KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

信木 関ノブキ トオル

プロフィール

所属部署名工学部 機械工学科 / 次世代基盤技術研究所 / システム工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門機械材料学
ジャンル環境/エネルギー
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/937-nobuki-tooru.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/06/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    金属材料(おもに鉄鋼、鋳鉄)の強度、疲労特性といった機械的性質、衝撃特性についての研究、および機械材料の創製プロセス、高機能化、水素吸蔵合金などの新規機能性付与の分野についての研究。

学歴・経歴

学歴

  •  - 2001年, 近畿大学, 工業技術, 生産システム
  •  - 2004年, 近畿大学, 工学系研究科, システム設計工学
  •  - 1999年, 近畿大学, 工学部, 機械

経歴

  •   2004年,  - 2005年,  近畿大学非常勤講師
  •   2004年,  - 2005年,  近畿大学研究員
  •   2005年, -   東海大学特定研究員
  •   2005年, -   東京大学先端研協力研究員
  •   2008年, -   近畿大学工学部

研究活動情報

研究分野

  • 機械工学, 機械材料・材料力学
  • 材料工学, 構造・機能材料

研究キーワード

  • 衝撃破壊, 破壊靭性, 破面解析, 新機能材料

論文

  • Effects of Nitriding and Nitro-Carburizing on the Fatigue Properties of Ductile Cast Iron, International Journal of Metalcasting, 11, 1, 52, 60,   2017年01月, 査読有り
  • Impact characterisitics and mechanical properties of copper alloyed shperoidal graphite cast irons, Foundry Trade Journal, 190, 3740, 294, 298,   2016年12月, 査読有り
  • 精密鋳造法による合金工具鋼鋳鋼の強度,硬さ及び摩耗特性に及ぼす焼戻し温度の影響 (特集 鋳鉄・鋳鋼の摩耗), 遠藤 栄治, 生田 明彦, 信木 関, 旗手 稔, 中山 英樹, 鋳造工学 = Journal of Japan Foundry Engineering Society, 鋳造工学 = Journal of Japan Foundry Engineering Society, 88, 5, 276, 281,   2016年05月
  • 連続鋳造材をオーステンパ処理した球状黒鉛鋳鉄の切削性評価, 生田明彦, 旗手稔, 信木関, 鋳造工学, 88, 1, 37, 42,   2016年01月25日
  • 窒化及び軟窒化した球状黒鉛鋳鉄の疲労特性, 旗手稔, 信木関, 生田明彦, 浜坂直治, 河崎裕介, 鋳造工学, 87, 6, 382, 387,   2015年06月25日
  • 砂型鋳物及び連続鋳造材を素材としたオーステンパ球状黒鉛鋳鉄の切削性, 生田明彦, 旗手稔, 信木関, 鋳造工学, 87, 4, 231, 238,   2015年04月25日
  • 窒化処理した球状黒鉛鋳鉄の疲労特性に及ぼす合金元素の影響, 河崎裕介, 隅岡純一, 旗手稔, 信木関, 浜坂直治, 山口泰文, 鋳造工学, 87, 1, 3, 8,   2015年01月25日
  • パルス通電加圧焼結法を用いた高機能炭素材料の創製, 信木 関, 旗手 稔, 京極 秀樹, 近畿大学工学部研究報告, 近畿大学工学部研究報告, 49, 15, 23,   2015年
    概要:We have used chipped the Pine or Hinoki cypress woods as the initial carbon materials which have thinned the forests at Kamo region in Hiroshima prefecture. After rapid degradation of woody biomass carbon materials from the woody chips, were performed by Pulse Electric Current Sintering (SPS) method with a short period, and without adding binders and additives at various SPS heat treating temperature. In order to clear the correlation between SPS heat treating temperature and woody biomass estimated from the X-ray diffraction analysis, SEM observation, hardness and compressive testing. Obtained SPS heat treated materials at above 1073K and pressure of 30 MPa from woody biomass, show the bulk cylindrical compacts with amorphous structures. According to the increasing of SPS heat treating temperature, the hardness of surface of SPS bulk increased and the compressive strength increased, and also the porosity of the bulk decreased. In case of the applied pure carbon materials for SPS method, the bulk forms did not obtained even if the SPS heat treating temperature heat up to 1773K and 30MPa. By using of SPS operating at 1273K prepared from woody biomass of pine chips, the cylindrical bulk shows 83 Shore hardness and 55 MPa in compressive strength, these values were the highest observed in this study.
  • 黒鉛化触媒を用いた超微粉砕木質の炭化, 信木関, 奥隅友規, 旗手稔, 竹中啓恭, 日本機械学会論文集(Web), 81, 821, 14-00411(J-STAGE),   2015年
  • 球状黒鉛鋳鉄の引張と衝撃特性に及ぼすCu添加及び熱処理の影響, 信木関, 旗手稔, 烏谷豪, 烏谷豪, 宮本諭卓, 浜坂直治, 加納慎也, 鋳造工学, 86, 9, 719, 727,   2014年09月25日
  • メカニカルグライディングにより創製したCaMg2合金の水素化特性, 信木関, 久慈俊郎, 旗手稔, 近畿大学工学部研究報告, 47, 19, 25,   2013年12月20日
  • Development of Mg based hydrogen absorbing alloys prepared by mechanical alloying, NOBUKI Tohru, KANEKAWA Shohei, HATATE Minoru, TAKENAKA Hiroyasu, KUJI Toshiro, J Alloy Compd, 580, Supplement 1, 259, 263,   2013年12月15日
  • 〈研究論文〉メカニカルグライディングにより創製したCaMg_2 合金の水素化特性, 信木 関, 久慈 俊郎, 旗手 稔, 近畿大学工学部研究報告 = Research reports of the Faculty of Engineering, Kinki University, 近畿大学工学部研究報告 = Research reports of the Faculty of Engineering, Kinki University, 47, 19, 25,   2013年12月01日
    概要:[synopsis] Recently, nano-structured materials receive special attention as a novel hydrogen storage medium because of potentially large storage capacity, safety, and fast filling and delivering from the fuel tank of fuel cell vehicles. Magnesium (Mg) hydride is considered as one of the most interesting alternatives for the reversible storage of hydrogen due to several unique advantages such as element abundance, economic production cost, easy handling as well as a high hydrogen storage capacity of 7.6 mass%. However the major problem of magnesium as a rechargeable hydrogen carrier system is its slow reaction rate and high sorption temperature. A breakthrough in hydrogen storage technology has been achieved by preparing nano-crystalline hydrides using high-energy ball milling. These new materials show very fast absorption and desorption kinetics at 300 degrees Celsius. However, desorption and absorption at low temperatures is still too slow, limiting technical applications. Overseas researchers have been extensively studied from the viewpoint of developing advanced Mg-based hydrogen storage materials. For example, binary compounds such as calcium dimagnesium (CaMg2) with C14 Laves phase alloy is expected to absorb hydrogen more than 6 mass%, when the H/M ratio reaches 2. This study aims to clarify and discuss the mechanism of hydriding process of nano-crystallized CaMg_2 alloy conducted by mechanical grinding (MG) process. The mechanically milled CaMg_2 alloy was characterized by microstructure observation and XRD analysis, TEM analysis and hydrogen absorbing capacity. The long term of mechanical grinding process has lead to amorphous phase of CaMg_2 alloy. The 2 hours of MG treated CaMg_2 alloy showed not only absorbing 1 mass% of hydrogen at low temperature such as 200 degree Celsius, but also decomposed to Ca and Mg at temperature from 240 degree Celsius. The long term mechanical grinding process has gave CaMg_2 a lloy homogeneous amorphous morphology and could not absorb hydrogen reversibly.[注記]NOBUKI, Toru
  • Impact characteristics of copper alloyed ductile cast irons, 信木 関, 旗手 稔, 烏谷 豪, 宮本 諭卓, Reports of the 5th Japan-Korea workshop for young foundry engineers, 57, 60,   2013年09月
  • メカニカルアロイング法によるMg系水素吸蔵合金の創製, 信木 関, 旗手 稔, 竹中 啓恭, 東海大学工学部 応用化学科, 水素エネルギー協会大会論文, 32, 93, 96,   2012年12月
  • Accurancy Improving Methods in Estimation of Graphite Nodularity of Ductile Cast iron by Measurement of Ultrasonic Velocity, 旗手 稔, 信木 関, 小松 眞一郎, Science And Technology of Cassting Processes, 265, 283,   2012年12月
  • Development of High Toughness Austempered Ductile Irons, 信木 関, 旗手 稔, 木口 昭二, 清水 一道, Proceedings of the 70th World Foundry Congress, 100, 106,   2012年04月
  • Microstructures and mechanocal properties of alloy tool steel castings with carbides stabilizer elements, 信木 関, 旗手 稔, 遠藤 栄治, 中山 英樹, Proceedings of the 11th Asian Foundry Congress, 207, 213,   2011年11月
  • 炭化物を晶出させた高強度及び耐摩耗性合金工具鋼鋳鋼の開発, 旗手 稔, 信木 関, 遠藤 栄治, 中山 英樹, 鋳造工学, 83, 2, 86, 92,   2011年02月25日
  • Notch Effects on Impact and Bending Characteristics of Spheroidal and Compacted Vermicular Graphite Cast Irons with Various Matrices, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, Key Engineering Materials, 457, 392, 397,   2010年12月
  • Mechanical Properties and Thermal Expansion Characteristics of Low Thermal Expansion Ductile Cast Iron with Same Nikel Equivalent(NiE), 旗手 稔, 信木 関, 木口 昭二, Kazumichi SHIMIZU, Key Engineering Materials, 457, 380, 385,   2010年12月
  • Strength and Abrasion Characeristics of Alloy Tool Steel Castings Produced by Investent Casting Process, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, Proceedings of 69th World Foundry Congress, 441, 445,   2010年10月
  • 炭化物生成元素添加による合金工具鋼鋳鋼の強度と摩耗特性, 遠藤栄治, 旗手稔, 信木関, 中山英樹, 鋳造工学, 82, 8, 465, 471,   2010年08月25日
  • ボールミル法により合成された炭素複合材料の構造および磁化特性, 本城貴充, 信木 関, 久慈俊郎, 粉体および粉末冶金, 57, 1, 3, 9,   2010年01月
  • 炭化物生成元素添加による高炭素・高クロム鋳鋼の組織変化, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, 近畿大学工学部研究報告, 43, 43, 43, 53,   2009年12月21日
  • メカニカルアロイング法を用いたLaAl系合金の創製とその水素親和性, 信木 関, 旗手 稔, 久慈俊郎, 近畿大学工学部研究報告, 43, 43, 55, 60,   2009年12月21日
  • 精密鋳造法による合金工具鋼鋳鋼の材料特性に及ぼすバナジウムの影響, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, 鋳造工学, 81, 9, 429, 435,   2009年09月25日
  • Improvement of Mg-Al alloys for hydrogen stroage applications, J-C CRIVELLO, 信木 関, Toshiro KUJI, International Journal of Hydrogen Energy, 34, 4, 1937, 1943,   2009年02月
  • ボールミリングで作製したナノ構造Mg17Al12合金の結晶化挙動とその水素吸収特性, 阿部真丈, 信木関, 久慈俊郎, 軽金属, 59, 2, 75, 80,   2009年
  • Mechanical characteristics of spheroidal graphite cast irons containing Ni and Mn with mixed ferrite and bainitic ferrite microstructure, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, International Journal of Cast Metals Research, 21, 1/4, 31, 38,   2008年12月
  • Synthesis of Mg-Al Alloys by Bulk Mechanical Alloying (BMA) and Their Hydrogen Solubility, 信木 関, J-C CRIVELLO, Toshiro KUJI, Materials Transactions, 49, 11, 2679, 2685,   2008年11月
  • Mg-C系合金の創製とその水素親和性, 本城貴充, 信木 関, 久慈俊郎, 日本金属学会誌, 72, 10, 780, 784,   2008年10月
  • Mechanical Characteristics of Spheroidal Graphite Cast Irons Containing Ni and Mn with Mixture of Ferrite and Bainitic-ferrite, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, Proc. 10th Asian Foundry Congress(AFC10), 168, 173,   2008年05月
  • Hydrogen absorption properties of the γ-Mg17Al12 phase, J-C CRIVELLO, 信木 関, 加藤俊介, 阿部真丈, 久慈俊郎, Journal of Advanced Science, 19, 3/4, 88, 96,   2008年04月
  • メカニカルアロイングによるTi-Al合金の創製とその組織形態, 信木 関, 久慈俊郎, 日本金属学会誌, 72, 3, 236, 243,   2008年03月
  • Thermal and Magnetic Properties of Mechanically Alloyed fcc Cu-Fe Supersatulated Solid Solutions, J-C CRIVELLO, 信木 関, Toshiro KUJI, Materials Transactions, 49, 3, 527, 531,   2008年03月
  • 金属系水素貯蔵材料の合成-平衡状態図の制約されない非平衡合金相の合成-, 久慈俊郎, 信木 関, J-C CRIVELLO, 燃料電池, 7, 3, 101, 105,   2008年01月
  • Development of new transparent conductive material of Mg(OH)2-C, Toshiro KUJI, 信木 関, Takamitsu HONJO, Masafumi CHIBA, J-C CRIVELLO, e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, 6, 15, 16,   2008年01月
  • マグネトロンスパッタ法により作製した新規Mg(OH)2-C透明導電材料, 本城貴充, 千葉雅史, 信木関, 久慈俊郎, 表面科学, 29, 9, 532, 536,   2008年
  • ラーベス相関連BCC合金の創製と水素吸収特性, 信木 関, 久慈俊郎, Journal of Advanced Science, 19, 1/2, 11, 15,   2007年11月
  • メカニカルアロイングによるCaMg系bcc合金の創製とその水素親和性, 信木 関, 久慈俊郎, 日本金属学会誌, 71, 10, 916, 920,   2007年10月
  • Synthesis of CaMg-based bcc Alloys and their Hydrogenation Properties, 信木 関, Toshiro KUJI, Journal of Alloys and Compounds, 446-447, 152, 156,   2007年10月
  • Hydrogen absorption properties of the γ-Mg17Al12 phase and its Al-richer domain, J-C CRIVELLO, 信木 関, S. KATO, M. ABE, Toshiro KUJI, Journal of Alloys and Compounds, 446-447, 157, 161,   2007年10月
  • Mg-C系複合材料の創製とその水素吸蔵特性, 本城貴充, 信木 関, 久慈俊郎, 日本金属学会誌, 71, 8, 603, 607,   2007年08月
  • BMAによるMgAl合金の創製とその水素化特性, 信木 関, 本城貴充, 久慈俊郎, 日本金属学会誌, 71, 8, 592, 597,   2007年08月
  • Limits of the domain range of the Mg-Al γ-phase by ball-milling, J-C Crivello, 信木 関, Toshiro KUJI, Intermetallics, 15, 11, 1432, 1437,   2007年07月
  • Microstructure dependence of the magnetic properties in fine Mg-Tm (Tm:Co, Fe) particles by using a mechanical alloying technique, Masafumi CHIBA, 信木 関, Hideki HOTTA, Toshiro KUJI, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, 316, 2, 454, 457,   2007年06月
  • Mg‐C複合材料の創製とその水素吸蔵特性, 本城貴充, 信木関, 千葉雅史, 久慈俊郎, 日本金属学会誌, 71, 8, 603, 607,   2007年
  • BMAによるMgAl合金の創製とその水素吸蔵特性, 信木関, CRIVELLO Jean-claude, 久慈俊郎, 日本金属学会誌, 71, 8, 592, 597,   2007年
  • 衝撃試験における球状黒鉛鋳鉄及びSi鋳鋼の破面解析, 信木関, 塩田俊雄, 旗手稔, 近畿大学工学部研究報告, 39, 27, 33,   2005年12月20日
  • 切欠を付したフェライト基地球状黒鉛鋳鉄の靭性特性に及ぼす負荷速度の影響, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 鋳造工学, 77, 9, 601, 607,   2005年09月25日
  • パーライト基地球状及びCV黒鉛鋳鉄の切欠衝撃・曲げ特性, 信木関, 塩田俊雄, 旗手稔, 鋳造工学, 76, 7, 555, 561,   2004年07月25日
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼす基地組織の影響, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 近畿大学工学部研究報告, 近畿大学工学部研究報告, 38, 35, 41,   2004年
    概要:The influence of matrix microstructure on impact characteristics of ductile cast iron was investigated by using three kinds of heat-treated ductile cast irons whose matrix structures are ferrite, pearlite and bainite (ausferrite). The instrumented Charpy impact tests were carried out with un-notched and V-notched specimens in the temperature range from 123 K to 423 K. The results obtained are summarized as follows: In the ductile region, the impact value becomes larger in the order of pearlite, bainite and ferrite matrix, which is the same order in elongation, In the brittle region, the difference in matrix microstructure does not affect impact value. The impact transition temperature becomes lower in the order of pearlite, bainite and ferrite matrix. Addition of an external notch to impact specimens results in rising in transition temperature in every matrix. The external notch factor (impact value of un-notched specimen divided by impact value of notched specimen) becomes larger in the order of ferrite, pearlite and bainite matrix, which is the same order in hardness, and this means that a sample with a harder matrix is more largely affected by external notches.
  • フェライト基地球状及びCV黒鉛鋳鉄の切欠衝撃・曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 鋳造工学, 75, 11, 749, 756,   2003年11月25日
  • Impact and Bending Characteristics of Spheroidal Graphite Cast Iron with External Notch, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, Proc. 1st Korea-Japan Conference for YFE, 1, 9, 12,   2003年04月
  • フェライト基地球状及びCV黒鉛鋳鉄の切欠衝撃・曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 鋳造工学, 鋳造工学, 75, 11, 749, 756,   2003年
    概要:  This study aims to clarify the effects of external notch on the impact and bending characteristics of spheroidal graphite cast iron (FDI) and compacted vermicular graphite cast iron (FCV) whose matrix was fully-ferritized by annealing. From each sample we produced five kinds of Charpy-type specimens by adding five kinds of notches whose stress concentration factor (α) varied from 1 (un-notched) to 4.8. They were applied for instrumented Charpy impact testing at the temperature range between 98 K to 423 K and also for three-point-bend testing under a slow loading speed at room temperature.
      The test results of the Charpy impact testing and bend testing showed that the absorbed energy decreases greatly in the range of α from 1 to 2.3 but decreases slightly in the range of α larger than 2.3 in both samples. The results of energy analysis showed that the decreasing tendency of the absorbed energy by adding notches is mainly caused by the decreasing tendency of crack-initiation energy. The degree of influence of the external notches on toughness was found to be larger in the case of FDI than in the case FCV, and also larger in impact testing than in bend testing.
  • 球状およびCV黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼす黒鉛の影響, 近畿大学工学部 研究報告, 37, 59, 67,   2003年
  • 基礎組織の異なる球状およびCV黒鉛鋳鉄の衝撃特性における切欠き効果, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 近畿大学工学部研究報告, 近畿大学工学部研究報告, 36, 37, 44,   2002年
  • 基地組織の異なる球状およびCV黒鉛鋳鉄の衝撃特性における切欠き効果, 近畿大学工学部 研究報告, 36, 37, 44,   2002年

書籍等出版物

  • 鋳造カレッジ テキスト, 信木 関, 鋳鉄の材質, (一社)日本鋳造協会,   2017年07月
  • 鉄鋼便覧 第5版, 信木 関, 分担執筆, 第3巻 材料の組織と特性 2.6節, (一社)日本鉄鋼協会,   2014年08月
  • 新版 鋳鉄の材質 (第3章3節), 旗手 稔, 信木 関, 共著, (公社)日本鋳造工学会,   2012年12月

講演・口頭発表等

  • Synthesis of Titanium Based Alloy Prepared by Mechanical Milling and SPS Method, 信木 関, SPS2017,   2017年10月05日
  • 中国四国支部の活動状況, 信木 関, 鋳造工学,   2017年09月
  • メカニカルミリングとSPS熱処理を用いたTi-Fe系合金の創製と水素化特性, 信木 関, (公社)日本金属学会中国四国支部 第57回講演大会,   2017年08月21日
  • 600mm立方体に鋳造した球状黒鉛鋳鉄の実体衝撃特性, 山田翔平, 旗手稔, 信木関, 宮本諭卓, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2017年05月10日
  • メカニカルミリングとSPS熱処理によるTi‐Fe系合金の創製, 森谷太郎, 信木関, 旗手稔, 南波克哉, 高田隆矢, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM),   2017年02月24日
  • 中国四国支部の活動状況, 信木 関, 鋳造工学,   2016年09月
  • メカニカルミリングとその後熱処理を利用したTi‐Fe系合金の創製, 信木関, 森谷太郎, 旗手稔, 日本鉄鋼協会中国四国支部・日本金属学会中国四国支部講演大会講演概要集,   2016年08月22日
  • 日下賞を受賞して, 信木 関, 日本鋳造工学会 中国四国支部会報,   2015年12月
  • 合金添加鋳鉄および鋳鋼の組織機械的性質,衝撃特性, 信木関, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2015年05月01日
  • 214 メカニカルアロイング法により創製したMg系合金の水素化特性(機械材料II), 奥隅 友規, 信木 関, 旗手 稔, 竹中 啓恭, 講演論文集,   2015年02月27日
  • 75mm厚球状黒鉛鋳鉄の引張および衝撃特性に及ぼすC量およびSi量の影響, 河崎裕介, 旗手稔, 信木関, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2014年10月01日
  • オーステンパ球状黒鉛鋳鉄切削時の切削抵抗, 生田明彦, 旗手稔, 信木関, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2014年10月01日
  • 中国四国支部の活動状況, 信木 関, 鋳造工学,   2014年09月
  • 「WFC2014」に参加して, 信木 関, 日本鋳造工学会 中国四国支部会報,   2014年09月
  • メカニカルミリングを利用したMg系合金の創製と水素親和性, 信木関, 奥隅友規, 上本啓伍, 旗手稔, 竹中啓恭, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM),   2014年02月27日
  • 窒化処理した高強度球状黒鉛鋳鉄の疲労強度特性, 旗手稔, 信木関, 河崎裕介, 浜坂直治, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2013年10月15日
  • 中国四国支部の近況報告, 信木 関, 鋳造工学 = Journal of Japan Foundry Engineering Society,   2013年09月25日
  • Mechanical propeties of alloy tool steel castings, 信木 関, 旗手 稔, 遠藤 栄治, 花房 龍男, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE),   2013年09月, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE)
  • Influence of alloying elements on fatigue properties of nitrided ductile cast irons, 旗手 稔, 信木 関, 河崎 裕介, 隅岡 純一, 奥隅 友規, 浜坂 直治, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE),   2013年09月, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE)
  • Impact characteristics of copper alloyed ductile cast irons, 信木 関, 旗手 稔, 烏谷 豪, 宮本 諭卓, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE),   2013年09月, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE)
  • 材料がつなぐ道, 信木 関, 日本金属学会会報 まてりあ,   2013年09月01日
  • メカニカルアロイング法によるMg系水素吸蔵合金の創製, 信木 関, 旗手 稔, 竹中 啓恭, 東海大学工学部 応用化学科, (一社)水素エネルギー協会 第32回(HESS)大会,   2012年12月, (一社)水素エネルギー協会 第32回(HESS)大会
  • オーステンパ球状黒鉛鋳鉄の切削性におよぼす鋳造方法の影響, 生田 明彦, 旗手 稔, 信木 関, 京極 秀樹, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会,   2012年10月01日, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会
  • Development of Mg based Hydrogen Absorbing Alloys Prepared by Mechanical Alloying, 信木 関, 旗手 稔, 竹中 啓恭, 近畿大学大学院システム工学研究科M2, International Symposium on Metal-Hydrogen Syatems(MH2012),   2012年10月, International Symposium on Metal-Hydrogen Syatems(MH2012)
  • 中国四国支部の近況報告, 信木 関, 鋳造工学,   2012年09月
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼすCu添加と熱処理の影響, 信木 関, 旗手 稔, 日本鋳造工学会中国四国支部第34回いいもの研究部会,   2012年08月, 日本鋳造工学会中国四国支部第34回いいもの研究部会
  • 第70回世界鋳物会議(WFC2012)報告, 信木 関, 清水 一道, 素形材,   2012年08月
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼすCu添加と熱処理の効果, 信木 関, 旗手 稔, 烏谷 豪, 宮本 論卓, 日本鋳造工学会 第160回全国講演大会,   2012年05月10日, 日本鋳造工学会 第160回全国講演大会
  • Development of High Toughness Austempered Ductile Irons, 信木 関, 旗手 稔, 木口 昭二, 清水 一道, The 70th World Foundry Congress,   2012年04月, The 70th World Foundry Congress
  • メカニカルアロイング法を用いたMg‐Al,Ti‐Fe系合金創製とその水素親和性, 金川昌平, 旗手稔, 信木関, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM),   2012年02月28日
  • 第11回アジア鋳物会議(AFC-11)報告, 信木 関, 清水 一道, 素形材,   2012年02月
  • 高強度球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼすNi,Cuの影響, 烏谷 豪, 旗手 稔, 信木 関, 宮本 論卓, 浜坂 直治, 加納 慎也, 日本鋳造工学会 第159回全国講演大会,   2011年11月, 日本鋳造工学会 第159回全国講演大会
  • Microstructures and mechanical properties of alloy tool steel castings with carbides stabilizer elements, 信木 関, 旗手 稔, 遠藤 栄治, 中山 英樹, The 11th Asian Foundry Congress,   2011年11月, The 11th Asian Foundry Congress
  • 低熱膨張球状黒鉛鋳鉄の熱膨張特性と熱処理条件との関係, 滝元 弘樹, 旗手 稔, 信木 関, 日本鋳造工学会 第159回全国講演大会,   2011年10月01日, 日本鋳造工学会 第159回全国講演大会
  • 高強度球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼすNi,Cuの影響, 烏谷豪, 旗手稔, 信木関, 宮本諭卓, 浜坂直治, 加納真也, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2011年10月01日
  • 粉末冶金法を用いたMg系合金の創製, 金川 昌平, 信木 関, 旗手 稔, 日本鉄鋼協会第54回・日本金属学会第51回中国四国支部講演大会,   2011年08月, 日本鉄鋼協会第54回・日本金属学会第51回中国四国支部講演大会
  • Notch Effects on Impact and Bending Characteristics of Spheroidal and Compacted Vermicular Graphite Cast Irons with Various Matrices, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, 9th International Symposium on SCIENCE and Processing of Cast Iorn (SPCI'9),   2010年11月, 9th International Symposium on SCIENCE and Processing of Cast Iorn (SPCI'9)
  • Mechanical Properties and Thermal Expansion Characteristics of Low Thermal Expansion Ductile Cast Iron with Same Nikel Equivalent(NiE), 旗手 稔, 信木 関, 木口 昭二, 清水一道, 9th International Symposium on SCIENCE and Processing of Cast Iorn (SPCI'9),   2010年11月, 9th International Symposium on SCIENCE and Processing of Cast Iorn (SPCI'9)
  • Strength and Abrasion Characeristics of Alloy Tool Steel Castings Produced by Investent Casting Process, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, The 69th World Foundry Congress,   2010年10月, The 69th World Foundry Congress
  • 高強度化した高C,Cr鋳鋼の機械的性質および耐摩耗性, 信木関, 遠藤栄治, 旗手稔, 安成祐貴, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2010年05月01日
  • 高強度球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼすCuの影響, 宮本諭卓, 旗手 稔, 信木 関, 加納慎也, 山口泰文, 為井大輔, (社)日本鋳造工学会 中国四国支部 支部研究発表会,   2009年12月, (社)日本鋳造工学会 中国四国支部 支部研究発表会
  • 耐熱性球状黒鉛鋳鉄の高温強度と耐酸化性評価, 兵景, 旗手 稔, 信木 関, 笠原康正, (社)日本鋳造工学会 中国四国支部 支部研究発表会,   2009年12月, (社)日本鋳造工学会 中国四国支部 支部研究発表会
  • 炭素/ステンレス系合金複合材料の磁気特性, 本城貴充, 狩野拓也, 信木関, 久慈俊郎, 粉体粉末冶金協会講演概要集,   2009年10月27日
  • High Strengthened alloy tool steel castings by addition of carbide stabilizing elements, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, The 3rd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers,   2009年10月, The 3rd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers
  • ボールミリング処理により作製した炭素複合材料の磁気特性, 本城貴充, 信木関, 久慈俊郎, 日本金属学会講演概要,   2009年09月15日
  • MAによるMg系水素吸蔵合金の創製とその特性, 信木 関, (社)日本機械学会 機械材料・材料加工部門 粉体・粉末成形技術研究分科会,   2009年08月, (社)日本機械学会 機械材料・材料加工部門 粉体・粉末成形技術研究分科会
  • ボールミル法により合成した炭素複合材料の磁性特性, 本城貴充, 信木 関, 久慈俊郎, 粉体粉末冶金協会 平成21年度春季大会,   2009年06月02日, 粉体粉末冶金協会 平成21年度春季大会
  • 炭化物生成元素添加による高炭素・高クロム鋳鋼の強度の改善, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会,   2009年05月10日, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会
  • 機械的性質および組織を考慮した材料との比較におけるADI材料の切削特性, 生田 明彦, 旗手 稔, 京極 秀樹, 信木 関, 深谷 保博, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会,   2009年05月10日, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会
  • インバー組成のNi当量とした低熱膨張鋳鉄の性質に及ぼすニッケルとコバルトの影響, 旗手 稔, 信木 関, 塩田 俊雄, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会,   2009年05月10日, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会
  • ADI材料の被削性が工具寿命におよぼす影響, 生田 明彦, 旗手 稔, 深谷 保博, 京極 秀樹, 信木 関, 日本鋳造工学会平成20年度中国四国支部研究発表会,   2008年12月, 日本鋳造工学会平成20年度中国四国支部研究発表会
  • ADI材料と他材料との切削現象の比較, 生田 明彦, 旗手 稔, 深谷 保博, 京極 秀樹, 信木 関, 精密工学会第67回難削材加工専門委員会,   2008年11月, 精密工学会第67回難削材加工専門委員会
  • ボールミリングで作製したナノ構造MgAl合金の結晶化挙動とその水素吸収特性, 阿部真丈, 信木関, 久慈俊郎, 軽金属学会大会講演概要,   2008年10月15日
  • 精密鋳造した高炭素・高クロム鋳鋼の諸性質に及ぼすバナジウムの影響, 遠藤栄治, 信木 関, 中山英樹, 日本鋳造工学会153回全国講演大会,   2008年10月10日, 日本鋳造工学会153回全国講演大会
  • ADI材料における切削特性の定量化, 生田 明彦, 旗手 稔, 深谷 保博, 京極 秀樹, 信木 関, 日本鋳造工学会第153回全国講演大会,   2008年10月10日, 日本鋳造工学会第153回全国講演大会
  • 24%Ni-12%Co低熱膨張球状黒鉛鋳鉄のマルテンサイト変態に関する臨界冷却速度, 旗手 稔, 信木 関, 塩田 俊雄, 日本鋳造工学会153回全国講演大会,   2008年10月10日, 日本鋳造工学会153回全国講演大会
  • MAによるMg-Al系水素吸蔵合金の創製とその特性, 信木 関, J-C CRIVELLO, 久慈俊郎, 日本金属学会2008年度秋期(第143回)大会,   2008年09月23日, 日本金属学会2008年度秋期(第143回)大会
  • Mechanical Characteristics of Spheroidal Graphite Cast Irons Containing Ni and Mn with Mixture of Ferrite and Bainitic-ferrite, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, The 10th Asian Foundry Congress, (AFC-10),,   2008年05月, The 10th Asian Foundry Congress, (AFC-10),
  • 新規Mg(OH)2‐C透明導電材料の創製(II)―膜の微細構造評価―, 本城貴充, 千葉雅史, 信木関, CRIVELLO J.‐C., 久慈俊郎, 日本金属学会講演概要,   2008年03月26日
  • 新規Mg(OH)2‐C透明導電材料の創製(I)―合成と基本的特性―, 本城貴充, 千葉雅史, 信木関, CRIVELLO J.‐C., 久慈俊郎, 日本金属学会講演概要,   2008年03月26日
  • ボールミリングによる新規Mg‐C相の創製とその水素親和性, 本城貴充, 信木関, 久慈俊郎, 日本金属学会講演概要,   2008年03月26日
  • スパッタ法を用いたMg基透明導電膜の合成と特性評価, 千葉雅史, 信木 関, 本城貴充, 久慈俊郎, 日本表面科学第27回講演大会,   2007年11月01日, 日本表面科学第27回講演大会
    概要:透明な導電性薄膜に関する研究は、Inを母相とする酸化物材料を中心に盛んに行われている。本研究は、ITOに替わる新規材料の探索的合成を主眼として行うものであり、RFマグネトロンスパッタ法を用いて、マグネシウムを母相とする透明導電性薄膜の合成を試みた。作製した薄膜について電気特性、光学特性ならびに微細構造について、4端子法、分光光度計ならびにXRD、EPMA、XPS、SEMなどを用いて評価を行った。
  • メカニカルアロイングによるCaMg‐C系合金の創製とその組織形態, 信木関, 本城貴充, 久慈俊郎, 軽金属学会大会講演概要,   2007年10月10日
  • 高圧水素中でボールミリングしたMgAl合金の水素放出特性, 阿部真丈, 信木 関, J-C CRIVELLO, 久慈俊郎, 日本金属学会2007年度秋期(第141回)大会,   2007年09月19日, 日本金属学会2007年度秋期(第141回)大会
  • 水素雰囲気下でボールミリング処理したMg/C複合材料の水素放出特性, 本城貴充, 信木 関, 千葉雅史, 久慈俊郎, 日本金属学会2007年度秋期(第141回)大会,   2007年09月19日, 日本金属学会2007年度秋期(第141回)大会
  • メカニカルアロイングによるTiFe合金の合成過程と試料回収量の関係, 阿部真丈, 信木 関, 久慈俊郎, 日本金属学会2007年度秋期(第141回)大会,   2007年09月19日, 日本金属学会2007年度秋期(第141回)大会
  • TiAl合金の創製とその組織形態, 信木 関, J-C CRIVELLO, 阿部真丈, 久慈俊郎, 日本金属学会2007年度秋期(第141回)大会,   2007年09月19日, 日本金属学会2007年度秋期(第141回)大会
  • ボールミリングによるMg/Cの複合化とその水素吸蔵特性, 本城貴充, 信木 関, 千葉雅史, 久慈俊郎, 応用物理学会第54回(2007年春季)応用物理学関係連合講演会,   2007年03月27日, 応用物理学会第54回(2007年春季)応用物理学関係連合講演会
  • LaAl系合金の創製とその水素親和性, 信木 関, 久慈俊郎, 日本金属学会2007年度春期(第140回)大会,   2007年03月27日, 日本金属学会2007年度春期(第140回)大会
  • MgAl合金の創製とその水素吸蔵特性, 信木関, CRIVELLO Jean‐Claude, 久慈俊郎, 日本金属学会講演概要,   2007年03月27日
  • 428 繰返し塑性加工法によるMg_xAl_<100-x>(x=40〜60)水素吸蔵合金の創製(粉末加工), 信木 関, CRIVELLO Jean-Claude, 久慈 俊郎, 機械材料・材料加工技術講演会講演論文集,   2006年11月25日
    概要:In order to modulate the thermodynamic properties of the (Mg-Al)-H_2 system, the extended homogeneity range of the intermetallic γ-phase Mg_<17>Al_<12> has been studied. Several Mg_xAl_<100-x> samples were prepared by the bulk mechanical alloying (BMA) process. This method was used because of its great advantages for industrial applications (reducing time process, solid preform, large scale production, reducing the surface exposition to the oxidation...). The structures and phase's homogeneity of alloying compounds were analyzed by several experimental measurements and are in mutual agreement with properties of existing phases. The hydrogen absorption properties are presented at 350℃. At 2MPa, samples X=50 and X=58.6 show a maximum hydrogen capacity of 3.5 and 3.7wt% respectively. For these two compounds, the pressure-composition isotherm (PCT) curves show two absorption plateaux. The shape discontinuity corresponds to the transformation of γ-Mg_<17>Al_<12> to the intermediate β-phase (Al_3Mg_2) before the complete decomposition in MgH_2 hydride and pure Al-fcc in a second step. After complete desorption, the initial compounds are recovered, indicates that the reactions are reversible. Theses behaviors are confirmed by X-Rays diffraction (XRD) patterns refined by the Rietveld method.
  • 繰返し塑性加工法によるMgxAl100-x(x=40~60)水素吸蔵合金の創製, 信木関, JEAN‐CLAUDE Crivello, 久慈俊郎, 日本機械学会機械材料・材料加工技術講演会講演論文集,   2006年11月25日
  • 繰返し塑性加工法によるMgxAl100-x(x=40~60)水素吸蔵合金の創製, 信木 関, J-C CRIVELLO, 久慈俊郎, 日本機械学会第14回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2006),   2006年11月, 日本機械学会第14回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2006)
  • Synthesis of Laves Phase Related bcc Alloy and their Hydogenation, 信木 関, Society of Advanced Science(SAS) Workshop on the Advanced Metal-Hydrogen Systems,   2006年10月, Society of Advanced Science(SAS) Workshop on the Advanced Metal-Hydrogen Systems
  • Synthesis of CaMg-based bcc Alloys and their Hydrogenation Properties, 信木 関, 久慈俊郎, International Symposium on Metal-Hydrogen Systems (MH2006),   2006年10月, International Symposium on Metal-Hydrogen Systems (MH2006)
  • Study of the Extended Domain Range in Mg17Al12 Intermetallic Phase and their Hydrogen Storage Properties, J-C CRIVELLO, 信木 関, 阿部真丈, 加藤俊介, 久慈俊郎, International Symposium on Metal-Hydrogen Systems (MH2006),   2006年10月, International Symposium on Metal-Hydrogen Systems (MH2006)
  • MAによるMgC合金の創製と水素吸蔵特性, 本城貴充, 信木 関, 久慈俊郎, 日本金属学会2006年度秋期(第139回)大会,   2006年09月16日, 日本金属学会2006年度秋期(第139回)大会
  • MGを行ったCaMg2合金の水素化特性, 信木関, 久慈俊郎, 日本金属学会講演概要,   2006年09月16日
  • ボールミリングと熱処理によるMg17Al12合金の合成とその水素吸蔵特性, 阿部真丈, CRIVELLO J.‐C., 信木関, 久慈俊郎, 日本金属学会講演概要,   2006年09月16日
  • MGを行ったCaMg2合金の水素化特性, 信木 関, 久慈俊郎, 日本金属学会2006年度秋期(第139回)大会,   2006年09月, 日本金属学会2006年度秋期(第139回)大会
  • BMAによるMg‐Al合金の創製とその水素吸蔵特性, 信木関, CRIVELLO Jean‐Claude, 久慈俊郎, 軽金属学会大会講演概要,   2006年04月13日
  • MA法を用いて作製したCo‐Mg系粒子の微細構造評価と磁気特性, 外間淳, 千葉雅史, 堀田英樹, 信木関, 久慈俊郎, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集,   2006年03月22日
  • CaMg系bcc合金の創製とその水素吸蔵特性, 信木 関, 久慈俊郎, 日本金属学会2006年度春期(第138回)大会,   2006年03月21日, 日本金属学会2006年度春期(第138回)大会
  • MA法によるナノ構造マグネシウム合金磁性粉の作製と構造評価, 千葉 雅史, 堀田 英樹, 信木 関, 久慈 俊郎, 表面科学講演大会講演要旨集,   2006年
    概要:Mgを含むA2B合金は水素吸蔵合金として注目されている.母相としてFe(bcc)とCo(hcp)を選択し,Mg(hcp)を添加することによって得られる2元系合金微粒子の作製を試みた.しかし混合エンタルピ(ΔHmix)が正であるため,一般的な作製手法では単相を得にくい.そこでΔHmixの符号に左右されない合金作製法として有望な機械的合金法を適用した.得られた粉末の構造や特性を種々評価した.
  • Ca-Mg-V系BCC合金の創製とその水素吸蔵特性, 信木 関, 堀田 英樹, 久慈 俊郎, 大会講演概要,   2005年10月20日
  • MAによるCaMgV bcc合金の創製と水素吸蔵特性, 信木 関, 堀田英樹, 久慈俊郎, 日本金属学会2005年度秋期(第137回)大会,   2005年09月, 日本金属学会2005年度秋期(第137回)大会
  • 球状黒鉛鋳鉄の切欠・衝撃曲げ特性に関する研究, 信木 関, 日本鋳造工学会 平成17年度支部講演会,   2005年06月, 日本鋳造工学会 平成17年度支部講演会
  • Ni添加球状黒鉛鋳鉄の機械的性質と衝撃特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会146回全国講演大会,   2005年05月, 日本鋳造工学会146回全国講演大会
  • 球状黒鉛鋳鉄の切欠・衝撃特性に関する研究, 平成17年度日本鋳造工学会中四国支部講演会講演概要集,   2005年
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼす基地組織の影響, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会中国四国支部研究発表会,   2004年12月, 日本鋳造工学会中国四国支部研究発表会
  • 球状黒鉛鋳鉄とSi鋳鋼の破面解析, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会145回全国講演大会,   2004年10月, 日本鋳造工学会145回全国講演大会
  • 衝撃破壊における球状黒鉛鋳鉄及びSi鋳鋼の破面解析, 信木関, 塩田俊雄, 旗手稔, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2004年09月17日
  • 球状黒鉛鋳鉄の靭性特性に及ぼす荷重速度の影響, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, 日本鋳造工学会144回全国講演大会,   2004年05月, 日本鋳造工学会144回全国講演大会
  • 球状黒鉛鋳鉄の靭性特性に及ぼす荷重速度の影響, 信木関, 塩田俊雄, 旗手稔, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2004年04月30日
  • 球状黒鉛鋳鉄の靱性特性に及ぼす荷重速度の影響, 日本鋳造工学会第144回全国講演大会講演概要集,   2004年
  • Notch Effects on Impact Characteristics of Spheroidal and Compacted Vermicular Graphite Cast Irons with Various Matrix, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 小松 眞一郎, The 8th Asian Foundry Congress,(AFC-8),   2003年10月, The 8th Asian Foundry Congress,(AFC-8)
  • Si鋳鋼の衝撃および曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会142回全国講演大会,   2003年05月, 日本鋳造工学会142回全国講演大会
  • Impact and Bending Characteristics of Spheroidal Graphite Cast Iron with External Notch, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, The 1st Korea-Japan Conference for YFE,   2003年04月, The 1st Korea-Japan Conference for YFE
  • 球状及びCV黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼす切欠き効果, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会中国四国支部研究発表会,   2002年12月, 日本鋳造工学会中国四国支部研究発表会
  • CV黒鉛鋳鉄の衝撃及び曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会141回全国講演大会,   2002年10月, 日本鋳造工学会141回全国講演大会
  • 黒鉛形状の異なるオーステンパ処理鋳鉄の切欠き衝撃及び曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会140回全国講演大会,   2002年05月, 日本鋳造工学会140回全国講演大会
  • 黒鉛形状の異なるベイナイト地鋳鉄の衝撃及び曲げ特性, 日本機械学会第32回中四国支部研究発表会講演概要集,   2002年
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃及び曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会139回全国講演大会,   2001年10月19日, 日本鋳造工学会139回全国講演大会
  • 黒鉛形状の異なるパーライト地鋳鉄の衝撃及び曲げ特性に及ぼす外部切欠きの影響, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会138回全国講演大会,   2001年05月, 日本鋳造工学会138回全国講演大会
  • 黒鉛形状の異なるパーライト地鋳鉄の衝撃及び曲げ特性に及ぼす外部切欠きの影響, 信木関, 塩田俊雄, 旗手稔, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2001年04月25日
  • 黒鉛形状の異なる鋳鉄の衝撃及び曲げ特性に及ぼす外部切欠きの影響, 信木関, 塩田俊雄, 旗手稔, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   2000年09月25日
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼす外部切欠きの影響, 塩田俊雄, 旗手稔, 信木関, 日本鋳造工学会全国講演大会講演概要集,   1999年10月01日
  • ダイヤモンドビットの穿孔性能に及ぼすダイヤモンド集中度の影響, 日本機械学会第29回中四国支部研究発表会 講演概要集,   1999年

MISC

  • 〈平成27年度活動報告〉3D造形技術研究センター活動報告, 京極 秀樹, 旗手 稔, 生田 明彦, 池庄司 敏孝, 信木 関, 大森 整, 米原 牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kindai University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 7, 27, 31,   2016年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005823391
    概要:1. センター活動
  • 〈平成26年度活動報告〉3D造形技術研究センター活動報告, 京極 秀樹, 旗手 稔, 生田 明彦, 信木 関, 大森 整, 池庄司 敏孝, 米原 牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 6, 27, 31,   2015年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730475
    概要:1. センター活動
  • 未来を担う人づくり 素形材づくりから始める人づくり : 近畿大学 工学部機械工学科 材料工学研究室, 旗手 稔, 信木 関, 素形材, 56, 1, 49, 51,   2015年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020328699

特許

  • Mg−Al系水素吸蔵合金粉末の製造方法、及び当該製造方法により得られたMg−Al系水素吸蔵合金粉末, 久慈 俊郎, ジャン−クロード クリヴェロ, 信木 関, 阿部 真丈, 特願2008-066507, 特開2008-266781

受賞

  •   2015年05月, (公社)日本鋳造工学会, 日下賞, 合金添加鋳鉄および鋳鋼の組織,機械的性質,衝撃特性に関する研究
  •   2005年, (社)日本鋳造工学会 中四国支部奨励賞

競争的資金

  • 鋳鉄の衝撃及び曲げ特性に関する研究