KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

米谷 衣代ヨネヤ キヌヨ

プロフィール

所属部署名農学部 農業生産科学科 / 農学研究科
職名講師
学位博士(理学)
専門生態学
ジャンル環境/生物・動植物
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/2067-yoneya-kinuyo.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/10/19

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    多様な生物が共存する集団の形成・維持機構を明らかにするため、植物の揮発性物質(香り)や防御物質といった化学物質が自然生態系における昆虫や農業環境での害虫の集団に与える影響に注目して研究を進めている。

学歴・経歴

学歴

  • 2006年04月 - 2009年03月, 京都大学, 大学院, 理学研究科 生物科学専攻 植物学系 博士後期課程
  • 2004年04月 - 2006年03月, 京都大学, 大学院, 理学研究科 生物科学専攻 植物学系 博士前期課程
  • 2000年04月 - 2004年03月, 大阪教育大学, 教育学部, 教養学科 自然科学 生命科学専攻

経歴

  •   2017年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2016年04月,  - 2017年03月, 龍谷大学(日本学術振興会特別研究員(RPD))
  •   2015年04月,  - 2016年02月, 国立台湾大学(研究助手)
  •   2013年04月,  - 2015年03月, 京都大学(研究員(博士))
  •   2011年06月,  - 2013年03月, 京都大学(機関研究員(博士))
  •   2010年11月,  - 2011年05月, Freie Universitaet Berlin(ドイツ)(客員研究員)
  •   2009年08月,  - 2010年10月, Freie Universitaet Berlin(ドイツ)(博士研究員 DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生)
  •   2009年06月,  - 2009年07月, Eurasia Institute(ドイツ)(語学研修生 DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生)
  •   2009年04月,  - 2009年05月, 京都大学(博士研究員)
  •   2006年04月,  - 2009年03月, 京都大学院(JSPS (日本学術振興会) 特別研究員(DC1))

研究活動情報

論文

  • Statistical recipe for quantifying microbial functional diversity from EcoPlate metabolic profiling, Takeshi Miki, Taichi Yokokawa, Po-Ju Ke, I-Fang Hsieh, Chih-hao Hsieh, Tomonori Kume, Kinuyo Yoneya, Kazuaki Matsui, Ecological Research, 33, 1, 249, 260,   2018年01月, 査読有り
    概要:EcoPlate quantifies the ability of a microbial community to utilize 31 distinct carbon substrates, by monitoring color development of microplate wells during incubation. Well color patterns represent metabolic profiles. Previous studies typically used color patterns representing average values of three technical replicates on the final day of the incubation and did not consider substrate chemical diversity. However, color fluctuates during incubation and color varies between replicates, undermining statistical power to distinguish differences among samples in microbial functional composition and diversity. Therefore, we developed a protocol to improve statistical power with two approaches. First, we optimized data treatment for color development during incubation and technical replicates. Second, we incorporated chemical structural information for the 31 carbon substrates into the computation. Our framework implemented as the protocol in the R environment is able to compare the statistical power among different calculation methods. When we applied it to data from aquatic microcosm and forest soil systems, we observed substantial improvement in statistical power when we incorporated temporal patterns during incubation instead of using only endpoint data. Using maximum or minimum values of technical replicates also sometimes gave better results than averages. Incorporating chemical structural information based on fuzzy set theory could improve statistical power but only when relative color density information was considered; it was not seen when the pattern was first binarized into the presence or absence of metabolic activity. Finally, we discuss research directions to improve these approaches and offer some practical considerations for applying our methods to other datasets.
  • Parasitoid wasps' exposure to host-infested plant volatiles affects their olfactory cognition of host-infested plants, Yoneya Kinuyo, Uefune Masayoshi, Takabayashi Junji, ANIMAL COGNITION, 21, 1, 79, 86,   2018年01月, 査読有り
  • Experience of plant infestation by the omnivorous arthropod Nesidiocoris tenuis affects its subsequent responses to prey-infested plant volatiles, Rim Hojun, Uefune Masayoshi, Ozawa Rika, Yoneya Kinuyo, Takabayashi Junji, BIOCONTROL, 62, 2, 233, 242,   2017年04月, 査読有り
  • Co-evolution of foraging behaviour in herbivores and their natural enemies predicts multifunctionality of herbivore-induced plant volatiles, Yoneya Kinuyo, Miki Takeshi, FUNCTIONAL ECOLOGY, 29, 4, 451, 461,   2015年04月, 査読有り
  • Plant-plant communication mediated by airborne signals: ecological and plant physiological perspectives, Yoneya Kinuyo, Takabayashi Junji, Plant Biotechnology, 31, 5, 409, 416,   2014年12月, 査読有り
  • Leaf beetle larvae, Plagiodera versicolora (Coleoptera: Chrysomelidae), show decreased performance on uninfested host plants exposed to airborne factors from plants infested by conspecific larvae, Yoneya Kinuyo, Kugimiya Soichi, Takabayashi Junji, APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 49, 2, 249, 253,   2014年05月, 査読有り
  • Herbivore-constructed leaf shelters on Salix eriocarpa shoots affect arthropod communities, Yoneya Kinuyo, Inui Yoko, Ishihara Michihiro, Takabayashi Junji, JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 9, 1, 364, 369,   2014年, 査読有り
  • Interaction-information networks mediated by plant volatiles: a case study on willow trees, Yoneya Kinuyo, Takabayashi Junji, JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 8, 3, 197, 202,   2013年09月01日, 査読有り
  • Egg laying of cabbage white butterfly (Pieris brassicae) on Arabidopsis thaliana affects subsequent performance of the larvae., Geiselhardt S, Yoneya K, Blenn B, Drechsler N, Gershenzon J, Kunze R, Hilker M, PloS one, 8, 3,   2013年03月19日, 査読有り
  • エコロジカル・ボラタイル : 生態系での香りの機能(第7回)植物の香りが媒介する生物間コミュニケーションを紐解く, 米谷 衣代, Aroma research = アロマリサーチ : journal of aroma science technology and safety, Aroma research = アロマリサーチ : journal of aroma science technology and safety, 14, 1, 53, 57,   2013年
  • An apparent trade-off between direct and signal-based induced indirect defence against herbivores in willow trees., Yoneya K, Uefune M, Takabayashi J, PloS one, 7, 12,   2012年12月12日, 査読有り
  • Can insect egg deposition 'warn' a plant of future feeding damage by herbivorous larvae?, Beyaert I, Köpke D, Stiller J, Hammerbacher A, Yoneya K, Schmidt A, Gershenzon J, Hilker M, Proceedings. Biological sciences, 279, 1726, 101, 108,   2012年01月07日, 査読有り
  • エコロジカルボラタイルが作り出す生物間相互作用・情報ネットワーク, 竹本 裕之, 米谷 衣代, 高林 純示, 植物の生長調節 = Regulation of plant growth & development, 植物の生長調節 = Regulation of plant growth & development, 46, 1, 37, 44,   2011年05月31日
    概要:When damaged by herbivorous arthropods, plants are known to emit a blend of volatiles that have several ecological functions in nature. One of the well known functions is to attract carnivorous natural enemies of inflicting herbivores. Volatiles from infested plants are specific in terms of herbivore species and plant species. The carnivores are known to cope with such specificity by learning. The first part of this paper will show the learning behavior of parasitic wasps that attack aphids on bean plants. In the second part of this paper, we will focus on the multifunctional aspects of volatiles from plants that are either infested or intact. Our recent results on the tritrophic interaction of willow plants, willow leaf beetles and ladybirds showed that the volatiles from willow plants infested by leaf beetles mediated interactions between plants and leaf beetles, plants and ladybirds. Further, these interactions were affected by their physiological conditions, gender and developmental stages. Based on these data, we will discuss the interaction and information networks mediated by ecological volatiles.
  • Specialist leaf beetle larvae use volatiles from willow leaves infested by conspecifics for reaggregation in a tree., Yoneya K, Ozawa R, Takabayashi J, Journal of chemical ecology, 36, 7, 671, 679,   2010年07月, 査読有り
  • Can herbivore-induced plant volatiles inform predatory insect about the most suitable stage of its prey?, Yoneya Kinuyo, Kugimiya Soichi, Takabayashi Junji, PHYSIOLOGICAL ENTOMOLOGY, 34, 4, 379, 386,   2009年12月, 査読有り
  • Do adult leaf beetles (Plagiodera versicolora) discriminate between odors from intact and leaf-beetle-infested willow shoots?, Yoneya Kinuyo, Kugimiya Soichi, Takabayashi Junji, JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 4, 2, 125, 129,   2009年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • 作物上に残る天敵・害虫のDNAを検出する, 米谷 衣代・潮 雅之・神野五基, 第62回日本応用動物昆虫学会大会,   2018年03月
  • 植物上に残された昆虫のDNA 抽出方法の開発, 米谷 衣代, 潮 雅之, 神野 五基, 日本生態学会第65回全国大会 ,   2018年03月
  • P2-173 植物上に残された昆虫のDNA抽出方法の開発, 米谷 衣代・潮雅之・神野五基, 日本生態学会全国大会,   2018年03月
  • Plant-species specific responses of parasitoids Cotesia vestalis to hostinfested, 米谷 衣代, The 5th International Entomophagous Insects Conference,   2017年10月
  • 植物の揮発性物質のパターンと節足動物群集組成の関係, *米谷衣代, 川津一隆, 片山昇, 近藤倫生, 日本生態学会第64回全国大会 ,   2017年03月
    概要:植物の香りは節足動物の行動を制御するはたらきがある。そこで、植物の香りが節足動物の初期移入と定着に影響を与えているかを調べた。京都大学生態学研究センターのヤナギ林に生育するヤナギ属植物6種それぞれから2個体選び、枝を2本ずつ取り挿し木のポット植えを作成した。1か月育てた後、植食者が移入する前の状況として、非食害時の(健全な)植物の香りを捕集し、ガスクロマトグラフ質量分析計で分析・同定を行った。捕集した翌日に、ヤナギ林に隣接した圃場にポット植えの健全植物を置き、節足動物の初期侵入過程を1週間記録した。1つの植物個体が放出する香りは複数の揮発性物質が混ざり合ってできている。本研究では、1つの個体が放出する香りの複数成分の量を多変量と考えて、各個体間の香りブレンドの類似度をBray-Curtis距離を用いて計算し植物種間に違いがあるかどうか比較すると同意に、違いを生み出す主要成分の特定を目指した。また、香りブレンドの類似度と節足動物群集組成の類似度の間に相関があるかどうかも解析した。今回は、これらの解析結果を発表する。
  • 植物が放出する揮発性物質の組成の動態〜植物の枝間・個体間での比較〜, *関本紫帆, 米谷衣代, 川津一隆, 片山昇, 近藤倫生, 日本生態学会第64回全国大会 ,   2017年03月
    概要:植物が花や果実、葉から放出する揮発性物質(香り)は、複数の成分の混合である(松井ほか2016)。香り成分の組成や各成分の放出量、総放出量は植物の種類や生育する環境、食害などによって差が生じる。これまでの室内での香り成分の研究では、気温などが一定で変動がなく、自然環境とはかけ離れている。しかし、自然状態に近づけるために野外で実験を行うのは、雨風や実験中に侵入する昆虫の影響といった問題などのため、困難である。また、時間や手間が掛かることもあり、野外において長期に渡って得られたデータは少ない。本研究は枝間・個体間で香り成分の動態にどのような違いが見られるのかを明らかにすることを目的とし、2か月間、イヌコリヤナギ(Salix integra)に注目し、野外で香りの調査を行った。香り成分の捕集は、京都大学生態学研究センター(滋賀県大津市)の圃場に生育するイヌコリヤナギ(Salix integra)を対象として行った。期間は、2016年9月11日~10月27日(全25回)で、捕集の頻度は2日に1回とした。調査対象は6個体選び、各個体から葉の量や大きさが似通った枝(1年枝~2年枝)を2本ずつ選定した。選定した枝は、同じ枝から枝分かれしている2本を選んだ。枝ごとに袋を被せ、そこに吸着管(吸着剤:tenax)1本を繋げた。吸着管の先からポンプで袋の中の空気を吸う(100ml/min、30分間)ことで、吸着管に袋の中の香り成分を吸着させた。吸着管に集めた香りはガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)を用いて分析・同定を行った。解析は主座標分析(Principal Coordinate Analysis;PCoA)を利用した。野外では長期的に見ると香りが大きく変動することが明らかとなった。また、個体間で比較を行うと香り成分の変動に違いが見られた。成分ごとに見るとtrans-.beta.-Ocimeneなどの食害された時に放出される香り成分に特に大きな変動が見られた。これは調査期間が、植食性昆虫が葉の上に存在し、活発に行動する期間と被った為などの理由が考えられる。
  • ヤナギ上の節足動物群集におけるCCMを用いた相互作用ネットワーク解析, *曽我夏希, 米谷衣代, 川津一隆, 片山昇, 近藤倫生, 日本生態学会第64回全国大会 ,   2017年03月
    概要:自然生態系において、生物は捕食や寄生、相利などの種間相互作用を通じて互いに影響を及ぼしあっている。従来、生物種間の相互作用を調べるには、操作実験を行う必要があった。しかし、操作実験では、操作の対象となった特定の種間相互作用しか調べることが出きない。本研究では、多種個体群密度の時系列データに対してCCM(Convergent Cross Mapping)を用いて種間相互作用を検出することを試みた。時系列データは、滋賀県大津市において、2016年9月7日より同年10月27日まで、2日に1回の計25回おこなった野外調査によって得た。圃場に植えられたイヌコリヤナギ(Salix integra)6個体から3枝を選び出し、枝上で確認できたすべての節足動物の種類と個体数を記録し、節足動物群集の時系列データに対してCCMを適用し、種間相互作用を推定した。 調査をおこなった25日間で74種、2455個体の節足動物を観察できた。まず、一日で観察された捕食者、植食者数の合計の個体数の時系列データに対してCCMを行ったが、すべての生物群の間において因果関係が認められなかった。次に、調査日全体で個体数が多かった6種について総当たりで解析を行ったが、やはり因果関係は検出されなかった。CCMによって種間相互作用が検出されなかった理由として考えられることの一つに、調査の結果発見された虫の個体数が少なすぎた可能性がある。本研究では、25日で約2500個体のデータを得たものの、調査開始日より調査終了日に向かって、一日に観察される個体数は減少していた。調査木や生物種によっては発見されないケースも多く、これがCCMによる因果関係の推定を困難にした主要因である可能性がある。
  • Specificity and effectiveness of plant volatiles mediating defense strategies in a willow community. , 米谷 衣代, The MB&F MS 1 seminar in National Taiwan University,   2015年12月, 招待有り
  • PA2-169 植物の香りを使った植食者と天敵の採餌行動の共進化が植物の香りの多機能性を生む , 米谷衣代・三木健, 日本生態学会大会講演要旨 ,   2015年03月01日
  • PA1-124 植食者と天敵の適応的な餌探索行動から植物の香りシグナルの多機能性を説明する, 米谷衣代・三木健, 日本生態学会大会講演要旨 ,   2014年03月01日
  • PB2-090果実の香りの特異性を探る〜葉の香りとの違いと成熟に伴う変化〜, 米谷衣代・直江将司・*丸岡麻子, 日本生態学会大会講演要旨 ,   2014年03月01日
  • 果実の香りの多様性と動物散布における適応的意義を探る, 米谷衣代・直江将司    , 第45回 種生物学シンポジウム 生き物たちの「におい」の世界〜多様な生物間相互作用に迫る,   2013年12月01日
  • 生物間相互作用ネットワークの中で働く香りの機能を紐解く:群集の視点から, 米谷衣代, 第44回森林生物学特別セミナー,   2013年12月01日
  • K-219動物散布の植物における果実の香りの多種間比較, 米谷衣代・直江将司 高林純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 ,   2013年03月01日
  • E3-33 果実の香りの多様性とその適応的意義を探る, 米谷衣代・直江将司, 高林純示, 日本生態学会大会講演要旨 ,   2013年03月01日
  • S2-2、P16植物間コミュニケーションが節足動物の群集集合に与える先住効果, 米谷衣代, 個体群生態学会大会講演要旨 ,   2012年10月01日
  • Effects of plant-plant signaling on the colonization and the diversity of arthropods on willow plants, 米谷 衣代, International Congress of Entomology,   2012年08月, 招待有り
  • Ecological functions of plant volatiles in plant-insect interactions , 米谷 衣代, In a Lecture of "plant-animal interactions" ,   2012年06月
  • A307天敵誘引剤・天敵活性化剤のコナガ防除効果と副次的効果, 上船雅義・米谷衣代, 山本正樹・高林純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 ,   2012年03月01日
  • F215コナガ食害を受けたアブラナ科植物3種の香りに対する寄生蜂の誘引性, 米谷衣代・上船雅義 高林純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 ,   2012年03月01日
  • Does plant-plant signaling affect the colonization and diversity of arthropods on willow plants? , 米谷 衣代, "The 5th East Asian Federation of Ecological Societies International Congress,   2012年03月
  • P31 食害植物の香りへの暴露が植物上の節足動物群集形成過程を決定する, 米谷衣代, 高林純示, 個体群生態学会大会講演要旨 ,   2011年10月01日
  • Effects of egg deposition by the herbivorous sawfly Diprion pini on direct defense of pine against larvae”, 米谷 衣代, Core to core meeting "Plant chemicals and Ecological Interactions" ,   2011年09月, 招待有り
  • 危険を察知して行う植物の誘導防衛 (招待, 米谷衣代(招待), 第4回 龍谷エコロジーセミナー,   2011年06月01日
  • Is there a trade-off between direct and inducible, indirect defence of willow plants against specialist herbivores?, 米谷 衣代, Seminar at Institute for Evolution and Biodiversity’ in Muenster Univ,   2011年05月, 招待有り
  • Does Cotesia vestalis change preferences for host-induced plant volatiles after experience?" , 米谷 衣代, British Ecological Society Annual Meeting,   2010年09月
  • P2-020コナガ幼虫食害植物に対する寄生蜂の誘引性:生得的反応と学習の効果(ポスター優秀賞受賞), 米谷衣代・上船正義, 高林純示, 日本生態学会大会講演要旨 ,   2010年03月01日
  • Indirect defense is stronger in plant species that have weaker direct defense and/or are more preferred by herbivores, 米谷 衣代, Core to core meeting "Plant chemicals and Ecological Interactions",   2009年12月, 招待有り
  • C215コナガ幼虫食害株に対する寄生蜂の誘引性ー植物種特異性についてー, 米谷衣代・上船雅義, 高林純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 ,   2009年03月01日
  • PB1-245植物の揮発性物質を介した植物間コミュニケーションが節足動物群集構造に与える影響 , 米谷衣代・高林純示, 日本生態学会大会講演要旨 ,   2009年03月01日
  • E2-05 ヤナギ7種を用いた間接防御の群集内比較 , 米谷衣代・高林純示, 日本生態学会大会講演要旨 ,   2008年03月01日
  • 植食者の寄主選好性と植物の直接及び間接防御の多種間比較 (招待, 米谷衣代, 京都大学生態学研究センター共同利用事業研究集会ー表現型可塑性がもたらす間接相互作用ー異なる系の比較とその群集生態学的意義ー ,   2007年11月01日
  • Direct and indirect defense of willow plants against herbivores: comparison of seven wild willow species in Japan.", 米谷 衣代, " 4th Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, ,   2007年11月
  • Direct and indirect defense of multiple willow species in a community. , K. Yoneya and J Takabayashi. , 第23回個体群生態学会・北海道SGP合同シンポジウム,   2007年10月01日
  • Multifunctional aspects of leaf beetles-induced willow leaf volatiles.", 米谷 衣代, The Ecological Society of America/Society for Ecological Restoration International Joint Meeting,   2007年08月
  • E203 被害ヤナギの揮発性物質が隣接ヤナギ上のヤナギルリハムシに及ぼす影響, 釘宮 聡一, 米谷 衣代, 高林 純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,   2007年03月01日
  • P3-100? 揮発性物質を介した植物の間接防御と植食者の選好性:ヤナギ群集内での種間比較 , 米谷衣代・高林純示, 日本生態学会大会講演要旨 ,   2007年03月01日
  • C212 ジャヤナギ揮発性物質が媒介する植物-植食者-天敵間相互作用の特異性, 米谷 衣代, 釘宮 聡一, 高林 純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,   2007年03月01日
  • B212 ヤナギルリハムシの食害により誘導されるヤナギの防御関連遺伝子発現(一般講演), 釘宮 聡一, 米谷 衣代, 高林 純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,   2006年03月01日
  • F306 ヤナギルリハムシは同種ハムシに食害されたジャヤナギの揮発性物質を利用するのか?(一般講演), 米谷 衣代, 釘宮 聡一, 高林 純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,   2005年03月01日
  • P3-100? ジャヤナギ揮発性物質がヤナギルリハムシを誘引する, 米谷衣代・釘宮聡一, 高林純示, 日本生態学会大会講演要旨 ,   2005年03月01日
  • F306 ヤナギルリハムシは同種ハムシに食害されたジャヤナギの揮発性物質を利用するのか?, 米谷衣代・釘宮聡一, 高林純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 ,   2005年03月01日
  • I202 アブラムシとアリの共生関係をめぐるヤナギ上の相互作用網(生態学), 米谷 衣代, 乾 陽子, 石原 道博, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,   2004年03月01日
  • I202アブラムシとアリの共生関係をめぐるヤナギ上の相互作用網, 米谷衣代, 乾陽子, 石原道博, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 ,   2004年03月01日

MISC

  • 植物が放出する揮発性物質の組成の動態~植物の枝間・個体間での比較~, 関本紫帆, 米谷衣代, 川津一隆, 片山昇, 近藤倫生, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 64th, ROMBUNNO.P2‐J‐291 (WEB ONLY),   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702229430332842
  • ヤナギ上の節足動物群集におけるCCMを用いた相互作用ネットワーク解析, 曽我夏希, 米谷衣代, 川津一隆, 片山昇, 片山昇, 近藤倫生, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 64th, ROMBUNNO.P2‐I‐290 (WEB ONLY),   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702240768578202
  • 植物の揮発性物質のパターンと節足動物群集組成の関係, 米谷衣代, 川津一隆, 片山昇, 片山昇, 近藤倫生, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 64th, ROMBUNNO.P2‐J‐301 (WEB ONLY),   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702245824269809
  • 植物の香りを使った植食者と天敵の採餌行動の共進化が植物の香りの多機能性を生む, 米谷衣代, 三木健, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 62nd, PA2-169 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502287844762905
  • 植食者と天敵の適応的な餌探索行動から植物の香りシグナルの多機能性を説明する, 米谷衣代, 三木健, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 61st, PA1-124 (WEB ONLY),   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502204817591322
  • 果実の香りの特異性を探る~葉の香りとの違いと成熟に伴う変化~, 米谷衣代, 直江将司, 丸岡麻子, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 61st, PB2-090 (WEB ONLY),   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502248348316681
  • 動物散布の植物における果実の香りの多種間比較, 米谷衣代, 直江将司, 高林純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 57th, 127,   2013年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302283705934130
  • 果実の香りの多様性とその適応的意義を探る, 米谷衣代, 直江将司, 高林純示, 日本生態学会大会講演要旨集, 60th, 133,   2013年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302206477580124
  • エコロジカル・ボラタイル 生態系での香りの機能 第7回 植物の香りが媒介する生物間コミュニケーションを紐解く, 米谷衣代, Aroma Res, 14, 1, 53, 57,   2013年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302287999453629
  • 植物間コミュニケーションが節足動物の群集集合に与える先住効果, 米谷衣代, 個体群生態学会大会プログラム・講演要旨集, 28th, 16,   2012年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402252714016246
  • コナガ幼虫食害を受けたアブラナ科植物3種に対する寄生蜂の誘引性, 米谷衣代, 上船雅義, 高林純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 56th, 67,   2012年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202227579944163
  • 天敵誘引剤・天敵活性化剤のコナガ防除効果と副次的効果, 上船雅義, 米谷衣代, 山本正樹, 高林純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 56th, 9,   2012年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202230862694280
  • エコロジカルボラタイルが作り出す生物間相互作用・情報ネットワーク, 竹本裕之, 米谷衣代, 高林純示, 植物の生長調節, 46, 1, 37, 44,   2011年05月31日, 10.18978/jscrp.46.1_37, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102266852094419
  • 食害植物の香りへの暴露が植物上の節足動物群集形成過程を決定する, 米谷衣代, 高林純示, 個体群生態学会大会プログラム・講演要旨集, 27th, 46,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302272397965796
  • コナガ幼虫食害植物に対する寄生蜂の誘引性:生得的反応と学習の効果, 米谷衣代, 上船雅義, 高林純示, 日本生態学会大会講演要旨集, 57th, 355,   2010年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002257852467898
  • 植物の揮発性物質を介した植物間コミュニケーションが節足動物群集構造に与える影響, 米谷衣代, 高林純示, 日本生態学会大会講演要旨集, 56th, 328,   2009年03月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213907865857
  • コナガ幼虫食害株に対する寄生蜂の誘引性―植物種特異性について―, 米谷衣代, 上船雅義, 高林純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 53rd, 46,   2009年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902249110877463
  • ヤナギ7種を用いた間接防御の群集内比較, 米谷衣代, 高林純示, 日本生態学会大会講演要旨集, 55th, 218,   2008年03月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264179381582
  • 揮発性物質を介した植物の間接防御と植食者の選好性:ヤナギ群集内での種間比較, 米谷衣代, 高林純示, 日本生態学会大会講演要旨集, 54th, 377,   2007年03月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902293270395782
  • 被害ヤナギの揮発性物質が隣接ヤナギ上のヤナギルリハムシに及ぼす影響, 釘宮聡一, 米谷衣代, 高林純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 51st, 75,   2007年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902219532047491
  • C212 ジャヤナギ揮発性物質が媒介する植物-植食者-天敵間相互作用の特異性, 米谷 衣代, 釘宮 聡一, 高林 純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 51,   2007年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006369797
  • E203 被害ヤナギの揮発性物質が隣接ヤナギ上のヤナギルリハムシに及ぼす影響, 釘宮 聡一, 米谷 衣代, 高林 純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 51,   2007年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006369892
  • B212 ヤナギルリハムシの食害により誘導されるヤナギの防御関連遺伝子発現(一般講演), 釘宮 聡一, 米谷 衣代, 高林 純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 50,   2006年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006169457
  • ジャヤナギ揮発性物質がヤナギルリハムシを誘引する, 米谷衣代, 釘宮聡一, 高林純示, 日本生態学会大会講演要旨集, 52nd, 303,   2005年03月27日, 10.14848/esj.ESJ52.0.739.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245734701720
  • F306 ヤナギルリハムシは同種ハムシに食害されたジャヤナギの揮発性物質を利用するのか?(一般講演), 米谷 衣代, 釘宮 聡一, 高林 純示, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 49,   2005年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006169142
  • I202 アブラムシとアリの共生関係をめぐるヤナギ上の相互作用網(生態学), 米谷 衣代, 乾 陽子, 石原 道博, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 48,   2004年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001095862

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 学術研究助基金助成金 若手研究(B), 環境DNAとメタバーコーディング技術を用いた害虫管理の基盤開発, 米谷 衣代
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 特別研究員奨励費, 植物の香りと食害誘導応答が節足動物群集形成に与える影響, 米谷 衣代
  • 財団法人日本科学協会, 笹川科学研究助成金, 果実の香りの多様性とその適応的意義を探るー種子散布に果たす役割ー, 米谷 衣代
  • 京都大学生態学研究センター, 共同研究a, タロイモショウジョウバエが宿主植物から採餌する報酬物質に関する研究, 髙野宏平(総合地球環境学研究所)
  • ドイツ学術交流会, 若手研究者のための長期研究奨学金, 植物の防御機構に関わる植物の香り, 米谷 衣代
  • ドイツ学術交流会, 奨学金, ドイツ語学習研修およびドイツ滞在費, 米谷 衣代
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 特別研究員奨励費, 植食者に対する植物の間接防御戦略の多様性とその維持メカニズムの解明, 米谷 衣代
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽研究, 寄生蜂の移動分散における寄主の食草の役割, 高林純示(京都大学 生態学研究センター)