KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

林 孝洋ハヤシ タカヒロ

プロフィール

所属部署名農学部 農業生産科学科 / 農学研究科
職名教授
学位博士(農学)
専門園芸生産、植物工場
ジャンル経営・産業/農林
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/149-hayashi-takahiro.html
ホームページURLhttp://nara-kindai.unv.jp/02gakka/01nogyo/syoku_nin/
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    野菜やハーブの植物工場について研究しています。水耕ではなくポリエステル繊維培地を用いる方法で、施設の低コスト化が可能です。施肥設計と多収・高品質化のための環境調節に特長があります。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/3/12
     読売新聞
     アンスリウム育成成功について
    ●2017/3/7
     読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
     震災後に福島県川俣町で栽培を始めたアンスリウムの栽培について
    ●2017/2/21
     福島中央テレビ「ごじテレChu!」
     震災後に福島県川俣町で栽培を始めたアンスリウムの栽培について
    ●2015/9/28 
     福島民友
     ポリエステル培地について。

研究活動情報

研究分野

  • 農学, 園芸学・造園学
  • 農業工学, 農業環境工学

書籍等出版物

  • 農業技術大系.花卉編1. 花序の調節., 農山漁村文化協会,   1993年
  • ファイトテクノロジー(植物生産工学)(かたちの特徴.生物的制御.形態モデル.)(共著), 朝倉書店,   1994年
  • 農業技術大系.花卉編3.分枝の発生と草姿. 花器の構成と発達, 農山漁村文化協会,   1995年
  • 園芸種苗生産学(挿し木苗生産システム)(共著), 朝倉書店,   1997年
  • 新園芸学全編(形態と構造)(共著), 養賢堂,   1998年
  • 『ファイテク?How to?みる・きく・はかる』(ファイトテクノロジー研究会編), 養賢堂,   2002年

作品

  • 植物育成用照明装置,   2000年
  • 生花に代わる加工花の開発,   2003年 - 2004年

MISC

  • シュッコンカスミソウの花序の構成と発達(共著), 林 孝洋, 宮田 弘恵, 小西 国義, 園芸学会雑誌, 61, 1, 135, 141,   1992年, 10.2503/jjshs.61.135
  • 画像処理による容器内植物の生長量の計測(共著), 元岡 茂治, 林 孝洋, 美馬 義卓, 小西 耕, 小西 国義, 園芸学会雑誌, 60, 3, 677, 683,   1991年, 10.2503/jjshs.60.677
  • カランコエの花序の構成と発達(共著), 林 孝洋, 小西 国義, 園芸学会雑誌, 60, 1, 167, 173,   1991年, 10.2503/jjshs.60.167
  • ポインセチアの複合花序の構成と発達(共著), 園芸学会雑誌, 59, 4, 839, 845,   1991年
  • 窒素濃度がキクの初期生育に及ぼす影響(共著), 景山詳弘, 林孝洋, 小西国義, 園芸学会雑誌, 56, 1, 79, 85,   1987年, 10.2503/jjshs.56.79
  • エアコンを利用した環境制御計測装置の試作と応答性(共著), 岡山大学農学部学術報告, 75,23-29,   1990年
  • ファイトテクノロジーのこころみ(5)=岐散花序のかたち=, 農業および園芸, 67, 2, 325, 331,   1992年
  • ファイトテクノロジーの研究(第3集).キクとカーネーションのセル成型苗生産における培地組成とセルサイズの検討 (共著), 農業機械学会, 75, 89,   1995年
  • セントポーリアにおけるリーフスポットの発生の日変化(共著), 園芸学会雑誌 別冊, 63, 1, 468, 469,   1994年
  • セントポーリアの光合成速度に関与する要因-気孔開度について- (共著), 園芸学会雑誌 別冊, 63, 1, 470, 471,   1994年
  • セントポーリアに発生するリーフスポットの画像解析による判別と定量 (共著), 園芸学会雑誌 別冊, 62, 2, 452, 453,   1993年
  • イワタバコ科およびキツネノマゴ科の多くの植物に発生するリーフスポットについて (共著), 園芸学会雑誌 別冊, 64, 1, 478, 479,   1995年
  • 育苗セルの形と容積がキンギョソウ苗の生長に及ぼす影響 (共著), 園芸学会雑誌 別冊, 64, 1, 556, 557,   1995年
  • クロロフィル蛍光の変化から見たセントポーリアのリーフスポット発生の初期反応(共著), 園芸学会雑誌 別冊, 64, 2, 564, 565,   1995年
  • スプレーギクの花房フォーメーションの評価アルゴリズムに関する研究(第1報)-着花位置を決定する特微量の抽出- (共著), 甲斐 和広, 近藤 直, 林 孝洋, 芝野 保徳, 小西 国義, 門田 充司, 生物環境調節, 33, 4, 253, 259,   1995年, 10.2525/ecb1963.33.253
  • スプレーギクの花房フォーメーションの評価アルゴリズムに関する研究(第2報)-画像処理を用いた評価指標の検討- (共著), 甲斐 和広, 近藤 直, 林 孝洋, 芝野 保徳, 小西 国義, 門田 充司, 生物環境調節, 33, 4, 261, 267,   1995年, 10.2525/ecb1963.33.261
  • スイートピー花序の着蕾数における周期性について, 園芸学会雑誌 別冊, 65, 1, 432, 433,   1996年
  • スプレーギクの花房フォーメーションの評価アルゴリズムに関する研究(第3報)-輪郭解析による葉を含めた花房の形状評価の自動化-.(共著), 甲斐 和広, 近藤 直, 林 孝洋, 芝野 保徳, 小西 国義, 門田 充司, 生物環境調節, 34, 2, 123, 128,   1996年, 10.2525/ecb1963.34.123
  • 確率Lシステムを用いたシュッコンカスミソウの生長・開花モデル(共著), ファイトテクノロジーの研究(第4集)論文集(農業機械学会), 113, 120,   1998年
  • セントポーリアの栽培における光強度の見直し.(共著), 農耕と園芸, 53, 54, 55,   1998年
  • 赤外線熱画像解析から見たセントポーリアの葉温降下とリーフスポットの発生程度 (共著), 園芸学会雑誌, 69, 1, 342,   2000年
  • 白色系カーネーションの花色と分光反射特性の関係 (共著), 園芸学会雑誌, 69, 1, 353
  • スイートピーの開花期における光合成産物の分配, 札埜高志, 林孝洋, 矢沢進, 園芸学会雑誌, 70, 1, 102, 107,   2001年, 10.2503/jjshs.70.102
  • 花弁の分光反射特性と花色との関係, 日本植物工場学会平成12年度大会講演要旨, 1,56-57,   2000年
  • アレンジメント用切り花生産を前提としたシュッコンカスミソウ栽植密度, 園芸学研究, 1, 3, 187, 190,   2002年
  • Ethephon influences flowering, height, and branching of several herbaceous perennials, Scientia Horticulturae, 91, 305-323,   2001年
  • Leaf Browning Induced at Sites Distant fron Wounds in Acanthaceae and Gesneriaceae plants, YANG S J, HOSOKAWA M, HAYASHI T, YAZAWA S, J. Japan. Soc. Hort. Sci., 71, 4, 535, 537,   2002年, 10.2503/jjshs.71.535
  • 強い単為結果性を持つ良食味トマト品種の茎頂分裂組織からの植物体再生法の確立, 日本味と匂学会誌, 11, 61-68,   2004年
  • 花弁表皮細胞の微細構造が花弁の反射光に及ぼす影響, 園芸学会雑誌, 73, 別1, 149,   2004年
  • 明期終了時に放射光の赤色光エネルギー比を高めるとペチュニアの開花が促進される, 園芸学会雑誌, 73, 別1, 332,   2004年

競争的資金

  • 画像処理による植物の生長解析
  • 園芸作物の生産過程のシステム分析
  • 陰生植物の光合成特性の解明
  • 花色の多様発見機構の解明
  • 花卉香気成分に関する研究