KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

関口 富美子セキグチ フミコ

プロフィール

所属部署名薬学部 医療薬学科 / 薬学研究科
職名准教授
学位博士(薬学)
専門薬理学・病態生理学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/647-sekiguchi-fumiko.html
ホームページURLhttp://www.phar.kindai.ac.jp/byoutai/
メールアドレス
Last Updated :2018/12/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    G蛋白共役型プロテアーゼ受容体PAR (protease-activated receptor)と硫化水素(H2S)の分子の生体内における役割と病態への関与の解明。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1991年, 徳島大学, 薬学部, 薬学科

経歴

  •   2008年04月,  - 現在, 近畿大学薬学部(准教授)
  •   2007年04月,  - 2008年03月, 近畿大学薬学部(講師)
  •   2003年04月,  - 2007年03月, 近畿大学薬学部生体機能病因解明学研究室 講師
  •   2002年04月,  - 2003年03月,  近畿大学薬学部機能形態学研究室 講師
  •   1991年04月,  - 2002年03月,  近畿大学薬学部機能形態学研究室 助手

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 薬理学一般

研究キーワード

  • HMGB1, 硫化水素, 神経障害性疼痛, プロテアーゼ活性化受容体, T型カルシウムチャネル

論文

  • Paclitaxel-induced HMGB1 release from macrophages and its implication for peripheral neuropathy in mice: Evidence for a neuroimmune crosstalk., 関口 富美子、堂本 莉紗、川畑 篤史 他6名, Neuropharmacology, 141, 201, 213,   2018年09月, 査読有り
  • Blockade of T-type calcium channels by 6-prenylnaringenin, a hop component, alleviates neuropathic and visceral pain in mice., Neuropharmacology, 138, 232, 244,   2018年08月, 査読有り
  • Design and synthesis of novel anti-hyperalgesic agents based on 6-prenylnaringenin as the T-type calcium channel blockers., Bioorg Med Chem., 19, 4410, 4427,   2018年07月, 査読有り
  • Human soluble thrombomodulin-induced blockade of peripheral HMGB1-dependent allodynia in mice requires both the lectin-like and EGF-like domains., Biochem Biophys Res Commun., 495, 1, 634, 638,   2018年06月, 査読有り
  • Role of Thrombin in Soluble Thrombomodulin-Induced Suppression of Peripheral HMGB1-Mediated Allodynia in Mice., J Neuroimmune Pharmacol., 13, 2, 179, 188,   2018年06月, 査読有り
  • Involvement of the cystathionine-γ-lyase/Cav3.2 pathway in substance P-induced bladder pain in the mouse, a model for nonulcerative bladder pain syndrome., Neuropharmacology, 133, 254, 263,   2018年05月, 査読有り
  • Involvement of NF-κB in the upregulation of cystathionine-γ-lyase, a hydrogen sulfide-forming enzyme, and bladder pain accompanying cystitis in mice., Clin Exp Pharmacol Physiol., 45, 4, 355, 361,   2018年04月, 査読有り
  • Zinc deficiency promotes cystitis-related bladder pain by enhancing function and expression of Cav3.2 in mice., Toxicology, 393, 102, 112,   2018年01月, 査読有り
  • Prostanoid-dependent bladder pain caused by proteinase-activated receptor-2 activation in mice: Involvement of TRPV1 and T-type Ca2+ channels., J Pharmacol Sci., 136, 1, 46, 49,   2018年01月, 査読有り
  • Involvement of Voltage-Gated Calcium Channels in Inflammation and Inflammatory Pain., 関口 富美子、坪田 真帆、川畑 篤史, Biol Pharm Bull., 41, 8, 1127, 1134,   2018年
  • 硫化水素(H2S)分子によるイオンチャネル機能制御と病態への関与, 関口 富美子、川畑 篤史, 硫酸と工業, 70, 5, 61, 70,   2017年05月
  • Repeated cold stress reduces cyclophosphamide-induced cystitis/bladder pain and macrophage activity in mice., Tsubota, M., Miyamoto, T., Hiruma, S., Saeki, H., Miyazaki, T., Sekiguchi, F., Funakami, Y., Kawabata, A., Pharmacology, 99, 5-6, 286, 290,   2017年03月, 査読有り
  • Tacrolimus triggers TRPV1-dependent relapse of pancreatitis-related pain in mice, Terada Y, Tsubota M, Sugo H, Wakitani K, Sekiguchi F, Wada K, Takada M, Oita A, Kawabata A., Pharmacology, 99, 281, 285,   2017年03月, 査読有り
  • High glucose induces N-linked glycosylation-mediated functional upregulation and overexpression of Cav3.2 T-type calcium channels in neuroendocrine-like differentiated human prostate cancer cells., Fukami K, Asano E, Ueda M, Sekiguchi F, Yoshida S, Kawabata A., J Pharmacol Sci., 133, 57, 60,   2017年01月, 査読有り
  • Macrophage-derived HMGB1 as a Pain Mediator in the Early Stage of Acute Pancreatitis in Mice: Targeting RAGE and CXCL12/CXCR4 Axis., Irie Y, Tsubota M, Ishikura H, Sekiguchi F, Terada Y, Tsujiuchi T, Liu K, Nishibori M, Kawabata A., J Neuroimmune Pharmacol., in press,   2017年, 査読有り
  • Hydrogen sulfide and T-type Ca2+ channels in pain processing, neuronal differentiation and neuroendocrine secretion., Fukami K, Sekiguchi F, Kawabata A, Pharmacology, 99, 107, 114,   2017年, 査読有り
  • Therapeutic potential of RQ-00311651, a novel T-type Ca2+ channel blocker, in distinct rodent models for neuropathic and visceral pain., Sekiguchi F, Kawara Y, Tsubota M, Kawakami E, Ozaki T, Kawaishi Y, Tomita S, Kanaoka D, Yoshida S, Ohkubo T, Kawabata A., Pain, 157, 8, 1655, 1665,   2016年08月, 査読有り
  • Involvement of high mobility group box 1 in the development and maintenance of chemotherapy-induced peripheral neuropathy in rats., Nishida T, Tsubota M, Kawaishi Y, Yamanishi H, Kamitani N, Sekiguchi F, Ishikura H, Liu K, Nishibori M, Kawabata A., Toxicology, 365, 48, 58,   2016年07月, 査読有り
  • The prostaglandin E2/EP4 receptor/cyclic AMP/T-type Ca2+ channel pathway mediates neuritogenesis in sensory neuron-like ND7/23 cells., Mitani K, Sekiguchi F, Maeda T, Tanaka Y, Yoshida S, Kawabata A., J Pharmacol Sci., 130, 3, 177, 180,   2016年03月, 査読有り
  • Peripheral HMGB1-induced hyperalgesia in mice: Redox state-dependent distinct roles of RAGE and TLR4., Yamasoba D, Tsubota M, Domoto R, Sekiguchi F, Nishikawa H, Liu K, Nishibori M, Ishikura H, Yamamoto T, Taga A, Kawabata A., J Pharmacol Sci., 130, 2, 139, 142,   2016年02月, 査読有り
  • Selective sensitization of C-fiber nociceptors by hydrogen sulfide., Aoki Y, Tsubota M, Nishimoto Y, Maeda Y, Sekiguchi F, Kawabata A., J Pharmacol Sci., 130, 2, 38, 41,   2016年01月, 査読有り
  • Endogenous hydrogen sulfide enhances cell proliferation of human gastric cancer AGS cells., Sekiguchi F, Sekimoto T, Ogura A, Kawabata A., Biol. Pharm. Bull., 39, 5, 887, 890,   2016年, 査読有り
  • Functional upregulation of the H2S/Cav3.2 channel pathway accelerates secretory function in neuroendocrine-differentiated human prostate cancer cells., Fukami, K., Sekiguchi, F., Yasukawa, M., Asano, E., Kasamatsu, R., Ueda, M., Yoshida, S., Kawabata, A., Biochem. Pharmacol., 97, 300, 309,   2015年, 査読有り
  • Roles of Cav3.2 and TRPA1 channels targeted by hydrogen sulfide in pancreatic nociceptive processing in mice with or without acute pancreatitis., Terada, Y., Fujimura, M., Nishimura, S., Tsubota, M., Sekiguchi, F., Kawabata, A., J. Neurosci. Res., 93, 361, 369,   2015年, 査読有り
  • Polaprezinc attenuates cyclophosphamide-induced cystitis and related bladder pain in mice., Murakami-Nakayama, M., Tsubota, M., Hiruma, S., Sekiguchi, F., Matsuyama, K., Kimura, T., Moriyama, M., Kawabata, A., J. Pharmacol. Sci., 127, 223, 228,   2015年, 査読有り
  • Mechanisms for proteinase-activated receptor 1-triggered prostaglandin E2 generation in mouse osteoblastic MC3T3-E1 cells., Maeda Y, Sekiguchi F, Yamanaka R, Sugimoto R, Yamasoba D, Tomita S, Nishikawa H, Kawabata A, Biological Chemistry, 396, 153, 162,   2015年, 査読有り
  • Bladder pain relief by HMGB1 neutralization and soluble thrombomodulin in mice with cyclophosphamide-induced cystitis., Tanaka J, Yamaguchi K, Ishikura H, Tsubota M, Sekiguchi F, Seki Y, Tsujiuchi T, Murai A, Umemura T, Kawabata A., Neuropharmacology, 79, 112, 118,   2014年04月, 査読有り
  • Endogenous and exogenous hydrogen sulfide facilitates T-type calcium channel currents in Cav3.2-expressing HEK293 cells., Sekiguchi, F., Miyamoto, Y., Kanaoka, D., Ide, H., Yoshida, S., Ohkubo, T., Kawabata, A., Biochem. Biophys. Res. Commun., 445, 225, 229,   2014年02月, 査読有り
  • Recombinant human soluble thrombomodulin prevents peripheral HMGB1-dependent hyperalgesia in rats., Tanaka J, Seki Y, Ishikura H, Tsubota M, Sekiguchi F, Yamaguchi K, Murai A, Umemura T, Kawabata A., Br J Pharmacol. , 170, 1233, 1241,   2013年11月, 査読有り
  • Contribution of TRPA1 as a downstream signal of proteinase-activated receptor-2 to pancreatic pain., Terada, Y., Fujimura, M., Nishimura, S., Tsubota, M., Sekiguchi, F., Nishikawa, H. and Kawabata, A., J. Pharmacol. Sci., 123, 284, 287,   2013年10月, 査読有り
  • T-type calcium channels: functional regulation and implication in pain signaling, 関口 富美子、川畑 篤史, J Pharmacol Sci., 122, 244, 250,   2013年08月, 査読有り
  • Inhibition by hydrogen sulfide of rabbit platelet aggregation and calcium mobilization., Nishikawa H, Hayashi H, Kubo S, Tsubota-Matsunami M, Sekiguchi F, Kawabata A., Biol Pharm Bull., 36, 8, 1278, 1282,   2013年08月, 査読有り
  • Antihyperalgesic effect of buprenorphine involves nociceptin/orphanin FQ peptide-receptor activation in rats with spinal nerve injury-induced neuropathy., Takahashi T, Okubo K, Kojima S, Nishikawa H, Takemura M, Tsubota-Matsunami M, Sekiguchi F, Kawabata A., J Pharmacol Sci. , 122, 1, 51, 54,   2013年04月, 査読有り
  • AKAP-dependent sensitization of Cav3.2 channels via the EP4 receptor/cyclic AMP pathway mediates prostaglandin E2-induced mechanical hyperalgesia., Sekiguchi F, Aoki Y, Nakagawa M, Kanaoka D, Nishimoto Y, Tsubota-Matsunami M, Yamanaka R, Yoshida S, Kawabata A., Br J Pharmacol. , 168, 734, 745,   2013年02月, 査読有り
  • AKAP-dependent sensitization of CaV3.2 channels via the EP4 receptor/cAMP pathway mediates PGE2-induced mechanical hyperalgesia., 吉田 繁, 関口 富美子, 坪田 真帆, 川畑 篤史, 西川裕之, British Journal of Pharmacology, 168, 734, 745,   2013年
  • Inhibition of T-type calcium channels and hydrogen sulfide-forming enzyme reverses paclitaxel-evoked neuropathic hyperalgesia in rats., 吉田 繁, 関口 富美子, 坪田 真帆, 川畑 篤史, Neuroscience, 188, 148, 156,   2011年
  • The proteinase/proteinase-activated receptor-2/transient receptor potential vanilloid-1 cascade impacts pancreatic pain in mice., 西村 幸容, 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 石倉 宏恭, Life sciences, 87, 19-22, 643, 650,   2010年11月
    概要:マウスの急性膵炎モデルを用いて、プロテアーゼ/PAR2/TRPV1 経路が膵得蔵痛に関与することを証明した。
  • Curcumin Inhibits the proteinase-activated receptor-2-triggered prostaglandin E2 production by suppressing cyclooxygenase-2 upregulation and Akt-dependent activation of nuclear factor-κB in human lung epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Journal of pharmacological sciences, 114, 2, 225, 229,   2010年10月
    概要:ヒト肺上皮癌細胞においてクルクミンはCOX-2誘導とAkt依存性NF-κB活性化を抑制することによりPAR2誘起PGE2産生を阻害する
  • Upregulation of Ca(v)3.2 T-type calcium channels targeted by endogenous hydrogen sulfide contributes to maintenance of neuropathic pain., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Pain, 150, 1, 183, 191,   2010年07月
  • Involvement of Src kinase in T-type calcium channel-dependent neuronal differentiation of NG108-15 cells by hydrogen sulfide., 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, Journal of neurochemistry, 114, 2, 512, 519,   2010年07月
  • Opposite effects of two thiazolidinediones, ciglitazone and troglitazone, on proteinase-activated receptor-1-triggered prostaglandin E(2) release., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Toxicology, 268, 1-2, 40, 45,   2010年01月
  • PAR2-triggered prostaglandin E2 release, but not cyclooxygenase-2 upregulation, requires activation of the phosphatidylinositol 3-kinase/Akt/NFκB pathway in human alveolar epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Journal of pharmacological sciences, 111, 3, 269, 275,   2009年11月
  • Rhodanese, but not cystathionine-γ-lyase, is associated with dextran sulfate sodium-evoked colitis in mice: a sign of impaired colonic sulfide detoxification?, 川畑 篤史, 松波 真帆, 木村 健, 関口 富美子, 西川 裕之, Toxicology, 264, 1-2, 96, 103,   2009年10月
  • Hydrogen sulfide as a novel mediator for pancreatic pain in rodents., 西村 幸容, 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 辻内 俊文, Gut, 58, 6, 762, 770,   2009年06月
  • Hyperalgesia induced by spinal and peripheral hydrogen sulfide: evidence for involvement of Cav3.2 T-type calcium channels., 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 西川 裕之, Pain, 142, 1-2, 127, 132,   2009年03月
  • Hydrogen sulfide evokes neurite outgrowth and expression of high-voltage-activated Ca2+ currents in NG108-15 cells: involvement of T-type Ca2+ channels., 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, 松波 真帆, 西川 裕之, Journal of neurochemistry, 108, 3, 676, 684,   2009年02月
  • プロテアーゼ活性化受容体 Protease-activated receptor (PAR), 松波 真帆,関口 富美子,川畑 篤史, 日本薬理学雑誌「くすりとからだ」 キーワード解, 128, 434, 436,   2008年12月
  • PAR2 triggers IL-8 release via MEK/ERK and PI3-kinase/Akt pathways in GI epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, Biochemcal and biophysical research communications, 377, 2, 622, 626,   2008年12月
  • Protease-activated receptor シグナル, 関口 富美子, 川畑 篤史, 救急・集中治療, 20, 9-10, 1297, 1303,   2008年11月
  • Gastrointestinal roles for proteinase-activated receptors in health and disease. , 川畑篤史、松波真帆、関口富美子, Br J Pharmacol, 153, S230, S240,   2008年08月
  • Evidence that PAR2-triggered prostaglandin E2 (PGE2) formation involves the ERK-cytosolic phospholipase A2-COX-1-microsomal PGE synthase-1 cascade in human lung epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, Cell Biochemistry and Function, 26, 2, 279, 282,   2008年03月
  • Gastrointestinal roles for proteinase-activated receptors in health and disease., 川畑 篤史, 松波 真帆, 関口 富美子, British Journal of Pharmacology, 153, S230, S240,   2008年03月
  • Signal transduction for formation/release of interleukin-8 caused by a PAR2-activating peptide in human lung epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, Regulatory Peptides, 145, 42, 48,   2008年01月
  • Proteinase-activated receptors in the gastrointestinal system: a functional linkage to prostanoids., 関口 富美子, 川畑 篤史, Inflammopharmacology, 15, 6, 246, 251,   2007年12月, 査読有り
  • Hydrogen sulfide as a novel nociceptive messenger., 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 市田 成志, 和田 哲幸, 西 川 裕 之 , Pain, 132, 1-2, 74, 81,   2007年11月
  • A protective role of hydrogen sulfide against oxidative stress in rat gastric mucosal epithelium., 川畑 篤史, 関口 富美子, Toxicology, 241, 1-2, 11, 18,   2007年11月
  • Hydrogen sulfide inhibits activity of three isoforms of recombinant nitric oxide synthase., 川畑 篤史, 関口 富美子, Toxicology, 241, 1-2, 92, 97,   2007年11月
  • The proteinase inhibitor camostat mesilate suppresses pancreatic pain in rodents., 川畑 篤史, 関口 富美子, Life Sci., 80, 21, 1999, 2004,   2007年05月
  • Mechanisms for prostaglandin E2 formation caused by proteinase-activated receptor-1 activation in rat gastric mucosal epithelial cells., 関口 富美子, 川畑 篤史, Biochem Pharmacol., 73, 1, 103, 114,   2007年01月
  • Distinct activity of peptide mimetic intracellular ligands (pepducins) for proteinase-activated receptor-1 in multiple cells/tissues, 川畑 篤史, 関口 富美子, Ann N Y Acad Sci, 1091, 115, 459,   2006年12月
  • プロテアーゼ活性化受容体, 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 日薬理誌, 128, 434, 436,   2006年12月
  • Antiallodynic effect of etidronate, a bisphosphonate, in rats with adjuvant-induced arthritis: involvement of ATP-sensitive K+ channels, 川畑 篤史, 河尾 直之, 関口 富美子, 松波 真帆, Neuropharmacology, 51, 2, 182, 190,   2006年08月
  • Suppression of pancreatitis-related allodynia/hyperalgesia by proteinase-activated receptor-2 in mice, 川畑 篤史, 河尾 直之, 関口 富美子, 松波 真帆, Br J Pharmacol, 148, 1, 54, 60,   2006年05月
  • Mechanisms for modulation of mouse gastrointestinal motility by proteinase-activated receptor (PAR)-1 and -2 in vitro., 関口 富美子, 川畑 篤史, Life Sci., 78, 9, 950, 957,   2006年01月
  • Signal transduction for proteinase-activated receptor-2-triggered prostaglandin E2 formation in human lung epithelial cells, 河尾 直之, 川畑 篤史, 関口 富美子, 市田 成志, 和田 哲幸, Mami Nagataki, Keita Nagasawa, Satoko Kubo, Kelly Cushing, Morley D. Hollenberg, Wallace K. MacNaughton, Hiroyuki Nishikawa, J Pharmacol Exp Ther, 315, 2, 576, 589,   2005年08月
    概要:ヒト肺胞上皮細胞において、PAR-2活性化によって引き起こされるプロスタグランジンE2遊離の細胞内情報伝達を明らかにした。
  • Protease-activated receptors (PARs)をターゲットとしたアゴニスト/アンタゴニストの開発と消化器系疾患に対する治療応用の可能性., 関口 富美子, 薬学雑誌, 125, 6, 491, 498,   2005年06月
  • 強力な誘導型NO 合成酵素阻害薬ONO.1714 のアセトアミノフェン誘起肝臓毒性に対する効果, 川畑 篤史, 関口 富美子, 河尾 直之, 他3名, Life Sciences, 74, 6, 793, 802,   2003年12月
    概要:誘導型NO 合酵素阻害薬ONO.1714 がアセトアミノフェンにより誘起される肝障害に対して抑制的に作用することを証明した。(英文)
  • PAR.1 活性化ペプチドはラットにおいてペプシノーゲン分泌を促進する, 川畑 篤史, 河尾 直之, 平松香織, 猪井直樹, 黒田 良太郎, 関口 富美子, 他1名, Peptides, 24, 9, 1449, 1451,   2003年09月
    概要:麻酔ラットにおいてPAR.1 活性化ペプチドの反復投与によってペプシノーゲン分泌が誘起されることを証明した。(英文)
  • 血管内皮依存性因子,特に一酸化窒素と高血圧., 砂野 哲、関口 富美子, 薬学雑誌, 123, 7, 495, 515,   2003年06月
  • 高血圧ラットにおける抑制性神経伝達物質による胃平滑筋の弛緩, 関口 富美子, 砂野 哲, 木村真一 島村佳一, 斉藤秀哉, Biomedical Research, 14, 1, 62, 69,   2003年04月, 査読有り
    概要:高血圧ラット(SHRSP)と正常血圧ラット(WKY)の胃底部における一酸化窒素(NO)神経性弛緩反応を比較したところ、SHRSP、WKY 標本間でほとんど差がないことが明らかとなった。(英文)
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)大動脈においてカフェインによる弛緩は障害されていない, 関口 富美子, 三宅 義雅, 砂野 哲, 薬学総合研究所紀要, 11, 131, 142,   2003年03月
    概要:高血圧ラットの血管では内皮依存性弛緩反応の減少がみられるが、カフェインは内皮非依存性の弛緩を引き起こし、この弛緩反応は正常血圧と高血圧ラットの大動脈で差がなかったことから、平滑筋の反応性には異常がないことが示唆された。(英文)
  • 正常血圧および高血圧自然発症ラットの食道横紋筋における筋小胞体作用薬の効果, 関口 富美子, 砂野 哲, Journal of Muscle Research and Cell Motility, 23, 4・5, 131, 144,   2002年12月
    概要:ラット食道横紋筋では筋小胞体作用薬により細胞外カルシウム流入が引き起こされ、この流入は正常血圧ラットに比べ高血圧ラット標本において減少していることが示唆された。(英文)
  • 高血圧自然発症ラットと L NAME 投薬 Wistar ラットにおける高血圧および動脈の内皮依存性弛緩, 関口 富美子, 砂野 哲, 薬学合研究所紀要, 10, 33, 45,   2002年03月
    概要:Wistar ラットに L ニトロアルギニン (L NAME) を長期経口投与すると血圧が上昇した。 そのラット動脈の内皮依存性弛緩は非投与ラットに比べ著明に減弱していた。 この減弱は標本に残存した L NAME によるもので投薬による血圧上昇は関与していないと示唆された。 (英文)
  • Arterial smooth muscle tone and its modification by endothelium in spontaneously hypertensive rats. , 砂野 哲、関口 富美子、島村 佳一, Biomed. Res., 11, 137, 147,   2000年, 査読有り
  • Tension oscillation in arteries and abnormality in hypertensive animals., 島村 佳一、関口 富美子、砂野 哲, Clin. Exper. Pharmacol. Physiol. , 26, 275, 284,   1999年
  • 動脈における内皮依存性および非依存性張力振動と高血圧モデル動物における異常., 島村 佳一、関口 富美子、砂野 哲, 平滑筋学会誌, 2, J-99, J116,   1999年
  • 内皮由来因子による過分極および弛緩と高血圧モデル動物における異常., 砂野 哲,関口 富美子,松田 恭子,島村 佳一, 平滑筋学会誌, 1, J-101, J-116,   1997年
  • Blood pressure and age-dependent changes of endothelium-dependent tension oscillations in different strains of spontaneously hypertensive rats., J. Smooth Muscle Res., 32, 145, 154,   1996年08月, 査読有り
  • Spontaneous and agonist-induced contractions and endothelium-dependent relaxation in aortae from SHRSP and WKY rats under various levels of passive force., Clin. Exp. Pharmacol. Physiol., 23, 483, 489,   1996年06月, 査読有り
  • Effect of cyclopiazonic acid and thapsigargin on electromechanical activities and intracellular Ca2+ in smooth muscle of carotid artery of hypertensive rats., Br J Pharmacol. , 118, 4, 857, 864,   1996年06月, 査読有り
  • Endothelium-dependent relaxation by α2-adrenoceptor agonists in spontaneously hypertensive rat aorta., J. Cardiovasc. Pharmacol., 27, 733, 739,   1996年05月, 査読有り
  • Neural responses of rat abdominal skin artery., J. Smooth Muscle Res., 31, 397, 399,   1995年12月, 査読有り
  • Comparison of endothelium-dependent and –independent tension oscillation in aortae of stroke-prone spontaneously hypertensive and Wistar Kyoto rats., J. Smooth Muscle Res., 30, 135, 145,   1995年08月, 査読有り
  • Effects of NG-nitro-L-arginine on α2-agonists-induced contraction of aortae from Wistar Kyoto rats and stroke-prone spontaneously hypertensive rats., J. Smooth Muscle Res., 31, 51, 60,   1995年04月, 査読有り
  • The presence of low molecular weight germinative substances in Bacillus cereus T spore extract., Microbiol. Immunol., 38, 7, 519, 525,   1994年, 査読有り
  • 高血圧自然発症ラット動脈平滑筋にみられる自発性緊張亢進と治療効果. , 砂野 哲、佐々木 富美子(現在 関口 富美子), 平滑筋学会誌, 29, 111, 130,   1993年
  • Relationship between blood pressure and smooth muscle tone in aorta of hypertensive rats: roles of [Ca2+]., J. Smooth Muscle Res., 29, 69, 79,   1993年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • WKYおよびSHRSPの肺動脈圧について, 山本 和夫, 島村 佳一, 松田 恭子, 関口 富美子, 砂野 哲, 第36回高血圧自然発症ラット(SHR)学会総会,   2000年07月, 第36回高血圧自然発症ラット(SHR)学会総会
    概要:WKY、SHRSPとも肺動脈圧は、大腿動脈圧に比べ著しい低値を示した。摘出肺動脈の、内皮依存性弛緩には、間に差はなく、低度の肺動脈圧上昇は、内皮依存性の弛緩には依存しないためと考えられた。
  • PAR-2およびPAR-1活性化によるマウス気道平滑筋弛緩反応メカニズムの解析, 川畑 篤史, 河尾 直之, 関口 富美子, Morley D. Hollenberg, 第77回日本薬理学会年会,   2004年03月, 第77回日本薬理学会年会
  • ビスホスホネート系薬剤エチドロネートはATP感受性カリウムチャネルを介してアジュバント関節炎ラットにおけるアロディニアを抑制する, 河尾 直之, 川畑 篤史, 関口 富美子, 第77回日本薬理学会年会,   2004年03月, 第77回日本薬理学会年会
  • PAR-1およびPAR-2活性化によるマウス消化管運動調節機構, 関口 富美子, 川畑 篤史, 第77回日本薬理学会年会,   2004年03月, 第77回日本薬理学会年会
  • Mechanisms underlying contraction/relaxation caused by activation of protease-activated receptors 1 and 2 in rat superior mesenteric artery., 川畑 篤史, 黒田 良太郎, 関口 富美子, 西 川 裕 之, XVIIth International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis,   2004年03月, XVIIth International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis
  • Roles of protease-activated receptor-1 and -2 in modulation of mouse gastrointestinal motility., 関口 富美子, 川畑 篤史, XVIIth International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis,   2004年03月, XVIIth International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis
  • Signal transduction mechanisms for prostanoid formation caused by protease-activated receptor-2 activation in human lung epithelial cells., 川畑 篤史, 河尾 直之, 和田 哲幸, 市田 成志, 関口 富美子, Morley D. Hollenberg, XVIIth International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis,   2004年03月, XVIIth International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis
  • 内臓痛発現におけるPAR-2とプロテアーゼの役割:PAR-2ノックアウトマウスおよびメシル酸ナファモスタットを用いた検討, 河尾 直之, 川畑 篤史, 関口 富美子, 黒田 良太郎, 菅家 徹, 日本薬学会第124年会,   2004年03月, 日本薬学会第124年会
  • カラゲニン誘発熱痛覚過敏に対する誘導型NO合成酵素(iNOS)阻害薬ONO-1714の鎮痛効果, 関口 富美子, 河尾 直之, 川畑 篤史, 日本薬学会第124年会,   2004年03月, 日本薬学会第124年会
  • ラット胃粘膜上皮細胞RGM1におけるPAR-1活性化を介したPGE2産生亢進と関連する細胞内シグナル, 関口 富美子, 河尾 直之, 川畑 篤史, 西川 裕之 荒木 宏昌, 第105回日本薬理学会近畿部会,   2004年06月, 第105回日本薬理学会近畿部会
  • Protease-activated receptor-2 activation induces delayed facilitation of capsaicin-evoked visceral pain in mice: involvement of endogenous bradykinin., 川畑 篤史, 河尾 直之, 関口 富美子, 黒田 良太郎, 菅家 徹, 11th International Pain Clinic World Society of Pain Clinicians,   2004年07月, 11th International Pain Clinic World Society of Pain Clinicians
  • Protease-activated receptor-1活性化による胃粘膜上皮細胞からのprostaglandin E2産生亢進に関与する細胞内メカニズムの検討, 関口 富美子, 河尾 直之, 川畑 篤史, 西川 裕之 荒木 宏昌, 第9回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会,   2004年07月, 第9回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会
  • Protease-activated receptor-2の新規高活性アゴニスト2-furoyl-LIGRL-NH2: in vitroおよびin vivoにおける活性評価, 川畑 篤史, 関口 富美子, 岩城 正宏, 菅家 徹, 第9回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会,   2004年07月, 第9回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会
  • The intracellular agonist and antagonist (pepducins) for proteinase-activated receptor-1: distinct activity in multiple cells/tissues., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之 田中 誠, The 17th Korea-Japan Joint Seminar on Pharmacology,   2004年09月, The 17th Korea-Japan Joint Seminar on Pharmacology
  • Inhibitory and excitatory modulations of mouse gastrointestinal motility by activation of proteinase-activated receptor (PAR)-1 and PAR-2., 関口 富美子, 川畑 篤史, 菅家 徹, The 17th Korea-Japan Joint Seminar on Pharmacology,   2004年09月, The 17th Korea-Japan Joint Seminar on Pharmacology
  • Protease-activated receptors (PARs) and respiratory functions: cellular signaling and enhancement of prostanoid formation in the epithelium., 川畑 篤史, 河尾 直之, 関口 富美子, Morely D. Hollenberg, Wallace K. MacNaughton, 西川 裕之 , The 17th Korea-Japan Joint Seminar on Pharmacology,   2004年09月, The 17th Korea-Japan Joint Seminar on Pharmacology
  • Luminal trypsin causes delayed facilitation of capsaicin-evoked visceral nociception by activating protease-activated receptor-2., 川畑 篤史, 河尾 直之, 関口 富美子, 松波 真帆, 黒田 良太郎, 菅家 徹, Neuroscience 2004,   2004年10月, Neuroscience 2004
  • トロンビン受容体PAR-1活性化を介したラット胃粘膜上皮細胞からの遅延性プロスタグランジンE2産生亢進に関与する細胞内情報伝達系の検討, 関口 富美子, 河尾 直之, 川畑 篤史, 西川 裕之 荒木 宏昌, 第54回日本薬学会近畿支部大会,   2004年10月, 第54回日本薬学会近畿支部大会
  • 化器疾患治療における新しい創薬標的分子としてのprotease-activated receptors (PARs), 川畑 篤史, 関口 富美子, 第32回薬物活性シンポジウム,   2004年11月, 第32回薬物活性シンポジウム
  • 細胞内PAR-1アゴニストペプチドおよびアンタゴニストペプチド(pepducins)の各種細胞・組織における作用の解析, 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之 田中 誠, 第106回日本薬理学会近畿部会,   2004年11月, 第106回日本薬理学会近畿部会
  • ヒト肺胞上皮細胞におけるPAR-2活性化によるCOX-2の誘導とそれに関与するシグナルの解析, 川畑 篤史, 河尾 直之, 和田 哲幸, 関口 富美子, 市田 成志, Wallace K. MacNaughton, Morley D. Hollenberg, 第106回日本薬理学会近畿部会,   2004年11月, 第106回日本薬理学会近畿部会
  • Cell signaling by proteinase-activated receptor-2 for interleukin-8 formation in human lung epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Cell Signaling World,   2006年01月, Cell Signaling World
    概要: 33. Kawabata, A., Nagataki, M., Moriyuki, K., Sekiguchi, F., Nishikawa, H. 2006, 1, 25-28, Luxembourg. (Oral presentation)
  • Distinct signaling and actions caused by intracellular ligands (pepducins) for proteinase-activated receptor-1 in multiple cells/tissues., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Cell Signaling World 2006,   2006年01月, Cell Signaling World 2006
  • ヒト肺胞上皮細胞においてPAR2活性化により誘起されるIL-8およびprostaglandin E2産生亢進に関与する細胞内シグナルについて., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, 第79回日本薬理学会年会,   2006年03月, 第79回日本薬理学会年会
  • 新しい内因性疼痛情報伝達物質としての硫化水素の役割., 川畑 篤史, 関口 富美子, 第79回日本薬理学会年会,   2006年03月, 第79回日本薬理学会年会
  • 内因性ガスメッセンジャー硫化水素のラット胃粘膜における保護的役割., 川畑 篤史, 関口 富美子, 第79回日本薬理学会年会,   2006年03月, 第79回日本薬理学会年会
  • ラット胃血管緊張性および粘膜循環動態におよぼすガスメッセンジャー硫化水素の効果., 川畑 篤史, 関口 富美子, 第79回日本薬理学会年会,   2006年03月, 第79回日本薬理学会年会
  • 新規内因性ガスメッセンジャー硫化水素によるマウス気管支平滑筋の弛緩., 川畑 篤史, 関口 富美子, 第79回日本薬理学会年会,   2006年03月, 第79回日本薬理学会年会
  • 内因性ガス状情報伝達物質H2Sは未分化NG108-15細胞においてT型カルシウムチャネルの感受性を増大させる., 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 市田 成志, 和田 哲幸, 西川 裕之, 第109回日本薬理学会近畿部会,   2006年06月, 第109回日本薬理学会近畿部会
  • 内因性ガス状情報伝達物質H2SによるT型カルシウムチャネルの感受性増大と痛覚過敏の発現., 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 第28回日本疼痛学会,   2006年07月, 第28回日本疼痛学会
  • COX-2 up-regulation and prostaglandin E2 production triggered by proteinase-activated receptor-1 (PAR1) and their facilitation by peroxisome proliferator-activated receptor-γ ligands in rat gastric mucosal epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, The Inernational Mini-Symposium on Gastrointestinal Pharmacology,   2006年07月, The Inernational Mini-Symposium on Gastrointestinal Pharmacology
  • Evidence that hydrogen sulfide plays a pro-nociceptive role., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, 吉田 繁, The 18th Japan-Korea Joint Seminar of Pharmacology, 2006, 9, 23-24, Fukui.,   2006年09月, The 18th Japan-Korea Joint Seminar of Pharmacology, 2006, 9, 23-24, Fukui.
  • Proteinase-activated receptor活性化によるプロスタノイド産生シグナルと病態., 関口 富美子, 川畑 篤史, 第34回 薬物活性シンポジウム,   2006年09月, 第34回 薬物活性シンポジウム
  • Prostaglandin E2 production triggered by proteinase-activated receptor-1 in rat gastric mucosal epithelial cells: Cell signaling and modulation by peroxisome proliferator-activated receptor-γ ligands., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Half-day Symposium on G Protein-Coupled Receptors (GPCRs),   2006年09月, Half-day Symposium on G Protein-Coupled Receptors (GPCRs)
  • トロンビン受容体PAR1活性化を介したラット胃粘膜上皮細胞からの遅延性プロスタグランジンE2産生亢進に関与する細胞内情報伝達系の検討., 関口 富美子, 川畑 篤史, 河尾 直之, 第56回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2006年10月, 第56回日本薬学会近畿支部総会・大会
  • Hydrogen sulfide sensitizes T-type calcium channels via redox modulation., 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 市田 成志, 和田 哲幸, 西川 裕之, Neuroscience 2006,   2006年10月, Neuroscience 2006
  • ガスメッセンジャーH2Sの膵炎関連痛への関与, 西村 幸容, 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 第110回 日本薬理学会近畿部会,   2006年11月, 第110回 日本薬理学会近畿部会
  • 炎症性腸疾患(IBD)モデルにおける硫化水素産生・解毒に関与する酵素の挙動, 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 第80回日本薬理学会年会,   2007年03月, 第80回日本薬理学会年会
  • ガスメッセンジャー硫化水素は膵臓の痛みに関与する., 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 西村 幸容, 第80回日本薬理学会年会,   2007年03月, 第80回日本薬理学会年会
  • .硫化水素はNG108-15細胞においてT型カルシウムチャネルのレドックス制御を介して神経分化を誘起する., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, 吉田 繁, 市田 成志, 第80回日本薬理学会年会,   2007年03月, 第80回日本薬理学会年会
  • Effects of hydrogen sulfide on the tone of gastrointestinal and airway smooth muscle preparations from rodents., 関口 富美子, 川畑 篤史, Life Sciences 2007,   2007年07月, Life Sciences 2007
  • Curcumin intervention of PAR2-triggered prostaglandin E2 (PGE2) release in human lung epithelial cells: what are the target molecules downstream of PAR2? , 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Young Life Scientists’ Symposium 2007,   2007年07月, Young Life Scientists’ Symposium 2007
  • Modulation of PAR1-triggered prostaglandin E2 production by thiazolidinediones through peroxisome proliferator-activated receptor-γ-independent pathways in rat gastric mucosal epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, Young Life Scientists’ Symposium 2007,   2007年07月, Young Life Scientists’ Symposium 2007
  • Hydrogen sulfide (H2S) as a hypothetical pro-inflammatory signaling molecule in ulcerative colitis (UC): impaired detoxification but not generation of H2S in a mouse UC model., 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 西川 裕之, Young Life Scientists’ Symposium 2007,   2007年07月, Young Life Scientists’ Symposium 2007
  • Inhibition of the activity of three recombinant nitric oxide synthase isoforms by hydrogen sulfide., 川畑 篤史, 関口 富美子, Young Life Scientists’ Symposium 2007,   2007年07月, Young Life Scientists’ Symposium 2007
  • A pro-nociceptive role for hydrogen sulfide in the pancreas., 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 西村 幸容, The 4th Science and Research Symposium:,   2007年08月, The 4th Science and Research Symposium:
    概要:9. Kawabata, A., Nishimura, S., Fukushima, O., Ishikura, H., Takahashi, T., Matsunami, M., Sekiguchi, F., Naruse, M. 2007, 8, 28, Nagoya.
  • H2Sと平滑筋運動.シンポジウム「気体メディエーターと創薬」, 関口 富美子, 川畑 篤史, 西川 裕之, 生体機能と創薬シンポジウム2007金沢,   2007年09月, 生体機能と創薬シンポジウム2007金沢
  • 脊髄内および末梢組織内の硫化水素による痛覚過敏:CaV3.2 T型カルシウムチャネルの関与について., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, 第112回日本薬理学会近畿部会,   2007年11月, 第112回日本薬理学会近畿部会
  • ラット正常胃粘膜上皮RGM1細胞におけるPAR1活性化誘起プロスタグランジンE2産生に対するチアゾリジンディオン系薬物の影響., 川畑 篤史, 関口 富美子, 高岡 香保理, 信貴 秀矩, 第112回日本薬理学会近畿部会,   2007年11月, 第112回日本薬理学会近畿部会
  • ヒト肺胞由来上皮細胞におけるPAR2誘起プロスタグランジンE2産生亢進に対するクルクミンの抑制効果., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, 守行 和美, 松原 かおり, 第112回日本薬理学会近畿部会,   2007年11月, 第112回日本薬理学会近畿部会
    概要:3. 守行和美、松原かおり、関口富美子、西川裕之、川畑篤史.、2007, 11, 16, 豊中.
  • Hydrogen sulfide as a nociceptive messenger in rat and mouse pancreata., 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 辻内 俊文, 西村 幸容, Neuroscience 2007,   2007年11月, Neuroscience 2007
    概要:4. Kawabata, A., Nishimura, S. 西村幸容, Fukushima, O., Ishikura, H., Takahashi, T., Matsunami, M., Tsujiuchi, T., Sekiguchi, F., Naruse, M., Kamanaka, Y. , 2007, 11, 3-7, Dan Diego, USA.
  • ウサギ血小板の凝集およびカルシウム動員におよぼす硫化水素の影響., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, 第81回日本薬理学会年会,   2008年03月, 第81回日本薬理学会年会
  • ヒト結腸癌および胃腺癌由来細胞においてPAR2刺激により誘起されるインターロイキン-8遊離に関与する細胞シグナル., 川畑 篤史, 関口 富美子, 第81回日本薬理学会年会,   2008年03月, 第81回日本薬理学会年会
  • ラット胃粘膜上皮細胞におけるproteinase-activated receptor-1刺激誘起遅発性プロスタグランジンE2産生亢進に関わる細胞内情報伝達系の検討., 関口 富美子, 川畑 篤史, 西川 裕之, 第81回日本薬理学会年会,   2008年03月, 第81回日本薬理学会年会
  • ラット胃粘膜上皮細胞RGM1においてproteinase-activated receptor-1を介したprostaglandin E2産生亢進の遅延はアラキドン酸供給不足に起因する., 関口 富美子, 川畑 篤史, 西川 裕之, 第26回Cytoprotection研究会,   2008年03月, 第26回Cytoprotection研究会
  • ヒト肺胞上皮細胞においてPAR2活性化により誘起されるプロスタグランジンE2産生に対するクルクミンの効果., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, 第81回日本薬理学会年会,   2008年03月, 第81回日本薬理学会年会
  • ラット正常胃粘膜上皮細胞においてチアゾリジンディオン系薬物はPAR1活性化によるプロスタグランジンE2産生をPPARγ非依存性に修飾する., 川畑 篤史, 関口 富美子, 第81回日本薬理学会年会,   2008年03月, 第81回日本薬理学会年会
  • 脊髄内および末梢組織中の硫化水素による痛覚過敏発現におけるCav3.2 T型カルシウムチャネルとNMDA受容体の役割., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, 第81回日本薬理学会年会,   2008年03月, 第81回日本薬理学会年会
  • 近畿大学における薬学生と医学生の合同PBLの試み, 木村 健, 関口 富美子, 大鳥 徹, 上硲 俊法, 木村 雅友, 吉田 浩二, 日本薬学会第128年会,   2008年03月, 日本薬学会第128年会
    概要:近畿大学薬学部・医学部合同学習会におけるPBL教育に関する報告。
  • Hydrogen sulfide is pro-nociceptive in the spinal cord as well as peripheral tissues., 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, 西川 裕之, 6th FENS Forum of European Neuroscience,   2008年07月, 6th FENS Forum of European Neuroscience
  • Cell damage induced by hydrogen sulfide in cortical neurons from mouse embryos., 関口 富美子, 川畑 篤史, 吉田 繁, 赤池 昭紀 久米 利明, 6th FENS Forum of European Neuroscience,   2008年07月, 6th FENS Forum of European Neuroscience
  • Involvement of endogenous hydrogen sulfide in acute pancreatitis-related pain., 西村 幸容, 川畑 篤史, 辻内 俊文, 関口 富美子, 松波 真帆, 6th FENS Forum of European Neuroscience,   2008年07月, 6th FENS Forum of European Neuroscience
  • Hydrogen sulfide induces neuronal differentiation via Cav3.2 T-type calcium channels and Src family tyrosine kinase in NG108-15 cells., 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, 松波 真帆, 西川 裕之, 6th FENS Forum of European Neuroscience,   2008年07月, 6th FENS Forum of European Neuroscience
  • マウス胎児大脳皮質神経細胞における内因性ガスメッセンジャー硫化水素の神経細胞毒性はMEK-ERK系の活性化に依存する., 川畑 篤史, 福嶋 伸之, 関口 富美子, 赤池昭紀 久米利明, 第114回日本薬理学会近畿部会,   2008年11月, 第114回日本薬理学会近畿部会
  • 硫化水素によるNG108-15細胞の神経分化はT型カルシウムチャネル活性化に続くSrc型チロシンキナーゼ活性化に依存する., 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, 第114回日本薬理学会近畿部会,   2008年11月, 第114回日本薬理学会近畿部会
  • 胃癌患者より摘出した胃組織のヘリコバクター・ピロリ由来ウレアーゼ蛋白量とPAR1あるいはPAR2発現量の相関性について., 関口 富美子, 川畑 篤史, 第82回日本薬理学会年会,   2009年03月, 第82回日本薬理学会年会
  • 硫化水素により誘起される大脳皮質神経細胞死のメカニズムの解析:特にMEK/ERK系の関与について., 川畑 篤史, 関口 富美子, 福嶋 伸之, 赤池昭紀 久米利明, 第82回日本薬理学会年会,   2009年03月, 第82回日本薬理学会年会
  • 内因性硫化水素の標的分子Cav3.2 T型カルシウムチャネルは神経因性疼痛の保持において重要な役割を示す, 川畑 篤史, 関口 富美子, 竹村 元秀, 第82回日本薬理学会年会,   2009年03月, 第82回日本薬理学会年会
  • 硫化水素はCav3.2 T型カルシウムチャネルの活性化に続くSrc型チロシンキナーゼの活性化を介してNG108-15細胞の神経分化を誘導する., 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, 第82回日本薬理学会年会,   2009年03月, 第82回日本薬理学会年会
  • IL-8 release triggered by proteinase-activated receptor-2 stimulation involves both MEK/ERK and PI3 kinase/Akt pathways in gastrointestinal epithelial cells., 関口 富美子, 川畑 篤史, Experimental Biology 2009,   2009年04月, Experimental Biology 2009
  • Relationship between expression of PARs and infection with H. pylori in the stomach of gastric cancer patients., 川畑 篤史, 関口 富美子, Experimental Biology 2009,   2009年04月, Experimental Biology 2009
  • The delayed release of PGE2 mediated by PAR1 involves slowly developing production of arachidonic acid in rat gastric mucosal epithelical cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Experimental Biology 2009,   2009年04月, Experimental Biology 2009
  • The time lag of PGE2 release and COX-2 up-regulation triggered by PAR1 is due to deficiency of arachidonic acid in gastric epithelial cells., 関口 富美子, 川畑 篤史, 西川 裕之, XXXVI International Congress of Physiological Sciences,   2009年08月, XXXVI International Congress of Physiological Sciences
  • Effect of Helicobacter pylori extracts on prostaglandin E2 production in human lung alveolar epithelial A549 cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, XXXVI International Congress of Physiological Sciences,   2009年08月, XXXVI International Congress of Physiological Sciences
  • げっ歯類の気道および消化管平滑筋の緊張性におよぼす硫化水素の影響., 関口 富美子, 川畑 篤史, 第51回日本平滑筋学会総会,   2009年07月, 第51回日本平滑筋学会総会
  • Neurite outgrowth and functional up-regulation of voltage-dependent calcium channels caused by cyclic AMP in sensory neuron-like cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 13th Congress of the European Federation of Neurological Societies (EFNS 2009),   2009年09月, 13th Congress of the European Federation of Neurological Societies (EFNS 2009)
  • Involvement of downstream Src activation of Cav3.2 T-type calcium channels in hydrogen sulfide-induced neuronal differentiation in NG108-15 cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 13th Congress of the European Federation of Neurological Societies (EFNS 2009),   2009年09月, 13th Congress of the European Federation of Neurological Societies (EFNS 2009)
  • Helicobacter pylori抽出液により誘起される種々の細胞反応:Proteinase-activated receptor関与の有無について., 関口 富美子, 川畑 篤史, 西川 裕之, 松波 真帆, 第116回日本薬理学会近畿部会,   2009年11月, 第116回日本薬理学会近畿部会
    概要:1. 関口富美子, 前田優磨, 松本裕喜, 松波真帆, 西川裕之, 川畑篤史. 、2009, 11, 13, 大津.
  • ラット後根神経節由来ND7/23細胞においてcyclic AMPにより誘発される神経突起伸長およびイオンチャネル機能増強の特徴., 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 第83回 日本薬理学会年会,   2010年03月, 第83回 日本薬理学会年会
  • サイクリックAMPにより誘起される痛覚過敏へのT型カルシウムチャネルの関与., 川畑 篤史, 関口 富美子, 第83回日本薬理学会年会,   2010年03月, 第83回日本薬理学会年会
  • 膵臓痛発現におけるプロテアーゼ、PAR2およびTRPV1の役割., 西村 幸容, 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 第83回日本薬理学会年会,   2010年03月, 第83回日本薬理学会年会
    概要:19. 西村幸容、石倉宏恭、松波真帆、篠崎 結、関口富美子、成瀬光栄、喜多村泰輔、明石隆吉、松村謙二、川畑篤史. 第83回 日本薬理学会年会、2010, 3, 16-18, .
  • Peripheral hyperalgesia via the cyclic AMP/protein kinase A pathway involves activation of T-type calcium channels in rats., 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma2010),   2010年07月, 16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma2010)
  • Analysis of cellular signaling for epidermal growth factor-mediated suppression of androgen-induced expression of prostate-specific antigen gene in human prostate cancer LNCaP cells, 川畑 篤史, 関口 富美子, 16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma2010),   2010年07月, 16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma2010)
    概要:Maeda, Y., Yamanaka, R., Sekiguchi, F., Kawabata, A. , 2010, 7, 17-23, Copenhagen, Denmark.
  • Hydrogen sulfide promotes function of T-type calcium channels and secretion of prostatic acid phosphatase in neuroendocrine-like prostate cancer cells from the androgen-sensitive LNCaP cell line, 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, 16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma2010),   2010年07月, 16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma2010)
  • Prostaglandin E2により誘起される機械的痛覚過敏へのT型Ca2+チャネルの関与, 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 松波 真帆, 第117回日本薬理学会近畿部会,   2010年07月, 第117回日本薬理学会近畿部会
  • Analysis of various biological responses induced by Helicobacter pylori extract: independent of proteinase-activated receptors?, 関口 富美子, 川畑 篤史, 西川 裕之, 松波 真帆, 6th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma2010),   2010年07月, 6th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma2010)
  • 調剤薬局における薬剤師需要の動向予測に関する研究, 長井 紀章, 川瀬 篤史, 木下 充弘, 関口 富美子, 桑島 博, 鈴木 茂生, 西田 升三, 松尾 圭造, 掛樋 一晃, 医療薬学フォーラム2010 第18回クリニカルファーマシーシンポジウム,   2010年07月, 医療薬学フォーラム2010 第18回クリニカルファーマシーシンポジウム
  • アンドロゲン感受性前立腺癌細胞の神経内分泌様細胞への分化に伴う硫化水素産生酵素およびT型カルシウムチャネルの発現誘導:分泌機能調節における役割., 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, 生体機能と創薬シンポジウム2010京都,   2010年09月, 生体機能と創薬シンポジウム2010京都
  • マウス脊髄後根神経節培養細胞におけるprostaglandin E2誘発神経突起伸長メカニズムの解析., 川畑 篤史, 関口 富美子, 生体機能と創薬シンポジウム2010京都,   2010年09月, 生体機能と創薬シンポジウム2010京都
  • Prostaglandin E2/cyclic AMP/protein kinase A系を介したT型カルシウムチャネルの機能増強-電気生理学的および行動薬理学的手法を用いた検討., 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 松波 真帆, 生体機能と創薬シンポジウム2010京都,   2010年09月, 生体機能と創薬シンポジウム2010京都
  • マウス骨芽細胞前駆細胞におけるトロンビン受容体PAR1活性化によるプロスタグランジンE2産生に関与する細胞内シグナル., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, 第118回日本薬理学会近畿部会,   2010年11月, 第118回日本薬理学会近畿部会
  • 脊髄後根神経節由来ND7/23細胞におけるcyclic AMP誘発神経突起伸長および電位依存性カルシウムチャネルの機能的増強., 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, 第116回日本薬理学会近畿部会,   2010年12月, 第116回日本薬理学会近畿部会
  • 膵炎関連痛モデルにおけるメシル酸カモスタットの抗侵害受容的作用., 西村 幸容, 川畑 篤史, 関口 富美子, 辻内 俊文, 松波 真帆, 第79回日本薬理学会年会,   2010年, 第79回日本薬理学会年会
  • Sensitization of T-type calcium channels by prostaglandin E2 via the EP4 receptor/cyclic AMP/protein kinase A pathway: a possible mechanism for mechanical hyperalgesia., 吉田 繁, 関口 富美子, 坪田 真帆, 川畑 篤史, Neuroscience 2011,   2011年11月, Neuroscience 2011
  • AKAP-dependent modulation of phosphorylation levels of Cav3.2 T-type calcium channels by protein kinase A and calcineurin: implications for mechanical pain sensitivity., 吉田 繁, 関口 富美子, 坪田 真帆, 川畑 篤史, Neuroscience 2011,   2011年11月, Neuroscience 2011

MISC

  • 高血圧自然発症ラット動脈平滑筋にみられる自発性緊張亢進と治療効果 (共著), 砂野 哲, 佐々木 富美子, Journal of Smooth Muscle Research, 29, 4, 111, 130,   1993年, 10.1540/jsmr.29.111
  • 高血圧ラット胸部大動脈平滑筋の自発性筋緊張と膜電位, 近畿大医誌, 20, 2、29-31
  • 高血圧における血管内皮細胞の役割(共著), メディカルレビュー社,   1997年
  • 内皮由来因子による過分極および弛緩と高血圧モデル動物における異常(共著), 1, 3, J-101-J-116,   1997年
  • 高血圧および正常血圧ラットの食道横紋筋標本における反応性の比較(共著), 近畿大学薬学総合研究所紀要, 6, 29, 36,   1997年
  • 血管平滑筋収縮の内皮による調節と高血圧自然発症ラットの血管における異常(共著), 近畿大医誌, 18, 65, 67,   1993年
  • 動脈における内皮依存性および非依存性張力振動と高血庄モデル動物における異常(共著), 2, J-99-J-116,   1998年
  • 高血圧ラット大動脈平滑筋の自発性筋緊張調節における内皮由来因子の関与 (共著), 近畿大学薬学総合研究所紀要, 8, 79, 89,   1999年
  • 大動脈および頸動脈の内皮依存性弛緩に対するSHRSPのペリンドプリル長期治療の効果(共著), 近畿大学薬学総合研究所紀要, 9, 65, 78,   2000年
  • Hypertension and impairment of endothelium-dependent relaxation of arteries from spontaneously hypertensive and L-NAME-treated Wistar rats(共著) , Journal of Smooth Muscle Research , 37(2), 67-79,   2001年, 10.1540/jsmr.37.67
  • Rhythmic spontaneous contractions in the rat proximal colon(共著) , Japanese Journal of Physiology , 51, 717-723,   2001年, 10.2170/jjphysiol.51.717
  • Effects of flufenamic acid on smooth muscle of the carotid artery isolated from spontaneously hypertensive rats(共著) , Journal of Smooth Muscle Research , 38(1,2), 39-50,   2002年, 10.1540/jsmr.38.39
  • Unaltered caffeine-induced relaxation in the aorta of stroke-prone spontaneously hypertensive rats (共著) , Journal of Smooth Muscle Research, 38(1,2), 11-22,   2002年, 10.1540/jsmr.38.11
  • Responses to endothelium-derived factors and their interaction in mesenteric arteries from Wistar-Kyoto and stroke-prone spontaneously hypertensive rats(共著) , Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology , 29, 1066-1075,   2002年, 10.1046/j.1440-1681.2002.03778.x
  • Endothelium-dependent relaxation in pulmonary arteries of L-NAME-treated Wistar and stroke-prone spontaneously hypertensive rats(共著) , Journal of Smooth Muscle Research , 38(4,5), 131-144,   2002年, 10.1540/jsmr.38.131
  • Reduced effect of caffeine on twitch contraction of esophageal striated muscle from SHRSP (共著) , Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology
    概要:in press
  • 高血圧自然発症ラットの血管における自発性収縮および張力振動と治療効果(共著) , 近畿大学薬学総合研究所紀要 , (10), 1-9,   2001年
  • 高血圧自然発症ラットとL-NAME投薬Wistarラットにおける高血圧および(共著) , 近畿大学薬学総合研究所紀要 , (10), 33-45,   2001年
  • Effects of NG-nitro-L-arginine on the blood pressure of spontaneously hypertensive rats with different degrees of hypertension(共著) , Clinical and Experimental Hypertension , 23(7), 533-544,   2001年, 10.1081/CEH-100106824
  • Coffeine-induced contracture in oesophageal striated muscle of nomotensive and hypertensive rats, European Journal of Pharmacology, 465, 153, 161,   2003年, 10.1016/S0014-2999(03)01435-3
  • Effects of L-arginine on spontaneous of the rat portal vein, Pflügers Atchievs, 446, 30, 35,   2003年
  • Contraction of arterial smooth muscle of normotensive and spontaneously hypertensive rats by manganese(Ⅲ) tetrakis (1-methyl-4pyndyl) porphyrin (MnTMPyP), SEKIGUCHI F, SEO M, SUNANO S, Journal of Pharmacological Science, 92, 2, 163, 165,   2003年, 10.1254/jphs.92.163

受賞

  • 平成16(2004)年度 日本薬学会近畿支部奨励賞

競争的資金

  • 科学研究費助成事業, 科学研究補助金, 神経損傷後の軸索再生過程における核内蛋白HMGB1の役割の解明, 関口 富美子
  • 科学研究費助成事業, 科学研究補助金, 胃粘膜傷害時における内因性硫化水素の挙動と生理的役割に関する研究, 関口 富美子
  • 科学研究費助成事業, 科学研究補助金, PKAおよびカルシニューリンによるT型カルシウムチャネル機能調節を介した疼痛制御, 関口 富美子
  • 科学研究費助成事業, 科学研究補助金, 胃粘膜上皮のプロテアーゼ活性化受容体発現と機能に対するピロリ菌感染の影響について, 関口 富美子
  • 科学研究費助成事業, 科学研究補助金, G蛋白共役型プロテアーゼ受容体による消化管運動調節メカニズムの解析, 関口 富美子
  • 高血圧ラットの血管平滑筋の緊張と細胞内カルシウム
  • プロテアーゼ活性化受容体の生理および病態生理学的役割の検討

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 病態生理学, Pathophysiology
  • 薬理学, Pharmacology
  • 生体機能学, Physiology and Anatomy