤 正俊, 消化器画像, 5, 154,   2003年
  • 胆管性過誤腫. 特集「肝嚢胞性病変ー画像と病理」, 井上 達夫, 工藤 正俊, 消化器画像, 5, 83, 88,   2003年
  • 食道静脈瘤に対するアルゴンプラズマ凝固法による地固め療法の有用性., 松井 繁長, 工藤 正俊, 中岡 良介, 汐見 幹夫, 日本門脈圧亢進症学会誌, 8, 180, 184,   2003年
  • Contrast advanced dynamic flow imaging and contrast pulse subtraction imaging: preliminary results in hepatic tumors, 文 艶玲, 工藤 正俊, 前川 清, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 川崎 俊彦, J Medical Ultrasonics, 29, 195, 204,   2003年
  • Transient portal vein thrombosis caused by radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma, 鄭 栄琴, 工藤 正俊, 乾 絹世, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 川崎 俊彦, J Gastroenterol, 28, 101, 103,   2003年
  • Transcatheter arterial chemoembolization of hepatocellular carcinoma: usefulness of coded phase-inversion harmonic sonography, 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 北野 雅之, 鄭 浩柄, 前川 清, 塩﨑 均, AJR, 180, 703, 708,   2003年
  • Assessment of image quality of contrast-enhanced power Doppler imaging in hepatocellular carcinoma with a personal ultrasound imager: comparison with conventional machine, 文 艶玲, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, J Medical Ultrasonics, 30, 31, 38,   2003年
  • Prognostic staging system for hepatocellular carcinoma (CLIP score): value, limitation and a proposal of new prognostic system, Japan Integrated Staging Score (JIS Score), 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 大崎 往夫, J Gastroenterol, 38, 207, 215,   2003年
  • Hepatic nodular lesions caused by abnormal hepatic circulation: etiological and clinical aspects, 工藤 正俊, J Gastroenterol, 38, 308, 309,   2003年
  • Spontaneous regurgitation of portal blood flow normalized by meal intake in a patient with alcoholic liver cirrhosis, 文 艶玲, 工藤 正俊, 鄭 栄琴, 川崎 俊彦, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 前川 清, Hepatol Res, 25, 143, 148,   2003年
  • Hepagocellular carcinoma mimicking cavernous hemangioma on angiography and contrast enhanced harmonic ultrasonography. A case report., 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 乾 絹世, 小川 力, 鄭 浩柄, 南 康範, Hepatol Res, 25, 202, 212,   2003年
    概要: 2003; : -
  • Radiofrequency ablation therapy under harmonic imaging guidance for the recurring cancer after local therapy for HCC: a randomized controlled study with RFA under B-mode guidance, 工藤 正俊, 南 康範, Ultrasound Med Biol, 29, 145,   2003年
  • Contrast harmonic imaging in the diagnosis and treatment of hepatic tumors, 工藤 正俊, Springer Verlag, 1, 253,   2003年
  • Contrast-enhnaced Agent Detection Imaging: early experience in hepatocellular carcinoma, 文 艶玲, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, J Med Ultrasonics, 30, 77, 84,   2003年
  • Value of new contrast harmonic technique for detecting tumor vascularity in hepatocellular carcinoma: preliminary results, 文 艶玲, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, J Medical Ultrasonics, 30, 85, 92,   2003年
  • Hepatobiliary and pancreatic: arterioportal fistula causing portal hypertension., 鄭 栄琴, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, J Gastroenterol Hepatol, 18, 873,   2003年
  • Hepatocellular carcinoma associated with secondary hemochromatosis in non-cirrhotic liver, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 丁 紅, 前川 清, 遠田 弘一, 末冨洋一郎, 南 康範, 川崎 俊彦, Hepatol Res, 26, 254, 258,   2003年
  • Detection of tumor vascularity in hepatocellular carcinoma with contrast enhanced Dynamic Flow imaging: comparison with contrast enhanced power Doppler imaging., 文 艶玲, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, J Medical Ultrasonics, 30, 141, 151,   2003年
  • Percutaneous ultrasound-guided radiofrequency ablation with artificial pleural effusion for hepatocellular carcinoma in the hepatic dome, 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 鄭 浩柄, 小川 力, 井上達夫, 坂口 康浩, 坂本洋城, 塩﨑 均, J Gastroenterol, 38, 1066, 1070,   2003年
  • Hepatobiliary and pancreatic: fatty liver, spared areas and aberrant gastric venous drainage., 鄭 栄琴, 工藤 正俊, J Gastroenterol Hepatol, 18, 1423,   2003年
  • アルコール肝硬変にみられた多血性結節病変., 金 守良, 工藤 正俊, 前川陽子, 井本 勉, アルコールと医学生物学, 23, 47, 52,   2003年
  • Mucin phenotypic expression and background mucosa of esophagogastric junctional adenocarcinoma, 辻 直子, 工藤 正俊, 石黒 信吾, Gastric Cancer, 7, 97, 103,   2004年06月
    概要:日本人のSiewert type II 食道胃接合胃癌について検討した。(英文)
  • 関西地区におけるPEGの現況., 汐見 幹夫, 工藤 正俊, PEG(胃瘻)栄養ー適切な栄養管理を行うために, 132, 137,   2004年07月
  • 肝疾患Review 2004, 河田純男, 工藤 正俊, 白鳥康史, 榎本信幸, 肝疾患Review 2004 監修 小俣政男,   2004年
  • 肝細胞癌治療の最近の進歩, 工藤 正俊, 消化器病セミナー97,   2004年
  • 腹痛患者の問診と理学的所見のチェックポイント, 松井 繁長, 工藤 正俊, 腹痛診断のコツと落とし穴, 8, 9,   2004年
  • 肝細胞癌脈管浸潤の診断. 特集「肝切除における血管合併切除とその成績」, 萩原 智, 工藤 正俊, 外科, 66, 6, 621, 626,   2004年
  • 造影EUSによる膵疾患の診断., 北野 雅之, 工藤 正俊, 胆と膵, 25, 617, 621,   2004年
  • 肝悪性腫瘍の効率的画像診断. 特集「包括医療と肝胆膵画像ー検査の流れはどう変わる?」, 井上 達夫, 工藤 正俊, 消化器画像, 6, 753, 758,   2004年
  • 画像診断の新しい展開 1)超音波., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 井上 達夫, 坂口 康浩, 萩原 智, 福永 豊和, 肝胆膵, 49, 885, 893,   2004年
  • インターフェロン., 坂口 康浩, 工藤 正俊, 消化器病セミナー97, 編集 工藤正俊, 161, 168,   2004年
  • 造影US下局所治療. 肝細胞癌治療の最近の進歩., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 消化器病セミナー97, 編集 工藤正俊, 67, 76,   2004年
  • 肝細胞癌の治療選択・予後予測のためのステージング法の進歩. 肝細胞癌治療の最近の進歩., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 消化器病セミナー97, 編集 工藤正俊, 1, 12,   2004年
  • 肝細胞癌治療の最近の進歩/序., 工藤 正俊, 消化器病セミナー97, 編集 工藤正俊,   2004年
  • 肝細胞癌の治療の進歩ー治療成績の比較., 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 大崎 往夫, 春日井 博志, 岡 博子, 関 寿人, 癌と化学療法, 31, 2100, 2104,   2004年
  • 肝画像診断の進歩., 工藤 正俊, 肝臓フォーラム記録集, 37, 108,   2004年
  • Image-guided treatment and its evaluation. シンポジウム「肝画像診断の進歩」., 南 康範, 工藤 正俊, 肝臓フォーラム記録集, 82, 101,   2004年
  • 肝腫瘍の診断ストラテジー肝特異性MRI造影剤をどう活用する?, 工藤 正俊, 泉 並木, 村上卓道, Rad Fan, 2, 7, 2, 8,   2004年
  • 「肝の微小循環動態」2.超音波ドプラ法による肝腫瘍の微小循環動態, 杤尾人司, 工藤 正俊, 臨床放射線, 49, 1587, 1600,   2004年
  • 統合staging systemを用いた肝細胞癌局所療法の長期予後., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 消化器科, 38, 471, 475,   2004年
  • EUS下穿刺局注による腹腔神経叢ブロックの効果と問題点. 特集: Interventional EUS., 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 消化器内視鏡, 16, 1313, 1318,   2004年
  • 包括医療と肝胆膵画像ー検査の流れはどう変わる., 工藤 正俊, 消化器画像, 6, 723, 725,   2004年
  • 肝細胞癌の予後予測および治療法標準化のためのstagingシステムの重要性., 工藤 正俊, Hepatoday, 6, 10, 11,   2004年
  • 第5章「超音波, CT, MRI」, 工藤 正俊, Diseases of the Liver and Biliary System (日本語訳), Sherlocks and Dooley J著, 小俣政男監訳, 57, 68,   2004年
  • 腹部超音波検査., 工藤 正俊, 消化器now, 26, 8,   2004年
  • 超音波(造影、新技術). 特集「肝イメージング:Today and Tomorrow」, 福永 豊和, 工藤 正俊, 臨床画像, 20, 26, 37,   2004年
  • 肝癌の超音波診断. 特集「肝炎から肝がんまで」, 井上 達夫, 工藤 正俊, 萩原 智, 福永 豊和, 臨床と研究, 81, 59, 65,   2004年
  • C型肝炎針刺傷直後のIFN投与の有効性ー肝炎ウイルスー最新の研究動向ー, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 日本臨床, 62, 315, 318,   2004年
  • 内科局所治療の適応は. 特集「肝癌診療の最新の動向」, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, Pharma Medica, 22, 35, 39,   2004年
  • 序/肝癌治療前後の画像診断の盲点. 特集「肝癌治療前後の画像」., 工藤 正俊, 消化器画像, 62, 463, 465,   2004年
  • 肝がん治療で医師に求められるのは「高い専門性」と「柔軟な対応力」., 工藤 正俊, 月刊がん もっといい日, 8, 36,   2004年
  • 超音波内視鏡下造影エコー法.「腹部超音波診断の現在と将来」, 北野 雅之, 工藤 正俊, 内視鏡UP to Date. 映像情報メディカル, 708, 715,   2004年
  • 上部消化管出血に対する内視鏡的止血法の動向.「腹部超音波診断の現在と将来」, 松井 繁長, 工藤 正俊, 内視鏡UP to Date. 映像情報メディカル, 534, 538,   2004年
  • (3)肝癌の診断・治療の進歩. (2)造影ハーモニック法による肝癌の診断と治療., 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 肝疾患Review 2004. 監修 小俣政男, 編集 河田純男, 白鳥康史, 工藤正俊, 榎本信幸, 152, 157,   2004年
  • (4)肝癌の診断の進歩ー治療法の現状・進歩からStaging systemまでー., 工藤 正俊, 肝疾患Review 2004. 監修 小俣政男, 編集 河田純男, 白鳥康史, 工藤正俊, 榎本信幸, 47, 54,   2004年
  • (3) 肝癌の診断の進歩ー肝癌の画像診断・腫瘍マーカー・造影剤の進歩ー., 工藤 正俊, 肝疾患Review 2004. 監修 小俣政男, 編集 河田純男, 白鳥康史, 工藤正俊, 榎本信幸, 39, 46,   2004年
  • APCによる食道静脈瘤地固め治療例. 特集「消化器内視鏡治療の進歩」, 松井 繁長, 工藤 正俊, 治療学, 38, 96, 98,   2004年
  • 超音波内視鏡ガイド下治療「腹腔神経ブロック」特集「消化器内視鏡の治療の進歩」, 北野 雅之, 工藤 正俊, 治療学, 38, 71, 75,   2004年
  • ハーモニックイメージングの最新動向., 工藤 正俊, 「超音波医学最前線」別冊・医学のあゆみ, 伊東紘一編, 38, 44,   2004年
  • 腹部超音波検査「肝癌ー今わかっていること、わかっていないことー」, 福永 豊和, 工藤 正俊, カレントテラピー 2004, 22, 35, 41,   2004年
  • 吐血・下血「はじめての当直-病棟編- 」, 松井 繁長, 工藤 正俊, 臨床研修グラフティス, 1, 72, 75,   2004年
  • 膵「炎症と癌の鑑別におけるパワードプラの有用性」., 北野 雅之, 工藤 正俊, 消化器内視鏡臨床手技シリーズ5. 超音波内視鏡up date. 村田洋子, 峯 徹哉, 編集, 206, 209,   2004年
  • 検査手技「腹部超音波検査」., 井上 達夫, 工藤 正俊, 消化器病診療-良きインフォームドコンセントに向けて-. 財団法人日本消化器病学会 監修, 31, 34,   2004年
  • 統合staging systemを用いた肝細胞癌の予後予測および治療法選択. 特集「肝細胞癌治療の最前線」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 臨床外科, 59, 3, 273, 278,   2004年
  • 肝の画像診断, 福永 豊和, 工藤 正俊, Annual Review 消化器, 127, 131,   2004年
  • 超音波血流画像(US angio, カラードプラ, パワードプラ, 3次元画像)による肝硬変の微小血行動態の観察., 工藤 正俊, 診療と新薬, 40, 11, 23, 29,   2004年
  • 肝細胞癌「局所療法-Ablation(1)」, 工藤 正俊, コンセンサス肝疾患治療2004, 163, 174,   2004年
  • Local ablation therapy for hepatocellular carcinoma: current status and future perspective., 工藤 正俊, J Gastroenterol, 39, 205, 214,   2004年
  • Characterization of hepatic tumors: value of contrast-enhanced coded phase inversion harmonic US., 文 艶玲, 工藤 正俊, 鄭 栄琴, 丁 紅, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, AJR, 182, 4, 1019, 1026,   2004年
  • Comparison of argon plasma coagulation and paravariceal injection sclerotherapy of 1 % polidocanol in the mucosa-fibrosing therapy for esophageal varices., 松井 繁長, 工藤 正俊, 中岡 良介, 汐見 幹夫, 川崎 俊彦, J Gastroenterol, 39, 397, 401,   2004年
  • Percutaneous radiofrequency ablation guided by contrast-enhanced harmonic sonography with artifical pleural effusion for hepatocellular carcinoma in the hepatic dome., 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 鄭 浩柄, 小川 力, 塩﨑 均, AJR, 182, 5, 1224, 1226,   2004年
  • Multiple tuberculous abscesses of the liver and the brain in a patient with acute leukemia., 鄭 栄琴, 工藤 正俊, 石川 恵美, 周 佩, J Gastroenterol, 39, 497, 499,   2004年
  • Dynamic imaging of pancreatic diseases by contrast-enhanced coded phase- inversion harmonic US., 北野 雅之, 工藤 正俊, 前川 清, 末冨洋一郎, 坂本洋城, 福田 信宏, 中岡 良介, 川崎 俊彦, Gut, 53, 6, 854, 859,   2004年
  • Treatment of hepatocellular carcinoma with percutaneous radiofrequency ablation: usefulness of contrast harmonic sonography for lesions poorly defined with B-mode sonography., 南 康範, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 鄭 浩柄, 小川 力, 塩﨑 均, AJR, 183, 153, 156,   2004年
  • Hepatocellular carcinoma ruptured during radiofrequency ablation therapy., 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 南 康範, J Gastroenterol, 39, 10, 1015, 1016,   2004年
  • Atypical focal spared area in fatty liver: evaluation by color Doppler ultrasonography., 周 佩, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 南 康範, 小川 力, 坂口 康浩, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, J Med Ultrasonics, 31, 131, 134,   2004年
  • Afferent and efferent vessel of premalignant and overt hepatocellular carcinoma: Observation by color Doppler imaging., 杤尾 人司, 工藤 正俊, Intervirology, 47, 144, 153,   2004年
  • Hepatocellular carcinoma with nodule in nodule appearance: demonstration by contrast-enhanced coded phase-inversion harmonic imaging., 鄭 栄琴, 工藤 正俊, Intervirology, 47, 184, 190,   2004年
  • Differentiation of hepatic tumors by color Doppler imaging: role of the maximum velocity and the pulsatility index of the intratumoral blood flow signal., 杤尾 人司, 工藤 正俊, Intervirology, 47, 154, 161,   2004年
  • Atypical large well-differentiated hepatocellular carcinoma with benign nature: a new clinical entity., 工藤 正俊, Intervirology, 47, 227, 237,   2004年
  • Detection of the intratumoral vascularity in small hepatocellular carcinoma by coded phase inversion harmonics., 文 艶玲, 工藤 正俊, Intervirology, 47, 169, 178,   2004年
  • Validation of a New Prognostic Staging System for Hepatocellular Carcinoma, the JIS Score as Compared with CLIP Score., 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 土師 誠二, 大崎 往夫, 岡 博子, 関 寿人, 春日井博志, 佐々木 洋, 松永 隆, Hepatology, 40, 1396, 1405,   2004年
  • Estimation of the malignant potential of gastrointestinal stromal tumors: The value of contrast-enhanced coded phase-inversion harmonic US., 福田 信宏, 工藤 正俊, 北野 雅之, 前川 清, 筑後 孝章, J Gastroenterol, 40, 247, 255,   2004年
  • Diagnosis of acute cholecystitis in patients with liver cirrhosis: waveform analysis of cystic artery by color Doppler imaging., 杤尾人司, 工藤 正俊, 西馬信一, 岡部純弘, 織野彬雄, J Medical Ultrasonics, 31, 21, 28,   2004年
  • 膵仮性?胞を疑った1例., 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, 土師 誠二, 塩﨑 均, 土手 健作, 筑後 孝章, 須田 耕一, 消化器画像, 6, 153, 157,   2004年
  • 食道癌、食道胃切郷部腺癌手術例からみたShort Segment Barrett's Esophagusの意義, 辻 直子, 工藤 正俊, 石黒 信吾, 上堂 文也, Gastroenterological Endoscopy Gastroenterological Endoscopy, 47, 6, 1211, 1219,   2005年06月
  • 無症候胃アニサキス症の診断における血清検査, 汐見 幹夫, 上硲 俊法, 工藤 正俊, Gastrointestinal Endoscopy, 61, 7, 931,   2005年07月
  • 胃がんの検査ーここがポイント 1)とにかく、見落とさないためには., 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 臨床腫瘍プラクティス, 1, 1, 15, 18,   2005年08月
  • 肝臓癌画像診断の進歩., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 臨床検査, 49, 1193, 1199,   2005年11月
  • 肝細胞癌のステージ分類をめぐる最近の話題., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 新薬と臨床, 54, 139,   2005年11月
  • 肝がんの早期発見・内科的治療と再発予防の最前線., 工藤 正俊, 東京肝臓のひろば, 149, 13, 18,   2005年12月
  • 早期肝細胞癌の画像的診断基準に迫る, 工藤 正俊,   2005年
  • 肝細胞癌(典型的な1例)., 工藤 正俊, 前川 清, 70, 14, 15,   2005年
  • 肝細胞癌の臨床と研究における日本の果たすべき国際的役割., 工藤 正俊, 第91回に本消化器病学会総会記念随筆集「消化器病学の共創未来―新しい可能性の扉を拓く」, 98, 101,   2005年
  • 血流動態からみた肝の病態:その新たな展開. 特集「肝の循環動態: 基礎から臨床への展開」, 工藤 正俊, 肝胆膵, 51, 389, 402,   2005年
  • 自然経過を中心に. 特別シンポジウム:早期肝細胞癌の画像的診断基準を考えるーどこが治療のcritical pointか?, 福永 豊和, 工藤 正俊, 早期肝細胞癌の画像的診断基準に迫る, 53, 57,   2005年
  • 診断 4)エコー, 井上 達夫, 工藤 正俊, 「肝転移のすべて」, 172, 176,   2005年
  • シンポジウム(3)肝細胞癌のラジオ波治療のQualityコントロールと長期予後及び今後の課題「当院における肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術治療成績」, 井上 達夫, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 消化器病学の進歩2005-モノグラフ(肝・胆・膵編) , 80, 87,   2005年
  • パネルディスカッション「次世代超音波造影剤を用いた造影超音波による消化器系臓器の微小循環動態の観察」, 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 消化器病学の進歩2005-モノグラフ(消化器病学のニューフロンティア編), 201, 203,   2005年
  • TS1膵癌の診断と造影ハーモニック超音波検査., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 胆と膵, 26, 521, 527,   2005年
  • 日米欧の肝癌の診断と治療の相違点が浮き彫りに-EASL Monothematic conference 2005-, 工藤 正俊, Hepatoday Hepatoday, 10, 12,   2005年
  • 主催者から会議開催に寄せて, 工藤 正俊, アジェンダ秋号, 22,   2005年
  • 超音波検査の最前線, 南 康範, 工藤 正俊, 福永 豊和, 「消化器病セミナー・100/肝胆膵疾患の画像診断ー最近の進歩」, 1, 12,   2005年
  • 超音波の新たな展開-純動脈相イメージングを中心に-特集「肝の循環動態:基礎から臨床への展開」血流動態からみた肝の病態:その新たな展開: 肝細胞癌., 工藤 正俊, 肝胆膵, 51, 3, 389, 402,   2005年
  • 肝区域、胆道系の区分、腹部血管像, 井上 達夫, 工藤 正俊, 消化器疾患診療実践ガイド, 867, 871,   2005年
  • 腹部超音波検査と超音波ガイド下肝生検(腫瘍生検を含む), 井上 達夫, 工藤 正俊, 消化器疾患診療実践ガイド, 180, 188,   2005年
  • 超音波の新たな展開-純動脈相イメージングを中心に-特集「肝の循環動態:基礎から臨床への展開」血流動態からみた肝の病態:その新たな展開: 肝細胞癌., 前川 清, 工藤 正俊, 医薬ジャーナル, 41, 5, 14,   2005年
  • 肝癌のTumor ablation, 工藤 正俊, Cancer Frontier Cancer Frontier, 7, 120, 130,   2005年
  • 肝臓(診断), 福永 豊和, 工藤 正俊, 専門医のための消化器病学, 小俣政男, 千葉 勉, 監修, 396, 405,   2005年
  • なんでも健康相談「肝血管腫」, 工藤 正俊, きょうの健康, 9, 127,   2005年
  • 食道癌・胃癌., 市川 勉, 工藤 正俊, 松井 繁長, 消化器診療, 68, 14, 15,   2005年
  • 肝癌の病期分類の問題点. 特集「肝細胞癌ー今日の治療戦略ー」, 工藤 正俊, 外科治療, 93, 7, 14,   2005年
  • 末梢型肝内胆管癌の内科的治療. 特集「末梢型肝内胆管癌」, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 肝胆膵, 50, 6, 951, 956,   2005年
  • C型肝炎起因肝癌患者に対するRFA治療後の肝癌再発遅延. Interventional Hepatology: 癌の治療とウイルス駆除., 工藤 正俊, Medicament News Medicament News, 17,   2005年
  • 炎症性腸疾患「消化管狭窄に対する内視鏡的拡張術」., 中岡 良介, 工藤 正俊, 梅原 泰, Medical Practice Medical Practice, 22, 5, 843, 847,   2005年
  • 1. 治療適応(治療の位置付け), 工藤 正俊, 肝臓, 46, 4, 160, 164,   2005年
  • 超音波が可能にする臨床最前線「消化器領域での超音波の進歩」, 工藤 正俊, 新医療, 50, 48, 51,   2005年
  • 講義録 消化器病学ー原発性肝癌, 福永 豊和, 工藤 正俊, 医学生向け教科書シリーズ, 上西紀夫, 田中雅夫, 菅野健太郎, 滝川 一, 編, 486, 495,   2005年
  • 座談会「肝癌の診断・治療における日本肝臓学会の国際的役割」, 林 紀夫, 工藤 正俊, 神代 正道, 医学界新聞, 2624, 1, 3,   2005年
  • 特集「肝臓の臨床最前線」肝がん治療の最前線, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 南 康範, 綜合臨床, 54, 480, 487,   2005年
  • 膵癌の早期診断ーTS1症例診断のためのアプローチ:US, EUSを中心にー. 特集「最新の膵癌の診断と治療」, 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 消化器外科, 28, 141, 148,   2005年
  • 肝の画像診断ーCT, MRI, US 各画像診断の比較と臨床応用., 福永 豊和, 工藤 正俊, Annual Review 消化器, 129, 135,   2005年
  • 原発性・転移性肝癌(内科), 工藤 正俊, 今日の治療指針2005年版, 386, 389,   2005年
  • Multiple metastases from a meningeal hemangiopericytoma associated with severe hypoglycemia., 周 佩, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 南 康範, 小川 力, 坂口 康浩, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, J Med Ultrasonics, 32, 187, 190,   2005年
  • Hemodynamic and morphologic changes of peripheral hepatic vasculature in chronoic liver disease: a preliminary study by contrast-enhanced coded phase-inversion harmonic sonography., 坂口 康浩, 工藤 正俊, 鄭 栄琴, 鄭 浩柄, 南 康範, 小川 力, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, J Med Ultrasonics, 32, 197, 204,   2005年
  • Imaging findings of biliary hamartomas (von Meyenburg complexes)., 鄭 栄琴, 工藤 正俊, 遠田 弘一, 井上 達夫, 前川 清, 南 康範, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 川崎 俊彦, J Med Ultrasonics, 32, 205, 212,   2005年
  • Hepatic angiomyolipma-identification of an efferent vessel to be hepatic vein by contrast-enhanced harmonic ultrasonography., 鄭 栄琴, 工藤 正俊, 石川 恵美, 鄭 浩柄, 南 康範, 小川 力, 坂口 康浩, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, J Med Ultrasonics, 32, 191, 196,   2005年
  • Hepatic angiomyolipoma: identification of an efferent vessel to be hepatic vein by contrast-enhanced harmonic ultrasound., 鄭 栄琴, 工藤 正俊, Br J Radiol, 78, 956, 960,   2005年
  • Early detection and curative treatment of early-stage hepatocellular carcinoma., 工藤 正俊, Clin Gastroenterol Hepatol, 3, 144, 148,   2005年
  • Response., 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 上硲 俊法, Gastrointest Endosc, 61, 931,   2005年
  • Reply "Staging for hepatocellular carcinoma: treatment strategy matters.", 工藤 正俊, Hepatology, 41, 678, 679,   2005年
  • Low-dose, long-term, intermittent interferon-alpha 2b therapy after radical treatment by radiofrequency ablation delays clinical recurrence in patients with hepatitis C virus related hepatocellular carcinoma., 坂口 康浩, 工藤 正俊, 福永 豊和, 南 康範, 鄭 浩柄, 川崎 俊彦, Intervirology, 48, 64, 70,   2005年
  • 大腸癌., 梅原 泰, 工藤 正俊, 消化器診療, 68, 10, 11,   2005年
  • Vascularity of gastric carcinoma: evaluation using color Doppler ultrasonography., 桑口 愛, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 前野 知子, 市島 真由美, 前川 清, 井上 達夫 , 伊藤 龍生, J Med Ultrasonics, 32, 23, 28,   2005年
  • 肝転移の画像診断の進歩-US., 井上 達夫, 工藤 正俊, 消化器画像 特集「肝転移―その特性からみた診断と治療」, 7, 468, 474,   2005年
    概要:井上達夫, 工藤正俊
  • Multiple hypervascular liver nodules in a heavy drinker of alcohol., 金 守良, 工藤 正俊, 前川陽子, 二宮俊明, 井本 勉, 松岡利幸, 安藤健治, 三田敬二, 具 光成, 小寺沢俊洋, 福田勝美, 矢野嘉彦, 中治美有紀, 金 啓二, 平井みどり, 林 祥剛, J Gastroenterol Hepatol, 20, 795, 799,   2005年
  • 膵癌の早期診断-TS1症例診断のためのアプローチ: US、EUSを中心に., 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, 消化器外科, 28, 141, 148,   2005年
  • 臨床診断の進め方 超音波内視鏡診断., 坂本 洋城, 福田 信宏, 北野 雅之, 工藤 正俊, 消化器の臨床, 8, 657, 664,   2005年
  • 肝細胞癌: 最近の話題と治療の展望., 工藤 正俊, Minophagen Medical Review Minophagen Medical Review, 51, 1, 16,   2006年01月
  • 嘔気・嘔吐., 汐見 幹夫, 工藤 正俊, Emergency Care Emergency Care, 224, 232,   2006年01月
  • 内視鏡医療の更なる国際化を期待して., 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 内視鏡医療ー創造と実践ー, 121, 123,   2006年02月
  • 内視鏡教育について思うこと., 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 内視鏡の教育・研修ー各内視鏡医の取り組みー, 164, 166,   2006年02月
  • 肝がんの早期発見・内科的治療と再発予防の最前線, 工藤 正俊, 肝友だより, 14, 11, 16,   2006年03月
  • 画像検査について知ろう.医療の現場から「今、画像検査はここまでできる」., 工藤 正俊, がんを生き抜く実践プログラム, 34, 38,   2006年03月
  • 治療しながら自分らしい暮らしを続けるために.医療の現場から「臓器専門医の立場から」., 工藤 正俊, がんを生き抜く実践プログラム, 212, 213,   2006年03月
  • リザーバー動注化学療法のあらたな展開., 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 坂口 康浩, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 工藤 正俊, 消化器科, 43, 3, 253, 259,   2006年03月
  • 工藤正俊: 肝細胞癌に対する肝移植の治療法としての位置づけと適応, 工藤 正俊, 医学のあゆみ, 3, 263, 267,   2006年04月
  • 2.画像診断(2)造影エコーによる肝癌の診断., 福永 豊和, 工藤 正俊, 消化器内科増刊号「肝癌の診療―最新の進歩」, 6, 122, 129,   2006年05月
  • 肝癌の治療. I. 肝癌診療のためのステージングシステム., 工藤 正俊, 消化器内科増刊号「肝癌の診療―最新の進歩」, 6, 191, 203,   2006年05月
  • グローバルな視点からみた肝癌の診断 (1)肝癌の画像診断up-to-date., 工藤 正俊, 肝疾患Review2006~2007 監修 小俣政男, 編集 河田純男, 白鳥康史, 工藤正俊, 榎本信幸, 47, 54,   2006年05月
  • グローバルな視点からみた肝癌の診断 (1)肝癌治療の現況ー日米欧のアプローチの違い., 工藤 正俊, 肝疾患Review2006~2007 監修 小俣政男, 編集 河田純男, 白鳥康史, 工藤正俊, 榎本信幸, 61, 68,   2006年05月
  • 肝癌の診断・治療 (3)造影エコーはどのような場合に行うか., 工藤 正俊, 肝疾患Review2006~2007 監修 小俣政男, 編集 河田純男, 白鳥康史, 工藤正俊, 榎本信幸, 209, 213,   2006年05月
  • 肝癌の診断・治療 (5)非B非C肝癌は増えているか., 畑中 絹世, 工藤 正俊, 肝疾患Review2006~2007 監修 小俣政男, 編集 河田純男, 白鳥康史, 工藤正俊, 榎本信幸, 217, 222,   2006年05月
  • Consensus on extra-hepatic portal vein obstruction., Sarin SK, 工藤 正俊, Sollano JD, Chawla YK, Amarapurkar D, Hamid S, Hashizume M, Jafri W, Kumar A, Lesmana LA, Sharma BC, Shiha G, Janaka de Silva H, Liver Int, 26, 512, 519,   2006年06月
  • I. 肝細胞癌. 1. 総論. 4)Scoringによる予後予測., 工藤 正俊, 肝胆膵, 53, 635, 643,   2006年11月
  • 超音波を中心とした肝腫瘍の血流動態診断. 特集「肝腫瘍の血流動態診断」, 工藤 正俊, Radiology Frontier Radiology Frontier, 9, 15, 24,   2006年
  • 肝細胞癌: 最近の話題と治療の展望., 工藤 正俊, Minophagen Medical Review Minophagen Medical Review, 51, 1, 16,   2006年
  • 超音波を中心とした肝腫瘍の血流動態診断. 特集「肝腫瘍の血流動態診断」, 工藤 正俊, Radiology Frontier Radiology Frontier, 9, 15, 24,   2006年
  • 座談会「早期肝細胞癌の画像診断基準に迫る」., 工藤 正俊, 消化器画像, 8, 1, 65, 78,   2006年
  • 序説/ 超音波画像と自然経過からみた早期肝細胞癌の治療適応. 特集「早期肝細胞癌の画像診断基準に迫る」, 福永 豊和, 工藤 正俊, 消化器画像, 8, 1, 51, 58,   2006年
  • 序説/ 早期肝細胞癌の画像診断の現状と限界. 特集「早期肝細胞癌の画像診断基準に迫る」, 工藤 正俊, 消化器画像, 8, 1, 13, 16,   2006年
  • CO2動注US angiography, カラ-ドプラによりいかに肝癌を描出しうるか. 特集「肝癌のタイプ別画像診断と最近のトピックス, 工藤 正俊, 13, 140, 153,   2006年
  • 巻頭言, 工藤 正俊, 早期肝細胞癌の画像的診断基準に迫る, 1, 2,   2006年
  • 膵腫瘍の造影EUS診断, 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 前川 清, 臨床消化器内科, 20, 1551, 1558,   2006年
  • Early detection and characterization of hepatocellular carcinoma: value of imaging multistep human hepatocarcinogenesis., 工藤 正俊, Intervirology Intervirology, 49, 64, 69,   2006年
  • Stage IV hepatocellular carcinoma with portal venous tumor thrombus: complete response after combined therapy of repeated arterial chemoembolization and radiofreqnency ablation, 鄭 栄琴, 工藤 正俊, 南 康範, 乾 絹世, 鄭 浩柄, J Gastroenterol, 38, 406, 409,   2006年
  • Radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma: therapeutic response using contrast-enhanced coded phase-inversion harmonic sonography, 文 艶玲, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 末冨洋一郎, 遠田 弘一, 北野 雅之, 川崎 俊彦, 前川 清, AJR, 181, 57, 63,   2006年
    概要:. 2003; : -.
  • A proposal of the modified liver damage classification for hepatocellular carcinoma., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 土師 誠二, 大崎 往夫, 岡 博子, 関 寿人, 春日井 博志, 佐々木 洋, Hepatology Research, 34, 124, 129,   2006年
  • Hepatocellular carcinoma and NASH., 工藤 正俊, J Gastroenterol, 39, 409, 411,   2006年
  • Comparison of standard-dose and low-dose regimens of gemcitabine for patients with pancreatic adenocarcinoma: a preliminary prospective randomized trail., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 竹山 宜典, 大柳 治正, 中居 卓也, 保田 知生, J Gastroenterol, 41, 70, 76,   2006年
  • 肝癌の診断・治療における日欧の相違「肝疾患をみつめてー現状と今後の展望」, 工藤 正俊, クリニシアン, 53, 167, 173,   2006年
  • Cecal necrosis due to ischemic colitis mimicking an abscess on songraphy, 渡邊智裕, 工藤 正俊, 冨田周介, 白根博文, 岡部純弘, 織野彬雄, 藤堂彰男, 千葉 勉, J Ultrasound Med, 25, 393, 396,   2006年
  • 膵癌(上皮内癌), 坂本洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 消化器診療, 71, 12, 13,   2006年
  • Imaging findings of biliary hamartomas., 鄭 栄琴, 工藤 正俊, 遠田 弘一, 井上 達夫, World of Gastroenterol, 11, 6354, 6359,   2006年
  • Hemodynamic and morphologic changes of peripheral hepatic vasculare in cirrhotic liver disease: a preliminary study using contrast-enhanced coded phase inversion harmonic ultrasonography., 鄭 栄琴, 工藤 正俊, 坂口 康浩, World of Gastroenterol, 11, 6348, 6353,   2006年
  • Clinical significance of the genotype and core promoter/pre-core mutations in hepatitis B virus carriers., 萩原 智, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 仲谷 達也, 福永 豊和, 大崎往夫, 山下幸孝, 梶村幸三, Intervirology, 49, 200, 206,   2006年
  • What is the best staging system for hepatocellular carcionoma?, 工藤 正俊, J Gastroenterol, 41, 3, 290, 291,   2006年
  • 超音波診断ー体外超音波検査., 汐見 幹夫, 工藤 正俊, レジデントのための内視鏡診療マニュアル, 18, 838, 841,   2006年
  • Value of computed tomography for evaluating the injection site in endosonography-guided celiac plexus neurolysis., 坂本 洋城, 工藤 正俊, 北野 雅之, 西尾 健, 竹山 宜典, 保田 知生, Digestive Endoscopy, 18, 206, 211,   2006年
  • Wegener’s granulomatosis complicated with aphthoid colitis: a case report., 梅原 泰, 工藤 正俊, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 仲谷 達也, 松井 繁長, 北野 雅之, 汐見 幹夫, Digestive Endoscopy, 18, 221, 224,   2006年
  • EUSの適応と限界., 北野 雅之, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 西尾 健, 末冨 洋一郎, 前川 清, 竹山 宜典, 筑後 孝章, 胆と膵 特集胆道と膵臓の新しい内視鏡診療, 27, 289, 297,   2006年
  • C型肝癌に対する治療戦略., 工藤 正俊, Medical Digest. C型肝疾患の治療戦略Up date―肝癌撲滅を目指してー, 4, 41, 51,   2006年
  • 肝胆膵の画像診断. 超音波検査., 井上 達夫, 工藤 正俊, 前川 清, 図解 消化器内科学テキスト, 127, 131,   2006年
  • 肝腫瘍に対するRF療法の成績とその現状., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 高橋 俊介, 井上 達夫, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 臨床外科, 61, 1193, 1199,   2006年
  • 内視鏡的治療ー内視鏡的硬化療法(EIS). Ethanolamine Oleate (EO)., 松井 繁長, 工藤 正俊, 市川 勉, 岡田 無文, 宮部 欽生, 消化器の臨床, 9, 4, 371, 375,   2006年
  • Clinical characteristics of nonBnonC HCC: comparison with HBV and HCV related HCC., 畑中 絹世, 工藤 正俊, 福永 豊和, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 南 康範, 坂口 康浩, 萩原 智, 織野 彬雄, 大崎 往夫, Intervirology, 50, 24, 31,   2006年
  • 肝の画像診断., 井上 達夫, 工藤 正俊, 肝臓病学, 編集 井廻道夫, 熊田博光, 坪内博仁, 林 紀夫, 128, 141,   2006年
  • Hepatocellular carcinoma metastasizing to the skull base involving multiple cranial nerves., 金 守良, 工藤 正俊, 松岡利幸, 林祥剛, World J Gastroenterol, 12, 6727, 6729,   2006年
  • Serum proinflammatory cytokines and adhesion molecules in ulcerative colitis., 梅原 泰, 工藤 正俊, 中岡 良介, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, Hepato-Gastenterol, 53, 879, 882,   2006年
  • Staging hepatocellular carcinoma by a novel scoring system (BALAD Score) based on serum markers., 豊田 秀徳, 工藤 正俊, 熊田 卓, 大崎 往夫, 岡 博子, 浦野 文博, 松永 隆, Clinical Gastroenterol and Hepatol, 4, 1528, 1536,   2006年
  • Prognostic factors for portal venous invasion in patients with hepatocellular carcinoma., 萩原 智, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 永島 美樹, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 北野 雅之, 仲谷 達也, J Gastroenterol, 41, 1214, 1219,   2006年
  • 「アルコール性肝障害における結節性病変 画像と病理」肝細胞癌と鑑別を要したアルコール性過形成結節の一例., 福永 豊和, 田北 雅弘, 辰巳 千栄, 工藤 正俊, 消化器画像, 8, 573, 577,   2006年
  • 「肝細胞がん患者にどう対処するか」肝細胞がんの診断見落としを防ぐコツ. 画像診断の進め方., 福永 豊和, 工藤 正俊, 臨床腫瘍プラクティス, 2, 341, 344,   2006年
  • Case of adult genotype CHBV carrier after acute hepatitis B, losing HBsAg and acquiring HBsAb after IFN and lamivudine treatment., 金 守良, 工藤 正俊, 井本 勉, 婦木 秀一, 谷口 真由美, 三田 敬二, 安藤 健治, 中嶋 泰典, 林 祥剛, Hepatol Res, 36, 149, 152,   2006年
  • 肝がん治療について., 工藤 正俊, がんの最新治療 早く見つけて上手に治す がん予防キャンペーン大阪2006 シンポジウム, 11, 12,   2006年
  • 特集 各科領域におけ腫瘍マーカーの評価「肝臓」, 小川 力, 鍋島 紀滋, 工藤 正俊, 医学と薬学, 56, 828, 834,   2006年
  • 肝疾患: 肝膿よう., 南 康範, 工藤 正俊, 今日の治療, 13, 173, 175,   2006年
    概要:131. 南 康範, 工藤正俊:, 13: 173-175, 2006.
  • 第5章 肝癌の治療 1. 肝癌診療のためのステージングシステム., 工藤 正俊, 臨床消化器内科, 21, 949, 961,   2006年
  • 画像からすすめる腹部疾患診療の実際 肝硬変, 井上 達夫, 工藤 正俊, Medical Practice Medical Practice, 23, 897, 902,   2006年
  • 腫瘍マーカーの観点からみたRFA., 小川 力, 工藤 正俊, 「肝癌ラジオ波凝固療法―そのノウハウとエビデンス」, 127, 130,   2007年01月
  • 統合スコア分類によるラジオ波凝固療法の客観的評価., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 「肝癌ラジオ波凝固療法―そのノウハウとエビデンス」, 146, 151,   2007年01月
  • 画像所見, 井上 達夫, 工藤 正俊, 新しい診断と治療ABC「肝硬変」 最新医学社, 58, 62,   2007年01月
  • Pathological diagnosis of liver cell adenoma and focal nodular hyperplasia: Bordeaux update., Bioulac-Sage P, 工藤 正俊, Balabaud C, Bedossa P, Scoazec JY, Chiche L, Dhillon AP, Ferrell L, Paradis V, Roskams T, Vilgrain V, Wanless IR, Zucman-Rossi J, J Hepatol, 46, 521, 527,   2007年01月
  • Contrast harmonoc sonographic-guided radiofrequency ablation theraph Versus B-mode sonography in Hepatocellular Carcinoma: prospective randomized controlled trial., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 柳生 行伸, 下野 太郎, 塩﨑 均, 川崎 俊彦, AJR, 188, 489, 494,   2007年02月
  • Philips腹部超音波3D., 工藤 正俊, 森 秀明, 丸山 紀史, 掘田 直樹, 映像情報Medical , 39, 230, 235,   2007年03月
  • Radiofrequency ablation combined with reduction of hepatic blood flow: e