KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

篠原 寿広シノハラ トシヒロ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 生命情報工学科 / 生物理工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門画像計測、画像処理
ジャンル科学・技術/情報技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/466-shinohara-toshihiro.html
ホームページURLhttp://www.waka.kindai.ac.jp/tea/sinohara/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    生体画像計測に関する研究を行っています。特に、脳血管疾患診断支援を目的として、医用画像から、計算機により自動的に脳血管の構造を計測・解析する方法を研究しています。

学歴・経歴

学歴

  • 2003年 - 2006年, 東京工業大学, 理工学研究科, 機械制御システム専攻博士後期課程
  • 2001年 - 2003年, 東京工業大学, 理工学研究科, 機械制御システム専攻博士前期課程
  • 1997年 - 2001年, 東京工業大学, 工学部, 制御システム工学科

経歴

  •   2017年,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2015年,  - 2017年, 近畿大学(准教授)
  •   2010年,  - 2015年, 近畿大学(講師)
  •   2007年,  - 2010年, 近畿大学(助教)
  •   2006年,  - 2007年, 近畿大学(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, 知覚情報処理
  • 人間医工学, 医用システム

研究キーワード

  • 計測, 画像計測, 医用画像処理

論文

  • リニアチャープ音の2ch 観測信号間の クロススペクトルを用いた音響測距の基礎的検討, 中迫昇, 本多進哉, 篠原寿広, 上保徹志, システム制御情報学会論文誌, 30, 9, 339, 346,   2017年09月, 査読有り
  • 音声を音源とした雑音環境下の音源距離推定(実及び疑似観測信号間のクロススペクトルと同期加算の導入), 本多 進哉, 篠原 寿広, 上保 徹志, 中山 雅人, 中迫 昇, 電子情報通信学会 和文論文誌A, J100-A, 7, 295, 298,   2017年07月, 査読有り
  • 干渉に基づく音響測距法とフレーム処理を用いた等速移動体の距離と速度の推定法, 英慎平, 中迫昇, 中山雅人, 篠原寿広, 上保徹志, システム制御情報学会論文誌, システム制御情報学会論文誌, 29, 5, 216‐224, 224,   2016年05月, 査読有り
    概要:In many engineering fields, it is very important to measure the distance and velocity of a moving target. In order to measure the distance to a stationary target, we previously proposed an Acoustic Distance Measurement (ADM) method that is based on the interference between the transmitted and reflected waves. However, due to the Doppler effect, that ADM method results in measurement errors when the target is moving. In this paper, we propose a distance and velocity estimation method for targets moving at a constant velocity; it can be used at short range, and it is based on the interference of the reflection of a single linear chirp. In particular, we introduce frame processing to the measurement of the distance to a moving target. That is, the velocity of the moving target is first estimated by considering the estimated distances in each short interval; the initial position and the distance to the moving target are then evaluated. We confirm the validity and effectiveness of the proposed method through computer simulations and experiments.
  • 超音波の送信波と反射波の位相干渉に基づく音響測距法(単一のトランスデューサによる近距離計測), 中野 智史, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 電気学会論文誌. C, 電気学会論文誌. C, 136, 11, 1551, 1552,   2016年, 査読有り
    概要:

    Ultrasonic waves were very often used to measure the distance to a target. Authors proposed a distance measurement method based on phase interference between the transmitted and reflected audible sounds. This paper describes a new trail on the distance measurement using ultrasonic waves for close range by using a single transducer.

  • 1chマイクロホンの観測信号と擬似観測信号間のクロススペクトルを用いた位相干渉に基づく音源距離推定, 本多 進哉, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 中山 雅人, 電気学会論文誌. C, 電気学会論文誌. C, 136, 11, 1525, 1531,   2016年, 査読有り
    概要:

    The sound source localization problem (identifying the distance and the direction from sound source) has been important in various engineering fields and many approaches have been developed, e.g., MUSIC (MUltiple SIgnal Classification). However, they often require a microphone array with multiple microphone elements to obtain such information. Meanwhile, since the distance to a target is also important, many distance measurement methods with sound have been proposed. We proposed an acoustic distance measurement (ADM) method based on interference between transmitted and reflected waves, which could measure distance at a short range. Existing ADM methods based on interference make errors due to the measuring system from the loudspeaker to the microphone. To remove the effect of the measuring system, a cross-spectral analysis was applied to the observed wave and the pseudo-observed wave, convolving the transmitted wave with the impulse response of the measuring system a priori measured. Attaching a microphone to a target causes multiple reflections (interference between the sound source and the target). This paper describes a method based on the phase interference to estimate the distance between a sound source and a target (reflector), using a single-channel cross-spectrum between the observed and the pseudo-observed waves. The validity and effectiveness of the proposed method is confirmed through simulation and experiment.

  • ESTIMATING THE DISTANCE TO A SOUND SOURCE, USING SINGLE-CHANNEL CROSS-SPECTRAL METHOD BETWEEN OBSERVED AND PSEUDO-OBSERVED WAVES BASED ON PHASE INTERFERENCE, Honda Shinya, Shinohara Toshihiro, Uebo Tetsuji, Nakasako Noboru, PROCEEDINGS OF THE 23RD INTERNATIONAL CONGRESS ON SOUND AND VIBRATION: FROM ANCIENT TO MODERN ACOUSTICS,   2016年, 査読有り
  • A TRIAL OF ACOUSTICAL DISTANCE MEASUREMENT BASED ON PHASE INTERFERENCE USING AN ULTRASONIC SOUND, Nakano Tomofumi, Shinohara Toshihiro, Uebo Tetsuji, Nakasako Noboru, Nakayama Masato, PROCEEDINGS OF THE 23RD INTERNATIONAL CONGRESS ON SOUND AND VIBRATION: FROM ANCIENT TO MODERN ACOUSTICS,   2016年, 査読有り
  • TRIAL OF ESTIMATING DISTANCE BASED ON THE INTERFERENCE OF AN AUDIBLE CHIRP, Nakasako Noboru, Tsuchida Yuta, Shinohara Toshihiro, Uebo Tetsuji, PROCEEDINGS OF THE 23RD INTERNATIONAL CONGRESS ON SOUND AND VIBRATION: FROM ANCIENT TO MODERN ACOUSTICS,   2016年, 査読有り
  • 位相干渉と直流成分の除去に基づく0 mから計測可能な2ch音響測距法, 鈴木 和博, 中迫 昇, 中山 雅人, 篠原 寿広, 上保 徹志, 電気学会論文誌C, 35, 11, 1349, 1350,   2015年11月, 査読有り
  • A PRACTICAL METHOD TO ESTIMATE THE DISTANCE AND VELOCITY UTILIZING INTERFERENCE OF A LINEAR CHIRP, Nakasako Noboru, Hanabusa Shimpei, Nakayama Masato, Shinohara Toshihiro, Uebo Tetsuji, PROCEEDINGS OF THE 22ND INTERNATIONAL CONGRESS ON SOUND AND VIBRATION,   2015年, 査読有り
  • Expression of Individual Woven Yarn of Textile Fabric Based on Segmentation of Three Dimensional CT Image Considering Distribution of Filaments, 39TH ANNUAL CONFERENCE OF THE IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS SOCIETY (IECON 2013), 2414, 2419,   2013年, 査読有り
  • Fundamental consideration on 1ch acoustic distance measurement method based on phase interference by considering the movement of transmitting-and-receiving system., Noboru Nakasako,Tatuya Nishimae,Toshihiro Shinohara,Nobuyuki Yamawaki,Masato Nakayama,Tetsuji Uebo, International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS 2013, Naha-shi, Japan, November 12-15, 2013, 332, 335,   2013年, 査読有り
  • A prototype of BCI-robot arm system with 1ch acoustic distance measurement device., Nobuyuki Yamawaki,Noboru Nakasako,Tatuya Nishimae,Toshihiro Shinohara,Masato Nakayama,Daichi Yoshida, International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS 2013, Naha-shi, Japan, November 12-15, 2013, 336, 339,   2013年, 査読有り
  • リニアチャープ音の干渉に基づく音響測距法?雑音環境下における性能評価と雑音対策の試み?, 中迫 昇, 英 慎平, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 電気学会論文誌C, 134, 11, 1626, 1627,   2014年11月, 査読有り
  • クロススペクトル法を用いた位相干渉に基づく音響測距法による対象物位置推定, 鈴木 和博, 中迫 昇, 中山 雅人, 篠原 寿広, 上保 徹志, 福島 学, 電子情報通信学会論文誌A, 97, 4, 343, 346,   2014年04月01日, 査読有り
  • Expression of Individual Woven Yarn for Structure Analysis of Textile Fabric Based on Fuzzy Clustering of Three Dimensional CT Image, IECON 2011: 37TH ANNUAL CONFERENCE ON IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS SOCIETY, 2206, 2211,   2011年, 査読有り
  • Automatic Construction of Weave Diagram of Warp-knitted Fabric Using Positional Information on Yarn, 篠原 寿広, SICE2010,   2010年08月
  • Extraction of Yarn Positional Information from a Three-dimensional CT Image of Textile Fabric using Yarn Tracing with a Filament Model for Structure Analysis, 篠原 寿広, 高山 潤也, 大山 真司, 小林 彬, Textile Research Journal, 80, 7, 623, 630,   2010年05月, 査読有り
  • Estimation of Filament Orientation in Three Dimensional CT Image of Textile Fabric Based on Principal Component Analysis, Toshihiro Shinohara, IECON 2014 - 40TH ANNUAL CONFERENCE OF THE IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS SOCIETY, 2412, 2417,   2014年, 査読有り
  • 可聴音の位相干渉を用いた0mから測定可能な距離測定法, 中迫 昇, 篠原 寿広, 河西 慶治, 上保 徹志, 電気学会論文誌C部門, 132, 11, 1749, 1755,   2012年11月, 査読有り
  • 帯域分割した時間遅延インパルス音の位相干渉に基づく移動体の距離・速度推定法, 中山 雅人, 中迫 昇, 篠原 寿広, 根木 佑真, 上保 徹志, 西浦 敬信, 電気学会論文誌C部門, 132, 11, 1774, 1775,   2012年11月, 査読有り
  • Expression of Individual Woven Yarn of Textile Fabric by Clustering Three Dimensional CT Image Using Mahalanobis Distance, 38TH ANNUAL CONFERENCE ON IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS SOCIETY (IECON 2012), 1505, 1510,   2012年, 査読有り
  • 同期加算とスペクトル減算に基づく雑音環境に頑健な音響測距法, 中山 雅人, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, 電気学会論文誌C部門, 131, 11, 1864, 1870,   2011年11月, 査読有り
  • 同期減算処理を利用した位相干渉に基づく音響測距法の検討, 中山 雅人, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, 電子情報通信学会論文誌 A, J94-A, 8, 676, 679,   2011年08月, 査読有り
  • 可聴音の送信波と反射波の位相干渉に基づく話者位置推定, 中山 雅人, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 電気学会論文誌C部門, 130, 11, 1994, 2000,   2010年11月, 査読有り
  • Automatic Weave Diagram Construction from Yarn Positional Information of Weft-knitted Fabric, 篠原 寿広, SICE-ICASE 2009,   2009年08月
  • Expression of Individual Yarn for Structure Analysis of Textile Fabric Based on Segmentation of Three Dimensional CT Image, IECON: 2009 35TH ANNUAL CONFERENCE OF IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS, VOLS 1-6, 1950, 1955,   2009年, 査読有り
  • Automatic Weave Diagram Construction from Yarn Positional Data of Woven Fabric, 篠原 寿広, 高山 潤也, 大山 真司, 小林 彬, Textile Research Journal, 78, 9, 745, 751,   2008年09月, 査読有り
  • Segmentation of Intertwining Stringlike Objects in Three Dimensional CT Image Based on Positional Information., Toshihiro Shinohara, 13th International Machine Vision and Image Processing Conference, IMVIP '09, Dublin, Ireland, September 2-4, 2009, 30, 35,   2009年, 査読有り
  • 送信音と反射音の干渉に基づく距離推定に関する基礎的検討, 中迫 昇, 篠原 寿広, 森 淳, 上保 徹志, 騒音制御, 34, 2, 186, 194,   2010年04月, 査読有り
  • 可聴音リニアチャープ信号の干渉を利用した距離推定法, 英 慎平, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 土田 悠太, 電気学会論文誌C部門, 129, 11, 2027, 2033,   2009年11月, 査読有り
  • 可聴音域の定在波に基づく距離推定法の実装に関する一試み, 大亦 紀光, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 電気学会論文誌C部門, 129, 2, 314, 319,   2009年02月, 査読有り
  • 携帯電話のメール機能を利用した授業支援システムの開発に関する一試み, 篠原 寿広, 近畿大学生物理工学部紀要, 22, 49, 59,   2008年09月, 査読有り
  • Extraction of yarn positional information from three-dimensional CT image of textile fabric using a yarn model for its structure analysis, 篠原 寿広, 高山 潤也, 大山 真司, 小林 彬, Chinese Journal of Scientific Instrument, 29, 8, 1569, 1576,   2008年08月
  • Expression of Individual Woven Yarn of Textile Fabric Based on Yarn Positional Information Extracted from Its Three Dimensional CT Image, 2008 INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONTROL, AUTOMATION AND SYSTEMS, VOLS 1-4, 581, 586,   2008年, 査読有り
  • Structure Analysis of Textile Fabric Based on Automatic Extraction of Yarn Positional Information from Three-dimensional CT Image, 2008 PROCEEDINGS OF SICE ANNUAL CONFERENCE, VOLS 1-7, 1879, 1884,   2008年, 査読有り
  • Yarn Separation for Structure Analysis of Textile Fabric on Three-dimensional CT Image Based on Estimated Filament Direction, IECON 2008: 34TH ANNUAL CONFERENCE OF THE IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS SOCIETY, VOLS 1-5, PROCEEDINGS, 1888, 1893,   2008年, 査読有り
  • Yarn separation for structure analysis of textile fabric on three-dimensional computed tomography image, 2007 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL ELECTRONICS, PROCEEDINGS, VOLS 1-8, 1633, +,   2007年, 査読有り
  • Extraction of yarn positional information from reconstructed yarn of three-dimensional image of textile fabric based on yarn model, 篠原 寿広, 2007 INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONTROL, AUTOMATION AND SYSTEMS, VOLS 1-6, 2831, 2836,   2007年10月, 査読有り
  • Iterative extraction of yarn positional information from three-dimensional image of textile fabric, PROCEEDINGS OF SICE ANNUAL CONFERENCE, VOLS 1-8, 2833, 2839,   2007年, 査読有り
  • Extraction of yarn positional information from 3-D voxel data for analysis of textile fabric structure, 2006 SICE-ICASE International Joint Conference, Vols 1-13, 5196, 5201,   2006年, 査読有り
  • Yarn segmentation based on filament direction in 3-D CT images for structure analysis of textile fabric, IECON 2006 - 32ND ANNUAL CONFERENCE ON IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS, VOLS 1-11, 2697, +,   2006年, 査読有り
  • X線CT画像による3次元ボクセルデータを利用した編物構造の分析, 篠原 寿広, 高山潤也,大山真司,小林彬, 計測自動制御学会論文集, 41, 11, 879, 885,   2005年11月, 査読有り
    概要:編物の組織分解自動化のため、X線CT(Computed Tomography)を利用した編物の構造分析を行う。本論文では、従来法では分析が難しい編物を対象とする。本研究では、糸モデルとCT画像による3次元ボクセルデータとの相関を計算することで糸の方向を推定する3次元糸モデル相関法を提案する。本手法を利用することで糸を追跡し、糸心線点列を推定する。実際のネット編物に本手法を適用し、編物の糸心線点列が推定できることを確認するとともに、各糸を独立に表示した。
  • Automatic Weave Diagram Construction from Yarn Positional Data of Woven Fabric, 篠原 寿広, 高山潤也,大山真司,小林彬, SICE Annual Conference 2005,   2005年08月
  • Yarn Segmentation from 3-D Voxel Data for Analysis of Textile Fabric Structure, 篠原 寿広, 高山潤也,大山真司,小林彬, 2005 International Conference on Control, Automation and Systems(ICCAS2005),   2005年06月
  • X線CT画像を利用した織物構造の分析, 篠原 寿広, 高山潤也,大山真司,小林彬, 計測自動制御学会論文集, 41, 11, 1000, 1007,   2004年10月, 査読有り
  • Analysis of Textile Fabric Structure Based on Three-dimensional Fiber Model Matching Method, 篠原 寿広, 高山潤也,大山真司,小林彬, SICE Annual Conference 2004,   2004年08月
  • Analysis of Knit Fabric Structure with its Voxel Data, 篠原 寿広, 高山潤也,大山真司,小林彬, Proceedings of 2003 International Conference on Control, Automation and Systems,   2003年
  • Analysis of Textile Fabric Structure with the CT Images, 篠原 寿広, 高山潤也,大山真司,小林彬, Proceedings of SICE Annual Conference 2003,   2003年
  • Three-dimensional Reconstruction of Textile Structure Using Discreet Cross Sectional Image to Analyze Fabric Weave Structure, 篠原 寿広, 高山潤也,大山真司,小林彬, Proceedings of International Conference on Control, Automation and Systems 2001,   2001年

講演・口頭発表等

  • 学習同定法を用いた実音場における位相干渉に基づく音響測距法の一雑音対策 (等速移動体の距離および速度の推定), 山崎夏樹, 篠原寿広, 上保徹志, 中迫昇, 第34 回センシングフォーラム,   2017年09月01日
  • 音声と画像処理による基礎的コミュニケーション能力改善ソフトの開発, 小田亮平, 篠原寿広, 中迫昇,   2017年09月01日
  • 超音波を用いた位相干渉に基づく測距法における距離分解能の考察, 篠原寿広,伊藤大央,上保徹志,中迫昇, 第34 回センシングフォーラム,   2017年08月31日
  • 位相干渉に基づく音響測距法を用いた等速移動物体の距離および速度の推定, 中迫 昇, 山崎 夏樹, 篠原 寿広, 上保 徹志, システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,   2017年05月23日
  • 送信波および測定系の影響を考慮した位相干渉に基づく測距法を利用した超音波画像装置における伝播時間推定, 篠原寿広, 中迫昇, 上保徹志, 中山雅人, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM),   2017年03月07日
  • 2ch観測信号間のクロススペクトルを用いた位相干渉に基づく音響測距法の耐雑音性(サウンドリフレクタを対象物とする測距), 本多進哉, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2017年03月01日
  • リニアチャープ音の2ch観測信号のヒルベルト変換を用いた音響測距の検討, 阪口弘資, 本多進哉, 篠原寿広, 上保徹志, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2017年03月01日
  • パラメトリックスピーカを用いた位相干渉に基づく音響測距と音源提示の試み, 中野智史, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2017年03月01日
  • 3次元頭部CTA画像を用いた血管モデル相関法による血管位置と方向の繰り返し推定, 柳本智行, 篠原寿広, 中迫昇, 電子情報通信学会技術研究報告,   2017年01月11日
  • 血管仮想操作における頭部位置を考慮した視点変更のもたらす操作性への影響の基礎的検討, 西田佳司, 篠原寿広, 中迫昇, 小倉光博, 電子情報通信学会技術研究報告,   2017年01月11日
  • パラメトリックスピーカによる音情報の伝達と聴取者の位置推定を目指した超音波アレイの位相制御による位相干渉に基づく音響測距(人間の位置推定の試み), 中野智史, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 中迫昇, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2016年11月07日
  • クロススペクトル法を用いた位相干渉に基づく2ch音響測距法の32ビット小型システムによる一実現, 宋昌隆, 篠原寿広, 上保徹志, 中迫昇, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2016年11月07日
  • 直交するリニアチャープを送信音とする2ch観測信号間のクロススペクトルを用いた音響測距における雑音対策の検討, 阪口弘資, 篠原寿広, 上保徹志, 本多進哉, 中迫昇, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2016年11月07日
  • 音声を音源とした疑似および実観測信号間のクロススペクトルを用いた雑音環境下の音源距離推定, 本多進哉, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 中迫昇, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2016年11月07日
  • 定在波に基づく0mから測定可能な2ch音響測距法の32ビットマイクロコンピュータによる一実装, SONG Changryung, 篠原寿広, 上保徹志, 中迫昇, 電子情報通信学会技術研究報告,   2016年10月07日
  • 頭部3次元CT画像における血管径の繰り返し推定による推定精度向上の検討, 西川雄大, 篠原寿広, 中迫昇, 寺田賢治, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2016年09月17日
  • パラメトリックスピーカの位相制御を用いた位相干渉に基づく人間までの距離推定の試み, 中野 智史, 篠原 寿広, 上保 徹志, 中山 雅人, 中迫 昇, センシングフォーラム資料,   2016年09月01日
  • Kinect v2を用いた位相干渉に基づく音響測距の試み, 小田亮平, 篠原寿広, 上保徹志, 阪口弘資, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2016年08月31日
  • 2ch観測信号のクロススペクトルを用いた位相干渉に基づく音響測距(サウンドリフレクタを対象物とする測距), 本多進哉, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2016年08月31日
  • パラメトリックスピーカの位相制御を用いた位相干渉に基づく人間までの音響測距の精度向上の試み, 中野智史, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2016年08月31日
  • 32ビットマイクロコンピュータを用いた定在波に基づく1ch音響測距法の一実装, SONG Changryung, 篠原寿広, 上保徹志, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2016年08月31日
  • permutation‐freeな独立成分分析と音声のスパース性を用いた信号分離の一試み, 村田真治, 篠原寿広, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2016年08月31日
  • 血管仮想操作における立体視及び頭部位置を考慮した視覚効果の操作性への影響の基礎的検討, 西田佳司, 篠原寿広, 中迫昇, 小倉光博, 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM),   2016年07月
    概要:我々は、脳血管疾患診断支援として、これまでにHead mounted displayを用いて、観察者の頭部位置を考慮することにより、あたかも目の前に血管があるかのように血管を観察でき、血管の重なりによる死角をなくすために血管を仮想的に操作できるシステムの開発を行ってきた。本システムでは、立体視された血管を操作するが、視覚的効果が操作性に及ぼす影響は十分に検討されていない。本研究では、基礎的検討として、本システムを用いた簡単な作業に要する時間を計測することにより、立体視の効果及び頭部位置を考慮した観察の効果が操作性に及ぼす影響を調べる。実際に20代男女10人の被験者を対象に、立体視による視覚効果および頭部位置を考慮した視覚効果を用いた場合と用いない場合とで作業に要する時間を比較し、これらの視覚効果を用いた場合はともに有意に所要時間が短縮された(p<0.01)。本実験結果より、これらの視覚効果により操作性の向上が図れることが示唆された。(著者抄録)
  • 頭部3次元CT画像における血管径推定の初期値依存性およびパラメータ調整の実験的検討, 西川雄大, 篠原寿広, 中迫昇, 寺田賢治, 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM),   2016年07月
    概要:本研究は脳血管の構造を分析するため、頭部3次元CTA画像を利用し、脳血管の位置と径を推定することを目的とする。これまでの研究により、われわれは頭部3次元CTA画像から血管の位置と方向および径を推定する血管モデル相関法を提案してきた。しかしながら、本手法は血管径を推定する際、誤差が生じる問題があった。誤差が生じる原因として、推定の際の血管径の初期値に推定結果が依存すること、および血管モデル相関法の荷重関数のパラメータの調整方法の検討が十分ではないことの2つが挙げられる。そこで、本研究では、血管径の推定精度向上のために、初期値の影響を考慮した血管径手法を提案するとともに、血管モデル相関法の荷重関数のパラメータの調整方法を実験的に検討する。実際の頭部3次元CTA画像に提案手法を適用し、従来手法よりも精度よく血管径を推定できることを確認した。(著者抄録)
  • リニアチャープ音の2ch観測信号間のクロススペクトルを用いた音響測距の基礎的検討, 中迫昇, 本多進哉, 篠原寿広, 英慎平, 上保徹志, システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM),   2016年05月24日
  • 1chマイクロホンの観測信号と擬似観測信号間のクロススペクトルを用いた環境雑音に頑健な音響測距法, 本多進哉, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2016年02月24日
  • パラメトリックスピーカの位相制御を用いた位相干渉に基づく音響測距の試み, 中野智史, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2016年02月24日
  • 超音波の直接波と反射波の位相干渉に基づく音響測距法(位相スペクトルを用いた超近距離計測), 中野智史, 中迫昇, 篠原寿広, 上保徹志, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2015年11月02日
  • 1chマイクロホンの観測信号と疑似観測信号間のクロススペクトルによる音源距離推定法とその実験的検討, 本多進哉, 中迫昇, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2015年11月02日
  • 観測信号と疑似観測信号間のクロススペクトルを用いた位相干渉に基づく音源までの距離推定, 中迫 昇, 秦 弥那, 篠原 寿広, センシングフォーラム資料,   2015年09月10日
  • 位相干渉に基づく距離推定法を利用した超音波による体組織境界判別の基礎的検討, 篠原 寿広, 宮脇夕梨香, 中迫昇, 中山雅人, 上保徹志, 第32回センシングフォーラム,   2015年09月10日, 第32回センシングフォーラム
  • 超音波を用いた位相干渉に基づく音響測距の試み, 中野智史, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2015年09月02日
  • クロススペクトル法を用いた近接2ch観測下での音響測距における環境雑音の影響と除去の試み, 本多進哉, 篠原寿広, 上保徹志, 中山雅人, 中迫昇, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2015年09月02日
  • 血管位置および径推定のための血管追跡における球面を用いた血管分岐検出の検討, 篠原寿広, 岡田康希, 中迫昇, 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM),   2015年07月
    概要:われわれは頭部Computed tomographic angiography(CTA)画像を対象にして、血管位置と血管径を推定するための血管追跡法を提案してきた。ここで、血管位置とは、血管心線の点列の位置を意味する。本手法により推定された血管位置と血管径は、血管抽出や病変部の推定など、さまざまな応用に用いることができる。しかしながら、本手法において、血管分岐検出の検討が不十分であり、しばしば分岐部の誤検出が生じ、追跡できない血管も少なくなかった。本稿では、球面を用いた血管分岐検出法を新たに提案する。血管位置として推定された血管の中心点を中心に、ある大きさの球面を考え、その球面上に血管があるかどうかで血管の分岐を検出する手法である。本手法の有効性を確認するため、実際の頭部CTA画像に提案手法を適用した結果、提案手法は、これまでの分岐検出法よりも誤検出を大幅に減らせることがわかった。(著者抄録)
  • リニアチャープ音の干渉を用いた等速移動体の距離と速度の実用的推定法, 中迫昇, 英慎平, 中山雅人, 篠原寿広, 上保徹志, システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM),   2015年05月20日
  • 移動平均を用いたクロススペクトルの位相干渉に基づく音響測距法, 鈴木和博, 中迫昇, 中山雅人, 篠原寿広, 上保徹志, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2015年03月06日
  • 位相干渉と直流成分の除去に基づく0mから計測可能な2ch音響測距法, 鈴木和博, 中迫昇, 中山雅人, 篠原寿広, 上保徹志, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2014年11月11日
  • クロススペクトル法を利用した超音波画像装置における距離推定の検討, 篠原 寿広, 中迫 昇, 中山 雅人, センシングフォーラム資料,   2014年09月25日
  • 解析信号の導入による超近距離計測可能な位相干渉に基づく2ch音響測距法の検討, 鈴木和博, 中迫昇, 中山雅人, 篠原寿広, 上保徹志, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2014年08月26日
  • 血管位置および径情報にもとづく脳血管径および径変化の対話的可視化, 篠原寿広, 中山雅人, 中迫昇, 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM),   2014年07月
    概要:本論文は、脳血管疾患診断支援を目的に、Computed tomography(CT)やMagnetic resonance Imaging(MRI)画像を3次元表示したまま、血管径や血流の流れる方向の血管径の変化(以下、単に「径の変化」と記す)を可視化するシステムを提案する。脳血管疾患、特に動脈瘤や血管の狭窄など、血管形状の変形による病変の診断において血管径や径の変化を知ることは重要である。本研究では、はじめに脳血管全体の血管位置と径を推定し、血管径および径の変化にもとづき血管を色付けすることにより、血管径および径の変化を可視化する方法を提案してきた。本稿では、観察者が血管径および径の変化と色の対応をスライドバーにより対話的に変更できるようにすることによって、注目部の血管径および径の変化をより詳細に観察できる。実際の頭部CT Angiography画像を用いて、本システムの有用性の検討を行った。(著者抄録)
  • 解析信号導入による超近距離測定可能な位相干渉に基づく1ch音響測距法の小型システムへの一実装, 中迫 昇, 藤井 裕雅, 篠原 寿広, システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,   2014年05月21日
  • 位相干渉に基づく音響測距法による実音場の等価的な反射係数の算定の試み, 根木佑真, 中迫昇, 中山雅人, 篠原寿広, 上保徹志, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2014年03月03日
  • 雑音環境下における雑音抑圧とクロススペクトル法を用いた位相干渉に基づく音響測距法, 鈴木和博, 中迫昇, 中山雅人, 篠原寿広, 上保徹志, 福島学, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2014年03月03日
  • 位相干渉に基づく1ch音響測距法における送受信系の移動を考慮したバックグラウンド除去 : 基礎的検討とロボットセンサーへの応用 (応用音響), 中迫 昇, 西前 達矢, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,   2013年12月13日
    概要:多くの工学分野において対象物までの距離情報は非常に重要である。マイクロ波レーダの分野では定在波を利用した近距離計測法が知られている。この近距離計測法を可聴音域に拡張し,様々な研究を行ってきたが,1chマイクロホンでは対象物がある状態とない状態の2回計測を必要とした。しかし,ロボットのセンサや自動車のリアソナーなどへの応用を考える際対象物がない状態での計測は困難である。ロボットや自動車は静止しているだけでなく,一般に移動し,ロボットや自動車に装着したマイクロホンなども同時に移動すると考えられる。このような背景から,1chマイクロホンとスピーカからなる送受信系の移動を考慮した測距法を提案する。送受信系を微小距離動かすことによって,測定系の影響を除去しつつ対象物までの距離を計測できる。さらに,ロボットに測距システムを実装し,実際の音場での測距実験を通じて,提案手法の正当性と実際的有用性を検討する。
  • 位相干渉に基づく1ch音響測距法における送受信系の移動を考慮したバックグラウンド除去 〜 基礎的検討とロボットセンサーへの応用 〜, 中迫 昇, 篠原 寿広, 西前 達矢, 中山 雅人, 上保 徹志, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2013年12月06日, 電子情報通信学会応用音響研究会
    概要:可聴音を使用した距離計測装置のBCI-ロボットアームシステムへの応用について述べている。
  • クロススペクトル法を用いた位相干渉に基づく音響測距における観測雑音の影響と一対策, 鈴木和博, 中迫昇, 篠原寿広, 中山雅人, 上保徹志, 福島学, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2013年11月05日
  • リニアチャープ音の干渉に基づく音響測距法―雑音環境下における基礎的検討―, 英慎平, 中迫昇, 篠原寿広, 中山雅人, 上保徹志, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2013年11月05日
  • 送受信系の移動を考慮した位相干渉に基づく1ch 音響測距法とハンドロボットへの応用, 西前 達矢, 中迫 昇, 篠原 寿広, 山脇 伸行, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2013年09月17日, 日本音響学会研究発表会
  • 1ch観測信号と擬似観測信号のクロススペクトルを利用した音響測距法の検討, 根木佑真, 中山雅人, 篠原寿広, 中迫昇, 上保徹志, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2013年09月17日
  • 複数音源を利用したクロススペクトルの位相干渉に基づく対象物位置推定法の検討, 鈴木 和博, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 福島 学, 日本音響学会研究発表会,   2013年09月17日, 日本音響学会研究発表会
  • 脳血管疾患診断支援のためのヘッドマウントディスプレイによる操作者頭部位置を考慮した3 次元画像可視化システムの検討, 篠原 寿広, 中迫 昇, 池崎 健太, 中山 雅人, 第32回日本医用画像工学会大会,   2013年08月, 第32回日本医用画像工学会大会
    概要:本論文は、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用いて、操作者頭部位置を考慮した3次元画像可視化システムを提案する。本システムにより、あたかも眼前に血管が存在するかのように脳血管を可視化できる。近年、医用画像は3次元的に可視化することが容易になった。しかし、血管構造は複雑なため、単に3次元的に可視化するだけでは、余計な血管が障害物となり、注目領域の目視が困難である。そこで、われわれは、余計な血管を操作するための3次元ポインティングシステムを提案している。本可視化システムと組み合わせることにより、より直感的な脳血管操作が期待できる。本可視化システムは、HMD、HMDに取り付けた頭部位置検出用マーカ、座標定義用基準用マーカ、およびマーカ認識用webカメラにより構成される。頭部位置を検出することにより、操作者の視点から画像を作成できる。実際にシステムを構築し、動作の確認を行った。(著者抄録)
  • 送受信系の移動を考慮した位相干渉に基づく1ch音響測距法の基礎的検討, 中迫 昇, 篠原 寿広, 西前 達矢, 中山 雅人, 上保 徹志, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会,   2013年05月15日, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会
  • 左右に設置したパラメトリックスピーカを利用した音響測距に基づく立体音場再現手法の定位感に関する検討, 廣畑 和紀, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2013年03月05日, 日本音響学会研究発表会
  • 雑音環境下における雑音抑圧と情報提示音声の位相干渉に基づく音響測距法の検討, 根木 佑真, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2013年03月05日, 日本音響学会研究発表会
  • クロススペクトル法を用いた位相干渉に基づく音響測距法による対象物位置推定の基礎的検討, 鈴木 和博, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 近藤 善隆, 福島 学, 日本音響学会研究発表会,   2013年03月05日, 日本音響学会研究発表会
  • 対象物と送受音器の移動下におけるリニアチャープ音の干渉に基づく速度と距離の推定法 −様々な移動方向に関する基礎的検討−, 英 慎平, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2013年03月05日, 日本音響学会研究発表会
  • 距離0m から測定可能な位相干渉に基づく1ch 音響測距法の小型システムによる実現, 中迫 昇, 篠原 寿広, 小泉 裕司, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2013年03月05日, 日本音響学会研究発表会
  • 位相干渉に基づく1ch 音響測距における測定系の影響の除去に関する基礎的検討, 西前 達矢, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2013年03月05日, 日本音響学会研究発表会
  • 位相干渉に基づく測距法を利用した超音波画像装置における距離推定に関する基礎的検討 (新たな地平を切り開くセンシング) -- (非破壊検査), 篠原 寿広, 中迫 昇, 中山 雅人, センシングフォーラム資料,   2013年02月29日
  • 逐次2値化頭部CTA画像を用いた血管追跡による血管芯線および径の推定, 菅井駿, 篠原寿広, 中山雅人, 中迫昇, 電子情報通信学会技術研究報告,   2013年01月17日
  • 脳血管位置および径情報を利用した 脳血管ボリュームデータ操作の基礎的検討, 白石 卓人, 篠原 寿広, 中迫 昇, 中山 雅人, 電子情報通信学会,   2013年01月17日, 電子情報通信学会
  • 2ch観測によるシステム同定とマイクロホン間の距離情報に基づく音響測距法, 鈴木和博, 中迫昇, 篠原寿広, 中山雅人, 上保徹志, 近藤善隆, 福島学, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2012年11月26日
  • 送受音器の移動を考慮した干渉に基づく距離と速度推定法の実験的検討, 英慎平, 中山雅人, 篠原寿広, 中迫昇, 上保徹志, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2012年11月26日
  • 実環境雑音に対する情報提示音声の位相干渉に基づく音響測距法の評価, 根木佑真, 中山雅人, 篠原寿広, 中迫昇, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2012年11月26日
  • 雑音環境下における情報提示音声の位相干渉に基づく音響測距法 -SNR に応じたフレーム長変更による雑音対策の検討-, 根木 佑真, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 日本音響学会研究発表会,   2012年09月11日, 日本音響学会研究発表会
  • 音響測距に基づく立体音場再現手法におけるパラメトリックスピーカの配置に関する検討, 廣畑 和紀, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 日本音響学会研究発表会,   2012年09月11日, 日本音響学会研究発表会
  • 血管位置と径情報および輝度分布を利用した ベイズ定理に基づく 頭部CTA画像からの脳血管の抽出, 宮内 亮太郎, 篠原 寿広, 中山 雅人, 中迫 昇, 日本医用画像工学会(JAMIT2012),   2012年08月, 日本医用画像工学会(JAMIT2012)
    概要:日本人の代表的な死因の一つに脳血管疾患がある。脳血管疾患診断にはMRIやCTAなどの医用画像が有効であるが、CTA画像の場合、血管の輝度分布と骨の輝度分布が重なるため、脳底部において、血管のみを抽出することが困難となる。そこで本研究では、先行研究により得られた血管芯線の位置とその半径を利用し、頭部CTA画像から血管画素のみを抽出する。頭部CTA画像の全ての画素において、その画素の位置から血管芯線の各位置までの距離および全画素の輝度分能と血管のみの輝度分布を考慮し、ベイズの定理にしたがって、ある輝度が得られた時のその位置の画素が血管である条件付き確率を求め、その確率に対してしきい値を用いて抽出を行う。実際の頭部CTA画像に対し、本手法を用いて血管画素を抽出した画像と手作業で血管画素を抽出した画像を目視により比較した結果、本手法は血管をよく抽出できることを確認した。(著者抄録)
  • 血管位置および径情報にもとづく脳血管構造の可視化, 篠原 寿広, 中迫 昇, 中山 雅人, システム制御情報学会,   2012年05月21日, システム制御情報学会
  • 単純2値化頭部CTA画像を用いた血管追跡による血管芯線および径の推定, 前川 将志, 篠原 寿広, 中山 雅人, 中迫 昇, 電子情報通信学会(医用画像研究会),   2012年01月12日, 電子情報通信学会(医用画像研究会)
  • 2chマイクロホンを用いたクロススベクトル法に基づく音響測距の実験的検討, 河西 慶治, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会,   2012年01月, 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会
  • 2chマイクロホンを用いたクロススペクトル法に基づく音響測距の実験的検討, 河西慶治, 中迫昇, 中山雅人, 篠原寿広, 上保徹志, 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集,   2012年
  • クロススペクトル法を用いた位相干渉に基づく音響測距における観測雑音の影響と一対策, 鈴木 和博, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 福島 学, 平成25年度電気関係学会関西連合大会,   2011年11月, 平成25年度電気関係学会関西連合大会
  • 1ch観測の干渉音のパワースペクトル変動に基づく0mから測定可能な音響測距法, 中迫 昇, 篠原 寿広, 河西 慶治, 上保 徹志, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2011年11月11日, 電子情報通信学会応用音響研究会
    概要:多くの工学分野において,対象物までの距離は非常に重要な情報である.一般的な距離推定法では,送信波と反射波との時間差を用いるが,近距離の推定が困難であるものがほとんどである.これに対して,マイクロ波レーダの分野では,定在波を利用して近距離計測を行う手法が知られている.しかしながら,その最小推定可能距離は使用する信号の帯域幅に依存し,より近距離の計測をするためには,より広い帯域をもつ信号が必要となる.すでにマイクロホン2本を用いる手法は提案されているが,本報告では,1本のマイクロホンのみを用いて,限られた帯域の中で最小推定可能距離を0mに近づける手法について検討する.具体的には,パワースペクトルの代わりに複素解析信号を導入し,可聴音を送信波とする推定法を提案するとともに,実音場での計測によりその有効性を確認する.
  • パワースペクトルのフーリエ変換に基づく距離0mから測定可能な音響測距法の検討, 中迫昇, 河西慶治, 篠原寿広, 上保徹志, 河本敬子, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2011年10月17日
  • 送受音器の移動を考慮した干渉に基づく音響測距法の基礎的検討, 英慎平, 中山雅人, 篠原寿広, 中迫昇, 上保徹志, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM),   2011年10月17日
  • 左右のパラメトリックスピーカを利用した音響測距法に基づく立体音場再現の基礎的検討, 廣畑 和紀, 篠原 寿広, 中迫 昇, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2011年09月13日, 日本音響学会研究発表会
  • 距離スペクトルの位相を考慮した距離0mから測距可能な音響測距法の検討, 河西 慶治, 篠原 寿広, 中迫 昇, 上保 徹志, 中山 雅人, 日本音響学会研究発表会,   2011年09月13日, 日本音響学会研究発表会
  • 位相干渉に基づく音響測距法における対象物の反射係数と距離減衰の影響の実験的検討, 中山 雅人, 篠原 寿広, 中迫 昇, 英 慎平, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2011年09月13日, 日本音響学会研究発表会
  • スピーカとマイクロホンの移動を考慮した干渉に基づく音響測距法の基礎的検討, 英 慎平, 篠原 寿広, 中迫 昇, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2011年09月13日, 日本音響学会研究発表会
  • 脳血管疾患診断支援のための ARToolKit を利用した 単眼カメラによる 3 次元ポインティングデバイスの開発, 白石 卓人, 篠原 寿広, 中山 雅人, 中迫 昇, 日本医用画像工学会(JAMIT2011),   2011年08月, 日本医用画像工学会(JAMIT2011)
    概要:頭部3次元CTA画像などにより、3次元的に血管の形状を再現することは病変部の状態を知る上で有用である。しかし、従来のマウスなどの2次元ポインティングデバイスでは、3次元的な操作を直感的に行うことは困難であり、複雑な構造をもつ脳血管においては病変部などの注目領域に到達することさえ難しい。そこで、頭部CTA画像より抽出された脳血管から3次元血管モデルを作成し、血管モデルを自在に動かすことのできる脳血管疾患診断支援システムの構築を目指し、本研究では、単眼カメラを用いて3次元血管モデルを直感的に操作することのできるポインティングデバイスの開発を行う。立方体のマーカを先端に付けたペンをポインティングデバイスとし、ARToolKitを利用して、デバイスの3次元位置の推定を行い、仮想3次元空間にデバイスの推定位置を投影し、血管モデルの操作を行う。実際に提案する3次元ポインティングデアイスの開発を行い操作性について検討を行った。(著者抄録)
  • 情報提示音声を利用したロボットセンサの検討, 中山 雅人, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 英 慎平, 第55回システム制御情報学会研究発表講演会,   2011年05月17日, 第55回システム制御情報学会研究発表講演会
  • 可聴音入力下の位相干渉に基づく距離推定法における送信音および測定系の周波数‐振幅特性の影響とその除去の試み, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2011年03月02日, 日本音響学会研究発表会
  • 移動物体に対する位相干渉に基づく音響追跡法 −リニアチャープ信号を用いた基礎的検討−, 英 慎平, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2011年03月02日, 日本音響学会研究発表会
  • 情報提示音声の位相干渉と音素セグメンテーションに基づく音響測距法の検討, 西前 達矢, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2011年03月02日, 日本音響学会研究発表会
  • 高周波数帯域の送信音を利用した2ch 音響測距による物体の位置計測法の検討, 廣畑 和紀, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2011年03月02日, 日本音響学会研究発表会
  • リニアチャープ信号を用いた干渉に基づく音響測距法 〜 移動物体の追跡への試み 〜, 英 慎平, 中迫 昇, 篠原 寿広, 中山 雅人, 上保 徹志, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2011年01月13日, 電子情報通信学会応用音響研究会
    概要:マイクロ波レーダの分野において,送信波と反射波の位相干渉を利用した近距離計測法が知られている.我々はこれを可聴音域に拡張し,静止物体を対象物とした音響測距法を提案し,実環境において様々な実験を行ってきた.しかしながら,実環境において対象物は移動している場合が多い.本研究では,移動物体に対する追跡法を目指して,位相干渉に基づく音響測距法の拡張を検討する.本報告では基礎的検討として,送信波に可聴音のリニアチャープ信号を用い,移動物体に対して時間幅を持つ送信波を放射した場合における測距法のドップラー効果を考慮した理論的な検討を行う.また,計算機シミュレーションを通して提案手法の正当性を検証する.
  • 実環境における可聴音の位相干渉に基づく距離推定 〜 送信音および測定系の周波数‐振幅特性の影響除去のための各種試みと比較 〜, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 中山 雅人, 上保 徹志, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2010年11月11日, 電子情報通信学会応用音響研究会
    概要:マイクロ波レーダの分野において,送信波と反射波の位相干渉を利用した距離推定法が知られている.我々はこれを可聴音域に拡張し,送信波として主にインパルス音(周波数-振幅特性が一様な確定信号)などを用いた距離推定法について検討してきた.その原理は,送信波と反射波の干渉によって生じる定在波のパワースペクトルが周期関数であり,その周期がマイクロホン-対象物間の距離に逆比例することである.本報告では,送信信号として白色雑音信号を採用し,送信波と反射波間の定在波を用いた距離推定に関して,とくに送信波と測定系の周波数-振幅特性の影響を補正する方法について考察する.具体的には,対象物に向けて放射した場合の観測値のパワースペクトルを,同じ送信波を対象物の無い方向に放射した場合のパワースペクトルで引き算,あるいは割り算(Wienerフィルタ:白色化)することにより,送信音および測定系の周波数-振幅特性の除去を目指す.さらに実音場で距離計測を行い,提案手法の有効性を確認する.
  • 3次元血管モデル相関法を用いた血管追跡による頭部3次元CTAにおける血管芯線および径の推定, 前川 将志, 篠原 寿広, 中山 雅人, 中迫 昇, 計測自動制御学会(第27回センシングフォーラム),   2010年09月27日, 計測自動制御学会(第27回センシングフォーラム)
  • 既知信号の減算を利用した位相干渉に基づく音響測距法の検討, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, 中山 雅人, 日本音響学会研究発表会,   2010年09月07日, 日本音響学会研究発表会
  • 移動物体に対する時間幅を持つ送信波の位相干渉に基づく音響測距法の基礎的検討, 英 慎平, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2010年09月07日, 日本音響学会研究発表会
  • 距離0m から測距可能な位相干渉に基づく2ch 音響測距法の検討, 河西 慶治, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2010年09月07日, 日本音響学会研究発表会
  • 2ch音響測距法とCSP法を統合した話者位置推定法の検討, 太田 将史, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 中山 雅人, 日本音響学会研究発表会,   2010年09月07日, 日本音響学会研究発表会
  • 頭部3次元CTA画像を利用した3次元血管モデル相関法による血管芯線および血管径の推定, 前川将志, 篠原寿広, 中山雅人, 中迫昇, 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM),   2010年07月
    概要:脳血管疾患診断の支援、自動化を目的として、頭部3次元CTA画像を利用した新しい血管芯線の抽出および血管径の推定法を提案する。血管芯線の抽出方法として、距離変換や濃淡情報を利用した細線化処理が考えられるが、これらは本質的には芯線を抽出する処理とは言えず、画像によってはいわゆるひげが生じたりする。本研究では血管の形状情報に着目し、ノイズの影響を考慮したソリッドモデルを用いて血管の中心点と方向を推定し、血管追跡を行うことで血管の芯線を抽出する。血管の中心点と方向を推定する方法として、血管と血管モデルとの相関をとり、相関がもっとも高いときの血管モデルの中心点と方向を血管の中心点と方向とする3次元血管モデル相関法を提案する。さらに血管モデルを径方向に可変とした3次元血管モデル相関法により血管径の推定を行う。実際のCTA画像から手作業で血管のみを抽出した画像に対し、提案手法を適用し、提案手法の妥当性を確認する。(著者抄録)
  • 人の気配察知能力の解明を目指した音による距離推定の基礎研究, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, 第54回システム制御情報学会研究発表講演会,   2010年05月19日, 第54回システム制御情報学会研究発表講演会
  • 音声による対象物までの距離推定の試み(定在波理論の利用), 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2010年03月01日, 日本音響学会研究発表会
  • 移動物体に対する可聴音の干渉を利用した近距離推定手法の検討, 中山 雅人, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2010年03月01日, 日本音響学会研究発表会
  • 可聴音の送信波と反射波の位相干渉に基づく音源距離推定法(重複反射の利用), 英 慎平, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2010年03月01日, 日本音響学会研究発表会
  • 可聴音域における定在波を用いた0mから測定可能な距離推定法 〜 帯域ガウス雑音の利用 〜, 永島 侑佳, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2010年01月18日, 電子情報通信学会応用音響研究会
    概要:多くの工学分野において,対象物までの距離は非常に重要な情報である.一般的な距離推定法では,送信波と反射波との時間差を用いるが,近距離の推定が困難であるものがほとんどである.これに対して,マイクロ波レーダの分野では,定在波を利用して近距離計測を行う手法が知られている.我々は,この手法を可聴音域に拡張し,提案手法の正当性,有効性を示してきた.しかしながら,その最小推定可能距離は使用する信号の帯域幅に依存し,より近距離の計測をするためには,より広い帯域をもつ信号が必要となる.本報告では,限られた帯域の中で最小推定可能距離を0mに近づける手法について検討する.また,可聴音域の帯域ガウス雑音を送信波とする推定法を提案し,実音場での計測によりその有効性を確認する.
  • 可聴音を送信波とする反射波との位相干渉に基づく距離推定, 英 慎平, 中迫 昇, 上保 徹志, 篠原 寿広, 武田 昌一, 関西合同音声ゼミ,   2009年11月, 関西合同音声ゼミ
    概要:可聴音を用いて音源から物体までの距離を推定する手法について検討した。
  • 可聴音の送信波と反射波の位相干渉に基づく距離推定 〜 送信音および測定系の周波数‐振幅特性の影響除去の一試み 〜, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2009年11月12日, 電子情報通信学会応用音響研究会
    概要:マイクロ波レーダの分野において,送信波と反射波の干渉を利用した距離推定法が知られている.我々はこれを可聴音域に拡張し,送信波として主にインパルス音(周波数-振幅特性が一様な確定信号)を用いた距離推定法について検討してきた.その原理は,送信波と反射波の干渉によって生じる定在波のパワースペクトルが周期関数であり,その周期がマイクロホン-対象物間の距離に逆比例することである.本報告では,送信信号として白色雑音信号を採用し,送信波と反射波間の定在波を用いた距離推定に関して考察する.具体的には,対象物に向けて放射した場合の観測信号のパワースペクトルを,同じ送信波を対象物の無い方向に放射した場合の観測信号から求められるWienerフィルタを用いることにより,送信音および測定系の周波数-振幅特性の除去を目指す.この結果,確率信号でも1回の測定で距離推定が行なえる.さらに実音場で距離計測を行い,提案手法の有効性を確認する.
  • 可聴音における定在波を用いた0mから測定可能な距離推定法―帯域ガウス雑音の利用―, 永島侑佳, 中迫昇, 篠原寿広, 上保徹志, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2009年10月28日
  • 脳血管の構造分析のための頭部3次元CT画像を用いた血管追跡による血管位置情報の推定 (第26回センシングフォーラム資料--センシング技術の新たな展開と融合) -- (CTと逆問題(1)), 篠原 寿広, 長谷川 敦史, 中山 雅人, センシングフォ-ラム資料,   2009年09月28日
  • 可聴音の送信波と反射波の位相干渉に基づく距離推定の基礎的検討(測定系の周波数‐振幅特性の除去), 英 慎平, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2009年09月08日, 日本音響学会研究発表会
  • 定在波理論に基づく白色雑音入力下の距離推定(送信音および測定系の周波数‐振幅特性の除去による計測回数の低減), 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2009年09月08日, 日本音響学会研究発表会
  • 可聴音域の送信波を用いた定在波に基づく距離推定とその補正法(注:新型インフルエンザ発生のため学会は中止であった), 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, 第53回システム制御情報学会研究発表講演会,   2009年05月20日, 第53回システム制御情報学会研究発表講演会
  • 定在波を利用した距離推定とマイクロホンアレーに基づく 話者位置推定の検討, 中山 雅人, 篠原 寿広, 中迫 昇, 定野 一也, 日本音響学会研究発表会,   2009年03月10日, 日本音響学会研究発表会
  • 可聴音の送信波と反射波の位相干渉に基づく 距離推定の基礎的検討 (音源,マイクロホンの幾何学的配置による補正), 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 永島 侑佳, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2009年03月10日, 日本音響学会研究発表会
  • 定在波に基づく距離推定法とその実装に関する一考察 : Chirp 音信号の利用, 土田 悠太, 中迫 昇, 上保 徹志, 篠原 寿広, 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響,   2009年01月22日
    概要:多くの工学分野において,対象物までの距離は非常に重要な情報である.一般的な距離推定法では,送信波と反射波との時間差を用いているが,近距離になると推定が困難になるものがほとんどである.既に,マイクロ波レーダの分野で開発された定在波による近距離計測法を可聴音域に拡張し,マイクロコンピュータへの実装までも試みてきた.しかし,送信信号として帯域信号を用いるとFFTが2回必要なためマイコンでは演算時間がかかる.本研究では,送信信号としてChirp音信号を用いることにより推定時間を短縮する手法を提案し,これに基づいて試作したシステムについて述べる.実音場での距離推定実験の結果,本手法およびシステムの有効性が確認された.
  • 定在波に基づく距離推定法とその実装に関する一考察(Chirp音信号の利用), 土田 悠太, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2009年01月22日, 電子情報通信学会応用音響研究会
    概要:多くの工学分野において,対象物までの距離は非常に重要な情報である.一般的な距離推定法では,送信波と反射波との時間差を用いているが,近距離になると推定が困難になるものがほとんどである.既に,マイクロ波レーダの分野で開発された定在波による近距離計測法を可聴音域に拡張し,マイクロコンピュータへの実装までも試みてきた.しかし,送信信号として帯域信号を用いるとFFTが2回必要なためマイコンでは演算時間がかかる.本研究では,送信信号としてChirp音信号を用いることにより推定時間を短縮する手法を提案し,これに基づいて試作したシステムについて述べる.実音場での距離推定実験の結果,本手法およびシステムの有効性が確認された.
  • 送信音と反射音の干渉に基づく距離推定に関する検討 〜帯域ガウス雑音信号の利用 〜, 中迫 昇, 篠原 寿広, 永島 侑佳, 上保 徹志, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2008年11月13日, 電子情報通信学会応用音響研究会
    概要:多くの工学分野において,対象物までの距離は非常に重要な情報である.一般的な距離推定法では,送信波と反射波との時間差を用いるが,近距離の推定が困難であるものがほとんどである.これに対して,マイクロ波レーダの分野では,定在波を利用して近距離計測を行う手法が知られている.我々は,この手法を可聴音域に拡張し,送信音として主にインパルス音を用いた提案手法の正当性,有効性を示してきた.本報告では,送信音として帯域雑音信号を採用し,(多)試行(加算)平均による距離推定に関して考察する.さらに実音場で距離計測を行い,提案手法の有効性を確認するとともに,その漸近特性についても検討する.
  • 可聴音における定在波を用いた帯域ガウス雑音送信下の対象物の個数及び距離の推定, 永島侑佳, 中迫昇, 篠原寿広, 上保徹志, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2008年10月29日
  • 摂動法の援用による連立方程式法に基づく能動騒音制御の試み, 山田倫矢, 中迫昇, 篠原寿広, 藤井健作, 梶川嘉延, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2008年10月29日
  • 定在波に基づく距離推定における推定時間短縮のためのChirp音信号利用の検討, 土田悠太, 中迫昇, 上保徹志, 篠原寿広, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2008年10月29日
  • 不規則帯域雑音によるマイクロホン-対象物間の距離推定と統計的性質, 中迫 昇, 篠原 寿広, 永島 侑佳, 上保 徹志, 第18回インテリジェント・システム・シンポジウム,   2008年10月23日, 第18回インテリジェント・システム・シンポジウム
  • 定在波理論に基づく可聴音を用いた対象物までの距離計測に関する基礎的検討 --音源、マイクロホン、対象物の位置関係--, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2008年09月03日, 日本音響学会研究発表会
  • 帯域ガウス雑音を送信音とする位相干渉を用いたマイクロホン-対象物間の距離推定, 中迫 昇, 篠原 寿広, 永島 侑佳, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2008年09月03日, 日本音響学会研究発表会
  • 送信音と反射音の干渉波の周期性に基づく距離推定, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 森 淳, 第52回システム制御情報学会研究発表講演会,   2008年05月16日, 第52回システム制御情報学会研究発表講演会
  • 送信波・反射波の干渉を利用した距離測定法に関する実験的検討―距離推定の有効性と反射係数の推定―, 森淳, 中迫昇, 上保徹志, 篠原寿広, 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM),   2008年03月10日
  • 可聴音域の定在波モデルに基づくChirp音信号による距離測定, 土田悠太, 中迫昇, 上保徹志, 篠原寿広, 電子情報通信学会大会講演論文集,   2008年03月05日
  • AS-5-7 可聴音域の定在波モデルに基づくChirp音信号による距離測定(AS-5. 音響信号のモデリングと表現,シンポジウムセッション), 土田 悠太, 中迫 昇, 上保 徹志, 篠原 寿広, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2008年03月05日
  • 白色ガウス雑音信号による対象物までの距離推定, 板垣 英恵, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 大亦 紀光, , 平成20年度電気学会全国大会,   2008年03月19日, 平成20年度電気学会全国大会
  • 可聴音域の定在波に基づく距離推定法の実装に関する一試み, 大亦 紀光, 上保 徹志, 中迫 昇, 篠原 寿広, 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響,   2008年01月29日
    概要:多くの工学分野において,対象物までの距離は非常に重要な情報である.一般的な距離推定法では,送信波と反射波との時間差を用いているが,近距離になると推定が困難になるものがほとんどである.これに対して,マイクロ波レーダの分野では定在波を利用して近距離計測を行う手法が知られている.我々は,この手法を可聴音域に拡張し,距離推定,を行うごとを提案するとともに,シミュレーションや実際の計測を通じて提案手法の正当性,有効性を示してきた.本報告では,この距離推定手法のマイクロコンピュータへの一実装方法を示し,これに基づいて試作したシステムについて述べる.試作システムを用いた実音場での距離推定実験の結果,本手法およびシステムめ有効性が確認された.
  • 可聴音域の定在波に基づく距離推定法の実装に関する一試み, 大亦紀光, 上保徹志, 中迫昇, 篠原寿広, 電子情報通信学会技術研究報告,   2008年01月22日
  • 定在波理論に基づくインパルス音入力下の距離推定(ケプストラム分析法との実験的比較・検討), 森淳, 中迫昇, 上保徹志, 篠原寿広, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2007年11月07日
  • 送信音と反射音の干渉に基づく距離推定に関する基礎的検討, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 森 淳, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2007年11月08日, 電子情報通信学会応用音響研究会
    概要:音響分野に限らず,対象物までの距離は,基本的なそして非常に重要な情報である.基本的な測距の方法として,送信波と反射波の時間差から距離を推定する方法が一般的に知られている.しかし近距離になると推定が困難になるものがほとんどである.これに対して,マイクロ波レーダの分野では定在波を利用して近距離計測を行う手法が知られている.我々は,この手法を可聴音域に拡張し,距離推定を行うことを提案するとともに,シミュレーションや実際の計測を通じて提案手法の正当性,有効性を示してきた.対象物に向け音を放射すると,送信音と反射音の干渉によって定在波が生じる.よって,この干渉(定在波)には距離の情報が含まれる.提案手法の原理は以下の通りである: 干渉により観測信号のパワースペクトルには,対象物の距離に応じた周期性が現れるので,観測信号のパワースペクトルをもう一度フーリエ変換し距離のスペクトルを求めることで距離を推定する.提案手法とよく似た手法として,パワースペクトルの対数をとって逆フーリエ変換を適用するケプストラム分析や,観測信号の自己相関関数(パワースペクトルの逆フーリエ変換からも求まる)がある.本報告では,可聴音域における定在波を利用した距離推定について,これらの手法との比較を含めた基礎的検討を行う.
  • 可聴音域におけるパルス入力下の定在波に基づく距離推定 -ケプストラム分析法との比較・検討--, 森 淳, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 日本音響学会研究発表会,   2007年09月12日, 日本音響学会研究発表会
  • 糸位置情報推定に基づく織編物の構造分析 (第23回センシングフォーラム 資料--センシング技術の新たな展開と融合) -- (セッション1B2 パターン計測2), 篠原 寿広, 高山 潤也, 大山 真司, センシングフォ-ラム資料,   2006年10月02日
  • 糸位置情報推定に基づく織編物の構造分析, 篠原寿広, 高山潤也, 大山真司, 小林彬, センシングフォーラム資料,   2006年
  • 離散的断面画像を利用した織物の3次元糸目構造再構成, 篠原 寿広, 高山潤也,大山真司,小林彬, 第39回SICE学術講演会予稿集,   2001年, 第39回SICE学術講演会

MISC

  • ACOUSTIC CHARACTERISTICS OF BIVALVE AND POSSIBILITY OF AUTOMATICALLY DISCRIMINATING DEFECTIVE BIVALVE USING ACOUSTIC SIGNAL, S. Murata, T. Shinohara, T. Nakano, N. Nakasako, Proc. on the 24th International Congress on Sound and Vibration (ICSV24), 8ページ(CD-ROM収録),   2017年07月
  • AN IMPLEMENTATION ON PROTOTYPE COMPACT SYSTEM OF TWO-CHANNEL ACOUSTIC DISTANCE MEASUREMENT METHOD MEASURABLE FROM 0M BASED ON THE STANDING WAVE CONSIDERING DIRECT CURRENT COMPONENT AND PHASE SPECTRUM, C. Song, T. Shinohara, T. Uebo, N. Nakasako, Proc. on the 24th International Congress on Sound and Vibration (ICSV24), 8ページ(CD-ROM収録),   2017年07月
  • ACOUSTIC DISTANCE MEASUREMENT BASED ON THE INTERFERENCE BETWEEN TRANSMITTED AND REFLECTED WAVES USING CROSS-SPECTRAL METHOD BY INTRODUCING ANALYTIC SIGNAL OF LINEAR CHIRP AND HILBERT TRANSFORM FILTER, K. Sakaguchi, S. Honda, T. Shinohara, T. Uebo, N. Nakasako, Proc. on the 24th International Congress on Sound and Vibration (ICSV24), 8ページ(CD-ROM収録),   2017年07月
  • ACOUSTIC DISTANCE MEASUREMENT BASED ON PHASE INTERFERENCE BETWEEN TRANSMITTED AND REFLECTED WAVES AND POSITION ESTIMATION BY USING KINECT V2'S MICROPHONE ARRAY, R. Oda, T. Shinohara, T. Uebo, N. Nakasako, Proc. on the 24th International Congress on Sound and Vibration (ICSV24), 8ページ(CD-ROM収録),   2017年07月
  • AN ATTEMPT OF DISTANCE MEASUREMENT FOR A HUMAN BASED ON PHASE INTERFERENCE USING BEAM-STEERING AT EACH CHANNEL OF PARAMETRIC ARRAY LOUDSPEAKER, N. Nakasako, T. Nakano, T. Shinohara, M. Nakayama, T. Uebo, Proc. on the 24th International Congress on Sound and Vibration (ICSV24), 8ページ(CD-ROM収録),   2017年07月
  • Adaptive parameter adjustment to create hepatoma feeding arteriogram from CT during aortography for transcatheter arterial chemoembolization, Toshihiro Shinohara, Kazuhiro Murotani, Seiki Hosokawa, Hiroki Minamiguchi, Nobuyuki Kawai, and Morio Sato, Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS 2017) Proceedings of the 31th International Congress and Exhibition,   2017年06月
  • 可聴音を用いた位相干渉に基づく対象物までの距離測定:-音響測距法の原理と進展-, 中迫 昇, 上保 徹志, 篠原 寿広, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 9, 4, 330, 339,   2016年, 招待有り, 10.1587/essfr.9.4_330, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005142562
    概要:様々な工学分野において対象物までの距離は重要な情報である.音響信号を用いて距離を測定する場合,測定対象物に向けてパルス音を送出し,それが反射波として返ってくるまでの時間から距離を推定する方法が一般的である.しかしこの手法は,送信波と反射波が時間的に重なるほどの近距離に対しては推定が困難となる.一方,マイクロ波レーダの分野において,定在波を利用することによって,複数の測定対象に対して,それらが0mに近い至近距離にあっても距離推定が可能な手法が提案され,定在波レーダと呼ばれている.我々は,音響信号を用いた距離推定に定在波レーダの原理を適用することによって,0mに近い至近距離にある対象物に対して正確な距離推定を行う手法について検討してきた.本論文では,我々の提案している可聴音を用いた位相干渉に基づく距離測定の原理について述べたのち,解析信号の導入に基づく0m付近に対象物が存在する場合の近距離計測法について詳しく説明する.シミュレーションや実音場への適用例も示す.
  • A Basic Study on Reflection Coefficient Estimation of Body Tissue by Ultrasound Using Phase Interference, Toshihiro Shinohara, Yurika Miyawaki, Noboru Nakasako, Tetsuji Uebo, and Masato Nakayama, Proceedings of the 12th International Conference on Ubiquitous Healthcare (u-Healthcare2015),   2015年11月30日
  • Acoustic Distance Measurement Method for Very Close Range Using Two-channel Microphones Based on Phase Interference and Removal of DC Component with Hough Transform, Noboru Nakasako, Kazuhiro Suzuki, Toshihiro Shinohara, Masato Nakayama, and Tetsuji Uebo, Proceedings of the 12th International Conference on Ubiquitous Healthcare (u-Healthcare2015),   2015年11月30日
  • Development of software to create hepatoma feeding arteriogram from CT during aortography for transcatheter arterial chmoembolization, Toshihiro Shinohara, Seiki Hosokawa, Koji Nakata, Hiroyuki Minamiguch, Nobuyuki Kawai, Morio Sato, Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS 2015) Proceedings of the 29th International Congress and Exhibition,   2015年06月24日
  • A trial on calculating the quivalent reflection coefficient by acoustic distance measurement method based on phase interference in the actual sound actual field, Noboru NAKASAKO, Yuma NEKI, Masato NAKAYAMA, Toshihiro SHINOHARA, Tetsuji UEBO, INTER-NOISE 2014, the 43th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering,,   2014年11月
  • Distance Measurement Method Effective from 0 m Using Phase Interference of Audible Sound, Nakasako Noboru, Shinohara Toshihiro, Kawanishi Keiji, Uebo Tetsuji, ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN, 97, 8, 24, 31,   2014年08月, 10.1002/ecj.11579
  • EFFECT OF A MEASUREMENT SYSTEM ON 1CH ACOUSTIC DISTANCE MEASUREMENT BASED ON PHASE INTERFERENCE AND ITS CORRECTION BY CONSIDERING ADJACENT FREQUENCY COMPONENTS OF THE POWER SPECTRUM, Noboru Nakasako, Yuma Neki, Masato Nakayama, Tosihihiro Shinohara, Tetsuji Uebo, Proc. of the 21st International Congress on Sound and Vibration,   2014年07月
  • ROBUST ACOUSTIC DISTANCE MEASUREMENT METHOD BASED ON SYNCHRONOUS ADDITION USING THE CROSS-SPECTRAL METHOD FOR USE IN A NOISY ENVIRONMENT, Kazuhiro Suzuki, Noboru Nakasako, Masato Nakayama, Tosihihiro Shinohara, Tetsuji Uebo, Proc. of the 21st International Congress on Sound and Vibration,   2014年07月
  • Extraction of hepatoma feeding artery from aorta to hepatocellular carcinoma in CT during aortography before catheterization for transcatheter arterial chemoembolization, Toshihiro Shinohara, Seiki Hosokawa, Koji Nakata, Hiroyuki Minamiguch, Nobuyuki Kawai, Morio Sato, Proc. of the Computer Assisted Radiology and Surgery 2014,   2014年06月
  • Expression of Individual Woven Yarn of Textile Fabric Based on Segmentation of Three Dimensional CT Image Considering Distribution of Filaments, Toshihiro Shinohara, Proc. of the 39th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society,   2013年11月
  • Trial Implementation of Acoustic Distance Measurement Method for Very-close-range Measurement Based on Standing Waves Using Power and Phase Spectra of Single-channel Observations, 中迫 昇, 篠原 寿広, 小泉 裕司, 中山 雅人, 上保 徹志, Proc. of the 2013 IEEE 2nd Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2013),   2013年10月
  • Acoustic distance measurement system for close-range based on interference between transmitted and reflected waves by introducing analytic signal, 中迫 昇, 篠原 寿広, 小泉 裕司, 上保 徹志, Proc. of the 42nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (Inter-noise2013),   2013年09月
  • Visualization of Vascular Diameter for Diagnostic Assistance of Cerebrovascular Diseases, Toshihiro Shinohara, Takuto Shiraishi, Masato Nakayama, Noboru Nakasako, Proc. of the 35th Annual International Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,   2013年07月
  • Estimation of Centerline and Diameter of Brain Vessel in 3D Head CTA Image by Using Model Matching Method, 篠原 寿広, 前川 将志, 中山 雅人, 中迫 昇, International Forum on Medical Imaging in Asia,   2012年11月
  • Acoustic Distance Measurement Method Measurable from 0 m Based on the Interference between Transmitted and Reflected Waves Using Power and Phase Spectra of Single Channel Observations, 中迫 昇, 篠原 寿広, 河西 慶治, 中山 雅人, 上保 徹志, Proc. of the 2012 IEEE International Conference on Signal Processing, Communications and Computing,   2012年08月
  • Expression of Individual Woven Yarn for Structure Analysis of Textile Fabric Based on Fuzzy Clustering of Three Dimensional CT Image, 篠原 寿広, The 37th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society,   2011年11月
  • A Trial Implementation of a Distance Estimation Method Based on Standing Waves of Audible Sound, Ohmata Norimitsu, Uebo Tetsuji, Nakasako Noboru, Shinohara Toshihiro, ELECTRICAL ENGINEERING IN JAPAN, 177, 2, 41, 48,   2011年11月, 10.1002/eej.21160
  • Estimation of distance from sound source using single microphone based on interference between transmitted and reflected waves, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, INTER-NOISE 2011, the 40th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering,,   2011年09月
  • Distance Estimation Method Measurable from 0m Based on Standing Wave Using Band-limited Sound with Uniform Amplitude and Random Phase, 河西 慶治, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, The 2010 International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2010),   2010年10月
  • 「新たな音信号の処理技術―音響と生体計測における基礎理論から応用まで」音で距離を測る―定在波に基づく距離推定の原理, 中迫昇, 上保徹志, 篠原寿広, システム/制御/情報, 54, 8, 314, 319,   2010年08月, 10.11509/isciesci.54.8_314, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002212069398952
  • Correction Method of Estimated Distance Using Geometrical Information on Sound Source and Microphone, 英 慎平, 中迫 昇, 篠原 寿広, 上保 徹志, 2009 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association, Annual Summit and Conference,   2009年10月
  • Distance Estimation and Compensation Method Using Band-limited Transmitted Wave with Uniform Amplitude and Random Phase Characteristics, 中迫 昇, 篠原 寿広, 英 慎平, 上保 徹志, The 24th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2009年07月

特許

  • 画像処理システム, 篠原 寿広、中迫 昇、他3名, 特願2013-168872, 特開2015-036084
  • 画像処理装置、画像処理方法、及びコンピュータプログラム, 篠原 寿広, 佐藤 守男, 河合 信行, 細川 聖記, JP2014005109, WO2015-052922

受賞

  •   2005年08月, 計測自動制御学会, 論文賞

競争的資金

  • CTによる織編物の組織分析