KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

大石 卓史オオイシ タカフミ

プロフィール

所属部署名農学部 農業生産科学科 / 農学研究科
職名准教授
学位博士(地球環境学)
専門農業経済学・環境経済学
ジャンル経営・産業/農林
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1245-oishi-takafumi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    環境保全型農業の取組み推進のため、フードシステムの川上~川下の関係者を対象とした社会経済調査を行っています。また、農山村再生に関わるコーディネートやネットワーキングも行っています。

学歴・経歴

学歴

  • 2003年10月 - 2007年03月, 京都大学大学院 地球環境学舎 博士課程
  • 2000年04月 - 2002年03月, 京都大学, 農学研究科, 生物資源経済学専攻
  • 京都大学, 農学部

経歴

  •   2017年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2014年04月,  - 2017年03月, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 応用経済学

研究キーワード

  • 行政経営・行政評価, 農産物マーケティング, 農山村再生, 環境経済評価

論文

  • Possibility that biodiversity conservation will lead to improvements in the unit sales price of agricultural products - Analysis of a questionnaire survey of farmers carrying out Ikimono Mark practices, 大石 卓史, Journal of Environmental Information Science, 44, 5, 63, 70,   2016年03月, 査読有り
  • 生物多様性に配慮した農業由来の農産物・加工品に対する消費者選好 -品目別の価格プレミアムとその規定要因-, 大石卓史・大南絢一, フードシステム研究, 22, 3, 278, 292,   2015年12月, 査読有り
  • Analysis of Value Recognition and Features of Biodiversity-Friendly Agriculture Perceived by Urban Residents, 大石 卓史, Papers on Environmental Information Science, 29, 88, 94,   2015年, 査読有り
  • 基礎自治体における環境保全型農業推進の取り組みの現状と課題 -神奈川県,山梨県,静岡県内の基礎自治体を対象として-, 大石 卓史, 環境情報科学, 44, 3, 67, 72,   2015年, 査読有り
  • 日本型フォレスター候補者の活動実態 -都道府県職員のうち准フォレスターを対象として-, 15. 大石卓史・田村典江・枚田邦宏・奥山洋一郎, 林業経済研究, 60, 20,   2014年, 査読有り
  • Cognitive Structure of Japanese Consumers Regarding Biodiversity-Enhanced Agricultural Products (BEAPs): A Structural Equation Modeling Study, Taro OISHI, Takafumi OISHI, Papers on Environmental Information Science, 27,   2013年, 査読有り
  • 生物多様性に配慮した農業者と消費者の関わり : 産物の購入ならびに交流の状況とその規定要因, 大石 卓史, 清水 みゆき, 食品経済研究, 食品経済研究, 40, 17, 33,   2012年03月
  • 環境・健康配慮型の購買行動に関する一考察-共分散構造分析によるアプローチ-, 大石太郎・大石卓史・大南絢一, 消費者教育, 32,   2012年, 査読有り
  • 都市住民が山村に見出す多様な価値 : 都市住民のセグメンテーションに基づく分析, 大石 太郎, 大石 卓史, 大南 絢一, 農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association, 農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association, 30, 291, 296,   2011年11月15日
  • 食品の日付表示と食品ロスに関する研究, 清水 みゆき, 大石 卓史, 食品経済研究, 食品経済研究, 39, 48, 62,   2011年03月
  • MSC認証水産物に対する消費者選好の分析-京都府産ズワイガニ及びアカガレイを対象として-, 大石卓史・大南絢一・山崎淳・田村典江, フードシステム研究, 17, 3,   2010年, 査読有り
  • 環境保全型農業を対象とした認証制度への消費者選好--米を分析事例として, 大石 卓史, 竹下 広宣, 食品経済研究, 食品経済研究, 37, 4, 14,   2009年03月
  • エキノコックス症感染源対策の経済評価, 大石 卓史, 嘉田 良平, 有路 昌彦, 山根 史博, 環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science, 環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science, 18, 453, 458,   2004年11月05日
  • エキノコックス症感染源対策の経済評価(共著), 『環境情報科学論文集』, No.18, pp.453-485,   2004年
  • 外的基準やモデルのパラメトリックな仮定に依拠しない便益移転性の仮説検定-地域用水環境整備事業の地域アメニティ便益を事例として-(共著), 大石 卓史, 浅野 耕太, 農村計画学会誌, 農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association, 22, 2, 91, 102,   2003年09月30日
  • 二段階二肢CVMにおける選択回答の変化-農業農村整備事業を事例として-(共著), 浅野 耕太, 大石 卓史, 児玉 剛史, 農村計画学会誌, 農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association, 21, 4, 291, 302,   2003年03月30日
  • 便益関数移転による便益評価額の推定誤差とその改善に関する検討 : 地域用水環境整備事業のアメニティ便益を事例として, 大石 卓史, 農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association, 農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association, 21, 49, 54,   2002年11月30日
    概要:In this paper, I examined the applicability of benefit function transfer to policy evaluation, as a case study of amenity benefit in regional water resource program. By calculating differences in WTP between original model and transferred model, I found that about half of the sites had the percentage differences of 30% or greater. Improving the specification of benefit function and selecting study sites would help us to make benefit function transfer more feasible.
  • 現代の潮流 仮想トラベルコスト法--環境質の変化を考慮した公共事業の事前評価のために, 大石 卓史, 渡邉 正英, UFJ Institute report, UFJ Institute report, 7, 4, 51, 56,   2002年
  • ロジスティック回帰分析による便益移転性の規定要因の検討, 大石 卓史, 農村計画論文集, 農村計画論文集, 20, 3, 13, 18,   2001年12月07日

書籍等出版物

  • 山村再生ビジネスとマーケティング, 山村再生研究会 編著,   2015年
  • 浅海域の生態系サービス ―海の恵みと持続的利用, 共著,   2011年
  • 水産経済の定量分析 -その理論と実践-, 共著,   2006年
  • 自然産業の世紀, 共著,   2006年
  • 2005年日本はこうなる(UFJ総合研究所編), 共著,   2004年

講演・口頭発表等

  • 生物多様性に配慮した農業のステークホルダー分析と推進方策に関する一連の研究, 大石 卓史, 第17回環境情報科学センター賞表彰式,   2017年06月26日, 招待有り
  • 人工栽培マツタケに対する消費者選好, 大石卓史・白坂憲章・福田泰久, 林業経済学会2016年秋季大会,   2016年11月
  • 産学官連携によるアグリビジネスの推進, 大石 卓史, 第4回奈良まほろば産学官連携懇話会,   2016年09月02日
  • 気候変動時代における農産物の生産・流通, 大石 卓史, 日本計画行政学会 第39回(2016年度)全国大会,   2016年09月
  • Analysis of Value Recognition and Features of Biodiversity-Friendly Agriculture Perceived by Urban Residents, 大石卓史, 第29回環境情報科学 学術研究論文発表会,   2015年12月01日
  • 森林総合監理士(日本型フォレスター)と市町村との関わり~市町村担当者へのアンケート調査に基づいて~, 大石卓史・田村典江・小原 悟・枚田邦宏・大南絢一・大川智船, 林業経済学会2015年秋季大会,   2015年11月
  • 山村ビジネスとマーケティング, 大石 卓史, 森林社会学研究会 連続講座第二回 - 森林とソーシャルビジネス –,   2015年10月, 招待有り
  • 生物多様性に配慮した農業由来の農産物・加工品に対する消費者選好 -品目別の価格プレミアムとその規定要因-, 大石卓史・大南絢一, 2015年度日本フードシステム学会大会,   2015年
  • 指南!一般審査論文の書き方, 大石 卓史, 農村計画学会2014年度秋期ミニシンポジウム「緊急企画!農村計画学会の論文を考える」,   2014年11月30日, 招待有り
  • 森林総合監理士(日本型フォレスター)をめぐる検討の経緯と展望, 田村典江・大石卓史・枚田邦宏, 林業経済学会2014年秋季大会,   2014年
  • 日本型フォレスターの役割と現状 -他の人材との関係から-, 枚田邦宏・小原文悟・田村典江・奥山洋一郎・大石卓史, 林業経済学会2014年秋季大会,   2014年
  • Cognitive Structure of Japanese Consumers Regarding Biodiversity-Enhanced Agricultural Products (BEAPs): A Structural Equation Modeling Study, Taro OISHI, Takafumi OISHI, 第27回環境情報科学 学術研究論文発表会,   2013年
  • 生物多様性に配慮した農業の取り組み, 大石 卓史, 滋賀大学「環境問題を学ぶ」,   2012年10月
  • 森の恵みを活かした山村振興, 大石 卓史, 平成24年度森の恵み(森からの産物)研修,   2012年09月, 招待有り
  • 准フォレスターの活動について, 大石 卓史, フォレスター育成技術研修,   2012年05月, 招待有り
  • 平成23年度森林・林業分野でのCSR活動の掘り起こしに向けたニーズ等調査委託事業 成果報告, 大石 卓史,   2012年03月
  • 試行フォレスター等の活動状況, 大石 卓史, 平成23年度日本型フォレスター育成研修事業 准フォレスター集合研修(第3回),   2012年02月07日
  • 試行フォレスター等の活動状況, 大石 卓史, 平成23年度日本型フォレスター育成研修事業 准フォレスター集合研修(第2回),   2012年02月01日, 招待有り
  • 試行フォレスター等の活動状況, 大石 卓史, 平成23年度日本型フォレスター育成研修事業 准フォレスター集合研修(第1回),   2012年01月, 招待有り
  • フォレスター候補者の活動状況と今後の展望, 大石卓史・田村典江・枚田邦宏・奥山洋一郎・小川繁幸, 林業経済学会2012年秋季大会,   2012年
  • 水産加工業における衛生管理手法の導入の実態と課題, 田村典江・大石卓史・有路昌彦, 地域漁業学会京都大会,   2012年
  • 「民国連携による森林管理の展開状況 -フォレスター候補者の活動に着目して-, 奥山洋一郎・枚田邦宏・大石卓史・田村典江・小川繁幸, 林業経済学会2012年秋季大会,   2012年
  • 森林・林業分野のCSR活動に対する企業の意向と課題 -東証二部、大証二部等の上場企業を対象としたアンケート調査から-, 小川繁幸・大石卓史・中尾友一, 林業経済学会2012年秋季大会,   2012年
  • 里山まるごと体験会, 大石 卓史, たかしま都市と農村交流促進協議会主催,   2011年10月
  • 生物多様性に配慮した農業に対する消費者選好-CVMによる分析-, 大石卓史・大南絢一・大石太郎, 2011年度日本フードシステム学会大会,   2011年
  • 消費者の商品購入メカニズムに関する一考察, 大石太郎・大石卓史・大南絢一, 2011年度日本消費者教育学会関西支部大会,   2011年
  • 食品の日付表示と食品ロスの関係性-食品ロス削減に向けた一方策-, 清水みゆき・大石卓史, 2011年度日本フードシステム学会大会,   2011年
  • 生きものブランド農産物に対する消費者の認知構造-共分散構造分析(SEM)によるアプローチ-, 大石太郎・大石卓史・大南絢一, 環境経済・政策学会2011年大会,   2011年
  • 都市住民が山村に見出す多様な価値-都市住民のセグメンテーションに基づく分析-, 大石太郎・大石卓史・大南絢一, 農村計画学会 2011年度 秋期大会,   2011年
  • 生物多様性に配慮した農産物の生産・販売, 大石 卓史, 平成22年度 第2回 農業経営塾,   2010年11月
  • 企業における生物多様性セミナー ~理解から実践へ~, 大石 卓史,   2010年08月
  • 生物多様性に配慮した農業の現状・課題について, 大石 卓史, 第3回農村計画のフロンティア勉強会,   2010年06月, 招待有り
  • 生きものマークの現状と課題について ~ 平成21年度農林水産生きものマークモデル事業結果報告を中心に~, 大石 卓史, 農林水産政策研究所 生物多様性に配慮した農産物生産に関するセミナー,   2010年04月, 招待有り
  • 経済学的視点からみた生態系サービス, 大石 卓史, 平成22年度日本水産学会春季大会シンポジウム「魚介類生産の場としての浅海域の生態系サービス」,   2010年03月, 招待有り
  • 高島有機農業推進協議会 活動報告 ~ 3つの安心を目指して ~, 大石 卓史, 第2回有機農業推進地域連携会議in東海,   2010年03月
  • MSC認証水産物に対する消費者選好の分析-京都府産ズワイガニ及びアカガレイを対象として-, 大石卓史・大南絢一・山崎淳・田村典江, 2010年度日本フードシステム学会大会,   2010年
  • 成功事例から見た農業経営のあり方, 大石 卓史, 平成21年度農業経営塾 ~袋井地域産業イノベーション事業~,   2009年12月
  • 生きものブランド米の開発, 大石 卓史, アグリネイチャースチュワード養成ビジネススクール,   2009年07月
  • 生きものブランド米の現状と今後の展望-取組状況の把握と流通事業者の評価を中心に-, 大石 卓史, 2009年度日本フードシステム学会大会,   2009年
  • 秋田県産スギ製材品に対する実需者の商品ニーズとその対応策, 中尾友一・井戸田祐子・大石卓史・田村典江・高田克彦(, 第60回日本森林学会関西支部、日本森林技術協会関西・四国支部連合会合同大会,   2009年
  • 有機農業推進モデルタウン 活動報告(高島有機農業推進協議会の活動について), 大石 卓史, 農こそヒストリー in 京都 農を変えたい!全国運動 関西地域ネットワーク主催,   2008年11月, 招待有り
  • 生物多様性への対応遅れは経営リスクとなる時代!『これだけは知っておくべき!生物多様性の必須情報, 大石 卓史,   2008年09月
  • 『研究員』という職業について, 大石 卓史, 京都大学大学院地球環境学舎就職説明会,   2008年, 招待有り
  • 日本における環境に配慮した食品の潜在的需要 ~エコラベル水産物のコンジョイント分析~, 大石卓史・大南絢一・田村典江・八木信行, 2008年度日本フードシステム学会大会,   2008年
  • 環境認証制度の食品市場や流通形態にもたらす影響, 大石 卓史, 2008年度日本フードシステム学会大会,   2008年
  • Policy coherence between exporting and importing countries: a possibility on information sharing mechanisms between consumers and producers through ecolabeling, 5th World Fisheries Congress,   2008年
  • 京都大学大学院地球環境学舎からのインターンシップ生の受入について, 大石 卓史, 平成19年度インターンシップ推進フォーラム 文部科学省主催,   2007年, 招待有り
  • 水産エコラベルに対する消費者認知の把握~MSCラベルを対象として~, 田村典江・大石卓史・大南絢一, 2007年度日本フードシステム学会大会,   2007年
  • 食品安全のリスクコミュニケーションの評価方法に関する検討 ~内閣府食品安全委員会が開催する意見交換会を対象として~, 大石卓史・嘉田良平, 日本リスク研究学会第19回研究発表会,   2006年
  • 鳥インフルエンザ発生に伴う社会的影響の定量化, 竹下広宣・大石卓史, 2006年度日本フードシステム学会大会 個別報告,   2006年
  • 京都府産カレイの消費者ニーズに関する定量分析, 有路昌彦・山根史博・大石卓史・千田良仁・山﨑淳, 地域漁業学会福井県小浜大会,   2006年
  • エキノコックス症感染源対策の経済評価, 大石卓史・嘉田良平・有路昌彦・山根史博, 第18回環境研究発表会,   2004年
  • エキノコックス対策の費用便益分析とリスクコミュニケーションの課題, 嘉田良平・有路昌彦・大石卓史, 第50回日本寄生虫学会・日本衛生動物学会 北日本支部合同大会 国際シンポジウム,   2003年, 招待有り
  • 便益関数移転による便益評価額の推定誤差とその改善に関する検討-地域用水環境整備事業のアメニティ便益を事例として-, 大石 卓史, 農村計画学会2002年度秋期大会,   2002年
  • ロジスティック回帰分析による便益移転性の規定要因の検討, 大石 卓史, 農村計画学会2001年度秋期大会,   2001年
  • 流域の上下流における住民の森林資源管理に対する意識 -高知県仁淀川流域・京都府由良川流域を事例として-, 大川智船・吉岡崇仁・佐藤真行・大石卓史・田村典江, 林業経済学会2014年秋季大会,   2014年11月

作品

  • 環境を含む政策総合評価モデルの開発に関する調査・研究,   2002年
  • 動物由来寄生虫症の流行地拡大防止対策に関する研究(厚生労働省科学研究費補助金(新興・再興感染症研究事業)),   2003年 - 2004年

MISC

  • 生物多様性ブランド農産物の販売状況と今後の展望 -生きものマーク農産物を中心に-, 田中淳志・大石卓史, 農村計画学会誌, 35, 4, 492, 495,   2017年03月, 招待有り
  • 特集「IPBES時代の新たな農村計画の方向性~生態系サービス湧出源としての農山漁村」解題, 松下京平・大石卓史, 農村計画学会誌, 36, 1, 4, 4,   2017年
  • 特集「日本の世界農業遺産~その未来への継承における農村計画の役割~」解題, 楠本良延・栗田英治・大石卓史, 農村計画学会誌, 35, 3,   2016年
  • 都市農業と大学, 大石 卓史, 農村計画学会誌, 35, 1,   2016年, 招待有り
  • 6次産業化によるビジネスチャンスの創出, 大石 卓史, 合理化, 521,   2015年, 招待有り
  • 西日本ブロック地区セミナー(第1回)報告, 大石 卓史, 農村計画学会誌, 33, 4,   2015年, 招待有り
  • 食・農と米穀業界の行く末, 大石 卓史, 若米会 第23回定例会,   2013年07月
  • 特別寄稿 ドイツ・ロッテンブルク大学 カイザー学長、ハイン教授との意見交換会 ドイツにおける森林・林業技術者の育成について ~日本における人材育成の展望を考える~ 開催結果, 大石 卓史, 林経協季報 杣径, 24,   2012年03月, 招待有り
  • 消費者の認知とリスクコミュニケーション (特集 風評被害にどう立ち向かうか?), 大石 卓史, 養殖, 48, 8, 26, 28,   2011年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018909805
  • 経済学的視点からみた生態系サービス, 大石 卓史, 日本水産学会誌, 76, 6,   2010年11月, 招待有り
  • エコラベル製品の食品分野への普及の意義と可能性, 大石 卓史, FSニューズ・レター,   2008年08月, 招待有り
  • 農山漁村の再生に向けて, 大石 卓史, 建築と社会,   2008年04月, 査読有り
  • 高島市「ふるさと自治大賞」・「未来に誇れるまちづくり活動実践大賞」(選考委員), 大石 卓史,   2008年
  • この夏、父親の威厳復活なるか? 親子で自然体験と本格的木工教室へどうぞ, 大石 卓史, air BE-PAL, 1900,   2008年
  • アースデイびわ湖2007 ビーチコーミング(生きもの調査講師), 大石 卓史,   2007年
  • 「コンジョイント分析を用いた環境価値の評価, 大石 卓史, UFJ総研 情報ライブラリー,   2003年06月

受賞

  •   2017年06月, 一般社団法人環境情報科学センター, 第17回環境情報科学センター賞 学術論文奨励賞, 生物多様性に配慮した農業のステークホルダー分析と推進方策に関する一連の研究
  •   2017年03月, 林業経済学会, 第15回(2016年度)林業経済学会奨励賞, 林業人材の育成と山村地域の活性化に関する研究

競争的資金

  • 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, きのこの子実体形成機構の解明とそのマツタケ等有用食用きのこ類の人工栽培化技術確立への応用を目指した研究基盤形成
  • 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金), 生態系保全型農業のステイクホルダー分析-サプライチェーンとバリューチェーンの検証-, 大石 卓史
  • (厚生労働省科学研究費補助金(新興・再興感染症研究事業), 動物由来寄生虫症の流行地拡大防止対策に関する研究
  • 大阪大学大学院国際公共政策研究科・政策総合評価プロジェクト, 米国における行政評価の新たな方向-テキサス州交通省・ミネソタ州交通省を事例として-

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 進路と職業, 近畿大学農学部
  • 農産物流通・マーケティング論, 近畿大学農学部
  • 農産物マーケティング論, 近畿大学農学部
  • 環境保全型農業論, 日本大学生物資源科学部
  • 資源と環境の経済学, 日本大学生物資源科学部
  • アグリビジネス起業論, 近畿大学農学部
  • 農業実習, 近畿大学農学部
  • アグリビジネス実習, 近畿大学農学部
  • 日本農業論, 近畿大学農学部