KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

小林 靖尚コバヤシ ヤスヒサ

プロフィール

所属部署名農学部 水産学科 / 農学研究科
職名准教授
学位理学
専門魚類生殖生理学
ジャンル経営・産業/漁業
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1436-kobayashi-yasuhisa.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    魚類の性と生殖に関する生理学的な研究を行っています。特に、周りの状況によって自らの性を変化させる「性転換魚」の内分泌調整機構に興味を持っています。

学歴・経歴

学歴

  • 2001年04月 - 2004年03月, 北海道大学大学院, 理学研究科, 生物科学専攻
  • 1998年04月 - 2000年03月, 長崎大学大学院, 水産学研究科, 水産学専攻
  • 1994年04月 - 1998年03月, 長崎大学, 水産学部, 水産学科

研究活動情報

研究キーワード

  • 生殖, 性転換, 水産, 魚類

論文

  • Expression profile of doublesex/male abnormal-3-related transcription factor-1 during gonadal sex change in the protogynous wrasse, Halichoeres trimaculatus., Nozu R, Horiguchi R, Kobayashi Y, Nakamura M, Molecular reproduction and development, 82, 11, 859, 866,   2015年11月, 査読有り
  • High temperature-induced sterility in the female Nile tilapia, Oreochromis niloticus., Pandit NP, Bhandari RK, Kobayashi Y, Nakamura M, General and comparative endocrinology, 213, 110, 117,   2015年03月, 査読有り
  • Opposite-directional sex change in functional female protandrous anemonefish, Amphiprion clarkii: effect of aromatase inhibitor on the ovarian tissue., Nakamura M, Miura S, Nozu R, Kobayashi Y, Zoological letters, 1, 30,   2015年, 査読有り
  • Basic reproductive biology of daggertooth pike conger, Muraenesox cinereus: A possible model for oogenesis in Anguilliformes., Kobayashi Y, Mototani T, Murayama F, Sakamoto T, Zoological letters, 1, 25,   2015年, 査読有り
  • Transient sex change in the immature Malabar grouper, Epinephelus malabaricus, androgen treatment., Murata R, Kobayashi Y, Karimata H, Kishimoto K, Kimura M, Nakamura M, Biology of reproduction, 91, 1, 25,   2014年07月, 査読有り
  • Potential roles of arginine-vasotocin in the regulation of aggressive behavior in the mudskipper (Periophthalmus modestus)., Kagawa N, Nishiyama Y, Kato K, Takahashi H, Kobayashi Y, Sakamoto H, Sakamoto T, General and comparative endocrinology, 194, 257, 263,   2013年12月, 査読有り
  • Estrogen favors the differentiation of ovarian tissues in the ambisexual gonads of anemonefish Amphiprion clarkii., Miura S, Kobayashi Y, Bhandari RK, Nakamura M, Journal of experimental zoology. Part A, Ecological genetics and physiology, 319, 10, 560, 568,   2013年12月, 査読有り
  • Characterization of gonadal soma-derived factor expression during sex change in the protogynous wrasse, Halichoeres trimaculatus., Horiguchi R, Nozu R, Hirai T, Kobayashi Y, Nagahama Y, Nakamura M, Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists, 242, 4, 388, 399,   2013年04月, 査読有り
  • Survival of ovarian somatic cells during sex change in the protogynous wrasse, Halichoeres trimaculatus., Nozu R, Horiguchi R, Murata R, Kobayashi Y, Nakamura M, Fish physiology and biochemistry, 39, 1, 47, 51,   2013年02月, 査読有り
  • The role of pituitary gonadotropins in gonadal sex differentiation in the protogynous Malabar grouper, Epinephelus malabaricus., Murata R, Kobayashi Y, Karimata H, Kishimoto K, Kimura M, Shimizu A, Nakamura M, General and comparative endocrinology, 178, 3, 587, 592,   2012年09月, 査読有り
  • Histological observation of the urogenital papillae in the bi-directional sex-changing gobiid fish, Trimma okinawae., Kobayashi Y, Usami T, Sunobe T, Manabe H, Nagahama Y, Nakamura M, Zoological science, 29, 2, 121, 126,   2012年02月, 査読有り
  • Differentiation of steroid-producing cells and folliculogenesis in the developing ovary of the Nile tilapia Oreochromis niloticus., Ruksana S, Alam MA, Kobayashi Y, Nakamura M, Zoological science, 28, 11, 845, 852,   2011年11月, 査読有り
  • Effects of co-administration of estrogen and androgen on induction of sex reversal in the medaka Oryzias latipes., Kobayashi H, Iwamatsu T, Shibata Y, Ishihara M, Kobayashi Y, Zoological science, 28, 5, 355, 359,   2011年05月, 査読有り
  • Role of estrogen in spermatogenesis in initial phase males of the three-spot wrasse (Halichoeres trimaculatus): effect of aromatase inhibitor on the testis., Kobayashi Y, Nozu R, Nakamura M, Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists, 240, 1, 116, 121,   2011年01月, 査読有り
  • Differentiation of steroid-producing cells during ovarian differentiation in the protogynous Malabar grouper, Epinephelus malabaricus., Murata R, Karimata H, Kobayashi Y, Horiguchi R, Kishimoto K, Kimura M, Kobayashi T, Soyano K, Nakamura M, The International journal of developmental biology, 55, 6, 619, 625,   2011年, 査読有り
  • Expression and localization of forkhead transcriptional factor 2 (Foxl2) in the gonads of protogynous wrasse, Halichoeres trimaculatus., Kobayashi Y, Horiguchi R, Nozu R, Nakamura M, Biology of sex differences, 1, 1, 3,   2010年11月, 査読有り
  • Isolation, characterization and expression analyses of FSH receptor in protogynous grouper., Alam MA, Kobayashi Y, Hirai T, Nakamura M, Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology, 156, 3, 364, 371,   2010年07月, 査読有り
  • Sexually dimorphic expression of gonadotropin subunits in the pituitary of protogynous honeycomb grouper (Epinephelus merra): evidence that follicle-stimulating hormone (FSH) induces gonadal sex change., Kobayashi Y, Alam MA, Horiguchi R, Shimizu A, Nakamura M, Biology of reproduction, 82, 6, 1030, 1036,   2010年06月, 査読有り
  • Sex- and tissue-specific expression of P450 aromatase (cyp19a1a) in the yellowtail clownfish, Amphiprion clarkii., Kobayashi Y, Horiguchi R, Miura S, Nakamura M, Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology, 155, 2, 237, 244,   2010年02月, 査読有り
  • Sex change in the Gobiid fish is mediated through rapid switching of gonadotropin receptors from ovarian to testicular portion or vice versa., Kobayashi Y, Nakamura M, Sunobe T, Usami T, Kobayashi T, Manabe H, Paul-Prasanth B, Suzuki N, Nagahama Y, Endocrinology, 150, 3, 1503, 1511,   2009年03月, 査読有り
  • Molecular cloning and quantitative expression of sexually dimorphic markers Dmrt1 and Foxl2 during female-to-male sex change in Epinephelus merra., Alam MA, Kobayashi Y, Horiguchi R, Hirai T, Nakamura M, General and comparative endocrinology, 157, 1, 75, 85,   2008年05月, 査読有り
  • Differentiation of ambisexual gonads and immunohistochemical localization of P450 cholesterol side-chain cleavage enzyme during gonadal sex differentiation in the protandrous anemonefish, Amphiprion clarkii., Miura S, Nakamura S, Kobayashi Y, Piferrer F, Nakamura M, Comparative biochemistry and physiology. Part B, Biochemistry & molecular biology, 149, 1, 29, 37,   2008年01月, 査読有り
  • Changes in androgen-producing cell size and circulating 11-ketotestosterone level during female-male sex change of honeycomb grouper Epinephelus merra., Alam MA, Bhandari RK, Kobayashi Y, Nakamura S, Soyano K, Nakamura M, Molecular reproduction and development, 73, 2, 206, 214,   2006年02月, 査読有り
  • Molecular cloning and expression of Ad4BP/SF-1 in the serial sex changing gobiid fish, Trimma okinawae., Kobayashi Y, Sunobe T, Kobayashi T, Nakamura M, Suzuki N, Nagahama Y, Biochemical and biophysical research communications, 332, 4, 1073, 1080,   2005年07月, 査読有り
  • Aromatase immunoreactivity and the role of enzymes in steroid pathways for inducing sex change in the hermaphrodite gobiid fish Trimma okinawae., Sunobe T, Nakamura M, Kobayashi Y, Kobayashi T, Nagahama Y, Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology, 141, 1, 54, 59,   2005年05月, 査読有り
  • Promoter analysis of two aromatase genes in the serial-sex changing gobiid fish, Trimma okinawae., Kobayashi Y, Sunobe T, Kobayashi T, Nagahama Y, Nakamura M, Fish physiology and biochemistry, 31, 2-3, 123, 127,   2005年04月, 査読有り
  • Sex change in coral reef fish., Nakamura M, Kobayashi Y, Miura S, Alam MA, Bhandari RK, Fish physiology and biochemistry, 31, 2-3, 117, 122,   2005年04月, 査読有り
  • Gonadal structure of the serial-sex changing gobiid fish Trimma okinawae., Kobayashi Y, Sunobe T, Kobayashi T, Nagahama Y, Nakamura M, Development, growth & differentiation, 47, 1, 7, 13,   2005年01月, 査読有り
  • Characterization of two types of cytochrome P450 aromatase in the serial-sex changing gobiid fish, Trimma okinawae., Kobayashi Y, Kobayashi T, Nakamura M, Sunobe T, Morrey CE, Suzuki N, Nagahama Y, Zoological Science, 21, 4, 417, 425,   2004年04月, 査読有り

書籍等出版物

  • 成長・成熟・性決定: 継 (ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ), 裳華房,   2016年04月29日, 4785351160
  • ハタ科魚類の水産研究最前線 (水産学シリーズ), 恒星社厚生閣,   2015年03月20日, 476991492X
  • Sexual Plasticity and Gametogenesis in Fishes (Fish, Fishing and Fisheries: Marine Biology), Nova Science Pub Inc,   2013年10月11日, 1626188483
  • 魚類の行動研究と水産資源管理 (水産学シリーズ), 棟方有宗, 小林牧人, 益田玲爾, 有元貴文, 山家秀信, 山本直之, 須之部友基, 小林靖尚, 頼経知尚, 小井土美香, 阪倉良孝, 共著, 恒星社厚生閣,   2013年03月29日, 4769912994
  • 美ら島の自然史 : サンゴ礁島嶼系の生物多様性, 琉球大学, 琉球大学21世紀COEプログラム編集委員会, 東海大学出版会,   2006年, 4486017315

MISC

  • P5-03 子宮を持った卵胎生種である軟骨魚類アカエイの生殖に関する組織学的解析(内分泌・生殖,ポスター発表,組織化学のモーダルシフト,第56回日本組織細胞化学会総会・学術集会), 小林 靖尚, 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集, 56,   2015年10月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009996350
  • II-3. トビハゼの水陸選択行動から行動の神経内分泌制御の普遍性への跳躍, 坂本 竜哉, 片山 侑駿, 小林 靖尚, 斎藤 和裕, 竹井 祥郎, 日本水産学会誌, 81, 5, 868, 868,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005102676
  • I-1. 配偶子形成・性転換のメカニズム, 小林 靖尚, 日本水産学会誌, 80, 6, 990, 990,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004704608
  • 水産重要魚種における配偶子形成の内分泌機構 : 性転換魚類, 小林 靖尚, 日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries, 75, 5, 868, 869,   2009年09月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025022262
    概要:魚類の生殖機構。基礎と応用。水産重要魚種における配偶子形成の内分泌機構。多くの脊椎動物の性は、発生の初期に決定される。一旦決定された性は生涯を通じて変化しない。しかし魚類の中には周りの環境や状況に応じて性を転換させる性転換魚が多く存在する。本稿では水産重要魚種の一つであり、また性転換魚でもあるハタ科魚類に関する我々の研究について紹介する。主に南方海域に生息するハタ科魚類は、美味で魚価も高いなどの理由から次世代の養殖対象魚として期待されている。しかし安定したハタの種苗生産を進めるためには幾つかの大きな障害が残されている。その一つに親魚の性が雌に偏ってしまう問題がある。ハタ科魚類は始め全ての個体は雌に分化する。その後、成長すると性転換して雄となる。そのため雄は非常に大型となり、また天然の資源量も著しく低くなるため、雄親魚を確保することが困難になる。また施設内において雌を雄に性転換させるまで飼育を続けるには、永い年月と労力を要する。この様な問題を解決するためにはハタ科魚類の性転換機構を詳細に解析・理解し、それらの知見に基づいた親魚の性のコントロール技術開発が有効となる。本稿で我々は沖縄に多く生息し捕獲も容易なカンモンハタを実験モデルとして用い、性転換機構を解析した。
  • 多様な魚類の性と性転換魚のコントロール (特集 性のコントロールで効率生産), 小林 靖尚, 養殖, 45, 8, 14, 17,   2008年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016143696
  • [COE研究員の研究紹介]両方向性転換魚オキナワベニハゼの生理学的研究, 小林 靖尚, Kobayashi Yasuhisa, アマミキヨ : 琉球大学21世紀COEプログラムサンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析 : newsletter, 3, 8, 8,   2006年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120001371909
  • めだかの学校--若手水産関係者の横顔(最終回)卵と精子をつくる! ハタとウナギの種苗生産技術の確立を夢見て, 小林 靖尚, 松原 創, 太田 耕平, 養殖, 43, 8, 94, 96,   2006年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007377015
  • サンゴ礁魚類を用いた魚類の性分化,性転換機構の形態学的,生理学的研究 (特別号:独立行政法人水産総合研究センターワークショップ 水産重要魚種の生殖機構と水温による影響 プロシーディング) -- (第1章:水温と魚類の成熟・性分化との関係), 中村 将, 小林 靖尚, 三浦 さおり, 水産総合研究センター研究報告, 0, 19, 25,   2006年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007371494
  • 雄から雌、雌から雄へと両方向に性転換する魚 : オキナワベニハゼ Trimma okinawae, 小林 靖尚, 日本比較内分泌学会ニュース = Newsletter of Japan Society for Comparative Endocrinology, 118, 2, 6,   2005年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015419915