KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

村田 陽平ムラタ ヨウヘイ

プロフィール

所属部署名文芸学部 文化・歴史学科 / 総合文化研究科
職名准教授
学位博士(文学)
専門地理学、社会学、環境学
ジャンル環境/環境と社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1412-murata-youhei.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    日本における多様な地域問題をジェンダーや健康の視点から研究しています。
    ⇒日本における多様な社会問題、地域問題、環境問題をジェンダーや健康などの視点から研究しています。

学歴・経歴

学歴

  • 1996年04月 - 2000年03月, 京都大学, 文学部, 人文学科行動環境文化学専攻
  • 2000年04月 - 2002年03月, 京都大学大学院, 文学研究科 修士課程, 行動文化学専攻
  • 2002年04月 - 2005年03月, 京都大学大学院, 文学研究科 博士後期課程, 行動文化学専攻

経歴

  •   2004年04月,  - 2005年03月, 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  •   2005年04月,  - 2006年03月, 日本学術振興会特別研究員(PD)
  •   2006年04月,  - 2008年03月, 武庫川女子大学関西文化研究センター(博士研究員)
  •   2008年04月,  - 2011年03月, 日本学術振興会特別研究員(PD)
  •   2011年04月,  - 2012年03月, 京都大学 次世代研究者育成センター(現白眉センター)(助教)
  •   2012年04月,  - 2015年03月, 近畿大学(専任講師)
  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学文芸学部(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 社会学, 社会学
  • 社会医学, 衛生学・公衆衛生学
  • 地域研究, 地域研究
  • 環境学, 環境政策・環境社会システム
  • ジェンダー, ジェンダー
  • 人文地理学, 人文地理学

研究キーワード

  • 環境学, 社会学, 文化資源学, 社会環境, ジェンダー, 男性学, セクシュアリティ, メンタルヘルス

論文

  • How has the Japanese workplace achieved gender equality?: The voice of women who work in foreign-owned companies, Murata, Y., Bulletin of the School of Literature, Arts and Cultural Studies, 29, 1, 37, 75,   2017年09月
  • ロスト・イン・トランスレーション:日本におけるタバコ産業の文化戦略, 村田 陽平, 日本小児科医会会報, 47, 76, 84,   2014年04月
  • Toward the development of the geography of gender in Japan: advances in research and prospects, Yoshida, Y., Murata, Y., Kageyama, H., Geographical Review of Japan Series B, 86, 33, 39,   2013年08月, 査読有り
  • Place-specific constructs of social capital and their possible associations to health: a Japanese case study, Hanibuchi, T., Murata, Y., Ichida, Y., Hirai, H., Kawachi, I., Kondo, K., Social Science & Medicine, 75, 1, 225, 232,   2012年07月, 査読有り
  • 健康と社会環境-日本の受動喫煙問題, 村田 陽平, 杉浦芳夫編『地域環境の地理学』, 165, 178,   2012年03月
  • 身近な環境問題としての受動喫煙被害の実態-当事者調査を通じて-, 村田 陽平, E-journal GEO, E-journal GEO, 6, 2, 165, 190,   2012年03月, 査読有り
    概要:本稿の目的は,現代日本の地域政策において主要な課題の一つである喫煙問題に対して,受動喫煙に苦しむ当事者の視点から,身近な環境問題としての受動喫煙被害の実態を明らかにすることである.2007年から2008年にかけて,タバコ問題に取り組む市民団体等の紹介を経て,東京,名古屋,大阪の三大都市圏において受動喫煙被害の当事者に対する聞き取り調査を実施した.その結果,現代の日本では,さまざまな日常空間において受動喫煙の被害が生じており,それにより少なからず生活に支障をきたしていることが明らかになった.本稿の調査を通じて,日本の受動喫煙対策が不十分であることが導出されるとともに,早急な法的整備などによる社会環境の改善が望まれる.
  • キャリアパターンの変容と持続:「新人類」世代以降の事例から, 村田 陽平, 多賀太編『揺らぐサラリーマン生活:仕事と家庭のはざまで』ミネルヴァ書房, 65, 99,   2011年09月
  • 「曖昧さ」と「数量化」の循環的構図を超えて-社会関係資本論の批判的検討, 埴淵知哉・村田陽平, 構造構成主義研究, 5, 58, 77,   2011年04月, 査読有り
  • 保健師による地域診断の現状と課題-「健康の地理学」に向けて, 村田陽平・埴淵知哉, E-Journal GEO, 5, 2, 154, 170,   2011年11月, 査読有り
  • 「健康な街」の条件:場所に着目した健康行動と社会関係資本の分析, 埴淵知哉・近藤克則・村田陽平・平井寛, 行動計量学, 321, 1, 53, 67,   2010年07月, 査読有り
  • 保健師によるソーシャルキャピタルの地区評価, 埴淵知哉・村田陽平・市田行信・平井寛・近藤克則, 日本公衆衛生雑誌, 55, 10, 716, 723,   2008年10月, 査読有り
  • 地理学の男性研究における認識論の構築に向けて, 村田陽平, 人文地理, 58, 5, 453, 469,   2006年12月, 査読有り
  • 未成年者の喫煙対策と喫煙マナー広告--「大人たばこ養成講座」広告にみられる価値観の問題性から (特集:未成年者への喫煙対策), 村田 陽平, 保健医療科学, 保健医療科学, 54, 4, 300, 308,   2005年12月
  • 男性と健康に関する研究・序説-たばこ広告「HOPE」にみる男性の喫煙表象を事例に, 村田 陽平, 根村直美編『ジェンダーと交差する健康/身体』, 191, 211,   2005年02月, 査読有り
  • 日本のたばこ広告にみる男性の身体と空間, 村田陽平, 人文地理, 57, 5, 532, 547,   2005年12月, 査読有り
  • Gender equality and progress of gender studies in Japanese geography:a critical overview., MURATA Yohei, Progress in Human Geography, 29, 3, 260, 275,   2005年06月, 査読有り
  • 岐阜県営住宅「ハイタウン北方・南ブロック」にみる空間とジェンダー, 村田陽平, 地理学評論, 77, 7, 463, 482,   2004年06月, 査読有り
  • 日本の公共空間における「男性」という性別の意味, 村田陽平, 地理学評論, 75, 13, 813, 830,   2002年11月, 査読有り
  • 男性・異性愛をめぐる空間のポリティクス-1999年の西村発言を事例に, 村田陽平, 人文地理, 54, 6, 557, 575,   2002年12月, 査読有り
  • 中年シングル男性を疎外する場所, 村田陽平, 人文地理, 52, 6, 533, 551,   2000年02月, 査読有り

書籍等出版物

  • 空間の男性学―ジェンダー地理学の再構築, 村田 陽平, 単著, 京都大学学術出版会,   2009年02月, 4876987580
  • 受動喫煙の環境学―健康とタバコ社会のゆくえ, 村田 陽平, 単著, 世界思想社,   2012年12月, 4790715744

講演・口頭発表等

  • 誰のための奨学金か?:日本のタバコ産業による教育戦略, 村田 陽平, 日本禁煙学会第10回大会,   2016年10月, 招待有り
  • 日本におけるメンタルヘルスの地理学に向けて, 村田 陽平, 人文地理学会第120回地理思想研究部会(奈良女子大学),   2015年07月
  • 21世紀空気の研究・序説, 村田 陽平, 「生のガバナンス」研究会拡大ワークショップ(京都大学吉田泉殿),   2014年02月, 招待有り
  • Toward the development of the geography of gender in Japan: advances in research and prospects, Pre-Conference of the IGU-Commission on Gender and Geography, Nara Women’s University.,   2013年08月
  • 日本における「均等法」と職場の変容:外資系企業管理職の国際調査から, 村田 陽平, 2011年度日本地理学会秋期学術大会「ジェンダーと空間/場所」研究グループ研究例会,   2011年09月, 招待有り
  • 日本における「感情の地理学」の構築に向けて:北海道浦河町の事例から, 村田 陽平, 人文地理学会第103回地理思想研究部会,   2011年02月, 招待有り
  • 公的抑圧と喫煙行動, 谷畑健生・村田陽平・邱冬梅・神田秀幸・吉見逸郎・尾崎米厚, 第68回日本公衆衛生学会総会(奈良県文化会館),   2009年10月
  • 「回想法」を地域に活かす:愛知県北名古屋市・岐阜県恵那市の事例から, 村田陽平・埴淵知哉, 2007年度人文地理学会大会,   2007年11月
  • ソーシャルキャピタルと地域コミュニティの歴史, 埴淵知哉・村田陽平・市田行信・平井 寛・近藤克則, 第66回日本公衆衛生学会総会自由集会(愛媛県県民文化会館),   2007年10月, 招待有り
  • 地域診断とソーシャル・キャピタル(2):保健師活動の質的調査, 村田陽平・埴淵知哉・近藤克則, 第66回日本公衆衛生学会総会,   2007年10月
  • 知多半島における地域住民の健康とソーシャル・キャピタル(2)―知多市岡田地区「健康なまちづくり」の事例から, 村田陽平・埴淵知哉・近藤克則, 日本地理学会2007年度秋季学術大会(熊本大学),   2007年10月
  • 知多半島における地域住民の健康とソーシャル・キャピタル(1)―知多北部・社縁地域の形成と終焉, 埴淵知哉・村田陽平・近藤克則, 日本地理学会2007年度秋季学術大会,   2007年10月
  • 地域診断とソーシャル・キャピタル(1)―保健師活動の量的調査, 埴淵知哉・村田陽平・市田行信・平井 寛・近藤克則, 第66回日本公衆衛生学会総会(愛媛県県民文化会館),   2007年10月
  • 「北の湘南」を目指して:北海道伊達市における移住政策の現状, 村田 陽平, 2005年度人文地理学会大会(九州大学),   2005年
  • Towards a reconstruction of male spaces: a case study on men’s suicides and hikikomori in Japan, 村田 陽平, The 30th Congress of the International Geographical Union, Glasgow, UK,   2004年
  • 公共空間の分煙化に関する研究:たばこ広告と男性, 村田陽平・谷畑健生(2003), 2003年度日本地理学会春季学術大会(東京大学),   2003年
  • 日本の公共空間における男性という性別の意味, 村田 陽平, 2002年度日本地理学秋期学術大会(金沢大学),   2002年
  • 新しい公営住宅にみる空間とジェンダー:岐阜県営住宅・ハイタウン北方を事例に, 村田 陽平, 2002年度人文地理学会大会(お茶の水女子大学),   2002年
  • 人文地理学におけるセクシュアリティという視点, 村田 陽平, 2001年度日本地理学会春期学術大会(敬愛大学),   2001年
  • 中年シングル男性を疎外する「空間」, 村田 陽平, 2000年度人文地理学会(立命館大学),   2000年

MISC

  • 学会展望(文化地理), 村田 陽平, 人文地理, 67, 3, 34, 35,   2015年10月, 招待有り
  • 日本におけるメンタルヘルスの地理学に向けて, 村田 陽平, 人文地理, 67, 4, 77,   2015年12月, 招待有り
  • セクシュアリティの地理学, 村田 陽平, 人文地理学事典, 318, 319,   2013年10月, 招待有り
  • ヒューマンライツとしての受動喫煙対策, 村田 陽平, 京都カナリヤ会会報, 11, 9, 10,   2013年07月, 招待有り
  • タバコ広告の魔力, 村田 陽平, World No-Tobacco Day 記念イベント 2013 要旨集, 10, 11,   2013年06月, 招待有り
  • ポスト白眉の日常, 村田 陽平, 京都大学白眉センターだより, 5, 18,   2013年03月, 招待有り
  • サイレントマジョリティに向けて:受動喫煙の環境学, 村田 陽平, 日本禁煙医師連盟通信, 22, 1, 19, 20,   2013年05月, 招待有り
  • 白眉研究ピックアップ, 村田 陽平, 京都大学白眉センターだより, 5, 12,   2013年03月, 招待有り
  • 自殺は避けられる死?性差にみる自殺の現状, 村田 陽平, クリニカルスタディ, 28, 10, 30, 31,   2007年09月, 招待有り
  • 映像にみる都市とジェンダー:Sex and the Cityの世界, 村田 陽平, 京都大学地理学談話会会報, 16,   2005年05月, 招待有り
  • 藤掛洋子「開発におけるリプロダクティブ・ヘルス/ライツ―パラグアイ農村女性の事例より, 村田 陽平, F-GENSジャーナル, 1, 422, 423,   2004年03月, 招待有り
  • はじめてのフィールド調査--現場で学ぶフィールド調査の技術(8)ジェンダーに関する調査入門, 村田 陽平, 地理, 48, 11, 78, 81,   2003年11月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005988190

受賞

  •   2004年, 日本地理学会賞(奨励賞)
  •   2013年, 人文地理学会賞(一般図書部門)
  •   2014年, 日本地理学会賞(著作発信部門)