KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

細野 眞ホソノ マコト

プロフィール

所属部署名医学科
職名教授/副部長
学位博士(医学)
専門腫瘍核医学、核医学、放射線医学、放射線防護
ジャンル医療・健康 / がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/2127-hosono-makoto.html
ホームページURLhttp://positron.me
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    アイソトープを用いた癌の診断と治療を専門としています。NEDOの審査員、厚生労働省研究班の研究代表者としてIAEAや国内の学会等と連携して、新しい放射線医療の推進に取り組んでいます。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/06/09
     読売新聞
     医療検査での放射線について。

学歴・経歴

学歴

  • 1979年 - 1985年, 京都大学, 医学部
  • 1989年 - 1993年, 京都大学大学院, 医学研究科, 内科系

経歴

  •   1985年,  - 1986年, 京都大学医学部附属病院放射線核医学科(研修医)
  •   1986年,  - 1989年, 田附興風会北野病院(医員)
  •   1993年,  - 1994年, ドイツ連邦共和国フンボルト財団奨学研究員(ボン大学)
  •   1994年,  - 1995年, フランス政府給費留学生(国立保健医学研究所)
  •   1995年,  - 2003年, 埼玉医科大学講師
  •   2003年,  - 2005年, 近畿大学助教授
  •   2005年,  - 現在, 近畿大学教授

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 放射線科学

研究キーワード

  • 分子イメージング, 分子標的治療, 腫瘍核医学

論文

  • アルファ線内用療法の特徴と塩化ラジウム-223の開発の経緯, 細野 眞, Pharma Medica, 35, 9, 96, 101,   2017年09月
  • Phase II study of radium-223 dichloride in Japanese patients with symptomatic castration-resistant prostate cancer., Matsubara N, Nagamori S, Wakumoto Y, Uemura H, Kimura G, Yokomizo A, Kikukawa H, Mizokami A, Kosaka T, Masumori N, Kawasaki Y, Yonese J, Nasu Y, Fukasawa S, Sugiyama T, Kinuya S, Hosono M, Yamaguchi I, Tsutsui H, Uemura H, International journal of clinical oncology,   2017年08月, 査読有り
  • Q.Freezeが有用であった肺腺がん肝転移の1例, 藤井康司, 白髭賢也, 竹中達明, 細野眞, 核医学症例検討会症例集, 38, 2, 31‐32,   2017年08月
  • 興味深いFDG‐PET/CT所見を示した小児の後腹膜腫瘍の1例, 大西康之, 細野眞, 金柿光憲, 福本元気, 尾谷知亮, 松原菜穂子, 木村弘之, 核医学症例検討会症例集, 38, 2, 41,   2017年08月
  • A new shielding calculation method for X-ray computed tomography regarding scattered radiation., Watanabe H, Noto K, Shohji T, Ogawa Y, Fujibuchi T, Yamaguchi I, Hiraki H, Kida T, Sasanuma K, Katsunuma Y, Nakano T, Horitsugi G, Hosono M, Radiological physics and technology, 10, 2, 213, 226,   2017年06月, 査読有り
  • PET検診の総括から未来へ はじめに, 細野 眞、伊藤健吾, 臨床放射線, 62, 619, 612,   2017年05月, 査読有り
  • Safety and efficacy of radium-223 dichloride in Japanese patients with castration-resistant prostate cancer and bone metastases., Uemura H, Uemura H, Matsubara N, Kinuya S, Hosono M, Yajima Y, Doi T, International journal of clinical oncology,   2017年05月, 査読有り
  • Influence of acquisition orbit on phase analysis of gated single photon emission computed tomography myocardial perfusion imaging for assessment of left ventricular mechanical dyssynchrony., Misaka T, Hosono M, Kudo T, Ito T, Syomura T, Uemura M, Okajima K, Annals of nuclear medicine, 31, 3, 235, 244,   2017年04月, 査読有り
  • CRPC治療におけるRa-223の位置付け, 赤座 英之, 酒井 英樹, 米田 俊之, 細野 眞, 和久本 芳彰, 泌尿器外科, 30, 4, 409, 416,   2017年04月
  • アイソトープ治療の現状と展望 アルファ核種の利用, 細野 眞, Japanese Journal of Radiology, 35, Suppl., 45, 45,   2017年02月
  • Estimation of activity of administered 18F-fluorodeoxyglucose by measurement of the dose equivalent rate on the right temporal region of the head., Sakaguchi K, Hosono M, Imamura T, Takahara N, Hayashi M, Yakushiji Y, Ishii K, Uto T, Murakami T, EJNMMI physics, 3, 1, 28,   2016年12月, 査読有り
  • 医療被ばくの正当化と最適化に向けて Part II 医療被ばく管理と放射線防護の現状と将来展望, 細野眞, Innervision, 31, 12, 2‐4,   2016年11月25日
  • 医療被ばくの正当化と最適化に向けて Part II II 診断参考レベル(DRL)に対する活動と課題 3.核医学検査の診断参考レベル(DRL)に対する活動と課題, 細野眞, Innervision, 31, 12, 12‐14,   2016年11月25日
  • 【医療被ばくの正当化と最適化に向けてPart II】 診断参考レベル(DRL)に対する活動と課題 核医学検査の診断参考レベル(DRL)に対する活動と課題, 細野 眞, INNERVISION, 31, 12, 12, 14,   2016年11月
    概要:医療放射線に関連した学会・団体が、医療被ばく研究情報ネットワーク(Japan Network for Research and Information on Medical Exposure:J-RIME)の枠組みにて協働して診断参考レベルの設定に取り組み、2015年6月7日に「診断参考レベル2015(Japan DRLs 2015)」(以下、DRLs2015)を公表した。これに含まれる6つのモダリティの1つに核医学検査がある。核医学検査の診断参考レベルは、全国のすべての核医学診療施設を対象にして調査を実施し、その集計結果に基づいて「実投与量」として設定したものである。また、小児の核医学検査における放射性薬剤の適正投与量の設定も重要な課題であった。これについては、診断参考レベルとは別の概念に基づいて検討され、「小児核医学検査適正施行のコンセンサスガイドライン」に示された。したがって、現在、成人の適正投与量についてはDRLs2015、小児の適正投与量については「小児核医学検査適正施行のコンセンサスガイドライン」に規定されている仕組みとなっており、この2つの適正投与量とその内容を十分に理解して核医学検査を実施することが要である。これらの適正投与量が公表(2013〜2015年)された後、関連した学会・団体は学術集会、機関誌、Webサイトなどを通じてその普及に努めている。(著者抄録)
  • 分子標的RIがん治療の新展開 国内のRI治療の問題点と解決のための提言, 東 達也, 池渕 秀治, 内山 眞幸, 織内 昇, 絹谷 清剛, 細野 眞, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回, S18, 2,   2016年10月
  • Theranostics:イメージングと治療の融合, 細野眞, 核医学技術, 36, 386,   2016年09月30日
  • Clinical outcomes of IMRT planned with or without PET/CT simulation for patients with pharyngeal cancers., Matsuura T, Nishimura Y, Nakamatsu K, Kanamori S, Ishikawa K, Tachibana I, Hosono M, Shibata T, International journal of clinical oncology, 22, 1, 52, 58,   2016年09月, 査読有り
  • 肺血流MAAシンチグラフィにおいて投与時の体位によりシャント率が変化した1例, 渡邊翔太, 坂口健太, 黒川敏昭, 小西達郎, 吉田修平, 又野嘉枝子, 細野眞, 核医学症例検討会症例集, 37, 1, 3‐4,   2016年08月
  • Report of a nationwide survey on actual administered radioactivities of radiopharmaceuticals for diagnostic reference levels in Japan., Watanabe H, Ishii K, Hosono M, Imabayashi E, Abe K, Inubushi M, Ohno K, Magata Y, Ono K, Kikuchi K, Wagatsuma K, Takase T, Saito K, Takahashi Y, Annals of nuclear medicine, 30, 6, 435, 444,   2016年07月, 査読有り
  • 診断参考レベル(DRLs)の国内導入, 細野眞, 近畿大学医学雑誌, 41, 1-2, 3‐7,   2016年06月23日
  • 食道癌に対する放射線治療後の心筋FDG‐PET/CT所見の検討, 稲田正浩, 西村恭昌, 石川一樹, 花岡宏平, 坂口健太, 細野眞, 臨床放射線, 臨床放射線, 61, 5, 657‐666, 666,   2016年05月10日
  • アイソトープ治療の現状と展望, 細野眞, FB News, 473, 1, 3,   2016年05月01日
  • Radioisotope Therapy of Japan: Future Perspective and Recommendations., Higashi T, Ikebuchi S, Uchiyama M, Oriuchi N, Kinuya S, Hosono M, Kaku igaku. The Japanese journal of nuclear medicine, 53, 1, 27, 43,   2016年, 査読有り
  • Performance of 11C-Pittsburgh Compound B PET Binding Potential Images in the Detection of Amyloid Deposits on Equivocal Static Images., Hosokawa C, Ishii K, Kimura Y, Hyodo T, Hosono M, Sakaguchi K, Usami K, Shimamoto K, Yamazoe Y, Murakami T, Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine, 56, 12, 1910, 1915,   2015年12月, 査読有り
  • Feasibility of heterogeneity analysis for intratumoral hypoxia on FMISO PET/CT in radiation therapy, Hosono Makoto, Tachibana Izumi, Nishumura Yasumasa, Hanaoka Kohei, Kanamori Shuichi, Nakamatsu Kiyoshi, Ishikawa Kazuki, JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE, 56, 3,   2015年05月01日, 査読有り
  • Radiation exposure of nursing staff in PET practices in correlation to performance status of patients, Hosono Makoto, Takahara Naomi, Yakushiji Yuuko, Sakaguchi Kenta, Ishii Kazunari, JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE, 56, 3,   2015年05月01日, 査読有り
  • Heterogeneity of intratumoral (111)In-ibritumomab tiuxetan and (18)F-FDG distribution in association with therapeutic response in radioimmunotherapy for B-cell non-Hodgkin's lymphoma., Hanaoka K, Hosono M, Tatsumi Y, Ishii K, Im SW, Tsuchiya N, Sakaguchi K, Matsumura I, EJNMMI research, 5, 10,   2015年03月14日, 査読有り
  • Applicability of self-activation of an NaI scintillator for measurement of photo-neutrons around a high-energy X-ray radiotherapy machine., Wakabayashi G, Nohtomi A, Yahiro E, Fujibuchi T, Fukunaga J, Umezu Y, Nakamura Y, Nakamura K, Hosono M, Itoh T, Radiological physics and technology, 8, 1, 125, 134,   2015年01月, 査読有り
  • Investigation of 11C-PiB equivocal PET findings., Hosokawa C, Ishii K, Hyodo T, Sakaguchi K, Usami K, Shimamoto K, Yamazoe Y, Hosono M, Hanada K, Ueda M, Saigo K, Murakami T, Annals of nuclear medicine, 29, 2, 164, 169,   2014年11月, 査読有り
  • Regional glucose metabolic reduction in dementia with Lewy bodies is independent of amyloid deposition., Ishii K, Hosokawa C, Hyodo T, Sakaguchi K, Usami K, Shimamoto K, Hosono M, Yamazoe Y, Murakami T, Annals of nuclear medicine, 29, 1, 78, 83,   2014年10月, 査読有り
  • Clinical practice guideline for dedicated breast PET., Hosono M, Saga T, Ito K, Kumita S, Sasaki M, Senda M, Hatazawa J, Watanabe H, Ito H, Kanaya S, Kimura Y, Saji H, Jinnouchi S, Fukukita H, Murakami K, Kinuya S, Yamazaki J, Uchiyama M, Uno K, Kato K, Kawano T, Kubota K, Togawa T, Honda N, Maruno H, Yoshimura M, Kawamoto M, Ozawa Y, Annals of nuclear medicine, 28, 6, 597, 602,   2014年07月, 査読有り
  • Comparison between SUV and BP images acquired using 11C-PIB PET: Questionable PIB accumulation in SUV images, Hosokawa Chisa, Ishii Kazunari, Kimura Yuichi, Sakaguchi Kenta, Hosono Makoto, Murakami Takamichi, JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE, 55,   2014年05月, 査読有り
  • A newly designed radioimmunoconjugate releasing a hippurate-like radiometal chelate for enhanced target/non-target radioactivity, Arano Y, Matsushima H, Tagawa M, Inoue T, Koizumi M, Hosono M, Sakahara H, Endo K, Konishi J and Yokoyama A, Nucl Med Biol, 21, 63, 69,   2014年, 査読有り
  • A prospective clinical trial of tumor hypoxia imaging with 18F-fluoromisonidazole positron emission tomography and computed tomography (F-MISO PET/CT) before and during radiation therapy., Tachibana I, Nishimura Y, Shibata T, Kanamori S, Nakamatsu K, Koike R, Nishikawa T, Ishikawa K, Tamura M, Hosono M, Journal of radiation research, 54, 6, 1078, 1084,   2013年11月, 査読有り
  • 自然縮小を来した頸部デスモイド腫瘍の1例, 松久保 祐子, 村上 卓道, 柏木 伸夫, 佐藤 隆夫, 足利 竜一朗, 細野 眞, 森 一功, 土井 勝美, 臨床放射線, 58, 3, 459, 462,   2013年
  • Gamut of FDG-PET, 御前 隆, 石津 浩一, 石守 崇好, 工藤 崇, 中本 裕士, 東 達也, 細野 眞, 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine, 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine, 49, 4, 357, 389,   2012年11月30日
  • Dynamic sequence respiratory gated perfusion pulmonary SPECT without external tracking device., Sakaguchi K, Hosono M, Otsuka M, Hanaoka K, Usami K, Uto T, Ishii K, Annals of nuclear medicine, 27, 1, 65, 73,   2012年10月, 査読有り
  • Recognition of complete response by long-term observation after treatment with 90Y-Ibritumomab tiuxetan for relapsed follicular lymphoma, Tatsumi Y, Rai S, Shimada T, Yamaguchi K, Morita Y, Kawanishi K, Miyatake J, Ashida T, Hosono M, Matsumura I, Acta Med Kinki Univ, 36, 2, 87, 89,   2012年09月, 査読有り
  • Recognition of complete response by long-term observation after treatment with 90Y-Ibritumomab tiuxetan for relapsed follicular lymphoma, 辰巳 陽一, 賴 晋也, 嶋田 高広, 山口 晃史, 森田 泰慶, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 細野 眞, 松村 到, Acta Med Kinki Univ, 36, 2, 87, 89,   2012年09月
  • Impact of CT attenuation correction by SPECT/CT in brain perfusion images., Ishii K, Hanaoka K, Okada M, Kumano S, Komeya Y, Tsuchiya N, Hosono M, Murakami T, Annals of nuclear medicine, 26, 3, 241, 247,   2012年04月, 査読有り
  • The iliac wing sign: An indicator of the presence of bone and/or soft-tissue injury of the pelvis and hips., Kakigi T, Hosono M, Shimono T, Hiraoka T, Nishimura K, European journal of radiology, 81, 9, 2348, 2352,   2011年09月, 査読有り
  • Fluorodeoxyglucose uptake in the bone marrow after granulocyte colony-stimulating factor administration in patients with non-Hodgkin's lymphoma., Hanaoka K, Hosono M, Usami K, Tatsumi Y, Yamazoe Y, Komeya Y, Tsuchiya N, Ishii K, Sumita M, Nuclear medicine communications, 32, 8, 678, 683,   2011年08月, 査読有り
  • [Evaluation of patient dose from diagnostic X-ray using glass badges]., Usami K, Sakaguchi K, Ootsuka M, Nagamoto K, Inoue R, Fukuda K, Kano Y, Yoshida K, Hosono M, Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi, 67, 7, 785, 792,   2011年, 査読有り
  • Decreased brain FDG uptake in patients with extensive non-Hodgkin's lymphoma lesions., Hanaoka K, Hosono M, Shimono T, Usami K, Komeya Y, Tsuchiya N, Yamazoe Y, Ishii K, Tatsumi Y, Sumita M, Annals of nuclear medicine, 24, 10, 707, 711,   2010年12月, 査読有り
  • FDG PET/CT versus CT, MR imaging, and 67Ga scintigraphy in the posttherapy evaluation of malignant lymphoma., Okada M, Sato N, Ishii K, Matsumura K, Hosono M, Murakami T, Radiographics : a review publication of the Radiological Society of North America, Inc, 30, 4, 939, 957,   2010年07月, 査読有り
  • Radiation treatment planning using positron emission and computed tomography for lung and pharyngeal cancers: a multiple-threshold method for [(18)F]fluoro-2-deoxyglucose activity., Okubo M, Nishimura Y, Nakamatsu K, Okumura M, Shibata T, Kanamori S, Hanaoka K, Hosono M, International journal of radiation oncology, biology, physics, 77, 2, 350, 356,   2010年06月, 査読有り
  • Radiation treatment planning using positron emission and computed tomography (PET/CT) for lung and pharyngeal cancers: A multiple thresholds method for FDG activity., 大久保 充, 西村 恭昌, 中松 清志, 奥村 雅彦, 柴田 徹, 金森 修一, 花岡 宏平, 細野 眞, Int J Radiat Oncol Biol Phys, 77, 350, 356,   2010年
    概要:肺癌と咽頭癌に対するPET/CTを用いた治療計画法で、多段階閾値設定法を提案し、その臨床的意義と問題点をあきらかにした。
  • Fourth ventricular mixed germ cell tumor demonstrating adipose tissue in a young adult, 栗生 明博, 足利 竜一朗, 細野 眞, 村上 卓道, Jpn J Radiol, 28, 116, 168,   2010年
  • Adrenal masses: the value of additional fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography (FDG-PET/CT) in differentiating between benign and malignant lesions., Okada M, Shimono T, Komeya Y, Ando R, Kagawa Y, Katsube T, Kuwabara M, Yagyu Y, Kumano S, Imaoka I, Tsuchiya N, Ashikaga R, Hosono M, Murakami T, Annals of nuclear medicine, 23, 4, 349, 354,   2009年06月, 査読有り
  • Ring-shaped lateral ventricular nodules: an incidental finding on brain magnetic resonance imaging., Shimono T, Hosono M, Ashikaga R, Kumano S, Imaoka I, Yagyu Y, Okada M, Kuwabara M, Murakami T, Neuroradiology, 51, 145, 150,   2009年03月, 査読有り
  • リング状側脳室結節の検討., 下野 太郎, 細野 眞, 村上 卓道, Neuroradiology, 51, 145, 150,   2009年03月
    概要:偶然発見するリング状側脳室結節の検討をした。
  • Integrated FDG-PET/CT compared with intravenous contrast-enhanced CT for evaluation of metastatic regional lymph nodes in patients with resectable early stage esophageal cancer., Okada M, Murakami T, Kumano S, Kuwabara M, Shimono T, Hosono M, Shiozaki H, Annals of nuclear medicine, 23, 1, 73, 80,   2009年01月, 査読有り
  • [Research on the shielding evaluation method for medical X-ray imaging facilities]., Ohba H, Fujibuchi T, Mita S, Horikoshi A, Iwanaga T, Ikebuchi H, Hosono M, Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi, 65, 1, 57, 63,   2009年01月, 査読有り
  • Ring-shaped lateral ventricular nodules: an incidental finding on brain magnetic resonance imaging., 下野 太郎, 細野 眞, 村上 卓道, Neuroradiology, 51, 145, 150,   2009年
  • Static and moving phantom studies for radiation treatment planning in a positron emission tomography and computed tomography (PET/CT) system., Okubo M, Nishimura Y, Nakamatsu K, Okumura M, Shibata T, Kanamori S, Hanaoka K, Hosono M, Annals of nuclear medicine, 22, 7, 579, 586,   2008年08月, 査読有り
  • "Prominent ear sign" on diffusion-weighted magnetic resonance imaging in relapsing polychondritis., Kuwabara M, Shimono T, Toyomasu M, Shioyama M, Mitsui Y, Yoshinaga E, Kawada A, Hosono M, Murakami T, Kusunoki S, Radiation medicine, 26, 7, 438, 441,   2008年08月, 査読有り
  • Quantitative evaluation of norcholesterol scintigraphy, CT attenuation value, and chemical-shift MR imaging for characterizing adrenal adenomas., Yoh T, Hosono M, Komeya Y, Im SW, Ashikaga R, Shimono T, Tsuchiya N, Okada M, Hanada K, Yagyu Y, Nishimura Y, Murakami T, Annals of nuclear medicine, 22, 6, 513, 519,   2008年07月, 査読有り
  • Comparison between one-route and two-route injection for liver and aortic enhancement using MDCT., Okada M, Murakami T, Kumano S, Imaoka I, Shimono T, Ashikaga R, Hosono M, AJR. American journal of roentgenology, 190, W323, 6,   2008年06月, 査読有り
  • Discordance of motion artifacts on magnetic resonance imaging in Creutzfeldt-Jakob disease: comparison of diffusion-weighted and conventional imaging sequences., Shimono T, Tsuboyama T, Kuwabara M, Im SW, Yagyu Y, Imaoka I, Ashikaga R, Hosono M, Murakami T, Radiation medicine, 26, 3, 151, 155,   2008年04月, 査読有り
  • Quantitative evaluation of norcholesteral scintigraphy, CT attenuation value, and chemical-shift MR imaging for characterizing adrenal adenomas., 葉 輝明, 細野 眞, 村上 卓道, Ann Nucl Med, 22, 513, 519,   2008年
  • "Prominent ear sign" on diffusion-weighted magnetic resonance imaging in relapsing polychondritis., 楠 進, 桑原 雅知, 下野 太郎, 豊増 麻美, 塩山 実章, 三井 良之, 吉永 英司, 川田 暁, 細野 眞, 村上 卓道, Radiat Med, 26, 438, 441,   2008年
  • [Advancement of the imaging for hepatic malignancies]., Kumano S, Okada M, Imaoka I, Shimono T, Hosono M, Murakami T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 34, 1357, 1360,   2007年09月, 査読有り
  • Regional cerebral blood flow in the assessment of major depression and Alzheimer's disease in the early elderly., Hanada K, Hosono M, Kudo T, Hitomi Y, Yagyu Y, Kirime E, Komeya Y, Tsujii N, Hitomi K, Nishimura Y, Nuclear medicine communications, 27, 535, 541,   2006年06月, 査読有り
  • 気道狭窄を呈した局所進行非小細胞肺癌に対する放射線治療とNd-YAGレーザー治療の併用療法の有用性に関する検討, 西村敬一郎, 細野 眞, 高橋健夫 長田久人 村田修 本戸幹人 本田憲業, 日本放射線腫瘍学会誌, 17, 2, 97, 102,   2005年06月
  • Aggressive multiple lung metastases from intracranial atypical meningioma, Takahashi T, 細野 眞, Honda N Oku S Kashimada A Osada H Murata O Hondo M Nishimura K Ohno H, 断層映像研究会雑誌, 32, 1, 24, 27,   2005年01月
  • A new bifunctional chelating agent conjugated with monoclonal antibody and labelled with technetium-99m for targeted scintigraphy:6-(4-isothiocyanatobenzyl)-5, 7-dioxo -1, 11- (carboxymethyl)-1, 4, 8, 11 - tetraazacyclotridecane, Mishra AK, 細野 眞, Panwar P Chuttani K Mishra P Sharma RK Chatal JF, J Drug Targeting, 12, 9-10, 559, 567,   2004年10月
  • Extraosseous accumulation of 99mTc-MDP in lymph node metastases of small cell carcinoma of the esophagus, Takahashi T, 細野 眞, Machida K Honda N Oku S Osada H Murata O Nishimura K Ohno H, Ann Nucl Med, 18, 157, 160,   2004年10月
  • Extraosseous accumulation of 99mTc-MDP in lymph node metastases of small cell carcinoma of the esophagus., Takahashi T, Machida K, Honda N, Hosono M, Oku S, Osada H, Murata O, Nishimura K, Ohno H, Annals of nuclear medicine, 18, 157, 160,   2004年04月, 査読有り
  • [Drawing up the guidelines for ventilation, draining and disposal of radioactive medical waste]., Koizumi M, Endo K, Yokoyama K, Narita Y, Kinoshita F, Hosono M, Kusakabe K, Kosaka N, Mori Y, Kosuda S, Kaku igaku. The Japanese journal of nuclear medicine, 41, 48, 50,   2004年02月, 査読有り
  • A new bifunctional chelating agent conjugated with monoclonal antibody and labelled with technetium-99m for targeted scintigraphy: 6-(4-isothiocyanatobenzyl)-5,7-dioxo-1,11-(carboxymethyl)-1,4,8,11-tetraazacyclotridecane., Mishra AK, Panwar P, Hosono M, Chuttani K, Mishra P, Sharma RK, Chatal JF, Journal of drug targeting, 12, 559, 567,   2004年, 査読有り
  • Three-dimensional stereotactic surface projection of brain perfusion SPECT improves diagnosis of Alzheimer's disease., Honda N, Machida K, Matsumoto T, Matsuda H, Imabayashi E, Hashimoto J, Hosono M, Inoue Y, Koizum K, Kosuda S, Momose T, Mori Y, Oshima M, Annals of nuclear medicine, 17, 641, 648,   2003年12月, 査読有り
  • Three-dimensional stereotactic surface projection of brain perfusion SPECT improves diagnosis of Alzheimer's disease, Honda N, 細野 眞, Machida K Matsumoto T Matsuda H Imabayashi E Hashimoto J Hosono M Inoue Y Koizumi K Kosuda S Momose T Mori Y Oshima M, Ann Nucl Med, 17, 641, 648,   2003年12月
  • Distribution of intrasplenically injected colon cancer cells following pneumoperitoneum in mice, Ishida H, 細野 眞, Nakada H Takeuchi I, Yokoyama M Okita T, Hashimoto D Mori T, Surg Endosc, 17, 8, 1278, 1282,   2003年08月
  • Visualization of fatal hepatic necrosis on bone scan., Hosono M, Machida K, Honda N, Takahashi T, Ohtawa N, Clinical nuclear medicine, 28, 398, 399,   2003年05月, 査読有り
  • Spontaneous regression of chest wall malignant lymphoma. Presentation on Ga-67 imaging., Machida K, Inoue Y, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Kashimada A, Clinical nuclear medicine, 28, 405, 407,   2003年05月, 査読有り
  • Adult embryonal rhabdomyosarcoma in axilla., Takahashi T, Machida K, Honda N, Hosono M, Kashimada A, Murata O, Osada H, Nishimura K, Radiation medicine, 21, 135, 137,   2003年05月, 査読有り
  • Spontaneous regression of chest wall malignant lymphoma presentation on Ga-67 imaging, Machida K, 細野 眞, Inoue Y Honda N Takahashi T Kashimada A, Clin Nucl Med, 28, 5, 405, 407,   2003年05月
  • Visualization of fatal hepatic necrosis on bone scan, 細野 眞, Machida K Honda N Takahashi T Ohtawa N, Clinical Nuclear Medicine, 28, 5, 398, 399,   2003年05月
  • Adult embryonal rhabdomyosarcoma in axilla, Takahashi T, 細野 眞, Machida K Honda N Kashimada A Murata O Osada H, Nishimura K, Radiation Medicine, 21, 3, 135, 137,   2003年03月
  • Gallium-67 demonstration of extensive soft-tissue involvement of multiple myeloma., Hosono M, Machida K, Inoue Y, Honda N, Takahashi T, Kashimada A, Ohtawa N, Ohno H, Yamano T, Annals of nuclear medicine, 17, 69, 72,   2003年02月, 査読有り
  • Effective radiotherapy and an abscopal effect for bone metastases of an unknown origin, Takahashi T, 細野 眞, Machida K Honda N Kashimada A Murata O Osada H Watanabe W Nishimura K Ohno H, Jpn J Tomogrraphy, 30, 96, 99,   2003年02月
  • Intense Ga-67 accumulation in pure primary mediastinal seminomas., Hosono M, Machida K, Honda N, Takahashi T, Kashimada A, Murata O, Osada H, Ohtawa N, Itoyama S, Clinical nuclear medicine, 28, 25, 28,   2003年01月, 査読有り
  • Gallium-67 demonstration of extensive soft-tissue involvement of multiple myeloma, 細野 眞, Machida K Inoue Y Honda N Takahashi T Kashimada A, Ohtawa N Ohno H Yamano T, Ann Nucl Med, 17, 1, 69, 72,   2003年01月
  • Intense gallium-67 accumulation in primary mediastinal pure seminomas, 細野 眞, Machida K Honda N Takahashi T Kashimada A Murata O Osada H Ohtawa N Itoyama S, Clinical Nuclear Medicine, 28, 1, 25, 28,   2003年01月
  • Quantitative lung perfusion scintigraphy and detection of intrapulmonary shunt in liver cirrhosis., Hosono M, Machida K, Honda N, Takahashi T, Kashimada A, Osada H, Murata O, Ohtawa N, Nishimura K, Annals of nuclear medicine, 16, 577, 581,   2002年12月, 査読有り
  • Quantitative lung perfusion scintigraphy and detection of intrapulmonary shunt in liver cirrhosis, 細野 眞, Machida K Honda N Takahashi T Kashimada A Osada H Murata O Ohtawa N Nishimura K, Ann Nucl Med, 16, 8, 577, 581,   2002年12月
  • Interobserver variation in diagnosis of dementia by brain perfusion SPECT., Honda N, Machida K, Hosono M, Matsumoto T, Matsuda H, Oshima M, Koizumi K, Kosuda S, Momose T, Mori Y, Hashimoto J, Shimizu Y, Radiation medicine, 20, 281, 289,   2002年11月, 査読有り
  • Scintigraphic findings of MALT lymphoma of the thyroid., Honda N, Machida K, Inoue Y, Hosono M, Takahashi T, Kashimada A, Osada H, Murata O, Ohmichi M, Watanabe W, Okada T, Itoyama S, Annals of nuclear medicine, 16, 289, 292,   2002年06月, 査読有り
  • Interobserver variation in diagnosis of dementia by brain perfusion SPECT, Honda N, 細野 眞, Machida K Matsumoto T Matsuda H Oshima M Koizumi K Kosuda S Momose T Mori Y Hashimoto J Shimizu Y, Radiation Medicine, 20, 281, 289,   2002年05月
  • Increased insufflation pressure enhances the development of liver metastasis in a mouse laparoscopy model, Ishida H, 細野 眞, Hashimoto D Nakada H Takeuchi I Hoshino T Murata N Idezuki Y, Surg Endosc, 16, 331, 335,   2002年03月
  • Measurement of decreased cerebellar blood flow of Machado-Joseph Disease by brain perfusion SPECT, Machida K, 細野 眞, Honda N Takahashi T Kashimada A Shimizu Y Osada H Watanabe W Ohmichi M Ohtawa N Kinoshita M, Jpn J Tomography, 28, 94, 98,   2002年03月
  • Increased uptake of Tc-99m MDP in pulmonary osseous chondrosarcoma in a patient with Carney’s syndrome, Machida K, 細野 眞, Honda N Takahashi T Kashimada A Shimizu Y Osada H Ohmichi M Watanabe W Okada T Usui N Ohtawa N Hondo M Nishimura K Itoyama S, Jpn J Tomography, 29, 29, 32,   2002年01月
  • Noninvasive quantitative monitoring of cerebral blood flow in aneurysmal subarachnoid hemorrhage with 99mTc-ECD, 細野 眞, Machida K Matsui T Honda N Takahashi T Dei S Kashimada A Shimizu Y Osada H Ohmichi M Asano T, Nucl Med Comm, 23, 5, 11,   2002年01月
  • Oligodendroglioma with cystic component in infant, 細野 眞, Machida K Matsui T Honda N Takahashi T Kashimada A Osada H Asano T Itoyama S, Computerized Medical Imaging and Graphics, 25, 361, 365,   2001年10月
  • Rhenium-188-labeled anti-neural cell adhesion molecule antibodies with 2-iminothiolane modification for targeting small-cell lung cancer, Hosono MN, Hosono M, Mishra AK Faivre-Chauvet A Gautherot E Barbet J Knapp FF Chatal JF, Ann Nucl Med, 14, 173, 179,   2000年06月, 査読有り
  • Two-step targeting and dosimetry for small-cell lung cancer xenograft with anti-NCAM/anti-histamine bispecific antibody and radioiodinated bivalent hapten, Hosono M, Hosono MN, Kraeber-Bod?r? F Devys A Thedrez P Faivre-Chauvet A Gautherot E Barbet J Chatal JF, J Nucl Med, 40, 1216, 1221,   1999年10月, 査読有り
  • Localization of colorectal carcinoma by rhenium-188-labeled B72.3 antibody in xenografted mice, Hosono MN, Hosono M, Zamora PO, Guhlke S, Haberberger T, Bender H, Knapp FFR Jr and Biersack HJ, Ann Nucl Med, 12, 2, 83, 88,   1998年02月, 査読有り
  • Biodistribution and dosimetric study in medullary thyroid cancer xenograft using bispecific antibody and iodine-125-labeled bivalent hapten, Hosono M, Hosono MN, Kraeber-Bodéré F, Devys A, Thedrez P, Fiche M, Gautherot E, Barbet J and Chatal JF, J Nucl Med, 39, 9, 1608, 1613,   1998年, 査読有り
  • Localization of small-cell lung cancer xenografts with I-125-, In-111-, and Re-188-somatostatin analogs, Hosono M, Hosono MN, Haberberger T, Zamora PO, Bender H, Guhlke S, Knapp FFR Jr and Biersack HJ, Cancer Science, 87, 995, 1000,   1996年, 査読有り
  • Effect of circulating antigen on immunoscintigraphy of ovarian cancer patients using anti-CA125 monoclonal antibody, Sakahara H, Hosono M, Kobayashi H, Yao Z, Saga T, Yano S, Endo K, Mori T and Konishi J, Cancer Science, 87, 655, 661,   1996年, 査読有り
  • Immnoscintigraphy of colorectal cancer using 111In-labeled monoclonal antibody to mucin, Cancer Immunol Immunother, Cancer Immunol Immunother, 41, 1157, 1161,   1995年, 査読有り
  • Diagnostic value of Tc-99m(V) DMSA for chondrogenic tumors with positive Tc-99m HMDP uptake on bone scintigraphy, Kobayashi H, Kotoura Y, Hosono Mariko, Sakahara H, Hosono M, Yao Z, Ysuboyama T, Yamamuro T, Endo K and Konishi J, Clinical Nuclear Medicine, 20, 361, 364,   1995年, 査読有り
  • Radioimmunodetection of human leukemia with anti-interleukin-2 receptor antibody in severe combined immunodeficiency mice, Hosono M, Takaori-Kondo A, Yao Z, Kobayashi H, Hosono MN, Sakahara H, Imada K, Okuma M, Uchiyama T and Konishi J, Nuclear Medicine and Biology , 22, 869, 874,   1995年, 査読有り
  • Detection of homing, proliferation, and infiltration sites of adult T cell leukemia cells in severe combined immunodeficiency mice using radiometric techniques, Takaori-Kondo A, Hosono M, Imada K, Yao Z, Sakahara H, Yamabe H, Konishi J, Okuma M and Uchiyama K, Cancer Science, 86, 322, 328,   1995年, 査読有り
  • Comparison of the chase effects of avidin, streptavidin, neutravidin, and avidin-ferritin on a radiolabeled biotinylated anti-tumor monoclonal antibody, Kobayashi H, Sakahara H, Endo K, Hosono M, Yao Z, Toyama S and Konishi J, Cancer Science, 86, 310, 314,   1995年, 査読有り
  • Kinetics of platelets in dogs with thrombocytopenia induced by antiglycoprotein IIb/IIIa receptor monoclonal antibody, Hosono M, Sone N, Endo K, Saga T, Kobayashi H, Hosono MN, Sakahara H, Yasunaga K and Konishi J, Nuclear Medicine and Biology, 22, 71, 76,   1995年, 査読有り
  • Case report: Uptake of pentavalent technetium-99m dimercaptosuccunic acid by pigmented villonodular synovitis: comparison with computed tomography, magnetic resonance imaging and gallium-67 scintigraphy, Kobayashi H, Kotoura Y, Hosono M, Sakahara H, Yamamuro T, Endo K and Konishi J, Br J Radiology, 67, 1030, 1032,   1994年, 査読有り
  • Improved clearance of radiolabeled biotinylated monoclonal antibody following the infusion of avidin as "chase" without decreased accumulation in the target tumor, Kobayashi H, Sakahara H, Hosono M, Yao Z, Toyama S, Endo K and Konishi J, J Nucl Med, 35, 1677, 1684,   1994年, 査読有り
  • Initial studies on Tc-99m- and Re-188-somatostatin analogues: stannous-mediated direct-labeling and biodistribution in normal mice, Haberberger T, Zamora P, Hosono M, Hosono MN, Bender H, Guhlke S, Knapp FFR and Biersask HJ, Technetium and Rhenium chemistry and nuclear medicine,   1994年, 査読有り
  • Intraosseous hemangiomatosis: technetium-99m-(V)-dimercaptosuccinic acid and technetium-99m-hydroxymethylene diphosphonate imaging, Kobayashi H, Shigeno C, Sakahara H, Hosono Mariko, Hosono M, Yao Z, Endo K and Konishi J, J Nucl Med, 35, 1482, 1484,   1994年, 査読有り
  • Scintigraphic detection of neural-cell-derived small-cell lung cancer using glioma-specific antibody, Kobayashi H, Sakahara H, Hosono M, Shirato M, Kondo S, Miyatake S, Kikuchi H, Namba Y, Endo K and Konishi J, J Cancer Res Clin Oncol, 120, 259, 262,   1994年, 査読有り
  • Schwannoma of the extremities: comparison of MRI and pentavalent technetium-99m-dimercaptosuccinic acid and gallium-67-citrate scintigraphy, Kobayashi H, Kotoura Y, Sakahara H, Hosono Mariko, Hosono M, Tsaboyama T, Yamamuro T, Endo K and Konishi J, J Nucl Med, 35, 1174, 1178,   1994年, 査読有り
  • Pentavalent technetium-99m dimercaptosuccinic acid SPECT of metastatic renal cell carcinoma in the scalp and in the brain, Kobayashi H, Sakahara H, Hosono M, Shirato M and Konishi J, Clin Nucl Med, 19, 136, 137,   1994年, 査読有り
  • Soft-tissue tumors: diagnosis with Tc-99m(V) dimiercaptosuccinic acid scintigraphy, Kobayashi H, Sakahara H, Hosono M, Shirato M, Endo K, Kotoura Y, Yamamuro T and Konishi J, Radiology, 190, 277, 280,   1994年, 査読有り
  • Treatment of small cell lung cancer xenografts with iodine-131-anti-neural cell adhesion molecule monoclonal antibody and evaluation of absorbed dose in tissue, Hosono M, Endo K, Hosono MN, Kobayashi H, Shirato M, Sakahara H, Ueda R and Konishi J, J Nucl Med, 35, 296, 300,   1994年, 査読有り
  • Effect of hyperthermia on tumor uptake of radiolabeled anti-neural cell adhesion molecule antibody in small cell lung cancer xenografts, Hosono MN, Hosono M, Endo K, Ueda R and Onoyama Y, J Nucl Med, 35, 504, 509,   1994年, 査読有り
  • Dissociation in serum CA125 concentrations measured by different monoclonal antibodies, Sakahara H, Kousaka T, Hattori N, Tomida K, Yao Z, Hosono M, Kobayashi H, Shirato M, Endo K and Konishi J, Gynecologic Oncology, 52, 301, 305,   1994年, 査読有り
  • Scintigraphic detection of xenographted tumors producing human basic fibroblastic growth factor, Kobayashi H, Sakahara H, Hosono M, Shirato M, Konishi J, Takahashi JA, Oda A, Kikuchi H, Endo K and Kozai Y, Cancer Immunology Immunotherapy, 37, 281, 285,   1993年, 査読有り
  • Scintigraphic evaluation of tenosynovial giant cell tumor using technetium-99m(V)-dimercaptosuccinic acid, Kobayashi H, Sakahara H, Hosono M, Shirato M, Konishi J, Kotoura Y, Yamamuro T and Endo K, J Nucl Med, 34, 1745, 1747,   1993年, 査読有り
  • Changes in CA125 release and surface expression caused by drugs in uterine cervix adenocarcinoma cells, Nakai T, Sakahara H, Endo K, Shirato M, Kobayashi H, Hosono M, Saga T, Sakamoto M and Konishi J, Annals of Nuclear Medicine, 7, 133, 139,   1993年, 査読有り
  • Similarity and co-expression of tumour-associated antigens recognized by different monoclonal antibodies, Sakahara H, Saga T, Endo K, Kousaka T, Hosono M, Kobayashi H, Shirato M and Konishi J, Br J Cancer, 68, 920, 925,   1993年, 査読有り
  • In vivo instability of reduction-mediated 99mTc-labeled monoclonal antibody, Sakahara H, Saga T, Endo T, Hattori N, Hosono M, Kobayashi H, Shirato M, Yamamuro T, Toyama S, Arano Y, Yokoyama A and Konishi J, Nucl Med Biol, 20, 617, 623,   1993年, 査読有り
  • Technetium-99m(V) dimercaptosuccinic acid uptake in intra-abdominal massive deposit of amyloid protein, Kobayashi H, Sakahara H, Itoh T, Kudoh T, Takagi T, Shibuya K, Nomura S, Hosono M, Endo K and Konishi J, J Nucl Med, 34, 815, 817,   1993年, 査読有り
  • A human/mouse chimeric monoclonal antibody against CA125 for radioimmunoimaging of ovarian cancer, Kobayashi H, Sakahara H, Saga T, Hosono M, Shirato M, Kanda H, Ishibashi K, Watanabe T, Endo K, Ishiwata I and Konishi J, Cancer Immunol Immunother, 37, 143, 149,   1993年, 査読有り
  • Construction of immunoradiometric assay for circulating c-erbB-2 protooncogene product in advanced breast cancer patients, Hosono M, Saga T, Sakahara H, Kobayashi H, Shirato M, Endo K, Yamamoto T, Akiyama T, Toyoshima K and Konishi J, Cancer Science, 84, 147, 152,   1993年, 査読有り
  • Different antigenic nature in apparently healthy females with high serum CA125 levels -compared with typical ovarian cancer patients-, Hosono MN, Endo K, Sakahara H, Watanabe Y, Saga T, Nakai T, Hosono M, Nakajima T, Onoyama Y and Konishi J, Cancer, 70, 12, 2851, 2856,   1992年, 査読有り
  • Human/mouse chimeric antibodies show low reactivity with human anti-murine antibodies(HAMA), Hosono M, Endo K, Sakahara H, Watanabe Y, Saga T, Nakai T, Kawai C, Matsumori A, Yamada T, Watanabe T and Konishi J, Br J Cancer, 65, 197, 200,   1992年, 査読有り
  • Drug effects on CA125 antigen expression and antibody binding to cancer cells, Nakai T, Endo K, Hosono M, Saga T, Watanabe Y, Sakahara H, Imai K, Yachi A, Kiyozuka Y, Ishiwata I and Konishi J, Int J Cancer, 48, 463, 467,   1991年, 査読有り
  • Scintigraphic detection of overexpressed c-erbB-2 protooncogene products by a class-switched murine anti-c-erbB-2 protein monoclonal antibody, Saga T, Endo K, Akiyama T, Sakahara H, Koizumi M, Watanabe Y, Nakai T, Hosono M, Yamamoto T, Toyoshima K and Konishi J, Cancer Res, 51, 990, 994,   1991年, 査読有り
  • An antibody-tumor model for the targeting of CA125-producing gynecologic malignancies, Saga T, Ishiwata I, Endo K, Sakahara H, Koizumi M, Watanabe Y, Nakai T, Hosono M, Ishikawa H, Sawada M and Konishi J, Cancer Science, 81, 1141, 1148,   1990年, 査読有り
  • Influence of cocktails of labeled monoclonal antibodies on the localization of antibodies in human tumor xenografts, Watanabe Y, Endo K, Saga T, Koizumi M, Sakahara H, Nakai T, Hosono M, Yao Z, Kuroki M, Matsuoka Y and Konoshi J, Cancer Science, 81, 266, 271,   1990年, 査読有り
  • Bilio-enteric anastomosis as a risk factor for postembolic hepatic abscesses, Okajima K, Kohno S, Tamaki M, Hosono M, Kawamoto M, Nishiyama Y, Sugano M and Miyaoka T, Cardiovasc Intervent Radiol, 12, 128, 130,   1989年, 査読有り
  • CT manifestations of a ruptured hepatic tumor after transcatheter arterial embolization, Nagata Y, Kohno S, Saga T, Okajima K, Hosono M, Tamaki M, Kanata T, Takabayashi A and Matsuda S, CT manifestations of a ruptured hepatic tumor after transcatheter arterial embolization, 13, 419, 422,   1989年, 査読有り

書籍等出版物

  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成28年度細野班報告書「イットリウム-90標識抗P-カドヘリン抗体注射液の治験における適正使用に関する 検討(イットリウム-90標識抗P-カドヘリン抗体注射液を用いるRI内用療法の治験 適正使用マニュアル(案)を含む)」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2017年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成28年度細野班報告書「ヨウ素-131による治療患者に適用した人工透析の安全取扱いに関する検討 (血液浄化療法を必要とする慢性腎不全患者にヨウ素-131ヨウ化ナトリウムカプセル によるRI内用療法を適用する場合に発生する固体状の放射性の感染性汚染物の取扱い マニュアル(案)を含む)」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2017年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成27年度細野班報告書「放射性医薬品(放射性ルテチウム-177標識ソマトスタチン類似体(177Lu-DOTA-TATE) 注射液)を投与された患者の退出基準について」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2017年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成27年度細野班報告書「前立腺癌患者に対してヨウ素125密封小線源永久挿入療法の適用後に帰宅した場合の 治療患者以外の第三者に対する放射線安全確保に関する検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2017年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成28年度細野班報告書「新たな治療手法に対応する医療放射線防護に関する研究」, 細野 眞, 共著, 総括研究報告書,   2017年03月
  • 放射線医科学, 細野 眞, 分担執筆, PET 放射線による診断と治療の基礎 94-96頁 (189頁),   2016年10月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成26-27年度細野班報告書「医療における放射線防護と関連法令整備に関する研究」, 細野 眞, 共著, 総合研究報告書,   2016年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成27年度細野班報告書「ヨウ素-131による治療患者に適用した人工透析の安全取扱いに関する検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2016年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成27年度細野班報告書「ルテチウム-177標識ソマトスタチンアナログ(Lu-177-DOTA-TATE)注射液の適正使用に関する検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2016年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成27年度細野班報告書「放射性医薬品(放射性塩化ラジウム(223RaCl2)注射液)を投与された患者の退出基準について」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2016年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成27年度細野班報告書「医療放射線防護の国際動向」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2016年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成27年度細野班報告書「医療における放射線防護と関連法令整備に関する研究」, 細野 眞, 共著, 総括研究報告書,   2016年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成26年度細野班報告書「ヨウ素-131による治療患者に適用した人工透析の安全取扱いに関する検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2015年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成26年度細野班報告書「核医学施設における安全キャビネットと排気設備(排気系統)との連結に 関する検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2015年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成26年度細野班報告書「IAEA General Safety Requirements Part3の刊行に伴う医療用放射線の 防護に関する対応としての放射性核種の吸入摂取及び経口摂取における 実効線量係数の比較検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2015年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成26年度細野班報告書「前立腺癌患者に対してヨウ素125密封小線源永久挿入療法の適用後に 帰宅した場合の治療患者以外の第三者に対する放射線安全確保に関する 検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2015年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成26年度細野班報告書「ルテチウム-177-DOTA-TATE 注射液の適正使用に関する検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2015年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成25年度細野班報告書「がんの骨転移及び原発性骨腫瘍等の治療に用いられる放射性ラジウム-223 の有効性及び投与された患者の管理区域からの退出などの放射線防護対策 について」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2015年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成26年度細野班報告書「医療における放射線防護と関連法令整備に関する研究」, 細野 眞, 共著, 総括研究報告書,   2015年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成24-25年度細野班報告書「医療放射線防護に関する研究」, 細野 眞, 共著, 総合研究報告書,   2014年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成25年度細野班報告書「RI内用療法に関する施設状況調査について」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2014年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成25年度細野班報告書「核医学診療施設における濃度限度等の評価に関する検討について」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2014年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成25年度細野班報告書「前立腺癌患者に対してヨウ素125密封小線源永久挿入療法の適用後に帰宅 した場合の治療患者以外の第三者に対する放射線安全確保に関する検討 ―退出後の患者家族の被ばく線量に関する検討(実測による検討)―」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2014年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成25年度細野班報告書「医療放射線防護の国際動向」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2014年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成25年度細野班報告書「医療放射線防護に関する研究」, 細野 眞, 共著, 総括研究報告書,   2014年03月
  • 前立腺癌放射線治療のすべて, 細野 眞, 分担執筆, 転移に対するアイソトープ治療-塩化ストロンチウム-89-(307-317頁、総374頁),   2013年10月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成24年度細野班報告書「PET/MRI複合装置の使用に伴う医療安全の確保に関する検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2013年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成24年度細野班報告書「塩化ラジウム(Ra-223)注射液の使用に当たって実施する放射線管理のための遮へい 計算並びに空気中及び排気・排水中の放射能濃度の計算方法について」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2013年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成24年度細野班報告書「ヨウ素-125シードによる前立腺がん治療における放射線安全確保に関する検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2013年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成24年度細野班報告書「医療放射線防護の国際動向」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2013年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成24年度細野班報告書「医療放射線防護に関する研究」, 細野 眞, 共著, 総括研究報告書,   2013年03月
  • 臨床放射線腫瘍学, 細野 眞, 分担執筆, 放射性同位元素内用療法 162-165頁 (522頁), 南江堂,   2012年12月
  • Gamut of FDG-PET, 御前 隆、石津浩一、石守崇好、工藤崇、中本 裕士、東 達也、細野 眞, 共著, Gamut of FDG-PET, 日本核医学会,   2012年10月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成22-23年度細野班報告書「医療放射線の安全確保と有効利用に関する研究」総合研究報告書, 細野 眞, 共著, 総合研究報告書,   2012年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成23年度細野班報告書「医療放射線の安全確保と有効利用に関する研究」総括研究報告書, 細野 眞, 共著, 総括報告書,   2012年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成23年度細野班報告書「PET-CT、PET-MRI及びSPECT-CT検査における放射線の安全確保に関する検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2012年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成23年度細野班報告書「切除不能肝癌の治療に用いられるイットリウム-90樹脂微小球体の有効性と 投与された患者の管理区域からの退出などの放射線防護対策について」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2012年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成23年度細野班報告書「核医学治療(RI内用療法)における放射線安全の確保に関する検討」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2012年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成23年度細野班報告書「中長期的に展望する医療放射線の安全規制に関する課題」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2012年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成22年度細野班研究報告書「ホルモン療法抵抗性前立腺癌の治療に用いられる放射性ラジウム-223の有効性および 投与された患者の管理区域からの退出などの放射線防護対策について」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2011年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成22年度細野班研究報告書「核医学治療(RI 内用療法)における放射線安全の確保に関する検討, 米矢吉宏、細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2011年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成22年度細野班分担研究報告書「医療放射線の安全確保と有効利用に関する研究」, 細野 眞、藤村洋子、堀越亜希子, 共編者, 中長期的に展望する医療放射線の安全規制に関する課題,   2011年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究報告書平成22年度細野班報告書「医療放射線の安全確保と有効利用に関する研究」総括研究報告書, 共著,   2011年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成19-21年度細野班報告書「医療放射線の安全確保に関する研究」総合研究報告書, 細野 眞, 共著,   2010年03月
  • 第3版今日の消化器疾患治療指針, 細野 眞, 分担執筆, PET 150-153頁,   2010年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究報告書平成21年度細野班「医療放射線の安全確保に関する研究」総括研究報告書,   2010年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成21年度細野班研究報告書「エックス線診療線量の測定とその全国実施の手法に関する課題」, 宇佐美公男、細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2010年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成21年度細野班研究報告書「中長期的に展望する医療放射線の安全規制に関する課題」, 細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2010年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成21年度細野班研究報告書「甲状腺癌の放射性ヨード(131I)内用療法:甲状腺全摘術後の残存甲状腺の破壊 -131I 1,110MBq(30mCi)投与・退出における安全管理に関する研究-」, 日下部きよ子、細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2010年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成21年度細野班研究報告書「医療機関において想定される「クリアランス制度」の導入に関する検討(試案)」, 日下部きよ子、細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2010年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究平成21年度細野班研究報告書「Positron Emission Mammography(陽電子放出乳房撮影装置)の有用性と 使用場所の放射線防護に関する検討」, 井上登美夫、細野 眞, 共著, 分担研究報告書,   2010年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究報告書平成20年度細野班「医療放射線の安全確保に関する研究」総括研究報告書,   2009年03月
  • 厚生労働科学研究費補助金研究報告書平成19年度細野班「医療放射線の安全確保に関する研究」総括研究報告書, 共著,   2008年03月
  • 核医学診断ガイドライン, 日本核医学会,   2008年
  • 厚生労働科学研究費補助金研究報告書平成18年度油野班「中長期的に展望する医療放射線の安全規制に関する研究」,   2007年
  • 厚生労働科学研究費補助金研究報告書平成17年度油野班「中長期的に展望する医療放射線の安全規制に関する研究」,   2006年
  • Medical Practice 増刊 画像診断実践ガイド, CT,MRI,PETの機能の相互比較, 細野 眞, 共著, 文光堂,   2005年10月
    概要:CT,MRI,PETの機能の相互比較を論じた
  • CT,MRI,PETの機能の相互比較 Medical Practice, 文光堂,   2005年
  • 改訂版医療放射線管理の実践マニュアル, 日本アイソトープ協会,   2004年
  • 放射線医学から画像医学へ, Aubert François, Laissy Jean-Pierre, 細野 眞, 細野 真理子, 白水社,   1998年, 4560057990

講演・口頭発表等

  • Ra-223の臨床応⽤について, 細野 眞, 第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2017年09月09日, 招待有り
  • 転移に対するTargeted Alpha Therapyの現状と将来展望, 細野 眞, PETサマーセミナー2017in奈良,   2017年08月26日
  • Clinical evaluation and optimization of Q.Clear; a new PET reconstruction algorithm, Otani T, Hosono M, Kanagaki M, Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging,   2017年06月10日
  • Prognostic impact of 18F-FDG PET parameters and molecular markers expression in resected non-small cell lung cancer patients, 細野 眞, Kaida H, Azuma K, Kawahara A, Sadashima E, Hattori S, Akiba J, Rominger A, Takamori A, Fujimoto K, Hosono M, Ishii K, Murakami T, Ishibashi M,   2017年06月10日
  • Methods of survey and decontamination of radium-223 dichloride for radionuclide therapy in clinical facilities, Hosono M, Hohara S, Inagaki M, Sakaguchi K, Yoshida S, Yamanishi H, Wakabayashi G, Matsuda T, Ito T, 10th International Symposium on Targeted Alpha Therapy,   2017年05月30日
  • α線内用療法の有効性(臨床応用に関する基礎的事項), 細野 眞, 第10回(2017年度第2回)塩化ラジウム(Ra-223)注射液を用いたRI内用療法における適正使用に関する安全取扱講習会,   2017年05月27日, 招待有り
  • ソマトスタチン受容体イメージングからTheranosticsへ, 細野 眞, 第25回徳島核医学研究会・第38回徳島県核医学技術勉強会,   2017年05月13日, 招待有り
  • RI治療の概要 核医学基礎セミナー, 細野 眞, 第17回日本核医学会春季大会,   2017年04月22日
  • RI内用療法におけるガイドライン 核医学指導者コース, 細野 眞, 第17回日本核医学会春季大会,   2017年04月22日, 招待有り
  • 核医学診療の医療安全と放射線防護 教育講演(必須講習), 細野 眞, 第76回日本医学放射線学会総会,   2017年04月14日, 招待有り
  • アルファ線核種の臨床利用における法令と指針, 細野 眞, 第73回日本放射線技術学会総会学術大会,   2017年04月14日, 招待有り
  • α線内用療法の有効性(臨床応用に関する基礎的事項), 細野 眞, 第9回(2017年度第1回)塩化ラジウム(Ra-223)注射液を用いたRI内用療法における適正使用に関する安全取扱講習会,   2017年04月08日, 招待有り
  • 去勢抵抗性前立腺がんのα線治療の実際(切れ味)とα線治療の未来, 細野 眞, 第24回核医学技術セミナー,   2017年03月04日, 招待有り
  • 4D-CTを用いた呼吸同期撮像法の有用性, 藤井 康司, 白髭 賢也, 竹中 達明, 細野 眞, 日本放射線技術学会総会学術大会予稿集,   2017年03月
  • アルファ線核種の臨床利用における法令と指針, 細野 眞, 日本放射線技術学会総会学術大会予稿集,   2017年03月
  • PRRTの現状について, 細野 眞, 第4回腫瘍核医学診断治療セミナー,   2017年02月18日, 招待有り
  • センチネルリンパ節SPECT/CTで肺野に集積を認めた1例, 小西達郎, 坂口健太, 細野眞, 核医学症例検討会症例集,   2017年02月
  • 甲状腺乳頭癌術後のフォローのPET/CTにて皮膚に多発集積を認めた1例, 尾谷知亮, 細野眞, 金柿光憲, 乘本周平, 木村弘之, 核医学症例検討会症例集,   2017年02月
  • 上顎洞術後変化としての眼窩下管拡大, 福井 秀行, 柏木 伸夫, 任 誠雲, 甲斐田 勇人, 柳生 行伸, 小塚 健倫, 細川 知紗, 熊野 正士, 鶴崎 正勝, 松木 充, 今岡 いずみ, 石井 一成, 細野 眞, 村上 卓道, Japanese Journal of Radiology,   2017年02月
  • PET/CTにおける新しい再構成法Q.Clearの検討, 尾谷 知亮, 金柿 光憲, 乗本 周平, 木村 弘之, 細野 眞, Japanese Journal of Radiology,   2017年02月
  • 前立腺小線源療法後1年以内死亡の3例, 横川 正樹, 中松 清志, 稲田 正浩, 福田 浩平, 建部 仁志, 石川 一樹, 立花 和泉, 門前 一, 金森 修一, 西村 恭昌, 細野 眞, Japanese Journal of Radiology,   2017年02月
  • 医療放射線防護における診断参考レベルの意義, 細野 眞, 日本放射線診療技師会平成28年度第3回被ばく線量適正化講習会,   2016年12月11日, 招待有り
  • α線内用療法の有効性(臨床応用に関する基礎的事項), 細野 眞, 第7回塩化ラジウム(Ra-223)注射液を用いたRI内用療法における適正使用に関する安全取扱講習会,   2016年12月03日, 招待有り
  • Theranostics: イメージングと治療の融合, 細野 眞, 合同シンポジウム1 健康長寿社会をめざして-核医学の挑戦- 第56回日本核医学会学術総会,   2016年11月03日, 招待有り
  • 認知症を持つ患者さんと核医学診療, 細野 眞, 核医学看護フォーラム 認知症と医療安全 第56回日本核医学会学術総会,   2016年11月03日, 招待有り
  • PET/CTの診断、定量と標準化、放射線安全と規制, 細野 眞, 第4回京滋PETトワイライトカンファレンス,   2016年10月28日, 招待有り
  • Survey and decontamination of radium-223 dichloride for alpha- particle radionuclide therapy in clinical facilities, Hosono M, Hohara S, Inagaki M, Yamanishi H, Wakabayashi G, Matsuda T, Sakaguchi K, Hanaoka K, Ito T, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2016年10月15日
  • Estimation of administered fluorodeoxyglucose activity in patients on the basis of dose equivalent rate on head by multiple regression analysis, Hosono M, Sakaguchi K, Imamura T, Takahara N, Hayashi M, Hosokawa C, Yamada M, Ishii K, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2016年10月15日
  • Survey on radionuclide therapy facilities in Japan with grants by Ministry of Health, Labour, and Welfare, Hosono M, Ikebuchi H, Nakamura Y, Nakamura N, Yanagida S, Kitaoka A, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2016年10月15日
  • 前立腺 前立腺がん診療の新技術 骨転移のある日本人の症候性去勢抵抗性前立腺癌患者への塩化ラジウム-223の第II相試験, 永森 聡, 上村 博司, 和久本 芳彰, 植村 天受, 木村 剛, 横溝 晃, 菊川 浩明, 絹谷 清剛, 細野 眞, 山口 郁, 筒井 弘一, 松永 瑛典, 松原 伸晃, 日本癌治療学会学術集会抄録集,   2016年10月
  • 診断参考レベル(DRLs)の国内導入, 細野 眞, 第33回南大阪画像診断研究会,   2016年09月16日, 招待有り
  • α線内用療法の有効性(臨床応用に関する基礎的事項), 細野 眞, 2016年度第4回塩化ラジウム(Ra-223)注射液を用いたRI内用療法における適正使用に関する安全取扱講習会,   2016年09月03日, 招待有り
  • ソマトスタチン受容体イメージングと治療への応用, 細野 眞, 第63回関東核医学画像処理研究会,   2016年09月03日, 招待有り
  • JSNM Education, Accreditation, and Multidisciplinary Team Practice, 細野 眞, Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine,   2016年06月11日, 招待有り
  • Texture analysis for FMISO PET/CT in oncology patients receiving extra-beam radiation therapy, Hosono M, Tachibana I, Nishimura Y, Hanaoka K, Sakaguchi K, Ishikawa K, Nakamatsu K, Kanamori S, Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging,   2016年06月11日
  • Pretherapeutic FDG heterogeneity in tumors can predict local control in oropharyngeal cancer patients undergoing intensity-modulated radiation therapy, Hanaoka K, Hosono M, Tatebe H, Ishikawa K, Monzen H, Ishii K, Nishimura Y, Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine Molecular Imaging,   2016年06月11日
  • α線内用療法の有効性(臨床応用に関する基礎的事項), 細野 眞, 2016年度第2回塩化ラジウム(Ra-223)注射液を用いたRI内用療法における適正使用に関する安全取扱講習会,   2016年05月22日, 招待有り
  • α核種ターゲット治療の現状と将来展望, 細野 眞, 第53回腫瘍免役核医学研究会,   2016年04月23日, 招待有り
  • ガイドライン(検査、センチネル、オムツ、他)核医学指導者コース, 細野 眞, 第16回日本核医学会春季大会,   2016年04月22日, 招待有り
  • RI治療の概要 核医学基礎セミナー, 細野 眞, 第16回日本核医学会春季大会,   2016年04月22日, 招待有り
  • Dose evaluation and control for Nuclear Medicine. Joint Symposium 2: Dose evaluation and control for medical radiation exposure, 細野 眞, Japan Radiology Congress,   2016年04月14日, 招待有り
  • アルファ線放出核種の基礎と国内導入, 細野 眞, 第75回日本医学放射線学会総会,   2016年04月14日, 招待有り
  • Dose evaluation and control for Nuclear Medicine 合同シンポジウム 医療被ばくの線量評価と管理, 細野 眞, 第75回日本医学放射線学会総会,   2016年04月14日, 招待有り
  • α線内用療法の有効性(臨床応用に関する基礎的事項), 細野 眞, 2016年度第1回塩化ラジウム(Ra-223)注射液を用いたRI内用療法における適正使用に関する安全取扱講習会,   2016年04月09日, 招待有り
  • Clinical evaluation and optimization of a new PET reconstruction algorithm Q.Clear in lung cancer, Otani T, Hosono M, Kanagaki M, Fukumoto G, Onishi Y, Matsubara N, Kimura H, ECR 2017,   2016年02月28日
  • 放射線に関わる法規制・対策 , 細野 眞, 第2回核医学治療国際シンポジウム,   2015年12月19日, 招待有り
  • α核種による治療の現状と将来, 細野 眞, 第132回関西Cancer Therapistの会,   2015年12月02日, 招待有り
  • 診断参考レベルの国内導入, 細野 眞, シンポジウム 診断参考レベル(DRL)を理解する 第31回日本診療放射線技師学術大会,   2015年11月22日, 招待有り
  • 塩化ラジウム-223による前立腺癌骨転移の治療, 細野 眞, 第18回癌と骨病変研究会,   2015年11月13日, 招待有り
  • 核医学看護の専門性確立に向けて, 細野 眞, 核医学看護フォーラム 第55回日本核医学会学術総会,   2015年11月05日, 招待有り
  • Tumor hypoxia detected by 18F-misonidazole (F-MISO) PET/CT as a prediction of initial tumor response of radiation therapy (RT), Tachibana I, Hosono M, Inada M, Fukuda K, Tatebe H, Ishikawa K, Yokokawa M, Nakamatsu K, Kanamori S, Nishimura Y, ASTRO 2015, 57th annual meeting,   2015年10月18日
  • Assessment of heart injury induced by radiation therapy for esophageal cancer using FDG-PET/CT, Hanaoka k, Hosono M, Inada M, Sakaguchi K, Shimomura K, Tamura M, Matsumoto K, Monzen H, Nishimura Y, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2015年10月10日
  • Texture analysis for tumor hypoxia visualized by FMISO PET/CT during radiation therapy, Hosono M, Tachibana I, Nishimura Y, Hanaoka K, Kanamori S, Nakamatsu K, Ishikawa K, Sakaguchi K, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2015年10月10日
  • Therapy planning and dose prescription in radioiodine-131 therapy for hyperthyroidism using radioiodine-123 SPECT/CT imaging, Hanaoka K, Hosono M, Otsuka M, Asai Y, Okumura M, Ishii K, Murakami T, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2015年10月10日
  • Occupational radiation exposure of nursing staff in PET facility in association with performance status of patients, Hosono M, Takahara N, Yakushiji Y, Sakaguchi K, Yamada Y, Hosokawa C, Ishii K, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2015年10月10日
  • 核医学における医療安全と放射線防護, 細野 眞, 第51回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2015年10月02日, 招待有り
  • こころと体の健康と放射線, 細野 眞, 福島県市町村教育委員会連絡協議会,   2015年08月25日, 招待有り
  • α線内用療法の現状と展望, 細野 眞, 第52回アイソトープ・放射線研究会,   2015年07月08日, 招待有り
  • 読影・判定について, 細野 眞, 第28回イットリウム-90標識抗CD20抗体を用いた放射免疫療法の安全取扱講習会,   2015年07月04日, 招待有り
  • Radiation exposure of nursing staff in PET practices in correlation to performance status of patients, Hosono M, Takahara N, Yakushiji Y, Sakaguchi K, Ishii K, SNMMI 2015 Annual Meeting,   2015年06月06日
  • Tumor hypoxia imaging with 18F-misonidazole (F-MISO) positron emission tomography (PET) during radiation therapy (RT), Tachibana I, Hosono M, Ishikawa K, Nakamatsu K, Matsuura T, Tatebe H, Inada M, Fukuda K, Kanamori S,Nishimura Y, International Conference of Radiation Research,   2015年05月25日
  • Predictive values of 111In-ibritumomab tiuxetan SPECT/CT and 18F-FDG PET/CT in radioimmunotherapy for B-cell non-Hodgkin's lymphoma, Hanaoka K, Hosono M, Ishii K, Sakaguchi K, Tatsumi Y, Nishimura Y, 15th International Conference of Radiation Research,   2015年05月25日
  • Updates and Prospects of Alpha-emitters in Targeted Radionuclide Therapy, 細野 眞, 15th International Conference of Radiation Research,   2015年05月25日, 招待有り
  • ふくしま国際医療科学センターへの期待, 細野 眞, 核医学治療国際シンポジウム 核医学治療の現状と未来,   2015年05月23日, 招待有り
  • RI治療の概要 核医学基礎セミナー, 細野 眞, 第14回日本核医学会春季大会,   2015年04月26日, 招待有り
  • ガイドライン(検査、センチネル、オムツ、他)核医学指導者コース, 細野 眞, 第15回日本核医学会春季大会,   2015年04月25日, 招待有り
  • RI治療の概要 核医学基礎セミナー, 細野 眞, 第15回日本核医学会春季大会,   2015年04月25日, 招待有り
  • 川俣町における報告 日常生活における個人線量の活用例 福島復興に向けた取り組みと放射線防護上の課題, 細野 眞, 保物セミナー2014,   2014年12月09日, 招待有り
  • Measurement and parameters of α-emitting radium-223 for radionuclide therapy in accordance with radiation protection standards, Hosono M, Hohara S, Yamanishi H, Inagaki M, Wakabayashi G, Matsuda T, Sakaguchi K, Hanaoka K, Itoh T, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2014年10月18日
  • Predictive value of heterogeneity of intratumoral In-111-Zevalin and FDG distributions for tumor response in Zevalin therapy, Hosono M, Hanaoka K, Ishii K, Sakaguchi K, Yamada M, Komeya Y, Tsuchiya N, Im SW, Tatsumi Y, Matsumura I, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2014年10月18日
  • Texture analysis of intratumoral hypoxia on FMISO PET/CT in radiation therapy, Hosono M, Tachibana I, Nishimura Y, Hanaoka K, Kanamori S, Nakamatsu K, Ishikawa K, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2014年10月18日
  • Regional glucose metabolic reduction in dementia with Lewy bodies is independent of amyloid deposition, Ishii K, Hosokawa C, Hyodo T, Wakabayashi Y, Yamada M, Kozuka T, Hosono M, Murakami T, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2014年10月18日
  • Heterogeneity of intratumoral hypoxia on FMISO PET/CT in association with local control in radiation therapy, Hosono M, Tachibana I, Nishimura Y, Hanaoka K, Kanamori S, Nakamatsu K, Shibata T, Ishikawa K, Tamura M, ASTRO 2014, 56th annual meeting,   2014年09月14日
  • 被ばくってそんなにこわいの?, 細野 眞, PETサマーセミナー2014in小樽,   2014年08月30日, 招待有り
  • 知って貰いたい放射線の光と影, 細野 眞, 大研医器医療教育セミナー ,   2014年07月10日, 招待有り
  • Measurement and radiation control of α-emitting radium-223 in radionuclide therapy for prostate cancer with bone metastases, Hosono M, Hohara S, Yamanishi H, Inagaki M, Wakabayashi G, Sakaguchi K, Hanaoka K, Itoh T, SNMMI 2014 Annual Meeting,   2014年06月07日
  • Heterogeneity of intratumoral In-111-Zevalin and FDG distribution in association with therapeutic response in radioimmunotherapy for B-cell lymphoma, Hosono M, Hanaoka K, Ishii K, Sakaguchi K, Im SW, Tsuchiya N, Yoshihiro K, Tatsumi Y, and Matsumura I, SNMMI 2014 Annual Meeting,   2014年06月07日
  • Comparison between SUV and BP images acquired using 11C-PIB PET: Questionable PIB accumulation in SUV images, Hosokawa C, Ishii K, Kimura Y, Sakaguchi K, Hosono M, Murakami T, SNMMI 2014 Annual Meeting,   2014年06月07日
  • PETによるがん検診, 細野 眞, 第15回がん診療アップデート,   2014年05月17日
  • ガイドライン(検査、センチネル、オムツ、他)核医学指導者コース, 細野 眞, 第14回日本核医学会春季大会,   2014年04月26日, 招待有り
  • 新BSSの概要と本邦の取り組み The outline of the new BSS - Are we prepared? – , 細野 眞, 第70回日本放射線技術学会総会学術大会・第73回日本医学放射線学会総会,   2014年04月10日
  • RI内用療法の臨床における最近の動向 , 細野 眞, 放射線医学総合研究所 分子イメージングセンター講演会,   2014年02月05日
  • 日本におけるRI内用療法の現状とこれからの動向, 細野 眞, 応用物理学会放射線分科会講演会,   2013年12月14日, 招待有り
  • Association among heterogeneity of intratumoral anti-CD20 antibody distribution, glucose metabolism and therapeutic response in radioimmunotherapy for B-cell lymphoma, Hosono M, Hanaoka K, Ishii K, Im S, Sakaguchi K, Yagyu Y, Komeya Y, Tsuchiya N, Tatsumi Y, Matsumura I, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2013年10月19日
  • Therapy planning and dose prescription in radioiodine therapy for hyperthyroidism using SPECT/CT, Hosono M, Hanaoka K, Ishii K, Im S, Sakaguchi K, Yagyu Y, Matsukubo Y, Ohno Y, Ikegami H, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2013年10月19日
  • 核医学イメージングの放射線治療への応用, 細野 眞, 第18回東海腫瘍核医学研究会,   2013年09月28日, 招待有り
  • アイソトープ治療の現状と展望, 細野 眞, 第31回南大阪画像診断研究会,   2013年08月21日, 招待有り
  • 11C-PIB-PET SUV画像の視覚判定と定量評価, 細川 知紗, 村上 卓道, 石井 一成, 木村 裕一, 兵頭 朋子, 細野 眞, 坂口 健太, 宇佐美 公男, 第46回日本核医学会近畿地方会,   2013年07月, 第46回日本核医学会近畿地方会
  • PET核医学と放射線安全, 細野 眞, 8回PET・核医学看護研究会セミナー,   2013年06月22日, 招待有り
  • Heterogeneity of CD20 antigen expression and glucose metabolism in correlation with therapeutic response in radioimmunotherapy for B-cell lymphoma, Hosono M, Hanaoka K, Ishii K, Im SW, Sakaguchi K, Yagyu Y, Komeya Y, Tsuchiya N, Tatsumi Y, Matsumura I,   2013年06月08日
  • Therapy planning and dose prescription in radioiodine therapy for hyperthyroidism using SPECT/CT, Therapy planning and dose prescription in radioiodine therapy for hyperthyroidism using SPECT/CT, SNMMI 2013 Annual Meeting,   2013年06月08日
  • ガイドライン(検査、センチネル、オムツ、他)核医学指導者コース, 細野 眞, 第13回日本核医学会春季大会,   2013年04月28日, 招待有り
  • RI治療の概要, 細野 眞, 第13回日本核医学会春季大会,   2013年04月27日, 招待有り
  • アイソトープ治療における放射線防護のレビュー, 細野 眞, 医療における放射線防護国際会議 次の10年を見通す,   2012年12月
  • PET/CTにおける放射線防護, 細野 眞, 国際原子力機関 医療における放射線防護国際会議 次の10年を見通す,   2012年12月, 招待有り
  • 腫瘤形成した慢性顎下腺炎のFDG-PET/CT所見, 村上 卓道, 細川 知紗, 柏木 伸夫, 松久保 祐子, 山田 穣, 任 誠雲, 兵頭 朋子, 高橋 洋人, 栁生 行伸, 岡田 真広, 小塚 健倫, 今岡 いずみ, 鶴﨑 正勝, 松木 充, 足利 竜一朗, 細野 眞, 石井 一成, 第302回日本医学放射線学会関西地方会,   2012年11月, 第302回日本医学放射線学会関西地方会
  • Three dimensional planning of radioiodine therapy for hyperthyroidism by iodine-123 SPECT/CT, Hanaoka K, Hosono M, Kurokawa T, Sakaguchi K, Yoshida S, Inoue R, Ishii K, Murakami T, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2012年10月27日
  • Prediction of tumor response by Indium-111-Zevalin SPECT/CT and FDG-PET/CT in radioimmunotherapy for B-cell non-Hodgkin lymphoma, 細野 眞, Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2012年10月27日
  • Radiation safety in Nuclear Medicine, 細野 眞, 11th Annual General Meeting of Asian Regional Cooperative Council for Nuclear Medicine,   2012年10月24日
  • 内用療法の環境整備, 細野 眞, 第52回日本核医学会学術総会,   2012年10月, 招待有り
  • 認知症における脳FDG-PET早期撮像の可能性について, 兵頭 朋子, 石井 一成, 坂口 健太, 花岡 宏平, 宇佐美 公男, 島元 健次, 山添 譲, 山田 穣, 松木 充, 細野 眞, 村上 卓道, 第52回日本核医学会学術総会,   2012年10月, 第52回日本核医学会学術総会
  • PET と放射線リスクコミュニケーション, 細野 眞, PETサマーセミナー2012in信州,   2012年09月, 招待有り
  • レビー小体型認知症の頭頂側頭連合野の代謝低下はアミロイド沈着によらない, 石井 一成, 村上 卓道, 兵頭 朋子, 坂口 健太, 花岡 宏平, 宇佐美 公男, 島元 健次, 山添 譲, 山田 穣, 松木 充, 細野 眞, 第45回日本核医学会近畿地方会,   2012年07月, 第45回日本核医学会近畿地方会
  • Chronological Documents on the Fukushima Accident-Nuclear Emergency at the Fukushima Nuclear Reactor Accident in March 2011, 細野 眞, Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine,   2012年06月09日, 招待有り
  • 専門医教育セミナー ガイドライン, 細野 眞, 第12回日本核医学会春季大会,   2012年04月28日, 招待有り
  • 基礎セミナー RI内用療法, 細野 眞, 第12回日本核医学会春季大会,   2012年04月27日, 招待有り
  • Indium-111-Zevalin-SPECT/CT and FDG-PET/CT as quantitative evaluation in radioimmunotherapy for B-cell non-Hodgkin’s lymphoma, 花岡 宏平, 細野 眞, 山添 譲, 村上 卓道, Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine,   2011年10月15日, Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine
  • Measurement of functional thyroid weight using I-123 SPECT/CT as planning for radioiodine therapy, Hanaoka K, Hosono M, Shimosegawa E, Hatazawa J, EANM’11 annual congress of European Society of Nuclear Medicine,   2011年10月15日
  • A prospective Clinical Trial on Tumor Hypoxia Imaging with 18F-misonidazole (F-MISO) positron Emission Tomography (PET), Tachibana I, Nishimura Y, Shibata T, Kanamori S, Nakamatsu K, Tamura M, Koike R, Nishikawa T, Ishikawa K, Hosono M, 53rd annual meeting of ASTRO,   2011年10月02日
  • ストロンチウム-89を2回投与した骨転移症例の検討, 米矢 吉宏, 細野 眞, 土屋 典生, 村上 卓道, 第51回日本核医学会学術総会,   2011年10月, 第51回日本核医学会学術総会
  • Clinical impact of CT attenuation correction by SPECT/CT in brain perfusion images, Ishii K, Hanaoka K, Okada M, Kumano S, Komeya Y, Tsuchiya N, Hosono M, Murakami T, SNM 2011 Annual Meeting,   2011年06月04日
  • I-131アブレーション, 細野 眞, 第11回日本核医学会春季大会,   2011年05月
  • 基礎セミナー RI内用療法, 細野 眞, 第11回日本核医学会春季大会2011年,   2011年05月, 招待有り
  • 専門医教育セミナー ガイドライン, 細野 眞, 第11回日本核医学会春季大会2011年,   2011年05月, 招待有り
  • The iliac wing sign: The feasibility for diagnosis of bone and/or soft-tissue injury of the pelvis and hips, Kakigi T, Hosono M, Shimono T, Hiraoka T, Nishimura K, ECR 2011,   2011年03月03日
  • FDG and F-MISO PET-CT in the treatment planning for radiation therapy., 西村 恭昌, 立花 和泉, 大久保 充, 細野 眞, the First International Conference on Real-time Tumor-tracking Radiation Therapy with 4D Molecular,   2011年02月, the First International Conference on Real-time Tumor-tracking Radiation Therapy with 4D Molecular
    概要:FDG と F-MISO を用いたPET-CT が治療計画に有用であることを報告した。
  • 機能画像に基づくがん治療-機能画像の臨床応用, 第13回癌治療増感研究シンポジウム,   2011年
  • RI内用治療の現状と将来, 平成22年度放射線安全管理研修会,   2011年
  • A Prospective Clinical Trial of Tumor Hypoxia Imaging with 18F-misonidazole (F-MISO) Positron Emission Tomography (PET), 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, 石川 一樹, 細野 眞, American Society for Radiation Oncology 53rd Annual Meeting,   2011年, American Society for Radiation Oncology 53rd Annual Meeting
    概要:Purpose:PET with 18F-misonidazole (F-MISO) is a non-invasive method of depicting tumor hypoxia. Result: Mean ± SD of SUVmax of the normal muscles was 1.26 ± 0.17. Based on these data, accumulation of F-MISO above a value of mean + 2SD (1.60 SUV) was regarded as indicating a hypoxic area. Except in one patient with postoperative recurrent uterine body cancer, the remaining five tumors showed a decrease in SUVmax or T/M ratio after approximately 20Gy of fractionated RT. Conclusions: Based on the SUVmax of the normal muscles, accumulation of F-MISO above 1.6 SUV was regarded as indicating a hypoxic area. Decrease in the SUVmax or T/M ratio, suggesting reoxygenation, was observed for most tumors after approximately 20Gy of fractionated RT. SUVmax of F-MISO before or during fractionated RT may predict the clinical outcomes of the tumors.
  • 機能画像を用いた放射線治療計画の現状と展望, 西村 恭昌, 立花 和泉, 細野 眞, 第50回日本核医学学術総会,   2010年11月, 第50回日本核医学学術総会
    概要:機能画像を用いた放射線治療計画の現状と展望について述べた。(シンポジスト)
  • F-18フルオロミソニダゾールによる腫瘍内低酸素領域の画像化, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 中松 清志, 石川 一樹, 西川 龍之, 細野 眞, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会,   2010年11月, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会
    概要:目的:F-MISOを利用し低酸素状態をPETによって画像化し、腫瘍内低酸素領域と再酸素化現象について検討する。 対象と方法:頭頸部癌、肺癌、食道癌、子宮体癌の合計6例を対象とした。腫瘍長径は28-68mmであった。検査はPET/CT装置を用い、全例治療前にFDG-PETを撮影した。F-MISOは体重1kg当たり約3.7MBq静脈投与し、約3時間後に撮影を行った。F-MISO-PETは、放射線治療前および約20Gy/10回の時期に原則2回行った。腫瘍周辺の正常筋肉へのF-MISOのSUVmaxの値は、95%信頼区間で1.15-1.49であった。これをもとに1.5 SUV以上のF-MISO腫瘍内集積を有意とした。さらに、腫瘍内のF-MISO SUVmaxを筋肉のSUVmaxで割った値(T/M 比)を求めた。 結果:放射線治療前のPETでは、6例全例で腫瘍内に1.5 SUV以上の集積を認めた。F-MISOの分布は、FDGの分布とは異なり腫瘍の一部に局在する傾向を認めた。2回撮影の行えた5例中4例では、照射に伴いT/M 比は低下した。 結語:F-MISO-PETで腫瘍内低酸素領域の画像化が可能である。分割照
  • RI標識モノクローナル抗体療法におけるIn-Zevalin, FDGの腫瘍集積と奏功について, 花岡宏平, 細野 眞, 村上 卓道, 第50回日本核医学会学術総会,   2010年11月, 第50回日本核医学会学術総会
  • Definition of target volumes by PET/CT for radiation therapy planning using moving phantom, Hanaoka K, Hosono M, Okubo M, Usami K, Okumura M, Sumita M, Nishimura Y, Murakami T, EANM'10,   2010年10月09日
  • 放射線治療計画におけるPETデータの活用, PETサマーセミナー2010in岡山シンポジウム,   2010年
  • RI内照射療法の併用療法と今後の展望, 第50回日本核医学会学術総会シンポジウム ,   2010年
  • 専門医教育セミナー PET/CT, 第10回日本核医学会春季大会,   2010年
  • 基礎セミナー 医療放射線被ばくとその防護, 第10回日本核医学会春季大会,   2010年
  • recovery coefficient (RC) ?SUV補正を用いた食道癌のリンパ節転移の評価, 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 第49回日本核医学会学術総会,   2009年10月, 第49回日本核医学会学術総会
  • Assessment of lymph node metastasis in esophageal cancer with SUV correction based on count recovery on 18F-FDG PET/CT., 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, SNM2009 Annual Meeting,   2009年06月13日, SNM009 Annual Meeting
  • Measurement of regional cerebral blood flow associated with cilostazol tehrapy in vascular dementia., 花田 一志, 細野 眞, 村上 卓道, SNM 2009 Annual Meeting,   2009年06月13日, ISM 2009 Annual Meeting
  • 医療における放射線防護の国際動向, 細野 眞, 米矢 吉宏, 村上 卓道, 第68回日本医学放射線学会学術集会,   2009年04月, 第68回日本医学放射線学会学術集会
  • Reconery Cofficient(RC)-SUV部分容積効果補正による肺癌リンパ節転移の評価, 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 第68回日本医学放射線学会学術集会,   2009年04月, 第68回日本医学放射線学会学術集会
  • HP-103-7 Dual-time-point FDG-PETを用いた食道癌リンパ節転移の診断(食道(臨床2),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会), 彭 英峰, 安田 卓司, 中森 康浩, 岩間 密, 武本 智樹, 白石 治, 安田 篤, 新海 政幸, 今野 元博, 今本 治彦, 塩崎 均, 岡田 真広, 細野 眞, 日本外科学会雑誌,   2009年02月25日
  • 専門医教育セミナー PET/CT, 第9回日本核医学会春季大会,   2009年
  • 基礎セミナー 医療放射線被ばくとその防護, 第9回日本核医学会春季大会,   2009年
  • Malignant Lymphoma Post Therapy:Usefulness and Pitfalls Using FDG-PET/CT Compared to CT, MRI, and Ga Sxintigraphy., 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 94rd Radiological Society of North America,   2008年12月, 94rd Radiological Society of North America
  • OOKP(歯根部利用人工角膜)手術後のCT像, 桑原 雅知, 下野 太郎, 勝部 敬, 藤谷 哲也, 松久保 祐子, 足利 竜一朗, 福田 昌彦, 濱田 傑, 細野 眞, 村上 卓道, 第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2008年10月, 第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会
  • Adrenal masses: The additional value of FDG-PET/CT for cancer patients, Okada M, Hosono M, Shimono T, Kumano S, Usami K, Yamazoe Y, Komeya Y, Kagawa Y, Tsuchiya N, Murakami T, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2008年06月14日, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine
  • Evaluation of lymph node metastases in esophageal cancer with SUV correction for partial volume effect on FDG PET/CT, 香川祐毅, 細野 眞, 村上 卓道, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2008年06月, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine
  • New insight into the pathogenesis of malignant lymphoma by integrated FDG-PET/CT, 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2008年06月, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine
  • Utility of partial volume correction based on count recovery on FDG PET/CT in lymph node metastasis of lung cancer, 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2008年06月, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine
  • MDCT,MRI画像診断によるHCCのRFA治療効果判定, 岡田 真広, 熊野 正士, 桑原 雅知, 柳生 行伸, 勝部 敬, 荒木 哲朗, 香川 祐毅, 葉 輝明, 安藤 理奈, 松久保 祐子, 任 誠雲, 米矢 吉宏, 小塚 健倫, 土屋 典生, 下野 太郎, 今岡 いずみ, 足利 竜一朗, 細野 眞, 工藤 正俊, 村上 卓道, 第44回日本肝癌研究会,   2008年05月, 第44回日本肝癌研究会
  • 原発性肺癌のリンパ節転移の評価におけるrecovery coefficient(RC)-SUV補正の有用性, 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 第67回日本医学放射線学学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学学術集会
  • 悪性リンパ腫のPET-CT診断に関するReview, 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 第27回日本画像医学会,   2008年02月, 第27回日本画像医学会
  • 食道癌リンパ節のPET/CTによる評価, 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 第108回核医学症例検討会,   2008年02月, 第108回核医学症例検討会
  • 新しい放射線規制 医療現場の対応, 保物セミナー2008 保健物理学会セッション ,   2008年
  • Reduction in radiation exposure to patients and personnel in PET/CT examinations, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2008年
  • 専門医教育セミナー PET/CT, 第8回日本核医学会春季大会,   2008年
  • 基礎セミナー 医療放射線被ばくとその防護, 第8回日本核医学会春季大会,   2008年
  • Recovery Coefficoent(RC)に基づくSUV補正用いた肺癌リンパ節転移の評価, 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 第47回日本核医学会学術総会,   2007年11月, 第47回日本核医学会学術総会
  • Static and moving phantom studies for treatment planning in an integrated PET/CT system., 西村 恭昌, 大久保 充, 中松 清志, 奥村 雅彦, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓二, 西川 龍之, 細野 眞, the 49th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2007年10月, the 49th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:PET-CTシミュレーションのためのファントム実験の結果を報告した。
  • Assessment of lymph node metastasis in lung cancer with SUV correction based on count recovery in FDG PET/CT., 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 54th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine.,   2007年06月, 54th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine.
  • Effect of attenuation correction on wall motion quantification in Tl-201 ECG-gated myocardial SPECT. Assessment of lymph node metastasis in lung cancer with SUV correction based on count recovery in FDG PET/CT., 細野 眞, 米矢 吉宏, 村上 卓道, 54th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine.,   2007年06月, 54th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine.
  • 悪性リンパ腫のPET-CT診断, 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 竹内亮, 佐藤範英, 第66回日本医学放射線学会学術集会,   2007年04月, 第66回日本医学放射線学会学術集会
  • 新しいRI内用療法を有効かつ安全に行うための要点, 第47回日本核医学会学術総会シンポジウム,   2007年
  • 核医学におけるイメージングと治療の現在, 日本放射線影響学会第50回大会シンポジウム,   2007年
  • Hepatocellular carcinoma, cholangiocarcinoma, and liver metastasis by multimodality imaging: MSCT, US, MRI, and PET, Okada M, Yagyu Y, Murakami T, Numata K, Takeuchi R, Hosono M, 92nd Scientific Assembly and Annual Meeting RSNA,   2006年11月26日
  • Biliary obstruction: Value of imaging for choledocholithiasis, pancreas, and bile duct cancer, Okada M, Im S, Yagyu Y, Shimono T, Murakami T, Hosono M, 92nd Scientific Assembly and Annual Meeting RSNA,   2006年11月26日
  • MR imaging, CT, and PET in patients with cancer of peritoneum and abdominal wall, Komeya Y, Okada M, Hosono M, Takeuchi R, Matsumura K, Murakami T, 92nd Scientific Assembly and Annual Meeting RSNA,   2006年11月26日
  • Abdominal calcifications: Pictorial review of liver, spleen, gallbladder, kidney, peritoneum, and vascular structure lesions, Im S, Okada M, Yoh T, Tsuchiya N, Hosono M, Murakami T, 92nd Scientific Assembly and Annual Meeting RSNA,   2006年11月26日
  • PET first : Malignant Lymphoma., 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 竹内亮, 佐藤範英, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • 卵巣腫瘤との鑑別が困難であった限局性腹膜偽粘液腫の一例, 清水利栄, 今岡 いずみ, 下野 太郎, 桑原 雅知, 小塚 健倫, 葉輝明, 坪山 尚寛, 柳生行伸, 熊野 正士, 足利 竜一朗, 村上 卓道, 米矢 吉宏, 土屋 典生, 岡田 真広, 細野 眞, 日本医学放射線学会関西地方会,   2006年11月, 日本医学放射線学会関西地方会
  • Early cancer diagnosis in healthy population, an epidemiological dilemma, Takeuchi R, Sengoku T, Okada M, Hosono M, Ohta H, Matsumura K, Annual Congress of EANM 2006,   2006年10月01日
  • Pulmonary hyalinizing granulomaが強く疑われMalignant mesotheliomaを合併した一例:FDG-PET/CTによる良悪性の検討, 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 松村要, 第42回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2006年10月, 第42回日本医学放射線学会秋季臨床大会
  • Comparison of adrenal cortical scintigraphy, CT and chemical-shift MRI for differential diagnosis of adrenal cortical functioning adenoma, Yoh T, Hosono M, Tsuchiya N, Komeya Y, Hanada K, Im SW, Ashikaga R, Shimono T, Yagyu Y, Hiroi K, 53rd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2006年06月03日
  • Difference of brain surface images between with and without attenuation correction for application to 3D-SSP technique, Hanada K, Hosono M, Hitomi Y, Yagyu Y, Komeya Y, Funatsu K, Takahashi E, Kudo T, Hitomi K, Nishimura Y, 53rd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2006年06月03日
  • Quantitative assessment of wall motion and thickening on TL-201 stress myocardial gated SPECT for detecting ischemia, Komeya Y, Hosono M, Yoh T, Tsuchiya N, Hanada K, Ashikaga R, Yagyu Y, Koike R, Hiroi K, Kudo K, 53rd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2006年06月03日
  • Quantification of left ventricular systolic and diastolic function using TL-201 gated SPECT and derivative analysis for detecting ischemia, Komeya Y, Hosono M, Yoh T, Tsuchiya N, Hanada K, Im SW, Ashikaga R, Yagyu Y, Okada M, Shimono T, 53rd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2006年06月03日
  • Statistical image analysis of regional cerebral blood flow in patients of mild cognitive impairment and relation of MMSE subgroups, Hanada K, Hosono M, Hitomi Y, Yagyu Y, Komeya Y, Kitahata D, Ohga Y, Kudo T, Hitomi K, Nishimura Y, 53rd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2006年06月03日
  • 大動脈解離後に発症した下腸間膜動脈領域の虚血性腸炎, 任 誠雲, 下野 太郎, 清水 利栄, 葉 輝明, 米矢 吉宏, 坪山 尚寛, 桑原 雅知, 土屋 典生, 岡田 真広, 小塚 健倫, 今岡 いずみ, 足利 竜一朗, 細野 眞, 井上 剛裕, 梅原 泰, 土手 健作, 村上 卓道, 第283回日本医学放射線学会関西地方会,   2006年06月, 第283回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:症例は73歳男性で、主訴は下痢。大動脈解離(DebakeyI型)術後1週間より発症。CTで解離の及んでいた下腸間膜動脈の閉塞を認め、虚血性腸炎と考えた。解離術後に発生する腸管虚血は稀な合併症で、上腸間膜動脈閉塞が原因となることが多く、下腸間膜動脈が原因となることは極めて稀(本邦1985~03年の間で3例)である。虚血性腸炎発症時期は術後数週からという報告が多い。本症例でも術後1週間から発症しており、虚血性腸炎は解離術後から発症までにはタイムラグがあることを知っておくことは重要である。
  • 腎granular cell carcinomaの一例 , 栁生 行伸, 下野 太郎, 岡田 真広, 任 誠雲, 葉 輝明, 米矢 吉宏, 堀川 重樹, 植村 天受, 筑後 孝章, 細野 眞, 村上 卓道, 第20回腹部放射線研究会,   2006年05月, 第20回腹部放射線研究会
    概要:腹部CTにて左腎腫瘍を指摘されて当院泌尿器科受診。腹部CTでは均一で骨格筋と同程度のCT値であり、内部に小さな石灰化がみられた。脂肪成分は指摘できず。造影CT早期相では均一によく造影されて、後期相では周囲の腎よりも低吸収であったがtime density curve 上は漸増性を示していた。MRI T2強調画像では骨格筋と同程度の低信号であり、chemical shift imageでは微少脂肪成分は指摘できず、in phase, opposed phaseとも腫瘤は腎実質よりも高信号を示していた。Dynamic studyではCT同様均一に造影されている。T2強調画像で腫瘍そのものが低信号を示しており、被膜の同定は不可能であった。脂肪成分が少ない血管筋脂肪腫との鑑別に苦慮したが、clear cell carcinoma以外の悪性腫瘍の可能性も考え、左腎摘出術を施行。Gerota筋膜表面の血管は強く怒張し、易出血性であった。左腎上極の癒着も著しかった。割面は灰白色で均一であった。組織診断はgranurlar cell carcinomaであった。
  • 近畿大学病院における造影CT検査副作用への対応について, 土屋 典生, 下野 太郎, 細野 眞, 第65回日本医学放射線学会総会,   2006年04月, 第65回日本医学放射線学会総会
    概要:造影CTにおけるショック、過敏症はアナフィラキシー様反応と認識され、治療、予防のためエピネフリン(商品名:ボスミン)投与が必須となっている。 副作用発現時のボスミン投与時期の明確な報告はなく、中等症以上の症例では症状発現後遅くとも1分以内の投与が推奨されている。また、気道確保等の救命措置が遅れがちなCT室ではより早期段階での投与が望まれる。 以上の観点から、ボスミンの投与開始時点を検討した結果、副作用軽症例のうち、 発赤を伴った場合はアナフィラキシー様反応に特有(アナフィラキシー様症状時、84%発現)と考え、これが認められた時点でエピネフリン筋注を開始する事とした。
  • 近畿大学病院における造影CT検査副作用への対応について, 土屋 典生, 下野 太郎, 細野 眞, 足利 竜一朗, 岡田 真広, 米矢 吉宏, 栁生 行伸, 任 誠雲, 柴田 徹, 西村 恭昌, 第65回日本医学放射線学会総会,   2006年04月, 第65回日本医学放射線学会総会
    概要:造影CTにおけるショック、過敏症はアナフィラキシー様反応と認識され、治療、予防のためエピネフリン(商品名:ボスミン)投与が必須となっている。 副作用発現時のボスミン投与時期の明確な報告はなく、中等症以上の症例では症状発現後遅くとも1分以内の投与が推奨されている。また、気道確保等の救命措置が遅れがちなCT室ではより早期段階での投与が望まれる。 以上の観点から、ボスミンの投与開始時点を検討した結果、副作用軽症例のうち、 発赤を伴った場合はアナフィラキシー様反応に特有(アナフィラキシー様症状時、84%発現)と考え、これが認められた時点でエピネフリン筋注を開始する事とした。
  • 近畿大学病院における造影CT検査副作用への対応について, 土屋 典生, 下野 太郎, 足利 竜一朗, 岡田 真広, 米矢 吉宏, 任 誠雲, 細野 眞, 栁生 行伸, 西村 恭昌, 廣井 啓二, 第281回日本医学放射線学会関西地方会,   2005年10月, 第281回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:造影CTにおけるショック、過敏症はアナフィラキシー様反応と認識され、治療、予防のためエピネフリン(商品名:ボスミン)投与が必須となっている。 副作用発現時のボスミン投与時期の明確な報告はなく、中等症以上の症例では症状発現後遅くとも1分以内の投与が推奨されている。また、気道確保等の救命措置が遅れがちなCT室ではより早期段階での投与が望まれる。 以上の観点から、ボスミンの投与開始時点を検討した結果、副作用軽症例のうち、 発赤を伴った場合はアナフィラキシー様反応に特有(アナフィラキシー様症状時、84%発現)と考え、これが認められた時点でエピネフリン筋注を開始する事とした。
  • Correlation of regional cerebral blood flow and MMSE subgroups in patients of mild cognitive impairment, 花田 一志, 細野 眞, 人見 佳枝, 栁生 行伸, 米矢 吉宏, 小池 竜太, 切目 栄司, 人見 一彦, 北畑 大輔, 西村 恭昌, 52nd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2005年06月18日, Society of Nuclear Medicine 52nd Annual Meeting
  • Assessment of left ventricular systolic and diastolic function using Tl-201 gated SPECT for detectiong ischemia, Komeya Y, Hosono M, Kudo T, Koike R, Hiroi K, Yagyu Y, Nin Seiun, Hanada K, Nishimura Y, 52nd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2005年06月18日
  • Wall motion and thickening measurement on Tl-201 stress myocardial gated SPECT for detecting ischemia, Komeya Y, Hosono M, Kudo T, Koike R, Hiroi K, Yagyu Y, Hanada K, Nishimura Y, 52nd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2005年06月18日
  • MMSE下位グループの得点と局所脳血流変化の相関性の検討, 花田 一志, 人見 一彦, 人見 佳枝, 切目 栄司, 北畑 大輔, 細野 眞, 柳生 行伸, 小池 竜太, 西村 恭昌, 米矢 吉宏, 第6回関西アルツハイマー病治療SPECT研究会,   2005年06月, 第6回関西アルツハイマー病治療SPECT研究会
  • Tl-201心筋SPECTにおける吸収補正の定量的検討, 細野 眞, 米矢 吉宏, 任 誠雲, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 工藤崇, 横山裕, 横塚弘一, 日本医学放射線学会,   2005年04月, 日本医学放射線学会
  • 統合失調症における妄想の有無による脳血流パターンの差異, 花田 一志, 人見 一彦, 切目 栄司, 柴 育太郎, 細野 眞, 柳生 行伸, 中松 清志, 小池 竜太, 米矢 吉宏, 西村 恭昌, 第64回日本医学放射線学会,   2005年04月, 第64回日本医学放射線学会
  • 長谷川式簡易知能評価スケール下位項目得点と局所脳血流変化の相関性の検討, 花田 一志, 人見 一彦, 細野 眞, 下野 太郎, 小池 竜太, 米矢 吉宏, 任 誠雲, 土屋 典生, 葉 輝明, 西村 恭昌, 工藤 崇, 第45回日本核医学会総会,   2005年, 第45回日本核医学会総会
  • 3D-SRTを使用したAlzheimer病の診断の有効性, 花田一志, 人見 一彦, 人見一彦, 細野 眞, 下野 太郎, 中松 清志, 小池 竜太, 米矢吉宏, 任誠雲, 西村 恭昌, 工藤 崇, 第44回日本核医学会総会,   2004年11月, 第44回日本核医学会総会
    概要:3D-SRT(3-demensional stereotaxic ROI template)はSPMの標準化機能を利用し、あらかじめ決められた関心領域の局所脳血流を解析するソフトである。3D-SRTを用いてAlzheimer病の診断の制度、有効性を判別分析を用いて検討した。今回の結果では的中率は100%、誤判別率は5.39%との結果になり、臨床において診断に有用なツールであると思われた。
  • タリウム-201心筋QGSにおける壁運動と壁厚の定量的評価, 米矢 吉宏, 細野 眞, 任 誠雲, 栁生 行伸, 廣井 啓二, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 花田 一志, 工藤 崇, 第33回断層映像研究会,   2004年10月, 第33回断層映像研究会
    概要:(目的)Tl-201心筋SPECTにおいて、QGS上の壁運動と壁厚の定量し、正常例における標準値を求めた。さらに、冠動脈造影にて冠動脈病変が確認された虚血性心疾患(IHD)患者のQGS壁運動と壁厚を求め、虚血心筋の診断における有用性について検討した。 (方法)対象は、心エコー、心電図、臨床経過によって、IHDを否定された10例を正常群(64±8歳)とした。IHD例は、冠動脈造影所見によってLAD群4例、RCA群8例、LCX群4例と群分けした。負荷・Tl-201投与直後(早期像)および3時間後(後期像)に、2検出器型ガンマカメラにより、180度収集、R-R間隔8分割により撮像した。 (結果)正常群の壁運動は、早期像と後期像の間で、心尖部、中隔、後下壁に有意差があった。正常群の壁厚は、早期像と後期像の間で、心尖部、中隔、後下壁、側壁に有意差があった。正常群とIHD群において、(後期像中隔壁運動を除く)いずれの領域にも壁運動と壁厚に有意差を認めた。また、正常群の標準値をもと
  • 当院における99mTc-HMPAO SPECTのNorma Database作成の試み, 花田一志, 人見 一彦, 切目栄司, 大賀征夫, 田村善史, 人見一彦, 細野 眞, 足利 竜一朗, 栁生 行伸, 西村 恭昌, 第56回近畿大学医学会学術講演会,   2004年07月, 第56回近畿大学医学会学術講演会
    概要:脳血流SPECT検査において、統計学的画像解析はその詳細な血流低下領域を描出するために必要な手法となっている。3D-SSPは統計学的画像解析の一つであるが、解析の過程でNormal Databaseが必要になり、より詳細な検討のためには厳密には検査機器ごとのDatabaseを作成する必要がある。当院で使用している機器であるADAC社製FORTEにおいて99mTc-HMPAO SPECTのNorma Database作成を試みた。
  • Tl-201心電図同期心筋SPECTの壁運動と壁厚の標準値に関する検討, 米矢 吉宏, 細野 眞, 任 誠雲, 栁生 行伸, 小池 竜太, 廣井 啓二, 中松 清志, 西村 恭昌, 花田 一志, 工藤 崇, 第37回日本核医学会近畿地方会,   2004年07月, 第37回日本核医学会近畿地方会
    概要:(目的)Tl-201心電図同期心筋SPECTにおいて、QGS上の壁運動と壁厚の定量し、正常例における標準値を求めた。さらに、冠動脈造影にて冠動脈病変が確認された虚血性心疾患(IHD)患者のQGS壁運動と壁厚を求め、虚血心筋の診断における有用性について検討した。(方法)対象は、Tl-201心筋SPECTを施行したが、心エコー、心電図、臨床経過によって、IHDを否定された10例を正常群(年齢64±8歳)とした。IHD例は、冠動脈造影所見によってLAD群4例、RCA群8例、LCX群4例と群分けした。負荷・Tl-201投与直後(早期像)および3時間後(後期像)に、2検出器型ガンマカメラにより、180度収集、R-R間隔8分割により撮像した。(結果)正常群の壁運動は、早期像と後期像の間で、心尖部(p=.0009)、中隔(p=.0018)、後下壁 (p=.0025)に有意差があった。正常群の壁厚は、早期像と後期像の間で、心尖部(p=.0001)、中隔(p=.0014)、後下壁(p=.0406)、側壁(p=.0356)に有意差があった。正常群とIHD群において、(
  • VOI classicを用いたAlzheimer型痴呆診断の検討, 花田一志, 人見 一彦, 切目栄司, 辻井農亜, 人見一彦, 細野 眞, 栁生 行伸, 中松 清志, 小池 竜太, 米矢 吉宏, 西村 恭昌, 第5回関西アルツハイマー病治療SPECT研究会,   2004年06月, 第5回関西アルツハイマー病治療SPECT研究会
    概要:Alzheimer型痴呆の画像診断は、SPMや3D-SSPなどの統計学的画像解析により大きく変化し、早期の血流低下も診断可能となってきた。しかし、これらの方法では血流量の低下を視覚的に判断するもので、数値による比較は動脈血採血など煩雑な手技や、独自のデータベースの構築を必要とする場合が多く、実施が難しい面がある。VOI classicはTalairach atlasのグリッドを用いて脳の領域を設定し、その領域に含まれるピクセル数により領域毎の平均値を算出するソフトウェアである。各領域の血流量を比較的変化の少ない小脳と比較することにより、簡便にAlzheimer型痴呆の診断が可能であるかどうかをVOI Classicを用いて検討した。
  • Disease severity and diagnostic performance of nuclear medicine physicians are not related in brain perfusion SPECT inpection for Alzheimer's disease, Honda N, 細野 眞, Machida K Matsumoto T Matsuda H Imabayashi E Hashimoto J Inoue Y Koizumi K Kosuda S Momose T Mori Y Oshima M,   2004年06月
  • Regional CBF change and detection of vasospasm in subarachnoid hemorrhage, 細野 眞, Machida K Matsui T Honda N Takahashi T Osada H Ohtawa N Asano T, SNM,   2004年06月, SNM
  • Wall motion quantification on Tl-201 gated SPECT for detecting ischemia, 細野 眞, 米矢 吉宏, 小池 竜太, 栁生 行伸, 中松 清志, 任 誠雲, 花田 一志, 西村 恭昌, Kudo T, SNM,   2004年06月, SNM
  • Different regional cerebral blood flow patterns in chronic schizophrenia with and without delusion, 花田 一志, 細野 眞, 栁生 行伸, 人見 佳枝, 中松 清志, 米矢 吉宏, 小池 竜太, 柴 育太郎, 人見 一彦, 西村 恭昌, SNM,   2004年06月, SNM
  • Alzheimer型痴呆の診断における3D-SRTの有用性, 花田 一志, 人見 一彦, 切目栄司, 辻井農亜, 人見一彦, 細野 眞, 栁生 行伸, 中松 清志, 小池 竜太, 米矢 吉宏, 西村 恭昌, 第63回日本医学放射線学会,   2004年04月, 第63回日本医学放射線学会
    概要:Alzheimer型痴呆の画像診断は統計学的画像解析により大きく変化し、早期の血流低下も診断が可能となってきた。3D-SRT(Three-demensional stereotaxic ROI template)は、SPMの標準化機能を利用し、あらかじめ決められた関心領域の局所脳血流を自動的に解析できるが、これらの関心領域についてAlzheimer群、正常群の2群間で比較を行った。
  • タリウム心電図同期心筋SPECTの壁運動の標準値に関する検討, 米矢 吉宏, 細野 眞, 栁生 行伸, 井上 正昭, 粟井 和夫, 中松 清志, 西村 恭昌, 小池 竜太, 工藤 崇, 第63回日本医学放射線学会総会,   2004年04月, 第63回日本医学放射線学会総会
    概要:(目的)テクネシウム製剤を用いたQGS負荷心筋シンチは、虚血心筋のviability評価の有用性が確立されている。今回、タリウム201を用いたQGS壁運動が虚血心筋の評価に有用であることを示すため、QGS壁運動を定量的、三次元的に評価し、虚血性心疾患群の冠動脈別比較、検討を行った。(方法)対象は当院でタリウム負荷心筋シンチを施行した患者で、心エコー、心電図、臨床経過で虚血性心疾患が否定された10例を正常群とした。虚血性心疾患例は、冠動脈造影検査で有意な狭窄を認めた患者をLAD群4例、LCX群8例、RCA群4例に分類した。負荷・タリウム投与直後(早期像)、および3時間後(後期像)とし撮像した。QGS(Quantitative Gated SPECT)プログラムのBull’s eye 表示画像から心尖部、前壁、中隔、後下壁、側壁の5区域を設定し、区域ごとの壁運動量の平均値をそれぞれの区域の壁運動量とした。(結果)正常群の壁運動は、早期像と後期像の間で、心尖部、中隔、後下壁に壁運動の有意差が
  • Tl-201心筋血流QGS壁運動量と三次元壁運動画像の検討, 米矢 吉宏, 細野 眞, 栁生 行伸, 井上 正昭, 粟井 和夫, 小池 竜太, 中松 清志, 西村 恭昌, 花田 一志, 工藤 崇, 第9回三次元CT・MRI研究会,   2004年01月, 第9回三次元CT・MRI研究会
    概要:目的:Tl-201心筋血流QGS上の壁運動の定量値について、正常例における標準値を求め、冠動脈造影にて冠動脈病変の確認された虚血性心疾患(IHD)患者と比較した。方法:対象は、Tl-201心筋SPECTを施行したが、心エコー、心電図、臨床経過によって、IHDを否定された10例を正常群(年齢64±8歳)と見なした。IHD例は、冠動脈造影所見によってLAD群4例、LCX群8例、RCA群4例と群分けした。負荷・Tl-201投与直後(早期像)および3時間後(後期像)に、2検出器型ガンマカメラにより、180度収集、R-R間隔8分割により撮像した。結果:正常群の壁運動(mm)は、心尖部、前壁、中隔、後下壁、側壁それぞれ、早期像にて、9.8±1.2、9.3±1.7、6.7±1.6、8.5±1.9、9.8±1.6、後期像にて8.2±1.8、8.4±1.3、4.9±1.9、6.8±1.5、9.7±2.1であった。早期像と後期像の間に、心尖部(p=.0009)、中隔(p=.0018)、後下壁(p=.0025)で壁運動の有意差があった。また、正常群、LAD群、LCX群、RCA群において、早期像、後期像とも、いずれの領
  • 統合失調症の慢性期における妄想の有無による脳血流分布の差異, 花田 一志, 人見 一彦, 人見 佳枝, 辻井 農亜, 田村 善史, 細野 眞, 柳生 行伸, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, Society of Nuclear Medicine 51nd Annual Meeting,   2004年, Society of Nuclear Medicine 51nd Annual Meeting
  • 初老期におけるアルツハイマー病とうつ病の局所脳血流評価, 花田 一志, 人見 一彦, 人見 佳枝, 切目 栄司, 柴 育太郎, 細野 眞, 柳生 行伸, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, Society of Nuclear Medicine 51nd Annual Meeting,   2004年, Society of Nuclear Medicine 51nd Annual Meeting
  • Three-dimensional stereotacitc surface projection of brain perfusion SPET enhances diagnosis of Alzheimer’s disease, Honda N, 細野 眞, Machida K Hosono M Matsumoto T Matsuda H Momose T Oshima M Koizumi K Hashimoto J Mori Y,   2003年08月
  • Global cerebral blood flow changes measured by brain perfusion SPECT immediately after whole brain irradiation, Ohtawa N, 細野 眞, Machida K Honda N Takahashi T Kashimada A Osada H Watanabe W Murata O Okada T Nishimura K Ohno H Yamano T, ECNM,   2003年06月, ECNM
  • 201Tl SPECT and CT fusion in thoracic malignancy, Honda N, 細野 眞, Machida K Kashimada A Takahashi T Osada H Watanabe W Murata O Okada T, SNM,   2003年06月, SNM
  • Isothiocyanato-dioxo-carboxymethyl-tetraazacyclotridecane as a new chelate to label antibody with technetium-99m, Mishra AK, 細野 眞, Chuttani K Mishra P Sharma RK Chatal JF, SNM,   2003年06月, SNM
  • Evaluation of regional CBF in subarachnoid hemorrhage using 99mTc-ECD, 細野 眞, Machida K Matsui T Honda N Takahashi T Kashimda A Murata O Osada H Ohtawa N Asano T, SNM,   2003年06月, SNM
  • Diagnostic performance of brain perfusion SPECT for Alzheimer's disease: comparison between visual interpretation and three-dimensional sterotactic surface display, Honda N, 細野 眞, Machida K Matsumoto T Matsuda H Imabayashi E, SNM,   2003年06月, SNM
  • 膝関節と足関節に発症した軟部血管腫の1例, 米矢 吉宏, 下野 太郎, 井上 正昭, 細野 眞, 西村 恭昌, 第274回日本医学放射線学会関西地方会,   2003年06月, 第274回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:症例は25歳、女性。主訴:右膝・右足関節の腫脹と違和感。膝関節と足関節に単純X-Pで軟部腫瘤と静脈石を認め、MRIでは、T1強調で低信号、T2強調で著明な高信号の腫瘤の内部に線状の低信号を認めた。T2*強調ではヘモジデリンを示唆する低信号は認めず。画像上、静脈石が存在し、ヘモジデリンの沈着を認めないことから、膝関節と足関節の2関節に発症した滑膜血管腫との診断し、足関節の腫瘤摘出が施行された。滑膜血管腫は1関節に単独で発症するのが一般的であるが、2関節に発症したものは我々が検討した限りでは本例のみであった。同側の多関節に発症したことから、単なる滑膜血管腫というよりは、Klippel-Trenaunay-Weber症候群の不全型の可能性が考えられた。
  • Brain perfusion SPET in Alzheimer’s disease has equivalent diagnostic power as MRI, Machida K, 細野 眞, Honda N Matsuda H Matsumoto T Oshima M Kashimada A Takahashi T Osada H, ECNM,   2002年09月, ECNM
  • Cerebral blood flow measurements by Tc-99m ECD and phase contrast MR, 細野 眞, Machida K Honda N Takahashi T Kashimada A, Murata O Osada H Ohmichi M Ohtawa N, ECNM,   2002年09月, ECNM
  • Quantitative measurement of regional pulmonary blood flow in normal volunteers, Usui Y, 細野 眞, Machida K Honda N Osada K Takahashi T Kashimada A Watanabe W Murata O Ohmichi M Okada T Takahashi M, SNM,   2002年06月, SNM
  • Detection of esophageal cancer and prediction of response to chemoradiotherapy, Ohmichi M, 細野 眞, Machida K Honda N Takahashi T Kashimada A Osada K Ochiai K Ohtawa N Hondo M Usui N Okada T Nishimura K Ohno H, SNM,   2002年06月, SNM
  • Multiple marker image histogram analyses optimized for diagnostic performance: demonstration for SPECT lung V/Q, Thie JA, 細野 眞, Machida K Honda N Dei S, SNM,   2002年06月, SNM
  • 幻覚妄想状態時の脳血流変化に対する検討, 花田 一志, 東 睦広, 細野 眞, 中松 清志, 小池 竜太, 米矢 吉宏, 柳生 行伸, 杉本 美和, 辻井 農亜, 第36回日本核医学会近畿地方会,   2002年, 第36回日本核医学会近畿地方会
  • Diagnostic performance of nuclear medicine physicians interpreting brain perfusion SPECT in Alzheimer’s disease and other dementias, Honda N, 細野 眞, Machida K Matsumoto T Matsuda H Oshima M, RSNA,   2001年11月, RSNA
  • Accuracy of left ventricular ejection fraction determined by pFAST, PC-based software different from Germano’s method, for quantitative EKG-gated myocardial perfusion SPECT (QGS), Nishimura K, 細野 眞, Machida K Honda N Kashimada A Takahashi T, RSNA,   2001年11月, RSNA
  • Regional cerebral blood flow quantification SPECT in aneurysmal subarachnoid hemorrhage, 細野 眞, Machida K Matsui T Honda N Takahashi T Asano, RSNA,   2001年11月, RSNA
  • Comparison of cine phase contrast MR and 99mTc-ECD for quantification of cerebral blood flow, 細野 眞, Machida K Honda N, Takahashi T Kashimada A Osada H, RSNA,   2001年11月, RSNA
  • Regional CBF quantification in aneurysmal subarachnoid hemorrhage, 細野 眞, Machida K Matsui T Honda N Takahashi T Kashimada A Shimizu Y Osada H Dei S Ohmichi M Asano T, ECNM,   2001年08月25日, ECNM
  • Value of cerebral blood flow spet in dementia compared with magnetic resonance imaging, Machida K, Honda N, Hosono M, Shimizu Y, Kosuda S, Matsuda H, Ohshima M, Momose T, Koizumi K, Matsumoto H, Hashimoto J, Congress 2001 of European Association of Nuclear Medicine,   2001年08月25日
  • Creation of quantitative regional pulmonary blood flow map by concurrent use of MR angiograpy and perfusion SPECT, Honda N, Machida K, Osada H, Hosono M, Takahashi T, Kamano T, Kashimada A, Shimizu Y, Watanabe W, Dei S, Oomichi M, Usui Y, Hondo M, Okada T, Nishimura K, Ootawa N, Tanaka A, Takahashi M, 48th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2001年06月23日
  • Relationship between 99mTc-GSA scintigraphy and portal circulation in patients with hepatocellular carcinoma complicated by liver cirrhosis, Osada H, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Kashimada A, Shimizu Y, Watanabe W, Ohmichi M, 48th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2001年06月23日
  • Fractal analysis for ventilation/perfusion ratio map in differentiating lung diseases, Dei S, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Kashimada A, Shimizu Y, Osada H, Ohmichi M, Ohtawa N, Takahashi M, Tanaka A, Thie JA, 48th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2001年06月23日
  • Detection of changes in regional CBF in subarachnoid hemorrhage using 99mTc-ECD, Hosono M, Machida K, Matsui T, Honda N, Takahashi T, Kashimada K, Shimizu Y, Osada H, Dei S, Ohmichi M, Ootawa N, Okada T, Nishimura K, Asano, T, 48th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2001年06月23日
  • Changes of blood flow measured with Tc-99m ethyl cysteinate dimer in detection of vasospasm, Hosono M, Machida K, Matsui T, Honda N, Takahashi T, Kashimada A, Shimizu Y, Dei S, Ohmichi M, Asano T, Congress 2000 of European Association of Nuclear Medicine,   2000年09月02日
  • Inexpensive tool for quantification of left ventricular ejection fraction from gated-myocardial perfusion SPET, Machida K, Honda N, Hosono M, Shimizu Y, Nishimura K, Congress 2000 of European Association of Nuclear Medicine,   2000年09月02日
  • Ventilation/perfusion ratio maps with 99mTc-technegas and 99mTc-MAA in lung diseases, Dei S, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Kashimada A, Shimizu Y, Osada H, Toyoda H, Watanabe W, Ohmichi M, Ootawa N, 47th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2000年06月03日
  • Quantification of regional lung perfusion using 99mTc-MAA SPECT and cine phase contrast MR angiography, Osada H, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Kashimada A, Shimizu Y, Watanabe W, Ohmichi M, 47th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2000年06月03日
  • Detection of intrapulmonary shunting in liver cirrhosis by quantitative 99mTc MAA scintigraphy, Hosono M, Machida K, Honda N, Takahashi T, Kashimada A, Shimizu Y, Osada H, Dei S, Toyoda H, Ohmichi M, Ochiai K, Hondo M, 47th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2000年06月03日
  • Quantitative gated SPECT with 99mTc tetrofosmin is more accurate than echocardiography in determining left ventricular ejection fraction, Nishimura K, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Kashimada A, Shimizu Y, Osada H, Toyoda H, Watanabe W, Dei S, Ohmichi M, 47th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2000年06月03日
  • 99mTc-Pyrophosphate SPECT is more sensitive for functional recovery after acute myocardial infarction than rest/redistribution 201Tl SPECT, Shimizu Y, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Kashimada A, Osada H, Toyoda H, Watanabe W, Dei S, Ohmichi M, Ootawa N, 47th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2000年06月03日
  • Myocardial wall thickening idex on 99mTc tetrofosmin gated SPECT for quantitative evaluation of regional wall motion, himizu Y, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Osada H, Toyoda H, Ohmichi M, Kato T, Maruyama Y, Tanaka S, Yoshimoto N, 47th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2000年06月03日
  • Interobsever variation in differential diagnosis of dementia by cerebral blood flow SPECT, Honda N, Machida K, Matsuda H, Ohshima M, Momose T, Matsumoto T, Hosono M, 47th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2000年06月03日
  • Quantification of cerebral blood flow with 99mTc ethyl cysteinate dimer for detecting vasospasm in aneurysmal subarachnoid hemorrhage, Hosono M, Machida K, Matsui T, Honda N, Takahashi T, Kashimada A, Shimizu Y, Osada H, Dei S, Toyoda H, Ohmichi M, Asano T, 47th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2000年06月03日
  • mCBF quantification and SPECT for detecting vasospasm in patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage (SAH) using Tc-99m ethyl cysteinate dimer (ECD), Hosono M, Machida K, Honda N, Takahashi T, Takahashi T, Kashimada A, Osada H, Shimizu Y, Dei S, Toyoda T, Matsui T, Asano T, 46th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1999年06月06日
  • Ventilation SPECI is superior to CT ventilation map by non-radioactive xenon inhalation, Honda N, Machida K, Hosono M, Takahashi T, Takahashi T, Kamano T, Kashimada K, Osada H, Shimizu Y, Watanabe W, Dei S, Oomichi M, 46th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1999年06月06日
  • Quantification of regional pulmonary arterial blood flow using Tc-99m-MAA SPECT and cine phase contrast MR angiography, Osada H, Machida K, Honda N, Takahashi T, Hosono M, Takahashi T, Kashimada A, Shimizu Y, 46th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1999年06月06日
  • Quantitative evaluation of regional wall motion by a wall thickening index of gated Tc-99m-tetrofosmin myocardial perfusion tomography, Shimizu Y, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Takahashi T, Kamano T, Kashimada A, Osada H, Watanabe W, Dei S, Oomichi M, 46th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1999年06月06日
  • Quantitative monitoring of cerebral blood flow (CBF) in patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage (SAH) with Tc-99m ethyl cysteinate dimer (ECD), Hosono M, Machida K, Honda N, Takahashi T, Takahashi T, and Matsui T, 84th scientific assembly and annual meeting of RSNA,   1998年11月29日
  • Assessment of regional wall motion by gated myocardial perfusion tomography with 99mTc-tetrofosmin, Machida K, Honda N, Takahashi T, Hosono M, Takahashi T, Kamano T, Kashimada A, Osada H, Shimizu Y, Iwase T, Toyoda H, Ogawa K, Watanabe W, Dei S, Ohmichi M, Ohiai K, Takishima T, Joint Congress of the European Association of Nuclear Medicine and the World Federation of Nuclear Medicine and Biology,   1998年08月30日
  • Detection of vasospasm in patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage (SAH) by non-invasive cerebral blood flow quantification, Hosono M, Machida K, Honda N, Takahashi T, Takahashi T, Dei S, Shimizu Y, Kamano T, Kashimada A, Osada H, Matsui T, Asano T, Joint Congress of the European Association of Nuclear Medicine and the World Federation of Nuclear Medicine and Biology,   1998年08月30日
  • Localization of small-cell lung cancer xenograft by two-step method with bispecific antibody and bivalent hapten, Hosono M, Hosono MN, Kraeber-Bodéré F, Devys A, Thédrez P, Faivre-Chauvet A, Machida K, Gautherot E, Barbet J, Chatal JF, Joint Congress of the European Association of Nuclear Medicine and the World Federation of Nuclear Medicine and Biology,   1998年08月30日
  • Utility of thallium-201 SPECT in determining site of image-guide biopsy for patients with thoracic tumor, Ogawa K, Machida K, Honda N, Takahashi T, Hosono M, Kamano T, Kashimada A, Shimizu Y, Osada H, Iwase S, Toyoda H, Watanabe W, Ohmichi M, Dei S, Ochiai T, 45th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1998年06月01日
  • Diagnostic abilities of high resolution CT, dynamic CT, and Tl-201 SPECT for evaluation of pulmonary masses, Kashimada A, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Takahashi T, Kamano T, Shimizu Y, Osada H, Iwase S, Toyoda H, Ogawa K, Watanabe W, Ohmichi M, Dei S, Ochiai T, 45th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1998年06月01日
  • Spiral CT of stapes: spectrum of findings in normal and abnormal ears, Osada H, Machida K, Honda N, Takahashi T, Hosono M and Kamano T, 83rd scientific assembly and annual meeting of RSNA,   1997年11月30日
  • Flow patterns of ascending aorta in aortic regurgitation analysed by velocity-encoding MR imaging, Honda N, Machida K, Takahashi T, Kamano T, Hosono M and Kashimada A, 83rd scientific assembly and annual meeting of RSNA,   1997年11月30日
  • Transient hypersecretion of catecholamines associated with exacerbation of symptoms after I-131 MIBG therapy in patients, Sakahara H, Saga T, Yao Z, Nakamoto Y, Sato N, Hosono M, Endo K, Konishi J, 44th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1997年06月01日
  • Portal flow measurement with velocity-encoding MR imaging in diffuse liver diseases, Honda N, Machida K, Osada H, Takahashi T, Hosono M and Kamano T, 82nd scientific assembly and annual meeting of RSNA,   1996年12月01日
  • Simultaneous dual-isotope Tc-99m-tetrofosmin and Tl-201 SPECT in evaluation of primary lung cancer, Hosono M, Machida K, Honda N, Takahashi T, Kamano T and Kashimada A, 82nd scientific assembly and annual meeting of RSNA,   1996年12月01日
  • Value of Tl-201 and I-123-BMIPP dual energy cardiac SPECT in patients with chronic renal failure on hemodialysis, Toyoda H, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Kamano T, Shimizu Y, Osada H, Iwase T, Toyoda H, Ogawa K, Watanabe W, S Dei and Kasahara N, The 6th Asia and Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology,   1996年09月30日
  • Preliminary study of measurement of regional pulmonary flow using MRI and Tc-99m-MAA lung perfusion scintigraphy, Osada H, Machida K, Honda N, Mamiya T, Takahashi T, Hosono M, Kamano T, Kashimada A, Shimizu Y, Iwase T and Toyoda H, The 6th Asia and Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology,   1996年09月30日
  • Evaluation of I-123 iomazenil SPECT for cerebrovascular disease:comparison with brain perfusion SPECT and brain MRI, Kashimada A, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Kamano T, Shimizu Y, Osada H, Iwase T, Toyoda H, Ogawa K and Watanabe W, The 6th Asia and Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology,   1996年09月30日
  • Whole body scan by 3-head SPECT system: comparison of 3-projection Tc-99m-MDP bone scan with conventional 2-projection scan, Honda N, Machida K, Hosono M, Shimizu Y, Toyoda H, Sakurai K, Takahashi T, Kamano T, Kashimada A, Osada H, Iwase T, Watanabe W, Ogawa K and Dei S, The 6th Asia and Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology,   1996年09月30日
  • Cinematic display of ECG-gated Tc-99m-tetrofosmin myocardial perfusion SPECT, Shimizu Y, Machida K, Honda N, Hosono M, Takahashi T, Kashimada A, Osada H, Iwase T, Toyoda H, Ogawa K, Watanabe W and Dei S, The 6th Asia and Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology,   1996年09月30日
  • Targeting of small-cell lung cancer xenografts by Re-188-labeled monoclonal antibodies, Hosono MN, Hosono M, Mishra AK, Faivre-Chauvet A, Barbet J, Gautherot E, Knapp FF, Yamada R and Chatal JF, The 6th Asia and Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology,   1996年09月30日
  • Evaluation of three-head gamma camera SPECT images in 6 institutes, Hosono M, Machida K, Honda N, Matsumoto T, Togawa T, Yui N, Murata H, Maruno H, Hatano O, Uno K, Ohta M, Oyamada H, Kubo K, Ishii K, Nishimaki H, Horiike S, Matsunaga K, Mori Y and Iinuma T, The 6th Asia and Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology,   1996年09月30日
  • Two-step targeting of medullary thyroid cancer by bivalent hapten and bispecific antibody in mice, Hosono M, Hosono MN, Kraeber-Bodéré F, Devys A, Thedrez P, Barbet J, Gautherot E, Machida K and Chatal JF, The 6th Asia and Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology,   1996年09月30日
  • BMIPP and MIBG SPET finding in myotonic dystrophy, Honda N, Machida K, Hosono M, Mamiya T, Takahashi T, Kamano T, Kashimada A, Osaka H, Shimizu Y, Iwase T, Yoyoda H, Kinoshita S, Congress 1996 of European Association of Nuclear Medicine,   1996年09月14日
  • Localization of small-cell lung cancer xenografts by Re-188-labeled monoclonal antibodies, Hosono MN, Hosono M, Mishra AK, Faivre-Chauvet A, Barbet J, Gautherot E, Knapp FF, Yamada R, Machida K and Chatal JF, Congress 1996 of European Association of Nuclear Medicine,   1996年09月14日
  • Radioimmunodetection of medullary thyroid cancer by bivalent hapten and bispecific antibody in mice, Hosono M, Hosono MN, Kraeber-Bodéré F, Devys A, Thedrez P, Barbet J, Gautherot E, Machida K and Chatal JF, Congress 1996 of European Association of Nuclear Medicine,   1996年09月14日
  • Preliminary study of measurement of focal pulmonary flow using MRI and 99mTc-MAA lung perfusion scintigraphy, Osada H, Machida K, Honda N, Mamiya T, Takahashi T, Hosono M, Kamano T, Kashimada A, Shimizu Y, Iwase T and Toyoda H, 43rd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1996年06月03日
  • Targeting of small-cell lung cancer by octreotide labeled with I-125, In-111, and Re-188 in a mouse model, Hosono M, Hosono MN, Haberberger T, Zamora PO, Guhlke S, Bender H, Knapp FF Jr, Biersack HJ, Congress 1995 of European Association of Nuclear Medicine,   1995年08月26日
  • Immunoscintigraphy of ovarian cancer using a monoclonal antibody to CA125, akahara H, Hosono M, Kobayashi H, Yao Z, Saga T, Yano S, Endo K, Mori T and Konishi J, 42nd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1995年06月12日
  • Imaging of small-cell lung cancer xenografts with I-125, In-111 and Re-188 octreotides, Hosono M, Hosono MN, Haberberger T, Zamora PO, Guhlke S, Bender H, Knapp FF Jr, Biersack HJ, 42nd annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1995年06月12日
  • Improved biodistribution of radiolabeled biotinylated monoclonal antibody followed by the injection of avidin as a "chase", Kobayashi H, Sakahara H, Hosono M, Yao Z-S, Yamamuro T, Toyama S, Endo K and Konishi J, 6th World Congress of the World Federation Nuclear Medicine and Biology6th World Congress of the World Federation Nuclear Medicine and Biology,   1994年10月23日
  • Scintigraphic detection of colorectal carcinoma xenografts with Re-188 labeled monoclonal antibody, Hosono M, Hosono MN, Bender H, Zamora PO, Guhlke S, Knapp FF Jr and Biersack HJ, 6th World Congress of the World Federation Nuclear Medicine and Biology,   1994年10月23日
  • Radioimmunotargeting with Re-188 labeled monoclonal antibody in mice bearing colorectal carcinoma xenografts, Hosono MN, Hosono M, Zamora PO, Guhlke S, Bender H, Biersack HJ, Onoyama Y, Ochi H and Konishi J, Congress 1994 of European Association of Nuclear Medicine, Düsseldorf,   1994年08月20日
  • Localization of infiltration of human leukemia cells in SCID mice, osono M, Kondo A, Yao Z, Kobayashi H, Hosono MN, Sakahara H, Imada K, Okuma M, Uchiyama T and Konishi J, ongress 1994 of European Association of Nuclear Medicine,   1994年08月20日
  • Detection of proliferation sites of ATL cells in SCID mice, Hosono M, Kondo A, Yao Z, Kobayashi H, Hosono MN, Sakahara H, Imada K, Okuma M, Uchiyama T and Konishi J, 41st annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   1994年06月05日

MISC

  • 4D‐CTを用いた呼吸同期撮像法の有用性, 藤井康司, 白髭賢也, 竹中達明, 細野眞, 日本放射線技術学会総会学術大会予稿集, 73rd, 302,   2017年03月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702270319300550
  • アルファ線核種の臨床利用における法令と指針, 細野眞, 日本放射線技術学会総会学術大会予稿集, 73rd, 112,   2017年03月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702227219239248
  • 診断参考レベルの国内導入, 細野眞, 日本診療放射線技師会誌, 63, 4, 403‐405,   2016年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602218448574230
  • α線内用療法の現状と展望, 細野 眞, Isotope news, 711, 2, 7,   2013年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031183017
  • Gamut of FDG-PET の出版, 御前 隆, 石津 浩一, 石守 崇好, 工藤 崇, 中本 裕士, 東 達也, 細野 眞, 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine, 50, 1, 34, 35,   2013年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031155859
  • Dynamic sequence respiratory gated perfusion pulmonary SPECT without external tracking device, SAKAGUCHI Kenta, HOSONO Makoto, OTSUKA Masakazu, HANAOKA Kohei, USAMI Kimio, UTO Tatsuro, ISHII Kazunari, Annals of nuclear medicine, 27, 1, 65, 73,   2013年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031168069
  • FDG PET, PET/CT診療ガイドライン2012, 細野 眞, 佐賀 恒夫, 伊藤 健吾, 汲田 伸一郎, 佐々木 雅之, 千田 道雄, 畑澤 順, 渡邉 浩, 伊藤 浩, 金谷 信一, 木村 裕一, 佐治 英郎, 陣之内 正史, 福喜多 博義, 村上 康二, 絹谷 清剛, 山崎 純一, 内山 眞幸, 宇野 公一, 加藤 克彦, 川野 剛, 日下部 きよ子, 窪田 和雄, 戸川 貴史, 本田 憲業, 丸野 廣大, 吉村 真奈, 宍戸 文男, 井上 登美夫, 福田 寛, 中村 佳代子, 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine, 49, 4, 391, 401,   2012年11月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031143995
  • 内用療法の環境整備, 細野眞, 核医学, 49, 3, 164,   2012年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202244974104966
  • 認知症における脳FDG‐PET早期撮像の可能性について, 兵頭朋子, 石井一成, 坂口健太, 花岡宏平, 宇佐美公男, 島元健次, 山添譲, 山田穣, 松木充, 細野眞, 村上卓道, 核医学, 49, 3, 294,   2012年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202223435083770
  • SPECT/CTを用いたバセドウ病のヨウ素131治療計画, 細野眞, 花岡宏平, 米矢吉宏, 土屋典生, 坂口健太, 高田裕史, 森元英夫, 宇佐美公男, 石井一成, 核医学症例検討会症例集, 33, 1, 15-16,   2012年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202293373176820
  • 医療放射線の安全確保と有効利用に関する厚生労働省班研究の概要, 細野眞, 岡野友宏, 山口一郎, 高橋健夫, 赤羽正章, 雫石一也, 池渕秀治, 柳田幸子, 米矢吉宏, 土屋典生, 日本医学放射線学会総会抄録集, 71st, S150,   2012年02月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202265475849435
  • 131I甲状腺内用療法におけるSPECT/CTを用いた甲状腺重量測定について, 花岡宏平, 大塚正和, 吉田修平, 井上亮, 石井一成, 村上卓道, 細野眞, 日本放射線技術学会総会学術大会予稿集, 68th, 185-186,   2012年02月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202273291264704
  • 脳FDG集積低下を示す大きな腫瘍代謝症例の分析, 細野眞, 花岡宏平, 米矢吉宏, 土屋典生, 宇佐美公男, 高田裕史, 坂口健太, 森元英夫, IM Sung‐Woon, 石井一成, 辰巳陽一, 下野太郎, 核医学症例検討会症例集, 32, 2, 41-42,   2012年02月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202208689099413
  • 〈Case Reports〉Recognition of complete response by long-term observation after treatment with ^<90>Y-Ibritumomab tiuxetan for relapsed follicular lymphoma, Tatsumi Yoichi, Rai Shinya, Shimada Takahiro, Yamaguchi Terufumi, Morita Yasuhiro, Kawanishi Kazunobu, Miyatake Junichi, shida Takashi, Maeda Yasuhiro, Hosono Makoto, Matsumura Itaru, Acta Medica Kinki University, 36, 2, 87, 89,   2011年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736804
    概要:[Abstract] Monoclonal antibodies have markedly changed the treatment possibilities for patients with indolent B-cell lymphoma. ^<90>Y-Ibritumomab tiuxetan (Zevalin) is the first radioimmunotherapy (RIT) agent approved for the treatment of relapsed and refractory indolent lymphoma patients. In most cases, the maximum clinical response were observed two to three months after RIT. Treatment with ^<90>Y-ibritumomab tiuxetan may have potential late effects in some cases of relapsed follicular lymphomas, and we must be careful to start the next treatment after RIT.
  • 日本保健物理学会第44回研究発表会(50周年記念大会)への参加報告, 細野 眞, 保健物理 : hoken buturi, 46, 4, 288, 291,   2011年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030135822
  • 18F‐FDG PET/CTにてsuperscanを呈した腎癌骨転移の1例, 兵頭朋子, 石井一成, 細野眞, 阪本祐一, 米矢吉宏, 柳生行伸, 土屋典生, 熊野正士, 足利竜一朗, 中村一郎, 植村天受, 村上卓道, 核医学, 48, 4, 471,   2011年11月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202298577797419
  • 核医学治療の有効性と環境整備および今後の展望, 細野眞, 核医学, 48, 3, 245,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102253947419256
  • 高精度放射線治療におけるPET/CTの臨床的有効性に関する検討, 大久保充, 小泉潔, 徳植公一, 西村恭昌, 細野眞, 核医学, 48, 3, 238,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102229868326198
  • ガラスバッジを用いた単純X線撮影における患者被ばく線量の測定, 宇佐美 公男, 坂口 健太, 大塚 正和, 永元 啓介, 井上 亮, 福田 光道, 狩野 好延, 吉田 浩一, 細野 眞, 日本放射線技術學會雜誌, 67, 7, 785, 792,   2011年07月20日, 10.6009/jjrt.67.785, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029140931
    概要:Radiography is used in medical practices based on the principles of justification and optimization. Patients’ exposure doses should be kept as low as still allows for image quality that does not disturb the diagnostic processes. To optimize diagnostic radiological procedures, the international commission on radiological protection (ICRP) advocated the establishment of diagnosis reference levels (DRLs) in the new basic recommendation (Publication 103) in 2007 by stating that “The DRL should be expressed as a readily measurable patient-dose-related quantity for the specified procedure.” In th...
  • α線を用いたがんの最小侵襲治療法のあり方について, 井上 登美夫, 渡邉 直行, 絹谷 清剛, 細野 眞, 油野 民雄, 並木 宣雄, 藤村 洋子, 梅田 泉, 荒野 泰, 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine, 48, 1, 49, 51,   2011年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029056632
  • Gamut of FDG-PET の作成, 御前 隆, 石津 浩一, 石守 崇好, 工藤 崇, 中本 裕士, 東 達也, 細野 眞, 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine, 48, 1, 47, 48,   2011年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029056631
  • ガラスバッジを用いた単純X線撮影における患者被ばく線量の測定, 宇佐美 公男, 坂口 健太, 大塚 正和, 永元 啓介, 井上 亮, 福田 光道, 狩野 好延, 吉田 浩一, 細野 眞, 日本放射線技術学会雑誌, 67, 7, 785, 792,   2011年, 10.6009/jjrt.67.785, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000992537
    概要:Radiography is used in medical practices based on the principles of justification and optimization. Patients’ exposure doses should be kept as low as still allows for image quality that does not disturb the diagnostic processes. To optimize diagnostic radiological procedures, the international commission on radiological protection (ICRP) advocated the establishment of diagnosis reference levels (DRLs) in the new basic recommendation (Publication 103) in 2007 by stating that “The DRL should be expressed as a readily measurable patient-dose-related quantity for the specified procedure.” In th...
  • 日本保健物理学会第44回研究発表会 (50周年記念大会) への参加報告, 細野 眞, 保健物理, 46, 4, 288, 291,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130002142396
  • FDG PET, PET/CT診療ガイドライン2010, 宍戸 文男, 千田 道雄, 伊藤 健吾, 井上 登美夫, 汲田 伸一郎, 佐々木 雅之, 畑澤 順, 伊藤 浩, 金谷 信一, 佐治 英郎, 陣之内 正史, 細野 眞, 福喜多 博義, 福田 寛, 丸野 廣大, 本田 憲業, 山崎 純一, 内山 眞幸, 宇野 公一, 加藤 克彦, 窪田 和雄, 戸川 貴史, 中村 佳代子, 吉村 真奈, 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine, 47, 2, 153, 162,   2010年05月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026906335
  • 日本における医療放射線安全の取り組み(第30回放射線防護分科会), 細野 眞, 放射線防護分科会会誌, 30, 13, 14,   2010年04月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007651116
  • Fourth ventricular mixed germ cell tumor demonstrating adipose tissue in a young adult., Kuriu A, Shimono T, Kuwabara M, Ashikaga R, Hosono M, Murakami T, Japanese journal of radiology, 28, 166, 168,   2010年02月, 査読有り, 10.1007/s11604-009-0389-1
  • Radiation Treatment Planning Using Positron Emission and Computed Tomography for Lung and Pharyngeal Cancers: A Multiple-Threshold Method for [18F]Fluoro-2-Deoxyglucose Activity , Mitsuru Okubo, Yasumasa Nishimura, Kiyoshi Nakamatsu, Masahiko Okumura, Toru Shibata, Shuichi Kanamori, Kouhei Hanaoka, Makoto Hosono , International Journal of Radiation Oncology * Biology * Physics , 77, 2, 350, 356,   2010年, 10.1016/j.ijrobp.2009.05.025
  • Decreased brain FDG uptake in patients with extensive non-Hodgkin's lymphoma lesions, Hanaoka K, Hosono M, Shimono T, Usami K, Komeya Y, Tsuchiya N, Yamazoe Y, Ishii K, Tatsumi Y, Sumita M, Ann Nucl Med, 24, 10, 707, 711,   2010年, 10.1007/s12149-010-0415-5
  • 医療における放射線防護の国際動向, 細野 眞, 宇佐美 公男, 米矢 吉宏, 臨床放射線, 54, 13, 1772, 1778,   2009年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016921939
  • X線診療施設の遮へい評価法に関する調査研究, 大場 久照, 藤淵 俊王, 三田 創吾, 堀越 亜希子, 岩永 哲雄, 池渕 秀治, 細野 眞, 日本放射線技術學會雜誌, 65, 1, 57, 63,   2009年01月20日, 10.6009/jjrt.65.57, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007046547
    概要:The purpose of this study was to verify the shielding evaluation method for medical X-ray imaging facilities in Report No. 147 of the National Council on Radiation Protection and Measurements (NCRP). We investigated the concept of radiation protection and the major revised point in Report No. 147. The goal of radiation protection in Report No. 147 was compared with that in Japan. Using the data of the Imaging Performance Assessment of CT scanners (ImPACT) 2006 and the latest pre-installation manuals of several manufactures for different computed tomography (CT) scanner models, we verified t...
  • X線診療施設の遮へい評価法に関する調査研究, 大場久照、藤淵俊王、三田創吾、堀越亜希子、岩永哲雄、池渕秀治、細野 眞, 日本放射線技術学会雑誌, 65, 1, 57, 63,   2009年, 10.6009/jjrt.65.57
  • Integrated FDG-PET/CT compared with intravenous contrast-enhanced CT for evaluation of metastatic regional lymph nodes in patients with resectable early stage esophageal cancer, Okada M, Murakami T, Kumano S, Kuwabara M, Shimono T, Hosono M, Shiozaki H, Ann Nucl Med, 23, 1, 73, 80,   2009年, 10.1007/s12149-008-0209-1
  • Demonstration of cerebellar atrophy in neuroacanthocytosis of 2 siblings, Katsube T, Shimono T, Ashikaga R, Hosono M, Kitagaki H, Murakami T, AJNR Am J Neuroradiol, 30, 2, 386, 8,   2009年
  • Ring-shaped lateral ventricular nodules: an incidental finding on brain magnetic resonance imaging, Shimono T, Hosono M, Ashikaga R, et al., Neuroradiology, 51, 3, 145, 150,   2009年
  • <総説>放射免疫療法の有効性, 細野 眞, 近畿大学医学雑誌, 33, 3, 193, 198,   2008年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120002246704
  • 93) 造影後期MRIとFDG-PETで早期診断と治療効果判定を評価した心サルコイドーシスの1例(第104回日本循環器学会近畿地方会), 武輪 光彦, 谷口 貢, 岩永 善高, 石瀬 卓郎, 小林 直也, 平野 豊, 宮崎 俊一, 筑後 孝章, 足利 竜一朗, 村上 卓道, 細野 眞, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 72, 0,   2008年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006914680
  • 15.肺癌に対するPET/CTを用いた放射線治療計画(第87回日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動), 大久保 充, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓ニ, 西川 龍之, 奥村 雅彦, 西村 恭昌, 花岡 宏平, 細野 眞, 肺癌, 48, 2,   2008年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006668189
  • RI内用療法の最新動向 (総特集 核医学の新しい風とその行方), 細野 眞, 月刊新医療, 35, 3, 56, 59,   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015879445
  • 骨軟部腫瘍の診断における[^<18>F]FDG-PET検査の臨床的有用性 : 多施設アンケート調査による検討, 加藤 克彦, 細野 眞, 伊藤 健吾, 岡田 真広, 米矢 吉宏, 任 誠雲, 土屋 典生, 鳥塚 莞爾, Radioisotopes, 57, 1, 13, 23,   2008年01月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020156568
    概要:骨軟部腫瘍を対象にFDG-PETによる診断成績について全国アンケート調査を行い,7施設から20疾患75症例のデータが寄せられた。骨肉腫,ユーイング肉腫(原始神経外胚葉腫瘍を含む),脂肪肉腫,平滑筋肉腫,血管肉腫,横紋筋肉腫,骨巨細胞腫,神経鞘腫,悪性線維性組織球症,軟骨肉腫,胞巣状軟部肉腫,類上皮肉腫,内膜間質肉腫,Hibernoma,線維肉腫,多発性骨軟骨腫,仙骨脊索腫,ランゲルハンス細胞組織球症,神経線維腫症についてのデータを分析した結果,上記の疾患すべてについて,FDG-PETは有用性が高いと考えられた。
  • 骨軟部腫瘍の診断における「18F」FDG-PET検査の臨床的有用性--多施設アンケート調査による検討, 加藤 克彦, 細野 眞, 伊藤 健吾, Radioisotopes, 57, 1, 15, 25,   2008年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015794517
  • RI内用療法の最新動向-新しい核医学治療-, 細野 眞, 新医療, 35, 3, 56, 59,   2008年
  • 骨軟部腫瘍の診断における[18F]FDG-PET検査の臨床的有用性, 加藤克彦、細野 眞、伊藤健吾、岡田真広、米矢吉宏、任 誠雲、土屋典生、鳥塚莞爾, RADIOISOTOPES, 57, 13, 23,   2008年
  • Comparison between one-route and two-route injection for liver and aortic enhancement using MDCT, Okada M, Murakami T, Kumano S, Imaoka I, Shimono T, Ashikaga R, Hosono M, AJR Am J Roentgenol, 190, 6, 323, 326,   2008年
  • Discordance of motion artifacts on magnetic resonance imaging in Creutzfeldt-Jakob disease: comparison of diffusion-weighted and conventional imaging sequences, Shimono T, Tsuboyama T, Kuwabara M, Im S-W, Yagyu Y, Imaoka I, Ashikaga R, Hosono M, Murakami T, Radiat Med , 26, 3, 151, 155,   2008年, 10.1007/s11604-007-0210-y
  • Report of 3rd Steering Panel Meeting on the International Action Plan for the Radiological Protection of Patients, IAEA Report,   2008年
  • Quantitative evaluation of norcholesterol scintigraphy, CT attenuation value, and chemical-shift MR imaging for characterizing adrenal adenomas, Yoh T, Hosono M, Komeya Y, Im SW, Ashikaga R Shimono T, Tsuchiya N, Okada M, Hanada K, Yagyu Y, Nishimura Y, Murakami T, Annals of Nuclear Medicine, 22, 6, 513, 519,   2008年, 10.1007/s12149-008-0143-2
  • Static and moving phantom studies for radiation treatment planning in a positron emission tomography and computed tomography (PET/CT) system, Mitsuru Okubo , Yasumasa Nishimura, Kiyoshi Nakamatsu, Masahiko Okumura, Toru Shibata, Shuichi Kanamori, Kouhei Hanaoka and Makoto Hosono, Annals of Nuclear Medicine, 22, 7, 579, 586,   2008年, 10.1007/s12149-008-0166-8
  • Prominent ear sign on diffusion-weighted magnetic resonance imaging in relapsing polychondritis, Kuwabara M, Shimono T, Toyomasu M, Shioyama M, Mitsui Y, Yoshinaga E, Kawada A, Hosono M, Murakami T, Kusunoki S, Radiation Medicine, 26, 7, 438, 441,   2008年, 10.1007/s11604-008-0247-6
  • 新しいRI内用療法を有効かつ安全に行うための要点, 細野 眞, 核医学, 44, 3,   2007年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021279694
  • 124 G-CSF製剤がFDG-PET画像に与える影響について(核医学検査PET1, 第35回日本放射線技術学会秋季学術大会プログラム), 花岡 宏平, 宇佐美 公男, 高田 裕史, 坂口 健太, 澄田 貢, 米矢 吉宏, 細野 眞, 日本放射線技術學會雜誌, 63, 9,   2007年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419552
  • 4.Shuttle helical scanによる腹部造影検査 : DSAとの比較(一般演題抄録,第62回近畿大学医学会学術講演会), 香川 祐毅, 柳生 行伸, 村上 卓道, 下野 太郎, 桑原 雅知, 任 誠雲, 坪山 尚寛, 荒木 哲朗, 松久保 祐子, 安藤 理奈, 葉 輝明, 熊野 正士, 今岡 いずみ, 足利 竜一郎, 米矢 吉宏, 土屋 典生, 岡田 真広, 細野 眞, 近畿大学医学雑誌, 32, 3,   2007年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007025584
  • OP-279 泌尿器腫瘍におけるFDG-PETの展望(第95回日本泌尿器科学会総会), 田中 基幹, 斎藤 允孝, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 野澤 昌弘, 石井 徳味, 植村 天受, 細野 眞, 日本泌尿器科學會雜誌, 98, 2,   2007年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006294141
  • 64列MDCTの検査と診断 Ⅱ 脳神経領域, 足利 竜一朗, 栁生 行伸, 桑原 雅知, 坪山 尚寛, 任 誠雲, 下野 太郎, 小塚 健倫, 熊野 正士, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 米矢 吉宏, 岡田 真広, 土屋 典生, 細野 眞, 山田 浩司, 黒川 敏昭, 霜村 康平, GEメディカルシステム(株), INNERVISION, 22, 5, 106, 109,   2007年
    概要:64列MDCTの臨床画像を供覧し、その実際について述べた。
  • 腫瘍の診断・治療におけるFDG-PET/CTの活用, 細野 眞, 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine, 43, 3,   2006年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024455714
  • 516 PET/CTでの肺におけるcount recoveryを考慮したSUV算出方法の検討(核医学検査 PET定量,一般研究発表,日本放射線技術学会 第34回秋季学術大会), 花岡 宏平, 尾崎 彩希, 澄田 貢, 宇佐美 公男, 高田 裕史, 坂口 健太, 細野 眞, 日本放射線技術學會雜誌, 62, 9, 1313, 1314,   2006年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006173491
  • 512 造影PET/CTにおけるヨード造影剤の影響(核医学検査 PET定量,一般研究発表,日本放射線技術学会 第34回秋季学術大会), 宇佐美 公男, 高田 裕史, 坂口 健太, 細野 眞, 花岡 宏平, 尾崎 彩希, 澄田 貢, 日本放射線技術學會雜誌, 62, 9, 1312, 1313,   2006年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006173487
  • 太く長く、末広がりで生き残れ 井坪義幸(井坪建設社長)VS細野眞(中小企業診断士) (特集 "八"の字の経営<末広がりに成長せよ>), 井坪 義幸, 細野 眞, 道経塾, 7, 5, 8, 13,   2006年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007129810
  • Regional cerebral blood flow in assessment of major depression and Alzheimer disease in the early elderly, Hanada K, Hosono M, Kudo T, Hitomi Y, Yagyu Y, Kirime E, Komeya Y, Tsujii N, Hitomi K, Nishimura Y, Nuclear Medicine Communications, 27, 535, 541,   2006年
  • Justification and optimization procedures for medical exposure, Hosono M, World J of Nucl Med, 5, 324, 326,   2006年
  • 気道狭窄を呈した局所進行非小細胞肺癌に対する放射線治療とNd-YAGレーザー治療の併用療法の有用性に関する検討, 西村 敬一郎, 高橋 健夫, 長田 久人, 村田 修, 本戸 幹人, 細野 眞, 本田 憲業, The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌, 17, 2, 97, 101,   2005年06月25日, 10.11182/jastro.17.97, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027060660
  • Influence of different pneumoperitoneal pressures on tumor cell distribution in rats, Nakada H, Ishida H, Hashimoto D, Mori T, Hosono M., Surgical Endoscopy , 19, 4, 563, 568,   2005年
  • Aggressive multiple lung metastases from intracranial atypical meningioma, Takahashi T, Honda N, Hosono M, Oku S, Kashimada A, Osada H, Murata O, Hondo M, Nishimura K, Ohno H, Jpn J Tomography, 32, 1, 24, 27,   2005年
  • 当院における99mTc-HMPAO SPECTの Normal Database 作成の試み(一般演題抄録, 第56回近畿大学医学会学術講演会), 花田 一志, 切目 栄司, 大賀 征夫, 田村 善史, 人見 一彦, 細野 眞, 足利 竜一朗, 柳生 行伸, 西村 恭昌, 近畿大学医学雑誌, 29, 2,   2004年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004615523
  • アイソトープ治療と法規制, 細野 眞, 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine, 41, 3,   2004年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024455599
  • 放射性同位元素使用後の排気, 排水および廃棄物に関わるガイドライン作成(最終報告), 小泉 満, 遠藤 啓吾, 成田 雄一郎, 細野 眞, 小坂 昇, 小須田 茂, 横山 邦彦, 木下 富士美, 日下部 きよ子, 森 豊, 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine, 41, 1, 48, 50,   2004年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024455445
  • Extraosseous accumulation of 99mTc-MDP in lymph node metastases of small cell carcinoma of the esophagus, Takahashi T, Machida K, Honda N, Hosono M, Oku S, Osada H, Murata O, Nishimura K, Ohno H, Ann Nucl Med, 18, 157, 160,   2004年
  • A new bifunctional chelating agent conjugated with monoclonal antibody and labelled with technetium-99m for targeted scintigraphy:6-(4-isothiocyanatobenzyl)-5, 7-dioxo -1, 11- (carboxymethyl)-1, 4, 8, 11 - tetraazacyclotridecane, Mishra AK, Panwar P, Hosono M, Chuttani K, Mishra P, Sharma RK, Chatal JF, J Drug Targeting, 12, 9-10, 559, 567,   2004年
  • 肝のダイナミックMDCTにおける造影剤の使用法, 粟井 和夫, 栁生 行伸, 綿井 良輔, 下野 太郎, 井上 正昭, 細野 眞, 西村 恭昌, 画像診断, 23, 9, 1017, 1025,   2003年09月
    概要:肝のDynamic MDCTでは造影剤投与後適切な撮像時間帯でスキャンすることが不可欠である。このためには体内での造影剤の動態、および造影剤投与時の種々の因子について理解しておくことが必要である。これらの点について解説した。
  • 脳血流SPECTとMRIの痴呆診断能の比較および多施設の読影者間の読影能の変動の検討 : -よりよい核医学診療のために-(最終報告), 町田 喜久雄, 大島 統男, 小泉 潔, 小須田 茂, 橋本 順, 細野 眞, 本田 憲業, 松田 博史, 松本 徹, 百瀬 敏光, 森 豊, 核医学, 40, 1, 54, 56,   2003年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020424913
  • 放射性同位元素使用後の排気, 排水および廃棄物に関わるガイドライン作成(中間報告), 小泉 満, 遠藤 啓吾, 横山 邦彦, 成田 雄一郎, 木下 富士美, 細野 眞, 日下部 きよ子, 中沢 圭治, 小坂 昇, 森 豊, 小須田 茂, 核医学, 40, 1, 81, 82,   2003年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020425080
  • Intense gallium-67 accumulation in primary mediastinal pure seminomas, Hosono M, Machida K, Honda N, Takahashi T, Kashimada A, Murata O, Osada H, Ohtawa N, Itoyama S , Clinical Nuclear Medicine, 28, 1, 25, 28,   2003年
  • Visualization of fatal hepatic necrosis on bone scan, Hosono M, Machida K, Honda N, Takahashi T, Ohtawa N, Clinical Nuclear Medicine , 28, 5, 398, 399,   2003年
  • Gallium-67 demonstration of extensive soft-tissue involvement of multiple myeloma. , Hosono M, Machida K, Inoue Y, Honda N, Takahashi T, Kashimada A, Ohtawa N, Ohno H, Yamano T, Ann Nucl Med, 17, 1, 69, 72,   2003年
  • Three-dimensional stereotactic surface projection of brain perfusion SPECT improves diagnosis of Alzheimer's disease, Honda N, Machida K, Matsumoto T, Matsuda H, Imabayashi E, Hashimoto J, Hosono M, Inoue Y, Koizumi K, Kosuda S, Momose T, Mori Y, Oshima M, Ann Nucl Med, 17, 641, 648,   2003年
  • 放射線治療を施行した癌患者における Quality of Life (QOL) の変化に関する検討, 高橋 健夫, 町田 喜久雄, 本田 憲業, 細野 眞, 村田 修, 長田 久人, 大道 雅英, The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌, 14, 4, 233, 238,   2002年12月25日, 10.11182/jastro1989.14.233, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027059163
  • 脳血流SPECTとMRIの痴呆診断能の比較および多施設の読影者間の読影能の変動の検討 : よりよい核医学診療のために, 町田 喜久雄, 大島 統男, 小泉 潔, 小須田 茂, 橋本 順, 細野 眞, 本田 憲業, 松田 博史, 松本 徹, 百瀬 敏光, 森 豊, 核医学, 39, 4, 556, 557,   2002年11月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020606174
  • 肺癌診断と核医学 (特集 核医学の現在), 本田 憲業, 町田 喜久雄, 細野 眞, 月刊新医療, 29, 5, 112, 115,   2002年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019939376
  • 放射線治療を施行した癌患者におけるQuality of Life(QOL)の変化に関する検討, 高橋 健夫, 町田 喜久雄, 本田 憲業, 細野 眞, 村田 修, 長田 久人, 大道 雅英, The Journal of JASTRO, 14, 4, 233, 238,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003812589
    概要:近年, 癌治療においてQuality of Life (QOL) の向上が重要な課題となっている. 放射線治療におけるQOL評価法はいまだ確立された方法がなく, また放射線治療が患者のQOLに与える影響も明らかにされていない. そこでわれわれはQOL調査票を用いて, 放射線治療が施行された患者のQOLの変化を調べ, QOLに及ぼす影響についた考察した. QOL調査票は厚生省粟原斑のrがん薬物療法におけるQOL調査票を使用した. 355例の成人癌患者を対象とし, QOL調査は治療開始時・中・終了時の3回行い評価した. 症例全体ではQOLスコアは治療終了時に改善が認められた. これは高齢者においても岡様の結果であった. また婦症照射例 (その多くがPS2-4) でQOLスコアの改善が顕著であった. 化学療法供用例や口腔内が照射された例ではむしろQOLスコアの悪化が見られた. 以上より放射線治療は高齢者やPS不良群でもQOLを損なわず治療可能であり, また姑息・対症照射鋼でQOLの改善が明らかであった. ただし化学療法併用群や口腔内が照射される例では, 注意深く治療する必要がある. 本調査票は放射線治療患者のQOL評価に有用である.
  • RI 内用療法のガイドライン作成 (継続), 遠藤 啓吾, 小泉 満, 菊地 透, 横山 邦彦, 木村 良子, 成田 雄一郎, 中沢 圭治, 木下 富士美, 小坂 昇, 細野 眞, 森 豊, 日下部 きよ子, 核医学, 38, 4, 374, 375,   2001年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008541519
  • RI内用療法のガイドライン作成 : 排気・排水に係わる放射性同位元素濃度管理ガイドライン, 遠藤 啓吾, 小泉 満, 菊地 透, 横山 邦彦, 木村 良子, 成田 雄一郎, 中沢 圭治, 木下 富士美, 小坂 昇, 細野 眞, 森 豊, 核医学, 37, 5,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013200594
  • 「肺癌ならびに乳癌の核医学診断に関する研究」成果報告, 楢林 勇, 今井 照彦, 佐々木 雅之, 西山 佳宏, 細野 眞, 吉田 祥二, 小森 剛, 戸川 貴史, 福本 光孝, 山路 滋, 核医学, 37, 3, 251, 253,   2000年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008540588
  • 133Xeガス肺換気シンチグラフィの臨床適応, 本田 憲業, 町田 喜久雄, 細野 眞, ホンダ ノリナリ, マチダ キクオ, ホソノ マコト, Honda Norinari, Machida Kikuo, Hosono Makoto, 日本医学放射線学会雑誌, 60, 5, 237, 242,   2000年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004847161
  • ^<133>Xeガス肺換気シンチグラフイの臨床適応, 本田 憲業, 町田 喜久雄, 細野 眞, 日本醫學放射線學會雜誌, 60, 5, 237, 242,   2000年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005578920
  • 新しい急性心不全治療薬塩酸コルホルシン ダロパートの心血管作用, 細野 誠, 日本薬理学雑誌, 114, 2, 83, 88,   1999年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005709121
    概要:塩酸コルホルシン ダロパートは,フォルスコリンの水溶性誘導体研究から見出された生薬由来の急性心不全治療薬である.本剤はフォルスコリンと同様に,β受容体を介さずにcAMPの合成酵素であるアデニル酸シクラーゼを直接活性化し,細胞内のcAMP濃度を高めることにより薬理作用を発現する.本剤は水溶性,作用の持続時間,血液脳関門透過性,経口活性およびアデニル酸シクラーゼのサブタイプ選択性などの点でフォルスコリンとは異なる.本剤は,陽性変力作用と血管拡張作用を示すイノダイレーター(inodilator)である.本剤の陽性変力作用は,β刺激薬やPDE阻害薬の作用が減弱するβ受容体脱感作モデルでも保持された.また,本剤は各種実験的心不全モデルに対し改善作用を示した.臨床試験においても,本剤は心不全患者の血行動態を改善し,同時に自覚症状や身体所見の改善も認められた.さらに,カテコラミン抵抗性の心不全患者でも有効であった.本剤は,世界初のアデニル酸シクラーゼ賦活薬製剤である.今後市販後調査(PMS)の中で,さらにその有効性,安全性および品質などに関して情報収集し,より適正な使用法を確立していく必要がある.本剤の臨床的位置付けがさらに明確になり,急性心不全の治療薬として一翼を担うことができれば幸いである.
  • 肺癌ならびに乳癌の核医学診断に関する研究ワーキンググループ成果報告, 楢林 勇, 今井 照彦, 佐々木 雅之, 戸川 貴史, 細野 眞, 大塚 信昭, 末吉 公三, 西山 佳宏, 核医学, 36, 3, 281, 285,   1999年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008493954
  • 核医学検査の被曝管理ワーキンググループ成果報告, 遠藤 啓吾, 日下部 きよ子, 細野 眞, 横山 邦彦, 木下 富士美, 菊地 透, 森 豊, 小坂 昇, 御前 隆, 中沢 圭治, 核医学, 36, 3, 271, 274,   1999年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008493949
  • モノクローナル抗体やペプチドを用いた腫瘍核医学, 細野 眞, 核医学, 35, 8, 681, 687,   1998年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008492973
  • モノクローナル抗体やペプチドを用いた腫瘍核医学, 細野 眞, 核医学, 35, 8, 681, 687,   1998年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008492973
  • これからの放射性薬剤, 細野 眞, 核医学, 35, 7,   1998年08月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016486793
  • ヨーロッパの核医学 -フランスを中心に-, 細野 眞, Radioisotopes, 47, 6, 531, 532,   1998年06月, 10.3769/radioisotopes.47.531, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002388649
  • ヨーロッパにおけるRI治療の現状, 細野 眞, Isotope news, 502, 0, 2, 5,   1996年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10003733203
  • ヨーロッパにおけるRI治療の現状, 細野 眞, 核医学, 32, 8,   1995年08月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016486653
  • 肝癌の骨転移に対する動脈塞栓療法, 永田 靖, 中野 善久, 高橋 正治, 阿部 光幸, 佐賀 恒夫, 岡嶋 肇, 細野 真, 光野 重根, ナガタ ヤスシ, ナカノ ヨシヒサ, タカハシ マサジ, アベ ミツユキ, サガ ツネ, オカジマ カオル, ホソノ マコト, コウノ シゲネ, Nagata Yasushi, Nakano Yoshihisa, Takahashi Masaji, Abe Mitsuyuki, Saga Tsuneo, Okajima Kaoru, Hosono Makoto, Kohno Shigene, 日本医学放射線学会雑誌, 48, 4, 417, 422,   1988年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004848713

受賞

  •   2009年, 第48回日本核医学会賞
  •   1997年, 医用原子力技術研究振興財団研究助成

競争的資金

  • 原子力規制庁, 放射線安全規制研究戦略的推進事業, 短寿命α核種等のRI利用における合理的な放射線安全管理のあり方に関する研究, 細野 眞
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 新たな治療手法に対応する医療放射線防護に関する研究, 細野 眞
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), アルファ線放出核種ラジウム-223による骨転移治療の基礎的検討, 細野 眞
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 医療における放射線防護と関連法令整備に関する研究, 細野 眞
  • 環境省, 原子力災害影響調査等事業(放射線の健康影響に係る研究調査事業), 放射線測定と行動調査による子どもの線量低減化と健康不安の軽減に関する研究, 細野 眞
  • 共同研究, 骨転移の疼痛緩和における塩化ストロンチウム-89の有効性の検証と背景因子との関係を探索する多施設共同前向き観察研究, 細野 眞, PMS-89 Study Group責任研究者 UMIN000004028
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 医療放射線の安全確保と有効利用に関する研究, 細野 眞
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 放射免疫療法における腫瘍増殖能・低酸素状態の画像化, 細野 眞, イットリウム-90 標識抗CD20 抗体イブリツモマブチウキセタンによって治療を受けたCD20陽性B 細胞性非ホジキンリンパ腫症例において、治療前後にFDG による糖代謝やFMISO による低酸素のPET/CT イメージングを実施し、その変化を経時的に評価した。またIn-111 標識抗CD20抗体のSPECT/CT を用いたイメージングによって抗原発現も評価した。これら糖代謝、低酸素状態、CD20 の発現と、Y-90 標識抗体による治療効果との関連について解析した。
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 医療放射線の安全確保に関する研究, 細野 眞, 主任研究者
  • 国立機関以外の国庫補助による研究, 陽電子断層撮影薬剤の開発に関する研究
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 医療放射線分野における法令整備等含めた管理体制の確立に関する研究, 細野 眞
  • 科学研究費補助金, 放射免疫療法の最適化に関する研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 放射能標識抗HER2抗体を用いた放射免疫療法の最適化に関する研究, 細野 眞, 近年、分子標的の概念や技術が確立され、さまざまの疾患において分子標的を用いた手法が応用されつつあり、ある病態では既に優れた有効性が確認され、診療に不可欠なものとなっている。この分子標的の一分野として、悪性腫瘍を認識するモノクローナル抗体を放射性同位元素で標識し生体に投与して悪性腫瘍の診断や治療を行う抗体シンチグラフィや放射免疫療法は、すでに多くの基礎的検討、臨床応用が進められてきた。本研究は、分子標的の手法を用いて、腫瘍のイメージングおよび治療を目的とした。放射能標識抗HER2抗体を用いた放射免疫療法の実用化に向けて、モノクローナル抗体による内部放射線療法を行うために放射性同位元素と抗体との標識法の諸課題を検討した。マクロサイクルの構造を持つキレート剤は、その標識化合物の安定性によって、放射免疫療法を行う際キレート剤に適していると考えられる。キレートを用いた放射能標識におけるパラメータの設定を行い、動物を用いたヒトの腫瘍モデルで腫瘍標的の条件最適化を検討した。また本研究においては、放射免疫治療に関する基礎的検討として、マウスのモデルにおいて放射能標識した腫瘍細胞の体内分布を調べた。これは、腫瘍をトレーサで標識し細胞の門脈内投与や脾内投与によって肝転移のモデルを確立したものである。肝転移マウスに放射能標識抗体を投与し、その全身の分布や転移巣におけるミクロな分布を確かめた。この肝転移モデルを用いて転移病変を示すトレーサの集積を調べて、放射免疫治療における基礎的解析とした。さらに実際に放射免疫療法の臨床応用を行う場合、放射線防護を考慮し放射線安全基準を順守した診療体制を準備しておくことが不可欠であり、これについても本研究でその要件を考察した。分子イメージングや分子標的治療が次々に臨床応用されている現在、本研究のような基礎的検討の意義は大きいと思われる。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), Pretargeting法による悪性腫瘍の放射免疫治療に関する研究, 細野 眞, 肺小細胞癌はとりわけ従来の治療に抵抗性が高いことから新しい治療法の確立が求められている。肺小細胞癌はNCAM発現率が高いことから、放射免疫治療の対象になると考えられる。今回の検討で、体内分布の結果では、"affinity enhancement system"と名付けられた2ステップ法による放射免疫ターゲッティングを用いることにより1ステップ法に比べて高い腫瘍/正常組織比が実現できた。体内分布のデータを基にした線量計算によると、線量の腫瘍/正常組織比は腫瘍/肝、腫瘍/骨髄比が1ステップ法にて4.2、2.6であるのに対して、2ステップ法にては、14.3、16.8と高い値を得ることができた。これにより、正常組織の線量を抑えながら腫瘍に高い線量を与えることができ、内放射線治療が可能であることが実証された。NCAMは正常の神経組織やNK細胞にも密度は低いが発現されており、放射免疫療法の場合これらの放射線障害が問題になりえる。本2ステップ法においては、2つのBispecific抗体と1つのbivalent haptenとが複合体を形成することによって抗原密度の高い腫瘍の放射能集積は高くなり、正常の神経組織やNK細胞のように抗原密度の低い組織においては複合体ができないため、放射能集積は低くなると考えられる。今回のデータで、肝、腎、肺などにおいて集積および吸収線量が低く抑えられたのは、NCAMの発現密度というよりも、洗い出しが速くなって非特異的集積を抑制できたという面が大きいかもしれない。いずれにしても、2ステップ法によって1ステップ法に比べて高い腫瘍/正常組織コントラストを得られることが明らかとなった。本研究においてNCAM発現腫瘍においてもこれまで報告のあったCEA発現腫瘍と同様に内部放射線治療が可能な高い腫瘍/正常組織比を達成できることが示された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 高齢者精神障害診断における脳血流SPECTの精度評価に関する研究, 町田喜久雄, 平成10年度から13年度の4年間にわたる本研究では、高齢者精神障害の内でも、とくにAlzheimer病などによる痴呆診断に対する脳血流SPECTの診断的意義を明らかにすることを目的に多施設読影実験を行った。先ず4施設より診断の確定したAlzheimer病など99症例の脳血流SPECTとMRIを収集し、57症例について核医学を主に専攻する医師10人によって先ず読影実験を行い、その結果をROC解析によって検討した。その結果、1)脳血流SPECTの痴呆鑑別能を表すROC曲線下面積は、すべての医師においてMRIより大であった。しかし統計的に有意の差が有ったのは3人のみであった。対応のあるt-検定でAzの平均値を比較すると、医師全体では、有意にSPEQTの痴呆鑑別能が大であった。2)同じ症例のMRIを放射線科診断医7人が半年後に読影した結果では、医師間の変動は第1の読影実験に比し有意に小さかった。3)SPECT診断の経験が豊富な7人Az平均は、MRI専門医のそれより有意に大であった。すなわち脳血流SPECTはAlzheimer病などの診断に優れていると考えられる。4)SPECT経験の浅い医師の読影結果は、明らかに経験の豊富な医師よりAzが小さかった。これは今後、医師の読影教育が重要である事を示唆するものと考えられる。今後の診断能向上のためには、医師の教育が必要であり、さらには、最近注目...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), Pretargeting法による大腸癌の免疫シンチグラフィに関する研究, 細野 眞, モノクローナル抗体を放射性同位元素(RI)で標識して悪性腫瘍のイメージングや内部放射線療法を行う試みが現在まで数多くなされているが、RI標識抗体が血中プールや正常組織に留まり病変と正常組織のRI集積比(腫瘍/正常組織比)が不十分である点が問題であった。解決策のひとつとしてpretargetingの方法が考案された。本研究において検討したのは腫瘍関連抗原とハプテンに特異性のあるBispecific Antibody(BsAb)とRI標識ハプテンを用いる方法である(2ステップ法)。癌胎児性抗原CEAを発現している腫瘍をヌードマウスに皮下移植し継代した。さらに1ステップ法として抗CEA抗体を直接I-125標識した。2ステップ法、1ステップ法それぞれのマウスを経時的に屠殺し放射能の体内分布を調べた。マウスにおける体内分布は2ステップ法では、1ステップ法と同等の腫瘍集積が認められた。2ステップ法の腫瘍/正常組織比は早期から高く、腫瘍血液比は5時間後に6、24時間後に37、48時間後に66、96時間後182と極めて高い値に達した。I-125のデータを基にしてI-131を用いた場合の吸収線量を求めると、腫瘍、肝、腎の吸収線量は2ステップ法で5.50、0.15、0.31、1ステップ法で6.80、0.39、0.69cGy/μCiと計算された。2ステップ法を用いて正常組織の被曝を抑えながら腫瘍に治療量の内部放射線照射を行えることを示しており、放射免疫療法への応用が期待される。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), SPECTによる脳腫瘍診断の精度評価に関する研究, 町田喜久雄, 我々は従来より、各種シンチグラム検査の臨床的有効性を測定するため、複数の施設が協力して、確定診断付きの画像データベースを作成し、次にこれを多数の医師が読影する実験を行い、ROC解析などを用いて統計解析し、所見検出能や質的診断能およびそれらの医師間変動を定量的、客観的に評価する研究を行ってきた。これらの結果は、文部省科学研究費一般c研究成果報告書「SPECTによる脳疾患診断の精度評価に関する研究(課題番号06670933)にまとめて報告してある。今回の研究では、脳腫瘍の質的診断、特に悪性脳腫瘍の診断に有用と云われ、注目されているT1-201-SPECT像の有効性について、54例の確定診断の得られた症例を対象にして検討を加え、9人の医師による、その読影の結果の変動を評価した。この場合、MRIを参照しない場合とする場合で検討すると、悪性の検出率は、前者で84%、後者で94%であった。良性と悪性の鑑別能を表す医師全体のROC曲線の第1動作点は、MRIを参照しない時TPR:53%、FPR:28%であり、MRI参照時TPR:74%、FPR45%で後者が優れていた。なお、欠損を有するファントムにおけるプロフィルから求めた濃度値と標準偏差、信号対雑音比については、その意義について現在検討を加えている段階である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), Pretargeting法による悪性腫瘍の免疫シンチグラフィに関する研究, 細野 眞, モノクローナル抗体を放射性同位元素(RI)で標識して悪性腫瘍のイメージングを行う試みが現在まで数多くなされているが、この際問題となるのがRI標識抗体が血中プールや正常組織に留まり病変と正常組織のRI集積比(腫瘍/正常組織比)が不十分である点であった。解決策のひとつとしてpretargetingの方法が考案された。このうち今回検討したのは癌胎児性抗原CEAとDTPAハプテンに特異性のあるBispecific Antibody(BsAb)とDTPAハプテンを用いる方法である。当初は大腸癌細胞株を用いることを計画しており、それについても実験を行ったが、ヒト甲状腺髄様癌細胞株TTがCEAを発現しているため、これを用いて実験系を作るためにヌードマウスに皮下移植し継代した。2ステップ法のBsAbとして抗CEA/抗DTPA抗体F-6-743を用いた。さらに1ステップ法として抗CEA抗体F6のF(ab')2を用いた。BsAbをヌードマウスの尾静脈から投与した。48時間後、I-125標識DTPAハプテンを投与し、経時的に屠殺し放射能の体内分布を調べた。またI-125標識F6 F(ab')2も体内分布を調べた。マウスにおける体内分布で2ステップ法では、I-125標識F6 F(ab')2を用いる方法と同等の腫瘍集積が見られた。腫瘍/正常組織比は早期から高く、腫瘍血液比は5時間後に6、24時間後に37、48時間後に66、96時間後182と極めて高い値に達した。今回の検討で2ステップ法にて高い腫瘍/正常組織比を得ることができた。観察された高い腫瘍/正常組織コントラストは、甲状腺髄様癌の診断に2ステップ抗体シンチグラフィが有効であることを強く示唆している。また正常組織の被曝を抑えながら腫瘍に治療量の内部放射線照射を行えることも示しており、放射性免疫治療が期待される。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 放射線医学, 埼玉医科大学
  • 放射線医学, 近畿大学医学部