KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

塚正 泰之ツカマサ ヤスユキ

プロフィール

所属部署名農学部 水産学科 / 農学研究科
職名教授
学位博士(農学)
専門水産食品学、水産利用学
ジャンル経営・産業/漁業
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/178-tsukamasa-yasuyuki.html
ホームページURLhttp://suisanriyouken.sakura.ne.jp/riyo/top.htm
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    水産食品の製法と品質との関係を研究しています。特に、魚肉ねり製品の製法と品質、クロマグロ等養殖魚の成分と品質、近赤外分光法による水産物の非破壊検査などを研究しています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2016/6/5
     毎日放送「クイズ!オーサカ理由学4」
     赤身と白身の魚の違いについて
    ●2014/12/11
     フジテレビ「とくダネ!」
     クロマグロの旨味成分について。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1979年, 大阪大学, 工学部, 醗酵工学

経歴

  •   2008年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2002年04月,  - 2008年03月, 近畿大学(准教授)
  •   2001年,  - 2002年,  近畿大学農学部 助教授
  •   1997年,  - 2001年,  近畿大学農学部 講師
  •   1979年,  - 1997年,  丸大食品(株) 研究員

研究活動情報

研究分野

  • 水産学, 水産化学

研究キーワード

  • 水産利用学

論文

  • OM-X, a Fermented Vegetables Extract, Facilitates Muscle Endurance Capacity in Swimming Exercise Mice, Tomohiro Itoh, Yasuyoshi Miyake, Takayuki Yamaguchi, Shota Tsukaguchi, Rena Mitarai, Miyuki Enomoto, Seiya Ensho, Yoshie Shimomiya, Yuki Nakamura, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Muneaki Takahata, Natural Product Communications, 12, 111, 114,   2017年, 査読有り
  • Inhibitory Effects of Echinochrome A, Isolated from Shell of the Sea Urchin Anthocidaris crassispina, on Antigen-Stimulated Degranulation in Rat Basophilic Leukemia RBL-2H3 Cells through Duppression of Lyn Activation, Tomohiro Itoh, Azusa Fujiwara, Masayuki Ninomiya, Toshimichi Maeda, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Mamoru Koketsu, Natural Product Communications, 11, 1303, 1306,   2016年, 査読有り
  • OM-X®, Fermented Vegetables Extract Suppresses Antigen-Stimulated Degranulation in Rat Basophilic Leukemia RBL-2H3 Cells and Passive Cutaneous Anaphylaxis Reaction in Mice, Tomohiro Itoh, Yasuyoshi Miyake,Takuya Kasashimaa, Yoshie Shimomiya, Yuki Nakamura, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Muneaki Takahata., Natural Product Communications, 10, 1597, 1601,   2015年, 査読有り
  • A synthesized nostocionone derivative potentiates programmed cell death in human T-cell leukemia Jurkat cells through mitochondria via the release of endonuclease G, Tomohiro Itoh, Yuji Muramatsu, Masayo Masu, Ayaka Tsuge, Masaki Taniguchi, Masayuki Ninomiya, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Mamoru Koketsu, Nutrition and Cancer, 66, 1414, 1423,   2014年, 査読有り
  • Regulation of the differentiation of osteoblast and osteoclast by a hot-water extracts of adzuki beans (Vigna angularis), Tomohiro Itoh, Masahiro Nakamura, Hirohisa Nakamichi, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Yukio Furuichi, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 78, 92, 99,   2014年, 査読有り
  • Antimicrobial and anti-inflammatory properties of nostocionone isolated from Nostoc commune Vauch and its derivatives against Propionibacterium acnes, Tomohiro Itoh, Akihiro Tsuchida, Yuji Muramatsu, Masayuki Ninomiya , Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Mamoru Kokets, Anaerob, 27, 53, 63,   2014年, 査読有り
  • Effects of additional cysteine in fish diet on mercury concentration, Wen Jye Mok, Yoshirou Hatanaka, Manabu Seoka, Tomohiro Itoh, Yasuyuki Tsukamasa & Masashi Ando, Food Chemistry, 147, 340, 345,   2014年, 査読有り
  • Improvement of Red Color Development on the Surface of Kuruma Prawn Marsupenaeus japonicus under Various Conditions., Journal of Food Science, 79, E201,   2014年, 査読有り
  • Reduced scytonemin isolated from Nostoc commune suppresses LPS/IFNγ-induced NO production in murine macrophage RAW264 cells by inducing hemeoxygenase-1 expression via the Nrf2/ARE pathway., Food and Chemical Toxicology , 69, 330, 338,   2014年, 査読有り
  • Muscle growth in full-cycle cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis from early larval to juvenile stage: histochemical, immunohistochemical and ultrastructural observation., Fisheries Science, 80, 1009,   2014年, 査読有り
  • Reduced scytonemin isolated from Nostoc commune induces autophagic cell death in human T-lymphoid cell line Jurkat cells, Tomohiro Itoh, Ryosuke Tsuzuki, Toshiomi Tanaka, Masayuki Ninomiya, Yuji Yamaguchi,Hiroyuki Takenaka, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Mamoru Koketsu, Food and Chemical Toxicolog, 60, 76, 82,   2013年, 査読有り
  • Whisky congeners suppress LPS/IFNγ-induced NO production in murine macrophage RAW264 cells by the inducing hemeoxygenase-1 expression., Tomohiro Itoh, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamas, Journal of Agricultural Food Chemistry, 60, 51, 12491, 12500,   2013年, 査読有り
  • ラット好塩基球細胞株RBL-2H3 細胞における抗原刺激後脱顆粒に及ぼすタツノオトシゴ(Hippocampus kelloggi Jordan)エタノール抽出物の抑制効果, 伊藤智広、阪田雄大、吉田ゆに華、岩山昌弘、村瀬博宣、安藤正史、塚正泰之 , 日本水産学会誌, 779, 4, 683, 693,   2013年, 査読有り
  • Novel method for improving the antioxidative properties of fish meat by direct injection of sodium L-ascorbate into the blood vessels of live fish., Fish. Sci, 79, 2, 349, 355,   2013年, 査読有り
  • Hot water extract of adzuki (Vigna angularis) suppressses antigen-stimulated degradation in in rat basophilic leukemia RBL-2H3 cells and passive cutaneous anaphylaxis reaction in mice, Tomohiro Itoh, Yumiko Hori, Atsumi, Kazuo Toriizuka, Masahiro Nakamura, Takeshi Maeyama, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Yoshimitsu Ida, Yukio Fruichi, Phytotherapy Research, 26, 1003, 1011,   2012年, 査読有り
  • Microvesicles released from hormone-refractory prostate cancer cells facilitate mouse pre-osteoblast differentiation., Tomohiro Itoh, Yuko Ito, Yoshinori Ohtsuki, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Nami Yamada,Tomoki Naoe, Yukihiro Akao, Journal of Molecular Histology, 43, 5, 509, 515,   2012年, 査読有り
  • Immunomodulatory effects of heat-killed Enterococcus faecalis TH10 on murine macrophage cells., Tomohiro Itoh, Yasuyoshi Miyake, Ayumi Onda, Junko Kubo, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Muneaki Takahata, MicrobiologyOpe, 1, 4, 373, 380,   2012年, 査読有り
  • Expression of BMP-2 and Ets1 in BMP-2-stimulated mouse pre-osteoblast differentiation is regulated by microRNA-370, Tomohiro Itoh, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Yukihiro Akao, FEBSLetters, 586, 1693, 1701,   2012年, 査読有り
  • Assessment of concentrations of toxic elements in aquaculture food products in Malaysia, Wen Jye Mok, Shigeharu Senoo, Tomohiro Itoh, Yasuyuki Tsukamasa, Masashi Ando, Food Chemistry , 133, 1326, 1332,   2012年, 査読有り
  • Application of supercooling to long-term storage of fish meat, Yasufumi Fukuma, Akihiko Yamane, Tomohiro Itoh, Yasuyuki Tsukamasa, Masashi Ando, Fisheries Science, 48, 2, 451, 461,   2012年, 査読有り
  • Structural and ultrastructural changes of full-cycle cultured Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis) muscle slices during chilled storage, B. C. ロイ,安藤正史,伊藤智弘,塚正泰之, Journal of the Science of Food and Agriculture, 92, 1755, 1764,   2012年, 査読有り
  • Muscle fiber types, growth and development in the whole myotome of cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis, Fish Sci, 78, 471, 483,   2012年, 査読有り
  • Mercury levels of small fishes: influence of size and catch area, Wen Jye Mok • Manabu Seoka •Yasuyuki Tsukamasa • Ken-ichi Kawasaki •Masashi Ando, Fisheries Science, 77, 823, 828,   2011年, 査読有り
  • Cisplatin-induced reactive oxygen species production NADPH oxidase in human prostate cancer cell lines, Tomohiro Itoh, Riyako Terazawai, Keitaro Kojima, Keita Nakane, Takashi Deguchi, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Masafumi Ito, Yoshinori Nozawa, Free Radical Resarch, 45, 1033, 1039,   2011年, 査読有り
  • 夏季および冬季絶食がクロマグロの肉質に及ぼす影響, 三宅康賀,B.C.ロイ,安藤正史,岡田貴彦,澤田好史,瀬岡学,川﨑賢一,塚正 泰之, Journal of Aquatic Food Product Technology, 20, 196, 208,   2011年, 査読有り
  • Proximate and Fatty Acid Compositions in Different Flesh Cuts of Cultured, Cultured Fasted, and Wild Pacific Bluefin Tuna (Thunnus orientalis)., B. C. Roy, Y. Miyake, M. Ando, K-I. Kawasaki, Y. Tsukamasa, J. Aquat. Food Product Technol., 19, 284, 297,   2010年, 査読有り
  • Effect of water temperature on feeding activity and resultant mercury levels in muscle of cultured bluefin tuna Thunnus orientalis (Temminck and Schlegel )., 安藤 正史, 瀬岡 学, 宮下 盛, 塚正 泰之, Yoshio Mukai, Mok Wen Jye, Aquaculture Res., 1, 9,   2010年, 査読有り
  • Evaluation of new fish sauces prepared by fermenting hot-water extraction waste of stock from dried fish using various kijis., Miyuki Murakami, Masataka Satomi, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa and Ken-ichi Kawasaki, J. Food, Agriculture and Environment, 7, 2, 175, 181,   2009年, 査読有り
  • Reduction of mercury levels in cultured bluefin tuna, Thunnus orientalis, using feed with relatively low mercury levels, M. Nakao, M. Seoka, M. Nakatani, T. Okada, S.u Miyashita, Y. Tsukamasa, K. Kawasaki, M. Ando, Aquaculture, 288, 226, 232,   2009年, 査読有り
  • Trial for quality control in mercury contents by using tail muscle of full-cycle cultured bluefin tuna Thunnus orientails, M. Ando, M. Seoka, M. Nakatani, T. Tsujisawa, Y. Katayama, M. Nakao, Y. Tsukamasa and K.Kawasaki, J. Food Prot, 71, 595, 606,   2008年, 査読有り
  • Reduction of cadmium in fermented squid gut sauce using cadmium-absorbing bacteria isolated from food sources., K. Kawasaki, T. Mathuoka, M. Satomi, M. Ando, Y. Tsukamasa and S. Kawasaki, J. Food, Agric. Enviro., 6, 1, 45, 49,   2008年, 査読有り
  • Suppression of fish meat softening by strict control of storage temperature, M. Ando, S. Mizuochi, Y. Tsukamasa, K. Kawasaki, Fisheries Science, 73, 705, 712,   2007年, 査読有り
  • Possibility for decreasing of mercury content in bluefin tuna Thunnus orientalis by fish culture, M. Nakao, M. Seoka, K. Kawasaki, Y. Tsukamasa, M. Ando, Fisheries Science, 73, 724, 731,   2007年, 査読有り
  • Changes of proximate and fatty acid compositions of the dorsal and ventral ordinary muscles of the full-cycle cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis with the growth, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 塚正 泰之, Food Chemistry, 103, 234, 241,   2007年, 査読有り
  • Changes in myoglobin content and proximate compositions of the dorsal ordinary muscles of the cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis (Temminck et Schlegel) with body size, 塚正 泰之, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, Aquaculture Research, 38, 201, 205,   2007年, 査読有り
  • Changes of proximate compositions and myoglobin content in the dorsal ordinary muscles of the cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis with growth, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 塚正 泰之, Fisheries Science, 73, 1155, 1159,   2007年, 査読有り
  • 絶食が完全養殖クロマグロ普通筋の冷蔵変化に及ぼす影響, 熊井 英水, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 澤田 好史, 宮下 盛, 塚正 泰之, 岡田貴彦, 日本水産学会誌, 2006, 72, 1072, 1078,   2006年, 査読有り
  • The effectiveness of a new physical property evaluation method of kamaboko which applied the principal component analysis to the puncture and stress relaxation tests, 萩原智和, 安藤 正史, 川﨑 賢一, 牧之段 保夫, 塚正 泰之, Fisheries Science, 72, 393, 401,   2006年, 査読有り
  • Changes in physical / chemical composition and histological properties of dorsal and ventral ordinary muscles of full-cycle cultured Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis, during chilled storage, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 塚正 泰之, Journal of Food Science, 71, E45, E51,   2006年, 査読有り
  • Histological comparison of the dorsal ordinary muscles of wild and full-cycle cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 塚正 泰之, Journal of the Scence and Food Agriclture, 86, 1537, 1544,   2006年, 査読有り
  • Effect of fasting on physical / chemical properties of the ordinary muscles of the full-cycle cultured Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis) during chilled storage., 中村好徳, 安藤 正史, 川﨑 賢一, 澤田 好史, 宮下 盛, 岡田貴彦, 熊井 英水, 塚正 泰之, Fisheries Science, 72, 1079, 1085,   2006年, 査読有り
  • Comparison of the proximate compositions, breaking strength and histological structure by the muscle positions of the full-cycle cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis,, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 塚正 泰之, Fisheries Science, 71, 605, 611,   2005年, 査読有り
  • Correlation of type V collagen content with post-mortem softening of fish meat during chilled storage, 重村泰毅, 安藤 正史, 塚正 泰之, 牧之段 保夫, 他1名, Fisheries Science, 69, 4, 842, 848,   2003年, 査読有り
    概要:魚肉の軟化速度とV 型コラーゲン量の変化に相関性があることを明らかにした。
  • 破断試験法で評価した市販かまぼこの部位による物性の違い, 日本水産学会誌, 69, 5, 787, 795,   2003年, 査読有り
  • Difference in the physical properties of various commercial kamaboko evaluated by puncture test, Nippon Suisan Gakkaishi, 69, 5, 787, 795,   2003年, 査読有り
  • Effect of slaughter method on degradation of intermuscular type V collagen during a short-term chilled storage of chub mackerel scomber japonicus, 安藤 正史, 重村泰毅, 塚正 泰之, 牧之段 保夫, 佐藤健司 他5名, J. Food Biochem., 26, 415, 428,   2002年12月, 査読有り
    概要:魚のしめ方がV型コラーゲンの変化に与える影響について明らかにした。
  • Effect of inhabited sea area on meat firmness and its post-mortem change in chub mackerel during chilled storage, 安藤 正史, 大石恵二, 塚正 泰之, 牧之段 保夫, 他1名, Fisheries Science, 68, 6, 1337, 1343,   2002年12月, 査読有り
    概要:生息海域の違いがマサバ筋肉構造の変化に与える影響について明らかにした。
  • Total activity of transglutaminase at various temperatures in several fish meats, Fisheries Science, 68, 929-933,   2002年, 査読有り
  • Interdependence between heat solubility and pyridinoline contents of squid mantle collagen, Journal of Food Science, 66(2), 265-268,   2001年, 査読有り
  • Influence of death struggle on the structural changes in chub mackerel muscle during chilled storage, Fisheries Science, 67, 744-751,   2001年, 査読有り
  • 内在性エンドペプチダーゼ(EP)およびトランスグルタミナーゼ(TGase)の制制がコイ肉の坐り特性に及ぼす影響, 塚正 泰之, 三宅 康賀, 安藤 正史, 牧之段 保夫, 日本水産学会誌, 66, 4, 719, 725,   2000年, 査読有り
  • 熱変性したコイのアクトミオシンに対する内在性トランスグルタミナーゼの影響, 塚正 泰之, 三宅 康賀, 安藤 正史, 牧之段 保夫, 日本水産学会誌, 66, 3, 469, 474,   2000年, 査読有り
  • ヤマイモ中のエンドペプチダーゼの精製とその性質, Food Science and Technology Research, 5, 13, 259, 261,   1999年, 査読有り
  • ヤマイモ粉末中のエンドペプチダーゼの存在とかまぼこのテクマチャーに及ぼす影響, Food Science and Technology Research, 5, 4, 327, 330,   1999年, 査読有り
  • 生および加熱したヤリイカ外套膜の筋肉の硬さと構造に及ぼす鮮度の影響, Journap of Food Science, 64, 4, 659, 663,   1999年, 査読有り
  • チルド貯蔵中に起こる魚類筋肉の死後軟化に及ぼす血抜きの影響, 64, 3, 423, 428,   1999年, 査読有り
  • 養殖ヒラメとの比較による養殖ホシガレイの品質評価, 安藤正史, 仁保浩, 塚正泰之, 牧之段保夫, 日本水産学会誌, 64, 6, 1027, 1033,   1998年, 査読有り
  • 低温殺菌条件下で調製したオボムコイド添加魚肉ねり製品の物性特性, 杉山 雅昭, 三代 達也, 塚正 泰之, 中川 恭子, 太田 隆男, 鈴木 鐵也, 高間 浩蔵, 森 友彦, 日本水産学会誌, 64, 1, 82, 87,   1998年, 査読有り
  • 等殺菌価で加執温度が異なるオボムコイド添加魚肉ねり製品の破断特性, 日本水産学会誌, 64, 1, 76, 81,   1998年, 査読有り
  • すり身の坐り過程で生成する170K成分の同定, Fisheries science, 64, 3, 497, 498,   1998年, 査読有り
  • マサバ幽門垂におけるシステインエンドペプチダーゼの存在とその精製および性質, Fisheries science, 64, 4, 627, 632,   1998年, 査読有り
  • ろ紙で作成したDEAEセルロースを用いたカラムクロマトグラフィーによる固形粒子を含む試料からのタンパク質の迅速で安価な大まかな分離法, Journal of Chromatography A, 811, 69, 76,   1998年, 査読有り
  • 凍結解凍した教種イカ外套膜結合組織の加熱調理による構造変化, 安藤真美, 安藤正史, 塚正泰之, 牧之段保夫, 三好正満, 日本家政学会誌, 49, 10, 1089, 1097,   1998年, 査読有り
  • Staphylococcus carnosusとStaphylococcus xylosusをスターターカルチャーとし発色剤無添加で試作したサラミの赤色化と細菌学的性状, 日本畜産学会報, 68, 8, 787, 796,   1997年, 査読有り
  • ガス置換包装したスモークサーモンの品質と貯蔵性, 日本包装学会誌, 5, 11-21,   1996年, 査読有り
  • マイワシおよびスケトウダラ坐り肉中のε-(γ-glutamyl)lysine架橋量と破断強度との関係に及ぼす坐り温度の影響, 今井千春, 塚正泰之, 杉山雅昭, 峯岸裕, 志水寛, 日本水産学会誌, 62, 1, 104, 111,   1996年, 査読有り
  • 真空包装した市販スモークサーモンの水分活性及び微生物叢について, 食品衛生学雑誌, 36, 3, 442, 446,   1995年, 査読有り
  • 低温殺菌処理したソーセージの菌叢と官能検査, 杉山 雅昭, 三代 達也, 塚正 泰之, 峯岸 裕, 鈴木 鐵也, 高間 浩蔵, 日本食品科学工学会誌, 42, 1, 55, 60,   1995年, 査読有り
  • 胸腺抽出物がハイブリドーマの増殖および抗体産生に及ぼす影響について, 一宮 まさみ, 府中 英孝, 塚正 泰之, 藤野 正行, 杉山 雅昭, 峯岸 裕, 赤羽 義章, 安本 教傳, 日本食品科学工学会誌, 42, 1, 26, 31,   1995年, 査読有り
  • スモークサーモンの品質と菌相に及ぼす水分活性と貯蔵温度の影響, 島崎 司, 三明 清隆, 塚正 泰之, 杉山 雅昭, 峯岸 裕, 信濃 晴雄, 日本水産学会誌, 60, 5, 569, 576,   1994年, 査読有り
  • 氷蔵に伴うヒラメ筋肉の風味の変化とエキスの血小板凝集に対する抑制作用, 村田道代, 土井悦四郎, 松田芳和, 山本浩, 塚正泰之, 杉山雅昭, 坪内涼子, 柴田幸男, 坂口守彦, 調理科学, 26, 3, 208, 213,   1993年, 査読有り
  • 豚肉ドリップの一般性状とその利用方法について, 塚正 泰之, 福本 憲治, 一宮 まさみ, 杉山 雅昭, 峯岸 裕, 赤羽 義章, 安本 教傳, 日本食品工業学会誌, 39, 10, 862, 869,   1992年, 査読有り
  • 塩漬した豚肉の食味に及ぼす煮熟条件の影響, 塚正 泰之, 福本 憲治, 峯岸 裕, 阿武 尚彦, 赤羽 義章, 安本 教傳, 日本食品工業学会誌, 38, 6, 484, 490,   1991年, 査読有り
  • マイワシ肉で見いだした新型の非酵素性戻り現象, 塚正 泰之, 志水 寛, 日本水産学会誌, 57, 9, 1767, 1771,   1991年, 査読有り
  • マイワシ肉に見られる酵素性の戻り現象, 日本水産学会誌, 57, 11, 2161,   1991年, 査読有り
  • トランスグルタミナーゼによる坐りに関するいくつかの要因, 日本水産学会誌, 53, 3, 535, 540,   1991年, 査読有り
  • マイワシ肉とマサバ肉の坐り特性, 塚正 泰之, 志水 寛, 日本水産学会誌, 56, 7, 1105, 1112,   1990年, 査読有り
  • 豚肉の塩漬における亜硝酸塩と温度の影響, 日本食品工業学会誌, 36, 3, 208, 213,   1989年, 査読有り
  • ニシン目及びサケ目魚類筋肉のゲル形成特性, 塚正 泰之, 志水 寛, 日本水産学会誌, 55, 3, 529, 534,   1989年, 査読有り
  • 豚肉の塩漬期間中の呈味成分の変化, 塚正 泰之, 福本 憲治, 朝井 大, 藤間 能之, 赤羽 義章, 鈴木 富久子, 安本 教傳, 日本食品工業学会誌, 36, 4, 279, 285,   1989年, 査読有り

書籍等出版物

  • 食品加工・保蔵学, 塚正 泰之, 分担執筆, 講談社,   2017年07月
  • クロマグロ完全養殖, 塚正 泰之, 分担執筆, 成山堂書店,   2010年03月
  • 生鮮マグロ類の高品質管理, 塚正 泰之, 分担執筆, 養殖技術改良によるマグロ類肉質の劣化防止, 恒星社厚生閣,   2010年01月
  • 水産物の安全性-生鮮品から加工食品まで-, 分担執筆, 恒星社厚生閣,   2001年
  • 食品学各論, 分担執筆, 講談社サイエンティフィク,   2001年
  • 食品加工学, 講談社サイエンティフィク,   1999年
  • 水産資源の先進的有効利用法―ゼロエッミションをめざしてー, 原料魚と加工条件が魚肉ねり製品の品質に及ぼす影響, 塚正 泰之, 萩原智和, 共著, エヌ・ティー・エス,   2005年

講演・口頭発表等

  • 魚類筋肉における過冷却保存の試み, 安藤 正史, 岡田空太, 塚正 泰之, 他2名, 平成15 年度氷温学会大会(米子),   2003年09月, 平成15 年度氷温学会大会(米子)
    概要:魚肉を過冷却保存した際の品質保持効果について検討した。
  • 絶食による養殖マグロ普通筋の品質改良に関する研究Ⅰ, 熊井 英水, 安藤 正史, 瀬岡 学, 澤田 好史, 宮下 盛, 塚正 泰之, 岡田 貴彦,   2006年03月
  • 絶食による養殖マグロ普通筋の品質改良に関する研究Ⅱ, 熊井 英水, 塚正 泰之, 安藤 正史, 瀬岡 学, 澤田 好史, 宮下 盛, 川﨑 賢一, 岡田 貴彦,   2006年03月

MISC

  • 氷温貯蔵によるマサバ筋肉の軟化現象の遅延効果, 氷温科学, 5, 8-14,   2002年

特許

  • 旨味調味料およびその製造法, 川崎 賢一, 塚正 泰之, 安藤 正史, 村上 哲男, 特許第4615481号

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費助成事業(基盤研究C), 冷凍中のNAD分解による魚肉の変色遅延効果, 塚正 泰之
  • 文部科学省, 科学研究費助成事業(基盤研究C), 培養細胞を利用した養殖クロマグロ品質改善システムの構築, 塚正 泰之
  • 水産食品の品質に関する研究