KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

加藤 暢宏カトウ ノブヒロ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 医用工学科 / 生物理工学研究科
職名教授
学位博士(工学)
専門微細加工・微小流体工学・計測工学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/347-katou-nobuhiro.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    シリコーンゴムを主材料にした微小流路デバイスを活用し、受精卵培養の高度化に貢献できるデバイスづくりを行っています。微小流体工学とバイオ技術の橋渡しをする事が目標です。

学歴・経歴

経歴

  •   2017年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2006年04月,  - 2017年03月, 近畿大学(准教授)
  •   2006年08月,  - 2007年07月, ミシガン大学(客員研究員)
  •   2002年04月,  - 2006年03月, 近畿大学(講師)
  •   1998年04月,  - 2002年03月, 近畿大学(助手)
  •   2000年12月,  - 2001年03月, 大阪府地域結集型共同研究事業非常勤研究員(兼任)

研究活動情報

研究分野

  • 人間医工学, 医用システム
  • 人間医工学, 医用生体工学・生体材料学
  • ナノ・マイクロ科学, マイクロ・ナノデバイス
  • 機械工学, 機械力学・制御
  • 電気電子工学, 計測工学

研究キーワード

  • フォース・フィードバック, 静電アクチュエータ, 光ファイバ, 遮断周波数, 力平衡, Q値, 原子間力顕微鏡, コンタミネーション, 真空, 高分子, 原子間力分光, 生体, 生体親和性, 生物体, 骨芽細胞, 力制御, 生体適合性, 制御, カンチレバー, ハイドロキシアパタイト, Ti-6Al-4V, 表面粗さ, ポリイミド, bio-MEMS

論文

  • Development and Reliability Evaluation of Embryo Monitoring System using Time-Lapse Cinematography, Shizuka Miyata, Choong Sik Park, Yusuke Sando, Yuta Fujiki, Kazuhiro Saeki, Nobuhiro Kato, Advanced Biomedicl Engineering, 5, 83, 87,   2016年04月, 査読有り
  • Development of a Rapid Prototyping System for Microneedles Using Moving-mask Lithography with Backside Exposure, Takahisa Kai, Shunta Mori, Nobuhiro Kato, Advanced Biomedicl Engineering, 5, 63, 67,   2016年04月, 査読有り
  • Adhesion properties of an apatite film deposited on dentine using Er:YAG Laser ablation method, Ei Yamamoto, Nobuhiro Kato, Kazushi Yoshikawa, Kenzo Yasuo, Kazuyo Yamamoto, Shigeki Hontsu, Key Engineering Materials, 696, 69, 73,   2016年01月01日
    概要:© 2016 Trans Tech Publications, Switzerland.Tooth enamel cannot be naturally reconstructed once it is destroyed immoderately. Therefore, the restoration of enamel is important in dental treatment. Hydroxyapatite (HAp) can potentially be used for a novel dental biomaterial to repair the enamel. We have proposed a tooth restoration technique with intraoral laser ablation method. A thin layer of HAp was deposited on dentin surface in the atmosphere by ablation phenomenon using an Er:YAG (Erbium: Yttrium-Aluminum-Garnet) laser irradiated to the target of α-Tricalcium phosphate (α-TCP). Then, the deposited layer was hydrolyzed by dripping pure water on its surface in order to create HAp film. The adhesive strength between the HAp film and dentin was evaluated by quasi-static tensile tests. As a result of the mechanical evaluation, the adhesive strength was greater than approximately 3.8 MPa. It is clear that the HAp film created by the Er:YAG laser ablation method is attached tightly to the dentin.
  • Overlaid ultrathin amorphous calcium phosphate sheet improves dentinal permeability inhibition rate, Nobuhiro Kato, Yuki Ido, Ei Yamamoto, Kenzo Yasuo, Kazushi Yoshikawa, Shigeki Hontsu, Key Engineering Materials, 696, 99, 102,   2016年01月01日
    概要:© 2016 Trans Tech Publications, Switzerland.Dentin hypersensitivity is induced by mechanical stimuli or heat stimuli applied via exposed dentin tubules. Resin coating and laser-irradiation are used for treatment but have some problems such as poor biocompatibility or difficulty for laser power setting. We have been developing a treatment that creates artificial tooth enamel by attaching flexible ultrathin calcium phosphate sheet to seal the dentin tubule orifice. In this study, the quantitative evaluation of dentinal permeability inhibition rate (DPIR) improved by attaching ultrathin amorphous calcium phosphate (APC) sheets on human dentin in vitro is presented. The obtained DPIR by overlaid APC sheets application was 81.1 ± 5.7 %.
  • 牛体外受精技術の高度化による高齢雌牛からの産子生産, 谷口俊仁, 加藤暢宏, 佐伯和弘, 畜産技術, 畜産技術 = Livestock technology, 727, 22, 25,   2015年12月01日
  • Er:YAGレーザーアブレーション法を用いた歯質上へのアパタイト膜の直接形成, 本津茂樹, 山本衛, 加藤暢宏, 吉川一志, 保尾謙三, 山本一世, 日本レーザー歯学会誌, 26, 1, 10, 16,   2015年04月, 査読有り
  • Evaluation of dentin tubule sealing rate improved by attaching ultrathin amorphous calcium phosphate sheet, Nobuhiro Kato, Arata Isai, Ei Yamamoto, Hiroaki Nishikawa, Masanobu Kusunoki, Kazushi Yoshikawa, Kenzo Yasuo, Kazuyo Yamamoto, Shigeki Hontsu, Key Engineering Materials, 631, 258, 261,   2015年01月, 査読有り
    概要:© (2015) Trans Tech Publications, Switzerland. Dentin hypersensitivity is induced by mechanical stimuli or heat stimuli applied via dentin tubules exposed by lost of dental enamel or gingival recession. Common treatments for dentin hypersensitivity are resin coating or laser irradiation. However, these treatments have some problems such as poor biocompatibility or insufficient durability. We have been developing a treatment that creates artificial tooth enamel by attaching flexible ultrathin calcium phosphate sheet having a crystal structure similar to that of tooth enamel to seal the dentin tubules. In this study, the quantitative evaluation of dentin tubule sealing rate improved by attaching ultrathin amorphous calcium phosphate (ACP) sheet on human dentin is presented. The obtained sealing-rate by APC sheet application was 70.9 ±4.8%.
  • A novel treatment for dentine cavities with intraoral laser ablation method using an Er:YAG laser, Ei Yamamoto, Nobuhiro Kato, Arata Isai, Hiroaki Nishikawa, Yoshiya Hashimoto, Kazushi Yoshikawa, Shigeki Hontsu, Key Engineering Materials, 631, 262, 266,   2015年01月, 査読有り
    概要:© (2015) Trans Tech Publications, Switzerland. It has been well known that bone has piezoelectric properties and these properties have been considered to be caused by the shift of the center of symmetry of the positive and negative electrical charge due to the strain of the collagen fibers included in the bone. Thus, it has long been considered that there were no piezoelectric effects in the hexagonal hydroxyapatite(HAp) which has center of symmetry of crystal. However, in recent years, the piezoelectric property of artificially synthesized HAp was reported. In the authors' previous report, a new result which showed the piezoelectricity of the hydroxyapatite(HAp) films fabricated by the pulsed laser deposition(PLD) method was reported. In this study, the effect of poling treatment on piezoelectric constant of pulsed laser deposited HAp films was investigated.
  • Er:YAGレーザーを用いたハイドロキシアパタイト膜の形成, 本津茂樹 加藤暢宏 山本衛 吉川一志 橋本典也 西川博昭 楠正暢, Journal of Bio-Integration, 4, 1, 65, 69,   2014年07月, 査読有り
  • Moving-mask lithography for 3D microstructure molding, Nobuhiro Kato, Takahisa Kai, Masakazu Hirano, Journal of Photopolymer Science and Technology, 27, 1, 85, 89,   2014年01月, 査読有り
    概要:© 2014SPST. Backside lithography with a moving mask UV exposure technique is proposed. A novel moving-mask exposure apparatus was developed and evaluated both experimentally and through exposure simulations. The backside exposure using this technique was validated and is capable of producing tapered microstructures of thick photoresist for molding. The shape of the structure can be modified by the trajectory of the stage movement. It was confirmed that the shape of the processed structure could be successfully predicted using the proposed simulation method.
  • Ultrathin Amorphous Calcium Phosphate Freestanding Sheet for Dentin Tublue Sealing, Bioceramics Development and Applications, S1, 007,   2013年08月, 査読有り
  • Restration of Tooth Enamel Using a Flexible Hydroxyapatite Sheet Coated with Tricalsium Phoshate, Bioceramics Development and Applications, S1, 006,   2013年08月, 査読有り
  • Adhesive strength between flexible hydroxyapatite sheet and tooth enamel, E. Yamamoto, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa, S. Hontsu, Key Engineering Materials, 529-530, 522, 525,   2013年01月, 査読有り
    概要:Tooth enamel cannot be reconstructed once it is destroyed immoderately. Hydroxyapatite (HAp) thin sheet can potentially be used for a novel dental biomaterial to repair the enamel. Using a pulsed laser deposition (PLD) method, we have successfully created a flexible HAp sheet of less than a few micrometers in thickness. Due to its flexibility, the HAp sheet is tightly adhered on curved surfaces at the target site. In the present study, we newly developed double-layered sheets composed of HAp film coated with tricalcium phosphate (TCP) thin layer. The HAp/TCP sheet was adhered to the extracted human teeth using a calcium phosphate solution for 3 days. The adhesive strength between the HAp/TCP sheet and tooth enamel was evaluated by quasi-static tensile tests. Moreover, the interface structure between them was observed by a scanning electron microscopy. As a result of the mechanical evaluation, the adhesive strength was greater than approximately 2.5 MPa. The electron microscopic observation revealed that the sheet was partially fused with the enamel. These findings suggest the possibility that enamel defects are repaired using the HAp/TCP sheet for a short duration. © (2013) Trans Tech Publications, Switzerland.
  • Selection of high-potential embryos by culture in poly(dimethylsiloxane) microwells and time-lapse imaging., Hashimoto S, Kato N, Saeki K, Morimoto Y, Fertility and sterility, 97, 2, 332, 337,   2012年02月, 査読有り
  • Regeneration of tooth enamel by flexible hydroxyapatite sheet, S. Hontsu, N. Kato, E. Yamamoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa, Key Engineering Materials, 493-494, 615, 619,   2012年01月, 査読有り
    概要:Before a tooth erupts, the ameloblasts are lost, which means that the tooth enamel does not regenerate itself after tooth eruption. In the present study, we attempt to regenerate the tooth enamel artificially using a flexible hydroxyapatite (HAp) sheet. First, a HAp film was deposited on a soluble substrate by pulsed laser deposition (PLD) using an ArF excimer laser. Next, the HAp film was collected as a freestanding sheet by dissolving the substrate using a solvent. The HAp sheet was adhered to the extracted human teeth using a calcium phosphate solution. The variation of the crystal structure of the HAp sheet with time was investigated by X-ray diffraction analysis. Furthermore, the variation in the mechanical characteristics with time between the HAp sheet and dental enamel were evaluated using tensile and scratch tests. The results suggest that the HAp sheet became fused to the tooth enamel within approximately one week. © (2012) Trans Tech Publications.
  • Poly-(dimethylsiloxane) micro-wellによるヒト胚の個別培養, 橋本 周, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 産婦人科の実際, 産婦人科の実際, 60, 7, 1039, 1044,   2011年07月
  • Effects of Volume of Poly-(dimethylsiloxane) Microwells and Number of Embryos in Wells on In-Vitro Early Bovine Development, Saeki Kazuhiro, Kato Nobuhiro, Iwamoto Daisaku, Sho Junki, Kishi Masao, Matsumoto Kazuya, Hosoi Yoshihiko, Iritani Akira, BIOLOGY OF REPRODUCTION, 85,   2011年07月, 査読有り
  • Restoration and conservation of dental enamel using a flexible apatite sheet, S. Hontsu, K. Yoshikawa, N. Kato, Y. Kawakami, T. Hayami, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yamamoto, Journal of the Australian Ceramic Society, 47, 11, 13,   2011年03月, 査読有り
    概要:A freestanding hydroxyapatite (HAp) sheet of 5 ∼ 10 μm thickness was successfully prepared by a novel method. After depositing the thin HAp film on a soluble substrate by pulsed laser deposition (PLD) technique, the HAp film was collected as a freestanding sheet by dissolving the substrate using a solvent. Thereafter, HAp sheets were directly attached to enamel and dentin surfaces of extracted human teeth. Artificial saliva was sprayed every third day, and the course was observed for 90 days. Observation of the enamel-HAp and dentin-HAp interface by scanning electron microscopy revealed that the HAp sheet had stuck to the enamel and dentin surface.
  • Poly (dimethylsiloxane) 製微小流路デバイス内へのI型コラーゲン固定化法の検討と灌流培養環境下でのHL60細胞のタイムラプス観察, 森本 康一, 西山 裕之, 國井 沙織, 角田 昌明, 加藤 暢宏, Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 26, 39, 46,   2010年09月
    概要:本研究は近畿大学生物理工学部戦略的研究No.06-II-1, 2006およびNo.07-IV-3, 2007の助成を受けた,灌流培養環境下でHL60細胞とI型コラーゲンとの相互作用を観察するため, poly (dimethylsiloxane)を用いて微小流路デバイス(幅700μm×高さ100μm×長さ20mm)を作製した. 矩形断面を有する微小流路内壁4面すべてを酸素プラズマ処理し, ニワトリI型コラーゲンとウシ胎児血清成分タンパク質を灌流して固定化した. 固定化されたタンパク質の吸着量をSDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動にて定量的に調べた結果, 血清タンパク質に対して酸素プラズマ処理の効果は認められなかったが, I型コラーゲンでは酸素プラズマ処理の効果が経時的に減少するに従い, その固定化量が増加した. 作製した微小流路デバイスを用いた0.2μL/minの灌流培養下で, HL60細胞はI型コラーゲンにのみローリングあるいは接着挙動を示した. 酸素プラズマ処理の効果はI型コラーゲンに対する細胞接着に大きく影響した. HL60細胞の接着挙動は固定化されたI型コラーゲン量に単純に比例せず, その構造変化を認識することが示唆された. (英文) We developed microfluidic device (W 700μm×H 100 gμm×L 20 mm) with poly (dimethylsiloxane) to observe adhesion of HL60 cells on type I collagen under continuous perfusion. The surface of poly (dimethylsiloxane) was treated by oxygen plasma and then coated by fetal calf serum proteins or chicken type I collagen. By using SDS-polyacrylamide gel electrophoresis, we showed that treatment of oxygen plasma had no effect on binding of serum proteins on the polymer surface. However, the amount of collagen on the surface increased by decreasing of the effect of plasma treatment. On the serum protein-coated polymer surface, HL60 cells fully flowed through under 0.2μL/min flow rate. On the other hand, HL60 cells bound to the collagen-coated polymer surface and subsequently adhered to the collagen-coated polymer surface. We suggest that the conformation of collagen would alter depending on the degree of oxygen plasma treatment of PDMS and HL60 cells would recognize the difference in collagen structure.
  • Individually programmable cell stretching microwell arrays actuated by a Braille display., Kamotani Y, Bersano-Begey T, Kato N, Tung YC, Huh D, Song JW, Takayama S, Biomaterials, 29, 17, 2646, 2655,   2008年06月, 査読有り
  • 産学連携した3次元CAD設計教育の取組み(<小特集>技術教育・工学教育), 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 清水 隆紀, 里見 研一, 田口 晋也, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 73, 725, 30, 35,   2007年01月, 査読有り
    概要:企業内の設計者の再教育と学校内の3次元設計教育の検討を目的として、産学連携して3次元CADを用いた設計教育を実施した。その結果、学生の就業意識の向上、学校と企業の3次元CADの設計教育の整合性の確認、日常業務から隔離された環境での集中講義演習の効率性、製造業に特化した教育内容の有効性、e-Learningコンテンツの有効性、さらに、企業側にとっては、若手技術者のプロジェクトリーダ教育にも有効であることがわかった。
  • 3次元CAD用e-Learningコンテンツの開発, 加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 田口 晋也, 論文誌IT活用教育方法研究, 論文誌IT活用教育方法研究, 8, 1, 46, 50,   2005年11月, 査読有り
  • Fine surface structure of bovine acrosome-intact and reacted spermatozoa observed by atomic force microscopy., Saeki K, Sumitomo N, Nagata Y, Kato N, Hosoi Y, Matsumoto K, Iritani A, The Journal of reproduction and development, 51, 2, 293, 298,   2005年04月, 査読有り
  • 原子間力顕微鏡によるウシ正常および先体反応精子の微細構造の検討(Fine Surface Structure of Bovine Acrosome-Intact and Reacted Spermatozoa Observed by Atomic Force Microscopy), 佐伯 和弘, 住友 範生, 永田 由紀, 加藤 暢宏, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, The Journal of Reproduction and Development, 51, 2, 293, 298,   2005年04月
  • 銅のマルチレベルCGHを用いた炭酸ガスレーザのビーム整形, 萩野 秀樹, 朴 忠植, 加藤 暢宏, レーザ加工学会誌, レーザ加工学会誌, 11, 3, 149, 153,   2004年12月, 査読有り
  • 高出力レーザビーム整形のための曲面上CGHの開発, 萩野 秀樹, 加藤 暢宏, PARK C S, 三俣 真理 菊田 久雄 岩田 耕一, 大阪府立産業技術総合研究所報告, 18, 87, 91,   2004年11月, 査読有り
    概要:レーザ加工を行う場合に,レーザ光の強度分布を加工対象に適した分布にすることによって,加工品質や加工効率を向上させることができる。本研究では,高出力炭酸ガスレーザ光の強度分布を所望の分布に整形する回折型光学素子の開発を行った。素子は高出力レーザに使われる銅の放物面鏡上に,2レベルの計算機ホログラム(CGH)を作製したものである。CGHは,段差3.75μm,一辺が80μmの正方形のピクセル256×256個で構成されている。本素子は,高出力レーザに適用する際の冷却特性を上げるために素材として銅を選択した。また,基板を放物面鏡にすることで,一つの素子に集光の機能とビーム整形の機能を持たせることを容易にした。素子の作製では,CGHパターンの描画に3次元レーザ描画装置を用い,凹凸形状の作製にエッチストップ層を用いたエッチングプロセスを利用した。実際に,ガウス分布の炭酸ガスレーザ光を,一方向には一様強度,その直交方向にはガウス分布をした矩形形状に整形する素子
  • 産学連携した3次元CAD設計教育の取組み(共著), 藤井雅雄 加藤暢宏 清水隆紀 里見研一 , 近畿大学生物理工学部紀要, 14, 101, 108,   2004年09月, 査読有り
  • 高出力レーザビーム整形のためのマルチレベル銅CGHの製作, 萩野 秀樹, 朴 忠植, 横井 昌幸, 加藤 暢宏, 三俣 真理, 菊田 久雄, 岩田 耕一, 精密工学会誌論文集, 精密工学会誌論文集, 70, 9, 1180, 1185,   2004年09月, 査読有り
    概要:A multilevel computer generated hologram (CGH) was fabricated for shaping a laser beam profile of a high-power CO_2 laser. The surface relief has eight height levels with 0.94μm in step heights. A copper surface relief was formed on a flat copper substrate by electroplating with photo-resist masks. Standard deviation of the surface step height was less than 22% of the designed height. The CGH changes a CO_2 laser beam of 14mm in diameter to a rectangular beam of 1mm×4mm and its diffraction efficiency was 69.2%. A 200W CO_2 laser beam of 14mm in diameter did not damage the CGH surface.
  • ホログラフィ干渉法によるヒト大腿骨の力学的評価, 松本 俊郎, 加藤 暢宏, 渡辺 俊明, 児島 新 井土 昇, 近畿大学生物理工学部紀要, 13, 73, 78,   2004年02月
    概要:大腿骨の骨頭部および骨頭頸部の変形をヒト乾燥骨を用いて二重露光法および実時間ホログラフィ干渉法により計測した。試料として骨粗鬆症の程度が異なる大腿骨をX線写真により選び、それらの骨頭に内、外側から方向を変えて荷重を加えた。その時に生じる変形をサーモプラスチックフイルムに記録し実時間で変形を計測した。頸部において変形の勾配が大きく表れ応力が大きくなることがわかった。頸部骨折が生じる原因になることが予測された。(英文)
  • 近畿大学における3次元設計教育の一事例, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 設計工学, 設計工学, 38, 8, 377, 382,   2003年08月05日
  • 炭酸ガスレーザビーム整形のための曲面上CGHの製作, 萩野 秀樹, 朴 忠植, 加藤 暢宏, 三俣 真理, 菊田 久雄, 岩田 耕一, 精密工学会誌, 精密工学会誌, 69, 3, 417, 421,   2003年03月
    概要:This paper describes a computer generated hologram (CGH) on a curved surface for laser machining. The CGH fabricated on a parabolic copper mirror converts a 14mm diameter Gaussian beam of a CO_2 laser into a shaped beam whose intensity distribution is uniform (4mm) in χ direction and gaussian (1mm) in y direction. The binary CGH pattern was drawn by a laser direct writing machine with a focus servo mechanism. To obtain an accurate step height of CGH pattern, a palladium thin film was placed between the copper mirror and a plated copper layer 3. 75μm thick. While the plated layer was etched by a ferric chloride solution, the palladium film prevented the substrate mirror from being etched. The beam shaping by the fabricated CGH was demonstrated experimentally with a low power CO_2 laser and an infrared-camera.
  • マルチメディア時代における機械系設計教育について : 3次元CADの活用, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 11, 136, 155,   2002年12月
    概要:半導体技術の飛躍的な進展は,製品の高集積化・高性能化・低消費電力化を促し,あらゆる分野でディジタル化を急速に押し進めている.この傾向は,同時に製品設計を行うインフラのディジタル化を促進し,製品設計の方法においてもマルチメディア技術を活用した飛躍的な変化がもたらされつつある.本論では,ディジタル化に伴う機械系設計技術の進展について考察するとともに,マルチメディア時代において産学が連携してモノづくりにおける生産性向上を実現するための学校での機械系設計教育について検討した.その結果,下記の2点が重要であることを述べた.(1)モノづくりにおいては,その情報伝達のためのコミュニケーションツールとして3次元CADを活用し,知的創造的作業を促進すること.(2)その実現には,モノづくりの業務に精通した3次元CADの指導者の育成と業務に特化した教育内容を構築すること.
  • Reduction in Feedback BandWidth of the Force-Controlled Atomic Force Microscope Using a Polyimide Cantilever : Surfaces, Interfaces, and Films, Kato Nobuhiro, Matsumoto Toshiro, Kikuta Hisao, NAKAMURA Yasuhiro, IWATA Koichi, Japanese journal of applied physics. Pt. 1, Regular papers & short notes, Japanese journal of applied physics. Pt. 1, Regular papers & short notes, 40, 11, 6594, 6599,   2001年11月, 査読有り
    概要:In this paper we present a method of reducing the bandwidth required in the force-controlled atomic force microscope (AFM) for measuring the force curves. System stability strongly depends on the quality factor of vibration (Q) of the cantilever. As polyimide has a low Q, a cantilever fabricated from it reduces the bandwidth required in the feedback system. A polyimide cantilever with dimensions of 540 ×155 ×3.4 μm_3 is fabricated to evaluate its Q in vacuum, density and Young's modulus. The measured Q is 50, which is much smaller than those of conventronal cantilevers used for AFM. Using the measured mechanical properties of the polyimide, the required frequency response of the feedback system is estimated. Typical force curve measurements are confirmed by some numerical simulations.
  • System analysis of the force-feedback method for force curve measurements, Nobuhiro Kato, Hisao Kikuta, Takashi Nakano, Toshiro Matsumoto, Koichi Iwata, Review of Scientific Instruments, 70, 2402, 2407,   1999年12月, 査読有り
    概要:The force-feedback method is a promising technique to measure accurate force curves in atomic force spectroscopy. In this article, we describe criteria of the stability for the force-feedback system containing a proportional amplifier with first-order lag. We derive the criteria from an equation of the cantilever movement with higher-order vibration modes under force interaction. The criteria predict that a proportional amplifier with a certain gain and a "very high" cutoff frequency is required to stabilize the feedback system when the critical force gradient exceeds the cantilever stiffness. To measure a force curve, including the steep part (-17 N/m) with a soft (0.2 N/m) and poor-damping (2 X 10-7 kg/s) cantilever, the amplifier for the force-feedback controller must have a frequency response wider than 16 MHz and gain larger than 16.8. Moreover, the feedback controller with only an integrator, which is popular in scanning tunneling microscopy and atomic force microscopy, does not contribute to reducing the discontinuity of the force curve. © 1999 American Institute of Physics.
  • 走査型近視野原子間力顕微鏡によるウシ精子の表面形状の観察, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 細井 美彦, 松本 和也, 加藤 博己, 入谷 明, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 2, 26, 32,   1999年03月
    概要:継続後誌:近畿大学先端技術総合研究所紀要 = Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University走査型近視野原子間力顕微鏡は、観察したい材料に処理を加えずに、そのままの表面形状を nanometer単位で非常に微細に観察でき、容易にその3次元構築像が得られる。今回この顕微鏡を用いて凍結保存されたウシ精子を融解後、heparinによる受精能獲得処理さらにlysophosphatidylcholine (LC) による先体反応誘起処理を行い、その頭部の表面形状を観察した。融解直後、Percoll洗浄後およびheparin処理後の精子は先体帽、先体赤道部、後核帽および頚部が観察された。洗浄処理や heparin処理により精子表面の形状には変化が見られなかった。LC処理後の精子は、先体が観察できず頭部先端部分に胞状化した先体の一部あるいは先体顆粒の結晶と思われる粒子が数多く付着している像が観察され、LC処理により先体反応が誘起されたと思われた。また、いずれのサンプルでも、多くの結晶構造が精子付近あるいは精子表面上に観察された。これは、精子を培養液とともに直接スライドグラス上に塗沫・風乾したため塩類の結晶が形成されたためと推察された。  (英文) Atomic force microscope (AFM) provides nanometer-resolved, topographic data images of the natural surface structure of the objects. AFM also has a novel 3 D image-contrast mechanisms. In this study, surfaces of bovine sperm heads frozen-thawed, Percoll-washed, capacitated and acrosome-reacted were observed with the AFM. Spermatozoa were smeared on glass coverslip and air-dried. AFM images of spermatozoa after thawing and washing clearly showed their acrosomal caps, equatorial segments, postoacrosomal regions and necks. Images of capacitated spermatozoa treated with heparin also showed their complete acrosomal caps. However, acrosome-reacted spermatozoa induced by lysophosphatidylcholine were lack of their acrosome caps. Images also indicated salt crystals which were formed during airdrying smears of sperm suspension.
  • Resonance Characteristics of Micro Cantilever in Liquid, Hirai Yoshihiko, Mori Ryosuke, Kikuta Hisao, KATO Nobuhiro, INOUE Koji, TANAKA Yoshio, Japanese journal of applied physics. Pt. 1, Regular papers & short notes, Japanese journal of applied physics. Pt. 1, Regular papers & short notes, 37, 12, 7064, 7069,   1998年12月, 査読有り
    概要:The resonance characteristics of a micro cantilever are experimentally and theoretically studied. The micro cantilever is vibrated by thermal excitation using laser exposure and the frequency responses of the micro cantilever in air, acetone and water are experimentally evaluated based on an optical measurement technique. It is demonstrated that the resonance frequencies in water decrease to about one-tenth of the values in air. Also, the frequency responses are calculated using the string of beads model taking into consideration the drag force by viscous fluids. The calculation results show good agreement with the experimental results.
  • Formation of Hydroxyapatite Thin Films on Surface-Modified Polytetrafluoroethylene Substrates, Hontsu Shigeki, Nakamori Masaya, Kato Nobuhiro, TABATA Hitoshi, ISHII Junya, MATSUMOTO Toshirou, KAWAI Tomoji, Japanese journal of applied physics. Pt. 2, Letters, Japanese journal of applied physics. Pt. 2, Letters, 37, 10, L1169, L1171,   1998年10月, 査読有り
    概要:An ArF excimer laser deposition technique is used to fabricate hydroxyapatite [Ca_<10>(PO_4)_6(OH)_2]-(HAp) thin films on surface-modified polytetrafluoroethylene (PTFE) substrates. The surface of PTFE is modified by a sodium-naphthalene complex in a glycol ether solvent. X-ray diffraction (XRD) studies indicate that as-deposited films prepared at substrate temperatures below the glass transition temperature of PTFE (327℃) are in an amorphous state. The crystallization of as-deposited films needed annealing for 10h at 310℃. The structure, surface morphology and bond strength of HAp films were evaluated using XRD, the atomic force microscopy (AFM) and the Instron testing machine. The tensile bond strength of HAp films on surface-modified PTFE was 6.0 MPa, which is one order of magnitude larger than that of films on non-surface-modified PTFE, demonstrating its potential for practical applications.
  • On the polymer thickener for viscosity-stabilized solar pond, Toshiro Matsumoto, Nobuhiro Kato, Masao Taga, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers, 37, 5088, 5093,   1998年09月, 査読有り
    概要:The optimal physical properties of an ionized polyacrylamide solution, selected as the most suitable thickener for the insulating layer of a viscosity-stabilized solar pond, are described. Light transmittance, viscosity and viscosity degradation were obtained for a range of thicknesses from 1 cm to 15 cm (1-15 cm), weight concentrations of 0.1-0.5% (0.1-0.5 wt%) and temperatures of the polymer of 20-80°C. Onset of convection was also measured for a given thickness of the polymer solution. An exposure test was carried out to prevent degradation of the polymer using an antioxidant. It was confirmed that the viscosity was not decreased and, on the contrary, increased slightly after 100 days. It was shown experimentally that the critical Rayleigh number coincided with the theoretical values reported by Tien et al. [Int. J. Heat Mass Transf. 12 (1969) 1173]. Transmittances of the polymeric gel for the case of vessels greater than 5 cm in thicknesses were better than those of the SPR402 solution (0.5 wt%).
  • A New Method for Strain Measurement by Using Multiple Color Filtering, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 3, 38, 44,   1998年, 査読有り
  • Force-balancing microforce sensor with an optical-fiber interferometer, Nobuhiro Kato, Ippei Suzuki, Hisao Kikuta, Koichi Iwata, Review of Scientific Instruments, 68, 2475, 2478,   1997年06月, 査読有り
    概要:A microforce sensor with a force feedback method for scanning force microscopy is presented. The force sensor is constructed by using an optical fiber and a microcantilever. The facet of the optical fiber is coated with a gold thin film 15 Å thick. This gold film acts not only as a partially reflected mirror but also as an electrode of the electrostatic actuator. The interaction force between a probe tip and a sample is balanced by the electrostatic force. The deflection of the cantilever is measured by an interferometer consisting of the facet of the optical fiber and the cantilever surface. We have made the force sensor and measured some force curves of a mica surface with a SiN probe tip. The force curves obtained by this sensor are quite different from the curves by a conventional measurement without a feedback system. The force resolution of the system is 10-10 N with a bandwidth of dc∼1 kHz. © 1997 American Institute of Physics.
  • Deformation measurement of lumbar vertebra by using holographic interferometry, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 2, 50, 58,   1997年, 査読有り
  • Force-balancing force sensor with an optical lever, Review of Scientific Instruments, 66, 12, 5532, 5536,   1995年12月, 査読有り
  • Atomic-Force Microscope Using Optical Heterodyne-Detection Incorporated In An Optical Microscope, 66, 1, 87, 90,   1995年01月, 査読有り

書籍等出版物

  • マイクロニードルの製造と応用展開, 中川 晋作, 共著, p65-p70, シーエムシー出版,   2016年, 9784781311791
  • 細胞分離・操作技術の最前線, 加藤 暢宏, Gary D. Smith Shuichi Takayama, 共著, 第6章 マイクロフルイディクスによる細胞の分離と計測, シーエムシー出版,   2008年04月
    概要:本書は,急速に発展しつつある「細胞分離・操作技術」の最先端研究・開発について基礎から応用まで包括的な情報を提供することを目的としています。細胞分離・操作技術の基盤技術として細胞分離・操作に関する方法論と応用例を紹介しています。

講演・口頭発表等

  • レジストマイクロニードルパターンのための灌流現像システム, 加藤 暢宏, 坂本 佳奈子, 千原 なみえ, 森中 杏菜, 2017年度精密工学会秋季大会,   2017年09月20日
  • 多波長逐次露光型移動マスクリソグラフィによるマイクロニードルの形成, 加藤 暢宏, 森 俊太, 2017年度精密工学会春季大会,   2017年03月13日
  • Er:YAGレーザーデポジション法を用いたアパタイト膜形成におけるミストアシストの効果, 本津茂樹, 山本衛, 加藤暢宏, 保尾謙三, 吉川一志, 山本一世, 日本レーザー歯学会総会・学術大会プログラム・講演抄録集,   2016年12月
  • 細胞低接着性コラーゲンが細胞増殖能に与える影響, 國井沙織, 加藤暢宏, 堀内喜高, 森本康一, 日本生化学会大会(Web),   2016年09月
  • Arbitrary shape microneedle generation using moving-mask lithography, Nobuhiro Kato, Shunta Mori, Microneedles 2016,   2016年05月23日
  • ミストアシストEr:YAGレーザーデポジション法によるアパタイト膜の形成, 本津茂樹, 波床侑果, 山本衛, 加藤暢宏, 吉川一志, 山本一世, 日本歯科理工学会誌,   2016年03月25日
  • 歯質修復用フッ素化アパタイトシートの作製と評価, 小比賀優, 波床侑果, 加藤暢宏, 山本衛, 吉川一志, 山本一世, 本津茂樹, 日本歯科理工学会誌,   2016年03月25日
  • 小孔をもつ極薄非晶質リン酸カルシウムシートの象牙質固着特性の評価, 井戸雄基, 山本衛, 加藤暢宏, 保尾謙三, 吉川一志, 山本一世, 本津茂樹, 日本歯科理工学会誌,   2016年03月25日
  • 開発したタイムラプスモニタリング装置によるウシ胚体外培養の観察, 藤木雄太, 加藤暢宏, 宮田静, 朴忠植, 山東悠介, 佐伯和弘, 日本はい移植学雑誌,   2016年01月29日
  • 自己溶解型マイクロニードルの機械的特性, 森 駿太, 甲斐 貴久, 須崎 有亮, 山本 衛, 加藤 暢宏, 生体医工学,   2016年
    概要:

    Microneedles (MNs) are transdermal drug delivery systems, making it possible to administer drugs into the dermis without pain. In this study, master male molds of MNs were obtained by moving-mask UV lithography. The MNs female molds were replicated by poly-dimethylsiloxane. Finally, MNs were obtained by casting chondroitin sulfate C sodium salt (CSC) solution to the female molds. The Young's modulus of CSC was evaluated to be 2-4 GPa by tensile test. The CSC was enough stiff to penetrate epidermis. The penetration tests were conducted to characterize various shapes of CSC-MNs.

  • 微小流路用受動レギュレータの解析と実験による検討, 門田 貴之, 加藤 暢宏, 生体医工学,   2016年
    概要:

    Flow rate of fluid in micro channel driven by gravity pump is proportional to the head difference. Regulator for long-term microfluidic cell culture system was needed. The conventional flow regulator systems enabling constant flow rate are not easy to miniaturize to fit on micro channels. In this study, simple passive regulator systems that can be applied to micro channel are presented. The result of FEM analysis predicted the effectiveness of deformable valve structure. The analyzed results were evaluated by experiment using microfluidic system with 4 types deformable passive valves.

  • Microneedles Protoryping Using Moving-Mask Lithography, Nobuhiro Kato, Takahisa Kai, Shunta Mori, 12th International Conference on Ubiquitous Healthcare,   2015年12月02日
  • Overlaid Ultrathin Amorphous Calcium Phosphate Sheet Improves Dentinal Permeability Inhibition Rate, Nobuhiro Kato, Yuki Ido, Ei Yamamoto, Kenzo Yasuo, Kazushi Yoshikawa, Shigeki Hontsu, Bioceramics 27,   2015年10月27日
  • Adhesion Properties of an Apatite Film Deposited on Dentine Using Er:YAG Laser Ablation Methods, Ei YAMAMOTO Nobuhiro KATO Kazushi YOSHIKAWA Kenzo YASUO Kazuyo YAMAMOTO Shigeki HONTSU, Bioceramics 27,   2015年10月27日
  • B203 エラスチン基材上で培養した線維芽細胞の遊走性(B2-1 細胞バイオメカニクス4(細胞外マトリックス)), 西 真吾, 須崎 有亮, 甲斐 貴久, 宮田 静, 西本 将也, 竹森 久美子, 加藤 暢宏, 伊藤 浩行, 山本 衛, バイオフロンティア講演会講演論文集,   2015年10月01日
  • Microneedles fabrication utilizing a moving-mask lithography, Tkahisa KAI, Shunta MORI, Nobuhiro KATO, 生体医工学シンポジウム2015,   2015年09月25日
  • Development of embryo monitoring system using time lapse cinematography, Shizuoka MIYATA, Choongsik PARK, Yusuke SANDO, Yuta FUJIKI, Kazuhiro SAEKI, Nobuhiro KATO, 生体医工学シンポジウム2015,   2015年09月25日
  • マイクロニードル型作製のための移動マスク露光法の拡張, 森 駿太、甲斐 貴久、加藤 暢宏, 生体医工学シンポジウム2015,   2015年09月25日
  • 微小流路デバイスのための受動的レギュレータの提案とその有限要素法による解析, 門田 貴之、加藤 暢宏, 生体医工学シンポジウム2015,   2015年09月25日
  • P-72 象牙質知覚過敏治療用カリウム含有ハイドロキシアパタイトシートの作製と評価(臨床応用,一般講演(ポスター発表),第66回日本歯科理工学会学術講演会), 波床 侑果, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 古薗 勉, 山本 一世, 本津 茂樹, 日本歯科理工学会誌,   2015年09月15日
    概要:In the therapy for hypersensitivity of tooth, it is known that potassium (K) compounds are often added in the toothpaste because it is believed that neurotransmission is blocked by potassium ions. Recently, we have been proposing the attachment therapy of a hydroxyapatite (HAp) sheet on dentin for hyperesthesia. It is thought that addition of K ions in HAp sheet is more effective for relieve pain of tooth hypersensitivity. In this study, we prepared K-HAp thin film and evaluated it. K-HAp sheet was prepared by using a process for preparing thin film. After that, we evaluated the interface between K-HAp sheet and dentin.
  • Er:YAGレーザーアブレーション法で象牙質上に形成したアパタイト膜の固着特性, 本津 茂樹, 山本 衛, 加藤 暢宏, 保尾 謙三, 吉川 一志, 山本 一世, 日本レーザー歯学会誌,   2015年08月
  • 極薄非晶質リン酸カルシウムシート重ね貼りによる象牙細管の封鎖効果, 本津茂樹, 井戸雄基, 山本衛, 加藤暢宏, 保尾謙三, 吉川一志, 山本一世, 日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集(Web),   2015年06月01日
  • 胚観察のためのTLC装置の開発, 宮田 静, 朴 忠植, 山東 悠介, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 第54回日本生体医工学大会,   2015年05月07日
    概要:A simple time-lapse cinematography device that provides useful insight for embryo quality scoring by series observation of embryos during culture was developed. The device consists of a microscope system, a PC controlled camera and an illumination system. All components are implemented in a waterproof enclosure to be operated inside a CO2 incubator. Operations for image capture including focus adjustment and illumination adjustment can be remotely performed using PC without removing embryos from the optimal gas and temperature conditions. Using this device, clear images including several embryos were captured and the cleavage timing of embryos can be exactly identified.
  • P-40 小孔をもつ極薄非晶質リン酸カルシウムシート貼付法による象牙細管封鎖効果の評価(臨床応用,一般講演(ポスター発表),第65回日本歯科理工学会学術講演会), 井戸 雄基, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 保尾 謙三, 橋本 典也, 吉川 一志, 山本 一世, 本津 茂樹, 日本歯科理工学会誌,   2015年03月25日
    概要:We propose a new method to shield dentinal tubules by direct attaching an amorphous calcium phosphate (ACP) sheet on the dentin as a treatment of the hyperaesthesia. In this study, we fabricated the perforated ACP sheet in order not only to easily remove liquid on the dentinal surface but also to promote the remineralization at the interface between the sheet and dentin. The ACP sheet was prepared by the pulsed laser deposition technique and the laser process using a metal mask. The interface structure between the ACP sheet and dentin was observed by a SEM. In addition, using Pashle's method, we evaluated the inhibition effect of lap-strake perforated ACP sheets attached to the dentin on its permeability.
  • GnRH‐FSH処理が黒毛和種雌牛のOPUに及ぼす影響, 谷口俊仁, 高田広達, 樽本英幸, 加藤暢宏, 佐伯和弘, 日本はい移植学雑誌,   2015年01月21日
  • 移動マスク露光法による自己溶解型マイクロニードルの形成, 甲斐 貴久, 森 駿太, 加藤 暢宏, 第54回日本生体医工学大会,   2015年
    概要:A moving-mask exposure apparatus that allows backside exposure through transparent substrate to form the mold of microneedle patch with thick photoresist was developed. By choosing moving trajectory, various shape microneedle can be produced from a single mask pattern. The photoresist microneedle pattern was replicated by poly-dimethylsiloxane (PDMS). The mixture of chondroitin sulfate C and sterilized water was poured over the PDMS mold. Finally, the cured chondroitin sulfate C microneedle patch was detached from the PDMS mold. From scanning microscope observation, successful shape transfer form the photoresist MN to the chondroitin sulfate C microneedle was confirmed.
  • Evaluation of Dentin Tubule Sealing Rate Improved by Attaching Ultrathin Amorphous Calcium Phosphate Sheet, Kato, Nobuhiro Isai, Arata Yamamoto, Ei Nishikawa, Hiroaki Kusunoki, Masanobu Yoshikawa, Kazushi Yasuo, Kenzo Yamamoto, Kazuyo Hontsu, Shigeki, Bioceramics 26,   2014年11月06日
  • A Novel Treatment for Dentine Cavities with Intraoral Laser Ablation Method Using an Er:YAG Laser, Bioceramics 26,   2014年11月06日
  • マイクロニードル型作製のための移動マスク露光法, 甲斐貴久, 平野雅一, 加藤暢宏, 日本機械学会マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集(CD-ROM),   2014年10月13日
  • B112 エラスチン被覆シャーレを用いた線維芽細胞の培養(B1-3 細胞バイオメカニクス3,軟骨), 西 真吾, 須崎 有亮, 宮田 静, 竹田 一平, 竹森 久美子, 加藤 暢宏, 伊藤 浩行, 山本 衛, バイオフロンティア講演会講演論文集,   2014年10月02日
  • Er:YAGレーザーアブレーション法によって形成されたアパタイト膜の象牙細管封鎖効果, 本津茂樹, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 保尾謙三, 吉川一志, 山本一世, 日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集(Web),   2014年10月01日
  • 培養細胞常時観察装置の開発, 宮田 静、朴 忠植、山東 悠介、佐伯 和弘、加藤 暢宏, 生体医工学シンポジウム2014,   2014年09月26日
  • 移動マスク露光法によるマイクロニードル型の作製, 甲斐 貴久、平野 雅一、加藤 暢宏, 生体医工学シンポジウム2014,   2014年09月26日
  • P-15 多層非晶質リン酸カルシウムシート貼付法による象牙質透過抑制率効果の評価(臨床応用,一般講演(ポスター発表),第64回日本歯科理工学会学術講演会), 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 保尾 謙三, 橋本 典也, 吉川 一志, 山本 一世, 本津 茂樹, 日本歯科理工学会誌,   2014年09月20日
    概要:We have fabricated a flexible hydroxyapatite (HAp) sheet using pulsed laser deposition and a sheet isolation technique. We aim to form an artificial enamel layer on the dentin by an amorphous calcium phosphate (ACP) sheet with solubility higher than compared that of the crystallized sheet. In this study, using Pashle's method, we evaluated of the dentin permeability inhibition effect by double layer method of the ACP sheet on dentin as a cure for dental hypersensitivity. The dentin permeability inhibition rate of the dentinal tubule by double layer method of the ACP sheet was 89.17±7.24%. The ACP sheet was yielded results better than of dental resin cement.
  • P-16 極薄カリウム含有ハイドロキシアパタイトシートの作製と評価(臨床応用,一般講演(ポスター発表),第64回日本歯科理工学会学術講演会), 波床 侑果, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 古薗 勉, 山本 一世, 本津 茂樹, 日本歯科理工学会誌,   2014年09月20日
    概要:In toothpaste formulated for hypersensitivity, potassium compounds such as potassium nitrate and potassium bromide are often added because it is believed that neurotransmission is blocked by the function of potassium ions. Thus far, we have proposed attaching a hydroxyapatite sheet on dentin as a treatment for hyperesthesia. We think that it may be possible to block dental tubules and relieve pain by adding potassium to the sheet for sustained release. In this study, we prepared and evaluated a potassium-doped hydroxyapatite thin film, and applied the process to the preparation of a potassium-doped hydroxyapatite sheet.
  • 極薄カリウム含有ハイドロキシアパタイトシートの作製と評価, 波床 侑果, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 古薗 勉, 山本 一世, 本津 茂樹, 日本歯科理工学会誌,   2014年09月
  • 多層非晶質リン酸カルシウムシート貼付法による象牙質透過抑制率効果の評価, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 保尾 謙三, 橋本 典也, 吉川 一志, 山本 一世, 本津 茂樹, 日本歯科理工学会誌,   2014年09月
  • パルスレーザー堆積法によるカリウム含有ハイドロキシアパタイト薄膜の作製, 波床侑果, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 古薗勉, 本津茂樹, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM),   2014年08月25日
  • Moving-mask Lithography for 3D Microstructure Molding, Nobuhiro Kato Takahisa Kai Masakazu Hirano, ICPST-31,   2014年07月08日
  • Er:YAGレーザー成膜法による歯質上へのアパタイト膜の直接形成, 本津 茂樹, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 山本 一世, 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集,   2014年06月
  • A-18 Er:YAGレーザーアブレーション法を用いた歯質修復法の検討(第1報)(臨床応用,一般講演(口頭発表),第63回日本歯科理工学会学術講演会), 本津 茂樹, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 橋本 典也, 吉川 一志, 山本 一世, 日本歯科理工学会誌,   2014年03月25日
    概要:A calcium phosphate film was deposited on the dentine in the air by applying Er:YAG laser to the laser ablation (PLD) method to try the restoration of the dentine. α-tricalcium phosphate (α-TCP) was used as a target for the film preparation, and cattle enamel and human dentin were used as a substrate. X-ray diffraction (XRD) technique was used for crystallinity evaluation of the deposited layer, and scanning electron microscope (SEM) was used for the evaluation of the substrate-deposited layer interface.
  • ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いたウシ卵子の成熟培養, 岩本 太作, 谷口 俊仁, 岸 昌生, 加藤 暢宏, 佐伯 和弘, 日本胚移植学雑誌,   2014年01月
  • 移動マスク露光によるマイクロニードル型の作成, 加藤暢宏 甲斐貴久 平野雅一, 化学とマイクロ・ナノシステム学会 第28回研究会,   2013年12月05日
  • 極薄アパタイトシートを用いた象牙細管の封鎖効果についての検討(第2報), 本津 茂樹, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 山本 一世, 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集,   2013年10月
  • 移動マスクUV露光による2.5次元形状の生成, 加藤暢宏 シャルマ・マークン 前坂圭亮 平野雅一, 日本機械学会2013年度年次大会,   2013年09月08日
  • 象牙質—極薄アパタイトシート界面における固着特性の評価, 以西新 松本明子 山本衛 加藤暢宏 西川,博昭 楠正暢 本津茂樹 吉川一志, 日本セラミックス協会第26 回秋季シンポジウム講演予稿集(CD−ROM)|L2240B,   2013年09月04日
  • ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いたウシ卵子の成熟培養, 谷口俊仁 岩本太作 岸昌生 加藤暢宏 佐伯和弘, 平成25年度近畿地区連合獣医師大会・獣医学術近畿地区学会,   2013年09月01日
  • PDMSマイクロウェルを用いたウシ卵子の成熟培養, 岩本太作 谷口俊仁 岸昌生 加藤暢宏 佐伯和弘 谷口俊仁, 第20回日本胚移植研究会,   2013年08月12日
  • ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いたウシ卵子の成熟培養, 岩本太作 谷口俊仁 岸昌生 加藤暢宏 佐伯和弘 谷口俊仁, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会,   2013年08月12日
  • 極薄アパタイトシートを用いた象牙細管の封鎖効果についての検討, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 山本 一世, 本津 茂樹, 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集,   2013年05月
  • A-17 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第2報)(アパタイト,一般講演(口頭発表),第61回日本歯科理工学会学術講演会), 本津 茂樹, 吉川 一志, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世, 日本歯科理工学会誌,   2013年03月25日
    概要:We have successfully created a flexible hydroxyapatite (HAp) sheet of less than a few micrometers, and we have been trying to establish the all-HAp restoration technique for tooth enamel. In this study, we evaluated the re-calcification layer at the various sheets (amorphous HAp, HAp, amorphous HAp/amorphous calcium phosphate: ACP, HAp/ACP)-enamel interface by scanning electron microscope (SEM).
  • エナメル質-極薄アパタイトシート界面における再石灰化層の検討, 本津茂樹 以西新 加藤暢宏 山本衛 西川博昭 楠正暢 吉川一志, 第7回ナノ・バイオメディカル学会大会,   2013年01月24日
  • 穴あきアパタイトシートを用いたエナメル質の修復, 本津 茂樹, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 吉川 一志, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集,   2012年11月
  • Adhesive Strength Between Flexible Hydroxyapatite Sheet and Tooth Enamel, E. Yamamoto N. Kato H. Nishikawa M. Kusunoki T. Hayami S. Hontsu, Bioceramics 24,   2012年10月21日
  • 穴あき極薄アパタイトシートによるエナメル質の修復, 本津 茂樹, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 吉川 一志, 山本 一世, 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集,   2012年10月
  • B-28 極薄アパタイトシートを用いた象牙質上への人工エナメル質形成(細胞・生体用セラミックス,一般講演(口頭発表),第60回日本歯科理工学会学術講演会(創立30周年記念大会)), 本津 茂樹, 吉川 一志, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世, 日本歯科理工学会誌,   2012年09月25日
    概要:We have fabricated a flexible hydroxyapatite (HAp) using a pulsed laser deposition (PLD) method and a film isolation technique. We adhered the HAp sheet to the dentine surface using a calcium phosphate aqueous in order to apply this sheet to hyperesthetic treatment. In the present study, the time dependence of the composition at the interfaces between the HAp/TCP sheet and the dentine was evaluated using X-ray diffraction measurement, and the adhesive strength between the HAp/TCP sheet and the dentine surface was evaluated by quasi-static tensile tests.
  • K11300 ゼロから創り出すための設計教育, 松原 厚, 小木 曽望, 加藤 暢宏, 横小路 泰義, 筒井 真作, 牧野 修, 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan,   2012年09月09日
    概要:An education method for mechanical design is discussed. In conventional design education, the prototype designs together with design process are given for students, which can be referred to as parameterized design. This is a good introduction for students to start the design class. However, the big picture of the design process could not be learned. For students to experience total design paradigm, a design seminar has been opened every summer in past decade. We discuss the pros and cons of the current seminar and present the perspective of next turn.
  • P-31 極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第1報)(生体親和材料,一般講演(ポスター発表),第59回日本歯科理工学会学術講演会), 本津 茂樹, 吉川 一志, 松田 太陽, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世, 日本歯科理工学会誌,   2012年03月25日
    概要:We have succeeded to fabricate flexible hydroxyapatite (HAp) sheet for adhering directly onto tooth and bone surfaces using a pulsed laser deposition method and a film isolation technique. We have investigated a method to regenerate the tooth enamel by just attaching the flexible HAp sheet onto the tooth surface with artificial saliva. In this paper, we report the result of adhering the HAp sheet to the enamel assisted by an TCP over-deposition and calcium phosphate aqueous solution in order to reduce the period required to regenerate the enamel.
  • フレキシブル極薄フッ素化アパタイトシートの作製, 本津 茂樹, 丸山 敏朗, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 橋本 典也, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集,   2011年11月
  • シリコーン製マイクロウェルの容積と形状がウシ胚の初期発生に及ぼす影響, 庄 隼生, 岩本 太作, 加藤 暢宏, 河上 泰之, 谷口 俊仁, 岸 昌生, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 佐伯 和弘, 日本胚移植学雑誌,   2011年01月
  • The restoration of dental enamel using the flexible apatite sheet, 本津 茂樹, 加藤 暢宏, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 吉川 一志 山本 一世, 5th International Symposium on Apatites and Correlative Biomaterials,   2010年12月, 5th International Symposium on Apatites and Correlative Biomaterials
  • Poly (dimethylsiloxane) 製微小流路デバイス内へのI型コラーゲン固定化法の検討と灌流培養環境下でのHL60細胞のタイムラプス観察, 森本 康一, 西山 裕之, 國井 沙織, 角田 昌明, 加藤 暢宏, Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University = 近畿大学 生物理工学部 紀要,   2010年09月01日
    概要:灌流培養環境下でHL60細胞とI型コラーゲンとの相互作用を観察するため, poly (dimethylsiloxane)を用いて微小流路デバイス(幅700μm×高さ100μm×長さ20mm)を作製した. 矩形断面を有する微小流路内壁4面すべてを酸素プラズマ処理し, ニワトリI型コラーゲンとウシ胎児血清成分タンパク質を灌流して固定化した. 固定化されたタンパク質の吸着量をSDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動にて定量的に調べた結果, 血清タンパク質に対して酸素プラズマ処理の効果は認められなかったが, I型コラーゲンでは酸素プラズマ処理の効果が経時的に減少するに従い, その固定化量が増加した. 作製した微小流路デバイスを用いた0.2μL/minの灌流培養下で, HL60細胞はI型コラーゲンにのみローリングあるいは接着挙動を示した. 酸素プラズマ処理の効果はI型コラーゲンに対する細胞接着に大きく影響した. HL60細胞の接着挙動は固定化されたI型コラーゲン量に単純に比例せず, その構造変化を認識することが示唆された. (英文) We developed microfluidic device (W 700μm×H 100 gμm×L 20 mm) with poly (dimethylsiloxane) to observe adhesion of HL60 cells on type I collagen under continuous perfusion. The surface of poly (dimethylsiloxane) was treated by oxygen plasma and then coated by fetal calf serum proteins or chicken type I collagen. By using SDS-polyacrylamide gel electrophoresis, we showed that treatment of oxygen plasma had no effect on binding of serum proteins on the polymer surface. However, the amount of collagen on the surface increased by decreasing of the effect of plasma treatment. On the serum protein-coated polymer surface, HL60 cells fully flowed through under 0.2μL/min flow rate. On the other hand, HL60 cells bound to the collagen-coated polymer surface and subsequently adhered to the collagen-coated polymer surface. We suggest that the conformation of collagen would alter depending on the degree of oxygen plasma treatment of PDMS and HL60 cells would recognize the difference in collagen structure.本研究は近畿大学生物理工学部戦略的研究No.06-II-1, 2006およびNo.07-IV-3, 2007の助成を受けた,
  • シリコーン製マイクロウェルプレートと用いたウシ単一胚の個別培養, 岩本 太作, 加藤 暢宏, 橋本 周, 河上 泰之, 谷口 俊仁, 庄 隼生, 岸 昌生, 細井 美彦, 松本 和也, 森本 義晴, 入谷 明, 佐伯 和弘, The Journal of Reproduction and Development,   2010年08月
  • 顕微鏡内蔵型インキュベーター内で poly-(dimethylsiloxane) micro-well による個別培養を行ったヒト胚の形態変化に基づく分割期における胚の選抜, 橋本 周, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 中岡 義晴, 森本 義晴, Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌,   2010年04月01日
  • ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルの容積と胚数がウシ胚の初期発生に及ぼす影響, 岩本 太作, 加藤 暢宏, 谷口 俊仁, 松井 孝徳, 高橋 千明, 中野 達也, 庄 隼生, 岸 昌生, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 佐伯 和弘, 日本畜産学会大会講演要旨集,   2010年03月
  • ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いて作製したウシ体外受精胚の移植による受胎:地区学会長賞受賞講演., 谷口 俊仁, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 岩本 太作, 平成21年度日本獣医師会学会年次大会,   2010年01月, 平成21年度日本獣医師会学会年次大会、、
  • ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルの容積がウシ胚の初期発生に及ぼす影響, 岩本 太作, 加藤 暢宏, 谷口 俊仁, 松井 孝徳, 高橋 千明, 中野 達也, 庄 隼生, 岸 昌生, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 佐伯 和弘, 日本胚移植学雑誌,   2010年01月
  • 減圧下で作製したPolydimethylsiloxane micro-wellを用いたヒト胚のtime-lapse photography., 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, IVFなんばクリニック, IVFなんばクリニック, 第54回日本生殖医学会学術講演会,   2009年11月, 第54回日本生殖医学会学術講演会
  • 無孔性PDMS製マイクロウェルプレートによるヒト体外受精卵の培養, 加藤 暢宏, 橋本 周, 森本 義晴, 佐伯 和弘, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集,   2009年11月
  • ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いて作製したウシ体外受精胚の移植による受胎., 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 岩本太作, 和歌山県畜産試験場, 和歌山県畜産試験場, 平成21年度近畿地区連合獣医師会獣医三学会(近畿),   2009年10月, 平成21年度近畿地区連合獣医師会獣医三学会(近畿)
  • 減圧下で作製したPolydimethylsiloxane micro-wellを用いたヒト胚のtime-lapse photography, 橋本 周, 森本 義晴, 加藤 暢宏, 佐伯 和弘, 日本生殖医学会雑誌,   2009年10月
  • 3C2-1 タッチパネルを用いたアテトーゼ型脳性麻痺身体障害者のための意思伝達装置の開発(OS8:福祉工学・機器,オーガナイズドセッション), 加藤 暢宏, 田口 智士, 城 喜貴, 鈴木 栄作, 福祉工学シンポジウム講演論文集,   2009年09月23日
    概要:A novel low-cost talking communication aid device utilizing touch panel for a disabled person with both dysphonia and athetosis type cerebral paralysis is developed.
  • PDMS製マイクロウェルプレートを用いたウシ胚の初期発生に及ぼすウェルの容積の影響, 岩本 太作, 谷口 俊仁, 松井 孝徳, 高橋 千明, 中野 達也, 庄 隼生, 岸 昌生, 加藤 暢宏, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 佐伯 和弘, 日本畜産学会大会講演要旨集,   2009年09月
  • 減圧下で作製したPolydimethylsiloxane well内で個別培養を行ったヒト胚の発育能., 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 岩本太作, IVFなんばクリニック, IVFなんばクリニック, IVFなんばクリニック, 和歌山県畜産試験場, 第50回日本哺乳動物卵子学会,   2009年05月, 第50回日本哺乳動物卵子学会
  • 減圧下で作製した Polydimethylsiloxane well 内で個別培養を行ったヒト胚の発育能, 橋本 周, 赤松 芳恵, 岩本 太作, 谷口 俊仁, 加藤 暢宏, 佐伯 和弘, 森本 義晴, Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌,   2009年04月01日
  • ポリジメチルシロキサン製マイクロウェルを用いたウシ胚の体外培養の検討, 岩本 太作, 松井 孝徳, 中野 達也, 高橋 千明, 谷口 俊仁, 加藤 暢宏, 佐伯 和弘, 日本胚移植学雑誌,   2009年01月
  • ウシ受精卵培養のための低圧化で硬化したポリジメチルシロキサン製マイクロウェルプレート, 加藤 暢宏, 佐伯 和弘, 岩本 太作, 谷口 俊仁, Biomedical Engineering Society,   2008年11月, Biomedical Engineering Society
    概要:低圧化で硬化させることで、ガス透過性を抑制したPDMSを用いてウシ受精卵の単一培養用のマイクロウェルプレートを試作した。人工授精を行ったウシ受精卵の培養実験において、集合培養と同等の発生率があることを確認した。
  • 219 産学連携した3次元CAD設計教育の取組み(FM-3 課題設定解決能力の育成を目指す工学教育), 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 中川 秀夫, 清水 隆紀, 里見 研一, 田口 晋也, 関西支部講演会講演論文集,   2008年03月14日
  • 点字ディスプレイにより駆動される微小流体デバイスのプリント基板を用いた迅速試作, 加藤 暢宏, Yao-Kuang Chung Shuichi Takayama, Biomediacal Engineering Society 2007 Anuual Fall Meeting,   2007年09月, Biomediacal Engineering Society 2007 Anuual Fall Meeting
    概要:プリント基板を母型に用いることで、角部にRを持った台形形状断面を有するマイクロチャネルチップを迅速に安価に試作することができる事を示した。
  • 産学連携によるPro/E用e-Learinigコンテンツの開発, 加藤 暢宏, PTC user world event 2005 JAPAN,   2005年11月, PTC user world event 2005 JAPAN
  • 微小力測定用ポリマーカンチレバー製作プロセスの改良 (第22回センシングフォーラム 資料--センシング技術の新たな展開と融合) -- (セッション2B2 力学量計測2), 加藤 暢宏, 高野 功, 菊田 久雄, センシングフォ-ラム資料,   2005年09月29日
  • 産学連携による 3次元CAD用e-Learningコンテンツの開発, 加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 田口 晋也 清水 隆紀, 平成17年度 全国大学IT活用研究法法研究発表会 2次選考発表会,   2005年09月, 平成17年度 全国大学IT活用研究法法研究発表会 2次選考発表会
  • 産学連携による3次元CAD用e-Learningコンテンツの開発, 加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 田口 晋也 清水 隆紀, 全国大学IT活用教育法法研究発表会 予稿集 (社) 私立大学情報教育協会,   2005年07月, (社) 私立大学情報教育協会
    概要:産学協同による3次元CAD用e-Learning教材の教育効果について発表した。
  • 212 設計教育のための3次元CAD用e-Learning教材の開発(WS-1 もの造り-技術の伝承の問題点(2),研究発表講演), 加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 田口 晋也, 清水 隆紀, 関西支部講演会講演論文集,   2005年03月18日
    概要:This paper describes the development of an e-Learning solution in 3D CAD operation training. The e-Learning contents have following features. In operation, the contents indicate the instruction window and 3D CAD (Pro/ENGINEER[○!R]) window in same display simultaneously. The motif of the exercise models is familiar to class and enhances the motives for the exercise. The contents of the e-Learning are based on SCORM (Shareable Content Object Reference Model) standard and able to supervise the progress of the class individually. The effectiveness of the contents is confirmed by achievement check in design class exercises.
  • 3次元CAD用e-Learning教材の開発, 加藤 暢宏, サイバネティック・フレキシブル・オートメーション(CFA)研究分科会 第19回研究例会,   2005年03月, サイバネティック・フレキシブル・オートメーション(CFA)研究分科会 第19回研究例会
    概要:3次元CAD(ptc社製Pro/Engineer2001)を用いた機械設計教育を効果的に行うために,CAD操作スキルの習得用e-Learning教材を産学協同で開発した.開発の留意点・導入効果・3次元CADを活用したグループ設計について発表した.
  • 微小力測定用ポリマーマイクロカンチレバー製作プロセスの改良, 第22回センシングフォーラム 資料 ,   2005年
  • 設計教育のための3次元CAD用e-Learning教材の開発, 日本機械学会関西支部第80期定時総会講演会講演論文集,   2005年
  • Polymer micro cantilevers for force controlled atomic force microscopy 3 - Improvement of fabrication process, N. Kato, C. S. Park, T. Matsumoto, H. Kikuta, K. Iwata, Proceedings of the SICE Annual Conference,   2004年12月01日
    概要:In this paper, we report on the improvements in fabrication processes of polymer micro cantilevers for force controlled atomic force microscopy. The improvement of photo mask patterns results in the enhancement of controllability of the pyramidal probe tip geometry and in rapid dissolving of sacrificial layer. It also contributes to process simplicity.
  • 223 表画集熱式ソーラーポンドを用いた温度差発電と温室暖房の複合システム解析(OS-5 環境負荷ミニマイズのための熱流体・環境工学の展開(3)), 鈴木 貴之, 越智 敏明, 加藤 暢宏, 渡辺 俊明, 松本 俊郎, 関西支部講演会講演論文集,   2004年03月17日
    概要:Performance of complex system included power generation by temperature difference and greenhouse heating using floating collector type solar pond with two-layer was investigated for simulation models. It was also compared with salt-gradient solar pond. In thermal collector part, thermal storage layer and soil, some equations of heat transfer were drawn to establish optimum conditions for design, respectively. They were given by analysis of complex heat transfer using simulation models. They were concluded as being the following: (1) Flow rate of the water circulation on the collectors was 50(kg/(m^2・h)). (2) Minimum incident solar radiation for starting of pumping was 500(W/m^2). (3) Depth of thermal storage layer is 3〜5(m). (4) Thickness of the insulation was more than 10(cm), (5) Surface area of pond is more than 100(m^2). Although the maximum water temperature in thermal storage layer was lower than salt-gradient solar pond, annual temperature hardly changed. Consequently, this system has advantage of use during winter was shown for this system. In addition, it was clearly presented that it is possible to use also for power generation and greenhouse heating.
  • Fabrication of polymer cantilevers for force controlled atomic force microscope, Nobuhiro Kato, Choong Sik Park, Toshiro Matsumoto, Hisao Kikuta, Koichi Iwata, Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering,   2003年12月01日
    概要:We developed the fabrication process of all-plastic cantilever for force controlled atomic force microscope. The force controlled atomic force microscope can prevent damage during the scanning of the soft sample. However it has a drawback in its stability. To stabilize the system the cantilever is required to have small Q factor. The negative photo resist for MEMS (SU-8) has ideal properties, micromachinability and small Q factor, for this purpose. Here we demonstrate the cantilever consists of tip, lever and base with same polyimide. The mold of the probing tip is the pyramidal pit pattern on silicon wafer formed by direct leaser writing and anisotropic etching of silicon. Other elements of the cantilever are formed by contact lithography. The photo mask is also fabricated by direct laser writing. By arranging the dimensions of the cantilever, we can control its spring constant and resonant frequency. For the spring constant of 0.1N/m and the first resonant frequency of 2kHz, the typical dimensions of the cantilever is 1030 × 300 × 7 μm3. The fabrication error in cantilever geometry was 1.5%. The estimated resonant frequency has a good agreement with the designed value.
  • 力制御型原子間力顕微鏡のためのカンチレバーの製作    設計と製作   , 加藤 暢宏, 松本 俊郎, 朴忠植, 菊田久雄 岩田耕一, APMF’2003/IMEKO TC3(中国),   2003年11月, APMF’2003/IMEKO TC3(中国)
    概要:力制御型原子間力顕微鏡を安定に動作させるための高分子材料製のカンチレバーの製作・評価について発表した。(英文)
  • 力制御型原子間力顕微鏡のためのカンチレバーの製作, 加藤 暢宏, 松本 俊郎, 朴忠植, 菊田久雄 岩田耕一, The International Symposium on OPTICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY SPIE 48th Annual Meeting(アメリカ),   2003年08月, The International Symposium on OPTICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY SPIE 48th Annual Meeting(アメリカ)
    概要:力制御型原子間力顕微鏡を安定に動作させるための高分子材料製のカンチレバーの設計・製作について発表した。(英文)
  • 近畿大学における設計教育 生物理工学部の一事例, 加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 2003年度精密学会春季大会(小金井),   2003年03月, 2003年度精密学会春季大会(小金井)
    概要:3次元CADを用いたグループワークを中心とした設計製図教育を行った。スキル教育よりもグループ作業による紙上での検討に重点を置いた。学生間の意志疎通の円滑化、コミュニケーション能力の向上が見られ、3次元モデル構築の際にその効果が発揮された。
  • 高出力炭酸ガスレーザ用回折型ビーム整形素子の開発, 加藤 暢宏, 萩野秀樹 朴忠植 横井昌幸, 岩田耕一 菊田久雄 三俣真理, 電気加工学会全国大会(2002)(南埼玉),   2002年11月07日, 電気加工学会全国大会(2002)(南埼玉)
    概要:本研究では数kWクラスのCO2レーザ光の強度分布を所望の分布に整形するCGHの開発を目指している。今回は8レベルのCGHを高出力CO2レーザに適用した結果について述べた。
  • 近畿大学における設計教育生物理工学部の一事例, 加藤 暢宏, 藤井 雅雄, 3次元CAD活用研究会9th Conference(川崎),   2002年11月, 3次元CAD活用研究会9th Conference(川崎)
    概要:生物理工学部機械制御工学科では平成14年度から本格的に3次元CADによる設計教育を開始した。本講演では具体的な取り組み内容を紹介し、学生のコミュニケーション能力が明らかに向上したことを報告した。
  • 産学で連携した3次元設計教育の取り組み, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 西濱恵 清水隆紀, 日本機械学会(京都),   2002年10月18日, 日本機械学会(京都)
    概要:モノづくりの現場で実際に3次元CADを活用して設計を行っている企業と共同で、産学連携した3次元設計教育について検討し、4月から学校教育で実践中である。
  • マルチレベルCGHによる炭酸ガスレーザビームシェイピング, 萩野 秀樹, 横井 昌幸, 朴 忠植, 加藤 暢宏, 三俣 真理, 菊田 久雄, 岩田 耕一, 精密工学会大会学術講演会講演論文集,   2002年10月01日
  • 力曲線測定のための高減衰マイクロカンチレバー第2報一体型ポリイミドカンチレバーの作成, 加藤 暢宏, 松本 俊郎, 朴忠植, 菊田久雄 岩田耕一, 2002年度精密工学会秋季大会学術講演会(熊本),   2002年10月, 2002年度精密工学会秋季大会学術講演会(熊本)
    概要:本研究では、制御対象となるカンチレバーの減衰係数を大きくすることで制御系の安定性を向上させることを目的としている。レーザービーム描画装置による直接描画とマスク露光を使い分けることで、設計変更に柔軟に対応できる製作プロセスを確立できた。
  • レーザによって切除された角膜のFEMによる応力解析, 松本 俊郎, 岩部晃徳, 加藤 暢宏, 魚里博, 日本機械学会2002年度年次大会(東京),   2002年09月20日, 日本機械学会2002年度年次大会(東京)
    概要:近視矯正のために光屈折矯正角膜切除術(PRK)を施された眼球に眼圧が加わることによる角膜の応力解析を有限要素法で行い、角膜の変位から求めた形状について光線追跡により結像特性を求めた。
  • マルチメディア時代における機械系設計教育について, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 日本機械学会、2002年度年次大会(東京),   2002年09月, 日本機械学会、2002年度年次大会(東京)
    概要:半導体技術の飛躍的な進展は、製品設計を行うインフラの向上とともに設計の方法にも飛躍的な変化をもたらした。マルチメディア時代における機械系設計教育への取り組みについて検討した。
  • マイクロ移相子アレイによる偏光画像計測法, 加藤 暢宏, 菊田久雄 沼田紘治 有光治人 岩田耕一, SICE Annual Conference 2002(大阪),   2002年08月, SICE Annual Conference 2002(大阪)
    概要:偏光画像計測のための×72画素からなるマイクロ移相子アレイを開発した。移相子アレイは異なる方向性を持った300nmピッチのポリイミド製のサブ波長回折格子を有している。製作には電子線描画と反応性イオンエッチングを用いた。
  • 力制御型原子間力顕微鏡のための高分子カンチレバー2   カンチレバーの作成   , 加藤 暢宏, 松本 俊郎, 朴忠植, 菊田久雄 岩田耕一, SICE Annual Conference 2002(大阪),   2002年08月, SICE Annual Conference 2002(大阪)
    概要:探針、カンチレバー、ベース部分が同一の樹脂によって形成されたAFM用のカンチレバーを開発した。形状をうまくコントロールすることでバネ定数と共振周波数を適正な値に制御した。ポリイミドの小さなQ値が系の安定性に寄与している。
  • 産学で連携した3次元設計教育の実践, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 西濱恵 清水隆紀, 日本Pro/USER CONFERENCE 2002(東京),   2002年07月, 日本Pro/USER CONFERENCE 2002(東京)
    概要:産学で連携して3次元CADを用いた設計教育を実施した。その目的は、企業内教育と学校内教育の整合性を検証し、学校内教育の充実をはかること、学生の就業意識を高めることである。
  • 感光性ポリイミドによるマイクロカンチレバーの開発, 加藤 暢宏, 第 16 回高機能光学素子作製技術の確立 WG 会議 (大阪),   2002年01月, 第 16 回高機能光学素子作製技術の確立 WG 会議 (大阪)
    概要:原子間力顕微鏡によるフォーカスカーブ測定の問題点について指摘し、 力制御型 AFM の優位性を説明し、 これを実現するための減衰率の高いカンチレバーの製作法について述べた。
  • 産学で連携した3次元設計教育の取り組み(共著), 日本機械学会公開研究会・講演会講演論文集,   2002年
  • 力曲線測定のための高減衰マイクロカンチレバー 第2報 一体型ポリイミドカンチレバーの作成(共著), 2002年度 精密工学会秋季大会 講演論文集,   2002年
  • レーザによって切除された角膜のFEMによる応力的解析(共著), 日本機械学会年次大会講演論文集,   2002年
  • 高出力炭酸ガスレーザ用回折型ビーム整形素子の開発(共著), 電気加工学会全国大会講演論文集,   2002年
  • マルチレベルCGHによる炭酸ガスレーザビームシェイピング(共著), 精密工学会大会学術講演会講演論文集,   2002年
  • マルチメディア時代における機械系設計教育について(共著), 日本機械学会年次大会講演論文集,   2002年
  • 268 レーザによって切除された角膜の FEM による応力的解析, 岩部 晃徳, 松本 俊郎, 加藤 暢宏, 魚里 博, 年次大会講演論文集,   2002年
    概要:Glasses and contact lenses are popular solutions for many individuals with refractive disorders. Although many techniques have been proposed and tested by the laser eye surgery, photorefractive keratectomy (PRK), and laser in situ keratomileusis (LASIK) are the most widely practiced by using excimer laser. A difficult problem for all refractive surgical procedures is to predict the final refraction because the intraocular pressure (IOP) applies inside the eyes. In this paper, mechanical analysis of cornea was carried out by using finite element method (FEM) and the optical performance of these models was calculated by ray tracng.
  • Holographic deformation analysis of the human femur, T. Matsumoto, A. Kojima, N. Kato, T. Watanabe, M. Tamiwa, M. Baba, Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology - Proceedings,   2001年12月01日
    概要:The deformations of the neck and head of the human dried femur were measured and analyzed with loads applied at the femoral head. Particular attention was paid to measurements of bones with osteoporosis. We used double exposures or real-time holographic interferometry to measure precisely. The distal part of each femur was embedded in super hard plaster, and the load was applied at the femoral head. In order to better simulate the situation of a femur under physiological muscles, we used the 3D finite element method (FEM) for our analyses. After modeling the femur, which consisted of meshing as eight noded elements for each section of diaphysis, we used the 3D FEM to calculate stress and strain. We obtained the following results : (1) the deformations increased with the progress of osteoporosis;(2) femur with osteoporosis showed obvious rotational components in the femoral shaft and (3) a compressive stress distribution could be found at the medial side of the diaphyseal region by using the FEM.
  • 311 咀嚼筋の作用を受ける顎関節の有限要素法による応力解析(OS11-2 骨格系のモデリングと解析)(OS11 計算バイオメカニクス : バイオエンジニアリング部門との合同企画), 宮村 紘司, 松本 俊郎, 加藤 暢宏, 宮脇 正一, 川上 哲司, 馬場 雅渡, 岡嶋 馨, 計算力学講演会講演論文集,   2001年11月27日
  • レーザ表面改質のためのビームシェイピング    曲面上ホログラムの検討   , 加藤 暢宏, 三俣真理 菊田久雄 岩田耕一, 萩野秀樹 山口勝己, 朴忠殖 四谷任 豊田宏, 電気加工学会全国大会 (2001) (北九州),   2001年11月08日, 電気加工学会全国大会 (2001) (北九州)
    概要:レーザ光収束用の銅の放物面鏡の表面曲面上へのホログラムの CGH パターン設計について検討した結果を述べた。
  • 咀嚼筋の作用を受ける顎関節の有限要素法による応力解析, 松本 俊郎, 宮村紘司, 加藤 暢宏, 岡嶋 馨, 宮脇正一, 川上哲司 馬場雅渡, 第 14 回計算力学講演会 (札幌),   2001年11月, 第 14 回計算力学講演会 (札幌)
    概要:下顎骨が咀嚼を行っている場合の顎関節の応力を関節円板の位置を考慮に入れて FEM により解析を行い考察した。
  • 曲面上ホログラムを用いた炭酸ガスレーザビームシェイピング : ホログラム作成, 萩野 秀樹, 山口 勝己, 朴 忠植, 四谷 任, 豊田 宏, 加藤 暢宏, 三俣 真理, 菊田 久雄, 岩田 耕一, 精密工学会大会学術講演会講演論文集,   2001年09月01日
  • 曲面上ホログラムを用いた炭酸ガスレーザビームシェイピング : 設計と評価, 萩野 秀樹, 山口 勝己, 朴 忠植, 四谷 任, 豊田 宏, 加藤 暢宏, 三俣 真理, 菊田 久雄, 岩田 耕一, 精密工学会大会学術講演会講演論文集,   2001年09月01日
  • 曲面上ホログラムを用いた炭酸ガスレーザビームシェイピング 2  設計と評価, 加藤 暢宏, 三俣真理 菊田久雄 岩田耕一, 萩野秀樹 山口勝己, 朴忠殖 四谷任 豊田宏, 2001 年度精密工学会秋季大会 (豊中),   2001年09月, 2001 年度精密工学会秋季大会 (豊中)
    概要:レーザー収束用の放物面鏡上にパターンを描き、 収束とビーム整形の機能を有する曲面ホログラム素子の設計、 製作を行い、 整形されたビームの観測を行った。
  • レーザによる角膜切除された眼球の FEM による変形解析, 松本 俊郎, 岩部晃徳, 松岡俊宏, 上田 幸雄, 加藤 暢宏, 魚里博, 第 16 回生体・生理工学シンポジウム (札幌),   2001年08月29日, 第 16 回生体・生理工学シンポジウム (札幌)
    概要:角膜の切除量と眼圧による角膜の変形を FEM により解析を行い考察した。
  • 力平衡型原子間力顕微鏡のためのポリマーマイクロカンチレバー, 加藤 暢宏, 松本 俊郎, 菊田久雄 岩田耕一, 第 40 回計測自動制御学会学術講演会 (名古屋),   2001年07月, 第 40 回計測自動制御学会学術講演会 (名古屋)
    概要:本発表ではポリイミド製の高分子カンチレバーを提案した。 ポリイミドの機械的特性を実験的に得て、 力距離曲線の数値シミュレーションを行い、 原子間力分光法におけるフォースフィードバック測定のさらなる改良点について述べた。
  • レーザー屈折手術における角膜変形の有限要素法による解析, 松本 俊郎, 加藤 暢宏, 魚里博, Annual Meeting of ARVO (フロリダ),   2001年04月, Annual Meeting of ARVO (フロリダ)
    概要:光屈折矯正角膜切除術 PRK を受けた眼球の眼圧による眼球の変位および応力に関する力学解析をそれぞれ有限要素法 (FEM) により行い、 その結果について考察した。
  • 206 レーザによる角膜切除後の FEM による眼球の変形解析, 松岡 俊宏, 松本 俊郎, 加藤 暢宏, 上田 幸雄, 魚里 博, バイオエンジニアリング講演会講演論文集,   2001年01月15日
  • レーザによる角膜切除後の FEM による眼球の変形解析, 松本 俊郎, 松岡俊宏, 上田 幸雄, 加藤 暢宏, 魚里博, 第 13 回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会 (仙台),   2001年01月, 第 13 回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会 (仙台)
    概要:角膜の混濁を除くために、 光治療角膜切除術 (PTK) による治療が行われている。 切除により角膜の厚さが減少することから、 眼圧により角膜が変形する。 PTK による角膜の切除量と眼圧による眼球の力学解析を FEM により行った。
  • 力制御型原子間力顕微鏡のためのポリマーマイクロカンチレバー(共著), 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集,   2001年
  • 曲面上ホログラムを用いた炭酸ガスレーザビームシェイピング 1.ホログラム作成(共著), 2001年度精密工学会秋季大会 講演論文集,   2001年
  • 曲面上ホログラムを用いた炭酸ガスレーザビームシェイピング 2.設計と評価(共著) , 2001年度 精密工学会秋季大会 講演論文集,   2001年
  • そしゃく筋の作用を受ける顎関節の有限要素法による応力解析(共著), 日本機械学会計算力学講演会講演論文集,   2001年
  • レーザによって角膜切除された眼球のFEMによる変形解析(共著), 生体・生理工学シンポジウム論文集,   2001年
  • レーザによる角膜切除後のFEMによる眼球の変形解析(共著), バイオエンジニアリング学術講演会講演論文集,   2001年
  • レーザ表面改質のためのビームシェイピング 曲面上ホログラムの検討(共著), 電気加工学会全国大会講演論文集,   2001年
  • ホログラフィ干渉法による顔面骨の変形測定, 松本 俊郎, 加藤 暢宏, 土田雅久 植村和嘉 杉村正仁, 挌内敏, Tenth Int. Conf. on Biomedical Engineering (シンガポール),   2000年12月, Tenth Int. Conf. on Biomedical Engineering (シンガポール)
    概要:乾燥顔面骨について、 顔面部を構成する頬骨、 上顎骨等に荷重を加えた時、 骨の変形をホログラフィ干渉法により測定した。 その結果、 境界面で骨縫合部を介して応力緩和が生じ骨の変形を抑制する効果があることがわかった。
  • 237 有限要素法による顎関節の力学的検討, 藤原 章督, 松本 俊郎, 加藤 暢宏, 上田 幸雄, 川上 哲司, 馬場 雅渡, 宮脇 正一, 岡嶋 馨, バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集,   2000年10月13日
  • 力曲線 測定のための高減衰マイクロカンチレバー, 中村 泰浩, 八丁 久士, 菊田 久雄, 岩田 耕一, 加藤 暢宏, 2000年度精密工学会春季大会講演論文集,   2000年03月01日
  • 力制御AFMのための高減衰ポリマー・カンチレバー(共著), 第61回応用物理学会学術講演会講演予稿集,   2000年
  • エキシマレーザーアブレーションによるHAp薄膜の形成(共著), 顎顔面バイオメカニクス学会誌,   2000年
  • レーザーアブレーション法によるハイドロキシアパタイト薄膜の力学的評価(共著), 第49期日本材料学会学術講演会講演論文集,   2000年
  • 有限要素法による顎関節の力学的検討(共著), 日本機械学会第11回バイオエンジニアリング学術講演会講演論文集,   2000年
  • 生体親和性ハイドロキシアパタイト薄膜の付着強度(共著), 第44回日本学術会議材料研究連合講演会講演論文集,   2000年
  • ホログラフィー干渉法による荷重による中顔面骨の変形測定(共著), 顎顔面バイオメカニクス学会誌,   2000年
  • 214 レーザーアブレーション法によるハイドロキシアパタイト薄膜の力学的評価, 松本 俊郎, 赤井 正哉, 本津 茂樹, 細井 美彦, 加藤 暢宏, 出水 敬, 上野谷 敏之, 学術講演会講演論文集,   2000年
  • 237 有限要素法による顎関節の力学的検討, 藤原 章督, 松本 俊郎, 加藤 暢宏, 上田 幸雄, 川上 哲司, 馬場 雅渡, 宮脇 正一, 岡嶋 馨, バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集,   2000年
  • 走査型近視野原子間力顕微鏡によるウシ精子の表面形状の観察, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 細井 美彦, 松本 和也, 加藤 博己, 入谷 明, 日本胚移植学雑誌,   1999年01月
  • レーザ角膜切除後のFEMによる応力解析(共著), バイオエンジニアリング学術講演会・秋季セミナー講演論文集,   1999年
  • 有限要素法によるエキシマレーザーPRK後の角膜変形と屈折率変化(共著), 第17回屈折率調節研究会,   1999年
  • 粘性安定化ソーラーポンドに用いるポリマー溶液の物理的特性, 松本 俊郎, 加藤 暢宏, 多賀 正夫, 太陽/風力エネルギー講演論文集 = Proceedings of JSES/JWEA Joint Conference,   1998年12月05日
  • 多重カラーフィルタリングによるひずみ測定の新しい方法, 松本 俊郎, 長江 貞彦, 加藤 暢宏, 近畿大学生物理工学部紀要,   1998年06月
    概要:白色光源を用いた再回折光学系によって、ひずみの分布を色相の帯の分布として表示する方法を開発した。この方法により、ひずみが像面で色相の分布に変換されるので、肉眼により試料の全視野的なひずみの分布ならびに縮みおよび伸びの区別が行える。ひづみ量の定量が可能である。その原理と検証実験について述べ、応用実験として円孔および切欠きを有する平板の引っ張り試験による実験結果を述べた。
  • 人大腿骨の3次元有限要素法による応力解析(共著), 日本機械学会第76期全国大会講演論文集,   1998年
  • レーザーアブレーションによって作成したHAp薄膜の生体材料への応用(共著), 日本機械学会第76期全国大会講演論文集,   1998年
  • 表面改質テフロン基板上へのハイドロキシアパタイト薄膜の製作(II)(共著), 第45回応用物理学会関係連合講演会講演予稿集,   1998年
  • フォース・カーブ測定における力フィードバック制御系の設計(共著), 第45回応用物理学会関係連合講演会講演予稿集,   1998年
  • 走査型近視野原子間力顕微鏡によるウシ精子の表面観察(共著), 第5回日本胚移植研究会および第17回北海道牛受精卵移植研究会合同研究発表会,   1998年
  • ホログラフィ干渉法による人大腿骨の変形測定(共著), バイオエンジニアリング学術講演会講演論文集,   1998年
  • 粘性安定化ソーラーポンドに用いるポリマー溶液の物理的特性(共著), 日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会講演論文集,   1998年
  • 表面改質テフロン基板上へのハイドロキシアパタイト薄膜の製作(共著), 第58回応用物理学会学術講演会講演予稿集,   1997年
  • 力フィードバック方式による力距離曲線測定のための安定化制御(共著), 第44回応用物理学会関係連合講演会講演予稿集,   1997年
  • 力バランス方式による微小力測定器(共著), 第35回計測自動制御学会学術講演会予稿集,   1996年
  • 光ファイバ干渉計を用いた力バランス方式による微小力検出(共著), 第43回応用物理学会関係連合講演会講演予稿集,   1996年
  • 力バランス型AFMによるForce Curveの面分布測定, 鈴木 一平, 加藤 暢宏, 菊田 久雄, 岩田 耕一, 精密工学会大会学術講演会講演論文集,   1995年09月01日
  • 力バランス型AFMによるForce Curveの面分布測定(共著), 1995年精密工学会秋季大会講演論文集,   1995年
  • 力バランス型AFMによる力-距離曲線の測定(共著), 第55回応用物理学会学術講演会講演予稿集,   1994年
  • 光てこを用いた力バランス法による表面力の検出(共著), 第54回応用物理学会学術講演会講演予稿集,   1993年

作品

  • 2次元レーザービーム描画装置の改良(3次元曲面描画への適用),   2001年

MISC

  • (3)産学連携した3次元CAD設計教育(教育,日本機械学会賞〔2004年度(平成16年度)審査経過報告〕), 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 上田 和弘, 清水 隆紀, 日本機械学會誌, 108, 1038,   2005年05月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006218988
  • Pro/ENGINEER 初級編 e-Learning, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 田口 晋也 清水 隆紀,   2005年05月
    概要:産学協同で開発したptc社製3次元CAD Pro/ENGINEER2001のe-Learning教材
  • Pro/ENGINEER入門編 e-Learning, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 田口 晋也 清水 隆紀,   2004年11月
    概要:産学協同で開発したptc社製3次元CAD Pro/ENGINEER2001の自習用教材
  • 2 次元レーザービーム描画装置の改良 (3 次元曲面描画への適用), 加藤 暢宏, 大阪府地域結集型共同研究事業テラ光情報基盤技術開発 平成 13 年度報告書, 170, 173,   2002年03月
    概要:CO2レーザービーム成型用の回析光学素子を放物面鏡上に作成することを目的として、 2 次元レーザービーム描画装置の改良を行った結果を報告した。

特許

  • CAD開発装置及びCAD開発システム, 清水 隆紀, 田口 晋也, 満永 麻里, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 特願2005-268786, 特開2007-080079, 特許第4816893号
  • 胚培養容器, 佐伯 和弘, 加藤 暢宏, 谷口 俊仁, 特願2008-210756, 特開2010-045980, 特許第5406481号, 【請求項1】胚を収容して培養するためのウェルを有する胚培養容器であって、ウェル内壁面の多孔度が低く、ウェル内外で実質的に物質交換ができない胚培養容器。 【請求項2】請求項1に記載の胚培養容器であって、合成樹脂を減圧下で整形してなる胚培養容器。 【請求項3】合成樹脂が熱硬化性樹脂である請求項2に記載の胚培養容器。 【請求項4】熱硬化性樹脂がシリコーン樹脂である請求項3に記載の胚培養容器。 【請求項5】シリコーン樹脂が、ポリ時メチル白きsんである請求項4に記載の胚培養容器。
  • 細胞培養治具およびこの細胞培養治具を用いた細胞培養方法, 森本 康一, 加藤 暢宏, 國井 沙織, JP2015054787, WO2015-129577
  • 図面評価装置及び図面作成システム, 清水 隆紀, 田口 晋也, 満永 麻里, 藤井 雅雄, 加藤 暢宏, 特願2005-268780, 特開2007-080078, 特許第4707513号
  • 回折光学素子用凹凸部材の製造方法, 岩田 耕一, 菊田 久雄, 加藤 暢宏, 三俣 真理, 萩野 秀樹, 朴 忠植, 特願2002-122756, 特開2003-315522, 特願2002-122756

受賞

  •   2014年10月, 日本歯科保存学会, カボデンタル優秀ポスター賞, Er:YAGレーザー成膜方による歯質上へのアパタイト膜の直接形成
  •   2004年, 日本機械学会, 日本機械学会 教育賞, 産学連携した3次元CAD設計教育

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 力平衡型原子間力顕微鏡における雰囲気制御, 加藤 暢宏, 原子間力分光の実用化を目指して、Force Curve測定の高精度化を行うために、以下の二つのアプローチで研究を行った。1.力平衡を実現するためのフォース・フィードバック系の安定制御を目指した理論的解析フォースフィードバック系の安定には、カンチレバーのQ値およびバネ定数、制御器の遮断周波数とゲインが関与していることを明らかにした。中でも、Q値は材質によって決定されるため重要である。現在この結果を基に、系を安定化させるために必要な低いQ値を持った微細加工可能な高分子材料を用いてカンチレバーの最適形状設計を行っている。詳細は第61回応用物理学会学術講演会およびAPMF2001にて発表した。2.コンタミネーション除去をねらった真空チェンバー内でのForce Curve測定実際のForce Curve測定を真空内で行うためには、探針と試料の近接を遠隔操作で行う必要がある。そのための方法として3軸ピエゾ微動ステージでの振動駆動による試料の輸送について検討した。ステージに移動方向とある角度をなす正弦波を印加する事で試料の輸送を行うことに成功したが、満足な再現性を得ることができず、発表には至っていない。今後の課題としては多数のフィードスルーを設けたことによるチェンバーの気密性の悪化を改善する必要がある。また、制御系のパラメータをチューニングする際にアナログ系では自由度に限界があるため高速なデジタル制御を導入する必要がある。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 生体試料の観察・特性測定に適した力平衡型原子間力顕微鏡の開発, 松本 俊郎, 力制御型AFMの安定性向上を目指してポリイミド製のカンチレバーの実現可能性について検討した。システムの安定性は主に共振のQ値が小さく、共振周波数の低いカンチレバーによって改善される。我々はポリイミド製のカンチレバーを試作し、その機械的特性特に真空中におけるQ値を測定した。これから得られた値を用いて力制御系に要求される周波数帯域を見積もった。その結果ポリイミドのカンチレバーは内部減衰以外が全く等しい窒化シリコン製のカンチレバーと比較して要求される周波数帯域を1/20に低減することができる事がわかった。系の安定性は数値シミュレーションで検証した。計算から周波数帯域が不足した場合、フォースカーブが激しく振動することがわかった。試料としてはハイドロキシアパタイト(HAp)を成膜したTi-6Al-4Vの基板上に培養した骨芽細胞を用いる。生体適合性を向上させるために表面粗さ0.1〜3.0μmR_に鏡面研磨したTi-6Al-4V基板上にHApの薄膜をエキシマレーザによるレーザアブレーションによって成膜した。チャンバー内の圧力13.3Pa、基板温度は500℃から560℃であった。生成した薄膜の結晶性はXRDによって評価した。その結果、基板温度が500℃を下回るとアモルファスが生成し、560℃を越えるとHApとトリカルシウムホスフェイトが混在するようになった。薄膜表面の形状は通常のコンタクトモードのAFMで観察した。薄膜の機械的特性はスクラッチ試験と引張り試験器による引き剥がし試験で評価した。以上の結果、次のような知見を得た:(1)結晶化したHApは約530℃で得られた、(2)スクラッチ試験においてHAp薄膜は18Nの荷重で明白に剥離した(3)引き剥がし試験では、基板の表面粗さが各0.1,1.0,3.0μmR_,で引き剥がし強度がそれぞれ2.3,5.4,10MPaであった。(4)HAp薄膜の生体適合性をin-vitroで評価した。残念ながら、システムの不安定を解消すべく努力したが、この試料を力平衡型AFMで観察するには至らなかった。本システムにはさらなる改良が必要である。