KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

木村 隆良キムラ タカヨシ

プロフィール

所属部署名理工学総合研究所
職名客員教授
学位
専門
ジャンル
コメンテータガイド
ホームページURLhttp://www.chem.kindai.ac.jp/course/kakuheya/bukka/kimura.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

学歴・経歴

学歴

  •  - 1976年, 近畿大学, 化学研究科, 化学
  •  - 1971年, 近畿大学, 理工学部, 化学

経歴

  •   1979年,  - 1980年, 日本学術振興会 奨励研究員
  •   1980年,  - 1989年, 近畿大学 助手
  •   1989年,  - 1994年, 近畿大学 講師
  •   1994年,  - 2000年, 近畿大学 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 基礎化学, 物理化学

研究キーワード

  • 物理化学

論文

  • Enthalpy and entropy changes on molecular inclusion of 1-heptanol into α- and β-cyclodextrin cavities in aqueous solutions, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, Thermochimica Acta, 416, 51, 64,   2004年07月
    概要:水溶液中における1-ヘプタノールのα-,β-シクロデキストリン(CD)空洞への分子包接におけるエンタルピー、エントロピーの変化量をミクロ熱測定によって決定した。1-ヘプタノールはα-CD空洞内では非常に安定化すると共に大きなエントロピーの減少を示した。一方、β-CD空洞内では大きな吸熱を示した(英文)。
  • Effects of Modified beta-Cyclodextrin on Thermal Stability and Conformation of Lysozyme, 神山 匡, 木村 隆良, Thermochimica Acta, 532, 10, 14,   2012年03月
  • On the Relationship of the Enthalpies of Inclusion by Cyclodextrins and the Interaction Energies, 藤澤 雅夫, 堤 浩崇, 木村 隆良, 池田浩人, 湯川美穂, 安藝初美, Netsu Sokutei, W39, 9, 13,   2012年01月
    概要:シクロデキストリンによる包接系において、密度汎関数法を用いて相互作用エネルギー を算出した。さらに、相互作用における分散力の寄与を見積もった。ホスト分子-ゲスト分子の接触表面積が大きく、分散力が大きい系ほど、ミクロ熱測定で決定した包接化エンタルピーが大きな負の値を示した(英文)。
  • Enthalpic changes on mixing two couples of S- and R-enantiomers which contained amino groups at 298.15 K, 木村 隆良, Mohamed Abdullah Khan, 神山 匡, J Thermal. Anal. & Calori., 85, 559, 565,   2006年09月
    概要:2-Aminohexane, 2-aminoheptane, 2-animooctane, 2-anminononane, 1-(4-chlorophenyl)-ethylamine, 1-(4-fluorophenyl)ethylamine,よよび 2-amino-butane-1-ol のヘテロキラル系の混合エンタルピーを298.15 Kで決定した。混合エンタルピーは全濃度範囲で僅かに不安定化を示した。 ヘテロキラルな相互作用について量子化学計算により解明した。(英文)
  • Calorimetric study on inclusion of some alcohols into α-cyclodextrin cavities.  Molecular mechanical calculation of hydration Gibbs energies, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 中野雄仁, 神山 匡, 大津隆行, 前田宗, 高木定夫, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 90, 2, 581, 585,   2007年11月
    概要:数種のアルコールのα-シクロデキストリン空洞への包接化エンタルピーを測定し、分子力学法によって決定した溶媒和エンタルピーとの相関を議論した(英文)。
  • 改定7版 化学便覧 基礎編 分担 9-8-3 二成分系気液平衡, 木村 隆良,   2004年02月
  • Enthalpies of mixing of ethanol solution of chiral camphor and its derivertives, 木村 隆良, 岩間世界, 木戸覚子, Abdullah Khan, Journal Chemical Thermodynamics, 41, 1170, 1117,   2009年10月
    概要:camphor, 10-camphorsulfonamide, 10-camphorsulfonic acid, camphorquinone and 10- camphorsufolnil chlorideのエナンチオマーのエタノール溶液の家業エンタルピー並びに体積を決定した。過剰エンタルピーは発熱で混合によりキラル溶液は安定化を示した。エンタルピー的安定化の要因について詳細を報告した。(英文)
  • Enthalpic changes on mixing two couples of S- and R-enantiomers of benzyl-(1-phenyl-ethyl)-amine, 1-phenylethylamine, 1-phenyl-ethanol, butyric acid oxiranylmethyl ester, 4-methyl-[1,3]dioxolan-2-one, 2-Chloro- methyloxirane at 298.15 K, 木村 隆良, Mohammad A. Khan, 石井正一, 植田 佳奈, 松下隆宣, 神山 匡, 藤澤 雅夫, Jounal of Chemical Thermodynamics, 38, 8, 1042, 1048,   2006年09月
    概要:298.15 Kにおける以下の7の光学異性体系の混合エンタルピーを全濃度範囲で決定した: benzyl-(1-phenyl-ethyl)-amine (1), 1-phenylethylamine (2), 1-phenyl-ethanol (3), butyric acid oxiranylmethyl ester (4), 4-methyl-[1,3]dioxolan-2-one (5), 2-Chloromethyloxirane (6) and 3-hydroxyisobutyric acid methyl ester (7)。測定した系は非常に小さなエンタルピー変化であったがR-1 + S-1系, R-5 + S-5系, および R-7 + S-7系は混合により僅かに安定化を示した。一方 R-2 + S-2系, R-3 + S-3系, R-4 + S-4系, および R-6 + S-6系は僅かにエンタルピー的不安定化を示した。すでに測定した18のR+S系について量子化学計算した分子間力でその相互作用について解明した。 (英文)
  • Enthalpies of mixing of ethanol solution of chiral dicarboxylic acids, 木村 隆良, Mohammad Abdullah KAHN, 神山 匡, J Thermal. Anal. & Calori., 85, 559, 565,   2006年09月
    概要:2-Methylbutanedioic acid (MBA), 2-hydroxylbutanedioic acid (HBA), 2-methylpentanedioic acid (MPA) および2-hydroxyl-2-methybutanedioic acid (HMBA) のキラルジカルボン酸のエタノール溶液の混合エンタルピーを298.15Kで決定した。Also 混合により測定した全ての濃度で安定化を示し、どのどの増加と共にエンタルピー的安定化が減少した。0.5%における安定化の順はMBA < DHBA
  • Excess enthalpies for binary mixtures of o-xylene +o-disubstituted isomers, 木村 隆良, 劉 紅麗, 木戸覚子, 神山 匡, 藤澤 雅夫, 南中大学, 熱測定, 37, 96, 103,   2010年09月
    概要:o-キシレンと12個のo-異性体(エチルトルエン,メトキシトルエン,フルオロトルエン, クロロトルエン, ブロモトルエン,ヨードトルエン,トリルアセトニトリル, フルオロイオドベンゼン,ブロモフルオロベンゼン,クロロフルオロベンゼン,フルオロニトロベンゼン,アミノフルオロベンゼン)系について全濃度範囲の過剰エンタルピーを決定した。比較的大きな吸熱を示したフルオロニトロトルエン系およびアミノフルオロトルエン系を除いて小さなエンタルピー変化を示した。 UNIFAC、密度汎関数COSMO-RS、正則溶液論による推算値と比較した結果、UNFACの結果は実測値から大きく正に外れたが密度汎関数COSMO-RSが最もよく一致した。Keesom-Israelachvili 式によって過剰エンタルピーと双極子相互作用の効果を検討した(英語)
  • 脂肪族官能基を含むオルト、メタ、パラ異性体系の過剰エンタルピー, 木村 隆良, 劉 紅麗, 木戸覚子, 神山 匡, 藤澤 雅夫, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 102, 1123, 1133,   2010年07月
    概要:メトキシメチルベンゼン、エチルメチルベンゼン、ジエチルベンゼン、クロロメチルベンゼン、トルニトリル、フルオロベンゾニトリル、トリルアセトニトリルの(o + m), (o + p), (m + p)-異性体系の過剰エンタルピーを測定し、他の構造異性多系の結果と比較した。また超分子法による非経験分子軌道計算から相互作用エネルギーを決定し、実測値と比較検討した。(英語)
  • Volumetric Study of Lysozyme in Dimethyl Sulfoxide + Water Solution at 298.15 K., 神山 匡, 木村 隆良, 松下 隆宣, Journal of Chemical and Engineering Data, 48, 5, 1301, 1305,   2003年
  • 不得意科目の習熟度向上のためのLMSの活用, 木村 隆良, 大学教育と情報, 18, 9, 11,   2010年03月
    概要:不得意とされている科目にLMSとSAによるサポートシステムを導入し、習熟度向上について、生活習慣やモチベションへの問題点をまとめ、適応した結果を解析した結果を示した。
  • The Gibbs Energies of Activation of Lysozyme for Viscous Flow in Water + Dimethyl Sulfoxide Solutions at 298.15 K., 神山 匡, 木村 隆良, 溶液化学, 37, 1, 27, 34,   2008年01月
  • Enthalpy changes on mixing two couples of S- and R-enantiomers of heptane-2-ol, octane-2-ol, nonane-2-ol, 3-chloro-propane-1,2-diol, 2-methyl-1,4-butanediol at 298.15 K, 木村 隆良, 松下隆宣, 植田佳奈, 松田哲雄, 神山 匡, 藤澤 雅夫, Farida AKTAR, Thermochimica Acta, 405, 129, 139,   2004年05月
    概要:Enthalpies of mixing of (R)- and (S)-enantiomers of liquid chiral compounds such as heptane-2-ol, octane-2-ol, nonane-2-ol, 3-chloropropane-1,2-diol and 2-methyl-1,4-butanediol have been measured over a range of mole fractions at 298.15 K, albeit very small values. Mixingof heterochiral liquids of heptane-2-ol, octane-2-ol, nonane-2-ol, 3-chloro-propane-1,2-diol, realized enthalpic destabilization over the wholerange of mole fractions, whereas that of 2-methyl-1,4-butanediol realized enthalpic stabilization over entire compositions. The maximum values of enthalpies of mixing and the intermolecular interaction of cohesive energy density and entropy of vaporization showed a linearcorrelation except for the compounds having two chiral centers and others.
  • Ab initio and DFT calculations of three-body interactions in chiral mixtures, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry , 99, 1, 71, 73,   2010年01月
    概要:キラル混合物において、非経験的分子軌道法と密度汎関数を用いて、3体間相互作用を吟味した。ホモキラル相互作用とヘテロキラル相互作用に差がある系と、両者がほぼ一致する系があることを明らかにし、これらの差と過剰エンタルピーとの相関も確認した(英文)。
  • Thermodynamic properties of chiral fenchones in some solutions at T = 298.15 K, 木村 隆良, Hongli LIU, 木戸覚子, 藤澤 雅夫, 神山 匡, Journal oc chemical thermodynamics, 43, 627, 634,   2011年04月
    概要:(S-フェンコン+エタノール/ベンゼン/シクロヘキサン/四塩化炭素)の二成分系用の過剰エンタルピーを298.15 Kの全濃度範囲で測定した。 実験結果は、UNIFAC、COSMO-RSおよび正則溶液理論から得られた値と比較した。 R-フェンコンおよびS-フェンコンのエタノール、ベンゼンおよびシクロヘキサン中での過剰エンタルピーを線濃度範囲で測定した。異なる溶液でフェンコンの濃度の減少により、キラル系の過剰エンタルピーは濃度の増加とともに減少し、零近くになった。結果はエタノール+リモネン系の既報の結果と比較した。 これらの相互作用エネルギーを評価した結果を詳述した。(英語)
  • Thermodynamic functions of 1,2-alkanediols in dilute aqueous solutions, 藤澤 雅夫, 松下 隆宣, 松井 祐矢, 赤坂 一之, 木村 隆良, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 77, 1, 225, 231,   2004年01月
    概要:1,2-エタンジオール、1,2-プロパンジオール、1,2-ブタンジールの水溶液中における単位体積あたりの熱容量を、超高感度溶液用示差走査熱量計によって測定した。各水溶液の密度測定から求めた部分モル体積を用いて、絶対熱容量を決定した。温度の上昇に伴い1,2-エタンジオール、1,2-プロパンジオールの溶解に伴う熱容量変化は増加したが、1,2-ブタンジールの系では減少した。水和に伴う熱容量変化の温度依存性から1,2-ブタンジールの周りに存在する水の挙動が他の2つのアルカンジオールの系と異なっていることを明らかにした(英文)。
  • Calorimetric and theoretical studies on the system of {(R)-(+)-limonene+(S)-(-)-limonene}, 藤澤 雅夫, 木戸 覚子, 木村 隆良, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 92, 2, 395, 398,   2008年05月
    概要:(R)-(+)-limonene+(S)-(-)-limonene 系の熱容量測定を行い、R体がrichな濃度領域では溶液内にnon-randomが生じ、過剰熱容量の濃度依存性ピークがS型を示した。さらに非経験的分子軌道計算を実施することによって、ホモキラル間の相互作用とヘテロキラル間の相互作用の差を算出し、濃度ゆらぎを説明した(英文)。
  • Excess enthalpies of some nitriles + methyl methylthiomethyl sulfoxide or + dimethyl sulfoxide at 298.15 K, 木村 隆良, 松下隆宣, 鈴木健二, 高木定夫, 熱測定, 31, 2, 62, 68,   2004年03月
    概要:Excess enthalpies of binary mixtures between each of acetonitrile, propionitrile, butyronitrile, pentanenitrile and benzonitrile + methyl methylthiomethyl sulfoxide (MMTSO) and + dimethyl sulfoxide (DMSO) have been determined at 298.15 K. All mixtures showed positive enthalpy change over the whole range of mole fractions except acetonitrile + DMSO over 0.95 in mole fraction of DMSO. Partial molar enthalpies of the mixtures of acetonitrile(1) + DMSO (2) around 0.65 in mole fraction have maximum of and minimum of . Linear relations are obtained between limiting excess partial molar enthalpies and (μ12μ22)(r1+r2)-6 except the mixtures containing for benzonitrile. However limiting excess partial molar enthalpies of the mixtures of aromoatic compounds + MMTSO or +DMSO showed good relation with (μ12μ22)(r1+r2)-6 .
  • PREFERENTIAL SOLVATION OF LYSOZYME BY DIMETHYL SULFOXIDE IN BINARY SOLUTIONS OFWATER AND DIMETHYL SULFOXIDE, 神山 匡, 木村 隆良, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 95, 2, 353, 359,   2009年
  • Destabilization of Cytochrome c by Modified β-Cyclodextrin, 神山 匡, 木村 隆良, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry,   2013年02月
    概要:種々の修飾化βシクロデキストリンによるシトクロムcの不安定化機構をDSCを用いて熱力学的に明らかにした。
  • Thermodynamic properties of D- and L-tartaric acid in aqueous and ethanol solution at 298.15 K, 木村 隆良, Mohammed Abdullah Khan, 神山 匡, 藤澤 雅夫, J. Chem. Eng. Data, 51, 4, 909, 913,   2006年04月
    概要:298.15 Kにおける D- および L-酒石酸水溶液及びエタノール溶液の混合エンタルピーを決定し、その濃度変化ならびに安定性について溶媒効果をしらべた。また溶液中おける酒石酸の分子充填の様子を明らかにした。(英文)
  • Multimodal inclusion complexes of ampicillin with b-cyclodextrins in aqueous solution, 安芸初美, 木村 隆良, 新矢時寛 岩瀬由紀子  川崎祐介 , Thermochimica Acta, 416, 87, 92,   2004年05月
  • シクロデキストリンによる分子包接の熱力学関数値と 1 価アルコールの分子表面積との相関, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, The Journal of Chemical Software, 8, 1, 1, 6,   2002年03月
    概要:水溶液中における 1 価アルコールの構造を知るために、 非経験的分子軌道法の溶媒和モデルを用いて、 1 価アルコールの構造最適化をした。 その構造で疎水部分のみの分子表面積、 溶媒露出表面積等を算出し、 シクロデキストリンによる分子包接の熱力学関数値との相関を検討した。
  • Prediction of solubility of practically insoluble drugs in water/ethanol solvents using non-empirical methods, 藤澤 雅夫, 堤 浩崇, 木村 隆良, Journal of Chemical and Pharmaceutical Research, 3, 3, 750, 758,   2011年05月
    概要:エタノール水溶液中における薬剤の溶解度をCOSMO-RS法とUNIFAC法で推算した。 経験的数値をほとんど使わないCOSMO-RS法で、実験値を非常に良く再現した。 また、薬剤のエタノール中および水中における分極率を非経験的分子軌道法 により推算した。これらの値と薬剤のエタノール中および水中における溶解度 とは非常に良い相関関係が得られた(英文)。
  • Excess enthalpies of {CnH2n+1CN, n=4~12)} + methyl methylthiomethyl sulfoxide or + dimethyl sulfoxide at 298.15 K, 木村 隆良, 松下隆宣, 神山 匡, 高木定夫, J. Chem & Eng data, 49, 1046, 1051,   2004年07月
    概要:Excess enthalpies of binary mixtures between each of {CH3(CH2)nCN, n=5 to 12} and methyl methylthiomethyl sulfoxide or dimethyl sulfoxide have been determined at 298.15 K. All mixtures show positive enthalpy changes over the whole range of mole fractions. Excess enthalpies of the mixtures of nitriles increased with increasing size of the aliphatic groups. The increments of dipole interaction terms of ?12?22(r1+r2)-6 on excess partial molar enthalpies at infinite dilution showed different behavior on the border of pentanenitrile.
  • Excess molar heat capacities of (L-glutamine aqueous solution + D-glutamine aqueous solution) at temperatures between 293.15 and 303.15 K, 藤澤 雅夫, 松下隆宣, M. A. Khan, 木村 隆良, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 82, 2, 319, 321,   2005年11月
    概要:生体内でも重要なキラル認識のモデル物質としてD-, L-アミノ酸を用いて、アミノ酸同士の水溶液中での挙動を過剰熱容量測定によって明らかにすることを試みた。過剰熱容量はすべて負の値を示し、温度の上昇に伴ってnon-randomが減少した。温度の上昇によってホモキラルアミノ酸の間に、働いていた引力的相互作用が弱まったものと考えられる(英文)。
  • Enthalpies of mixing of o- and m-isomers at 298.15 K, 木村 隆良, 高橋由加里, 神山 匡, 藤澤 雅夫, J Thermal. Anal. & Calori., 88, 587, 595,   2007年05月
  • EXCESS MOLAR HEAT CAPACITIES OF ((R)-(+)-α-PINENE+(S)-(-)-α-PINENE) AT TEMPERATURES BETWEEN 293.15 - 308.15 K, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 松下隆宣, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 81, 137, 139,   2005年06月
    概要:キラル認識が生体内でも重要なことは良く知られている。我々の知る限り、s-およびR-エナンチオマー同士の混合による過剰熱容量の報告はない。キラル認識のメカニズムを知るために (R)-(+)- alpha-pinene と(S)-(-)- alpha-pineneの混合による過剰熱容量を293.15から308.15 Kの温度間で決定した. 過剰熱容量は温度の上昇とともに減少しnon-random mixing が解消されることをあきらかにした(英文)。
  • Excess enthalpies of binary mixtures of some propylamines + some propanols at 298.15 K, 木村 隆良, 北井良子, 神山 匡, 藤澤 雅夫, Thermochimica Acta, 450, 91, 95,   2006年10月
    概要:1,2-,1,3-propanediamine+1-,2-propanolおよび1,2-,1,3-propanediol+1-or2-propaneamine系の部分モルエンタルピーを全濃度範囲で決定した。アミン+アルコール間の水素結合生成の熱力学量を決定し、1級アルコールならびに2級アルコールの相違を明らかにした。またentropy-enthalpy相殺則について明らかにした。(英文)
  • Thermodynamic study on effects of incorporated H2O and carbonate ions in the hydrolysis of mechanochemically-treated β-Tricalcium Bis (orthophosphate), 坂本清子, 木村 隆良, 山口敏郎 藤原一郎 佐藤勝彦, Journal of the Ceramic Society of Japan, 117, 904, 910,   2010年03月
    概要:β-トリカルシウム、ビス(オルトホスフェイト)、[Ca3(PO4)2](β-TCPP)を空気、湿度をもつ窒素および炭酸ガス3つの異なる雰囲気中で乳鉢で摩砕した結果のメカのケミカル効果について調べた。水および炭酸イオン下ではβ-TCPは摩砕の時間と環境に依存した。β-TCPの摩砕時間が増加すると不十分なカルシウムハイドロキシアパタイトに容易に加水分解した。ぬれた炭酸ガスの中のβ-TCPのアパタイト生成率は、空気中およびぬれた窒素中より著しく低かった。β-TCPの加水分水における水と炭酸イオンの役割は分光学に熱量測定によっ示された。摩砕されたβ-TCPの熱量測定において、強い発熱を伴うバンドは観察されました。それは広い発熱を伴うバンドで示された。摩砕されたβ-TCPの新鮮な表面上に溶剤中の水の吸着のプロセスに最初のバンドが相当することは考えられる。。第2の広帯域のバンドははアパタイト構成プロセスに相当すると考えられる。摩砕したβ-TCPと作用する水はβ-TCPの溶解とア
  • Effects of Cyclodextrin on Thermal Stability of Cytochrome c, 神山 匡, 木村 隆良, 熱測定, W39, 1, 5,   2012年01月
  • Enthalpy change on mixing a couple of some chiral compounds at 298.15 K, 木村 隆良, Mohammad Abdullah KAHN, 神山 匡, Chirality, 18, 8, 518, 586,   2006年08月
    概要:Dimethyl malate (1), methyl 3-hydroxylbutanoate (2), 2-butanol (3), ethyl 4-chloro-3-hydroxylbutanoate (4), 1,3,3-trimethylbicycle[2.2.1]heptan-2-octene (5), 3,7-dimethyl-6-octenal (6) and 8-bromo-2,6-dimethyl-oct-2-ene (7)の混合エンタルピーを全濃度範囲について決定した。極僅かなエンタルピー変化ではあったが R-1 + S-1, R-2+ S-2, R-3 + S-3, R-6 + S-6 およびR-7 + S-7系は不安定を示した。一方 R-4 + S-4 およびR-5 + S-5系は極僅かな安定化を示した。エンタルピー相互作用について量子化学的な計算により解明した。(英文)
  • 溶液中での分子識別の微少熱量計による研究, 木村 隆良, 熱測定, 36, 2, 72, 82,   2009年03月
    概要:溶液中での種々の現象を理解する上で,分子の特異的な立体構造に基づく非対称性や溶液を構成する分子の官能基の種類や位置の違いが溶液の性質にどのように寄与するか,その分子間相互作用に果たす役割を明らかにすることはきわめて重要である。しかし分子構造を基にした系統的研究に必要な高純度試料の入手は極めて困難であるので,少量の試料で高感度の測定が可能な微少熱量測定系を完成し,その精度および確度を確かめる系を提案した。分子を構成する官能基が同じであるエナンチオマー同士の混合エンタルピーや溶液中でのエナンチオマーの混合エンタルピー,o -, m-, p - 構造異性体系の混合エンタルピー,さらには重水素化した化合物と重水素化していない物の系の混合エンタルピーなどの系統的データを集積した。凝集エネルギー密度や双極子-双極子相互作用パラメーターからこれらの系の主な相互作用を分類した。また脂肪族化合物など極性官能基部分と無極性部
  • Rheological Study of Lysozyme in Dimethyl Sulfoxide + Water Solution at 298.15 K., 神山 匡, 森田 雅次, 木村 隆良, Journal of Chemical and Engineering Data, 49, 5, 1350, 1353,   2004年
  • THERMODYNAMIC STUDY OF METABOLIC REACTIONS IN AN AQUEOUS PROTEIN SOLUTION, 神山 匡, 戸島 由実, 木村 隆良, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 82, 207, 212,   2005年
  • Enthalpies of dilution of mono-, di- and poly-alcohols in dilute aqueous solutions at 298.15 K, 藤澤 雅夫, 前田宗, 高木定夫, 木村 隆良, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 69, 3, 841, 848,   2002年10月
    概要:一価、二価、ポリ-アルコール希薄水溶液の希釈エンタルピーをMcMillan-Mayaer 展開で整理し、各アルコールの疎水性相互作用の大きさを議論した(英文)。
  • Studies on molecular interactions of beta-cyclodextrin and antiulcer agent, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, Journal of thermal analysis and calorimetry, 85, 3, 589, 591,   2006年09月
    概要:シクロデキストリンに包接せれることにより、溶解度の改善、バイオアベイラビリティーの向上などが期待される抗潰瘍剤クロラムブシルと、シクロデキストリンの相互作用を分子軌道計算によって明らかにすることを試みた。クロラムブシルはベータシクロデキストリンの一級水酸基側の酸素原子と水素結合(距離、角度も決定)を形成していること、包接されることによって、エントロピーの減少にもかかわらず、自由エネルギーが大きく減少して、安定化することを明らかにした(英文)。
  • Mechanisum for the inhibitation of the acid degradation of ampicilin by 2-hydroxypropyl-b-cyclodextrin, 安芸初美 , 木村 隆良, 新矢時寛, Jouranl of Thermal analysis and calorimetry, 77, 423, 435,   2004年09月
  • Thermodynamic functions of molecular inclusion of some isomers of butanediol in gas phase into α and β cyclodextrin cavities in aqueous solutions at 298.15 K, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 高木定夫, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 64, 1, 149, 155,   2001年
    概要:ブタンジオール分子が理想気体状態から希薄水溶液中のシクロデキストリン空洞に包接された際のエントロピー変化量と Gibbs エネルギー変化量を新たに算出し、 熱力学関数値と分子構造との相関について検討した。 (英文)
  • Thermodynamic studies on denaturation of lysozyme due to DMSO., 神山 匡, 浦川 寛人, 木村 隆良, 近畿大学理工学部研究報告, 38, 11, 14,   2002年

書籍等出版物

  • 微少熱量計による医薬品の長期安定性予測, 熱量測定と熱分析ハンドブック,   1998年
  • 最新熱分析 分担執筆, 講談社サイエンチフィック,   2005年
  • 第5版 実験化学講座 6 温度・熱、蒸気圧 9平衡蒸気圧の測定 9.2 1成分系(その1-水溶液および有機物質), 木村 隆良, 共著, 丸善株式会社,   2005年07月
  • 第5版実験化学講座 6 温度・熱、圧力  6章 反応系のカロリメトリ-, 木村 隆良, 共著, 丸善株式会社,   2005年07月
  • 改定6版 化学便覧 基礎編 分担 10-7-3 過剰ギブズエネルギー, 木村 隆良, 共著, 丸善株式会社,   2004年02月
  • 第5版実験化学講座 6 温度・熱、圧力 8.3 生体分子間相互作用の熱測定, 木村 隆良, 共著, 丸善株式会社,   2005年07月
  • Comprehensive Handbook of Calorimetry and Thermal Analysis, 木村 隆良, 共著, John Wily & Sons, Ltd,   2004年07月
    概要:5.5.6 Long-term stability
  • 物理化学[第2版], 近藤和夫, 木村 隆良, 上野正勝, 芝田準次, 谷口吉弘, 共著, 朝倉書店,   2011年04月
  • 改定5版 化学便覧 基礎編 分担 10-5 溶解エンタルピー, 木村 隆良, 共著, 丸善株式会社,   2004年02月

講演・口頭発表等

  • TEMPERATURE DEPENDENCE OF THE EXCESS HEAT CAPACITIES OF {x (+)-a-PINENE + (1-x) (-)-a-PINENE }, 藤澤 雅夫, 松下隆宣, 木村 隆良, 18th IUPAC Conference on Chemical Thermodynamics,   2004年08月, 18th IUPAC Conference on Chemical Thermodynamics
  • ENTHALPIES OF SOLUTION OF INCLUSION COMPOUNDS OF DEOXYCHOLIC ACID, 野口耕一, 木村 隆良, 神山 匡, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics,   2004年08月, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics
  • 希薄水溶液中における アルカンジオールの熱力学関数, 藤澤 雅夫, 赤坂 一之, 松井裕矢, 木村 隆良, 松下隆宣, 日本化学会第 81 春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 春季年会 (東京)
    概要:希薄水溶液中における、 1, 2 エタンジオール、 1, 2 プロパンジオール等、 アルカンジオールの熱容量を測定した。 炭素数が 3 以上のアルカンジオールに関しては温度の上昇と共に、 熱容量が減少したが、 1, 2 エタンジオールの熱容量は温度の上昇と共に、 熱容量が増加した。 1, 2 エタンジオールの周囲に存在する水の様子が、 他のアルカンジオールのまわりに存在する水と明らかに異なっていることが明白になった。
  • D -, L - アミノ酸水溶液の過剰熱容量の温度依存性, 藤澤 雅夫, 松下隆宣, 木村 隆良, 第40回記念熱測定討論会,   2004年10月, 第40回記念熱測定討論会
  • Thermodynamic and kinetic study of enzymatic reaction by microcalorimeter, 戸島 由実, 神山 匡, 木村 隆良, CATS-2005,   2005年10月, CATS-2005
  • オリゴ糖の水和に関するエネルギー的解析, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, The Third International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials,   2004年11月, The Third International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials
    概要:オリゴ糖の水和に関する熱力学量を半経験的分子軌道法によって算出し、水和自由エネルギーと動的水和数との相関について議論した。
  • シクロデキストリンによるエチレングリコールの包接挙動の計算化学的研究, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 第 19 回シクロデキストリンシンポジウム (京都),   2001年09月, 第 19 回シクロデキストリンシンポジウム (京都)
    概要:シクロデキストリン+エチレングリコール+水系の分子動力学計算を実施することによって、 水中でエチレングリコールがシクロデキストリン空洞内壁と水素結合を形成する確率が低いことを明らかにした。
  • 包接化合物の溶媒和に関する計算科学的研究, 藤澤 雅夫, 近藤健人, 広鰭竜良, 森本真一, 木村 隆良, 第24回シクロデキストリンシンポジウム,   2006年10月, 第24回シクロデキストリンシンポジウム
  • Thermal expansion coefficients of inclusion compounds of alpha-, beta-, and gamma-cyclodextrin in aqueous solutions, 石井 亮太, 神山 匡, 木村 隆良, CATS-2005,   2005年10月, CATS-2005
  • シクロデキストリンの分子包接に関与する相互作用とQSAR値, 藤澤 雅夫, 松下隆宣, 木村 隆良, 日本薬学会年会第123年会(長崎),   2003年03月, 日本薬学会年会第123年会(長崎)
    概要:ゲスト分子の分散力等を算出し、シクロデキストリンの分子包接に関与する相互作用との相関を議論した。
  • デオキシコール酸-ブタノール系包接化合物の溶解熱, 野口 耕一, 木村 隆良, 神山 匡, 日本化学会第84春季年会,   2004年03月, 日本化学会第84春季年会
  • EXCESS ENTHALPIES OF BINARY MIXTURES OF AMINES + PROPANOLS AT 298.15 K, 木村 隆良, 北井良子, 神山 匡, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics,   2004年08月, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics
  • Cytochrome cおよびBSAの熱安定性に及ぼすシクロデキストリンの包接効果, 神山 匡, 木村 隆良,   2012年09月
  • THERMODYNAMIC STUDIES ON THE SYSTEM OF METHANOL + ETHANOL AND + PROPANE-1-OL, 乾 真也, 木村 隆良, 神山 匡, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics,   2004年08月, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics
  • 水溶液中におけるシクロデキストリンとグリコール包接複合体の挙動, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 第20回シクロデキストリンシンポジウム(千葉),   2002年09月, 第20回シクロデキストリンシンポジウム(千葉)
    概要:水溶液中でのシクロデキストリン プロピレングリコール包接複合体の分子動力学計算を行った。シクロデキストリン空洞内でプロピレングリコールは初期構造から変化し、200ps付近ではトランスから±60°回転した構造を示す確率が大きいことが明らかになった。
  • D -, L - アミノ酸水溶液の過剰熱容量の温度依存性II, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 第41回熱測定討論会,   2005年10月, 第41回熱測定討論会
  • Enthalpies of dilution of mono , di and poly alcohols in dilute aqueous solutions, 藤澤 雅夫, 前田宗, 高木定夫, 木村 隆良, The Second International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials (横浜),   2001年11月, The Second International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials (横浜)
    概要:アルコール希薄水溶液の希釈エンタルピーを、 溶液の統計熱力学理論で整理することによって、 二体間、 三体間相互作用係数を算出した。 (英文)
  • Camera Control System Using Speech Recognition Technology, 溝渕 昭二, 越智 洋司, 井口 信和, 佐野 到, 向井 苑生, 木村 隆良,   2008年06月
  • Camera Control System for Remote Lectures Using Face Recognition and Speech Recognition, 溝渕 昭二, 越智 洋司, 井口 信和, 佐野 到, 向井 苑生, 木村 隆良,   2009年06月
  • 危険物、自然発火性物質等の新たな判定手法について, 森尻宏 苫米地守 富田功, 木村 隆良, 日本火災学会研究発表会,   2004年05月, 日本火災学会研究発表会
  • Effects of cyclodextrin on thermal stability of cytochrome c and Bovine serum albumin, 神山 匡, 木村 隆良, ICTAC15,   2012年08月, ICTAC15
  • TG-DTAを用いた蛋白質の水和・脱水和, 神山 匡, 戸島 由実, 木村 隆良, 日本熱測定学会 第41回熱測定討論会,   2005年10月, 日本熱測定学会 第41回熱測定討論会
    概要:種々のタンパク質の粉末結晶についてTG-DTA測定を行い、粉末結晶中におけるタンパク質水和量の決定と脱水にともなう活性化エネルギーを決定した。これらの結果をアミノ酸組成や分子量と比較すると共に、既存のX線結晶構造データと比較した。
  • ENTHALPIC DISCRIMINATION OF CHIRAL COMPOUNDS IN SOLUTION, 木村 隆良, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics,   2004年08月, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics
  • Thermodynamic study of metabolic reaction in various aqueous protein solutions, 神山 匡, 戸島 由実, 木村 隆良, CATS-2005,   2005年10月, CATS-2005
    概要:In researching the preservation of protein and food, it is very important to observe and prevent putrefaction of the substances. Calorimeters with high stability and sensitivity are suitable for measuring slow thermal reactions such as enzyme activity or solid reactions, because the calorimeter can detect total thermal reactions of samples both thermodynamically and kinetically [1,2]. We studied the metabolic reactions in aqueous myoglobin solutions at various conditions by calorimeter and thermodynamic and kinetic analyses of metabolism were also performed [3]. In this study, the metabolic reactions in various aqueous protein solutions were measured by microcalorimeter at 298.15 K and thermodynamic and kinetic analyses of metabolism were performed.
  • シクロデキストリンの溶媒和に関するエネルギー的考察, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 第21 回シクロデキストリンシンポジウム(札幌),   2003年09月, 第21 回シクロデキストリンシンポジウム(札幌)
    概要:半経験的ハミルトニアンを使って、α .、β .、γ . シクロデキストリン、単糖類の水和自由エネルギーを算出した。水和自由エネルギーは溶媒接触表面積よりもむしろ水和数と良い相関が得られた。
  • オリゴ糖の溶媒和, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 日本化学会第84春季年会,   2004年03月, 日本化学会第84春季年会
    概要:α-シクロデキストリンがエントロピー主導による水和が起こり、β-CDの水和における原動力がエントロピー項とエンタルピーがほぼ等価あること、その他のオリゴ糖の水和の原動力がエンタルピーであることを明らかにした。
  • デオキシコール酸包接化合物のTG―MS, 木村 隆良, 足立祐樹, 中西雄大, 神山 匡, 第52回質量分析総合討論会,   2005年06月, 第52回質量分析総合討論会
  • リゾチームの熱安定性に及ぼす修飾化シクロデキストリンの添加効果, 神山 匡, 木村 隆良, 日本熱測定学会,   2007年10月, 日本熱測定学会
  • VOLUME FLUCTUATION OF BIOMOLECULES AS REVEALED BY ISOTHERMAL COMPRESSIBILITY AND THERMAL EXPANSION COEFFICIENT, 神山 匡, 木村 隆良, 5th Internationa Symposium on Molecular Science of Fluctuations toward Biological Functions,   2012年01月, 5th Internationa Symposium on Molecular Science of Fluctuations toward Biological Functions
  • THERMODYNAMIC STUDY ON THE SLOW REACTION OF PROTEIN IN AQUEOUS SOLUTION, 神山 匡, 戸島 由実, 松下 隆宣, 木村 隆良, IUPAC ICCT-2004,   2004年08月, IUPAC ICCT-2004
    概要:The high sensitive and stable calorimeter is suitable for measuring slow thermal reactions like an enzyme activity or a solid reaction. Such slow reactions can sensitively reflect so many complicated molecular interactions and conformational changes although it may be difficult to quantitatively divide the differences of the interactions. In this work, the slow reactions which were occurred in myoglobin aqueous solutions were measured at 298.15 K and thermodynamic and kinetic study about the slow reactions were carried out. Aqueous solutions of myoglobin were measured by a twin micro-calorimeter of heat conduction type (Thermal Activity Monitor) with a sealed glass cell for solution. Myoglobin solutions were prepared by dissolving with water and/or hydrochloric acid. The slow reactions were measured under various conditions such as pH and volume of solution (V), concentration of myoglobin (c), and incubation temperature.
  • Enthalpies of mixing of d- and l- tartaric acid in aqueous and ethanol solution, 木村 隆良, Abdulla Khan, 神山 匡, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics,   2004年08月, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics
  • シクロデキストリンによる分子包接の熱力学関数値とゲスト分子の分子表面積との相関, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 高木定夫, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸)
    概要:ゲスト分子の分子表面積を評価し、 シクロデキストリンによる分子包接の熱力学関数値と分子識別との相関について検討した。
  • EXCESS ENTHALPIES OF ALIPHATIC ACETATE + METHYL METHYLTHIOMETHYL SULFOXIDE, + DIMETHYL SULFOXIDE, 松下隆宣, 木村 隆良, 神山 匡, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics,   2004年08月, 18th IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics
  • Enthalpy and Entropy Changes on Molecular Inclusion of 1-Heptanol into α- and β-cyclodextrin Cavities in Aqueous Solutions, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 3rd International and 5th China-Japan joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis(中国),   2002年08月, 3rd International and 5th China-Japan joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis(中国)
    概要:1?ヘプタノールがα?およびβ?シクロデキストリンに包接される際の熱力変化量をミクロ熱測定により決定した。アルキル基が短い直鎖一価アルコールのβ?シクロデキストリンへの包接ではエンタルピー変化量が正の値であったのに対して、1?ヘプタノールでは発熱を示した。分子表面と空洞内壁との接触が密になったためと考えられる。(英文)
  • 脂肪族アセテート+FAMSO,+DMSO 系の混合熱, 松下隆宣, 木村 隆良, 神山 匡, 日本化学会第84春季年会,   2004年03月, 日本化学会第84春季年会
  • 水溶液中でのシクロデキストリン空洞へのニトリルの包接に伴うエンタルピーおよびエントロピー変化, 木村 隆良, 雪山 聖, 神山 匡, 藤澤 雅夫, 第22回シクロデキストリンシンポジウム,   2004年09月, 第22回シクロデキストリンシンポジウム
  • アミノ酸との相互作用を指標にしたシクロデキストリ ンによるタンパク質の不安定化機構, 神山 匡, 山根 拓也, 北宿 智嗣, 木村 隆良, 日本化学会第86春季年会,   2006年03月, 日本化学会第86春季年会
    概要:和文概要:タンパク質水溶液にシクロデキストリンを添加すると タンパク質の安定性が低下する。この不安定化機構を明らかにす るために、アミノ酸とシクロデキストリンの相互作用を体積を指 標にして明らかにした。 英文概要:The stability of protein was decreased by adding of cyclodextrin to the solution. Cyclodextrin destablized protein in aqueous solution.To clarify the mechanism of the destabilization, the interaction of the amino acid and the cyclodextrin was clarified studied as revealed by apparent partial specific volume.
  • Volume changes of Cyclodextrin with amino acids in aqueous solution, 神山 匡, 山根 拓也, 木村 隆良, PACIFICHEM2005,   2005年12月, PACIFICHEM2005
    概要:It is important to clarify the molecular identification mechanism and the intermolecular interaction in vivo. The densities of various aqueous alpha- and methyl beta- Cyclodextrin (CD) solutions with 19 kinds of amino acids were respectively measured at 298.15 K. Influences on the molecular recognition by difference in properties of side chain of amino acids were discussed by the obtained molar volume changes of inclusion compounds and the binding constants.
  • 水溶液中でのα‐シクロデキストリン+ブタンジオール包接化合物の熱力学的性質, 木村 隆良, 神山 匡, 藤澤 雅夫, 日本化学会第84春季年会,   2004年03月, 日本化学会第84春季年会
  • Studies on molecular interactions of cyclodextrin and antiulcer agent, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 4th International and 6th Japan-China Joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis,   2005年10月, 4th International and 6th Japan-China Joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis
    概要:シクロデキストリンに包接せれることにより、溶解度の改善、バイオアベイラビリティーの向上などが期待される抗潰瘍剤クロラムブシルと、シクロデキストリンの相互作用を計算科学的手法で明らかにした(英文)。

MISC

  • 比較的少量の試料に用いうる精密気液平衡装置の試作, 熱測定, 5, 3,   1978年
  • Enthalpies of dilution of mono-, di- and poly-alcohols in dilute aqueous solutions at 298.15 K , The Journal of Chemical Software, 8,(1)1-6,   2002年
  • Elimination processes of guest molecules from the inclusion compounds of deoxycholic acid, J. Thermal Anal. Calo., 69(3) 841-848,   2003年
  • Excess enthalpies of alkane-1-amines{CnH2n+1NH2, n=3 to n=8} + methyl methlthiomethyl sufoxide, + dimethyl sufoxide at 298.15 K, Chem. Eng. Data, 48,1301-1305,   2003年
  • Enthalpy changes on mixing two couples of S- and R-enantiomers of heptane-2-ol, octane-2-ol, nonane-2-ol, 3-chloro-propane-1,2-diol, 2-methyl-1,4-butanediol at 298.15 K, Thermochimica Acta,, 414 209-214,   2004年
  • ENTHALPIES OF SOLUTION OF ALIPHATIC COMPOUNDS IN DIMETHYL SULFOXIDE, Thermochimica Acta, 416, 129-134 (2004),   2004年
  • Enthalpies of Solution of Aliphatic amines, Aliphatic benzene and Alkane in Dimethyl Sulfoxide at 298.15 K, J. Soln. Chem, 33, 875-886,   2004年
  • Excess enthalpies of { Methyl Methylthiomethyl Sulfoxide + (CnH2n+1OH, n=4~12)} and {Dimethyl Sulfoxide +(CnH2n+1OH, n=4~12) } at 298.15 K, Thermochimica acta, 424 pp83-90,   2004年
  • Enthalpies of mixing of ethanol solution of chiral limonenes at 298.15 K, T. Kimura, S. Kido , J Thermal. Anal. & Calori. , 99, 87, 93,   2010年

受賞

  •   2008年, 熱測定学会 学会賞

競争的資金

  • 2成分溶液の熱力学の研究
  • 生体関連物質の熱化学に関する研究
  • 包接化合物の熱力学的研究
  • 分子識別