KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

森 正壽モリ マサトシ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 情報学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名教授
学位理学博士
専門画像処理、地理情報システム
ジャンル科学・技術/情報技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/447-mori-masatoshi.html
ホームページURLhttp://www.me.fuk.kindai.ac.jp/
メールアドレスmori[at]fuk.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    衛星画像や航空写真と数値地図を関連づけて、その応用を研究している。特に、最近は防災・ハザードマップの作成をしています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1981年, 九州大学, 理学研究科, 物理学

経歴

  •   2013年, 近畿大学(教授)
  •   1982年,  - 1987年,  長崎大学工学部助手
  •   1987年,  - 1992年,  近畿大学九州工学部 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 社会・安全システム科学, 自然災害科学
  • 社会・安全システム科学, 自然災害科学・防災学
  • 情報学, 情報学基礎

研究キーワード

  • 合成開口レーダ, SAR, 画像処理, JERS-1, リモートセンシング, スペックルノイズ, 火山災害, SAR画像, 広域水害, フィルター処理, 土砂災害, 地理情報システム, 通像処理, 水害検出, 災害, ノイズフィルター, 地理情報システム(GIS), 3次元解析, レーダセンサ, 降雨量画像, 地盤沈下検出, 洪水・土砂災害, 10mDEM, 水害監視, 衛星画像データ, 数値標高情報, XバンドMPデータ, 雲仙・普賢岳, 自然災害, 防災, 計算機科学

論文

  • Hydrologic analysis of a flood based on a new Digital Elevation Model, M. Nishio,M. Mori, ISPRS Archives IWIDF, XL-7/W4, 127, 134,   2015年, 査読有り
  • The construction of a flood monitoring system with alert distribution using Google earth and 3D GIS, Yili Chan, Masatoshi Mori, Journal of Disaster Research, 8, 512, 518,   2013年06月01日
    概要:Locations of floods are not always known. Persons nearby for whom there is a possibility of danger due to flooding need information with which to predict flooding and to find refuge quickly and accurately. A Webbased Flood Monitoring System (FMS) using Google Earth and 3D GIS has been developed by employing Google Earth pro v. 6.0 and ArcGIS 10.0 (ESRI). The FMS provides a viewer for Windows PCs and smart phones. This viewer provides information consisting of digital elevation data from a 2 m Digital Surface Model (DSM) integrating 1:2500 digital topographic maps from the Geographical Survey Institute of Japan with official river information from the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism of Japan and local river offices. It includes flood simulations and hazard maps from local governments. Users are able to download KML file data and/or Shape file data for private use. In addition, a reporting system for preregistered users who want immediate information has been prepared for alert and flood information.
  • Precipitation analysis by X-band MP radar data using Google Earth., Masahiro Nishio,Masatoshi Mori, 2013 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IGARSS 2013, Melbourne, Australia, July 21-26, 2013, 570, 573,   2013年, 査読有り
  • Flood monitoring system website using google earth and 3D GIS., Yili Chan,Masatoshi Mori, 2012 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, Munich, Germany, July 22-27, 2012, 954, 957,   2012年, 査読有り
  • WEB-BASED DELIVERY SYSTEM FOR DISASTER PREVENTION INFORMATION USING A NEW JMA DPI XML FORMAT AND AMEDAS DATA, M. Nishio, MORI Masatoshi, ISPRS Ann. Photogramm. Remote Sens. Spatial Inf. Sci., I, 4, 23, 27,   2012年, 査読有り
  • Application of Google Earth for flood disaster monitoring in 3D-GIS, M. Mori, Y. L. Chan, WIT Transactions on the Built Environment, 119, 271, 276,   2011年, 査読有り
    概要:A prototype flood monitoring system has been developed using Google Earth related to Geographic Information Systems (GIS). GIS have become effective tools for analyzing flood disasters, especially for three-dimensional (3D) analysis. However, high performance commercial GIS are very expensive so many offices, such as the U.S. National Weather Service (NWS), use web-based flood monitoring systems such as Google Earth. A web-based monitoring system is a low cost and efficient means to monitor local occurrences of floods. The present monitoring system is designed to provide the output result via a web-based interface to agencies, in both the public and private sectors. The present system provides estimated inundation zones, water depth, and flood hazard map via a web-based interface, which are based on a two-meter Digital Surface Model (DSM). A 2 m DSM is a more precise 3D model when compared with the previous Digital Elevation Models (DEM). © 2011 WIT Press.
  • Web-based flood monitoring system using Google Earth and 3D GIS., Yili Chan,Masatoshi Mori, 2011 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IGARSS 2011, Vancouver, BC, Canada, July 24-29, 2011, 1902, 1905,   2011年, 査読有り
  • GIS analysis of flood damage using Google Earth, M. Mori, T. Kameyama, WIT Transactions on Ecology and the Environment, 124, 105, 112,   2009年, 査読有り
    概要:Recently, flood damage has occurred frequently in Japan due to sudden heavy rainfall. Particularly, floods caused serious damage many times in 2008. Rapid flood analysis requires contour lines, fine aerial photo images, and a 3D model of the region. However, it is generally difficult to prepare ortho aerial photo images with high resolution for a region in order to quickly analyze damage. Conversely, recent photo images in Google Earth view are of relatively high quality, and are sufficient for use by a Geographic Information System (GIS). Contour lines generated in a GIS for 3D models are transformed to the Google Earth desktop application in a KML file. KML files are files specially formatted for Google Earth that contain data that allows them to be viewed in the Google Earth desktop application. Flooding of individual houses can be precisely estimated depending on flood water levels in the flooded area. © 2009 WIT Press.
  • Application of high-resolution (10 m) DEM on flood disaster in 3D-GIS, M. Mori, WIT Transactions on Ecology and the Environment, 91, 263, 270,   2006年, 査読有り
    概要:Over the two-day period of 19-20 July, 2003, the Kyushu area of Japan was hit with heavy rainfall, causing many kinds of disasters in various areas. A total of 1,352 houses were flooded in Fukuoka City when the Mikasa River overflowed its banks. For our research, the flooded area was estimated by a three-dimensional (3D) Geographic Information Systems (GIS). A high-resolution Digital Elevation Model (DEM) (10 m meshed grid) has been integrated with GIS so as to construct a 3D GIS model in the region around the Mikasa River Basin. An area of 10 m DEM has been developed by a commercial company, which offers up to 0.1 m resolution in a vertical direction, and also covers the entire country of Japan. Resolution in the vertical direction is sufficient for construction of our model. The three-dimensional buildings database in Fukuoka City is used to construct the model, which includes 3D structure. The flooded area is estimated with great precision based on 10 m DEM according to water levels from 3.6 m to 5.0 m of the Mikasa River. Three-dimensional views of the flooded area were obtained from several view angles by this system.
  • Integration of High Resolution (10m) DEM with Geographic Information Systems, Masatoshi Mori, International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS), 1, 53, 55,   2003年11月24日
    概要:10-meter meshed high resolution Digital Elevation Model (DEM) has been integrated with Geographic Information Systems (GIS). High resolution DEM plays a crucial role in future GIS application. So far, 50m DEM is widely used for various GIS applications such as constructing 3D systems in Japan, but it is not sufficient for precise requirements from various applications. And also, one-meter high resolution pansharpen image from IKONOS satellite has been integrated with a digital map on GIS system at the same time. IKONOS images cover 3-dimensionaI surfaces constructed by 10m DEM. A precise GIS map by Kitakyushu City in Japan has been used as a digital map, which is quite accurate.
  • Application of IKONOS imagery on geographic information systems, Masatoshi Mori, International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS), 6, 3352, 3354,   2002年01月01日
    概要:An IKONOS one meter high-resolution pansharpen image has been integrated into Geographic Information Systems (GIS). GIS needs same as or higher spatial resolution than one meter, so traditional satellite data such as SPOT XS imagery (20 meter resolution) is not sufficient for various GIS applications. An affine transformation has been carried out to integrate an IKONOS image into GIS. Ground Control Points (GCP) for transformation are selected for 30 points over the image. It is quite difficult to select GCP from a digital map, compared with satellite images, because elements of map features are modified and symbolized. Then, GCP in the map are mainly obtained on a crossing of roads. After several trials, the RMS error of 30 GCP in the transformation is finally reduced to 0.61 pixels, which are comparatively good. It is found that there are many differences between the Digital Map and the IKONOS image. The reason is that dates of two data to have been updated are different. And also, 50 meters meshed Digital Elevation Model (DEM) by the Geological Survey of Japan is integrated into the same Digital Map. 3D image of IKONOS on GIS is obtained.
  • Classification of the mosaic composite image in northern Taiwan, Ting Sheng Weng, Masatoshi Mori, International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS), 2, 1043, 1045,   1998年01月01日
    概要:The subtropical zones are not fit for observation by active remote sensor due to bad weather conditions. For example, no scene with 0% cloud coverage of satellite data such as Landsat TM/MSS was obtained in 1991 in northern Taiwan. Therefore, the plural scenes are necessary for one complete composite image. So we selected four different scenes of the northern Taiwan area of MOS-1/MESSR in 1991 to 1993, and made a mosaic composite image from these scenes to obtain a land cover classification. Also, an improved probability plot method is used for extracting a training area in performing maximum likelihood method. A complete land cover classification image is shown.
  • 重相関係数を用いた衛星マルチバンド・データによる海深度の推定, 前間 英一郎, 森正 寿, 後藤 恵之輔, 海洋開発論文集, 海洋開発論文集, 12, 385, 390,   1996年
    概要:Satellite imagery of LANDSAT, SPOT, JERS-1 is used to estimate a water depth. Analgorithm for water depth mapping is used of Lyzenga algorithm. As bathymetry method for satellite imagery, we used a linear-regression method to obtain correlation R2 between water depth and estimated depth. The main purpose is to obtain the maximum R2 for each sensor and to obtain a contribution band for correlation. In this study, we analyze the relation between absolute water depth and remotely sensed data by linearregression, specially, STEPWISE method of SAS cluster. JERS-1/OPS is new sensors by NASDA, and which is used for the first analysis for bathymetry.
  • Line shapes in giant quantum attenuation of sound waves in bismuth, Masatoshi Mori, Nobuyuki Goto, Physica B: Physics of Condensed Matter, 194-196, 413, 414,   1994年02月02日
    概要:The giant quantum attenuation in semi-metals, which was predicted by Gurevich, Skobov, and Firsov, is affected by the deformation potential. In a strong magnetic field, the deformation potential strongly depends on the density of states. We have calculated the curves of attenuation coefficient in bismuth taking the density-of-states dependence of deformation potentials into account. The satisfactory result which quantitatively agrees with the experimentally observed line shapes of sound attenuation is obtained. © 1994.
  • 多次元画像データのクラスター解析, 前間英一郎, 森正寿, 画像工学コンファレンス論文集, 24th, 327, 330,   1993年12月
  • Monte Carlo simulation of energy relaxation in the two-dimensional Ising model, Masatoshi Mori, Physical Review B, 47, 17, 11499, 11501,   1993年01月01日
    概要:The energy relaxation in the two-dimensional Ising model, with temperature greater than Tc and in a spin system having a 5120×5120 lattice, is studied using supercomputer-conducted Monte Carlo simulation. The critical exponents of the linear and nonlinear relaxation times of the internal energy are respectively estimated to be ΔE(l)=2.064±0.026 and ΔE(nl)=1.132±0.080, being consistent with the Racz scaling law ΔE(l)-ΔE(nl)=1-α, where α is the critical exponent of the specific heat. Based on the author's previous result in which the critical exponent of the linear relaxation for magnetization was determined as ΔM(l)=2.076±0.005, it is strongly suggested that ΔE(l)=ΔM(l). © 1993 The American Physical Society.
  • 半金属Biの巨大量子減衰における電子・正孔相関, 森正寿, 近畿大学九州工学部研究報告, 19, 69, 72,   1990年12月
  • 限定色によるリモートセンシング・データの合成画像表示アルゴリズム, 森 正寿, 後藤 恵之輔, 日本リモートセンシング学会誌, 日本リモートセンシング学会誌, 10, 4, 497, 509,   1990年12月
    概要:An algorithm of displaying an image of remotelysensed data with restricted colors has been developed. First, peaks over 256 in three-dimensional histogram space of three channel data are detected, which seem to represent characteristics of the image. Next, the 256 peaks, which correspond to the same numbers of colors in RGB space, are selected among those by the present algorithm. Each pixel in an image is assigned to the nearest neighbor among the 256 colors in Euclid metric. The comparison are shown with the conventional MCA (Median Cut Algorithm) and PA (Popularity Algorithm) methods by using SPOT HRV/XS data. Finally, the recomposed image with 256 colors by the present algorithm maintains the quality of the original data. This is also quantitatively shown in quantum error analysis.
  • Effects of WO3 mixing on the crystal structure and the superconductivity in YBCO, Yasukuni Matsumoto, Masatoshi Mori, Takashi Yasuda, Physica B: Condensed Matter, 165-66, 1691, 1692,   1990年08月01日
    概要:Effects of WO3 mixing on the crystal structure and the superconductivity in Y1Ba2Cu3O7-y have been studied. X-ray diffraction and the electrical resistance have been measured for the samples with several kinds of WO3 concentration. Experimental results of the X-ray diffraction patterns are refined precisely by the Rietvelt analysis. It has been elucidated that mixed WO3 supplies the oxygen atoms to the oxygen vacant sites along the a-axis of Y1Ba2Cu3O7-y.
  • 大村湾の水質汚濁の遠隔監視, 後藤 恵之輔, 森 正寿, 後藤 正孝, 川内 清明, 海洋開発論文集, 海洋開発論文集, 6, 53, 58,   1990年06月
  • Electron-hole correlation in giant quantum attenuation of sound waves in Bismuth waves in bismuth, Masatoshi Mori, Masao Koga, Nobuyuki Goto, Physica B: Physics of Condensed Matter, 165-166, 269, 270,   1990年01月01日
    概要:In a strong magnetic field, the deformation potential strongly depends on the density of states. Hence, there appears a strong correlation between the peaks as the peaks due to the electrons and holes come closer to each other. We made numerical calculations taking the density-of-states dependence of deformation potentials into account. The results could quantitatively explain the correlation shown by the experiments. © 1990.
  • 限定色によるリモートセンシング・データの合成表示アルゴリズム, 日本リモートセンシング学会誌, 11, 4,   1990年
  • Three-dimensional analysis of SPOT HRV data, Masatoshi Mori, Keinosuke Gotoh, Digest - International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS), 2, 467, 470,   1989年12月01日
    概要:A statistical analysis is performed on the three-dimensional histogram space of SPOT high-resolution visible (HRV) data. The distribution of vectors (pixels) in the histogram space of HRV data may be different from that for other satellite sensors because of its higher spatial resolution. The SPOT HRV system has three channels of sensors that generate a three-dimensional histogram space. The distribution of vectors in this three-dimensional histogram space is examined. First, the two-dimensional histogram of HRV data are analyzed, producing a contour map. Some clearly isolated clusters could be detected in this histogram map. Each cluster's contents represent land cover features. The algorithm for calculating the three-dimensional histogram of the HRV data is then developed. The result of estimating the distribution is given in a histogram table. Three-dimensional peaks in the histogram are also detected and given in a table. Using these tables, a three-dimensional rendition of the histogram is developed. The three-dimensional surface with an equaled-value is displayed on a graphic monitor.
  • 水資源開発に向けた海岸湧出地下水の衛星リモートセンシング調査, 後藤 恵之輔, 七條 哲彰, 桑原 敏行, 藤田 徹, 森 正寿, 中山 比佐雄, 海洋開発論文集, 海洋開発論文集, 5, 209, 214,   1989年06月
  • FIVISによる画像処理1 : 走査型電子顕微鏡写真処理, 森 正寿, 後藤 恵之輔, 松本 泰國, 入江 富士男, 21, 3, 227, 237,   1988年07月25日
  • 地形図における3次元情報の自動抽出とその応用, 森 正寿, 瀬戸 浩昭, 中村 彰, 情報処理学会論文誌, 情報処理学会論文誌, 29, 3, 221, 232,   1988年03月15日
    概要:地形図処理の一環として 等高線の抽出 3次元化等に対する新しい手法を提案する.等高線はこれまで主にモノクロ情報として処理されてきたが ここではスキャナによって分解された色情報を正規化し 地形図に記述されている地場 各種記号等から選択的に抽出する手法について述べる抽出された等高線は細線化された後 連結され 1画素幅の完全な形に復元される.これらの復元された各等高線に対する標高付与法として 新たに国土数値情報を基準標高値として使い 効率的に処理する手法を開発した.3次元化された等高線データの応用として 傾斜量地図の作成 降水シミュレーション 複合的なデータ構築としてのLandsatTM画像の鳥瞰図作成を行った.
  • ランドサットTMデータを用いた海岸湧出地下水の遠隔探査, 後藤 恵之輔, 藤田 徹, 川内 清明, 森 正寿, 海洋開発論文集, 海洋開発論文集, 4, 249, 254,   1988年
  • 海洋観測衛星もも1号のデータによる融雪水の海洋流出調査, 後藤 恵之輔, 七條 哲彰, 藤田 徹, 森 正寿, 海洋開発論文集, 海洋開発論文集, 4, 243, 248,   1988年
  • Statistical analysys of SPOT of Photogrammetry HRV/PA data, M.Mori, K.Gotoh, Intern. Archives of Photogrammetry and Remote Sensing, Vol.27, Part-B7, 366, 373,   1988年, 査読有り
  • SPOT HRVデータのノンパラメトリック解析, 森正寿, 後藤恵之輔, 画像工学コンファレンス論文集, 18th, 323, 326,   1987年12月
  • Dip and Hump Type Quantum Oscillations in Magnetoacoustic Attenuation in Semimetals : II. LOW TEMPERATURE PROPERTIES OF SOLIDS : Metals and Semiconductors, MORI Masatoshi, KOGA Masao, GOTO Nobuyuki, Japanese journal of applied physics. Supplement, Japanese journal of applied physics. Supplement, 26, 3, 659, 660,   1987年08月19日
  • 1688 人工衛星SPOTデーターの特性と土質分野への適用, 後藤 恵之輔, 森 正寿, 土と基礎, 土と基礎, 35, 4, 37, 42,   1987年04月25日
  • Analysis of giant quantum attenuation of sound waves due to spin-split Landau levels in bismuth, Nobuyuki Goto, Masatoshi Mori, Masao Koga, Physical Review B, 36, 2, 1262, 1265,   1987年01月01日
    概要:In experiments of the giant quantum attenuation in bismuth, many unexplainable phenomena have been reported so far. We have made numerical calculations including the density-of-states dependence of the deformation potential in the theory of Gurevich, Skobov, and Firsov. The result shows that the deformation potential plays the most substantial role in peculiar behaviors of line shapes of the attenuation coefficient. We have obtained a satisfactory result which quantitatively agrees with the experimentally observed line shapes of attenuation peaks. © 1987 The American Physical Society.
  • 人工衛星SPOTデータの特性と土質分野への適用, 後藤 恵之輔 森 正寿, 土質学会誌, 35, 4, 37, 42,   1987年
  • Landsat TMデータの最優法分類における熱赤外バンドの影響, 広田芳仁, 森正寿, 中村彰, 画像工学コンファレンス論文集, 16th, 65, 68,   1985年12月
  • Some anomalies in magnetoacoustic attenuation in bismuth, Shoichi Mase, Takeshi Fukami, Thanh Xuan Do, Masatoshi Mori, Journal of the Physical Society of Japan, 54, 692, 700,   1985年02月01日
    概要:The occurrence of a peak at a characteristic temperature T0 in the plot of the sound attenuation coefficient α(T,f, Hp) against the temperature T was reinvestigated in detail. Here Hp is a certain specified peak position of α(T,f, H) versus H curve. Main experimental results are as follows, (i) T0 appears only in the case of simultaneous absorption of phonons due to electrons and holes, (ii) The 3/4 width ΔH3/4 of α(T,f,H) versus H curve for the overlapped peaks shows a minimum at T∼T0 as a function of T. (iii) In the neighborhood of T∼T0, the attenuation curve becomes of a cusp-shape in the very neighborhood of H∼HP. It is pointed out that any existing theories of the magnetoacoustic attenuation in normal semimetals can not at all explain the above experimental results.
  • Vapour Pressure Thermometry in High Magnetic Field using a Pirani Gauge, M.Mori, S.Mase, Cryogenics, 23, 8, 234, 235,   1983年08月, 査読有り
  • Some Anomalies in Magnetoacoustic Attenuation in Antimony at High Magnetic Fields, Mori Masatoshi, Mase Shoichi, Journal of the Physical Society of Japan, Journal of the Physical Society of Japan, 51, 8, 2511, 2517,   1982年08月15日
    概要:We have measured the giant quantum attenuation of longitudinal sound wavesin antimony in high magnetic fields up to 135 kG, in particular in the situationof simultaneous absorption due to electrons and holes. The sound wave vectorq was applied in parallel to the trigonal axis, and If was in a bisectrjx-trigonalplane. We have found that the attenuation coefficient a(T, f H) is very large andits half width is quite narrow at 0=94' and 97'. Here 0 is the angle between qand H. The temperature dependence and the frequertcy dependence of a(T, f H,)at the peak position H, are also rather anomalous. On the basis of Kuramoto'stheory, these data are analyzed in terms of the correlation effect on ox(T, f H).The result suggests that some modifications of the theory are required to explain allaspects of the present anomalies.
  • Gas-liquid type phase transition in semimetals at low temperatures and high magnetic fields, Shoichi Mase, Takeshi Fukami, Masatoshi Mori, Tomio Inoue, Physica B+C, 109-110, 1881, 1889,   1982年01月01日
    概要:Remarkable anomalies have been found in the temperature and frequency dependences of the attenuation coefficient of sound waves in bismuth, antimony and pyrolytic graphite at low temperatures and high magnetic fields. The result for bismuth in particular is apparently similar to those observed in second-order phase transition phenomena. On the basis of the Nakajima-Yoshioka-Kuramoto theory of the gas-liquid type phase transition in the electron-hole system, these anomalies are fairly well explained in terms of the fluctuation effect above the phase transition temperature, provided that the electron-hole correlation interaction is assumed to be sensitively dependent on the state of the overlapping of the electron and hole Landau levels. © 1982.
  • Anomalies in Giant Quantum Attenuation of Sound Waves in Bismuth at High Magnetic Fields. II. Existence of Extra Attenuation Peaks, Mase Shoichi, Mori Masatoshi, Fukami Takeshi, Akinaga Masahiro, Yamaguchi Toshinobu, Shiraishi Naotaka, Journal of the Physical Society of Japan, Journal of the Physical Society of Japan, 48, 4, 1166, 1169,   1980年04月01日
    概要:In the course of studying and angular dependence of the ultrasonic attenuation in bismuth at high magnetic fields and low temperatures, some extra attenuation peaks were observed in a limited range of magnetic field directions. These are not assigned to any known Landau levels, and interpreted as due to the existence of a slight warping of the electron Fermi surface. It is suggested that this warping is one cause of the anomaly in the temperature dependence described in the preceding paper.
  • Anomalies in Giant Quantum Attenuation of Sound Waves in Bismuth at High Magnetic Fields. I. Temperature and Frequency Dependences, Mase Shoichi, Fukami Takeshi, Mori Masatoshi, Akinaga Masahiro, Yamaguchi Toshinobu, Shiraishi Naotaka, Journal of the Physical Society of Japan, Journal of the Physical Society of Japan, 48, 4, 1157, 1165,   1980年04月01日
    概要:A reinvestigation has been made of an anomaly in the temperature dependence of the ultrasonic attenuation in bismuth, which is observed when an electron Landau level and a hole Landau level approach simultaneously to the Fermi level at high magnetic fields and at low temperatures. It has been found that in the most anomalous case the anomaly in the temperature dependence accompanies an anomalous frequency dependence and these are quite sensitive to physical imperfections in bismuth. On the basis if Kuramoto's theory of sound attenuation which is taking account of the short-range electron-hole correlation, the experimental results are analyzed, and it is suggested that one more additional term is required to explain the present anomalous data.

講演・口頭発表等

  • 高精度な数値標高モデルを使用した洪水情報に関する水文解析, 西尾雅弘, 森正寿, 情報処理学会全国大会講演論文集,   2015年03月17日
  • XバンドMPレーダ雨量データの防災情報への活用, 西尾雅弘, 森正寿, 第76回全国大会講演論文集,   2014年03月11日
    概要:Xバンド雨量情報を自治体の防災情報への活用として地理情報システム(GIS)を使用し、豪雨時の予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度などの情報を携帯端末等で雨量情報を高分解表示できるGISシステムの構築を試しみる。
  • Google Earth および3D GISを用いた洪水情報監視システムにおける河川シミュレーション, イリツアン, 森正壽, 第76回全国大会講演論文集,   2014年03月11日
    概要:公共機関のWeb Page に表示されている洪水情報は文字表示が主体でユーザーにとっては空間的なイメージ認識が困難な内容がほとんどである。これまでの研究では、公共機関が発信する河川情報認識の困難さを補完するためGoogle Earth および 3D GISを用いた洪水情報監視システムを構築しWeb Page にリアルタイムで表示するシステムを構築してきた。さらに、携帯端末に同一内容を表示できるようにしている。今回、本システムにおけるコンテンツの一つとして河川定期縦横断データを利用した河川シミュレーションを搭載させたので報告する。本シミュレーションには、河川分析ソフトを用いて、二次元および三次元の堤防河川を表示させた。
  • XバンドMPレーダ雨量データの防災情報への応用, 西尾雅弘, 森正寿, 地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM),   2014年
  • XバンドMPレーダ雨量情報の高精度WEB表示, 西尾雅弘, 森正寿, 第75回全国大会講演論文集,   2013年03月06日
    概要:Xバンド雨量情報の災害情報への活用として地理情報システム(GIS)を使用し、豪雨時の予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、避難経路などの情報をオープンソースソフトウェアGISやWebGISを活用して、雨量情報の高精度表示GISシステムの構築を試しみる。
  • XバンドMPレーダ雨量情報のWebGISへの活用, 西尾雅弘, 森正寿, 地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM),   2013年
  • 3D GisとGoogle Earthの連携による洪水情報サイトの構築, イリツアン, 森正寿, 全国大会講演論文集,   2012年03月06日
    概要:洪水災害情報を早く正確に伝えることが重要になってきている。しかし、従来の5mDEMでは十分な精度で解析できない。本研究では2mDSMを用いて予測精度を高めた。さらに洪水に関する地域情報を加えてWeb上に表示することを試みた。2mDSMおよび国土地理院の1:2500地図情報をGoogle Earth上で表示するため、二次元相関係数を用いて修正した。これらの情報に国土交通省河川事務所の河川情報を加えて、Web上に洪水災害情報システムのサイトを試作した。洪水情報は、地域情報、リアルタイムでの洪水中継および洪水シミュレーションについて3Dで表示した。
  • 3D GisとGoogle Earthの連携による洪水情報サイトの構築, イリツアン, 森正寿, 第74回全国大会講演論文集,   2012年03月06日
    概要:洪水災害情報を早く正確に伝えることが重要になってきている。しかし、従来の5mDEMでは十分な精度で解析できない。本研究では2mDSMを用いて予測精度を高めた。さらに洪水に関する地域情報を加えてWeb上に表示することを試みた。2mDSMおよび国土地理院の1:2500地図情報をGoogle Earth上で表示するため、二次元相関係数を用いて修正した。これらの情報に国土交通省河川事務所の河川情報を加えて、Web上に洪水災害情報システムのサイトを試作した。洪水情報は、地域情報、リアルタイムでの洪水中継および洪水シミュレーションについて3Dで表示した。
  • 気象庁防災情報XMLデータの自治体防災への応用, 西尾雅弘, 森正寿, 第73回全国大会講演論文集,   2011年03月02日
    概要:気象庁は、気象警報、地震情報等、それぞれの防災情報毎に情報の性質・利用形態などを考慮し、それぞれの情報で個別の気象庁独自の電文形式(フォーマット)を作成してきた。この方式は、防災情報の種類が少なく、情報の伝達が低速通信回線の時代はそれぞれの情報に適していたが、ICT化された現在社会において、防災情報をより効果的に活用するために、新たな防災情報の提供様式を検討すべきと考え、「気象庁防災情報XMLフォーマット」を策定することになった。本研究は、気象庁防災情報XML(eXtensible Markup Language)データの地理情報システム(GIS)による活用として、防災情報XMLデータを解析し、予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度などの情報をWeb GIS(Google Maps)やオープンソースソフトウェアGIS等を活用してGISシステムの構築を試してみる。
  • 3D GISとGoogle Earthの連携による災害情報表示システム, イリツアン, 森正壽, 第73回全国大会講演論文集,   2011年03月02日
    概要:毎年、台風シーズンに九州には深刻な洪水被害が発生している。洪水被害は自然災害の中では最も頻度が高い。今回、Google EarthとGISとの連携を利用し洪水監視システムを開発した。Web上の災害監視システムは低コストで効率的であり、浸水領域の発生を監視することができる。今回使用した2mメッシュ(2mDSM)はデジタル標高モデルであり、以前の基盤地図情報5mDEMより正確なデジタル標高モデルである。本研究は2mDSMデータを利用し、Google Earthから正確な洪水情報を提供するのを考える。
  • アメダスデータの気象庁防災情報XMLデータへの統合による複合災害情報表示, 西尾雅弘, 森正寿, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集,   2011年
  • Google EarthにおけるGoogle SketchUp 3Dモデルの利用, 〓 宜〓, 森 正寿, 全国大会講演論文集,   2010年03月08日
    概要:2005年からGoogle Earth始まり,2009年には「地球上に存在するすべての建物の3Dモデルを作成する」という課題の解決策としてBuilding Makerを用意した.また,3Dモデルは3Dモデリングソフト「Goosle SketchUp」を使って修正することも可能.Google Earth とGoogle SketchUpとの連携機能を利用し,Google Earth上の衛星写真.地図と3Dモデルの合成表示を試す.
  • 気象庁防災情報XMLデータのGISによる活用, 西尾雅弘, 森正寿, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集,   2010年
  • 3Dスキャンデータを対象とする圧縮率操作手法の開発, 大槻 勇貴, 森 正壽, 全国大会講演論文集,   2009年03月10日
  • 多地点・双方向遠隔講義環境におけるインタラクティブ英語講義の試み, 越智洋司, 江藤由布, 井口信和, 溝渕昭二, 白石善明, 森正寿, SO Byon‐Chol, 黒瀬能聿, 佐野到, 向井苑生, 教育システム情報学会全国大会講演論文集,   2006年08月23日
  • 10mDEMを使った2003年水俣土砂災害の3次元表示, 森正寿, 佐伯健志, 間通修, 日本リモートセンシング学会学術講演会論文集,   2004年05月12日
  • IKONOS画像のGISへの統合化と3次元表示, 森正寿, 倉地隆治, 高橋利光, 日本リモートセンシング学会学術講演会論文集,   2002年05月01日
  • 衛星データによる台湾北部の経年変化 その3, WENG T‐S, 森正寿, WU J S T, 日本リモートセンシング学会学術講演会論文集,   1999年05月19日
  • JERS‐1/SARによる鹿児島における1993年台風13号水害検証, 森正寿, 友弘尚利, 日本リモートセンシング学会学術講演会論文集,   1999年05月19日
  • 衛星データによる台湾北部の経年変化その3, 翁 頂升, 森 正寿, 呉 樹濠〓, 学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing,   1999年05月01日
  • JERS-1/SARによる鹿児島における1993年台風13号水害検証, 森 正寿, 友弘 尚利, 学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing,   1999年05月01日
  • 台北における河地域の変貌, 翁 頂升, 森 正寿, 日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers,   1999年03月
  • 衛星データによる台湾北部の経年変化 その2, 翁 頂升, 森 正寿, 呉 樹〓, 学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing,   1998年11月01日
  • 古地図からの等高線抽出 -連結点追跡処理-, 翁 頂升, 森 正寿, 呉 樹〓, 日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers,   1998年09月
  • 衛星データによる台湾北部の経年変化, 翁 頂升, 森 正寿, 呉 樹〓, 学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing,   1998年05月01日
  • モザイク画像による台湾北部の土地被覆分類, 翁 頂升, 森 正寿, 呉 樹〓, 学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing,   1997年11月01日
  • MOS-1/MESSRによる台湾北部の土地被覆分類, 翁 頂升, 森 正寿, 呉 樹叢, 学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing,   1997年05月01日
  • X-windowによる最尤法処理システム, 森 正寿, 学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing,   1996年05月01日
  • 重相関係数を用いた衛星マルチバンド・データによる海深度の推定, 前間英一郎, 森正寿, 後藤恵之輔, 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,   1996年03月
  • JERS-1/SAR LEVEL 0 の画像再生処理システム, 山本 昇, 横山 智規, 森 正寿, 学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing,   1995年05月01日
  • 台風9119号による森林塩害の衛星リモートセンシング調査, 後藤恵之輔, 大田哲男, 森正寿, 日本リモートセンシング学会学術講演会論文集,   1992年12月
  • 31p-PS-127 YBCO-WO_3系の超伝導性と結晶構造の関係(II), 松本 泰國, 森 正寿, 入江 冨士男, 安田 敬, 年会講演予稿集,   1990年03月16日
  • 中国からの黄砂の衛星広域観測 グローバルな地球環境問題・酸性雨の解明に向けて, 川原直樹, 後藤恵之輔, ウォウトウゼン S, 森正寿, 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,   1990年03月
  • 島原半島沿岸域におけるMOS‐1データの衛星検証, 七条哲彰, 後藤恵之輔, 森正寿, 桑原敏幸, 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,   1989年03月
  • 衛星データを利用した地下水の海岸湧出調査, 桑原敏幸, 後藤恵之輔, 森正寿, 藤田徹, 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,   1989年03月
  • MOS‐1データによる積雪地域の抽出と融雪水の流出調査, 七条哲彰, 後藤恵之輔, 藤田徹, 森正寿, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第2部,   1988年10月
  • MOS‐1データによる融雪水の流出調査, 七条哲彰, 後藤恵之輔, 後藤正孝, 藤田徹, 森正寿, 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,   1988年
  • 大村湾の水質監視へのランドサットデータの適用, 後藤正孝, 後藤恵之輔, 森正寿, 川内清明, 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,   1988年
  • 部分楕円を含む図形の検出に関する一考察, 冨永一成, 森正寿, 中村彰, 電子通信学会技術研究報告,   1987年02月27日
  • 28a-RB-13 Biの超音波巨大量子減衰曲線におけるスピン分離ピーク値のアンバランス, 後藤 信行, 古賀 雅夫, 森 正寿, 秋の分科会講演予稿集,   1986年09月12日
  • 世界一鋭い目が写した東京湾--フランスのスポット衛星, 後藤 恵之輔, 森 正寿, 科学朝日,   1986年09月
  • 29p-CA-4 BaPb_<1-x>Bi_xO_3の音速の温度依存性における異常性(低温), 堀江 雄二, 深見 武, 森 正寿, 間瀬 正一, 年会講演予稿集,   1986年03月29日
  • テーブルルックアップ式最優法によるLANDSAT TMデータの分類, 広田芳仁, 森正寿, 中村彰, 情報処理学会全国大会講演論文集,   1986年
  • SUPER‐SPIN CODINGのベクトル化による高速モンテカルロ・シミュレーション, 津田義典, 森正寿, 中村彰, 情報処理学会全国大会講演論文集,   1986年
  • 地形図における3次元情報の自動抽出とその応用, 瀬戸浩昭, 森正寿, 中村彰, 電子通信学会技術研究報告,   1985年11月21日
  • 6次元特徴空間の縮約形式アルゴリズムによるLANDSAT TMデータのクラスタ分析, 星野浩二, 森正寿, 中村彰, 情報処理学会全国大会講演論文集,   1985年
  • LANDSAT TM/熱赤外バンドの利用法についての一考察, 広田芳仁, 森正寿, 中村彰, 情報処理学会全国大会講演論文集,   1985年
  • 地形図を利用した3次元情報の自動抽出, 瀬戸浩昭, 森正寿, 中村彰, 情報処理学会全国大会講演論文集,   1985年
  • スーパーコンピュータによる最大周期列乱数発生法の高速化手法, 津田義典, 森正寿, 中村彰, 情報処理学会全国大会講演論文集,   1985年
  • 1a-RM-10 ビスマス内電子-正孔系における異常超音波吸収と散逸構造, 森 正寿, ド・スアン タイン, 深見 武, 間瀬 正一, 年会講演予稿集,   1984年03月12日
  • マイコンによるクラスター分析のための大容量管理システムの開発, 広田芳仁, 星野浩二, 森正寿, 中村彰, 情報処理学会全国大会講演論文集,   1984年
  • クラスター分析によるランドサットデータの新しい自動分類法, 森正寿, 中村彰, 後藤恵之輔, 情報処理学会全国大会講演論文集,   1983年
  • 31p-L-6 Biでの電子・正孔同時超音波吸収の1K以下での振舞, 森 正寿, 井上 登美男, 深見 武, 間瀬 正一, 春の分科会予稿集,   1982年03月15日
  • 5p-NF-15 ガス・液体型相転移とSbにおける磁気音響減衰, 森 正寿, 深見 武, 間瀬 正一, 秋の分科会講演予稿集,   1981年09月14日
  • 1a-Q-8 強磁場中のBiにおける異常超音波減衰とガス : 液体型相転移, 間瀬 正一, 深見 武, 森 正寿, 山口 寿信, 年会予稿集,   1981年03月10日
  • 4a-J-8 Sb内電子・正孔による超音波の同時吸収 I, 森 正寿, 深見 武, 間瀬 正一, 秋の分科会講演予稿集,   1980年09月10日
  • 5a-H-2 強磁場中のBiにおける超音波吸収の異常, 森 正寿, 深見 武, 山口 寿信, 間瀬 正一, 秋の分科会講演予稿集,   1979年09月11日
  • 31p GH-7 強磁場中のBi内電子 : 正孔による超音波減衰波形 II, 坂井 武, 森 正寿, 秋永 正広, 山口 寿信, 間瀬 正一, 年会予稿集,   1979年03月15日
  • 6a-AB-9 強磁場中のBi内電子一正孔による超音波減衰波形, 坂井 武, 森 正寿, 秋永 正広, 山口 寿信, 間瀬 正一, 秋の分科会講演予稿集,   1978年09月11日

MISC

  • モザイク画像による亜熱帯地域の土地被覆分類, 翁 頂升, 森 正寿, 計算機科学研究報告, 15, 15, 21, 27,   1998年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000516455
  • 衛星マルチバンド・データと海深度との重相関係数による海深度の推定, 前間 英一郎, 森 正寿, 後藤 恵之輔, 計算機科学研究報告, 12, 23, 30,   1995年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000516434
  • 1991年台風19号による山口地方の塩害の衛星リモートセンシング調査, 後藤恵之輔, 太田哲男, 森正寿, 計算機科学研究報告, 10, 17, 24,   1993年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902154260637001
  • ランドサットTMデータとMSSデータの比較検証, 後藤 恵之輔, 森 正寿, 計算機科学研究報告, 3, 17, 28,   1986年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001823711
  • ランドサットTMデータの特性分析と土地被覆判読への適用, 後藤 恵之輔, 森 正寿, 計算機科学研究報告, 2, 31, 44,   1985年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001823643

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), XバンドMPレーダによる局所洪水予測の研究, 森 正壽, 国土交通省から提供されたXバンドMPレーダデータを使い、降雨量画像表示システムを作成した。雨量情報を自治体の防災情報への活用として地理情報システム(GIS)を使用し、予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、さらには避難経路、避難場所などに活用できる情報をWebGISやオープンソースソフトウェアGIS等を使用してGISシステムの構築した。具体的には、降雨量情報を視覚的に表現する手法として、携帯端末等(iPad)でWebGIS(Google Maps等)を使用し、シュミレーションデータにX バンドMP レーダデータ(2012年7月13日12時から15時までの九州北部の実際のデータ)を使用して降雨量等を基に可視化処理を行った。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 3次元GISの災害解析への適用, 森 正壽, 平成15年7月20日未明、九州中北部地方は猛烈な集中豪雨に襲われ、熊本県水俣市においては宝川集地区で発生した大規模土石流により、19人もの犠牲者が発生した。さらに、福岡市博多駅周辺では、御笠川の氾濫による広範囲な洪水災害が発生し、地下鉄の運行停止、地下商店街の水没により多大の被害を被っている。本研究は、集中豪雨等の被害解析において、新しい手法として3次元GIS(地理情報システム)を使用し、3次元的に解析しようとするものである。その背景の一つとして、最近開発された10mメッシュ数値標高情報(10mDEM)及び5mLPデータの開発がある。今回5mLPデータを使用し3次元GISシステムを構築し、災害の再現、解析を行った。本年度は特に、地元田川市周辺の英彦山川氾濫による広範囲な洪水災害の解析を行った。英彦山川氾濫については、氾濫地域の解析を行うため、5mLPデータ(DEM)及び国土地理院発行の50mDEMを使用し、川周辺の3次元構造を再現した。50mDEMと5mDEMを接続し、土手及び水田領域について、標高を再現し、英彦山川氾濫時における、氾濫水位と氾濫領域の相関マップを作成することができた。また最終的な位置情報収集のためのGPSシステムを使用した。これは2周波を利用した、RTK方式によるGPS観測で精度約2cmを達成している。以上の結果を日本自然災害学会学術講演会他で発表した。
  • 科学研究費補助金, リモートセンシング画像処理
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), インターフェロメトリックSARによる地盤沈下の検出, 森 正壽, 環児庁「全国の地盤沈下地域の概況」(平5)によると、日本全国で年1cm以上地盤が沈下した地域は、約28ヶ所もあり、特に4cm/年以上の特定地域に指定されている、本研究が研究の対象額域とする筑後・佐賀平野においては特に著しく、その地盤沈下の原因が農業用水との関連で報告されている。このような状況の中で、本研究は合成開口レーダ衛星(SAR)を使い、検出方法には最高感度数cmといわれるインターフェロメトリックSAR(InSAR)を採用する。さらにこのInSARで得られた時期から、地盤沈下が起こった後のSARデータを使い、地盤沈下の前後で3次元標高データの差分を取ることにより、地盤沈下の絶対値の3次元情報を得ることができるわけである。この一処理技術を差分InSAR(DInSAR)と呼んでいる。これまでに取得したJERS-1/SARのデータ[レベル0,1994-4-29,1994-10-22]を、シングル・ルック画像処理した複素画像をInSARを実行し、千渉画像処理を行った。さらに、インターフェロメトリック画像、コヒーレンス画像、DEM画像処理を続行し、最終的に差分画像が得られた。画像を解析した結果、佐賀県白石地区に地盤沈下によるものと思われる、弱いながらも干渉縞が確認でき、当初予定のデータを取得することができた。さらに、確認のため、再度現地白石地区において現地調査を実施」主要ボイントについて測定を行った。また当地佐賀県が行った水準測量結果も入手し、InSARとの比較を行い、これらの結果を公表する予定である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 合成開口レーダによる広域水害の監視, 森 正壽, 本研究は台風・集中豪雨の様な気象条件が悪いとき、被害状況などの監視に雨・雲等の影響を全く受けない合成開口レーダ衛星(SAR)を使い状況の監視を行おうとするものである。その検証実験として、平成5年9月3日、鹿児島県中心部に上陸した、戦後最大級の台風13号の被害状況を解析した。台風13号により広範囲で土砂崩れや河川の氾濫などを引き起こした。しかしながらSAR画像には特有なスペックルと呼ばれるコヒーレントノイズが存在し、これが唯一の欠点となっていた。そこで雑音の効率的な除去法が重要な課題として残っていた。宇宙開発事業団から、台風13号が上陸した鹿児島県が含まれているJERS-1/SARデータ(平成5年9月3日撮影分)を取得し、解析を進めた。さらに比較のために前年9月のSAR画像を取得し、当該画像と差演算を実行した。実行の結果はフィルター処理をしない場合、スペックルノイズの影響で水害の影響を検出できなかった。そこで本研究室で開発したスペックルノイズ・フィルター処理した1ルック画像で再度差演算処理した結果、水害の影響と思われる領域を抽出できた。確認のために現地調査を行った結果とも照合を行い確認した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 衛星JERS-1による雲仙・普賢岳の定期的監視システム, 森 正壽, 平成7年度では、JERS-1/SARセンサによるRAWデータからの画像データの再生処理システムをさらに実用性を高めるために高速化した。再生処理はFFT及び逆FFTを多用するため、スワップ領域の設定が重要となり処理装置にSAR処理専用に内蔵ディスクを設置し、演算を効率よく処理させることで、2ボリューム/1シーンのフル処理(約8000×6000画素)で13時間までに圧縮できた。SAR画像は従来のセンサに較べて機能的には、優る点が多いが、レーダセンサ特有のスッペクルノイズと呼ばれるコヒーレントノイズが存在し、これがSAR画像の唯一の欠点として懸念されていた。本研究ではこれまで主に欧米で使用されてきたγマップフィルターのアルゴリズムを再検討し、その前後となった元信号の分布がγ分布ではなく、GAUSS分布であることを確認し、そのアルゴリズムを大幅に改良し、スッペクルノイズ低減フィルターを完成させた。雲仙・普賢岳の実際のJERS-1/SAR画像にこのアルゴリズムを適用し、良好な結果を得ることができた。平成8年度までにSAR画像解析システムを完成させ、実際の雲仙・普賢岳におけるLEVEL-0の生画像再生処理システムができあがった。そこで20シーン程度のCCTを宇宙開発事業団から購入し解析に当たった。データ内容は雲や雨で受動センサではほとんど地表が見えない状況であったが、SAR画像では、はっきりと確認することができた。さらに雲仙・普賢岳における現地調査を実行し、被害状況と画像判読の結果を照合し、スペックルノイズの除去状況を現地にて確認した。最後に問題点として残るのは、JERS-1、EERS-1の運行スケジュールの関係で必ずしも航行中全ての画像データが撮れておらず、当初の予定が変わったことにある。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), 合成開合レーダによる雲仙・普賢岳の監視システム, 森 正壽, 1.衛星画像データの検索と取得まず対象となる雲仙・普賢岳のシーンの検索,観測時期の選択を行うため,リモートセンシング技術センターにおいて宇宙開発事業団が受信・保存している当該地域の検索を行った。センサーとしては,JERS-1/SAR,JERS-1/OPS,SPOT/XS,SPOT/PAを選択した。2.画質評価これまで宇宙開発事業団,および通産省資源調査所の調整によりJERS-1/SARデータの一般ユーザへの配布時期が大幅に遅れたため,画像データ取得後の画質評価も大幅に遅れることになった。合成開口レーダ・データは観測後の生データから各種の処理パラメータを設定し,実画像を再構成するため,パラメータの選択によっては鮮明な画像が得られない。実際に宇宙開発事業団から取得した画像データを評価したところ,必ずしも良質のものではなかった。具体的はコントラスト処理が十分ではなく,シャープな画像が再生されていない。3.溶岩ドームの検出東京大学大型計算機センターにおいて溶岩ドームを含む普賢岳周辺の地域の抽出を行い,地形図とのレジストレーションを行い,これまでの航空機観測,地上観測との同定を行った。これらの結果,画質自体は必ずしも良質ではなかったが,合成開口レーダの特質から,レーダの斜めからの照射により,3次元的把握が可能となり,溶岩ドーム同定が可能となった。
  • リモートセンシングの応用
  • スピン系の計算機シミュレーション