KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

森 節子モリ セツコ

プロフィール

所属部署名法学部 教養・基礎教育部門 / 法学研究科
職名教授/主任
学位教育学博士
専門英語教育学、応用言語学
ジャンル社会/教育・学校・語学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/973-mori-setsuko.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    モチベーションと学習行動の関係、特に学生が英語学習の成功・失敗体験の原因を何に求めるのか、またその原因帰属傾向が学習行動にどのような影響を与えるのかについて研究しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1995年, テンプル大学(Temple University), 教育学部英語教授法修士課(TESOL), TESOL
  •  - 2002年, テンプル大学(Temple University), テンプル大学大学院教育研究科英語教育学
  •  - 1988年, 同志社大学, 法学部, 法律学科

経歴

  •   2006年04月, 近畿大学法学部(准教授)
  •   2004年04月,  - 2006年03月, 近畿大学語学教育部(専任講師)
  •   1997年,  - 2000年, 京都橘女子大学非常勤講師
  •   1997年04月,  - 2004年03月, - 立命館大学非常勤講師
  •   2000年04月,  - 2004年03月, - 京都橘女子大学英語コミュニケーション学科常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • 教育学, 教育学

研究キーワード

  • 英語教育

論文

  • Influence of Perceived Teacher Personality on Student Evaluations of Teaching: An Examination of the Variables of Students' English Proficiency and Gender, 森 節子, JACET Journal, 61, 131, 148,   2017年02月, 査読有り
  • Revisiting Studies on Causal Attributions in ESL/EFL Contexts: Towards an Alternative Model for the East Asian Context, 森 節子, L2 Selves and Motivations in Asian Contexts , 11, 28,   2016年11月, 査読有り
  • The Influence of Student and Course Characteristics on Student Evaluations of Teaching: A Meta-analytic Study, 森 節子, Kinki University Center for Liberal Arts and Foreign Language Education Journal. Foreign language edition, 7, 2, 81, 92,   2016年11月, 査読有り
  • The impact of perceived teacher characteristics on student evaluation: A meta-analytic study, 森 節子, Journal of Institutional Research South East Asia, 13, 1, 5, 18,   2015年05月, 査読有り
  • If you build it, they will come: From a “Field of Dreams” to a more realistic view of extensive reading in an EFL Context, 森 節子, Reading in a Foreign Language, 27, 1, 129, 135,   2015年04月, 査読有り
  • Influence of instructor personality on student evaluation of teaching: A comparison between English majors and non-English majors, 森 節子, English Language Teaching, 8, 1, 1, 10,   2015年01月, 査読有り
  • Effects of perceived teacher personality on student class evaluations: A comparison between Japanese instructors and native English speaking instructors, 森 節子, International Journal of English Linguistics, 3, 3, 53, 65,   2013年05月, 査読有り
  • 教員が学生に与える性格的印象と授業評価の関連性, 森 節子, 近畿大学教養・外国語教育センター紀要(外国語編), 3, 1, 163, 181,   2012年11月, 査読有り
  • 言語学習における原因帰属性の男女差, 森 節子, 近畿大学教養・外国語教育センター紀要(外国語編), 3, 1, 147, 161,   2012年11月, 査読有り
  • 大学英語教員のコンピューターおよびEラーニングに対する意識調査, 森 節子, 近畿大学教養・外国語教育センター紀要(外国語編), 2, 2, 193, 210,   2012年03月, 査読有り
  • Possible outlier effects on extensive reading research, 森 節子, 近畿大学教養・外国語教育センター紀要, 2, 1, 187, 203,   2011年11月, 査読有り
  • Attributional tendency and its relationship with actual and perceived proficiency, 森 節子、タン スーミン、モッドノア ファリザ、ヴィジャヤ ラシミ スピア、オン ソック イム, 11, 3, 199, 218,   2011年09月, 査読有り
  • The impact of culture on student attributions for performance: A comparative study of three groups of EFL/ESL learners, 森 節子、ゴーベル ピーター、スーミン タン、ニャター カン、ケンワ リー, 9, 1, 27, 43,   2011年05月, 査読有り
  • 授業評価アンケート調査から読み取れる学生の意識と授業の課題(1)―近畿大学法学部における現状, 森 節子, 田邉義隆, 近畿大学法学, 58, 2-3, 721, 742,   2011年02月, 査読有り
  • Students’ course evaluations and their roles in faculty development (2): Analyses of students’ perceptions toward required English classes, 森 節子、田邉義隆, 近畿大学英語教育学会紀要, 8, 17, 36,   2011年02月, 査読有り
  • Malaysian University Students' Attributional Tendencies and their Relationships with Perceived Proficiency, 森 節子, 近畿大学英語教育学会紀要, 6, 51, 66,   2010年06月, 査読有り
  • Attributions for Performance: A Comparative Study of Japanese and Thai University Students, 森 節子、ゴーベル ピーター、テプシリ キッチャ、プジャナプンヤ プンジャポーン, 32, 1, 5, 28,   2010年05月, 査読有り
  • Second-year University Students’ Perceived Accounts for Improvement in English, 森 節子, 近畿大学英語教育学会紀要, 5, 15, 30,   2010年01月, 査読有り
  • University Students’ Explanations for Failure and Success in Learning English as a Foreign Language, 森 節子, 近畿大学英語教育学会紀要, 3, 31, 46,   2009年01月, 査読有り
  • Who Is to Blame?: University Students’ Perception of Lack of Improvement in Their English Ability, 森 節子, 47, 1, 16,   2008年10月, 査読有り
  • University Students’ Perception of Improvement in Their English Ability, 森 節子, 近畿大学英語教育学会紀要創刊号, 1, 54, 68,   2008年02月, 査読有り
  • Success and failure in the EFL classroom: Exploring students’ attributional beliefs in language learning, 森 節子、ゴーベル ピーター, 7, 149, 169,   2007年05月, 査読有り
  • Relationship between attitudes and gain scores on TOEIC-based proficiency test, 森 節子, 1088, 1099,   2007年04月, 査読有り
  • Motivation and gender in Japanese EFL classroom, 森 節子、ゴーベル ピーター, 34, 2, 194, 210,   2006年06月, 査読有り
  • Gender, motivation, and attendance among university students, 森 節子、ゴーベル ピーター, 290, 302,   2005年09月, 査読有り
  • Effective language tests as a means to evaluate a program, 森 節子, 語学教育部ジャーナル創刊号, 1, 103, 117,   2005年03月, 査読有り
  • Siqnificant motivational predictors of the amount of reading, RELC Journal, 35, 63, 81,   2004年04月, 査読有り
  • Motivational contribution to how much students read in English, 京都橘女子大学外国語教育センター紀要, 11, 23, 33,   2003年02月, 査読有り
  • University students' motivation to read in English, 森 節子, 京都橘女子大学外国語教育センター紀要, 10, 55, 65,   2002年02月, 査読有り
  • Redefining motivation to read in a foreign language, 森 節子, Reading in a Foreign Language, 14, 2, 91, 110,   2002年10月, 査読有り
  • Predicting persistence: A motivational Study, 森 節子、ゴーベル ピーター, The Proceedings of the 4th Temple University Japan Applied Linguistics Colloquium, 55, 66,   2002年, 査読有り
  • The Influence of Relationship and Proficiency on the Use of Foreigner Talk, 森 節子, 京都橘女子大学研究紀要, 27, 280, 300,   2001年02月, 査読有り
  • Motivation to Learn and Read in English : Who is More Motivated?, 森 節子, 京都橘女子大学外国語教育センター紀要, 9, 1, 11,   2001年03月, 査読有り
  • The effects of proficiency and group membership on motivation to learn and read in English, 森 節子, The proceedings of the 3rd Temple University Japan Applied Linguistics Colloquium, 55, 66,   2001年, 査読有り
  • Pragmatics competence by two groups of Japanese learners of English : returnees and non-returnees, 森 節子, TUJ Working Papers in Applied Linguistics, 16, 116, 129,   2000年11月, 査読有り
  • Leading the class to water : Japanese student's motiration toward reading in English, 森 節子, 京都橘女子大学外国語教育センター紀要, 8, 35, 46,   2000年03月, 査読有り
  • The need for a criterion-referenced test for program evaluation, 森 節子, 京都橘女子大学外国語教育センター紀要, 7, 7, 11,   1999年03月, 査読有り
  • The role of motivation in amount of reading, 森 節子, TUJ Working Papers in Applied Linguistics, 14, 51, 68,   1999年, 査読有り
  • Action Research : The effect of use and non-use of dictionaries, 森 節子, 京都橘女子大学外国語教育センター紀要, 6, 133, 140,   1998年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • Tailoring a vocabulary-based graded dictation test, 森 節子, ピーターゴーベル, The 23rd Thailand TESOL International Conference.,   2004年01月, The 23rd Thailand TESOL International Conference.
    概要:ボキャブラリーを基にして難易度順に作成されたディクテーションテストをプレースメントテストとして実施した結果を統計分析し、他の標準テストとの相関関係について報告した。
  • モーティベーションと読書量の関係 ー モーティベーションを高めるリーディングタスク, 森 節子, 英語授業研究学会 関西支部 第137回例会,   2004年07月, 英語授業研究学会 関西支部 第137回例会
    概要:学生のモーティべーションと英語での読書量にどのような関係があるかについて調べた研究結果についての発表。また、どのようにしたら学習者の英語での読書意欲を高めることができるかについても提案した。
  • Gender, motivation, and attendance among university students, 森 節子, ピーターゴーベル, 第27回 JALT 全国語学教育学会,   2004年11月, 第27回 JALT 全国語学教育学会
    概要:学生の英語学習一般に対するモーティべーションと、学生の出席率にどのような関係があるかについて調べた研究結果の発表。また、出席率に男女差が認められるかどうかについても併せて分析し、報告した。
  • Qualitative inquiry: Why do Japanese university students stop coming to school?, 森 節子, ピーターゴーベル, Thailand TESOL's 25th Anniversary International Conference,   2005年01月, Thailand TESOL's 25th Anniversary International Conference
    概要:学生の英語学習一般に対するモーティべーションと、学生の出席率にどのような関係があるかについてインタビューデータを基に分析した研究結果の発表。
  • Predicting attrition: Relationships between gender, motivation, and attendance., 森 節子, ピーターゴーベル, Ninth Bienial University of Seville Conference on Applied Linguistics (ELIA),   2005年03月, Ninth Bienial University of Seville Conference on Applied Linguistics (ELIA)
    概要:学生の英語学習一般に対するモーティべーションと、学生の出席率にどのような関係があるかについて調べた研究結果の発表。また、出席率に男女差が認められるかどうかについても併せて分析し、報告した。
  • Success and failure in language learning: The student perspective, 森 節子, Peter Gobel, 4th Annual Hawaii International Conference on Education,   2006年01月, 4th Annual Hawaii International Conference on Education
  • Exploring reading motivation in the EFL classroom, 森 節子, 2nd CamTESOL Conference on English Language Teaching,   2006年02月, 2nd CamTESOL Conference on English Language Teaching
  • Success and failure in the EFL classroom: Exploring students’ attributional beliefs in language learning, 森 節子, Peter Gobel, European Second Language Association Conference 2006,   2006年09月, European Second Language Association Conference 2006
  • Relationship between attitudes and gain scores on TOEIC-based proficiency test, 森 節子, The Japan Association for Language Teaching,   2006年11月, The Japan Association for Language Teaching
  • University students’ attributional beliefs in language learning, 森 節子, The Seventh Temple University Applied Linguistics Colloquium,   2006年, The Seventh Temple University Applied Linguistics Colloquium
  • Success and Failure Attributions in Thai and Japanese EFL Classrooms, 森 節子, Peter Gobel, Thailand TESOL,   2007年01月, Thailand TESOL
  • Attributional beliefs in the EFL classroom, 森 節子, Peter Gobel, TESOL,   2007年03月, TESOL
  • Success and Failure in the Asian EFL Classroom: Exploring Students’ Attributional Beliefs, 森 節子, Peter Gobel, ALA conference,   2008年06月, ALA conference
  • Student perceptions of success and failure in Thai and Japanese EFL classrooms, 森 節子, Peter Gobel, EuroSLA,   2008年09月, EuroSLA
  • The Impact of Culture on Student Attributions for Performance: A Comparative Study of Three Groups of EFL/ESL Learners, 森 節子, ピーター・ゴーベル, Sountheast Asian Association for Institutaional Research,   2011年11月, Sountheast Asian Association for Institutaional Research

MISC

  • 授業評価アンケート調査から読み取れる学生の意識と授業の課題(2)―近畿大学法学部英語科目群の分析を通して, 森 節子, 田邉 義隆, 近畿大学英語研究会紀要, 7, 17, 36,   2011年02月
  • 教員が学生に与える性格的印象と授業評価の関連性―日本人講師と外国人講師の比較から, 田邉 義隆, 森 節子, International Journal of English Linguistics, 3, 3, 53, 65,   2013年03月
    概要:本稿はFD活動の一環として行った授業評価研究の続編として執筆したものであり、担当教員の性格的要因が学生の授業評価に与える影響について調査した。また、学生は日本人教員担当の授業と外国人教員担当の授業を区別して評価しているか否かについても扱った。質問紙調査の形式で、被験者の学生には「授業は興味が持てる内容だった」など23項目と10点満点の総合評価(計24項目)で構成された授業評価と同時に、「自己主張せず、周囲の意見に合わせようとする」など、担当教員の印象を問う28項目の質問への回答も求めた。主成分分析の結果、授業評価は「授業への興味・関心」、「クラス運営」の2因子が、教員の印象については「外向性と達成思考」、「否定的な感情」、「柔和的な態度」、「規律正しさ」の4因子が検出された。重回帰分析の結果、「授業への興味・関心」と「クラス運営」が総合評価と正の相関を、「否定的な感情」が負の相関を示していることが分かった

競争的資金

  • 英語でのリーディングモーティベーションに関する研究