KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

郡 俊之コオリ トシユキ

プロフィール

所属部署名農学部 食品栄養学科 / 農学研究科
職名准教授
学位博士(栄養学)
専門公衆栄養学、栄養疫学
ジャンル医療・健康/健康問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/848-koori-toshiyuki.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/80440999.ja.html
メールアドレスtkohri[at]nara.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    食べ物と健康・病気との関連(栄養疫学)について研究しています。特に小中学生の成長期における骨密度と食生活習慣などを研究するとともに食育の方法とその効果についても検証しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2017年,  - 現在, 近畿大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 生活科学, 食生活学

研究キーワード

  • 骨密度, 栄養疫学, 介入, 公衆栄養学, カテキン, 栄養教育

論文

  • Effects of the National School Lunch Program on Bone Growth in Japanese Elementary School Children., Kohri T, Kaba N, Itoh T, Sasaki S, Journal of nutritional science and vitaminology, 62, 5, 303, 309,   2016年, 査読有り
  • きのこを利用した中高年向け健康弁当の開発モデル, 郡 俊之, 蒲 尚子, 瀬戸 ゆかり, 寺下隆夫, 白坂憲章, 川田正敏, 川西秀紀, 川西孝彦, 稲冨聡, 日本きのこ学会誌, 日本きのこ学会誌, 23, 3, 97, 107,   2015年10月, 査読有り
  • 小学生に対するおやつを媒体とした食育が家庭におけるおやつ摂取に及ぼす効果, 郡俊之、蒲尚子, 日本未病システム学会誌, 21, 2, 65, 71,   2015年08月28日, 査読有り
  • Study of the Effects of Snack-Centered Dietary Education on First-Grade Elementary Students and Duration of These Effects, Toshiyuki Kohri, Naoko Kaba, American Journal of Public Health Research, 3, 1, 1, 7,   2015年01月, 査読有り
  • 親子共通の食育ツールとして自家製弁当を用いた小学生に対する食育介入効果, 郡 俊之, 小児保健研究, 小児保健研究 = The journal of child health, 73, 5, 663, 671,   2014年10月, 査読有り
  • Search for promotion factors of ultrasound bone measurement in Japanese males and pre/post-menarcheal females aged 8-14 years., Kohri T, Kaba N, Murakami T, Narukawa T, Yamamoto S, Sakai T, Sasaki S, Journal of nutritional science and vitaminology, 58, 4, 263, 271,   2012年, 査読有り
  • Association between hardness (difficulty of chewing) of the habitual diet and premenstrual symptoms in young Japanese women, Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, Watanabe T, Kohri T, Yamasaki M, Watanabe R, Baba K, Shibata K, Takahashi T, Hayabuchi H, Ohki K, Suzuki J, Environmental Health Insights, 18, 53, 61,   2010年01月, 査読有り
  • Lower estimates of delta-5 desaturase and elongase activity are related to adverse profiles for several metabolic risk factors in young Japanese women., Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, Watanabe T, Kohri T, Yamasaki M, Watanabe R, Baba K, Shibata K, Takahashi T, Hayabuchi H, Ohki K, Suzuki J, Nutrition research (New York, N.Y.), 28, 12, 816, 824,   2008年12月, 査読有り
  • Misreporting of dietary energy, protein, potassium and sodium in relation to body mass index in young Japanese women., Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, Yamasaki M, Hayabuchi H, Goda T, Oka J, Baba K, Ohki K, Kohri T, Watanabe R, Sugiyama Y, European journal of clinical nutrition, 62, 111, 118,   2008年01月, 査読有り
  • Dietary glycemic index is associated with decreased premenstrual symptoms in young Japanese women., Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, Watanabe T, Kohri T, Yamasaki M, Watanabe R, Baba K, Shibata K, Takahashi T, Hayabuchi H, Ohki K, Suzuki J, Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.), 24, 6, 554, 561,   2008年06月, 査読有り
  • Sensitivity and specificity of published strategies using urinary creatinine to identify incomplete 24-h urine collection., Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, Watanabe T, Kohri T, Yamasaki M, Watanabe R, Baba K, Shibata K, Takahashi T, Hayabuchi H, Ohki K, Suzuki J, Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.), 24, 1, 16, 22,   2008年01月, 査読有り
  • Hardness (difficulty of chewing) of the habitual diet in relation to body mass index and waist circumference in free-living Japanese women aged 18-22 y, Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, Yamasaki M, Hayabuchi H, Goda T, Oka J, Baba K, Ohki K, Kohri T, Muramatsu K, Furuki M, Am. J. Clin. Nutr., 86, 1, 206, 213,   2007年07月, 査読有り
  • Identification of metabolites of (-)-epicatechin gallate and their metabolic fate in the rat., Kohri T, Suzuki M, Nanjo F, Journal of agricultural and food chemistry, 51, 5561, 5566,   2003年08月, 査読有り
  • Synergistic effects of (-)-epigallocatechin gallate with sulindac against colon carcinogenesis of rats treated with azoxymethane., Ohishi T, Kishimoto Y, Miura N, Shiota G, Kohri T, Hara Y, Hasegawa J, Isemura M, Cancer letters, 177, 49, 56,   2002年03月, 査読有り
  • Metabolic fate of (-)-[4-(3)H]epigallocatechin gallate in rats after oral administration., Kohri T, Matsumoto N, Yamakawa M, Suzuki M, Nanjo F, Hara Y, Oku N, Journal of agricultural and food chemistry, 49, 4102, 4112,   2001年08月, 査読有り
  • Synthesis of (-)-[4-3H]epigallocatechin gallate and its metabolic fate in rats after intravenous administration., Kohri T, Nanjo F, Suzuki M, Seto R, Matsumoto N, Yamakawa M, Hojo H, Hara Y, Desai D, Amin S, Conaway CC, Chung FL, Journal of agricultural and food chemistry, 49, 1042, 1048,   2001年02月, 査読有り
  • Disposition and pharmacokinetics of phenethyl isothiocyanate and 6-phenylhexyl isothiocyanate in F344 rats., Conaway CC, Jiao D, Kohri T, Liebes L, Chung FL, Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals, 27, 13, 20,   1999年01月, 査読有り
  • Inhibitory effects of tea catechins, black tea extract and oolong tea extract on hepatocarcinogenesis in rat., Matsumoto N, Kohri T, Okushio K, Hara Y, Japanese journal of cancer research : Gann, 87, 1034, 1038,   1996年10月, 査読有り
  • Levels of pulmonary surfactant protein A in fetal lung and amniotic fluid from protein-malnourished pregnant rats., Kohri T, Sakai K, Mizunuma T, Kishino Y, Journal of nutritional science and vitaminology, 42, 209, 218,   1996年06月, 査読有り
  • Immunohistochemical localization of surfactant protein A in N-bis (2-hydroxypropyl) nitrosamine-induced lung tumors in rats., Sakai K, Kohri T, Mizunuma T, Ichinose T, Sagai M, Kishino Y, The Tokushima journal of experimental medicine, 43, 55, 59,   1996年06月, 査読有り
  • Absorption of tea catechins into rat portal vein., Okushio K, Matsumoto N, Kohri T, Suzuki M, Nanjo F, Hara Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 19, 326, 329,   1996年02月, 査読有り
  • Sendai virus infection changes the subcellular localization of tryptase Clara in rat bronchiolar epithelial cells., Sakai K, Kohri T, Tashiro M, Kishino Y, Kido H, The European respiratory journal, 7, 686, 692,   1994年04月, 査読有り
  • A non-glycosylated form of pulmonary surfactant protein A appears in rat amniotic fluid., Sakai K, Kohri T, Kweon MN, Kishino Y, The European respiratory journal, 7, 88, 93,   1994年01月, 査読有り
  • Heterogeneity of immunohistochemical staining with pulmonary surfactant protein A among fractionated alveolar macrophages which involves metabolism of pulmonary surfactant., Sakai K, Kohri T, Kawaguchi Y, Kweon MN, Kishino Y, Cellular and molecular biology (Noisy-le-Grand, France), 38, 853, 860,   1992年12月, 査読有り
  • Effects of pulmonary surfactant and surfactant protein A on phagocytosis of fractionated alveolar macrophages: relationship to starvation., Sakai K, Kweon MN, Kohri T, Kishino Y, Cellular and molecular biology, 38, 123, 130,   1992年04月, 査読有り

書籍等出版物

  • 公衆栄養学概論 (栄養科学シリーズNEXT), 友竹浩之、郡俊之, 共編者, 講談社,   2016年06月, 4061553879
  • 公衆栄養学 第5版 (栄養科学シリーズNEXT), 酒井徹, 郡俊之, 共著, 講談社,   2015年02月20日
  • 公衆栄養学 第4版 (栄養科学シリーズNEXT), 酒井徹、郡俊之、山本茂, 共編者, 講談社,   2013年03月, 4061553763
  • 公衆栄養学実習 (栄養科学シリーズNEXT), 金田雅代, 郡俊之, 酒井徹, 山本茂, 共編者, 講談社,   2011年10月, 4061553550
  • 公衆栄養学 第3版 (栄養科学シリーズNEXT), 山本茂, 郡俊之, 酒井徹, 共編者, 講談社,   2009年03月, 4061553607
  • エキスパート公衆栄養学実習, 上田 伸男, 郡 俊之, 石川 みどり, 太田 たか子, 岡崎 眞, 高橋 啓子, 長澤 伸江, 西田 美佐, 水嶋 春朔, 共著, 化学同人,   2006年01月
  • 公衆栄養学実習・演習, 井上 浩一, 郡 俊之, 本田 榮子, 今井 愛, 大木 和子, 小田 光子, 川野 因, 関口 紀子, 長澤 伸江, 前大道 教子, 松原 知子, 共著, 建帛社,   2006年09月

MISC

  • 小学生に対する間食を媒体とした食育介入効果, 郡俊之, 蒲尚子, 明神千穂, 友竹浩之, 栄養学雑誌, 74, 5, 280,   2016年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602232859080051
  • 小麦アレルゲンを不溶化させる加熱処理条件の検討, 友竹浩之, 新居佳孝, 郡俊之, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 70th, 314,   2016年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602239143338550
  • 香辛料添加による塩味の感じ方への影響, 郡俊之, 吉良礼奈, 蒲尚子, 伊藤龍生, 明神千穂, 藤原隆史, 福田麻美, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 70th, 195,   2016年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602289610093117
  • 咀嚼,栄養,運動による健康増進教室の効果, 友竹浩之, 山下紗也加, 富口由紀子, 郡俊之, 栄養学雑誌, 73, 5 Supplement, 278,   2015年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502202108632137
  • 中学生における食品表示を利用した間食に対する食育, 郡俊之, 蒲尚子, 友竹浩之, 栄養学雑誌, 73, 5 Supplement, 252,   2015年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502217659559551
  • Effects of the National School Lunch Program on the Bone Mass of Elementary School Children in Japan, KOHRI Toshiyuki, KABA Naoko, YOSHIKAWA Kentaro, MATSUOKA Eriko, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 12th Asian Congress of Nutrition, 290,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502259600561769
  • Silkworm pupae (Bombyx mori) are new sources of high quality protein, lipid, and alpha-glucosidase inhibitor, TOMOTAKE Hiroyuki, KOHRI Toshiyuki, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 12th Asian Congress of Nutrition, 188,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502201794826840
  • 新精米法による新たな機能性米の創出とその機能成分の可視化, 財満信宏, 郡俊之, 森山達哉, 川西孝彦, 寺下隆夫, 白坂憲章, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015, 4F26P08 (WEB ONLY),   2015年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502272672225867
  • きのこを用いた中高年向け健康弁当の開発, 蒲尚子, 郡俊之, 瀬戸ゆかり, 寺下隆夫, 白坂憲章, 川田正敏, 川西秀紀, 川西孝彦, 稲富聡, 日本きのこ学会大会講演要旨集, 18th, 86,   2014年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402260079702920
  • 中学生の食品表示認知度および利用状況と食習慣の関連, 郡俊之, 蒲尚子, 吉川賢太郎, 栄養学雑誌, 72, 5 Supplement, 334,   2014年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402297747329200
  • 小学生における骨量増加因子の縦断的探究, 郡俊之, 蒲尚子, 吉川賢太郎, 酒井健雄, 山本茂, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 68th, 272,   2014年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402295074585401
  • 〈Original 〉Lowering serum LDL-cholesterol in mild hypercholesterolemia patients with chitosan capsules, 吉川 賢太郎, 岩崎 はるみ, 蒲 尚子, 郡 俊之, 撫井 賀代, 近畿大学農学部紀要, 47, 1, 10,   2014年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005448084
    概要:In the form of a clinical study, this study aimed to determine the efficacy and safety of chitosan in reducing LDL-cholesterol in patients having slightly above normal low-density lipoprotein cholesterol serum levels (LDL-cholesterol) who also were diagnosed with slightly high hypercholesterolemia. There were three groups of subjects in the randomized, double-blinded, placebo-controlled trial. Group 1 was provided with two chitosan capsules (580 mg/day). Group 2 was given four chitosan capsules (1,160 mg/day). Group 3 was given a placebo. The subjects began taking the chitosan capsules on a specified day, filled in the Intake Diary, and continued taking the capsules for 12 weeks. After beginning the chitosan capsule intake, the subjects came to the hospital after four weeks, eight weeks, and twelve weeks and were given blood tests and urine tests. Their body measurements were also taken and medical staff interviewed the subjects to confirm that they were continuing to take the chitosan supplements as prescribed. Results from the eighth week showed that the LDL-cholesterol of the men with more than 140 mg/㎗ of LDL-cholesterol at the baseline who took in 1,160 mg/day of chitosan was significantly reduced when compared to the LDL-cholesterol of the subjects who took the placebo (p<0.05). In addition, the chitosan supplements were effective in lowering levels of the LDL-cholesterol and no side effects were noticeable. The results suggest that chitosan supplements are effective and safe. <要約>境界領域および軽度コレステロール血症患者の血清低密度リポタンパク質コレステロール値(LDL コレステロール)の人々に対するキトサン約290 mg を含むカプセル摂取の影響および安全性を検討した。 2 個のキトサン・カプセル(580 mg/日) および4個のキトサン・カプセル(1,160 mg/日) の2用量を用いて, 無作為化, 2重盲検化, プラセボ対照法で行なった。 ボランティアの被験者は, 医師による面接および身体測定, 血液検査[血液生化学検査, 一般的な血液検査], 尿検査および健康診断を行なった。 これらのデータ(ベースライン)によって, 被験者にキトサン・カプセルを割り付け配布した。 被験者はキトサン・カプセル摂取を始めたときから摂取日記に書き入れ, 12週間継続した。 キトサン・カプセル摂取後の被験者は4 週目, 8週目, 12週目に血液検査, 尿検査および身体測定が実行された。 被験者はまた, 面接によって, 日常習慣に何か変化がなかったか確認した。 1,160 mg/日のキトサンを摂取した被験者のLDL コレステロールは, 8週目にplaceboを摂取した被験者のLDL コレステロールと比較して, 減少傾向が見られた(p<0.1)。1,160 mg/日のキトサンを摂取したベースライン時に140 mg/㎗ 以上のLDLコレステロール群のLDL コレステロールは、placeboを摂取した被験者のLDLコレステロールと比較すると, 8週目に著しく減少した(p<0.05)。 キトサン食品摂取は, 医学上問題になる所見や因果関係を示す事実がなく, 副作用に関してもほとんど問題となることはなかった。 これらからキトサン食品の摂取は, 血清LDL-コレステロール値を低下させる補助食品となることが示唆された。
  • 中学生の食品表示利用状況と食習慣の関連, 郡俊之, 蒲尚子, 吉川賢太郎, 栄養学雑誌, 71, 5 Supplement, 345,   2013年09月12日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302298508278792
  • 成長期における骨量増加因子の縦断的探究, 郡俊之, 蒲尚子, 吉川賢太郎, 酒井健雄, 山本茂, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 67th, 150,   2013年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302219148320477
  • 中学生に対する野菜摂取量増加を目指した食育効果の追跡, 郡俊之, 蒲尚子, 吉川賢太郎, 山本茂, 栄養学雑誌, 70, 5 Supplement, 230,   2012年09月12日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302252080871213
  • 市販水溶性キトサン食品の抗菌性, 吉川賢太郎, 中塚敬太, 蒲尚子, 郡俊之, 日本食品科学工学会大会講演集, 59th, 169,   2012年08月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202208226778737
  • 小学4~5年生の骨量に及ぼす学校給食の影響, 郡俊之, 蒲尚子, 吉川賢太郎, 酒井健雄, 山本茂, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 66th, 148,   2012年04月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202215517807145
  • 客観的指標を用いた中学生の野菜摂取量増加を目指した食育効果の検証, 郡俊之, 蒲尚子, 松崎仁美, 岩屋香織, 山本茂, 日本食育学会・学術大会抄録集, 5th, 52,   2011年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202227845470563
  • 小学1年生におけるおやつを媒体とした食育介入効果の検証, 郡俊之, 蒲尚子, 宮田智里, 原賀裕也, 酒井健雄, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 65th, 236,   2011年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102274171057577
  • 成長期の子どもにおける骨量に及ぼす要因の検討, 郡俊之, 蒲尚子, 松田瑛里, 山本茂, 酒井健雄, 佐々木敏, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 64th, 142,   2010年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002260343351261
  • 高校生(15-16歳)の食物繊維摂取量と健康状態の関連, 郡 俊之, 水野 聖子, 蒲 尚子, 石立 広, 康 薔薇, 伊達 由佳, 古平 貴久, 近畿大学農学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Agriculture of Kinki University, 43, 15, 29,   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/80021546030
    概要:日本人の食事摂取基準(2005年版)の中で食物繊維の摂取基準は、17歳以下については策定されていない。この理由の1つに根拠となる研究データの欠如がある。そこで本研究は、高校1年生(15〜16歳)の男性60名、女性25名を対象に食物繊維摂取量と健康状態の関連を検討することを目的とした。半定量食物摂取頻度調査、自覚症状・健康状態アンケート調査を自記式で実施した。また、身長、体重、腹囲、血圧および体成分分析装置(InBody720、(株)バイオスペース)による体脂肪率、内臓脂肪面積などの測定を実施して以下の結果を得た。1.食物繊維の推定平均摂取量は、男性13.8±6.8g/日、女性12.1±5.3g/日であった。また、1,000kcalあたりの食物繊維は男性5.2±1.3g、女性6.0±1.3gであり、男女間に有意な差はなかった。2.男女全体の対象者を食物繊維摂取量の中央値(12.3g/日)で「多い」と「少ない」の2群に分類した場合、自覚症状の「立ちくらみ」の出現率は、食物繊維摂取量の少ない群が81.0%、多い群が53.7%となり、食物繊維摂取量の少ない群が有意に高値であった(p<0.01)。また女子のみで、食物繊維摂取量が少ない群は「食欲不振」の症状が「ある」と回答した割合が有意に多かった(p<0.05)。その他の自覚症状、便秘、疾病の有無と食物繊維摂取量の間には、有意な関連は見られなかった。しかし便秘については、水分(p<0.041)、穀類(p<0.009)の摂取量が多い者は、便秘の出現率が有意に低い結果となった。食物繊維以外の要因の方が、便秘と関連している可能性が示唆された。3.食物繊維と体型との関連では、男女全体解析で1,000kcalあたりの食物繊維摂取量と体重(r=-0.29、p<0.01)、BMI(r=-0.22、p<0.05)、腹囲(r=-0.23、p<0.05)との間にそれぞれ有意な負の相関が見られ、男女別の解析では、女性の腹囲(r=-0.46、p<0.05)と有意な負の相関が見られた。本研究結果より、高校生のときから食物繊維を多く摂取する食習慣を身に付けておくことは、将来のメタボリックシンドローム発症リスクの低減ひいては生活習慣病の発症予防につながることが示唆された。
  • 近隣の社会経済状態と24時間尿中ナトリウムおよびカリウム排泄量:18~22歳の女子学生1032人の横断研究, 村上健太郎, 佐々木敏, 高橋佳子, 上西一弘, 山崎美津代, 郡俊之, 早渕仁美, 馬場啓子, 渡邊令子, 大木和子, 渡邊智子, 柴田克己, 高橋徹, 鈴木純子, 岡純, 杉山佳子, 栄養学雑誌, 67, 5 Supplement, 178,   2009年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902258401378102
  • 客観的指標を用いた中学生に対する食育介入効果の検討, 郡俊之, 村田直子, 蒲尚子, 川口典子, 酒井健雄, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 63rd, 244,   2009年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902280229705053
  • 自由生活を送る人々における水分摂取量とBMIおよび腹囲との関連:18~22歳の女子学生1136人の横断研究, 村上健太郎, 佐々木敏, 高橋佳子, 上西一弘, 山崎美津代, 郡俊之, 早渕仁美, 馬場啓子, 渡邊令子, 大木和子, 渡邊智子, 柴田克己, 高橋徹, 鈴木純子, 岡純, 杉山佳子, 栄養学雑誌, 66, 5 Supplement, 207,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902213588079347
  • 機能性食品としての赤ワイン発酵途中の搾り粕, 吉川賢太郎, 蒲尚子, 郡俊之, 福本紘一, 撫井賀代, 栄養学雑誌, 66, 5 Supplement, 180,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902240737385860
  • 女性高齢者の食事内容と健康の実態調査, 郡俊之, 蒲尚子, 吉川賢太郎, 栄養学雑誌, 66, 5 Supplement, 231,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902268896388490
  • 尿を利用した水溶性ビタミン摂取量の評価―DHQで算出した摂取量と尿中排泄量との関係―, 福渡努, 佐々木敏, 村上健太郎, 上西一弘, 山崎美津代, 早渕仁美, 合田敏尚, 岡純, 馬場啓子, 大木和子, 郡俊之, 渡邊令子, 古木美香, 柴田克己, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 62nd, 214,   2008年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902249481966957
  • 老人クラブ会員に対する健康教室介入研究, 郡俊之, 渡辺裕美, 蒲尚子, 小松祥子, 野村国彦, 吉川賢太郎, 栄養学雑誌, 65, 5 Supplement, 283,   2007年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902221155527097
  • 赤ワイン熟成中のオリの抗変異原性の作用機序, 吉川賢太郎, 蒲尚子, 郡俊之, 福本紘一, 栄養学雑誌, 65, 5 Supplement, 198,   2007年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902244842979917
  • 食べ物の硬さとbody mass indexおよび腹囲との関連:若年日本人女性454人の横断研究, 村上健太郎, 佐々木敏, 高橋佳子, 上西一弘, 山崎美津代, 早渕仁美, 岡純, 馬場啓子, 大木和子, 郡俊之, 村松芳多子, 古木美香, 栄養学雑誌, 65, 5 Supplement, 186,   2007年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902256517722452
  • 高校生(15~16歳)の食物繊維摂取量と健康状態の関連, 郡俊之, 水野聖子, 蒲尚子, 石立広, 康薔薇, 伊達由佳, 村上哲男, 吉川賢太郎, 古平貴久, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 61st, 133,   2007年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902265088254398
  • 藍住町住民の栄養調査, 佐野文美, 猿倉薫子,林佩瑩, 許慈芳, 小野香, 林実佳, 多田陽子, 脇田(浅野)アンドレア, 竹市仁美, 柏原玲子, 浅野有紀江, 小林正典, 田栗恵美子, 辻本彩子, 冨金原未奈, 松尾知恵, 松本夕希, 三甲野恵子, 郡俊之, 酒井徹, 阿波学会紀要, 52, 63, 69,   2006年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902228336404587
  • 柑橘類における残留農薬(イマザリル)浸透性の検討, 郡俊之, 大江仁美, 大西規子, 酒井健雄, 河野昭子, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集, 60th, 390,   2006年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902276867049140
  • 果物・野菜における残留農薬(イマザリル)の実態調査-その1-, 郡 俊之, 大手前栄養学院・大手前製菓学院研究集録, 3, 19, 23,   2005年10月
  • 美郷村住民の栄養調査, 郡 俊之, 阿波学会紀要, 50, 79, 85,   2004年03月
  • 緑茶カテキンの機能性と生体内動態, 郡 俊之, 大手前栄養学院・大手前製菓学院研究集録, 1, 1, 1, 14,   2002年12月
  • エピガロカテキンガレート(EGCg)の生体内動態 (特集 お茶の科学と健康), 原 征彦, 郡 俊之, 緑茶通信, 1, 24, 28,   2002年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006433920
  • ラットにおける(-)‐エピカテキンガレート(ECg)の生体内動態, 郡俊之, 鈴木壮幸, 南条文雄, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2002, 253,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902199442384854
  • 低タンパク食ラットの出生時における肺サーファクタントの変化, 岸野泰雄, 郡俊之, 坂井堅太郎, 必須アミノ酸研究, 155, 30, 36,   1999年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902159393598604
  • ラットに経口投与した[4‐3H]‐(-)‐エピガロカテキンガレート([4‐3H]‐EGCg)の生体内動態, 郡俊之, 原征彦, Jpn J Cancer Res, 91, Supplement (Sept), 611,   2000年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902117673992877
  • ラットにおける茶カテキン類の九州と代謝 : 食品, 澳塩 一夫, 松本 なつき, 郡 俊之, 南条 文雄, 原 征彦, 日本農藝化學會誌, 70, 0,   1996年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002795072
  • 肝発癌に対する茶カテキンの効果 : 食品, 松本 なつき, 郡 俊之, 澳塩 一夫, 原 征彦, 日本農藝化學會誌, 70, 0,   1996年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002795073
  • 紅茶抽出物の血糖上昇抑制作用 : 食品, 坂井 美和, 郡 俊之, 松本 なつき, 澳塩 一夫, 原 征彦, 日本農藝化學會誌, 70, 0,   1996年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002795075
  • 肝発癌に対する茶カテキンの効果, 松本なつき, 郡俊之, おう塩一夫, 原征彦, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集, 49th, 204,   1995年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902189291332282
  • 腸管免疫ラットにおける胸管リンパ球及び肺胞マクロファージの機能に及ぼす高脂肪食の影響, 権美那, 坂井堅太郎, 郡俊之, 篠原章治, 岸野泰雄, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集, 47th, 201,   1993年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902101064983981
  • ラット肺胞サーファクタント・アポたん白質(SP‐A)の産生に対する低たん白食の影響, 郡俊之, 坂井堅太郎, 権美那, 岸野泰雄, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集, 47th, 205,   1993年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902193701919682
  • 肺胞マクロファージのどん食能に対する急性飢餓ラットの肺胞サーファクタントアポたん白の影響, 坂井堅太郎, 権美那, 郡俊之, 岸野泰雄, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集, 46th, 143,   1992年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902013246088108
  • ラット肺胞サーファクタント・アポたん白質(SP‐A)の肺および他の諸臓器での局在性に及ぼす低たん白食の影響, 郡俊之, 坂井堅太郎, 岸野泰雄, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集, 46th, 143,   1992年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902038928916390
  • 高校生のための健康ガイドブック, 郡 俊之,   2012年03月

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), おやつを利用した食育による子供の食選択能力向上効果とその持続性, 郡 俊之
  • 公益財団法人 ホクト生物科学振興財団, 成長期の子どもの骨量に対するキノコ類摂取効果の疫学的検討, 郡俊之
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 成長期の骨量増加因子と骨量に対する学校給食の寄与の解明, 郡 俊之
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 客観的指標を用いた中学生に対する食育介入評価と食育ツールの有用性の検証, 郡 俊之, 中学生とその親が共に関係している食育モデルを新規に開発すること、および客観的指標によりその効果を評価することを目的とした。親子が関与する弁当をテーマにした食育介入は、給食の副菜(野菜)の摂取量増加、弁当のバランス改善に有効であった。また、介入終了7か月後の追跡調査では、給食の喫食状況は効果が持続していたが、弁当のバランスは元に戻っていた。食育は効果を確認しながら継続的に実施する必要があること、および効果が持続する食育プログラムの開発が必要であると考えられた。
  • やずや 食と健康研究所, 助成研究費, 親の手作り弁当を介した小学生に対する食育の効果, 郡俊之

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 公衆栄養学, 近畿大学, 大手前栄養学院
  • 栄養疫学, 近畿大学
  • 公衆栄養活動論, 近畿大学
  • 健康管理概論, 近畿大学
  • 公衆栄養学実習, 近畿大学
  • 栄養調査実習, 大手前栄養学院
  • 生物学実験, 近畿大学
  • 栄養学総論, 大手前短期大学
  • 微生物学実験, 近畿大学