KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

多賀 淳タガ アツシ

プロフィール

所属部署名薬学部 医療薬学科 / 薬学研究科 / 薬学総合研究所
職名准教授
学位博士(薬学)
専門生体成分分析、病態検査
ジャンル医療・健康/薬と社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/806-taga-atsushi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/12/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    生体成分を分子レベルで分析し、その機能を解析する方法を開発しています。新しい分子機能解析法を用いて、体の異常を知らせるマーカーや、異常を改善させる薬物等のシーズを探索しています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/11/3
     産経新聞
     産官学連携について
    ●2016/5/19
     J:COMチャンネル「デイリーニュース~東大阪」
     近の鶏卵について
    ●2015/1/27
     読売テレビ「す・またん!ZIP!」
     スッポンコラーゲン化粧品について。
    ●2015/1/26
     ABCラジオ「「武田和歌子のぴたっと。」
     スッポンコラーゲン化粧品について。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1992年, 近畿大学, 薬学研究科, 薬品分析学
  •  - 1990年, 近畿大学, 薬学部, 薬学科

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 物理系薬学

研究キーワード

  • 分析化学

論文

  • Collagen peptides from soft‑shelled turtle induce calpain‑1 expression and regulate inflammatory cytokine expression in HaCaT human skin keratinocytes., Yamamoto T, Nakanishi S, Mitamura K, Taga A, International journal of molecular medicine, 42, 2, 1168, 1180,   2018年08月, 査読有り
  • Chiral separation of isoxanthohumol and 8-prenylnaringenin in beer, hop pellets and hops by HPLC with chiral columns., Moriya H, Tanaka S, Iida Y, Kitagawa S, Aizawa SI, Taga A, Terashima H, Yamamoto A, Kodama S, Biomedical chromatography : BMC, e4289,   2018年05月, 査読有り
  • Instillation of Sericin Enhances Corneal Wound Healing through the ERK Pathway in Rat Debrided Corneal Epithelium., Nagai N, Fukuoka Y, Ishii M, Otake H, Yamamoto T, Taga A, Okamoto N, Shimomura Y, International journal of molecular sciences, 19, 4,   2018年04月, 査読有り
  • Proteomic profile of the lens in a streptozotocin-induced diabetic rat model using shotgun proteomics., Nagai N, Yamamoto T, Mitamura K, Taga A, Biomedical reports, 7, 5, 445, 450,   2017年11月, 査読有り
  • Shotgun label-free proteomic analysis for identification of proteins in HaCaT human skin keratinocytes regulated by the administration of collagen from soft-shelled turtle., Yamamoto T, Nakanishi S, Mitamura K, Taga A, Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials,   2017年11月, 査読有り
  • Simultaneous determination of alcohols including diols and triols by HPLC with ultraviolet detection based on the formation of a copper(II) complex., Tanaka S, Dohi T, Aizawa SI, Kemmei T, Terashima H, Taga A, Yamamoto A, Kodama S, Journal of separation science, 40, 21, 4168, 4175,   2017年08月, 査読有り
  • Effect of dark-colored maple syrup on cell proliferation of human gastrointestinal cancer cell., Yamamoto T, Sato K, Kubota Y, Mitamura K, Taga A, Biomedical reports, 7, 1, 6, 10,   2017年07月, 査読有り
  • HPLC Separation of Sulforaphane Enantiomers in Broccoli and Its Sprouts by Transformation into Diastereoisomers Using Derivatization with (S)-Leucine., Okada M, Yamamoto A, Aizawa SI, Taga A, Terashima H, Kodama S, Journal of agricultural and food chemistry, 65, 1, 244, 250,   2017年01月, 査読有り
  • Identification of aldolase A as a potential diagnostic biomarker for colorectal cancer based on proteomic analysis using formalin-fixed paraffin-embedded tissue., Yamamoto T, Kudo M, Peng WX, Takata H, Takakura H, Teduka K, Fujii T, Mitamura K, Taga A, Uchida E, Naito Z, Tumour biology : the journal of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine, 37, 10, 1, 12,   2016年10月, 査読有り
  • Peripheral HMGB1-induced hyperalgesia in mice: Redox state-dependent distinct roles of RAGE and TLR4., Yamasoba D, Tsubota M, Domoto R, Sekiguchi F, Nishikawa H, Liu K, Nishibori M, Ishikura H, Yamamoto T, Taga A, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 130, 2, 139, 142,   2016年02月, 査読有り
  • Optimization of Method to Extract Collagen from "Emperor" Tissue of Soft-shelled Turtles., Yamamoto T, Uemura K, Sawashi Y, Mitamura K, Taga A, Journal of oleo science, 65, 2, 169, 175,   2016年, 査読有り
  • Surface charge-transfer complex formation of catechol on titanium(IV) oxide and the application to bio-sensing., Murata Y, Hori H, Taga A, Tada H, Journal of colloid and interface science, 458, 305, 309,   2015年11月, 査読有り
  • Simultaneous Enantioseparation of Aldohexoses and Aldopentoses Derivatized With L-Tryptophanamide by Reversed Phase HPLC Using Butylboronic Acid as a Complexation Reagent of Monosaccharides., Shou M, Terashima H, Aizawa S, Taga A, Yamamoto A, Kodama S, Chirality, 27, 7, 417, 421,   2015年07月, 査読有り
  • Inhibitory effect of maple syrup on the cell growth and invasion of human colorectal cancer cells., Yamamoto T, Uemura K, Moriyama K, Mitamura K, Taga A, Oncology reports, 33, 4, 1579, 1584,   2015年04月, 査読有り
  • Simultaneous Determination of Trigonelline, Caffeine, Chlorogenic Acid and Their Related Compounds in Instant Coffee Samples by HPLC Using an Acidic Mobile Phase Containing Octanesulfonate., Arai K, Terashima H, Aizawa S, Taga A, Yamamoto A, Tsutsumiuchi K, Kodama S, Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry, 31, 8, 831, 835,   2015年, 査読有り
  • Changes in plasma glucose in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats after oral administration of maple syrup., Nagai N, Yamamoto T, Tanabe W, Ito Y, Kurabuchi S, Mitamura K, Taga A, Journal of oleo science, 64, 3, 331, 335,   2015年, 査読有り
  • Simultaneous enantioseparation of monosaccharides derivatized with L-tryptophan by reversed phase HPLC., Akabane M, Yamamoto A, Aizawa S, Taga A, Kodama S, Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry, 30, 7, 739, 743,   2014年, 査読有り
  • Determination of α-hydroxy acids and their enantiomers in fruit juices by ligand exchange CE with a dual central metal ion system., Kodama S, Aizawa S, Taga A, Yamamoto A, Honda Y, Suzuki K, Kemmei T, Hayakawa K, Electrophoresis, 34, 9/10, 1327, 1333,   2013年05月, 査読有り
  • Comparison of the enhancement of plasma glucose levels in type 2 diabetes Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats by oral administration of sucrose or maple syrup., Nagai N, Ito Y, Taga A, Journal of oleo science, 62, 9, 737, 743,   2013年, 査読有り
  • 抗がん剤汚染を防止する注射剤バイアル用ゴム栓「もれま栓」の開発, 杉浦 麗子, 石渡 俊二, 多賀 淳, 西田 升三, 喜多 綾子, 藤田 秀樹 品川 隆幸, 医療薬学, 39, 5, 271, 275,   2013年
  • Enantioseparation of α-hydroxy acids by chiral ligand exchange CE with a dual central metal ion system., Kodama S, Yamamoto A, Aizawa S, Honda Y, Suzuki K, Kemmei T, Taga A, Electrophoresis, 33, 18, 2920, 2924,   2012年09月, 査読有り
  • Direct enantioseparation of lipoic acid in dietary supplements by capillary electrophoresis using trimethyl-β-cyclodextrin as a chiral selector., Kodama S, Taga A, Aizawa SI, Kemmei T, Honda Y, Suzuki K, Yamamoto A, Electrophoresis, 33, 15, 2441, 2445,   2012年08月, 査読有り
  • 注射剤調製時のバイアルからの漏液量測定法の確立と注射針形状の漏液量への影響, 杉浦 麗子, 多賀 淳, 石渡 俊二, 西田 升三, 喜多 綾子, 藤田 秀樹, 医療薬学, 38, 6, 379, 383,   2012年06月
  • [Improvement of dissolution test using micro-controlled roller pump]., Nagai N, Konishi N, Nitta T, Taga A, Ito Y, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 132, 11, 1307, 1316,   2012年, 査読有り
  • Simple determination of a strongly aromatic compound, sotolon, by capillary electrophoresis., Taga A, Sato A, Suzuki K, Takeda M, Kodama S, Journal of oleo science, 61, 1, 45, 48,   2012年, 査読有り
  • 化学発光を利用した注射剤混合調製トレーニングシステムの実習への応用性の検討, 石渡 俊二, 多賀 淳, 喜多 綾子, 髙田 充隆, 杉浦 麗子, 小泉 祐一 野村 真美, 森 卯京 西山 辰美, 荒井 真美子, 日本病院薬剤師会雑誌, 48, 2, 189, 192,   2012年
  • Evaluation of brilliance and visibility of fluorescence and chemiluminescence solution for training of preparing injections., 杉浦 麗子, 石渡 俊二, 喜多 綾子, 多賀 淳, 髙田 充隆, 佐野 裕之 小林 正隆 野見山 淳 原田 士郎, Yakugaku Zasshi, 131, 9, 1361, 1367,   2011年06月, 査読有り
  • Recovery of molybdenum from fly ash by gibbsite, 緒方 文彦, 冨永壽人, 藪谷仁志, 多賀 淳, 川﨑 直人, Toxicological & Environmental Chemistry, 93, 4, 635, 642,   2011年04月
  • Mangiferin induces apoptosis by suppressing Bcl-xL and XIAP expressions and nuclear entry of NF-κB in HL-60 cells., Shoji K, Tsubaki M, Yamazoe Y, Satou T, Itoh T, Kidera Y, Tanimori Y, Yanae M, Matsuda H, Taga A, Nakamura H, Nishida S, Archives of pharmacal research, 34, 3, 469, 475,   2011年03月, 査読有り
  • Role of the Small GTPase Rho3 in Golgi/Endosome Trafficking through Functional Interaction with Adaptin in Fission Yeast, 杉浦 麗子, 石渡 俊二, 多賀 淳, 喜多 綾子, 李 翠芳, 于 陽, 梅田 奈苗, 土井 章, 安田 光都子, 堀内 喜高, PLoS ONE, 6, 2, e16842,   2011年02月, 査読有り
  • In vitro assay of the interaction between Rnc1 protein and Pmp1 mRNA by affinity capillary electrophoresis with a carboxylated capillary, 多賀 淳, 石渡 俊二, 杉浦 麗子, 佐藤 亮介, 小玉 修嗣, 佐藤 睦, 鈴木 健太郎, J. Phar. Biomed. Anal., 53, 5, 1332, 1337,   2010年12月, 査読有り
  • Enantioseparation of DL-isocitric acid by a chiral ligand exchange CE with Ni(II)-D-quinic acid system., Kodama S, Taga A, Yamamoto A, Ito Y, Honda Y, Suzuki K, Yamashita T, Kemmei T, Aizawa S, Electrophoresis, 31, 21, 3586, 3591,   2010年10月, 査読有り
  • キャピラリー電気泳動を通して見えた食品中におけるキラル化合物の動態, 多賀 淳, 小玉 修嗣, 山本 敦, 化学と生物, 48, 263, 268,   2010年04月
  • Metal(II)-Ligand Molar Ratio Dependence of Enantioseparation of Tartaric Acid by Ligand Exchange Capillary Electrophoresis with Cu(II) and Ni(II)?D-Quinic Acid Systems, 多賀 淳, 小玉 修嗣, 會澤 宣一, 山下 智富, 健名 智子, 鈴木 健太郎, 誉田 佳孝, 山本 敦, Electrophoresis, 31, 6, 1051, 1054,   2010年03月, 査読有り
  • Role of the RNA-binding protein Nrd1 and Pmk1 mitogen-activated protein kinase in the regulation of myosin mRNA stability in fission yeast., Satoh R, Morita T, Takada H, Kita A, Ishiwata S, Doi A, Hagihara K, Taga A, Matsumura Y, Tohda H, Sugiura R, Molecular biology of the cell, 20, 9, 2473, 2485,   2009年05月, 査読有り
  • Role of the RNA-binding protein Nrd1 and Pmk1 mitogen-activated protein kinase in the regulation of myosin mRNA stability in fission yeast., Satoh R, Morita T, Takada H, Kita A, Ishiwata S, Doi A, Hagihara K, Taga A, Matsumura Y, Tohda H, Sugiura R, Molecular biology of the cell, 20, 9, 2473, 2485,   2009年05月, 査読有り
  • 第3章3.5.電気泳動法, 多賀 淳, NEW薬学機器分析(伊藤允好・萩中淳・和田昭盛編集), 222, 236,   2007年05月
  • 参考情報8 キャピラリー電気泳動法, 多賀 淳, 掛樋 一晃, 日本薬局方技術情報(JPTI)日本公定書協会編, 273, 279,   2006年09月
  • Search for serum protein-binding disaccharides and disaccharide-binding serum proteins by affinity capillary electrophoresis., Taga A, Yamamoto Y, Maruyama R, Honda S, Electrophoresis, 25, 6, 876, 881,   2004年03月, 査読有り
  • Studies of carbohydrate-protein interaction by capillary electrophoresis., Honda S, Taga A, Methods in enzymology, 362, 434, 454,   2003年, 査読有り
  • Determination of association constant of carbohydrate-protein interaction., Taga A, Honda S, Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 213, 275, 284,   2003年, 査読有り
  • Affinity capillary electrophoresis of oligosaccharides., Taga A, Honda S, Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 213, 121, 130,   2003年, 査読有り
  • Colominic acid: a novel chiral selector for capillary electrophoresis of basic drugs., Du Y, Taga A, Suzuki S, Liu W, Honda S, Journal of chromatography. A, 962, 1/2, 221, 231,   2002年07月, 査読有り

書籍等出版物

  • 放射性物質対策技術 : 除去、モニタリング、装置・システム開発, 森田 昌敏, 三村均, 熊沢紀之, 矢野勝彦, 青野宏通, 槇田洋二, 苑田晃成, 山田裕久, 横山 信吾, 伊藤健一, 佐藤努, 万福裕造, 八田珠郎, 多賀淳, 石川彰彦, 村上秀樹, 菊池良栄, 金原 和秀, エヌ・ティー・エス,   2015年, 9784860434151
  • Carbohydrate Analysis by modern Chromatography and Electrophoresis, chapter 19, Elsevier Science B. V.,   2002年
  • Capillary Electrophoresis of Carbohydrate (Methods in Molecular Biology, Vol. 213), chapter 8, Humana Press Inc.,   2003年
  • Capillary Electrophoresis of Carbohydrate (Methods in Molecular Biology, Vol. 213), chapter 16, Humana Press Inc.,   2003年
  • Methods in Enzymology, Vol. 362, chapter 30, Academic Press,   2003年
  • 日本薬局方技術情報(JPTI)日本公定書協会編, 273-279, じほう,   2006年
  • NEW薬学機器分析, 222-236, 廣川書店,   2007年
  • 医歯薬系学生のためのillustrated基礎科学, 第9章 , 京都廣川書店,   2009年
  • 医歯薬系学生のためのillustrated基礎科学, 第10章, 京都廣川書店,   2009年
  • 医歯薬系学生のためのillustrated基礎科学, 第11章, 京都廣川書店,   2009年
  • 医歯薬系学生のための「基礎化学」京都廣川書店, 桑島 博, 田邊元三, 岡部亘雄, 久保兼信, 多賀 淳, 共著,   2008年10月
  • 医師薬系学生のためのillustrated基礎化学, 掛樋 一晃, 田邉 元三, 久保 兼信, 岡部 亘雄, 多賀 淳, 桑島 博, 共著, 京都廣川書店,   2008年10月

講演・口頭発表等

  • ミニシンポジウム「ポストゲノム時代に於ける分析科学の挑戦」糖鎖・タンパク質機能の微量迅速分析, 多賀 淳, 本田 進, 日本薬学会第124年会,   2004年03月, 日本薬学会第124年会
  • Capillary Electrophoresis of Human Erythrocytes for Observation of Their Interaction with Lectins, 多賀 淳, 本田 進, 鈴木 茂生, 梅村 幸恵, ASIANALYSIS VII,   2004年07月, ASIANALYSIS VII
  • インキャピラリー試料濃縮による金属イオンの超微量検出―UV検出用新規キレート試薬3,3-bis(2-hydroxyethyl)-1-(4-methoxyphenyl)triazeneの利用―, 多賀 淳, 本田 進, 松尾 圭造, 西脇 敬二, 鈴木 有希子, 第15回クロマトグラフィー科学会議,   2004年11月, 第15回クロマトグラフィー科学会議
  • キャピラリー電気泳動による重金属類の高感度検出, 多賀 淳, 本田 進, 松尾 圭造, 西脇 敬二, 山谷 雅子, 日本薬学会第125年会,   2005年03月, 日本薬学会第125年会
  • 新規なキャピラリーの開発, 多賀 淳, 本田 進, 小玉 修嗣, 山本 敦 松永 明信, 寺島 弘之 誉田 佳孝, 日本薬学会第125年会,   2005年03月, 日本薬学会第125年会
  • スルホン酸基修飾キャピラリーの評価, 多賀 淳, 本田 進, 寺島 弘之 誉田 佳孝, 小玉 修嗣, 第12回クロマトグラフィーシンポジウム,   2005年05月, 第12回クロマトグラフィーシンポジウム
  • オンライン試料濃縮を用いる機能性物質のアフィニティーキャピラリー電気泳動/MULDI-TOF-MS迅速分析, 多賀 淳, 本田 進, 篠原 正樹, 第12回クロマトグラフィーシンポジウム,   2005年05月, 第12回クロマトグラフィーシンポジウム
  • HIGH SENSITIVE ANALYSIS OF CARBOHYDRATE DERIVATIVES BY CAPILLARY ELECTROPHORESIS USING IN-CAPILLARY SAMPLE CONCENTRATION, 多賀 淳, 本田 進, 杉本 詩子, 4th Separation in the BioScienses (SBS’05),   2005年09月, 4th Separation in the BioScienses (SBS’05)
  • CAPILLARY ELECYTROPHORESIS OF NEUTRAL CARBOHYDRATES, 多賀 淳, 本田 進, 鈴木 茂生, 花谷 克昌, 4th Separation in the BioScienses (SBS’05),   2005年09月, 4th Separation in the BioScienses (SBS’05)
  • 奨励賞受賞講演「カラム内化学的・物理化学的反応を伴うキャピラリー電気泳動の研究」, 多賀 淳, 第15回クロマトグラフィー科学会議,   2005年11月, 第15回クロマトグラフィー科学会議
  • 還元性単糖のボロスピラン形成に基づくキラル分離, 多賀 淳, 小玉修嗣, 山下智富, 健名智子, 齊藤行雄, 會澤宣一, 山本敦, 日本薬学会第126年会,   2006年03月, 日本薬学会第126年会
  • キャピラリー電気泳動におけるタンパク質分析用カラムの評価, 多賀 淳, 寺島弘之, 誉田佳孝, 小玉修嗣, 日本薬学会第126年会,   2006年03月, 日本薬学会第126年会
  • タンパク質分析用キャピラリーの開発, 多賀 淳, 誉田佳孝, 寺島弘之, 佐藤睦, 鈴木健太郎, 小玉修嗣, 第13回クロマトグラフィーシンポジウム,   2006年06月, 第13回クロマトグラフィーシンポジウム
  • Reproducible Analysis of Carbohydrate Derivatives by Capillary Electrophoresis, 多賀 淳, 寺島弘之, 誉田佳孝, 小玉修嗣, 本田進, XXIIIrd International carbohydrate symposium (ICS2006),   2006年07月, XXIIIrd International carbohydrate symposium (ICS2006)
  • 保険薬局および病院実務実習に対する学生の意識調査, 北小路 学, 石渡 俊二, 石本 真美子, 船上 仁範, 八軒 浩子, 多賀 淳, 八木秀樹, 和田 哲幸, 田邉 元三, 市田 成志, 西田 升三, 日本社会薬学会第25年会 ,   2006年09月, 日本社会薬学会第25年会 
  • 還元性単糖誘導体のボロスピラン形成に基づくキラル分離, 多賀 淳, 小玉 修嗣, 會澤 宣一, 山本 敦, 山下 智富, 健名 智子, 齊藤 行雄, 日本分析化学会 第55年会,   2006年09月, 日本分析化学会 第55年会
  • ニトロソアミンの不溶性食物繊維による収着, 西 智子, 多賀 淳, 北小路 学, 坊木 佳人, 衛生薬学・環境トキシコロジー,   2006年10月, 衛生薬学・環境トキシコロジー
  • N-ニトロソアミンの不溶性食物繊維による収着, 多賀 淳, 北小路 学, 西 智子, 坊木 佳人, フォーラム2006衛生薬学・環境トキシコロジー,   2006年10月, フォーラム2006衛生薬学・環境トキシコロジー
  • 硫酸化キャピラリーを用いるニトロソアミンの高速CE分析, 多賀 淳, 西 智子, 坊木 佳人, 第17会クロマトグラフィー科学会議,   2006年11月, 第17会クロマトグラフィー科学会議
  • ビール中におけるイソキサントフモールの光学分割, 多賀 淳, 小玉修嗣, 山下智富, 健名智子, 齊藤行雄, 誉田佳孝, 佐藤睦, 鈴木健太郎, 寺島弘之, 山本敦, 日本薬学会第127年会,   2007年03月, 日本薬学会第127年会
  • キャピラリー電気泳動によるニトロソアミンの分析, 多賀 淳, 西智子, 誉田佳孝, 佐藤睦, 鈴木健太郎, 寺島弘之, 小玉修嗣, 日本薬学会第127年会,   2007年03月, 日本薬学会第127年会
  • 化学修飾シリカキャピラリーを利用する抗体医薬品のキャピラリー電気泳動, 多賀 淳, 木下 充弘, 掛樋 一晃, 北荘一郎, 佐藤睦, 鈴木健太郎, 小玉修嗣, 鴨田聡, 第27回日本糖質学会年会,   2007年08月, 第27回日本糖質学会年会
  • Development of a novel type capillary for protein analysis by capillary electrophoresis, 多賀 淳, 石渡 俊二, 杉浦 麗子, 誉田 佳孝, 佐藤 睦, 寺島 弘之, 鈴木 健太郎, 小玉 修嗣, 森田 貴大, EUROanalysis XIV,   2007年09月, EUROanalysis XIV
  • キャピラリー電気泳動による抗体医薬品の品質管理, 多賀 淳, 木下 充弘, 掛樋 一晃, 北 荘一郎, 佐藤 睦, 鈴木 健太郎, 小玉 修嗣, 第18回クロマトグラフィー科学会議,   2007年11月, 第18回クロマトグラフィー科学会議
  • タバコ及びその煙中におけるニコチン・アルカイド類の光学異性体分析, 多賀 淳, 小玉修嗣, 森川敦詞, 中込和哉, 山本敦, 佐藤睦, 鈴木健太郎, 山下智富, 健名智子, 高柳信孝, 日本薬学会第128年会,   2008年03月, 日本薬学会第128年会
  • アフィニティーキャピラリー電気泳動によるRNA-RNA結合性タンパク質の結合定数測定, 多賀 淳, 石渡 俊二, 杉浦 麗子, 佐藤睦, 鈴木健太郎, 小玉修嗣, 森田貴大, 日本薬学会第128年会,   2008年03月, 日本薬学会第128年会
  • Study of RNA-protein interaction in MAP kinase signaling by affinity capillary electrophoresis with a carboxylated capillary, 多賀 淳, 石渡 俊二, 杉浦 麗子, 佐藤 睦, 鈴木 健太郎, 小玉 修嗣, 佐藤 亮介, 28 th International Symposium on the ?Separation of Proteins, Peptides and Polynucleotides,   2008年09月, 28 th International Symposium on the ?Separation of Proteins, Peptides and Polynucleotides
  • Observation of Interaction between RNA and GFP-Protein by Affinity Capillary Electrophoresis, 多賀 淳, 石渡 俊二, 杉浦 麗子, 佐藤 亮介, 小玉 修嗣, 佐藤 睦, 鈴木 健太郎, 29 th International Symposium on the ?Separation of Proteins, Peptides and Polynucleotides,   2008年09月, 29 th International Symposium on the ?Separation of Proteins, Peptides and Polynucleotides
  • N-ニトロソアミンの不溶性食物繊維への収着に及ぼす水溶性食物繊維の影響, 北小路 学, 三好広朗, 川崎裕美, 森川 晋, 多賀 淳, 坊木 佳人, 富田 浩, 日本薬学会第129年会,   2009年03月, 日本薬学会第129年会
  • 中心イオンにNi(II)イオンを用いたキラル配位子交換キャピラリー電気泳動, 多賀 淳, 小玉修嗣, 山本敦, 山下智富, 健名智子, 鈴木健太郎, 誉田佳孝, 日本薬学会第129年会,   2009年03月, 日本薬学会第129年会
  • キャピラリー電気泳動によるメープルシロップおよびメープルシュガー中の還元糖の分析, 多賀 淳, 小玉修嗣, 川木秀子, 日本薬学会第129年会,   2009年03月, 日本薬学会第129年会
  • クラスリンアダプター複合体μ1サブユニットApm1の制御因子としての低分子量Gタンパク質Rho3の発見とゴルジ・エンドゾームにおける働き, 杉浦 麗子, 李 翠芳, 喜多 綾子, 安田 光都子, 于 陽, 山本 恭平, 多賀 淳, 石渡 俊二, 第59回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2009年10月, 第59回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • MAPキナーゼによるリン酸化依存的なRNA結合タンパク質Nrd1の細胞運命制御機構, 杉浦 麗子, 佐藤 亮介, 森田 貴大, 高田 宏文, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 土井 章, 萩原 加奈子, 松村 康弘, 多賀 淳, 第82回日本生化学会大会,   2009年10月, 第82回日本生化学会大会
  • 分裂酵母におけるRNA結合タンパク質Nrd1によるMAPキナーゼシグナル依存的な細胞運命制御機構, 杉浦 麗子, 佐藤 亮介, 森田 貴大, 高田 宏文, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 土井 章, 萩原 加奈子, 松村 康弘, 多賀 淳, 東田 英毅, 第11回 日本RNA学会年会,   2009年10月, 第11回 日本RNA学会年会
  • アフィニティーキャピラリー電気泳動によるRNA―GFP-タンパク質間相互作用の観察, 多賀 淳, 石渡 俊二, 杉浦 麗子, 佐藤 亮介, 小玉 修嗣, 佐藤 睦, 鈴木 健太郎, 日本薬学会第130回年会,   2010年03月, 日本薬学会第130回年会
  • RNA結合タンパク質Nrd1はMAPキナーゼシグナル依存的に細胞運命を制御する, 杉浦 麗子, 佐藤 亮介, 森田 貴大, 高田 宏文, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 土井 章, 萩原 加奈子, 松村 康弘, 田中 章友, 多賀 淳, 東田 英毅, 日本薬学会第130年会,   2010年03月, 日本薬学会第130年会
  • 化学発光を用いた注射剤混合トレーニングシステムの開発, 杉浦 麗子, 石渡 俊二, 多賀 淳, 森田 貴大, 喜多 綾子, 髙田 充隆, 佐野 裕之, 小林 正隆, 野見 山淳, 原田 士郎, 小泉 祐一, 野村 真美, 森 卯京, 西山 辰美, 荒井 真美子, 日本薬学会第130年会,   2010年03月, 日本薬学会第130年会
  • MAP Kinase Signaling Dependent Regulation of Cell Fate Mediated by the RNA-binding protein Nrd1 in Fission yeast, 杉浦 麗子, 佐藤 亮介, 森田 貴大, 高田 宏文, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 土井 章, 萩原 加奈子, 松村 康弘, 田中 章友, 多賀 淳, 新名主 カオリ, The 19th CDB Meeting RNA Sciences in Cell and Developmental Biology,   2010年05月, The 19th CDB Meeting RNA Sciences in Cell and Developmental Biology
  • RNA結合蛋白質Nrd1はMAPKシグナル依存的に環境ストレス応答を制御する, 杉浦 麗子, 佐藤 亮介, 森田 貴大, 高田 宏文, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 萩原 加奈子, 松村 康弘, 田中 章友, 多賀 淳, 谷 時雄 林 紗千子, 東田 英毅, 第1回RNA Study Meeting 本会,   2010年07月, 第1回RNA Study Meeting 本会
  • 核内核外輸送を介したRNA結合タンパク質Rnc1の機能解析 , 杉浦 麗子, 松村 康弘, 佐藤 亮介, 田中 章友, 喜多 綾子, 梅田 奈苗, 石渡 俊二, 多賀 淳, 第12回日本RNA学会年会,   2010年07月, 第12回日本RNA学会年会
  • RNA結合蛋白質Nrd1はMAPKシグナル依存的にStress Granule形成を制御する, 杉浦 麗子, 佐藤 亮介, 森田 貴大, 高田 宏文, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 萩原 加奈子, 松村 康弘, 田中 章友, 多賀 淳, 谷 時雄 林 沙千子, 酵母遺伝学フォーラム 第43回研究報告会,   2010年09月, 酵母遺伝学フォーラム 第43回研究報告会
  • Simultaneous Binding Assay of Microheterogenious Proteins by Capillary Electrophoresis with Laser Induced Fluorescence Detection, 多賀 淳, 杉浦 麗子, 上林 大起, 梅田 奈苗, 小玉 修嗣, 佐藤 睦, 鈴木 健太郎, 居迫 正和, 16th International Symposium on Separation Science,   2010年09月, 16th International Symposium on Separation Science
  • レーザー励起蛍光検出キャピラリー電気泳動を用いる不均一性タンパク質の結合能評価, 多賀 淳, 杉浦 麗子, 上林 大起, 小玉 修嗣, 佐藤 睦, 鈴木 健太郎, 居迫 正和, 日本分析化学会第59年会,   2010年09月, 日本分析化学会第59年会
  • RNA結合蛋白質Nrd1はMAPKシグナル依存的にstress granule形成を制御する, 杉浦 麗子, 佐藤 亮介, 森田 貴大, 高田 宏文, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 萩原 加奈子, 松村 康弘, 田中 章友, 多賀 淳, 谷 時雄 林 紗千子, RNAフロンティアミーティング,   2010年09月, RNAフロンティアミーティング
  • キャピラリー電気泳動を用いる個々の注射剤容器からの漏液量低コスト簡易測定法の開発, 杉浦 麗子, 石渡 俊二, 喜多 綾子, 西田 升三, 多賀 淳, 藤田 秀樹,   2011年03月
  • 化学発光を用いた抗がん剤調製トレーニングキット「ルフテック」による抗がん剤汚染危険箇所の検討, 杉浦 麗子, 髙田 充隆, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 多賀 淳, 佐野 裕之, 小林 正隆, 原田 士朗, 小泉 祐一, 森 卯京, 西山 辰美, 荒井 真美子, 藤原 琴, 亀本 浩司, 上田 和正, 三上 正, 大隅 奈奈, 池田 久雄, 稲井 恵子, 河内 昭人,   2011年03月
  • 抗がん剤汚染防止バイアル用ゴム栓「もれま栓」プロトタイプの開発, 杉浦 麗子, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 多賀 淳, 西田 升三, 藤田 秀樹,   2011年03月
  • MAP kinase signaling-dependent regulation of stress granule formation mediated by the RNA-binding protein Nrd1 in fission yeast, 杉浦 麗子, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 多賀 淳, 佐藤 亮介, 森田 貴大, 高田 宏文, 梅田 奈苗, 土井 章, 萩原 加奈子, 松村 康弘, 田中 章友, 髙田 真琴, 谷 時雄, 林 紗千子,   2011年06月
  • MAP kinase signaling regulates stress granule formation via the RNA-binding protein Nrd1, 杉浦 麗子, 石渡 俊二, 喜多 綾子, 谷 時雄, 林 紗千子, 佐藤 亮介, 森田 貴大, 松村 康弘, 田中 章友, 髙田 真琴, 梅田 奈苗, 土井 章, 萩原 加奈子, 多賀 淳,   2011年06月
  • MAPKシグナル依存的なRNA結合蛋白質Nrd1によるStress Granule形成機構, 杉浦 麗子, 多賀 淳, 石渡 俊二, 喜多 綾子, 谷 時雄, 林 紗千子, 佐藤 亮介, 森田 貴大, 松村 康弘, 田中 章友, 高田 真琴, 萩原 加奈子,   2011年09月
  • 新教材を用いた抗がん剤調製トレーニング 薬学実務実習事前学習における応用, 杉浦 麗子, 石渡 俊二, 多賀 淳, 喜多 綾子, 髙田 充隆, 森 卯京 西山 辰美, 佐野 裕之 小林 正隆 原田 士朗, 小泉 祐一, 荒井 真美子, 藤原 琴 亀本 浩司, 上田 和正 三上 正, 大隅 奈奈, 池田 久雄, 稲井 恵子, 河内 昭人, 第21回日本医療薬学会年会,   2011年10月, 第21回日本医療薬学会年会
  • キャピラリー電気泳動を用いる容器個別での注射剤容器からの漏液量低コスト簡易測定法の開発, 杉浦 麗子, 多賀 淳, 石渡 俊二, 西田 升三, 喜多 綾子, 藤田 秀樹, 第21回日本医療薬学会年会,   2011年10月, 第21回日本医療薬学会年会
  • 抗がん剤汚染を防止する注射剤バイアル用ゴム栓「もれま栓」プロトタイプの開発, 杉浦 麗子, 石渡 俊二, 多賀 淳, 西田 升三, 喜多 綾子, 藤田 秀樹, 第21回日本医療薬学会年会,   2011年10月, 第21回日本医療薬学会年会
  • 抗がん剤汚染防止用ゴム栓「もれま栓」の検討, 杉浦 麗子, 石渡 俊二, 多賀 淳, 西田 升三, 喜多 綾子, 藤田 秀樹, 日本薬学会第132年会,   2012年03月, 日本薬学会第132年会

特許

  • 容器の栓体, 石渡 俊二, 多賀 淳, 藤田 秀樹, 西田 升三, 喜多 綾子, 杉浦 麗子, 特願2013-193568, 特開2014-037275
  • 養鶏方法, 石原 祥光, 多賀 淳, 特願2015-105509, 特開2016-214191
  • 逆流性食道炎予防剤, 多賀 淳, 土井 聡, 鹿島 康浩, 松川 泰治, 山田 泰正, 山田 一郎, 特願2016-197246, 特開2018-058790
  • 容器の栓体, 石渡 俊二, 多賀 淳, 藤田 秀樹, 西田 升三, 喜多 綾子, 杉浦 麗子, 特願2013-193568, 特開2014-037275, 特許第5716064号
  • 糖組成物製造方法及びインベルターゼ阻害剤, 多賀 淳, 山本 哲志, 特願2016-025768, 特開2016-153399
  • 大腸癌マーカー, 多賀 淳, 山本 哲志, 内藤 善哉, 工藤 光洋, 特願2016-088419, 特開2017-198509
  • キャピラリー電気泳動による核酸-タンパク質の結合解析法, 杉浦 麗子, 多賀 淳, 石渡 俊二, 佐藤 亮介, 特願2009-207005, 特開2011-055741
  • 抗がん剤分解方法および抗がん剤分解装置, 田村 耕三, 福田 由之, 石渡 俊二, 多賀 淳, JP2014066199, WO2014-208428
  • 細胞培養培地として用いられる架橋ゼラチンゲルおよびその製造方法, 石渡 俊二, 多賀 淳, 佐野 裕之, 特願2013-060781, 特開2014-183772
  • コラーゲンペプチド, 多賀 淳, 山本 哲志, 網干 貴之, 特願2014-103720, 特開2015-218142
  • 有害化合物分解方法および有害化合物分解装置, 田村 耕三, 福田 由之, 石渡 俊二, 多賀 淳, 特願2015-524005, 特許第6301329号
  • 抗がん剤投与用注射針およびその製造方法ならびに該注射針を含む抗がん剤投与用キット。, 多賀 淳, 石渡 俊二, 喜多 綾子, 杉浦 麗子, 齋藤 永宏, 高井 治, 稗田 純子, 藤田 秀樹, 特願2012-198847, 特開2014-050647
  • 放射性元素含有物質の処理方法, 石渡 俊二, 多賀 淳, 山西 弘城, 特願2015-080596, 特開2016-065854
  • 大腸癌の治療用組成物と加工食品, 多賀 淳, 山本 哲志, 特願2016-007575, 特開2016-135781
  • 反射器およびこれを備えたキャピラリ電気泳動分析装置, 多賀 淳, 加藤 祐史, 東海林 秀典, 特願2011-142353, 特開2013-007726
  • 曝露防止用キャップ, 石渡 俊二, 多賀 淳, 西田 升三, 喜多 綾子, 杉浦 麗子, 藤田 秀樹, 長谷川 満, JP2013003098, WO2013-179596
  • 注射剤の調製実習用教材およびそれを用いた調製実習方法, 石渡 俊二, 多賀 淳, 喜多 綾子, 杉浦 麗子, 佐野 裕之, 小林 正隆, JP2010066716, WO2011-052322
  • 漆喰材料、漆喰材料を用いた吸着材、吸着材を使用した汚染水及び固体状汚染物の浄化方法, 森村 毅, 多賀 淳, 緒方 文彦, 石渡 俊二, 佐藤 陽一, JP2013062759, WO2013-168673
  • 曝露防止用キャップ, 石渡 俊二, 多賀 淳, 西田 升三, 喜多 綾子, 杉浦 麗子, 藤田 秀樹, 長谷川 満, 特願2014-518258, 特許第6174576号
  • 容器の栓体, 石渡 俊二, 多賀 淳, 藤田 秀樹, 西田 升三, 喜多 綾子, 杉浦 麗子, JP2010055466, WO2010-113823
  • 細胞培養培地およびその製造方法, 石渡 俊二, 多賀 淳, 佐野 裕之, 特願2013-060781, 特開2014-183772, 特許第5922054号
  • 吸着材、該吸着材の製造方法、該吸着材を使用した汚染水及び固体状汚染物の浄化方法, 森村 毅, 多賀 淳, 緒方 文彦, 石渡 俊二, 佐藤 陽一, 特願2014-514709, 特許第6218729号
  • 容器の栓体, 石渡 俊二, 多賀 淳, 藤田 秀樹, 西田 升三, 喜多 綾子, 杉浦 麗子, 特願2011-507164, 特許第5399477号
  • 反射器およびこれを備えたキャピラリ電気泳動分析装置, 多賀 淳, 加藤 祐史, 東海林 秀典, 特願2011-142353, 特開2013-007726, 特許第5780853号
  • オリゴ糖の製造方法, 多賀 淳, 川木 秀子, 特願2009-194235, 特開2011-046618
  • オリゴ糖の製造方法, 多賀 淳, 川木 秀子, 特願2009-194235, 特開2011-046618, 特許第5606702号
  • 注射剤の調製実習用教材およびそれを用いた調製実習方法, 石渡 俊二, 多賀 淳, 喜多 綾子, 杉浦 麗子, 佐野裕之, 小林正隆, 特願2009-249404
  • 曝露防止用キャップ, 杉浦 麗子, 石渡 俊二, 多賀 淳, 西田 升三, 喜多 綾子, 藤田 秀樹, 長谷川 満, 2012-124149

受賞

  •   2005年, クロマトグラフィー科学会奨励賞

競争的資金

  • キャピラリー電気泳動に関する研究
  • 表面プラズモン共鳴に関する研究
  • マイクロチップ電気泳動に関する研究