KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

山本 哲志ヤマモト テツシ

プロフィール

所属部署名薬学部 医療薬学科
職名講師
学位博士(医学)
専門分析化学、分子生物学
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/429-yamamoto-tetsushi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/20453920.ja.html
メールアドレスyamatetsu[at]phar.kindai.ac.jp
Last Updated :2018/12/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    病気で特異的に発現しているタンパク質を探索する(プロテオーム解析)研究をしています。特に膵臓癌や大腸癌のような消化器癌における、新しい早期診断マーカーや分子標的薬に関してです。

学歴・経歴

経歴

  •   2018年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2013年04月,  - 2018年03月, 近畿大学(助教)
  •   2007年01月,  - 2013年03月, 日本医科大学(助教)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 消化器内科学
  • 外科系臨床医学, 消化器外科学

研究キーワード

  • プロテオミクス, 膵臓癌, ルミカン, プロテオグリカン, 細胞増殖, 糖鎖解析, AKTシグナル, ヒト胎児腎細胞, ERKシグナル, MMP-9, 細胞浸潤

論文

  • A Proteomic Approach for Understanding the Mechanisms of Delayed Corneal Wound Healing in Diabetic Keratopathy Using Diabetic Model Rat., Yamamoto T, Otake H, Hiramatsu N, Yamamoto N, Taga A, Nagai N, International journal of molecular sciences, 19, 11,   2018年11月, 査読有り
  • Collagen peptides from soft‑shelled turtle induce calpain‑1 expression and regulate inflammatory cytokine expression in HaCaT human skin keratinocytes., Yamamoto T, Nakanishi S, Mitamura K, Taga A, International journal of molecular medicine, 42, 2, 1168, 1180,   2018年08月, 査読有り
  • 2-Deoxy-d-glucose increases GFAT1 phosphorylation resulting in endoplasmic reticulum-related apoptosis via disruption of protein N-glycosylation in pancreatic cancer cells., Ishino K, Kudo M, Peng WX, Kure S, Kawahara K, Teduka K, Kawamoto Y, Kitamura T, Fujii T, Yamamoto T, Wada R, Naito Z, Biochemical and biophysical research communications, 501, 3, 668, 673,   2018年06月, 査読有り
  • Instillation of Sericin Enhances Corneal Wound Healing through the ERK Pathway in Rat Debrided Corneal Epithelium., Nagai N, Fukuoka Y, Ishii M, Otake H, Yamamoto T, Taga A, Okamoto N, Shimomura Y, International journal of molecular sciences, 19, 4,   2018年04月, 査読有り
  • Proteomic profile of the lens in a streptozotocin-induced diabetic rat model using shotgun proteomics., Nagai N, Yamamoto T, Mitamura K, Taga A, Biomedical reports, 7, 5, 445, 450,   2017年11月, 査読有り
  • Shotgun label-free proteomic analysis for identification of proteins in HaCaT human skin keratinocytes regulated by the administration of collagen from soft-shelled turtle., Yamamoto T, Nakanishi S, Mitamura K, Taga A, Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials, 106, 6, 2403, 2413,   2017年11月, 査読有り
  • Effect of dark-colored maple syrup on cell proliferation of human gastrointestinal cancer cell., Yamamoto T, Sato K, Kubota Y, Mitamura K, Taga A, Biomedical reports, 7, 1, 6, 10,   2017年07月, 査読有り
  • Increased expression of PDIA3 and its association with cancer cell proliferation and poor prognosis in hepatocellular carcinoma., Takata H, Kudo M, Yamamoto T, Ueda J, Ishino K, Peng WX, Wada R, Taniai N, Yoshida H, Uchida E, Naito Z, Oncology letters, 12, 6, 4896, 4904,   2016年12月, 査読有り
  • Identification of aldolase A as a potential diagnostic biomarker for colorectal cancer based on proteomic analysis using formalin-fixed paraffin-embedded tissue., Yamamoto T, Kudo M, Peng WX, Takata H, Takakura H, Teduka K, Fujii T, Mitamura K, Taga A, Uchida E, Naito Z, Tumour biology : the journal of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine, 37, 10, 13595, 13606,   2016年10月, 査読有り
  • Peripheral HMGB1-induced hyperalgesia in mice: Redox state-dependent distinct roles of RAGE and TLR4., Yamasoba D, Tsubota M, Domoto R, Sekiguchi F, Nishikawa H, Liu K, Nishibori M, Ishikura H, Yamamoto T, Taga A, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 130, 2, 139, 142,   2016年02月, 査読有り
  • Insulin-like growth factor 2 mRNA-binding protein-3 as a marker for distinguishing between cutaneous squamous cell carcinoma and keratoacanthoma., Kanzaki A, Kudo M, Ansai S, Peng WX, Ishino K, Yamamoto T, Wada R, Fujii T, Teduka K, Kawahara K, Kawamoto Y, Kitamura T, Kawana S, Saeki H, Naito Z, International journal of oncology, 48, 3, 1007, 1015,   2016年03月, 査読有り
  • Inhibitory effect of maple syrup on the cell growth and invasion of human colorectal cancer cells., Yamamoto T, Uemura K, Moriyama K, Mitamura K, Taga A, Oncology reports, 33, 4, 1579, 1584,   2015年04月, 査読有り
  • Optimization of Method to Extract Collagen from "Emperor" Tissue of Soft-shelled Turtles., Yamamoto T, Uemura K, Sawashi Y, Mitamura K, Taga A, Journal of oleo science, 65, 2, 169, 175,   2016年02月, 査読有り
  • Changes in plasma glucose in Otsuka long-evans Tokushima Fatty rats after oral administration of maple syrup., Nagai N, Yamamoto T, Tanabe W, Ito Y, Kurabuchi S, Mitamura K, Taga A, Journal of oleo science, 64, 3, 331, 335,   2015年03月, 査読有り
  • Cystatin B as a potential diagnostic biomarker in ovarian clear cell carcinoma., Takaya A, Peng WX, Ishino K, Kudo M, Yamamoto T, Wada R, Takeshita T, Naito Z, International journal of oncology, 46, 4, 1573, 1581,   2015年04月, 査読有り
  • Lumican as a novel marker for differential diagnosis of Bowen disease and actinic keratosis., Takayama R, Ishiwata T, Ansai S, Yamamoto T, Matsuda Y, Naito Z, Kawana S, The American Journal of dermatopathology, 35, 8, 827, 832,   2013年12月, 査読有り
  • Analysis of protein expression regulated by lumican in PANC‑1 cells using shotgun proteomics., Yamamoto T, Kudo M, Peng WX, Naito Z, Oncology reports, 30, 4, 1609, 1621,   2013年10月, 査読有り
  • Nodular fasciitis in the parotid gland: a case report and review of the literature., Peng WX, Kudo M, Yamamoto T, Inai S, Fujii T, Teduka K, Kawahara K, Naito Z, Diagnostic cytopathology, 41, 9, 829, 833,   2013年09月, 査読有り
  • Expression of Lumican in Hidroacanthoma Simplex and Clonal-Type Seborrheic Keratosis as a Potent Differential Diagnostic Marker., Takayama R, Ansai SI, Ishiwata T, Yamamoto T, Matsuda Y, Naito Z, Kawana S, The American Journal of dermatopathology,   2013年05月, 査読有り
  • Expression and role of nestin in human cervical intraepithelial neoplasia and cervical cancer., Sato A, Ishiwata T, Matsuda Y, Yamamoto T, Asakura H, Takeshita T, Naito Z, International journal of oncology, 41, 441, 448,   2012年08月, 査読有り
  • Secreted 70kDa lumican stimulates growth and inhibits invasion of human pancreatic cancer., Yamamoto T, Matsuda Y, Kawahara K, Ishiwata T, Naito Z, Cancer letters, 320, 31, 39,   2012年07月, 査読有り
  • Enhanced expression of fibroblast growth factor receptor 2 IIIc promotes human pancreatic cancer cell proliferation., Ishiwata T, Matsuda Y, Yamamoto T, Uchida E, Korc M, Naito Z, The American journal of pathology, 180, 1928, 1941,   2012年05月, 査読有り
  • Keratinocyte growth factor stimulates growth of MIA PaCa-2 cells through extracellular signal-regulated kinase phosphorylation., Yamamoto T, Matsuda Y, Kawahara K, Naito Z, Ishiwata T, Oncology letters, 3, 307, 310,   2012年02月, 査読有り
  • Overexpressed fibroblast growth factor receptor 2 in the invasive front of colorectal cancer: a potential therapeutic target in colorectal cancer., Matsuda Y, Ishiwata T, Yamahatsu K, Kawahara K, Hagio M, Peng WX, Yamamoto T, Nakazawa N, Seya T, Ohaki Y, Naito Z, Cancer letters, 309, 209, 219,   2011年10月, 査読有り
  • Neuroepithelial stem cell marker nestin regulates the migration, invasion and growth of human gliomas., Ishiwata T, Teduka K, Yamamoto T, Kawahara K, Matsuda Y, Naito Z, Oncology reports, 26, 91, 99,   2011年07月, 査読有り
  • Morphological and cytoskeletal alterations of nervous system tumor cells with different culturing methods., Matsuda Y, Kawamoto Y, Teduka K, Peng WX, Yamamoto T, Ishiwata T, Naito Z, International journal of oncology, 38, 1253, 1258,   2011年05月, 査読有り
  • The stem cell marker nestin is a novel therapeutic target to suppress tumor growth and invasion of malignant melanoma, Akiyama Michiko, Kawahara Kiyoko, Matsuda Yoko, Suzuki Taeko, Takayama Ryoko, Yamamoto Tetsushi, Ishiwata Toshiyuki, Kawana Seiji, Naito Zenya, CANCER RESEARCH, 71,   2011年04月15日, 査読有り
  • Morphological and cytoskeletal changes of pancreatic cancer cells in three-dimensional spheroidal culture., Matsuda Y, Ishiwata T, Kawamoto Y, Kawahara K, Peng WX, Yamamoto T, Naito Z, Medical molecular morphology, 43, 211, 217,   2010年12月, 査読有り
  • Enhanced expression of lumican inhibited the attachment and growth of human embryonic kidney 293 cells., Ishiwata T, Yamamoto T, Kawahara K, Kawamoto Y, Matsuda Y, Ishiwata S, Naito Z, Experimental and molecular pathology, 88, 363, 370,   2010年06月, 査読有り
  • Keratinocyte growth factor induces vascular endothelial growth factor-A expression in colorectal cancer cells., Narita K, Fujii T, Ishiwata T, Yamamoto T, Kawamoto Y, Kawahara K, Nakazawa N, Naito Z, International journal of oncology, 34, 355, 360,   2009年02月, 査読有り
  • Expression and roles of lumican in lung adenocarcinoma and squamous cell carcinoma., Matsuda Y, Yamamoto T, Kudo M, Kawahara K, Kawamoto M, Nakajima Y, Koizumi K, Nakazawa N, Ishiwata T, Naito Z, International journal of oncology, 33, 1177, 1185,   2008年12月, 査読有り
  • Immunoprecipitation and MALDI-MS identification of lithocholic acid-tagged proteins in liver of bile duct-ligated rats., Ikegawa S, Yamamoto T, Ito H, Ishiwata S, Sakai T, Mitamura K, Maeda M, Journal of lipid research, 49, 2463, 2473,   2008年11月, 査読有り
  • Production and characterization of a monoclonal antibody to capture proteins tagged with lithocholic acid., Ikegawa S, Yamamoto T, Miyashita T, Okihara R, Ishiwata S, Sakai T, Chong RH, Maeda M, Hofmann AF, Mitamura K, Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry, 24, 1475, 1480,   2008年, 査読有り
  • Expression and roles of keratinocyte growth factor and its receptor in esophageal cancer cells., Yoshino M, Ishiwata T, Watanabe M, Matsunobu T, Komine O, Ono Y, Yamamoto T, Fujii T, Matsumoto K, Tokunaga A, Naito Z, International journal of oncology, 31, 721, 728,   2007年10月, 査読有り
  • Role of lumican in cancer cells and adjacent stromal tissues in human pancreatic cancer., Ishiwata T, Cho K, Kawahara K, Yamamoto T, Fujiwara Y, Uchida E, Tajiri T, Naito Z, Oncology reports, 18, 537, 543,   2007年09月, 査読有り

MISC

  • クロマグロ抽出コラーゲンの悪性黒色腫細胞増殖への影響の検討, 久保田千晶, 山本哲志, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 138th, ROMBUNNO.27PA‐am281,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802224263184420
  • LC‐MS/MSを用いたTCA回路代謝物の一斉分析, 佐藤完太, 山口真史, 山本哲志, 三田村邦子, 多賀淳, JSBMS Letters, 43, Supplement, 139,   2018年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802251404128818
  • ショットガンプロテオミクス解析を用いた糖尿病白内障要因の解析, 大竹裕子, 山本哲志, 三田村邦子, 多賀淳, 長井紀章, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 138th, ROMBUNNO.26PA‐pm325,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802224797816915
  • ホルマリン固定パラフィン包埋大腸癌組織を用いた新規大腸癌診断マーカーの探索とその定量法の開発, 山本哲志, 工藤光洋, 橋本知樹, 三田村邦子, 内藤善哉, 多賀淳, JSBMS Letters, 43, Supplement, 66,   2018年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802275120149317
  • プロテオーム解析によるすっぽんコラーゲンのヒト皮膚角化細胞への影響の検討, 山本哲志, 中西紗緒理, 三田村邦子, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 138th, ROMBUNNO.27PA‐am384,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802225198127089
  • 各種温度下におけるシクロホスファミドの最大ガス化量, 遠藤晋吾, 遠藤晋吾, 石渡俊二, 山本理恵, 北野里佳, 藤本美弥, 山本哲志, 多賀淳, 升永早紀, 益子高, 福田由之, 安井友佳子, 石坂敏彦, 井上知美, 小竹武, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 138th, ROMBUNNO.28PA‐am347S,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802281009171344
  • 細胞外基質lumicanの膵臓癌特異糖鎖修飾を標的とした新規治療法の開発, 山本哲志, 多賀淳, 三田村邦子, 大和証券ヘルス財団研究業績集, 40, 93‐96,   2017年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702263534525132
  • LC/ESI‐MSによる乾燥ろ紙尿中糖質コルチコイド代謝物スクリーニング法の開発, 三田村邦子, 森莉子, 上田麻美子, 亀井美希, 山本哲志, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 136th, 2, ROMBUNNO.28AB‐AM342, 265,   2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602291196662880
  • 細胞外基質Lumicanの発現抑制による新規膵臓癌細胞増殖抑制法の開発, 山本哲志, 谷田和香奈, 橋本知樹, 三田村邦子, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, ROMBUNNO.25PB‐am180,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702237981945675
  • 保湿化粧品材料コラーゲンの物理的保水能検証法, 久保田千晶, 北村真巳, 山本哲志, 松川泰治, 土井聡, 鹿島康浩, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, ROMBUNNO.26Q‐pm15S,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702261688092599
  • ショットガンプロテオミクス解析に基づく,大腸癌における新規治療標的CyclophilinAの役割。, 高倉英樹, 山本哲志, 三田村邦子, 工藤光洋, 内藤善哉, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 136th, 4, ROMBUNNO.28O-PM03S, 73,   2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602274150482142
  • 新規大腸癌治療薬開発のためのメープルシロップ中抗腫瘍成分の同定, 山本 哲志, 澁路 龍大, 三田村 邦子, 多賀 淳, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 1276,   2016年10月
  • メープルシロップ投与による大腸癌細胞増殖抑制機構の検討, 山本哲志, 三田村邦子, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 136th, 4, ROMBUNNO.27AB‐PM272, 204,   2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602281216293857
  • 大腸がん細胞の細胞増殖におけるメープルシロップの役割について, 久保田 千晶, 山本 哲志, 三田村 邦子, 多賀 淳, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 1277,   2016年10月
  • 細胞外基質lumicanの膵臓癌特異糖鎖修飾を標的とした新規治療法の開発, 山本哲志, 日本膵臓病研究財団研究報告書, 22nd, 119, 123,   2015年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602207719857761
  • スッポンからのコラーゲン抽出法の最適化, 久保田千晶, 山本哲志, 上村健太郎, 澤岻有喜, 三田村邦子, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 136th, 2, ROMBUNNO.28R-AM07, 60,   2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602283376938431
  • ホルマリン固定パラフィン包埋大腸癌組織を用いたプロテオーム解析によるバイオマーカーの探索, 山本 哲志, 工藤 光洋, 彭 為霞, 高田 英志, 三田村 邦子, 多賀 淳, 内藤 善哉, 日本癌学会総会記事, 74回, P, 1358,   2015年10月
  • 大腸癌細胞の増殖・浸潤におけるメープルシロップの効果, 久保田 千晶, 山本 哲志, 三田村 邦子, 多賀 淳, 日本癌学会総会記事, 74回, P, 1308,   2015年10月
  • メープルシロップを用いた大腸癌抗腫瘍効果の検討, 山本哲志, 上村健太朗, 三田村邦子, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, ROMBUNNO.27H-PM14,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502285760476858
  • 革新的創薬開発と実用化 天然甘味料メープルシロップの大腸癌治療への応用, 山本哲志, 化学工業, 66, 12, 919, 924,   2015年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502203431738820
  • LC/ESI‐LIT‐MS/MSにおけるPQD及びCID測定による尿中硫酸抱合型ステロイドの分析, 三田村邦子, 蔵渕慧, 上田麻美子, 池川繁男, 山本哲志, 多賀淳, JSBMS Lett, 39, Supplement, 62,   2014年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402294671380938
  • LC/ESI‐MS/MSによる尿中抱合型テトラヒドロコルチコステロイドのプロファイル分析, 三田村邦子, 上田麻美子, 山本哲志, 多賀淳, 池川繁男, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, ROMBUNNO.27PA-PM087,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502295108504314
  • 天然甘味料メープルシロップの大腸癌治療への応用 (特集 革新的創薬開発と実用化), 山本 哲志, 化學工業, 66, 12, 919, 924,   2015年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020659132
  • ホルマリン固定パラフィン包埋大腸癌組織を用いた新規治療標的の探索(Proteomic analysis of formalin-fixed paraffin-embedded colorectal cancer tissue for identification of therapeutic target), 山本 哲志, 工藤 光洋, 彭 為霞, 高田 英志, 三田村 邦子, 多賀 淳, 内藤 善哉, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 3254,   2014年09月
  • FFPE切片を用いたケラトアカントーマのプロテオーム解析(Proteome analysis using formalin-fixed paraffin-embedded keratoacanthoma tissue), 神崎 亜希子, 工藤 光洋, 安齋 眞一, 山本 哲志, 藤井 雄文, 手塚 潔, 彭 為霞, 和田 龍一, 佐伯 秀久, 内藤 善也, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 3338,   2014年09月
  • 卵巣癌FFPE組織を用いたプロテオーム解析による新規バイオマーカーの探索, 高屋茜, 彭為霞, 山本哲志, 石野孔祐, 工藤光洋, 竹下俊行, 内藤善哉, 日本婦人科腫よう学会雑誌, 32, 3, 517,   2014年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402257010086623
  • 肝細胞癌のホルマリン固定パラフィン包埋組織ブロックを用いた発現低下を示すタンパク質の検討(Identification of down-regulated proteins using formalin-fixed paraffin-embedded HCC tissue), 高田 英志, 工藤 光洋, 山本 哲志, 和田 龍一, 彭 為霞, 石野 孔祐, 手塚 潔, 藤井 雄文, 河本 陽子, 内田 英二, 内藤 善哉, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 3339,   2014年09月
  • Maple syrupの大腸癌抑制作用(Anti-cancer Effect of Maple Syrup for Colorectal Cancer), 上村 健太朗, 山本 哲志, 三田村 邦子, 多賀 淳, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 2416,   2014年09月
  • FFPE組織を用いた卵巣癌プロテオーム解析による新規バイオマーカーの探索, 高屋茜, 彭為霞, 紺野亜希子, 高田英志, 藤井雄文, 手塚潔, 石野孔祐, 山本哲志, 工藤光洋, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 103, 1, 372,   2014年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402264829235381
  • 肝細胞癌において発現低下を示す代謝関連タンパク質の検討, 高田英志, 工藤光洋, 山本哲志, 彭為霞, 藤井雄文, 手塚潔, 石野孔祐, 高屋茜, 紺野亜希子, 川原清子, 河本陽子, 内田英二, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 103, 1, 317,   2014年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402291679702048
  • 細胞外基質lumicanの膵臓癌特異糖鎖修飾を標的とした新規治療法の開発, 山本 哲志, 日本膵臓病研究財団研究報告書 = Pancreas Research Foundation of Japan annual report, 22, 119, 123,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020692062
  • ショットガンプロテオミクス解析による大腸癌早期発見のための新規診断マーカーの探索, 上村健太朗, 山本哲志, 三田村邦子, 工藤光洋, 内藤善哉, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, ROMBUNNO.30PML-139S,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402203597392796
  • メープルシュガーにおける血糖値上昇抑制効果, 多賀淳, 長井紀章, 山本哲志, 三田村邦子, 伊藤吉將, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, ROMBUNNO.28AML-101,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402251488298822
  • プロテオーム解析を用いたlumicanの膵臓癌細胞増殖制御機構の解析, 山本哲志, 木場克斗, 三田村邦子, 工藤光洋, 内藤善哉, 多賀淳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, ROMBUNNO.30PML-136,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402282507468940
  • LC/ESI‐MS/MSによるラット胆汁中抱合型フェニル酢酸の同定, 三田村邦子, 大橋勇斗, 山本哲志, 多賀淳, 池川繁男, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, ROMBUNNO.29AML-070,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402292968391588
  • 肝細胞癌ホルマリン固定パラフィン包埋組織を用いたプロテオーム解析による新規バイオマーカーの探索(Proteomic analysis for identification of biomarkers using formalin-fixed paraffin-embedded HCC tissue), 高田 英志, 山本 哲志, 工藤 光洋, 彭 為霞, 手塚 潔, 藤井 雄文, 上田 純志, 内田 英二, 内藤 善哉, 日本癌学会総会記事, 72回, 447, 447,   2013年10月
  • 上皮性卵巣癌のホルマリン固定パラフィン包埋組織からの蛋白質プロテオーム解析(Proteome analysis of formalin-fixed paraffin-embedded epithelial ovarian cancer tissues), 高屋 茜, 彭 為霞, 紺野 亜希子, 高田 英志, 手塚 潔, 藤井 雄文, 山本 哲志, 工藤 光洋, 竹下 俊行, 内藤 善哉, 日本癌学会総会記事, 72回, 447, 447,   2013年10月
  • ホルマリン固定パラフィン包埋肝細胞癌組織を用いたプロテオーム解析(Proteome analysis using formalin-fixed paraffin-embedded hepatocellular carcinoma tissues), 工藤 光洋, 高田 英志, 彭 為霞, 山本 哲志, 藤井 雄文, 手塚 潔, 内藤 善哉, 日本癌学会総会記事, 72回, 447, 448,   2013年10月
  • 子宮類内膜腺癌及び前癌病変におけるFGFR2IIIcの役割解明, 彭為霞, 工藤光洋, 山本哲志, 藤井雄文, 手塚潔, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 102, 1, 374,   2013年04月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302221765349479
  • 卵巣癌における膜結合型ムチン及びHer2の免疫組織化学的検討, 高屋茜, 彭為霞, 紺野亜希子, 高田英志, 藤井雄文, 手塚潔, 山本哲志, 工藤光洋, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 102, 1, 382,   2013年04月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302239348591212
  • 肝細胞癌にてダウンレギュレートしたタンパク質のホルマリン固定パラフィン包埋組織からのプロテオーム解析, 工藤光洋, 山本哲志, 高田英志, 彭為霞, 藤井雄文, 手塚潔, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 102, 1, 465,   2013年04月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302265991919625
  • ケラトアカントーマのホルマリン固定パラフィン包埋組織によるプロテオーム解析, 紺野亜希子, 工藤光洋, 山本哲志, 安齋眞一, 藤井雄文, 手塚潔, 彭為霞, 川名誠司, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 102, 1, 479,   2013年04月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302266812725089
  • ホルマリン固定パラフィン包埋組織ブロックを用いた肝細胞癌のプロテオミクス解析, 高田英志, 山本哲志, 工藤光洋, 彭為霞, 藤井雄文, 手塚潔, 内田英二, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 102, 1, 465,   2013年04月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302298501935925
  • PS-090-6 肝細胞癌のホルマリン固定パラフィン包埋組織ブロックを用いたプロテオミクスによるバイオマーカーの探索(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会), 高田 英志, 山本 哲志, 谷合 信彦, 真々田 裕宏, 吉岡 正人, 川野 陽一, 水口 義昭, 清水 哲也, 上田 純志, 内藤 善哉, 内田 英二, 日本外科学会雑誌, 114, 2,   2013年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009715185
  • 肝細胞癌のホルマリン固定パラフィン包埋組織ブロックを用いたプロテオミクスによるバイオマーカーの探索, 高田英志, 山本哲志, 谷合信彦, 真々田裕宏, 吉岡正人, 川野陽一, 水口義昭, 清水哲也, 上田純志, 内藤善哉, 内田英二, 日本外科学会雑誌, 114, 646,   2013年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302285296414882
  • 大腸癌ホルマリン固定パラフィン包埋組織を用いたプロテオーム解析による新規診断マーカーの探索, 山本哲志, 工藤光洋, 高田英志, 彭為霞, 手塚潔, 藤井雄文, 内藤善哉, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, ROMBUNNO.29Q-PM26,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302226684546050
  • Bowen病と日光角化症における病理組織学的鑑別診断マーカーとしてのlumicanの発現の検討, 高山 良子, 安齋 眞一, 石渡 俊行, 山本 哲志, 松田 陽子, 内藤 善哉, 川名 誠司, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 28回, 165, 165,   2012年06月
  • Seborrheic keratosis,clonal typeとhidroacanthoma simplexにおけるlumicanの発現の検討, 高山良子, 安齋眞一, 石渡俊行, 山本哲志, 松田陽子, 内藤善哉, 川名誠司, 日本皮膚科学会雑誌, 122, 4, 1222,   2012年04月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202202362491982
  • 子宮頸部異形成と子宮頸癌におけるnestinの発現とCancer stem cellとの関連, 佐藤杏月, 石渡俊行, 山本哲志, 松田陽子, 朝倉啓文, 竹下俊行, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 101, 1, 277,   2012年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202210728139384
  • 膵癌細胞における分泌型lumicanの増殖・浸潤への関与, 山本哲志, 工藤光洋, 川原清子, 彭為霞, 松田陽子, 石渡俊行, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 101, 1, 370,   2012年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202217069698316
  • 皮膚腫瘍の病理組織診断におけるlumicanの有用性の検討, 高山良子, 石渡俊行, 安齋眞一, 山本哲志, 松田陽子, 川名誠司, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 101, 1, 248,   2012年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202218372122245
  • 膵癌・PanINにおける癌幹細胞マーカーの発現, 呉壮香, 松田陽子, 萩尾真人, 鈴木妙子, 柳澤祐次, 上田純志, 山初和也, 山本哲志, 石渡俊行, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 101, 1, 369,   2012年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202241088019452
  • Nestinによる膵癌腫瘍新生血管増殖制御と新たな分子標的治療の可能性, 山初和也, 松田陽子, 石渡俊行, 山本哲志, 萩尾真人, 相本隆幸, 中村慶春, 松下晃, 上田純志, 内田英二, 内藤善哉, 日本外科学会雑誌, 113, 198,   2012年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202203896735794
  • PD-4-8 Nestinによる膵癌腫瘍新生血管増殖制御と新たな分子標的治療の可能性(PD-4 パネルディスカッション(4)癌分子標的治療up to date,第112回日本外科学会定期学術集会), 山初 和也, 松田 陽子, 石渡 俊行, 山本 哲志, 萩尾 真人, 相本 隆幸, 中村 慶春, 松下 晃, 上田 純志, 内田 英二, 内藤 善哉, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009547663
  • 膵臓癌細胞の増殖・浸潤の制御に関わるlumicanの機能解析, 山本哲志, 工藤光洋, 彭為霞, 川原清子, 手塚潔, 藤井雄文, 松田陽子, 石渡俊行, 内藤善哉, 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 4, 176,   2012年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202226102386413
  • ヒト膵癌組織における各種癌幹細胞マーカー発現の検討, 山本哲志, 松田陽子, 萩尾真人, 河本陽子, 川原清子, 内藤善哉, 石渡俊行, 日本病理学会会誌, 100, 2, 30,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102289668416551
  • PS-105-1 膵癌における各腫瘍血管マーカーと臨床病理学的因子との関連(PS-105 ポスターセッション(105)膵臓:基礎-2,第111回日本外科学会定期学術集会), 山初 和也, 松田 陽子, 石渡 俊行, 山本 哲志, 河本 陽子, 手塚 潔, 相本 隆幸, 中村 慶春, 廣井 信, 上田 純志, 内田 英二, 内藤 善哉, 日本外科学会雑誌, 112, 1,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008685039
  • 膵癌における各腫瘍血管マーカーと臨床病理学的因子との関連, 山初和也, 松田陽子, 石渡俊行, 山本哲志, 河本陽子, 手塚潔, 相本隆幸, 中村慶春, 廣井信, 上田純志, 内田英二, 内藤善哉, 日本外科学会雑誌, 112, 686,   2011年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102278554418773
  • 神経膠芽腫の腫瘍幹細胞の維持にnestinが関わる可能性, 手塚潔, 石渡俊行, 河本陽子, 山本哲志, 松田陽子, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 100, 1, 454,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102204179488587
  • 子宮頸部異形成および子宮頸癌におけるNestinの発現, 佐藤杏月, 石渡俊行, 山本哲志, 河本陽子, 彭為霞, 松田陽子, 恩田宗彦, 朝倉啓文, 竹下俊行, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 100, 1, 459,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102214792268633
  • 振り子状の形態を呈した肝臓血管筋脂肪腫の1例, 梶尾円香, 彭為霞, 井内亜美, 松田陽子, 石渡俊行, 恩田宗彦, 山本哲志, 新井悟, 大秋美治, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 100, 1, 498,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102221093507718
  • 幹細胞マーカーのnestinによる悪性黒色腫の増殖と浸潤阻害, 秋山美知子, 松田陽子, 川原清子, 高山良子, 山本哲志, 石渡俊行, 川名誠司, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 100, 1, 313,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102234163292212
  • 膵癌特異分泌型lumicanの細胞増殖への関与, 山本哲志, 松田陽子, 川原清子, 彭為霞, 内藤善哉, 石渡俊行, 日本病理学会会誌, 100, 1, 319,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102240611773960
  • 線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR2)を標的とした膵癌治療の研究, 石渡俊行, 松田陽子, 上田純志, 山本哲志, 彭為霞, 川原清子, 内田英二, MURRAY Korc, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 100, 1, 320,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102245632125570
  • 皮膚腫瘍組織におけるlumicanとそのmRNAの発現の検討, 高山良子, 石渡俊行, 安齋眞一, 山本哲志, 松田陽子, 藤井雄文, 鈴木妙子, 川名誠司, 内藤善也, 日本病理学会会誌, 100, 1, 358,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102252077293670
  • 膵癌培養細胞におけるnestinによるE‐cadherin制御機構の解明, 鈴木妙子, 松田陽子, 手塚潔, 山本哲志, 内藤善哉, 石渡俊行, 日本病理学会会誌, 100, 1, 347,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102257537291479
  • ヒト膵癌組織における,酵素抗体法を用いた膵癌幹細胞マーカーの検討, 櫻井星羅, 黒田諒, 石渡俊行, 松田陽子, 山本哲志, 河本陽子, 川原清子, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 100, 1, 497,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102261271025244
  • Nude mouseとNOG mouseを用いたヒト膵癌培養細胞転移モデルの比較検討, 山初和也, 松田陽子, 藤井雄文, 川原清子, 河本陽子, 手塚潔, 鈴木妙子, 山本哲志, 石渡俊行, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 100, 1, 455,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102261417758044
  • 星細胞腫と神経膠芽腫におけるCD44の発現と,抗CD44モノクローナル抗体の投与効果の検討, 吉田常恭, 手塚潔, 川原清子, 山本哲志, 松田陽子, 石渡俊行, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 100, 1, 494,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102279843740817
  • 安定過剰発現株を用いた膵臓癌におけるlumicanの機能解析, 山本哲志, 松田陽子, 彭為霞, 川原清子, 藤井雄文, 手塚潔, 内藤善哉, 石渡俊行, 日本薬学会年会要旨集, 131st, 4, 171,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102232568759751
  • 膵癌の浸潤・転移におけるNestinの役割の解明とNestinを標的とした膵癌治療の基礎的研究, 松田陽子, 内藤善哉, 石渡俊行, 山本哲志, 大和証券ヘルス財団研究業績集, 34, 40, 44,   2011年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102205703224661
  • 神経膠芽腫細胞におけるCD44の発現と,抗CD44モノクローナル抗体投与の効果, 吉田常恭, 手塚潔, 川原清子, 藤井雄文, 河本陽子, 鈴木妙子, 山本哲志, 松田陽子, 石渡俊行, 内藤善哉, 日本医科大学医学会雑誌, 6, 4, 214,   2010年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002257676438525
  • Nestin発現制御による膵癌の浸潤,転移抑制機序の検討, 松田陽子, 石渡俊行, 山本哲志, 川原清子, 藤井雄文, 河本陽子, 手塚潔, 鈴木妙子, 内田英二, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 99, 1, 225,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002203971236389
  • NOGマウスを用いたヒト膵癌培養細胞の転移モデル, 秋山輝, 松田陽子, 藤井雄文, 川原清子, 河本陽子, 手塚潔, 鈴木妙子, 山本哲志, 石渡俊行, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 99, 1, 373,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002206180738002
  • 神経膠芽腫におけるNestinの発現と,その役割の検討, 手塚潔, 石渡俊行, 吉田常恭, 川原清子, 鈴木妙子, 藤井雄文, 河本陽子, 山本哲志, 松田陽子, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 99, 1, 351,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002208825757409
  • 膵癌における各腫瘍血管マーカーと臨床病理学的因子との関連―NestinとCD34陽性血管の比較, 山初和也, 松田陽子, 石渡俊行, 山本哲志, 河本陽子, 手塚潔, 相本隆幸, 中村慶春, 廣井信, 内田英二, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 99, 1, 223,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002224050516545
  • 線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR2 IIIc)を標的とした膵癌治療法の研究, 石渡俊行, 松田陽子, 山本哲志, 河本陽子, 川原清子, 恩田宗彦, 内田英二, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 99, 1, 224,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002233361394744
  • 膵臓癌におけるlumicanの発現と増殖への関与, 山本哲志, 石渡俊行, 松田陽子, 川原清子, 恩田宗彦, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 99, 1, 224,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002247315487453
  • ヒト培養癌細胞移植ヌードマウス組織における各種固定法の抗原性保持能の検討, 藤井雄文, 石渡俊行, 松田陽子, 山本哲志, 山初和也, 河本陽子, 手塚潔, 鈴木妙子, 川原清子, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 99, 1, 285,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002263694236522
  • 薄切標本におけるRNA保持に有用な保存法の検討, 河本陽子, 石渡俊行, 川原清子, 鈴木妙子, 松田陽子, 山本哲志, 藤井雄文, 手塚潔, 恩田宗彦, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 99, 1, 275,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002280328778926
  • 膵臓癌のNestin発現制御による浸潤・転移抑制の研究, 松田陽子, 石渡俊行, 川本聖郎, 山本哲志, 許田典男, 山初和也, 彭為霞, 恩田宗彦, 内田英二, KORC Murray, 内藤善哉, すい臓, 24, 3, 374,   2009年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902220186085991
  • 線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR2IIIc)発現制御による膵臓癌治療の研究, 石渡俊行, 山本哲志, 松田陽子, 恩田宗彦, 川本聖郎, 内田英二, KORC Murray, 内藤善哉, すい臓, 24, 3, 373,   2009年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902224567797179
  • Fibroblast growth factor receptor2 IIIc過剰発現による膵臓癌増殖促進と,その制御による治療応用, 石渡俊行, 松田陽子, 山本哲志, 手塚潔, 藤井雄文, 川原清子, 中澤南堂, 恩田宗彦, 内田英二, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 98, 1, 245,   2009年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902205259491315
  • 大腸癌における線維芽細胞増殖因子受容体Fibroblast growth factor receptor 2IIIc(FGFR2IIIc)の発現と役割, 松田陽子, 恩田宗彦, 川原清子, 河本陽子, 山本哲志, 工藤光洋, 中澤南堂, 瀬谷知子, 大秋美治, 石渡俊行, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 98, 1, 227,   2009年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902216155406970
  • 細胞増殖能へのlumicanの影響とシグナル伝達系の解析, 山本哲志, 石渡俊行, 松田陽子, 川原清子, 河本陽子, 恩田宗彦, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 98, 1, 367,   2009年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902249607095779
  • 膵癌におけるNestinの発現と,その制御による膵癌治療の可能性の検討, 内藤善哉, 松田陽子, 川本聖郎, 山本哲志, 小野ゆり, 恩田宗彦, 内田英二, 石渡俊行, 日本病理学会会誌, 98, 1, 245,   2009年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902280426400663
  • 安定過剰発現株を用いたlumicanの機能解析, 山本哲志, 川原清子, 河本陽子, 藤井雄文, 小野ゆり, 松田陽子, 恩田宗彦, 石渡俊行, 内藤善哉, 日本薬学会年会要旨集, 129th, 3, 80,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902273033451758
  • 膵臓癌におけるFibroblast growth factor receptor(FGFR)‐2の発現と役割の検討, 石渡俊行, 張一光, 川本聖郎, 山本哲志, 川原清子, 手塚潔, 松田陽子, 中澤南堂, 内田英二, 田尻孝, 内藤善哉, すい臓, 23, 3, 373,   2008年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902201450061333
  • 膵癌におけるNestinの発現と浸潤との関連性, 川本聖郎, 石渡俊行, 内田英二, 相本隆幸, 中村慶春, 廣井信, 張一光, 山初和也, 恩田宗彦, 小野ゆり, 山本哲志, 松田陽子, 内藤善哉, 田尻孝, すい臓, 23, 3, 343,   2008年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902206678759391
  • Lumican安定過剰発現株を用いたlumicanの役割の検討, 川原清子, 石渡俊行, 藤井雄文, 手塚潔, 鈴木妙子, 河本陽子, 松田陽子, 山本哲志, 中澤南堂, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 97, 1, 312,   2008年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902229897662255
  • 小型ロイシンリッチプロテオグリカンlumicanによる膵臓癌の増殖・浸潤への影響, 山本哲志, 石渡俊行, 川原清子, 藤井雄文, 小野ゆり, 松田陽子, 恩田宗彦, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 97, 1, 274,   2008年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902274370887270
  • 膵癌におけるNestinの発現と浸潤能との関連, 川本聖郎, 石渡俊行, 内田英二, 相本隆幸, 中村慶春, 張一光, 恩田宗彦, 工藤光洋, 小野ゆり, 松田陽子, 山本哲志, 川原清子, 藤井雄文, 手塚潔, 河本陽子, 鈴木妙子, 田尻孝, 内藤善哉, 日本病理学会会誌, 97, 1, 252,   2008年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902277517012789
  • 膵癌におけるnestinの発現とその意義, 川本聖郎, 石渡俊行, 内田英二, 相本隆幸, 中村慶春, 松下晃, 勝野暁, 張一光, 山本哲志, 藤井雄文, 手塚潔, 河本陽子, 内藤善哉, 田尻孝, すい臓, 22, 3, 412,   2007年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902248942753164
  • 医薬品卸におけるDI業務と薬剤師の役割~お得意さまのニーズにお応えする為に~, 高橋綾子, 青井依子, 加藤有美子, 菅谷利江, 野々垣幸保, 丸山歸一, 宮崎恵子, 村社昌美, 山本哲志, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 38th, 218,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902241609145659
  • ラット肝細胞内リトコール酸修飾蛋白質の捕捉と構造解析, 山本哲志, 伊藤裕美, 石渡俊二, 前田昌子, 後藤順一, 池川繁男, 日本薬学会年会要旨集, 124th, 3, 32,   2004年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902235698699956
  • 肝疾患の病態プロテオミクスに用いる分子標的機能性素子の創製, 池川繁男, 山本哲志, 伊藤裕美, 石渡俊二, 真野成康, 後藤順一, 前田昌子, バイオメディカル分析科学シンポジウム講演要旨集, 16th, 86, 87,   2003年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902278563717939
  • リトコール酸‐蛋白付加体の検出に用いるモノクローナル抗体の調製, 伊藤裕美, 大西恵, 山本哲志, 石渡俊二, 前田昌子, 真野成康, 後藤順一, 池川繁男, 日本薬学会年会要旨集, 123rd, 3, 55,   2003年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902260685364526
  • リトコール酸‐蛋白付加体の捕捉と構造解析を目的とするエピトープ特異抗体の調製, 山本哲志, 伊藤裕美, 池川繁男, 前田昌子, 真野成康, 後藤順一, 日本分析化学会年会講演要旨集, 51st, 265,   2002年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902155290447920

特許

  • 糖組成物製造方法及びインベルターゼ阻害剤, 多賀 淳, 山本 哲志, 特願2016-025768, 特開2016-153399
  • 大腸癌マーカー, 多賀 淳, 山本 哲志, 内藤 善哉, 工藤 光洋, 特願2016-088419, 特開2017-198509
  • 大腸癌の治療用組成物と加工食品, 多賀 淳, 山本 哲志, 特願2016-007575, 特開2016-135781
  • コラーゲンペプチド, 多賀 淳, 山本 哲志, 網干 貴之, 特願2014-103720, 特開2015-218142

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 膵臓癌細胞特異糖鎖修飾ルミカンを標的とした新規膵癌早期発見法の開発, 山本 哲志
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ペプチド製剤を用いたルミカンの特異糖鎖修飾制御による膵癌細胞増殖抑制法の開発, 山本 哲志
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), ルミカンの糖鎖制御による膵臓癌細胞増殖・転移機構制御法の開発と治療応用, 山本 哲志, 浸潤性膵管癌の間質におけるルミカンの発現は、癌の浸潤や予後の悪化と関連があることが報告されている。今回、遺伝子導入法を用いて、培養膵臓癌細胞によって分泌されるルミカンの機能について検討した。ルミカン過剰発現膵癌細胞は、分子量70kDaのルミカンを過剰に分泌し、それに伴いERKが活性化した。また、遺伝子導入したことにより細胞増殖能が亢進するとともにラミニンに対する接着能が増加した。さらに細胞浸潤能が抑制され、それに関連してMMP-9の活性が抑制された。一方、siRNAを用いてルミカンの発現を抑制すると逆の結果が得られた。このことから、膵臓癌細胞によって分泌される70kDaのルミカンは、膵臓癌細胞の増殖や浸潤に重要な役割を果たしていると考えられた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), ルミカンによるケラチノサイト増殖因子シグナル伝達経路の制御機構の開発と治療応用, 山本 哲志, ケラチノサイト増殖因子(KGF)とその受容体(KGFR)は膵臓癌の増殖・浸潤に重要な役割を果たしている。培養膵臓癌細胞にリコンビナントKGFを投与すると、濃度依存的に膵臓癌細胞の増殖が進行し、それに関連してERKやp38といったMAPKが活性化された。一方、プロテオグリカンの一つであるルミカンの膵臓癌における発現量を調節したところ、ルミカンの発現量と細胞増殖及びERKの活性化に正の相関関係が認められた。KGFとKGFRの結合の安定化にはプロテオグリカンが必要なことから、ルミカンはKGF/KGFR系の活性化を制御することで膵臓癌の増殖を制御している可能性が考えられた。

その他

  •   2016年04月, 新規大腸癌早期診断マーカーの開発, 近畿大学学内助成金 奨励研究助成金 SR05 研究内容:大腸癌早期診断マーカーの探索を目的とし、患者情報を基に選択した比較的早期ステージの大腸癌患者由来のFFPE組織を用いたプロテオーム解析を行い、癌部と非癌部での発現比較を実施することで同定された新たな3種類の診断マーカー候補(cyclophilin A、aldolase A、annexin A2)の有用性の検討と検出法の開発に関する基礎的検討を行う。