KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

門前 一モンゼン ハジメ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位保健衛生学博士
専門医学物理、放射線防護
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1301-monzen-hajime.html
ホームページURLhttp://www.med.kindai.ac.jp/radio/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/20

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    放射線治療における工学的なニーズを模索し、医学物理教育・研究を実践しています。放射線治療の専門家養成、新しい治療法の開発、市民、途上国への放射線防護などの啓発をしています。

学歴・経歴

経歴

  •   1991年04月,  - 2011年03月, 日本赤十字社 大津赤十字病院
  •   2001年,  - 2002年, Minnesota University(visiting fellow)
  •   2011年04月,  - 2014年03月, 京都大学(准教授)
  •   2014年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 境界医学, 医学物理学・放射線技術学, 医学物理
  • 内科系臨床医学, 放射線科学

研究キーワード

  • 核医学, 医学物理学, 放射線防護, 放射線治療, , トランスレーショナルリサーチ

論文

  • Identification of elemental weight fraction and mass density of humanoid tissue-equivalent materials using dual energy computed tomography., Shimomura K, Araki F, Kono Y, Asai Y, Murakami T, Hyodo T, Okumura M, Matsumoto K, Monzen H, Nishimura Y, Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB), 39, 59, 66,   2017年07月, 査読有り
  • Dosimetric comparison of RapidPlan and manually optimized plans in volumetric modulated arc therapy for prostate cancer., Kubo K, Monzen H, Ishii K, Tamura M, Kawamorita R, Sumida I, Mizuno H, Nishimura Y, Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB),   2017年07月, 査読有り
  • Estimation of the shielding ability of a tungsten functional paper for diagnostic x-rays and gamma rays., Monzen H, Kanno I, Fujimoto T, Hiraoka M, Journal of applied clinical medical physics,   2017年06月, 査読有り
  • Development of a novel low-radiation-absorbent lok-bar to reduce X-ray scattering and absorption in RapidArc® treatment planning and dose delivery., Monzen H, Kubo K, Tamura M, Hayakawa M, Nishimura Y, Journal of applied clinical medical physics,   2017年04月, 査読有り
  • Educational outcomes of a medical physicist program over the past 10 years in Japan., Kadoya N, Karasawa K, Sumida I, Arimura H, Kakinohana Y, Kabuki S, Monzen H, Nishio T, Shirato H, Yamada S, Journal of radiation research, 1, 6,   2017年04月, 査読有り
  • A novel radiation protection device based on tungsten functional paper for application in interventional radiology., Monzen H, Tamura M, Shimomura K, Onishi Y, Nakayama S, Fujimoto T, Matsumoto K, Hanaoka K, Kamomae T, Journal of applied clinical medical physics,   2017年04月, 査読有り
  • MEASUREMENT OF ABSORPTION DOSE OUTSIDE IRRADIATION FIELD IN IMRT., Hirata M, Monzen H, Hanaoka K, Nishimura Y, Radiation protection dosimetry, 1, 9,   2017年03月, 査読有り
  • Feasibility of tungsten functional paper in electron grid therapy: a Monte Carlo study., Tamura M, Monzen H, Kubo K, Hirata M, Nishimura Y, Physics in medicine and biology, 62, 3, 878, 889,   2017年02月, 査読有り
  • Characterization of stochastic noise and post-irradiation density growth for reflective-type radiochromic film in therapeutic photon beam dosimetry., Kamomae T, Oita M, Hayashi N, Sasaki M, Aoyama H, Oguchi H, Kawamura M, Monzen H, Itoh Y, Naganawa S, Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB), 32, 10, 1314, 1320,   2016年10月, 査読有り
  • Development Treatment Planning System Based on Monte-Carlo Simulation for Boron Neutron Capture Therapy, Moo-Sub Kim, Kazuki Kubo, Hajime Monzen, Do-Kun Yoon, Han-Back Shin, Sunmi Kim, Tae Suk Suh, Progress in Medical Physics, 27, 4, 232, 235,   2016年, 査読有り
  • Accuracy Verification of Respiratory-gated Radiotherapy that Combines the Respiration-Monitoring Device and Respiratory-gated System., Shintani N, Monzen H, Tamura M, Asai Y, Shimomura K, Matsumoto K, Okumura M, Nishimura Y, Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics, 35, 4, 282, 291,   2016年, 査読有り
  • Quality Improvement in External Radiation Therapy Using a Departmental Incident-Reporting System and Multidisciplinary Team Efforts., Ota S, Monzen H, Sumida I, Yoshioka Y, Kado R, Inoue S, Ogawa K, Nishimura Y., J Nucl Med Radiat Ther, 6, 243,   2015年09月, 査読有り
  • Novel Anisotropic Margin Calculation Based On the Cumulative Frequency Distribution of Uncertainties in the Clinical Target Volume., Kawamorita, R., Monzen, H., Okada, W., Nakahara, R., Kishimoto, S., Ishii, & Nishimura, Y., OMICS J Radiol., 4, 4,   2015年08月, 査読有り
  • Comparison of dose accuracy between film and two-dimensional detectors in intensity-modulated radiation therapy, Onishi Y, Nakayama,S Watanabe S, Kaneshige S, Monzen H, Matsumoto K, Shintani,S ,Kamomae T, Journal of the Korean Physical Society, 67, 89, 95,   2015年07月
    概要:© 2015, The Korean Physical Society.We constructed seven intensity-modulated radiation therapy (IMRT) treatment plans for prostate cancer (49 irradiation fields which contained seven randomly-sampled patients and seven fields) and evaluated the dose distributions by using a radiochromic film (EBT3 film) and a 2D detector. We superposed the calculated dose distribution of the IMRT treatment plan on EBT3 film and the 2D detector results and then compared those with the γ-analysis pass rate. The relative positions of the beam and the detector were varied; the results of the analysis of the superior-inferior (SI) direction potentially differed, depending on the detector position, under an irradiation beam with the same fluence map. The detector was moved over a range of’ 8 mm in the SI direction in 1-mm step increments, measurement were made at each position, and the results were analyzed. The γ-analysis compared the dose distributions from EBT3 film and the radiation treatment planning system (RTPS) for each patient and field; the pass rate with the γ-analysis from 98 to 100% was 2.04%. When we compared the dose distributions of the 2D detector and the RTPS, the pass rate from 98 to 100% was 63.2%. The mean values for the ?-analysis pass rates for EBT3 film and the 2D detector were 94.2 and 97.6%, respectively. Volume averaging of the data indicated a mean pass rate and standard deviation of 98.6 and 0.91%, respectively, and a pass rate of more than 96% for all positions. A 2D detector can, therefore, be used as an alternative apparatus for IMRT dose verification.
  • A novel method for dose distribution registration using fiducial marks made by a megavoltage beam in film dosimetry for intensity-modulated radiation therapy quality assurance., Nakayama S, Monzen H, Oonishi Y, Mizote R, Iramina H, Kaneshige S, Mizowaki T, Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB), 31, 4, 414, 419,   2015年06月, 査読有り
  • Commissioning and quality assurance of Dynamic WaveArc irradiation., Sato S, Miyabe Y, Takahashi K, Yamada M, Nakamura M, Ishihara Y, Yokota K, Kaneko S, Mizowaki T, Monzen H, Hiraoka M, Journal of applied clinical medical physics, 16, 2, 5080,   2015年03月, 査読有り
  • Impact of the Vero4DRT (MHI-TM2000) on the Total Treatment Time in Stereotactic Irradiation. , Monzen H, Mizowaki T, Yano S, Fujimoto T, Kamomae T, Utsunomiya S, Nakamura M, Hiraoka M. , J Nucl Med Radiat Ther , 6, 238,   2015年, 査読有り
  • Accuracy of image guidance using free-breathing cone-beam computed tomography for stereotactic lung radiotherapy., Kamomae T, Monzen H, Nakayama S, Mizote R, Oonishi Y, Kaneshige S, Sakamoto T, PloS one, 10, 5, e0126152,   2015年, 査読有り
  • Effect of intrafractional prostate motion on simultaneous boost intensity-modulated radiotherapy to the prostate: a simulation study based on intrafractional motion in the prone position., Ikeda I, Mizowaki T, Ono T, Yamada M, Nakamura M, Monzen H, Yano S, Hiraoka M, Medical dosimetry : official journal of the American Association of Medical Dosimetrists, 40, 4, 325, 332,   2015年, 査読有り
  • Dosimetric shield evaluation with tungsten sheet in 4, 6, and 9MeV electron beams., Fujimoto T, Monzen H, Nakata M, Okada T, Yano S, Takakura T, Kuwahara J, Sasaki M, Higashimura K, Hiraoka M, Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB), 30, 7, 838, 842,   2014年11月, 査読有り
  • Development of an expanded-field irradiation technique using a gimbaled x-ray head., Ono T, Miyabe Y, Yamada M, Yokota K, Kaneko S, Sawada A, Monzen H, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M, Medical physics, 41, 10, 101706,   2014年10月, 査読有り
  • [The use of polymer gel dosimetry to measure dose distribution around metallic implants]., Nagahata T, Yamaguchi H, Monzen H, Nishimura Y, Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi, 70, 10, 1160, 1165,   2014年10月, 査読有り
  • Evaluation of dynamic tumour tracking radiotherapy with real-time monitoring for lung tumours using a gimbal mounted linac., Matsuo Y, Ueki N, Takayama K, Nakamura M, Miyabe Y, Ishihara Y, Mukumoto N, Yano S, Tanabe H, Kaneko S, Mizowaki T, Monzen H, Sawada A, Kokubo M, Hiraoka M, Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology, 112, 3, 360, 364,   2014年09月, 査読有り
  • Dosimetric comparison of Acuros XB, AAA, and XVMC in stereotactic body radiotherapy for lung cancer., Tsuruta Y, Nakata M, Nakamura M, Matsuo Y, Higashimura K, Monzen H, Mizowaki T, Hiraoka M, Medical physics, 41, 8, 081715,   2014年08月, 査読有り
  • Geometric and dosimetric accuracy of dynamic tumor-tracking conformal arc irradiation with a gimbaled x-ray head., Ono T, Miyabe Y, Yamada M, Shiinoki T, Sawada A, Kaneko S, Monzen H, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M, Medical physics, 41, 3, 031705,   2014年03月, 査読有り
  • [Neutron Dosimetry System Using CR-39 for High-energy X-ray Radiation Therapy]., Yabuta K, Monzen H, Tamura M, Tsuruta T, Itou T, Nohtomi A, Nishimura Y, Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics, 34, 3, 139, 148,   2014年, 査読有り
  • [A Survey Towards Standardization of Dosimetric Verification in Intensity-modulated Radiation Therapy]., Nakamura M, Iramina H, Takamiya M, Ono T, Akimoto M, Mukumoto N, Ishihara Y, Utsunomiya S, Shiinoki T, Miyabe Y, Sato S, Monzen H, Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics, 34, 4, 208, 218,   2014年, 査読有り
  • Predictive uncertainty in infrared marker-based dynamic tumor tracking with Vero4DRT., Akimoto M, Nakamura M, Mukumoto N, Tanabe H, Yamada M, Matsuo Y, Monzen H, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M, Medical physics, 40, 9, 091705,   2013年09月, 査読有り
  • Interfraction variation in lung tumor position with abdominal compression during stereotactic body radiotherapy., Mampuya WA, Nakamura M, Matsuo Y, Ueki N, Iizuka Y, Fujimoto T, Yano S, Monzen H, Mizowaki T, Hiraoka M, Medical physics, 40, 9, 091718,   2013年09月, 査読有り
  • Pharmacokinetic model of myocardial (99m)Tc-sestamibi washout., Watanabe T, Monzen H, Hara M, Mizowaki T, Hiraoka M, Annals of nuclear medicine, 27, 3, 279, 284,   2013年04月, 査読有り
  • A feasibility study on reduction of the entrance-surface dose to neonates by use of a new digital mobile X-ray system., Utsunomiya S, Monzen H, Akimoto M, Mukumoto N, Ishihara Y, Shiinoki T, Nakamura M, Miyabe Y, Sato S, Matsuo S, Hiraoka M, Radiological physics and technology, 6, 1, 157, 161,   2013年01月, 査読有り
  • The impact of adenosine pharmacologic stress combined with low-level exercise in patients undergoing myocardial perfusion imaging (BIWAKO adenosine-Ex trial)., Monzen H, Hara M, Hirata M, Suzuki T, Ogasawara M, Higuchi H, Matsuoka T, Kobayashi H, Yuki R, Hirose K, Annals of nuclear medicine, 25, 5, 381, 386,   2011年06月, 査読有り
  • Countermeasures against physical motion in schoolchildren requiring no sedation during rest and stress myocardial perfusion imaging with technetium-99m-tetrofosmin., Monzen H, Ban Y, Hirata M, Nakanishi A, Suzuki T, Inoue T, Yamamoto T, Ogasawara M, Tanaka C, Iwasa T, Yuki R, Radiological physics and technology, 4, 1, 19, 23,   2011年01月, 査読有り
  • The optimal cardiac phase for detecting the thrombi of the left atrial appendage on multi-slice computed tomography in patients with atrial fibrillation., Monzen H, Shimoyama H, Hirata M, Inoue T, Suzuki T, Ohba M, Radiological physics and technology, 3, 1, 78, 83,   2010年01月, 査読有り
  • New protocol of myocardial SPECT imaging with technetium-99m sestamibi for reducing the time interval between rest and adenosine stress phases., Monzen H, Hara M, Nakanishi A, Hirata M, Suzuki T, Ogasawara M, Higuchi H, Kobayashi H, Yuki R, Hirose K, Radiological physics and technology, 2, 1, 70, 76,   2009年01月, 査読有り
  • [Evaluation of a New Protocol for Two-isotope (123)I-BMIPP/(99m)Tc-TF Single Photon Emission Computed Tomography (SPECT) to Detect Myocardial Damage within One Hour]., Hirata M, Monzen H, Suzuki T, Ogasawara M, Nakanishi A, Sumi N, Inoue T, Yamamoto T, Hara M, Kobayashi H, Yuki R, Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics, 29, 1, 3, 11,   2009年, 査読有り
  • Reduction of infracardiac intestinal activity by a small amount of soda water in technetium-99m tetrofosmin myocardial perfusion scintigraphy with adenosine stress., Hara M, Monzen H, Futai R, Inagaki K, Shimoyama H, Morikawa M, Tomioka N, Konishi T, Watanabe Y, Yuki R, Kobayashi H, Hirose K, Journal of nuclear cardiology : official publication of the American Society of Nuclear Cardiology, 15, 2, 241, 245,   2008年03月, 査読有り
  • Antiangiogenesis therapy using a novel angiogenesis inhibitor, anginex, following radiation causes tumor growth delay., Amano M, Suzuki M, Andoh S, Monzen H, Terai K, Williams B, Song CW, Mayo KH, Hasegawa T, Dings RP, Griffin RJ, International journal of clinical oncology, 12, 1, 42, 47,   2007年02月, 査読有り
  • Exploring a technique for reducing the influence of scattered rays from surrounding organs to the heart during myocardial perfusion scintigraphy with technetium-99m sestamibi and technetium-99m tetrofosmin., Monzen H, Hara M, Hirata M, Nakanishi A, Ogasawara M, Suzuki T, Sato T, Shimoyama H, Tadehara F, Hirose K, Yuki R, Annals of nuclear medicine, 20, 10, 705, 710,   2006年12月, 査読有り
  • Increase in tumor oxygenation and potentiation of radiation effects using pentoxifylline, vinpocetine and ticlopidine hydrochloride., Amano M, Monzen H, Suzuki M, Terai K, Andoh S, Tsumuraya A, Hasegawa T, Journal of radiation research, 46, 4, 373, 378,   2005年12月, 査読有り
  • The avtivation of immunological activity and anti-tumor effects by mild hyperthermia, Miyata K, Hasegawa T , Maeda K, Ando S ,Amano M, Fukuyama A,Monzen H, Thermal Medicine (Japanese Journal of Hyperthermic Oncology), 21, 1, 43, 45,   2005年, 査読有り
  • Comparisons of the Suppressive Effects on Tumor Growth by Different Combinations of Administration of Arsenic Trioxide and Hyperthermia, Suzuki T, Monzen H, Kadota J, Thermal Medicine (Japanese Journal of Hyperthermic Oncology), 21, 2, 255,   2005年, 査読有り
  • Study of arsenic trioxide-induced vascular shutdown and enhancement with radiation in solid tumor., Monzen H, Griffin RJ, Williams BW, Amano M, Ando S, Hasegawa T, Radiation medicine, 22, 4, 205, 211,   2004年07月, 査読有り
  • Non invasive measurement of the temperature using scanning small coils., Ando S, Monzen H , Amano M, Ono, H Suzuki T, Hasegawa T., Thermal Medicine (Japanese Journal of Hyperthermic Oncology), 20, 4, 249, 255,   2004年, 査読有り
  • Arsenic trioxide induces selective tumour vascular damage via oxidative stress and increases thermosensitivity of tumours., Griffin RJ, Monzen H, Williams BW, Park H, Lee SH, Song CW, International journal of hyperthermia : the official journal of European Society for Hyperthermic Oncology, North American Hyperthermia Group, 19, 6, 575, 589,   2003年11月, 査読有り

MISC

  • 前立腺小線源療法後1年以内死亡の3例, 横川正樹, 中松清志, 稲田正浩, 福田浩平, 建部仁志, 石川一樹, 立花和泉, 門前一, 金森修一, 西村恭昌, 細野眞, Japanese Journal of Radiology, 35, Supplement, 51,   2017年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702285622891823
  • 臨床用フラットパネル検出器を用いたエネルギー分解CT撮影実験, TSAI Tien‐Hsiu, 丸山能央, 西松大祐, 神野郁夫, 門前一, 霜村康平, 小坂浩之, 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 77th, ROMBUNNO.16a‐A37‐8,   2016年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602281645632244
  • 放射線遮蔽紙の開発と応用, 門前一, 田村命, 花岡宏平, 松本賢治, 早川典, 放射線, 41, 3, 139‐143,   2016年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602201314132940
  • 胸腹部2点測定式呼吸モニタリング装置と呼吸同期システムを組み合わせた呼吸同期照射の精度検証, 新谷 直也, 門前 一, 田村 昌也, 浅井 義行, 霜村 康平, 松本 賢治, 奥村 雅彦, 西村 恭昌, 医学物理, 35, 4, 282, 291,   2016年02月
  • 中咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績, 建部 仁志, 石川 一樹, 横川 正樹, 稲田 正浩, 福田 浩平, 松浦 知弘, 立花 和泉, 中松 清志, 門前 一, 金森 修一, 西村 恭昌, 川上 尚人, Japanese Journal of Radiology, 34, Suppl., 54, 54,   2016年02月
  • IGRTを用いずに行った前立腺癌IMRTの治療成績, 中松清志, 西村恭昌, 横川正樹, 石川一樹, 建部仁志, 稲田正浩, 福田浩平, 金森修一, 門前一, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会学術大会プログラム・抄録集, 29th, 39,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602233929603950
  • 放射線治療計画CTにおける金属アーチファクト低減アルゴリズムの有用性の検討, 松本 賢治, 門前 一, 小坂 浩之, 北口 茂聖, 霜村 康平, 浅井 義行, 奥村 雅彦, 日本放射線技術学会雑誌, 71, 9, 838, 839,   2015年09月
  • 放射線治療のいま 各がん腫におけるエビデンスと標準治療 画像誘導放射線治療, 門前 一, 西村 恭昌, 臨床腫瘍プラクティス, 11, 2, 157, 159,   2015年05月
  • 強度変調放射線治療における線量検証の標準化に向けた調査研究, 中村 光宏, 伊良皆 拓, 高宮 大義, 小野 智博, 秋元 麻未, 椋本 宜学, 石原 佳知, 宇都宮 悟, 椎木 健裕, 宮部 結城, 佐藤 清香, 門前 一, 医学物理, 34, 4, 208, 218,   2015年03月
    概要:強度変調放射線治療における線量検証の標準化について検討した。IMRTを実施している129施設を対象とした。前立腺は96.6%、頭頸部は64.3%、脳腫瘍は53.5%の施設でIMRTが実施されていた。IMRT QAの実務担当者を3人以上確保できている施設は全体の77.5%であった。前立腺IMRTにおけるQA項目では、吸収線量検証は94.4%、線量分布検証は96.8%の施設が実施していたが、フルエンス検証の実施率は24.8%であった。約85%以上の施設でSuperposition法相当以上の線量計算精度の高いアルゴリズムが使用されていた。ファントムに対する補正係数を使用している施設は51.1%であった。逸脱時の対処方法としては、QAプランの再確認、逸脱前と同じ位置での再測定が多く、次いで逸脱前と別の位置での再測定、線量算出に使用している係数や線量・濃度曲線等の再確認を実施する施設が多かった。
  • 感度解析を用いた前立腺IMRT治療プランの頑強性評価法とその臨床応用, 宇都宮悟, 門前一, 溝脇尚志, 平岡真寛, Jpn J Radiol, 33, Supplement, 4,   2015年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502202202083635
  • 膵癌に対する動体追尾強度変調放射線治療の実現, 中村 晶, 溝脇 尚志, 板坂 聡, 中村 光宏, 石原 佳知, 椋本 宜学, 秋元 麻未, 松尾 幸憲, 門前 一, 平岡 真寛, 小久保 雅樹, Japanese Journal of Radiology, 33, Suppl., 76, 76,   2015年02月
  • 高エネルギーX線治療におけるCR-39を用いた中性子測定システム, 薮田 和利, 門前 一, 田村 昌也, 鶴田 隆雄, 伊藤 哲夫, 納冨 昭弘, 西村 恭昌, 医学物理, 34, 3, 139, 148,   2015年01月
  • ポリマーゲル線量計による埋込み材料近傍の線量分布測定, 長畑 智政, 山口 肇, 門前 一, 西村 恭昌, 日本放射線技術学会雑誌, 70, 10, 1160, 1165,   2014年10月
    概要:ポリマーゲル線量計による埋込み材料近傍の線量分布について検討した。対向2門照射による投与線量は1.016cGy/MUとなった。線量分布測定の実験ではTHPC 1.5mMのポリマーゲル線量計を用いて600MU照射した。線量分布測定用のチタン製人工関節を封入したポリマーゲル線量計を用いた。基準測定用のポリマーゲル線量計中心部での吸収線量は5.98Gyで、電離箱線量計の測定値6.06Gyとの測定誤差は1.3%であった。鉛の周辺とチタンの遠位では左右で最大5.4%の非対称性があった。鉛の周辺と鉛棒の直近では約30%、表面から12mm離れた点で18%の線量増加がみられた。チタン製人工関節と金属ステントの周辺2mmでは約3%の増加があった。
  • フィルム線量分布検証におけるMLCを利用した基準マークによる線量分布位置合わせ手法に関する検討, 中山真一, 溝手里花, 大西佑一, 門前一, 金重総一郎, 中四国放射線医療技術(CD-ROM), 9, ROMBUNNO.8-037,   2014年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502244003672331
  • 肝腫瘍に対するリアルタイムモニタリング下動体追尾照射の初期経験, 飯塚 裕介, 松尾 幸憲, 中村 光宏, 宮部 結城, 矢野 慎輔, 山田 昌弘, 溝脇 尚志, 門前 一, 小久保 雅樹, 平岡 眞寛, 定位的放射線治療, 18, 9, 16,   2014年01月
    概要:72歳男。肺腺癌の単発肝転移で径36mmであった。腫瘍位置の参照として腫瘍近傍に金マーカー(Visicoil)を経皮的に留置し、毎回の治療前に腹壁の赤外線反射マーカーとVisicoil間の相関モデルを作成した。治療中は腹壁のマーカー位置に基づいて照射ビームのヘッドを制御して動体追尾照射を施行し、同時にX線透視でVisicoilの位置をモニタリングした。処方線量は56Gy/4frであり、特に問題なく終了した。治療時間は平均38.5分であり従来の照射法(15-30分)より延長していたが、計画標的体積は従来法と比較して133.3mlから85.6mlへ低減し、正常肝の平均線量も14.3Gyから11.5Gyへ低減した。治療終了後5ヵ月現在、腫瘍は縮小傾向にあり、良好に制御できている。
  • Vero4DRTを用いた動体追尾肺定位放射線治療の初期治療成績, 植木 奈美, 松尾 幸憲, 高山 賢二, 中村 光宏, 宮部 結城, 田邊 裕朗, 金子 周史, 溝脇 尚志, 門前 一, 澤田 晃, 小久保 雅樹, 平岡 真寛, 日本癌治療学会誌, 48, 3, 1172, 1172,   2013年09月
  • タングステン機能紙を用いた電子線治療における遮蔽効果の基礎的検討, 藤本 隆広, 門前 一, 矢野 慎輔, 岡田 孝, 中田 学, 東村 享治, 平岡 真寛, 日本放射線技術学会総会学術大会予稿集, 69回, 122, 122,   2013年02月
  • 放射性医薬品取り扱いガイドラインに基づく、標識に関わる技術者の作業に関する検討, 平田 誠, 中西 明, 井上 努, 小笠原 誠, 大西 一由, 門前 一, 小川 正, JART: 日本診療放射線技師会誌, 59, 9, 1128, 1128,   2012年09月
  • 【小児核医学の最先端】 小児核医学検査におけるアデノシン負荷テクネ心筋血流シンチグラム, 門前 一, 岩朝 徹, 伴 由布子, PET Journal, 19, 10, 12,   2012年09月
  • 感度解析を用いたIMRT治療プランの頑強性評価法の開発, 宇都宮悟, 門前一, 溝脇尚志, 平岡真寛, 医学物理 Supplement, 32, 1, 93,   2012年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402254291419350
  • 14th International Congress of Radiation Research 印象記, 門前 一, Isotope news, 693, 26, 27,   2012年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030198157
  • O‐リング型リニアックにおけるkV X‐rayおよびコーンビームCT位置照合システムの精度評価, 加茂前健, 溝手里花, 銅山恒夫, 中山真一, 門前一, 坂本隆吏, 中四国放射線医療技術(CD-ROM), 8, ROMBUNNO.14-065,   2012年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302287373996434
  • 治療計画装置によるカーボン寝台吸収補正の精度検討, 溝手里花, 加茂前健, 銅山恒夫, 中山真一, 門前一, 坂本隆吏, 中四国放射線医療技術(CD-ROM), 8, ROMBUNNO.17-074,   2012年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302239805598040
  • 小児核医学検査の有用性をみなおそう 小児における総検査時間短縮安静時先行アデノシン負荷99mTc心筋血流シンチグラム, 門前 一, 核医学, 48, 3, S157, S157,   2011年09月
  • 小児における安静時先行アデノシン負荷^<99m>Tc心筋血流シンチグラム : 総検査時間短縮を目指して, 岩朝 徹, 伴 由布子, 土井 拓, 門前 一, 日本小児循環器学会雑誌 = Acta cardiologica paediatrica Japonica, 27, 4, 176, 181,   2011年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029386417
    概要:成人の循環器領域では既に用いられている安静時先行アデノシン負荷99mTc-テトロホスミン(99mTc-TF)シンチグラムの、小児への適用について検討した。川崎病罹患後の小児7名に対し、総検査時間短縮安静時先行99mTc-TF負荷心筋血流シンチグラムを施行し、総検査時間を測定すると共に、副作用を調べた。全例で心機能評価が十分可能な鮮明な画像を得ることができた。総検査時間は平均77分で、201Tl使用時に比べ3分の1程度であった。副作用は1名でみられ、2度目の99mTc-TF投与時のアデノシン早送りによると思われる一過性の軽度心拍数上昇であった。総検査時間短縮アデノシン負荷安静時先行99mTc-TF負荷心筋血流シンチグラムは、小児においても診断に十分な画質の画像が得られると共に、総検査時間の短縮が可能である。
  • 小児における安静時先行アデノシン負荷Tc心筋シンチの有用性, 伴 由布子, 岩朝 徹, 門前 一, 日本小児循環器学会雑誌, 26, Suppl., s290, s290,   2010年06月
  • 信頼される心臓核医学検査を目指して 心筋血流検査Up Date, 門前 一, 核医学, 46, 3, 226, 226,   2009年09月
  • 当院での前立腺癌術後PSA再発に対する救済放射線治療の初期経験, 永田和也, 芥田敬三, 小笠原誠, 鈴木敬俊, 井上努, 山元卓, 平田誠, 門前一, 猪飼正夫, 溝脇尚志, 日本放射線腫よう学会誌, 21, Supplement 1, 184,   2009年08月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268898847831
  • 二核種123I-BMIPP/99mTc-TFを用いた心筋シンチ1時間法の検討, 平田 誠, 門前 一, 鈴木 敬俊, 小笠原 誠, 中西 明, 鷲見 直弘, 井上 努, 山元 卓, 原 正剛, 小林 久人, 結城 留実夫, 医学物理, 29, 1, 3, 11,   2009年07月
    概要:99mTc-tetrofosmin(99m-Tc-TF)と123I-β-methylparaiodophenyl-pentadecanoic acid(123-I-BMIPP)を用いて心筋二核種同時収集の検討を行い、収集Window幅の設定によリファントム実験では比較的良好に二核種の分離ができたが、臨床例では二核種の分離は困難であった。そこで二核種同時収集以外の方法として、二核種収集SPECTを行う新プロトコール(123-I-BMIPPの収集終了後に99m-Tc-TFを投与する)を立案しその有用性について検討した。その結果、今回検討した二核種心筋シンチは特別な道具を必要とせず、核医学検査で通常用いられる薬剤、機器で検査が可能であり、汎用性もあると考えられた。臨床例では二核種同時収集でのSPECT再構成画像は全く異なった集積を示し、二核種同時収集でのエネルギー分別は困難であったが、本プロトコールでは99m-Tc-TF収集Window幅を±5%に設定することで123-I-BMIPPの影響は殆どなく、幾何学的収集位置を変化させず短時間での検査が施行できることで臨床的有用性が高い可能性が示唆された。
  • 外部照射単独による子宮頸癌に対する根治的放射線治療成績, 永田和也, 芥田敬三, 飯田悦史, 小林久人, 鈴木敬俊, 井上努, 山元卓, 平田誠, 門前一, 猪飼正夫, 日本放射線腫よう学会誌, 20, Supplement 1, 146,   2008年09月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260440947720
  • 2次元電離箱式検出器を用いた強度変調放射線治療(IMRT)の検証, 鈴木 敬俊, 平田 誠, 山元 卓, 井上 努, 猪飼 正夫, 門前 一, 結城 留実夫, 日本放射線技術学会近畿部会雑誌, 14, 1, 132, 132,   2008年05月
  • MLCにおけるHalf Field法の検討, 山元 卓, 平田 誠, 井上 努, 鈴木 敬俊, 猪飼 正夫, 門前 一, 結城 留実夫, 日本放射線技術学会近畿部会雑誌, 14, 1, 125, 125,   2008年05月
  • Tc製剤を用いた負荷心筋シンチにおける最適収集条件の検討について, 平田 誠, 鷲見 直弘, 中西 明, 小笠原 誠, 鈴木 敬俊, 門前 一, 結城 留実夫, 日本放射線技術学会近畿部会雑誌, 14, 1, 122, 122,   2008年05月
  • 2次元電離箱式検出器を用いた強度変調放射線治療(IMRT)の検証, 鈴木 敬俊, 平田 誠, 山元 卓, 井上 努, 猪飼 正夫, 門前 一, 結城 留実夫, 日本放射線技術学会近畿部会雑誌, 13, 3, 71, 71,   2008年01月
  • MLCにおけるHalf Field法の検討, 山元 卓, 平田 誠, 井上 努, 鈴木 敬俊, 猪飼 正夫, 門前 一, 結城 留実夫, 日本放射線技術学会近畿部会雑誌, 13, 3, 69, 69,   2008年01月
  • Tc製剤を用いた負荷心筋シンチにおける最適収集条件の検討について, 平田 誠, 鷲見 直弘, 中西 明, 小笠原 誠, 鈴木 敬俊, 門前 一, 結城 留実夫, 日本放射線技術学会近畿部会雑誌, 13, 3, 68, 68,   2008年01月
  • 正しい心筋SPECT画像を撮るために 心臓SPECT検査でのアーチファクト軽減法, 門前 一, 原 正剛, 中西 明, 平田 誠, 山元 卓, 鷲見 直弘, 井上 努, 廣瀬 邦彦, 結城 留実夫, ニュータウンカンファレンス: 心臓核医学, 32, 1, 4,   2007年12月
  • DPC(Diagnosis Procedure Combination)の基礎と取り組み, 門前一, 京滋RI検査を語る会記録集(CD-ROM), 15, 3, 5,   2007年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273773496178
  • Modification of Ultra Fast Protocol, 門前 一, 核医学技術, 27, 4, 314, 314,   2007年10月
  • Dual isotopeによる心筋ストレスシンチの有用性, 鷲見 直弘, 門前 一, 小笠原 誠, 中西 明, 原 正剛, 平田 誠, 藤戸 寛次, 山元 卓, 結城 留実夫, 核医学技術, 27, 2, 155, 155,   2007年06月
  • 様々手法、解析を用いた脳血流定量値の比較検討 手動ROIとの比較も含めて, 中西 明, 門前 一, 小笠原 誠, 鷲見 直弘, 平田 誠, 山元 卓, 藤戸 寛次, 結城 留実夫, 核医学技術, 27, 2, 148, 148,   2007年06月
  • 時間短縮プロトコールの改良(Modification of Ultra Fast Protocol), 門前 一, 核医学技術, 27, 2, 120, 120,   2007年06月
  • 上腸間膜動脈閉塞を伴う下腸間膜動脈狭窄に対してステント留置術を施行した1例 幽門輪温存膵頭十二指腸切除後症例, 古田 昭寛, 小林 久人, 有本 麻耶, 清水 大功, 笠原 誓子, 高橋 孝博, 芥田 敬三, 石井 健太郎, 東條 正英, 平田 誠, 門前 一, 松永 尚文, IVR: Interventional Radiology, 22, 2, 204, 207,   2007年04月
    概要:症例は60歳代の女性で、4年前に幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を受けた。3年前に術後腸閉塞に対して小腸バイパス術を受け、この頃から腹部膨満感や下痢、軽い腹痛などをしばしば自覚していたが放置していた。今回、症状が増悪してきたため来院した。3D-CT検査で上腸間膜動脈閉塞と下腸間膜動脈狭窄を認め、腹部症状の原因は慢性腸管虚血であると判断した。治療法は初め外科的治療も考慮したが、症状が改善傾向にあることや、過去に2回の開腹術既往があることを考慮し、内科的治療を行うこととした。下腸間膜動脈の狭窄部にステントを留置し、良好な結果が得られた。
  • ベトナムへの放射線に関する医療技術支援, 山元 卓, 門前 一, 結城 留実夫, 滋賀医学, 29, 105, 105,   2007年03月
  • 1時間プロトコールによる99m Tc‐sestamibi心筋シンチグラフィの冠動脈疾患診断における有用性, 原正剛, 廣瀬邦彦, 佐藤民恵, 二井理恵, 下山寿, 森川雅, 富岡宣良, 渡邊裕, 門前一, 中西明, 小林久人, 結城留実夫, J Cardiol, 48, Supplement 1, 531,   2006年09月04日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206093324489
  • アデノシン負荷直後の出現する一過性局所壁運動異常の頻度と臨床的意義, 原 正剛, 廣瀬 邦彦, 佐藤 民恵, 二井 理恵, 下山 寿, 森川 雅, 富岡 宣良, 渡邊 裕, 門前 一, 中西 明, 小林 久人, 結城 留実夫, Journal of Cardiology, 48, Suppl.I, 411, 411,   2006年09月
  • MDCTが診断ならびに塞栓術に有用であった腰動脈損傷の1例, 古田 昭寛, 小林 久人, 笠原 誓子, 高橋 孝博, 芥田 敬三, 平田 誠, 門前 一, 松永 尚文, 臨床放射線, 51, 8, 987, 991,   2006年08月
    概要:50歳男.落下した丸太の下敷きとなり受傷した.近医のCTで後腹膜血腫を認めた.当院搬送後のMDCTにて腸腰筋腫大,腹部大動脈背側および腸腰筋周囲に血腫や造影剤の血管外漏出像を認めた.第12胸椎,第1,第2腰椎の横突起と棘突起の骨折,第2,4腰椎圧迫骨折を認めた.1mmスライス厚でのシネページング法では右第2腰動脈の途絶とその近傍の造影剤の血管外漏出像を認めた.右第2腰動脈の損傷が出血原因と診断し,緊急血管塞栓術を行った.右第2腰動脈の選択造影にて腰動脈根部から約1cm末梢で血管断裂,造影剤の血管外漏出を認めた.塞栓後の造影では血管外漏出像は消失し,血圧は速やかに上昇した.術後6病日の造影CTにて左第2腰動脈レベルに仮性動脈瘤を認め,再度塞栓術を施行した.術後経過は良好で,45病日に退院した
  • 腹部血管造影検査時の被ばく線量評価, 井上 努, 門前 一, 鷲見 直弘, 平田 誠, 山元 卓, 中西 明, 鈴木 敬俊, 小笠原 誠, 河合 寿恵, 結城 留実夫, 日本放射線技師会雑誌, 53, 6別冊, 35, 38,   2006年06月
    概要:簡易的な方法ではあるが固定管球での放射線測定にあたり方向依存性の影響が少ないSKI NDOSE MONITORを用い腹部血管造影検査を対象に当院の条件下で入射表面線量を測定し,現状の患者被ばく線量を実測した.また,その状況把握後,術者や主治医,医療スタッフにむけてInterventional Radiologyの放射線障害の可能性・被ばく低減の方法を記したパンフレットを作成し意識改革を促し,患者貢献を図った.被ばくの現状を把握し,パンフレットを作成することは,医療従事者の意識改革が図れ,患者貢献への一助となった
  • 注腸検査におけるリスクマネジメント 転落防止ベルトの試作について, 山元 卓, 門前 一, 中西 明, 平田 誠, 井上 努, 鈴木 敬俊, 小笠原 誠, 鷲見 直弘, 河合 寿恵, 結城 留実夫, 日本放射線技師会雑誌, 53, 6別冊, 23, 26,   2006年06月
    概要:転倒・転落による事故の大部分が頭部の受傷だったため,受検者の安全確保を最優先に考え,個人と組織を医療事故の被害から守ることを目的としたリスクマネジメントの観点から,物理的な予防策として受検者の転落防止ベルトを試作した.転落防止ベルトは検査開始前に装着し,すべてのベルトの固定は,両側の装置付属の手すりに転落防止ベルトの一端を取り付け,受検者の左右の腋窩からベルトを通し,受検者の胸部の前にマジックテープで固定した.縫製部の補強を行い改良し,合皮製転落防止ベルトになった.試作したベルトによって転倒・転落事故を完全に防止でき,より安全な検査施行が可能となった
  • マイルドハイパーサーミアにおける化学療法併用時の腫瘍への薬剤取り込み(The Drug Uptake in the Tumor When the Mild-Hyperthermia Treatment in Combination with the Chemotherapy in vivo), 小野 博史, 安藤 聡志, 鈴木 友昭, 門前 一, 天野 守計, 寺井 薫, 高橋 徹, 長谷川 武夫, 日本ハイパーサーミア学会誌, 22, 1, 23, 33,   2006年03月
    概要:42.5℃以上の処理温度を用いたハイパーサーミアと化学療法とを併用することで抗腫瘍効果を増強できることは既に知られている.本研究では,それ以下の処理温度であるマイルドハイパーサーミア(以下,MHT)との併用でも抗腫瘍効果の増強がみられるかを検討した.腫瘍成長抑制効果では,化学療法単独で使用するよりもMHTと併用した方が1.3倍腫瘍の成長を抑制し,病理学的にも細胞損傷の増大が認められた.さらに40℃から44℃加温処理による腫瘍内の血流の変化をみてみると,MHTの温度範囲内において血流増加が確認できた.また,Cisplatin投与後にMHTを行うと腫瘍内のCisplatin濃度が上昇した.これらより,MHTと化学療法の併用による抗腫瘍効果の増強は,腫瘍内の血流が増加し,抗がん剤が腫瘍内に多く取り込まれることに起因するのではないかと考えられる(著者抄録)
  • 副腎静脈サンプリング施行前のMDCTによる右副腎静脈検索の有用性, 古田昭寛, 小林久人, 笠原誓子, 高橋孝博, 芥田敬三, 平田誠, 門前一, 谷口孝夫, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 65th, S338-S339,   2006年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902212958704215
  • 【胸部の最新画像情報2006】 喀血・肺癌に対する血管内治療術前のmultidetector-row CTによる目的血管検索の有用性, 布浦 誓子, 小林 久人, 古田 昭寛, 高橋 孝博, 芥田 敬三, 門前 一, 田濃 孝司, 臨床放射線, 51, 1, 71, 77,   2006年01月
    概要:2004年2月〜2005年7月に血管内治療前にmultidetector-row CT(MDCT)と大動脈造影を施行した喀血・肺癌13例を対象に,両検査の治療血管描出率を比較した.治療血管19本のうち,大動脈造影では5本(26%)しか描出されなかったのに対しMDCTでは18本(95%)が描出された
  • 16列マルチスライスCTによる心房細動患者の左心耳血栓検出に関する検討, 下山 寿, 富岡 宣良, 佐藤 民恵, 二井 理恵, 原 正剛, 森川 雅, 渡邊 裕, 廣瀬 邦彦, 門前 一, 山元 卓, 田濃 孝司, 結城 留実夫, 日赤医学, 57, 1, 295, 295,   2005年09月
  • 四肢におけるCT angiogramの有用性について, 石川 浩三, 大井 克之, 樋上 敦, 長尾 由理, 諸岡 久香, 門前 一, 日赤医学, 57, 1, 203, 203,   2005年09月
  • CTAによる形成外科疾患四肢動脈造影の撮像法と有用性の検討, 門前 一, 田濃 孝司, 平田 誠, 鷲見 直弘, 井上 努, 山元 卓, 結城 留実夫, 古田 明寛, 布浦 誓子, 石川 浩三, 日赤医学, 57, 1, 175, 175,   2005年09月
  • 心腔内血栓診断におけるMDCT画像再構成法の検討, 門前 一, 田濃 孝司, 山元 卓, 井上 努, 結城 留実夫, 下山 寿, 佐藤 民恵, 広瀬 邦彦, 日赤医学, 57, 1, 174, 174,   2005年09月
  • チャーガによる抗がん作用及び放射線防護効果に研究, 門前 一, 長谷川 武夫, 岡本 秀史, 具 然和, 日本癌学会総会記事, 64回, 481, 481,   2005年09月
  • 三酸化二砒素とHyperthermiaの併用する処理順番の違いによる腫瘍成長抑制効果の比較(Comparisons of the Suppressive Effects on Tumor Growth by Different Combinations of Administration of Arsenic Trioxide and Hyperthermia), 鈴木 友昭, 門前 一, 門田 隼, 名本 裕一, 天野 守一, 小野 博史, 大野 由紀子, 前田 佳予子, 福山 篤司, 安藤 聡志, 高橋 徹, 山本 五郎, 長谷川 武夫, 日本ハイパーサーミア学会誌, 21, 2, 103, 112,   2005年06月
    概要:著者らはATO(三酸化二砒素)投与とHyperthermiaを併用する順番を変えた時,腫瘍成長抑制効果に違いがあるかを検討した.腫瘍体積変化の結果から,併用処理による相乗効果は見られたものの,両併用群間には腫瘍成長抑制効果に有意な差は見られなかった.また,腫瘍病理標本上の結果からも大きな違いは見られなかった
  • マイルド・ハイパーサーミアによる免疫能活性と抗腫瘍効果(The Activation of Immunological Activity and Anti-tumor Effects by Mild Hyperthermia), 宮田 勝行, 長谷川 武夫, 前田 佳予子, 安藤 聡志, 天野 守計, 福山 篤司, 門前 一, 具 然和, 高橋 徹, 山本 五郎, 日本ハイパーサーミア学会誌, 21, 1, 33, 45,   2005年03月
    概要:担癌マウスの大腿部に対して39℃から41℃の低温度の温熱治療を恒温水槽によって1時間加えた.温熱処理前後の白血球数,リンパ球数,NK細胞活性を調べた結果,42.5℃以下のマイルド温熱処理によって抗腫瘍効果が観測され,その腫瘍成長遅延に伴って白血球数,リンパ球数の一過性増加とNK細胞活性が観測された.これらの結果はマイルド・ハイパーサーミアによって,免疫能が活性されることが示唆された
  • IVR治療術前のMDCTによる肺癌・かっ血の責任血管検索の有用性, 布浦誓子, 小林久人, 古田昭寛, 高橋孝博, 門前一, 田濃孝司, 芥田敬三, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64th, S142,   2005年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230660570648
  • MDCTを用いたCTHAにおけるthin slice section(1mm厚)の有用性の検討, 古田 昭寛, 小林 久人, 布浦 誓子, 高橋 孝博, 門前 一, 田濃 孝司, 芥田 敬三, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64回, S270, S271,   2005年02月
  • IVR治療術前のMDCTによる肺癌・喀血の責任血管検索の有用性, 布浦 誓子, 小林 久人, 古田 昭寛, 高橋 孝博, 門前 一, 田濃 孝司, 芥田 敬三, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64回, S142, S142,   2005年02月
  • 高周波加温治療時における非侵襲的温度測定モニター(Non-Invasive Measurement of the Temperature Using Scanning Small Coils), 安藤 聡志, 門前 一, 天野 守計, 小野 博史, 鈴木 友昭, 前田 佳予子, 福山 篤司, 高橋 徹, 山本 五郎, 長谷川 武夫, 日本ハイパーサーミア学会誌, 20, 4, 249, 255,   2004年12月
    概要:hyperthermiaにおいて温度を測定することは重要である.そこで,著者らは従来の熱電対温度計でなく,コイルを使って温度を測ることを試みた.被加温体に高周波電界をかけると,周囲に高周波磁界を生じる.その磁界の減衰は1/(2πr:rは距離)である.そのプロファイルから電流密度を計算した結果,高周波電流と温度の上昇には相関が見られた.実際に加温を行い,サーモグラフィで撮影したものと,本研究によって得られた結果は相関が見られた.よって,被加温体の電流密度を測定すれば,非侵襲的に,温度が測定できることがわかった
  • CTAによる気管支動脈描出の有用性, 門前 一, 田濃 孝司, 久嶋 康秀, 結城 留実夫, 古田 昭寛, 小林 久人, 里田 直樹, 日赤医学, 56, 1, 267, 267,   2004年09月
  • 超急性期脳梗塞におけるCTAの有用性, 門前 一, 田濃 孝司, 久嶋 康秀, 結城 留実夫, 福田 俊一, 大塚 信一, 日赤医学, 56, 1, 267, 267,   2004年09月
  • マウスの甲状腺細胞におけるCytokine誘発自己免疫毒性に対するGanoderma Lucidumの効果(Effect of Ganoderma Lucidum on Cytokine-Induced Antigen Expression in Mouse Thyroid Cells), 具 然和, 崔 仁淑, 山下 剛範, 大嶋 正己, 門前 一, 鈴木 郁功, 中村 敬, 医学と生物学, 148, 9, 38, 44,   2004年09月
    概要:C3Hマウスの甲状腺組織における適合遺伝子複合体(MHC-II)の抗原の発現と,サイトカイン誘発性の細胞毒性について,glucanを主成分とするGanoderma Lucidum(G.Lucidum)投与の効果を検討した.その結果,1)細胞増殖時にはインターフェロン-γ(IFN-γ)が認められなかったが,細胞毒性を示す腫瘍壊死因子(TNF)-αは,IFN-γと予め培養することによって増加を認めた.2)G.Lucidumの主成分であるβ-glucan(5mg/ml)の水エキスは,IFN-γとTNF-αを介するマウス甲状腺細胞の毒性を有意に低減した(P<0.05,P<0.01).更に,マウスMHC-II抗原(FITC-0x6)に対するマウス単クローン性抗体により判明した様に,IFN-γ(1-100U/ml)が誘導する細胞の抗原を最高60%分解した. 3)IFN-γによって誘発される異所性甲状腺細胞MHC-II抗原は,G.Lucidumのエキスによって抑制された.以上,これらのことからも,G.Lucidumはサイトカインにより誘発される甲状腺細胞の破壊に対して自己免疫甲状腺疾患の治療において有効性を持っている可能性が示唆された
  • EF2001(Enterococcus・Faecalis)による抗腫瘍効果と放射線防護効果に関する研究, 門前 一, 中村 敬, 長谷川 武夫, 鈴木 郁功, 岩佐 広行, 具 然和, 日本癌学会総会記事, 63回, 289, 289,   2004年09月
  • 血球作用物質による組織内酸素分圧の上昇に関する研究, 天野 守計, 門前 一, 鈴木 敬俊, 長谷川 武夫, 日本放射線技師会雑誌, 51, 1, 38, 44,   2004年01月
    概要:脳血管循環改善薬であるpentoxifyllineとvinpocetine,抗血小板薬であるticlopidine hydrochlorideの3薬剤を用いて,放射線治療時における低酸素細胞への酸素分圧上昇にともなう酸素効果について検討した.マウスの腹腔内に投与することにより,腫瘍内(SCC-VII)酸素分圧が上昇し,腫瘍内酸素分圧上昇の薬効時間を確認した.15Gy照射30分前に薬剤投与することにより酸素効果が得られ,腫瘍成長抑制が認められた
  • 放射線治療における組織内酸素分圧測定の有用性, 伊田 和司, 天野 守計, 門前 一, 前田 佳予子, 福山 篤司, 安藤 聡志, 小野 博史, 大野 由紀子, 鈴木 友昭, 村林 甲介, 長谷川 武夫, 生体医工学, 41, 4, 517, 517,   2003年12月
  • マイルド・ハイパーサーミアによる免疫能活性の増強について, 長谷川 武夫, 小野 博史, 高橋 徹, 大野 由紀子, 鈴木 友昭, 村林 甲介, 前田 佳予子, 門前 一, 山本 五郎, 日本ハイパーサーミア学会誌, 19, 4, 221, 221,   2003年12月
  • マイルド・ハイパーサーミアによる血流増加に伴なう制癌剤の効果増強, 長谷川 武夫, 小野 博史, 高橋 徹, 大野 由紀子, 鈴木 友昭, 村林 甲介, 前田 佳予子, 門前 一, 山本 五郎, 日本ハイパーサーミア学会誌, 19, 4, 220, 220,   2003年12月
  • パン酵母抽出高分子多糖体(β-1,3-D-Glucan)の抗腫瘍効果,放射線防護効果, 吉村 明伸, 長谷川 武夫, 門前 一, 俵屋 仁司, 高橋 徹, Radioisotopes, 52, 12, 687, 691,   2003年12月
    概要:パン酵母抽出高分子多糖体β-1,3-D-グルカン(マクログルカン)の免疫能活性に伴う抗腫瘍効果,及び生体の放射線防護効果について,マウスを用いて実験した.51Cr標識細胞による細胞傷害活性の測定により,Natural Killer(NK)細胞やLymphokine Activated Killer(LAK)細胞が無処理群と比較し投与群で有意に活性化し,マクログルカン投与により免疫能が活性化されたと考えられた.NK,LAK細胞の活性により有意な抗腫瘍活性が観察された.X-ray alone群と比較し投与群に有意な体重減少の抑制が観察され,マクログルカンによる小腸等消化器系への防護効果と考えられた.また,3日目以降の投与群における体重減少の抑制がX-ray alone群に比較し顕著に現れていたことから,マクログルカンによる小腸のクリプト細胞への防護が考えられ,別の一因としてマクログルカン投与による免疫能活性に伴う感染への防護が考えられた.更に,マクログルカン投与により,50%致死率で比較すると,延命効果が3日間増加し,延命効果が示唆された
  • X線診療時における医師の手指被ばくの現状, 川辺 睦, 門前 一, 保健物理, 38, 4, 291, 293,   2003年12月
    概要:放射線科,循環器科,整形外科,消化器内科の医師各1名を対象に,2週間に亘り線量計を手指に装着して診療に従事してもらい,被ばくの現状を評価した.その結果,透視時間は各々147分49秒,283分44秒,9分14秒,6分50秒と循環器科医が有意に多かったが,測定線量は各々6.3mSv,12.0mSv,3.7mSv,41.2mSvであり,時間当たりの被ばく線量は消化器内科医が最も多かった
  • 三酸化二砒素とハイパーサーミア併用療法による抗腫瘍効果の増強, 鈴木 友昭, 門前 一, 安藤 聡志, 小野 博史, 高橋 徹, 山本 五郎, 長谷川 武夫, 日本ハイパーサーミア学会誌, 19, Suppl., 160, 160,   2003年09月
  • Mild-HyperthermiaとChemotherapy併用療法による薬剤取り込みの増強と抗腫瘍効果の増強, 小野 博史, 門前 一, 安藤 聡志, 鈴木 友昭, 高橋 徹, 山本 五郎, 長谷川 武夫, 日本ハイパーサーミア学会誌, 19, Suppl., 155, 155,   2003年09月
  • X線診断領域における患者表面線量の測定(測定装置の構築), 鈴木敬俊, 門前一, 銭谷潔, 結城留実夫, 佐々木理, 日本放射線技師会雑誌, 50, 3, 189, 193,   2003年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902216532984186
  • 三酸化二ひ素とハイパーサーミアの併用による固形腫よう成長抑制効果の検討, 鈴木友昭, 東智史, 門前一, 福山篤司, 安藤聡志, 小野博史, 長谷川武夫, 日本放射線技術学会中部部会誌, 5, 1, 196, 197,   2003年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252873950219
  • IMP:Cross Calibration Factor算出のProgramの開発, 福山篤司, 安藤聡志, 門前一, 天野守計, 小野博史, 日本放射線技術学会中部部会誌, 5, 1, 108, 109,   2003年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228266072832
  • ハイパーサーミアにおける非侵襲的温度測定装置の開発, 安藤聡志, 福山篤司, 門前一, 天野守計, 小野博史, 長谷川武夫, 日本放射線技術学会中部部会誌, 5, 1, 110, 111,   2003年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902201599933066
  • X線診断領域における患者表面線量の測定(測定装置の構築), 鈴木 敬俊, 門前 一, 銭谷 潔, 結城 留実夫, 佐々木 理, 日本放射線技師会雑誌, 50, 3, 189, 193,   2003年03月
    概要:X線照射時の管電圧,管電流,撮影時間,焦点-皮膚間距離(FSD),総ろ過等のファクタをもとに表面線量を求められるよう,X線高電圧装置に自動計算できる基板を組み込み,撮影と同時に表面線量を表示できるシステムを構築した.組み込む基板には,装置固有の係数を用いた表面線量推定式をインストールした.又,推定式に不可欠なFSDを簡易に求めるため,超音波を利用した距離計を作製し,得られたデータを基板に自動入力できるようにした.この装置に表示される値と,電離箱線量計で測定した実測値との誤差を調べたところ,管電圧,管電流,撮影時間の変化についは,誤差は各々1.7〜-2.0%,0.3〜-7.2%,1.9〜-3.8%と小さく,高い相関が認められた.一方,FSDの変化では8.4〜-2.1%と誤差が若干大きく,これはFSDの変化に対する補正係数が考慮されていないことと,超音波距離計の精度(±2cm)に由来すると考えられた
  • 乳酸菌の放射線防護効果及び免疫能活性, 門前 一, 具 然和, 長谷川 武夫, 結城 留実夫, Radioisotopes, 52, 3, 128, 135,   2003年03月
    概要:乳酸菌の一種である腸球菌Enterococcus faecalis(Ef)製剤であるEF2001を用いて,投与後のマウスによる放射線照射に対する放射線防護効果及び投与時のNK細胞の活性度側定による免疫能活性を検討した.放射線照射したマウスの体重減少割合の低下,生存日数の延長,大・小腸の粘膜保護効果の3点から,EF2001の放射線防護効果を確認した.又,NK細胞の活性度が有意に上昇したことから感染予防効果,免疫能増強効果があり,発癌抑制等も期待できた
  • CR-Dryにおける,イメージングプレートを用いたFilm Copy法の画質評価, 安藤 聡志, 福山 篤司, 小野 博史, 松浦 香苗, 門前 一, 天野 守計, 日本放射線技術学会雑誌, 58, 9, 1157, 1158,   2002年09月
  • テアニンによる放射線増感効果と生理活性, 小野 博史, 門前 一, 前田 佳予子, 福山 篤司, 天野 守計, 安藤 聡志, 長塚 悟, 野口 憲一, 伊芸 直樹, 小関 誠, Juneja Lekh Raj, 高橋 徹, 具 然和, 長谷川 武夫, 日本放射線影響学会大会講演要旨集, 45回, 143, 143,   2002年09月
  • マイルド・ハイパーサーミアによる免疫能活性, 長谷川 武夫, 高橋 徹, 具 然和, 野口 憲一, 小野 博史, 安藤 聡志, 天野 守計, 長塚 悟, 門前 一, 前田 佳予子, 福山 篤司, 山本 五郎, 日本放射線影響学会大会講演要旨集, 45回, 97, 97,   2002年09月
  • 動脈塞栓材(SPHEREX)による塞栓時間と血流量の測定, 長谷川 武夫, 具 然和, 伊藤 規充, 河合 寿恵, 鈴木 亜貴子, 野口 憲一, 吉村 明伸, 安藤 聡志, 天野 守計, 伊藤 今日一, 福山 篤司, 長塚 悟, 小野 博史, 門前 一, 前田 佳予子, 宮田 勝行, 鈴鹿医療科学大学紀要, 9, 97, 107,   2002年08月
    概要:血中アミラーゼで分解される動脈塞栓材D.S.M.の経時的変化と塞栓時間をラットモデルを用いて測定した.アミラーゼ活性20,40,60U/mlの溶液にD.S.M.0.1ml(100倍希釈)を添加して経時的に分解程度を測定し,ラットをD.S.M.(500倍希釈)0.3mlのみ,α-アミラーゼ4.4,5.0,5.86U/mlを追加投与した4群に分け,右大腿部血流量を測定した.その結果,α-アミラーゼ活性が高くなるほどD.S.M.がよく分解され,α-アミラーゼ活性とD.S.M.半減期との間に指数関数的な関係がみられた.α-アミラーゼ投与量の増加により塞栓時間の短縮が観測され,両者間に負の相関を認め,体内でもα-アミラーゼ活性は変わらないことが確認できた.以上より正常組織への流出D.S.M.の分解速度を速めることで副作用の軽減が示唆され,臨床での利用価値が高まると考えられた
  • 放射線防護剤及び放射線増感剤に関する研究, 長谷川 武夫, 具 然和, 伊芸 直樹, 下山 紳一, 鈴田 博樹, 野口 憲一, 吉村 明伸, 安藤 聡志, 天野 守計, 伊藤 今日一, 福山 篤司, 長塚 悟, 小野 博史, 前田 佳予子, 門前 一, 宮田 勝行, 鈴鹿医療科学大学紀要, 9, 87, 96,   2002年08月
    概要:種々の試薬の放射線防護作用及び低酸素増感剤が癌細胞に与える影響についてマウスを用いて調べた.マウス30匹をアルコール+X線群,システアミン+X線群,照射単独群に分け,7.5Gy全身照射後の体重変化,死亡率を無処理群と比較検討した.又,大腿部担癌マウス44匹をコントロール群,照射単独群,KU-2285+X線群,システアミン+X線群に分け,腫瘍局所12Gy,全身7.5Gy照射後の癌組織の大きさと体重変化を調べた.その結果,システアミン・アルコール群の腸管Villi細胞は照射単独群に比べて保たれ,又,生存率もシステアミン群7日,アルコール群8日とコントロール5日と比べて高く,放射線保護効果が認められた.又,腫瘍の大きさが10倍を超えた日はシステアミン群23日,KU-2285群37日とコントロール6日と比べ延長しており,癌細胞の放射線感受性を高める作用が認められた
  • テアニンによる体表面温度と血流の変化, 長谷川 武夫, 具 然和, 池畑 恵, 今井 美智子, 松岡 理恵, 野口 憲一, 吉村 明伸, 安藤 聡志, 天野 守計, 伊藤 今日一, 福山 篤司, 長塚 悟, 小野 博史, 門前 一, 宮田 勝行, 鈴木 郁功, 前田 佳予子, 小関 誠, 鈴鹿医療科学大学紀要, 9, 78, 86,   2002年08月
    概要:お茶に含まれるテアニンの持つ末梢血流増加作用と体表面温度上昇作用に重点を置き,ヒトとマウスを使って血流と体表面温度の変化を調べた.マウス3匹ずつにテアニン200mg/50kgとプラセボ同量を腹腔内投与し,又,男女各5名のボランティアにテアニン100mgを経口投与し,経時的に皮膚血流量,直腸温度,血球成分を測定した.その結果,マウスのテアニン投与群では体表血流変化,体温変化で有意な上昇,及びヘマトクリット値の減少,リンパ球・顆粒球数の安定化効果が認められた.ヒトでは女で体表面温度が著しく上昇した.以上よりテアニン摂取によってリラックス効果が得られ,毒性の危険性が無く,末梢血流量増加,体温上昇効果をもたらす有用な健康食品であると考えられた
  • 対向小型コイルアンテナのスキャンによる非侵襲的温度モニターの試み, 長谷川 武夫, 具 然和, 小川 篤, 松井 幸正, 畑中 眞紀, 安藤 聡志, 天野 守計, 長塚 悟, 小野 博史, 野口 憲一, 伊藤 今日一, 福山 篤司, 吉村 明伸, 前田 佳予子, 門前 一, 宮田 勝行, 鈴鹿医療科学大学紀要, 9, 64, 77,   2002年08月
    概要:8MHzRF波加温装置(THERMOTROM-RF8)を用いて,人体等価物質(4%寒天)のファントムを加温し,ファントム周辺の電界強度分布を高周波電流測定回路により測定することで,非侵襲的にファントム内温度分布を求めることを試みた.その結果,RF電流からの磁界強度は1/(2π)で減衰した.RF電流と上昇温度には高相関が見られた.磁界で求めた二次元温度分布と温度二次元分布には高相関が見られた.以上より非侵襲的温度モニターは高周波電磁波から発生する磁界をコイルアンテナにより信号を検出するので,患者を傷つけることなく温度測定でき,小型でしかも安価であり有用であると考えられた
  • CR・イメージングプレートを用いたフィルムコピー法の画質評価, 福山 篤司, 安藤 聡志, 増田 竜樹, 小林 幸江, 中北 文歌, 矢邊 真弓, 吉村 明伸, 野口 憲一, 長塚 悟, 小野 博史, 天野 守計, 伊藤 今日一, 門前 一, 前田 佳予子, 宮田 勝行, 長谷川 武夫, 鈴鹿医療科学大学紀要, 9, 54, 63,   2002年08月
    概要:廃液処理を必要としない乾式フィルムによる出力(CD-DRY方式)を行っている施設で,イメージングプレート(IP)とシャウカステンのみを使用するフィルムコピー法の画像評価し,臨床における最適条件を検討した.その結果,一次励起の最適条件はFFD〜150cm,mAs値31.25mAs,管電圧60kVとなった.乾式フィルムの最大黒化度は湿式フィルムより低い値を示した.MTF〜0.5を基準とすると,露光時間80秒が最も原本に近く,分解能は20%の低下にとどまった.WS値は50秒が最も小さく,ノイズが少ないことを示した.一般撮影領域にて最も重要な低周波空間においてのNEQ(総合画像評価の指標)は,50〜70秒がよい結果となった
  • 診断領域の簡易被ばく線量測定装置に関する研究 患者被ばく線量還元システムの構築を目指して, 門前 一, MEDICAL NOW, 49, 25, 28,   2002年07月
    概要:X線照射時の管電圧,管電流,タイマー,Film-Skin-Distance,総濾過等のファクターをもとに被曝線量を自動計算する基板をX線高電圧装置に組み込むことで,撮影と同時に被曝線量を表示できるシステムを開発した.組み込んだ基板には,装置固有の係数を用いた被曝線量推定式をインストールした.このシステムに表示される値と電離箱線量計による実測値との相関性をアクリルファントムで検討したところ,両者の誤差は極めて小さく本システムの有用性が確認された
  • 高周波加温治療時の非襲侵的温度モニター装置の開発, 安藤 聡志, 畑中 眞紀, 松井 幸正, 小川 篤, 宮田 勝行, 門前 一, 伊藤 今日一, 福山 篤司, 吉村 明伸, 天野 守計, BME, 15, 12, 319, 319,   2001年12月
  • The anti-tumor effects of DSM in the different dose of amylase activity., 森部龍祐, 門前一, 銭谷潔, 結城留実夫, 佐野幹夫, 長谷川武夫, 日本放射線技師会雑誌, 48, 11, 1521, 1526,   2001年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902158428108978
  • アミラーゼ活性の違いによるDSMの抗腫瘍効果(The anti-tumor effects of DSM in the different dose of amylase activity), 森部 龍祐, 門前 一, 銭谷 潔, 結城 留実夫, 佐野 幹夫, 長谷川 武夫, 日本放射線技師会雑誌, 48, 11, 1521, 1526,   2001年11月
    概要:アミラーゼ活性や分解性澱粉ミクロスフェア(DSM)投与量の変化がDSMの抗腫瘍効果又は副作用に及ぼす影響について検討した.103症例に対し,DSMを用いて経カテーテル的動脈塞栓術(TAE)を施行し,うち31例についてはTAE施行20ヵ月にアミラーゼ活性を測定した.DSMの抗腫瘍効果はCT画像により評価した.有意差は認められなかったものの,アミラーゼ活性と抗腫瘍効果を示すDSM分解との間には一定の傾向が認められた.以上より,アミラーゼ活性は塞栓時間とDSM分解スピードに影響を及ぼすことが示唆された.又,DSM量は塞栓部位,腫瘍血管及び腫瘍サイズを反映するものと考えられた
  • マイルド・ハイパーサーミアによる免疫能活性の増強, 長谷川 武夫, 具 然和, 高橋 徹, 宮田 勝行, 門前 一, 鈴木 郁功, 小倉 和恵, 日本放射線影響学会大会講演要旨集, 44回, 128, 128,   2001年10月

特許

  • 低エネルギー放射線防護材, 門前一, 特願2014-134364

競争的資金

  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 放射線治療における新低吸収素材器具の開発, 奥村 雅彦
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 正確な小線源治療を担保するリアルタイムIn vivo dosimetryの開発, 吉田 謙
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 口腔癌3次元画像誘導小線源治療におけるリアルタイム線量評価システムの構築, 秋山 広徳
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 治療室内CT画像に基づく適応放射線治療の確立, 西村 恭昌
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 金属含有放射線遮蔽紙を用いた新しい放射線防護体系の確立, 門前一
  • 日本学術振興会, 基盤研究(A), 生物画像情報と四次元放射線治療を統合した個別化放射線治療法の開発 研究課題, 平岡 真寛
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 金属粉含有機能紙による新しい放射線防護材の研究・開発, 門前一
  • 日本学術振興会, 基盤研究(S), 難治がんの治療成績向上を目指した革新的放射線治療技術の開発, 平岡 真寛