KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

八木 秀男ヤギ ヒデオ

プロフィール

所属部署名奈良病院
職名教授/副部長
学位医学博士
専門造血器腫瘍、幹細胞移植、輸血医学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/666-yagi-hideo.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    日本血液学会専門医であり、造血器悪性腫瘍、造血幹細胞移植、輸血細胞治療、血栓止血を専門としている。

研究活動情報

論文

  • [Thrombotic thrombocytopenic purpura]., Fujimura Y, Matsumoto M, Isonishi A, Yagi H, Kokame K, Miyata T, [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 55, 93, 104,   2014年01月, 査読有り
  • Successful treatment of an elderly frail patient with acquired idiopathic thrombotic thrombocytopenic purpura under close monitoring of ADAMTS13 activity and anti-ADAMTS13 antibody titers., Sano K, Yagi H, Hanamoto H, Fujita M, Iizuka T, Yamazaki K, Tsubaki K, Transfusion and apheresis science : official journal of the World Apheresis Association : official journal of the European Society for Haemapheresis,   2014年01月, 査読有り
  • Two newborn-onset patients of Upshaw-Schulman syndrome with distinct subsequent clinical courses., Tanabe S, Yagi H, Kimura T, Isonishi A, Kato S, Yoshida Y, Hayakawa M, Matsumoto M, Ohtaki S, Takahashi Y, Fujimura Y, International journal of hematology, 96, 789, 797,   2012年12月, 査読有り
  • Paucity of CD34-positive cells and increased expression of high-mobility group box 1 in coronary thrombus with type 2 diabetes mellitus., Yamashita A, Nishihira K, Matsuura Y, Ito T, Kawahara K, Hatakeyama K, Hashiguchi T, Maruyama I, Yagi H, Matsumoto M, Fujimura Y, Kitamura K, Shibata Y, Asada Y, Atherosclerosis, 224, 511, 514,   2012年10月, 査読有り
  • Cilostazol down-regulates the height of mural platelet thrombi formed under a high-shear rate flow in the absence of ADAMTS13 activity., Yagi H, Yamaguchi N, Shida Y, Hayakawa M, Matsumoto M, Sugimoto M, Wada H, Tsubaki K, Fujimura Y, European journal of pharmacology, 691, 151, 155,   2012年09月, 査読有り
  • Pediatric idiopathic TTP diagnosed with decreased ADAMTS13 activity., Morishima T, Nomura A, Saida S, Watanabe K, Yagi H, Matsumoto M, Fujimura Y, Heike T, Nakahata T, Adachi S, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 54, 422, 423,   2012年06月, 査読有り
  • The homozygous p.C1024R- ADAMTS13 gene mutation links to a late-onset phenotype of Upshaw-Schulman syndrome in Japan., Taguchi F, Yagi H, Matsumoto M, Sadamura S, Isonishi A, Soejima K, Fujimura Y, Thrombosis and haemostasis, 107, 1003, 1005,   2012年05月, 査読有り
  • Paradigm shift of childhood thrombotic thrombocytopenic purpura with severe ADAMTS13 deficiency., Yagi H, Matsumoto M, Fujimura Y, Presse medicale (Paris, France : 1983), 41, e137, 55,   2012年03月, 査読有り
  • Acquired idiopathic ADAMTS13 activity deficient thrombotic thrombocytopenic purpura in a population from Japan., Matsumoto M, Bennett CL, Isonishi A, Qureshi Z, Hori Y, Hayakawa M, Yoshida Y, Yagi H, Fujimura Y, PloS one, 7, e33029,   2012年, 査読有り
  • [IV. Others: 1. Hemolytic uremic syndrome (HUS) and thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP)]., Fujimura Y, Matsumoto M, Yagi H, Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, 100, 1296, 1307,   2011年05月, 査読有り
  • Plasma levels of ADAMTS13 antigen determined with an enzyme immunoassay using a neutralizing monoclonal antibody parallel ADAMTS13 activity LevEls., Yagi H, Ito S, Kato S, Hiura H, Matsumoto M, Fujimura Y, International journal of hematology, 85, 403, 407,   2007年06月, 査読有り
  • [Brain nerve symptoms due to thrombotic microangiopathy]., Yagi H, Matsumoto M, Fujimura Y, Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, 96, 353, 362,   2007年02月, 査読有り
  • Quantitative Western blot analysis of plasma ADAMTS13 antigen in patients with Upshaw-Schulman syndrome., Ishizashi H, Yagi H, Matsumoto M, Soejima K, Nakagaki T, Fujimura Y, Thrombosis research, 120, 381, 386,   2007年, 査読有り
  • [The prevention and therapy of vascular dementia: an update]., Akiguchi I, Watanabe Y, Yagi H, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 64 Suppl 8, 792, 796,   2006年11月, 査読有り
  • [Clinical features and laboratory findings of thrombotic thrombocytopenic purpura associated with ticlopidine]., Yagi H, Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology, 53, 630, 638,   2005年07月, 査読有り
  • The peripheral blood Valpha24+ NKT cell numbers decrease in patients with haematopoietic malignancy., Yoneda K, Morii T, Nieda M, Tsukaguchi N, Amano I, Tanaka H, Yagi H, Narita N, Kimura H, Leukemia research, 29, 147, 152,   2005年02月, 査読有り
  • Adenovirus-mediated transfer of human placental ectonucleoside triphosphate diphosphohydrolase to vascular smooth muscle cells suppresses platelet aggregation in vitro and arterial thrombus formation in vivo., Furukoji E, Matsumoto M, Yamashita A, Yagi H, Sakurai Y, Marutsuka K, Hatakeyama K, Morishita K, Fujimura Y, Tamura S, Asada Y, Circulation, 111, 808, 815,   2005年02月, 査読有り
  • [Changes of ADAMTS13 activity and endothelial cell markers in TMA cases]., Mori Y, Wada H, Shiku H, Yagi H, Matsumoto M, Fujimura Y, [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 45, 378, 382,   2004年05月, 査読有り
  • Molecular characterization of ADAMTS13 gene mutations in Japanese patients with Upshaw-Schulman syndrome., Matsumoto M, Kokame K, Soejima K, Miura M, Hayashi S, Fujii Y, Iwai A, Ito E, Tsuji Y, Takeda-Shitaka M, Iwadate M, Umeyama H, Yagi H, Ishizashi H, Banno F, Nakagaki T, Miyata T, Fujimura Y, Blood, 103, 1305, 1310,   2004年02月, 査読有り
  • The Japanese experience with thrombotic thrombocytopenic purpura-hemolytic uremic syndrome., Matsumoto M, Yagi H, Ishizashi H, Wada H, Fujimura Y, Seminars in hematology, 41, 68, 74,   2004年01月, 査読有り
  • Von Willebrand factor--cleaving protease activity in thrombotic microangiopathy after living donor liver transplantation: a case report., Nakazawa Y, Hashikura Y, Urata K, Ikegami T, Terada M, Yagi H, Ishizashi H, Matsumoto M, Fujimura Y, Miyagawa S, Liver transplantation : official publication of the American Association for the Study of Liver Diseases and the International Liver Transplantation Society, 9, 1328, 1333,   2003年12月, 査読有り
  • [Anti-CD20 antibody and combination chemotherapy followed by autologous peripheral blood stem cell transplantation after high-dose chemotherapy induced complete remission in a case of multiple lymphomatous polyposis of the gastrointestinal tract]., Mukogawa T, Fujii H, Koyama F, Matsumoto H, Kojima Y, Takeuchi T, Yagi H, Arai M, Nakajima Y, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 100, 1382, 1388,   2003年12月, 査読有り
  • ADAMTS-13 cysteine-rich/spacer domains are functionally essential for von Willebrand factor cleavage., Soejima K, Matsumoto M, Kokame K, Yagi H, Ishizashi H, Maeda H, Nozaki C, Miyata T, Fujimura Y, Nakagaki T, Blood, 102, 3232, 3237,   2003年11月, 査読有り
  • [vWF-cleaving protease/ADAMTS 13]., Matsumoto M, Yagi H, Fujimura Y, [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 44, 159, 167,   2003年03月, 査読有り
  • Successful treatment of a young infant who developed high-titer inhibitors against VWF-cleaving protease (ADAMTS-13): important discrimination from Upshaw-Schulman syndrome., Ashida A, Nakamura H, Yoden A, Tamai H, Ishizashi H, Yagi H, Matsumoto M, Fujimura Y, American journal of hematology, 71, 318, 322,   2002年12月, 査読有り
  • Intensive plasma IgG removal therapy for severe thrombotic thrombocytopenic purpura., Amano SY, Inoue M, Yoshida Y, Yagi H, Ishizashi H, Matsumoto M, Fujimura Y, Yoshioka A, International journal of hematology, 76, 474, 476,   2002年12月, 査読有り
  • Mutations and common polymorphisms in ADAMTS13 gene responsible for von Willebrand factor-cleaving protease activity., Kokame K, Matsumoto M, Soejima K, Yagi H, Ishizashi H, Funato M, Tamai H, Konno M, Kamide K, Kawano Y, Miyata T, Fujimura Y, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 99, 11902, 11907,   2002年09月, 査読有り
  • [Thrombotic thrombocytopenic purpura induced by antibody to von Willebrand factor-cleaving protease]., Yagi H, [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 43, 468, 472,   2002年06月, 査読有り
  • Predicting response to plasma exchange in patients with thrombotic thrombocytopenic purpura with measurement of vWF-cleaving protease activity., Mori Y, Wada H, Gabazza EC, Minami N, Nobori T, Shiku H, Yagi H, Ishizashi H, Matsumoto M, Fujimura Y, Transfusion, 42, 572, 580,   2002年05月, 査読有り
  • Von Willebrand factor-cleaving protease and Upshaw-Schulman syndrome., Fujimura Y, Matsumoto M, Yagi H, Yoshioka A, Matsui T, Titani K, International journal of hematology, 75, 25, 34,   2002年01月, 査読有り

MISC

  • 血栓性微小血管障害症(TMA)【総論 TMAの病態解析の最近の進歩】, 藤村吉博, 石西綾美, 八木秀男, 細胞, 46, 2, 52, 56,   2014年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402217132520950
  • 血栓性微小血管症(TMA:TTP/HUS)の最新知見 TMA:最新の病態, 八木秀男, 藤村吉博, 宮田敏行, 腎と透析, 74, 6, 1050, 1054,   2013年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302240646282352
  • 造血幹細胞移植におけるシクロスポリン血中濃度モニタリングを中心とした薬剤師の治療への参画, 林友典, 福井愛子, 民長優, 西浦早織, 松岡寛, 藤原亮介, 佐野圭吾, 山崎佳子, 花本仁, 八木秀男, 椿和央, TDM研究, 30, 3, 200,   2013年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302221466171043
  • HPA‐15b抗体による新生児同種免疫性血小板減少症, 峯佳子, 川野亜美, 山田枝里佳, 井手大輔, 菅野知恵美, 加藤祐子, 椿本祐子, 伊藤志保, 藤田往子, 金光靖, 森嶋祥之, 芦田隆司, 松村到, 八木秀男, 椿和央, 高陽淑, 尼岸悦子, 福森泰雄, 松橋美佳, 津野寛和, 高橋孝喜, 日本輸血細胞治療学会誌, 59, 2, 262,   2013年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302237819770020
  • 難治性の免疫性血小板減少性紫斑病(ITP)に対するTPO受容体作動薬(エルトロンボパグ)の効果, 佐野圭吾, 花本仁, 藤原亮介, 藤田茉莉子, 飯塚隆史, 山崎佳子, 八木秀男, 椿和央, 臨床血液, 54, 2, 236,   2013年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302231663820334
  • 同種造血幹細胞移植後のサイトカイン・ケモカイン・可溶性分子の変動に対するリコンビナントトロンボモジュリンの影響について(サイト研究会中間報告), 野村昌作, 石井一慶, 藤田真也, 伊藤量基, 片山雄太, 許泰一, 田中志津, 前田嘉信, 谷本光音, 錦井秀和, 藤島直仁, 澤田賢一, 大田秀一, 林邦雄, 竹内麻子, 池添隆之, 朴永東, 八木秀男, 岡田昌也, 小川啓恭, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集, 35th, 195,   2013年02月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302242019797951
  • 膠原病と血液異常 2.膠原病に伴う血栓性血小板減少性紫斑病(TTP), 八木秀男, 松本雅則, 椿和央, 藤村吉博, 血液フロンティア, 22, 11, 1651, 1658,   2012年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202237303912913
  • 造血幹細胞移植におけるシクロスポリン血中濃度モニタリングを中心とした薬剤師の治療への参画, 林友典, 福井愛子, 民長優, 松本優香子, 西浦早織, 松岡寛, 佐野圭吾, 藤田茉莉子, 飯塚隆史, 山崎佳子, 花本仁, 八木秀男, 椿和央, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 22nd, 439,   2012年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202214586005224
  • 心臓原発化学療法抵抗性瀰漫性大細胞型リンパ腫(DLBCL)に放射線治療が有効であった1例, 藤原亮介, 佐野圭吾, 藤田茉莉子, 飯塚隆史, 山崎佳子, 花本仁, 八木秀男, 椿和央, 臨床血液, 53, 8, 790,   2012年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302264924508614
  • 多発性骨髄腫に対する最新治療 9.多発性骨髄腫に関する臨床経験~CyBorD療法の有効性・安全性~, 八木秀男, 血液フロンティア, 22, S-1, 705, 714,   2012年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202283118960407
  • 均一な集団と考えられるADAMTS13活性著減(<0.5%)後天性特発性TTP150例の解析, 松本雅則, CHARLES Bennett, 石西綾美, ZENIA Qureshi, 堀勇二, 早川正樹, 吉田瑶子, 八木秀男, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 23, 2, 185,   2012年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202212135919416
  • 小児期発症の後天性血栓性血小板減少性紫斑病17例の臨床学的検討, 八木秀男, 石西綾美, 松本雅則, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 23, 2, 185,   2012年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202258654684299
  • 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP), 石西綾美, 早川正樹, 松本雅則, 八木秀男, 藤村吉博, 日本アフェレシス学会雑誌, 31, 1, 7, 13,   2012年02月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202282550147311
  • 造血幹細胞移植におけるシクロスポリン血中濃度モニタリングを中心とした薬剤師の治療への参画, 林友典, 福井愛子, 民長優, 松本優香子, 西浦早織, 松岡寛, 立花貞信, 佐野圭吾, 藤田茉莉子, 飯塚隆史, 山崎佳子, 花本仁, 八木秀男, 椿和央, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集, 34th, 259,   2012年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202263932931140
  • 本邦におけるUpshaw‐Schulman症候群患者のADAMTS13遺伝子変異とnatural history解析, 藤村吉博, 早川正樹, 松本雅則, 石西綾美, 八木秀男, 副島見事, 村田満, 小亀浩市, 宮田敏行, 日本小児科学会雑誌, 116, 2, 308,   2012年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202290794454790
  • 心臓カテーテルによる右房腫瘤生検にて瀰漫性大細胞型リンパ腫の診断に至った1例, 飯塚隆史, 佐野圭吾, 藤田茉莉子, 山崎佳子, 花本仁, 八木秀男, 椿和央, 臨床血液, 53, 1, 115,   2012年01月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202249538021160
  • 非定型溶血性尿毒症症候群の診断法と治療法の確立 奈良医大TMA解析センター登録症例からの非定型溶血性尿毒症症候群患者の同定, 松本雅則, 八木秀男, 芦田明, 日笠聡, 上田恭典, 和田英夫, 吉田瑶子, 非定型溶血性尿毒症症候群の診断法と治療法の確立 平成23年度 総括・分担研究報告書, 7, 15,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302206694333909
  • データブック アテローム血栓症の大規模臨床試験 PART 3 8.薬物療法・副作用など b.副作用 2.チエノピリジン系薬剤による血栓性血小板減少性紫斑病には2つの発症機序が存在する, 八木秀男, 藤村吉博, 血栓と循環, 19, 3, 618, 620,   2011年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202215665047702
  • 血小板減少の病態と対策 4.血栓性微小血管障害症(TMA)の診断と治療戦略, 藤村吉博, 吉田瑤子, 石西綾美, 堀勇二, 早川正樹, 八木秀男, 松本雅則, 血液フロンティア, 21, 7, 979, 995,   2011年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102205200102313
  • 新しく解明されつつある血栓の増大と成長の分子細胞機構 2 血栓の増大・成長とADAMTS13‐VWFシステム, 八木秀男, 藤村吉博, 血管医学, 12, 2, 123, 131,   2011年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102243397626792
  • 腎障害をきたす全身性疾患―最近の進歩 IV.その他 1.溶血性尿毒症症候群,血栓性血小板減少性紫斑病, 藤村吉博, 松本雅則, 八木秀男, 日本内科学会雑誌, 100, 5, 1296, 1307,   2011年05月10日, 10.2169/naika.100.1296, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102278452873042
  • 膀胱悪性リンパ腫の2例, 吉川元清, 岡島英二郎, 中村潤, 上島成也, 八木秀男, 泌尿器科紀要, 57, 4, 221,   2011年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102250120655546
  • 血栓症に関するQ&A PART 6 2.検査・診断 Q20 動脈血栓症の病態診断におけるADAMTS13測定の意義は何でしょうか, 八木秀男, 藤村吉博, 血栓と循環, 19, 1, 73, 75,   2011年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202299252358318
  • 血栓性微小血管障害症(TMA)と妊娠―その診断と治療―, 藤村吉博, 八木秀男, 石西綾美, 山口直子, 早川正樹, 松本雅則, 佐道俊幸, 日本産婦人科・新生児血液学会誌, 20, 2, 83, 92,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102297882402781
  • 喉頭原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の3例, 中井義紀, 家根旦有, 金澤成典, 桝井貴史, 高瀬彩子, 八木秀男, 太田善夫, 日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会プログラム・予稿集, 63rd, 138,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102255654080672
  • 再発Ph1+ALLにdasatinibを用いた再寛解導入療法後幹細胞移植を行えた3症例, 花本仁, 山崎佳子, 藤田茉莉子, 飯塚隆史, 八木秀男, 椿和央, 臨床血液, 51, 9, 1150,   2010年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002208608343825
  • エビデンスに基づくアフェレシス療法 血栓性血小板減少性紫斑病に対する治療戦略, 八木秀男, 藤村吉博, 医学のあゆみ, 234, 13, 1185, 1189,   2010年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002248618067470
  • 緩和ケアカンファレンスを中心とした緩和ケアチームの構築とその活動内容の解析, 水谷あかね, 河野智美, 竹村孝代, 市村紀子, 三浦説子, 西浦早織, 橋本知子, 木谷光太郎, 八木秀男, 田村孝雄, 岡田章, 上島成也, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 963,   2010年09月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002289142879797
  • 血小板, 八木秀男, 日本輸血細胞治療学会誌, 56, 2, 179,   2010年04月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002290005957479
  • 乳幼児期発症の後天性・特発性TTP―hitherto poorly recognized―6例の臨床学的検討, 八木秀男, 松本雅則, 石西綾美, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 21, 2, 176,   2010年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002284970710281
  • TTPモデルの血流下におけるシロスタゾールの有用性の検討, 山口直子, 八木秀男, 松本雅則, 志田泰明, 杉本充彦, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 21, 2, 174,   2010年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002287450479489
  • 後天性・特発性TTPでADAMTS13活性著減を示す195例と古典的pentadで診断された89例の比較検討, 松本雅則, 石西綾美, 加藤誠司, 堀勇二, 八木秀男, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 21, 2, 176,   2010年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002295939799675
  • 緩和ケアデータベースの作成と緩和ケアカンファレンスの運用検討, 三浦説子, 三浦説子, 西浦早織, 市村紀子, 水谷あかね, 橋本知子, 八木秀男, 田村孝雄, 上島成也, 岡田章, 松岡寛, 立花貞信, 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 15th, 257,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002208887222030
  • TTPモデルの血流下におけるシロスタゾールの有用性の検討, 山口尚子, 八木秀男, 松本雅則, 志田泰明, 杉本充彦, 藤村吉博, 日本病態生理学会雑誌, 18, 2, 26,   2009年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002275122968890
  • 血液・腫瘍性疾患‐11 ADAMTS13欠損症,von Willebrand病, 八木秀男, 小児内科, 41, 1130, 1136,   2009年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902259420460410
  • Emergency実戦ガイド VIII.血液 血栓性血小板減少性紫斑病, 八木秀男, 藤村吉博, 内科, 103, 6, 1607, 1612,   2009年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902290644445682
  • 慢性期CMLにおけるイマチニブ血中濃度測定の有用性, 前田裕弘, 頼晋也, 金井良高, 平瀬主税, 高井俊輔, 川田修平, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 金丸昭久, 浦瀬文明, 花本仁, 八木秀男, 椿和央, 臨床血液, 49, 9, 1019,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902244414821128
  • 移植後トリコスポロン感染症によって死亡した1症例, 山崎佳子, 花本仁, 飯塚隆史, 八木秀男, 椿和央, 臨床血液, 49, 9, 1059,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902245793015784
  • Ph1陰性ALLにおける遺伝子再構成を利用した微小残存病変(MRD)測定の有用性, 花本仁, 山崎佳子, 飯塚隆, 八木秀男, 椿和夫, 臨床血液, 49, 9, 963,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902293340344633
  • 血小板輸血の適応(禁忌も含めて), 八木秀男, 日本輸血細胞治療学会誌, 54, 4, 477,   2008年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902245875795699
  • 主要病態と疾患 Q25 TTP/HUS, 八木秀男, 救急・集中治療, 20, 5-6, 667, 673,   2008年06月19日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302256181592639
  • 妊娠と血液疾患―どう対処するか?血栓性血小板減少性紫斑病, 八木秀男, 月刊血液・腫よう科, 55, 4, 432, 438,   2007年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902224658296300
  • 新鮮凍結血漿(FFP)の予防的投与は造血幹細胞移植後の肝VOD発症を予防する, 松本雅則, 植村正人, 加藤誠司, 石指宏通, 石西綾美, 八木秀男, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 18, 5, 475,   2007年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902212766827364
  • 妊娠発症型Upshaw‐Schulman症候群におけるTTP発症機序の検討, 八木秀男, 山口尚子, 松本雅則, 志田泰明, 西尾健治, 杉本充彦, 椿和央, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 18, 5, 494,   2007年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902278506762065
  • Ph1陰性ALLにおける遺伝子再構成を利用した微小残存病変(MRD)測定の有用性, 花本仁, 八木秀男, 飯塚隆史, 山崎佳子, 椿和央, 臨床血液, 48, 9, 940,   2007年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902267816944188
  • 再発性低悪性度非ホジキンリンパ腫に対するRCC療法パイロット投与の検討, 神野正敏, 前迫善智, 林孝昌, 山形昇, 澤田仁, 八木秀男, 椿和央, 中村忍, 臨床血液, 48, 9, 1057,   2007年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902284681838988
  • 血液疾患をどのように診断するか(止血凝固系)血栓症, 八木秀男, 松本雅則, 藤村吉博, モダンフィジシャン, 27, 4, 518, 521,   2007年04月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902225667835864
  • 血栓性微小血管障害症による脳神経症状, 八木秀男, 松本雅則, 藤村吉博, 日本内科学会雑誌, 96, 2, 353, 362,   2007年02月10日, 10.2169/naika.96.353, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902218367623729
  • 骨髄異形成症候群(MDS)に発症した輸血関連急性肺障害(TRALI)に対するsivelestat sodiumの効果, 花本仁, 有山洋二, 杉山昌史, 山崎佳子, 八木秀男, 椿和央, 月刊医学と薬学, 56, 5, 791, 796,   2006年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902293676209963
  • ヘパリン起因性血小板減少症の病態と診断,治療, 八木秀男, 伊藤武文, 児山紀子, 松本雅則, 木村弘, 椿和央, 藤村吉博, 月刊血液・腫よう科, 53, 4, 451, 458,   2006年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902265737396660
  • 適正な血小板輸血医療を行うのに必須のADAMTS13活性とHIT抗体の測定:奈良医大輸血部の経験, 松本雅則, 松山友美, 加藤誠司, 石西綾美, 八木秀男, 日裏久英, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 17, 5, 548,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902206935208989
  • ADAMTS13血中半減期の精密測定:新規ADAMTS13act‐ELISAの応用, 加藤誠司, 今野武津子, 田中亮二郎, 石指宏通, 松本雅則, 石西綾美, 松山友美, 八木秀男, 日裏久英, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 17, 5, 594,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902240336016099
  • 無顆粒球症2症例に対する顆粒球輸注の有効性の検討, 花本仁, 八木秀男, 山崎佳子, 椿和央, 臨床血液, 47, 9, 1248,   2006年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902200555517999
  • 閉塞型睡眠時無呼吸症候群におけるVWFおよびADAMTS13酵素活性の解析, 児山紀子, 鈴木崇浩, 山内基雄, 牧之段潔, 玉置伸二, 福岡篤彦, 友田恒一, 吉川雅則, 浜田薫, 木村弘, 石指宏道, 八木秀男, 松本雅則, 藤村吉博, 日本呼吸器学会雑誌, 44, 148,   2006年06月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902247277636821
  • アルコール性肝炎におけるADAMTS13活性とインヒビターの動態, 松山友美, 植村正人, 石川昌利, 松本雅則, 石指宏通, 森岡千恵, 加藤誠司, 八木秀男, 桜井伸也, 藤本正男, 小島秀之, 吉治仁志, 藤村吉博, 福井博, 肝臓, 47, Supplement 1, A103,   2006年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902228503850845
  • 急性肝不全におけるADAMTS13活性と血しょうサイトカインの動態, 石川昌利, 植村正人, 松山友美, 松本雅則, 森岡千恵, 加藤誠司, 石指宏通, 桜井伸也, 藤本正男, 小島秀之, 吉治仁志, 八木秀男, 藤村吉博, 福井博, 日本消化器病学会雑誌, 103, A334,   2006年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902241496083287
  • ADAMTS13解析によるTTP/HUS診断, 松本雅則, 石指宏通, 八木秀男, 藤村吉博, J Nara Med Assoc, 57, 1, 1, 10,   2006年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902211191476509
  • 自己抗体研究の進歩―その病原性と新たな対応抗原―HUS/TTPにおける新しい病因的自己抗体, 八木秀男, 分子リウマチ, 3, 1, 34, 40,   2006年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902267023635427
  • でん部筋肉内出血をもって発症した多発性骨髄腫の1例, 金井良高, 佐野徹明, 渡辺克哉, 山口晃史, 川西一信, 八木秀男, 松田光弘, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 近畿大学医学雑誌, 30, 2, 44A,   2005年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902223218107541
  • 奈良医大輸血部にて集積した本邦TMA 564例のADAMTS13解析, 松本雅則, 石指宏通, 松山友美, 加藤誠司, 八木秀男, 藤村吉博, 臨床血液, 46, 8, 775,   2005年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902285779458985
  • 薬剤起因性血小板減少症の病態と検査(ITP,HIT,TTP)(3)チクロピジンによる血栓性血小板減少性紫斑病の臨床と検査, 八木秀男, 臨床病理, 53, 7, 630, 638,   2005年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902226985372748
  • 奈良医大輸血部HPを介して集積した本邦TMA493例のADAMTS13解析, 松本雅則, 八木秀男, 加藤誠司, 石西綾美, 松山友美, 藤村吉博, 石指宏通, 植村正人, 日本輸血学会雑誌, 51, 2, 216,   2005年05月02日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902226144661052
  • 自己免疫疾患としての血液病~どこまで解明されたか~6.血栓性血小板減少性紫斑病(TTP), 藤村吉博, 石西綾美, 石指宏通, 八木秀男, 松本雅則, 血液フロンティア, 15, 5, 787, 798,   2005年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902217608422928
  • 気管支喘息治療中断後,意識障害にて発症したChurg‐Strauss症候群の1症例, 新井正伸, 甲斐吉郎, 小林真也, 八木秀男, 杉村裕子, 竹澤祐一, 奈良県立奈良病院医学雑誌, 9, 1, 50, 52,   2005年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902212866640695
  • 当院における進行非小細胞肺癌に対するゲフィチニブ使用例の臨床的検討, 竹澤祐一, 杉村裕子, 八木秀男, 小林真也, 新井正伸, 奈良県立奈良病院医学雑誌, 9, 1, 12, 16,   2005年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902253069182710
  • rituximab投与が非常に有効であった血しょう交換抵抗性の難治性TTP, 洪けん寿, 青山泰孝, 山村亮介, 太田忠信, 日野雅之, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 藤村吉博, 日本内科学会雑誌, 94, 252,   2005年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902234394804382
  • 肺腫よう塞栓をきたし急速な経過をとった骨肉腫の1剖検例, 新井正伸, 小真也, 八木秀男, 杉村裕子, 竹沢祐一, 肺癌, 44, 6, 721,   2004年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902235028161157
  • 抗ADAMTS13マウスモノクロナール抗体の作成とその性状, 石西綾美, 八木秀男, 西村仁美, 松本雅則, 石指宏通, 岩本顕聡, 森俊雄, 副島見事, 中垣智弘, 日本血栓止血学会誌, 15, 5, 422,   2004年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902225971359106
  • 胎盤由来ecto‐ATP Diphosphohydrolase Iは傷害動脈壁における血栓形成を抑制する, 古小路英二, 松本雅則, 山下篤, 八木秀男, 桜井嘉彦, 丸塚浩助, 畠山金太, 藤村吉博, 浅田祐士郎, 日本血栓止血学会誌, 15, 5, 478,   2004年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902262478348106
  • TTP患者における血しょうADAMTS13抗原解析, 松本雅則, 八木秀男, 石西綾美, 西村仁美, 石指宏通, 岩本顕聡, 森俊雄, 副島見事, 中垣智弘, 日本血栓止血学会誌, 15, 5, 422,   2004年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902275618842666
  • Intravascular lymphoma 5症例におけるADAMTS13活性とそのインヒビター, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 神野正敏, 和田英夫, 相原守夫, 西浦哲雄, 井原章裕, 中村忍, 臨床血液, 45, 8, 744,   2004年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902240434971260
  • TTP,HUSとTMA TTPの発症機序と病態, 八木秀男, 藤村吉博, 月刊血液・腫よう科, 49, 2, 128, 134,   2004年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902204058883715
  • TMA症例におけるADAMTS13活性と血管内皮細胞マーカーの検討, 森美貴, 和田英夫, 珠玖洋, 八木秀男, 松本雅則, 藤村吉博, 臨床血液, 45, 5, 378, 382,   2004年05月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902282540698489
  • 致死的出血をきたした肺癌の両側副腎転移の一剖検例, 杉村裕子, 竹沢祐一, 小林真也, 甲斐吉郎, 新井正伸, 八木秀男, 中西敬介, 吉岡哲也, 奈良県立奈良病院医学雑誌, 8, 1, 64, 68,   2004年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902226441423829
  • 貧血および血液悪性疾患における網状赤血球ヘモグロビン含量(CHr)の有用性, 梅木弥生, 岡本貴史, 山口直子, 中山みどり, 辰巳節美, 稲垣明, 八木秀男, 三馬省二, 奈良県立奈良病院医学雑誌, 8, 1, 51, 56,   2004年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902257444796190
  • 新しい自己抗体 各論 TTP/HUSのADAMTS‐13インヒビター, 八木秀男, 藤村吉博, 臨床検査, 48, 3, 289, 295,   2004年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902264341665751
  • 血液浄化療法が有用であった混合型クリオグロブリン血症合併の溶血性尿毒症症候群/血栓性血小板減少性紫斑病の1例, 畑間繁樹, 田中理恵子, 土井俊樹, 小池清美, 中山勝, 武田一人, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 日本透析医学会雑誌, 37, 1, 79, 84,   2004年01月28日, 10.4009/jsdt.37.79, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902271400712757
  • 抗CD20抗体併用化学療法で緩解導入を行い超大量化学療法後の自家末梢血幹細胞移植により完全緩解が得られた腸管Multiple Lymphomatous Polyposisの1例, 向川智英, 藤井久男, 小山文一, 松本寛, 児島祐, 武内拓, 八木秀男, 新井正伸, 中島祥介, 日本消化器病学会雑誌, 100, 12, 1382, 1388,   2003年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902289911887004
  • 慢性肝疾患におけるADAMTS‐13活性とそのインヒビター活性の動態, 松本雅則, 石指宏通, 八木秀男, 藤村吉博, 植村正人, 田村信宏, 今津博雄, 福井博, 日本血栓止血学会誌, 14, 5, 433,   2003年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902258820581902
  • 冠動脈硬化巣におけるCD39/ecto‐ATPDase発現の検討, 畠山金太, 丸塚浩助, 佐藤勇一郎, 山下篤, 盛口清香, 古小路英二, 松本雅則, 八木秀男, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 14, 5, 474,   2003年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902280806761987
  • vWF特異的切断酵素活性が著明低下しないTTP/HUS例の検討, 森美貴, 和田英夫, 南信行, 珠玖洋, 登勉, 八木秀男, 石指宏道, 松本雅則, 藤村吉博, 臨床血液, 44, 8, 783,   2003年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902242865668428
  • 当科における自己末梢血幹細胞移植52例の治療成績, 田中晴之, 天野逸人, 八木秀男, 塚口信彦, 森井武志, 木村弘, 臨床血液, 44, 8, 808,   2003年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902257880426470
  • サイクロスポリンが奏功した難治性TTP患者の抗VWF‐CP/ADAMTS13抗体のエピトープ解析, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 藤村吉博, 磯山恵一, 山本修平, 池田裕一, 三森謙一, 副島見事, 臨床血液, 44, 8, 651,   2003年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902296835013195
  • 細血管障害性溶血性貧血 臨床2.後天性TTP, 八木秀男, 血液フロンティア, 13, 6, 763, 768,   2003年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902212083324464
  • 血しょう交換療法と血小板輸血についての再考 TTPをモデルとして, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 前田美和, 辻野秀夫, 藤村吉博, 萱島道徳, 池田直也, 小山文一, 日本輸血学会雑誌, 49, 2, 245,   2003年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902262975308959
  • vWF‐切断酵素/ADAMTS13(原標題は英語), 松本雅則, 八木秀男, 藤村吉博, 臨床血液, 44, 3, 159, 167,   2003年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902218301222006
  • von Willebrand因子切断酵素に対する自己抗体と血栓性血小板減少性紫斑病, 八木秀男, 臨床免疫, 39, 3, 337, 343,   2003年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902251316786655
  • VWF‐切断酵素に対する高インヒビター活性を呈した1乳児例―乳児期TTPとHUS―, 芦田明, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 柴原伸久, 吉川賢二, 藤村吉博, 玉井浩, ICUとCCU, 27, S122-S123,   2003年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902223519726980
  • 当科におけるATRA導入後のAPLの治療成績, 天野逸人, 米田玄一郎, 田中晴之, 八木秀男, 森井武志, 木村弘, 日本内科学会雑誌, 92, 252,   2003年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902269746428961
  • 血栓性血小板減少性紫斑病, 八木秀男, 松本雅則, 藤村吉博, 日本検査血液学会雑誌, 3, 3, 367, 374,   2002年11月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902171880184068
  • ヒト全身組織におけるecto‐ATP diphosphohydrolaseの局在, 盛口清香, 畠山金太, 丸塚浩助, 松本雅則, 八木秀男, 藤村吉博, 浅田祐士郎, 日本血栓止血学会誌, 13, 5, 456,   2002年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902137486038214
  • 当院における血小板減少性紫斑病(TTP)4例の臨床的検討, 藤崎毅一郎, 土井俊樹, 中山勝, 田中理恵子, 小池清美, 武田一人, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 日本透析医学会雑誌, 35, Supplement 1, 783,   2002年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902169285198344
  • 抗vWF‐cleaving protease抗体によるTTP, 八木秀男, 松本雅則, 臨床血液, 43, 6, 468, 472,   2002年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902169118523551
  • 当院における貯血式自己血採血の5年間の現状 累積データの比較検討, 堀川良子, 西田幸世, 前田美和, 井上清子, 寺田暁美, 小寺幸江, 八木秀男, 松本雅則, 藤村吉博, 日本輸血学会雑誌, 48, 3, 312, 313,   2002年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902147470428140
  • Upshaw‐Schulman症候群の1例, 岩井朝幸, 岩井艶子, 遠藤彰一, 浜田嘉徳, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 藤村吉博, 日本小児科学会雑誌, 106, 5, 706,   2002年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902184769667267
  • 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)合併こう原病症例におけるvon Willbrand因子切断酵素(vWFCPase)活性の測定意義, 佐藤健夫, 猪熊茂子, 前沢玲華, 花岡亮輔, 上田美穂, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 藤村吉博, アレルギー, 51, 2/3, 221,   2002年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902182363631528
  • シクロスポリンが奏功したと思われる難治性TTPの1例, 磯山恵一, 内藤英紀, 池田裕一, 広田保蔵, 山田耕一郎, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏道, 藤村吉博, 神奈川医学会雑誌, 29, 1, 58,   2002年01月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902117719383722
  • 炭酸リチウム・ダナゾール併用療法が著効した難治性再生不良性貧血の2例, 天野逸人, 米田玄一郎, 八木秀男, 森井武志, 木村弘, 臨床血液, 42, 10, 943,   2001年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902127401106717
  • 抗vWF‐cleaving protease抗体によるTTP, 八木秀男, 松本雅則, 臨床血液, 42, 10, 923,   2001年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902194666278969
  • 花粉飛散期,非飛散期におけるスギ花粉症患者末梢血単球表面IgE結合量の検討, 田中晴之, 森井武志, 塚口信彦, 天野逸人, 米田玄一郎, 八木秀男, 木村弘, アレルギー, 50, 9/10, 939,   2001年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902114224586776
  • 血しょう交換療法に二重膜ろ過法によるIgG除去療法併用が奏功した難治性TTPの一例, 安沢佐織, 井上雅史, 吉田弥太郎, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 12, 5, 379,   2001年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902150668276931
  • シクロスポリンが奏功した難治性TTP:vWF切断酵素活性とそのインヒビターの解析, 磯山恵一, 中村貴幸, 内藤秀紀, 三森謙一, 山田耕一郎, 松本雅則, 八木秀男, 藤村吉博, 石指宏通, 日本血栓止血学会誌, 12, 5, 379,   2001年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902174492193240
  • 古典的TTP患者血しょうが高ずり応力惹起正常ヒト血小板凝集に及ぼす影響, 八木秀男, 松本雅則, 石指宏通, 藤村吉博, 松井太衛, 千谷晃一, 木村弘, 日本血栓止血学会誌, 12, 5, 380,   2001年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902176903828970
  • 新生児のフォン ビレブランド因子分解酵素, 高橋幸博, 川口千晴, 塙坂八重, 藤村吉博, 松本雅則, 石指宏道, 八木秀男, 吉岡章, 日本産婦人科・新生児血液学会誌, 11, 1, S.83-S.84,   2001年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902140954836450
  • vWF‐cleaving proteaseに対して高いインヒビターを示した乳児TTP症例, 芦田明, 中倉兵庫, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 柴原伸久, 吉川賢二, 藤村吉博, 玉井浩, 日本小児腎臓病学会雑誌, 14, 1, 186,   2001年05月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902108296743221
  • Ticlopidineによる血栓性血小板減少性紫斑病(TTP) von Willebrand因子特異的切断酵素に対する抗体の存在, 織茂智之, 前島友紀, 小沢英輔, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 藤村吉博, 内藤寛, 日本内科学会関東地方会, 490th, 24,   2001年05月12日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902133933826670
  • 閉経後に大量の性器出血で来院した血栓性血小板減少性紫斑病を合併した粘膜下子宮筋腫の一例, 永井景, 北中孝司, 堀謙輔, 吉田昭三, 八木秀男, 松本雅則, 石指宏通, 藤村吉博, 森川肇, 産婦人科の進歩, 53, 3, 279,   2001年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902100717342085
  • von Willebrand因子特異的切断酵素に対する高力価インヒビターが発生したTTPの一乳児例, 松本雅則, 芦田明, 中倉兵庫, 玉井浩, 石指宏通, 西田幸世, 八木秀男, 藤村吉博, 日本輸血学会雑誌, 47, 2, 246,   2001年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902162466820328
  • von Willebrand因子切断酵素に対する高力価インヒビターが発生したTTPの一乳児例, 芦田明, 中倉兵庫, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 柴原伸久, 吉川賢二, 藤村吉博, 玉井浩, 日本小児科学会雑誌, 105, 3, 293,   2001年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902125927938846
  • 日本人Upshaw‐Schulman症候群の1家系 同胞例の長期にわたる治療経過, 長谷川有紀, 金井理恵, 瀬島斉, 木村正彦, 朴永東, 吉岡章, 八木秀男, 藤村吉博, 山口清次, 日本小児科学会雑誌, 105, 3, 293,   2001年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902161585268335
  • 造血幹細胞移植後のTMAとVODにおけるvWFプロテアーゼ活性とそのインヒビター, 八木秀男, 松本雅則, 西田幸世, 石指宏通, 藤村吉博, PARK Y‐D, 吉岡章, 河敬世, 島崎千尋, Int J Hematol Suppl, 73, Supplement 1, 240,   2001年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902154376576042
  • Camostat mesilateが奏効した胸腹部大動脈りゅうに合併した慢性DIC, 米田玄一郎, 天野逸人, 田中晴之, 八木秀男, 塚口信彦, 森井武志, 成田亘啓, 臨床血液, 42, 1, 30, 34,   2001年01月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902196351048534
  • 血液疾患患者における末梢血中CD4-CD8-TCRVα24+T細胞の検討, 米田玄一郎, 森井武志, 八木秀男, 天野逸人, 成田亘啓, 臨床血液, 41, 10, 1122,   2000年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902112871558315
  • Upshaw‐Schulman症候群患者血しょうによる正常ヒト洗浄血小板の高ずり応力惹起血小板凝集補正能, 八木秀男, 松本雅則, 藤村吉博, 朴永東, 吉岡章, 今野武津子, 木下清二, 臨床血液, 41, 10, 1102,   2000年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902129716164807
  • vWF特異的切断酵素インヒビターを検出したチクロピジンTTP, 八木秀男, 松本雅則, 藤村吉博, 石指宏通, 杉尾康浩, 岡村孝, 仁保喜之, 日本血栓止血学会誌, 11, 5, 465,   2000年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902107630734143
  • TTP患者の臨床経過とvWF特異的切断酵素活性, 森美貴, 和田英夫, 珠玖洋, 登勉, 松本雅則, 八木秀男, 石指宏通, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 11, 5, 465,   2000年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902128352938406
  • 生体部分肝移植例でのvWF特異的切断酵素活性の変化, 松本雅則, 八木秀男, 藤村吉博, 石指宏通, 千須和寿直, 中沢勇一, 池上俊彦, 橋倉泰彦, 川崎誠治, 日本血栓止血学会誌, 11, 5, 466,   2000年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902151180407731
  • 運動負荷前後におけるvWFとvWF特異的切断酵素, 石指宏通, 八木秀男, 松本雅則, 藤村吉博, 日本血栓止血学会誌, 11, 5, 466,   2000年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902178939857058
  • 抗血小板剤とTTP, 松本雅則, 八木秀男, 藤村吉博, 月刊血液・腫よう科, 41, 3, 238, 244,   2000年09月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902165024439330
  • ペーシング・リード挿入に鎖骨下静脈穿刺標準法は避けるべきか リード・ストレスの検討, 大貫雅弘, 宮高和彦, 白山玲朗, 柴五輪男, 大西徳信, 辻本正之, 八木秀男, 竹下修治, 本宮善恢, 呼吸と循環, 48, 9, 927, 931,   2000年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902154329493686
  • 血栓症と抗血栓薬 血栓症の臨床 疫学と病態 血栓性血小板減少性紫斑病/溶血性尿毒症症候群 病態の鍵を握る新しい因子, 八木秀男, 藤村吉博, Medicina, 37, 5, 731, 734,   2000年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902172867659100
  • 基本的な薬の使い方 血液(止血薬) 止血薬, 八木秀男, 藤村吉博, 診断と治療, 88, 464, 467,   2000年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902111232211200
  • 腸管出血性大腸菌(O‐157)感染患者におけるvon Willebrand因子切断酵素活性の測定, 上辻秀和, 八木秀男, 成田亘啓, 松本雅則, 藤村吉博, 日本腎臓学会誌, 42, 3, 181,   2000年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902115881203166
  • OK‐432の樹状細胞を介する免疫賦活作用の検討, 森井武志, 塚口信彦, 天野逸人, 米田玄一郎, 八木秀男, 成田亘啓, Int J Hematol Suppl, 71, 1, 134,   2000年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902100209587064
  • MGUSに合併した後天性von Willebrand病の1例と大量免疫グロブリン療法による止血管理, 林達之, 野中泰延, 野村武夫, 八木秀男, 桜井嘉彦, 柴田優, 藤村吉博, Int J Hematol Suppl, 71, 1, 230,   2000年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902103594742945
  • von Willebrand因子切断酵素のVOD発症への関与, 八木秀男, 松本雅則, 河敬世, 吉岡章, 藤村吉博, PARK Y‐D, Int J Hematol Suppl, 71, 1, 50,   2000年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902141067297479
  • Upshaw‐Schulman症候群2例における病態と治療, 今野武津子, 木下清二, 朴永東, 吉岡章, 松本雅則, 八木秀男, 藤村吉博, Int J Hematol Suppl, 71, 1, 49,   2000年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902142098958410
  • 難治性再生不良性貧血に対するリチウム療法, 天野逸人, 森井武志, 塚口信彦, 八木秀男, 米田玄一郎, 成田亘啓, Int J Hematol Suppl, 71, 1, 65,   2000年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902173948090949
  • スギ花粉症における末梢血樹状細胞(PBDC)の解析, 田中晴之, 森井武志, 塚口信彦, 天野逸人, 米田玄一郎, 八木秀男, 成田亘啓, アレルギー, 49, 2/3, 263,   2000年03月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902163097336707
  • 血管壁細胞 測定と病態との関連 von Willebrand因子切断 メタロプロテアーゼ, 藤村吉博, 八木秀男, 朴永東, 臨床検査, 43, 10, 1125, 1132,   1999年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902185474283714
  • 血しょう中のvon Willebrand因子重合体プロッセシング酵素活性の測定, 藤村吉博, 八木秀男, PARK Y‐D, 日本血栓止血学会誌, 10, 4, 278, 284,   1999年08月01日, 10.2491/jjsth.10.278, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902129830312581
  • TTP/HUS患者血しょう中のvWF切断酵素, 八木秀男, 藤村吉博, 内科, 84, 2, 370, 374,   1999年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902170374175950
  • 血液 von Willebrand因子測定法, 藤村吉博, 西田幸世, 八木秀男, 桜井嘉彦, 検査と技術, 27, 8, 981, 990,   1999年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902152042140810
  • 大腸菌O157産生ベロトキシン‐1による低ずり応力下惹起血小板凝集こう進作用に関する研究, 八木秀男, J Nara Med Assoc, 50, 2, 112, 126,   1999年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902150436238197
  • Etoposide少量長期投与が奏効し長期寛解を維持し社会復帰可能であったM蛋白血症を伴った白血病化悪性リンパ腫の1例, 合田貴世, 中野博, 八木秀男, 天野逸人, 塚口信彦, 下山丈人, 森井武志, 西川潔, 成田亘啓, 癌と化学療法, 26, 5, 703, 707,   1999年04月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902171581413786
  • 血栓と血管医学 基礎と臨床 基礎 血管内皮細胞と血栓形成 細菌毒素・薬剤による血管内皮細胞傷害, 八木秀男, 藤村吉博, 現代医療, 30, 6, 1571, 1577,   1998年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902188155434938
  • ProCOUNT法によるCD34陽性細胞数の測定‐従来法との比較, 河本順雄, 下山丈人, 森井武志, 八木秀男, 塚口信彦, 松本雅則, 西川潔, 成田亘啓, 藤村吉博, 日本輸血学会雑誌, 44, 1, 35, 40,   1998年02月, 10.3925/jjtc1958.44.35, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902135000076656
  • 悪性関節リウマチに血漿吸着療法を施行しADLの改善を認めた1例, 中島浩樹, 八木秀男, 林宏明, 益田家成, 斧原康人, 右田尊史, 坂口康弘, 宮高和彦, 東口隆一, 大貫雅弘, 太田匡彦, 福井義尚, 渡辺秀次, 奈良県医師会透析部会誌, 2, 1, 95, 96,   1997年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102114810992218
  • リファンピシンの相互作用により塩酸ピルジカイニド,燐酸ジソピラミド,ワルファリンの効果が消失ないし減弱した心房細動の1例, 大貫雅弘, 宮高和彦, 坂口泰弘, 東口隆一, 八木秀男, 斧原康人, 恒川山人, 益田家成, 右田尊史, 呼吸と循環, 44, 8, 865, 868,   1996年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902186760831717
  • 循環器疾患および川崎病 剖検にて刺激伝導系障害を確認し得た小児突然死の1例, 坂上義次, 中島充, 西村龍夫, 田中一郎, 八木秀男, 坂口泰弘, 吉岡章, 小児科臨床, 49, 3, 382, 386,   1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902125218567850
  • 分極電位によるadapter failureの1例, 大貫雅弘, 宮高和彦, 八木秀男, 東口隆一, 坂口泰弘, 斧原康人, 岡本進一, 笠谷泰英, 高橋久治, 心臓ペーシング, 11, 3, 319, 323,   1995年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902150770532527
  • 新しい血液成分分離装置Fresenius AS 104を用いた末梢血幹細胞採取の試み, 下山丈人, 河本順雄, 八木秀男, 藤村吉博, 成田亘啓, 稲村清志, 血液事業, 18, 1, 45, 48,   1995年05月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902131905533141
  • 心筋萎縮を認めた後天性免疫不全症候群の1剖検例, 古西満, 八木秀男, 森啓, 成田亘啓, 中島充, 吉岡章, 林功, 坂口泰弘, 日浅義雄, 呼吸と循環, 43, 1, 101, 104,   1995年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902138482117000
  • 採取末梢血幹細胞におけるフローサイトメトリー法を用いたCD34陽性細胞率測定法の問題点について, 森井武志, 西川潔, 下山丈人, 山中貴世, 松本雅則, 八木秀男, 三馬省二, 藤村吉博, 成田亘啓, 臨床血液, 35, 7, 649, 656,   1994年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902178996322020
  • 奈良医大輸血部での統括方式による末梢血幹細胞採取と保存, 河本順雄, 下山丈人, 八木秀男, 牧田香理, 成田亘啓, 西田幸世, 有田富美子, 前田慶子, 藤村吉博, 今日の移植, 7, 4, 363, 368,   1994年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902179352029272
  • 白血球除去フィルター(Sepacell R‐500A/Pall PL50/100)使用による抗血小板抗体産生に及ぼす効果, 下山丈人, 藤村吉博, 河本順雄, 西田幸世, 吉田英里, 水本保子, 八木秀男, 松本雅則, 成田亘啓, J Nara Med Assoc, 43, 6, 604, 608,   1992年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902025429906320