KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

遠藤 剛エンドウ タケシ

プロフィール

所属部署名分子工学研究所
職名客員教授
学位工学博士
専門高分子合成
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/316-endou-takeshi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    分子工学研究所では産学連携の推進を基盤として、学術サイドからの独創的アイデアを産業界の要望と効果的に融合させることにより社会に役立つ新高分子材料を創成しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1969年, 東京工業大学, 理工学研究科, 化学工学
  •  - 1964年, 横浜国立大学, 工学部, 応用化学科

経歴

  •   2000年,  - 2003年,  山形大学工学部教授

研究活動情報

研究分野

  • 生物分子科学, 生物分子科学
  • 複合化学, 合成化学
  • 複合化学, 高分子化学

研究キーワード

  • 高分子合成, 合成化学, 生物有機化学

論文

  • エポキシドの開環重合における各種スルホニウム塩熱潜在性, 松本 幸三, 下川 瑛志, 遠藤 剛, 上野 卓朗, 河岡 良明, 高下 勝滋, ネットワークポリマー, 33, 6, 329, 335,   2012年11月
    概要:エポキシドの開環重合における各種スルホニウム塩熱潜在性に関する研究
  • エポキシ-ジシアンジアミド硬化系における尿素誘導体による促進効果, 須藤 篤, 木村 美華, 劉 向東, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 30, 6, 304, 311,   2009年12月
  • Synthesis of A Methacrylic Monomer having Pendant Cyclohexene Cyclic Carbonate-Easy CO2 Fixation and Radical Polymerization, Barkakaty, B., 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 2, 545, 549,   2011年01月
  • Methacrylate-Based Ionic Liquid: Radical Polymerization/Copolymerization with Methyl Methacrylate and Evaluation of Molecular Weight of the Obtained Homopolymers, 松本 幸三, Talukdar Bandana, 遠藤 剛, Polymer Bulletin,   2010年12月
  • Controlled Cyclopolymerization through Quantitative 19-Membered Ring Formation, 落合 文吾, 遠藤 剛, Ootani Yuuko, Journal of American Chemical Society, 130, 33, 10832, 10833,   2008年12月
  • Reductive Coupling of Carbodiimide by Samarium(Ⅱ) Diiodide and its Application to Synthesis of Networked Polymers, 前田 真也, 須藤 篤, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 34, 4, 172, 177,   2013年
    概要:側鎖にカルボジイミドを有するポリマーをヨウ化サマリウムにより還元的カップリング反応を行ない、ネットワークポリマーを合成した
  • Substituent Effects of N-Alkyl Groups on Thermally Induced Polymerization Behavior of 1,3-Benzoxazines, 須藤 篤, Du, L.C., 平山 正次, 遠藤 剛, J.Polym.Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 13, 2777, 2782,   2010年05月
    概要:種々のN-アルキルベンゾオキサジンの重合挙において、アルキル基がかさ高いほど重合は遅く、同時に副反応としてのイミンの脱離が顕著になることが明らかになった。
  • Living Cationic Ring Opening Polymerization of 5-Membered Cyclic Dithiocarbonate Controlled by Neighboring Group Participation of Carbamate Group, 本九町 卓, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 45, 19, 4459, 4464,   2007年10月
    概要:カルバメート基を有する5員環環状ジチオカーボナートのカチオン開環重合を検討した結果、重合生長末端のカチオンに対してカルバメート基が隣接機関与し、末端が安定化されることで重合がリビング的に進行することを見出した。
  • Synthesis of polymethacrylamides having a sugar moiety with an aliphatic hydrocarbon spacer and their application to control adhesion of hepatocytes cancer cells on the materials, 豊島 雅幸, 松本 幸三, 後藤 光昭, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 51, 19, 4003, 4010,   2013年09月
    概要:Studies on Synthesis of polymethacrylamides having a sugar moiety with an aliphatic hydrocarbon spacer and their application to control adhesion of hepatocytes cancer cells on the materials
  • Thermally latent polyaddition and curing of di- and tri-functional hemiacetal esters with diepoxide by salen-zinc complex with tunable catalytic activity and model and networking reactions, Komatsu Hiroyuki, 遠藤 剛, 落合 文吾, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 4, 1427, 1439,   2008年12月
  • Synthesis of Polymers Bearing 1,3-Benzoxazine Moiety in the Side Chains from Poly(allylamine) and Their Crosslinking Behaviors, 尾家 広章, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 14, 3174, 3183,   2011年07月
  • RAFT Polymerization of N-Vinylimidazolium Salts and Synthesis of Thermoresponsive Ionic Liquid Block Copolymers, 森 秀晴, 遠藤 剛, M. Yahagi, Macromolecules, 42, 21, 8082, 8092,   2009年12月
  • Perfume polymer. Capsule perfume and pro-fragrance, 森長 久豊, 遠藤 剛, 未来材料, 8, 3, 10, 13,   2008年12月
  • Solid-supported synthesis of well-defined amphiphilic block copolymer from methacrylates, 永井 大介, 須藤 篤, 遠藤 剛, Fuji Asuka, 落合 文吾, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 6, 1990, 1997,   2008年12月
  • Synthesis of networked polymers by crosslinking reactions of polybenzoxazine bearing allyl group in the side chain, 遠藤 剛, 須藤 篤, 尾家 広章, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 9, 2035, 2039,   2013年05月
    概要:側鎖にアリル基を持つポリベンゾオキサジンとジチオールの架橋反応によってネットワークポリマーを合成した
  • Syntheses and functions of novel monomers and polymers derived from epoxides, 遠藤 剛, 須藤 篤, ネットワークポリマー, 31, 3, 103, 112,   2010年12月
  • Synthesis of Well-Defined Alternating Copolymers by RAFT Copolymerization of N-Vinylnaphthalimide, Yuya Maki, 遠藤 剛, 森 秀晴, Macromolecules, 41, 22, 8397, 8404,   2008年12月
  • Influence of curing catalyst for the thermal stability of polyurethane having terminal triethoxysilyl group, Nomura Yukihiro, 遠藤 剛, Inui Jun, Sato Sinichi, 森 秀晴, 日本接着学会誌, 44, 7, 245, 251,   2008年12月
  • Development and Application of Novel Ring-Opening Polymerizations to Functional Networked Polymers, 遠藤 剛, 須藤 篤, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 19, 4847, 4858,   2009年12月
  • Reversible Photo-Mechanical Switching Behavior of Azobenzene-Containing Semi-Interpenetrating Network under UV and Visible Light Irradiation, Kim, H.-K., Wang, X.-S., 藤田 幸宏, 須藤 篤, 西田 治男, 藤井 政幸, 遠藤 剛, Macromol. Chem. Phys., 206, 20, 2106, 2111,   2005年11月
    概要:アゾベンゼン骨格を有する擬相互侵入網目構造ネットワークポリマーの紫外光および可視光に対する応答について調べた。その結果、これら光のOn-Offに応答してネットワークポリマーフィルムの形状が高速かつ可逆的に変化することを見出した。
  • Enhanced degradation of cellulose acetate films in the copresence of triphenylsulfonium salt and benzophenone, Hosono Kiyoshi, 遠藤 剛, Kanazawa Akihiko, 森 秀晴, Journal of Applied Polymer Science, 109, 5, 3157, 3164,   2008年12月
  • Design and Synthesis of Ionic-Conductive Epoxy-Based Networked Polymers, 松本 幸三, 遠藤 剛, Reactive & Functional Polymers, 73, 2, 278, 282,   2013年01月
    概要:Studies on Design and Synthesis of Ionic-Conductive Epoxy-Based Networked Polymers
  • 五員環環状カーボナート、ジチオカーボナート構造を持つスチレン系ポリマーとアミン類の反応およびネットワークポリマーへの応用, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 米森 重明, 渡部 昌司, ネットワークポリマー, 34, 6, 316, 322,   2013年11月
    概要:五員環環状カーボナート、ジチオカーボナート構造を持つスチレン系ポリマーとアミン類の反応およびネットワークポリマーへの応用に関する研究
  • Polyaddition of Bifunctional 1,3-Benzoxazine and 2-Methylresorcinol, 尾家 広章, 森 敦, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 18, 3867, 3872,   2013年09月
    概要:2官能ベンゾオキサジンとレゾルシノールの重付加反応によって室温で線状ポリマーを合成した
  • Development of High Performance Networked Polymers Consisting of Isocyanurate Structures Based on Selective Cyclotrimerization of Isocyanates, 森次 正樹, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 24, 5186, 5191,   2011年12月
  • Phosgene-Free Synthesis of N-Carboxyanhydrides of α-Amino Acids Based on Bisarylcarbonates as Starting Compounds, 藤田 幸宏, 古賀 孝一, Kim, H.-K., Wang X.-S., 須藤 篤, 西田 治男, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 45, 22, 5365, 5360,   2007年11月
    概要:アミノ酸NCAのノンホスゲン合成法の開拓を目指し、種々のカーボナートとアミノ酸との反応性を検討した。その結果、ビス(2,4-ジニトロフェニル)カーボナートおよびビス(ペンタフルオロフェニル)カーボナートなど電子吸引性基を有するカーボナート類がアミノ酸と円滑に反応し、対応するNCAを高収率で与えることを見出した。
  • Controlled cyclopolymerization through quantitative 19-membered ring formation, 落合 文吾, 遠藤 剛, Ootani Yuuko, Journal of the American Chemical Society, 130, 33, 10832, 10833,   2008年12月
  • Thermally latent synthesis of networked polymers from multifunctional hemiacetal ester and diepoxide catalyzed by schiff-base-zinc chloride complex, Komatsu Hiroyuki, 遠藤 剛, 落合 文吾, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 11, 3682, 3689,   2008年12月
  • Stable Heterocumulene Monomer in Water; Synthesis and Polymerization of (Meth)acrylates Having an Isothiocyanate Structure, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 51, 21, 4522, 4529,   2013年11月
    概要:Studies on Stable Heterocumulene Monomer in Water; Synthesis and Polymerization of (Meth)acrylates Having an Isothiocyanate Structure
  • 植物油脂からの湿気硬化型接着剤の設計と架橋構造の体加水分解性のへの影響, 乾 純, 松本 幸三, 遠藤 剛, 佐藤 慎一, ネットワークポリマー, 34, 3, 128, 134,   2013年05月
    概要:植物油脂からの湿気硬化型接着剤の設計と架橋構造の体加水分解性のへの影響に関する研究
  • Convenient and Useful Synthesis of N-Carboxyanhydride Monomers through Selective Cyclization of Urethane Derivatives of alpha-Amino Acids, 古賀 孝一, 須藤 篤, 遠藤 剛, H.-K. Kim, 西田 治男, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 15, 3839, 3844,   2009年12月
  • Preparation of Networked Polymer Electrolytes by Copolymerization of a Methacrylate With an Imidazolium Salt Structure and an Ethyleneglycol Dimethacrylate in the Presence of Lithium Bis(trifluoromethanesulfonyl)imide, 松本 幸三, Talukdar Bandana, 遠藤 剛, Polymer Bulletin,   2010年12月
  • Synthesis of refractive star-shaped polysulfide by anionic polymerization of phenoxy propylene sulfide using an initiating, Hirata Mitsuhiro, 遠藤 剛, 落合 文吾, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 48, 3, 525, 531,   2010年12月
  • Facile Synthesis of Polymers Bearing Cyclic Carbonate Structure through Radical Solution and Precipitation Polymerizations Accompanied by Concurrent Carbon Dioxide Fixation, 落合 文吾, 遠藤 剛, Y. Hatano, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 12, 3170, 3176,   2009年12月
  • Photomechanical Switching Behavior of Semi-Interpenetrating Polymer Network Consisting of Azobenzene-Carrying Crosslinked Poly(vinyl ether) and Polycarbonate, Kim, H.-K., Wang, X.-S., 藤田 幸宏, 須藤 篤, 西田 治男, 藤井 政幸, 遠藤 剛, Macromol. Rapid Commun., 26, 13, 1032, 1036,   2005年06月
    概要:側鎖にアゾベンゼン骨格を有するネットワークポリビニルエーテルとポリカーボナートとの擬相互侵入網目構造ネットワークフィルムを作成し、そこに光を照射したところ、フィルムのサイズが光のオン-オフに対して極めて高速で応答することを見出した。
  • Preparation and Properties of a Novel Polythiophene, Poly[(3-hexyliminomethyl)thiophene] (P3HIT) with a High Regioregularity, Lee, K. H., 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 5, 1190, 1194,   2011年03月
  • Miscibility of Polynorbornene/Poly(styrene-co-hydroxystyrene) Binary Blend Based on Hydrogen-Bonding Interaction, 田中 斎文, 遠藤 剛, 西田 治男, Macromolecular Chemistry and Physics, 210, 15, 1235, 1240,   2009年12月
  • Controlled Synthesis of Alternating Copolymers by RAFT Copolymerization of N-Vinylphthalimide with NIsopropylacrylamide, Maki Yuka, 遠藤 剛, 森 秀晴, Macromolecular Chemistry and Physics, 211, 10, 1137, 1147,   2010年12月
  • Syntheses of bisphenol-type oligomers having five-membered dithiocarbonate groups at the terminals and their application as accelerators to epoxy-amine curing system, Zhang Yuan, 須藤 篤, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 5, 1907, 1912,   2008年12月
  • Efficient Accelerating Effect of Carbonyldiimidazole on Epoxy-Dicyandiamide (DICY) Curing System, Liu, X. D., 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 1, 250, 256,   2011年01月
  • 水溶性二官能性エポキシ化合物を用いたポリ(γ-グルタミン酸)の水中での架橋反応, 松本 幸三, 徳 都, 藤井 政幸, 遠藤 剛, 七戸 誠, ネットワークポリマー, 30, 3, 136, 141,   2009年12月
  • Synthesis of Amphiphilic Copolymer Having Acid-Labile Bicyclo Bisoxazolidine in the Side Chain for Controlled Release of Fragrance Aldehyde, Wang, Y., 森長 久豊, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 8, 1881, 1886,   2011年04月
  • 機能性材料の設計:分子設計から分子工学, 遠藤 剛, 未来材料, 13, 1, 1, 4,   2013年01月
  • エポキシドとCO2から得られる五員環カーボナートとアミンとの開環重付加によるネットワークポリヒドロキシウレタンの合成と熱挙動, 前田 真也, 須藤 篤, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 34, 1, 1, 8,   2013年01月
    概要:二酸化炭素とエポキシドから五員環カーボナートを合成しアミンとの開環重付加反応によりネットワークポリヒドロキシウレタンを合成し、その熱挙動を明らかにした
  • Epoxy Curing Process with Small Shrinkage Based on Binary Nucleophilic Reagent System Consisting of Amine and Carboxylic Acid, 須藤 篤, 磯部 行夫, 遠藤 剛, Journal of Applied Polymer Science, 112, 2, 836, 842,   2009年12月
  • Synthesis of A Norbornene Monomer Having Cyclic Carbonate Moiety Based on CO2 Fixation and Its Transition Metal-Catalyzed Polymerizations, 須藤 篤, 森下 秀直, 遠藤 剛, J.Polym.Sci. Part A: Polym. Chem. , 48, 17, 3896, 3902,   2010年07月
  • A Bulk Mixture System of Cyclodextrin and Amine-Terminated Polyether: Observation of Reversible Thermoswitching Behavior between Fluid and Gel-like States, 磯部 行夫, 須藤 篤, 遠藤 剛, Macromolecules, 39, 23, 7783, 7785,   2006年11月
    概要:シクロデキストリンと末端アミノ化ポリエーテルの混合物の熱応答挙動を検討した。その結果、ある閾値温度以上に加熱すると、それを境に急激に流動状態からゲル状態へと転移し、それを冷却すると再び流動状態が回復することが明らかになった。
  • One-Pot Synthesis of Graft Copolymer by Combination of Free Radical Polymerization and Polyaddition, 落合 文吾, 遠藤 剛, Y. Kato, Macromlecules, 42, 21, 8001, 8002,   2009年12月
  • Synthesis of 1H-Quinazoline-2,4-diones from 2-Aminobenzonitriles by Fixation of Carbon Dioxide with Amidine Moiety Supported Polymer at Atmospheric Pressure, 永井 大介, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 3, 653, 657,   2009年12月
  • Chiral interaction between aromatic aldehydes and a polymer bearing large chiral rings obtained by cyclopolymerization, 落合 文吾, 遠藤 剛, Ito Satoko, Polymer Journal, 42, 2, 138, 141,   2010年12月
  • Fast equilibrium of zwitterionic adduct formation in reversible fixation-release system of CO2 by amidines under dry conditions, 古荘 義雄, 青柳 直人, 遠藤 剛, 清 悦久, Tetrahedron, 69, 5476, 5480,   2013年12月
    概要:We investigated the fixation of CO2 by several amidines in soln. and found that simple monocyclic amidines fixed CO2 under dry conditions to quant. afford the corresponding bicarbonates through hydrolysis of the zwitterionic adducts by adventitious water. In contrast, linear amidines did not form the bicarbonates under the same conditions, while 1,8-diazabicyclo[5.4.0]undec-7-ene (DBU) could not effectively trap CO2. The CO2 fixed by the monocyclic amidines was quant. released by argon bubbling at a temp. as low as 60¬∞C. The CO2 fixation-release process could be repeated several times without loss of the high efficiency.
  • Anionic alternating copolymerization of epoxide and 3,4-dihydrocoumarin and its application to networked polymers, 須藤 篤, 上西 和也, 遠藤 剛, Polymer International, 58, 9, 970, 975,   2009年12月
  • Amidine-mediated delivery of CO2 from gas phase to reaction system for highly efficient synthesis of cyclic carbonates from epoxides, Balaka, B., 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, Green Chem., 12, 42, 44,   2010年01月
    概要:エポキシドと二酸化炭素の反応系にアミジンを添加したところ、アミジンが気液界面で二酸化炭素をトラップすることで常圧・室温で反応が進行し、対応する環状カーボナートが高収率で得られた。
  • Cationic copolymerization behavior of glycidyl phenyl ether with seven-membered cyclic carbonate, 森川 浩, 須藤 篤, 西田 治男, 遠藤 剛, Macromol. Chem. Phys., 206, 5, 592, 599,   2005年03月
    概要:エポキシドと7員環環状カーボナートのカチオン共重合挙動を詳細に検討した。
  • Imidazole-Promoted Copolymerization of Epoxide and 3,4-Dihydrocoumarin and Its Application to High Performance Curing System, 須藤 篤, 上西 和也, 遠藤 剛, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 45, 16, 3798, 3802,   2007年08月
    概要:芳香族ラクトンの一種である3,4-ジヒドロクマリンがエポキシドと効率よくアニオン共重合することを見出した。このことに基づいてエポキシ-イミダゾール硬化系に対して3,4-ジヒドロクマリンを添加したところ、顕著な耐熱性の向上および接着力の向上が見られた。
  • Polymer having a trithiocarbonate moiety in the main chain: Application to reversible addition-fragmentation chain transfer controlled thermal and photoinduced monomer insertion polymerizations, 本九町 卓, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem. , 44, 21, 6324, 6331,   2006年11月
    概要:環状ジチオカーボナートを出発原料とすることで主鎖中にトリチオカーボナート骨格を有する高分子を合成した。さらに、この高分子をモノマーと混合し、光照射もしくはラジカル開始剤を加えて加熱したところ、ラジカル重合がRAFT機構によって制御され、高分子主鎖中にモノマーが挿入重合することを見出した。
  • Synthesis and characterization of water-soluble SiO1.5/TiO2 hybrid nanoparticles by hydrolytic co-condensation of triethoxysilane containing hydroxyl groups, 森 秀晴, 遠藤 剛, Y. Miyamura, Materials Chemistry and Physics, 115, 1, 287, 295,   2009年12月
  • Synthesis of well-defined and end-polymerizable star-shaped polysulfides and their application to negative photoresist, M. Hirata, 遠藤 剛, Y. Abe, 落合 文吾, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 48, 20, 4385, 4392,   2010年12月
  • Anionic alternating copolymerization of 3,4-dihydrocoumarin and glycidyl ethers: a new approach to polyester synthesis, 上西 和也, 須藤 篤, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 12, 4092, 4102,   2008年12月
  • Designs of functional materials: from molecular design to molecular engineering for industrial production, 遠藤 剛, 須藤 篤, 日本接着学会誌, 49, 63, 69,   2013年
  • 二酸化炭素の固定化と材料合成への応用, 遠藤 剛, 落合 文吾, 日本接着学会誌,, 45, 3, 118, 123,   2009年12月
  • Development of multifunctional cyclic dithiocarbonate (DTC)-type accelerators for epoxy-amine curing system: influence of spatial distribution of DTC moieties on acceleration effect, Zhang Yuan, 須藤 篤, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 29, 1, 23, 30,   2008年12月
  • Poly(N-vinylcarbazole) Star Polymers and Amphiphilic Star Block Copolymers by Xanthate-Mediated Controlled Radical Polymerization, 森 秀晴, 遠藤 剛, Ookuma Hiroshi, Macromolecules, 41, 19, 6925, 6934,   2008年12月
  • Synthesis and Radical Polymerization of Adamantyl Methacrylate Monomers having Hemiacetal Moieties, Barkakaty Balaka, 松本 幸三, 遠藤 剛, Macromolecules, 42, 24, 9481, 9485,   2009年12月
  • New hardening reactions based on copolymerization of epoxide and lactone groups, 遠藤 剛, 須藤 篤, 未来材料, 8, 8, 36, 40,   2010年
  • Ring-Opening Copolymerization of 10-Methylene-9,10- Dihydroanthryl-9-Spirophenylcyclopropane via Free Radical and RAFT Processes, 森 秀晴, 遠藤 剛, Masuda Shigeki, Macromolecules, 41, 3, 632, 639,   2008年12月
  • 水溶性二官能性エポキシ化合物を用いたポリ(γ-グルタミン酸)の水中での架橋反応, 松本 幸三, 徳 都, 藤井 政幸, 遠藤 剛, 七戸 誠, ネットワークポリマー, 30, 3, 136, 141,   2009年01月
  • Polycondensation of Trialkoxysilane Monomers Accelerated by Neighboring Group Participation of Urea Moiety, 江口 哲也, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 46, 19, 6654, 6659,   2008年08月
    概要:ウレア基を有するトリアルコキシシランの加水分解・重縮合挙動を検討した。その結果、ウレア基のカルボニル基がケイ素原子に対して隣接機関与し、ハイパーバレントシリコンが生成することでアルコキシシランの加水分解を促進、重縮合が加速されることが明らかになった。
  • Dual-Stimuli-Responsive Block Copolymers Derived from Proline Derivatives, 森 秀晴, 遠藤 剛, I. Kato, Macromolecules, 42, 14, 4985, 4992,   2009年12月
  • Synthesis of ion conductive networked polymers based on an ionic liquid epoxide having a quaternary ammonium salt structure, 松本 幸三, 遠藤 剛, Macromolecules, 42, 13, 4580, 4584,   2009年12月
  • Polymerization of o-quinodimethanes. V. Ionic polymerization of o-quinodimethanes generated by thermal isomerization of corresponding benzocyclobutenes, Chino Keisuke, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 3, 844, 850,   2010年
  • Synthesis of Reactive Poly(norbornene): Ring-Opening Metathesis Polymerization (ROMP) of Norbornene Monomer Bearing Cyclic Dithiocarbonate Moiety, 須藤 篤, 森下 秀直, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 5, 1097, 1103,   2011年03月
  • Synthesis of Amphiphilic Block Copolymer by Metal-Free Ring-Opening Oligomerization of Glycidyl phenyl ether Initiated with Tetra-n-butylammonium fluoride in the Presence of Poly(ethylene glycol) monomethyl ether, 遠藤 剛, Department of Materials Science and Engineering, Kochi National College of Technology, Advanced Course in Materials Science and Engineering, Kochi National College of Technology, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 20, 4451, 4458,   2013年10月
  • Synthesis of an Amphiphilic Polymer Having Hydrophobic Acetal and Hydrophilic Pyrrolidone Moieties and Its Application to Persisting Release of Aldehyde as a Pro-fragrance, 王 艶梅, 森長 久豊, 須藤 篤, 遠藤 剛, J.Polym.Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 17, 3816, 3822,   2010年07月
    概要:疎水性のアセタールと親水性のピロリドンを側鎖にもつ両親媒性高分子を合成した。この高分子はナノサイズミセルを形成し、緩やかに加水分解が進行することでアルデヒドを長期間にわたって放出することが可能であった。
  • Design of Nanocomposites by Vapor-Phase Assisted Surface Polymerization, 安藤 義人, 遠藤 剛, J. M. Jeong, S. Hiki, 西田 治男, Macromolecules, 42, 3, 768, 772,   2009年12月
  • Accelerating Effects of N-Aryl-N',N'-dialkyl Ureas on Epoxy-Dicyandiamide (DICY) Curing System, Liu, X.-D., 木村 美華, 須藤 篤, 遠藤 剛, J.Polym.Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 23, 5298, 5305,   2010年12月
  • Synthesis and Photovoltaic Behaviors of Narrow-band-gap π-Conjugated Polymers Composed of Dialkoxybenzodithiophene and Thiophene-based Fused Aromatic Rings, Lee, K. H., 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 6, 1427, 1433,   2011年03月
  • Polymerization-Depolymerization System Based on Reversible Addition-Dissociation Reaction of 1,3-Benzoxazine with Thiol, 川口 ウィリアム 亜星, 須藤 篤, 遠藤 剛, ACS Macro Lett., 2, 1, 1, 4,   2013年01月
  • イオン液体構造を含むネットワークポリマーの合成と機能, 松本 幸三, 遠藤 剛, 未来材料, 12, 5, 15, 20,   2012年05月
    概要:イオン液体を閉じ込めたネットワークポリマー、イオン液体を形成イオン対の一方をネットワーク上に固定化した材料、ネットワークポリマーをイオン液体で膨潤させた材料などの合成と機能に関する著者らの研究を総合的に解説した論文
  • Synthesis and Properties of Methacrylate-Based Ionic Networked Polymers Containing Ionic-Liquids: Comparison of Ionic and Non-Ionic Networked Polymers, 松本 幸三, Talukdar Bandana, 遠藤 剛, Polymer Bulletin,   2010年12月
  • Synthesis of a Reactive Polyester Bearing α,β-Unsaturated Ketone Groups by Anionic Alternating Copolymerization of Epoxide and Bicyclic Bis(γ-butyrolactone) Bearing Isopropenyl Group, 大澤 壮祐, 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, Macromolecules, 44, 1814, 1820,   2011年04月
  • Synthesis of reactive polymers from CO2, 落合 文吾, 遠藤 剛, Fain Kemikaru, 39, 9, 24, 29,   2010年12月
  • Synthesis of polypeptides from activated urethane derivatives of α-amino acids, 亀井 康孝, 須藤 篤, 西田 治男, 菊川 清, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 7, 2525, 2535,   2008年12月
  • Copolymerization of 2-Isothiocyanatoethyl Methacrylate and 2-Hydroxyethyl Methacrylate or Methacrylic Acid Based on a Nucleophile-Tolerant Property of the Isothiocyanato Group, 瀬戸良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 51, 24, 5221, 5229,   2013年12月
    概要:Studies on Copolymerization of 2-Isothiocyanatoethyl Methacrylate and 2-Hydroxyethyl Methacrylate or Methacrylic Acid Based on a Nucleophile-Tolerant Property of the Isothiocyanato Group
  • Generation of Radical Species on Polypropylene by Alkylborane-Oxygen System and Its Application to Graft Polymerization, 岡村 浩和, 須藤 篤, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 22, 6163, 6167,   2009年12月
  • Anionic Ring-Opening Polymerization of a Five-Membered Cyclic Carbonate Having a Glucopyranoside Structure, 疇地 基央, 松本 幸三, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 51, 7, 1651, 1655,   2013年04月
    概要:Studies on Anionic Ring-Opening Polymerization of a Five-Membered Cyclic Carbonate Having a Glucopyranoside Structure
  • RAFT-approach to well-defined telechelic vinyl polymers with hydroxyl terminals as polymeric diol-type building blocks for polyurethanes, 遠藤 剛, 須藤 篤, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 51, 2, 318, 326,   2013年01月
  • カチオン重合, 遠藤 剛, 須藤 篤, ネットワークポリマー, 30, 5, 250, 260,   2009年12月
  • Construction of Reversible Hydration-Dehydration System by a Model Compound and a Novel Polymer Bearing Vicinal Tricarbonyl Structure, Dei, T., 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 10, 2245, 2251,   2011年05月
  • Synthesis of novel alkoxysilane-terminated polyurethanes and evaluation of BF3-monoethylamine complex as their curing catalyst, Nomura Yukihiro, 遠藤 剛, Sato Shinichi, 森 秀晴, ネットワークポリマー, 29, 2, 106, 116,   2008年12月
  • Proline-Based Block Copolymers Displaying Upper and Lower Critical Solution Temperatures, 森 秀晴, 遠藤 剛, Kato Ikumi, Sato Shoko, Macromolecules, 43, 3, 1289, 1298,   2010年12月
  • Unexpected Substituent Effect by Comonomer Unit on the Reactivity of Isocyanate Group in Copolymer Side Chain, 板垣 吉晃, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 44, 1, 681, 685,   2006年01月
    概要:側鎖に長鎖アルキル基およびイソシアナート基を有するポリメタクリラートを合成した。イソシアナート基に対するアルコールの反応挙動を調査したところ、長鎖アルキル基とイソシアナート基がそれぞれ高濃度ドメインを形成するため、通常は長鎖アルキル基の立体障害によって阻害されるはずの反応が、むしろ促進されることを見出した。
  • Anionic alternating copolymerization of a bifunctional six-membered lactone and glycidyl phenyl ether: selective synthesis of a linear polyester having lactone moiety, 上西 和也, 須藤 篤, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 1661, 1672,   2009年12月
  • Acceleration Effect of N-Allyl Group on Thermally Induced Ring-Opening Polymerization of 1,3-Benzoxazine, 尾家 広章, 須藤 篤, 遠藤 剛, J.Polym.Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 23, 5357, 5363,   2010年12月
  • A novel cyclic dithiocarbonate having siloxane moiety; Approach to curable siloxane oligomer, 上西 和也, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 43, 19, 4422, 4430,   2005年10月
    概要:シロキサンを有する環状ジチオカーボナートを合成し、ゾルゲル反応によって側鎖にジチオカーボナートをもつ反応性シロキサンオリゴマーを合成した。
  • Conductive Networked Polymer Gel Electrolytes Composed of Poly(meth)acrylate, Lithium Salt, and Ionic Liquid, 松本 幸三, 曽我部 翔太, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 50, 7, 1317, 1324,   2012年04月
    概要:ポリ(メタ)アクリラート、リチウム塩、イオン液体で構成されるイオン伝導性のネットワークポリマーゲル電解質の合成と性質に関する論文
  • ポリカルボシランを用いたリチウムイオンバッテリー用の新規ゲル電解質の開発, 松本 幸三, 遠藤 剛, 勝田 耕平, 李 カンフェイ, 山田 欣司, JSRテクニカルレビュー, 120, 1, 6,   2013年03月
    概要:ポリカルボシランを用いたリチウムイオンバッテリー用の新規ゲル電解質の開発に関する解説
  • Synthesis of π-Conjugated Copolymers Composed of Benzo[2,1,3]thiadiazole and Thiophene Units Bearing Various Alkyl Groups and Their Application to Photovoltaic Cells, Lee, K. H., 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, Lee, H.-J., Kuramoto, K.; Tanaka, Y.; Okauchi, T.; Tsuge, A.;, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 16, 3543, 3549,   2011年08月
  • Anionic Alternating Copolymerization of Ketene and Aldehyde: Control of Enantioselectivity by Bisoxazoline-type Ligand for Synthesis of Optically Active Polyesters, 永井 大介, 須藤 篤, 遠藤 剛, Macromolecules, 39, 26, 8898, 8900,   2006年12月
    概要:光学活性ピリジルビスオキサゾリン型配位子をもつ亜鉛錯体を開始剤とするケテンとアルデヒドのアニオン交互共重合を検討した。その結果、ポリエステル中の繰り返し単位がエナンチオ選択的に生成し、光学活性ポリエステルが得られた。
  • Reversible Trap-Release of CO2 by Polymers Bearing DBU and DBN Moieties, 落合 文吾, 遠藤 剛, Yokota Kensuke, Fuji Asuka, 永井 大介, Macromolecules, 41, 4, 1229, 1236,   2008年12月
  • Synthesis of novel moisture-curable polyurethanes end-capped with alkoxysilane and use as solvent-free elastic adhesives, Nomoura Yukihiro, 遠藤 剛, Sato Akihiro, Sato Shinichi, 森 秀晴, Journal of Applied Polymer Science, 108, 1, 236, 244,   2008年12月
  • Synthesis of Polypeptide-Polyether Conjugates from an Activated Urethane Derivative of γ-Benzyl-L-glutamate as a Monomer, 亀井 康孝, 須藤 篤, 西田 治男, 菊川 清, 遠藤 剛, Polymer Bulletin, 60, 5, 625, 634,   2008年12月
  • Ring-opening Polymerization of 1,3-Benzoxazines by p-Toluenesulfonates as Thermally Latent Initiators, 須藤 篤, Yamashita, H., 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 16, 3631, 3636,   2011年08月
  • Thermally dissociable Pseudo-polyrotaxane as a supramolecular shrinkage suppressor for epoxy-amine curing system, 磯部 行夫, 須藤 篤, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 6, 2305, 2308,   2008年12月
  • Preparation of thermo-setting foamed resin based on metal-free decarboxylative ring-opening oligomerization of five-membered cyclic carbonate, 落合 文吾, 遠藤 剛, S. Yamaguchi, S. Inoue, H. Morinaga, ネットワークポリマー, 30, 3, 142, 148,   2009年12月
  • 機能材料分野で活躍が期待されるモノマー, 遠藤 剛, 須藤 篤, 高分子, 58, 6, 411, 416,   2009年12月
  • Acceleration Effect of 5-Membered Cyclic Dithiocarbonate on Epoxy-amine Curing System, 堀切 雅史, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 45, 20, 4606, 4611,   2007年10月
    概要:エポキシ-アミン硬化系に対する5員環ジチオカーボナートの添加効果を検討した。その結果、まずジチオカーボナートがアミンと速やかに反応してチオウレタンが生成し、これがエポキシドを活性化することで硬化反応が顕著に加速されることを見出した。
  • Functional RAFT Agents for Radical-Controlled Polymerization: Quantitative Synthesis of Trithiocarbonates Containing Functional Groups as RAFT Agents Using Equivalent Amount of CS2, 青柳 直人, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 14, 3702, 3709,   2009年12月
  • Thermally latent reaction of hemiacetal ester with epoxide catalyzed by recyclable polymeric catalyst consisting of salen-zinc complex and polyurethane main chain, Komatsu Hiroyuki, 遠藤 剛, 落合 文吾, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 11, 3673, 3681,   2008年12月
  • Synthesis and crosslinking behavior of a novel linear polymer bearing 1,2,3-triazol and benzoxazine groups in the main chain by a step-growth click-coupling reaction, 永井 篤志, 亀井 康孝, Wang Xiao-Shui, Omuta Masaki, 須藤 篤, 西田 治男, Kawamoto Eiichi, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 7, 2316, 2325,   2008年12月
  • Chemical recycling system of networked polymers based on equilibrium polymerization function, 遠藤 剛, 須藤 篤, 森野 一英, ネットワークポリマー, 31, 2, 89, 95,   2010年12月
  • Miscibility of Polystyrene with One Hydroxystyrene Chain End into Poly(butyl methacrylate), 田中 斎文, 遠藤 剛, 西田 治男, Macromolecules, 42, 1, 293, 298,   2009年12月
  • Synthesis of Photo-scissible Poly(p-hydroxystyrene) Derivatives by Radical Copolymerization of p-Hydroxystyrene Derivatives and Methyl Vinyl Ketone, Ishikawa, T., 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 21, 4714, 4720,   2011年11月
  • Facile Synthesis of Poly(L-tryptophan) through Polycondensation of Activated Urethane Derivatives, 山田 修平, 須藤 篤, 後藤 光昭, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 21, 4565, 4571,   2013年11月
    概要:トリプトファン構造を持つウレタン誘導体の重縮合により、簡便なポリペプチドの合成法を確立した
  • Anionic copolymerization of epoxide with bifunctional aromatic lactone derived from 2-methylresorcinol, 須藤 篤, 上西 和也, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 10, 3447, 3451,   2008年12月
  • Confinement of Ionic Liquid by Networked Polymers based on Multifunctional Epoxy Resins, 松本 幸三, 遠藤 剛, Macromolecules, 41, 19, 6981, 6986,   2008年12月
  • Confinement of Ionic Liquid by Networked Polymers Based on Multifunctional Epoxy Resins, 松本 幸三, 遠藤 剛, Macromolecules, 41, 19, 6981, 6986,   2008年12月
  • Radical ring-opening polymerization of five-membered cyclic vinyl sulfone using p-toluenesulfonyl halides, 古荘 義雄, 田中 斎文, 遠藤 剛, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 51, 222, 227,   2013年12月
    概要:Radical ring-opening polymns. of a five-membered cyclic vinyl sulfone monomer, 2-vinylthiolane-1,1-dioxide (VTDO), was carried out by using p-toluenesulfonyl iodide (TosI) and bromide (TosBr) as radical initiators, and the corresponding ring-opened polymer (PVTDO) was obtained. Both TosI and TosBr were found to work as the radical initiators for the polymn. of VTDO in bulk. The use of TosI gave PVTDOs with a broad, multimodal distribution of mol. wt. in low yields. When 10 mol % of TosBr was employed, the isolated yield of PVTDO reached 49%, and the obtained PVTDO had a relatively narrow, monomodal mol. wt. distribution of 1.8 with an Mn of 4100.
  • Highly Efficient Catalysts -Acetylacetonato Complexes of Transition Metals in the 4th Period- for Ring-Opening Polymerization of 1,3-Benzoxazine, 須藤 篤, 遠藤 剛, 平山 正次, J. Polym.Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 2, 479, 484,   2009年12月
    概要:ベンゾオキサジンの開環重合の触媒としてマンガンのヘキサフルオロアセチルアセトナト錯体が極めて有用であることを見出した。
  • Amphiphilic Copolymer Having Acid-Labile Acetal in the Side Chain as a Hydrophobe: Controlled Release of Aldehyde by Thermoresponsive Aggregation-Dissociation of Polymer Micelles, 森長 久豊, 森川 浩, Wang Y. M., 須藤 篤, 遠藤 剛, Macromolecules, 42, 6, 2229, 2235,   2009年12月
  • Synthesis of Amphiphilic Polyacetal by Polycondensation of Aldehyde and Polyethylene Glycol as an Acid-Labile Polymer for Controlled Release of Aldehyde, Wang, Y. M., 森長 久豊, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 3, 596, 602,   2011年02月
  • Alternating Copolymerization of Bicyclic Bis(γ-butyrolactone) and Epoxide Through Zwitterion Process by Phosphines, 大澤 壮祐, 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, Macromolecules , 43, 8, 3585, 3588,   2010年04月
  • Synthesis and X-ray structural analysis of an acyclic bifunctional vicinal triketone, its hydrate, and its ethanol-adduct, 古荘 義雄, 米川 盛生, 遠藤 剛, 清 悦久, 高田 十志和, Tetrahedron, 69, 4076, 4080,   2013年12月
    概要:We have synthesized and fully characterized an acyclic bifunctional vicinal tricarbonyl compd., its hydrate, and its ethanol-adduct, which could be converted to one another by utilizing the reversible addn.-elimination of water or ethanol. X-ray single crystal study revealed that the bistriketone expanded and contracted by 10-30% in length during the interconversion.
  • Synthesis of Rare-metal Absorbing Polymer by Three-component Polyaddition through Combination of Chemo-selective Nucleophilic and Radical Additions, 落合 文吾, 遠藤 剛, T. Ogihara, M. Mashiko, Journal of American Chemical Society, 131, 5, 1636, 1637,   2009年12月
  • Synthesis and Palladium-Catalyzed Addition Polymerization of Norbornene Carrying Epoxy Moiety, 森下 秀直, 須藤 篤, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 16, 3982, 3989,   2009年12月
  • ynthesis and Radical Polymerization of Adamantyl Methacrylate Monomers having Hemiacetal Moieties, Barkakaty Balaka, 松本 幸三, 遠藤 剛, Macromolecules, 42, 24, 9481, 9485,   2009年12月
  • A Highly Reactive Benzoxazine Monomer, 1-(2-Hydroxyethyl)-1,3-Benzoxazine: Activation of Thermally Induced Polymerization of Benzoxazine by Neighboring Group Participation of Hydroxyl Group, 工藤 亮一, 須藤 篤, 遠藤 剛, Macromolecules, 43, 3, 1185, 1187,   2010年02月
    概要:N上にヒドロキシエチル基を有するベンゾオキサジンの開環重合挙動を検討したところ、ベンゾオキサジンが開環して生成するイミニウムカチオンに対して水酸基が隣接機関与することで重合が著しく促進されることが分かった。
  • A New Water-soluble Branched Poly(ethylene imine) Derivative Having Hydrolysable Imidazolidine Moieties and Its Application to Long-Lasting Release of Aldehyde, 森長 久豊, 森川 浩, 須藤 篤, 遠藤 剛, J.Polym.Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 20, 4529, 4536,   2010年07月
    概要:ポリエチレンイミンに親水性のポリエチレングリコール鎖をグラフトし、残った第二アミンをアルデヒドとの反応により疎水性のイミダゾリジンへと変換することで両親媒性多分岐ポリマーを合成した。親疎水のバランスによってイミダゾリジン部位の加水分解を制御し、アルデヒドの徐放システムを開発することができた。
  • Synthesis of Polypeptide Having Defined Terminal Structures Through Polymerization of Activated Urethane-Derivative of γ-Benzyl-L-glutamate, 亀井 康孝, 須藤 篤, 遠藤 剛, Macromolecules, 41, 21, 7913, 7919,   2008年12月
  • Anionic Polymerization of Methacrylates by Samarium (III) Enolate on Networked Polystyrene: Effects of Its Sterically Confined Environment on Polymerization Behavior, 永井 大介, 須藤 篤, 遠藤 剛, A. Fujii, M. Tanaka, 落合 文吾, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 6, 1510, 1521,   2009年12月
  • Cationic Copolymerization Behavior of Epoxide and 3-Isochromanone, 鈴木 あかね, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 19, 4213, 4220,   2013年10月
  • Preparation of polyurethane from CO2 at room temperature/under mild conditions. CO2 is the resource of chemical substances, 遠藤 剛, 落合 文吾, 化学, 63, 7, 34, 36,   2008年12月
  • Allyl Sulfonium Salt as a Novel Initiator for Active Cationic Polymerization of Epoxide by Shooting with Radicals Species, 須藤 篤, 遠藤 剛, Yilmaz, F., J.Polym.Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 19, 4178, 4183,   2010年08月
  • Phosgen-free Synthesis of Polypeptide: Useful Synthesis for Hydrophobic Polypeptides through Polycondensation of Activated Urethane Derivatives of α-amino acids, 山田 修平, 古賀 孝一, 須藤 篤, 後藤 光昭, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 51, 17, 3726, 3731,   2013年09月
  • Synthesis and optical properties π-conjugated polymers composed of diester-substituted bithiophene and dibenzothiophene or carbazole, Lee, K. H., 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, Polym. Bull., 67, 2, 227, 236,   2011年04月
  • Cascade Chemical Transformation of 5-Membered Cyclic Dithiocarbonate in a Networked Polysiloxane Layer on Silicate Surface, 上西 和也, 森川 浩, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 45, 6, 1170, 1176,   2007年03月
    概要:5員環ジチオカーボナートを有するシロキサンのゾルゲル反応によってガラス表面をコーティングし、そのコーティング層内における環状ジチオカーボナートの反応性を検討した。
  • Synthesis of networked polymers with lithium counter cations from a difunctional epoxide containing poly(ethylene, 松本 幸三, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 48, 14, 33, 3118,   2010年12月
  • A Highly Reactive Benzoxazine Monomer, 1-(2-Hydroxyethyl)-1,3-Benzoxazine: Activation of Benzoxazine by Neighboring, 工藤 亮一, 遠藤 剛, Macromolecules, 43, 3, 1185, 1187,   2010年12月
  • Effect of metal triflates on direct polycondensation of lactic acid, Konishi Sachiyo, 遠藤 剛, Yokoi teruhiko, 落合 文吾, Polymer Bulletin, 64, 5, 435, 443,   2010年12月
  • Synthesis and Radical Polymerization of Styrene-Based Monomer Having a 5-Membered Cyclic Carbonate Structure, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 50, 15, 3046, 3051,   2012年06月
    概要:5員環環状カーボナート構造を有するスチレン系モノマーの合成と重合に関する論文
  • 架橋性珪素基を有する植物油脂由来硬化性樹脂の耐加水分解性に対する硬化触媒の影響, 遠藤 剛, コニシ 基礎研, 日本接着学会誌, 49, 2, 56, 62,   2013年02月
  • Convenient synthesis of poly(γ-benzyl-L-glutamate) from activated urethane derivatives of γ-benzyl-L-glutamate, 亀井 康孝, 永井 篤志, 須藤 篤, 西田 治男, 菊川 清, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 8, 2649, 2657,   2008年12月
  • エポキシ-ジシアンジアミド硬化系における尿素誘導体による促進効果, 須藤 篤, 木村 美華, Liu, X.-D., 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 30, 6, 304, 311,   2009年11月
    概要:イソシアナートとアミンの反応によって得られるウレア類のエポキシ-ジシアンジアミド硬化系への加速効果を検討した。その結果、アミンに由来する部位が立体的に小さいほど加速効果が顕著になることが明らかになった。
  • Highly Reactive Polythiols Having Thiourethane Moiety: Facile Synthesis Based on the Reaction of Cyclic Dithiocarbonate with Amine and Their Rapid Polyaddition Reaction with Epoxides, 堀切 雅史, 須藤 篤, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 28, 3, 8, 15,   2007年10月
    概要:5員環ジチオカーボナートとアミンとの反応によって得られるチオール類が通常のアルカンチオールよりもエポキシドに対して高い反応性を示し、これは同時に生成するチオウレタンが分子内においてチオールを活性化ためであることを明らかにした。
  • Chemical modification of polynorborene: transformation of ester moiety containing polynorbornene to carboxylic acid structure, 遠藤 剛, Polymer Bulletin, 70, 2, 643, 651,   2013年02月
  • Promoting Effects of Urethane-Derivatives of Phenols on the Ring-Opening Polymerization of 1,3-Benzoxazines, 須藤 篤, 森 敦, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 10, 2183, 2190,   2011年05月
  • Synthesis and Radical Polymerization of Styrene-Based Monomer Having a 5-Membered Cyclic Dithiocarbonate Structure, 宮田 隆浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 渡部 昌司, 米森 重明, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 51, 6, 1398, 1404,   2013年03月
    概要:Studies on Synthesis and Radical Polymerization of Styrene-Based Monomer Having a 5-Membered Cyclic Dithiocarbonate Structure
  • Synthesis and Polymerization of Styrene Monomer Carrying Isothiocyanate Moiety and Its Copolymerization with HEMA Based on Chemo-Selectivity to Nucleophiles, 山崎 龍, 遠藤 剛, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 51, 24, 5215, 5220,   2013年12月
    概要:イソチオシアナートをもつスチレン骨格のモノマーの合成と重合、そしてHEMAとの共重合をおこない、DBU添加でのネットワークポリマー化を行い、その熱物性変化を明らかとした。
  • Synthesis of Functional Benzoxazines Containing Ammonium Salt of Carboxylic Acid: Activation of Their Thermally Induced Ring-Opening Polymerization by Neighboring Group Participation of Carboxylate Moiety, 須藤 篤, 工藤 亮一, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 7, 1724, 1729,   2011年04月
  • Synthesis, characterization and cross-linking reaction of poly(g-benzyl-L-glutamate)-polyisoprene-poly(g-benzyl-Lglutamate), 落合 文吾, 遠藤 剛, Sato Daisuke, 永井 篤志, ネットワークポリマー, 31, 2, 50, 58,   2010年12月
  • Incorporation of Ketone Groups into Poly(4-hydroxystyrene)s Main Chain by Radical Copolymerization of 4-(tert-Butoxy)styrene and 2,2-Diphenyl-4-methylene-1,3-dioxolane and Their Photo-scission, 石川 武志, 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, J.Polym.Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 19, 4344, 4350,   2010年08月
    概要:4-(tert-ブトキシ)スチレンとエキソメチレン基を有するラクトンのラジカル共重合によって主鎖にケトン基を有するポリスチレン誘導体が得られた。このポリマーは主鎖中のケトン基のNorrishタイプ光反応によって効率よく主鎖が切断され、主鎖切断型フォトレジスト材料として有望であることが分かった。
  • Hydrophobic cellulose fiber surfaces modified with 2,2,3,3,3-pentafluoropropylmethacrylate (FMA) by vapor-phaseassisted, 安藤 義人, 遠藤 剛, Jeong Jae-Mun, Kaneto Masato, 西田 治男, Polymer Journal, 42, 6, 519, 524,   2010年12月
  • Convenient synthesis of cyclic carbonates from CO2 and epoxides by simple secondary and primary ammonium iodides as metal-free catalysts under mild conditions and its application to synthesis of polymer bearing cyclic carbonate moiety, 古荘 義雄, 青柳 直人, 遠藤 剛, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 51, 1230, 1242,   2013年12月
    概要:Hydroiodides of secondary and primary amines effectively catalyzed the reaction of carbon dioxide and epoxides under mild conditions such as ordinary pressure and ambient temp., to obtain the corresponding five-membered cyclic carbonates in moderate to high yields. Detailed investigation showed that the catalytic activity was highly affected by the counter anions of the ammonium salts; the iodides catalyzed efficiently the carbonate-forming reactions, whereas the bromide and chloride counterparts exhibited almost no catalysis. We also revealed that two important factors on the amine moieties that affected the catalytic reactions. First, the catalytic activity increased with increasing bulkiness of the substituents on the ammonium nitrogen atoms. Second, the catalysis became more efficient as the parent amines become more basic. Dicyclohexylammonium iodide was the best catalyst among the ammonium salts investigated in this study.
  • A rapid photomechanical switching polymer blend system composed of azobenzene-carrying poly(vinylether) and poly(carbonate), Kim, H.-K., Wang, X.-S., 藤田 幸宏, 須藤 篤, 西田 治男, 藤井 政幸, 遠藤 剛, Polymer, 46, 16, 5879, 5883,   2005年06月
    概要:側鎖にアゾベンゼン骨格を有するポリビニルエーテルおよびポリカーボナートからなるブレンドフィルムを作成して光を照射したところ、フィルムのサイズが光のオン-オフに対して極めて高速で応答することを見出した。
  • Novel siloxane-carrying dithiol derived from 5-membered cyclic dithiocarbonate and its curing reactions for coating application, 上西 和也, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 43, 21, 5119, 5126,   2005年11月
    概要:シロキサン基を有する環状ジチオカーボナートとの反応によって種々のアミン類をチオールへと変換し、これとエポキシドとの反応に基づく新規硬化系の開発とコーティング材料としての応用を検討した。
  • Synthesis and Properties of Methacrylate-Based Networked Polymers Having Ionic Liquid Structures, 松本 幸三, 曽我部 翔太, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 48, 20, 4515, 4521,   2010年12月
  • A new series of cyclic 5-membered dithiocarbonates having urethane tether: application as an adhesion promoter to epoxy-amine curing system, 須藤 篤, 本九町 卓, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 46, 7, 2588, 2592,   2008年12月
  • RAFT Polymerization of Vinylthiophene Derivatives and Synthesis of Block Copolymers Having Cross-Linkable Segments, 森 秀晴, 遠藤 剛, K. Takano, Macromolecules, 42, 19, 7342, 7352,   2009年12月
  • Design of Controlled Releasing System: Synthesis of an Amphiphilic Copolymer Endowed with Acid-Labile Side Chains Based on Quaternarization of Amine-Containing Prepolymer with Benzyl Halide Having Acetal Moiety, 森長 久豊, 森川 浩, 須藤 篤, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 13, 3241, 3247,   2009年12月
  • Selective Formation of Poly(N,O-Acetal) by Polymerization of 1,3-Benzoxazine and Its Main Chain Rearrangement, 須藤 篤, 工藤 亮一, 中山 大, 有馬 一弥, 遠藤 剛, Macromolecules, 41, 23, 9030, 9034,   2008年12月
    概要:1,3-ベンゾオキサジンの開環重合の機構を詳細に検討した。その結果、従来報告されていた機構、すなわち、開環重合によって直接マンニッヒ構造を有するポリマーが生成する機構ではなく、実際にはまずN,O-アセタール結合を主鎖に有するポリマーが生成し、それが主鎖転位することでマンニッヒ型ポリマーが生成することが明らかになった。
  • Synthesis and Crosslinking Reaction of Poly(thiourethane)s Having Siloxane Moiety in the Side Chain, 上西 和也, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem. , 43, 24, 6492, 6502,   2005年12月
    概要:シロキサン基を有する環状ジチオカーボナートとジアミンおよびジイソシアナートを用いた3元重付加反応によって側鎖にシロキサン基を有するポリチオウレタンを得た。さらにシロキサン基の加水分解・縮合反応にもとづく架橋反応についても検討した。
  • Novel analytical method for the crosslinking process: Infrared thermographic analysis of the thermally latent cationic polymerization of a spiroorthoester and a bifunctional oxetane for the construction of a low-shrinkage curing system, 落合 文吾, 須藤 篤, 遠藤 剛, Nagasawa, T. Asano, Y. 永井 大介, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem. , 45, 13, 2820, 2826,   2007年07月
    概要:スピロオルトエステルと二官能オキセタンのカチオン開環共重合の発熱挙動を赤外線を用いたサーモグラフによって検出することで共重合挙動を追跡した。
  • Synthesis of Amphiphilic and Double-Hydrophilic Block Copolymers Containing Poly(vinyl amine) Segments by RAFT, Maki Yuya, 遠藤 剛, 森 秀晴, Macromolecular Chemistry and Physics Macromolecular Chemistry and Physics, 21, 1, 45, 56,   2010年12月
  • Fixing carbon dioxide concurrently with radical polymerization for utilizing carbon dioxide by low energy cost, 落合 文吾, 遠藤 剛, Yugo Hatano, Macromolecules, 41, 24, 9937, 9939,   2008年12月
  • Synthesis and Optical Properties of π -Conjugated Polymers Composed of Benzo[1,2-b:4,5-b']dithiophene and Thiophenes Bearing Electron-Deficient Ethenyl Groups in the Side Chains, 李 廣會, 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, Macromol. Chem. Phys.,   2010年
  • Synthesis of Polyester Having Sequentially Ordered Two Orthogonal Reactive Groups by Anionic Alternating Copolymerization of Epoxide and Bislactone, 上西 和也, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 47, 24, 6750, 6757,   2009年11月
    概要:アリル基を有するエポキシドと芳香族ビスラクトンのアニオン交互共重合を行った。その結果、側鎖にアリル基とラクトン基の両者を有する新規反応性ポリエステルが得られた。
  • ヒドロキシウレタン構造をもつメタクリラートの重合および得られるポリマーの官能基変換とネットワーク化, 落合 文吾, 遠藤 剛, 幡野 祐悟, ネットワークポリマー, 30, 128, 135,   2009年12月
  • Volume-expandable monomer 5,5-dimethyl-1,3-dioxolan-2-one: its copolymerization behavior with epoxide and its applications to shrinkage-controlled epoxy-curing systems, 森川 浩, 須藤 篤, 西田 治男, 遠藤 剛, J. Appl. Polym. Sci., 96, 2, 372, 378,   2005年04月
    概要:エポキシドと6員環環状カーボナートのアニオン共重合を行った。その結果、6員環環状カーボナートが重合時に大きな体積膨張を示すことに基づき、収縮の少ない硬化系の開発に成功した。
  • Double-Hydrophilic and Amphiphilic Block Copolymers Synthesized by RAFT Polymerization of Monomers Carrying Chiral Amino Acids, 森 秀晴, 遠藤 剛, M. Matsuyama, Macromolecular Chemistry and Physics, 210, 3-4, 217, 229,   2009年12月
  • Cationic Ring-Opening Polymerization of 3-Isochromanone Through Formation of Benzyl Cationic Intermediate and Its Friedel-Crafts Reaction, 鈴木 茜, 須藤 篤, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 8, 2214, 2218,   2009年12月
  • Revolutionary Phosgene-free Synthesis of α-Amino Acid N-Carboxyanhydrides using Diphenyl Carbonate Based on Activation of α-Amino Acids by Converting into Imidazolium Salt, 古賀 孝一, 須藤 篤, 遠藤 剛, J.Polym.Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 19, 4351, 4355,   2010年08月
  • Synthesis of Eight-Membered Lactone Having Tertiary Amine Moiety by Ring-Expansion Reaction of 1,3-Benzoxazine and Its Anionic Ring-Opening Polymerization Behavior, 工藤 亮一, 須藤 篤, 遠藤 剛, Macromolecules, 42, 7, 2327, 2329,   2009年12月
  • Anionic Alternating Copolymerization of Epoxide and 6-Membered Lactone Bearing Naphthyl Moiety, 須藤 篤, Zhang, Y., 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 3, 619, 624,   2011年02月
  • Synthesis of Networked Polymers with Lithium Counter Cations from a Difunctional Epoxide Containing Poly(ethylene Glycol) and an Epoxide Monomer Carrying a Lithium Sulfonate Salt Moiety, 松本 幸三, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 48, 14, 3113, 3118,   2010年12月
  • Fixing Carbon Dioxide Concurrently with Radical Polymerization for Utilizing Carbon Dioxide by Low-Energy Cost, 落合 文吾, 遠藤 剛, Y. Hatano, Macromolecules, 41, 24, 9937, 9939,   2009年12月
  • Assembled structures and chiroptical properties of amphiphilic block copolymers synthesized by RAFT polymerization of N-acryloyl-L-alanine, 森 秀晴, 遠藤 剛, Motonobu Matsuyama, Macromolecular Chemistry and Physics, 209, 20, 2100, 2112,   2008年12月
  • Polythiophenes Bearing Electron-Withdrawing Groups in the Side Chain and Their Application to Bulk Heterojunction Solar Cells, 李 廣會, 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, イ ホジン, 蔵本 晃士, タナカ ヨウヘイ, 岡内 辰夫, 柘植 顕彦, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 49, 1, 234, 241,   2010年
  • Synthesis and Thermal Porperties of a Bio-Based Polybenzoxazine with Curing Promoter, 遠藤 剛, Key Laboratory of Advanced Textile Materials and Manufacturing Technology, Ministry of Education of China, Zhejiang Sci-Tech University, Hangzhou 310018, China, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 9, 2016, 2023,   2013年05月
  • Synthesis of a Novel Cyclic 5-Membered Dithiocarbonate (DTC) Having Hydroxyl Group and Its Application to Terminal Functionalization of Polyurethane, 本九町 卓, 板垣 吉晃, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 43, 18, 3711, 3717,   2005年08月
    概要:水酸基を有する5員環ジチオカーボナートを合成し、これをポリウレタンの両末端イソシアナートと反応させ、両末端にジチオカーボナート基を有する新規反応性ポリウレタンを得た。
  • Synthesis and properties of hydrogels obtained by crosslinking poly(allylamine) with carbon disulfide in water, 永井 大介, 遠藤 剛, Hiroko Kawakami, Rie Imai, ネットワークポリマー, 30, 4, 200, 206,   2009年12月
  • Synthesis and properties of methacrylate-based networked polymers having ionic liquid structures, 松本 幸三, 曽我部 翔太, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 48, 20, 4515, 4521,   2010年12月
  • Anionic Alternating Copolymerizability of Epoxide and 3,4-Dihydrocoumarin by Imidazole, 上西 和也, 須藤 篤, 遠藤 剛, Macromolecules, 40, 18, 6535, 6539,   2007年09月
    概要:エポキシドと3,4-ジヒドロクマリンのアニオン共重合が1:1交互共重合の様式で進行することを見出した。
  • Cyclotrimerization of Diisocyanates toward High-Performance networked Polymers with Rigid Isocyanurate Structure: Combination of Aromatic and Aliphatic Diisocyanates for Tunable Flexibility, 森次 正樹, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 12, 2631, 2637,   2013年06月
  • Storage Stability and Curing Behavior of Epoxy-Dicyandiamide Systems with Carbonyldiimidazole-Cu(II) Complexes as the Accelerato, 遠藤 剛, 須藤 篤, Key Laboratory of Advanced Textile Materials and Manufacturing Technology, Ministry of Education, College of Materials and Textile, Zhejiang Sci-Tech University, Xiasha Higher Education Zone, Hangzhou, People's Republic of China, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 51, 16, 3470, 3476,   2013年
  • Anionic alternating copolymerization behavior of bifunctional six-membered lactone and glycidyl phenyl ether, 上西 和也, 須藤 篤, 遠藤 剛, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 3662, 3668,   2009年12月
  • RAFT Polymerization of Acrylamides Containing Proline and Hydroxyproline Moiety: Controlled Synthesis of Water-Soluble and Thermoresponsive Polymers, 森 秀晴, 遠藤 剛, Kato Ikumi, Matsuyama Motonobu, Macromolecules, 41, 15, 5604, 5615,   2008年12月
  • Capture and release of CO2 by polyamidine, 古荘 義雄, 遠藤 剛, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 51, 3404, 3411,   2013年12月
    概要:By CO2 bubbling into an aq. DMSO soln., the polyamidine (Poly-Amd) prepd. from hexamethylenediamine and tri-Et orthoacetate was converted to the bicarbonate salt, Poly-AmdH¬∑HCO3, which formed aggregates. Conversely, the aggregates disappeared upon Ar bubbling to release the captured CO2, reverting to Poly-Amd completely. Polyethyleneimine (PEI) also reversibly captured and released CO2 mols. in soln. by bubbling CO2 and Ar, resp., in an alternate manner. No appreciable difference was obsd. between Poly-Amd and PEI in CO2 capture in soln. The binary system consisting of Poly-Amd and polyethylene glycol (PEG) captured CO2 efficiently at ordinary pressure and reached a stationary state within 200 h, at which 66% of the amidine groups bound CO2 mols., which was released upon exposure to a N2 flow. In contrast to the binary system with Poly-Amd, the binary system of PEI with PEG did not capture CO2 efficiently, and only 5.7% of the amino groups bound CO2 mols. after 600 h
  • Evaluation of the curing process of polyurethane end-capped with trialkoxysilanes by a boron trifluoride/amine complex and organotin compound, Nomura Yukihiro, 遠藤 剛, Sato Shinichi, 森 秀晴, Journal of Applied Polymer Science, 109, 1, 608, 616,   2008年12月
  • Relaxation and Reinforcing Effects of Polyrotaxane in an Epoxy Resin Matrix, Wang, X.-S., Kim, H.-K., 藤田 幸宏, 須藤 篤, 西田 治男, 遠藤 剛, Macromolecules, 39, 3, 1046, 1052,   2006年02月
    概要:エポキシ硬化系に対するポリロタキサンの添加効果を検討した。その結果、ポリロタキサンが硬化物に加わった歪みを吸収・緩和することで靭性が向上することが明らかになった。
  • Polyaddition of Bifunctional Cyclic Carbonate with Diamine in Ionic Liquids: In Situ Ion Composite Formation and Simple Separation of Ionic Liquid, 落合 文吾, 遠藤 剛, Y. Satoh, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 18, 4629, 4635,   2009年12月
  • Incorporation of Ketone Groups into Poly(4-hydroxystyrene)s Main Chain by Radical Copolymerization of 2,2-Diphenyl-4-methylene-1,3-dioxorane with O-Protected Hydroxystyrenes and Their Photodegradable Behavior, Ishikawa, T., 森野 一英, 須藤 篤, 遠藤 剛, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 24, 5142, 5151,   2011年12月
  • Anisotropic Photomechanical Response of Stretched Blend Film Made of Polycaprolactone-Polyvinyl Ether with Azobenzene Group as Side Chain, 田中 斉文, キム ヒョンキョン, 須藤 篤, 西田 治男, 遠藤 剛, Macromol. Chem. Phys., 209, 20, 2071, 2077,   2008年12月
    概要:ポリカプロラクトンとアゾベンゼン骨格を側鎖に有するポリビニルエーテルをブレンドしてフィルムを作成し、さらにそれを延伸した場合のフィルム形状の光応答性を検討した。その結果、延伸操作によってアゾベンゼンが配向し、光応答性に異方性が生じることを見出した。
  • Simple Procedure for Polystyrene-Based Nanocomposite Preparation by Vapor-Phase-Assisted Surface Polymerization, 安藤 義人, 遠藤 剛, J. M. Jeong, 西田 治男, Macromolecules, 42, 20, 7930, 7935,   2009年12月

書籍等出版物

  • 炭酸ガスを出発原料とする反応性ポリマーの設計, C.M.C.,   1993年
  • わかりやすいコーティング技術 21世紀を指向した新しい材料を目指して, 工業調査会,   2000年
  • ポリアミノ酸の機能化(分担), アミノ酸ポリマー,   1988年
  • 高分子合成化学, 化学同人,   2001年
  • 地球にやさしい材料技術;地球環境と材料, 裳華房,   1999年
  • ポリアクリル系ポリマー(分担), 高分子実験学 6 高分子反応,   1978年
  • 新規反応性モノマーの開発と応用-ラジカル開環重合性モノマー(分担), CMC,   1993年
  • 新規反応性モノマーの開発と応用-アセチレン及びアレンモノマー(分担), CMC,   1993年
  • 反応性ポリマー創製を目的としたアレン類の新規重合反応の開発, CMC,   1993年
  • 高分子における官能基の変換(分担), 新実験化学講座19高分子化学(1),   1978年
  • ゲルコントロール-ゲルの上手な作り方とゲル化の抑制, ゲル化の基礎とその基盤となる重合反応, 遠藤 剛, 須藤 篤, 共著,   2009年12月
  • Controlled/Living Radical Polymerization: Progress in ATRP, Molecular Design and Polymerization Behavior of Monomers Polymerizable via Radical Ring-opening, 遠藤 剛, 森野 一英, 共著,   2010年
  • Controlled/Living Radical Polymerization: Progress in ATRP, Molecular Design and Polymerization Behavior of Monomers Polymerizable via Radical Ring-opening, 遠藤 剛, 森野 一英, 共著,   2009年12月
  • ラジカル重合ハンドブック, ラジカル開環重合の特徴と様式, 遠藤 剛, 森野 一英, 共著,   2010年
  • 総説エポキシ樹脂(最近の進歩Ⅰ), エポキシドの共重合にもとづく新規硬化反応, 遠藤 剛, 須藤 篤, 共著,   2009年12月
  • 二酸化炭素の直接利用 最新技術 第3章, 第3節, 二酸化炭素とエポキシドから得られる五員環カーボナートを利用するポリウレタン類の合成, 落合 文吾, 松本 幸三, 遠藤 剛, 共著, NTS,   2013年04月
    概要:二酸化炭素とエポキシドから得られる五員環カーボナートを利用するポリウレタン類の合成に関する解説

講演・口頭発表等

  • テトラキス(ペンタフルオロフェニル)ボラートをアニオンとするスルホニウム塩によるエポキシドの開環重合挙動, 下川 瑛志, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高下 勝滋, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:テトラキス(ペンタフルオロフェニル)ボラートをアニオンとするスルホニウム塩によるエポキシドの開環重合挙動に関する研究発表
  • ポリカルボシランを用いたリチウムイオンバッテリー用の新規ゲル電解質の開発, 松本 幸三, 遠藤 剛, 勝田 耕平, イ ホジン, 山田 欣司, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:ポリカルボシランを用いたリツム員バッテリー用の新規ゲル電解質の開発に関する研究発表
  • メチレン鎖をスペーサーとするラクトース構造を持つメタクリルアミドの合成と重合, 豊島 雅幸, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:メチレン鎖をスペーサーとするラクトース構造を持つメタクリルアミドの合成と重合に関する研究発表
  • イソチオシアナート構造を持つ(メタ)アクリラートの合成と重合, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:イソチオシアナート構造を持つ(メタ)アクリラートの合成と重合に関する研究
  • クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルソエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 米森 重明, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルソエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合に関する研究
  • 5員環環状カーボナート構造を持つシラシクロブタンの合成と重合, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:5員環環状カーボナート構造を持つシラシクロブタンの合成と重合に関する研究発表
  • イソチオシアナート構造を持つポリ(メタ)アクリラートの合成と性質, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年10月, 高分子学会
    概要:イソチオシアナート構造を持つポリ(メタ)アクリラートの合成と性質に関する研究発表
  • メチレン鎖をスペーサーとする糖鎖高分子の合成とその応用展開(細胞培養), 豊島 雅幸, 松本 幸三, 後藤 光昭, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年09月, 高分子学会
    概要:メチレン鎖をスペーサーとする糖鎖高分子の合成とその応用展開(細胞培養)に関する研究
  • 5員環環状カーボナート構造を持つシラシクロブタンの重合によるリチウムイオンバッテリー用ゲル電解質の合成, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年09月, 高分子学会
    概要:5員環環状カーボナート構造を持つシラシクロブタンの重合によるリチウムイオンバッテリー用ゲル電解質の合成に関する研究発表
  • フルオレン骨格を有する耐熱性ポリスピロオルトカーボナートの合成, 瀬戸 良太, 森次 正樹, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年09月, 高分子学会
    概要:フルオレン骨格を有する耐熱性ポリスピロオルトカーボナートの合成に関する研究
  • p-クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルトエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合および生成ポリマーの架橋反応, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 米森 重明, 高分子学会,   2012年09月, 高分子学会
    概要:p-クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルトエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合および生成ポリマーの架橋反応に関する研究
  • トリアジン環を有する三官能ベンゾオキサジンの合成と重合挙動, 鷲田 照明, 松本 幸三, 遠藤 剛, 合成樹脂工業協会,   2012年10月, 合成樹脂工業協会
    概要:トリアジン環を有する三官能ベンゾオキサジンの合成と重合挙動に関する研究発表
  • p-クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルトエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合およびネットワークポリマーへの応用, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 米森 重明, 合成樹脂工業協会,   2012年10月, 合成樹脂工業協会
    概要:p-クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルトエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合およびネットワークポリマーへの応用に関する研究発表
  • 5員環環状カーボナート構造を有するポリカルボシランで構成されるネットワークポリマーの合成とゲル電解質への応用, 松本 幸三, 遠藤 剛, 合成樹脂工業協会,   2012年10月, 合成樹脂工業協会
    概要:5員環環状カーボナート構造を有するポリカルボシランで構成されるネットワークポリマーの合成とゲル電解質への応用に関する研究発表
  • 側鎖にイソチオシアナート構造を導入したポリ(メタ)アクリラートのネットワークポリマーへの展開, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 合成樹脂工業協会,   2012年10月, 合成樹脂工業協会
    概要:側鎖にイソチオシアナート構造を導入したポリ(メタ)アクリラートのネットワークポリマーへの展開に関する研究発表
  • 5員環環状ジチオカーボナートおよびカーボナート構造を持つポリメタクリラートの合成と、アミノ基を有する機能性物質の導入, 豊島 雅幸, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第62回高分子年次大会,   2013年05月, 第62回高分子年次大会
    概要:5員環環状ジチオカーボナートおよびカーボナート構造を持つポリメタクリラートの合成と、アミノ基を有する機能性物質の導入に関する研究
  • 反応選択性に着目したイソチオシアナトエチルメタクリラートとヒドロキシエチルメタクリラートおよびメタクリル酸との共重合, 松本 幸三, 瀬戸 良太, 遠藤 剛, 第62回高分子学会年次大会,   2013年05月, 第62回高分子学会年次大会
    概要:反応選択性に着目したイソチオシアナトエチルメタクリラートとヒドロキシエチルメタクリラートおよびメタクリル酸との共重合に関する研究
  • p-クロロメチルスチレンから誘導される五員環環状カーボナートおよびスピロオルトエステル構造を持つスチレン系モノマーのRAFT重合, 宮田 隆浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第62回高分子学会年次大会,   2013年05月, 第62回高分子学会年次大会
    概要:p-クロロメチルスチレンから誘導される五員環環状カーボナートおよびスピロオルトエステル構造を持つスチレン系モノマーのRAFT重合に関する研究
  • カルド構造を有する耐熱性ポリスピロオルトカーボナートの合成, 森次 正樹, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第62回高分子学会年次大会,   2013年05月, 第62回高分子学会年次大会
    概要:カルド構造を有する耐熱性ポリスピロオルトカーボナートの合成に関する研究
  • Synthesis of Polycarbosilanes Having Five-Membered Cyclic Carbonate Structures and their Applications to Gel Polymer Electrolytes, 松本 幸三, 遠藤 剛, 勝田 耕平, 李 カンフェイ, 山田 欣司, IUPAC 10th International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering,   2013年08月, IUPAC 10th International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering
    概要:Studies on Synthesis of Polycarbosilanes Having Five-Membered Cyclic Carbonate Structures and their Applications to Gel Polymer Electrolytes
  • Synthesis and Ring-Opening Polymerization of Silacyclobutane Derivatives and their Development to Functional Polymers, 松本 幸三, 遠藤 剛, IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013,   2013年09月, IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013
    概要:Studies on Synthesis and Ring-Opening Polymerization of Silacyclobutane Derivatives and their Development to Functional Polymers
  • イソシオシアナート構造を持つ水溶性ポリマーの合成と反応選択性を利用した水中でのネットワーク形成, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー講演討論会,   2013年10月, ネットワークポリマー講演討論会
    概要:イソシオシアナート構造を持つ水溶性ポリマーの合成と反応選択性を利用した水中でのネットワーク形成に関する研究発表
  • スピロオルトエステル構造を持つスチレン系モノマーの重合およびネットワーク化, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー講演討論会,   2013年10月, ネットワークポリマー講演討論会
    概要:スピロオルトエステル構造を持つスチレン系モノマーの重合およびネットワーク化に関する研究発表
  • エポキシ基を持つシラシクロブタンの重合とネットワークポリマー合成への応用, 松本 幸三, 後藤 譲成, 長尾 尚紀, 遠藤 剛, ネットワークポリマー講演討論会,   2013年10月, ネットワークポリマー講演討論会
    概要:エポキシ基を持つシラシクロブタンの重合とネットワークポリマー合成への応用に関する研究発表

MISC

  • ATR-FTIR法による新しいカルボン匝系モノマーの径牙語アパタイトおよびコラーゲンへの相互作用に覆する研究, 日本接着学会誌, 35, 1, 9, 20,   1999年
  • "ポリマーとリサイクル", リサイクルのすすめ安井 至,Eds., 1, 10,   1996年
  • "有機合成を基盤とした新しい接着剤の設計", 日本接着学会誌, 32, 246,   1996年
  • "新しい潜在性触媒の設計と高分子合成への応用", 三田 文雄, 遠藤 剛, 高分子, 45, 3, 128, 131,   1996年, 10.1295/kobunshi.45.128
  • "開環重合による高分子エマルジョンの合成", 高分子加工, 45, 551, 556,   1996年
  • "開環重合がひらく高分子のケミカルリサイクル", 19, 818, 819,   1996年
  • "新しいネットワークポリマーの分子設計と創製", ネットワークポリマー, 17, 107, 110,   1996年
  • "分解性ポリマーの分子設計", 新素材, 6, 47, 49,   1995年
  • "双環状γ-ラクトンとエポキシドとのアニオン開環交互共重合の開発とそれを基盤とする新規低収縮性ネットワークポリマーの設計と合成", 熱硬化性樹脂, 16, 144, 150,   1995年
  • "主鎖に遷移金属を含む有機金属高分子の合成と応用", 高分子加工, 44, 415, 420,   1995年
  • "環状カーボナート類の開環重合と機能", 色材, 68, 286, 293,   1995年
  • ポリカチオン型抗菌剤, 防菌防黴誌, 23, 87,   1995年
  • 新しいカチオン型抗菌剤:高分子ホスホニウム塩, 高分子, 43, 237,   1994年
  • 合成化学からみた硬化性樹脂の分子設計と応用, 合成樹脂, 40, 2,   1994年
  • 電子移動反応を利用する高分子合成, 海外高分子研究, 40, 169,   1994年
  • 潜在性触媒の分子設計と高分子合成への応用, 色材, 67, 574,   1994年
  • ビオロゲン誘導体のRedox Systemに基づく材料設計, 色材, 67, 505,   1994年
  • 新しいリサイクルポリマーの分子設計, 化学工業, 45, 86,   1994年
  • 重合時に非収縮性を示す新規材料の設計 -非収縮性を示すモノマーの合成と重合-, 色材, 67, 250,   1994年
  • 微生物生産ポリ(r-グルタミン酸)の性質, 窪田 英俊, 南部 洋子, 遠藤 剛, 日本化学会誌, 8, 973, 977,   1993年, 10.1246/nikkashi.1993.973
  • アレン類を用いる新規重合反応の開発, 機能材料, 13, 9, 5, 12,   1993年
  • 主鎖に金属原子を含むポリマー, 高分子, 42, 572, 575,   1993年
  • マロノニトル構造を有するポリマーの合成と熱潜在性カオチン高分子触媒への応用, 日本接着学会誌, 29, 42, 45,   1993年
  • 潜在性触媒の分子設計と応用, 機能材料, 13, 5, 5, 11,   1993年
  • 新しいリサイクルポリマーの分子設計, 高分子, 42, 3, 228, 233,   1993年
  • ポリオレフィンの機能化, 機能材料, 13, 3, 5, 18,   1993年
  • ラジカル開環重合を用いる高分子材料の機能化, 日本接着学会誌, 28, 12, 517, 524,   1993年
  • 機能性高分子への期待, 高分子, 42, 1, 56, 59,   1993年
  • 二酸化炭素の反応性高分子への応用, 日本接着学会誌, 29, 510, 516,   1993年
  • 開環重合における最近の進歩, 日本ゴム協会誌, 623, 634,   1993年
  • 新規スルホニウム塩によるエポキシ樹脂の硬化-熱及び光潜在性硬化触媒による硬化-, 日本接着学会誌, 28, 7,   1992年
  • 『アレン誘導体の重合と反応性高分子への期待』, 高分子, 41, 82, 85,   1992年
  • 『Zwitterionを経由する重合と応用(II)』, 日本接着学会誌, 27, 437, 448,   1991年
  • 『潜在性触媒の設計と高分子合成への応用』, 高田 十志和, 遠藤 剛, 高分子, 40, 12, 794, 797,   1991年, 10.1295/kobunshi.40.794
  • 「アミノ酸ポリマーの機能化」-活性エステル基を持つポリグルタマートの合成と応用, 『機能材料』, 11, 47, 54,   1991年
  • 『Zwitterionを経由する重合と応用(1)』, 日本接着学会誌, 27, 328, 336,   1991年
  • 『Zwitterionを経由する重合と応用(I)』, 日本接着学会誌, 27, 328, 336,   1991年
  • 潜在性酸触媒「ベンジルピリジニウム塩、ベンジルスルホニウム塩」, 有機合成化学協会誌, 48, 978, 979,   1990年
  • 高性能率硬化性樹脂の分子設計, 遠藤 剛, 南部 洋子, 高田 十志和, 日本ゴム協会誌, 63, 12, 738, 748,   1990年, 10.2324/gomu.63.738
  • 新しい機能を持つ架橋性高分子の設計と合成, 機能材料, 10, 28, 42,   1990年
  • 機能性高分子とファインケミカルズ, 色材, 62, 360, 368,   1989年
  • 新しい接着剤の分子設計は可能か, 日本接着協会誌, 25, 409, 413,   1989年
  • スピロ化合物を活用する機能性高分子合成-非収縮性(膨張性)モノマー、材料を中心として-, 遠藤剛, 高田十志和, 石油学会誌, 32, 5, 237, 247,   1989年, 10.1627/jpi1958.32.237
  • 機能材料と分子設計, 機能材料, 9, 5, 7,   1989年
  • 炭素材料の機能化, 炭素, 140, 322, 336,   1989年
  • ラジカル開環重合, 学術月報, 42, 75,   1989年
  • 重合時に非収縮性を示すモノマー合成の最近の進歩, 塗装工学, 23, 72, 79,   1988年
  • ポリアミノ酸の機能化とその応用, 89, 84, 89,   1988年
  • エポキシ樹脂の機能化における新展開, 日本接着協会誌, 24, 56, 61,   1988年
  • グラフト重合によるカーボンブラックの機能化, 機能材料, 8, 13, 23,   1988年
  • ラジカル開環能を有するモノマーの分子設計, 日本接着協会誌, 24, 323, 331,   1988年
  • 多機能性高分子の合成, 遠藤 剛, 高田 十志和, 高分子, 37, 9, 662, 665,   1988年, 10.1295/kobunshi.37.662
  • 新しい電子伝達系の開発と有機合成への応用, 触媒, 30, 255, 261,   1988年
  • これからのアミノ酸化学と機能性材料への応用, 8, 1, 5,   1987年
  • 1987私の気になった研究, 化学, 42, 801,   1987年
  • 容易に入手可能な素材を料理する楽しさ, 海外高分子研究, 33, 1,   1987年
  • 水で固まる高分子, 化学と教育, 35, 528, 531,   1987年
  • 重合時に非収縮性を示すモノマーの設計と合成, 繊維学会誌, 43, 456, 462,   1987年
  • 重合時に非収縮性を示すモノマー合成の最近の進歩, 日本接着協会誌, 22, 437,   1986年
  • 成型材料の低収縮化-不飽和ポリエステル樹脂を中心として-, フアインケミカル, 15, 5,   1986年
  • 非収縮性モノマーの合成と反応性に関する研究, 旭硝子工業技術奨励会報告, 49, 93, 100,   1986年
  • ラジカル開環重合, 高分子, 35, 272,   1986年
  • ニトロキシルラジカルを用いる合成反応, 宮沢健夫, 遠藤剛, 有機合成化学協会誌, 44, 12, 1134, 1144,   1986年, 10.5059/yukigoseikyokaishi.44.1134
  • リポ酸誘導体を用いる合成反応, 南部洋子, 遠藤剛, 大河原信, 有機合成化学協会誌, 43, 7, 680, 690,   1985年, 10.5059/yukigoseikyokaishi.43.680
  • 光開始カチオン重合の最近の進歩, 機能材料, 5, 5,   1985年
  • 反応性モノマーの新展開, ファインケミカル, 14, 5,   1985年
  • アミンイミド構造をもつ反応性モノマー, ファインケミカル, 14, 14,   1985年
  • 新しい電子伝達系の開発とその高分子膜への応用, 遠藤 剛, 膜, 9, 3, 146, 160,   1984年, 10.5360/membrane.9.146
  • 非収縮性モノマーの合成-ビシクロオルトエステル誘導体, 高分子加工, 33, 10,   1984年
  • 非収縮性モノマーの合成と材料化, 熱硬化性樹脂, 5, 30,   1984年
  • 電子伝達機能団をもつ材料の開発と応用, 機能材料, 5, 5,   1984年
  • 縮まない新しいプラスチック, 12, 83,   1984年
  • 有機合成からの新材料へのアプローチ, MOL, 4, 2,   1984年
  • 新しい高分子材料の設計 非収縮性モノマー,材料の合成, 海外高分子研究, 18,   1983年
  • 興味ある機能性モノマー, 化学, 37, 321,   1982年
  • ラジカル開環重合, 高分子, 30, 331,   1981年
  • 電子移動を触媒する高分子, 化学, 35, 331,   1980年
  • 汎用高分子の機能化-ポリスチレン, 高分子, 29, 442,   1980年
  • 重合時の体積収縮は不可避か, 高分子, 27, 108,   1978年
  • 環状ウレタン構造をもつ高分子の合成と反応, 高分子, 19, 849,   1970年
  • ヒドロシリル化触媒の活性制御剤の開発と応用, 日本接着学会誌, 35, 575, 580,   1999年
  • 機能性接着剤の基盤となる反応性高分子材料, 日本接着学会誌, 35, 542, 543,   1999年
  • 開環重合を基盤とする新規ケミカルリサイクル材料の設計, 日本接着学会誌, 35, 432, 439,   1999年
  • 開環重合の進歩-その歴史と最近の話題-, 化学と工業, 52, 468, 471,   1999年
  • アレン、アセチレン類を用いる多成分樹縮合反応の開拓, 高分子加工, 47, 12, 9, 14,   1999年
  • 新しいケミカルリサイクルシステムの構築, ケミカルエンジニヤリング, 44, 15, 20,   1999年
  • 収縮しないネットワークポリマー設計の為の非収縮性機能団をもつビニルモノマー, ネットワークポリマー, 23(1), 23-32,   2002年
  • 平衡重合を基盤とする高分子材料のケミカルリサイクル, ケミカルエンジニヤリング, 47(9), 663-668,   2002年
  • Star Polymer Synthesis from ε-caprolactone Utilizing Polyol/Protonic Acid Initiator, Macromolecules, 35, 680-683,   2002年
  • Cationic Ring-Opening Polymerization of Monothiocarbonate with a Norbornene Group, J. Polym. Sci. Part A : Polym. Chem., 40, 1698-1705,   2002年
  • Synthesis and Reaction of β-Hydroxyaspartic Acid-Based Polymethacrylate, J. Polym. Sci. Part A : Polym. Chem., 40, 2782-2788,   2002年
  • Design and Synthesis of Expandable Materials Based on the Transformation of van de Waals Distance into Covalent Distance (Japanese), J. Adhesion Society of Japan(日本接着学会誌), 39(3), 118-124,   2003年
  • 熱潜在性ヘミアセタールエステルとオキセタン構造を有する共重合体の合成とネットワークポリマーへの応用, 小松裕之, 長沢智三, 遠藤剛, Journal of Network Polymer, 24, 3, 156, 167,   2003年, 10.11364/networkpolymer1996.24.156
  • Polyurethane Macroinitianor for Controlled Monomer Insertion of Styrene, Macromolecules, 36, 1494-1499,   2003年
  • Controlled Cationic Ring-Opening Polymerization of Cyclic Thiocabonates with Ester Groups, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 41, 185-195,   2003年
  • Novel Thermally Latent Anionic Initiator : Polymerization of Epoxide with Hydroxylamide Based on Thermal Dissociation, Macromolecules, 36, 967-968,   2003年
  • Efficient Fixation of Carbon Dioxide into Poly (glycidyl Methacrylate) (Containing Pendant Crown Ether, Macromolecules, 36, 1514-1521,   2003年
  • 平衡重合機能を基盤とするネットワークポリマーのケミカルリサイクル系, 遠藤 剛, 須藤 篤, 森野 一英, ネットワークポリマー, 31, 2, 89, 95,   2010年

受賞

  •   2000年, 日本化学会科学技術賞
  •   1998年, 東京応化科学技術振興財団向井賞
  •   1995年, 合成樹脂工業協会 特別賞
  •   1991年, 日本化学会学術賞
  •   1984年, 高分子学会賞
  •   2002年, 日本接着学会賞

競争的資金

  • 有機合成をベースとした機能性高分子の設計と合成
  • 新規反応性高分子材料の開発
  • アミノ酸ポリマーの設計と合成